<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>"

Transcription

1 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 )

2 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する

3 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び 租 税 特 別 措 置 ごとの 影 響 額 の 状 況 3 1. 税 負 担 軽 減 措 置 等 に 該 当 する 措 置 又 は 特 例 ごとの 適 用 額 の 総 額 の 状 況 4 (1) 個 人 事 業 税 5 (2) 法 人 事 業 税 6 (3) 不 動 産 取 得 税 8 (4) 自 動 車 取 得 税 18 (5) 軽 油 引 取 税 20 (6) 自 動 車 税 21 (7) 鉱 区 税 22 (8) 狩 猟 税 23 (9) 個 人 住 民 税 24 (10) 固 定 資 産 税 25 (11) 事 業 所 税 50 (12) 都 市 計 画 税 適 用 実 態 調 査 情 報 に 基 づき 推 計 した 租 税 特 別 措 置 ごとの 影 響 額 ( 道 府 県 民 税 事 業 税 市 町 村 民 税 地 方 法 人 特 別 税 )の 状 況 62 (1) 単 体 法 人 63 (2) 連 結 法 人 73

4 < 注 記 事 > 適 用 額 については 次 のとおりである (1) 適 用 額 は 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 内 容 によって 異 なる 例 えば 税 額 控 除 及 び 税 額 を 上 乗 せする 特 例 に ついては 税 額 の 特 例 については ( ) と 表 記 し ( )には 所 得 資 本 金 等 の 額 固 定 資 産 の 価 格 などの の 内 容 を 記 載 している (2) 適 用 額 の 総 額 は 税 額 控 除 の 特 例 については 税 額 控 除 の 総 額 税 額 を 上 乗 せする 特 例 については 上 乗 せした 税 額 の 総 額 の 特 例 については から 控 除 した 総 額 を 記 載 している 例 1: が 所 得 の 場 合 は 控 除 した 所 得 総 額 を 記 載 例 2: が 事 業 所 床 面 積 の 場 合 は 控 除 した 床 面 積 (m2)を 記 載

5 はじめに この 報 告 書 は 平 成 23 年 度 の 地 方 税 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 状 況 及 び 国 税 である 法 人 税 の 租 税 特 別 措 置 の 直 接 の 影 響 を 受 ける 地 方 税 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 状 況 についてまとめたものである 平 成 23 年 度 の 地 方 税 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 状 況 については 以 下 の 調 査 結 果 をまとめたものである 総 務 大 臣 が 行 った 地 方 税 の 賦 課 徴 収 の 状 況 に 関 する 調 査 の 結 果 ( 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 の 調 市 町 村 税 課 税 状 況 等 の 調 自 動 車 取 得 税 のエコカー 減 税 に 係 る 適 用 状 況 に 関 する 調 等 市 町 村 交 付 金 及 び 都 市 計 画 税 に 関 する 調 ) 法 第 389 第 1 の 規 定 により 総 務 大 臣 が 決 定 した 同 に 規 定 する 価 格 等 に 基 づき 算 定 した 法 第 757 第 3 に 規 定 する 適 用 額 を 集 計 したもの ( 総 務 大 臣 が 決 定 した 償 却 資 産 の 価 格 等 に 基 づき 算 定 した 適 用 額 の 集 計 ) 法 第 422 の 規 定 による 概 要 調 書 に 記 載 された 事 ( 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 ) 法 第 743 第 3 の 規 定 による 概 要 調 書 に 記 載 された 事 ( 大 規 模 の 償 却 資 産 に 関 する 概 要 調 書 ) 総 務 大 臣 が 行 った 固 定 資 産 税 の 賦 課 徴 収 の 状 況 に 関 する 調 査 の 結 果 ( 道 府 県 知 事 が 価 格 等 を 決 定 し 配 分 した 償 却 資 産 に 関 する 調 ) また 国 税 である 法 人 税 の 租 税 特 別 措 置 の 直 接 の 影 響 を 受 ける 地 方 税 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 については 適 用 実 態 調 査 情 報 に 基 づき 推 計 した 租 税 特 別 措 置 ごとの 影 響 額 ( 道 府 県 民 税 事 業 税 市 町 村 民 税 地 方 法 人 特 別 税 )の 状 況 としてまとめ 租 税 特 別 措 置 の 適 用 状 況 の 透 明 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 8 ) 第 6 第 1 に 規 定 する 適 用 実 態 調 査 情 報 に 基 づき 推 計 したものをまとめたものである

6

7 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 種 類 ごとの 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 数 及 び 適 用 額 の 総 額 の 状 況 平 成 23 年 度 分 として 把 握 した 種 類 ごとの 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 数 は 249 であり 適 用 額 の 総 額 は 以 下 のとおりで ある 税 目 種 類 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 数 適 用 額 の 総 額 ( 注 1) 個 人 事 業 税 法 人 事 業 税 ( 所 得 ) ( 資 本 金 等 の 額 ) ( 収 入 金 額 ) ( 所 得 ) 1 13,360 億 円 10 38,270 億 円 億 円 1 7,533 億 円 税 額 2 18 億 円 不 動 産 取 得 税 ( 不 動 産 の 価 格 ) 36 69,141 億 円 税 額 22 1,123 億 円 自 動 車 取 得 税 ( 自 動 車 の 取 得 価 額 ) 億 円 税 額 5 2,343 億 円 軽 油 引 取 税 税 額 億 円 - 1 -

8 - 2 - 税 目 種 類 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 数 適 用 額 の 総 額 ( 注 1) 自 動 車 税 税 額 1 75 億 円 鉱 区 税 税 額 億 円 狩 猟 税 税 額 億 円 個 人 住 民 税 税 額 億 円 固 定 資 産 税 88 75,392 億 円 税 額 14 1,354 億 円 事 業 所 税 都 市 計 画 税 ( 事 業 所 床 面 積 (m2)) ( 従 業 者 給 与 総 額 ) 25 4,150 万 m2 249 億 円 ( 注 2) (10) 6,230 億 円 ( 注 3) 30 10,490 億 円 税 額 億 円 ( 注 1) 適 用 額 の 総 額 は 1 億 円 未 満 は 四 捨 五 入 している ただし 適 用 額 の 総 額 が 1 億 円 に 満 たない 場 合 は 0.1 億 円 未 満 を 四 捨 五 入 している ( 注 2) 内 の 数 値 は ( 事 業 所 床 面 積 (m2))に 600 円 /m2の 税 率 を 乗 じたものである ( 注 3) 事 業 所 税 の 下 段 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 は 上 段 の 税 負 担 軽 減 措 置 等 と 同 一 の 文 で 規 定 している

9 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び 租 税 特 別 措 置 ごとの 影 響 額 の 状 況 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 に 該 当 する 措 置 特 例 ごとの 適 用 額 の 総 額 の 状 況 適 用 実 態 調 査 情 報 に 基 づき 推 計 した 租 税 特 別 措 置 ごとの 影 響 額 の 状 況 は 次 のとおりである - 3 -

10 税 負 担 軽 減 措 置 等 に 該 当 する 措 置 又 は 特 例 ごとの 適 用 額 の 総 額 の 状 況 この 表 は 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 に 該 当 する 措 置 又 は 特 例 ごとの 適 用 額 の 総 額 の 状 況 について 掲 載 し たものである [ 備 考 ] 1. 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 名 称 及 び は いずれも 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 のものである ただ し 改 正 により 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 適 用 される 措 置 については その 改 正 内 容 を 記 載 している 2. は 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 のものであり 同 日 以 前 に された 制 度 については と 記 載 し ている 3. 平 成 24 年 3 月 31 日 現 在 で 既 に になっている 措 置 ( 平 成 23 年 4 月 2 日 から 平 成 24 年 3 月 31 日 までに 廃 止 された 措 置 )については の 前 に 旧 と 記 載 している

11 1. 税 負 担 軽 減 措 置 等 に 該 当 する 措 置 又 は 特 例 ごとの 適 用 額 の 総 額 個 人 事 業 税 72 の 49 の 8 1 社 会 保 険 診 療 報 酬 の 益 金 損 金 不 算 入 措 置 医 業 等 を 行 う 個 人 については 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損 金 の 額 に 算 入 しない ( 所 得 ) 1,335,955,925 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成 - 5 -

12 - 6 - 法 人 事 業 税 72 の 23 1 社 会 保 険 診 療 報 酬 の 益 金 損 金 不 算 入 措 置 医 療 法 人 等 については 社 会 保 険 診 療 につき 支 払 を 受 けた 金 額 は 益 金 の 額 に 算 入 せず 社 会 保 険 診 療 に 係 る 経 費 は 損 金 の 額 に 算 入 しない ( 所 得 ) 753,311, の 24 の 7 5 医 療 法 人 に 係 る 税 率 の 特 例 措 置 医 療 法 人 を 特 別 法 人 とし 所 得 のうち 年 400 万 円 を 超 える 金 額 については6.6%の 軽 減 税 率 を 適 用 する( 普 通 法 人 は 所 得 のうち 年 400 万 円 ~ 年 800 万 円 の 金 額 7.3% 年 800 万 円 を 超 える 金 額 は9.6%) 税 額 1,790,756 附 9 1 JR 北 海 道 四 国 九 州 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 JR 北 海 道 JR 四 国 及 びJR 九 州 について 資 本 割 の 課 税 標 準 である 資 本 金 等 の 額 を 資 本 金 の 額 に2を 乗 じて 得 た 額 とする H ( 資 本 金 等 の 額 ) 351,200,100 附 9 2 承 継 銀 行 等 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 承 継 銀 行 及 び 協 定 銀 行 について 資 本 割 の である 資 本 金 等 の 額 を 銀 行 法 における 銀 行 の 最 低 資 本 金 (20 億 円 )の 額 とする H ( 資 本 金 等 の 額 ) 210,120,000 附 9 3 銀 行 等 保 有 株 式 取 得 機 構 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 銀 行 等 保 有 株 式 取 得 機 構 について 資 本 割 の であ る 資 本 金 等 の 額 を 10 億 円 とする H ( 資 本 金 等 の 額 ) 27,478,679 附 9 4 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 等 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 及 び 指 定 造 成 事 業 者 について 資 本 割 の である 資 本 金 等 の 額 から6 分 の5を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 679,575,000 附 9 5 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 について 資 本 割 の である 資 本 金 等 の 額 から3 分 の2を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 55,778,667 附 9 6 特 定 鉄 道 事 業 者 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 特 定 鉄 道 事 業 者 について 資 本 割 の である 資 本 金 等 の 額 から3 分 の2を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 123,344,200 附 9 7 東 京 湾 横 断 道 路 株 式 会 社 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 東 京 湾 横 断 道 路 株 式 会 社 について 資 本 割 の であ る 資 本 金 等 の 額 から 総 資 産 のうち 建 設 未 収 金 に 相 当 する 割 合 を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 89,254,170 附 9 8 電 気 供 給 業 に 係 る 特 定 規 模 需 要 向 けの 託 送 料 金 を 控 除 する 収 入 割 の 特 例 措 置 収 入 金 課 税 される 他 の 電 気 供 給 業 を 行 う 法 人 から 託 送 供 給 を 受 けて 電 気 供 給 を 行 う 法 人 について 当 該 託 送 供 給 の 料 金 として 支 払 うべき 金 額 に 相 当 する 収 入 金 額 を 収 入 割 の である 収 入 金 額 から 控 除 する H ( 収 入 金 額 ) 15,452,011

13 法 人 事 業 税 附 9 9 生 命 保 険 業 に 係 る 収 入 割 の 特 例 措 置 心 身 障 害 者 扶 養 共 済 の 加 入 者 を 被 保 険 者 として 独 立 行 政 法 人 福 祉 医 療 機 構 と 生 命 保 険 契 約 を 締 結 した 生 命 保 険 会 社 等 について 同 契 約 に 基 づく 収 入 保 険 料 を 収 入 割 の 課 税 標 準 である 収 入 金 額 から 控 除 する 当 分 の 間 ( 収 入 金 額 ) 5,430,910 附 9 10 ガス 供 給 業 に 係 る 大 口 需 要 向 けの 託 送 料 金 を 控 除 する 収 入 割 の 特 例 措 置 収 入 金 課 税 される 他 のガス 供 給 業 を 行 う 法 人 から 託 送 供 給 を 受 けてガス 供 給 を 行 う 法 人 について 当 該 託 送 供 給 の 料 金 として 支 払 うべき 金 額 に 相 当 する 収 入 金 額 を 収 入 割 の である 収 入 金 額 から 控 除 する H ( 収 入 金 額 ) 5,050,518 附 9 11 商 工 組 合 中 央 金 庫 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 株 式 会 社 商 工 組 合 中 央 金 庫 について 資 本 割 の で ある 資 本 金 等 の 額 から 資 本 金 ( 政 府 出 資 分 )と 危 機 対 応 準 備 金 の 額 に 一 定 の 割 合 を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 333,220,260 附 日 本 政 策 投 資 銀 行 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 株 式 会 社 日 本 政 策 投 資 銀 行 について 資 本 割 の で ある 資 本 金 等 の 額 から 資 本 金 ( 政 府 出 資 分 )と 危 機 対 応 準 備 金 の 額 に 一 定 の 割 合 を 乗 じた 額 を 控 除 する H ( 資 本 金 等 の 額 ) 1,938,909,195 附 9 14 企 業 再 生 支 援 機 構 に 係 る 資 本 割 の 特 例 措 置 株 式 会 社 企 業 再 生 支 援 機 構 について 資 本 割 の で ある 資 本 金 等 の 額 を 銀 行 法 における 銀 行 の 最 低 資 本 金 の 額 (20 億 円 )とする H ( 資 本 金 等 の 額 ) 18,129,800 附 9 の 2 特 定 の 協 同 組 合 等 の 事 業 税 の 税 率 の 特 例 措 置 大 規 模 協 同 組 合 について 所 得 のうち10 億 円 を 超 える 部 分 については7.9%の 税 率 を 適 用 する( 通 常 の 協 同 組 合 は 所 得 のうち 年 400 万 円 を 超 える 金 額 については6.6%の 税 率 ) 税 額 0 旧 附 9 10 少 額 短 期 保 険 業 に 係 る 収 入 割 の 特 例 措 置 少 額 短 期 保 険 業 者 については 収 入 割 の である 収 入 金 額 から2 分 の1を 乗 じた 額 を 控 除 する ( 収 入 金 額 ) 287 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成 種 類 の 欄 に 税 額 ( 所 得 ) ( 収 入 金 額 ) とある 特 例 措 置 については 地 方 法 人 特 別 税 にも 影 響 は 生 じているが この 集 計 表 には 反 映 していない - 7 -

