いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請"

Transcription

1 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 における 建 築 士 等 の 証 明 事 務 の 実 施 について 今 般 平 成 27 年 度 改 正 において 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 245 号 以 下 令 という )の 一 部 が 改 正 され 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 の 規 定 により 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 中 古 住 宅 を 買 取 り 住 宅 性 能 の 一 定 の 向 上 を 図 るための 改 修 工 事 を 行 って 個 人 に 譲 渡 する 場 合 宅 地 建 物 取 引 業 者 に 課 される 不 動 産 取 得 税 を 軽 減 する 特 例 措 置 ( 以 下 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 という )が 創 設 された 本 改 正 を 踏 まえ 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことを 確 認 する ための 書 類 について 本 通 知 により 定 めることとしたので 下 記 事 項 に 十 分 留 意 するよう 配 意 願 いたい( 本 通 知 中 の 法 及 び 令 については 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 の 条 文 で 掲 載 し ている ) 貴 職 におかれては 貴 団 体 会 員 に 対 しても 本 通 知 を 周 知 願 いたい る また 本 通 知 の 内 容 については 関 係 省 庁 とも 協 議 済 みであるので 念 のため 申 し 添 え 記 1. 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことを 確 認 するための 書 類 につ - 1 -

2 いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 を 受 けた 建 築 士 ( 建 築 士 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 202 号 ) 第 23 条 の3 第 1 項 の 規 定 により 登 録 された 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 に 限 るものとし 当 該 申 請 に 係 る 住 宅 が 同 法 第 3 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 に 同 法 第 3 条 の2 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 又 は 二 級 建 築 士 に 限 るものとす る ) 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 77 条 の21 第 1 項 に 規 定 する 指 定 確 認 検 査 機 関 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 81 号 ) 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 又 は 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 66 号 ) 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 が 当 該 申 請 に 係 る 工 事 が 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 同 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ホに 規 定 す る 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 同 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 する 旨 を 別 表 1 又 は 別 表 2の 書 式 により 証 する 書 類 とす る なお 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 4 月 30 日 以 前 の 場 合 別 表 1 又 は 別 表 2の 書 式 によ り 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 28 年 5 月 1 日 以 降 の 場 合 別 表 1の 書 式 により 証 するもの とする か し 2. 適 用 対 象 となる 改 修 工 事 について 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 の 適 用 対 象 となるた めに 必 要 な 改 修 工 事 は 次 に 掲 げるものであることにつき 証 明 がされたものである( 当 該 証 明 については 下 記 11. 以 降 を 参 照 のこと ) (1) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2 条 第 14 号 に 規 定 する 大 規 模 の 修 繕 又 は 同 条 第 15 号 に 規 定 する 大 規 模 の 模 様 替 ( 以 下 第 1 号 工 事 という ) (2) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 共 同 住 宅 等 の 居 住 の 用 に 供 するために 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 について 行 う 次 に 掲 げるいずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 ((1) に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 2 号 工 事 という ) 1 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(1)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 と いう )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 以 下 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 2 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(1)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 以 下 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 3 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(2)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の - 2 -

3 部 分 の 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 (その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る )( 以 下 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 4 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(3)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る )( 以 下 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) (3) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 のうち 居 室 調 理 室 浴 室 便 所 その 他 の 室 で 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 めるものの 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ((1) 又 は(2)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 3 号 工 事 という ) (4) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 338 号 ) 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(3)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 4 号 工 事 という ) (5) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 工 事 (バリアフリー 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 高 齢 者 等 の 居 住 の 安 全 性 及 び 高 齢 者 等 に 対 する 介 助 の 容 易 性 の 向 上 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(4)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 5 号 工 事 という ) (6) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 外 壁 窓 等 を 通 しての 熱 の 損 失 の 防 止 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(5)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 6 号 工 事 とい う ) (7) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 工 事 ( 給 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 給 水 管 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 ( 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 12 年 政 令 第 64 号 ) 第 5 条 第 2 項 に 規 定 する 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 をいう ) に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 ( 当 該 改 修 工 事 対 象 住 宅 の 瑕 疵 を 担 保 すべき 責 任 の 履 行 に 関 し 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されているものに 限 り (1)~(6)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 7 号 工 事 という ) 3. 第 1 号 工 事 のうち 増 築 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 別 棟 の 建 築 物 について 増 築 に 該 当 するか 否 かは 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 する ものとする - 3 -

4 増 築 に 該 当 する 別 棟 の 建 築 物 とは 既 存 の 建 築 物 と 一 体 でなければ 生 活 を 営 めず 単 独 では 住 宅 としての 機 能 を 有 しない 建 築 物 をいう 4. 第 2 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 2 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものと する (1) 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 床 面 積 が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 床 の 全 床 面 積 の 過 半 であること をいう (2) 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 階 段 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 水 平 投 影 面 積 が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 階 段 の 全 水 平 投 影 面 積 の 過 半 であることをいう (3) 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 間 仕 切 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 壁 面 の 水 平 投 影 長 さ が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 間 仕 切 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 壁 面 の 全 水 平 投 影 長 さの 過 半 であることをいう 2 遮 音 のための 性 能 を 向 上 させるものとは 新 規 に 次 の 遮 音 性 能 を 有 する 材 料 を 使 用 し かつ そのための 適 切 な 施 工 がなされているものをいう イ 石 膏 ボード チ 木 質 セメント 板 ロ グラスウール リ 木 片 セメント 板 ハ 遮 音 シート ヌ 吹 き 付 けロックウール ニ 鉛 遮 音 板 ル 軟 質 繊 維 板 ホ 遮 音 気 密 防 音 パッキング ヲ その 他 イからルまでに 規 定 する 材 料 へ ロックウール と 同 等 の 遮 音 性 能 を 有 する 材 料 ト ロックウール 吸 音 板 3 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものとは 熱 伝 達 抵 抗 Rtを 修 繕 又 は 模 様 替 の 前 後 についてそれぞれ 次 式 により 算 定 し 従 後 の 値 が 従 前 の 値 に 比 して 高 く なるものをいう 算 式 Rt = Ro + Σ(ln/λn) + Ri n Rt: 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal Ro: 外 気 側 表 面 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal Ri: 室 内 側 表 面 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal ln: 壁 の 各 材 料 の 層 の 厚 さ m - 4 -

5 λn: 壁 の 各 材 料 の 熱 伝 導 率 kcal/m h 5. 第 3 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 3 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものと する (1) 一 室 とは 原 則 として 壁 又 は 建 具 等 により 囲 まれた 区 画 をいうものとするが 当 該 区 画 において 以 下 のいずれかに 該 当 する 空 間 がある 場 合 は 当 該 空 間 は 異 なる 室 として 取 り 扱 うものとする 1 設 計 図 書 等 から 判 断 される 目 的 及 び 床 の 仕 上 げが 異 なる 空 間 2 設 計 図 書 等 から 判 断 される 目 的 及 び 壁 の 仕 上 げが 異 なる 空 間 (2) 押 入 等 の 収 納 部 分 については 建 具 等 を 介 して 接 する 室 に 含 まれるものとする (3) 居 室 とは 建 築 基 準 法 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 居 住 のために 継 続 的 に 使 用 する 室 を いうものであり 具 体 的 には 居 間 食 事 室 居 間 兼 食 事 室 食 事 室 兼 調 理 室 居 間 兼 食 事 室 兼 調 理 室 寝 室 応 接 室 書 斎 その 他 これに 類 するものをいう (4) 床 又 は 壁 の 全 部 とは 原 則 として 床 にあっては 一 室 の 床 の 全 床 面 積 又 は 壁 の 室 内 に 面 する 壁 面 の 全 水 平 投 影 長 さをいうものとするが 例 えば 押 入 出 窓 床 の 間 等 についてのみ 修 繕 又 は 模 様 替 が 行 われない 場 合 については 当 該 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 修 繕 又 は 模 様 替 が 行 われるものとみなして 差 し 支 えない 6. 第 4 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 4 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする (1) 修 繕 又 は 模 様 替 を 行 う 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 に 適 合 させるものであること (2) 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 とは 平 成 18 年 国 土 交 通 省 告 示 第 185 号 で 定 める 地 震 に 対 する 安 全 上 耐 震 関 係 規 定 に 準 ずるもの として 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 をいう( 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 476 号 ) 7. 第 5 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 477 号 ( 以 下 7.において 第 5 号 工 事 告 示 という ) において 第 5 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 5 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは 第 5 号 工 事 告 示 に 従 い それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする (1) 介 助 用 の 車 いすで 容 易 に 移 動 するために 通 路 又 は 出 入 口 の 幅 を 拡 張 する 工 事 通 路 又 は 出 入 口 ( 以 下 通 路 等 という )の 幅 を 拡 張 する 工 事 であって 工 事 後 の 通 路 等 ( 当 該 工 事 が 行 われたものに 限 る )の 幅 が おおむね750mm 以 上 ( 浴 室 の 出 入 口 にあってはおおむね600mm 以 上 )であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 や 取 替 え 等 の 工 事 が 想 定 される 通 路 等 の 幅 を 拡 張 する 工 事 と 併 せて 行 う 幅 木 の 設 置 柱 の 面 取 りや 通 路 等 の 幅 を - 5 -

