EUの東方拡大とその行方

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "EUの東方拡大とその行方"

Transcription

1 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10 兆 ドルというアメリカに 匹 敵 する 市 場 の 2004 年 成 立 に 向 けて 大 きな 前 進 であるといえる 12カ 国 が 加 盟 すると いうこと 自 体 が 前 代 未 聞 なのだが 政 治 的 な 意 味 でそれ 以 上 に 重 要 なのは10カ 国 もの 旧 共 産 圏 の 国 々が 加 盟 するということである 鉄 のカーテンで 分 断 されたヨーロッパの 再 統 合 ともいわれている しかし 東 欧 革 命 以 来 東 欧 諸 国 が 資 本 主 義 化 してまだ10 数 年 は たして 西 欧 先 進 諸 国 が 中 心 となって 作 り 上 げられた EU の 諸 制 度 にうまく 適 応 することが できるのか EU の 単 一 市 場 の 中 でどれほどの 競 争 力 を 持 っているのかなど 不 安 要 素 は 多 く ある その 辺 も 含 めて 今 回 はこれら 新 規 加 盟 国 と EU の 現 状 さらに EU 東 方 拡 大 の 行 方 について 考 察 していきたいと 思 う 1.EU の 歴 史 まずはこれまでの EU の 歴 史 を 概 観 していく 1945 年 第 二 次 世 界 大 戦 終 結 1946 年 チャーチル 鉄 のカーテン 演 説 1948 年 ブリュッセル 条 約 調 印 ( 西 欧 同 盟 設 立 ) 1950 年 シューマンプラン 発 表 ( 欧 州 石 炭 鉄 鋼 共 同 体 設 立 構 想 ) 1951 年 欧 州 石 炭 鉄 鋼 共 同 体 (ECSC) 設 立 するパリ 条 約 調 印 1957 年 欧 州 経 済 共 同 体 (EEC)と 欧 州 原 子 力 共 同 体 (EURATOM)を 設 立 するロー マ 条 約 調 印 1958 年 ローマ 条 約 発 効 1965 年 機 関 合 併 条 約 (EEC ECSC EURATOM 単 一 の 理 事 会 と 単 一 の 委 員 会 ) 調 印 1967 年 機 関 合 併 条 約 発 効 欧 州 共 同 体 (EC) 誕 生 1973 年 イギリス デンマーク アイルランド EC 加 盟 ( 第 一 次 拡 大 ) 1981 年 ギリシャ EC 加 盟 ( 第 二 次 拡 大 ) 1986 年 スペイン ポルトガル EC 加 盟 ( 第 三 次 拡 大 ) 南 ヨーロッパ 諸 国 との 地 域 格 差 問 題 1987 年 トルコ EC 加 盟 申 請 1989 年 ベルリンの 壁 崩 壊 (89~90 年 東 欧 革 命 ) 1990 年 ドイツ 統 一

2 1992 年 マーストリヒト 条 約 調 印 1993 年 6 月 欧 州 連 合 協 定 締 結 諸 国 の EU 加 盟 基 準 コペンハーゲン 基 準 について 合 意 11 月 マーストリヒト 条 約 発 効 欧 州 連 合 (EU)の 誕 生 1995 年 オーストリア スウェーデン フィンランド EU 加 盟 1997 年 アムステルダム 条 約 調 印 (99 年 発 効 ) 1999 年 イギリス スウェーデン デンマーク ギリシャを 除 く EU 加 盟 11 カ 国 で 単 一 通 貨 ユーロ 導 入 2001 年 ニース 条 約 調 印 (02 年 発 効 ) 2002 年 アイルランド 国 民 投 票 によりニース 条 約 批 准 ( 全 加 盟 国 ニース 条 約 批 准 ) ブリュッセル 首 脳 会 議 開 催 2.EU の 最 近 冷 戦 終 結 後 の 動 き ざっと EU の 歴 史 を 見 てみたところで EU のここ10 年 あまりの 動 きについてもっと 詳 しく 見 ていきたいと 思 う 1991 年 2 月 にハンガリー ポーランド チェコスロヴァキアとの 間 で 欧 州 連 合 協 定 調 印 欧 州 連 合 協 定 とは EU 加 盟 希 望 国 との 間 に 加 盟 を 前 提 として 締 結 する 協 定 のこと 細 かな 内 容 は 国 によって 違 うが 将 来 的 な EU との 市 場 統 合 のためにヒトとモノとサービス と 資 本 の 自 由 な 移 動 ができるようにすること そしてそれに 関 連 する 諸 制 度 を EU の 制 度 に 近 づけることがその 基 本 的 な 内 容 である 1993 年 6 月 コペンハーゲン 欧 州 理 事 会 が 開 催 され コペンハーゲン 基 準 についての 合 意 がなされた コペンハーゲン 基 準 とは (1) 政 治 的 基 準 民 主 主 義 法 の 支 配 人 権 と 少 数 民 族 の 尊 重 を 保 証 できる 安 定 した 制 度 や 機 関 が 存 在 すること (2) 経 済 的 基 準 正 常 に 市 場 経 済 が 機 能 していることと EU 内 の 産 業 に 対 抗 できるだけの 競 争 力 を 持 っていること (3) 法 的 基 準 EU の 積 み 上 げてきた 法 体 系 アキ コミュノテー ル を 受 け 入 れること の3 基 準 のことである これらが 中 東 欧 諸 国 の 主 要 な 新 規 加 盟 基 準 となった 1993 年 11 月 マーストリヒト 条 約 発 効 EU の 誕 生 EU と EC の 違 いは 何 か とい う 疑 問 は 当 然 出 ると 思 う どうもこれ 以 前 は 経 済 統 合 が 重 視 されており 政 治 統 合 に 関 し ては 脇 役 というイメージが 強 かった しかし EC とともに EU の 三 本 柱 といわれてい る CFSP: 共 通 外 交 安 全 保 障 条 約 と CJHA: 司 法 内 務 協 力 によって 統 一 欧 州 に 向 けての 道 筋 がつけられたといわれている CJHA は 国 境 をこえた 犯 罪 捜 査 や 移 民 難 民 問 題 の 共 通 化 を 目 指 すものであり これからますます 重 要 になっていくことが 予 想 されるが 特 に 移 民 政 策 に 関 してまとまった 機 関 ができたのはアムステルダム 条 約 以 降 のことである この 時 点 では CJHA よりも CFSP のほうが 重 要 である CFSP は 欧 州 内 の 統 一 行 動 を 促 進 する ためにもうけられたものであり その 目 的 は (1)EU の 基 本 的 価 値 基 本 的 利 益 独 立

