「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~"

Transcription

1 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦

2 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア ハンガリー ルーマニア ブルガリア ロ シア ウクライナ ベラルーシ モルドバを 指 す 現 在 では 中 東 欧 (CEE)にバルト3 国 バルカンなど 南 東 欧 (SEE)を 加 えたCESEEなどで 置 き 換 えられ ることが 多 い 発 展 速 度 が 内 戦 などで 分 化 したために 欧 州 新 興 国 と して 捉 えることがある しかし OECD 加 盟 国 もあり 一 体 でとらえるのは 難 しい

3 EUの 東 方 拡 大 バルト3 国 (04 年 ) エストニア ラトビア リトアニア 中 東 欧 内 V4 諸 国 (04 年 ) ( 出 所 ) 外 務 省 HP ポーランド チェコ スロバキア ハンガリー 他 の 中 南 東 欧 スロベニア(04 年 ) ルーマニア ブルガリア(0 7 年 ) クロアチア(7 月 ) 他 の 旧 ユーゴ 諸 国 及 び アルバニア( 将 来 の 加 盟 候 補 ) 旧 ソ 連 諸 国 ( 除 バルト3 国 ) ウクライナ ベラルーシ モルドバ

4 マーストリヒト 基 準 を 満 たした 国 から ユーロ 圏 へ インフレ 率 EUで 最 もインフレ 率 の 低 い3カ 国 の 平 均 +1.5%を 超 過 し ない 毎 年 の 財 政 赤 字 がGDPの3%を 超 過 しない 政 府 債 務 残 高 がGDPの60%を 超 過 しない 為 替 レート 関 連 でユーロの 前 段 階 であるERMⅡ( 対 ユーロ 中 心 レー ト±2.25%に 変 動 を 抑 える)に2 年 間 加 盟 し 切 り 下 げを 行 わないこと 長 期 金 利 が 最 もEUでインフレ 率 が 最 も 低 い3カ 国 の 平 均 から2% 上 回 らないこと EU 新 規 加 盟 国 の 段 階 ユーロ 導 入 スロベニア マルタ キプロス スロバキア エストニア ERMⅡ 参 加 リトアニア ラトビア EU 加 盟 のみ ポーランド チェコ ハンガリー ルーマニア ブルガリア クロアチア EU 加 盟 候 補 トルコ マケドニア アイスランド モンテネグロ セルビア 4

5 最 適 通 貨 圏 とユーロ 最 適 通 貨 圏 とは 貿 易 が 活 発 に 行 われ 労 働 などの 生 産 要 素 の 移 動 が 可 能 であり 経 済 の 統 合 度 が 高 い 場 合 に 同 一 通 貨 を 用 いた 方 が 圏 内 の 厚 生 が 増 大 するような 通 貨 圏 を 言 う 欧 州 の 域 内 貿 易 と 労 働 の 移 動 は 最 適 通 貨 圏 を 形 成 するに は 十 分 ではなかったが 今 日 ではシェンゲン 協 定 ( 国 境 審 査 なしで 行 き 来 )などにより 労 働 力 の 移 動 は 容 易 になっている 経 済 の 統 合 度 は 長 年 の 取 り 組 みで 高 くなり 共 通 通 貨 ユー ロ 導 入 の 機 運 が 高 まった 元 々 欧 州 では 勢 力 を 拡 大 した 主 体 がその 中 で 同 じ 通 貨 を 用 いたり 他 の 勢 力 圏 と 通 貨 を 等 価 交 換 した 経 緯 があり 最 適 通 貨 圏 の 理 論 だけではない 広 域 通 貨 の 歴 史 がある この 点 一 般 に 他 の 地 域 で 考 えられるよりもユーロは 強 固 である 5

6 東 欧 分 析 の 権 威 オーストリア 中 銀 東 欧 圏 の 中 には ハプスブルクの 支 配 地 域 となってい たところも 多 い オーストリア 中 銀 はフィンランド 中 銀 とともに 欧 州 中 銀 (ECB) 内 で 東 欧 分 析 を 担 当 している オーストリアの 銀 行 が 東 欧 各 国 で 展 開 東 欧 分 析 の 権 威 オーストリア 中 銀 ( 筆 者 撮 影 )

7 東 欧 の 金 融 の 特 徴 かつては 社 会 主 義 権 で 中 央 銀 行 が 様 々な 業 務 を 行 うモノバンクシステムから 中 央 銀 行 の 下 に 貯 蓄 為 替 貿 易 開 発 などの 専 門 銀 行 を 置 く 二 層 銀 行 システムへ 体 制 移 行 後 民 営 化 貯 蓄 銀 行 がトップバン クとなる その 後 行 き 詰 まり 多 くの 国 で 外 資 系 金 融 が 席 巻 ポーランド スロベニアなど ではトップ 銀 行 の 資 本 を 国 が 暫 次 手 放 すシ ステムで 保 護 証 券 市 場 が 未 発 達 預 貸 率 が 高 い 構 造 外 資 系 金 融 が 中 心 となり 外 貨 建 てローンを 持 ち 込 みユーロ 圏 以 外 は 自 国 通 貨 下 落 の 際 には 支 払 い 危 機 に ハンガリー 中 銀 前 の 米 国 銀 ( 筆 者 撮 影 )

8 中 東 欧 の 中 心 V4 14 世 紀 の 各 国 王 の 会 合 の 地 ヴィシェグラードで91 年 にハン ガリー ポーランド チェコスロ バキア( 分 離 前 )が 結 成 議 長 国 を 持 ち 回 り 日 本 など ともV4+1の 交 渉 枠 組 みを 持 つ 各 国 ともに 直 接 投 資 を 呼 び 込 み 発 展 90 年 代 前 半 ~ハンガ リー 同 後 半 ~チェコ 2000 年 代 ~ポーランド スロバキ ア スロバキアのみユーロ 導 入 ヴィシェグラードの 王 宮 跡 ( 筆 者 撮 影 ) 国 項 目 単 位 チェコ 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ハンガリー 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ポーランド 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % スロバキア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ( 出 所 )IMF World Economic Outlook "

9 好 調 なポーランド 経 済 金 融 ドイツの 後 背 地 親 米 国 IMFの 融 資 枠 FCL( 弾 力 的 貸 出 枠 )を 獲 得 EUの 多 額 の 補 助 金 を 獲 得 各 国 直 接 投 資 が 入 る 最 大 銀 行 PKO BPの 株 式 売 却 を 慎 重 に 行 い 銀 行 システ ムは 安 定 証 券 取 引 所 も 発 展 通 貨 ズロチも 高 金 利 通 貨 と して 人 気 世 界 遺 産 の 旧 市 街 ( 筆 者 撮 影 )

10 ハンガリー 外 貨 建 ローンなどで 混 乱 旧 体 制 時 代 から 弾 力 的 運 営 90 年 代 に 外 資 が 入 る 金 融 危 機 時 にIMFの 金 融 支 援 受 ける 現 オルバン 政 権 は 時 にEU IMFと 対 立 しつつも 安 定 トップ 行 のOTP 銀 行 は 民 族 資 本 で 各 国 に 展 開 外 資 銀 行 が 外 貨 建 ローンを 伸 ば し 社 会 問 題 に 銀 行 税 で 対 立 中 銀 と 政 府 の 対 立 などから 混 乱 も 現 在 は 安 定 首 相 側 近 が 総 裁 となりFGS( 成 長 のための 資 金 調 達 支 援 )を 行 う ドイツ 系 銀 行 傘 下 の 商 業 銀 行 ( 筆 者 撮 影 )

