04 資料目次

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "04 資料目次"

Transcription

1 参 考 資 料 1 調 査 に 当 たった 委 員 48 2 活 動 経 過 49 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 50 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 51 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 54 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の 予 防 55 7 茨 城 県 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 の 概 要 56 8 高 齢 者 虐 待 防 止 に 向 けたパンフレット 57 9 フィルタリングの 啓 発 チラシ

2 1 調 査 に 当 たった 委 員 ( 平 成 26 年 3 月 20 日 ~ 平 成 26 年 11 月 14 日 ) 委 員 長 白 田 信 夫 副 委 員 長 石 田 進 ( 委 員 石 川 多 聞 ) 委 員 葉 梨 衛 委 員 小 川 一 成 委 員 川 津 隆 委 員 本 澤 徹 委 委 員 石 井 邦 一 員 神 達 岳 志 委 員 宮 﨑 勇 委 員 鈴 木 将 委 委 員 設 楽 詠 美 子 員 飯 田 智 男 委 員 高 崎 進 石 川 多 聞 委 員 平 成 26 年 3 月 20 日 から 平 成 26 年 8 月 12 日 まで 委 員 として 在 任

3 2 活 動 経 過 ( 平 成 26 年 第 4 回 定 例 会 まで) 時 期 審 議 事 項 等 1 4 月 24 日 ( 木 ) 調 査 方 針 及 び 活 動 計 画 の 決 定 本 県 の 治 安 情 勢 ( 全 体 総 論 ) 身 近 な 犯 罪 の 状 況 侵 入 盗 の 現 状 と 対 策 自 動 車 盗 の 現 状 と 対 策 2 5 月 16 日 ( 金 ) 子 ども, 女 性, 高 齢 者 に 係 る 犯 罪 の 状 況 児 童 高 齢 者 虐 待 事 案 の 現 状 と 対 策 子 どものネット 犯 罪 被 害 の 現 状 と 対 策 ストーカー DV 事 案 の 現 状 と 対 策 ニセ 電 話 詐 欺 の 現 状 と 対 策 3 6 月 16 日 ( 月 ) ( 定 例 会 中 ) 参 考 人 意 見 聴 取 ある 日 突 然 最 愛 の 娘 を 奪 われて 秋 田 看 護 福 祉 大 学 教 授 山 内 久 子 氏 犯 罪 被 害 者 等 への 支 援 について 常 磐 大 学 副 学 長 冨 田 信 穗 氏 子 どもを 取 り 巻 くインターネット 環 境 の 現 状 古 河 市 教 育 委 員 会 委 員 長 堤 千 賀 子 氏 子 ども 虐 待 の 実 際 と 予 防 筑 波 大 学 人 間 系 長 宮 本 信 也 氏 活 動 計 画 の 変 更 決 定 4 6 月 27 日 ( 金 ) 参 考 人 意 見 聴 取 特 殊 詐 欺 の 対 策 についての 提 言 立 正 大 学 心 理 学 部 対 人 社 会 心 理 学 科 教 授 西 田 公 昭 氏 車 両 盗 難 防 止 装 置 : 貨 物 車 いすゞ 自 動 車 ( 株 ) 電 装 制 御 開 発 部 電 装 設 計 第 八 グループ シニアスタッフ 雨 海 正 勝 氏 5 7 月 28 日 ( 月 ) 県 民 民 間 団 体 等 との 連 携 のあり 方 防 犯 インフラ 等 の 各 種 基 盤 整 備 のあり 方 県 民 が 安 全 安 心 を 真 に 実 感 できるよう 特 に 推 進 すべき 取 り 組 み 生 活 に 身 近 なところの 防 犯 対 策 などのあり 方 6 8 月 26 日 ( 火 ) 報 告 書 ( 提 言 ) 骨 子 案 の 協 議 7 9 月 22 日 ( 月 ) ( 定 例 会 中 ) 報 告 書 案 の 協 議 9 月 25 日 ( 木 ) 第 3 回 定 例 会 本 会 議 中 間 報 告 8 11 月 11 日 ( 火 ) ( 定 例 会 中 ) 報 告 書 の 決 定 11 月 14 日 ( 金 ) 第 4 回 定 例 会 本 会 議 報 告

4 3 包 括 罪 種 別 の 刑 法 犯 認 知 件 数 の 推 移 指 数 凶 悪 犯 粗 暴 犯 窃 盗 犯 知 能 犯 風 俗 犯 その 他 刑 法 犯 総 数 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26.3 月 末 前 年 比 刑 法 犯 総 数 67,672 64,844 55,633 52,266 47,183 46,087 43,885 42,491 41,312 38,447 36,873 35,055 7, 指 数 増 減 率 -10.6% 凶 悪 犯 指 数 増 減 率 -13.2% 粗 暴 犯 1,594 1,778 1,488 1,415 1,508 1,521 1,401 1,358 1,402 1,254 1,342 1, 指 数 増 減 率 16.7% 窃 盗 犯 58,157 53,646 44,158 40,866 36,082 35,880 34,359 32,900 32,440 30,517 29,146 27,623 5, 指 数 増 減 率 -12.7% 知 能 犯 1,209 1,541 1,887 2,134 1,963 1,597 1,635 1, 指 数 増 減 率 0.9% 風 俗 犯 ±0 指 数 増 減 率 - そ の 他 6,090 7,158 7,440 7,247 7,123 6,683 6,085 6,665 6,082 5,374 5,026 4,933 1, 指 数 増 減 率 -8.3%

5 4 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 に 基 づく 広 報 啓 発 等 について 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 ( 平 成 15 年 条 例 第 16 号 ) ( 概 要 : 別 添 1)に 基 づき, 関 係 団 体 で 構 成 する 茨 城 県 安 全 なまちづくり 推 進 会 議 ( 会 長 : 知 事,47 団 体 ) ( 概 要 : 別 添 2)を 母 体 に, 防 犯 意 識 の 普 及 浸 透 に 向 けた 全 県 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 実 施 各 季 の 防 犯 運 動 県 民 一 人 ひとりが 犯 罪 を 防 止 する 意 識 を 高 め, 犯 罪 の 起 こりにくい 環 境 づくりに 努 める ことを 基 本 に, 鍵 かけの 徹 底 等 を 運 動 の 重 点 の1つに 掲 げ, 家 や 門 扉 の 施 錠 などの 広 報 啓 発 活 動 を 実 施 ( 期 間 を 定 めて 行 う 運 動 ) 春 の 地 域 安 全 運 動, 夏 季 における 犯 罪 抑 止 活 動, 全 国 地 域 安 全 活 動, 年 末 における 犯 罪 抑 止 活 動 ( 期 日 を 定 めて 行 う 運 動 ) ロックの 日 街 頭 キャンペーン, 安 全 なまちづくりキャンペーン 主 な 活 動 街 頭 キャンペーンによるチラシや 啓 発 品 の 配 布, 被 害 防 止 の 呼 びかけ ラジオ 広 報 の 実 施 青 色 防 犯 パトロール 講 習 会 の 実 施 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 地 域 安 全 活 動 に 功 労 のあった 団 体 等 の 表 彰 構 成 団 体 における 主 な 取 組 会 員 企 業 の 営 業 車,マイカー 等 への 防 犯 ステッカー 貼 付 防 犯 カメラの 整 備 自 主 防 犯 ボランティア 団 体 への 啓 発 品 等 提 供 パトロール 用 品 防 犯 グッズの 斡 旋 販 売 啓 発 ポスター 掲 出 など

