01 国有財産売払公示書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "01 国有財産売払公示書"

Transcription

1 国 有 財 産 売 払 公 示 書 国 有 財 産 の 売 払 について 下 記 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 1 売 払 物 件 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 土 地 宅 地 m 福 山 市 北 本 庄 2 丁 目 土 地 宅 地 m 広 島 市 安 佐 南 区 相 田 土 地 宅 地 m 広 島 市 安 佐 北 区 亀 山 土 地 宅 地 m2 2 公 示 期 間 本 公 示 の 日 から 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 )まで 3 競 争 参 加 者 に 必 要 な 資 格 次 のいずれにも 該 当 しないこと (1) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 第 70 条 及 び 71 条 に 規 定 する 者 (2) 国 有 財 産 に 関 する 事 務 に 従 事 する 者 にあっては 国 有 財 産 法 第 16 条 の 規 定 に 該 当 する 者 (3) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 及 び 警 察 当 局 から 排 除 要 請 がある 者 4 入 札 受 付 期 間 等 (1) 入 札 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 18 日 ( 木 )9:00~ 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 )17:00 まで (2) 入 札 受 付 場 所 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 5 階 ( 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30) 5 開 札 日 時 等 (1) 開 札 日 時 平 成 28 年 9 月 15 日 ( 木 )10:00~ (2) 開 札 場 所 広 島 中 央 労 働 基 準 監 督 署 労 働 会 議 室 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 1 階 ( 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30) ( 参 加 は 自 由 であり 入 札 者 に 対 しては 文 書 をもって 開 札 結 果 を 通 知 する ) 6 入 札 書 等 用 紙 の 交 付 公 示 の 日 から 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 )12:00 までの 間 第 11 項 において 交 付 する 7 入 札 方 法 (1) 入 札 保 証 金 の 納 付 等 1 入 札 保 証 金 は 各 自 入 札 金 額 の 100 分 の 5 以 上 ( 円 未 満 切 上 )に 相 当 する 金 額 とし 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 ( 郵 便 局 )を 除 く )から 当 該 金 融 機 関 の 所 定 用 紙 を 用 いて 現 金 に より 広 島 労 働 局 が 指 定 する 預 金 口 座 に 振 り 込 むものとする 2 入 札 保 証 金 は 落 札 者 を 除 き 入 札 者 が 指 定 する 金 融 機 関 の 預 金 口 座 へ 振 り 込 む 方 法 により 還 付 する なお 落 札 者 の 決 定 を 留 保 した 場 合 は 落 札 者 を 決 定 するまでの 間 当 該 物 件 の 入 札 者 に 係 る 入 札 保 証 金 の 還 付 を 留 保 する ただし 開 札 後 入 札 参 加 者 から 落 札 決 定 前 に 入 札 を 辞 退 する 旨 の 申 出 があった 場 合 には 入 札 保 証 金 を 還 付 する 3 入 札 保 証 金 に 利 息 を 付 さない (2) 入 札 方 法 入 札 は 第 6 項 の 規 定 により 交 付 を 受 けた 入 札 書 等 の 用 紙 を 使 用 し 入 札 提 出 用 封 筒 に 入 札 書 のみを 入 れて 封 をし その 封 筒 と 入 札 保 証 金 提 出 書 及 び 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 誓 約 書 役 員 一 覧 ( 法 人 による 入 札 の 場 合 のみ) 委 任 状 及 び 委 任 者 の 印 鑑 証 明 書 ( 代 理 人 による 入 札 の 場 合 のみ)を 入 札 関 係 書 類 提 出 用 封 筒 に 入 れて 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 あて 簡 易 書 留 郵 便 により 郵 送 して 申 し 込 むものとする また 第 4 項 (1)の 期 間 であれば 9 時 から 12 時 13 時 から 17 時 までの 間 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 へ 持 参 することも 可 能 である なお 入 札 書 の 提 出 後 は 入 札 の 取 消 しや 入 札 書 の 記 載 の 変 更 はできない 8 入 札 の 無 効 競 争 参 加 に 必 要 な 資 格 のない 者 が 行 った 入 札 及 び 入 札 に 関 する 条 件 に 違 反 した 入 札 は 無 効 とす る 9 契 約 不 履 行 落 札 者 が 平 成 28 年 10 月 12 日 ( 水 )までに 契 約 を 締 結 しない 場 合 は 第 7 項 (1)の1に 規 定 する 入 札 保 証 金 は 国 庫 に 帰 属 する 10 契 約 書 の 作 成 の 要 否 及 び 代 金 支 払 方 法 契 約 書 を 作 成 し 代 金 は 即 納 とする 11 入 札 関 係 書 類 に 関 する 照 会 先 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 5 階 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 TEL: FAX: その 他 (1) 土 地 上 に 現 存 する 全 ての 工 作 物 や 樹 木 等 を 含 むものとし 記 載 内 容 と 現 況 に 差 異 が 生 じている 場 合 は 現 況 が 優 先 し 契 約 後 の 物 件 引 き 渡 しも 現 況 有 姿 で 行 われること また 越 境 物 があっても 現 況 のままでの 引 き 渡 しとなること (2) 建 築 許 可 の 可 否 諸 規 制 の 状 況 等 の 各 関 係 機 関 への 紹 介 等 は 事 前 に 入 札 者 自 身 で 行 うこと (3) 隣 接 地 との 境 界 については すでに 国 と 隣 接 土 地 所 有 者 との 間 で 確 定 済 のため 再 度 の 立 会 は 行 わないこと (4) 売 買 契 約 締 結 後 に 契 約 内 容 ( 物 件 所 在 地 登 記 地 目 数 量 応 札 者 数 開 札 結 果 不 落 等 随 時 契 約 の 有 無 契 約 年 月 日 契 約 金 額 契 約 相 手 方 の 個 人 法 人 の 区 分 法 人 にあっては 業 種 )を 公 表 すること 平 成 28 年 8 月 4 日 厚 生 労 働 省 所 管 国 有 財 産 部 局 長 広 島 労 働 局 長 内 田 昭 宏 以 上 公 示 する

2 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 ( 平 成 28 年 度 第 1 回 期 間 入 札 ) 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 問 い 合 わせ 先 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 5 階 TEL: FAX:

3 一 般 競 争 入 札 ( 期 間 入 札 )による 購 入 手 続 の 流 れ 現 地 確 認 現 地 説 明 会 は 行 いませんので 入 札 希 望 者 は 当 局 が 配 布 する 資 料 を 参 考 に 必 ず 現 地 を 確 認 し 諸 規 制 の 状 況 などについても 確 認 してください 入 札 保 証 金 の 納 付 入 札 保 証 金 ( 入 札 金 額 の5% 以 上 )を 国 が 指 定 する 口 座 へ 振 り 込 んでいただきます 入 札 入 札 受 付 期 間 内 に 入 札 書 等 の 関 係 書 類 を 持 参 又 は 簡 易 書 留 で 郵 送 してください 開 札 落 札 者 の 決 定 開 札 は 国 有 財 産 売 払 公 示 書 に 記 載 してある 日 時 及 び 場 所 で 行 います 開 札 結 果 は 入 札 参 加 者 に 文 書 で 通 知 します 契 約 落 札 決 定 の 日 から 当 局 が 指 定 する 日 ( 平 成 28 年 10 月 12 日 )までに 売 買 契 約 を 締 結 していただきます( 契 約 額 に 応 じた 収 入 印 紙 が 必 要 となります ) 売 買 代 金 の 支 払 い 契 約 締 結 時 に 全 額 お 支 払 いいただくか 契 約 締 結 時 に 契 約 保 証 金 ( 売 買 代 金 の1 割 以 上 )を 納 付 し 契 約 日 から 起 算 して20 日 以 内 に 全 額 をお 支 払 いいただきます 所 有 権 の 移 転 登 記 所 有 権 移 転 登 記 の 手 続 きは 当 局 で 行 います その 際 に 必 要 となる 登 録 免 許 税 の 費 用 は 購 入 者 の 負 担 となります

4 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 この 入 札 案 内 書 には 入 札 に 参 加 する 手 順 落 札 した 場 合 の 契 約 内 容 等 入 札 にあたって 必 要 なことを 記 載 しています 入 札 に 参 加 される 方 は 入 札 要 領 等 を 熟 読 のうえ 参 加 して ください 1 入 札 物 件 入 札 物 件 は 別 添 入 札 物 件 のご 案 内 のとおりです 2 入 札 受 付 期 間 等 (1) 入 札 受 付 期 間 平 成 28 年 8 月 18 日 ( 木 ) 9 時 00 分 から 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 ) 17 時 00 分 まで 必 着 (2) 入 札 受 付 場 所 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 5 階 ( 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30) 3 開 札 日 時 等 (1) 開 札 日 時 平 成 28 年 9 月 15 日 ( 木 )10 時 00 分 ~ (2) 開 札 場 所 広 島 中 央 労 働 基 準 監 督 署 労 働 会 議 室 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 1 階 ( 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30) (3) 開 札 結 果 文 書 により 入 札 者 全 員 に 通 知 し 広 島 労 働 局 のホームページにおいて 公 表 します 4 入 札 参 加 者 の 資 格 及 び 入 札 の 参 加 方 法 (1) 入 札 参 加 者 の 資 格 予 算 決 算 及 び 会 計 令 第 70 条 及 び 第 71 条 に 規 定 する 者 国 有 財 産 法 第 16 条 の 規 定 に 該 当 する 者 並 びに 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 及 び 警 察 当 局 から 排 除 要 請 がある 者 以 外 の 方 であれば どなたでも 参 加 できます (2) 入 札 の 参 加 方 法 入 札 に 参 加 しようとする 場 合 は 入 札 関 係 書 類 の 配 付 を 受 け 広 島 労 働 局 が 指 定 する 預 金 口 座 に 入 札 保 証 金 を 振 り 込 み 書 類 を 整 えて 郵 送 又 は 持 参 していただき ます なお 入 札 関 係 書 類 は 入 札 1 物 件 につき1 通 の 入 札 関 係 書 類 を 作 成 する 必 要 があり ます (3) 入 札 にあたっての 留 意 事 項 1 当 該 土 地 上 に 現 存 する 全 ての 工 作 物 樹 木 等 を 含 むものとし 契 約 後 の 引 渡 しにつ いても 現 況 有 姿 で 行 います 入 札 参 加 希 望 者 は 本 入 札 案 内 書 の 物 件 調 書 等 により 必 ず 現 地 及 び 諸 規 制 についての 調 査 確 認 を 行 ってください 入 札 物 件 に 越 境 物 がある 場 合 についても 現 況 のまま 引 き 渡 すことになりますので その 処 理 については 関 係 者 間 で 行 ってください 2 隣 接 地 との 境 界 については すでに 国 と 隣 接 土 地 所 有 者 との 間 で 確 定 済 みです 従 って 国 としては 再 度 の 立 会 は 行 いません 境 界 について 後 日 紛 争 等 が 生 じた 場 合 も 国 は 一 切 関 与 しません 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 1

