会議録

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "会議録"

Transcription

1 会 議 録 ( 要 旨 ) 会 議 名 平 成 25 年 度 第 4 回 武 蔵 村 山 市 行 政 評 価 委 員 会 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 4 日 ( 火 ) 午 前 9 時 57 分 から 午 前 11 時 47 分 まで 開 催 場 所 市 役 所 301 会 議 室 出 席 者 及 び 欠 席 者 出 席 者 : 坂 野 委 員 ( 委 員 長 ) 榎 本 委 員 ( 副 委 員 長 ) 大 澤 委 員 笹 本 委 員 矢 欠 席 者 :な し 島 委 員 米 原 委 員 事 務 局 : 企 画 財 務 部 長 企 画 政 策 課 長 企 画 政 策 課 主 査 ( 行 政 管 理 G) 同 課 主 事 ( 行 政 管 理 G) 説 明 員 : 子 育 て 支 援 課 長 子 育 て 支 援 課 主 査 ( 児 童 手 当 G) 道 路 公 園 課 長 道 路 公 園 課 主 査 ( 公 園 緑 地 G) 教 育 総 務 課 長 教 育 総 務 課 主 査 ( 教 育 政 策 G) 報 告 事 項 平 成 25 年 度 第 3 回 行 政 評 価 委 員 会 の 会 議 結 果 について 議 結 題 1 行 政 評 価 の 評 価 結 果 の 審 議 について 2 その 他 論 ( 決 定 し た 方 針 残 さ れ た 問 題 点 保 留 事 項 等 を 記 載 す る ) 審 議 経 過 ( 主 な 意 見 等 を 原 則 と し て 発 言 順 に 記 載 し 同 一 内 容 は 一 つ に まとめる ) 報 告 事 項 : 平 成 25 年 度 第 3 回 行 政 評 価 委 員 会 の 会 議 結 果 について 平 成 25 年 度 第 3 回 行 政 評 価 委 員 会 の 会 議 結 果 ( 概 要 )について 会 議 資 料 に 基 づき 事 務 局 から 報 告 し 会 議 録 については 気 付 いた 点 等 があれば 2 月 10 日 ( 月 )までに 事 務 局 に 連 絡 することとした 議 題 1: 行 政 評 価 の 評 価 結 果 の 審 議 について 1 行 政 評 価 委 員 会 としての 意 見 整 理 前 回 会 議 で 修 正 意 見 があった 1 件 及 び 審 議 した 3 件 に 係 る 行 政 評 価 委 員 会 としての 意 見 ( 案 )について 確 認 をいただき 全 て 原 案 のとおりとした 2 行 政 評 価 の 評 価 結 果 の 審 議 外 国 人 学 校 就 学 児 補 助 金 保 存 樹 林 奨 励 金 修 学 旅 行 移 動 教 室 保 護 者 負 担 軽 減 事 業 の 3 件 について 各 委 員 から 意 見 をいただいた 議 題 2:その 他 特 になし 報 告 事 項 : 平 成 25 年 度 第 3 回 行 政 評 価 委 員 会 の 会 議 結 果 について 事 務 局 説 明 要 旨 平 成 25 年 度 第 3 回 行 政 評 価 委 員 会 の 会 議 結 果 ( 概 要 )について 会 議 資 料 に 基 づき 報 告 した 会 議 録 については 2 月 10 日 ( 月 )までに 確 認 していただき 気 付 いた 点 等 があれば 事 務 局 に 連 絡 をお 願 いする 特 になし ( 発 言 者 ) 印 = 委 員 印 = 事 務 局 議 題 1: 行 政 評 価 の 評 価 結 果 の 審 議 について 1 行 政 評 価 委 員 会 としての 意 見 整 理 事 務 局 説 明 要 旨 前 回 会 議 で 修 正 意 見 があった 1 件 及 び 審 議 した 3 件 について 行 政 評 価 委 員 会 としての 意 見 ( 案 )を 提 示 した - 1 -

2 ⑴ 消 費 生 活 展 交 付 金 修 正 案 のとおりでよろしいか ⑵ 農 業 経 営 者 クラブ 補 助 金 原 案 のとおりでよろしいか ⑶ 農 業 生 産 組 合 振 興 補 助 金 原 案 のとおりでよろしいか ⑷ 村 山 大 島 紬 振 興 奨 励 補 助 金 原 案 のとおりでよろしいか 2 行 政 評 価 の 評 価 結 果 の 審 議 ⑴ 外 国 人 学 校 就 学 児 補 助 金 説 明 要 旨 所 管 課 から 事 業 の 概 要 一 次 評 価 等 について 説 明 した 事 務 局 から 行 政 評 価 会 議 での 主 な 意 見 や 二 次 評 価 の 総 合 的 意 見 について 説 明 した 毎 年 交 付 を 受 けている 2 名 は 同 一 人 物 か 同 一 である この 2 名 以 外 に 本 市 には 外 国 人 の 子 どもはいないのか いると 思 われるが 市 報 等 で 本 補 助 金 のことを 周 知 しても 申 請 がないので 一 般 の 公 立 学 校 に 通 学 していると 思 われる 近 隣 に 外 国 人 学 校 はあるのか こちらの 2 名 は 立 川 市 にある 西 東 京 朝 鮮 第 一 初 中 級 学 校 に 通 っている 補 助 金 の 開 始 当 時 は 朝 鮮 人 学 校 に 通 う 児 童 生 徒 への 補 助 金 だったようだが いつから 外 国 人 学 校 の 児 童 生 徒 を 対 象 としたのか 平 成 17 年 度 からである 朝 鮮 人 の 方 も 一 般 の 公 立 学 校 に 通 えるのではないか 通 える 外 国 人 学 校 に 通 う 生 徒 のみに 補 助 をするというのは 逆 差 別 とならないのだ ろうか 朝 鮮 学 校 は 学 校 法 人 としての 認 可 を 受 けているのか 受 けている 一 般 の 私 立 学 校 と 同 様 の 位 置 付 けなのだろうか 手 元 の 資 料 では 分 からない 学 校 法 人 として 認 可 をされているのであれば 私 立 学 校 と 区 別 はないのでは ないか 法 律 上 特 別 な 位 置 付 けがされているとは 思 えない 前 述 の 朝 鮮 学 校 以 外 に 本 市 の 近 隣 に 外 国 人 学 校 はないのか - 2 -

