●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案"

Transcription

1 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七 十 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 目 次 中 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 ( 第 十 五 条 ) を 対 立 抗 争 時 の 事 務 所 の 使 用 制 限 等 ( 第 十 五 条 - 第 十 五 条 の 四 ) に 第 五 章 指 定 暴 力 団 の 代 表 者 等 の 損 害 賠 償 責 任 ( 第 三 十 一 条 - 第 三 十 一 条 の 三 ) 第 六 章 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 及 びれによる 不 当 な 影 響 の 排 除 のための 民 間 活 動 の 促 進 ( 第 三 十 二 条 - 第 三 十 二 条 の 三 ) を 第 五 節 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 等 ( 第 三 十 条 の 六 第 三 十 条 の 七 ) 第 四 章 の 二 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 等 ( 第 三 十 条 の 八 - 第 三 十 条 の 十 二 ) 第 五 章 指 定 暴 力 団 の 代 表 者 等 の 損 害 賠 償 責 任 ( 第 三 十 一 条 - 第 三 十 一 条 の 三 ) 第 六 章 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 国 等 の 責 務 及 び 民 間 活 動 の 促 進 ( 第 三 十 二 条 - 第 三 十 二 条 の 四 ) に 第 五 十 条 を 第 五 十 一 条 に 改 める 第 三 条 第 二 号 イ 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 一 号 を 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 二 号 に 改 める 第 九 条 中 第 十 二 条 の 三 及 び 第 十 二 条 の 五 において を 以 下 に 改 め 同 条 第 四 号 中 次 号 及 び 第 十 二 条 の 二 第 三 号 において を 以 下 に 改 め 同 条 第 五 号 中 顧 客 の 下 に 従 業 者 その 他 の 関 係 者 を いう の 下 に 第 三 十 条 の 六 第 一 項 第 一 号 において 同 じ を 加 え 同 条 第 二 十 号 中 公 共 工 事 を 売 買 等 に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 七 号 とし 同 条 第 十 九 号 中 対 し の 下 に その 者 が 拒 絶 しているにもかかわ らず 自 己 若 しくは 自 己 の 関 係 者 を 当 該 国 等 が 行 う 売 買 等 の 契 約 の 相 手 方 とするとを 要 求 し 又 は を 加 え 公 共 工 事 を 売 買 等 に 前 号 を 第 三 号 第 二 十 三 号 又 は 第 二 十 四 号 に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 六 号 とし 同 条 第 十 八 号 中 公 共 工 事 の を 売 買 等 の 契 約 に 係 る に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 四 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 二 十 五 人 に 対 し 国 等 が 行 う 売 買 等 の 契 約 に 係 る 入 札 について 当 該 入 札 に 参 加 し ないと 又 は 一 定 の 価 格 その 他 の 条 件 をもって 当 該 入 札 に 係 る 申 込 みをするとをみだ りに 要 求 すると 第 九 条 第 十 七 号 中 公 共 工 事 ( 同 法 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 公 共 工 事 をいう 以 下 の 条 において 同 じ )の を 売 買 貸 借 請 負 その 他 の 契 約 ( 以 下 の 条 及 び 第 三 十

2 二 条 第 一 項 において 売 買 等 の 契 約 という )に 係 る に 改 め 同 号 を 同 条 第 二 十 三 号 とし 同 条 第 十 六 号 を 同 条 第 二 十 二 号 とし 同 条 第 十 五 号 中 名 あて 人 を 名 宛 人 に 改 め 同 号 ロ 中 含 む の 下 に 第 三 十 二 条 第 一 項 第 三 号 において 同 じ を 加 え 同 号 を 同 条 第 二 十 一 号 とし 同 条 中 第 十 四 号 を 第 二 十 号 とし 第 十 三 号 を 第 十 九 号 とし 第 十 二 号 を 第 十 四 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 四 号 を 加 える 十 五 宅 地 建 物 取 引 業 者 ( 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) 第 二 条 第 三 号 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 をいう 次 号 において 同 じ )に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 宅 地 ( 同 条 第 一 号 に 規 定 する 宅 地 をいう ) 若 しくは 建 物 ( 以 下 の 号 及 び 次 号 において 宅 地 等 という )の 売 買 若 しくは 交 換 をすると 又 は 宅 地 等 の 売 買 交 換 若 しくは 貸 借 の 代 理 若 しくは 媒 介 をすると を 要 求 すると 十 六 宅 地 建 物 取 引 業 者 以 外 の 者 に 対 して 宅 地 等 の 売 買 若 しくは 交 換 をするとをみ だりに 要 求 し 又 は 人 に 対 して 宅 地 等 の 貸 借 をするとをみだりに 要 求 すると 十 七 建 設 業 者 ( 建 設 業 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) 第 二 条 第 三 項 に 規 定 する 建 設 業 者 をいう )に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 建 設 工 事 ( 同 条 第 一 項 に 規 定 する 建 設 工 事 をいう )を 行 うとを 要 求 すると 十 八 集 会 施 設 その 他 不 特 定 の 者 が 利 用 する 施 設 であって 暴 力 団 の 示 威 行 事 ( 暴 力 団 が 開 催 する 行 事 であって 多 数 の 暴 力 団 員 が 参 加 するとにより 当 該 施 設 の 他 の 利 用 者 又 は 付 近 の 住 民 その 他 の 者 に 当 該 暴 力 団 の 威 力 を 示 すととなるものをい う )の 用 に 供 されるおそれが 大 きいものとして 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるもの の 管 理 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 当 該 施 設 を 利 用 させる とを 要 求 すると 第 九 条 中 第 十 一 号 を 第 十 三 号 とし 第 十 号 を 第 十 一 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 二 預 金 又 は 貯 金 の 受 入 れに 係 る 業 務 を 営 む 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにも かかわらず 預 金 又 は 貯 金 の 受 入 れをするとを 要 求 すると 第 九 条 第 九 号 中 に 対 してその 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 有 価 証 券 の 信 用 取 引 ( 同 法 第 百 五 十 六 条 の 二 十 四 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 をいう 以 下 の 号 において 同 じ ) を その 他 の 金 融 商 品 取 引 行 為 ( 同 法 第 三 十 四 条 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 行 為 をいう 以 下 の 号 において 同 じ )に 係 る 業 務 を 営 む 者 に 対 してその 者 が 拒 絶 してい るにもかかわらず 金 融 商 品 取 引 行 為 に 改 め その 他 の 有 価 証 券 の 信 用 取 引 の 下 に ( 同 法 第 百 五 十 六 条 の 二 十 四 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 をいう 以 下 の 号 において 同 じ ) を 加 え 同 号 を 同 条 第 十 号 とし 同 条 中 第 八 号 を 第 九 号 とし 第 七 号 を 第 八 号 とし 第 六 号 の 二 を 第 七 号 とする 第 十 二 条 の 三 中 対 し を 対 して に 又 はその を 若 しくはその に 又 は 唆 してはならない を 若 しくは 唆 し 又 は 人 が 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 所 属 する 指

3 定 暴 力 団 等 若 しくはその 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 をするとを 助 けてはならない に 改 める 第 十 二 条 の 四 第 二 項 中 要 求 依 頼 又 は 唆 し を 規 定 に 違 反 する 行 為 に 改 める 第 十 二 条 の 五 第 二 項 第 二 号 中 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 を 次 のイからハ までのいずれかに 掲 げる 者 に 改 め 同 号 に 次 のように 加 える イ 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 ロ 前 項 各 号 に 掲 げる 者 ( 当 該 指 定 暴 力 団 等 がそれぞれ 当 該 各 号 に 定 める 指 定 暴 力 団 等 である 場 合 に 限 る ) ハ 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 威 力 を 示 すとを 常 習 とする 者 で 前 三 号 のいずれかに 該 当 するもの 第 十 二 条 の 五 第 二 項 中 第 二 号 を 第 四 号 とし 第 一 号 を 第 二 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 三 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 継 続 的 に 又 は 反 復 して 金 品 等 を 贈 与 し 又 は 貸 与 している 者 第 十 二 条 の 五 第 二 項 に 第 一 号 として 次 の 一 号 を 加 える 一 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 でなくなった 日 から 五 年 を 経 過 しない 者 第 十 四 条 第 一 項 中 の 項 及 び 第 三 十 二 条 の 二 第 二 項 第 七 号 において を 削 る 第 三 章 の 章 名 中 使 用 制 限 を 使 用 制 限 等 に 改 める 第 十 五 条 に 見 出 しとして ( 事 務 所 の 使 用 制 限 ) を 付 し 同 条 第 一 項 中 使 用 して の を 使 用 した に の 項 を の 章 に 改 め 管 理 者 という ) の 下 に 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 している 指 定 暴 力 団 員 を 加 え に 供 すると 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 するとを 禁 止 すると を 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 してはならない 旨 に 改 め 後 段 を 削 り 同 条 第 五 項 中 第 三 項 を 第 四 項 に はり 付 けられた を 貼 り 付 けられた に はり 付 けた を 貼 り 付 け た に 基 づき 定 められた を よる 命 令 の に 改 め 同 項 を 同 条 第 六 項 とし 同 条 第 四 項 中 はり 付 けた を 貼 り 付 けた に 基 づき 定 められた 期 限 を よる 命 令 の 期 限 ( 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 以 下 の 条 において 同 じ ) に 同 項 各 号 を 第 一 項 各 号 に 改 め 同 項 を 同 条 第 五 項 と し 同 条 第 三 項 中 管 理 者 の 下 に 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 していた 指 定 暴 力 団 員 を 加 え 同 項 を 第 一 項 に はり 付 ける を 貼 り 付 ける に 改 め 同 項 を 同 条 第 四 項 とし 同 条 第 二 項 中 前 項 を 前 二 項 に 使 用 しての 暴 力 行 為 を 使 用 した 暴 力 行 為 ( 次 条 第 四 項 及 び 第 十 五 条 の 三 第 一 項 において 内 部 抗 争 とい う ) に 同 項 中 を 第 一 項 中 に 改 め 同 項 を 同 条 第 三 項 とし 同 条 第 一 項 の 次 に 次 の 一 項 を 加 える 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 命 令 をした 場 合 において 当 該 命 令 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 命 令 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定

