いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請"

Transcription

1 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 における 建 築 士 等 の 証 明 事 務 の 実 施 について 今 般 平 成 27 年 度 改 正 において 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 以 下 法 という ) 地 方 税 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 245 号 以 下 令 という )の 一 部 が 改 正 され 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 の 規 定 により 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 中 古 住 宅 を 買 取 り 住 宅 性 能 の 一 定 の 向 上 を 図 るための 改 修 工 事 を 行 って 個 人 に 譲 渡 する 場 合 宅 地 建 物 取 引 業 者 に 課 される 不 動 産 取 得 税 を 軽 減 する 特 例 措 置 ( 以 下 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 という )が 創 設 された 本 改 正 を 踏 まえ 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことを 確 認 する ための 書 類 について 本 通 知 により 定 めることとしたので 下 記 事 項 に 十 分 留 意 するよう 配 意 願 いたい( 本 通 知 中 の 法 及 び 令 については 平 成 28 年 4 月 1 日 現 在 の 条 文 で 掲 載 し ている ) 貴 職 におかれては 貴 団 体 会 員 に 対 しても 本 通 知 を 周 知 願 いたい る また 本 通 知 の 内 容 については 関 係 省 庁 とも 協 議 済 みであるので 念 のため 申 し 添 え 記 1. 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことを 確 認 するための 書 類 につ - 1 -

2 いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 を 受 けた 建 築 士 ( 建 築 士 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 202 号 ) 第 23 条 の3 第 1 項 の 規 定 により 登 録 された 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 に 限 るものとし 当 該 申 請 に 係 る 住 宅 が 同 法 第 3 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 に 同 法 第 3 条 の2 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 又 は 二 級 建 築 士 に 限 るものとす る ) 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 77 条 の21 第 1 項 に 規 定 する 指 定 確 認 検 査 機 関 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 法 律 第 81 号 ) 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 又 は 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 66 号 ) 第 17 条 第 1 項 に 規 定 する 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 が 当 該 申 請 に 係 る 工 事 が 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 同 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ホに 規 定 す る 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 同 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 する 旨 を 別 表 1 又 は 別 表 2の 書 式 により 証 する 書 類 とす る なお 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 4 月 30 日 以 前 の 場 合 別 表 1 又 は 別 表 2の 書 式 によ り 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 28 年 5 月 1 日 以 降 の 場 合 別 表 1の 書 式 により 証 するもの とする か し 2. 適 用 対 象 となる 改 修 工 事 について 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動 産 取 得 税 の 特 例 措 置 の 適 用 対 象 となるた めに 必 要 な 改 修 工 事 は 次 に 掲 げるものであることにつき 証 明 がされたものである( 当 該 証 明 については 下 記 11. 以 降 を 参 照 のこと ) (1) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 2 条 第 14 号 に 規 定 する 大 規 模 の 修 繕 又 は 同 条 第 15 号 に 規 定 する 大 規 模 の 模 様 替 ( 以 下 第 1 号 工 事 という ) (2) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 共 同 住 宅 等 の 居 住 の 用 に 供 するために 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 について 行 う 次 に 掲 げるいずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 ((1) に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 2 号 工 事 という ) 1 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(1)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 と いう )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 以 下 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 2 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(1)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 以 下 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 3 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(2)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の - 2 -

3 部 分 の 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 (その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る )( 以 下 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) 4 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロ(3)に 規 定 する 当 該 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る )( 以 下 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 という ) (3) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 工 事 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 のうち 居 室 調 理 室 浴 室 便 所 その 他 の 室 で 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 めるものの 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 ((1) 又 は(2)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 3 号 工 事 という ) (4) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 昭 和 25 年 政 令 第 338 号 ) 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(3)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 4 号 工 事 という ) (5) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 工 事 (バリアフリー 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 高 齢 者 等 の 居 住 の 安 全 性 及 び 高 齢 者 等 に 対 する 介 助 の 容 易 性 の 向 上 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(4)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 5 号 工 事 という ) (6) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 外 壁 窓 等 を 通 しての 熱 の 損 失 の 防 止 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 ((1)~(5)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 6 号 工 事 とい う ) (7) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 工 事 ( 給 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 行 う 給 水 管 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 ( 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 12 年 政 令 第 64 号 ) 第 5 条 第 2 項 に 規 定 する 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 をいう ) に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 ( 当 該 改 修 工 事 対 象 住 宅 の 瑕 疵 を 担 保 すべき 責 任 の 履 行 に 関 し 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されているものに 限 り (1)~(6)に 掲 げる 工 事 に 該 当 するものを 除 く 以 下 第 7 号 工 事 という ) 3. 第 1 号 工 事 のうち 増 築 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 別 棟 の 建 築 物 について 増 築 に 該 当 するか 否 かは 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 する ものとする - 3 -

4 増 築 に 該 当 する 別 棟 の 建 築 物 とは 既 存 の 建 築 物 と 一 体 でなければ 生 活 を 営 めず 単 独 では 住 宅 としての 機 能 を 有 しない 建 築 物 をいう 4. 第 2 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 2 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものと する (1) 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 床 面 積 が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 床 の 全 床 面 積 の 過 半 であること をいう (2) 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 階 段 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 水 平 投 影 面 積 が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 階 段 の 全 水 平 投 影 面 積 の 過 半 であることをいう (3) 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 間 仕 切 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 とは 宅 地 建 物 取 引 業 者 が 行 う 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 壁 面 の 水 平 投 影 長 さ が 独 立 的 に 区 画 された 一 の 部 分 の 間 仕 切 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 壁 面 の 全 水 平 投 影 長 さの 過 半 であることをいう 2 遮 音 のための 性 能 を 向 上 させるものとは 新 規 に 次 の 遮 音 性 能 を 有 する 材 料 を 使 用 し かつ そのための 適 切 な 施 工 がなされているものをいう イ 石 膏 ボード チ 木 質 セメント 板 ロ グラスウール リ 木 片 セメント 板 ハ 遮 音 シート ヌ 吹 き 付 けロックウール ニ 鉛 遮 音 板 ル 軟 質 繊 維 板 ホ 遮 音 気 密 防 音 パッキング ヲ その 他 イからルまでに 規 定 する 材 料 へ ロックウール と 同 等 の 遮 音 性 能 を 有 する 材 料 ト ロックウール 吸 音 板 3 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものとは 熱 伝 達 抵 抗 Rtを 修 繕 又 は 模 様 替 の 前 後 についてそれぞれ 次 式 により 算 定 し 従 後 の 値 が 従 前 の 値 に 比 して 高 く なるものをいう 算 式 Rt = Ro + Σ(ln/λn) + Ri n Rt: 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal Ro: 外 気 側 表 面 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal Ri: 室 内 側 表 面 熱 伝 達 抵 抗 m2 h /kcal ln: 壁 の 各 材 料 の 層 の 厚 さ m - 4 -

5 λn: 壁 の 各 材 料 の 熱 伝 導 率 kcal/m h 5. 第 3 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 3 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものと する (1) 一 室 とは 原 則 として 壁 又 は 建 具 等 により 囲 まれた 区 画 をいうものとするが 当 該 区 画 において 以 下 のいずれかに 該 当 する 空 間 がある 場 合 は 当 該 空 間 は 異 なる 室 として 取 り 扱 うものとする 1 設 計 図 書 等 から 判 断 される 目 的 及 び 床 の 仕 上 げが 異 なる 空 間 2 設 計 図 書 等 から 判 断 される 目 的 及 び 壁 の 仕 上 げが 異 なる 空 間 (2) 押 入 等 の 収 納 部 分 については 建 具 等 を 介 して 接 する 室 に 含 まれるものとする (3) 居 室 とは 建 築 基 準 法 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 居 住 のために 継 続 的 に 使 用 する 室 を いうものであり 具 体 的 には 居 間 食 事 室 居 間 兼 食 事 室 食 事 室 兼 調 理 室 居 間 兼 食 事 室 兼 調 理 室 寝 室 応 接 室 書 斎 その 他 これに 類 するものをいう (4) 床 又 は 壁 の 全 部 とは 原 則 として 床 にあっては 一 室 の 床 の 全 床 面 積 又 は 壁 の 室 内 に 面 する 壁 面 の 全 水 平 投 影 長 さをいうものとするが 例 えば 押 入 出 窓 床 の 間 等 についてのみ 修 繕 又 は 模 様 替 が 行 われない 場 合 については 当 該 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 について 修 繕 又 は 模 様 替 が 行 われるものとみなして 差 し 支 えない 6. 第 4 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 第 4 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする (1) 修 繕 又 は 模 様 替 を 行 う 改 修 工 事 対 象 住 宅 について 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 又 は 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 に 適 合 させるものであること (2) 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 とは 平 成 18 年 国 土 交 通 省 告 示 第 185 号 で 定 める 地 震 に 対 する 安 全 上 耐 震 関 係 規 定 に 準 ずるもの として 国 土 交 通 大 臣 が 定 める 基 準 をいう( 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 476 号 ) 7. 第 5 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 477 号 ( 以 下 7.において 第 5 号 工 事 告 示 という ) において 第 5 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 5 号 工 事 に 該 当 するか 否 かは 第 5 号 工 事 告 示 に 従 い それぞれ 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする (1) 介 助 用 の 車 いすで 容 易 に 移 動 するために 通 路 又 は 出 入 口 の 幅 を 拡 張 する 工 事 通 路 又 は 出 入 口 ( 以 下 通 路 等 という )の 幅 を 拡 張 する 工 事 であって 工 事 後 の 通 路 等 ( 当 該 工 事 が 行 われたものに 限 る )の 幅 が おおむね750mm 以 上 ( 浴 室 の 出 入 口 にあってはおおむね600mm 以 上 )であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 や 取 替 え 等 の 工 事 が 想 定 される 通 路 等 の 幅 を 拡 張 する 工 事 と 併 せて 行 う 幅 木 の 設 置 柱 の 面 取 りや 通 路 等 の 幅 を - 5 -