5 3 国 有 地 を 落 札 した 場 合 当 該 物 件 を 使 用 するにあたっては 都 市 計 画 法 建 築 基 準 法 等 の 各 種 法 令 条 例 等 の 規 制 を 受 けることとなりますので ご 自 身 の 計 画 に 見 合 っ た 利 用 の 可 否 は 事 前 に 十 分 に 調 査 してください 4 各 種 供 給 施 設 ( 上 下 水 道 電 気 ガス 等 )の 利 用 にあたっては 各 事 業 者 と ご 自 身 で 調 整 契 約 してください 5 国 有 財 産 売 払 公 示 書 等 に 記 載 された 実 測 数 量 が 入 札 及 び 売 買 契 約 の 対 象 数 量 となります ただし 所 有 権 移 転 登 記 は 登 記 簿 数 量 で 行 います 6 各 種 図 面 について 公 図 等 を 用 いている 場 合 などは 現 状 と 異 なることがあります また 個 人 名 等 が 表 記 されているときもこれを 特 定 するものではありませんので あらかじめご 了 承 ください 現 況 と 差 異 が 生 じた 場 合 には 現 況 が 優 先 されます 5 入 札 関 係 書 類 の 配 付 (1) 配 付 期 間 平 成 28 年 8 月 4 日 ( 木 ) 9 時 00 分 から 平 成 28 年 8 月 31 日 ( 水 )12 時 00 分 まで (2) 配 付 場 所 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 広 島 合 同 庁 舎 2 号 館 5 階 ( 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6-30) 6 入 札 保 証 金 の 納 付 (1) 入 札 に 参 加 する 前 に 入 札 保 証 金 を 納 付 する 必 要 があります (2) 入 札 保 証 金 は 各 自 の 入 札 金 額 の5% 以 上 ( 円 未 満 切 上 )に 相 当 する 金 額 が 必 要 です [ 入 札 保 証 金 の 計 算 例 ] 入 札 金 額 が6,666,666 円 の 場 合 6,666,666 円 5% = 333,333.3 円 333,334 円 以 上 ( 円 未 満 切 上 ) (3) 入 札 保 証 金 は 最 寄 りの 金 融 機 関 窓 口 から 当 該 金 融 機 関 の 所 定 用 紙 振 込 依 頼 書 を 使 用 し 次 の 口 座 に 振 り 込 んでください 振 込 先 銀 行 名 支 店 名 広 島 銀 行 県 庁 支 店 種 別 口 座 番 号 普 通 預 金 口 座 名 義 広 島 労 働 局 主 任 歳 入 歳 出 外 現 金 出 納 官 吏 厚 生 労 働 事 務 官 島 田 健 司 振 込 手 数 料 は 入 札 者 の 負 担 となります ゆうちょ 銀 行 ( 郵 便 局 )からの 振 込 みはできません ATM インターネットバンキングによる 振 込 みは 無 効 となります 複 数 の 物 件 に 入 札 される 場 合 は 物 件 毎 に 振 り 込 んでください 振 込 手 続 を 完 了 した 際 には 必 ず 取 扱 店 領 収 印 のある 振 込 受 付 書 を 受 け 取 っていただき 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 の 裏 面 に 貼 付 してください 7 入 札 関 係 書 類 の 提 出 方 法 (1) 入 札 書 提 出 用 封 筒 に 入 札 書 のみを 入 れて 封 をしてください (2) 入 札 保 証 金 を 納 付 した 際 に 受 領 した 振 込 受 付 書 の 原 本 を 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 の 裏 面 に 貼 付 してください (3) 契 約 の 相 手 方 として 不 適 当 な 者 でないこと 等 についての 申 出 である 誓 約 書 を 提 出 してください 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 2

6 (4) 法 人 の 方 については 役 員 一 覧 を 必 ず 添 付 してください 入 札 参 加 資 格 の 確 認 のため 警 察 当 局 に 提 供 する 必 要 がありますので 記 載 漏 れの ないようご 注 意 ください (5) 代 理 の 方 が 入 札 される 場 合 は 委 任 者 の 印 鑑 証 明 書 ( 発 行 後 3ヶ 月 以 内 のもの) を 添 付 した 委 任 状 が 必 要 となります (6) 上 記 (1)から(5)の 書 類 を 入 札 関 係 提 出 用 封 筒 に 入 れて 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 あて 持 参 もしくは 簡 易 書 留 郵 便 により 提 出 してください 提 出 書 類 一 覧 提 出 書 類 名 個 人 法 人 1 入 札 書 ( 様 式 1) 所 定 様 式 2 入 札 保 証 金 振 込 受 付 書 3 入 札 保 証 金 提 出 書 類 入 札 保 証 金 提 出 書 ( 様 式 2) 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 ( 様 式 3) 各 金 融 機 関 の 所 定 様 式 4 誓 約 書 ( 様 式 4) 所 定 様 式 5 役 員 一 覧 ( 様 式 5) - 6 委 任 状 ( 様 式 6) 7 委 任 者 の 印 鑑 証 明 書 - 8 入 札 関 係 書 類 提 出 用 封 筒 ( 角 2) 所 定 様 式 9 入 札 書 提 出 用 封 筒 ( 長 3) は 代 理 人 による 入 札 の 場 合 に 必 要 となります 各 書 類 の 記 入 にあたっては ボールペン 万 年 筆 等 ( 鉛 筆 不 可 )をご 使 用 のうえ 書 き 損 じた 時 は 新 たな 用 紙 を 受 けて 書 き 直 してください 使 用 される 印 鑑 は 印 鑑 登 録 されている 印 鑑 ( 実 印 )をご 使 用 ください 8 入 札 の 無 効 入 札 要 領 第 8 条 の 規 定 に 該 当 する 入 札 は 無 効 とします 9 入 札 にあたって 付 す 条 件 等 (1) 公 序 良 俗 に 反 する 使 用 等 の 禁 止 落 札 者 は 国 有 財 産 売 買 契 約 締 結 の 日 から10 年 間 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づき 公 の 秩 序 等 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はその 他 これに 類 するものの 用 に 供 し また これらの 用 に 供 されることをしりながら 所 有 権 を 第 三 者 に 移 転 し 又 は 売 買 物 件 を 第 三 者 に 貸 してはなりません (2) 風 俗 営 業 等 の 禁 止 落 札 者 は 国 有 財 産 売 買 契 約 締 結 の 日 から10 年 間 売 買 物 件 を 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 風 俗 営 業 同 条 第 5 項 に 規 定 する 性 風 俗 特 殊 営 業 その 他 これらに 類 する 業 の 用 に 供 し またこれらの 用 に 供 されるこ とを 知 りながら 所 有 権 を 第 三 者 に 移 転 し 又 は 売 買 物 件 を 第 三 者 に 貸 してはなりません 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 3

7 (3) 実 地 調 査 等 1 国 は 上 記 (1) 及 び(2)の 履 行 状 況 を 把 握 し 条 件 違 反 を 未 然 に 防 止 するため 必 要 があると 認 めるときには 実 地 調 査 を 実 施 し 又 は 報 告 若 しくは 資 料 の 提 出 を 求 めることがあります 2 落 札 者 は 正 当 な 理 由 なく 上 記 1に 定 める 実 地 調 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 又 は 報 告 若 しくは 資 料 の 提 出 を 怠 ってはなりません (4) 違 約 金 落 札 者 は 上 記 (1) 及 び(2)の 条 件 に 違 反 した 場 合 は 国 の 定 める 金 額 を 違 約 金 として 支 払 わなければなりません 10 落 札 者 の 決 定 方 法 (1) 落 札 者 の 決 定 1 予 定 価 格 以 上 の 入 札 書 のうち 最 高 の 価 格 の 方 を 落 札 者 とします 2 落 札 となるべき 同 価 を 入 札 した 方 が2 者 以 上 いる 場 合 には 全 物 件 の 開 札 終 了 後 直 ちにくじにより 落 札 者 を 決 定 します 入 札 者 が 会 場 にいない 場 合 は 国 の 指 定 した 者 がくじを 引 きます (2) 落 札 者 の 決 定 を 留 保 する 場 合 1 予 定 価 格 以 上 で 最 高 の 価 格 をもって 入 札 した 者 が 入 札 要 領 第 8 号 に 規 定 する 警 察 当 局 から 排 除 要 請 のある 者 であるか 否 かについて 確 定 していない 場 合 に 当 該 入 札 者 を 落 札 候 補 者 とし 落 札 者 の 決 定 を 留 保 します 落 札 となる 同 価 の 入 札 者 に 落 札 候 補 者 がいる 場 合 には 当 該 候 補 者 が 排 除 要 請 の ある 者 であるか 否 かについて 確 定 するまでは くじ 引 きも 留 保 します 2 入 札 参 加 資 格 の 確 認 を 行 った 結 果 落 札 候 補 者 が 行 った 入 札 が 無 効 となった 場 合 に は 予 定 価 格 以 上 で 入 札 した 他 の 者 のうちから 最 高 の 価 格 もって 入 札 した 者 を 落 札 者 と 決 定 します 3 落 札 者 の 決 定 が 行 われるまでの 間 においては 当 該 物 件 に 入 札 した 入 札 者 全 員 の 入 札 保 証 金 については 返 還 することができません ただし この 間 に 入 札 を 辞 退 する 申 出 があった 場 合 には 入 札 保 証 金 を 返 還 します 11 入 札 保 証 金 の 返 還 (1) 開 札 の 結 果 落 札 されなかった 者 の 入 札 保 証 金 は 入 札 者 が 指 定 した 金 融 機 関 の 返 還 先 口 座 へ 振 り 込 む 方 法 によりお 返 しします( 入 札 保 証 金 には 利 息 を 付 しません ) 金 融 機 関 への 振 り 込 みは 開 札 日 から 概 ね 1 週 間 後 となりますので あらかじめ ご 了 承 ください (2) 入 札 保 証 金 を 納 付 した 後 入 札 書 を 提 出 しなかった 場 合 は 開 札 終 了 後 に 入 札 保 証 金 の 返 還 手 続 きを 行 います その 場 合 返 還 先 口 座 等 の 確 認 のため 入 札 保 証 金 提 出 書 及 び 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 が 必 要 となりますので 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 4 係 ( 入 札 担 当 )まで 提 出 してください (3) 返 還 先 口 座 名 等 の 記 載 内 容 に 不 備 がある 等 入 札 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 広 島 労 働 局 からの 振 り 込 みに 組 戻 し 等 が 生 じた 場 合 組 戻 しに 係 る 手 数 料 及 び 再 振 込 手 数 料 は 入 札 者 の 負 担 とさせていただく 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 願 います (4) 落 札 入 札 不 調 不 落 札 のいずれの 場 合 においても 予 定 価 格 の 公 表 は 行 いません 12 契 約 の 締 結 (1) 売 買 契 約 の 締 結 期 限 は 平 成 28 年 10 月 12 日 ( 水 )です 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 4

8 上 記 10 により 落 札 者 の 決 定 を 留 保 した 場 合 の 契 約 締 結 期 限 については 別 途 通 知 する こととします (2) 別 紙 国 有 財 産 売 買 契 約 書 ( 案 ) の 内 容 で 契 約 を 締 結 することとなります (3) 売 買 代 金 以 外 に 売 買 契 約 書 ( 国 保 管 用 のもの1 部 )に 貼 付 する 収 入 印 紙 所 有 権 移 転 登 記 に 必 要 な 登 録 免 許 税 等 本 契 約 の 締 結 及 び 履 行 等 に 関 して 必 要 な 費 用 は 落 札 者 負 担 となります 参 考 印 紙 税 額 ( 平 成 28 年 5 月 現 在 ) 契 約 金 額 ( 売 買 代 金 ) 印 紙 税 額 契 約 金 額 ( 売 買 代 金 ) 印 紙 税 額 50 万 円 超 ~100 万 円 以 下 500 円 1,000 万 円 超 ~5,000 万 円 以 下 1 万 円 100 万 円 超 ~500 万 円 以 下 1 千 円 5,000 万 円 超 ~1 億 円 以 下 3 万 円 500 万 円 超 ~1,000 万 円 以 下 5 千 円 1 億 円 超 ~ 5 億 円 以 下 6 万 円 (3) 落 札 者 以 外 の 名 義 での 契 約 及 び 移 転 登 記 はできません (4) 契 約 締 結 は 広 島 労 働 局 ( 広 島 市 )で 行 います 13 売 買 代 金 の 支 払 方 法 売 買 代 金 の 支 払 方 法 は 次 の(1) 及 び(2)の 二 通 りがあります (1) 売 買 契 約 締 結 と 同 時 に 売 買 代 金 全 額 を 納 付 していただく 方 法 入 札 保 証 金 は 売 買 代 金 に 充 当 しますので 売 買 代 金 との 差 額 を 売 買 契 約 締 結 の 日 に 国 が 発 行 する 納 入 告 知 書 により 納 付 してください (2) 売 買 契 約 締 結 の 際 に 契 約 保 証 金 を 納 付 していただく 方 法 売 買 契 約 締 結 と 同 時 に 契 約 保 証 金 として 売 買 代 金 の10% 以 上 ( 円 未 満 切 上 げ)を 納 付 していただきます( 入 札 保 証 金 は 契 約 保 証 金 に 充 当 します ) 売 買 契 約 締 結 の 日 に 最 寄 りの 金 融 機 関 窓 口 から 当 該 金 融 機 関 の 所 定 用 紙 振 込 依 頼 書 を 使 用 し 6の(3)に 示 す 口 座 に 振 り 込 んでください 振 込 手 続 が 完 了 した 際 には 必 ず 取 扱 店 領 収 印 のある 振 込 受 付 書 を 受 け 取 って いただき 契 約 保 証 金 振 込 証 明 書 の 裏 面 に 貼 付 し 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 4 係 あてに 提 出 してください その 後 売 買 契 約 締 結 日 を 含 めて20 日 以 内 に 売 買 代 金 と 契 約 保 証 金 との 差 額 を 国 が 発 行 する 納 入 告 知 書 により 納 付 してください (3) 納 入 期 限 までに 売 買 代 金 を 一 括 納 付 しない 場 合 契 約 保 証 金 は 国 庫 に 帰 属 ( 没 収 )し ます 14 所 有 権 の 移 転 (1) 売 買 代 金 全 額 の 納 付 が 行 われたときに 所 有 権 の 移 転 があったものとし 物 件 を 引 渡 し たものとします( 現 地 に 立 会 しての 引 渡 しは 行 いません ) (2) 所 有 権 の 移 転 登 記 は 国 が 行 いますが 登 録 免 許 税 が 必 要 です ア 売 買 契 約 締 結 の 際 に あらかじめ 登 記 嘱 託 請 求 書 及 び 登 録 免 許 税 相 当 額 の 印 紙 を 提 出 してください イ 売 買 代 金 の 納 付 が 確 認 された 後 所 有 権 の 移 転 登 記 を 行 います ウ 国 の 登 記 嘱 託 が 完 了 後 登 記 完 了 証 ( 権 利 証 )を 渡 します 15 公 表 について 契 約 締 結 したものについては その 契 約 内 容 ( 物 件 所 在 地 登 記 地 目 数 量 応 札 者 数 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 5

