目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病"

Transcription

1 熊 本 県 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 対 応 マニュアル 平 成 24 年 4 月 熊 本 県 健 康 福 祉 部 健 康 危 機 管 理 課

2 目 次 はじめに 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは p.3 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 p.5 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 p.6 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 p.7 2 狂 犬 病 ( 疑 い)への 具 体 的 な 対 応 Ⅰ.ステージ1: 平 常 時 における 対 応 p.9 Ⅱ.ステージ2: 疑 い 発 生 時 における 対 応 p.11 Ⅲ.ステージ3: 発 生 時 における 対 応 p.12 Ⅳ. 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 以 降 の 事 務 の 流 れ 一 覧 p.17 第 二 章 発 生 ケース 別 対 応 フローチャート Ⅰ-0 対 応 全 体 の 流 れ p.20 Ⅰ-1 動 物 病 院 で 発 見 された 場 合 p.21 Ⅰ-2 保 健 所 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センターの 動 物 管 理 施 設 で 発 見 された 場 合 p.25 Ⅰ-3 動 物 の 所 有 者 が 発 見 した 場 合 p.29 Ⅰ-4 野 外 で 発 見 された 場 合 ( 野 生 動 物 放 浪 動 物 への 対 応 ) p.33 Ⅰ-5 県 外 において 発 見 された 場 合 p.35 Ⅰ-6 空 港 港 湾 施 設 内 で 発 見 された 場 合 p.36 Ⅱ. 狂 犬 病 ウイルス 感 染 の 疑 いのある 者 への 対 応 p.37 Ⅲ. 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 発 見 の 報 告 及 び 確 定 診 断 依 頼 p.40 Ⅳ. 確 定 診 断 p.42 Ⅴ. 確 定 診 断 結 果 の 報 告 の 手 順 p.44 Ⅵ. 確 定 診 断 結 果 に 基 づく 対 応 p.46 Ⅶ. 対 策 本 部 の 解 散 p.52 < 参 考 > 予 防 法 に 基 づく 事 務 一 覧 p 付 属 書 Ⅰ. 疑 い 動 物 発 見 時 : 疫 学 調 査 の 実 施 p.1 Ⅱ. 調 査 結 果 に 基 づく 措 置 : 感 染 の 疑 い 有 りと 判 断 した 場 合 p.3 Ⅲ. 動 物 の 観 察 方 法 について: 狂 犬 病 の 疑 いがある 動 物 の 症 状 と 特 徴 p.5 Ⅳ. 動 物 の 致 死 処 分 について: 決 定 及 び 方 法 p.8 Ⅴ. 所 有 者 不 明 動 物 への 措 置 p.9 Ⅵ. 確 定 診 断 の 依 頼 : 手 順 及 び 方 法 p.10 Ⅶ. 発 症 動 物 が 確 認 された 場 合 の 対 応 p.11 Ⅷ. 咬 傷 被 害 者 への 治 療 について p.17 様 式 集 様 式 第 1 号 ~ 第 10 号 1

3 はじめに 狂 犬 病 予 防 法 は 未 だ 犬 による 発 生 が 年 間 800 頭 を 超 えていた 昭 和 25 年 に 獣 医 師 であり 当 時 の 衆 議 院 議 員 であった 原 田 雪 松 らの 尽 力 で 制 定 され た 本 法 の 施 行 により 昭 和 32 年 以 降 50 年 の 長 きにわたり 清 浄 性 が 確 保 され 我 が 国 においては 狂 犬 病 は 言 わば 忘 れ 去 られた 過 去 の 脅 威 であり 対 策 に 当 たる 行 政 職 員 や 獣 医 師 等 においても 本 病 に 関 する 知 識 や 危 機 意 識 が 低 下 している 状 況 にある 一 方 世 界 に 目 を 向 けてみると 本 病 の 流 行 は 依 然 として 続 いている 状 況 にあり 年 間 5 万 人 を 超 える 人 命 が 失 われている 現 状 がある また 主 な 流 行 国 である 近 隣 アジア 諸 国 と 我 が 国 の 昨 今 の 交 流 の 進 展 を 考 慮 すると 本 病 が 再 び 日 本 国 内 へ 侵 入 するリスクも 十 分 考 えられるところである このようなことから 狂 犬 病 対 策 研 究 会 が 作 成 した 狂 犬 病 予 防 ガイドライ ン2001 を 参 考 として 平 常 時 における 予 防 対 策 の 重 要 性 を 確 認 すると 共 に 県 内 で 本 病 が 発 生 した 場 合 に 備 え 各 保 健 所 及 び 関 係 機 関 が 連 携 してま ん 延 防 止 のための 具 体 的 対 応 がとれるよう 今 般 本 県 における 実 情 特 性 等 に 沿 った 熊 本 県 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 対 応 マニュアル ( 以 下 マニュア ル という )をまとめた なお 本 マニュアルでは 想 定 され 得 る 多 くのケースについて 記 述 してい るが 想 定 外 の 事 態 が 生 じた 場 合 においても 関 係 機 関 が 臨 機 応 変 に 対 応 し 県 民 の 安 全 と 健 康 の 確 保 に 万 全 を 期 することを 目 指 す 平 成 24 年 4 月 2

4 第 一 章 マニュアルの 概 要 1 狂 犬 病 ( 疑 い) 予 防 の 基 本 方 針 Ⅰ. 狂 犬 病 とは 狂 犬 病 は ラブドウイルス 科 リッサウイルス 属 の 狂 犬 病 ウイルスを 病 原 体 とする 人 獣 共 通 感 染 症 であり 現 在 までのところ50 年 以 上 国 内 での 発 生 がなく 日 本 は 世 界 でも 稀 少 な 狂 犬 病 清 浄 国 とされている しかし 1970 年 にネパールを 旅 行 中 に 犬 に 咬 まれ 帰 国 後 に 発 症 して 死 亡 した 例 及 び2006 年 に 男 性 2 名 がフィリピン 滞 在 中 に 犬 に 咬 まれ 帰 国 後 共 に 発 症 し 死 亡 した 例 の 計 3 件 の 輸 入 感 染 事 例 がある また 世 界 では 南 極 を 除 く 全 ての 大 陸 で 発 生 が 確 認 されており 毎 年 5 万 人 を 超 える 死 者 を 出 しているが その 大 半 はアジア 諸 国 であり 最 近 では 特 に 近 隣 東 南 アジア 諸 国 での 発 生 が 増 加 傾 向 にあるとされている < 参 考 > 近 年 のように 国 際 交 流 の 進 展 した 状 況 においては 本 病 の 国 内 侵 入 の 可 能 性 もゼロと は 言 えない 海 外 渡 航 時 の 他 ペットの 輸 入 等 を 通 して 侵 入 するリスクや 最 近 では 狂 犬 病 常 在 国 の 漁 船 が 寄 港 した 際 に 検 疫 を 受 けていない 犬 が 国 内 に 上 陸 し 行 方 不 明 とな るといった 事 例 も 確 認 されている 3

5 狂 犬 病 の 特 徴 (1) ヒトを 含 めた 全 ての 哺 乳 類 が 狂 犬 病 ウイルスに 感 染 し 発 症 する (2) 一 旦 発 症 すると 有 効 な 治 療 法 がなく ほぼ100% 死 に 至 る (3) 発 症 までの 潜 伏 期 間 が 長 く ヒトでは 一 般 的 に1~3ヶ 月 程 度 であ る ( 犬 や 猫 では 潜 伏 期 間 は1 週 間 から1 年 4ヶ 月 ( 平 均 1ヶ 月 )と 開 きがあるが 発 症 から2 週 間 程 度 で 死 に 至 る ) (4) 世 界 中 で 発 生 しており 年 間 おおよそ5 万 人 が 犠 牲 になっていると 言 われている (WHO 報 告 ) (5) 患 者 の 半 数 は15 歳 以 下 の 子 供 である (6) ヒト 狂 犬 病 の 原 因 の95%は 犬 の 咬 傷 によるとされている (7) 狂 犬 病 ウイルス 感 染 を 早 期 に 確 認 する 診 断 法 は 確 立 されていない (8) 感 染 動 物 からの 咬 傷 後 すぐにワクチンによる 発 症 予 防 治 療 を 受 ける ことで 発 症 を 防 ぐことができる < 参 考 > 出 典 : 厚 生 労 働 省 結 核 感 染 症 課 HP より 掲 載 4

6 Ⅱ. 対 象 とする 動 物 本 マニュアルで 対 象 とする 動 物 は 狂 犬 病 予 防 法 ( 以 下 予 防 法 という ) 第 2 条 に 規 定 される 犬 猫 その 他 の 動 物 ( 政 令 指 定 動 物 :あらいぐま きつね 及 びスカンク) とする 参 考 1: 家 畜 に 狂 犬 病 ( 疑 い)が 発 生 した 場 合 の 取 扱 い * 家 畜 で 狂 犬 病 ( 疑 い)が 発 生 した 場 合 は 県 農 林 水 産 部 畜 産 課 が 対 応 する 家 畜 伝 染 病 予 防 法 規 定 の 狂 犬 病 対 象 家 畜 牛 馬 めん 羊 山 羊 豚 水 牛 しか いのしし *なお その 際 健 康 危 機 管 理 課 及 び 関 係 保 健 所 は 当 該 家 畜 に 接 触 した 動 物 及 びヒトの 調 査 が 必 要 となる *また 予 防 法 第 2 条 に 規 定 されない 動 物 に 狂 犬 病 ( 疑 い)が 発 生 した 場 合 は 予 防 法 第 2 条 第 2 項 に 基 づく 狂 犬 病 予 防 法 施 行 令 ( 以 下 政 令 という )による 指 定 が 必 要 となってくることに も 留 意 すること 参 考 2: 予 防 法 第 2 条 第 2 項 犬 及 び 牛 等 以 外 の 動 物 について 狂 犬 病 が 発 生 して 公 衆 衛 生 に 重 大 な 影 響 があると 認 められるとき は 狂 犬 病 予 防 法 施 行 令 で 動 物 の 種 類 期 間 及 び 地 域 を 指 定 してこの 法 律 の 一 部 ( 前 項 第 2 号 に 掲 げる 動 物 の 狂 犬 病 については 同 項 ただし 書 に 規 定 する 規 定 を 除 く 次 項 において 同 じ )を 準 用 することができる この 場 合 において その 期 間 は 1 年 を 超 えることができない 参 考 3: 犬 以 外 の 動 物 に 予 防 法 に 基 づく 法 的 措 置 を 実 施 する 際 の 事 務 法 的 措 置 対 象 動 物 1 猫 あらいぐま きつね スカンク 1 以 外 の 動 物 ( 牛 等 の 家 畜 は 除 く) 狂 犬 病 発 生 届 出 義 務 ( 予 防 法 第 8 条 ) 要 手 続 き 隔 離 義 務 ( 予 防 法 第 9 条 ) 要 手 続 き 公 示 ( 予 防 法 第 10 条 ) けい 留 命 令 等 要 手 続 き 要 手 続 き 殺 害 禁 止 ( 予 防 法 第 11 条 ) 要 手 続 き 死 体 の 引 渡 し ( 予 防 法 第 12 条 ) 要 手 続 き 検 診 及 び 予 防 注 射 ( 予 防 法 第 13 条 ) 要 手 続 き 要 手 続 き 病 性 鑑 定 のための 措 置 ( 予 防 法 第 14 条 ) 要 手 続 き 移 動 の 制 限 ( 予 防 法 第 15 条 ) 要 手 続 き 要 手 続 き 交 通 の 遮 断 又 は 制 限 ( 予 防 法 第 16 条 ) 要 手 続 き 要 手 続 き 集 合 施 設 の 禁 止 ( 予 防 法 第 17 条 ) 要 手 続 き 要 手 続 き けい 留 されていない 動 物 の 抑 留 ( 予 防 法 第 18 条 ) 要 手 続 き 要 手 続 き けい 留 されていない 動 物 の 薬 殺 ( 予 防 法 第 18 条 要 手 続 き 要 手 続 き の2) は 予 防 法 第 2 条 第 2 項 に 基 づく 政 令 による 指 定 手 続 きが 不 要 であることを 意 味 する 5

7 Ⅲ. 狂 犬 病 ( 疑 い)への 対 応 平 常 時 から 発 生 時 までを3つのステージに 分 け 緊 急 性 の 度 合 いに 合 わせ 対 応 する ステージ1: 平 常 時 (1) 国 内 での 発 生 が 無 い 場 合 (2) 海 外 で 感 染 したヒト 輸 入 狂 犬 病 が 県 外 で 発 生 し 当 該 患 者 に 接 触 した 動 物 が 国 内 にいない 場 合 (3) 動 物 検 疫 所 で 狂 犬 病 が 確 認 された 場 合 で 国 内 への 侵 入 が 無 い 場 合 本 庁 関 係 機 関 の 把 握 と 連 携 調 整 研 修 会 の 開 催 ステージ2: 疑 い 発 生 時 保 健 所 関 係 機 関 との 連 携 通 常 体 制 による 予 防 策 の 実 施 周 知 徹 底 (1) 県 内 の 保 健 所 に 狂 犬 病 ( 疑 い 含 む)に 感 染 した 動 物 及 びヒトの 届 出 があった 場 合 (2) 狂 犬 病 感 染 が 疑 われる 動 物 及 びヒトに 接 触 した 動 物 の 調 査 が 必 要 となった 場 合 (3) 経 過 観 察 の 結 果 疑 い 動 物 の 確 定 診 断 が 必 要 となった 場 合 本 庁 健 康 危 機 管 理 調 整 会 議 の 開 催 保 健 所 疫 学 調 査 チームの 結 成 疫 学 調 査 チーム とは 狂 犬 病 予 防 員 ( 以 下 予 防 員 という ) 保 健 師 感 染 症 担 当 者 等 で 構 成 し 狂 犬 病 疑 い 発 生 時 に 保 健 所 長 の 判 断 で 結 成 保 健 所 長 の 指 揮 監 督 のもと 管 内 における 狂 犬 病 に 係 る 疫 学 調 査 を 適 宜 実 施 する ステージ3: 発 生 時 (1) 国 内 での 発 生 確 認 後 に 国 の 中 央 会 議 で 広 域 的 な 防 疫 対 策 が 必 要 と 判 断 された 場 合 (レベル1) (2) 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 狂 犬 病 が 発 生 し 防 疫 対 策 が 必 要 となった 場 合 (レベル2) (3) 確 定 診 断 の 結 果 県 内 で 狂 犬 病 発 生 が 確 認 された 場 合 (レベル3) 本 庁 レベル1: 対 策 総 括 班 の 設 置 レベル2: 熊 本 県 狂 犬 病 監 視 本 部 の 設 置 レベル3: 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 の 設 置 保 健 所 レベル1: 地 域 対 策 班 の 設 置 レベル2: 地 域 狂 犬 病 監 視 本 部 の 設 置 レベル3: 地 域 狂 犬 病 対 策 本 部 の 設 置 発 生 地 以 外 の 関 係 保 健 所 においては 地 域 狂 犬 病 対 策 支 援 本 部 を 設 置 等 6

8 Ⅳ. 関 係 機 関 ごとの 役 割 分 担 健 康 福 祉 部 機 関 の 名 称 健 康 危 機 管 理 課 ( 対 策 総 括 班 ) 本 庁 各 課 等 の 事 務 分 担 表 組 織 名 称 は 平 成 23 年 度 現 在 主 な 事 務 内 容 (1) 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 事 務 局 の 設 置 (2) 情 報 収 集 及 び 分 析 (3)マスコミ 対 応 ( 風 評 被 害 防 止 対 策 ) (4) 予 防 法 に 基 づく 命 令 措 置 の 実 施 (5) 狂 犬 病 予 防 ワクチン 等 必 要 物 資 の 確 保 (6) 保 健 所 保 健 環 境 科 学 研 究 所 との 連 絡 調 整 (7) 国 近 隣 都 道 府 県 等 関 係 機 関 との 連 絡 調 整 (8) 県 獣 医 師 会 医 師 会 との 連 絡 調 整 (9) 県 民 相 談 及 び 要 請 窓 口 の 設 置 知 事 公 室 秘 書 課 (1) 知 事 副 知 事 との 連 絡 調 整 広 報 課 (1)マスコミ 対 応 ( 情 報 提 供 啓 発 関 連 事 務 ) 危 機 管 理 防 災 課 (1) 市 町 村 等 との 総 合 調 整 総 務 部 消 防 保 安 課 (1) 消 防 署 等 との 連 絡 調 整 環 境 生 活 部 自 然 保 護 課 (1) 野 生 鳥 獣 の 感 染 状 況 把 握 (2) 野 生 鳥 獣 の 捕 獲 許 可 事 務 及 び 捕 獲 に 関 する 協 力 ( 鳥 獣 保 護 員 による 巡 視 等 ) 農 林 水 産 部 畜 産 課 (1) 家 畜 防 疫 対 策 ( 家 畜 への 感 染 状 況 把 握 ) (2) 家 畜 の 移 動 制 限 等 の 措 置 (3) 畜 産 農 家 への 啓 発 ( 家 畜 と 外 部 動 物 の 接 触 禁 止 等 ) 土 木 部 港 湾 課 (1) 港 湾 での 不 法 上 陸 動 物 対 策 ( 港 湾 周 辺 の 調 査 協 力 等 ) 道 路 保 全 課 (1) 道 路 関 係 での 車 両 規 制 対 策 等 の 協 力 県 警 本 部 生 活 安 全 企 画 課 (1) 感 染 ( 疑 い) 動 物 からの 住 民 保 護 対 策 (2) 住 民 の 混 乱 を 避 けるための 対 策 教 育 庁 交 通 規 制 課 教 育 政 策 課 体 育 保 健 課 (1) 交 通 規 制 交 通 遮 断 対 応 (1) 学 校 飼 育 動 物 対 策 (2) 動 物 との 遭 遇 時 における 対 処 指 導 ( 登 下 校 時 等 の 被 害 防 止 対 策 等 ) 協 力 要 請 団 体 県 獣 医 師 会 (1) 狂 犬 病 予 防 注 射 一 斉 検 診 等 の 協 力 県 医 師 会 学 識 経 験 者 (1) 咬 傷 事 故 等 被 害 者 に 対 する 治 療 (1) 狂 犬 病 防 疫 対 策 に 関 する 助 言 7

