< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>"

Transcription

1 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に 属 する 事 務 のうち 公 安 委 員 会 に 委 任 され 又 は 公 安 委 員 会 が 専 決 する 事 務 を 含 む )の 決 裁 及 び 報 告 について 必 要 な 事 項 を 定 めることにより 事 務 の 適 正 かつ 能 率 的 な 運 営 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 規 則 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 める ところによる ⑴ 決 裁 公 安 委 員 会 が その 権 限 に 属 する 事 務 の 処 理 について 最 終 的 に 意 思 決 定 を 行 うことをいう ⑵ 専 決 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 一 部 をこの 規 則 に 定 める 者 が 常 時 決 裁 す ることをいう ( 公 安 委 員 会 の 決 裁 ) 第 3 条 公 安 委 員 会 は その 権 限 に 属 する 事 務 のうち 別 表 第 1に 掲 げる 事 務 について 決 裁 するものとする ( 公 安 委 員 会 への 報 告 ) 第 4 条 別 表 第 2に 掲 げる 事 務 は 公 安 委 員 会 に 報 告 するものとする ( 警 察 本 部 長 の 専 決 等 ) 第 5 条 佐 賀 県 警 察 本 部 長 ( 以 下 本 部 長 という )は 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 のうち 第 3 条 に 規 定 する 事 務 以 外 の 事 務 について 専 決 することができる だだし 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するものについては 公 安 委 員 会 が 決 裁 するものとする ⑴ 特 に 重 要 と 認 められるもの ⑵ 異 例 に 属 するもの ⑶ 紛 議 論 争 があるもの 又 は 処 理 の 結 果 紛 議 論 争 を 生 ずるおそれがあるもの ( 部 長 課 長 警 察 署 長 等 の 専 決 等 ) 第 6 条 本 部 長 は 前 条 の 規 定 により 専 決 することができる 事 務 のうち 定 例 又 は 軽 易 な ものを 佐 賀 県 警 察 本 部 の 部 長 及 び 課 長 ( 理 事 官 所 長 隊 長 及 び 警 察 学 校 長 を 含 む ) 警 察 署 の 署 長 副 署 長 刑 事 官 及 び 地 域 官 並 びにこれらに 準 ずる 者 のうち 本 部 長 が 別 に 定 める 者 に 専 決 させることができる ( 専 決 事 項 に 関 する 報 告 ) 第 7 条 本 部 長 は 第 5 条 の 規 定 により 専 決 した 事 務 については その 概 要 を 取 りまとめ 定 期 的 に 公 安 委 員 会 に 報 告 しなければならない 附 則 ( 略 )

2 別 表 第 1( 第 3 条 関 係 ) 事 務 の 種 類 根 拠 規 定 決 裁 事 項 請 願 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 5 条 請 願 の 処 理 第 13 号 )に 規 定 する 事 務 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 第 125 条 議 会 が 採 択 した 請 願 の 処 理 の 経 過 及 び 結 法 律 第 67 号 )に 規 定 す 果 の 報 告 の 請 求 に 対 する 措 置 る 事 務 第 180 条 の2 知 事 からの 事 務 の 委 任 又 は 補 助 執 行 に 関 する 協 議 第 180 条 の3 知 事 からの 職 員 の 兼 職 又 は 事 務 従 事 に 関 する 協 議 第 180 条 の4 第 1 項 知 事 からの 組 織 職 員 の 定 数 又 は 職 員 の 身 分 取 扱 についての 勧 告 に 対 する 措 置 第 180 条 の4 第 2 項 組 織 職 員 の 定 数 又 は 職 員 の 身 分 取 扱 で 公 安 委 員 会 の 規 則 その 他 の 規 程 を 定 め 又 は 変 更 しようとする 場 合 における 知 事 との 協 議 第 199 条 第 12 項 監 査 の 結 果 に 基 づく 措 置 又 はその 結 果 を 参 考 にして 講 ずる 措 置 第 242 条 第 9 項 住 民 監 査 請 求 に 係 る 監 査 委 員 の 勧 告 に 対 する 必 要 な 措 置 第 245 条 の7 第 1 項 法 定 受 託 事 務 の 処 理 についての 違 反 の 是 正 又 は 改 善 のための 措 置 に 関 する 内 閣 総 理 大 臣 の 指 示 に 対 する 措 置 第 252 条 の38 第 6 項 包 括 外 務 監 査 の 結 果 に 基 づく 措 置 又 はそ の 結 果 を 参 考 にして 講 ずる 措 置 ( 第 252 条 の39 第 14 項 第 252 条 の40 第 6 項 第 252 条 の41 第 6 項 及 び 第 252 条 の42 第 6 項 にお いて 準 用 する 場 合 を 含 む ) 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 第 8 条 風 俗 営 業 の 許 可 の 取 消 し( 第 41 条 の2に 業 務 の 適 正 化 等 に 関 す 規 定 する 処 分 を 除 く ) る 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 26 条 第 1 項 風 俗 営 業 の 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 第 122 号 )に 規 定 する 命 令 事 務 第 26 条 第 2 項 飲 食 店 営 業 の 停 止 命 令 第 30 条 第 1 項 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 命 令 第 30 条 第 2 項 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 廃 止 命 令 第 30 条 第 3 項 浴 場 業 営 業 興 行 場 営 業 又 は 旅 館 業 の 停 止 命 令 第 31 条 の5 第 1 項 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 命 令 第 31 条 の5 第 2 項 受 付 所 営 業 の 廃 止 命 令

3 第 31 条 の6 第 2 項 第 2 無 店 舗 型 性 風 俗 特 殊 営 業 の 停 止 命 令 号 第 31 条 の6 第 2 項 第 3 受 付 所 営 業 の 廃 止 命 令 号 第 31 条 の15 第 1 項 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 停 止 命 令 第 31 条 の15 第 2 項 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 廃 止 命 令 第 31 条 の20 店 舗 型 電 話 異 性 紹 介 営 業 の 停 止 命 令 第 34 条 第 2 項 飲 食 店 営 業 の 停 止 命 令 第 35 条 興 行 場 営 業 の 停 止 命 令 第 35 条 の2 特 定 性 風 俗 物 品 販 売 等 営 業 の 停 止 命 令 第 35 条 の4 第 2 項 及 び 接 客 業 務 受 託 営 業 の 停 止 命 令 第 4 項 第 2 号 第 38 条 第 1 項 少 年 指 導 委 員 の 委 嘱 第 38 条 第 6 項 少 年 指 導 委 員 の 解 嘱 第 39 条 第 1 項 県 風 俗 環 境 浄 化 協 会 の 指 定 第 39 条 第 4 項 県 風 俗 環 境 浄 化 協 会 の 指 定 の 取 消 し 少 年 指 導 委 員 規 則 ( 昭 第 2 条 第 1 項 少 年 指 導 委 員 の 活 動 区 域 の 定 め 和 60 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 )に 規 定 す る 事 務 風 俗 環 境 浄 化 協 会 に 関 第 6 条 役 員 又 は 調 査 員 に 対 する 解 任 勧 告 する 規 則 ( 昭 和 60 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 3 号 )に 規 定 する 事 務 刑 事 訴 訟 法 ( 昭 和 23 年 第 189 条 第 1 項 警 察 官 たる 司 法 警 察 職 員 に 関 する 公 安 委 法 律 第 131 号 )に 規 定 員 会 の 定 め する 事 務 第 194 条 第 2 項 訴 追 を 受 けた 者 の 懲 戒 又 は 罷 免 古 物 営 業 法 ( 昭 和 24 年 第 6 条 及 び 第 24 条 古 物 営 業 の 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 法 律 第 108 号 )に 規 定 命 令 する 事 務 第 25 条 第 1 項 聴 聞 古 物 営 業 法 施 行 規 則 第 23 条 盗 品 売 買 等 防 止 団 体 の 承 認 ( 平 成 7 年 国 家 公 安 委 第 29 条 第 1 項 盗 品 売 買 等 防 止 団 体 の 承 認 の 取 消 し 員 会 規 則 第 10 号 )に 規 定 する 事 務 質 屋 営 業 法 ( 昭 和 25 年 第 7 条 第 1 項 質 物 保 管 設 備 基 準 の 定 め 法 律 第 158 号 )に 規 定 第 25 条 第 1 項 及 び 第 2 質 屋 営 業 の 許 可 の 取 消 し 又 は 営 業 の 停 止 する 事 務 項 命 令 第 26 条 第 1 項 聴 聞 道 路 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 95 条 の2 第 2 項 道 路 管 理 者 との 協 議 第 180 号 )に 規 定 する

