●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案"

Transcription

1 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七 十 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 目 次 中 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 ( 第 十 五 条 ) を 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 等 ( 第 十 五 条 - 第 十 五 条 の 四 ) に 第 五 章 指 定 暴 力 団 の 代 表 者 等 の 損 害 賠 償 責 任 ( 第 三 十 一 条 - 第 三 十 一 条 の 三 ) 第 六 章 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 及 びれによる 不 当 な 影 響 の 排 除 のための 民 間 活 動 の 促 進 ( 第 三 十 二 条 - 第 三 十 二 条 の 三 ) を 第 五 節 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 等 ( 第 三 十 条 の 六 第 三 十 条 の 七 ) 第 四 章 の 二 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 等 ( 第 三 十 条 の 八 - 第 三 十 条 の 十 二 ) 第 五 章 指 定 暴 力 団 の 代 表 者 等 の 損 害 賠 償 責 任 ( 第 三 十 一 条 - 第 三 十 一 条 の 三 ) 第 六 章 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 国 等 の 責 務 及 び 民 間 活 動 の 促 進 ( 第 三 十 二 条 - 第 三 十 二 条 の 四 ) に 第 五 十 条 を 第 五 十 一 条 に 改 める 第 三 条 第 二 号 イ 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 一 号 を 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 二 号 に 改 める 第 九 条 中 第 十 二 条 の 三 及 び 第 十 二 条 の 五 において を 以 下 に 改 め 同 条 第 四 号 中 次 号 及 び 第 十 二 条 の 二 第 三 号 において を 以 下 に 改 め 同 条 第 五 号 中 顧 客 の 下 に 従 業 者 その 他 の 関 係 者 を いう の 下 に 第 三 十 条 の 六 第 一 項 第 一 号 において 同 じ を 加 え 同 条 第 二 十 号 中 公 共 工 事 を 売 買 等 に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 七 号 とし 同 条 第 十 九 号 中 対 し の 下 に その 者 が 拒 絶 しているにもかかわ らず 自 己 若 しくは 自 己 の 関 係 者 を 当 該 国 等 が 行 う 売 買 等 の 契 約 の 相 手 方 とするとを 要 求 し 又 は を 加 え 公 共 工 事 を 売 買 等 に 前 号 を 第 三 号 第 二 十 三 号 又 は 第 二 十 四 号 に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 六 号 とし 同 条 第 十 八 号 中 公 共 工 事 の を 売 買 等 の 契 約 に 係 る に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 四 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 二 十 五 人 に 対 し 国 等 が 行 う 売 買 等 の 契 約 に 係 る 入 札 について 当 該 入 札 に 参 加 し ないと 又 は 一 定 の 価 格 その 他 の 条 件 をもって 当 該 入 札 に 係 る 申 込 みをするとをみだ りに 要 求 すると 第 九 条 第 十 七 号 中 公 共 工 事 ( 同 法 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 公 共 工 事 をいう 以 下 の 条 において 同 じ )の を 売 買 貸 借 請 負 その 他 の 契 約 ( 以 下 の 条 及 び 第 三 十

2 二 条 第 一 項 において 売 買 等 の 契 約 という )に 係 る に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 三 号 とし 同 条 第 十 六 号 を 同 条 第 二 十 二 号 とし 同 条 第 十 五 号 中 名 あて 人 を 名 宛 人 に 改 め 同 号 ロ 中 含 む の 下 に 第 三 十 二 条 第 一 項 第 三 号 において 同 じ を 加 え 同 号 を 同 条 第 二 十 一 号 とし 同 条 中 第 十 四 号 を 第 二 十 号 とし 第 十 三 号 を 第 十 九 号 とし 第 十 二 号 を 第 十 四 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 四 号 を 加 える 十 五 宅 地 建 物 取 引 業 者 ( 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) 第 二 条 第 三 号 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 をいう 次 号 において 同 じ )に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 宅 地 ( 同 条 第 一 号 に 規 定 する 宅 地 をいう ) 若 しくは 建 物 ( 以 下 の 号 及 び 次 号 において 宅 地 等 という )の 売 買 若 しくは 交 換 をすると 又 は 宅 地 等 の 売 買 交 換 若 しくは 貸 借 の 代 理 若 しくは 媒 介 をすると を 要 求 すると 十 六 宅 地 建 物 取 引 業 者 以 外 の 者 に 対 して 宅 地 等 の 売 買 若 しくは 交 換 をするとをみ だりに 要 求 し 又 は 人 に 対 して 宅 地 等 の 貸 借 をするとをみだりに 要 求 すると 十 七 建 設 業 者 ( 建 設 業 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) 第 二 条 第 三 項 に 規 定 する 建 設 業 者 をいう )に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 建 設 工 事 ( 同 条 第 一 項 に 規 定 する 建 設 工 事 をいう )を 行 うとを 要 求 すると 十 八 集 会 施 設 その 他 不 特 定 の 者 が 利 用 する 施 設 であって 暴 力 団 の 示 威 行 事 ( 暴 力 団 が 開 催 する 行 事 であって 多 数 の 暴 力 団 員 が 参 加 するとにより 当 該 施 設 の 他 の 利 用 者 又 は 付 近 の 住 民 その 他 の 者 に 当 該 暴 力 団 の 威 力 を 示 すととなるものをい う )の 用 に 供 されるおそれが 大 きいものとして 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるもの の 管 理 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 当 該 施 設 を 利 用 させる とを 要 求 すると 第 九 条 中 第 十 一 号 を 第 十 三 号 とし 第 十 号 を 第 十 一 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 二 預 金 又 は 貯 金 の 受 入 れに 係 る 業 務 を 営 む 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにも かかわらず 預 金 又 は 貯 金 の 受 入 れをするとを 要 求 すると 第 九 条 第 九 号 中 に 対 してその 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 有 価 証 券 の 信 用 取 引 ( 同 法 第 百 五 十 六 条 の 二 十 四 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 をいう 以 下 の 号 において 同 じ ) を その 他 の 金 融 商 品 取 引 行 為 ( 同 法 第 三 十 四 条 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 行 為 をいう 以 下 の 号 において 同 じ )に 係 る 業 務 を 営 む 者 に 対 してその 者 が 拒 絶 してい るにもかかわらず 金 融 商 品 取 引 行 為 に 改 め その 他 の 有 価 証 券 の 信 用 取 引 の 下 に ( 同 法 第 百 五 十 六 条 の 二 十 四 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 をいう 以 下 の 号 において 同 じ ) を 加 え 同 号 を 同 条 第 十 号 とし 同 条 中 第 八 号 を 第 九 号 とし 第 七 号 を 第 八 号 とし 第 六 号 の 二 を 第 七 号 とする 第 十 二 条 の 三 中 対 し を 対 して に 又 はその を 若 しくはその に 又 は 唆 してはならない を 若 しくは 唆 し 又 は 人 が 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 所 属 する 指