4 めて その 命 令 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 第 三 章 中 第 十 五 条 の 次 に 次 の 三 条 を 加 える ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 ) 第 十 五 条 の 二 指 定 暴 力 団 等 の 相 互 間 に 対 立 が 生 じ 対 立 抗 争 が 発 生 した 場 合 において 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 凶 器 を 使 用 した 暴 力 行 為 が 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 を 加 え る 方 法 によるものであり かつ 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 暴 力 行 為 により 更 に 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられるおそれがあると 認 めるときは 公 安 委 員 会 は 三 月 以 内 の 期 間 及 び 当 該 暴 力 行 為 により 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられると を 防 止 するため 特 に 警 戒 を 要 する 区 域 ( 以 下 の 条 及 び 次 条 において 警 戒 区 域 と いう )を 定 めて 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 するものとする 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 において 当 該 指 定 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 指 定 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて その 指 定 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 警 戒 区 域 を 変 更 するとができる 4 前 三 項 の 規 定 は 一 の 指 定 暴 力 団 等 に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 の 集 団 の 相 互 間 に 対 立 が 生 じ 内 部 抗 争 が 発 生 した 場 合 について 準 用 する の 場 合 において 第 一 項 中 指 定 暴 力 団 等 を とあるのは 集 団 に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 を と 読 み 替 えるものとする 5 公 安 委 員 会 は 第 一 項 ( 前 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 の 条 及 び 第 十 五 条 の 四 第 一 項 において 同 じ )の 規 定 による 指 定 をしたときは 警 戒 区 域 内 に 在 る 当 該 指 定 に 係 る 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 出 入 口 の 見 やすい 場 所 に 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 が 当 該 指 定 を 受 けている 旨 を 告 知 する 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 標 章 を 貼 り 付 けるものとする 公 安 委 員 会 が 第 三 項 ( 前 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 以 下 の 条 において 同 じ )の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 をした 場 合 において 新 た に 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれるととなったと きは 当 該 事 務 所 についても 同 様 とする 6 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 標 章 を 貼 り 付 けた 場 合 において 第 一 項 の 規 定 に よる 指 定 の 期 限 ( 第 二 項 ( 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 次 項 及 び 第 十 五 条 の 四 第 一 項 において 同 じ )が 経 過 したとき 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなったとき 又 は 同 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 一 項 の 規 定 による 指 定 が 取 り 消 されたと きは 当 該 標 章 を 取 り 除 かなければならない

5 7 何 人 も 第 五 項 の 規 定 により 貼 り 付 けられた 標 章 を 損 壊 し 又 は 汚 損 してはならず また 第 一 項 の 規 定 による 指 定 の 期 限 が 経 過 し 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなり 又 は 第 十 五 条 の 四 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 一 項 の 規 定 に よる 指 定 が 取 り 消 された 後 でなければ れを 取 り 除 いてはならない 8 第 五 条 ( 第 一 項 ただし 書 を 除 く 次 項 において 同 じ ) 及 び 第 七 条 の 規 定 は 第 一 項 の 規 定 による 指 定 について 準 用 する の 場 合 において 同 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 第 四 項 において 同 じ )に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 同 条 第 四 項 中 事 項 と あるのは 事 項 ( 第 十 五 条 の 二 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 を 除 く ) と 読 み 替 える ものとする 9 第 五 条 の 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 ( 当 該 変 更 により 新 たな 区 域 が 当 該 警 戒 区 域 に 含 まれるととなるものに 限 る )について 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 について それぞれ 準 用 する の 場 合 において 同 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む )に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 読 み 替 えるものとする 10 第 一 項 の 規 定 により 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 連 合 が 第 三 条 の 規 定 により 指 定 暴 力 団 として 指 定 された 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 に 係 る 第 四 条 の 規 定 による 指 定 が 第 八 条 第 三 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときは 第 一 項 の 規 定 により 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 同 項 の 規 定 によ り 当 該 指 定 暴 力 団 について 当 該 公 安 委 員 会 がした 指 定 とみなす 11 第 一 項 の 規 定 により 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 旧 指 定 という )の 有 効 期 間 が 経 過 した 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 き 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 新 指 定 という )がされたときは 第 一 項 の 規 定 により 旧 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 新 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 きその 効 力 を 有 する ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 等 の 禁 止 行 為 ) 第 十 五 条 の 三 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 は 警 戒 区 域 において 次 に 掲 げ る 行 為 をしてはならない 一 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 を 新 たに 設 置 すると 二 当 該 対 立 抗 争 に 係 る 他 の 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 ( 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 が 内 部 抗 争 に 係 る 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 である 場 合 にあっては 当 該 内 部 抗 争 に 係 る 集 団 ( 自 己 が 所 属 する 集 団 を 除 く )に 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 以 下 の 号 に おいて 対 立 指 定 暴 力 団 員 という )につきまとい 又 は 対 立 指 定 暴 力 団 員 の 居

6 宅 若 しくは 対 立 指 定 暴 力 団 員 が 管 理 する 事 務 所 の 付 近 をうろつくと 三 多 数 で 集 合 するとその 他 当 該 対 立 抗 争 又 は 内 部 抗 争 に 係 る 暴 力 行 為 を 誘 発 する おそれがあるものとして 政 令 で 定 める 行 為 を 行 うと 2 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 は 警 戒 区 域 内 に 在 る 当 該 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 に 立 ち 入 り 又 はとどまってはな らない ただし 当 該 事 務 所 の 閉 鎖 その 他 当 該 事 務 所 への 立 入 りを 防 ぐため 必 要 な 措 置 を 講 ずる 場 合 は の 限 りでない ( 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し) 第 十 五 条 の 四 公 安 委 員 会 は 第 十 五 条 の 二 第 一 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 におい て 当 該 指 定 の 期 限 を 経 過 する 前 に 同 項 に 規 定 するおそれがないと 認 められるに 至 っ たときは その 指 定 を 取 り 消 さなければならない 2 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 前 項 の 規 定 による 指 定 の 取 消 しについて 準 用 する 第 二 十 八 条 第 三 項 中 第 三 十 二 条 の 二 第 一 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 に 改 める 第 三 十 条 の 二 中 並 びに を 及 び に 及 び 第 四 号 を から 第 五 号 まで に 改 める 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 一 号 及 び 第 二 号 中 使 用 しての を 使 用 した に 改 め 同 項 中 第 四 号 を 第 五 号 とし 第 三 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 四 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 十 二 条 の 三 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 をその 相 手 方 が 拒 絶 した 場 合 において れに 報 復 し 又 は 当 該 相 手 方 を 当 該 準 暴 力 的 要 求 行 為 に 応 じさせる 目 的 で 当 該 相 手 方 又 はその 配 偶 者 等 に 対 してする 暴 力 行 為 第 四 章 に 次 の 一 節 を 加 える 第 五 節 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 等 ( 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 ) 第 三 十 条 の 六 指 定 暴 力 団 員 は その 者 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 又 はその 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 縄 張 内 で 営 業 を 営 む 者 のために 次 に 掲 げる 行 為 をしては ならない 当 該 行 為 をするとをその 営 業 を 営 む 者 又 はその 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 と 約 束 するとについても 同 様 とする 一 用 心 棒 の 役 務 を 提 供 すると 二 訪 問 する 方 法 により 当 該 営 業 に 係 る 商 品 を 販 売 する 契 約 又 は 当 該 営 業 に 係 る 役 務 を 有 償 で 提 供 する 契 約 の 締 結 について 勧 誘 をすると 三 面 会 する 方 法 により 当 該 営 業 によって 生 じた 債 権 で 履 行 期 限 を 経 過 してもなお その 全 部 又 は 一 部 が 履 行 されていないものの 取 立 てをすると 2 営 業 を 営 む 者 又 はその 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 ( 次 条 第 四 項 において 営 業 を 営 む 者 等 という )は 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 前 項 前 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を