14 - 8 - 不 動 産 取 得 税 73 の 14 5 公 営 住 宅 等 の 入 居 者 等 が 当 該 公 営 住 宅 等 を 取 得 し た 場 合 の の 特 例 公 営 住 宅 等 を 地 方 公 共 団 体 から 入 居 者 等 が 譲 渡 を 受 けた 場 合 における 当 該 公 営 住 宅 等 の 取 得 に 対 して 課 する 不 動 産 取 得 税 の から 1,200 万 円 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 43, の 14 6 収 用 等 に 伴 い 代 替 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 標 準 の 特 例 公 共 事 業 の 用 に 供 する 不 動 産 を 収 用 等 されて 補 償 金 等 を 受 けた 者 が 当 該 収 用 等 の 日 から2 年 以 内 に 被 収 用 不 動 産 等 の 代 替 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 から 当 該 被 収 用 不 動 産 等 の 価 格 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 21,356, の 14 7 市 街 地 再 開 発 事 業 ( 第 1 種 第 2 種 )の 施 行 に 伴 い 施 設 建 築 物 の 一 部 等 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 従 前 の 宅 地 等 に 対 応 して 与 えられる 施 設 建 築 物 の 一 部 等 を 取 得 した 場 合 不 動 産 取 得 税 の から 従 前 の 宅 地 等 の 価 格 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 9,696, の 14 8 土 地 区 画 整 理 事 業 等 の 施 行 に 伴 い 代 替 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 土 地 区 画 整 理 事 業 市 街 地 再 開 発 等 の 施 行 により 清 算 金 等 を 受 けた 者 が 換 地 処 分 公 告 等 の 日 から2 年 以 内 に 代 替 不 動 産 を 取 得 した 場 合 不 動 産 取 得 税 の から 従 前 の 不 動 産 の 価 格 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 335, の 14 9 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 の 規 定 による 交 換 分 合 により 農 業 振 興 地 域 内 にある 土 地 を 取 得 し た 場 合 の の 特 例 市 町 村 が 行 う 農 業 振 興 地 域 の 整 備 に 関 する 法 律 の 規 定 によ る 交 換 分 合 により 農 業 振 興 地 域 内 にある 土 地 を 取 得 した 場 合 は 不 動 産 取 得 税 の から 当 該 交 換 分 合 により 失 った 土 地 の 価 格 に 相 当 する 額 ( 農 用 地 区 域 内 にある 土 地 の 取 得 の 場 合 は 当 該 額 と 取 得 した 土 地 の 価 格 の1/3に 相 当 する 額 のいずれか 大 きい 額 )を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 3, の 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 防 災 施 設 建 築 物 の 一 部 等 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 地 区 内 に 宅 地 等 を 有 する 者 が 事 業 の 施 行 に 伴 い 当 該 宅 地 等 に 対 応 して 与 えられる 不 動 産 を 取 得 した 場 合 不 動 産 取 得 税 の から 従 前 の 宅 地 等 の 価 格 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 375, の 27 の 不 動 産 の 取 得 から1 年 以 内 に 当 該 不 動 産 以 外 の 不 動 産 を 収 用 等 されて 補 償 金 等 を 受 けた 場 合 の 減 額 措 置 不 動 産 を 取 得 した 者 が1 年 以 内 に 当 該 不 動 産 以 外 の 不 動 産 を 公 共 事 業 の 用 に 供 するため 収 用 されて 補 償 金 を 受 けた 場 合 等 において 当 該 不 動 産 が 被 収 用 不 動 産 に 代 わるもの と 認 められるときは 税 額 から 被 収 用 不 動 産 の 価 格 に 相 当 する 額 に 税 額 を 乗 じて 得 た 額 を 減 額 する 税 額 73,831

15 不 動 産 取 得 税 73 の 27 の 譲 渡 担 保 権 者 から 当 該 譲 渡 担 保 財 産 の 設 定 者 に 当 該 譲 渡 担 保 財 産 を 移 転 し た 場 合 の 納 税 義 務 の 免 除 譲 渡 担 保 権 者 が 譲 渡 担 保 財 産 を 取 得 した 場 合 において 当 該 譲 渡 担 保 財 産 の 設 定 の 日 から2 年 以 内 に 譲 渡 担 保 権 者 か ら 設 定 者 に 譲 渡 担 保 財 産 を 移 転 したときは 譲 渡 担 保 権 者 の 当 該 譲 渡 担 保 財 産 の 取 得 に 対 する 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 696, の 27 の 再 開 発 会 社 が 第 2 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 建 築 施 設 の 部 分 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 再 開 発 会 社 が 第 2 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 建 築 施 設 の 部 分 又 は 公 共 施 設 の 用 に 供 する 不 動 産 を 取 得 した 場 合 において 建 築 工 事 の 完 了 の 公 告 があった 日 の 翌 日 に 当 該 建 築 施 設 の 部 分 又 は 当 該 不 動 産 を 譲 受 け 予 定 者 又 は 国 若 しくは 地 方 公 共 団 体 が 取 得 したときは 再 開 発 会 社 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 1,543, の 27 の 農 地 保 有 合 理 化 法 人 等 が 農 地 等 売 買 事 業 の 実 施 に より 取 得 した 農 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 農 地 保 有 合 理 化 法 人 等 が 農 地 売 買 等 事 業 の 実 施 により 農 用 地 区 域 内 の 農 地 等 を 取 得 した 場 合 において 当 該 土 地 を 取 得 の 日 から5 年 以 内 に 当 該 事 業 の 実 施 により 売 渡 等 した ときは 農 地 保 有 合 理 化 法 人 等 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 26, の 27 の 土 地 改 良 区 が 取 得 した 換 地 計 画 において 定 められ た 換 地 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 土 地 改 良 区 が 土 地 改 良 法 の 規 定 による 換 地 計 画 に 基 づ き 一 定 の 創 設 換 地 を 最 終 取 得 者 に 代 わって 一 時 的 に 取 得 した 場 合 において 当 該 換 地 を 取 得 の 日 から2 年 以 内 に 譲 渡 したときは 土 地 改 良 区 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 8,134 附 10 の 2 1 宅 地 建 物 取 引 業 者 等 が 取 得 する 新 築 住 宅 の 取 得 日 に 係 る 特 例 措 置 宅 地 建 物 取 引 業 者 等 が 売 り 渡 す 新 築 住 宅 について 当 該 新 築 住 宅 について 最 初 の 使 用 又 は 譲 渡 が 行 われない 場 合 当 該 新 築 住 宅 を 取 得 したものとみなされて 課 税 される 時 期 を 新 築 の 日 から1 年 とする H ( 不 動 産 の 価 格 ) 88,040,380 附 10 の 2 2 一 定 の 住 宅 用 地 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 の 期 間 要 件 を 緩 和 する 特 例 措 置 新 築 住 宅 用 の 土 地 に 係 る 減 額 措 置 の 適 用 がある 期 間 につい て 土 地 の 取 得 から 住 宅 の 新 築 までの 期 間 を3 年 ( 当 該 住 宅 が 居 住 の 用 に 供 するために 独 立 的 に 区 画 された 部 分 が100 以 上 ある 共 同 住 宅 等 でやむを 得 ない 事 情 があると 都 道 府 県 知 事 が 認 めた 場 合 は4 年 ) 以 内 とする H 税 額 42,000,

16 不 動 産 取 得 税 附 11 1 農 用 地 利 用 集 積 計 画 に 基 づき 取 得 する 農 用 地 区 域 内 にある 土 地 に 係 る 特 例 措 置 農 用 地 利 用 集 積 計 画 に 基 づき 農 用 地 等 を 取 得 した 場 合 に は 不 動 産 取 得 税 の から1/3を 控 除 する( 交 換 による 取 得 の 場 合 で 取 得 した 土 地 の 価 格 の1/3に 相 当 する 額 よりも 交 換 により 失 った 土 地 の 価 格 の 方 が 大 きい ときは 当 該 失 った 土 地 の 価 格 を 控 除 する) H ( 不 動 産 の 価 格 ) 1,542,277 附 11 2 高 規 格 堤 防 整 備 事 業 に 伴 い 取 得 する 建 替 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 高 規 格 堤 防 の 整 備 に 係 る 事 業 の 用 地 の 上 に 建 築 されていた 家 屋 について 移 転 補 償 金 を 受 けた 者 が 当 該 土 地 の 上 に 従 前 の 家 屋 の 代 替 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から 従 前 の 家 屋 の 価 格 を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 11 3 特 定 目 的 会 社 が 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 特 定 目 的 会 社 が 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 に 規 定 する 資 産 流 動 化 計 画 に 基 づき 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から3/5を 控 除 する 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 控 除 率 の 引 下 げ 2/3 3/5 H ( 不 動 産 の 価 格 ) 84,282,199 附 11 4 信 託 会 社 等 が 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 信 託 会 社 等 が 投 資 信 託 の 引 受 けにより 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 に 規 定 する 投 資 信 託 約 款 に 従 い 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から3/5を 控 除 する 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 控 除 率 の 引 下 げ 2/3 3/5 H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 11 5 投 資 法 人 が 取 得 する 一 定 の 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 投 資 法 人 (Jリート)が 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 に 規 定 する 規 約 に 従 い 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から3/5を 控 除 する 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 控 除 率 の 引 下 げ 2/3 3/5 H ( 不 動 産 の 価 格 ) 54,620,372

17 不 動 産 取 得 税 附 11 6 PFI 法 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 取 得 する 一 定 の 公 共 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 PFI 法 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 国 又 は 地 方 公 共 団 体 が 法 律 の 規 定 によりその 事 業 等 として 実 施 するものである 一 定 の 選 定 事 業 により 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/2を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 167,918 附 11 7 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 取 得 する 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 事 業 者 が 認 定 計 画 に 基 づき 認 定 事 業 の 用 に 供 する 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/5を 控 除 する( 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 にあっては 不 動 産 取 得 税 の から 1/2を 控 除 する) 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 を 特 例 対 象 に 追 加 H ( 不 動 産 の 価 格 ) 12,882,084 附 11 8 PFI 法 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 取 得 する 一 定 の 国 立 大 学 の 校 舎 に 係 る 特 例 措 置 PFI 法 に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 国 立 大 学 の 校 舎 の 用 に 供 する 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/2を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 11 9 一 定 の 医 療 提 供 施 設 の 開 設 者 が 取 得 する 周 産 期 医 療 施 設 に 係 る 特 例 措 置 医 療 法 に 規 定 する 医 療 計 画 に 定 められた 医 療 連 携 体 制 に 関 する 事 に 従 って 周 産 期 医 療 を 提 供 する 医 療 適 用 施 設 の 開 設 者 が 周 産 期 医 療 のための 施 設 の 用 に 供 する 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から 次 の 割 合 を 控 除 する ~H :1/2 H25.4.1~H :1/3 H27.4.1~H :1/6 H ( 不 動 産 の 価 格 ) 1,150,696 附 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 等 において 取 得 する 一 定 の 新 築 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 等 の 区 域 において 住 宅 以 外 の 一 定 の 新 築 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の か ら1/10を 控 除 する 平 成 24 年 改 正 にて ( 不 動 産 の 価 格 ) 20,828,627 附 JR 貨 物 が 基 盤 整 備 事 業 に 伴 い 取 得 する 承 継 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 JR 貨 物 が( 独 ) 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 が 行 う 基 盤 整 備 事 業 に 伴 い 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 従 前 の 家 屋 の 価 格 を 控 除 する 平 成 24 年 改 正 にて ( 不 動 産 の 価 格 )

18 不 動 産 取 得 税 附 新 築 の 認 定 長 期 優 良 住 宅 の 取 得 に 係 る 特 例 措 置 新 築 の 長 期 優 良 住 宅 の 普 及 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 する 認 定 長 期 優 良 住 宅 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の 課 税 標 準 から1,300 万 円 を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 18,246,884 附 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 の ための 施 設 等 の 取 得 に 係 る 特 例 措 置 公 益 社 団 財 団 法 人 が 文 化 財 保 護 法 に 規 定 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 用 に 供 する 一 定 の 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/2を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 農 業 協 同 組 合 等 が 一 定 の 貸 付 けを 受 けて 共 同 利 用 する 施 設 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 農 業 協 同 組 合 等 が 農 業 近 代 化 資 金 等 の 貸 付 けを 受 けて 農 林 漁 業 経 営 の 近 代 化 又 は 合 理 化 のための 共 同 利 用 に 供 する 施 設 を 取 得 した 場 合 には 価 格 に 当 該 施 設 の 取 得 価 額 に 対 す る 当 該 貸 付 けを 受 けた 額 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 価 格 から 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 528,208 附 土 地 改 良 法 に 規 定 する 一 定 の 換 地 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 土 地 改 良 事 業 に 係 る 換 地 計 画 で 特 別 減 歩 不 換 地 見 合 いの 創 設 換 地 を 定 める 場 合 において 当 該 創 設 換 地 を 取 得 する ことが 適 当 であると 土 地 改 良 区 が 認 める 者 が 当 該 創 設 換 地 ( 農 用 地 に 限 る )を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/3を 控 除 する H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 新 築 するサービス 付 き 高 齢 者 住 宅 に 係 る の 特 例 措 置 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 基 づき 登 録 を 受 け たサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 である 貸 家 住 宅 ( 床 面 積 30 m2~240m2)を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1,200 万 円 控 除 する 平 成 23 年 6 月 改 正 にて 新 設 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) H ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 附 11 の 2 1 住 宅 及 び 土 地 の 取 得 に 係 る 税 率 の 特 例 措 置 住 宅 及 び 土 地 の 取 得 が 行 われた 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の 標 準 税 率 を3%とする H 税 額 67,891,460

