-

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "-"

Transcription

1 原 子 力 災 害 対 策 指 針 平 成 24 年 10 月 31 日 原 子 力 規 制 委 員 会 ( 平 成 25 年 2 月 27 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 6 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 25 年 9 月 5 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 4 月 22 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 27 年 8 月 26 日 全 部 改 正 ) ( 平 成 28 年 3 月 1 日 部 分 改 正 )

2 目 次 前 文 1 第 1 原 子 力 災 害 2 (1) 原 子 力 災 害 及 び 原 子 力 事 業 者 の 責 任 2 (2) 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 形 態 及 び 被 ばくの 経 路 2 (3) 原 子 力 災 害 の 特 殊 性 4 (4) 放 射 線 被 ばくの 防 護 措 置 の 基 本 的 考 え 方 5 第 2 原 子 力 災 害 事 前 対 策 5 (1) 原 子 力 災 害 事 前 対 策 の 基 本 的 考 え 方 5 (2) 緊 急 事 態 における 防 護 措 置 実 施 の 基 本 的 考 え 方 5 (3) 原 子 力 災 害 対 策 重 点 区 域 39 (4) 原 子 力 事 業 者 が 講 ずべき 原 子 力 災 害 事 前 対 策 42 (5) 緊 急 時 における 住 民 等 への 情 報 提 供 の 体 制 整 備 42 (6) 緊 急 時 モニタリングの 体 制 整 備 43 (7) 原 子 力 災 害 時 における 医 療 体 制 の 整 備 45 (8) 平 時 からの 住 民 等 への 情 報 提 供 50 (9)オフサイトセンター 等 の 整 備 51 (10) 諸 設 備 の 整 備 51 (11) 防 災 関 係 資 料 の 整 備 52 (12) 防 災 業 務 関 係 者 等 に 対 する 教 育 及 び 訓 練 52

3 第 3 緊 急 事 態 応 急 対 策 53 (1) 緊 急 事 態 応 急 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 53 (2) 異 常 事 態 の 把 握 及 び 緊 急 事 態 応 急 対 策 54 (3) 緊 急 時 モニタリングの 実 施 54 (4) 緊 急 時 における 住 民 等 への 情 報 提 供 56 (5) 防 護 措 置 56 (6) 核 燃 料 物 質 等 の 輸 送 時 の 災 害 対 策 62 第 4 原 子 力 災 害 中 長 期 対 策 62 (1) 原 子 力 災 害 中 長 期 対 策 の 基 本 的 考 え 方 62 (2) 発 災 後 の 復 旧 に 向 けた 環 境 放 射 線 モニタリング 62 (3) 発 災 後 の 復 旧 に 向 けた 個 人 線 量 推 定 63 (4) 発 災 後 の 復 旧 に 向 けた 健 康 評 価 63 (5) 除 染 措 置 63 (6) 緊 急 時 被 ばく 状 況 から 現 存 被 ばく 状 況 計 画 的 被 ばく 状 況 への 移 行 の 考 え 方 63 第 5 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 について 64 (1) 緊 急 事 態 区 分 及 び 緊 急 時 に 講 ずべき 防 護 措 置 64 (2) 緊 急 事 態 区 分 を 判 断 する 基 準 65 (3) 原 子 力 災 害 対 策 重 点 区 域 66 (4) 緊 急 時 モニタリング 67 (5) 原 子 力 災 害 事 前 対 策 67 第 6 今 後 原 子 力 規 制 委 員 会 で 検 討 を 行 うべき 課 題 67 第 7 結 び 68

4 前 文 < 目 的 趣 旨 > 本 指 針 は 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 156 号 以 下 原 災 法 という ) 第 6 条 の2 第 1 項 に 基 づき 原 子 力 事 業 者 ( 原 災 法 第 2 条 第 3 号 に 規 定 する 者 をいう 以 下 同 じ ) 指 定 行 政 機 関 の 長 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関 の 長 地 方 公 共 団 体 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関 その 他 の 者 が 原 子 力 災 害 対 策 を 円 滑 に 実 施 するために 定 めるものである 本 指 針 の 目 的 は 国 民 の 生 命 及 び 身 体 の 安 全 を 確 保 することが 最 も 重 要 であるという 観 点 から 緊 急 事 態 における 原 子 力 施 設 周 辺 の 住 民 等 に 対 する 放 射 線 の 影 響 を 最 小 限 に 抑 える 防 護 措 置 を 確 実 なものとすることにある この 目 的 を 達 成 するため 本 指 針 は 原 子 力 事 業 者 国 地 方 公 共 団 体 等 が 原 子 力 災 害 対 策 に 係 る 計 画 を 策 定 する 際 や 当 該 対 策 を 実 施 する 際 等 において 科 学 的 客 観 的 判 断 を 支 援 するために 以 下 の 基 本 的 な 考 え 方 を 踏 まえ 専 門 的 技 術 的 事 項 等 について 定 めるものである 住 民 の 視 点 に 立 った 防 災 計 画 を 策 定 すること 災 害 が 長 期 にわたる 場 合 も 考 慮 して 継 続 的 に 情 報 を 提 供 する 体 系 を 構 築 すること 最 新 の 国 際 的 知 見 を 積 極 的 に 取 り 入 れる 等 計 画 の 立 案 に 使 用 する 判 断 基 準 等 が 常 に 最 適 なものになるよう 見 直 しを 行 うこと < 対 象 > 本 指 針 の 対 象 は 核 原 料 物 質 核 燃 料 物 質 及 び 原 子 炉 の 規 制 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 第 166 号 以 下 炉 規 法 という )に 規 定 された 原 子 力 施 設 ( 原 災 法 の 対 象 となるものに 限 る )の 原 子 力 災 害 及 び 核 燃 料 物 質 等 の 輸 送 時 の 原 子 力 災 害 とする < 過 去 の 経 緯 > 原 子 力 安 全 委 員 会 は 原 子 力 発 電 所 等 の 周 辺 における 防 災 活 動 をより 円 滑 に 実 施 するための 専 門 的 技 術 的 事 項 として 原 子 力 施 設 等 の 防 災 対 策 について ( 以 下 旧 指 針 という )をとりまとめてきた 平 成 23 年 3 月 に 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 が 起 こり 従 来 の 原 子 力 防 災 について 多 くの 問 題 点 が 明 らかとなった 平 成 24 年 3 月 に 原 子 力 安 全 委 員 会 の 原 子 力 施 設 等 防 災 専 門 部 会 防 災 指 針 検 討 ワーキンググループから 原 子 力 施 設 等 の 防 災 対 策 について の 見 直 しに 関 する 考 え 方 について 中 間 とりまとめ ( 以 下 中 間 とりまとめ という )が 報 告 された また 国 会 政 府 民 間 の 各 事 故 調 査 委 員 会 による 各 報 告 書 の 中 においても 多 くの 問 題 点 が 指 摘 され 住 民 等 の 視 点 を 踏 まえた 対 応 の 欠 如 複 合 災 害 や 過 酷 事 象 への 対 策 を 含 む 教 1

5 育 訓 練 の 不 足 緊 急 時 の 情 報 提 供 体 制 の 不 備 避 難 計 画 や 資 機 材 等 の 事 前 準 備 の 不 足 各 種 対 策 の 意 思 決 定 の 不 明 確 さ 等 に 関 する 見 直 しに ついても 多 数 の 提 言 がされた 平 成 24 年 9 月 18 日 を 以 て 原 子 力 安 全 委 員 会 は 廃 止 され 同 年 9 月 19 日 に 原 子 力 規 制 委 員 会 及 び 事 務 局 である 原 子 力 規 制 庁 が 発 足 し た 本 指 針 は 上 記 の 旧 指 針 及 び 中 間 とりまとめの 内 容 を 精 査 し さらに 上 記 の 各 事 故 調 査 委 員 会 からの 報 告 等 を 考 慮 した 上 で 定 めたもので ある 第 1 原 子 力 災 害 (1) 原 子 力 災 害 及 び 原 子 力 事 業 者 の 責 任 原 子 力 災 害 とは 原 子 力 施 設 の 事 故 等 に 起 因 する 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 異 常 な 放 出 により 生 じる 被 害 を 意 味 する 原 災 法 においては 原 子 力 施 設 外 における 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 が 一 定 の 水 準 を 超 えた 場 合 には 原 子 力 緊 急 事 態 ( 原 災 法 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 原 子 力 緊 急 事 態 をいう 以 下 同 じ )に 該 当 するものとされ 緊 急 事 態 応 急 対 策 が 講 じられる また 原 子 力 事 業 者 が 災 害 の 原 因 である 事 故 等 の 収 束 に 一 義 的 な 責 任 を 有 すること 及 び 原 子 力 災 害 対 策 について 大 きな 責 務 を 有 している ことを 認 識 する 必 要 がある (2) 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 形 態 及 び 被 ばくの 経 路 原 子 力 災 害 対 策 を 的 確 に 実 施 するためには 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 の 形 態 及 び 住 民 等 の 生 命 又 は 身 体 に 危 険 を 及 ぼすこととなる 被 ば くの 経 路 について 理 解 しておく 必 要 がある 1 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 (ⅰ) 原 子 炉 施 設 で 想 定 される 放 射 性 物 質 の 放 出 形 態 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 ( 以 下 原 子 炉 施 設 という )においては 多 重 の 物 理 的 防 護 壁 が 設 けられているが これらの 防 護 壁 が 機 能 し 2

6 ない 場 合 は 放 射 性 物 質 が 周 辺 環 境 に 放 出 される その 際 大 気 へ 放 出 の 可 能 性 がある 放 射 性 物 質 としては 気 体 状 のクリプトンやキセノン 等 の 放 射 性 希 ガス 揮 発 性 の 放 射 性 ヨウ 素 気 体 中 に 浮 遊 する 微 粒 子 ( 以 下 エアロゾル という ) 等 の 放 射 性 物 質 がある これらは 気 体 状 又 は 粒 子 状 の 物 質 を 含 んだ 空 気 の 一 団 ( 以 下 プルーム という )となり 移 動 距 離 が 長 くなる 場 合 は 拡 散 により 濃 度 は 低 くなる 傾 向 があるものの 風 下 方 向 の 広 範 囲 に 影 響 が 及 ぶ 可 能 性 がある また 特 に 降 雨 雪 がある 場 合 には 地 表 に 沈 着 し 長 期 間 留 まる 可 能 性 が 高 い さらに 土 壌 や 瓦 礫 等 に 付 着 する 場 合 や 冷 却 水 に 溶 ける 場 合 があり それらの 飛 散 や 流 出 には 特 別 な 留 意 が 必 要 である 実 際 平 成 23 年 3 月 に 発 生 した 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 においては 格 納 容 器 の 一 部 の 封 じ 込 め 機 能 の 喪 失 溶 融 炉 心 から 発 生 した 水 素 の 爆 発 による 原 子 炉 建 屋 の 損 傷 等 の 結 果 放 射 性 セシウム 等 の 放 射 性 物 質 が 大 量 に 大 気 環 境 に 放 出 された また 炉 心 冷 却 に 用 いた 冷 却 水 に 多 量 の 放 射 性 物 質 が 含 まれて 海 に 流 出 した したがって 事 故 による 放 出 形 態 は 必 ずしも 単 一 的 なものではなく 複 合 的 であることを 十 分 考 慮 する 必 要 がある (ⅱ) 核 燃 料 施 設 で 想 定 される 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 形 態 (イ) 火 災 爆 発 等 による 放 射 性 物 質 の 放 出 核 燃 料 施 設 においては 火 災 爆 発 漏 えい 等 によって 当 該 施 設 からウランやプルトニウム 等 がエアロゾルとして 放 出 されることが 考 え られる これらの 放 射 性 物 質 は 上 記 (ⅰ)と 同 様 にプルームとなって 放 出 拡 散 される フィルタを 通 して 放 出 された 場 合 には 気 体 状 の 物 質 とほぼ 同 様 に 振 る 舞 うと 考 えられる ただし 爆 発 等 によりフィルタを 通 さずに 放 出 された 場 合 には 粗 い 粒 子 状 の 放 射 性 物 質 が 多 く なる (ロ) 臨 界 事 故 による 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 臨 界 事 故 が 発 生 した 場 合 核 分 裂 反 応 によって 生 じた 核 分 裂 生 成 物 の 放 出 に 加 え 反 応 によって 中 性 子 線 及 びガンマ 線 が 発 生 する 遮 へ い 効 果 が 十 分 な 場 所 で 発 生 した 場 合 は 放 射 線 の 影 響 は 無 視 できるが 効 果 が 十 分 でない 場 合 は 中 性 子 線 及 びガンマ 線 に 対 する 防 護 が 必 要 である なお 防 護 措 置 の 実 施 に 当 たっては 中 性 子 線 及 びガンマ 線 の 放 射 線 量 は 発 生 源 からの 距 離 のほぼ 二 乗 に 反 比 例 して 減 少 する 点 も 考 慮 することが 必 要 である 3

