ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

Save this PDF as:

Size: px
Start display at page:

Download "ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )"

Transcription

1 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 3 日 平 成 21 年 6 月 23 日 平 成 22 年 3 月 19 日 平 成 22 年 11 月 30 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 24 年 3 月 30 日 平 成 26 年 12 月 1 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という ) に 勤 務 する 職 員 の 育 児 休 業 等 について 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする 2 この 規 程 に 定 めのある 場 合 のほか 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 76 号 ) 及 びその 他 の 関 係 法 令 並 びに 諸 規 程 の 定 めるところによる 第 2 章 育 児 休 業 ( 育 児 休 業 ) 第 2 条 この 規 程 において 育 児 休 業 とは 職 員 が3 歳 に 満 たない 実 子 又 は 養 子 を 養 育 するためにする 休 業 をいう ( 育 児 休 業 の 適 用 除 外 者 ) 第 3 条 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 職 員 は 育 児 休 業 をすることができない 一 期 間 を 定 めて 雇 用 される 職 員 ( 就 業 規 則 第 2 条 第 2 項 第 1 号 及 び 第 2 号 に 定 められ た 職 員 並 びに 常 時 勤 務 する 特 定 任 期 付 職 員 を 除 く ) 二 次 に 掲 げる 職 員 のうち 学 長 と 職 員 の 過 半 数 を 代 表 する 者 との 間 で 締 結 された 協 定 により 申 出 を 拒 むことができるとされたもの イ 採 用 後 1 年 を 経 過 しない 職 員 ロ 育 児 休 業 の 申 出 があった 日 から1 年 以 内 に 雇 用 関 係 が 終 了 し かつ 雇 用 が 更 新 さ れないことが 明 らかな 職 員

2 ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 育 児 休 業 終 了 予 定 日 という ) を 明 らかにして 当 該 育 児 休 業 開 始 予 定 日 の1か 月 前 の 日 までに 証 明 書 類 を 添 付 して 学 長 に 申 し 出 なければならない 2 申 出 の 時 点 において 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 が 出 生 していない 場 合 にあっては 当 該 子 の 出 生 後 速 やかに 届 け 出 なければならない 3 第 1 項 の 申 出 において 育 児 休 業 開 始 予 定 日 とされた 日 が 当 該 育 児 休 業 の 申 出 があっ た 日 の 翌 日 から 起 算 して1 月 を 経 過 する 日 より 前 の 日 である 場 合 には 学 長 は 当 該 育 児 休 業 開 始 予 定 日 とされた 日 から 当 該 1 月 を 経 過 する 日 までのいずれかの 日 を 学 長 が 休 業 開 始 予 定 日 として 指 定 することができる 4 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 で 育 児 休 業 開 始 予 定 日 が 申 出 のあった 日 の 翌 日 から1 週 間 に 満 たないときは 職 員 が 希 望 する 育 児 休 業 開 始 予 定 日 と 申 出 のあっ た 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 までの 間 のいずれかの 日 を 指 定 することができ る 一 出 産 予 定 日 前 に 子 が 出 生 したこと 二 配 偶 者 が 死 亡 したこと 三 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 1 週 間 を 超 える 期 間 継 続 して 通 院 加 療 入 院 又 は 安 静 を 必 要 な 状 態 となり 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 を 養 育 することが 困 難 になった こと 四 配 偶 者 が 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 と 同 居 しなくなったこと 五 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 2 週 間 以 上 の 期 間 にわたり 世 話 を 必 要 とする 状 態 になったとき 六 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 について 保 育 所 における 保 育 の 実 施 を 希 望 し 申 込 みを 行 っているが 当 面 その 実 施 が 行 われないとき 5 学 長 は 第 1 項 の 申 出 があった 場 合 には 当 該 育 児 休 業 を 申 し 出 た 職 員 に 育 児 休 業 の 取 扱 いを 明 らかにした 書 面 を 交 付 しなければならない ( 育 児 休 業 期 間 ) 第 5 条 育 児 休 業 を 取 得 できる 期 間 は 原 則 として 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 ( 誕 生 日 の 前 日 ) までの 間 の 連 続 した 一 定 の 期 間 とする 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 育 児 休 業 に 係 る 子 を 出 産 した 職 員 については 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 26 条 第 7 号 に 規 定 する 産 後 休 暇 の 翌 日 以 降 とする ( 育 児 休 業 期 間 の 終 了 ) 第 6 条 育 児 休 業 を 取 得 している 職 員 が 次 の 各 号 の 一 に 該 当 することとなった 場 合 には 育 児 休 業 はその 事 由 が 生 じた 日 ( 第 5 号 から 第 9 号 に 掲 げる 事 由 が 生 じた 場 合 にあって は その 前 日 )をもって 終 了 する 一 育 児 休 業 に 係 る 子 が 死 亡 したとき 二 育 児 休 業 に 係 る 子 が 養 子 の 場 合 で 離 縁 や 養 子 縁 組 を 取 消 したとき

3 三 育 児 休 業 に 係 る 子 が 他 人 の 養 子 となったことその 他 の 事 情 により 同 居 しないことと なったとき 四 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 を 養 育 することが 困 難 な 状 態 になったとき 五 育 児 休 業 に 係 る 子 が3 歳 に 達 したとき 六 育 児 休 業 をしている 職 員 が 勤 務 時 間 規 程 第 26 条 第 6 号 第 7 号 に 規 定 する 産 前 産 後 休 暇 となったとき 七 育 児 休 業 している 職 員 が 新 たに 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 以 外 の 子 に 係 る 育 児 休 業 を 取 得 したとき 又 は 介 護 休 業 を 取 得 したとき 八 職 員 が 休 職 又 は 出 勤 停 止 若 しくは 停 職 となったこと その 他 育 児 休 業 に 係 る 子 が 3 歳 に 達 する 日 までの 間 その 子 を 養 育 することができない 状 態 となったとき 2 前 項 に 該 当 することとなった 職 員 は 遅 滞 なく 必 要 に 応 じて 証 明 書 類 を 添 付 して 学 長 に 届 け 出 なければならない ( 育 児 休 業 の 申 出 回 数 ) 第 7 条 育 児 休 業 の 申 出 は 原 則 として 一 子 につき 一 回 限 りとする また 複 数 の3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 している 場 合 において その 内 の1 人 について 育 児 休 業 を 取 得 した 場 合 は その 他 の 子 についても 既 に 育 児 休 業 を 取 得 したものとして 取 り 扱 う 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 は 再 度 の 申 出 ができ るものとする 一 育 児 休 業 している 職 員 が 新 たな 子 を 妊 娠 し 新 たな 育 児 休 業 又 は 産 前 産 後 の 休 暇 を 取 得 したことにより 最 初 の 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合 で 当 該 新 たな 子 が 死 亡 又 は 養 子 縁 組 等 により 別 居 することとなったとき 二 育 児 休 業 をしている 職 員 が 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 介 護 休 業 規 程 に 基 づ く 介 護 休 業 の 開 始 により 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合 で 当 該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 まで に 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 したとき 三 育 児 休 業 の 申 出 時 に 育 児 休 業 に 係 る 子 を 養 育 するための 計 画 について 事 前 に 書 面 により 学 長 に 申 し 出 た 職 員 が 当 該 申 出 に 係 る 育 児 休 業 をし 当 該 育 児 休 業 の 終 了 後 当 該 職 員 の 配 偶 者 が3 月 以 上 の 期 間 にわたり 当 該 子 を 常 態 として 養 育 したとき(この 号 の 規 程 に 該 当 したことにより 当 該 子 について 既 に 育 児 休 業 をしたことがある 場 合 を 除 く ) 四 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 入 院 したこと 配 偶 者 と 別 居 したことその 他 の 育 児 休 業 終 了 時 に 予 測 することができなかった 事 実 が 生 じたことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 再 度 の 育 児 休 業 をしなければその 養 育 に 著 しい 支 障 が 生 じるとき 五 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 の 出 生 の 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 まで( 出 産 予 定 日 前 に 当 該 子 が 出 生 した 場 合 にあっては 当 該 出 生 の 日 から 当 該 出 産 予 定 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとし 出 産 予 定 日 後 に 当 該 子 が 出 生 した 場 合 にあっては 当 該 出 産 予 定 日 から 当 該 出 生 の 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする )の 期 間 内 に 職 員 が 当 該 子 を 養 育 するために 最 初 の 育 児 休 業 をした 場 合 3 前 項 の 申 出 があった 場 合 の 取 扱 いは 第 4 条 第 5 項 を 準 用 する

4 ( 育 児 休 業 開 始 予 定 日 の 変 更 ) 第 8 条 育 児 休 業 の 申 出 をした 職 員 は 育 児 休 業 開 始 予 定 日 の 前 日 までに 次 の 各 号 の 一 に 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 には 学 長 に 申 し 出 ることにより 育 児 休 業 開 始 予 定 日 を1 回 に 限 り 育 児 休 業 開 始 予 定 日 とされた 日 より 前 の 日 に 変 更 することができる 一 出 産 予 定 日 前 に 子 が 出 生 したとき 二 配 偶 者 が 死 亡 したとき 三 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 を 養 育 することが 困 難 にな ったとき 四 配 偶 者 が 子 と 同 居 しなくなったとき 五 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 2 週 間 以 上 の 期 間 にわたり 世 話 を 必 要 とする 状 態 になったとき 六 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 について 保 育 所 における 保 育 の 実 施 を 希 望 し 申 込 みを 行 っているが 当 面 その 実 施 が 行 われないとき 2 前 項 の 変 更 の 申 出 において 当 該 変 更 の 申 出 に 係 る 育 児 休 業 開 始 予 定 日 とされた 日 が 当 該 変 更 の 申 出 のあった 日 の 翌 日 から 起 算 して1 週 間 を 経 過 する 日 より 前 の 日 であると きは 学 長 は 当 該 変 更 後 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 ( 第 4 条 第 4 項 により 学 長 が 育 児 休 業 開 始 予 定 日 を 指 定 した 場 合 にあっては その 指 定 された 育 児 休 業 開 始 予 定 日 ) 1 週 間 を 経 過 する 日 より 後 の 日 であるときは 変 更 前 の 育 児 休 業 開 始 予 定 日 までのいずれかの 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 指 定 することができる 3 第 1 項 の 申 出 があった 場 合 の 取 扱 いは 第 4 条 第 5 項 を 準 用 する ( 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 変 更 ) 第 9 条 育 児 休 業 の 申 出 をした 職 員 は 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の1 月 前 の 日 までに 学 長 に 申 し 出 ることにより 育 児 休 業 終 了 予 定 日 を1 回 に 限 り 育 児 休 業 終 了 予 定 日 とされた 日 より 後 の 日 に 変 更 することができる 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 配 偶 者 と 別 居 したことその 他 の 育 児 休 業 予 定 日 の 変 更 の 申 出 時 に 予 測 することができなかった 事 実 が 生 じたことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 に ついて 育 児 休 業 終 了 予 定 日 の 再 度 の 変 更 をしなければ その 養 育 に 著 しい 支 障 が 生 ずる こととなるときは 再 度 の 申 出 ができるものとする 3 前 2 項 の 申 出 があった 場 合 の 取 扱 いは 第 4 条 第 5 項 を 準 用 する ( 育 児 休 業 中 の 身 分 等 ) 第 10 条 育 児 休 業 をしている 職 員 は 職 員 としての 身 分 ( 育 児 休 業 申 出 をしたとき 占 めて いた 職 名 を 含 む )を 保 有 するが 職 務 に 従 事 しない 2 前 項 の 規 定 にかかわらず 育 児 休 業 期 間 中 に 業 務 上 の 必 要 により 配 置 換 等 を 行 うこ とがある ( 育 児 休 業 中 の 給 与 ) 第 11 条 育 児 休 業 している 期 間 については 給 与 を 支 給 しない 2 前 項 に 規 定 するほか 育 児 休 業 をしている 職 員 の 給 与 の 取 扱 いについては 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 及 び 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 程 ( 以 下 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 という )によ る