19 不 動 産 取 得 税 附 11 の 心 身 障 害 者 を 多 数 雇 用 す る 事 業 所 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 障 害 者 を 多 数 雇 用 する 事 業 所 ( 障 害 者 雇 用 割 合 が50% 以 上 かつ20 人 以 上 障 害 者 を 雇 用 している 事 業 所 )の 事 業 主 が 助 成 金 の 支 給 を 受 けて 当 該 事 業 所 の 事 業 の 用 に 供 する 施 設 を 取 得 した 場 合 ( 取 得 の 日 から3 年 以 上 事 業 の 用 に 供 した 場 合 )には 不 動 産 取 得 税 の 税 額 から1/10を 減 額 する H 税 額 0 附 11 の 産 活 法 に 規 定 する 事 業 譲 渡 等 により 取 得 する 不 動 産 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 計 画 に 従 って 事 業 の 譲 渡 又 は 資 産 の 譲 渡 を 受 けた 認 定 事 業 者 等 が 当 該 譲 渡 により 不 動 産 を 取 得 した (3 年 以 上 認 定 計 画 に 係 る 事 業 の 用 に 供 した 場 合 )には 不 動 産 取 得 税 の 税 額 から1/6を 減 額 する 平 成 24 年 改 正 にて 税 額 7,009 附 11 の 4 5 新 築 するサービス 付 き 高 齢 者 住 宅 用 として 取 得 す る 土 地 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 に 基 づき 登 録 を 受 け たサービス 付 き 高 齢 者 向 け 住 宅 である 貸 家 住 宅 ( 床 面 積 30 m2~240m2)の 用 に 供 する 新 築 住 宅 用 土 地 を 取 得 した 場 合 に は 不 動 産 取 得 税 の 税 額 から150 万 円 又 は 床 面 積 の2 倍 (200m2を 限 度 )に 相 当 する 土 地 の 価 格 のいずれか 大 きい 額 に 税 率 を 乗 じて 得 た 額 を 減 額 する 平 成 23 年 6 月 改 正 にて 新 設 ( 平 成 23 年 6 月 改 正 にて 新 設 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 降 の 取 得 分 から 適 用 ) H 税 額 0 附 11 の 5 1 宅 地 評 価 土 地 の 取 得 に 係 る 特 例 措 置 宅 地 評 価 土 地 ( 宅 地 及 び 宅 地 比 準 土 地 ( 宅 地 以 外 の 土 地 で 当 該 土 地 とその 状 況 が 類 似 する 宅 地 の 価 格 に 比 準 する 価 格 によって 決 定 されるもの)をいう )を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の を1/2とする H ( 不 動 産 の 価 格 ) 6,596,966,748 附 12 1 ~ 4 贈 与 税 納 税 猶 予 の 適 用 農 地 等 の 取 得 に 係 る 特 例 措 置 農 地 等 の 生 前 一 括 贈 与 により 受 贈 者 が 当 該 農 地 等 を 取 得 し た 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 を 猶 予 する 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 徴 収 猶 予 継 続 要 件 の 緩 和 税 額 46,

20 不 動 産 取 得 税 旧 73 の 14 7 事 業 協 同 組 合 が 一 定 の 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 他 の 事 業 者 との 連 携 等 のた めの 施 設 を 取 得 した 場 合 の の 特 例 事 業 協 同 組 合 が 都 道 府 県 又 は( 独 ) 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 から 貸 付 けを 受 けて 他 の 事 業 者 との 連 携 等 又 は 中 小 企 業 の 集 積 の 活 性 化 に 寄 与 する 施 設 を 取 得 した 場 合 は 不 動 産 取 得 税 の から 当 該 貸 付 けを 受 けた 割 合 に 応 じた 額 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 37,095 旧 73 の 独 立 行 政 法 人 住 宅 金 融 支 援 機 構 等 から 貸 付 けを 受 けた 事 業 者 が 当 該 不 動 産 を 取 得 した 場 合 の 課 税 標 準 の 特 例 ( 独 ) 住 宅 金 融 支 援 機 構 又 は 沖 縄 振 興 開 発 金 融 公 庫 から 賃 貸 住 宅 等 の 建 設 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 けを 受 けた 者 が 当 該 貸 付 けに 係 る 不 動 産 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から 当 該 貸 付 けを 受 けた 割 合 に 応 じた 額 を 控 除 す る ( 不 動 産 の 価 格 ) 2,044,594 旧 73 の 27 の 市 街 地 再 開 発 組 合 が 第 1 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 施 設 建 築 物 の 敷 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 市 街 地 再 開 発 組 合 が 第 1 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 建 築 物 の 敷 地 の 取 得 又 は 建 築 物 の 新 築 をした 場 合 におい て 敷 地 の 場 合 は 取 得 の 日 から3 年 以 内 建 築 物 の 取 得 の 場 合 は 取 得 の 日 から6 月 以 内 に 当 該 不 動 産 を 当 該 市 街 地 再 開 発 組 合 の 組 合 員 に 譲 渡 したときは 市 街 地 再 開 発 組 合 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 59 旧 73 の 27 の 再 開 発 会 社 が 第 1 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 施 設 建 築 物 の 敷 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 再 開 発 会 社 が 第 1 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 施 設 建 築 物 の 敷 地 の 取 得 又 は 施 設 建 築 物 の 新 築 をした 場 合 にお いて 敷 地 の 場 合 は 取 得 の 日 から3 年 以 内 建 築 物 の 取 得 の 場 合 は 取 得 の 日 から6 月 以 内 に 当 該 不 動 産 を 権 利 床 取 得 者 に 譲 渡 したときは 再 開 発 会 社 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 再 開 発 会 社 が 第 2 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 施 設 建 築 物 の 敷 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 再 開 発 会 社 が 第 2 種 市 街 地 再 開 発 事 業 の 施 行 に 伴 い 施 設 建 築 物 の 敷 地 の 取 得 又 は 施 設 建 築 物 の 新 築 をした 場 合 にお いて 建 築 工 事 完 了 の 公 告 があった 日 から6 月 以 内 に 当 該 不 動 産 を 譲 受 け 希 望 者 に 譲 渡 したときは 再 開 発 会 社 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 住 宅 街 区 整 備 組 合 が 住 宅 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 施 設 住 宅 の 敷 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 住 宅 街 区 整 備 組 合 が 住 宅 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 施 設 住 宅 の 敷 地 の 取 得 又 は 施 設 住 宅 の 新 築 をした 場 合 におい て 当 該 不 動 産 の 取 得 の 日 から6 月 以 内 に 当 該 不 動 産 を 当 該 住 宅 街 区 整 備 組 合 の 組 合 員 に 譲 渡 したときは 住 宅 街 区 整 備 組 合 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0

21 不 動 産 取 得 税 旧 73 の 27 の 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 が 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 取 得 した 防 災 施 設 建 築 敷 地 等 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 等 が 防 災 街 区 整 備 事 業 の 施 行 に 伴 い 防 災 施 設 建 築 物 の 敷 地 若 しくは 個 別 利 用 区 内 の 宅 地 の 取 得 又 は 防 災 施 設 建 築 物 の 新 築 をした 場 合 において 土 地 の 場 合 は 取 得 の 日 から3 年 以 内 建 築 物 の 取 得 の 場 合 は 取 得 の 日 から6 月 以 内 に 当 該 不 動 産 を 組 合 員 等 に 譲 渡 したとき は 防 災 街 区 整 備 事 業 組 合 等 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 事 業 協 同 組 合 等 が 一 定 の 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 した 他 の 事 業 者 との 連 携 等 のための 不 動 産 を 取 得 した 場 合 における 納 税 義 務 の 免 除 事 業 協 同 組 合 等 が 都 道 府 県 又 は( 独 ) 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 から 貸 付 けを 受 けて 他 の 事 業 者 との 連 携 等 又 は 中 小 企 業 の 集 積 の 活 性 化 に 寄 与 する 不 動 産 を 取 得 した 場 合 にお いて 当 該 不 動 産 を 取 得 の 日 から5 年 以 内 に 当 該 事 業 協 同 組 合 等 の 組 合 員 又 は 所 属 員 に 譲 渡 したときは 事 業 協 同 組 合 等 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 農 地 保 有 合 理 化 法 人 が 換 地 計 画 において 定 められ た 換 地 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 農 地 保 有 合 理 化 法 人 等 が 土 地 改 良 事 業 に 係 る 換 地 計 画 に おいて 定 められた 創 設 換 地 ( 農 用 地 に 限 る )を 取 得 した 場 合 において 当 該 換 地 を 取 得 の 日 から2 年 以 内 に 譲 渡 し たときは 農 地 保 有 合 理 化 法 人 等 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 公 益 社 団 財 団 法 人 が 取 得 した 不 動 産 を 一 定 の 期 間 内 に 外 国 人 留 学 生 寄 宿 舎 の 用 に 供 した 場 合 等 の 納 税 義 務 の 免 除 公 益 社 団 法 人 又 は 公 益 財 団 法 人 が 不 動 産 を 取 得 した 場 合 ( 土 地 については 取 得 してから5 年 以 内 に 家 屋 について は 取 得 してから3 年 以 上 引 き 続 き 外 国 人 留 学 生 の 寄 宿 舎 の 用 に 供 する 場 合 )において 当 該 不 動 産 を 外 国 人 留 学 生 の 寄 宿 舎 の 用 に 供 したときは 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 する 税 額 0 旧 73 の 27 の 農 業 生 産 法 人 が 現 物 出 資 により 取 得 した 土 地 に 係 る 納 税 義 務 の 免 除 農 業 生 産 法 人 がその 組 合 員 社 員 又 は 株 主 となる 資 格 を 有 する 者 から 現 物 出 資 を 受 けた 場 合 において 当 該 出 資 に 係 る 土 地 を 取 得 の 日 から5 年 以 内 に 農 業 の 用 に 供 したとき は 農 業 生 産 法 人 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 納 税 義 務 を 免 除 す る 税 額 0 旧 附 11 2 一 定 の 自 動 二 輪 車 専 用 駐 車 場 の 用 に 供 する 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 自 動 二 輪 車 の 駐 車 のための 路 外 駐 車 場 の 用 に 供 する 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/6を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 )

22 不 動 産 取 得 税 旧 附 11 5 河 川 立 体 区 域 制 度 による 整 備 事 業 に 伴 い 取 得 する 建 替 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 地 下 等 に 設 置 する 河 川 管 理 施 設 (ダム 水 門 堤 防 等 )の 整 備 に 係 る 事 業 で 使 用 された 土 地 の 上 にあった 家 屋 につい て 移 転 補 償 金 を 受 けた 者 が 当 該 区 域 について 河 川 立 体 区 域 の 公 示 があった 日 から2 年 以 内 に 当 該 土 地 の 上 に 代 替 家 屋 を 取 得 した 場 合 は 不 動 産 取 得 税 の から 従 前 の 家 屋 の 価 格 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 旧 附 11 6 民 間 都 市 開 発 推 進 法 に 基 づく 交 換 により 取 得 する 土 地 に 係 る 特 例 措 置 民 間 都 市 開 発 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 に 規 定 する 事 業 用 地 適 正 化 計 画 に 記 載 された 交 換 により 当 該 計 画 の 大 臣 認 定 を 受 けた 事 業 者 の 所 有 する 土 地 に 隣 接 する 土 地 の 所 有 者 が 事 業 者 の 所 有 する 土 地 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/10を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 28,950 旧 附 11 7 鉄 道 事 業 者 等 が 駅 のバリ アフリー 化 により 取 得 す る 一 定 の 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 等 が 既 設 の 駅 等 において 高 齢 者 身 体 障 害 者 等 の 公 共 交 通 機 関 を 利 用 した 移 動 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 の 規 定 による 公 共 交 通 特 定 事 業 の 実 施 に 伴 い 停 車 場 建 物 等 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1 /6を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 旧 附 農 地 所 有 者 代 理 事 業 によ り 取 得 する 農 用 地 区 域 内 にある 土 地 に 係 る 特 例 措 置 農 地 所 有 者 代 理 事 業 により 農 用 地 等 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の を1/3を 控 除 する( 交 換 による 取 得 の 場 合 で 取 得 した 土 地 の 価 格 の1/3に 相 当 する 額 よりも 交 換 により 失 った 土 地 の 価 格 の 方 が 大 きいとき は 当 該 失 った 土 地 の 価 格 を 控 除 する) ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 旧 附 一 般 放 送 事 業 者 が 取 得 す る 一 定 の 高 度 テレビジョ ン 放 送 施 設 に 係 る 特 例 措 置 一 般 放 送 事 業 者 が 高 度 テレビジョン 放 送 施 設 整 備 促 進 臨 時 措 置 法 に 規 定 する 認 定 計 画 に 従 って 実 施 する 事 業 により 高 度 テレビジョン 放 送 施 設 の 用 に 供 する 家 屋 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/4を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 919 旧 附 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 認 定 整 備 事 業 者 が 取 得 する 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 民 間 都 市 再 生 整 備 事 業 計 画 の 認 定 を 受 けた 民 間 事 業 者 が 当 該 計 画 に 係 る 認 定 事 業 (いわゆる まち 再 生 事 業 )の 用 に 供 する 不 動 産 を 取 得 し た 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/5を 控 除 す る ( 不 動 産 の 価 格 ) 0

23 不 動 産 取 得 税 旧 附 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 規 定 する 整 備 事 業 区 域 内 の 者 が 取 得 する 代 替 不 動 産 に 係 る 特 例 措 置 まち 再 生 事 業 の 整 備 事 業 区 域 内 にある 不 動 産 の 所 有 者 が 当 該 土 地 を 認 定 事 業 者 又 は( 独 ) 都 市 再 生 機 構 に 譲 渡 し 当 該 事 業 により 建 築 された 建 築 物 の 一 部 等 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/5を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 939,808 旧 附 特 定 農 業 法 人 が 取 得 する 農 用 地 区 域 内 にある 遊 休 農 地 に 係 る 特 例 措 置 特 定 農 業 法 人 が 農 業 委 員 会 の 勧 告 を 受 けた 遊 休 農 地 の 所 有 者 との 所 有 権 の 移 転 等 に 係 る 協 議 又 は 当 該 協 議 が 調 わな いとき 等 における 都 道 府 県 知 事 の 調 停 により 当 該 遊 休 農 地 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/3 を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 2,103 旧 附 密 集 市 街 地 の 建 替 認 定 計 画 により 認 定 事 業 者 が 取 得 する 土 地 に 係 る 特 例 措 置 密 集 市 街 地 における 防 災 街 区 の 促 進 に 関 する 法 律 に 規 定 す る 認 定 事 業 者 が 国 土 交 通 大 臣 の 認 定 を 受 けた 防 災 再 開 発 促 進 地 区 における 建 築 物 の 建 替 えの 計 画 に 記 載 された 建 築 物 の 敷 地 の 用 に 供 する 土 地 を 取 得 した 場 合 には 不 動 産 取 得 税 の から1/5を 控 除 する ( 不 動 産 の 価 格 ) 0 旧 附 11 の 入 会 権 者 等 が 取 得 する 土 地 に 係 る 税 額 の 減 額 措 置 入 会 権 者 等 が 都 道 府 県 知 事 の 認 可 を 受 けた 入 会 林 野 整 備 計 画 等 の 公 告 の 効 果 により 当 該 計 画 の 対 象 とされた 土 地 を 取 得 した 場 合 において 当 該 入 会 権 者 等 が 当 該 土 地 を3 年 以 上 当 該 計 画 に 適 合 する 利 用 をしたときは 不 動 産 取 得 税 の 税 額 から 当 該 計 画 の 対 象 となった 入 会 林 野 等 の 価 格 に 当 該 入 会 権 者 等 に 係 る 入 会 権 等 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を 減 額 す る 税 額 17 旧 附 12 5 農 業 生 産 法 人 に 使 用 貸 借 した 場 合 における 特 例 措 置 農 地 等 の 生 前 一 括 贈 与 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 の 適 用 を 受 けている 受 贈 者 が 当 該 農 地 等 について 使 用 貸 借 の 権 利 設 定 をした 場 合 当 該 受 贈 者 が 理 事 社 員 又 は 取 締 役 である 等 一 定 の 要 件 を 満 たすことを 農 業 委 員 会 が 証 明 した 農 業 生 産 法 人 に 当 該 農 地 等 の 全 部 を 使 用 貸 借 した 場 合 に は 不 動 産 取 得 税 の 徴 収 猶 予 が 継 続 する 税 額 97 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成