11 チェコ 今 後 はEUに 接 近 か 建 国 以 来 の 指 導 者 クラウス 前 大 統 領 時 代 はEU ユー ロに 距 離 通 貨 コルナは 低 利 調 達 通 貨 として 人 気 外 貨 建 て ローンは 流 行 せず 財 政 収 支 も 慢 性 的 に 悪 い 90 年 代 末 の 金 融 危 機 でトッ プバンク2 行 も 外 資 系 (オーストリア ベルギー) 景 気 低 迷 引 当 金 増 で 金 融 部 門 は 低 調 チェコ 大 統 領 府 のあるプラハ 城 ( 筆 者 撮 影 )

12 スロバキア V4 唯 一 のユーロ 圏 V4で 唯 一 ユーロを 導 入 (09 年 ) 外 貨 建 て ローン 流 行 せず 起 亜 自 動 車 SONYな ど 自 動 車 電 気 機 器 など 直 接 投 資 の 誘 致 に 成 功 銀 行 はオーストリア ベルギー イタリアな ど 外 資 系 高 い 格 付 けを 維 持 自 動 車 産 業 で 潤 うスロバキア の 首 都 ブラチスラバ( 筆 者 撮 影 ) 12

13 バルト3 国 ~ユーロ 導 入 へ ハンザ 同 盟 以 来 スウェー デンとの 関 係 が 深 い ITなどの 先 進 的 な 小 国 避 暑 地 景 観 豊 かな 国 と して 欧 州 から 不 動 産 投 資 流 入 バブル 崩 壊 から 立 ち 直 り ユーロ 導 入 の 最 前 線 に 国 項 目 単 位 エストニア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ラトビア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % リトアニア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ( 出 所 )IMF World Economic Outlook "

14 ラトビア 危 機 を 脱 出 ユーロ 導 入 へ 不 動 産 バブルが 終 わり 大 手 銀 行 破 綻 世 界 金 融 危 機 でIMFの 金 融 支 援 を 受 ける 緊 縮 政 策 が 成 功 マー ストリスト 基 準 を 満 たし 2014 年 よりユーロ 導 入 金 融 もスウェーデン 系 を 中 心 に 安 定 する % ラトビアの 国 際 収 支 と 直 接 投 資 対 GDP 比 経 常 収 支 貿 易 収 支 直 接 投 資 (ネッ ト) ( 出 所 )ラトビア 中 銀 HPより 筆 者

15 エストニア IT 立 国 として 成 功 首 都 タリンはハンザ 同 盟 の 主 要 都 市 ユーロ 導 入 (2011 年 ) ユーロ 導 入 後 高 成 長 輸 送 機 械 などの 直 接 投 資 を 誘 致 し 輸 出 産 業 育 成 に 成 功 リトアニア ポーランドと 歴 史 的 関 係 が 深 い ユーロの 前 段 階 のER MⅡ 段 階 通 貨 リタス スウェーデン 系 銀 行 が 進 出 財 政 安 定 などが 課 題

16 他 の 中 南 東 欧 07 年 加 入 のブルガリア ルーマニアは09 年 以 降 経 済 は 低 迷 ユーロ 圏 に 入 ったスロ ベニアも 近 年 は 貸 し 渋 りもあり 景 気 低 迷 新 規 加 盟 のクロアチア は 長 期 低 迷 状 況 国 項 目 単 位 ブルガリア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ルーマニア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % スロベニア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % クロアチア 成 長 率 % インフレ 率 % 財 政 収 支 GDP 比 % 経 常 収 支 GDP 比 % ( 出 所 )IMF World Economic Outlook "

17 ブルガリア ルーマニア 07 年 加 盟 組 は 経 済 低 迷 ブルガリア カレンシーボード 制 度 対 ユーロ 通 貨 レヴァ トップバンクはハンガ リーのOTP 銀 行 系 不 良 債 権 比 率 高 く 利 益 を 圧 迫 ルーマニア 通 貨 レイ 外 貨 建 て ローン 流 行 トランシルヴァニア 地 方 など 語 学 に 堪 能 銀 行 他 製 造 業 でも 仏 伊 など 直 接 投 資 が 入 る 不 良 債 権 多 く 銀 行 収 益 圧 迫 世 界 金 融 危 機 後 IMFの 金 融 支 援 を 受 ける ルーマニアの1000レイ 札 ( 筆 者 撮 影 )

18 EU 拡 大 のフロンティア 旧 ユーゴ 諸 国 旧 ユーゴ 諸 国 は 体 制 移 行 と 内 戦 を 経 ての7つの 国 への 国 家 分 裂 の 双 方 を 体 験 異 なる 発 展 段 階 EUの 事 実 上 の 前 段 階 のCEFTA( 中 央 自 由 貿 易 協 定 ) 加 盟 のみで 候 補 国 でない 国 もある 今 後 EU 拡 大 のフロンティアに スロヘ ニア クロアチア セルヒ ア ホ スニア ヘルツェコ ヒ ナ マケト ニアFYR モンテネク ロ コソホ 総 人 口 ( 万 人 ) 多 数 派 人 種 スロヘ ニア 人 クロアチア 人 セルヒ ア 人 ホ シュニャク セルヒ ア クロアチア マケト ニア 人 モンテネク ロ 人 アルハ ニア 人 最 多 数 派 宗 教 カトリック カトリック セルヒ ア 正 教 イスラム 教 セルヒ ア 正 教 カトリック マケト ニア 正 教 正 教 イスラム 教 名 目 GDP( 億 ト ル) 一 人 当 たり 名 目 GDP(ト ル) 24,533 14,457 6,081 4,618 5,016 7,317 3,240 EU 加 盟 状 況 EU 加 盟 EU 加 盟 候 補 国 CEFTAのみ 候 補 国 候 補 国 CEFTAのみ 通 貨 ユーロ 導 入 クーナ テ ィナール マルク マケト ニア テ ナル ユーロ 独 自 使 用 ユーロ 独 自 使 用 ( 出 所 )IMF 外 務 省 QUICK 数 値 は 基 本 的 に2011 年 コソボの 一 人 当 GDPは2009 年 のGNI

19 銀 行 問 題 に 悩 むスロベニア 民 営 化 外 資 化 を 進 めず 国 有 と 民 族 資 本 中 心 07 年 のユーロ 導 入 で 経 済 拡 大 世 界 金 融 危 機 後 でトップ バンクのNLB 他 の 資 本 不 足 が 露 呈 貸 し 渋 りで 景 気 低 迷 大 銀 行 を 含 む 国 営 企 業 の 民 営 化 計 画 を 策 定 資 本 不 足 に 悩 むトップ 銀 行 本 店 ( 筆 者 撮 影 )