9 機 関 の 名 称 保 健 所 ( 地 域 対 策 班 ) 総 務 係 ( 総 務 企 画 課 ) 出 先 関 係 機 関 等 の 事 務 分 担 表 主 な 事 務 内 容 (1) 熊 本 県 対 策 本 部 ( 本 庁 )との 総 合 調 整 (2) 管 内 関 係 機 関 団 体 他 保 健 所 との 連 絡 調 整 (3) 情 報 整 理 及 び 風 評 被 害 の 防 止 対 策 (4) 住 民 相 談 窓 口 の 設 置 感 染 防 止 啓 発 (5) 検 体 の 搬 送 必 要 物 品 の 調 達 (6) 必 要 人 員 の 配 置 及 び 従 事 職 員 の 健 康 管 理 等 狂 犬 病 予 防 担 当 係 ( 衛 生 環 境 課 ) 予 防 係 ( 保 健 予 防 課 ) (1) 現 地 疫 学 調 査 収 集 した 情 報 の 分 析 (2) 感 染 動 物 の 隔 離 経 過 観 察 (3) 予 防 法 に 基 づく 措 置 の 実 施 (4) 確 定 診 断 のための 検 体 確 保 (5) 汚 染 施 設 物 品 の 消 毒 指 導 (1) 感 染 ( 疑 い) 者 疫 学 調 査 (2) 感 染 危 険 度 の 判 定 と 医 療 機 関 への 情 報 提 供 (3) 患 者 ( 家 族 )に 対 する 心 のケア (4) 住 民 相 談 窓 口 の 設 置 人 の 感 染 防 止 啓 発 保 健 環 境 科 学 研 究 所 食 肉 衛 生 検 査 所 地 域 振 興 局 (1) 確 定 診 断 の 為 の 検 体 の 採 材 (2) 国 立 感 染 症 研 究 所 への 検 体 の 送 付 (1) 要 請 に 応 じた 獣 医 師 職 員 の 派 遣 林 務 課 ( 森 林 保 全 課 ) (1) 鳥 獣 保 護 員 による 感 染 状 況 把 握 の 協 力 (2) 野 生 鳥 獣 の 捕 獲 許 可 事 務 及 び 捕 獲 に 関 する 協 力 維 持 管 理 課 (1) 県 管 理 道 路 での 車 両 規 制 対 策 等 の 協 力 港 管 理 事 務 所 (1) 港 湾 周 辺 の 調 査 協 力 等 家 畜 保 健 衛 生 所 (1) 家 畜 への 感 染 状 況 把 握 (2) 畜 産 農 家 への 啓 発 ( 家 畜 と 外 部 動 物 との 接 触 禁 止 等 ) 市 町 村 保 健 衛 生 担 当 課 (1) 放 浪 動 物 の 捕 獲 協 力 (2) 予 防 法 に 基 づく 措 置 の 協 力 (3) 飼 育 者 等 が 実 施 する 汚 染 施 設 物 品 の 消 毒 支 援 (4) 感 染 防 止 啓 発 の 協 力 鳥 獣 保 護 担 当 課 (1) 狂 犬 病 予 防 対 策 のための 野 生 鳥 獣 の 捕 獲 許 可 事 務 (2) 狩 猟 有 害 鳥 獣 捕 獲 禁 止 等 の 対 策 警 察 署 生 活 安 全 担 当 課 (1) 感 染 ( 疑 い) 動 物 からの 住 民 保 護 対 策 (2) 住 民 の 混 乱 を 避 けるための 措 置 交 通 担 当 課 (1) 交 通 規 制 交 通 遮 断 教 育 事 務 所 市 町 村 教 育 委 員 会 関 係 課 獣 医 師 会 支 部 医 師 会 支 部 (1) 学 校 飼 育 動 物 対 策 (2) 動 物 との 遭 遇 時 における 対 処 指 導 ( 登 下 校 時 の 被 害 防 止 対 策 等 ) (1) 狂 犬 病 予 防 注 射 一 斉 検 診 の 協 力 (1) 咬 傷 事 故 被 害 者 に 対 する 治 療 8

10 2 狂 犬 病 ( 疑 い)への 具 体 的 な 対 応 Ⅰ.ステージ1: 平 常 時 における 対 応 狂 犬 病 ( 疑 い)の 国 内 発 生 が 無 い 場 合 又 は 海 外 で 感 染 したヒト 輸 入 狂 犬 病 が 県 外 で 発 生 するも 当 該 患 者 に 接 触 した 動 物 が 国 内 にいない 場 合 若 しくは 動 物 検 疫 所 で 狂 犬 病 が 確 認 された 場 合 で 国 内 への 侵 入 が 無 い 場 合 をステージ 1( 平 常 時 )と 位 置 づける 狂 犬 病 の 国 内 流 入 を 防 ぐため また 流 入 した 際 のまん 延 防 止 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 のもと 平 常 時 より 次 の 対 策 を 講 ずる (1) 飼 い 犬 の 登 録 狂 犬 病 予 防 注 射 の 推 進 ( 予 防 法 第 4 条 5 条 ) 市 町 村 においては 予 防 法 の 規 定 に 基 づき 犬 の 登 録 及 び 狂 犬 病 予 防 注 射 の 徹 底 を 図 り 国 内 の 犬 に 対 する 免 疫 の 付 与 を 確 実 に 行 う また 県 は 技 術 的 支 援 等 を 通 して 登 録 及 び 接 種 率 の 向 上 を 図 る (2) 徘 徊 犬 の 捕 獲 保 管 未 登 録 未 注 射 犬 の 発 見 と 飼 養 者 への 指 導 ( 予 防 法 第 6 条 ) 県 の 予 防 員 は 予 防 法 の 規 定 に 基 づく 捕 獲 保 管 未 登 録 未 注 射 犬 の 発 見 とその 所 有 者 に 対 する 指 導 の 徹 底 を 図 ることにより 登 録 と 狂 犬 病 予 防 注 射 の 確 実 な 実 施 を 図 る (3) 狂 犬 病 予 防 対 策 に 従 事 する 者 への 感 染 防 御 対 策 保 健 所 長 は 狂 犬 病 の 感 染 を 予 防 するため 感 染 の 危 険 性 がある 作 業 に 従 事 する 者 に 対 し 予 防 接 種 を 実 施 するとともに 安 全 装 備 の 配 備 を 行 う ( 詳 細 は 付 属 書 P.11を 参 照 ) (4) 国 外 からの 侵 入 防 止 狂 犬 病 発 生 国 からの 病 気 の 侵 入 を 防 ぐ 為 下 記 の 機 関 はそれぞれ 必 要 な 事 務 を 行 うこととなる 1 国 a. 動 物 検 疫 所 ( 門 司 支 所 博 多 出 張 所 福 岡 空 港 出 張 所 )における 対 応 犬 等 の 輸 出 入 検 疫 規 則 に 基 づき 輸 入 動 物 の 検 疫 を 徹 底 b. 税 関 ( 長 崎 税 関 )における 対 応 不 法 に 国 内 に 持 ち 込 まれる 動 物 に 対 する 監 視 の 徹 底 c. 検 疫 所 ( 福 岡 検 疫 所 )における 対 応 ア) 海 外 渡 航 者 等 に 対 する 狂 犬 病 に 関 する 知 識 の 啓 発 イ) 必 要 に 応 じて 暴 露 前 又 は 暴 露 後 ワクチンの 接 種 の 指 導 2 都 道 府 県 a. 外 国 船 ( 貨 物 船 漁 船 等 ) 内 で 飼 育 されている 動 物 の 不 法 上 陸 への 対 応 国 際 港 を 有 する 都 道 府 県 は 外 国 船 員 に 対 し 動 物 を 不 法 上 陸 させないよ う 周 知 徹 底 (なお 本 県 の 対 応 としては 港 管 理 事 務 所 等 と 協 力 し 熊 本 港 八 代 港 における 対 策 を 重 点 的 に 行 う) 9

11 (5) 研 修 会 の 開 催 健 康 危 機 管 理 課 は 狂 犬 病 の 発 生 に 備 え 以 下 の 関 係 者 に 対 する 研 修 会 を 開 催 する 1 行 政 関 係 者 a. 狂 犬 病 予 防 担 当 者 及 び 感 染 症 担 当 者 b. 市 町 村 の 狂 犬 病 予 防 担 当 者 及 び 感 染 症 担 当 者 2 開 業 獣 医 師 3 医 療 関 係 者 4 住 民 及 び 動 物 の 所 有 者 (6) 狂 犬 病 暴 露 後 発 症 予 防 の 可 能 な 医 療 機 関 の 把 握 健 康 危 機 管 理 課 は 狂 犬 病 に 感 染 した 疑 いのある 人 の 発 症 予 防 が 速 やかに 実 施 されるよう 地 域 で 狂 犬 病 感 染 への 対 応 が 可 能 な 医 療 機 関 を 把 握 する 県 内 で 狂 犬 病 予 防 ワクチンが 常 備 されている 医 療 機 関 平 成 23 年 8 月 現 在 医 療 機 関 名 住 所 電 話 番 号 熊 本 地 域 医 療 センター( 熊 本 県 予 防 接 種 センター) 熊 本 市 本 荘 5 丁 目 16 番 10 号 TEL: FAX: 熊 本 赤 十 字 病 院 熊 本 市 長 嶺 南 2 丁 目 1 番 1 号 TEL: FAX: 天 草 中 央 総 合 病 院 熊 本 県 天 草 市 東 町 101 番 地 TEL: (7) 人 の 狂 犬 病 感 染 に 対 する 適 切 な 対 応 への 準 備 医 療 機 関 においては 狂 犬 病 患 者 を 確 認 した 場 合 速 やかに 保 健 所 への 連 絡 を 行 う また 迅 速 かつ 適 切 な 対 応 を 図 るため 健 康 危 機 管 理 課 は 関 係 医 療 機 関 との 密 接 な 連 携 体 制 の 整 備 を 図 る (8) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 捕 獲 に 係 る 関 係 部 局 との 調 整 1 野 生 動 物 について 健 康 危 機 管 理 課 は 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 以 下 鳥 獣 保 護 法 という ) の 対 象 動 物 の 捕 獲 許 可 について 早 急 な 対 応 がと れるよう あらかじめ 庁 内 や 市 町 村 の 鳥 獣 保 護 関 係 課 との 連 絡 体 制 等 を 整 えておく 2 犬 以 外 の 放 浪 動 物 について 健 康 危 機 管 理 課 は 捕 獲 の 際 の 対 応 について 庁 内 各 課 及 び 県 警 察 本 部 と の 調 整 を 図 る 放 浪 動 物 とは 本 来 野 生 で 生 息 する 動 物 が 人 の 生 活 圏 内 に 迷 い 出 てきたものや 野 良 猫 な ど 人 の 保 管 管 理 下 にないまま 人 の 生 活 圏 内 に 生 息 する 動 物 をいう 10

12 Ⅱ.ステージ2: 疑 い 発 生 時 における 対 応 県 内 保 健 所 に 狂 犬 病 ( 疑 い 含 む)に 感 染 した 動 物 又 はヒトの 届 出 があった 場 合 狂 犬 病 感 染 が 疑 われる 動 物 及 びヒトに 接 触 した 動 物 の 調 査 が 必 要 となった 場 合 経 過 観 察 の 結 果 疑 い 動 物 の 確 定 診 断 が 必 要 となった 場 合 をステージ2( 疑 い 発 生 時 )と 位 置 づける (1) 疫 学 調 査 チームの 結 成 及 び 疫 学 調 査 の 実 施 1 疫 学 調 査 チームの 結 成 保 健 所 長 は 感 染 の 有 無 等 について 調 査 するため 予 防 員 保 健 師 感 染 症 担 当 者 等 による 疫 学 調 査 チームを 結 成 する ( 詳 細 は 付 属 書 P.1を 参 照 ) 2 調 査 の 実 施 疫 学 調 査 チームは 保 健 所 長 の 指 揮 監 督 のもと 管 内 における 狂 犬 病 の 発 生 状 況 の 有 無 等 について 調 査 を 実 施 する ( 詳 細 は 付 属 書 P.1を 参 照 ) (2) 感 染 疑 い 動 物 又 はヒトへの 対 応 1 動 物 の 場 合 予 防 員 は 当 該 動 物 を 人 や 他 の 動 物 が 容 易 に 近 づけない 場 所 に 隔 離 し 保 管 中 の 動 物 を2 週 間 以 上 継 続 して 観 察 を 行 う ( 詳 細 は 付 属 書 P.3~9を 参 照 ) 2 ヒトの 場 合 治 療 方 針 の 決 定 の 為 医 療 機 関 等 と 連 携 し 疑 患 者 及 び 家 族 等 関 係 者 から 聞 き 取 り 調 査 を 行 う ( 詳 細 は 付 属 書 P.2 17~19を 参 照 ) (3) 調 査 結 果 に 基 づく 措 置 1 健 康 危 機 管 理 課 への 報 告 保 健 所 長 は 疫 学 調 査 の 結 果 について 健 康 危 機 管 理 課 へ 報 告 する 健 康 危 機 管 理 課 は 速 やかに 関 係 課 へ 情 報 を 提 供 し 疑 いが 濃 厚 な 場 合 等 必 要 に 応 じ て 健 康 福 祉 部 長 を 座 長 とする 健 康 危 機 管 理 調 整 会 議 を 開 催 する 2 届 出 者 等 への 指 示 予 防 員 は 予 防 法 に 基 づき 必 要 な 指 示 を 行 う ( 詳 細 は 付 属 書 P.3を 参 照 ) (4) 確 定 診 断 の 実 施 1 致 死 処 分 の 実 施 予 防 員 は 感 染 の 疑 いのある 動 物 について 適 宜 観 察 を 継 続 し 疫 学 調 査 の 結 果 も 踏 まえ 感 染 の 疑 いがないことが 明 らかになった 場 合 を 除 き 病 性 鑑 定 の ための 致 死 処 分 を 決 定 する ( 詳 細 は 付 属 書 P.8を 参 照 ) 2 確 定 診 断 の 依 頼 以 下 の 手 順 により 確 定 診 断 を 実 施 する ( 詳 細 は 付 属 書 P.10を 参 照 ) a. 保 健 所 長 は 確 定 診 断 の 実 施 について 健 康 危 機 管 理 課 に 連 絡 する b. 健 康 危 機 管 理 課 は 保 健 所 からの 連 絡 を 受 け 熊 本 県 保 健 環 境 科 学 研 究 所 ( 以 11

13 下 保 健 環 境 科 学 研 究 所 という )に 検 査 を 依 頼 する c. 予 防 員 は 検 体 を 保 健 環 境 科 学 研 究 所 へ 搬 送 する d. 保 健 環 境 科 学 研 究 所 は 検 体 から 検 査 に 必 要 な 臓 器 を 採 取 し 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 確 定 診 断 を 依 頼 する Ⅲ.ステージ3: 発 生 時 における 対 応 国 内 での 発 生 確 認 後 に 国 の 中 央 会 議 で 広 域 的 な 防 疫 対 策 が 必 要 と 判 断 された 場 合 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 狂 犬 病 が 発 生 し 防 疫 対 策 が 必 要 となった 場 合 確 定 診 断 の 結 果 県 内 で 狂 犬 病 発 生 が 確 認 された 場 合 をステージ3( 発 生 時 )と 位 置 づける なお ステージ3においては 次 のような3 段 階 のレベルに 応 じた 対 応 を 行 う 1 レベル1( 国 内 で 発 生 した 旨 国 から 通 知 が 入 った 場 合 ) 2 レベル2( 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 発 生 した 場 合 ) 3 レベル3( 県 内 で 発 生 が 確 認 された 場 合 ) (1) 健 康 危 機 管 理 体 制 の 設 置 狂 犬 病 発 生 時 には 健 康 福 祉 部 長 は 熊 本 県 健 康 危 機 管 理 基 本 指 針 に 基 づいた 健 康 危 機 管 理 調 整 会 議 を 開 催 する また 発 生 状 況 に 応 じ 次 の3 段 階 の 危 機 管 理 体 制 をとる( 具 体 的 事 務 についてはP.46~52を 参 照 ) 1 レベル1: 国 内 で 発 生 した 旨 国 から 通 知 が 入 った 時 国 内 で 発 生 した 旨 国 から 通 知 が 入 った 場 合 健 康 危 機 管 理 課 及 び 保 健 所 衛 生 環 境 課 は 県 民 やマスコミからの 問 い 合 わせへの 対 応 を 行 うとともに 近 隣 県 や 県 内 での 発 生 を 想 定 し 平 常 時 予 防 事 務 ( 捕 獲 予 防 注 射 の 啓 発 等 )の 徹 底 等 侵 入 防 止 体 制 を 整 備 する ( 設 置 体 制 ) 健 康 危 機 管 理 課 に 対 策 総 括 班 ( 以 下 総 括 班 という )を 設 置 する また 必 要 に 応 じて 保 健 所 との 連 携 体 制 をとり 情 報 共 有 に 努 める その 場 合 総 括 班 との 連 携 を 図 るため 保 健 所 に 地 域 対 策 班 ( 以 下 対 策 班 とい う )を 設 置 する a. 総 括 班 の 組 織 構 成 は 次 のとおりとする ア) 健 康 危 機 管 理 課 の 職 員 をもって 組 織 し 班 長 副 班 長 を 置 く イ) 班 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 を 副 班 長 は 課 長 補 佐 をもって 充 てる b. 対 策 班 の 組 織 構 成 は 次 のとおりとする ア) 衛 生 環 境 課 の 職 員 をもって 組 織 し 班 長 を 置 く イ) 班 長 は 衛 生 環 境 課 長 をもって 充 てる 12

