答申第630号

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "答申第630号"

Transcription

1 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づき 異 議 申 立 人 が 行 った 東 京 都 収 用 委 員 会 の 収 用 裁 決 及 び 明 渡 裁 決 申 立 事 件 ( 同 庁 平 成 22 年 第 号 同 第 号 の2)の 裁 決 ( 平 成 23 年 月 日 付 )において 行 われた 鑑 定 の 内 容 を 記 載 した 書 面 のうち (1) 工 作 物 補 償 のうち ( 物 件 番 号 47) ( 同 48) ( 同 49) ( 同 50)の 移 転 工 法 及 び 補 償 耐 用 年 数 補 償 額 に 関 する 部 分 ( 見 積 書 含 む) (2) 営 業 休 止 補 償 に 関 する 部 分 ただし ( 会 社 名 )から 提 出 された 書 類 は 除 く の 開 示 請 求 に 対 し 東 京 都 収 用 委 員 会 が 平 成 24 年 3 月 28 日 付 けで 行 った 一 部 開 示 決 定 について その 取 消 しを 求 め るというものである (2) 異 議 申 立 ての 理 由 異 議 申 立 書 における 異 議 申 立 人 の 主 張 を 要 約 すると 以 下 のとおりである 平 成 24 年 3 月 28 日 付 けの 公 文 書 一 部 開 示 決 定 処 分 のうち 非 開 示 とした 部 分 を 取 り 消 すとの 決 定 を 求 める ア 氏 名 原 決 定 は 株 式 会 社 の 取 締 役 補 償 業 務 管 理 士 及 び 弁 護 士 の 氏 名 を 条 例 7 条 2 号 に 該 当 するとして 不 開 示 としたが その 判 断 は 誤 りである - 1 -

2 第 一 に 鑑 定 人 である 株 式 会 社 の 取 締 役 及 び 補 償 業 務 管 理 士 は 東 京 都 収 用 委 員 会 ( 以 下 収 用 委 員 会 という )に 鑑 定 を 命 じられて 鑑 定 人 となり その 職 務 に 基 づき 鑑 定 評 価 書 を 作 成 した 者 であるから その 氏 名 は 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 に 該 当 する 一 方 弁 護 士 ( 地 権 者 ( 異 議 申 立 人 ) 代 理 人 )は 異 議 申 立 人 の 依 頼 を 受 け 専 門 家 の 立 場 に 基 づき 異 議 申 立 人 の 代 理 人 として 裁 決 申 請 事 件 に 対 応 している 者 で あり その 氏 名 は 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 に 該 当 する 第 二 に 本 鑑 定 は 土 地 収 用 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 219 号 以 下 法 という )65 条 1 項 2 号 に 基 づく 処 分 として 収 用 委 員 会 が 専 門 家 である 鑑 定 人 に 命 じて 行 わせ たものであるから 鑑 定 人 としての 立 場 知 識 に 基 づき 鑑 定 評 価 書 ないし 図 面 を 作 成 した 者 ( 補 償 業 務 管 理 士 及 び 鑑 定 報 告 書 作 成 者 の 取 締 役 )は 鑑 定 人 としての 職 責 があり その 職 責 を 明 確 にする 必 要 上 氏 名 等 を 公 にする 義 務 がある 地 権 者 代 理 人 である 弁 護 士 も 専 門 家 である 弁 護 士 の 職 責 に 基 づき 地 権 者 代 理 人 の 職 務 に 従 事 している 者 であるから その 職 責 を 明 確 にする 義 務 がある したがって 当 該 氏 名 は 条 例 7 条 2 号 の 個 人 情 報 には 該 当 せず 同 号 ただし 書 イに 該 当 する 第 三 に 本 鑑 定 評 価 書 及 び 添 付 書 類 は 地 権 者 ( 異 議 申 立 人 )が 収 用 される 財 産 の 価 値 を 評 価 するものであり その 評 価 に 誤 りがあれば 地 権 者 の 財 産 権 の 侵 害 を 招 くおそれがある 性 質 のものである そうである 以 上 その 責 任 主 体 である 作 成 者 の 氏 名 は その 職 責 を 明 らかにし 正 当 な 批 判 を 可 能 とするため 公 にすることが 必 要 である よって 当 該 氏 名 は 条 例 7 条 2 号 ただし 書 ロに 該 当 する 以 上 の 理 由 により 当 該 氏 名 に 関 する 情 報 は 条 例 7 条 2 号 に 該 当 せず 該 当 し たとしても 条 例 の 規 定 する 例 外 規 定 に 該 当 するため 不 開 示 とする 理 由 はない イ 工 作 物 の 仕 様 に 関 する 情 報 原 決 定 は 請 求 に 係 る 工 作 物 の 仕 様 に 係 る 事 項 につき 条 例 7 条 3 号 に 該 当 するとして 不 開 示 としたが その 判 断 は 誤 りである 工 作 物 の 内 容 に 関 する 資 料 については 工 作 物 の 内 容 を 示 した 図 面 等 が 物 件 調 書 に 記 載 ないし 添 付 されており 物 件 調 書 は 公 告 縦 覧 され 一 般 に 公 開 されているこ とから 本 情 報 公 開 手 続 において 不 開 示 としても 何 ら 意 味 はない - 2 -

3 鑑 定 評 価 書 5 枚 目 には 物 件 調 書 との 相 違 点 がある 旨 記 載 されているが 鑑 定 評 価 に 基 づき 補 償 を 受 ける 立 場 にいる 異 議 申 立 人 が 鑑 定 人 がどの 点 において 物 件 調 書 と 異 なると 認 定 したのかを 明 らかにされる 必 要 性 は 高 い 一 方 で 物 件 調 書 が 公 告 縦 覧 されている 以 上 相 違 部 分 のみ 不 開 示 とされても 異 議 申 立 人 の 事 業 運 営 上 の 地 位 等 が 損 なわれるとは 想 定 しがたい 鑑 定 評 価 書 7 枚 目 の ( 物 件 番 号 49)の 説 明 は 機 械 に 関 する 一 般 的 な 説 明 と 推 認 されるところ そのような 一 般 的 な 説 明 を 開 示 しても 異 議 申 立 人 に 不 利 益 が 生 じるとは 考 えがたい 鑑 定 評 価 書 39 枚 目 ないし41 枚 目 の 計 算 書 は 工 作 物 の 工 数 台 数 売 却 価 格 につ いて 鑑 定 人 が 行 った 計 算 の 手 順 及 びその 結 果 が 記 載 されていると 思 われるが これ は 鑑 定 事 項 に 関 する 鑑 定 人 の 見 解 を 示 したものであり その 結 果 を 開 示 する 必 要 性 は 高 い その 一 方 で この 計 算 は 概 ね 公 告 縦 覧 で 公 開 されている 事 項 に 補 償 基 準 等 の 基 準 を 適 用 して 計 算 したものと 推 測 されるから 本 手 続 で 公 開 したとしても 異 議 申 立 人 に 不 利 益 が 生 じるとは 考 えにくい ウ 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 に 算 定 を 要 する 事 項 原 決 定 は 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 に 算 定 を 要 する 事 項 につき 条 例 7 条 3 号 に 該 当 するとして 不 開 示 としたが その 判 断 は 誤 りである 鑑 定 評 価 書 の 作 成 者 が 工 作 物 補 償 額 等 及 び 営 業 休 止 補 償 のそれぞれの 各 項 目 に おける 補 償 額 をどのような 手 順 で 算 定 し どのような 結 論 を 出 したのかは 内 訳 も 含 め 地 権 者 ( 異 議 申 立 人 )が 補 償 について 正 当 な 評 価 がされているかを 判 断 する にあたって 必 要 不 可 欠 な 情 報 である 特 に 移 転 に 要 する 期 間 営 業 休 止 に 要 する 期 間 工 作 物 の 減 価 償 却 に 関 する 情 報 再 築 補 償 率 経 過 年 数 耐 用 年 数 及 び 工 事 費 等 の 算 定 に 要 する 仕 様 等 は 補 償 の 算 定 において 異 議 申 立 人 が 公 開 審 理 等 において 起 業 者 と 意 見 が 厳 しく 対 立 した 箇 所 であり 裁 決 の 正 当 性 を 評 価 するためには これらの 点 を 開 示 する 必 要 性 は 極 めて 高 い 原 決 定 は 特 定 の 法 人 の 財 産 の 状 況 を 推 測 させ 競 争 上 の 地 位 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 が 損 なわれると 認 められる とする ここでいう 特 定 の 法 人 とは 異 議 申 立 人 を 示 すと 思 われるが これらの 情 報 は - 3 -