20 新 規 加 盟 クロアチアの 経 済 低 迷 経 済 は5 年 に 及 ぶ 低 迷 年 間 1 千 万 人 の 観 光 客 通 貨 クーナを 対 ユーロ で 安 定 させる 銀 行 はイタリア 系 など 外 資 化 外 貨 建 てロー ンなど 不 良 債 権 が 多 い EU 加 盟 後 の 補 助 金 でイ ンフラ 整 備 への 期 待 が 高 い 物 流 の 拠 点 リエカ 港 ( 筆 者 撮 影 )

21 セルビアとEUの 関 係 改 善 旧 ユーゴの 中 心 コソボ 問 題 で99 年 にNATOが 空 爆 01ー02 年 に 銀 行 を 整 理 外 資 系 中 心 の 銀 行 体 系 に 世 界 金 融 危 機 でIMFの 金 融 支 援 を 受 ける 民 営 化 が 進 まず 証 券 市 場 は 未 発 達 EUに 歩 み 寄 り 戦 犯 問 題 で も 譲 歩 加 盟 候 補 国 に 今 も 残 るNATO 空 爆 の 傷 跡 ( 筆 者 撮 影 )

22 参 考 文 献 イシュトヴァーン パップ 二 極 化 する 中 央 ヨー ロッパ 諸 国 の 銀 行 東 洋 経 済 オンライン (2013) 柴 宣 弘 木 村 真 奥 彩 子 編 東 欧 地 域 研 究 の 現 在 山 川 出 版 社 (2012) 鷲 江 能 勝 編 リスボン 条 約 による 欧 州 統 合 の 新 展 開 ミネルヴァ 書 房 (2009) ロビン オーキー ハプスブルク 君 主 国 NTT 出 版 (2010) ( 注 ) 当 研 究 は 科 学 研 究 費 基 盤 研 究 A 日 本 欧 米 新 興 国 市 場 での 価 格 形 成 の 要 素 ローカル 性 とグローバル 化 相 関 関 係 の 支 援 を 受 けている

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20455589C196BF82C98CFC82AF82BD93EC938C89A28F948D9182CC906992BB8FF38BB582C982C282A282C431302E30332E30382E646F63> EU 加 盟 に 向 けた 南 東 欧 諸 国 における 進 捗 状 況 について (0.0 0.0) 平 成 年 月 ( 株 ) 日 本 政 策 金 融 公 庫 国 際 協 力 銀 行 フランクフルト 事 務 所 しEUの 約 にEUと け009 し0 EEA ヵ は5 の. はじめに ベルリンの (ヵ 推 計 国 同 壁 時 崩 加 壊 盟 周 年 ユーロ 導 入 年 周 年 また の 中 人

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

EUの東方拡大とその行方

EUの東方拡大とその行方 EU の 東 方 拡 大 とその 行 方 文 責 角 賢 二 0.はじめに 先 月 24 25 日 にブリュッセルで 開 かれた 首 脳 会 議 において 中 東 欧 地 中 海 諸 国 1 2カ 国 の 新 規 EU 加 盟 を12 月 のコペンハーゲン 首 脳 会 議 で 決 めることが 決 まった これ は 27ヶ 国 人 口 約 4 億 5 千 万 人 経 済 規 模 は GDP 約 10

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による

証 券 レビュー 第 56 巻 第 4 号 暗 黒 時 代 は 戦 後 国 家 独 占 資 本 主 義 に 対 応 した EEC 条 約 が 新 自 由 主 義 型 資 本 主 義 ( 自 由 化 グローバル 化 ) 対 応 の SEA に 飛 躍 するための 期 間 であった 〇 SEA による EU: 二 〇 世 紀 型 統 合 と 二 一 世 紀 の 現 実 EU:20 世 紀 型 統 合 と21 世 紀 の 現 実 証 券 セミナー 2016.03.09. 報 告 : 田 中 素 香 はじめに 〇 EU の 現 実 (Wolfgang Muenchau, FT04.01.2016)より: EU3つの divide 1 南 北 2ユーロスケプティクスとユーロファイル 3 社 会 的 にリベラルな

More information

?????????????.doc

?????????????.doc 東 京 北 ロータリークラブ 講 演 東 京 北 ロータリークラブ 会 長 三 笠 宮 様 会 員 の 皆 様 皆 さんのセルビアに 対 する 知 識 と 興 味 を 広 げられるであろう 私 の 国 に 関 するお 話 をさせていただく このすばらしい 機 会 を 与 えていただき 非 常 に 光 栄 に 思 いま す 特 に 私 の 国 をよく 知 る 友 人 である 和 田 吉 民 様 には

More information

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押

香 港 & 中 国 中 国 紙 新 京 報 などは10 月 に 続 き11 月 も 資 金 が 海 外 へ 流 出 したとみられると 伝 えた 高 成 長 を 続 けてきた 中 国 経 済 の 減 速 と 欧 州 債 務 危 機 の 影 響 により 投 資 家 が 保 有 株 を 減 らす 後 押 2011 年 12 月 26 日 米 国 新 規 失 業 保 険 申 請 件 数 は36.4 万 件 に 減 少 08 年 4 月 以 来 の 低 水 準 となった 11 月 の 中 古 住 宅 販 売 件 数 は 前 月 比 で4% 増 を 示 し 10か 月 ぶりの 高 水 準 となった 米 議 会 が 給 与 減 税 の2ヶ 月 延 長 で 合 意 に 達 し オバマ 大 統 領 の 支 持

More information

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前

内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 (5 日 ) 与 党 Smerは 第 1 党 となったものの 議 席 数 は49で 選 挙 前 の83から 大 幅 減 となった 事 前 調 査 では5% 前 後 の 支 持 率 であったSaSが 約 12%の 得 票 で 第 2 党 となった また 事 前 在 スロバキア 日 本 国 大 使 館 政 治 経 済 月 報 ( 年 3 月 ) 目 次 内 政 国 会 総 選 挙 の 結 果 2 連 立 交 渉 の 動 向 2 第 3 次 フィツォ 政 権 の 成 立 2 外 政 スロバキア スイス 外 相 会 談 3 ノルド ストリーム2 への 異 議 申 し 立 て 3 ライチャーク 外 相 のエジプト 訪 問 3 社 会 スロバキアの 物 価 3 経

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

EU総まとめ

EU総まとめ 平 成 28 年 5 月 号 改 めて EU とは 何 か を 考 える 千 葉 銀 行 ロンドン 支 店 英 国 では 先 月 エリザベス 女 王 が 90 歳 の 誕 生 日 を 迎 えました 昨 年 9 月 に 歴 代 君 主 で 在 位 最 長 期 間 (63 年 )を 更 新 した 女 王 ですが 今 なお 精 力 的 に 公 務 をこなし ています 英 国 では 6 月 10 日 11

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

スライド 1

スライド 1 ZESDAプロデュースカフェ 特 別 版 未 来 予 測 2014-2025 ~ 第 2 回 サスティナビリティ ~ 株 式 会 社 アクアビット 代 表 取 締 役 チーフ ビジネスプランナー 田 中 栄 1 未 来 予 測 レポート シリーズ 全 産 業 /マスター 版 2011 年 4 月 サスティナビリティ ( 環 境 資 源 エネルギー) 2013 年 7 月 ライフ イノベーション 食

