ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

Size: px
Start display at page:

Download "ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生"

Transcription

1 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本 的 に 見 直 しせざるを 得 ない 状 況 となった 終 身 雇 用 年 功 序 列 は 日 本 型 経 営 の 大 きな 特 徴 であったが 終 身 雇 用 については 崩 壊 したといっても 過 言 ではない 状 況 である また これまで 建 て 前 として 強 調 されてきた 能 力 主 義 成 果 主 義 が 本 格 的 に 進 展 し 年 功 序 列 は 消 滅 したといえる 更 に 人 件 費 削 減 の 施 策 として 企 は 積 極 的 に 雇 用 形 態 の 多 様 化 を 推 し 進 めてきた 同 時 に 正 規 従 員 の 残 時 間 の 削 減 を 行 った そのことなどによって 労 働 者 一 人 当 たりの 総 実 労 働 時 間 は 昭 和 62 年 度 では 2,120 時 間 であったが 平 成 15 年 度 では 1,85 3 時 間 となり この17 年 間 で265 時 間 の 減 少 となっている( 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 毎 月 勤 労 統 計 調 査 ) しかし この 数 年 間 は 横 ばい 状 況 が 続 いている このことは 短 時 間 労 働 者 が 年 々 増 加 している 状 況 下 で 正 規 従 員 の 総 労 働 時 間 は 確 実 に 増 加 しているといえる 正 規 従 員 のなかでも もっとも 企 に 貢 献 している30 代 正 規 男 性 従 員 の 総 労 働 時 間 の 増 加 が 顕 著 である このような 状 況 下 にあって 年 次 有 給 休 暇 の 一 人 平 均 取 得 日 数 は 平 成 7 年 度 では 9.5 日 であったが 平 成 15 年 度 では 8.5 日 となっており 年 々 減 少 している また 取 得 率 は 平 成 7 年 度 は 55.2%であったのに 対 し 年 々 減 少 して 平 成 15 年 度 では 47. 4%となっている( 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 就 労 条 件 総 合 調 査 ) 平 成 12 年 度 に 河 合 隼 雄 先 生 を 座 長 とする 長 期 休 暇 制 度 と 家 庭 生 活 のあり 方 に 関 する 国 民 会 議 が 厚 生 労 働 省 主 催 で 開 催 されたが 筆 者 もその 会 議 に 委 員 の 一 人 として 参 加 をした その 会 議 の 結 論 として 長 期 休 暇 (L 休 暇 ) の 普 及 に 向 けて -しっかり 休 み いきいき 働 く いきいきライフ の 提 案 がなされた しかし 5 年 が 経 った 現 在 においても この 提 案 が 残 念 ながら 浸 透 したとは 言 えない 平 成 15 年 度 から 職 生 活 活 性 化 のための 年 単 位 の 長 期 休 暇 制 度 等 に 関 する 研 究 会 を 厚 生 労 働 省 は 立 ち 上 げ 平 成 17 年 度 に 報 告 書 を 出 した そのことを 受 けて 平 成 17 年 度 長 期 休 暇 の 普 及 と 定 着 に 関 するシンポジウムが 日 本 各 地 区 で 開 催 された ここでいう 長 期 休 暇 は 1 年 以 上 の 期 間 の 取 得 を 意 味 するものであったにも 拘 らず 筆 者 が 担 当 した 大 阪 地 区 のセッシ - 1 -

2 ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 ることが いかに 重 要 であるかを 明 らかにすると 同 時 に その 対 策 について 若 干 の 提 言 をしたい 1. 企 の 経 営 課 題 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 1)バブル 経 済 の 崩 壊 などによって 企 は 過 剰 設 備 過 剰 在 庫 過 剰 人 員 という 状 況 に 陥 った 企 は 生 き 残 りをかけて この10 年 余 りの 長 期 にわたり 必 死 になってその 改 善 に 取 り 組 んできた なかでも 過 剰 人 員 に 対 する 対 策 は リ ストラクチャリングといえば 人 員 削 減 といわれるほど これまでのいわゆる 日 本 型 雇 用 の 考 え 方 を 大 きく 変 えて 人 員 削 減 を 積 極 的 にほとんどの 企 が 行 ったといっても 過 言 ではない また 人 員 をコストとしてとらえ 総 人 件 費 の 圧 縮 を 図 る 為 のもっとも 主 要 な 施 策 として 表 1 に 見 られるように 平 成 11 年 度 から 平 成 15 年 度 の 間 においても 非 正 社 員 の 割 合 が 27.5%から34.6%と 大 幅 に 増 加 している さらに 表 2を 見 ると 非 正 社 員 を 雇 用 する 理 由 から 企 が 人 件 費 を 効 果 的 に 活 用 し 圧 縮 をする 手 段 として 雇 用 形 態 の 多 様 化 を 積 極 的 に 行 ったといえる 表 1 就 形 態 別 労 働 者 割 合 ( 単 位 %) 区 分 正 社 員 非 正 社 就 形 態 員 契 約 社 嘱 託 社 派 遣 労 臨 時 的 短 時 間 出 向 社 その 他 員 員 働 者 雇 用 者 労 働 者 員 11 年 度 年 度 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 就 形 態 の 多 様 化 の 関 する 総 合 実 態 調 査 平 成 15 年 注 : 平 成 11 年 調 査 では 嘱 託 社 員 については その 他 に 含 まれる - 2 -

3 な い 正 社 員 を 確 保 で き 表 2 非 正 社 員 の 雇 用 理 由 別 事 数 割 合 ( 単 位 %) に 特 化 正 社 員 を 重 要 務 専 門 的 務 に 対 応 人 材 確 保 即 戦 力 能 力 あ る 用 量 調 節 景 時 気 間 変 対 動 応 に 応 じ 雇 長 に い 対 営 応 ( 操 ) 日 量 や に 週 対 単 応 位 の 繁 閑 臨 時 季 節 的 務 賃 ス 金 ト 節 節 約 約 賃 対 金 策 以 外 の 労 務 コ 高 年 齢 者 の 再 雇 用 護 休 対 策 代 替 正 社 員 の 育 児 介 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 就 形 態 の 多 様 化 に 関 する 総 合 実 態 調 査 平 成 15 年 注 : 合 計 で100%にならないのは その 他 が3.8%となっているため 2) 労 働 者 一 人 平 均 年 間 総 実 労 働 時 間 は 表 3 に 見 られるとおり 昭 和 62 年 以 降 平 成 11 年 までは 着 実 に 減 少 してきたといえる しかしながら 表 1 に 見 られるとおり 短 時 間 労 働 者 (パートタイマー) が 平 成 11 年 には14.5%であったのが 平 成 15 年 では23.4% と 大 幅 に 増 加 しているにも 拘 わらず 労 働 者 一 人 平 均 年 間 総 実 労 働 時 間 の 変 化 はほとんど 見 ら れない このことは 表 4の 年 次 有 給 休 暇 の 取 得 状 況 に 見 られるとおり 平 成 7 年 以 降 年 々 取 得 率 の 低 下 によるものと 考 えられる 有 給 休 暇 の 取 得 率 が 低 下 している 理 由 は 表 5 に 見 られるように 主 たる 理 由 は 職 場 の 要 員 に 余 裕 がないことに 起 因 するといえよう また 総 務 省 統 計 局 労 働 力 特 別 調 査 によると 実 労 働 時 間 週 30 時 間 未 満 の 労 働 者 が 平 成 10 年 22.4% 平 成 15 年 26.0%と 増 加 している 一 方 実 労 働 時 間 週 60 時 間 以 上 の 労 働 者 が 平 成 10 年 10.4%から 平 成 15 年 12.3%と 増 加 していることによって 正 社 員 実 労 働 時 間 の 減 少 が 見 られない つまり 昨 今 の 労 時 間 の 状 況 は 正 社 員 へのしわ 寄 せが 顕 著 であるといえる なかでも 30 代 の いわゆる 働 き 盛 り の 正 社 員 が 週 60 時 間 以 上 の 労 働 を 余 儀 なくされているといえよう このような 状 況 は 労 働 者 の 健 康 問 題 ばかりではなく 平 成 13 年 度 に 行 われた 厚 生 労 働 省 能 力 開 発 基 本 調 査 に 見 られるとおり 自 己 啓 発 にあたっての 最 大 の 問 題 点 は 忙 しくて 自 己 啓 発 の 時 間 がない ことであるとされていることからも 長 時 間 にわたる 労 働 時 間 は 企 にとっても 労 働 者 にとっても 将 来 に 渡 る 大 きな 課 題 を 含 んでいるといえる 表 3 労 働 者 一 人 平 均 年 間 総 実 労 働 時 間 の 推 移 ( 年 度 ) 昭 和 62 年 平 成 4 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 平 成 14 年 平 成 15 年 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 毎 月 勤 労 統 計 調 査 - 3 -

