漢方治療の診断と実践

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "漢方治療の診断と実践"

Transcription

1 漢 方 治 療 の 診 断 と 実 践 漢 方 水 嶋 塾 講 義 録 水 嶋 クリニック 院 長 水 嶋 丈 雄 著 Glycyrrhiza glabra Lecture on Kampo medicines treatment Tanacetum Parthenium 三 和 書 籍

2

3 漢 方 治 療 の 診 断 と 実 践 漢 方 水 嶋 塾 講 義 録 水 嶋 クリニック 院 長 水 嶋 丈 雄 著 Lecture on Kampo medicines treatment 三 和 書 籍

4

5 は じ め に 医 師 向 けの 漢 方 塾 をやってくれといわれたのはもう 7 年 前 になります 恥 ず かしながら 水 嶋 塾 という 個 人 名 をいれることとなりました 始 めてみると 大 変 好 評 をいただいて 参 加 者 は 毎 回 50 名 を 超 える 盛 況 になっています 講 義 ももう すでに 50 回 を 超 えており 参 加 してくださった 先 生 方 から 過 去 の 講 義 録 がほし いとの 希 望 が 増 え このたび 三 和 書 籍 の 皆 さんの 御 尽 力 にて 第 1 回 から 第 10 回 までの 講 義 録 をまとめることができました 漢 方 といっても 日 本 漢 方 の 流 派 や 中 医 学 のやりかたなど さまざまな 方 法 論 が あります 本 書 では 臨 床 に 携 わる 先 生 方 のために 現 代 医 学 からみた 漢 方 のと らえ 方 と 日 本 や 中 国 のそれぞれのやり 方 について その 長 所 と 短 所 を 網 羅 して 解 説 しています 少 しでも 臨 床 の 一 助 となれば 幸 いです 2016 年 7 月 水 嶋 丈 雄 はじめに iii

6

7 目 次 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 1-1 漢 方 治 療 の 良 い 適 応 BRMとしての 補 剤 自 律 神 経 と 白 血 球 その 他 の 薬 漢 方 診 断 学 舌 診 脈 診 風 邪 の 脈 渋 脈 弦 脈 腹 診 柴 胡 剤 横 隔 膜 の 可 動 域 補 剤 の 機 能 と 使 用 法 民 間 薬 の 評 価 人 参 黄 耆 白 朮 ( 蒼 朮 ) 甘 草 十 全 大 補 湯 補 中 益 気 湯 人 参 養 栄 湯 十 全 大 補 湯 と 補 中 益 気 湯 の 使 い 分 け 24 [ 質 疑 応 答 ] 25 第 2 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その2) 2-1 舌 診 脈 診 腹 診 の 特 徴 虚 熱 を 取 る 滋 陰 降 火 湯 滋 陰 至 宝 湯 舌 診 水 毒 利 水 剤 と 利 尿 剤 舌 診 歯 型 と 嫩 舌 舌 診 腹 診 胸 脇 苦 満 41 目 次 v

8 2-8 腹 診 脈 診 膵 臓 陽 の 脈, 陰 の 脈 傷 寒 中 風 脈 の 浮 沈 陽 浮 にして 陰 弱 経 方 理 論 を 読 み 解 く 61 [ 質 疑 応 答 ] 62 第 3 章 太 陽 病 について( 感 冒 の 漢 方 治 療 ) 3-1 風 邪 と 漢 方 薬 リンパが 多 い 人 の 風 邪 ストレスが 多 い 人 の 風 邪 厥 陰 病, 霍 乱 病 桂 枝 湯 桂 枝 加 朮 附 湯 桂 枝 加 桂 湯 桂 枝 加 竜 骨 牡 蛎 湯 黄 耆 建 中 湯 桂 枝 湯 投 与 のポイント 桂 枝 加 芍 薬 増 量 群 苓 桂 朮 甘 湯 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 桂 枝 加 附 子 湯 桂 枝 加 黄 耆 湯 桂 枝 加 葛 根 湯 桂 枝 加 厚 朴 杏 仁 湯 桂 枝 加 竜 骨 牡 蛎 湯 麻 黄 湯 麻 黄 附 子 細 辛 湯 小 青 竜 湯 越 婢 加 朮 湯 葛 根 湯 桂 麻 各 半 湯 麻 黄 湯 と 桂 枝 湯 症 例 88 [ 質 疑 応 答 ] 89 vi

9 第 4 章 時 間 医 学 とは( 漢 方 の 時 間 医 学 ) 4-1 時 間 医 学 時 間 医 学 と 漢 方 釣 藤 散 時 間 医 学 の 漢 方 への 応 用 漢 方 の4 大 分 類 附 子 のグループ 四 逆 湯 清 暑 益 気 湯 その 他 真 武 湯 の 特 徴 石 膏 のグループ 柴 胡 剤 のグループ 123 第 5 章 少 陽 病 について( 柴 胡 剤 の 用 い 方 ) 5-1 外 的 因 子 に 対 する 守 り 神 現 代 医 学 と 柴 胡 剤 の 違 いは 何 か リンパ 球 の 分 類 少 陽 病 の 基 本 小 柴 胡 湯 少 陽 病 について 大 柴 胡 湯 柴 胡 桂 枝 湯 柴 胡 清 肝 湯 柴 胡 加 竜 骨 牡 蠣 湯 抑 肝 散 四 逆 散 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 まとめ 144 第 6 章 利 水 剤 について( 五 苓 散 の 用 い 方 ) 6-1 水 ( 津 液 )の 概 念 水 滞 による 病 症 外 燥 と 内 燥 五 苓 散 の 働 き 外 痰 と 内 痰 パーキンソン 病 の 漢 方 治 療 153 目 次 vii

10 6-7 五苓散の基本 五苓散 茵蔯五苓散 苓桂朮甘湯 苓桂甘棗湯 苓桂味甘湯 苓桂甘棗湯 苓姜朮甘湯 防已黄耆湯 防已茯苓湯 茯苓飲 小半夏加茯苓湯 分消湯 当帰貝母苦参丸 呉茱萸湯 その他 猪苓湯 五淋散 清心蓮子飲 竜胆瀉肝湯 175 質疑応答 176 第7章 黄連グループの臨床 実証の胃腸疾患 viii 7-1 黄連 瀉心湯 グループ 半夏瀉心湯 三黄瀉心湯 黄連解毒湯その他 高血圧症の漢方 生姜瀉心湯 甘草瀉心湯 附子瀉心湯 黄芩湯 黄連湯 梔子豉湯 ウイルス性胃腸炎その他 偽アルドステロン症について 191

11 第 8 章 参 耆 剤 の 運 用 ( 虚 証 の 胃 腸 疾 患 ) 8-1 人 参 剤 について 金 元 四 大 家 脾 胃 の 診 断 人 参 湯 呉 茱 萸 湯 四 君 子 湯 六 君 子 湯 柴 芍 六 君 子 湯 化 食 養 脾 湯 八 珍 湯 十 全 大 補 湯 人 参 養 栄 湯 補 中 益 気 湯 清 暑 益 気 湯 帰 脾 湯 防 已 黄 耆 湯 220 [ 質 疑 応 答 ] 222 第 9 章 滋 陰 剤 の 運 用 ( 老 年 疾 患 と 呼 吸 器 疾 患 ) 9-1 滋 陰 剤 とは 補 腎 剤 について 漢 方 における 腎 の 働 き 腎 虚 八 味 地 黄 丸 牛 車 腎 気 丸 地 黄 丸 の 応 用 六 味 丸 知 柏 六 味 丸 清 心 蓮 子 飲 肺 の 滋 陰 剤 麦 門 冬 湯 清 肺 湯 滋 陰 降 火 湯 滋 陰 至 宝 湯 245 目 次 ix

12 9-16 竹 筎 温 胆 湯 慢 性 呼 吸 器 疾 患 風 邪 症 候 群 に 対 する 漢 方 遷 延 性 咳 嗽 250 [ 質 疑 応 答 ] 251 第 10 章 気 剤 ( 心 身 症 の 漢 方 ) 10-1 心 身 症 とは 心 身 症 の 種 類 自 律 神 経 失 調 症 不 安 障 害 と 気 分 障 害 セロトニンとは 心 身 症 レベル 依 存 はなぜ 起 こるのか 仮 面 うつ 病 自 律 神 経 を 調 整 する 漢 方 桂 枝 人 参 湯 四 逆 散 勿 誤 薬 室 方 函 口 訣 と 勿 誤 薬 室 方 函 抑 肝 散 釣 藤 散 自 律 神 経 失 調 症 を 克 服 するには 抗 不 安 の 漢 方 薬 大 承 気 湯 黄 連 解 毒 湯 加 味 逍 遥 散 三 黄 瀉 心 湯 柴 胡 加 竜 骨 牡 蛎 湯 桂 枝 加 竜 骨 牡 蛎 湯 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 不 安 が 強 いときの 食 品 は? うつに 対 する 漢 方 薬 半 夏 厚 朴 湯 香 蘇 散 奔 豚 湯 肘 後 方 281 x

13 10-30 疲 れたときは 睡 眠 効 果 のある 漢 方 酸 棗 仁 湯 甘 麦 大 棗 湯 加 味 帰 脾 湯 竹 筎 温 胆 湯 不 眠 には チック 過 換 気 症 候 群 過 敏 性 腸 症 候 群 機 能 性 胃 腸 障 害 気 管 支 喘 息 五 月 病 月 経 随 伴 症 状 更 年 期 障 害 男 性 更 年 期 障 害 摂 食 障 害 舌 痛 症 繊 維 筋 痛 症 慢 性 疲 労 症 候 群 夜 尿 症 癇 癪 持 ち 半 夏 厚 朴 湯 香 蘇 散 症 状 から 見 た 心 身 症 カウンセリングの 基 本 行 動 療 法 笑 顔 が 一 番 296 第 11 章 婦 人 科 不 定 愁 訴 群 の 漢 方 治 療 11-1 不 定 愁 訴 加 味 逍 遥 散 抑 肝 散 柴 胡 加 竜 骨 牡 蛎 湯 柴 胡 桂 枝 乾 姜 湯 桂 枝 加 竜 骨 牡 蛎 湯 当 帰 四 逆 加 呉 茱 萸 生 姜 湯 と 桂 枝 加 竜 骨 牡 蠣 湯 306 目 次 xi

14 11-8 分 心 気 飲 清 暑 益 気 湯 補 中 益 気 湯 その 他 桃 核 承 気 湯 清 心 蓮 子 飲 桂 枝 茯 苓 丸 活 血 化 瘀 薬 活 血 グループ 活 血 グループ( 駆 瘀 血 剤 )のまとめ 当 帰 剤 当 帰 芍 薬 散 温 経 湯 婦 人 科 漢 方 投 与 のコツ 女 神 散 香 蘇 散 症 状 からみた 心 身 症 インフルエンザ 対 策 更 年 期 障 害 334 第 12 章 皮 膚 疾 患 の 漢 方 治 療 12-1 漢 方 の 良 い 適 応 温 病 ( 湿 疹 の 弁 証 ) 温 病 の 方 剤 皮 膚 病 漢 方 診 断 学 と 皮 膚 疾 患 漢 方 の 基 本 ( 外 的 因 子 ) 桂 枝 湯 グループ 麻 黄 湯 グループ 附 子 グループ 白 虎 湯 グループ 消 風 散 承 気 湯 ( 大 黄 )グループ 茵 陳 蒿 湯 防 風 通 聖 散 黄 連 ( 胃 熱 )グループ 補 剤 359 xii

15 12-17 五 苓 散 ( 水 毒 )グループ 温 経 湯 補 剤 の 作 用 アトピー 性 皮 膚 炎 アトピー 性 皮 膚 炎 の 漢 方 治 療 治 頭 瘡 一 方 当 帰 飲 子 十 味 敗 毒 湯 アトピー 性 皮 膚 炎 の 漢 方 治 療 加 味 逍 遥 散 皮 膚 疾 患 と 漢 方 TH2 抑 制 剤 としての 漢 方 379 [ 質 疑 応 答 ] 381 v 保 険 適 応 漢 方 エキス 剤 一 覧 383 v 保 険 で 使 える 漢 方 用 生 薬 一 覧 384 索 引 386 目 次 xiii

16

17 第1章 漢方診療の実際 診断学 その1 v 1-1 漢方治療の良い適応 BRM としての補剤 漢方治療は BRM Biological Response Modifiers としての理解 抗ウイ ルス剤としての理解が大切である これは 生体側の自律神経 免疫 内分泌の 状態を知る必要があるからである 古典では舌診 脈診 腹診でそれを推察して いたが これを 証 という 漢方が最も得意としている部分は 特に総合病院などの場合 補剤としての使 い方が中心になる 漢方に取り組む場合に最初に使いやすいのが 補剤である 補剤として考える場合には BRM としての理解が非常に重要になる すなわち その中で補剤が一体どこに働いているのかということである 補剤の働きをおさえると その周りにある漢方 つまり 急性期の漢方 慢性 期の漢方という区別がはっきりとわかってくる いわゆる自律神経系統あるい はサイトカイン 皮膚表面免疫などに働くのが急性期の漢方で TH1 TH2 バ 図 1-1 漢方の証の把握 実 消化吸収機能 熱 生体反応 寒 T4 0.90以下 虚 WBC 5000以下 第 1 章 漢方診療の実際 診断学 その1 1

18 ランスに 働 くのが 慢 性 期 の 漢 方 の 使 い 方 になる.そのサイトカインの 調 節 から TH1 TH2 バランスを 整 える 一 番 の 基 本 が 補 剤 である.だから,その 補 剤 もし じん ぎ ざい くは 参 耆 剤 というグループをどう 使 うかが, 漢 方 治 療 の 非 常 に 大 きなポイントに なる. v 1-2 自 律 神 経 と 白 血 球 新 潟 大 学 の 安 保 徹 先 生 の 白 血 球 の 自 律 神 経 支 配 理 論 は, 白 血 球 の 中 のリン か りゅうきゅう パ 球, 顆 粒 球 の 比 率 で, 生 体 側 の 自 律 神 経 の 反 応 を 推 察 することができるとい う 方 法 である. 副 交 感 神 経 を 調 べるには, 心 電 図 の RR 間 隔 の 解 析 をするのが 一 番 簡 単 であるが, 臨 床 の 中 で 漢 方 を 使 うときに 簡 単 にわかる 方 法 が,このリンパ 球, 顆 粒 球 の 比 率 である.もちろんリンパ 球 と 顆 粒 球, 交 感 神 経 と 副 交 感 神 経 は 日 内 リズムがあるので,1 回 の 検 査 で 交 感 神 経 優 位, 副 交 感 神 経 優 位 というのは 早 計 である. 日 内 リズムは 大 きい 方 でも 20% 前 後, 小 さい 方 は 10% 前 後 である から,60% 以 上 あるいは 30% 以 下 になっていれば,だいたい 生 体 側 がどちらに 傾 いているかはわかる. 当 然, 交 感 神 経 優 位 なのか 副 交 感 神 経 優 位 なのかで 漢 方 の 使 い 方 も 変 わってくる. 漢 方 の 使 い 方 もさることながら,いわゆる 現 代 薬 との 鑑 別 の 中 でも 役 に 立 つ. 自 律 神 経 に 対 する 漢 方 薬 の 用 い 方 は 拙 著 現 代 医 学 にお ける 漢 方 製 剤 の 使 い 方 ( 三 和 書 籍 )に 詳 しく 論 じてあるので 参 照 されたい. 図 1-2 2

19 v 1-3 その 他 の 薬 ステロイドは,20 年 前 は 夢 の 新 薬 といわれた.やはりアトピー 性 皮 膚 炎 には, ステロイドが 一 番 効 く.ステロイドを 使 うと 本 当 に 苦 しみから 解 放 できる.その 意 味 でステロイドは, 上 手 に 使 っていただきたい.ただし, 継 続 的 に 使 うことは 避 けたい. 皮 膚 科 の 先 生 は 使 い 方 が 上 手 だから 心 配 ないが, 中 には 合 わないケー スも 出 てくる. 皮 膚 科 でアトピーを 特 によく 扱 っている 先 生 のケースでは, ス テロイドが 効 くはずなのに,だんだんステロイド 使 用 量 を 落 としていったらまた 悪 くなったので,いったんストロングに 戻 し,マイルドからウィークにしたら, またアトピーが 出 てきたので,またストロングに 戻 し,そうこうするうちにだん だん 皮 膚 が 薄 くなってきて 困 っている という 例 がある. これは 交 感 神 経 が 過 度 に 緊 張 状 態 になっているケースである.こういうときに は,まず 漢 方 で 少 し 副 交 感 神 経 優 位 の 状 態 にすると,ステロイドが 使 えるように なる. こけ 藍 野 大 の 大 沢 教 授 が IL-6 の 研 究 成 果 を 良 い 論 文 に 仕 上 げた. 舌 に 黄 色 い 苔 が ついているときには IL-6 の 値 が 上 がっているといえるが, 全 部 ではない. 基 本 的 には IL-6 の 値 が 高 いということである.IL-6 の 値 が 非 常 に 高 くなってくると, 今 度 は CRP に 反 応 をしてしまう.CRP の 前 に IL-6 が 出 てくるというのがある. 最 近,さまざまな 疾 患 において IL-6 が 症 状 をかなりよくするという 趣 旨 の 論 文 こう があちこちで 出 てきている.IL-6 にまつわるさまざまな 疾 患 の 中 でも, 特 に 膠 げん 原 病 のグループで IL-6 のデータを 取 ると,かなり 興 味 深 いデータが 出 てくるよ うである. 特 に 更 年 期 障 害 などでは,ホットフラッシュ( 顔 ののぼせ ほてり) は 必 ず IL-6 と 比 例 するから,IL-6 はホットフラッシュが 治 ったかどうかの 目 安 によく 使 う. v 1-4 漢 方 診 断 学 漢 方 の 診 断 には, 舌 診, 脈 診, 腹 診 の 3 つがある. 舌 診 は, 黄 苔 舌 は IL-6( 炎 症 )であり, 乾 燥 舌 は 循 環 血 けっ しょう 漿 量 減 少 であるとす るもので, 急 性 疾 患 に 適 する. ねんちょう 脈 診 は, 血 液 粘 稠 ( 渋 )や 循 環 血 漿 量 ( 滑 )や 血 清 浸 透 圧 ( 虚 )で, 虚 実 を 診 るのに 適 する. きょう きょう く まん せい か 腹 診 は, 自 律 神 経 失 調 ( 胸 脇 苦 満 )や 副 腎 内 分 泌 ( 臍 下 循 環 不 全 ( 少 腹 急 結 )で, 慢 性 疾 患 を 診 るのに 適 する. ふ 不 じん 仁 )あるいは 血 液 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 3