More information

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7%

1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 日 経済情勢 217 年 7 月 外務省 1 1. 世界における日 経済 人口 (216 年 ) GDP(216 年 ) 貿易 ( 輸出 + 輸入 )(216 年 ) +=8.6% +=28.4% +=36.8% 1.7% 6.9% 6.6% 4.% 68.6% 中国 18.5% 米国 4.3% 32.1% 中国 14.9% 米国 24.7% 21.8% 41.1% 中国 11.3% 32.8% 米国

More information

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方

地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀 行 と は P4 第 二 節 : 地 方 証 券 会 社 と は P4 第 二 章 現 在 の 地 方 平 成 23 年 度 春 季 セ ミ ナー 大 会 地 域 金 融 機 関 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 1 2 文 責 者 日 本 大 学 経 済 学 部 証 券 研 究 会 1 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 のあり 方 について 目 次 序 章 P3 第 一 章 地 方 銀 行 及 び 地 方 証 券 会 社 の 定 義 P4 第 一 節 : 地 方 銀

More information

のケースを 除 けば ECBがマイナス 金 利 に 転 じた214 年 6 月 以 降 に 北 欧 3カ 国 は 主 要 な 政 策 金 利 に マイナス 金 利 を 導 入 した 欧 州 と 日 本 のマイナス 金 利 政 策 の 枠 組 みを 比 較 すると 日 本 銀 行 は 金 融 機 関

のケースを 除 けば ECBがマイナス 金 利 に 転 じた214 年 6 月 以 降 に 北 欧 3カ 国 は 主 要 な 政 策 金 利 に マイナス 金 利 を 導 入 した 欧 州 と 日 本 のマイナス 金 利 政 策 の 枠 組 みを 比 較 すると 日 本 銀 行 は 金 融 機 関 みずほインサイト 欧 州 216 年 2 月 19 日 欧 州 マイナス 金 利 の 日 本 への 示 唆 欧 米 調 査 部 上 席 主 任 エコノミスト 吉 田 健 一 郎 3-3591-1265 kenichiro.yoshida@mizuho-ri.co.jp 欧 州 のマイナス 金 利 政 策 と 比 較 すると 日 本 銀 行 は 金 融 機 関 の 収 益 に 過 度 な 下 押 しを

More information

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd

JAP - viza OBÁLKA – 2013 - ŘÍJEN.indd 投 資 家 向 け 情 報 チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うための ビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 CzechRepublic チェコ 共 和 国 における 外 国 投 資 家 向 けの 就 労 及 び 自 営 業 を 行 うためのビザ 労 働 許 可 証 滞 在 許 可 証 本 資 料 作 成 に 当 たり チェコの

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

スライド 1

スライド 1 カーディフ 損 保 2014 年 度 決 算 のご 報 告 2015 年 5 月 29 日 カーディフ 損 害 保 険 会 社 カーディフ 損 害 保 険 会 社 ( 正 式 名 称 :カーディフ アシュアランス リスク ディヴェール 日 本 における 代 表 者 :ピエー ル オリビエ ブラサール 所 在 地 : 東 京 都 渋 谷 区 )の2014 年 度 (2014 年 4 月 1 日 ~2015

More information

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額

リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 図 EU(7ヵ 国 )での 国 別 輸 入 シェアの 変 化 1 1 1 米 国 中 国 スイス ロシア ( 出 所 )E os より 作 成 日 本 ル 年 1 月 9 年 1 月 韓 国 インドブラジル 図 3 ASEAN 主 要 ヵ 国 の 輸 出 額 リーマンショック 後 の 貿 易 動 向 社 団 法 人 日 本 貿 易 会 調 査 グループ 米 国 での 金 融 不 安 の 発 生 とそれに 拍 車 を 掛 けた 年 9 月 のリーマンショックから1 年 が 経 過 した 米 国 経 済 の 急 速 な 景 気 後 退 は 米 国 と 相 互 依 存 関 係 を 深 める 世 界 各 国 の 実 体 経 済 にも 波 及 し 世 界 貿 易

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

スライド 0

スライド 0 財 政 制 度 等 審 議 会 ご 参 考 資 料 資 料 1 欧 州 危 機 と 財 政 規 律 強 化 の 取 り 組 み 野 村 インターナショナルplc (NIPlc) シニアエコノミスト 池 田 琢 磨 本 資 料 はノムラ インターナショナルplcのエコ ノミストによる 資 料 をもとに 作 成 した 野 村 證 券 の 著 作 物 です 巻 末 に 記 載 されている 重 要 なディスクロー

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

(ホームページ掲載用原稿)

(ホームページ掲載用原稿) 米 国 の 新 政 権 の 通 商 政 策 に 関 する 調 査 研 究 第 Ⅰ 報 告 市 場 の 上 向 き 傾 向 の 継 続 12 月 上 旬 機 関 投 資 家 やアセットマネージャーは 年 末 をネガティブな 打 撃 に 見 舞 わ れずに 迎 えることばかりを 考 えているように 見 える 彼 らの 関 心 は 主 に その 年 の 利 益 を 計 上 することと 賞 与 を 確 保

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響

欧州に学ぶマイナス金利の経済への影響 経 済 分 析 レポート 年 月 日 全 頁 欧 州 に 学 ぶ 金 利 の 経 済 への 影 響 日 銀 による 金 利 導 入 の 影 響 をどう 捉 えるか? エコノミック インテリジェンス チーム エコノミスト 岡 本 佳 佑 [ 要 約 ] 月 9 日 日 本 銀 行 が 金 利 付 き 量 的 質 的 金 融 緩 和 の 導 入 を 決 定 した 世 界 を 見 渡 せば 金 利 を 導

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~

リア 海 で 畜 養 し, 脂 がのった12 月 に 何 千 トンも 収 獲 して 日 本 に 輸 出 する 筆 者 は, 収 獲 の 際 に 日 本 から 来 る 漁 船 団 の 皆 さんとお 目 にかかれるのを 楽 しみにしている 残 る 旧 共 産 主 義 体 制 と 戦 争 の 影 響 ~ クロアチア 経 済 と 日 本 のビジネス 展 開 の 展 望 駐 クロアチア 日 本 国 特 命 全 権 大 使 井 出 敬 二 ( 本 稿 は, 一 般 社 団 法 人 日 本 在 外 企 業 協 会 ( 日 外 協 )の 機 関 誌 月 刊 グローバル 経 営 の 2014 年 10 月 号 に 掲 載 されたものの 概 要 である 同 誌 編 集 部 のご 了 解 を 得 て,ここに 転 載

More information

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378>

<81794832375F5134817A8376838C8358838A838A815B83588CB48D65939D8D872032303136303532332E786C7378> press release 2016 年 5 月 27 日 SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 平 成 27 年 度 決 算 ( 案 )について SBI 生 命 保 険 株 式 会 社 ( 本 社 : 東 京 都 新 宿 区 代 表 取 締 役 社 長 : 飯 沼 邦 彦 )は 本 日 平 成 27 年 度 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 ~ 平 成 28 年 3 月 31 日 ) 決 算

