スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-"

Transcription

1

2 スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得 できる 両 親 保 険 によって 休 業 直 前 の 8 割 の 所 得 を 390 労 働 日 ( 約 1 年 半 に 相 当 )にわ たり 支 給 される 残 りの 90 日 は 日 額 60 クローナ( 約 860 円 ) 支 給 される 両 親 保 険 の 財 源 は 事 業 主 が 支 払 う 社 会 保 険 拠 出 ( 支 払 い 給 与 の 2.20)である (ロ) 企 業 による 独 自 の 上 乗 せ スウェーデンの 企 業 等 では 両 親 保 険 から 支 払 われる 8 割 の 公 的 所 得 補 償 に 上 乗 せして 9 割 あるいはそれ 以 上 の 所 得 補 償 としている 企 業 等 も 24.4ある 特 に 従 業 員 が 50 人 以 上 の 民 間 企 業 と 公 的 機 関 では 約 3 割 の 企 業 で 所 得 補 償 の 上 乗 せ 制 度 の 導 入 が 進 んでいる 図 表 1 育 児 休 業 中 の 所 得 補 償 (80)への 上 乗 せ( 経 営 形 態 別 ) 全 体 民 間 企 業 (10-49 人 ) 民 間 企 業 (50 人 以 上 ) 公 的 機 関 はい いいえ ワーク ライフ バランス(work-life balance)とは 近 年 OECD や 諸 外 国 で 提 唱 されてい る 概 念 で 職 業 生 活 における 各 段 階 において 仕 事 の 時 間 と 生 活 の 時 間 ( 家 庭 生 活 地 域 活 動 学 習 等 )をさまざまに 組 み 合 わせ 調 和 のとれた 働 き 方 ができるようにすることである 仕 事 と 生 活 の 調 和 と 訳 されることもある 1

3 (ハ) 上 乗 せの 程 度 所 得 補 償 の 上 乗 せ 制 度 を 導 入 している 企 業 のうち 最 大 で 90の 所 得 補 償 としていると ころが 約 8 割 を 占 めるが 最 大 で 100 以 上 補 償 している 企 業 も 約 1 割 存 在 する 図 表 2 80 以 上 の 上 乗 せ 補 償 の 割 合 ( 企 業 等 調 査 ) 最 大 で90まで 最 大 で100まで 最 大 で100 以 上 全 体 民 間 企 業 (10-49 人 ) 85.7 民 間 企 業 (50 人 以 上 ) 80.6 公 的 機 関 (2) 取 得 状 況 (イ) 育 児 休 業 取 得 率 民 間 企 業 に 勤 務 する 女 性 でも 84.0の 人 が 育 児 休 業 を 取 得 しており 公 的 部 門 (89.3) との 差 はほとんどない 男 性 でも 民 間 企 業 公 的 機 関 どちらの 場 合 でも 約 8 割 が 育 児 休 業 を 取 得 している 図 表 3 育 児 休 業 取 得 率 ( 官 民 別 男 女 別 )( 従 業 員 調 査 ) 男 性 女 性 民 間 企 業 公 的 機 関 民 間 企 業 公 的 機 関 () ( 参 考 ) 日 本 の 育 児 休 業 取 得 率 日 本 の 民 間 企 業 で 働 く 女 性 の 育 児 休 業 取 得 率 は 女 性 73.1 男 性 0.44 ( 厚 生 労 働 省 平 成 15 年 度 女 性 雇 用 管 理 基 本 調 査 ) 2

4 (ロ) 育 児 休 業 取 得 期 間 育 児 休 業 取 得 期 間 は 女 性 の 場 合 民 間 企 業 と 公 的 機 関 との 間 で 差 はほとんどない 男 性 の 場 合 は 公 的 機 関 の 方 が 民 間 企 業 よりも 育 児 休 業 取 得 期 間 が 長 い 傾 向 が 見 られる 図 表 4 育 児 休 業 取 得 日 数 ( 官 民 別 男 女 別 )( 企 業 等 調 査 ) 男 性 女 性 民 間 企 業 公 的 機 関 民 間 企 業 公 的 機 関 1 年 以 上 6-11ヶ 月 3-5ヶ 月 1ヶ 月 ヶ 月 年 以 上 6-11ヶ 月 3-5ヶ 月 2ヶ 月 1ヶ 月 ( 参 考 ) 日 本 の 女 性 の 育 児 休 業 取 得 期 間 女 性 の 育 児 休 業 取 得 期 間 は 10 ヶ 月 ~12 ヶ 月 未 満 が 41.4と 最 も 多 かった ( 厚 生 労 働 省 平 成 14 年 度 女 性 雇 用 管 理 基 本 調 査 ) (ハ) 民 間 企 業 の 役 員 中 間 管 理 職 の 女 性 も 8 割 以 上 が 育 児 休 業 を 取 得 しており 役 職 によ る 差 はない また ホワイトカラーとブルーカラーとの 間 に 大 きな 差 はない したがって 育 児 休 業 の 取 得 は 一 部 の 職 種 のみということはない これは 男 性 についても 同 様 である 取 得 日 数 も 同 じ 性 別 の 中 では 役 職 による 差 は 大 きくないが 女 性 では 管 理 職 に 就 いてい ない 従 業 員 の 方 が 長 い 傾 向 が 見 られる 図 表 5 育 児 休 業 取 得 率 ( 役 職 別 男 女 別 官 民 別 )( 従 業 員 調 査 ) 役 員 中 間 管 理 職 88.2 民 間 企 業 男 性 女 性 ホワイトカラー ブルーカラー 役 員 中 間 管 理 職 ホワイトカラー ブルーカラー () 3

5 図 表 6 育 児 休 業 取 得 日 数 ( 役 職 別 男 女 別 )( 企 業 等 調 査 ) 民 間 企 業 女 性 役 員 女 性 中 間 管 理 職 その 他 の 女 性 社 員 男 性 役 員 男 性 中 間 管 理 職 その 他 の 男 性 社 員 1 年 以 上 6-11ヶ 月 3-5ヶ 月 2ヶ 月 年 以 上 6-11ヶ 月 3-5ヶ 月 2ヶ 月 1ヶ 月 職 場 における 対 応 (イ) 代 替 要 員 の 確 保 従 業 員 が 育 児 休 業 を 取 得 した 場 合 の 職 場 の 対 応 をみると 臨 時 契 約 社 員 を 雇 用 するとい う 企 業 が 4 分 の 3 を 占 め 空 席 を 現 在 いる 人 員 だけで 対 応 するよりも 新 たな 社 員 を 雇 用 して 対 応 する 場 合 が 多 い 図 表 7 育 児 休 業 中 の 人 員 の 空 きへの 対 応 ( 企 業 等 調 査 ) 複 数 回 答 他 のセクションからの 異 動 臨 時 契 約 社 員 を 雇 う 他 の 従 業 員 の 一 時 的 昇 進 業 務 を 分 担 する その 他

6 ( 参 考 ) 日 本 での 育 児 休 業 中 の 人 員 の 空 きへの 対 応 日 本 では 派 遣 労 働 者 やアルバイトを 代 替 要 員 として 雇 用 する 場 合 は 39.7である また 代 替 要 員 の 補 充 を 行 わず 同 じ 部 門 の 他 の 社 員 で 対 応 する 場 合 が 51.7を 占 める ( 厚 生 労 働 省 平 成 14 年 度 女 性 雇 用 管 理 基 本 調 査 ) ( 参 考 図 表 ) 育 児 休 業 取 得 者 があった 場 合 の 対 応 ( 複 数 回 答 ) 代 替 要 員 の 補 充 を 行 わず 同 じ 部 門 の 他 の 社 員 で 対 応 51.7 他 の 部 門 又 は 他 の 事 業 所 からの 異 動 19.4 派 遣 労 働 者 やアルバイトを 雇 用 39.7 その 他 () なお 我 が 国 の 現 行 法 においては 従 業 員 が 育 児 休 業 を 取 得 する 場 合 育 児 休 業 に 係 る 給 付 は 雇 用 保 険 から 支 給 され 社 会 保 険 料 も 事 業 主 被 用 者 とも 支 払 い 免 除 となるため 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 する 労 働 費 用 は 原 則 としてかからない しかしながら 現 時 点 で 我 が 国 では 社 外 からの 雇 用 による 対 応 が 少 ない 背 景 には 以 下 のような 事 情 があると 推 測 される (a) 個 々 人 の 仕 事 の 範 囲 が 不 明 瞭 であったり マニュアル 化 されていないために 派 遣 や 契 約 社 員 等 が 直 ちに 対 応 しにくい 状 況 にある 場 合 があること (b) 時 間 外 勤 務 手 当 の 割 増 賃 金 率 が 25と 国 際 的 にみて 低 い 水 準 にあることや いわゆる サービス 残 業 の 存 在 のため 新 たな 人 員 を 雇 い 入 れるよりも 既 にいる 従 業 員 の 時 間 外 勤 務 によって 対 応 した 方 がコスト 面 で 割 安 であること (c) まだ 個 々の 職 場 では 育 児 休 業 取 得 の 事 例 が 少 ないため とりあえず 現 員 で 対 応 するこ とが 可 能 である 場 合 もあること 5