3 定 暴 力 団 等 若 しくはその 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 をするとを 助 けてはならない に 改 める 第 十 二 条 の 四 第 二 項 中 要 求 依 頼 又 は 唆 し を 規 定 に 違 反 する 行 為 に 改 める 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 二 号 中 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 を 次 のイからハ までのいずれかに 掲 げる 者 に 改 め 同 号 に 次 のように 加 える イ 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 ロ 前 項 各 号 に 掲 げる 者 ( 当 該 指 定 暴 力 団 等 がそれぞれ 当 該 各 号 に 定 める 指 定 暴 力 団 等 である 場 合 に 限 る ) ハ 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 威 力 を 示 すとを 常 習 とする 者 で 前 三 号 のいずれかに 該 当 するもの 第 十 二 条 の 五 第 二 項 中 第 二 号 を 第 四 号 とし 第 一 号 を 第 二 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 三 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 継 続 的 に 又 は 反 復 して 金 品 等 を 贈 与 し 又 は 貸 与 している 者 第 十 二 条 の 五 第 二 項 に 第 一 号 として 次 の 一 号 を 加 える 一 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 でなくなった 日 から 五 年 を 経 過 しない 者 第 十 四 条 第 一 項 中 の 項 及 び 第 三 十 二 条 の 二 第 二 項 第 七 号 において を 削 る 第 三 章 の 章 名 中 使 用 制 限 を 使 用 制 限 等 に 改 める 第 十 五 条 に 見 出 しとして ( 事 務 所 の 使 用 制 限 ) を 付 し 同 条 第 一 項 中 使 用 して の を 使 用 した に の 項 を の 章 に 改 め 管 理 者 という ) の 下 に 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 している 指 定 暴 力 団 員 を 加 え に 供 すると 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 するとを 禁 止 すると を 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 してはならない 旨 に 改 め 後 段 を 削 り 同 条 第 五 項 中 第 三 項 を 第 四 項 に はり 付 けられた を 貼 り 付 けられた に はり 付 けた を 貼 り 付 け た に 基 づき 定 められた を よる 命 令 の に 改 め 同 項 を 同 条 第 六 項 とし 同 条 第 四 項 中 はり 付 けた を 貼 り 付 けた に 基 づき 定 められた 期 限 を よる 命 令 の 期 限 ( 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 以 下 の 条 において 同 じ ) に 同 項 各 号 を 第 一 項 各 号 に 改 め 同 項 を 同 条 第 五 項 と し 同 条 第 三 項 中 管 理 者 の 下 に 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 していた 指 定 暴 力 団 員 を 加 え 同 項 を 第 一 項 に はり 付 ける を 貼 り 付 ける に 改 め 同 項 を 同 条 第 四 項 とし 同 条 第 二 項 中 前 項 を 前 二 項 に 使 用 しての 暴 力 行 為 を 使 用 した 暴 力 行 為 ( 次 条 第 四 項 及 び 第 十 五 条 の 三 第 一 項 において 内 部 抗 争 とい う ) に 同 項 中 を 第 一 項 中 に 改 め 同 項 を 同 条 第 三 項 とし 同 条 第 一 項 の 次 に 次 の 一 項 を 加 える 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 命 令 をした 場 合 において 当 該 命 令 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 命 令 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定

4 めて その 命 令 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 第 三 章 中 第 十 五 条 の 次 に 次 の 三 条 を 加 える ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 ) 第 十 五 条 の 二 指 定 暴 力 団 等 の 相 互 間 に 対 立 が 生 じ 対 立 抗 争 が 発 生 した 場 合 において 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 凶 器 を 使 用 した 暴 力 行 為 が 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 を 加 え る 方 法 によるものであり かつ 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 暴 力 行 為 により 更 に 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられるおそれがあると 認 めるときは 公 安 委 員 会 は 三 月 以 内 の 期 間 及 び 当 該 暴 力 行 為 により 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられると を 防 止 するため 特 に 警 戒 を 要 する 区 域 ( 以 下 の 条 及 び 次 条 において 警 戒 区 域 と いう )を 定 めて 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 するものとする 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 において 当 該 指 定 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 指 定 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて その 指 定 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 警 戒 区 域 を 変 更 するとができる 4 前 三 項 の 規 定 は 一 の 指 定 暴 力 団 等 に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 の 集 団 の 相 互 間 に 対 立 が 生 じ 内 部 抗 争 が 発 生 した 場 合 について 準 用 する の 場 合 において 第 一 項 中 指 定 暴 力 団 等 を とあるのは 集 団 に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 を と 読 み 替 えるものとする 5 公 安 委 員 会 は 第 一 項 ( 前 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 の 条 及 び 第 十 五 条 の 四 第 一 項 において 同 じ )の 規 定 による 指 定 をしたときは 警 戒 区 域 内 に 在 る 当 該 指 定 に 係 る 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 出 入 口 の 見 やすい 場 所 に 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 が 当 該 指 定 を 受 けている 旨 を 告 知 する 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 標 章 を 貼 り 付 けるものとする 公 安 委 員 会 が 第 三 項 ( 前 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 の 条 において 同 じ )の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 をした 場 合 において 新 た に 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれるととなったと きは 当 該 事 務 所 についても 同 様 とする 6 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 標 章 を 貼 り 付 けた 場 合 において 第 一 項 の 規 定 に よる 指 定 の 期 限 ( 第 二 項 ( 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 次 項 及 び 第 十 五 条 の 四 第 一 項 において 同 じ )が 経 過 したとき 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなったとき 又 は 同 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 一 項 の 規 定 による 指 定 が 取 り 消 されたと きは 当 該 標 章 を 取 り 除 かなければならない

5 7 何 人 も 第 五 項 の 規 定 により 貼 り 付 けられた 標 章 を 損 壊 し 又 は 汚 損 してはならず また 第 一 項 の 規 定 による 指 定 の 期 限 が 経 過 し 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなり 又 は 第 十 五 条 の 四 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 一 項 の 規 定 に よる 指 定 が 取 り 消 された 後 でなければ れを 取 り 除 いてはならない 8 第 五 条 ( 第 一 項 ただし 書 を 除 く 次 項 において 同 じ ) 及 び 第 七 条 の 規 定 は 第 一 項 の 規 定 による 指 定 について 準 用 する の 場 合 において 同 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 第 四 項 において 同 じ )に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 同 条 第 四 項 中 事 項 と あるのは 事 項 ( 第 十 五 条 の 二 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 を 除 く ) と 読 み 替 える ものとする 9 第 五 条 の 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 ( 当 該 変 更 により 新 たな 区 域 が 当 該 警 戒 区 域 に 含 まれるととなるものに 限 る )について 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 について それぞれ 準 用 する の 場 合 において 同 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 読 み 替 えるものとする 10 第 一 項 の 規 定 により 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 連 合 が 第 三 条 の 規 定 により 指 定 暴 力 団 として 指 定 された 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 に 係 る 第 四 条 の 規 定 による 指 定 が 第 八 条 第 三 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときは 第 一 項 の 規 定 により 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 同 項 の 規 定 によ り 当 該 指 定 暴 力 団 について 当 該 公 安 委 員 会 がした 指 定 とみなす 11 第 一 項 の 規 定 により 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 旧 指 定 という )の 有 効 期 間 が 経 過 した 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 き 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 新 指 定 という )がされたときは 第 一 項 の 規 定 により 旧 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 新 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 きその 効 力 を 有 する ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 等 の 禁 止 行 為 ) 第 十 五 条 の 三 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 は 警 戒 区 域 において 次 に 掲 げ る 行 為 をしてはならない 一 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 を 新 たに 設 置 すると 二 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 他 の 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 ( 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 が 内 部 抗 争 に 係 る 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 である 場 合 にあっては 当 該 内 部 抗 争 に 係 る 集 団 ( 自 己 が 所 属 する 集 団 を 除 く )に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 以 下 の 号 に おいて 対 立 指 定 暴 力 団 員 という )につきまとい 又 は 対 立 指 定 暴 力 団 員 の 居