6 拡 張 する 工 事 に 伴 って 取 替 えが 必 要 となった 壁 の 断 熱 材 入 りの 壁 への 取 替 え 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる (2) 階 段 の 設 置 ( 既 存 の 階 段 の 撤 去 を 伴 うものに 限 る ) 又 は 改 良 によりその 勾 配 を 緩 和 する 工 事 以 下 のような 方 法 により 従 前 の 階 段 の 勾 配 が 従 後 の 階 段 の 勾 配 に 比 して 緩 和 され たことが 確 認 できる 工 事 をいい 階 段 の 勾 配 を 緩 和 する 工 事 に 伴 って 行 う 電 気 スイッ チ コンセントの 移 設 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる 1 改 修 工 事 前 後 の 立 面 断 面 図 で 比 較 する 場 合 X/Y > X /Y 又 は A/B > A /B ( 注 )Ⅹ X :けあげの 寸 法 Y Y : 踏 面 の 寸 法 A A : 階 段 の 高 さ B B : 階 段 の 長 さ X A X A Y Y B B ( 改 修 工 事 前 ) ( 改 修 工 事 後 ) 2 改 修 工 事 前 後 の 平 面 図 で 比 較 する 場 合 C < C C C 居 室 居 室 居 室 居 室 居 室 居 室 ( 改 修 工 事 前 ) ( 改 修 工 事 後 ) (3) 浴 室 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 入 浴 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 であって 工 事 後 の 床 面 積 がおおむね1.8m2 以 上 及 び 短 辺 の 内 法 寸 法 がおおむね1,200mm 以 上 であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 取 替 えや 一 体 工 事 としてそれらに 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 が 想 定 される 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させるための 浴 室 の 位 置 の 移 動 や 一 体 工 事 として 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 に 伴 って 行 う 仮 浴 室 の 設 置 浴 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 と 併 せて 行 う 脱 衣 室 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 等 の 工 事 は 含 まれる 2 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 浴 槽 をまたぎ 高 さの 低 いものに 取 り 替 える 工 事 に 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 は 一 体 工 事 として 含 まれる - 6 -

7 3 固 定 式 の 移 乗 台 踏 み 台 その 他 の 高 齢 者 等 の 浴 槽 の 出 入 りを 容 易 にする 設 備 を 設 置 する 工 事 設 置 に 際 し 工 事 を 伴 わない 福 祉 用 具 (バスリフト 等 )やすのこ 等 の 設 備 の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 固 定 式 の 移 乗 台 等 を 設 置 する 工 事 に 伴 って 行 う 蛇 口 の 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる 4 高 齢 者 等 の 身 体 の 洗 浄 を 容 易 にする 水 栓 器 具 を 設 置 し 又 は 同 器 具 に 取 り 替 える 工 事 蛇 口 の 移 設 レバー 式 蛇 口 やワンプッシュ 式 シャワーへの 取 替 え 等 の 工 事 をいい 一 体 工 事 として 蛇 口 を 移 設 するための 工 事 に 伴 って 行 う 壁 面 タイルの 取 替 え 等 の 工 事 は 含 まれる (4) 便 所 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 排 泄 又 はその 介 助 を 容 易 に 行 うために 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 であって 工 事 後 の 長 辺 の 内 法 寸 法 がおおむね1,3 00mm 以 上 又 は 便 器 の 前 方 若 しくは 側 方 における 便 器 と 壁 との 距 離 がおおむね500mm 以 上 であるものをいい 具 体 的 には 壁 柱 ドア 床 材 等 の 撤 去 取 替 えや 一 体 工 事 としてそれらに 伴 って 行 う 給 排 水 設 備 の 移 設 等 の 工 事 が 想 定 される 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させるための 便 所 の 位 置 の 移 動 や 一 体 工 事 として 便 所 の 床 面 積 を 増 加 させる 工 事 に 伴 って 行 う 仮 便 所 の 設 置 等 の 工 事 は 含 まれる 2 便 器 を 座 便 式 のものに 取 り 替 える 工 事 和 式 便 器 を 洋 式 便 器 ( 洗 浄 機 能 や 暖 房 機 能 等 が 付 いているものを 含 む )に 取 り 替 える 工 事 をいい 取 り 外 し 可 能 な 腰 掛 け 便 座 への 取 替 えは 含 まれないが 一 体 工 事 として 便 器 を 取 り 替 える 工 事 に 伴 って 行 う 床 材 の 変 更 等 の 工 事 は 含 まれる 3 座 便 式 の 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 便 器 のかさ 上 げ 取 替 え 等 により 便 器 の 座 高 を 高 くする 工 事 をいい 取 り 外 し 可 能 な 腰 掛 け 便 座 ( 洋 式 便 器 の 上 に 設 置 して 高 さを 補 うもの)の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 座 高 を 高 くする 工 事 と 併 せて 行 うトイレットペーパーホルダーの 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる (5) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 に 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 手 すりを 転 倒 予 防 若 しくは 移 動 又 は 移 乗 動 作 に 資 することを 目 的 として 取 り 付 ける ものをいい 取 付 けに 当 たって 工 事 (ネジ 等 で 取 り 付 ける 簡 易 なものを 含 む )を 伴 わない 手 すりの 取 付 けは 含 まれないが 一 体 工 事 として 手 すりを 取 り 付 ける 工 事 に 伴 って 行 う 壁 の 下 地 補 強 や 電 気 スイッチ コンセントの 移 設 等 の 工 事 は 含 まれる (6) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 段 差 を 解 消 する 工 事 ( 勝 手 口 その 他 屋 外 に 面 する 開 口 の 出 入 口 及 び 上 がりかまち 並 びに 浴 室 の 出 入 口 にあっては 段 差 を 小 さくする 工 事 を 含 む ) 敷 居 を 低 くしたり 廊 下 のかさ 上 げや 固 定 式 スロープの 設 置 等 を 行 う 工 事 をいい 取 付 けに 当 たって 工 事 を 伴 わない 段 差 解 消 板 スロープ 等 の 設 置 は 含 まれないが 一 体 工 事 として 廊 下 のかさ 上 げ 工 事 に 伴 って 行 う 下 地 の 補 修 や 根 太 の 補 強 等 の 工 事 は 含 まれる - 7 -

8 (7) 出 入 口 の 戸 を 改 良 する 工 事 であって 次 のいずれかに 該 当 するもの 1 開 戸 を 引 戸 折 戸 等 に 取 り 替 える 工 事 開 戸 を 引 戸 折 戸 アコーディオンカーテン 等 に 取 り 替 える 工 事 をいう 2 開 戸 のドアノブをレバーハンドル 等 に 取 り 替 える 工 事 開 戸 のドアノブをレバーハンドルや 取 手 など 開 閉 を 容 易 にするものに 取 り 替 える 工 事 をいう 3 戸 に 戸 車 その 他 の 戸 の 開 閉 を 容 易 にする 器 具 を 設 置 する 工 事 引 戸 折 戸 等 にレール 戸 車 開 閉 のための 動 力 装 置 等 を 設 置 する 工 事 や 開 戸 を 吊 戸 方 式 に 変 更 する 工 事 をいう (8) 便 所 浴 室 脱 衣 室 その 他 の 居 室 及 び 玄 関 並 びにこれらを 結 ぶ 経 路 の 床 の 材 料 を 滑 りにくいものに 取 り 替 える 工 事 滑 り 止 め 溶 剤 の 塗 布 やテープシールの 貼 付 けによる 表 面 処 理 のみを 行 うものは 含 ま れないが 一 体 工 事 として 床 の 材 料 の 取 替 えに 伴 って 行 う 下 地 の 補 修 や 根 太 の 補 強 等 の 工 事 は 含 まれる 8. 第 6 号 工 事 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 478 号 ( 以 下 8.において 第 6 号 工 事 告 示 という ) において 第 6 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 6 号 工 事 に 該 当 するためには 1 居 室 の 全 ての 窓 又 は1と 併 せて 行 う2 天 井 等 3 壁 4 床 等 の1つ 以 上 に 該 当 する 改 修 工 事 で 改 修 を 行 う 各 部 位 がいずれも 平 成 25 年 省 エネルギー 基 準 相 当 以 上 の 省 エネ 性 能 を 有 するものとして 次 の 表 の 各 項 のいず れかに 該 当 する 必 要 がある 熱 貫 流 率 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 等 イ 窓 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 1-1-1の 基 準 値 以 下 ( 別 表 5の8 地 域 を 除 く) 別 表 5の8 地 域 建 具 の 種 類 若 しくはその 組 合 せ 又 は 付 属 部 材 ひ さし 軒 等 の 設 置 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 第 6 号 工 事 告 示 別 表 1-1-2に 該 当 事 熱 貫 流 率 熱 抵 抗 2 天 井 等 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 事 基 準 値 以 上 3 壁 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 基 準 値 以 上 ( 鉄 骨 造 で 内 第 6 号 工 事 告 示 別 表 2の 張 断 熱 工 法 及 び 外 張 断 熱 基 準 値 以 下 工 法 以 外 の 工 法 にあって - 8 -

