(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気"

Transcription

1 災 情 報 通 信 計 画 災 に 関 する 情 報 通 信 及 び 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 第 1 節 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 伝 達 計 画 1 気 象 情 報 の 種 類 及 び 伝 達 系 等 (1) 気 象 注 意 報 及 び 警 報 特 別 警 報 ア 気 象 注 意 報 風 雪 注 意 報 風 雪 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 強 風 注 意 報 大 雨 注 意 報 大 雪 注 意 報 濃 霧 注 意 報 雷 注 意 報 乾 燥 注 意 報 なだれ 注 意 報 着 氷 ( 雪 ) 注 意 報 霜 注 意 報 低 温 注 意 報 融 雪 注 意 報 強 風 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 大 雨 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 大 雪 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 濃 霧 によって 交 通 機 関 等 に 著 しい 障 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 落 雷 等 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 空 気 が 乾 燥 し 火 災 の 危 険 が 大 きいと 予 想 される 場 合 なだれによって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 着 氷 ( 雪 )によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 早 霜 晩 霜 等 によって 農 作 物 に 著 しい が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 低 温 のため 農 作 物 その 他 に 著 しい が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 融 雪 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 イ 気 象 警 報 暴 風 警 報 暴 風 雪 警 報 大 雨 警 報 大 雪 警 報 暴 風 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 暴 風 雪 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 大 雨 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 大 雪 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 ウ 特 別 警 報 大 雨 暴 風 暴 風 雪 大 雪 警 報 をはるかに 超 える 豪 雨 や 暴 風 等 が 予 想 され 重 大 な 災 の 危 険 性 が 著 しく 高 まっている 場 合 (2) 地 面 現 象 注 意 報 及 び 警 報 地 面 現 象 注 意 報 大 雨 大 雪 等 による 山 崩 れ 地 すべりなどによって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 に 気 象 警 報 に 含 めて 発 表 される 地 面 現 象 警 報 大 雨 大 雪 等 による 山 崩 れ 地 すべりなどによって 重 大 な 災 が 起 るおそれが あると 予 想 される 場 合 に 気 象 警 報 に 含 めて 発 表 される (3) 浸 水 注 意 報 及 び 警 報 浸 水 注 意 報 浸 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 に 気 象 注 意 報 に 含 めて 発 表 される 浸 水 警 報 浸 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 に 気 象 警 報 に 含 めて 発 表 される -19-

2 (4) 洪 水 注 意 報 及 び 警 報 洪 水 注 意 報 洪 水 によって 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 洪 水 警 報 洪 水 によって 重 大 な 災 が 起 るおそれがあると 予 想 される 場 合 (5) 気 象 情 報 の 伝 達 系 統 札 幌 管 区 気 象 台 札 幌 開 発 建 設 部 岩 見 沢 河 川 事 務 所 札 幌 建 設 管 理 部 岩 見 沢 出 張 所 札 幌 開 発 建 設 部 岩 見 沢 道 路 事 務 所 北 海 道 総 務 部 危 機 対 策 局 危 機 管 理 課 美 唄 市 役 所 ( 危 機 管 理 対 策 室 又 は 当 直 員 ) NTT 東 日 本 ( 仙 台 センタ) 市 長 副 市 長 総 務 部 長 危 機 管 理 対 策 室 長 報 道 機 関 北 海 道 警 察 本 部 自 衛 隊 ( 陸 上 自 衛 隊 第 2 地 対 艦 ミサ イル 連 隊 第 3 科 ) 美 唄 消 防 本 部 庁 内 関 係 部 課 教 育 委 員 会 関 係 機 関 団 体 消 防 庁 J-ALERTによる ( 警 報 のみ) 消 防 職 員 団 員 広 報 車 職 員 広 報 車 防 災 行 政 無 線 各 学 校 児 童 生 徒 広 報 車 緊 急 速 報 メ ル 無 線 一 般 住 民 -20-

3 状 況 により 行 う 通 信 系 統 主 な 機 関 等 への 伝 達 すべき 気 象 情 報 及 び 伝 達 先 種 別 警 報 注 意 報 機 関 名 暴 風 暴 風 雪 大 雨 美 唄 市 農 業 協 同 組 合 大 雪 洪 水 乾 燥 低 温 霜 美 唄 市 消 防 本 部 峰 延 農 業 協 同 組 合 いわみざわ 農 業 協 同 組 合 そらち 森 林 組 合 美 唄 支 所 美 唄 市 教 育 委 員 会 美 唄 商 工 会 議 所 土 地 改 良 区 事 業 所 印 は 状 況 により 伝 達 する なお 特 別 警 報 が 発 表 された 場 合 はすべての 機 関 に 伝 達 する 2 気 象 情 報 の 受 理 (1) 気 象 情 報 は 通 常 の 勤 務 時 間 中 は 総 務 部 危 機 管 理 対 策 室 が 勤 務 時 間 外 休 日 に ついては 当 直 者 又 は 夜 警 員 が 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 受 理 票 ( 様 式 第 1)により 受 理 する (2) 危 機 管 理 対 策 室 長 は その 受 理 した 気 象 情 報 の 内 容 により 上 司 に 報 告 するとと もに 庁 内 機 関 等 へ 通 知 する (3) 通 知 を 受 けた 関 係 部 等 は 必 要 に 応 じ 関 係 機 関 等 に 周 知 を 図 るものとする 3 予 報 ( 注 意 報 を 含 む) 警 報 並 びに 情 報 等 の 種 類 及 び 発 表 基 準 気 象 業 務 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 165 号 )に 定 める 基 準 は 次 のとおりである (1) 注 意 報 発 表 基 準 雨 量 基 準 1 時 間 雨 量 30mm 大 雨 土 壌 雨 量 指 数 基 準 87 洪 強 水 風 雨 量 基 準 流 域 雨 量 指 数 基 準 複 合 基 準 指 定 河 川 洪 水 予 報 による 基 準 平 均 風 速 - 美 唄 川 流 域 =11 - 石 狩 川 下 流 [ 奈 井 江 大 橋 月 形 ] 12m/s 風 雪 平 均 風 速 10m/s 雪 による 視 程 障 を 伴 う 大 雪 降 雪 の 深 さ 12 時 間 降 雪 の 深 さ30cm 雷 落 雷 等 により が 予 想 される 場 合 融 雪 24 時 間 雨 量 と 融 雪 量 ( 相 当 水 量 )の 合 計 が70mm 濃 霧 視 程 200m 乾 燥 最 小 湿 度 30% 実 効 湿 度 60% なだれ 低 温 着 5 月 ~10 月 の 平 均 気 温 11 月 ~4 月 の 最 低 気 温 2 積 雪 の 深 さ50cm 以 上 で 日 平 均 気 温 5 以 上 平 年 より5 以 上 低 い 日 が2 日 以 上 継 続 平 年 より8 以 上 低 い 霜 最 低 気 温 3 以 下 雪 124 時 間 降 雪 の 深 さ30cm 以 上 気 温 0 くらいで 強 度 並 以 上 の 雪 が 数 時 間 以 上 継 続 -21-

4 (2) 火 災 気 象 通 報 基 準 実 効 湿 度 60% 以 下 で 最 小 湿 度 30% 以 下 の 場 合 もしくは 平 均 風 速 で12m/s 以 上 が 予 想 される 場 合 ( 平 均 風 速 が12m/s 以 上 であっても 降 雨 及 び 降 雪 の 状 況 によっては 通 報 を 行 わない 場 合 がある) (3) 警 報 発 表 基 準 雨 量 基 準 1 時 間 雨 量 50mm 大 雨 土 壌 雨 量 指 数 基 準 132 雨 量 基 準 - 流 域 雨 量 指 数 基 準 洪 水 複 合 基 準 暴 風 平 均 風 速 指 定 河 川 洪 水 予 報 による 基 準 美 唄 川 流 域 =11 - 石 狩 川 下 流 [ 奈 井 江 大 橋 月 形 ] 18m/s 暴 風 雪 平 均 風 速 16m/s 雪 による 視 程 障 を 伴 う 大 雪 降 雪 の 深 さ 12 時 間 降 雪 の 深 さ50cm (4) 特 別 警 報 発 表 基 準 大 雨 基 準 台 風 や 集 中 豪 雨 により 数 十 年 に 一 度 の 降 雨 量 となる 大 雨 が 予 想 され 若 しくは 数 十 年 に 一 度 の 強 度 の 台 風 や 同 程 度 の 温 帯 低 気 圧 により 大 雨 となると 予 想 される 場 合 暴 風 基 準 数 十 年 に 一 度 の 強 度 の 台 風 や 同 程 度 の 温 帯 低 気 圧 により 暴 風 が 吹 くと 予 想 される 場 合 暴 風 雪 基 準 数 十 年 に 一 度 の 強 度 の 台 風 と 同 程 度 の 温 帯 低 気 圧 により 雪 を 伴 う 暴 風 が 吹 くと 予 想 される 場 合 大 雪 基 準 数 十 年 に 一 度 の 降 雪 量 となる 大 雪 が 予 想 される 場 合 -22-

5 4 洪 水 予 報 ( 水 位 周 知 河 川 ) (1) 北 海 道 開 発 局 と 札 幌 管 区 気 象 台 が 共 同 で 発 表 する 場 合 自 衛 隊 教 育 委 員 会 学 校 北 海 道 警 察 広 報 班 札 幌 管 区 気 象 台 北 海 道 開 発 局 ( 札 幌 開 発 建 設 部 ) 北 海 道 NTT 東 日 本 NHK 放 送 局 美 唄 市 水 防 管 理 者 ( 危 機 管 理 対 策 室 ) 消 防 本 部 携 帯 電 話 会 社 美 唄 市 農 協 峰 延 農 協 いわみざわ 農 協 緊 急 速 報 メール 一 般 住 報 道 機 関 地 区 災 対 策 本 部 民 ( 注 ) は 電 話 及 び 無 線 は 電 波 による 伝 達 を 示 す (2) 北 海 道 と 札 幌 管 区 気 象 台 が 共 同 で 発 表 する 場 合 自 衛 隊 教 育 委 員 会 学 校 北 海 道 警 察 広 報 班 札 幌 管 区 気 象 台 北 海 道 ( 空 知 総 合 振 興 局 札 幌 建 設 管 理 部 ) 北 海 道 NTT 東 日 本 美 唄 市 水 防 管 理 者 ( 危 機 管 理 対 策 室 ) 消 防 本 部 携 帯 電 話 会 社 緊 急 速 報 メール 一 般 NHK 放 送 局 美 唄 市 農 協 峰 延 農 協 いわみざわ 農 協 住 報 道 機 関 地 区 災 対 策 本 部 民 北 海 道 開 発 局 札 幌 開 発 建 設 部 ( 注 ) は 電 話 及 び 無 線 は 電 波 による 伝 達 を 示 す -23-

6 5 水 防 警 報 ( 水 防 法 第 16 条 ) (1) 北 海 道 開 発 局 が 発 表 する 場 合 北 海 道 北 海 道 開 発 局 ( 総 務 部 危 機 対 策 局 ) 教 育 委 員 会 学 校 美 唄 市 水 防 管 理 者 ( 危 機 管 理 対 策 室 ) 広 報 班 消 防 本 部 一 札 幌 開 発 建 設 部 札 幌 管 区 気 象 台 札 幌 建 設 管 理 部 岩 見 沢 出 張 所 美 唄 市 農 協 峰 延 農 協 いわみざわ 農 協 般 住 地 区 災 対 策 本 北 海 道 警 察 関 係 機 関 民 自 衛 隊 (2) 北 海 道 が 発 表 する 場 合 北 海 道 ( 地 域 政 策 部 ) 札 幌 開 発 建 設 部 美 唄 市 水 防 管 理 者 ( 危 機 管 理 対 策 室 ) 教 育 委 員 会 広 報 班 消 防 本 部 学 校 一 札 幌 建 設 管 理 部 北 海 道 開 発 局 北 海 道 警 自 衛 隊 美 唄 市 農 協 峰 延 農 協 いわみざわ 農 協 般 住 札 幌 建 設 管 理 部 岩 見 沢 出 張 所 札 幌 管 区 気 象 台 地 区 災 対 策 本 部 民 関 係 機 関 -24-