9 開 札 結 果 不 落 等 随 契 の 有 無 契 約 年 月 日 契 約 金 額 契 約 相 手 方 の 個 人 法 人 の 区 分 法 人 にあっては 業 種 を 付 記 する )を 広 島 労 働 局 ホームページに 公 表 することとなります 16 個 人 情 報 について 入 札 参 加 のために 提 出 された 書 類 等 に 記 載 された 個 人 情 報 は 入 札 事 務 のみに 使 用 し その 他 の 目 的 には 一 切 使 用 いたしません ただし 入 札 参 加 資 格 の 確 認 のため 警 察 当 局 へ 情 報 提 供 する 場 合 があります 17 瑕 疵 担 保 (1) 売 買 契 約 締 結 後 引 渡 しの 日 から2 年 以 内 に 物 件 に 隠 れた 瑕 疵 を 発 見 した 場 合 には 速 やかに 広 島 労 働 局 までお 申 出 ください (2) 上 記 (1)の 申 出 を 受 け 国 が 民 法 第 570 条 に 規 定 する 隠 れた 瑕 疵 にあたると 判 断 した 場 合 には 国 ( 原 因 者 を 含 む )と 買 受 人 が 瑕 疵 の 是 正 のための 工 事 内 容 について 事 前 に 協 議 を 行 ったうえで 国 ( 原 因 者 を 含 む ) 又 は 買 受 人 において 瑕 疵 の 是 正 を 行 う こととします なお 国 ( 原 因 者 を 含 む )と 買 受 人 との 協 議 の 結 果 買 受 人 において 是 正 することと した 場 合 には 是 正 に 要 すると 認 められる 費 用 を 国 が 支 払 うこととします 費 用 の 支 払 については 以 下 のとおりとなりますので ご 留 意 願 います 1 費 用 の 根 拠 となる 挙 証 資 料 の 提 出 が 必 要 となります 挙 証 資 料 とは 以 下 の 資 料 をいいます ア 瑕 疵 の 是 正 範 囲 を 特 定 するための 資 料 ( 土 地 利 用 計 画 図 建 物 設 計 図 等 ) イ 工 事 内 容 を 確 認 する 資 料 ( 工 事 見 積 書 工 事 請 負 契 約 書 等 ) ウ その 他 国 が 指 定 する 資 料 ( 例 えば 工 程 写 真 産 業 廃 棄 物 管 理 票 (マニフェスト) 作 業 日 報 等 ) 2 費 用 の 支 払 額 は 国 が 必 要 と 認 める 是 正 措 置 を 実 施 することとした 場 合 の 額 が 基 準 となり 提 出 資 料 ( 挙 証 資 料 )に 基 づく 請 求 額 には 至 らない 場 合 があります 費 用 算 定 の 基 準 としては 国 が 公 共 事 業 等 を 行 う 際 の 積 算 資 料 建 設 物 価 等 に より 算 定 します 3 さらに 費 用 の 支 払 額 は 売 買 代 金 が 限 度 となり 当 該 売 買 代 金 を 上 回 る 費 用 の 支 払 には 応 じられません 4 費 用 の 支 払 にあたっては 国 の 会 計 制 度 上 別 途 予 算 措 置 が 必 要 となり 時 間 を 要 する 場 合 がありますので あらかじめご 了 承 願 います (3) 是 正 等 に 要 する 費 用 が 多 額 の 場 合 で 売 買 代 金 に 相 当 する 場 合 や 売 買 代 金 を 上 回 る 場 合 などには 売 買 契 約 解 除 を 含 めて 対 応 方 法 を 協 議 させていただく 場 合 があります ので あらかじめご 了 承 願 います 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 案 内 6

10 入 札 要 領 第 1 条 入 札 希 望 者 は 国 有 財 産 売 払 公 示 書 及 び 本 要 領 を 熟 読 のうえ 入 札 してください 第 2 条 現 物 と 公 示 数 量 が 符 合 しない 場 合 でも これを 理 由 として 契 約 の 締 結 を 拒 むことは できません 第 3 条 代 理 人 により 入 札 する 場 合 は 入 札 書 と 同 時 に 委 任 状 を 提 出 してください 第 4 条 入 札 は 広 島 労 働 局 から 交 付 を 受 けた 入 札 書 に 必 要 な 事 項 を 記 入 し 入 札 書 のみを 入 札 書 提 出 用 封 筒 に 入 れたうえで 封 印 し 入 札 関 係 書 類 とともに 郵 送 用 封 筒 により 入 札 受 付 期 間 内 に 広 島 労 働 局 総 務 部 総 務 課 会 計 第 四 係 あてに 簡 易 書 留 による 郵 送 又 は 持 参 によって 提 出 しなければなりません 2 入 札 締 切 日 までに 到 着 しない 入 札 は 無 効 となりますので 郵 送 により 入 札 を 行 う 場 合 は 十 分 余 裕 をみて 送 付 してください 第 5 条 入 札 者 は 入 札 する 前 に 入 札 保 証 金 として 入 札 金 額 の100 分 の5 以 上 ( 円 未 満 切 上 )に 相 当 する 金 額 を 金 融 機 関 窓 口 (ゆうちょ 銀 行 ( 郵 便 局 )を 除 く )から 当 該 金 融 機 関 の 所 定 用 紙 を 用 いて 広 島 労 働 局 が 指 定 する 預 金 口 座 に 振 り 込 んでください その 際 受 領 した 振 込 受 付 書 を 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 の 裏 面 に 貼 付 し 入 札 保 証 金 提 出 書 と 一 緒 に 提 出 してください 振 込 受 付 書 の 貼 付 がないと 広 島 労 働 局 の 預 金 口 座 に 現 金 が 納 めてあっても 入 札 は 無 効 となります 2 一 通 の 振 込 依 頼 書 で 複 数 物 件 の 入 札 保 証 金 を 振 り 込 むことはできません 3 振 込 依 頼 書 の 振 込 人 名 の 欄 に 必 ず 物 件 番 号 を 記 載 してください 4 入 札 保 証 金 の 納 付 後 は その 取 消 し 又 は 変 更 はできません 第 6 条 入 札 書 の 記 載 にあたっては 入 札 書 の 注 意 事 項 に 従 い 間 違 いのないよう 記 入 して ください 2 入 札 保 証 金 を 返 還 する 場 合 は あらかじめ 入 札 者 が 指 定 した 銀 行 等 の 本 人 名 義 の 預 金 口 座 へ 振 り 込 みますので 入 札 保 証 金 提 出 書 の 振 込 先 欄 に 金 融 機 関 名 預 金 の 種 類 口 座 番 号 及 び 口 座 名 義 人 氏 名 を 正 確 に 記 入 してください ただし 金 融 機 関 の 代 理 店 への 振 込 はできません 第 7 条 提 出 済 みの 入 札 書 は その 事 由 のいかんにかかわらず 引 換 え 変 更 又 は 取 消 しを 行 うことはできません 第 8 条 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 入 札 は 無 効 とします 1 公 示 書 又 は 本 要 領 の 条 項 に 違 反 するもの 2 入 札 書 に 入 札 者 の 住 所 氏 名 の 記 入 及 び 押 印 のないもの 3 誓 約 書 を 提 出 しないもの 4 法 人 による 入 札 の 場 合 役 員 一 覧 の 提 出 がないもの 5 代 理 人 により 入 札 する 場 合 入 札 書 に 入 札 者 及 び 代 理 人 の 住 所 氏 名 の 記 入 及 び 押 印 のないもの 6 入 札 書 の 金 額 を 訂 正 したもの 金 額 の 記 載 が 明 確 でないもの 入 札 要 領 1

11 7 入 札 担 当 官 等 が 入 札 書 及 び 入 札 関 係 書 類 不 完 全 と 認 めたもの 8 入 札 締 切 日 までに 入 札 関 係 書 類 が 到 達 しないもの 9 所 定 の 入 札 書 以 外 の 用 紙 を 使 用 して 行 ったもの 10 第 5 条 に 規 定 する 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 の 提 出 がないもの 11 第 5 条 に 規 定 する 入 札 保 証 金 提 出 書 の 提 出 がないもの 12 第 5 条 に 規 定 する 入 札 保 証 金 を 差 し 出 さないもの 13 1 物 件 に 対 し 1 人 で 複 数 の 入 札 をしたもの 14 予 算 決 算 及 び 会 計 令 第 70 条 及 び 第 71 条 の 規 定 並 びに 国 有 財 産 法 第 16 条 の 規 定 に 該 当 する 者 が 入 札 したもの( 参 考 資 料 参 照 ) 15 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 暴 対 法 という ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 及 び 警 察 当 局 から 排 除 要 請 がある 者 が 入 札 したもの なお 警 察 当 局 から 排 除 要 請 がある 者 とは 次 の 要 件 のいずれかに 該 当 するものと して 警 察 当 局 から 排 除 要 請 を 受 けた 者 をいう (1) 当 該 物 件 を 暴 対 法 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 ( 以 下 暴 力 団 という )の 事 務 所 その 他 これに 類 するものの 用 に 供 しようとするもの ( 注 ) これに 類 するもの とは 公 の 秩 序 又 は 善 良 な 風 俗 に 反 する 目 的 その 他 社 会 通 念 上 不 適 切 と 認 められるもの をいう (2) 暴 対 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 ( 以 下 暴 力 団 員 という ) (3) 次 のいずれかに 該 当 するもの ア 法 人 の 役 員 等 が 暴 力 団 員 であるもの 又 は 暴 力 団 員 がその 経 営 に 実 際 的 に 関 与 しているもの ( 注 ) 役 員 等 とは 法 人 の 役 員 又 はその 支 店 若 しくは 営 業 所 を 代 表 するもの で 役 員 以 外 の 者 をいう イ 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしているもの ウ 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているもの エ 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しているもの オ 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 しているもの (4) (1)~(3)の 依 頼 を 受 けて 入 札 に 参 加 しようとするもの 16 入 札 関 係 提 出 書 に 虚 偽 の 記 載 があるもの 第 9 条 開 札 は 国 有 財 産 売 払 公 示 書 において 公 示 した 時 間 及 び 場 所 に 国 の 指 定 した 者 を 立 会 させて 行 います なお 入 札 者 等 入 札 関 係 者 の 出 席 は 自 由 ですが 開 札 会 場 への 入 場 に 際 し 入 札 物 件 及 び 入 札 者 名 等 により 入 札 関 係 者 であることの 確 認 をさせていただきます 第 10 条 落 札 者 は 国 の 予 定 価 格 以 上 で 最 高 の 価 格 をもって 入 札 した 者 と 決 定 します ただし 国 の 予 定 価 格 以 上 で 最 高 の 価 格 をもって 入 札 した 者 が 警 察 当 局 から 排 除 要 請 のある 者 であるか 否 かについて 確 定 していない 場 合 は 当 該 入 札 者 を 落 札 候 補 者 とし 落 札 者 の 決 定 を 留 保 するとともに 当 該 物 件 に 係 るすべての 入 札 参 加 者 へその 旨 通 知 します 第 8 条 に 規 定 する 排 除 要 請 が 行 われなかった 場 合 は 落 札 候 補 者 を 落 札 者 と 決 定 するものとし 同 条 に 規 定 する 排 除 要 請 が 行 われた 場 合 は 落 札 候 補 者 入 札 要 領 2