9 は 第 6 号 工 事 告 示 別 表 4 の 基 準 値 以 上 ) 4 床 等 の 断 熱 性 能 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3の 基 準 値 以 上 備 考 (ⅰ) 1から4までの 工 事 は 以 下 に 掲 げるそれぞれの 工 事 の 対 象 部 分 の 全 てについ て 行 わなければならない ただし 当 該 工 事 の 施 工 前 に 既 にこの 表 の 各 項 のいずれかに 該 当 する 部 分 を 有 する 場 合 で 当 該 部 分 以 外 の 対 象 部 分 の 全 てについて 工 事 を 行 った 場 合 は 対 象 部 分 の 全 てについて 工 事 を 行 ったものとして 取 り 扱 うものとする 1の 工 事 居 室 の 外 気 に 接 する 窓 ( 既 存 の 窓 の 室 内 側 に 設 置 する 既 存 の 窓 と 一 体 となった 窓 を 含 む ) 2の 工 事 屋 根 ( 小 屋 裏 又 は 天 井 裏 が 外 気 に 通 じているものを 除 く ) 屋 根 の 直 下 の 天 井 又 は 外 気 等 ( 外 気 又 は 外 気 に 通 じる 床 裏 小 屋 裏 若 しくは 天 井 裏 をい う 以 下 同 じ )に 接 する 天 井 3の 工 事 外 気 等 に 接 する 壁 4の 工 事 外 気 等 に 接 する 床 ( 地 盤 面 をコンクリートその 他 これに 類 する 材 料 で 覆 ったもの 又 は 床 裏 が 外 気 に 通 じないもの( 以 下 土 間 床 等 という )を 除 き 外 周 が 外 気 等 に 接 する 土 間 床 等 を 含 む ) 2から4までの 工 事 については 上 記 の 部 分 のうち 以 下 の 部 分 ( 住 宅 に 係 るエネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 設 計 施 工 及 び 維 持 保 全 の 指 針 ( 平 成 25 年 国 土 交 通 省 告 示 第 907 号 ) 附 則 5(1)イからホまでに 掲 げる 部 分 )を 除 く 居 室 に 面 する 部 位 が 断 熱 構 造 となっている 物 置 車 庫 その 他 これらに 類 す る 空 間 の 居 室 に 面 する 部 位 以 外 の 部 位 外 気 に 通 じる 床 裏 小 屋 裏 又 は 天 井 裏 に 接 する 壁 断 熱 構 造 となっている 外 壁 から 突 き 出 した 軒 袖 壁 ベランダその 他 これ らに 類 するもの 玄 関 勝 手 口 及 びこれに 類 する 部 分 における 土 間 床 部 分 断 熱 構 造 となっている 浴 室 下 部 における 土 間 床 部 分 (ⅱ) 1の 工 事 は 居 室 の 外 気 に 接 する 窓 が 対 象 となるが 居 室 とは 建 築 基 準 法 第 2 条 第 4 号 に 規 定 する 居 住 のために 継 続 的 に 使 用 する 室 をいうものであり 具 体 的 には 居 間 食 事 室 居 間 兼 食 事 室 食 事 室 兼 調 理 室 居 間 兼 食 事 室 兼 調 理 室 寝 室 応 接 室 書 斎 その 他 これに 類 するものをいう (ⅲ) 2から4までの 工 事 については 第 6 号 工 事 告 示 別 表 3において 断 熱 材 の 熱 抵 抗 の 基 準 が 規 定 されているが 補 足 として 別 表 3に 断 熱 材 の 必 要 厚 さを 地 域 別 に 示 す また 第 6 号 工 事 告 示 別 表 4において 規 定 されている 断 熱 材 の 熱 抵 抗 の 基 準 に ついては 補 足 として 別 表 4に 断 熱 材 の 必 要 厚 さを 地 域 別 に 示 す (ⅳ) 2から4までの 工 事 については 発 泡 剤 としてフロン 類 を 用 いた 断 熱 材 を 用 い ないことに 留 意 する - 9 -

10 9. 第 7 号 工 事 のうち 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 に 該 当 するか 否 かの 判 断 基 準 について 平 成 27 年 国 土 交 通 省 告 示 第 479 号 ( 以 下 9.において 第 7 号 工 事 告 示 という ) において 第 7 号 工 事 に 該 当 する 改 修 工 事 について 規 定 されている 第 7 号 工 事 のうち 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 に 該 当 するか 否 かは 第 7 号 工 事 告 示 に 従 い 次 の 判 断 基 準 に 基 づいて 判 断 するものとする 1 住 宅 の 屋 根 若 しくは 外 壁 又 はこれらの 開 口 部 に 設 ける 戸 わくその 他 の 建 具 に 係 る 工 事 2 雨 水 を 排 除 するため 住 宅 に 設 ける 排 水 管 のうち 当 該 住 宅 の 屋 根 若 しくは 外 壁 の 内 部 又 は 屋 内 にある 部 分 に 係 る 工 事 なお 1 又 は2に 該 当 する 工 事 を 行 ったとしても 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トの 国 土 交 通 大 臣 が 総 務 大 臣 と 協 議 して 定 める 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されていない 場 合 第 7 号 工 事 には 該 当 しないことに 留 意 すること 10. 工 事 費 要 件 について (1) 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イ からヘまでに 規 定 する 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が100 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 の 費 用 の 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる (2) 第 4 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 4 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (3) 第 5 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場

11 合 には 第 5 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (4) 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 が5 0 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 6 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (5) 第 7 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 の 適 用 対 象 となるのは 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 ( 保 証 保 険 契 約 が 締 結 されている 工 事 が 対 象 )が50 万 円 を 超 える 場 合 である なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 7 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となる また 第 7 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする 11. 証 明 主 体 について 改 修 工 事 に 係 る 証 明 主 体 は 次 に 掲 げる 者 である( 以 下 これらの 者 を 建 築 士 等 と 総 称 する) 1 建 築 士 法 第 23 条 の3 第 1 項 の 規 定 による 登 録 を 受 けた 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 ( 証 明 を 行 う 住 宅 が 同 法 第 3 条 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 同 法 第 3 条 の2 第 1 項 各 号 に 掲 げる 建 築 物 であるときは 一 級 建 築 士 又 は 二 級 建 築 士 に 限 る )

12 2 建 築 基 準 法 第 77 条 の21 第 1 項 に 規 定 する 指 定 確 認 検 査 機 関 3 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 5 条 第 1 項 に 規 定 する 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 4 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 による 指 定 を 受 けた 同 項 に 規 定 する 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 12. 建 築 士 等 の 証 明 が 必 要 な 工 事 建 築 士 等 の 証 明 が 必 要 となる 改 修 工 事 は 2.(1)に 掲 げる 工 事 のうち 建 築 基 準 法 第 6 条 に 規 定 する 確 認 を 要 するもの 以 外 のもの 並 びに2.(2) (3) (4) (5) (6) 又 は(7)に 掲 げる 工 事 である なお 建 築 士 等 は 10.の 工 事 費 要 件 を 満 たしているか 否 かを 確 認 することとする 13. 建 築 士 等 の 証 明 手 続 (1) 12.に 記 載 する 工 事 に 共 通 する 証 明 手 続 (ⅰ) 証 明 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 証 明 の 申 請 に 当 たって 申 請 者 に 対 して 次 に 掲 げる 改 修 工 事 に 係 る 書 類 又 はその 写 しを 提 出 するよう 求 めるものとする 1 改 修 工 事 を 行 った 住 宅 の 登 記 事 項 証 明 書 2 工 事 請 負 契 約 書 3 設 計 図 書 その 他 設 計 に 関 する 書 類 ( 第 6 号 工 事 以 外 の 工 事 を 行 った 場 合 は 当 該 書 類 がある 場 合 に 限 る ) ( 注 ) 上 記 2の 書 類 又 はその 写 しがない 場 合 は 上 記 2の 書 類 又 はその 写 しに 代 えて 次 に 掲 げる 書 類 又 はその 写 しを 提 出 するよう 求 めるものとする イ 改 修 工 事 に 要 した 費 用 に 係 る 領 収 書 ロ 改 修 工 事 が 行 われる 前 と 行 われた 後 のそれぞれの 状 況 を 示 した 写 真 がある 場 合 は 当 該 写 真 (ⅱ) 証 明 の 方 法 証 明 を 行 う 建 築 士 等 は 必 要 に 応 じて 現 地 調 査 を 行 い(ただし (ⅰ)2 及 び(ⅰ)( 注 ) ロ 双 方 の 書 類 又 はその 写 しがない 場 合 は 必 ず 行 う ) (ⅰ)1から3までに 掲 げる 書 類 ((ⅰ) ( 注 )イ 及 びロの 書 類 を 含 む ) 又 はその 写 しにより 当 該 工 事 が 改 修 工 事 に 該 当 すると 認 めた 場 合 には 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 に 証 明 を 行 った 建 築 士 の 免 許 証 の 写 し 又 は 免 許 証 明 書 の 写 しを 添 えて 申 請 者 に 交 付 するものとする 証 明 書 発 行 者 においては 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 の 様 式 により 改 修 内 容 の 証 明 を 行 うものとする なお 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 4 月 30 日 以 前 の 場 合 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 又 は 別 表 2に 掲 げる 改 修 工 事 証 明 書 の 様 式 を 用 い 当 該 証 明 年 月 日 が 平 成 28 年 5 月 1 日 以 降 の 場 合 別 表 1に 掲 げる 増 改 築 等 工 事 証 明 書 の 様 式 を 用 いるものとする (ⅲ) 証 明 時 期 証 明 は 原 則 として 工 事 完 了 後 に 行 うものとする (2) 第 4 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類

13 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 4 号 工 事 に 係 る 税 制 特 例 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 4 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(2)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うものとする (3) 第 5 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 5 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 そ の 他 の 第 5 号 工 事 の 費 用 の 額 及 び 当 該 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はそ の 写 しによって 10.(3)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うものとする (4) 第 6 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 6 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 6 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(4)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うも のとする (5) 第 7 号 工 事 に 係 る 工 事 費 要 件 の 確 認 に 必 要 な 書 類 建 築 士 等 は 申 請 者 が 第 7 号 工 事 の 適 用 を 受 けようとする 場 合 は 工 事 費 内 訳 書 その 他 の 第 7 号 工 事 の 費 用 の 額 及 びこれらの 改 修 工 事 の 全 体 の 費 用 の 額 を 証 する 書 類 又 はその 写 しによって 10.(5)の 工 事 費 要 件 を 満 たすか 否 かにつき 確 認 を 行 うも のとする 14. 増 改 築 等 工 事 証 明 書 及 び 改 修 工 事 証 明 書 の 記 載 事 項 についての 留 意 点 (1) 工 事 の 内 容 の 欄 には イ 工 事 を 行 った 住 宅 の 部 分 ロ 工 事 面 積 ハ 工 法 ニ 2.(2)4の 工 事 にあっては 遮 音 のための 性 能 を 向 上 させるために 使 用 した 材 料 ホ 2.(2)4の 工 事 にあっては 修 繕 又 は 模 様 替 を 行 う 前 及 び 行 った 後 の 熱 伝 達 抵 抗 Rtの 値 ヘ 2.(4)の 工 事 にあっては 耐 震 改 修 工 事 の 内 容 ト 2.(5)の 工 事 にあっては バリアフリー 改 修 工 事 の 内 容 チ 2.(6)の 工 事 にあっては 省 エネ 改 修 工 事 の 内 容 リ 2.(7)の 工 事 にあっては 給 排 水 管 又 は 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 の 内 容 等 について 当 該 工 事 が 令 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからトまで 規 定 する 改 修 工 事 に 該 当 すると 認 めた 根 拠 が 明 らかになるよう 具 体 的 に 記 載 するものとする (2) 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 等 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 当 該 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行

14 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する た だし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (3) 上 記 10.(1)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 令 第 9 条 の3の 第 1 項 第 1 号 イからヘまでに 規 定 す る 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 当 該 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 1 号 工 事 から 第 6 号 工 事 の 改 修 工 事 を 行 っ た 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 の うちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (4) 上 記 10.(2)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 4 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 4 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (5) 上 記 10.(3)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 ((4)に 該 当 する 場 合 を 除 く )は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 5 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 5 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積