3 性 のとと 国 際 社 会 の 安 全 保 障 を 強 化 すること(4) 国 際 協 力 の 推 進 (5) 民 主 主 義 法 治 主 義 基 本 的 人 権 と 自 由 の 尊 重 を 発 展 させ 強 化 することの 五 つである しかし イギリ スやデンマークなどの 統 合 慎 重 派 の 国 々はオプトアウト(OPT OUT)という 選 択 的 不 参 加 を 行 っている 場 合 も 多 く その 面 ではまだ 十 分 に 統 一 行 動 が 取 れていないといえる アジェンダ2000 EU の 強 化 中 期 的 な 財 政 的 枠 組 み 欧 州 協 定 締 結 諸 国 の EU 加 盟 交 渉 開 始 のための 準 備 状 況 評 価 を 提 示 新 規 加 盟 をみこしての 農 業 支 援 の 増 大 アムステルダム 条 約 (1) 人 権 などの 基 本 原 則 を 守 らない 国 の 資 格 の 停 止 東 欧 の 人 権 状 況 に 一 定 の 歯 止 めをかける 目 的 もあると 思 われる (2) 域 内 国 境 の 検 閲 廃 止 協 定 シェンゲン 協 定 の 導 入 ( 英 アイルランドはオプトア ウト) 人 の 自 由 な 移 動 についての 進 展 しかし このことが 貧 しい 国 から 豊 かな 国 への 移 民 問 題 を 引 き 起 こすことになるのは 想 像 に 難 くない 他 にも 問 題 になることがあるが そ れは 後 述 (3) 柔 軟 性 の 原 則 の 導 入 テーマによって 一 部 参 加 できない 国 があったとしても 過 半 数 の 国 の 支 持 があれば 緊 密 な 協 力 を 各 国 がすること つまりは 統 合 に 熱 心 な 国 が 先 行 することを 認 めた また 建 設 的 棄 権 という 制 度 もできた これは ある 国 が 決 議 を 棄 権 しても その 他 の 国 だけで 決 議 ができるというもの 棄 権 した 国 はその 決 議 に 拘 束 されは しないが その 決 定 が EU を 拘 束 することは 認 めなければならない 全 会 一 致 制 よりも 柔 軟 性 に 富 む 統 合 の 深 化 が 可 能 となった ルクセンブルク 欧 州 理 事 会 EU 加 盟 希 望 国 に 対 する 交 渉 開 始 に 向 けた 欧 州 協 議 会 の 開 催 決 定 (98 年 3 月 ロンドン) ハンガリー ポーランド チェコ エストニア スロヴ ェニア キプロス(ルクセンブルク グループ)との 間 で 加 盟 交 渉 開 始 を 決 定 欧 州 協 議 会 は この6カ 国 に まだ 予 備 交 渉 の 段 階 にある5カ 国 ( 後 述 のヘルシンキ グループ) を 加 えた 11 ヶ 国 の 新 規 加 盟 交 渉 の 皮 切 りとなるものであった ヘルシンキ 欧 州 理 事 会 ラトヴィア リトアニア マルタ ルーマニア ブルガリア(ヘ ルシンキ グループ)を 加 盟 交 渉 に 参 加 させることが 決 定 ユーロ 流 通 開 始 ユーロは1999 年 1 月 にすでに 為 替 株 式 債 権 などの 取 引 や 決 済 に 使 われていたが 2002 年 1 月 から 一 般 流 通 を 開 始 した これによって 各 国 独 自 の 通 貨 が 姿 を 消 し ユーロ 圏 各 国 の 金 融 財 政 政 策 はその 独 自 性 を 大 きく 拘 束 されることとなっ た ニース 条 約 2000 年 12 月 7 日 から 11 日 まで フランスのニースにおいて 首 脳 会 議 が 開 催 され 新 たな 基 本 条 約 の 改 定 が 合 意 された そのなかで 最 も 注 目 を 集 めたのが 将 来 の EU 拡 大 を 視 野 にいれた EU の 機 構 改 革 である その 主 な 内 容 は (1) 欧 州 委 員 会 の 構 成 の 改 定 EU の 行 政 執 行 機 関 であり 対 外 的 に EU の 利 益 を 代 表 している 欧 州 委 員 会 の 委 員 構 成 についての 改 正 がなされた これ 以 前 は 人 口 比 に 基 づき 独 仏 伊 英 西 という5 大 国 が 各 々2 名 ずつ+ 残 りの 各 国 各 々1 名 ずつ であった しかし 新 たに 今 交 渉 している 国 々がすべて 加 盟 して 加 盟 国 27ヶ 国

4 になったときも 同 じ 方 式 で 委 員 の 配 分 を 決 めると35 名 という 大 人 数 となってしま い 円 滑 な 意 思 決 定 に 支 障 をきたす それゆえ 各 国 一 名 ずつの 選 出 とし その 最 大 数 は27 名 以 下 とするとした (それ 以 上 に 加 盟 国 が 増 大 したときは 委 員 の 選 出 し ない 国 を 輪 番 制 で 決 める) (2) 特 定 多 数 決 の 範 囲 拡 大 と 票 配 分 政 策 決 定 を 迅 速 化 するための 特 定 多 数 決 制 が 新 たに 難 民 サービス 貿 易 知 的 所 有 権 構 造 基 金 環 境 欧 州 委 の 委 員 長 および 委 員 の 任 命 などに 適 用 されることとなった 税 制 などの 各 国 の 主 権 に 大 きな 影 響 を 及 ぼす 分 野 に 関 しては 実 質 適 用 されなかった 票 配 分 は 現 行 の 最 高 10 票 から 最 低 2 票 総 数 87 票 から 最 高 29 票 から 最 低 4 票 総 数 237 票 となった 改 定 され た 各 国 別 票 配 分 については 資 料 参 照 (ただし 資 料 には 新 規 加 盟 国 を 含 んでいる) 更 に 人 口 基 準 ( 特 定 多 数 決 の 成 立 には 賛 成 国 の 全 人 口 が EU の 人 口 の62% 以 上 を 占 めていることが 必 要 )というものが 加 味 され 最 大 の 人 口 を 抱 えながら 票 数 は 英 仏 と 同 じしかないドイツに 配 慮 した 形 となった (3) 欧 州 議 会 の 議 席 数 再 配 分 現 状 のままでは 中 小 国 に 有 利 であるという 大 国 からの 不 満 をもとに 新 規 加 盟 国 も 含 めた 議 席 の 再 配 分 がなされた 具 体 的 な 配 分 は 資 料 参 照 ドイツとルクセンブルク 以 外 の 議 席 は 減 少 する 結 果 となった (4) 先 行 統 合 の 確 認 これは 先 のアムステルダム 条 約 ででてきた 柔 軟 性 の 原 則 を 再 確 認 するものである とはいっても 多 少 の 変 更 点 はあり いままで 過 半 数 の 参 加 がこの 原 則 の 発 動 条 件 だったのが どれだけ 加 盟 国 が 増 えても8カ 国 の 参 加 でよい ということになった より 柔 軟 になったともいえるが 統 合 に 熱 心 な 先 進 国 と 急 激 な 統 合 の 難 しいその 他 の 中 小 国 との 間 に 統 合 の 大 きな 差 ができてしまうと 懸 念 す る 声 も 多 い 3. 諸 制 度 と 東 欧 諸 国 アキ コミュノテール EU の 政 治 経 済 通 貨 同 盟 などの 枠 組 みを 提 供 してきた 法 体 系 に 自 国 の 法 制 度 を 合 わせていく 31 分 野 にわけて 各 国 国 内 法 の 整 備 状 況 を 得 点 で 評 価 コペンハーゲン 基 準 のうちの 一 つ 加 盟 のためのパートナーシップ 欧 州 委 員 会 は 前 述 のアジェンダ2000の 提 案 をうけ て 加 盟 交 渉 開 始 の 前 に 加 盟 申 請 国 別 に 加 盟 のためのパートナーシップという 文 章 を 作 成 した これは 加 盟 申 請 国 が 加 盟 を 実 現 するために 解 決 しなければならない 問 題 を 経 済 改 革 産 業 構 造 改 革 制 度 的 行 政 改 革 の 強 化 国 内 市 場 司 法 内 政 農 業 環 境 といった 項 目 別 に 列 挙 したものであり 短 期 優 先 目 標 と 中 期 目 標 に 分 けて 列 挙 されている こうしたものが 作 成 された 背 景 としては 国 別 に 優 先 課 題 と 実 行 時 期 を 明 確 化 することで 申 請 国 の 加 盟 準 備 を 加 速 させることも 狙 いの 一 つになっているとみられる ユーロ 新 規 に 加 盟 する 国 があれば 当 然 将 来 的 なユーロ 圏 の 拡 大 がみこまれる しかし EU 平 均 と 12カ 国 平 均 間 の 格 差 12カ 国 相 互 間 の 格 差 が 大 きいのもまた 事 実 であり バ

