13_1304_ xlsx

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "13_1304_ xlsx"

Transcription

1 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能 予 定 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 分 野 ごと 情 報 基 本 情 報 ( 職 員 配 置 届 出 状 況 など) 患 者 入 退 院 等 状 況 医 療 内 容 に 関 する 情 報 ( 手 術 リハビリテーション 実 施 状 況 など) 病 床 状 況 診 療 科 入 院 基 本 料 及 び 届 出 病 床 数 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 届 出 状 況 職 員 数 状 況 入 院 患 者 状 況 ( 年 間 ) 入 院 患 者 状 況 ( 月 間 / 入 院 前 場 所 退 院 先 場 所 状 況 ) 退 院 後 に 在 宅 医 療 を 必 要 とする 患 者 状 況 在 宅 医 療 を 行 った 患 者 数 看 取 りを 行 った 患 者 数 手 術 状 況 がん 脳 卒 中 心 筋 梗 塞 分 娩 精 神 医 療 へ 対 応 状 況 重 症 患 者 へ 対 応 状 況 救 急 医 療 実 施 状 況 急 性 期 後 支 援 在 宅 復 帰 支 援 状 況 退 院 調 整 部 門 設 置 状 況 全 身 管 理 状 況 医 療 機 器 台 数 リハビリテーション 実 施 状 況 有 床 診 療 所 病 床 役 割 長 期 療 養 患 者 受 入 状 況 重 度 障 害 児 等 受 入 状 況 ( 留 意 事 項 ) 公 表 している 項 目 中 には 診 療 報 酬 制 度 上 で 定 められた 診 療 行 為 定 義 に 従 って 集 計 した 項 目 が 多 くありますが そ 項 目 解 説 については 医 療 関 係 者 以 外 方 にも 分 かりやすい 表 現 とする 趣 旨 で 記 載 しているため 診 療 報 酬 制 度 上 定 義 を 詳 細 には 記 載 していない 場 合 があります また 公 表 している 項 目 中 には 個 人 情 報 保 護 観 点 から 1 以 上 10 未 満 値 を * で 秘 匿 している 項 目 があります 基 本 情 報 ( 職 員 配 置 届 出 状 況 など) 病 床 状 況 一 般 病 床 許 可 病 床 稼 働 病 床 許 可 病 床 医 療 機 関 病 床 (ベッド)は 法 律 ( 医 療 法 ) 許 可 を 得 た 上 で 設 置 することとされており 許 可 を 受 けた 病 床 うち 過 去 1 年 間 に 実 際 に 患 者 を 受 け 入 れた 病 床 数 を 稼 働 病 床 数 として 示 しています また 医 療 法 では 病 床 うち 主 として 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とする 患 者 が 入 院 するため 病 床 を 療 養 病 床 と 呼 んで 区 分 しています 療 養 病 床 中 には 医 療 保 険 を 適 用 した 医 療 サービスを 提 供 するではなく 介 護 保 険 を 適 用 した 介 護 サービスを 提 供 する 病 床 もあります 前 者 は 医 療 療 養 病 床 後 者 は 介 護 療 養 病 床 と 呼 んでいます 6 床 6 床 療 養 病 床 稼 働 病 床 うち 医 療 療 養 病 床 うち 医 療 療 養 病 床 上 記 うち 医 療 法 上 経 過 措 置 に 該 当 する 病 床 数 病 室 広 さは 患 者 一 人 あたり6.4 平 方 メートル 以 上 と 定 められていますが 平 成 13 年 3 月 1 日 以 前 に 許 可 を 受 けた 医 療 機 関 は 6.4 平 方 メートル 未 満 でも 可 とされています 値 は 患 者 一 人 あたり6.4 平 方 メートル 未 満 病 床 数 です 6 床 診 療 科 主 とする 診 療 科 複 数 ある 場 合 上 位 3つ 5 割 以 上 患 者 を 診 療 している 診 療 科 を 主 とする 診 療 科 として 示 しています 5 割 を 超 える 診 療 科 がない 場 合 は 上 位 3つ 診 療 科 を 示 しています - 産 婦 人 科 産 科 婦 人 科 1

2 入 院 基 本 料 及 び 届 出 病 床 数 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 入 院 基 本 料 とは 入 院 時 基 本 料 金 に 該 当 する 点 数 ですが 種 類 によっては 基 本 料 金 だけでなく 一 定 検 査 や 薬 費 用 などが 包 括 されている 場 合 もあります 病 床 を 利 用 する 患 者 状 態 や 職 員 配 置 状 況 に 応 じて 入 院 1 日 あたり 点 数 が 設 定 されていて 様 々な 区 分 があります こ 項 目 は 医 療 機 関 において ど 入 院 基 本 料 病 床 がいくつ 設 定 され( 届 出 病 床 数 ) 実 際 にどれだけ 患 者 に そ 入 院 料 が 適 用 されているか(レセプト 件 数 )を 示 します 6 床 入 院 基 本 料 ごとレセプト 件 数 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 ( 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 例 により 算 定 ) 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 有 床 診 療 所 療 養 病 床 特 別 入 院 基 本 料 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 ( 有 床 診 療 所 入 院 基 本 料 例 により 算 定 ) 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 届 出 状 況 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 届 出 有 無 在 宅 療 養 支 援 診 療 所 とは 24 時 間 往 診 が 可 能 な 体 制 を 確 保 し また 他 医 療 機 関 や 訪 問 看 護 ステーションと 連 携 により24 時 間 訪 問 看 護 提 供 が 可 能 な 体 制 を 確 保 している 診 療 所 ことです 無 職 員 数 状 況 看 護 師 准 看 護 師 看 護 補 助 者 助 産 師 理 学 療 法 士 作 業 療 法 士 言 語 聴 覚 士 薬 剤 師 臨 床 工 学 技 士 医 療 機 関 内 各 部 門 に 配 置 されている 職 員 数 です ( 参 考 ) 理 学 療 法 士 座 る 立 つ 歩 くなど 基 本 動 作 ができるように 身 体 基 本 的 機 能 回 復 をサポートするリハビリテーション 専 門 職 です 筋 力 や 関 節 可 動 域 など 身 体 機 能 を 改 善 する 運 動 療 法 を 行 ったり 温 熱 光 線 電 気 などを 用 いて 痛 みや 循 環 改 善 を 図 る 物 理 療 法 を 行 ったりします ( 参 考 ) 作 業 療 法 士 指 を 動 かす 食 事 をするなど 日 常 生 活 を 送 る 上 で 必 要 な 諸 機 能 回 復 維 持 をサポートするリハビリテーション 専 門 職 です 作 業 療 法 手 段 には 土 木 陶 芸 園 芸 織 物 料 理 手 芸 絵 画 音 楽 などがあり 個 人 あるいは 集 団 で 行 います ( 参 考 ) 言 語 聴 覚 士 上 手 く 話 せない 声 が 出 にくいなどコミュニケーション や 食 べ 物 を 飲 み 込 むなど 能 力 に 問 題 が 生 じている 場 合 に そ 回 復 をサポートするリハビリテーション 専 門 職 です 障 害 が 起 こっているメカニズムを 明 らかにし 対 処 法 を 探 るために 検 査 評 価 し 必 要 に 応 じて 訓 練 やアドバ イスを 行 います 入 院 部 門 職 員 数 手 術 室 外 来 部 門 そ 他 7 人 3 人 2 人 2 人 人 2 人 0.5 人 0.5 人 人 2 人 2 人 退 院 調 整 部 門 設 置 状 況 退 院 調 整 部 門 有 無 退 院 調 整 部 門 とは 退 院 先 検 討 や 退 院 後 に 必 要 な 訪 問 診 療 や 訪 問 看 護 介 護 サービス 紹 介 等 を 行 う 専 門 部 署 です こ 項 目 は そうした 部 門 設 置 状 況 と そこで 勤 務 する 職 員 人 数 を 示 します 有 医 師 ( 参 考 )MSW(メディカルソーシャルワーカー) 患 者 家 族 心 理 的 社 会 的 問 題 解 決 調 整 を 支 援 し 社 会 復 帰 促 進 を 図 る 専 門 職 です 1 人 1. 看 護 職 員 7 人 7. 退 院 調 整 部 門 に 勤 務 する 人 数 MSW MSWうち 社 会 福 祉 士 事 務 員 3 人 3. そ 他 0. 2

3 医 療 機 器 台 数 C T ス マ ラ ル イ チ ス 64 列 以 上 16 列 以 上 64 列 未 満 16 列 未 満 CTは X 線 ( 放 射 線 )を 使 って 身 体 断 面 を 撮 影 する 装 置 です 列 数 が 多 いほど 同 じ 範 囲 をより 短 時 間 より 細 か く 撮 影 することができます 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 です そ 他 M R I 3T 以 上 1.5T 以 上 3T 未 満 1.5T 未 満 MRIは 主 に 磁 気 を 利 用 して 身 体 断 面 を 撮 影 する 装 置 です T(テスラ)は 磁 気 強 さを 表 す 単 位 で 値 が 大 きい ほど 高 画 質 画 像 が 得 られます 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 です 血 管 連 続 撮 影 装 置 血 管 連 続 撮 影 装 置 は X 線 では 映 らない 血 管 状 態 を 撮 影 するため 装 置 です 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 で す SPECT SPECTは 特 殊 な 薬 剤 を 注 射 したあとに 撮 影 することで 体 なか 血 液 分 布 を 調 べる 装 置 です とくに 脳 血 管 障 害 や 心 疾 患 診 断 に 用 いられます 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 です PET そ 他 PETCT PETMRI PETCTは 診 断 精 度 を 向 上 させるためにPETとCTを 組 み 合 わせた 装 置 です 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 です PETMRIは 診 断 精 度 を 向 上 させるためにPETとMRIを 組 み 合 わせた 装 置 です 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 で す 強 度 変 調 放 射 線 治 療 器 強 度 変 調 放 射 線 治 療 器 は 腫 瘍 に 精 確 に 放 射 線 を 照 射 する 装 置 です 値 は 医 療 機 関 が 保 有 する 台 数 です 遠 隔 操 作 式 密 封 小 線 源 治 療 装 置 遠 隔 操 作 式 密 封 小 線 源 治 療 装 置 は 体 内 側 から 放 射 線 を 照 射 する 機 能 を 持 つ 装 置 です 値 は 医 療 機 関 が 保 有 す る 台 数 です 有 床 診 療 所 病 床 役 割 病 院 から 早 期 退 院 患 者 在 宅 介 護 施 設 へ 受 け 渡 し 機 能 専 門 医 療 を 担 って 病 院 役 割 を 補 完 する 機 能 病 床 (ベッド) 数 が2 以 上 医 療 機 関 を 病 院 病 床 がなく 外 来 診 療 みを 行 うもや 病 床 が19 床 以 下 医 療 機 関 を 診 療 所 と 呼 びます 診 療 所 うち 病 床 をもつ 診 療 所 を 有 床 診 療 所 と 呼 びます 診 療 所 は 地 域 ニーズに 対 応 して 多 様 な 役 割 を 担 っています こ 項 目 は 左 記 うち 具 体 的 にどような 機 能 を 担 っているかを 示 します 緊 急 時 に 対 応 する 機 能 在 宅 医 療 拠 点 として 機 能 終 末 期 医 療 を 担 う 機 能 上 記 いずれにも 該 当 しない TOPへ 戻 る 3