6 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 の 概 要 別 添 1 [ 施 行 日 ] 平 成 15 年 4 月 1 日 ( 平 成 15 年 茨 城 県 条 例 第 16 号 ) [ 内 容 ( 侵 入 盗 自 動 車 盗 に 関 係 する 部 分 の 抜 粋 )] 条 例 の 目 的 ( 第 1 条 ) この 条 例 は, 本 県 における 犯 罪 の 発 生 状 況 にかんがみ, 安 全 なまちづくりに 関 し, 県, 事 業 者 及 び 県 民 の 責 務 を 明 らかにし, 県 と 市 町 村, 事 業 者 及 び 県 民 との 連 携 及 び 協 力 の 下 に 推 進 す る 安 全 なまちづくりに 関 する 施 策 の 基 本 となる 事 項 等 を 定 めるとともに, 犯 罪 の 防 止 のために 必 要 な 規 制 を 定 め,もって 県 民 が 安 心 して 暮 らすことができる 安 全 な 社 会 の 実 現 に 寄 与 するこ とを 目 的 とする 県, 事 業 者 及 び 県 民 の 責 務 ( 第 2 条 ~ 第 4 条 ) 県 の 責 務 総 合 的 な 施 策 の 策 定 と 実 施 事 業 者 の 責 務 適 切 な 防 犯 措 置 と 県 の 施 策 への 協 力 県 民 の 責 務 自 らの 安 全 確 保 と 県 の 施 策 への 協 力 犯 罪 の 防 止 に 配 慮 した 自 動 車 等 の 普 及 ( 第 12 条 ) 自 動 車 等 の 販 売 業 者 による 犯 罪 の 防 止 に 配 慮 した 自 動 車 等 の 普 及 連 携 協 力 体 制 の 整 備 ( 第 16 条 ) 安 全 なまちづくりを 推 進 するため, 県, 市 町 村, 事 業 者 及 び 県 民 の 連 携 協 力 体 制 を 整 備 ( 茨 城 県 安 全 なまちづくり 推 進 会 議 ) 犯 罪 の 防 止 のための 必 要 な 規 制 等 (H 施 行 )( 第 18 条, 第 19 条 ) ピッキング 等 に 使 用 される 器 具 の 有 償 譲 渡 及 び 使 用 方 法 の 教 授 を 禁 止 (10 万 円 以 下 の 罰 金 ) 自 動 車 又 は 自 動 車 内 の 財 物 を 窃 取 する 目 的 で 自 動 車 の 合 い 鍵,かね 尺, 差 し 金 等 の 器 具 携 帯 を 禁 止 (3 月 以 下 の 懲 役 又 は30 万 円 以 下 の 罰 金 ) いわゆるイモビカッター 等 自 動 車 の 原 動 機 を 始 動 させるために 使 用 されるような 機 器 を 窃 盗 目 的 で 所 持, 製 造, 譲 渡 及 び 譲 渡 目 的 で 製 造 することを 禁 止 (3 月 以 下 の 懲 役 又 は30 万 円 以 下 の 罰 金 ) H 施 行

7 茨 城 県 安 全 なまちづくり 推 進 会 議 について 別 添 2 1 目 的 茨 城 県 安 全 なまちづくり 条 例 第 16 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 県, 市 町 村, 事 業 者 及 び 県 民 との 連 携 協 力 体 制 を 整 備 するとともに, 総 合 的 な 防 犯 活 動 を 全 県 的 に 展 開 するこ とにより, 県 民 が 安 心 して 暮 らすことができる 犯 罪 のない 安 全 な 社 会 の 実 現 に 資 する 2 設 置 平 成 15 年 7 月 1 日 3 構 成 (47 団 体 ) 県 市 町 村 茨 城 県 茨 城 県 議 会 茨 城 県 教 育 委 員 会 茨 城 県 警 察 本 部 茨 城 県 市 長 会 茨 城 県 町 村 会 事 業 者 団 体 ( 一 社 ) 茨 城 県 経 営 者 協 会 茨 城 県 中 小 企 業 団 体 中 央 会 茨 城 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 茨 城 県 商 工 会 議 所 連 合 会 茨 城 県 商 工 会 連 合 会 茨 城 県 駐 車 場 協 会 ( 社 ) 茨 城 県 建 築 士 会 ( 社 ) 茨 城 県 建 築 士 事 務 所 協 会 茨 城 県 コンビニエンスストア 防 犯 協 議 会 茨 城 県 ロックセキュリティ 協 働 組 合 茨 城 支 部 茨 城 県 自 動 車 盗 難 等 防 止 対 策 協 議 会 茨 城 県 石 油 商 業 組 合 ( 社 ) 茨 城 県 警 備 業 協 会 ( 一 社 ) 茨 城 県 高 圧 ガス 保 安 協 会 ( 一 社 ) 茨 城 県 銀 行 協 会 茨 城 県 信 用 金 庫 協 会 茨 城 県 信 用 組 合 協 会 民 間 団 体 茨 城 県 学 校 長 会 茨 城 県 高 等 学 校 長 協 会 茨 城 県 私 学 協 会 ( 社 ) 茨 城 県 専 修 学 校 各 種 学 校 連 合 会 ( 一 社 ) 茨 城 県 私 立 幼 稚 園 連 合 会 茨 城 県 高 等 学 校 PTA 連 合 会 茨 城 県 PTA 連 絡 協 議 会 茨 城 県 特 別 支 援 学 校 PTA 連 絡 協 議 会 ( 社 福 ) 茨 城 県 社 会 福 祉 協 議 会 ( 公 財 ) 茨 城 県 老 人 クラブ 連 合 会 茨 城 県 自 治 会 連 合 会 茨 城 県 子 ども 会 育 成 連 合 会 ( 公 社 )いばらき 被 害 者 支 援 センター 茨 城 県 地 域 女 性 団 体 連 絡 会 茨 城 県 交 通 安 全 母 の 会 連 合 会 ( 公 財 ) 茨 城 県 防 犯 協 会 ( 株 ) 茨 城 新 聞 社 ( 株 ) 茨 城 放 送 ( 社 ) 茨 城 県 青 少 年 育 成 協 会 茨 城 県 青 年 団 体 連 盟 ( 社 ) 日 本 青 年 会 議 所 関 東 地 区 茨 城 ブロック 協 議 会 大 好 き いばらき 県 民 会 議 日 本 労 働 組 合 総 連 合 会 茨 城 県 連 合 会 ( 公 財 ) 茨 城 県 暴 力 追 放 推 進 センター 4 事 業 内 容 安 全 なまちづくりのための 総 合 的 な 活 動 について, 計 画 を 定 め 推 進 すること 安 全 なまちづくりに 関 する 情 報 を 収 集 すること 安 全 なまちづくりに 関 する 情 報 を 交 換 し, 相 互 の 連 絡 調 整 を 図 ること その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業

8 5 電 子 マニフェストを 利 用 した 解 体 自 動 車 等 の 不 適 正 輸 出 対 策 (1) 制 度 開 始 の 趣 旨 本 県 では, 使 用 済 自 動 車 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 87 号 以 下 自 動 車 リサイクル 法 という )に 基 づき, 自 動 車 解 体 業 者 への 立 入 検 査 等 を 通 じて 規 制 基 準 等 の 遵 守 を 図 ってきたところであるが, 一 部 に 自 動 車 リサイクル 法 による 自 動 車 解 体 業 の 許 可 を 得 ないまま 自 動 車 の 解 体 を 行 っていた 例 が 確 認 されている また, 盗 まれ た 自 動 車 が 外 国 へ 不 正 に 輸 出 されている 事 例 も 発 生 している このようなことから, 自 動 車 の 無 許 可 解 体 や 不 正 輸 出 を 防 止 するため, 解 体 自 動 車 の 輸 出 申 告 時 に, 自 動 車 リサイクル 法 による 電 子 マニフェストの 写 し( 電 子 マニフェスト 画 面 印 刷 物 )の 提 出 を 求 めることとしたものである なお,このような 取 組 は, 全 国 的 には, 新 潟 県 ( 平 成 18 年 12 月 開 始 )と 小 樽 市 ( 平 成 20 年 7 月 開 始 )に 次 いで, 本 県 が3 番 目 に 実 施 したものである (2) 制 度 の 概 要 解 体 自 動 車 の 全 部 を 製 品 の 原 材 料 として 利 用 するものとして, 当 該 解 体 自 動 車 を 茨 城 県 内 の 税 関 支 署 出 張 所 ( 横 浜 税 関 鹿 島 税 関 支 署, 同 支 署 日 立 出 張 所, 同 支 署 つくば 出 張 所 )に 申 告 して 輸 出 しようとする 場 合, 当 該 税 関 に 自 動 車 リサイクル 法 による 電 子 マ ニフェストの 写 しを 提 出 してもらうこととした 当 該 税 関 に 電 子 マニフェスト 写 しの 提 出 がない 場 合 や 盗 難 車 であることが 確 認 された 場 合, 県 警 察 本 部 や 税 関, 環 境 省 関 東 地 方 環 境 事 務 所, 当 課 等 の 関 係 機 関 が 連 携 の 上, 必 要 な 措 置 をとることとした (3) 制 度 の 開 始 時 期 平 成 26 年 2 月 1 日

