6. 派 遣 留 学 生 への 支 援 内 容 派 遣 先 大 学 支 援 内 容 ハノイ 農 業 大 学 (ベトナム) 渡 航 補 助 金 5 万 円 ジョモケニヤッタ 農 工 大 学 (ケニア) 渡 航 補 助 金 11 万 円 延 辺 大 学 ( 中 国 ) 渡 航 補 助 金 5 万 円 カ

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "6. 派 遣 留 学 生 への 支 援 内 容 派 遣 先 大 学 支 援 内 容 ハノイ 農 業 大 学 (ベトナム) 渡 航 補 助 金 5 万 円 ジョモケニヤッタ 農 工 大 学 (ケニア) 渡 航 補 助 金 11 万 円 延 辺 大 学 ( 中 国 ) 渡 航 補 助 金 5 万 円 カ"

Transcription

1 平 成 26 年 度 新 興 国 学 生 大 使 派 遣 自 己 改 革 成 長 プログラム 山 形 から 世 界 へはばたけ 海 外 でグローバル 力 を 磨 く 募 集 要 項 1. 概 要 山 形 大 学 と 大 学 間 交 流 協 定 を 締 結 し サテライトオフィスを 設 置 している 海 外 の 大 学 に 学 生 を 派 遣 する 学 生 は 現 地 の 学 生 を 対 象 とした 山 形 大 学 日 本 語 教 室 にお いて 日 本 語 の 指 導 や 日 本 文 化 の 紹 介 を 行 い 学 生 用 寄 宿 舎 等 に 宿 泊 する そして 派 遣 先 大 学 の 職 員 や 学 生 等 と 積 極 的 な 交 流 を 図 り グローバル 化 時 代 に 必 要 な 能 力 を 習 得 する 2. 目 的 山 形 大 学 生 を 海 外 の 大 学 に 派 遣 して 海 外 生 活 を 体 験 させることにより 学 生 のグロ ーバル 化 意 識 の 向 上 を 図 り 山 形 大 学 各 キャンパスのグローバル 化 推 進 に 資 すること を 目 的 とする 本 プログラムでは 派 遣 先 大 学 で 現 地 学 生 へ 日 本 語 日 本 文 化 を 教 え 交 流 を 楽 し み 異 文 化 を 体 感 することで グローバル 化 時 代 に 必 要 な 以 下 の4つのスキルを 身 に つけることができる (1) 自 分 自 身 や 日 本 人 としての 知 覚 力 (2) 相 手 や 異 文 化 への 理 解 力 (3) 臨 機 応 変 に 創 意 工 夫 できる 適 応 力 (4) 英 語 力 を 含 めたコミュニケーション 能 力 3. 応 募 条 件 山 形 大 学 に 在 籍 する 学 部 学 生 及 び 大 学 院 生 派 遣 期 間 中 健 康 面 を 含 めた 必 要 な 自 己 管 理 ができること 事 前 説 明 会 及 び 帰 国 後 の 報 告 会 等 へ 参 加 できること 本 プログラム 情 報 発 信 に 協 力 できること 4. 派 遣 先 大 学 (1)ハノイ 農 業 大 学 (ベトナム) (2)ジョモケニヤッタ 農 工 大 学 (ケニア) (3) 延 辺 大 学 ( 中 国 ) (4)カトリカ 大 学 (ペルー) (5)ガジャマダ 大 学 (インドネシア) (6)ラトビア 大 学 (ラトビア) 5. 派 遣 期 間 平 成 26 年 7 月 14 日 ( 月 )~ 平 成 27 年 3 月 31 日 ( 火 ) 上 記 期 間 のうち2 週 間 ~1ヶ 月 程 度 とする ただし 特 定 の 期 間 に 派 遣 希 望 が 集 中 した 場 合 は 希 望 期 間 を 考 慮 しつつ 日 程 を 調 整 する

2 6. 派 遣 留 学 生 への 支 援 内 容 派 遣 先 大 学 支 援 内 容 ハノイ 農 業 大 学 (ベトナム) 渡 航 補 助 金 5 万 円 ジョモケニヤッタ 農 工 大 学 (ケニア) 渡 航 補 助 金 11 万 円 延 辺 大 学 ( 中 国 ) 渡 航 補 助 金 5 万 円 カトリカ 大 学 (ペルー) 渡 航 補 助 金 11 万 円 ガジャマダ 大 学 (インドネシア) 渡 航 補 助 金 5 万 円 ラトビア 大 学 (ラトビア) 渡 航 補 助 金 11 万 円 * 宿 泊 先 は 山 形 大 学 にて 手 配 し 宿 泊 費 については 各 自 が 現 地 で 支 払 うものとする 7. 申 請 方 法 提 出 書 類 : 別 紙 様 式 2 申 請 書 提 出 先 : 所 属 学 部 の 学 務 担 当 へ 提 出 する ただし 医 学 部 工 学 部 農 学 部 の1 年 次 の 学 生 は 小 白 川 キャンパス 事 務 部 学 生 課 留 学 支 援 担 当 に 提 出 してよい 学 部 長 は 派 遣 希 望 学 生 の 意 欲 等 を 勘 案 の 上 国 際 交 流 担 当 理 事 に 推 薦 す る 8. 申 請 締 切 派 遣 開 始 月 締 切 日 平 成 26 年 7 月 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 ) 平 成 26 年 8 月 ~9 月 平 成 26 年 6 月 30 日 ( 月 ) 平 成 26 年 10 月 平 成 26 年 9 月 1 日 ( 月 ) 平 成 26 年 11 月 ~ 平 成 27 年 1 月 平 成 26 年 9 月 30 日 ( 火 ) 平 成 27 年 2 月 ~3 月 平 成 26 年 11 月 28 日 ( 金 ) 9. 選 考 基 準 と 結 果 通 知 次 の 基 準 に 基 づき 国 際 交 流 担 当 理 事 が 選 考 し 所 属 学 部 長 あて 通 知 する 1 グローバル 社 会 をより 深 く 理 解 する 意 欲 のある 者 2 諸 外 国 の 大 学 生 及 び 職 員 等 と 積 極 的 に 交 流 を 図 る 意 欲 のある 者 10. 報 告 派 遣 期 間 終 了 後 2 週 間 以 内 に 山 形 大 学 生 海 外 派 遣 プログラム 実 施 報 告 書 を 学 部 長 を 通 し 国 際 交 流 室 に 提 出 する また 報 告 会 等 において 活 動 状 況 等 を 報 告 する なお この 報 告 書 は 山 形 大 学 ホームページにて 掲 載 され 年 度 毎 に 報 告 書 集 として 冊 子 にまとめられ 次 年 度 の 派 遣 学 生 へ 紹 介 される 予 定 である 山 形 大 学 生 海 外 派 遣 プログラム 実 施 報 告 書 記 載 事 項 1) 氏 名 所 属 学 年 2) 派 遣 先 大 学 派 遣 期 間

3 3) 日 本 語 教 室 での 活 動 内 容 4) 本 プログラム4つの 目 的 についての 成 果 5)プログラムに 参 加 した 感 想 6) 今 後 の 展 望 写 真 を2~4 枚 程 度 添 付 し Word ファイルにて 作 成 し データでも 提 出 するこ と 11. 渡 航 準 備 について 下 記 については 各 自 において 準 備 するものである (1)パスポート ビザ パスポートについては 各 国 ごとに 必 要 有 効 残 存 期 間 が 異 なるので 必 ず 事 前 に 確 認 し 必 要 な 準 備 をすること 滞 在 日 数 により ビザが 必 要 な 場 合 があるので 派 遣 希 望 国 の 情 報 をよく 確 認 し 必 要 な 準 備 をすること (2) 航 空 券 派 遣 決 定 通 知 に 記 載 された 派 遣 期 間 に 合 わせ 各 自 で 手 配 すること (3) 海 外 旅 行 保 険 必 ず 出 国 日 から 帰 国 日 までをカバーする 海 外 旅 行 傷 害 保 険 に 加 入 すること クレジットカード 付 帯 の 保 険 では 補 償 内 容 が 十 分 でない 場 合 がある (4) 予 防 接 種 厚 生 労 働 省 検 疫 所 ホームページや 外 務 省 海 外 安 全 ホームページなどを 参 考 に 必 要 と 思 われる 予 防 接 種 を 受 けること 12. 注 意 事 項 派 遣 の 決 定 や 日 程 調 整 に 際 し 国 際 交 流 室 よりメールもしくは 電 話 により 連 絡 する 場 合 があるので 下 記 からの 連 絡 を 受 着 信 できるよう 設 定 をしておくこと 国 際 交 流 室 からの 連 絡 に 応 答 のない 場 合 は 危 機 管 理 に 問 題 があるため 申 請 を 取 り 消 すものと する 教 育 学 生 支 援 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 室 TEL : FAX : その 他 現 地 の 情 勢 や 状 況 により 希 望 した 国 へ 派 遣 出 来 ない 場 合 がある

