2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二"

Transcription

1 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 二 十 九 号 次 項 及 び 第 五 条 第 一 項 において 施 行 令 という ) 第 八 条 第 一 項 に 規 定 する 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 の 基 準 は 次 のとおりとする 一 理 化 学 検 査 室 微 生 物 検 査 室 動 物 飼 育 室 事 務 室 等 を 設 ける 二 純 水 装 置 定 温 乾 燥 器 ディープフリーザー 電 気 炉 ガスクロマトグラフ 分 光 光 度 計 高 圧 滅 菌 器 乾 熱 滅 菌 器 恒 温 培 養 器 嫌 気 培 養 装 置 恒 温 槽 その 他 の 検 査 又 は 試 験 のために 必 要 な 機 械 及 び 器 具 を 備 える 2 施 行 令 第 八 条 第 一 項 に 規 定 する 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 職 員 の 配 置 の 基 準 は 検 査 又 は 試 験 のために 必 要 な 職 員 を 置 くこととする ( 管 理 運 営 の 基 準 ) 第 三 条 法 第 五 十 条 第 二 項 に 規 定 する 管 理 運 営 の 基 準 は 別 表 第 一 のとおりとする ( 営 業 施 設 の 基 準 ) 第 四 条 法 第 五 十 一 条 に 規 定 する 営 業 施 設 の 基 準 は 別 表 第 二 のとおりとする ( 食 品 等 の 製 造 又 は 加 工 の 営 業 等 の 届 出 ) 第 五 条 食 品 若 しくは 添 加 物 を 製 造 し 若 しくは 加 工 する 業 ( 施 行 令 第 三 十 五 条 各 号 に 掲 げる 営 業 及 び 食 品 衛 生 に 関 する 条 例 ( 昭 和 二 十 五 年 埼 玉 県 条 例 第 三 十 二 号 ) 第 二 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 営 業 ( 第 八 条 第 一 項 第 一 号 において 許 可 営 業 という )を 除 く ) 又 は 器 具 若 しくは 容 器 包 装 を 製 造 す る 業 を 営 もうとする 者 は 施 設 ごとに 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければ ならない 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 当 該 営 業 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 廃 業 の 届 出 ) 第 六 条 法 第 五 十 二 条 第 一 項 の 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 許 可 に 係 る 営 業 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 給 食 施 設 の 届 出 ) 第 七 条 営 業 以 外 の 場 合 で 寄 宿 舎 学 校 病 院 等 の 施 設 において 継 続 的 に 不 特 定 又 は 多 数 の 者 に 食 品 を 供 与 しようとする 者 は 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 当 該 食 品 の 供 与 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 食 品 衛 生 責 任 者 の 届 出 ) 第 八 条 次 に 掲 げる 者 は 第 三 条 の 規 定 に 基 づき 食 品 衛 生 責 任 者 を 定 めたときは 速 やかに 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 一 許 可 営 業 を 営 む 者 二 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 三 前 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 食 品 衛 生 責 任 者 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 委 任 ) 第 九 条 この 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 1 この 条 例 は 平 成 十 二 年 四 月 一 日 から 施 行 する 1/19

2 2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 月 二 十 四 日 条 例 第 八 十 号 ) この 条 例 は 平 成 十 五 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 六 年 二 月 六 日 条 例 第 一 号 ) この 条 例 は 平 成 十 六 年 二 月 二 十 七 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 七 年 十 月 十 八 日 条 例 第 九 十 五 号 ) この 条 例 は 平 成 十 八 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 条 例 第 十 七 号 ) この 条 例 は 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 四 年 三 月 二 十 七 日 条 例 第 十 八 号 ) この 条 例 は 平 成 二 十 四 年 四 月 一 日 から 施 行 する ただし 別 表 第 一 の 改 正 規 定 ( ( 第 二 条 関 係 ) を ( 第 三 条 関 係 ) に 改 める 部 分 を 除 く )は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 五 年 三 月 二 十 九 日 条 例 第 十 九 号 ) ( 施 行 期 日 ) 1 この 条 例 は 公 布 の 日 から 施 行 する ただし 別 表 第 一 第 一 号 ハ 及 び 別 表 第 二 第 一 号 ハの 改 正 規 定 は 平 成 二 十 五 年 十 月 一 日 から 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 