24 自 動 車 取 得 税 附 12 の 2 の 2 1 過 疎 バスの 取 得 に 係 る 非 課 税 措 置 地 域 住 民 の 生 活 に 必 要 な 路 線 で 輸 送 人 員 の 減 少 等 により 運 行 の 維 持 が 困 難 となっているものの 運 行 に 供 するバスを 取 得 した 場 合 は 非 課 税 とする 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 特 例 対 象 路 線 を 例 で 規 定 H 税 額 7,959 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 する 自 動 車 ( 新 車 に 限 る )について 非 課 税 とする 附 12 の 2 の 2 2 自 動 車 取 得 税 の 時 限 的 な 非 課 税 措 置 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 最 新 の 燃 費 基 準 に 切 り 替 え 等 を 行 うとともに 環 境 性 能 の 極 めて 優 れた 自 動 車 の 負 担 軽 減 に 重 点 化 H 税 額 73,463,532 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 する 自 動 車 ( 新 車 に 限 る )について 税 率 を75% 又 は50% 軽 減 する 附 12 の 2 の 自 動 車 取 得 税 の 時 限 的 な 税 率 軽 減 措 置 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 について 適 用 ) 最 新 の 燃 費 基 準 に 切 り 替 え 等 を 行 うとともに 環 境 性 能 の 極 めて 優 れた 自 動 車 の 負 担 軽 減 に 重 点 化 し を 3 年 延 長 H 税 額 160,313,388 附 12 の 2 の 3 4 ~ 7 低 公 害 車 の 取 得 に 係 る 税 率 の 特 例 措 置 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 する 自 動 車 ( 新 車 を 除 く )について 税 率 から2.7% 2.4% 又 は1.6%を 控 除 す る 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 について 適 用 の 特 例 とし 控 除 額 は45 万 円 30 万 円 又 は15 万 円 とした H 税 額 484,504

25 自 動 車 取 得 税 附 12 の 2 の 3 8 環 境 性 能 に 優 れたディー ゼル 車 の 取 得 に 係 る 税 率 の 特 例 措 置 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 するディーゼル 車 ( 新 車 を 除 く )について 税 率 から1.0%を 控 除 する 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 特 例 とし 控 除 額 は45 万 円 とした H 税 額 1,558 附 12 の 2 の 5 1 ~ 3 低 燃 費 車 の 取 得 に 係 る 特 例 措 置 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 する 自 動 車 ( 新 車 を 除 く )について 取 得 価 額 から30 万 円 又 は15 万 円 を 控 除 する 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 特 例 とし 控 除 額 は45 万 円 30 万 円 又 は15 万 円 とした H ( 自 動 車 の 取 得 価 額 ) 47,324,950 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 自 動 車 取 得 税 のエコカー 減 税 に 係 る 適 用 状 況 に 関 する 調 等 を 基 に 作 成

26 軽 油 引 取 税 附 12 の 2 の 7 1 ~ 4 一 ~ 五 軽 油 引 取 税 の 課 税 免 除 の 特 例 措 置 船 舶 鉄 道 軌 道 車 両 農 業 林 業 等 の 動 力 源 等 の 用 に 供 する 軽 油 の 引 取 りに 対 して 免 税 証 の 交 付 等 があった 場 合 に 限 り 軽 油 引 取 税 を 課 さないものとする H 税 額 91,311,885 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成

27 自 動 車 税 附 12 一 定 の 排 ガス 性 能 及 び 燃 費 性 能 を 有 する 自 動 車 について 税 率 を 概 ね50% 軽 減 する 新 車 新 規 登 録 から 一 定 年 数 を 経 過 した 環 境 負 荷 の 大 きい 自 の 3 動 車 について 税 率 を 概 ね10% 重 課 する 1 自 動 車 税 のグリーン 化 特 ~ 例 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 度 以 後 の 年 度 分 の 自 動 車 税 につ 6 いて 適 用 ) H 軽 課 において 最 新 の 燃 費 基 準 に 切 り 替 え 等 を 行 うとと もに 環 境 性 能 の 極 めて 優 れた 自 動 車 の 負 担 軽 減 に 重 点 化 し を2 年 延 長 税 額 ( 重 課 分 ) 税 額 ( 軽 課 分 ) 税 額 ( 合 計 ) 23,731,192 31,273,812 7,542,620 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成 税 額 ( 合 計 ) 欄 は 税 額 ( 軽 課 分 )- 税 額 ( 重 課 分 )として 算 出

28 鉱 区 税 石 油 又 は 可 燃 性 天 然 ガス を 目 的 とする 鉱 業 権 の 鉱 区 に 係 る 軽 減 税 率 政 策 目 的 以 外 の 理 由 ( 石 油 又 は 可 燃 性 天 然 ガスは 流 体 物 質 であるがために 非 常 に 広 大 な 面 積 の 鉱 区 を 必 要 とし 生 産 金 額 に 対 する 鉱 区 税 の 割 合 が 他 の 鉱 物 と 比 較 して 一 般 的 に 高 くなる 傾 向 があることを 踏 まえ 税 負 担 合 理 化 の 観 点 か ら 設 けられたもの )に 基 づき 講 じられた 措 置 税 額 63,486 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成

29 狩 猟 税 700 の 52 2 一 放 鳥 獣 猟 区 のみに 係 る 狩 猟 者 登 録 に 対 する 軽 減 税 率 放 鳥 銃 猟 区 のみに 係 る 狩 猟 者 の 登 録 については 狩 猟 税 の 税 率 を4 分 の1に 軽 減 する 税 額 の 52 2 二 放 鳥 獣 猟 区 のみに 係 る 狩 猟 者 登 録 を 受 けている 者 が 受 ける 放 鳥 獣 猟 区 以 外 の 場 所 等 に 係 る 狩 猟 者 登 録 に 対 する 軽 減 税 率 放 鳥 銃 猟 区 のみに 係 る 狩 猟 者 の 登 録 を 受 けている 者 が 登 録 に 係 る 都 道 府 県 の 狩 猟 区 域 の 全 部 を 狩 猟 の 場 所 とする 狩 猟 者 登 録 を 受 ける 場 合 については 狩 猟 税 の 税 率 を4 分 の 3に 軽 減 する 税 額 0 附 32 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 における 狩 猟 税 の 税 率 の 特 例 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 を 基 に 作 成 対 象 鳥 獣 捕 獲 員 に 係 る 狩 猟 者 の 登 録 等 に 係 る 狩 猟 税 の 税 率 については 2 分 の1に 軽 減 する H 税 額 14,

30 個 人 住 民 税 附 7 分 離 課 税 に 係 る 所 得 割 の 額 等 の 特 例 措 置 源 泉 分 離 課 税 とされている 退 職 所 得 に 係 る 個 人 住 民 税 の 税 額 については その10%の 税 額 控 除 をする H 税 額 13,316,305 市 町 村 課 税 状 況 等 の 調 を 基 に 作 成

31 固 定 資 産 税 349 の 3 1 一 般 電 気 事 業 者 等 が 新 設 した 変 電 所 又 は 送 電 施 設 に 係 る 特 例 措 置 一 般 電 気 事 業 者 等 が 新 たに 建 設 した 変 電 所 又 は 送 電 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 変 電 所 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/5 その 後 の5 年 度 分 価 格 の3/4 送 電 施 設 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 610,505, の 3 2 鉄 道 事 業 者 等 が 敷 設 した 新 規 営 業 路 線 の 線 路 設 備 等 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 ( 独 ) 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 が 新 たに 敷 設 した 鉄 軌 道 に 係 る 線 路 設 備 電 路 設 備 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 2/3 (うち 立 体 交 差 化 施 設 に 係 る 橋 りょう 高 架 橋 等 の 線 路 設 備 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/6 その 後 価 格 の1/3) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 644,722, の 3 3 ガス 事 業 者 が 新 設 したガ ス 事 業 用 の 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 一 般 ガス 事 業 者 又 は 簡 易 ガス 事 業 者 が 新 設 したガスの 製 造 及 び 供 給 の 用 に 供 する 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 555,427, の 3 4 農 業 協 同 組 合 等 が 取 得 し た 共 同 利 用 機 械 等 に 係 る 特 例 措 置 農 業 協 同 組 合 中 小 企 業 等 協 同 組 合 等 が 政 府 の 補 助 又 は 農 業 近 代 化 資 金 等 の 貸 付 を 受 けて 取 得 した 共 同 利 用 に 供 する 機 械 及 び 装 置 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとす る 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/2 20,064, の 3 5 外 航 船 舶 等 に 係 る 特 例 措 置 船 舶 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 外 航 船 舶 価 格 の1/6 このうち 一 定 の 外 国 貿 易 船 価 格 の1/10 準 外 航 船 舶 価 格 の1/4 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 度 課 税 分 から 適 用 ) の 引 上 げ 外 国 貿 易 船 について 価 格 の1/10 1/6 354,892,

32 固 定 資 産 税 349 の 3 6 内 航 船 舶 に 係 る 特 例 措 置 内 航 船 舶 ( 外 航 船 舶 及 び 準 外 航 船 舶 以 外 の 船 舶 で 専 ら 遊 覧 の 用 等 に 供 する 船 舶 等 を 除 く )に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 340,165, の 3 7 離 島 航 路 事 業 の 用 に 供 す る 船 舶 に 係 る 特 例 措 置 内 航 船 舶 ( 外 航 船 舶 及 び 準 外 航 船 舶 以 外 の 船 舶 で 専 ら 遊 覧 の 用 等 に 供 する 船 舶 等 を 除 く )のうち 離 島 航 路 整 備 法 に 規 定 す る 離 島 航 路 事 業 者 が 専 ら 離 島 航 路 事 業 の 用 に 供 するものに 対 する を 次 のとおりとする 349 の36の 規 定 により とされる 額 に1/3を 乗 じて 得 た 額 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 度 課 税 分 から 適 用 ) 対 象 船 舶 に 係 る 適 用 要 件 を 撤 廃 の 引 下 げ 349 の36の 規 定 により とされる 額 に 最 初 の5 年 度 分 1/3 その 後 5 年 度 分 2/3を 乗 じて 得 た 額 349 の36の 規 定 により とされる 額 に1/3を 乗 じて 得 た 額 6,691, の 3 8 国 際 路 線 に 就 航 する 航 空 機 に 係 る 特 例 措 置 国 際 路 線 に 就 航 する 一 定 の 航 空 機 で 航 空 法 の 許 可 を 受 けた 者 が 運 航 するものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおり とする 価 格 の1/5 (うち 国 際 路 線 専 用 機 価 格 の1/10 国 際 路 線 準 専 用 機 価 格 の2/15) 641,329, の 3 9 主 として 離 島 路 線 に 就 航 する 航 空 機 に 係 る 特 例 措 置 主 として 一 定 の 離 島 路 線 に 就 航 する70トン 未 満 の 航 空 機 で 航 空 法 の 許 可 を 受 けた 者 が 運 航 するものに 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の3 年 度 分 価 格 の2 /3 (うち30トン 未 満 の 小 型 航 空 機 無 期 限 価 格 の1/4) 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 度 課 税 分 から 適 用 ) の 見 直 し 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の3 年 度 分 価 格 の2/3 (20トン 以 下 の 小 型 航 空 機 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/4 その 後 の3 年 度 分 価 格 の1/2) 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/3 そ の 後 の3 年 度 分 価 格 の2/3(うち30トン 未 満 の 小 型 航 空 機 無 期 限 価 格 の1/4) 2,995,030

33 固 定 資 産 税 349 の 3 10 日 本 放 送 協 会 の 事 業 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 日 本 放 送 協 会 が 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 固 定 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 187,560, の 3 11 ( 独 ) 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 の 研 究 設 備 等 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 設 置 する 原 子 力 に 関 する 基 礎 的 研 究 業 務 等 の 用 に 供 する 設 備 並 びにこれらの 設 備 を 収 容 す る 家 屋 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 24,395, の 3 12 登 録 有 形 文 化 財 等 である 家 屋 及 びその 敷 地 に 係 る 特 例 措 置 登 録 有 形 文 化 財 又 は 登 録 有 形 民 俗 文 化 財 である 家 屋 登 録 記 念 物 である 家 屋 及 びその 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されている 土 地 重 要 文 化 的 景 観 を 形 成 している 一 定 の 家 屋 及 びその 家 屋 の 敷 地 の 用 に 供 されている 土 地 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 8,463, の 3 13 東 北 北 陸 九 州 新 幹 線 の 構 築 物 に 係 る 特 例 措 置 東 北 北 陸 九 州 新 幹 線 に 係 る 新 たな 営 業 路 線 の 開 業 のために 敷 設 された 鉄 道 に 係 る 線 路 設 備 電 路 設 備 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/6 その 後 の5 年 度 分 価 格 の1 /3 371,810, の 3 14 青 函 トンネル 又 は 本 州 四 国 連 絡 橋 に 係 る 鉄 道 施 設 に 係 る 特 例 措 置 青 函 トンネル 又 は 本 州 四 国 連 絡 橋 に 係 る 鉄 道 施 設 の 用 に 供 す る 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとす る 価 格 の1/6 349 の32 又 は27の 規 定 の 適 用 を 受 ける 償 却 資 産 にあって は これらの 規 定 により とされる 額 の1/6 198,493,

34 固 定 資 産 税 349 の 3 15 公 共 用 水 域 に 係 る 事 業 の 施 行 に 伴 い 新 設 等 された 鉄 軌 道 の 橋 りょうの 線 路 設 備 等 に 係 る 特 例 措 置 河 川 その 他 公 共 用 水 域 に 係 る 事 業 の 施 行 に 伴 う 橋 りょうの 新 設 等 により 鉄 軌 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 が 敷 設 した 事 業 用 の 線 路 設 備 又 は 電 路 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のと おりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の2/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の5 /6 (うち 河 川 管 理 者 による 事 業 の 施 行 により 敷 設 された 線 路 設 備 等 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/6 その 後 の5 年 度 分 価 格 の 1/3) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 74,791, の 3 16 ( 独 ) 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 が 所 有 し かつ 直 接 人 工 衛 星 等 の 開 発 及 びこれに 必 要 な 施 設 等 の 開 発 業 務 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 の とおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 12,011, の 3 17 ( 独 ) 海 洋 研 究 開 発 機 構 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 海 洋 研 究 開 発 機 構 が 所 有 し かつ 直 接 海 洋 に 関 する 基 盤 的 研 究 開 発 業 務 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 す る 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 3,996, の 3 18 熱 供 給 事 業 者 が 新 設 した 熱 供 給 事 業 用 の 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 熱 供 給 事 業 者 が 新 設 した 熱 交 換 設 備 給 排 水 設 備 制 御 設 備 等 の 熱 供 給 事 業 用 の 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 44,905, の 3 19 ( 独 ) 水 資 源 機 構 がダムの 用 に 供 する 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 水 資 源 機 構 が 所 有 するダムの 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 のうち 水 道 又 は 工 業 用 水 道 の 用 に 供 するものに 対 す る 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/2 その 後 の5 年 度 分 価 格 の3 /4 68,864,451