12 の 入 札 を 無 効 とするとともに 国 の 予 定 価 格 以 上 で 入 札 した 他 の 者 ( 警 察 当 局 から 排 除 要 請 が 行 われなかった 者 に 限 る )のうち 最 高 の 価 格 をもって 入 札 した 者 を 落 札 者 と 決 定 します また 落 札 者 となる 同 価 の 入 札 者 が2 人 以 上 あるときは 直 ちにくじで 落 札 者 を 決 定 します 当 該 入 札 者 が 開 札 会 場 にいない 場 合 等 は 国 の 指 定 した 者 が 代 わって くじを 引 きます なお 落 札 者 となる 同 価 の 入 札 者 に 落 札 候 補 者 がいる 場 合 には 落 札 候 補 者 が 警 察 当 局 から 排 除 要 請 のある 者 であるか 否 かについて 確 定 するまでは くじ 引 きを 留 保 します 第 11 条 開 札 結 果 については 入 札 者 に 速 やかに 文 書 をもって 通 知 します なお 電 話 による 開 札 結 果 の 照 会 は 身 分 確 認 ができないためお 断 りしています ので ご 了 承 ください 第 12 条 非 居 住 者 ( 外 国 為 替 及 び 外 国 貿 易 法 ( 昭 和 24 年 法 律 第 228 号 ) 第 6 条 第 1 項 第 6 号 に 規 定 する 非 居 住 者 をいう )が 落 札 者 となった 場 合 で 外 国 為 替 令 ( 昭 和 55 年 政 令 第 260 号 ) 第 11 条 第 3 項 の 規 定 により 財 務 大 臣 の 許 可 を 要 するもので あるときは 契 約 は 財 務 大 臣 の 許 可 があったときに 有 効 とします 第 13 条 入 札 保 証 金 は 落 札 者 を 除 き 第 6 条 第 2 項 に 規 定 する 方 法 により 速 やかにこれを 還 付 します また 落 札 者 の 入 札 保 証 金 は 第 15 条 に 定 める 契 約 保 証 金 に 充 当 できます なお 落 札 者 の 決 定 を 留 保 した 場 合 は 落 札 者 を 決 定 するまでの 間 当 該 物 件 の 入 札 者 に 係 る 入 札 保 証 金 の 還 付 を 留 保 します ただし 開 札 後 入 札 参 加 者 から 落 札 決 定 前 に 入 札 を 辞 退 する 旨 の 申 出 があった 場 合 には 入 札 保 証 金 を 還 付 します 第 14 条 落 札 者 が 落 札 決 定 の 日 から20 日 以 内 (20 日 目 が 閉 庁 日 の 場 合 は 翌 開 庁 日 とな ります )に 契 約 を 締 結 しない 場 合 には その 落 札 は 無 効 となり 入 札 保 証 金 は 国 庫 に 帰 属 することになります 第 15 条 落 札 者 は 契 約 締 結 の 際 第 13 条 の 規 定 により 契 約 保 証 金 に 充 当 する 入 札 保 証 金 を 含 めて 契 約 保 証 金 として 契 約 保 証 金 の100 分 の10 以 上 ( 円 未 満 切 上 )に 相 当 する 金 額 を 現 金 により 納 付 しなければなりません 第 16 条 前 条 の 契 約 保 証 金 は 売 買 代 金 に 充 当 します 第 17 条 契 約 を 締 結 した 場 合 は 当 該 契 約 内 容 ( 物 件 所 在 地 登 記 地 目 数 量 応 札 者 数 開 札 結 果 不 落 等 随 契 の 有 無 契 約 年 月 日 契 約 金 額 契 約 相 手 方 の 個 人 法 人 の 区 分 法 人 は 業 種 を 付 記 )を 公 表 することとします 第 18 条 本 要 領 に 定 めのない 事 項 は すべて 会 計 法 令 の 定 めるところによって 処 理 します 入 札 要 領 3

13 国 有 財 産 売 買 契 約 書 ( 案 ) 売 払 人 国 ( 以 下 甲 という )と 買 受 人 ( 落 札 者 )( 以 下 乙 という )とは 次 の 条 項 により 国 有 財 産 の 売 買 契 約 を 締 結 する ( 売 買 物 件 ) 第 1 条 売 買 物 件 は 次 のとおり 所 在 地 区 分 数 量 摘 要 m2 ( 売 買 代 金 ) 第 2 条 売 買 代 金 は 金 ( 落 札 金 額 ) 円 とする ( 契 約 保 証 金 ) 第 3 条 乙 は 本 契 約 締 結 と 同 時 に 契 約 保 証 金 として 金 ( 売 買 代 金 の 1 割 以 上 ) 円 を 甲 に 納 付 しなければならない 2 前 項 の 契 約 保 証 金 のうち 金 ( 入 札 保 証 金 ) 円 は 入 札 保 証 金 より 充 当 するものとする 3 第 1 項 の 契 約 保 証 金 は 第 17 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 しない 4 第 1 項 の 契 約 保 証 金 には 利 息 を 付 さない 5 甲 は 乙 が 次 条 に 定 める 義 務 を 履 行 したときは 第 1 項 に 定 める 契 約 保 証 金 を 売 買 代 金 に 充 当 するものとする 6 甲 は 乙 が 次 条 に 定 める 義 務 を 履 行 しないときは 第 1 項 に 定 める 契 約 保 証 金 を 国 庫 に 帰 属 させることができる ( 代 金 の 支 払 い) 第 4 条 乙 は 売 買 代 金 を 甲 の 発 行 する 納 入 告 知 書 により 平 成 年 月 日 ( 契 約 日 を 含 めて 20 日 以 内 )までに 甲 に 支 払 わなければならない ( 登 記 嘱 託 請 求 書 等 ) 第 5 条 乙 は 本 契 約 締 結 の 際 にあらかじめ 登 記 嘱 託 請 求 書 及 び 登 録 免 許 税 相 当 額 の 印 紙 又 は 現 金 領 収 証 書 を 甲 に 提 出 しなければならない ( 所 有 権 の 移 転 ) 第 6 条 売 買 物 件 の 所 有 権 は 乙 が 売 買 代 金 を 納 付 した 時 に 乙 に 移 転 する ( 売 買 物 件 の 引 渡 し) 第 7 条 甲 は 前 条 の 規 定 により 売 買 物 件 の 所 有 権 が 乙 に 移 転 した 時 に 引 き 渡 しがあったも のとする 国 有 財 産 売 買 契 約 書 1

14 ( 瑕 疵 担 保 ) 第 8 条 甲 は 本 契 約 締 結 後 売 買 物 件 に 隠 れた 瑕 疵 が 発 見 された 場 合 には 引 渡 しの 日 から2 年 間 に 限 り 民 法 第 570 条 に 規 定 する 担 保 の 責 任 を 負 う なお 甲 の 責 任 の 範 囲 ( 賠 償 額 )は 売 買 代 金 の 額 を 限 度 とする ( 危 険 負 担 ) 第 9 条 乙 は 本 契 約 締 結 の 時 から 売 買 物 件 の 引 渡 しの 時 までにおいて 当 該 物 件 が 甲 の 責 に 帰 すことができない 事 由 により 滅 失 又 はき 損 した 場 合 には 甲 に 対 して 売 買 代 金 の 減 免 を 請 求 することができない ( 公 序 良 俗 に 反 する 使 用 等 の 禁 止 ) 第 10 条 乙 は 本 契 約 の 締 結 の 日 から10 年 間 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づ き 公 の 秩 序 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はその 他 これに 類 するものの 用 に 供 し また これらの 用 に 供 されることを 知 りながら 所 有 権 を 第 三 者 に 移 転 し 又 は 売 買 物 件 を 第 三 者 に 貸 してはならない ( 風 俗 営 業 等 の 禁 止 ) 第 11 条 乙 は 本 契 約 の 締 結 の 日 から10 年 間 売 買 物 件 を 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 122 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 風 俗 営 業 同 条 第 5 項 に 規 定 する 性 風 俗 特 殊 営 業 その 他 これらに 類 する 業 の 用 に 供 し また これらの 用 に 供 されることを 知 りながら 所 有 権 を 第 三 者 に 移 転 し 又 は 売 買 物 件 を 第 三 者 に 貸 して はならない ( 実 地 調 査 等 ) 第 12 条 甲 は 前 2 条 に 定 める 内 容 に 関 し 甲 が 必 要 と 認 めるときは 実 地 調 査 を 行 うことが できる 2 乙 は 甲 から 要 求 があるときは 売 買 物 件 について 利 用 状 況 の 事 実 を 証 する 登 記 事 項 証 明 書 その 他 の 資 料 を 添 えて 売 買 物 件 の 利 用 状 況 等 を 甲 に 報 告 しなければならない 3 乙 は 正 当 な 理 由 なく 前 2 項 に 定 める 実 地 調 査 を 拒 み 妨 げ 若 しくは 忌 避 し 又 は 報 告 若 しくは 資 料 の 提 出 を 怠 ってはならない ( 違 約 金 ) 第 13 条 乙 は 次 の 各 号 に 定 める 事 由 が 生 じたときは それぞれ 各 号 に 定 める 金 額 を 違 約 金 として 甲 に 支 払 わなければならない (1) 前 条 に 定 める 義 務 に 違 反 したときは 金 ( 売 買 代 金 の1 割 ) 円 (2) 第 10 条 及 び 第 11 条 に 定 める 義 務 に 違 反 したときは 金 ( 売 買 代 金 の3 割 ) 円 2 前 項 の 違 約 金 は 第 14 条 第 5 項 及 び 第 17 条 に 定 める 損 害 賠 償 額 の 予 定 又 はその 一 部 と 解 釈 しない 国 有 財 産 売 買 契 約 書 2

15 ( 契 約 の 解 除 ) 第 14 条 甲 は 乙 が 本 契 約 に 定 める 義 務 を 履 行 しないときは 本 契 約 を 解 除 することができ る 2 甲 は 乙 が 第 10 条 及 び 第 11 条 に 定 める 義 務 に 違 反 したとき 又 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 していると 認 められるときは 前 項 の 規 定 にかかわらず 何 らの 催 告 を 要 せず 本 契 約 を 解 除 することができる (1) 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 は 役 員 又 は 支 店 若 しくは 営 業 所 の 代 表 者 団 体 である 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう 以 下 役 員 等 という )が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 ( 以 下 暴 力 団 員 という )であるとき (2) 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしているとき (3) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するな ど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているとき (4) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなど しているとき (5) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しているとき 3 甲 は 乙 が 自 ら 又 は 第 三 者 を 利 用 して 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 行 為 をした 場 合 は 何 ら 催 告 を 要 せず 本 契 約 を 解 除 することができる (1) 暴 力 的 な 要 求 行 為 (2) 法 的 な 責 任 を 越 えた 不 当 な 要 求 行 為 (3) 取 引 に 関 して 脅 迫 的 な 言 動 をし 又 は 暴 力 を 用 いる 行 為 (4) 偽 計 又 は 威 力 を 用 いて 契 約 担 当 官 等 の 業 務 を 妨 害 する 行 為 (5)その 他 前 各 号 に 準 ずる 行 為 4 甲 は 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 は これにより 乙 に 生 じた 損 害 について 何 ら 賠 償 ないし 補 償 することは 要 しない 5 乙 は 甲 が 第 2 項 及 び 第 3 項 の 規 定 により 本 契 約 を 解 除 した 場 合 において 甲 に 損 害 が 生 じたときは その 損 害 を 賠 償 するものとする ( 返 還 金 等 ) 第 15 条 甲 は 前 条 に 定 める 解 除 権 を 行 使 したときは 乙 が 支 払 った 売 買 代 金 を 返 還 する ただし 当 該 返 還 金 には 利 息 を 付 さない 2 甲 は 解 除 権 を 行 使 したときは 乙 の 負 担 した 契 約 の 費 用 は 返 還 しない 3 甲 は 解 除 権 を 行 使 したときは 乙 が 売 買 物 件 に 支 出 した 必 要 費 有 益 費 その 他 一 切 の 費 用 は 償 還 しない ( 乙 の 原 状 回 復 義 務 ) 第 16 条 乙 は 甲 が 第 14 条 の 規 定 により 解 除 権 を 行 使 したときは 甲 の 指 定 する 期 日 まで に 売 買 物 件 を 原 状 回 復 して 返 還 しなければならない ただし 甲 が 売 買 物 件 を 原 状 に 回 復 させることが 適 当 でないと 認 めたときは 現 状 のまま 返 還 することができる 国 有 財 産 売 買 契 約 書 3