15 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (6) 上 記 10.(4)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 ((4) 及 び(5)に 該 当 する 場 合 を 除 く )は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 6 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 6 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする (7) 上 記 10.(5)の 工 事 費 要 件 を 満 たす 第 7 号 工 事 ((4) (5) 及 び(6)に 該 当 する 場 合 を 除 く ) を 行 った 場 合 は 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 に 記 載 することとする なお 改 修 工 事 に 係 る 部 分 のうちに 個 人 の 居 住 の 用 以 外 の 用 に 供 する 部 分 がある 場 合 には 第 7 号 工 事 の 金 額 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 のうちに 居 住 の 用 に 供 する 部 分 の 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 占 める 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 となることに 留 意 する また 第 7 号 工 事 を 行 った 場 合 の 費 用 の 額 に 関 し 工 事 を 行 った 住 宅 が 区 分 所 有 建 物 であるときは 工 事 に 係 る 証 明 の 対 象 となる 住 宅 を 取 得 した 個 人 の 専 有 部 分 のみについて 行 った 工 事 に 要 した 費 用 の 額 となることに 留 意 する ただし 専 有 部 分 と 共 用 部 分 が 明 確 に 分 けられない 場 合 は 各 住 宅 の 工 事 費 用 は 当 該 改 修 工 事 の 費 用 の 額 に 工 事 を 行 った 面 積 全 体 のうちに 当 該 各 住 宅 の 床 面 積 の 割 合 を 乗 じて 計 算 した 額 とする 15. 建 築 士 等 の 証 明 手 数 料 について 証 明 手 数 料 については 実 費 技 術 料 等 を 勘 案 し 適 正 なものとする

16 別 表 1 増 改 築 等 工 事 証 明 書 ( 特 定 の 増 改 築 等 がされた 住 宅 用 家 屋 の 所 有 権 の 移 転 登 記 の 税 率 の 軽 減 の 特 例 及 び 改 修 工 事 がされた 住 宅 の 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 用 ) 証 明 申 請 者 住 所 氏 名 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 工 事 完 了 年 月 日 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 第 1 号 工 事 1 増 築 2 改 築 3 大 規 模 の 修 繕 4 大 規 模 の 模 様 替 第 2 号 工 事 共 同 住 宅 等 の 区 分 所 有 する 部 分 について 行 う 次 に 掲 げるいずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 1 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 2 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 3 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 4 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 第 3 号 工 事 第 4 号 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 次 のいずれか 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 居 室 2 調 理 室 3 浴 室 4 便 所 5 洗 面 所 6 納 戸 7 玄 関 8 廊 下 次 の 規 定 又 は 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 1 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 2 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 第 5 号 工 事 (バリアフ リー 改 修 工 事 ) バリアフリー 化 のための 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 通 路 又 は 出 入 口 の 拡 幅 2 階 段 の 勾 配 の 緩 和 3 浴 室 の 改 良 4 便 所 の 改 良 5 手 すりの 取 付 6 床 の 段 差 の 解 消 7 出 入 口 の 戸 の 改 良 8 床 材 の 取 替 省 エネルギー 化 のための 修 繕 又 は 模 様 替 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 第 7 号 工 事 ( 給 排 水 管 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 上 記 1と 併 せて 行 う 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 2 天 井 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 3 壁 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 4 床 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 地 域 区 分 1 1 地 域 2 2 地 域 3 3 地 域 4 4 地 域 5 5 地 域 6 6 地 域 7 7 地 域 8 8 地 域 1 給 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 2 排 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 3 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替

17 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 (1) 特 定 の 増 改 築 等 に 要 した 費 用 の 総 額 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 円 (2) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 (3) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 円 円

18 上 記 の 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 及 び 地 方 税 法 施 行 令 に 規 定 する 工 事 に 該 当 することを 証 明 します 証 明 年 月 日 平 成 年 月 日 (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 氏 名 印 住 所 証 明 を 行 った 建 築 士 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 名 称 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 指 定 をした 者 氏 名 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 住 建 築 士 の 場 合 所 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名

19 (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 名 称 印 住 所 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 登 録 をした 者 氏 名 住 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 氏 住 名 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A4)

20 備 考 1 証 明 申 請 者 の 住 所 及 び 氏 名 の 欄 には この 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 の 住 所 及 び 氏 名 をこの 証 明 書 を 作 成 する 日 の 現 況 により 記 載 すること 2 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 の 欄 には 当 該 工 事 を 行 った 家 屋 の 建 物 登 記 簿 に 記 載 された 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 を 記 載 すること 3 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) 以 下 により 第 1 号 工 事 から 第 7 号 工 事 までのいずれかの 工 事 について 記 載 するものとする 1 第 1 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 又 は 大 規 模 の 模 様 替 のいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 2 第 2 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 次 に 掲 げるも ののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする イ 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 という )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 うもの ロ 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 うもの ハ 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うもの(その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る ) ニ 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うも の( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る ) 3 第 3 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 4 第 4 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ る 規 定 又 は 基 準 のいずれに 適 合 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 5 第 5 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 6 第 6 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 建 築 主 等 及 び 特 定 建 築 物 の 所 有 者 の 判 断 の 基 準 ( 平 成 25 年 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 告 示 第 1 号 以 下 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 という ) 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 における8 地 域 において 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 事 を 行 った 場 合 は 番 号 1)を で 囲 むものとする また 同 欄 中 地 域 区 分 の 欄 には 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 のいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 7 第 7 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げ るもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 4 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しく は 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する

21 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 することを 明 らかにする 工 事 の 具 体 的 内 容 を 記 載 するものとする 5 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) (1) 特 定 の 増 改 築 等 に 要 した 費 用 の 総 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 の 欄 には 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の 2 第 2 項 第 1 号 から 第 7 号 まで 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからトまでに 規 定 する 工 事 の 種 別 のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする (2) (2) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 から 第 6 号 まで 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イからヘまでに 規 定 する 工 事 の 種 別 のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする (3) (3) 特 定 の 増 改 築 等 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 し た 費 用 の 額 に 関 し 確 認 した 内 容 について 記 載 する 表 には 次 により 記 載 すること 1 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 4 号 工 事 に 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 す るものとする 2 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 5 号 工 事 の1~8のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 3 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 6 号 工 事 の1~4のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 4 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 の 欄 には 第 7 号 工 事 の1~3のいずれかに 該 当 する 工 事 の 合 計 額 を 記 載 するものとする 6 この 証 明 書 により 証 明 を 行 う 者 について 次 により 記 載 するものとする (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 証 明 を 行 った 建 築 士 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しく は 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の 2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 建 築 士 について 次 により 記 載 すること 1 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする 2 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 するものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 証 明 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 か ら 第 3 条 の3の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする 3 登 録 番 号 の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 について 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 による 届 出 に 係 る 登 録 番 号 を 記 載 するものとする

22 4 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 証 明 を 行 った 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする 5 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 の 名 称 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 及 び 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 の 欄 には 建 築 士 法 第 23 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 登 録 簿 に 記 載 された 建 築 士 事 務 所 の 名 称 及 び 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 並 びに 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 を 記 載 す ること (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 1 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の 2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 について 次 により 記 載 すること 2 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 21 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 指 定 を 受 けた 後 に 同 法 第 77 条 の21 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するものとする 3 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 及 び 指 定 をした 者 の 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 18 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 年 月 日 及 び 指 定 番 号 並 びに 指 定 をした 者 を 記 載 するものとする 4 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 す る 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 42 条 の2の 2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 について 次 により 記 載 す ること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 58 又 は 第 77 条 の 60 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名 の

23 欄 には 建 築 基 準 法 第 77 条 の 58 又 は 第 77 条 の 60 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 登 録 番 号 及 び 地 方 整 備 局 等 の 名 称 を 記 載 するものとする (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 1 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の 2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 について 次 により 記 載 すること イ 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 登 録 を 受 けた 後 に 同 法 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するものとする ロ 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 及 び 登 録 をした 者 の 欄 には 住 宅 の 品 質 確 保 の 促 進 等 に 関 する 法 律 第 7 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 年 月 日 及 び 登 録 番 号 並 びに 登 録 をした 者 を 記 載 するものとする 2 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 二 に 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 について 次 により 記 載 すること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 により 通 知 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 の 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 の 欄 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 の 規 定 により 通 知 を 受 けた 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 10 年 法 律 第 100 号 ) 附 則 第 2 条 第 2 項 の 規 定 により 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 に 合 格 したとみなされた 者 については

24 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 証 書 番 号 )を 記 載 するものとする (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 1 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2 の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 について 次 により 記 載 すること イ 名 称 及 び 住 所 の 欄 には 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 名 称 及 び 住 所 ( 指 定 を 受 けた 後 に 同 法 第 18 条 第 2 項 の 規 定 により 変 更 の 届 出 を 行 った 場 合 は 当 該 変 更 の 届 出 を 行 った 名 称 及 び 住 所 )を 記 載 するもの とする ロ 指 定 年 月 日 の 欄 には 特 定 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 の 履 行 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 17 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 受 けた 年 月 日 を 記 載 するものとする 2 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 欄 には 当 該 工 事 が 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 1 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 2 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 若 し くは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 3 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 4 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 5 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 6 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 租 税 特 別 措 置 法 施 行 令 第 42 条 の2の2 第 2 項 第 7 号 及 び 地 方 税 法 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 であることにつき 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 について 次 により 記 載 すること イ 氏 名 及 び 住 所 の 欄 には 建 築 士 である 場 合 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 氏 名 及 び 住 所 を 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 である 場 合 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 により 通 知 を 受 けた 氏 名 及 び 住 所 を 記 載 するものとする ロ 建 築 士 の 場 合 の 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 の 欄 には 調 査 を 行 っ た 建 築 士 の 免 許 の 別 に 応 じ 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 と 記 載 する ものとする なお 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 が 調 査 することのできる 家 屋 は それぞれ 建 築 士 法 第 3 条 から 第 3 条 の3までに 規 定 する 建 築 物 に 該 当 するものとする ハ 建 築 士 の 場 合 の 登 録 番 号 及 び 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) の 欄 には 建 築 士 法 第 5 条 の2の 規 定 により 届 出 を 行 った 登 録 番 号 及 び 当 該 建 築 士 が 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 である 場 合 には 同 法 第 5 条 第 1 項 の 規 定 により 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 を 記 載 するものとする ニ 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 の 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 の 欄 には 建 築 基 準 法 施 行 令 第 6 条 の 規 定 により 通 知 を 受 けた 日 付 及 び 合 格 通 知 番 号 ( 建 築 基 準 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 附 則 第 2 条 第 2 項 の 規 定 により 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 に 合 格 したとみなされた 者 については 合 格 証 書 日 付 及 び 合 格 証 書 番 号 )を 記 載 するものとする