3 ない 補 助 金 の 交 付 には 公 平 性 の 確 保 が 必 要 である 本 補 助 金 に 関 する 請 願 とはど のような 内 容 だったのだろうか 議 会 が 認 めた 理 由 を 知 りたい 本 請 願 は 平 成 7 年 の 第 四 回 市 議 会 定 例 会 において 朝 鮮 学 校 等 を 取 りまと めている 協 会 の 会 長 から 提 出 されており 朝 鮮 学 校 に 通 う 児 童 生 徒 の 保 護 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 してほしいという 内 容 であった なお 本 請 願 は 全 員 の 賛 成 によって 採 択 されている 他 の 学 校 の 保 護 者 も 補 助 金 をもらっているならいいが この 補 助 金 は 特 定 の 個 人 への 補 助 金 となっている 市 から 外 国 人 学 校 以 外 の 学 校 に 通 う 児 童 生 徒 の 保 護 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 している 例 はあるのか 他 の 保 護 者 との 公 平 性 が 気 になる ない 補 助 金 の 開 始 当 時 とは 時 代 が 変 化 している 朝 鮮 学 校 へは 修 学 旅 行 に 係 る 費 用 の 補 助 は 行 っているのか 行 っていない あくまで 保 護 者 の 希 望 によって 児 童 生 徒 が 公 立 学 校 ではなく 外 国 人 学 校 に 通 っているということを 前 提 として 議 論 をしなくてはならないのではないか 公 平 性 の 確 保 が 必 要 であり 補 助 金 を 交 付 するには 理 由 が 求 められる 学 校 を 通 じて 補 助 金 は 交 付 されているのか そのようにすることも 可 能 である 各 市 からくる 補 助 金 を 学 校 が 調 整 して 交 付 しているということはないのだろ うか それはない 日 野 市 は 交 付 額 が 5,000 円 と 他 市 よりも 高 額 であるが 自 治 体 間 のばらつき に 理 由 はあるのか 把 握 していない 本 市 だけではなく 他 市 からも 交 付 されているということはないか そのようなことはない 開 始 当 時 の 補 助 件 数 はどのくらいか 一 桁 の 件 数 である その 後 朝 鮮 学 校 の 児 童 生 徒 にだけ 補 助 金 を 出 すのは 問 題 であるということで 対 象 範 囲 を 外 国 人 学 校 へと 拡 大 した 市 内 には 他 のインターナショナルスクールに 通 っている 子 どもがいるかもし れないが 2,500 円 のために 申 請 をしないのだろう 廃 止 には 問 題 があるのか 今 は 外 国 人 学 校 への 補 助 金 の 実 施 状 況 について 外 部 からの 調 査 がくるこ ともある 以 前 には 三 鷹 市 に 在 住 の 方 から 増 額 の 要 望 がきた 組 織 的 なものだろう 本 補 助 金 には 妥 当 性 や 公 平 性 の 問 題 があるのではないか 門 戸 が 開 かれた 補 助 金 ではあるが 実 際 には 1 つの 学 校 のみが 対 象 となって おり 公 平 性 に 疑 問 が 残 る これまでの 議 論 をまとめると 外 国 人 に 対 して 門 戸 を 開 いてはいるが 実 績 は1つの 学 校 のみであるので 公 平 性 に 問 題 があり これを 検 証 した 上 で 抜 本 的 に 見 直 したほうがいいということだろう 委 員 会 としては 2 つの 考 え 方 があ る 一 つ 目 は 一 般 の 私 立 学 校 と 区 別 する 必 要 はあるのかということであり 二 つ 目 は 1 つの 学 校 のみに 補 助 金 を 交 付 し 続 けることが 公 平 性 の 観 点 から 問 - 3 -

4 題 ないのかということである もし 今 後 も 交 付 するのであれば 公 平 性 だけで はなく 必 要 性 などの 他 の 理 由 も 明 確 にしたほうがいいのかもしれないが まず は 公 平 性 を 検 証 した 上 での 抜 本 的 な 見 直 しが 必 要 である 児 童 生 徒 の 保 護 者 の 生 活 が 厳 しいのであれば その 困 窮 度 に 応 じた 対 応 などをするべきだろう 朝 鮮 学 校 は 都 内 に 何 校 あるのか 把 握 していない 小 平 などにあったと 記 憶 している 1 校 のみが 補 助 金 を 交 付 されている 現 状 は 問 題 である 請 願 があった 当 時 とは 時 代 が 変 化 していることも 考 慮 すべきだろう 公 平 性 の 観 点 から 抜 本 的 見 直 しだろう ⑵ 保 存 樹 林 奨 励 金 説 明 要 旨 所 管 課 から 事 業 の 概 要 一 次 評 価 等 について 説 明 した 事 務 局 から 行 政 評 価 会 議 での 主 な 意 見 や 二 次 評 価 の 総 合 的 意 見 について 説 明 した 補 助 金 が 交 付 されている 保 存 樹 林 は だいたい 一 反 くらいの 大 きさか その 程 度 だろう 市 内 には 他 に 保 存 樹 林 はないのか 3 件 程 度 あるが 補 助 金 の 申 請 はきていない なぜ 申 請 をしないのか 開 発 計 画 の 予 定 等 があるからかもしれない 周 知 は 行 っているので 補 助 金 のことを 知 らないということはないと 思 う 保 存 樹 林 の 手 入 れには 費 用 が 掛 かるのか かなりの 費 用 が 掛 かるので この 補 助 金 だけでは 間 に 合 わない 緑 の 保 護 を 目 的 として 補 助 金 を 交 付 するのであれば 補 助 金 を 受 けてから 数 年 間 は 保 存 の 義 務 を 課 すなどの 所 有 者 への 足 かせが 必 要 だと 思 うが そのよう な 足 かせはあるのか 現 行 では 解 除 申 請 がきた 場 合 には 解 除 を 行 うこととなっている 足 かせを 設 ける 予 定 はないのか 市 で 当 該 樹 林 を 買 い 取 る 方 法 等 は 考 えられるが 足 かせを 設 けることは 考 え ていない 当 該 樹 林 の 手 入 れ 状 況 等 が 分 かる 写 真 などがあればイメージしやすい 現 在 は 周 囲 の 方 に 迷 惑 が 掛 からない 程 度 の 手 入 れをしている 本 補 助 金 では 保 存 樹 林 を 維 持 しようという 気 にならないと 思 う 緑 を 保 護 するのであれば 剪 定 費 用 の 半 額 を 補 助 するなど 具 体 的 な 支 援 が 必 要 ではな いか 申 請 主 義 ではなく 行 政 のほうから 働 きかけてもいい 補 助 金 の 継 続 はいいと 思 うが 保 存 樹 林 の 所 有 者 は 剪 定 業 者 から 領 収 証 を 受 け 取 ると 思 うので その 費 用 の 何 割 かを 補 助 するのも 一 つの 方 法 だと 思 う 緑 化 審 議 会 は 今 後 3 回 程 度 の 開 催 を 予 定 しており 来 年 度 にも 1 回 の 開 催 を 予 定 しているので それらの 意 見 を 緑 化 審 議 会 で 検 討 していきたい なぜ 本 市 では 1 m2 当 たり 128 円 の 補 助 額 なのか 特 に 根 拠 はない 所 有 者 が 保 存 したいと 思 うためには 固 定 資 産 税 等 の 減 免 のほうが 効 果 的 だ - 4 -