5 ( 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 要 員 ) 第 12 条 学 長 は 育 児 休 業 している 職 員 の 業 務 を 処 理 することが 困 難 であると 認 めるとき は 任 期 を 定 めて 職 員 を 採 用 することができる ( 職 務 復 帰 ) 第 13 条 職 員 は 育 児 休 業 を 取 得 している 事 由 が 消 滅 した 場 合 及 び 育 児 休 業 の 期 間 が 終 了 した 場 合 には 職 務 に 復 帰 するものとする ( 育 児 休 業 の 申 出 の 撤 回 等 ) 第 14 条 育 児 休 業 の 申 出 をした 職 員 は 育 児 休 業 開 始 予 定 日 の 前 日 までに 学 長 に 申 し 出 る ことにより 育 児 休 業 の 申 出 を 撤 回 することができる 2 前 項 の 規 定 により 育 児 休 業 の 申 出 を 撤 回 した 職 員 は 当 該 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 に ついては 次 に 掲 げる 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き 再 度 の 育 児 休 業 の 申 出 をすること ができない 一 配 偶 者 の 死 亡 二 配 偶 者 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 を 養 育 することが 困 難 な 状 態 になったとき 三 婚 姻 の 解 消 その 他 の 事 情 により 配 偶 者 が 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 と 同 居 しないこと となったとき 四 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 2 週 間 以 上 の 期 間 にわたり 世 話 を 必 要 とする 状 態 になったとき 五 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 について 保 育 所 における 保 育 の 実 施 を 希 望 し 申 込 みを 行 っているが 当 面 その 実 施 が 行 われないとき 3 育 児 休 業 の 申 出 がされた 後 育 児 休 業 開 始 予 定 日 とされた 日 の 前 日 までに 次 に 掲 げ る 事 由 が 生 じたときは 当 該 育 児 休 業 の 申 出 は されなかったとみなす 一 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 の 死 亡 二 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が 養 子 である 場 合 で 離 縁 養 子 縁 組 を 取 消 したとき 三 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が 養 子 となったことその 他 の 事 情 により 当 該 育 児 休 業 の 申 出 をした 職 員 と 当 該 子 とが 同 居 しないこととなったとき 四 申 出 をした 職 員 が 負 傷 疾 病 又 は 身 体 上 若 しくは 精 神 上 の 障 害 により 当 該 育 児 休 業 の 申 出 に 係 る 子 が3 歳 に 達 するまでの 間 当 該 子 を 養 育 することができない 状 態 になったとき 第 3 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 育 児 短 時 間 勤 務 ) 第 15 条 この 規 程 で 育 児 短 時 間 勤 務 とは 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 するため 当 該 子 がその 始 期 に 達 するまで 常 時 勤 務 を 要 する 職 を 占 めたまま 勤 務 時 間 規 程 第 2 条 により 定 められた 所 定 勤 務 時 間 に 関 わらず 第 17 条 第 1 項 各 号 に 掲 げ るいずれかの 勤 務 形 態 により 勤 務 することをいう ( 育 児 短 時 間 勤 務 の 適 用 除 外 者 ) 第 16 条 この 規 程 第 3 条 に 規 定 する 職 員 は 育 児 短 時 間 勤 務 をすることができない ( 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 )

6 第 17 条 職 員 は 学 長 の 承 認 を 受 けて 次 の 各 号 に 掲 げるいずれかの 勤 務 形 態 により 当 該 職 員 が 希 望 する 日 及 び 時 間 帯 において 勤 務 することができる ただし 当 該 子 につい て 既 に 育 児 短 時 間 勤 務 をしたことがある 場 合 において 当 該 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 の 日 の 翌 日 から 起 算 して1 年 を 経 過 しないときは 第 6 項 各 号 に 規 定 する 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き この 限 りでない 一 勤 務 時 間 規 程 第 10 条 第 1 項 第 1 号 に 規 定 する 休 日 ( 以 下 休 日 という ) 以 外 の 日 において1 日 につき4 時 間 勤 務 すること 二 休 日 以 外 の 日 において1 日 5 時 間 勤 務 すること 三 休 日 以 外 の 月 曜 日 から 金 曜 日 までのうち2 日 間 を 勤 務 しない 日 とし 当 該 勤 務 しな い 日 以 外 の 日 において1 日 につき7 時 間 45 分 勤 務 すること 四 休 日 以 外 の 月 曜 日 から 金 曜 日 までのうち2 日 間 を 勤 務 しない 日 とし 当 該 勤 務 しな い 日 以 外 の 日 のうち 2 日 については1 日 7 時 間 45 分 1 日 については5 時 間 勤 務 すること 2 勤 務 時 間 規 程 第 5 条 の 規 定 の 適 用 を 受 ける 職 員 にあっては 前 項 第 1 号 第 2 号 及 び 第 4 号 の 規 定 は 適 用 しない 3 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 育 児 短 時 間 勤 務 を 開 始 しようとする 期 間 (1 月 以 上 1 年 以 下 の 期 間 に 限 る )の 初 日 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 開 始 予 定 日 という ) 及 び 末 日 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 終 了 予 定 日 という )を 明 らかにして 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 開 始 予 定 日 の1か 月 前 の 日 までに 学 長 に 申 し 出 なければならない 4 学 長 は 前 項 の 申 し 出 があったときは 当 該 申 し 出 に 係 る 期 間 について 当 該 申 し 出 を した 職 員 の 業 務 を 処 理 するための 措 置 を 講 ずることが 困 難 である 場 合 を 除 き これを 承 認 しなければならない 5 学 長 は 前 項 により 承 認 し 又 は 承 認 しないこととしたときは 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 を 申 し 出 た 職 員 に 育 児 短 時 間 勤 務 の 取 扱 いを 明 らかにした 書 面 を 交 付 しなければならな い 6 第 1 項 ただし 書 の 特 別 な 事 情 は 次 に 掲 げる 事 情 とする 一 育 児 短 時 間 勤 務 が 産 前 休 暇 を 始 め 若 しくは 出 産 し 又 は 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 以 外 の 子 に 係 る 育 児 短 時 間 勤 務 をしようとしたことにより 終 了 した 後 当 該 終 了 事 由 となった 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと 二 育 児 短 時 間 勤 務 が 休 職 又 は 出 勤 停 止 若 しくは 停 職 の 処 分 を 受 けたことにより 終 了 し た 後 当 該 休 職 又 は 出 勤 停 止 若 しくは 停 職 が 終 了 したこと 三 育 児 短 時 間 勤 務 が 職 員 の 傷 病 等 を 事 由 とする 休 職 により 終 了 した 後 当 該 子 を 養 育 できる 状 態 に 回 復 した 場 合 四 育 児 短 時 間 勤 務 が 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 と 異 なる 内 容 の 育 児 短 時 間 勤 務 を 承 認 するために 取 り 消 されたこと 五 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 後 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 をした 職 員 の 配 偶 者 ( 当 該 子 の 親 で あるものに 限 る )が3 箇 月 以 上 の 期 間 にわたり 当 該 子 を 育 児 休 業 育 児 短 時 間 勤 務 及 びその 他 これに 類 する 所 定 労 働 時 間 を 短 縮 することにより 子 を 養 育 したこと( 当 該 職 員 が 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 を 開 始 する 際 両 親 が 当 該 方 法 により 当 該 子 を 養 育 するこ との 計 画 を 学 長 に 申 出 た 場 合 に 限 る )

7 六 配 偶 者 が 負 傷 又 は 疾 病 により 入 院 したこと 配 偶 者 と 別 居 したことその 他 の 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 時 に 予 測 することができなかった 事 実 が 生 じたことにより 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 に 係 る 子 について 育 児 短 時 間 勤 務 をしなければその 養 育 に 著 しい 支 障 が 生 ず ること ( 育 児 短 時 間 勤 務 の 延 長 ) 第 18 条 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 という )は 学 長 に 対 し 当 該 育 児 短 時 間 勤 務 の 期 間 の 延 長 を 申 請 することができる 2 前 条 第 3 項 第 4 項 及 び 第 5 項 の 規 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 延 長 について 準 用 する ( 育 児 短 時 間 勤 務 の 終 了 ) 第 19 条 第 6 条 の 規 定 は 育 児 短 時 間 勤 務 の 承 認 の 失 効 及 び 取 消 しについて 準 用 する た だし 第 6 条 第 1 項 第 5 号 の 適 用 については 3 歳 とあるのを 小 学 校 就 学 の 始 期 として 準 用 する ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 給 与 規 程 の 適 用 ) 第 20 条 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 給 与 規 程 の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げ る 給 与 規 程 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 5 条 第 1 項 職 員 の 受 ける 本 給 は 所 定 の 勤 務 職 員 の 受 ける 本 給 は 所 定 の 勤 務 時 間 による 勤 務 に 対 する 報 酬 であ 時 間 による 勤 務 に 対 する 報 酬 であ って 職 務 の 複 雑 困 難 及 び 責 任 って 職 務 の 複 雑 困 難 及 び 責 任 の 度 に 基 づき かつ 勤 労 の 強 度 の 度 に 基 づき かつ 勤 労 の 強 度 勤 務 時 間 勤 務 環 境 その 他 の 勤 務 勤 務 時 間 勤 務 環 境 その 他 の 勤 務 条 件 を 考 慮 して 決 定 する 条 件 を 考 慮 して 決 定 するものとし その 者 の 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 ( 以 下 育 児 休 業 等 規 程 と いう ) 第 24 条 の 規 定 により 読 み 替 えられた 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 定 められたその 者 の1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 を 同 項 に 規 定 する1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 で 除 して 得 た 数 ( 以 下 算 出 率 とい う )を 乗 じて 得 た 額 とする 第 7 条 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 給 は そ 新 たに 採 用 する 者 の 初 任 給 は そ の 者 の 学 歴 免 許 資 格 職 務 経 の 者 の 学 歴 免 許 資 格 職 務 経 験 及 び 能 力 責 任 の 度 合 等 を 考 慮 験 及 び 能 力 責 任 の 度 合 等 を 考 慮 して 別 に 定 めるものとする して 別 に 定 めるものとし その