20 v 1-5 舌診 だいおう おうれん 舌に黄色い苔がつくのは IL-6 炎症性サイトカイン であり 大黄 黄連剤 さい こ しょう さ い こ と う を使う 漢方では うつ熱 実熱 といい 柴胡剤では 小柴胡湯ではなく大 柴胡湯を使う ご れいさん ちょれいとう 舌に白い苔がつくのは 病理的水分貯留であり 利水剤 五苓散 猪苓湯 を し くん し とう りっ くん し とう 使う 漢方では 水毒 といい 胃腸剤では 四 君 子 湯 ではなく六 君 子 湯 を使 う ばくもんどうとう にんじんざい 舌が乾燥するのは 循環血漿量不足であり 滋陰剤 麦門冬湯 人参剤 を使 せいはいとう じ いんこう か とう う 漢方では 津虚 といい 呼吸器では 清肺湯ではなく滋陰降火湯を使う く お けつ 舌が黒いのは 末梢血液循環不全であり 駆瘀血剤 桃仁 牡丹皮 を使う お けつ けい し ぶくれいがん 漢方では 瘀血 といい 腹診を参考に 桂枝茯苓丸などを使う v 1-6 脈診 脈診をするときには 3 本の指で診るのが基本である 入門漢方医学 日本 東洋医学会学術教育委員会編 南江堂 には 3 本の指で脈をご覧になって そ れで判断してください と書いてあるが 骨が高いところがあるとは書いてな とうこつ い 脈を診るときのポイントは 患者の手掌横紋の下の橈骨動脈に指を 3 本当 てたとき その真ん中の指の下にちょっと骨の高いところがあって 橈骨動脈 が 骨の高いところを盛り上がってまた下がっていくというところにある 橈骨 図 1-3 舌 診 舌黄色苔 IL-6 炎症性サイトカイン 大黄 黄連剤 漢方ではうつ熱 実熱といい柴胡剤では小柴胡湯ではなく大柴胡湯を選択する 舌白色苔 病理的水分貯留 利水剤 五苓散 猪苓湯 漢方では水毒といい消化器では四君子湯ではなく六君子湯を選択する 舌乾燥 循環血漿量不足 滋陰剤 麦門冬 人参剤 漢方では津虚といい呼吸器では清肺湯ではなく滋陰降火湯を選択する 舌黒色班 末梢血液循環不全 駆瘀血剤 桃仁 牡丹皮 漢方では瘀血といい腹診を参考に桂枝茯苓丸などを選択する 4

21 動 脈 の 中 枢 から 末 梢 に 行 く, 骨 のピークのところを 真 ん 中 の 指 で 診 る. 坂 道 を 上 がって 一 番 てっぺんになるものだから,スピードが 少 しおとされて, 中 指 のてっ ぺんは,いわゆる 循 環 血 漿 量 を 診 るのに 適 しているのである. 循 環 血 漿 量 は, 消 化 吸 収 能 力 と 自 律 神 経 によって 左 右 される. 右 手 の 脈 は 心 臓 から 腕 頭 動 脈 にダイレクトに 流 れていく. 左 手 は 大 動 脈 弓 に 当 たって, 少 しス ピードをおとしてから 鎖 骨 下 動 脈 で 走 っていくので, 右 手 の 脈 というのは, 漢 方 では 気 の 脈 といい, 左 手 の 方 は 血 の 脈 という. 右 手 の 真 ん 中 の 脈 が, 脾,いわゆる 消 化 吸 収 の 力, 左 手 の 真 ん 中 の 脈 が 自 律 神 経 の 脈,これが 肝 臓 の 脈 ぞう ふ という 言 い 方 をする.このように, 臓 腑 にそれぞれ 配 当 してあるというのが 古 典 のやり 方 である. 脈 は,それほど 盛 り 上 がっていず,ほんの 少 しだけである.だから, 脈 を 診 る のは,ほんのわずかの 差 を 診 るだけなので, 慣 れないとわかりにくい. 右 手 と 左 手 の 脈 で,どれだけスピードが 違 うのかというと,たいして 変 わらない. 中 指 で, 循 環 血 漿 量 を 診 ている. 薬 指 では, 坂 道 の 上 がる 道 筋 であるから, 血 流 速 度,スピードを 診 ている. 橈 骨 動 脈 が,ウイルス 感 染 などが 原 因 で, 心 身 症 などでアドレナリンが 強 くなると, 血 流 がすごく 増 えてしまい,スピードが 強 く なりすぎてしまうので, 脈 が 上 がってしまい 下 がっていかない.ここのスピード がぐっと 脈 症 を 押 し 上 げるので, 橈 骨 動 脈 が 上 の 方 にはね 上 がってしまう.そう すると, 人 差 し 指 で, 浅 いところで 橈 骨 動 脈 が 触 れて, 押 さえていくと 消 えてし 図 1-4 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 5

22 図 1-5 まうような 脈 が 出 てきてしまう.これを 浮 脈 という. 浮 脈,つまり 右 手 の 人 差 し 指 のところはウイルス 感 染 があるかどうか.ウイルスは 肺 に 影 響 するため 肺 の 脈 だと,そのような 表 現 をしていたのである. v 1-7 風 邪 の 脈 か ぜ 風 邪 の 脈 であるが, 最 初 はリンパ 優 位 だったのが,だんだん 視 床 下 部 からプロ スタグランジンE 2 が 刺 激 して, 視 床 下 部 に 反 応 すると 発 熱 をし, 次 には 混 合 感 染 にて 顆 粒 球 優 位 になる. 顆 粒 球 優 位 になると,アドレナリンが 出 てくるか ら, 今 度 は 左 手 の 脈 が 浮 いてくる.だから, 風 邪 の 脈 で,リンパ 優 位 の 時 期 なの か,それとも 顆 粒 球 優 位 の 時 期 なのかは, 示 指 の 脈 症 でわかる. 風 邪 をひいてい なくてもアドレナリンが 強 くなっているような 状 態, 心 身 症 のうつ 状 態 なども, こういうところでわかる. 患 者 の 右 手 の 脈 の 真 ん 中 は 坂 道 を 上 がったピークになるから,ここが 消 化 吸 収 すいぞう 系 統 を 調 べる 場 所 になる. 消 化 吸 収 だが, 昔 は 膵 臓 というのがわからなかったの ひ ぞう で, 昔 の 人 は 膵 を 脾 臓 と 評 価 した. 古 典 的 な 文 献 には 脾 と 書 いてある. 傷 寒 論 には 脾 という 言 葉 は 出 てこない. 傷 寒 論 は 脾 のことを 全 部 胃 と 表 現 している. 傷 寒 論 の 段 階 ではまだ 脾 もわからなかったのである.だか ら 傷 寒 論 に 胃 の 気 とか 胃 気 とか 書 いてあるのは, 脾 のこと,つまり 消 化 吸 収 のことである.それを 理 解 して 読 まないと 傷 寒 論 はわかりにくい. 現 代 では, 膵 臓 の 消 化 吸 収 能 力 のことをいっている. 自 律 神 経 のことを 肝, 左 手 の 真 ん 中 は 自 律 神 経 系 統, 肝 の 気 と 表 現 し, 自 律 神 経 を 表 す 肝 のところを, 左 6

23 図 1-6 風邪の経過 副交感優位 交感優位 麻黄剤 現代薬 実 実 顆粒球 リンパ球 虚 桂枝剤 ウィルス感染 2 3日 IL TNF α PG-E2 鼻汁 悪寒 柴胡剤 自律神経失調 7日 IFN γ 発熱 関節痛 手の中指でいっているということである 上がる道筋 つまり診察医の薬指というのは 甲状腺 副腎系統のホルモンの ことで 患者の右手がカテコールアミン 腎陽という ついでコルチゾール系 統 患者の左手が腎陰という表現になる 肺の方つまり 風邪をひいたリンパ優 位のときには 診察医の示指が浮脈になっているかどうか アドレナリンが強 くなってきたら 心が強くなっているかどうかで 心という 肺 脾 腎 心 肝 腎 という表現で臓腑は配当があるという 言うのは簡単だが 診るのは難 しい 風邪の人を診ると 必ず脈が浮いている ウイルス感染による風邪で 先生 風邪で具合悪くて などといっている人は 必ず脈が浮いている 先生 お腹 の具合が悪くて あなた カンピロバクター それとも小型球形ウイルス などと言っているときは やはり肺が浮いているから すぐわかる では浮脈とはどんなものか それは この人はどうもおかしい 心身症じゃない か 不安神経症じゃないか と感じられるときは 心が浮いていることでわかる v 1-8 渋脈 弦脈 じゅうみゃく 脈症が非常に渋脈 つまり hyper viscosity の状態で血液の粘稠度が高く 脈 第 1 章 漢方診療の実際 診断学 その1 7

24 がはっきりしないときには,TT(トロンボテスト)をとると, 必 ず 150 以 上 に なっている.PT-INR プロトロンビン 時 間 もかなり 延 長 してくる.そんなときに は 必 ず 脈 の 立 ち 上 がりが 緩 くなっている.これはワーファリン,パナルジンを きんしゅ こうそく 使 っても 緩 く, 鈍 い. 子 宮 筋 腫 とか 脳 梗 塞 のときには, 必 ずここが 渋 脈 になって いる.これを 覚 えると, 腹 を 診 なくても 脈 だけでわかるケースがある. 逆 に, 例 げんみゃく えば 肝 が 非 常 に 強 く 触 れていて, 実 証 の 非 常 に 強 い 脈 を 弦 脈 というが,その ときは, 腹 を 触 ると 必 ず 胸 脇 苦 満 (ヒポコントリー)がある. 私 のところに 研 修 に 来 た 先 生 が, 私 が 患 者 の 脈 を 診 ただけで, 他 には 何 にも 触 ってもいないのに あ,これ, 胸 脇 苦 満 がありますから, 触 ってみて 確 認 し てください というと, なんでわかるんですか などと 訊 くのだが, 脈 を 診 れ ばわかるのである. 弦 脈 があれば, 必 ず 胸 脇 苦 満 がある.また, この 人 は 不 安 神 経 症 ですから,ちょっとしゃべり 方 に 気 をつけないと というと, 同 じように どうしてわかるんですか と 訊 かれる. 心 の 脈 を 診 ていればわかるのである. 脈 症 がわかってくるようになる. 同 様 に, この 人 は 胃 腸 が 弱 いから,これは 人 参 湯 のグループですよ. 真 ん 中 にちょっと 圧 痛 がありますから というと, お 腹 に 触 ってもいないのに,なんでわかるんですか などと 指 摘 されるのだが, 脈 を 診 るとわかるのである. 例 えば, 循 環 血 漿 量 が 強 くて 吸 収 が 強 いときにはこの 脾, 食 べ 過 ぎや 飲 み 過 ぎ で 水 が 多 いときには 右 手 の 真 ん 中 が 強 くなるが, 吸 収 が 悪 いときには 血 清 浸 透 圧 が 下 がる.そうすると, 右 手 の 真 ん 中 の 脈 を 押 さえると, 全 然 触 れなくなる. 押 さえ 込 んでようやく 触 れるかどうかという 脈 になると,これは 消 化 吸 収 が 悪 いと しん すぐわかる. 腹 の 真 ん 中, 剣 状 突 起 のところに 心 わかるのである. か 下 ひ 痞 があるのは, 触 らなくても v 1-9 腹 診 腹 診 では 何 を 診 るかというと, 胸 脇 苦 満 があるかどうかを 診 る. 要 するに,あ ばら 骨 の 下 に 圧 痛 があるかどうかで,ヒポコントリーがあるかどうかを 診 てい るのである.よく 言 う 言 葉 に 痛 がるまで 押 そう 胸 脇 苦 満 というのがある. さい TH2 を 抑 制 するのは 柴 こ 胡 剤 だから,どうしても 柴 胡 剤 を 使 いたい.でも 触 って も 胸 脇 苦 満 はない. こんなはずはない ということで, 痛 がるまで 一 生 懸 命 押 し 込 んでしまう 先 生 がいる. 患 者 が 痛 い, 痛 い と 言 うと やっぱり 胸 脇 苦 満 さいれいとう だ.じゃあ 柴 苓 湯 と 言 って 柴 胡 剤 を 使 う 人 がいるが,それはよくない. 胸 脇 苦 8

25 図 1-7 腹 診 胸脇苦満 1 心下痞硬 1 臍下不仁 心下部の抵抗 下腹部の脱力 季肋弓下部の 抵抗 圧痛 腹皮拘急 1 小腹急結 瘀血の腹証 心下痞硬 2 両側腹直筋の緊張 心下部の抵抗 左腸骨窩の圧痛 満を診るときは 利き手でない方で診るのが原則である 私は 必ず患者の左に立って 利き手でない方の手で腹を触ってください と 言っている そうすると 力を入れて押し込めないからである そういうふうに して診ていただくといいのだが ただ 利き手でない方の手で診ると 頭と足 が 診察室で逆になるから 患者が寝にくい 特にスカートをはいている人は寝 にくくなる v 1-10 柴胡剤 小柴胡湯は熱の薬である それがなぜヒポコントリー 自律神経失調の薬にな るのだろうか それは 柴胡そのものが自律神経調整剤だからである 風邪をひ いて胃腸障害を来すのは 胃腸に障害を及ぼすウイルスがあるのではないかと皆 さんは思われるだろう 確かに ロタウイルスも小型球形ウイルスも 全て胃腸 障害を及ぼす そのときは 柴胡剤でなく人参湯のグループになるのである 第 1 章 漢方診療の実際 診断学 その1 9

26 柴 胡 剤 を 使 うのは, 例 えば 発 熱 セットポイントを 上 げようとして,プロスタグ ランジン E2 が 出 て 視 床 下 部 を 刺 激 するのに,その PGE2 が 出 すぎたケースであ る.PGE2 が 出 すぎると 胃 腸 の 粘 膜 を 痛 めるから, 胃 腸 障 害 が 出 てしまう. 出 す ぎてはいけないサイトカインを 出 してしまう.つまり 自 律 神 経 失 調 なのである. だから, 風 邪 の 経 過 の 中 で 胃 腸 障 害 を 来 した 場 合 には, 自 律 神 経 失 調, 胸 脇 苦 満 が 出 てくるから,そういうときに 柴 胡 剤 を 使 う. 柴 胡 剤 は, 実 際 に 風 邪 の 初 期 に 使 うと,インターフェロン γ,いわゆる 炎 症 性 サイトカインをむしろ 上 げてしまう. 風 邪 の 後 期,つまりこじらせた 状 態 で 顆 粒 球 優 位 で PGE2 がプラスになっているときには, 逆 に 下 げてくれる. 炎 症 を 抑 えてしまうような 方 向 に 行 く.つまり, 風 邪 の 初 期 に 使 うと 柴 胡 剤 は 全 然 効 かな いが, 風 邪 の 後 期 に 使 うと 効 きだす.そこが, 胸 脇 苦 満 があるかどうかの 違 いに なってくる.だから, 風 邪 の 初 期 に 触 っても, 胸 脇 苦 満 がないケースがあるが, 途 中 で 出 てきてしまうのである. よく 柴 胡 剤 は,どのぐらいの 期 間 で 効 くのですか と 訊 かれる. 使 うと, 本 当 に 数 日 で, 胸 脇 苦 満 はふわっと 消 えてしまう. いや, 先 生, 具 合 がいいです と,2 3 週 間 の 服 用 で, 胸 脇 苦 満 がもうないのである.そのくらいよく 効 く. そうすると, 漢 方 の 処 方 もその 時 点 で 変 わってきてしまう.つまり 腹 診 に 合 わせ て 変 わってしまうケースがあるということである. v 1-11 横 隔 膜 の 可 動 域 よく 言 っていることだが, 足 を 伸 ばしたら 臍 下 がなぜ 抜 けるのかというと, 老 化 現 象 に 合 わせて 甲 状 腺 副 腎 ホルモンの 機 能 が 落 ちてきて, 横 隔 膜 の 可 動 域 が 悪 くなるからである.これは, 吸 気 と 呼 気 でレントゲンを 撮 ると,すぐわかる. 横 隔 膜 の 可 動 域 は, 甲 状 腺 のホルモンの 機 能 に 合 わせて 下 がってくる. 横 隔 膜 の 可 動 域 が 落 ちると, 内 臓 の 線 維 組 織 がうまく 内 臓 を 引 っ 張 り 上 げられ なくなる.つまり, 内 臓 を 支 持 保 持 する 機 能 が 落 ちてくるので, 小 腸 や 大 腸 が へそ 臍 の 下 に 全 部 下 垂 してしまう.これが 横 隔 膜 の 可 動 域 と 比 例 するのである.つま り, 臍 の 下 の 腹 筋 で 小 腸, 大 腸 をいつも 支 えるような 状 態 になる.だから, 老 人 は 立 った 姿 勢 で 見 ると 臍 の 下 がふくらんでみえるが, 可 動 域 が 悪 くなっているた めである. よく 中 国 で 腹 式 呼 吸 をやると 老 化 防 止 になる というが,そのとおりであ る. 腹 式 呼 吸 で 横 隔 膜 の 可 動 域 を 保 持 してやると, 内 臓 下 垂 が 起 こらない. 腹 の 10

27 腹 直 筋 が 全 部 内 臓 を 支 えるからである. 立 っているときに 下 腹 部 がぽこっとふく らんでいる 人 を, 寝 かせて 足 を 伸 ばして 触 ると, 必 ず 臍 の 真 ん 中 がすこっと 抜 け さい か ふ じん てしまう.それが, 臍 下 不 仁 である.だから, 腹 式 呼 吸 は 老 人 には 大 変 大 切 な 健 康 維 持 の 方 法 なのである. 自 律 神 経 調 整 方 法 でもヨガでも 気 功 でもいいが, 腹 式 呼 吸 をやるというのは 非 常 に 大 事 なことである.ただし, 詩 吟 などは, 血 圧 の 高 い 方 はだめである. 甲 状 腺 機 能 が 落 ちて, 次 いで 副 腎 機 能 が 落 ちてきたときには,どうすればいい ふく だろうか. 基 本 的 に, 副 腎 機 能 の 低 下 には 2 つある. 副 じん 腎 ずい 髄 しつ 質 系 統 の 機 能 が 落 ちてきたときと, 副 腎 皮 質 系 統 の 機 能 が 落 ちてきたときである. 副 腎 皮 質 系 統 の 機 能 が 落 ちると,コルチゾールがどんどん 減 少 していくから, 老 人 が 枯 れ 木 のよ うに 脱 水 状 態 ドライになり, 水 分 保 持 能 力 が 落 ちてしまう. 細 胞 内 液 がなくな ると 死 ぬから, 細 胞 外 液 がどんどん 落 ちてしまうのである.この 場 合,コルチ やまいも ゾールを 補 充 すればいい.コルチゾールとは, 山 芋 である. 山 の 薬, 山 薬 であ る. 同 じようにコルチゾール 環 を 持 っているのが,アカヤ 地 黄 である.だから, 地 黄, 山 薬 の 入 っているグループというのが, 実 はコルチゾールステロイド 環 を 持 っているのである.だから, 脱 水 になって 水 分 保 持 能 力 が 落 ちてきたときには 地 黄, 山 薬 が 入 っている 薬 でコルチゾールを 増 やせばいい. 地 黄, 山 薬 の 入 って ろく み がん いる 薬 というのは, 六 味 丸 である.だから, 六 味 丸 は 水 分 保 持 能 が 落 ちてきた 脱 水 傾 向 のある 老 人 に 使 う. 副 腎 髄 質 系 統 が 落 ちると,カテコールアミンが 落 ちる.ということは, 心 機 能 が 落 ちるのである. 心 機 能 が 落 ちると, 足 腰 が 冷 えてむくみが 出 てくる.うっ 血 性 心 不 全 になり,BNP の 上 昇 を 見 る.そうすると, 今 度 は 心 機 能,カテコール アミンを 持 ち 上 げる 薬 が 必 要 になる. ぶ し カテコールアミンを 持 ち 上 げる 薬 は, 現 代 薬 ではジギタリス, 漢 方 では 附 子, トリカブトである.これらは, 非 常 に 強 い 植 物 性 アルカロイドである.これは, 洋 の 東 西 を 問 わず 同 じである.ジギタリスは 非 常 に 強 い 毒 性 を 持 っている. 薬 に すると, 心 機 能 を 強 く 上 げる.トリカブトも 非 常 に 強 い 毒 性 を 持 っていて, 毒 性 を 抜 くと 附 子 になる. こういう 強 い 植 物 性 アルカロイド,つまり 心 機 能 を 持 ち 上 げる 薬 で,ジギタリ スを 少 量 使 うと, 心 機 能 を 持 ち 上 げて 末 まっ しょう 梢 血 管 を 広 げるが, 大 量 に 使 うと 末 梢 血 管 を 収 縮 させる. 附 子 も 同 じである. 少 量 なら 末 梢 血 管 を 広 げて 心 機 能 を 持 ち 上 げるが, 大 量 に 使 うと,むしろ 末 梢 血 管 を 収 縮 させてしまう.またジギタリス 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 11