6 拡 張 する 工 事 に 伴 って 取 替 えが 必 要 となった 壁 の 断 熱 材 入 りの 壁 への 取 替 え 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる (2) 階 段 の 設 置 ( 既 存 の 階 段 の 撤 去 を 伴 うものに 限 る ) 又 は 改 良 によりその 勾 配 を 緩 和 する 工 事 以 下 のような 方 法 により 従 前 の 階 段 の 勾 配 が 従 後 の 階 段 の 勾 配 に 比 して 緩 和 され たことが 確 認 できる 工 事 をいい 階 段 の 勾 配 を 緩 和 する 工 事 に 伴 って 行 う 電 気 スイッ チ コンセントの 移 設 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる 1 改 修 工 事 前 後 の 立 面 断 面 図 で 比 較 する 場 合 X/Y > X /Y 又 は A/B > A /B ( 注 )Ⅹ X :けあげの 寸 法 Y Y : 踏 面 の 寸 法 A A : 階 段 の 高 さ B B : 階 段 の 長 さ X A X A Y Y B B ( 改 修 工 事 前 ) ( 改 修 工 事 後 ) 2 改 修 工 事 前 後 の 平 面 図 で 比 較 する 場 合 C < C C C 居 室 居 室 居 室 居 室 居 室 居 室 ( 改 修 工 事 前 ) ( 改 修 工 事 後 ) (3) 浴 室 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 入 浴 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 であって 工 事 後 の 床 面 積 がおおむね1.8m2 以 上 及 び 短 辺 の 内 法 寸 法 がおおむね1,200mm 以 上 であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 取 替 えや 一 体 工 事 としてそれらに 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 が 想 定 される 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させるための 浴 室 の 位 置 の 移 動 や 一 体 工 事 として 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 に 伴 って 行 う 仮 浴 室 の 設 置 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 と 併 せて 行 う 脱 衣 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 等 の 工 事 は 含 まれる 2 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 に 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる - 6 -

7 3 固 定 式 の 移 乗 台 踏 み 台 その 他 の 高 齢 者 等 の 浴 槽 の 出 入 りを 容 易 にする 設 備 を 設 置 する 工 事 設 置 に 際 し 工 事 を 伴 わない 福 祉 用 具 (バスリフト 等 )やすのこ 等 の 設 備 の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 固 定 式 の 移 乗 台 等 を 設 置 する 工 事 に 伴 って 行 う 蛇 口 の 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる 4 高 齢 者 等 の 身 体 の 洗 浄 を 容 易 にする 水 栓 器 具 を 設 置 し 又 は 同 器 具 に 取 り 替 える 工 事 蛇 口 の 移 設 レバー 式 蛇 口 やワンプッシュ 式 シャワーへの 取 替 え 等 の 工 事 をいい 一 体 工 事 として 蛇 口 を 移 設 するための 工 事 に 伴 って 行 う 壁 面 タイルの 取 替 え 等 の 工 事 は 含 まれる (4) 便 所 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 排 泄 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 であって 工 事 後 の 長 辺 の 内 法 寸 法 がおおむね1,3 00mm 以 上 又 は 便 器 の 前 方 若 しくは 側 方 における 便 器 と 壁 との 距 離 がおおむね500mm 以 上 であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 取 替 えや 一 体 工 事 としてそれらに 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 が 想 定 される 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させるための 便 所 の 位 置 の 移 動 や 一 体 工 事 として 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 に 伴 って 行 う 仮 便 所 の 設 置 等 の 工 事 は 含 まれる 2 便 器 を 座 便 式 のものに 取 り 替 える 工 事 和 式 便 器 を 洋 式 便 器 ( 洗 浄 機 能 や 暖 房 機 能 等 が 付 いているものを 含 む )に 取 り 替 える 工 事 をいい 取 り 外 し 可 能 な 腰 掛 け 便 座 への 取 替 えは 含 まれないが 一 体 工 事 として 便 器 を 取 り 替 える 工 事 に 伴 って 行 う 床 材 の 変 更 等 の 工 事 は 含 まれる 3 座 便 式 の 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 便 器 のかさ 上 げ 取 替 え 等 により 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 をいい 取 り 外 し 可 能 な 腰 掛 け 便 座 ( 洋 式 便 器 の 上 に 設 置 して 高 さを 補 うもの)の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 座 高 を 高 くする 工 事 と 併 せて 行 うトイレットペーパーホルダーの 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる (5) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 に 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 手 すりを 転 倒 予 防 若 しくは 移 動 又 は 移 乗 動 作 に 資 することを 目 的 として 取 り 付 ける ものをいい 取 付 けに 当 たって 工 事 (ネジ 等 で 取 り 付 ける 簡 易 なものを 含 む )を 伴 わない 手 すりの 取 付 けは 含 まれないが 一 体 工 事 として 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 に 伴 って 行 う 壁 の 下 地 補 強 や 電 気 スイッチ コンセントの 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる (6) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 段 差 を 解 消 する 工 事 ( 勝 手 口 その 他 屋 外 に 面 する 開 口 の 出 入 口 及 び 上 がりかまち 並 びに 浴 室 の 出 入 口 にあっては 段 差 を 小 さくする 工 事 を 含 む ) 敷 居 を 低 くしたり 廊 下 のかさ 上 げや 固 定 式 スロープの 設 置 等 を 行 う 工 事 をいい 取 付 けに 当 たって 工 事 を 伴 わない 段 差 解 消 板 スロープ 等 の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 廊 下 のかさ 上 げ 工 事 に 伴 って 行 う 下 地 の 補 修 や 根 太 の 補 強 等 の 工 事 は 含 まれる - 7 -