35 固 定 資 産 税 349 の 3 20 JR 旅 客 会 社 等 から 無 償 譲 渡 を 受 けた 特 定 地 方 交 通 線 等 に 係 る 固 定 資 産 に 係 る 特 例 措 置 JR 旅 客 会 社 から 特 定 地 方 交 通 線 に 係 る 鉄 道 施 設 の 無 償 譲 渡 を 受 けた 者 旧 日 本 国 有 鉄 道 清 算 事 業 団 又 は( 独 ) 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 から 鉄 道 施 設 の 無 償 譲 渡 を 受 けた 者 が 当 該 譲 渡 により 取 得 し 鉄 道 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 固 定 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/4 349 の32 15 又 は27の 規 定 の 適 用 を 受 ける 償 却 資 産 に あっては これらの 規 定 により とされる 額 の1/4 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 119,344, の 3 21 ( 独 ) 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 が 所 有 し かつ 直 接 石 油 代 替 エネルギー 技 術 の 開 発 及 び 基 盤 技 術 研 究 に 関 する 業 務 等 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 その 後 の5 年 度 分 価 格 の2 /3 26,405, の 3 22 ( 独 ) 科 学 技 術 振 興 機 構 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 科 学 技 術 振 興 機 構 が 所 有 し かつ 直 接 新 技 術 の 創 出 に 資 することとなる 科 学 技 術 に 関 する 基 礎 研 究 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 の とおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/2 5,567, の 3 23 ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 の 業 務 の 用 に 供 する 土 地 に 係 る 特 例 措 置 ( 独 ) 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 が 所 有 し かつ 直 接 農 機 具 の 改 良 に 関 する 試 験 研 究 等 の 用 に 供 する 一 定 の 土 地 に 対 す る 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/3 (うちほ 場 の 用 に 供 するもの 価 格 の1/6) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 対 象 から 家 屋 及 び 償 却 資 産 を 除 外 5,446,

36 固 定 資 産 税 349 の 3 24 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 が 所 有 し 又 は 空 港 用 地 の 造 成 事 業 者 から 借 り 受 ける 固 定 資 産 のうち 直 接 滑 走 路 等 の 用 に 供 する 土 地 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 25 年 度 課 税 分 から 適 用 ) 対 象 を 新 関 西 国 際 空 港 株 式 会 社 が 所 有 し 又 は 指 定 会 社 か ら 借 り 受 ける 固 定 資 産 のうち 直 接 本 来 の 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 施 設 及 び 環 境 対 策 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 土 地 とする 89,054, の 3 25 特 定 鉄 道 事 業 者 により 新 たに 敷 設 された 特 定 鉄 道 の 線 路 設 備 等 に 係 る 特 例 措 置 特 定 鉄 道 事 業 者 が 新 たに 敷 設 した 特 定 鉄 道 の 路 線 に 係 る 線 路 設 備 電 路 設 備 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のと おりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/4 その 後 の5 年 度 分 価 格 の1 /2 105,318, の 3 26 信 用 協 同 組 合 等 の 事 務 所 及 び 倉 庫 に 係 る 特 例 措 置 信 用 協 同 組 合 及 び 信 用 協 同 組 合 連 合 会 労 働 金 庫 及 び 労 働 金 庫 連 合 会 信 用 金 庫 及 び 信 用 金 庫 連 合 会 が 所 有 し かつ 使 用 する 事 務 所 及 び 倉 庫 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 の とおりとする 価 格 の3/5 233,039, の 3 27 鉄 道 事 業 者 等 により 新 た に 建 設 された 変 電 所 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 ( 独 ) 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 により 新 たに 建 設 された 変 電 所 の 用 に 供 する 償 却 資 産 でその 鉄 道 事 業 者 等 がその 事 業 の 用 に 供 する 一 定 のものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/5 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 26,169, の 3 28 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 の 業 務 用 資 産 に 係 る 特 例 措 置 中 部 国 際 空 港 株 式 会 社 が 所 有 し かつ 直 接 中 部 国 際 空 港 の 設 置 管 理 業 務 等 の 用 に 供 する 一 定 の 固 定 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 28,116,210

37 固 定 資 産 税 349 の 3 29 外 国 貿 易 船 による 物 品 運 送 用 コンテナーに 係 る 特 例 措 置 外 国 貿 易 のため 外 国 航 路 に 就 航 する 船 舶 による 物 品 運 送 の 用 に 供 される 一 定 のコンテナーに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の4/5 6,870,298 附 15 1 倉 庫 業 者 等 が 新 増 設 した 流 通 機 能 の 高 度 化 に 寄 与 する 等 の 倉 庫 等 に 係 る 特 例 措 置 倉 庫 業 者 等 が 新 増 設 した 流 通 機 能 の 高 度 化 に 寄 与 する 一 定 の 倉 庫 又 は 附 属 機 械 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 倉 庫 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/2 倉 庫 の 附 属 機 械 設 備 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/4 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 新 増 設 分 から 適 用 ) 特 例 対 象 資 産 から 特 定 上 屋 を 除 外 対 象 区 域 から 一 定 の 鉄 道 貨 物 駅 の 周 辺 地 域 を 除 外 H ,625,

38 固 定 資 産 税 附 15 2 公 共 の 危 害 防 止 のために 設 置 された 施 設 又 は 設 備 に 係 る 特 例 措 置 次 に 掲 げる 公 害 防 止 施 設 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を それぞれ 次 のとおりとする 1 水 質 汚 濁 防 止 法 に 規 定 する 特 定 施 設 等 を 設 置 する 工 場 事 業 場 の 汚 水 又 は 廃 液 の 処 理 施 設 等 価 格 の1/3 2 大 気 汚 染 防 止 法 に 規 定 する 指 定 物 質 排 出 施 設 から 排 出 飛 散 する 指 定 物 質 の 排 出 飛 散 の 抑 制 に 資 する 施 設 価 格 の1/ 3 3ごみ 処 理 施 設 及 び 一 般 廃 棄 物 の 最 終 処 分 場 価 格 の1/2 4 産 業 廃 棄 物 処 理 施 設 価 格 の1/3 5 公 共 下 水 道 の 使 用 者 が 設 置 した 除 害 施 設 価 格 の3/4 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 2について 対 象 にフッ 素 系 溶 剤 に 係 る 活 性 炭 利 用 吸 着 式 処 理 装 置 を 含 む ドライクリーニング 機 を 追 加 の 引 上 げ 価 格 の1/3 価 格 の1/2 5について の 見 直 し( 改 正 前 価 格 の3/4) 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を とする (イ) 大 臣 配 分 又 は 知 事 配 分 資 産 3/4 (ロ) その 他 の 資 産 3/4を 参 酌 して2/3 以 上 5/6 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 例 で 定 める 割 合 H (5のみH ) 646,712,528 附 15 3 土 壌 汚 染 防 止 のために 設 置 された 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 土 壌 の 特 定 有 害 物 質 による 汚 染 を 除 去 するための 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 にて 19,700,266

39 固 定 資 産 税 附 15 4 一 定 の 国 内 航 空 機 に 係 る 特 例 措 置 航 空 法 の 許 可 を 受 けた 者 が 運 航 する 一 定 の 航 空 機 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の2/3 (うち 地 方 的 な 航 空 運 送 の 用 に 供 する 航 空 機 でその 最 大 離 陸 重 量 が200トン 未 満 のもの 最 初 の5 年 度 分 は2/5) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む H25 年 度 99,893,049 附 15 5 心 身 障 害 者 多 数 雇 用 事 業 所 の 用 に 供 する 家 屋 に 係 る 特 例 措 置 心 身 障 害 者 を 一 定 数 以 上 雇 用 する 事 業 所 の 事 業 主 が 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 に 規 定 する 助 成 金 等 を 受 けて 取 得 した 当 該 事 業 所 の 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の5/6 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 対 象 に 重 度 障 害 者 等 多 数 雇 用 施 設 設 置 等 助 成 金 を 受 けて 取 得 した 家 屋 を 追 加 H ,725 附 15 6 外 貿 埠 頭 公 社 が 特 定 用 途 港 湾 施 設 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 特 例 措 置 外 貿 埠 頭 公 社 が 岸 壁 荷 さばき 施 設 等 の 特 定 用 途 港 湾 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 固 定 資 産 で 平 成 10 年 3 月 31 日 までに 取 得 した ものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 平 成 23 年 度 分 まで 価 格 の1/2 ( 公 団 承 継 分 は3/5) 平 成 24 年 度 分 価 格 の2/3 ( 公 団 承 継 分 は4/5) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む H24 年 度 35,647,855 附 15 7 沖 縄 電 力 株 式 会 社 が 電 気 供 給 業 の 用 に 供 する 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 沖 縄 電 力 株 式 会 社 が 電 気 供 給 業 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の2/3 349 の31に 規 定 する 償 却 資 産 にあっては 価 格 の2/3に 同 に 定 める 率 を 乗 じて 得 た 額 H26 年 度 69,184,

40 固 定 資 産 税 附 15 8 資 源 の 有 効 利 用 の 促 進 に 資 する 廃 棄 物 再 生 処 理 用 の 機 械 等 に 係 る 特 例 措 置 資 源 の 有 効 利 用 の 促 進 に 資 する 廃 棄 物 再 生 処 理 用 の 一 定 の 機 械 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を それぞれ 次 のとおり とする 1 自 動 車 部 品 再 利 用 製 品 製 造 設 備 最 初 の3 年 度 分 価 格 の3 /4 又 は4/5 2 食 品 循 環 資 源 再 生 処 理 装 置 最 初 の3 年 度 分 価 格 の5/6 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 にて 1,853,054 附 15 9 地 震 防 災 対 策 の 用 に 供 す る 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 地 震 防 災 対 策 強 化 区 域 東 南 海 南 海 地 震 防 災 対 策 推 進 地 域 及 び 日 本 海 溝 千 島 海 溝 周 辺 海 溝 型 地 震 防 災 対 策 推 進 地 域 に おいて 新 たに 取 得 された 地 震 防 災 対 策 の 用 に 供 する 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の2/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む H ,350 附 JR 貨 物 が 取 得 した 新 規 製 造 車 両 に 係 る 特 例 措 置 JR 貨 物 が 取 得 し 業 務 の 用 に 供 する 一 定 の 新 規 製 造 車 両 ( 機 関 車 コンテナ 貨 車 )に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 の とおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/5 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 代 替 車 両 に 係 る 適 用 要 件 を 見 直 し H ,899,266

41 固 定 資 産 税 附 一 般 放 送 事 業 者 が 新 設 し た 高 度 テレビジョン 放 送 施 設 に 係 る 特 例 措 置 一 般 放 送 事 業 者 が 高 度 テレビジョン 放 送 施 設 整 備 促 進 臨 時 措 置 法 に 規 定 する 認 定 計 画 に 従 って 新 設 した 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 1 総 務 省 令 で 定 める 小 規 模 無 線 設 備 価 格 の1/2 2 1を 除 く 無 線 設 備 価 格 の3/4( 総 務 省 令 で 定 める 難 視 地 域 にH23.4.1~H までに 新 設 されたもの 価 格 の1/2) 3 番 組 制 作 設 備 価 格 の3/4(H24.4.1~H に 新 設 さ れたもの 価 格 の4/5) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 新 設 分 から 適 用 ) の 見 直 し 最 初 の5 年 度 分 2について 価 格 の3/4 価 格 の3/4( 難 視 地 域 にH23.4.1~H まで に 新 設 されたもの 価 格 の1/2) 3について 価 格 の3/4 価 格 の3/4(H24.4.1~H に 新 設 されたも の 価 格 の4/5) 対 象 から 一 定 の 放 送 事 業 者 に 係 る 番 組 制 作 設 備 を 除 外 H ,095,159 附 特 定 都 市 河 川 浸 水 被 害 対 策 法 に 規 定 する 雨 水 貯 留 浸 透 施 設 に 係 る 特 例 措 置 特 定 都 市 河 川 浸 水 被 害 対 策 法 に 基 づく 対 策 工 事 により 設 置 され た 一 定 の 雨 水 貯 留 浸 透 施 設 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の2/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 見 直 し( 改 正 前 価 格 の2/3) 価 格 に 次 の 割 合 を 乗 じて 得 た 額 を とする (イ) 大 臣 配 分 又 は 知 事 配 分 資 産 2/3 (ロ) その 他 の 資 産 2/3を 参 酌 して1/2 以 上 5/6 以 下 の 範 囲 内 において 市 町 村 の 例 で 定 める 割 合 H ,

42 固 定 資 産 税 附 一 定 の 低 公 害 自 動 車 に 燃 料 を 充 てんするための 設 備 に 係 る 特 例 措 置 燃 料 電 池 自 動 車 に 水 素 を 充 てんするための 設 備 又 は 専 ら 天 然 ガス 自 動 車 に 可 燃 性 天 然 ガスを 充 てんするための 設 備 で 新 たに 取 得 されたものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のと おりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の2/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 対 象 から 充 電 設 備 を 除 外 H ,620 附 第 三 セクターが 鉄 道 駅 総 合 改 善 事 業 により 取 得 し た 家 屋 等 に 係 る 特 例 措 置 鉄 軌 道 施 設 の 貸 付 を 行 う 法 人 が 公 共 事 業 に 係 る 政 府 の 補 助 を 受 けて 行 う 鉄 道 駅 総 合 改 善 事 業 により 取 得 した 停 車 場 建 物 等 の うち 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 に 貸 し 付 けられ かつ 鉄 道 事 業 又 は 軌 道 経 営 の 用 に 供 されるものに 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/4 H ,146,142 附 国 際 船 舶 に 係 る 特 例 措 置 主 として 外 国 貿 易 のため 外 国 航 路 に 就 航 する 船 舶 であって 海 上 運 送 法 に 規 定 する 国 際 船 舶 であるものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 349 の35の 規 定 により とされる 額 に2/3を 乗 じて 得 た 額 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 度 課 税 分 から 適 用 ) の 引 下 げ 349 の35の 規 定 により とされる 額 の2/3 1/3 H26 年 度 8,416,110 附 整 備 新 幹 線 の 開 業 に 伴 い JRから 譲 渡 された 並 行 在 来 線 に 係 る 特 例 措 置 整 備 新 幹 線 の 開 業 に 伴 いJR 旅 客 会 社 から 特 定 鉄 道 事 業 者 に 譲 渡 された 並 行 在 来 線 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の20 年 度 分 価 格 の1/2 349 の32 15 又 は27の 規 定 の 適 用 を 受 ける 償 却 資 産 に あっては これらの 規 定 により とされる 額 の1/2 H ,734,193