5 ろう そして その 場 合 には 5 年 間 の 保 存 の 義 務 を 設 けることなどが 必 要 で ある 保 存 樹 林 は 市 民 に 開 放 しているのか していない 他 市 では 開 放 している 事 例 もあるので 検 討 していきたい 緑 の 保 護 や 育 成 を 図 る 上 で 今 のやり 方 が 有 効 とはなかなか 言 えない 緑 を 残 すのであれば 市 街 地 に 緑 を 残 す 積 極 的 な 意 義 を 明 確 にした 上 で 所 有 者 が 行 政 の 目 的 に 沿 った 形 で 緑 を 残 すようなインセンティブの 在 り 方 を 考 えること が 必 要 である インセンティブを 設 けることができないのでれば 公 共 が 介 入 することも 踏 まえて 目 的 を 明 確 にして 様 々な 手 法 を 検 討 してほしい ビオトープのような 感 じにするのもいい それはいいと 思 う ただ 所 有 者 の 意 向 にもよるだろう ⑶ 修 学 旅 行 移 動 教 室 保 護 者 負 担 軽 減 事 業 説 明 要 旨 所 管 課 から 事 業 の 概 要 一 次 評 価 等 について 説 明 した 事 務 局 から 行 政 評 価 会 議 での 主 な 意 見 や 二 次 評 価 の 総 合 的 意 見 について 説 明 した 移 動 教 室 や 修 学 旅 行 には 保 護 者 一 人 当 たりいくら 掛 かっているのか 補 助 金 を 除 いた 額 で 説 明 すると 日 光 で 行 われる 小 学 校 の 移 動 教 室 には 3 万 円 程 度 スキーを 行 う 中 学 校 の 移 動 教 室 は 各 校 で 費 用 が 異 なり 3 万 円 から 4 万 円 程 度 中 学 校 の 修 学 旅 行 には 5 万 円 から 6 万 円 程 度 が 掛 かっている 市 はおよそ 費 用 の 15% 程 度 を 補 助 していることになる 昭 和 45 年 の 補 助 金 開 始 当 時 と 比 べ 補 助 率 や 補 助 額 は 変 わっているのか 昭 和 58 年 には 移 動 教 室 に 3,500 円 を 補 助 していたが 尐 しずつ 増 額 を 続 け 平 成 14 年 度 から 5,500 円 となった 修 学 旅 行 については 当 初 の 5,700 円 から 次 第 に 増 額 し 平 成 14 年 度 に 8,700 円 となった 各 費 用 はどのように 徴 収 しているのか 中 学 校 の 修 学 旅 行 であれば 中 学 2 年 生 くらいから 毎 月 積 立 てを 行 ってい る 未 納 はあるのか 未 納 率 を 知 りたい 就 学 援 助 を 受 けている 家 庭 においては 就 学 援 助 費 から 実 費 を 差 し 引 いてい るため 未 納 はない 私 も 息 子 がいたが 市 からの 補 助 のことを 知 らなかった 保 護 者 には 知 らせ ていないのか 市 からは 入 学 や 卒 業 の 祝 い 品 なども 提 供 しており 本 事 業 に 限 って 知 らせる ようなことはしていない 保 護 者 がありがたみを 感 じることがない 周 知 すべきだろう これまでの 助 成 額 を 考 えると ものすごい 金 額 である 5 万 円 や 6 万 円 の 修 学 旅 行 は 一 般 的 なものなのか 昨 今 では 安 いツアーがた くさんある 各 市 も 同 程 度 の 状 況 である 毎 月 いくらぐらいの 額 を 積 み 立 てているのか 3,000 円 である 市 の 助 成 部 分 の 負 担 を 保 護 者 に 求 めたとしても そこまで 大 きな 負 担 感 はな - 5 -

6 いと 思 うが 所 得 制 限 の 導 入 は 必 要 ないのではないかと 感 じる 現 在 の 公 教 育 には 無 償 化 の 流 れがあり 誰 もが 公 的 な 支 援 を 平 等 に 受 けられ ることが 望 まれる 必 要 な 教 育 に 対 し 所 得 制 限 はいらないのではないかと 思 う 所 得 制 限 をするとなると 職 員 の 事 務 量 も 増 加 して 大 変 である 移 動 教 室 というのはいつから 実 施 しているのか 把 握 していない なぜスキーを 行 うのだろうか スノーボードでもいい 学 校 ごとに 決 めているのか 各 学 校 が 決 めている 毎 年 同 じ 内 容 にしたほうが 先 生 の 負 担 も 尐 ないのだろう 近 隣 市 の 状 況 を 見 ても スキーを 実 施 するところが 多 い スキーではなく 被 災 地 のボランティア 活 動 などをしてもいいのではないかと 思 う 修 学 旅 行 は 一 生 に 一 度 の 経 験 であり 大 切 なものである これまでの 意 見 をまとめると 修 学 旅 行 等 に 関 する 部 分 については 税 金 で カバーする 範 囲 に 入 るというのが 皆 の 認 識 だろう 今 後 更 に 財 政 が 厳 しくなっ たときには 本 事 業 の 在 り 方 を 考 え 直 す 必 要 があるのかもしれないが 今 は 保 護 者 に 負 担 を 求 めるよりも 助 成 のことを 知 らせることが 必 要 である 本 事 業 は 必 要 と 思 うので 一 次 評 価 のとおり このまま 継 続 でいい ただ 二 次 評 価 が 指 摘 するように 助 成 をしていることを 知 らせる 余 地 はある 助 成 額 は 大 きい が 助 成 のことを 認 知 してもらった 上 で 将 来 的 に 財 政 が 厳 しくなったときに 再 度 検 討 してほしい 税 理 士 会 では 各 学 校 等 で 税 金 の 使 途 などについて 教 える 租 税 教 育 を 行 ってい るので そのような 場 で 本 事 業 のことを 教 えてもいいかもしれない 市 の 職 員 が 伝 えるよりも 効 果 的 だろう 法 人 会 でも 各 学 校 等 で 租 税 教 室 を 実 施 しているが 全 校 での 実 施 には 至 って いない 生 徒 だけではなく 保 護 者 にも 好 評 であるので ぜひ 各 学 校 で 実 施 して ほしい 同 じ 内 容 でもっと 安 く 修 学 旅 行 を 行 うことはできないものか そこには 工 夫 の 余 地 がありそうである しかし 学 校 の 先 生 には 値 段 交 渉 の ノウハウなどがないのではないか 本 事 業 については このまま 継 続 とし 租 税 教 育 などと 連 携 して 周 知 の 徹 底 を 図 ってほしい 会 議 の 公 開 非 公 開 の 別 議 題 2:その 他 特 になし 公 開 傍 聴 者 : 0 人 一 部 公 開 非 公 開 一 部 公 開 又 は 非 公 開 とした 理 由 - 6 -

7 会 議 録 の 開 示 非 開 示 の 別 開 示 一 部 開 示 ( 根 拠 法 令 等 : ) 非 開 示 ( 根 拠 法 令 等 : ) 庶 務 担 当 課 企 画 財 務 部 企 画 政 策 課 ( 内 線 :375) - 7 -

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

1_扉-配布用.indd

1_扉-配布用.indd 私 立 高 校 の 学 費 負 担 を 軽 減 する 制 度 のご 案 内 平 成 26 年 度 の 内 容 です 私 立 高 等 学 校 等 に 通 学 する 生 徒 の 学 費 負 担 を 軽 くする 制 度 をご 紹 介 します 下 記 の3つの 制 度 はあわ せて 受 けることができます また いずれも 保 護 者 の 所 得 による 制 限 があります ⑴ 就 学 支 援 金 : 私 立

More information

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表

平成13年度桶川市教育委員会第4回定例会進行表 会 議 録 (1) 会 議 の 名 称 開 催 日 時 平 成 26 年 桶 川 市 教 育 会 第 10 回 定 例 会 平 成 26 年 10 月 28 日 ( 火 ) ( 開 会 ) 午 後 2 時 00 分 ( 閉 会 ) 午 後 4 時 30 分 開 催 場 所 地 域 福 祉 活 動 センター 会 議 室 1 2 出 席 者 欠 席 者 6 名 なし 議 長 長 傍 聴 なし 職 員 職