並 びに 次 項 及 び 附 則 第 三 項 の 規 定 は 平 成 二 十 六 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 の 施 行 の 際 現 に 器 具 又 は 容 器 包 装 を 製 造 する 業 を 営 んでいる 者 に 対 する 改 正 後 の 同 項 の 規 定 の 適 用 については 同 項 中 施 設 とあるのは 平 成 二 十 六 年 六 月 三 十 日 までに 施 設 とする 3 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 の 施 行 の 日 前 に 改 正 後 の 同 項 の 規 定 により 届 け 出 るべき 事 項 について 知 事 に 報 告 している 場 合 において 当 該 報 告 の 内 容 が 同 項 の 規 定 による 届 出 と 同 等 であると 知 事 が 認 めるもの ( 以 下 この 項 において 特 定 報 告 という )であるときは 特 定 報 告 を 行 った 器 具 又 は 容 器 包 装 を 製 造 する 業 を 営 んでいる 者 については 前 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 改 正 後 の 第 五 条 第 一 項 の 規 定 は 適 用 しない この 場 合 における 同 条 第 二 項 及 び 第 三 項 並 びに 第 八 条 第 一 項 の 規 定 の 適 用 については 第 五 条 第 二 項 中 前 項 の 規 定 による 届 出 とあり 同 条 第 三 項 中 第 一 項 の 規 定 による 届 出 とあり 及 び 第 八 条 第 一 項 第 二 号 中 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 とあるのは 特 定 報 告 とする 別 表 第 一 ( 第 三 条 関 係 ) 一 第 二 号 に 規 定 する 営 業 以 外 の 営 業 イ 共 通 基 準 (1) 食 品 取 扱 施 設 等 における 衛 生 管 理 ( 一 ) 一 般 事 項 (イ) 日 常 点 検 を 含 む 衛 生 管 理 を 計 画 的 に 実 施 する (ロ) 施 設 設 備 及 び 機 械 器 具 類 については これらの 構 造 及 び 材 質 並 びに 取 り 扱 う 食 品 添 加 物 ( 以 下 食 品 等 という ) 及 び 容 器 包 装 の 特 性 を 考 慮 し 適 切 な 清 掃 洗 浄 及 び 消 毒 の 方 法 を 定 め 必 要 に 応 じ 手 順 書 を 作 成 する (ハ) 施 設 設 備 人 的 能 力 等 に 応 じた 食 品 等 の 取 扱 いを 行 い 適 切 な 受 注 管 理 を 行 うこ ( 二 ) 施 設 の 衛 生 管 理 (イ) 施 設 及 びその 周 辺 は 定 期 的 に 清 掃 し 衛 生 上 支 障 がないように 維 持 する (ロ) 製 造 室 加 工 室 調 理 室 処 理 室 保 管 室 販 売 所 等 ( 以 下 作 業 室 という )に は 不 必 要 な 物 品 等 を 置 かない (ハ) 作 業 室 内 の 壁 天 井 及 び 床 は 常 に 清 潔 に 保 つ (ニ) 作 業 室 の 採 光 照 明 及 び 換 気 を 十 分 に 行 うとともに 必 要 に 応 じ 適 切 な 温 度 及 び 湿 度 の 管 理 を 行 う (ホ) 作 業 室 ( 販 売 所 を 除 く )の 窓 及 び 出 入 口 は 開 放 しない 開 放 する 場 合 にあ っては ちり ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 する 措 置 を 講 ずる (ヘ) 排 水 が 適 切 に 行 われるよう 排 水 溝 等 の 清 掃 及 び 補 修 を 行 う 2/19

3 (ト) 便 所 は 常 に 清 潔 にし 定 期 的 に 清 掃 及 び 消 毒 を 行 う (チ) 洗 浄 設 備 は 常 に 清 潔 に 保 つ (リ) 手 洗 い 設 備 は 手 指 等 の 洗 浄 が 適 切 にできるよう 維 持 するとともに 水 を 十 分 に 供 給 し 手 指 等 の 消 毒 剤 等 を 備 え 常 に 使 用 できる 状 態 にしておく (ヌ) 施 設 設 備 等 の 清 掃 用 器 材 は 必 要 に 応 じ 洗 浄 し 乾 燥 させ 常 に 清 潔 にしてお くとともに 専 用 の 場 所 に 保 管 する (ル) 作 業 室 には 従 事 者 以 外 の 者 を 立 ち 入 らせないやむを 得 ず 立 ち 入 らせる 場 合 は ( 九 )(ホ) (ト) 及 び(チ)の 規 定 に 従 わせる (ヲ) 作 業 室 には 動 物 を 入 れない ( 三 ) 食 品 等 の 取 扱 設 備 の 衛 生 管 理 (イ) 衛 生 保 持 のため 機 械 器 具 類 は その 使 用 目 的 に 応 じて 使 用 する (ロ) 機 械 器 具 類 及 びその 部 品 は 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 い 所 定 の 場 所 に 衛 生 的 に 保 管 する (ハ) 機 械 器 具 類 及 びその 部 品 の 洗 浄 に 洗 剤 を 使 用 する 場 合 は 適 正 な 洗 剤 を 適 正 な 濃 度 で 使 用 する (ニ) 機 械 器 具 類 は 常 に 点 検 し 故 障 又 は 破 損 があるときは 速 やかに 補 修 し 常 に 適 正 に 使 用 できるよう 整 備 しておく (ホ) 温 度 計 圧 力 計 流 量 計 等 の 計 器 類 及 び 滅 菌 殺 菌 除 菌 又 は 浄 水 に 用 いる 装 置 に ついて その 機 能 を 定 期 的 に 点 検 するまた その 点 検 結 果 を 記 録 するよう 努 める (ヘ) ふきん 包 丁 まな 板 保 護 防 具 等 は 洗 浄 し 熱 湯 蒸 気 消 毒 剤 等 で 消 毒 し 乾 燥 させる 特 に 食 品 等 に 直 接 触 れる 場 合 にあっては 汚 染 の 都 度 又 は 作 業 終 了 後 に 洗 浄 及 び 消 毒 を 十 分 に 行 う (ト) 洗 浄 剤 消 毒 剤 その 他 化 学 物 質 については 使 用 保 管 等 の 取 扱 いに 十 分 注 意 する とともに 必 要 に 応 じ 容 器 に 内 容 物 の 名 称 を 表 示 する 等 により 食 品 等 への 混 入 を 防 止 する ( 四 ) ねずみ 昆 虫 等 の 対 策 (イ) 施 設 及 びその 