5 ルト3 国 にいたっては もともとソ 連 内 共 和 国 であったため 中 央 銀 行 制 を 持 っていなか った こういうさまざまな 事 実 から 各 国 がユーロに 参 加 するのには 時 間 がかかり また 参 加 しても 欧 州 中 央 銀 行 などの 円 滑 な 業 務 を 妨 げることにもなりかねない 成 熟 した 中 央 銀 行 政 策 の 実 施 までにはまだ 時 間 がかかると 思 われる CAP( 共 通 農 業 政 策 ) CAP は 代 表 的 な EU の 伝 統 的 統 一 政 策 の 一 つであり 域 内 農 業 保 護 を 主 目 的 とする CAP 維 持 のための 費 用 が EU 予 算 の 半 分 を 占 めるという 最 も 重 要 な 政 策 である しかし 農 業 国 の 多 い 中 東 欧 諸 国 が 加 盟 した 後 まで 今 までと 同 じように 手 厚 い 保 護 政 策 を 続 けたままでいると 負 担 国 であるドイツなどから 不 満 が 噴 出 し 拡 大 のデ メリットが 顕 在 化 しかねない そこで 1992 年 のウルグアイラウンド 付 近 から CAP の 合 理 化 効 率 化 を 進 めるための 改 革 が 進 み 2002 年 7 月 にも 新 たな 改 革 案 が 提 示 され た しかし 改 革 には 農 業 国 であるフランスなどが 反 対 しており 改 革 が 進 むかどうかは 予 断 を 許 さない 4. 各 国 別 の 問 題 新 規 加 盟 に 伴 う 経 済 問 題 と 法 整 備 の 問 題 はどこの 国 でも 出 てくるが ここでは 各 国 別 に 出 てくる 問 題 を 一 部 とりあげたい (1) カリーニングラード 問 題 最 近 ニュースでも 取 り 上 げられていたから 知 っているひ ともいると 思 うが バルト3 国 が EU に 加 盟 することで EU 内 のロシア 領 と 化 してしまうカリーニングラードをめぐる 問 題 である 当 初 EU 側 はカリーニングラ ードからの 人 や 組 織 犯 罪 の 流 入 を 警 戒 して カリーニングラードへ 向 かうロシア 人 に 対 してビザを 発 給 しようとしていた しかし この 飛 び 地 への 自 由 な 移 動 を 求 め るロシアがこれに 反 発 し 結 局 はビザよりも 取 得 が 容 易 な 通 行 所 を 発 効 することで 折 り 合 いがついた (2) シェンゲンの 壁 問 題 シェンゲン 協 定 については 前 にも 触 れたが ここでは 新 たに 境 界 線 となる 東 欧 だからこそ 起 こる 問 題 を 取 り 上 げる シェンゲン 協 定 は 域 内 の 自 由 移 動 を 促 進 するものであるが その 性 格 ゆえに 域 外 からの 流 入 に 対 しては 厳 しい 政 策 を 取 らざるを 得 なくなる そのためこの 協 定 は EU 加 盟 国 非 加 盟 国 国 境 上 に 住 んでいるマイノリティーの 人 々の 移 動 を 阻 む シェンゲンの 壁 となって しまうのである (EX.ウクライナ ユーゴスラビアに 住 むハンガリー 系 住 民 の 問 題 ) 論 点 農 業 分 野 や 経 済 分 野 のことなどを 考 慮 に 入 れたとき 西 欧 と 中 東 欧 の 統 合 はどのよ うなものとなるべきか

EU総まとめ

EU総まとめ 平 成 28 年 5 月 号 改 めて EU とは 何 か を 考 える 千 葉 銀 行 ロンドン 支 店 英 国 では 先 月 エリザベス 女 王 が 90 歳 の 誕 生 日 を 迎 えました 昨 年 9 月 に 歴 代 君 主 で 在 位 最 長 期 間 (63 年 )を 更 新 した 女 王 ですが 今 なお 精 力 的 に 公 務 をこなし ています 英 国 では 6 月 10 日 11

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書 2 3 4 5 11 6 コペンハーゲン ( デンマーク. 約 135 万人 ) 30.1% 大阪市 ( 日本 約 265 万人 ) ロッテルダム ( オランダ 約 58 万人 ) ローマ ( イタリア 約 270 万人 ) マルメ ( スウェーデン 約 27 万人 ) 東京 23 区 ( 日本 約 872 万人 ) ケルン ( ドイツ 約 98 万人 ) ヘルシンキ ( フィンランド 約 56 万人

More information

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター

EU離脱で危機に瀕するロンドン国際金融センター 2016 年 6 月 30 日 経 済 レポート EU 離 脱 で 危 機 に 瀕 するロンドン 国 際 金 融 センター ~7 万 人 の 雇 用 が 英 国 から 移 転 し バーゼル 規 制 の 行 方 にも 影 響 か~ 調 査 部 主 席 研 究 員 廉 了 英 国 (ロンドン)は 米 国 (ニューヨーク)と 並 び 金 融 取 引 を 多 く 抱 える 国 際 金 融 センターとして 圧