More information

2 ( 178 9)

2 ( 178 9) ( 1,876.58 km2) 98 ( 11 ) ( 21 ) 4 17 (8 9 ) 28 6 1? H25.12 11,998 489.5 H26.12 13,392 111.6% 565.5 115.5% H27.12 13,828 103.3% 476.8 84.3% H25.12 84 4.5 H26.12 132 157.1% 5 111.1% H27.12 95 72.0 2.56

More information

281

281 m3 m3 m3 280 281 m3 m3 282 283 ⑴ ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 284 ⑵ m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 m3 ⑶ ⑷ 285 ⑴ 286 ⑵ ⑶ 287 (1) 92.3 288 289 (2) 40,700 () () () () () () () () () () () ( ) () () () () (ha)

More information

⑴ ⑵ ⑶ ⑷ A C B ( D Other A C B ( D 1996/2/1 1996/3/1 1996/6/1 1996/8/1 1996/9/1 1997/3/1 1997/5/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/6/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/10/1 1997/11/1 1997/11/1

More information

-2 -

-2 - -1 - -2 - ⑴ ⑵ -3 - ⑶ -4 - ⑴ ⑵ ⑶ -5 - ⑷ 6,268 16 23,256,247.299 39.48 8,385. 34 35 2 2,117. 34 4 3,936 8 16,544,761.1 28.8 5,625. 927 35 14 1,689. 927 6 872 6 7,765,329.122 13.18 3,83. 554 17 7 2,211. 554

More information

0 001212 112468 1 10 2 11 12 13 3 14 15 ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 4 ⑵ 5 6 ⑴ ⑴ ⑴ ⑵ 7 ⑶ ⑷ ⑵ ⑴ 8 ⑵ ⑴ 9 ⑴ ⑵ ⑴ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 10 11 ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑵ ⑷ ⑸ ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ 12 ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ 13 ⑶ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ 14 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ 15

More information

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長

1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3 出 席 者 委 員 ( 敬 称 略 ) 真 瀬 宏 子 ( 野 木 町 長 ) 舘 野 本 嗣 ( 野 木 町 副 町 長 第 1 回 台 風 18 号 に 伴 う 大 雨 被 害 検 証 委 員 会 ( 平 成 27 年 9 月 関 東 東 北 豪 雨 被 害 検 証 委 員 会 ) 会 議 録 要 旨 野 木 町 総 合 政 策 部 総 務 課 1 日 時 平 成 27 年 10 月 23 日 ( 金 ) 15 時 30 分 から 17 時 30 分 2 場 所 野 木 町 役 場 本 館 2 階 大 会 議 室 3

More information

総務建設常任委員会協議会会議録

総務建設常任委員会協議会会議録 総 務 建 設 常 任 委 員 会 協 議 会 会 議 録 1 開 会 日 平 成 26 年 1 月 30 日 午 前 10 時 20 分 開 会 午 前 11 時 23 分 閉 会 2 場 所 第 1 委 員 会 室 3 出 席 委 員 渡 辺 順 子 委 員 長 吉 川 重 雄 副 委 員 長 高 橋 英 俊 委 員 二 宮 加 寿 子 委 員 三 澤 龍 夫 委 員 関 威 國 委 員 鈴 木

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ - 110 - ⑴ ⑵ ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - - 119 - - 120 - ⑴ - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑶ - 124 - ⑷ - 125 -

More information

⑴ ⑵ ⑶

⑴ ⑵ ⑶ - 108 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑴ ⑶ ⑵ ⑷ ⑴ ⑵ - 110 - ⑶ - 111 - ⑷ ⑴ ⑸ ⑹ ⑵ ⑶ - 112 - ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑴ ⑵ - 115 - - 116 - - 117 - - 118 - ⑴ - 119 - - 120 - ⑴ ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ ⑵ - 121 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 122 - - 123 - ⑴ ⑵ ⑴ ⑵ - 124 - ⑶ - 125

More information

第15期火災予防審議会総会(諮問)の議事録

第15期火災予防審議会総会(諮問)の議事録 第 20 期 火 災 予 防 審 議 会 人 命 安 全 対 策 部 会 小 部 会 ( 第 5 回 )の 開 催 結 果 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 10 日 ( 月 ) 13 時 30 分 から15 時 30 分 まで 2 場 所 スクワール 麹 町 5 階 寿 千 代 田 区 麹 町 六 丁 目 6 番 地 3 出 席 者 ⑴ 委 員 ( 敬 称 省 略 : 五 十 音 順

More information

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した

総務省は3 月28 日、「地方公共団体における行財政改革の推進のための新たな指針」を公表した 行 政 経 営 改 革 プラン 行 動 計 画 の 見 直 しについて 平 成 22 年 度 実 績 1 はじめに 本 市 では 昨 年 度 新 たに 平 成 22 年 度 から 平 成 26 年 度 を 計 画 期 間 とする 行 政 経 営 改 革 プラン を 策 定 しました 行 政 経 営 改 革 プランでは 1 成 果 コストを 重 視 した 組 織 制 度 への 転 換 2 持 続 可

More information

123 ( 17 120 18 ) ( - 1 - - 2 - ⑴ ⑵ - 3 - - 4 - ⑴ - 5 - ⑵ - 6 - ⑶ - 7 - ⑴ ⑵ ⑶ - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - ⑴ ⑵ ⑶ - 12 - ⑴ - 13 - ⑵ 12-14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - ⑴ ⑵ - 19 - ⑴ ⑵ ⑶ - 20 - ⑷ ⑸ ⑹ - 21 -

More information

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条

具 体 的 な 交 渉 内 容 1 6 月 期 期 末 手 当 及 び 勤 勉 手 当 について 協 議 の 要 旨 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 について 算 定 基 礎 月 収 額 の 2.30か 月 分 プラス2 万 円 の 組 合 から の 要 求 に 対 して 当 局 は 給 与 条 = 尼 崎 市 職 員 労 働 組 合 との 交 渉 状 況 = 平 成 27 年 度 第 1 号 通 算 第 540 号 平 成 27 年 6 月 17 日 尼 崎 市 役 所 総 務 局 人 事 管 理 部 給 与 課 6 月 期 期 末 勤 勉 手 当 及 び 平 成 27 年 度 の 欠 員 等 について 6 月 8 日 午 後 3 時 から 午 後 5 時 まで 中 央 公 民 館 小 ホールにおいて

More information

北 海 道 十 勝 清 水 町 補 助 金 等 ハンドブック 北 海 道 清 水 町 平 成 26 年 11 月 目 次 保 健 医 療 福 祉 分 野 (1) 乳 幼 児 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (2)ひとり 親 家 庭 等 医 療 費 助 成 制 度 P1 (3) 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 制 度 P2 (4) 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時

More information

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して

保 護 者 負 担 金 月 額 4,500 円 生 活 保 護 世 帯 児 童 扶 養 手 当 受 給 世 帯 就 援 助 受 給 世 帯 市 民 税 非 課 税 世 帯 兄 弟 同 時 入 会 世 帯 については 減 免 があります 申 込 先 各 運 営 委 員 会 ( 各 クラブを 通 して 4 就 小 校 1 入 までの 主 な 流 れ 入 する 前 年 の10 月 中 旬 から11 月 下 旬 に 就 時 健 康 診 断 を 受 けます ( 住 民 票 の 住 所 に 案 内 が 送 付 されます ) 入 する 年 の1 月 下 旬 に 入 通 知 書 が 住 民 票 の 住 所 に 送 られます ま た 2 月 に 各 小 校 で 入 説 明 会 が 行 われます 案 内 は 住