7 するとを 要 求 し 依 頼 し 又 は 唆 してはならない 同 項 後 段 に 規 定 する 約 束 の 相 手 方 となるとについても 同 様 とする ( 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 三 十 条 の 七 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 前 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を している 場 合 には 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 を 中 止 するとを 命 じ 又 は 当 該 行 為 が 中 止 されるとを 確 保 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 2 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 後 段 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 に は 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 に 係 る 同 項 各 号 に 掲 げる 行 為 を 防 止 するため に 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 3 公 安 委 員 会 は 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 におい て 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 更 に 反 復 して 当 該 行 為 と 類 似 の 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を するおそれがあると 認 めるときは 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 4 公 安 委 員 会 は 営 業 を 営 む 者 等 が 前 条 第 二 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 にお いて 当 該 営 業 を 営 む 者 等 が 更 に 反 復 して 当 該 行 為 と 類 似 の 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をするおそれがあると 認 めるときは 当 該 営 業 を 営 む 者 等 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 第 四 章 の 次 に 次 の 一 章 を 加 える 第 四 章 の 二 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 等 ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 ) 第 三 十 条 の 八 公 安 委 員 会 は 次 の 各 号 のいずれかに 掲 げる 行 為 が 行 われた 場 合 におい て 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 が 当 該 行 為 に 関 連 して 凶 器 を 使 用 して 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 を 加 える 方 法 による 暴 力 行 為 を 行 ったと 認 め られ かつ 当 該 指 定 暴 力 団 員 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 又 はその 要 求 若 しくは 依 頼 を 受 けた 者 が 更 に 反 復 して 同 様 の 暴 力 行 為 を 行 うおそれがあると 認 める ときは 一 年 を 超 えない 範 囲 内 の 期 間 及 び 当 該 暴 力 行 為 により 人 の 生 命 又 は 身 体 に 重 大 な 危 害 が 加 えられるとを 防 止 するため 特 に 警 戒 を 要 する 区 域 ( 以 下 の 章 におい て 警 戒 区 域 という )を 定 めて 当 該 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 とし て 指 定 するものとする 一 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 暴 力 的 要 求 行 為 又 は 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 十 二 条 の 三 の 規 定 に 違 反 する 行 為 に 係 る 準 暴 力 的 要 求 行 為 で あって その 相 手 方 が 拒 絶 したもの 二 当 該 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 がした 第 三 十 条 の 二 の 規 定 に 違 反 する 行 為 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 において 当 該 指 定 の 有 効 期 間 が

8 経 過 した 後 において 更 にその 指 定 の 必 要 があると 認 めるときは 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて その 指 定 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 において れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 必 要 があると 認 めるときは 警 戒 区 域 を 変 更 するとができる 4 第 五 条 及 び 第 七 条 の 規 定 は 第 一 項 の 規 定 による 指 定 について 準 用 する の 場 合 において 第 五 条 第 一 項 ただし 書 中 個 人 の 秘 密 とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 各 号 に 掲 げる 行 為 又 は 同 項 の 暴 力 行 為 の 相 手 方 に 係 る 個 人 の 秘 密 又 は 事 業 上 の 秘 密 と 第 七 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 その 他 の と 同 条 第 四 項 中 事 項 とあるのは 事 項 ( 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 を 除 く ) と 読 み 替 えるものとする 5 第 五 条 の 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 ( 当 該 変 更 により 新 たな 区 域 が 当 該 警 戒 区 域 に 含 まれるととなるものに 限 る )について 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 について それぞれ 準 用 する の 場 合 において 第 五 条 第 一 項 ただし 書 中 個 人 の 秘 密 とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 各 号 に 掲 げる 行 為 又 は 同 項 の 暴 力 行 為 の 相 手 方 に 係 る 個 人 の 秘 密 又 は 事 業 上 の 秘 密 と 第 七 条 第 一 項 中 その 他 の とあるのは 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 す る 警 戒 区 域 その 他 の と 読 み 替 えるものとする 6 第 一 項 の 規 定 により 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 連 合 が 第 三 条 の 規 定 により 指 定 暴 力 団 として 指 定 された 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 に 係 る 第 四 条 の 規 定 による 指 定 が 第 八 条 第 三 項 の 規 定 により 取 り 消 されたときは 第 一 項 の 規 定 により 当 該 指 定 暴 力 団 連 合 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 同 項 の 規 定 によ り 当 該 指 定 暴 力 団 について 当 該 公 安 委 員 会 がした 指 定 とみなす 7 第 一 項 の 規 定 により 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 された 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 旧 指 定 という )の 有 効 期 間 が 経 過 した 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 き 第 三 条 又 は 第 四 条 の 規 定 による 指 定 ( 以 下 の 項 において 新 指 定 という )がされたときは 第 一 項 の 規 定 により 旧 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 公 安 委 員 会 がした 指 定 は 新 指 定 に 係 る 指 定 暴 力 団 等 について 引 き 続 きその 効 力 を 有 する ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 禁 止 行 為 ) 第 三 十 条 の 九 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 は 暴 力 的 要 求 行 為 を 行 う 目 的 で 警 戒 区 域 において 又 は 警 戒 区 域 における 人 の 生 活 若 しくは 業 務 の 遂 行 に 関 して その 相 手 方 に 対 し 次 に 掲 げる 行 為 をしてはならない 一 面 会 を 要 求 すると 二 電 話 をかけ ファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 電 子 メール( 特 定 電 子 メー ルの 送 信 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 四 年 法 律 第 二 十 六 号 ) 第 二 条 第 一 号 に 規 定 する 電 子 メールをいう )を 送 信 すると

9 三 つきまとい 又 はその 居 宅 若 しくは 事 業 所 の 付 近 をうろつくと ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 の 禁 止 行 為 に 対 する 措 置 ) 第 三 十 条 の 十 公 安 委 員 会 は 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をしており その 相 手 方 の 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されてい ると 認 める 場 合 には 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 当 該 行 為 を 中 止 するとを 命 じ 又 は 当 該 行 為 が 中 止 されるとを 確 保 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる 2 公 安 委 員 会 は 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 が 前 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をした 場 合 において 当 該 指 定 暴 力 団 員 が 更 に 反 復 して 同 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 を するおそれがあると 認 めるときは 当 該 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 一 年 を 超 えない 範 囲 内 で 期 間 を 定 めて 同 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 が 行 われるとを 防 止 するために 必 要 な 事 項 を 命 ずるとができる ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 制 限 ) 第 三 十 条 の 十 一 公 安 委 員 会 は 警 戒 区 域 内 に 在 る 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 が 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 暴 力 行 為 に 関 し 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 に より 次 の 各 号 に 掲 げる 用 に 供 されており 又 は 供 されるおそれがあると 認 めるときは 当 該 事 務 所 に 係 る 管 理 者 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 している 指 定 暴 力 団 員 に 対 し 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて 当 該 事 務 所 を 当 該 各 号 の 用 又 は 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 活 動 の 用 に 供 してはならない 旨 を 命 ずるとができる 一 多 数 の 指 定 暴 力 団 員 の 集 合 の 用 二 当 該 暴 力 行 為 のための 謀 議 指 揮 命 令 又 は 連 絡 の 用 三 当 該 暴 力 行 為 に 供 用 されるおそれがあると 認 められる 凶 器 その 他 の 物 件 の 製 造 又 は 保 管 の 用 2 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 による 命 令 をした 場 合 において 当 該 命 令 の 有 効 期 間 が 経 過 した 後 において 更 にその 命 令 の 必 要 があると 認 めるときは 三 月 以 内 の 期 間 を 定 めて その 命 令 の 期 限 を 延 長 するとができる 当 該 延 長 に 係 る 期 限 が 経 過 した 後 に おいて れを 更 に 延 長 しようとするときも 同 様 とする 3 公 安 委 員 会 は 第 一 項 の 規 定 による 命 令 をしたときは 当 該 事 務 所 の 出 入 口 の 見 や すい 場 所 に 当 該 管 理 者 又 は 当 該 事 務 所 を 現 に 使 用 していた 指 定 暴 力 団 員 が 当 該 事 務 所 について 同 項 の 命 令 を 受 けている 旨 を 告 知 する 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 標 章 を 貼 り 付 けるものとする 4 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 標 章 を 貼 り 付 けた 場 合 において 第 一 項 の 規 定 に よる 命 令 の 期 限 ( 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 以 下 の 条 において 同 じ )が 経 過 したとき 第 三 十 条 の 八 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないと となったとき 又 は 当 該 期 限 内 において 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 が 第 一 項 各 号 の 用 に 供 されるおそれがなくなったと 認 めるときは 当 該 標 章 を 取 り 除 かなければなら