6 宅 若 しくは 対 立 指 定 暴 力 団 員 が 管 理 する 事 務 所 の 付 近 をうろつくと 三 多 数 で 集 合 するとその 他 当 該 対 立 抗 争 又 は 内 部 抗 争 に 係 る 暴 力 行 為 を 誘 発 する おそれがあるものとして 政 令 で 定 める 行 為 を 行 うと 2 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 は 警 戒 区 域 内 に 在 る 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 に 立 ち 入 り 又 はとどまってはな らない ただし 当 該 事 務 所 の 閉 鎖 その 他 当 該 事 務 所 への 立 入 りを 防 ぐため 必 要 な 措 置 を 講 ずる 場 合 は の 限 りでない ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し) 第 十 五 条 の 四 公 安 委 員 会 は 第 十 五 条 の 二 第 一 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 におい て 当 該 指 定 の 期 限 を 経 過 する 前 に 同 項 に 規 定 するおそれがないと 認 められるに 至 っ たときは その 指 定 を 取 り 消 さなければならない 2 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 前 項 の 規 定 による 指 定 の 取 消 しについて 準 用 する 第 二 十 八 条 第 三 項 中 第 三 十 二 条 の 二 第 一 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 に 改 める 第 三 十 条 の 二 中 並 びに を 及 び に 及 び 第 四 号 を から 第 五 号 まで に 改 める 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 一 号 及 び 第 二 号 中 使 用 しての を 使 用 した に 改 め 同 項 中 第 四 号 を 第 五 号 とし 第 三 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 四 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 十 二 条 の 三 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 をその 相 手 方 が 拒 絶 した 場 合 において れに 報 復 し 又 は 当 該 相 手 方 を 当 該 準 暴 力 的 要 求 行 為 に 応 じさせる 目 的 で 当 該 相 手 方 又 はその 配 偶 者 等 に 対 してする 暴 力 行 為 第 四 章 に 次 の 一 節 を 加 える 第 五 節 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 等 ( 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 ) 第 三 十 条 の 六 指 定 暴 力 団 員 は その 者 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 又 はその 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 縄 張 内 で 営 業 を 営 む 者 のために 次 に 掲 げる 行 為 をしては ならない 当 該 行 為 をするとをその 営 業 を 営 む 者 又 はその 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 と 約 束 するとについても 同 様 とする 一 用 心 棒 の 役 務 を 提 供 すると 二 訪 問 する 方 法 により 当 該 営 業 に 係 る 商 品 を 販 売 する 契 約 又 は 当 該 営 業 に 係 る 役 務 を 有 償 で 提 供 する 契 約 の 締 結 について 勧 誘 をすると 三 面 会 する 方 法 により 当 該 営 業 によって 生 じた 債 権 で 履 行 期 限 を 経 過 してもなお その 全 部 又 は 一 部 が 履 行 されていないものの 取 立 てをすると 2 営 業 を 営 む 者 又 はその 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 ( 次 条 第 四 項 において 営 業 を 営 む 者 等 という )は 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 前 項 前 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を

7 するとを 要 求 し 依 頼 し 又 は 唆 してはならない 同 項 後 段 に 規 定 する 約 束 の 相 手 方 となるとについても 同 様 とする ( 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 三 十 条 の 七 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 前 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を している 場 合 には 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 を 中 止 するとを 命 じ 又 は 当 該 行 為 が 中 止 されるとを 確 保 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 2 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 後 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 に は 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 に 係 る 同 項 各 号 に 掲 げる 行 為 を 防 止 するため に 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 3 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 におい て 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 更 に 反 復 して 当 該 行 為 と 類 似 の 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を するおそれがあると 認 めるときは 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 4 公 安 委 員 会 は 営 業 を 営 む 者 等 が 前 条 第 二 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 にお いて 当 該 営 業 を 営 む 者 等 が 更 に 反 復 して 当 該 行 為 と 類 似 の 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をするおそれがあると 認 めるときは 当 該 営 業 を 営 む 者 等 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 第 四 章 の 次 に 次 の 一 章 を 加 える 第 四 章 の 二 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 等 ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 ) 第 三 十 条 の 八 公 安 委 員 会 は 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 行 為 が 行 われた 場 合 におい て 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 が 当 該 行 為 に 関 連 して 凶 器 を 使 用 して 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 を 加 える 方 法 による 暴 力 行 為 を 行 ったと 認 め られ かつ 当 該 指 定 暴 力 団 員 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 が 更 に 反 復 して 同 様 の 暴 力 行 為 を 行 うおそれがあると 認 める ときは 一 年 を 超 えない 範 囲 内 の 期 間 及 び 当 該 暴 力 行 為 により 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられるとを 防 止 するため 特 に 警 戒 を 要 する 区 域 ( 以 下 の 章 におい て 警 戒 区 域 という )を 定 めて 当 該 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 とし て 指 定 するものとする 一 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 暴 力 的 要 求 行 為 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 十 二 条 の 三 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 で あって その 相 手 方 が 拒 絶 したもの 二 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 三 十 条 の 二 の 規 定 に 違 反 する 行 為 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 において 当 該 指 定 の 有 効 期 間 が

8 経 過 した 後 において 更 にその 指 定 の 必 要 があると 認 めるときは 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて その 指 定 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 において れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 警 戒 区 域 を 変 更 するとができる 4 第 五 条 及 び 第 七 条 の 規 定 は 第 一 項 の 規 定 による 指 定 について 準 用 する の 場 合 において 第 五 条 第 一 項 ただし 書 中 個 人 の 秘 密 とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 各 号 に 掲 げる 行 為 又 は 同 項 の 暴 力 行 為 の 相 手 方 に 係 る 個 人 の 秘 密 又 は 事 業 上 の 秘 密 と 第 七 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 同 条 第 四 項 中 事 項 とあるのは 事 項 ( 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 を 除 く ) と 読 み 替 えるものとする 5 第 五 条 の 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 ( 当 該 変 更 により 新 たな 区 域 が 当 該 警 戒 区 域 に 含 まれるととなるものに 限 る )について 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 について それぞれ 準 用 する の 場 合 において 第 五 条 第 一 項 ただし 書 中 個 人 の 秘 密 とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 各 号 に 掲 げる 行 為 又 は 同 項 の 暴 力 行 為 の 相 手 方 に 係 る 個 人 の 秘 密 又 は 事 業 上 の 秘 密 と 第 七 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 す る 警 戒 区 域 その 他 の と 読 み 替 えるものとする 6 第 一 項 の 規 定 により 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 連 合 が 第 三 条 の 規 定 により 指 定 暴 力 団 として 指 定 された 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 に 係 る 第 四 条 の 規 定 による 指 定 が 第 八 条 第 三 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときは 第 一 項 の 規 定 により 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 同 項 の 規 定 によ り 当 該 指 定 暴 力 団 について 当 該 公 安 委 員 会 がした 指 定 とみなす 7 第 一 項 の 規 定 により 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 旧 指 定 という )の 有 効 期 間 が 経 過 した 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 き 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 新 指 定 という )がされたときは 第 一 項 の 規 定 により 旧 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 新 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 きその 効 力 を 有 する ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 禁 止 行 為 ) 第 三 十 条 の 九 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 は 暴 力 的 要 求 行 為 を 行 う 目 的 で 警 戒 区 域 において 又 は 警 戒 区 域 における 人 の 生 活 若 しくは 業 務 の 遂 行 に 関 して その 相 手 方 に 対 し 次 に 掲 げる 行 為 をしてはならない 一 面 会 を 要 求 すると 二 電 話 をかけ ファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 電 子 メール( 特 定 電 子 メー ルの 送 信 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 四 年 法 律 第 二 十 六 号 ) 第 二 条 第 一 号 に 規 定 する 電 子 メールをいう )を 送 信 すると