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた

7 会 議 録 ( 要 約 ) ⑴ 開 会 ( 行 政 管 理 課 長 ) ⑵ 総 務 部 長 あいさつ ( 総 務 部 長 ) 総 務 部 長 昨 年 策 定 された 第 7 次 松 本 市 行 政 改 革 大 綱 に 対 する 取 組 みについて 委 員 の 皆 様 からご 意 見 をいただくた 平 成 27 年 度 松 本 市 行 政 改 革 推 進 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 1 月 26 日 ( 火 ) 15 時 30 分 ~16 時 50 分 2 会 場 松 本 市 役 所 第 一 応 接 室 3 出 席 委 員 稲 葉 憲 一 委 員 上 田 順 子 委 員 太 田 克 彦 委 員 太 田 勉 委 員 大 月 清 光 委 員 草 間 秀 委 員 丹

More information

4 教 育 長 報 告 (9:01) 菅 野 教 育 長 まもなく 東 日 本 大 震 災 から1 年 が 経 とうとしていま 死 者 行 方 不 明 者 合 わせて およそ2 万 人 に 上 っていまその 中 で 親 を 失 っ た 子 どもは229 人 いるそうでその229 人 には 無 事 成

4 教 育 長 報 告 (9:01) 菅 野 教 育 長 まもなく 東 日 本 大 震 災 から1 年 が 経 とうとしていま 死 者 行 方 不 明 者 合 わせて およそ2 万 人 に 上 っていまその 中 で 親 を 失 っ た 子 どもは229 人 いるそうでその229 人 には 無 事 成 開 会 の 日 時 及 び 場 所 平 成 24 年 2 月 27 日 ( 月 ) 午 前 8 時 58 分 東 温 市 庁 舎 4 階 405 会 議 室 議 事 に 出 席 した 委 員 委 員 長 渡 部 良 温 委 員 平 野 仁 弘 委 員 大 政 美 智 子 委 員 遠 富 英 子 教 育 長 菅 野 邦 彦 議 事 に 出 席 した 職 員 学 校 教 育 課 長 永 野 昌 二 生

More information

市 町 からの 意 見 については 文 章 表 現 の 修 正 等 の 提 案 であり 意 見 を 踏 まえて 修 正 することと した パブリックコメントについては 県 内 外 104 名 から198 件 ( 延 べ277 件 )の 意 見 があり 第 3の2(3) 飼 主 の 役 割 に 不 妊

市 町 からの 意 見 については 文 章 表 現 の 修 正 等 の 提 案 であり 意 見 を 踏 まえて 修 正 することと した パブリックコメントについては 県 内 外 104 名 から198 件 ( 延 べ277 件 )の 意 見 があり 第 3の2(3) 飼 主 の 役 割 に 不 妊 平 成 25 年 度 第 2 回 愛 媛 県 動 物 愛 護 推 進 懇 談 会 の 結 果 1 会 議 の 名 称 平 成 25 年 第 2 回 愛 媛 県 動 物 愛 護 推 進 懇 談 会 2 開 催 日 時 平 成 26 年 2 月 19 日 ( 水 曜 日 ) 午 後 2 時 00 分 から 午 後 3 時 30 分 まで 3 開 催 場 所 県 庁 第 二 別 館 5 階 第 3 会 議

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定)

Microsoft Word - 5月定例教委議事録(確定) 5 月 定 例 教 育 委 員 会 会 議 録 開 催 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 40 分 開 催 場 所 県 教 育 委 員 会 室 出 席 委 員 委 員 長 藤 田 義 嗣 委 員 ( 委 員 長 職 務 代 理 者 ) 土 井 真 一 委 員 河 上 ひとみ 委 員 宇 野 正 章 委 員 ( 教 育 長 ) 河 原

More information

相模原市都市計画審議会 会議録

相模原市都市計画審議会 会議録 様 式 3 会 議 名 ( 審 議 会 等 名 ) 第 196 回 会 議 録 相 模 原 市 都 市 計 画 審 議 会 事 務 局 ( 担 当 課 ) まちづくり 計 画 部 都 市 計 画 課 電 話 042-769-8247( 直 通 ) 開 催 日 時 平 成 26 年 8 月 18 日 ( 月 ) 14 時 ~15 時 45 分 開 催 場 所 相 模 原 市 役 所 本 庁 舎 第 2

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

(連合東京)

(連合東京) ( 連 合 東 京 ) 厚 生 年 金 基 金 改 正 法 に 労 働 組 合 はどう 対 応 すべきか 平 成 25 年 11 月 21 日 NPO 法 人 金 融 年 金 問 題 教 育 普 及 ネットワーク はじめに 平 成 25 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 し 等 を 柱 にした 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 確 保 のための

More information

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処

第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 資 料 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 ( 単 位 :t) 種 類 平 成 26 年 度 処 理 量 回 収 量 A 平 成 25 年 度 実 績 処 平 成 27 年 6 月 25 日 平 成 27 年 度 第 1 回 小 金 井 市 廃 棄 物 減 量 等 推 進 審 議 会 次 第 1 開 会 会 長 の 辞 任 と 新 会 長 の 選 任 について 2 報 告 ⑴ ⑵ ⑶ ⑷ ⑸ 平 成 26 年 度 ごみ 処 理 量 及 び 資 源 物 回 収 量 燃 やすごみの 処 理 量 の 昨 年 度 との 月 別 比 較 について 平 成 26

More information

特 別 研 究 学 生 月 額 29,700 円 3 大 学 院 学 則 第 79 条 第 4 項 の 法 人 規 程 で 定 める 学 修 料 は 月 額 2,330 円 とする ただ し 当 初 の 受 入 れである 場 合 は 身 分 証 明 書 発 行 費 として860 円 を 学 修 料

特 別 研 究 学 生 月 額 29,700 円 3 大 学 院 学 則 第 79 条 第 4 項 の 法 人 規 程 で 定 める 学 修 料 は 月 額 2,330 円 とする ただ し 当 初 の 受 入 れである 場 合 は 身 分 証 明 書 発 行 費 として860 円 を 学 修 料 筑 波 大 学 科 目 等 履 修 生 等 の 授 業 料 等 に 関 する 規 程 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 程 第 34 号 改 正 平 成 17 年 法 人 規 程 第 47 号 平 成 19 年 法 人 規 程 第 40 号 平 成 19 年 法 人 規 程 第 58 号 平 成 21 年 法 人 規 程 第 22 号 平 成 22 年 法 人 規 程 第 31 号 平

More information

特別区人事委員会の業務状況の報告

特別区人事委員会の業務状況の報告 平 成 19 年 度 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 状 況 等 の 公 表 平 成 19 年 12 月 文 京 区 総 務 部 職 員 課 目 次 文 京 区 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について 1 1 職 員 の 任 免 及 び 職 員 数 に 関 する 状 況 2 2 職 員 の 給 与 の 状 況 4 3 職 員 の 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc)