10 ない 5 何 人 も 第 三 項 の 規 定 により 貼 り 付 けられた 標 章 を 損 壊 し 又 は 汚 損 してはならず また 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 に 係 る 第 一 項 の 規 定 による 命 令 の 期 限 が 経 過 し 第 三 十 条 の 八 第 三 項 の 規 定 による 警 戒 区 域 の 変 更 により 当 該 標 章 を 貼 り 付 けた 事 務 所 の 所 在 地 が 警 戒 区 域 に 含 まれないととなり 又 は 次 条 第 一 項 の 規 定 により 当 該 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 に 係 る 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 が 取 り 消 された 後 でな ければ れを 取 り 除 いてはならない ( 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し) 第 三 十 条 の 十 二 公 安 委 員 会 は 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 をした 場 合 にお いて 当 該 指 定 の 期 限 ( 同 条 第 二 項 の 規 定 によりその 延 長 が 行 われたときは その 延 長 後 の 期 限 )を 経 過 する 前 に 同 条 第 一 項 に 規 定 するおそれがないと 認 められるに 至 っ たときは その 指 定 を 取 り 消 さなければならない 2 第 七 条 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 は 前 項 の 規 定 による 指 定 の 取 消 しについて 準 用 する 第 六 章 の 章 名 中 及 びれによる 不 当 な 影 響 の 排 除 のための を 等 に 関 する 国 等 の 責 務 及 び に 改 める 第 三 十 二 条 中 第 二 項 を 第 四 項 とし 第 一 項 を 第 三 項 とし 同 条 に 第 一 項 及 び 第 二 項 と して 次 の 二 項 を 加 える 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 次 に 掲 げる 者 をその 行 う 売 買 等 の 契 約 に 係 る 入 札 に 参 加 さ せないようにするための 措 置 を 講 ずるものとする 一 指 定 暴 力 団 員 二 指 定 暴 力 団 員 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 を 含 む ) 三 法 人 その 他 の 団 体 であって 指 定 暴 力 団 員 がその 役 員 となっているもの 四 指 定 暴 力 団 員 が 出 資 融 資 取 引 その 他 の 関 係 を 通 じてその 事 業 活 動 に 支 配 的 な 影 響 力 を 有 する 者 ( 前 号 に 該 当 するものを 除 く ) 2 国 及 び 地 方 公 共 団 体 は 前 項 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるほか その 事 務 又 は 事 業 に 関 する 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 及 びれにより 当 該 事 務 又 は 事 業 に 生 じた 不 当 な 影 響 の 排 除 に 努 めなければならない 第 六 章 中 第 三 十 二 条 の 三 を 第 三 十 二 条 の 四 とし 第 三 十 二 条 の 二 を 第 三 十 二 条 の 三 と し 第 三 十 二 条 の 次 に 次 の 一 条 を 加 える ( 事 業 者 の 責 務 ) 第 三 十 二 条 の 二 事 業 者 は 不 当 要 求 による 被 害 を 防 止 するために 必 要 な 第 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 措 置 を 講 ずるよう 努 めるほか その 事 業 活 動 を 通 じて 暴 力 団 員 に 不 当 な 利 益 を 得 させるとがないよう 努 めなければならない 第 三 十 四 条 第 一 項 中 同 条 第 二 項 を 同 条 第 三 項 に 又 は 第 三 十 条 の 五 第 一

11 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 から 第 四 項 まで 第 三 十 条 の 十 第 二 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 項 ただし 書 中 若 しくは 第 二 十 四 条 を 第 二 十 四 条 第 三 十 条 の 六 第 一 項 前 段 若 しくは 第 三 十 条 の 九 に 改 める 第 三 十 五 条 第 一 項 中 又 は 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 第 三 十 条 の 十 第 二 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 条 第 四 項 中 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 第 三 十 条 の 七 第 二 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 条 第 九 項 第 一 号 中 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 同 項 第 二 号 中 第 十 五 条 第 一 項 の 下 に 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える 第 三 十 六 条 第 四 項 中 及 び 第 四 条 を 第 四 条 第 十 五 条 の 二 第 一 項 ( 同 条 第 四 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 第 三 十 九 条 第 十 一 号 において 同 じ ) 及 び 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 官 公 署 を 官 庁 公 共 団 体 その 他 の 者 に 改 める 第 三 十 九 条 第 五 号 中 若 しくは 第 二 十 七 条 を 第 二 十 七 条 第 三 十 条 の 七 第 三 項 若 しくは 第 三 十 条 の 十 第 二 項 に 改 め 同 条 第 七 号 中 若 しくは 第 三 十 条 の 三 を 第 三 十 条 の 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 若 しくは 第 二 項 若 しくは 第 三 十 条 の 十 第 一 項 に 又 は を 若 しくは に 及 び 第 三 十 条 の 五 第 一 項 を 第 三 十 条 の 五 第 一 項 及 び 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 に 改 め 以 外 の 仮 の 命 令 の 下 に 又 は 第 三 十 条 の 七 第 二 項 の 規 定 による 命 令 に 係 る 第 三 十 四 条 第 一 項 の 意 見 聴 取 を 当 該 命 令 の 下 に 又 は 意 見 聴 取 を 加 え 同 条 第 十 号 中 第 十 五 条 第 一 項 の 下 に 若 しくは 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 を 加 え 同 項 を れら に 又 は 当 該 を 又 はれらの に 改 め 同 条 第 十 三 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 一 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 に 改 め 同 号 を 同 条 第 十 五 号 とし 同 条 第 十 二 号 を 同 条 第 十 三 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 四 第 三 十 条 の 七 第 四 項 の 規 定 による 命 令 又 は 当 該 命 令 に 係 る 第 三 十 四 条 第 一 項 の 意 見 聴 取 当 該 命 令 又 は 意 見 聴 取 に 係 る 違 反 行 為 が 行 われた 時 における 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 の 主 たる 営 業 所 ( 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 が 営 業 を 営 む 者 の 代 理 人 使 用 人 その 他 の 従 業 者 である 場 合 にあっては その 者 が 勤 務 する 営 業 所 )の 所 在 地 (れらの 営 業 所 がない 場 合 にあっては 当 該 違 反 行 為 が 行 われた 時 における 当 該 違 反 行 為 を 行 った 者 の 住 所 地 )を 管 轄 する 公 安 委 員 会 第 三 十 九 条 中 第 十 一 号 を 第 十 二 号 とし 第 十 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 十 一 第 十 五 条 の 二 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 八 第 一 項 の 規 定 による 指 定 れらの 規 定 による 指 定 において 定 めようとする 区 域 を 管 轄 する 公 安 委 員 会 第 三 十 九 条 の 次 に 次 の 一 条 を 加 える ( 命 令 等 に 係 る 書 類 の 送 達 ) 第 三 十 九 条 の 二 の 法 律 の 規 定 による 命 令 又 は 指 示 は 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 書 類 を 送 達 して 行 う ただし 第 十 一 条 第 一 項 第 十 二 条 第 二 項 第 十 二 条 の 六 第 一 項 第 十 八 条 第 一 項 第 二 十 二 条 第 一 項 第 二 十 六 条 第 一 項 第 三 十 条 第 三 十 条 の