4 工 作 物 の 移 転 という 一 時 的 な 費 用 であり 経 常 的 に 負 担 する 経 費 ではないから 第 三 者 が 知 ったとしても 異 議 申 立 人 の 事 業 運 営 等 に 特 段 の 不 利 益 をもたらすものでは なく 競 争 相 手 に 知 られて 不 都 合 を 被 る 性 質 のものではない 特 に 休 止 期 間 は 鑑 定 人 の 認 定 であって 実 際 の 移 転 期 間 ではないから 異 議 申 立 人 の 財 産 状 況 を 推 測 されるものとはいえず 実 態 的 耐 用 年 数 も 耐 用 年 数 に 関 す る 鑑 定 人 の 見 解 であり 異 議 申 立 人 の 財 産 状 況 を 推 測 されるものとはいえない また 工 事 期 間 工 事 設 置 許 可 申 請 期 間 工 場 製 作 期 間 各 日 数 及 び 移 転 工 期 工 程 表 は いずれも 工 事 等 を 行 うのに 必 要 な 期 間 に 関 する 一 般 的 な 目 安 と 思 われるか ら 開 示 したとしても 異 議 申 立 人 に 不 利 益 を 及 ぼすとは 考 えづらい 明 細 書 の 記 載 事 項 のうち 仕 様 や 数 量 など 工 作 物 に 関 する 情 報 は 公 告 縦 覧 で 概 ね 公 開 されており 本 手 続 で 公 開 されても 異 議 申 立 人 の 事 業 運 営 等 に 支 障 が 生 じる とはいえない 単 価 は 公 の 補 償 基 準 で 示 されている 数 値 が 記 載 されていると 考 えら れるから 非 公 開 とする 理 由 はなく 金 額 についても その 額 で 工 事 契 約 が 成 立 した わけではないから 公 開 しても 異 議 申 立 人 の 財 産 状 況 を 推 知 させるとはいえない 鑑 定 評 価 書 52 枚 目 ないし54 枚 目 の 内 訳 書 の 記 載 事 項 は 既 に 物 件 調 書 に 記 載 され 公 告 縦 覧 の 対 象 となっているものと 推 測 され 本 手 続 で 公 開 されても 異 議 申 立 人 に 不 利 益 とはならない 鑑 定 評 価 書 71 枚 目 ないし72 枚 目 の 図 面 は 機 械 の 一 般 的 な 説 明 と 推 測 され 不 開 示 とする 理 由 はない 一 方 機 械 設 備 調 査 算 定 要 領 の 別 表 -2 共 通 仮 設 率 表 別 表 -3 諸 経 費 率 表 別 表 -4 再 築 補 償 率 ( 現 価 率 ) 計 算 書 は 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 が 作 成 し た 損 失 補 償 算 定 基 準 書 に 掲 載 されているものであり 公 に 使 用 されている 補 償 基 準 であるから これを 不 開 示 とする 理 由 はない 公 に 用 いられているという 点 で は 電 気 料 金 の 基 準 廃 材 運 搬 費 及 び 処 分 費 手 数 料 工 場 認 可 手 数 料 許 認 可 手 数 料 商 業 登 記 に 要 する 費 用 行 政 書 士 標 準 報 酬 額 及 び 水 道 料 金 も 同 様 であり 不 開 示 とする 理 由 はなく これらを 開 示 することで 異 議 申 立 人 など 特 定 の 法 人 が 不 利 益 を 被 ることは 想 定 しえない なお 鑑 定 評 価 書 6 枚 目 の 下 から7 行 目 以 下 の 記 載 も 公 の 補 償 基 準 に 基 づく 説 明 と 推 測 されるため 上 記 と 同 様 の 理 由 で 不 開 示 とするべきではない よって 当 該 情 報 は 条 例 7 条 3 号 には 該 当 せず 不 開 示 とした 原 決 定 は 誤 りで - 4 -

5 ある エ 補 償 額 の 算 定 のために 徴 した 見 積 書 に 記 載 された 事 項 及 び 見 積 書 原 決 定 は 補 償 額 の 算 定 のために 徴 した 見 積 書 に 記 載 された 事 項 及 び 見 積 書 について 条 例 7 条 3 号 に 該 当 するとして 不 開 示 としたが その 判 断 は 誤 りで ある 見 積 書 は 作 成 者 がその 業 務 の 必 要 に 応 じ 公 表 されることを 想 定 して 作 成 する 性 質 の 書 類 であり それを 公 開 することで 見 積 書 の 作 成 者 が 不 利 益 を 被 ることは 考 えられない 特 に 本 件 においては 鑑 定 人 がメーカーに 対 して 異 議 申 立 人 が 所 有 する 機 械 と 同 等 の 仕 様 を 示 し 見 積 りを 依 頼 したのであって 実 際 の 取 引 に 必 要 な 受 渡 場 所 ( 設 置 場 所 )や 受 渡 期 限 支 払 条 件 などの 見 積 条 件 を 異 議 申 立 人 と 協 議 し 合 意 した 上 で 作 成 した 見 積 りではない つまり 社 会 通 念 上 これらは 公 表 価 格 に 相 当 するも のである 公 表 価 格 は 鑑 定 人 に 限 らず 一 般 人 が 同 様 の 仕 様 でメーカーに 見 積 り を 依 頼 すれば 示 される 価 格 であるから 開 示 を 行 っても 見 積 りを 行 った 業 者 に 支 障 が 生 じることはなく 競 争 上 ないし 事 業 運 営 上 の 支 障 が 生 じることもない また 見 積 書 の 上 記 の 性 質 に 鑑 みれば 見 積 金 額 以 外 の 仕 様 単 価 業 者 名 に 関 する 情 報 についても 競 争 上 ないし 事 業 運 営 上 の 支 障 が 生 じることはない 鑑 定 評 価 書 99 枚 目 の 当 該 物 件 の 機 械 設 備 見 積 について は 機 械 の 見 積 りに 関 する 一 般 的 な 説 明 を 受 けて 鑑 定 人 の 見 解 を 示 したものと 思 われ 不 開 示 とする 理 由 はなく 鑑 定 評 価 書 100 枚 目 の 検 証 の 内 容 と 結 果 について 及 び101 枚 目 の 見 積 書 比 較 表 についても 鑑 定 人 が 各 業 者 の 見 積 りを 比 較 してどの 見 積 りを 採 用 する かを 示 したもので 鑑 定 事 項 に 対 する 鑑 定 人 の 見 解 を 示 したものであるから 不 開 示 とする 理 由 はない その 一 方 で 補 償 を 受 ける 立 場 にいる 異 議 申 立 人 が 補 償 が 適 正 か 否 かを 判 断 す るためには 補 償 額 の 算 定 根 拠 となる 見 積 書 の 記 載 事 項 や 鑑 定 人 がどの 業 者 の 見 積 りを 採 用 して 補 償 額 を 算 定 したのかといった 鑑 定 人 の 見 解 などの 開 示 を 受 ける 必 要 性 は 極 めて 高 い 加 えて 見 積 書 は メーカーがその 業 務 の 一 環 として 依 頼 を 受 けた 業 務 に 必 要 な 費 用 等 を 顧 客 等 に 示 す 書 類 であり 見 積 書 を 受 け 取 った 顧 客 は 見 積 書 記 載 の 費 用 等 で 依 頼 した 業 務 がなされると 信 頼 することが 予 定 されており 見 - 5 -

6 積 書 の 作 成 者 が 見 積 書 の 記 載 内 容 を 理 由 なく 覆 せば 法 的 責 任 を 負 うこともありうる つまり 見 積 書 を 作 成 したメーカーは 見 積 書 作 成 に 伴 う 責 任 を 負 う 立 場 になる 特 に 法 に 基 づく 鑑 定 において 作 成 を 依 頼 された 見 積 書 は 公 開 され それが 適 正 かどう かを 異 議 申 立 人 らが 検 討 できる 状 態 に 置 かれることが 予 定 されているというべきで あり メーカーが 競 争 上 ないし 事 業 運 営 上 の 支 障 を 理 由 にその 責 任 を 免 れることは 許 されない よって 当 該 情 報 は 条 例 7 条 3 号 には 該 当 せず 不 開 示 とした 原 決 定 は 誤 りで ある 3 異 議 申 立 書 に 対 する 実 施 機 関 の 説 明 要 旨 理 由 説 明 書 及 び 口 頭 による 説 明 における 実 施 機 関 の 主 張 を 要 約 すると 以 下 のとおり である 異 議 申 立 人 による 平 成 24 年 5 月 23 日 付 け 異 議 申 立 ては 下 記 のとおり 理 由 がなく 非 開 示 部 分 は 条 例 7 条 各 号 にそれぞれ 該 当 するものであるから 原 決 定 のとおり 非 開 示 と することが 相 当 であり 異 議 申 立 人 の 主 張 は 認 められない (1) 氏 名 について ア 異 議 申 立 人 は 原 決 定 が 株 式 会 社 の 取 締 役 の 氏 名 を 不 開 示 としたと 主 張 し ているが 原 決 定 において 実 施 機 関 は 取 締 役 の 氏 名 に 関 して 非 開 示 としていな い 異 議 申 立 人 に 交 付 した 公 文 書 においては 手 違 いにより 取 締 役 の 氏 名 の 一 部 が 黒 塗 りにされていたが 平 成 24 年 7 月 11 日 付 け 訂 正 通 知 により 黒 塗 り 部 分 を 訂 正 し 原 決 定 のとおり 開 示 している イ 補 償 業 務 管 理 士 の 氏 名 について 事 業 を 営 む 個 人 とは 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 )72 条 の2 第 8 項 ないし 第 10 項 に 掲 げる 事 業 を 営 む 個 人 等 を 指 すと ころ 収 用 委 員 会 が 鑑 定 を 命 じた 相 手 方 は 法 人 である 株 式 会 社 であり 本 件 文 書 に 記 載 された 補 償 業 務 管 理 士 の 氏 名 は 株 式 会 社 の 被 用 者 としての 個 人 の 氏 名 であるから 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 には 該 当 しない よっ て 当 該 補 償 業 務 管 理 士 の 氏 名 は 個 人 に 関 する 情 報 に 該 当 する - 6 -