4 表 4 労 働 者 一 人 平 均 年 次 有 給 休 暇 取 得 率 の 推 移 ( 単 位 %) 平 成 7 年 平 成 8 年 平 成 9 年 平 成 10 年 平 成 11 年 平 成 12 年 平 成 13 年 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 就 労 条 件 総 合 調 査 表 5 年 次 有 給 休 暇 を 取 得 する 際 にためらいを 感 じる 理 由 (%) 昇 格 や 査 み ん な に 後 で 多 忙 上 司 が 良 職 場 の 雰 その 他 不 明 定 に 悪 い 影 響 が あ る 迷 惑 が か か る と 感 じる になる い 顔 を し ない 囲 気 で 取 得 し づ ら い 資 料 出 所 :UFJ 総 研 長 期 休 暇 に 対 する 労 使 の 意 識 調 査 平 成 12 年 3) 企 は 厳 しい 経 営 環 境 に 対 応 していくため 資 本 重 視 の 諸 施 策 が 講 じられてきた その 結 果 労 働 者 が 失 の 不 安 がなく 安 心 して 仕 事 の 取 り 組 める 状 況 が 表 6の 通 り 年 々 低 下 し 平 成 14 年 度 の 調 査 結 果 では 半 数 以 上 の 労 働 者 が 雇 用 の 不 安 を 感 じて 働 いている 状 況 にあ る 表 6 失 の 不 安 がなく 働 けること ( 単 位 %) 区 分 十 分 満 たさ れている かなり 満 た されている どちらとも いえない あまり 満 た されていな ほとんど 満 たされてい 分 らない 無 回 答 い ない 昭 和 56 年 平 成 2 年 平 成 5 年 平 成 8 年 平 成 11 年 平 成 14 年 資 料 出 所 : 内 閣 府 国 民 生 活 選 好 度 調 査 平 成 14 年 - 4 -

5 失 の 不 安 をもちながら 働 くことは 短 期 間 には 緊 張 感 をもち 仕 事 に 取 り 組 む 意 欲 が 高 まるこ とがあっても 中 長 期 的 には 仕 事 の 取 り 組 む 意 欲 が 減 少 するといえる 失 の 不 安 を 強 く 感 じ る 従 員 は 転 職 先 を 考 え 落 着 いて 仕 事 に 取 り 組 むことをしなくなるといえよう また 表 7に 見 られるとおり 企 の 要 員 に 余 裕 がなくなってきていることもあって や りがいのある 仕 事 や 自 分 に 適 した 仕 事 ができる と 感 じている 労 働 者 が 年 々 低 下 していること がわかる 平 成 14 年 度 の 調 査 では 約 2 割 弱 の 労 働 者 しか やりがいのある 仕 事 や 自 分 に 適 した 仕 事 ができる と 感 じていない 労 働 者 にとっての 働 きがいは 給 与 をはじめとする 処 遇 ばかりではなく やりがいのある 仕 事 や 自 分 に 適 した 仕 事 ができる ことが 多 いに 影 響 を 及 ぼ すものである 企 がこれまでに 講 じてきた 資 本 重 視 の 考 え 方 から これまでの 日 本 型 経 営 の 大 きな 特 徴 で あった 人 間 尊 重 の 軸 に 重 点 を 移 すことが 労 働 者 の 働 く 意 欲 を 高 めるのである それは 安 心 して 企 のために 能 力 を 発 揮 し 自 分 のために 職 能 力 を 高 め 充 実 した 職 人 生 を 築 く ことになるのである 表 7 やりがいのある 仕 事 や 自 分 に 適 した 仕 事 ができること ( 単 位 %) 区 分 十 分 満 たさ れている かなり 満 た されている どちらとも いえない あまり 満 た されていな ほとんど 満 たされてい 分 らない 無 回 答 い ない 昭 和 56 年 平 成 2 年 平 成 5 年 平 成 8 年 平 成 11 年 平 成 14 年 資 料 出 所 : 内 閣 府 国 民 生 活 選 好 度 調 査 平 成 14 年 2. 職 意 識 の 変 化 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 1) 心 の 豊 かさ つまり 物 質 的 にある 程 度 豊 かになったので これからは 心 の 豊 かさや ゆとりのある 生 活 をすることに 重 きをおきたい と 考 える 人 々と 物 の 豊 かさ つまり まだまだ 物 質 的 な 面 で 生 活 を 豊 かにすることに 重 きをおきたい とする 人 々の 意 識 の - 5 -

6 変 化 は 表 8に 見 られるとおりである 表 8 心 の 豊 かさ 物 の 豊 かさ ( 単 位 %) 区 分 昭 和 50 年 昭 和 55 年 昭 和 60 年 平 成 3 年 平 成 7 年 平 成 15 年 心 の 豊 かさ 物 の 豊 かさ 何 れでもない 資 料 出 所 : 内 閣 府 国 民 生 活 に 関 する 世 論 調 査 平 成 15 年 昭 和 48 年 の 第 一 次 オイルショックに 伴 い 高 度 経 済 成 長 から 安 定 経 済 成 長 へと 移 行 した 後 も 物 の 豊 かさ 追 及 する 人 々の 意 識 に 大 きな 変 化 はなかった しかし 昭 和 55 年 からは 物 の 豊 かさを 追 求 する 人 々より 心 の 豊 かさを 追 求 する 人 々の 数 が 上 回 るようになった その 後 年 を 追 う 毎 に 心 の 豊 かさを 追 求 する 人 々が 増 加 し 平 成 15 年 には 物 の 豊 かさを 追 求 する 人 々の 倍 以 上 となった これは 価 値 観 が 個 性 化 多 様 化 してきたということができ る 内 閣 府 社 会 奉 仕 に 関 する 世 論 調 査 によると この10 年 余 りの 間 に 何 か 社 会 のために 役 立 ちたい と 思 っている 人 たちが 年 々 増 加 し 平 成 14 年 度 調 査 では 約 60%の 人 たち がそのような 意 識 をもっている また 表 9に 見 られるとおり 65.0%の 人 たちが ボランティア 活 動 への 参 加 に 対 する 意 欲 をもっている 表 9 ボランティア 活 動 への 参 加 意 欲 ( 単 位 %) 是 非 参 加 してみたい 機 会 があれば 参 加 し 参 加 してみたいとは 無 回 答 てみたい 思 わない 資 料 出 所 : 内 閣 府 国 民 生 活 選 好 度 調 査 ボランティアと 国 民 生 活 平 成 12 年 したがって 働 き 方 やいき 方 が 多 様 化 してきたといえよう 企 は これまでの 企 側 の 立 場 に 立 った 施 策 ばかりではなく 地 域 社 会 への 貢 献 という 視 点 や 労 働 者 の 価 値 観 に 立 った 諸 施 策 が 今 後 の 課 題 といえよう 2) 仕 事 と 生 活 の 調 和 - 6 -