28 も 附 子 も, 大 量 に 無 毒 化 しないで 使 うと, 心 室 粗 動 を 起 こす. 非 常 に 強 い 心 毒 性 を 持 っているから, 不 整 脈 を 起 こしてしまうのである. v 1-12 補 剤 の 機 能 と 使 用 法 おう ぎ びゃくじゅつ そうじゅつ かんぞう 補 剤 とは, 人 参 黄 耆 白 朮 もしくは 蒼 朮 甘 草 の 4 生 薬 を 含 む 方 剤 のこと で,TH1 系 免 疫 を 上 昇 させる 働 きがある. 主 な 補 剤 には, 補 益 湯 ほ とう にんじんようえいとう だいぼうふうとう き ひ とう 補 湯 人 参 養 栄 湯 があり,その 他 に 大 防 風 湯 帰 脾 湯 六 君 子 湯 がある. ほ ちゅう 中 えっ き 気 とう じゅう 十 ぜんだい 大 補 中 益 気 湯 は, 食 欲 がない, 消 化 器 疾 患 術 後, 皮 膚 免 疫 が 脆 弱, 内 臓 下 垂 の 人 に 用 いる. 十 全 大 補 湯 は, 貧 血 ぎみ, 自 己 血 輸 血, 放 射 線 合 併 症 の 予 防,COX2 阻 害 剤 に 用 いる. 人 参 養 栄 湯 は, 慢 性 消 耗 性 疾 患 の 痩 せ, 抗 ウイルス 作 用 に 用 いる. 全 どんな 場 合 に 補 剤 を 使 うのか. 補 剤 とはどのように 働 くのか.これについて, 新 潟 大 学 の 安 保 徹 先 生 がよい 研 究 をなさっている.がんの 免 疫 のときに,がん 細 どんしょく 胞 マクロファージが 貪 食 すると,そのがん 細 胞 と 認 識 したものをナイーブ CD4 細 胞 に 指 令 を 与 える.ナイーブ CD4 細 胞 は TH1,TH2 の 方 に 分 化 していくが, ナイーブ CD4 細 胞 の 分 化 に 関 わるのが DC 細 胞,いわゆる 樹 る.ここに,がん 抗 原 抗 体 反 応 が 働 いている. じゅ じょう 状 細 胞 が 働 いてく 最 近 の 論 文 では,TH1 が CTL 細 胞,いわゆる 細 胞 傷 害 性 T 細 胞 を 刺 激 してく れるのだが,NKT 細 胞 は,TH1 から 働 く 部 分 と,DC 細 胞 から 直 接 刺 激 する 部 図

29 図 1-9 分 があるという. 特 に NKT 細 胞 を 一 番 よく 刺 激 するのは, 皮 膚 表 面 免 疫 のトー ルライクレセプター(TLR)だそうである.TLR は,1 から 8 までわかってい いんせいかんきん るが,TLR4 というのが,グラム 陰 性 桿 菌 に 対 する 抵 抗 力 を 表 している.そのグ ラム 陰 性 桿 菌 に 対 するトールライクレセプターは,どうも NKT 細 胞 を 刺 激 する 作 用 が 強 いというのがだんだんわかってきて,そのあたりからも,この NKT 細 胞 が 刺 激 できるということになっている. そうすると, 漢 方 薬 ががんに 効 いたかどうかというのは, 体 全 体 が TH1 系 統 の 方 に 優 位 に 働 いているか,TH2 系 統 の 方 に 優 位 に 働 いているかで, 概 ね 把 握 することができる.これも 拙 著 現 代 医 学 における 漢 方 製 剤 の 使 い 方 に 詳 しく 述 べている. 図 1-10 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 13

30 図 1-11 (リンパ 節 転 移 のある 進 行 性 がんの 75 症 例 ) 図 1-12 v 1-13 民 間 薬 の 評 価 外 来 では 漢 方 以 外 で 民 間 薬 の 相 談 が 多 い. 民 間 薬 で 効 いているかどうか, TH1/TH2 バランスが 評 価 できる. 民 間 薬 では 難 しいケースが 多 いが,がんの 患 者 にハタケシメジをぜひ 使 ってくれと 言 われたことがあり, 効 かないでしょう などと 言 いながら 20 人 くらいを 使 ってデータをとったところ, 肺 がんに 良 好 な 結 果 が 出 た.このことを 書 籍 に 書 いたところ,それを 読 んだある 大 学 の 呼 吸 器 科 14

31 図 1-13 の 先 生 が 興 味 をもって, 手 術 ができない 人 にシメジを 使 った.すると 扁 平 上 皮 が んによく 効 いたという. 有 効 率 が 40%くらいあったそうである. 今 のがんの 治 療 の 中 で, 例 えば 患 者 が 相 談 に 来 て, こんなものを 使 っている んですが,これ, 飲 んでもいいですか と 言 われたときに 民 間 薬 に 関 する 研 究 結 果 などを 評 価 しておくと,きちんと 答 えられる. 申 し 訳 ないけれどね,TH1 が 上 がってないから,これ 効 いてないよ とか TH2 が 3 以 上 あるから, 効 いてないよ と,データをふまえた 評 価 ができる. 目 標 は TH1 が 20,TH2 が 3 以 下 である.ただし,ターミナルステージは TH1 が 極 端 に 上 がる.30 を 超 えてくる.ターミナルステージは, 必 ずこれが 免 疫 の 過 亢 進 を 起 こすから, 非 常 に 高 くなることになる.ただし,TH2 も 必 ず 一 緒 に 上 がっていく.TH2 が 3 以 上 になっているときには,まず 化 学 療 法 を 勧 め る. ケモでこっちをたたいて,それで TH1 をアジュバントで 一 緒 に 上 げよう という 方 法 でやっていく. ケモテラピーでは,ランダ,シスプラチンを 使 うときにシスプラチンの 副 作 用 を 一 番 よく 抑 制 できるのはリンゴ 酸 ナトリウムである.リンゴ 酸 ナトリウムは, とう 当 き 帰 という 漢 方 に 入 っている. 当 帰 の 入 っている 漢 方 薬 は,シスプラチンの 副 作 用 を 非 常 に 強 く 抑 制 できるという 報 告 が 出 ている.ただし,ホルモン 感 受 性 の 強 い 乳 がんには 当 帰 川 芎 のペアが 禁 忌 となることがある. 外 科 漢 方 研 究 会 による と, 十 全 大 補 湯 でケモテラピーをすると 副 作 用 がなくなり,TH1 がよく 上 がっ 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 15

32 たということである.このように,ケモテラピーをするときに 漢 方 を 一 緒 に 使 っ て 副 作 用 を 取 るのもいい 方 法 である.また 化 学 療 法 の 副 作 用 の 吐 気 に 六 君 子 物 がグレリンを 上 げる 効 果 がある.ただし 当 帰 川 芎 は 女 性 ホルモンを 刺 激 するこ とがある.ホルモン 依 存 性 のがん 患 者 には 要 注 意 である. v 1-14 人 参 黄 耆 白 朮 ( 蒼 朮 ) 甘 草 補 剤 は, 人 参 と 黄 耆 という 2 つの 方 剤 が 入 っているのが 基 本 と 言 われている. じん ぎ ざい 人 参 の 参 と 黄 耆 の 耆 を 使 って 参 耆 剤 という 言 い 方 をする. 以 前, 東 京 大 学 におられた 丁 先 生 が, 人 参 と 黄 耆 の 2 つを 使 って TH1 がどの くらい 上 がるか 調 べたが,あまりいいデータが 出 てこない. 結 局, 人 参 と 黄 耆 に 白 朮 ( 蒼 朮 ), 甘 草 を 加 えた 4 生 薬 であることが, 東 京 大 学 のデータでわかって きた.それで 参 耆 剤 は, 人 参, 黄 耆 + 白 朮 ( 蒼 朮 ), 甘 草 の 4 つを 含 むものを 補 剤 ということになっている. 人 参, 黄 耆, 白 朮 ( 蒼 朮 ), 甘 草 の 4 つの 生 薬 を 含 んで 処 方 すると,TH1 を 持 ち 上 げる 作 用 が 非 常 に 強 いのである. 人 参, 黄 耆, 白 朮 ( 蒼 朮 ), 甘 草 の 4 つの 生 薬 を 含 むグループは, 代 表 が 補 中 益 気 湯, 十 全 大 補 湯, 人 参 養 栄 湯 で,それから, 帰 脾 湯 とか 大 防 風 湯.それ 以 外 にも 補 剤 と 同 じような 働 きをするものがいくつかある. はっ 四 君 子 湯 合 四 物 湯 系 列 などと 表 記 されているが, 八 ちん 珍 とう 湯 がベースになってい る.つまり, 補 剤 のベースは 四 君 子 湯 と 四 物 湯 を 混 ぜたものである. v 1-15 十 全 大 補 湯 せんきゅう しゃく やく じゅく 当 帰, 川 芎, 芍 薬, 熟 りょう し くん 苓, 甘 草,この 4 つが 四 君 じ おう し 地 黄,この 4 つが 四 し 子 もつ とう ぶく 物 湯 で, 人 参, 白 朮 ( 蒼 朮 ), 茯 とう しょうきょう たいそう 湯 である.ツムラのものは, 生 姜, 大 棗 も 入 って いる. 中 国 でもこれらを 入 れるケースが 多 いが,ベースは 8 個 である.そこに けい し 黄 耆 と 桂 枝 を 入 れると 十 全 大 補 湯 という 薬 になる.だから, 四 君 子 湯 と 四 物 湯 を はっ ちんとう それぞれ 入 れたのが 八 珍 湯,そこに 黄 耆 と 桂 枝 を 入 れると 十 全 大 補 湯 という 薬 に なる.これは, 太 平 恵 民 和 剤 局 方 ( 和 剤 局 方 )に 書 かれている. 太 平 恵 民 和 剤 局 方 ( 巻 之 五, 諸 虚 門 )には, 男 子 と 婦 人 の, 諸 虚 不 足, 五 こっ せき こう 労 七 傷, 飲 食 進 まず, 久 病 にて 虚 損 し, 時 に 潮 熱 を 発 し, 気, 骨 脊 を 攻 め, 拘 きゅう きゅう 急 疼 痛, 夜 夢 遺 精, 面 色 萎 黄 し, 脚 膝 力 無 く, 一 切 の 病 後, 気, 舊 の 如 からず, ぜんそうちゅう まん はんもん 憂 愁 思 慮 し, 気 血 を 傷 動 し, 喘 嗽 中 満, 脾 腎 の 気 弱 く, 五 心 悶 絶 するを 治 す. こ 並 びに 之 を 治 す. 此 の 薬, 性 温 にして 熱 せず, 平 補 にして 効 あり. 気 を 養 い 神 を 16

33 さ じゃ さ そ 育 す. 脾 を 醒 まし 渇 を 止 め, 正 を 順 し 邪 を 辟 く. 脾 胃 を 温 煖 にす. 其 の 効, 具 述 べからず とある. つぶさ に 男 女 ともに, 諸 々の 過 労 や 病 気 によって 食 欲 不 振 のもの, 長 い 病 気 によって 虚 証 となったもの. 時 に 潮 熱 があり, 身 体 痛 があり, 夢 が 多 く 遺 精 があり, 顔 色 が 黄 色 で 精 気 がなく, 足 に 力 のないもの これがポイントである それから, ゆううつ せき すべての 病 後 で 気 力 がなく, 憂 鬱 なもの, 気 血 が 弱 り, 咳 をし, 腹 が 張 り, 身 体 はんもん の 機 能 も 衰 え, 体 全 体 が 煩 悶 する,そういうものを 治 す,というのが 原 典 の 指 示 である. とも じ かんとうかん 万 病 回 春 ( 補 益 門 )には 気 血 倶 に 虚 し, 発 熱 悪 寒, 自 汗 盗 汗 ( 汗 を 出 す), けんたい げんうん な 肢 体 倦 怠 ( 体 がだるい), 或 いは 頭 痛, 眩 暈 (めまい), 口 乾 き 渇 を 作 すを 治 す. また 久 病, 虚 損, 口 乾 き, 食 少 なく, 咳 して 利 せず( 咳 をするけども 下 痢 はしな きょう き い ), 驚 悸 発 熱 或 いは 寒 熱 往 来 ( 熱 が 出 たり 入 ったり), 盗 汗 自 汗 ( 熱 が 出 る), ほ ねつ あらわ かん 哺 熱 内 熱, 遺 精 白 濁, 或 いは 二 便 血 を 見 し, 小 腹 痛 みをなし, 小 便 短 小, 大 便 乾 しょく こうもん げ つい かっ せつ ひんさく ようつう 濇, 或 いは 肛 門 下 墜, 大 便 滑 泄, 小 便 頻 数, 陰 茎 癢 痛 等 の 症 を 治 す という.そ れが, 現 代 使 われている 治 療 の 基 本 であるということである. 中 医 学 では,これらを 全 部 ひっくるめて, 気 血 両 虚 という 言 い 方 をする. 気 ( 消 化 吸 収 能 力 )が 衰 えて, 自 律 神 経 系 統 が 衰 えて, 血, 貧 血 ぎみで, 臨 床 上 の 使 用 目 標 は, 疲 労,やせ, 炎 症 が 長 引 いて, 消 炎 剤 で 効 果 がない.これは, COX2 の 阻 害 剤 ではないだろうかと 和 歌 山 県 立 大 学 の 大 塚 先 生 が 調 べたら, 確 か に COX2 の 非 常 に 強 い 阻 害 効 果 があった. 十 全 大 補 湯 は,COX2 のインヒビター である. 非 常 にいい 効 果 があり, 疼 痛 を 起 こすような 場 合 に 十 全 大 補 湯 が 効 く. 線 維 筋 痛 症 の 治 療 のための 漢 方 のファーストチョイスは, 十 全 大 補 湯 である. ただし,すべての 線 維 筋 痛 症 イコール 十 全 大 補 湯 ではない. 皮 膚, 乾 燥 傾 向. え, 皮 膚 の 乾 燥? じゃあ,ステロイドが 使 えないようなアトピーに 使 ったら どうか? と 思 って 使 ってみたら, 確 かに 効 く.ステロイドが 使 えないような, 表 皮 が 薄 くなってしまって, 痿 黄 で,どす 黄 色 くなって, 搔 くと 皮 膚 がぺろりと むけるようなケースに 使 うと 非 常 に 効 果 がある. それから, 脈 が 沈 ( 脈 が 沈 んでいる 状 態 )であって, 腹 証 は 特 異 なところはな じ おうざい い. 地 黄 剤 の 適 応 があるけれども, 胃 腸 が 弱 くて 地 黄 剤 が 使 えない. 特 に 昔 の 方 ま し にんがん じゅんちょう とう は,これは 便 秘 によく 使 っている. 老 人 の 便 秘 は 基 本 的 には 麻 子 仁 丸, 潤 腸 湯 を 使 うというのだが, 麻 子 仁 丸, 潤 腸 湯 を 使 うと 腹 が 張 ってだめです. 下 痢 を してだめです という 症 状 の 人 には, 十 全 大 補 湯 がいい.まず, 大 塚 先 生 はそ 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 17

34 図 1-14 こから 始 める. 十 全 大 補 湯 は, 地 黄 丸 が 使 えない 老 人 に 使 え と.そうすると 快 便 になるよ という. ⑴ 長 い 病 気 の 経 過 や 手 術 後 で 体 力 が 衰 えている 場 合. ⑵ 産 後 の 諸 症 状. だっ こう じ ⑶ 脱 肛, 痔. ⑷ 腰 痛 症. ⑸ 慢 性 の 皮 膚 炎,アトピー 性 皮 膚 炎 で 化 か のう 膿 性 のもの, 乾 燥 性 のもの. ⑹ かつては 腎 臓 結 核,カリエス,などによく 使 われたという. ポイントは, 術 後, 口 が 渇 く, 足 に 力 がない,COX2 の 阻 害 剤, 痛 みがあちこ ちにある. 補 中 益 気 湯 との 違 いが 問 題 になってくるが, 古 典 でこういうのも 結 構 よく 出 て きた お しゅん ぽ とうそうあん か ほう く かい くる. 北 尾 春 圃 の 当 壮 庵 家 方 口 解 には 気 血 両 虚 ノ 虚 冷 シタルニ 用 イル 剤 はなは 也. 虚 甚 ダシケレバ 則 チ 附 子 ヲ 加 ウ( 十 全 大 補 湯, 加 附 子 という 方 剤 が 結 構 多 い. 非 常 に 強 く 虚 しているときには, 十 全 大 補 湯 にさらに 附 子 を 加 える). 虚 人, 時 々 腹 痛 アルトイウニヨキコトアリ( 虚 証 の 人 で 時 々 腹 痛 がある 場 合,COX2 の 阻 害 剤 であるから, 痛 みがあるというときによく 効 く). 病 後 ノ 熱,スキット 去 リテ 保 養 ニヨシ( 病 後 の 熱, 術 後 の 熱 が,なんとなく 取 れない). 産 前 産 後 ノ 気 弱 キニ 用 イテヨシ( 略 ). 諸 病 トモニ 補 ウトキハ, 大 補 湯 ノ 症 カト 心 ヲ 付 ケテ 施 18