8 第 8 条 第 2 項 第 9 条 第 10 条 第 11 条 第 12 条 第 2 項 者 の 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じ て 得 た 額 とする 職 員 を 昇 格 させる 場 合 のその 者 の 職 員 を 昇 格 させる 場 合 のその 者 の 号 給 については 別 に 定 めるもの 号 給 については 別 に 定 めるもの とする とし その 者 の 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 とする 職 員 を 降 格 させる 場 合 のその 者 の 職 員 を 降 格 させる 場 合 のその 者 の 号 給 については 別 に 定 めるもの 号 給 については 別 に 定 めるもの とする とし その 者 の 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 とする 職 員 を 本 給 表 の 適 用 を 異 にするこ 職 員 を 本 給 表 の 適 用 を 異 にするこ となく 初 任 給 の 基 準 の 異 なる 他 の となく 初 任 給 の 基 準 の 異 なる 他 の 職 種 に 異 動 させる 場 合 におけるそ 職 種 に 異 動 させる 場 合 におけるそ の 者 の 職 務 の 級 は その 異 動 後 の の 者 の 職 務 の 級 は その 異 動 後 の 職 務 に 応 じ 決 定 する 職 務 に 応 じ 決 定 するものとし その 者 の 基 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 とする 職 員 を 本 給 表 の 適 用 を 異 にして 他 職 員 を 本 給 表 の 適 用 を 異 にして 他 の 職 務 に 異 動 させる 場 合 における の 職 務 に 異 動 させる 場 合 における その 者 の 職 務 の 級 は その 異 動 後 その 者 の 職 務 の 級 は その 異 動 後 の 職 務 に 応 じ 決 定 する の 職 務 に 応 じ 決 定 するものとし その 者 の 基 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 とする 前 項 の 規 定 により 職 員 を 昇 給 させ 前 項 の 規 定 により 職 員 を 昇 給 させ るか 否 か 及 び 昇 給 させる 場 合 の 昇 るか 否 か 及 び 昇 給 させる 場 合 の 昇 給 の 号 給 数 は 同 項 に 規 定 する 期 給 の 号 給 数 は 同 項 に 規 定 する 期 間 の 全 部 を 良 好 な 成 績 で 勤 務 した 間 の 全 部 を 良 好 な 成 績 で 勤 務 した 職 員 の 昇 給 の 号 給 数 を4 号 給 ( 一 職 員 の 昇 給 の 号 給 数 を4 号 給 ( 一 般 職 本 給 表 ( 一 )の 適 用 を 受 ける 般 職 本 給 表 ( 一 )の 適 用 を 受 ける 職 員 でその 職 務 の 級 が7 級 以 上 で 職 員 でその 職 務 の 級 が7 級 以 上 で あるもの 及 び 同 表 以 外 の 各 本 給 表 あるもの 及 び 同 表 以 外 の 各 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 でその 職 務 の の 適 用 を 受 ける 職 員 でその 職 務 の 級 がこれに 相 当 するものとして 別 級 がこれに 相 当 するものとして 別 に 定 める 職 員 にあっては 3 号 給 ) に 定 める 職 員 にあっては 3 号 給 ) とすることを 標 準 として 別 に 定 め とすることを 標 準 として 別 に 定 め

9 第 13 条 第 2 項 第 35 条 第 4 項 第 22 条 第 1 項 る 基 準 に 従 い 決 定 するものとする る 基 準 に 従 い 決 定 するものとし その 者 の 基 本 給 月 額 は その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 とするものとする 本 給 の 調 整 額 は 当 該 職 員 に 適 用 本 給 の 調 整 額 は 当 該 職 員 に 適 用 される 職 務 の 級 に 応 じて 別 に 定 め される 職 務 の 級 に 応 じて 別 に 定 め る 調 整 基 本 額 表 に 掲 げる 調 整 基 本 る 調 整 基 本 額 表 に 掲 げる 調 整 基 本 額 (その 額 が 本 給 月 額 の100 分 額 (その 額 が 本 給 月 額 の100 分 の4.5を 超 えるときは 本 給 月 の4.5を 超 えるときは 本 給 月 額 の100 分 の4.5に 相 当 する 額 の100 分 の4.5に 相 当 する 額 とし その 額 に 1 円 未 満 の 端 額 とし その 額 に 1 円 未 満 の 端 数 があるときは その 額 を 切 り 捨 数 があるときは その 額 を 切 り 捨 てた 額 とする )にその 者 に 係 る てた 額 とする )にその 者 に 係 る 適 用 区 分 表 の 調 整 数 欄 に 掲 げる 調 適 用 区 分 表 の 調 整 数 欄 に 掲 げる 調 整 数 を 乗 じて 得 た 額 とする ただ 整 数 を 乗 じて 得 た 額 に 算 出 率 を 乗 し その 額 が 本 給 月 額 の100 分 じて 得 た 額 (その 額 に1 円 未 満 の の25を 超 えるときは 本 給 月 額 端 数 があるときは その 端 数 を 切 の100 分 の25に 相 当 する 額 と り 捨 てた 額 とする )とする た する だし その 額 が 本 給 月 額 の100 分 の25を 超 えるときは 本 給 月 額 の100 分 の25に 相 当 する 額 (その 額 に1 円 未 満 の 端 数 がある ときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 額 ) とする 第 1 項 又 は 第 2 項 の 場 合 であって 第 1 項 又 は 第 2 項 の 場 合 であって その 月 の 初 日 から 又 は 末 日 まで 支 その 月 の 初 日 から 又 は 末 日 まで 支 給 する 以 外 のときは その 給 与 額 給 する 以 外 のときは その 給 与 額 は その 月 の 現 日 数 から 休 日 の 日 は その 月 の 現 日 数 から 休 日 及 び 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 とした 育 児 休 業 等 規 程 第 17 条 第 1 項 第 日 割 計 算 によって 計 算 するものと 3 号 及 び 第 4 号 により 指 定 された する 勤 務 しない 日 の 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 とした 日 割 計 算 によっ て 計 算 するものとする 休 日 において 勤 務 することを 命 休 日 及 び 育 児 休 業 等 規 程 第 17 条 ぜられた 職 員 には 勤 務 した 全 時 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 により 指 間 に 対 して 勤 務 1 時 間 につき 定 された 勤 務 しない 日 において 第 32 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 あ 勤 務 することを 命 ぜられた 職 員 に たりの 給 与 額 の100 分 の135 は 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 勤 (その 勤 務 が 深 夜 である 場 合 は1 務 1 時 間 につき 第 32 条 に 規 定 00 分 の160)を 休 日 給 として する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 額 の

10 支 給 する ただし 管 理 職 手 当 の 100 分 の135(その 勤 務 が 深 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 指 定 職 本 給 夜 である 場 合 は100 分 の160) 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 には 支 給 し を 休 日 給 として 支 給 する ただし ない 管 理 職 手 当 の 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 には 支 給 しない 第 23 条 第 1 項 第 15 条 の 規 定 に 基 づき 管 理 職 手 第 15 条 の 規 定 に 基 づき 管 理 職 手 当 の 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 指 定 職 当 の 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 が 臨 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 が 臨 時 又 は 緊 急 の 必 要 その 他 業 務 の 運 時 又 は 緊 急 の 必 要 その 他 業 務 の 運 営 上 の 必 要 により 勤 務 時 間 規 程 第 営 上 の 必 要 により 勤 務 時 間 規 程 第 9 条 に 規 定 する 休 日 に 勤 務 した 場 9 条 に 規 定 する 休 日 及 び 育 児 休 業 合 は 当 該 職 員 には 管 理 職 員 特 等 規 程 第 17 条 第 1 項 第 3 号 及 び 別 勤 務 手 当 を 支 給 する 第 4 号 により 指 定 された 勤 務 しな い 日 に 勤 務 した 場 合 は 当 該 職 員 には 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 を 支 給 する 第 18 条 第 2 項 前 項 第 2 号 に 揚 げる 職 員 にあって 前 項 第 2 号 に 揚 げる 職 員 にあって 第 2 号 は 次 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ は 次 に 掲 げる 職 員 の 区 分 に 応 じ 支 給 単 位 期 間 につき それぞれ 次 支 給 単 位 期 間 につき それぞれ 次 に 掲 げる 額 とする に 掲 げる 額 ( 育 児 休 業 等 規 程 第 1 7 条 に 規 定 する 育 児 短 時 間 勤 務 を している 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 という)のうち 支 給 単 位 期 間 当 たりの 通 勤 回 数 が 平 均 1 箇 月 当 たり10 回 に 満 たない 職 員 にあっては その 額 に100 分 の50を 乗 じて 得 た 額 )とする 第 21 条 第 1 項 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 2 条 に 規 定 する 正 規 の 勤 務 時 間 第 2 条 に 規 定 する 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 勤 務 することを 命 ぜられ を 超 えて 勤 務 することを 命 ぜられ た 職 員 には 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 た 職 員 には 正 規 の 勤 務 時 間 を 超 えて 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 勤 えて 勤 務 した 全 時 間 に 対 して 勤 務 1 時 間 につき 第 32 条 に 規 定 務 1 時 間 につき 第 32 条 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 額 に する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 額 に 100 分 の125(その 勤 務 が 午 100 分 の125(その 勤 務 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 まで 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 まで の 間 である 場 合 は 100 分 の1 の 間 である 場 合 は 100 分 の1