7 ウ 弁 護 士 の 氏 名 について 本 件 文 書 における 文 脈 からは 代 理 人 という 表 記 も なく 当 該 行 為 が 業 として 行 われたことが 明 らかであるとは 認 められないため 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 には 該 当 しないものと 判 断 することが 相 当 である よって 当 該 弁 護 士 の 氏 名 は 個 人 に 関 する 情 報 に 該 当 する エ 異 議 申 立 人 は 補 償 業 務 管 理 士 及 び 弁 護 士 の 氏 名 について 仮 に 条 例 7 条 2 号 の 個 人 に 関 する 情 報 に 該 当 するとしても 同 号 ただし 書 イに 該 当 するため 不 開 示 とした 原 決 定 は 誤 りであると 主 張 するが 当 該 補 償 業 務 管 理 士 が 勤 務 先 会 社 の 受 託 した 業 務 の 担 当 者 であるという 補 償 業 務 管 理 士 の 氏 名 に 関 する 情 報 を 公 開 する 法 令 等 の 規 定 や 慣 行 は 存 在 せず 弁 護 士 の 氏 名 についても 弁 護 士 の 事 業 とは 関 係 が ない 個 人 としての 氏 名 に 関 する 情 報 を 公 開 する 法 令 等 の 規 定 や 慣 行 は 存 在 しないこ とから いずれも 条 例 7 条 2 号 ただし 書 イには 該 当 しない (2) 工 作 物 の 仕 様 に 関 する 情 報 について ア 異 議 申 立 人 は 工 作 物 の 内 容 に 関 する 資 料 の 非 開 示 部 分 について 工 作 物 の 内 容 を 示 した 図 面 等 が 物 件 調 書 に 記 載 ないし 添 付 されており 物 件 調 書 は 公 告 縦 覧 され 一 般 に 公 開 されていることから 不 開 示 としても 意 味 がないと 主 張 するが 物 件 調 書 は 起 業 者 が 作 成 するものであり 本 件 文 書 は 収 用 委 員 会 の 命 令 に 基 づき 鑑 定 人 が 作 成 した 鑑 定 報 告 書 であるところ 作 成 者 が 異 なるため 必 ずしも 内 容 が 一 致 する ものではない また 物 件 調 書 が 公 告 縦 覧 されていることをもって 公 にされてい る 情 報 とはいえない したがって 物 件 調 書 が 公 告 縦 覧 されていることをもって 本 件 文 書 の 一 部 を 非 開 示 とすることの 意 味 がないとする 異 議 申 立 人 の 主 張 は 認 め られない イ 物 件 調 書 と 鑑 定 評 価 書 等 との 相 違 部 分 及 び ( 物 件 番 号 49)の 説 明 について これらは 工 作 物 を 所 有 する 特 定 の 法 人 ( 以 下 特 定 法 人 という )にとって 必 要 不 可 欠 な 機 械 工 作 物 に 関 する 具 体 的 情 報 であることから 当 該 情 報 が 明 らかにされ ることで 特 定 法 人 の 重 要 機 械 工 作 物 の 財 産 的 価 値 が 推 測 され 機 械 工 作 物 の 設 置 等 に 係 る 技 術 上 の 情 報 が 知 られて 競 業 者 に 利 用 される 危 険 性 や 顧 客 関 係 の 維 持 や 資 金 調 達 の 観 点 において 悪 影 響 を 及 ぼす 等 社 会 的 評 価 が 損 なわれると 認 められるこ - 7 -

8 とから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する ウ 計 算 書 の 記 載 事 項 は 特 定 法 人 にとって 必 要 不 可 欠 な 機 械 工 作 物 に 関 する 具 体 的 情 報 であり これらの 機 械 は 特 注 品 であるところ 質 量 や 形 状 寸 法 といった 一 般 に 公 表 されていない 仕 様 等 であるから 当 該 情 報 が 明 らかにされることで 特 定 法 人 の 重 要 機 械 工 作 物 の 財 産 的 価 値 が 推 測 され 機 械 工 作 物 の 設 置 等 に 係 る 技 術 上 の 情 報 が 知 られて 競 業 者 に 利 用 される 危 険 性 や 顧 客 関 係 の 維 持 や 資 金 調 達 の 観 点 にお いて 悪 影 響 を 及 ぼす 等 社 会 的 評 価 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する (3) 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 に 算 定 を 要 する 事 項 について ア 工 作 物 補 償 の 鑑 定 額 等 について 当 該 鑑 定 額 等 は 工 作 物 の 移 転 という 一 時 的 な 費 用 であっても その 算 定 の 基 礎 事 情 として 特 定 法 人 の 営 業 実 績 や 営 業 規 模 保 有 する 資 産 に 関 する 情 報 等 も 用 いられるため 一 時 的 な 費 用 が 明 らかにされることに よって 特 定 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させ 経 営 戦 略 等 の 経 営 方 針 や 経 理 等 の 内 部 事 情 が 知 られて 競 業 者 に 利 用 される 危 険 性 や 顧 客 関 係 の 維 持 や 資 金 調 達 の 観 点 にお いて 悪 影 響 を 及 ぼす 等 社 会 的 評 価 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する イ 営 業 休 止 期 間 については 算 定 の 基 礎 事 情 として 特 定 法 人 の 営 業 実 績 や 営 業 規 模 保 有 する 資 産 に 関 する 情 報 等 も 用 いるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する ウ 工 作 物 の 実 態 的 耐 用 年 数 について 算 定 の 対 象 となった 機 械 は 標 準 的 な 機 械 では なく 特 定 法 人 に 対 する 専 門 業 者 の 現 場 調 査 等 を 含 む 具 体 的 情 報 を 基 礎 事 情 として 耐 用 年 数 の 認 定 をしており 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 における 主 たる 資 産 であるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する エ 工 事 期 間 工 事 設 置 認 可 申 請 期 間 工 場 製 作 期 間 及 び 各 日 数 について いずれも その 算 定 に 当 たっては 特 定 法 人 の 建 物 の 状 況 建 物 に 存 する 工 作 物 動 産 等 の 現 - 8 -

9 地 調 査 や 提 出 された 資 料 聴 取 事 項 等 の 具 体 的 情 報 を 基 礎 事 情 として 期 間 の 認 定 を しているため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する オ 移 転 工 期 工 程 表 については 鑑 定 結 果 を 総 合 的 に 判 断 して 各 工 期 等 との 前 後 の 状 況 を 調 整 して 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 期 間 を 算 定 するものであり 通 常 妥 当 の 状 況 判 断 は 対 象 者 について 行 われるものであるから 工 程 表 の 作 成 の 基 礎 事 情 と して 特 定 法 人 の 建 物 の 状 況 建 物 に 存 する 工 作 物 動 産 等 の 現 地 調 査 や 提 出 され た 資 料 聴 取 事 項 等 の 具 体 的 情 報 が 含 まれるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する カ 明 細 書 等 の 記 載 事 項 のうち 仕 様 や 数 量 など 工 作 物 に 関 する 情 報 は 当 該 工 作 物 が 特 定 法 人 における 主 たる 資 産 であるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する キ 単 価 について 関 東 地 区 用 地 対 策 連 絡 協 議 会 の 損 失 補 償 算 出 標 準 書 に 記 載 されて いるものは 開 示 しているが 鑑 定 人 が 工 作 物 を 取 り 扱 っている 業 者 から 徴 した 見 積 書 を 参 考 に 算 出 したものは 見 積 りを 行 った 業 者 が 有 する 技 術 ノウハウ 等 の 企 業 秘 密 に 基 づいて 作 成 されたものであるから 開 示 することにより 同 業 者 がこの 企 業 秘 密 を 知 ることが 可 能 となり 見 積 りを 行 った 業 者 の 競 争 上 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 が 損 なわれると 認 められるため 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する ク 金 額 については 通 常 妥 当 と 認 められる 移 転 先 及 び 移 転 方 法 によって 移 転 するの に 要 する 費 用 であり 通 常 妥 当 の 状 況 判 断 は 対 象 者 について 行 われるものである から 算 定 の 基 礎 事 情 として 特 定 法 人 に 対 する 現 地 調 査 や 提 出 された 資 料 聴 取 事 項 等 の 具 体 的 情 報 を 総 合 考 慮 して 算 定 されており 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 におけ る 主 たる 資 産 であるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する ケ 内 訳 書 は 工 作 物 の 具 体 的 調 査 に 基 づき 算 出 された 工 作 物 を 復 元 する 場 合 を 想 定 した 費 用 項 目 別 金 額 の 内 訳 書 であり 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 における 主 たる 資 産 で あるため 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する - 9 -