周 囲 においては ねずみ 昆 虫 等 の 繁 殖 場 所 を 排 除 するとともに 施 設 内 への 侵 入 を 防 止 する (ロ) ねずみ 昆 虫 等 の 生 息 状 況 を 定 期 的 に 調 査 し その 発 生 を 認 めたときは 食 品 に 影 響 を 及 ぼさないよう 直 ちに 駆 除 作 業 を 実 施 するとともに その 実 施 記 録 を 一 年 間 保 存 す る (ハ) 殺 そ 剤 又 は 殺 虫 剤 を 用 いる 場 合 は 食 品 等 器 具 及 び 容 器 包 装 を 汚 染 しないようそ の 取 扱 いを 適 切 に 行 う (ニ) 原 材 料 製 品 包 装 資 材 等 は ねずみ 昆 虫 等 による 汚 染 防 止 対 策 を 講 じた 上 で 保 管 する ( 五 ) 使 用 水 等 の 管 理 (イ) 作 業 室 で 使 用 する 水 は 飲 用 適 の 水 であるただし 冷 却 又 は 食 品 等 の 安 全 に 影 響 を 及 ぼさない 工 程 で 使 用 する 水 はこの 限 りでないが 当 該 水 を 飲 用 適 の 水 に 混 入 し ない (ロ) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 する 場 合 は 年 一 回 以 上 水 質 検 査 を 行 い その 成 績 書 を 一 年 以 上 ( 取 り 扱 う 食 品 等 の 賞 味 期 限 を 考 慮 した 流 通 期 間 が 一 年 以 上 の 場 合 は 当 該 期 間 ) 保 管 するまた 不 慮 の 災 害 等 により 水 源 等 が 汚 染 されたおそれがある 場 合 には その 都 度 水 質 検 査 を 行 う (ハ) 水 質 検 査 の 結 果 飲 用 適 の 水 でなくなったときは 直 ちに 使 用 を 中 止 し 知 事 の 指 示 を 受 け 適 切 な 措 置 を 講 ずる (ニ) 貯 水 槽 を 使 用 する 場 合 は 定 期 的 に 清 掃 し 清 潔 に 保 つ (ホ) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 する 場 合 は 常 に 殺 菌 装 置 又 は 浄 水 装 置 が 正 常 に 作 動 してい るかどうかを 確 認 するまた その 結 果 を 記 録 するよう 努 める (ヘ) 飲 食 の 用 に 供 し 又 は 飲 食 物 に 直 接 接 触 する 氷 は 適 切 に 管 理 された 給 水 設 備 によ 3/19

4 って 供 給 された 飲 用 適 の 水 からつくる (ト) 使 用 した 水 を 再 利 用 する 場 合 にあっては 食 品 の 安 全 性 に 影 響 しないよう 必 要 な 処 理 を 行 うとともに その 処 理 工 程 を 適 切 に 管 理 する ( 六 ) 廃 棄 物 及 び 排 水 の 取 扱 い (イ) 廃 棄 物 の 保 管 及 びその 処 理 の 方 法 を 定 め 必 要 に 応 じ 手 順 書 を 作 成 する (ロ) 廃 棄 物 容 器 は 他 の 容 器 と 明 確 に 区 別 し 汚 液 又 は 汚 臭 が 漏 れないようにするとと もに 常 に 清 潔 にしておく (ハ) 廃 棄 物 は 作 業 室 外 に 保 管 する (ニ) 廃 棄 物 の 保 管 場 所 は 周 囲 の 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼさないよう 適 切 に 管 理 する (ホ) 廃 棄 物 及 び 排 水 の 処 理 は 適 切 に 行 う ( 七 ) 食 品 等 の 取 扱 い (イ) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 衛 生 上 の 観 点 から 品 質 鮮 度 表 示 等 を 点 検 するこ また その 点 検 状 況 を 記 録 するよう 努 める (ロ) 原 材 料 として 使 用 する 食 品 は 適 切 なものを 選 択 し 必 要 に 応 じ 前 処 理 を 行 った 後 加 工 に 供 するまた 保 存 に 当 たっては 当 該 食 品 に 適 した 状 態 及 び 方 法 で 行 う (ハ) 添 加 物 を 使 用 する 場 合 は 正 確 に 計 量 し 適 正 に 使 用 する (ニ) 食 品 等 は 製 造 加 工 調 理 処 理 保 管 運 搬 販 売 等 の 各 過 程 において 当 該 食 品 等 の 特 性 消 費 期 限 又 は 賞 味 期 限 製 造 加 工 等 の 方 法 包 装 形 態 生 食 用 又 は 加 熱 加 工 用 の 使 用 方 法 等 に 応 じ 温 度 及 び 時 間 の 管 理 に 十 分 配 慮 して 衛 生 的 に 取 り 扱 う (ホ) 食 品 衛 生 に 影 響 があると 考 えられる 冷 却 加 熱 乾 燥 添 加 物 の 使 用 真 空 調 理 又 はガス 置 換 包 装 及 び 放 射 線 照 射 の 工 程 の 管 理 に 十 分 配 慮 する (ヘ) 食 品 間 の 相 互 汚 染 を 防 止 するため 次 の 点 に 配 慮 する (ⅰ) 原 材 料 は そのまま 摂 取 される 食 品 と 区 分 して 取 り 扱 う (ⅱ) 冷 蔵 庫 ( 室 ) 内 では 相 互 汚 染 が 生 じないよう 区 画 して 食 品 を 保 存 するよう 留 意 する (ⅲ) 食 肉 等 の 未 加 熱 食 品 を 取 り 扱 った 設 備 及 び 機 械 器 具 類 は 別 の 食 品 を 取 り 扱 う 前 に 必 要 な 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 う (ト) 原 材 料 の 保 管 に 当 たっては 使 用 期 限 等 に 応 じ 適 切 な 順 序 で 使 用 するよう 留 意 する (チ) 器 具 及 び 容 器 包 装 は 製 品 を 汚 染 又 は 損 傷 から 保 護 できる 物 を 使 用 し 容 器 包 装 に は 適 切 な 表 示 が 行 える 物 を 使 用 するまた 再 使 用 が 可 能 な 器 具 及 び 容 器 包 装 は 洗 浄 及 び 消 毒 が 容 易 な 物 を 用 いる (リ) 食 品 等 の 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 に 当 たっては 次 の 事 項 を 実 施 する (ⅰ) 原 材 料 及 び 製 品 への 異 物 の 混 入 防 止 のための 措 置 を 講 じ 必 要 に 応 じ 検 査 する (ⅱ) 原 材 料 製 品 及 び 容 器 包 装 をロットごとに 管 