7 (ロ) 代 替 要 員 への 円 滑 な 引 継 ぎ 後 任 者 への 引 継 ぎ 方 法 は 対 面 で 行 う 場 合 がほとんどである また 約 7 割 の 企 業 が 後 任 者 への 訓 練 や 研 修 は 十 分 に 行 われていると 考 えている 育 児 休 業 に 入 った 後 も その 代 替 要 員 との 間 で 電 話 電 子 メール 等 で 連 絡 を 取 り 合 っていることが 多 い 図 表 8 後 任 者 への 訓 練 や 研 修 などは 十 分 に 行 われているか( 企 業 等 調 査 ) はい 69.9 いいえ 30.1 ( 注 ) 育 児 休 業 のための 人 員 の 空 きへの 対 処 法 は 他 のセクションからの 移 動 臨 時 契 約 社 員 を 雇 う 他 の 従 業 員 の 一 時 的 昇 進 と 回 答 した 場 合 のみ 図 表 9 育 児 休 業 中 の 従 業 員 と 臨 時 従 業 員 との 通 常 連 絡 の 有 無 ( 企 業 等 調 査 ) はい 69.1 いいえ 30.9 注 : 育 児 休 暇 のための 人 員 の 空 きへの 対 処 法 は 他 のセクションからの 移 動 臨 時 契 約 社 員 を 雇 う 他 の 従 業 員 の 一 時 的 昇 進 と 回 答 した 場 合 のみ 6

8 (ハ) 他 の 従 業 員 の 負 担 感 このため 自 分 が 育 児 休 業 を 取 得 した 際 同 僚 の 業 務 負 担 が 増 えなかったという 者 が 68.4を 占 める 一 方 で 同 僚 の 負 担 が 増 えたと 感 じる 人 も 約 3 割 いるが 実 際 に 不 満 を 言 われた 者 はほとんどいない また 育 児 休 業 を 取 得 した 者 の 約 9 割 が 育 児 休 業 取 得 につ いて 同 僚 や 雇 用 主 との 間 で 人 間 関 係 での 困 難 を 感 じたことはないとしている 図 表 10 育 児 休 業 取 得 による 同 僚 への 負 担 ( 従 業 員 調 査 ) はい 同 僚 が 不 満 を 言 っていた 誰 も 不 満 を 言 わなかったが 負 担 は 増 えただろう 全 体 男 性 いいえ 負 担 は 増 えなかった 55.9 女 性 図 表 11 育 児 休 業 取 得 による 同 僚 や 雇 用 主 との 人 間 関 係 での 困 難 の 有 無 ( 従 業 員 調 査 ) はい 同 僚 との 間 で 3.2 はい 雇 用 主 との 間 で 9.9 いいえ 87.9 ( 参 考 ) 職 場 で 育 児 休 業 をとりやすい 雰 囲 気 ( 日 本 ) 日 本 では 育 児 休 業 を 取 得 しなかった 理 由 として 43.0の 人 が 職 場 の 雰 囲 気 を 40.2の 人 が 経 済 的 に 苦 しくなる を 挙 げている( 複 数 回 答 ) ( 労 働 省 女 性 局 育 児 介 護 を 行 う 労 働 者 の 生 活 と 就 業 の 実 態 等 に 関 する 調 査 (2000 年 )) また 日 本 では 職 場 で 育 児 休 業 を どちらかといえばとりにくい 雰 囲 気 と 感 じて いる 人 が 女 性 が 取 得 する 場 合 で 22.6 男 性 が 取 得 する 場 合 で 52.2いる ( 日 本 労 働 研 究 機 構 育 児 や 介 護 と 仕 事 の 両 立 に 関 する 調 査 (2003 年 )) 7

9 (ニ) 育 児 休 業 取 得 に 対 する 評 価 このため 育 児 休 業 取 得 に 対 する 評 価 は 非 常 に 肯 定 的 肯 定 的 を 合 わせると ど の 役 職 においても 9 割 を 超 えている 男 女 間 でも 大 きな 差 はない 図 表 12 育 児 休 業 取 得 に 対 する 評 価 ( 企 業 等 調 査 ) 非 常 に 肯 定 的 役 員 ( 公 的 機 関 ) 役 員 ( 民 間 企 業 ) 中 間 管 理 職 ( 公 的 機 関 ) 中 間 管 理 職 ( 民 間 企 業 ) 肯 定 的 否 定 的 非 常 に 6.3 否 定 的 女 性 従 業 員 ( 公 的 機 関 ) 女 性 従 業 員 ( 民 間 企 業 ) 男 性 従 業 員 ( 公 的 機 関 ) 男 性 従 業 員 ( 民 間 企 業 ) (ホ) 育 児 休 業 取 得 による 差 別 また 育 児 休 業 取 得 により 雇 用 主 からの 差 別 を 受 けた 人 はほとんどいない 自 分 やパー トナーが 実 際 に 差 別 を 受 けた 人 は 5に 満 たない 図 表 13 育 児 休 業 取 得 による 雇 用 主 からの 差 別 の 経 験 ( 従 業 員 調 査 ) はい 私 と 私 のパートナーが 差 別 を 受 けたことがあります 総 数 女 性 男 性 2.9 はい 差 別 を 受 けた 女 性 従 業 員 の 話 を 聞 いたことがありますが 個 人 的 には 私 は 差 別 を 受 けたことがありません いいえ 8

10 3 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 する 対 応 (イ) 育 児 休 業 中 の 人 事 評 価 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 する 人 事 評 価 は 行 わないという 企 業 が 約 7 割 を 占 める 特 別 な 考 慮 が 行 われる 場 合 も 約 1 割 ある 一 方 で マイナスに 評 価 するという 企 業 は 皆 無 に 等 し い 図 表 14 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 する 人 事 評 価 ( 企 業 等 調 査 ) 特 別 な 考 慮 が 払 われる 他 の 従 業 員 と 同 様 に 扱 う 評 価 は 行 なわない マイナスの 評 価 がされる (ロ) 昇 進 昇 格 への 影 響 育 児 休 業 を 取 得 しても 昇 進 昇 格 等 での 差 はないと 考 える 企 業 は 非 常 にそう 思 う そ う 思 う をあわせると 85を 超 える 従 業 員 でそのように 考 える 人 は 約 65であり 企 業 よりは 低 い 割 合 だが 多 数 を 占 める 育 児 休 業 の 取 得 後 に 仮 に 昇 進 昇 格 等 で 遅 れたとしても 後 で 取 り 戻 す 機 会 があると 考 える 企 業 の 割 合 も 9 割 近 い 従 業 員 でも 70 以 上 の 人 がそのように 考 えており キャリア 形 成 上 の 影 響 はないと 考 える 企 業 が 多 く 従 業 員 の 大 多 数 も 同 様 の 認 識 をしている 図 表 15 育 児 休 業 を 取 得 しても 昇 進 昇 格 等 での 差 はない と 考 える 人 の 割 合 非 常 にそう 思 う そう 思 う どちらともいえない 決 してそう 思 わない そう 思 わない 企 業 等 調 査 従 業 員 調 査 9