More information

GSS1409_H1-H4.indd

GSS1409_H1-H4.indd レポート ウクライナ 混 乱 の 背 景 と 今 後 ~ 危 機 長 期 化 で 影 響 が 拡 大 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 主 席 エコノミスト 田 中 理 1.ウクライナ 危 機 の 顛 末 ウクライナ 混 乱 の 発 端 は 昨 年 11 にヤヌ コビッチ 大 統 領 ( 当 時 )が 将 来 の 欧 州 連 合 (EU) 加 盟 につながる 連 合 協 定 に 署 名 する

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア

(BIMCO/ISF Manpower 2010 Update 及 び 各 国 当 局 ヒアリングに 基 づき 作 成 ) 邦 船 社 もこれら 3 か 国 の 船 員 を 船 舶 職 員 として 採 用 している 2015 年 2 月 1 日 時 点 で ブルガリア 人 船 員 355 名 クロア ブルガリア クロアチア ルーマニアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 船 長 第 132 号 201503 日 本 海 事 センター 企 画 研 究 部 研 究 員 野 村 摂 雄 1.はじめに ブルガリア クロアチア 及 びルーマニアは バルカン 1 船 員 マーケット の 一 部 として EU/EEA 域 内 ではポーランドとともに 船 員 供 給 国 として

More information

Microsoft Word - レポートフォーマット1

Microsoft Word - レポートフォーマット1 NYマーケットレポート(2015 年 3 月 13 日 ) NY 市 場 では 序 盤 に 発 表 された 米 生 産 者 物 価 指 数 が 予 想 外 の 悪 化 となり 4ヵ 月 連 続 のマイナスとなったことや ミシガン 大 学 消 費 者 信 頼 感 指 数 が 昨 年 11 月 以 来 4ヵ 月 ぶりの 低 水 準 となったことを 受 けて 米 経 済 に 対 する 楽 観 的 な 見

More information

 

  三 井 住 友 外 国 債 券 アクティブ 繰 上 償 還 運 用 報 告 書 第 15 期 当 ファンドの 仕 組 みは 次 の 通 りです 商 品 分 類 信 託 期 間 運 用 方 針 主 要 運 用 対 象 ベビーファンド 外 国 債 券 マザー ファンド(A 号 ) 組 入 制 限 ベビーファンド 外 国 債 券 マザー ファンド(A 号 ) 分 配 方 針 追 加 型 投 信 / 海 外

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203230313630393236208C6F8DCF2092868D91208DC5905682CC8C6F8DCF8FEE90A882C68DA18CE382CC8CA992CA82B52E646F6378> グローバル マクロ トピックス 1/ 9/ 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 吉 川 健 治 貨 物 輸 送 電 力 使 用 量 が 月 に 底 打 ち 改 革 より 成 長 優 先 か~ 中 国 最 新 の 経 済 情 勢 と 今 後 の 見 通 し 中 国 政 府 は 構 造 改 革 よりも 安 定 成 長 の 維 持 を 優 先 する 方 向 にあるようだ 1 年 月 を 底 に 粗 鋼

More information

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築

電子マネーと企業ポイントの新たな交換システムの構築 優 秀 賞 電 子 マネーと 企 業 ポイントの 新 たな 交 換 システムの 構 築 明 治 大 学 商 学 部 角 野 充 笹 島 康 平 末 吉 紘 季 鈴 木 奈 穂 美 ( 応 募 論 文 の 要 約 ) 近 年 様 々 な 電 子 マ ネ ー や 企 業 ポ イ ン ト が 登 場 し て き て い る が そ れ ら 相 互 間 で の 交 換 性 に は 強 い 制 約 が あ る

More information

組 入 れ 上 位 10 銘 柄 ( 株 式 ) 銘 柄 国 業 種 比 率 会 社 概 要 組 入 れ 銘 柄 数 ( 株 式 ): 46 銘 柄 1 LUKOIL PJSC-SPON ADR 10.7% 石 油 会 社 主 に 西 シベリアで 石 油 および 天 然 ガスの 探 鉱 生 産 精

組 入 れ 上 位 10 銘 柄 ( 株 式 ) 銘 柄 国 業 種 比 率 会 社 概 要 組 入 れ 銘 柄 数 ( 株 式 ): 46 銘 柄 1 LUKOIL PJSC-SPON ADR 10.7% 石 油 会 社 主 に 西 シベリアで 石 油 および 天 然 ガスの 探 鉱 生 産 精 ファンド 概 況 基 準 価 額 純 資 産 総 額 基 準 価 額 純 資 産 総 額 5,089 円 59 億 円 運 用 実 績 設 定 来 の 基 準 価 額 の 推 移 ( 円 ) 19,000 16,000 純 資 産 総 額 ( 右 ) 分 配 金 込 基 準 価 額 ( 左 ) 基 準 価 額 ( 左 ) MSCI EM ヨーロッハ 10/40( 左 ) ( 億 円 ) 1,0 1,500

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション オーストラリアの 投 資 環 境 情 報 提 供 資 料 6 年 月 日 州 では 早 期 に 解 散 総 選 挙 実 施 か 与 党 連 合 勝 利 の 場 合 企 業 の 生 産 性 向 上 が 予 想 され 経 済 の 下 支 え 要 因 に 州 では 7 月 に 上 下 両 院 の 解 散 総 選 挙 が 実 施 される 可 能 性 が 高 まっています 経 済 成 長 のけん 引 役 が

More information

ペダというリトアニアを 東 西 に 横 断 し 大 平 原 の 中 をバスで 移 動 した リトアニアで 有 名 な 日 本 人 といえば 杉 原 千 畝 氏 が 有 名 である 戦 時 中 にナチス ドイツから 身 の 危 険 を 感 じたユダヤ 人 が 欧 州 を 離 れるためビザ 発 給 を

ペダというリトアニアを 東 西 に 横 断 し 大 平 原 の 中 をバスで 移 動 した リトアニアで 有 名 な 日 本 人 といえば 杉 原 千 畝 氏 が 有 名 である 戦 時 中 にナチス ドイツから 身 の 危 険 を 感 じたユダヤ 人 が 欧 州 を 離 れるためビザ 発 給 を 調 査 報 告 ウィーン リトアニア 投 資 環 境 について バルト 三 国 は 2004 年 5 月 にEU 加 盟 を 果 たし 近 年 は 経 済 も 好 調 で 今 後 の 発 展 が 期 待 されてお り 日 本 政 府 も2006 年 5 月 に 外 相 がリトアニアを 訪 問 するなど 同 国 との 関 係 強 化 に 努 めている そんな 中 ジェトロ 主 催 のリトアニア 投 資

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208F4390B394C52D83438393836882CC8C6F8DCF90AC92B782C68E738FEA93AE8CFC> インドの 経 済 成 長 と 市 場 動 向 ~ 大 国 への 道 を 歩 む 静 かなる 聖 流 ~ 平 成 21 年 9 月 18 日 株 式 会 社 SBI 証 券 投 資 調 査 部 (ガンジス 川 ) 1.アジア アジアの 成 長 大 国 ( 概 略 ) 国 名 インド インド(India India) 首 都 ニューデリー ニューデリー(New Delhi)