理 し 必 要 に 応 じ 記 録 する (ⅲ) 製 品 ごとにその 特 性 製 造 加 工 等 の 手 順 原 材 料 等 について 記 載 した 製 品 説 明 書 の 作 成 及 び 保 存 に 努 める (ⅳ) 分 割 され 又 は 細 切 された 食 肉 等 について 異 物 の 混 入 の 有 無 を 確 認 し 異 物 が 認 められた 場 合 には 汚 染 の 可 能 性 がある 部 分 を 廃 棄 する (ⅴ) 原 材 料 として 使 用 していない 特 定 原 材 料 ( 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 二 十 三 年 内 閣 府 令 第 四 十 五 号 ) 別 表 第 四 に 掲 げる 食 品 をいう )が 製 造 工 程 において 混 入 しないよう 措 置 を 講 ずる (ヌ) 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 をした 製 品 について 定 期 的 に 自 主 検 査 を 行 い その 記 録 を 一 年 間 保 存 する (ル) 食 品 等 の 販 売 に 当 たっては 次 の 点 に 配 慮 する (ⅰ) 販 売 量 を 見 込 んだ 仕 入 れを 行 う 等 適 正 な 販 売 管 理 を 行 う (ⅱ) 直 射 日 光 にさらしたり 長 時 間 不 適 切 な 温 度 で 販 売 しないよう 衛 生 管 理 に 留 意 す る 4/19

5 ( 八 ) 記 録 の 作 成 及 び 保 存 (イ) 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 の 防 止 に 必 要 な 限 度 において 取 り 扱 う 食 品 等 に 係 る 仕 入 元 製 造 加 工 等 の 状 態 出 荷 先 又 は 販 売 先 その 他 必 要 な 事 項 に 関 する 記 録 の 作 成 及 び 保 存 に 努 める (ロ) (イ)の 記 録 の 保 存 期 間 は 取 り 扱 う 食 品 等 の 消 費 期 限 賞 味 期 限 等 に 応 じ 合 理 的 な 期 間 を 設 定 する (ハ) 食 中 毒 等 の 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため 知 事 から 要 請 があった 場 合 に は (イ)の 記 録 を 提 出 する ( 九 ) 従 事 者 の 衛 生 管 理 (イ) 従 事 者 の 健 康 状 態 の 把 握 に 留 意 し 定 期 的 に 検 便 の 実 施 等 食 品 衛 生 上 必 要 な 健 康 診 断 を 行 う (ロ) 知 事 から 指 示 があったときは 従 事 者 に 検 便 を 受 けさせる (ハ) 従 事 者 が 飲 食 物 を 介 して 感 染 するおそれのある 疾 病 にかかったとき 又 はその 疾 病 の 病 原 体 を 保 有 していることが 判 明 したとき 若 しくはその 疾 病 にかかっていることが 疑 われる 症 状 を 有 するときは 営 業 者 は その 旨 を 従 事 者 から 報 告 させ 医 師 の 診 断 を 受 け させるとともに その 疾 病 の 病 原 体 を 保 有 していないことが 判 明 するまでの 間 その 従 事 者 を 食 品 等 に 直 接 接 触 する 作 業 に 従 事 させない 等 の 措 置 を 講 じる (ニ) 従 事 者 が 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 十 四 号 ) 第 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 ( 食 品 等 に 直 接 接 触 する 業 務 に 係 るものに 限 る )を 受 けた 場 合 ( 当 該 従 事 者 の 保 護 者 が 当 該 通 知 を 受 けた 場 合 を 含 む )は 同 条 第 二 項 に 規 定 する 期 間 その 従 事 者 を 食 品 等 に 直 接 接 触 する 作 業 に 従 事 させない (ホ) 従 事 者 には 清 潔 な 作 業 衣 等 を 着 用 させ 作 業 室 内 では 専 用 の 履 物 を 用 いさせるこ また 指 輪 腕 時 計 ヘアピン 等 は 衛 生 上 支 障 のない 場 合 を 除 き 作 業 室 に 持 ち 込 ませない (ヘ) 従 事 者 が 食 肉 等 を 取 り 扱 う 場 合 は 原 則 として 食 肉 等 に 直 接 接 触 する 部 分 が 繊 維 その 他 の 洗 浄 及 び 消 毒 をすることが 困 難 な 素 材 で 作 られた 手 袋 を 使 用 させない (ト) 従 事 者 には 常 に 爪 を 短 く 切 らせ 衛 生 上 支 障 のない 場 合 を 除 き マニキュア 等 を つけさせない 作 業 前 用 便 直 後 及 び 生 鮮 又 は 汚 染 された 原 材 料 等 を 取 り 扱 った 後 は 必 ず 手 指 等 の 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 わせる (チ) 従 事 者 には 作 業 室 内 では 着 替 え 喫 煙 飲 食 等 をさせない ( 十 ) 回 収 等 (イ) 販 売 食 品 等 に 起 因 する 食 品 衛 生 上 の 問 題 が 発 生 した 場 合 において 問 題 となった 製 品 を 迅 速 かつ 適 切 に 回 収 できるよう 回 収 に 係 る 責 任 体 制 具 体 的 な 回 収 方 法 知 事 への 報 告 等 の 手 順 を 定 める (ロ) 回 収 された 製 品 は 通 常 製 品 と 明 確 に 区 別 して 保 管 し 廃 棄 その 他 の 必 要 な 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 行 う (ハ) 回 収 を 行 う 際 は 消 費 者 への 注 意 喚 起 等 のため 必 要 に 応 じ 当 該 回 収 に 関 する 公 表 を 行 う (2) 運 搬 ( 一 ) 食 品 等 の 運 搬 に 用 いる 車 両 コンテナ 等 は 食 品 等 を 汚 染 するようなものであっては ならない また 容 易 に 洗 浄 及 び 消 毒 ができる 構 造 のものを 使 用 し 常 に 清 潔 にし 補 修 等 を 行 うことにより 適 切 な 状 態 を 維 持 する ( 二 ) 食 品 等 とそれ 以 外 の 貨 物 を 混 載 する 場 合 には 食 品 等 以 外 の 貨 物 からの 汚 染 を 防 止 す るため 必 要 に 応 じ 食 品 等 を 適 切 な 容 器 に 入 れる 等 食 品 等 以 外 の 貨 物 と 区 分 する ( 三 ) 運 搬 中 の 食 品 等 が ちり 排 気 ガス 等 に 汚 染 されないよう 管 理 する ( 四 ) 品 目 が 異 なる 食 品 等 又 は 食 品 等 以 外 の 貨 物 の 運 搬 に 使 用 した 車 両 コンテナ 等 を 使 用 する 場 合 は 効 果 的 な 方 法 により 洗 浄 し 必 要 に 応 じ 消 毒 を 行 う ( 五 ) 未 包 装 の 食 品 等 を 車 両 コンテナ 等 で 運 搬 する 場 合 は 必 要 に 応 じ 食 品 専 用 の 車 両 コンテナ 等 を 使 用 し 当 該 車 両 コンテナ 等 に 食 品 専 用 であることを 明 示 する ( 六 ) 運 搬 中 の 温 度 湿 度 所 要 時 間 その 他 の 状 態 の 管 理 に 留 意 する 5/19