4 患 者 入 退 院 等 状 況 入 院 患 者 状 況 ( 年 間 ) 年 間 新 規 入 院 患 者 数 ( 年 間 ) うち 急 変 による 入 院 患 者 うち 他 急 性 期 医 療 を 担 う 病 院 一 般 病 棟 から 受 入 割 合 在 院 患 者 延 べ 数 ( 年 間 ) 退 院 患 者 数 ( 年 間 ) 平 成 25 年 7 月 から 平 成 26 年 7 月 まで1 年 間 に 入 院 退 院 した 患 者 状 況 を 示 す 項 目 です 243 人 0.0% 243 人 243 人 入 院 患 者 状 況 ( 月 間 / 入 院 前 場 所 退 院 先 場 所 状 況 ) 新 規 入 院 患 者 数 (1ヶ 月 間 ) うち 家 庭 から 入 院 入 うち 他 病 院 診 療 所 から 転 院 院 前 うち 介 護 施 設 福 祉 施 設 から 入 院 場 所 うち 院 内 出 生 そ 他 1 退 院 患 者 数 (1ヶ 月 間 ) ヶ 月 うち 家 庭 へ 退 院 間 うち 他 病 院 診 療 所 へ 転 院 退 うち 介 護 老 人 保 健 施 設 に 入 所 院 先 うち 介 護 老 人 福 祉 施 設 に 入 所 場 うち 社 会 福 祉 施 設 有 料 老 人 ホーム 等 に 入 所 所 うち 死 亡 退 院 等 そ 他 平 成 26 年 6 月 1か 月 間 に 入 院 を 受 け 入 れた 患 者 入 院 前 場 所 退 院 した 患 者 退 院 先 場 所 を 示 す 項 目 です 28 人 2 8 人 2 2 退 院 後 に 在 宅 医 療 を 必 要 とする 患 者 状 況 退 院 患 者 数 (1ヶ 月 間 ) 退 院 後 1か 月 以 内 に 自 院 が 在 宅 医 療 を 提 供 する 予 定 患 者 数 退 院 後 1か 月 以 内 に 他 施 設 が 在 宅 医 療 を 提 供 する 予 定 患 者 退 院 後 1か 月 以 内 に 在 宅 医 療 を 必 要 と しない 患 者 ( 死 亡 退 院 含 む) 退 院 後 1か 月 以 内 に 在 宅 医 療 実 施 予 定 が 不 明 患 者 平 成 26 年 6 月 1か 月 間 に 退 院 した 患 者 に 対 する 在 宅 医 療 提 供 必 要 性 に 関 する 項 目 です 2 在 宅 医 療 を 行 った 患 者 数 往 診 を 実 施 した 患 者 延 べ 数 訪 問 診 療 を 実 施 した 患 者 延 べ 数 定 期 的 計 画 的 に 患 者 宅 を 訪 問 して 診 療 することを 訪 問 診 療 といい 緊 急 時 などに 患 者 求 めに 応 じて 訪 問 して 診 療 することを 往 診 といいます 値 は これら 診 療 を 行 った 患 者 延 べ 数 です 看 取 りを 行 った 患 者 数 直 近 1 年 間 で 在 宅 療 養 を 担 当 した 患 者 うち 医 療 機 関 以 外 で 看 取 り 数 ( 年 間 ) うち 自 宅 で 看 取 り 数 うち 自 宅 以 外 で 看 取 り 数 直 近 1 年 間 で 在 宅 療 養 を 担 当 した 患 者 うち 医 療 機 関 で 看 取 り 数 ( 年 間 ) うち 連 携 医 療 機 関 で 看 取 り 数 うち 連 携 医 療 機 関 以 外 で 看 取 り 数 患 者 死 期 まで 見 守 り 臨 終 に 付 きそうことを 看 取 りといいます 値 は 平 成 25 年 7 月 から 平 成 26 年 6 月 まで1 年 間 に 在 宅 療 養 を 担 当 し 看 取 りまで 支 援 した 患 者 について そ 看 取 りを 行 った 場 所 や 数 を 示 しています TOPへ 戻 る 4

5 医 療 内 容 に 関 する 情 報 ( 手 術 リ ハビ リ テーショ ン 実 施 状 況 など) 手 術 状 況 手 術 総 数 臓 器 別 状 況 皮 膚 皮 下 組 織 筋 骨 格 系 四 肢 体 幹 神 経 系 頭 蓋 眼 耳 鼻 咽 喉 顔 面 口 腔 頸 部 胸 部 心 脈 管 腹 部 尿 路 系 副 腎 性 器 歯 科 全 身 麻 酔 手 術 件 数 臓 器 別 状 況 皮 膚 皮 下 組 織 筋 骨 格 系 四 肢 体 幹 神 経 系 頭 蓋 眼 耳 鼻 咽 喉 顔 面 口 腔 頸 部 胸 部 心 脈 管 腹 部 尿 路 系 副 腎 性 器 歯 科 胸 腔 鏡 下 手 術 腹 腔 鏡 下 手 術 内 視 鏡 手 術 用 支 援 機 器 加 算 手 術 を 受 けた 患 者 数 と 手 術 対 象 となった 臓 器 別 患 者 数 です 全 身 麻 酔 を 用 いて 手 術 を 受 けた 患 者 数 と 手 術 対 象 となった 臓 器 別 患 者 数 です 胸 部 を 切 り 開 くことはせず 胸 部 に 開 けた 小 さな 穴 から 胸 部 用 内 視 鏡 など 器 具 を 入 れて 行 う 手 術 で きょうくう きょうかしゅじゅつ と 読 みます 値 はこ 手 術 を 行 った 患 者 数 です 腹 部 を 切 り 開 くことはせず 腹 部 に 開 けた 小 さな 穴 から 腹 部 用 内 視 鏡 など 器 具 を 入 れて 行 う 手 術 で ふくくうきょ う かしゅじゅつ と 読 みます 値 はこ 手 術 を 行 った 患 者 数 です 内 視 鏡 手 術 ロボットを 用 いて 前 立 腺 がん 手 術 を 行 った 患 者 数 です 5