16 2 乙 は 前 項 ただし 書 きの 場 合 において 売 買 物 件 が 滅 失 又 はき 損 しているときは その 損 害 賠 償 として 契 約 解 除 時 の 時 価 により 減 損 額 に 相 当 する 金 額 を 甲 に 支 払 わなければなら ない また 乙 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 甲 に 損 害 を 与 えている 場 合 には その 損 害 に 相 当 する 金 額 を 甲 に 支 払 わなければならない 3 乙 は 第 1 項 に 定 めるところにより 売 買 物 件 を 甲 に 返 還 するときは 甲 の 指 定 する 期 日 までに 当 該 物 件 の 所 有 権 移 転 登 記 の 承 諾 書 を 甲 に 提 出 しなければならない ( 損 害 賠 償 ) 第 17 条 甲 は 乙 が 本 契 約 に 定 める 義 務 を 履 行 しないため 損 害 を 受 けたときは その 損 害 の 賠 償 を 請 求 できる ( 返 還 金 の 相 殺 ) 第 18 条 甲 は 第 15 条 第 1 項 の 規 定 により 売 買 代 金 を 返 還 する 場 合 において 乙 が 第 16 条 第 2 項 又 は 前 条 に 定 める 損 害 賠 償 金 を 甲 に 支 払 うべき 義 務 があるときは 返 還 する 売 買 代 金 の 全 部 又 は 一 部 を 相 殺 する ( 契 約 の 費 用 ) 第 19 条 本 契 約 の 締 結 及 び 履 行 等 に 関 して 必 要 な 費 用 は 乙 の 負 担 とする ( 信 義 誠 実 の 義 務 疑 義 の 決 定 ) 第 20 条 甲 乙 両 者 は 信 義 を 重 んじ 誠 実 に 本 契 約 を 履 行 しなければならない 2 本 契 約 に 関 し 疑 義 があるときは 甲 乙 協 議 のうえ 決 定 する ( 裁 判 管 轄 ) 第 21 条 本 契 約 に 関 する 訴 えの 管 轄 は 広 島 労 働 局 所 在 地 を 管 轄 区 域 とする 広 島 地 方 裁 判 所 とする 上 記 の 契 約 の 締 結 を 証 するため 本 契 約 書 2 通 を 作 成 し 両 者 記 名 押 印 のうえ 各 自 その 1 通 を 保 有 する 平 成 年 月 日 売 払 人 国 ( 所 在 地 ) 広 島 市 中 区 上 八 丁 堀 6 番 30 号 契 約 担 当 官 広 島 労 働 局 長 内 田 昭 宏 買 受 人 住 所 ( 所 在 地 ) 氏 名 ( 名 称 ) 国 有 財 産 売 買 契 約 書 4

17 参 考 資 料 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 抄 ) ( 一 般 競 争 に 参 加 させることができない 者 ) 第 70 条 契 約 担 当 官 等 は 売 買 賃 借 請 負 その 他 の 契 約 につき 会 計 法 第 29 条 の3 第 1 項 の 競 争 ( 以 下 一 般 競 争 という )に 付 するときは 特 別 の 理 由 がある 場 合 を 除 くほか 当 該 契 約 を 締 結 する 能 力 を 有 しない 者 及 び 破 産 者 で 復 権 を 得 ない 者 を 参 加 させることができない ( 一 般 競 争 に 参 加 させないことができる 者 ) 第 71 条 契 約 担 当 官 等 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すると 認 められる 者 を その 事 実 があった 後 2 年 間 一 般 競 争 に 参 加 させないことができる これを 代 理 人 支 配 人 その 他 の 使 用 人 として 使 用 する 者 についても また 同 様 と する (1) 契 約 の 履 行 に 当 たり 故 意 に 工 事 若 しくは 製 造 を 粗 雑 にし 又 は 物 件 の 品 質 若 しくは 数 量 に 関 して 不 正 の 行 為 をした 者 (2) 公 正 な 競 争 の 執 行 を 妨 げた 者 又 は 公 正 な 価 格 を 害 し 若 しくは 不 正 の 利 益 を 得 るために 連 合 した 者 (3) 落 札 者 が 契 約 を 結 ぶこと 又 は 契 約 者 が 契 約 を 履 行 することを 妨 げた 者 (4) 監 督 又 は 検 査 の 実 施 に 当 たり 職 員 の 職 務 の 執 行 を 妨 げた 者 (5) 正 当 な 理 由 がなくて 契 約 を 履 行 しなかった 者 (6) 前 各 号 の 一 に 該 当 する 事 実 があった 後 2 年 を 経 過 しない 者 を 契 約 の 履 行 に 当 たり 代 理 人 支 配 人 その 他 の 使 用 人 として 使 用 した 者 2 契 約 担 当 官 等 は 前 項 の 規 定 に 該 当 する 者 を 入 札 代 理 人 として 使 用 する 者 を 一 般 競 争 に 参 加 させないことができる 国 有 財 産 法 ( 抄 ) ( 職 員 の 行 為 の 制 限 ) 第 16 条 国 有 財 産 に 関 する 事 務 に 従 事 する 職 員 は その 取 扱 に 係 る 国 有 財 産 を 譲 り 受 け 又 は 自 己 の 所 有 物 と 交 換 することができない 2 前 項 の 規 定 に 違 反 する 行 為 は 無 効 とする

18 〇 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 抄 ) ( 定 義 ) 第 2 条 この 法 律 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるとこ ろによる 1 暴 力 的 不 法 行 為 等 別 表 に 掲 げる 罪 のうち 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるものに 当 たる 違 法 な 行 為 をいう 2 暴 力 団 その 団 体 の 構 成 員 (その 団 体 の 構 成 団 体 の 構 成 員 を 含 む )が 集 団 的 に 又 は 常 習 的 に 暴 力 的 不 法 行 為 等 を 行 うことを 助 長 するおそれがある 団 体 をいう 3 指 定 暴 力 団 次 条 の 規 定 により 指 定 された 暴 力 団 をいう 4 指 定 暴 力 団 連 合 第 四 条 の 規 定 により 指 定 された 暴 力 団 をいう 5 指 定 暴 力 団 等 指 定 暴 力 団 又 は 指 定 暴 力 団 連 合 をいう 6 暴 力 団 員 暴 力 団 の 構 成 員 をいう 7 暴 力 的 要 求 行 為 第 九 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をいう 8 準 暴 力 的 要 求 行 為 一 の 指 定 暴 力 団 等 の 暴 力 団 員 以 外 の 者 が 当 該 指 定 暴 力 団 等 又 はその 第 九 条 に 規 定 する 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 の 威 力 を 示 して 同 条 各 号 に 掲 げる 行 為 をすることを いう

19 入 札 物 件 のご 案 内 物 件 確 認 資 料 等 を 参 考 に 建 築 制 限 等 については 事 前 にご 自 身 で 調 査 してください 物 件 番 号 所 在 地 区 分 種 目 数 量 28-1 福 山 市 千 田 町 一 丁 目 土 地 宅 地 m 福 山 市 北 本 庄 二 丁 目 土 地 宅 地 m 広 島 市 安 佐 南 区 相 田 五 丁 目 土 地 宅 地 m 広 島 市 安 佐 北 区 亀 山 四 丁 目 土 地 宅 地 m2

20 物 件 調 書 物 件 番 号 28-1 所 在 地 福 山 市 千 田 町 一 丁 目 393 番 2 住 居 表 示 現 況 地 目 及 び 面 積 等 宅 囲 地 障 m2 38m 地 番 393 番 2 登 記 簿 記 載 事 項 地 目 宅 地 数 量 m2 接 面 道 路 の 状 況 区 域 区 分 南 側 幅 員 約 6.0m 舗 装 公 道 第 42 条 1 項 1 号 適 用 北 側 幅 員 約 7.0~11m 舗 装 公 道 第 42 条 1 項 1 号 適 用 市 街 化 区 域 法 令 に 基 づ く 制 限 都 建 市 築 計 基 画 準 法 法 用 途 地 域 建 ぺ い 率 容 積 率 防 火 指 定 その 他 第 1 種 住 居 地 域 60% 200% 無 宅 地 造 成 工 事 規 制 区 域 福 山 市 景 観 計 画 区 域 市 道 の 負 担 等 に 関 する 事 項 私 道 負 担 道 路 後 退 無 無 負 担 の 内 容 負 担 の 内 容 供 給 処 理 施 設 配 管 等 の 状 況 施 設 整 備 状 況 施 設 整 備 の 特 別 負 担 の 有 無 供 給 処 理 施 設 の 概 要 電 気 公 営 水 道 公 共 下 水 道 都 市 ガ ス 接 面 道 路 配 線 有 接 面 道 路 配 管 有 接 面 道 路 配 管 有 接 面 道 路 配 管 有 公 共 機 関 JR 福 塩 線 横 尾 駅 へ 約 1km 藪 路 住 宅 前 バス 停 へ 約 350m 公 共 施 設 千 田 小 学 校 南 東 側 で 墓 地 に 隣 接 している 参 考 事 項 本 地 南 側 接 面 間 口 のうち 西 側 の 約 2.1mが 南 側 道 路 と 等 高 接 面 し その 他 は 未 舗 装 法 敷 が 介 在 して 高 低 差 が 生 じている 本 地 北 側 接 面 道 路 は 約 1.6~2.2m 高 位 接 面 しており 現 状 での 利 用 は 困 難 である 埋 蔵 文 化 包 蔵 地 の 指 定 は 無 し 物 件 調 書 は 入 札 参 加 者 が 物 件 の 概 要 を 把 握 するための 参 考 資 料 ですので 必 ず 入 札 参 加 者 自 身 において 現 地 及 び 諸 規 制 についての 調 査 確 認 を 行 ってください

21 物 件 番 号 28-1 案 内 図 明 細 図

22 物 件 番 号 28-1

23 物 件 調 書 物 件 番 号 28-2 所 在 地 広 島 県 福 山 市 北 本 庄 二 丁 目 111 番 2 住 居 表 示 現 況 地 目 及 び 面 積 等 宅 地 m2 地 番 111 番 2 登 記 簿 記 載 事 項 地 目 宅 地 数 量 m2 接 面 道 路 の 状 況 北 西 側 幅 員 約 4.0~4.2m 未 舗 装 私 道 建 築 基 準 法 上 の 道 路 扱 い 無 し 北 東 側 幅 員 約 4.0m 未 舗 装 私 道 建 築 基 準 法 上 の 道 路 扱 い 無 し 系 統 連 続 性 行 き 止 まり 区 域 区 分 市 街 化 区 域 法 令 に 基 づ く 制 限 都 建 市 築 計 基 画 準 法 法 用 途 地 域 建 ぺ い 率 容 積 率 防 火 指 定 第 一 種 住 居 地 域 60% 200% 無 指 定 その 他 宅 地 造 成 工 事 規 制 区 域 土 砂 災 害 警 戒 区 域 ( 南 側 一 部 が 指 定 ) 市 道 の 負 担 等 に 関 する 事 項 私 道 負 担 道 路 後 退 無 無 負 担 の 内 容 負 担 の 内 容 供 給 処 理 施 設 配 管 等 の 状 況 施 設 整 備 状 況 施 設 整 備 の 特 別 負 担 の 有 無 供 給 処 理 施 設 の 概 要 電 気 公 営 水 道 公 共 下 水 道 都 市 ガ ス 接 面 道 路 配 線 有 接 面 道 路 配 管 有 接 面 道 路 配 管 有 LPガス( 個 別 ) 公 共 機 関 JR 福 塩 線 備 後 本 庄 駅 の 北 方 約 750m 公 共 施 設 樹 徳 小 学 校 久 松 台 小 学 校 福 山 市 立 大 学 ( 北 本 庄 キャンパス) 接 面 道 路 が 私 道 であり 通 行 や 建 物 建 築 には 私 道 所 有 者 の 承 諾 が 必 要 参 考 事 項 本 地 は 建 築 基 準 法 上 の 道 路 に 接 面 していないため 再 建 築 等 の 際 は 建 築 基 準 法 第 43 条 第 1 項 のただし 書 許 可 が 必 要 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 の 指 定 無 し ただし 近 隣 には 周 知 の 埋 蔵 文 化 財 包 蔵 地 本 庄 宝 塚 古 墳 が 所 在 す るため 建 築 や 造 成 掘 削 等 を 行 う 場 合 は 福 山 市 教 育 委 員 会 との 事 前 協 議 が 必 要 南 側 一 部 が 土 砂 災 害 警 戒 区 域 に 指 定 されているが 当 該 区 域 は 土 砂 災 害 防 止 法 に 規 定 する 要 件 (1 傾 斜 角 度 30 度 以 上 で 高 さが5m 以 上 の 区 域 2 急 傾 斜 地 の 上 端 から 水 平 距 離 10m 以 内 の 区 域 3 急 傾 斜 地 の 下 端 から 急 傾 斜 地 の 高 さの2 倍 (50mを 超 える 場 合 は50m) 以 内 の 区 域 )に 該 当 する 部 分 を 指 定 しているものであり 危 険 の 周 知 警 戒 避 難 体 制 の 整 備 を 目 的 とし 特 段 の 建 築 規 制 はない 物 件 調 書 は 入 札 参 加 者 が 物 件 の 概 要 を 把 握 するための 参 考 資 料 ですので 必 ず 入 札 参 加 者 自 身 において 現 地 及 び 諸 規 制 についての 調 査 確 認 を 行 ってください