9 市 町 村 における 児 童 虐 待 の 予 防 ( 母 子 保 健 を 中 心 とした 取 り 組 み) 乳 児 家 庭 全 戸 訪 問 事 業 (こんにちは 赤 ちゃん 事 業 ) 市 町 村 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 市 町 村 ( 養 育 支 援 訪 問 事 業 中 核 機 関 ) 養 育 支 援 訪 問 事 業 6 市 町 村 における 児 童 虐 待 の 予 防 特 に 必 要 な ケース 進 行 管 理 連 携 ( 県 ) 妊 娠 に 関 する 相 談 窓 口 ( 看 護 協 会 委 託 ) ( 県 ) 保 健 師 による 母 親 グループミーティング 児 童 相 談 所 の 支 援 相 談 内 容 望 まない 妊 娠 経 済 的 問 題 若 年 妊 娠 等 に 関 する 悩 みの 電 話 相 談

10 7 茨 城 県 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 の 概 要 茨 城 県 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 設 置 根 拠 児 童 福 祉 法 第 25 条 の2 第 1 項 設 置 時 期 平 成 24 年 2 月 20 日 調 整 機 関 県 保 健 福 祉 部 子 ども 家 庭 課 審 議 事 項 1 要 保 護 児 童 の 適 切 な 保 護 又 は 要 支 援 児 童 若 しくは 特 定 妊 婦 への 適 切 な 支 援 を 図 るために 必 要 な 情 報 の 交 換 に 関 すること 2 要 保 護 児 童 等 に 対 する 支 援 の 内 容 に 関 すること 3 県 内 市 町 村 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 の 運 営 支 援 等 に 関 すること 4 要 保 護 児 童 等 の 対 策 を 推 進 するための 広 報 普 及 啓 発 に 関 すること 5 要 保 護 児 童 等 の 対 策 の 推 進 に 関 する 広 域 的 な 連 携 の 課 題 等 に 関 すること 6その 他 要 保 護 児 童 若 しくは 要 支 援 児 童 及 びその 保 護 者 又 は 特 定 妊 婦 に 関 し 必 要 な 事 項 に 関 すること < 構 成 員 > 構 成 員 数 :36 機 関 県 会 長 : 保 健 福 祉 部 長 保 健 福 祉 部 福 祉 指 導 課, 障 害 福 祉 課, 子 ども 家 庭 課, 福 祉 相 談 センター, 土 浦 児 童 相 談 所, 筑 西 児 童 相 談 所, 精 神 保 健 福 祉 センター, 保 健 所 長 会 の 代 表 総 務 部 総 務 課 私 学 振 興 室 病 院 局 経 営 管 理 課 教 育 庁 義 務 教 育 課, 高 校 教 育 課 警 察 本 部 少 年 課 市 町 村 各 児 童 相 談 所 から 推 薦 された 管 内 市 町 村 児 童 福 祉 主 管 課 国 水 戸 地 方 法 務 局 福 祉 関 係 茨 城 県 社 会 福 祉 協 議 会, 茨 城 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会, 茨 城 県 児 童 福 祉 施 設 協 議 会, 茨 城 県 里 親 連 合 会, 茨 城 県 保 育 協 議 会, 茨 城 県 家 庭 相 談 員 連 絡 協 議 会 医 療 関 係 茨 城 県 医 師 会, 茨 城 県 歯 科 医 師 会, 茨 城 県 看 護 協 会 保 健 関 係 茨 城 県 臨 床 心 理 士 会 教 育 関 係 茨 城 県 学 校 長 会, 茨 城 県 高 等 学 校 長 協 会, 茨 城 県 幼 稚 園 連 合 会, 茨 城 県 私 立 幼 稚 園 連 合 会, 茨 城 県 PTA 連 絡 協 議 会 司 法 関 係 茨 城 県 弁 護 士 会, 日 本 司 法 支 援 センター 茨 城 地 方 事 務 所, 茨 城 県 人 権 擁 護 委 員 連 合 会 その 他 NPO 法 人 いばらき 子 どもの 虐 待 防 止 ネットワークあい 代 表 者 会 議 関 係 機 関 等 の 円 滑 な 連 携 の 確 保, 専 門 部 会 及 び 地 域 ネットワーク 会 議 の 円 滑 な 運 営 と 要 保 護 児 童 等 の 対 策 全 般 の 環 境 整 備 要 保 護 児 童 等 の 対 策 全 般 についての 情 報 交 換 現 状 と 対 策, 国 の 動 向 要 保 護 児 童 等 の 支 援 に 関 するあり 方 及 び 方 向 性 の 検 討 実 施 方 針 の 策 定, 各 機 関 の 現 状 と 活 動 報 告 要 保 護 児 童 等 の 早 期 発 見, 適 切 な 保 護 に 関 する 広 報 普 及 啓 発 活 動 の 推 進 11 月 の 児 童 虐 待 防 止 推 進 月 間 の 取 り 組 み 推 進 要 保 護 児 童 等 の 対 策 に 関 する 広 域 的 な 課 題 検 討 と 関 係 機 関 との 連 携 の 推 進 各 部 会 等 で 出 された 連 携 課 題 の 検 討 専 門 部 会 合 同 会 議 保 健 医 療 部 会 要 保 護 児 童 対 策 に 係 る 福 祉 と 医 療 部 門 の 連 携 会 議 ( 連 携 システムの 構 築 ) 協 力 基 幹 病 院 (9ヶ 所 ), 各 児 童 相 談 所 等 の 連 携 協 力 虐 待 通 告 に 関 する 取 扱 い ガイドラインの 改 訂 等 事 例 検 討 教 育 部 会 要 保 護 児 童 対 策 に 係 る 福 祉 と 教 育 部 門 の 連 携 会 議 ( 保 健 福 祉 部 と 教 育 庁 と の 連 携 組 織 ) 児 童 虐 待 の 現 状 等 につ いての 情 報 交 換 検 討 を 要 する 課 題 等 に ついての 意 見 交 換 警 察 部 会 要 保 護 児 童 対 策 に 係 る 福 祉 と 警 察 部 門 の 連 携 会 議 ( 保 健 福 祉 部 と 警 察 との 連 携 組 織 ) 虐 待 事 例 に 係 る 情 報 共 有 個 別 事 案 に 関 する 意 見 交 換 連 携 課 題 に 関 する 協 議 地 域 ネットワーク 会 議 各 児 童 相 談 所 (3 児 相 2 分 室 )と 管 轄 市 町 村 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 の 調 整 機 関 との 連 携 会 議 市 町 村 要 保 護 児 童 対 策 地 域 協 議 会 間 の 情 報 交 換 事 例 検 討 要 保 護 児 童 等 の 適 切 な 支 援, 関 係 機 関 の 連 携 に 資 する 研 修 分 科 会 各 児 童 相 談 所 職 員 と 管 内 警 察 署 生 活 安 全 課 職 員 との 情 報 交 換