10 コ 図 面 について 機 械 の 一 般 的 な 図 面 であるものの 特 定 法 人 が 所 有 する 工 作 物 と 同 種 同 等 の 工 作 物 の 図 面 であり 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 における 主 たる 資 産 である ため 当 該 情 報 が 明 らかになることで 当 該 工 作 物 の 持 つ 財 産 的 価 値 のみならず 特 定 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させることとなり 顧 客 関 係 の 維 持 や 資 金 調 達 の 観 点 にお いて 悪 影 響 を 及 ぼす 等 社 会 的 評 価 が 損 なわれるため 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する サ 異 議 申 立 人 は 共 通 仮 設 率 表 等 は 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 が 作 成 した 損 失 補 償 算 定 基 準 書 に 掲 載 されているものであり 公 に 使 用 されている 補 償 基 準 であ るから 開 示 すべきであると 主 張 するが 共 通 仮 設 率 表 等 には 工 作 物 の 鑑 定 額 の 算 定 に 使 用 した 情 報 が 見 分 けられる 印 が 付 されており 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 におけ る 主 たる 資 産 であるため 開 示 することによって 特 定 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させ ることとなり 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する また 電 気 料 金 の 基 準 手 数 料 工 場 認 可 手 数 料 許 認 可 手 数 料 商 業 登 記 に 要 する 費 用 行 政 書 士 標 準 報 酬 額 及 び 水 道 料 金 等 についても 工 作 物 の 鑑 定 額 の 算 定 に 使 用 した 情 報 が 見 分 けられる 印 が 付 されていることから 上 記 と 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する 鑑 定 評 価 書 6 枚 目 の 下 から7 行 目 以 下 の 非 開 示 部 分 の 記 載 については 特 定 法 人 が 所 有 する 工 作 物 に 関 する 具 体 的 判 断 であり 公 の 補 償 基 準 そのものではないこと から 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する なお 原 決 定 の 際 に 廃 材 運 搬 費 及 び 処 分 費 内 訳 書 の (2) 廃 材 運 搬 費 のう ち 用 地 対 策 連 絡 協 議 会 の 損 失 補 償 算 出 標 準 書 に 記 載 されている 単 価 が 非 開 示 とさ れていたが 平 成 24 年 7 月 11 日 付 け 公 文 書 の 一 部 開 示 変 更 通 知 により 開 示 されて いる シ 工 作 物 の 数 量 について 当 該 工 作 物 は 特 定 法 人 における 主 たる 資 産 であるため 当 該 情 報 が 明 らかにされることによって 当 該 工 作 物 の 持 つ 財 産 的 価 値 のみならず 特 定 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させることとなり 前 記 アと 同 様 の 理 由 により 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する (4) 補 償 額 の 算 定 のために 徴 した 見 積 書 に 記 載 された 事 項 について

11 見 積 書 に 記 載 された 事 項 は 鑑 定 人 と 工 作 物 の 取 扱 業 者 との 相 互 の 信 頼 関 係 を 基 礎 として 取 扱 業 者 が 有 する 技 術 ノウハウ 等 の 企 業 秘 密 に 基 づいて 作 成 されたもので あって 業 者 名 を 含 むこれらの 情 報 が 開 示 されれば 取 扱 業 者 の 競 業 者 に 取 扱 業 者 の 保 有 する 技 術 上 及 び 販 売 上 の 情 報 が 知 られて 競 業 者 との 関 係 で 不 利 益 となり 事 業 活 動 が 損 なわれ また 鑑 定 人 の 依 頼 に 基 づき 見 積 りを 行 った 事 実 は 顧 客 との 関 係 で 社 会 的 評 価 を 損 なわせると 認 められることから 当 該 情 報 は 取 扱 業 者 において 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する (5) 見 積 書 ( 添 付 書 類 )について 見 積 書 ( 添 付 書 類 )について 鑑 定 人 と 工 作 物 の 取 扱 業 者 との 相 互 の 信 頼 関 係 を 基 礎 として 作 成 されたものであるから これらが 開 示 されることによって 取 扱 業 者 の 鑑 定 人 に 対 する 信 頼 関 係 が 失 われ 鑑 定 人 の 社 会 的 評 価 を 毀 損 し 今 後 協 力 を 仰 ぐ ことが 困 難 となって 鑑 定 人 の 情 報 収 集 手 段 を 遮 断 することとなり 事 業 活 動 が 損 なわ れると 認 められることから 当 該 情 報 は 鑑 定 人 において 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する (6) 営 業 休 止 補 償 の 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 に 算 定 に 要 する 事 項 について 営 業 休 止 補 償 の 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 の 算 定 に 要 する 事 項 について 当 該 補 償 額 の 算 定 にあたっては 特 定 法 人 の 営 業 実 績 や 営 業 規 模 保 有 する 資 産 に 関 する 情 報 等 も 用 い るため 営 業 休 止 の 補 償 額 及 び 算 定 に 要 する 事 項 が 明 らかにされることにより 特 定 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させ 経 営 戦 略 等 の 経 営 方 針 や 経 理 等 の 内 部 事 情 が 知 られて 競 業 者 に 利 用 される 危 険 性 や 顧 客 関 係 の 維 持 や 資 金 調 達 の 観 点 において 悪 影 響 を 及 ぼす 等 社 会 的 評 価 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 する 4 審 査 会 の 判 断 (1) 審 議 の 経 過 審 査 会 は 本 件 異 議 申 立 てについて 以 下 のように 審 議 した 年 月 日 審 議 経 過 平 成 24 年 7 月 18 日 諮 問

12 平 成 24 年 8 月 27 日 実 施 機 関 から 理 由 説 明 書 収 受 平 成 25 年 5 月 31 日 実 施 機 関 から 説 明 聴 取 ( 第 112 回 第 三 部 会 ) 平 成 25 年 6 月 21 日 審 議 ( 第 113 回 第 三 部 会 ) 平 成 25 年 7 月 26 日 審 議 ( 第 114 回 第 三 部 会 ) 平 成 25 年 9 月 27 日 審 議 ( 第 115 回 第 三 部 会 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 審 議 ( 第 116 回 第 三 部 会 ) (2) 審 査 会 の 判 断 審 査 会 は 異 議 申 立 ての 対 象 となった 公 文 書 並 びに 実 施 機 関 及 び 異 議 申 立 人 の 主 張 を 具 体 的 に 検 討 した 結 果 以 下 のように 判 断 する ア 収 用 裁 決 の 手 続 について 憲 法 29 条 は 私 有 財 産 を 保 障 するとともに 公 共 のために 必 要 がある 場 合 は 正 当 な 補 償 の 下 に 私 有 財 産 を 収 用 できる 旨 規 定 している 法 は この 規 定 を 受 けて 権 利 者 の 意 思 にかかわらず 土 地 を 収 用 できる 要 件 とそ の 手 続 及 び 効 果 損 失 の 補 償 等 について 定 めており その 実 施 機 関 である 収 用 委 員 会 は 法 に 基 づき 各 都 道 府 県 に 置 かれる 行 政 委 員 会 であり 公 正 中 立 な 立 場 で 収 用 裁 決 する 権 限 が 与 えられている 収 用 委 員 会 における 収 用 裁 決 の 手 続 については 起 業 者 ( 法 3 条 に 列 挙 されてい る 公 共 の 利 益 となる 事 業 を 施 行 する 者 )による 裁 決 の 申 請 及 び 明 渡 裁 決 の 申 立 てを 受 理 した 後 裁 決 手 続 開 始 の 決 定 登 記 を 行 い 当 事 者 の 意 見 を 聞 くための 審 理 を 経 て 裁 決 を 行 うものである 法 65 条 1 項 2 号 に 基 づく 鑑 定 命 令 は 収 用 委 員 会 に 付 与 された 権 限 であり 審 理 の 過 程 において 審 理 若 しくは 調 査 のため 必 要 があると 認 めるときに 専 門 的 知 識 を 有 する 鑑 定 人 に 対 し 行 う 処 分 である

13 イ 本 件 対 象 公 文 書 について 本 件 異 議 申 立 てに 係 る 対 象 公 文 書 は 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 につい て 平 成 22 年 第 号 の2 事 件 ( 以 下 本 件 対 象 公 文 書 という )であ り 本 件 収 用 事 件 において 移 転 を 要 する 物 件 に 係 る 工 作 物 補 償 及 び 営 業 休 止 補 償 に 関 して それぞれの 補 償 額 算 定 の 資 料 とするため 法 65 条 1 項 2 号 の 規 定 に 基 づき 行 った 鑑 定 命 令 に 対 して 株 式 会 社 ( 以 下 本 件 鑑 定 人 という )が 提 出 し た 平 成 23 年 月 日 付 けの 鑑 定 報 告 書 である 本 件 対 象 公 文 書 は 鑑 定 を 依 頼 した 項 目 についての 鑑 定 評 価 が 記 載 された 鑑 定 報 告 書 に 移 転 工 期 工 程 表 移 転 工 程 表 ( 営 業 休 止 期 間 ) 建 物 平 面 図 面 積 表 のほ か 鑑 定 額 の 算 出 根 拠 に 係 る 付 属 資 料 ( 以 下 付 属 資 料 という )が 添 付 された ものである 付 属 資 料 には 工 作 物 補 償 関 係 として 機 械 設 備 に 係 る 調 査 書 ( 調 査 表 配 置 図 及 び 詳 細 図 ) 算 定 書 ( 機 械 設 備 算 定 内 訳 書 等 ) 参 考 資 料 ( 移 転 先 選 定 関 係 見 積 書 等 ) 機 械 設 備 見 積 について( 見 積 書 等 ) 算 定 根 拠 資 料 ( 損 失 補 償 算 定 標 準 書 ( 抜 粋 ) 公 共 料 金 表 等 ) 及 び 附 帯 工 作 物 に 係 る 算 定 書 がある 営 業 休 止 補 償 関 係 としては 営 業 補 償 調 査 報 告 書 機 械 設 備 再 築 の 場 合 の 営 業 補 償 金 額 総 括 表 ( 認 定 収 益 額 算 定 表 限 界 利 益 率 算 出 表 人 件 費 内 訳 表 移 転 広 告 費 内 訳 書 許 認 可 手 数 料 等 内 訳 書 移 転 工 期 工 程 表 等 ) 機 械 設 備 復 元 の 場 合 の 営 業 補 償 金 額 総 括 表 ( 限 界 利 益 率 算 出 表 移 転 工 程 表 等 ) 消 費 税 等 調 査 表 公 共 料 金 表 等 がある 実 施 機 関 は 本 件 対 象 公 文 書 のうち 補 償 業 務 管 理 士 弁 護 士 及 び 見 積 担 当 者 の 氏 名 年 齢 並 びに 性 別 ( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 1 という )を 条 例 7 条 2 号 に 該 当 し 工 作 物 の 仕 様 に 係 る 事 項 ( 型 式 能 力 出 力 形 状 寸 法 質 量 設 置 方 法 等 ) 製 造 者 規 模 及 び 図 面 ( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 2 という ) 鑑 定 額 及 び 鑑 定 額 の 算 定 に 要 する 事 項 ( 移 転 に 要 する 期 間 営 業 休 止 に 要 する 期 間 諸 費 用 の 算 出 に 係 る 係 数 営 業 実 績 営 業 規 模 保 有 する 資 産 に 関 する 情 報 工 作 物 の 数 量 取 得 年 月 減 価 償 却 に 関 する 情 報 再 築 補 償 率 経 過 年 数 耐 用 年 数 及 び 工 事 費 等 の 算 定 に 要 する 仕 様 売 上 減 少 率 課 税 状 況 補 償 算 定 要 領 ( 別 冊 ) 中 の 許 認 可 手 数 料 に 係 る 部 分 等 )( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 3 という ) 補 償 額 の 算 定 のため に 徴 した 見 積 書 に 記 載 された 事 項 ( 仕 様 単 価 見 積 金 額 業 者 名 に 関 する 情 報 等 )