7 平 成 15 年 に 行 われた 厚 生 労 働 省 の 仕 事 と 生 活 の 調 和 に 関 する 意 識 調 査 において 企 における 人 事 管 理 の 基 本 方 針 に 対 する 興 味 深 い 調 査 結 果 ( 表 10)がある 表 10 人 事 管 理 の 基 本 方 針 ( 単 位 %) 区 分 労 働 力 に 効 率 的 利 用 を 重 視 人 件 費 コスト 削 減 よりも 人 材 育 勤 労 者 の 職 生 活 の 充 実 を 重 視 無 回 答 成 を 重 視 建 設 製 造 運 輸 通 信 卸 売 小 売 飲 食 店 サービス 金 融 保 険 計 資 料 出 所 : 厚 生 労 働 省 仕 事 と 生 活 に 関 する 意 識 調 査 平 成 15 年 表 10に 見 られるとおり 種 によって 大 きな 違 いがある 特 に 建 設 では 労 働 力 の 効 率 的 利 用 を 重 視 する 傾 向 が 強 い 一 方 製 造 では 人 件 費 コスト 削 減 よりも 人 材 育 成 を 重 視 す る 傾 向 がある また 勤 労 者 の 職 生 活 の 充 実 を 重 視 する 企 の 割 合 は 平 均 で 2 割 弱 あり 金 融 保 険 で は4 分 の 一 となっているのが 注 目 される 今 後 企 の 績 が 順 調 に 回 復 すれば 人 件 費 コ スト 削 減 よりも 人 材 育 成 を 重 視 勤 労 者 の 職 生 活 の 充 実 を 重 視 する 企 の 割 合 が 増 加 するこ とが 予 想 される 一 方 労 働 者 の 仕 事 と 生 活 との 調 和 に 関 する 考 え 方 が 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 の 調 査 から 読 み 取 ることができる 表 11-1に 見 られるとおり 仕 事 よりも 生 活 を 重 視 していることが うかがわれる また 表 11-2からは 自 分 の 生 活 時 間 を 増 やしたいと 希 望 している 人 が 多 いということが 分 る このことからも 労 働 者 の 仕 事 や 生 活 に 対 する 価 値 観 が 生 活 を 重 視 していることにおいて いる 人 が 多 くなってきていることがわかるが このような 価 値 観 については 個 人 差 があるこ とを 念 頭 におくことが 必 要 である しかしながら 一 般 的 には 仕 事 重 視 から 仕 事 と 生 活 の 調 和 や 生 活 重 視 を 追 及 する 傾 向 にあるといえる - 7 -

8 表 11 仕 事 と 生 活 とのバランスに 関 する 考 え 方 ( 単 位 %) 表 11-1 仕 事 に 対 する 考 え 方 区 分 そう 思 う どちらかと いえばそう どちらとも いえない どちらかと いえばそう そうは 思 わ ない 無 回 答 思 う 思 わない 仕 事 の 為 家 庭 生 活 が 犠 牲 に な ること も やむを 得 ない 育 児 や 介 護 など 家 族 の 為 に 休 暇 を 取 得 するこ とは 当 然 表 11-2 仕 事 と 自 分 の 生 活 時 間 のバランスに 対 する 希 望 希 望 にあっている 仕 事 を 増 やしたい 自 分 の 生 活 時 間 を 増 無 回 答 やしたい 資 料 出 所 : 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 労 働 者 の 働 く 意 欲 と 雇 用 管 理 に 関 する 従 員 調 査 平 成 16 年 おわりに 企 の 経 営 は 環 境 の 変 化 に 応 じながら ある 時 は 資 本 の 論 理 に 傾 く 必 要 がある ある 時 には 人 間 の 論 理 つまり 人 間 尊 重 に 軸 を 移 していく いわゆる やじろべえ 経 営 が 日 本 的 経 営 の 特 徴 であったと 思 う この 考 え 方 は 今 後 とも 引 き 続 き 堅 持 していくべきであ - 8 -

9 ると 強 く 思 う 社 会 から 企 に 求 められるあり 方 として これまで フィランソロフィ コンプライアン ス といったことが 言 われてきた 昨 今 では CSR(Corporate Social Responsibility) と いう 考 え 方 が 盛 んに 求 められている 企 は 単 に 収 益 をあげ 株 主 への 配 当 や 税 金 を 納 める ことだけはなく さまざまな 企 の 社 会 的 責 任 が 求 められている つまり 企 に 働 く 労 働 者 や 地 域 社 会 顧 客 など 多 様 なステークホルダー( 利 害 関 係 者 )に 対 して 責 任 を 果 すことがこ れまで 以 上 に 社 会 から 強 く 求 められている また 企 は 地 球 環 境 への 対 応 も 今 後 益 々 配 慮 が 求 められる 一 方 個 人 も 社 会 的 責 任 を 果 す 考 え 方 のもとに 豊 かな 人 生 を 築 いていく 必 要 があるといえ よう 我 が 国 における 労 働 者 は ややもすると 企 に 依 存 した 生 き 方 をしてきたといえる これからは 自 立 自 律 した 個 人 としての 生 き 方 が 求 められている また 企 の 求 める 人 材 像 も 大 きく 変 化 してきている 今 求 められている 人 材 像 は 国 際 性 専 門 性 を 備 えた 人 趣 味 などを 通 じて 幅 広 い 人 脈 を 持 つ 人 地 域 社 会 に 貢 献 している 人 ライフ デザイン キャ リア デザインを 明 確 に 描 き 実 現 に 向 け 努 力 している 人 などであるが 大 切 なことは 個 人 個 人 の 豊 かな 生 きがいを 追 及 することである 豊 かな 生 き 方 を 追 求 していく 上 での 必 要 条 件 は 充 実 した 職 人 生 を 築 くことである 企 も 個 人 も このような 社 会 経 済 の 大 きな 変 化 のなかにおいて 仕 事 と 生 活 の 調 和 を 図 る ことが 大 切 なことといえよう 調 和 を 図 る 為 の 重 要 な 要 素 のひとつが 労 働 時 間 である 企 が これから 企 市 民 として 活 動 してくうえで 求 められるのは 社 会 的 責 任 と 企 価 値 の 創 造 である そのためには 他 者 を 思 いやることができる 労 働 者 や 独 創 性 創 造 性 を 備 えた 労 働 者 が 必 要 である そのような 人 材 を 企 が 育 成 確 保 していくためには 長 期 休 暇 制 度 の 充 実 などによって 総 労 働 時 間 の 短 縮 を 積 極 的 に 推 進 していくことが 不 可 欠 である 一 方 個 人 は その 長 期 休 暇 制 度 などを 活 用 し ボランティア 活 動 への 参 加 や 職 能 力 を 高 める 為 の 自 己 啓 発 などに 積 極 的 に 取 り 組 むことが 今 まで 以 上 に 可 能 となる つまり 長 期 休 暇 制 度 をはじめとする 総 労 働 時 間 の 短 縮 により 企 にとっても 個 人 にと っても そして 社 会 にとっても 地 域 社 会 の 貢 献 家 庭 の 充 実 社 会 の 活 性 化 につながり ま さに 三 方 よし といえよう 以 上 - 9 -

Microsoft Word - 文書 3

Microsoft Word - 文書 3 2 事 業 所 調 査 (1) 教 育 訓 練 の 実 施 状 況 1OFF-JTの 実 施 状 況 ( 図 11) 平 成 17 年 度 に 正 社 員 に 対 して OFF-JTを 実 施 した 事 業 所 は72.2%であった 業 種 別 にみると 電 気 ガス 熱 供 給 水 道 業 89.4% 医 療, 福 祉 84.9% 金 融 保 険 業 84.4%が 高 い 一 方 教 育, 学 習

More information

第2回 「仕事に対する満足度」調査

第2回 「仕事に対する満足度」調査 第 2 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2015 年 2 月 http://www.riskmonster.co.jp 1 調 査 の 概 要 1. 調 査 名 称 第 2 回 仕 事 会 社 に 対 する 満 足 度 調 査 2. 調 査 方 法 インターネット 調 査 3. 調 査 エリア 全 国 4. 期 間 2014 年 12 月 20 日 ( 土 )~12 月 21

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情

ア 産 業 別 平 均 賃 金 男 女 計 の 平 均 賃 金 を 産 業 別 にみると 金 融 業, 保 険 業 が 346,180 ( 平 均 36.1 歳 勤 続 15.6 と 最 も 高 年 く ) 次 い で 建 設 業 の 329,446 ( 平 均 42.4 歳 勤 続 11.9 情 平 成 21 年 中 小 企 業 賃 金 退 職 金 等 実 態 調 査 結 果 の 概 要 静 岡 県 産 業 部 就 業 支 援 局 労 働 政 策 室 1 調 査 目 的 本 調 査 は 県 内 の 主 要 産 業 に 属 する 中 小 企 業 の 賃 金 退 職 金 等 の 実 態 を 明 らかにすることにより 中 小 企 業 の 賃 金 労 務 改 善 に 役 立 てるとともに 労 働 行