11 図 表 16 育 児 休 業 を 取 得 後 に 仮 に 昇 進 昇 格 等 で 遅 れたとしても 後 で 取 り 戻 す 機 会 が ある と 考 える 人 の 割 合 決 してそう 思 わない どちらともいえない 非 常 にそう 思 う そう 思 う そう 思 わない 企 業 等 調 査 従 業 員 調 査 (ハ) 育 児 休 業 中 の 情 報 提 供 また 育 児 休 業 中 の 従 業 員 が 電 子 メールや 社 内 イントラネットへのアクセス 等 を 通 じて 仕 事 に 関 する 情 報 を 得 ることができるようにしている 企 業 が 約 4 割 ある 図 表 17 育 児 休 業 中 の 従 業 員 が 情 報 伝 達 技 術 (IT)により 仕 事 に 関 する 情 報 を 得 られるか ( 企 業 等 調 査 ) はい いいえ 職 場 復 帰 後 の 仕 事 と 育 児 の 両 立 の 見 通 しのたちやすさ (イ) 育 児 休 業 後 の 配 属 先 は 元 の 職 場 である 場 合 がほとんどである 支 社 や 子 会 社 へ 配 属 さ れることはほとんどない 図 表 18 育 児 休 業 取 得 後 の 従 業 員 の 配 属 先 元 の 配 属 先 複 数 回 答 企 業 等 調 査 あまり 業 務 がハードではない 部 署 への 配 属 支 社 関 連 会 社 子 会 社 など その 他 99.0 従 業 員 調 査

12 (ロ) フレックスタイム 制 度 フレックスタイム 制 度 が 企 業 全 体 の 約 8 割 に 導 入 されており よく 利 用 されている 場 合 も 半 数 を 超 える 従 業 員 50 人 以 上 の 民 間 企 業 公 的 機 関 の 方 が 小 規 模 の 企 業 と 比 較 して 制 度 が 導 入 されており よく 利 用 もされている また 勤 務 時 間 短 縮 制 度 を 利 用 したことがある 人 は 女 性 で 4 割 程 度 である 図 表 19 フレックスタイム 制 度 の 普 及 率 及 び 利 用 状 況 ( 企 業 等 調 査 ) 制 度 があり よく 利 用 されている 制 度 はあるが あまり 利 用 されていない 制 度 はない 全 体 民 間 企 業 (10-49 人 ) 民 間 企 業 (50 人 以 上 ) 公 的 機 関 図 表 20 勤 務 時 間 短 縮 制 度 の 利 用 経 験 (1~8 歳 までの 子 どもを 持 つ 従 業 員 に 対 して) はい いいえ 全 体 女 性 男 性 ( 注 ) 両 親 休 暇 法 により 1 歳 半 から 8 歳 もしくは 小 学 校 1 年 終 了 まで 労 働 時 間 を 4 分 の 1 短 縮 できる 権 利 が 認 められている 11

13 (ハ) テレワーク 制 度 ( 情 報 通 信 技 術 を 利 用 した 場 所 時 間 にとらわれない 働 き 方 )も 56.0 の 企 業 で 導 入 されている 約 半 数 の 従 業 員 がこの 制 度 を 活 用 しており 利 用 経 験 率 に 男 女 間 で 差 はない 図 表 21 テレワーク 制 度 の 有 無 ( 企 業 等 調 査 ) はい いいえ 図 表 22 テレワーク 制 度 の 利 用 経 験 ( 従 業 員 調 査 ) はい いいえ 全 体 男 性 女 性 (ニ) 有 給 休 暇 の 取 得 率 年 次 有 給 休 暇 ( 法 定 では 年 25 日 付 与 )の 取 得 率 は 70 以 上 取 得 している 人 が 男 女 ともに 8 割 を 超 える 図 表 23 有 給 休 暇 ( 法 定 を 超 える 部 分 も 含 む)の 取 得 率 ( 従 業 員 調 査 ) ほぼ100 70~90 50~69 50 以 下 平 均 総 数 女 性 男 性 81.5 ( 参 考 ) 日 本 の 有 給 休 暇 の 取 得 率 日 本 では 年 次 有 給 休 暇 の 平 均 的 な 付 与 日 数 ( 繰 越 日 数 は 含 まない)は 18.0 日 その うち 実 際 に 取 得 した 日 数 は 8.5 日 で 取 得 率 は 47.4である ( 厚 生 労 働 省 就 労 条 件 総 合 調 査 (2004 年 )) 12

14 (ホ) 育 児 休 業 取 得 による 不 安 感 こうしたことから 従 業 員 は 民 間 企 業 公 的 機 関 ともに 職 場 復 帰 後 の 働 き 方 について 大 きな 不 安 をもつことはなく 出 産 前 に 仕 事 を 辞 めたりすることはない 図 表 24 育 児 休 業 取 得 への 不 安 の 有 無 ( 性 別 / 従 業 員 調 査 ) はい いいえ 女 性 男 性 図 表 25 育 児 休 業 取 得 への 不 安 の 有 無 ( 経 営 形 態 別 / 従 業 員 調 査 ) はい いいえ 民 間 企 業 公 的 機 関 ( 参 考 ) 日 本 の 女 性 の 出 産 前 後 の 就 業 状 況 日 本 では 出 産 前 に 就 業 していた 女 性 の 7 割 弱 が 仕 事 を 辞 めている ( 厚 生 労 働 省 第 1 回 21 世 紀 出 生 児 縦 断 調 査 ( 平 成 14 年 )) 13

15 5 企 業 業 績 への 影 響 (イ) 生 産 性 への 影 響 育 児 休 業 を 取 得 した 後 の 仕 事 の 生 産 性 については 変 わらないという 従 業 員 が 全 体 の 7 割 以 上 を 占 めた 時 間 内 に 処 理 する 仕 事 量 が 増 え 生 産 性 が 上 がったとする 者 も 約 4 分 の 1 いる 女 性 の 方 が 生 産 性 が 上 がったとする 人 の 割 合 が 高 い 図 表 26 育 児 休 業 取 得 後 の 仕 事 の 生 産 性 の 向 上 ( 性 別 / 従 業 員 調 査 ) 全 体 女 性 上 がった 下 がった 変 わらない 男 性 図 表 27 育 児 休 業 取 得 後 の 仕 事 の 生 産 性 の 向 上 ( 役 職 別 / 従 業 員 調 査 ) 上 がった 変 わらない 役 員 中 間 管 理 職 ホワイトカラー ブルーカラー 下 がった

16 (ロ) 仕 事 と 家 庭 の 両 立 に 対 する 評 価 仕 事 と 家 庭 の 両 立 を 図 ることは 企 業 の 業 績 に 対 してプラスであると 考 える 企 業 が 非 常 にそう 思 う そう 思 う を 合 わせて 9 割 近 くと 圧 倒 的 に 多 い 図 表 28 仕 事 と 家 庭 の 両 立 を 図 ることは 企 業 の 業 績 に 対 してプラスである と 考 える 企 業 の 割 合 そう 思 わない 非 常 にそう 思 う そう 思 う どちらともいえない けっしてそう 思 わない (ハ) 企 業 業 績 との 関 係 この 数 年 の 企 業 業 績 の 状 況 との 関 係 をみると 育 児 休 業 に 肯 定 的 な 企 業 と 否 定 的 な 企 業 の 間 では 業 績 に 統 計 的 に 有 意 な 差 はみられなかった 図 表 29 育 児 休 業 に 肯 定 的 な 企 業 と 否 定 的 な 企 業 の 業 績 変 化 ( 企 業 等 調 査 ) 育 児 休 業 に 肯 定 的 (275 社 ) 育 児 休 業 に 否 定 的 (46 社 ) 業 績 悪 化 14 業 績 悪 化 17 業 績 悪 化 なし 86 業 績 悪 化 なし 83 ( 注 ) 育 児 休 業 取 得 に 肯 定 的 な 企 業 とは 育 児 休 業 を 取 得 しても 昇 進 昇 格 等 での 差 はない という 問 に 対 し 非 常 にそう 思 う 又 は そう 思 う と 回 答 した 企 業 を 指 す 15