24 物 件 番 号 28-2 案 内 図 明 細 図

25 物 件 番 号 28-2

26 物 件 調 書 物 件 番 号 28-3 所 在 地 住 居 表 示 現 況 地 目 及 び 面 積 等 登 記 簿 記 載 事 項 宅 地 地 数 接 面 道 路 の 状 況 地 番 目 量 広 島 市 安 佐 南 区 相 田 五 丁 目 373 番 339 広 島 市 安 佐 南 区 相 田 m2 373 番 339 宅 地 m2 西 側 幅 員 約 4.5m 市 道 北 東 側 幅 員 約 4.5m 市 道 法 令 に 基 づ く 制 限 都 建 市 築 計 基 画 準 法 法 区 域 区 分 用 途 地 域 建 ぺ い 率 容 積 率 防 火 指 定 市 街 化 区 域 第 1 種 低 層 住 居 専 用 地 域 50% 100% - その 他 宅 地 造 成 工 事 規 制 区 域 市 道 の 負 担 等 に 関 する 事 項 私 道 負 担 道 路 後 退 無 無 負 担 の 内 容 負 担 の 内 容 供 給 処 理 施 設 配 管 等 の 状 況 施 設 整 備 状 況 施 設 整 備 の 特 別 負 担 の 有 無 供 給 処 理 施 設 の 概 要 電 気 上 水 道 下 水 道 接 面 道 路 配 線 有 接 面 道 路 配 管 有 接 面 道 路 配 管 有 ガ ス プ ロ パ ン ガ ス 公 共 機 関 アストラムライン 上 安 駅 約 1.3km アストラムライン 安 東 駅 約 1.3km 公 共 施 設 安 佐 南 区 役 所 安 小 学 校 安 西 中 学 校 埋 蔵 文 化 包 蔵 地 の 指 定 は 無 し 参 考 事 項 物 件 調 書 は 入 札 参 加 者 が 物 件 の 概 要 を 把 握 するための 参 考 資 料 ですので 必 ず 入 札 参 加 者 自 身 において 現 地 及 び 諸 規 制 についての 調 査 確 認 を 行 ってください

27 物 件 番 号 28-3 案 内 図 明 細 図

28 物 件 番 号 28-3

29 物 件 調 書 物 件 番 号 28-4 所 在 地 広 島 市 安 佐 北 区 亀 山 四 丁 目 1156 番 7 住 居 表 示 現 況 地 目 及 び 面 積 等 宅 地 m2 地 番 1156 番 7 登 記 簿 記 載 事 項 地 目 宅 地 数 量 m2 接 面 道 路 の 状 況 接 道 なし 区 域 区 分 市 街 化 区 域 法 令 に 基 づ く 制 限 都 建 市 築 計 基 画 準 法 法 用 途 地 域 建 ぺ い 率 容 積 率 防 火 指 定 第 一 種 住 居 地 域 60% 200% 無 その 他 地 区 計 画 : 大 毛 寺 地 区 地 区 計 画 市 道 の 負 担 等 に 関 する 事 項 私 道 負 担 道 路 後 退 無 無 負 担 の 内 容 負 担 の 内 容 供 給 処 理 施 設 配 管 等 の 状 況 施 設 整 備 状 況 施 設 整 備 の 特 別 負 担 の 有 無 供 給 処 理 施 設 の 概 要 電 気 上 水 道 下 水 道 接 面 道 路 配 線 有 接 面 道 路 配 管 有 接 面 道 路 配 管 有 ガ 公 共 機 関 ス プ ロ パ ン ガ ス JR 可 部 線 可 部 駅 約 2km 公 共 施 設 安 佐 北 区 役 所 敷 地 内 に 電 柱 有 参 考 事 項 埋 蔵 文 化 包 蔵 地 の 指 定 は 無 し 物 件 調 書 は 入 札 参 加 者 が 物 件 の 概 要 を 把 握 するための 参 考 資 料 ですので 必 ず 入 札 参 加 者 自 身 において 現 地 及 び 諸 規 制 についての 調 査 確 認 を 行 ってください

30 物 件 番 号 28-4 案 内 図 明 細 図

31 物 件 番 号 28-4

32 入 札 関 係 書 類 入 札 書 様 式 1 号 入 札 保 証 金 提 出 書 様 式 2 号 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 様 式 3 号 誓 約 書 様 式 4 号 役 員 一 覧 様 式 5 号 委 任 状 様 式 6 号 契 約 保 証 金 振 込 証 明 書 様 式 7 号 登 記 嘱 託 請 求 書 様 式 8 号 様 式 7 及 び 様 式 8は 落 札 後 に 該 当 者 へ 配 布 します

33 入 札 書 ( 様 式 1) 提 出 年 月 日 平 成 年 月 日 契 約 担 当 官 広 島 労 働 局 長 殿 入 札 者 住 所 氏 名 印 共 有 者 代 理 人 住 所 氏 名 印 物 件 番 号 28- 金 額 億 千 万 百 万 拾 万 万 千 百 拾 円 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 公 示 書 を 承 知 のうえ 上 記 のとおり 入 札 します ( 注 )1 入 札 書 は 物 件 ごとに 別 の 用 紙 を 使 用 してください 2 共 有 又 は 代 理 人 による 入 札 の 場 合 は 該 当 する 項 目 を で 囲 んでください 3 代 理 人 によって 入 札 するときは 本 人 の 住 所 氏 名 のほか 代 理 人 の 住 所 氏 名 を 記 入 し 代 理 人 の 印 のみ 押 印 してください 4 入 札 金 額 は 算 用 数 字 ではっきりと 記 載 し 数 字 の 前 に 必 ず マークを 記 入 してください 5 入 札 金 額 を 書 き 損 じたときは 新 たな 用 紙 に 書 き 直 してください 6 一 度 提 出 した 入 札 書 の 変 更 又 は 取 消 しはできません

34 入 札 保 証 金 提 出 書 ( 様 式 2) 広 島 労 働 局 契 約 担 当 官 歳 入 歳 出 外 現 金 出 納 官 吏 殿 提 出 年 月 日 平 成 年 月 日 入 札 者 共 有 者 代 理 人 該 当 する 場 合 は で 囲 んで 下 記 へ 記 入 してください 住 所 フリガナ フリガナ 氏 名 印 印 性 別 男 女 男 女 生 年 月 日 明 治 大 正 昭 和 平 成 年 月 日 明 治 大 正 昭 和 平 成 年 月 日 電 話 番 号 ( ) - ( ) - 携 帯 電 話 番 号 法 人 による 入 札 の 場 合 は 性 別 生 年 月 日 の 記 入 は 不 要 です 別 紙 役 員 一 覧 を 提 出 してください 下 記 の 金 額 を 国 有 財 産 入 札 保 証 金 として 提 出 します 億 千 万 百 万 拾 万 万 千 百 拾 円 振 込 金 額 物 件 番 号 28- 落 札 とならなかったとき その 他 返 還 事 由 が 生 じた 場 合 には 提 出 した 入 札 保 証 金 を 下 記 口 座 へ 振 り 込 んでください 振 込 先 銀 行 信 用 金 庫 その 他 金 融 機 関 本 店 支 店 営 業 部 預 金 の 種 類 普 通 預 金 当 座 預 金 その 他 ( ) 口 座 番 号 ゆうちょ 銀 行 記 号 番 号 番 号 を 右 詰 で 記 入 してください - 番 号 を 右 詰 で 記 入 してください 口 座 名 義 人 氏 名 (フリガナ) ( 注 )1 氏 名 欄 には 必 ず 押 印 してください 2 金 融 機 関 名 預 金 の 種 類 の 該 当 する 項 目 を で 囲 んでください 3 ゆうちょ 銀 行 の 場 合 通 常 貯 金 総 合 口 座 以 外 は 振 込 できません

35 入 札 保 証 金 振 込 証 明 書 ( 様 式 3) 契 約 担 当 官 広 島 労 働 局 長 殿 提 出 年 月 日 平 成 年 月 日 入 札 者 共 有 者 代 理 人 該 当 する 場 合 は で 囲 んで 下 記 へ 記 入 してください 住 所 フリガナ フリガナ 氏 名 印 印 性 別 男 女 男 女 生 年 月 日 明 治 大 正 昭 和 平 成 年 月 日 明 治 大 正 昭 和 平 成 年 月 日 電 話 番 号 ( ) - ( ) - 携 帯 電 話 番 号 下 記 の 金 額 を 国 有 財 産 入 札 保 証 金 として 納 付 しました 億 千 万 百 万 拾 万 万 千 百 拾 円 振 込 金 額 物 件 番 号 28- 金 融 機 関 の 振 込 依 頼 書 を 裏 面 に 貼 付 しました 平 成 年 月 日 上 記 の 入 札 保 証 金 は 受 入 済 であることを 証 明 する 広 島 労 働 局 歳 入 歳 出 外 現 金 出 納 官 吏 厚 生 労 働 事 務 官 印

36 ( 様 式 4) 誓 約 書 私 当 社 は 下 記 1 及 び2のいずれにも 該 当 せず 将 来 においても 該 当 しないことを 誓 約 します この 誓 約 が 虚 偽 であり 又 はこの 誓 約 に 反 したことにより 当 方 が 不 利 益 を 被 ることと なっても 異 議 は 一 切 申 し 立 てません また 当 方 の 個 人 情 報 を 警 察 に 提 供 することについて 同 意 します 記 1 契 約 の 相 手 方 として 不 適 当 な 者 (1) 法 人 等 ( 個 人 法 人 又 は 団 体 をいう )の 役 員 等 ( 個 人 である 場 合 はその 者 法 人 である 場 合 は 役 員 支 店 若 しくは 営 業 所 ( 常 時 契 約 を 締 結 する 事 務 所 をいう )の 代 表 者 団 体 で ある 場 合 は 代 表 者 理 事 等 その 他 経 営 に 実 質 的 に 関 与 している 者 をいう )が 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 ) 第 2 条 第 2 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 以 下 同 じ) 又 は 暴 力 団 員 ( 同 法 第 2 条 第 6 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 以 下 同 じ )であるとき (2) 役 員 等 が 自 己 自 社 若 しくは 第 三 者 の 不 正 の 利 益 を 図 る 目 的 又 は 第 三 者 に 損 害 を 加 える 目 的 をもって 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 を 利 用 するなどしているとき (3) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 に 対 して 資 金 等 を 供 給 し 又 は 便 宜 を 供 与 するなど 直 接 的 あるいは 積 極 的 に 暴 力 団 の 維 持 運 営 に 協 力 し 若 しくは 関 与 しているとき (4) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 であることを 知 りながらこれを 不 当 に 利 用 するなどして いるとき (5) 役 員 等 が 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 社 会 的 に 非 難 されるべき 関 係 を 有 しているとき 2 公 序 良 俗 に 反 する 使 用 等 暴 力 団 若 しくは 法 律 の 規 定 に 基 づき 公 の 秩 序 を 害 するおそれのある 団 体 等 であることが 指 定 されている 者 の 事 務 所 又 はその 他 これに 類 するものの 用 に 供 し また これらの 用 に 供 されることを 知 りながら 所 有 権 を 第 三 者 に 移 転 し 又 は 売 買 物 件 を 第 三 者 に 貸 すこと 契 約 担 当 官 広 島 労 働 局 長 殿 平 成 年 月 日 住 所 又 は 所 在 地 氏 名 又 は 法 人 名 称 及 び 代 表 者 名 印

37 ( 様 式 5) 役 員 一 覧 法 人 名 物 件 番 号 28- 役 職 名 (フリガナ) 氏 名 生 年 月 日 性 別 住 所 明 大 昭 平 男 女 - 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 明 大 昭 平 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 男 女 本 様 式 には 法 人 登 記 簿 に 記 載 されている 役 員 全 員 を 記 入 してください フリガナを 必 ず 記 入 してください 複 数 物 件 応 札 される 場 合 は 記 入 されたもののコピーでもかまいません その 場 合 は 物 件 番 号 の 記 入 誤 りがないようご 注 意 ください

38 ( 様 式 6) 委 任 状 契 約 担 当 官 広 島 労 働 局 長 殿 代 理 人 住 所 氏 名 電 話 番 号 代 理 人 使 用 印 私 は 上 記 の 者 を 代 理 人 と 定 め 下 記 の 権 限 を 委 任 します 記 次 の 国 有 財 産 の 一 般 競 争 入 札 及 びこれに 付 帯 する 一 切 の 権 限 物 件 番 号 所 在 地 28 平 成 年 月 日 委 任 者 住 所 氏 名 印 電 話 番 号 委 任 者 ( 入 札 者 )の 印 鑑 証 明 書 を 必 ず 添 付 すること 代 理 人 の 使 用 する 印 鑑 をあらかじめ 押 印 しておくこと

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治

奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 について 1. 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 ( 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません) (1) 地 方 自 治 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン をよくお 読 みいただき 同 意 してい ただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 奈 良 市 インターネット 公 有 財 産

