吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団"

Transcription

1 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報 告 義 務 など 本 市 が 発 注 する 建 設 工 事 等 か ら 暴 力 団 の 介 入 を 排 除 するための 取 り 組 みを 進 めてきました このたび 大 阪 府 において 平 成 23 年 4 月 1 日 から 大 阪 府 暴 力 団 排 除 条 例 が 施 行 されたことをうけ 暴 力 団 排 除 の 機 運 を 高 め 府 条 例 が 有 効 に 機 能 する よう 警 察 や 暴 力 団 追 放 センターなどの 関 係 機 関 と 連 携 を 深 めながら 市 市 民 事 業 者 が 一 体 となってより 一 層 取 り 組 みを 進 めていく 必 要 があるため 本 条 例 を 制 定 するものです 2 説 明 資 料 (1) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) P1~P4 (2) 同 条 例 施 行 規 則 ( 案 ) P5 (3) 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 抜 粋 ) P6~P11 (4) 大 阪 府 暴 力 団 排 除 条 例 P12~P18

2 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 排 除 条 例 ( 平 成 22 年 大 阪 府 条 例 第 58 号 以 下 府 条 例 という )に 定 めるもののほか 本 市 における 暴 力 団 の 排 除 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるとともに 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 について 必 要 な 規 制 を 行 うことにより 市 民 生 活 の 安 全 と 平 穏 の 確 保 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 条 例 において 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 とは 暴 力 暴 言 その 他 の 不 穏 当 な 言 動 を 伴 って 法 第 9 条 各 号 に 掲 げる 行 為 をすることをいう 2 この 条 例 において 売 払 い 等 とは 売 買 契 約 その 他 の 契 約 に 基 づいて 行 われる 本 市 の 不 動 産 又 は 物 品 の 売 払 い 又 は 貸 付 けをいう 3 この 条 例 において 実 施 機 関 とは 市 長 教 育 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 公 平 委 員 会 監 査 委 員 農 業 委 員 会 固 定 資 産 評 価 審 査 委 員 会 水 道 事 業 管 理 者 病 院 事 業 管 理 者 消 防 長 及 び 議 会 をいう 4 前 各 項 に 定 めるもののほか この 条 例 における 用 語 の 意 義 は 法 及 び 府 条 例 の 例 による ( 市 の 責 務 ) 第 3 条 市 は 府 条 例 第 3 条 に 定 める 基 本 理 念 ( 以 下 基 本 理 念 という )にのっ とり 及 び 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 がその 相 手 方 の 生 活 の 平 穏 若 しくは 業 務 の 遂 行 の 平 穏 を 害 するものであることに 鑑 み 大 阪 府 他 の 市 町 村 法 第 32 条 の2 第 1 項 の 規 定 により 大 阪 府 公 安 委 員 会 から 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターとして 指 定 を 受 けたものその 他 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 を 目 的 とする 団 体 市 民 及 び 事 業 者 と 連 携 を 図 りながら 暴 力 団 の 排 除 及 び 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 の 規 制 ( 以 下 暴 力 団 の 排 除 等 という )に 関 する 施 策 を 実 施 する 責 務 を 有 する 2 市 は 暴 力 団 の 排 除 等 に 資 すると 認 められる 情 報 を 知 ったときは 大 阪 府 に 対 し 当 該 情 報 を 提 供 するものとする ( 市 民 及 び 事 業 者 の 責 務 ) 第 4 条 市 民 及 び 事 業 者 は 府 条 例 第 5 条 第 1 項 に 定 めるもののほか 市 が 実 施 する 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 の 規 制 に 関 する 施 策 に 協 力 するものとする ( 市 民 及 び 事 業 者 に 対 する 支 援 等 ) 第 5 条 市 は 暴 力 団 の 事 務 所 が 運 営 されないようにするための 活 動 その 他 の 暴 力 団 の 排 除 等 のための 活 動 について 市 民 及 び 事 業 者 が 相 互 に 連 携 を 図 りながら 主 体 的 に 取 り 組 むことができるよう 市 民 及 び 事 業 者 に 対 し 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 2 市 は 暴 力 団 の 排 除 等 の 重 要 性 について 市 民 及 び 事 業 者 の 理 解 を 深 め 暴 力 団 の 排 除 等 の 気 運 を 醸 成 するため 広 報 及 び 啓 発 を 行 うものとする 1

3 ( 市 民 及 び 事 業 者 の 保 護 のための 措 置 ) 第 6 条 市 は 市 民 及 び 事 業 者 が 暴 力 団 の 排 除 等 のための 活 動 に 取 り 組 んだことによ り 暴 力 団 又 は 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 を 行 う 者 から 危 害 を 加 えられるおそれがあると 認 めるときは 当 該 市 民 及 び 事 業 者 を 保 護 するために 必 要 な 措 置 を 講 ずるとともに 大 阪 府 に 対 し 必 要 な 支 援 を 要 請 するものとする ( 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 における 暴 力 団 の 排 除 等 ) 第 7 条 市 は 暴 力 団 員 及 び 暴 力 団 密 接 関 係 者 が 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 の 契 約 の 相 手 方 ( 以 下 契 約 相 手 方 という ) 及 び 次 に 掲 げる 者 ( 以 下 下 請 負 人 等 とい う )となることを 認 めないものとする ⑴ 下 請 負 人 ( 公 共 工 事 等 に 係 る 全 ての 請 負 人 又 は 受 託 者 ( 契 約 相 手 方 を 除 く ) をいい 第 2 次 以 下 の 下 請 契 約 又 は 再 委 託 契 約 の 当 事 者 を 含 む 以 下 同 じ ) ⑵ 契 約 相 手 方 又 は 下 請 負 人 と 公 共 工 事 等 に 係 る 資 材 又 は 原 材 料 の 購 入 契 約 その 他 の 契 約 を 締 結 する 者 ( 下 請 負 人 に 該 当 する 者 を 除 く ) 2 何 人 も 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 に 関 し 暴 力 団 を 利 することとなるような 社 会 通 念 上 不 当 な 要 求 又 は 法 第 9 条 第 17 号 から 第 20 号 までに 掲 げる 行 為 ( 以 下 不 当 介 入 という )をしてはならない ( 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 における 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 措 置 ) 第 8 条 実 施 機 関 は 前 条 の 趣 旨 を 踏 まえ 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるものとする ⑴ 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められる 者 に 対 し 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 に 係 る 入 札 に 参 加 するために 必 要 な 資 格 を 与 えないこと ⑵ 入 札 の 参 加 者 の 資 格 を 有 する 者 ( 以 下 有 資 格 者 という )が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められた 場 合 には 当 該 有 資 格 者 を 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 に 係 る 入 札 に 参 加 させないこと ⑶ 有 資 格 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められた 場 合 には 必 要 に 応 じ その 旨 を 公 表 すること ⑷ 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められる 者 を 契 約 相 手 方 としな いこと ⑸ 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 の 契 約 相 手 方 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められた 場 合 には 当 該 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 の 契 約 を 解 除 するこ と ⑹ 公 共 工 事 等 の 下 請 負 人 等 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 めら れた 場 合 には 契 約 相 手 方 に 対 して 当 該 下 請 負 人 等 との 契 約 の 解 除 を 求 め 契 約 相 手 方 がその 求 めを 拒 否 した 場 合 には 契 約 相 手 方 との 当 該 公 共 工 事 等 の 契 約 を 解 除 すること ⑺ 不 当 介 入 があった 場 合 には 警 察 官 への 通 報 その 他 の 吹 田 市 職 員 等 の 公 正 な 職 務 の 執 行 の 確 保 に 関 する 条 例 ( 平 成 20 年 吹 田 市 条 例 第 23 号 ) 第 3 章 の 規 定 に 基 づく 措 置 ⑻ 前 各 号 に 掲 げるもののほか 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 における 暴 力 団 の 排 除 等 2

4 を 図 るために 必 要 な 措 置 2 実 施 機 関 は 前 項 各 号 ( 第 3 号 及 び 第 7 号 を 除 く )に 掲 げる 措 置 を 講 ずるため に 必 要 があると 認 めるときは 契 約 相 手 方 及 び 下 請 負 人 等 に 対 し これらの 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 でない 旨 の 誓 約 書 の 提 出 及 び 必 要 な 事 項 の 報 告 等 を 求 めることができる 3 実 施 機 関 は 前 項 の 誓 約 書 を 提 出 した 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 めるときは その 旨 を 公 表 することができる 4 契 約 相 手 方 及 び 下 請 負 人 等 は 公 共 工 事 等 及 び 売 払 い 等 に 係 る 契 約 の 履 行 に 当 た って 不 当 介 入 を 受 けたときは 速 やかに 市 に 報 告 しなければならない ( 公 の 施 設 等 からの 暴 力 団 の 排 除 ) 第 9 条 市 は 暴 力 団 が 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 244 条 第 1 項 に 規 定 する 公 の 施 設 庁 舎 その 他 の 市 の 行 政 財 産 ( 以 下 公 の 施 設 等 という )を 使 用 することを 認 めないものとする ( 公 の 施 設 等 からの 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 措 置 ) 第 10 条 実 施 機 関 又 は 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 3 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 ( 以 下 指 定 管 理 者 という )は 前 条 の 趣 旨 を 踏 まえ 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 から 公 の 施 設 等 の 使 用 の 申 請 があった 場 合 において 当 該 公 の 施 設 等 が 暴 力 団 の 活 動 に 利 用 されると 認 めるときは 当 該 公 の 施 設 等 の 使 用 の 許 可 をしないものと する 2 実 施 機 関 又 は 指 定 管 理 者 は 公 の 施 設 等 の 使 用 の 許 可 をした 後 において 当 該 公 の 施 設 等 が 暴 力 団 の 活 動 に 利 用 されると 認 めるときは 当 該 許 可 を 取 り 消 し 又 は 使 用 の 中 止 を 命 ずるものとする ( 市 の 事 務 及 び 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 等 ) 第 11 条 市 は 第 5 条 から 前 条 までに 定 めるもののほか その 行 う 事 務 又 は 事 業 に よって 暴 力 団 を 利 することとならないよう 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 につい て 必 要 な 措 置 を 講 ずることにより 市 の 事 務 及 び 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 を 図 るも のとする 2 市 は 第 5 条 から 第 8 条 までに 定 めるもののほか その 行 う 事 務 又 は 事 業 に 対 す る 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 について 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする ( 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 の 禁 止 ) 第 12 条 何 人 も 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 をし 又 は 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 をすることを 人 に 要 求 し 依 頼 し 若 しくは 唆 してはならない ( 青 少 年 に 対 する 指 導 等 のための 措 置 ) 第 13 条 市 は 青 少 年 が 暴 力 団 の 排 除 等 の 重 要 性 を 認 識 して 暴 力 団 に 加 入 せず 及 び 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 による 犯 罪 の 被 害 を 受 けないようにするための 指 導 又 は 啓 発 並 びに 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 に 関 与 しないようにするための 指 導 又 は 啓 発 が 家 庭 学 校 地 域 職 域 その 他 の 様 々な 場 において 必 要 に 応 じて 行 われる よう 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 3