4 派 遣 先 大 学 紹 介 ハノイ 農 業 大 学 Hanoi University of Agriculture 通 称 HUA(フア) 国 名 ベトナム 社 会 主 義 国 都 市 ハノイ 公 用 語 ベトナム 語 ビ ザ 情 報 16 日 以 上 の 滞 在 となる 場 合 は 必 要 となる 宿 泊 施 設 大 学 構 内 の 国 際 学 生 寮 航 空 券 及 び 航 空 券 : 9 万 円 ~ 13 万 円 滞 在 費 の 目 安 滞 在 費 : 2 万 円 ~ 4 万 円 特 記 事 項 平 成 24 年 度 から 日 本 語 教 室 へ 山 形 大 学 生 及 び 職 員 を 派 遣 しており 平 成 26 年 4 月 1 日 までに 延 べ 63 名 が 日 本 語 チューターとして 訪 れて いる 本 部 前 の 池 のほとりには 山 形 大 学 の 記 念 樹 が 植 えられている 物 価 が 安 く 食 事 代 は 1 食 80 円 ~150 円 程 度 ジョモケニヤッタ 農 工 大 学 Jomo Kenyatta University of Agriculture and Technology 通 称 JKUAT(ジェイカット) 国 名 ケニア 共 和 国 都 市 ナイロビ 公 用 語 英 語 国 語 はスワヒリ 語 ビ ザ 情 報 入 国 の 際 に 必 ず 必 要 となる 宿 泊 施 設 大 学 構 内 の 国 際 学 生 寮 学 生 寮 ゲストハウス( 空 き 状 況 による) 航 空 券 及 び 航 空 券 :18 万 円 ~ 26 万 円 滞 在 費 の 目 安 滞 在 費 : 4 万 円 ~ 6 万 円 特 記 事 項 平 成 25 年 度 より 日 本 語 教 室 へ 山 形 大 学 生 及 び 職 員 を 派 遣 しており 平 成 26 年 4 月 1 日 までに 8 名 が 日 本 語 チューターとして 訪 れている 国 立 公 園 などがあり 休 日 にはサファリを 楽 しむこともできる

5 カトリカ 大 学 Pontificia Universidad Catolica del Peru 通 称 PUCP(プック) 国 名 ペルー 共 和 国 都 市 リマ 公 用 語 スペイン 語 ケチュア 語 ビ ザ 情 報 ペルー 入 国 についてビザは 必 要 ないが アメリカを 経 由 し 渡 航 する 場 合 は ESTA 登 録 が 必 要 宿 泊 施 設 ホームステイ 航 空 券 及 び 航 空 券 :19 万 円 ~ 30 万 円 滞 在 費 の 目 安 滞 在 費 : 4 万 円 ~ 6 万 円 特 記 事 項 平 成 25 年 度 に 短 期 派 遣 プログラムを 実 施 し 10 名 の 山 形 大 学 生 が 7 日 間 滞 在 し 日 本 語 教 室 に 通 う 現 地 学 生 との 交 流 を 深 めた 広 大 なキャンパスの 約 半 分 は 緑 というエコキャンパスで シカやリ スに 出 会 うことも 多 くある インカトレイルと 呼 ばれる 遺 跡 が 大 学 構 内 にある スペイン 語 を 学 びたい 学 生 にもお 勧 めの 大 学 延 辺 大 学 Yanbian University 国 名 中 華 人 民 共 和 国 都 市 延 吉 市 公 用 語 中 国 語 ビ ザ 情 報 16 日 以 上 の 滞 在 の 場 合 は 必 要 となる 宿 泊 施 設 大 学 構 内 の 国 際 学 生 寮 航 空 券 及 び 航 空 券 : 7 万 円 ~ 12 万 円 滞 在 費 の 目 安 滞 在 費 : 2 万 円 ~ 4 万 円 特 記 事 項 夜 間 はキャンパス 内 がライトアップされ 綺 麗 な 夜 景 を 見 ることが できる 日 本 語 学 科 があり 日 本 語 を 話 せる 学 生 も 少 なくない 中 国 で 最 も 多 くの 朝 鮮 族 が 居 住 する 地 域 のため 市 内 のほとんどが 漢 字 とハングルとの 併 記 になっており 中 国 語 や 中 国 文 化 だけでなく 韓 国 語 や 韓 国 文 化 に 興 味 のある 学 生 にもお 勧 めの 大 学 延 辺 大 学 国 際 交 流 合 作 処 が 主 催 する 各 種 交 流 イベントあり ( 内 容 は 渡 航 時 により 異 なる )

6 ガジャマダ 大 学 Universitas Gadjah Mada 通 称 UGM(ウゲム) 国 名 インドネシア 共 和 国 都 市 ジョグジャカルタ 公 用 語 インドネシア 語 ビ ザ 情 報 入 国 の 際 には 必 ず 到 着 ビザが 必 要 (インドネシア 国 内 の 空 港 にて 取 得 する) 宿 泊 施 設 大 学 構 内 ホテル(ツインルーム) 航 空 券 及 び 航 空 券 : 11 万 円 ~ 14 万 円 滞 在 費 の 目 安 滞 在 費 : 4 万 円 ~ 6 万 円 特 記 事 項 18 学 部 から 成 る 総 合 大 学 であり インドネシア 最 大 の 名 門 国 立 大 学 である 農 学 部 教 員 の 博 士 学 位 取 得 者 の 中 には 山 形 大 学 ( 岩 手 大 学 農 学 連 合 大 学 院 ) 出 身 者 もいる 国 民 の80% 以 上 がイスラム 教 徒 ということもあり 大 学 構 内 にも モスクが 建 てられている ゲストハウスの 立 ち 並 ぶ 地 区 には 現 アメリカ 合 衆 国 大 統 領 オバマ 氏 が 幼 少 期 を 過 ごした 住 居 がある ラトビア 大 学 Latvijas Univesitate 国 都 名 ラトビア 共 和 国 市 リガ 公 用 語 ラトビア 語 ビ ザ 情 報 シェンゲン 協 定 実 施 国 に 入 国 した 日 から90 日 以 内 の 滞 在 の 場 合 は 宿 泊 施 設 航 空 券 及 び 滞 在 費 の 目 安 不 要 航 空 券 : 14 万 円 ~ 19 万 円 滞 在 費 : 6 万 円 ~ 8 万 円 特 記 事 項 リガの 旧 市 街 は 街 全 体 が UNESCO の 世 界 文 化 遺 産 に 登 録 されてお り 中 世 の 古 い 石 造 りの 街 並 みに 触 れることができる * 上 記 の 航 空 券 及 び 滞 在 費 の 目 安 は 2 週 間 程 度 の 滞 在 を 想 定 しており 換 金 レートの 変 動 や 渡 航 時 期 によっても 変 化 するものである *ビザ 情 報 については 変 更 になる 場 合 があるので 各 自 各 国 大 使 館 HP 等 で 最 新 の 情 報 を 確 認 すること

1. 対 象 者 及 び 専 攻 分 野 日 本 の 大 学 院 修 士 課 程 において 日 本 語 を 通 して 研 究 勉 学 を 行 おうとする 者 専 攻 分 野 は 特 定 しない 但 し 医 学 歯 科 医 学 獣 医 学 を 除 く 2. 募 集 人 員 ベトナム 共 和 国 1 名

1. 対 象 者 及 び 専 攻 分 野 日 本 の 大 学 院 修 士 課 程 において 日 本 語 を 通 して 研 究 勉 学 を 行 おうとする 者 専 攻 分 野 は 特 定 しない 但 し 医 学 歯 科 医 学 獣 医 学 を 除 く 2. 募 集 人 員 ベトナム 共 和 国 1 名 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 2016 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 は 岡 崎 嘉 平 太 先 生 の 生 前 の 業 績 を 讃 え 民 族 の 相 互 理 解 世 界 の 平 和 と 友 好 を 祈 念 していた 故 人 の 精 神 を 広 くかつ 永 遠 に 後 世 に 伝 えると 共 に 中 国 を 始 めとするアジア 諸 国