6 がん 脳 卒 中 心 筋 梗 塞 分 娩 精 神 医 療 へ 対 応 状 況 (がん) 悪 性 腫 瘍 手 術 がんを 取 るため 手 術 です 値 は 手 術 を 行 った 患 者 数 です 病 理 組 織 標 本 作 製 術 中 迅 速 病 理 組 織 標 本 作 製 放 射 線 治 療 化 学 療 法 がん 患 者 指 導 管 理 料 1 及 び2 患 者 身 体 から 採 取 した 細 胞 や 組 織 等 を 観 察 し 病 気 確 定 診 断 をすることを 病 理 診 断 といいます 病 気 早 期 発 見 や 治 療 方 針 選 択 治 療 効 果 判 定 等 にも 役 立 ちます 値 は 病 理 診 断 に 必 要 な 標 本 ( 細 胞 組 織 片 等 )を 作 成 した 患 者 数 です 病 気 良 性 悪 性 判 断 や 切 除 範 囲 を 決 めるため 手 術 中 に 病 理 診 断 をすることを 術 中 迅 速 診 断 といいます そた め 病 理 組 織 標 本 作 製 を 手 術 中 に 行 った 患 者 数 です がんに 放 射 線 を 当 てる( 照 射 する)ことで がんを 縮 小 させる 治 療 を 放 射 線 治 療 といいます 値 は 放 射 線 治 療 を 行 った 患 者 数 です 化 学 療 法 は 抗 がん 剤 によりがんを 殺 したり 小 さくしたりする 治 療 法 です 値 は 化 学 療 法 を 行 った 患 者 数 です (ここ でいう 抗 がん 剤 とは 総 務 大 臣 が 定 める 日 本 標 準 商 品 分 類 における 8742 腫 瘍 用 薬 に 指 定 されている 医 薬 品 ことを 指 します ) がん 患 者 が 診 断 結 果 や 治 療 方 法 を 理 解 し 納 得 いく 治 療 方 針 を 選 択 できるよう 専 門 的 な 研 修 を 受 けた 医 師 や 看 護 師 が 文 書 で 説 明 や 相 談 指 導 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 相 談 や 指 導 を 行 った 患 者 数 です 抗 悪 性 腫 瘍 剤 局 所 持 続 注 入 肝 動 脈 塞 栓 を 伴 う 抗 悪 性 腫 瘍 剤 肝 動 脈 内 注 入 がん 患 者 に 対 し カテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 ) 等 を 用 いて 動 脈 や 静 脈 等 に 抗 がん 剤 を 持 続 的 に 注 入 する 治 療 です 値 はこ 治 療 を 行 った 患 者 数 です 肝 臓 がん 患 者 に 対 し カテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 用 いて 肝 動 脈 内 に 抗 がん 剤 を 投 入 する 治 療 方 法 を 抗 悪 性 腫 瘍 剤 肝 動 脈 内 注 入 といいます 同 時 に 動 脈 血 流 を 遮 断 する 物 質 を 注 入 することで 肝 臓 がんを 殺 す 治 療 です 値 はこ 治 療 を 行 った 患 者 数 です ( 脳 卒 中 ) 超 急 性 期 脳 卒 中 加 算 脳 血 管 内 手 術 脳 梗 塞 患 者 に 対 し 発 症 後 速 やかに 薬 剤 を 投 与 して 血 栓 を 溶 かす 治 療 を 行 ったことを 示 す 項 目 です 値 はこ 治 療 を 行 った 患 者 数 です 脳 血 管 内 手 術 は 脳 動 脈 瘤 等 患 者 に 対 し 頭 蓋 骨 を 切 り 開 く 開 頭 手 術 をせず カテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 用 いて 脳 血 管 内 側 から 患 部 を 治 療 する 手 術 です 値 はこ 手 術 を 行 った 患 者 数 です ( 心 筋 梗 塞 ) 経 皮 的 冠 動 脈 形 成 術 経 皮 的 冠 動 脈 形 成 術 は 狭 心 症 や 心 筋 梗 塞 等 患 者 に 対 し 胸 部 を 切 り 開 く 開 胸 手 術 をせず カテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 用 いて 心 臓 冠 動 脈 を 血 管 内 側 から 治 療 する 手 術 です 値 はこ 手 術 を 行 った 患 者 数 です ( 分 娩 ) 分 娩 件 数 ( 正 常 分 娩 帝 王 切 開 を 含 む 死 産 を 除 く) 分 娩 を 行 った 患 者 数 です * ( 精 神 医 療 ) 入 院 精 神 療 法 (Ⅰ) 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 入 院 精 神 療 法 は 精 神 疾 患 患 者 に 対 し 治 療 計 画 に 基 づいて 患 者 精 神 面 に 対 して 施 す 治 療 です 値 はこ 治 療 を 行 った 患 者 数 です 精 神 疾 患 患 者 に 対 し 精 神 科 医 や 専 門 看 護 師 等 が 共 同 し 多 職 種 チームとして 診 療 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 診 療 を 行 った 患 者 数 です 重 症 患 者 へ 対 応 状 況 ハイリスク 分 娩 管 理 加 算 ハイリスク 妊 産 婦 共 同 管 理 料 (Ⅱ) 救 急 搬 送 診 療 料 観 血 的 肺 動 脈 圧 測 定 持 続 緩 徐 式 血 液 濾 過 大 動 脈 バルーンパンピング 法 経 皮 的 心 肺 補 助 法 補 助 人 工 心 臓 植 込 型 補 助 人 工 心 臓 頭 蓋 内 圧 持 続 測 定 (3 時 間 を 超 えた 場 合 ) 人 工 心 肺 血 漿 交 換 療 法 吸 着 式 血 液 浄 化 法 血 球 成 分 除 去 療 法 母 体 や 胎 児 が 分 娩 時 に 危 険 な 状 態 になるリスクが 高 い 妊 産 婦 に 対 し 帝 王 切 開 など 緊 急 処 置 を 視 野 に 入 れた 分 娩 管 理 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 分 娩 管 理 を 行 った 患 者 数 です 上 記 ような 妊 産 婦 について 他 院 と 共 同 で 診 療 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 他 院 から 患 者 紹 介 を 受 け 紹 介 元 医 師 と 共 同 して 自 院 で 分 娩 管 理 を 行 った 患 者 数 です 患 者 を 救 急 車 等 で 医 療 機 関 に 搬 送 する 際 診 療 上 必 要 性 から そ 救 急 車 等 に 医 師 が 同 乗 して 診 療 を 行 ったこと を 示 す 項 目 です 値 はこような 搬 送 中 診 療 を 行 った 患 者 数 です 観 血 的 肺 動 脈 圧 測 定 は 急 性 心 筋 梗 塞 など 心 機 能 が 低 下 した 患 者 に 対 し 肺 動 脈 内 にカテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 挿 入 して 肺 動 脈 血 圧 を 測 定 する 検 査 です 値 は 検 査 を 行 った 患 者 数 です 持 続 緩 徐 式 血 液 濾 過 は 急 速 に 腎 臓 機 能 が 低 下 した 急 性 腎 不 全 等 患 者 に 対 し 持 続 的 に( 時 間 をかけて) 血 液 から 余 分 な 水 や 毒 素 老 廃 物 を 除 去 して 体 液 調 整 を 行 う 処 置 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 大 動 脈 バルーンパンピング 法 は 急 性 心 筋 梗 塞 等 患 者 に 対 し バルーン( 風 船 )ついたカテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 心 臓 に 近 い 大 動 脈 に 挿 入 し 心 臓 動 きに 合 わせてバルーンを 拡 張 収 縮 させることで 心 臓 冠 動 脈 へ 血 流 を 維 持 し 心 臓 働 きを 助 ける 手 術 です 値 は 手 術 を 行 った 患 者 数 です 経 皮 的 心 肺 補 助 法 は 重 篤 な 心 不 全 等 患 者 に 対 し 人 工 心 肺 装 置 で 血 液 循 環 を 維 持 しながら 心 肺 機 能 回 復 を 図 る 手 術 であり 外 科 的 に 胸 部 を 切 り 開 くことはせず カテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 用 いて 行 うもです 値 は 手 術 を 行 った 患 者 数 です 補 助 人 工 心 臓 は 重 篤 な 心 不 全 等 患 者 に 対 し 人 工 的 に 血 液 循 環 を 行 う 装 置 を 装 着 することで 弱 った 心 臓 を 休 ま せ そ 回 復 を 図 る 手 術 です 値 はこ 手 術 を 行 った 患 者 数 です 頭 蓋 内 圧 持 続 測 定 は 重 症 な 頭 部 外 傷 やくも 膜 下 出 血 等 患 者 に 対 し 特 殊 な 測 定 機 器 を 頭 蓋 骨 内 部 に 置 くことで 脳 周 辺 圧 力 を 持 続 的 に 測 定 する 検 査 です 値 は 検 査 を 行 った 患 者 数 です 人 工 心 肺 は 心 臓 手 術 など 際 に 一 時 的 に 心 臓 と 肺 機 能 を 代 行 する 装 置 です 値 は 人 工 心 肺 装 置 を 使 用 した 患 者 数 です 血 漿 交 換 療 法 は 劇 症 肝 炎 肝 不 全 膠 原 病 等 患 者 に 対 し 患 者 血 液 から 病 気 原 因 となる 物 質 が 含 まれる 血 漿 を 分 離 して 廃 棄 し 新 しい 血 漿 を 患 者 血 液 に 補 充 する 治 療 法 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 吸 着 式 血 液 浄 化 法 は 劇 症 肝 炎 や 肝 不 全 等 患 者 に 対 し 血 液 を 吸 着 材 に 通 すことで 血 液 中 に 蓄 積 した 老 廃 物 や 毒 素 等 を 除 去 する 治 療 法 です 値 はこ 処 置 を 行 った 患 者 数 です 血 球 成 分 除 去 療 法 は 潰 瘍 性 大 腸 炎 やクローン 病 等 自 己 免 疫 疾 患 患 者 に 対 し 血 液 から 自 分 組 織 を 攻 撃 する 白 血 球 を 除 去 する 治 療 法 です 値 はこ 処 置 を 行 った 患 者 数 です 6