14 ( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 4 という ) 及 び 見 積 書 ( 添 付 書 類 )( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 5 という )を 条 例 7 条 3 号 に 該 当 し 印 影 ( 以 下 本 件 非 開 示 情 報 6 という )を 条 例 7 条 4 号 に 該 当 するとして それぞれ 非 開 示 とする 一 部 開 示 決 定 を 行 った ウ 条 例 の 定 めについて 条 例 7 条 2 号 本 文 は 個 人 に 関 する 情 報 ( 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 を 除 く )で 特 定 の 個 人 を 識 別 することができるもの( 他 の 情 報 と 照 合 するこ とにより 特 定 の 個 人 を 識 別 することができることとなるものを 含 む ) 又 は 特 定 の 個 人 を 識 別 することはできないが 公 にすることにより なお 個 人 の 権 利 利 益 を 害 するおそれがあるもの を 非 開 示 情 報 として 規 定 しており 同 号 ただし 書 におい て イ 法 令 等 の 規 定 により 又 は 慣 行 として 公 にされ 又 は 公 にすることが 予 定 されている 情 報 ロ 人 の 生 命 健 康 生 活 又 は 財 産 を 保 護 するため 公 にする ことが 必 要 であると 認 められる 情 報 ハ 当 該 個 人 が 公 務 員 等 である 場 合 にお いて 当 該 情 報 がその 職 務 の 遂 行 に 係 る 情 報 であるときは 当 該 情 報 のうち 当 該 公 務 員 等 の 職 及 び 当 該 職 務 遂 行 の 内 容 に 係 る 部 分 のいずれかに 該 当 する 情 報 につ いては 同 号 本 文 に 該 当 するものであっても 開 示 しなければならない 旨 規 定 してい る 条 例 7 条 3 号 本 文 は 法 人 ( 国 独 立 行 政 法 人 等 地 方 公 共 団 体 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 を 除 く )その 他 の 団 体 ( 以 下 法 人 等 という )に 関 する 情 報 又 は 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 であって 公 にすることにより 当 該 法 人 等 又 は 当 該 事 業 を 営 む 個 人 の 競 争 上 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 その 他 社 会 的 な 地 位 が 損 な われると 認 められるもの を 非 開 示 情 報 として 規 定 しており 同 号 ただし 書 におい て イ 事 業 活 動 によって 生 じ 又 は 生 ずるおそれがある 危 害 から 人 の 生 命 又 は 健 康 を 保 護 するために 公 にすることが 必 要 であると 認 められる 情 報 ロ 違 法 若 しくは 不 当 な 事 業 活 動 によって 生 じ 又 は 生 ずるおそれがある 支 障 から 人 の 生 活 を 保 護 するために 公 にすることが 必 要 であると 認 められる 情 報 ハ 事 業 活 動 によって 生 じ 又 は 生 ずるおそれがある 侵 害 から 消 費 生 活 その 他 都 民 の 生 活 を 保 護 するために 公 にすることが 必 要 であると 認 められる 情 報 のいずれかに 該 当 する 情 報 については 同 号 本 文 に 該 当 するものであっても 開 示 しなければならない 旨 規

15 定 している 条 例 7 条 4 号 は 公 にすることにより 犯 罪 の 予 防 鎮 圧 又 は 捜 査 公 訴 の 維 持 刑 の 執 行 その 他 の 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあると 実 施 機 関 が 認 めることにつき 相 当 の 理 由 がある 情 報 を 非 開 示 情 報 として 規 定 している エ 本 件 非 開 示 情 報 の 非 開 示 妥 当 性 について (ア) 本 件 非 開 示 情 報 1について 本 件 非 開 示 情 報 1は 氏 名 年 齢 及 び 性 別 であり これらの 情 報 は 個 人 に 関 する 情 報 で 特 定 の 個 人 を 識 別 することができる 情 報 であると 認 められるので 条 例 7 条 2 号 本 文 に 該 当 し その 内 容 及 び 性 質 から 同 号 ただし 書 のいずれにも 該 当 せず 非 開 示 が 妥 当 である なお 異 議 申 立 人 は 本 件 非 開 示 情 報 1のうち 補 償 業 務 管 理 士 及 び 弁 護 士 の 氏 名 について 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 に 該 当 することから 条 例 7 条 2 号 には 該 当 せず 開 示 すべきであると 主 張 するので 以 下 この 点 につい て 検 討 する 補 償 業 務 管 理 士 とは 社 団 法 人 日 本 補 償 コンサルタント 協 会 が 設 けた 民 間 資 格 であり 本 件 における 補 償 業 務 管 理 士 も 当 該 資 格 を 有 する 者 であるが あくまで も 本 件 鑑 定 人 の 被 用 者 として 業 務 を 担 当 した 者 であって その 者 個 人 の 事 業 とし て 行 ったものではなく また 弁 護 士 についても 本 件 収 用 事 件 の 物 件 調 査 に 弁 護 士 の 立 会 いは 要 件 とされておらず 弁 護 士 の 当 該 事 業 活 動 であるとする 根 拠 が ないことから いずれも 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 とは 認 められな い したがって 補 償 業 務 管 理 士 及 び 弁 護 士 の 氏 名 について 事 業 を 営 む 個 人 の 当 該 事 業 に 関 する 情 報 に 該 当 するという 異 議 申 立 人 の 主 張 は 採 用 できない (イ) 本 件 非 開 示 情 報 2 及 び3について 本 件 非 開 示 情 報 2は 本 件 収 用 事 件 の 権 利 者 である 法 人 が 所 有 する 補 償 対 象 物 件 の 工 作 物 の 詳 細 な 情 報 であって その 財 産 的 価 値 を 推 測 させる 情 報 である ま た 本 件 非 開 示 情 報 3は 本 件 鑑 定 人 が 行 った 現 地 調 査 や 提 出 資 料 聴 取 事 項 等 に 基 づいて 得 られた 情 報 であって 当 該 法 人 の 財 産 状 況 を 推 測 させる 情 報 である

16 したがって 本 件 非 開 示 情 報 2 及 び3は いずれも 当 該 法 人 の 財 産 状 況 に 関 す る 情 報 であって 公 にすることにより 当 該 法 人 の 競 争 上 の 地 位 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 し 非 開 示 が 妥 当 である (ウ) 本 件 非 開 示 情 報 4について 本 件 非 開 示 情 報 4は 本 件 鑑 定 人 が 本 件 工 作 物 を 取 り 扱 っている 業 者 ( 以 下 見 積 業 者 という )から 工 作 物 の 補 償 額 の 算 定 のために 徴 した 見 積 書 に 記 載 され た 単 価 見 積 金 額 等 であって 見 積 業 者 が 独 自 のノウハウに 基 づき 算 出 した 具 体 的 な 数 値 である これらは 見 積 業 者 の 生 産 技 術 上 又 は 販 売 上 の 情 報 であって 通 常 公 にされているものではなく これを 広 く 一 般 に 公 開 することになれば 見 積 業 者 の 競 争 上 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 し 非 開 示 が 妥 当 である (エ) 本 件 非 開 示 情 報 5について 本 件 非 開 示 情 報 5は 本 件 鑑 定 人 が 見 積 業 者 から 徴 した 見 積 書 に 添 付 された 見 積 金 額 の 算 定 のための 積 算 根 拠 となる 資 料 であって 見 積 業 者 が 独 自 のノウハウ に 基 づき 見 積 金 額 を 算 出 するために 用 いた 情 報 である したがって これらを 公 にすることにより 見 積 業 者 から 今 後 見 積 書 の 提 出 を 受 けられなくなるなど 本 件 鑑 定 人 の 事 業 活 動 に 支 障 を 及 ぼし 本 件 鑑 定 人 の 競 争 上 又 は 事 業 運 営 上 の 地 位 が 損 なわれると 認 められることから 条 例 7 条 3 号 に 該 当 し 非 開 示 が 妥 当 である (オ) 本 件 非 開 示 情 報 6について 本 件 非 開 示 情 報 6は 本 件 鑑 定 人 見 積 業 者 等 の 印 影 であって 公 にすること により 偽 造 等 犯 罪 の 予 防 に 支 障 を 及 ぼすおそれがあると 実 施 機 関 が 認 めること につき 相 当 の 理 由 があると 認 められるので 条 例 7 条 4 号 に 該 当 し 非 開 示 が 妥 当 である オ 異 議 申 立 人 のその 他 の 主 張 について