7 第 2 節 地 震 情 報 の 伝 達 計 画 地 震 動 警 報 を 迅 速 かつ 的 確 に 伝 達 するための 計 画 は 次 のとおりである 1 地 振 動 警 報 及 び 地 震 動 予 報 警 報 予 報 の 種 類 発 表 名 称 内 容 等 地 震 動 特 別 警 報 緊 急 地 震 速 報 ( 特 別 警 報 ) 最 大 震 度 6 弱 以 上 の 大 きさの 地 震 動 が 予 想 される 場 合 地 震 動 警 報 緊 急 地 震 速 報 ( 警 報 ) 地 震 動 予 報 緊 急 地 震 速 報 ( 予 報 ) 最 大 震 度 5 弱 以 上 の 揺 れが 推 定 されたときに 強 い 揺 れ が 予 想 される 地 域 に 対 し 地 震 動 により 重 大 な 災 が 起 こ るおそれのある 旨 を 警 告 して 発 表 する 緊 急 地 震 速 報 推 定 最 大 震 度 3 以 上 又 はマグニチュード3.5 以 上 等 と 推 定 されたときに 発 表 する 緊 急 地 震 速 報 2 地 震 に 関 する 情 報 の 種 類 と 内 容 地 震 情 報 の 種 類 発 表 内 容 等 震 度 速 報 震 度 3 以 上 を 観 測 した 地 域 名 ( 全 国 を 約 180に 区 分 )と 震 度 地 震 の 発 生 時 刻 を 発 表 地 震 の 発 生 場 所 ( 震 源 )やその 規 模 (マグニチュード)に 津 波 の 心 配 な 震 源 に 関 する 情 報 し 又 は 若 干 の 海 面 変 動 があるかもしれないが の 心 配 なし を 付 加 し て 発 表 地 震 の 発 生 場 所 ( 震 源 ) その 規 模 (マグニチュード) 震 度 3 以 上 の 地 震 源 震 度 に 関 する 情 報 域 名 と 市 町 村 名 を 発 表 なお 震 度 5 弱 以 上 と 考 えられる 地 域 で 震 度 を 入 手 していない 地 点 がある 場 合 には その 市 町 村 名 を 発 表 震 度 1 以 上 を 観 測 した 地 点 のほか 地 震 の 発 生 場 所 ( 震 源 )やその 規 模 各 地 の 震 度 に 関 する 情 報 (マグニチュード)を 発 表 その 他 の 情 報 地 震 が 多 発 した 場 合 の 震 度 1 以 上 を 観 測 した 地 震 回 数 情 報 や 顕 著 な 地 震 の 震 源 要 素 更 新 のお 知 らせなどを 発 表 -25-

8 札 幌 管 区 気 象 台 の 震 度 観 測 点 ( 管 内 ) 震 度 観 測 点 名 称 観 測 点 所 在 地 緯 度 経 度 鷹 泊 通 報 所 深 川 市 多 度 志 町 鷹 泊 字 ヌツプホロマップ 北 竜 町 竜 西 雨 竜 郡 北 竜 町 字 竜 西 石 狩 沼 田 通 報 所 沼 田 町 字 旭 町 芦 別 市 旭 町 芦 別 市 旭 町 滝 川 市 大 町 滝 川 市 大 町 滝 川 通 報 所 滝 川 市 字 南 滝 の 川 夕 張 市 若 菜 夕 張 市 若 菜 夕 張 通 報 所 夕 張 市 富 野 岩 見 沢 市 5 条 岩 見 沢 市 5 条 東 ( 岩 見 沢 特 別 地 域 気 象 観 測 所 ) 美 唄 市 西 4 条 美 唄 市 西 4 条 南 1 丁 目 美 唄 市 西 5 条 美 唄 市 西 5 条 南 1 丁 目 ( 美 唄 市 総 合 体 育 館 ) 幾 春 別 通 報 所 三 笠 市 幾 春 別 栗 丘 町 地 震 動 警 報 及 び 予 報 の 伝 達 系 等 気 象 庁 本 庁 NHK 一 般 住 民 4 放 送 機 関 の 活 用 当 該 地 震 災 に 関 して 本 部 長 が 特 に 必 要 があると 認 め 緊 急 に 伝 達 又 は 警 告 等 を 要 する 場 合 には 基 本 法 第 57 条 の 規 定 に 基 づき 北 海 道 を 通 じて 放 送 機 関 に 対 し 緊 急 放 送 を 行 うよう 要 請 する 市 及 び 防 災 関 係 機 関 職 員 は 地 震 発 生 後 直 ちにテレビ ラジオ 放 送 の 視 聴 聴 取 を 行 い 災 対 策 本 部 等 の 発 表 する 情 報 を 収 集 し 的 確 な 状 況 の 把 握 に 努 めるものとす る -26-

9 第 3 節 災 通 信 計 画 災 時 における 災 情 報 及 び 災 報 告 等 の 通 信 連 絡 の 方 法 は この 計 画 の 定 めるところに よる 1 主 通 信 系 統 ( 電 話 による 通 信 ) 災 時 における 通 信 連 絡 は 公 衆 電 気 通 信 設 備 を 主 通 信 系 統 とする なお 非 常 扱 いの 通 話 又 は 緊 急 扱 いの 通 話 の 取 扱 いは 電 気 通 信 事 業 法 ( 昭 和 59 年 法 律 第 86 号 ) 第 8 条 の 規 定 により 市 外 電 話 交 換 取 扱 局 からあらかじめ 承 認 を 受 けた 番 号 の 加 入 電 話 ( 電 話 番 号 )をもって 所 轄 NTT(102 番 )に 非 常 又 は 緊 急 の 旨 を 告 げて 通 話 を 請 求 し 関 係 機 関 に 通 報 するものとする 2 副 通 信 系 統 ( 専 用 通 信 施 設 の 利 用 ) 主 通 信 系 統 による 設 備 が 利 用 できない 状 態 になった 場 合 における 通 信 連 絡 は 次 の 専 用 通 信 施 設 のうち 最 も 迅 速 であるものを 選 定 して 行 うものとする (1) 北 海 道 電 力 の 専 用 電 話 による 通 信 北 海 道 電 力 の 支 店 営 業 所 変 電 所 を 経 て 行 う (2) 鉄 道 電 話 による 通 信 鉄 道 専 用 の 電 話 により 最 寄 りの 駅 又 は 保 線 所 から 通 信 相 手 機 関 に 最 も 近 い 鉄 道 施 設 を 経 て 行 う (3) 警 察 電 話 による 通 信 美 唄 警 察 署 の 専 用 電 話 をもって 通 信 相 手 機 関 に 最 も 近 い 警 察 機 関 を 経 て 行 う 3 副 通 信 系 統 ( 専 用 無 線 施 設 の 利 用 ) (1) 消 防 無 線 による 通 信 美 唄 市 消 防 本 部 署 及 び 消 防 車 に 設 備 の 無 線 を 利 用 して 情 報 収 集 にあたる (2) 美 唄 市 防 災 行 政 無 線 による 通 信 美 唄 市 防 災 行 政 無 線 を 利 用 して 情 報 収 集 にあたる (3) 北 海 道 防 災 行 政 無 線 による 通 信 北 海 道 防 災 行 政 無 線 を 利 用 して 情 報 収 集 にあたる (4) 北 海 道 地 方 非 常 通 信 協 議 会 加 入 無 線 局 による 通 信 北 海 道 地 方 非 常 通 信 協 議 会 加 入 無 線 ( 別 表 第 4)を 利 用 して 情 報 収 集 にあたる 4 通 信 途 絶 時 の 連 絡 方 法 全 域 にわたり 災 が 発 生 し 前 記 1.2 及 び3の 方 途 による 通 信 が 不 可 能 な 場 合 は 自 動 車 オートバイ 徒 歩 等 により 連 絡 員 を 派 遣 し 口 頭 等 により 連 絡 する 等 臨 機 の 措 置 を 講 ずるものとする 第 4 節 災 情 報 等 の 報 告 収 集 及 び 伝 達 計 画 災 が 発 生 するおそれがあるとき 又 は 災 が 発 生 したときにおける 情 報 の 収 集 報 告 及 び 伝 達 に 関 する 事 項 は この 計 画 の 定 めるところによる 1 異 常 現 象 発 見 時 における 措 置 異 常 現 象 ( 異 常 水 位 地 すべり 雪 崩 堤 防 決 壊 等 ) 発 見 時 の 通 報 は 次 の 異 常 現 象 発 見 通 報 系 統 図 に 基 づき 電 話 無 線 その 他 最 も 有 効 な 方 法 により 通 報 しなければなら ない -27-

10 異 常 現 象 発 見 通 報 系 統 図 異 常 現 象 発 見 者 美 唄 警 察 署 美 唄 市 役 所 危 機 管 理 対 策 室 夜 間 休 日 は 宿 日 直 業 務 員 危 機 管 理 対 策 室 長 美 唄 市 消 防 本 部 市 長 副 市 長 総 務 部 長 関 係 部 課 長 消 防 団 防 災 会 議 構 成 機 関 及 び 関 係 機 関 団 体 関 係 職 員 一 般 住 民 2 地 区 別 災 情 報 連 絡 情 報 収 集 の 万 全 を 図 るため 各 地 区 別 に 情 報 連 絡 機 関 ( 別 表 第 5)を 置 く 3 状 況 報 告 災 が 発 生 した 場 合 市 長 は 基 本 法 第 53 条 の 規 定 に 基 づき 次 に 定 める 災 情 報 等 報 告 取 扱 要 領 により に 報 告 するものとする 但 し 消 防 庁 即 報 基 準 に 該 当 する 火 災 災 等 の 内 一 定 規 模 以 上 のもの( 直 接 即 報 基 準 に 該 当 する 火 災 災 等 )を 覚 知 した 場 合 第 一 報 については 直 接 消 防 庁 に 報 告 するも のとする なお 消 防 庁 長 官 から 要 請 があった 場 合 については 第 一 報 後 の 報 告 につ いても 引 き 続 き 消 防 庁 に 報 告 するものとする -28-