9 三 つきまとい 又 はその 居 宅 若 しくは 事 業 所 の 付 近 をうろつくと ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 禁 止 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 三 十 条 の 十 公 安 委 員 会 は 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をしており その 相 手 方 の 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されてい ると 認 める 場 合 には 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 を 中 止 するとを 命 じ 又 は 当 該 行 為 が 中 止 されるとを 確 保 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 2 公 安 委 員 会 は 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 更 に 反 復 して 同 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を するおそれがあると 認 めるときは 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 制 限 ) 第 三 十 条 の 十 一 公 安 委 員 会 は 警 戒 区 域 内 に 在 る 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 が 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 暴 力 行 為 に 関 し 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 に より 次 の 各 号 に 掲 げる 用 に 供 されており 又 は 供 されるおそれがあると 認 めるときは 当 該 事 務 所 に 係 る 管 理 者 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 している 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて 当 該 事 務 所 を 当 該 各 号 の 用 又 は 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 してはならない 旨 を 命 ずるとができる 一 多 数 の 指 定 暴 力 団 員 の 集 合 の 用 二 当 該 暴 力 行 為 のための 謀 議 指 揮 命 令 又 は 連 絡 の 用 三 当 該 暴 力 行 為 に 供 用 されるおそれがあると 認 められる 凶 器 その 他 の 物 件 の 製 造 又 は 保 管 の 用 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 命 令 をした 場 合 において 当 該 命 令 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 命 令 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて その 命 令 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 第 一 項 の 規 定 による 命 令 をしたときは 当 該 事 務 所 の 出 入 口 の 見 や すい 場 所 に 当 該 管 理 者 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 していた 指 定 暴 力 団 員 が 当 該 事 務 所 について 同 項 の 命 令 を 受 けている 旨 を 告 知 する 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 標 章 を 貼 り 付 けるものとする 4 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 標 章 を 貼 り 付 けた 場 合 において 第 一 項 の 規 定 に よる 命 令 の 期 限 ( 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 以 下 の 条 において 同 じ )が 経 過 したとき 第 三 十 条 の 八 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないと となったとき 又 は 当 該 期 限 内 において 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 が 第 一 項 各 号 の 用 に 供 されるおそれがなくなったと 認 めるときは 当 該 標 章 を 取 り 除 かなければなら

10 ない 5 何 人 も 第 三 項 の 規 定 により 貼 り 付 けられた 標 章 を 損 壊 し 又 は 汚 損 してはならず また 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 に 係 る 第 一 項 の 規 定 による 命 令 の 期 限 が 経 過 し 第 三 十 条 の 八 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなり 又 は 次 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 が 取 り 消 された 後 でな ければ れを 取 り 除 いてはならない ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し) 第 三 十 条 の 十 二 公 安 委 員 会 は 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 にお いて 当 該 指 定 の 期 限 ( 同 条 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 )を 経 過 する 前 に 同 条 第 一 項 に 規 定 するおそれがないと 認 められるに 至 っ たときは その 指 定 を 取 り 消 さなければならない 2 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 前 項 の 規 定 による 指 定 の 取 消 しについて 準 用 する 第 六 章 の 章 名 中 及 びれによる 不 当 な 影 響 の 排 除 のための を 等 に 関 する 国 等 の 責 務 及 び に 改 める 第 三 十 二 条 中 第 二 項 を 第 四 項 とし 第 一 項 を 第 三 項 とし 同 条 に 第 一 項 及 び 第 二 項 と して 次 の 二 項 を 加 える 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 次 に 掲 げる 者 をその 行 う 売 買 等 の 契 約 に 係 る 入 札 に 参 加 さ せないようにするための 措 置 を 講 ずるものとする 一 指 定 暴 力 団 員 二 指 定 暴 力 団 員 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む ) 三 法 人 その 他 の 団 体 であって 指 定 暴 力 団 員 がその 役 員 となっているもの 四 指 定 暴 力 団 員 が 出 資 融 資 取 引 その 他 の 関 係 を 通 じてその 事 業 活 動 に 支 配 的 な 影 響 力 を 有 する 者 ( 前 号 に 該 当 するものを 除 く ) 2 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 前 項 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるほか その 事 務 又 は 事 業 に 関 する 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 及 びれにより 当 該 事 務 又 は 事 業 に 生 じた 不 当 な 影 響 の 排 除 に 努 めなければならない 第 六 章 中 第 三 十 二 条 の 三 を 第 三 十 二 条 の 四 とし 第 三 十 二 条 の 二 を 第 三 十 二 条 の 三 と し 第 三 十 二 条 の 次 に 次 の 一 条 を 加 える ( 事 業 者 の 責 務 ) 第 三 十 二 条 の 二 事 業 者 は 不 当 要 求 による 被 害 を 防 止 するために 必 要 な 第 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるよう 努 めるほか その 事 業 活 動 を 通 じて 暴 力 団 員 に 不 当 な 利 益 を 得 させるとがないよう 努 めなければならない 第 三 十 四 条 第 一 項 中 同 条 第 二 項 を 同 条 第 三 項 に 又 は 第 三 十 条 の 五 第 一

11 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 から 第 四 項 まで 第 三 十 条 の 十 第 二 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 項 ただし 書 中 若 しくは 第 二 十 四 条 を 第 二 十 四 条 第 三 十 条 の 六 第 一 項 前 段 若 しくは 第 三 十 条 の 九 に 改 める 第 三 十 五 条 第 一 項 中 又 は 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 第 三 十 条 の 十 第 二 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 条 第 四 項 中 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 条 第 九 項 第 一 号 中 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 項 第 二 号 中 第 十 五 条 第 一 項 の 下 に 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える 第 三 十 六 条 第 四 項 中 及 び 第 四 条 を 第 四 条 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 第 三 十 九 条 第 十 一 号 において 同 じ ) 及 び 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 官 公 署 を 官 庁 公 共 団 体 その 他 の 者 に 改 める 第 三 十 九 条 第 五 号 中 若 しくは 第 二 十 七 条 を 第 二 十 七 条 第 三 十 条 の 七 第 三 項 若 しくは 第 三 十 条 の 十 第 二 項 に 改 め 同 条 第 七 号 中 若 しくは 第 三 十 条 の 三 を 第 三 十 条 の 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 若 しくは 第 二 項 若 しくは 第 三 十 条 の 十 第 一 項 に 又 は を 若 しくは に 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 以 外 の 仮 の 命 令 の 下 に 又 は 第 三 十 条 の 七 第 二 項 の 規 定 による 命 令 に 係 る 第 三 十 四 条 第 一 項 の 意 見 聴 取 を 当 該 命 令 の 下 に 又 は 意 見 聴 取 を 加 え 同 条 第 十 号 中 第 十 五 条 第 一 項 の 下 に 若 しくは 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 を 加 え 同 項 を れら に 又 は 当 該 を 又 はれらの に 改 め 同 条 第 十 三 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 一 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 に 改 め 同 号 を 同 条 第 十 五 号 とし 同 条 第 十 二 号 を 同 条 第 十 三 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 四 第 三 十 条 の 七 第 四 項 の 規 定 による 命 令 又 は 当 該 命 令 に 係 る 第 三 十 四 条 第 一 項 の 意 見 聴 取 当 該 命 令 又 は 意 見 聴 取 に 係 る 違 反 行 為 が 行 われた 時 における 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 の 主 たる 営 業 所 ( 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 が 営 業 を 営 む 者 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 である 場 合 にあっては その 者 が 勤 務 する 営 業 所 )の 所 在 地 (れらの 営 業 所 がない 場 合 にあっては 当 該 違 反 行 為 が 行 われた 時 における 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 の 住 所 地 )を 管 轄 する 公 安 委 員 会 第 三 十 九 条 中 第 十 一 号 を 第 十 二 号 とし 第 十 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 一 第 十 五 条 の 二 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 れらの 規 定 による 指 定 において 定 めようとする 区 域 を 管 轄 する 公 安 委 員 会 第 三 十 九 条 の 次 に 次 の 一 条 を 加 える ( 命 令 等 に 係 る 書 類 の 送 達 ) 第 三 十 九 条 の 二 の 法 律 の 規 定 による 命 令 又 は 指 示 は 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 書 類 を 送 達 して 行 う ただし 第 十 一 条 第 一 項 第 十 二 条 第 二 項 第 十 二 条 の 六 第 一 項 第 十 八 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 一 項 第 三 十 条 第 三 十 条 の