25 別 表 2 改 修 工 事 証 明 書 ( 改 修 工 事 がされた 住 宅 の 不 動 産 取 得 税 の 軽 減 の 特 例 用 ) 証 明 申 請 者 住 所 氏 名 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 工 事 完 了 年 月 日 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 第 1 号 工 事 1 増 築 2 改 築 3 大 規 模 の 修 繕 4 大 規 模 の 模 様 替 第 2 号 工 事 共 同 住 宅 等 の 居 住 の 用 に 供 するために 独 立 的 に 区 画 された 部 分 について 行 う 次 に 掲 げる いずれかの 修 繕 又 は 模 様 替 1 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 2 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 3 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 4 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 第 3 号 工 事 第 4 号 工 事 ( 耐 震 改 修 工 事 ) 第 5 号 工 事 (バリアフ リー 改 修 工 事 ) 次 のいずれか 一 室 の 床 又 は 壁 の 全 部 の 修 繕 又 は 模 様 替 1 居 室 2 調 理 室 3 浴 室 4 便 所 5 洗 面 所 6 納 戸 7 玄 関 8 廊 下 次 の 規 定 又 は 基 準 に 適 合 させるための 修 繕 又 は 模 様 替 1 建 築 基 準 法 施 行 令 第 3 章 及 び 第 5 章 の4の 規 定 2 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 基 準 高 齢 者 等 の 居 住 の 安 全 性 及 び 高 齢 者 等 に 対 する 介 助 の 容 易 性 の 向 上 に 資 する 次 のいずれ かに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 通 路 又 は 出 入 口 の 拡 幅 2 階 段 の 勾 配 の 緩 和 3 浴 室 の 改 良 4 便 所 の 改 良 5 手 すりの 取 付 6 床 の 段 差 の 解 消 7 出 入 口 の 戸 の 改 良 8 床 材 の 取 替 外 壁 窓 等 を 通 しての 熱 の 損 失 の 防 止 に 資 する 修 繕 又 は 模 様 替 1 窓 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 第 6 号 工 事 ( 省 エネ 改 修 工 事 ) 第 7 号 工 事 ( 給 排 水 管 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 工 事 ) 上 記 1と 併 せて 行 う 次 のいずれかに 該 当 する 修 繕 又 は 模 様 替 2 天 井 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 3 壁 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 4 床 等 の 断 熱 性 を 高 める 工 事 地 域 区 分 1 1 地 域 2 2 地 域 3 3 地 域 4 4 地 域 5 5 地 域 6 6 地 域 7 7 地 域 8 8 地 域 1 給 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 2 排 水 管 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替 3 雨 水 の 浸 入 を 防 止 する 部 分 に 係 る 修 繕 又 は 模 様 替

26 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 (1) 改 修 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 第 1 号 工 事 ~ 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 総 額 円 (2) 改 修 工 事 のうち 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 第 1 号 工 事 ~ 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 (3) 改 修 工 事 のうち 第 4 号 工 事 第 5 号 工 事 第 6 号 工 事 又 は 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 1 第 4 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 2 第 5 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 3 第 6 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 4 第 7 号 工 事 に 要 した 費 用 の 額 円 円 円 円

27 上 記 の 工 事 が 地 方 税 法 施 行 令 に 規 定 する 工 事 に 該 当 することを 証 明 します 証 明 年 月 日 平 成 年 月 日 (1) 証 明 者 が 建 築 士 事 務 所 に 属 する 建 築 士 の 場 合 氏 名 印 住 所 証 明 を 行 った 建 築 士 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 名 称 証 明 を 行 った 建 築 士 の 属 する 建 築 士 事 務 所 所 在 地 一 級 建 築 士 事 務 所 二 級 建 築 士 事 務 所 又 は 木 造 建 築 士 事 務 所 の 別 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 (2) 証 明 者 が 指 定 確 認 検 査 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 指 定 確 認 検 査 機 関 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 及 び 指 定 番 号 指 定 をした 者 氏 名 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 住 建 築 士 の 場 合 所 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 地 方 整 備 局 等 名

28 (3) 証 明 者 が 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 の 場 合 証 明 を 行 った 登 録 住 宅 性 能 評 価 機 関 名 称 印 住 所 登 録 年 月 日 及 び 登 録 番 号 登 録 をした 者 氏 名 住 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 (4) 証 明 者 が 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 の 場 合 証 明 を 行 った 住 宅 瑕 疵 担 保 責 任 保 険 法 人 名 称 印 住 所 指 定 年 月 日 氏 住 名 所 調 査 を 行 った 建 築 士 又 は 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 建 築 士 の 場 合 一 級 建 築 士 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 別 建 築 基 準 適 合 判 定 資 格 者 検 定 合 格 者 の 場 合 登 録 番 号 登 録 を 受 けた 都 道 府 県 名 ( 二 級 建 築 士 又 は 木 造 建 築 士 の 場 合 ) 合 格 通 知 日 付 又 は 合 格 証 書 日 付 合 格 通 知 番 号 又 は 合 格 証 書 番 号 ( 用 紙 日 本 工 業 規 格 A4)

29 備 考 1 証 明 申 請 者 の 住 所 及 び 氏 名 の 欄 には この 証 明 書 の 交 付 を 受 けようとする 者 の 住 所 及 び 氏 名 をこの 証 明 書 を 作 成 する 日 の 現 況 により 記 載 すること 2 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 の 欄 には 当 該 工 事 を 行 った 住 宅 の 建 物 登 記 簿 に 記 載 された 家 屋 番 号 及 び 所 在 地 を 記 載 すること 3 1. 実 施 した 工 事 の 種 別 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること (1) 以 下 により 第 1 号 工 事 から 第 7 号 工 事 までのいずれかの 工 事 について 記 載 するものとする 1 第 1 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 地 方 税 法 施 行 令 ( 以 下 施 行 令 という ) 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 する 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 又 は 大 規 模 の 模 様 替 のいずれに 該 当 す るかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 2 第 2 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ロに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 次 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとす る イ 床 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 床 ( 建 築 基 準 法 第 2 条 第 5 号 に 規 定 する 主 要 構 造 部 ( 以 下 主 要 構 造 部 という )である 床 及 び 最 下 階 の 床 をいう )の 過 半 について 行 うもの ロ 階 段 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 階 段 の 過 半 について 行 うもの ハ 間 仕 切 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 間 仕 切 壁 ( 主 要 構 造 部 である 間 仕 切 壁 及 び 建 築 物 の 構 造 上 重 要 でない 間 仕 切 壁 をいう )の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うもの(その 間 仕 切 壁 の 一 部 について 位 置 の 変 更 を 伴 うものに 限 る ) ニ 壁 の 過 半 の 修 繕 又 は 模 様 替 主 要 構 造 部 である 壁 の 室 内 に 面 する 部 分 の 過 半 について 行 うも の( 当 該 修 繕 又 は 模 様 替 に 係 る 壁 の 過 半 について 遮 音 又 は 熱 の 損 失 の 防 止 のための 性 能 を 向 上 させるものに 限 る ) 3 第 3 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ハに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 4 第 4 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ニに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げる 規 定 又 は 基 準 のいずれに 適 合 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 5 第 5 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ホに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 6 第 6 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 ヘに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 (エネルギーの 使 用 の 合 理 化 に 関 する 建 築 主 等 及 び 特 定 建 築 物 の 所 有 者 の 判 断 の 基 準 ( 平 成 25 年 経 済 産 業 省 国 土 交 通 省 告 示 第 1 号 以 下 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 という ) 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 にお ける8 地 域 において 窓 の 日 射 遮 蔽 性 を 高 める 工 事 を 行 った 場 合 は 番 号 1)を で 囲 むものとす る また 同 欄 中 地 域 区 分 の 欄 には 建 築 主 等 の 判 断 の 基 準 別 表 第 4に 掲 げる 地 域 区 分 のい ずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むものとする 7 第 7 号 工 事 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 トに 規 定 する 修 繕 又 は 模 様 替 であって 当 該 欄 に 掲 げるもののいずれに 該 当 するかに 応 じ 該 当 する 番 号 を で 囲 むもの とする 4 2. 実 施 した 工 事 の 内 容 の 欄 には 当 該 工 事 が 施 行 令 附 則 第 9 条 の3 第 1 項 第 1 号 イに 規 定 す る 増 築 改 築 大 規 模 の 修 繕 若 しくは 大 規 模 の 模 様 替 同 項 ロに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ハに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ニに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ホに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 同 項 ヘに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 又 は 同 項 トに 規 定 する 修 繕 若 しくは 模 様 替 に 該 当 することを 明 らかにする 工 事 の 具 体 的 内 容 を 記 載 するものとする 5 3. 実 施 した 工 事 の 費 用 の 額 の 欄 には この 証 明 書 により 証 明 をする 工 事 について 次 により 記 載 すること

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場

それぞれの 税 額 控 除 の 選 択 関 係 借 入 金 の 有 無 住 宅 又 は 増 改 築 の 種 類 対 象 となる 税 額 控 除 住 宅 の 新 築 や 購 入 有 認 定 住 宅 ( P7 参 照 ) A 又 はEから1つを 選 択 ( ) 認 定 住 宅 以 外 Aのみ をした 場 平 成 27 年 分 住 宅 の 取 得 に 係 る 税 額 控 除 のあらまし 居 住 者 が 住 宅 の 新 築 取 得 又 は 増 改 築 をした 場 合 で 一 定 の 要 件 を 満 たすときは 次 のAからEの 税 額 控 除 の 適 用 を 受 けることによって 居 住 の 用 に 供 した 年 分 以 後 の 各 年 分 の 所 得 税 額 から 一 定 の 金 額 を 控 除 する

More information

控 除 を 受 けるための 要 件 と 必 要 な 添 付 書 類 (マイホームの 新 築 や 購 入 増 改 築 等 をして 平 成 28 年 中 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 ) 1 新 築 住 宅 2 中 古 住 宅 増 改 築 等 要 件 イ 住 宅 取 得 後 6か 月 以 内 に 入 居 し 引 き 続 き 居 住 していること ロ 家 屋 の 床 面 積 ( 登 記 面 積