43 固 定 資 産 税 附 鉄 道 事 業 者 等 が 取 得 した 車 両 の 運 行 の 安 全 性 の 向 上 に 資 する 償 却 資 産 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 が 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 した 車 両 の 運 行 の 安 全 性 の 向 上 に 資 する 一 定 の 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 引 下 げ 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/2 1/3 H ,291,457 附 畜 産 業 者 が 取 得 した 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 を 行 う 一 定 の 施 設 に 係 る 特 例 措 置 畜 産 業 者 が 新 たに 取 得 した 家 畜 排 せつ 物 の 管 理 を 行 うための 施 設 のうち 管 理 基 準 に 適 合 する 一 定 のものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の2/3 又 は3/4 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 にて 4,241,199 附 鉄 道 事 業 者 等 が 取 得 した 低 床 型 の 新 造 車 両 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 が 取 得 し 事 業 の 用 に 供 する 新 造 車 両 で 高 齢 者 身 体 障 害 者 等 が 円 滑 に 利 用 できる 特 殊 な 構 造 を 有 するもの( 低 床 型 新 造 車 両 )に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/3 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 引 上 げ 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/4 1/3 H ,186,183 附 JR 貨 物 が 第 三 セクターか ら 借 り 受 ける 線 路 設 備 等 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 施 設 の 貸 付 を 行 う 法 人 が 公 共 事 業 に 係 る 政 府 の 補 助 を 受 けて 貨 物 鉄 道 事 業 の 輸 送 の 効 率 化 を 図 るために 新 たに 取 得 し た 鉄 道 に 係 る 線 路 設 備 電 路 設 備 又 は 停 車 場 設 備 で JR 貨 物 に 貸 し 付 けられ かつ 鉄 道 事 業 の 用 に 供 されるものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の10 年 度 分 価 格 の1/2 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 24 年 改 正 にて 1,226,

44 固 定 資 産 税 附 鉄 道 事 業 者 等 が 取 得 した 新 規 製 造 車 両 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 が 取 得 等 した 新 規 製 造 客 車 で 利 用 者 の 利 便 の 向 上 に 資 するもの 又 はエネルギー 使 用 の 合 理 化 に 資 するものに 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとす る 最 初 の5 年 度 分 価 格 の2/3 ( 省 令 で 定 める 事 業 者 等 が 取 得 した 車 両 価 格 の3/5) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 平 成 23 年 7 月 1 日 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) 代 替 車 両 に 係 る 適 用 要 件 を 見 直 し を 引 上 げ 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/2 2/3( 一 定 の 鉄 道 事 業 者 等 が 取 得 した 車 両 については3/5) H ,428,513 附 PFI 法 の 選 定 事 業 者 が 整 備 した 一 定 の 公 共 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 (PFI 法 )に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 事 業 計 画 又 は 協 定 に 従 って 実 施 する 選 定 事 業 ( 国 地 方 公 共 団 体 がその 事 務 事 業 と して 実 施 するものであることを 証 明 したものに 限 る)により 取 得 し た 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 の とおりとする 価 格 の1/2 H ,540,424 附 認 定 事 業 者 が 都 市 再 生 事 業 により 取 得 した 公 共 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 基 づく 認 定 事 業 者 が 都 市 再 生 事 業 に より 新 たに 取 得 した 公 共 施 設 等 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとす る 最 初 の5 年 度 分 価 格 の3/5 ( 都 市 再 生 特 別 措 置 法 に 定 める 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 で 施 行 された 事 業 により 取 得 したもの 価 格 の1/2) 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 都 市 再 生 特 別 措 置 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 24 )の 施 行 日 ( 平 成 23 年 7 月 25 日 ) 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) の 引 上 げ 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 のうち 特 定 都 市 再 生 緊 急 整 備 地 域 以 外 の 地 域 において 取 得 するものについて 最 初 の5 年 度 分 価 格 の 1/2 3/5 対 象 資 産 を 限 定 H ,532,781

45 固 定 資 産 税 附 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 が 事 業 の 用 に 供 する 固 定 資 産 に 係 る 特 例 措 置 成 田 国 際 空 港 株 式 会 社 が 所 有 し かつ 直 接 滑 走 路 等 又 は 航 空 保 安 施 設 の 用 に 供 する 土 地 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の3/4 平 成 24 年 改 正 ( 平 成 24 年 度 課 税 分 から 適 用 ) の 引 上 げ 価 格 の3/4 4/5 H25 年 度 60,415,459 附 PFI 法 の 選 定 事 業 者 が 取 得 した 一 定 の 国 立 大 学 の 校 舎 に 係 る 特 例 措 置 民 間 資 金 等 の 活 用 による 公 共 施 設 等 の 整 備 等 の 促 進 に 関 する 法 律 (PFI 法 )に 規 定 する 選 定 事 業 者 が 事 業 計 画 又 は 協 定 に 従 って 実 施 する 選 定 事 業 において 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 し た 国 立 大 学 法 人 の 校 舎 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 H ,621 附 認 定 運 営 者 が 指 定 特 定 重 要 港 湾 において 取 得 した 一 定 の 港 湾 施 設 に 係 る 特 例 措 置 指 定 特 定 重 要 港 湾 (スーパー 中 枢 港 湾 )における 特 定 国 際 コン テナ 埠 頭 の 認 定 運 営 者 が 国 の 港 湾 整 備 資 金 貸 付 けを 受 けて 取 得 した 荷 さばき 施 設 等 の 港 湾 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりと する 価 格 の1/2 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む H ,090,837 附 鉄 道 事 業 者 等 が 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 取 得 した 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 軌 道 経 営 者 鉄 軌 道 施 設 の 貸 付 を 行 う 法 人 が 都 市 鉄 道 利 便 増 進 事 業 により 取 得 した 都 市 鉄 道 施 設 駅 附 帯 施 設 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 及 び 償 却 資 産 に 係 る 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の2/3 H ,032 附 指 定 会 社 等 が 外 貿 埠 頭 公 社 から 承 継 した 一 定 の 固 定 資 産 に 係 る 特 例 措 置 外 貿 埠 頭 公 社 の 民 営 化 に 伴 い 特 定 外 貿 埠 頭 の 管 理 運 営 に 関 する 法 律 に 基 づく 指 定 会 社 等 が 外 貿 埠 頭 公 社 からの 出 資 によ り 取 得 した 一 定 の 固 定 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の を 次 のとおりとする 最 初 の10 年 度 分 価 格 の1/2 ( 旧 公 団 からの 承 継 資 産 にあっ ては3/5) 13,072,

46 固 定 資 産 税 附 日 本 郵 政 公 社 から 承 継 さ れた 一 定 の 固 定 資 産 に 係 る 特 例 措 置 郵 便 事 業 株 式 会 社 及 び 郵 便 局 株 式 会 社 が 所 有 する 固 定 資 産 の うち 日 本 郵 政 公 社 の 出 資 に 係 るものに 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 を 次 のとおりとする 価 格 の1/2 H24 年 度 572,703,536 附 鉄 道 事 業 者 が 鉄 道 再 構 築 事 業 を 実 施 する 路 線 にお いて 取 得 した 家 屋 等 に 係 る 特 例 措 置 鉄 道 事 業 者 が 地 域 公 共 交 通 の 活 性 化 及 び 再 生 に 関 する 法 律 に 規 定 する 認 定 鉄 道 事 業 再 構 築 実 施 計 画 に 基 づき 鉄 道 事 業 再 構 築 事 業 を 実 施 する 路 線 に 係 る 鉄 道 事 業 の 用 に 供 する 一 定 の 家 屋 又 は 償 却 資 産 のうち 政 府 の 補 助 を 受 けて 取 得 したものに 対 する 固 定 資 産 税 の を 次 のとおりとする 最 初 の5 年 度 分 価 格 の1/4 H ,089 附 バイオ 燃 料 製 造 事 業 者 が 取 得 したバイオ 燃 料 製 造 施 設 に 係 る 特 例 措 置 農 林 漁 業 有 機 物 資 源 のバイオ 燃 料 の 原 材 料 としての 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 認 定 生 産 製 造 連 携 事 業 計 画 に 従 って 一 定 のバイオ 燃 料 を 製 造 する 事 業 者 が 新 たに 設 置 するバイオ 燃 料 製 造 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおり とする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の1/2 H ,602 附 公 益 社 団 財 団 法 人 が 所 有 する 重 要 無 形 文 化 財 の 公 演 のための 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 公 益 社 団 財 団 法 人 が 所 有 する 施 設 であって 重 要 無 形 文 化 財 に 指 定 された 芸 能 を 公 演 するための 専 用 の 施 設 の 用 に 供 する 土 地 及 び 家 屋 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりと する 価 格 の1/2 H24 年 度 0 附 電 気 通 信 事 業 を 営 む 者 が 新 設 した 一 定 の 教 育 医 療 に 関 する 業 務 に 使 用 す る 電 気 通 信 設 備 に 係 る 特 例 措 置 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 の 電 気 通 信 事 業 者 が 新 設 した 一 定 の 教 育 医 療 に 関 する 業 務 の 用 に 使 用 する 電 気 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の3/4 改 正 法 附 則 による 旧 法 の 特 例 措 置 による 適 用 額 を 含 む 平 成 23 年 6 月 改 正 ( 電 気 通 信 基 盤 充 実 臨 時 措 置 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 59 )の 施 行 日 ( 平 成 23 年 8 月 31 日 ) 以 後 の 新 設 分 から 適 用 ) の 引 上 げ 最 初 の3 年 度 分 価 格 の2/3 3/4 対 象 を 資 本 金 の 額 又 は 出 資 金 の 額 が1 億 円 以 下 の 電 気 通 信 事 業 者 が 取 得 する 一 定 の 電 気 通 信 設 備 とする H ,069

47 固 定 資 産 税 附 一 定 の 事 業 用 太 陽 光 発 電 設 備 に 係 る 特 例 措 置 政 府 の 補 助 ( 新 エネルギー 等 事 業 者 支 援 対 策 費 に 係 る 補 助 )を 受 けて 取 得 された 太 陽 光 発 電 設 備 に 対 する 固 定 資 産 税 の 課 税 標 準 額 を 次 のとおりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の2/3 平 成 24 年 改 正 にて 2,604,229 附 指 定 会 社 等 が 新 設 する 特 定 用 途 港 湾 施 設 に 係 る 特 例 措 置 特 定 外 貿 埠 頭 の 管 理 運 営 に 関 する 法 律 に 基 づく 指 定 会 社 等 が 国 の 補 助 又 は 国 の 貸 付 けに 係 る 資 金 の 貸 付 けを 受 けて 取 得 し た 一 定 の 特 定 用 途 港 湾 施 設 に 対 する 固 定 資 産 税 の を 次 のとおりとする 最 初 の10 年 度 分 度 価 格 の1/2 H 附 排 出 ガス 規 制 新 基 準 に 適 合 した 特 定 特 殊 自 動 車 に 係 る 特 例 措 置 特 定 特 殊 自 動 車 排 出 ガスの 規 制 等 に 関 する 法 律 に 規 定 する 一 定 の 特 定 特 殊 自 動 車 に 対 する 固 定 資 産 税 の を 次 のと おりとする 最 初 の3 年 度 分 価 格 の3/5 平 成 23 年 6 月 改 正 にて 新 設 ( 平 成 23 年 4 月 1 日 以 後 の 取 得 分 か ら 適 用 ) H ( 一 部 H ) 0 附 国 際 戦 略 港 湾 及 び 一 定 の 国 際 拠 点 港 湾 の 港 湾 運 営 会 社 が 取 得 した 荷 さばき 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 国 際 戦 略 港 湾 又 は 一 定 の 国 際 拠 点 港 湾 の 港 湾 運 営 業 者 が 国 の 無 利 子 貸 付 又 は 補 助 を 受 けて 取 得 した 一 定 の 荷 さばき 施 設 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の を 次 のとおりとする 最 初 の10 年 度 分 国 際 戦 略 港 湾 において 価 格 の1/2 特 定 国 際 拠 点 港 湾 において 価 格 の2/3 平 成 23 年 6 月 改 正 にて 新 設 ( 平 成 23 年 港 湾 法 等 改 正 法 附 則 第 1 第 2 に 掲 げる 規 定 の 施 行 日 ( 平 成 23 年 12 月 15 日 ) 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) H 附 津 波 対 策 に 資 する 港 湾 施 設 等 に 係 る 特 例 措 置 臨 港 地 区 に 港 湾 施 設 等 を 有 する 事 業 者 が 平 成 28 年 3 月 31 日 ま でに 取 得 した 港 湾 施 設 等 に 対 する 固 定 資 産 税 の 額 を 次 のとおりとする 最 初 の4 年 度 分 価 格 の1/2 平 成 23 年 12 月 改 正 にて 新 設 ( 津 波 防 災 地 域 づくりに 関 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 123 )の 施 行 日 ( 平 成 23 年 12 月 27 日 ) 以 後 の 取 得 分 から 適 用 ) H

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

00_改正税法の概要_白表紙

00_改正税法の概要_白表紙 所 得 税 法 等 ( 扶 養 控 除 関 係 )の 改 正 1 年 少 扶 養 親 族 に 対 する 扶 養 控 除 の 廃 止 ⑴ 年 少 扶 養 親 族 ( 扶 養 親 族 のうち 年 齢 16 歳 未 満 の 者 をいいます )に 対 す る 扶 養 控 除 が 廃 止 されました ( 平 成 23 年 分 以 降 適 用 ) ⑵ 上 記 ⑴の 改 正 にあわせて 扶 養 控 除 の 対 象

More information

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他

七 の 二 自 然 公 園 法 ( 昭 和 三 十 二 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 二 十 条 第 一 項 に 規 定 する 国 立 公 園 又 は 国 定 公 園 の 特 別 地 域 のうち 同 法 第 二 十 一 条 第 一 項 に 規 定 する 特 別 保 護 地 区 その 他 地 方 税 法 ( 固 定 資 産 税 の 非 課 税 の 範 囲 ) 第 三 百 四 十 八 条 市 町 村 は 国 並 びに 都 道 府 県 市 町 村 特 別 区 これらの 組 合 財 産 区 及 び 合 併 特 例 区 に 対 しては 固 定 資 産 税 を 課 することができない 2 固 定 資 産 税 は 次 に 掲 げる 固 定 資 産 に 対 しては 課 することができない ただし

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超

法 人 の 県 民 税 利 子 割 交 付 金 均 等 割 均 等 割 額 資 本 金 等 の 額 による 法 人 等 の 区 分 ( 年 額 ) 1,000 万 円 以 下 の 法 人 等 2 万 円 1,000 万 円 を 超 え1 億 円 以 下 である 法 人 5 万 円 1 億 円 を 超 5 神 奈 川 県 の 県 税 県 税 相 談 神 奈 川 県 の 県 税 県 民 の 声 相 談 室 (かながわ 県 民 センター2 階 神 奈 川 区 鶴 屋 町 2-24-2) 土 日 祝 日 年 末 年 始 (12 月 29 日 ~1 月 日 ) を 除 く 毎 日 ( 午 前 9 時 ~12 時 午 後 1 時 ~4 時 ) 平 成 24 年 度 地 方 財 政 計 画 によると 都 道