6 (3) 食 品 衛 生 責 任 者 ( 一 ) 営 業 者 ( 法 第 四 十 八 条 第 一 項 の 規 定 により 食 品 衛 生 管 理 者 を 置 かなければならない 営 業 者 を 除 く )は 施 設 又 はその 部 門 ごとに 当 該 施 設 又 は 部 門 において 従 事 する 者 の うちから 食 品 衛 生 に 関 する 責 任 者 ( 以 下 食 品 衛 生 責 任 者 という )を 定 め 当 該 食 品 衛 生 責 任 者 に 衛 生 管 理 を 行 わせ 又 は 営 業 者 が 自 ら 食 品 衛 生 責 任 者 となり 衛 生 管 理 を 行 う ( 二 ) 食 品 衛 生 責 任 者 は 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 防 止 のため 施 設 の 衛 生 管 理 の 方 法 や 食 品 衛 生 に 関 する 事 項 について 必 要 な 注 意 をするとともに 営 業 者 に 対 し 必 要 な 意 見 を 述 べ る ( 三 ) 営 業 者 は 前 号 の 規 定 による 食 品 衛 生 責 任 者 の 意 見 を 尊 重 する ( 四 ) 食 品 衛 生 責 任 者 は 知 事 の 指 定 した 講 習 会 を 定 期 的 に 受 講 し 食 品 衛 生 に 関 する 新 し い 知 見 の 習 得 に 努 める ( 五 ) 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 営 業 に 係 る 食 品 衛 生 責 任 者 については 同 表 の 下 欄 各 号 に 掲 げ る 者 のいずれかに 該 当 する 者 である 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 菓 子 製 造 業 あん 類 製 造 業 アイスクリ ーム 類 製 造 業 乳 処 理 業 特 別 牛 乳 搾 取 処 理 業 乳 製 品 製 造 業 ( 全 粉 乳 (その 容 量 が 千 四 百 グラム 以 下 である 缶 に 収 められるものに 限 る ) 加 糖 粉 乳 及 び 調 整 粉 乳 を 製 造 する 営 業 を 除 く ) 食 肉 処 理 業 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 販 売 す る 営 業 を 除 く ) 魚 介 類 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 魚 介 類 のみを 販 売 する 営 業 を 除 く ) 魚 介 類 競 り 売 り 営 業 魚 肉 練 り 製 品 製 造 業 ( 魚 肉 ハム 及 び 魚 肉 ソーセージを 製 造 する 営 業 を 除 く ) 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 ( 貯 蔵 のみを 行 う 営 業 を 除 く ) 清 涼 飲 料 水 製 造 業 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 氷 雪 製 造 業 食 用 油 脂 製 造 業 ( 脱 色 又 は 脱 臭 の 過 程 を 経 て 製 造 する 営 業 を 除 く ) みそ 製 造 業 しょうゆ 製 造 業 ソース 類 製 造 業 酒 類 製 造 業 豆 腐 製 造 業 納 豆 製 造 業 め ん 類 製 造 業 総 菜 製 造 業 缶 詰 又 は 瓶 詰 食 品 製 造 業 菓 子 種 製 造 業 こんにゃく 類 製 造 業 漬 物 製 造 業 魚 介 類 加 工 業 一 法 第 四 十 八 条 第 六 項 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 二 栄 養 士 調 理 師 製 菓 衛 生 師 又 は 船 舶 料 理 士 の 資 格 を 有 する 者 三 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 年 法 律 第 七 十 号 ) 第 十 二 条 第 五 項 第 三 号 又 は 第 四 号 に 該 当 する 者 四 他 の 都 道 府 県 地 方 自 治 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 ) 第 二 百 五 十 二 条 の 十 九 第 一 項 の 指 定 都 市 若 し くは 同 法 第 二 百 五 十 二 条 の 二 十 二 第 一 項 の 中 核 市 ( 以 下 他 県 等 という )の 食 品 衛 生 関 係 6/19

7 7/19 の 条 例 に 基 づ く 資 格 又 は 他 県 等 の 知 事 若 しくは 市 長 が 食 品 衛 生 に 関 してこれ と 同 等 以 上 の 知 識 を 有 する 資 格 として 認 めた 資 格 を 有 する 者 五 他 県 等 の 知 事 又 は 市 長 の 指 定 した 食 品 衛 生 責 任 者 を 養 成 するため の 講 習 会 の 課 程 を 修 了 した 者 六 知 事 の 指 定 した 食 品 衛 生 責 任 者 を 養 成 するための 講 習 会 の 課 程 を 修 了 した 者 又 はこれと 同 等 以 上 の 知 識 を 有 すると 知 事 が 認 めた 者 (4) 従 事 者 に 対 する 衛 生 教 育 ( 一 ) 営 業 者 食 品 衛 生 管 理 者 又 は 食 品 衛 生 責 任 者 は 製 造 加 工 調 理 処 理 保 管 運 搬 販 売 等 が 衛 生 的 に 行 われるよう 従 事 者 に 対 し 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 方 