11 第 25 条 第 2 項 50)を 乗 じて 得 た 額 を 超 過 勤 務 50)を 乗 じて 得 た 額 を 超 過 勤 務 手 当 として 支 給 する ただし 管 手 当 として 支 給 する ただし 育 理 職 手 当 の 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 児 短 時 間 勤 務 職 員 が 正 規 の 勤 務 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 時 間 を 超 えてしたもののうち そ には 支 給 しない の 勤 務 の 時 間 とその 勤 務 をした 日 における 正 規 の 勤 務 時 間 との 合 計 が7 時 間 45 分 に 達 するまでの 間 の 勤 務 にあっては 同 条 に 規 定 す る 勤 務 1 時 間 当 たりの 給 与 額 に1 00 分 の100(その 勤 務 が 午 後 10 時 から 翌 日 の 午 前 5 時 までの 間 である 場 合 は 100 分 の12 5)を 乗 じて 得 た 額 とする ただ し 管 理 職 手 当 の 支 給 を 受 ける 職 員 又 は 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 け る 職 員 には 支 給 しない 期 末 手 当 の 額 は それぞれ 基 準 日 期 末 手 当 の 額 は それぞれ 基 準 日 現 在 ( 退 職 若 しくは 死 亡 し 又 は 現 在 ( 退 職 若 しくは 死 亡 し 又 は 解 雇 された 職 員 にあっては その 解 雇 された 職 員 にあっては その 日 現 在 本 規 程 ( 平 成 22 年 12 日 現 在 本 規 程 ( 平 成 22 年 12 月 1 日 施 行 ) 第 4 項 第 3 号 に 月 1 日 施 行 ) 第 4 項 第 3 号 に おいて 同 じ )において 職 員 が 受 おいて 同 じ )において 職 員 が 受 けるべき 本 給 の 月 額 及 び 扶 養 手 当 けるべき 本 給 の 月 額 を 算 出 率 で 除 の 月 額 並 びにこれらに 対 する 地 域 して 得 た 額 及 び 扶 養 手 当 の 月 額 並 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 別 に 定 める びにこれらに 対 する 地 域 手 当 の 月 職 員 にあっては 役 職 段 階 別 加 算 額 の 合 計 額 ( 別 に 定 める 職 員 にあ 額 さらに 管 理 又 は 監 督 の 地 位 に っては 役 職 段 階 別 加 算 額 さら ある 職 員 のうち 別 に 定 める 職 員 に に 管 理 又 は 監 督 の 地 位 にある 職 員 あっては 管 理 職 加 算 額 を 加 算 し のうち 別 に 定 める 職 員 にあっては た 額 )を 基 礎 として 6 月 に 支 管 理 職 加 算 額 を 加 算 した 額 )を 給 する 場 合 においては100 分 の 基 礎 として 6 月 に 支 給 する 場 合 月 に 支 給 する 場 においては100 分 の122.5 合 においては100 分 の 月 に 支 給 する 場 合 においては 5( 一 般 職 本 給 表 7 級 以 上 及 び 教 100 分 の137.5( 一 般 職 本 育 研 究 職 5 級 以 上 の 適 用 を 受 ける 給 表 7 級 以 上 及 び 教 育 研 究 職 5 級 職 員 で 管 理 職 手 当 の 区 分 が1 種 又 以 上 の 適 用 を 受 ける 職 員 で 管 理 職 は2 種 である 職 員 ( 以 下 特 定 管 手 当 の 区 分 が1 種 又 は2 種 である 理 職 員 という )にあっては 職 員 ( 以 下 特 定 管 理 職 員 とい 6 月 に 支 給 する 場 合 においては1 う )にあっては 6 月 に 支 給 す 00 分 の 月 に 支 る 場 合 においては100 分 の10

12 給 する 場 合 においては100 分 の 月 に 支 給 する 場 合 に 指 定 職 本 給 表 の 適 用 おいては100 分 の117.5 を 受 ける 職 員 にあっては6 月 に 支 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 ける 職 員 給 する 場 合 においては100 分 の にあっては6 月 に 支 給 する 場 合 に 月 に 支 給 する 場 合 おいては100 分 の においては100 分 の77.5) 2 月 に 支 給 する 場 合 においては1 を 乗 じて 得 た 額 に 基 準 日 以 前 6 00 分 の77.5)を 乗 じて 得 た か 月 以 内 の 期 間 におけるその 者 の 額 に 基 準 日 以 前 6か 月 以 内 の 期 在 職 期 間 の 次 の 各 号 に 掲 げる 区 分 間 におけるその 者 の 在 職 期 間 の 次 に 応 じ 当 該 各 号 に 定 める 割 合 を の 各 号 に 掲 げる 区 分 に 応 じ 当 該 乗 じて 得 た 額 とする 各 号 に 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た 額 とする 第 26 条 第 2 項 勤 勉 手 当 の 額 は 前 項 の 職 員 が 勤 勉 手 当 の 額 は 前 項 の 職 員 が それぞれ 基 準 日 現 在 ( 退 職 若 しく それぞれ 基 準 日 現 在 ( 退 職 若 しく は 死 亡 し 又 は 解 雇 された 職 員 に は 死 亡 し 又 は 解 雇 された 職 員 に あっては その 日 現 在 以 下 この あっては その 日 現 在 以 下 この 項 及 び 本 規 程 ( 平 成 22 年 12 月 項 及 び 本 規 程 ( 平 成 22 年 12 月 1 日 施 行 ) 第 4 項 第 4 号 にお 1 日 施 行 ) 第 4 項 第 4 号 にお いて 同 じ )において 受 けるべき いて 同 じ )において 受 けるべき 本 給 の 月 額 及 びこれに 対 する 地 域 本 給 の 月 額 を 算 出 率 で 除 して 得 た 手 当 の 月 額 の 合 計 額 ( 別 に 定 める 額 及 びこれに 対 する 地 域 手 当 の 月 職 員 にあっては 役 職 段 階 別 加 算 額 の 合 計 額 ( 別 に 定 める 職 員 にあ 額 さらに 管 理 又 は 監 督 の 地 位 に っては 役 職 段 階 別 加 算 額 さら ある 職 員 のうち 別 に 定 める 職 員 に に 管 理 又 は 監 督 の 地 位 にある 職 員 あっては 管 理 職 加 算 額 を 加 算 し のうち 別 に 定 める 職 員 にあっては た 額 以 下 勤 勉 手 当 基 礎 額 と 管 理 職 加 算 額 を 加 算 した 額 以 下 いう )を 基 礎 として 学 長 が 別 に 勤 勉 手 当 基 礎 額 という )を 定 める 基 準 に 従 って 定 める 割 合 を 基 礎 として 学 長 が 別 に 定 める 基 準 乗 じて 得 た 額 とする この 場 合 に に 従 って 定 める 割 合 を 乗 じて 得 た おいて 本 学 が 支 給 する 勤 勉 手 当 額 とする この 場 合 において 本 額 の 総 額 は 次 の 各 号 に 掲 げる 職 学 が 支 給 する 勤 勉 手 当 額 の 総 額 は 員 の 区 分 ごとの 総 額 は それぞれ 次 の 各 号 に 掲 げる 職 員 の 区 分 ごと 当 該 各 号 に 掲 げる 額 を 超 えてはな の 総 額 は それぞれ 当 該 各 号 に 掲 らない げる 額 を 超 えてはならない 一 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 一 次 号 に 掲 げる 職 員 以 外 の 職 員 当 該 職 員 の 勤 勉 手 当 基 礎 員 当 該 職 員 の 勤 勉 手 当 基 礎 額 に 当 該 職 員 がそれぞれ 基 準 額 に 当 該 職 員 がそれぞれ 基 準 日 現 在 において 受 けるべき 扶 日 現 在 において 受 けるべき 扶 養 手 当 の 月 額 並 びにこれに 対 養 手 当 の 月 額 並 びにこれに 対 する 地 域 手 当 の 月 額 を 加 算 し する 地 域 手 当 の 月 額 を 加 算 し

13 た 額 に100 分 の80( 特 定 た 額 に100 分 の80( 特 定 管 理 職 員 にあっては 100 管 理 職 員 にあっては 100 分 の100)を 乗 じて 得 た 額 分 の100)を 乗 じて 得 た 額 の 総 額 の 総 額 二 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 け 二 指 定 職 本 給 表 の 適 用 を 受 け る 職 員 当 該 職 員 の 勤 勉 手 当 る 職 員 当 該 職 員 の 勤 勉 手 当 基 礎 額 に100 分 の87.5 基 礎 額 に100 分 の87.5 を 乗 じて 得 た 額 の 総 額 を 乗 じて 得 た 額 の 総 額 ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 について 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 の 適 用 ) 第 20 条 の2 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 6 条 第 3 項 新 たに 年 俸 制 適 用 職 員 となった 者 新 たに 年 俸 制 適 用 職 員 となった 者 の 号 給 は その 者 の 学 歴 免 許 の 号 給 は その 者 の 学 歴 免 許 資 格 業 務 経 験 業 績 他 の 職 員 資 格 業 務 経 験 業 績 他 の 職 員 との 均 衡 及 び 予 算 を 考 慮 して 決 定 との 均 衡 及 び 予 算 を 考 慮 して 決 定 する するものとし その 者 の 受 ける 号 給 に 応 じた 額 に 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 育 児 休 業 等 規 程 ( 以 下 育 児 休 業 等 規 程 という ) 第 24 条 の 規 定 により 読 み 替 えられ た 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 定 めら れたその 者 の1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 で 除 して 得 た 数 を 乗 じて 得 た 額 とする 第 23 条 第 4 項 第 1 項 又 は 第 2 項 の 場 合 であって 第 1 項 又 は 第 2 項 の 場 合 であって その 月 の 初 日 から 又 は 末 日 までに その 月 の 初 日 から 又 は 末 日 までに 支 給 する 以 外 のときは その 給 与 支 給 する 以 外 のときは その 給 与 額 は その 月 の 現 日 数 から 休 日 の 額 は その 月 の 現 日 数 から 休 日 及 日 数 を 差 し 引 いた 日 数 を 基 礎 とし び 育 児 休 業 等 規 程 第 17 条 第 1 項 た 日 割 り 計 算 によって 計 算 するも 第 3 号 及 び 第 4 号 により 指 定 され のとする た 勤 務 しない 日 の 日 数 を 差 し 引 い た 日 数 を 基 礎 とした 日 割 り 計 算 に よって 計 算 するものとする ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 管 理 職 手 当 支 給 細 則 の 適 用 )