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による EU: 二 〇 世 紀 型 統 合 と 二 一 世 紀 の 現 実 EU:20 世 紀 型 統 合 と21 世 紀 の 現 実 証 券 セミナー 2016.03.09. 報 告 : 田 中 素 香 はじめに 〇 EU の 現 実 (Wolfgang Muenchau, FT04.01.2016)より: EU3つの divide 1 南 北 2ユーロスケプティクスとユーロファイル 3 社 会 的 にリベラルな

More information

Microsoft Word - 論文要旨(浦川紘子)

Microsoft Word - 論文要旨(浦川紘子) 別 紙 様 式 3( 第 3 条 関 係 ) 論 文 要 旨 氏 名 浦 川 紘 子 論 文 題 目 ( 外 国 語 の 場 合 は 和 訳 を 併 記 すること ) 欧 州 における 犯 罪 人 引 渡 基 準 の 多 層 性 - 刑 事 分 野 に 関 する EUの 制 度 的 発 展 を 中 心 として- 論 文 要 旨 ( 別 様 に 記 載 すること) ( 注 )1. 論 文 要 旨 は

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63> EU 加 盟 に 向 けた 南 東 欧 諸 国 における 進 捗 状 況 について (0.0 0.0) 平 成 年 月 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 フランクフルト 事 務 所 しEUの 約 にEUと け009 し0 EEA ヵ は5 の. はじめに ベルリンの (ヵ 推 計 国 同 壁 時 崩 加 壊 盟 周 年 ユーロ 導 入 年 周 年 また の 中 人

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと

第4章:国連が取り組む人権、環境、難民問題、グローバルコンパルと 1989 1991 1993 1995 1997 1999 2001 2003 2005 2007 2009 2011 2013 論 説 混 迷 する 中 東 の 行 方 を 探 る: 難 民 問 題 解 決 のカギは? 滝 澤 三 郎 東 洋 英 和 女 学 院 大 学 大 学 院 客 員 教 授 国 連 UNHCR 協 会 理 事 長 1 始 めに 2015 年 の 難 民 と 難 民 申 請

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

営業秘密管理指針(案)の概要

営業秘密管理指針(案)の概要 ( 別 紙 1-2) 外 為 法 に 基 づく 対 内 投 資 規 制 の 見 直 しについて ( 参 考 資 料 ) 平 成 1 9 年 6 月 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 外 国 投 資 家 による 対 内 直 接 投 資 が 国 の 安 全 を 損 ない 公 の 秩 序 の 維 持 を 妨 げ 公 衆 の 安 全 の 保 護 に 支 障 を 来 す 等 のおそれがある 場

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

落ち込みが続くユーロ圏経済

落ち込みが続くユーロ圏経済 ニッセイ 基 礎 研 究 所 212-11-16 落 ち 込 みが 続 くユーロ 圏 経 済 経 済 調 査 部 門 上 席 主 任 研 究 員 伊 藤 さゆり (3)3512-1832 ito@nli-research.co.jp 1. ユーロ 圏 危 機 国 の 情 勢 は 依 然 として 厳 しいが 危 機 対 策 に 成 長 と 雇 用 の 支 援 政 府 と 銀 行 の 信 用 力 の 相

More information

1.はじめに 英 国 では 欧 州 連 合 (EU)からの 離 脱 の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 が 6 月 23 日 に 実 施 される 離 脱 後 の 英 国 と EU の 関 係 に 関 してはいくつかのパターンが 考 えられるが( 第 1 表 ) 本 レ ポートでは EU と 幅

1.はじめに 英 国 では 欧 州 連 合 (EU)からの 離 脱 の 是 非 を 問 う 国 民 投 票 が 6 月 23 日 に 実 施 される 離 脱 後 の 英 国 と EU の 関 係 に 関 してはいくつかのパターンが 考 えられるが( 第 1 表 ) 本 レ ポートでは EU と 幅 2016 年 6 月 17 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Akiko Darvell ダーベル 暁 子 (Akiko.darvell@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で

ドがCO 2 等 排 出 国 の 上 位 を 占 めるようになり 地 球 温 暖 化 対 策 の 実 効 性 を 高 めるうえで 全 ての 国 が 参 加 する 枠 組 みを 構 築 することの 重 要 性 が 強 まってきた そこで 2010 年 にメキシコのカンクンで 開 催 されたCOP16で みずほインサイト 政 策 2015 年 12 月 18 日 COP21 がパリ 協 定 を 採 択 地 球 温 暖 化 抑 止 に 向 けた 今 後 の 課 題 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 堀 千 珠 03-3591-1304 chizu.hori@mizuho-ri.co.jp 2015 年 11 月 末 からフランスで 開 催 された 気 候 変 動 枠 組 条 約 第 21 回 締

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて ベルリンの 壁 第 二 次 世 界 大 戦 後 に ドイツは 米 英 仏 占 領 地 域 を 資 本 主 義 を 名 目 とした 西 ドイツと ソ 連 占 領 地 域 を 共 産 主 義 を 名 目 とした 東 ドイツ に 分 断 された ベルリ ンは 都 市 自 体 が 米 英 仏 ソ 連 によって 分 割 占 領 されたが 米 英 仏 の 占 領 地 域 である 西 ベルリンは 周 囲 を 全

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

義務教育費国庫負担制度について

義務教育費国庫負担制度について 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 について 1. 義 務 教 育 費 国 庫 負 担 制 度 の 概 要 意 義 憲 法 の 要 請 に 基 づく 義 務 教 育 の 根 幹 ( 機 会 均 等 水 準 確 保 無 償 制 )を 支 えるため 国 は 必 要 な 制 度 を 整 備 するこ とが 必 要 教 育 は 人 なり と 言 われるように 義 務 教 育 の 成 否 は 教 職 員

More information

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx

Microsoft PowerPoint - 1_MOFA_rev_【再セット】160120外務省中野講演資料(COP21報告) .pptx COP21の 概 要 について 2016 年 1 月 20 日 外 務 省 国 際 協 力 局 気 候 変 動 課 長 中 野 潤 也 2020 年 以 降 の 国 際 枠 組 みに 向 けた 国 際 交 渉 京 都 議 定 書 採 択 時 と 比 べ 世 界 のエネルギー 起 源 CO2 排 出 量 における 途 上 国 のシェ アが 急 速 に 拡 大 2010 年 時 点 において 京 都 議

More information

Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent

Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent Kazuaki Yuoka Challenges and Opportunities for Japanese Companies in Germany Recruiting/Developing Global Talent NRW Japan K.K. Fireplace Talk 1 グローバル 人 材 獲 得 育 成 の5つの 課 題 1. ローカル( 地 域 国 )ニーズに 適 したグローバル