法 食 品 等 の 汚 染 防 止 の 方 法 等 食 品 衛 生 上 必 要 な 事 項 に 関 する 衛 生 教 育 を 実 施 する 特 に 洗 浄 剤 消 毒 剤 その 他 化 学 物 質 を 取 り 扱 う 者 に 対 しては その 安 全 な 取 扱 いに 関 する 教 育 を 実 施 する ( 二 ) 従 事 者 への 衛 生 教 育 の 効 果 について 定 期 的 に 評 価 し 必 要 に 応 じ 教 育 方 法 を 見 直 す (5) 管 理 運 営 要 領 の 作 成 ( 一 ) 施 設 及 び 食 品 等 の 取 扱 い 等 に 係 る 衛 生 上 の 管 理 運 営 要 領 を 作 成 し これを 従 事 者 に 周 知 徹 底 させる ( 二 ) 定 期 的 に 製 品 検 査 ふき 取 り 検 査 等 を 実 施 し 施 設 の 衛 生 状 態 を 確 認 することにより ( 一 )で 作 成 した 管 理 運 営 要 領 の 効 果 を 検 証 し 必 要 に 応 じ その 内 容 を 見 直 す (6) 情 報 の 提 供 及 び 報 告 ( 一 ) 消 費 者 に 対 し 販 売 食 品 等 についての 安 全 性 に 関 する 情 報 提 供 に 努 める ( 二 ) 販 売 食 品 等 に 関 する 健 康 被 害 ( 当 該 販 売 食 品 等 に 起 因 し 又 は 起 因 する 疑 いがあると 医 師 により 診 断 されたものに 限 る )の 情 報 を 消 費 者 から 受 けたとき 及 び 法 に 違 反 する 販 売 食 品 等 を 確 認 したときは 速 やかに 知 事 に 報 告 する ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業

8 ( 一 ) 弁 当 仕 出 し 料 理 等 ( 以 下 弁 当 等 という )を 多 量 に 調 理 する 場 合 は 調 理 済 み 食 品 ごとに 検 食 ( 食 中 毒 等 の 原 因 食 品 を 追 求 するための 検 査 用 保 存 食 品 をいう )を 四 十 八 時 間 以 上 冷 蔵 又 は 冷 凍 保 存 しておくただし 四 十 八 時 間 目 が 休 業 日 に 当 たる 場 合 は 休 業 日 の 翌 日 までとする ( 二 ) 弁 当 等 の 配 送 先 配 送 時 刻 及 び 配 送 量 の 記 録 及 び 保 存 に 努 める ( 三 ) 弁 当 等 の 運 搬 にあっては 摂 食 予 定 時 間 を 考 慮 した 配 送 をする 等 適 切 な 時 間 に 出 荷 す る ( 四 ) 弁 当 等 の 消 費 期 限 の 表 示 にあっては 時 間 まで 記 載 するよう 努 める ( 五 ) 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる (イ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない (ロ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (2) 喫 茶 店 営 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (3) 菓 子 製 造 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (4) あん 類 製 造 業 シアン 化 合 物 含 有 豆 類 は 他 の 原 料 と 区 画 して 貯 蔵 する (5) 食 肉 販 売 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない (6) 魚 介 類 販 売 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (7) 食 品 の 放 射 線 照 射 業 営 業 者 は 食 品 衛 生 管 理 者 をして 一 日 一 回 以 上 化 学 線 量 計 を 用 いて 線 量 を 確 認 させ そ の 結 果 の 記 録 を 二 年 間 保 管 する (8) 豆 腐 行 商 水 を 用 いて 豆 腐 を 保 冷 する 行 商 を 行 うときに 用 いる 容 器 内 の 水 は 常 時 入 替 えを 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 冷 する ハ 法 第 五 十 二 条 第 三 項 の 規 定 による 条 件 として 特 定 の 食 品 ( 知 事 が 別 に 定 めるものに 限 る ) のみを 製 造 し 調 理 し 又 は 販 売 することを 付 された 営 業 者 の 営 業 ( 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 及 び 菓 子 製 造 業 に 限 る )に 係 る 管 理 運 営 の 基 準 は イ 及 びロの 規 定 にかかわらず 規 則 で 定 めるところによる 二 自 動 販 売 機 を 利 用 して 行 う 営 業 イ 自 動 販 売 機 の 設 置 場 所 の 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 定 期 的 に 清 掃 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つようにする (2) 不 必 要 な 物 品 を 置 かない (3) 照 明 換 気 等 を 適 正 に 行 う (4) 壁 天 井 及 び 床 は 常 に 清 潔 に 保 つ (5) ねずみ 昆 虫 等 の 生 息 状 況 を 定 期 的 に 調 査 し その 発 生 を 認 めたときは 食 品 に 影 響 を 及 ぼさないよう 直 ちに 駆 除 作 業 を 実 施 するとともに その 実 施 記 録 を 一 年 間 保 存 する 8/19