14 第 21 条 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 管 理 職 手 当 支 給 細 則 ( 以 下 管 理 職 手 当 細 則 という )の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 管 理 職 手 当 細 則 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 3 条 第 1 項 管 理 職 手 当 の 月 額 は 別 表 1に 掲 管 理 職 手 当 の 月 額 は 別 表 1に 掲 げる 職 名 による 区 分 及 び 当 該 職 員 げる 職 名 による 区 分 及 び 当 該 職 員 に 適 用 される 本 給 表 の 別 並 びに 当 に 適 用 される 本 給 表 の 別 並 びに 当 該 職 員 の 属 する 職 務 の 級 に 応 じ 該 職 員 の 属 する 職 務 の 級 に 応 じ 別 表 2に 定 める 額 とする 別 表 2に 定 める 額 に 算 出 率 ( 育 児 休 業 等 規 程 第 20 条 の 規 定 により 読 み 替 えられた 給 与 規 程 第 5 条 に 規 定 する 算 出 率 をいう )を 乗 じ て 得 た 額 (その 額 に1 円 未 満 の 端 数 があるときは その 端 数 を 切 り 捨 てた 額 )とする ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 初 任 給 調 整 手 当 支 給 細 則 の 適 用 ) 第 22 条 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 初 任 給 調 整 手 当 支 給 細 則 ( 以 下 初 任 給 調 整 手 当 細 則 という )の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 初 任 給 調 整 手 当 細 則 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 3 条 第 1 項 初 任 給 調 整 手 当 の 月 額 は 採 用 の 初 任 給 調 整 手 当 の 月 額 は 採 用 の 日 以 後 の 期 間 の 区 分 に 応 じた 別 表 日 以 後 の 期 間 の 区 分 に 応 じた 別 表 に 掲 げる 額 とする この 場 合 にお に 掲 げる 額 に 算 出 率 ( 育 児 休 業 等 いて 大 学 卒 業 の 日 から 採 用 の 日 規 程 第 20 条 の 規 定 により 読 み 替 までの 期 間 が4 年 ( 臨 床 研 修 修 了 えられた 給 与 規 程 第 7 条 に 規 定 す 者 は6 年 実 地 修 練 修 了 者 は5 年 ) る 算 出 率 をいう )を 乗 じて 得 た を 超 えることとなる 職 員 ( 大 学 院 額 とし その 額 に1 円 未 満 の 端 数 の 博 士 課 程 の 所 定 の 単 位 を 取 得 し があるときは その 端 数 を 切 り 捨 かつ 同 課 程 の 所 定 の 期 間 を 経 過 てた 額 とする )とする この 場 した 日 から3 年 以 内 に 採 用 された 合 において 大 学 卒 業 の 日 から 採 職 員 を 除 く )については 採 用 の 用 の 日 までの 期 間 が4 年 ( 臨 床 研 日 からその 超 えることとなる 期 間 修 修 了 者 は6 年 実 地 修 練 修 了 者 ( 一 年 に 満 たない 期 間 があるとき は5 年 )を 超 えることとなる 職 員 は その 期 間 を 一 年 として 算 定 し ( 大 学 院 の 博 士 課 程 の 所 定 の 単 位 た 期 間 )に 相 当 する 期 間 この 手 を 取 得 し かつ 同 課 程 の 所 定 の 当 が 支 給 されていたものとして 調 期 間 を 経 過 した 日 から3 年 以 内 に 整 された 額 を 支 給 する 採 用 された 職 員 を 除 く )につい ては 採 用 の 日 からその 超 えること となる 期 間 ( 一 年 に 満 たない 期 間

15 があるときは その 期 間 を 一 年 と して 算 定 した 期 間 )に 相 当 する 期 間 この 手 当 が 支 給 されていたも のとして 調 整 された 額 を 支 給 する ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 期 末 手 当 等 細 則 の 適 用 ) 第 23 条 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 期 末 手 当 勤 勉 手 当 及 び 期 末 特 別 手 当 支 給 細 則 ( 以 下 期 末 手 当 等 細 則 という )の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 期 末 手 当 等 細 則 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 6 条 第 1 項 役 職 段 階 別 加 算 額 は 本 給 の 月 額 役 職 段 階 別 加 算 額 は 本 給 の 月 額 に 調 整 手 当 を 加 えた 額 に 加 算 割 合 を 算 出 率 で 除 して 得 た 額 に 調 整 手 を 乗 じた 額 とする 当 を 加 えた 額 に 加 算 割 合 を 乗 じた 額 とする 第 7 条 第 1 項 管 理 職 加 算 額 は 本 給 月 額 に 加 算 管 理 職 加 算 額 は 本 給 月 額 を 算 出 割 合 を 乗 じた 額 とする 率 で 除 して 得 た 額 に 加 算 割 合 を 乗 じた 額 とする ( 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 勤 務 時 間 規 程 の 適 用 ) 第 24 条 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 についての 勤 務 時 間 規 程 の 適 用 については 次 の 表 の 左 欄 に 掲 げる 給 与 規 程 の 規 定 中 同 表 の 中 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 は それぞれ 同 表 の 右 欄 に 下 線 をもって 表 示 した 字 句 とする 第 2 条 第 1 項 職 員 の 所 定 勤 務 時 間 は 休 憩 時 間 を 職 員 の 所 定 勤 務 時 間 は 休 憩 時 間 を 除 き 原 則 として 1 日 7 時 間 45 除 き 原 則 として 1 日 7 時 間 45 分 1 週 間 あたり38 時 間 45 分 分 1 週 間 あたり38 時 間 45 分 とする とする ただし 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 第 17 条 第 4 項 の 規 定 により 同 条 第 1 項 に 規 定 する 育 児 短 時 間 勤 務 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 という ) の 承 認 を 受 けた 職 員 ( 以 下 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 という )の1 日 あたり 及 び1 週 間 あたりの 所 定 勤 務 時 間 は 当 該 承 認 を 受 けた 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 に 従 い 学 長 が 定 める 第 2 条 第 4 項 業 務 上 必 要 がある 場 合 には 第 2 育 児 短 時 間 勤 務 について 学 長 が 承 項 及 び 前 項 の 規 定 にかかわらず 認 した 場 合 には 第 2 項 及 び 前 項 始 業 終 業 の 時 刻 及 び 休 憩 時 間 の の 規 定 にかかわらず 始 業 終 業 時 間 帯 を 変 更 することがある の 時 刻 及 び 休 憩 時 間 の 時 間 帯 を 承

16 認 を 受 けた 育 児 短 時 間 勤 務 の 内 容 に 従 い 学 長 が 定 める 第 20 条 第 2 項 年 次 休 暇 を1 時 間 単 位 で 取 得 する 年 次 休 暇 を1 時 間 単 位 で 取 得 する 場 合 には 7 時 間 45 分 をもって 場 合 には 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 と 1 日 と 換 算 する して 承 認 された1 日 あたりの 勤 務 時 間 数 をもって1 日 と 換 算 する 第 24 条 の2 第 病 気 休 暇 は 時 間 を 日 に 換 算 する 場 病 気 休 暇 は 時 間 を 日 に 換 算 する 場 2 項 合 には 7 時 間 45 分 をもって1 合 には 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 とし 日 と 換 算 する て 承 認 された1 日 あたりの 勤 務 時 間 数 をもって1 日 と 換 算 する 第 29 条 第 3 項 前 項 において 時 間 を 日 に 換 算 す 前 項 において 時 間 を 日 に 換 算 す る 場 合 には 7 時 間 45 分 をもっ る 場 合 には 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 て1 日 とする として 承 認 された1 日 あたりの 勤 務 時 間 数 をもって1 日 とする ( 育 児 短 時 間 勤 務 に 伴 う 代 替 要 員 ) 第 25 条 学 長 は 育 児 短 時 間 勤 務 をしている 職 員 の 業 務 を 処 理 することが 困 難 であると 認 めるときは 期 間 を 定 めて 代 替 要 員 を 補 充 することができる 第 4 章 育 児 時 間 ( 育 児 時 間 ) 第 26 条 学 長 は 職 員 ( 第 3 条 の 規 定 に 該 当 する 職 員 及 び 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 を 除 く ) がその 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 するまでの 子 を 養 育 するため 1 日 につき2 時 間 を 超 えな い 範 囲 内 で 勤 務 しないこと( 以 下 育 児 時 間 という )を 承 認 することができる ( 育 児 時 間 の 承 認 ) 第 27 条 育 児 時 間 は 所 定 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 うものとする 2 勤 務 時 間 規 程 第 26 条 第 1 項 第 7 号 の 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する 育 児 時 間 の 承 認 については 1 日 につき2 時 間 から 当 該 休 暇 を 承 認 されている 時 間 を 減 じた 時 間 を 超 えない 範 囲 内 で 行 うものとする 3 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 介 護 休 業 規 程 第 10 条 の 介 護 部 分 休 業 を 承 認 されてい る 職 員 に 対 する 育 児 時 間 の 承 認 については 1 日 につき2 時 間 から 当 該 休 業 を 承 認 され ている 時 間 を 減 じた 時 間 を 超 えない 範 囲 内 で 行 うものとする 4 育 児 時 間 の 承 認 を 受 けようとする 職 員 は 育 児 時 間 承 認 請 求 書 により 育 児 時 間 を 開 始 しようとする1 週 間 前 までに 学 長 に 承 認 の 請 求 を 行 うものとする 5 第 17 条 第 4 項 の 規 定 は 育 児 時 間 の 承 認 の 請 求 について 準 用 する ( 育 児 時 間 の 承 認 の 取 消 事 由 等 ) 第 28 条 第 18 条 及 び 第 19 条 の 規 定 は 育 児 時 間 について 準 用 する ( 他 の 休 暇 との 関 係 ) 第 29 条 育 児 時 間 が 承 認 されている 期 間 の 一 部 の 日 又 は 時 間 について 勤 務 時 間 規 程 に 規

17 定 する 年 次 休 暇 病 気 休 暇 又 は 特 別 休 暇 の 取 得 を 請 求 する 場 合 若 しくは 育 児 時 間 を せず 勤 務 する 場 合 には 当 該 期 間 の 一 部 について 育 児 時 間 は 取 消 されるものとする ( 育 児 時 間 中 の 給 与 ) 第 30 条 育 児 時 間 については その 勤 務 しない1 時 間 につき 給 与 規 程 及 び 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 に 規 定 する 勤 務 1 時 間 あたりの 給 与 を 減 額 する 2 前 項 に 規 定 するほか 育 児 時 間 の 給 与 の 取 扱 いについては 給 与 規 程 及 び 年 俸 制 職 員 給 与 規 程 による ( 不 利 益 取 扱 の 禁 止 ) 第 31 条 職 員 は 育 児 休 業 育 児 短 時 間 勤 務 又 は 育 児 時 間 を 申 し 出 たこと 又 は 取 得 した ことを 理 由 として 解 雇 その 他 の 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けない ( 雇 用 保 険 等 ) 第 32 条 育 児 休 業 中 の 職 員 の 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 資 格 及 び 共 済 組 合 の 組 合 員 資 格 は 休 業 期 間 中 も 継 続 する 2 育 児 休 業 期 間 中 の 共 済 掛 金 については 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 の 定 めるところによる 1 この 規 程 は 平 成 16 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 この 規 程 の 施 行 日 において 国 家 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 109 号 )に 基 づき 育 児 休 業 又 は 部 分 休 業 している 職 員 については 施 行 日 以 後 新 たにこの 規 程 に 基 づく 育 児 休 業 又 は 育 児 部 分 休 業 の 申 出 は 必 要 としない この 規 程 は 平 成 18 年 4 月 1 日 から 施 行 する 1 この 規 程 は 平 成 21 年 4 月 1 日 から 施 行 する 2 この 規 程 の 施 行 日 の 前 日 において 改 正 前 の 規 程 による 育 児 部 分 休 業 の 承 認 を 受 けて いる 職 員 については 改 正 後 の 規 程 による 育 児 時 間 の 承 認 を 受 けたものとする この 場 合 において 育 児 時 間 の 承 認 の 内 容 は 改 正 前 の 規 程 による 育 児 部 分 休 業 の 承 認 の 内 容 と 同 一 とする この 規 程 は 平 成 21 年 6 月 23 日 から 施 行 し 平 成 21 年 6 月 1 日 から 適 用 する この 規 程 は 育 児 休 業 介 護 休 業 等 育 児 又 は 家 族 介 護 を 行 う 労 働 者 の 福 祉 に 関 する 法 律 及 び 雇 用 保 険 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 21 年 法 律 第 65 号 )の 施 行 の 日 から 施 行 す る ( 施 行 期 日 ) 1 この 規 程 は 平 成 22 年 12 月 1 日 から 施 行 する ( 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 22 年 12 月 1 日 施 行 ) 第 4 項 の 規 定 により 給 与 が 減 ぜられて 支 給 される 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 等 に 関 する 読 替 え) 2 育 児 短 時 間 勤 務 職 員 に 対 する 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 22 年 1