(Microsoft Word - \214f\216\246\227p\201[.doc) 市 県 民 税 に 係 る 業 務 上 横 領 事 件 の 調 査 報 告 書 平 成 24 年 3 月 9 日 ( 金 ) 大 津 市 目 次 1 はじめに 1P 2 退 職 所 得 に 係 る 市 県 民 税 の 納 入 の 仕 組 み 1P 3 事 件 の 主 な 経 過 2P 4 元 職 員 の 経 歴 3P 5 被 害 額 4P 6 事 件 を 防 止 できなかった 組 織 的 な 問 題

More information

特別徴収封入送付作業について

特別徴収封入送付作業について 特 別 徴 収 の 事 務 概 要 ( 説 明 資 料 ) 新 居 浜 市 役 所 総 務 部 市 民 税 課 電 話 (0897)65-1224( 直 通 ) 特 別 徴 収 について 所 得 税 の 源 泉 徴 収 義 務 者 は 市 の 指 定 により 市 県 民 税 の 特 別 徴 収 しなければならないと 義 務 付 け られています ( 地 方 税 法 第 321 条 の 4 新 居 浜

More information

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引

しては 一 般 職 員 の 期 末 勤 勉 手 当 を 今 年 度 国 の 人 事 院 勧 告 を 考 慮 して0.15 月 分 引 き 上 げる 議 案 を 出 す 予 定 です 今 回 の 諮 問 案 は 一 般 職 員 の 引 き 上 げを 考 慮 して 同 月 分 特 別 職 についても 引 平 成 26 年 度 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 概 要 1. 会 議 名 称 我 孫 子 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 2. 開 催 日 時 平 成 26 年 11 月 6 日 ( 木 ) 午 前 9 時 から 3. 場 所 議 事 堂 第 一 委 員 会 室 4. 出 席 者 委 員 米 澤 会 長 飯 田 委 員 中 尾 委 員 寺 本 委 員 石 﨑 委 員

More information

Microsoft Word - 報告書本文.doc

Microsoft Word - 報告書本文.doc 平 成 25 年 度 議 会 運 営 委 員 会 都 市 行 政 調 査 報 告 書 調 査 期 間 平 成 26 年 2 月 3 日 から2 月 6 日 調 査 先 調 査 事 項 1 滋 賀 県 大 津 市 議 会 改 革 の 取 組 みについて ⑴ 議 会 改 革 の 取 組 み 概 要 について ⑵ 政 策 立 案 ( 条 例 制 定 等 )の 取 組 みについて 2 福 岡 県 北 九 州

More information

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定

第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 349 第 2 節 医 療 法 人 の 資 本 等 1 資 本 金 等 の 額 ⑴ 資 本 金 等 の 額 とは 資 本 金 等 の 額 とは 法 人 が 株 主 等 から 出 資 を 受 けた 金 額 をいいます( 法 法 2 十 六 ) 持 分 の 定 348 第 Ⅱ 部 医 療 法 人 の 税 務 第 2 章 医 療 法 人 の 法 人 税 第 1 節 法 人 税 法 上 の 法 人 の 種 類 1 法 人 税 法 上 の 種 類 法 人 税 法 上 の 法 人 は 普 通 法 人 公 共 法 人 公 益 法 人 等 及 び 協 同 組 合 等 に 区 分 され( 法 法 2 五 六 七 九 ) それぞれにおいて 異 なる 課 税 関 係 が 定

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必

20 年 7 月 に これから 10 年 の 基 本 計 画 を 策 定 したばかりです その 総 合 計 画 の 体 系 が 前 提 になると 思 うが そこのつくりによって 我 々の 評 価 のやり 方 も 書 き 方 も 変 ってくる 評 価 と 計 画 を 上 手 い 具 合 につなげる 必 平 成 20 年 度 第 1 回 行 革 推 進 委 員 会 会 議 録 日 時 / 平 成 20 年 9 月 16 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~4 時 40 分 場 所 / 文 化 会 館 3 階 中 会 議 室 出 席 者 / 北 大 路 会 長 和 田 副 会 長 淡 路 委 員 加 藤 委 員 宮 﨑 委 員 下 川 委 員 仲 澤 委 員 根 津 委 員 の 全 8 名 が 出 席

More information

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係

はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる 多 くの 富 士 市 民 や 関 係 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 の 進 捗 状 況 について 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 協 議 会 はじめに 平 成 18 年 2 月 に 子 どもが 本 と 出 会 い 読 書 を 楽 しむまち ふじ を 基 本 理 念 とした 富 士 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 が 策 定 された この 推 進 計 画 は 子 ども 読 書 に 関 わる

More information

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ

災害に関する法人税、消費税及び源泉所得税の取扱いFAQ 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いFAQ 平 成 23 年 4 月 国 税 庁 この 度 の 東 日 本 大 震 災 の 発 生 に 伴 い 災 害 に 関 する 法 人 税 消 費 税 及 び 源 泉 所 得 税 の 取 扱 いについて よくある 質 問 を 取 りまとめましたので 参 考 にしてください ( 注 )このFAQは 平 成 23

More information

172713_広島市報(第1022号).indd

172713_広島市報(第1022号).indd 56 第 1022 号 平 成 27 年 7 月 31 日 支 出 のうち 公 費 負 担 相 当 額 項 目 金 額 ポスターの 作 成 円 ビラの 作 成 円 計 円 報 告 書 受 理 年 月 日 平 成 27 年 4 月 27 日 第 1 回 報 告 分 ( 別 紙 ) 候 補 者 氏 名 松 井 一 實 期 間 2 月 25 日 から 所 属 党 派 無 所 属 4 月 27 日 まで 出

More information

<8E9197BF95D22E786264>

<8E9197BF95D22E786264> 9. 魚 津 市 民 バス 事 業 再 構 築 活 性 化 プログラム 検 討 経 過 説 明 会 9.1 交 通 事 業 者 等 説 明 会 (1) 日 時 平 成 22 年 3 月 1 日 ( 月 ) 午 後 7 時 00 分 ~ 午 後 8 時 30 分 (2) 場 所 新 川 文 化 ホール 104 会 議 室 (1 階 ) (3) 出 席 者 1) 交 通 事 業 者 等 魚 津 交 通

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3236944E937891E63189F1934A90818E7389EE8CEC95DB8CAF895E89638BA68B6389EF8B638E96985E> 平 成 26 年 度 第 1 回 笛 吹 市 介 護 保 険 運 営 協 議 会 会 議 録 開 催 日 時 : 平 成 26 年 6 月 16 日 ( 月 )13:30~15:00 出 席 者 : 委 員 13 名 欠 席 1 名 事 務 局 :11 名 ( 保 健 福 祉 部 長 介 護 保 険 課 高 齢 福 祉 課 ) 傍 聴 者 なし 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 市 長

More information

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代

結 婚 して 相 手 に 満 足 できないときは 離 婚 すればよい 年 代 別 女 性 の 場 合 年 代 が 上 がるにつれて そう 思 う の 割 合 が 低 くなる 傾 向 である 女 性 の 場 合 20 代 では そう 思 う の 割 合 が そう 思 わない を 上 回 るが 30 代 ⑶ 結 婚 や 出 産 に 対 する 意 識 1 結 婚 離 婚 出 産 に 対 する 意 識 ( 問 14 ) 全 体 結 婚 は 個 人 の 自 由 であるから 結 婚 してもしなくてもどちらでもよい については そう 思 う (47.5%)が そう 思 わない (26.3%)を 上 回 る 女 性 は 結 婚 したら 自 分 のことよりも 夫 や 子 どもを 中 心 に 生 活 したほうがよい