4 事 務 警 察 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 38 条 第 5 項 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定 第 162 号 )に 規 定 する 第 43 条 の2 第 1 項 警 察 の 事 務 又 は 警 察 職 員 の 非 違 に 関 する 事 務 監 察 に 係 る 警 察 に 対 する 指 示 第 43 条 の2 第 2 項 監 察 の 指 示 をした 場 合 における 指 名 委 員 による 指 示 の 履 行 状 況 の 点 検 第 43 条 の2 第 3 項 警 察 職 員 ( 第 60 条 第 1 項 の 規 定 により 派 遣 された 警 察 庁 の 職 員 を 含 む )による 指 名 委 員 の 事 務 の 補 助 第 45 条 公 安 委 員 会 の 運 営 に 関 する 必 要 な 事 項 の 定 め 第 50 条 第 1 項 警 察 本 部 長 の 任 免 に 関 する 同 意 第 50 条 第 2 項 警 察 本 部 長 の 懲 戒 又 は 罷 免 に 関 する 必 要 な 勧 告 第 53 条 の2 第 3 項 警 察 署 協 議 会 の 委 員 の 委 嘱 第 55 条 第 3 項 警 察 本 部 長 以 外 の 警 視 正 以 上 の 階 級 にあ る 警 察 官 の 任 免 を 行 う 場 合 の 同 意 及 び 警 視 正 以 上 の 階 級 にある 警 察 官 以 外 の 職 員 の 任 免 に 関 する 意 見 第 55 条 第 4 項 警 察 本 部 長 以 外 の 警 視 正 以 上 の 階 級 にあ る 警 察 官 及 びその 他 の 職 員 の 懲 戒 又 は 罷 免 の 勧 告 第 58 条 組 織 の 細 目 的 事 項 の 定 め 第 60 条 第 1 項 警 察 庁 又 は 他 の 都 道 府 県 警 察 に 対 する 援 助 要 求 及 び 警 察 庁 又 は 他 の 都 道 府 県 警 察 の 要 請 に 基 づく 援 助 第 60 条 第 2 項 他 の 都 道 府 県 警 察 に 対 して 援 助 を 要 求 す る 場 合 の 必 要 事 項 の 警 察 庁 への 連 絡 第 79 条 第 2 項 警 察 職 員 の 職 務 執 行 についての 苦 情 の 申 出 に 対 する 処 理 警 察 法 施 行 令 ( 昭 和 29 第 13 条 第 2 項 公 安 委 員 会 規 則 の 定 め 年 政 令 第 151 号 )に 規 定 する 事 務 自 衛 隊 法 ( 昭 和 29 年 法 第 81 条 第 1 項 治 安 出 動 の 要 請 に 係 る 知 事 との 協 議 律 第 165 号 )に 規 定 す る 事 務 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 第 9 条 の2 第 1 項 指 定 射 撃 場 の 指 定 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 6 第 9 条 の2 第 2 項 指 定 射 撃 場 の 指 定 の 解 除 号 )に 規 定 する 事 務 第 9 条 の5 第 3 項 教 習 資 格 の 認 定 の 取 消 し( 第 9 条 の10 第 3 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む )

5 第 9 条 の8 第 1 項 教 習 射 撃 場 の 指 定 の 解 除 又 は 教 習 修 了 証 明 書 の 交 付 の 禁 止 第 9 条 の8 第 2 項 教 習 射 撃 場 の 指 定 の 解 除 第 9 条 の12 第 1 項 練 習 射 撃 場 の 指 定 の 解 除 第 10 条 の8 第 3 項 猟 銃 等 保 管 業 者 に 対 する 業 務 の 廃 止 命 令 又 は 停 止 命 令 第 11 条 第 1 項 から 第 6 銃 砲 又 は 刀 剣 類 の 許 可 の 取 消 し 項 まで 第 11 条 の3 年 少 射 撃 資 格 の 認 定 の 取 消 し 第 27 条 の3 警 察 官 等 に 対 するけん 銃 等 又 はけん 銃 部 品 の 譲 受 け 等 の 許 可 ( 緊 急 やむを 得 ない 場 合 等 を 除 く ) 第 28 条 の2 第 1 項 第 28 条 の2 第 7 項 猟 銃 安 全 指 導 委 員 の 委 嘱 猟 銃 安 全 指 導 委 員 の 解 嘱 銃 砲 刀 剣 類 所 持 等 取 締 第 6 条 の3 第 2 項 教 習 資 格 認 定 証 の 有 効 期 間 の 決 定 法 施 行 令 ( 昭 和 33 年 政 令 第 33 号 )に 規 定 する 事 務 猟 銃 安 全 指 導 委 員 規 則 第 2 条 第 1 項 猟 銃 安 全 指 導 委 員 の 活 動 区 域 の 定 め ( 平 成 21 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 12 号 )に 規 定 する 事 務 道 路 交 通 法 ( 昭 和 35 年 第 4 条 第 1 項 信 号 機 又 は 道 路 標 識 等 の 設 置 による 交 通 法 律 第 105 号 )に 規 定 規 制 する 事 務 第 5 条 第 1 項 交 通 規 制 の 警 察 署 長 への 委 任 第 45 条 第 1 項 ただし 書 駐 車 の 許 可 に 係 る 定 め 第 45 条 第 3 項 交 通 が 頻 繁 でないと 認 めた 区 域 の 指 定 第 49 条 第 1 項 パーキング メーター 又 はパーキング チケット 発 給 設 備 の 設 置 第 49 条 の5 時 間 制 限 駐 車 区 間 における 駐 車 の 許 可 に 係 る 公 安 委 員 会 の 定 め 第 51 条 の2 第 1 項 車 輪 止 め 装 置 取 付 け 区 間 の 指 定 第 51 条 の10 法 人 の 登 録 の 取 消 し 第 51 条 の13 第 2 項 駐 車 監 視 員 資 格 者 証 の 返 納 命 令 第 57 条 第 2 項 軽 車 両 の 乗 車 人 員 又 は 積 載 重 量 等 の 制 限 についての 定 め 第 60 条 自 動 車 以 外 の 車 両 による 牽 引 の 制 限 につ いての 定 め 第 71 条 第 6 号 運 転 者 の 遵 守 事 項 についての 定 め 第 74 条 の3 第 6 項 安 全 運 転 管 理 者 等 に 対 する 解 任 命 令

6 第 75 条 第 2 項 使 用 者 の 下 命 又 は 容 認 に 係 る 自 動 車 の 使 用 制 限 命 令 第 75 条 の2 第 1 項 指 示 に 係 る 自 動 車 の 使 用 制 限 命 令 第 75 条 の2 第 2 項 納 付 命 令 に 係 る 自 動 車 の 使 用 制 限 命 令 第 76 条 第 4 項 第 7 号 道 路 における 禁 止 行 為 の 定 め 第 77 条 第 1 項 第 4 号 道 路 使 用 許 可 の 対 象 行 為 の 定 め 第 90 条 第 1 項 ただし 書 免 許 の 拒 否 及 び 第 2 項 第 90 条 第 5 項 及 び 第 6 免 許 の 事 後 取 消 し 項 第 90 条 第 9 項 及 び 第 10 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 項 第 99 条 第 1 項 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 第 99 条 の2 第 5 項 技 能 検 定 員 資 格 者 証 の 返 納 命 令 ( 第 99 条 の3 第 5 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 100 条 第 1 項 管 理 者 等 の 法 令 違 反 等 に 係 る 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 の 取 消 し 及 び 証 明 書 の 発 行 禁 止 処 分 第 100 条 第 2 項 証 明 書 の 発 行 禁 止 処 分 違 反 に 係 る 指 定 自 動 車 教 習 所 の 指 定 の 取 消 し 及 び 証 明 書 の 発 行 禁 止 期 間 の 延 長 処 分 第 103 条 第 1 項 及 び 第 免 許 の 取 消 し 2 項 第 103 条 第 4 項 処 分 移 送 通 知 書 に 係 る 免 許 の 取 消 し( 第 104 条 の2の3 第 3 項 及 び 第 107 条 の5 第 9 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 103 条 第 7 項 及 び 第 免 許 を 受 けることができない 期 間 の 指 定 8 項 第 104 条 第 4 項 不 出 頭 又 は 所 在 不 明 のときにおける 免 許 の 取 消 し( 第 104 条 の2の2 第 6 項 及 び 第 107 条 の5 第 4 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 104 条 の2の3 第 1 臨 時 適 性 検 査 に 係 る 免 許 の 取 消 し 項 第 107 条 の5 第 1 項 及 自 動 車 等 の 運 転 禁 止 び 第 2 項 第 108 条 の4 第 1 項 指 定 講 習 機 関 の 指 定 第 108 条 の5 第 3 項 運 転 適 性 指 導 員 又 は 運 転 習 熟 指 導 員 の 解 任 命 令 第 108 条 の10 特 定 講 習 の 休 止 又 は 廃 止 の 許 可