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

住宅版エコポイントについて

住宅版エコポイントについて 省 エネ 住 宅 ポイントについて 国 土 交 通 省 1. 制 度 概 要 2. 対 象 住 宅 の 性 能 要 件 等 3. 発 行 ポイント 数 4.ポイントの 交 換 商 品 等 5. 申 請 手 続 き 6. 完 成 済 購 入 タイプ 参 考 資 料 P.2 P.6 P.9 P.19 P.22 P.25 P.27 1 1. 制 度 概 要 2 1. 制 度 概 要 制 度 の 趣 旨 地

More information

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産

3 地 震 保 険 の 割 引 地 震 保 険 に 加 入 されている 場 合 耐 震 改 修 後 保 険 料 の 割 引 (10%)が 受 けられる 場 合 があ ります ご 加 入 の 保 険 会 社 にお 問 合 せになり 宅 耐 震 改 修 証 明 書 の 写 し あるいは 固 定 資 産 川 崎 市 木 造 宅 耐 震 改 修 制 度 を 利 用 された 方 へ 得 税 額 の 特 別 控 除 固 定 資 産 税 ( 家 屋 )の 減 額 資 料 3 についての 御 案 内 平 成 26 年 4 月 1 日 以 降 に 耐 震 改 修 を 行 った 場 合 1 得 税 の 特 別 控 除 耐 震 改 修 が 完 了 した 年 の 翌 年 に 必 要 書 類 を 添 付 して 管 の

More information

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案)

耐震対策危険ブロック塀除却事業費補助金交付要綱(案) 平 成 27 年 度 山 形 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 及 び 交 付 ) 第 1 条 市 長 は この 市 の 市 民 の 居 住 環 境 の 質 の 向 上 及 びこの 市 の 住 宅 関 連 産 業 を 中 心 とした 経 済 の 活 性 化 を 図 るため リフォーム 等 工 事 を 行 う 市 民 に 対 し 山 形 市 補

More information

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の

1. 概 要 所 得 税 固 定 資 産 税 1 1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 には 次 の 制 度 があります ❶ 所 得 税 額 の 控 除 省 エネを 対 象 とした 所 得 税 額 の 1. 概 要 Ⅲ. 省 エネ 1-1. 省 エネの 減 税 制 度 省 エネを 対 象 とした 税 の 優 遇 措 置 P.Ⅲ - 2 1-2. 対 象 となる 省 エネとは 1) 断 熱 改 修 工 事 の 種 類 P.Ⅲ- 3 2) 対 象 となる 工 事 と 部 位 P.Ⅲ- 4 3) 特 定 断 熱 改 修 工 事 等 の 内 容 P.Ⅲ- 6 4) 代 表 的 な 窓 の 仕 様 P.Ⅲ-

More information

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ

ÿþr‰!nn0.z^Ÿ 1 住 宅 ローン 控 除 (1) 居 住 用 の 建 物 及 び 上 地 等 を 取 得 等 ( 新 築 を 含 む) 又 は 居 住 用 建 物 の 増 改 築 をし 平 成 16 年 1 月 1 日 から 平 成 20 年 12 月 31 日 までの 間 に 居 住 の 用 に 供 した 場 合 には 10 年 間 所 得 税 が 軽 減 されます 但 し 居 住 年 が 平 成 17 年 から

More information

1表紙

1表紙 固 定 資 産 税 ハンドブック 平 成 28 年 8 月 垂 井 町 目 次 固 定 資 産 税 とは 1 固 定 資 産 税 を 納 める 人 ( 納 税 義 務 者 ) 1 税 額 計 算 方 法 2 課 税 標 準 額 2 免 税 点 3 納 税 方 法 3 土 地 に 対 する 課 税 4 評 価 のしくみ 4 地 目 及 びその 評 価 方 法 4 路 線 価 5 時 点 修 正 措 置

More information

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者

所 得 税 の 控 除 ( 投 資 型 減 税 ) 3. 所 得 税 の 控 除 ⑴ 投 資 型 減 税 リフォームのための 借 入 金 の 有 無 にかかわらずご 利 用 できます マンション 共 用 部 分 の 改 修 工 事 を 行 う 場 合 は 全 体 工 事 費 用 のうち 申 請 者 減 税 制 度 の 種 類 税 制 の 組 み 合 わせ 1. 住 宅 リフォームの 減 税 制 度 について 住 宅 リフォームを 行 うと 要 件 を 満 たす 場 合 は 税 の 優 遇 を 受 けることができます 優 遇 を 受 けることのできる 税 の 種 類 は 次 のとおりです 所 得 税 の 控 除 所 得 税 とは 1 月 1 日 から12 月 31 日 までの1 年 間 に 生

More information

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱

住宅・建築物環境対策事業費補助金交付要綱 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 22 年 4 月 1 日 国 住 生 第 9 号 第 1 通 則 住 宅 建 築 物 環 境 対 策 事 業 費 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 に 関 しては 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135303130395F8FC88347836C8F5A91EE837C83438393836790A7937882CC93E0976582C982C282A282C4> 省 エネ 住 宅 ポイント 制 度 の 内 容 について この 制 度 は 平 成 26 年 度 補 正 予 算 の 成 立 を 前 提 としています 正 式 には 国 会 での 審 議 を 踏 まえ 制 度 として 創 設 されますので 以 下 の 内 容 に 変 更 があり 得 ることをご 了 承 下 さい Ⅰ. 対 象 住 宅 本 制 度 では 省 エネ 性 能 を 満 たすエコ 住 宅 の

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告

(6) 明 渡 し 請 求 から 組 合 解 散 までの 手 続 きに 関 わる 書 式 等 書 式 6-1 施 行 マンション 等 の 明 渡 し 通 知 F... 資 38 書 式 6-2 マンション 建 替 組 合 解 散 認 可 申 請 書 F... 資 39 書 式 6-3 決 算 報 告 資 料 1 建 替 え 関 連 書 式 1. 参 考 様 式 (1) 建 替 え 決 議 の 手 続 きに 関 わる 書 式 書 式 1-1 建 替 え 決 議 集 会 招 集 通 知 書 ( 説 明 会 開 催 通 知 書 と 併 せた 場 合 ) A... 資 1~3 書 式 1-2 議 決 権 行 使 書 ( 建 替 え 決 議 ) A... 資 4 書 式 1-3 議 決 権 行 使 者 選

More information

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に

等 の 譲 渡 イ 当 該 相 続 の 時 から 当 該 譲 渡 の 時 まで 事 業 の 用 貸 付 けの 用 又 は 居 住 の 用 に 供 されていたことがないこと ロ 当 該 譲 渡 の 時 において 地 震 に 対 する 安 全 性 に 係 る 規 定 又 はこれに 準 ずる 基 準 に 平 成 28 年 度 税 制 改 正 の 大 綱 平 成 27 年 12 月 24 日 閣 議 決 定 現 下 の 経 済 情 勢 等 を 踏 まえ 経 済 の 好 循 環 を 確 実 なものとする 観 点 から 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 等 を 行 うとともに 消 費 税 率 引 上 げに 伴 う 低 所 得 者 への 配 慮 として 消 費 税 の 軽 減 税 率 制 度 を 導

More information

都計法等講習会における説明メモ

都計法等講習会における説明メモ 国 住 街 第 1 4 5 号 平 成 2 6 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 建 築 行 政 主 務 部 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 市 街 地 建 築 課 長 マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 条 の 規 定 の 運 用 について 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 59 条 の2に 基 づくいわゆる

More information

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱

目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 平 成 27 年 度 版 目 次. 法 第 2 条 関 係 Page 1. 建 築 物 としての 取 扱 い 1 2. 立 体 駐 車 場 の 建 築 物 としての 取 扱 い 2 3. ラック 式 倉 庫 の 建 築 物 としての 取 扱 い 3 4. 駅 舎 の 取 扱 い 6 5. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(1) 7 6. 建 築 物 の 用 途 の 取 扱 い(2) 8 7.

More information

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令

の 取 扱 いを 改 めるものとする おつて 合 同 宿 舎 について 規 則 第 16 条 の 規 定 により 公 用 部 分 による 使 用 料 の 調 整 を 行 つたものは 別 紙 様 式 1 又 は 2 の 形 式 による 補 助 簿 を 備 え これに 整 理 するものとする 記 1 令 国 家 公 務 員 等 の 有 料 宿 舎 の 使 用 料 の 算 定 について 昭 和 46 年 3 月 27 日 蔵 理 第 1289 号 改 正 昭 和 48 年 05 月 01 日 蔵 理 第 1922 号 同 50 年 01 月 24 日 同 第 5462 号 同 52 年 01 月 28 日 同 第 5438 号 同 54 年 04 月 27 日 同 第 1645 号 同 56 年 06

More information

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 8 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D205F323031332030312032355F89EE8CEC95DB8CAF8DC590568FEE95F1955C8E862090978C605F95DB8CAF8ED293FC82E8816A2E646F63> 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 事 務 連 絡 平 成 25 年 1 月 25 日 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 等 の 取 扱 いについて 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては そ の 基 本 的 考 え 方 に 変

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

H27施行通知

H27施行通知 総 税 企 第 3 9 号 平 成 27 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 各 都 道 府 県 議 会 議 長 各 指 定 都 市 市 長 殿 各 指 定 都 市 議 会 議 長 総 務 大 臣 地 方 税 法 同 法 施 行 令 同 法 施 行 規 則 の 改 正 等 について 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 2 号 ) 地

More information

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上

別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 別 紙 平 成 2 7 年 度 財 形 持 家 融 資 要 項 1 融 資 対 象 者 組 合 員 がその 持 家 として 自 ら 居 住 するための 住 宅 を 建 設 購 入 改 良 する 人 で 一 般 財 形 貯 蓄 財 形 住 宅 貯 蓄 財 形 年 金 貯 蓄 のいずれかを1 年 以 上 継 続 し 借 入 申 込 日 において 貯 蓄 残 高 が50 万 円 以 上 ある 者 2 融