35 スベシ などと 書 いてある. こうほんほう よ げい さい それから, 有 持 桂 里 の 稿 本 方 輿 輗 には, 熱 病 経 歴 シテ, 下 血 ヲナシ, 犀 かく じ おう ところ あら 角 地 黄 ナドノユク 処 ニモアラズシテ, 陰 位 ニアリテ, 脈 沈 微 ナドヲ 見 ワスモノ, 十 全 大 補 加 附 子 ヲ 用 イテ 下 血 ヤムコトアリ. 大 補 湯 ヲ 下 血 ニ 用 イルコトハ 華 人 モ これ セヌコト 也. 是 本 邦 先 覚 ノ 発 明 也. 又 常 ノ 下 血 ニテモ 虚 極 ニナリシ 者 ハ, 十 全 大 補 加 附 子 ヲ 用 イルコトアリ とある. 昔 は 附 子 をかなりたくさん 加 えて 使 ってい た. 冷 えがあるからである. ふつ また,われわれが 一 番 よく 使 うのが, 浅 田 宗 伯 の 勿 ご 誤 やく 薬 しつ 室 ほう 方 かん 函 く 口 けつ 訣 であ い る. 此 方, 局 方 ノ 主 治 ニヨレバ, 気 血 虚 スト 云 ウガ 八 物 湯 ノ 目 的 ニテ, 寒 ト なり せつりつ 云 ウガ, 黄 耆 肉 桂 ノ 目 的 也. 又, 下 元 気 衰 エト 云 ウモ, 肉 桂 ノ 目 的 也. 又, 薛 立 さい 斎 ノ 主 治 ニヨレバ, 黄 耆 ヲ 用 ウルハ, 人 参 ニ 力 ヲ 合 セテ 自 汗 盗 汗 ヲ 止 メ, 表 気 ヲ かっ さつ 固 ムルノ 意 也. 肉 桂 ヲ 用 ウルハ, 参 耆 ニ 力 ヲ 合 セテ, 遺 精 白 濁, 或 ハ 大 便 滑 泄, それ ぞれ 小 便 短 小, 或 ハ 頻 数 ナルヲ 治 ス. 又 九 味 ノ 薬 ヲ 引 導 シテ, 夫 々 ノ 病 処 ニ 達 スルノ いず 意 也. 何 レトモ 此 意 ヲ 合 点 シテ, 諸 病 ニ 運 用 スベシ などと 書 いてある. 要 するに, 十 全 大 補 湯 は 気 血 両 虚,つまり, 病 後 で, 貧 血 があって, 痛 みが あって, 足 腰 の 力 がない, 微 熱 が 出 るようなケースに 非 常 に 具 合 がいいというこ とで 使 っていたら, 病 後 の 貧 血, 特 に 自 己 血 輸 血 の 後 貧 血 を 治 すのに 非 常 に 効 果 があった.それから, 放 射 線 合 併 症 の 予 防 にも 非 常 によい.ここには 書 いてない のだが, 当 帰 のリンゴ 酸 ナトリウムが,ランダ,シスプラチン 系 統, 白 金 製 剤 の 副 作 用 を 非 常 によく 取 ってくれる.それから,COX2 の 阻 害 効 果 があるから, 原 因 不 明 の COX2 が 原 因 しているような 疼 痛, 線 維 筋 痛 症 をはじめとするような 疼 痛 に 効 く. 十 全 大 補 湯 を 使 ったときは, 五 労 七 傷, 飲 食 進 まず を 目 標 にして 使 ったと 書 いておくと 大 丈 夫 である.それを 書 かないで, 十 全 大 補 湯 はこんなふうに 言 っているから と 書 くとよくない. 和 剤 局 方 のこの 部 分 に 着 目 して 使 っ た と 書 いておくといい.ただし,その 下 に 鑑 別, 補 中 益 気 湯 は 気 虚 が 強 く て, 血 虚 はない としておく. 十 全 大 補 湯 を 使 うときに 附 子 を 加 えるというのは, 昔 はやっていたものであ こうじんまつ る. 人 参 の 働 きを 強 める と 書 いてあるので,さらにここに 紅 参 末 を 少 し 加 え る 人 もいる. 人 参 に 紅 参 を 加 えるケースもある. 日 本 は 昔, 紅 参 末 ではなく, 竹 節 人 参 を 使 っていた. 竹 節 になったような 人 参 である.これは, 普 通 の 薬 用 人 参 よりも 補 剤 の 働 きが 強 いのだが, 今 はほとんど 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 19

36 採 れない. 興 味 深 いことに, 竹 節 人 参 は 保 険 で 通 っている. v 1-16 補 中 益 気 湯 ほ 補 ちゅう えっ き 中 益 気 とう い 湯,これは 脾 胃 論 に 医 が, 脾 胃 論 の 文 は 冗 長 なので, 万 病 回 春 を 見 よう. おうとう 王 湯 に 同 じ ということで 書 いてある 万 病 回 春 ( 外 傷 内 傷 証 弁 )に, 内 傷 労 役 は 元 気 の 虚 損 なり.( 補 中 益 気 湯 はん は) 形 神 労 役 し, 或 は 飲 食 節 を 失 し, 労 役 虚 損 し, 身 熱 して 煩 し, 脈 洪 大 にして 虚, 頭 痛 み, 或 は 悪 寒 して 渇 し, 自 汗 無 力, 気 高 くして 喘 するを 治 す( 略 ) と ある. い りょうしゅう ほう 医 療 衆 方 き 規 く 矩 ろう では, 中 気 ノ 不 足, 飲 食 労 けん げ 倦 シ, 精 気 下 かん もっ 陥 シ, 以 テ 脾 胃 虚 るいじゃく スルヲ や 弱, 発 熱 頭 痛, 四 肢 倦 怠, 心 煩 シ 肌 痩 セ( 体 がやせ), 日 ニ 日 ニ 漸 ク 羸 弱 よ しょう 治 ス. 此 ノ 薬 ハ 能 ク 元 気 ヲ 升 シ, 虚 熱 ヲ 退 ケ, 脾 胃 ヲ 補 イ, 気 血 ヲ 生 ズ. 本 来 は, 虚 熱 を 治 す 薬 である.だから, 非 常 に 胃 腸 が 弱 くて 微 熱 が 出 るようなケース にこの 補 中 益 気 湯 を 使 うのが, 本 来 の 使 い 方 だ. 李 東 垣 は 全 部 これでやってい る.これを 気 虚 発 熱 というグループでまとめている. 自 律 神 経 機 能 が 非 常 に 弱 くなって 慢 性 疲 労 になると, 必 ず 午 後 に 微 熱 が 出 てく る.そういうときに,この 気 虚 発 熱,いわゆる 補 中 益 気 湯 を 使 うのが, 本 来 の 内 外 傷 弁 惑 論 ( 李 東 垣 )の 使 い 方 だった.それが, 徐 々に, 日 に 日 に 痩 せてい くとか, 内 臓 下 垂 す というのに 注 目 して, 内 臓 下 垂 に 使 うケースが 多 くなっ た.しかし, 勿 誤 薬 室 方 函 口 訣 ( 浅 田 宗 伯 )が 非 常 に 役 に 立 つ. すなわ やぶ そんもう あるい た 脾 胃 乃 チ 傷 レ, 労 役 過 度, 元 気 ヲ 損 耗 シ, 心 熱 頭 痛 或 ハ 渇 止 マズ, 風 寒 ニ 任 こう エズ, 気 高 クシテ 喘 スルヲ 治 ス. 又, 発 汗 後 二 三 日, 脈 芤 (= 急 性 の 脱 水 の 状 態 で, 脈 は 触 れるが 押 さえると 中 がないという 脈. 急 性 脱 水 等 のときの 脈 で, 鉱 脈 たい などという), 面 赤 ク, 悪 熱, 或 ハ 下 利 二 三 行, 舌 上 胎 有 リ, 或 ハ 胎 無 クシテ 食 ねついん この せん ご もうげん ヲ 欲 セズ, 熱 飲 ヲ 喜 ミ, 食 進 ミ 難 ク, 重 キ 者 ハ 寝 ズ, 問 エバ 譫 語 妄 言 有 リ, 眼 目 赤 キヲ 治 ス という. 本 処 方 は, 体 質 虚 弱 者 ( 虚 証 )の 体 力 回 復 に 用 いる 補 剤 の 代 表 であり, 人 参 と 黄 耆 の 組 み 合 わせを 含 む 参 耆 剤 の 一 つである. 広 範 な 疾 患 に 用 いられ,あらゆる 医 薬 品 の 王 の 意 味 から 医 王 湯 の 別 名 がある. 臨 床 的 には, 下 記 のような 特 徴 がある. (1) 自 覚 症 状 疲 労 感, 気 力 がない 20

37 けん たい 手 足 の 倦 怠 感, 体 が 重 い 食 後 に 眠 くてたまらない 食 事 がおいしくない, 味 がわからない, 熱 いものを 好 む.(この 味 がわか らない とは, 甘 い 味 がわからないというのが 特 徴 である). 甘 い 味 がわか らないときには 補 中 益 気 湯 を 処 方 する. (2) 他 覚 的 所 見 動 作 が 鈍 い, 話 し 方 に 力 がない, 目 に 勢 いがない(この 目 に 勢 いがないとい うのを 目 標 にしろと, 私 は 教 わった. 患 者 で, 目 に 勢 いがない 人,おどおど して 力 がない 人 である. 患 者 を 見 て 目 つきが 変 わってきたな.おかしい というときに 使 うとよい) ね あせ 発 汗 傾 向, 盗 汗,ときに 微 熱 腹 部 は 全 体 に 軟 弱 で, 臍 部 に 大 動 脈 の 拍 動 を 触 れることが 多 い(これは 補 中 益 気 湯 の, 大 動 脈 の 拍 動 を 触 れるケースは 結 構 多 い) 脈 が 弱 くて,しまりがない (3) 漢 方 的 表 現 虚 労 つまり, 小 柴 胡 湯 の 虚 証 に 使 える.ただ, 補 中 益 気 湯 の 胸 脇 苦 満 は 小 柴 胡 湯 ほど 強 くない.ちょっとだけ 胸 脇 苦 満 がある 程 度 で, 拍 動 を 触 れるこ とが 非 常 に 多 い. 古 典 の 中 ではいろいろあって, 応 用 は 慢 性 呼 吸 器 疾 患, 耳 鼻 科 疾 患, 特 に 慢 性 の 老 人 性 呼 吸 器 疾 患 にこれを 使 うと, 風 邪 の 予 防 になる. 一 冬,だいたい 平 均 で 4,5 回 ぐらい 風 邪 をひくのが 普 通 だが,それが 半 分 以 下 に 減 る. 風 邪 の 予 防 に 効 果 的 なので,これを 群 馬 大 学 の 土 橋 邦 生 先 生 が 研 究 したところ,トールラ イクレセプター(TLR)4 を 上 げる 作 用 が 一 番 強 いという 結 果 がでた.トールラ イクレセプター 4,いわゆる,グラム 陰 性 桿 菌 の 皮 膚 表 面 免 疫 を 非 常 に 強 く 上 げ てくれる.それから 消 化 器 疾 患. 慢 性 肝 炎, 肝 硬 変, 特 に 肝 硬 変 になってい るときには, 小 柴 胡 湯 の 場 合 には 虚 証 であるから, 補 中 益 気 湯 の 方 にするのが 原 則 である. 胃 下 垂, 胃 アトニー, 脱 肛, 慢 性 下 痢,それから, 慢 性 の 疲 労 疾 せいしょ えっ き とう 患, 盗 汗, 夏 まけ, 夏 やせ, 眼 精 疲 労 で, 清 暑 益 気 湯 という 薬 がある.それと うまく 使 い 分 けると, 夏 負 け, 夏 痩 せによく 効 く. 加 減 法 のところに 味 麦 益 気 湯, 調 中 益 気 湯, 赤 石 脂 湯 とあるが,これは 全 部, 補 中 益 気 湯 の 加 減 法 で ある. 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 21

38 み (1) 味 ばく 麦 益 気 湯 は, 補 中 益 気 湯 に 五 味 子 麦 門 冬 を 加 味 したもの. 虚 弱 な 者 の 気 管 支 炎 によい. ちょうちゅう (2) 調 中 益 気 湯 は, 補 中 益 気 湯 に 茯 苓 芍 薬 を 加 味 したもの. 補 中 益 気 湯 証 で 腹 痛 のある 例 によい. せきしゃく し (3) 赤 石 脂 湯 は, 補 中 益 気 湯 に 赤 石 脂 を 加 味 したもの. 慢 性 の 脱 肛 に 用 いる. 古 典 の 例 を 挙 げてみよう. (1) 療 治 経 験 筆 記 ( 津 田 玄 仙 ) 此 方 ヲ 広 ク 諸 病 ニ 用 ユル 目 的 ハ,[ 第 一 手 足 倦 怠 ] 倦 怠 トハ 手 足 ノ 落 チル 様 ニ カイダルク, 力 ナキヲ 云 ウ.[ 第 二 語 言 軽 微 ] 語 言 軽 微 トハ, 語 言 ハ 朝 夕 ノモノ イイノコト 也. 軽 微 トハ カルクカスカ トヨム 字 ニテ, 語 言 ノタヨタヨトイカ ニモ 力 ナク,カルクカスカニシテ,ヨワヨワト 聞 ユル 症 ヲ 云 ウ 也 ( 非 常 に 弱 い 言 語 である).[ 第 三 眼 勢 無 力 ] 眼 一 応 ニミレバ 朝 夕 ノ 如 ク 見 ユレドモ,ヨク 心 ヲツ ケテミレバ 目 ノ 見 張 リ,クタリトシテ,イカニモ 力 ナクミユルヲ 云 ウ(これを, まず 診 なさいとよくいわれる).[ 第 四 口 中 生 白 沫 ] 白 沫 トハ 病 人 食 中 ニイレテカ だ えき ムトキニ 口 ノアタリニ 白 沫 (よだれ 唾 液 ) 生 ズルモノナリ.( 中 略 )[ 第 五 食 失 味 ( 味 ガワカラナイ)]( 略 ) 甘 キモノモ 酸 モノモ 苦 辛 モ 口 中 ニテ 分 カラズ(わか らない), 皆 糠 スクホヲカムガ 如 クニテ, 不 食 スル,コレガココニ 云 ウ 所 ノ 食 失 味 トイウモノ 也.( 略 )[ 第 六 好 熱 湯 ( 熱 いものを 非 常 によく 好 む)] 脾 胃 虚 シテ 益 気 湯 ノ 應 ズル 証 ハ 何 程 熱 アリテモ 口 ニハ 煮 タチタル 物 ヲ 好 ムモノ 也. 是 レハ 脾 胃 虚 ノ 上 ニ 冷 ヲカネタルモノ 多 シ. 此 ノ 時 ハ 益 気 ニ 附 子 ヲ 加 エテヨキハト 知 ルベ シ.[ 第 七 当 臍 動 気 ( 臍 のところに 拍 動 を 触 れる)] 益 気 湯 ノ 応 ズル 脾 虚 ノ 証 ハ 臍 も ノグルリヲ 手 ヲ 以 テ 按 ジミルニ, 必 ズ 動 気 甚 ダシキモノ 也. 若 シ, 動 気 ウスキモ ノハ 脾 胃 ノ 虚 ノカルキモノ 也.[ 第 八 脈 散 大 而 無 力 ] 散 ハ 脈 ノハット 散 リヒロガ リテ,シマリノナキ 脈 ヲイウ. 大 ハ 太 クザトル 脈 也. 指 ヲ 浮 テハ 散 ヒロガリテ 太 クウテドモ 指 ヲ 沈 メテミレバ, 力 弱 クウツヲ 散 大 而 無 力 トイウ 也 とある. さらに 手 足 倦 怠 ノ 一 ツハ 益 気 湯 ノ 八 ツノ 目 的 ノ 中 ニテモ 肝 要 ノ 中 ノ 肝 要 也. 故 ニ 今 日 治 療 中 ノ 中 ニ 於 テ 外 七 ツモ 目 的 ガ 揃 ウテモ, 手 足 倦 怠 ノ 一 ツガナクバ 益 気 湯 必 定 ノ 証 トハ 究 メガタキコトモアルモノ 也. 是 レハ 益 気 湯 ヲ 用 イル 一 ツノ 心 得 也 とあり, 手 足 倦 怠 語 言 軽 微 眼 勢 無 力 口 中 生 白 沫 食 失 味 好 熱 湯 当 臍 動 気 脈 散 大 而 無 力 という 8 つの 目 標 を 使 っていただいてい いのだが, 特 に 8 つの 中 で 手 足 倦 怠 が 一 番 大 事 である.ほかの7つが 揃 わなく ても,この 手 足 のだるいということだけでも 使 ってよいという. 津 田 玄 仙 が 1 22

39 から 8 までの 使 用 目 標 を 書 いていて, 多 くの 文 献 に 引 用 されている. 津 田 玄 仙 のこの 第 二 のこういうところを 目 標 に 補 中 益 気 湯 を 使 ったらこうだ と 書 くとよ い. (2) 蕉 窓 方 意 解 ( 和 田 東 郭 ) 是 レ 小 柴 胡 湯 ノ 変 方 ナリ. 古 人 ノ 説 ニモ 東 垣 ノ 医 王 ハ 仲 景 ノ 小 建 仲 湯 ヨリ 変 ジ 来 レルモノナリトイエドモ 其 ノ 説 的 当 セズ. 大 イニ 考 エ 違 イナリ 小 柴 胡 湯 の 虚 証 の 薬 である. (3) 勿 誤 薬 室 方 函 口 訣 ( 浅 田 宗 伯 ) とうえん 此 方, 元 来 東 垣, 建 中 湯, 十 全 大 補 湯, 人 参 養 栄 湯 ナドヲ 差 略 シテ 組 ミ 立 テ シ 方 ナレバ, 後 世 家 ニテ 種 々ノ 口 訣 アレドモ 畢 ひっ きょう 竟 小 柴 胡 湯 ノ 虚 候 ヲ 帯 ブル 者 ニ なず 用 ウベシ. 補 中 ダノ 益 気 ダノ 升 提 ダノト 云 ウ 名 義 ニ 泥 ムベカラズ(こだわっては いけない) 津 田 玄 仙 の 8 個 の 目 標 が 一 番 だが, 手 足 が 非 常 にだるい, 目 に 力 がないとい うのが 一 番 大 きな 目 標 ということで, 補 中 益 気 湯 を 見 ていただけると, 食 欲 がな い, 味 がわからない, 手 足 がだるい.それから, 当 然 消 化 器 疾 患 の 術 後, 皮 膚 ぜいじゃく 免 疫 の 脆 弱,トールライクレセプター 4 が 弱 い, 風 邪 をひきやすい, 内 臓 下 垂. どう おなかでは, 臍 のところに 腹 部 大 動 脈 を 触 れる, 動 というのが 大 きな 目 標 になってくる. き 悸 を 触 れる, 拍 動 を 触 れる, v 1-17 人 参 養 栄 湯 にんじんようえいとう 人 参 養 栄 湯 であるが,これも,たくさん 書 いてある. さんとう ぜん 和 剤 局 方 には, 治 積 労 虚 損, 四 肢 沈 滞, 骨 肉 酸 疼, 呼 吸 少 気, 行 動 喘 啜 小 腹 拘 急, 腰 背 強 痛, 心 虚 驚 悸, 咽 乾 唇 燥, 飲 食 無 味 ( 味 が 感 じられない), 陽 ちょう, 陰 衰 弱, 心 虚 動 悸 ( 心 臓 の 方 に 虚 悸 があって), 悲 憂 惨 戚 ( 非 常 に 物 思 いが 強 い, 心 身 症 状 が 強 くなっている 症 状 に) 人 参 養 栄 湯 を 使 うのが 目 標 だという( 特 に そのあとが 大 きな 目 標 なのだそうだが). 勿 誤 薬 室 方 函 口 訣 には, 此 方 ハ 気 血 両 虚 ヲ 主 トスレドモ, 十 補 湯 ( 十 全 大 補 湯 )ニ 比 スレバ, 遠 志, 橘 皮, 五 味 子 アリテ, 脾 肺 ヲ 維 持 スルノ 力 優 也 まさ と げ り ぜんぼう ( 優 っている). 三 因 ニハ 肺 与 大 腸 倶 虚 ヲ 目 的 ニテ, 下 利 喘 乏 ニ 用 テアリ. 万 ところ しゃ 病 トモ 此 意 味 ノアル 處 ニ 用 ユベシ. 又 傷 寒 壊 病 ニ, 先 輩, 炙 甘 草 湯 ト 此 方 ヲ 使 ヒ 分 テアリ. 熟 考 スベシ. 又 虚 労, 熱 有 テ 咳 シ, 下 利 スル 者 ニ 用 ユ とある. 日 本 の 文 献 には 八 珍 湯, 十 全 大 補 湯 と 同 様 に 四 君 子 湯 と 四 物 湯 の 方 意 とあ 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 23