11 災 情 報 等 報 告 取 扱 要 領 市 長 は 災 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 次 の 定 めるところにより 災 情 報 及 び 状 況 報 告 ( 以 下 災 情 報 等 という )を 長 に 報 告 す るものとする 1 報 告 の 対 象 災 情 報 等 の 報 告 の 対 象 は おおむね 次 に 掲 げるものとする (1) 人 的 住 家 が 発 生 したもの (2) 救 助 法 の 適 用 基 準 に 該 当 する 程 度 のもの (3) 災 に 対 し 国 及 び 道 の 財 政 援 助 等 を 要 すると 思 われるもの (4) 災 が 当 初 軽 微 であっても 今 後 拡 大 し 発 展 するおそれがある 場 合 又 は 広 域 的 な 災 で 美 唄 市 が 軽 微 であっても 地 域 全 体 から 判 断 して 報 告 を 要 すると 認 められるもの (5) 地 震 が 発 生 し 震 度 4 以 上 を 記 録 したもの (6) 災 の 状 況 及 びそれが 及 ぼす 社 会 的 影 響 等 からみて 報 告 の 必 要 があると 認 め られるもの (7) その 他 特 に 指 示 があった 災 2 報 告 の 種 類 及 び 内 容 (1) 災 情 報 災 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 は 様 式 第 2により 速 やかに 報 告 すること この 場 合 災 の 経 過 に 応 じ 把 握 した 事 項 を 逐 次 報 告 すること (2) 状 況 報 告 状 況 報 告 は 次 の 区 分 により 行 うものとする ただし 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 公 共 機 関 の 維 持 管 理 する 施 設 等 ( 住 家 を 除 く )については 除 くものとする ア 速 報 発 生 後 直 ちに 様 式 第 3により 件 数 のみ 報 告 すること イ 中 間 報 告 状 況 が 判 明 次 第 様 式 第 3により 報 告 すること なお 報 告 内 容 に 変 化 を 生 じたときは その 都 度 報 告 すること ただし 報 告 の 時 期 等 について 特 に 指 示 があった 場 合 はその 指 示 によること ウ 最 終 報 告 応 急 措 置 が 完 了 した 後 15 日 以 内 に 様 式 第 3により 報 告 すること (3) その 他 の 報 告 災 の 報 告 は (1)び(2)によるほか 法 令 等 の 定 めに 従 い それぞれ 所 要 の 報 告 を 行 うものとする 3 報 告 の 方 法 (1) 災 情 報 及 び 状 況 報 告 ( 速 報 及 び 中 間 報 告 )は 電 話 又 は 無 線 等 により 迅 速 に 行 うものとする (2) 状 況 報 告 のうち 最 終 報 告 は 文 書 により 報 告 するものとする 4 状 況 判 定 基 準 状 況 の 判 定 基 準 は 次 のとおりとする -29-

12 状 況 判 定 基 準 区 分 判 断 基 準 当 該 災 が 原 因 で 死 亡 した 死 体 を 確 認 したもの 又 は 死 体 を 確 認 することができ ないが 死 亡 したことが 確 実 なもの (1) 当 該 災 により 負 傷 し 死 亡 した 者 は 当 該 災 による 死 亡 者 とする 人 死 者 (2) A 町 のものが 隣 接 のB 町 に 滞 在 中 当 該 災 によって 死 亡 した 場 合 は B 町 の 死 亡 者 として 取 り 扱 う ( 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 についても 同 じ ) (3) 氏 名 性 別 年 令 職 業 住 所 原 因 を 調 査 し 市 町 村 と 警 察 調 査 が 一 致 する 的 こと 行 方 不 当 該 災 が 原 因 で 所 在 不 明 となり かつ 死 亡 の 疑 いのあるもの 明 (1) 死 者 欄 の(2) (3)を 参 照 災 のため 負 傷 し 1カ 月 以 上 医 師 の 治 療 を 受 け 又 は 受 ける 必 要 のあるもの (1) 負 傷 の 程 度 の 診 断 は 医 師 によるものとし 診 断 後 入 院 通 院 自 宅 治 療 等 が 重 傷 者 が1カ 月 以 上 に 及 ぶものを 重 傷 者 とする (2) 死 者 欄 の(2) (3)を 参 照 災 のため 負 傷 し 1カ 月 未 満 の 医 師 の 治 療 を 受 け 又 は 受 ける 必 要 のあるもの 軽 傷 (1) 負 傷 の 程 度 の 診 断 は 医 師 によるものとし 診 断 後 入 院 通 院 自 宅 治 療 等 が 者 が1カ 月 未 満 であるものを 軽 傷 者 とする (2) 死 者 欄 の(2) (3)を 参 照 住 現 実 に 居 住 のため 使 用 している 建 物 をいい 社 会 通 念 上 の 住 家 であるかどうかを 問 わない (1) 物 置 倉 庫 等 を 改 造 して 居 住 している 場 合 は 住 家 とみなす 家 (2) 商 品 倉 庫 等 の 一 部 を 管 理 人 宿 舎 として 使 用 している 場 合 で 商 品 倉 庫 管 理 住 人 宿 舎 ともに 半 壊 した 場 合 住 家 の 半 壊 1 商 工 1として 計 上 すること (3) 住 家 は 社 宅 公 宅 ( 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 公 共 機 関 のもの)を 問 わず 全 てを 住 家 とする 生 活 を 一 つにしている 実 際 の 生 活 単 位 寄 宿 舎 下 宿 その 他 これ 等 に 類 する 施 設 世 に 宿 泊 するもので 共 同 生 活 を 営 んでいる 者 は 原 則 としてその 寄 宿 舎 等 を1 世 帯 と 帯 する 家 同 一 家 屋 内 に 親 子 夫 婦 が 生 活 の 実 態 を 別 々にしている 場 合 は 2 世 帯 とする 住 家 がその 居 住 のための 基 本 的 機 能 を 喪 失 したもの すなわち 住 家 全 部 が 倒 壊 流 失 埋 没 焼 失 したもの または 住 家 の 損 壊 が 甚 だしく 補 修 により 元 通 り に 再 使 用 することが 困 難 なもので 具 体 的 には 住 家 の 損 壊 焼 失 若 しくは 流 失 し た 部 分 の 床 面 積 がその 住 家 の 延 面 積 の70% 以 上 に 達 した 程 度 のもの 又 は 住 家 の 主 全 壊 要 な 構 成 要 素 の 経 済 的 を 住 家 全 体 に 占 める 損 割 合 で 表 し その 住 家 の 損 割 合 が50% 以 上 に 達 した 程 度 のもの 額 の 算 出 は その 家 屋 ( 畳 建 具 を 含 む )の 時 価 とし 家 財 道 具 の は 含 まない 住 家 がその 居 住 のための 基 本 的 機 能 の 一 部 を 喪 失 したもの すなわち 住 家 の 損 が 甚 だしいが 補 修 すれば 元 通 りに 再 使 用 できる 程 度 のもので 具 体 的 には 損 壊 部 分 がその 住 家 の 延 床 面 積 の20% 以 上 70% 未 満 のもの 又 は 住 家 の 主 要 な 構 成 要 素 半 壊 の 経 済 的 を 住 家 全 体 に 占 める 損 割 合 で 表 し その 住 家 の 損 割 合 が20% 以 上 50% 未 満 のもの 額 の 算 出 は その 家 屋 ( 畳 建 具 を 含 む )の 時 価 に 減 損 耗 率 を 乗 じた 額 と し 家 財 道 具 の は 含 まない -30-

13 区 分 判 断 基 準 住 一 部 破 全 壊 半 壊 床 上 浸 水 及 び 床 下 浸 水 に 該 当 しない 場 合 であって 建 物 の 一 部 が 破 損 した 状 態 で 居 住 するためには 補 修 を 要 する 程 度 のもの 損 額 の 算 出 は その 家 屋 ( 畳 建 具 を 含 む )の 時 価 に 減 損 耗 率 を 乗 じた 額 と し 家 財 道 具 の は 含 まない 家 住 家 が 床 上 まで 浸 水 又 は 土 砂 等 が 床 上 まで 堆 積 したため 一 時 的 に 居 住 すること ができない 状 態 となったもの 床 上 浸 水 額 の 算 出 は 床 上 浸 水 によって 家 屋 ( 畳 建 具 を 含 む )が 破 損 した 部 分 の 損 額 とし 家 財 道 具 の 土 砂 及 び 汚 物 等 の 除 去 に 要 する 経 費 は 含 まない 住 家 が 床 上 浸 水 に 達 しないもの 床 下 浸 水 額 の 算 出 は 床 下 浸 水 によって 家 屋 が 破 損 した 部 分 の 損 額 とし 土 砂 及 び 汚 物 等 の 除 去 に 要 する 経 費 は 含 まない 非 住 家 とは 住 家 以 外 の 建 物 で この 報 告 中 他 の 項 目 に 属 さないものとする 非 住 家 非 住 これらの 施 設 に 人 が 居 住 しているときは 当 該 部 分 は 住 家 とする (1) 公 共 建 物 とは 役 所 庁 舎 集 会 施 設 等 の 公 用 又 は 公 共 の 用 に 供 する 建 物 をい う なお 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 公 共 機 関 の 管 理 する 建 物 は 含 まない 家 (2) その 他 は 公 共 建 物 以 外 の 神 社 仏 閣 土 蔵 物 置 等 をいう (3) 土 蔵 物 置 等 とは 生 活 の 主 体 をなす 主 家 に 付 随 する 建 物 の 意 味 であっ て 営 業 用 の 倉 庫 等 は その 倉 庫 の 用 途 に 従 って その 他 の 項 目 で 取 り 扱 う (4) 額 の 算 出 は 住 家 に 準 ずる 農 地 は 田 畑 が 流 失 埋 没 等 のため 農 耕 に 適 さなくなった 状 態 をいう (1) 流 失 とは その 田 畑 の 筆 における 耕 土 の 厚 さ10% 以 上 が 流 出 した 状 態 をい う (2) 埋 没 とは 粒 径 1mm 以 下 にあっては2cm 粒 径 0.25mm 以 下 の 土 砂 にあっては 農 地 農 5cm 以 上 流 入 した 状 態 をいう (3) 埋 没 等 の 等 とは 地 震 による 土 地 の 隆 起 陥 没 又 は 干 ばつ 等 をいう (4) 額 の 算 出 は 農 地 の 原 形 復 旧 に 要 する 費 用 又 は 農 耕 を 維 持 するための 最 小 限 度 の 復 旧 に 要 する 費 用 とし 農 作 物 の は 算 入 しない 農 作 物 が 農 地 の 流 失 埋 没 等 及 び 浸 冠 水 倒 伏 によって 生 じた をいう 業 (1) 浸 冠 水 とは 水 土 砂 等 によって 相 当 期 間 (24 時 間 以 上 ) 作 物 等 が 地 面 に 農 作 倒 れている 状 態 をいう 物 (2) 倒 伏 とは 風 のため 相 当 期 間 (24 時 間 以 上 ) 作 物 等 が 地 面 に 倒 れている 状 態 をいう (3) 額 の 算 出 は を 受 けなかったとしたならば 得 たであろう 金 額 を 推 定 積 算 すること 頭 首 工 ため 池 水 路 揚 水 機 堤 防 農 業 用 道 路 橋 梁 その 他 農 地 保 全 施 設 農 業 用 施 設 の をいう 農 業 協 同 組 合 又 は 同 連 合 会 の 所 有 する 倉 庫 農 産 物 加 工 施 設 共 同 作 業 場 共 同 利 用 施 設 産 地 市 場 施 設 種 苗 施 設 家 畜 繁 殖 施 設 共 同 放 牧 施 設 家 畜 診 療 施 設 等 及 び 農 家 の 共 同 所 有 に 係 る 営 農 施 設 の をいう 営 農 施 農 家 個 人 所 有 に 係 る 農 舎 サイロ 倉 庫 尿 溜 堆 肥 舎 農 業 機 械 類 温 室 育 苗 設 施 設 等 の をいう 畜 産 施 設 以 外 の 畜 産 で 家 畜 畜 舎 等 の をいう そ の 他 上 記 以 外 の 農 業 果 樹 ( 果 実 は 含 まない ) 草 地 畜 産 物 等 をいう -31-