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

Microsoft Word - 201210613.docx

Microsoft Word - 201210613.docx 年 月 期 GDP 速 報 (1 次 速 報 )の 概 要 ~ 後 退 局 面 の 早 期 脱 却 の 可 否 を 占 う 世 界 経 済 底 打 ちのタイミング~ 調 査 情 報 担 当 室 竹 田 智 哉 1. 後 退 局 面 入 りしたと 見 られる 我 が 国 経 済 年 月 期 のGDP 成 長 率 (1 次 速 報 値 年 11 月 12 日 公 表 )は 名 実 ともに 0.9%( 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097D58E9E838C837C815B83675F89A28F42838A815B83675F3230313630375F8DC58F4994C52E646F6378> ( 愛 称 ラ グレイス) < 毎 月 決 算 型 / 年 2 回 決 算 型 > 平 成 28 年 7 月 7 日 一 部 の 英 国 不 動 産 投 資 信 託 の 解 約 受 付 停 止 と アムンディ 欧 州 セレクティブ リート ファンド に 及 ぼす 影 響 について アムンディ ジャパン 株 式 会 社 6 月 23 日 ( 現 地 時 間 )に 実 施 された 英 国 の EU( 欧

More information

Microsoft Word 制裁強化の動きについて

Microsoft Word 制裁強化の動きについて 最 近 における 制 裁 強 化 の 動 きについて 2013.4.23 連 合 会 館 金 東 鶴 1. 制 裁 期 間 を2 年 に 拡 大 し 継 続 決 定 2. 再 入 国 許 可 の 不 許 可 対 象 の 拡 大 3. 高 校 無 償 化 から 制 度 的 に 締 め 出 すための 省 令 改 正 4. 補 助 金 固 定 資 産 税 についても 締 め 付 け 強 化 か!? 1 [

More information

Microsoft Word - insight0410jp[1]

Microsoft Word - insight0410jp[1] 2008 年 4 月 4 日 イーストヒル ジャパン 株 式 会 社 から ある 上 有 海 名 総 な 合 株 指 ストラテジストはある 数 はせいぜい4000 番 点 組 で でこう 底 打 ちと 言 った 思 ったが まさか 中 国 株 式 市 場 底 は の 今 下 ブルトレンドだろう だ ドル 円 100 割 れ G7 が 介 入 するか の 下 これは に 地 最 獄 近 があるとは 流

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

Microsoft Word - 0405R3.doc

Microsoft Word - 0405R3.doc 欧 州 における 日 系 企 業 の 組 織 ロケーション 戦 略 の 変 遷 と 見 通 し ブリュッセル センター 1980 年 代 から 本 格 化 した 日 系 企 業 の 欧 州 への 投 資 は EU 市 場 統 合 の 進 展 に 加 え 2004 年 5 月 のEU 拡 大 を 迎 え 岐 路 に 立 たされている 本 レポートは ジェトロがKPMGユー ロ ジャパン センター( 在

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

<4D F736F F D D8282C692CA89DD93968BC782CC C D2E646F6378>

<4D F736F F D D8282C692CA89DD93968BC782CC C D2E646F6378> http://www.jbic.go.jp/ja/report/reference/index.html 2010 年 12 月 7 日 株 式 会 社 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 ロンドン 駐 在 員 事 務 所 ランド 高 と 通 貨 当 局 のジレンマ( 南 アフリカ) ~ 金 融 市 場 の 動 向 ~ 南 アフリカ 国 内 では ズマ 政 権 発 足 直 後 から

More information

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル)

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル) GFTFOREX.CO.JP 2013 年 2 月 20 日 GFT 東 京 支 店 FX/CFD モーニング レポート 水 谷 文 雄 (GFT スポンサード コメンテータ) 市 況 概 況 : ユーロ 底 堅 い 動 きに ポンド 昨 年 7 月 以 来 の 安 値 ユーロが 底 堅 い 動 きになっています ユーロ 圏 各 国 そしてユーロ 圏 全 体 の GDP( 国 内 総 生 産 )が

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20975C966888E397C394C781408376838C835B83938E9197BF5F8DC58F49> 長 寿 大 国 日 本 の 予 防 医 療 ~ 健 康 に 長 生 きしよう~ ( 資 料 )http://www.sakucci.or.jp/pinkoro/index.html 公 益 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター 岡 圭 佑 ( 日 本 生 命 保 険 ) 松 木 拓 ( 八 十 二 銀 行 ) 皆 川 篤 (JR 東 海 ) 綿 貫 剛 ( 横 浜 銀 行 ) 高 齢 化

More information

1. 運 用 パフォーマンスの 状 況 1 収 益 率 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 第 4 四 半 期 年 度 国 内 債 券 0.72% 0.53% 1.88% -0.38% 2.76% 国 内 株 式 5.11% 5.78% 6.20% 10.51% 30.48%

1. 運 用 パフォーマンスの 状 況 1 収 益 率 第 1 四 半 期 第 2 四 半 期 第 3 四 半 期 第 4 四 半 期 年 度 国 内 債 券 0.72% 0.53% 1.88% -0.38% 2.76% 国 内 株 式 5.11% 5.78% 6.20% 10.51% 30.48% 平 成 26 年 度 運 用 状 況 の 概 要 年 金 積 立 金 管 理 運 用 独 立 行 政 法 人 平 成 26 年 度 の 運 用 状 況 は 全 資 産 においてプラスとなり 収 益 率 はプラス12.27% 収 益 額 はプラス15 兆 2,922 億 円 となりました 平 成 26 年 度 末 の 運 用 資 産 額 は 137 兆 4,769 億 円 となりました 自 主 運 用

More information

これに 対 して 1915( 大 正 4) 年 1 月 18 日 日 本 は 中 華 民 国 に 21 か 条 要 求 を 提 出 しました この 要 求 は 要 求 14 か 条 希 望 7 か 条 からなり 大 隈 重 信 内 閣 ( 加 藤 高 明 外 相 )が 中 華 民 国 の 大 総 統

これに 対 して 1915( 大 正 4) 年 1 月 18 日 日 本 は 中 華 民 国 に 21 か 条 要 求 を 提 出 しました この 要 求 は 要 求 14 か 条 希 望 7 か 条 からなり 大 隈 重 信 内 閣 ( 加 藤 高 明 外 相 )が 中 華 民 国 の 大 総 統 第 5 編 第 一 次 世 界 大 戦 と 共 産 主 義 の 出 現 第 1 章 日 露 戦 争 後 の 世 界 の 概 観 日 露 戦 争 に 勝 利 した 日 本 は 自 国 の 独 立 を 確 固 たるものとするとともに 近 代 国 家 として 日 の 浅 い 有 色 人 種 の 日 本 が 当 時 世 界 最 大 の 陸 軍 大 国 であった 白 人 国 家 ロシアに 勝 ったことは 植

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477>

<8C7689E68F91816982508FCD814182518FCD81605038816A2E786477> 佐 賀 県 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 19 年 3 月 佐 賀 県 県 土 づくり 本 部 建 築 住 宅 課 目 次 はじめに 1 第 1 章 計 画 の 概 要 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 3 2. 計 画 策 定 の 位 置 づけ 3 3. 計 画 の 期 間 4 4. 計 画 の 基 本 構 成 4 第 2 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の