11

12

13

14

15

16

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

三条市安全・安心な

三条市安全・安心な 三 条 市 安 全 安 心 な まちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 三 条 市 1 目 次 第 1 章 計 画 の 基 礎 事 項 1 第 1 節 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 節 計 画 の 位 置 付 け 1 第 3 節 計 画 期 間 1 第 4 節 計 画 の 見 直 し 1 第 2 章 犯 罪 の 状 況 2 第 1 節 刑 法 犯 発 生 状 況 2 (1) 刑 法 犯 認

More information

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件

目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情 報 件 数 4 3 交 通 事 故 件 数 4 4 振 り 込 め 詐 欺 被 害 件 数 5 5 消 費 生 活 相 談 件 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 推 進 計 画 計 画 期 間 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 平 成 23 年 4 月 恵 庭 市 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 目 次 はじめに 2 第 1 章 計 画 の 策 定 にあたって 3 第 2 章 犯 罪 及 び 交 通 事 故 等 の 現 状 1 犯 罪 件 数 3 2 不 審 者 情

More information

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成

(3) 犯 罪 弱 者 の 安 全 対 策 青 少 年 の 犯 罪 被 害 防 止 と 健 全 育 成 活 動 の 薬 物 などの 犯 罪 や 誘 惑 の 無 い 青 少 年 が 健 やかに 育 つことができる 環 境 づくりを するため 関 係 機 関 等 と 連 携 した 青 少 年 の 育 成 小 金 井 市 防 犯 指 針 に 基 づく 等 について 主 要 な 施 策 1 日 常 生 活 における 安 全 安 心 の 確 保 日 常 生 活 における 体 感 治 安 の 低 下 を 防 ぐために (1) 地 域 防 犯 力 の 向 上 CoCoパトロール 隊 による 地 域 パトロール 青 色 回 転 灯 を 装 備 した 庁 用 車 16 台 から 成 るCoCoパトロール 隊 で

More information

第 1 章 <目的>

第 1 章 <目的> 市 民 の 安 全 のための 指 針 ( 平 成 24 年 3 月 ) 東 大 和 市 目 次 はじめに 1 第 1 章 < 目 的 > 2 第 2 章 < 犯 罪 の 起 きにくいまちづくり> 2 第 3 章 < 児 童 等 の 安 全 確 保 > 4 第 4 章 < 民 間 事 業 者 によるまちの 安 全 確 保 > 6 第 5 章 < 高 齢 者 障 がい 者 女 性 の 安 全 確 保 >

More information

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A>

<5461726F2D8341834E83568387839383768389839381698CF6955C94C5816A> 犯 罪 防 御 京 都 ア ク シ ョ ン プ ラ ン ~ アンダー3 万 件 新 予 防 システム ~ 担 当 部 課 府 民 生 活 部 安 心 安 全 まちづくり 推 進 課 警 察 本 部 現 状 と 課 題 刑 法 犯 の 認 知 件 数 は 地 域 防 犯 活 動 の 活 性 化 と 警 察 力 の 強 化 により 平 成 14 年 (65,082 件 )をピークとして 減 少 傾 向

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

1 平成19年度の事業実績報告

1 平成19年度の事業実績報告 平 成 27 年 度 事 業 報 告 書 平 成 27 年 度 の 事 業 活 動 の 活 動 重 点 は 公 益 社 団 法 人 設 立 の 趣 旨 である 犯 罪 のない 明 るい 社 会 を 理 想 として 県 民 の 防 犯 思 想 を 高 揚 し 防 犯 活 動 並 び に 少 年 の 健 全 な 育 成 風 俗 環 境 浄 化 のための 活 動 等 を 効 果 的 に 推 進 する と

More information

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯

により 速 やかに 情 報 提 供 を 行 い 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 と 犯 罪 の 予 防 に 努 める 防 犯 協 会 のホームページの 改 修 (よりタイムリーな 情 報 提 供 と 防 犯 信 州 購 読 拡 大 も) (3) 防 犯 ポスターコンクールの 実 施 と 防 犯 平 成 2 8 年 度 事 業 計 画 長 野 県 における 平 成 27 年 中 の 刑 法 犯 認 知 件 数 は 1 万 1, 503 件 で 前 年 と 比 べて 12.9 % 減 少 し 戦 後 最 少 となり 刑 法 犯 の 認 知 件 数 が 戦 後 最 多 を 記 録 した 平 成 13 年 の 34, 764 件 の 3 分 の 1 以 下 で 平 成 14 年 から 14 年 連

More information

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀

平 成 27 年 度 事 業 計 画 1 防 犯 意 識 の 向 上 と 地 域 交 流 の 強 化 (1) 安 全 安 心 なまちづくりと 防 犯 情 報 の 提 供 や 助 成 事 業 の 推 進 ア 安 全 安 心 なまちづくりの 推 進 本 年 4 月 1 日 に なくそう 犯 罪 滋 賀 平 成 27 年 度 主 要 行 事 予 定 ~ 公 益 社 団 法 人 4 年 目 ~ 第 1 四 半 期 新 会 計 年 度 理 事 会 通 常 総 会 の 開 催 4 月 13( 月 ) 14:00~ 県 県 警 との 合 同 担 当 者 研 修 会 ( 県 庁 )+ 知 恵 出 し 会 議 < 専 務 出 席 > 20( 月 ) 終 日 風 俗 環 境 浄 化 地 域 安 全 相 談 所 開

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

表紙オモテ・ウラ

表紙オモテ・ウラ 1 刑 法 犯 と は (1) 凶 悪 犯 と は (2) 粗 暴 犯 と は (3) 窃 盗 犯 と は (4) 知 能 犯 と は 2 少 年 犯 罪 とは (1) 犯 罪 少 年 とは (2) 触 法 少 年 とは (3) 刑 法 犯 少 年 とは (4)ぐ 犯 少 年 とは (5) 非 行 少 年 とは (6) 不 良 行 為 少 年 とは 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

More information

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成

苫小牧市総合防犯計画(仮称)の基本構成 苫 小 牧 市 総 合 防 犯 計 画 ( 案 ) 苫 小 牧 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 経 緯 1 2 計 画 の 目 的 1 3 計 画 の 対 象 範 囲 1 4 計 画 の 期 間 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 2 1 安 全 安 心 に 関 する 市 民 意 識 2 (1) 地 域 の 安 全 についての

More information

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪

目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報 連 携 のあり 方 7 Ⅰ 犯 罪 を 予 防 する 意 識 の 高 揚 9 Ⅱ 犯 罪 第 3 次 みよし 市 防 犯 活 動 行 動 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) 地 域 力 を 高 めて 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまち みよし 市 目 次 防 犯 活 動 行 動 計 画 (アクションプラン) 策 定 にあたって 2 基 本 方 針 重 点 目 標 3 重 点 目 標 の 事 業 展 開 4 施 策 体 系 目 標 年 次 5 6 情 報

More information

Taro-総会報告~平成27年度事業

Taro-総会報告~平成27年度事業 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 27 年 度 は みんなでつくろう 安 心 の 街 を 合 い 言 葉 に 事 業 計 画 に 基 づき 警 察 をはじ め 関 係 機 関 団 体 等 との 緊 密 な 連 携 のもと 地 域 安 全 活 動 をはじめ 幼 児 誘 拐 防 止 活 動 県 民 に 身 近 な 重 要 犯 罪 の 被 害 防 止 対 策 少 年 非 行 防 止 及 び 健

More information

川 越 市 防 犯 の ま ち づ く り 基 本 方 針 平 成 16 年 3 月 平 成 26 年 4 月 改 定 川 越 市 は じ め に 改 定 にあたって 川 越 市 が 行 政 の 立 場 で 取 り 組 むべき 防 犯 対 策 の 基 本 方 針 をまとめた 川 越 市 防 犯 のま ちづくり 基 本 方 針 が 策 定 され 早 いもので10 年 が 経 過 しました この 間