7 2 被 ばくの 経 路 被 ばくの 経 路 には 大 きく 外 部 被 ばく と 内 部 被 ばく の2 種 類 がある これらは 複 合 的 に 起 こり 得 ることから 原 子 力 災 害 対 策 の 実 施 に 当 たっては 双 方 を 考 慮 する 必 要 がある (ⅰ) 外 部 被 ばく 外 部 被 ばくとは 体 外 にある 放 射 線 源 から 放 射 線 を 受 けることである (ⅱ) 内 部 被 ばく 内 部 被 ばくとは 放 射 性 物 質 を 吸 入 経 口 摂 取 等 により 体 内 に 取 り 込 み 体 内 にある 放 射 線 源 から 放 射 線 を 受 けることである (3) 原 子 力 災 害 の 特 殊 性 原 子 力 災 害 では 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 放 出 という 特 有 の 事 象 が 生 じる したがって 原 子 力 災 害 対 策 の 実 施 に 当 たっては 以 下 のよう な 原 子 力 災 害 の 特 殊 性 を 理 解 する 必 要 がある 原 子 力 災 害 が 発 生 した 場 合 には 被 ばくや 汚 染 により 復 旧 復 興 作 業 が 極 めて 困 難 となることから 原 子 力 災 害 そのものの 発 生 又 は 拡 大 の 防 止 が 極 めて 重 要 であること 放 射 線 測 定 器 を 用 いることにより 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 存 在 は 検 知 できるが その 影 響 をすぐに 五 感 で 感 じることができないこと 平 時 から 放 射 線 についての 基 本 的 な 知 識 と 理 解 を 必 要 とすること 原 子 力 に 関 する 専 門 的 知 識 を 有 する 機 関 の 役 割 当 該 機 関 による 指 示 助 言 等 が 極 めて 重 要 であること 放 射 線 被 ばくの 影 響 は 被 ばくから 長 時 間 経 過 した 後 に 現 れる 可 能 性 があるので 住 民 等 に 対 して 事 故 発 生 時 から 継 続 的 に 健 康 管 理 等 を 実 施 することが 重 要 であること ただし 情 報 連 絡 住 民 等 の 屋 内 退 避 避 難 被 災 者 の 生 活 に 対 する 支 援 等 の 原 子 力 災 害 対 策 の 実 施 については 一 般 的 な 防 災 対 策 との 共 通 性 又 は 類 似 性 があるため これらを 活 用 した 対 応 のほうが 効 率 的 かつ 実 効 的 である したがって 原 子 力 災 害 対 策 は 上 記 の 特 殊 性 を 考 慮 しつつ 一 般 災 害 と 全 く 独 立 した 災 害 対 策 を 講 じるのではなく 一 般 的 な 災 害 対 策 と 連 携 して 対 応 していく 必 要 がある 4

8 (4) 放 射 線 被 ばくの 防 護 措 置 の 基 本 的 考 え 方 原 子 力 災 害 が 発 生 した 場 合 には 上 記 (3)で 述 べた 原 子 力 災 害 の 特 殊 性 を 踏 まえた 上 で 住 民 等 に 対 する 放 射 線 被 ばくの 防 護 措 置 を 講 じ ることが 最 も 重 要 である 基 本 的 考 え 方 としては 国 際 放 射 線 防 護 委 員 会 等 の 勧 告 特 にPublication や 国 際 原 子 力 機 関 (International Atomic Energy Agency 以 下 IAEA という )のGS-R-2 等 の 原 則 にのっとり 住 民 等 の 被 ばく 線 量 を 最 小 限 に 抑 えると 同 時 に 被 ばくを 直 接 の 要 因 としない 健 康 等 への 影 響 も 抑 えることが 必 要 である 第 2 原 子 力 災 害 事 前 対 策 (1) 原 子 力 災 害 事 前 対 策 の 基 本 的 考 え 方 原 子 力 施 設 においては 原 子 力 災 害 の 発 生 を 未 然 に 防 止 するため 炉 規 法 原 災 法 等 に 基 づき 原 子 力 災 害 予 防 対 策 が 講 じられる しかし 原 子 力 災 害 予 防 対 策 を 講 じているにもかかわらず 原 子 力 災 害 が 発 生 した 場 合 には 原 子 力 事 業 者 国 地 方 公 共 団 体 等 が 住 民 の 健 康 生 活 基 盤 及 び 環 境 への 影 響 を 事 態 の 段 階 に 応 じた 最 適 な 方 法 で 緩 和 し 影 響 を 受 けた 地 域 が 可 能 な 限 り 早 く 通 常 の 社 会 的 経 済 的 な 活 動 に 復 帰 できるよう 様 々な 行 動 をとらなければならない これらの 行 動 が 事 態 の 段 階 に 応 じて 有 効 に 機 能 するためには 平 時 から 適 切 な 緊 急 時 の 計 画 の 整 備 を 行 い 訓 練 等 によって 実 行 できる ように 準 備 を 十 分 に 行 っておく 必 要 がある (2) 緊 急 事 態 における 防 護 措 置 実 施 の 基 本 的 考 え 方 1 緊 急 事 態 の 段 階 緊 急 事 態 においては 事 態 の 進 展 に 応 じて 関 係 者 が 共 通 の 認 識 に 基 づき 意 思 決 定 を 行 うことが 重 要 である すなわち 緊 急 事 態 への 対 応 の 状 況 を 準 備 段 階 初 期 対 応 段 階 中 期 対 応 段 階 復 旧 段 階 に 区 分 し 各 段 階 の 対 応 の 詳 細 について 検 討 しておくことが 有 効 である 準 備 段 階 では 原 子 力 事 業 者 国 地 方 公 共 団 体 等 がそれぞれの 行 動 計 画 を 策 定 して 関 係 者 に 周 知 するとともに これを 訓 練 等 で 検 証 評 価 し 改 善 する 必 要 がある 初 期 対 応 段 階 では 情 報 が 限 られた 中 でも 放 射 線 被 ばくによる 確 定 的 影 響 を 回 避 するとともに 確 率 的 影 響 のリスクを 最 小 限 に 抑 え 5

9 るため 迅 速 な 防 護 措 置 等 の 対 応 を 行 う 必 要 がある 中 期 対 応 段 階 では 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 の 影 響 を 適 切 に 管 理 することが 求 められ 環 境 放 射 線 モニタリングや 解 析 により 放 射 線 状 況 を 十 分 に 把 握 し それに 基 づき 初 期 対 応 段 階 で 実 施 した 防 護 措 置 の 変 更 解 除 や 長 期 にわたる 防 護 措 置 の 検 討 を 行 う 必 要 がある 復 旧 段 階 では その 段 階 への 移 行 期 に 策 定 した 被 災 した 地 域 の 長 期 的 な 復 旧 策 の 計 画 に 基 づき 通 常 の 社 会 的 経 済 的 活 動 への 復 帰 の 支 援 を 行 う 必 要 がある 2 緊 急 事 態 の 初 期 対 応 段 階 における 防 護 措 置 の 考 え 方 上 記 1のうち 初 期 対 応 段 階 においては 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 の 教 訓 を 踏 まえ 放 射 性 物 質 の 放 出 開 始 前 から 必 要 に 応 じた 防 護 措 置 を 講 じなければならない このため IAEA 等 が 定 める 防 護 措 置 の 枠 組 みの 考 え 方 を 踏 まえて 以 下 のように 初 期 対 応 段 階 において 施 設 の 状 況 に 応 じて 緊 急 事 態 の 区 分 を 決 定 し 予 防 的 防 護 措 置 を 実 行 するとともに 観 測 可 能 な 指 標 に 基 づき 緊 急 時 防 護 措 置 を 迅 速 に 実 行 できるような 意 思 決 定 の 枠 組 みを 構 築 する (ⅰ) 緊 急 事 態 区 分 及 び 緊 急 時 活 動 レベル(EAL) (イ) 基 本 的 な 考 え 方 緊 急 事 態 の 初 期 対 応 段 階 においては 情 報 収 集 により 事 態 を 把 握 し 原 子 力 施 設 の 状 況 や 当 該 施 設 からの 距 離 等 に 応 じ 防 護 措 置 の 準 備 やその 実 施 等 を 適 切 に 進 めることが 重 要 である このような 対 応 を 実 現 するため 以 下 のとおり 原 子 力 施 設 の 状 況 に 応 じて 緊 急 事 態 を 警 戒 事 態 施 設 敷 地 緊 急 事 態 及 び 全 面 緊 急 事 態 の3つに 区 分 し 各 区 分 における 原 子 力 事 業 者 国 及 び 地 方 公 共 団 体 のそれぞれが 果 たす べき 役 割 を 明 らかにする 緊 急 事 態 区 分 と 主 要 な 防 護 措 置 の 枠 組 みについては 表 1の 前 段 にまとめる また 図 1に 全 面 緊 急 事 態 に 至 っ た 場 合 の 対 応 の 流 れを 記 載 する ただし これらの 事 態 は ここに 示 されている 区 分 の 順 序 のとおりに 発 生 するものでなく 事 態 の 進 展 に よっては 全 面 緊 急 事 態 に 至 るまでの 時 間 的 間 隔 がない 場 合 等 があり 得 ることに 留 意 すべきである 警 戒 事 態 : 警 戒 事 態 は その 時 点 では 公 衆 への 放 射 線 による 影 響 やそのおそれが 緊 急 のものではないが 原 子 力 施 設 における 異 常 事 象 の 発 生 又 はそ のおそれがあるため 情 報 収 集 や 緊 急 時 モニタリング( 放 射 性 物 質 若 しくは 放 射 線 の 異 常 な 放 出 又 はそのおそれがある 場 合 に 実 施 する 環 6

10 境 放 射 線 モニタリングをいう 以 下 同 じ )の 準 備 施 設 敷 地 緊 急 事 態 要 避 難 者 ( 避 難 の 実 施 に 通 常 以 上 の 時 間 がかかり かつ 避 難 の 実 施 により 健 康 リスクが 高 まらない 要 配 慮 者 ( 災 害 対 策 基 本 法 第 8 条 第 2 項 第 15 号 に 定 める 要 配 慮 者 をいう 以 下 同 じ ) 安 定 ヨウ 素 剤 を 事 前 配 布 されていない 者 及 び 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 が 不 適 切 な 者 のうち 施 設 敷 地 緊 急 事 態 において 早 期 の 避 難 等 の 防 護 措 置 の 実 施 が 必 要 な 者 をいう 以 下 同 じ )の 避 難 等 の 防 護 措 置 の 準 備 を 開 始 する 必 要 がある 段 階 である この 段 階 では 原 子 力 事 業 者 は 警 戒 事 態 に 該 当 する 事 象 の 発 生 及 び 施 設 の 状 況 について 直 ちに 国 に 連 絡 しなければならない 国 は 原 子 力 事 業 者 の 情 報 を 基 に 警 戒 事 態 の 発 生 の 確 認 を 行 い 遅 滞 なく 地 方 公 共 団 体 公 衆 等 に 対 する 情 報 提 供 を 行 わなければならない 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 原 子 力 施 設 の 近 傍 のPAZ((3)2(ⅰ)(イ)で 述 べるPAZをいう 以 下 同 じ ) 内 において 実 施 に 比 較 的 時 間 を 要 する 防 護 措 置 の 準 備 に 着 手 しなければならない 施 設 敷 地 緊 急 事 態 : 施 設 敷 地 緊 急 事 態 は 原 子 力 施 設 において 公 衆 に 放 射 線 による 影 響 をもたらす 可 能 性 のある 事 象 が 生 じたため 原 子 力 施 設 周 辺 において 緊 急 時 に 備 えた 避 難 等 の 主 な 防 護 措 置 の 準 備 を 開 始 する 必 要 がある 段 階 である この 段 階 では 原 子 力 事 業 者 は 施 設 敷 地 緊 急 事 態 に 該 当 する 事 象 の 発 生 及 び 施 設 の 状 況 について 直 ちに 国 及 び 地 方 公 共 団 体 に 通 報 しな ければならない 国 は 施 設 敷 地 緊 急 事 態 の 発 生 の 確 認 を 行 い 遅 滞 なく 地 方 公 共 団 体 公 衆 等 に 対 する 情 報 提 供 を 行 わなければならな い 国 地 方 公 共 団 体 及 び 原 子 力 事 業 者 は 緊 急 時 モニタリングの 実 施 等 により 事 態 の 進 展 を 把 握 するため 情 報 収 集 の 強 化 を 行 うとともに 主 にPAZ 内 において 基 本 的 にすべての 住 民 等 を 対 象 とした 避 難 等 の 予 防 的 防 護 措 置 を 準 備 し また 施 設 敷 地 緊 急 事 態 要 避 難 者 を 対 象 とした 避 難 を 実 施 しなければならない 全 面 緊 急 事 態 : 全 面 緊 急 事 態 は 原 子 力 施 設 において 公 衆 に 放 射 線 による 影 響 をもたらす 可 能 性 が 高 い 事 象 が 生 じたため 確 定 的 影 響 を 回 避 し 確 率 的 影 響 のリスクを 低 減 する 観 点 から 迅 速 な 防 護 措 置 を 実 施 する 必 要 がある 段 階 である この 段 階 では 原 子 力 事 業 者 は 全 面 緊 急 事 態 に 該 当 する 事 象 の 発 生 及 び 施 設 の 状 況 について 直 ちに 国 及 び 地 方 公 共 団 体 に 通 報 しなけれ ばならない 国 は 全 面 緊 急 事 態 の 発 生 の 確 認 を 行 い 遅 滞 なく 地 方 公 共 団 体 公 衆 等 に 対 する 情 報 提 供 を 行 わなければならない 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は PAZ 内 において 基 本 的 にすべての 住 民 等 を 対 象 に 避 難 や 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 等 の 予 防 的 防 護 措 置 を 講 じなければな らない また 事 態 の 規 模 時 間 的 な 推 移 に 応 じて UPZ((3)2(ⅰ)(ロ)で 述 べるUPZをいう 以 下 同 じ ) 内 においても P 7