17 6 我 が 国 への 含 意 (1) 育 児 休 業 を 取 得 しやすい 環 境 づくり (イ) 代 替 要 員 の 確 保 による 休 業 しやすい 職 場 づくり 育 児 休 業 中 の 従 業 員 の 業 務 は 臨 時 契 約 社 員 を 雇 用 し 研 修 引 き 継 ぎ 等 を 十 分 行 うことに よって 対 応 できる スウェーデンで 育 児 休 業 について 肯 定 的 な 考 え 方 をもつ 従 業 員 が 多 いの は それによって 職 場 の 他 の 従 業 員 の 負 担 が 増 えないようにしていることも 一 因 このため 育 児 休 業 代 替 要 員 確 保 等 助 成 金 の 拡 大 活 用 促 進 も 一 案 また 我 が 国 の 時 間 外 賃 金 の 割 増 率 が 低 いことや いわゆるサービス 残 業 の 存 在 が 企 業 に 代 替 要 員 確 保 よりも 現 員 の 残 業 増 による 対 応 を 選 好 させ 結 果 として 育 児 休 業 を 取 得 しにく い 職 場 環 境 をもたらしていないか 更 に 検 証 する 必 要 (ロ) 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 する 対 応 育 児 休 業 中 の 従 業 員 に 対 しては 人 事 評 価 を 行 わず また 復 帰 後 に 成 果 によってはキャッ チアップできる 機 会 を 与 えるようにするなど 人 事 評 価 上 の 対 応 も 必 要 また 育 児 休 業 中 の 従 業 員 が 電 子 メールや 社 内 イントラネットへのアクセス 等 を 通 じて 仕 事 に 関 する 情 報 を 入 手 できるようにするなどの 措 置 により 従 業 員 が 不 安 なく 育 児 休 業 を 取 得 でき る (ハ) 職 場 復 帰 後 の 育 児 と 仕 事 の 両 立 の 見 通 しのたちやすさ 勤 務 時 間 短 縮 制 度 やフレックスタイム テレワーク 等 育 児 と 仕 事 の 両 立 がしやすい 環 境 が 整 っており 育 児 休 業 後 の 働 き 方 について 見 通 しが 立 てやすくなっていることも 育 児 休 業 取 得 を 促 進 する 上 で 重 要 男 女 ともに 長 時 間 労 働 を 是 正 することも 必 要 (2) よく 働 き よく 休 む 休 みやすい 職 場 づくり スウェーデンでは 育 児 休 業 取 得 日 数 が 多 いだけでなく 有 給 休 暇 の 取 得 率 も 高 い 育 児 休 業 取 得 を 促 進 するためには 人 事 管 理 仕 事 の 進 め 方 組 織 のあり 方 等 全 般 につい て 見 直 し 育 児 休 業 に 限 らず 休 暇 をとりやすい 職 場 にすることが 本 筋 これにより よく 働 き よく 休 む 適 切 なワーク ライフ バランスを 実 現 すべき 16

18 ( 参 考 ) スウェーデン 企 業 の 負 担 と 競 争 力 1 スウェーデン 企 業 の 雇 用 者 に 係 る 社 会 保 険 料 等 の 使 用 者 負 担 ( 両 親 保 険 年 金 健 康 保 険 等 )は 日 本 に 比 べ 大 きい ( 参 考 図 表 1)スウェーデン 企 業 の 法 定 負 担 比 率 ( 支 払 い 給 与 に 対 する 比 率 ) スウェーデン() ( 参 考 ) 日 本 () 老 齢 年 金 遺 族 年 金 健 康 保 険 労 災 保 険 両 親 保 険 失 業 その 他 の 労 働 市 場 対 策 費 用 給 与 比 例 分 厚 生 年 金 健 康 保 険 介 護 保 険 雇 用 保 険 合 計 合 計 ( 労 災 保 険 注 を 除 く ) ( 資 料 )スウェーデン: Labor cost in Sweden (スウェーデン 企 業 連 盟 資 料 を 基 に スウェーデン 大 使 館 投 資 部 が 作 成 ) 日 本 : 厚 生 労 働 省 社 会 保 険 庁 のホームページを 基 に 作 成 ( 注 ) 日 本 では 労 災 保 険 料 は 業 種 により 異 なる 2 ただし スウェーデンでは 雇 用 者 の 手 取 り 賃 金 の 水 準 が 低 いので 労 働 費 用 全 体 で みると 日 本 とほぼ 同 じ 水 準 である ( 参 考 図 表 2) 各 国 の 労 働 費 用 の 内 訳 (2004 年 ) ,443ドル 労 働 費 用 ( U S ド ル ) ,111ドル ,543ドル 20,931ドル ,606ドル 36,159ドル 35,103ドル 17,995ドル ,237ドル ,475ドル ,841ドル ,766ドル 73.4 従 業 員 負 担 7,360ドル ,834ドル ,071ドル 28.2 雇 用 者 7,360ドル 17.3 負 担 2,670ドル 7.1 2,820ドル 7.8 8,513ドル ,670ドル 7.1 3,254ドル 9.0 3,616ドル 10.3 所 得 税 55,513ドル 9.4 6,892ドル ,791ドル ,896ドル ,243ドル ,264ドル ,825ドル 5.2 フランス ドイツ 米 国 イギリス 日 本 スウェーデン 手 取 り 賃 金 34,606ドル ( 出 所 )OECD Taxing Wsges より 作 成 17

19 3 また スウェーデンの 法 人 税 負 担 は 日 本 よりも 低 い ( 参 考 図 表 3)スウェーデン 企 業 および 日 本 企 業 の 法 人 税 の 実 効 税 率 () 地 方 政 府 中 央 政 府 日 本 スウェーデン ( 資 料 ) 日 本 ; 財 務 省 国 際 比 較 に 関 する 資 料 スウェーデン:OECD Tax Database より 作 成 ( 注 )スウェーデンでは 地 方 政 府 による 法 人 課 税 はない 4 このため スウェーデンは 国 際 的 にみても 比 較 的 高 い 競 争 力 を 維 持 している ( 参 考 図 表 4) 国 際 競 争 力 の 比 較 順 位 国 名 国 際 競 争 力 11 台 湾 米 国 アイルランド 香 港 オランダ シンガポール スウェーデン アイスランド ノルウェー カナダ ニュージーランド フィンランド オーストリア デンマーク ドイツ スイス チリ オーストラリア 中 国 ルクセンブルグ 日 本 68.7 ( 資 料 )IMD( 経 営 開 発 国 際 研 究 所 )の 国 際 競 争 力 ランキング 2005 年 版 ( 注 ) 米 国 を 100 とした 指 標 18

20 5 特 に スウェーデン 企 業 の 研 究 開 発 投 資 (R&D)の 水 準 は 高 く 高 度 な 技 術 をもつ 高 付 加 価 値 企 業 が 成 長 している ( 参 考 図 表 5)R&Dへの 投 資 水 準 ( 対 GDP 比 ) ( 単 位 :) 全 体 ( 括 弧 内 は 企 業 によるR&D) スウェーデン 4.2 (3.0) フィンランド 3.4 (2.4) 日 本 3.1 (2.2) アイルランド 3.0 (1.5) 韓 国 2.9 (2.1) ( 資 料 )OECD Economic Surveys Sweden スウェーデンの 全 要 素 生 産 性 上 昇 率 をみると 1990 年 代 後 半 に 伸 びが 高 まっている これは 1990 年 代 初 頭 のバブル 崩 壊 金 融 危 機 による 景 気 低 迷 の 後 1990 年 代 後 半 から ICT( 情 報 通 信 技 術 )を 軸 とした 経 済 活 性 化 に 成 功 したことが 背 景 にある ( 参 考 図 表 6) 各 国 のTFP( 全 要 素 生 産 性 ) 上 昇 率 () フ ラ ン ス 年 ア メ リ カ 年 イ ギ リ ス ド イ ツ ス ウ ェ ー デ ン 日 本 ( 出 典 )OECD Productivity database (2004 年 ) ( 注 ) 年 のドイツのデータは 存 在 しない 19

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

2009年度調査国際結果の要約

2009年度調査国際結果の要約 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~ PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー

More information

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画

「次世代育成支援対策推進法」に基づく特定事業主行動計画 第 3 期 あったか 家 族 応 援 プログラム 山 形 市 役 所 次 世 代 育 成 支 援 特 定 事 業 主 行 動 計 画 山 形 市 役 所 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 16 日 山 形 市 Ⅰ はじめに 1 プログラム 策 定 の 背 景 及 び 目 的 我 が 国 における 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

女 性 が 活 躍 する 未 来 に 向 けてスピードアップ! ~ 地 域 をけん 引 する 指 定 都 市 の 提 言 ~ 平 成 26 年 11 月 指 定 都 市 市 長 会 提 言 の 趣 旨 人 口 急 減 超 高 齢 化 への 対 応 が 国 を 挙 げての 喫 緊 の 課 題 となる 中 社 会 の 活 力 を 維 持 していくためには あらゆる 人 が 意 欲 を 持 ち 活 動