14 2 レベル2: 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 発 生 した 時 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 発 生 した 場 合 発 生 県 に 隣 接 する 保 健 所 は 緊 急 の 調 査 や 侵 入 防 止 のための 対 策 を 実 施 する また 県 民 やマスコミからの 問 い 合 わせへの 対 応 を 行 うとともに 具 体 的 事 務 については 国 と 県 との 協 議 において 決 定 する ( 設 置 体 制 ) 庁 内 外 の 関 係 機 関 の 協 力 体 制 の 確 立 及 び 連 絡 調 整 を 図 るため 健 康 福 祉 部 長 を 本 部 長 とする 熊 本 県 狂 犬 病 監 視 本 部 ( 以 下 監 視 本 部 という)を 設 置 する 同 時 に 発 生 地 に 隣 接 する 保 健 所 に 保 健 所 長 を 本 部 長 とする 地 域 狂 犬 病 監 視 本 部 ( 以 下 地 域 監 視 本 部 という )を 設 置 し 関 係 機 関 との 連 携 協 力 の 下 侵 入 防 止 と 清 浄 性 の 確 認 を 図 る a. 監 視 本 部 の 組 織 構 成 は 次 のとおりとする ア) 別 表 1の 構 成 員 をもって 組 織 し 本 部 長 を 置 く イ) 監 視 本 部 の 本 部 長 は 健 康 福 祉 部 長 をもって 充 てる b. 監 視 本 部 の 事 務 を 補 佐 するために 幹 事 会 を 置 く ア) 別 表 2の 構 成 員 で 組 織 し 幹 事 長 を 置 く イ) 幹 事 会 の 幹 事 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 をもって 充 てる ウ) 本 部 長 の 判 断 により 必 要 に 応 じて 幹 事 会 を 開 催 することができるものとす る c. 地 域 監 視 本 部 の 組 織 構 成 は 次 のとおりとする ア) 別 表 3の 構 成 員 をもって 組 織 し 地 域 監 視 本 部 長 を 置 く イ) 地 域 監 視 本 部 長 は 保 健 所 長 をもって 充 てる d. 地 域 監 視 本 部 の 事 務 を 補 佐 するために 幹 事 会 を 置 く ア) 別 表 4の 構 成 員 で 組 織 し 幹 事 長 を 置 く イ) 幹 事 会 の 幹 事 長 は 保 健 所 長 をもって 充 てる ウ) 地 域 監 視 本 部 長 の 判 断 により 必 要 に 応 じて 幹 事 会 を 開 催 することができる ものとする なお 隣 県 における 発 生 に 伴 い 本 県 内 の 地 域 に 疫 学 調 査 等 の 必 要 が 生 じるなど 発 生 状 況 に 応 じ 健 康 福 祉 部 長 が 必 要 と 認 める 場 合 は 次 のレベル3の 体 制 により 対 応 する 3 レベル3: 県 内 で 発 生 が 確 認 された 時 県 内 で 発 生 が 確 認 された 場 合 知 事 を 本 部 長 とする 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 ( 以 下 対 策 本 部 という )を 設 置 する 県 民 やマスコミの 問 い 合 わせの 急 増 の 他 県 内 の 飼 養 者 間 でのパニック 等 も 予 想 されることから 迅 速 かつ 適 切 な 情 報 提 供 に 努 める 他 具 体 的 事 務 については 国 と 県 との 協 議 において 決 定 する 関 係 機 13

15 関 は 一 致 協 力 して 緊 急 にまん 延 状 況 の 確 認 被 害 の 防 止 早 期 清 浄 化 に 向 け 取 組 む ( 詳 細 は P.49~52を 参 照 ) ( 設 置 体 制 ) 知 事 を 本 部 長 とする 対 策 本 部 を 設 置 する また 知 事 は 発 生 地 の 地 域 振 興 局 長 を 本 部 長 とする 地 域 対 策 本 部 を 設 置 するとともに 必 要 に 応 じて 関 係 保 健 所 に 地 域 狂 犬 病 対 策 支 援 本 部 ( 以 下 支 援 本 部 という)を 設 置 し 関 係 機 関 との 連 携 協 力 の 下 早 期 清 浄 化 と 感 染 被 害 の 拡 大 防 止 を 図 る a. 対 策 本 部 の 組 織 構 成 は 次 のとおりとする ア) 別 表 5の 構 成 員 をもって 組 織 し 本 部 長 副 本 部 長 を 置 く イ) 対 策 本 部 の 本 部 長 は 知 事 をもって 充 てる ウ) 副 本 部 長 は 副 知 事 及 び 健 康 福 祉 部 長 をもって 充 てる b. 対 策 本 部 の 事 務 を 補 佐 するために 幹 事 会 を 置 く ア) 別 表 6の 構 成 員 で 組 織 し 幹 事 長 を 置 く イ) 幹 事 長 は 健 康 福 祉 部 長 をもって 充 てる ウ) 本 部 長 の 判 断 により 必 要 に 応 じて 幹 事 会 を 開 催 することができるものとす る c. 本 部 長 は 発 生 地 域 における 危 機 管 理 体 制 を 強 化 するため 発 生 地 域 を 管 轄 する 地 域 振 興 局 に 地 域 対 策 本 部 を 置 く ア) 別 表 7の 構 成 員 をもって 組 織 し 地 域 対 策 本 部 長 を 置 く イ) 地 域 対 策 本 部 長 は 地 域 振 興 局 長 をもって 充 てる ウ) 地 域 対 策 本 部 副 本 部 長 は 保 健 所 長 をもって 充 てる d. 地 域 対 策 本 部 の 事 務 を 補 佐 するために 幹 事 会 を 置 く ア) 別 表 8の 構 成 員 で 組 織 し 幹 事 長 を 置 く イ) 幹 事 会 の 幹 事 長 は 保 健 所 長 をもって 充 てる ウ) 地 域 対 策 本 部 長 の 判 断 により 必 要 に 応 じて 幹 事 会 を 開 催 することができる ものとする e. 本 部 長 は 発 生 が 広 範 囲 に 亘 るなど 必 要 に 応 じて 地 域 振 興 局 単 位 に 支 援 本 部 を 置 く ア) 別 表 9の 構 成 員 で 組 織 し 支 援 本 部 長 を 置 く イ) 支 援 本 部 長 は 保 健 所 長 をもって 充 てる 14

16 (2) 運 用 監 視 本 部 又 は 対 策 本 部 の 本 部 長 は 必 要 に 応 じて 危 機 管 理 体 制 (レベル) の 設 定 及 び 各 体 制 の 縮 小 及 び 拡 充 を 行 うことができるものとする なお 各 危 機 管 理 体 制 の 庶 務 はそれぞれの 事 務 局 が 執 り 行 う 参 考 : 各 危 機 管 理 体 制 の 構 成 ( 別 表 1) 熊 本 県 狂 犬 病 監 視 本 部 レベル2 本 部 長 : 健 康 福 祉 部 長 構 成 員 : 知 事 部 局 関 係 部 長 県 警 生 活 安 全 部 長 保 健 環 境 科 学 研 究 所 所 長 熊 本 県 医 師 会 代 表 学 識 経 験 者 その 他 本 部 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 事 務 局 : 総 括 班 ( 健 康 危 機 管 理 課 ) ( 別 表 2) 熊 本 県 狂 犬 病 監 視 本 部 幹 事 会 幹 事 長 : 健 康 危 機 管 理 課 長 幹 事 : 知 事 部 局 各 部 関 係 課 長 県 警 生 活 安 全 企 画 課 長 教 育 庁 体 育 保 健 課 長 事 務 局 : 総 括 班 ( 健 康 危 機 管 理 課 ) 危 機 管 理 監 教 育 長 食 肉 衛 生 検 査 所 長 熊 本 県 獣 医 師 会 代 表 危 機 管 理 防 災 課 長 県 警 交 通 規 制 課 長 保 健 環 境 科 学 研 究 所 担 当 部 長 ( 別 表 3) 地 域 狂 犬 病 監 視 本 部 地 域 監 視 本 部 長 : 保 健 所 長 構 成 員 : 総 務 部 長 農 林 ( 水 産 ) 部 長 土 木 部 長 家 畜 保 健 衛 生 所 長 警 察 署 長 消 防 署 長 教 育 事 務 所 長 医 師 会 支 部 長 獣 医 師 会 支 部 長 市 町 村 鳥 獣 保 護 担 当 課 長 市 町 村 保 健 環 境 衛 生 担 当 課 長 市 町 村 教 育 委 員 会 関 係 課 長 その 他 本 部 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 事 務 局 : 対 策 班 ( 衛 生 環 境 課 ) ( 別 表 4) 地 域 狂 犬 病 監 視 本 部 幹 事 会 幹 事 長 : 保 健 所 長 幹 事 : 保 健 所 関 係 各 課 長 地 域 振 興 局 総 務 振 興 課 長 地 域 振 興 局 維 持 管 理 課 長 警 察 署 生 活 安 全 交 通 担 当 課 長 市 町 村 保 健 環 境 衛 生 担 当 課 長 その 他 幹 事 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 家 畜 保 健 衛 生 所 家 畜 防 疫 担 当 課 長 地 域 振 興 局 林 務 課 長 港 管 理 事 務 所 教 育 事 務 所 市 町 村 教 育 委 員 会 関 係 課 長 事 務 局 : 対 策 班 ( 衛 生 環 境 課 ) 15

17 ( 別 表 5) 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 レベル3 本 部 長 : 知 事 副 本 部 長 : 副 知 事 健 康 福 祉 部 長 構 成 員 : 知 事 部 局 関 係 部 長 危 機 管 理 監 県 警 本 部 長 教 育 長 保 健 環 境 科 学 研 究 所 所 長 各 地 域 振 興 局 長 熊 本 県 医 師 会 代 表 熊 本 県 獣 医 師 会 代 表 食 肉 衛 生 検 査 所 長 学 識 経 験 者 その 他 本 部 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 事 務 局 : 総 括 班 ( 健 康 危 機 管 理 課 ) ( 別 表 6) 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 幹 事 会 幹 事 長 : 健 康 福 祉 部 長 幹 事 : 知 事 部 局 各 関 係 管 課 長 危 機 管 理 防 災 課 長 県 警 生 活 安 全 企 画 課 長 県 警 交 通 規 制 課 長 教 育 庁 体 育 保 健 課 長 保 健 環 境 科 学 研 究 所 担 当 部 長 事 務 局 : 総 括 班 ( 健 康 危 機 管 理 課 ) ( 別 表 7) 地 域 狂 犬 病 対 策 本 部 地 域 対 策 本 部 長 : 振 興 局 長 地 域 対 策 本 部 副 本 部 長 : 保 健 所 長 構 成 員 : 総 務 部 長 農 林 ( 水 産 ) 部 長 土 木 部 長 家 畜 保 健 衛 生 所 長 警 察 署 長 消 防 署 長 教 育 事 務 所 長 医 師 会 支 部 長 獣 医 師 会 支 部 長 市 町 村 鳥 獣 保 護 担 当 課 長 市 町 村 保 健 環 境 衛 生 担 当 課 長 市 町 村 教 育 委 員 会 関 係 課 長 その 他 本 部 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 事 務 局 : 対 策 班 ( 衛 生 環 境 課 ) ( 別 表 8) 地 域 狂 犬 病 対 策 本 部 幹 事 会 幹 事 長 : 保 健 所 長 幹 事 : 保 健 所 関 係 各 課 長 家 畜 保 健 衛 生 所 家 畜 防 疫 担 当 課 長 地 域 振 興 局 総 務 振 興 課 長 地 域 振 興 局 林 務 課 長 地 域 振 興 局 維 持 管 理 課 長 港 管 理 事 務 所 警 察 署 生 活 安 全 交 通 担 当 課 長 教 育 事 務 所 市 町 村 保 健 環 境 衛 生 担 当 課 長 市 町 村 教 育 委 員 会 関 係 課 長 その 他 幹 事 長 が 必 要 と 認 める 機 関 団 体 事 務 局 : 対 策 班 ( 衛 生 環 境 課 ) ( 別 表 9) 地 域 狂 犬 病 対 策 支 援 本 部 支 援 本 部 長 : 保 健 所 長 構 成 員 : 保 健 所 関 係 各 課 長 各 課 員 事 務 局 : 対 策 班 ( 衛 生 環 境 課 ) 16

18 Ⅳ. 狂 犬 病 ( 疑 い) 発 生 時 以 降 の 事 務 の 流 れ 一 覧 発 見 者 疑 い 動 物 発 見 の 通 報 届 出 人 の 患 者 発 生 時 には 感 染 源 動 物 の 調 査 依 頼 等 (1) 通 報 届 出 (2) 指 示 保 健 所 健 康 危 機 管 理 課 (3) 届 出 者 への 聞 き 取 り 現 地 の 疫 学 調 査 の 開 始 適 宜 : 報 告 協 議 (4) 調 査 結 果 に 基 づく 対 応 の 決 定 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 拘 束 の 場 合 ( 所 有 者 判 明 の 場 合 は 所 有 者 への 指 示 ) 動 物 の 保 管 管 理 動 物 の 隔 離 動 物 の 移 動 殺 害 禁 止 等 予 防 員 による 観 察 の 継 続 (2 週 間 以 上 ) 確 定 診 断 の 為 の 致 死 処 分 の 判 断 未 拘 束 の 場 合 動 物 の 捕 獲 その 後 拘 束 の 場 合 と 同 様 の 措 置 をとる (6) 確 定 診 断 の 依 頼 保 健 環 境 科 学 研 究 所 (7) 頭 部 分 離 検 体 の 採 材 送 付 関 係 機 関 との 調 整 を 担 当 (ex) 国 への 報 告 隣 接 自 治 体 への 連 絡 関 係 機 関 との 協 議 確 定 診 断 後 の 対 応 (11) 陽 性 の 場 合 ( 健 康 危 機 管 理 課 ) 国 が 主 催 する 調 整 会 議 への 参 加 熊 本 県 狂 犬 病 対 策 本 部 の 設 置 ( 保 健 所 ) 地 域 狂 犬 病 対 策 本 部 の 設 置 発 生 する 事 務 1 公 表 2 関 係 機 関 への 連 絡 調 整 3 狂 犬 病 発 生 の 公 示 係 留 命 令 4 疫 学 調 査 の 指 示 5 国 近 隣 自 治 体 への 報 告 6 予 防 法 に 規 定 される 措 置 の 実 施 国 立 感 染 症 研 究 所 (8) 確 定 診 断 の 実 施 (9) 診 断 結 果 の 報 告 厚 生 労 働 省 結 核 感 染 症 課 (10) 健 康 危 機 管 理 課 への 診 断 結 果 の 通 知 (12) 清 浄 化 の 確 認 新 しい 被 疑 動 物 の 発 生 がないこ と 等 を 確 認 関 係 機 関 への 連 絡 を 行 い 平 常 時 体 制 へ 陰 性 の 場 合 もこれに 準 ず る 17

19 18

20 第 二 章 発 生 ケース 別 対 応 フローチャート 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 発 見 から 確 定 診 断 までの 対 応 19