14 土 木 区 分 判 断 基 準 河 海 水 漁 額 の 算 出 は 漁 船 の 再 取 得 価 格 又 は 復 旧 額 とする 産 漁 港 施 設 外 かく 施 設 けい 留 施 設 水 域 施 設 で 水 産 業 協 同 組 合 の 維 持 管 理 に 属 するもの そ の 他 施 設 漁 具 ( 網 ) 動 力 船 及 び 無 動 力 船 の 沈 没 破 損 ( 大 破 中 破 小 破 )の をいう 上 記 施 設 で 個 人 ( 団 体 会 社 を 含 む ) 所 有 のものをいう 定 置 網 刺 網 延 縄 かご 函 等 をいう 水 産 製 品 加 工 品 その 他 の 製 品 をいう 急 傾 斜 地 急 傾 斜 地 の 崩 壊 による 災 の 防 止 に 関 する 法 律 ( 昭 和 44 年 法 律 第 57 号 ) 第 2 条 崩 壊 防 止 第 2 項 に 規 定 する 急 傾 斜 地 崩 壊 防 止 施 設 で 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう 施 設 道 橋 漁 港 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 137 号 ) 第 3 条 に 規 定 する 基 本 施 設 又 は 漁 港 の 利 用 及 び 港 湾 管 理 上 重 要 な 輸 送 施 設 漁 港 漁 港 法 第 3 条 に 規 定 する 基 本 施 設 又 は 漁 港 の 利 用 及 び 管 理 上 重 要 な 輸 送 施 設 下 水 道 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 79 号 )に 規 定 する 公 共 下 水 道 流 域 下 水 道 都 市 下 下 水 道 水 路 公 河 川 の 維 持 管 理 上 必 要 な 堤 防 護 岸 水 制 床 止 め 又 は 沿 岸 を 保 全 するため 防 護 川 することを 必 要 とする 河 岸 等 で 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう 海 岸 又 はこれに 設 置 する 堤 防 護 岸 突 堤 その 他 海 岸 を 防 護 することを 必 要 とす 岸 る 海 岸 等 で 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう によって 同 法 が 準 用 される 砂 防 の 施 設 又 は 天 然 の 河 岸 等 で 復 旧 工 事 を 必 要 とする 程 砂 防 設 備 度 の をいう 地 す べ り 防 止 施 設 砂 防 法 ( 明 治 30 年 法 律 第 29 号 ) 第 1 条 に 規 定 する 砂 防 設 備 同 法 第 3 条 の 規 定 地 すべり 等 防 止 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 30 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 地 すべり 防 止 施 設 で 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう 道 路 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 180 号 )に 基 づき 道 路 管 理 者 が 維 持 管 理 を 行 っている 路 道 路 法 第 2 条 の 道 路 の 損 壊 が 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう 道 路 法 に 基 づき 道 路 管 理 者 が 維 持 管 理 を 行 っている 道 路 法 第 2 条 の 道 路 を 形 成 す 梁 る 橋 が 流 失 又 は 損 壊 し 復 旧 工 事 を 要 する 程 度 の をいう 都 市 公 園 法 施 行 令 ( 昭 和 31 年 政 令 第 290 号 ) 第 31 条 各 号 に 掲 げる 施 設 ( 主 務 大 臣 園 の 指 定 するもの( 植 栽 いけがき)を 除 く )で 都 市 公 園 法 ( 昭 和 31 年 法 律 第 79 号 ) 第 2 条 第 1 項 に 規 定 する 都 市 公 園 に 設 けられたもの 港 内 等 における 沈 没 は 引 き 上 げてみて 今 後 使 用 できる 状 態 であれば 破 損 として 取 船 り 扱 う 水 産 業 協 同 組 合 同 連 合 会 又 は 地 方 公 共 団 体 の 所 有 する 施 設 で 漁 業 者 の 共 同 利 共 同 利 用 施 設 用 に 供 する 水 産 倉 庫 加 工 施 設 作 業 所 荷 さばき 所 養 殖 施 設 通 信 施 設 給 水 施 設 給 油 施 設 製 氷 冷 凍 冷 蔵 施 設 干 場 船 揚 場 等 をいう -32-

15 区 分 判 断 基 準 林 林 業 林 林 産 物 苗 畑 造 林 地 製 材 工 場 施 設 炭 窯 その 他 施 設 ( 飯 場 作 業 路 を 含 む ) そ の 他 等 をいう 衛 水 生 病 地 治 山 施 設 道 新 生 崩 壊 地 拡 大 崩 壊 地 地 すべり 等 をいう 既 設 の 治 山 施 設 等 をいう 林 業 経 営 基 盤 整 備 の 施 設 道 路 をいう 素 材 製 材 薪 炭 原 木 薪 木 炭 特 用 林 産 物 等 をいう 額 の 算 出 は を 受 けなかったとしたならば 得 たであろう 金 額 を 推 定 計 算 すること 水 道 のための 取 水 施 設 貯 水 施 設 導 水 施 設 浄 水 施 設 送 水 施 設 及 び 配 水 施 設 道 をいう 院 一 般 廃 棄 物 処 理 施 設 火 葬 場 病 院 診 療 所 助 産 所 等 をいう ごみ 処 理 施 設 し 尿 処 理 施 設 及 び 最 終 処 分 場 をいう 火 葬 場 をいう 商 工 商 業 店 舗 商 品 原 材 料 等 をいう 工 業 工 場 等 の 建 物 原 材 料 製 品 生 産 機 械 器 具 等 をいう 公 立 の 小 中 高 校 中 等 教 育 学 校 大 学 盲 学 校 ろう 学 校 養 護 学 校 幼 稚 公 立 文 教 園 等 をいう ( 私 学 関 係 はその 他 の 項 目 で 扱 う ) 社 会 教 育 鉄 道 施 設 線 路 鉄 橋 駅 舎 等 施 設 の をいう そ ろ かいのみをもって 運 転 する 舟 以 外 の 舟 で 船 体 が 没 し 航 行 不 能 となったもの 船 舶 及 び 流 出 し 所 在 が 不 明 となったもの 並 びに 修 理 しなければ 航 行 できない 程 度 の ( 漁 船 を 除 く ) をいう の 空 空 港 法 ( 昭 和 31 年 法 律 第 80 号 ) 第 4 条 第 1 項 第 5 号 及 び 第 5 条 第 1 項 の 規 定 港 による 空 港 をいう 水 道 ( 戸 数 ) 上 水 道 簡 易 水 道 で 断 水 している 戸 数 のうち ピーク 時 の 戸 数 をいう 電 話 ( 戸 数 ) 災 により 通 話 不 能 となった 電 話 の 回 線 数 をいう 電 気 ( 戸 数 ) 災 により 停 電 した 戸 数 のうちピーク 時 の 停 電 戸 数 をいう 他 ガ ス ( 戸 数 ) 一 般 ガス 事 業 又 は 簡 易 ガス 事 業 で 供 給 停 止 となっているピーク 時 の 戸 数 をいう ブ ロ ッ ク 塀 等 図 書 館 公 民 館 博 物 館 文 化 会 館 等 の 施 設 をいう 老 人 福 祉 施 設 身 体 障 がい 者 ( 児 ) 福 祉 施 設 知 的 障 がい 者 ( 児 ) 福 祉 施 設 児 社 会 福 祉 童 母 子 福 祉 施 設 生 活 保 護 施 設 介 護 老 人 保 健 施 設 精 神 障 がい 者 ( 児 ) 福 祉 施 設 都 市 施 設 等 をいう 街 路 等 の 都 市 施 設 をいう 鉄 道 不 通 汽 車 電 車 等 の 運 行 が 不 能 となった 程 度 の をいう 倒 壊 したブロック 塀 又 は 石 塀 の 箇 所 数 をいう 上 記 の 項 目 以 外 のもので 特 に 報 告 を 要 すると 思 われるもの -33-

訓子府町地域防災計画

訓子府町地域防災計画 訓 子 府 町 地 域 防 災 計 画 沿 革 昭 和 4 0 年 1 4 月 制 定 昭 和 5 6 年 1 1 月 修 正 平 成 1 0 年 1 0 月 修 正 平 成 2 2 年 1 3 月 修 正 平 成 2 3 年 1 5 月 修 正 訓 子 府 町 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 構 成 1 第 3 節

More information

( 注 ) 医 療 助 産 死 体 の 処 理 ( 埋 葬 及 び 死 体 の 一 時 保 存 を 除 く)に 関 する 委 託 協 定 ( 昭 和 34 年 9 月 1 日 甲 北 海 道 知 事 乙 日 赤 北 海 道 支 部 長 ) 3-2

( 注 ) 医 療 助 産 死 体 の 処 理 ( 埋 葬 及 び 死 体 の 一 時 保 存 を 除 く)に 関 する 委 託 協 定 ( 昭 和 34 年 9 月 1 日 甲 北 海 道 知 事 乙 日 赤 北 海 道 支 部 長 ) 3-2 北 海 道 災 害 義 援 募 集 ( 配 分 ) 委 員 会 会 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 委 員 会 は 災 害 による 被 災 者 を 救 援 するため 災 害 救 助 法 第 3 条 の2 第 2 項 及 び 北 海 道 地 域 防 災 計 画 第 32 節 災 害 義 援 募 集 ( 配 分 ) 計 画 に 基 づき 北 海 道 における 災 害 義 援 の 募 集 に 関 する

More information

第1編

第1編 平 成 27 年 6 月 9 日 糸 島 市 防 災 会 議 資 料 -4 糸 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 3 章 風 水 害 応 急 対 策 計 画 ) 修 正 ( 新 旧 対 照 表 ) 抜 粋 記 述 の 凡 例 下 線 : 災 害 対 策 基 本 法 改 正 防 災 基 本 計 画 改 正 による 福 岡 県 地 域 防 災 計 画 の 見 直 しに 基 づく 修 正 部 分 二

More information

Taro-00 3編表紙.jtd

Taro-00  3編表紙.jtd 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 県 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に

More information

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1

Microsoft Word - 第1編 序説(案)1 南 島 原 市 地 域 防 災 計 画 平 成 27 年 5 月 長 崎 県 南 島 原 市 目 次 第 1 編 序 説 第 1 章 総 則 1 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 3 節 計 画 の 構 成 1 第 4 節 計 画 の 前 提 2 第 2 章 南 島 原 の 概 況 3 第 1 節 自 然 的 条 件 3 第 2 節 気 象 と 災 害 4

More information

地域防災計画

地域防災計画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 応 急 活 動 計 画 第 1 節 市 の 活 動 体 制 市 長 は 市 内 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 法 令 及 び 本 計 画 の 定 めるところにより 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 びその 他 の

More information

Microsoft Word - 3-00【3編表紙】.doc

Microsoft Word - 3-00【3編表紙】.doc 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 体 制 市 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 国 地 方 公 共 団 体 防 災 関 係 機 関 及 び 住 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に 努 め 被 害 の 発 生 を 最

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 以 下 基 本 法 という ) 第 4 2 条 の 規 定 に 基 づき 鹿 部 町 ( 以 下 本 町 という )の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 等 の 災 害 対 策 を

More information

○地震、津波の想定見直し

○地震、津波の想定見直し 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 1 市 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそ れがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して 2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 になる 事 象 をいう )の 発 生 可

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 1 章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し