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc

Microsoft Word - 平成25年税制要望事項.doc 平 成 25 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 *ゴシック 字 体 の 箇 所 につきましては 追 加 変 更 箇 所 となっております ( 社 ) 三 重 県 法 人 会 連 合 会 1 総 論 我 が 国 の 国 内 経 済 は 高 い 失 業 率 や 下 落 傾 向 にある 物 価 水 準 など 国 民 生 活 を 取 り 巻 く 情 勢 は 厳 しく 雇 用 環 境 の 悪 化 や 円

More information

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 資 料 1-1 年 金 に 関 する 資 料 平 成 23 年 5 月 23 日 厚 生 労 働 省 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度

More information

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464>

<5461726F2D915395B6816989FC90B394BD896694C5816A2E6A7464> 労 働 時 間 等 見 直 しガイドライン ( 労 働 時 間 等 設 定 改 善 指 針 ) 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 108 号 目 次 前 文 1 1 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 に 関 する 基 本 的 考 え 方 2 (1) 労 働 時 間 等 の 設 定 の 改 善 を 図 る 趣 旨 2 (2) 労 働 時 間 の 短 縮 の 推 進 3 (3)

More information

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に

改 案 の 具 体 的 内 容 (ポイント) 新 しい 年 制 度 の 格 所 得 例 年 ( 社 会 保 険 式 ): 職 種 を 問 わず 全 ての が 同 じ 制 度 に 加 し 所 得 が 同 じなら 同 じ 保 険 料 同 じ 給 付 最 低 保 障 年 ( 税 財 源 ): 齢 期 に Ⅲ 年 金 基 本 的 考 え 新 しい 年 制 度 の 創 設 に 向 けて 現 状 の 課 題 現 在 の 公 的 年 制 度 については 制 度 創 設 時 の 前 提 や 社 会 経 済 の 状 況 等 が きく 異 なってきた 結 果 1 国 年 及 び 厚 年 の 加 者 の 変 化 2 年 制 度 が 雇 就 労 や の 選 択 に 影 響 3 低 年 無 年 者 の 存 在 4 年

More information

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D>

<4D F736F F D BD90AC E937890C590A789FC90B D> 平 成 27 年 11 月 5 日 一 般 社 団 法 人 全 国 住 宅 産 業 協 会 会 長 神 山 和 郎 平 成 28 年 度 住 宅 土 地 税 制 改 正 要 望 わが 国 経 済 は 雇 用 所 得 環 境 の 改 善 傾 向 が 続 くなかで 政 府 の 経 済 対 策 等 の 下 支 えもあり 景 気 は 穏 やかな 回 復 基 調 が 続 くことが 期 待 されていますが 消

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

平成14年度

平成14年度 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 一 般 社 団 法 人 愛 媛 県 法 人 会 連 合 会 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 目 的 は 大 きく2つある 1つは 社 会 保 障 の 機 能 強 化 で あり もう1つは 財 政 の 健 全 化 である 一 見 すると 相 反 する 目 的 のようにも 見

More information

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月

3 依 頼 連 凶 器 身 体 危 害 加 方 更 復 様 1 超 範 囲 期 間 警 戒 域 属 危 険 30 8 危 険 警 戒 域 警 戒 域 活 46 3 3 危 険 目 警 戒 域 警 戒 域 活 手 方 面 中 30 9 30 10 4 警 戒 域 在 危 険 1 多 数 供 供 3 月 青 警 組 8 5 4 8 月 3 0 属 長 殿 青 森 警 察 本 長 布 4 53 180 回 本 8 月 1 別 添 1 新 旧 照 文 別 添 布 ろ 概 遺 憾 1 運 留 意 別 途 示 市 民 活 危 険 整 備 1 抗 争 危 険 措 置 1 抗 争 発 抗 争 凶 器 身 体 危 害 加 方 抗 争 更 様 危 害 加 3 月 期 間 警 戒 域 抗 争 抗 争 15 抗 争 警

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働

ロ 経 過 措 置 期 間 中 は ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 変 更 の 届 出 については 労 働 者 派 遣 事 業 を 行 う 事 業 所 の 新 設 の 届 出 を 除 く 事 項 の 変 更 の 届 出 を 行 うことができる ( 旧 ) 特 定 労 働 第 4 ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 1 経 過 措 置 に 関 する 概 要 (1) ( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 に 係 る 経 過 措 置 イ 平 成 27 年 9 月 30 日 から( 旧 ) 一 般 労 働 者 派 遣 事 業 及 び( 旧 ) 特 定 労 働 者 派 遣 事 業 は 廃 止 と なり 労 働 者 派 遣 事

More information

NY-11-0129 Word Proposal Template New

NY-11-0129 Word Proposal Template New 2015 年 度 税 制 改 正 Issue 110, April 2015 In brief 2015 年 3 月 31 日 2015 年 度 税 制 改 正 法 ( 所 得 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 及 び 地 方 税 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ) 及 び 関 連 する 政 省 令 が 公 布 され 法 人 税 については 一 部 の 規 定 を 除

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303131F7DCF2C5D0E5DCF5F0A4D3F8E9A9E5B3> Shinsong Bldg. Rm.902,9Fl. 25-4Yeouido-dong,Yeongdeungpo-gu Seoul,150-010, Korea TEL : +82-2-3215-1300 FAX : +82-2-761-6640 退 職 給 付 制 度 (1) 勤 労 者 退 職 給 付 保 障 法 の 制 定 施 行 韓 国 政 府 は 2005 年 1 月 27 日 付 で 従

More information

スライド 1

スライド 1 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA09) デジタル 読 解 力 調 査 のポイント 調 査 概 要 PISA 調 査 では 将 来 的 に 筆 記 型 調 査 からコンピュータ 使 用 型 調 査 に 移 行 する 予 定 このためPISA09の 国 際 オプションとして デジタル 読 解 力 調 査 (コンピュータ 使 用 型 調 査 )とコンピュータ 利 用 等 に 関

More information

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望

住宅に係る消費税の負担軽減の具体化についての要望 宅 に 係 る 消 費 の 負 担 軽 減 の 具 体 化 についての 要 望 ( 説 明 資 料 ) 社 団 法 人 宅 生 産 団 体 連 合 会 社 会 保 障 の 安 定 財 源 の 確 保 等 を 図 る 制 の 抜 本 改 革 を 行 うための 消 費 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 抜 粋 ( 平 成 24 年 3 月 30 日 閣 議 決 定 ) 第 七 条

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響

子育て世帯に対する手当等と扶養控除縮減の影響 子 育 て 世 帯 に 対 する 手 当 等 と 扶 養 控 除 縮 減 の 影 響 ~ 最 近 の 制 度 改 変 に 伴 う 所 得 別 の 影 響 試 算 ~ 調 査 情 報 担 当 室 鈴 木 克 洋 1.はじめに 子 育 て 世 帯 に 対 する 支 援 ( 子 育 て 支 援 )の 充 実 が 政 策 課 題 の 一 つとなってい る この 子 育 て 支 援 は 次 代 の 社 会 を

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備*

公営住宅法施行令の一部を改正する政令―公営住宅法施行令例規整備* 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 公 営 住 宅 法 施 行 令 例 規 整 備 * 公 営 住 宅 法 施 行 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 例 規 整 備 平 成 22 年 12 月 21 日 登 録 同 年 12 月 28 日 更 新 ( 主 な 変 更 箇 所 はアミカケとしています ) 公 布 年 月 日 番 号 平 成 22 年 12 月

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝

第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 山 崎 破 損 ホ 周 面 沈 車 両 損 故 伴 損 賠 償 余 払 和. 告 告 第 号 処 件 告 和 損 賠 償 栗 側 溝 - 第 号 - 編 広 / 緑 村 引 渡 訓 練 治 稲 刈 城 東 フレ 伊 讃 覧 表... ~ペジ... ペジ... ペジ 陳... ペジ... ~ ペジ 誌... ペジ 編 記... ペジ 否 条 件 慎 正 第 催 件 ~ ~ 第 主 第 第 覧 表 件 番 号 件 名 処 件 告 和 玉 車 接 触 故. 告 損 賠 償 損 賠 償 余 払 第 号 和 告 告 第 号 処 件 告 和

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港

Microsoft PowerPoint - 第14回 香港 第 14 号 (28 年 12 月 11 日 ) 香 港 の 基 本 情 報 香 港 の 総 面 積 は 東 京 都 の 約 半 分 ほどで 九 龍 香 港 島 新 界 周 辺 諸 島 の4つの 区 域 で 構 成 されて います 15 年 程 前 には 不 毛 の 岩 山 と 呼 ばれた 香 港 は 今 や 世 界 で 最 も 自 由 な 経 済 地 域 であり 世 界 屈 指 の 金 融 貿 易