21 Ⅰ-0 対 応 全 体 の 流 れ 動 物 の 定 義 : 予 防 法 で 規 定 する 犬 猫 その 他 の 動 物 ( 政 令 指 定 動 物 :あらいぐま きつね 及 びスカンク) 家 畜 伝 染 病 予 防 法 規 定 の 狂 犬 病 対 象 家 畜 牛 馬 めん 羊 山 羊 豚 水 牛 しか いのしし は 畜 産 課 で 対 応 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 人 の 発 見 場 所 に 応 じたパターン 県 内 国 内 海 外 との 接 点 動 物 病 院 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター 動 物 の 所 有 者 野 外 で 発 見 県 外 発 生 空 港 港 湾 施 設 人 への 感 染 疑 い 医 療 機 関 Ⅰ-1 P.21 Ⅰ-2 P.25 Ⅰ-3 P.29 Ⅰ-4 P.33 Ⅰ-5 P.35 Ⅰ-6 P.36 Ⅱ P.37 発 見 の 報 告 確 定 診 断 の 依 頼 ( 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ) Ⅲ P.40 確 定 診 断 ( 国 立 感 染 症 研 究 所 ) Ⅳ P.42 確 定 診 断 結 果 の 報 告 Ⅴ P.44 陽 性 と 診 断 された 場 合 の 対 応 Ⅵ P.46 陰 性 と 診 断 された 場 合 の 対 応 Ⅶ P.52 20

22 Ⅰ-1 動 物 病 院 で 発 見 された 場 合 動 物 病 院 所 有 者 の 持 ち 込 みによる 疑 い 動 物 の 発 見 獣 医 師 は 予 防 法 第 8 条 第 1 項 の 規 定 による 届 出 を 保 健 所 長 ( 熊 本 市 内 にあっては 熊 本 市 動 物 愛 護 セン ター 所 長 )に 行 う( 様 式 第 1 号 ) 各 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター 狂 犬 病 予 防 員 は 次 の 対 応 をとる (1) 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 1 動 物 の 保 護 管 理 2 動 物 の 隔 離 3 殺 害 禁 止 等 (3) 動 物 の 観 察 (4) 疫 学 調 査 の 開 始 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 観 察 の 継 続 致 死 処 分 陰 性 死 亡 確 定 診 断 の 依 頼 ( 様 式 第 8 号 ~ 第 10 号 ) * 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 検 体 の 送 付 * 保 健 環 境 科 学 研 究 所 から 国 立 感 染 症 研 究 所 へ

23 ( 対 応 の 詳 細 ) (1) 臨 床 診 断 を 行 った 獣 医 師 から 保 健 所 への 届 出 予 防 法 第 8 条 の 規 定 に 基 づき, 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 を 診 断 又 は 死 体 を 検 案 し た 獣 医 師 は, 直 ちに 当 該 動 物 の 所 在 地 を 所 管 する 保 健 所 長 に 届 出 を 行 う ( 様 式 第 1 号 ) (2) 届 出 を 受 けた 保 健 所 における 対 応 1 関 係 機 関 への 報 告 ( 予 防 法 第 8 条 第 2 項 ) 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は, 直 ちに 健 康 危 機 管 理 課 及 び 熊 本 県 動 物 管 理 センタ ーに 報 告 する 2 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は 狂 犬 病 発 生 の 確 認 を 行 うため 予 防 員 をして 獣 医 師 及 び 動 物 の 所 有 者 から 状 況 聴 取 を 行 う 聴 取 事 項 については 狂 犬 病 ( 疑 い) 動 物 発 見 者 聞 き 取 り 調 査 票 ( 様 式 第 2 号 )に 基 づいて 行 う 3 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 予 防 員 は 状 況 聴 取 の 結 果 感 染 の 疑 いがあると 判 断 した 場 合 は 獣 医 師 及 び 所 有 者 に 対 して 次 の 指 示 を 行 う なお 当 該 動 物 と 接 触 のあったことが 明 らかな 動 物 についても 狂 犬 病 の 疑 いがある 動 物 として 同 様 の 指 示 を 行 う a. 動 物 の 保 管 管 理 及 び 隔 離 ( 他 の 動 物 との 接 触 の 禁 止 ) ( 予 防 法 第 9 条 ) 人 や 他 の 動 物 が 容 易 に 近 づけない 場 所 に 隔 離 し 保 管 するよう 指 示 する また 感 染 の 疑 いがなくなるまでの 間 施 設 外 への 移 動 を 禁 止 する なお 動 物 病 院 等 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 動 物 を 保 管 することが 狂 犬 病 まん 延 防 止 を 妨 げると 判 断 した 時 は 保 健 所 若 しくは 熊 本 県 動 物 管 理 センターの 動 物 管 理 施 設 に 移 送 し 隔 離 保 管 して 観 察 する この 場 合 動 物 保 管 依 頼 書 ( 様 式 第 6 号 )を 所 有 者 から 徴 取 しておく b. 殺 害 防 止 ( 予 防 法 第 11 条 ) 予 防 員 の 許 可 を 受 けないで 動 物 を 殺 害 することを 禁 止 する c. 死 亡 した 場 合 の 死 体 の 引 渡 し( 予 防 法 第 12 条 ) 保 管 中 に 死 亡 した 場 合 は 直 ちに 保 健 所 に 連 絡 するとともに 死 体 につ いて 狂 犬 病 の 確 定 診 断 の 必 要 があると 認 める 場 合 は 予 防 員 に 引 き 渡 す よう 指 示 する d. 咬 傷 事 故 への 対 応 所 有 者 等 が 動 物 から 咬 傷 を 受 けた 場 合 は 医 療 機 関 での 治 療 暴 露 後 ワ クチン 接 種 の 指 示 ( 詳 細 は P.37~39を 参 照 ) 22

24 4 動 物 の 観 察 予 防 員 は 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 状 況 を 確 実 に 把 握 するため 動 物 を 保 管 する 動 物 管 理 施 設 動 物 病 院 等 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 立 ち 入 り 狂 犬 病 疑 い 動 物 観 察 用 カルテ ( 様 式 第 3 号 )により 保 管 中 の 動 物 の 状 況 を 適 宜 観 察 する ( 観 察 の 継 続 期 間 は2 週 間 以 上 とする ) 5 疫 学 調 査 の 開 始 予 防 員 は 所 有 者 等 からの 状 況 聴 取 に 基 づき 次 の 状 況 について 周 辺 住 民 か らの 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 する 他 に 異 常 を 示 す 動 物 の 有 無 徘 徊 時 の 動 物 の 状 況 人 や 他 の 動 物 に 対 する 咬 傷 等 の 有 無 他 の 動 物 との 接 触 の 有 無 等 (3) 保 健 所 における 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 予 防 員 は 状 況 調 査 及 び 疫 学 調 査 の 結 果 狂 犬 病 感 染 の 疑 いがないことが 明 らか である 場 合 を 除 き 以 下 に 示 す 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 に 基 づき 動 物 の 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う 観 察 を 継 続 する 場 合 の 観 察 期 間 は2 週 間 以 上 とする なお 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 接 触 のあったことが 明 らかな 動 物 で ワクチン 接 種 を 行 っていないものについては 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 同 様 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う ワクチン 接 種 を 行 っているものにつ いては 隔 離 のもと 引 き 続 き 観 察 を 継 続 する 致 死 処 分 を 行 う 場 合 は 所 有 者 の 了 解 を 得 て 行 うとともに 動 物 の 所 有 権 放 棄 届 ( 様 式 第 7 号 )を 徴 取 する また 政 令 第 5 条 に 基 づき 県 の 委 嘱 する 犬 評 価 人 ( 獣 医 師 )による 処 分 前 評 価 を 行 う 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 致 死 処 分 を 選 択 する 基 準 は 次 のいずれかの 事 項 が 認 められた 場 合 とする (1) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 人 や 動 物 が 咬 まれた 場 合 (2) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 麻 痺 性 の 発 作 が 見 られた 場 合 (3) 所 有 者 が 致 死 処 分 に 同 意 した 場 合 (4) 保 健 所 から 健 康 危 機 管 理 課 への 確 定 診 断 の 依 頼 と 検 体 の 送 付 確 定 診 断 の 必 要 があると 判 断 し 動 物 を 致 死 処 分 した 場 合 又 は 動 物 の 死 体 を 所 有 者 から 引 き 渡 された 場 合 は 保 健 所 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 に 確 定 診 断 の 意 向 を 連 絡 し 健 康 危 機 管 理 課 長 は 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 へ 様 式 第 8 号 により 検 査 を 依 頼 す る その 後 保 健 所 長 は 当 該 動 物 の 死 体 を 保 健 環 境 科 学 研 究 所 へ 送 付 する ( 詳 細 は P.40 P41を 参 照 ) なお 致 死 処 分 検 体 採 取 送 付 等 に 際 しては 新 たな 汚 染 感 染 拡 大 を 確 実 に 23

25 防 止 できる 方 法 を 用 いる その 他 次 の 各 関 連 事 務 に 関 する 詳 細 については 付 属 書 を 参 考 とすること (1) 疫 学 調 査 の 実 施 方 法 について: 付 属 書 P.1~2 (2) 調 査 結 果 に 基 づく 措 置 について: 付 属 書 P.3 (3) 疑 い 動 物 の 搬 送 方 法 について: 付 属 書 P.4 (4) 狂 犬 病 ウイルスの 消 毒 方 法 について: 付 属 書 P.4 (5) 動 物 の 観 察 方 法 について: 付 属 書 P.5~8 (6) 動 物 の 致 死 処 分 について: 付 属 書 P.8~9 (7) 確 定 診 断 の 依 頼 について: 付 属 書 P.10 (8) 業 務 従 事 者 の 感 染 防 御 対 策 について: 付 属 書 P.11 (9) 咬 傷 被 害 者 への 治 療 について: 付 属 書 P.17~19 24

26 Ⅰ-2 保 健 所 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センターの 動 物 管 理 施 設 で 発 見 された 場 合 保 健 所 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センター 所 有 者 不 明 の 場 合 (1) 予 防 員 による 動 物 の 観 察 (2) 疫 学 調 査 の 開 始 (3) 致 死 処 分 所 有 者 判 明 の 場 合 所 有 者 へ 保 管 施 設 におけ る 観 察 の 継 続 を 勧 める 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 所 有 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 1 動 物 の 保 護 管 理 2 動 物 の 隔 離 3 殺 害 禁 止 等 (3) 上 記 動 物 の 観 察 (4) 疫 学 調 査 の 開 始 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 観 察 の 継 続 致 死 処 分 陰 性 死 亡 確 定 診 断 の 依 頼 ( 様 式 第 8 号 ~ 第 10 号 ) * 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ ( 対 応 の 詳 細 ) 検 体 の 送 付 * 保 健 環 境 科 学 研 究 所 から 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 25

27 保 健 所 長 ( 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センター 所 長 )は 健 康 危 機 管 理 課 及 び 熊 本 県 動 物 管 理 センターに 電 話 により 第 1 報 を 入 れた 後 所 有 者 の 有 無 に 応 じ( 犬 の 場 合 は 公 示 やホーム ページの 活 用 ( 以 下 公 示 等 という )を 行 い 所 有 者 を 捜 す) (1)または(2)の 対 応 を 行 う (1) 所 有 者 不 明 動 物 の 場 合 1 動 物 の 観 察 予 防 員 は 当 該 動 物 を 人 や 他 の 動 物 が 容 易 に 近 づけない 場 所 に 隔 離 し 保 管 中 の 動 物 を2 週 間 以 上 継 続 して 観 察 を 行 う( 様 式 第 3 号 ) 2 疫 学 調 査 の 開 始 予 防 員 は 公 示 等 の 期 間 中 は 観 察 を 行 うとともに 動 物 の 捕 獲 収 容 を 行 った 場 所 の 付 近 住 民 に 対 して 次 の 状 況 について 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 する a. 他 に 異 常 を 示 す 動 物 の 有 無 b. 徘 徊 時 の 動 物 の 状 況 c. 人 や 他 の 動 物 に 対 する 咬 傷 等 の 有 無 d. 他 の 動 物 との 接 触 の 有 無 等 3 致 死 処 分 の 実 施 予 防 員 は 公 示 等 の 措 置 の 後 所 有 者 が 判 明 しない 場 合 で 当 該 動 物 を 致 死 処 分 して 確 定 診 断 を 行 う 必 要 があると 判 断 した 場 合 は 政 令 第 5 条 に 基 づき 県 の 委 嘱 する 犬 評 価 人 ( 獣 医 師 )による 処 分 前 評 価 を 実 施 し 致 死 処 分 を 行 う 4 保 健 所 から 健 康 危 機 管 理 課 への 確 定 診 断 の 依 頼 と 検 体 の 送 付 確 定 診 断 の 必 要 があると 判 断 し 動 物 を 致 死 処 分 した 場 合 又 は 動 物 の 死 体 を 所 有 者 から 引 き 渡 された 場 合 は 保 健 所 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 に 確 定 診 断 の 意 向 を 連 絡 し 健 康 危 機 管 理 課 長 は 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 へ 様 式 第 8 号 により 検 査 を 依 頼 する その 後 保 健 所 長 は 当 該 動 物 の 死 体 を 熊 本 県 保 健 環 境 科 学 研 究 所 へ 送 付 する ( 詳 細 は P.40 P41を 参 照 ) なお 致 死 処 分 検 体 採 取 送 付 等 に 際 しては 新 たな 汚 染 感 染 拡 大 を 確 実 に 防 止 できる 方 法 を 用 いる (2) 所 有 者 判 明 動 物 の 場 合 1 保 健 所 から 所 有 者 への 指 示 予 防 員 は 公 示 等 により 所 有 者 が 判 明 した 場 合 は 所 有 者 に 対 して 動 物 が 狂 犬 病 感 染 の 疑 いがある 旨 伝 え 感 染 の 有 無 について 獣 医 師 の 診 断 を 受 けるよう に 指 示 する なお 動 物 の 隔 離 場 所 については 引 き 続 き 保 健 所 若 しくは 熊 本 市 動 物 愛 護 センターの 動 物 管 理 施 設 における 隔 離 を 勧 める 2 臨 床 診 断 を 行 った 獣 医 師 から 保 健 所 への 届 出 ( 予 防 法 第 8 条 ) 臨 床 診 断 により 狂 犬 病 又 はその 疑 いがあると 診 断 した 獣 医 師 は 直 ちにその 旨 を 保 健 所 長 に 届 ける ( 様 式 第 1 号 ) 26

28 3 届 出 を 受 けた 保 健 所 における 対 応 a. 関 係 機 関 への 報 告 ( 予 防 法 第 8 条 第 2 項 ) 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は 直 ちに 健 康 危 機 管 理 課 長 及 び 熊 本 県 動 物 管 理 センターに 報 告 する b. 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は 狂 犬 病 発 生 の 確 認 を 行 うため 予 防 員 をして 獣 医 師 及 び 動 物 の 所 有 者 から 状 況 聴 取 を 行 う 聴 取 事 項 については 狂 犬 病 ( 疑 い) 動 物 発 見 者 聞 き 取 り 調 査 票 ( 様 式 第 2 号 )に 基 づいて 行 う c. 動 物 の 保 管 管 理 及 び 隔 離 ( 他 の 動 物 との 接 触 の 禁 止 ) ( 予 防 法 第 9 条 ) 所 有 者 が 自 宅 等 で 当 該 動 物 の 保 管 を 希 望 する 場 合 は 人 や 他 の 動 物 が 容 易 に 近 づけない 場 所 に 隔 離 し 保 管 するよう 指 示 する また 感 染 の 疑 いがなくなるまでの 間 施 設 外 への 移 動 を 禁 止 する なお 動 物 病 院 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 動 物 を 保 管 することが 狂 犬 病 蔓 延 防 止 を 妨 げると 判 断 した 時 は 保 健 所 若 しくは 熊 本 県 動 物 管 理 センターの 動 管 理 施 設 に 移 送 し 隔 離 保 管 して 観 察 する この 場 合 動 物 の 保 管 依 頼 書 ( 様 式 第 6 号 )を 所 有 者 から 徴 取 しておく d. 殺 害 防 止 ( 予 防 法 第 11 条 ) 予 防 員 の 許 可 を 受 けないで 動 物 を 殺 害 することを 禁 止 する e. 死 亡 した 場 合 の 死 体 の 引 渡 し( 予 防 法 第 12 条 ) 保 管 中 に 死 亡 した 場 合 は 直 ちに 保 健 所 に 連 絡 するとともに 死 体 につ いて 狂 犬 病 の 確 定 診 断 の 必 要 があると 認 める 場 合 は 予 防 員 に 引 き 渡 す よう 指 示 する f. 咬 傷 事 故 への 対 応 所 有 者 等 が 動 物 から 咬 傷 を 受 けた 場 合 は 医 療 機 関 での 治 療 暴 露 後 ワ クチン 接 種 の 指 示 ( 詳 細 は P.37 以 降 を 参 照 ) g. 動 物 の 観 察 予 防 員 は 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 状 況 を 確 実 に 把 握 するため 動 物 を 保 管 する 動 物 管 理 施 設 動 物 病 院 等 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 立 ち 入 り 狂 犬 病 疑 い 動 物 観 察 用 カルテ ( 様 式 第 3 号 )により 保 管 中 の 動 物 の 状 況 を 適 宜 観 察 する ( 観 察 の 継 続 期 間 は2 週 間 以 上 とする ) h. 疫 学 調 査 の 開 始 予 防 員 は 所 有 者 等 からの 状 況 聴 取 に 基 づき 次 の 状 況 について 動 物 の 捕 獲 収 容 を 行 った 場 所 の 周 辺 住 民 からの 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 する 他 に 異 常 を 示 す 動 物 の 有 無 27