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 宮 原 照 明 6 月 勉 強 会 アメリカの 同 盟 政 策 並 びに NATO レジュメ 1. アメリカの 同 盟 政 策 1 戦 後 のアメリカ 外 交 政 策 の 特 徴 クリストファー レイン( 幻 想 の 平 和 ) 地 域 外 覇 権 理 論 < 国 内 門 戸 開 放 政 策 の 追 求 + 国 外 圧 倒 的 な 優 位 状 況 > 2 ヨーロッパにおけるアメリカの 同 盟 政 策

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

Microsoft Word - 07i31j_01.doc

Microsoft Word - 07i31j_01.doc 先 進 主 要 7カ 国 (G7)の 格 付 け 見 直 し 07-I-31 2007 年 8 月 13 日 株 式 会 社 日 本 格 付 研 究 所 (JCR)は G7の 外 貨 建 ておよび 自 国 通 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 の 格 付 け 及 び 見 通 しを 見 直 し 据 え 置 きとしましたのでお 知 らせします 対 象 国 外 貨 建 て 長 期 優 先 債 務 自 国

More information

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転

103 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 位 得 ぜ 全 展 開 選 択 肢 独 立 系 続 選 択 点 カ ギ 肥 沃 ビ チ ャ 存 在 求 号 掲 載 何 度 コ 管 理 身 丈 肥 沃 ビ チ ャ 背 景 維 色 機 投 家 圧 倒 的 少 個 預 好 む 傾 向 指 摘 色 顧 転 102 界 重 鎮 正 敏 氏 史 談 ( ) 平 成 月 始 史 談 目 オ ラ ヒ リ 掲 載 六 月 号 九 治 氏 オ ラ ヒ リ 掲 載 界 彩 登 頂 正 敏 氏 氏 日 協 理 区 評 議 評 議 務 所 理 議 長 締 役 要 職 務 平 成 第 ベ 章 平 成 七 月 旭 日 双 光 章 章 界 表 重 鎮 論 点 伺 歩 み 界 歩 み 号 掲 載 明 治 創 創 七 老 舗 動

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

テーマ:ヨーロッパの 苦 悩 EUの 試 練 ユーロ の 危 機 前 駐 ベルギー 大 使 坂 場 三 男 1. 混 迷 を 深 めるヨーロッパ ヨーロッパの 2015 年 はパリで 発 生 したイスラム 過 激 派 によるテロ 事 件 で 始 まった マホメットを 揶 揄 する 風 刺 画 を 掲

テーマ:ヨーロッパの 苦 悩 EUの 試 練 ユーロ の 危 機 前 駐 ベルギー 大 使 坂 場 三 男 1. 混 迷 を 深 めるヨーロッパ ヨーロッパの 2015 年 はパリで 発 生 したイスラム 過 激 派 によるテロ 事 件 で 始 まった マホメットを 揶 揄 する 風 刺 画 を 掲 2015 年 4 月 第 146 号 エグゼクティブ ニュース テーマ:ヨーロッパの 苦 悩 EU の 試 練 ユーロ の 危 機 執 筆 者 : 前 駐 ベルギー 大 使 坂 場 三 男 氏 要 旨 ( 以 下 の 要 旨 は 2 分 10 秒 でお 読 みいただけます ) 今 年 (2015 年 )のヨーロッパは 新 年 早 々のパリでイスラム 過 激 派 によるマホメッ ト 風 刺 画 掲 載

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

産業トピックス

産業トピックス 平 成 2 年 (28 年 )9 月 12 日 ~オリンピック 後 難 度 を 増 す 政 策 運 営 ~ 1. 経 済 動 向 (1)オリンピック 後 の 景 気 後 退 回 避 策 中 国 では 未 だ 実 質 GDP が 二 桁 成 長 ながら 景 気 は 減 速 傾 向 にあり オ リンピックという 節 目 を 経 て 景 気 後 退 に 陥 るのではないかという 危 惧 が 広 がっている

More information

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc

Microsoft Word - 2014-04 French Economy_JP_.doc 海 外 駐 在 情 報 BTMU Focus, London Akiko Darvell 44-20-7577-1591 akiko.darvell@uk.mufg.jp April 11, 2014 経 済 の 成 長 力 低 下 懸 念 について < 要 旨 > 欧 州 経 済 が 緩 慢 ながらも 持 ち 直 し 傾 向 を 辿 るなか 経 済 の 低 調 さが 懸 念 材 料 のひとつとなっている

More information

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1

(2) 資 産 構 成 割 合 の 推 移 ( 給 付 確 保 事 業 ) 1 資 産 配 分 実 績 の 基 本 ポートフォリオからの 乖 離 の 推 移 2 実 践 ポートフォリオと 資 産 配 分 実 績 の 推 移 100% 90% 80% 70% 60% 50% 40% 30% 20% 1 平 成 26 年 度 国 民 年 金 基 金 連 合 会 資 産 運 用 結 果 1. 平 成 26 年 度 運 用 実 績 (1) 連 合 会 全 体 の 運 用 利 回 り( 修 正 総 合 利 回 り) 給 付 確 保 事 業 共 同 運 用 事 業 中 途 脱 退 事 業 16.52% 16.22% 16.21% ( 注 1) 連 合 会 全 体 16.37% 37,205 億 円 複 合

More information

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx

Microsoft Word - 20160407 経済 インド・利下げ.docx グローバル マクロ トピックス 01/ /7 投 資 情 報 部 シニアエコノミスト 折 原 豊 水 インド 中 銀 は 利 下 げ 実 施 底 堅 いルピー インド 準 備 銀 行 は 月 会 合 で 政 策 金 利 (レポ)を0.% 引 き 下 げ.0%に 事 前 の 市 場 予 想 通 りの 結 果 利 下 げの 理 由 として 物 価 見 通 しの 安 定 や 投 資 等 の 弱 含 み 1

More information

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル)

GFT東京支店(コメンタリーレポート タイトル) GFTFOREX.CO.JP 2012 年 11 月 9 日 GFT 東 京 支 店 FX/CFD モーニング レポート 水 谷 文 雄 (GFT スポンサード コメンテータ) 市 況 概 況 : リスク 回 避 志 向 進 行 の 相 場 リスク 回 避 志 向 がほぼすべて 通 貨 金 融 商 品 で 進 行 する 市 場 環 境 となっています 欧 州 情 勢 では BOE(イングランド 銀

More information

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて

建 設 の 背 景 ベルリンは 全 域 が 東 ドイツの 中 に 含 まれており 西 ドイツとは 完 全 に 離 れていた そしてベルリン 東 側 はドイツ 国 第 三 帝 国 当 時 から 分 断 後 も 引 き 続 いて 東 ドイツの 首 都 であったのである つま り 東 ドイツに 囲 まれて ベルリンの 壁 第 二 次 世 界 大 戦 後 に ドイツは 米 英 仏 占 領 地 域 を 資 本 主 義 を 名 目 とした 西 ドイツと ソ 連 占 領 地 域 を 共 産 主 義 を 名 目 とした 東 ドイツ に 分 断 された ベルリ ンは 都 市 自 体 が 米 英 仏 ソ 連 によって 分 割 占 領 されたが 米 英 仏 の 占 領 地 域 である 西 ベルリンは 周 囲 を 全