5 2 青 少 年 の 育 成 に 携 わる 者 は 青 少 年 が 暴 力 団 の 排 除 等 の 重 要 性 を 認 識 して 暴 力 団 に 加 入 せず 及 び 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 による 犯 罪 の 被 害 を 受 けないよ う 並 びに 暴 力 的 不 当 要 求 行 為 に 関 与 しないよう 青 少 年 に 対 し 指 導 し 助 言 し その 他 適 切 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする ( 勧 告 等 ) 第 14 条 実 施 機 関 は 正 当 な 理 由 がなく 第 8 条 第 4 項 の 規 定 による 報 告 をしなかっ たと 認 められるときは 当 該 報 告 をしなかった 者 に 対 し 必 要 な 指 導 又 は 勧 告 をす ることができる 2 実 施 機 関 は 前 項 の 勧 告 を 受 けた 者 が 不 当 介 入 を 容 認 し かつ 当 該 勧 告 に 従 わ なかったときは その 旨 を 公 表 することができる 3 実 施 機 関 は 前 項 の 規 定 による 公 表 をしようとするときは あらかじめ 同 項 の 勧 告 を 受 けた 者 に 意 見 を 述 べる 機 会 を 与 えなければならない ( 委 任 ) 第 15 条 この 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 市 長 が 定 める 附 則 この 条 例 は 平 成 24 年 12 月 1 日 から 施 行 する 4

6 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 す る 条 例 施 行 規 則 ( 案 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 規 則 は 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 す る 条 例 ( 平 成 24 年 吹 田 市 条 例 第 号 以 下 条 例 と い う ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 め る も の と す る ( 定 義 ) 第 2 条 こ の 規 則 の 用 語 の 意 義 は 条 例 の 例 に よ る ( 公 表 の 方 法 ) 第 3 条 条 例 第 8 条 第 1 項 第 3 号 及 び 同 条 第 3 項 の 規 定 に よ る 公 表 は イ ン タ ー ネ ッ ト の 利 用 そ の 他 の 方 法 に よ り 行 う も の と す る ( 指 導 又 は 勧 告 ) 第 4 条 条 例 第 1 4 条 第 1 項 の 規 定 に よ る 指 導 は 指 導 書 に よ り 同 項 の 規 定 に よ る 勧 告 は 勧 告 書 に よ り 行 う も の と す る ( 勧 告 に 従 わ な い 旨 の 公 表 ) 第 5 条 条 例 第 1 4 条 第 2 項 の 規 定 に よ る 公 表 は 勧 告 に 従 わ な か っ た 者 の 氏 名 又 は 名 称 及 び 住 所 又 は 所 在 地 法 人 に あ っ て は 代 表 者 の 氏 名 不 当 介 入 及 び 勧 告 の 内 容 そ の 他 必 要 な 事 項 に つ い て 行 う も の と す る 2 第 3 条 の 規 定 は 前 項 の 規 定 に よ る 公 表 に つ い て 準 用 す る ( 意 見 陳 述 に 係 る 通 知 ) 第 6 条 条 例 第 1 4 条 第 3 項 の 規 定 に よ り 意 見 を 述 べ る 機 会 を 与 え る と き は 勧 告 を 受 け た 者 に 対 し そ の 日 時 場 所 公 表 し よ う と す る 理 由 そ の 他 必 要 な 事 項 を 通 知 す る も の と す る 第 7 条 こ の 規 則 に 定 め る も の の ほ か 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 実 施 機 関 が 定 め る 附 則 こ の 規 則 は 平 成 2 4 年 1 2 月 1 日 か ら 施 行 す る 5

7 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 抜 粋 ) ( 平 成 三 年 五 月 十 五 日 法 律 第 七 十 七 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 四 年 四 月 六 日 法 律 第 二 七 号 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 暴 力 団 員 の 行 う 暴 力 的 要 求 行 為 等 について 必 要 な 規 制 を 行 い 及 び 暴 力 団 の 対 立 抗 争 等 による 市 民 生 活 に 対 する 危 険 を 防 止 するために 必 要 な 措 置 を 講 ずるとともに 暴 力 団 員 の 活 動 による 被 害 の 予 防 等 に 資 するための 民 間 の 公 益 的 団 体 の 活 動 を 促 進 する 措 置 等 を 講 ずることにより 市 民 生 活 の 安 全 と 平 穏 の 確 保 を 図 り もって 国 民 の 自 由 と 権 利 を 保 護 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は それぞれ 当 該 各 号 に 定 めるところに よる 一 暴 力 的 不 法 行 為 等 別 表 に 掲 げる 罪 のうち 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるものに 当 たる 違 法 な 行 為 をいう 二 暴 力 団 その 団 体 の 構 成 員 (その 団 体 の 構 成 団 体 の 構 成 員 を 含 む )が 集 団 的 に 又 は 常 習 的 に 暴 力 的 不 法 行 為 等 を 行 うことを 助 長 するおそれがある 団 体 をいう 三 指 定 暴 力 団 次 条 の 規 定 により 指 定 された 暴 力 団 をいう 四 指 定 暴 力 団 連 合 第 四 条 の 規 定 により 指 定 された 暴 力 団 をいう 五 指 定 暴 力 団 等 指 定 暴 力 団 又 は 指 定 暴 力 団 連 合 をいう 六 暴 力 団 員 暴 力 団 の 構 成 員 をいう 七 暴 力 的 要 求 行 為 第 九 条 の 規 定 に 違 反 する 行 為 をいう 八 準 暴 力 的 要 求 行 為 一 の 指 定 暴 力 団 等 の 暴 力 団 員 以 外 の 者 が 当 該 指 定 暴 力 団 等 又 はその 第 九 条 に 規 定 する 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 の 威 力 を 示 して 同 条 各 号 に 掲 げる 行 為 をすることをいう ( 中 略 ) 第 二 章 暴 力 的 要 求 行 為 の 規 制 等 第 一 節 暴 力 的 要 求 行 為 の 禁 止 等 ( 暴 力 的 要 求 行 為 の 禁 止 ) 第 九 条 指 定 暴 力 団 等 の 暴 力 団 員 ( 以 下 指 定 暴 力 団 員 という )は その 者 の 所 属 する 指 定 暴 力 団 等 又 はその 系 列 上 位 指 定 暴 力 団 等 ( 当 該 指 定 暴 力 団 等 と 上 方 連 結 ( 指 定 暴 力 団 等 が 他 の 指 定 暴 力 団 等 の 構 成 団 体 となり 又 は 指 定 暴 力 団 等 の 代 表 者 等 が 他 の 指 定 暴 力 団 等 の 暴 力 団 員 とな 6

8 っている 関 係 をいう )をすることにより 順 次 関 連 している 各 指 定 暴 力 団 等 をいう 第 十 二 条 の 三 及 び 第 十 二 条 の 五 において 同 じ )の 威 力 を 示 して 次 に 掲 げる 行 為 をしてはならない 一 人 に 対 し その 人 に 関 する 事 実 を 宣 伝 しないこと 又 はその 人 に 関 する 公 知 でない 事 実 を 公 表 しな いことの 対 償 として 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 ( 以 下 金 品 等 という )の 供 与 を 要 求 すること 二 人 に 対 し 寄 附 金 賛 助 金 その 他 名 目 のいかんを 問 わず みだりに 金 品 等 の 贈 与 を 要 求 するこ と 三 請 負 委 任 又 は 委 託 の 契 約 に 係 る 役 務 の 提 供 の 業 務 の 発 注 者 又 は 受 注 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 当 該 業 務 の 全 部 若 しくは 一 部 の 受 注 又 は 当 該 業 務 に 関 連 する 資 材 そ の 他 の 物 品 の 納 入 若 しくは 役 務 の 提 供 の 受 入 れを 要 求 すること 四 縄 張 ( 正 当 な 権 原 がないにもかかわらず 自 己 の 権 益 の 対 象 範 囲 として 設 定 していると 認 められる 区 域 をいう 次 号 及 び 第 十 二 条 の 二 第 三 号 において 同 じ ) 内 で 営 業 を 営 む 者 に 対 し 名 目 のいか んを 問 わず その 営 業 を 営 むことを 容 認 する 対 償 として 金 品 等 の 供 与 を 要 求 すること 五 縄 張 内 で 営 業 を 営 む 者 に 対 し その 営 業 所 における 日 常 業 務 に 用 いる 物 品 を 購 入 すること そ の 日 常 業 務 に 関 し 歌 謡 ショーその 他 の 興 行 の 入 場 券 パーティー 券 その 他 の 証 券 若 しくは 証 書 を 購 入 すること 又 はその 営 業 所 における 用 心 棒 の 役 務 ( 営 業 を 営 む 者 の 営 業 に 係 る 業 務 を 円 滑 に 行 うことができるようにするため 顧 客 との 紛 争 の 解 決 又 は 鎮 圧 を 行 う 役 務 をいう )その 他 の 日 常 業 務 に 関 する 役 務 の 有 償 の 提 供 を 受 けることを 要 求 すること 六 次 に 掲 げる 債 務 について 債 務 者 に 対 し その 履 行 を 要 求 すること イ 金 銭 を 目 的 とする 消 費 貸 借 ( 利 息 制 限 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 号 ) 第 五 条 第 一 号 に 規 定 する 営 業 的 金 銭 消 費 貸 借 ( 以 下 この 号 において 単 に 営 業 的 金 銭 消 費 貸 借 という )を 除 く ) 上 の 債 務 であって 同 法 第 一 条 に 定 める 利 息 の 制 限 額 を 超 える 利 息 ( 同 法 第 三 条 の 規 定 によって 利 息 とみ なされる 金 銭 を 含 む )の 支 払 を 伴 い 又 はその 不 履 行 による 賠 償 額 の 予 定 が 同 法 第 四 条 に 定 め る 制 限 額 を 超 えるもの ロ 営 業 的 金 銭 消 費 貸 借 上 の 債 務 であって 利 息 制 限 法 第 一 条 及 び 第 五 条 の 規 定 により 計 算 した 利 息 の 制 限 額 を 超 える 利 息 ( 同 法 第 三 条 及 び 第 六 条 の 規 定 によって 利 息 とみなされる 金 銭 を 含 む 以 下 この 号 において 同 じ ) 若 しくは 同 法 第 九 条 に 定 める 利 息 の 制 限 額 を 超 える 利 息 の 支 払 を 伴 い 又 はその 不 履 行 による 賠 償 額 の 予 定 が 同 法 第 七 条 に 定 める 制 限 額 を 超 えるもの ハ 営 業 的 金 銭 消 費 貸 借 上 の 債 務 を 主 たる 債 務 とする 保 証 ( 業 として 行 うものに 限 る )がされた 場 合 における 保 証 料 ( 利 息 制 限 法 第 八 条 第 七 項 の 規 定 によって 保 証 料 とみなされる 金 銭 を 含 み 主 た る 債 務 者 が 支 払 うものに 限 る 以 下 この 号 において 同 じ )の 支 払 の 債 務 であって 当 該 保 証 料 が 同 条 第 一 項 から 第 四 項 まで 及 び 第 六 項 の 規 定 により 支 払 を 受 けることができる 保 証 料 の 上 限 額 を 超 えるもの 六 の 二 人 ( 行 為 者 と 密 接 な 関 係 を 有 する 者 として 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 者 を 除 く )から 依 頼 を 受 け 報 酬 を 得 て 又 は 報 酬 を 得 る 約 束 をして 金 品 等 を 目 的 とする 債 務 について 債 務 者 に 対 し 粗 野 若 しくは 乱 暴 な 言 動 を 交 えて 又 は 迷 惑 を 覚 えさせるような 方 法 で 訪 問 し 若 しくは 電 話 をか けて その 履 行 を 要 求 すること( 前 号 に 該 当 するものを 除 く ) 七 人 に 対 し 債 務 の 全 部 又 は 一 部 の 免 除 又 は 履 行 の 猶 予 をみだりに 要 求 すること 7