12 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 十 第 一 項 の 規 定 による 命 令 については 緊 急 を 要 するため 当 該 書 類 を 送 達 するいとまがないときは 口 頭 でするとができる 2 前 項 の 規 定 により 送 達 すべき 書 類 について その 送 達 を 受 けるべき 者 の 住 所 及 び 居 所 が 明 らかでない 場 合 には 当 該 命 令 又 は 指 示 をする 公 安 委 員 会 は その 送 達 に 代 え て 公 示 送 達 をするとができる 3 公 示 送 達 は 送 達 すべき 書 類 の 名 称 その 送 達 を 受 けるべき 者 の 氏 名 及 び 公 安 委 員 会 がその 書 類 をいつでも 送 達 を 受 けるべき 者 に 交 付 する 旨 を 当 該 公 安 委 員 会 の 掲 示 板 に 掲 示 して 行 う 4 前 項 の 場 合 において 掲 示 を 始 めた 日 から 起 算 して 二 週 間 を 経 過 したときは 書 類 の 送 達 があったものとみなす 第 四 十 二 条 第 一 項 中 並 びに 第 十 五 条 第 一 項 を 第 十 五 条 第 一 項 に 同 条 第 三 項 及 び 第 四 項 を 同 条 第 四 項 及 び 第 五 項 に 改 め 規 定 する 事 務 の 下 に 並 び に 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 に 係 る 仮 の 命 令 に 係 る 同 条 第 三 項 及 び 第 四 項 に 規 定 する 事 務 を 加 え 同 条 第 三 項 中 又 は 第 三 十 条 の 三 を 第 三 十 条 の 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 十 第 一 項 に 改 める 第 四 十 三 条 中 第 四 章 を 第 四 章 の 二 に 改 める 第 四 十 六 条 中 第 十 一 条 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した を 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する に 一 年 を 三 年 に 百 万 円 を 五 百 万 円 に 改 め 同 条 に 次 の 各 号 を 加 える 一 第 十 一 条 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 二 第 十 五 条 の 三 の 規 定 に 違 反 した 者 三 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 で 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 において 又 は 当 該 警 戒 区 域 における 人 の 生 活 若 しくは 業 務 の 遂 行 に 関 して 暴 力 的 要 求 行 為 又 は 第 三 十 条 の 二 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をしたもの 第 四 十 七 条 中 一 年 を 三 年 に 又 は 五 十 万 円 を 若 しくは 二 百 五 十 万 円 に 処 する を 処 し 又 はれを 併 科 する に 改 め 同 条 第 五 号 中 同 条 第 二 項 を 同 条 第 三 項 に 改 め 同 条 に 次 の 二 号 を 加 える 十 六 第 三 十 条 の 十 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 十 七 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 第 五 十 条 を 削 る 第 四 十 九 条 中 第 十 五 条 第 五 項 を 第 十 五 条 第 六 項 第 十 五 条 の 二 第 七 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 五 項 に 五 十 万 円 を 百 万 円 に 改 め 同 条 を 第 五 十 一 条 とする 第 四 十 八 条 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 の 規 定 に 違 反 した を 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する に 改 め 同 条 に 次 の 各 号 を 加 える 一 第 三 十 条 の 七 第 四 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 二 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 規 定 に 違 反 した 者

13 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 とし 第 四 十 七 条 の 次 に 次 の 二 条 を 加 える 第 四 十 八 条 第 三 十 条 の 七 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 一 年 以 下 の 懲 役 若 しくは 百 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 し 又 はれを 併 科 する 第 四 十 九 条 第 三 十 三 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 報 告 をせず 若 しくは 資 料 を 提 出 せず 若 しくは 同 項 の 報 告 若 しくは 資 料 の 提 出 について 虚 偽 の 報 告 をし 若 しくは 虚 偽 の 資 料 を 提 出 し 又 は 同 項 の 規 定 による 立 入 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 若 しく は 同 項 の 規 定 による 質 問 に 対 して 陳 述 をせず 若 しくは 虚 偽 の 陳 述 をした 者 は 一 年 以 下 の 懲 役 又 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 別 表 第 十 四 号 中 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) を 削 り 同 表 第 二 十 五 号 中 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) を 削 り 同 表 中 第 五 十 四 号 を 第 五 十 七 号 とし 第 五 十 三 号 を 第 五 十 五 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 五 十 六 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 九 年 法 律 第 二 十 二 号 )に 規 定 する 罪 別 表 中 第 五 十 二 号 を 第 五 十 四 号 とし 第 四 十 八 号 から 第 五 十 一 号 までを 二 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 四 十 七 号 を 第 四 十 八 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 四 十 九 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 三 年 法 律 第 二 十 六 号 ) 第 八 章 に 規 定 する 罪 別 表 中 第 四 十 六 号 を 第 四 十 七 号 とし 第 三 十 二 号 から 第 四 十 五 号 までを 一 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 三 十 一 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 三 十 二 割 賦 販 売 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 百 五 十 九 号 ) 第 五 章 に 規 定 する 罪 別 表 に 次 の 一 号 を 加 える 五 十 八 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 十 一 年 法 律 第 五 十 九 号 ) 第 八 章 に 規 定 する 罪 第 二 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 目 次 中 第 三 十 二 条 の 四 を 第 三 十 二 条 の 十 五 に 第 五 十 一 条 を 第 五 十 二 条 に 改 める 第 三 条 第 二 号 イ 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える 第 十 五 条 第 一 項 中 以 下 同 じ を 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 除 き 以 下 同 じ に 改 める 第 三 十 条 の 二 第 二 号 中 以 下 の 号 の 下 に 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 第 二 号 及 び 第 二 項 第 六 号 並 びに 第 三 十 二 条 の 四 第 一 項 及 び 第 二 項 を 加 える 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 第 二 号 中 第 五 号 を 第 六 号 に 又 は 暴 力 団 を 暴 力 団 に 改 め 意 志 を 有 する 者 の 下 に 又 は 暴 力 団 の 事 務 所 の 付 近 の 住 民 その 他 の 者 を 加 え 同 条 第 二 項 中 第 十 号 を 第 十 一 号 とし 第 六 号 から 第 九 号 までを 一 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 五 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 六 暴 力 団 の 事 務 所 の 使 用 により 付 近 住 民 等 ( 付 近 において 居 住 し 勤 務 し その 他 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 を 営 む 者 をいう 次 条 第 一 項 及 び 第 二 項 において 同 じ )の