More information

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当

具 体 的 な 取 組 内 容 第 1 節 市 の 活 動 体 制 災 害 応 急 対 策 を 円 滑 に 展 開 するため 次 の 事 項 を 中 心 に マニュアル 性 も 考 慮 しつつ 対 策 内 容 を 点 検 整 備 の 上 明 示 する なお 災 害 応 急 活 動 の 実 施 に 当 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 Ⅰ 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 応 急 活 動 計 画 基 本 的 な 考 え 方 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 のおそれがある 場 合 は 市 県 国 防 災 関 係 機 関 及 び 市 民 は 一 致 協 力 して 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する 者 の 安 全 の 確 保 を 図 るよう 十 分 配

More information

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A>

<92C3946794F093EF8C7689E681698A6D92E894C5816A> 浦 河 町 津 波 避 難 計 画 平 成 26 年 2 月 第 1 章 総 則 1 目 的 この 計 画 は 津 波 が 発 生 した 場 合 または 発 生 する 恐 れがある 場 合 の 津 波 災 害 に 対 し 住 民 の 命 を 守 る ことを 最 優 先 した ソフト 面 の 対 策 を 充 実 させるため 地 震 津 波 発 生 直 後 か ら 津 波 が 終 息 するまでの 概 ね

More information

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を

は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 網 走 市 統 計 書 平 成 27 年 版 網 走 市 は じ め に 平 成 27 年 版 網 走 市 統 計 書 を 刊 行 いたします この 統 計 書 は 健 康 な 市 民 健 康 な 経 済 健 康 なまち を 実 現 するため 網 走 の 人 口 経 済 社 会 教 育 など 各 分 野 における 状 況 の 推 移 や 現 況 など を 踏 まえ 基 本 的 かつ 総 合 的 な

More information

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc

Microsoft Word - ⑤様式編(H27_修正版.doc 様 式 編 様 式 目 次 様 式 番 号 名 称 様 式 ページ 様 式 第 1 非 常 配 備 日 誌 1 様 式 第 2 災 害 情 報 2 様 式 第 3(a) 第 1 報 3 様 式 第 3(b) 災 害 発 生 直 後 の 状 況 4 様 式 第 3(c) 災 害 発 生 状 況 等 ( 速 報 確 定 報 告 ) 5 様 式 第 4 人 的 被 害 6 様 式 第 5 避 難 状 況

More information

建 設 部 土 木 管 理 班 管 理 課 水 道 部 給 水 班 業 務 課 教 育 部 学 校 対 策 班 教 育 総 務 課 消 防 部 消 防 班 消 防 団 実 施 部 及 び 実 施 班 は それぞれの 所 掌 事 務 に 従 い 災 害 応 急 対 策 の 実 施 にあたります (5)

建 設 部 土 木 管 理 班 管 理 課 水 道 部 給 水 班 業 務 課 教 育 部 学 校 対 策 班 教 育 総 務 課 消 防 部 消 防 班 消 防 団 実 施 部 及 び 実 施 班 は それぞれの 所 掌 事 務 に 従 い 災 害 応 急 対 策 の 実 施 にあたります (5) 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 計 画 第 1 節 目 的 この 計 画 は 市 内 で 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 に 市 が 速 やかにその 初 動 態 勢 を 確 保 し 総 合 的 な 災 害 応 急 対 策 を 実 施 するための 組 織 の 編 成 及 び 運 用 について 定 める ことを 目 的 とします 第 2

More information

第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 ) 第 1 章 第 1 節 応 急 活 動 体 制 の 確 立 活 動 体 制 の 確 立 市 県 NTT 西 日 本 山 口 支 店 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 かつ 効 果 的 に 実 施 するため 本 防 災 計 画 に 定 める 組 織 所 掌 事 務 により 諸 活 動 を 実 施 するものとする このため

More information

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A>

<3032208DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E695D281458DD08A51959C8B8C8C7689E695D28169959790858A5181458E968CCC91CE8DF495D2816A> 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 災 害 復 旧 計 画 編 第 1 編 災 害 応 急 対 策 計 画 ( 風 水 害 事 故 対 策 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2 第 4 災 害 対 策 本 部 1-4 第 2 節

More information

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から

第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 地 震 津 波 対 策 編 第 一 章 第 一 節 第 一 項 地 震 津 波 の 想 定 地 震 の 発 生 状 況 及 び 地 震 の 想 定 稚 内 市 周 辺 における 地 震 の 発 生 状 況 1 宗 谷 地 方 は 北 海 道 の 中 でも 地 震 の 少 ない 地 域 である 1940 年 4 月 1 日 から 2014 年 3 月 31 日 の 74 年 間 のうち 稚 内 市 で

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30335F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F8DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E65F3033303581A1>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2093EC82A082ED82B68E73926E88E696688DD08C7689E65F30335F8EA991528DD08A5191CE8DF495D25F8DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E65F3033303581A1> 役 割 分 担 表... 101 1 基 本 方 針... 10 2 体 制 確 立... 106... 150 99 100 < 役 割 分 担 表 > ペ ー ジ 危 機 管 理 部 企 部 総 務 部 市 民 部 福 祉 部 農 商 部 建 設 部 会 課 教 育 委 員 会 消 防 団 関 係 機 関 1 基 本 方 針 10 1 節 迅 速 な 体 制 確 立 10 2 節 円 滑 な 10

More information

01:表紙(風水害)

01:表紙(風水害) 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 1 章 基 本 方 針 基 本 方 針 災 害 応 急 対 策 計 画 は 次 の 考 え 方 のもとに 作 成 する 第 1 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 体 制 の 確 立 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 に 展 開 するため 県 その 他 の 防 災 関 係 機 関 の 緊 急 時 の 組 織 体 制 情

More information

新篠津村地域防災計画

新篠津村地域防災計画 新 篠 津 村 地 域 防 災 計 画 一 般 対 策 編 平 成 28 年 4 月 新 篠 津 村 防 災 会 議 用 語 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 による 標 記 説 明 基 本 法 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 11 月 15 日 法 律 第 223 号 ) 救 助 法 災 害 救 助 法 ( 昭 和 22 年 10 月 18 日 法 律 第 118

More information

第 2 次 態 勢 12 名 部 上 下 水 道 部 消 防 本 部 のうち 管 理 職 4 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) 2 次 当 番 者 ( 消 防 本 部 を 除 く 庁 内 各 部 の 主 査 職 6 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) ( 注 ) 通 信 指 令 室 職 員 は 通

第 2 次 態 勢 12 名 部 上 下 水 道 部 消 防 本 部 のうち 管 理 職 4 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) 2 次 当 番 者 ( 消 防 本 部 を 除 く 庁 内 各 部 の 主 査 職 6 名 を 輪 番 制 で 指 定 ) ( 注 ) 通 信 指 令 室 職 員 は 通 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 応 急 活 動 組 織 第 1 節 活 動 組 織 の 設 置 各 部 各 施 設 市 の 地 域 に 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 において 災 害 応 急 対 策 を 行 うため 次 の 組 織 を 設 置 する 1 市 における 防 災 組 織 体 制 (1) 災 害 警 戒 本 部 ( 災 害 対 策

More information

第 3 災 害 応 急 対 策 計 画 配 備 体 制 3-1-1 配 備 体 制 表 ( 地 震 津 波 その 他 の 災 害 等 ) 1 地 震 (1) 災 害 対 策 本 部 未 設 置 種 別 配 備 の 時 期 体 制 の 概 要 第 1 警 戒 体 制 震 度 3の 地 震 が 発 生 した 場 合 第 2 警 戒 体 制 震 度 4の 地 震 が 発 生 した 場 合 災 害 の 拡

More information

REP02_01.exe

REP02_01.exe 第 1 編 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 及 び 構 成 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 姶 良 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 市 防 災 関 係 機 関 住 民 等 がその 全 機 能 を 発 揮 し 相 互 に 有 機 的 な

More information

第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 等

第 1 節       計 画 作 成 の 趣 旨 等 村 上 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 編 ) 平 成 26 年 2 月 修 正 村 上 市 防 災 会 議 1 目 次 村 上 市 地 域 防 災 計 画 ( 風 水 害 等 対 策 編 ) 第 1 章 総 則 -----------------------------------------------------------------------------------------------

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20313130363136837A815B83808379815B83578C668DDA8AEE91628E9197BF8169938C8A43926E906B816A2E707074> 東 海 地 震 対 策 について 東 海 地 震 の 切 迫 性 について 九 州 四 国 紀 伊 半 島 南 海 トラフ 東 海 地 震 東 海 地 震 の 想 定 震 源 域 では 概 ね100~150 年 の 間 隔 で 大 規 模 な 地 震 が 発 生 しているが 東 南 海 地 震 (1944)でひず みが 解 放 されず 安 政 東 海 地 震 (1854)から157 年 間 大 地

More information

第17節 防疫・保健衛生計画

第17節 防疫・保健衛生計画 第 17 節 防 疫 保 健 衛 生 計 画 衛 生 機 関 は 衛 生 指 導 や 防 疫 対 策 支 援 について 関 係 機 関 の 協 力 を 得 て 積 極 的 に 行 う 1 実 施 内 容 (1) 防 疫 活 動 ( 被 災 地 域 の 衛 生 状 態 の 把 握 消 毒 活 動 実 施 計 画 作 成 ) ア 疫 学 調 査 及 び 健 康 診 断 県 の 実 施 する 疫 学 調

More information

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc

Microsoft Word - 20150918_03_第1章_総則_原案.doc 第 1 章 総 則 広 尾 町 地 域 防 災 計 画 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 及 び 広 尾 町 防 災 会 議 条 例 ( 昭 和 38 年 条 例 第 5 号 ) 第 2 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 に 基 づき 広 尾 町 防 災 会 議 が 作 成

More information

P 1~14

P 1~14 平 成 26 年 度 中 津 川 市 防 災 会 議 目 次 風 水 害 等 対 策 編 第 1 章 災 害 応 急 対 策 1 第 1 節 市 本 部 活 動 体 制 1 第 1 項 市 災 害 対 策 本 部 運 用 計 画 1 第 2 項 動 員 計 画 5 第 2 節 災 害 労 務 対 策 9 第 1 項 奉 仕 団 の 編 成 活 動 計 画 9 第 2 項 技 術 者 等 雇 上 の

More information

第36節 給水・水道施設応急対策

第36節 給水・水道施設応急対策 第 3 章 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 災 害 対 策 本 部 の 組 織 運 営 計 画 十 日 町 市 災 害 対 策 本 部 担 当 十 日 町 市 災 害 対 策 本 部 1 計 画 の 方 針 風 水 害 等 発 生 時 における 円 滑 な 初 動 体 制 の 確 立 災 害 の 拡 大 防 止

More information

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得

2. 県 (1) 県 は 県 の 地 域 並 びに 県 の 住 民 の 生 命 身 体 及 び 財 産 を 地 震 災 害 から 保 護 するため 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定 地 方 公 共 機 関 及 び 他 の 地 方 公 共 団 体 等 の 協 力 を 得 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 五 戸 町 の 地 域 に 係 る 地 震 防 災 対 策 に 関 し 必 要 な 体 制 を 確 立 するとともに 関 係 機 関 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 対 策 の 整 備 推 進 を 図 り 住

More information

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇

Microsoft Word - (印刷用)市川町地域防災計画本編第3篇 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 基 本 方 針 第 1 章 基 本 方 針 災 害 応 急 対 策 計 画 は 次 の 考 え 方 のもとに 作 成 する 第 1 迅 速 な 災 害 応 急 活 動 体 制 の 確 立 災 害 応 急 対 策 を 迅 速 に 展 開 するため 県 町 及 びその 他 の 防 災 関 係 機 関 の