18 2 月 1 日 施 行 ) 第 4 項 第 一 号 第 三 号 及 び 第 四 号 の 規 定 の 適 用 については 同 項 第 一 号 中 号 給 の 本 給 月 額 ( とあるのは 号 給 の 本 給 月 額 に 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 ( 以 下 育 児 休 業 等 規 程 という) 第 24 条 の 規 定 により 読 み 替 え られた 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という) 第 2 条 第 1 項 の 規 定 により 定 められたその 者 の1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 を 同 項 に 規 定 する1 週 間 あたりの 勤 務 時 間 で 除 して 得 た 数 ( 以 下 算 出 率 という ) を 乗 じて 得 た 額 ( と 同 項 の とあるのは 第 34 条 の と 当 該 最 低 の 号 給 の 本 給 月 額 とあるのは 当 該 額 と を 減 じた 額 ( とあるのは に 算 出 率 を 乗 じて 得 た 額 を 減 じた 額 ( と 同 項 第 三 号 及 び 第 四 号 中 本 給 月 額 とあるのは 本 給 月 額 を 算 出 率 で 除 して 得 た 額 と 本 給 月 額 に とあるのは 本 給 月 額 を 算 出 率 で 除 して 得 た 額 に と 本 給 月 額 減 額 基 礎 額 とあるのは 本 給 月 額 減 額 基 礎 額 を 算 出 率 で 除 して 得 た 額 とする この 規 程 は 平 成 23 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は 平 成 24 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は 平 成 26 年 12 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は 平 成 27 年 1 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は 平 成 27 年 4 月 1 日 から 施 行 する この 規 程 は 平 成 28 年 3 月 23 日 から 施 行 し 平 成 27 年 4 月 1 日 から 適 用 する この 規 程 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 施 行 する

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Taro-◆220630育児休業規程.jtd

Taro-◆220630育児休業規程.jtd 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 職 員 育 児 休 業 等 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 36 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 41 条 および 公 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則

国立大学法人 東京医科歯科大学教職員就業規則 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 育 児 休 業 等 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 3 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 37 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 国

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休

- 141 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 6 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 規 則 第 14-1 号 以 下 育 児 休 業 規 則 という ) 第 1 条 の2の 育 児 休 - 140 - 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 12 月 24 日 法 律 第 110 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 新 潟 県 条 例 第 4 号 ) 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 4 年 3 月 30 日 人 委 規 則 第 14-1 号 ) 育 児 休

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20904588F582CC88E78E998B788BC693998FF097E15F81693232944E31318C8E333093FA816A> 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 [ 平 成 14 年 4 月 1 日 滋 賀 県 市 町 村 職 員 研 修 センター 条 例 第 8 号 ] 改 正 平 成 15 年 2 月 17 日 条 例 第 2 号 平 成 18 年 2 月 17 日 条 例 第 1 号 平 成 20 年 2 月 29 日 条 例 第 2 号 平 成 21

More information

件名

件名 湖 北 地 域 消 防 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 平 成 18 年 4 月 1 日 条 例 第 15 号 改 正 平 成 20 年 3 月 3 日 条 例 第 2 号 平 成 22 年 3 月 29 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 8 月 26 日 条 例 第 8 号 平 成 22 年 11 月 25 日 条 例 第 12 号 平 成 23

More information

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の

第 9 条 の 前 の 見 出 しを 削 り 同 条 に 見 出 しとして ( 部 分 休 業 の 承 認 ) を 付 し 同 条 中 1 日 を 通 じて2 時 間 ( 規 則 で 定 める 育 児 休 暇 を 承 認 されている 職 員 については 2 時 間 から 当 該 育 児 休 暇 の 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 大 和 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 大 和 市 条 例 第 4 号 )の 一 部 を 次 のよ うに 改 正 する 第 1 条 中 第 8 条 の 次 に 第 10 条 第 1 項 及 び 第 2 項 第 14 条 及 び 第 15 条 (こ れらの

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

公平委員会設置条例

公平委員会設置条例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 熊 本 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 19 年 条 例 第 13 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 1 条 中 法 を 育 児 休 業 法 に 改 め

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

議案第   号

議案第   号 議 案 第 149 号 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について 宝 塚 市 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のとおり 制 定 するもの とする 平 成 26 年 (2014 年 )12 月 9 日 提 出 宝 塚 市 長 中 川 智 子 宝 塚 市

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B

Taro-%E8%AD%A6%E5%AF%9F%E8%81%B 務 第 864 号 会 第 972 号 平 成 23 年 12 月 28 日 各 所 属 長 殿 岐 阜 県 警 察 本 部 長 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 要 領 の 制 定 について これまで 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについては 警 察 職 員 の 育 児 休 業 等 の 取 扱 いに ついて ( 平 成 22 年 9 月 1 日 付 け 務

More information

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程

国立大学法人島根大学職員の育児休業等に関する規程 国 立 大 学 法 人 島 根 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 16 年 島 大 規 則 第 17 号 ) ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 平 成 16 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 17 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 17 年 6 月 22 日 一 部 改 正 平 成 18 年 3 月 22 日 一 部 改

More information

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1 育 児 介 護 休 業 規 定 第 1 章 目 的 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 定 は 従 業 員 の 育 児 介 護 休 業 育 児 介 護 のための 時 間 外 労 働 および 深 夜 業 の 制 限 並 びに 育 児 介 護 短 時 間 勤 務 等 に 関 する 取 り 扱 いについて 定 めるものである ( 適 用 対 象 者 ) 第 2 章 育 児 休 業 制 度 第 2 条 育

More information

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは

(2) 懲 戒 については 戒 告 は 3 ヵ 月 減 給 は 6 ヵ 月 停 職 は 9 ヵ 月 4 病 気 休 暇 休 職 欠 勤 により 勤 務 しなかった 職 員 が 再 び 勤 務 するに 至 った 場 合 において 他 の 職 員 との 均 衡 上 必 要 があると 認 められるときは 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 プロパー 職 員 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 財 団 法 人 大 分 県 文 化 スポーツ 振 興 財 団 職 員 就 業 規 程 ( 以 下 就 業 規 程 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき プロパー 職 員 の 給 与 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする

More information

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期

育 児 休 業 をすることができる ただし 期 間 付 職 員 にあっては 育 児 休 業 の 申 出 時 点 に おいて 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 する 者 に 限 り 育 児 休 業 をすることができる (1) 当 初 の 雇 用 開 始 日 より 引 き 続 き 雇 用 された 期 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 3 8 号 最 終 改 正 平 成 26 年 9 月 24 日 規 則 第 30 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 55 条 国

More information

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については

職 員 の 等 に 関 する 条 例 第 24 条 の 承 認 は 正 規 の 勤 務 時 間 の 始 め 又 は 終 わりにおいて 30 分 を 単 位 として 行 う ものとする 2 育 児 を 原 因 とする 特 別 休 暇 を 承 認 されている 職 員 に 対 する の 承 認 については 2015/3/10 8. 事 例 別 事 務 処 理 へ 職 員 が 満 3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 する 場 合 特 別 な 事 情 がある 場 合 を 除 き1 回 に 限 り 延 長 できる ( 男 性 職 員 の 場 合 は 配 偶 者 の 出 産 後 8 週 間 以 内 に 最 初 の を 取 得 していれば 特 別 な 事 情 がなくても 再 度 取 得 することができる )

More information

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が

目 次 休 暇 関 係 Q1 妊 娠 中 健 康 診 査 を 受 けるための 休 暇 が 取 れるのですか? Q2 出 産 予 定 日 の 何 日 前 から 休 暇 が 取 れるのですか? Q3 出 産 後 何 日 まで 休 暇 が 取 れるのですか? Q4 妻 が 出 産 するのですが 休 暇 が 子 育 て 支 援 制 度 Q&A ( 平 成 22 年 6 月 30 日 現 在 ) この 度 東 北 大 学 の 子 育 て 支 援 のための 職 員 等 の 休 暇 制 度 育 児 休 業 制 度 を Q&A 方 式 でわかりやすく 説 明 をしましたので ご 活 用 ください なお 不 明 な 点 等 がありましたら 遠 慮 なく 各 部 局 の 人 事 担 当 係 又 は 総 務 部 人

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】

Microsoft Word - 04特定任期付職員(特任事務)給与規程【溶込】 特 定 任 期 付 職 員 ( 特 定 事 務 ) 給 与 規 程 平 成 20 年 3 月 31 日 平 成 19 年 度 規 程 第 56 号 一 部 改 正 平 成 21 年 3 月 31 日 平 成 20 年 度 規 程 第 45 号 一 部 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 21 年 度 規 程 第 42 号 一 部 改 正 平 成 22 年 3 月 31 日 平 成 21

More information

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務

2 前 項 に 定 める 日 に 支 給 する 給 与 は 総 額 給 与 を12 分 割 した 額 ( 以 下 給 与 月 額 という ) 扶 養 手 当 住 居 手 当 通 勤 手 当 単 身 赴 任 手 当 寒 冷 地 手 当 及 び 業 績 手 当 並 びに 前 月 分 の 超 過 勤 務 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 給 与 規 程 ( 平 26 規 程 第 75 号 平 成 27 年 3 月 31 日 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 海 洋 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 とい う )の 定 年 制 職 員 ( 研 究 系 ) 就 業 規 程 ( 平 25 規 程 第 80 号 以 下 就

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E>

< F2D824F C D9197A791E58A C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 22 日 規 則 第 23 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 52 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 38 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案)

公立大学法人秋田県立大学給与規程(案) 公 立 大 学 法 人 秋 田 県 立 大 学 給 与 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 19 号 改 正 平 成 20 年 4 月 1 日 改 正 平 成 21 年 1 月 17 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 8 月 4 日 改 正 平 成 22 年 10 月 1 日 改 正 平 成 22 年 12 月 22 日 改 正 平 成 23