11 AZ 内 と 同 様 避 難 等 の 予 防 的 防 護 措 置 を 講 じる 必 要 がある (ロ) 具 体 的 な 基 準 これらの 緊 急 事 態 区 分 に 該 当 する 状 況 であるか 否 かを 原 子 力 事 業 者 が 判 断 するための 基 準 として 原 子 力 施 設 における 深 層 防 護 を 構 成 す る 各 層 設 備 の 状 態 放 射 性 物 質 の 閉 じ 込 め 機 能 の 状 態 外 的 事 象 の 発 生 等 の 原 子 力 施 設 の 状 態 等 に 基 づき 緊 急 時 活 動 レベル(Emergency Action Level 以 下 EAL という )を 設 定 する 各 発 電 用 原 子 炉 の 特 性 及 び 立 地 地 域 の 状 況 に 応 じたEALの 設 定 については 原 子 力 規 制 委 員 会 が 示 すEALの 枠 組 みに 基 づき 原 子 力 事 業 者 が 行 う なお 原 子 力 規 制 委 員 会 が 示 すEALの 枠 組 みの 内 容 は 表 2の 通 りである (ハ) 今 後 の 検 討 等 今 後 原 子 力 事 業 者 は 原 子 力 規 制 委 員 会 が 示 す 表 2のEALの 枠 組 みに 基 づき 各 発 電 用 原 子 炉 の 特 性 及 び 立 地 地 域 の 状 況 に 応 じたEAL の 設 定 を 検 討 し その 結 果 を 原 子 力 事 業 者 防 災 業 務 計 画 に 反 映 して 原 子 力 規 制 委 員 会 に 届 け 出 なければならない 原 子 力 規 制 委 員 会 は 必 要 に 応 じて 原 子 力 事 業 者 防 災 業 務 計 画 の 作 成 又 は 修 正 を 命 ずることができる なお 発 電 用 原 子 炉 以 外 の 緊 急 事 態 区 分 及 びEALの 枠 組 みについては 今 後 原 子 力 規 制 委 員 会 において 検 討 し 本 指 針 に 記 載 する (ⅱ) 運 用 上 の 介 入 レベル(OIL) (イ) 基 本 的 な 考 え 方 全 面 緊 急 事 態 に 至 った 場 合 には 住 民 等 への 被 ばくの 影 響 を 回 避 する 観 点 から 基 本 的 には 上 記 (ⅰ)の 施 設 の 状 況 に 基 づく 判 断 により 避 難 等 の 予 防 的 防 護 措 置 を 講 じることが 極 めて 重 要 であるが 放 射 性 物 質 の 放 出 後 は その 拡 散 により 比 較 的 広 い 範 囲 において 空 間 放 射 線 量 率 等 の 高 い 地 点 が 発 生 する 可 能 性 がある このような 事 態 に 備 え 国 地 方 公 共 団 体 及 び 原 子 力 事 業 者 は 緊 急 時 モニタリングを 迅 速 に 行 い その 測 定 結 果 を 防 護 措 置 を 実 施 すべき 基 準 に 照 らして 必 要 な 措 置 の 判 断 を 行 い これを 実 施 することが 必 要 となる こうした 対 応 の 流 れについては 図 1 及 び 表 1の 後 段 にまとめる 放 射 性 物 質 の 放 出 後 高 い 空 間 放 射 線 量 率 が 計 測 された 地 域 においては 被 ばくの 影 響 をできる 限 り 低 減 する 観 点 から 数 時 間 から1 日 以 内 に 住 民 等 について 避 難 等 の 緊 急 防 護 措 置 を 講 じなければならない また それと 比 較 して 低 い 空 間 放 射 線 量 率 が 計 測 された 地 域 におい 8

12 ても 無 用 な 被 ばくを 回 避 する 観 点 から 1 週 間 以 内 に 一 時 移 転 等 の 早 期 防 護 措 置 を 講 じなければならない これらの 措 置 を 講 じる 場 合 に は 国 からの 指 示 に 基 づき 避 難 住 民 等 に 対 し 防 護 措 置 を 実 施 すべき 基 準 以 下 であるか 否 かを 確 認 する 検 査 ( 以 下 避 難 退 域 時 検 査 と いう )の 結 果 から 簡 易 除 染 ( 着 替 え 拭 き 取 り 簡 易 除 染 剤 やシャワーの 利 用 等 ) 等 の 措 置 を 講 じるようにしなければならない さらに 経 口 摂 取 等 による 内 部 被 ばくを 回 避 する 観 点 から 一 時 移 転 等 を 講 じる 地 域 では 地 域 生 産 物 の 摂 取 を 制 限 しなければならない また 飲 食 物 中 の 放 射 性 核 種 濃 度 の 測 定 を 開 始 すべき 範 囲 を 数 日 以 内 に 空 間 放 射 線 量 率 に 基 づいて 特 定 するとともに 当 該 範 囲 において 飲 食 物 中 の 放 射 性 核 種 濃 度 の 測 定 を 開 始 し その 濃 度 に 応 じて 飲 食 物 摂 取 制 限 を 継 続 的 に 講 じなければならない (ロ) 具 体 的 な 基 準 と 防 護 措 置 の 内 容 これらの 防 護 措 置 の 実 施 を 判 断 する 基 準 として 空 間 放 射 線 量 率 や 環 境 試 料 中 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 等 の 原 則 計 測 可 能 な 値 で 表 される 運 用 上 の 介 入 レベル(Operational Intervention Level 以 下 OIL という )を 設 定 する 防 護 措 置 を 実 施 する 国 及 び 地 方 公 共 団 体 にお いては 緊 急 時 モニタリングの 結 果 をOILに 照 らして 防 護 措 置 の 実 施 範 囲 を 定 めるなどの 具 体 的 手 順 をあらかじめ 検 討 し 決 めておく 必 要 がある 各 種 防 護 措 置 に 対 応 するOILの 初 期 設 定 値 として 設 定 した 内 容 を 表 3にまとめる 同 表 の 値 は 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 の 際 に 実 施 された 防 護 措 置 の 状 況 や 教 訓 を 踏 まえて 実 効 的 な 防 護 措 置 を 実 施 する 判 断 基 準 として 適 当 か 否 かなどという 観 点 から 当 面 運 用 できるものとして 設 定 したものである (ハ) 今 後 の 検 討 等 本 来 IAEAでは まず 緊 急 時 に 住 民 等 を 最 適 に 防 護 するための 基 準 ( 包 括 的 判 断 基 準 )を 定 め そこからOILを 導 出 することとし ている このため 我 が 国 としても 今 後 IAEAからOILの 導 出 に 係 る 情 報 が 公 表 され 我 が 国 におけるOILの 検 討 に 必 要 となる 環 境 が 整 った 際 には 上 記 の 導 出 の 考 え 方 を 考 慮 して 包 括 的 判 断 基 準 からOILを 算 出 し 今 回 設 定 したOILの 見 直 しを 検 討 する また OILの 初 期 設 定 値 は 緊 急 事 態 の 特 性 が 初 期 設 定 値 の 条 件 と 異 なる 場 合 は 変 更 することが 望 ましい OILの 初 期 設 定 値 の 変 更 の 在 り 方 や 放 射 線 以 外 の 人 体 への 影 響 も 踏 まえた 総 合 的 な 判 断 に 基 づくOILの 設 定 についても 検 討 する さらに 今 後 IAEA 等 の 国 際 機 関 による 防 護 措 置 の 体 系 の 検 討 状 況 も 踏 まえ 必 要 に 応 じて 本 指 針 の 改 定 を 行 う 9

13 ( ( ) 表 1 原 子 力 事 業 者 国 地 方 公 共 団 体 が 採 ることを 想 定 される 措 置 等 (1/2) 注 ) 本 イメージは 各 主 体 の 一 般 的 な 行 動 を 例 示 しており 各 地 域 においては 地 域 の 特 性 等 に 応 じて 防 護 措 置 に 係 る 各 主 体 の 行 動 をとることとする PAZ(~ 概 ね5km) UPZ( 概 ね5~30km) UPZ 外 ( 概 ね30km~) 防 護 措 置 や 協 力 などが 必 要 と 判 断 された 範 囲 に 限 る 事 原 業 子 者 力 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 防 護 措 置 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 防 護 措 置 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 要 員 参 集 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 構 築 国 へ 通 報 敷 地 境 界 のモニタリン グ 防 護 措 置 - 警 戒 事 態 要 員 参 集 公 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 共 地 構 築 団 方 体 住 民 等 への 情 報 伝 達 平 常 時 モニタリングの 強 化 避 難 要 員 参 集 要 配 慮 者 等 の 避 難 準 備 情 報 収 集 連 絡 体 制 の ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 構 築 保 等 ) - 平 常 時 モニタリングの 強 化 - 要 員 参 集 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 構 築 - - 避 難 要 配 慮 者 等 の 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 ) への 協 力 国 要 員 参 集 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 構 築 現 地 派 遣 の 準 備 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 準 備 避 難 自 治 体 に 要 配 慮 者 等 の 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 )を 指 示 自 治 体 への 参 集 要 請 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 準 備 - 自 治 体 への 参 集 要 請 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 緊 急 時 モニタリングの 準 備 のための 調 整 避 難 自 治 体 に 要 配 慮 者 等 の 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 )への 協 力 を 要 請 緊 急 事 態 区 分 原 災 法 1 0 急 条 事 の 態 通 に 報 施 該 す設 当 べ敷 す き 地 る 基 緊 場 準 急 合 を事 を 採 態 除 用 く ) た だ し 全 面 緊 事 原 業 子 者 力 要 員 追 加 参 集 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 敷 地 境 界 のモニタリン グ 要 員 追 加 参 集 国 及 び 他 の 自 治 体 に 応 援 要 請 公 共 地 団 方 体 国 事 原 業 子 者 力 要 員 追 加 参 集 現 地 派 遣 の 実 施 現 地 追 加 派 遣 の 準 備 住 民 等 への 情 報 伝 達 今 後 の 情 報 について 住 民 等 への 注 意 喚 起 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 緊 急 時 モニタリングの 実 施 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 緊 急 時 モニタリングの 指 示 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 要 員 追 加 参 集 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 敷 地 境 界 のモニタリン グ - - 避 難 要 配 慮 者 等 の 避 難 の 実 施 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 ) 安 定 ヨウ 素 剤 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 準 備 ( 配 布 等 ) 避 難 自 治 体 に 要 配 慮 者 等 の 避 難 の 実 施 を 指 示 自 治 体 に 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 )を 指 示 安 定 ヨウ 素 剤 自 治 体 に 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 準 備 ( 配 布 等 )を 指 示 要 員 参 集 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 構 築 自 治 体 へ 通 報 住 民 等 への 情 報 伝 達 今 後 の 情 報 について 住 民 等 への 注 意 喚 起 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 自 治 体 へ 通 報 緊 急 時 モニタリングの 実 施 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 緊 急 時 モニタリングの 指 示 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 屋 内 退 避 屋 内 退 避 準 備 屋 内 退 避 自 治 体 に 屋 内 退 避 準 備 を 指 示 要 員 参 集 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 構 築 住 民 等 への 情 報 伝 達 今 後 の 情 報 について 住 民 等 への 注 意 喚 起 自 治 体 への 参 集 要 請 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 緊 急 時 モニタリングの 準 備 及 び 支 援 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 準 備 及 び 支 援 - 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 避 難 要 配 慮 者 等 の 避 難 受 入 れ 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 )への 協 力 - 避 難 自 治 体 に 要 配 慮 者 等 の 避 難 受 入 れを 要 請 自 治 体 に 避 難 準 備 ( 避 難 先 輸 送 手 段 の 確 保 等 )への 協 力 を 要 請 - 原 災 法 1 の 5 基 全 条 準 面 の を 緊 原 採 急 子 用 事 力 態 緊 急 事 態 宣 言 公 共 地 団 方 体 国 要 員 追 加 参 集 住 民 等 への 情 報 伝 達 平 常 時 モニタリングで 設 避 難 置 されているモニタリング 避 難 の 実 施 ポストによる 測 定 要 員 追 加 参 集 現 地 追 加 派 遣 の 実 施 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 緊 急 時 モニタリングの 指 示 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 安 定 ヨウ 素 剤 住 民 等 への 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 指 示 避 難 自 治 体 に 避 難 の 実 施 ( 移 動 が 困 難 な 者 の 一 時 退 避 を 含 む)を 指 示 安 定 ヨウ 素 剤 自 治 体 に 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 を 指 示 国 及 び 他 の 自 治 体 に 応 援 要 請 現 地 追 加 派 遣 の 準 備 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 住 民 等 への 情 報 伝 達 緊 急 時 モニタリングの 実 施 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 緊 急 時 モニタリングの 指 示 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 屋 内 退 避 要 員 参 集 屋 内 退 避 の 実 施 情 報 収 集 連 絡 体 制 の 安 定 ヨウ 素 剤 構 築 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 準 備 ( 配 布 等 ) 防 護 措 置 基 準 に 基 づく 防 護 措 置 へ の 対 応 避 難 一 時 移 転 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 準 備 ( 避 難 一 時 移 転 先 輸 送 手 段 当 該 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 場 所 の 確 保 等 ) 屋 内 退 避 自 治 体 に 屋 内 退 避 の 実 施 を 指 示 安 定 ヨウ 素 剤 自 治 体 に 安 定 ヨウ 素 剤 の 服 用 準 備 ( 配 布 等 )を 指 示 防 護 措 置 基 準 に 基 づく 防 護 措 置 へ の 対 応 自 治 体 に 避 難 一 時 移 転 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 準 備 ( 避 難 一 時 移 転 先 輸 送 手 段 当 該 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 場 所 の 確 保 等 )を 指 示 住 民 等 への 情 報 伝 達 自 治 体 への 参 集 要 請 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 - 避 難 等 避 難 等 の 受 入 れ 防 護 措 置 基 準 に 基 づく 防 護 措 置 への 対 応 避 難 一 時 移 転 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 準 備 ( 避 難 一 時 移 転 先 輸 送 手 段 当 該 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 場 所 の 確 保 等 )への 協 力 避 難 等 自 治 体 に 避 難 等 の 受 入 れを 要 請 防 護 措 置 基 準 に 基 づく 防 護 措 置 への 対 応 自 治 体 に 避 難 一 時 移 転 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 準 備 ( 避 難 一 時 移 転 先 輸 送 手 段 当 該 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 場 所 の 確 保 等 )への 協 力 を 要 請 10