8 (7) 出 入 口 の 戸 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 開 戸 を 引 戸 折 戸 等 に 取 り 替 える 工 事 開 戸 を 引 戸 折 戸 アコーディオンカーテン 等 に 取 り 替 える 工 事 をいう 2 開 戸 のドアノブをレバーハンドル 等 に 取 り 替 える 工 事 開 戸 のドアノブをレバーハンドルや 取 手 など 開 閉 を 容 易 にするものに 取 り 替 える 工 事 をいう 3 戸 に 戸 車 その 他 の 戸 の 開 閉 を 容 易 にする 器 具 を 設 置 する 工 事 引 戸 折 戸 等 にレール 戸 車 開 閉 のための 動 力 装 置 等 を 設 置 する 工 事 や 開 戸 を 吊 戸 方 式 に 変 更 する 工 事 をいう (8) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 材 料 を 滑 りにくいものに 取 り 替 える 工 事 滑 り 止 め 溶 剤 の 塗 布 やテープシールの 貼 付 けによる 表 面 処 理 のみを 行 うものは 含 ま れないが 一 体 工 事 として 床 の 材 料 の 取 替 えに 伴 って 行 う 下 地 の 補 修 や 根 太 の 補 強 等 の 工 事 は 含 まれる 8. 第 6 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 478 号 ( 以 下 8.において 第 6 号 工 事 告 示 という ) において 第 6 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 6 号 工 事 に 該 当 するためには 1 居 室 の 全 ての 窓 又 は1と 併 せて 行 う2 天 井 等 3 壁 4 床 等 の1つ 以 上 に 該 当 する 改 修 工 事 で 改 修 を 行 う 各 部 位 がいずれも 平 成 25 年 省 エネルギー 基 準 相 当 以 上 の 省 エネ 性 能 を 有 するものとして 次 の 表 の 各 項 のいず れかに 該 当 する 必 要 がある 熱 貫 流 率 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 等 イ 窓 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 1-1-1の 基 準 値 以 下 ( 別 表 5の8 地 域 を 除 く) 別 表 5の8 地 域 建 具 の 種 類 若 しくはその 組 合 せ 又 は 付 属 部 材 ひ さし 軒 等 の 設 置 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 第 6 号 工 事 告 示 別 表 1-1-2に 該 当 事 熱 貫 流 率 熱 抵 抗 2 天 井 等 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 事 基 準 値 以 上 3 壁 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 基 準 値 以 上 ( 鉄 骨 造 で 内 第 6 号 工 事 告 示 別 表 2の 張 断 熱 工 法 及 び 外 張 断 熱 基 準 値 以 下 工 法 以 外 の 工 法 にあって - 8 -

9 は 第 6 号 工 事 告 示 別 表 4 の 基 準 値 以 上 ) 4 床 等 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 基 準 値 以 上 備 考 (ⅰ) 1から4までの 工 事 は 以 下 に 掲 げるそれぞれの 工 事 の 対 象 部 分 の 全 てについ て 行 わなければならない ただし 当 該 工 事 の 施 工 前 に 既 にこの 表 の 各 項 のいずれかに 該 当 する 部 分 を 有 する 場 合 で 当 該 部 分 以 外 の 対 象 部 分 の 全 てについて 工 事 を 行 った 場 合 は 対 象 部 分 の 全 てについて 工 事 を 行 ったものとして 取 り 扱 うものとする 1の 工 事 居 室 の 外 気 に 接 する 窓 ( 既 存 の 窓 の 室 内 側 に 設 置 する 既 存 の 窓 と 一 体 となった 窓 を 含 む ) 2の 工 事 屋 根 ( 小 屋 裏 又 は 天 井 裏 が 外 気 に 通 じているものを 除 く ) 屋 根 の 直 下 の 天 井 又 は 外 気 等 ( 外 気 又 は 外 気 に 通 じる 床 裏 小 屋 裏 若 しくは 天 井 裏 をい う 以 下 同 じ )に 接 する 天 井 3の 工 事 外 気 等 に 接 する 壁 4の 工 事 外 気 等 に 接 する 床 ( 地 盤 面 をコンクリートその 他 これに 類 する 材 料 で 覆 ったもの 又 は 床 裏 が 外 気 に 通 じないもの( 以 下 土 間 床 等 という )を 除 き 外 周 が 外 気 等 に 接 する 土 間 床 等 を 含 む ) 2から4までの 工 事 については 上 記 の 部 分 のうち 以 下 の 部 分 ( 住 宅 に 係 るエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 設 計 施 工 及 び 維 持 保 全 の 指 針 ( 平 成 25 年 国 土 交 通 省 告 示 第 907 号 ) 附 則 5(1)イからホまでに 掲 げる 部 分 )を 除 く 居 室 に 面 する 部 位 が 断 熱 構 造 となっている 物 置 車 庫 その 他 これらに 類 す る 空 間 の 居 室 に 面 する 部 位 以 外 の 部 位 外 気 に 通 じる 床 裏 小 屋 裏 又 は 天 井 裏 に 接 する 壁 断 熱 構 造 となっている 外 壁 から 突 き 出 した 軒 袖 壁 ベランダその 他 これ らに 類 するもの 玄 関 勝 手 口 及 びこれに 類 する 部 分 における 土 間 床 部 分 断 熱 構 造 となっている 浴 室 下 部 における 土 間 床 部 分 (ⅱ) 1の 工 事 は 居 室 の 外 気 に 接 する 窓 が 対 象 となるが 居 室 とは 建 築 基 準 法 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 居 住 のために 継 続 的 に 使 用 する 室 をいうものであり 具 体 的 には 居 間 食 事 室 居 間 兼 食 事 室 食 事 室 兼 調 理 室 居 間 兼 食 事 室 兼 調 理 室 寝 室 応 接 室 書 斎 その 他 これに 類 するものをいう (ⅲ) 2から4までの 工 事 については 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3において 断 熱 材 の 熱 抵 抗 の 基 準 が 規 定 されているが 補 足 として 別 表 3に 断 熱 材 の 必 要 厚 さを 地 域 別 に 示 す また 第 6 号 工 事 告 示 別 表 4において 規 定 されている 断 熱 材 の 熱 抵 抗 の 基 準 に ついては 補 足 として 別 表 4に 断 熱 材 の 必 要 厚 さを 地 域 別 に 示 す (ⅳ) 2から4までの 工 事 については 発 泡 剤 としてフロン 類 を 用 いた 断 熱 材 を 用 い ないことに 留 意 する - 9 -

10 9. 第 7 号 工 事 のうち 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 479 号 ( 以 下 9.において 第 7 号 工 事 告 示 という ) において 第 7 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 7 号 工 事 のうち 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 に 該 当 するか 否 かは 第 7 号 工 事 告 示 に 従 い 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする 1 住 宅 の 屋 根 若 しくは 外 壁 又 はこれらの 開 口 部 に 設 ける 戸 わくその 他 の 建 具 に 係 る 工 事 2 雨 水 を 排 除 するため 住 宅 に 設 ける 排 水 管 のうち 当 該 住 宅 の 屋 根 若 しくは 外 壁 の 内 部 又 は 屋 内 にある 部 分 に 係 る 工 事 なお 1 又 は2に 該 当 する 工 事 を 行 ったとしても 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トの 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されていない 場 合 第 7 号 工 事 には 該 当 しないことに 留 意 すること 10. 工 事 費 要 件 について (1) 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イ からヘまでに 規 定 する 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が100 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 の 費 用 の 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる (2) 第 4 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 4 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (3) 第 5 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場

11 合 には 第 5 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (4) 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 6 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (5) 第 7 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されている 工 事 が 対 象 )が50 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 7 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 7 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする 11. 証 明 主 体 について 改 修 工 事 に 係 る 証 明 主 体 は 次 に 掲 げる 者 である( 以 下 これらの 者 を 建 築 士 等 と 総 称 する) 1 建 築 士 法 第 23 条 の3 第 1 項 の 規 定 による 登 録 を 受 けた 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 ( 証 明 を 行 う 住 宅 が 同 法 第 3 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 同 法 第 3 条 の2 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 又 は 二 級 建 築 士 に 限 る )