More information

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する

はじめに 安 倍 政 権 が 推 進 しているアベノミクスは 第 一 の 矢 である 大 胆 な 金 融 政 策 と 第 二 の 矢 である 機 動 的 な 財 政 政 策 で 景 気 を 浮 揚 させつつデフレからの 脱 却 を 果 たし 第 三 の 矢 である 民 間 投 資 を 喚 起 する 平 成 27 年 (215 年 )6 月 3 日 NO.215-6 成 長 力 の 底 上 げに 向 け 前 向 きな 変 化 が 現 れてきた 企 業 行 動 要 旨 企 業 行 動 の 前 向 きな 変 化 の 背 景 には 経 常 利 益 が 過 去 最 高 を 更 新 するなど 円 安 基 調 の 定 着 を 受 けた 収 益 環 境 の 全 般 的 な 改 善 がある 円 安 基 調 の

More information

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年

就 業 率 向 上 に 向 けた 労 働 力 供 給 面 の 課 題 第 1 節 第 3 -(1)- 16 図 学 歴 別 就 職 率 と 雇 用 人 員 判 断 第 1 節 と 1991 年 から 2000 年 までの 10 年 間 より 2001 年 から 2011 年 までの 直 近 11 年 第 3 章 就 労 促 進 に 向 けた 労 働 市 場 の 需 給 面 及 び 質 面 の 課 題 には 解 雇 などの 在 職 者 に 対 する 雇 用 調 整 ではなく 所 定 外 労 働 時 間 の 削 減 とともに 新 規 採 用 をは じめとする 入 職 抑 制 を 選 択 する 傾 向 にあり この 傾 向 は 基 本 的 には 変 わっていないと 考 えられる こ のため バブル 崩

More information

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約

誤 解 の 多 い 法 解 釈 Q 通 算 5 年 になる 前 や 雇 用 契 約 期 間 の 満 了 前 に 契 約 を 打 ち 切 っても 大 丈 夫 ですか? 労 働 契 約 法 では 契 約 期 間 中 の 契 約 解 除 について 使 用 者 は 期 間 の 定 めのある 労 働 契 約 I n stitu te of Re se a rc h for Sm a ll an d Me d iu m En te r pr i se 中 小 総 研 労 働 契 約 法 改 正 でアルバイトはいなくなるか(IRSME13005) 平 成 25 年 5 月 24 日 山 本 貢 郎 5 年 以 上 の 反 復 更 新 を 経 た 雇 止 めの 禁 止 有 期 契 約 労 働 者 を 雇 用

More information

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利

これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について (1) 発 行 部 数 総 ページ 枚 数 1 万 部 42 ページ (2) 監 修 株 式 会 社 ニッセイ 基 礎 研 究 所 (3) 要 約 < 企 業 の 福 利 平 成 28 年 1 月 19 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 福 利 厚 生 ガイドブック これからの 福 利 厚 生 のあり 方 について および ニッセイ 福 利 厚 生 アンケート 調 査 報 告 書 の 発 行 について 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 以 下 当 社 )は 企 業 団 体 のお 客 様 向 けに これから の 福 利 厚

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

1 報 道 関 係 各 2014 年 7 月 17 日 日 本 能 率 協 会 グループ 広 報 委 員 会 第 3 回 ビジネスパーソン 1000 人 調 査 働 き 方 に 関 する 意 識 女 性 が 描 く 活 躍 イメージは 子 育 てしながら 管 理 職 専 門 職 で 働 く 役 員 像 はまだ 遠 く しかも 男 性 は 4 人 に 1 人 が 女 性 の 活 躍 イメージ 持 てず 意

More information

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与,

会 社 規 程 PAGE 2 (5) 卒 業 証 明 書, 健 康 診 断 書 1 通 (6)その 他 会 社 が 必 要 と 認 めた 書 類 2. 既 労 働 者 で 選 考 に 合 格 した 者 は 前 項 の 他 に 次 の 書 類 を 提 出 する (1) 源 泉 徴 収 票 ( 給 与, 会 社 規 程 就 業 規 則 PAGE 1of 11 第 1 条 第 2 条 第 3 条 第 4 条 第 5 条 第 1 章 総 則 目 的 この 規 程 は 会 社 が 営 業 する 事 業 所 に 於 ける 従 業 員 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 める 適 用 範 囲 会 社 が 指 定 する 事 業 所 に 於 いて 勤 務 する 従 業 員 について 適 用 する 但 し 従

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗

集 景 気 復 8 余 優 秀 材 獲 州 商 品 差 既 確 資 コ 嫁 維 選 択 良 横 並 根 残 値 型 底 流 慣 影 響 逃 契 約 務 ズ 背 景 州 北 ツ 紹 訓 練 公 セ ィ 充 達 契 約 仕 勤 務 共 員 際 責 任 待 セ ィ 伴 許 状 況 降 遅 激 グ バ 抗 集 景 気 復 7 季 控 関 心 寄 末 次 倍 閣 足 却 ノ ミ 融 円 円 消 着 家 減 却 水 浮 評 脈 昨 官 邸 立 六 興 盛 込 標 供 留 復 ひ 豊 感 将 希 望 従 膝 虚 心 坦 懐 建 述 包 括 共 通 認 速 各 有 当 初 倍 首 相 界 待 言 通 刻 早 貢 献 言 含 例 差 底 例 積 極 針 明 無 雰 気 明 記 小 零 細 績 厳 ろ 多 ろ 少

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc

Microsoft Word - csrtopics2013_10.doc No.10-001 No.13-063 2014.1 CSR トピックス CSR トピックスは CSR( 企 業 の 社 会 的 責 任 )およびこれに 関 連 する 内 部 統 制 コンプライアンス ( 法 令 等 遵 守 ) リスクマネジメント 環 境 品 質 CS( 顧 客 満 足 ) 労 働 安 全 衛 生 従 業 員 満 足 人 権 社 会 貢 献 CSR 調 達

More information

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額

税 務 事 例 研 究 /148 目 次 法 人 税 < 事 例 > みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 1 Ⅰ 問 題 の 所 在 1 Ⅱ 事 例 の 検 討 1 はじめに 3 2 事 例 1の 検 討 (みなし 配 当 の 計 算 の 基 礎 となる 額 ISSN 2187-1329 税 務 事 例 研 究 Vol. 148 2015/11 法 人 税 みなし 配 当 の 適 用 に 関 するいくつかの 問 題 吉 村 政 穂 所 得 税 必 要 経 費 判 定 における 債 務 の 確 定 の 意 義 田 中 治 資 産 税 重 婚 的 内 縁 関 係 をめぐる 相 続 税 法 上 の 課 税 関 係 高 野 幸 大 公 益 財 団 法 人 日 本

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

平成12年度事業報告

平成12年度事業報告 平 成 25 年 度 事 業 報 告 公 益 財 団 法 人 三 菱 経 済 研 究 所 1. 内 外 経 済 の 概 況 世 界 経 済 は 米 国 や 日 本 を 中 心 とする 先 進 国 景 気 の 回 復 持 続 に 加 え 昨 年 来 鈍 化 傾 向 にあったインドや 中 国 など 主 要 新 興 国 の 景 気 下 げ 止 まり 等 もあって 全 体 としては 緩 や かな 回 復 基

More information

公営地下鉄の建設資金と収益状況

公営地下鉄の建設資金と収益状況 Economic Report 公 営 地 下 鉄 の 建 設 資 金 と 収 益 状 況 ネットワーク 拡 大 から 収 益 向 上 へ 2012 年 5 月 17 日 全 14 頁 金 融 調 査 部 中 里 幸 聖 [ 要 約 ] わが 国 の 地 下 鉄 は 地 方 公 営 企 業 として 運 営 されている 場 合 がほとんどであり 札 幌 市 仙 台 市 東 京 都 横 浜 市 名 古