More information

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条

(6) 31 年 以 上 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の120 2 前 項 に 規 定 する 者 のうち 負 傷 若 しくは 病 気 ( 以 下 傷 病 という 傷 病 は 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 ( 昭 和 33 年 法 律 第 128 号 ) 第 81 条 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 17 年 10 月 3 日 規 程 第 50 号 最 終 改 正 平 成 24 年 10 月 24 日 規 程 第 26 号 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 筑 波 技 術 大 学 職 員 就

More information

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで

平 成 34 年 4 月 1 日 から 平 成 37 年 3 月 31 日 まで 64 歳 第 2 章 労 働 契 約 ( 再 雇 用 希 望 の 申 出 ) 第 3 条 再 雇 用 職 員 として 継 続 して 雇 用 されることを 希 望 する 者 は 定 年 退 職 日 の3か 月 前 まで 定 年 後 再 雇 用 職 員 就 業 規 則 01- 一 般 -00006 平 成 13 年 4 月 1 日 改 正 03- 一 般 -00030 平 成 15 年 12 月 4 日 改 正 06- 一 般 -00117 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 09- 一 般 -00109 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 10- 一 般 -00258 平 成 22 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事

九 十 十 一 十 二 十 三 休 日 給 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 期 末 手 当 勤 勉 手 当 医 師 手 当 ( 給 与 の 支 払 ) 第 3 条 職 員 の 給 与 は その 全 額 を 通 貨 で 直 接 職 員 に 支 払 うものとする ただし 法 令 及 び 理 事 独 立 行 政 法 人 年 金 健 康 保 険 福 祉 施 設 整 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 17 年 10 月 1 日 1 7 規 程 第 6 号 改 正 平 成 18 年 3 月 29 日 18 規 程 第 4 号 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 19 規 程 第 2 号 改 正 平 成 19 年 8 月 29 日 19 規 程 第 6 号 改 正 平 成 19 年

More information

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4)

(2) 勤 続 5 年 を 超 え 10 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の140 (3) 勤 続 10 年 を 超 え 20 年 までの 期 間 については 勤 続 期 間 1 年 につき 本 俸 月 額 の100 分 の180 (4) 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 施 行 ) ( 平 成 19 年 3 月 1 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 3 月 31 日 改 正 ) ( 平 成 26 年 5 月 31 日 改 正 ) ( 目 的 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 労 働 政 策 研 究 研 修 機 構

More information

19

19 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 19 年 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 規 則 第 2 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 33 条 の 規 定 に 基 づき 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 (

More information

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号)

Microsoft Word 日本年金機構職員退職手当規程(規程第36号) 規 程 第 36 号 理 事 長 決 定 平 成 22 年 1 月 1 日 制 定 施 行 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 25 年 4 月 1 日 改 正 施 行 平 成 26 年 4 月 1 日 改 正 施 行 日 本 年 金 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 日 本 年 金 機 構 職 員 就 業 規 則 ( 規 程

More information

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc

Microsoft Word - 21退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 58 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 国 立 大 学 法 人 奈 良 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 常 時 勤 務 する 職 員 のうち

More information

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc

Microsoft Word - 給与規程( )_本則.doc 18 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 給 与 規 程 27.4.24 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 28 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤 務

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_

Microsoft Word - 12 職員退職手当規程_H 改正_ 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 全 国 健 康 保 険 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 職 員 ( 全 国 健 康 保 険 協 会 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 20 年 規 程 第 4 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 2 条 に 規 定 する 職 員 を いう )に 対 する 退 職 手 当 の 支 給

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手

(4) 勤 続 20 年 を 超 え 30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 200 (5) 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき 100 分 の 100 ( 退 職 手 当 の 調 整 額 ) 第 5 条 の3 退 職 手 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 2 月 29 日 2004 年 ( 総 企 ) 規 程 第 12 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 石 油 天 然 ガス 金 属 鉱 物 資 源 機 構 ( 以 下 機 構 という )

More information

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円

(1) 各 給 与 項 目 の 計 算 上 1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは これを 切 り 捨 てて 計 算 する ただし 1 時 間 あたりの 算 定 給 与 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは 四 捨 五 入 する (2) 給 与 の 総 支 給 額 に1 円 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 職 員 給 与 規 程 最 終 改 正 平 成 15 年 10 月 1 日 独 信 基 (101) 平 成 15 年 第 35 号 平 成 28 年 4 月 20 日 独 信 基 602 平 成 28 年 度 第 5 号 制 定 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 の 業 務 に 常 時 従 事

More information

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程

独立行政法人物質・材料研究機構任期制職員給与規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 任 期 制 職 給 与 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 3 号 改 正 : 平 成 18 年 7 月 18 日 18 規 程 第 79 号 改 正 : 平 成 18 年 10 月 2 日 18 規 程 第 96 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 29 号 改 正 : 平 成 19

More information

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129>

<4D F736F F D2096F088F582CC8B8B975E814191DE90458EE B4997A B794EF82C98AD682B782E98B4B91A E352E3129> 国 立 大 学 法 人 室 蘭 工 業 大 学 役 員 の 給 与, 退 職 手 当, 紀 律, 旅 費 に 関 する 規 則 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 9 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 125 号 改 正 平 成 16 年 度 室 工 大 規 則 第 164 号 改 正 平 成 17 年 度 室 工 大 規 則 第 25 号 改 正 平 成 17 年

More information

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す

部 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) 参 事 官 首 席 監 察 官 警 務 部 長 参 事 所 属 長 ( 地 方 警 務 官 を 除 く ) そ の 他 の 職 員 所 属 長 2 指 定 権 者 は 勤 務 指 定 を 行 ったときは 職 員 に 対 し 速 やかにこれを 明 示 す 山 口 県 警 察 に 勤 務 する 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 訓 令 平 成 7 年 3 月 31 日 本 部 訓 令 第 1 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 訓 令 は 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 山 口 県 条 例 第 11 号 以 下 勤 務 時 間 条 例 という ) 及

More information

<4D F736F F D208B4B91A591E D E7390EC8E7388EA94CA904588F582CC8B8B975E82C98AD682B782E98FF097E CC88EA959482F089FC90B382B782E98FF097E182CC8E7B8D7382C994BA82A48C6F89DF915B927582C98AD682B782E98B4B91A52E727

<4D F736F F D208B4B91A591E D E7390EC8E7388EA94CA904588F582CC8B8B975E82C98AD682B782E98FF097E CC88EA959482F089FC90B382B782E98FF097E182CC8E7B8D7382C994BA82A48C6F89DF915B927582C98AD682B782E98B4B91A52E727 市 川 市 規 則 第 65 号 市 川 市 一 般 職 員 の 給 与 に 関 する 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 施 行 に 伴 う 経 過 措 置 に 関 する 規 則 ( 平 成 26 年 12 月 改 正 条 例 附 則 第 7 項 及 び 第 8 項 並 びに 平 成 26 年 12 月 改 正 条 例 附 則 第 12 項 第 2 号 の 規 定 により 読 み

More information

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程

職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日 規 程 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 国 立 研 究 開 発 法 人 宇 宙 航 空 研 究 開 発 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 15-29 号 改 正 平 成 17 年 1 月 31 日 規 程 第 17-1 号 改 正 平 成 20 年 12 月 22 日 規 程 第 20-92 号 改 正 平 成 22 年 3 月 18 日

More information

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E>

<5461726F2D824F8253817C824F82528D9197A791E58A779640906C938C8B9E> 国 立 大 学 法 人 東 京 外 国 語 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 54 号 改 正 平 成 16 年 10 月 1 日 規 則 第 199 号 平 成 17 年 7 月 1 日 規 則 第 48 号 平 成 17 年 11 月 22 日 規 則 第 85 号 平 成 18 年 3 月 28 日 規 則 第 18 号 平 成 19 年 3 月 20

More information

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc

Microsoft Word - H22.4.1市費産休・育休臨任要綱.doc 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 の 出 産 及 び 育 児 休 業 に 伴 う 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 等 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 崎 市 立 学 校 の 市 費 負 担 教 員 に 係 る 産 休 代 替 教 員 及 び 育 休 代 替 教 員 の 臨 時 的 任 用 勤 務 時 間 給 与 等 に 関 し 必 要

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

役員退職手当規程

役員退職手当規程 役 員 退 職 手 当 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 5 号 改 正 平 成 16 年 1 月 21 日 規 程 第 21 号 改 正 平 成 23 年 9 月 30 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 25 年 3 月 29 日 規 程 第 10 号 改 正 平 成 27 年 6 月 4 日 規 程 第 4 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

役員退職金支給規程

役員退職金支給規程 平 成 17 年 10 月 1 日 17( 規 程 ) 第 62 号 ( 改 正 ) 平 成 21 年 12 月 1 日 21( 規 程 ) 第 42 号 ( 改 正 ) 平 成 25 年 3 月 26 日 24( 規 程 ) 第 56 号 ( 改 正 ) 平 成 26 年 6 月 30 日 26( 規 程 ) 第 32 号 ( 改 正 ) 平 成 27 年 4 月 14 日 27( 規 程 ) 第

More information

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職

ア. 市 長 事 務 部 及 び 行 政 委 員 会 等 の 状 況 職 員 数 給 与 費 (A) 給 料 期 末 勤 勉 その 他 の 手 当 手 当 計 (B) 17,942 (9) 73,455,664 29,765,941 25,618,225 128,839,830 ( 注 )1. 職 第 2 章 職 員 の 給 与 勤 務 時 間 その 他 の 勤 務 条 件 の 状 況 地 方 公 務 員 の 給 与 は 国 や 他 の 地 方 公 共 団 体 の 職 員 民 間 企 業 の 従 業 員 の 給 与 等 を 考 慮 して 定 めることになっています 市 には 公 平 中 立 な 機 関 である 事 委 員 会 が 設 置 されており 事 委 員 会 は 毎 年 市 内 民 間

More information

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程

独立行政法人勤労者退職金共済機構職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 改 正 平 成 18 年 10 月 2 日 改 正 平 成 21 年 12 月 1 日 改 正 平 成 23 年 10 月 1 日 改 正 平 成 26 年 3 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版

Microsoft Word - 16 育児休業手当金(16ikukyuu.pdf)最終版 育 児 休 業 手 当 金 1 支 給 要 件 組 合 員 が 育 児 休 業 を 取 得 したときに 支 給 する 2 支 給 期 間 (1) (2) 以 外 の 場 合 は 育 児 休 業 を 開 始 した 日 から 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 ( 1)( 育 児 休 業 に 係 る 子 が1 歳 に 達 する 日 前 に 育 児 休 業 が 終 了 した 場 合

More information

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版

Taro-役員退職手当規程(H27.10改正)HP版 役 員 退 職 手 当 規 程 目 次 第 1 条 総 則 第 2 条 退 職 手 当 の 受 給 者 第 2 条 の2 遺 族 の 範 囲 及 び 順 位 第 3 条 退 職 手 当 の 額 第 4 条 在 職 期 間 の 計 算 第 5 条 再 任 等 の 場 合 の 取 り 扱 い 第 6 条 解 任 された 場 合 の 退 職 手 当 の 支 給 制 限 第 7 条 退 職 手 当 の 支