7 第 108 条 の11 第 1 項 及 指 定 講 習 機 関 の 指 定 の 取 消 し び 第 2 項 第 108 条 の29 第 1 項 地 域 交 通 安 全 活 動 推 進 委 員 の 委 嘱 第 108 条 の29 第 5 項 地 域 交 通 安 全 活 動 推 進 委 員 の 解 嘱 第 108 条 の30 第 1 項 地 域 交 通 安 全 活 動 推 進 委 員 に 係 る 区 域 の 定 め 第 108 条 の31 第 1 項 佐 賀 県 交 通 安 全 活 動 推 進 センターの 指 定 第 108 条 の31 第 4 項 交 通 安 全 活 動 推 進 センターの 指 定 の 取 消 し 第 108 条 の32の2 第 5 運 転 免 許 取 得 者 教 育 の 認 定 の 取 消 し 項 第 110 条 第 1 項 及 び 第 国 家 公 安 委 員 会 からの 指 示 に 対 する 措 置 2 項 第 114 条 の2 第 1 項 警 察 本 部 長 への 事 務 の 委 任 第 114 条 の3 高 速 自 動 車 国 道 等 における 権 限 の 委 任 の 定 め 道 路 交 通 法 施 行 令 ( 昭 第 6 条 第 3 号 通 行 禁 止 を 除 外 するやむを 得 ない 事 情 の 和 35 年 政 令 第 270 号 ) 定 め に 規 定 する 事 務 第 18 条 第 1 項 第 5 号 軽 車 両 の 灯 火 の 定 め 第 22 条 第 3 号 ハ 道 路 又 は 交 通 の 状 況 により 支 障 がないと 認 める 自 動 車 及 び 高 さの 定 め 第 33 条 の6 届 出 自 動 車 教 習 所 が 行 う 教 習 の 課 程 の 指 定 道 路 交 通 法 施 行 規 則 第 10 条 第 3 項 道 路 使 用 許 可 申 請 書 の 添 付 資 料 の 定 め ( 昭 和 35 年 総 理 府 令 第 第 38 条 の7 第 2 項 交 通 情 報 の 提 供 に 係 る 者 の 指 定 60 号 )に 規 定 する 事 務 届 出 自 動 車 教 習 所 が 行 第 8 条 第 1 項 特 定 届 出 自 動 車 教 習 所 の 行 う 指 定 教 習 課 う 教 習 の 課 程 の 指 定 に 程 の 指 定 の 取 消 し 関 する 規 則 ( 平 成 6 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 1 号 )に 規 定 する 事 務 交 通 安 全 活 動 推 進 セン 第 8 条 交 通 事 故 相 談 員 等 に 対 する 解 任 勧 告 ターに 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 3 号 )に 規 定 す る 事 務 運 転 免 許 取 得 者 教 育 の 第 13 条 フレキシブルディスクによる 手 続 の 定 め 認 定 に 関 する 規 則 ( 平 成 12 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 4 号 )に 規 定 す

8 る 事 務 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 第 28 条 第 2 項 非 常 災 害 対 策 本 部 長 からの 指 示 に 対 する 36 年 法 律 第 223 号 )に 措 置 規 定 する 事 務 第 28 条 の6 第 2 項 緊 急 災 害 対 策 本 部 長 からの 指 示 に 対 する 措 置 第 45 条 第 1 項 地 方 防 災 会 議 の 会 長 等 からの 地 域 防 災 計 画 の 実 施 の 推 進 のための 要 請 等 に 対 する 措 置 第 70 条 第 3 項 知 事 からの 応 急 措 置 の 実 施 の 要 請 又 は 要 求 に 対 する 措 置 第 74 条 第 1 項 応 急 措 置 実 施 のための 他 の 都 道 府 県 知 事 等 に 対 する 応 援 の 要 求 及 び 応 急 措 置 実 施 のための 他 の 都 道 府 県 知 事 等 からの 応 援 の 要 求 に 対 する 措 置 自 動 車 の 保 管 場 所 の 確 第 9 条 第 1 項 自 動 車 の 運 行 供 用 制 限 保 等 に 関 する 法 律 ( 昭 第 10 条 第 1 項 聴 聞 和 37 年 法 律 第 145 号 ) に 規 定 する 事 務 行 政 事 件 訴 訟 法 ( 昭 和 第 23 条 第 1 項 訴 訟 参 加 の 申 立 て 37 年 法 律 第 139 号 )に 第 23 条 第 2 項 裁 判 所 からの 意 見 聴 取 に 対 する 回 答 規 定 する 事 務 行 政 不 服 審 査 法 ( 昭 和 第 34 条 第 2 項 申 立 て 及 び 職 権 による 執 行 停 止 ( 第 48 条 37 年 法 律 第 160 号 )に で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 規 定 する 事 務 ( 公 安 委 第 35 条 執 行 停 止 の 取 消 し( 第 48 条 で 準 用 する 場 員 会 が 審 査 庁 処 分 庁 合 を 含 む ) 不 作 為 庁 又 はその 他 の 第 38 条 審 査 請 求 の 引 継 ぎ( 第 48 条 並 びに 第 52 条 行 政 庁 である 場 合 にお 第 1 項 及 び 第 2 項 で 準 用 する 場 合 を 含 ける 審 査 庁 等 としての む ) 公 安 委 員 会 の 事 務 ) 第 40 条 第 1 項 から 第 6 審 査 請 求 に 対 する 裁 決 ( 第 40 条 第 6 項 に 項 まで おいては 第 48 条 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 47 条 第 1 項 から 第 4 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 項 まで 第 50 条 第 1 項 不 作 為 についての 異 議 申 立 てに 対 する 決 定 第 50 条 第 2 項 不 作 為 についての 異 議 申 立 てに 対 する 措 置 第 51 条 不 作 為 についての 審 査 請 求 に 対 する 裁 決 交 通 安 全 施 設 等 整 備 事 第 4 条 第 1 項 特 定 交 通 安 全 施 設 等 整 備 事 業 の 実 施 計 画 業 の 推 進 に 関 する 法 律 の 作 成 ( 昭 和 41 年 法 律 第 45 号 )

9 に 規 定 する 事 務 警 備 業 法 ( 昭 和 47 年 法 第 8 条 律 第 117 号 )に 規 定 す 第 22 条 第 7 項 る 事 務 第 49 条 第 1 項 第 49 条 第 2 項 認 定 の 取 消 し 警 備 員 指 導 教 育 責 任 者 資 格 者 証 の 返 納 命 令 ( 第 23 条 第 5 項 又 は 第 42 条 第 3 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 警 備 業 者 に 対 する 営 業 の 停 止 命 令 警 備 業 を 営 む 者 に 対 する 営 業 の 廃 止 命 令 警 備 員 等 の 検 定 等 に 関 第 2 条 の 表 の6の 項 道 路 又 は 交 通 の 状 況 により 公 安 委 員 会 する 規 則 ( 平 成 17 年 国 が 道 路 における 危 険 を 防 止 するため 必 要 家 公 安 委 員 会 規 則 第 20 と 認 めるものの 指 定 号 )に 規 定 する 事 務 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 第 13 条 第 1 項 地 震 災 害 警 戒 本 部 長 からの 指 示 に 対 する 置 法 ( 昭 和 53 年 法 律 第 措 置 73 号 )に 規 定 する 事 務 第 26 条 第 1 項 において 応 急 措 置 実 施 のための 他 の 都 道 府 県 知 事 準 用 する 災 害 対 策 基 本 等 に 対 する 応 援 の 要 求 及 び 他 の 都 道 府 県 法 第 74 条 第 1 項 知 事 等 からの 応 援 の 要 求 に 対 する 措 置 幹 線 道 路 の 沿 道 の 整 備 第 7 条 第 1 項 道 路 交 通 騒 音 減 少 計 画 の 策 定 に 関 する 法 律 ( 昭 和 55 年 法 律 第 34 号 )に 規 定 する 事 務 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 第 11 条 第 1 項 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 の 裁 定 支 給 等 に 関 する 法 律 第 13 条 第 3 項 裁 定 の 申 請 の 却 下 ( 昭 和 55 年 法 律 第 36 号 ) 第 23 条 第 1 項 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 の 指 定 に 規 定 する 事 務 第 23 条 第 5 項 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 に 対 する 改 善 命 令 第 23 条 第 6 項 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 の 指 定 の 取 消 し 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 第 9 条 役 員 犯 罪 被 害 者 相 談 員 等 又 は 援 助 事 業 団 体 に 関 する 規 則 ( 平 に 従 事 する 職 員 の 解 任 勧 告 成 14 年 国 家 公 安 委 員 会 第 10 条 第 3 項 犯 罪 被 害 者 等 早 期 援 助 団 体 の 指 定 の 取 消 規 則 第 1 号 )に 規 定 す し る 事 務 自 転 車 の 安 全 利 用 の 促 第 12 条 第 3 項 防 犯 登 録 を 行 う 者 の 指 定 進 及 び 自 転 車 等 の 駐 車 対 策 の 総 合 的 推 進 に 関 する 法 律 ( 昭 和 55 年 法 律 第 87 号 )に 規 定 する 事 務 自 転 車 の 安 全 利 用 の 促 附 則 第 3 項 防 犯 登 録 を 実 施 する 市 町 村 の 区 域 の 指 定 進 及 び 自 転 車 駐 車 場 の