40 るが, 人 参 養 栄 湯 には 五 味 子, 遠 志, 陳 皮 が 加 方 されているので, 五 味 子 は と 小 青 竜 湯 の 配 合 と 同 様 に 胸 部 を 暖 め 水 滞 を 逐 い( 水 のかたまりを 取 り), 遠 志 は 養 心 安 神 薬 として 精 神 神 経 衰 弱 に 用 いる. 陳 皮 は 胃 気 を 抑 える 働 きがあるという ことで, 古 典 にある 心 虚 驚 悸 それから 悲 憂 惨 戚 という 呼 吸 精 神 衰 弱 に 配 慮 があるのが 人 参 養 栄 湯 の 特 徴 と 言 われている. せき がんの 術 後 で,デプレッションが 強 くなっているようなタイプ,あるいは, 咳 が 強 く 出 ているようなケースに 使 う. 咳 が 出 ているケースに 使 ったら,この 人 参 養 栄 湯 の 肺 の 免 疫 を 強 くする 働 きが 非 常 に 強 く 出 た. 肺 の 方 に 転 移 が 予 測 される 場 合 には 人 参 養 栄 湯 がよいと 言 われている. 抗 精 神 薬 を 使 わないといけないよう な, 非 常 に 沈 んで, 心 配 症 で,うつが 強 くなったケースには 人 参 養 栄 湯 の 方 が 効 果 があるようだ. さらに 息 切 れ, 気 管 支 喘 息, 精 神 不 安, 不 眠, 盗 汗 がある 場 合 は 小 青 竜 湯 のよ はん うな 麻 黄 剤 が 不 適 応 であるため, 麦 門 冬 場, 半 夏 厚 けい し かんきょう とう 桂 枝 乾 姜 げ こうぼく 朴 湯 とう さい あるいは 小 柴 胡 湯, 柴 湯 等 を 用 いるが,それでも 不 十 分 なときの 咳, 気 管 支 喘 息 に 人 参 養 栄 湯 が 効 いてくれる,ということである. 人 参, 黄 耆, 白 朮 ( 蒼 朮 ), 甘 草 の 4 つ の 生 薬 を 含 むのだが,これらは 全 部 TH1 系 の 免 疫 を 上 昇 させる 働 きを 非 常 に 強 く 持 っている. 津 田 玄 仙 の 療 治 経 験 筆 記 にあるように, 手 足 がだるいという のは,ぜひ 目 標 として 覚 えておいてほしい. 腹 でいうと, 拍 動 ( 動 脈 拍 動 )をよ く 触 れる. 小 柴 胡 湯 の 虚 証 のタイプだが, 肝 硬 変 になっていれば, 補 中 益 気 湯 の 方 でないと 効 果 がない. こ 胡 v 1-18 十 全 大 補 湯 と 補 中 益 気 湯 の 使 い 分 け 富 山 医 科 薬 科 大 学 の 研 究 によると, 十 全 大 補 湯 はどこに 働 いてくれるかとい うと, 原 則 的 にはマクロファージ 系 統 を 刺 激 することで,CTL 細 胞 を 賦 活 して, がん 細 胞 をアポトーシスに 誘 導 してくれる,とのことである. 補 中 益 気 湯 は, トールライクレセプター 4 を 刺 激 する 作 用 が 強 い.トールライクレセプター 4 から NKT 細 胞 の 方 を 刺 激 して,がん 細 胞 をアポトーシスに 働 いてくれる. 人 参 養 栄 湯 は 肺 の 免 疫 系 統 の 方 に 働 いて, 転 移 抑 制 に 働 いてくれるというのが 現 在 の 考 え 方 になっている. だから,マクロファージが 高 い,つまり 単 球 が 高 くなっているケースでは, 十 全 大 補 湯 の 方 が 効 果 的 である. 血 行 性 転 移 が 予 測 される 場 合 には, 補 中 益 気 湯 の 方 が 効 果 的 である.リンパ 節 転 移 が 予 想 される 場 合 には, 十 全 大 補 湯 の 方 が 効 果 24

41 的である 肺の免疫系統の方に転移が予測される場合には 人参養栄湯の方が効 果的であるが 十全大補湯は足腰がだるい 痩せてきた 汗をかいている 貧 血 冷え性 補中益気湯は 目に力がない 手足がだるい 消化器疾患 人参養 栄湯は 非常にウイルスが関与しているケースとか あるいは 非常に心身的な 部分で何か関与している場合に使い分ける これは 1 つの目標であって それ ぞれ逆になる場合もある このあたりが 漢方の難しいところである 富山大学ではこういうケースでアポトーシスを誘導するが 血行性転移でも十 全大補湯の方が効く場合もあるし 人参養栄湯が効く場合もあるから それぞれ の使用目標の中で使い分ける それぞれの使用目標をよく観察して どれが一番 のポイントかを押えて使い分けていただけると 漢方でもしっかり転移抑制に働 いてくれる 術後に免疫アジュバントとして役に立つのが 漢方の使い方であ る 質疑応答 Q 補剤の六病位での位置付けについて教えてほしい A 例えば小柴胡湯に対しての補中益気湯というような位置付けをしてしまう と 小陽病という話になってしまうが 本来は 太陽病 少陰病という方向では ないのかという疑問がわく 実はこれは 古典が 傷寒論 ではなく 和剤局 方 脾胃論 である だから 六病位の中に入ってなかったのである それを 後の人が無理やり押し込もうとしたので いろいろ説が出てきた 普通の 傷寒 論 の一般で出すと この補剤は全く出てこない 一応 参耆剤でとらえるならば 少陰病でとらえてもらった方がいいし むし ろ附子剤でとらえるならば 例えば十全大補湯加附子などと答えるなら 太陰病 まで持っていくケースがあり 補剤でとらえるならば 少陰病でとらえるケース もある 現在では だいたい人参湯プラス参耆剤というとらえ方をしているか ら 太陰病でとらえることが多いようである ただし 六病位でとらえるのは ちょっと無理がある薬で 傷寒論 の中には入っていない 和剤局方 もしく は 万病回春 もしくは 脾胃論 の薬だから どうしても位置付けするなら 太陰病のあたりに置いておけばいいのだが 実際には ちょっと違うケースも出 てくるかもしれない 第 1 章 漢方診療の実際 診断学 その1 25

42 Q 補 中 益 気 湯 の 目 標 を 下 痢 軟 便 とすることについて 教 えてほしい. A 脾 胃 論 でいうと, 脾 胃 へ, 体 中 に 気 が 巡 らないので, 消 化 吸 収 が 悪 いか ら 下 痢 をする.だから, 下 痢 に 対 しては 補 中 益 気 湯 を 使 う.ところが, 補 中 益 気 湯 を 下 痢 に 使 ってもあまり 効 果 はない.むしろ, 中 国 では 補 中 益 気 湯 イコール 虚 熱 である. 要 するに, 気 虚 発 熱 のときに 補 中 益 気 湯 が 一 番 の 基 本 だが, 日 本 に やってきたときに 使 用 目 標 が 下 痢 になってしまったようである. 気 虚 発 熱 は, 先 程 の 十 全 大 補 湯 もそうだが, 乾 燥 して 熱 というのは 少 陰 病 の 方 に 入 るケースもある.だから 十 全 大 補 湯 は 少 陰 病 の 薬 だと 分 類 する 方 もい る. 脾 胃 論 のあたりから,こことここを 目 標 にしたととっていただければ 結 構 である.だから, 下 痢 ととらえるなら 太 陰 病 の 方 になってくる. 気 虚 発 熱 とと らえたら 少 陰 病 でないと 話 が 合 わない. 要 するに 太 陰 病 では 絶 対 熱 は 出 ない.そ うすると 少 陰 病 に 置 かないとおかしいということになる.その 全 部 が 揃 う 必 要 は ないので, 原 典 の 方 からこことここという 目 標 の 中 で 使 っていただければ 結 構 か と 思 う. 先 程 の 8 個 の 中 で 一 番 の 目 標 は 手 足 のだるさ だと 書 いてある.そこが 一 番 の 大 きな 目 標 になる. 腹 の 拍 動 があるときに 使 うと, 下 痢 にも 効 くし, 原 因 不 明 の 発 熱 にも 効 く. Q 風 邪 に 対 する 治 療 方 法 は? A 風 邪 のシーズンには, 特 に 補 中 益 気 湯 などを 使 うケースも 多 いのだが, 治 療 ま おう ぶ し さいしんとう がうまくいかなくて,だるくて 仕 方 がないというときに, 麻 黄 附 子 細 辛 湯 に 頼 っ けいきょう そう そうおうしん ぶ とう たり,あるいは 桂 姜 棗 草 黄 辛 附 湯 を 使 い,うまくいくケースもある.これを 補 剤 というかどうかであるが,4 つの 定 義 からいうと 入 らない.ところが 大 きな 範 囲 の 補 剤 でいうと, 老 人, 虚 弱 者 に 使 う 薬 を 全 部, 体 を 守 る 薬 として 補 剤 ととら えるならば, 入 れてもかまわない.ただ, 黄 耆, 人 参, 蒼 朮, 甘 草 の 入 った 補 剤 としては 入 らないということになる. 実 際 には 大 きな 範 囲 で 体 を 守 る 薬 としての 補 剤 としてとらえる 考 え 方 もある. 桂 姜 棗 草 黄 辛 附 湯 は 桂 枝 湯 と 麻 黄 附 子 細 辛 湯 との 合 方 で 非 常 によい.スギ 花 粉 が 多 い 場 合 の 風 邪 などには, 桂 姜 棗 草 黄 辛 附 湯 がかなり 効 いているし, 最 近 ロタ じん そ いん ウイルスに 近 いような 小 型 球 形 ウイルスの 感 染 が 報 告 されているので, 参 蘇 飲 が 結 構 効 く.そのあたりで 少 し 工 夫 されるといいと 思 うが, 最 近 では 葛 根 湯 でぴたっ と 合 うケースは 少 ない. 一 応, 大 きな 範 囲 の 補 剤 で 加 えてもかまわないが,この 26

43 4 つの TH1 を 上 げるというグループでは,ちょっと 外 れるということである. Q 一 般 に 内 科 の 診 察 で 腹 を 触 ると, 腹 の 緊 張 を 取 るのは 非 常 に 難 しいことが 多 いのだが, 漢 方 的 にみた 腹,その 胸 脇 苦 満 という 非 常 に 緊 張 が 強 くて 診 察 が 難 し いケースも, 腹 証 としてとらえられるものだろうか. A 非 常 に 緊 張 が 強 くて 腹 が 固 くなってしまっている 場 合 も, 一 種 の 腹 証 なので ある. 緊 張 が 強 い,アドレナリン 系 統 が 非 常 に 上 がっている.だから,アドレナ リンが 強 いと,それも 1 つの 腹 証 で, 緊 張 が 強 いという 1 つの 腹 証 になってく るので,その 場 合 にはアドレナリンを 落 とす 薬,つまり, 心 系 統 に 効 く, 体 の 興 奮 を 落 とす 薬 を 使 わなければならない. か み しょう ようさん ぶんしん き いん 例 えば, 女 性 ならば 加 味 逍 遙 散 とか,もう 少 し 強 い 薬 で, 分 心 気 飲,あるい にょ しんさん じつ ぼ さん は 女 神 散 などである. 女 神 散 は 実 母 散 ともいうが,おじけづきやすい 人, 先 生 の 前 にいると 緊 張 して, うー とうなってしまって 固 くなるような 人 には 非 常 に 効 果 が 出 る. 本 来 の 腹 証 が 出 てくると,また 女 神 散 を 元 に 戻 していくケースもあ るので,それも 1 つの 腹 証 で 考 えていただいて 結 構 である. 加 味 逍 遙 散 か 女 神 こう そ さん 散. 腹 が 弱 い 人 だと 香 蘇 散 とかである.そういうのをうまく 使 うとほぐれてくる から,だいたい 2 週 間 ぐらい 投 与 して, 良 くなったところで, 本 来 の 漢 方 に 切 り 替 えていくこともある.ぜひやってみてほしい. Q 十 全 大 補 湯 についてお 聞 きしたい. 十 全 大 補 湯 は,COX2 阻 害 剤 に 似 たよう な 働 きをするということだが, 痛 みに 対 してすでに 西 洋 薬 で NSAIDS を 使 い,さ らに 追 加 するようなやり 方 はどうだろうか. A その 処 方 は, 一 向 に 差 し 支 えない. 十 全 大 補 湯 には 2 つの 側 面 があって,1 つは 本 来 の 十 全 大 補 湯 の 補 剤 として 免 疫 を 上 げるという 薬,それから,そういう 副 作 用 を 落 とす 面 もある.だから,COX1 を 使 っていたときに COX2 の 阻 害 剤 として 一 緒 に 使 っても COX1 の 胃 腸 障 害 を 取 ってくれる. 例 えばリウマチなど さいれいとう に 十 全 大 補 湯 を 使 って 胃 腸 障 害 が 取 れたりする.リウマチは 柴 苓 湯 が 多 いのだ が, 補 剤 を 使 うケースもある.あるいは 婦 人 科 で,リトドリンなどを 使 うときに き しゃく やくさん 帰 芍 薬 散 を 使 うと, 副 作 用 が 取 れることもあるから, 当 帰 の 入 っている 薬 は とう 当 結 構 そういう 胃 腸 障 害, 副 作 用 をよく 取 ってくれる. Q 養 命 酒 について 教 えてほしい. 第 1 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その1) 27

44 A 養 命 酒 そのものの 中 に 入 っている 生 薬 は, 先 程 の 補 剤 とほとんど 同 じであ る.だから, 補 剤 の 働 きとして 使 って 構 わない.だが 養 命 酒 はアルコール 度 数 が 25 度 あるので,そこにだけ 気 をつけて 使 っていただく 必 要 がある. 毎 日 習 慣 で 飲 んでいる 方 にはよいのだが, 確 実 に TH1 を 上 げるには, 漢 方 の 方 剤 の 方 が 効 けいぎょく こう 果 的 ではないかと 思 っている. 参 考 までに, 瓊 玉 膏 というものがあるが,これ は 信 州 医 薬 品 が 作 っているはちみつで 練 って 水 あめ 状 になっているもので, 補 剤 の 1 つである. 養 命 酒 と 同 じような 働 きがあるので,ぜひ 一 度 飲 んでみてほし い. Q 血 管 の 話 だが, 循 環 血 漿 量 とか Viscosity とか 血 管 の 硬 度 だけではなく, 実 際 には 皮 下 組 織 の 水 分 量 の 問 題 がかなり 絡 んでいるはずだが,それは 測 定 するパ ラメーターに 入 ってこないのだろうか. A 一 応, 皮 下 組 織 の 水 分 量 それから 脂 肪 が 多 い 方 は 差 し 引 いて 診 るというのが 原 則 である.だから,それを 差 し 引 いて, 脈 の 状 態 だけを 診 る.それが 慣 れだと よく 言 われる. この 人 はだいぶ 太 っているな あるいは 水 が 多 いな という のを 差 し 引 いて, 脈 の 状 態 だけを 診 るというのが, 脈 診 のテクニックである. Q 例 えば 甲 状 腺 機 能 が 少 し 落 ちぎみの 女 性 で, 脈 診 すると 全 員 沈 になる.それ は 実 際 そういう 皮 下 組 織, 結 合 組 織 の 問 題 が 介 在 しているからだと 思 っている が,その 理 解 でよいだろうか. A 甲 状 腺 組 織 機 能 が 落 ちてくると, 沈 脈 になる. 特 に 間 違 いやすいのは 太 って いる 女 性 である.これは,ほぼ 全 員 沈 になるから,それを 省 いて, 脈 を 診 ないと いけない. 脈 診 ではなかなかいいパラメーターが 出 てこない 理 由 はそこにある. 慣 れの 問 題 になるから, 脈 診 がそういう 女 性 でわかりにくいときには 腹 で 診 る. それが 確 実 である. 28

45 第2章 漢方診療の実際 診断学 その 2 v 2-1 舌診 脈診 腹診の特徴 こけ 舌診の診断学であるが 舌診の中で診断に特に役に立つのは 舌に黄色い苔が おうたい おう じ たい つく状態で これを黄苔という 黄苔の中で 非常に厚い汚い苔を黄膩苔 へら おう ぶ たい で落とせるような苔を黄腐苔という このうち膩苔は炎症性サイトカイン IL 6 が高い状態である 腐苔は 黄色い苔だが へらで落とすとぽろっと取れてしま うような苔で 歯で少し削れているのですぐにわかる 膩苔の方は食事の影響で 出てきたようなタイプで へらで削っても取れないような苔である この場合に は漢方の抗 IL 6 製剤 黄色の名前のつくグループを用いる 図 2-1 舌 診 第 2 章 漢方診療の実際 診断学 その 2 29

46 けっ 循 環 血 しょう 漿 量 が 不 足 すると, 脱 水 になる.ただ 脱 水 予 備 軍 の 状 態 でも, 舌 はま しょう さい こ とう ず 乾 燥 が 出 てくる. 舌 が 非 常 に 乾 燥 してきたときは, 小 柴 胡 湯 は 絶 対 に 使 っては ならない. ねんちょう 稠 脈 の 状 態 は, 循 環 血 漿 量 と 血 清 浸 透 圧, 血 流 速 度, 粘 度, 血 管 の 硬 さなど かつみゃく によって 規 定 される. 循 環 血 漿 量 が 多 いか 少 ないかを 診 るのは, 滑 脈 かどうかと じゅうみゃく いうことである.また, 血 液 の 粘 稠 度 を 診 るのは, 渋 脈 かどうかという 診 方 をす る. 血 清 浸 透 圧 がどうかは, 押 さえて 血 管 がつぶれてしまうかどうかという 見 方 をする. きょう きょう く まん ふくじん 腹 診 の 中 で, 自 律 神 経 失 調 症 のタイプは, 胸 脇 苦 満 と, 副 腎 内 分 泌 の 弱 くなっ てきたタイプである. 基 本 的 には, 舌 診 は 急 性 疾 患, 腹 診 は 慢 性 疾 患 と 言 われて いるが,そうでないケースもある. 忙 しい 臨 床 の 中 で 診 るにはこういう 見 方 がい い,ということである. 日 本 の 古 方 で 腹 を 診 ることが 非 常 に 多 いのは,このあた りに 理 由 があるのだろう. 日 本 の 場 合 には, 急 性 病 には 舌 診 はあまり 診 ないことが 多 い. 中 医 学 では こ の 舌 診 も 急 性 慢 性 疾 患 で 出 るから 一 緒 に 診 なさい といわれるのだが. 日 本 と 中 国 で 考 え 方 が 違 うところである. 舌 診 からわかることは,1 つは 苔 がないということ.これが, 脱 水 予 備 軍 であ る. 例 えば,シェーグレン 症 候 群 のような 状 態 になるとか,そこまでいかなくて も 舌 の 表 面 に 亀 裂 が 入 るだけの 場 合 もある.これは, 循 環 血 漿 量 が 少 し 落 ちてき ている 状 態 を 表 している. このとき 一 番 気 をつけなければならないのが, 絶 対 に 小 柴 胡 湯 を 投 与 してはい けないということである. 数 年 前 に, 小 柴 胡 湯 における 間 質 性 肺 炎 というのがず いぶん 話 題 になったが,ほとんど 全 部 が 小 柴 胡 湯 を 投 与 した 結 果 なのである. 脱 水 のときに 小 柴 胡 湯 を 使 って,さらに 脱 水 を 強 くしてしまった.そうすると, 黄 芩 とか 抗 アレルギーの 薬 が, 逆 にアレルギーを 強 くしてしまうケースが 出 てく る. 本 来 抗 アレルギーの 薬 を 脱 水 のときに 使 ってしまったために, 逆 にアレル ギーを 強 く 起 こしてしまうケースが, 小 柴 胡 湯 の 投 与 による 間 質 性 肺 炎 である. 逆 に, 間 質 性 肺 炎 のときは 小 柴 胡 湯 でよく 治 る. 小 柴 胡 湯 を 使 うときは,その 下 にある 白 苔 が 目 安 になるが,たまに 黄 色 い 苔 になる 場 合 もある. 黄 色 い 苔 でも, 小 柴 胡 湯 を 使 う 場 合 がある. 白 苔 から 黄 苔 のときは 小 柴 胡 湯 がいいのだが, 乾 燥 舌 だけには 使 ってはいけない. 乾 燥 舌 のときは, 循 環 血 漿 量 を 計 るとわかるが, 体 中 の 循 環 血 漿 量 が 低 下 して 30