12 2 建 築 基 準 法 第 77 条 の21 第 1 項 に 規 定 する 指 定 確 認 検 査 機 関 3 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 4 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 による 指 定 を 受 けた 同 項 に 規 定 する 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 12. 建 築 士 等 の 証 明 が 必 要 な 工 事 建 築 士 等 の 証 明 が 必 要 となる 改 修 工 事 は 2.(1)に 掲 げる 工 事 のうち 建 築 基 準 法 第 6 条 に 規 定 する 確 認 を 要 するもの 以 外 のもの 並 びに2.(2) (3) (4) (5) (6) 又 は(7)に 掲 げる 工 事 である なお 建 築 士 等 は 10.の 工 事 費 要 件 を 満 たしているか 否 かを 確 認 することとする 13. 建 築 士 等 の 証 明 手 続 (1) 12.に 記 載 する 工 事 に 共 通 する 証 明 手 続 (ⅰ) 証 明 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 証 明 の 申 請 に 当 たって 申 請 者 に 対 して 次 に 掲 げる 改 修 工 事 に 係 る 書 類 又 はその 写 しを 提 出 するよう 求 めるものとする 1 改 修 工 事 を 行 った 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 2 工 事 請 負 契 約 書 3 設 計 図 書 その 他 設 計 に 関 する 書 類 ( 第 6 号 工 事 以 外 の 工 事 を 行 った 場 合 は 当 該 書 類 がある 場 合 に 限 る ) ( 注 ) 上 記 2の 書 類 又 はその 写 しがない 場 合 は 上 記 2の 書 類 又 はその 写 しに 代 えて 次 に 掲 げる 書 類 又 はその 写 しを 提 出 するよう 求 めるものとする イ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 に 係 る 領 収 書 ロ 改 修 工 事 が 行 われる 前 と 行 われた 後 のそれぞれの 状 況 を 示 した 写 真 がある 場 合 は 当 該 写 真 (ⅱ) 証 明 の 方 法 証 明 を 行 う 建 築 士 等 は 必 要 に 応 じて 現 地 調 査 を 行 い(ただし (ⅰ)2 及 び(ⅰ)( 注 ) ロ 双 方 の 書 類 又 はその 写 しがない 場 合 は 必 ず 行 う ) (ⅰ)1から3までに 掲 げる 書 類 ((ⅰ) ( 注 )イ 及 びロの 書 類 を 含 む ) 又 はその 写 しにより 当 該 工 事 が 改 修 工 事 に 該 当 すると 認 めた 場 合 には 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 に 証 明 を 行 った 建 築 士 の 免 許 証 の 写 し 又 は 免 許 証 明 書 の 写 しを 添 えて 申 請 者 に 交 付 するものとする 証 明 書 発 行 者 においては 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 の 様 式 により 改 修 内 容 の 証 明 を 行 うものとする なお 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 4 月 30 日 以 前 の 場 合 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 の 様 式 を 用 い 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 28 年 5 月 1 日 以 降 の 場 合 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 の 様 式 を 用 いるものとする (ⅲ) 証 明 時 期 証 明 は 原 則 として 工 事 完 了 後 に 行 うものとする (2) 第 4 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類

13 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 4 号 工 事 に 係 る 税 制 特 例 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 4 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(2)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うものとする (3) 第 5 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 5 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 そ の 他 の 第 5 号 工 事 の 費 用 の 額 及 び 当 該 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はそ の 写 しによって 10.(3)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うものとする (4) 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 6 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 6 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(4)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うも のとする (5) 第 7 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 7 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 7 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(5)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うも のとする 14. 増 改 築 等 工 事 証 明 書 及 び 改 修 工 事 証 明 書 の 記 載 事 項 についての 留 意 点 (1) 工 事 の 内 容 の 欄 には イ 工 事 を 行 った 住 宅 の 部 分 ロ 工 事 面 積 ハ 工 法 ニ 2.(2)4の 工 事 にあっては 遮 音 のための 性 能 を 向 上 させるために 使 用 した 材 料 ホ 2.(2)4の 工 事 にあっては 修 繕 又 は 模 様 替 を 行 う 前 及 び 行 った 後 の 熱 伝 達 抵 抗 Rtの 値 ヘ 2.(4)の 工 事 にあっては 耐 震 改 修 工 事 の 内 容 ト 2.(5)の 工 事 にあっては バリアフリー 改 修 工 事 の 内 容 チ 2.(6)の 工 事 にあっては 省 エネ 改 修 工 事 の 内 容 リ 2.(7)の 工 事 にあっては 給 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 の 内 容 等 について 当 該 工 事 が 令 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからトまで 規 定 する 改 修 工 事 に 該 当 すると 認 めた 根 拠 が 明 らかになるよう 具 体 的 に 記 載 するものとする (2) 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 等 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 当 該 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行

14 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する た だし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (3) 上 記 10.(1)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 令 第 9 条 の3の 第 1 項 第 1 号 イからヘまでに 規 定 す る 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 当 該 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 1 号 工 事 から 第 6 号 工 事 の 改 修 工 事 を 行 っ た 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 の うちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (4) 上 記 10.(2)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 4 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (5) 上 記 10.(3)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 ((4)に 該 当 する 場 合 を 除 く )は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 5 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積

15 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (6) 上 記 10.(4)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 ((4) 及 び(5)に 該 当 する 場 合 を 除 く )は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 6 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (7) 上 記 10.(5)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 7 号 工 事 ((4) (5) 及 び(6)に 該 当 する 場 合 を 除 く ) を 行 った 場 合 は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 7 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 7 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする 15. 建 築 士 等 の 証 明 手 数 料 について 証 明 手 数 料 については 実 費 技 術 料 等 を 勘 案 し 適 正 なものとする

16 別 表 1 増 改 築 等 工 事 証 明 書 ( 特 定 の 増 改 築 等 がされた 住 宅 用 家 屋 の 所 有 権 の 移 転 登 記 の 税 率 の 軽 減 の 特 例 及 び 改 修 工 事 がされた 住 宅 の 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 用 ) 証 明 申 請 者 住 所 氏 名 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 工 事 完 了 年 月 日 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 第 1 号 工 事 1 増 築 2 改 築 3 大 規 模 の 修 繕 4 大 規 模 の 模 様 替 第 2 号 工 事 共 同 住 宅 等 の 区 分 所 有 する 部 分 について 行 う 次 に 掲 げるいずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 1 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 2 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 3 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 4 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 第 3 号 工 事 第 4 号 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 次 のいずれか 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 居 室 2 調 理 室 3 浴 室 4 便 所 5 洗 面 所 6 納 戸 7 玄 関 8 廊 下 次 の 規 定 又 は 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 1 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 2 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 第 5 号 工 事 (バリアフ リー 改 修 工 事 ) バリアフリー 化 のための 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 通 路 又 は 出 入 口 の 拡 幅 2 階 段 の 勾 配 の 緩 和 3 浴 室 の 改 良 4 便 所 の 改 良 5 手 すりの 取 付 6 床 の 段 差 の 解 消 7 出 入 口 の 戸 の 改 良 8 床 材 の 取 替 省 エネルギー 化 のための 修 繕 又 は 模 様 替 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 第 7 号 工 事 ( 給 排 水 管 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 上 記 1と 併 せて 行 う 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 2 天 井 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 3 壁 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 4 床 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 地 域 区 分 1 1 地 域 2 2 地 域 3 3 地 域 4 4 地 域 5 5 地 域 6 6 地 域 7 7 地 域 8 8 地 域 1 給 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 2 排 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 3 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替

17 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 (1) 特 定 の 増 改 築 等 に 要 した 費 用 の 総 額 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 円 (2) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 (3) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 円 円

18 上 記 の 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 及 び 地 方 税 法 施 行 令 に 規 定 する 工 事 に 該 当 することを 証 明 します 証 明 年 月 日 平 成 年 月 日 (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 氏 名 印 住 所 証 明 を 行 った 建 築 士 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 名 称 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 指 定 をした 者 氏 名 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 住 建 築 士 の 場 合 所 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名

19 (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 名 称 印 住 所 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 登 録 をした 者 氏 名 住 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 氏 住 名 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A4)