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2082D082AA82B582F1918D8D878CFB8DC08EE688F893998B4B92E88F572E646F63> 当 金 庫 でお 預 りいたしますご 預 金 は 本 規 定 によりお 取 扱 いさせていただきます ひがしん 総 合 口 座 取 引 規 定 1. ( 総 合 口 座 取 引 ) (1) 次 の 各 取 引 は ひがしん 総 合 口 座 として 利 用 すること( 以 下 この 取 引 といいます ) ができます 1 普 通 預 金 ( 無 利 息 型 普 通 預 金 を 含 みます 以 下 同

More information

修正案_Yahoo!_H26.9

修正案_Yahoo!_H26.9 群 馬 県 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン(Yahoo! 版 ) 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 以 下 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 または 第 2 項 各 号 に

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc

Microsoft Word - 預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載用.doc 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 コード No615 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 共 通

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

個人向け国債事務取扱要領

個人向け国債事務取扱要領 でんさいサービス 利 用 規 定 愛 知 信 用 金 庫 ( 以 下 当 金 庫 といいます)は 株 式 会 社 全 銀 電 子 債 権 ネットワーク( 以 下 でんさい ネット といいます)の 窓 口 金 融 機 関 として 利 用 者 ( 以 下 お 客 様 といいます)に 提 供 するでんさい サービス( 以 下 本 サービス といいます)について 次 のとおり 取 扱 いを 行 います なお

More information

司 令  副 長  運用班長

司 令  副 長  運用班長 平 成 25 年 8 月 1 日 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 における 携 帯 電 話 サービスのための 携 帯 電 話 基 地 局 の 設 置 事 前 調 査 及 び 設 置 工 事 に 関 する 業 者 の 募 集 について 海 上 自 衛 隊 硫 黄 島 航 空 基 地 隊 司 令 富 田 清 浩 東 京 都 小 笠 原 村 硫 黄 島 における 在 島 隊 員 の 福 利

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融

第 7 条 ( 支 払 い)カードショッピングの 利 用 代 金 及 び 手 数 料 ( 以 下 カードショッピングの 支 払 金 または 分 割 払 いの 場 合 には 分 割 支 払 金 合 計 リボルビング 払 いの 場 合 には 弁 済 金 といいます ) 並 びにキャッシングサービスの 融 NC 第 一 信 販 VISAカード 会 員 規 約 会 員 規 約 を よ く お 読 み く だ さ い 第 Ⅰ 章 一 般 条 項 第 1 条 ( 本 会 員 家 族 会 員 )(1) ) 本 規 約 を 承 認 のうえ 第 一 信 販 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)に 入 会 の 申 込 みをし 当 社 が 適 格 と 認 めた 方 を 本 会 員 とします (2) 本 会 員

More information

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国

第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は 株 式 会 社 ジェイティービーが 資 金 決 済 に 関 する 法 律 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 出 入 国 管 理 及 び 難 民 認 定 法 日 本 国 との 平 和 条 約 に 基 づき 日 本 の 国 MoneyT Global 会 員 規 約 ( 個 人 利 用 プラン) 目 次 第 1 条 ( 目 的 ) 第 2 条 ( 定 義 ) 第 3 条 ( 銀 行 等 が 行 う 為 替 取 引 との 誤 認 の 防 止 ) 第 4 条 ( 当 サービスの 概 要 ) 第 5 条 ( 入 会 申 込 ) 第 6 条 ( 入 会 審 査 ) 第 7 条 ( 入 会 契 約 の 成 立 時 期 ) 第 8

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選

きは 当 行 所 定 の 方 式 により5 年 となるように 財 形 年 金 貯 蓄 の 受 取 開 始 のお 知 らせ 記 載 の 金 額 を 変 更 します (3) 年 金 受 取 間 隔 は 毎 月 および 3 ヶ 月 毎 のうち いずれかを 財 産 形 成 貯 蓄 申 込 書 等 上 で 選 財 形 年 金 貯 蓄 預 金 取 引 規 定 この 規 定 は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます ) 第 6 条 第 2 項 に 基 づく 財 形 年 金 貯 蓄 についての 当 行 の 取 扱 いを 定 めたものです この 規 定 では 財 形 定 期 預 金 ( 半 年 複 利 型 )を この 預 金 といいます この 預 金 は 財 形 専 用 の

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入

3 公 募 の 条 件 等 (1) 広 告 スペース 使 用 の 応 募 ができる 者 広 告 スペースを 使 用 する 者 ( 以 下 広 告 掲 載 者 という )として 応 募 するために は 次 の 項 目 のいずれにも 該 当 することが 必 要 です ア 大 阪 府 一 般 競 争 入 門 真 運 転 免 許 試 験 場 庁 舎 における 広 告 スペースの 使 用 に 関 する 公 募 実 施 要 領 1 広 告 スペースを 有 する 施 設 の 概 要 (1) 名 称 大 阪 府 警 察 本 部 交 通 部 門 真 運 転 免 許 試 験 場 (2) 住 大 阪 府 門 真 市 一 番 町 23 番 16 号 (3) 利 用 時 間 ア 運 転 免 許 の 更 新 申 請 更

More information

スター報酬規定

スター報酬規定 第 1 章 総 則 スター 綜 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 程 平 成 27 年 1 月 1 日 施 行 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 当 事 務 所 所 属 の 弁 護 士 が,その 職 務 に 関 して 受 ける 弁 護 士 の 受 託 業 務 の 対 価 等 に 関 する 基 準 を 示 すことを 目 的 とする ( 個 別 契 約 による 修 正 ) 第

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町

4. 私 は 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 入 札 説 明 書 入 札 公 告 等 の 各 条 項 をよく 読 み 入 札 物 件 の 状 況 など これらについてすべて 承 知 のうえ 参 加 しますので 後 日 これらの 事 柄 について 御 代 田 町 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いた だくには 以 下 の 誓 約 書 および 御 代 田 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン ( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関

More information

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63>

<4D F736F F D D328C4B96BC8E E815B836C CF6974C8DE08E B70834B C2E646F63> 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます)をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 桑 名 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 ガイドライン とい います) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きな どに 関 して ガイドラインとヤフオク!ガイドラインなどとの

More information

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1

目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 について 2-1 法 人 設 立 認 可 申 請 提 出 書 類 の 作 成 要 領 2 はじめに 書 類 作 成 上 の 留 意 点 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 の 手 引 き 横 浜 市 健 康 福 祉 局 監 査 課 電 話 045(671)4195 FAX 045(662)1658 E- mail kf-kansa-shomu@city.yokohama.jp 平 成 25 年 7 月 改 訂 目 次 1 社 会 福 祉 法 人 設 立 認 可 申 請 事 務 手 続 きの 標 準 的 な 流 れ 1 2

More information

Taro-H25-26手引き(コンサル)・

Taro-H25-26手引き(コンサル)・ 平 成 2 5 2 6 年 度 測 量 及 び 建 設 コ ン サ ル タ ン ト 業 務 等 に 係 る 競 争 入 札 参 加 資 格 審 査 申 請 の 手 引 き 追 加 申 請 用 島 根 県 土 木 部 目 次 ページ 1 申 請 書 類 一 覧 1 2 申 請 書 類 の 提 出 方 法 2 3 申 請 書 類 の 提 出 期 間 2 4 申 請 書 類 の 提 出 場 所 2 5 申

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

キャッシュワン会員規約

キャッシュワン会員規約 キャッシュワン 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 会 員 とは 本 規 約 を 承 認 のうえ 株 式 会 社 じぶん 銀 行 ( 以 下 当 行 という )に 当 行 所 定 の 申 込 書 によりキャッ シュワンカードの 入 会 申 込 をされ 当 行 が 審 査 のうえ 入 会 を 認 めた 方 をいいます 第 2 条 (カードの 貸 与 有 効 期 限 等 ) 1. 本 規 約 に

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

<4D F736F F D20834B CF6974C8DE08E B70816A87432E646F63>

<4D F736F F D20834B CF6974C8DE08E B70816A87432E646F63> 菰 野 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 といいます )をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 菰 野 町 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン といいます) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが 必 要 です また 公 有 財 産 売 却 の 手 続 きなどに 関 して 本

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d

Microsoft Word - 財形預金規定集改定平成22年5月ホームページ掲載.d 財 産 形 成 預 金 規 定 集 室 蘭 信 用 金 庫 平 成 22 年 5 月 改 正 このたびは 室 蘭 信 用 金 庫 にご 預 金 をお 預 け 入 れいただき 誠 にありがとうございます お 客 様 からお 預 かりいたしましたご 預 金 は 本 規 定 集 によりお 取 扱 いさせていただきます ので ご 一 読 のうえ お 手 もとにお 備 えおきください 目 次 1. 基 本 規

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

定 期 預 金 等 規 定 集 お 客 さまへ いつも 私 ども 三 菱 東 京 UFJ 銀 行 をご 利 用 いただき 誠 にありがとうございます お 預 け 入 れいただきます 定 期 預 金 等 は その 種 類 など に 応 じ 本 規 定 集 に 記 載 した 規 定 が 適 用 されます ぜひご 一 読 のうえ 保 管 ください 目 次 定 期 預 金 共 通 規 定... 1 5 以

More information

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の

目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金 2 2.4 入 札 等 3 2.5 落 札 者 決 定 の 入 札 及 び 契 約 心 得 ( 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 ) 航 空 自 衛 隊 市 ヶ 谷 基 地 航 空 中 央 業 務 隊 会 計 科 目 次 第 1 章 総 則 1 1.1 目 的 1 1.2 原 則 1 1.3 資 料 の 提 出 提 示 1 第 2 章 公 告 及 び 競 争 入 札 等 1 2.1 公 告 等 1 2.2 説 明 会 2 2.3 入 札 保 証 金

More information

個人会員規約

個人会員規約 九 州 しんきんカード 会 員 規 約 第 1 部 一 般 条 項 第 1 章 会 員 の 資 格 第 1 条 ( 本 会 員 ) 株 式 会 社 九 州 し ん き ん カ ー ド ( 以 下 当 社 と い う ) に 対 し 本 規 約 を 承 認 の う え 入 会 申 込 み を し た 個 人 の う ち 当 社 が 適 格 と 認 め た 方 を 本 会 員 と し ま す 第 2 条

More information

会員規約(バニラVisaオンライン会員用)

会員規約(バニラVisaオンライン会員用) 会 員 規 約 (バニラ Visa オンライン 会 員 用 ) 第 1 条 ( 目 的 ) (1) 本 規 約 は インターネット 上 の 加 盟 店 で 代 金 決 済 に 利 用 する ことができるインターネット 決 済 専 用 プリペイドカードであって SBI カード 株 式 会 社 ( 以 下 SBI カード 又 は 当 社 という ) が 発 行 するもの( 名 称 :バニラ Visa オンライン(

More information

取引規定(ANA_.doc

取引規定(ANA_.doc スルガ Visa デビットカード 会 員 規 約 第 1 条 ( 会 員 ) 1.スルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )に 普 通 預 金 ( 総 合 口 座 取 引 の 普 通 預 金 を 含 む ) 口 座 を 開 設 し 本 規 約 を 承 認 のうえ 当 社 が 運 営 するデビットカード 取 引 システム( 以 下 カードシステム という )への 入 会 を 申 し

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

Microsoft Word - 07.doc

Microsoft Word - 07.doc 説 明 及 び 交 付 日 年 月 日 契 約 締 結 予 定 日 年 月 日 取 引 予 定 日 年 月 日 重 要 事 項 説 明 書 ( 区 分 所 有 建 物 ) 売 主 様 買 主 様 マンション 名 公 益 社 団 法 人 京 都 府 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 重 要 事 項 説 明 連 帯 責 任 証 明 書 ( 注 : 説 明 義 務 者 が 複 数 存 在 する 場 合

More information

ヤマダカード規約 2008年4月版

ヤマダカード規約 2008年4月版 第 1 章 前 提 事 項 第 1 条 ( 各 条 項 の 適 用 ) 次 条 以 下 の 規 定 は 契 約 者 が 本 件 融 資 申 込 書 ( 以 下 本 件 融 資 申 込 書 という ) 所 定 の 事 項 を 記 入 のうえ 株 式 会 社 セディナ( 以 下 当 社 という )に 対 して 融 資 を 申 し 込 み 当 社 が 所 定 の 審 査 手 続 を 経 てこの 申 込 を

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定

スルガ 銀 行 が 認 めた 場 合 に 限 り 銀 行 取 引 をご 利 用 いただけるものとします 但 し スルガ 銀 行 ANA 支 店 に おける 固 有 の 特 典 サービスは 一 切 利 用 又 は 享 受 する 権 利 を 失 うものとします 2. SMART BANK 取 引 規 定 ANAマイレージクラブ Financial Pass 会 員 特 約 第 1 条 定 義 ANAマイレージクラブフィナンシャルパスカード( 以 下 カード という )は 全 日 本 空 輸 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 と いう )とスルガ 銀 行 株 式 会 社 ( 以 下 スルガ 銀 行 という )が 提 携 して 発 行 するものです 第 2 条 カード 機 能 (1) カードには 原