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2

型 的 な 労 働 条 件 の 相 違 があることが 認 められるから 本 件 相 違 が 期 間 の 定 め の 有 無 に 関 連 して 生 じたことは 明 らかである よって 本 件 相 違 は 労 働 契 約 法 20 条 にいう 期 間 の 定 めがあることに より 生 じたといえる (2 重 要 判 例 速 報 解 説 平 成 28(2016) 年 7 月 29 日 長 澤 運 輸 事 件 ( 東 京 地 判 平 成 28 年 5 月 13 日 )について 定 年 後 再 雇 用 による 嘱 託 社 員 ( 有 期 契 約 労 働 者 )と 正 社 員 ( 無 期 契 約 労 働 者 )との 間 の 賃 金 の 定 めの 相 違 が 不 合 理 であり 労 働 契 約 法 20 条

More information

01 H27労働審議会資料ver3

01 H27労働審議会資料ver3 長 時 間 労 働 の 是 正 に 向 けた 取 組 について 平 成 27 年 12 月 21 日 新 潟 県 労 働 審 議 会 資 料 資 料 目 次 1 新 潟 県 の 労 働 時 間 の 現 状.1 2 新 潟 県 の 年 次 有 給 休 暇 取 得 の 現 状.2 3 長 時 間 労 働 の 是 正 が 求 められる 背 景..3 4 所 定 外 労 働 の 発 生 理 由.8 5 労

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

題名

題名 論 文 雇 用 形 態 による 格 差 問 題 と 新 しい 雇 用 システムの 展 望 平 山 竜 也 はじめに 厚 生 労 働 省 が 発 表 した 平 成 21(2009) 年 版 労 働 経 済 の 分 析 は 雇 用 の 安 定 を 基 盤 とした 安 心 できる 勤 労 者 生 活 のために と 題 して 2008 年 秋 の 金 融 不 安 により 大 きく 縮 小 に 転 じた 日

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

タイトル

タイトル Economic Trends マクロ 経 済 分 析 レポート テーマ:エンゲル 係 数 から 見 た 食 品 値 上 げの 影 響 発 表 日 :7 年 月 6 日 ( 火 ) ~ 家 計 負 担 増 +6,79 円 / 年 や 輸 入 増 を 通 じて 名 目 GDP 9,55 億 円 押 下 げ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 永 濱 利 廣 (3-5-453)

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874281698DC58F49816A834B834383688389834383938169836083468362834E837C834383938367816A2E646F63> 参 考 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントについて 構 成 第 1 公 益 目 的 事 業 のチェックポイントの 性 格 第 2 不 特 定 かつ 多 数 の 者 の 利 益 の 増 進 に 寄 与 するもの の 事 実 認 定 に 当 たっての 留 意 点 1. 事 業 区 分 ごとの 公 益 目 的 事 業 のチェックポイント (1) 検 査 検 定 (2) 資 格 付 与 (3) 講

More information

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損

はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3 章 第 1 節 第 2 節 益 税 損 税 推 計 の 先 行 研 究 益 税 推 計 の 先 行 研 究 損 経 済 学 部 開 設 100 周 年 記 念 奨 学 金 応 募 論 文 中 小 企 業 における 現 行 消 費 税 制 度 の 実 態 立 教 大 学 経 済 学 部 経 済 学 科 4 年 橋 本 浩 平 はじめに 第 1 章 第 1 節 第 2 節 特 例 措 置 と 益 税 特 例 措 置 の 縮 小 過 程 益 税 の 発 生 プロセス 第 2 章 損 税 の 発 生 プロセス 第 3

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か

企業年金の先行きは縮小か、普及・拡大か 金 融 資 本 市 場 215 年 9 月 3 日 全 1 頁 企 業 年 金 の 先 行 きは 縮 小 か 普 及 拡 大 か 厚 生 年 金 基 金 と 同 時 に DB DC においても 全 体 的 な 見 直 しが 進 む 金 融 調 査 部 研 究 員 佐 川 あぐり [ 要 約 ] 214 年 4 月 に 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための

More information

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯

これまでに 策 定 された 地 方 人 口 ビジョン と 地 方 版 総 合 戦 略 をみると 総 じて 2060 年 に1 億 人 程 度 の 人 口 を 維 持 するという 国 の 方 針 を 踏 まえた 内 容 となっている すなわち 長 期 的 に 各 自 治 体 の 人 口 流 出 に 歯 みずほインサイト 政 策 2015 年 11 月 27 日 地 方 圏 での 戦 略 型 企 業 誘 致 地 場 産 業 と 連 携 した 誘 致 による 自 立 的 発 展 が 有 効 政 策 調 査 部 主 任 研 究 員 上 村 未 緒 03-3591-1336 mio.uemura@mizuho-ri.co.jp 地 方 創 生 の 一 環 として 推 進 される 雇 用 創 出 の 代 表

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

前回の改正労働基準法案の制定経緯

前回の改正労働基準法案の制定経緯 参 考 資 料 3 規 制 改 革 会 議 雇 用 ワーキング グ ループ 提 出 資 料 ( 平 成 26 年 4 月 25 日 ) 多 様 な 正 社 員 (ジョブ 型 正 社 員 )について 3. 多 様 な 正 社 員 の 普 及 拡 大 平 成 26 年 4 月 22 日 ( 火 ) 第 4 回 経 済 財 政 諮 問 会 議 産 業 競 争 力 会 議 合 同 会 議 田 村 厚 生 労

More information

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが

第 4 条 職 員 は 前 2 条 の 規 定 の 適 用 に 当 たっては 別 紙 に 定 める 留 意 事 項 に 留 意 するものとする なお 別 紙 中 望 ましい と 記 載 している 内 容 は それを 実 施 しない 場 合 で あっても 法 に 反 すると 判 断 されることはないが 事 務 総 長 達 甲 第 5 号 平 成 27 年 11 月 10 日 人 事 院 総 裁 は 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 を 次 のように 定 めたので 命 により 通 達 する 人 事 院 事 務 総 長 永 長 正 士 人 事 院 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\225\252_\222\371\220\26308.1.10\201j.doc) 福 岡 県 運 輸 事 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 会 は 地 区 内 において 主 として 貨 物 自 動 車 運 送 業 を 営 むものの 中 小 企 業 等 組 合 法 に 依 る 協 同 組 合 の 事 業 および 経 営 の 指 導 を 為 し そ の 健 全 な 発 達 をはかるために 必 要 な 事 業 を 行 うことを

More information

2016年夏のボーナス見通し

2016年夏のボーナス見通し 216 年 4 月 6 日 経 済 レポート 216 年 夏 のボーナス 見 通 し ~ 小 幅 ながらも 2 年 ぶりに 増 加 へ~ 調 査 部 研 究 員 藤 田 隼 平 216 年 夏 の 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 事 業 所 規 模 人 以 上 )の ボ ー ナ ス は 2 年 ぶりに 増 加 すると 予 測 する 労 働 需 給 がタイトな 中 今 年 の 春 闘 では 基

More information

Ⅰはじめに

Ⅰはじめに 日 本 人 は 幸 福 か ~ 幸 福 度 先 進 国 との 比 較 と 日 本 人 の 幸 福 感 について~ 群 馬 県 立 前 橋 女 子 高 等 学 校 2 年 吉 川 綾 乃 Ⅰ はじめに 日 本 人 は 幸 福 か 高 校 生 の 私 にとって 非 常 に 大 きなテーマである 幸 福 かどうか というのは 非 常 に 個 人 的 な 感 覚 であり 年 齢 も 性 別 も 環 境 も

More information

平成24年度税制改正要望 公募結果 141. 固定資産税(土地・建物)

平成24年度税制改正要望 公募結果 141. 固定資産税(土地・建物) 項 目 : 141. 固 定 資 産 税 ( 土 地 建 物 ) 横 浜 商 工 会 議 所 固 定 資 産 税 の 課 税 見 直 し 固 定 資 産 税 は 土 地 や 建 物 償 却 資 産 に 課 税 されておりますが IT 化 やグローバル 化 の 進 展 による 産 業 構 造 の 変 化 に 伴 い 多 くの 土 地 や 建 物 等 を 所 有 する 企 業 が 必 ずしも 担 税 力