20 備 考 1 証 明 申 請 者 の 住 所 及 び 氏 名 の 欄 には この 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 の 住 所 及 び 氏 名 をこの 証 明 書 を 作 成 する 日 の 現 況 により 記 載 すること 2 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 の 欄 には 当 該 工 事 を 行 った 家 屋 の 建 物 登 記 簿 に 記 載 された 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 を 記 載 すること 3 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) 以 下 により 第 1 号 工 事 から 第 7 号 工 事 までのいずれかの 工 事 について 記 載 するものとする 1 第 1 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 又 は 大 規 模 の 模 様 替 のいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 2 第 2 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 次 に 掲 げるも ののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする イ 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 という )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 うもの ロ 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 うもの ハ 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うもの(その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る ) ニ 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うも の( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る ) 3 第 3 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 4 第 4 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ る 規 定 又 は 基 準 のいずれに 適 合 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 5 第 5 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 6 第 6 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 建 築 主 等 及 び 特 定 建 築 物 の 所 有 者 の 判 断 の 基 準 ( 平 成 25 年 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 告 示 第 1 号 以 下 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 という ) 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 における8 地 域 において 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 事 を 行 った 場 合 は 番 号 1)を で 囲 むものとする また 同 欄 中 地 域 区 分 の 欄 には 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 のいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 7 第 7 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 4 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しく は 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する

21 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 することを 明 らかにする 工 事 の 具 体 的 内 容 を 記 載 するものとする 5 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) (1) 特 定 の 増 改 築 等 に 要 した 費 用 の 総 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 の 欄 には 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の 2 第 2 項 第 1 号 から 第 7 号 まで 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからトまでに 規 定 する 工 事 の 種 別 のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする (2) (2) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 から 第 6 号 まで 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからヘまでに 規 定 する 工 事 の 種 別 のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする (3) (3) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 し た 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 1 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 4 号 工 事 に 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 す るものとする 2 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 5 号 工 事 の1~8のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 3 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 6 号 工 事 の1~4のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 4 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 7 号 工 事 の1~3のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 6 この 証 明 書 により 証 明 を 行 う 者 について 次 により 記 載 するものとする (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 証 明 を 行 った 建 築 士 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しく は 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の 2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 建 築 士 について 次 により 記 載 すること 1 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする 2 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 するものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 証 明 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 か ら 第 3 条 の3の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする 3 登 録 番 号 の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 について 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 による 届 出 に 係 る 登 録 番 号 を 記 載 するものとする

22 4 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする 5 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 の 名 称 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 及 び 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 の 欄 には 建 築 士 法 第 23 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 登 録 簿 に 記 載 された 建 築 士 事 務 所 の 名 称 及 び 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 並 びに 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 を 記 載 す ること (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 1 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の 2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 について 次 により 記 載 すること 2 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 21 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 指 定 を 受 けた 後 に 同 法 第 77 条 の21 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するものとする 3 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 及 び 指 定 をした 者 の 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 18 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 年 月 日 及 び 指 定 番 号 並 びに 指 定 をした 者 を 記 載 するものとする 4 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 す る 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の 2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 について 次 により 記 載 す ること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 58 又 は 第 77 条 の 60 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名 の

23 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 58 又 は 第 77 条 の 60 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 登 録 番 号 及 び 地 方 整 備 局 等 の 名 称 を 記 載 するものとする (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 1 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の 2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 について 次 により 記 載 すること イ 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 登 録 を 受 けた 後 に 同 法 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するものとする ロ 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 及 び 登 録 をした 者 の 欄 には 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 年 月 日 及 び 登 録 番 号 並 びに 登 録 をした 者 を 記 載 するものとする 2 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 について 次 により 記 載 すること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 により 通 知 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 の 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 の 欄 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 の 規 定 により 通 知 を 受 けた 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 100 号 ) 附 則 第 2 条 第 2 項 の 規 定 により 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 に 合 格 したとみなされた 者 については

24 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 証 書 番 号 )を 記 載 するものとする (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 1 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2 の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 について 次 により 記 載 すること イ 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 指 定 を 受 けた 後 に 同 法 第 18 条 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するもの とする ロ 指 定 年 月 日 の 欄 には 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 年 月 日 を 記 載 するものとする 2 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 について 次 により 記 載 すること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 により 通 知 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 の 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 の 欄 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 の 規 定 により 通 知 を 受 けた 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 附 則 第 2 条 第 2 項 の 規 定 により 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 に 合 格 したとみなされた 者 については 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 証 書 番 号 )を 記 載 するものとする

25 別 表 2 改 修 工 事 証 明 書 ( 改 修 工 事 がされた 住 宅 の 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 用 ) 証 明 申 請 者 住 所 氏 名 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 工 事 完 了 年 月 日 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 第 1 号 工 事 1 増 築 2 改 築 3 大 規 模 の 修 繕 4 大 規 模 の 模 様 替 第 2 号 工 事 共 同 住 宅 等 の 居 住 の 用 に 供 するために 独 立 的 に 区 画 された 部 分 について 行 う 次 に 掲 げる いずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 1 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 2 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 3 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 4 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 第 3 号 工 事 第 4 号 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 第 5 号 工 事 (バリアフ リー 改 修 工 事 ) 次 のいずれか 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 居 室 2 調 理 室 3 浴 室 4 便 所 5 洗 面 所 6 納 戸 7 玄 関 8 廊 下 次 の 規 定 又 は 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 1 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 2 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 高 齢 者 等 の 居 住 の 安 全 性 及 び 高 齢 者 等 に 対 する 介 助 の 容 易 性 の 向 上 に 資 する 次 のいずれ かに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 通 路 又 は 出 入 口 の 拡 幅 2 階 段 の 勾 配 の 緩 和 3 浴 室 の 改 良 4 便 所 の 改 良 5 手 すりの 取 付 6 床 の 段 差 の 解 消 7 出 入 口 の 戸 の 改 良 8 床 材 の 取 替 外 壁 窓 等 を 通 しての 熱 の 損 失 の 防 止 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 第 7 号 工 事 ( 給 排 水 管 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 上 記 1と 併 せて 行 う 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 2 天 井 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 3 壁 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 4 床 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 地 域 区 分 1 1 地 域 2 2 地 域 3 3 地 域 4 4 地 域 5 5 地 域 6 6 地 域 7 7 地 域 8 8 地 域 1 給 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 2 排 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 3 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替

26 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 (1) 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 円 (2) 改 修 工 事 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 (3) 改 修 工 事 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 円 円 円

27 上 記 の 工 事 が 地 方 税 法 施 行 令 に 規 定 する 工 事 に 該 当 することを 証 明 します 証 明 年 月 日 平 成 年 月 日 (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 氏 名 印 住 所 証 明 を 行 った 建 築 士 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 名 称 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 指 定 をした 者 氏 名 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 住 建 築 士 の 場 合 所 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名

28 (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 名 称 印 住 所 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 登 録 をした 者 氏 名 住 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 氏 住 名 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A4)

29 備 考 1 証 明 申 請 者 の 住 所 及 び 氏 名 の 欄 には この 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 の 住 所 及 び 氏 名 をこの 証 明 書 を 作 成 する 日 の 現 況 により 記 載 すること 2 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 の 欄 には 当 該 工 事 を 行 った 住 宅 の 建 物 登 記 簿 に 記 載 された 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 を 記 載 すること 3 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) 以 下 により 第 1 号 工 事 から 第 7 号 工 事 までのいずれかの 工 事 について 記 載 するものとする 1 第 1 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 地 方 税 法 施 行 令 ( 以 下 施 行 令 という ) 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 又 は 大 規 模 の 模 様 替 のいずれに 該 当 す るかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 2 第 2 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 次 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとす る イ 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 という )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 うもの ロ 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 うもの ハ 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うもの(その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る ) ニ 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うも の( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る ) 3 第 3 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 4 第 4 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げる 規 定 又 は 基 準 のいずれに 適 合 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 5 第 5 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 6 第 6 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 建 築 主 等 及 び 特 定 建 築 物 の 所 有 者 の 判 断 の 基 準 ( 平 成 25 年 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 告 示 第 1 号 以 下 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 という ) 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 にお ける8 地 域 において 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 事 を 行 った 場 合 は 番 号 1)を で 囲 むものとす る また 同 欄 中 地 域 区 分 の 欄 には 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 のい ずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 7 第 7 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 4 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 す る 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 同 項 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 同 項 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 することを 明 らかにする 工 事 の 具 体 的 内 容 を 記 載 するものとする 5 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ 住 宅 性 能 証 明 及 び 業 務 のご 案 内 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 概 要 < 制 度 について> 父 母 や 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 から 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 もしくは 取 得 増 改 築 等 のための 金 銭 を 贈 与 する 場 において 一 定 金 額 までの 贈 与 につき