10 整 備 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 97 号 )に 規 定 する 事 務 自 転 車 の 防 犯 登 録 を 行 第 9 条 指 定 の 取 消 し う 者 の 指 定 に 関 する 規 則 ( 平 成 6 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 12 号 )に 規 定 する 事 務 暴 力 団 員 による 不 当 な 第 3 条 指 定 暴 力 団 の 指 定 行 為 の 防 止 等 に 関 する 第 4 条 指 定 暴 力 団 連 合 体 の 指 定 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 第 5 条 第 1 項 本 文 指 定 に 係 る 意 見 聴 取 ( 第 15 条 の2 第 8 項 77 号 )に 規 定 する 事 務 及 び 第 9 項 並 びに 第 30 条 の8 第 4 項 及 び 第 5 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 5 条 第 1 項 ただし 書 指 定 に 係 る 意 見 聴 取 の 非 公 開 の 決 定 ( 第 30 条 の8 第 4 項 及 び 第 5 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 5 条 第 4 項 第 5 条 第 4 項 第 6 条 第 1 項 第 8 条 第 2 項 第 8 条 第 4 項 第 11 条 第 2 項 第 12 条 第 1 項 第 12 条 の2 第 12 条 の4 第 1 項 第 12 条 の4 第 2 項 第 12 条 の6 第 2 項 不 出 頭 又 は 所 在 不 明 のときにおける 指 定 ( 第 15 条 の2 第 8 項 及 び 第 9 項 並 びに 第 30 条 の8 第 4 項 及 び 第 5 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 不 出 頭 又 は 所 在 不 明 のときにおける 指 定 国 家 公 安 委 員 会 に 対 する 確 認 請 求 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し 国 家 公 安 委 員 会 に 対 する 取 消 確 認 請 求 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 指 定 暴 力 団 等 の 業 務 に 関 し 行 われる 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 準 暴 力 的 要 求 行 為 の 要 求 等 の 相 手 方 に 対 する 指 示 ( 第 42 条 の 規 定 により 警 察 本 部 長 に 行 わせるものを 除 く ) 準 暴 力 的 要 求 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 15 条 第 1 項 事 務 所 の 使 用 制 限 命 令 及 び 同 命 令 の 期 限 延 長 第 15 条 第 1 項 及 び 第 30 事 務 所 の 使 用 制 限 命 令 条 の11 第 1 項

11 第 15 条 第 2 項 及 び 第 30 事 務 所 の 使 用 制 限 命 令 の 期 限 延 長 条 の11 第 2 項 第 15 条 の2 第 1 項 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 第 15 条 の2 第 2 項 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 期 限 延 長 第 15 条 の2 第 3 項 及 び 警 戒 区 域 の 変 更 第 30 条 の8 第 3 項 第 15 条 の4 第 1 項 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し 第 19 条 加 入 の 強 要 の 命 令 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 22 条 第 2 項 指 詰 めの 強 要 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 23 条 指 詰 めの 強 要 の 命 令 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 26 条 第 2 項 少 年 に 対 する 入 れ 墨 の 強 要 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 27 条 少 年 に 対 する 入 れ 墨 の 強 要 の 要 求 等 に 対 する 再 発 防 止 命 令 第 30 条 の4 損 害 賠 償 請 求 等 の 妨 害 に 対 する 防 止 命 令 第 30 条 の5 第 1 項 暴 力 行 為 の 賞 揚 等 に 対 する 禁 止 命 令 第 30 条 の5 第 2 項 暴 力 行 為 の 賞 揚 等 に 対 する 禁 止 命 令 の 取 消 し 第 30 条 の7 第 2 項 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 に 対 する 防 止 命 令 第 30 条 の7 第 3 項 及 び 縄 張 に 係 る 禁 止 行 為 に 対 する 再 発 防 止 命 第 4 項 令 第 30 条 の8 第 1 項 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 第 30 条 の8 第 2 項 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 期 限 延 長 第 30 条 の10 第 2 項 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 禁 止 行 為 に 対 す る 再 発 防 止 命 令 第 30 条 の12 第 1 項 特 定 危 険 指 定 暴 力 団 等 の 指 定 の 取 消 し 第 32 条 の3 第 1 項 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターの 指 定 第 32 条 の3 第 6 項 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターの 指 定 の 取 消 し 第 32 条 の6 第 1 項 国 家 公 安 委 員 会 への 申 請 書 の 送 付 第 34 条 第 1 項 本 文 命 令 に 係 る 意 見 聴 取 第 34 条 第 1 項 ただし 書 命 令 に 係 る 意 見 聴 取 の 非 公 開 の 決 定 ( 第 35 条 第 5 項 で 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 34 条 第 5 項 不 出 頭 又 は 所 在 不 明 のときにおける 命 令 第 35 条 第 3 項 仮 の 命 令 後 の 意 見 聴 取 第 35 条 第 4 項 後 段 仮 の 命 令 をした 旨 の 通 知 の 受 理 後 の 意 見 聴 取 第 35 条 第 6 項 意 見 聴 取 後 の 命 令

12 第 35 条 第 8 項 第 42 条 第 1 項 第 42 条 第 3 項 暴 力 団 員 による 不 当 な 第 2 条 第 2 項 行 為 の 防 止 等 に 関 する 第 3 条 第 2 項 仮 の 命 令 の 失 効 警 察 本 部 長 への 事 務 の 委 任 警 察 署 長 への 事 務 の 委 任 主 宰 者 の 指 名 意 見 聴 取 官 の 陪 席 等 の 要 求 法 律 の 規 定 に 基 づく 意 第 7 条 手 続 の 停 止 及 び 忌 避 の 申 出 の 却 下 ( 公 安 見 聴 取 の 実 施 に 関 する 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 規 則 ( 平 成 3 年 国 家 公 第 8 条 第 1 項 安 委 員 会 規 則 第 5 号 ) 第 8 条 第 3 項 忌 避 の 申 出 の 審 査 忌 避 の 申 出 に 係 る 措 置 に 規 定 する 事 務 第 13 条 警 察 職 員 の 出 席 及 び 説 明 の 要 求 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 第 26 条 第 28 条 第 28 条 の2 第 29 条 第 30 条 第 31 条 第 34 条 第 1 項 第 34 条 第 3 項 第 35 条 第 1 項 第 36 条 第 1 項 第 40 条 第 1 項 第 40 条 第 3 項 非 公 開 とする 場 合 の 手 続 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 物 件 等 の 提 出 の 要 求 の 申 出 の 却 下 及 び 物 件 の 提 出 の 要 求 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 で ある 場 合 に 限 る ) 関 係 指 定 暴 力 団 員 に 対 する 意 見 の 陳 述 の 要 求 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 参 考 人 の 証 言 の 申 出 の 却 下 及 び 参 考 人 の 証 言 の 要 求 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 鑑 定 の 要 求 の 申 出 の 却 下 及 び 鑑 定 の 要 求 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 検 証 の 申 出 の 却 下 及 び 検 証 ( 公 安 委 員 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 意 見 聴 取 期 日 外 における 証 拠 調 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 証 拠 調 調 書 の 作 成 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 提 出 物 目 録 の 作 成 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 意 見 聴 取 調 書 の 作 成 ( 公 安 委 員 会 が 主 宰 者 である 場 合 に 限 る ) 意 見 聴 取 の 再 開 再 開 に 係 る 意 見 聴 取 の 手 続 暴 力 追 放 運 動 推 進 セン 第 13 条 第 1 項 及 び 第 2 役 員 及 び 暴 力 追 放 相 談 委 員 に 対 する 解 任 ターに 関 する 規 則 ( 平 項 勧 告 成 3 年 国 家 公 安 委 員 会