12 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 十 第 一 項 の 規 定 による 命 令 については 緊 急 を 要 するため 当 該 書 類 を 送 達 するいとまがないときは 口 頭 でするとができる 2 前 項 の 規 定 により 送 達 すべき 書 類 について その 送 達 を 受 けるべき 者 の 住 所 及 び 居 所 が 明 らかでない 場 合 には 当 該 命 令 又 は 指 示 をする 公 安 委 員 会 は その 送 達 に 代 え て 公 示 送 達 をするとができる 3 公 示 送 達 は 送 達 すべき 書 類 の 名 称 その 送 達 を 受 けるべき 者 の 氏 名 及 び 公 安 委 員 会 がその 書 類 をいつでも 送 達 を 受 けるべき 者 に 交 付 する 旨 を 当 該 公 安 委 員 会 の 掲 示 板 に 掲 示 して 行 う 4 前 項 の 場 合 において 掲 示 を 始 めた 日 から 起 算 して 二 週 間 を 経 過 したときは 書 類 の 送 達 があったものとみなす 第 四 十 二 条 第 一 項 中 並 びに 第 十 五 条 第 一 項 を 第 十 五 条 第 一 項 に 同 条 第 三 項 及 び 第 四 項 を 同 条 第 四 項 及 び 第 五 項 に 改 め 規 定 する 事 務 の 下 に 並 び に 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 に 係 る 仮 の 命 令 に 係 る 同 条 第 三 項 及 び 第 四 項 に 規 定 する 事 務 を 加 え 同 条 第 三 項 中 又 は 第 三 十 条 の 三 を 第 三 十 条 の 三 第 三 十 条 の 七 第 一 項 又 は 第 三 十 条 の 十 第 一 項 に 改 める 第 四 十 三 条 中 第 四 章 を 第 四 章 の 二 に 改 める 第 四 十 六 条 中 第 十 一 条 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した を 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する に 一 年 を 三 年 に 百 万 円 を 五 百 万 円 に 改 め 同 条 に 次 の 各 号 を 加 える 一 第 十 一 条 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 二 第 十 五 条 の 三 の 規 定 に 違 反 した 者 三 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 暴 力 団 員 で 第 三 十 条 の 八 第 一 項 に 規 定 する 警 戒 区 域 において 又 は 当 該 警 戒 区 域 における 人 の 生 活 若 しくは 業 務 の 遂 行 に 関 して 暴 力 的 要 求 行 為 又 は 第 三 十 条 の 二 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をしたもの 第 四 十 七 条 中 一 年 を 三 年 に 又 は 五 十 万 円 を 若 しくは 二 百 五 十 万 円 に 処 する を 処 し 又 はれを 併 科 する に 改 め 同 条 第 五 号 中 同 条 第 二 項 を 同 条 第 三 項 に 改 め 同 条 に 次 の 二 号 を 加 える 十 六 第 三 十 条 の 十 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 十 七 第 三 十 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 第 五 十 条 を 削 る 第 四 十 九 条 中 第 十 五 条 第 五 項 を 第 十 五 条 第 六 項 第 十 五 条 の 二 第 七 項 又 は 第 三 十 条 の 十 一 第 五 項 に 五 十 万 円 を 百 万 円 に 改 め 同 条 を 第 五 十 一 条 とする 第 四 十 八 条 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 の 規 定 に 違 反 した を 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する に 改 め 同 条 に 次 の 各 号 を 加 える 一 第 三 十 条 の 七 第 四 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 二 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 規 定 に 違 反 した 者

13 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 とし 第 四 十 七 条 の 次 に 次 の 二 条 を 加 える 第 四 十 八 条 第 三 十 条 の 七 第 一 項 から 第 三 項 までの 規 定 による 命 令 に 違 反 した 者 は 一 年 以 下 の 懲 役 若 しくは 百 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 し 又 はれを 併 科 する 第 四 十 九 条 第 三 十 三 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 報 告 をせず 若 しくは 資 料 を 提 出 せず 若 しくは 同 項 の 報 告 若 しくは 資 料 の 提 出 について 虚 偽 の 報 告 をし 若 しくは 虚 偽 の 資 料 を 提 出 し 又 は 同 項 の 規 定 による 立 入 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 若 しく は 同 項 の 規 定 による 質 問 に 対 して 陳 述 をせず 若 しくは 虚 偽 の 陳 述 をした 者 は 一 年 以 下 の 懲 役 又 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 別 表 第 十 四 号 中 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) を 削 り 同 表 第 二 十 五 号 中 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) を 削 り 同 表 中 第 五 十 四 号 を 第 五 十 七 号 とし 第 五 十 三 号 を 第 五 十 五 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 五 十 六 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 九 年 法 律 第 二 十 二 号 )に 規 定 する 罪 別 表 中 第 五 十 二 号 を 第 五 十 四 号 とし 第 四 十 八 号 から 第 五 十 一 号 までを 二 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 四 十 七 号 を 第 四 十 八 号 とし 同 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 四 十 九 高 齢 者 の 居 住 の 安 定 確 保 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 三 年 法 律 第 二 十 六 号 ) 第 八 章 に 規 定 する 罪 別 表 中 第 四 十 六 号 を 第 四 十 七 号 とし 第 三 十 二 号 から 第 四 十 五 号 までを 一 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 三 十 一 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 三 十 二 割 賦 販 売 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 百 五 十 九 号 ) 第 五 章 に 規 定 する 罪 別 表 に 次 の 一 号 を 加 える 五 十 八 資 金 決 済 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 十 一 年 法 律 第 五 十 九 号 ) 第 八 章 に 規 定 する 罪 第 二 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 目 次 中 第 三 十 二 条 の 四 を 第 三 十 二 条 の 十 五 に 第 五 十 一 条 を 第 五 十 二 条 に 改 める 第 三 条 第 二 号 イ 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える 第 十 五 条 第 一 項 中 以 下 同 じ を 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 除 き 以 下 同 じ に 改 める 第 三 十 条 の 二 第 二 号 中 以 下 の 号 の 下 に 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 第 二 号 及 び 第 二 項 第 六 号 並 びに 第 三 十 二 条 の 四 第 一 項 及 び 第 二 項 を 加 える 第 三 十 二 条 の 三 第 一 項 第 二 号 中 第 五 号 を 第 六 号 に 又 は 暴 力 団 を 暴 力 団 に 改 め 意 志 を 有 する 者 の 下 に 又 は 暴 力 団 の 事 務 所 の 付 近 の 住 民 その 他 の 者 を 加 え 同 条 第 二 項 中 第 十 号 を 第 十 一 号 とし 第 六 号 から 第 九 号 までを 一 号 ずつ 繰 り 下 げ 第 五 号 の 次 に 次 の 一 号 を 加 える 六 暴 力 団 の 事 務 所 の 使 用 により 付 近 住 民 等 ( 付 近 において 居 住 し 勤 務 し その 他 日 常 生 活 又 は 社 会 生 活 を 営 む 者 をいう 次 条 第 一 項 及 び 第 二 項 において 同 じ )の

14 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されるとを 防 止 すると 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 中 暴 力 追 放 相 談 委 員 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 五 第 三 項 第 二 号 の 弁 護 士 を 加 える 第 三 十 二 条 の 四 第 三 項 中 前 条 第 五 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 五 項 に 改 め 第 六 章 中 同 条 を 第 三 十 二 条 の 十 五 とし 第 三 十 二 条 の 三 の 次 に 次 の 十 一 条 を 加 える ( 適 格 都 道 府 県 センターの 権 限 等 ) 第 三 十 二 条 の 四 次 条 第 一 項 の 規 定 により 認 定 された 都 道 府 県 センター( 以 下 適 格 都 道 府 県 センター という )は 当 該 都 道 府 県 の 区 域 内 に 在 る 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 使 用 により 付 近 住 民 等 の 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 害 されるとを 防 止 す るための 事 業 を 行 う 場 合 において 当 該 付 近 住 民 等 で 当 該 事 務 所 の 使 用 によりその 生 活 の 平 穏 又 は 業 務 の 遂 行 の 平 穏 が 違 法 に 害 されているとを 理 由 として 当 該 事 務 所 の 使 用 及 びれに 付 随 する 行 為 の 差 止 めの 請 求 をしようとするものから 委 託 を 受 けた ときは 当 該 委 託 をした 者 のために 自 己 の 名 をもって 当 該 請 求 に 関 する 一 切 の 裁 判 上 又 は 裁 判 外 の 行 為 をする 権 限 を 有 する 2 適 格 都 道 府 県 センターは 前 項 の 委 託 を 受 けたときは 当 該 事 務 所 に 関 し その 他 の 付 近 住 民 等 が 当 該 委 託 をする 機 会 を 確 保 するために その 旨 を 通 知 その 他 適 切 な 方 法 により れらの 者 に 周 知 するよう 努 めるものとする 3 適 格 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 権 限 を 行 使 する 場 合 において 民 事 訴 訟 手 続 民 事 保 全 の 命 令 に 関 する 手 続 及 び 執 行 抗 告 ( 民 事 保 全 の 執 行 の 手 続 に 関 する 裁 判 に 対 する 執 行 抗 告 を 含 む )に 係 る 手 続 については 弁 護 士 に 追 行 させなければならない 4 適 格 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 委 託 をした 者 に 対 して 報 酬 を 請 求 するとがで きない 5 第 一 項 の 委 託 をした 者 は その 委 託 を 取 り 消 すとができる ( 適 格 都 道 府 県 センターの 認 定 ) 第 三 十 二 条 の 五 差 止 請 求 関 係 業 務 ( 前 条 第 一 項 の 権 限 の 行 使 に 関 する 業 務 をいう 以 下 同 じ )を 行 おうとする 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 の 認 定 を 受 けなけれ ばならない 2 前 項 の 認 定 を 受 けようとする 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 に 認 定 の 申 請 を しなければならない 3 国 家 公 安 委 員 会 は 前 項 の 申 請 をした 都 道 府 県 センターが 次 に 掲 げる 要 件 の 全 てに 適 合 しているときに 限 り 第 一 項 の 認 定 をするとができる 一 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 に 係 る 組 織 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 の 方 法 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 して 知 り 得 た 情 報 の 管 理 及 び 秘 密 の 保 持 の 方 法 その 他 の 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するための 体 制 及 び 業 務 規 程 が 適 切 に 整 備 されていると 二 前 条 第 一 項 の 委 託 を 受 ける 旨 の 決 定 及 び 当 該 委 託 に 係 る 請 求 の 内 容 についての 検 討 を 行 う 部 門 において 暴 力 追 放 相 談 委 員 及 び 弁 護 士 が 共 にその 専 門 的 知 識 経 験 に 基