17 異 議 申 立 人 は 本 件 対 象 公 文 書 に 記 載 された 工 作 物 に 関 する 情 報 は 物 件 調 書 に 記 載 された 情 報 とほぼ 同 じであり 物 件 調 書 が 法 に 基 づき 公 告 縦 覧 されていること から 非 開 示 とする 理 由 がない 旨 及 び 異 議 申 立 人 が 本 件 収 用 事 件 の 当 事 者 であるこ とから 補 償 について 正 当 な 評 価 がされているかを 判 断 するために 本 件 対 象 公 文 書 の 開 示 が 必 要 不 可 欠 である 旨 主 張 する しかし 情 報 公 開 制 度 は 広 く 何 人 に 対 しても 開 示 請 求 を 認 めるものであり 開 示 請 求 者 が 誰 であるかは 考 慮 されないものである 開 示 請 求 者 が 本 件 開 示 請 求 の 対 象 物 件 に 対 して 直 接 的 な 利 害 関 係 を 有 するとしても そのことを 理 由 として 条 例 上 の 非 開 示 とすべき 事 由 に 該 当 する 情 報 を 開 示 することはできない また 法 に 基 づく 縦 覧 は 関 係 人 等 に 意 見 書 提 出 の 機 会 を 付 与 するとともに 隠 れた 権 利 者 を 発 見 し 土 地 所 有 者 等 に 収 用 裁 決 手 続 開 始 の 決 定 登 記 の 予 告 をする ために 設 けられたものであるとされており 2 週 間 という 定 められた 期 間 内 に 指 定 された 場 所 に 出 向 いて 初 めて 閲 覧 することができることに 鑑 みると 縦 覧 期 間 終 了 後 の 相 当 の 期 間 を 経 た 開 示 請 求 時 点 においては なお 公 にされている 情 報 とはい えない したがって 法 に 基 づく 縦 覧 に 供 されていたことを 根 拠 として 開 示 を 求 める 異 議 申 立 人 の 主 張 は 採 用 できない よって 1 審 査 会 の 結 論 のとおり 判 断 する ( 答 申 に 関 与 した 委 員 の 氏 名 ) 渡 辺 忠 嗣 鴨 木 房 子 寺 田 麻 佑 前 田 雅 英

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及

からないから,これを 明 らかにしてもらうために 審 査 請 求 をする (2) 意 見 書 ア 本 件 不 開 示 情 報 が 開 示 されることによって,1 公 共 の 安 全 と 秩 序 の 維 持 に 支 障 が 生 じるかどうか( 法 5 条 4 号 ),2 大 阪 高 等 検 察 庁 及 諮 問 庁 : 検 事 総 長 諮 問 日 : 平 成 25 年 9 月 30 日 ( 平 成 25 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 423 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 439 号 ) 事 件 名 : 級 別 定 数 ( 平 成 24 年 度 当 初 ) 等 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書

More information

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464>

<5461726F2D939A905C91E633378D862E6A7464> 徳 島 県 情 報 公 開 審 査 会 答 申 第 37 号 第 1 審 査 会 の 結 論 実 施 機 関 が 産 業 廃 棄 物 処 理 業 の 事 業 範 囲 変 更 許 可 申 請 書 ( 平 成 11 年 2 月 10 日 付 け) 平 成 11 年 度 分 のダイオキシン 類 測 定 結 果 報 告 書 平 成 11 年 度 分 の 産 業 廃 棄 物 の 処 分 実 績 報 告 書 に

More information

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋

第 3 諮 問 庁 の 説 明 要 旨 1 本 件 対 象 公 文 書 の 性 質 (1) 本 件 非 公 開 部 分 異 議 申 立 人 は 原 決 定 において 非 公 開 とした 部 分 のうち 家 屋 評 価 調 書 ( 一 棟 総 括 表 ) 中 の 課 税 床 面 積 非 木 造 家 屋 諮 問 ( 情 ) 第 27 号 答 申 第 1 審 査 会 の 結 論 特 定 区 分 所 有 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 という )に 係 る 家 屋 評 価 調 書 非 木 造 家 屋 評 価 計 算 書 及 び 図 面 ( 以 下 これらを 本 件 対 象 公 文 書 という )に 記 載 された 課 税 床 面 積 課 税 用 途 延 床 面 積 及 び 求 積 表 ( 以 下 本

More information

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21

費 についての 支 出 とは 認 められず 法 第 100 条 第 14 項 及 び 条 例 第 1 条 に 反 し 違 法 である カ 札 幌 地 方 裁 判 所 平 成 26 年 7 月 11 日 判 決 ( 以 下 7 月 11 日 判 決 という )は 主 に 道 議 会 の 平 成 21 住 民 監 査 請 求 監 査 結 果 第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 札 幌 市 中 央 区 南 1 条 西 10 丁 目 タイムスビル3 階 札 幌 市 民 オンブズマン 代 表 太 田 賢 二 2 請 求 書 の 提 出 年 月 日 平 成 26 年 11 月 12 日 3 請 求 の 内 容 次 の(1) 及 び(2)は 本 件 住 民 監 査 請 求 を 要 約 したものである

More information

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後)

Microsoft Word - 諮問第82号答申(決裁後) 情 個 審 第 43-1 号 平 成 28 年 1 月 18 日 茨 城 県 教 育 委 員 会 教 育 長 小 野 寺 俊 殿 茨 城 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 委 員 長 大 和 田 一 雄 保 有 個 人 情 報 部 分 開 示 決 定 に 対 する 異 議 申 立 てについて( 答 申 ) 平 成 27 年 2 月 27 日 付 け 保 体 諮 問 第 1 号

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

答申第585号

答申第585号 別 紙 諮 問 第 722 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 平 成 23 年 月 日 区 営 業 所 で 起 きた 物 損 事 故 に 関 する 全 ての 内 容 の 文 書 の 開 示 請 求 に 対 し 終 業 点 呼 記 録 簿 ほか7 件 を 対 象 公 文 書 として 特 定 し 一 部 開 示 と した 決 定 は 妥 当 である 2 審 査 請 求 の 内 容 (1) 審 査

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減

本 件 は, 昭 和 57 年 9 月 14 日 に 新 築 され, 平 成 3 年 3 月 31 日 に 増 築 され, 平 成 6 年 に 増 築 部 分 ついて 減 築 されている 原 判 決 別 紙 1 物 件 目 録 記 載 の 家 屋 ( 以 下 本 件 家 屋 といい,このうち 増 減 平 成 27 年 9 月 24 日 判 決 言 渡 し 平 成 27 年 ( 行 コ) 第 64 号 固 定 資 産 価 格 審 査 申 出 棄 却 決 定 取 消 請 求 控 訴 事 件 ( 原 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 473 号 ) 主 文 1 原 審 原 告 の 控 訴 に 基 づき, 原 判 決 を 次 のとおり 変 更 する (1) 東 京 都

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される

請求内容は、「平成17年6月20日に仮契約を合意解除したが、狭山市は契約解除により損害を被っているから損害賠償請求権があるのに、この合意解除により違約金(損害賠償)をとることとしてないことから、違法な契約であり、この損害賠償請求権の不行使をもって「財産の管理を怠っている事実」とし、住民監査請求を求める」との請求内容のように解される 狭 監 発 第 25 号 平 成 28 年 6 月 14 日 様 狭 山 市 監 査 委 員 磯 野 和 夫 狭 山 市 職 員 措 置 請 求 書 について( 通 知 ) 平 成 28 年 4 月 6 日 付 けで 提 出 された 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 1 項 の 規 定 による 監 査 請 求 について 請 求 内 容 を 監 査 した 結 果 を

More information

答申書

答申書 諮 問 庁 : 法 務 大 臣 諮 問 日 : 平 成 14 年 8 月 1 日 答 申 日 : 平 成 14 年 9 月 18 日 事 件 名 : 熊 本 刑 務 所 が 本 人 に 対 して 行 った 分 類 調 査 や 累 進 審 査 の 結 果 を 記 録 し た 分 類 調 査 票 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に 関 する 件 ( 平 成 14 年 諮 問 第

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判

判 例 評 論 147 判 決 録 行 政 電 気 事 業 法 施 行 規 則 九 三 条 の 三 の 規 定 による 経 済 産 業 大 臣 の 定 期 検 査 終 了 証 の 交 付 が 行 政 事 件 訴 訟 法 三 条 二 項 の 処 分 に 当 たらないとされた 事 例 ( 大 阪 高 判 判 例 時 報 平 成 25 年 12 月 1 日 号 < 最 新 判 例 批 判 > 箱 井 崇 史 西 川 佳 代 外 川 英 明 松 原 久 利 黒 澤 睦 斎 藤 司 判 決 録 < 行 政 > 1 件 3 < 民 事 > 7 件 17 < 知 的 財 産 権 > 1 件 79 < 労 働 > 1 件 126 < 刑 事 > 1 件 142 最 高 裁 判 例 要 旨 ( 平 成 25 年