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323689AA8E528CA795EF8A878A4F95948AC48DB895F18D908F91816991E6348D65816A46494E414C2E646F6378> 平 成 26 年 度 包 括 外 部 監 査 結 果 報 告 書 県 税 の 賦 課 徴 収 事 務 について 岡 山 県 包 括 外 部 監 査 人 公 認 会 計 士 井 上 信 二 目 次 第 1 包 括 外 部 監 査 の 概 要... 1 1 外 部 監 査 の 種 類... 1 2 選 定 した 特 定 の 事 件 (テーマ)... 1 3 監 査 の 対 象... 1 4 包 括 外

More information

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油

林 業 用 機 軽 油 引 取 林 業 素 材 生 産 業 ( 年 間 素 材 生 産 量 1,000 税 率 :32.1 円 /リットル 械 施 設 税 ( 道 府 m 3 以 上 )に 係 る 一 定 の 機 械 ( 集 材 機 等 )の 等 の 取 得 県 税 ) 動 力 源 のための 軽 油 林 業 木 材 産 業 関 係 税 制 の 概 要 H28.4 税 目 山 林 の 伐 所 得 税 < 山 林 所 得 に 係 る 所 得 税 の 計 算 > 所 得 税 額 速 算 表 採 譲 ( 山 林 所 1 山 林 所 得 の 計 算 課 税 所 得 の 金 額 (A) 算 式 渡 林 業 得 ) 概 算 経 費 控 除 ( 必 要 経 費 計 算 の 簡 便 化 ) 195 万 円 以 下

More information

0300072008520000E001.xls

0300072008520000E001.xls ( 平 成 年 度 調 査 ) 道 府 県 税 の 課 税 状 況 等 に 関 する 調 調 査 表 一 覧 表 頁 番 号 表 番 号 調 査 表 類 法 人 の 道 府 県 民 税 等 に 関 する 調 P () 道 府 県 民 税 額 等 に 関 する 調 法 人 県 民 税 5P 7 () 業 種 別 及 び 割 基 準 別 に 関 する 調 法 人 県 民 税 7P 9 () 資 本 金

More information

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73>

<8A658EE891B182CC96E28D8782B990E688EA9797817948509770817A2E786C73> 行 政 文 書 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 大 臣 官 房 文 書 課 文 書 管 理 第 二 電 話 03-3501-3719 FAX 03-3502-7150 開 示 の 実 施 の 申 出 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 保 有 個 人 情 報 の 開 示 請 求 行 政 機 関 の

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期

平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 の 概 要 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ デフレ 脱 却 経 済 再 生 をより 確 実 なものにしていくため 成 長 志 向 に 重 点 を 置 いた 法 人 税 改 革 高 齢 者 層 から 若 年 層 への 資 産 の 早 期 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 27 年 1 月 14 日 閣 議 決 定 ) k 主 な 改 正 内 容 k l 相 続 税 節 税 にも 有 効! 若 年 層 への 資 産 移 転 スムーズに 結 婚 子 育 て 資 金 一 括 贈 与 の 非 課 税 措 置 の 創 設 など l 法 人 税 率 引 下 げ! 各 租 税 特 別 措 置 も 拡 充 所 得 拡 大 促

More information

平成19年度版

平成19年度版 平 成 27 年 度 版 市 税 概 要 松 江 市 目 次 松 江 市 の 概 況 ページ 1 市 域 1 2 町 別 人 口 世 帯 数 2 財 政 1 一 般 会 計 歳 入 決 算 の 推 移 3 2 一 般 会 計 予 算 の 構 成 比 ( 平 成 27 年 度 当 初 ) 3 3 平 成 27 年 度 当 初 予 算 構 成 調 4 4 平 成 26 年 度 決 算 額 調 ( 一 般

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54

職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 職 員 給 与 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-28 号 改 正 平 成 15 年 12 月 1 日 規 程 第 15-103 号 改 正 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 16-31 号 改 正 平 成 16 年 10 月 28 日 規 程 第 16-54 号

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207

03《G》資料1-2当初予算【H28】280207 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) ( 計 数 資 料 編 ) 平 成 28 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 計 数 資 料 編 1 歳 入 歳 出 予 算 の 概 要 1 (1) 歳 入 予 算 の 概 要 2 (2) 歳 出 予 算 の 概 要 5 2 計 数 に よ る 予 算 の 概 要 8 ( 参 考 ) 予 算 の 推 移 等 12 3 特 別 会 計 予 算 の 概

More information

続 く 30 31 32 33 34 35 36 所 割 5.5% 所 割 6% 所 割 所 割 8% 7.5% * 特 別 徴 収 制 度 が 任 意 的 なもから 強 制 的 なもに 改 められ た 割 5.4% * 寮 等 みを * でない 社 団 又 は * 中 間 申 (ただし,30 年

続 く 30 31 32 33 34 35 36 所 割 5.5% 所 割 6% 所 割 所 割 8% 7.5% * 特 別 徴 収 制 度 が 任 意 的 なもから 強 制 的 なもに 改 められ た 割 5.4% * 寮 等 みを * でない 社 団 又 は * 中 間 申 (ただし,30 年 1 制 に 関 す る 調 (1) 率 等 推 移 * 昭 和 25 年 現 行 地 方 制 定 年 度 25 26 27 28 29 均 等 割 100 円 所 割 ( 配 賦 課 方 式 ) 5% 所 課 市 町 村 源 * 内 前 年 分 所 総 額 を 一 部 を 道 府 に 移 譲 基 礎 として 所 割 課 総 額 を して 創 設 算 定 し,これを 内 市 町 村 に ( については,

More information

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制

3 地 方 率 等 推 移 -2- 昭 和 30 年 昭 和 31 年 昭 和 32 年 昭 和 33 年 昭 和 34 年 昭 和 35 年 第 1 課 方 式 率 引 下 標 準 率 100 分 15 制 限 率 第 2 課 方 式 及 び 第 3 課 方 式 について 準 拠 率 を 法 制 3 地 方 率 等 推 移 -1- 昭 和 25 年 均 等 割 標 準 率 400~1,800 円 制 限 率 500~1,000 円 第 1 課 方 式 ( 所 得 割 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20 賦 課 期 日 8 月 1 日 昭 和 26 年 昭 和 27

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc

Microsoft Word - 19年度3(70-104)修.doc 3. 地 方 率 等 推 移 一 覧 表 -1- 区 分 昭 和 25 年 昭 和 26 年 昭 和 27 年 均 等 割 標 準 率 400~ 800 円 制 限 率 500~1,000 円 所 得 割 第 1 課 方 式 ( 所 得 ) 制 限 率 100 分 18 制 限 率 100 分 20 第 2 課 方 式 制 限 率 100 分 20 第 3 課 方 式 制 限 率 100 分 20

More information

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構

資 産 課 税 1. 農 地 保 有 にかかる 課 税 の 強 化 軽 減 (1) 利 用 の 効 率 化 及 び 高 度 化 の 促 進 が 必 要 な 農 地 の 保 有 に 係 る 課 税 の 強 化 軽 減 農 地 法 に 基 づく 農 業 委 員 会 による 農 地 中 間 管 理 機 構 2016( 平 成 28) 年 度 税 制 改 正 大 綱 決 定 2016.1.15 ~ 収 益 力 ある 企 業 の 投 資 や 賃 金 の 引 き 上 げ 促 進! 本 年 度 の 税 制 改 正 大 綱 について この 度 政 府 は 2016 年 度 税 制 改 正 の 関 連 法 案 を 閣 議 決 定 しました(2015.12.24) 3 月 末 までの 成 立 を 目 指 します 本

More information

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温

実 現 を 図 ります 具 体 的 な 手 法 としては 広 範 な 分 野 にわたりエネルギー 起 源 CO2 排 出 抑 制 を 図 るため 全 化 石 燃 料 を 課 税 ベースとする 現 行 の 石 油 石 炭 税 に CO2 排 出 量 に 応 じた 税 率 を 上 乗 せする 地 球 温 平 成 24 平 年 成 度 23 年 環 度 境 環 省 境 税 省 制 税 改 制 正 改 要 正 望 要 の 望 結 の 果 概 について 要 平 成 23 年 12 月 1 地 球 温 暖 化 対 策 ( 低 炭 素 化 促 進 )のための 税 制 全 体 のグリーン 化 (1) 地 球 温 暖 化 対 策 のための 税 の 導 入 平 成 24 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 25 年 度 税 制 改 正 について ( 中 小 企 業 小 規 模 事 業 者 関 係 税 制 ) 平 成 25 年 2 月 中 小 企 業 庁 1. 事 業 承 継 税 制 の 拡 充 1 ( 相 続 税 贈 与 税 ) 拡 充 中 小 企 業 経 営 者 の 平 均 年 齢 が 約 60 歳 となっており 事 業 承 継 の 円 滑 化 は 喫 緊 の 課 題 事 業 承 継 税 制

More information

平 成 2 6 年 度 分 会 社 標 本 調 査 - 調 査 結 果 報 告 - 税 務 統 計 から 見 た 法 人 企 業 の 実 態 平 成 2 8 年 3 月 国 税 庁 長 官 官 房 企 画 課 目 次 会 社 標 本 調 査 について 概 要 調 査 結 果 の 概 要 Ⅰ 法 人 企 業 の 動 向 1 法 人 数 2 資 本 金 総 額 Ⅱ 法 人 企 業 の 状 況 1 利

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報版】図解 平成26年度税制改正大綱.pptx 平 成 26 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 情 報 提 供 税 理 士 法 人 名 南 経 営 広 報 室 平 成 26 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 高 所 得 層 の 給 与 所 得 控 除 の 上 限 の 引 下 げ ゴルフ 会 員 権 等 の 損 益 通 算 の 廃 止 金 融 証 券 税 制 NISA( 少 額 投

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

国税連携ファイル記録項目一覧

国税連携ファイル記録項目一覧 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 様 式 ID 等 帳 票 名 記 録 項 目 等 KOA010 平 成 年 分 の 所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) KOB381 事 業 基 盤 強 化 設 備 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 す る 明

More information

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9

( 資 料 1 ) 地 方 財 政 計 画 歳 入 歳 出 一 覧 ( 通 常 収 支 分 ) ⑴ 歳 入 歳 出 総 括 表 ( 単 位 : 億 円 %) 区 分 平 成 27 年 度 A 平 成 26 年 度 B 増 減 額 A-B C 増 減 率 C/B ( 歳 入 ) 地 方 税 374,9 地 方 税 法 等 の 改 正 目 一 平 成 27 年 度 地 方 財 政 計 画 924 二 平 成 27 年 度 の 地 方 税 収 見 込 み 928 三 個 人 住 民 税 932 四 地 方 法 人 課 税 ( 法 人 住 民 税 法 人 事 業 税 ) 945 五 地 方 消 費 税 949 六 自 動 車 取 得 税 952 七 軽 自 動 車 税 961 次 八 軽 油 引 取 税

More information

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事

地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 事 務 引 継 書 新 潟 県 新 潟 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 254 号 )により 指 定 都 市 に 指 定 された 新 潟 市 に 平 成 19 年 4 月 1 日 付 け で 新 潟 県 から 引 き 継 ぐ 事 項 は 次 のとおりです 1 引 き 継 ぐ 事 務 別

More information

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方

また 被 災 団 体 の 財 政 需 要 に 臨 機 に 対 応 できるよう 地 方 交 付 税 の 繰 上 交 付 な ど 引 き 続 き 適 切 な 措 置 を 講 じること (10) 東 日 本 大 震 災 以 降 防 災 に 係 る 財 政 需 要 額 が 増 加 していることから 地 方 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 に 関 する 重 点 提 言 東 日 本 大 震 災 からの 速 やかな 被 災 地 の 復 旧 復 興 を 図 るため 国 は 次 の 事 項 につ いて 迅 速 かつ 積 極 的 な 措 置 を 講 じられたい 1. 復 興 事 業 予 算 の 実 態 に 即 した 財 政 支 援 等 について (1) 東 日 本 大 震 災 復 興 交 付 金

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16

目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費 13 下 水 道 費 14 その 他 の 土 木 費 16 普 通 交 付 税 算 定 事 務 の 手 引 きについて 平 成 26 年 12 月 改 訂 岐 阜 県 清 流 の 国 推 進 部 市 町 村 課 税 政 係 目 次 1 算 定 事 務 における 留 意 事 項 等 について (1) 基 準 財 政 需 要 額 の 算 定 について 共 通 項 目 2 種 地 4 消 防 費 8 道 路 橋 りょう 費 9 都 市 計 画 費 12 公 園 費

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323281798E9197BF8251817C8251817A836F8343834E95D682CC93C195CA89C193FC82CC91CE8FDB8ED28A6791E52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20323281798E9197BF8251817C8251817A836F8343834E95D682CC93C195CA89C193FC82CC91CE8FDB8ED28A6791E52E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 背 景 バイク 便 事 業 者 に 係 る 特 別 加 入 の 対 象 範 囲 の 見 直 しについて いわゆるバイク 便 事 業 者 については 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 等 の 規 制 の 対 象 となって いる 総 排 気 量 125cc 超 のバイクを 使 用 する 事 業 者 について 特 別 加 入 できることとしている バイク 便 協 同 組 合 より 125cc 以 下

More information

① 公 告 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 公 表 茨 城 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 次 のとおり 公 表 する 平 成 25 年 3 月 29 日 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 (23 年 度 末 ) 23 年 度 2,973,174 A 1,165,215,035

More information

平 成 27 年 度 地 方 債 同 意 等 基 準 運 用 要 綱 第 一 簡 易 協 議 等 手 続 に 関 する 事 項 平 成 27 年 度 における 地 方 債 の 協 議 及 び 許 可 に 関 する 手 続 を 円 滑 に 進 めるため 平 成 27 年 度 地 方 債 同 意 等 基

平 成 27 年 度 地 方 債 同 意 等 基 準 運 用 要 綱 第 一 簡 易 協 議 等 手 続 に 関 する 事 項 平 成 27 年 度 における 地 方 債 の 協 議 及 び 許 可 に 関 する 手 続 を 円 滑 に 進 めるため 平 成 27 年 度 地 方 債 同 意 等 基 総 財 地 第 101 号 総 財 公 第 7 2 号 総 財 務 第 8 7 号 平 成 27 年 4 月 10 日 各 都 道 府 県 知 事 各 指 定 都 市 市 長 殿 総 務 副 大 臣 二 之 湯 智 平 成 27 年 度 地 方 債 同 意 等 基 準 運 用 要 綱 について 地 方 財 政 法 ( 昭 和 23 年 法 律 第 109 号 ) 及 び 地 方 財 政 法 施 行