14 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されるとを 防 止 すると 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 中 暴 力 追 放 相 談 委 員 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 五 第 三 項 第 二 号 の 弁 護 士 を 加 える 第 三 十 二 条 の 四 第 三 項 中 前 条 第 五 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 五 項 に 改 め 第 六 章 中 同 条 を 第 三 十 二 条 の 十 五 とし 第 三 十 二 条 の 三 の 次 に 次 の 十 一 条 を 加 える ( 適 格 都 道 府 県 センターの 権 限 等 ) 第 三 十 二 条 の 四 次 条 第 一 項 の 規 定 により 認 定 された 都 道 府 県 センター( 以 下 適 格 都 道 府 県 センター という )は 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 に 在 る 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 により 付 近 住 民 等 の 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されるとを 防 止 す るための 事 業 を 行 う 場 合 において 当 該 付 近 住 民 等 で 当 該 事 務 所 の 使 用 によりその 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 違 法 に 害 されているとを 理 由 として 当 該 事 務 所 の 使 用 及 びれに 付 随 する 行 為 の 差 止 めの 請 求 をしようとするものから 委 託 を 受 けた ときは 当 該 委 託 をした 者 のために 自 己 の 名 をもって 当 該 請 求 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 する 2 適 格 都 道 府 県 センターは 前 項 の 委 託 を 受 けたときは 当 該 事 務 所 に 関 し その 他 の 付 近 住 民 等 が 当 該 委 託 をする 機 会 を 確 保 するために その 旨 を 通 知 その 他 適 切 な 方 法 により れらの 者 に 周 知 するよう 努 めるものとする 3 適 格 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 権 限 を 行 使 する 場 合 において 民 事 訴 訟 手 続 民 事 保 全 の 命 令 に 関 する 手 続 及 び 執 行 抗 告 ( 民 事 保 全 の 執 行 の 手 続 に 関 する 裁 判 に 対 する 執 行 抗 告 を 含 む )に 係 る 手 続 については 弁 護 士 に 追 行 させなければならない 4 適 格 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 委 託 をした 者 に 対 して 報 酬 を 請 求 するとがで きない 5 第 一 項 の 委 託 をした 者 は その 委 託 を 取 り 消 すとができる ( 適 格 都 道 府 県 センターの 認 定 ) 第 三 十 二 条 の 五 差 止 請 求 関 係 業 務 ( 前 条 第 一 項 の 権 限 の 行 使 に 関 する 業 務 をいう 以 下 同 じ )を 行 おうとする 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 の 認 定 を 受 けなけれ ばならない 2 前 項 の 認 定 を 受 けようとする 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 に 認 定 の 申 請 を しなければならない 3 国 家 公 安 委 員 会 は 前 項 の 申 請 をした 都 道 府 県 センターが 次 に 掲 げる 要 件 の 全 てに 適 合 しているときに 限 り 第 一 項 の 認 定 をするとができる 一 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 に 係 る 組 織 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 の 方 法 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 して 知 り 得 た 情 報 の 管 理 及 び 秘 密 の 保 持 の 方 法 その 他 の 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するための 体 制 及 び 業 務 規 程 が 適 切 に 整 備 されていると 二 前 条 第 一 項 の 委 託 を 受 ける 旨 の 決 定 及 び 当 該 委 託 に 係 る 請 求 の 内 容 についての 検 討 を 行 う 部 門 において 暴 力 追 放 相 談 委 員 及 び 弁 護 士 が 共 にその 専 門 的 知 識 経 験 に 基

15 づいて 必 要 な 助 言 を 行 い 又 は 意 見 を 述 べる 体 制 が 整 備 されているとその 他 差 止 請 求 関 係 業 務 を 遂 行 するための 人 的 体 制 に 照 らして 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するとができる 専 門 的 知 識 経 験 を 有 すると 認 められると 三 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するに 足 りる 経 理 的 基 礎 を 有 すると 4 前 項 第 一 号 の 業 務 規 程 には 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 の 方 法 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 して 知 り 得 た 情 報 の 管 理 及 び 秘 密 の 保 持 の 方 法 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 め る 事 項 が 定 められていなければならない 5 次 のいずれかに 該 当 する 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 認 定 を 受 けるとができな い 一 第 三 十 二 条 の 十 三 第 一 項 各 号 に 掲 げる 事 由 により 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 され そ の 取 消 しの 日 から 三 年 を 経 過 しない 都 道 府 県 センター 二 役 員 のうちに 前 号 に 該 当 する 都 道 府 県 センターの 役 員 であった 者 (その 認 定 の 取 消 しの 日 前 六 月 以 内 にその 職 にあった 者 に 限 る )がある 都 道 府 県 センター ( 認 定 の 申 請 ) 第 三 十 二 条 の 六 前 条 第 二 項 の 申 請 は 当 該 申 請 に 係 る 都 道 府 県 センターの 名 称 及 び 住 所 並 びに 代 表 者 の 氏 名 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 を 記 載 した 申 請 書 を 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 公 安 委 員 会 を 経 由 して 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 してしなければならない の 場 合 において 公 安 委 員 会 は 当 該 申 請 に 係 る 事 項 に 関 する 意 見 を 付 して 国 家 公 安 委 員 会 に 送 付 するものとする 2 前 項 の 申 請 書 には 定 款 前 条 第 三 項 第 一 号 の 業 務 規 程 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 書 類 を 添 付 しなければならない ( 認 定 の 公 示 等 ) 第 三 十 二 条 の 七 国 家 公 安 委 員 会 は 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 をしたときは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 当 該 適 格 都 道 府 県 センターの 名 称 及 び 住 所 そ の 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 を 官 報 により 公 示 するとともに 当 該 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 旨 を 書 面 により 通 知 するものとする ( 変 更 の 届 出 ) 第 三 十 二 条 の 八 適 格 都 道 府 県 センターは その 名 称 若 しくは 住 所 又 は 代 表 者 の 氏 名 そ の 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより その 旨 を 記 載 した 届 出 書 を 遅 滞 なく 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 し なければならない ( 帳 簿 書 類 の 作 成 及 び 保 存 ) 第 三 十 二 条 の 九 適 格 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 する 帳 簿 書 類 を 作 成 し れを 保 存 しなければならない ( 事 業 報 告 書 等 の 作 成 及 び 提 出 ) 第 三 十 二 条 の 十 適 格 都 道 府 県 センターは 毎 事 業 年 度 の 事 業 報 告 書 収 支 決 算 書 貸