7 救 急 医 療 実 施 状 況 院 内 トリアージ 実 施 料 休 日 夜 間 救 急 搬 送 医 学 管 理 料 精 神 科 疾 患 患 者 等 受 入 加 算 救 急 医 療 管 理 加 算 1 及 び2 在 宅 患 者 緊 急 入 院 診 療 加 算 救 急 搬 送 患 者 地 域 連 携 紹 介 加 算 休 日 に 受 診 した 患 者 延 べ 数 うち 診 察 後 直 ちに 入 院 となった 患 者 延 べ 数 夜 間 に 受 診 した 患 者 延 べ 数 うち 診 察 後 直 ちに 入 院 となった 患 者 延 べ 数 救 急 車 受 入 件 数 救 命 ため 気 管 内 挿 管 体 表 面 ペーシング 法 又 は 食 道 ペーシング 法 非 開 胸 的 心 マッサージ カウンターショック 心 膜 穿 刺 食 道 圧 迫 止 血 チューブ 挿 入 法 地 域 連 携 診 療 計 画 管 理 料 夜 間 や 休 日 深 夜 に 受 診 した 救 急 患 者 に 対 し そ 緊 急 度 に 応 じて 診 療 優 先 順 位 付 け( 院 内 トリアージ)を 行 って いることを 示 す 項 目 です 値 はトリアージを 行 った 患 者 数 です 夜 間 や 休 日 等 救 急 搬 送 に 対 応 していることを 示 す 項 目 です 値 は 深 夜 休 日 等 に 救 急 車 や 救 急 医 療 用 ヘリコプ ター 等 で 搬 送 され 診 療 を 行 った 患 者 数 です 夜 間 や 休 日 等 に 救 急 搬 送 される 急 性 薬 毒 物 中 毒 患 者 に 対 応 していることを 示 す 項 目 です 値 は 夜 間 や 休 日 等 に 搬 送 された 患 者 うち 過 去 6 月 以 内 に 精 神 科 受 診 歴 がある 患 者 や 急 性 薬 毒 物 中 毒 (アルコール 中 毒 は 除 く)と 診 断 された 患 者 数 です 意 識 障 害 昏 睡 等 重 篤 な 状 態 患 者 緊 急 入 院 を 受 け 入 れていることを 示 す 項 目 です 値 は 休 日 又 は 夜 間 に 緊 急 入 院 し 救 急 医 療 を 行 った 患 者 数 です 在 宅 で 療 養 中 に 病 状 が 急 変 し 入 院 が 必 要 となった 場 合 に 患 者 意 向 を 踏 まえた 医 療 が 引 き 続 き 提 供 されるよ う 他 医 療 機 関 と 連 携 する 取 組 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 他 医 療 機 関 求 めに 応 じて 緊 急 入 院 を 受 け 入 れた 患 者 数 です 医 療 機 関 間 連 携 により 救 急 医 療 機 関 負 担 を 軽 減 し 緊 急 入 院 を 円 滑 に 受 け 入 れるため 取 組 を 行 っていること を 示 す 項 目 です 値 は 緊 急 入 院 で 受 け 入 れた 患 者 を 連 携 先 医 療 機 関 に 転 院 させた 人 数 です 関 連 : 救 急 搬 送 患 者 地 域 連 携 受 入 加 算 休 日 ( 日 曜 祝 日 年 末 年 始 )に 受 診 した 患 者 数 と そうち 診 療 後 にただちに 入 院 が 必 要 となった 患 者 数 です 夜 間 ( 午 後 6 時 から 午 前 8 時 まで 間 ( 土 曜 日 場 合 は 正 午 から 午 前 8 時 まで 間 ))に 受 診 した 患 者 数 と そうち 診 療 後 にただちに 入 院 が 必 要 となった 患 者 数 です 救 急 車 や 救 急 医 療 用 ヘリコプター 等 により 搬 送 され 受 け 入 れた 患 者 数 です 気 管 内 挿 管 は 気 道 確 保 を 行 うためチューブ 等 を 口 や 鼻 から 挿 入 する 処 置 です 値 は 救 命 措 置 として 気 管 内 挿 管 を 行 った 患 者 数 です 体 表 面 食 道 ペーシングは 胸 部 または 食 道 内 に 電 極 をおき 電 極 を 介 して 心 臓 を 電 気 刺 激 する 処 置 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 非 開 胸 的 心 マッサージは 胸 部 を 開 く 等 手 術 を 伴 わない 一 般 的 な 心 臓 マッサージを 行 う 処 置 です 値 は 処 置 を 行 っ た 患 者 数 です カウンターショックは 心 停 止 した 患 者 に 対 し AEDや 専 門 医 療 機 器 等 を 用 いて 心 臓 に 電 気 ショックを 与 え 正 常 な 状 態 に 戻 す 処 置 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 心 膜 穿 刺 は 心 臓 を 覆 う 心 膜 に 針 等 を 刺 し 心 臓 に 貯 まった 水 を 排 出 する 処 置 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 食 道 圧 迫 止 血 チューブ 挿 入 法 は 食 道 静 脈 瘤 から 出 血 に 対 し 圧 迫 止 血 目 的 でチューブを 挿 入 する 処 置 です 値 は 処 置 を 行 った 患 者 数 です 大 腿 骨 頸 部 骨 折 や 脳 卒 中 患 者 について 転 院 退 院 後 治 療 を 担 う 地 域 医 療 機 関 や 介 護 施 設 が 治 療 計 画 を 共 有 し 連 携 して 診 療 ケアに 取 り 組 んでいることを 示 す 項 目 です 値 は 診 療 計 画 もと 他 医 療 機 関 や 介 護 サービス 事 業 所 に 転 院 退 院 させた 患 者 数 です 関 連 : 地 域 連 携 診 療 計 画 退 院 時 指 導 料 (Ⅰ) 人 0 件 急 性 期 後 支 援 在 宅 復 帰 支 援 状 況 救 急 在 宅 等 支 援 ( 療 養 ) 病 床 初 期 加 算 及 び 有 床 診 療 所 一 般 病 床 初 期 加 算 急 性 期 治 療 を 終 え 状 態 がある 程 度 安 定 した 患 者 や 自 宅 介 護 施 設 等 で 療 養 中 に 発 熱 などにより 入 院 が 必 要 となった 患 者 を 受 け 入 れる 取 組 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 患 者 を 受 け 入 れた 数 です 救 急 搬 送 患 者 地 域 連 携 受 入 加 算 地 域 連 携 診 療 計 画 退 院 時 指 導 料 (Ⅰ) 退 院 調 整 加 算 1( 一 般 病 棟 入 院 基 本 料 等 ) 退 院 調 整 加 算 2( 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 等 ) 退 院 時 共 同 指 導 料 2 介 護 支 援 連 携 指 導 料 医 療 機 関 間 連 携 により 救 急 医 療 機 関 負 担 を 軽 減 し 緊 急 入 院 を 円 滑 に 受 け 入 れるため 取 組 を 行 っていること を 示 す 項 目 です 値 は 他 救 急 医 療 機 関 に 緊 急 入 院 した 患 者 転 院 を 受 け 入 れた 人 数 です 関 連 : 救 急 搬 送 患 者 地 域 連 携 紹 介 加 算 大 腿 骨 頸 部 骨 折 や 脳 卒 中 患 者 について 転 院 退 院 後 治 療 を 担 う 地 域 医 療 機 関 や 介 護 施 設 が 診 療 計 画 を 共 有 し 連 携 して 診 療 ケアに 取 り 組 んでいることを 示 す 項 目 です 値 は 診 療 計 画 もと 連 携 先 医 療 機 関 から 患 者 を 受 け 入 れ 診 療 を 行 った 人 数 です 関 連 : 地 域 連 携 診 療 計 画 管 理 料 退 院 後 に 十 分 な 介 護 を 提 供 できる 体 制 がない 等 退 院 が 困 難 な 状 況 にある 患 者 に 対 して 社 会 福 祉 士 等 が 退 院 に 向 けた 計 画 を 策 定 し 必 要 な 支 援 をしていることを 示 す 項 目 です 値 は 退 院 支 援 を 行 った 患 者 数 です 退 院 後 に 在 宅 で 療 養 する 患 者 について 入 院 している 医 療 機 関 医 師 等 が 退 院 後 在 宅 医 療 を 担 う 医 師 や 訪 問 看 護 事 業 所 等 看 護 師 等 と 連 携 し, 共 同 で 患 者 に 指 導 や 説 明 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 患 者 が 入 院 している 医 療 機 関 が 指 導 や 説 明 を 行 った 患 者 数 です 退 院 後 に 導 入 することが 望 ましい 介 護 サービス 等 について 入 院 中 医 療 機 関 と 介 護 支 援 専 門 員 (ケアマネージャー) が 連 携 し 共 同 で 指 導 や 説 明 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 指 導 や 説 明 を 行 った 患 者 数 です 退 院 時 リハビリテーション 指 導 料 退 院 前 訪 問 指 導 料 退 院 際 に 患 者 に 対 し 病 状 や 退 院 後 に 生 活 する 家 屋 構 造 介 護 力 等 を 考 慮 し リハビリテーション 観 点 から 指 導 や 説 明 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 指 導 や 説 明 を 行 った 患 者 数 です 入 院 期 間 が1か 月 を 超 えると 見 込 まれる 患 者 に 対 し 円 滑 に 退 院 できるよう 患 者 家 に 訪 問 した 上 で そ 病 状 や 退 院 後 に 生 活 する 家 屋 構 造 介 護 力 等 を 考 慮 し 在 宅 で 療 養 に 必 要 な 指 導 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 指 導 を 行 った 患 者 数 です 7