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱

川崎市木造住宅耐震診断助成金交付要綱 千 葉 市 耐 震 改 修 費 補 助 事 業 要 綱 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 震 による 住 宅 の 倒 壊 等 の 被 害 から 市 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 保 護 するため 住 宅 の 耐 震 改 修 の 実 施 について 必 要 な 事 項 を 定 め 耐 震 改 修 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ

既 存 建 築 物 の 建 替 市 街 化 調 整 区 域 で 許 可 を 不 要 とする 取 扱 いについて 既 存 建 築 物 の 建 替 は 以 下 の1)~3)をすべて 満 たしている 場 合 に 可 能 です 1) 建 替 前 の 建 築 物 ( 以 下 既 存 建 築 物 という )につ 市 街 化 調 整 区 域 において 開 発 行 為 を 行 おうとする 者 は 開 発 許 可 を 開 発 行 為 が 伴 わない 建 築 物 の 新 築 等 を 行 おうとする 者 は 建 築 許 可 をあらかじめ 市 長 から 得 る 必 要 がありますが ここでは 許 可 を 不 要 とする 場 合 について 説 明 しています 区 分 市 街 化 調 整 区 域 建 築 物 を 建 築 したい

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4> 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 の 内 容 について この 制 度 は 平 成 26 年 度 補 正 予 算 の 成 立 を 前 提 としています 正 式 には 国 会 での 審 議 を 踏 まえ 制 度 として 創 設 されますので 以 下 の 内 容 に 変 更 があり 得 ることをご 了 承 下 さい Ⅰ. 対 象 住 宅 本 制 度 では 省 エネ 性 能 を 満 たすエコ 住 宅 の

More information

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上

は 共 有 名 義 )で 所 有 権 保 存 登 記 又 は 所 有 権 移 転 登 記 を された も の で あ る こと (3) 居 室 便 所 台 所 及 び 風 呂 を 備 え 居 住 の ために 使 用 す る 部 分 の 延 べ 床 面 積 が 5 0 平 方 メ ー ト ル 以 上 蕨 市 三 世 代 ふれあい 家 族 住 宅 取 得 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 子 育 て 中 の 子 世 帯 及 びその 親 世 帯 の 同 居 又 は 近 居 ( 以 下 同 居 等 と い う ) を 促 進 す る た め 住 宅 の 取 得 に 係 る 費 用 の 一 部 を 補 助 す る こ と に よ り 三 世 代 の 市 内 定 住

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め

の 提 供 状 況 等 を 総 合 的 に 勘 案 し 土 地 及 び 家 屋 に 係 る 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 減 額 せずに 平 成 24 年 度 分 の 固 定 資 産 税 及 び 都 市 計 画 税 を 課 税 することが 適 当 と 市 町 村 長 が 認 め 総 税 企 第 168 号 平 成 23 年 12 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 係 る 地 方 税 の 取 扱 い 等 について 地 方 税 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 23 年 法 律 第 120 号 以 下 改 正 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 の 一

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平

個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 2 4. 既 存 住 宅 に 係 る 特 定 の 改 修 工 事 をした 場 合 の 所 得 税 額 の 特 別 控 除 居 住 年 省 エネ 改 修 工 事 控 除 限 度 額 バリアフリー 改 修 工 事 平 個 人 所 得 課 税 ~ 住 宅 ローン 控 除 等 の 適 用 期 限 の 延 長 1 消 費 税 率 10%の 引 上 げ 時 期 が 平 成 29 年 4 月 1 日 へ 変 更 されたことに 伴 い 消 費 税 率 の 引 上 げによる 住 宅 投 資 への 影 響 の 平 準 化 及 び 緩 和 の 推 進 のため 次 に 掲 げる 住 宅 取 得 等 に 係 る 措 置 について 適

More information

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱

幕別町定住促進住宅建設費補助金交付要綱 幕 別 町 マイホーム 応 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 幕 別 町 への 移 住 促 進 と 町 内 居 住 者 の 定 住 に 資 するため 住 宅 を 新 築 又 は 購 入 する 者 に 対 し 当 該 住 宅 の 取 得 に 要 する 費 用 の 一 部 を 補 助 す ることにより 人 口 減 少 の 著 しい 子 育 て 世 代

More information

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

Microsoft Word - h28rifo

Microsoft Word - h28rifo 作 成 日 : 平 成 28 年 6 月 14 日 大 村 市 の 住 宅 リフォーム 支 援 事 業 住 宅 リフォームをお 考 えの 方 へ 大 村 市 では いろいろな 住 宅 のリフォーム 支 援 事 業 を 実 施 しています あなたの 目 的 に 応 じた 支 援 事 業 をご 利 用 ください 図 はあくまでイメージです 注 1) となる 部 分 は 各 支 援 事 業 によって 異

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与

5 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 特 例 一 定 の 要 件 を 満 たした 中 古 住 宅 を 取 得 するために 65 歳 未 満 の 直 系 尊 属 から 贈 与 を 受 けた 贈 与 税 について 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 利 用 を 受 けられる 特 例 6 贈 与 2014 年 4 月 株 式 会 社 ハウスジーメン 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 の 取 扱 いについて 売 買 タイプの 既 存 住 宅 かし 保 険 の 保 険 付 保 証 明 書 等 は 中 古 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 の 特 例 措 置 の 適 用 を 受 ける ための 耐 震 基 準 を 満 たすことの 証 明 書 類 としてご

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093CD8F6F82AA954B977682C88C9A95A882CC94BB926682CC9867916782DD5F48508C668DDA977032303131313232302E646F63> 建 築 物 ( 非 住 宅 )の 省 エネルギー 措 置 の 届 出 の 概 要 ( 財 ) 建 築 環 境 省 エネルギー 機 構 建 築 研 究 部 (2012 年 1 月 13 日 版 ) これまでは 床 面 積 の 合 計 が2,000m 2 以 の 建 築 物 の 新 築 増 築 改 築 修 繕 等 を 行 う 場 合 に 省 エネ ルギー 措 置 の 所 管 行 政 庁 への 届 出 が

More information

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却

空 き 家 を 売 却 した 場 合 の,000 万 円 控 除 特 例 の 創 設 被 相 続 人 が 住 んでいた 家 屋 及 びその 敷 地 を 相 続 があった 日 から 年 を 経 過 する 年 の 月 日 までに 耐 震 工 事 をしてから あるいは 家 を 除 却 し てから 売 却 Q65 平 成 7 年 月 に 平 成 8 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 発 表 されました 税 制 改 正 の 概 要 を 教 えてください A: 各 税 目 別 のトピックは 以 下 のとおりです 所 得 税 健 康 診 断 等 をきちんと 受 けている 人 専 用 の 医 療 費 控 除 が 創 設 されます 法 人 税 法 人 税 率 が 現 行 の.9%から 段 階 的 に.4%.%へ