9 八 金 銭 貸 付 業 務 ( 金 銭 の 貸 付 け 又 は 金 銭 の 貸 借 の 媒 介 ( 手 形 の 割 引 売 渡 担 保 その 他 これらに 類 する 方 法 によってする 金 銭 の 交 付 又 はこれらの 方 法 によってする 金 銭 の 授 受 の 媒 介 を 含 む 以 下 この 号 において 単 に 金 銭 の 貸 付 け という )をいう )を 営 む 者 ( 以 下 金 銭 貸 付 業 者 という ) 以 外 の 者 に 対 してみだりに 金 銭 の 貸 付 けを 要 求 し 金 銭 貸 付 業 者 に 対 してその 者 が 拒 絶 しているにも かかわらず 金 銭 の 貸 付 けを 要 求 し 又 は 金 銭 貸 付 業 者 に 対 して 当 該 金 銭 貸 付 業 者 が 貸 付 けの 利 率 その 他 の 金 銭 の 貸 付 けの 条 件 として 示 している 事 項 に 反 して 著 しく 有 利 な 条 件 による 金 銭 の 貸 付 けを 要 求 すること 九 金 融 商 品 取 引 業 者 ( 金 融 商 品 取 引 法 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 二 十 五 号 ) 第 二 条 第 九 項 に 規 定 する 金 融 商 品 取 引 業 者 をいう 以 下 この 号 において 同 じ )に 対 してその 者 が 拒 絶 しているにもかか わらず 有 価 証 券 の 信 用 取 引 ( 同 法 第 百 五 十 六 条 の 二 十 四 第 一 項 に 規 定 する 信 用 取 引 をいう 以 下 この 号 において 同 じ )を 行 うことを 要 求 し 又 は 金 融 商 品 取 引 業 者 に 対 して 顧 客 が 預 託 すべき 金 銭 の 額 その 他 の 有 価 証 券 の 信 用 取 引 を 行 う 条 件 として 当 該 金 融 商 品 取 引 業 者 が 示 している 事 項 に 反 して 著 しく 有 利 な 条 件 により 有 価 証 券 の 信 用 取 引 を 行 うことを 要 求 すること 十 株 式 会 社 又 は 当 該 株 式 会 社 の 子 会 社 ( 会 社 法 ( 平 成 十 七 年 法 律 第 八 十 六 号 ) 第 二 条 第 三 号 の 子 会 社 をいう )に 対 してみだりに 当 該 株 式 会 社 の 株 式 の 買 取 り 若 しくはそのあっせん( 以 下 この 号 において 買 取 り 等 という )を 要 求 し 株 式 会 社 の 取 締 役 執 行 役 若 しくは 監 査 役 若 しくは 株 主 ( 以 下 この 号 において 取 締 役 等 という )に 対 してその 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 当 該 株 式 会 社 の 株 式 の 買 取 り 等 を 要 求 し 又 は 株 式 会 社 の 取 締 役 等 に 対 して 買 取 りの 価 格 その 他 の 買 取 り 等 の 条 件 として 当 該 取 締 役 等 が 示 している 事 項 に 反 して 著 しく 有 利 な 条 件 による 当 該 株 式 会 社 の 株 式 の 買 取 り 等 を 要 求 すること 十 一 正 当 な 権 原 に 基 づいて 建 物 又 はその 敷 地 を 居 住 の 用 又 は 事 業 の 用 に 供 している 者 に 対 し そ の 意 思 に 反 して これらの 明 渡 しを 要 求 すること 十 二 土 地 又 は 建 物 ( 以 下 この 号 において 土 地 等 という )について その 全 部 又 は 一 部 を 占 拠 す ること 当 該 土 地 等 又 はその 周 辺 に 自 己 の 氏 名 を 表 示 することその 他 の 方 法 により 当 該 土 地 等 の 所 有 又 は 占 有 に 関 与 していることを 殊 更 に 示 すこと( 以 下 この 号 において 支 配 の 誇 示 という ) を 行 い 当 該 土 地 等 の 所 有 者 に 対 する 債 権 を 有 する 者 又 は 当 該 土 地 等 の 所 有 権 その 他 当 該 土 地 等 につき 使 用 若 しくは 収 益 をする 権 利 若 しくは 当 該 土 地 等 に 係 る 担 保 権 を 有 し 若 しくはこれらの 権 利 を 取 得 しようとする 者 に 対 し その 者 が 拒 絶 しているにもかかわらず 当 該 土 地 等 についての 支 配 の 誇 示 をやめることの 対 償 として 明 渡 し 料 その 他 これに 類 する 名 目 で 金 品 等 の 供 与 を 要 求 する こと 十 三 人 ( 行 為 者 と 密 接 な 関 係 を 有 する 者 として 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 者 を 除 く )から 依 頼 を 受 け 報 酬 を 得 て 又 は 報 酬 を 得 る 約 束 をして 交 通 事 故 その 他 の 事 故 の 原 因 者 に 対 し 当 該 事 故 によって 生 じた 損 害 に 係 る 示 談 の 交 渉 を 行 い 損 害 賠 償 として 金 品 等 の 供 与 を 要 求 すること 十 四 人 に 対 し 購 入 した 商 品 購 入 した 有 価 証 券 に 表 示 される 権 利 若 しくは 提 供 を 受 けた 役 務 に 瑕 疵 がないにもかかわらず 瑕 疵 があるとし 若 しくは 交 通 事 故 その 他 の 事 故 による 損 害 がないにもか かわらず 損 害 があるとして 若 しくはこれらの 瑕 疵 若 しくは 損 害 の 程 度 を 誇 張 して 損 害 賠 償 その 他 これに 類 する 名 目 で 金 品 等 の 供 与 を 要 求 し 又 は 勧 誘 を 受 けてした 商 品 若 しくは 有 価 証 券 に 係 る 売 買 その 他 の 取 引 において その 価 格 若 しくは 商 品 指 数 ( 商 品 先 物 取 引 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 8