13 規 則 第 7 号 )に 規 定 す る 事 務 国 際 的 な 協 力 の 下 に 規 第 19 条 第 3 項 公 訴 提 起 前 の 没 収 保 全 命 令 を 請 求 するこ 制 薬 物 に 係 る 不 正 行 為 とのできる 警 部 以 上 の 警 察 官 たる 司 法 警 を 助 長 する 行 為 等 の 防 察 員 の 指 定 止 を 図 るための 麻 薬 及 び 向 精 神 薬 取 締 法 等 の 特 例 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 94 号 ) に 規 定 する 事 務 行 政 手 続 法 ( 平 成 5 年 第 13 条 第 1 項 第 1 号 聴 聞 ( 道 路 交 通 法 第 114 条 の2の 規 定 に 法 律 第 88 号 )に 規 定 す イ ロ 及 びハ より 警 察 本 部 長 に 委 任 した 聴 聞 及 びこの る 事 務 ( 公 安 委 員 会 が 規 則 第 3 条 により 公 安 委 員 会 の 決 裁 事 項 行 政 庁 としての 公 安 委 とされていない 処 分 に 係 る 聴 聞 を 除 く ) 員 会 の 事 務 ) 第 13 条 第 1 項 第 1 号 ニ 聴 聞 ( 道 路 交 通 法 第 114 条 の2の 規 定 に より 警 察 本 部 長 に 委 任 した 聴 聞 及 びこの 規 則 第 3 条 により 公 安 委 員 会 の 決 裁 事 項 第 19 条 第 1 項 第 20 条 第 6 項 とされていない 処 分 に 係 る 聴 聞 を 除 く ) が 相 当 であるとの 認 定 聴 聞 ( 道 路 交 通 法 第 114 条 の2の 規 定 に より 警 察 本 部 長 に 委 任 した 聴 聞 及 びこの 規 則 第 3 条 により 公 安 委 員 会 の 決 裁 事 項 とされていない 処 分 に 係 る 聴 聞 を 除 く ) の 主 宰 者 の 指 名 聴 聞 ( 道 路 交 通 法 第 114 条 の2の 規 定 に より 警 察 本 部 長 に 委 任 した 聴 聞 及 びこの 規 則 第 3 条 により 公 安 委 員 会 の 決 裁 事 項 とされていない 処 分 に 係 る 聴 聞 を 除 く ) の 期 日 における 審 理 の 公 開 及 び 非 公 開 の 決 定 第 25 条 聴 聞 の 再 開 の 命 令 聴 聞 及 び 弁 明 の 機 会 の 第 3 条 第 3 項 欠 格 事 由 の 発 生 に 伴 う 新 たな 聴 聞 ( 公 安 付 与 に 関 する 規 則 ( 平 委 員 が 主 宰 する 聴 聞 に 限 る )の 主 宰 者 成 6 年 国 家 公 安 委 員 会 の 指 名 規 則 第 26 号 )に 規 定 す 第 9 条 第 1 項 聴 聞 ( 公 安 委 員 が 主 宰 する 聴 聞 に 限 る ) る 事 務 の 期 日 又 は 場 所 の 変 更 組 織 的 な 犯 罪 の 処 罰 及 第 23 条 第 1 項 公 訴 提 起 前 の 没 収 保 全 命 令 を 請 求 するこ び 犯 罪 収 益 の 規 制 等 に とができる 警 部 以 上 の 警 察 官 たる 司 法 警 関 する 法 律 ( 平 成 11 年 察 員 の 指 定 法 律 第 136 号 )に 規 定

14 する 事 務 原 子 力 災 害 対 策 特 別 措 第 20 条 第 2 項 原 子 力 災 害 対 策 本 部 長 からの 指 示 に 対 す 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 る 措 置 156 号 )に 規 定 する 事 第 28 条 第 1 項 において 応 急 措 置 実 施 のための 他 の 都 道 府 県 知 事 務 読 み 替 えて 適 用 する 災 等 に 対 する 応 援 ( 大 規 模 なものに 限 る ) 害 対 策 基 本 法 第 74 条 第 の 要 求 及 び 応 急 措 置 実 施 のための 他 の 都 1 項 道 府 県 知 事 等 からの 応 援 ( 大 規 模 なもの に 限 る )の 要 求 に 対 する 措 置 第 28 条 第 2 項 において 佐 賀 県 災 害 対 策 本 部 長 からの 指 示 に 対 す 読 み 替 えて 適 用 する 災 る 措 置 害 対 策 基 本 法 第 23 条 第 6 項 ストーカー 行 為 等 の 規 第 5 条 第 1 項 禁 止 命 令 制 等 に 関 する 法 律 ( 平 第 5 条 第 2 項 禁 止 命 令 等 に 係 る 聴 聞 成 12 年 法 律 第 81 号 )に 第 6 条 第 5 項 仮 の 命 令 の 報 告 を 受 けた 場 合 の 意 見 の 聴 規 定 する 事 務 取 第 6 条 第 6 項 において 意 見 の 聴 取 の 主 宰 者 の 指 名 準 用 する 行 政 手 続 法 第 19 条 第 1 項 第 6 条 第 6 項 において 意 見 の 聴 取 の 期 日 における 審 理 の 公 開 及 準 用 する 行 政 手 続 法 第 び 非 公 開 の 決 定 20 条 第 6 項 第 6 条 第 6 項 において 意 見 の 聴 取 の 再 開 の 命 令 準 用 する 行 政 手 続 法 第 25 条 第 6 条 第 7 項 仮 の 命 令 が 不 当 でないと 認 めるときの 禁 止 命 令 自 動 車 運 転 代 行 業 の 業 第 5 条 第 3 項 自 動 車 運 転 代 行 業 者 の 認 定 の 拒 否 務 の 適 正 化 に 関 する 法 第 7 条 第 1 項 自 動 車 運 転 代 行 業 者 の 認 定 の 取 消 し 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 57 第 24 条 第 1 項 及 び 第 25 自 動 車 運 転 代 行 業 者 の 廃 止 命 令 号 )に 規 定 する 事 務 条 第 2 項 第 3 号 インターネット 異 性 紹 第 14 条 第 1 項 インターネット 異 性 紹 介 事 業 者 に 対 する 介 事 業 を 利 用 して 児 童 インターネット 異 性 紹 介 事 業 の 停 止 命 令 を 誘 引 する 行 為 の 規 制 第 14 条 第 2 項 インターネット 異 性 紹 介 事 業 者 に 対 する 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 インターネット 異 性 紹 介 事 業 の 廃 止 命 令 15 年 法 律 第 83 号 )に 規 第 15 条 第 2 項 第 2 号 インターネット 異 性 紹 介 事 業 者 に 対 する 定 する 事 務 インターネット 異 性 紹 介 事 業 の 停 止 命 令 刑 事 収 容 施 設 及 び 収 容 第 18 条 実 施 監 査 の 実 施 に 関 する 公 安 委 員 会 の 定 者 等 の 処 遇 に 関 する 法 め 律 ( 平 成 17 年 法 律 第 50 第 21 条 第 2 項 留 置 施 設 視 察 委 員 会 の 委 員 の 任 命

15 号 )に 規 定 する 事 務 第 230 条 第 3 項 におい 職 権 による 執 行 停 止 て 準 用 する 行 政 不 服 審 査 法 第 34 条 第 2 項 第 230 条 第 3 項 におい 執 行 停 止 の 取 消 し て 準 用 する 行 政 不 服 審 査 法 第 35 条 第 230 条 第 3 項 におい 再 審 査 の 申 請 に 対 する 裁 決 て 準 用 する 行 政 不 服 審 査 法 第 40 条 第 1 項 から 第 5 項 まで 及 び 第 55 条 第 232 条 第 3 項 におい 公 安 委 員 会 に 対 する 事 実 の 申 告 に 係 る 事 て 準 用 する 第 164 条 第 実 の 確 認 1 項 第 232 条 第 3 項 におい 公 安 委 員 会 に 対 する 事 実 の 申 告 に 係 る 事 て 準 用 する 第 164 条 第 実 の 再 発 防 止 のため 必 要 な 措 置 その 他 の 4 項 措 置 探 偵 業 の 業 務 の 適 正 化 第 15 条 第 1 項 探 偵 業 者 に 対 する 探 偵 業 の 停 止 命 令 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 第 15 条 第 2 項 探 偵 業 を 営 む 者 に 対 する 営 業 の 廃 止 命 令 年 法 律 第 60 号 )に 規 定 する 事 務 高 齢 者 傷 害 者 等 の 異 第 36 条 第 1 項 交 通 安 全 特 定 事 業 計 画 の 作 成 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 91 号 )に 規 定 す る 事 務 犯 罪 による 収 益 の 移 転 第 17 条 特 定 事 業 者 に 対 する 是 正 命 令 防 止 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 22 号 )に 規 定 する 事 務 オウム 真 理 教 犯 罪 被 害 第 7 条 第 1 項 オウム 真 理 教 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 者 等 を 救 済 するための の 裁 定 給 付 金 の 支 給 に 関 する 第 8 条 第 3 項 裁 定 の 申 請 の 却 下 法 律 ( 平 成 20 年 法 律 第 80 号 )に 規 定 する 事 務 遺 失 物 法 施 行 令 ( 平 成 第 5 条 第 5 号 特 例 施 設 占 有 者 のうち 不 特 定 かつ 多 数 の 19 年 政 令 第 21 号 )に 規 者 が 利 用 する 施 設 に 係 る 者 の 指 定 定 する 事 務 遺 失 物 法 施 行 規 則 ( 平 第 30 条 第 1 項 指 定 特 例 施 設 占 有 者 の 指 定 の 取 消 し 成 19 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 6 号 )に 規 定 す