More information

【短信統合版 2010年11月】

【短信統合版 2010年11月】 アメリカ 暫 定 予 算 法 成 立 2010 年 10 月 1 日 から 2011 会 計 年 度 が 始 まったが 2011 年 度 歳 出 予 算 法 案 が 審 議 中 の ため 2010 年 12 月 3 日 までの 暫 定 予 算 法 が 大 統 領 の 署 名 を 経 て 9 月 30 日 に 成 立 した (P.L.111-242) 暫 定 予 算 法 では 原 則 として 2010

More information

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前 在 スロバキア 日 本 国 大 使 館 政 治 経 済 月 報 ( 年 3 月 ) 目 次 内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 2 連 立 交 渉 の 動 向 2 第 3 次 フィツォ 政 権 の 成 立 2 外 政 スロバキア スイス 外 相 会 談 3 ノルド ストリーム2 への 異 議 申 し 立 て 3 ライチャーク 外 相 のエジプト 訪 問 3 社 会 スロバキアの 物 価 3 経

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

12月の当国政情(内政・外交)

12月の当国政情(内政・外交) チリ 政 治 情 勢 報 告 (1 月 ) 平 成 27 年 2 月 1. 概 要 (1) 内 政 面 では, 選 挙 制 度 改 革 法 案 や 教 育 制 度 改 革 法 案 等,バチェレ 政 権 下 での 主 要 法 案 が 相 次 いで 成 立 した (2) 外 交 面 では, 日 チリEPA 物 品 貿 易 に 関 する 小 委 員 会 が 開 催 され, 同 E PAのさらなる 深 化

More information

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3

るもの 第 回 第 回 は その 簿 冊 が 複 数 回 接 収 されたもので それぞれの 接 収 返 還 年 月 日 を 記 している 青 又 は 赤 ~ ~ は 昭 和 49 年 に 当 館 に 返 還 された 返 還 文 書 中 にあり その 請 求 番 号 防 衛 庁 経 由 は 昭 和 3 北 の 丸 第 34 号 ( 平 成 13 年 11 月 刊 行 )より 公 文 書 の 接 収 返 還 返 還 台 帳 ( 内 閣 関 係 )について 公 文 書 専 門 官 室 終 戦 直 後 に 多 くの 政 府 機 関 国 策 会 社 等 から 多 数 の 公 文 書 資 料 が 連 合 国 側 によって 接 収 されたことはよく 知 られている これらの 接 収 資 料 の 部 は 昭 和

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CBB91E38ED089EF814091E634358D7581408365834C83588367> 基 礎 からわかる 現 代 社 会 第 45 講 日 本 の 国 際 貢 献 PKO 国 連 平 和 維 持 活 動 協 力 法 日 本 の PKO 参 加 5 原 則 1 当 事 者 間 の 停 戦 合 意 2 当 事 国 の 合 意 3 中 立 公 平 4 武 器 使 用 は 正 当 防 衛 の 場 合 のみ 5 上 記 1~3の3 原 則 が 崩 れれば 撤 収 か 中 断 PKO 監 視 団

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近

疑 問 東 京 の 外 国 人 旅 行 客 はどんな 所 へ 行 き その 満 足 度 はどうなのか? 森 記 念 財 団 では 2010 年 に 成 田 空 港 にて 訪 日 外 国 人 1,761 人 に 対 し 東 京 圏 でどのような 観 光 をしたか 満 足 度 調 査 を 行 った 近 東 京 のブランド 力 ~ 世 界 が 憧 れる5つの 魅 力 ~ 概 要 版 この 研 究 報 告 書 は 外 国 人 から 見 た 東 京 の 魅 力 が 何 であるかを 探 り それを 東 京 の 都 市 ブラ ンドとして 世 界 から 認 知 されるための 課 題 と 戦 略 を 研 究 したものである 東 京 の 魅 力 向 上 によって 国 際 競 争 力 を 高 め 東 京 を 訪 問

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか?

日本経済見通し:何故、個人消費は低迷しているのか? 日 本 経 済 予 測 Monthly 216 年 6 月 21 日 全 頁 日 本 経 済 見 通 し: 何 故 個 人 消 費 は 低 迷 して いるのか? 国 内 要 因 が 景 気 下 支 え 役 となるが 海 外 発 の 景 気 下 振 れリスクは 残 存 エコノミック インテリジェンス チーム 執 行 役 員 チーフエコノミスト 熊 谷 亮 丸 シニアエコノミスト 長 内 智 エコノミスト

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

安全保障理事会決議1929(2010)

安全保障理事会決議1929(2010) 安 全 保 障 理 事 会 決 議 1929(2010) 2010 年 6 月 9 日 安 全 保 障 理 事 会 第 6335 回 会 合 にて 採 択 安 全 保 障 理 事 会 は 安 保 理 議 長 声 明 S/PRST/2006/15 および 安 保 理 諸 決 議 1696(2006) 1737(2006) 1747(2007) 1803(2008) 1835(2008)および 1887(2009)を

More information

ロシア 株 価 と 原 油 価 格 は 見 事 な 相 関 性 を 示 しており このことが 冒 頭 で 紹 介 したジョー ジソロスのロシアの 制 裁 方 法 に 繋 がります 原 油 放 出 を 行 い 原 油 価 格 を 引 き 下 げよ 原 油 価 格 の 引 き 下 げをすることができれば

ロシア 株 価 と 原 油 価 格 は 見 事 な 相 関 性 を 示 しており このことが 冒 頭 で 紹 介 したジョー ジソロスのロシアの 制 裁 方 法 に 繋 がります 原 油 放 出 を 行 い 原 油 価 格 を 引 き 下 げよ 原 油 価 格 の 引 き 下 げをすることができれば ソロスは ロシアの 制 裁 方 法 で 最 も 効 果 的 なのが 原 油 放 出 だと 語 っています Speaking at a panel in Berlin on 20 March, Soros said that the United States had the power to pressure Putin most effectively by selling oil reserves

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630353132208C6F8DCF2095C48D912083678389839383768E8182AA8BA49861937D82CC91E5939D97CC8CF395E28E7796BC8A6C93BE82D62E646F6378> グローバル マクロ トピックス 2016/ 5/12 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 宮 川 憲 央 トランプ 氏 が 共 和 党 の 大 統 領 候 補 指 名 獲 得 へ ドナルド トランプ 氏 が11 月 の 米 大 統 領 選 挙 における 共 和 党 の 候 補 指 名 獲 得 をほぼ 確 実 に 現 時 点 で 判 明 しているトランプ 氏 の 経 済 政 策 は1 大 規 模