16 借 対 照 表 及 び 財 産 目 録 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 に 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 しなければならない ( 報 告 及 び 立 入 り) 第 三 十 二 条 の 十 一 国 家 公 安 委 員 会 は 差 止 請 求 関 係 業 務 の 適 正 な 運 営 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは の 法 律 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 適 格 都 道 府 県 セ ンターに 対 しその 業 務 若 しくは 経 理 の 状 況 に 関 し 報 告 をさせ 又 は 警 察 庁 の 職 員 に 適 格 都 道 府 県 センターの 事 務 所 に 立 ち 入 り 業 務 の 状 況 若 しくは 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させ 若 しくは 関 係 者 に 質 問 させるとができる 2 前 項 の 規 定 による 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 の 請 求 があったときは れを 提 示 しなければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 し てはならない ( 改 善 命 令 ) 第 三 十 二 条 の 十 二 国 家 公 安 委 員 会 は 適 格 都 道 府 県 センターの 差 止 請 求 関 係 業 務 の 運 営 に 関 し 改 善 が 必 要 であると 認 めるときは 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 改 善 に 必 要 な 措 置 を 採 るべきとを 命 ずるとができる ( 認 定 の 取 消 し 等 ) 第 三 十 二 条 の 十 三 国 家 公 安 委 員 会 は 適 格 都 道 府 県 センターについて 次 のいずれか に 掲 げる 事 由 があるときは 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 すとができる 一 第 三 十 二 条 の 五 第 三 項 各 号 に 掲 げる 要 件 のいずれかに 適 合 しなくなったとき 二 第 三 十 二 条 の 五 第 五 項 第 二 号 に 該 当 するに 至 ったとき 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか の 法 律 若 しくはの 法 律 に 基 づく 命 令 の 規 定 又 は れらの 規 定 に 基 づく 処 分 に 違 反 したとき 2 国 家 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 したと きは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより その 旨 及 びその 取 消 しをした 日 を 官 報 により 公 示 するとともに 当 該 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 旨 を 書 面 によ り 通 知 するものとする ( 国 家 公 安 委 員 会 規 則 への 委 任 ) 第 三 十 二 条 の 十 四 第 三 十 二 条 の 四 から 前 条 までに 規 定 するもののほか 適 格 都 道 府 県 センターに 関 し 必 要 な 事 項 は 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 第 四 十 条 中 第 八 条 第 四 項 の 規 定 による 確 認 の 下 に 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 規 定 による 認 定 第 三 十 二 条 の 十 三 第 一 項 の 規 定 による 認 定 の 取 消 し を 加 える 本 則 に 次 の 一 条 を 加 える 第 五 十 二 条 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 報 告 をせず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 同 項 の 規 定 による 立 入 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 若 しくは 同 項 の 規 定 による 質 問 に 対 して 陳 述 をせず 若 しくは 虚 偽 の 陳 述 をした 者 は 五 十 万 円

17 以 下 の 罰 金 に 処 する 附 則 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 の 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 三 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 規 定 は 当 該 各 号 に 定 める 日 から 施 行 する 一 第 二 条 の 規 定 並 びに 附 則 第 五 条 第 七 条 第 十 条 第 十 二 条 第 十 四 条 第 十 六 条 第 十 八 条 第 二 十 条 第 二 十 三 条 第 二 十 八 条 及 び 第 三 十 一 条 第 二 項 の 規 定 公 布 の 日 から 起 算 して 六 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 二 附 則 第 三 十 条 の 規 定 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 四 年 法 律 第 号 )の 公 布 の 日 又 はの 法 律 の 施 行 の 日 のいずれか 遅 い 日 ( 経 過 措 置 ) 第 二 条 の 法 律 による 改 正 前 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 十 五 条 第 一 項 又 は 同 条 第 二 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 によってした 命 令 は それ ぞれ の 法 律 による 改 正 後 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 十 五 条 第 一 項 又 は 同 条 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 によってした 命 令 とみなす ( 政 令 への 委 任 ) 第 三 条 前 条 に 定 めるもののほか の 法 律 の 施 行 に 関 し 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 め る ( 職 業 安 定 法 等 の 一 部 改 正 ) 第 四 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 める 一 職 業 安 定 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 四 十 一 号 ) 第 三 十 二 条 第 一 号 二 船 員 職 業 安 定 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 三 十 号 ) 第 五 十 六 条 第 一 号 三 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 一 年 法 律 第 三 十 三 号 ) 第 十 三 条 第 四 号 イ 及 び 第 三 十 二 条 第 一 号 四 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 六 十 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 六 条 第 一 号 五 港 湾 労 働 法 ( 昭 和 六 十 三 年 法 律 第 四 十 号 ) 第 十 三 条 第 一 号 第 五 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える 一 職 業 安 定 法 第 三 十 二 条 第 一 号 二 船 員 職 業 安 定 法 第 五 十 六 条 第 一 号 三 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 第 十 三 条 第 四 号 イ 及 び 第 三 十 二 条 第 一 号 四 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 六 条 第 一 号 五 港 湾 労 働 法 第 十 三 条 第 一 号

18 ( 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 改 正 ) 第 六 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 一 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 十 五 号 ) 第 二 十 九 条 の 四 第 一 項 第 二 号 ト 二 建 設 業 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) 第 八 条 第 八 号 三 港 湾 運 送 事 業 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 六 条 第 二 項 第 二 号 四 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) 第 五 条 第 一 項 第 三 号 の 二 五 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 四 十 五 年 法 律 第 百 三 十 七 号 ) 第 七 条 第 五 項 第 四 号 ハ 六 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 ( 平 成 六 年 法 律 第 七 十 七 号 ) 第 六 条 第 六 号 ニ 七 使 用 済 自 動 車 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 四 年 法 律 第 八 十 七 号 ) 第 六 十 二 条 第 一 項 第 二 号 ハ 第 七 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える 一 金 融 商 品 取 引 法 第 二 十 九 条 の 四 第 一 項 第 二 号 ト 二 建 設 業 法 第 八 条 第 八 号 三 港 湾 運 送 事 業 法 第 六 条 第 二 項 第 二 号 四 宅 地 建 物 取 引 業 法 第 五 条 第 一 項 第 三 号 の 二 五 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 第 七 条 第 五 項 第 四 号 ハ 六 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 第 六 条 第 六 号 ニ 七 使 用 済 自 動 車 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 第 六 十 二 条 第 一 項 第 二 号 ハ ( 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 八 条 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 百 九 十 八 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 九 十 八 条 第 四 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 条 第 五 号 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 酒 税 法 の 一 部 改 正 ) 第 九 条 酒 税 法 ( 昭 和 二 十 八 年 法 律 第 六 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 十 条 第 七 号 の 二 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 め 同 条 第 八 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 める 第 十 条 酒 税 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 十 条 第 七 号 の 二 中 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える ( 関 税 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 一 条 関 税 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 六 十 一 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する

19 第 七 条 の 五 第 一 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 二 条 関 税 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 条 の 五 第 一 号 ハ 中 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センター) の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 ( 報 告 及 び 立 入 り) を 加 える ( 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 十 三 条 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 二 十 三 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 四 条 の 三 第 三 項 第 三 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 める 第 十 四 条 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 四 条 の 三 第 三 項 第 三 号 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える ( 割 賦 販 売 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 五 条 割 賦 販 売 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 百 五 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 三 条 の 二 第 一 項 第 六 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 三 十 五 条 の 三 の 二 十 六 第 一 項 第 五 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 六 条 割 賦 販 売 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 三 条 の 二 第 一 項 第 六 号 ハ 及 び 第 三 十 五 条 の 三 の 二 十 六 第 一 項 第 五 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 貸 金 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 七 条 貸 金 業 法 ( 昭 和 五 十 八 年 法 律 第 三 十 二 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 第 二 十 四 条 の 六 の 四 第 一 項 第 十 二 号 及 び 第 二 十 四 条 の 八 第 五 項 第 四 号 イ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 四 条 の 二 十 七 第 一 項 第 四 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 項 第 五 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 四 条 の 三 十 七 第 一 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 八 条 貸 金 業 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 第 二 十 四 条 の 六 の 四 第 一 項 第 十 二 号 第 二 十 四 条 の 八 第 五 項 第 四 号 イ 第 二 十 四 条 の 二 十 七 第 一 項 第 五 号 及 び 第 二 十 四 条 の 三 十 七 第 一 号 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 九 条 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 十 年 法 律 第 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 十 条 第 三 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 条 第 四 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七