29 徘 徊 時 の 動 物 の 状 況 人 や 他 の 動 物 に 対 する 咬 傷 等 の 有 無 他 の 動 物 との 接 触 の 有 無 等 4 保 健 所 における 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 予 防 員 は 状 況 調 査 及 び 疫 学 調 査 の 結 果 狂 犬 病 感 染 の 疑 いがないことが 明 らかである 場 合 を 除 き 以 下 に 示 す 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 に 基 づき 動 物 の 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う 観 察 を 継 続 する 場 合 の 観 察 期 間 は2 週 間 以 上 とする なお 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 接 触 のあったことが 明 らかな 動 物 で ワク チン 接 種 を 行 っていないものについては 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 同 様 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う ワクチン 接 種 を 行 って いるものについては 隔 離 のもと 引 き 続 き 観 察 を 継 続 する 致 死 処 分 を 行 う 場 合 は 所 有 者 の 了 解 を 得 て 行 うとともに 動 物 の 所 有 権 放 棄 届 ( 様 式 第 7 号 )を 徴 取 する また 政 令 第 5 条 に 基 づき 県 の 委 嘱 する 犬 評 価 人 ( 獣 医 師 )による 処 分 前 評 価 を 行 う 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 致 死 処 分 を 選 択 する 基 準 は 次 のいずれかの 事 項 が 認 められた 場 合 とする (1) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 人 や 動 物 が 咬 まれた 場 合 (2) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 麻 痺 性 の 発 作 が 見 られた 場 合 (3) 所 有 者 が 致 死 処 分 に 同 意 した 場 合 5 保 健 所 から 健 康 危 機 管 理 課 への 確 定 診 断 の 依 頼 と 検 体 の 送 付 確 定 診 断 の 必 要 があると 判 断 し 動 物 を 致 死 処 分 した 場 合 又 は 動 物 の 死 体 を 所 有 者 から 引 き 渡 された 場 合 は 保 健 所 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 に 確 定 診 断 の 意 向 を 連 絡 し 健 康 危 機 管 理 課 長 は 熊 本 県 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 ( 以 下 保 健 環 境 科 学 研 究 所 という)へ 様 式 第 8 号 により 検 査 を 依 頼 する その 後 保 健 所 長 は 当 該 動 物 の 死 体 を 保 健 環 境 科 学 研 究 所 へ 送 付 する ( 詳 細 は P.40 P41を 参 照 ) なお 致 死 処 分 検 体 採 取 送 付 等 に 際 しては 新 たな 汚 染 感 染 拡 大 を 確 実 に 防 止 できる 方 法 を 用 いる その 他 次 の 各 関 連 事 務 に 関 する 詳 細 については 付 属 書 を 参 考 とすること (1) 疫 学 調 査 の 実 施 方 法 について: 付 属 書 P.1~2 (2) 調 査 結 果 に 基 づく 措 置 について: 付 属 書 P.3 (3) 疑 い 動 物 の 搬 送 方 法 について: 付 属 書 P.4 (4) 狂 犬 病 ウイルスの 消 毒 方 法 について: 付 属 書 P.4 (5) 動 物 の 観 察 方 法 について: 付 属 書 P.5~8 (6) 動 物 の 致 死 処 分 について: 付 属 書 P.8~9 (7) 確 定 診 断 の 依 頼 について: 付 属 書 P.10 (8) 業 務 従 事 者 の 感 染 防 御 対 策 について: 付 属 書 P.11 (9) 咬 傷 被 害 者 への 治 療 について: 付 属 書 P.17~19 28

30 Ⅰ-3 動 物 の 所 有 者 が 発 見 した 場 合 動 物 の 所 有 者 相 談 届 出 獣 医 師 による 診 断 又 は ( 様 式 第 1 号 ) 抑 留 施 設 への 隔 離 等 を 指 示 受 診 獣 医 師 による 臨 床 診 断 連 絡 依 頼 届 出 ( 様 式 第 1 号 ) 保 健 所 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 1 動 物 の 保 護 管 理 2 動 物 の 隔 離 3 殺 害 禁 止 等 (3) 予 防 員 による 動 物 の 観 察 (4) 疫 学 調 査 の 開 始 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 観 察 の 継 続 致 死 処 分 陰 性 死 亡 確 定 診 断 の 依 頼 ( 様 式 第 8 号 ~ 第 10 号 ) * 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 検 体 の 送 付 * 保 健 環 境 科 学 研 究 所 から 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 29

31 ( 対 応 の 詳 細 ) (1) 所 有 者 から 保 健 所 への 連 絡 ( 予 防 法 第 8 条 ) 自 己 の 所 有 する 動 物 が 異 常 を 示 していると 判 断 した 場 合 は 当 該 所 有 者 は 直 ちに 管 轄 の 保 健 所 にその 旨 を 連 絡 する (2) 連 絡 を 受 けた 保 健 所 から 所 有 者 への 指 示 予 防 員 は 狂 犬 病 感 染 の 有 無 について 獣 医 師 の 診 断 を 受 けるよう 指 示 する (3) 所 有 者 及 び 保 健 所 からかかりつけ 獣 医 師 への 連 絡 所 有 者 は 保 健 所 からの 指 示 に 従 い 直 ちにかかりつけの 獣 医 師 へ 連 絡 し 狂 犬 病 感 染 の 有 無 等 について 診 断 を 受 ける 予 防 員 は 獣 医 師 に 対 して 狂 犬 病 の 疑 いがある 旨 及 びその 動 物 の 適 正 な 取 扱 い 所 有 者 への 指 示 等 について 連 絡 依 頼 する (4) 臨 床 診 断 を 行 った 獣 医 師 から 保 健 所 への 届 出 ( 予 防 法 第 8 条 ) 診 断 を 行 った 獣 医 師 は 狂 犬 病 の 疑 いがあると 判 断 した 場 合 は 直 ちにその 旨 を 保 健 所 に 届 け 出 る ( 様 式 第 1 号 ) (5) 届 出 を 受 けた 保 健 所 における 対 応 1 関 係 機 関 への 報 告 ( 予 防 法 第 8 条 第 2 項 ) 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は 直 ちに 健 康 危 機 管 理 課 及 び 熊 本 県 動 物 管 理 センタ ーに 報 告 する 2 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り 届 出 を 受 けた 保 健 所 長 は 狂 犬 病 発 生 の 確 認 を 行 うため 予 防 員 をして 獣 医 師 及 び 動 物 の 所 有 者 から 状 況 聴 取 を 行 う 聴 取 事 項 については 狂 犬 病 ( 疑 い) 動 物 発 見 者 聞 き 取 り 調 査 票 ( 様 式 第 2 号 )に 基 づいて 行 う 3 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 予 防 員 は 状 況 聴 取 の 結 果 感 染 の 疑 いが 強 いと 判 断 した 場 合 は 獣 医 師 及 び 所 有 者 に 対 して 次 の 指 示 を 行 う なお 当 該 動 物 と 接 触 のあったことが 明 らかな 動 物 についても 狂 犬 病 の 疑 いがある 動 物 として 同 様 の 指 示 を 行 う a. 動 物 の 保 管 管 理 及 び 隔 離 ( 他 の 動 物 との 接 触 の 禁 止 ) ( 予 防 法 第 9 条 ) 人 や 他 の 動 物 が 容 易 に 近 づけない 場 所 に 隔 離 し 保 管 するよう 指 示 する また 感 染 の 疑 いがなくなるまでの 間 施 設 外 への 移 動 を 禁 止 する なお 動 物 病 院 等 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 動 物 を 保 管 することが 狂 犬 病 まん 延 防 止 を 妨 げると 判 断 した 時 は 保 健 所 若 しくは 熊 本 県 動 物 管 理 センター の 動 管 理 施 設 に 移 送 し 隔 離 保 管 して 観 察 する この 場 合 動 物 の 保 管 依 頼 書 ( 様 式 第 6 号 )を 所 有 者 から 徴 取 しておく 30

32 b. 殺 害 防 止 ( 予 防 法 第 11 条 ) 予 防 員 の 許 可 を 受 けないで 動 物 を 殺 害 することを 禁 止 する c. 死 亡 した 場 合 の 死 体 の 引 渡 し( 予 防 法 第 12 条 ) 保 管 中 に 死 亡 した 場 合 は 直 ちに 保 健 所 に 連 絡 するとともに 死 体 につ いて 狂 犬 病 の 確 定 診 断 の 必 要 があると 認 める 場 合 は 予 防 員 に 引 き 渡 す よう 指 示 する f. 咬 傷 事 故 への 対 応 所 有 者 等 が 動 物 から 咬 傷 を 受 けた 場 合 は 医 療 機 関 での 治 療 暴 露 後 ワ クチン 接 種 の 指 示 ( 詳 細 は P.37~39を 参 照 ) 4 動 物 の 観 察 予 防 員 は 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 状 況 を 確 実 に 把 握 するため 動 物 を 保 管 する 動 物 管 理 施 設 動 物 病 院 等 又 は 所 有 者 の 自 宅 に 立 ち 入 り 狂 犬 病 疑 い 動 物 観 察 用 カルテ ( 様 式 第 3 号 )により 保 管 中 の 動 物 の 状 況 を 適 宜 観 察 する ( 観 察 の 継 続 期 間 は2 週 間 以 上 とする ) 5 疫 学 調 査 の 開 始 予 防 員 は 所 有 者 等 からの 状 況 聴 取 に 基 づき 次 の 状 況 について 周 辺 住 民 か らの 聞 き 取 り 調 査 を 実 施 する 他 に 異 常 を 示 す 動 物 の 有 無 徘 徊 時 の 動 物 の 状 況 人 や 他 の 動 物 に 対 する 咬 傷 等 の 有 無 他 の 動 物 との 接 触 の 有 無 等 (6) 保 健 所 における 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 予 防 員 は 状 況 調 査 及 び 疫 学 調 査 の 結 果 狂 犬 病 感 染 の 疑 いがないことが 明 らか である 場 合 を 除 き 以 下 に 示 す 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 に 基 づき 動 物 の 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う 観 察 を 継 続 する 場 合 の 観 察 期 間 は2 週 間 以 上 とする なお 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 接 触 のあったことが 明 らかな 動 物 で ワクチン 接 種 を 行 っていないものについては 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 と 同 様 観 察 の 継 続 又 は 病 性 鑑 定 のための 致 死 処 分 の 判 断 を 行 う ワクチン 接 種 を 行 っているものにつ いては 隔 離 のもと 引 き 続 き 観 察 を 継 続 する 致 死 処 分 を 行 う 場 合 は 所 有 者 の 了 解 を 得 て 行 うとともに 動 物 の 所 有 権 放 棄 届 ( 様 式 第 7 号 )を 徴 取 する また 政 令 第 5 条 に 基 づき 県 の 委 嘱 する 犬 評 価 人 ( 獣 医 師 )による 処 分 前 評 価 を 行 う 参 考 : 致 死 処 分 選 択 の 基 準 致 死 処 分 を 選 択 する 基 準 は 次 のいずれかの 事 項 が 認 められた 場 合 とする (1) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 人 や 動 物 が 咬 まれた 場 合 (2) 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 に 麻 痺 性 の 発 作 が 見 られた 場 合 (3) 所 有 者 が 致 死 処 分 に 同 意 した 場 合 31

33 (7) 保 健 所 から 健 康 危 機 管 理 課 への 確 定 診 断 の 依 頼 と 検 体 の 送 付 確 定 診 断 の 必 要 があると 判 断 し 動 物 を 致 死 処 分 した 場 合 又 は 動 物 の 死 体 を 所 有 者 から 引 き 渡 された 場 合 は 保 健 所 長 は 健 康 危 機 管 理 課 長 に 確 定 診 断 の 意 向 を 連 絡 し 健 康 危 機 管 理 課 長 は 熊 本 県 保 健 環 境 科 学 研 究 所 長 ( 以 下 保 健 環 境 科 学 研 究 所 という)へ 様 式 第 8 号 により 検 査 を 依 頼 する その 後 保 健 所 長 は 当 該 動 物 の 死 体 を 保 健 環 境 科 学 研 究 所 へ 送 付 する ( 詳 細 は P.40 P41を 参 照 ) なお 致 死 処 分 検 体 採 取 送 付 等 に 際 しては 新 たな 汚 染 感 染 拡 大 を 確 実 に 防 止 できる 方 法 を 用 いる その 他 次 の 各 関 連 事 務 に 関 する 詳 細 については 付 属 書 を 参 考 とすること (1) 疫 学 調 査 の 実 施 方 法 について: 付 属 書 P.1~2 (2) 調 査 結 果 に 基 づく 措 置 について: 付 属 書 P.3 (3) 疑 い 動 物 の 搬 送 方 法 について: 付 属 書 P.4 (4) 狂 犬 病 ウイルスの 消 毒 方 法 について: 付 属 書 P.4 (5) 動 物 の 観 察 方 法 について: 付 属 書 P.5~8 (6) 動 物 の 致 死 処 分 について: 付 属 書 P.8~9 (7) 確 定 診 断 の 依 頼 について: 付 属 書 P.10 (8) 業 務 従 事 者 の 感 染 防 御 対 策 について: 付 属 書 P.11 (9) 咬 傷 被 害 者 への 治 療 について: 付 属 書 P.17~19 32

34 Ⅰ-4 野 外 で 発 見 された 場 合 ( 野 生 動 物 放 浪 動 物 への 対 応 ) 発 見 者 放 浪 動 物 の 場 合 通 報 野 生 動 物 の 場 合 通 報 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 発 見 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 動 物 の 捕 獲 ( 市 町 村 への 協 力 依 頼 ) (3) 動 物 管 理 施 設 への 搬 送 保 管 地 域 振 興 局 林 務 課 連 絡 発 見 された 野 生 動 物 は 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 の 捕 獲 許 可 の 対 象 と なるか 否 か 確 認 が 必 要 対 象 となる 場 合 は 環 境 大 臣 または 知 事 ( 一 部 は 市 町 村 に 権 限 委 譲 ) の 捕 獲 許 可 を 受 けて 捕 獲 する 所 有 者 不 明 の 場 合 (1) 予 防 員 による 動 物 の 観 察 (2) 疫 学 調 査 の 開 始 (3) 致 死 処 分 所 有 者 判 明 の 場 合 所 有 者 へ 抑 留 施 設 における 観 察 の 継 続 を 説 得 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 所 有 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 1 動 物 の 保 護 管 理 2 動 物 の 隔 離 3 殺 害 禁 止 等 (3) 上 記 動 物 の 観 察 (4) 疫 学 調 査 の 開 始 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 観 察 の 継 続 致 死 処 分 陰 性 死 亡 確 定 診 断 の 依 頼 ( 様 式 第 8 号 ~ 第 10 号 ) * 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 検 体 の 送 付 * 保 健 環 境 科 学 研 究 所 から 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 33

35 ( 対 応 の 詳 細 ) (1) 発 見 者 から 保 健 所 への 連 絡 1 野 生 動 物 の 場 合 発 見 者 は 管 轄 地 の 保 健 所 又 は 地 域 振 興 局 林 務 課 に 通 報 を 行 い 通 報 を 受 け た 林 務 課 は 直 ちに 発 見 場 所 を 所 管 する 保 健 所 に 連 絡 する 2 放 浪 動 物 ( 野 生 動 物 を 除 く)の 場 合 発 見 者 は 直 ちに 発 見 場 所 を 所 管 する 保 健 所 に 通 報 する (2) 保 健 所 による 発 見 者 からの 聞 き 取 り 通 報 を 受 けた 保 健 所 長 は 狂 犬 病 発 生 の 確 認 を 行 うため 予 防 員 をして 発 見 さ れた 動 物 の 状 況 について 発 見 者 等 から 状 況 聴 取 を 行 う 聴 取 事 項 については 狂 犬 病 ( 疑 い) 動 物 発 見 者 聞 き 取 り 調 査 票 ( 様 式 第 2 号 )に 基 づいて 行 う (3) 動 物 の 捕 獲 1 野 生 動 物 の 場 合 発 見 された 動 物 が 鳥 獣 の 保 護 及 び 狩 猟 の 適 正 化 に 関 する 法 律 の 対 象 動 物 に 該 当 する 場 合 は 環 境 省 又 は 県 自 然 保 護 課 ( 市 町 村 に 権 限 移 譲 している 動 物 にあっては 当 該 機 関 )の 捕 獲 許 可 を 受 けた 後 捕 獲 する なお 国 設 鳥 獣 保 護 区 内 や 絶 滅 のおそれのある 野 生 動 植 物 の 種 の 保 存 に 関 する 法 律 の 対 象 種 ( 絶 滅 危 惧 種 )については 全 国 11カ 所 の 環 境 省 自 然 保 護 事 務 所 が 捕 獲 許 可 を 出 すが 事 情 が 分 かれば 早 急 に 処 理 することが 可 能 であ る 捕 獲 許 可 申 請 者 は 県 又 は 市 町 村 捕 獲 実 施 者 は 予 防 員 とする ( 必 要 に 応 じて 民 間 獣 医 師 家 畜 保 健 衛 生 所 自 然 保 護 課 等 に 捕 獲 について 協 力 を 依 頼 する ) 2 放 浪 動 物 ( 野 生 動 物 を 除 く)の 場 合 a. 犬 の 場 合 予 防 法 第 6 条 第 1 項 又 は 熊 本 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 の 規 定 により 捕 獲 収 容 する b. 犬 以 外 の 動 物 の 場 合 ア) 熊 本 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 の 規 定 により 捕 獲 する イ) 放 浪 動 物 が 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 第 36 条 第 2 項 の 規 定 による 負 傷 動 物 に 該 当 する 場 合 で 発 見 者 から 通 報 があった 場 合 は 同 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 収 容 する ウ)その 他 の 場 合 は 警 察 法 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 警 察 官 の 指 示 等 に 基 づき 捕 獲 収 容 する (4) 動 物 管 理 施 設 への 搬 送 保 管 捕 獲 収 容 した 動 物 は 保 健 所 若 しくは 動 物 管 理 センターで 保 管 を 行 う ( 以 下 Ⅰ-2 保 健 所 及 び 熊 本 市 動 物 愛 護 センターの 動 物 管 理 施 設 で 発 見 した 場 合 P.25~28に 従 い 対 応 ) 34