16 る 事 務 佐 賀 県 情 報 公 開 条 例 第 6 条 第 2 号 ニ 氏 名 を 非 開 示 とする 警 察 職 員 の 職 を 定 め ( 昭 和 62 年 佐 賀 県 条 例 る 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定 第 17 号 )に 規 定 する 事 第 10 条 第 1 項 開 示 請 求 に 係 る 公 文 書 の 開 示 非 開 示 等 務 ( 公 安 委 員 会 が 実 施 の 決 定 期 間 である 場 合 におけ 第 10 条 第 4 項 期 間 延 長 の 決 定 る 実 施 機 関 としての 公 第 11 条 開 示 決 定 等 の 期 限 の 特 例 に 関 する 決 定 安 委 員 会 の 事 務 ) 第 12 条 第 1 項 他 の 実 施 機 関 との 協 議 及 び 他 の 実 施 機 関 への 事 案 の 移 送 第 13 条 第 1 項 及 び 第 2 第 三 者 に 対 する 意 見 書 提 出 の 機 会 の 付 与 項 第 24 条 第 1 項 県 が 出 資 金 基 本 金 その 他 これに 準 ずる ものを 出 資 している 法 人 等 であって 実 施 機 関 が 定 める 法 人 を 定 める 告 示 第 27 条 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定 佐 賀 県 暴 走 族 等 の 追 放 第 15 条 第 1 項 あおり 行 為 重 点 禁 止 区 域 の 指 定 の 促 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 12 年 佐 賀 県 条 例 第 42 号 )に 規 定 する 事 務 佐 賀 県 暴 走 族 等 の 追 放 第 3 条 第 1 項 暴 走 族 相 談 員 の 委 嘱 の 促 進 に 関 する 条 例 施 第 3 条 第 4 項 暴 走 族 相 談 員 の 解 嘱 行 規 則 ( 平 成 16 年 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 4 号 )に 規 定 する 事 務 佐 賀 県 警 察 署 協 議 会 条 第 3 条 第 5 項 警 察 署 協 議 会 の 委 員 の 解 職 例 ( 平 成 13 年 佐 賀 県 条 第 6 条 警 察 署 協 議 会 の 運 営 に 関 する 必 要 事 項 の 例 第 10 号 )に 規 定 する 定 め 事 務 佐 賀 県 個 人 情 報 保 護 条 第 6 条 第 2 項 第 3 号 登 録 簿 に 登 録 しない 個 人 情 報 取 扱 事 務 の 例 ( 平 成 13 年 佐 賀 県 条 決 定 例 第 37 号 )に 規 定 する 第 6 条 第 3 項 事 務 の 適 正 な 遂 行 に 著 しい 支 障 を 及 ぼす 事 務 ( 公 安 委 員 会 が 実 おそれがある 個 人 情 報 取 扱 事 務 の 決 定 施 期 間 である 場 合 にお 第 7 条 第 2 項 第 3 号 佐 賀 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 へ ける 実 施 機 関 としての 第 7 条 第 3 項 第 8 号 の 諮 問 及 び 特 別 な 取 扱 いをする 場 合 の 決 公 安 委 員 会 の 事 務 ) 第 8 条 第 1 項 第 9 号 及 定 び 第 9 条 第 2 項 第 3 号 第 14 条 第 2 項 ニ 氏 名 を 非 開 示 とする 警 察 職 員 の 職 を 定 め る 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定

17 第 17 条 第 1 項 開 示 請 求 に 係 る 個 人 情 報 の 開 示 非 開 示 等 の 決 定 第 17 条 第 4 項 期 間 延 長 の 決 定 ( 第 24 条 第 4 項 及 び 第 27 条 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 17 条 第 5 項 開 示 の 拒 否 第 17 条 の2 開 示 決 定 等 の 期 限 の 特 例 に 関 する 決 定 第 17 条 の3 第 1 項 他 の 実 施 機 関 との 協 議 及 び 他 の 実 施 機 関 への 事 案 の 移 送 並 びに 事 案 を 移 送 した 旨 の 通 知 第 18 条 第 1 項 及 び 第 2 第 三 者 に 対 する 意 見 書 提 出 の 機 会 の 付 与 項 第 20 条 第 1 項 口 頭 により 開 示 請 求 できる 個 人 情 報 を 定 める 告 示 第 24 条 第 1 項 訂 正 請 求 に 係 る 個 人 情 報 の 訂 正 するかど うかの 決 定 第 24 条 の2 訂 正 決 定 等 の 期 限 の 特 例 に 関 する 決 定 第 24 条 の3 第 1 項 他 の 実 施 機 関 との 協 議 及 び 他 の 実 施 機 関 への 事 案 の 移 送 並 びに 事 案 を 移 送 した 旨 の 通 知 第 27 条 第 1 項 利 用 停 止 請 求 に 係 る 個 人 情 報 の 利 用 停 止 をするかどうかの 決 定 第 28 条 利 用 停 止 決 定 等 の 期 限 の 特 例 に 関 する 決 定 第 41 条 第 1 項 県 が 出 資 金 基 本 金 その 他 これに 準 ずる ものを 出 資 している 法 人 であって 実 施 機 関 が 定 める 法 人 を 定 める 告 示 第 43 条 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める 公 安 委 員 会 規 則 の 制 定 佐 賀 県 留 置 施 設 視 察 委 第 3 条 第 4 項 留 置 施 設 視 察 委 員 会 の 委 員 の 解 任 員 会 条 例 ( 平 成 19 年 佐 賀 県 条 例 第 7 号 )に 規 定 する 事 務 佐 賀 県 暴 力 団 排 除 条 例 第 10 条 暴 力 団 排 除 アドバイザーの 指 定 ( 平 成 23 年 佐 賀 県 条 例 第 26 条 第 1 項 報 告 の 聴 取 及 び 立 入 検 査 第 28 号 )に 規 定 する 事 第 27 条 第 1 項 及 び 第 2 勧 告 務 項 第 28 条 公 表 第 29 条 意 見 陳 述 の 機 会 の 付 与 佐 賀 県 暴 力 団 排 除 条 例 第 5 条 第 1 項 ただし 書 口 頭 による 報 告 の 徴 収 施 行 規 則 ( 平 成 23 年 佐 第 10 条 第 1 項 ただし 書 口 頭 による 意 見 陳 述 の 機 会 の 付 与

18 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 7 号 )に 規 定 する 事 務 佐 賀 県 公 安 委 員 会 運 営 第 2 条 第 2 項 規 則 ( 昭 和 32 年 佐 賀 県 第 2 条 第 4 項 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 )に 規 定 する 事 務 県 警 察 の 事 務 の 運 営 の 大 綱 方 針 の 決 定 県 警 察 の 事 務 の 処 理 が 大 綱 方 針 に 適 合 す るための 措 置 に 関 する 必 要 な 指 示

19 別 表 第 2( 第 4 条 関 係 ) 事 務 の 種 類 根 拠 規 定 報 告 事 項 地 方 自 治 法 に 規 定 する 第 199 条 第 9 項 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 の 受 理 事 務 第 199 条 第 10 項 監 査 委 員 の 意 見 の 受 理 第 252 条 の37 第 5 項 包 括 外 部 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 の 受 理 ( 第 252 条 の40 第 6 項 第 252 条 の41 第 6 項 及 び 第 252 条 の42 第 6 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 第 252 条 の38 第 4 項 監 査 委 員 の 意 見 の 受 理 ( 第 252 条 の39 第 1 4 項 第 252 条 の40 第 6 項 第 252 条 の41 第 6 項 及 び 第 252 条 の42 第 6 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む ) 刑 事 訴 訟 法 に 規 定 する 第 194 条 第 1 項 警 察 官 たる 司 法 警 察 職 員 の 懲 戒 又 は 罷 免 事 務 の 訴 追 の 受 理 警 察 法 に 規 定 する 事 務 第 56 条 第 3 項 警 察 職 員 の 法 令 違 反 等 の 報 告 の 受 理 第 79 第 1 項 警 察 職 員 の 職 務 執 行 についての 苦 情 の 申 出 の 受 理 行 政 不 服 審 査 法 に 規 定 第 9 条 第 1 項 不 服 申 立 書 の 受 理 する 事 務 ( 公 安 委 員 会 第 38 条 公 安 委 員 会 が 引 継 ぎを 受 ける 審 査 請 求 書 が 審 査 庁 処 分 庁 不 等 の 受 理 作 為 庁 又 はその 他 の 行 第 39 条 第 1 項 審 査 請 求 の 取 下 書 の 受 理 ( 第 48 条 第 52 政 庁 である 審 査 庁 等 と 条 及 び 第 56 条 において 準 用 する 場 合 を 含 しての 公 安 委 員 会 の 事 む ) 務 ) 暴 力 団 員 による 不 当 な 第 8 条 第 1 項 忌 避 の 申 し 出 の 受 理 行 為 の 防 止 等 に 関 する 第 25 条 意 見 聴 取 の 状 況 の 報 告 の 受 理 法 律 の 規 定 に 基 づく 意 第 28 条 物 件 等 の 提 出 の 要 求 の 申 出 の 受 理 見 聴 取 の 実 施 に 関 する 第 29 条 参 考 人 の 証 言 の 申 出 の 受 理 規 則 に 規 定 する 事 務 第 30 条 鑑 定 の 要 求 の 申 出 の 受 理 第 31 条 検 証 の 申 出 の 受 理 第 34 条 第 4 項 証 拠 調 の 状 況 の 報 告 の 受 理 行 政 手 続 法 に 規 定 する 第 24 条 第 3 項 聴 聞 調 書 及 び 報 告 書 の 受 理 事 務 ( 公 安 委 員 会 が 行 政 庁 である 場 合 におけ る 行 政 庁 としての 公 安 委 員 会 の 事 務 ) ストーカー 行 為 等 の 規 第 4 条 第 5 項 警 察 本 部 長 等 からの 警 告 に 関 する 事 項 の 制 等 に 関 する 法 律 に 規 報 告 の 受 理 定 する 事 務 第 6 条 第 4 項 警 察 本 部 長 等 からの 仮 の 命 令 に 関 する 事 項 の 報 告 の 受 理