8 全 身 管 理 状 況 中 心 静 脈 注 射 呼 吸 心 拍 監 視 酸 素 吸 入 観 血 的 動 脈 圧 測 定 (1 時 間 を 越 えた 場 合 ) ドレーン 法 胸 腔 若 しくは 腹 腔 洗 浄 人 工 呼 吸 (5 時 間 を 超 えた 場 合 ) 人 工 腎 臓 腹 膜 灌 流 経 管 栄 養 カテーテル 交 換 法 中 心 静 脈 注 射 は 薬 剤 や 栄 養 を 長 時 間 安 定 的 に 供 給 する 目 的 等 で 血 液 量 が 多 く 流 れも 速 い 心 臓 近 くにある 太 い 静 脈 ( 中 心 静 脈 )に 注 射 する 行 為 です 値 はこ 注 射 を 行 った 患 者 数 です 呼 吸 心 拍 監 視 は 重 篤 な 心 機 能 障 害 や 呼 吸 機 能 障 害 をもつ 患 者 に 対 し そ 呼 吸 や 心 拍 数 状 況 を 持 続 的 に 監 視 する 検 査 です 値 はこ 検 査 を 行 った 患 者 数 です 酸 素 吸 入 は 呼 吸 器 疾 患 等 で 酸 素 が 欠 乏 した 状 態 患 者 に 対 し 高 濃 度 酸 素 を 吸 入 させる 処 置 です 値 はこ 処 置 を 行 った 患 者 数 です 観 血 的 動 脈 圧 測 定 は 重 症 患 者 血 圧 観 察 ために 動 脈 に 管 を 挿 入 し 持 続 的 に 血 圧 を 測 定 する 検 査 です 値 は こ 検 査 を 行 った 患 者 数 です ドレーン 法 は 手 術 後 等 患 者 に 対 して 脇 腹 や 腹 部 等 に 管 を 入 れ 体 内 に 溜 まった 消 化 液 膿 血 液 や 浸 出 液 など を 体 外 に 排 出 する 処 置 です 胸 腔 腹 腔 穿 刺 は 脇 腹 腹 部 に 針 を 刺 し 洗 浄 注 入 および 排 液 をする 処 置 です 値 はこ れら 処 置 を 行 った 患 者 数 です 人 工 呼 吸 は 呼 吸 力 が 弱 くなった 患 者 に 対 し 機 器 を 使 って 呼 吸 補 助 をおこない 過 剰 にたまった 二 酸 化 炭 素 を 排 出 し 酸 素 取 り 込 みを 促 す 処 置 です 値 は5 時 間 以 上 継 続 的 にこ 処 置 を 行 った 患 者 数 です 人 工 腎 臓 は 透 析 機 器 ( 人 工 膜 )を 通 すことによって 血 液 中 老 廃 物 や 余 分 な 水 分 を 取 り 除 き 血 液 を 浄 化 する 処 置 で す 腹 膜 灌 流 (ふくまくかんりゅう)は 患 者 腹 膜 ( 腹 部 臓 器 を 覆 う 膜 )を 介 して 血 液 中 余 分 な 水 分 や 老 廃 物 が 透 析 液 側 に 移 動 する 処 置 です 値 はこれら 処 置 を 行 った 患 者 数 です 経 管 栄 養 カテーテル 交 換 法 は 口 から 栄 養 摂 取 が 難 しく 胃 や 食 道 にカテーテル( 細 い 管 状 医 療 器 具 )を 挿 入 し 直 接 栄 養 を 送 り 込 む 処 置 を 行 っている 患 者 について そカテーテルを 交 換 する 処 置 です 値 はこ 処 置 を 行 った 患 者 数 です リハビリテーション 実 施 状 況 疾 患 別 リハビリテーション 料 心 大 血 管 疾 患 リハビリテーション 料 脳 血 管 疾 患 等 リハビリテーション 料 運 動 器 リハビリテーション 料 患 者 疾 患 や 状 態 に 応 じたリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 心 筋 梗 塞 狭 心 症 慢 性 心 不 全 等 患 者 に 対 し 必 要 な 心 機 能 回 復 疾 患 再 発 予 防 等 を 図 るために 行 うリハビリ テーションです 値 はリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 脳 梗 塞 脳 出 血 等 患 者 に 対 し 必 要 な 基 本 動 作 能 力 言 語 聴 覚 能 力 等 回 復 を 図 るために 行 うリハビリテーション です 値 はこリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 脊 椎 損 傷 による 四 肢 麻 痺 関 節 拘 縮 (かんせつこうしゅく: 関 節 動 きが 制 限 された 状 態 ) 等 患 者 に 対 して 必 要 な 基 本 的 動 作 能 力 等 回 復 を 図 るために 行 うリハビリテーションです 値 はこリハヒ リテーションを 行 った 患 者 数 です 呼 吸 器 リハビリテーション 料 難 病 患 者 リハビリテーション 料 障 害 児 ( 者 )リハビリテーション 料 がん 患 者 リハビリテーション 料 認 知 症 患 者 リハビリテーション 料 肺 炎 肺 腫 瘍 慢 性 呼 吸 器 疾 患 等 患 者 に 対 し 症 状 に 応 じて 必 要 な 呼 吸 訓 練 等 を 行 うリハビリテーションです 値 はこリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です パーキンソン 病 関 連 疾 患 多 発 性 硬 化 症 等 難 病 患 者 に 対 して 必 要 な 生 活 機 能 回 復 を 図 るために 行 うリハビリ テーションです 値 はこリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 脳 性 麻 痺 発 達 障 害 等 患 者 に 対 し 状 態 に 応 じて 行 うリハビリテーションです 値 はこリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です がん 患 者 に 対 し 治 療 過 程 で 生 じた 筋 力 低 下 障 害 等 改 善 を 目 的 として 行 うリハビリテーションです 値 はこ リハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 重 度 認 知 症 患 者 に 対 し 必 要 な 認 知 機 能 や 社 会 生 活 機 能 回 復 を 図 るために 行 うリハビリテーションです 値 はこ リハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 早 期 リハビリテーション 加 算 (リハビリテーション 料 ) 治 療 開 始 後 早 期 段 階 ( 治 療 開 始 日 から30 日 以 内 )からリハビリテーションを 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 早 期 段 階 リハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 初 期 加 算 (リハビリテーション 料 ) 摂 食 機 能 療 法 治 療 開 始 後 初 期 段 階 ( 治 療 開 始 日 から14 日 以 内 )からリハビリテーションを 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 は 初 期 段 階 からリハビリテーションを 行 った 患 者 数 です 食 べる 機 能 ( 摂 食 機 能 )が 落 ちている 患 者 に 対 し 症 状 に 応 じて 行 うリハビリテーションです 値 はこリハビリテーショ ンを 行 った 患 者 数 です リハビリテーション 充 実 加 算 ( 回 復 期 リハビリテー ション 病 棟 入 院 料 ) 体 制 強 化 加 算 ( 回 復 期 リハビリテーション 病 棟 入 院 料 ) 休 日 リハビリテーション 提 供 体 制 加 算 ( 回 復 期 リハ ビリテーション 病 棟 入 院 料 ) 入 院 時 訪 問 指 導 加 算 (リハビリテーション 総 合 計 画 評 価 料 ) より 多 くリハビリテーションを 集 中 的 に 提 供 できる 病 棟 であることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 病 棟 に 入 院 している 患 者 数 です 患 者 早 期 機 能 回 復 や 退 院 を 促 進 するために 専 門 医 師 や 社 会 福 祉 士 を 配 置 していることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 病 棟 に 入 院 している 患 者 数 です 休 日 にも 平 日 同 様 にリハビリテーションを 提 供 できるような 職 員 配 置 がなされていることを 示 す 項 目 です 値 はこうした 病 棟 に 入 院 している 患 者 数 です 医 師 看 護 師 等 が 患 者 が 退 院 後 に 生 活 する 自 宅 や 施 設 等 を 訪 問 し そ 住 環 境 や 家 族 状 況 等 を 踏 まえたリハビ リテーション 実 施 計 画 を 策 定 していることを 示 す 項 目 です 値 はこようにして 計 画 が 策 定 された 患 者 数 です リハビリテーションを 要 する 状 態 にある 患 者 割 合 平 均 リハビリテーション 単 位 数 (1 患 者 1 日 当 たり) 過 去 1 年 間 総 退 棟 患 者 数 うち 入 院 時 日 常 生 活 機 能 評 価 10 点 以 上 患 者 数 うち 退 棟 時 日 常 生 活 機 能 評 価 が 入 院 時 に 比 較 して4 点 以 上 ( ) 改 善 していた 患 者 数 回 復 期 リハヒ リテーション 病 床 入 院 料 2または3 場 合 は3 点 以 上 入 院 患 者 うち リハビリテーションが 必 要 な 状 態 患 者 割 合 です 上 記 患 者 に 対 し 行 ったリハビリテーション 平 均 的 な 量 を 示 す 値 です 20 分 実 施 した 場 合 を1 単 位 とみなします 平 成 25 年 7 月 から 平 成 26 年 6 月 まで1 年 間 に 病 棟 から 退 棟 した 患 者 数 と 日 常 生 活 機 能 評 価 に 応 じた 患 者 数 です 日 常 生 活 機 能 評 価 とは 寝 返 り 起 き 上 がりなど 日 常 生 活 で 行 う 基 本 的 な 動 作 について 自 分 でできる できない を 評 価 する 指 標 です 自 力 で 動 作 が 難 しいほど 点 数 が 高 くなります 0.0% 0.0 単 位 8

9 長 期 療 養 患 者 受 入 状 況 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 1.2(A~I) 療 養 病 棟 は 主 として 長 期 にわたり 療 養 を 必 要 とする 患 者 を 入 院 させるため 病 棟 です 値 はこうした 病 棟 に 入 院 し ている 患 者 数 です 褥 瘡 評 価 実 施 加 算 ( 療 養 病 棟 入 院 基 本 料 有 床 診 療 所 療 養 病 床 入 院 基 本 料 ) 褥 瘡 ( 床 ずれ)は 寝 たきりなどにより 身 体 一 部 が 長 時 間 にわたりベッドと 接 触 することで 血 行 が 悪 くなり 皮 膚 組 織 等 が 壊 死 する 症 状 です こ 項 目 は 褥 瘡 が 特 に 生 じやすい 状 態 にある 患 者 について 褥 瘡 予 防 や 処 置 観 点 から 必 要 な 取 組 を 行 っていることを 示 します 値 はそような 状 態 にある 患 者 数 です 重 度 褥 瘡 処 置 重 症 皮 膚 潰 瘍 管 理 加 算 こ 項 目 は 重 度 化 した 褥 瘡 に 対 してケアを 行 っていることを 示 しています 値 はこようなケアを 行 った 患 者 数 です 皮 膚 潰 瘍 は 皮 膚 や 粘 膜 が 傷 ついた 際 に 糖 尿 病 等 疾 患 による 血 行 不 全 等 ために 傷 が 治 らず 組 織 が 壊 死 する 症 状 です こ 項 目 は 重 度 な 皮 膚 潰 瘍 に 対 して 計 画 的 継 続 的 なケアを 行 っていることを 示 します 値 はケアを 行 った 患 者 数 です 重 度 障 害 児 等 受 入 状 況 難 病 等 特 別 入 院 診 療 加 算 特 殊 疾 患 入 院 施 設 管 理 加 算 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 準 超 重 症 児 ( 者 ) 入 院 診 療 加 算 難 病 患 者 リハ 障 害 児 ( 者 )リハ( 再 掲 ) 強 度 行 動 障 害 入 院 医 療 管 理 加 算 難 病 患 者 や 感 染 症 患 者 等 入 院 を 受 け 入 れていることを 示 す 項 目 です 値 はそ 患 者 数 です 重 度 障 害 者 難 病 患 者 等 入 院 を 多 く 受 け 入 れている 病 棟 であること( 全 入 院 患 者 約 7 割 )を 示 す 項 目 です 値 は そ 患 者 数 です 出 生 時 から 小 児 期 までに 生 じた 障 害 により 現 在 も 非 常 に 重 症 な 状 態 が 続 く 患 者 を 受 け 入 れていることを 示 す 項 目 で す 値 はそ 患 者 数 です 脳 性 麻 痺 発 達 障 害 等 患 者 に 対 して 状 態 に 応 じて 行 うリハビリテーションです 値 はこリハビリテーションを 行 っ た 患 者 数 です 知 的 障 害 や 自 閉 症 等 であって 自 傷 他 害 行 為 など 危 険 を 伴 う 行 動 を 繰 り 返 し 行 う 特 徴 ある 患 者 入 院 医 療 を 行 っていることを 示 す 項 目 です 値 はそ 患 者 数 です TOPへ 戻 る 9

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療

目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3. 構 造 等... 4 4. 診 療 時 間 等... 4 5. 病 床 数... 4 6. 標 榜 診 療 資 料 5 筑 後 市 立 病 院 概 要 平 成 22 年 度 版 視 察 団 体 埼 玉 県 東 松 山 市 市 議 会 視 察 日 平 成 17 年 10 月 20 日 ( 木 ) 筑 後 市 立 病 院 目 次 1. 筑 後 市 立 病 院 のあゆみ... 2 2. 筑 後 市 立 病 院 の 施 設 概 要... 4 1. 所 在 地 等... 4 2. 病 院 の 理 念... 4 3.