More information

詳 細 については URL:http://www.cedyna.co.jp/および http://p-fs.co.jp/ 参 照 )に 提 供 することにつき 予 め 同 意 するものとします 2.ローンパートナーは 信 販 会 社 の 加 盟 店 登 録 に 関 し 自 らの 判 断 で 行 うも

詳 細 については URL:http://www.cedyna.co.jp/および http://p-fs.co.jp/ 参 照 )に 提 供 することにつき 予 め 同 意 するものとします 2.ローンパートナーは 信 販 会 社 の 加 盟 店 登 録 に 関 し 自 らの 判 断 で 行 うも SBI オートサポート ローンパートナー 制 度 利 用 規 約 第 1 条 ( 適 用 範 囲 ) 本 規 約 は SBI オートサポート 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 運 営 する 第 3 条 記 載 の 制 度 ( 以 下 本 制 度 という )への 登 録 を 希 望 し 当 社 が 管 理 運 営 するサイト 内 におい て 申 込 をし 当 社 において 登 録 を

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度

経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため 共 済 契 約 者 の 拠 出 による 掛 金 を 原 資 として 共 済 金 の 貸 付 けを 行 う 制 度 取 引 先 の 突 然 の 倒 産 もしものときの 資 金 調 達 しっかりサポートします 経 営 セーフティ 共 済 ( 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 ) 制 度 のしおり 平 成 23 年 10 月 経 営 セーフティ 共 済 経 営 セーフティ 共 済 は 取 引 先 事 業 者 の 倒 産 の 影 響 を 受 けて 中 小 企 業 が 連 鎖 倒 産 することを 防 止 するため

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

建築士事務所登録と変更等のご案内

建築士事務所登録と変更等のご案内 建 築 士 事 務 所 登 録 と 変 更 等 の 手 引 き 1 建 築 士 事 務 所 の 登 録 とは( 建 築 士 法 第 23 条 ) 平 成 23 年 4 月 2 登 録 ( 新 規 及 び 更 新 )の 申 請 手 続 き (1) 法 人 の 場 合 (2) 個 人 の 場 合 3 変 更 の 届 出 ( 建 築 士 法 第 23 条 の5) 4 廃 業 等 の 届 出 ( 建 築 士

More information

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定

フリーローン「TOHOスマートネクスト」規定 フリーローン TOHOスマートネクスト 規 定 (WEB 契 約 用 ) 私 はエム ユー 信 用 保 証 株 式 会 社 ( 以 下 保 証 会 社 といいます )の 保 証 に 基 づく 株 式 会 社 東 邦 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 金 銭 消 費 貸 借 契 約 ( 以 下 この 契 約 といいます )について 別 に 定 める 個 人 情 報 の 取 扱 い に 関

More information

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378>

<817992B78DE88253825882568D868BB497C095E28F438D488E96817A48323820874093FC8E448CF68D9081698E7B8D48945C97CD955D89BF8C5E816A3136303830312E786C7378> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 8 年 9 月 6 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 九 州 地 方 整 備 局 長 崎 河 川 国 道 事 務 所 長 垣 原 清 次 工 事 概 要 () () 工 事 名 工 事 場 所 長 崎 497 号 橋 梁 補 修 工 事 長 崎 県 佐 世 保 市 塩 浜 町 地 先

More information

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利

中 間 利 払 日 とし 預 入 日 または 前 回 の 中 間 利 払 日 からその 中 間 利 払 日 の 前 日 までの 日 数 および 通 帳 または 証 書 記 載 の 中 間 利 払 利 率 によって 計 算 した 中 間 利 払 額 ( 以 下 中 間 払 利 息 といいます )を 利 自 由 金 利 型 定 期 預 金 M 型 (スーパー 定 期 ) 規 定 1.( 取 扱 店 の 範 囲 ) (1) 個 人 のお 客 さま この 預 金 は 当 店 のほか 当 金 庫 本 支 店 および 当 金 庫 が 提 携 した 他 の 労 働 金 庫 ( 以 下 提 携 金 庫 といいます )のどこの 店 舗 でも 預 入 れができます (2) 団 体 のお 客 さま この 預 金 は

More information

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施

豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 第 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 など 1 公 有 財 産 売 却 の 参 加 条 件 次 のいずれかに 該 当 する 方 は 公 有 財 産 売 却 へ 参 加 することができません (1) 地 方 自 治 法 施 誓 約 書 及 び 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ( 以 下 公 有 財 産 売 却 という )をご 利 用 いただくには 以 下 の 誓 約 書 および 豊 岡 市 インターネット 公 有 財 産 売 却 ガイドライン( 以 下 本 ガイドライン と いう ) をよくお 読 みいただき 同 意 していただくことが

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C>

< F2D CF68D FC8E4490E096BE8F C> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 申 請 等 の 受 付 は 土 曜 日 日 曜 日 及 び 祝 日 等 ( 行 政 機 関 の 休 日 に 関 する 法 律 第 1 条 に 規 定 する 行 政 機 関 の 休 日 )を 除 く 午 前 9 時 から 午 後 6 時 ( 電 子 入 札 の 場 合 ) 又 は 午 前 8 時 30 分 から

More information

地震保険普通保険約款

地震保険普通保険約款 地 震 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 次 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 ( 建 物 の 場 合 ) 建 物 の 主 要 構 造 部 の 損 害 の 額 が その 建 物 の 保 険 価 額 ( 注 )の3% 以 上 20% 未 満 である 損

More information

に 返 却 します 8 保 証 金 返 却 にあたって 別 途 主 催 者 に 対 する 債 務 がある 場 合 保 証 金 を 充 当 し 残 額 を 銀 行 手 数 料 を 差 し 引 いて 返 却 します 4. 会 員 の 権 利 と 責 任 1 会 員 はオークションに 参 加 し 出 展

に 返 却 します 8 保 証 金 返 却 にあたって 別 途 主 催 者 に 対 する 債 務 がある 場 合 保 証 金 を 充 当 し 残 額 を 銀 行 手 数 料 を 差 し 引 いて 返 却 します 4. 会 員 の 権 利 と 責 任 1 会 員 はオークションに 参 加 し 出 展 平 成 27 年 4 月 20 日 株 式 会 社 ワキタ WIN オークション 会 員 規 約 株 式 会 社 ワキタ 国 際 営 業 部 大 阪 市 西 区 江 戸 堀 1 丁 目 3-20 TEL: 06-6449-1910 前 文 : 本 会 員 規 約 は 株 式 会 社 ワキタ( 以 下 主 催 者 )が 主 催 運 営 する WIN オークション( 以 下 オークション)の 参 加 条

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考

この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に 作 成 されています 参 考 平 成 25 年 度 知 的 財 産 権 制 度 説 明 会 ( 実 務 者 向 け)テキスト 産 業 財 産 権 登 録 の 実 務 平 成 25 年 度 この 説 明 会 資 料 について この 説 明 会 資 料 は 平 成 17 年 から 独 立 行 政 法 人 工 業 所 有 権 情 報 研 修 館 によって 提 供 されているIP eラーニングの 科 目 登 録 の 手 続 を 基 に

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

事 業 の 趣 旨 福 山 市 内 の 店 舗 等 において 共 通 して 使 用 できるプレミアム 付 商 品 券 ( 以 下 商 品 券 )を 発 行 することにより 域 内 の 消 費 喚 起 を 図 り 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 することを 目 的 とする 1. 商 品 券 事

事 業 の 趣 旨 福 山 市 内 の 店 舗 等 において 共 通 して 使 用 できるプレミアム 付 商 品 券 ( 以 下 商 品 券 )を 発 行 することにより 域 内 の 消 費 喚 起 を 図 り 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 することを 目 的 とする 1. 商 品 券 事 福 の 山 プレミアム 商 品 券 取 扱 店 舗 募 集 要 項 ふくやまプレミアム 付 商 品 券 発 行 協 議 会 事 業 の 趣 旨 福 山 市 内 の 店 舗 等 において 共 通 して 使 用 できるプレミアム 付 商 品 券 ( 以 下 商 品 券 )を 発 行 することにより 域 内 の 消 費 喚 起 を 図 り 地 域 経 済 の 活 性 化 に 資 することを 目 的 とする

More information

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま

1 お 客 様 は 当 社 所 定 の 総 合 取 引 申 込 書 に 必 要 事 項 を 記 載 し 署 名 捺 印 のうえ 当 社 に 申 込 むものとし その 際 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 の 規 定 に 従 い 本 人 確 認 を 行 わせていただきま 岡 安 の 証 券 総 合 取 引 約 款 第 1 章 証 券 総 合 取 引 ( 約 款 の 趣 旨 ) 第 1 条 この 約 款 は 有 価 証 券 の 保 護 預 り 社 債 株 式 等 の 振 替 に 関 する 法 律 ( 以 下 振 替 法 といいます )において 取 扱 う 証 券 の 取 引 累 積 投 資 取 引 外 国 証 券 の 取 引 新 光 MRF(マネー リザーブ フアンド)の

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす 平 成 23 年 10 月 第 1 版 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 金 貸 付 請 求 及 び 受 領 に 係 る 記 入 要 領 ( 貸 付 請 求 者 用 ) 共 済 金 貸 付 請 求 をするときは この 手 続 領 をよく お 読 みのうえ 請 求 および 受 領 の 手 続 きをしてください 1. 共 済 金 の 貸 付 請 求 手 続 きについて 1 ページ 2. 共 済 金

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに

大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 概 要 P.1 2.お 申 込 みから 土 地 引 渡 しまでのスケジュール P.2 3.お 申 込 みに 改 訂 4 版 ( 先 着 順 販 売 区 画 ) さいたま 都 市 計 画 事 業 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 事 業 施 行 者 売 主 :さいたま 市 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 0 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地 区 画 整 理 組 合 保 留 地 公 売 案 内 書 目 次 1. 大 門 上 下 野 田 特 定 土 地

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額

につき 過 誤 納 となった 税 ( 金 ) 額 を 基 礎 金 額 として 端 数 計 算 を 行 うこと (2) 還 付 加 算 金 確 定 金 額 に100 円 未 満 の 端 数 があるとき 又 はその 全 額 が1,000 円 未 満 であるときは その 端 数 金 額 又 はその 全 額 ら 順 次 さか のぼって 過 誤 納 金 が 納 付 された ものとみ なして 計 算 すること (4) 還 付 又 は 充 当 をすべき 金 額 に 加 算 還 付 加 算 金 を 過 誤 納 金 に 加 算 して 還 付 し 又 は 充 当 を す る こ と を い う も の で あ る こ と オ 過 誤 納 金 債 権 の 質 入 れの 通 知 を 受 けた 場 合 に おいて そ の

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この

1. 一 般 競 争 入 札 の 概 要 (1) 市 内 に 放 置 された 自 転 車 及 び 原 動 機 付 き 自 転 車 ( 以 下 放 置 自 転 車 等 という )を 一 般 競 争 入 札 により 売 払 いを 行 います (2) 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は この 放 置 自 転 車 等 売 払 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 募 集 案 内 書 ) 平 成 28 年 度 三 重 県 桑 名 市 防 災 危 機 管 理 課 生 活 安 全 対 策 室 * 入 札 の 参 加 を 希 望 される 方 は 必 ずこの 案 内 書 をお 読 みください *この 入 札 に 参 加 するには 事 前 に 申 し 込 みが 必 要 です 1. 一 般 競 争

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63>

<4D F736F F D2088E28EB895A88EE688B582A282CC82B582A882E85F F2E646F63> 遺 失 物 取 扱 いのしおり ( 施 設 占 有 者 の 皆 様 方 へ) 愛 知 県 警 察 は じ め に 皆 様 方 が 管 理 している 建 物 などの 施 設 内 で お 客 様 が 落 とし 物 を 拾 って 届 出 があっても 手 続 が 分 からないために 警 察 に 提 出 せ ず そのままにされているようなことはないでしょうか そのままでは その 落 とし 物 が 持 ち 主

More information

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32>

<90DD8C768F91955C8E868169967B92AC93EC9594816A2D32> ( 建 設 リサイクル 法 に 関 する 条 件 明 示 等 ) 1. 本 工 事 は 建 設 工 事 に 係 る 資 材 の 再 資 源 化 等 に 関 する 法 律 (( 平 成 12 年 法 律 第 104 号 ) 以 下 建 設 リサイクル 法 という )に 基 づき 特 定 建 設 資 材 の 分 別 解 体 等 及 び 再 資 源 化 等 の 実 施 について 適 正 な 措 置 を 講

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information