More information

岡崎嘉平太国際奨学財団2000年度奨学生募集要項

岡崎嘉平太国際奨学財団2000年度奨学生募集要項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 2017 年 度 奨 学 生 募 集 要 項 岡 崎 嘉 平 太 国 際 奨 学 財 団 は 岡 崎 嘉 平 太 先 生 の 生 前 の 業 績 を 讃 え 民 族 の 相 互 理 解 世 界 の 平 和 と 友 好 を 祈 念 していた 故 人 の 精 神 を 広 くかつ 永 遠 に 後 世 に 伝 えると 共 に 中 国 を 始 めとするアジア 諸 国

More information

researchers2010

researchers2010 2010 年 度 海 外 研 究 員 ( 第 1 版 ) 海 外 研 究 員 について ( 長 期 短 期 共 通 ) 掲 載 されている 内 容 海 外 研 究 員 の 提 出 書 類 について 海 外 研 究 員 の 年 間 業 務 海 外 研 究 員 の よくある 質 問 (Q&A) 海 外 研 究 員 の 関 連 規 則 の 写 し 出 発 前 から 帰 国 後 に 至 るまで ご 参 照

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798DC5905694C5817A3230313230388A4F8D91906C8CA48B868ED282CC8EF393FC> 鳥 取 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 の 手 引 き 研 究 国 際 協 力 部 国 際 交 流 課 国 際 交 流 係 平 成 24 年 9 月 1 日 改 正 目 次 [ 来 日 前 の 手 続 き] P1 1. 手 続 きの 流 れ 2. 在 留 資 格 認 定 証 明 書 交 付 申 請 手 続 き 3. 住 居 について [ 来 日 後 の 手 続 き] P4 1. 新 規 住

More information

2 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 将 来 水 道 分 野 における 国 際 協 力 や 国 際 ビジネスの 場 で 活 躍 するような 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 に 寄 与 する 3 最 新 情 報 の 入 手 研 修 報 告 から 研 修 実 施 国 の 水

2 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 将 来 水 道 分 野 における 国 際 協 力 や 国 際 ビジネスの 場 で 活 躍 するような 国 際 感 覚 を 持 つ 人 材 の 育 成 に 寄 与 する 3 最 新 情 報 の 入 手 研 修 報 告 から 研 修 実 施 国 の 水 平 成 28 年 度 インドネシア 水 道 事 業 研 修 について 1. 本 研 修 の 目 的 インドネシア 水 道 協 会 (PERPAMSI)の 協 力 の 下 当 該 国 の 水 道 事 情 を 学 ぶととも に 国 際 協 力 将 来 のビジネス 展 開 の 基 礎 となるような 情 報 交 換 ディスカッションの 機 会 を 交 えた 研 修 講 義 説 明 は 全 て 英 語 で 行

More information

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50

愛 知 大 学 緑 の 協 力 隊 第 12 次 隊 派 遣 募 集 要 項 派 遣 期 間 募 集 人 数 2015 年 8 月 16 日 ( 日 )~ 22 日 ( 土 ) 40 名 参 加 費 用 一 般 ( 中 学 生 以 上 ) 220,270 円 愛 知 大 学 は 大 学 創 立 50 2015 年 度 沙 漠 を 緑 に! やればできる! が 合 言 葉 沙 漠 での 感 動 体 験 と 最 前 線 の 活 動! 緑 はいのち 沙 漠 森 林 化 は 世 界 平 和 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 初 代 会 長 遠 山 正 瑛 愛 知 大 学 校 友 センター 事 業 NPO 日 本 沙 漠 緑 化 実 践 協 会 主 催 緑 の 協 力 隊 2015 年 度 愛 知

More information

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月

(3) 語 学 能 力 証 明 書 1TOEIC 等 の 直 近 ( 過 去 2 年 以 内 )のスコアの 写 し 8 日 以 上 2ヶ 月 未 満 TOEIC400 点 以 上 ( 英 検 準 2 級 以 上,TOEFLITP435 点 以 上,TOEFLIBT40 点 以 上 等 ) 2ヶ 月 平 成 27 年 度 徳 島 大 学 海 外 留 学 支 援 制 度 アスパイア 奨 学 金 募 集 要 項 1. 趣 旨 目 的 本 学 学 生 の 海 外 留 学 を 促 進 し,グローバル 社 会 において 活 躍 できる 人 材 の 育 成 を 図 るため, 外 国 の 協 定 校 等 へ 留 学 する 本 学 学 生 に 対 し 経 済 的 支 援 (アスパイア 奨 学 金 の 支 給 )を

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 1 2015 年 度 農 学 部 AIMS 海 外 短 期 派 遣 プログラム 募 集 説 明 会 ASEAN 発 環 境 に 配 慮 した 食 料 供 給 技 術 革 新 地 域 づくりを 担 う 次 世 代 人 材 育 成 文 部 科 学 省 大 学 の 世 界 展 開 力 強 化 事 業 ~ 海 外 との 戦 略 的 高 等 教 育 連 携 支 援 ~ 採 択 事 業 2015 年 4 月 23

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 国 際 交 流 基 金 日 本 語 パートナーズ 派 遣 事 業 大 学 推 薦 プログラム 説 明 会 2016 年 6 月 29 日 留 学 支 援 共 同 利 用 センター 1 本 日 の 説 明 内 容 1. 日 本 語 パートナーズ 派 遣 事 業 とは (プロモーションビデオ 事 業 説 明 体 験 談 ) 2. 2017 年 度 募 集 要 項 3. 学 内 選 考 スケジュール 4.

More information

平成24年度 明光学園中学高等学校 実施計画書(案)

平成24年度 明光学園中学高等学校 実施計画書(案) 2015( 平 成 27) 年 度 春 期 語 学 研 修 募 集 要 項 台 湾 東 海 大 学 東 海 大 学 研 修 期 間 2016 年 2 月 18 日 ( 木 )~3 月 9 日 ( 水 ) 3 週 間 研 修 場 所 台 湾 台 中 市 募 集 人 数 10 名 ( 最 少 催 行 人 員 6 名 ) 募 集 代 金 268,000 円 研 修 機 関 について 1 大 学 名 東 海

More information

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を

各 科 目 の 説 明 ( 学 校 法 人 香 川 学 園 経 理 規 程 別 表 勘 定 科 目 一 覧 表 より 抜 粋 ) (1) 資 金 収 支 計 算 書 科 目 収 の 部 学 生 生 徒 等 納 付 金 収 在 学 を 条 件 とし 又 は 学 の 条 件 として 所 定 の 額 を 学 校 法 人 会 計 の 特 徴 や 企 業 会 計 との 違 い 学 校 法 人 は 学 校 を 運 営 し 教 育 研 究 を 遂 行 することを 目 的 としており 企 業 のよう に 利 益 を 追 求 する 経 済 活 動 そのものを 事 業 目 的 とすることはできません 学 校 法 人 会 計 では 文 部 科 学 省 令 により 定 められた 学 校 法 人 会 計 基 準 に 基

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

会 議 出 席 基 本 コース A: 東 京 発 着 DL デ ル タ 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 B: 東 京 発 着 AA アメリカン 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 日 数 月 日 曜 日 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 1 6/8( 火 ) 2 4 6

会 議 出 席 基 本 コース A: 東 京 発 着 DL デ ル タ 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 B: 東 京 発 着 AA アメリカン 航 空 ご 利 用 4 泊 6 日 間 日 数 月 日 曜 日 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 1 6/8( 火 ) 2 4 6 三 喜 IC IC Congress Tour 2010 米 国 整 形 外 科 学 会 議 AOA2010 開 催 日 :2010 年 6 月 9 日 ~12 日 開 催 地 :サンディエゴ 米 国 出 席 旅 行 の ご 案 内 旅 行 期 間 : 後 記 の 日 程 表 をご 参 照 下 さい 注 意 事 項 : 尚 航 空 機 はお 申 し 込 みを 頂 戴 してからの 正 式 予 約 となります

More information

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書

INUダブルディグリープログラム派遣留学報告書 (Page 1) 広 島 大 学 短 期 交 換 留 学 (HUSA)プログラム 派 遣 留 学 報 告 書 記 入 日 平 成 26 年 2 月 10 日 所 属 学 部 研 究 科 文 学 研 究 科 1 年 次 ( 留 学 開 始 時 点 ) 留 学 先 大 学 グラーツ 大 学 ( 国 名 :オーストリア) 所 属 学 部 学 科 等 名 Germanistik(ドイツ 学 ) 在 籍 身

More information

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版

Microsoft Word - ★【その他の国籍】改訂版 平 成 26 年 11 月 外 務 省 外 国 人 課 日 本 入 国 ビザ 手 続 の 概 要 ( 中 国,ロシア CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 ) 中 国,ロシア,CIS 諸 国,グルジア,フィリピン 以 外 の 国 籍 の 方 が, 短 期 商 用 等, 親 族 知 人 訪 問 又 は 観 光 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞

More information

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ

現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 で 学 び 経 験 したことを 元 に 作 成 する 帰 国 後 の 活 動 計 画 です 事 前 準 備 プログラム 中 の 活 動 プログラ 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 学 生 募 集 要 項 Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム は 日 本 政 府 が 推 進 する 事 業 であり 日 本 とアジア 大 洋 州 北 米 欧 州 中 南 米 の 各 国 地 域 との 間 で 将 来 各 界 にて 活 躍 が 期 待 される

More information

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2.