47 きている.そのとき, 現 代 医 学 の 立 場 では, 点 滴 をしましょうということにな る. 点 滴 をすると 実 際 によく 治 るのだが, 点 滴 ばかりしていると, 医 療 監 査 で じ いんざい 引 っかかってしまう.そこで, 陰 液 を 補 う 薬, 滋 陰 剤 を 使 う. 陰 液 というのは, な 循 環 血 漿 量 を 増 やす 漢 方 である. 例 えば 砂 糖 を 舐 めると, 子 どもの 自 家 中 毒 など もかなり 落 ち 着 く. 砂 糖 は 循 環 血 漿 量 を 増 やしてくれるのである. 漢 方 薬 でも 循 たいそう ばくもんとう じゃ 環 血 漿 量 を 増 やすグループがある. 大 棗, 麦 門 冬 が 代 表 になる. 麦 門 冬 は, 蛇 の ひげ 髭 という 薬 だが, 体 内 コルチゾール 濃 度 を 維 持 し 循 環 血 漿 量 を 増 やす 働 きを 持 っ じ いんこう か とう ている.その 代 表 が, 滋 陰 降 火 湯 という 薬 である. v 2-2 虚 熱 を 取 る 滋 陰 降 火 湯 滋 陰 至 宝 湯 体 全 体 に 循 環 血 漿 量 がなくなり,ドライ(= 脱 水 )になると, 鼻 からのどの 粘 ぜんどう 膜 蠕 動 運 動 が 悪 くなってくる.するとそこにウイルスがつくようになり,ウイル スによる 軽 い 感 染 を 起 こすと, 熱 が 発 生 する.それを 漢 方 では 虚 熱 という. 要 するに,IL 6 の 状 態 が 少 し 上 がってきている 状 態 は 虚 熱 であり,それが CRP まで 反 応 してしまうと 実 熱 になる. 実 熱 の 場 合, 漢 方 では 治 療 が 難 しい. 体 の 循 環 血 漿 量 を 増 やしながら IL 6 を 抑 制 してウイルス 感 染 における 軽 い 熱 を 取 るのが, 滋 陰 降 火 湯 である.その 中 に 入 っている 1 つが 麦 門 冬 で, 抗 ウイ ち も おうばく ルス 作 用 があるのが, 知 母 黄 柏 である. 漢 方 の 世 界 では,この 滋 陰 降 火 湯 は 虚 熱 を 清 する 代 表 的 な 方 剤 とされている. つまり, 体 が 全 体 にドライ(= 脱 水 )になって, 軽 いウイルス 感 染 を 起 こして 出 てきたような 熱 である. 一 番 判 断 しやすいケースが 老 人 の 慢 性 呼 吸 器 疾 患 で, 枯 れ 木 のようになっている 人, 脱 水 状 態 になって, 舌 を 診 ると 乾 燥 している 人 であ せき る.こういう 人 は, 夜 寝 るとき, 布 団 に 入 って 体 が 暖 まってくると 咳 をしはじめ る. 布 団 に 入 って 体 が 暖 まってくると, 外 からの 熱 が 強 くなってくるので, 咳 を し 始 めるのである.つまり, 滋 陰 降 火 湯 は, 脱 水 傾 向 のある 老 人 の 慢 性 呼 吸 器 疾 患 で, 夜 布 団 に 入 ると 咳 き 込 んでいるような 人 に 使 う.それ 以 外 にも, 脱 水 傾 向 があってウイルス 感 染 があるような 場 合 に 広 く 使 える.ただし,すべて 舌 に 苔 が ないのが 目 安 である. もう 1 つ, 同 じグループに 滋 陰 至 宝 湯 というものもある. 滋 陰 至 宝 湯 と 滋 陰 さい 降 火 湯 の 違 いは 何 かというと, 滋 陰 至 宝 湯 には 柴 こ 胡 が 入 ってくるところにある. 柴 胡 は 清 熱 効 果 と 自 律 神 経 調 整 をする 働 きが 強 く 出 る. 精 神 的 な 要 因 で 咳 が 出 て おり, 咳 を 主 訴 とする 心 身 症, 乾 燥 傾 向 のある 人 は, 舌 が 乾 燥 してドライになっ 第 2 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その 2) 31

48 ていて, 自 律 神 経 の 反 応 において 咳 が 出 る.コンサートのとき, 聴 衆 の 中 に 咳 を する 人 が 必 ずいるが,こういう 人 たちには 滋 陰 至 宝 湯 がいい.ただし, 舌 が 乾 燥 していることがポイントである. ばくもんどうとう 同 じように 麦 門 冬 湯 という 薬 がある.これはやはり 循 環 血 漿 量 を 増 やす 薬 で, か 中 枢 反 射 を 抑 制 し 咳 を 止 める. 麦 門 冬 湯 は, 乾 燥 型 の 風 ぜ 邪 や 妊 娠 中 の 女 性 にい い. 妊 娠 中 の 女 性 は 羊 水 に 体 液 を 持 っていかれるので,ほとんどのケースが 脱 水 になる.だから, 妊 娠 中 の 咳 は 治 りにくい. せいしょ えっ き とう にんじん これ 以 外 にも 循 環 血 漿 量 を 増 やす 薬 がある. 例 えば, 清 暑 益 気 湯.これは 人 参 ぶ し とか 附 子 が 入 っていて, 循 環 血 漿 量 を 増 やす 薬 である.また, 腎 臓 系 統 の 循 環 血 じ おう 漿 量 を 増 やす 薬 は, 地 黄 が 入 っているとか,さまざまである. 一 番 代 表 的 なのが 滋 陰 剤 である. 舌 が 乾 燥 しているときには,そういう 薬 をまず 頭 に 思 い 浮 かべる ことが 必 要 である.その 他, 咳 を 主 訴 としているのか,それとも 胃 腸 の 方 の 脱 水 か,あるいは 腎 臓 の 方 の 脱 水 なのかによって, 薬 が 変 わってくる. v 2-3 舌 診 水 毒 利 水 剤 と 利 尿 剤 舌 に 白 苔 (= 白 い 苔 )がつくのは, 水 分 バランスが 乱 れていることを 表 してい すいどく る. 水 分 バランスの 乱 れを, 漢 方 では 水 毒 という. 漢 方 には, 利 水 剤 というものがあるが,これは 利 尿 剤 ではない. 利 尿 剤 と 利 水 剤 との 違 いは 何 かというと, 利 尿 剤 は,Na k ポンプで 消 化 管 内 液 も 細 胞 外 液 も 尿 として 排 出 される.ラシックス,ダイアート,アルダクトンといった 利 尿 剤 は, 消 化 管 内 液 も 細 胞 外 液 もぎゅっと 絞 って 尿 に 出 す.ところが, 漢 方 の 利 水 剤 は,アクアポリンを 使 って, 細 胞 内 外 液 を 維 持 しながら 消 化 管 内 液 を 尿 として 出 す.つまり 細 胞 外 液 を 維 持 できる それが 両 者 の 違 いである. 細 胞 内 液 が 変 化 すると 死 んでしまうので, 細 胞 内 液 は 絶 対 変 化 しないのだが, 細 胞 外 液 は 変 化 す る. 利 尿 剤 ではないという 意 味 から,わざわざ 利 水 剤 という 名 前 がついている. つまり, 漢 方 の 利 水 剤 は 細 胞 外 液 を 維 持 する 働 きがあるので, 脱 水 があるときに も 使 える.また.アクアポリン 4 は 脳 室 周 囲 に 存 在 するため 脳 内 圧 の 低 下 にも 役 立 つ. 例 えば,うっ 血 性 心 不 全 などで 脱 水 傾 向 のある 年 配 の 人 で, 胸 水 がたまってい る 場 合, 利 尿 剤 を 使 うと 余 計 に 脱 水 が 強 くなり のどが 渇 いて, 心 臓 がドキドキ して 困 る というケースで, 胸 水 がたまっていてコントロールできない, 脱 水 は あるが 余 分 な 病 理 的 な 水 がたまっているというとき, 利 水 剤, 例 えば 五 苓 散 ご れい さん など 32

49 を 使 うと, 胸 水 がすっと 取 れる.つまり, 細 胞 外 液 をしっかり 維 持 しながら 余 分 な 水 だけを 取 ってくれるのである. げ り また 例 えば, 二 日 酔 いのときには, 便 が 緩 くなって 下 痢 になる.トイレに 何 度 も 駆 け 込 むが, 尿 は 全 然 出 ない.そういうときは, 消 化 管 内 液 を 細 胞 外 液 に 持 っ て 行 かないといけない. 二 日 酔 いというのは 脱 水 である.アルコールを 分 解 する ため, 分 解 酵 素 がどんどん 細 胞 外 液 を 消 耗 して, 脱 水 になるのである.そこで 消 化 管 に 入 った 水 を 細 胞 外 液 の 方 に 誘 導 し, 残 りの 水 を 泌 尿 器 の 方 へ 持 って 行 く. 五 苓 散 を 飲 むと, 尿 がさーっと 出 て 二 日 酔 いが 治 る. 二 日 酔 いのときに,よく 砂 糖 水 を 飲 んだり,はちみつを 舐 めたり, 熱 いうどんを 食 べるといいと 言 うが,こ れは 全 部, 脱 水 を 軽 減 しようとしているのである.もっと 端 的 なのは, 糖 分 の 入 っているもの,つまり 酒 である. 酒 は 糖 分 が 非 常 に 多 いから, 酒 を 飲 むと 二 日 酔 いが 治 る.それで,これを 迎 え 酒 というわけである(もちろんこれはおすすめ できないが). ちょ れいとう また, 猪 苓 湯 というものがある. 猪 苓 湯 も 五 苓 散 も, 浮 脈 (= 脈 が 浮 )という のがポイントになる. 漢 方 にも 利 尿 剤 がある.つまり, 細 胞 外 液 も 消 化 管 内 液 もぎゅっと 絞 るような ていれき し びんろう じ 薬 である. 例 えば 蒂 瀝 子 (=ぺんぺん 草 )など. 檳 榔 子 は, 利 水 剤 に 近 い 方 だ たいげき けん ご が, 少 し 利 尿 剤 に 近 い 働 きを 持 っている.ほかに, 大 郄,もっと 強 いもので 牽 牛 し 子 (= 朝 顔 の 種 )など, 激 烈 な 働 きを 持 つ 利 尿 剤 がある.ただ, 漢 方 の 中 ではそ ういう 利 尿 剤 は 下 薬 といい, 副 作 用 を 伴 うことが 多 いから あまり 使 ってはいけ ない といわれている.だから, 漢 方 のエキスの 中 には 入 っていない. 漢 方 の 中 でも,ラシックスぐらいの 力 をもってぐっと 水 を 絞 らないといけないケースがあ るので,そういうときはあえて 強 い 利 尿 剤 を 使 うこともある.ただ,これは 保 険 外 になってしまう. のうしゅ たいげき 著 名 な 先 生 が, 卵 巣 嚢 腫 のときに 大 郄 という 激 烈 な, 有 毒 の 利 尿 剤 を 使 い,そ れで,がっと 尿 を 出 したら 治 ったというケースが 報 告 されている.だが,これは 危 険 と 紙 一 重 であり, 難 しいところがあるので,やるかどうかは,かなりの 経 験 と 知 識 が 必 要 であろう. 舌 が 暗 赤 色 になっている 状 態 は, 末 梢 の 血 液 循 環 の 乱 れを 表 していて, 漢 方 で お けつ は,これを 瘀 血 という. 瘀 血 が 出 る 原 因 は, 婦 人 科 の 分 野 では テーラー 症 候 群 などというが, 末 梢 の 血 液 循 環 不 全 である. 富 山 大 学 の 寺 澤 捷 年 先 生 は, 網 膜 の 方 の 血 流 をよく 調 べている. 寺 澤 先 生 の 瘀 血 スコア というのがあるの 第 2 章 漢 方 診 療 の 実 際 診 断 学 (その 2) 33

50 へそ で,それを 参 考 にされるといい. 腹 を 押 さえるとほとんどのケースが 臍 から 下 に 圧 痛 が 出 てくるので,それを 目 標 にするといいかと 思 う. とうじん ぼ たん ぴ 瘀 血 を 取 るのは, 基 本 的 には 桃 仁 牡 丹 皮 というプラスミン 活 性 を 上 げる 薬 に けい し ぶくりょう がん なる. 桃 仁 の 入 っているのが, 桂 枝 茯 苓 丸 という 薬 である. v 2-4 舌 診 歯 型 と 嫩 舌 それから, 舌 に 歯 形 がつくもの.これは,エデーム(= 浮 腫 )である. 消 化 管 内 液 の 吸 収 が 悪 くなっているのである. 消 化 管 内 液 の 吸 収 が 非 常 に 悪 いというこ に ちん とで, 気 虚 などというのである.だが, 本 来 はエデームがあるときには 二 陳 とう 湯 を 使 うべきであり, 人 参 そのものを 単 独 で 使 うと 余 計 にエデームは 強 くなる. 人 参 は 体 に 水 をため 込 んでしまうのである. 人 参 に 加 えるときには 必 ず 茯 苓 を 加 はん えないといけない.あるいは, 半 げ 夏 ちん か 陳 で, 本 当 は 二 陳 湯 が 一 番 いいグループになる. ぴ 皮 を 加 えないといけない.ということ それから, 若 い 女 性 で, 非 常 につるっとした,きれいな 舌 のケースがある.こ どんぜつ れを 嫩 舌 という. 中 国 の 本 によく 書 いてあるが, 老 と 嫩 というのをまず 診 なさ い という. 老 というのは, 非 常 に 実 証 で, 強 い 粗 ぞうである. 表 面 が 粗 ぞ うになっている 状 態 を 老 という. 嫩 というのは, 表 面 がつるっとして 非 常 に きれいな 舌 のことを 表 現 している. 写 真 1 はきれいな 舌 の 代 表 で, 非 常 につるっとして, 舌 苔 は 少 しあるが, 軽 い 紅 紫 で,ぽつぽつが 見 え, 舌 乳 頭 が 上 から 少 し 透 過 して 散 見 して 見 えるような ぜっ せん 状 態 である.この 方 は, 舌 尖 の 紅 紫 がちょっと 強 くなっている. 少 し 熱 っぽいの かもしれない.これを, 嫩 舌 という. 写 真 2 は 非 常 につるっとしている 舌 だが,この 方 は 白 苔 がだいぶついてい る.だから, 舌 乳 頭 が 見 えなくなってくると 苔 がついている などというの し こん で,よく 診 ると, 歯 痕,エデームもある.かなり 冷 え 性 で 胃 腸 が 弱 いのだろう と 想 像 がつくので, 二 陳 湯 を 中 心 に,あるいは 人 参 湯 を 中 心 にした 薬 を 使 わな いといけない.これは, 桂 枝 人 参 湯 あたりが 一 番 よく 向 くというケースである. 写 真 3 も,つるっとして 嫩 舌 である.これは 虚 証 に 多 い 舌 で,よく 見 ると 歯 形 がついている. 軽 い 白 苔 がついているが,このようにつるっとした 舌 というの は, 人 参 とか 桂 枝 あたりを 使 うのがいい.こういう 舌 は, 桂 枝 湯 グループを 使 う けい 目 標 になるのである.だから,こういう 舌 の 場 合 に 桂 し 枝 とう 湯 舌 という 先 生 も 多 い. し 枝 けい 舌 と 呼 ぶ 先 生 もいる. 桂 34

51 写真 1 写真 2 写真 3 写真 4 写真 5 写真 6 写真 4 は 黄色い苔がある 舌の例である これは かなりひどい苔がつい ている 白苔から真ん中が少し黄苔になって 非常に表面が粗ぞうになってい る これは もうかなり実証に偏ってきた 水毒から少しうつ熱がこもってきた 状態である こういう強い苔がついているときは かなり強く水を取ってやらな く み びんろうとう いといけないので 利水剤の系統を少し使う この人は 九味檳榔湯というのが よく効いたそうである 檳榔子は 利水から少し利尿に傾いているので 利尿の 方まで使ったわけである 便秘 めまいがあって 舌に非常に強い苔がついてい るという状態であった 写真 5 は白苔である 全体に白くなって 冷え性が強い リウマチの女性で ある ぱっと見てわかるように 少しうっ血性心不全の傾向が出てきている 肝 第 2 章 漢方診療の実際 診断学 その 2 35

52 流が悪くなって 全体に白くなり 大きくなっている 写真 6 は 逆に てかてかになって乾燥している舌である 循環血漿量が足 りなくなっているケースで シェーグレン症候群である シェーグレンには今 エボザック とかサリグレン など いろいろないい薬がある このような 舌 が非常に乾燥したタイプには 滋陰剤 もしくは麦門冬の入っている薬 あるい せいしょえっ は地黄が入っている薬 循環血漿量を増やす薬が必要となる この方は 清暑益 き とう かいよう 気湯 を使い 潰瘍性大腸炎などのときに ペンタサ やあるいはアサコール をよく使ったのだが アサコールは大腸で溶けるようコーティングされている しかし下痢になると溶けない場合があり 溶けない場合にこの処方を併用する だいたい 黄苔 黄色い苔 がつくようなタイプは ペンタサもしくはプレ ドニンでコントロールできるのだが 白くなって冷えがある場合には 効かない ケースがある そういうときには清暑益気湯がいいようである 写真 7 は 黄色い苔がべっとりとついているケースである 黄色い苔がべっ とりついて うつ熱がついている 舌の表面が少し汚くて 実熱である だか ら 熱を取ってやらないといけない 舌の部位でいうと 奥の方が腎の関係で 真ん中が脾 胃の関係 先端が肺 両脇が肝 胆というように言われている そ こで これは脾 胃から腎の方にかけて水がこもっている 熱がこもっている ということで 脾 胃から腎にかけての清熱の薬を使う目安になってくるのであ る これは 基本的には黄連湯が非常によく効くタイプになる 黄連湯は 奥の 方に苔がつくのが特徴である 写真 8 は 歯形がついている エデーマがあっ て白苔がついている これは 二陳湯が必要で 少しうっ血性心不全の傾向が出 写真 7 36 写真 8 写真 9