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798A6D92E894C5817A30318F5A91EE838D815B839392CA926D95B62E646F6378> 総 税 市 第 5 3 号 平 成 21 年 11 月 6 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 住 宅 借 入 金 等 特 税 額 控 除 に 係 る 取 扱 いについて 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 附 則 第 5 条 の 4 及 び 第 5 の

More information

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口

(ⅴ) 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 35 年 12 月 31 日 までの 期 間 未 成 年 者 に 係 る 少 額 上 場 株 式 等 の 非 課 税 口 座 制 度 に 基 づき 証 券 会 社 等 の 金 融 商 品 取 引 業 者 等 に 開 設 した 未 成 年 者 口 (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 のとおりです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って

(3) (1) 又 は(2)に 係 る 修 正 申 告 の 場 合 は 修 正 中 間 又 は 修 正 確 定 10 法 人 税 法 の 規 定 によ 次 に 掲 げる 法 人 税 の 申 告 書 を 提 出 する 法 人 の 区 分 ごとに それ (1) 連 結 法 人 又 は 連 結 法 って 第 6 号 様 式 ( 確 定 中 間 修 正 申 告 書 ) 記 載 の 手 引 1 この 申 告 書 の 用 途 等 (1) この 申 告 書 は 仮 決 算 に 基 づく 中 間 申 告 ( 連 結 法 人 以 外 の 法 人 が 行 う 中 間 申 告 に 限 ります ) 確 定 し た 決 算 に 基 づく 確 定 申 告 及 びこれらに 係 る 修 正 申 告 をする 場 合 に 使 用

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 竣 工 現 場 検 に 関 する 通 知 書 書 ( 新 築 住 宅 )(フラット35 財 形 住 宅 ) [ 新 工 6 書 式 ] ( 24 4 改 正 後 の 書 式 )( 見 本 ) [ 新 工 6 書 式 ] 竣 工 現 場 検 に 関 する 通 知 書 書 ( 新 築 住 宅 ) 申 請 用 融 資 を 実 施 するための 確 認 書 (フラット35 財 形 住 宅 ) 以 下 の 申

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E F18CB48D C481698E7B90DD8F9590AC89DB816A2E646F63> 平 成 18 年 7 月 独 立 行 政 法 人 国 立 大 学 財 務 経 営 センター 国 立 大 学 法 人 等 による 国 立 大 学 財 務 経 営 センターへの 土 地 譲 渡 収 入 の 一 部 納 付 の 仕 組 みについて 国 立 大 学 法 人 等 が 国 から 出 資 された 土 地 を 譲 渡 した 場 合 文 部 科 学 大 臣 が 定 める 基 準 に より 算 定 した

More information

平成19年9月改定

平成19年9月改定 参 考 建 設 工 事 に 係 る 資 源 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 建 設 リサイクル 法 )に 基 づく 通 知 及 び 契 約 書 の 記 載 事 項 等 に 関 する 取 扱 要 領 技 術 計 画 課 作 成 平 成 14 年 5 月 30 日 改 正 平 成 15 年 5 月 30 日 1. 建 設 リサイクル 法 の 目 的 特 定 の 建 設 資 材 について

More information

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額

1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 会 に 対 して 審 査 の 申 し 出 をすることができます 1 納 める 人 および 毎 年 1 月 1 日 現 在 の 所 有 者 賦 課 期 日 2 税 率 課 税 標 準 額 1.4% 3 土 地 の 免 税 点 課 税 標 準 額 となるべき 額 土 地 や 建 物 を 取 得 したとき の 税 金 と 軽 減 等 のあらまし < 目 次 > 1. 固 定 資 産 税 ( 村 税 ) 役 場 税 務 課 固 定 資 産 税 係 2. 不 動 産 取 得 税 ( 県 税 ) 西 尾 張 県 税 事 務 所 不 動 産 取 得 税 グ 3. 所 得 税 ( 国 税 ) 津 島 税 務 署 個 人 課 税 部 門 住 宅 借 入 金 等 特 別 控

More information

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案)

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案) 平 成 27 年 度 山 形 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 及 び 交 付 ) 第 1 条 市 長 は この 市 の 市 民 の 居 住 環 境 の 質 の 向 上 及 びこの 市 の 住 宅 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 の 活 性 化 を 図 るため リフォーム 等 工 事 を 行 う 市 民 に 対 し 山 形 市 補

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937890C590A789FC90B38FDA8DD72E747874> 平 成 22 年 度 税 制 改 正 [ 詳 細 ] 法 人 税 関 連 の 改 正 グループ 内 取 引 等 に 係 る 税 制 対 象 となる 100%グループ 内 法 人 とは 完 全 支 配 関 係 ( 原 則 として 発 行 済 株 式 の 全 部 を 直 接 又 は 間 接 に 保 有 する 関 係 )のある 法 人 をいいます (1)100%グループ 内 の 法 人 間 の 資 産 の

More information

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物

て 位 置 付 けられているもので, 本 市 が 指 定 するものをいう ⒀ 防 火 対 策 次 のいずれかの 防 火 上 の 対 策 を 行 うことをいう ア 外 壁 で, 道 からの 延 焼 のおそれのある 部 分 ( 建 築 物 の 敷 地 が 接 する 道 に 面 する 当 該 建 築 物 京 都 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 4 月 15 日 制 定 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 平 成 27 年 4 月 10 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 本 市 に 存 する 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 を 促 進 するため, 当 該 木 造 住 宅 の

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等

(1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し ないもの( 均 等 8 資 料 ( 1 ) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) ( 2 ) 最 近 の 主 な 制 改 正 一 覧 (1) 率 等 一 覧 ( 平 成 26 年 度 ) 目 課 客 体 及 び 納 義 務 者 課 標 準 及 び 率 法 内 に 住 所 を 有 する ( 均 等 割 所 得 割 ) 内 に 事 務 所 事 業 所 又 は 家 屋 敷 を 有 する で 内 に 住 所 を 有 し

More information

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い)

Microsoft Word - 【第17期】有価証券報告書(課税上の取り扱い) (5) 課 税 上 の 取 扱 い 日 本 の 居 住 者 又 は 日 本 法 人 である 投 資 主 及 び 投 資 法 人 に 関 する 課 税 上 の 一 般 的 な 取 扱 いは 下 記 の 通 りです なお 税 法 等 の 改 正 税 務 当 局 等 による 解 釈 運 用 の 変 更 により 以 下 の 内 容 は 変 更 されることがあります また 個 々の 投 資 主 の 固 有 の

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 民 の 居 住 環 境 の 向 上 及 び 市 内 の 商 工 業 等 の 活 性 化 を 図 るため 市 民 が 自 己 の 居 住 の 目 的 に 使 用 する 住 宅 のリフォームを 施 工 業 者 によって 行 う 場 合 に 要 した 経 費 に 対 し, 予 算 の 範 囲

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FE3927291DC926E8BE6926E8BE68C7689E681408C7689E68F912E646F63> 東 京 都 市 計 画 地 区 計 画 の 決 定 ( 豊 島 区 決 定 ) 都 市 計 画 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 を 次 のように 決 定 する 名 称 上 池 袋 二 三 四 丁 目 地 区 地 区 計 画 位 置 豊 島 区 上 池 袋 二 丁 目 上 池 袋 三 丁 目 上 池 袋 四 丁 目 及 び 池 袋 本 町 一 丁 目 各 地 内 面 積 約 46.5ha

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知)

学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う文部科学省関係省令の整備に関する省令等について(通知) 27 文 科 初 第 1593 号 平 成 28 年 3 月 22 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 各 指 定 都 市 教 育 委 員 会 殿 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 構 造 改 革 特 別 区 域 法 第 12 条 第 1 項 の 認 定 を 受 けた 地 方 公 共 団 体 の 長 文 部 科 学 省 初 等 中 等