More information

県 民 会 議 各 構 成 機 関 団 体 の 平 成 28 年 度 の 取 組 予 定 NO. 機 関 団 体 名 主 な 取 組 予 定 1 宮 崎 県 公 民 館 連 合 会 公 民 館 関 係 者 及 び 地 区 住 民 を 対 象 に 安 全 安 心 なまちづくり に 関 する 問 題 な

県 民 会 議 各 構 成 機 関 団 体 の 平 成 28 年 度 の 取 組 予 定 NO. 機 関 団 体 名 主 な 取 組 予 定 1 宮 崎 県 公 民 館 連 合 会 公 民 館 関 係 者 及 び 地 区 住 民 を 対 象 に 安 全 安 心 なまちづくり に 関 する 問 題 な 平 成 28 年 度 の 安 全 で 安 心 なまちづくりに 関 する 取 組 予 定 について 1 県 民 会 議 の 主 な 取 組 (1) 安 全 で 安 心 なまちづくり 県 民 のつどいの 開 催 毎 年 安 全 で 安 心 なまちづくり 旬 間 (10 月 11 日 ~20 日 ) 中 に 実 施 本 年 度 開 催 予 定 日 場 所 平 成 28 年 10 月 14 日 ( 金 )

More information

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明

1 会 長 挨 拶 会 長 から 今 回 の 諮 問 事 項 は 自 転 車 利 用 者 のマナーアップ 方 策 についてで ある 交 通 事 故 抑 止 のため 活 発 な 意 見 をお 願 いする 旨 の 挨 拶 があった 2 署 長 挨 拶 3 管 内 の 治 安 情 勢 ( 署 長 説 明 議 事 録 会 議 名 平 成 28 年 第 2 回 知 多 警 察 署 協 議 会 ( 定 例 会 ) 日 時 場 所 平 成 28 年 4 月 27 日 ( 水 ) 午 後 3 時 30 分 から 午 後 5 時 10 分 までの 間 知 多 警 察 署 講 堂 1 委 員 出 席 者 2 警 察 署 員 宍 戸 由 明 会 長 竹 内 由 香 理 副 会 長 岡 戸 千 尋 委 員 篠 原 早

More information

2 / 6 ページ 秋 田 山 形 自 治 会 防 犯 研 修 会 におい て 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 セ ンターから 講 師 を 招 き DV 防 止 法 と 被 害 者 支 援 の 演 題 で 講 話 を 実 施 し 女 性 訪 問 販 売 員 に 対 し 性 犯 罪 等 女 性 が

2 / 6 ページ 秋 田 山 形 自 治 会 防 犯 研 修 会 におい て 配 偶 者 暴 力 相 談 支 援 セ ンターから 講 師 を 招 き DV 防 止 法 と 被 害 者 支 援 の 演 題 で 講 話 を 実 施 し 女 性 訪 問 販 売 員 に 対 し 性 犯 罪 等 女 性 が 1 / 6 ページ 北 海 道 平 成 21 年 度 女 性 に 対 する 暴 力 をなくす 運 動 実 施 結 果 都 道 府 県 警 察 の 取 組 警 察 本 部 庁 舎 見 学 者 に 対 し 警 察 のDV 被 害 者 への 取 組 について をテーマと した 講 話 を 実 施 し 女 性 のための 防 犯 講 話 護 身 術 訓 練 を 実 施 し 電 光 掲 示 板 付 自 動 販

More information

(1) 平 成 20 年 12 月 刑 事 裁 判 手 続 きにおける 被 害 者 参 加 制 度 損 害 賠 償 命 令 制 度 が 施 行 され 公 判 廷 において 被 害 者 や 遺 族 が 被 告 人 質 問 意 見 陳 述 する 機 会 が 多 くなった これらの 司 法 制 度 改 革

(1) 平 成 20 年 12 月 刑 事 裁 判 手 続 きにおける 被 害 者 参 加 制 度 損 害 賠 償 命 令 制 度 が 施 行 され 公 判 廷 において 被 害 者 や 遺 族 が 被 告 人 質 問 意 見 陳 述 する 機 会 が 多 くなった これらの 司 法 制 度 改 革 平 成 26 年 度 事 業 報 告 書 第 1 事 業 内 容 相 談 支 援 件 数 は722 件 で 前 年 度 対 比 47 件 7%の 増 加 であった 犯 罪 の 形 態 別 では 殺 人 傷 害 致 死 が93 件 全 体 の 約 13% 強 姦 強 制 わいせつなどの 性 犯 罪 被 害 が264 件 全 体 の 約 37%を 暴 行 傷 害 が126 件 全 体 の 約 17%を

More information

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会

○○○市・町セーフコミュニティ ○○○対策委員会 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 活 動 報 告 松 原 市 セーフコミュニティ 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 報 告 者 : 犯 罪 の 防 止 対 策 委 員 会 委 員 長 山 本 剛 所 属 : 松 原 事 業 場 防 犯 協 会 会 長 1 背 景 : 全 国 と 比 較 して 犯 罪 認 知 件 数 が 多 い ( 件 /10 万 人 ) 3,500 10 万 人 あたりの

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策

自 転 車 盗 難 被 害 の 防 止 街 頭 犯 罪 の6 割 程 度 を 占 める 自 転 車 盗 は 駅 付 近 や 遊 技 施 設 大 型 スーパー 周 辺 で 多 く 被 害 が 発 生 しています 盗 難 被 害 を 未 然 に 防 止 するため 自 転 車 の 盗 難 防 止 対 策 第 2 次 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 案 )のコンセプト 本 市 では 平 成 18 年 5 月 に 朝 霞 市 防 犯 推 進 計 画 ( 現 計 画 )を 策 定 し 市 市 民 事 業 者 土 地 建 物 所 有 者 等 及 びその 他 関 係 団 体 が 一 体 となり さまざまな 防 犯 施 策 を 実 施 してきました また 朝 霞 警 察 署 においても この 間 犯 罪

More information

平成28年度事業計画

平成28年度事業計画 平 成 28 年 度 事 業 計 画 1 はじめに 当 連 合 会 は 警 察 活 動 と 緊 密 な 連 携 を 図 って ⑴ 防 犯 運 動 推 進 事 業 ⑵ 風 俗 営 業 の 管 理 者 に 対 する 講 習 並 びに 風 俗 環 境 に 関 する 苦 情 の 処 理 事 業 ⑶ 適 正 遊 技 機 の 確 認 と 標 示 並 びに 営 業 所 に 対 する 立 入 り 検 査 による 不

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

平 成 25 年 度 事 業 マネジメントシート( 事 務 事 業 ) 担 当 課 警 察 本 部 警 務 部 会 計 課 1 事 業 概 要 細 事 業 名 警 察 署 庁 舎 整 備 費 区 分 継 続 施 策 131 犯 罪 に 強 いまちづくり 13105 県 民 の 安 全 を 守 る 活

平 成 25 年 度 事 業 マネジメントシート( 事 務 事 業 ) 担 当 課 警 察 本 部 警 務 部 会 計 課 1 事 業 概 要 細 事 業 名 警 察 署 庁 舎 整 備 費 区 分 継 続 施 策 131 犯 罪 に 強 いまちづくり 13105 県 民 の 安 全 を 守 る 活 平 成 26 年 度 当 初 予 算 知 事 査 定 ヒアリング 資 料 部 局 名 : 警 察 本 部 No 細 事 業 名 事 業 費 ページ 1 警 察 署 庁 舎 整 備 事 業 420,531 千 円 1 子 ども 見 守 り 事 業 21,125 千 円 7 チャイルドガーディアンみえ 推 進 事 業 25,060 千 円 13 合 計 466,716 千 円 平 成 25 年 度 事