More information

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条

(2) 広 島 国 際 学 院 大 学 ( 以 下 大 学 という ) (3) 広 島 国 際 学 院 大 学 自 動 車 短 期 大 学 部 ( 以 下 短 大 という ) (4) 広 島 国 際 学 院 高 等 学 校 ( 以 下 高 校 という ) ( 学 納 金 の 種 類 ) 第 3 条 学 生 生 徒 等 の 納 入 金 に 関 する 規 則 平 成 15 年 12 月 16 日 規 則 第 19 号 沿 革 1 平 成 17 年 5 月 17 日 改 正 2 平 成 17 年 10 月 3 日 改 正 3 平 成 18 年 1 月 25 日 改 正 5 平 成 21 年 9 月 16 日 改 正 7 平 成 22 年 2 月 12 日 改 正 9 平 成 23 年 12 月 6

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 施 行 規 程 ( 平 成 10 年 3 月 3 1 日 ) 平 成 10 年 規 程 第 3 号 ( 趣 旨 ) 改 正 平 成 11 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平 成 14 年 2 月 26 日 規 程 第 2 号 平 成 14 年 6 月 28 日 規 程 第 3 号 平

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 36 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 に 関 し 必 要 な

More information

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業

Taro-H26改正_溶け込み_中学授業 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 鳥 取 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 32 年 鳥 取 県 規 則 第 22 号 以 下 規 則 とい う ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき 鳥 取 県 私 立 中 学 校 生 徒 授 業 料 減 免 補 助 金 ( 以 下 本 補 助 金

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

Microsoft Word - 5-26職員給与規程

Microsoft Word - 5-26職員給与規程 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 5 月 10 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 宮 城 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 28

More information

平成28年岩手県条例第8号

平成28年岩手県条例第8号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 をここに 公 布 する 平 成 28 年 3 月 25 日 岩 手 県 知 事 達 増 拓 也 岩 手 県 条 例 第 8 号 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 職 員 の 退 職 手 当 に 関 する 条 例 ( 昭 和 28 年 岩 手 県 条 例 第 40

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事

(3) 勤 続 期 間 が 10 年 以 上 であって 定 年 により 退 職 したとき (4) 勤 続 期 間 が 15 年 以 上 であって 職 務 上 特 に 功 労 があった 者 が 退 職 したとき (5) 前 各 号 に 準 ずる 理 由 により 増 額 する 必 要 があると 理 事 独 立 行 政 法 人 国 際 観 光 振 興 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 改 正 平 成 18 年 3 月 23 日 規 程 第 6 号 平 成 19 年 8 月 10 日 規 程 第 19 号 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 22 号 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 3 号 平 成 25

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 2 年 月 1 日 現 在 ) 1 号 給 の 給 料 月 額 最 高 号 給 の 給 料 月 額 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 措 置 を 行 う 前 のものです ( 単 位 : ) 3 職 員 の 平 均 給 与 月 別 紙 3 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 23 年 度 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B 73,89 18,96,951 629,218,05,29 ( 注 )1 件 費 とは 一 般 職 に 支 給 される 給 与 と 市 長

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203131368140938C8B9E8C7C8F7091E58A77904588F582CC8BCE96B18E9E8AD481418B7889C9939982C98AD682B782E98B4B91A5814089FC32303130303632322E646F63> 東 京 芸 術 大 学 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 改 正 平 成 17 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 21 年 5 月 11 日 平 成 21 年 7 月 17 日 平 成 22 年 3 月 30 日 平 成 22 年 6 月 22 日 第 1 章 総

More information

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条

は 1 時 間 ( 年 次 有 給 休 暇 5 日 を 限 度 )とすることができる 2 1 時 間 を 単 位 として 使 用 した 年 次 有 給 休 暇 を 日 に 換 算 する 場 合 は 8 時 間 をもって1 日 とする ( 病 気 有 給 休 暇 ) 第 4 条 規 則 第 20 条 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 休 暇 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 一 部 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 別 に 定 めるもののほか 職 員 就 業 規

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場 後 期 計 画 の 1 計 画 期 間 平 成 24 年 4 月 1 日 から 平 成 27 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする 2 具 体 的 な 職 員 が 仕 事 と 子 育 てを 両 立 させることができ 職 員 全 体 が 働 きやすい 環 境 をつくるこ とによって すべての 職 員 がその 能 力 を 十 分 発 揮 できるようにするため 次 の 行 動 計 画 を 策 定

More information

契約社員・アルバイト規程

契約社員・アルバイト規程 契 約 職 員 アルバイト 規 程 一 般 財 団 法 人 Rubyアソシエーション 平 成 23 年 7 月 27 日 作 成 施 行 平 成 26 年 6 月 12 日 第 2 条 及 び 第 8 条 改 正 第 1 条 ( 目 的 ) 第 1 章 : 総 則 1.この 規 程 は 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 契 約 職 員 およびアルバイトの 服 務 と 就 業 条 件 に

More information

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章

の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 勤 務 時 間 ( 第 2 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 休 暇 ( 第 11 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 育 児 短 時 間 勤 務 ( 第 23 条 ) 第 5 章 駐 労 規 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 3 号 改 正 改 正 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 駐 労 規 第 11 号 平 成 18 年 6 月 29 日 駐 労 規 第 13 号 平 成 19 年 7 月 27 日 駐 労 規 第 12 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 駐 労 規 第 8 号 改 正 平 成 22 年 3

More information

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱

桜井市外国人高齢者及び外国人重度心身障害者特別給付金支給要綱 桜 井 市 外 国 人 高 齢 者 及 び 外 国 人 重 度 心 身 障 害 者 特 別 給 付 金 支 給 要 平 成 7 年 3 月 31 日 告 示 第 21 号 改 正 平 成 12 年 12 月 28 日 告 示 第 151 号 改 正 平 成 14 年 04 月 01 日 告 示 第 59 号 改 正 平 成 22 年 05 月 27 日 告 示 第 132 号 改 正 平 成 24

More information

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ

月 収 額 算 出 のながれ 給 与 所 得 者 の 場 合 年 金 所 得 者 の 場 合 その 他 の 所 得 者 の 場 合 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 収 入 を 確 かめてください 前 年 中 の 年 間 総 所 得 を 確 かめ 1. 月 収 額 を 計 算 する 前 に 月 収 額 を 計 算 する 前 に 次 のことを 確 かめてください あなたの 同 居 親 族 又 は 同 居 しようとする 親 族 と 扶 養 親 族 の 数 は 何 人 ですか? 同 居 親 族 とは 入 居 しようとする 親 族 ( 本 人 を 除 く)のことをいいます 扶 養 親 族 とは 入 居 しようとする 扶 養 親 族 及 び 入 居 しない

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E937391E58A7782CC88E78E998E78898791CC90A782C982C282A282C481698FED8BCE816A323031332E646F6378> ( 教 職 員 ) 育 児 を 行 う 教 職 員 への 支 援 ( 多 様 な 働 き 方 の 提 案 ) 休 業 制 度 1. 育 児 休 業 (3 歳 の 誕 生 日 の 前 日 まで) 育 児 介 護 規 程 第 3 条 休 業 し 職 務 を 離 れて 子 を 養 育 できる 制 度 です 2. 育 児 短 時 間 勤 務 ( 小 学 校 3 学 年 の 終 期 まで) 育 児 介 護 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20836E8393836883758362834E819592E88C5E83748348815B838081698251824F944E82548C8E89FC90B3816A5F6A6161777795D28F57> 平 成 18 年 12 月 平 成 19 年 10 月 ( 追 加 改 正 ) 平 成 20 年 5 月 ( 改 正 ) ポジティブアクション 推 進 プロジェクト 一 人 で 悩 む 前 に まずご 相 談 ください 妊 娠 したのですが どのような 手 続 をすればいいのですか? 産 休 から 育 児 休 暇 への 流 れは 次 の 通 りです 産 前 休 暇 出 産 産 後 休 暇 育 児 休

More information

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5

当 が 支 払 われない 場 合 において 前 項 第 2 号 に 該 当 するときは 機 構 は 当 該 遺 族 に 対 し 第 2 項 に 規 定 する 事 情 を 勘 案 して 当 該 退 職 手 当 の 全 部 又 は 一 部 を 支 給 しないこととする 措 置 を 行 うことができる 5 職 員 退 職 金 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 平 成 15 年 規 程 第 10 号 ) 改 正 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 19 年 規 程 第 7 号 平 成 20 年 5 月 20 日 平 成 20 年 規 程 第 12 号 平 成 22 年 6 月 23 日 平 成 22 年 規 程 第 15 号 平 成 25 年 9 月 30 日 平 成 25

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職

3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 則 第 2 条 第 5 号 及 び 第 6 号 に 規 定 する 有 期 雇 用 職 員 の 給 料 は 他 の 職 員 との 権 衡 を 考 慮 して 予 算 の 範 囲 内 において 決 定 するもの とする ( 職 地 方 独 立 行 政 法 人 長 野 県 立 病 院 機 構 有 期 雇 用 職 員 給 与 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 4-2 沿 革 平 成 22 年 11 月 30 日 規 程 4-1-2= 一 部 改 正 平 成 23 年 11 月 30 日 規 程 4-1-5= 一 部 改 正 平 成 26 年 12 月 25 日 規 程 4-2-1= 一 部 改 正 平 成 27

More information

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ

適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き 勤 務 時 間 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの える 雇 見 込 みが 雇 保 険 労 災 保 険 1 週 間 の 所 定 時 間 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 が20 時 間 以 上 かつ 適 一 覧 表 期 間 の 制 限 手 続 き える 雇 見 込 みが 適 の 可 否 = 適 = 適 外 = 期 間 により 判 断 するもの 雇 保 険 労 災 保 険 諸 手 当 年 次 有 給 休 暇 その 他 休 暇 1 週 間 の 所 定 時 間 が20 時 間 以 上 か つ31 日 以 上 の 雇 見 込 みがあるこ と 教 育 研 究 事 業 を 行 う 官 公 署 (= 現 業

More information

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の

振 られた 日 をいう 以 下 同 じ )が 引 き 続 き24 日 を 超 えないようにしなければなら ない 3 任 命 権 者 は 4 時 間 の 勤 務 時 間 の 割 り 振 り 変 更 を 行 う 場 合 には 第 1 項 に 規 定 する 期 間 内 にある 勤 務 日 の 始 業 の 職 員 の 勤 務 時 間 休 暇 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 平 成 11 年 7 月 1 日 規 則 第 8 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 に 関 する 事 項 については 別 に 定 めるもののほ か この 規 則 に 定 めるところによる ( 特 別 の 形 態 によって 勤 務 する 必 要 のある 職 員 の 週 休 日

More information