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に

市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 第 3 市 町 村 税 関 係 市 町 村 税 の 概 況 市 町 村 税 の 概 況 は 平 成 25 年 度 地 方 財 政 状 況 調 査 平 成 26 年 度 市 町 村 税 の 課 税 状 況 等 の 調 及 び 平 成 26 年 度 固 定 資 産 の 価 格 等 の 概 要 調 書 等 報 告 書 等 の 資 料 に 基 づいてとりまとめた 一 平 成 25 年 度 決 算 状 況 1

More information

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要

長崎市民間建築物耐震化推進事業の概要 平 成 27 年 度 版 お 問 合 せ 先 長 崎 市 建 築 指 導 課 指 導 係 電 話 095-829-74 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 に 対 する 助 成 事 業 の 概 要 平 成 25 年 月 25 日 に 施 行 された 改 正 耐 震 改 修 促 進 法 により 一 定 規 模 以 上 の 大 規 模 建 築 物 について 耐 震 診 断 の 実 施 と

More information

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0>

<5461726F2D31313034323720938C93FA967B91E5906B8DD082CC94ED8DD0> 総 税 市 第 2 4 号 平 成 23 年 4 月 27 日 各 道 府 県 総 務 部 長 東 京 都 総 務 主 税 局 長 殿 総 務 省 自 治 税 務 局 市 町 村 税 課 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 の 被 災 者 に 対 する 勤 労 者 財 産 形 成 住 宅 ( 年 金 ) 貯 蓄 の 不 適 格 払 出 し に 係 る 還 付 の 取 り 扱 いについて

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

Taro13-01_表紙目次.jtd

Taro13-01_表紙目次.jtd 209 210 1 2 4 3 ab c a 211 b c 212 1 3 50,000 30,000 20,000 2 10 100,000 1 10,000 10 =100,000 3 10 1,000,000 1 100,000 10 =1,000,000 23 1,200,000 1 40,000 5 400,000 2 10 5 10,000 3 1 500,000 1 100,000

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住

本 試 験 模 範 解 答 固 定 資 産 税 第 一 問 問 1 1 住 宅 用 地 に 対 する 課 税 標 準 の 特 例 (1) 宅 地 のうち 住 宅 用 地 については 住 宅 政 策 上 の 見 地 から 次 のような 課 税 標 準 の 特 例 が 認 められている 小 規 模 住 第 66 回 税 理 士 試 験 解 答 速 報 固 定 資 産 税 本 解 答 は 平 成 28 年 8 月 12 日 16 時 に 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 に 作 成 したもので 予 告 なしに 内 容 を 変 更 する 場 合 が あります また 本 解 答 は 学 校 法 人 大 原 学 園 が 独 自 の 見 解 で 作 成 / 提 供 しており 試 験 機 関 による

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B> 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 に 関 するよくある 質 問 質 問 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 Q1 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 には 何 が 含 まれますか 回 答 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 とは 次 のと おりです 住 宅 の 新 築 又 は 新 築 住 宅 の 取 得 既 存

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関

情 報 通 信 機 器 等 に 係 る 繰 越 税 額 控 除 限 度 超 過 額 の 計 算 上 控 除 される 金 額 に 関 する 明 細 書 ( 付 表 ) 政 党 等 寄 附 金 特 別 控 除 額 の 計 算 明 細 書 国 庫 補 助 金 等 の 総 収 入 金 額 不 算 入 に 関 所 得 税 確 定 申 告 等 ( 平 成 23 年 分 ) 手 続 名 所 得 税 申 告 帳 票 名 平 成 年 分 の 所 得 税 の 確 定 申 告 書 A( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 B( 第 一 表 第 二 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税 の 申 告 書 ( 分 離 課 税 用 )( 第 三 表 ) 平 成 年 分 の 所 得 税

More information

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の

若 しくは 利 益 の 配 当 又 はいわゆる 中 間 配 当 ( 資 本 剰 余 金 の 額 の 減 少 に 伴 うものを 除 きます 以 下 同 じです )を した 場 合 には その 積 立 金 の 取 崩 額 を 減 2 に 記 載 す るとともに 繰 越 損 益 金 26 の 増 3 の 別 表 五 別 ( 表 一 五 )( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 金 等 等 の 額 の 額 計 の 算 計 に 算 関 に する 関 明 する 細 書 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 11 章 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ( 都 市 計 画 法 第 41 条 ) 法 律 ( 建 築 物 の 建 ぺい 率 等 の 指 定 ) 第 四 十 一 条 都 道 府 県 知 事 は 用 途 地 域 の 定 められていない 土 地 の 区 域 における 開 発 行 為 につい て 開

More information

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議

3. 選 任 固 定 資 産 評 価 員 は 固 定 資 産 の 評 価 に 関 する 知 識 及 び 経 験 を 有 する 者 のうちから 市 町 村 長 が 当 該 市 町 村 の 議 会 の 同 意 を 得 て 選 任 する 二 以 上 の 市 町 村 の 長 は 当 該 市 町 村 の 議 第 6 回 税 理 士 試 験 固 定 資 産 税 はじめに 第 一 問 については 個 別 理 論 題 の 出 題 であった 1については 固 定 資 産 評 価 員 及 び 固 定 資 産 評 価 補 助 員 に 関 する 出 題 であったが 個 別 理 論 での 出 題 であり 判 断 に 迷 う 点 もなく 高 得 点 を 取 ることが 可 能 な 問 題 であった については 区 分 所

More information

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か

積 み 立 てた 剰 余 金 の 配 当 に 係 る 利 益 準 備 金 の 額 は 利 益 準 備 金 1 の 増 3 に 記 載 します ⑸ 平 成 22 年 10 月 1 日 以 後 に 適 格 合 併 に 該 当 しない 合 併 により 完 全 支 配 関 係 がある 被 合 併 法 人 か 別 表 五 ( 一 ) 利 益 積 立 金 額 及 び 資 本 金 等 の 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 1 利 益 積 立 金 額 の 計 算 に 関 する 明 細 書 ⑴ この 明 細 書 の 用 途 この 明 細 書 は 法 第 2 条 第 18 号 及 び 令 第 9 条 (( 利 益 積 立 金 額 ))に 規 定 する 利 益 積 立 金 額 を 計 算 するために 使 用

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464>

<5461726F2D91E6825181408A4A94AD8D7388D782CC8B9689C22E6A7464> 第 2 開 発 行 為 の 許 可 第 1 節 許 可 を 要 する 開 発 行 為 1 面 積 要 件 ( 法 第 29 条 第 1 項 第 1 号 第 2 項 本 文 ) 下 表 のそれぞれの 区 域 ごとに 定 めた 規 模 以 上 の 開 発 行 為 ( 法 令 により 許 可 不 要 及 び 協 議 が 必 要 とされるものを 除 く )を 行 おうとする 者 は あらかじめ 知 事 の

More information

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4

目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1 3. 施 行 地 区 の 区 域 1 4 資 料 1 土 地 区 画 整 理 事 業 画 書 ( 案 ) ( 仮 称 ) 箕 面 市 船 場 東 地 区 土 地 区 画 整 理 組 合 目 次 第 1 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 等 1 1. 土 地 区 画 整 理 事 業 の 名 称 1 2. 施 行 者 の 名 称 1 第 2 施 行 地 区 1 1. 施 行 地 区 の 位 置 1 2. 施 行 地 区 位 置 図 1

More information

道路位置指定(位置指定道路)とは

道路位置指定(位置指定道路)とは 位 置 指 定 手 引 き 1. 位 置 指 定 ( 位 置 指 定 )とは.. 建 築 基 準 法 ( 以 下 基 準 法 という )では 建 築 物 敷 地 は に2メートル 以 上 接 しなけ ればならない と 定 めています 建 築 物 を 計 画 している 敷 地 が ( 種 類 は 下 表 参 照 ) に 接 していない 場 合 や 新 たに 小 規 模 な 宅 地 造 成 を 行 う

More information