9 (6) 殺 そ 剤 又 は 殺 虫 剤 を 用 いる 場 合 は 食 品 等 器 具 及 び 容 器 包 装 を 汚 染 しないようその 取 扱 いを 適 切 に 行 う ロ 自 動 販 売 機 の 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 常 に 点 検 し 正 常 に 作 動 するよう 整 備 しておくなお 故 障 破 損 等 があった 場 合 は 速 やかに 補 修 する (2) 定 期 的 に 清 掃 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つようにする (3) 食 品 に 直 接 接 触 する 部 分 は 分 解 循 環 方 式 等 により 毎 日 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ (4) 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 う 場 合 には 適 正 な 洗 剤 及 び 消 毒 剤 を 適 正 な 方 法 で 使 用 し 使 用 後 は それらが 残 存 することのないように 十 分 に 水 洗 いする (5) 食 品 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 食 品 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 食 品 を 除 く )を 冷 凍 し 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する 自 動 販 売 機 にあっては 所 定 の 温 度 ( 冷 凍 するものにあって は 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 冷 蔵 するものにあっては 摂 氏 十 度 以 下 温 蔵 するものにあって は 摂 氏 六 十 三 度 以 上 である 以 下 同 じ )が 保 たれていることの 点 検 を 一 日 一 回 以 上 行 い その 記 録 を 三 月 間 保 管 する (6) 法 上 必 要 な 表 示 事 項 が 容 易 に 識 別 できるように 管 理 する (7) ストロー 紙 コップ はし 等 飲 食 の 用 に 供 される 器 具 を 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ ハ 給 水 は 次 に 定 めるところによる (1) カートリッジ 式 給 水 タンク( 自 動 販 売 機 に 水 を 供 給 するために 装 置 される 容 器 であって 取 り 外 して 用 いるものをいう 以 下 同 じ )を 使 用 するものにあっては 当 該 タンク 及 びこ れと 自 動 販 売 機 本 体 との 連 結 部 分 は 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ (2) カートリッジ 式 給 水 タンクに 水 を 供 給 する 際 には 当 該 タンク 内 を 十 分 に 洗 浄 する (3) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 するものにあっては 飲 用 適 の 水 を 使 用 し 年 一 回 以 上 その 使 用 する 水 の 水 質 検 査 を 行 い その 成 績 書 を 一 年 間 保 管 するまた 不 慮 の 災 害 等 により 水 源 等 が 汚 染 されたおそれがある 場 合 には その 都 度 水 質 検 査 を 行 う (4) 水 質 検 査 の 結 果 飲 用 適 の 水 でなくなったときは 直 ちに 知 事 の 指 示 を 受 け 適 切 な 措 置 を 講 ずる (5) 殺 菌 装 置 又 は 細 菌 ろ 過 装 置 を 備 えた 自 動 販 売 機 にあっては 常 にその 装 置 が 正 常 に 作 動 しているかどうかを 確 認 する ニ 廃 棄 物 の 処 理 等 は 次 に 定 めるところによる (1) 廃 棄 物 は 定 期 的 に 処 理 する (2) 自 動 販 売 機 内 に 廃 棄 物 容 器 を 備 えたものにあっては 廃 棄 物 容 器 内 の 廃 棄 物 を 廃 棄 する 都 度 廃 棄 物 容 器 を 洗 浄 する (3) 自 動 販 売 機 外 の 廃 棄 物 容 器 は 十 分 洗 浄 するとともに 汚 液 及 び 汚 臭 が 漏 れないように する (4) 廃 水 貯 留 槽 等 は 十 分 洗 浄 し 衛 生 的 に 保 つ ホ 食 品 の 取 扱 いは 次 に 定 めるとことによる (1) 収 納 されている 食 品 については 定 期 的 に 点 検 管 理 を 行 う (2) 冷 凍 し 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する 食 品 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 食 品 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 食 品 を 除 く )の 取 扱 いは 次 により 行 う ( 一 ) 食 品 は 収 納 する 部 分 の 温 度 が 所 定 の 温 度 になった 後 に 収 納 する ( 二 ) 食 品 を 収 納 する 部 分 が 所 定 の 温 度 を 保 てなくなった 場 合 にあっては 当 該 自 動 販 売 機 に 収 納 されている 食 品 は 販 売 しない (3) 弁 当 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 したもの 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 にしたもの 並 びに 冷 凍 したものを 除 く 以 下 同 じ )の 取 扱 いは 次 により 行 う ( 一 ) 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する ( 二 ) 自 動 販 売 機 への 追 加 収 納 は 行 わない ( 三 ) 自 動 販 売 機 への 収 納 又 は 自 動 販 売 機 からの 回 収 を 行 うに 当 たっては その 品 名 数 量 製 造 年 月 日 製 造 者 の 住 所 及 び 氏 名 収 納 又 は 回 収 の 日 時 並 びに 当 該 回 収 食 品 の 措 置 の 内 容 をその 都 度 記 録 し その 記 録 を 三 月 間 保 管 する 9/19