10 二 百 三 十 九 号 ) 第 二 条 第 二 項 の 商 品 指 数 をいう ) 若 しくは 金 融 商 品 取 引 法 第 二 条 第 二 十 五 項 に 規 定 する 金 融 指 標 ( 同 項 第 一 号 に 規 定 する 金 融 商 品 の 価 格 を 除 く )の 上 昇 若 しくは 下 落 により 損 失 を 被 ったとして 損 害 賠 償 その 他 これに 類 する 名 目 でみだりに 金 品 等 の 供 与 を 要 求 すること 十 五 行 政 庁 に 対 し 自 己 若 しくは 次 に 掲 げる 者 ( 以 下 この 条 において 自 己 の 関 係 者 という )がし た 許 認 可 等 ( 行 政 手 続 法 ( 平 成 五 年 法 律 第 八 十 八 号 ) 第 二 条 第 三 号 に 規 定 する 許 認 可 等 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )に 係 る 申 請 ( 同 条 第 三 号 に 規 定 する 申 請 をいう 次 号 におい て 同 じ )が 法 令 ( 同 条 第 一 号 に 規 定 する 法 令 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )に 定 め られた 許 認 可 等 の 要 件 に 該 当 しないにもかかわらず 当 該 許 認 可 等 をすることを 要 求 し 又 は 自 己 若 しくは 自 己 の 関 係 者 について 法 令 に 定 められた 不 利 益 処 分 ( 行 政 庁 が 法 令 に 基 づき 特 定 の 者 を 名 あて 人 として 直 接 に これに 義 務 を 課 し 又 はその 権 利 を 制 限 する 処 分 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )の 要 件 に 該 当 する 事 由 があるにもかかわらず 当 該 不 利 益 処 分 をしない ことを 要 求 すること イ 自 己 と 生 計 を 一 にする 配 偶 者 その 他 の 親 族 ( 婚 姻 の 届 出 をしていないが 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にある 者 及 び 当 該 事 情 にある 者 の 親 族 を 含 む ) ロ 法 人 その 他 の 団 体 であって 自 己 がその 役 員 ( 業 務 を 執 行 する 社 員 取 締 役 執 行 役 又 はこれら に 準 ずる 者 をいい 相 談 役 顧 問 その 他 いかなる 名 称 を 有 する 者 であるかを 問 わず 当 該 団 体 に 対 し 業 務 を 執 行 する 社 員 取 締 役 執 行 役 又 はこれらに 準 ずる 者 と 同 等 以 上 の 支 配 力 を 有 するも のと 認 められる 者 を 含 む )となっているもの ハ 自 己 が 出 資 融 資 取 引 その 他 の 関 係 を 通 じてその 事 業 活 動 に 支 配 的 な 影 響 力 を 有 する 者 (ロに 該 当 するものを 除 く ) 十 六 行 政 庁 に 対 し 特 定 の 者 がした 許 認 可 等 に 係 る 申 請 が 法 令 に 定 められた 許 認 可 等 の 要 件 に 該 当 するにもかかわらず 当 該 許 認 可 等 をしないことを 要 求 し 又 は 特 定 の 者 について 法 令 に 定 め られた 不 利 益 処 分 の 要 件 に 該 当 する 事 由 がないにもかかわらず 当 該 不 利 益 処 分 をすることを 要 求 すること 十 七 国 特 殊 法 人 等 ( 公 共 工 事 の 入 札 及 び 契 約 の 適 正 化 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 二 年 法 律 第 百 二 十 七 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 特 殊 法 人 等 をいう ) 又 は 地 方 公 共 団 体 ( 以 下 この 条 に おいて 国 等 という )に 対 し 当 該 国 等 が 行 う 公 共 工 事 ( 同 法 第 二 条 第 二 項 に 規 定 する 公 共 工 事 をいう 以 下 この 条 において 同 じ )の 入 札 について 自 己 若 しくは 自 己 の 関 係 者 が 入 札 参 加 資 格 ( 入 札 の 参 加 者 の 資 格 をいう 以 下 この 号 及 び 次 号 において 同 じ )を 有 する 者 でなく 又 は 自 己 若 しくは 自 己 の 関 係 者 が 指 名 基 準 ( 入 札 参 加 資 格 を 有 する 者 のうちから 入 札 に 参 加 する 者 を 指 名 す る 場 合 の 基 準 をいう 同 号 において 同 じ )に 適 合 する 者 でないにもかかわらず 当 該 自 己 又 は 自 己 の 関 係 者 を 当 該 入 札 に 参 加 させることを 要 求 すること 十 八 国 等 に 対 し 当 該 国 等 が 行 う 公 共 工 事 の 入 札 について 特 定 の 者 が 入 札 参 加 資 格 を 有 する 者 ( 指 名 基 準 に 適 合 しない 者 を 除 く )であり 又 は 特 定 の 者 が 指 名 基 準 に 適 合 する 者 であるにもか かわらず 当 該 特 定 の 者 を 当 該 入 札 に 参 加 させないことを 要 求 すること 十 九 国 等 に 対 し 特 定 の 者 を 当 該 国 等 が 行 う 公 共 工 事 の 契 約 の 相 手 方 としないことをみだりに 要 求 すること( 前 号 に 該 当 するものを 除 く ) 9

11 二 十 国 等 に 対 し 当 該 国 等 が 行 う 公 共 工 事 の 契 約 の 相 手 方 に 対 して 自 己 又 は 自 己 の 関 係 者 から 当 該 契 約 に 係 る 役 務 の 提 供 の 業 務 の 全 部 若 しくは 一 部 の 受 注 又 は 当 該 業 務 に 関 連 する 資 材 その 他 の 物 品 の 納 入 若 しくは 役 務 の 提 供 の 受 入 れをすることを 求 める 指 導 助 言 その 他 の 行 為 をする ことをみだりに 要 求 すること ( 中 略 ) ( 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センター) 第 三 十 二 条 の 二 公 安 委 員 会 は 次 の 各 号 に 掲 げる 要 件 のいずれにも 該 当 すると 認 められる 者 を その 申 出 により 都 道 府 県 に 一 を 限 って 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センター( 以 下 都 道 府 県 セ ンター という )として 指 定 することができる 一 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 及 びこれによる 被 害 の 救 済 に 寄 与 することを 目 的 とする 一 般 社 団 法 人 又 は 一 般 財 団 法 人 であること 二 次 項 第 三 号 から 第 五 号 までの 事 業 ( 以 下 相 談 事 業 という )に 係 る 相 談 の 申 出 人 暴 力 団 の 影 響 を 受 けている 少 年 又 は 暴 力 団 から 離 脱 する 意 志 を 有 する 者 ( 第 三 項 において 相 談 の 申 出 人 等 という )に 対 する 助 言 について 専 門 的 知 識 経 験 を 有 する 者 として 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 者 ( 以 下 暴 力 追 放 相 談 委 員 という )が 置 かれていること 三 その 他 次 項 に 規 定 する 事 業 を 適 正 かつ 確 実 に 行 うために 必 要 なものとして 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 基 準 に 適 合 すること 2 都 道 府 県 センターは 当 該 都 道 府 県 の 区 域 において 次 に 掲 げる 事 業 を 行 うものとする 一 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 予 防 に 関 する 知 識 の 普 及 及 び 思 想 の 高 揚 を 図 るための 広 報 活 動 を 行 うこと 二 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 予 防 に 関 する 民 間 の 自 主 的 な 組 織 活 動 を 助 けること 三 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 に 関 する 相 談 に 応 ずること 四 少 年 に 対 する 暴 力 団 の 影 響 を 排 除 するための 活 動 を 行 うこと 五 暴 力 団 から 離 脱 する 意 志 を 有 する 者 を 助 けるための 活 動 を 行 うこと 六 公 安 委 員 会 の 委 託 を 受 けて 第 十 四 条 第 二 項 の 講 習 を 行 うこと 七 不 当 要 求 情 報 管 理 機 関 ( 不 当 要 求 に 関 する 情 報 の 収 集 及 び 事 業 者 に 対 する 当 該 情 報 の 提 供 を 業 とする 者 をいう )の 業 務 を 助 けること 八 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 被 害 者 に 対 して 見 舞 金 の 支 給 民 事 訴 訟 の 支 援 その 他 の 救 援 を 行 うこと 九 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 三 年 法 律 第 百 二 十 二 号 ) 第 三 十 八 条 に 規 定 する 少 年 指 導 委 員 に 対 し 第 四 号 の 事 業 の 目 的 を 達 成 するために 必 要 な 研 修 を 行 うこと 十 前 各 号 の 事 業 に 附 帯 する 事 業 3 都 道 府 県 センターは 相 談 事 業 を 行 うに 当 たっては 相 談 の 申 出 人 等 に 対 する 助 言 については 暴 力 追 放 相 談 委 員 に 行 わせなければならない 10

12 4 都 道 府 県 センターは 住 民 から 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 に 関 する 相 談 の 申 出 があったときは その 相 談 に 応 じ 申 出 人 に 必 要 な 助 言 をし その 相 談 に 係 る 事 項 の 迅 速 かつ 適 切 な 解 決 に 努 めな ければならない 5 公 安 委 員 会 は 都 道 府 県 センターの 財 産 の 状 況 又 はその 事 業 の 運 営 に 関 し 改 善 が 必 要 であると 認 めるときは 都 道 府 県 センターに 対 し その 改 善 に 必 要 な 措 置 を 採 るべきことを 命 ずることができ る 6 公 安 委 員 会 は 都 道 府 県 センターが 前 項 の 規 定 による 命 令 に 違 反 したときは 第 一 項 の 指 定 を 取 り 消 すことができる 7 都 道 府 県 センターの 役 員 若 しくは 職 員 ( 暴 力 追 放 相 談 委 員 を 含 む ) 又 はこれらの 職 にあった 者 は 相 談 事 業 に 係 る 業 務 に 関 して 知 り 得 た 秘 密 を 漏 らしてはならない 8 都 道 府 県 センターは その 業 務 の 運 営 について 都 道 府 県 警 察 と 密 接 に 連 絡 するものとし 都 道 府 県 警 察 は 都 道 府 県 センターに 対 し その 業 務 の 円 滑 な 運 営 が 図 られるように 必 要 な 配 慮 を 加 える ものとする 9 第 一 項 の 指 定 の 手 続 その 他 都 道 府 県 センターに 関 し 必 要 な 事 項 は 国 家 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める ( 以 下 略 ) 11