14 原 子 力 事 業 者 国 地 方 公 共 団 体 が 採 ることを 想 定 される 措 置 等 (2/2) 注 ) 本 イメージは 各 主 体 の 一 般 的 な 行 動 を 例 示 しており 各 地 域 においては 地 域 の 特 性 等 に 応 じて 防 護 措 置 に 係 る 各 主 体 の 行 動 をとることとする PAZ(~ 概 ね5km) 1 UPZ( 概 ね5~30km) UPZ 外 ( 概 ね30km~) 事 原 業 子 者 力 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 防 護 措 置 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 防 護 措 置 体 制 整 備 情 報 提 供 モニタリング 防 護 措 置 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 O I L 1 公 共 地 団 方 体 住 民 等 への 情 報 伝 達 緊 急 時 モニタリングの 実 施 避 難 避 難 の 実 施 避 難 ( 近 ) 避 難 の 実 施 避 難 ( 遠 ) 避 難 の 受 入 れ 国 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 避 難 避 難 範 囲 の 決 定 自 治 体 に 避 難 の 実 施 ( 移 動 が 困 難 な 者 の 一 時 退 避 を 含 む)を 指 示 - 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 - 避 難 避 難 範 囲 の 決 定 ( 近 ) 自 治 体 に 避 難 の 実 施 を 指 示 避 難 ( 遠 ) 自 治 体 に 避 難 受 入 れを 要 請 飲 食 物 に 係 る ス ク リー ニ ン グ 基 準 事 原 業 子 者 力 公 共 地 団 方 体 国 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 住 民 等 への 情 報 伝 達 緊 急 時 モニタリングの 実 施 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 飲 食 物 摂 取 制 限 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 飲 食 物 摂 取 制 限 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 すべき 範 囲 の 決 定 自 治 体 に 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 を 指 示 - - 住 民 等 への 情 報 伝 達 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 - 飲 食 物 摂 取 制 限 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 すべき 範 囲 の 決 定 自 治 体 に 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 を 指 示 - - 事 原 業 子 者 力 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 - 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 へ の 協 力 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 への 協 力 O I L O I L 4 公 共 地 団 方 体 住 民 等 への 情 報 伝 達 - 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 実 施 - 住 民 等 への 情 報 伝 達 - 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 への 協 力 国 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 - 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 指 示 - 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 - 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 避 難 退 域 時 検 査 及 び 簡 易 除 染 の 指 示 事 原 業 子 者 力 国 及 び 自 治 体 へ 通 報 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 - O I L 2 公 共 地 団 方 体 住 民 等 への 情 報 伝 達 緊 急 時 モニタリングの 実 施 一 時 移 転 一 時 移 転 の 実 施 - 住 民 等 への 情 報 伝 達 - 一 時 移 転 ( 近 ) 一 時 移 転 の 実 施 一 時 移 転 ( 遠 ) 一 時 移 転 の 受 入 れ 国 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 一 時 移 転 一 時 移 転 範 囲 の 決 定 自 治 体 に 一 時 移 転 の 実 施 を 指 示 - 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 モニタリング 情 報 の 収 集 分 析 緊 急 時 モニタリングの 実 施 及 び 支 援 一 時 移 転 一 時 移 転 範 囲 の 決 定 ( 近 ) 自 治 体 に 一 時 移 転 の 実 施 を 指 示 一 時 移 転 ( 遠 ) 自 治 体 に 一 時 移 転 の 受 入 れを 要 請 O I L 6 事 原 業 子 者 力 公 共 地 団 方 体 国 住 民 等 への 情 報 伝 達 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 を 実 施 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 飲 食 物 摂 取 制 限 飲 食 物 摂 取 制 限 の 実 施 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 飲 食 物 摂 取 制 限 の 濃 度 測 定 結 果 の 収 集 摂 取 制 限 品 目 の 決 定 分 析 自 治 体 に 飲 食 物 摂 取 制 限 の 実 施 を 個 別 の 放 射 性 物 質 の 濃 指 示 - 度 測 定 を 実 施 - 住 民 等 への 情 報 伝 達 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 を 実 施 自 治 体 への 情 報 提 供 報 道 機 関 等 を 通 じた 情 報 提 供 飲 食 物 摂 取 制 限 飲 食 物 摂 取 制 限 の 実 施 個 別 品 目 の 放 射 性 物 質 飲 食 物 摂 取 制 限 の 濃 度 測 定 結 果 の 収 集 摂 取 制 限 品 目 の 決 定 分 析 自 治 体 に 飲 食 物 摂 取 制 限 の 実 施 を 指 示 個 別 の 放 射 性 物 質 の 濃 度 測 定 を 実 施 - 1 緊 急 事 態 区 分 の 全 面 緊 急 事 態 においてPAZ 内 は 避 難 を 実 施 していることが 前 提 11

15 放 射 性 物 質 の 放 出 前 全 面 緊 急 事 態 数 時 間 以 内 数 時 間 以 内 PAZ 内 避 難 安 定 ヨウ 素 剤 プラントの 状 況 悪 化 に 応 じて 段 階 的 に 実 施 緊 急 時 モニタリ ング 避 難 安 定 ヨウ 素 剤 OIL1 超 図 1 UPZ 内 屋 内 退 避 緊 急 時 モニタリング ( 汚 染 範 囲 の 特 定 ) 防 護 措 置 実 施 のフローの 例 UPZ 外 プラントの 状 況 悪 化 に 応 じて 段 階 的 に 実 施 屋 内 退 避 の 注 意 喚 起 屋 内 退 避 緊 急 時 モニタリング ( 汚 染 範 囲 の 特 定 ) 放 出 の 通 報 または 検 知 により 開 始 避 難 避 難 退 域 時 検 査 OIL4 超 放 射 性 物 質 の 放 出 後 1 日 以 内 数 日 以 内 OIL2 超 1 飲 食 物 スクリーニ ング 基 準 超 OIL2 超 1 飲 食 物 スクリーニ ング 基 準 超 飲 食 物 放 射 能 濃 度 測 定 簡 易 除 染 等 OIL6 超 飲 食 物 摂 取 制 限 1 週 間 以 内 一 時 移 転 一 時 移 転 避 難 退 域 時 検 査 OIL4 超 簡 易 除 染 等 1 月 以 内 1 OIL2の 基 準 値 を 超 えた 際 には 併 せ て 地 域 生 産 物 の 摂 取 を 制 限 する 12

16 1. 沸 騰 水 型 軽 水 炉 ( 実 用 発 電 用 のものに 限 り 規 制 法 第 64 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 特 定 原 子 力 施 設 として 指 定 され 同 条 第 4 項 の 規 定 により 平 成 24 年 11 月 15 日 においてその 旨 を 公 示 された 原 子 炉 施 設 ( 以 下 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 原 子 炉 施 設 という )のうち 1 号 炉 2 号 炉 3 号 炉 及 び4 号 炉 を 除 く )に 係 る 原 子 炉 施 設 ( 原 子 炉 容 器 内 に 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 しない 場 合 を 除 く ) 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 運 転 中 に 原 子 炉 保 護 回 路 の1チャンネルから 原 子 炉 停 止 信 号 が 発 信 され その 状 態 が 一 定 時 間 継 続 された 場 合 において 当 該 原 子 炉 停 止 信 号 が 発 信 された 原 因 を 特 定 できないこと 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 保 安 規 定 で 定 められた 数 値 を 超 える 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 起 こり 定 められた 時 間 内 に 定 められた 措 置 を 実 施 できないこと 3 原 子 炉 の 運 転 中 に 当 該 原 子 炉 への 全 ての 給 水 機 能 が 喪 失 すること 4 原 子 炉 の 運 転 中 に 主 復 水 器 による 当 該 原 子 炉 から 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 当 該 原 子 炉 から 残 留 熱 を 除 去 する 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 5 全 ての 非 常 用 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が1 系 統 のみとなった 場 合 で 当 該 母 線 への 電 気 の 供 給 が1つの 電 源 のみとな り その 状 態 が15 分 以 上 継 続 すること 又 は 外 部 電 源 喪 失 が3 時 間 以 上 継 続 すること 6 原 子 炉 の 停 止 中 に 当 該 原 子 炉 容 器 内 の 水 位 が 水 位 低 設 定 値 まで 低 下 すること 7 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 一 定 の 水 位 まで 低 下 すること 8 原 子 炉 制 御 室 その 他 の 箇 所 からの 原 子 炉 の 運 転 や 制 御 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じること 9 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 一 部 の 機 能 が 喪 失 すること 10 重 要 区 域 において 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 に 基 づき 原 子 力 事 業 者 が 作 成 すべき 原 子 力 事 業 者 防 災 業 務 計 画 等 に 関 する 命 令 ( 平 成 24 年 文 部 科 学 省 経 済 産 業 省 令 第 4 号 ) 第 2 条 第 2 項 第 8 号 に 規 定 する 安 全 上 重 要 な 構 築 物 系 統 又 は 機 器 ( 以 下 安 全 機 器 等 という )の 機 能 の 一 部 が 喪 失 するおそれがあること 11 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 すること 表 2 各 緊 急 事 態 区 分 を 判 断 するEALの 枠 組 みについて 12 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 13 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 14 東 海 地 震 注 意 情 報 が 発 表 された 場 合 ( 浜 岡 原 子 力 発 電 所 のみ) 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 13

17 15 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 16 当 該 原 子 炉 施 設 において 新 規 制 基 準 で 定 める 設 計 基 準 を 超 える 外 部 事 象 が 発 生 した 場 合 ( 竜 巻 洪 水 台 風 火 山 等 ) 17 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 14

18 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 運 転 中 に 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 の 作 動 を 必 要 とする 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 発 生 すること 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 当 該 原 子 炉 への 全 ての 給 水 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 全 ての 非 常 用 の 炉 心 冷 却 装 置 ( 当 該 原 子 炉 へ 高 圧 で 注 水 する 系 に 限 る )による 注 水 ができないこと 3 原 子 炉 の 運 転 中 に 主 復 水 器 による 当 該 原 子 炉 から 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 当 該 原 子 炉 から 残 留 熱 を 除 去 する 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 4 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が30 分 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 ( 平 成 25 年 原 子 力 規 制 委 員 会 規 則 第 5 号 ) 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 ( 平 成 25 年 原 子 力 規 制 委 員 会 規 則 第 6 号 ) 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 5 分 以 上 ) 継 続 すること 5 非 常 用 直 流 母 線 が 一 となった 場 合 において 当 該 直 流 母 線 に 電 気 を 供 給 する 電 源 が 一 となる 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 6 原 子 炉 の 停 止 中 に 当 該 原 子 炉 容 器 内 の 水 位 が 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 ( 当 該 原 子 炉 へ 低 圧 で 注 水 する 系 に 限 る )が 作 動 す る 水 位 まで 低 下 すること 7 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 を 維 持 できないこと 又 は 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 維 持 できていないおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 測 定 できないこと 8 原 子 炉 制 御 室 の 環 境 が 悪 化 し 原 子 炉 の 制 御 に 支 障 が 生 じること 又 は 原 子 炉 若 しくは 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 9 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 全 ての 機 能 が 喪 失 す ること 10 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 11 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 の 上 昇 率 が 一 定 時 間 にわたって 通 常 の 運 転 及 び 停 止 中 において 想 定 される 上 昇 率 を 超 えること 12 原 子 炉 の 炉 心 ( 以 下 単 に 炉 心 という )の 損 傷 が 発 生 していない 場 合 において 炉 心 の 損 傷 を 防 止 するために 原 子 炉 格 納 容 器 圧 力 逃 がし 装 置 を 使 用 すること 13 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 等 の 避 難 準 備 及 び 早 期 に 実 施 が 必 要 な 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 う 15