More information

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日

IMF理事会、対日4条協議を完了; プレスリリースNo. 14/374; 2014年7月31日 国 際 通 貨 基 金 コミュニケー ション 局 ( 参 考 仮 訳 ) プレスリリース No. 14/374 即 時 解 禁 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 米 国 ワシントン DC 2014 年 7 月 31 日 IMF 理 事 会 対 日 4 条 協 議 を 完 了 2014 年 7 月 23 日 国 際 通 貨 基 金 (IMF) 理 事 会 は 対 日 4 条 協 議 を 完 了 した

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日

けて 7 月 7 日 に 田 中 角 栄 は 中 華 人 民 共 和 国 との 国 交 正 常 化 を 急 ぎ 激 動 する 世 界 情 勢 の 中 にあって 平 和 外 交 を 強 力 に 推 進 していく と 表 明 した この 日 本 側 の 動 きに 即 座 に 呼 応 して 7 月 9 日 中 国 と 日 本 の 経 済 関 係 房 文 慧 はじめに 中 国 が 日 本 にとって 最 大 の 貿 易 相 手 国 となったことに 象 徴 されるように 日 中 の 経 済 関 係 はますます 強 くなっている ここでは まず 日 中 両 国 の 政 府 間 関 係 について 外 交 関 係 日 本 の 対 中 政 府 開 発 援 助 を 取 り 上 げて 整 理 する 次 に 日 中 の

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ

スリランカの 主 権 独 立 統 一 および 領 土 保 全 に 対 する 理 事 会 の 公 約 を 再 確 認 し 各 国 の 全 住 民 のあらゆる 人 権 および 基 本 的 自 由 の 完 全 な 享 受 を 確 保 することは 各 国 の 責 任 で あることもまた 再 確 認 し テロ 総 会 A/HRC/RES/25/1 配 布 : 一 般 2014 年 4 月 9 日 原 文 : 英 語 人 権 理 事 会 第 25 会 期 議 事 日 程 議 題 2 国 際 連 合 人 権 高 等 弁 務 官 年 次 報 告 書 および 高 等 弁 務 官 事 務 所 並 びに 事 務 総 長 報 告 書 人 権 理 事 会 により 採 択 された 決 議 25/1. スリランカにおける 和

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 孫 への 贈 与 非 課 税 の 潜 在 効 果 と 課 題 発 表 日 :2013 年 2 月 13 日 ( 水 ) ~ 利 用 されるために 必 要 な 制 度 見 直 し~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 今 回 の 緊 急 経 済 対 策 では 祖 父

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AE98BC68C6F8963834583468375837D834B835783938782343930> 490 2016 8/23 Weeklyエコノミスト レター 2016 年 8 月 16 日 号 2016 2017 年 度 経 済 見 通 し (16 年 8 月 ) 経 済 金 融 フラッシュ 2016 年 8 月 18 日 号 貿 易 統 計 16 年 7 月 ~ 円 高 が 進 む 中 輸 出 数 量 は 横 ばい 圏 で 踏 みとどまる 統 計 調 査 資 料 2016 年 4-6 月 期

More information

日EC相互承認協定 実施に向けた準備

日EC相互承認協定 実施に向けた準備 薬 生 監 麻 発 0 4 2 6 第 3 号 平 成 28 年 4 月 26 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) 相 互 承 認 に 関 する 日 本 国 と 欧 州 共 同 体 との 間 の 協 定 の 運 用 について 相 互 承 認 に 関 する 日 本

More information

ANAハローツアー 大 人 のゆとり 旅 ヨーロッパ 下 段 : 催 行 状 況 (= 催 行 決 定 ( 募 集 中 ) = 募 集 中 = 催 行 中 止 ) P49.5 P53.54 P55.5 P57.58 P59.0 P3.4 P5. P9.70 P71.7 P73.74 P75.7 P7

ANAハローツアー 大 人 のゆとり 旅 ヨーロッパ 下 段 : 催 行 状 況 (= 催 行 決 定 ( 募 集 中 ) = 募 集 中 = 催 行 中 止 ) P49.5 P53.54 P55.5 P57.58 P59.0 P3.4 P5. P9.70 P71.7 P73.74 P75.7 P7 ANAハローツアー 大 人 のゆとり 旅 ヨーロッパ 下 段 : 催 行 状 況 (= 催 行 決 定 ( 募 集 中 ) = 募 集 中 = 催 行 中 止 ) P15.1 P17.18 P19 19 0 P3 3 4 4 P5 5 ワインと 美 食 のバスク 地 方 ボルドー ボルドーを 巡 る スペイン フランス フランスの 旅 P7.8 P9.30 P31.3 7 月 中 世 の 浪 漫 漂

More information

固 定 価 格 買 取 制 度 の 本 家 はドイツ 2000 年 に 再 生 可 能 エネルギー 法 の 導 入 2013 年 の 発 電 量 の 4 分 の 1 が 再 生 エネで すでに 原 発 より 多 い 雇 用 は 38 万 人 ( 原 子 力 は 約 3 万 人 ) 再 生 エネルギー

固 定 価 格 買 取 制 度 の 本 家 はドイツ 2000 年 に 再 生 可 能 エネルギー 法 の 導 入 2013 年 の 発 電 量 の 4 分 の 1 が 再 生 エネで すでに 原 発 より 多 い 雇 用 は 38 万 人 ( 原 子 力 は 約 3 万 人 ) 再 生 エネルギー 電 力 自 由 化 と 電 力 市 場 レジュメ 2015/12 朴 勝 俊 ( 関 西 学 院 大 学 総 合 政 策 学 部 ) 問 題 (1) 再 生 エネ 固 定 価 格 買 取 制 度 のせいで 電 力 市 場 価 格 は 上 がるか? yes / no (2) 電 力 自 由 化 によって 原 発 はなくなるか? yes / no / どちらとも 言 えない (3) 発 電 会 社 への

More information

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA>

<5461726F2D81798E518D6C817A97768E7C81458CBB8D7393FA95C4926E88CA> 要 旨 現 行 日 米 地 位 協 定 と 意 見 の 趣 旨 との 対 照 表 日 米 地 位 協 定 ( 要 旨 ) 意 見 の 趣 旨 2 条 1 施 設 区 域 の 提 供 と 返 還 (2 条 関 係 ) 1(a) 合 衆 国 は, 安 保 条 約 6 条 に 基 づき, 日 本 (1) 施 設 区 域 の 提 供 について 国 内 の 施 設 区 域 の 使 用 を 許 与 される 個

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 宮 原 照 明 6 月 勉 強 会 アメリカの 同 盟 政 策 並 びに NATO レジュメ 1. アメリカの 同 盟 政 策 1 戦 後 のアメリカ 外 交 政 策 の 特 徴 クリストファー レイン( 幻 想 の 平 和 ) 地 域 外 覇 権 理 論 < 国 内 門 戸 開 放 政 策 の 追 求 + 国 外 圧 倒 的 な 優 位 状 況 > 2 ヨーロッパにおけるアメリカの 同 盟 政 策