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金

他 会 計 補 助 金 貸 付 金 利 息 貸 付 金 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 投 資 有 価 証 券 及 び 有 価 証 券 から 生 ずる 利 子 有 価 証 券 利 息 配 当 金 投 資 ( 投 資 有 価 証 券 を 除 く )その 他 から 生 ずる 配 当 金 別 表 第 二 ( 第 17 条 関 係 ) 水 道 用 水 供 給 事 業 勘 定 科 目 表 収 益 の 部 款 項 目 節 説 明 細 節 事 業 収 益 すべての 収 益 的 収 入 を 記 載 し 営 業 収 益 営 業 外 収 益 及 び 特 別 利 益 に 区 分 する 営 業 収 益 営 業 外 収 益 給 水 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 の 営 業 収 益 受 取 利

More information

○四日市港管理組合港湾施設条例

○四日市港管理組合港湾施設条例 四 日 市 港 管 理 組 合 港 湾 施 設 条 例 改 正 昭 和 41 年 6 月 16 日 条 例 第 30 号 昭 和 42 年 7 月 25 日 条 例 第 1 号 昭 和 44 年 4 月 1 日 条 例 第 1 号 昭 和 45 年 8 月 15 日 条 例 第 8 号 昭 和 47 年 4 月 1 日 条 例 第 5 号 昭 和 49 年 3 月 27 日 条 例 第 6 号 昭

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 (

置 を 講 ずること 2 資 本 金 等 の 額 が 資 本 金 + 資 本 準 備 金 を 下 回 る 場 合 には 資 本 金 + 資 本 準 備 金 をもとに 判 断 すること とされたことにより 関 係 条 例 を 改 正 するもの (2) 住 宅 借 入 金 等 特 別 税 額 控 除 ( 第 3 回 南 相 馬 市 議 会 臨 時 会 市 長 提 出 議 案 の 要 旨 平 成 27 年 5 月 12 日 提 出 1. 件 数 8 件 内 訳 議 案 8 件 ( 専 決 処 分 の 報 告 及 びその 承 認 ( 条 例 関 係 ) 3 件 一 般 会 計 補 正 予 算 1 件 工 事 請 負 契 約 の 締 結 1 件 財 産 の 取 得 1 件 専 決 処 分 の 報 告 及

More information

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部

地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 長 野 県 北 部 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 総 務 省 自 治 税 務 局 平 成 23 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 1 月 17 日 更 新 ) 地 方 税 関 係 Q&A < 東 日 本 大 震 災 関 連 > 今 後 も 適 宜 更 新 する 予 定 1 個 人 住 民 税 問 1-1 社 会 福 祉 法 人 中 央 共 同 募 金 会 が 募 集 する

More information

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034>

<5461726F2D8B9689C282CC8EE888F8816988EA91BE9859816A4832322E3034> 財 務 諸 表 の 勘 定 の 分 類 について 貸 借 対 照 表 資 産 の 部 I 流 動 資 産 現 金 預 金 現 金 現 金 小 切 手 送 金 小 切 手 送 金 為 替 手 形 郵 便 為 替 証 書 振 替 貯 金 払 出 証 書 等 預 金 金 融 機 関 に 対 する 預 金 郵 便 貯 金 郵 便 振 替 貯 金 金 銭 信 託 等 で 決 算 期 後 1 年 以 内 に 現

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399,

9 政 令 指 定 都 市 平 均 全 国 市 平 均 (5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 民 間 給 与 事 委 員 会 の 勧 告 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 ( 参 考 ) 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 23 年 度 399, の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A B B/A 21 年 度 の 件 費 率 22 年 度 715,637 268,79,786 4,138,833 47,61,99 17.5 16.5 (48,651,395)

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20938C966B92AC91CF906B89FC8F4391A390698C7689E6> 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 27 年 3 月 東 北 町 東 北 町 耐 震 改 修 促 進 計 画 目 次 はじめに 計 画 の 概 要... 1 第 1 章 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する 目 標... 3 1. 想 定 される 地 震 の 規 模 人 的 被 害 及 び 建 物 被 害 の 状 況 2. 耐 震 化 の

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42.

2 職 員 の 平 均 給 与 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 及 び 平 均 給 与 の 状 況 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 埼 玉 県 43.3 類 似 団 体 平 均 年 齢 44. 43.5 42. の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 出 額 件 費 件 費 率 実 質 収 支 ( 平 成 27 年 1 月 1 日 ) A B B/A 平 成 26 年 度 千 千 千 57,249 18,943,425 843,562 2,87,314 14.8 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給

More information

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc

Microsoft Word - 申請の手引(27・28年度).doc 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 審 査 申 請 書 作 成 要 領 申 請 の 手 引 1 申 請 の 時 期 一 般 競 争 に 参 加 しようとする 者 は 次 の 表 の 左 欄 の 区 分 に 従 い 参 加 しようとする 地 区 のいずれか1つ の 部 局 長 あてに 次 号 に 掲 げる 申 請 書 等 の 関 係 書 類 を 原 則 として 定 期 審 査 を

More information

資  料

資  料 資 料 7 固 定 資 産 税 課 関 係 説 明 資 料 平 成 27 年 1 月 23 日 目 次 負 担 調 整 措 置 等 1 特 例 関 係 11 償 却 資 産 課 税 16 その 他 制 度 関 係 22 固 定 資 産 評 価 関 係 29 負 担 調 整 措 置 等 1 商 業 地 の 地 価 公 示 価 格 の 動 向 ( 平 成 9 年 度 ~ 平 成 26 年 度 ) 全

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法

平成28年度 特別区民税・都民税(住民税)の算出方法 平 成 28 年 度 特 別 区 民 税 ( 住 民 税 )の 算 出 方 法 平 成 28 年 1 月 1 日 現 在 渋 谷 区 内 に 住 所 がある 人 に 対 して 平 成 27 年 の 1 月 から 12 月 までの 1 年 間 の 所 得 を 基 礎 に 税 額 を 算 出 します 住 民 税 の 算 出 方 法 は 次 のとおりです なお 区 内 に 住 所 がなく 区 内 に 事

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

Microsoft Word - 01 原稿

Microsoft Word - 01 原稿 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 千 葉 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 26 年 度 普 通 会 計 ( 決 算 額 )に 占 める 件 費 の 状 況 は 次 のとおりです ( 平 成 27 年 度 ) 件 費 の 内 訳 は 教 育 関 係 職 員 ( 市 町 村 立 小 中 学 校 の 教 員 を 含 む)が 67.5% 警 察 関

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc)

(Microsoft Word - \201\233\213\213\227^\213K\222\366_H doc) 目 的 ) 地 方 独 立 行 政 法 人 奈 良 県 立 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 1 づき 与 に 関 この 地 する 方 規 独 事 程 立 項 は 行 を 政 定 地 法 めることを 方 人 独 奈 立 良 行 県 政 立 目 法 病 的 人 院 とする 奈 機 良 構 県 ( 立 以 病 下 院 機 法 構 人 就 という )に 業 規 則 ( 以 下 勤 就 務 業 する

More information

はじめに 旧 日 本 郵 政 公 社 ( 以 下 旧 公 社 といいます )は 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 い 平 成 19 年 10 月 1 日 に 民 営 分 社 化 され 旧 公 社 が 取 り 扱 っていた 郵 便 貯 金 に 関 す る 業 務 等 は 民 営 分 社

はじめに 旧 日 本 郵 政 公 社 ( 以 下 旧 公 社 といいます )は 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 い 平 成 19 年 10 月 1 日 に 民 営 分 社 化 され 旧 公 社 が 取 り 扱 っていた 郵 便 貯 金 に 関 す る 業 務 等 は 民 営 分 社 平 成 25 年 12 月 株 式 会 社 ゆうちょ 銀 行 はじめに 旧 日 本 郵 政 公 社 ( 以 下 旧 公 社 といいます )は 郵 政 民 営 化 法 等 の 施 行 に 伴 い 平 成 19 年 10 月 1 日 に 民 営 分 社 化 され 旧 公 社 が 取 り 扱 っていた 郵 便 貯 金 に 関 す る 業 務 等 は 民 営 分 社 化 に 伴 い 設 立 された 株 式

More information

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464>

<5461726F2D906C8E968D7390AD82CC895E8963939982CC8FF38BB58169906C8E9689DB816A817932382E348B8B975E8D58905694C5817A2E6A7464> 京 都 府 の 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 平 成 27 年 12 月 京 都 府 この 報 告 書 は 京 都 府 における 職 員 数 や 給 与 勤 務 条 件 人 件 費 の 状 況 などを 広 く 府 民 の 皆 様 に 公 表 することにより 本 府 の 人 事 行 政 の 透 明 性 をさらに 高 めるとともに その 適 正 な 運 営 を 確 保 するた め 職 員

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 ( 比 較 ベース) 39.3 歳 309,368 434,2 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) の 給 与 定 員 管 理 等 について 24 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 ( 年 度 末 ) A 千 239,272 62,594,887 実 質 収 支 千 2,514,423 件 費 B 千 12,997,986 件 費 率 B/A % 20.8 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 決

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378>

<819D483235944E93788B8B975E8CF6955C9770288CF6955C9770292E786C7378> 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 岐 阜 市 の 給 与 定 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A 3 年 度 の 人 件 費 率 年 度 人 08,307 1,9,10 9,07,66 7,1,77 18.8 18.7 ( 注 ) 人

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 5 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 区 分 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 平 成 4 年 度 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 口 ( 平 成 4 年 度 末 ) 平 成 4 年 度 379,678 豊 橋 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 歳 出 額 ( 注 ) 件 費 には 特 別 職 に 支 給 される 給 料 報 酬 などを 含 む A 114,956,597 実 質 収 支 3,87,17

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Taro-zyorei.jtd

Taro-zyorei.jtd 沖 縄 県 港 湾 管 理 条 例 - 抄 - ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 港 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以 下 法 という )の 規 定 により 県 が 管 理 する 港 湾 の 利 用 及 び 管 理 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるもの とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語

More information

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税

( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 固 定 資 産 税 都 市 計 画 税 減 免 取 扱 要 綱 函 館 市 財 務 部 ( 減 免 の 根 拠 等 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は, 地 方 税 法 第 3 6 7 条 お よ び 第 7 0 2 条 の 8 第 7 項 の 規 定 に 基 づ く 市 税 条 例 第 5 1 条 の 規 定 を 根 拠 と す る 固 定 資 産 税 お よ び 都 市 計 画 税 の 減 免

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた

用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るた 平 成 27 年 6 月 国 税 庁 用 語 の 意 義 このFAQにおいて 使 用 している 省 略 用 語 の 意 義 は 次 のとおりです 国 外 送 金 等 調 書 法 国 外 送 金 等 調 書 令 国 外 送 金 等 調 書 規 則 通 達 所 基 通 評 基 通 内 国 税 の 適 正 な 課 税 の 確 保 を 図 るための 国 外 送 金 等 に 係 る 調 書 の 提 出 等 に

More information

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx

Microsoft PowerPoint - 【速報】図解・平成27年度税制改正大綱(1月6日時点).pptx 図 解 平 成 27 年 度 税 制 改 正 大 綱 速 報 版 税 理 士 法 人 名 南 経 営 平 成 27 年 1 月 6 日 時 点 情 報 平 成 27 年 度 税 制 改 正 の 全 体 像 ~ 主 要 項 目 一 覧 ~ 個 人 所 得 税 医 療 用 機 器 等 の 特 別 償 却 制 度 の 延 長 縮 減 ふるさと 納 税 制 度 の 拡 充 等 NISA( 少 額 投 資 非

More information

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx

(新)瀬戸内海環境保全特別措置法(一部改正後).xlsx 瀬 戸 内 海 環 境 保 全 特 別 措 置 法 ( 昭 和 四 十 八 年 十 月 二 日 法 律 第 百 十 号 ) 第 章 総 則 ( 第 条 - 第 二 条 の 二 ) 第 二 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 計 画 ( 第 三 条 - 第 四 条 の 二 ) 第 三 章 瀬 戸 内 海 の 環 境 の 保 全 に 関 する 特 別 の 措 置 第 節 特 定 施

More information

平 成 2 9 年 度 歳 入 予 算 概 算 見 積 書 目 次 現 金 収 入 ( 単 位 : 千 円 ) 歳 入 科 目 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 対 前 年 度 部 款 予 算 額 (a) 見 積 額 (b) 比 較 増 減 額 (b)-(a) 頁 備 考 4000-00

平 成 2 9 年 度 歳 入 予 算 概 算 見 積 書 目 次 現 金 収 入 ( 単 位 : 千 円 ) 歳 入 科 目 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 対 前 年 度 部 款 予 算 額 (a) 見 積 額 (b) 比 較 増 減 額 (b)-(a) 頁 備 考 4000-00 平 成 2 9 年 度 一 般 会 計 歳 入 予 算 概 算 見 積 書 ( 現 金 収 入 / 印 紙 収 入 ) 経 済 産 業 省 平 成 2 9 年 度 歳 入 予 算 概 算 見 積 書 目 次 現 金 収 入 ( 単 位 : 千 円 ) 歳 入 科 目 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 対 前 年 度 部 款 予 算 額 (a) 見 積 額 (b) 比 較 増 減 額 (b)-(a)

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20335F81798DC58F498D65817A834A8393837B8357834182CC938A8E918AC28BAB2E646F63> 第 12 章 税 制 カンボジアの 税 に 関 する 基 本 法 は 1997 年 1 月 に 国 民 議 会 により 採 択 された 1997 年 税 法 (Low on Taxation)である その 後 2000 年 には 経 済 財 務 省 が 法 人 税 に 関 する 大 臣 令 を 発 行 2003 年 には 税 法 改 正 に 関 する 法 律 (Law on Amendment on

More information

Taro-H25給与定員管理

Taro-H25給与定員管理 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 沖 縄 県 の 給 与 定 員 管 理 等 の 状 況 について 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 平 成 23 ( 平 成 24 年 度 末 ) A 実 質 収 支 B B A 年 度 の 人 件 費 率 人 千 円 千 円 千 円 % % 平 成 24 年 度 1,437,994

More information

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73>

<31303039323281798C4B96BC8E73817A8DE090AD8C92915389BB8C7689E6976C8EAE2E786C73> 公 的 資 金 補 償 金 免 除 繰 上 償 還 に 係 る 財 政 健 全 化 画 別 添 Ⅰ 基 本 的 事 項 団 体 の 概 要 団 体 名 桑 名 市 国 調 人 口 (H7.0. 現 在 ) 38,963 職 員 数 (H22.. 現 在 ),093 構 成 団 体 名 財 政 再 生 基 準 以 上 早 期 健 全 化 基 準 以 上 健 全 化 判 断 比 率 の 状 況 画 期

More information