53 写真 10 写真 11 てきている 舌尖が非常に真っ赤になっていて 写真 12 写真 13 SLE のケースである 心も舌尖に出ると言わ れているが 強い熱がこもってしまっている状 態で 肺もしくは心の清熱をしないといけない ケースである 写真 9 は 黄色い苔である 胃がんの老女 だが 消化器がんや進行がんには 必ずこうい う黄苔がついている 非常に汚い苔がべとっと ついてくる 写真 10 は 紫色の斑点がついているような 状態で 血液循環不全である 桂枝茯苓丸がい ど ちょう い わかりにくいようなら 舌をひっくり返して 舌下静脈の怒脹があるかどう かを診る こういうケースは 腹を触ると必ず圧痛がある 写真 11 は 白苔で虚証の人だった だが 水が足りなくなってくると 表面 にだんだん亀裂が入ってくる 冷え性で胃腸が弱い上に 体中の循環血漿量が 減ってきたことを表している 写真 12 は つるっとした嫩舌で ちょっと苔がなくなってきて 乾燥してい る 小柴胡湯を使ってはいけないケースである 写真 13 は胃がんの方で 黄色い苔がべっとりとついている がんでは 黄色 い苔がつくことが多い 炎症性サイトカインが上がっているケースが多い 活性 酸素も悪影響を与えていると言われている 第 2 章 漢方診療の実際 診断学 その 2 37

54 すん かん しゃく 舌 の 苔 が 取 れないような 人 や, 寸, 関, 尺 の 尺 が 非 常 に 弱 くなっているような 方 は, 検 査 をしていくと 何 かあることが 多 い. v 2-5 舌 診 舌 診 について. 舌 に 黄 色 い 苔 が 付 くのは IL 6 が 高 い( 炎 症 性 サイトカインが 高 い) 状 態 になるので, 大 黄 黄 連 のグループを 使 う. 舌 に 白 い 苔 は 病 理 的 な 水 分 貯 留 で 利 水 剤, 乾 燥 のときには 参 耆 剤 で 麦 門 冬, 黒 い 色 が 付 いているときに く お けつざい は, 駆 瘀 血 剤 を 使 う,というのが 舌 の 基 本 になる. 二 次 感 染 などを 起 こすと,だ いたい 舌 に 黄 色 い 苔 が 付 く. 皮 膚 の 表 面 が 二 次 感 染 になったときにも, 黄 色 い 苔 がうっすら 付 いてくる.だからよく 観 察 して, 大 黄 の 入 っている 薬, 治 頭 瘡 一 方 を 使 うか, 消 風 散 を 使 うのかを 判 断 するのがいい. 消 風 散 は 基 本 的 には 白 虎 湯 の グループになるので, 舌 に 白 い 苔 が 付 いている. 白 い 苔 は, 乾 燥 しているとき とう き に, 麦 門 冬 のグループが 必 要 だという. 皮 膚 の 場 合 には, 当 帰 を 使 う. 当 帰 で 皮 膚 のうるおいを 持 たせようという. 黒 っぽい 斑 点 が 付 くときには, 色 素 沈 着 が 多 くなってきたような 場 合 だが, 腹 診 を 参 考 にしながら, 駆 瘀 血 剤 を 使 う.このよ うに, 皮 膚 病 においても 舌 診 が 非 常 に 重 要 である. 白 い 苔 が 付 いているときは, 水 を 取 る 薬 が 必 要 になる. 図

スライド 1

スライド 1 青 竜 塾 平 成 27 年 度 第 4 回 漢 方 生 薬 と 方 剤 滋 陰 剤 医 療 法 人 社 団 ひのき 会 証 クリニック 吉 祥 寺 神 田 檜 山 幸 孝 http://www.kampo-future.com 虚 実 寒 熱 の2 次 元 座 標 における 方 剤 の 位 置 http://www.kampo-future.com 陰 陽 虚 実 の2 次 元 座 標 における

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 大野Dr..ppt [互換モード] 運 動 における 安 全 管 理 バイタルサインということばを ご 存 じですか? ヒトの 生 命 に 基 本 的 な 徴 候 生 命 の 維 持 に 直 接 関 係 する 安 全 管 理 に 最 低 必 要 な 情 報 脈 拍 呼 吸 体 温 血 圧 意 識 状 態 など 脈 拍 をどこで 測 るかご 存 じですか? 脈 拍 を 測 ってみましょう 親 指 側 の 手 首 に 脈 を 触 れ ます

More information

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3

一般用漢方製剤の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について_3 143. 十 全 大 補 湯 添 付 文 書 等 に 記 載 すべき 事 項 してはいけないこと ( 守 らないと 現 在 の 症 状 が 悪 化 したり 副 作 用 が 起 こりやすくなる) 次 の 人 は 服 用 しないこと 相 談 すること 1. 次 の 人 は 服 用 前 に 医 師 薬 剤 師 又 は 登 録 販 売 者 に 相 談 すること (3) 胃 腸 の 弱 い 人 (4) 高 齢

More information

<タイトル>DES被害の軌跡(1)

<タイトル>DES被害の軌跡(1) 書 評 : 平 成 薬 証 論 を 読 んで 野 口 衛 私 は, 平 成 22 年 12 月 6 日 より 同 20 日 まで, 糖 尿 病 の 検 査 のため 大 阪 市 内 の 西 淀 病 院 に 入 院 することになり,この 間 に 標 記 著 作 に 目 を 通 すことにした そこで, 以 下 に, 簡 単 にその 感 想 を 述 べることにする 1 は じ め に 本 書 の 著 者 渡

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 漢 方 基 本 講 座 八 網 六 病 位 気 血 水 五 臓 論 医 療 法 人 財 団 北 聖 会 北 聖 病 院 漢 方 内 科 後 藤 博 三 = I-1. 証 とは 証 とは 患 者 が 現 時 点 で 現 している 症 状 を 陰 陽 虚 実 寒 熱 表 裏 六 病 位 気 血 水 五 臓 などの 漢 方 医 学 上 の 基 本 概 念 をとおして 認 識 し さらに 病 態 の 特 異

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

スライド 1

スライド 1 NPO 法 人 健 康 医 療 開 発 機 構 第 7 回 シンポジウム 未 来 志 向 の 漢 方 ポジティブな 多 世 代 共 生 社 会 を 目 指 して 2014 年 3 月 2 日 学 士 会 館 漢 方 への 期 待 ~ 国 民 の 目 線 から NPO 法 人 みんなの 漢 方 理 事 長 女 性 医 療 ジャーナリスト 増 田 美 加 長 年 の 取 材 を 通 して 感 じたこと

More information

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074>

<4D F736F F F696E74202D2093FA8FED906697C382C996F097A782C28ABF95FB2E707074> 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 168 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 20 年 (2008)3 月 13 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (6) 診 察 の 実 際 : 四 診 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 N5 N5 漢 方 漢 方 中 国 由 来 の 医 学 漢 とは 中 国 のことを 指 す 漢

More information

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方)

第37回 漢方で見える!聞こえる!(漢方) 第 37 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 で 見 える! 聞 こえる!- 目 や 耳 の 病 気 は 漢 方 で 治 せるか?- Ⅰ. 漢 方 治 療 の 適 応 1 西 洋 医 学 と 漢 方 の 病 気 に 対 するアプローチの 違 い 漢 方 : 患 者 側 からのアプローチ 不 快 な 自 覚 症 状 など ホスト 側 ( 生 体 側 )に 着 目 ホストの defense 力

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦

37 Vol. 111 37 Vol. 111 ノ ロ ゼ 称 最 称 末 梢 筋 肉 起 梗 塞 血 パ キ ソ 発 硬 化 脊 椎 小 変 進 筋 ジ ロ フ ィ 三 叉 例 消 化 吸 臓 種 様 臓 種 発 過 影 響 態 腰 潰 瘍 ピ ギ 鼻 顎 節 管 支 ぜ 26ペ ジ 覧 例 苦 36 36 野 崎 京 子 野 崎 長 阪 府 推 薦 136 奈 川 県 ペ 麻 酔 京 都 部 卒 京 都 部 麻 酔 入 局 後 北 野 阪 市 国 立 京 都 阪 赤 十 字 住 友 阪 市 17 3 月 阪 府 豊 中 市 ペ 野 崎 長 阪 府 面 肝 玉 母 ド 頼 長 福 田 正 博 氏 評 博 3 男 1 女 母 顔 著 書 安 向 マガジハ 野 崎 http://www.myclinic.ne.jp/nozaki/

More information

気血津液学説: :奈良上眞作成

気血津液学説: :奈良上眞作成 大 阪 医 療 技 術 学 園 専 門 学 校 東 洋 医 療 技 術 教 員 養 成 学 科 講 義 ノート 気 血 津 液 学 説 気 ( 簡 略 解 説 ) 奈 良 上 眞 参 考 文 献 呉 敦 序 主 編 : 中 医 基 礎 理 論, 上 海 科 学 技 術 出 版 社,1995, 中 国 上 海. 気 血 津 液 気 血 津 液 人 体 の 生 命 活 動 を 維 持 する 基 本 物

More information

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版)

抗微生物薬安全性評価基準検討委員会 最終報告(確定版) 表 1. 臨 床 検 査 値 の 異 常 変 動 を 有 害 事 象 と 判 断 するための 基 準 臨 床 検 査 項 目 赤 血 球 数 ヘモグロビン 量 ヘマトクリット 値 白 血 球 数 好 酸 球 数 血 小 板 数 AST(GOT) ALT(GPT) γ-gtp ALP LDH LAP CK 総 ビリルビン 直 接 ビリルビン 血 清 クレアチニン BUN Na K Cl 血 糖 ( 空

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350

19 610406260 フ ェ ネ ル ミ ン 錠 鉄 5 0 m g 3222013F1068 20 610406267 プ リ ン ド リ ル 細 粒 1 % 1179028C1031 21 610406339 リ ザ ス ト 錠 3 m g 4420001F1040 22 610406350 お 知 ら せ ( 薬 ) 0 0 9 平 成 2 1 年 3 月 3 1 日 医 薬 品 マ ス タ ー の 改 定 に つ い て 今 般 下 記 の と お り 医 薬 品 マ ス タ ー を 改 定 し ま し た の で お 知 ら せ し ま す 記 次 の 医 薬 品 に つ い て は 平 成 2 0 年 3 月 5 日 付 け 厚 生 労 働 省 告 示 第 7 2 号 に 基 づ

More information

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ

下 記 のような 体 調 変 化 はございますか? 目 のかゆみ 目 のまわりのかゆみ 目 薬 をさしたとき しみること 目 が 充 血 すること 目 が 見 えづらくなる もやがかかったように 見 えること 目 がころころする ショボショボする 涙 が 出 ること 目 のまわりが 黒 くなる まつ の 注 意 事 項 2015 年 6 月 作 成 主 にインタビューフォームと 添 付 文 書 を 参 照 している 重 大 な 副 作 用 と 頻 度 の 高 い 副 作 用 の 一 部 を 抜 粋 しているため すべての 副 作 用 を 網 羅 していない 最 新 の 添 付 文 書 情 報 を 反 映 しているとは 限 らないので 注 意 してください

More information

Microsoft Word マスターQ&A.doc

Microsoft Word マスターQ&A.doc 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 20 年 第 10 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 6 回 20 年 11 月 23 日 テーマ 動 悸 眩 暈 講 師 長 野 康 司 動 悸 治 療 上 の 注 意 点 まとめ * 動 悸 治 療 のポイント 1 腹 部 瘀 血 処 置 ( 動 悸 治 療 のためには 必 須 ) 2 肝 門 脈 うっ 血 処 置 ( 腹 部 瘀 血 に 連

More information

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた

症 状 斑 点 赤 い- 血 熱 血 瘀 白 い- 血 虚 気 滞 発 疹 血 熱 風 風 熱 疱 水 痘 - 湿 熱 膿 疱 - 熱 風 団 ( 皮 膚 面 に 急 に 盛 り 上 がってくるもの)- 風 風 熱 風 寒 落 屑 熱 血 虚 びらん 湿 湿 熱 かさぶた 痂 皮 (かひ) 膿 がた 皮 膚 病 病 理 外 邪 --- 風 邪 病 気 の 出 方 突 発 速 やかに 消 える あちこちに 出 来 る 移 動 する 全 身 に 広 がる かゆみを 伴 う 湿 性 はあまりない ( 風 湿 は 別 ) 風 寒 --- 冷 風 に 当 ると 出 る 寒 気 を 伴 う 風 熱 --- 熱 赤 み 風 湿 湿 邪 病 気 の 出 方 水 痘 湿 潤 分 泌 物 多 い 糜 爛 し 易 い

More information

3_62-95

3_62-95 六 二 疼 痛 沈 遅 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 沈 証 過 多 遅 足 証 残 存 筋 養 疼 痛 枝 調 栄 衛 加 芍 藥 滋 養 栄 枝 加 芍 藥 生 姜 各 加 生 姜 温 補 焦 一 両 人 参 新 加 人 参 三 両 益 生 津 過 多 は 沈 遅 舌 は 正 常 枝 加 芍 藥 生 姜 各 一 両 人 参 三 両 新 加 の 証 方 意 悪 風 風

More information

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 別 紙 一 連 番 号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 鎮 静 薬 2-1 催 眠 鎮 静 薬 3-1 鎮 暈 薬

More information

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方)

第32回 漢方でがんと向き合う(漢方) 第 32 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 漢 方 でがんと 向 き 合 う- 心 と 体 の 免 疫 力 をアップ- Ⅰ. 日 本 における 漢 方 治 療 の 現 状 西 洋 医 学 を 学 んだ 医 師 と 薬 剤 師 だけが 漢 方 治 療 を 実 践 できる( 免 許 の 一 本 化 ) 保 険 医 療 制 度 の 中 で 西 洋 医 学 治 療 と 同 時 に 漢 方 治 療 を 行

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出

会 計 士 大 会 計 事 務 所 立 上 70 歳 会 計 士 顧 客 計 算 指 摘 単 純 計 算 思 確 誤 後 多 半 年 後 医 者 中 期 診 断 受 元 経 営 者 若 頃 経 営 80 歳 頭 切 言 正 月 用 嫁 節 料 理 作 翌 日 机 節 料 理 懸 命 探 洋 服 出 第 回 発 症 発 症 原 因 型 脳 血 管 性 小 体 型 前 頭 側 頭 型 脳 細 胞 部 分 的 壊 気 発 症 解 明 型 全 体 割 割 占 患 者 脳 内 現 象 発 症 程 度 見 解 明 切 治 治 療 法 発 症 症 状 進 行 介 護 必 要 寝 肺 炎 感 染 症 亡 大 変 重 要 世 界 中 疫 学 調 査 行 危 険 因 子 抑 制 因 子 抽 出 法 食 事 運 動

More information

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73>

<96DA8E9F81698D8791CC9770816A2E786C73> [ 薬 と 疾 病 ] C13 薬 の 効 くプロセス 医 薬 品 の 作 用 する 過 程 を 理 解 するために 代 表 的 な 薬 物 の 作 用 作 用 機 序 および 体 内 での 運 命 に 関 する 基 本 的 知 識 と 態 度 を 修 得 し それらを 応 用 する 基 本 的 技 能 を 身 につける (1) 薬 の 作 用 と 生 体 内 運 命 作 用 部 位 に 達 した

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマ 肺 炎 マイコプラズマ 肺 炎 [ 日 本 での 感 染 症 発 生 動 向 調 査 ] 晩 秋 から 早 春 にかけて 多 い 患 者 の 年 齢 は 幼 児 期 学 童 期 青 年 期 (5 歳 から35 歳 )が 中 心 流 行 は 学 童 から 始 まり 家 庭 内 感 染 へと 広 まる 病 原 体 分 離 例 でみると7 歳 から8 歳 にピーク 5 歳 未 満 の 幼

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

スライド 1

スライド 1 1. すい 臓 の 生 理 学 血 糖 値 を 下 げる 唯 一 のホルモン : インスリン すい 臓 から 分 泌 される すい 臓 の 働 き 消 化 液 の 分 泌 ホルモンの 分 泌 すい 臓 のホルモン 分 泌 に 関 わる 細 胞 の 集 まり 食 物 の 消 化 を 助 ける 血 糖 値 に 関 係 する ランゲルハンス 島 細 胞 の 名 称 分 泌 されるホルモン ホルモンの 役

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後

光 輪 はさみこども 園 学 校 保 健 安 全 法 ( 第 19 条 )に 準 ずる(H24.4 改 定 ) 病 名 感 染 しやすい 期 間 登 園 のめやす 症 状 ( 発 熱 全 身 症 状 呼 吸 器 症 状 )がある 期 間 インフルエンザ ( 発 症 前 24 時 間 ~ 発 病 後 主 治 医 様 下 記 太 線 枠 内 をご 記 入 願 います 登 園 許 可 証 光 輪 はさみこども 園 園 長 殿 入 所 園 児 氏 名. 病 名 平 成 年 月 日 から 病 状 も 回 復 し 集 団 生 活 に 支 障 がない 状 態 になったので 登 園 可 能 と 判 断 します 平 成 年 月 日 医 療 機 関 名 医 師 名 印 こども 園 は 乳 幼 児 が 集 団 で

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt

Microsoft PowerPoint - 筑豊漢方女性.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 152 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 18 年 (2006)3 月 9 日 女 性 のための 漢 方 ~ 当 帰 芍 薬 散, 加 味 逍 遥 散, 桂 枝 茯 苓 丸 を 中 心 に~ 飯 塚 病 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 病 態 ( 証 )の 二 大 別 陽

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 )

3 肩 こりの 分 類 (1) 肩 こりの 発 生 因 子 からみた 分 類 肩 こりは,その 発 生 因 子 からみて, 本 態 性 ( 原 発 性 ), 症 候 性, 心 因 性 に 分 類 される( 参 考 文 献 1 17 頁, 参 考 文 献 2 1) 1 本 態 性 ( 原 発 性 ) 肩 こり 2011 年 9 月 3 日 文 責 : 今 井 力 第 1 肩 こりの 定 義 1 定 義 肩 こり を 明 確 に 定 義 する 教 科 書 的 な 記 載 は 見 当 たらない しかも, 肩 こり と 一 般 的 にいわれるものには, 肩 のこり 背 中 のこり 首 の 筋 肉 の こり 頭 痛 までもが 含 まれる よって,さまざまな 自 覚 的 な 症 状 群 をまと めて 表

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

chibuH27nittei

chibuH27nittei 平 成 27 年 度 健 康 診 断 日 程 表 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 健 康 管 理 は 先 ず 健 診 を 受 けることから! 特 定 健 康 診 断 後 期 高 齢 者 健 康 診 断 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 検 診 月 日 検 診 会 場 受 付 時 間 5 月 20 日 ( 水 ) 午 後 1 時 ~ 午 後 3 時 4 月 21 日 ( 火 )