More information

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に

障 がいを 理 由 に 書 面 の 交 付 資 料 の 送 付 パンフレットの 提 供 等 を 拒 む 障 がいを 理 由 に 説 明 会 シンポジウム 等 への 出 席 を 拒 む 事 務 事 業 の 遂 行 上 特 に 必 要 ではないにもかかわらず 障 がいを 理 由 に 来 庁 の 際 に 吹 田 市 における 障 がいを 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 の 留 意 事 項 平 成 28 年 (2016 年 )4 月 に 施 行 された 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 以 下 障 害 者 差 別 解 消 法 という )は 国 地 方 公 共 団 体 及 び 国 民 が 障 がいを 理 由

More information

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき

2/10 2007 年 版 の 白 書 では, 医 療 構 造 改 革 関 連 法 の 円 滑 な 施 行 や 都 道 府 県 の 各 種 計 画 の 策 定 作 業 にも 資 するよう, 医 療 構 造 改 革 の 内 容 を 解 説 するとともに, 今 後 の 日 本 の 医 療 の 進 むべき 1/10 白 書 のポイント を 理 解 する 厚 生 労 働 白 書 少 子 化 社 会 白 書 国 民 生 活 白 書 青 少 年 白 書 高 齢 社 会 白 書 障 害 者 白 書 男 女 共 同 参 画 白 書 自 殺 対 策 白 書 ( :2009 年 1 月 8 日 掲 載 ) 白 書 ポイント 厚 生 労 働 白 書 ( 厚 生 労 働 省 ) 2007 年 版 厚 生 労 働 白 書

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

Microsoft Word - 16_2

Microsoft Word - 16_2 三 井 住 友 信 託 銀 行 調 査 月 報 213 年 8 月 号 ユーロ 圏 中 核 国 に 広 がる 経 済 悪 化 の 影 響 < 要 旨 > 昨 年 9 月 以 降 ユーロ 圏 の 金 融 市 場 は 落 ち 着 いているが 周 縁 国 のみならず 中 核 国 においても 実 体 経 済 の 悪 化 が 長 引 くと 銀 行 の 経 営 状 況 ひいては 金 融 システムの 安 定 性

More information

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活

< 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地 方 公 務 員 活 資 料 21 公 務 員 部 関 係 資 料 平 成 28 年 1 月 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 < 項 目 > 1. 東 日 本 大 震 災 被 災 市 町 村 に 対 する 職 員 派 遣 等 について ( 資 料 P 1~ 9) 2. 地 方 公 務 員 法 改 正 について( 地 方 公 務 員 制 度 改 革 関 係 ) ( 資 料 P10~12) 3. 女 性 地

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

博士論文

博士論文 論 文 要 約 伊 関 友 伸 自 治 体 病 院 の 歴 史 住 民 医 療 の 歩 みとこれから ( 三 輪 書 店 ) 本 論 文 は はじめに おわりに のほか 全 7 章 で 構 成 する はじめに は 研 究 の 動 機 研 究 目 的 研 究 の 視 点 などについて 記 述 している 本 論 文 の 主 要 なテーマは 自 治 体 病 院 の 存 在 意 義 である 自 治 体 病

More information

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86>

<82728271827281406E65777320814032312E318C8E8D86> SRS News Sharoushi Samejima News さめじま 社 会 保 険 労 務 士 事 務 所 1 月 号 ( 第 10 号 ) 発 行 日 : 平 成 20 年 12 月 20 日 裁 判 員 制 度 による 休 みは 有 給? 無 給? 企 業 としての 対 応 が 迫 られている 2009 年 5 月 から 始 まる 裁 判 員 制 度 一 般 市 民 が 司 法 に 参

More information

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者

経 済 利 益 追 求 至 上 主 義 が 今 日 国 際 社 会 で 批 判 を 受 けています これと 表 裏 一 体 の 関 係 を なしているのが 国 内 における 生 産 企 業 重 視 の 政 治 行 政 経 済 体 制 です 本 来 政 治 経 済 も 機 構 制 度 も 生 活 者 公 明 党 綱 領 一 生 命 生 活 生 存 の 人 間 主 義 公 明 党 は 生 命 生 活 生 存 を 最 大 に 尊 重 する 人 間 主 義 を 貫 き 人 間 人 類 の 幸 福 追 求 を 目 的 とする 開 かれた 国 民 政 党 です 人 類 史 的 転 換 期 と 呼 ばれる 二 十 世 紀 から 二 十 一 世 紀 への 時 代 の 大 転 機 に 立 って 今 日 の 状

More information

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし -

適格退職年金廃止後の企業年金に関する一考察- 確定給付企業年金数の増加対策の検討を開始すべし - REPORT 適 格 退 職 年 金 廃 止 後 の 企 業 年 金 に 関 する 一 考 察 - 確 定 給 付 企 業 年 金 数 の 増 加 対 策 の 検 討 を 開 始 すべし - 鈴 木 政 司 生 活 設 計 研 究 部 主 任 研 究 員 要 旨 確 定 給 付 企 業 年 金 法 が 2002 年 4 月 に 施 行 されたことから 10 年 間 の 移 行 期 間 を 経 て 2012

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

Microsoft Word - 調査報告書.doc

Microsoft Word - 調査報告書.doc . 企 業 の 現 状 把 握.. 企 業 の 海 外 高 度 人 材 活 用 実 績 本 調 査 の 企 業 アンケート 送 付 総 数,66 社 のうち 9 社 (9.8%)から 回 答 を 得 た そのうち 海 外 高 度 人 材 を 活 用 している( 経 験 がある 企 業 を 含 む)は 社 (5.%)であった 実 績 は 無 いが 活 用 したいと 考 えている 企 業 が 社 (6.9%)

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応―「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より

労働契約法改正に対する労働者の評価・反応―「多様化する正規・非正規労働者の就業行動と意識に関する調査」の調査結果より RIETI Policy Discussion Paper Series 14-P-004 RIETI Policy Discussion Paper Series 14-P-004 2014 年 3 月 労 働 契 約 法 改 正 に 対 する 労 働 者 の 評 価 反 応 多 様 化 する 正 規 非 正 規 労 働 者 の 就 業 行 動 と 意 識 に 関 する 調 査 の 調 査 結 果

More information

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③

ひまわりほっと法律相談会レジュメ③ 平 成 27 年 9 月 9 日 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 の 3 つのポイント 第 一 東 京 弁 護 士 会 所 属 第 一 芙 蓉 法 律 事 務 所 弁 護 士 東 志 穂 第 1 スモールビジネスにおける 労 務 管 理 のポイント 1 1 スモールビジネスを 取 り 巻 く 人 材 に 関 する 状 況 小 規 模 事 業 者 においては, 質 量 の 面 で 十 分 な

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

特定事業主行動計画(案)

特定事業主行動計画(案) 職 員 も 職 員 も ともに いきいきと 活 躍 できる 県 庁 を 目 指 して 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 方 針 ( の 職 業 生 活 における 活 躍 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 28 年 3 月 滋 賀 県 知 事 滋 賀 県 議 会 議 長 滋 賀 県 代 表 監 査 委 員 滋 賀 県 人 事 委

More information

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが

2 平 均 病 床 数 の 平 均 病 床 数 では 療 法 人 に 対 しそれ 以 外 の 開 設 主 体 自 治 体 社 会 保 険 関 係 団 体 その 他 公 的 の 規 模 が 2.5 倍 程 度 大 きく 療 法 人 に 比 べ 公 的 病 院 の 方 が 規 模 の 大 き いことが II 病 院 経 営 管 理 指 標 に 関 する 調 査 研 究 結 果 1. 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 概 要 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 の 詳 細 については 後 述 の 平 成 22 年 度 病 院 経 営 管 理 指 標 に 示 し 以 下 ではその 概 況 を 述 べる 注 有 効 回 答 数 が 5 以 下 の 項 目 には

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです ASAHI INTECC CO.,LTD. 最 終 更 新 日 :2016 年 3 月 30 日 朝 日 インテック 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 宮 田 昌 彦 問 合 せ 先 : 経 営 戦 略 室 証 券 コード:7747 http://www.asahi-intecc.co.jp