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49>

<5461726F2D4832358EE597768E7B8DF490AC89CA92B28F9181698DC58F49> 平 成 25 年 度 主 要 施 策 の 成 果 に 関 する 調 書 警 察 本 部 目 次 3 安 心 安 全 な 社 会 の 形 成 と 県 土 づくり 1 (1) 日 本 一 安 心 安 全 な 鹿 児 島 づくり 1 (2) 災 害 に 強 い 県 土 づくり 7 6 誰 もがいきいきと 活 躍 できる 雇 用 環 境 づくり 8 (1) ふるさとでいきいきと 働 ける 環 境 づくり 8

More information

計画策定の趣旨

計画策定の趣旨 安 全 安 心 平 成 21 年 2 月 大 村 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 章 犯 罪 の 現 状 及 び 課 題 3 第 3 章 市 民 としての 取 り 組 み 5 第 4 章 意 識 づくりについて 8 1 自 主 防 犯 意 識 の 啓 発 8 (1) 自 主 防 犯 意 識 の 高 揚 8 (2) 各 種 会 合 等 での 啓 発 9 (3) 広 報

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定

(2) 公 安 委 員 会 へ 報 告 等 警 察 本 部 等 は こ 計 画 実 施 状 況 について 時 機 を 逸 することなく 大 分 県 公 安 委 員 会 に 報 告 し 所 要 指 導 等 を 受 けるとともに 同 委 員 会 を 的 確 に 補 佐 するもとす る 3 被 害 想 定 大 分 県 警 察 継 続 計 画 策 定 について 平 成 2 4 年 1 1 月 1 日 大 通 達 甲 ( 備 ) 第 10 号 大 通 達 甲 ( 警 ) 第 16 号 大 通 達 甲 ( 生 ) 第 13 号 大 通 達 甲 ( 刑 ) 第 15 号 大 通 達 甲 ( 交 ) 第 9 号 大 分 県 警 察 本 部 長 から 本 部 各 課 所 隊 室 長 警 察 学 校 長 各 警 察

More information

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc

Microsoft Word - 資料2 新旧対照表.doc 21.11.25 資 料 2 頁 旧 新 見 直 し 理 由 等 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 の 未 然 防 止 を 図 り, 第 1 章 計 画 策 定 の 趣 旨 犯 罪 を 未 然 に 防 止 し, P1 P2 市 では,この 活 動 の 拠 りどころとして, 新 潟 市 犯 市 では, 新 潟 市 犯 罪 のない 安 心 安 全 なまちづくり 罪 のない 安 心 安 全

More information

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16 平 成 24 年 度 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 警 察 庁 平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16,541 百 万 円 21,026

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

はじめに 神 奈 川 県 では 平 成 21 年 4 月 に 行 した 神 奈 川 県 犯 罪 被 害 者 等 支 援 条 例 に 基 づき 神 奈 川 県 犯 罪 被 害 者 等 支 援 推 進 計 画 ( 平 成 21 年 度 ~25 年 度 ) を 策 定 して 各 種 支 援 に 取 り 組

はじめに 神 奈 川 県 では 平 成 21 年 4 月 に 行 した 神 奈 川 県 犯 罪 被 害 者 等 支 援 条 例 に 基 づき 神 奈 川 県 犯 罪 被 害 者 等 支 援 推 進 計 画 ( 平 成 21 年 度 ~25 年 度 ) を 策 定 して 各 種 支 援 に 取 り 組 神 奈 川 県 の 犯 罪 被 害 者 等 支 援 策 の 実 状 況 ~ 平 成 27 年 度 実 状 況 及 び 平 成 28 年 度 実 予 定 ~ 平 成 28 年 7 月 神 奈 川 県 安 全 防 災 局 安 全 防 災 部 くらし 安 全 交 通 課 はじめに 神 奈 川 県 では 平 成 21 年 4 月 に 行 した 神 奈 川 県 犯 罪 被 害 者 等 支 援 条 例 に 基

More information

署協議会議事録

署協議会議事録 平 成 28 年 第 1 回 仙 台 南 警 察 署 協 議 会 議 事 録 日 時 : 平 成 28 年 2 月 16 日 ( 火 ) 13:30~15:00 場 所 : 仙 台 南 警 察 署 3 階 大 会 議 室 1 会 長 挨 拶 本 協 議 会 は 年 間 4 回 開 催 される 予 定 で その 都 度 治 安 情 勢 や 懸 案 事 項 等 につい て 審 議 し 地 域 の 安 心

More information

【3-6-11】シート

【3-6-11】シート 自 主 防 犯 意 識 の 醸 成 促 進 事 業 生 活 安 全 課 防 犯 対 策 推 進 室 問 合 せ 先 ( 電 話 番 号 ) 2333 計 画 番 号 95 警 察 市 町 村 と 連 携 を 図 り 特 定 の 罪 種 あるいは 特 定 の 被 害 者 層 に 的 を 絞 った 実 効 性 のある 効 果 的 な 広 報 啓 発 活 動 を 協 力 に 実 施 する また 高 齢 者

More information

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179>

<5461726F2D8F4390B394C581408AE28EE88CA782CC8EA188C08FEE90A88179> 平 成 23 年 岩 手 県 の 治 安 情 勢 平 成 24 年 1 月 岩 手 県 警 察 本 部 1 刑 法 犯 認 知 検 挙 ( 値 は 暫 定 値 です ) これまでの 推 移 刑 法 犯 認 知 は 平 成 13 年 の15,125 をピークに 概 ね 減 少 傾 向 平 成 23 年 は 平 成 22 年 の 戦 後 最 小 記 録 (7,4 )を 下 回 り 6,353 前 年 比

More information

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx

Microsoft PowerPoint - 資料2 番号法全体像.pptx 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 資 料 2 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 概 要 基 本 理 念 個 人 番 号 及 び 法 人 番 号 の 利 用 に 関 する 施 策 の 推 進 は 個 人 情 報 の 保 護 に 十 分 に 配 慮 しつつ 社 会 保 障 制 度 税 制 災 害 対 策 に 関 する 分 野 に おける 利 用 の 促 進 を 図 るとともに 他 の

More information

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前

平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 横 浜 市 の 児 童 相 談 所 において 平 成 22 年 度 新 たに 把 握 した 児 童 虐 待 件 数 は 626 件 でした また 虐 待 対 応 件 数 は 平 成 21 年 度 以 前 平 成 23 年 5 月 26 日 こども 青 少 年 教 育 委 員 会 資 料 こ ど も 青 少 年 局 児 童 虐 待 等 への 対 応 状 況 について 1 平 成 22 年 度 横 浜 市 児 童 相 談 所 の 児 童 虐 待 新 規 把 握 件 数 1 2 平 成 22 年 12 月 14 日 に 他 都 市 より 電 話 で 引 き 継 いだケースについて 3 3 最 近 の 事

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

水 戸 市 安 全 なまちづくり 基 本 計 画 ( 第 2 次 ) 水 戸 市 目 次 第 1 章 計 画 策 定 の 基 本 的 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 け 1 3 計 画 の 期 間 2 第 2 章 犯 罪 の 現 状 と 課 題 について 1 国 県 の 現 状 3 (1) 国 の 現 状 3 (2) 県 の 現 状 4 2 水 戸 市 (

More information

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分

母 子 医 療 対 策 費 462 (313,289) 国 4,479 1 不 妊 治 療 助 成 事 業 8,600 不 妊 治 療 費 用 の 一 部 を 助 成 し 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 る 230,008 238,608 不 妊 治 療 費 の 増 加 による 増 額 分 健 康 福 祉 政 策 課 低 所 得 者 自 立 更 生 融 資 対 策 費 659,521 (1,516,423) 国 328,209 財 656 1 生 活 福 祉 資 金 貸 付 金 補 助 414,400 滋 賀 県 社 会 福 祉 協 議 会 が 実 施 する 低 所 得 者 等 が 必 要 とする 生 活 福 祉 資 金 の 貸 付 けに 要 する 原 資 を 助 成 する 660,000