13 大 阪 府 暴 力 団 排 除 条 例 ( 大 阪 府 条 例 平 成 22 年 第 58 号 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 九 条 ) 第 二 章 公 共 工 事 等 からの 暴 力 団 の 排 除 等 ( 第 十 条 第 十 三 条 ) 第 三 章 暴 力 団 員 等 に 利 益 の 供 与 をすることの 禁 止 等 ( 第 十 四 条 第 十 六 条 ) 第 四 章 青 少 年 の 健 全 な 育 成 を 図 るための 措 置 ( 第 十 七 条 第 十 八 条 ) 第 五 章 不 動 産 の 譲 渡 等 に 関 する 措 置 等 ( 第 十 九 条 第 二 十 条 ) 第 六 章 雑 則 ( 第 二 十 一 条 第 二 十 四 条 ) 第 七 章 罰 則 ( 第 二 十 五 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 条 例 は 暴 力 団 による 不 当 な 行 為 その 他 暴 力 団 を 利 する 行 為 を 防 止 し 及 びこれらにより 府 の 事 務 若 しくは 事 業 府 の 区 域 における 事 業 活 動 又 は 府 民 の 生 活 に 生 ずる 不 当 な 影 響 を 排 除 することその 他 の 暴 力 団 の 排 除 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 府 府 民 及 び 事 業 者 の 責 務 を 明 らかにするとともに 暴 力 団 の 排 除 のために 必 要 な 事 項 等 を 定 めることにより 社 会 全 体 で 暴 力 団 の 排 除 を 推 進 し もって 府 民 生 活 の 安 全 と 平 穏 を 確 保 するとともに 社 会 経 済 活 動 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 条 例 において 次 の 各 号 に 掲 げる 用 語 の 意 義 は 当 該 各 号 に 定 める ところによる 一 暴 力 団 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七 十 七 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 二 号 に 規 定 する 暴 力 団 をいう 二 暴 力 団 員 法 第 二 条 第 六 号 に 規 定 する 暴 力 団 員 をいう 三 暴 力 団 員 等 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 員 でなくなった 日 から 五 年 を 経 過 しな い 者 をいう 四 暴 力 団 密 接 関 係 者 暴 力 団 又 は 暴 力 団 員 と 密 接 な 関 係 を 有 するものとし て 公 安 委 員 会 規 則 で 定 める 者 をいう 五 入 札 参 加 資 格 者 建 設 工 事 ( 建 設 業 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 百 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 建 設 工 事 をいう )の 請 負 役 務 の 提 供 又 は 物 品 の 購 入 そ の 他 の 調 達 のうち 府 が 発 注 するもの( 以 下 公 共 工 事 等 という )に 係 る 入 札 の 参 加 者 の 資 格 を 有 する 者 をいう 六 暴 力 団 事 務 所 暴 力 団 の 活 動 の 拠 点 である 施 設 又 は 施 設 の 区 画 された 部 分 をいう ( 基 本 理 念 ) 第 三 条 暴 力 団 の 排 除 は 暴 力 団 が 府 の 区 域 における 事 業 活 動 及 び 府 民 の 生 活 に 不 当 な 影 響 を 与 える 存 在 であることにかんがみ 暴 力 団 を 恐 れないこと 暴 力 団 に 対 して 資 金 を 提 供 しないこと 及 び 暴 力 団 を 利 用 しないことを 基 本 にする 12

14 とともに 暴 力 団 事 務 所 の 存 在 を 許 さないこととして 府 市 町 村 府 民 及 び 事 業 者 が 相 互 に 連 携 を 図 りながら 協 力 して 社 会 全 体 として 推 進 されなければ ならない ( 府 の 責 務 ) 第 四 条 府 は 前 条 に 定 める 基 本 理 念 ( 以 下 基 本 理 念 という )にのっとり 国 市 町 村 法 第 三 十 二 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 公 安 委 員 会 から 都 道 府 県 暴 力 追 放 運 動 推 進 センターとして 指 定 を 受 けたものその 他 の 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 を 目 的 とする 団 体 府 民 及 び 事 業 者 と 連 携 を 図 りながら 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 総 合 的 な 施 策 を 実 施 する 責 務 を 有 する ( 府 民 及 び 事 業 者 の 責 務 ) 第 五 条 府 民 は 基 本 理 念 にのっとり 相 互 に 連 携 を 図 りつつ 主 体 的 に 暴 力 団 の 排 除 に 取 り 組 むとともに 府 が 実 施 する 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 に 協 力 する よう 努 めるものとする 2 事 業 者 は 基 本 理 念 にのっとり その 事 業 に 関 し 暴 力 団 との 一 切 の 関 係 を 持 たないよう 努 めるとともに 府 が 実 施 する 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 施 策 に 協 力 するものとする 3 府 民 及 び 事 業 者 は 基 本 理 念 にのっとり 暴 力 団 の 排 除 に 資 すると 認 められ る 情 報 を 府 に 対 し 積 極 的 に 提 供 するよう 努 めるものとする ( 府 民 及 び 事 業 者 に 対 する 支 援 ) 第 六 条 府 は 暴 力 団 事 務 所 ( 暴 力 団 事 務 所 とするために 整 備 中 の 施 設 又 は 施 設 の 区 画 された 部 分 を 含 む )の 使 用 の 差 止 めの 請 求 暴 力 団 員 がした 不 法 行 為 による 被 害 に 係 る 損 害 賠 償 請 求 その 他 の 暴 力 団 員 に 対 する 請 求 ( 暴 力 団 の 排 除 に 資 すると 認 められないものを 除 く )をし 又 はしようとする 者 に 対 し 当 該 請 求 に 関 する 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 2 府 は 暴 力 団 の 排 除 に 資 すると 認 められる 活 動 に 取 り 組 んだことにより 暴 力 団 員 から 損 害 賠 償 請 求 その 他 の 請 求 をされた 者 に 対 し 当 該 請 求 に 関 する 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 3 府 は 前 二 項 に 規 定 するもののほか 府 民 及 び 事 業 者 が 暴 力 団 事 務 所 が 運 営 されないようにするための 活 動 その 他 の 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 相 互 に 連 携 を 図 りつつ 主 体 的 に 取 り 組 むことができるよう 府 民 及 び 事 業 者 に 対 し 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする ( 広 報 及 び 啓 発 活 動 ) 第 七 条 府 は 府 民 及 び 事 業 者 に 対 し 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 広 報 及 び 啓 発 活 動 を 積 極 的 に 行 うものとする ( 府 民 及 び 事 業 者 の 保 護 のための 措 置 ) 第 八 条 府 は 府 民 及 び 事 業 者 が 暴 力 団 の 排 除 のための 活 動 に 取 り 組 んだこと 等 に より 暴 力 団 から 危 害 を 加 えられるおそれがあると 認 められる 場 合 は 当 該 府 民 及 び 事 業 者 を 保 護 するために 必 要 な 措 置 を 講 ずるものとする ( 市 町 村 への 協 力 ) 第 九 条 府 は 市 町 村 が 暴 力 団 の 排 除 のための 施 策 を 講 じられるよう 情 報 の 提 13

15 供 技 術 的 な 助 言 その 他 の 必 要 な 協 力 を 行 うものとする 第 二 章 公 共 工 事 等 からの 暴 力 団 の 排 除 等 ( 公 共 工 事 等 からの 暴 力 団 の 排 除 ) 第 十 条 府 は 暴 力 団 員 及 び 暴 力 団 密 接 関 係 者 が 公 共 工 事 等 の 契 約 の 相 手 方 ( 以 下 元 請 負 人 という ) 及 び 次 に 掲 げる 者 ( 以 下 下 請 負 人 等 という )と なることを 許 してはならないものとする 一 下 請 負 人 ( 公 共 工 事 等 に 係 るすべての 請 負 人 又 は 受 託 者 ( 元 請 負 人 を 除 く )をいい 第 二 次 以 下 の 下 請 契 約 又 は 再 委 託 契 約 の 当 事 者 を 含 む 以 下 同 じ ) 二 元 請 負 人 又 は 下 請 負 人 と 公 共 工 事 等 に 係 る 資 材 又 は 原 材 料 の 購 入 契 約 そ の 他 の 契 約 を 締 結 する 者 ( 下 請 負 人 に 該 当 する 者 を 除 く ) ( 公 共 工 事 等 からの 暴 力 団 の 排 除 に 関 する 措 置 ) 第 十 一 条 知 事 は 前 条 の 趣 旨 を 踏 まえ 次 に 掲 げる 措 置 を 講 ずるものとする 一 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められる 者 に 対 し 公 共 工 事 等 に 係 る 入 札 に 参 加 するために 必 要 な 資 格 を 与 えないこと 二 入 札 参 加 資 格 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められ た 場 合 にあっては 当 該 入 札 参 加 資 格 者 を 公 共 工 事 等 に 係 る 入 札 に 参 加 させ ないこと 三 入 札 参 加 資 格 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められ た 場 合 にあっては 必 要 に 応 じ その 旨 を 公 表 すること 四 公 共 工 事 等 に 係 る 入 札 の 参 加 の 資 格 の 登 録 を 正 当 な 理 由 がなく 取 り 下 げ かつ 当 該 登 録 を 取 り 下 げた 日 から 一 年 を 経 過 しない 者 であって 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められるものに 対 する 前 号 に 掲 げる 措 置 に 準 ずる 措 置 五 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められる 者 を 随 意 契 約 の 相 手 方 としないこと 六 公 共 工 事 等 について 元 請 負 人 及 び 下 請 負 人 等 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 められた 場 合 にあっては 当 該 公 共 工 事 等 に 係 る 契 約 を 解 除 すること 七 前 各 号 に 掲 げるもののほか 公 共 工 事 等 からの 暴 力 団 の 排 除 を 図 るために 必 要 な 措 置 2 知 事 は 前 項 各 号 ( 第 三 号 を 除 く )に 掲 げる 措 置 を 講 ずるために 必 要 がある と 認 めるときは 元 請 負 人 及 び 下 請 負 人 等 に 対 し これらの 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 でない 旨 の 誓 約 書 の 提 出 及 び 必 要 な 事 項 の 報 告 等 を 求 める ことができる 3 知 事 は 前 項 の 誓 約 書 を 提 出 した 者 が 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 に 該 当 すると 認 めるときは その 旨 を 公 表 することができる ( 公 共 工 事 等 に 関 する 不 当 介 入 に 係 る 報 告 等 ) 第 十 二 条 何 人 も 公 共 工 事 等 において 暴 力 団 を 利 することとなるような 社 会 通 念 上 不 当 な 要 求 又 は 契 約 の 適 正 な 履 行 を 妨 げる 行 為 ( 以 下 不 当 介 入 とい 14