More information

第3章 災害応急対策計画

第3章 災害応急対策計画 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 市 は 迅 速 かつ 円 滑 な 災 害 応 急 対 策 を 実 施 す るため 災 害 対 策 本 部 等 を 設 置 し 活 動 体 制 を 整 備 する なお 災 害 応 急 対 策 を 実 施 するにあたり 災 害 応 急 対 策 に 従 事 する

More information

羅臼町地域防災計画

羅臼町地域防災計画 第 1 章 総 第 1 節 計 画 策 定 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 羅 臼 町 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 羅 臼 町 の 地 域 に 係 る 防 災 に 関 し 予 防 応 急 及 び 復 旧 等 の 災 害 対 策 を 実 施 するに 当 たり 防 災

More information

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63>

<4D F736F F D A6D92E894C5817A96688DD08BC696B18C7689E62E646F63> 防 災 業 務 計 画 平 成 27 年 4 月 西 部 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則 1 第 1 節 防 災 業 務 計 画 の 目 的 第 2 節 防 災 業 務 計 画 の 基 本 構 想 第 3 節 防 災 業 務 計 画 の 運 用 第 2 章 防 災 体 制 の 確 立 2 第 1 節 防 災 体 制 第 2 節 対 策 組 織 の 運 営 第 3 節 災 害 対

More information

第3節 津波予報・警報等の伝達計画

第3節 津波予報・警報等の伝達計画 第 2 章 震 災 応 急 対 策 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 基 本 方 針 (1) 町 及 び 防 災 関 係 機 関 は 地 震 及 び 津 波 による 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 において 複 合 災 害 ( 同 時 又 は 連 続 して2 以 上 の 災 害 が 発 生 し 災 害 応 急 対 応 が 困 難 にな る 事 象

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208370836C838A835883678DB289EA8CA781458D5D938789DB92B7707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 佐 賀 県 の 災 害 廃 棄 物 対 策 平 成 27 年 11 月 6 日 循 環 型 社 会 推 進 課 県 内 の 有 感 地 震 ( 震 度 1 以 上 ) 回 数 佐 賀 地 方 気 象 台 資 料 提 供 ( 単 位 : 回 ) 震 度 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 1 3 85 5 3 3 7 1 6 5 4 2

More information

目    次

目    次 目 次 一 般 対 策 編... 23 第 1 章 総 則... 23 第 1 節 目 的... 23 1 計 画 の 構 成... 23 2 災 害 の 想 定 と 計 画 作 成 の 基 礎 資 料... 23 3 用 語... 23 4 他 の 計 画 との 関 係... 23 5 市 計 画 の 修 正... 23 6 市 計 画 の 周 知 徹 底... 24 7 市 民 運 動 の 展

More information

第3章 災害応急対策計画                     第1節 活動体制計画   

第3章 災害応急対策計画                         第1節 活動体制計画    第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 計 画 の 方 針 地 震 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 の 予 防 及 び 災 害 応 急 対 策 等 の 防 災 活 動 を 強 力 に 推 進 するために 災 害 対 策 本 部 等 の 設 置 応 援 要 請 応 急 公 用 負 担 等 の 活 動 体 制 を 確 立 する

More information

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報

大 規 模 災 害 発 生 時 における 時 系 列 的 防 災 活 動 のイメージ 図 災 害 発 生 1 災 害 応 急 活 動 組 織 の 設 置 職 員 を 動 員 配 備 する 庁 舎 内 の 安 全 確 保 津 波 対 策 時 に 優 先 的 に 実 施 すべき 項 目 津 波 情 報 災 害 発 生 時 には 職 員 及 び 関 係 機 関 との 間 で 1 現 状 がどうなっているか 2 今 後 の 見 通 しはどうか 3 今 後 何 をするべきか について 状 況 認 識 の 統 一 を 図 ることが 最 も 重 要 である このことを 常 に 心 掛 ければ ほとんどの 課 題 は 解 決 できる 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 1 章 災 害 応 急 活 動 組

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

第1章

第1章 第 3 章 災 害 応 急 対 策 計 画 風 水 害 や 大 規 模 火 災 などによる 災 害 が 発 生 した 場 合 又 は 発 生 するおそれがある 場 合 の 被 害 の 拡 大 防 止 措 置 及 び 被 害 者 に 対 する 応 急 救 助 の 措 置 について 基 本 的 な 計 画 を 定 める なお 実 施 担 当 部 局 に 示 す 名 称 は 災 害 対 策 本 部 が 設

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 21 年 5 月 苫 小 牧 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想

More information

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流

2 県 丸 太 の 大 口 需 要 者 である 被 災 した 合 板 工 場 等 の 再 整 備 と 応 急 的 な 流 通 対 策 への 支 援 3 防 潮 堤 防 潮 や 等 の 復 旧 1 津 波 で 海 や 泥 等 に 浸 かったほだ 木 か らのしいたけ 発 生 対 策 2 津 波 で 流 . 本 部 員 会 議 平 成 23 年 6 月 15 日 部 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 及 び 津 波 の 発 生 に 伴 う 課 題 と 対 応 1 区 分 課 題 対 応 畜 1 飼 料 や 燃 油 不 足 による 生 乳 廃 棄 や 家 畜 死 亡 に 対 する 支 援 地 用 2 津 波 により 冠 した 地 の 塩 害 土 砂 堆 積 への 技 術 対 策

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264>

<30358E9197BF95D2816932816A2E786264> 南 三 陸 町 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 26 年 3 月 南 三 陸 町 防 災 会 議 資 料 編 資 料 編 目 次 1 南 三 陸 町 防 災 会 議 条 例 1 2 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 条 例 3 3 南 三 陸 町 災 害 対 策 本 部 運 営 規 程 4 4 指 定 避 難 所 避 難 場 所 一 覧 12 5 急 傾 斜 地 崩 壊 危 険

More information

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所,

(14) 図 書 館, 博 物 館, 美 術 館, 動 物 園, 植 物 園, 水 族 館, 公 民 館 などの 社 会 教 育 施 設 (15) 自 然 科 学 及 び 人 文 社 会 科 学 に 関 する 試 験 研 究 施 設 (16) 火 葬 場, 墓 地, 公 衆 浴 場, 宿 泊 所, 大 分 類 S- 公 務 ( 他 に 分 類 されるものを 除 く) 総 説 この 大 分 類 には, 国 又 は 地 方 公 共 団 体 の 機 関 のうち, 国 会, 裁 判 所, 中 央 官 庁 及 びその 地 方 支 分 部 局, 都 道 府 県 庁, 市 区 役 所, 町 村 役 場 など 本 来 の 立 法 事 務, 司 法 事 務 及 び 行 政 事 務 を 行 う 官 公 署 が 分

More information

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc

Microsoft Word - 05編_建築物被害.doc 第 5 編 建 築 物 被 害 の 想 定 5-1 5.1 被 害 基 準 5-1 5.2 現 況 データ 5-5 5.3 揺 れによる 被 害 5-13 5.3.1 予 測 方 針 5-13 5.3.2 予 測 手 法 5-14 5.3.3 予 測 結 果 5-16 5.4 液 状 化 による 被 害 5-20 5.4.1 予 測 方 針 5-20 5.4.2 予 測 手 法 5-21 5.4.3

More information

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477>

<874681408E9197BF34814088DB8E9D8AC7979D8C7689E68F9181602E786477> 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 の 変 更 について 1 土 地 改 良 区 の 維 持 管 理 計 画 とは 平 成 28 年 2 月 4 日 ( 木 ) 熊 本 県 農 村 計 画 課 土 地 改 良 指 導 班 土 地 改 良 法 の 中 には 実 は 維 持 管 理 計 画 という 表 記 はありません 土 地 改 良 法 第 7 条 第 1 項 などに 登 場 する 土 地

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 19 年 4 月 昭 島 ガス 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 節 想 定

More information

<4D F736F F D C796EC92AC926E88E696688DD08C7689E EA94CA8DD08A5191CE8DF495D22D E332E A5F89BA90FC82C882B52E646F63>

<4D F736F F D C796EC92AC926E88E696688DD08C7689E EA94CA8DD08A5191CE8DF495D22D E332E A5F89BA90FC82C882B52E646F63> 中 富 良 野 町 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 災 害 対 策 編 ) 平 成 26 年 4 月 中 富 良 野 町 防 災 会 議 一 目 般 災 害 対 策 次 編 第 11 章 総 策 則 定...1 23 構 効 成 果 の 的 目...1 推 的 進...1 456 用 計 防 語 画 災 関 の...3 係 修 機 正 関 要 等 領...3 処...2 27 中 住 富 民

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5

目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第 5 (1012) 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 4 月 京 葉 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 用 語 の 定 義 2 第

More information

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A>

<30322D302E955C8E86814596DA8E9F8169899E8B7D91CE8DF4817C959790858A51816A> 戸 田 市 地 域 防 災 計 画 ( 素 案 ) 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 戸 田 市 防 災 会 議 目 次 災 害 応 急 対 策 計 画 編 ( 風 水 害 事 故 対 策 編 ) 1-1 第 1 節 活 動 体 制 計 画 1-1 第 1 計 画 の 方 針 1-1 第 2 監 視 体 制 1-1 第 3 災 害 警 戒 本 部 1-2

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 ( これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 平 成 28 年 4 月 16 日 (18:00) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 (1) 発 生 日 時 平 成 28 年 4 月 16 日 01:25 (2) 震 源 及 び 規 模

More information

第 5 章 応 急 活 動 体 制 第 5 章 応 急 活 動 体 制 第 1 節 災 害 発 生 直 前 の 対 策 担 当 本 部 事 務 局 ( 本 部 連 絡 班 秘 書 広 報 班 ) 健 康 福 祉 部 ( 健 康 福 祉 班 ) 消 防 部 ( 消 防 総 務 班 警 防 班 鎌 倉 班 大 船 班 ) 風 水 害 については 気 象 水 象 情 報 の 分 析 により 災 害 の 危

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 の 策 定 方 針 第 1 計 画 の 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 八 代 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であり 市 県 防 災 関 係 機 関 公 共 的 団 体 及 び 市 民 が 総 力 を 集 結 し 平 常 時 からの

More information

7. 自 然 害 実 態 7-1 平 成 18 年 害 発 生 状 況 害 名 区 分 発 生 年 月 日 死 者 人 的 被 害 行 方 不 明 者 大 雪 豪 雨 5 月 10 日 ~ 5 月 11 日 6 月 豪 雨 6 月 5 日 6 月 15 日 人 1 1 人 負 傷 重 傷 人 1 1 者 軽 傷 人 1 1 棟 5 5 全 壊 世 帯 5 5 人 19 19 棟 2 2 半 壊 世

More information

あわら市地域防災計画資料編

あわら市地域防災計画資料編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 あわら 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 目 次 1 条 例 規 則 要 綱 等... 1 (1) あわら 市 防 災 会 議 条 例... 1 (2) あわら 市 災 害 対 策 本 部 条 例... 3 (3) あわら 市 災 害 対 策 本 部 運 営 要 綱... 4 (4) 嶺 北 消 防 組 合 警 防 規 定... 16 (5)

More information

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業

想 定 する 海 上 災 害 爆 発 事 故 概 要 等 船 舶 全 体 や 船 舶 周 囲 に 被 害 影 響 が 及 ぶ 又 は 多 数 の 死 傷 者 が 発 生 するような 爆 発 災 害 事 例 2012 年 韓 国 仁 川 沖 でタンカータンク 内 の 残 留 ガス 抜 取 り 作 業 第 4 部 災 害 種 別 対 策 計 画 第 1 章 海 上 災 害 対 策 第 1 節 周 辺 海 域 の 状 況 及 び 海 上 災 害 の 態 様 1 本 市 周 辺 海 域 の 状 況 本 市 の 海 岸 及 び 周 辺 海 域 は 本 市 港 湾 区 域 を 含 む 東 京 湾 側 と 5 つの 漁 港 区 域 を 含 む 相 模 湾 側 に 分 かれる 東 京 湾 側 は その 正 面