目 次 外 国 人 研 究 者 受 入 手 続 早 見 表 短 期 滞 在 (90 日 未 満 )の 場 合... 1 長 期 滞 在 (90 日 以 上 )の 場 合... 2 Step1 : 外 国 人 研 究 者 の 受 入 1. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 とは... 3 2. 島 根 大 学 外 国 人 研 究 者 受 入 研 究 者 向 け 受 入 各 種 手 続 ガイド SHIMANE UNIVERSITY 島 根 大 学 学 術 国 際 部 国 際 交 流 課 2012 年 度 連 絡 先 : TEL: 0852-32-9735 ( 内 線 2072) FAX: 0852-32-6481 ( 内 線 2075) Email: ied-koryu@office.shimane-u.ac.jp

More information

PDF用.ai

PDF用.ai Making the world your community Study Abroad program since 2000 1 針 (1)この 学 部 留 学 プログラムは 本 スタディ アブロード ファンデーション( 169-0075 東 京 都 新 宿 区 場 1-4-15 三 井 命 場 ビル 1F TEL(03)5287-2941

More information

認定留学

認定留学 募 集 要 項 関 西 大 学 国 際 部 ~ 認 定 留 学 推 奨 校 プログラム15 大 学 ガイダンス 開 催 ~ 平 成 25 年 4 月 18 日 ( 木 ) 12:20~13:30 国 際 部 内 多 目 的 室 認 定 留 学 制 度 の 概 要 説 明 教 務 担 当 者 から 単 位 認 定 に 関 する 説 明 コネクトオーストラリアからの 情 報 提 供 推 奨 校 シドニー5

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

Microsoft Word - MEDICA・COMPAMED2013

Microsoft Word - MEDICA・COMPAMED2013 MEDICA COMPAMED 2013 国 際 医 療 機 器 展 および 国 際 会 議 出 席 旅 行 のご 案 内 旅 行 期 間 : 後 記 の 日 程 表 をご 参 照 下 さい 会 議 情 報 MEDICA 2013 年 11 月 20 日 ( 水 )~23( 土 ) COMPAMED 2013 年 11 月 20 日 ( 水 )~22 日 ( 金 ) 会 場 : Düsseldorf

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

会 議 出 席 基 本 コース 旅 行 期 間 : 平 成 28 年 10 月 21 日 ~10 月 28 日 (6 泊 8 日 間 ) 全 日 空 (NH)エコノミークラスご 利 用 日 数 月 日 ( 曜 日 ) 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 摘 要 1 10/21( 金

会 議 出 席 基 本 コース 旅 行 期 間 : 平 成 28 年 10 月 21 日 ~10 月 28 日 (6 泊 8 日 間 ) 全 日 空 (NH)エコノミークラスご 利 用 日 数 月 日 ( 曜 日 ) 発 着 都 市 名 現 地 時 間 交 通 機 関 摘 要 1 10/21( 金 Congress Tour 2016 ASA 2016 米 国 麻 酔 学 会 議 開 催 日 : 2016 年 10 月 22 日 ( 土 )~10 月 26 日 ( 水 ) 開 催 地 : シカゴ イリノイ 州 学 会 場 : McCormick Place https://www.asahq.org/meetings 出 席 旅 行 のご 案 内 旅 行 期 間 : 日 程 表 をご 参 照

More information

セット版【中国人:一次概要13頁】201512

セット版【中国人:一次概要13頁】201512 中 国 国 籍 者 が 日 本 入 国 ビザ( 査 証 )を 申 請 する 手 続 の 概 要 ( 一 次 有 効 の 短 期 滞 在 ビザ 申 請 用 ) 2016 年 1 月 中 国 に 在 住 する 中 華 人 民 共 和 国 の 国 籍 を 有 する 方 が, 短 期 商 用 あるいは 親 族 知 人 訪 問 等 の 目 的 で 短 期 滞 在 ビザ(90 日 以 内 の 滞 在 )を 申

More information

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国

(6) ホームステイ( 高 校 生 のみ) (7) ワークショップ 報 告 会 ( 気 づき 及 び アクションプラン の 作 成 発 表 ) 現 地 事 情 によりプログラム 内 容 は 変 更 される 可 能 性 があります 別 紙 1 標 準 日 程 参 照 アクションプランとは 派 遣 国 平 成 27 年 8 月 12 日 一 般 財 団 法 人 日 本 国 際 協 力 センター Ⅰ. 事 業 概 要 目 的 対 日 理 解 促 進 交 流 プログラム カケハシ プロジェクト (KAKEHASHI Project) 北 米 地 域 との 交 流 ( 米 国 カナダ) 短 期 派 遣 事 業 ( 大 学 ( 院 ) 生 高 校 生 ) 参 加 校 団 体 募 集 のご 案 内 対 日

More information

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1

第8回貿易・投資ワーキング・グループ 参考資料1 規 制 改 革 ホットライン へ 提 案 内 容 と 官 回 答 参 考 資 料 1 提 案 官 制 度 現 状 寄 港 地 上 陸 許 可 手 続 運 用 改 善 とトランジット ビザ 発 給 方 法 見 直 し 要 望 具 体 的 内 容 観 光 立 国 実 現 観 点 から わが 国 主 要 国 際 空 港 等 において 自 動 化 ゲート 活 用 混 雑 時 既 存 ブ ースフル 運 用 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816993968ED0838D8353816A8347835883508343836783898378838B81408EE8947A97B78D738FF08C8F8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20816993968ED0838D8353816A8347835883508343836783898378838B81408EE8947A97B78D738FF08C8F8F912E646F63> エスケイトラベル 手 配 旅 行 条 件 書 手 配 旅 行 契 約 とは 当 社 がお 客 様 の 依 頼 により お 客 様 のために 代 理 媒 介 又 は 取 次 をすること 等 によりお 客 様 が 運 送 宿 泊 期 間 等 の 旅 行 に 関 するサービスの 提 供 を 受 けることが 出 来 るように 手 配 することを 引 き 受 ける 契 約 をいいます この 書 面 は 旅 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A88C0915382C8936E8D7182CC82BD82DF82C94832382E646F6378> 平 成 28 年 7 月 8 日 改 訂 安 全 な 海 外 渡 航 のために 国 際 交 流 センター 学 生 課 近 年 学 生 の 皆 さんの 海 外 渡 航 の 機 会 が 増 加 しています 海 外 渡 航 中 の 危 険 やトラブルの 多 くは 事 前 の 準 備 や 本 人 の 注 意 により 回 避 軽 減 することが 可 能 です 安 全 で 実 りある 海 外 渡 航 のための

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部

目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門... 1 Ⅱ. 受 理 条 件... 1 Ⅲ. 申 請 書 類... 1 Ⅳ. 申 請 プロセス... 2 Ⅴ. 必 要 な 時 間... 2 第 2 章 : 外 国 人 就 業 証... 3 Ⅰ. 申 請 部 湖 北 省 と 湖 南 省 における 外 国 人 就 業 許 可 証 書 と 外 国 専 家 証 の 取 得 について (2015 年 3 月 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 武 漢 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 目 次 第 1 章 : 外 国 人 就 業 許 可 証... 1 Ⅰ. 申 請 部 門...