19 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 若 しくは 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれ がある 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 すること 14 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 15 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 16

20 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 非 常 停 止 が 必 要 な 場 合 において 制 御 棒 の 挿 入 により 原 子 炉 を 停 止 することができないこと 又 は 停 止 したこ とを 確 認 することができないこと 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 の 作 動 を 必 要 とする 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 発 生 した 場 合 において 全 ての 非 常 用 の 炉 心 冷 却 装 置 による 当 該 原 子 炉 への 注 水 ができないこと 3 原 子 炉 の 運 転 中 に 当 該 原 子 炉 への 全 ての 給 水 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 全 ての 非 常 用 の 炉 心 冷 却 装 置 による 当 該 原 子 炉 への 注 水 ができないこと 4 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 が 当 該 格 納 容 器 の 設 計 上 の 最 高 使 用 圧 力 又 は 最 高 使 用 温 度 に 達 すること 5 原 子 炉 の 運 転 中 に 主 復 水 器 による 当 該 原 子 炉 から 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 当 該 原 子 炉 から 残 留 熱 を 除 去 する 全 ての 機 能 が 喪 失 したときに 原 子 炉 格 納 容 器 の 圧 力 抑 制 機 能 が 喪 失 すること 6 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が1 時 間 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 30 分 以 上 ) 継 続 すること 7 全 ての 非 常 用 直 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 8 炉 心 の 損 傷 の 発 生 を 示 す 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 放 射 線 量 を 検 知 すること 9 原 子 炉 の 停 止 中 に 当 該 原 子 炉 容 器 内 の 水 位 が 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 ( 当 該 原 子 炉 へ 低 圧 で 注 水 する 系 に 限 る )が 作 動 する 水 位 まで 低 下 し 当 該 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 が 作 動 しないこと 10 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 から 上 方 2メートルの 水 位 まで 低 下 すること 又 は 当 該 水 位 まで 低 下 しているおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 測 定 できないこと 11 原 子 炉 制 御 室 が 使 用 できなくなることにより 原 子 炉 制 御 室 からの 原 子 炉 を 停 止 する 機 能 及 び 冷 温 停 止 状 態 を 維 持 す る 機 能 が 喪 失 すること 又 は 原 子 炉 施 設 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 12 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがある こと 13 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 うとともに UP Z 及 び 必 要 に 応 じ てそれ 以 遠 の 周 辺 地 域 において 放 射 性 物 質 放 出 後 の 防 護 措 置 実 施 に 備 え た 準 備 を 開 始 する 放 射 性 物 質 放 出 後 は 計 測 される 空 間 放 射 線 量 率 などに 基 づく 防 護 措 置 を 実 施 する 17

21 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 14 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 18

22 2. 加 圧 水 型 軽 水 炉 ( 実 用 発 電 用 のものに 限 る )に 係 る 原 子 炉 施 設 ( 原 子 炉 容 器 内 に 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 しな い 場 合 を 除 く ) 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 運 転 中 に 原 子 炉 保 護 回 路 の 1 チャンネルから 原 子 炉 停 止 信 号 が 発 信 され その 状 態 が 一 定 時 間 継 続 された 場 合 において 当 該 原 子 炉 停 止 信 号 が 発 信 された 原 因 を 特 定 できないこと 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 保 安 規 定 で 定 められた 数 値 を 超 える 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 起 こり 定 められた 時 間 内 に 定 められた 措 置 を 実 施 できないこと 3 原 子 炉 の 運 転 中 に 蒸 気 発 生 器 への 全 ての 主 給 水 が 停 止 した 場 合 において 電 動 補 助 給 水 ポンプ 又 はタービン 動 補 助 給 水 ポンプによる 給 水 機 能 が 喪 失 すること 4 全 ての 非 常 用 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が1 系 統 のみとなった 場 合 で 当 該 母 線 への 電 気 の 供 給 が1つの 電 源 のみとな り その 状 態 が15 分 以 上 継 続 すること 又 は 外 部 電 源 喪 失 が3 時 間 以 上 継 続 すること 5 原 子 炉 の 停 止 中 に1つの 残 留 熱 除 去 系 ポンプの 機 能 が 喪 失 すること 6 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 一 定 の 水 位 まで 低 下 すること 7 原 子 炉 制 御 室 その 他 の 箇 所 からの 原 子 炉 の 運 転 や 制 御 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じること 8 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 一 部 の 機 能 が 喪 失 す ること 9 重 要 区 域 において 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 するおそれがあること 10 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 すること 11 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 12 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 13 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 14 当 該 原 子 炉 施 設 において 新 規 制 基 準 で 定 める 設 計 基 準 を 超 える 外 部 事 象 が 発 生 した 場 合 ( 竜 巻 洪 水 台 風 火 山 等 ) 15 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 19

23 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 運 転 中 に 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 の 作 動 を 必 要 とする 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 発 生 すること 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 蒸 気 発 生 器 への 全 ての 給 水 機 能 が 喪 失 すること 3 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が30 分 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 5 分 以 上 ) 継 続 すること 4 非 常 用 直 流 母 線 が 一 となった 場 合 において 当 該 直 流 母 線 に 電 気 を 供 給 する 電 源 が 一 となる 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 5 原 子 炉 の 停 止 中 に 全 ての 残 留 熱 除 去 系 ポンプの 機 能 が 喪 失 すること 6 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 を 維 持 できないこと 又 は 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 維 持 できていないおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 測 定 できないこと 7 原 子 炉 制 御 室 の 環 境 が 悪 化 し 原 子 炉 の 制 御 に 支 障 が 生 じること 又 は 原 子 炉 若 しくは 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 8 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 全 ての 機 能 が 喪 失 す ること 9 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 10 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 の 上 昇 率 が 一 定 時 間 にわたって 通 常 の 運 転 及 び 停 止 中 において 想 定 される 上 昇 率 を 超 えること 11 炉 心 の 損 傷 が 発 生 していない 場 合 において 炉 心 の 損 傷 を 防 止 するために 原 子 炉 格 納 容 器 圧 力 逃 がし 装 置 を 使 用 するこ と 12 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 若 しくは 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれ がある 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 すること 13 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 等 の 避 難 準 備 及 び 早 期 に 実 施 が 必 要 な 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 う 20

24 14 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 21

25 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 非 常 停 止 が 必 要 な 場 合 において 制 御 棒 の 挿 入 により 原 子 炉 を 停 止 することができないこと 又 は 停 止 したこ とを 確 認 することができないこと 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 の 作 動 を 必 要 とする 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 発 生 した 場 合 において 全 ての 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 による 当 該 原 子 炉 への 注 水 ができないこと 3 原 子 炉 の 運 転 中 に 蒸 気 発 生 器 への 全 ての 給 水 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 全 ての 非 常 用 炉 心 冷 却 装 置 による 当 該 原 子 炉 への 注 水 ができないこと 4 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 が 当 該 格 納 容 器 の 設 計 上 の 最 高 使 用 圧 力 又 は 最 高 使 用 温 度 に 達 すること 5 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が1 時 間 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 30 分 以 上 ) 継 続 すること 6 全 ての 非 常 用 直 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 7 炉 心 の 損 傷 の 発 生 を 示 す 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 放 射 線 量 又 は 原 子 炉 容 器 内 の 出 口 温 度 を 検 知 すること 8 蒸 気 発 生 器 の 検 査 その 他 の 目 的 で 一 時 的 に 原 子 炉 容 器 の 水 位 を 下 げた 状 態 で 当 該 原 子 炉 から 残 留 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 し かつ 燃 料 取 替 用 水 貯 蔵 槽 からの 注 水 ができないこと 9 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 から 上 方 2メートルの 水 位 まで 低 下 すること 又 は 当 該 水 位 まで 低 下 しているおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 測 定 できないこと 10 原 子 炉 制 御 室 が 使 用 できなくなることにより 原 子 炉 制 御 室 からの 原 子 炉 を 停 止 する 機 能 及 び 冷 温 停 止 状 態 を 維 持 す る 機 能 が 喪 失 すること 又 は 原 子 炉 施 設 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 11 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがある こと 12 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 13 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 うとともに UP Z 及 び 必 要 に 応 じ てそれ 以 遠 の 周 辺 地 域 において 放 射 性 物 質 放 出 後 の 防 護 措 置 実 施 に 備 え た 準 備 を 開 始 する 放 射 性 物 質 放 出 後 は 計 測 される 空 間 放 射 線 量 率 などに 基 づく 防 護 措 置 を 実 施 する 22

26 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 23

27 3.ナトリウム 冷 却 型 高 速 炉 ( 規 制 法 第 2 条 第 5 項 に 規 定 する 発 電 用 原 子 炉 に 限 る )に 係 る 原 子 炉 施 設 ( 原 子 炉 容 器 内 に 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 しない 場 合 を 除 く ) 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 全 ての 非 常 用 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が1 系 統 のみとなった 場 合 で 当 該 母 線 への 電 気 の 供 給 が1つの 電 源 のみとな り その 状 態 が15 分 以 上 継 続 すること 又 は 外 部 電 源 喪 失 が3 時 間 以 上 継 続 すること 2 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 一 定 の 水 位 まで 低 下 すること 3 原 子 炉 制 御 室 その 他 の 箇 所 からの 原 子 炉 の 運 転 や 制 御 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じること 4 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 一 部 の 機 能 が 喪 失 す ること 5 重 要 区 域 において 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 するおそれがあること 6 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 する 恐 れがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 障 壁 もしくは 原 子 炉 冷 却 系 障 壁 が 喪 失 すること 7 当 該 原 子 炉 施 設 力 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 8 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 9 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 10 当 該 原 子 炉 施 設 において 新 規 制 基 準 で 定 める 設 計 基 準 を 超 える 外 部 事 象 が 発 生 した 場 合 ( 竜 巻 洪 水 台 風 火 山 等 ) 11 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 力 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 24

28 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 運 転 中 に 原 子 炉 冷 却 材 を 汲 み 上 げる 設 備 の 機 能 を 超 える 原 子 炉 冷 却 材 の 漏 えいが 発 生 すること 2 原 子 炉 の 運 転 中 に 主 冷 却 系 による 当 該 原 子 炉 から 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 した 場 合 において 当 該 原 子 炉 から 残 留 熱 を 除 去 する 機 能 が 喪 失 すること 3 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が30 分 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 ( 平 成 25 年 原 子 力 規 制 委 員 会 規 則 第 9 号 ) 第 58 条 第 1 項 及 び 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 ( 平 成 25 年 原 子 力 規 制 委 員 会 規 則 第 10 号 ) 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 用 しない 場 合 には 5 分 以 上 ) 継 続 すること 4 非 常 用 直 流 母 線 が 一 となった 場 合 において 当 該 直 流 母 線 に 電 気 を 供 給 する 電 源 が 一 となる 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 5 原 子 炉 の 停 止 中 に 原 子 炉 を 冷 却 する 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 6 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 液 位 を 維 持 できないこと 又 は 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 維 持 できていないおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 測 定 できないこと 7 原 子 炉 制 御 室 の 環 境 が 悪 化 し 原 子 炉 の 制 御 に 支 障 が 生 じること 又 は 原 子 炉 若 しくは 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 す る 警 報 装 置 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 8 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 9 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 10 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 の 上 昇 率 が 一 定 時 間 にわたって 通 常 の 運 転 及 び 停 止 中 において 想 定 される 上 昇 率 を 超 えること 11 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがあること 又 は 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 若 しくは 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 するお それがある 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 すること 12 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 等 の 避 難 準 備 及 び 早 期 に 実 施 が 必 要 な 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 う 25