20 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 条 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 十 条 第 四 号 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 一 条 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 五 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 条 第 一 項 第 五 号 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 著 作 権 等 管 理 事 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 二 条 著 作 権 等 管 理 事 業 法 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 百 三 十 一 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 ニ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ホ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 三 条 著 作 権 等 管 理 事 業 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 ホ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 四 条 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 三 年 法 律 第 七 十 五 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 条 第 一 項 第 四 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ヘ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 信 託 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 五 条 信 託 業 法 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 五 十 四 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 五 条 第 二 項 第 八 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 チ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 会 社 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 六 条 会 社 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 八 十 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 百 三 十 三 条 第 三 十 九 項 第 一 号 ロ(4) 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ロ(5) 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 七 条 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四

21 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 号 ロ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 め 同 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 める 第 二 十 八 条 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 号 ロ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 電 子 記 録 債 権 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 九 条 電 子 記 録 債 権 法 ( 平 成 十 九 年 法 律 第 百 二 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 五 十 一 条 第 一 項 第 四 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ヘ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 三 十 条 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 す る 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 附 則 第 十 四 条 第 九 号 中 第 三 十 八 号 を 第 三 十 九 号 に 改 める ( 調 整 規 定 ) 第 三 十 一 条 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 次 項 において 労 働 者 派 遣 法 等 一 部 改 正 法 とい う )の 施 行 の 日 がの 法 律 の 施 行 の 日 前 である 場 合 には 附 則 第 四 条 第 四 号 及 び 第 五 条 第 四 号 中 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 とあるのは 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 とし 前 条 の 規 定 は 適 用 しない 2 労 働 者 派 遣 法 等 一 部 改 正 法 の 施 行 の 日 が 附 則 第 一 条 第 一 号 に 掲 げる 規 定 の 施 行 の 日 前 である 場 合 ( 前 項 に 規 定 する 場 合 を 除 く )には 附 則 第 五 条 第 四 号 中 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 とあるのは 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 とする

22 理 由 最 近 における 暴 力 団 をめぐる 情 勢 に 鑑 み 対 立 抗 争 及 び 暴 力 的 要 求 行 為 等 に 伴 う 市 民 生 活 に 対 する 危 険 を 防 止 するための 措 置 について 規 定 するとともに 国 家 公 安 委 員 会 の 認 定 を 受 けた 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターが 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 付 近 住 民 等 から 委 託 を 受 けて 当 該 事 務 所 の 使 用 等 の 差 止 めを 請 求 するための 制 度 を 導 入 するほか 暴 力 的 要 求 行 為 及 び 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 規 制 等 を 強 化 する 等 の 必 要 がある れが の 法 律 案 を 提 出 する 理 由 である

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

定款

定款 定 款 豊 田 商 工 会 議 所 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

京橋製本協同組合定款

京橋製本協同組合定款 京 橋 製 本 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第 2 条

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2

Microsoft Word - 平成25年定款変更その2 全 国 天 然 木 化 粧 合 単 板 工 業 協 同 組 合 連 合 会 定 款 昭 和 47 年 4 月 10 日 設 立 認 可 昭 和 47 年 4 月 21 日 成 立 昭 和 49 年 10 月 3 日 定 款 変 更 昭 和 51 年 6 月 17 日 定 款 変 更 昭 和 53 年 6 月 19 日 定 款 変 更 昭 和 57 年 7 月 1 日 定 款 変 更 昭 和 62 年

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは

( 共 済 金 の 決 定 についての 異 議 の 申 出 ) 第 9 条 共 済 金 の 決 定 について 不 服 のある 共 済 契 約 者 は 本 組 合 に 対 して 異 議 の 申 出 をし 再 審 査 を 請 求 することができる 2 理 事 長 は 前 項 の 申 出 があったときは 神 奈 川 県 タクシー 厚 生 共 済 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする (

More information

定 款

定 款 ダイヤモンド 工 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 ) 第

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

○協同組合定款

○協同組合定款 近 畿 鍛 工 品 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称 )

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正)

Microsoft Word - 38職員就業規則( 改正) 独 立 行 政 法 人 大 学 評 価 学 位 授 与 機 構 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 38 号 最 終 改 正 平 成 26 年 12 月 18 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 任 免 ( 第 5 条 第 29 条 ) 第 1 節 採 用 ( 第 5 条 第 9 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 等

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 (

目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット... 2 (4) 認 定 の 基 準... 3 ( 認 定 ( 仮 認 定 )NPO 法 人 制 度 申 請 の 手 引 き ( 改 訂 版 ) 平 成 28 年 5 月 神 奈 川 県 NPO 協 働 推 進 課 目 次 導 入 編... 1 1 認 定 NPO 法 人 制 度 の 概 要... 2 (1) 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (2) 仮 認 定 NPO 法 人 とは... 2 (3) 認 定 NPO 法 人 等 になることによるメリット...

More information

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要

(7) 組 合 員 及 びその 従 業 員 の 福 利 厚 生 に 関 する 事 業 (8) 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 第 3 章 組 合 員 ( 組 合 員 の 資 格 ) 第 8 条 本 組 合 の 組 合 員 たる 資 格 を 有 する 者 は 次 の 各 号 の 要 札 幌 市 管 工 事 業 協 同 組 合 定 款 昭 和 48 年 12 月 18 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施

二 生 活 保 護 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 四 号 ) 第 三 十 八 条 第 一 項 第 一 号 に 規 定 する 救 護 施 設 の 中 に 設 けられた 診 療 所 三 生 活 保 護 法 第 三 十 八 条 第 一 項 第 二 号 に 規 定 する 更 生 施 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 施 行 規 則 ( 昭 和 六 十 一 年 四 月 十 七 日 労 働 省 令 第 二 十 号 ) 目 次 第 一 章 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 に 関 する 措 置 第 一 節 業 務 の 範 囲 ( 第 一 条

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン)

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン) 平 成 24 年 5 月 税 理 士 法 人 の 手 引 日 本 税 理 士 会 連 合 会 目 次 一 はじめに 3 頁 二 税 理 士 法 人 制 度 の 意 義 4 1. 税 理 士 法 人 の 性 格 2. 税 理 士 法 人 の 人 的 構 成 3. 税 理 士 法 人 の 業 務 内 容 4. 税 理 士 法 人 の 業 務 執 行 5. 社 員 の 常 駐 6. 社 員 の 競 業 禁

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20874181698DC58F49816A834B83438368838983438393816990AE94F59640816A2E646F63> Ⅱ 整 備 法 第 119 条 に 規 定 する 公 益 目 的 支 出 計 画 等 について ( 一 般 社 団 法 人 一 般 財 団 法 人 への 移 行 関 係 ) 一 般 社 団 法 人 及 び 一 般 財 団 法 人 に 関 する 法 律 及 び 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他

H280801規約改正HP掲載用原本H280801一部修正版静岡市地区拡大他 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 平 成 28 年 8 月 1 日 現 在 第 一 章 総 則 ( 名 称 及 び 目 的 ) 第 一 条 この 組 合 は 東 京 都 弁 護 士 国 民 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )と 称 し 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 三 十 三 年 法 律 第 百 九 十 二 号 以 下 法 という )に 基

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73>

<8265827892E88ABC826782518250824F825582508250944689C22E786C73> 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 定 款 平 成 21 年 6 月 11 日 認 可 日 本 フラットヤーン 工 業 組 合 103-0024 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 舟 町 15 番 17 号 日 本 橋 協 栄 ビル6 階 TEL FAX 03-3661-3834 03-3661-3849 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は フラットヤーン(ポリプロピレン

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information