More information

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在)

mono【集約版】熊本地震に係る支援状況(H28.05.13 1430時現在) 平 成 28 年 熊 本 地 震 に 係 る 支 援 状 況 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 点 県 ( 被 災 地 への 支 援 ) 区 分 依 頼 元 担 当 課 支 援 内 容 対 応 状 況 1 人 的 厚 生 労 働 省 医 療 政 策 課 県 立 病 院 課 DMAT( 災 害 派 遣 医 療 チーム)の 派 遣 島 根 DMAT1 次 隊 4/16:10 隊 52 名 を 派

More information

進 路 支 援 国 際 交 流 Ⅰ 進 路 支 援 窓 口 甲 府 キャンパス:キャリアセンター 各 学 部 学 科 ( 専 攻 ) 就 職 担 当 教 員 医 学 部 キャンパス( 看 護 学 科 ): 医 学 域 学 務 課 キャリアセンターでは 学 生 が 大 学 で 身 につけた 知 識 や

進 路 支 援 国 際 交 流 Ⅰ 進 路 支 援 窓 口 甲 府 キャンパス:キャリアセンター 各 学 部 学 科 ( 専 攻 ) 就 職 担 当 教 員 医 学 部 キャンパス( 看 護 学 科 ): 医 学 域 学 務 課 キャリアセンターでは 学 生 が 大 学 で 身 につけた 知 識 や Ⅰ 進 路 支 援 1. 進 路 支 援 事 業 63 2. 進 路 支 援 体 制 64 3.キャリア アドバイザー 制 度 64 4.キャリアセンターの 利 用 案 内 64 5. 進 路 資 料 室 ( 看 護 学 科 )の 利 用 案 内 64 Ⅱ 国 際 交 流 1. 交 流 協 定 の 締 結 状 況 65 (1) 大 学 間 交 流 協 定 (2) 学 部 間 交 流 協 定 2. 海

More information

Microsoft Word - 01 表紙

Microsoft Word - 01 表紙 高 校 生 等 に 対 する 修 学 支 援 制 度 ガイドブック 平 成 27 年 12 月 兵 庫 県 教 育 委 員 会 事 務 局 高 校 教 育 課 目 次 ページ はじめに 1 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 2 兵 庫 県 の 各 部 局 が 所 管 する 事 業 6 兵 庫 県 内 の 各 市 町 が 所 管 する 事 業 一 覧 表 25 兵 庫

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機

? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機 8 UGUST contents アイム 8 ? 域 代 表 ぶ ば 最 高 機 関 構 運 思 種 類 領 見 反 映 出 類 ぞ 次 規 市 重 識 験 得 水 得 5 割 8 在 属 費 持 口 基 準 容 ぞ 属 属 出 被 併 与 8 次 皆 案 ~ 8 金 5 ち 5 出 被 与 5 超 ず 8 木 階 5 アイム 8 最 高 機 関 構 市 代 表 運 諸 問 題 審 参 画 重 位

More information

別記

別記 富 山 大 学 における 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 9 月 21 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4

More information

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実

提 供 サービスの 充 実 を 主 とした 外 国 人 の 住 みやすく 訪 れやすい 環 境 づ くりの 推 進 の4つの 目 標 を 掲 げている 計 画 に 基 づき 本 市 の 国 際 化 を 進 め 現 在 においても 市 民 が 主 体 的 に 活 動 できる 環 境 の 支 援 充 実 2 廿 日 市 市 の 国 際 化 の 現 状 と 課 題 (1) 現 状 ア 本 市 における 国 際 化 の 歴 史 廿 日 市 市 は 海 外 移 民 の 多 い 地 域 であり 明 治 の 半 ばからハワイ 北 米 南 米 などの 諸 国 へ 進 出 し それぞれの 国 において 地 域 社 会 の 発 展 に 貢 献 し てきた 近 年 の 国 際 化 の 進 展 に 伴 い 国 際 交

More information

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案)

山口県PTA連合会の運営に関する細則(案) 山 口 県 PTA 連 合 会 の 運 営 に 関 する 細 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 細 則 は 山 口 県 PTA 連 合 会 規 約 ( 以 下 規 約 という ) 第 37 条 により 山 口 県 PTA 連 合 会 ( 以 下 本 会 という )の 運 営 に 関 する 細 則 を 定 めるものとする 第 2 章 役 員 選 考 ( 総 則 ) 第 2 条

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0

【前半】教員・保護者向け説明会資料VER.1.0 0 平 成 28 年 度 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム 高 校 生 コース 募 集 説 明 会 2015.11 文 部 科 学 省 官 民 協 働 海 外 留 学 創 出 プロジェクト 日 本 全 国 の 高 校 生 留 学 について 現 状 ~ 平 成 25 年 度 高 等 学 校 等 における 国 際 交 流 等 の

More information

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために

ようこそ金沢医科大学へ:外国人留学生・研究員のために 2013.3 改 訂 よ う こ そ 金 沢 医 科 大 学 へ 外 国 人 留 学 生 研 究 員 のために 金 沢 医 科 大 学 国 際 交 流 センター こ の ガ イ ド ラ イ ン で は 金 沢 医 科 大 学 で 快 適 な 日 々 を 過 ご し て い た だ け る よ う 外 国 人 留 学 生 研 究 員 およびその 家 族 の 方 々に 係 る 各 種 制 度 や 手 続

More information

マウントテーバー 中 学 校 修 学 旅 行 団 受 入 日 曜 行 程 宿 泊 先 4/21 火 関 空 着 4/22 水 グループ 学 習 4/23 木 グループ 学 習 4/24 金 市 長 表 敬 訪 問 ウェルカムパーティ 山 東 自 然 の 家 4/25 土 グループ 学 習 4/26

マウントテーバー 中 学 校 修 学 旅 行 団 受 入 日 曜 行 程 宿 泊 先 4/21 火 関 空 着 4/22 水 グループ 学 習 4/23 木 グループ 学 習 4/24 金 市 長 表 敬 訪 問 ウェルカムパーティ 山 東 自 然 の 家 4/25 土 グループ 学 習 4/26 朝 来 市 連 合 国 際 交 流 協 会 会 報 誌 The Asago city Union International Association 平 成 27 年 10 月 30 日 発 行 今 年 もア メ リ カ の 中 学 生 と 友 好 を 深 め ま し た 平 成 2 7 年 度 海 外 派 遣 受 入 事 業 朝 来 市 では 市 内 中 学 生 の 国 際 交 流 活 動 の 一

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

平成24年度 明光学園中学高等学校 実施計画書(案)

平成24年度 明光学園中学高等学校 実施計画書(案) 2016( 平 成 28) 年 度 夏 期 語 学 研 修 募 集 要 項 ドイツ ボン 大 学 ボン 大 学 研 修 期 間 2016 年 8 月 3 日 ( 水 )~9 月 1 日 ( 木 ) 4 週 間 研 修 場 所 ドイツ ボン 募 集 人 数 7 名 ( 最 少 催 行 人 員 5 名 ) 募 集 代 金 433,000 円 研 修 機 関 について 1 大 学 名 University

More information

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類

出 願 から 入 学 手 続 までの 流 れ 受 験 する 専 攻 入 試 の 種 類 及 び 日 程 の 決 定 2 日 程 一 覧 を 参 照 出 願 書 類 の 準 備 出 願 受 付 開 始 ( 第 2 期 ) 8 月 10 日 ( 水 )~ 入 学 志 願 票 調 査 票 証 明 書 類 平 成 28(2016) 年 度 10 月 入 学 平 成 29(2017) 年 度 4 月 入 学 産 業 技 術 大 学 院 大 学 産 業 技 術 研 究 科 ( 専 門 職 学 位 課 程 ) 情 報 アーキテクチャ 専 攻 創 造 技 術 専 攻 AIIT 単 位 バンク 登 録 生 ( 科 目 等 履 修 生 ) 向 け 入 試 学 生 募 集 要 項 第 2 期 AIIT 単 位 バンク

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

セコム安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用).indd

セコム安心マイカー保険新型自動車総合保険(個人用).indd マイカー 2014 年 4 月 改 定 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 ) 普 通 保 険 約 款 および 特 約 集 A0022-00-50 1404 39,000(マ) このたびは セコム 損 保 の 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 個 人 用 )にご 加 入 いただき 誠 にありがとうございます この 保 険 約 款 にはご 加 入 いただきました 保 険 契 約

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが

はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては 公 正 な 使 用 により 最 小 の 費 用 で 最 大 の 効 果 をあげるよう 経 費 を 効 率 的 に 使 用 することが 平 成 26 年 7 月 作 成 平 成 26 年 度 科 学 研 究 費 補 助 金 使 用 のルール 長 浜 バイオ 大 学 研 究 推 進 機 構 事 務 室 center.jim@nagahama-i-bio.ac.jp 1 はじめに 科 学 研 究 費 補 助 金 ( 以 下 科 研 費 という)は 国 民 の 貴 重 な 税 金 等 で 賄 われて いるため その 執 行 にあたっては

More information

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金

目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の 整 理 合 理 化 5 (3) 補 助 金 豊 岡 市 行 政 改 革 取 組 み 結 果 報 告 書 平 成 18 年 度 ~ 平 成 21 年 度 平 成 22 年 12 月 豊 岡 市 目 次 はじめに 1 1 行 政 改 革 による 効 果 額 まとめ 2 2 行 政 改 革 の 主 な 成 果 (1) 財 政 構 造 改 革 の 推 進 1 徴 収 率 の 向 上 3 2 その 他 の 財 源 確 保 4 (2) 事 務 事 業 の