29 13 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 26

30 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 炉 の 非 常 停 止 が 必 要 な 場 合 において 制 御 棒 の 挿 入 ( 電 動 駆 動 による 挿 入 を 除 く )によって 原 子 炉 を 停 止 する ことができないこと 又 は 停 止 したことを 確 認 することができないこと 2 原 子 炉 の 運 転 中 において 原 子 炉 を 冷 却 する 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 3 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 圧 力 又 は 温 度 が 当 該 格 納 容 器 の 設 計 上 の 最 高 使 用 圧 力 又 は 最 高 使 用 温 度 に 達 すること 4 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が1 時 間 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 58 条 第 1 項 及 び 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 30 分 以 上 ) 継 続 すること 5 全 ての 非 常 用 直 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 6 炉 心 の 損 傷 の 発 生 を 示 す 原 子 炉 格 納 容 器 内 の 放 射 線 量 又 は 原 子 炉 容 器 内 の 温 度 を 検 知 すること 7 原 子 炉 の 停 止 中 に 原 子 炉 容 器 内 の 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 露 出 を 示 す 原 子 炉 容 器 内 の 液 位 の 変 化 その 他 の 事 象 を 検 知 する こと 8 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 液 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 から 上 方 2メートルの 液 位 まで 低 下 すること 又 は 当 該 液 位 まで 低 下 しているおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 測 定 できないこと 9 原 子 炉 制 御 室 が 使 用 できなくなることにより 原 子 炉 制 御 室 からの 原 子 炉 を 停 止 する 機 能 及 び 冷 温 停 止 状 態 を 維 持 す る 機 能 が 喪 失 すること 又 は 原 子 炉 施 設 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 10 燃 料 被 覆 管 の 障 壁 及 び 原 子 炉 冷 却 系 の 障 壁 が 喪 失 した 場 合 において 原 子 炉 格 納 容 器 の 障 壁 が 喪 失 するおそれがある こと 11 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 12 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 うとともに UP Z 及 び 必 要 に 応 じ てそれ 以 遠 の 周 辺 地 域 において 放 射 性 物 質 放 出 後 の 防 護 措 置 実 施 に 備 え た 準 備 を 開 始 する 放 射 性 物 質 放 出 後 は 計 測 される 空 間 放 射 線 量 率 などに 基 づく 防 護 措 置 を 実 施 する 27

31 4. 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 原 子 炉 施 設 のうち 1 号 炉 2 号 炉 3 号 炉 及 び4 号 炉 に 係 る 原 子 炉 施 設 ( 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 内 に 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 しない 場 合 を 除 く ) 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 を 維 持 できないこと 又 は 当 該 貯 蔵 槽 の 水 位 を 一 定 時 間 以 上 測 定 できないこと 2 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 3 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 4 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 5 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 力 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 避 難 指 示 区 域 にお いては 一 時 立 入 を 中 止 し 避 難 指 示 区 域 に 一 時 立 入 りし ている 住 民 の 退 去 を 準 備 する 28

32 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 から 上 方 2メートルの 水 位 まで 低 下 すること 2 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 3 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 避 難 指 示 区 域 に 一 時 立 入 している 住 民 の 退 去 を 開 始 す るとともに 避 難 指 示 区 域 でない 区 域 の 住 民 の 屋 内 退 避 を 準 備 する 29

33 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 の 水 位 まで 低 下 すること 2 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 3 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 避 難 指 示 区 域 でな い 区 域 の 住 民 の 屋 内 退 避 を 開 始 する 30

34 5. 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 内 にのみ 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 する 原 子 炉 施 設 (4. 及 び 平 成 27 年 原 子 力 規 制 委 員 会 告 示 第 14 号 において 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 十 分 な 期 間 にわたり 冷 却 されたものとして 原 子 力 規 制 委 員 会 が 定 める 原 子 炉 施 設 を 除 く ) 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 全 ての 非 常 用 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が1 系 統 のみとなった 場 合 で 当 該 母 線 への 電 気 の 供 給 が1つの 電 源 のみとな り その 状 態 が15 分 以 上 継 続 すること 又 は 外 部 電 源 喪 失 が3 時 間 以 上 継 続 すること 2 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 水 位 が 一 定 の 水 位 まで 低 下 すること 3 原 子 炉 制 御 室 その 他 の 箇 所 からの 原 子 炉 の 運 転 や 制 御 に 影 響 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じること 4 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 一 部 の 機 能 が 喪 失 する こと 5 重 要 区 域 において 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 するおそれがあること 6 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 7 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 8 東 海 地 震 注 意 情 報 が 発 表 された 場 合 ( 浜 岡 原 子 力 発 電 所 のみ) 9 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 10 当 該 原 子 炉 施 設 において 新 規 制 基 準 で 定 める 設 計 基 準 を 超 える 外 部 事 象 が 発 生 した 場 合 ( 竜 巻 洪 水 台 風 火 山 等 ) 11 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 力 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 31

35 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が30 分 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 又 は 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 58 条 第 1 項 及 び 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 5 分 以 上 ) 継 続 すること 2 非 常 用 直 流 母 線 が 一 となった 場 合 において 当 該 直 流 母 線 に 電 気 を 供 給 する 電 源 が 一 となる 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 3 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 液 位 を 維 持 できないこと 又 は 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 維 持 できていないおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 測 定 できないこと 4 原 子 炉 制 御 室 の 環 境 が 悪 化 し 原 子 炉 の 制 御 に 支 障 が 生 じること 又 は 原 子 炉 若 しくは 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 す る 警 報 装 置 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 5 原 子 力 事 業 所 内 の 通 信 のための 設 備 又 は 原 子 力 事 業 所 内 と 原 子 力 事 業 所 外 との 通 信 のための 設 備 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 6 火 災 又 は 溢 水 が 発 生 し 安 全 機 器 等 の 機 能 の 一 部 が 喪 失 すること 7 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 8 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 等 の 避 難 準 備 及 び 早 期 に 実 施 が 必 要 な 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 う 32

36 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 全 ての 交 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が1 時 間 以 上 ( 原 子 炉 施 設 に 設 ける 電 源 設 備 が 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 57 条 第 1 項 及 び 実 用 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 又 は 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 位 置 構 造 及 び 設 備 の 基 準 に 関 する 規 則 第 58 条 第 1 項 及 び 研 究 開 発 段 階 発 電 用 原 子 炉 及 びその 附 属 施 設 の 技 術 基 準 に 関 する 規 則 第 72 条 第 1 項 の 基 準 に 適 合 しない 場 合 には 30 分 以 上 ) 継 続 すること 2 全 ての 非 常 用 直 流 母 線 からの 電 気 の 供 給 が 停 止 し かつ その 状 態 が5 分 以 上 継 続 すること 3 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 の 液 位 が 照 射 済 燃 料 集 合 体 の 頂 部 から 上 方 2メートルの 液 位 まで 低 下 すること 又 は 当 該 液 位 まで 低 下 しているおそれがある 場 合 において 当 該 貯 蔵 槽 の 液 位 を 測 定 できないこと 4 原 子 炉 制 御 室 が 使 用 できなくなることにより 原 子 炉 制 御 室 からの 原 子 炉 を 停 止 する 機 能 及 び 冷 温 停 止 状 態 を 維 持 す る 機 能 が 喪 失 すること 又 は 原 子 炉 施 設 に 異 常 が 発 生 した 場 合 において 原 子 炉 制 御 室 に 設 置 する 原 子 炉 施 設 の 状 態 を 表 示 する 装 置 若 しくは 原 子 炉 施 設 の 異 常 を 表 示 する 警 報 装 置 の 全 ての 機 能 が 喪 失 すること 5 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 6 その 他 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 うとともに UP Z 及 び 必 要 に 応 じ てそれ 以 遠 の 周 辺 地 域 において 放 射 性 物 質 放 出 後 の 防 護 措 置 実 施 に 備 え た 準 備 を 開 始 する 放 射 性 物 質 放 出 後 は 計 測 される 空 間 放 射 線 量 率 などに 基 づく 防 護 措 置 を 実 施 する 33

37 6. 原 子 炉 (1.~5.に 掲 げる 原 子 炉 を 除 く )に 係 る 原 子 炉 施 設 原 子 炉 容 器 内 に 核 燃 料 物 質 が 存 在 しない 場 合 であって 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 内 に 新 燃 料 のみが 保 管 されて いる 原 子 炉 に 係 る 原 子 炉 施 設 平 成 27 年 原 子 力 規 制 委 員 会 告 示 第 14 号 において 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 十 分 な 期 間 冷 却 されているものとして 原 子 力 規 制 委 員 会 が 定 める 原 子 炉 施 設 東 京 電 力 株 式 会 社 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 原 子 炉 施 設 のうち 1 号 炉 2 号 炉 3 号 炉 及 び4 号 炉 に 係 る 原 子 炉 施 設 ( 使 用 済 燃 料 貯 蔵 槽 内 に 照 射 済 燃 料 集 合 体 が 存 在 しない 場 合 に 限 る) 等 警 戒 事 態 を 判 断 するEAL 1 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 において 震 度 6 弱 以 上 の 地 震 が 発 生 した 場 合 2 当 該 原 子 炉 施 設 等 立 地 道 府 県 沿 岸 において 大 津 波 警 報 が 発 令 された 場 合 3 オンサイト 統 括 補 佐 が 警 戒 を 必 要 と 認 める 当 該 原 子 炉 施 設 の 重 要 な 故 障 等 が 発 生 した 場 合 4 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 力 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあることを 認 知 した 場 合 など 委 員 長 又 は 委 員 長 代 行 が 警 戒 本 部 の 設 置 が 必 要 と 判 断 した 場 合 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 体 制 構 築 や 情 報 収 集 を 行 い 住 民 防 護 のための 準 備 を 開 始 する 34

38 施 設 敷 地 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 10 条 に 基 づく 通 報 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 2 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすおそれがあること 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 において 緊 急 事 態 に 備 えた 防 護 措 置 の 準 備 及 び 防 護 措 置 の 一 部 の 実 施 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 すること 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 等 の 避 難 準 備 及 び 早 期 に 実 施 が 必 要 な 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 う 35

39 全 面 緊 急 事 態 を 判 断 するEAL 1 原 子 力 事 業 所 の 区 域 の 境 界 付 近 等 において 原 災 法 第 15 条 に 基 づく 緊 急 事 態 宣 言 の 判 断 基 準 として 政 令 等 で 定 める 基 準 以 上 の 放 射 線 量 又 は 放 射 性 物 質 が 検 出 された 場 合 ( 事 業 所 外 運 搬 に 係 る 場 合 を 除 く ) 2 原 子 炉 施 設 以 外 に 起 因 する 事 象 が 原 子 炉 施 設 に 影 響 を 及 ぼすこと 等 放 射 性 物 質 又 は 放 射 線 が 異 常 な 水 準 で 原 子 力 事 業 所 外 へ 放 出 され 又 は 放 出 されるおそれがあり 原 子 力 事 業 所 周 辺 の 住 民 の 避 難 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 が 発 生 するこ と 緊 急 事 態 区 分 にお ける 措 置 の 概 要 PAZ 内 の 住 民 避 難 等 の 防 護 措 置 を 行 うとともに UP Z 及 び 必 要 に 応 じ てそれ 以 遠 の 周 辺 地 域 において 放 射 性 物 質 放 出 後 の 防 護 措 置 実 施 に 備 え た 準 備 を 開 始 する 放 射 性 物 質 放 出 後 は 計 測 される 空 間 放 射 線 量 率 などに 基 づく 防 護 措 置 を 実 施 する 36

40 表 3 OILと 防 護 措 置 について 基 準 の 種 類 基 準 の 概 要 初 期 設 定 値 1 防 護 措 置 の 概 要 OIL1 地 表 面 からの 放 射 線 再 浮 遊 した 放 射 数 時 間 内 を 目 途 に 区 域 を 特 定 緊 急 防 護 措 置 OIL4 性 物 質 の 吸 入 不 注 意 な 経 口 摂 取 によ る 被 ばく 影 響 を 防 止 するため 住 民 等 を 数 時 間 内 に 避 難 や 屋 内 退 避 等 させ るための 基 準 不 注 意 な 経 口 摂 取 皮 膚 汚 染 からの 外 部 被 ばくを 防 止 するため 除 染 を 講 じ 500μSv/h 2 ( 地 上 1mで 計 測 した 場 合 の 空 間 放 射 線 量 率 ) β 線 :40,000 cpm 3 ( 皮 膚 から 数 cmでの 検 出 器 の 計 数 率 ) し 避 難 等 を 実 施 ( 移 動 が 困 難 な 者 の 一 時 屋 内 退 避 を 含 む) 避 難 又 は 一 時 移 転 の 基 準 に 基 づ いて 避 難 等 した 避 難 者 等 に 避 難 るための 基 準 β 線 :13,000cpm 4 1ヶ 月 後 の 値 退 域 時 検 査 を 実 施 して 基 準 を ( 皮 膚 から 数 cmでの 検 出 器 の 計 数 率 ) 超 える 際 は 迅 速 に 簡 易 除 染 等 を 実 施 早 期 防 護 措 置 OIL2 地 表 面 からの 放 射 線 再 浮 遊 した 放 射 性 物 質 の 吸 入 不 注 意 な 経 口 摂 取 によ る 被 ばく 影 響 を 防 止 するため 地 域 生 5 産 物 の 摂 取 を 制 限 するとともに 住 民 等 を1 週 間 程 度 内 に 一 時 移 転 させる 20μSv/h 2 ( 地 上 1mで 計 測 した 場 合 の 空 間 放 射 線 量 率 ) 1 日 内 を 目 途 に 区 域 を 特 定 し 地 域 生 産 物 の 摂 取 を 制 限 すると ともに 1 週 間 程 度 内 に 一 時 移 転 を 実 施 ための 基 準 飲 食 物 に 係 る OIL6による 飲 食 物 の 摂 取 制 限 を 数 日 内 を 目 途 に 飲 食 物 中 の 放 射 スクリーニング 判 断 する 準 備 として 飲 食 物 中 の 放 射 0.5μSv/h 6 性 核 種 濃 度 を 測 定 すべき 区 域 を 飲 食 物 摂 取 制 限 9 基 準 OIL6 性 核 種 濃 度 測 定 を 実 施 すべき 地 域 を 特 定 する 際 の 基 準 経 口 摂 取 による 被 ばく 影 響 を 防 止 す るため 飲 食 物 の 摂 取 を 制 限 する 際 の 基 準 ( 地 上 1mで 計 測 した 場 合 の 空 間 放 射 線 量 率 2 ) 7 核 種 飲 料 水 牛 乳 乳 製 品 野 菜 類 穀 類 肉 卵 魚 その 他 放 射 性 ヨウ 素 300Bq/kg 2,000Bq/kg 8 放 射 性 セシウム 200Bq/kg 500Bq/kg 特 定 1 週 間 内 を 目 途 に 飲 食 物 中 の 放 射 性 核 種 濃 度 の 測 定 と 分 析 を 行 い 基 準 を 超 えるものにつき 摂 取 制 限 を 迅 速 に 実 施 プルトニウム 及 び 超 ウラ ン 元 素 のアルファ 核 種 1Bq/kg 10Bq/kg ウラン 20Bq/kg 100Bq/kg 37