More information

第2回税制調査会 総2-1

第2回税制調査会 総2-1 44 3. 働 き 方 の 選 択 に 対 して 中 立 的 な 税 制 の 構 築 にあたっての 選 択 肢 と 論 点 いずれの 選 択 肢 についても 検 討 すべき 論 点 が 存 在 しており また これら 以 外 の 選 択 肢 もあり 得 ることから 今 後 十 分 な 国 民 的 な 議 論 と 検 討 が 必 要 選 択 肢 A-1 配 偶 者 控 除 の 廃 止 と 子 育 て

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037>

<4D F736F F D2095BD90AC E C590A789FC90B382C98AD682B782E D8F A6D92E894C5817A E31302E3037> 平 成 28 年 度 税 制 改 正 に 関 する 要 望 書 平 成 27 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は じ め に 一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 会 議 所 は 自 動 車 の 生 産 販 売 使 用 の 各 段 階 にわたる 総 合 団 体 として クルマ 社 会 の 健 全 な 発 展 に 貢 献 し 持 続 可 能 な 社 会 の

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

<接待ゴルフも仕事のうち?>

<接待ゴルフも仕事のうち?> 8 月 の 税 務 と 労 務 の 手 続 [ 提 出 先 納 付 先 ] 10 日 源 泉 徴 収 税 額 住 民 税 特 別 徴 収 税 額 の 納 付 [ 郵 便 局 または 銀 行 ] 雇 用 保 険 被 保 険 者 資 格 取 得 届 の 提 出 < 前 月 以 降 に 採 用 した 労 働 者 がいる 場 合 > [ 公 共 職 業 安 定 所 ] 労 働 保 険 一 括 有 期 事 業

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

女性の年金

女性の年金 日 本 年 金 学 会 シンポジウム 2013 年 11 月 9 日 ( 土 ) 働 く 女 性 のライフコースと 年 金 支 給 開 始 年 齢 ~ 働 く 女 性 のライフコースから 考 える 年 金 支 給 開 始 年 齢 ( 株 )TIMコンサルティング 取 締 役 原 佳 奈 子 論 点 提 示 2 働 く 女 性 に 関 する 制 度 関 連 とライフコースへの 影 響 等 ( 沿 革

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

基発第0930001号

基発第0930001号 ( 別 添 1) ( 一 般 労 働 者 用 ; 常 用 有 期 雇 用 型 ) 殿 労 働 条 件 通 知 書 事 業 場 名 称 所 在 地 使 用 者 職 氏 名 年 月 日 契 約 期 間 期 間 の 定 めなし 期 間 の 定 めあり( 年 月 日 ~ 年 月 日 ) 以 下 は 契 約 期 間 について 期 間 の 定 めあり とした 場 合 に 記 入 1 契 約 の 更 新 の 有

More information

Microsoft Word - 1307RF最終版.docx

Microsoft Word - 1307RF最終版.docx http://www.jri.co.jp 税 社 会 保 障 改 革 シリーズ No.12 2013 年 7 月 19 日 No.2013-013 安 倍 政 権 の 女 性 活 躍 支 援 の 評 価 と 課 題 - 男 性 の 育 児 支 援 が 今 後 の 鍵 - 調 査 部 主 任 研 究 員 池 本 美 香 要 点 安 倍 政 権 は 女 性 の 活 躍 を 成 長 戦 略 の 中 核 と

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け

会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真 平 成 23 年 1 月 10 日 受 付 要 旨 ド イ ツ で は 日 本 に お け ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 会 津 大 学 短 期 大 学 部 産 業 情 報 学 科 石 光 真 会 津 大 学 短 期 大 学 部 研 究 年 報 第 68 号 2011 ス ラ イ ド 率 抑 制 装 置 の 次 の 課 題 は 何 か? - ド イ ツ 年 金 改 革 の 諸 論 点 - 石 光 真

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04

Microsoft Word - HR News Letter 2011.04 HR News Letter 2011 年 4 月 号 平 澤 国 際 社 労 士 事 務 所 東 京 都 港 区 芝 大 門 1-3-5 山 田 ビル 3 階 TEL 03-5402-8491 http://www.jp-hrpayroll.com/ ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

More information

「日本における投資信託の現状と課題」

「日本における投資信託の現状と課題」 平 成 27 年 度 証 券 ゼミナール 大 会 第 テーマ B ブロック 日 本 における 投 資 信 託 の 現 状 と 課 題 関 西 大 学 商 学 部 田 村 ゼミナール B( 川 野 班 ) 目 次 はじめに.....2 第 1 章 投 資 信 託 の 概 要... 3 第 1 節 投 資 信 託 とはなにか....3 第 2 節 投 資 信 託 をめぐる 法 制 度... 4 第 3

More information

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z

Microsoft Word - 070711”‚Š¿4’lfiI‚¹”¸−z 人 的 損 失 額 に 関 する 検 討 について 資 料 4 1.これまでの 検 討 経 緯 および 今 回 の 議 論 のポイント (1)これまでの 検 討 経 緯 ( 技 術 指 針 における 記 述 ) 公 共 事 業 評 価 の 費 用 便 益 分 析 に 関 する 技 術 指 針 ( 平 成 16 年 2 月 国 土 交 通 省 )の 事 業 分 野 間 における 評 価 指 標 等 設

More information

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板

Microsoft Word - 8-2疑義照会回答(厚生年金保険 適用)決裁・更新用  修正板 疑 義 照 会 ( ) その 他 3 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 資 格 取 得 日 に 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 に 申 請 日 の 受 理 日 より 以 前 の 日 に 遡 及 することの 可 否 をご 教 示 願 います 保 険 任 意 単 独 被 保 険 者 の 資 格 取 得 日 には 厚 生 年 金 保 険 法 第 10 条 第 1 項

More information

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年

要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超 えて おり 無 年 金 者 を 含 む 低 年 2009 年 5 月 18 日 発 行 増 加 が 見 込 まれる 低 年 金 者 ~ 早 急 な 実 施 が 求 められる 低 年 金 対 策 ~ 要 旨 社 会 保 険 庁 の 調 査 によると 基 礎 年 金 のみの 受 給 者 のうち 年 金 額 が 月 額 5 万 円 未 満 の 男 性 は 100 万 人 女 性 は 400 万 人 いる また 無 年 金 者 も 100 万 人 を 超

More information

第2部-6.indd

第2部-6.indd 第 6 章 金 融 保 険 業 第 6 章 金 融 保 険 業 1 金 融 保 険 業 の 概 況 (1) 再 編 が 進 む 金 融 保 険 業 金 融 保 険 業 は 金 融 取 引 の 規 制 緩 和 を 背 景 に 銀 行 業 や 証 券 業 保 険 業 等 の 業 態 の 垣 根 を 越 えて 収 益 力 の 高 い 金 融 コングロマリット( 複 合 企 業 )を 目 指 す 時 代 に

More information

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金

平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 <> 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 <p.3> 金 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 項 目 平 成 28 年 8 月 金 融 庁 平 成 29 年 度 税 制 改 正 要 望 における 主 な 要 望 項 目 内 はページ 番 号 1. 活 力 ある 資 本 市 場 と 家 計 の 安 定 的 な 資 産 形 成 の 実 現 少 額 からの 積 立 分 散 投 資 の 促 進 のためのNISAの 改 善 金 融 所 得

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税

速 報 税 率 30% 28.05% 25.5% 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 2 法 人 税 及 び 復 興 特 別 法 人 税 の 税 率 の 推 移 中 小 法 人 以 外 の 普 通 法 人 に 対 する 税 速 報 1. 改 正 の 概 要 平 成 26 年 度 税 制 改 正 解 説 法 人 税 ~ 復 興 特 別 法 人 税 の 前 倒 し 廃 止 1 復 興 特 別 法 人 税 の 課 される 期 間 が1 年 前 倒 しで 廃 止 とされます 法 人 が 受 け 取 る 利 子 及 び 配 当 等 に 課 される 復 興 特 別 所 得 税 の 額 は 所 得 税 と 合 せて 法 人 税 の