20 第 6 条 第 6 項 において 意 見 の 聴 取 調 書 及 び 報 告 書 の 受 理 準 用 する 行 政 手 続 法 第 24 条 第 3 項 刑 事 収 容 施 設 及 び 被 収 第 230 条 第 1 項 再 審 査 申 請 書 の 受 理 容 者 等 の 処 遇 に 関 する 第 230 条 第 3 項 におい 再 審 査 申 請 の 取 下 書 の 受 理 法 律 に 規 定 する 事 務 て 準 用 する 行 政 不 服 審 査 法 第 39 条 第 1 項 第 232 条 第 1 項 事 実 の 申 告 書 の 受 理 会 計 の 監 査 に 関 する 規 第 6 条 会 計 監 査 の 実 施 状 況 報 告 の 受 理 則 ( 平 成 16 年 国 家 公 安 委 員 会 規 則 第 9 号 )に 規 定 する 事 務 佐 賀 県 情 報 公 開 条 例 に 第 8 条 第 1 項 公 文 書 開 示 請 求 書 の 受 理 規 定 する 事 務 ( 公 安 委 員 会 が 実 施 機 関 である 場 合 における 実 施 機 関 としての 公 安 委 員 会 の 事 務 ) 佐 賀 県 個 人 情 報 保 護 条 第 16 条 第 1 項 個 人 情 報 開 示 請 求 書 の 受 理 例 に 規 定 する 事 務 ( 公 第 23 条 第 1 項 個 人 情 報 訂 正 請 求 書 の 受 理 安 委 員 会 が 実 施 機 関 で 第 26 条 第 1 項 個 人 情 報 利 用 停 止 請 求 書 の 受 理 ある 場 合 における 実 施 機 関 としての 公 安 委 員 会 の 事 務 ) 佐 賀 県 公 安 委 員 会 運 営 第 2 条 第 5 項 大 綱 方 針 に 適 合 するための 措 置 に 関 する 規 則 に 規 定 する 事 務 必 要 な 指 示 に 基 づいてとった 措 置 につい て 必 要 な 報 告 の 受 理

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表

○北海道青少年保護育成条例(昭和30年4月2日条例17号)の一部を改正する新旧対照表 北 海 道 青 少 年 健 全 育 成 条 例 ( 昭 和 30 年 4 月 2 日 条 例 第 17 号 ) 沿 革 昭 和 35 年 4 月 27 日 条 例 第 18 号 38 年 3 月 26 日 第 4 号 41 年 4 月 11 日 第 23 号 48 年 4 月 1 日 第 27 号 53 年 3 月 31 日 第 7 号 平 成 2 年 3 月 31 日 第 8 号 4 年 3 月

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

愛知県公安委員会活動概要

愛知県公安委員会活動概要 定 例 公 安 委 員 会 日 時 : 平 成 20 年 1 月 11 日 9 時 00 分 ~12 時 35 分 出 席 委 員 : 髙 山 委 員 長 大 森 委 員 豊 田 委 員 楠 田 委 員 小 笠 原 委 員 1 全 体 審 議 ( 公 安 委 員 会 会 議 室 ) 案 件 件 名 担 当 部 出 席 者 2 月 の 行 事 予 定 警 務 部 本 部 長 年 末 における 特 別

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程

地方独立行政法人三重県立総合医療センター役員報酬等規程 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 給 与 規 程 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 29 号 [ 沿 革 ] 平 成 24 年 8 月 30 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 三 重 県 立 総 合 医 療 センター 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護

1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 改 案 旧 照 文 昭 和 1 0 自 治 昭 和 54 安 昭 和 55 昭 和 56 労 働 昭 和 6 昭 和 6 警 察 昭 和 66 運 昭 和 68 大 期 7 併 7 1 改 案 旧 照 文 昭 和 傍 線 改 改 案 現 目 目 ~ ~ 服 服 退 管 修 修 績 罰 罰 総 総 目 目 休 懲 戒 服 退 管 休 懲 戒 服 修 修 福 祉 益 保 護 績 福 祉 益 保 護 根

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知

失 によって 告 知 事 項 について 事 実 を 告 げずまたは 不 実 のことを 告 げたときは 共 済 契 約 者 に 対 する 書 面 による 通 知 をもって 共 済 契 約 を 解 除 することができます た だし 当 組 合 がその 事 実 を 知 りまたは 過 失 によってこれを 知 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 約 款 ( 責 任 の 範 囲 ) 第 1 条 当 組 合 は 自 動 車 損 害 賠 償 責 任 共 済 証 明 書 ( 以 下 証 明 書 といいます ) 記 載 の 自 動 車 ( 以 下 被 共 済 自 動 車 といいます )の 日 本 国 内 ( 日 本 国 外 における 日 本 船 舶 内 を 含 みます )における 運 行 によって 他 人

More information

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規

む ) と 当 該 外 務 員 につき とあるのは 当 該 役 員 又 は 使 用 人 につき と 読 み 替 えるものとする ( 不 都 合 行 為 者 及 び 外 務 員 の 職 務 禁 止 措 置 者 の 外 務 員 の 職 務 の 禁 止 ) 第 4 条 の3 会 員 等 は 指 導 等 規 会 員 等 の 外 務 員 の 登 録 等 に 関 する 規 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 は 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 239 号 以 下 法 という ) 第 206 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 主 務 大 臣 から 委 任 を 受 けた 外 務 員 の 登 録 事 務 に 関 し 外 務 員 の 登 録 申 請 手 続 き 登 録 の 拒

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす

( 公 告 の 方 法 ) 第 5 条 この 会 の 公 告 は この 会 の 掲 示 場 に 掲 示 してこれをする 2 前 項 の 公 告 の 内 容 は 必 要 があるときは 書 面 をもって 会 員 又 は 代 議 員 に 通 知 し 又 は 日 本 農 業 新 聞 に 掲 載 するものとす 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 制 定 昭 和 29 年 11 月 15 日 改 正 平 成 14 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 8 月 18 日 改 正 平 成 19 年 3 月 29 日 改 正 平 成 20 年 3 月 27 日 改 正 平 成 22 年 3 月 29 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

加茂商工会議所・定款(H12.5改正)

加茂商工会議所・定款(H12.5改正) 加 茂 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もってわが 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名 称

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に

暴 力 団 員 が 実 質 的 にその 経 営 に 関 与 している 企 業 暴 力 団 準 構 成 員 若 しくは 元 暴 力 団 員 が 実 質 的 に 経 営 する 企 業 であって 暴 力 団 に 資 金 提 供 を 行 うなど 暴 力 団 の 維 持 若 しくは 運 営 に 積 極 的 に 宮 城 県 警 察 組 織 犯 罪 対 策 要 綱 第 1 要 綱 の 目 的 この 要 綱 は 組 織 犯 罪 が 治 安 に 重 大 な 影 響 を 与 えるものであることに 鑑 み 本 県 警 察 が 一 体 的 に 犯 罪 組 織 の 実 態 を 的 確 に 把 握 し 所 要 の 対 策 を 講 じ 効 果 的 な 打 撃 を 与 えることにより 犯 罪 組 織 の 弱 体 化 及 び 壊

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも

(8) 無 料 職 業 紹 介 に 関 する 事 業 (9) 出 版 物 教 材 等 の 制 作 発 行 販 売 に 関 する 事 業 (10)その 他 第 4 条 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 事 業 2 前 項 の 事 業 については 本 邦 及 び 海 外 において 行 うも 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 定 款 ( 名 称 ) 第 1 条 第 1 章 総 則 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 日 本 フラワーデザイナー 協 会 ( 略 称 NFD)と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 によって 従 たる

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン)

Microsoft Word - 120406法人手引改訂確定版(クリーン) 平 成 24 年 5 月 税 理 士 法 人 の 手 引 日 本 税 理 士 会 連 合 会 目 次 一 はじめに 3 頁 二 税 理 士 法 人 制 度 の 意 義 4 1. 税 理 士 法 人 の 性 格 2. 税 理 士 法 人 の 人 的 構 成 3. 税 理 士 法 人 の 業 務 内 容 4. 税 理 士 法 人 の 業 務 執 行 5. 社 員 の 常 駐 6. 社 員 の 競 業 禁

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年

記 事 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セン 現 状 と 課 題 ター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 行 政 一 繰 越 控 除 限 度 額 に 係 る 最 も 古 い 年 判 例 時 報 平 成 26 年 6 月 21 日 号 座 談 会 裁 判 員 裁 判 における 弁 護 活 動 の 日 本 司 法 支 援 セ 現 状 と 課 題 ンター( 法 テラス) 3 現 代 型 取 引 をめぐる 裁 判 例 (350) 升 田 純 26 判 決 録 < 行 政 > 1 件 33 < 民 事 > 6 件 46 < 知 の 財 産 権 > 2 件 100 < 商 事 > 1