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人

勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 勢 一 覧 勢 一 覧 129 勢 編 1 土 地 総 面 積 国 土 交 通 省 国 土 地 理 院 ホームページ 全 国 市 区 町 村 別 面 積 調 2 民 有 地 面 積 総 務 省 ホームページ 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 3 人 口 総 務 省 統 計 局 ホームページ 人 口 推 計 年 報 4 人 口 密 度 社 会 生 活 統 計 指 標 5 世 帯 数

More information

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3

目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 第 2 次 久 留 米 市 防 犯 まちづくり 推 進 計 画 久 留 米 市 目 次 第 1 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 P1 1 計 画 策 定 の 経 緯 P1 2 計 画 の 目 的 P2 3 防 犯 まちづくりの 範 囲 P2 4 計 画 期 間 P2 5 基 本 理 念 P2 第 2 章 防 犯 に 対 する 取 り 組 みの 課 題 P3 第 3 章 防 犯 まちづくり

More information

は じ め に

は じ め に 第 9 次 庄 内 町 交 通 安 全 計 画 平 成 23 年 度 ~ 平 成 27 年 度 庄 内 町 ま え が き 交 通 安 全 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るため 交 通 安 全 対 策 基 本 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 110 号 )に 基 づき 国 においては 交 通 安 全 基 本 計 画 を また 山 形 県 および 本 町 においては

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20939693FA97708B4C8ED28DA7926B89EF2D90AB94C68DDF2094928D95> 平 成 24 年 12 月 12 日 ( 水 ) 性 犯 罪 被 害 者 の 現 状 と 公 的 医 療 支 援 の 問 題 点 - 産 婦 人 科 医 会 の 調 査 より- 日 本 産 婦 人 科 医 会 常 務 理 事 母 子 愛 育 会 愛 育 病 院 安 達 知 子 性 犯 罪 の 分 類 Wikipediaより 暴 力 的 性 犯 罪 強 姦 強 制 わいせつ 強 盗 強 姦 わいせつ

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

平成26年版子ども・若者白書(全体版)

平成26年版子ども・若者白書(全体版) 子 ども 若 者 育 成 支 援 施 策 の 実 施 状 況 --7 図 二 次 児 童 ポルノ 排 除 総 合 対 策 の 概 要 ( 出 典 ) 内 閣 府 ホームページ(http://www8.cao.go.jp/youth/cp-taisaku/) 内 閣 府 は, 平 成 年 月, 関 係 団 体 などで 構 成 する 回 児 童 ポルノ 排 除 対 策 推 進 協 議 会 総 会 ( 会

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番

デンマーク 住 民 登 録 番 号 10 桁 1968 年 税 務 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 諸 統 計 教 育 等 韓 国 住 民 登 録 番 号 13 桁 1968 年 税 務 社 会 保 険, 年 金 住 民 登 録 選 挙 兵 役 教 育 等 スウエーデン 住 民 登 録 番 マイナンバー 制 度 と その 対 策 と 対 応 評 議 員 経 営 労 務 コンサルタント 部 部 長 大 阪 兵 庫 支 部 長 靱 隆 幸 マイナンバーは 国 内 に 住 所 のある 人 に 割 り 当 てられる12 桁 の 番 号 です 制 度 の 開 始 にあたり 個 人 も 企 業 も 準 備 が 要 ります 各 世 帯 には10 月 に 入 るとマイナンバーを 記 載 した 通 知

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録

第2回 恵庭市安全で安心なまちづくり実行委員会 会議録 平 成 25 年 度 第 1 回 恵 庭 市 安 全 で 安 心 なまちづくり 実 行 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 25 年 6 月 28 日 ( 金 )10:30~11:30 開 催 場 所 恵 庭 市 役 所 3 階 第 2 第 3 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 順 不 同 ) 会 長 原 田 裕 ( 恵 庭 市 長 ) 副 会 長 鏡 貢 ( 恵 庭 市 交

More information

はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の 事 件 は あまりに も 悲 惨 な 事 件 であり 文 部 科 学 省 は 子 どもの 安

はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の 事 件 は あまりに も 悲 惨 な 事 件 であり 文 部 科 学 省 は 子 どもの 安 子 どもの 安 全 にかかる 基 本 的 な 考 え 方 ~ 基 本 とする 取 組 方 向 ~ 改 訂 版 平 成 23 年 (2011 年 )2 月 箕 面 市 箕 面 市 教 育 委 員 会 はじめに 今 子 どもの 安 全 安 心 については きわめて 深 刻 な 社 会 問 題 となっている 平 成 13 年 6 月 に 発 生 した 大 阪 教 育 大 学 附 属 池 田 小 学 校 の

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

第2章                        

第2章                         基 本 目 標 4 子 どもと 子 育 て 家 庭 にやさしいまちづくりのために ( 1)ユニバーサルデザイン(みんなのためのデザイン)の 推 進 (2) 生 活 環 境 の 整 備 (3) 交 通 安 全 の 推 進 (4) 犯 罪 防 止 の 推 進 135 (1) ユニバーサルデザイン(み んなのためのデザイン)の 推 進 1 ユニバーサルデザインの 充 実 2 赤 ちゃんの 駅 の 推 進

More information

平 成 24 年 度 埼 玉 県 民 生 委 員 児 童 委 員 協 議 会 事 業 報 告 ( 案 ) 1 福 祉 相 談 推 進 事 業 Ⅰ 公 益 目 的 ( 実 施 ) 事 業 生 活 相 談 等 活 動 推 進 事 業 (1) 各 市 町 村 における 研 修 会 等 への 講 師 派 遣 各 市 町 村 における 各 種 民 生 委 員 児 童 委 員 研 修 会 等 へ 次 のとおり

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

Microsoft Word - 計画本編.doc

Microsoft Word - 計画本編.doc III. 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 63 安 全 安 心 な 生 活 環 境 の 確 保 1 健 康 危 機 管 理 体 制 の 推 進 現 況 と 課 題 危 機 レベル 別 組 織 体 制 食 中 毒 感 染 症 飲 料 水 薬 品 災 害 テロ 武 力 攻 撃 その 他 何 らかの 原 因 により 生 命 と 健 康 の 安 全 を 脅 かす 事 態 を 健 康 危 機

More information

ネット安全安心全国推進会議(第1回)配付資料 [資料5]

ネット安全安心全国推進会議(第1回)配付資料 [資料5] インターネット 上 の 違 法 有 害 情 報 に 関 する 総 務 省 の 取 組 について 平 成 1 9 年 1 1 月 総 務 省 インターネット 上 の 違 法 有 害 情 報 権 利 侵 害 情 報 はセクハラをしている はセクハラをしている ( 名 誉 毀 損 ) 公 序 良 俗 に 反 する 情 報 人 の 尊 厳 を 害 する する 情 報 ( 殺 害 画 像 死 体 画 像 等

More information

Taro-072メルマガ 20121001.jtd

Taro-072メルマガ 20121001.jtd アイネス 消 費 生 活 情 報 No.072 2012.10.1 消 費 生 活 男 女 共 同 参 画 プラザ( 県 消 費 生 活 センター) 平 成 24 年 10 月 から 著 作 権 法 が 変 わります 販 売 または 有 料 配 信 されている 音 楽 や 映 像 の 違 法 ダウンロード は 刑 罰 の 対 象 となります 10 月 から 著 作 権 法 の 改 正 に 伴 い 違