More information

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生

ョン 会 場 には 予 想 を 上 まわる 約 500 名 の 参 加 者 があった このことから 長 期 休 暇 や 労 働 時 間 働 き 方 などに 関 する 労 働 者 や 企 の 関 心 が 高 まってきていることを 実 感 した 本 稿 では 企 にとって 労 働 者 の 仕 事 と 生 職 人 生 と 労 働 時 間 をめぐる 諸 課 題 はじめに 井 戸 和 男 いわゆるバブル 経 済 が 崩 壊 し 極 めて 厳 しいグローバルな 競 争 下 において 企 は 生 き 残 りをかけて リ ストラクチャリングを 行 ってきた その 主 な 方 法 の 一 つが 人 件 費 の 抜 本 的 削 減 であった これまで 日 本 型 経 営 といわれた 経 営 のあり 方 を 根 本

More information

教育費負担に影響を及ぼす諸要因―JGSS-2002データによる分析―

教育費負担に影響を及ぼす諸要因―JGSS-2002データによる分析― 日 本 版 General Social Surveys 研 究 論 文 集 [5] JGSS で 見 た 日 本 人 の 意 識 と 行 動 JGSS Research Series No.2 The Factors Affecting Expenditure on Education Results of Japanese General Social Surveys (JGSS-2002) Mondo

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

債務整理事件処理の規律を定める規程

債務整理事件処理の規律を定める規程 多 量 状 況 部 切 勧 誘 並 批 鑑 臨 措 置 勧 誘 遵 守 化 信 確 擁 図 義 語 義 ろ 融 個 総 住 宅 建 設 若 購 住 宅 供 土 地 借 地 得 住 宅 良 貸 分 証 証 償 抵 住 宅 設 総 千 万 円 工 鉱 運 送 種 商 サ ビ ス 属 営 常 従 ロ 商 サ ビ ス 属 営 常 従 渉 昭 百 率 点 ぼ 尽 破 再 調 停 類 随 調 停 率 支 価 質

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と

もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関 与 先 割 付 手 順 5 4-1. 翌 機 繰 越 と 達 人 シ ス テ ム 所 得 税 の 達 人 平 成 26 年 版 東 京 地 方 税 理 士 会 デ ー タ 通 信 協 同 組 合 2015/1/30 もくじ 1. 概 要 1 2. 作 成 で き る 帳 票 ( 付 は 新 帳 票 ) 2 3. 所 得 税 の 達 人 の 起 動 方 法 4 3-1. 最 新 年 度 版 の 起 動 4 3-2. 過 年 度 版 の 起 動 4 4. 関

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

Microsoft PowerPoint - 10月15日参考資料

Microsoft PowerPoint - 10月15日参考資料 仕 事 と 育 児 の 両 立 1 資 料 6 目 次 現 状 女 性 雇 用 者 数 と 女 性 の 年 齢 階 級 別 就 業 率 4 第 1 子 出 生 年 別 にみた 第 1 子 出 産 前 後 の 妻 の 就 業 変 化 5 育 児 休 業 取 得 率 の 推 移 6 第 一 子 出 産 前 後 の 妻 の 継 続 就 業 率 育 児 休 業 利 用 状 況 7 女 性 の 継 続 就 業

More information

平 成 22 年 度 女 性 雇 用 環 境 調 査 結 果 報 告 書 長 野 県 商 工 労 働 部 目 次 第 1 調 査 の 概 要... 2 第 2 調 査 結 果 の 概 要... 6 1 事 業 所 調 査... 6 (1) 回 答 事 業 所 の 属 性... 6 (2) 雇 用 管 理 について... 7 ア 新 規 学 卒 者 及 び 中 途 採 用 者 の 採 用 状 況...

More information

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保

2/11 報 告 における 社 会 保 障 は 均 一 の 保 険 料 と 均 一 の 給 付 額 を 定 めた 均 一 の 原 則 が 設 定 されたが,1950 年 代 から 1970 年 代 にかけた 社 会 保 障 制 度 の 展 開 (1959 年 の 国 民 保 険 法 改 正 < 保 1/11 第 19 回 社 会 福 祉 士 第 9 回 精 神 保 健 福 祉 士 共 通 科 目 国 家 試 験 問 題 解 説 ( ) =2 社 会 保 障 論 = ( 問 題 11~ 問 題 20) (2007 年 5 月 3 日 ホームページ 掲 載 ) 社 会 保 障 論 問 題 11 社 会 保 障 の 歴 史 に 関 する 次 の 記 述 のうち, 誤 っているものを 一 つ 選 びなさい

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別

厚 生 年 金 は 退 職 後 の 所 得 保 障 を 行 う 制 度 であり 制 度 発 足 時 は 在 職 中 は 年 金 を 支 給 しないこととされていた しかしながら 高 齢 者 は 低 賃 金 の 場 合 が 多 いと いう 実 態 に 鑑 み 在 職 者 にも 支 給 される 特 別 第 9 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 部 会 平 成 2 0 年 6 月 1 9 日 資 料 1-8 高 齢 者 雇 用 と 整 合 的 な 仕 組 み( 在 職 老 齢 年 金 等 )について 現 行 制 度 の 仕 組 み 趣 旨 在 職 老 齢 年 金 制 度 厚 生 年 金 の 適 用 事 業 所 に 勤 務 する70 歳 未 満 の 者 は 被 保 険 者 として 適 用 され

More information

様式Z-6_Z-7作成上の注意

様式Z-6_Z-7作成上の注意 様 式 Z-6 Z-7 作 成 上 の 注 意 < 対 応 事 業 > 基 盤 研 究 (B) 若 手 研 究 (A) 平 成 24 年 度 以 降 採 択 のみ ( 直 接 経 費 の 配 分 総 額 が500 万 円 以 下 の 研 究 課 題 を 除 く ) 科 研 費 は 国 民 から 徴 収 された 税 金 等 でまかなわれるものであり 研 究 者 は その 成 果 を 社 会 国 民 にで

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203493FA96618CFA90B6944E8BE08AEE8BE02089F08E5582CC8B4C985E208FAC899681409590> 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 解 散 の 記 録 岡 山 県 元 ゼンセン 同 盟 正 織 労 組 組 合 長 小 塩 武 日 本 紡 績 業 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 日 紡 基 金 という)を 厚 生 省 は 平 成 6 年 11 月 16 日 付 で 解 散 を 認 可 する 日 紡 基 金 の 解 散 は 19 番 目 業 種 別 では 日 紡 基 金 を 含 めて

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免

申 請 免 除 申 請 免 除 ( 学 生 以 外 ) 学 生 納 付 特 例 制 度 若 年 者 納 付 猶 予 制 度 法 定 免 除 世 帯 構 成 図 表 1 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 の 種 類 と 所 得 基 準 本 人 世 帯 主 配 偶 者 の 所 得 に 応 じて 免 みずほインサイト 政 策 2014 年 3 月 6 日 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 が 増 加 懸 念 される 将 来 の 低 年 金 者 の 増 加 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 国 民 年 金 保 険 料 の 免 除 者 の 増 加 が 続 いており 2012

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204E6F2E3035938A8D658140834F838D815B834A838B82C88E8B935F82A982E78D6C82A682E92E646F63> 21 世 紀 の 日 本 のかたち(5) --- グローカルな 視 点 から 考 える -- 戸 沼 幸 市 ( 財 団 法 人 日 本 開 発 構 想 研 究 所 理 事 長 ) 1.グローカル 社 会 日 本 の 現 代 社 会 はさまざまな 場 面 でグローバル ( 世 界 地 球 大 )な 要 素 とローカル( 日 本 地 域 的 )な 要 素 がダイナミックに 混 合 して 現 れていま

More information

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと

1. 相 続 税 贈 与 税 コメント/ 重 要 度 (3 段 階 ) (1) 相 続 税 基 礎 控 除 の 引 下 げ 相 続 税 の 基 礎 控 除 が 以 下 のように 引 き 下 げられる 増 税 平 成 23 年 度 税 制 改 正 で 予 定 されてい た 項 目 ですが 先 送 りと Tax news letter www.kotaka-tax.com tax.com 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 の 主 な 改 正 点 に 平 成 25 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されました 本 ニュースレターでは 特 に 個 人 富 裕 層 中 小 企 業 オーナー 並 びに 中 小 企 業 に 関 する 主 な 改 正 点 についてご 紹 介 いたします

More information

Ⅰ調査の概要160530

Ⅰ調査の概要160530 改 訂 第 2 次 うらやす 男 女 共 同 参 画 プラン 策 定 に 伴 う 調 査 報 告 書 ( 市 民 意 識 調 査 グループインタビュー 調 査 ) 2016( 平 成 28) 年 3 月 浦 安 市 第 1 編 市 民 意 識 調 査 目 次 Ⅰ 調 査 概 要 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 方 法 と 回 収 状 況... 1 3. 調 査 項 目... 2 4.