More information

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し

こ と が 多 い 他 方 信 頼 を 保 護 し よ う と す る と 法 律 に よ る 行 政 と 両 立 し な い こ と が あ る ( 例 え ば 課 税 庁 の 指 導 の 下 に 納 税 し て い た の に そ れ が 違 法 で あ る こ と が 判 明 し た と し 2013 年 度 行 政 法 レ ジ ュ メ ( 4) 2013.5.1 石 崎 Ⅲ. 行 政 法 の 基 本 原 理 と 一 般 原 則 二. 法 治 主 義 ( 続 き ) 2 適 法 行 政 の 原 理 と 行 政 活 動 に 適 用 さ れ る 法 の 一 般 法 原 則 ( 1 ) は じ め に 法 治 主 義 原 理 の 重 要 な 構 成 要 素 と し て 適 法 行 政 の 原

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条

職 員 給 与 規 程 の 給 料 額 は その 期 間 の 現 日 数 から 勤 務 時 間 等 規 程 第 7 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 週 休 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 として 日 割 によって 計 算 する ( 初 任 給 ) 第 9 条 職 員 給 与 規 程 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 (この 規 程 の 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 神 戸 市 民 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 32 条 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464>

<5461726F2D8BB388F5906C8E968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 教 員 人 事 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 平 成 1 6 年 規 則 第 2 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 3 条 第 1 項

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

Untitled

Untitled 滋 刑 企 甲 発 第 S0 号 平 成 年 (0)0 月 日 滋 賀 県 警 察 本 部 刑 事 部 刑 事 企 画 課 刑 法 犯 特 別 法 犯 暴 力 団 犯 罪 来 日 外 国 人 犯 罪 凡 例 滋 賀 の 犯 罪 ( 平 成 年 ) 目 次 平 成 年 中 の 主 な 出 来 事 < 解 説 > 平 成 年 の 犯 罪 概 要 < 全 国 統 計 表 > < 本 県 統 計 表 >

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

Taro-職員給与規程(最終改正20141

Taro-職員給与規程(最終改正20141 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づ き 公 立 大 学 法 人 奈 良 県 立 医 科 大 学 ( 以 下 法 人 という )に 勤 務 する 職 員 (

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき

主 催 者 は 以 下 の 各 号 の 一 に 該 当 する 者 に 対 し 入 場 券 の 販 売 をしない また その 者 が 当 該 事 由 にかかわらず 自 ら 又 は 第 三 者 を 通 じ 入 場 券 を 取 得 した 場 合 主 催 者 はその 者 に 対 し 第 6 条 に 基 づき 試 合 観 戦 契 約 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 本 約 款 は 試 合 の 観 客 の 観 戦 に 関 する 事 項 を 定 め もって 円 滑 な 試 合 進 行 と 観 客 の 安 全 かつ 平 穏 な 試 合 観 戦 を 確 保 することを 目 的 とする (2 項 ) 本 約 款 において 以 下 の 用 語 の 意 義 は 特 に 文 脈 上 他 の 意 義

More information

諮問第1号

諮問第1号 平 成 28 年 2 月 諮 問 説 明 資 料 ページ 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 1 総 務 企 画 局 諮 問 第 1 号 退 職 手 当 支 給 制 限 処 分 に 関 する 審 査 請 求 について 第 1 議 会 への 諮 問 の 理 由 酒 気 帯 び 運 転 を 行 った 教 員 に 対 して, 平 成 27 年

More information

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連

別 添 巡 回 連 絡 実 施 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 埼 玉 県 地 域 警 察 運 営 規 程 ( 平 成 15 年 埼 玉 県 警 察 本 部 訓 令 第 51 号 以 下 運 営 規 程 という ) 第 5 条 第 2 項 第 4 号 イの 規 定 に 基 づき 巡 回 連 巡 回 連 絡 実 施 要 領 平 成 22 年 7 月 1 日 地 第 6 8 7 号 警 察 本 部 長 巡 回 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について( 通 達 ) この 度 巡 回 連 絡 を 適 正 かつ 効 果 的 に 実 施 するため みだしの 要 領 を 別 添 のとおり 制 定 し 平 成 22 年 7 月 2 日 から 実 施 することとしたので 実 効 の 上 がるよう

More information

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平

国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 平 成 23 年 度 改 正 関 係 参 考 資 料 ( 国 税 通 則 法 関 係 ) 国 税 通 則 法 の 見 直 しについて(23 年 度 改 正 ) 税 務 調 査 手 続 の 明 確 化 更 正 の 請 求 期 間 の 延 長 処 分 の 理 由 附 記 等 国 税 通 則 法 の 大 幅 な 見 直 しを 実 施 主 な 改 正 事 項 1. 税 務 調 査 手 続 ( 平 成 25

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

<8E518D6C8E9197BF2E786477>

<8E518D6C8E9197BF2E786477> 参 考 1 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 123 2 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 施 行 令 ( 抄 ) 140 3 愛 知 県 石 油 コンビナート 等 防 災 本 部 条 例 154 4 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 第 28 条 第 5 項 第 6 号 の 規 定 に 基 づく 市 町 村 の 指 定 155 5 愛 知 県 石 油 コンビナート

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

項 に 規 定 する 接 待 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )を 伴 う 飲 食 をさ せる 行 為 又 はこれを 仮 装 したものの 提 供 ハ 異 性 に 対 する 好 奇 心 をそそるような 方 法 により 客 に 接 して 酒 類 を 伴 う 飲 食 をさせる 行 為 ( 接

項 に 規 定 する 接 待 をいう 以 下 この 項 において 同 じ )を 伴 う 飲 食 をさ せる 行 為 又 はこれを 仮 装 したものの 提 供 ハ 異 性 に 対 する 好 奇 心 をそそるような 方 法 により 客 に 接 して 酒 類 を 伴 う 飲 食 をさせる 行 為 ( 接 福 岡 県 迷 惑 行 為 防 止 条 例 ( 昭 和 三 十 九 年 福 岡 県 条 例 第 六 十 八 号 ) ( 目 的 ) 第 一 条 この 条 例 は 県 民 及 び 滞 在 者 に 著 しく 迷 惑 をかける 暴 力 的 不 良 行 為 等 を 防 止 し もってその 平 穏 な 生 活 を 保 持 することを 目 的 とする ( 乗 車 券 等 の 不 当 な 売 買 行 為 (ダフヤ

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法

2. 行 政 代 執 行 による 空 き 家 除 却 の 事 務 フロー 図 苦 情 調 査 指 導 等 代 執 行 苦 情 の 申 し 出 法 条 例 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 現 場 調 査 ( 外 観 等 の 初 動 調 査 ) 空 家 等 対 策 特 措 法 Ⅲ 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 務 手 続 き 1. 概 要 空 き 家 等 の 適 正 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 行 政 代 執 行 による 除 却 の 事 例 は 全 国 ではまだ 例 が 少 なく 膨 大 な 事 務 量 と 専 門 知 識 を 必 要 とする 割 には 具 体 的 な 事 務 手 続 きを 示 した 知 見 が 少 ない のが 現 状 である

More information

CHÍNH PHỦ

CHÍNH PHỦ 政 府 番 号 :16/2010/NĐ-CP ヴェトナム 社 会 主 義 共 和 国 独 立 - 自 由 - 幸 福 2010 年 3 月 3 日,ハノイ 国 家 賠 償 責 任 法 のいくつかの 条 項 の 詳 細 を 規 定 し, 施 行 を 案 内 する 議 定 政 府 は, 2001 年 12 月 25 日 付 け 政 府 組 織 法 に 基 づき, 2009 年 6 月 18 日 付 け

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業

2 II. 法 律 案 の 骨 子 仮 想 通 貨 に 関 する 法 律 案 の 骨 子 は 以 下 の 通 りである ( 資 金 決 済 法 関 連 ) 1 仮 想 通 貨 の 定 義 2 仮 想 通 貨 交 換 業 に 係 る 登 録 制 の 導 入 3 仮 想 通 貨 交 換 業 者 の 業 FINANCIAL SERVICES & TRANSACTIONS GROUP NEWSLETTER 2016 年 3 月 仮 想 通 貨 に 関 する 国 会 提 出 法 案 について 弁 護 士 中 崎 尚 / 同 河 合 健 本 年 3 月 4 日 仮 想 通 貨 に 関 する 初 めての 法 律 案 が 国 会 に 提 出 された 同 法 案 中 改 正 資 金 決 済 法 ( 案 )では

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

奈良商工会議所定款

奈良商工会議所定款 奈 良 商 工 会 議 所 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 議 所 は 地 区 内 における 商 工 業 者 の 共 同 社 会 を 基 盤 とし 商 工 業 の 総 合 的 な 改 善 発 達 を 図 り 兼 ねて 社 会 一 般 の 福 祉 の 増 進 に 資 し もって 我 が 国 商 工 業 の 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 名

More information