More information

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾

第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機 関 東 海 農 政 局 1~9 10 米 穀 乾 名 古 屋 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 災 害 対 策 編 < 平 成 22 年 度 修 正 案 > 名 古 屋 市 防 災 会 議 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 第 1 章 総 則 第 3 節 各 機 関 の 処 理 すべき 事 務 又 は 業 務 の 大 綱 1 8 第 1 第 2 指 定 地 方 行 政 機

More information

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災

(8) 危 険 物 火 災 等 で 逗 子 北 化 学 1を 必 要 とする 火 災 指 令 時 は 逗 子 北 1を 同 時 編 成 する (9) 未 承 認 対 象 物 からの 即 時 通 報 は 当 該 署 所 の1ケ 部 隊 編 成 とする (10) 通 常 災 害 時 及 び 異 常 災 第 2 節 消 防 通 信 指 令 体 制 消 防 緊 急 情 報 システムによる 情 報 の 一 元 化 を 図 るとともに 迅 速 的 確 な 情 報 収 集 及 び 消 防 隊 等 に 対 する 指 令 指 示 連 絡 その 他 必 要 な 情 報 の 受 伝 達 を 行 うものとする 1 災 害 通 信 の 取 扱 い 災 害 通 信 の 取 扱 いについては 逗 子 市 消 防 専 用 無

More information

南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 章 総 則 実 施 担 当 全 部 班. 推 進 計 画 の 目 的 この 計 画 は 南 海 トラフ 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 の 推 進 に 関 する 特 別 措 置 法 ( 平 成 年 法 律 9 号 以 下 南 海 トラフ 法 という ) 条 項 の

More information

熊谷市地域防災計画案

熊谷市地域防災計画案 第 1 節 活 動 体 制 計 画 第 1 節 活 動 体 制 計 画 方 針 目 標 利 根 川 荒 川 等 の 河 川 情 報 や 被 害 発 生 情 報 に 対 応 して 災 害 警 戒 本 部 又 は 災 害 対 策 本 部 を 設 置 し 迅 速 な 対 応 をとる 被 害 が 集 中 した 地 域 の 災 害 対 策 を 効 果 的 に 進 める 必 要 がある 場 合 は 分 庁 舎

More information

平成17年度 静岡県地域防災計画

平成17年度 静岡県地域防災計画 資 料 2 平 成 17 年 度 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 新 旧 対 照 表 一 般 対 策 編 1ページ-23ページ 地 震 対 策 編 24ページ-62ページ 原 子 力 対 策 編 63ページ-66ページ 平 成 17 年 4 月 静 岡 県 地 域 防 災 計 画 ( 一 般 対 策 編 ) 修 正 新 旧 対 照 表 第 1 章 総 論 第 1 章 総 論 1 1 2 3 3

More information

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx

Microsoft Word - 01_むつ小川原港BCP160302-1(公表用).docx むつ 小 川 原 港 BCP 平 成 28 年 3 月 むつ 小 川 原 港 港 湾 機 能 継 続 協 議 会 改 訂 履 歴 改 訂 年 月 改 訂 ページ 改 訂 内 容 H28.3.2 新 規 策 定 目 次 1. 港 湾 機 能 継 続 計 画 策 定 の 必 要 性 1 2. 想 定 地 震 津 波 の 規 模 及 び 回 復 目 標 の 設 定 4 2-1 想 定 地 震 津 波 の

More information

第 5 編 大 規 模 事 故 対 策 編 第 1 章 計 画 の 前 提 5-1 5-2 第 1 節 計 画 の 目 的 本 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 ( 昭 和 36 年 法 律 第 223 号 ) 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 大 網 白 里 市 防 災 会 議 ( 以 下 防 災 会 議 という )が 策 定 する 計 画 であり 大 網 白 里 市 の 地 域 に

More information

untitled

untitled 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 ( 制 定 年 月 日 昭 和 38 年 8 月 1 日 ) 目 次 第 1 編 総 則 常 滑 市 地 域 防 災 計 画 第 1 節 計 画 の 目 的 1 第 2 節 計 画 の 性 格 1 第 1 計 画 の 構 成 1 第 2 計 画 の 修 正 1 第 3 計 画 の 運 用 1 第 3 節 防 災 関 係 機 関 等 の 処 理 すべき 事 務 又

More information

区 分 種 類 洪 水 注 意 報 大 雪 注 意 報 霜 注 意 報 発 表 基 準 (ただし 総 雨 量 が50mm 以 上 ) 3 時 間 雨 量 40mm 以 上 のいずれかになると 予 想 される 場 合 24 時 間 雨 量 70mm 以 上 大 雪 によって 災 害 が 起 こると 予

区 分 種 類 洪 水 注 意 報 大 雪 注 意 報 霜 注 意 報 発 表 基 準 (ただし 総 雨 量 が50mm 以 上 ) 3 時 間 雨 量 40mm 以 上 のいずれかになると 予 想 される 場 合 24 時 間 雨 量 70mm 以 上 大 雪 によって 災 害 が 起 こると 予 第 4 章 災 害 応 急 対 策 計 画 風 水 害 等 の 災 害 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれのある 場 合 において 災 害 発 生 の 防 御 又 は 応 急 的 な 措 置 等 を 計 画 的 に 実 施 し 災 害 の 拡 大 を 防 止 する 雪 害 事 故 災 害 については 本 章 のほか 第 5 章 で 定 めるところによる 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の

More information

Taro11-第5章.jtd

Taro11-第5章.jtd 第 5 章 法 第 43 条 令 第 34 条 令 第 35 条 令 第 36 条 規 則 第 34 条 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 以 外 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 法 第 四 十 三 条 何 人 も 市 街 化 調 整 区 域 のうち 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 以 外 の 区 域 内 においては 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受

More information

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 (

これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 について 1.4 月 16 日 1:25に 発 生 した 地 震 の 概 要 平 成 28 年 4 月 16 日 (10:20) 現 在 非 常 災 害 対 策 本 部 ( 平 成 28 年 (2016 年 ) 熊 本 県 熊 本 地 方 を 震 源 とする 地 震 非 常 災 害 対 策 本 部 会 議 ( 第 5 回 ) 議 事 次 第 日 時 : 平 成 28 年 4 月 16 日 ( 土 )11:30~ 場 所 : 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 安 倍 内 閣 総 理 大 臣 挨 拶 2. 丸 川 大 臣 から 原 子 力 発 電 所 の 状 況 報 告

More information

三 条 市 地 域 防 災 計 画 目 次

三 条 市 地 域 防 災 計 画    目    次 三 条 市 地 域 防 災 計 画 風 水 害 等 対 策 編 の 概 要 第 1 章 総 則 第 1 節 計 画 作 成 の 趣 旨 等 この 計 画 は 自 然 災 害 等 に 対 処 するため 市 及 び 防 災 機 関 がその 有 する 機 能 を 有 効 に 発 揮 し て 災 害 予 防 応 急 対 策 及 び 災 害 復 旧 を 実 施 し 市 民 の 生 命 等 を 保 護 することを

More information

参 考 資 料 国 土 強 靱 化 基 本 計 画 - 強 くて しなやかなニッポンへ- 平 成 26 年 6 月 3 日 目 次 ( 頁 ) はじめに 1 第 1 章 国 土 強 靱 化 の 基 本 的 考 え 方 2 第 2 章 脆 弱 性 評 価 10 第 3 章 国 土 強 靱 化 の 推 進 方 針 14 第 4 章 計 画 の 推 進 と 不 断 の 見 直 し 30 おわりに 34

More information

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置.

目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組 織... 1 1 明 石 市 防 災 会 議... 1 2 明 石 市 災 害 対 策 本 部... 1 第 2 節 動 員 配 備 及 び 災 害 対 策 本 部 の 設 置. 明 石 市 地 域 防 災 計 画 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 4 編 災 害 復 旧 復 興 計 画 第 5 編 南 海 トラフ 地 震 防 災 対 策 推 進 計 画 資 料 編 様 式 編 ( 平 成 27 年 度 修 正 ) 明 石 市 防 災 会 議 目 次 第 3 編 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 章 組 織 及 び 動 員... 1 第 1 節 防 災 組

More information

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書

( 決 定 の 通 知 ) 第 9 条 市 長 は 前 条 第 1 項 の 規 定 により 補 助 金 の 交 付 の 決 定 をしたときは 速 やかにその 決 定 の 内 容 及 びこれに 条 件 を 付 した 場 合 にはその 条 件 を 補 助 金 交 付 ( 変 更 ) 決 定 通 知 書 弥 富 市 自 主 防 災 組 織 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 15 年 3 月 31 日 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 自 主 防 災 組 織 の 結 成 を 推 進 するため 当 該 組 織 が 行 う 活 動 及 び 防 災 資 機 材 等 の 整 備 に 要 する 経 費 について 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 する 補 助 金 に 関 し 必 要

More information

<31967B95D25F3031918D91A52E786477>

<31967B95D25F3031918D91A52E786477> 第 1 編 総 則 第 1 章 計 画 の 方 針 第 1 節 目 的 この 計 画 は 災 害 対 策 基 本 法 第 42 条 の 規 定 に 基 づき 周 南 市 防 災 会 議 が 作 成 する 計 画 であって 周 南 市 の 地 域 における 災 害 予 防 災 害 応 急 対 策 及 び 復 旧 復 興 に 関 し 市 県 指 定 地 方 行 政 機 関 指 定 公 共 機 関 指 定

More information

<3130335F959790858A51939991CE8DF495D25F959790858A5191CE8DF48C7689E65F8DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E6>

<3130335F959790858A51939991CE8DF495D25F959790858A5191CE8DF48C7689E65F8DD08A51899E8B7D91CE8DF48C7689E6> 第 2 編 風 水 害 対 策 計 画 第 2 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 2 章 災 害 応 急 対 策 計 画 第 1 節 組 織 及 び 配 備 動 員 災 害 が 発 生 し または 発 生 することが 予 想 される 段 階 において 迅 速 かつ 的 確 な 災 害 対 策 を 総 合 的 に 実 施 するため 県 及 び 防 災 関 係 機 関 と 連 携 し 組 織 動

More information

(1) 様 式 ア 火 災 等 即 報 第 1 号 様 式 及 び 第 2 号 様 式 火 災 及 び 特 定 の 事 故 ( 火 災 の 発 生 を 伴 うものを 含 む )を 対 象 とする 特 定 の 事 故 とは 石 油 コンビナート 等 特 別 防 災 区 域 内 の 事 故 危 険 物

(1) 様 式 ア 火 災 等 即 報 第 1 号 様 式 及 び 第 2 号 様 式 火 災 及 び 特 定 の 事 故 ( 火 災 の 発 生 を 伴 うものを 含 む )を 対 象 とする 特 定 の 事 故 とは 石 油 コンビナート 等 特 別 防 災 区 域 内 の 事 故 危 険 物 17-1 火 災 災 害 等 即 報 要 領 昭 和 59 年 10 月 15 日 消 防 災 第 267 号 消 防 庁 長 官 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 31 日 消 防 応 第 111 号 第 1 総 則 1 趣 旨 この 要 領 は 消 防 組 織 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 226 号 ) 第 40 条 の 規 定 に 基 づき 消 防 庁 長 官 が 求 める