15 づいて 必 要 な 助 言 を 行 い 又 は 意 見 を 述 べる 体 制 が 整 備 されているとその 他 差 止 請 求 関 係 業 務 を 遂 行 するための 人 的 体 制 に 照 らして 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するとができる 専 門 的 知 識 経 験 を 有 すると 認 められると 三 差 止 請 求 関 係 業 務 を 適 正 に 遂 行 するに 足 りる 経 理 的 基 礎 を 有 すると 4 前 項 第 一 号 の 業 務 規 程 には 差 止 請 求 関 係 業 務 の 実 施 の 方 法 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 して 知 り 得 た 情 報 の 管 理 及 び 秘 密 の 保 持 の 方 法 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 め る 事 項 が 定 められていなければならない 5 次 のいずれかに 該 当 する 都 道 府 県 センターは 第 一 項 の 認 定 を 受 けるとができな い 一 第 三 十 二 条 の 十 三 第 一 項 各 号 に 掲 げる 事 由 により 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 され そ の 取 消 しの 日 から 三 年 を 経 過 しない 都 道 府 県 センター 二 役 員 のうちに 前 号 に 該 当 する 都 道 府 県 センターの 役 員 であった 者 (その 認 定 の 取 消 しの 日 前 六 月 以 内 にその 職 にあった 者 に 限 る )がある 都 道 府 県 センター ( 認 定 の 申 請 ) 第 三 十 二 条 の 六 前 条 第 二 項 の 申 請 は 当 該 申 請 に 係 る 都 道 府 県 センターの 名 称 及 び 住 所 並 びに 代 表 者 の 氏 名 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 を 記 載 した 申 請 書 を 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 公 安 委 員 会 を 経 由 して 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 してしなければならない の 場 合 において 公 安 委 員 会 は 当 該 申 請 に 係 る 事 項 に 関 する 意 見 を 付 して 国 家 公 安 委 員 会 に 送 付 するものとする 2 前 項 の 申 請 書 には 定 款 前 条 第 三 項 第 一 号 の 業 務 規 程 その 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 書 類 を 添 付 しなければならない ( 認 定 の 公 示 等 ) 第 三 十 二 条 の 七 国 家 公 安 委 員 会 は 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 をしたときは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 当 該 適 格 都 道 府 県 センターの 名 称 及 び 住 所 そ の 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 を 官 報 により 公 示 するとともに 当 該 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 旨 を 書 面 により 通 知 するものとする ( 変 更 の 届 出 ) 第 三 十 二 条 の 八 適 格 都 道 府 県 センターは その 名 称 若 しくは 住 所 又 は 代 表 者 の 氏 名 そ の 他 の 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより その 旨 を 記 載 した 届 出 書 を 遅 滞 なく 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 し なければならない ( 帳 簿 書 類 の 作 成 及 び 保 存 ) 第 三 十 二 条 の 九 適 格 都 道 府 県 センターは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより 差 止 請 求 関 係 業 務 に 関 する 帳 簿 書 類 を 作 成 し れを 保 存 しなければならない ( 事 業 報 告 書 等 の 作 成 及 び 提 出 ) 第 三 十 二 条 の 十 適 格 都 道 府 県 センターは 毎 事 業 年 度 の 事 業 報 告 書 収 支 決 算 書 貸

16 借 対 照 表 及 び 財 産 目 録 を 作 成 し 当 該 事 業 年 度 経 過 後 三 月 以 内 に 国 家 公 安 委 員 会 に 提 出 しなければならない ( 報 告 及 び 立 入 り) 第 三 十 二 条 の 十 一 国 家 公 安 委 員 会 は 差 止 請 求 関 係 業 務 の 適 正 な 運 営 を 確 保 するため 必 要 があると 認 めるときは の 法 律 の 施 行 に 必 要 な 限 度 において 適 格 都 道 府 県 セ ンターに 対 しその 業 務 若 しくは 経 理 の 状 況 に 関 し 報 告 をさせ 又 は 警 察 庁 の 職 員 に 適 格 都 道 府 県 センターの 事 務 所 に 立 ち 入 り 業 務 の 状 況 若 しくは 帳 簿 書 類 その 他 の 物 件 を 検 査 させ 若 しくは 関 係 者 に 質 問 させるとができる 2 前 項 の 規 定 による 立 入 検 査 をする 職 員 は その 身 分 を 示 す 証 明 書 を 携 帯 し 関 係 者 の 請 求 があったときは れを 提 示 しなければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 立 入 検 査 の 権 限 は 犯 罪 捜 査 のために 認 められたものと 解 釈 し てはならない ( 改 善 命 令 ) 第 三 十 二 条 の 十 二 国 家 公 安 委 員 会 は 適 格 都 道 府 県 センターの 差 止 請 求 関 係 業 務 の 運 営 に 関 し 改 善 が 必 要 であると 認 めるときは 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 改 善 に 必 要 な 措 置 を 採 るべきとを 命 ずるとができる ( 認 定 の 取 消 し 等 ) 第 三 十 二 条 の 十 三 国 家 公 安 委 員 会 は 適 格 都 道 府 県 センターについて 次 のいずれか に 掲 げる 事 由 があるときは 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 すとができる 一 第 三 十 二 条 の 五 第 三 項 各 号 に 掲 げる 要 件 のいずれかに 適 合 しなくなったとき 二 第 三 十 二 条 の 五 第 五 項 第 二 号 に 該 当 するに 至 ったとき 三 前 二 号 に 掲 げるもののほか の 法 律 若 しくはの 法 律 に 基 づく 命 令 の 規 定 又 は れらの 規 定 に 基 づく 処 分 に 違 反 したとき 2 国 家 公 安 委 員 会 は 前 項 の 規 定 により 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 認 定 を 取 り 消 したと きは 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるとろにより その 旨 及 びその 取 消 しをした 日 を 官 報 により 公 示 するとともに 当 該 適 格 都 道 府 県 センターに 対 し その 旨 を 書 面 によ り 通 知 するものとする ( 国 家 公 安 委 員 会 規 則 への 委 任 ) 第 三 十 二 条 の 十 四 第 三 十 二 条 の 四 から 前 条 までに 規 定 するもののほか 適 格 都 道 府 県 センターに 関 し 必 要 な 事 項 は 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 第 四 十 条 中 第 八 条 第 四 項 の 規 定 による 確 認 の 下 に 第 三 十 二 条 の 五 第 一 項 の 規 定 による 認 定 第 三 十 二 条 の 十 三 第 一 項 の 規 定 による 認 定 の 取 消 し を 加 える 本 則 に 次 の 一 条 を 加 える 第 五 十 二 条 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 報 告 をせず 若 しくは 虚 偽 の 報 告 をし 又 は 同 項 の 規 定 による 立 入 検 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 若 しくは 同 項 の 規 定 による 質 問 に 対 して 陳 述 をせず 若 しくは 虚 偽 の 陳 述 をした 者 は 五 十 万 円