More information

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本

(2) 応 募 書 類 応 募 書 類 1. 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 申 請 書 2. 申 請 者 (および 配 偶 者 )の 所 得 証 明 書 市 区 町 村 役 場 発 行 のものに 限 る 父 母 のものは 必 要 ありません 本 2016 年 度 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 募 集 要 項 1. 概 要 (1) ICU 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金 とは ICU では 修 学 意 欲 が 充 分 にありながら 経 済 的 な 援 助 が 必 要 な 大 学 院 博 士 前 期 課 程 の 学 生 に 対 して 国 際 基 督 教 大 学 大 学 院 新 入 学 生 奨 学 金

More information

スライド 1

スライド 1 訪 日 旅 行 の 全 体 像 4 ( 単 位 : 千 人 ) 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 訪 日 旅 行 者 数 訪 日 旅 行 マーケットの 全 体 像 -199 年 以 降 の 訪 日 旅 行 者 数 の 推 移 - 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO)がまとめた 訪 日 旅 行 者 数 の199 年 からの 推 移 をみると 24 年 から 急 速 に 訪 日

More information

Microsoft Word - 派遣留学生定期報告書様式(最終) (7)

Microsoft Word - 派遣留学生定期報告書様式(最終) (7) 九 州 大 学 海 外 派 遣 留 学 生 最 終 報 告 書 帰 国 後 15 日 以 内 に 提 出 してくださ い 提 出 された 情 報 は 海 外 留 学 HP に 掲 載 します ( 色 のついた 部 分 は 掲 載 しません) 留 学 先 大 学 名 西 江 大 学 校 ( 国 名 : 韓 国 ) 留 学 先 学 部 名 (またはプログラ ム 名 ) 経 済 学 部 留 学 期 間 2015

More information

参 加 資 格 (1) 中 高 生 スキット 部 門 の 学 習 歴 を 超 える 中 高 生 (2) 大 学 生 一 般 : 応 募 時 に 韓 国 語 学 習 歴 が 2 年 以 内 で 本 選 (2 次 審 査 )までの 学 校 等 での 学 習 時 間 が 100 時 間 を 目 安 とする

参 加 資 格 (1) 中 高 生 スキット 部 門 の 学 習 歴 を 超 える 中 高 生 (2) 大 学 生 一 般 : 応 募 時 に 韓 国 語 学 習 歴 が 2 年 以 内 で 本 選 (2 次 審 査 )までの 学 校 等 での 学 習 時 間 が 100 時 間 を 目 安 とする 第 1 回 話 してみよう 韓 国 語 岡 山 大 会 募 集 要 項 参 加 資 格 < 全 部 門 共 通 > (1) 韓 国 語 を 母 語 としない 中 学 生 以 上 の 者 国 籍 は 問 いません (2) 応 募 時 点 から 過 去 1 年 以 内 に 本 大 会 を 含 む 他 の 韓 国 語 コンテスト 等 の 本 選 で 最 上 位 ( 最 優 秀 賞 優 勝 大 賞 など)

More information

スライド 1

スライド 1 2016 年 10 月 6 日 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 公 益 財 団 法 人 日 本 交 通 公 社 参 考 資 料 1 DBJ JTBF アジア 欧 米 豪 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 意 向 調 査 ( 平 成 28 年 版 ) 地 域 別 の 特 徴 1. 韓 国 2 温 泉 への 入 浴 3 自 然 や 風 景 の 見 物 4 現 地 の 人 の 普 段 の

More information

学生用マニュアル

学生用マニュアル 官 民 協 働 海 外 留 学 支 援 制 度 ~トビタテ! 留 学 JAPAN 日 本 代 表 プログラム~ 奨 学 金 等 受 給 のための 手 引 き 派 遣 留 学 生 用 本 手 引 きは 全 国 コースを 基 準 に 作 成 しています 地 域 人 材 コースの 派 遣 留 学 生 は 地 域 協 議 会 在 籍 大 学 等 を 通 じてさらに 追 加 の 手 続 き 等 が 必 要 となる

More information

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン

損害保険商品販売時における「契約概要」「注意喚起情報」に関する表示ガイドライン 損 害 保 険 商 品 販 売 時 における 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 に 関 する 表 示 ガイドライン ( 自 動 車 保 険 ) 本 ガイドラインは 会 員 各 社 が 損 害 保 険 商 品 の 募 集 に 際 し 使 用 する 契 約 概 要 注 意 喚 起 情 報 を 作 成 する 際 の 参 考 の 用 に 供 するために 策 定 したものである 本 ガイドラインは 各

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C8B9E8C97208A778D5A9640906C8D918DDB88E397C3959F8E8391E58A772E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C8B9E8C97208A778D5A9640906C8D918DDB88E397C3959F8E8391E58A772E646F6378> 資 料 5 東 京 圏 国 家 戦 略 特 別 区 域 会 議 の 構 成 員 の 応 募 について 平 成 27 年 11 月 18 日 内 閣 総 理 大 臣 殿 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 第 7 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づいて 行 われる 国 家 戦 略 特 別 区 域 会 議 の 構 成 員 の 公 募 について 下 記 により 応 募 します 記 1 事 業 主 体

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097B78D738FF08C8F8F9181698A438A4F8D718BF38C94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097B78D738FF08C8F8F9181698A438A4F8D718BF38C94816A2E646F63> 海 外 航 空 券 のみをお 申 込 みのお 客 様 へ 手 配 旅 行 に 関 する 案 内 は 手 配 旅 行 条 件 書 をご 覧 ください 1. 手 配 旅 行 契 約 海 外 航 空 券 の 販 売 は 当 社 とお 客 様 との 間 で 締 結 する 手 配 旅 行 契 約 となり 当 社 の 規 定 に 則 った 取 扱 手 数 料 (ご 旅 行 費 用 総 額 の 20% 以 内 下

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20905682B582A28DDD97AF8AC7979D90A7937857475F93FA967B8CEA5F32303132313032328F4390B32E646F63> 留 学 生 ハンドブック 2011.4-2013.3 (P9-18) 差 し 替 え 版 ~ 新 しい 在 留 管 理 制 度 ~ V. 在 留 手 続 き 2012/10/22 作 成 来 日 して 帰 国 するまでに 必 要 な 法 的 手 続 きの 一 覧 日 本 に 来 てから 帰 国 するまでに 行 なう 法 的 な 手 続 きには 次 のようなものがあります 詳 しい 内 容 に ついては

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 4 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 135,60 185,80,90 61,90 89,0 30,60 給 料 月 額 最 高 号 給 の 43,70 307,80 354,70 38

一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 4 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 級 3 級 4 級 5 級 6 級 1 号 給 の 135,60 185,80,90 61,90 89,0 30,60 給 料 月 額 最 高 号 給 の 43,70 307,80 354,70 38 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 3 年 度 (3 年 度 末 ) 美 里 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 5,1 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 A 1,381,30 B B/A ( 参 考 ) 年 度 の 件 費 率 8,831 1,96,4 15.85 17.40 () 職 員 給 与 費

More information

はじめに

はじめに 平 成 25(2013) 年 度 文 部 科 学 省 スポーツ 青 少 年 局 委 託 事 業 青 少 年 国 際 交 流 推 進 事 業 日 独 青 少 年 指 導 者 セミナーB3( 芸 術 分 野 ) 博 物 館 における 青 少 年 教 育 に 関 する 日 独 交 流 事 業 報 告 書 2013 平 成 26 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 博 物 館 協 会 はじめに 目

More information

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4)

目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 千 葉 大 学 西 千 葉 キャンパス 地 地 計 画 の 手 引 き 千 葉 市 目 次 は じ め に 1 地 計 画 について 2 地 計 画 の 運 用 基 準 5 1 建 築 物 に 関 する 制 限 について 5 (1) 建 築 物 等 の 用 途 の 制 限 5 (2) 壁 面 の 位 置 の 制 限 9 (3) 建 築 物 の 高 さの 最 高 限 度 10 (4) 建 築 物 等

More information

7724 25220142 2 15 152 1990 0322012041 220122900 3 2011 2013 3 2013 043 041 041 041 039 038 037 036 036 036 037 035 035 034 033 033 033 032 031 031 02