36 Ⅰ-5 県 外 において 発 見 された 場 合 (1) 九 州 外 ( 沖 縄 県 を 含 む)で 発 見 された 場 合 (2) 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 発 見 された 場 合 危 機 管 理 体 制 レベル1とし 健 康 危 機 管 理 課 調 整 会 議 を 開 催 危 機 管 理 体 制 レベル2とし 狂 犬 病 監 視 本 部 を 設 置 ( 必 要 に 応 じてレベル3の 体 制 と し 狂 犬 病 対 策 本 部 を 設 置 ) 1 感 染 動 物 の 侵 入 防 止 対 策 の 実 施 2 疫 学 調 査 の 実 施 3 他 県 からの 要 請 に 応 じた 支 援 の 実 施 等 (1) 九 州 外 ( 沖 縄 県 を 含 む)で 発 見 された 場 合 1 発 生 県 が 確 定 診 断 の 実 施 を 決 定 した 場 合 県 内 の 危 機 管 理 体 制 をレベル1とし 健 康 危 機 管 理 調 整 会 議 を 開 催 する 2 状 況 に 応 じ 国 と 協 議 のうえ 県 内 発 生 を 防 止 する 為 に 必 要 な 対 応 を 実 施 する (ex. 収 容 動 物 の 観 察 強 化 等 ) 3 確 定 診 断 で 狂 犬 病 と 診 断 された 場 合 当 該 県 が 講 じる 対 応 に 対 する 協 力 事 項 の 実 施 及 び 地 域 を 指 定 してのけい 留 命 令 一 斉 検 診 等 の 法 的 措 置 の 実 施 (2) 九 州 内 ( 沖 縄 県 を 除 く)で 発 見 された 場 合 1 発 生 県 が 確 定 診 断 の 実 施 を 決 定 した 場 合 健 康 危 機 管 理 調 整 会 議 を 開 催 するとと もに 県 内 の 危 機 管 理 体 制 を 設 定 し(レベル2~3) 狂 犬 病 監 視 若 しくは 対 策 本 部 を 設 置 する 2 国 や 発 生 県 と 協 議 の 上 逸 走 した 動 物 等 の 県 管 轄 地 域 における 捕 獲 体 制 の 整 備 等 侵 入 防 止 の 対 応 を 図 る 3 また 必 要 に 応 じて 緊 急 の 疫 学 調 査 を 実 施 する 4 その 他 国 や 発 生 県 からの 要 請 に 応 じた 支 援 の 実 施 35

37 Ⅰ-6 空 港 港 湾 施 設 内 で 発 見 された 場 合 発 見 者 動 物 検 疫 所 空 港 港 湾 管 理 者 保 健 所 発 見 者 から 連 絡 を 受 けた 機 関 は 動 物 が 以 下 のア~ウのいずれかに 該 当 するかを 判 断 (1) 検 疫 対 象 動 物 動 物 検 疫 所 で 対 応 (2) 検 疫 対 象 外 動 物 空 港 港 湾 管 理 者 で 対 応 (3) 国 内 の 犬 等 保 健 所 で 対 応 動 物 検 疫 所 (1) 動 物 の 捕 獲 (2) 動 物 検 疫 の 実 施 ( 対 応 の 詳 細 ) 空 港 港 湾 管 理 者 (1) 輸 入 者 等 の 有 無 の 確 認 (2) 保 健 所 へ 連 絡 保 健 所 ( 以 下 P.33~34 野 外 で 発 見 された 場 合 に 従 い 対 応 ) 発 見 者 から 連 絡 を 受 けた 動 物 検 疫 所 空 港 港 湾 管 理 者 管 轄 の 保 健 所 のいずれか の 機 関 は 発 見 された 動 物 が 以 下 のア~ウのいずれかに 該 当 するかを 判 断 し 自 ら 担 当 機 関 として 対 応 するか 他 の 担 当 機 関 に 連 絡 を 行 う 1 検 疫 対 象 動 物 ( 犬 猫 きつね スカンク あらいぐま) 動 物 検 疫 所 が 対 応 2 検 疫 対 象 外 動 物 空 港 港 湾 管 理 者 が 対 応 3 国 内 の 犬 等 保 健 所 が 対 応 (1) 動 物 検 疫 所 における 対 応 航 空 機 内 での 発 見 等 明 らかに 外 国 からきた 犬 等 と 判 断 される 場 合 は 動 物 検 疫 所 は 慎 重 に 動 物 を 捕 獲 し 動 物 検 疫 所 けい 留 施 設 に 隔 離 する 航 空 会 社 等 が 輸 入 検 査 申 請 を 提 出 し 動 物 検 疫 所 のけい 留 場 所 において 動 物 検 疫 を 実 施 する ( 九 州 内 で は 福 岡 空 港 検 疫 所 支 所 福 岡 検 疫 所 宮 崎 空 港 出 張 所 が 該 当 施 設 となる ) (2) 空 港 港 湾 管 理 者 における 対 応 航 空 会 社 等 に 輸 入 動 物 で 逃 亡 したものがないかどうか 確 認 し 所 有 者 を 探 すとと もに 管 轄 の 保 健 所 に 連 絡 する (3) 保 健 所 における 対 応 当 該 動 物 を 動 物 保 管 施 設 に 収 容 し P.33~34 野 外 で 発 見 された 場 合 に 準 じ て 対 応 36

38 Ⅱ 狂 犬 病 ウイルス 感 染 の 疑 いのある 者 への 対 応 医 療 機 関 連 絡 保 健 所 又 は 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 感 染 の 疑 いのある 患 者 等 からの 聞 き 取 り (2) 加 害 動 物 の 追 跡 調 査 と 特 定 特 定 した 動 物 が 放 浪 している 場 合 (3) 捕 獲 捕 獲 した 動 物 の 所 有 者 が 不 明 の 場 合 (1) 予 防 員 による 動 物 の 観 察 (2) 致 死 処 分 (3) 疫 学 調 査 の 開 始 加 害 動 物 の 所 有 者 が 判 明 した 場 合 所 有 者 へ 獣 医 師 への 受 診 を 指 示 獣 医 師 による 臨 床 診 断 届 出 保 健 所 熊 本 市 動 物 愛 護 センター (1) 獣 医 師 及 び 所 有 者 からの 聞 き 取 り( 様 式 第 2 号 ) (2) 獣 医 師 及 び 所 有 者 への 指 示 1 動 物 の 保 護 管 理 2 動 物 の 隔 離 3 殺 害 禁 止 等 (3) 動 物 の 観 察 (4) 疫 学 調 査 の 開 始 (5) 動 物 に 対 する 措 置 の 選 択 観 察 の 継 続 致 死 処 分 陰 性 死 亡 確 定 診 断 の 依 頼 ( 様 式 第 8 号 ~ 第 10 号 ) * 健 康 危 機 管 理 課 から 保 健 環 境 科 学 研 究 所 を 通 じて 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 検 体 の 送 付 * 保 健 環 境 科 学 研 究 所 から 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 37

39 ( 対 応 の 詳 細 ) * 医 療 機 関 における 対 応 (1) 感 染 の 疑 いのある 者 からの 聞 き 取 り 事 項 1 受 傷 した 地 域 日 本 国 内 か 海 外 か 海 外 であれば 狂 犬 病 常 在 地 か 否 か 2 加 害 動 物 の 種 類 例 : 犬 猫 きつね あらいぐま スカンク マングース コウモリ サル など 3 受 傷 部 位 顔 面 上 肢 下 肢 その 他 : 衣 服 の 上 から 受 傷 したか 素 肌 に 傷 を 受 けたか 4 出 血 の 有 無 傷 口 から 出 血 があったか 否 か 流 れ 出 るほどか にじむ 程 度 か 5 受 傷 後 の 処 置 傷 を 流 水 と 石 鹸 で 洗 浄 したか 否 か 6 狂 犬 病 暴 露 後 発 症 予 防 開 始 の 有 無 すでに 医 療 機 関 を 受 診 していれば 狂 犬 病 暴 露 後 発 症 予 防 を 開 始 したか 否 か 開 始 していれば 抗 狂 犬 病 免 疫 グロブリン 狂 犬 病 予 防 ワクチン 破 傷 風 トキ ソイドなどの 接 種 を 以 前 に 受 けたか 否 か a. 接 種 を 受 けていれば 狂 犬 病 予 防 ワクチンの 種 類 と 接 種 回 数 b. 接 種 した 抗 狂 犬 病 免 疫 グロブリンはヒト 由 来 かウマ 由 来 か (2) 危 険 度 の 判 断 以 下 の1から6までの 事 項 を 勘 案 し WHO の 基 準 などの 資 料 を 参 考 にして 狂 犬 病 暴 露 後 発 症 予 防 の 必 要 性 を 判 断 する 1 受 傷 地 狂 犬 病 常 在 地 か 否 か 受 傷 地 域 での 狂 犬 病 患 者 発 生 数 は 多 いか 少 ないか 2 加 害 動 物 の 様 子 加 害 動 物 の 外 観 から 狂 犬 病 を 否 定 することは 不 可 能 3 受 傷 時 の 状 況 犬 の 尾 を 踏 んで 咬 まれたというように 咬 傷 等 の 動 機 が 理 解 できる 場 合 は 狂 犬 病 ウイルス 感 染 の 危 険 は 小 さいが 完 全 に 否 定 はできない 4 受 傷 部 位 顔 面 頸 部 など 脳 に 近 い 部 位 を 咬 まれた 場 合 は 下 肢 を 咬 まれた 場 合 より 危 険 度 が 高 い また 顔 面 や 手 足 など 神 経 部 位 が 多 い 部 位 を 咬 まれた 場 合 も 危 険 度 が 高 い 5 出 血 の 有 無 素 肌 を 直 接 咬 まれて 出 血 が 多 い 場 合 は 危 険 度 が 高 い 出 血 があっても 衣 類 の 上 から 咬 まれた 場 合 は 加 害 動 物 の 唾 液 が 体 内 に 入 る 可 能 性 が 小 さいので 危 険 度 も 低 い 6 加 害 動 物 種 地 域 別 の 危 険 動 物 種 については 咬 傷 被 害 者 への 治 療 ( 詳 細 は 付 属 書 P. 17 の 表 1)を 参 考 にする 38

40 (3) 狂 犬 病 暴 露 後 の 発 症 予 防 1 傷 口 を 流 水 と 石 鹸 で 十 分 洗 浄 する 2 傷 口 を70%エタノールまたはポビドンヨード 液 で 消 毒 する 3 狂 犬 病 ウイルス 感 染 の 危 険 が 高 いときは 抗 ヒト 狂 犬 病 免 疫 グロブリンを20 IU/kg の 割 合 で( 抗 ヒト 狂 犬 病 免 疫 グロブリンが 入 手 できない 場 合 は 抗 ウマ 狂 犬 病 グロブリンなら40IU/kg) できるだけ 多 く 傷 口 周 囲 に 注 射 する 残 量 があれば 三 角 筋 部 にも 筋 肉 注 射 する 4 狂 犬 病 予 防 ワクチンを 初 回 接 種 日 を0 日 として 日 の5 回 注 射 し 必 要 に 応 じて90 日 に6 回 目 を 注 射 する 5 すでに 狂 犬 病 暴 露 前 発 症 予 防 ワクチン 接 種 を 受 けた 人 では 0 日 と3 日 の2 回 あるいはそれ 以 上 注 射 する 6 医 療 機 関 への 受 診 が 受 傷 から 数 日 数 週 あるいは1ヶ 月 以 上 経 過 していて も 受 傷 状 況 から 狂 犬 病 暴 露 後 の 発 症 予 防 が 必 要 と 判 断 されれば ただちに 開 始 する 7 すでに 海 外 で 暴 露 後 の 発 症 予 防 のため 狂 犬 病 予 防 ワクチン 接 種 を 開 始 して 帰 国 した 受 傷 者 に 対 しては 日 本 製 の 狂 犬 病 予 防 ワクチンを 使 用 して 接 種 予 定 を 完 了 させる (4) 咬 傷 等 の 被 害 者 に 保 健 所 への 連 絡 を 指 示 受 傷 地 が 日 本 国 内 である 場 合 は 加 害 動 物 の 調 査 を 迅 速 に 実 施 できるように 咬 傷 等 の 被 害 者 に 咬 傷 等 の 発 生 地 を 管 轄 する 保 健 所 へ 連 絡 するように 指 示 する (5) 医 師 から 保 健 所 への 通 報 加 害 動 物 の 調 査 を 確 実 に 開 始 できるように 動 物 咬 傷 等 の 被 害 者 を 診 察 した 医 師 は 被 害 者 の 連 絡 先 及 び 加 害 動 物 の 種 類 を 咬 傷 等 の 発 生 地 を 管 轄 する 保 健 所 に 通 報 する * 感 染 の 疑 いのある 者 ( 又 は 医 師 )からの 連 絡 を 受 けた 保 健 所 における 対 応 (1) 感 染 の 疑 いのある 者 等 からの 聞 き 取 り 感 染 源 経 路 等 調 査 のため 感 染 の 疑 いのある 者 又 はその 者 の 家 族 知 人 から 聞 き 取 り 調 査 を 行 う (2) 加 害 動 物 の 追 跡 調 査 とその 特 定 聞 き 取 り 調 査 の 結 果 感 染 源 が 動 物 である 可 能 性 が 強 い 場 合 は 次 の 対 応 を 行 う 1 加 害 動 物 に 所 有 者 がいる 場 合 ( 動 物 の 所 有 者 が 発 見 した 場 合 に 従 い 対 応 P.29を 参 照 ) 2 加 害 動 物 が 野 外 にいる 場 合 ( 野 外 で 発 見 された 場 合 ( 野 生 動 物 放 浪 動 物 への 対 応 ) に 従 い 対 応 P.3 3を 参 照 ) ( 参 考 ) 人 への 感 染 が 疑 われた 場 合 の 調 査 ( 付 属 書 P.2) 咬 傷 被 害 者 への 治 療 について ( 付 属 書 P.17 ) 39

41 Ⅲ 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 発 見 の 報 告 及 び 確 定 診 断 依 頼 ( 県 内 における 発 見 の 場 合 ) 保 健 所 報 告 依 頼 検 体 の 送 付 九 州 各 県 連 絡 健 康 危 機 管 理 課 依 頼 保 健 環 境 科 学 研 究 所 連 絡 熊 本 県 獣 医 師 会 報 告 依 頼 検 体 の 送 付 九 州 以 外 の 都 道 府 県 連 絡 指 示 厚 生 労 働 省 結 核 感 染 症 課 依 頼 国 立 感 染 症 研 究 所 40