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波

人 間 ドックコース( 脳 検 査 がん 検 査 含 む) 298,000 円 / 税 込 その 他 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 難 聴 腹 部 超 音 波 お 客 様 のニーズに 対 して 弊 社 は 多 種 のコースを 作 成 し ました ご 覧 ください 人 間 ドックコース( 一 般 ) その 他 り 聴 診 や 打 診 を 行 う 252,000 円 / 税 込 肥 満 症 やせ 症 高 / 低 血 圧 外 部 の 音 を 遮 断 したブースで 音 を 聞 き 取 って 調 近 視 乱 視 白 内 障 緑 内 障 網 膜 疾 患 難 聴 腹 部

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料

3. 健 康 保 険 の 規 定 以 外 の 特 例 的 取 扱 い 目 診 察 料 3 [ 初 診 料 (3) 救 急 医 療 管 理 加 算 (3) 再 診 料 (4) 外 来 管 理 加 算 に 関 する 特 例 (4)] 監 視 料 5 [ 特 別 監 視 料 (5)] 指 導 管 理 料 労 災 診 療 費 算 定 基 準 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1. 単 価 昭 和 36 年 11 月 11 日 11 円 50 銭 ( 武 見 会 長 大 野 労 災 補 償 部 長 協 定 ) 昭 和 45 年 4 月 1 日 改 定 私 的 医 療 機 関 12 円 公 的 医 療 機 関 等 ( 非 課 税 医 療 機 関 ) 11 円 50 銭 2. 点 数 昭 和

More information

Microsoft Word - 通知 _2_.doc

Microsoft Word - 通知  _2_.doc 医 政 発 第 0331042 号 平 成 20 年 3 月 31 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 政 局 長 広 告 可 能 な 診 療 科 名 の 改 正 について 平 成 18 年 の 良 質 な 医 療 を 提 供 する 体 制 の 確 立 を 図 るための 医 療 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 84 号 以 下

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0

31.79 気 管 形 成 手 術 ( 管 状 気 管 気 管 移 植 等 )( 頸 部 から) 1 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 29 32.28 胸 腔 鏡 下 肺 悪 性 腫 瘍 手 術 (リンパ 節 郭 清 を 伴 う) 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 4.7 ICD-9-CM 分 類 コードによる 年 齢 階 層 別 年 間 退 院 患 者 数 ( 平 成 24 年 1 月 ~ 平 成 24 年 12 月 ) コード 術 名 総 数 0 才 ~4 1.02 穿 頭 脳 室 ドレナージ 術 5 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 1 0 70.4 1.09 慢 性 硬 膜 下 血 腫 穿 孔 洗 浄 術 32 0 0 0 0 0 2

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12

目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 津 島 市 民 病 院 病 院 年 報 [ 平 成 22 年 度 ] 2 0 1 0 目 次 1 巻 頭 言 1 2 津 島 市 民 病 院 基 本 理 念 2 3 津 島 市 民 病 院 基 本 方 針 2 4 病 院 からのお 願 い 2 5 各 局 理 念 3 6 津 島 市 民 病 院 の 沿 革 4 7 指 定 関 係 8 8 承 認 関 係 10 9 認 定 関 係 12 10 年 度

More information

地域ケアネットワーク事業

地域ケアネットワーク事業 飛 鳥 晴 山 苑 地 域 包 括 支 援 センター 包 括 的 継 続 的 ケアマネジメント 事 業 地 域 ケアネットワーク 事 業 在 宅 医 療 を 支 援 しよう! 在 宅 医 療 基 本 のき 2011 年 1 月 14 日 祐 ホームクリニック 在 宅 医 療 連 携 室 室 長 高 橋 由 利 子 1 自 己 紹 介 虎 の 門 病 院 勤 務 2010 年 3 月 慶 應 義 塾

More information

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性

13. 四 肢 関 節 観 血 手 術 ( 手 指 足 指 に 対 する 関 節 切 開 術 を 除 きます ) 14. 鎖 骨 肩 甲 骨 胸 骨 肋 骨 観 血 手 術 10 15. 上 顎 骨 下 顎 骨 顎 関 節 観 血 手 術 ( 歯 歯 周 組 織 の 処 置 に 伴 うもの 慢 性 別 表 4 手 術 支 払 割 合 表 手 術 の 保 障 が 付 帯 されているコースの 手 術 共 済 金 額 は 下 記 のとおりで す ジュニア20コース J1000 円 コース J1600 円 コース J2000 円 コース J1900 円 コース 5,000 円 7,000 円 10,000 円 4,000 円 女 性 コース 医 療 コース L2000 円 コース L3000 円 コース

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文

総 合 科 学 研 究 科 ( 留 学 生 担 当 ) 文 学 部 文 学 研 究 科 哲 学 思 想 文 化 学 コース 歴 史 学 コース 地 理 学 考 古 学 文 化 財 学 コース 日 本 中 国 文 学 語 学 コース 翀 欧 米 文 学 語 学 言 語 学 コース 比 較 日 本 文 教 員 一 覧 総 合 科 学 部 総 合 科 学 研 究 科 総 合 科 学 科 ( 総 合 科 学 プログラム) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 文 化 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 言 語 コミュニケーション 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 ( 人 間 行 動 科 学 授 業 科 目 群 ) 人 間 探 究 領 域 (スポーツ 健 康 科 学 授 業

More information

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要

- 糖 結 合 質 変 性 劣 化 糖 - 炭 水 化 物 糖 + 食 物 繊 維 理 解 助 糖 取 上 酸 化 - 酸 化 合 病 気 酸 化 酸 化 活 性 酸 素 言 葉 目 機 会 多 思 比 言 葉 聞 思 体 内 酸 化 直 接 的 病 気 老 化 惹 起 遠 巻 病 気 老 化 要 第 回 歳 過 目 立 皮 膚 大 原 因 現 象 分 体 内 組 織 進 行 蓄 積 心 筋 梗 塞 脳 梗 塞 血 管 症 糖 尿 病 合 併 症 骨 粗 鬆 症 起 原 因 分 他 病 白 内 障 関 係 質 糖 分 勝 手 結 合 質 性 質 変 質 糖 体 成 分 毎 日 食 事 摂 日 常 的 起 避 反 応 蓄 積 老 化 病 気 人 本 質 的 課 題 今 後 研 究 待 事 項 早

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷

図 表 1 1,000 万 円 以 上 高 額 レセプト ( 平 成 25 年 度 ) 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 病 名 順 位 月 額 医 療 費 主 傷 平 成 25 年 度 高 額 レセプト 上 位 の 概 要 健 保 連 が 行 う 平 成 25 年 度 の 高 額 医 療 交 付 金 交 付 事 業 に 申 請 された 医 療 費 のうち 1ヵ 月 の 医 療 費 が1,000 万 円 以 上 のものは 前 年 度 比 82 件 増 (32.28% 増 )の336 件 で 過 去 最 高 となった 全 336 件 のうち 先 天 性 疾 患 が125

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63>

<4D F736F F D A874B8AB38ED B28DB897708E F188C4817A5B F F D2E646F63> 日 本 褥 瘡 学 会 第 3 回 実 態 調 査 患 者 用 下 記 の 質 問 に 対 して 該 当 するものの 番 号 に 印 を その 他 の 項 目 を 選 択 する 場 合 には 具 体 的 な 内 容 を 記 入 してください Q1 患 者 ID を 記 入 してください これはあなたがどの 患 者 について 解 答 したか 確 認 できるようにするための 質 問 です 訂 正 の 時

More information

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会

第8回地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会 平 成 23 年 度 第 4 回 神 戸 市 保 健 医 療 審 議 会 保 健 医 療 連 絡 協 議 専 門 分 科 会 ( 議 事 録 ) 日 時 : 平 成 23 年 10 月 17 日 ( 月 ) 午 後 1 時 30 分 ~2 時 32 分 場 所 : 神 戸 市 役 所 1 号 館 14 階 大 会 議 室 議 題 : 病 院 開 設 許 可 事 務 に 係 る 意 見 について 神

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課

平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 概 要 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 診 療 報 酬 改 定 説 明 会 講 堂 日 時 : 平 成 22 年 3 月 5 日 ( 金 )10 時 から16 時 30 分 場 所 : 三 田 共 用 会 議 所 講 堂 (1 階 ) 及 び 大 会 議 室 (3 階 ) 時 間 議 事 説 明 者 所 要 10:00~10:05 保 険 局 長 挨 拶 外 口 局 長 5 分 10:05~10:20 医 療 課 長 説 明 佐 藤 課

More information

01

01 保 医 発 0 3 2 5 第 6 号 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 (

障 害 厚 生 年 金 厚 生 年 金 に 加 入 中 の 病 気 やけがによって 障 害 者 になったとき 障 害 の 程 度 が 障 害 等 級 表 のいずれかの 状 態 になっている 場 合 障 害 の 程 度 により 障 害 厚 生 年 金 (1から3 級 ) 又 は 障 害 手 当 金 ( 年 金 手 当 など 1 各 種 障 害 年 金 制 度 障 害 基 礎 年 金 支 給 要 件 国 民 年 金 に 加 入 中 又 は 加 入 していた 方 が 病 気 やけがによって65 歳 の 誕 生 日 の 前 々 日 までに 障 害 者 となり 医 療 機 関 を 受 診 していたとき また20 歳 前 に 障 害 者 となった 方 は20 歳 から 障 害 等 級 表 のいずれかの 状