More information

osr.xls

osr.xls 1. 法 人 の 概 要 平 成 26 年 7 月 1 日 現 在 役 員 名 簿 所 在 地 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 北 園 茂 喜 設 立 年 月 日 電 話 番 号 06(4707)0201 法 人 所 管 課 都 市 整 備 部 交 通 道 路 室 都 市 交 通 課 設 立 目 的 主 な 出 資 団 体 ( 出 資 割 合 ) 大 阪 市 中 央 区 高 麗 橋 2-1-10

More information

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172>

< F2D8ED089EF81718AEE AEE967B96E291E88E9697E18172> 社 会 中 学 校 第 3 学 年 とちぎの 子 どもの 基 礎 基 本 について : 身 に 付 けるべき 基 礎 基 本 の 知 識 技 能 を 示 しています : 学 校 ごとに 学 習 内 容 を 選 択 して 扱 う 小 単 元 や 地 域 によって 扱 う 内 容 が 異 なる 小 単 元 につい て どのような 内 容 を 学 習 した 場 合 でも 共 通 に 身 に 付 けるべき

More information

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1

U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990 1 中 国 の 経 済 構 造 の 変 化 富 士 通 総 研 主 席 研 究 員 柯 隆 2016 年 2 月 U 字 型 回 復 かL 字 型 成 長 か 16.0 14.0 12.0 10.0 8.0 6.0 6.9 4.0 2.0 0.0 % 2020 2018 2016 2014 2012 2010 2008 2006 2004 2002 2000 1998 1996 1994 1992 1990

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

TRIレポート第170号

TRIレポート第170号 メディア 情 報 工 作 全 開 総 選 挙 後 日 本 の 不 安 禁 複 写 金 利 為 替 株 価 特 報 ( 2012 年 12 月 14 日 号 )170 < 目 次 > 1. 概 観 公 共 事 業 バ ラ マ キ 金 融 緩 和 強 制 の 連 想 ゲ ー ム 2. 政 局 メ デ ィ ア 情 報 工 作 は 何 を 目 的 に 動 い た か 3. 政 策 行 き は よ い よ い

More information

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増 日 本 の 財 政 関 係 資 料 平 成 28 年 4 月 財 務 省 目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増 5 4. 国 及 び 地

More information

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない

1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 序 章 2015 年 の 東 アジア - 厳 しさを 増 す 戦 略 環 境 - 1 東 アジアに 迫 るイスラム 過 激 派 拡 散 の 脅 威 国 際 社 会 は 今 日 イラク レバントのイスラム 国 (ISIL)に 代 表 さ れるイスラム 過 激 派 の 拡 散 の 脅 威 に 直 面 している 地 上 戦 を 担 うイラク 軍 の 能 力 構 築 が 進 んでいない 上 に シリア 領

More information

落ち込みが続くユーロ圏経済

落ち込みが続くユーロ圏経済 ニッセイ 基 礎 研 究 所 212-11-16 落 ち 込 みが 続 くユーロ 圏 経 済 経 済 調 査 部 門 上 席 主 任 研 究 員 伊 藤 さゆり (3)3512-1832 ito@nli-research.co.jp 1. ユーロ 圏 危 機 国 の 情 勢 は 依 然 として 厳 しいが 危 機 対 策 に 成 長 と 雇 用 の 支 援 政 府 と 銀 行 の 信 用 力 の 相

More information

Microsoft Word _受益者向けレター.doc

Microsoft Word _受益者向けレター.doc 受 益 者 の 皆 様 へ 2010 年 5 月 10 日 キャピタル インターナショナル 株 式 会 社 基 準 価 額 の 動 向 と 今 後 の 投 資 環 境 について キャピタル 世 界 株 式 ファンド ギリシャの 財 政 悪 化 に 伴 う 信 用 不 安 を 発 端 に 世 界 の 株 式 市 場 が 大 きく 下 落 しています 4 月 27 日 には 大 手 格 付 会 社 がギリシャ

More information

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる

ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は 改 善 傾 向 にあり 産 も 回 復 の 兆 しが られます 今 後 実 に 移 される 事 業 規 模 8 兆 円 の 財 政 政 策 も 下 えとなる 損 保 ジャパン 本 興 亜 アセットマネジメントハウスビュー 016 年 9 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 ( 商 ) 第 351 号 加 協 会 / 般 社 団 法 投 資 信 託 協 会 般 社 団 法 本 投 資 顧 問 業 協 会 ファンダメンタルズ( 本 国 ) 本 経 済 本 経 済 については 個 消 費 は 引 き 続 き 伸 び 悩 むものの 実 質 所 得 は

More information

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」

山崎志郎「8 経済総動員体制の経済構造」 山 崎 志 郎 8 経 済 総 動 員 体 制 の 経 済 構 造 歴 史 学 研 究 会 日 本 史 研 究 会 編,2005 日 本 史 講 座 第 9 巻 近 代 の 転 換 報 告 者 : 松 岡 美 根 子 2006.04.29(SAT) 筆 者 : 山 崎 志 郎 ( 教 授 )1957 年 生 首 都 大 学 東 京 都 市 教 養 学 部 経 営 学 系 経 営 学 コース 社 会

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 第 四 節 クロアチア 阿 部 笠 井 望 達 彦 2003 年 2 月 25-27 日 に 阿 部 及 び 笠 井 はクロアチアの 首 都 ザグレブにて クロアチ ア 経 済 省 (パヴィチチ 対 外 経 済 関 係 局 上 級 顧 問 ザニノヴィチ 対 外 経 済 関 係 局 次 長 ビシチャン エネルギー 鉱 山 課 上 級 顧 問 リュブンチチ 投 資 課 上 級 参 与 ) 経 済 会 議

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷

NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 2011.4 NIRA 財 政 再 建 研 究 会 報 告 書 財 政 再 建 の 道 筋 震 災 を 超 えて 次 世 代 に 健 全 な 財 政 を 引 継 ぐために エグゼクティブサマリー NIRA 理 事 長 / 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 教 授 伊 藤 元 重 経 済 低 迷 の 長 期 化 や 急 速 な 高 齢 化 等 を 背 景 として 日 本 の 財 政

More information

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 1 OECD 加 盟 諸 国 の 国 民 1 人 当 たり GDP と 労 働 生 産 性 (1) 国 民 1 人 当 たり GDP の 国 際 比 較 経 済 的 豊 かさでみると が 国 際 的 にどのような 位 置 づけにあるのかについて 国 民 1 人 当 たり 国 内 総 生 産 (GDP)からみていきたい 国 民 1 人 当 たりGDPは 国 内

More information

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関 高 格 付 ニュージーランドドル 債 ファンド 2014-07 ( 早 期 償 還 条 項 付 ) 愛 称 ニュージー トライ 2014-07 単 位 型 投 信 / 海 外 / 債 券 販 売 用 資 料 2014 年 6 月 作 成 設 定 運 用 は 日 興 アセットマネジメント 株 式 会 社 金 融 商 品 取 引 業 者 関 東 財 務 局 長 ( 金 商 ) 第 368 号 加 入 協