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

労働市場から消えた25~44歳男性

労働市場から消えた25~44歳男性 経 済 社 会 構 造 分 析 レポート 経 済 構 造 分 析 レポート No.43 労 働 市 場 から 消 えた 25~44 歳 男 性 地 域 間 で 広 がる 格 差 抱 える 問 題 はそれぞれ 異 なる 2016 年 4 月 8 日 全 16 頁 経 済 調 査 部 研 究 員 山 口 茜 [ 要 約 ] 25~44 歳 女 性 就 業 率 は この 30 年 間 で 上 昇 傾 向

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約

出 張 報 告 書 A4 Excel 出 張 旅 費 精 算 書 A4 Excel 身 元 保 証 書 等 書 式 誓 約 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 書 A4 Word 誓 約 並 びに 身 元 保 証 書 A4 Word 身 元 保 証 契 約 書 A4 Word 雇 用 契 約 2015 改 訂 版 税 理 士 業 務 書 式 文 例 集 収 録 書 式 一 覧 修 正 新 規 削 除 印 のある 書 式 は 解 説 が 付 いています 大 分 類 中 分 類 書 式 名 サイズ 種 類 挨 拶 通 知 文 例 編 案 内 挨 拶 文 例 事 務 所 移 転 のご 案 内 A4 Word 事 務 所 移 転 並 びに 電 話 番 号 変 更 のお 知 らせ A4 Word

More information

特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 2 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 の 阻 害 および 必 要 因 子 阻 害 因 子 男 性 看 護 師 における 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 として は アンケートから 多 くの 意 見 が 挙 げられたが

特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 2 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 の 阻 害 および 必 要 因 子 阻 害 因 子 男 性 看 護 師 における 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 として は アンケートから 多 くの 意 見 が 挙 げられたが 特 集 男 性 看 護 師 の 自 立 自 律 をどう 支 援 するのか 男 性 看 護 師 約 70 人 のアンケートから 見 えた 自 立 自 律 の 阻 害 因 子 と 必 要 因 子 姫 路 獨 協 大 学 教 員 精 神 保 健 医 療 の 在 宅 促 進 を 考 える 会 主 宰 秋 田 啓 次 はじめに 厚 生 労 働 省 の 統 計 によると 2014( 平 成 26) 年 末 時

More information

Microsoft Word -

Microsoft Word - 結 婚 妊 娠 出 産 育 児 に 関 する 意 識 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 文 京 区 目 次 Ⅰ 調 査 の 概 要 1 1. 調 査 目 的 3 2. 調 査 項 目 3 3. 調 査 設 計 3 4. 回 収 結 果 3 5. 報 告 書 の 見 方 3 Ⅱ 調 査 回 答 者 の 属 5 (1) 7 (2) 年 齢 7 (3) 同 居 者 8 (4) 現 在 の 暮

More information

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63>

<4D F736F F D208F4390B38CB48D655F95F18D908F918A C581698DC58F4994C5816A2E646F63> 中 小 企 業 の 人 材 育 成 1. 調 査 の 背 景 目 的 中 小 企 業 にとって 人 材 確 保 のチャンスが 到 来 している リクルートワークス 研 究 所 の 大 卒 求 人 倍 率 調 査 によれば 2009 年 3 月 卒 の 中 小 企 業 の 就 職 希 望 者 数 は 173 千 人 であった が 2012 年 卒 では 219 千 人 にまで 増 加 し 求 人 倍

More information

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx

Microsoft Word - 103第Ⅱ章第2節.docx 平 成 21 間 回 顧 住 宅 投 資 の 動 向 について 以 降 建 設 投 資 は 低 迷 しており その 中 で 住 宅 投 資 の 下 落 は 顕 著 である 21 12 月 の 新 設 住 宅 着 工 戸 数 は 前 同 月 比.7% 減 の 6.9 万 戸 と 前 比 マイナス は13カ 月 続 いており 21 では 前 比 27.9%の 78 万 841 戸 であった 8 万 戸

More information

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生

拘 束 だから 当 然 に 議 決 無 効 を 主 張 する それが 訴 訟 になる 場 合 がある ということですね 現 在 業 界 の 注 目 を 集 めている 事 例 があります 5 月 19 日 付 けの 信 濃 毎 日 新 聞 のウェブ 版 から 引 用 しましょう 県 建 設 業 厚 生 2012 年 6 月 14 日 森 本 紀 行 資 産 運 用 コラム 厚 生 年 金 基 金 の 脱 退 と 解 散 をめぐる 社 会 問 題 前 回 は 総 合 型 厚 生 年 金 基 金 について 解 散 と 任 意 脱 退 をめぐる 解 き 得 ない 難 問 が 検 討 さ れたのでした 今 回 は 続 編 として その 難 問 が 具 体 的 な 社 会 問 題 化 していることについて

More information

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」

「中国における地方財政問題と地方債発行の実行可能性についての研究」 中 国 における 地 方 財 政 問 題 と 地 方 債 発 行 の 実 行 可 能 性 についての 研 究 李 建 偉 中 国 国 務 院 発 展 研 究 中 心 マクロ 経 済 研 究 部 副 処 長 1. 中 国 の 地 方 財 政 が 直 面 している 主 要 な 問 題 1.1. 分 税 制 改 革 実 施 後 中 央 と 地 方 における 財 政 管 理 権 と 事 務 処 理 権 の

More information

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁

103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最 低 賃 金 の 額 は 物 価 に 合 わせて 都 道 府 県 によって 異 な るのに 多 くのパートタイマーが 働 く 時 間 の 基 準 とする 103 万 円 /130 万 円 の 壁 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? 曽 根 涼 平 目 次 はじめに 2 Ⅰ 配 偶 者 控 除 について 2 Ⅱ 最 低 賃 金 制 度 4 Ⅲ 計 算 6 1 先 行 文 献 6 2 検 証 7 3 GDPの 計 算 11 おわりに 15-1 - 103 万 円 /130 万 円 の 壁 は 全 国 一 律 で 良 いのか? はじめに 筆 者 は 最

More information

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース

ができないという 問 題 点 がある 足 元 一 年 の 投 融 資 等 の 増 加 については 株 高 や 円 安 による 時 価 上 昇 が 含 まれており その 点 は 割 り 引 いてみる 必 要 があろう 長 期 的 な 視 点 から 足 元 の 動 きを 評 価 するため 年 度 ベース みずほインサイト 日 本 経 済 13 年 1 月 7 日 日 本 企 業 のマネーフローに 変 化 は みられるか みずほ 総 合 研 究 所 調 査 本 部 市 場 調 査 部 金 融 調 査 部 3-3591-18/3-3591-1351 13 年 7~9 月 期 における 日 本 企 業 の 資 金 運 用 ( 資 金 の 使 い 途 )は 大 企 業 では 投 融 資 の 増 加 を 背

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

長期失業者の求職活動と就業意識

長期失業者の求職活動と就業意識 第 1 章 調 査 研 究 の 目 的 方 法 と 分 析 結 果 の 概 要 第 1 節 調 査 研 究 の 目 的 バブル 経 済 崩 壊 後 の 長 期 不 況 は 労 働 市 場 の 様 相 を 一 変 させた 長 期 雇 用 慣 行 が 定 着 して いたわが 国 の 労 働 市 場 は 1980 年 代 まで 完 全 失 業 率 が 1~2%という 低 い 水 準 を 維 持 し 若 年

More information

福山市立駅家南中学校P T A 規約

福山市立駅家南中学校P T A 規約 福 山 市 立 駅 家 南 中 学 校 PTA 規 約 第 1 章 名 称 第 1 条 本 会 は 福 山 市 立 駅 家 南 中 学 校 PTAという 第 2 章 事 務 局 第 2 条 本 会 の 事 務 局 を 駅 家 南 中 学 校 におく 第 3 章 目 的 及 び 事 業 第 3 条 本 会 は 本 校 生 徒 の 健 全 な 成 長 と 福 祉 の 増 進 を 図 り,あわせて, 教

More information

質 問 1 女 性 活 躍 推 進 法 が 平 成 28 年 4 月 1 日 に 施 行 されましたが 内 容 を 知 っていますか? ( 回 答 者 数 :17,934 名 ) 女 性 活 躍 推 進 法 について 理 解 している と 回 答 した 割 合 は 21.3%に 止 まっている また