More information

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要

Microsoft Word - (最終網提出用)快適住まいのリフォーム補助金交付要 快 適 住 まいのリフォーム 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 安 全 性 耐 久 性 及 び 居 住 性 の 向 上 と 住 まいの 長 寿 命 化 省 エネ 寒 冷 地 仕 様 化 バリアフリー 化 のため 子 育 て 世 帯 をはじめとした 町 民 が 実 施 する 住 宅 リフォームに 要 す る 費 用 の 一 部 を 補 助 することにより

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

建築基準法第43条第1項ただし書き許可

建築基準法第43条第1項ただし書き許可 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 ただし 書 許 可 申 請 マニュアル 平 成 17 年 4 月 作 成 ( 平 成 23 年 8 月 改 正 ) 特 定 行 政 庁 桑 名 市 目 次 許 可 制 度 と 手 続 き P. 1 許 可 手 続 きフロー P. 3 道 路 判 断 の 流 れ P. 4 建 築 審 査 会 における 取 り 扱 い P. 5 建 築 審 査 会 包 括

More information

2

2 1 2 3 4 5 Ⅰ 復 興 支 援 住 宅 エコポイント 231121 241031 1 A 窓 の 断 熱 改 修 発 行 されるポイントは 戸 あたり 万 ポイントが 上 限 となります ( 耐 震 改 修 を 伴 う 場 合 は45 万 ポイントが 上 限 となります ) 改 修 後 の 窓 が 省 エネ 基 準 ( 平 成 11 年 基 準 )に 規 定 する 断 熱 性 能 に 適 合

More information

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理

( 第 二 面 ) 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 の 概 要 1. 第 一 種 特 定 建 築 主 等 又 は 第 二 種 特 定 建 築 主 イ. 氏 名 のフリガナ ロ. 氏 名 ハ. 郵 便 番 号 ニ. 住 所 ホ. 電 話 番 号 2. 代 理 第 一 号 様 式 ( 第 一 条 又 は 第 二 条 関 係 )(A4) 届 出 書 ( 第 一 面 ) エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 75 条 第 1 項 前 段 又 は 法 第 75 条 の2 第 1 項 前 段 の 規 定 による 届 出 をします この 届 出 書 に 記 載 の 事 項 は 事 実 に 相 違 ありません

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20766F6C2E3189EE8CEC95DB8CAF90A7937889FC8A7682C994BA82A488E397C394EF8D548F9C82CC8EE688B582A282C982C282A282C42E646F63> 事 務 連 絡 平 成 18 年 12 月 1 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 担 当 部 ( 局 ) 担 当 者 様 介 護 保 険 制 度 下 での 居 宅 サービス 等 の 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについて 在 宅 介 護 サービスの 対 価 に 係 る 医 療 費 控 除 の 取 扱 いについては その 基 本 的 考 え 方 に 変 更 ありませんが

More information

に-1_リフォーム_戸別.indd

に-1_リフォーム_戸別.indd 省 エネ 住 宅 に1 リフォム( 戸 別 ) 申 請 書 提 出 不 要 申 請 書 記 入 の 前 にご 確 認 ください 住 宅 のエコリフォムに 係 る 工 事 請 負 契 約 を 締 結 した 方 が 申 請 者 となります 複 数 の 方 でリフォムの 契 約 を 締 結 された 場 合 代 表 の 方 が 申 請 を 行 ってください 正 しい 申 請 書 か 確 認 しましょう 戸

More information

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ

2 省 エネルギー 性 耐 震 性 及 バリアフリー 性 を 満 たす 住 宅 とは 新 築 住 宅 既 存 住 宅 ( 中 古 住 宅 ) 増 改 築 等 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 次 のいずれかの 住 宅 が 対 象 級 4の 住 宅 一 次 エ 住 宅 性 能 証 明 及 び 業 務 のご 案 内 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 の 概 要 < 制 度 について> 父 母 や 祖 父 母 などの 直 系 尊 属 から 自 己 の 居 住 の 用 に 供 する 住 宅 の 新 築 もしくは 取 得 増 改 築 等 のための 金 銭 を 贈 与 する 場 において 一 定 金 額 までの 贈 与 につき

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長

第 6 条 この 事 業 による 助 成 を 受 けようとする 者 ( 以 下 申 請 者 という )は, 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 申 請 書 ( 式 第 1 号 )に, 次 に 掲 げる 書 類 を 添 付 し, 当 該 年 度 の 市 が 指 定 する 日 までに 市 長 宇 土 市 住 宅 リフォーム 助 成 事 業 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 民 の 居 住 環 境 の 向 上 及 び 市 内 の 商 工 業 等 の 活 性 化 を 図 るため 市 民 が 自 己 の 居 住 の 目 的 に 使 用 する 住 宅 のリフォームを 施 工 業 者 によって 行 う 場 合 に 要 した 経 費 に 対 し, 予 算 の 範 囲

More information

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ

路 位 置 指 定 の 変 更 申 請 書 ( 様 式 第 2 号 ) 又 は 廃 止 申 請 書 ( 様 式 第 3 号 )に 申 請 手 数 料 を 添 えて 特 定 行 政 庁 に 提 出 しなければならない 2 位 置 指 定 道 路 の 変 更 又 は 廃 止 に 係 る 取 扱 いについ 熊 本 市 道 路 位 置 指 定 取 扱 い 基 準 制 定 平 成 5 年 5 月 5 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 8 日 改 正 平 成 21 年 7 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 24 年 11 月 1 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 平 成 25 年 8 月 30 日 建 築 指 導 課 長 決 裁 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は

( 注 意 ) 居 室 としての 利 用 が 予 想 されるものは 当 然 階 としてみなされる 小 屋 裏 物 置 等 は 室 内 からの 利 用 を 想 定 しており 外 部 から 利 用 するものは 認 められな い 以 下 のように 余 剰 空 間 を 意 図 的 に 作 った 場 合 は 9 面 積 高 さ 空 地 9-1 小 屋 裏 等 利 用 の 収 納 庫 法 第 92 条 令 第 2 条 次 の(1)から(5)まで 又 は(6)に 掲 げる 条 件 を 満 たす 場 合 は 階 とみなさず 床 面 積 にも 算 入 しない なお 当 該 小 屋 裏 物 置 等 の 面 積 が その 存 する 階 の 床 面 積 の1/8を 超 える 場 合 は 平 成 12 年 5 月 23

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案)

港区住宅型総合設計許可要綱(改正案) 港 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 平 成 27 年 6 月 1 日 27 港 街 計 第 791 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 14 年 法 律 第 78 号 以 下 法 という ) 第 105 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 容 積 率 の 許

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208740313430318251395F8E968BC690E096BE8E9197BF88C481698379815B835794D48D8693FC82E8816A205B8EA993AE95DB91B68DCF82DD5D2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208740313430318251395F8E968BC690E096BE8E9197BF88C481698379815B835794D48D8693FC82E8816A205B8EA993AE95DB91B68DCF82DD5D2E70707478> 長 期 優 良 住 宅 化 リフォーム 推 進 業 について 本 資 料 は 平 成 25 年 度 補 正 予 算 案 (H25.12.5 閣 議 決 定 ) 及 び 平 成 26 年 度 予 算 案 (H25.12.24 閣 議 決 定 )に 盛 り 込 まれた 長 期 優 良 住 宅 化 リフォーム 推 進 業 について 制 度 の 概 要 をとりまとめたものです 前 に 公 表 した 募 集

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準

建築基準法第52条第14項第1号に基づく練馬区容積率の許可に関する取扱基準 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 基 づく 練 馬 区 容 積 率 の 許 可 に 関 する 取 扱 基 準 練 都 建 第 282 号 平 成 14 年 3 月 11 日 第 1 運 用 方 針 練 馬 区 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 規 定 による 機 械

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

1 道 路 位 置 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 28 年 4 月 横 須 賀 市 都 市 部 目 次 位 置 指 定 編 道 路 の 位 置 の 指 定 とは 1 目 的 1 道 路 位 置 指 定 申 請 と 関 係 手 続 きの 流 れ 2 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 事 前 審 査 3 道 路 位 置 指 定 の 手 続 き 本 申 請 5 道 路 の 位 置 の 表 示

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債

公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 金 融 証 券 税 制 公 社 債 等 の 課 税 方 式 の 変 更 公 社 債 等 に 係 る 利 子 所 得 及 び 譲 渡 所 得 の 課 税 方 式 が 変 更 されます 項 目 主 な 内 容 課 税 局 面 現 行 改 正 案 特 定 公 社 債 等 1 特 定 公 社 債 ( 1) 2 公 募 公 社 債 の 投 資 信 託 の 受 益 権 3 証 券 投 資 信 託 以 外 の 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E591BA8E7393B9984888CA92758E7792E8905C90BF8EE891B182AB82CC8EE888F882AB> 大 村 市 位 置 指 定 申 請 手 続 きの 手 引 き 平 成 23 年 4 月 1 日 大 村 市 建 築 住 宅 課 目 次 1. 適 用 1 2. 事 前 協 議 及 び 取 扱 基 準 について (1) 事 前 協 議 1 (2) 取 扱 基 準 1 1) の 位 置 指 定 から 指 定 を 延 長 する 場 合 の 取 り 扱 い 1 2) 関 係 規 定 の 適 用 における 指

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2

概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2 第 5 章 植 物 工 場 の 法 規 制 等 -73- 概 要 1. 植 物 工 場 の 立 地 における 主 な 法 律 と 課 題 の 概 要 農 業 として 認 められる 植 物 工 場 は 法 的 な 規 制 が 少 なく 一 般 工 場 との 位 置 づけ では 農 地 転 用 建 築 基 準 法 消 防 法 等 の 法 律 規 制 がある 2. 農 地 関 連 (1) 農 業 振 興

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2048323530345F82B382A282BD82DC8E738CF68BA48C9A927A8D488E9693E096F38F918DEC90AC977697CC2E646F6378> さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 平 成 25 年 4 月 さいたま 市 さいたま 市 公 共 建 築 工 事 内 訳 書 作 成 要 領 目 次 第 章 総 則 () 目 的 第 2 章 内 訳 書 の 作 成 () 一 般 事 項 (2) 内 訳 書 の 構 成 第 3 章 内 訳 書 の 内 容 () 種 目 別 内 訳 書 (2) 科 目 別 内 訳 書 (3)