17 以 下 の 罰 金 に 処 する 附 則 ( 施 行 期 日 ) 第 一 条 の 法 律 は 公 布 の 日 から 起 算 して 三 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 から 施 行 する ただし 次 の 各 号 に 掲 げる 規 定 は 当 該 各 号 に 定 める 日 から 施 行 する 一 第 二 条 の 規 定 並 びに 附 則 第 五 条 第 七 条 第 十 条 第 十 二 条 第 十 四 条 第 十 六 条 第 十 八 条 第 二 十 条 第 二 十 三 条 第 二 十 八 条 及 び 第 三 十 一 条 第 二 項 の 規 定 公 布 の 日 から 起 算 して 六 月 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 二 附 則 第 三 十 条 の 規 定 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 二 十 四 年 法 律 第 号 )の 公 布 の 日 又 はの 法 律 の 施 行 の 日 のいずれか 遅 い 日 ( 経 過 措 置 ) 第 二 条 の 法 律 による 改 正 前 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 十 五 条 第 一 項 又 は 同 条 第 二 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 によってした 命 令 は それ ぞれ の 法 律 による 改 正 後 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 十 五 条 第 一 項 又 は 同 条 第 三 項 において 準 用 する 同 条 第 一 項 の 規 定 によってした 命 令 とみなす ( 政 令 への 委 任 ) 第 三 条 前 条 に 定 めるもののほか の 法 律 の 施 行 に 関 し 必 要 な 経 過 措 置 は 政 令 で 定 め る ( 職 業 安 定 法 等 の 一 部 改 正 ) 第 四 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 める 一 職 業 安 定 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 四 十 一 号 ) 第 三 十 二 条 第 一 号 二 船 員 職 業 安 定 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 三 十 号 ) 第 五 十 六 条 第 一 号 三 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 五 十 一 年 法 律 第 三 十 三 号 ) 第 十 三 条 第 四 号 イ 及 び 第 三 十 二 条 第 一 号 四 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 六 十 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 六 条 第 一 号 五 港 湾 労 働 法 ( 昭 和 六 十 三 年 法 律 第 四 十 号 ) 第 十 三 条 第 一 号 第 五 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える 一 職 業 安 定 法 第 三 十 二 条 第 一 号 二 船 員 職 業 安 定 法 第 五 十 六 条 第 一 号 三 建 設 労 働 者 の 雇 用 の 改 善 等 に 関 する 法 律 第 十 三 条 第 四 号 イ 及 び 第 三 十 二 条 第 一 号 四 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 第 六 条 第 一 号 五 港 湾 労 働 法 第 十 三 条 第 一 号

18 ( 金 融 商 品 取 引 法 等 の 一 部 改 正 ) 第 六 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 一 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 十 五 号 ) 第 二 十 九 条 の 四 第 一 項 第 二 号 ト 二 建 設 業 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) 第 八 条 第 八 号 三 港 湾 運 送 事 業 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 百 六 十 一 号 ) 第 六 条 第 二 項 第 二 号 四 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 百 七 十 六 号 ) 第 五 条 第 一 項 第 三 号 の 二 五 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 ( 昭 和 四 十 五 年 法 律 第 百 三 十 七 号 ) 第 七 条 第 五 項 第 四 号 ハ 六 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 ( 平 成 六 年 法 律 第 七 十 七 号 ) 第 六 条 第 六 号 ニ 七 使 用 済 自 動 車 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 四 年 法 律 第 八 十 七 号 ) 第 六 十 二 条 第 一 項 第 二 号 ハ 第 七 条 次 に 掲 げる 法 律 の 規 定 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える 一 金 融 商 品 取 引 法 第 二 十 九 条 の 四 第 一 項 第 二 号 ト 二 建 設 業 法 第 八 条 第 八 号 三 港 湾 運 送 事 業 法 第 六 条 第 二 項 第 二 号 四 宅 地 建 物 取 引 業 法 第 五 条 第 一 項 第 三 号 の 二 五 廃 棄 物 の 処 理 及 び 清 掃 に 関 する 法 律 第 七 条 第 五 項 第 四 号 ハ 六 不 動 産 特 定 共 同 事 業 法 第 六 条 第 六 号 ニ 七 使 用 済 自 動 車 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 第 六 十 二 条 第 一 項 第 二 号 ハ ( 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 八 条 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 百 九 十 八 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 九 十 八 条 第 四 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 条 第 五 号 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 酒 税 法 の 一 部 改 正 ) 第 九 条 酒 税 法 ( 昭 和 二 十 八 年 法 律 第 六 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 十 条 第 七 号 の 二 中 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 め 同 条 第 八 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 める 第 十 条 酒 税 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 十 条 第 七 号 の 二 中 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える ( 関 税 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 一 条 関 税 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 六 十 一 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する

19 第 七 条 の 五 第 一 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 二 条 関 税 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 条 の 五 第 一 号 ハ 中 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センター) の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 ( 報 告 及 び 立 入 り) を 加 える ( 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 十 三 条 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 三 十 五 年 法 律 第 百 二 十 三 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 四 条 の 三 第 三 項 第 三 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 第 四 十 八 条 を 第 五 十 条 ( 第 二 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) に 改 める 第 十 四 条 障 害 者 の 雇 用 の 促 進 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 四 条 の 三 第 三 項 第 三 号 中 限 る ) の 下 に 及 び 第 五 十 二 条 を 加 える ( 割 賦 販 売 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 五 条 割 賦 販 売 法 ( 昭 和 三 十 六 年 法 律 第 百 五 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 三 条 の 二 第 一 項 第 六 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 三 十 五 条 の 三 の 二 十 六 第 一 項 第 五 号 ロ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 六 条 割 賦 販 売 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 三 条 の 二 第 一 項 第 六 号 ハ 及 び 第 三 十 五 条 の 三 の 二 十 六 第 一 項 第 五 号 ハ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 貸 金 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 七 条 貸 金 業 法 ( 昭 和 五 十 八 年 法 律 第 三 十 二 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 第 二 十 四 条 の 六 の 四 第 一 項 第 十 二 号 及 び 第 二 十 四 条 の 八 第 五 項 第 四 号 イ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 四 条 の 二 十 七 第 一 項 第 四 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 項 第 五 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 四 条 の 三 十 七 第 一 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 十 八 条 貸 金 業 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 第 二 十 四 条 の 六 の 四 第 一 項 第 十 二 号 第 二 十 四 条 の 八 第 五 項 第 四 号 イ 第 二 十 四 条 の 二 十 七 第 一 項 第 五 号 及 び 第 二 十 四 条 の 三 十 七 第 一 号 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 改 正 ) 第 十 九 条 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 ( 平 成 十 年 法 律 第 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 十 条 第 三 号 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 条 第 四 号 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七

20 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 条 特 定 非 営 利 活 動 促 進 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 十 条 第 四 号 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 一 条 資 産 の 流 動 化 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 五 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 七 十 条 第 一 項 第 五 号 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 著 作 権 等 管 理 事 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 二 条 著 作 権 等 管 理 事 業 法 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 百 三 十 一 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 ニ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ホ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 める 第 二 十 三 条 著 作 権 等 管 理 事 業 法 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 項 第 五 号 ホ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 四 条 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 三 年 法 律 第 七 十 五 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 条 第 一 項 第 四 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ヘ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 信 託 業 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 五 条 信 託 業 法 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 五 十 四 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 五 条 第 二 項 第 八 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 チ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 会 社 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 六 条 会 社 法 の 施 行 に 伴 う 関 係 法 律 の 整 備 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 八 十 七 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 二 百 三 十 三 条 第 三 十 九 項 第 一 号 ロ(4) 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ロ(5) 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 七 条 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四

21 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 号 ロ 中 第 三 十 二 条 の 二 第 七 項 を 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 に 改 め 同 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 める 第 二 十 八 条 公 益 社 団 法 人 及 び 公 益 財 団 法 人 の 認 定 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 六 条 第 一 号 ロ 中 第 三 十 二 条 の 三 第 七 項 の 下 に 及 び 第 三 十 二 条 の 十 一 第 一 項 を 加 える ( 電 子 記 録 債 権 法 の 一 部 改 正 ) 第 二 十 九 条 電 子 記 録 債 権 法 ( 平 成 十 九 年 法 律 第 百 二 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 五 十 一 条 第 一 項 第 四 号 ハ 中 禁 錮 を 禁 錮 に 改 め 同 号 ヘ 中 第 四 十 七 条 第 四 十 九 条 若 しくは 第 五 十 条 を から 第 四 十 九 条 まで 第 五 十 条 ( 第 一 号 に 係 る 部 分 に 限 る ) 若 しくは 第 五 十 一 条 に 改 める ( 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 三 十 条 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 す る 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 一 部 を 次 のように 改 正 する 附 則 第 十 四 条 第 九 号 中 第 三 十 八 号 を 第 三 十 九 号 に 改 める ( 調 整 規 定 ) 第 三 十 一 条 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 次 項 において 労 働 者 派 遣 法 等 一 部 改 正 法 とい う )の 施 行 の 日 がの 法 律 の 施 行 の 日 前 である 場 合 には 附 則 第 四 条 第 四 号 及 び 第 五 条 第 四 号 中 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 とあるのは 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 とし 前 条 の 規 定 は 適 用 しない 2 労 働 者 派 遣 法 等 一 部 改 正 法 の 施 行 の 日 が 附 則 第 一 条 第 一 号 に 掲 げる 規 定 の 施 行 の 日 前 である 場 合 ( 前 項 に 規 定 する 場 合 を 除 く )には 附 則 第 五 条 第 四 号 中 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 就 業 条 件 の 整 備 等 に 関 する 法 律 とあるのは 労 働 者 派 遣 事 業 の 適 正 な 運 営 の 確 保 及 び 派 遣 労 働 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 とする