16 う )をしてはならない 2 元 請 負 人 及 び 下 請 負 人 等 は 公 共 工 事 等 に 係 る 契 約 の 履 行 に 当 たって 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 による 不 当 介 入 を 受 けたときは 速 やかに 府 に 報 告 し なければならない ( 府 の 事 務 及 び 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 ) 第 十 三 条 府 は 前 三 条 に 規 定 するもののほか その 行 う 事 務 又 は 事 業 によって 暴 力 団 を 利 することとならないよう 暴 力 団 員 又 は 暴 力 団 密 接 関 係 者 について 必 要 な 措 置 を 講 ずること 等 により 府 の 事 務 及 び 事 業 からの 暴 力 団 の 排 除 を 図 るものとする 第 三 章 暴 力 団 員 等 に 利 益 の 供 与 をすることの 禁 止 等 ( 利 益 の 供 与 の 禁 止 ) 第 十 四 条 事 業 者 は その 事 業 に 関 し 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 する 目 的 で 又 は 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 したことに 関 し 暴 力 団 員 等 又 は 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 し 金 品 その 他 の 財 産 上 の 利 益 又 は 役 務 の 供 与 ( 以 下 利 益 の 供 与 という ) をしてはならない 2 事 業 者 は 前 項 に 定 めるもののほか その 事 業 に 関 し 暴 力 団 員 等 又 は 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 し 暴 力 団 の 活 動 を 助 長 し 又 は 暴 力 団 の 運 営 に 資 す ることとなる 相 当 の 対 償 のない 利 益 の 供 与 をしてはならない 3 事 業 者 は 前 二 項 に 定 めるもののほか その 事 業 に 関 し 暴 力 団 員 等 又 は 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 し 暴 力 団 の 活 動 を 助 長 し 又 は 暴 力 団 の 運 営 に 資 することとなる 利 益 の 供 与 をしてはならない ただし 正 当 な 理 由 があるとき は この 限 りでない ( 暴 力 団 の 威 力 の 利 用 の 禁 止 ) 第 十 五 条 事 業 者 は 前 条 第 一 項 に 規 定 するもののほか その 事 業 に 関 し 暴 力 団 の 威 力 を 利 用 してはならない ( 暴 力 団 員 等 が 利 益 の 供 与 を 受 けることの 禁 止 ) 第 十 六 条 暴 力 団 員 等 は 事 業 者 から 当 該 事 業 者 が 第 十 四 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 の 規 定 に 違 反 することとなる 利 益 の 供 与 を 受 け 又 は 事 業 者 に 当 該 事 業 者 が これらの 項 の 規 定 に 違 反 することとなる 当 該 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 す る 利 益 の 供 与 をさせてはならない 2 暴 力 団 員 等 は 事 業 者 から 当 該 事 業 者 が 第 十 四 条 第 三 項 の 規 定 に 違 反 するこ ととなる 利 益 の 供 与 を 受 け 又 は 事 業 者 に 当 該 事 業 者 が 同 項 の 規 定 に 違 反 する こととなる 当 該 暴 力 団 員 等 が 指 定 した 者 に 対 する 利 益 の 供 与 をさせてはなら ない 第 四 章 青 少 年 の 健 全 な 育 成 を 図 るための 措 置 ( 青 少 年 に 対 する 指 導 等 のための 措 置 ) 第 十 七 条 府 は 青 少 年 が 暴 力 団 の 排 除 の 重 要 性 を 認 識 して 暴 力 団 に 加 入 せず 及 び 暴 力 団 員 による 犯 罪 の 被 害 を 受 けないための 指 導 又 は 啓 発 が 学 校 地 域 職 域 その 他 の 様 々な 場 において 必 要 に 応 じて 行 われるよう 情 報 の 提 供 その 他 の 必 要 な 支 援 を 行 うものとする 15

17 2 青 少 年 の 育 成 に 携 わる 者 は 青 少 年 が 暴 力 団 の 排 除 の 重 要 性 を 認 識 して 暴 力 団 に 加 入 せず 及 び 暴 力 団 員 による 犯 罪 の 被 害 を 受 けないよう 青 少 年 に 対 し 指 導 し 助 言 し その 他 適 切 な 措 置 を 講 ずるよう 努 めるものとする ( 暴 力 団 事 務 所 の 開 設 及 び 運 営 の 禁 止 ) 第 十 八 条 暴 力 団 事 務 所 は 次 に 掲 げる 施 設 の 敷 地 (これらの 用 に 供 するものと 決 定 した 土 地 を 含 む )の 周 囲 二 百 メートルの 区 域 内 においては これを 開 設 し 又 は 運 営 してはならない 一 学 校 教 育 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 十 六 号 ) 第 一 条 に 規 定 する 学 校 ( 大 学 を 除 く ) 同 法 第 百 二 十 四 条 に 規 定 する 専 修 学 校 ( 同 法 第 百 二 十 五 条 第 一 項 に 規 定 する 高 等 課 程 を 置 くものに 限 る ) 又 は 同 法 第 百 三 十 四 条 第 一 項 に 規 定 する 各 種 学 校 のうち 主 として 外 国 人 の 幼 児 児 童 若 しくは 生 徒 に 対 して 教 育 を 行 うもの 二 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 百 六 十 四 号 ) 第 七 条 第 一 項 に 規 定 する 児 童 福 祉 施 設 又 は 児 童 相 談 所 三 社 会 教 育 法 ( 昭 和 二 十 四 年 法 律 第 二 百 七 号 ) 第 二 十 一 条 に 規 定 する 公 民 館 四 図 書 館 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 十 八 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 図 書 館 五 博 物 館 法 ( 昭 和 二 十 六 年 法 律 第 二 百 八 十 五 号 ) 第 二 条 第 一 項 に 規 定 する 博 物 館 六 家 庭 裁 判 所 七 少 年 院 又 は 少 年 鑑 別 所 八 保 護 観 察 所 九 前 各 号 に 掲 げるもののほか その 周 辺 における 青 少 年 の 健 全 な 育 成 を 図 る ための 良 好 な 環 境 を 特 に 保 全 する 必 要 がある 施 設 として 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるもの 2 前 項 の 規 定 は 同 項 の 規 定 の 適 用 の 際 現 に 運 営 されている 暴 力 団 事 務 所 につ いては 適 用 しない ただし 当 該 暴 力 団 事 務 所 が 他 の 暴 力 団 のものとして 開 設 され 又 は 運 営 される 場 合 は この 限 りでない 3 府 は 第 一 項 に 規 定 する 区 域 内 において 運 営 されている 暴 力 団 事 務 所 につい て その 運 営 が 継 続 されないようにするための 活 動 を 推 進 するものとする 第 五 章 不 動 産 の 譲 渡 等 に 関 する 措 置 等 ( 不 動 産 の 譲 渡 等 をしようとする 者 の 責 務 ) 第 十 九 条 何 人 も 自 己 が 譲 渡 又 は 貸 付 け( 地 上 権 の 設 定 を 含 む 以 下 譲 渡 等 という )をしようとする 府 の 区 域 内 に 所 在 する 不 動 産 ( 以 下 不 動 産 とい う )が 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 されることとなることを 知 って 当 該 譲 渡 等 に 係 る 契 約 をしてはならないものとする 2 不 動 産 の 譲 渡 等 をしようとする 者 は 当 該 譲 渡 等 に 係 る 契 約 の 締 結 の 前 に 当 該 契 約 の 相 手 方 に 対 し 当 該 不 動 産 を 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 するものでない ことを 確 認 するよう 努 めるものとする 3 不 動 産 の 譲 渡 等 をしようとする 者 は 当 該 譲 渡 等 に 係 る 契 約 において 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるよう 努 めるものとする 16

18 一 契 約 の 相 手 方 は 当 該 不 動 産 を 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 してはならないこと 二 譲 渡 等 をした 不 動 産 が 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 されることが 判 明 したとき は 当 該 譲 渡 等 をした 者 は 催 告 をすることなく 当 該 契 約 を 解 除 し 又 は 当 該 不 動 産 を 買 い 戻 すことができること 4 譲 渡 等 をした 不 動 産 が 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 されることが 判 明 した 場 合 にお いては 当 該 譲 渡 等 をした 者 は 速 やかに 当 該 譲 渡 等 に 係 る 契 約 を 解 除 し 又 は 当 該 不 動 産 を 買 い 戻 すよう 努 めるものとする ( 不 動 産 の 譲 渡 等 の 代 理 又 は 媒 介 をする 者 の 措 置 等 ) 第 二 十 条 不 動 産 の 譲 渡 等 の 代 理 又 は 媒 介 をする 者 は 当 該 譲 渡 等 に 係 る 契 約 の 当 事 者 の 一 方 又 は 双 方 に 対 し 前 条 の 規 定 の 遵 守 に 関 し 助 言 その 他 の 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 2 不 動 産 の 譲 渡 等 の 代 理 又 は 媒 介 をする 者 は 当 該 代 理 又 は 媒 介 に 係 る 不 動 産 が 暴 力 団 事 務 所 の 用 に 供 されることとなることを 知 って 当 該 不 動 産 の 譲 渡 等 に 係 る 契 約 の 代 理 又 は 媒 介 をしてはならない 第 六 章 雑 則 ( 説 明 又 は 資 料 の 提 出 ) 第 二 十 一 条 公 安 委 員 会 は 第 十 四 条 又 は 第 十 六 条 の 規 定 の 実 施 に 必 要 な 限 度 に おいて 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより 説 明 又 は 資 料 の 提 出 を 求 める ことができる 2 知 事 は 前 条 の 規 定 の 実 施 に 必 要 な 限 度 において 規 則 で 定 めるところによ り 説 明 又 は 資 料 の 提 出 を 求 めることができる ( 勧 告 等 ) 第 二 十 二 条 知 事 は 正 当 な 理 由 がなく 第 十 二 条 第 二 項 の 規 定 による 報 告 をしな かった 者 に 対 し 必 要 な 指 導 又 は 勧 告 をすることができる 2 知 事 は 第 二 十 条 の 規 定 の 違 反 があった 場 合 において 当 該 違 反 が 暴 力 団 の 排 除 に 支 障 を 及 ぼし 又 は 及 ぼすおそれがあると 認 めるときは 規 則 で 定 める ところにより 当 該 違 反 をした 者 に 対 し 必 要 な 勧 告 をすることができる 3 公 安 委 員 会 は 第 十 四 条 第 一 項 若 しくは 第 二 項 又 は 第 十 六 条 第 一 項 の 規 定 の 違 反 があった 場 合 において 当 該 違 反 が 暴 力 団 の 排 除 に 支 障 を 及 ぼし 又 は 及 ぼすおそれがあると 認 めるときは 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより 当 該 違 反 をした 者 に 対 し 必 要 な 勧 告 をすることができる 4 公 安 委 員 会 は 第 十 四 条 第 三 項 又 は 第 十 六 条 第 二 項 の 規 定 の 違 反 があった 場 合 において 当 該 違 反 が 暴 力 団 の 排 除 に 支 障 を 及 ぼし 又 は 及 ぼすおそれがあ ると 認 めるときは 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより 当 該 違 反 をした 者 に 対 し 必 要 な 指 導 をすることができる 5 公 安 委 員 会 は 前 項 の 指 導 を 受 けた 者 が 正 当 な 理 由 がなく 当 該 指 導 に 従 わな かったときは 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより 必 要 な 勧 告 をすること ができる ( 事 実 の 公 表 ) 第 二 十 三 条 公 安 委 員 会 は 第 二 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 説 明 若 しくは 資 料 の 17