More information

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する

止 できる 者 を 配 置 し 夜 間 における 酒 類 の 販 売 体 制 を 整 備 するよう 必 要 な 助 言 と 指 導 を 実 施 ( 平 成 10 年 4 月 ~) 5 年 齢 確 認 の 実 施 をはじめとする 取 組 を 推 進 していくためには 酒 類 販 売 に 従 事 する 25 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 に 関 する 取 組 等 国 税 庁 においては アルコール 飲 料 としての 酒 類 の 特 性 に 鑑 み より 良 い 飲 酒 環 境 を 形 成 して 消 費 者 利 益 と 酒 類 業 の 健 全 な 発 達 を 期 する 観 点 から 従 来 から 酒 類 業 界 に 対 し 未 成 年 者 飲 酒 防 止 に 配 意 し た 販 売 や 広

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

一 そ の 他 二 福 祉 サービス 利 用 援 助 事 業 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井 県 南 条 郡 南 越 前 町 脇 本 7-8- H2.4. 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定

一 そ の 他 二 福 祉 サービス 利 用 援 助 事 業 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井 県 南 条 郡 南 越 前 町 脇 本 7-8- H2.4. 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 社 会 福 祉 法 人 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 28 年 4 月 日 現 在 99-0227 福 井 県 南 条 郡 南 越 前 町 脇 本 7-8- 電 話 番 号 0778-47 - 767

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

1 平 成 24 年 3 月 第 1 版 : 平 成 24 年 3 月 16 日 決 裁 はじめに 近 年 の 急 激 な 社 会 環 境 の 変 化 に 伴 い 犯 罪 の 質 や 形 態 も 変 化 しております 私 たちの 暮 らしの 安 全 と 安 心 を 確 保 するためには 地 域 社 会 が 持 つ 犯 罪 を 抑 制 する 機 能 を 充 実 し 強 化 することが 重 要 な 課 題

More information

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び

目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 28 年 5 月 那 智 勝 浦 町 目 次 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 1 2 計 画 施 設 概 要 1 3 特 記 仕 様 書 の 適 用 1 4 業 務 区 分 1 5 履 行 期 間 1 6 設 計 与 条 件 1 7 設 計 概 要 2 第 2 章 業 務 仕 様 1 設 計 業 務 の 内 容 及 び 範

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健

目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 報 告 書 大 阪 府 警 察 本 部 目 次 重 点 目 頁 1 府 民 の 期 待 と 信 頼 に 応 える 警 察 の 確 立 1 2 街 頭 犯 罪 抑 止 総 合 対 策 の 推 進 2 3 府 民 の 生 命 身 体 を 脅 かす 犯 罪 対 策 の 推 進 3 4 組 織 犯 罪 対 策 の 推 進 4 5 少 年 の 健 全 育 成 を 図 る 諸 対 策 の 推 進 5 6 地 域

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動

人 口 10 万 人 あたりの 交 通 事 故 死 傷 者 数 を 比 較 すると 甲 賀 市 の 負 傷 者 数 は 全 国 滋 賀 県 と 比 べて 少 ない 傾 向 にありますが 死 者 数 は 多 い 傾 向 にあります 消 防 統 計 により 人 口 10 万 人 あたりの 救 急 出 動 3. 事 故 けが 等 の 実 態 と 特 徴 交 通 事 故 の 実 態 と 特 徴 < 発 生 件 数 の 推 移 > 交 通 事 故 の 推 移 をみると 発 生 件 数 と 負 傷 者 数 は 連 動 しており 2008 年 にいったん 減 少 しましたが その 後 再 び 増 加 し 2010 年 から 2012 年 にかけては 減 少 傾 向 にあります 人 口 10 万 人 あたりの

More information

参考資料 地域診断データ集.xls

参考資料 地域診断データ集.xls Ver1.1 H27.4.13 更 新 郡 山 市 セーフコミュニティ 地 域 診 断 市 民 安 全 課 セーフコミュニティ 推 進 室 地 域 診 断 データ 一 覧 1 福 島 県 警 察 本 部 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25 年 交 通 白 書 平 成 26 年 分 は 各 Webサイトより 2 郡 山 警 察 署 郡 山 北 警 察 署 平 成 22~25

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関

行政機関ガイドブック(平成26年度版)・関東管区行政評価局/防衛省の機関 北 関 東 防 衛 局 330-9721 埼 玉 県 さいたま 市 中 央 区 新 都 心 2-1 さいたま 新 都 心 合 同 庁 舎 2 号 館 TEL(048)600-1800 FAX(048)600-1831 http://www.mod.go.jp/rdb/n-kanto/ 防 衛 局 防 衛 省 設 置 法 第 33 条 防 衛 省 組 織 令 第 211 条 防 衛 事 務 所 防 衛

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強

5 長 野 地 裁 H23.3.25 強 盗 殺 人, 死 体 遺 棄 H23.3.25 H24.3.22 ( 東 京 高 裁 ) H24.3.22 6 横 浜 地 裁 H23.6.17 殺 人 H23.6.29 H23.7.4 7 静 岡 地 裁 H23.6.21 殺 人, 死 体 遺 棄, 強 平 成 25 年 5 月 日 :00 以 降 に 報 道 願 います 裁 判 員 裁 判 の 概 況 平 成 25 年 5 月 日 最 高 検 察 庁 公 判 1 裁 判 員 裁 判 対 象 事 件 起 訴 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30 日 現 在 ) 6,025 名 ( 起 訴 件 数 :6,800 件 ) 2 裁 判 員 裁 判 判 決 人 員 ( 平 成 25 年 4 月 30

More information

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市

(4) 市 有 施 設 利 用 料 金 減 免 の 継 続 旭 川 市 7 条 駐 車 場 いきいきセンター 新 旭 川 いきいきセンター 永 山 いきいきセンター 神 楽 近 文 市 民 ふれあい センター 有 料 公 園 施 設,パークゴルフ 場 旭 川 市 総 合 防 災 センター 旭 川 市 第 2 次 旭 川 市 障 害 者 計 画 の 進 捗 状 況 資 料 4 節 具 体 的 施 策 取 組 区 分 取 組 内 容 第 1 節 Ⅰ 生 活 支 援 1 相 談 体 制 の 整 備 (1) 各 相 談 支 援 機 関 の 連 携 強 化 旭 川 市 障 害 者 福 祉 センター 内 に, 旭 川 市 障 害 者 総 合 相 談 支 援 センターあそーと,かみかわ 相 談 支 援 センターねっと,

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井 県 南 条 郡 南 越 前 町 脇 本 7-8- H7.4. 8 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 業 所 名 所 在 地 事 業 開 始 年 月 日 事 業 規 模 ( 定 員 ) 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井 県 南 条 郡 南 越 前 町 脇 本 7-8- H7.4. 8 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 福 井 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 齋 藤 市 左 衞 門 都 道 府 県 主 たる 事 社 会 福 祉 法 人 南 越 前 町 社 会 福 祉 協 議 会 務 所 の 所 在 地 メールアド レス 年 齢 / 非 非 社 会 福 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 99-07 福 井 県 南 条 郡 南 越 前

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63> 計 画 策 定 の 趣 旨 わが 国 は 世 界 に 例 のないスピードで 高 齢 化 が 進 んでおり 世 界 でも 最 高 水 準 の 前 例 のない 高 齢 社 会 を 迎 えました 今 後 も 一 層 の 高 齢 化 が 進 行 し ねたきりや 認 知 症 高 齢 者 の 増 加 介 護 期 間 の 長 期 化 など 介 護 に 対 するニーズがますます 増 大 することが 見 込 まれます

More information

05 第1部2数値目標達成及び中間年評価

05  第1部2数値目標達成及び中間年評価 2 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )の 数 値 目 標 達 成 状 況 と 群 馬 県 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 第 3 次 )では 男 女 が 性 別 にかかわらず 一 人 ひとりの 考 え 方 や 生 き 方 が 尊 重 される 社 会 あらゆる 分 野 への 参 画 の 機 会 が 保 障 され その 個 性 と 能 力 を 十 分 に

More information