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と

b11 全 般 的 精 神 機 能 b71 関 節 と 骨 の 機 能 A75 伝 染 性 単 核 球 症 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 A76 その 他 のウィルス 性 発 疹 b43 血 液 系 と A70 結 核 b43 b45 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加 的 機 能 と 感 覚 b51 消 化 器 系 に 関 連 する 機 能 b54 代 謝 と 内 分 泌 系 に 関 連 する 機 能 b81 皮 膚 の 機 能 A71 麻 疹 b43 血 液 系 と 免 疫 系 の 機 能 b45 心 血 管 系 と 呼 吸 器 系 の 付 加

More information

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する

目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機 能 分 担 と 連 携 機 能 4 1-5 教 育 実 習 機 能 4 1-6 付 帯 する 資 料 2-2 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 に 関 する 意 見 書 ( 案 ) 平 成 28 年 1 月 山 形 県 立 新 庄 病 院 改 築 整 備 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 1 第 1 県 立 新 庄 病 院 の 果 たすべき 役 割 1-1 総 括 的 事 項 2 1-2 特 に 重 点 を 置 く 診 療 分 野 3 1-3 病 床 機 能 3 1-4 機

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる

目 次 1 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 簡 易 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 平 成 22 年 3 月 以 前 にかんぽ 生 命 保 険 契 約 にご 加 入 のお 客 さまへ 主 な 特 約 の 名 称 とする 保 険 金 P.1 P.2 2 できる 保 険 金 等 を できる 場 合 と できない 場 合 の 事 例 集 この 事 例 集 は 保 険 金 等 をできる 場 合 またはできない 場 合 の 代 表 的 な 事 例 です ご 契 約 の 保 険 種 類 特 約 種 類 加 入 時 期 によっては 取 扱 いが 異 なる 場 合 があります ので 実 際 の 契 約 での 取 扱 いに 関 しては 保 険 証 券 ご 契 約 のしおり

More information

留意事項通知_H28改定・最終版

留意事項通知_H28改定・最終版 保 医 発 0 3 1 8 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 1 8 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

第5回Mindsセミナー

第5回Mindsセミナー Mindsの 概 要 説 明 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 EBM 医 療 情 報 部 部 長 国 際 医 療 福 祉 大 学 臨 床 医 学 研 究 センター 教 授 吉 田 雅 博 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 の 事 業 1) 医 療 情 報 サービス 事 業 Minds ( 平 成 15 年 度 より) 厚 生 労 働 省 の 補 助 金 事 業 医 療 関 係 者 患

More information

年報2015.indd

年報2015.indd 青 梅 市 立 総 合 病 院 の 理 念 私 たちは 快 適 で 優 しい 療 養 環 境 のもと 地 域 が 必 要 とする 高 度 な 急 性 期 医 療 を 安 全 かつ 患 者 さんを 中 心 に 実 践 します 基 本 方 針 私 たちは 清 潔 な 病 院 づくりに 努 力 します きれいで 清 潔 な 病 院 になるよう 努 力 します 患 者 さんが 快 適 な 療 養 生 活 を

More information

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145>

<5461726F2D30352D3197AF88D38E968D8092CA926D816995CA935982508145> 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 22 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6>

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6> 保 医 発 第 0305001 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 老 人 医 療 主 管 部 ( 局 ) 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労 働 省 保 険 局 歯

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

PowerPoint Presentation

PowerPoint Presentation 介 護 保 険 制 度 の 改 正 及 び 介 護 報 酬 改 定 について 神 奈 川 県 平 成 24 年 2 月 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 について 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 社 会 保 障 と 税 の 一 体 改 革 における 介 護 保 険 制 度 の 対 応 について 12 13 14 15 16 17 18 19 社 会 保 障 税 一 体 改

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

1 各 臓 器 疾 患 別 の 詳 しい 診 療 内 容 (1) 食 道 疾 患 について (2) 胃 疾 患 について (3) 腸 疾 患 について (4) 胆 道 疾 患 について (5) 膵 疾 患 について (6) 肝 臓 疾 患 について (1) 食 道 疾 患 について まず 良 性 疾 患 として 逆 流 性 食 道 炎 の 増 加 が 目 立 ちます 動 物 性 脂 肪 や 刺 激 物

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4

5 月 25 日 2 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 2 GIO: 口 腔 咽 頭 唾 液 腺 の 疾 患 を 理 解 する SBO: 1. 急 性 慢 性 炎 症 性 疾 患 を 説 明 できる 2. 扁 桃 の 疾 患 を 説 明 できる 3. 病 巣 感 染 症 を 説 明 できる 4 日 付 時 限 内 容 4 月 6 日 2 総 論 GIO: 耳 鼻 咽 喉 科 疾 患 を 持 つ 患 者 の 診 断 と 治 療 ができるようになるために これらの 系 の 基 本 的 知 識 特 性 を 理 解 する SBO: 1. 耳 疾 患 について 説 明 できる 2. 鼻 疾 患 について 説 明 できる 3. 咽 頭 喉 頭 疾 患 について 説 明 できる 4 月 13 日 2 鼻

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E4F93638E7396AF956189408AEE967B8C7689E6288CE394BC292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E4F93638E7396AF956189408AEE967B8C7689E6288CE394BC292E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 1. 医 療 機 能 の 方 向 性 1 市 民 病 院 が 果 たすべき 役 割 < 外 部 環 境 見 通 し> 少 子 高 齢 化 に 伴 い 今 後 は 循 環 器 等 の 高 齢 者 疾 患 を 中 心 に 診 療 圏 の 疾 患 需 要 は 増 加 傾 向 にある 医 師 不 足 の 中 近 隣 の 丹 波 医 療 圏 等 からの 患 者 増 加 が 見 込 まれる 小 児 周 産 期

More information

メイン・サブ記事一覧2

メイン・サブ記事一覧2 591 ガンの 三 大 療 法 ( 外 科 抗 ガン 剤 放 射 線 ) 後 遺 症 副 作 用 に 可 視 総 合 光 線 療 法 で 効 果 が 見 られた 症 例 いぼに 対 する 可 視 総 合 光 線 療 法 平 成 27 年 8 月 590 589 588 587 586 585 584 583 582 581 580 579 578 577 576 575 574 573 股 関 節

More information

<9561894096BC95EB>

<9561894096BC95EB> 東 区 病 名 称 医 療 法 人 相 生 会 福 岡 みらい 病 813-0017 東 区 香 椎 照 葉 3 丁 目 5 医 療 法 人 相 生 会 病 名 簿 内 科 リウマチ 科 外 科 整 形 外 科 脳 神 経 外 科 リハビリテー ション 科 神 経 内 科 麻 酔 科 循 環 器 内 科 179 239 0 0 0 418 662-3001 平 成 27 年 6 月 1 日 石 束

More information

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易

神 経 系 統 の 機 能 神 経 系 統 の 機 能 の 著 しい 障 害 とは 脳 の 器 質 障 害 四 肢 その 他 の 神 経 の 損 傷 によって 生 じる 灼 熱 痛 脳 神 経 及 び 脊 髄 神 経 の 外 傷 その 他 の 原 因 による 神 経 痛 等 により 特 に 軽 易 障 害 に 係 る 認 定 基 準 ( 別 添 ) 障 害 の 区 分 留 意 事 項 視 覚 (1) 両 眼 の 視 力 の 和 とは 各 眼 毎 の 視 力 を 別 々に 測 定 した 数 値 を 合 算 したものをいう (2) 矯 正 視 力 とは 眼 科 的 に 最 も 適 正 な 常 用 し 得 る 矯 正 眼 鏡 コン タクトレンズ 又 は 眼 内 レンズによって 得 られた 視 力 をいう

More information

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社

(4) 研 修 手 当 月 手 当 248,000 円 夏 期 及 び 年 末 には 謝 礼 として それぞれ 150,000 円 支 給 住 居 手 当 として 最 高 28,500 円 まで 該 当 者 に 支 給 通 勤 手 当 を 該 当 者 に 支 給 臨 時 服 務 手 当 (5) 社 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 看 護 職 員 募 集 要 項 (2 次 募 集 ) 京 都 第 一 赤 十 字 病 院 研 修 歯 科 医 師 募 集 要 項 募 集 職 種 研 修 歯 科 医 師 募 集 人 員 1 名 試 験 日 平 成 28 年 8 月 10 日 ( 水 ) 受 験 票 試 験 日 の 案 内 を 応 募 期 間 終 了 後 別 途 送 付 選 考 方 法 筆 記 試

More information

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症

認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 集 中 ケア 新 生 児 集 中 ケア A 242-00 呼 吸 ケアチーム 加 算 150 点 呼 吸 ケアチームの 設 置 救 急 看 護 小 児 救 急 看 護 慢 性 呼 吸 器 疾 患 看 護 急 性 重 症 患 者 看 護 A 247 認 知 症 認 定 看 護 師 専 門 看 護 師 A 226-02 診 療 加 算 400 点 (1 日 につき) 専 従 の 常 勤 看 護 師 専 従 の チームの 設 置 乳 A 230-04 精 神 科 リエゾンチーム 加 算 300 点 精 神 科 リエゾンチームの 設 置 認 知 症 看 護 老 人 看 護 A 233-02 栄 養 サポートチーム 加 算 100 点 専 従 または 栄 養 管

More information

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd

094-149_新_臨床研修-2_cs5.indd 高 齢 医 学 科 科 長 のメッセージ 皆 さんが 活 躍 する10 年 後 20 年 後 には 65 歳 以 上 が 全 人 口 の35 40%となり 高 齢 医 学 のニー ズはより 高 まっていきます チーム 医 療 地 域 医 療 を 学 ぶために 最 適 の 環 境 を 提 供 しています 科 長 森 本 茂 人 (もりもと しげと) 教 授 老 年 病 学 高 血 圧 高 齢 者 肺