19 提 出 を 求 められた 者 が 正 当 な 理 由 がなく 当 該 説 明 若 しくは 資 料 の 提 出 を 拒 ん だとき 又 は 前 条 第 三 項 若 しくは 第 五 項 の 勧 告 を 受 けた 者 が 正 当 な 理 由 がなく 当 該 勧 告 に 従 わなかったときは 公 安 委 員 会 規 則 で 定 めるところにより その 旨 を 公 表 することができる 2 知 事 は 第 二 十 一 条 第 二 項 の 規 定 により 説 明 若 しくは 資 料 の 提 出 を 求 められ た 者 が 正 当 な 理 由 がなく 当 該 説 明 若 しくは 資 料 の 提 出 を 拒 んだとき 前 条 第 一 項 の 勧 告 を 受 けた 者 が 故 意 に 不 当 介 入 を 容 認 し かつ 当 該 勧 告 に 従 わなかっ たとき 又 は 同 条 第 二 項 の 勧 告 を 受 けた 者 が 正 当 な 理 由 がなく 当 該 勧 告 に 従 わ なかったときは 規 則 で 定 めるところにより その 旨 を 公 表 することができる 3 公 安 委 員 会 は 第 一 項 の 規 定 による 公 表 をしようとするときは 当 該 公 表 に 係 る 者 に あらかじめ その 旨 を 通 知 し その 者 又 はその 代 理 人 の 出 席 を 求 め 釈 明 及 び 資 料 の 提 出 の 機 会 を 与 えるため 意 見 の 聴 取 を 行 わなければならない 4 前 項 の 規 定 は 第 二 項 の 規 定 により 知 事 が 行 う 公 表 について 準 用 する この 場 合 において 前 項 中 公 安 委 員 会 とあるのは 知 事 と 第 一 項 とあ るのは 前 項 と 読 み 替 えるものとする ( 個 人 情 報 の 収 集 及 び 提 供 ) 第 二 十 四 条 大 阪 府 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 八 年 大 阪 府 条 例 第 二 号 ) 第 二 条 第 二 号 に 規 定 する 実 施 機 関 ( 公 安 委 員 会 警 察 本 部 長 及 び 府 が 設 立 した 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く 以 下 同 じ )は この 条 例 に 基 づき 暴 力 団 の 排 除 を 図 るため 実 施 機 関 が 定 めるところにより 必 要 な 個 人 情 報 ( 大 阪 府 個 人 情 報 保 護 条 例 第 二 条 第 一 号 に 規 定 する 個 人 情 報 をいう 以 下 同 じ )を 収 集 するものとする 2 実 施 機 関 は この 条 例 に 基 づき 暴 力 団 の 排 除 を 図 るために 必 要 があると 認 め るときは 実 施 機 関 が 定 めるところにより 前 項 の 規 定 により 収 集 した 個 人 情 報 を 警 察 本 部 長 に 提 供 するものとする 第 七 章 罰 則 第 二 十 五 条 第 十 八 条 第 一 項 の 規 定 に 違 反 して 暴 力 団 事 務 所 を 開 設 し 又 は 運 営 した 者 は 一 年 以 下 の 懲 役 又 は 五 十 万 円 以 下 の 罰 金 に 処 する 附 則 ( 施 行 期 日 ) 1 この 条 例 は 平 成 二 十 三 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 この 条 例 の 施 行 の 際 現 に 第 十 八 条 第 一 項 に 規 定 する 区 域 内 において 運 営 され ている 暴 力 団 事 務 所 については 同 項 の 規 定 は 適 用 しない ただし 当 該 暴 力 団 事 務 所 が 他 の 暴 力 団 のものとして 開 設 され 又 は 運 営 される 場 合 は こ の 限 りでない 18

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任

人 に 使 用 される 者 としての 勤 続 期 間 を 当 該 職 員 となつた 者 の 職 員 としての 勤 続 期 間 に 通 算 することと 定 められている 法 人 に 限 る )をいう 3 第 一 項 の 退 職 手 当 通 算 予 定 職 員 とは 任 命 権 者 又 はその 委 任 地 方 公 務 員 法 ( 抜 粋 ) 第 六 節 の 二 退 職 管 理 ( 再 就 職 者 による 依 頼 等 の 規 制 ) 第 三 十 八 条 の 二 職 員 ( 臨 時 的 に 任 用 された 職 員 条 件 付 採 用 期 間 中 の 職 員 及 び 非 常 勤 職 員 ( 第 二 十 八 条 の 五 第 一 項 に 規 定 する 短 時 間 勤 務 の 職 を 占 める 職 員 を 除

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

定 款

定 款 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 大 阪 湾 ベイエリア 開 発 推 進 機 構 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この

More information

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又

( 会 員 の 資 格 喪 失 ) 第 8 条 会 員 が 次 のいずれか に 該 当 する 場 合 には その 資 格 を 喪 失 する (1) 退 会 したとき (2) 成 年 被 後 見 人 又 は 被 保 佐 人 となったとき (3) 死 亡 し 若 しくは 失 踪 宣 告 を 受 け 又 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 青 森 県 計 量 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 青 森 県 青 森 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 協 会 は 県 民 の 正 しい 計 量 思 想 の 啓 発 及 び

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

札地第 号

札地第 号 ( 仮 称 ) 札 幌 市 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 する 条 例 素 案 ~ご 意 見 を 募 集 します~ 札 幌 市 で は 札 幌 市 における 暴 力 団 の 排 除 の 推 進 に 関 し 基 本 理 念 を 定 め 市 民 事 業 者 市 の 役 割 を 明 ら か に す る と と も に 施 策 等 に つ い て 規 定 す る こ と で 平 穏 な 市 民

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次

(2) 当 該 物 品 等 と 同 種 の 納 入 実 績 に 関 すること (3) その 他 必 要 な 事 項 ( 公 告 ) 第 4 条 市 長 は 一 般 競 争 入 札 に 付 するときは 施 令 第 167 条 の 6 及 び 契 約 規 則 第 13 条 の 規 定 に 基 づき 次 幼 稚 園 等 施 設 遮 熱 紫 外 線 対 策 業 務 委 託 に 係 る 制 限 付 一 般 競 争 入 札 実 施 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 那 覇 市 立 幼 稚 園 等 施 設 において 窓 ガラスに 遮 熱 紫 外 線 対 策 のため のフィルムを 貼 付 施 工 するための 業 務 を 委 託 するにあたり 地 方 自 治 法 施 令 ( 昭 和 22 年

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を

(5) 事 業 者 等 自 転 車 及 び 自 動 車 の 製 造 輸 入 販 売 又 は 修 理 を 業 として 行 っている 者 及 びそ れらの 者 の 団 体 並 びにその 他 の 事 業 者 をいう (6) 所 有 者 等 自 動 車 の 所 有 権 占 有 権 若 しくは 使 用 権 を 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 平 成 18 年 1 月 1 日 条 例 第 26 号 改 正 平 成 22 年 9 月 30 日 条 例 第 23 号 平 成 23 年 9 月 29 日 条 例 第 40 号 深 谷 市 放 置 自 転 車 自 動 車 の 発 生 防 止 及 び 処 理 に 関 する 条 例 目 次 第 1 章

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

財団法人山梨社会保険協会寄付行為

財団法人山梨社会保険協会寄付行為 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 山 梨 社 会 保 険 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 山 梨 県 甲 府 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 山 梨

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

Taro-データ公安委員会相互協力事

Taro-データ公安委員会相互協力事 公 安 委 員 会 相 互 協 力 事 務 処 理 要 綱 の 制 定 について( 例 規 ) 最 終 改 正 平 成 26.2.7 例 規 組 二 第 5 号 京 都 府 警 察 本 部 長 から 各 部 長 各 所 属 長 あて 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 事 務 取 扱 いに 関 する 訓 令 ( 平 成 4 年 京 都 府 警 察 本

More information

大阪府住宅供給公社定款

大阪府住宅供給公社定款 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 定 款 ( 認 可 昭 和 40 年 11 月 1 日 ) 一 部 変 更 認 可 平 成 19 年 9 月 3 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 住 宅 供 給 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程

学校法人日本医科大学利益相反マネジメント規程 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 利 益 相 反 マネジメント 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人 日 本 医 科 大 学 ( 以 下 本 法 人 という )が 本 法 人 利 益 相 反 マネジメントポリシー( 平 成 18 年 12 月 1 日 制 定 )の 精 神 に 則 り 教 職 員 等 の 産 学 官 連 携 活 動 に 伴 い

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

所令要綱

所令要綱 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 等 の 一 部 を 改 正 する 省 令 要 旨 一 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 の 一 部 改 正 ( 第 1 条 関 係 ) 1 個 人 所 得 課 税 ⑴ 次 に 掲 げる 書 類 等 については それぞれ 次 に 定 める 個 人 番 号 の 記 載 を 要 しな いこととする ( 租 税 特 別 措 置 法 施 行 規 則 第 3

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 (

第 3 章 会 員 ( 会 員 の 資 格 ) 第 5 条 協 会 の 会 員 は 協 会 の 目 的 に 賛 同 して 入 会 した 次 の 各 号 に 掲 げる 者 とする (1) 軽 種 馬 を 生 産 する 者 (2) 軽 種 馬 を 育 成 する 者 (3) 馬 主 (4) 調 教 師 ( 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 定 款 第 1 章 総 則 認 可 平 成 25 年 12 月 24 日 施 行 平 成 26 年 1 月 6 日 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 日 本 競 走 馬 協 会 ( 以 下 協 会 という ) と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 協 会 は 主 たる 事 務 所 を 東 京 都 港 区

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc

Microsoft Word - 101 第1章 定款.doc 第 1 章 定 款 規 約 山 梨 県 土 地 改 良 事 業 団 体 連 合 会 定 款 昭 和 33 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 33 年 10 月 9 日 認 可 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 会 は 土 地 改 良 事 業 を 行 う 者 ( 国 県 及 び 土 地 改 良 法 第 95 条 第 1 項 の 規 定 により 土 地 改 良 事 業 を 行 う