More information

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新

別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 基 幹 事 事 番 号 事 概 要 公 立 学 校 施 設 整 備 費 国 庫 負 担 A1 復 興 のための 地 域 づくりに 必 要 な 公 立 義 務 教 育 諸 学 校 における 新 増 築 事 事 ( 公 立 小 中 学 校 等 の 新 別 表 次 別 表 1 基 幹 事 (5 40 事 )の 概 要 201 別 表 2 復 旧 復 興 事 一 覧 ( 経 費 項 別 ) 205 1 平 成 23 年 度 1 次 補 正 205 2 平 成 23 年 度 2 次 補 正 219 3 平 成 23 年 度 3 次 補 正 224 4 平 成 24 年 度 復 興 特 会 258 別 表 3 分 類 基 準 287 別 表 4 事 故

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information

総 則 編

総 則 編 資 料 11 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 2 水 害 3 台 風 暴 風 4 地 震 津 波 5 その 他 過 去 の 災 害 状 況 1 火 災 明 治 30 年 2 月 1 日 昭 和 9 年 8 月 30 日 昭 和 9 年 10 月 7 日 昭 和 16 年 4 月 15 日 昭 和 19 年 3 月 30 日 昭 和 21 年 7 月 4 日 昭 和 23 年 12 月 21

More information

防 災 の 心 得 大 地 震 1 手 早 く 火 の 始 末 をすること 2 乳 幼 児 お 年 寄 り 障 害 者 等 の 身 の 安 全 そして 我 が 身 の 安 全 を 図 ること 3 中 高 層 住 宅 では 出 入 口 のドアを 開 け 出 入 口 を 確 保 すること 4 狭 い 路

防 災 の 心 得 大 地 震 1 手 早 く 火 の 始 末 をすること 2 乳 幼 児 お 年 寄 り 障 害 者 等 の 身 の 安 全 そして 我 が 身 の 安 全 を 図 ること 3 中 高 層 住 宅 では 出 入 口 のドアを 開 け 出 入 口 を 確 保 すること 4 狭 い 路 吉 岡 町 地 域 防 災 計 画 吉 岡 町 防 災 会 議 ( 平 成 21 年 11 月 修 正 版 ) 防 災 の 心 得 大 地 震 1 手 早 く 火 の 始 末 をすること 2 乳 幼 児 お 年 寄 り 障 害 者 等 の 身 の 安 全 そして 我 が 身 の 安 全 を 図 ること 3 中 高 層 住 宅 では 出 入 口 のドアを 開 け 出 入 口 を 確 保 すること 4

More information

大阪港臨港地区における構築物の規制について

大阪港臨港地区における構築物の規制について 大 阪 臨 地 の 分 における 構 築 物 の 規 制 に 関 する 条 例 制 定 昭 40. 4. 1 条 例 32 改 正 昭 54.12.27 条 例 37 改 正 昭 62. 2.20 条 例 3 改 正 平 13. 3. 5 条 例 20 改 正 平 28. 5. 26 条 例 82 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 湾 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 218 号 以

More information

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省) 防 衛 省 陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 隊 ( 北 部 方 面 総 監 部 ) 064-8510 札 幌 市 中 央 区 南 26 条 西 10 丁 目 ( 札 幌 駐 屯 地 ) TEL (011)511-7116 ( 下 部 機 関 ) 第 2 師 団 司 令 部 070-8630 旭 川 市 春 光 町 国 有 無 番 地 ( 旭 川 駐 屯 地 ) TEL (0166)51-6111

More information

第1編  総   則

第1編  総   則 国 民 保 護 業 務 計 画 平 成 28 年 10 月 大 分 瓦 斯 株 式 会 社 目 次 第 1 編 総 則 1 第 1 章 総 則 1 第 1 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 目 的 1 第 2 節 国 民 保 護 措 置 の 実 施 に 関 する 基 本 方 針 1 第 3 節 国 民 保 護 業 務 計 画 の 運 用 2 第 4 節 想 定 する 事 態 2 第 2 編 平

More information

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎

2. 建 築 基 準 法 に 基 づく 限 着 色 項 目 の 地 区 が 尾 張 旭 市 内 にはあります 関 係 課 で 確 認 してください 項 目 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 備 考 がけに 関 する 限 (がけ 条 例 ) 都 市 計 画 課 建 築 住 宅 係 南 庁 舎 重 要 事 項 調 査 シート( 法 令 に 基 づく 限 の 調 べ 方 ) 尾 張 旭 市 版 1. 都 市 計 画 法 に 基 づく 限 項 目 市 内 所 管 課 窓 口 市 役 所 内 電 話 区 都 市 計 画 区 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計 画 道 路 有 都 市 計 画 課 計 画 係 南 庁 舎 2F 76-8156 都 市 計

More information

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊

首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 具 体 計 画 の 位 置 づけ 首 都 直 下 地 震 対 策 特 別 措 置 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 88 号 ) 第 4 条 に 規 定 する 首 都 直 下 地 震 緊 首 都 直 下 地 震 における 具 体 的 な 応 急 対 策 活 動 に 関 する 計 画 の 概 要 救 助 救 急 消 火 等 医 療 物 資 燃 料 1 都 3 県 以 外 の43 道 府 県 の 広 域 応 援 部 隊 の 派 遣 ( 最 大 値 ) 警 察 : 約 1.4 万 人 消 防 : 約 1.6 万 人 自 衛 隊 : 約 11 万 人 ( ) 等 航 空 機 450 機 船

More information

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477>

<94ED8A518B4C985E8F5781698CB48D65816A2E786477> 平 成 23 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 銚 子 市 被 害 記 録 集 銚 子 市 平 成 24 年 3 月 刊 行 にあたって このたびの 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 皆 様 にこころからお 見 舞 い 申 し 上 げます また 復 旧 復 興 に 尽 力 されている 方 々に 敬 意 を 表 します 東 日 本 大 震 災 は 我 が 国 において 戦 後

More information

昭 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 平 成 25 年 修 正 ) 昭 島 市 防 災 会 議 凡 例 本 計 画 で 使 用 する 用 語 等 は 次 によるものとする (1) 市 昭 島 市 (2) 市 防 災 会 議 昭 島 市 防 災 会 議 (3) 市 本 部 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 (4) 本 部 長 又 は 市 長 昭 島 市 災 害 対 策 本 部 長 又 は 昭 島

More information

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc

Microsoft Word - 06 短冊の表紙 ※240827修正②.doc 参 考 4 平 成 23 年 度 庁 舎 等 の 公 用 財 産 に 対 する 監 査 結 果 一 覧 表 一 覧 表 記 号 欄 の 凡 例 3ページ 下 段 に 記 載 した 指 摘 の 主 な 内 容 を 表 しています 指 摘 内 容 庁 舎 等 の 有 効 活 用 余 剰 面 積 等 の 有 効 活 用 財 産 管 理 の 不 備 庁 舎 保 全 関 係 の 不 備 異 なる 間 の 有

More information

県 土 整 備 年 報 13 岩 手 県 県 土 整 備 部 目 次 1 行 政 組 織 関 係 1 県 土 整 備 部 行 政 機 関 位 置 略 図 2 2 県 土 整 備 部 の 沿 革 3 3 県 土 整 備 部 行 政 組 織 図 11 4 出 先 機 関 の 名 称 位 置 等 13 5 県 土 整 備 部 の 分 掌 事 務 15 6 県 土 整 備 部 の 職 員 数 21 7 県

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208FBC89598E738E7390A89776979781798E9197BF95D2817A31343034303592458D652E646F63> 214 松 浦 市 市 勢 要 覧 資 料 編 チ カ ラ を つ く り 続 け る CONTENTS 位 置 地 勢 2 人 口 3 産 業 4 生 活 環 境 6 行 政 議 会 7 沿 革 8 市 章 松 浦 市 の 頭 文 字 であるアルファベット 大 文 字 の M をモチーフに 産 業 創 造 の 未 来 へ 躍 進 する 都 市 の 姿 をダイナミックに 図 案 化 し ハートの 形

More information

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx

Microsoft Word - HP掲載用_表紙・目次.docx 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 平 成 26 年 度 修 正 宇 和 島 市 防 災 会 議 宇 和 島 市 地 域 防 災 計 画 ( 第 2 編 風 水 害 等 対 策 編 ) 目 次 第 1 章 災 害 予 防 計 画... 1 第 1 節 気 象 予 警 報 等 の 伝 達 1 第 1 主 旨... 1 第 2 警 報 等 の 定 義...

More information

桜川市地域防災計画

桜川市地域防災計画 桜 川 市 地 域 防 災 計 画 資 料 編 平 成 25 年 3 月 茨 城 県 桜 川 市 目 次 1 総 則... 1 1-1 防 災 関 係 機 関 窓 口... 1 (1) 県... 1 (2) 市 町 村... 5 (4) 指 定 行 政 機 関 及 び 指 定 地 方 行 政 機 関... 8 (5) 指 定 公 共 機 関 及 び 指 定 地 方 公 共 機 関... 10 (6)

More information

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx

Microsoft PowerPoint - (資料2)2UP印刷.pptx 熊 本 地 震 による 農 地 農 業 用 施 設 の 被 災 状 況 と 対 応 について 目 次 熊 本 地 震 の 概 要 2 熊 本 地 震 による 農 林 水 産 関 係 被 害 の 概 要 5 農 地 農 業 用 施 設 の 被 害 の 状 況 6 被 災 後 の 対 応 ( 職 員 等 の 派 遣 ) 13 被 災 後 の 対 応 ( 災 害 復 旧 事 業 の 実 施 ) 15 1

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 25 年 度 水 巻 町 水 防 計 画 書 水 巻 町 水 防 協 議 会 文 書 分 類 コード A0 03 -- 04 目 次 第 1 章 総 則 1 第 2 章 町 における 水 防 組 織 並 びに 水 防 事 務 1 第 1 節 組 織 並 びに 事 務 分 掌 1~6 第 3 章 水 防 に 関 する 連 絡 及 び 水 位 雨 量 の 通 報 要 領 7 第 1 節 通 信

More information

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477>

<31816A8C7689E68F91955C8E86814596DA8E9F8169483231292E786477> 恵 庭 市 耐 震 改 修 促 進 計 画 平 成 22 年 3 月 恵 庭 市 目 1 計 画 の 前 提 1-1 計 画 の 背 景 ---------------------------------------------------- 1 1-2 計 画 の 目 的 ---------------------------------------------------- 2 1-3 計 画

More information

美 浜 町 地 域 防 災 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 美 浜 町 地 域 防 災 計 画 一 般 災 害 対 策 計 画 平 成 18 年 9 月 美 浜 町 防 災 会 議 一 般 災 害 対 策 計 画 : 目 次 第 1 章 総 則...1 第 1 節 計 画 の 目 的...1 第 2 節 町 の 概 況...2 第 3 節 計 画 の 基 本...4

More information

目  次(秦野市地域防災計画)

目  次(秦野市地域防災計画) 目 次 風 水 害 等 災 害 対 策 計 画 第 1 章 総 則 風 -1 第 1 節 計 画 の 目 的 風 -1 第 2 節 構 成 風 -2 1 災 害 予 防 計 画 風 -2 2 災 害 応 急 対 策 計 画 風 -2 3 災 害 復 旧 復 興 計 画 風 -2 4 特 殊 災 害 対 策 風 -2 第 3 節 防 災 関 係 機 関 の 実 施 責 任 及 び 処 理 すべき 事

More information