More information

<4D F736F F D A6D92E8817A95F18F B6389EF8C9A8B638F F990B38CE35F2E646F63>

<4D F736F F D A6D92E8817A95F18F B6389EF8C9A8B638F F990B38CE35F2E646F63> 平 成 25 年 8 月 2 日 市 川 市 長 大 久 保 博 様 市 川 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 会 長 麻 生 幸 市 川 市 特 別 職 等 の 退 職 手 当 について( 建 議 ) 本 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 ( 以 下 本 審 議 会 という )は 市 川 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 条 例 第 2 条 の 規 定 に 基 づき 市 長 副

More information

文教常任委員会付託審議報告書

文教常任委員会付託審議報告書 平 成 27 年 度 第 9 回 下 野 市 教 育 委 員 会 定 例 会 議 事 録 1 日 時 平 成 27 年 12 月 18 日 ( 金 ) 午 後 1 時 00 分 から 午 後 5 時 15 分 2 場 所 下 野 市 役 所 石 橋 庁 舎 201 会 議 室 3 出 席 委 員 委 員 長 永 山 伸 一 職 務 代 理 者 三 橋 明 美 委 員 熊 田 裕 子 委 員 石 嶋

More information

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁

目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁 5 保 健 事 業 8 頁 6 特 定 健 診 と 特 定 保 健 指 導 9 頁 平 成 26 年 度 第 1 回 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 運 営 協 議 会 平 成 26 年 11 月 保 健 福 祉 局 高 齢 福 祉 部 国 保 年 金 医 療 課 目 次 Ⅰ 平 成 25 年 度 神 戸 市 国 民 健 康 保 険 事 業 について 1 被 保 険 者 数 世 帯 数 1 頁 2 保 険 料 1 頁 3 保 険 給 付 4 頁 4 保 険 料 収 納 6 頁

More information

請求の原因

請求の原因 第 5 回 会 議 資 料 1 第 4 回 検 討 委 員 会 までの 状 況 住 民 投 票 制 度 の 概 要 と 主 要 な 論 点 等 について 第 4 回 検 討 委 員 会 までの 状 況 論 点 1 住 民 投 票 の 対 象 事 項 ネガティブリスト 方 式 とするか ポジティブリスト 方 式 とするか また 対 象 対 象 外 事 項 をどのように 定 めるか ネガティブリスト 方

More information

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午

平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 議 事 概 要 1 日 時 平 成 24 年 9 月 19 日 ( 水 ) 午 後 2 時 から 午 第 6 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 参 考 資 料 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係 る 運 転 免 許 制 度 の 在 り 方 に 関 する 有 識 者 検 討 会 の 議 事 概 要 平 成 2 4 年 9 月 警 察 庁 交 通 局 運 転 免 許 課 第 5 回 一 定 の 病 気 等 に 係

More information

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒

平 成 24 年 11 月 1 日 開 催 地 域 協 議 会 会 長 会 議 出 席 者 名 簿 地 域 協 議 会 氏 名 役 職 備 考 高 田 区 地 域 協 議 会 西 山 要 耕 会 長 新 道 区 地 域 協 議 会 岡 田 竹 一 会 長 金 谷 区 地 域 協 議 会 田 村 恒 地 域 協 議 会 会 長 会 議 次 第 と き 平 成 24 年 11 月 1 日 ( 木 ) 午 後 3 時 30 分 ~ ところ 上 越 市 春 日 謙 信 交 流 館 集 会 室 1 あいさつ 2 議 題 (1) 地 域 活 動 支 援 事 業 について 資 料 1~3 参 照 (2) 副 市 長 との 意 見 交 換 について [ 資 料 ] 次 第 出 席 者 名 簿 資 料 1 平

More information

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8>

<5461726F2D32353035333191498B93959492B792CA926D88C481798A6D92E8> 総 行 選 第 4 7 号 平 成 25 年 6 月 3 日 各 都 道 府 県 選 挙 管 理 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 選 挙 部 長 ( 公 印 省 略 ) 成 年 被 後 見 人 の 選 挙 権 の 回 復 等 のための 公 職 選 挙 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 取 扱 いについて 成 年 被 後 見 人 の

More information

第90回行政苦情救済推進会議資料

第90回行政苦情救済推進会議資料 1 審 議 資 料 (1) 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 の 支 給 要 件 である 交 通 費 の 取 扱 いの 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 申 出 要 旨 私 は 現 在 求 職 者 支 援 制 度 で 職 業 訓 練 を 受 けており 平 成 25 年 3 月 19 日 にハロー ワークへ 職 業 訓 練 受 講 給 付 金 ( 以 下 給 付 金 という )の 申 請 に 行

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

総務関係  4名

総務関係  4名 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 の 概 要 Ⅰ 社 会 福 祉 協 議 会 とは Ⅱ 設 置 目 的 役 職 員 構 成 重 点 目 標 等 Ⅲ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 主 要 事 業 Ⅳ 平 成 27 年 度 小 田 原 市 社 会 福 祉 協 議 会 予 算 概 要 Ⅴ 社 会 福 祉 協 議 会 の 組 織 体 制 Ⅰ 社 会 福 祉 協

More information

会議録

会議録 第 4 回 秦 野 市 公 立 幼 稚 園 あり 方 検 討 委 員 会 1 日 時 平 成 24 年 2 月 7 日 ( 火 ) 午 前 10 時 ~ 正 午 2 場 所 秦 野 市 役 所 本 庁 舎 3 階 3A 会 議 室 3 出 席 委 員 逢 坂 委 員 小 林 委 員 佐 藤 委 員 佐 々 木 委 員 桐 山 委 員 横 尾 委 員 大 澤 委 員 梅 原 委 員 野 々 山 委 員

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6825589F18C9F93A289EF90EC9FBA88CF88F5947A957A8E9197BF816982508C8E95AA827081958260816A2E646F63> ( 第 6 回 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する 検 討 会 川 渕 委 員 配 布 資 料 ) 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 1 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 < 高 額 介 護 合 算 療 養 費 関 連 > ( 問 1) 高 額 介 護 合 算 療 養 費 は 医 療 保 険 に 係 る

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認

記 所 は 保 存 年 限 があり 古 いものは 所 有 していない 市 では 過 去 のものも 保 管 しているので よ りいい 保 存 方 法 があれば 検 討 していきたい 会 長 : 滅 失 証 明 に 関 しては 毎 年 現 場 を 見 ていて その 後 滅 失 したものを 現 場 確 認 会 議 録 会 議 の 名 称 開 催 日 時 開 催 場 所 出 席 者 議 題 会 議 資 料 の 名 称 記 録 方 法 西 東 京 市 使 用 料 等 審 議 会 平 成 年 度 第 回 会 議 平 成 年 月 日 ( 木 曜 日 ) 午 後 時 から 時 まで 田 無 庁 舎 階 庁 議 室 委 員 : 小 藤 田 委 員 水 野 委 員 山 田 委 員 米 田 委 員 事 務 局 : 池