22 理 由 最 近 における 暴 力 団 をめぐる 情 勢 に 鑑 み 対 立 抗 争 及 び 暴 力 的 要 求 行 為 等 に 伴 う 市 民 生 活 に 対 する 危 険 を 防 止 するための 措 置 について 規 定 するとともに 国 家 公 安 委 員 会 の 認 定 を 受 けた 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターが 指 定 暴 力 団 等 の 事 務 所 の 付 近 住 民 等 から 委 託 を 受 けて 当 該 事 務 所 の 使 用 等 の 差 止 めを 請 求 するための 制 度 を 導 入 するほか 暴 力 的 要 求 行 為 及 び 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 規 制 等 を 強 化 する 等 の 必 要 がある れが の 法 律 案 を 提 出 する 理 由 である

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

1 県 本 部 各 部 課 長 県 下 各 警 察 署 長 殿 原 議 永 年 保 存 共 00 00 10 31 5 年 宮 本 総 第 1 1 7 7 号 平 成 24 年 12 月 28 日 宮 城 県 警 察 本 部 長 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 の 専 決 に 関 する 規 程 の 一 部 改 正 について ( 通 達 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法

する 婦 人 相 談 所 その 他 適 切 な 施 設 による 支 援 の 明 記 禁 止 命 令 等 をすることが できる 公 安 委 員 会 等 の 拡 大 等 の 措 置 が 講 じられたものである 第 2 改 正 法 の 概 要 1 電 子 メールを 送 信 する 行 為 の 規 制 ( 法 1 0 年 保 存 平 成 35 年 12 月 31 日 満 了 FNo.-20120102 崎 安 (ス) 第 6 6 号 平 成 25 年 7 月 12 日 各 所 属 長 殿 長 崎 県 警 察 本 部 長 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 につ いて( 通 達 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

住宅税制について

住宅税制について Ⅱ 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 1 制 度 の 概 要 (1) 住 宅 借 入 金 等 特 別 控 除 居 住 者 が 一 定 の 要 件 を 満 たす 居 住 用 家 屋 の 新 築 新 築 住 宅 若 しくは 既 存 住 宅 の 取 得 又 は 増 改 築 等 ( 以 下 住 宅 の 取 得 等 といいます )をして 平 成 11 年 1 月 1 日 から 平 成 25 年 12 月

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

<837A815B83808379815B835789FC90B35F3132303133302E786C73>

<837A815B83808379815B835789FC90B35F3132303133302E786C73> 第 福 岡 県 からの 暴 力 団 排 除 をより 一 層 強 力 に 推 進 するため 暴 力 団 排 除 条 例 が 改 正 されました 県 民 一 丸 となり 暴 力 団 のいない 安 全 安 心 な 福 岡 県 を 実 現 しましょう 1 が 辺 改 正 要 点 域 暴 拡 区 にまで 力 大 域 団 されました( から その 拡 事 大 務 ) ( 所 の 違 設 既 新 反 置 たな に

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申

いう )は 警 告 をしたときは 速 やかに その 内 容 及 び 日 時 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 出 をした 者 に 通 知 しなければならないこととされ また 警 告 をし なかったときは 速 やかに その 旨 及 び 理 由 を 当 該 警 告 を 求 める 旨 の 申 ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 施 行 について ( 平 成 25 年 7 月 16 日 付 け 通 達 香 生 企 第 311 号 ) ストーカー 行 為 等 の 規 制 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 73 号 以 下 改 正 法 という( 別 添 官 報 参

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第

2. 前 項 の 規 定 にかかわらず 証 券 会 社 等 又 は 機 構 を 通 じた 届 出 の 対 象 となっていない 事 項 については 当 会 社 の 定 める 書 式 により 株 主 名 簿 管 理 人 宛 に 届 け 出 るものとす る ( 法 人 株 主 等 の 代 表 者 ) 第 日 本 ユニシス 株 式 会 社 株 式 取 扱 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 会 社 における 株 主 権 行 使 手 続 きその 他 株 式 に 関 する 取 扱 い 及 びその 手 数 料 につい ては 株 式 会 社 証 券 保 管 振 替 機 構 ( 以 下 機 構 という) 又 は 株 主 が 振 替 口 座 を 開 設 している 証 券 会 社 銀 行 又

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案

●不正アクセス行為の禁止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 三 七 号 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 不 正 アクセス 行 為 の 禁 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 百 二 十 八 号 )の 一 部 を 次 の ように 改 正 する 第 二 条 第 三 項 中 次 条 第 二 項 第 一 号 を 次 項 第 一 号 に

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ

4 5 6 県 内 に 所 在 する 営 業 所 等 のうち 主 たるものから 本 県 分 を 一 括 納 入 県 内 に 所 在 する 各 営 業 所 等 から 当 該 営 業 所 等 分 を 納 入 この 場 合 において 特 別 徴 収 義 務 者 の 事 務 処 理 システム 上 必 要 あ 県 民 税 利 子 割 に 係 る 事 務 取 扱 いについて 昭 和 63 年 4 月 30 日 税 第 36 号 総 務 部 長 このことについて 別 紙 のとおり 定 めたので 事 務 処 理 に 遺 憾 のないようされたい 別 紙 ( 非 課 税 の 範 囲 等 ) 1 (1) 非 課 税 に 該 当 するか 否 かの 判 定 は 利 子 等 の 支 払 の 時 点 の 現 況 によつて 行

More information

○商標法施行規則

○商標法施行規則 商 標 法 施 行 規 則 ( 昭 和 三 十 五 年 三 月 八 日 通 商 産 業 省 令 第 十 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 十 八 年 三 月 二 十 五 日 経 済 産 業 省 令 第 三 十 六 号 ( 申 請 書 ) 第 一 条 商 標 法 ( 昭 和 三 十 四 年 法 律 第 百 二 十 七 号 ) 第 四 条 第 一 項 第 十 七 号 の 規 定 による 産 地

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

学校教育法施行令・施行規則等の改正について

学校教育法施行令・施行規則等の改正について 地 方 公 務 員 法 等 の 改 正 について 平 成 26 年 5 月 14 日 に 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 されました 施 行 期 日 は 公 布 の 日 から 起 算 して 2 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 となっておりますが, 現 在 未 施 行 の 状 態

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ

(16)レクリエーション 事 業 助 成 金 の 給 付 (17) 福 利 厚 生 資 金 の 貸 付 (18)その 他 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 ( 用 語 の 定 義 ) 第 3 条 この 規 程 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 定 義 は それぞれ 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 3 条 ) 第 2 章 共 済 契 約 ( 第 4 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 運 営 委 員 会 ( 第 11 条 ~ 第 13 条 ) 第 4 章 運 営 資 金 及 び 会 計 ( 第 14 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 掛

More information

240709

240709 綾 瀬 市 在 日 外 国 人 高 齢 者 障 害 者 等 福 祉 給 付 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 在 日 外 国 人 の 高 齢 者 障 害 者 等 に 福 祉 給 付 金 を 支 給 し 福 祉 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

Microsoft PowerPoint - 基金制度

Microsoft PowerPoint - 基金制度 基 金 制 度 の 創 設 ( 医 療 法 施 行 規 則 第 30 条 の37 第 30 条 の38) 医 療 法 人 の 非 営 利 性 の 徹 底 に 伴 い 持 分 の 定 めのない 社 団 医 療 法 人 の 活 動 の 原 資 となる 資 金 の 調 達 手 段 として 定 款 の 定 めるところにより 基 金 の 制 度 を 採 用 することができるものとする ( 社 会 医 療 法

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件

S16-386・ソフトウェアの調達に関する入札実施の件 入 札 公 告 ( 件 名 :S16-386 ソフトウェアの 調 達 に 関 する 入 札 実 施 の 件 ) 2016 年 9 月 30 日 日 本 銀 行 では 下 記 の 要 領 によるソフトウェアの 調 達 を 一 般 競 争 入 札 に 付 します 日 本 銀 行 システム 情 報 局 記 1. 電 子 入 札 システムの 利 用 本 入 札 案 件 は 原 則 として 日 本 銀 行 電

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information