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も

情 報 が 含 まれる との 記 載 がある また,2 考 え 方 は, 具 体 的 事 例 における 個 人 識 別 可 能 性 の 有 無 の 判 断 に 当 たっては, 当 該 情 報 の 性 質 及 び 内 容 を 考 慮 してする 必 要 がある との 記 載 がある さらに,3 法 も 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 24 年 6 月 25 日 ( 平 成 24 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 264 号 ) 答 申 日 : 平 成 25 年 6 月 18 日 ( 平 成 25 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 60 号 ) 事 件 名 : 特 定 路 線 価 評 定 調 書 兼 決 議 書 の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の

特 定 が 必 要 であり, 法 7 条 の 裁 量 的 開 示 を 求 める 第 3 諮 問 庁 の 説 明 の 要 旨 1 本 件 開 示 請 求 について 本 件 開 示 請 求 は, 処 分 庁 に 対 して, 特 定 法 人 が 大 森 税 務 署 に 提 出 した, 特 定 期 間 の 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 23 年 5 月 19 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 247 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 4 月 27 日 ( 平 成 24 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 25 号 ) 事 件 名 : 特 定 会 社 に 係 る 売 掛 金 内 訳 書 等 の 不 開 示 決 定 ( 存 否 応 答 拒 否 )に

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

Microsoft Word - 2 答申概要.doc

Microsoft Word - 2 答申概要.doc 情 報 公 開 審 査 会 答 申 の 概 要 答 申 第 658 号 ( 諮 問 第 1119 号 ) 名 陳 述 書 の 法 的 性 格 について 記 載 した 文 書 等 の 不 開 示 ( 不 存 在 ) 決 定 に 関 する 不 開 示 決 定 ( 平 成 23 年 5 月 2 日 ) 原 処 分 本 開 示 請 求 は 教 育 委 員 会 に 対 するもので 本 請 求 対 象 文 書

More information

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc

Microsoft Word - 20年度(行情)答申第581号.doc 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 20 年 4 月 15 日 ( 平 成 20 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 204 号 ) 答 申 日 : 平 成 21 年 3 月 31 日 ( 平 成 20 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 581 号 ) 事 件 名 : インド 洋 方 面 における 対 米 支 援 用 燃 料 の 供 給 能 力 の 調 査 結 果 につい て の

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2088E38BC696968EFB8BE08AC7979D89F18EFB8BC696B18376838D837C815B8355838B70646697702E646F63> 盛 岡 市 立 病 院 医 業 末 収 金 管 理 回 収 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 平 成 21 年 8 月 3 日 盛 岡 市 立 病 院 1. 目 的 医 業 未 収 金 については 全 国 的 に 医 療 機 関 の 運 営 に 支 障 を 及 ぼす 大 きな 問 題 となっ ており 未 収 金 対 策 の 充 実 強 化 は 喫 緊 の 課 題 となっている 盛 岡

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

H28.4月_情報公開・個人情報保護の手引

H28.4月_情報公開・個人情報保護の手引 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 務 の 手 引 平 成 28 年 4 月 青 森 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 務 の 手 引 総 目 次 Ⅰ 青 森 県 情 報 公 開 条 例 の 解 釈 運 用 基 準 1 Ⅱ 青 森 県 個 人 情 報 保 護 条 例 の 解 釈 運 用 基 準 79 Ⅲ 青 森 県 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 条 例 の

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の

Page 2 of 5 (2) 個 人 情 報 の 漏 えい 改 ざん 滅 失 棄 損 その 他 の 事 故 を 防 止 すること 2 実 施 機 関 は 不 必 要 となった 個 人 情 報 については 速 やかに 廃 棄 し 又 は 消 去 しなければな ( 個 人 情 報 の 管 理 等 の Page 1 of 5 伊 東 市 個 人 情 報 保 護 条 例 平 成 9 年 4 月 1 日 伊 東 市 条 例 第 14 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 個 人 情 報 の 管 理 等 ( 第 6 条 第 12 条 ) 第 3 章 自 己 情 報 の 開 示 等 ( 第 13 条 第 20 条 ) 第 4 章 救 済 手 続 及 び 救 済 機 関

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5>

< F2D81798CF6955C A87408DB289EA8CA78CF688C088CF88F5> 佐 賀 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 等 規 則 ( 平 成 15 年 2 月 12 日 佐 賀 県 公 安 委 員 会 規 則 第 2 号 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 法 律 法 律 に 基 づく 命 令 条 例 等 に 基 づく 佐 賀 県 公 安 委 員 会 ( 以 下 公 安 委 員 会 という )の 権 限 に 属 する 事 務 ( 知 事 の 権 限 に

More information

定   款

定   款 定 款 損 害 保 険 契 約 者 保 護 機 構 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 保 険 契 約 者 保 護 機 構 ( 以 下 本 機 構 という )は 保 険 業 法 ( 平 成 7 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )の 定 めるところにより 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会

More information

税務証明事務取扱要綱

税務証明事務取扱要綱 税 務 証 明 及 び 閲 覧 事 務 取 扱 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ) 第 2 章 証 明 交 付 及 び 閲 覧 事 務 ( 第 2 条 ~ 第 5 条 ) 第 3 章 証 明 閲 覧 申 請 者 及 びその 確 認 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 4 章 手 数 料 ( 第 18 条 ~ 第 19 条 ) 第 5 章 証 明 書 の 様 式 ( 第 20

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC096B18AEE8F80874B82538D862E646F63> 厚 生 年 金 基 金 実 務 基 準 第 4 号 [ 平 成 17 年 4 月 改 訂 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 分 配 の 実 務 基 準 [ 内 容 ] 基 金 解 散 時 の 最 低 積 立 基 準 額 の 算 定 基 金 解 散 時 の 分 配 < 参 考 資 料 > 解 散 実 務 の 流 れ( 例 ) [ 留 意 事 項 ] 解 散 時 の 最

More information

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc

Microsoft Word - 監査結果 H24.9.27 最終.doc 広 監 第 100027 号 平 成 24 年 9 月 27 日 請 求 人 ( 略 ) 広 島 市 監 査 委 員 南 部 盛 一 同 井 上 周 子 同 谷 口 修 同 平 木 典 道 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 監 査 結 果 について( 通 知 ) 平 成 24 年 8 月 13 日 付 けで 受 け 付 けた 広 島 市 職 員 に 関 する 措 置 請

More information

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4

例 を 適 用 した 上 で, 平 成 22 年 4 月 26 日 付 け 防 官 文 第 5676 号 によ り 表 紙 部 分 を 全 部 開 示 し, 同 年 12 月 22 日 付 け 防 官 文 第 15726 号 により, 本 件 対 象 文 書 について, 法 5 条 1 号 ないし4 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 23 年 3 月 31 日 ( 平 成 23 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 153 号 ) 答 申 日 : 平 成 24 年 1 月 17 日 ( 平 成 23 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 422 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 19 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関 する 件 答 申 書 第

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが

必 要 なものとして 政 令 で 定 める 原 材 料 等 の 種 類 及 びその 使 用 に 係 る 副 産 物 の 種 類 ごとに 政 令 で 定 める 業 種 をいう 8 この 法 律 において 特 定 再 利 用 業 種 とは 再 生 資 源 又 は 再 生 部 品 を 利 用 することが 資 源 の 有 効 な 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 四 月 二 十 六 日 法 律 第 四 十 八 号 ) 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 主 要 な 資 源 の 大 部 分 を 輸 入 に 依 存 している 我 が 国 にお いて 近 年 の 国 民 経 済 の 発 展 に 伴 い 資 源 が 大 量 に 使 用 されていることにより

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

< F31322D90528DB88AEE8F80955C8E DA8E9F >

< F31322D90528DB88AEE8F80955C8E DA8E9F > 行 政 機 関 の 保 有 する 情 報 の 公 開 に 関 する 法 律 に 基 づく 開 示 決 定 等 に 関 する 審 査 基 準 外 務 省 ( 平 成 13 年 4 月 制 定 ) ( 平 成 18 年 3 月 改 正 ) 目 次 Ⅰ. 情 報 公 開 法 第 五 条 本 文 ( 開 示 / 不 開 示 に 係 る 基 本 的 考 え 方 等 ) P.1 Ⅱ. 情 報 公 開 法 第 五

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

賛 助 会 員 名 称

賛 助 会 員 名 称 東 京 都 社 会 保 険 労 務 士 会 会 昭 和 53 年 11 月 2 日 昭 和 53 年 11 月 30 日 認 可 昭 和 54 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 54 年 6 月 26 日 認 可 昭 和 55 年 5 月 21 日 改 正 昭 和 55 年 6 月 10 日 認 可 昭 和 57 年 3 月 5 日 改 正 昭 和 57 年 3 月 31 日 認 可 昭 和 57

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477>

<90B3967B816930393330816A81798E9096E291E63139308D86817A939A905C2E786477> 静 情 審 第 2 1 号 平 成 26 年 9 月 30 日 静 岡 県 知 事 様 静 岡 県 情 報 公 開 審 査 会 会 長 興 津 哲 雄 静 岡 県 情 報 公 開 条 例 第 19 条 の 規 定 に 基 づく 諮 問 について( 答 申 ) 平 成 26 年 1 月 29 日 付 け 医 疾 第 1330 号 による 下 記 の 諮 問 について 別 紙 のとおり 答 申 し ます