7724 25220142 2 15 152 1990 0322012041 220122900 3 2011 2013 3 2013 043 041 041 041 039 038 037 036 036 036 037 035 035 034 033 033 033 032 031 031 02 7723 急 成 長 するインドネシア 市 場 における 日 系 企 業 の 可 能 性 3 5110 17500 24 420353 2004 200920052012 59% 1 11 2012 702013 14 2 1 24279 20202030 30% 10 900 800 700 600 500 400 300 200 100 0 2003 2004 2005 2006 2007 2008

More information

目 次 1. 募 集 課 程 及 びアドミッション ポリシー -1-2. 募 集 人 員 -1-3. 入 学 時 期 -2-4. 選 抜 方 法 -2-5. 日 程 -2-6. 出 願 資 格 -3-7. 出 願 方 法 -4-8. 出 願 書 類 -5-9. 入 学 試 験 ( 国 内 居 住 者

目 次 1. 募 集 課 程 及 びアドミッション ポリシー -1-2. 募 集 人 員 -1-3. 入 学 時 期 -2-4. 選 抜 方 法 -2-5. 日 程 -2-6. 出 願 資 格 -3-7. 出 願 方 法 -4-8. 出 願 書 類 -5-9. 入 学 試 験 ( 国 内 居 住 者 度 国 際 大 学 大 学 院 ( 修 士 課 程 ) 学 生 募 集 要 項 目 次 1. 募 集 課 程 及 びアドミッション ポリシー -1-2. 募 集 人 員 -1-3. 入 学 時 期 -2-4. 選 抜 方 法 -2-5. 日 程 -2-6. 出 願 資 格 -3-7. 出 願 方 法 -4-8. 出 願 書 類 -5-9. 入 学 試 験 ( 国 内 居 住 者 のみ) -7-10.

More information

Microsoft Word - 2016saionji.doc

Microsoft Word - 2016saionji.doc 2016 年 度 経 営 学 部 西 園 寺 育 英 奨 学 金 募 集 要 項 1. 主 旨 と 目 的 立 命 館 大 学 では 2000 年 度 から 西 園 寺 育 英 奨 学 金 制 度 を 発 足 させました 2012 年 度 に 全 学 の 奨 学 金 制 度 改 革 を 行 い 西 園 寺 育 英 奨 学 金 もこれに 併 せて 成 績 優 秀 者 を 励 ますというこれまでの 趣

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

FAX (20kg ) () 5 11,000 10 16,000 730-8510 5-44 082-222-6661 1 / 9 2 / 9 3 / 9 4 / 9 5 / 9 6 / 9 7 / 9 8 / 9 9 / 9 広 島 商 工 会 議 所 青 年 部 事 務 局 行 FAX:082-222-6006 2014 年 1 月 25 日 ご 出 発 広 島 商 工 会 議

More information

台 湾 郵 便 事 情 及 び 企 業 視 察 研 修 のご 案 内 昨 年 度 のミャンマー ベトナムに 続 き 本 年 度 は 台 湾 ( 台 北 )への 視 察 研 修 を 企 画 い たしました 台 湾 郵 政 を 中 心 に 日 系 企 業 の 視 察 も 予 定 しております 多 くの

台 湾 郵 便 事 情 及 び 企 業 視 察 研 修 のご 案 内 昨 年 度 のミャンマー ベトナムに 続 き 本 年 度 は 台 湾 ( 台 北 )への 視 察 研 修 を 企 画 い たしました 台 湾 郵 政 を 中 心 に 日 系 企 業 の 視 察 も 予 定 しております 多 くの 台 湾 郵 便 事 情 並 びに 企 業 視 察 研 修 旅 行 < 訪 問 国 > 2015 年 09 月 21 日 ( 月 )~09 月 24 日 ( 木 ) 4 日 間 台 :シンガポール 湾 ( 台 北 ) マレーシア(クアラルンプール) 視 察 企 画 : 一 般 社 団 法 人 日 本 メーリングサービス 協 会 取 扱 い 旅 行 会 社 : 株 式 会 社 Jトラベルセンター 台 湾

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd

平成28年度_本文(p00目次-p110).indd 学 園 の 現 況 平 成 28(2016) 28 (2016) 年 度 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 教 育 研 究 組 織 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 学 校 法 人 大 東 文 化 学 園 日 本 文 学 専 攻 ( 博 士 課 程 前 期 課 程 後 期 課 程 ) 大 学 院 文 学 研 究 科 中 国 学 専 攻 ( 博 士

More information

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議

目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人 集 住 都 市 会 議 参 考 資 料 1 日 本 語 能 力 が 十 分 でない について 平 成 28 年 3 月 22 日 文 部 科 学 省 目 次 2 公 立 学 校 における 日 本 語 指 導 が 必 要 な 児 童 生 徒 の 現 状 3 自 治 体 における 加 配 教 員 の 配 置 状 況 の 例 6 日 本 語 が 母 語 ではない 子 供 等 の 中 学 校 卒 業 後 の 進 路 ( 外 国 人

More information

安心ビジネスカー保険新型自動車総合保険一般用普通保険約款および特約.indd

安心ビジネスカー保険新型自動車総合保険一般用普通保険約款および特約.indd ビジネスカー 2014 年 4 月 改 定 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 一 般 用 ) 普 通 保 険 約 款 および 特 約 集 A0023-00-50 1404 5,000(マ) このたびは セコム 損 保 の 新 型 自 動 車 総 合 保 険 ( 一 般 用 )にご 加 入 いただき 誠 にありがとうございます この 保 険 約 款 にはご 加 入 いただきました 保 険 契 約

More information

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書

目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類 5P (3) 出 張 報 告 書 旅 費 支 給 手 続 マニュアル 島 根 大 学 平 成 26 年 6 月 10 日 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 目 次 はじめに 2P 1. 旅 行 申 請 から 支 払 いまでのフロー 図 3P 2. 提 出 書 類 について (1) 旅 行 命 令 依 頼 簿 (WEBの 旅 費 システムにて 作 成 ) 4~5P (2) 旅 行 命 令 依 頼 簿 の 添 付 書 類

More information

教育情報及び財務情報の公表について

教育情報及び財務情報の公表について 尚 絅 大 学 教 育 情 報 及 び 財 務 情 報 の 公 表 について 学 校 法 人 尚 絅 学 園 は 公 共 性 の 高 い 法 人 としての 社 会 的 責 任 を 踏 まえ 情 報 公 開 に 取 り 組 んでいます 当 学 園 に 対 する 皆 様 方 のご 理 解 とご 協 力 を 得 ることを 目 的 として 下 記 の 基 本 情 報 を 公 開 いたします 1. 教 育 研

More information

Microsoft Word - 報告事項3 28年度事業計画

Microsoft Word - 報告事項3 28年度事業計画 平 成 28 年 度 事 業 計 画 Ⅰ 現 職 会 員 数 ( 見 込 ) 区 分 28 年 度 会 員 数 ( 見 込 ) 27 年 度 会 員 数 (28 年 1 月 末 現 在 ) 増 減 常 勤 県 職 員 17,561 人 17,754 人 193 病 院 機 構 職 員 1,482 人 1,429 人 53 その 他 団 体 等 63 人 63 人 - 小 計 19,106 人 19,246

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

留学報告書

留学報告書 留 学 報 告 書 記 入 日 :2011 年 7 月 19 日 所 属 学 部 / 研 究 科 学 科 / 専 攻 経 営 学 部 経 営 学 科 留 学 先 国 韓 国 留 学 先 高 等 教 育 機 関 名 ( 和 文 及 び 現 地 言 語 ) 留 学 期 間 淑 明 女 子 大 学 숙명여자대학교 2011 年 3 月 ~2011 年 6 月 留 学 した 時 の 学 年 2 年 生 (

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ご 旅 行 期 間 :2014 年 3 月 18 日 ( 火 )~3 月 20 日 ( 木 ) 1 泊 3 日 ご 旅 行 代 金 : 大 人 おひとり 様 198,000 円 (ツイン2 名 1 室 ご 利 用 ) 燃 油 サーチャージ( 目 安 30,000 円 )が 別 途 必 要 になります また 海 外 空 港 諸 税 ( 概 算 6,560 円 ) 国 内 空 港 施 設 使 用 料 (2,040

More information

(部局運営プログラム(仮称)の様式例)

(部局運営プログラム(仮称)の様式例) < 総 括 表 > 平 成 27 年 度 商 工 労 働 観 光 部 観 光 経 済 交 流 局 運 営 プログラム 基 本 的 考 え 方 今 年 度 は おもてなし 山 形 県 観 光 計 画 のスタート 初 年 度 であり 観 光 立 県 山 形 の 実 現 に 向 けて 計 画 に 掲 げる 施 策 を 総 合 的 かつ 一 体 的 に 展 開 し 観 光 に よる 交 流 人 口 の 着