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

untitled

untitled 平 成 22 年 (2010 年 )3 月 1 日 NO.2010-09 韓 国 経 済 プレゼンス 拡 大 の 背 景 韓 国 は グローバル 金 融 危 機 後 世 界 的 にみて 比 較 的 早 い 段 階 で 景 気 が 持 ち 直 した ほか 家 電 や 自 動 車 といった 主 力 製 品 の 世 界 市 場 でのシェア 拡 大 など 躍 進 が 目 立 っ ている 以 下 では 最 近

More information

厚生労働省

厚生労働省 わが 国 の 自 治 体 立 病 院 の 主 流 は 地 方 公 営 企 業 法 の 財 務 規 定 のみが 適 用 される 一 部 適 用 と なるが 近 年 はこれを 全 部 適 用 とし 企 業 管 理 者 を 設 置 することにより 人 事 労 務 等 をも 委 ねる 手 法 を 採 用 する 事 例 が 段 階 的 に 増 えつつある 下 記 図 1.15 は 経 営 のあり 方 の 差

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~

地震防災対策の現状と課題~住宅の耐震化と地震保険~ 第 119 回 NRIメディアフォーラム 地 震 防 災 対 策 の 現 状 と 課 題 ~ 住 宅 の 耐 震 化 と 地 震 保 険 ~ 2009 年 11 月 13 日 株 式 会 社 野 村 総 合 研 究 所 社 会 システムコンサルティング 部 上 級 コンサルタント 主 任 コンサルタント 浅 野 憲 周 野 崎 洋 之 100-0005 東 京 都 千 代 田 区 丸 の 内 1-6-5

More information

59501-59800 育児休業給付【25.12】

59501-59800 育児休業給付【25.12】 業 務 取 扱 要 領 59501-59800 雇 用 継 続 給 付 関 係 ( 育 児 休 業 給 付 ) 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 雇 用 保 険 課 目 次 59501- 第 1 制 度 の 概 要 等 1 59520 59501-1 制 度 の 概 要 1 59510 59501 (1) 育 児 休 業 給 付 の 受 給 資 格 1 59502 (2) 給 付 の 種 類

More information

Taro-H19退職金(修正版).jtd

Taro-H19退職金(修正版).jtd 調 査 結 果 の 概 要 1 退 職 金 制 度 (1) 採 用 状 況 ( 表 1) 集 計 第 1 表 第 2 表 退 職 金 制 度 の 採 用 状 況 をみると 退 職 一 時 金 制 度 のみ 14 社 ( 退 職 金 制 度 採 用 企 業 246 社 の5.7 %) 退 職 年 金 制 度 のみ 27 社 ( 同 11.0%) 退 職 一 時 金 制 度 と 退 職 年 金 制 度

More information

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日

広角視点: 名目マイナス金利のプラス効果; ホセ・ビニャルス、 サイモン・グレイ、 ケリー・エコールド; 2016年4月10日 広 角 視 点 : 名 目 マイナス 金 利 のプラス 効 果 ホセ ビニャルス サイモン グレイ ケリー エコールド 2016 年 4 月 10 日 成 長 見 通 しとインフレ 率 への 重 大 なリスクが 認 識 される 中 で IMF は 一 部 の 中 央 銀 行 が 実 施 した マイナス 政 策 金 利 を 支 持 しています このような 大 胆 な 政 策 は 過 去 に 例 がなく

More information

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激

アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義 ( 赤 字 財 政 と 公 共 事 業 ) 失 敗 と 遺 産 ( 国 債 発 行 残 高 の 激 アベノミクスと 雇 用 改 革 竹 田 茂 夫 法 政 大 学 経 済 学 部 2013 11.16 アベノミクス 雇 用 改 革 背 景 政 策 理 念 背 景 労 働 法 制 をめぐる 対 立 1 アベノミクス: 背 景 90 年 代 バブル 崩 壊 と 日 本 経 済 の 構 造 転 換 経 済 成 熟 化 少 子 高 齢 化 長 期 停 滞 デフレ 最 後 の 日 本 型 ケインズ 主 義

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手

成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 参 考 資 料 1 ( 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 ) 成 長 志 向 の 法 人 税 改 革 : 法 人 実 効 税 率 20% 台 の 実 現 ( 与 党 税 制 改 正 大 綱 (27 年 12 月 16 日 ))( 抄 ) 課 税 ベースを 拡 大 しつつ 税 率 を 引 き 下 げる という 考 え 方 の 下 平 成 27 年 度 に 着 手 した 成 長 志 向 の 法 人

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

会議顛末書

会議顛末書 件 名 第 6 次 総 合 計 画 策 定 に 関 す る 第 1 回 市 民 懇 談 会 ( 長 山 中 学 校 区 ) 年 月 日 平 成 2 2 年 1 1 月 2 1 日 ( 日 ) 時 間 午 後 1 時 0 0 分 ~2 時 4 5 分 場 所 松 葉 地 区 公 民 館 市 民 3 8 名 ( 男 性 3 2 名 女 性 6 名 ) 出 席 者 川 村 企 画 財 務 部 長 企 画

More information

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF

平成27年度企業年金税制改正に関する要望.PDF 平 成 27 年 度 企 業 年 金 税 制 改 正 に 関 する 要 望 平 成 26 年 8 月 8 日 企 業 年 金 連 合 会 少 子 高 齢 化 の 進 展 を 背 景 に 公 的 年 金 がスリム 化 していく 中 で 高 齢 期 における 所 得 保 障 としての 企 業 年 金 には 公 的 年 金 を 補 完 する 重 要 な 役 割 が 求 められている 企 業 年 金 連 合

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ

この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこ 第 章 調 査 票 - - この 調 査 票 は 原 則 として 埼 玉 県 内 の 事 業 所 について 記 入 してください 設 問 には 原 則 として 平 成 年 月 日 現 在 の 状 況 について 回 答 してください 記 入 に 当 たっては 別 紙 記 入 上 の 注 意 を 御 参 照 ください 回 答 はこの 調 査 票 に 直 接 記 入 してください 選 択 肢 で その 他

More information

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源

2 2.グループ 法 人 税 制 (とは?) 100%グループ 法 人 その 他 100% 未 満 備 考 H26.01.01 H22.08.07 ( 事 業 部 門 分 社 化 子 会 社 化 ) 経 営 責 任 の 明 確 化 迅 速 な 経 営 判 断 戦 略 立 案 効 率 的 な 資 源 1 第 4 回 グループ 法 人 の 税 務 と 会 計 ( 完 全 支 配 関 係 と 課 税 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 1 月 20 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 企 業 会 計 基 準 税 法 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 日 本 公 認 会 計 士 協 会 全 国 研 修 会 グループ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2042817C362E372082BB82CC82528140816992869266814190A79378934991A496CA816A2E646F63> B-6.7 中 断 の 実 技 その3( 中 断 を 支 える 制 度 的 側 面 ) 1. 収 用 課 税 の 特 例 の 適 用 このシリーズ B-6.3( 中 断 移 転 のシステム)において 述 べたとおり 補 償 と 税 務 は 中 断 でなくても 面 倒 ですが これが 中 断 となると 更 に 複 雑 で 通 常 の 仕 切 りでは 本 質 から 外 れてしまう 部 分 がでてきます

More information

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意

2 券 レビュ 第 55 巻 第 7 何 結 局 遅 案 消 費 給 額 控 除 野 導 目 討 始 経 緯 正 平 四 常 案 残 念 常 主 党 内 部 議 論 案 審 議 消 費 同 様 党 明 党 主 党 水 下 議 論 内 々 意 内 々 各 党 正 式 決 各 部 部 長 任 レ ベ 意 1 概 最 新 動 向 向 井 治 紀 じ 御 紹 介 向 井 ざ 私 財 省 身 ぼ 五 前 主 党 権 時 代 担 ウ 以 担 財 省 超 ロ グ 有 名 ぜ 府 I T 総 戦 略 主 党 権 時 代 討 始 菅 総 非 常 御 熱 心 時 古 川 内 閣 官 房 副 長 官 呼 五 前 担 内 閣 官 房 主 党 権 消 費 引 げ 推 進 元 化 図 加 消 費 引 げ 時 低 策 給 額

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information