More information

H16.3.27 会議録

H16.3.27 会議録 平 成 28 年 4 月 定 例 会 滑 川 市 教 育 委 員 会 会 議 録 1 開 催 日 時 平 成 28 年 4 月 19 日 ( 火 ) 午 後 3 時 ~ 2 開 催 場 所 市 役 所 西 館 4 階 第 4 会 議 室 3 委 員 の 定 数 5 名 4 委 員 の 現 在 数 5 名 5 出 席 委 員 氏 名 吉 田 達 郎 水 野 敏 江 千 保 史 雄 石 原 大 三 伊

More information

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら

たL 社 が 某 市 内 業 者 (2 社 )にモニュメントの 製 作 を 依 頼 していた 事 実 がある 審 査 が 行 われる 前 に 製 作 を 依 頼 などということは 常 識 では 考 えられない これはL 社 が すでに 自 社 がもらえる 仕 事 だと 分 かっていたとしか 考 えら 燕 市 監 委 告 示 第 8 号 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 請 求 については 同 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 を 実 施 したので その 結 果 を 別 紙 のとおり 公 表 する 平 成 20 年 10 月 23 日 燕 市 監 査 委 員 齋 藤 稔 同 山 本 一

More information

第1回厚生常任委員会会議記録

第1回厚生常任委員会会議記録 第 1 回 総 務 経 済 常 任 委 員 会 会 議 記 録 開 閉 会 日 時 会 議 場 所 出 席 委 員 氏 名 説 明 員 平 成 28 年 6 月 21 日 ( 火 曜 ) 午 後 3 時 00 分 開 会 休 憩 15:46-15:48 16:37-16:37 16:38 16:38 午 後 4 時 43 分 閉 会 役 場 3 階 第 1 委 員 会 室 委 員 長 梅 津 伸 子

More information

市長挨拶

市長挨拶 第 63 回 北 見 市 行 政 評 価 委 員 会 会 議 録 要 旨 日 時 場 所 出 席 者 平 成 27 年 2 月 25 日 ( 水 ) 午 後 2 時 00 分 ~ 午 後 2 時 45 分 北 見 市 役 所 北 2 条 仮 庁 舎 3 階 庁 議 室 行 政 評 価 委 員 : 矢 萩 委 員 長 上 野 副 委 員 長 松 浦 委 員 渡 邊 委 員 事 務 局 : 我 妻 企

More information

( 副 委 員 長 あいさつ) 5 検 討 (1) 委 員 会 の 運 営 等 について 委 員 長 :それでは 当 委 員 会 で 検 討 を 進 めるにあたっての 必 要 事 項 について 事 務 局 から 説 明 してください 事 務 局 : 次 第 の5(1) 委 員 会 の 運 営 につい

( 副 委 員 長 あいさつ) 5 検 討 (1) 委 員 会 の 運 営 等 について 委 員 長 :それでは 当 委 員 会 で 検 討 を 進 めるにあたっての 必 要 事 項 について 事 務 局 から 説 明 してください 事 務 局 : 次 第 の5(1) 委 員 会 の 運 営 につい 第 1 回 町 田 市 特 別 支 援 教 育 推 進 計 画 検 討 委 員 会 議 事 概 要 日 時 2014 年 6 月 30 日 ( 月 ) 17:00~18:30 場 所 教 育 センター 4 階 会 議 室 出 席 委 員 大 南 英 明 委 員 ( 委 員 長 ) 山 口 好 司 委 員 ( 副 委 員 長 ) 西 久 保 律 子 委 員 明 官 茂 委 員 杉 村 共 英 委 員

More information

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名

平 成 2 年 度 評 価 表 [ 2 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 ( 連 絡 先 ) 291 名 平 成 2 年 度 評 価 表 [ 1 / ] 平 成 26 年 0 月 05 日 18 時 分 0 秒 作 成 担 当 部 局 00200 市 民 部 人 権 同 和 対 策 課 記 入 年 月 日 平 成 25 年 07 月 16 日 浦 川 哲 也 政 策 / 経 常 / 義 / 臨 時 経 常 的 新 規 / 継 続 継 続 ( 連 絡 先 ) 291 名 0000515 社 会 福 祉 施

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案)

「地方公務員の新たな労使関係制度に係る主な論点」に対する意見(案) 地 方 公 務 員 の 新 たな 労 使 関 係 制 度 に 係 る 主 な 論 点 に 対 する 意 見 平 成 24 年 1 月 27 日 全 国 市 長 会 地 方 公 務 員 制 度 改 革 検 討 委 員 会 委 員 長 新 見 市 長 石 垣 正 夫 地 方 公 務 員 の 労 働 基 本 権 の 検 討 のあり 方 については 本 会 として 現 在 の 労 使 関 係 は これまでの

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

6. 議 事 概 要 青 木 会 長 それでは 諮 問 事 項 についての 説 明 を 事 務 局 からお 願 いします 事 務 局 資 料 1~2 ページ 平 成 27 年 度 通 学 区 域 審 議 会 開 催 の 経 緯 を 説 明 事 務 局 資 料 2~16 ページ 諮 問 事 項 1~2

6. 議 事 概 要 青 木 会 長 それでは 諮 問 事 項 についての 説 明 を 事 務 局 からお 願 いします 事 務 局 資 料 1~2 ページ 平 成 27 年 度 通 学 区 域 審 議 会 開 催 の 経 緯 を 説 明 事 務 局 資 料 2~16 ページ 諮 問 事 項 1~2 平 成 27 年 度 第 1 回 我 孫 子 市 通 学 区 域 審 議 会 議 事 概 要 1. 日 時 平 成 27 年 5 月 8 日 ( 金 ) 午 後 1 時 15 分 ~2 時 45 分 2. 場 所 消 防 本 部 大 会 議 室 3. 出 席 委 員 青 木 章 委 員 芹 澤 一 夫 委 員 猪 瀬 義 明 委 員 直 井 淳 委 員 山 宮 文 昭 委 員 上 野 茂 委 員 髙

More information

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料

第98回行政苦情救済推進会議_付議資料 (1) 年 金 受 給 権 者 死 亡 後 に 支 給 された 年 金 の 返 納 請 求 通 知 の 改 善 ( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 母 は 多 額 の 借 金 をしていたため 同 居 している 私 は 相 続 放 棄 をし ていた 母 が 死 亡 した 際 市 町 村 に 死 亡 届 を 提 出 したが 日 本 年 金 機 構 に 対 しては このようなこともあり 母

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建

国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 に 基 づく CONTENTS 国 土 交 通 省 告 示 第 15 号 2 基 本 的 プロセス 13 設 計 事 務 所 の 業 務 内 容 14 設 計 監 理 報 酬 の 算 定 方 法 17 設 計 監 理 報 酬 算 定 の 具 体 例 30 建 築 関 連 附 帯 業 務 標 準 人 日 数 39 耐 震 診 断 等 関 連 業 務 料 の 具

More information

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx

250501_手引き_H23年度以降入学生用.pptx 阪 府 私 等 学 校 等 授 業 料 援 補 助 事 務 の 引 き 私 等 学 校 等 [ 全 日 制 課 程 ] 私 専 修 学 校 高 等 課 程 平 成 23 年 度 以 降 入 学 生 用 平 成 25 年 7 月 阪 府 府 化 部 私 学 学 課 559-8555 大 阪 市 住 之 江 区 南 港 北 1-14-16 大 阪 府 咲 洲 庁 舎 38 階 TEL (06)6941-0351(

More information