<8B9E93738E73926E88E696688DD08C7689E68CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF495D28169967B95D2816A3236303332302E786264>

<8B9E93738E73926E88E696688DD08C7689E68CB48E7197CD8DD08A5191CE8DF495D28169967B95D2816A3236303332302E786264> 京 都 市 地 域 防 災 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 平 成 26 年 3 月 20 日 京 都 市 防 災 会 議 京 都 市 地 域 防 災 計 画 昭 和 38 年 3 月 14 日 制 定 平 成 3 年 7 月 1 日 修 正 昭 和 39 年 8 月 3 日 修 正 平 成 4 年 6 月 25 日 修 正 昭 和 40 年 8 月 13 日 修 正 平 成 5 年 6

More information

目 次 第 1 章 総 則 4 第 1 節 計 画 の 目 的 4 第 2 節 計 画 の 性 格 4 第 3 節 計 画 の 周 知 徹 底 5 第 4 節 計 画 の 作 成 又 は 修 正 に 際 し 尊 重 するべき 指 針 5 第 5 節 計 画 の 基 礎 とするべき 災 害 の 想 定

目 次 第 1 章 総 則 4 第 1 節 計 画 の 目 的 4 第 2 節 計 画 の 性 格 4 第 3 節 計 画 の 周 知 徹 底 5 第 4 節 計 画 の 作 成 又 は 修 正 に 際 し 尊 重 するべき 指 針 5 第 5 節 計 画 の 基 礎 とするべき 災 害 の 想 定 新 旧 対 照 表 旧 計 画 ( 修 正 前 ) 修 正 案 備 考 丸 数 字 は 青 森 県 地 域 防 災 計 画 修 正 の 概 要 の 1. 修 正 の 概 要 に 対 応 青 森 県 地 域 防 災 計 画 青 森 県 地 域 防 災 計 画 - 原 子 力 編 - - 原 子 力 編 - ( 平 成 25 年 2 月 25 日 修 正 ) ( 平 成 26 年 月 日 修 正 ) 青

More information

風 水 害 対 策 編 ( 土 砂 災 害 対 策 計 画 ) 新 旧 対 照 表 各 区 役 所 1 区 域 内 の 災 害 の 収 集 伝 達 に 関 すること 2 市 民 への 避 難 の 伝 達 に 関 すること 3 地 域 ( 支 援 母 体 )への 避 難 の 伝 達 に 関 すること

風 水 害 対 策 編 ( 土 砂 災 害 対 策 計 画 ) 新 旧 対 照 表 各 区 役 所 1 区 域 内 の 災 害 の 収 集 伝 達 に 関 すること 2 市 民 への 避 難 の 伝 達 に 関 すること 3 地 域 ( 支 援 母 体 )への 避 難 の 伝 達 に 関 すること 風 水 害 対 策 編 ( 本 編 ) 新 旧 対 照 表 配 備 の 種 類 配 備 基 準 配 備 職 員 活 動 内 容 警 戒 体 制 (1) 札 幌 市 に 大 雨 洪 水 又 は 暴 風 に 関 する 気 象 警 報 等 が 発 表 さ れた 場 合 (2) 札 幌 市 に 大 雨 洪 水 又 は 強 風 に 関 する 気 象 業 務 法 施 行 令 第 4 条 に 規 定 する 気 象

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

大阪府地域防災計画(原子力災害対策)

大阪府地域防災計画(原子力災害対策) 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 - 27 - - 28 - 原 子 力 災 害 対 策 第 3 章 緊 急 事 態 応 急 対 策 第 1 節 基 本 方 針 本 章 は 原 子 力 事 業 者 から 警 戒 事 象 又 は 特 定 事 象 の 通 報 があった 場 合 の 対 応 及 び 原 災 法 第 15 条 に 基 づき 原 子 力 緊 急 事 態 宣

More information

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立

資 料 1 委 員 等 名 簿 有 識 者 遠 藤 寛 下 吉 拓 治 本 間 俊 充 丸 山 結 横 山 邦 彦 一 般 財 団 法 人 電 力 中 央 研 究 所 研 究 アドバイザー 九 州 大 学 客 員 教 授 公 益 財 団 法 人 原 子 力 安 全 技 術 センター 参 事 国 立 原 子 力 艦 の 原 子 力 災 害 対 策 マニュアル 検 証 に 係 る 作 業 委 員 会 ( 第 5 回 ) 日 時 : 平 成 28 年 3 月 28 日 ( 月 )13:00~15:00 場 所 : 中 央 合 同 庁 舎 8 号 館 3 階 災 害 対 策 本 部 会 議 室 議 事 次 第 1. 開 会 2. 挨 拶 3. 議 題 (1) 原 子 力 艦 の 移 動 による 影 響

More information

地域防災計画(原子力災害対策編)

地域防災計画(原子力災害対策編) 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 及 び 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 156 号 以 下 原 災 法 という )に 基 づき 島 根 原 子 力 発 電 所 の 原 子 炉 の 運 転 等 ( 加 工 施 設 原 子 炉 貯 蔵 施

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

西 予 市 地 域 防 災 計 画 原 子 力 災 害 対 策 編 平 成 27 年 3 月 西 予 市 防 災 会 議 目 次 原 子 力 災 害 対 策 編 第 1 編 総 論... 1 第 1 章 計 画 の 主 旨 1 第 2 章 原 子 力 災 害 対 策 重 点 区 域 3 第 3 章 緊 急 事 態 区 分 及 び 重 点 区 域 区 分 等 に 応 じ た 防 護 措 置 の 準

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用

されていることから 発 電 所 全 体 の 安 全 性 が 総 合 的 に 確 保 されていると 判 断 し 放 射 性 物 質 の 放 出 が 管 理 され 放 射 線 量 が 大 幅 に 抑 えられている というステ ップ2の 目 標 達 成 と 完 了 を 確 認 した また 今 後 使 用 ステップ2の 完 了 を 受 けた 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 の 見 直 し に 関 する 基 本 的 考 え 方 及 び 今 後 の 検 討 課 題 について 1. はじめに 平 成 23 年 12 月 26 日 原 子 力 災 害 対 策 本 部 ( 警 戒 区 域 及 び 避 難 指 示 区 域 に 関 する 経 緯 及 び 現 状 ) (1) 本 年 3 月 11 日

More information

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11

目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 資 料 3-2 神 奈 川 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 計 画 ) 概 要 目 次 1 計 画 の について 1 2 基 本 的 な 考 え 方 1 3 主 な 事 項 1 ( 別 紙 ) 計 画 の 記 載 項 目 及 び 主 な 内 容 等 3 ( 参 考 ) 原 子 力 災 害 対 策 計 画 とは 11 1 計 画 の について 神 奈 川 県 では 神 奈

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

国民の保護に関する業務計画

国民の保護に関する業務計画 国 民 の 保 護 に 関 する 業 務 計 画 平 成 26 年 12 月 中 部 電 力 株 式 会 社 1 2 目 次 第 1 章 総 則... 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的... 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針... 1 第 3 節 国 が 想 定 する 武 力 攻 撃 事 態 等 における 電 力 供 給 電

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱

1青森県防災ヘリコプター運航管理要綱 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 十 五 日 法 律 第 二 百 三 十 一 号 ) E-1 航 空 法 ( 抜 粋 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 六 年 六 月 一 三 日 法 律 第 七 〇 号 (この 法 律 の 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 国 際 民 間 航 空 条 約 の 規 定 並 びに 同 条 約 の 附 属 書 として 採 択 された 標 準 方 式 及 び 手

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

目  次(風水害等編)

目  次(風水害等編) 大 規 模 事 故 等 編 目 次 ( 大 規 模 事 故 等 編 ) 第 1 章 総 則 第 1 節 基 本 方 針 -------------------------------------------------------1 1 計 画 の 目 的 -----------------------------------------------------1 2 火 災 及 び 交 通 の 主

More information

島 根 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 災 害 対 策 編 ) 平 成 25 年 2 月 島 根 県 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 1 県 の 地 域 に 係 る 原 子 力 災 害 対 策 の 基 本 となる 計 画 1 2 県 地 域 防 災 計 画 における 他 の 災 害 対 策 との 整

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 山 武 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 大 規 模 事 故 体 制 第 1 防 災 体 制 の 確 立 大 規 模 -1 第 2 情 報 収 集 報 告 大 規 模 -2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 大 規 模 -2 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 大 規 模 火 災 対 策 大 規 模 -5 第 1 基 本 方 針

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台)

平成11年度原子力防災訓練について(たたき台) 資 料 4 平 成 26 年 度 福 井 県 原 子 力 防 災 総 合 訓 練 実 施 結 果 1 目 的 福 井 県 原 子 力 防 災 計 画 および 福 井 県 広 域 避 難 計 画 要 綱 に 基 づき 国 県 関 係 市 町 防 災 関 係 機 関 および 地 域 住 民 が 一 体 となった 原 子 力 防 災 訓 練 を 実 施 し 緊 急 時 における 通 信 連 絡 体 制 と

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De

(3) 外 力 のうち 地 震 を 対 象 とした 主 な 評 価 の 実 施 概 況 は 以 下 のとおり ( 全 事 業 所 の 評 価 概 況 は 別 紙 参 照 ) 1 地 震 に 関 する 評 価 が 終 了 した 施 設 ( 建 屋 セル 及 び GB の 除 染 係 数 (DF: De 資 料 5 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 の 安 全 上 重 要 な 施 設 に 関 する 再 評 価 の 状 況 について ( 中 間 報 告 ) 1. 経 緯 平 成 28 年 1 月 27 日 原 子 力 規 制 庁 ⑴ 核 燃 料 物 質 使 用 施 設 については 原 子 炉 等 規 制 法 においてバックフィット 規 定 が 設 けられていないが 安 全 性 の 更 なる 向 上

More information

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ

- 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖 を 震 源 とするマク ニチュート 9.0の 大 地 震 が 発 生 した こ 日 本 の 再 生 に 向 けて - 東 日 本 大 震 災 復 興 への 提 言 - 平 成 23 年 7 月 全 国 知 事 会 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 - 東 日 本 大 震 災 日 本 の 再 生 に 向 けて 復 興 への 提 言 - 東 日 本 大 震 災 復 興 協 力 本 部 平 成 23 年 3 月 11 日 午 後 2 時 46 分 岩 手 県 三 陸 沖

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する

必 要 な 場 合 には 保 安 業 務 の 従 事 者 に 対 して 指 示 することが 想 定 される こうした 職 務 の 実 効 性 を 確 保 する 観 点 から モデル 保 安 業 務 規 程 第 3 条 第 2 項 では 保 安 業 務 監 督 者 に 業 務 を 統 括 管 理 する 資 料 4-4 ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 定 める 際 の 留 意 点 1. 総 論 平 成 28 年 5 月 経 済 産 業 省 ガス 安 全 室 モデル 保 安 業 務 規 程 は ガス 事 業 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 51 号 ) 第 160 条 第 1 項 の 規 定 により ガス 小 売 事 業 者 が 保 安 業 務 規 程 を 作 成 するに

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

2014/6/27 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 長 崎 大 学 電 気 工 作 物 保 安 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 106 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 以 下 法 という ) 第 42 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき, 長 崎 大 学 ( 以 下