More information

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A

平成28年(2016年)熊本地震に関するQ&A 目 次 Q1 年 金 生 活 者 ですが 年 金 を 担 保 にお 金 を 借 りることができると 聞 きました 貸 付 制 度 の 内 容 について 教 えてください Q2 震 災 で 家 屋 が 倒 壊 損 傷 しました 家 屋 の 建 替 資 金 補 修 資 金 のための 支 援 や 新 規 融 資 を 受 けられ ないでしょうか Q3 恩 給 共 済 年 金 担 保 貸 付 の 内 容 について

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Microsoft Word - theme_3_1.doc

Microsoft Word - theme_3_1.doc こ れ ま で の 保 健 物 理 Review of the Health Physics 辻 本 忠 Tadashi TSUJIMOTO 財 団 法 人 電 子 科 学 研 究 所 Electron Science Institute 1. はじめに 保 健 物 理 の 分 野 でお 世 話 になってから 50 年 近 くになる 温 故 知 新 ではないが 50 年 の 過 去 を 振 り 返

More information

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について

「世界のサイフ」、投資通貨の最近の動向について 2010 年 3 月 12 日 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 世 界 のサイフ 投 資 通 貨 の 最 近 の 動 向 について 2009 年 に 入 ると 主 要 国 の 景 気 刺 激 策 や 金 融 緩 和 などを 受 けて 景 気 回 復 の 兆 しが 見 られるよ うになり 世 界 経 済 は 最 悪 期 を 脱 したとの 見 方 が 拡 がりました こうした 中 投 資

More information

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお

b 稼 働 後 40 年 を 経 過 した 原 発 は 順 次 廃 炉 とし 延 長 を 認 めず 新 設 も 認 めない c 重 要 な 電 源 として 今 後 もリプレイス( 建 て 替 え)や 新 設 が 必 要 d その 他 (その 他 の 場 合 は300 字 以 内 で 具 体 的 にお 参 議 院 選 挙 に 向 けた 政 策 アンケート 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 の 結 果 の 公 開 CASAは7 月 の 参 議 院 選 挙 に 向 け 各 党 に 地 球 温 暖 化 対 策 についてのアンケート 調 査 を 行 い ました アンケートは 公 明 党 おおさか 維 新 の 会 新 党 改 革 日 本 のこころを 大 切 にする 党 に 送 付 し

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2082578F948A4F8D9182CC8EA991528DD08A5195DB8CAF82C98AD682B782E98CA48B86205B8CDD8AB78382815B83685D> 諸 外 国 の 自 然 災 害 保 険 に 関 する 研 究 ~ドイツ スイスの 事 例 を 中 心 に 国 土 交 通 政 策 研 究 所 ( 発 表 者 ) 研 究 官 佐 藤 淳 一 朗 研 究 官 馬 場 美 智 子 1. 背 景 我 が 国 の 今 後 の 課 題 長 期 的 な 人 口 減 少 インフラへの 投 資 力 の 低 下 地 球 温 暖 化 土 地 利 用 に 関 する 開 発

More information

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd 投 資 家 向 け 情 報 チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うための ビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 CzechRepublic チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うためのビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 本 資 料 作 成 に 当 たり チェコの

More information

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に

序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行 ってきたが ベトナム 民 法 2005 年 改 正 法 ( 以 下 現 行 法 )の 立 法 時 と 同 様 に 今 回 の 2015 年 民 法 改 正 に 2015.9.1 2015 年 ベトナム 民 法 改 正 ドラフトに 対 する JICA 民 法 共 同 研 究 会 見 解 (エグゼクティブ サマリー) JICA 法 司 法 制 度 改 革 支 援 プロジェクト(フェーズ 2) 民 法 共 同 研 究 会 序 JICA は 1996 年 以 降 ベトナム 司 法 省 をカウンター パートとして 法 司 法 制 度 改 革 支 援 事 業 を 行

More information

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労

公 務 員 の 労 働 基 本 権 等 資 料 4 1 労 働 基 本 権 ( 労 働 3 権 )について 憲 法 28 条 で 労 働 者 の 基 本 的 権 利 を 規 定 労 働 基 本 権 は 団 結 権 団 体 交 渉 権 争 議 権 の3つの 権 利 から 構 成 1 団 結 権 勤 労 公 務 員 の 種 類 と 数 公 務 員 は 国 家 公 務 員 が 約 64 万 人 地 方 公 務 員 が 約 286 万 人 大 臣 副 大 臣 大 臣 政 務 官 大 使 公 使 等 ( 約 500 人 ) 給 与 決 定 の 方 法 特 別 職 ( 約 300,000 人 ) 裁 判 官 裁 判 所 職 員 ( 約 26,000 人 ) 人 事 院 勧 告 に 準 じて 措 置 国 会

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

表 -2 一 般 政 府 期 末 貸 借 対 照 表 勘 定 の 概 要 ( 単 位 :10 億 円 ) 平 成 20 暦 年 末 項 目 非 金 融 資 産 491,152.4 (1) 生 産 資 産 358,775.5 a. 在 庫 3,368.4 b. 固 定 資 産 355,

表 -2 一 般 政 府 期 末 貸 借 対 照 表 勘 定 の 概 要 ( 単 位 :10 億 円 ) 平 成 20 暦 年 末 項 目 非 金 融 資 産 491,152.4 (1) 生 産 資 産 358,775.5 a. 在 庫 3,368.4 b. 固 定 資 産 355, 社 会 資 本 の 老 朽 化 に 伴 う 建 て 替 え 改 修 には 検 証 と 工 夫 が 必 要 ~ 公 共 施 設 白 書 の 必 要 性 について~ はじめに 戦 後 の 荒 廃 から 65 年 この 間 非 常 に 多 くのビルや 橋 梁 道 路 などの 社 会 資 本 が 建 設 されるなど 日 本 は 世 界 でも 有 数 の 豊 かな 国 となった しかし 65 歳 以 上 人

More information

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル)

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル) GFTFOREX.CO.JP 2012 年 11 月 9 日 GFT 東 京 支 店 FX/CFD モーニング レポート 水 谷 文 雄 (GFT スポンサード コメンテータ) 市 況 概 況 : リスク 回 避 志 向 進 行 の 相 場 リスク 回 避 志 向 がほぼすべて 通 貨 金 融 商 品 で 進 行 する 市 場 環 境 となっています 欧 州 情 勢 では BOE(イングランド 銀

More information

GSS1409_H1-H4.indd

GSS1409_H1-H4.indd レポート ウクライナ 混 乱 の 背 景 と 今 後 ~ 危 機 長 期 化 で 影 響 が 拡 大 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 主 席 エコノミスト 田 中 理 1.ウクライナ 危 機 の 顛 末 ウクライナ 混 乱 の 発 端 は 昨 年 11 にヤヌ コビッチ 大 統 領 ( 当 時 )が 将 来 の 欧 州 連 合 (EU) 加 盟 につながる 連 合 協 定 に 署 名 する

More information