More information

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ

日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネ 日 本 銀 行 の 金 融 緩 和 について- 覚 書 井 澤 秀 記 I はじめに 日 本 銀 行 は 2013 年 4 月 に 黒 田 新 総 裁 の 下 アベノミクスの3 本 の 矢 の 一 つである 大 胆 な 金 融 政 策 を 異 次 元 の 量 的 質 的 金 融 緩 和 として マネタリー ベースを 倍 増 して2 年 程 度 で 消 費 者 物 価 上 昇 率 2 % という 日

More information

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存

季 刊 中 国 資 本 市 場 研 究 2009 Spring 別 に 制 度 化 されそれぞれ 別 の 基 金 として 積 み 立 てられ 管 理 されてきていた しかしながら これ らの 社 会 保 険 を 統 一 的 かつ 整 合 的 に 律 する 全 国 レベルの 法 令 はこれまでは 存 Chinese Capital Markets Research 中 国 の 社 会 保 険 法 ( 草 案 )の 公 表 と 公 的 年 金 制 度 改 革 関 根 栄 一 1. 中 国 の 社 会 保 険 は 基 本 養 老 保 険 ( 日 本 の 国 民 年 金 厚 生 年 金 保 険 に 相 当 ) 医 療 保 険 労 災 保 険 失 業 保 険 出 産 保 険 の 五 つから 構 成 されているが

More information

『環境元年』施策

『環境元年』施策 平 成 26 年 度 予 算 主 要 事 業 抜 粋 単 位 千 円 印 は 新 規 事 業 基 本 目 標 1 魅 力 と 活 力 にあふれるにぎわいのあるまちづくり 観 光 宣 伝 対 策 事 業 イ ン タ ー ネ ッ ト を 活 用 し た 誘 客 宣 伝 パ ン フ レ ッ ト な ど の 印 刷 ポ ス タ ー 観 光 宣 伝 箱 根 駅 伝 で の 誘 客 キ ャ ラ バ ン の 委

More information

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が

月 16 日 英 労 働 党 の 下 院 議 員 で 残 留 派 として 活 動 していたジョー コックス 氏 が 極 右 思 想 に 影 響 されたとみられる 人 物 に 殺 害 される 事 件 が 発 生 した 同 事 件 が EU 離 脱 をめぐる 議 論 に 与 える 影 響 は 判 断 が 2016 年 6 月 22 日 BTMU Economic Brief, London 経 済 調 査 室 ロンドン 駐 在 情 報 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd Economic Research Office (London) Shin Takayama 髙 山 真 (shin.takayama@uk.mufg.jp) 英 国 の EU 離 脱 問

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303134303793C18F57814593FA967B8C6F8DCF82CC90B382B582A28CA995FB81458D6C82A695FB817993FA967B82CC8DE090AD96E291E8817A8DC58F4994C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303134303793C18F57814593FA967B8C6F8DCF82CC90B382B582A28CA995FB81458D6C82A695FB817993FA967B82CC8DE090AD96E291E8817A8DC58F4994C5> 日 本 経 済 の 正 しい 見 方 考 え 方 日 本 の 財 政 問 題 日 本 経 済 は リーマンショックや 東 日 本 大 震 災 等 により 大 打 撃 を 受 け 財 政 の 悪 化 が 続 いている 随 分 以 前 から 日 本 の 財 政 はいずれ 破 綻 する と 言 われ 続 けてきたが 未 だ 日 本 の 財 政 は 破 綻 してい ない それどころか 財 政 の 信 認 の

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20837D815B8350836283678AD6984195D78BAD89EF816993FA967B8CEA816A6261636B7570205B8CDD8AB78382815B83685D> The Sumitomo Trust and Banking Co., Ltd. 住 友 信 託 銀 行 の マーケット 資 金 事 業 について 2010 年 7 月 本 資 料 には 将 来 の 業 績 に 関 する 記 述 が 含 まれています こうした 記 述 は 将 来 の 業 績 を 保 証 するものではなく リスクや 不 確 実 性 を 内 包 するものです 将 来 の 業 績 は 経

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション Global Advisory Department 香 港 アウトルック 2016 年 7 月 グローバル アドバイザリー 部 本 資 料 は 情 報 提 供 のみを 目 的 として 作 成 されたものであり 取 引 の 勧 誘 を 目 的 としたものではありません 本 資 料 は 一 般 に 信 頼 できると 思 われるデー タに 基 づき 作 成 致 しておりますが その 信 憑 性 正 確

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づ き 現 地 法 律 事 務 所 Business Data Israel に 作 成 委 託 し 入 手 した 情

本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン 契 約 に 基 づ き 現 地 法 律 事 務 所 Business Data Israel に 作 成 委 託 し 入 手 した 情 イスラエルの 税 制 監 査 制 度 ハンドブック 2014 年 3 月 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) テルアビブ 事 務 所 進 出 企 業 支 援 知 的 財 産 部 進 出 企 業 支 援 課 本 報 告 書 の 利 用 についての 注 意 免 責 事 項 本 報 告 書 は 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ)テルアビブ 事 務 所 がリテイン

More information

1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム ) 面積 449 万 km2 日本 (37.8 万 km2 ) の11.9 倍 世界 (1 億 3,43

1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム ) 面積 449 万 km2 日本 (37.8 万 km2 ) の11.9 倍 世界 (1 億 3,43 目で見る ASEAN -ASEAN 経済統計基礎資料 - 1.ASEAN 概要 1 2.ASEAN 各国経済情勢 9 3. 我が国と ASEAN との関係 13 平成 29 年 8 月 アジア大洋州局地域政策課 1.ASEAN 概要 (1) 現在の ASEAN(216 年 ) 加盟国 (1カ国: ブルネイ カンボジア インドネシア ラオス マレーシア ミャンマー フィリピン シンガポール タイ ベトナム

More information

調査報告書のご案内

調査報告書のご案内 各 位 平 成 22 年 3 月 25 日 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 更 生 会 社 株 式 会 社 日 本 航 空 インターナショナル 更 生 会 社 株 式 会 社 ジャルキャピタル 管 財 人 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 管 財 人 片 山 英 二 調 査 報 告 書 のご 案 内 更 生 会 社 各 社 の 更 生 手 続 につきましては 関 係 者

More information

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 )

平 成 2 6 年 度 公 益 財 団 法 人 君 津 市 文 化 振 興 財 団 単 位 : 千 円 公 演 日 事 業 区 分 タ イ ト ル 出 演 者 プ ロ フ ィ ー ル 予 算 額 4 /1 0 第 1 号 選 り す ぐ り の 名 作 映 画 と 話 題 の 最 収 入 ( 木 ) 平 成 26 年 度 事 業 計 画 君 津 市 民 文 化 ホールの 指 定 管 理 者 として 平 成 26 年 度 より3 年 間 当 財 団 が 君 津 市 より 指 定 を 受 けることとなりました 君 津 から 発 信 する 新 たなる 芸 術 文 化 をミッションとし 自 らが 創 造 し 発 信 できる 芸 術 の 創 作 場 所 であること また 地 域 の 皆 さまに 親 しまれ

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information