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

ガラス店様、サッシ店様の 窓の省エネリフォーム減税セミナー

ガラス店様、サッシ店様の 窓の省エネリフォーム減税セミナー エコ 窓 リフォーム 使 える!お 得 な 制 度! 復 興 支 援 住 宅 エコ リフォーム 減 税 平 成 24 年 2 月 19 日 復 興 支 援 住 宅 エコの 概 要 復 興 支 援 住 宅 エコとは 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 資 する 住 宅 の 省 エネ 化 住 宅 市 場 の 活 性 化 東 日 本 大 震 災 の 被 災 地 復 興 支 援 のため エコ 住 宅

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 07.doc

Microsoft Word - 07.doc 説 明 及 び 交 付 日 年 月 日 契 約 締 結 予 定 日 年 月 日 取 引 予 定 日 年 月 日 重 要 事 項 説 明 書 ( 区 分 所 有 建 物 ) 売 主 様 買 主 様 マンション 名 公 益 社 団 法 人 京 都 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 重 要 事 項 説 明 連 帯 責 任 証 明 書 ( 注 : 説 明 義 務 者 が 複 数 存 在 する 場 合

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BDF91E389BB8CF0957497768D6A> 平 成 24 年 度 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 高 知 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 43 年 高 知 県 規 則 第 7 号 以 下 規 則 という ) 第 24 条 の 規 定 に 基 づき 高 知 県 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 ( 以

More information

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業

1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 % 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 開 始 事 業 平 成 28 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 案 ) 速 報 ( 平 成 27 年 12 月 10 日 現 在 ) 0 1. 法 人 課 税 法 人 税 の 税 率 の 引 き 下 げ 次 のとおり 税 率 を 段 階 的 に 引 き 下 げる 現 行 改 正 案 平 成 28 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 事 業 年 度 1-1 23.9% 平 成 28 年 4 月 1 日 以

More information

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ

○道路位置指定申請と関係手続きの流れ 豊 中 市 道 路 位 置 指 定 申 請 のしおり 平 成 20 年 4 月 都 市 計 画 推 進 部 開 発 審 査 課 はじめに 建 築 物 の 敷 地 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 ) 第 43 条 の 規 定 により 同 法 第 42 条 に 定 められる 道 路 に 接 しなければなりません その 道 路 として 認 められるものの 一 つとして

More information

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開

工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 S E K I S A N 602 614 615 619 工 事 内 容 別 一 戸 建 て 住 宅 フォーム 1 床 面 積 が 増 え 特 殊 建 築 物 へ る 工 事 ( 屋 内 用 途 変 更 で 増 床 を 含 む) ケルン フォーム 工 事 ( 床 面 積 形 態 は 変 更 なし) 工 事 内 容 耐 震 化 工 事 構 造 に 絡 む 開 外 装 変 更 内 装 仕 上 げ 口

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20303531378F4390B3816991A1975E90C5816A82E682AD82A082E98EBF96E2202D2083528373815B> 住 宅 取 得 等 資 金 に 係 る 贈 与 税 の 非 課 税 措 置 に 関 するよくある 質 問 質 問 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 Q1 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 には 何 が 含 まれますか 回 答 非 課 税 の 対 象 となる 住 宅 取 得 等 とは 次 のと おりです 住 宅 の 新 築 又 は 新 築 住 宅 の 取 得 既 存

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937891E63189F195E58F57977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3232944E937891E63189F195E58F57977697CC2E646F6378> 高 齢 者 等 居 住 安 定 化 推 進 事 業 募 集 要 領 平 成 22 年 度 第 1 回 版 平 成 22 年 3 月 < 前 年 度 との 相 違 点 > 募 集 にあたっては 1 応 募 者 が 独 自 に 課 題 設 定 して 事 業 を 提 案 する 一 般 部 門 と2あら かじめ 設 定 された 課 題 に 関 する 事 業 を 提 案 する 特 定 部 門 の2 部 門 で

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画

目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2 節 用 語 の 定 義 ( 第 4 条 ) 3 第 2 章 計 画 要 件 第 1 節 計 画 世 田 谷 区 マンション 建 替 法 容 積 率 許 可 要 綱 (マンションの 建 替 え 等 の 円 滑 化 に 関 する 法 律 第 105 号 ) 世 田 谷 区 平 成 28 年 4 月 目 次 第 1 章 第 1 節 総 則 総 則 第 1 款 趣 旨 ( 第 1 条 ) 2 第 2 款 基 本 目 標 ( 第 2 条 ) 2 第 3 款 運 用 方 針 ( 第 3 条 ) 2 第 2

More information

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第

< 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 島 根 県 県 有 施 設 長 寿 命 化 指 針 平 成 27 年 3 月 島 根 県 < 目 次 > 第 1 はじめに 3 1. 長 寿 命 化 がもたらす 効 果 3 建 替 修 繕 費 用 シミュレーション 第 2 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 及 び 対 象 施 設 4 1. 長 寿 命 化 指 針 の 目 的 4 2. 長 寿 命 化 指 針 の 対 象 施 設 4 第 3 長 寿

More information

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人

( 初 任 本 俸 の 基 準 ) 第 4 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 本 俸 は 6 等 級 29 号 俸 を 大 学 卒 業 者 の 基 準 とし 学 歴 職 歴 能 力 等 を 総 合 的 に 勘 案 して 決 定 する ( 昇 給 ) 第 5 条 昇 給 は 職 員 各 人 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 9 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 15 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 職

More information

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配

既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 2 論 点 1 : 制 度 フレーム 1 性 能 向 上 / 長 期 優 良 化 リフォームについ て 市 場 が 現 実 的 に 動 く 仕 組 みとすること に 配 既 存 住 宅 のリフォームによる 性 能 向 上 長 期 優 良 化 に 係 る 検 討 会 における 議 論 の 進 め 方 1 既 存 住 宅 に 対 する 既 成 概 念 や 評 価 を 変 える 既 存 住 宅 の 性 能 を 評 価 する ( 優 良 なものとそうでないものが 明 らかになる) 既 存 住 宅 は 新 築 住 宅 より 劣 る というイメージを 払 拭 する 1 性 能

More information

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案)

○○省共済組合貸付事業運営規則運用方針(案) 文 部 科 学 省 共 済 組 合 貸 付 規 程 運 用 方 針 第 1 条 関 係 貸 付 けの 対 象 となる 組 合 員 は 定 款 第 13 条 第 1 号 及 び 第 3 号 に 掲 げる 者 とする 第 6 条 関 係 1 第 一 号 ロ( 物 資 貸 付 ) 第 二 号 ( 特 別 貸 付 ) 第 三 号 ( 住 宅 貸 付 ) 及 び 第 四 号 ( 特 別 住 宅 貸 付 )の

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7390EC8E7395979276926E8BE68FF097E182C98AEE82C382AD8B9689C282CC90528DB88AEE8F80> 市 川 市 風 致 地 区 条 例 に 基 づく 許 可 の 審 査 基 準 第 1 章 総 則 第 1 通 則 1 本 基 準 は 市 川 市 風 致 地 区 条 例 ( 以 下 条 例 という )に 基 づく 建 築 物 等 の 行 為 許 可 の 統 一 的 運 用 を 定 め 事 務 の 円 滑 な 処 理 を 図 ることを 目 的 とする 2 条 例 第 4 条 ただし 書 の 適 用 は

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい

岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 同 法 施 行 令 ( 昭 和 5 年 政 令 第 338 号 以 下 令 とい 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 申 請 の 手 引 き 平 成 1 年 3 月 制 定 平 成 年 3 月 改 正 平 成 6 年 3 月 改 正 岡 山 県 土 木 部 都 市 局 建 築 指 導 課 岡 山 県 の 位 置 の 指 定 基 準 ( 目 的 ) 第 1 条 この 基 準 は 建 築 基 準 法 ( 昭 和 5 年 法 律 第 01 号 以 下 法 という ) 第 4 条 第 1

More information

Microsoft Word - (自由変更版)平成28年度 事業の手引き(本文のみ)

Microsoft Word - (自由変更版)平成28年度 事業の手引き(本文のみ) 平 成 28 年 度 天 童 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 補 助 金 交 付 事 業 手 引 き 目 次 1 天 童 市 住 宅 リフォーム 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 事 業 の 概 要 (1) リフォーム 等 工 事 とは 1 (2) 補 助 の 対 象 となるための 要 件 1 (3) 補 助 の 対 象 となる 経 費 2 (4) 補 助 金 の 額

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73>

<92B28DB8976C8EAE81698BE38F42816A2E786C73> 地 方 公 共 団 体 におけるリフォーム 支 援 策 に 関 する 調 査 結 果 (1) 名 称 および 地 方 公 共 団 体 (2)リフォーム 支 援 策 の について (3) 支 援 方 法 について (4) 要 件 (5) 内 容 について リフォーム 支 援 の について 支 援 方 法 について リフォーム 工 事 内 容 について 工 事 施 工 者 発 注 者 対 象 となる 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

Microsoft Word - 140214 ●特記仕様書ver.2.doc

Microsoft Word - 140214 ●特記仕様書ver.2.doc 岡 崎 市 民 会 館 改 修 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 Ⅰ 業 務 概 要 1. 委 託 業 務 名 岡 崎 市 民 会 館 改 修 設 計 業 務 2. 業 務 内 容 岡 崎 市 民 会 館 は 昭 和 42 年 の 建 設 から 45 年 以 上 が 経 過 し その 間 必 要 に 応 じて 部 分 的 な 改 修 や 設 備 の 更 新 を 行 ってきたが 舞 台 の

More information

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc

Microsoft Word - 10第1編第9章(201~210).doc 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節 建 築 行 為 建 設 行 為 の 許 可 法 第 43 条 第 2 節 許 可 の 条 件 令 第 36 条 第 3 節 既 存 宅 地 における 建 築 物 に 係 る 暫 定 措 置 法 第 43 条 - 201 - 第 9 章 市 街 化 調 整 区 域 内 における 建 築 等 の 制 限 第 1 節

More information

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断

(8) 評 点 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 マニュアル( 平 成 27 年 6 月 発 行 ) に 基 づく 耐 震 診 断 による 上 部 構 造 評 点 のうち 最 小 の 値 又 は 2012 年 改 訂 版 高 知 県 木 造 住 宅 耐 震 診 断 土 佐 市 住 宅 耐 震 改 修 費 等 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 28 年 5 月 13 日 平 成 28 年 要 綱 第 44 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 既 存 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 り 地 震 発 生 時 の 住 宅 の 倒 壊 等 によ る 被 害 を 軽 減 することを 目 的 とし 土 佐 市 にある 既 存 住 宅 の 耐

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information