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期

(12) 配当所得の収入金額の収入すべき時期 (12) 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 36 4 配 当 所 得 の 収 入 金 額 の 収 入 すべき 時 期 は 法 第 36 条 第 3 項 に 規 定 するもの を 除 き それぞれ 次 に 掲 げる 日 によるものとする ⑴ 剰 余 金 の 配 当 利 益 の 配 当 剰 余 金 の 分 配 又 は 基 金 利 息 ( 以 下 この 項 におい て 剰 余

More information

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7

現 行 工 業 地 域 準 工 業 地 域 商 業 地 域 近 隣 商 業 地 域 改 正 後 準 工 業 地 域 ( 特 別 業 務 地 区 ( 第 2 種 ) 及 び 指 定 集 積 区 域 を 除 く) 近 隣 商 業 地 域 2 / 7 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 の 背 景 岸 和 田 市 環 境 保 全 条 例 ( 以 下 条 例 という )では 日 照 障 害 により 近 隣 の 生 活 環 境 に 支 障 を 及 ぼさないことを 目 的 に 建 物 高 さに 対 して 規 制 を 定 めております この 規 制 は 建 築 基 準 法 に 定 める 日 影 規 制 より

More information

Microsoft Word - 7._1_定款.doc

Microsoft Word - 7._1_定款.doc 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 当 法 人 は 一 般 財 団 法 人 むなかた 地 域 農 業 活 性 化 機 構 と 称 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 当 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 福 岡 県 宗 像 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 当 法 人 は 宗 像 市

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819A819A819A819A92808FF089F090E05F95FA92758EA9935D8ED48FF097E15F32352E31302E38> 富 士 市 自 転 車 等 の 放 置 の 防 止 に 関 する 条 例 の 解 説 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 公 共 の 場 所 における 自 転 車 等 の 放 置 を 防 止 することにより 歩 行 者 等 の 安 全 な 通 行 を 確 保 するとともに 良 好 な 都 市 景 観 を 保 全 し もって 安 全 で 快 適 な 市 民 生 活 の 実 現 を 図 ることを

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf

Microsoft Word - 01独立行政法人労働者健康安全機構法.rtf 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 機 構 法 発 令 : 平 成 14 年 12 月 13 日 号 外 法 律 第 171 号 最 終 改 正 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 改 正 内 容 : 平 成 27 年 5 月 7 日 号 外 法 律 第 17 号 [ 平 成 28 年 4 月 1 日 ] 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 安

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

目     次

目     次 制 裁 規 程 第 1 章 総 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 定 款 第 57 条 に 基 づき 会 員 及 び 会 員 を 所 属 商 品 先 物 取 引 業 者 とする 商 品 先 物 取 引 仲 介 業 者 ( 以 下 会 員 等 という )の 商 品 先 物 取 引 業 務 ( 定 款 第 3 条 第 1 項 第 5 号 に 定 める 業 務 をいう 以 下 この 規 程 において

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長

省 九 州 地 方 整 備 局 長 若 しくは 宮 崎 県 知 事 に 意 見 を 提 出 することができる ( 役 員 の 任 命 ) 第 8 条 理 事 長 及 び 監 事 は 宮 崎 県 知 事 が 任 命 する 2 理 事 は 理 事 長 が 任 命 する 3 副 理 事 長 は 理 事 長 宮 崎 県 住 宅 供 給 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 地 方 公 社 は 住 宅 を 必 要 とする 勤 労 者 に 対 し 住 宅 の 積 立 分 譲 等 の 方 法 により 居 住 環 境 の 良 好 な 集 団 住 宅 及 びその 用 に 供 する 宅 地 を 供 給 し もつて 住 民 の 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

1 県 本 部 各 部 課 長 県 下 各 警 察 署 長 殿 原 議 永 年 保 存 共 00 00 10 31 5 年 宮 本 総 第 1 1 7 7 号 平 成 24 年 12 月 28 日 宮 城 県 警 察 本 部 長 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 の 専 決 に 関 する 規 程 の 一 部 改 正 について ( 通 達 宮 城 県 公 安 委 員 会 の 権

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案)

財団法人○○会における最初の評議員の選任方法(案) 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 財 団 法 人 生 産 科 学 研 究 奨 励 会 という ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 事 務 所 を 福 岡 市 東 区 松 香 台 1 丁 目 10 番 1 号 におく 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ

はファクシミリ 装 置 を 用 いて 送 信 し 又 は 訪 問 する 方 法 により 当 該 債 務 を 弁 済 す ることを 要 求 し これに 対 し 債 務 者 等 から 直 接 要 求 しないよう 求 められたにもかか わらず 更 にこれらの 方 法 で 当 該 債 務 を 弁 済 するこ 求 償 権 の 管 理 回 収 に 関 する 事 例 研 究 (その2) - 平 成 23 年 度 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 から- 農 業 第 二 部 前 号 に 引 き 続 き 昨 年 9 月 に 開 催 された 求 償 権 管 理 回 収 等 事 務 研 修 会 で 求 償 権 の 管 理 回 収 事 例 研 究 として 掲 げられたテーマから4つの 事 例 について

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出

ろによる ⑴ 子 世 帯 満 12 歳 に 達 する 日 以 後 の 最 初 の3 月 末 日 までの 間 にある 者 及 びそ の 親 を 世 帯 構 成 員 ( 当 該 世 帯 を 構 成 する 世 帯 員 ( 世 帯 主 を 含 む )をいう 以 下 同 じ )に 含 む 世 帯 又 は 出 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 め る 平 成 28 年 5 月 11 日 大 分 市 長 佐 藤 樹 一 郎 大 分 市 三 世 代 近 居 同 居 ハッピーライフ 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 新 築 等 住 宅 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20906692668E6D94688CAD8E968BC68EC08E7B977697CC814095BD90AC82518255944E9378348C8E89FC90B32E646F63> 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 領 平 成 25 年 4 月 30 日 25 川 ま 情 第 282 号 局 長 決 裁 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 木 造 住 宅 耐 震 診 断 士 派 遣 事 業 実 施 要 綱 (22 川 ま 情 第 119 号 ) 第 3 条 の 規 定 に 基 づき 診 断 士 の 登 録 に 必

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 Ⅱ 国 地 方 公 共 団 体 公 共 公 益 法 人 等 の 消 費 税 Q&A ( 問 1) 免 税 期 間 における 起 債 の 償 還 元 金 に 充 てるための 補 助 金 等 の 使 途 の 特 定 Q 地 方 公 共 団 体 の 特 別 会 計 が 消 費 税 の 納 税 義 務 が 免 除 される 課 税 期 間

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準

PMK510プライバシーマーク制度における欠格事項及び判断基準 プライバシーマーク 制 度 における 欠 格 事 項 及 び 判 断 基 準 一 般 財 団 法 人 日 本 情 報 経 済 社 会 推 進 協 会 プライバシーマーク 推 進 センター 改 廃 履 歴 版 制 定 改 定 日 改 定 箇 所 理 由 施 行 日 1.0 平 成 22 年 10 月 15 日 プライバシーマーク 制 度 設 置 及 び 運 営 要 平 成 23 年 3 月 1 日 領

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

学校教育法施行令・施行規則等の改正について

学校教育法施行令・施行規則等の改正について 地 方 公 務 員 法 等 の 改 正 について 平 成 26 年 5 月 14 日 に 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 公 布 されました 施 行 期 日 は 公 布 の 日 から 起 算 して 2 年 を 超 えない 範 囲 内 において 政 令 で 定 める 日 となっておりますが, 現 在 未 施 行 の 状 態

More information

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc

Microsoft Word - 0425実施要綱⑦H24.doc 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 民 の 省 エネ 行 動 の 促 進 を 目 的 として 実 施 する 省 エネチャレンジ 応 援 事 業 の 運 営 について 必 要 な 事 項 を 定 め 家 庭 部 門 の 温 室 効 果 ガスの 排 出 削 減 を 推 進 し もって 地 球 温 暖 化 対 策 の 促 進 を 図 ることを

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 事 業 承 継 と 民 法 < 遺 留 分 > 相 続 までに 自 社 株 の 価 値 が 上 昇 すると 想 定 外 の 遺 留 分 の 主 張 を 受 けないか 心 配 だ 後 継 者 に 自 社 株 を 集 中 させたいが 相 続 紛 争 が 心 配 だ 民 法 の 遺 留 分 の 事 前 放 棄 は 利 用 しにくい 相 続 紛 争 や 自 社 株 式 の 分 散 を 防 止 でき 後 継

More information

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A>

<88F38DFC81693132944E8F8A93BE92BC914F979D985F837D8358835E815B816A> 平 成 23 年 平 成 24 年 改 正 等 に 伴 う 理 論 マスタ-の 改 訂 ( 理 論 マスターに 貼 付 可 能 ) 平 成 23 年 改 正 等 2ー4 給 与 所 得 者 の 特 定 支 出 控 除 の 特 例 Ⅲ 申 告 要 件 ( 法 57の23) この 規 定 は 確 定 申 告 書 修 正 申 告 書 又 は 更 正 請 求 書 にこの 規 定 の 適 用 を 受 け る

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208CF689768ED092639640906C8FE395FB978E8CEA8BA689EF814592E88ABC2E646F63> 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 上 方 落 語 協 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 大 阪 府 大 阪 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 上 方 落 語 を 中

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ

損 益 計 算 書 ( 自 平 成 25 年 4 月 1 日 至 平 成 26 年 3 月 31 日 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 営 業 収 益 75,917 取 引 参 加 料 金 39,032 上 場 関 係 収 入 11,772 情 報 関 係 収 入 13,352 そ 貸 借 対 照 表 ( 平 成 26 年 3 月 31 日 現 在 ) ( 単 位 : 百 万 円 ) 科 目 金 額 科 目 金 額 ( 資 産 の 部 ) ( 負 債 の 部 ) 流 動 資 産 85,772 流 動 負 債 22,025 現 金 及 び 預 金 49,232 営 業 未 払 金 1,392 営 業 未 収 入 金 6,597 未 払 金 1,173 前 払 費 用 313 未

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information