42 ( 対 応 の 詳 細 ) 各 機 関 における 対 応 (1) 保 健 所 1 健 康 危 機 管 理 課 への 連 絡 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 を 発 見 した 旨 の 届 出 を 受 けた 場 合 は 直 ちに 電 話 で 健 康 危 機 管 理 課 へ 一 報 を 入 れる その 後 速 やかに 関 係 者 からの 狂 犬 病 ( 疑 い) 動 物 発 見 者 聞 き 取 り 調 査 票 ( 様 式 第 2 号 )に 基 づく 状 況 聴 取 を 実 施 し 様 式 第 2 号 を 添 付 し 健 康 危 機 管 理 課 へ 以 下 の 内 容 を 文 書 により 報 告 する a. 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 の 種 類 所 有 者 又 は 発 見 者 発 見 場 所 及 び 日 時 と 現 保 管 場 所 等 b. 動 物 の 症 状 c. 他 の 動 物 への 感 染 の 可 能 性 の 有 無 及 びその 範 囲 d. 人 への 感 染 の 可 能 性 の 有 無 e. 対 応 状 況 2 確 定 診 断 の 依 頼 確 定 診 断 を 行 う 必 要 があると 判 断 した 場 合 は 保 健 所 長 はその 旨 を 健 康 危 機 管 理 課 に 電 話 等 により 連 絡 し 連 絡 を 受 けた 健 康 危 機 管 理 課 は 保 健 環 境 科 学 研 究 所 に 対 して 狂 犬 病 検 査 依 頼 書 ( 様 式 第 8 号 )により 確 定 診 断 の 実 施 を 依 頼 する 3 保 健 環 境 科 学 研 究 所 への 検 体 の 送 付 確 定 診 断 の 依 頼 後 直 ちに 保 健 環 境 科 学 研 究 所 に 検 体 を 送 付 する 検 体 の 送 付 方 法 等 は 付 属 書 P.10~11に 従 い 対 応 する (2) 健 康 危 機 管 理 課 1 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 への 通 報 保 健 所 から 報 告 を 受 けた 場 合 は 直 ちに 電 話 で 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 ( 以 下 結 核 感 染 症 課 という )に 第 1 報 を 入 れるとともに (1)のアと 同 様 の 内 容 を 記 載 した 報 告 書 を 作 成 し 様 式 第 2 号 を 添 付 し 送 付 すること 2 九 州 各 県 への 連 絡 九 州 各 県 に 対 し アと 同 様 の 連 絡 を 行 う 3 熊 本 県 獣 医 師 会 への 連 絡 狂 犬 病 の 疑 いのある 動 物 が 発 見 された 旨 を 獣 医 師 会 へ 連 絡 する 4 確 定 診 断 の 依 頼 狂 犬 病 の 確 定 診 断 では 慎 重 を 期 するために 国 立 感 染 症 研 究 所 で 検 査 を 実 施 するよう 結 核 感 染 症 課 に 依 頼 する (3) 保 健 環 境 科 学 研 究 所 1 検 体 の 送 付 保 健 所 から 送 付 されてきた 検 体 の 頭 部 を 切 り 離 して 全 脳 を 摘 出 のうえ 国 立 感 染 症 研 究 所 に 送 付 ( 詳 細 は 付 属 書 P.10~11を 参 照 ) 41

43 (4) 結 核 感 染 症 課 1 健 康 危 機 管 理 課 からの 依 頼 に 基 づき 国 立 感 染 症 研 究 所 に 対 し 確 定 診 断 の 依 頼 を 行 う 2 九 州 以 外 の 都 道 府 県 への 連 絡 指 示 健 康 危 機 管 理 課 からの 報 告 に 基 づき 感 染 が 九 州 以 外 の 都 道 府 県 に 及 ぶ 可 能 性 のある 場 合 には 当 該 都 道 府 県 へ 連 絡 を 行 うとともに 必 要 な 指 示 を 行 う Ⅳ 確 定 診 断 保 健 環 境 科 学 研 究 所 解 剖 検 査 が 可 能 な 場 合 判 定 疑 陽 性 陽 性 陰 性 検 体 の 送 付 ( 脳 頭 部 をそのまま 送 らない ) 国 立 感 染 症 研 究 所 確 定 診 断 検 査 直 接 蛍 光 抗 体 法 RT-PCR 法 ウイルス 分 離 判 定 ( 対 応 の 詳 細 ) (1) 確 定 診 断 における 分 担 確 定 診 断 は 初 発 が 疑 われる 場 合 は 原 則 として 国 立 感 染 症 研 究 所 が 行 い 保 健 環 境 科 学 研 究 所 は 国 立 感 染 症 研 究 所 に 確 定 診 断 の 依 頼 を 行 うと 同 時 に 狂 犬 病 の 疑 わ れた 動 物 の 頭 部 を 切 り 離 して 脳 を 摘 出 し 速 やかに 国 立 感 染 症 研 究 所 へ 輸 送 する ( 脳 の 摘 出 においては 検 査 に 必 要 な 各 部 位 を 個 別 に 異 なる 容 器 に 入 れて 採 材 部 位 名 を 明 記 し 必 要 な 情 報 を 記 載 した 書 類 とともに 冷 凍 状 態 (-20 以 下 )で 輸 送 することが 望 ましい) なお 狂 犬 病 検 査 が 可 能 な 場 合 は 可 能 な 検 査 を 行 い 確 定 診 断 が 必 要 とされた 場 合 に 速 やかに 国 立 感 染 症 研 究 所 に 確 定 診 断 の 依 頼 と 検 体 の 輸 送 を 行 う ( 解 剖 検 体 採 取 死 体 の 処 理 については 付 属 書 P.10~11を 参 照 ) 42

44 (2) 狂 犬 病 の 検 査 方 法 狂 犬 病 の 検 査 は 感 染 が 疑 われた 動 物 の 中 枢 神 経 組 織 (アンモン 角 脳 幹 小 脳 ) を 利 用 して 行 う 1 脳 組 織 の 塗 抹 標 本 を 用 いた 直 接 蛍 光 抗 体 法 によるウイルス 抗 原 検 索 2 脳 組 織 乳 剤 を 用 いた RT-PCR 法 によるウイルス 特 異 遺 伝 子 の 検 出 3 脳 組 織 乳 剤 を 乳 のみマウス 脳 内 及 びマウス 神 経 芽 細 胞 腫 由 来 培 養 細 胞 に 接 種 して 行 うウイ ルス 分 離 法 が 可 能 である (3) 検 査 結 果 の 確 定 検 査 結 果 の 確 定 は 1 直 接 蛍 光 抗 体 法 により 検 査 材 料 から 狂 犬 病 ウイルス 特 異 抗 原 が 検 出 された 場 合 2RT-PCR 法 により 検 査 材 料 から 狂 犬 病 ウイルス 特 異 的 遺 伝 子 が 検 出 された 場 合 3 乳 のみマウス 及 びマウス 神 経 芽 細 胞 腫 由 来 培 養 細 胞 への 接 種 によりウイルスが 分 離 された 場 合 ( 狂 犬 病 ウイルス 特 異 抗 原 の 検 出 で 最 終 判 定 を 行 う)である 以 上 3 検 査 のいずれかで 狂 犬 病 ウイルスが 検 出 された 場 合 に 狂 犬 病 陽 性 と 診 断 さ れる 一 般 には 蛍 光 抗 原 の 検 出 が 初 めに 行 われる( 臨 床 診 断 疫 学 情 報 等 で 狂 犬 病 の 疑 いが 強 く 示 唆 された 症 例 で 陰 性 を 示 した 場 合 には 追 検 査 やウイルスの 分 離 を 行 う ) 43

45 Ⅴ 確 定 診 断 結 果 の 報 告 の 手 順 国 立 感 染 症 研 究 所 診 断 結 果 の 報 告 結 核 感 染 症 課 九 州 以 外 の 都 道 府 県 診 断 結 果 の 通 知 健 康 危 機 管 理 課 九 州 各 県 通 知 保 健 所 通 知 通 知 所 有 者 獣 医 師 =============Ⅵ 確 定 診 断 結 果 に 基 づく 対 応 ============= 陰 性 の 場 合 陽 性 の 場 合 関 係 機 関 への 連 絡 平 常 時 予 防 体 制 へ 報 道 公 示 犬 の 抑 留 命 令 現 状 把 握 分 析 法 的 措 置 の 決 定 ( 物 資 の 調 達 移 動 禁 止 制 限 集 合 施 設 の 禁 止 一 斉 検 診 一 斉 ワクチン 接 種 交 通 の 遮 断 係 留 されてい ない 犬 の 抑 留 等 ) < 新 たに 狂 犬 病 を 疑 う 動 物 を 発 見 した 場 合 > 確 定 診 断 依 頼 経 過 観 察 期 間 (1~2ヶ 月 ) < 狂 犬 病 を 疑 う 動 物 の 発 見 がない 場 合 > 終 息 宣 言 44

46 ( 対 応 の 詳 細 ) (1) 国 立 感 染 症 研 究 所 から 結 核 感 染 症 課 への 報 告 検 査 結 果 が 出 た 後 直 ちにその 結 果 が 口 頭 により 結 核 感 染 症 課 に 報 告 される (2) 結 核 感 染 症 課 1 健 康 危 機 管 理 課 への 通 知 国 立 感 染 症 研 究 所 からの 報 告 に 基 づき 健 康 危 機 管 理 課 あて 口 頭 により 通 知 がされる 2 九 州 以 外 の 都 道 府 県 への 連 絡 狂 犬 病 感 染 の 疑 い 動 物 発 見 の 報 告 を 受 けた 際 において 連 絡 した 九 州 以 外 の 都 道 府 県 に 対 し 確 定 診 断 結 果 の 連 絡 が 行 われる (3) 健 康 危 機 管 理 課 1 保 健 環 境 科 学 研 究 所 及 び 保 健 所 への 通 知 結 核 感 染 症 課 からの 通 知 に 基 づき 保 健 環 境 科 学 研 究 所 及 び 保 健 所 に 口 頭 に より 通 知 する また 後 日 書 類 による 通 知 を 行 う 健 康 危 機 管 理 課 は 保 健 環 境 科 学 研 究 所 での 確 定 診 断 結 果 ( 診 断 可 能 の 場 合 )との 比 較 を 行 い 対 策 の 指 標 とする 2 九 州 各 県 への 連 絡 狂 犬 病 感 染 の 疑 い 動 物 発 見 の 際 において 連 絡 した 九 州 各 県 に 対 し 確 定 診 断 結 果 を 連 絡 する (4) 保 健 所 から 所 有 者 獣 医 師 等 への 通 知 健 康 危 機 管 理 課 からの 報 告 に 基 づき 所 有 者 獣 医 師 等 に 口 頭 により 通 知 する また 陰 性 の 場 合 には 咬 傷 等 を 受 け 発 症 予 防 治 療 中 の 者 に 対 し 治 療 の 中 止 等 必 要 な 指 示 を 行 う 45

47 Ⅵ 確 定 診 断 結 果 に 基 づく 対 応 1 確 定 診 断 により 陽 性 と 診 断 された 場 合 の 対 応 (1) 調 整 会 議 の 開 催 確 定 診 断 により 陽 性 と 診 断 された 場 合 厚 生 労 働 省 結 核 感 染 症 課 は 発 生 経 緯 等 の 事 実 確 認 と 今 後 の 対 応 方 針 に 関 する 協 議 のため 調 整 会 議 を 開 催 することとなる また 結 核 感 染 症 課 より 日 本 獣 医 師 会 に 対 し 狂 犬 病 の 発 生 について 直 ちに 口 頭 により 連 絡 し 一 斉 検 診 等 における 協 力 が 要 請 される (2) 中 央 地 方 及 び 現 地 対 策 本 部 の 立 ち 上 げ 調 整 会 議 の 結 果 に 応 じ 中 央 ( 国 ) 地 方 ( 県 ) 及 び 現 地 ( 保 健 所 )にそれぞれ 対 策 本 部 が 設 置 されることとなる その 招 集 範 囲 は 表 1を 参 考 に 発 生 場 所 や 講 じる 対 策 の 内 容 に 応 じたものとなる 表 1. 対 策 本 部 事 務 局 関 係 機 関 等 区 分 事 務 局 関 係 機 関 関 係 団 体 国 熊 本 県 現 地 保 健 所 本 部 長 結 核 感 染 症 課 長 本 部 員 結 核 感 染 症 課 国 立 感 染 症 研 究 所 厚 生 科 学 課 1 農 水 省 動 物 衛 生 課 2 動 物 検 疫 所 3 動 物 衛 生 研 究 所 4 税 関 及 び 検 疫 所 5 警 察 庁 6 環 境 省 自 然 環 境 局 等 本 部 長 健 康 福 祉 部 長 (レベル2) 1 自 然 保 護 課 熊 本 県 知 事 (レベル3) 2 畜 産 課 本 部 員 健 康 福 祉 政 策 課 3 港 湾 課 健 康 危 機 管 理 課 4 道 路 保 全 課 5 教 育 庁 6 県 警 本 部 等 (P.15 参 照 ) 本 部 長 現 地 保 健 所 長 本 部 員 環 境 衛 生 課 1 地 域 振 興 局 林 務 課 2 地 域 振 興 局 維 持 管 理 課 3 教 育 事 務 所 4 警 察 署 5 家 畜 保 健 衛 生 所 等 (P.16 参 照 ) 1( 社 ) 日 本 獣 医 師 会 2( 社 ) 日 本 医 師 会 3( 社 ) 動 物 用 生 物 学 的 製 剤 協 会 4( 財 ) 動 物 愛 護 協 会 5( 社 )ジャパンケンネ ルクラブ 等 1( 社 ) 熊 本 県 獣 医 師 会 2( 社 ) 熊 本 県 医 師 会 3 環 境 省 自 然 環 境 局 自 然 保 護 事 務 所 4 動 物 関 連 団 体 等 1 県 獣 医 師 会 支 部 2 県 医 師 会 支 部 3 市 町 村 等 46

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63>

<4D F736F F D2089DB92B792CA926D81698EA98EA191CC8E7B8D73816A E646F63> 健 感 発 第 1116003 号 平 成 18 年 11 月 16 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 狂 犬 病 の 流 行 地 域 より 帰 国 し 当 該 疾 病 への 感 染 が 疑 われる 患 者 の 診 療 等 に 関 する 周 知 の 徹 底 について 今 般 別 添 のとおり

More information

< F2D8BB68CA CE8DF CC81A8826F E6A>

< F2D8BB68CA CE8DF CC81A8826F E6A> 北 海 道 狂 犬 病 発 生 対 策 要 領 北 海 道 保 健 福 祉 部 保 健 医 療 局 食 品 衛 生 課 目 次 北 海 道 狂 犬 病 発 生 対 策 要 領 フロー 北 海 道 狂 犬 病 発 生 対 策 要 領 第 1 狂 犬 病 予 防 員 による 疑 狂 犬 病 の 判 断 1 探 知 及 び 調 査 (1) 探 知 1 (2) 聞 取 り 調 査 1 (3) 捕 獲 1

More information

Microsoft Word - 狂犬病QA doc

Microsoft Word - 狂犬病QA doc 狂 犬 病 に 関 するQ&A 平 成 18 年 11 月 22 日 厚 生 労 働 省 この 度 フィリピンに 滞 在 中 に 狂 犬 病 の 犬 に 咬 まれ 感 染 し ワクチン 接 種 しなかった ため 日 本 帰 国 後 に 狂 犬 病 を 発 症 する 事 例 がありましたので このことを 踏 まえて 狂 犬 病 に 関 するQ&Aを 作 製 しました ( 平 成 18 年 11 月 22

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 410 22 年 度 375,873 376,283 ( 0.11) 0.11 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (22 年 度 末 ) A B 22 年 度 1,025,619 539,469,112 4,455,499 151,781,717 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年 度 の 件 費 率 28.1 27.9 (2)

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

文書フォーマット基本

文書フォーマット基本 新 潟 県 蚊 媒 介 感 染 症 対 策 対 応 指 針 平 成 28 年 4 月 新 潟 県 福 祉 保 健 部 目 次 第 1 指 針 の 基 本 的 事 項 1 1 指 針 策 定 の 趣 旨 2 指 針 の 性 格 3 指 針 の 見 直 し 第 2 基 本 方 針 1 1 発 生 段 階 の 考 え 方 2 各 機 関 の 役 割 と 連 携 第 3 発 生 段 階 における 対 策 及

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表)

岩手県獣医師会災害時被災動物救護活動細則改正(新旧対照表) 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 活 動 細 則 ( 目 的 ) 第 1 この 細 則 は 岩 手 県 獣 医 師 会 災 害 時 動 物 救 護 対 策 要 領 ( 以 下 救 護 対 策 要 領 と いう )に 基 づき 被 災 した 動 物 の 救 護 活 動 を 円 滑 に 行 うための 具 体 的 な 対 応 につい て 定 める ( 対 象 動 物 ) 第 2 救

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背

札 幌 市 動 物 愛 護 のあり 方 の 検 討 について 構 成 イメージ 資 料 2 目 標 : 人 と 動 物 が 共 生 する 社 会 の 実 現 1 動 物 愛 護 精 神 の 涵 養 2 動 物 の 管 理 体 制 の 整 備 3 動 物 の 福 祉 向 上 課 題 と 要 望 ( 背 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 資 料 1 札 幌 市 動 物 管 理 センターの 名 称 とその 体 制 について (1) 体 制 について [ 第 2 回 会 議 の 内 容 ] 現 在 の 施 設 は 研 修 室 などの 設 備 が 不 足 している 現 在 の 2 所 体 制 を 1 所 体 制 にしてほしい 開 かれたセンターがよい 犬 猫 の 命 のバトンを

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032302D312D3730874581408140816B8E9197BF816C91E63689F189C6927B897190B688CF88F589EF89EF8B638A549776288DC58F4994C5816A> 第 6 回 家 畜 衛 生 委 員 会 の 会 議 概 要 ( 畜 産 家 畜 衛 生 部 会 常 設 委 員 会 ) Ⅰ 日 時 平 成 20 年 3 月 3 日 ( 月 ) 13:30~17:00 Ⅱ 場 所 日 本 獣 医 師 会 会 議 室 Ⅲ 出 席 者 委 員 委 員 長 戸 谷 孝 治 日 本 獣 医 師 会 理 事 副 委 員 長 丸 山 崇 全 国 家 畜 衛 生 職 員 会 顧

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

狂 犬 病 はワクチンで 予 防 できる 疾 患 です イヌへのワクチン 接 種 は 人 に 対 する 狂 犬 病 予 防 の 最 も 対 費 用 効 果 のある 対 策 です イヌへのワクチン 接 種 は 狂 犬 病 による 死 に 着 目 させるだけで なく イヌ 咬 傷 治 療 の 一 部 と