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ

直 ちに 飛 行 停 止 飛 行 制 限 その 他 の 適 切 な 措 置 をとるとともに 当 該 措 置 の 内 容 を 防 衛 大 臣 に 報 告 しなければならない 3 幕 僚 長 等 は 第 1 項 又 は 前 項 の 措 置 の 全 部 又 は 一 部 を 解 除 したときは 直 ちに そ 防 衛 庁 訓 令 第 32 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 165 号 ) 第 107 条 第 5 項 の 規 定 に 基 づき 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 平 成 7 年 4 月 17 日 防 衛 庁 長 官 玉 沢 徳 一 郎 航 空 機 の 安 全 性 の 確 保 に 関 する 訓 令 改 正 平 成 19

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 A B AB ( 改 定 率 ) 24 年 度 386,022 381,317 4,705 ( 注 ) 月 例 給 については 県 国 ともに 勧 告 が 福 島 県 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 23 年 度 (23 年 度 末 ) 人 1,991,865 2,231,214,824 A 5,986,441 275,881,976 B 人 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 22 年

More information

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題

高速増殖原型炉「もんじゅ」の保守管理問題 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ の 保 守 管 理 問 題 原 子 力 規 制 委 員 会 の 勧 告 までの 経 緯 環 境 委 員 会 調 査 室 大 嶋 健 志 1. はじめに 平 成 27 年 11 月 13 日 原 子 力 規 制 委 員 会 は 馳 浩 文 部 科 学 大 臣 に 対 して 高 速 増 殖 原 型 炉 もんじゅ に 関 連 して 勧 告 を 行 った この 勧 告

More information

11使用済燃料輸送安対書(案)

11使用済燃料輸送安対書(案) 平 成 26 年 度 伊 方 発 電 所 放 射 性 固 体 廃 棄 物 輸 送 安 全 対 策 書 ( 要 約 ) 平 成 26 年 12 月 愛 媛 県 目 次 1 概 要 1 2 輸 送 物 件 2 3 輸 送 物 の 安 全 対 策 3 4 事 故 発 生 の 未 然 防 止 対 策 5 5 法 令 に 基 づく 輸 送 時 の 安 全 確 認 10 6 安 全 評 価 11 7 結 論 13

More information

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1

札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 ⑴ 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 ( 参 考 ) 歳 出 額 人 件 費 人 件 費 率 区 分 人 口 実 質 収 支 24 年 度 の (A) (B) (B/A) (26 年 1 平 成 26 年 度 札 幌 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 1 2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 4 3 一 般 行 政 職 の 級 別 職 員 数 等 の 状 況 6 4 職 員 の 手 当 の 状 況 8 5 特 別 職 の 報 酬 等 の 状 況 12 6 職 員 数 の 状 況 13 7 公 営 企 業 職 員 の 状 況 (1)

More information

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱

住宅市街地総合整備事業補助金交付要綱 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 16 年 4 月 1 日 国 住 市 第 352 号 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 通 知 最 終 改 正 平 成 25 年 5 月 15 日 国 住 市 第 52 号 第 1 通 則 住 宅 市 街 地 総 合 整 備 事 業 に 係 る 国 の 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 等 に

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災

( 震 災 復 旧 のための 公 共 投 資 の 出 動 ) 震 災 以 降 被 災 3 県 における 公 共 投 資 は 震 災 復 旧 関 連 を 中 心 に 大 きく 増 加 している 公 共 工 事 請 負 金 額 の 前 年 同 期 比 の 推 移 を 第 2-3-2 図 でみると 被 災 第 3 節 復 旧 復 興 に 向 けた 動 き 1. 復 旧 に 向 けた 取 組 ( 被 災 地 における 復 旧 の 進 展 ) 震 災 により 甚 大 な 被 害 を 被 った 各 地 域 では 官 民 一 体 となって 復 旧 作 業 に 懸 命 の 努 力 が 傾 けら れている 52 被 災 3 県 の 沿 岸 市 町 村 における 瓦 礫 撤 去 作 業 は 2011 年 度 末 までに

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20895E97708E77906A939982C982C282A282C481698A65926E90E096BE89EF94C5816A82E6> 改 正 都 市 計 画 法 の 運 用 について 国 土 交 通 省 都 市 地 域 整 備 局 都 市 計 画 課 都 市 計 画 法 改 正 のポイント 2 拡 散 型 から 集 約 型 へ 都 市 に 必 要 な 施 設 を 街 なか に 誘 導 拡 散 型 の 都 市 では 暮 らしにくく 非 効 率 自 動 車 に 過 度 に 依 存 交 通 エネルギー 消 費 量 が 多 い 既 存 ストックが

More information

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共

LGWAN(エルジーワン) 総 合 行 政 ネットワーク( Local Government )の Wide 略 称 Area Network 地 方 公 共 団 体 の 組 織 内 ネットワークを 相 互 に 接 続 し 地 方 公 共 団 体 間 のコミュニケーションの 円 滑 化 情 報 共 参 考 茂 原 市 国 民 保 護 計 画 用 語 集 あ 行 安 定 ヨウ 素 剤 原 子 力 施 設 等 の 事 故 に 備 えて 服 用 するために 調 合 した 放 射 能 をもたないヨウ 素 をいう 被 ばく 前 に 安 定 ヨウ 素 剤 を 服 用 することにより 甲 状 腺 (ヨウ 素 が 濃 集 しやすい )をヨウ 素 で 飽 和 して おくと 被 ばくしても 放 射 性 ヨウ 素

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

洲本市地域防災計画

洲本市地域防災計画 第 1 節 基 本 方 針 総 務 部 消 防 防 災 課 健 康 福 祉 部 健 康 増 進 課 サービス 事 業 所 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 海 上 災 害 が 発 生 した 場 合 における 人 命 救 助 消 火 活 動 流 出 した 重 油 等 への 対 応 付 近 の 船 舶 の 航 行 安 全 措 置 沿 岸 住 民 の 安 全 及 び 漁 業 等 への 被 害

More information

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定)

市街化調整区域の地区計画の判断指針(平成24年2月策定) 市 街 化 調 整 区 域 における 地 区 計 画 の 知 事 同 意 又 は 協 議 にあたっての 判 断 指 針 平 成 24 年 2 月 茨 城 県 土 木 部 都 市 局 都 市 計 画 課 目 次 1 判 断 指 針 策 定 の 趣 旨 1 2 本 判 断 指 針 が 対 象 とする 地 区 計 画 1 3 県 が 判 断 するにあたっての 基 本 方 針 2 4 地 区 計 画 の 対

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

原子力規制委員会 殿

原子力規制委員会 殿 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 平 成 25 年 1 月 29 日 日 本 保 全 学 会 安 全 規 制 関 連 検 討 会 - 新 安 全 基 準 骨 子 ( 案 )に 対 する 規 制 委 員 会 殿 への 確 認 - 目 次 < 本 文 > 1. 趣 旨 1 2. 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 の 教 訓

More information

試験運転全体計画書

試験運転全体計画書 別 紙 1 再 処 施 設 試 験 運 転 全 体 計 画 書 平 成 23 年 10 月 13 日 日 本 原 燃 株 式 会 社 制 定 年 月 日 改 正 箇 所 の 改 正 番 号 または 改 正 項 番 または 年 月 日 頁 改 正 内 容 H14.9.2 新 規 制 定 H16.2.3 1 2 H16.3.16 3 H16.6.10 4 H17.7.5 5 H17.12.21 核 燃

More information

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関

7 前 項 の 委 員 は 再 任 されることができる ( 専 門 委 員 ) 第 4 条 防 災 会 議 に 専 門 の 事 項 を 調 査 させるため 専 門 委 員 を 置 くことができる 2 専 門 委 員 は 関 係 地 方 行 政 機 関 の 職 員 府 の 職 員 町 の 職 員 関 参 考 資 料 -1 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 豊 能 町 防 災 会 議 条 例 昭 和 38 年 6 月 25 日 条 例 第 6 号 改 正 昭 和 53 年 3 月 11 日 条 例 第 12 号 平 成 3 年 9 月 27 日 条 例 第 18 号 昭 和 55 年 7 月 2 日 条 例 第 21 号 平 成 12 年 3 月 30 日 条 例 第 20 号 昭 和 56 年

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について

福島第一原発事故による放射性物質の除染等について 玉 川 村 除 染 実 施 計 画 < 第 2 版 > 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 改 正 の 履 歴 年 月 日 内 容 備 考 平 成 24 年 2 月 10 日 玉 川 村 除 染 計 画 第 1 版 の 策 定 内 閣 府 除 染 に 関 する 緊 急 実 施 基 本 方 針 に 基 づく 除 染 計 画 平 成 24 年 7 月 13 日 玉 川 村 除 染 実 施 計

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務

我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 資 料 1-6 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 概 要 我 が 国 の 原 子 力 損 害 賠 償 制 度 の 枠 組 ( 全 体 像 ) 国 際 的 枠 組 原 子 力 損 害 の 補 完 的 な 補 償 に 関 する 条 約 (CSC) 一 定 額 ( 原 則 3 億 SDR( 約 450 億 円 )) 以 上 の 損 害 賠 償 措 置 の 義 務 付 け 一 定 額

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477>

<8A4A94AD8B9689C290528DB88AEE8F808169955C8E86816A90FC82C882B52E786477> 開 発 許 可 審 査 基 準 平 成 24 年 8 月 春 日 部 市 目 次 総 則 第 01 目 的 1 第 02 法 令 の 略 称 規 定 1 第 03 開 発 行 為 の 定 義 1 都 市 計 画 法 第 29 条 開 発 行 為 の 許 可 3 都 市 計 画 法 第 33 条 開 発 許 可 の 基 準 5 都 市 計 画 法 第 34 条 市 街 化 調 整 区 域 の 許 可

More information

核攻撃等(N攻撃)

核攻撃等(N攻撃) 核 兵 器 攻 撃 ( 放 射 性 物 質 を 用 いた 攻 撃 を 含 む ) 資 料 2-1 国 民 の 保 護 に 関 する 基 本 指 針 ( 基 本 指 針 )における 核 兵 器 攻 撃 の 際 の 避 難 のポイント( 国 民 保 護 室 で 整 理 ) 特 徴 核 爆 発 による 熱 線 爆 風 及 び 初 期 核 放 射 線 によって 被 害 を 受 ける 熱 線 爆 風 などで

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt

Microsoft PowerPoint - ~7426891.ppt 資 料 5 土 地 利 用 計 画 と 農 業 振 興 地 域 制 度 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 平 成 19 年 3 月 農 林 水 産 省 目 次 1 土 地 基 本 法 国 土 利 用 計 画 1 2 農 業 振 興 地 域 制 度 及 び 農 地 転 用 許 可 制 度 の 概 要 4 3 農 業 振 興 地 域 制 度 5 4 農 地 転 用 許 可 制 度 12 5 都

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

Taro-資料編2

Taro-資料編2 建 築 物 の 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 促 進 を 図 るための 基 本 的 な 方 針 平 成 25 年 10 月 29 日 告 示 1055 号 平 成 七 年 一 月 の 阪 神 淡 路 大 震 災 では 地 震 により 六 千 四 百 三 十 四 人 の 尊 い 命 が 奪 われ た このうち 地 震 による 直 接 的 な 死 者 数 は 五 千 五 百 二 人 であり

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464>

< F2D30335F895E97708E77906A C5816A2E6A7464> 国 住 街 第 64 号 平 成 19 年 6 月 20 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 長 建 築 基 準 法 道 路 関 係 規 定 運 用 指 針 の 策 定 について( 技 術 的 助 言 ) 建 築 基 準 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 ( 平 成 19 年 国 土 交 通 省 令 第 66 号 以 下 改 正 省 令 という

More information

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー

動 し 法 の 支 配 を 重 視 することにより 紛 争 の 平 和 的 な 解 決 を 図 らなければ ならない さらに 我 が 国 自 身 の 防 衛 力 を 適 切 に 整 備 維 持 運 用 し 同 盟 国 である 米 国 との 相 互 協 力 を 強 化 するとともに 域 内 外 のパー 国 の 存 立 を 全 うし 国 民 を 守 るための 切 れ 目 のない 安 全 保 障 法 制 の 整 備 について 平 成 26 年 7 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 閣 議 決 定 我 が 国 は 戦 後 一 貫 して 日 本 国 憲 法 の 下 で 平 和 国 家 として 歩 んできた 専 守 防 衛 に 徹 し 他 国 に 脅 威 を 与 えるような 軍 事 大 国

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc

資料3-地域防災計画【基本対策】.doc 資 料 3 基 本 対 策 ( 修 正 案 ) 平 成 26 年 修 正 大 阪 府 防 災 会 議 平 成 26 年 月 日 施 行 但 し 第 183 回 国 会 提 出 災 害 対 策 基 本 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 に 係 る 修 正 部 分 については 同 法 附 則 第 1 条 に 定 める 施 行 の 日 から 施 行 する 総 則 目 次 第 1 節 目 的 等

More information

八街市耐震改修促進計画

八街市耐震改修促進計画 八 街 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 八 街 市 目 次 はじめに -------------------------------------------------- 1 第 1. 計 画 策 定 の 主 旨 -------------------------------------- 3 第 2. 耐 震 診 断 及 び 耐 震 改 修 の 実 施 に 関 する

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information