質 問 1 女 性 活 躍 推 進 法 が 平 成 28 年 4 月 1 日 に 施 行 されましたが 内 容 を 知 っていますか? ( 回 答 者 数 :17,934 名 ) 女 性 活 躍 推 進 法 について 理 解 している と 回 答 した 割 合 は 21.3%に 止 まっている また 平 成 28 年 4 月 8 日 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ニッセイ インターネットアンケート ~4 月 : 女 性 の 活 躍 推 進 について~ 日 本 生 命 保 険 相 互 会 社 ( 社 長 : 筒 井 義 信 )は ずっともっとサービス のサンクスマイルメニューの ひとつとして ホームページ( http://www.nissay.co.jp) 内 の ご 契 約 者 さま

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

目 次 Ⅰ. 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 について... 2 (1) 調 査 目 的... 2 (2) 調 査 項 目... 2 (3) 調 査 設 計... 2 (4) 回 収 結 果... 3 (5) 報 告 書 の 見 方... 3 2. 回 答 者 の 属 性... 4 (1) 一 般 市 民 調 査... 4 (2) 企 業 調 査... 11 Ⅱ. 調 査 結 果 ( 一

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

雇用安定_ 概要版.indd

雇用安定_ 概要版.indd 番 号 対 象 事 業 主 給 付 金 名 問 合 せ 先 頁 1 2 事 業 活 動 の 縮 小 に 伴 い 雇 用 調 整 を 行 った 事 業 主 等 定 年 の 引 上 げや 定 年 の 定 めの 廃 止 を 実 施 した 事 業 主 等 雇 用 調 整 助 成 金 中 小 企 業 緊 急 雇 用 安 定 助 成 金 定 年 引 上 げ 等 奨 励 金 ( 中 小 企 業 定 年 引 上 げ

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A>

<4D F736F F D208FE18A5182F0979D975282C682B782E98DB795CA82CC89F08FC182CC C98AD682B782E991CE899E977697CC816988C4816A> 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 9 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき また 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消

More information

認定マニュアル

認定マニュアル 第 2 章 扶 養 手 当 第 1 性 格 扶 養 手 当 は 扶 養 家 族 のある 職 員 に 対 して 支 給 される 手 当 で 扶 養 親 族 のある 職 員 の 生 計 費 を 補 給 しようとするものであり 生 活 給 的 な 性 格 を 有 する 手 当 である 根 拠 : 給 与 条 例 第 12 条 第 1 項 技 労 条 例 第 4 条 第 2 認 定 事 務 の 手 続 1

More information

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》

いまさら人には聞けない企業破綻手続のQ&A《第2版》 Legal and Tax Report いまさら 人 には 聞 けない 企 業 破 綻 手 続 のQ&A 第 2 版 2012 年 3 月 9 日 全 13 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 横 山 淳 [ 要 約 ] 本 稿 では わが 国 における 企 業 破 綻 手 続 の 基 本 をQ&A 形 式 で 紹 介 する 具 体 的 な 項 目 としては 主 な 企 業 破 綻

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし)

日本銀行における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応要領(案)(ルビなし) 日 本 銀 行 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 要 領 ( 案 ) 平 成 27 年 月 日 日 本 銀 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という )

More information

地震保険、最近の動向を中心にした一考察

地震保険、最近の動向を中心にした一考察 平 成 18 年 度 大 会 レジュメ 地 震 保 険 最 近 の 動 向 を 中 心 にした 一 考 察 社 団 法 人 日 本 損 害 保 険 協 会 竹 井 直 樹 Ⅰ.はじめに 地 震 によって 住 宅 や 家 財 に 生 じた 損 害 をてん 補 する 家 計 地 震 保 険 ( 以 下 特 に 断 り 書 きのないかぎり 地 震 保 険 という )ついては 1964 年 に 発 生 した

More information

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム

2012年5月31日 森本紀行 資産運用コラム 2014 年 8 月 7 日 森 本 紀 行 はこう 見 る JR 九 州 の 経 営 計 画 と 経 営 安 定 基 金 JR 九 州 は つくる 2016 JR 九 州 グループ 中 期 経 営 計 画 というものを 策 定 しています そ の 頂 点 にあるのは 株 式 上 場 です 要 は 2016 年 までに 上 場 企 業 としての 諸 条 件 を 完 備 さ せるための 経 営 計 画

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈

神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26 年 度 の 神 奈 平 成 26 年 度 神 奈 川 県 政 に 関 する 要 望 書 平 成 25 年 9 月 横 浜 商 工 会 議 所 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 様 横 浜 商 工 会 議 所 会 頭 佐 々 木 謙 二 当 所 の 事 業 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 のご 支 援 ご 協 力 を 賜 り 心 より 御 礼 申 し 上 げます このたび 当 所 では 平 成 26

More information

1.はじめに コンプライアンス 違 反 の 与 える 影 響 は 法 的 制 裁 だけでは 終 わらず 社 会 的 制 裁 組 織 内 的 制 裁 も 受 けることとなります 1 法 的 制 裁 ア. 刑 事 罰 懲 役 禁 錮 拘 留 罰 金 科 料 没 収 イ. 民 事 上 の 処 分 損 害

1.はじめに コンプライアンス 違 反 の 与 える 影 響 は 法 的 制 裁 だけでは 終 わらず 社 会 的 制 裁 組 織 内 的 制 裁 も 受 けることとなります 1 法 的 制 裁 ア. 刑 事 罰 懲 役 禁 錮 拘 留 罰 金 科 料 没 収 イ. 民 事 上 の 処 分 損 害 上 天 草 市 職 員 コンプライアンスマニュアル 1.はじめに 2.コンプライアンスの 定 義 と 重 要 性 3. 職 員 の 定 義 4. 利 害 関 係 者 とは 5. 利 害 関 係 者 との 間 のルール( 禁 止 事 項 ) 平 成 26 年 7 月 発 行 主 管 上 天 草 市 総 務 企 画 部 総 務 課 人 事 係 監 修 上 天 草 市 収 賄 事 件 等 再 発 防 止

More information

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1

注 記 事 項 (1) 四 半 期 財 務 諸 表 の 作 成 に 特 有 の 会 計 処 理 の 適 用 : 無 (2) 会 計 方 針 の 変 更 会 計 上 の 見 積 りの 変 更 修 正 再 表 示 1 会 計 基 準 等 の 改 正 に 伴 う 会 計 方 針 の 変 更 : 無 2 1 平 成 29 年 5 月 期 第 1 四 半 期 決 算 短 信 日 本 基 準 ( 非 連 結 ) 平 成 28 年 10 月 7 日 上 場 会 社 名 ファーストコーポレーション 株 式 会 社 上 場 取 引 所 東 コ ー ド 番 号 1430 URL http://www.1st-corp.com 代 表 者 ( 役 職 名 ) 代 表 取 締 役 社 長 ( 氏 名 ) 中 村 利 秋

More information

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73>

<34323192AC96AF8F8A93BE90848C762E786C73> 平 成 21 年 度 和 泊 町 民 所 得 推 計 報 告 書 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 大 島 郡 和 泊 町 は し が き ここに 平 成 21 年 度 町 民 所 得 推 計 結 果 を 公 表 します 御 承 知 の 通 り, 町 民 所 得 推 計 は, 町 民 の1 年 間 の 経 済 活 動 によって 生 み 出 された 所 得 を 総 合 的 に 把 握 して,

More information

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約

要 旨 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 就 業 拡 大 登 用 拡 大 の 余 地 は 依 然 として 大 きい 新 卒 時 点 で 正 規 雇 用 の 職 に 就 いた 女 性 のうち 結 婚 出 産 した 女 性 の 約 8 割 が 正 規 雇 用 の 職 を 離 れ うち 約 2015 年 11 月 18 日 東 京 圏 で 暮 らす 高 学 歴 女 性 の 働 き 方 等 に 関 するアンケート 調 査 結 果 ( 報 告 ) 調 査 の 概 要 株 式 会 社 日 本 総 合 研 究 所 は 東 京 圏 ( 東 京 神 奈 川 埼 玉 千 葉 )に 現 住 所 があり かつ 東 京 圏 に 所 在 する 四 年 制 の 大 学 又 は 大 学 院 を 卒 業 した いわゆる

More information