More information

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc

Microsoft Word - 21 不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(平成26年11月).doc 参 考 資 料 6 不 動 産 投 資 信 託 及 び 不 動 産 投 資 法 人 に 関 する 規 平 成 13 年 3 月 16 日 制 定 平 成 13 年 5 月 24 日 改 正 平 成 13 年 9 月 21 日 改 正 平 成 16 年 3 月 19 日 改 正 平 成 17 年 11 月 18 日 改 正 平 成 18 年 4 月 21 日 改 正 平 成 19 年 2 月 16 日

More information

ninki-kyuyo

ninki-kyuyo 任 期 制 職 員 給 与 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 17 号 ) 改 正 ( 平 成 27 年 10 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 31 号 ) 改 正 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 平 成 28 年 規 程 第 43 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 13 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 本

More information

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を

中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 (2002 年 8 月 3 日 中 華 人 民 共 和 国 国 務 院 令 第 358 号 公 布 ) 第 一 章 総 則 第 一 条 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 ( 以 下 商 標 法 と 略 称 )に 基 づき 本 条 例 を 中 華 人 民 共 和 国 商 標 法 実 施 条 例 2002 年 8 月 3 日 公 布 独 立 行 政 法 人 日 本 貿 易 振 興 機 構 (ジェトロ) 北 京 センター 知 的 財 産 権 部 編 本 資 料 は 仮 訳 の 部 分 を 含 みます ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 などをできる 限 り 正 確 に 記 するよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3231944E937881698D738FEE816A939A905C91E63433378D862E646F63> 諮 問 庁 : 防 衛 大 臣 諮 問 日 : 平 成 2 1 年 2 月 1 9 日 ( 平 成 2 1 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 1 0 9 号 ) 答 申 日 : 平 成 2 1 年 1 2 月 1 5 日 ( 平 成 2 1 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 4 3 7 号 ) 事 件 名 : 陸 上 自 衛 隊 史 ( 平 成 1 8 年 度 )の 一 部 開 示 決 定 に 関

More information

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc)

(Microsoft Word - \222\350\212\274\201i19\224N6\214\216\201j.doc) 定 款 平 成 19 年 6 月 全 国 商 工 会 連 合 会 全 国 商 工 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 商 工 会 連 合 会 ( 以 下 本 連 合 会 という )は 商 工 会 及 び 都 道 府 県 商 工 会 連 合 会 の 健 全 な 発 達 を 図 り もって 商 工 業 の 振 興 に 寄 与 することを 目 的 と する ( 名

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

(2)各論

(2)各論 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 基 本 要 領 平 成 24 年 2 月 1 日 中 小 企 業 の 会 計 に 関 する 検 討 会 目 次 Ⅰ. 総 論 1. 目 的 1 2. 本 要 領 の 利 用 が 想 定 される 会 社 1 3. 企 業 会 計 基 準 中 小 指 針 の 利 用 2 4. 複 数 ある 会 計 処 理 方 法 の 取 扱 い 2 5. 各 論 で 示 していない

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論

審 査 請 求 人 は, 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 審 査 会 に 付 された 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 357 号 に 係 る 事 件 の 証 拠 を 収 集 する 目 的 で 本 件 文 書 を 請 求 した 当 該 事 件 については, 審 査 会 の 結 論 諮 問 庁 : 国 税 庁 長 官 諮 問 日 : 平 成 26 年 10 月 24 日 及 び 平 成 27 年 1 月 26 日 ( 平 成 26 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 576 号 及 び 平 成 27 年 ( 行 情 ) 諮 問 第 28 号 ) 答 申 日 : 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 平 成 27 年 度 ( 行 情 ) 答 申 第 45 号 及 び 同 第 46

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本

なお 生 存 しない 個 人 に 関 する 情 報 が 同 時 に 遺 族 等 の 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 に 当 たる 場 合 には 当 該 生 存 する 個 人 に 関 する 情 報 となる また 企 業 名 等 法 人 その 他 の 団 体 に 関 する 情 報 は 基 本 金 融 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン 第 1 条 目 的 ( 法 第 1 条 関 連 ) 1 本 ガイドラインは 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 以 下 法 という ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 15 年 政 令 第 507 号 以 下 施 行 令 という

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版)

会社法施行規則及び会社計算規則による株式会社の各種書類のひな型(改訂版) 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 規 則 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 2010 年 12 月 17 日 社 団 法 人 日 本 経 済 団 体 連 合 会 経 済 法 規 委 員 会 企 画 部 会 会 社 法 施 行 規 則 及 び 会 社 計 算 による 株 式 会 社 の 各 種 書 類 のひな 型 ( 改 訂 版 ) 目 次

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

7-25給与規則160303

7-25給与規則160303 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 教 職 員 給 与 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 1 1 3 号 ( 目 的 ) 改 正 平 成 17. 3.28 16 規 則 220 平 成 17.11. 1 17 規 則 16 平 成 17.12. 1 17 規 則 22 平 成 18. 4. 1 18 規 則 4 平 成 19. 4. 1 19 規 則 9 平 成 19. 5.17

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

Taro-SPC 130417 栄

Taro-SPC 130417 栄 特 定 目 的 会 社 (SPC)の 法 務 会 計 税 務 Ⅰ. 特 定 目 的 会 社 の 法 的 概 要 1. 特 定 目 的 会 社 とは 特 定 目 的 会 社 (SPC:Special Purpose Company)とは 資 産 流 動 化 を 目 的 とし 資 産 を 受 け 入 れると 共 に その 資 産 価 値 及 び 将 来 の 収 益 価 値 を 担 保 に 資 金 調 達

More information

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直

営 業 利 益 法 といった 利 益 法 は 基 本 三 法 を 用 いることができない 場 合 に 限 り 適 用 すること とされていた しかしながら 平 成 22 年 7 月 OECD において こうした 優 先 順 位 が 実 態 に 沿 わなくなっていること 等 を 背 景 とした 見 直 租 税 特 別 措 置 法 関 係 通 達 ( 法 人 税 編 ) 関 係 第 66 条 の4 国 外 関 連 者 との 取 引 に 係 る 課 税 の 特 例 関 係 平 成 23 年 6 月 の 税 制 改 正 において 平 成 22 年 7 月 の OECD 移 転 価 格 ガイドラインの 改 定 を 踏 まえ 以 下 の1 及 び2の 事 項 について 法 令 上 の 措 置 が 講 じられた

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の

連 がある 者 でないこと (5) 自 己 又 は 自 己 の 役 員 等 が 次 のいずれにも 該 当 しない 者 であること 及 び 次 に 掲 げる 者 が その 経 営 に 実 質 的 に 関 与 していない 者 であること ア 暴 力 団 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 平 成 28 年 3 月 8 日 社 会 医 療 法 人 社 団 大 久 保 病 院 理 事 長 大 久 保 健 作 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 について ( 公 告 ) 大 久 保 病 院 救 急 外 来 等 増 改 築 工 事 請 負 契 約 に 係 る 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい

また あわせて 平 成 16 年 8 月 1 日 付 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 通 知 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 公 共 団 体 の 一 般 職 の 任 期 付 職 員 の 採 用 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 の 運 用 につい 総 行 公 第 59 号 平 成 26 年 7 月 4 日 各 都 道 府 県 知 事 ( 人 事 担 当 課 市 町 村 担 当 課 区 政 課 扱 い) 各 指 定 都 市 市 長 ( 人 事 担 当 課 扱 い) 各 人 事 委 員 会 委 員 長 殿 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 長 臨 時 非 常 勤 職 員 及 び 任 期 付 職 員 の 任 用 等 について 現 在

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾

第8 犯罪被害者負担額 1 犯罪被害者負担額の定義法第9条第2項に定める犯罪被害者負担額は、犯罪行為により負傷し、又は疾 審 査 基 準 平 成 26 年 11 月 6 日 作 成 法 令 名 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 等 による 犯 罪 被 害 者 等 の 支 援 に 関 する 法 律 根 拠 条 項 : 第 11 条 第 1 項 処 分 の 概 要 : 犯 罪 被 害 者 等 給 付 金 の 支 給 についての 裁 定 原 権 者 ( 委 任 先 ): 京 都 府 公 安 委 員 会 法

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 主 要 税 目 ( 地 方 税 )の 税 収 ( 決 算 額 地 方 財 政 計 画 ベース)の 推 移 10 11 固 定 資 産 税 の 性 格 1 わが 国 税 制 の 現 状 と 課 題 -21 世 紀 に 向 けた 国 民 の 参 加 と 選 択 -( 抄 )( 平 成 12 年 7 月 税 制 調 査 会 ) 第 一 基 本 的 考 え 方 四 税 制 の 検 討 の 視 点 4. 地

More information

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相

以 上 によれば, 本 件 著 作 物 1が 編 集 著 作 物 であるとしても, 本 件 寄 附 行 為 によ る 移 転 の 対 象 である 生 命 の 實 相 の 著 作 権 には 本 件 著 作 物 1の 構 成 素 材 である 論 文 の 著 作 権 が 含 まれるものと 解 される 相 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 教 文 社 及 び 教 団 による 著 作 権 侵 害 の 違 法 出 版 差 止 め 請 求 の 訴 訟 に ついて 公 益 財 団 法 人 生 長 の 家 社 会 事 業 団 ⑴ 株 式 会 社 日 本 教 文 社 による 生 命 の 實 相 の 類 纂 生 命 の 教 育 の 違 法 出 版 の 差 止 請 求 について 平 成

More information