More information

IPUNZ募集要項2017.indd

IPUNZ募集要項2017.indd 募 集 要 項 国 際 大 学 IPU New Zealand 2017 年 度 4 月 入 学 国 際 大 学 IPU New Zealand 個 別 相 談 会 ぜひご 家 族 で 参 加 ください[ 参 加 無 料 事 前 予 約 制 ] 日 時 場 所 に 関 する 詳 細 は 日 本 事 務 局 までお 問 い 合 わせください 留 学 に 関 する 些 細 な 疑 問 や 質 問 にニュージーランドやIPU

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3235944E93788A778D5A9640906C96BE8FF28A7789408E968BC68EC090D195F18D908F91814090B38140> 事 業 実 績 報 告 書 平 成 25 年 度 学 校 法 人 明 浄 学 院 学 校 法 人 明 浄 学 院 平 成 25 年 度 事 業 実 績 報 告 書 法 人 の 概 要 建 学 の 精 神 明 (あか)く 浄 (きよ)く 直 (なお)く の 精 神 に 則 り 豊 かな 心 と 深 い 教 養 を 備 え 知 性 に 輝 く 有 為 の 人 材 の 育 成 主 な 沿 革 1921.4

More information

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学

(3) 平 成 27 年 度 の 全 奨 学 生 の 状 況 上 記 (1)の 新 規 採 択 奨 学 生 13 名 と(2)の 継 続 奨 学 生 12 名 を 合 わせ 平 成 27 年 度 の 奨 学 生 総 数 は 25 名 となった その 内 訳 ( 新 規 継 続 別 国 籍 別 大 学 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 Ⅰ. 事 業 の 状 況 1. 奨 学 金 支 給 事 業 (1) 平 成 27 年 度 新 規 奨 学 生 の 選 考 採 択 1) 12 の 大 学 ( 国 立 7 私 立 5)に 依 頼 し 27 名 の 候 補 者 ( 男 性 13 女 性 14)の 推 薦 をいただいた 2) 平 成 27 年 3 月 28 日 開 催 の 選 考 委 員 会 にて

More information

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5>

<5461726F2D81798F4390B3817A81798A4F95948CFC82AF835A8362836794C5> 1 技 能 実 習 制 度 の 見 直 し 日 本 再 興 戦 略 改 訂 2014 抜 粋 第 一 ( 総 論 ) Ⅱ. 改 定 戦 略 における 鍵 となる 施 策 2. 担 い 手 を 生 み 出 す ~ 女 性 の 活 躍 促 進 と 働 き 方 改 革 (3) 外 国 人 材 の 活 用 多 様 な 価 値 観 や 経 験, 技 術 を 持 った 海 外 からの 人 材 がもっと 日 本

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続

特 別 永 住 者 書 の 交 付 戸 籍 住 民 課 住 民 記 録 係 5722-9795 特 別 永 住 者 のかたは 特 別 永 住 者 書 ( 旧 外 国 人 登 録 書 =みなし 特 別 永 住 者 書 )の 有 効 期 間 の 更 新 申 請 紛 失 等 による 再 交 付 の 手 続 戸 籍 の 戸 籍 住 民 課 戸 籍 係 5722-9786 戸 籍 のあるところを 本 籍 地 といいます 戸 籍 の 記 載 は によって 行 われますので 記 載 の 内 容 に 異 動 があった ときは 本 籍 地 または 所 在 地 の 区 市 町 村 の 戸 籍 係 へ 期 間 内 に てください は 本 人 確 認 ができるもの ( 運 転 免 許 やパスポートなど)もお 持 ちください

More information

目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国

目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国 資 料 3-1 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 ( 案 ) 目 次 公 益 目 的 事 業 I. 日 本 人 学 生 及 び 外 国 人 留 学 生 等 の 修 学 生 活 支 援 事 業 1 1.JEES 1 2. 冠 2 3. 学 生 援 助 プログラム 4 (1) 学 生 緊 急 貸 付 4 (2) 留 学 生 文 化 理 解 促 進 4 Ⅱ. 外 国 人 留 学 生 等 の 民 間

More information

名 桜 大 学 派 遣 留 学 候 補 者 選 考 基 準 ( 平 成 24 年 12 月 26 日 制 定 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 基 準 は 名 桜 大 学 ( 以 下 本 学 という ) 派 遣 留 学 の 候 補 者 選 考 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 選 考 基 準 ) 第 2 条 協 定 大 学 への 派 遣 留 学 に 係 る 選 考 に 関 し 以

More information

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の

( 選 挙 管 理 委 員 会 ) 第 5 条 役 員 選 挙 を 主 宰 する 機 関 として 選 挙 管 理 委 員 会 を 設 ける 2 選 挙 管 理 委 員 会 は 役 員 選 挙 の 実 施 される 直 近 の 社 員 総 会 において 正 会 員 のな かから 選 出 した5 名 の 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 緑 会 定 款 ( 以 下 定 款 という) 第 59 条 の 規 定 に 基 づき この 法 人 の 運 営 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 第 2 章 役 員 選 挙 ( 役 員 選 挙 の 方 法 ) 第 2 条 この 法 人 の 役 員 の 選 挙 は 定 款

More information

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は

( 締 切 支 払 ) 第 4 条 給 与 は 基 準 内 給 与 は 当 月 の 初 日 から 末 日 の 分 を 基 準 外 給 与 は 前 月 末 日 まで の 分 を 当 月 25 日 に 支 払 う 但 し 支 払 日 が 休 日 もしくは 金 融 機 関 等 が 休 業 の 場 合 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 G(グローバル) 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 就 業 規 則 第 5 条 第 1 項 により 社 会 福 祉 法 人 真 宗 協 会 に 勤 務 するG 職 員 ( 以 降 職 員 と 言 う)に 対 する 給 与 及 び 賞 与 等 に 関 す る 事 項

More information

- 1 -

- 1 - 山 陰 地 域 限 定 特 例 通 訳 案 内 士 養 成 研 修 受 講 生 募 集 要 項 募 集 期 間 平 成 27 年 12 月 21 日 ( 月 )~ 平 成 28 年 1 月 17 日 ( 日 ) 主 催 者 鳥 取 県 島 根 県 受 託 事 業 者 株 式 会 社 ツーリストエキスパーツ 西 日 本 営 業 部 - 1 - 目 次 1. 山 陰 地 域 限 定 特 例 通 訳 案

More information

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域

- 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 相 模 湖 公 園 の 震 災 時 対 応 の 考 え 方 参 考 資 料 1 - 目 次 - 第 1 章 はじめに 第 2 章 県 立 相 模 湖 公 園 の 位 置 づけ 2-1 各 種 計 画 での 位 置 づけ (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 (2) 相 模 原 市 地 域 防 災 計 画 2-2 関 係 者 の 役 割 (1) 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 における

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

卒 業 ( 見 込 ) 証 明 書 1 通 成 績 証 明 書 1 通 編 入 入 している 方 は 編 入 入 前 の 成 績 証 明 書 1 通 も 提 出 してください 証 明 書 氏 名 が 現 在 の 氏 名 と 異 なる 方 は 氏 名 変 更 を 証 明 するもの( 戸 籍 抄 本 等

卒 業 ( 見 込 ) 証 明 書 1 通 成 績 証 明 書 1 通 編 入 入 している 方 は 編 入 入 前 の 成 績 証 明 書 1 通 も 提 出 してください 証 明 書 氏 名 が 現 在 の 氏 名 と 異 なる 方 は 氏 名 変 更 を 証 明 するもの( 戸 籍 抄 本 等 研 究 科 1. 一 般 入 試 受 験 資 格 7 8ページを 参 照 して 必 ずご 自 身 の 受 験 資 格 をご 確 認 ください 入 試 日 < 秋 季 > 研 生 との 併 願 制 度 :なし 出 願 期 間 2015 年 9 月 2 日 ( 水 )~9 月 9 日 ( 水 ) 2015 年 9 月 27 日 ( 日 ) 一 次 合 格 発 表 2015 年 9 月 27 日 ( 日

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

委託契約書

委託契約書 資 料 目 次 資 料 1 福 岡 女 子 大 学 の 沿 革 資 料 2 公 立 大 学 法 人 福 岡 女 子 大 学 中 期 目 標 中 期 計 画 資 料 3 福 岡 女 子 大 学 改 革 基 本 計 画 の 概 要 資 料 4 福 岡 県 の 主 要 施 策 資 料 5 福 岡 県 の 貿 易 額 の 推 移 資 料 6 福 岡 県 の 輸 出 入 国 ( 地 域 ) 順 位 表 資 料

More information