More information

原稿

原稿 Gaihoren News Extra 暫 定 版 外 保 連 の 要 望 のうち 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 で 考 慮 された 項 目 ( 技 術 新 設 ) 2016.3.18 NO 名 称 要 望 内 容 要 望 点 数 改 定 内 容 1 緩 和 ケア 地 域 連 携 加 算 保 険 収 載 2 経 皮 酸 素 ガス 分 圧 連 続 測 定 (tcpo2 局 所 の 虚

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤

抗 剤 解 熱 鎮 痛 消 炎 剤 精 神 神 経 用 剤 骨 格 筋 弛 緩 剤 鎮 剤 抗 ン 薬 血 管 拡 張 剤 強 心 剤 系 強 心 剤 昇 剤 利 剤 気 管 支 拡 張 剤 消 化 性 潰 瘍 用 剤 脳 垂 体 ン 剤 腎 ン 剤 昇 交 換 神 経 薬 腎 ン 剤 ンン 製 剤 ~ 度 成 作 成 : 薬 剤 科 医 薬 品 情 報 室 青 医 薬 品 発 品 称 用 法 用 量 欄 注 釈 用 ] 適 ] 添 付 文 記 載 い 用 法 用 量 当 院 適 応 中 心 記 載 禁 ] 投 禁 忌 患 者 状 態 併 用 禁 忌 薬 示 い ] 重 篤 作 用 頻 度 高 い 作 用 中 心 注 意 代 表 的 い 記 載 い 特 ] 薬 剤 特 長 薬 剤 系 統 利 使

More information

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378>

<4D F736F F D B8905F89C ED288E397C38AD A793788AEE C E646F6378> 精 神 科 医 療 関 連 制 度 基 礎 テキスト 第 3 章 基 本 診 療 料 ( 特 定 入 院 料 と 他 科 受 診 ) Ⅰ. 特 定 入 院 料 1. 特 定 入 院 料 とは 基 本 診 療 料 特 掲 診 療 料 特 定 入 院 料 入 院 基 本 料 入 院 基 本 料 等 の 一 部 + + 入 院 基 本 料 等 の 一 部 特 掲 診 療 料 の 一 部 又 は 殆 どが

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 における 主 要 改 定 項 目 について( 案 ) 1 / 30 目 次 重 点 課 題 1 救 急 産 科 小 児 外 科 等 の 医 療 の 再 建 重 点 課 題 1-1 地 域 連 携 による 救 急 患 者 の 受 入 れの 推 進 について 救 急 入 院 医 療 の 充 実 に 係 る 評 価... 1 地 域 の 連 携 による 救 急

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd

Taro-4-1-4糖尿病(PDF用).jtd 4 糖 尿 病 現 状 と 課 題 ア 糖 尿 病 の 現 状 管 内 における 糖 尿 病 による 死 亡 数 は, 平 成 21 年 は8 人 ( 男 性 6 人, 女 性 2 人 )で, 死 亡 率 は, 男 性 は 全 国, 県 を 上 回 っていますが, 女 性 は 全 国, 県 を 下 回 っています 死 亡 率 のここ 数 年 の 年 次 推 移 をみると, 全 国 や 県 を 上 回

More information

044 多発血管炎性肉芽腫症

044 多発血管炎性肉芽腫症 44 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 概 要 1. 概 要 多 発 血 管 炎 性 肉 芽 腫 症 は 以 前 はウェゲナー 肉 芽 腫 症 と 称 されていた 疾 患 で 病 理 組 織 学 的 に(1) 全 身 の 壊 死 性 肉 芽 腫 性 血 管 炎 (2) 上 気 道 と 肺 を 主 とする 壊 死 性 肉 芽 腫 性 炎 (3) 半 月 体 形 成 腎 炎 を 呈 し その 発

More information

Taro-01 20120928 (完成版) 「

Taro-01 20120928 (完成版) 「 保 医 発 0928 第 1 号 平 成 24 年 9 月 28 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

Ⅰ Ⅰ 方 法 等 について 1 介 護 給 付 費 書 等 の 受 付 について (1) 直 接 ( 窓 口 ) 受 付 ( 国 保 連 合 会 へ 直 接 書 等 を 持 ち 込 む 方 法 ) (ア) 締 切 毎 月 1 まで (イ) 時 間 午 前 8 時 分 から 午 後 5 時 15 分 受 付 最 終 1 については 土 曜 曜 及 び 祝 に 関 わらず 受 付 を 行 います (ウ)

More information

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵

基 本 情 報.csv 3: 歯 科 診 療 所 4: 助 産 所 5 正 式 名 称 フリガナ 全 角 正 式 名 称 全 角 機 関 英 語 略 名 称 _ローマ 字 全 角 開 設 者 名 称 全 角 管 理 者 名 称 全 角 郵 CSVファイル 出 力 における 注 意 事 項 について 1.CSVファイルの 区 切 り 文 字 は 半 角 カンマとしてください 出 力 する 項 目 データ 内 に 半 角 カンマが 含 まれる 場 合 は 全 角 カンマへ 変 換 して 出 力 してください 2.CSVファイルの1 行 目 は 項 目 名 をタイトルとして 出 力 してください 3. 属 性 の 半 角 / 全 角 に 従

More information

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成

Microsoft Word - 5腎、膠原病内科 後期臨床研修プログラム、専門医養成 5 腎 膠 原 病 内 科 後 期 臨 床 研 修 カリキュラム 専 門 医 養 成 コース 1. 腎 膠 原 病 内 科 の 概 要 1.スタッフ 部 長 1 名 小 山 勝 志 医 長 1 名 医 員 3 名 後 期 研 修 医 3 名 日 本 内 科 学 会 : 認 定 内 科 医 3 名 専 門 医 1 名 指 導 医 1 名 日 本 腎 臓 学 会 : 専 門 医 2 名 指 導 医 1

More information

採択一覧

採択一覧 10000 E019 九 州 内 分 泌 外 科 甲 状 腺 上 皮 小 体 5 13 日 ( 金 ) 14:20-15:00 第 2 会 場 (3F 会 議 室 4) 胸 腺 カルチノイドを 合 併 した 多 発 性 内 分 泌 腫 瘍 症 1 型 症 10001 S095 九 州 外 科 胃 十 二 指 腸 悪 性 1 14 日 ( 土 ) 10:51-11:55 第 2 会 場 (3F 会 議

More information

Writer標準

Writer標準 はじめに 結 核 診 断 の 手 引 き 年 間 2 万 人 以 上 の 新 規 患 者 が 登 録 されている 結 核 は 今 なお 国 内 最 大 の 感 染 症 です 但 し 下 記 に 示 すように 患 者 数 は 減 少 傾 向 にあるものの 傾 きは 鈍 化 してきており 特 に 山 形 県 では この 10 年 間 は 毎 年 の 新 規 患 者 数 が 140 人 ( 置 賜 では

More information

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス ( 様 式 甲 5) 氏 名 加 藤 壮 介 ( ふ り が な ) (かとう そうすけ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 26 年 1 月 29 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Local injection of vasopressin reduces

More information

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09

湖北における在宅医療の現状と課題-15.09 湖 北 における 在 宅 医 療 の 現 状 と 課 題 ( 地 域 包 括 ケアを 進 めるために) 平 成 27 年 9 月 湖 北 健 康 福 祉 事 務 所 ( 長 浜 保 健 所 ) 滋 賀 県 の 人 口 推 移 75 歳 以 上 の 高 齢 者 が 増 加!! 超 高 齢 社 会 の 到 来 滋 賀 県 人 口 2010 年 (H22) 141 万 人 2035 年 (H47) 135

More information

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い.

前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000 出 生 に 対 し5~13.9と 諸 外 国 に 比 較 して 日 本 人 では 比 較 的 高 い. 専 攻 医 教 育 プログラム 2. 前 置 胎 盤 の 管 理 北 海 道 大 学 産 婦 人 科 山 田 崇 弘 2013/05/9 第 65 回 日 本 産 科 婦 人 科 学 会 学 術 講 演 会 1 前 置 胎 盤 や 前 置 癒 着 胎 盤 の 帝 王 切 開 は 産 科 医 にとって 最 もストレスを 感 じる 手 術 の 一 つと 言 える. 前 置 胎 盤 の 発 症 率 は1000

More information

スライド 1

スライド 1 QLife 漢 方 がん 治 療 における 漢 方 薬 の 処 方 状 況 に 関 する 医 師 調 査 結 果 報 告 書 平 成 25 年 11 月 1 日 株 式 会 社 QLife(キューライフ) 調 査 の 背 景 ここ 数 年 漢 方 薬 の 効 能 について 科 学 的 医 学 的 解 明 が 進 み エビデンスに 基 づいた 医 薬 品 と しての 認 知 が 広 まっている 特 にがん

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード]

Microsoft PowerPoint - )大腸癌をお受けになる方に図(南堺_更新用 [互換モード] 南 堺 病 院 で 大 腸 癌 の 治 療 をお 受 けになる 方 に 南 堺 病 院 では 患 者 さんの 人 権 を 尊 重 し 患 者 さんにご 満 足 頂 け 喜 んで 退 院 して 頂 けるよう な 治 療 を 目 指 しています 手 術 前 には 十 分 な 説 明 をし ご 納 得 頂 いた 上 で 最 も 良 いと 思 われる 治 療 法 を 選 択 して 頂 くことにしております

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc

Microsoft Word - 膵臓癌ホームページ用.doc 膵 臓 がんの 症 状 と 治 療 2010 年 4 月 26 日 作 成 医 療 法 人 財 団 神 戸 海 星 病 院 目 次 1 2 3 4 5 膵 臓 の 解 剖 特 徴 診 断 方 法 進 行 度 当 院 での 治 療 法 Ⅰ. 手 術 治 療 Ⅱ. 内 視 鏡 的 ステント 留 置 術 1 2 2 3 4 4 9 Ⅲ. 化 学 療 法 10 手 術 実 績 膵 臓 悪 性 腫 瘍 手 術

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information