狂 犬 病 はワクチンで 予 防 できる 疾 患 です イヌへのワクチン 接 種 は 人 に 対 する 狂 犬 病 予 防 の 最 も 対 費 用 効 果 のある 対 策 です イヌへのワクチン 接 種 は 狂 犬 病 による 死 に 着 目 させるだけで なく イヌ 咬 傷 治 療 の 一 部 と 狂 犬 病 について (ファクトシート) 2016 年 3 月 WHO 要 点 狂 犬 病 は 150 以 上 の 国 と 地 域 で 発 生 していますが ワクチンで 予 防 できるウイルス 性 疾 患 で す イヌは 人 の 狂 犬 病 の 感 染 源 の 99%を 占 めており 大 多 数 の 死 亡 者 の 原 因 になっています 狂 犬 病 の 撲 滅 はイヌにワクチン 接 種 することで

More information

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー

Microsoft PowerPoint - 沖縄県国民保護計画の概要 - コピー 沖 縄 県 国 民 保 護 計 画 の 概 要 沖 縄 県 武 力 攻 撃 事 態 対 処 法 対 処 に 関 する 基 本 理 念 国 地 方 公 共 団 体 及 び 指 定 公 共 機 関 が 国 民 の 協 力 を 得 つつ 相 互 に 連 携 協 力 し 万 全 の 措 置 が 講 じられなければならない 日 本 国 憲 法 の 保 障 する 国 民 の 自 由 と 権 利 が 尊 重 されなければならず

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D>

<5461726F2D817989FC90B38CE3915395B6817A8C9F897591CE899E92CA926D> 健 感 発 第 1017001 号 平 成 18 年 10 月 17 日 ( 平 成 20 年 7 月 1 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 23 年 8 月 19 日 一 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 4 月 26 日 一 部 改 正 ) 各 検 疫 所 長 殿 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) 鳥 インフルエンザA(H5N1 又 はH7N9)における 検

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73>

<483233208254904588F58EE8939682CC8FF38BB52E786C73> 5 職 の の 状 況 (1) 期 末 勤 勉 宮 城 県 1 人 当 たり 平 均 支 給 額 (22 年 度 ) - 1,691 千 (22 年 度 支 給 割 合 ) (22 年 度 支 給 割 合 ) 期 末 勤 勉 期 末 勤 勉 2.60 月 分 1.35 月 分 2.60 月 分 1.35 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65 ) 月 分 ( 1.45 ) 月 分 ( 0.65

More information

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った

ただし 本 提 案 は 技 術 的 検 討 結 果 であり 国 民 に 対 して 広 く 接 種 機 会 を 提 供 する 仕 組 みとして 実 施 するためには 前 提 として ワクチンの 供 給 実 施 体 制 の 確 保 必 要 となる 財 源 の 捻 出 方 法 等 の 検 討 を 行 った 資 料 1-1 B 型 肝 炎 ワクチンの 定 期 接 種 化 について これまでの 経 緯 1986 年 1 月 :B 型 肝 炎 母 子 感 染 防 止 事 業 において 乳 児 に 対 する 感 染 防 止 事 業 を 開 始 1992 年 3 月 : WHOがB 型 肝 炎 ワクチンのユニバーサル 化 を 推 奨 2012 年 5 月 : 厚 生 科 学 審 議 会 感 染 症 分 科 会

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94

別 図 法 令 別 送 致 件 数 の 推 移 ( 平 成 21 年 ~ 平 成 25 年 ) 82 889 9 7356 7448 721 8 7 6 417 396 5 3349 3152 2975 4 3 2 1 19 16 H21 H22 225 2248 2264 2657 2459 94 平 成 26 年 2 月 19 日 海 上 保 安 庁 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 取 締 りの 状 況 平 成 25 年 の 海 上 犯 罪 の 送 致 件 数 は, 対 前 年 比 247 件 (3.3%) 減 の 7,21 件 でした 各 種 法 令 別 の 送 致 件 数 については 前 年 と 比 べ 大 きな 状 況 変 化 はありませんが 近 年 増 加 傾 向 にある 漁

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号

表 1 データベースの 構 築 県 別 時 系 列 配 列 大 正 12 年 香 川 県 番 号 発 生 日 種 類 氏 名 性 年 齢 発 病 日 決 定 日 転 帰 日 手 段 発 生 地 出 典 T 畜 犬 並 びに 野 犬 取 締 規 則 改 正 香 川 県 令 第 23 号 研 究 ノート 四 国 地 方 の 狂 犬 病 流 行 史 1 唐 仁 原 景 昭 要 約 筆 者 は 日 本 全 国 の 狂 犬 病 流 行 史 の 研 究 を 行 っているが,4 つの 県 を 擁 する 島 に 狂 犬 病 が 上 陸 した 場 合 にどのような 流 行 方 式 をたどり,どの 程 度 の 犠 牲 者 がでた のか,その 時, 防 疫 担 当 の 県 当 局 はどのような 対 応

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合

第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 3 編 武 力 攻 撃 事 態 等 への 対 処 第 1 章 初 動 連 絡 体 制 の 迅 速 な 確 立 及 び 初 動 措 置 1 基 本 的 考 え 方 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 したり 建 造 物 が 破 壊 されたり 等 の 具 体 的 な 被 害 が 発 生 した 場 合 には 当 初 その 被 害 の 原 因 が 明

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施

目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 鳥 獣 被 害 の 現 状 と 対 策 平 成 2 8 年 3 月 目 次 1 野 生 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 の 概 況 1 2 鳥 獣 被 害 防 止 特 措 法 3 3 抜 本 的 な 鳥 獣 捕 獲 強 化 対 策 ( 概 要 ) 6 4 ニホンザル 被 害 対 策 強 化 の 考 え 方 ( 概 要 ) 7 5 鳥 獣 被 害 対 策 実 施 隊 8 6 鳥 獣 被 害 防 止

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477>

<303031204832338D828DE88E7382CC8B8B975E814592E888F58AC7979D939982C982C282A282C42E786477> 別 紙 3 高 崎 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) * 外 国 人 を 含 まない 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 人 件 費 率 22 年 度 人 千 千 千 % % 370,714

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 下 関 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 人 件 費 率 人 % % 24 年 度 278,962 117,798,811 3,247,399 21,495,273

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下

3. 窓 口 相 談 ( 第 一 次 対 応 ) 窓 口 相 談 の 業 務 手 順 は 以 下 のとおりとする 1 実 施 部 門 は 相 談 に 応 じる 時 間 を 定 め 保 証 人 及 び 支 援 専 門 家 (ガイドライン 第 5 項 (2)ロに 規 定 する 支 援 専 門 家 以 下 中 小 企 業 再 生 支 援 協 議 会 等 の 支 援 による 経 営 者 保 証 に 関 する ガイドラインに 基 づく 保 証 債 務 の 整 理 手 順 本 手 順 は 産 業 競 争 力 強 化 法 第 127 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 中 小 企 業 再 生 支 援 業 務 を 行 う 者 として 認 定 を 受 けた 者 ( 以 下 認 定 支 援 機 関 という )

More information

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害

1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 概 要 - 1 - 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 ( 以 下 災 害 補 償 制 度 )は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 にその

More information

ページ 2 登 録 簿 ランティア 通 信 国 内 動 物 を 対 象 とした 狂 犬 病 検 査 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 狂 犬 病 の 国 内 発 生 が 確 認 されていない 現 状 にあって 都 道 府 県 等 において 狂 犬 病 に 罹 患 した 動 物 を 確 実 に

ページ 2 登 録 簿 ランティア 通 信 国 内 動 物 を 対 象 とした 狂 犬 病 検 査 実 施 要 領 この 実 施 要 領 は 狂 犬 病 の 国 内 発 生 が 確 認 されていない 現 状 にあって 都 道 府 県 等 において 狂 犬 病 に 罹 患 した 動 物 を 確 実 に 第 21 号 2014.12.22 第 21 号 目 次 1-4 国 内 動 物 を 対 象 とした 狂 犬 病 検 査 の 実 施 につ いて 4-5 ドッグ トラスト ト レーニング プログラム レポート その1 6 最 新 統 計 国 内 動 物 を 対 象 とした 狂 犬 病 検 査 の 実 施 について 動 物 保 護 センター 業 務 課 狂 犬 病 は 日 本 国 内 においては1957(

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

大阪府地域防災計画(原子力災害対策) 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 - 27 - - 28 - 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 第 1 節 基 本 方 針 本 章 は 原 子 力 事 業 者 から 警 戒 事 象 又 は 特 定 事 象 の 通 報 があった 場 合 の 対 応 及 び 原 災 法 第 15 条 に 基 づき 原 子 力 緊 急 事 態 宣

More information

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd

H28_江東区地域防災計画 _ノンブル付.indd 6 章 広 域 的 な 視 点 からの 応 急 対 応 力 の 強 化 基 本 方 針 予 防 対 策 1 節 初 動 対 応 体 制 の 整 備 2 節 事 業 継 続 体 制 の 確 保 3 節 消 火 救 助 救 急 活 動 体 制 の 整 備 4 節 応 急 活 動 拠 点 の 整 備 応 急 対 策 1 節 初 動 態 勢 2 節 消 火 救 助 救 急 活 動 3 節 応 援 協 力 派

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命

目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 目 次 1. 概 要 1 労 働 委 員 会 (1) 組 織 体 制 1 (2) 委 員 会 の 構 成 1 (3) 機 能 2 事 務 局 2. 不 当 労 働 行 為 の 救 済 制 度 3 (1) 不 当 労 働 行 為 救 済 制 度 とは 3 (2) 救 済 手 続 3 (3) 救 済 命 令 等 の 司 法 審 査 8 (4) 特 定 独 立 行 政 法 人 等 に 係 る 不 当 労

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 新 潟 県 政 令 指 定 都 市 平 均 平 均 年 齢 43 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 803,072 349,918,053 1,594,508 54,662,625 15.6 15.4

More information

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健

2 ギニア シエラレオネ リベリア ウガンダ スーダン ガボン コートジボワー ル コンゴ 民 主 共 和 国 コンゴ 共 和 国 また 有 症 状 者 からの 電 話 相 談 によりエボラ 出 血 熱 への 感 染 が 疑 われる 場 合 二 次 感 染 拡 大 のリスクを 避 けるため 保 健 都 道 府 県 各 保 健 所 設 置 市 特 別 区 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 健 感 発 0 9 1 8 第 9 号 平 成 27 年 9 月 18 日 厚 生 労 働 省 健 康 局 結 核 感 染 症 課 長 ( 公 印 省 略 ) エボラ 出 血 熱 の 国 内 発 生 を 想 定 した 対 応 について エボラ 出 血 熱 については 平 成 26 年 11 月 21 日

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 議事次第

Microsoft Word - 議事次第 平 成 25 年 6 月 28 日 金 10:00~12:00 厚 生 労 働 省 9 階 省 議 室 第 7 回 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 に 関 する 検 討 会 議 事 次 第 1. 特 定 機 能 病 院 及 び 地 域 医 療 支 援 病 院 のあり 方 について 2. その 他 配 付 資 料 資 料 1 特 定 機 能 病 院 及 び

More information

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与

(4) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 平 成 26 年 度 398,627 減 額 前 人 事 委 員 会 の 勧 告 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 383,279 15,348 397,629 (0.25%) 勧 告 A B A-B ( 平 均 改 定 率 ) 給 与 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 北 海 道 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 26 年 度 公 表 ) 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 24 年 度 の 人 件 費 率 平 成 人 千 千 千 % %

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ

は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切 に 抗 HIV 薬 の 予 防 内 服 を 行 うことができるように,それぞ 医 療 従 事 者 等 における 体 液 曝 露 事 故 後 の HIV 感 染 防 止 マニュアル 徳 島 県 エイズ 連 携 会 議 ( 平 成 28 年 4 月 改 訂 ) は じ め に このマニュアルは, 徳 島 県 の 医 療 機 関 で,HIV 抗 体 陽 性 又 は 陽 性 が 疑 われる 患 者 に 対 する 医 療 行 為 によって 生 じた 曝 露 事 故 に 際 し, 適 切

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏

いては 加 害 群 の 数 の 半 減 カワウについては 被 害 を 与 えるカワウの 生 息 数 の 半 減 を 目 指 すこととした(いずれも 侵 入 防 止 柵 の 設 置 や 追 払 い 等 により 群 れやね ぐら コロニーの 加 害 度 を 低 減 させることを 含 む ) これらを 踏 鳥 獣 による 農 林 水 産 業 等 に 係 る 被 害 の 防 止 のための 施 策 を 実 施 するための 基 本 的 な 指 針 最 終 改 正 平 成 20 年 2 月 21 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 254 号 平 成 27 年 5 月 29 日 付 け 農 林 水 産 省 告 示 第 1396 号 ( 平 成 27 年 5 月 29 日 施 行 ) 一 被 害 防 止

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 平 成 26 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 資 料 熊 本 市 障 がい 保 健 福 祉 課 目 次 Ⅰ 指 導 監 査 について 1~ 5 Ⅱ 平 成 26 年 度 指 導 監 査 方 針 6~13 Ⅲ 過 去 の 実 地 指 導 の 結 果 14~36 Ⅳ 請 求 関 係 について 37~43 Ⅴ その 他 44~49 Ⅰ 指 導 監 査 について 1

More information

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する

第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 5 節 救 助 の 実 施 1. 実 施 機 関 (1) 県 災 害 救 助 法 を 適 用 する 場 合 の 救 助 は 県 が 行 うこととするが 次 に 掲 げる 事 項 すべてに 該 当 する 第 3 部 災 害 応 急 対 策 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 8 章 災 害 救 助 法 の 適 用 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 118 号 )の 適 用 申 請 及 び 救 助 等 の 実 施 を 適 切 に 行 うことを 目 的 とする 第 2 節 災 害 救 助 法 の 適 用 県 は

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

ヒトの 狂 犬 病 の 99%は 狂 犬 病 のイヌの 咬 傷 による 感 染 であり イヌの 狂 犬 病 対 策 が 最 も 重 要 である 1) 欧 米 先 進 国 では 野 犬 の 取 締 りと 予 防 接 種 によってイヌの 狂 犬 病 は 激 減 したが コウモリを 含 む 野 生 動 物

ヒトの 狂 犬 病 の 99%は 狂 犬 病 のイヌの 咬 傷 による 感 染 であり イヌの 狂 犬 病 対 策 が 最 も 重 要 である 1) 欧 米 先 進 国 では 野 犬 の 取 締 りと 予 防 接 種 によってイヌの 狂 犬 病 は 激 減 したが コウモリを 含 む 野 生 動 物 狂 犬 病 (130108) 犬 に 咬 まれて 受 診 する 患 者 は 多 いが 狂 犬 病 を 発 症 する 可 能 性 はほぼ 無 視 していいくらい 低 い すごく 稀 な 疾 患 なのに 国 民 の 認 知 度 は 非 常 に 高 いと 思 われる 狂 犬 病 は 大 丈 夫 ですか?! なんて 聞 かれることもたびたびあるので これを 機 会 に 狂 犬 病 について 勉 強 してみることにした

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 給 料 表 の 見 直 し ( 給 料 表 の 改 定 実 施 時 期 ) 平 成 27 年 4 月 日 ( 内 容 ) 一 般 行 政 職 の 給 料 表 について, 国 の 見 直 し 内 容 を 踏 まえ 平 均 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 25 78,620 28,350,60,043,224 5,35,540 8.7 7.5 (2) 職 員 給 与 費 の 状

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 *

別 表 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 対 象 開 発 行 為 ) 下 表 の 事 項 に 該 当 する 開 発 行 為 を 対 象 とする 主 たる 予 定 建 築 物 の 用 途 規 模 工 業 施 設 ( 流 通 業 務 施 設 工 業 研 究 施 設 ) 開 発 区 域 * 市 街 化 調 整 区 域 における 計 画 開 発 ( 地 区 計 画 )の 取 扱 方 針 都 市 計 画 法 第 34 条 第 10 号 に 該 当 する 一 定 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 別 表 に 掲 げるものに 限 る 以 下 対 象 開 発 行 為 という )が 見 込 まれる 地 区 計 画 の 決 定 又 は 変 更 ( 以 下 決 定 等 という )については 土

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc

Microsoft Word - H27 競走馬要綱.doc 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 ( 平 成 27 年 度 ) 地 方 競 馬 全 国 協 会 1 地 方 競 馬 全 国 協 会 競 走 馬 生 産 振 興 事 業 補 助 実 施 要 綱 変 更 ( 平 成 17 年 3 月 24 日 16 地 全 協 畜 第 128 号 ) 平 成 22 年 2 月 22 日 21 地 全 協 畜 第 82 号 平 成 22 年 4

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について

第1号議案 平成14年度事業報告並びに収支決算について 平 成 27 年 度 事 業 報 告 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで) 1 当 法 人 の 現 況 に 関 する 事 項 (1) 事 業 の 経 過 及 びその 経 過 事 業 別 予 算 額 決 算 額 達 成 率 公 衆 衛 生 推 進 事 業 21,310,809 21,340,463 % 100.1 学 術 普 及 向 上 事 業 5,194,599

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information