More information

untitled

untitled nibankan@ r.dion.ne.jp 平 号 鮎 或 粟 容 袷 対 象 定 安 参 加 費 入 庵 持 ち 物 按 申 込 暗 問 粗 ご 辺 チ 収 集 - ご ゼロ ゼ ロ 各 機 電 連 絡 え 西 院 - 恩 -/ 小 新 世 紀 脳 神 経 外 科 - 船 渡 -/ 脳 神 むろ 歯 科 ニッ - 弥 十 郎 -/ 歯 小 歯 石 川 院 - 北 --/ 小 循 消 産 婦

More information

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば

2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ボ ヴ ォ ワ ( 思 想 家 ) 人 2 99% 支 配 言 げ 思 視 点 変 症 状 思 当 肌 荒 大 人 ニ ビ 抜 け 毛 冷 症 肩 頭 痛 便 秘 病 院 行 ほ け ツ 不 そ ほ 実 深 関 係 バ 不 忙 現 代 社 会 そ 子 年 々 増 加 言 換 活 化 バ 整 ば そ 不 悩 格 段 改 善 そ け 整 ば ハ 肌 ツ ヤ ツ ヤ 3 じ 髪 瞳 特 有 美 手 入 ケ

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2028895E8BA68CE38160318C8E323993FA92F990B3816A8C4B96BC8E738D9196AF8C928D4E95DB8CAF95DB8C928E968BC68EC08E7B8C7689E68169916688C4816A202D2083528373815B> 第 4 章 医 療 情 報 等 の 分 析 による 健 康 課 題 1 医 療 費 の 状 況 (1) 医 療 費 の 経 年 変 化 平 成 24 年 度 から 平 成 26 年 度 の 本 市 三 重 県 全 国 における 医 科 の 一 人 当 たり 医 療 費 の 推 移 を 合 計 入 院 外 来 とそれぞれ 表 しています ( 図 4-1) 一 人 当 たりの 医 療 費 は 三 重 県

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

Taro-入浴介護(2008)

Taro-入浴介護(2008) Ⅰ 生 活 文 化 としての 入 浴 入 浴 介 護 入 浴 は わ た し た ち 人 類 が 持 つ 生 活 の 営 み の 中 で 不 思 議 な 魅 力 を 有 す る 部 分 で あ る 食 事 や 排 泄 睡 眠 性 行 動 攻 撃 逃 避 な ど の よ う に 固 体 や 種 族 の 維 持 の た め に 絶 対 に 必 要 な も の で は な く 何 か の 理 由 で そ

More information

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc

Microsoft Word - (H23 6 1)患者手帳&連携パスシート _3_.doc C 型 慢 性 肝 炎 インターフェロン 治 療 患 者 手 帳 & 連 携 パスシート 1 この 患 者 手 帳 を 使 用 するにあたって 病 院 およびかかりつけ 医 受 診 の 際 に 必 ず 携 帯 して 下 さい 治 療 中 の 血 液 項 目 などはできるだけ 患 者 様 本 人 でご 記 入 願 います 治 療 および 副 作 用 について 重 要 な 説 明 がありますのでご 確

More information

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt

Microsoft PowerPoint - 漢方講座.ppt 日 常 診 療 に 役 立 つ 漢 方 講 座 第 165 回 筑 豊 漢 方 研 究 会 平 成 19 年 (2007)11 月 8 日 入 門 講 座 はじめての 漢 方 診 療 (4) 少 陽 2) 諸 方 と 運 用 飯 塚 院 東 洋 医 学 センター 漢 方 診 療 科 三 潴 忠 道 1 しょう 漢 方 医 学 的 な 態 ( 証 )の 二 大 別 N8 陽 証 陰 証 陽 性 の 態

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464>

<5461726F2D8C928D4E8AC7979D82CC8EE888F882AB2E6A7464> 災 害 発 生 後 における 児 童 生 徒 の 健 康 管 理 の 手 引 き 北 海 道 教 育 庁 学 校 教 育 局 健 康 体 育 課 ま え が き こ の た び の 東 日 本 大 震 災 で は 児 童 生 徒 を 含 む 多 く の 尊 い 命 が 失 わ れ 現 在 も 安 否 が 不 明 な 方 や 被 災 さ れ 避 難 所 等 で の 生 活 を 余 儀 な く さ れ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E718B7B8C7A82AA82F182CD838F834E8360839382C5975C966882C582AB82E92E646F6378> 子 宮 頚 がんはワクチンで 予 防 できる 50 歳 代 に 多 い 子 宮 体 がん 子 宮 体 がんは 女 性 ホルモンのエストロゲンの 割 合 がプロゲステロンより 高 くなる 状 態 が 長 く 続 くと 発 生 します ちょうど 更 年 期 から 閉 経 期 がその 時 期 に 一 致 するので 50 歳 代 がピークとなるわけです エストロゲンは 卵 巣 だけ でなく 脂 肪 からも

More information

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2

(6) 薬 剤 師 のとった 措 置 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 使 用 の 中 止 を 指 示 244(28.0%) 210(29.5%) 304(30.1%) 477(27.0%) 服 薬 指 導 2 (5) 副 作 用 の 相 談 のあった 一 般 薬 の 薬 効 分 類 と 主 な 症 状 ( 複 数 回 答 ) ( 件 ) 平 成 18 年 度 平 成 17 年 度 平 成 16 年 度 平 成 15 年 度 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 薬 効 別 分 類 主 な 症 状 風 邪 薬 (216) 解 熱 鎮 痛

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原

( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 月 火 水 木 金 1 水 澤 神 神 内 治 験 神 経 心 理 神 神 経 心 理 神 三 條 神 三 條 神 横 田 神 横 田 神 水 澤 神 水 澤 神 合 第 2 2* 石 原 神 石 原 神 神 経 内 新 患 神 経 内 1* 石 原 神 * 石 原 神 2* 佐 藤 神 佐 藤 神

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4

グラナテック点眼液_使用上の注意の解説_4 2015 年 6 月 改 訂 薬 価 基 準 収 載 処 方 箋 医 薬 品 : 注 意 - 医 師 等 の 処 方 箋 により 使 用 すること - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 使 用 前 に 必 ずお 読 みください - 新 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 の 解 説 禁 忌 ( 次 の 患 者 には 投 与 しないこと) 本 剤 の 成 分 に 対

More information

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏

喘 息 の 全 体 像 健 康 な 人 の 気 管 支 の 断 面 喘 息 患 者 の 発 作 時 の 気 管 支 の 断 面 上 皮 喘 鳴 炎 症 により 気 道 粘 膜 はむくみ 痰 などの 分 泌 物 が 増 えて 空 気 の 通 り 道 が 狭 く 不 整 になっています 気 道 過 敏 気 管 支 喘 息 おとなの 喘 息 管 理 と 最 新 治 療 信 州 大 学 医 学 部 保 健 学 科 生 体 情 報 検 査 学 講 座 藤 本 圭 作 喘 息 は 気 管 支 のアレルギーによる 炎 症 と 気 道 過 敏 性 および 発 作 的 な 気 管 支 の 狭 窄 により 特 徴 づけ られ 繰 り 返 す 発 作 性 の 咳 喘 鳴 (ヒューヒュー ゼーゼー)および 呼 吸 困

More information

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方)

第43回 月経トラブルは漢方におまかせ(漢方) 第 43 回 漢 方 教 室 ( 漢 方 ) 月 経 トラブルは 漢 方 におまかせ- 月 経 痛 や 月 経 不 順 で 悩 まない- Ⅰ. 月 経 トラブルの 頻 度 1 女 性 特 有 のイベント 初 潮 月 経 妊 娠 出 産 授 乳 更 年 期 閉 経 2 月 経 痛 の 頻 度 1) 月 経 痛 の 程 度 ( 学 生 アンケート 調 査 ) (++)15% (+)34% 女 子 学 生

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

肝機能検査の基礎

肝機能検査の基礎 肝 機 能 検 査 の 基 礎 刈 谷 豊 田 総 合 病 院 臨 床 検 査 科 大 島 彩 肝 臓 の 特 徴 と 働 き 特 徴 人 体 の 代 謝 能 の 中 枢 大 きな 予 備 能 と 再 生 能 を 有 する ( 正 常 肝 の 場 合 6/7を 切 除 しても 肝 機 能 は 正 常 に 働 く!!) 働 き 1 代 謝 機 能 (グルコース アミノ 酸 脂 肪 酸 など) 2 胆

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CC3905881469A6291A78BB38EBA8E9197BF322E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 2009 年 11 月 7 日 第 5 回 福 岡 病 院 アレルギー 喘 息 教 室 成 人 喘 息 とウイルス 感 染 国 立 病 院 機 構 福 岡 病 院 呼 吸 器 科 医 長 古 森 雅 志 気 管 支 喘 息 とは? 気 道 の 炎 症 は 慢 性 的 にあり 特 定 のアレル ゲン(アレルギーの 原 因 物 質 )やその 他 の 物 質 を 主 に 吸 い 込 んで その 刺 激 により

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

Microsoft Word - IF48new.DOC

Microsoft Word - IF48new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ジュウゼンタイホトウ 本 草 十 全 大 補 湯 エキス 顆 粒 -M H48 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 十 全 大 補 湯 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

患者向医薬品ガイド(案)

患者向医薬品ガイド(案) プレタール 散 20% 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2016 年 5 月 更 新 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 プレタール 散 20% Pletaal powder 20% シロスタゾール Cilostazol 200mg (1g 中 ) 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて 患 者 向 医 薬 品 ガイドは 患 者 の 皆 様 や 家 族 の 方 などに 医 療 用 医

More information

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと

分 で 88% 30 分 で 57% 60 分 後 は 肝 臓 など 貯 蔵 庫 から 補 給 して 63% 120 分 後 71% と いうように 30 分 位 で 約 半 分 になってしまう 充 分 摂 っていると 思 われても 消 耗 が 激 しく て 残 存 量 は 意 外 に 少 ないこと 老 化 を4 倍 抑 制 するビタミンCの 摂 り 方 東 京 都 老 人 総 合 研 究 所 薬 学 博 士 石 神 昭 人 ビタミン C と 老 化 老 化 のメカニズムを 世 界 で 初 めて 解 明! 老 人 総 合 研 究 所 では 今 から 15 年 ほど 前 に 丸 山 先 生 が 老 化 で 減 少 するタンパク 質 とし て SMP30 というタンパク 質 を 新 たに 発 見 した

More information

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら

はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ 腫 の 進 行 程 度 などにより,これら ABVD 療 法 の 手 引 き 2013 年 1 月 国 立 がん 研 究 センター 中 央 病 院 血 液 腫 瘍 科 薬 剤 部 看 護 部 はじめに ABVD 療 法 はホジキンリンパ 腫 に 対 する 標 準 的 な 治 療 方 法 の 一 つです ホジキンリンパ 腫 の 治 療 法 として,ABVD 療 法 以 外 の 化 学 療 法 や 放 射 線 療 法 などもあります ホジキンリンパ

More information

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣

Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作 向 明 言 語 配 A B 脳 神 経 整 形 便 始 改 築 工 ほ 完 旬 旬 順 次 稼 働 以 回 稼 働 門 移 玄 近 命 横 右 む 察 隣 Vol. 特 集 ムペ 念 私 倫 見 据 質 高 提 供 守 信 頼 築 権 責 務. 良 質 権. 選 択 権. 為 選 択 決 権. 情 報 説 明 権. バ 保 権. 人 的 尊 厳 求 権. 加 責 務 ヘポ ドヘ 離 着 陸 訓 練 8 9 0 Kainan Hospital 作 言 語 段 有 効 空 建 西 窓 木 曽 川 遠 養 老 山 脈 鈴 鹿 山 脈 む 角 呼 吸 器 作

More information

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の

更 年 期 障 害 の 所 見 パターンと 臨 床 的 意 味 とまとめ 更 年 期 障 害 症 例 12 症 例 1 更 年 期 障 害 による 全 身 倦 怠 2 膀 胱 炎 女 性 44 歳 銀 行 員 ( 三 十 年 の 軌 跡 P263) 女 性 41 歳 主 婦 ( 新 治 療 法 の 長 野 式 臨 床 研 究 会 平 成 23 年 第 13 期 マスタークラス 大 阪 セミナーQ&A 第 3 回 23 年 5 月 22 日 テーマ 更 年 期 障 害 講 師 長 野 康 司 1 更 年 期 障 害 更 年 期 とは 卵 巣 機 能 衰 退 消 失 の 時 期 である 生 殖 期 ( 性 成 熟 期 )と 非 生 殖 期 ( 老 年 期 )の 移 行 期 をいう 一 般 的 に

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション めまい 目 次 めまいの 原 因 種 類 めまいの 診 察 ( 問 診 身 体 診 察 検 査 ) 末 梢 性 めまいの 症 例 中 枢 性 めまいの 症 例 まとめ めまいの 原 因 めまい= 頭 か 耳?ではない! 他 にも 低 血 糖 起 立 性 低 血 圧 頚 椎 症 疲 労 やストレスなど 原 因 は 様 々 めまいの 種 類 末 梢 性 めまい( 内 耳 ) 40% 中 枢 性 めまい(

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康

はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル を 参 照 して 運 転 者 の 健 康 運 行 管 理 者 用 トラックドライバーの 健 康 管 理 マニュアル 運 転 者 の 体 調 不 良 による 交 通 事 故 を 撲 滅 しよう はじめに 運 行 管 理 者 は 自 動 車 の 安 全 運 行 を 確 保 するうえで 重 要 な 役 割 を 担 っています 点 呼 などの 機 会 を 通 じて 運 転 者 の 健 康 管 理 を 行 うことが 大 切 な 役 目 です このマニュアル

More information

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8

51 胃 腸 薬 3-2 胃 腸 鎮 痛 剤 3 号 A 52 胃 腸 薬 4-2 胃 腸 鎮 痛 剤 4 号 A 53 胃 腸 薬 5-1 健 胃 消 化 剤 1 号 A 54 胃 腸 薬 6-2 胃 腸 鎮 痛 剤 5 号 A 55 胃 腸 薬 7-1 センブリ 重 曹 散 56 胃 腸 薬 8 一 連 番 号 薬 局 製 剤 指 針 による 処 方 番 号 1 催 眠 鎮 静 薬 1-1 催 眠 剤 1 号 A 2 催 眠 鎮 静 薬 2-1 鎮 静 剤 1 号 A 3 催 眠 鎮 静 薬 3-1 催 眠 剤 2 号 A 4 鎮 暈 薬 1-1 よい 止 め 1 号 5 解 熱 鎮 痛 薬 1-2 解 熱 鎮 痛 剤 1 号 A 6 解 熱 鎮 痛 薬 2-3 解 熱 鎮 痛 剤 8 号

More information

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見

貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 -- - 0 - -- 貧 血 とは 貧 血 とは 循 環 している 血 液 中 の 赤 血 球 数 が 少 ない 場 合 の 総 称 です 貧 血 になり 現 れる 症 状 として めまい 立 ちくらみ 顔 色 が 悪 い 動 悸 息 切 れ 頭 痛 食 欲 不 振 疲 れやすい などがあります 走 査 電 顕 で 見 た 赤 血 球 これらの 状 況 は 体 の 各 器 官 の 酸 素 不 足

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E63189F191E592B082AA82F12D8370836C838B83668342834A8362835683878393> 1 2 がん 情 報 局 第 1 回 大 腸 がん 市 民 公 開 講 座 3 上 行 結 腸 盲 腸 虫 垂 大 腸 = 結 腸 + 直 腸 横 行 結 腸 直 腸 結 腸 大 腸 下 行 結 腸 S 状 結 腸 4 粘 膜 (m) 粘 膜 下 層 (sm) 筋 層 (mp) 粘 膜 粘 膜 下 層 筋 層 浸 潤 (しんじゅん): 細 胞 が 周 囲 の 組 織 を 壊 しながら 入 り 込 み,

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで がんにともなう 様

前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで がんにともなう 様 ザイティガ を 服 用 される 方 へ 監 修 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんの 治 療 で ザイティガ を 服 用 される 患 者 さんへ 監 修 : 筧 善 行 先 生 香 川 大 学 医 学 部 泌 尿 器 科 学 教 授 前 立 腺 がんはゆっくりと 進 行 することが 知 られている がんで きちんと 治 療 を 続 けることで

More information

『アタック・プラス』ノロウイルス対策 

『アタック・プラス』ノロウイルス対策  オックスプロ パーソナル クリップ による 花 粉 対 策 について 今 夏 (2010 年 )の 気 象 影 響 によって 2011 年 に 飛 散 する 花 粉 量 は 例 年 より 増 え るとの 予 測 です 日 本 における 花 粉 症 患 者 数 は 約 2,000 万 人 ( 環 境 庁 推 計 ) それは 全 国 民 の 約 16%という 割 合 を 占 めて 関 連 市 場 規 模

More information

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27)

Microsoft Word - 【HP用】運営状況(~H27) 相 談 実 績 1 年 度 別 相 談 実 績 H19 年 度 H2 年 度 H21 年 度 H22 年 度 H23 年 度 H24 年 度 H25 年 度 H26 年 度 H27 年 度 (9 月 ~) 572 1,41 2,7 2,17 2,111 2,116 2,491 3,61 4,186 (81) (117) (167) (175) (175) (176) (27) (255) (348)

More information

6 言語障害

6 言語障害 Ⅵ 言 語 障 害 言 語 障 害 と は, 発 音 が 不 明 瞭 で あ っ た り, 話 し 言 葉 の リ ズ ム が ス ム ー ズ で な か っ た り す る た め, 話 し 言 葉 に よ る コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 円 滑 に 進 ま な い 状 況 で あ る こ と, ま た, そ の た め 本 人 が 引 け 目 を 感 じ る な ど 社 会 生 活

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208D4C94A8956189408140939C944195618BB38EBA814089FC95CF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 糖 尿 病 眼 合 併 症 と 治 療 について 糖 尿 病 とは? 糖 尿 病 とは 尿 に 糖 が 混 じるだけの 病 気 ではない 血 糖 値 上 昇 により 全 身 の 血 管 障 害 を 引 き 起 こし ます 製 鉄 記 念 広 畑 病 院 眼 科 藤 井 誠 士 郎 日 本 人 の 糖 尿 病 疫 学 調 査 眼 の 構 造 と 機 能 糖 尿 病 患 者 数 :820 万 人 (2007

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20BEC1D8BCDEDD82A8926D82E782B95F38505F838D83532E646F63> - 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 み 下 さい - 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 2011 年 7 月 販 売 マルホ 株 式 会 社 製 造 販 売 高 田 製 薬 株 式 会 社 この 度 セチリジン 塩 酸 塩 錠 5 mg タカタ セチリジン 塩 酸 塩 錠 10 mg タカタ の 添 付 文 書 使 用 上 の 注 意 を

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

Microsoft Word - IF25new.DOC

Microsoft Word - IF25new.DOC 2007 年 8 月 作 成 ( 第 3 版 ) インタビューフォーム 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 875200 医 療 用 漢 方 製 剤 ケイシブクリョウガンリョウ 本 草 桂 枝 茯 苓 丸 料 エキス 顆 粒 -M H25 剤 形 顆 粒 剤 含 量 規 格 一 般 名 桂 枝 茯 苓 丸 製 造 会 社 名 本 草 製 薬 株 式 会 社 販 売 会 社 名 本 草 製 薬 株

More information