10 ( 四 ) 自 動 販 売 機 への 収 納 は 製 造 後 速 やかに 行 う ( 五 ) 自 動 販 売 機 に 収 納 するまでの 運 搬 の 際 は 直 射 日 光 を 遮 断 し かつ 防 じんをするこ とができる 用 具 を 用 いる ( 六 ) 自 動 販 売 機 に 収 納 する 弁 当 には 自 動 販 売 機 専 用 である 旨 を 表 示 する ヘ 食 品 衛 生 責 任 者 (1) 営 業 者 は 自 動 販 売 機 の 設 置 場 所 ごとに 従 事 者 のうちから 食 品 衛 生 責 任 者 を 定 め 当 該 食 品 衛 生 責 任 者 に 衛 生 管 理 及 び 施 設 の 維 持 管 理 を 行 わせ 又 は 営 業 者 が 自 ら 食 品 衛 生 責 任 者 となり 衛 生 管 理 及 び 施 設 の 維 持 管 理 を 行 う (2) 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 又 は 氷 雪 製 造 業 に 係 る 食 品 衛 生 責 任 者 については 第 一 号 イ (3)( 五 )の 表 の 下 欄 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 である (3) 食 品 衛 生 責 任 者 の 氏 名 及 び 連 絡 先 を 各 自 動 販 売 機 の 見 やすい 箇 所 に 表 示 する ト 従 事 者 に 係 る 衛 生 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 第 一 号 イ( 九 )(イ)から(ニ)までの 規 定 に 準 じて 従 事 者 の 衛 生 管 理 を 行 う (2) 従 事 者 に 対 し 作 業 中 清 潔 な 作 業 衣 を 着 用 させる 等 食 品 を 取 り 扱 う 際 衛 生 上 支 障 が 生 じないよう 指 導 する 一 部 改 正 平 成 一 四 年 条 例 八 〇 号 一 六 年 一 号 一 七 年 九 五 号 二 一 年 一 七 号 二 四 年 一 八 号 別 表 第 二 ( 第 四 条 関 係 ) 一 第 二 号 及 び 第 三 号 に 規 定 する 営 業 施 設 以 外 の 営 業 施 設 イ 共 通 基 準 (1) 場 所 大 きさ 構 造 等 ( 一 ) 施 設 は ねずみ 昆 虫 ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 にない ( 二 ) 施 設 は 業 種 ごとに 専 用 とするただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 法 第 五 十 二 条 第 一 項 の 許 可 を 行 う 者 ( 以 下 許 可 権 者 という )が 認 めた 場 合 は この 限 りで ない ( 三 ) 施 設 は 使 用 目 的 に 適 した 大 きさ 及 び 構 造 のものである ( 四 ) 施 設 と 住 居 その 他 営 業 に 直 接 必 要 のない 場 所 とは 壁 ガラス 戸 その 他 適 当 な 物 で 区 画 されている (2) 床 壁 天 井 等 ( 一 ) 作 業 室 の 床 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 である ( 二 ) 作 業 室 の 内 壁 は 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 であるこの 場 合 において 作 業 上 又 は 衛 生 上 水 を 使 用 することが 必 要 な 場 所 にあっては 床 面 から 〇 九 メートル 以 上 の 高 さ まで 耐 水 性 材 料 で 造 られている ( 三 ) 作 業 室 の 天 井 は ちり 等 の 落 ちない 構 造 である ( 四 ) 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 を 行 う 場 所 は 作 業 面 において 百 ルクス 以 上 の 明 るさを 有 する 構 造 である ( 五 ) 作 業 室 は 換 気 が 十 分 に 行 われる 構 造 である (3) ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 防 止 設 備 作 業 室 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 貯 蔵 設 備 の 窓 その 他 の 開 口 部 並 びに 便 所 の 窓 及 びくみ 取 り 口 等 には ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (4) 施 設 の 周 囲 ( 一 ) 施 設 の 周 囲 は 排 水 がよく 清 掃 しやすい ( 二 ) 排 水 溝 等 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 清 掃 しやすい 構 造 である (5) 洗 浄 設 備 等 ( 一 ) 施 設 の 適 当 な 場 所 に 食 品 等 及 び 機 械 の 洗 浄 設 備 並 びに 器 具 及 び 容 器 包 装 の 消 毒 設 備 が ある ( 二 ) 作 業 室 の 使 用 しやすい 場 所 に 従 事 者 専 用 の 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 作 業 室 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 がある 10/19

11 (6) 器 具 等 の 数 及 び 大 きさ 食 品 又 は 添 加 物 の 取 扱 方 法 及 び 取 扱 数 量 に 応 じ 必 要 な 数 及 び 大 きさの 器 具 等 がある (7) 器 具 等 の 配 置 固 定 された 又 は 移 動 し 難 い 器 具 等 は 作 業 に 便 利 で 清 掃 及 び 洗 浄 がしやすいように 配 置 されている (8) 器 具 の 構 造 器 具 は 容 易 に 清 掃 及 び 洗 浄 ができる 構 造 で かつ 加 熱 その 他 の 方 法 で 殺 菌 できるもの である (9) 器 具 等 の 補 修 器 具 等 は 補 修 がよく 行 われたものである (10) 貯 蔵 設 備 ( 一 ) 食 品 等 を 衛 生 的 に 保 存 することのできる 専 用 の 設 備 があるただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 必 要 がある 場 合 は 冷 却 等 に 適 した 設 備 がある (11) 計 器 類 の 設 置 ( 一 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 設 備 及 び 食 品 等 を 加 熱 して 殺 菌 する 設 備 には 温 度 計 が 見 やすい 位 置 にある ( 二 ) 食 品 に 圧 力 を 加 え 又 は 減 じて 加 工 等 を 行 う 設 備 には 圧 力 計 又 は 真 空 計 が 見 やすい 位 置 にある ( 三 ) 法 第 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 使 用 の 方 法 につき 基 準 が 定 められた 添 加 物 を 使 用 す る 業 態 にあっては 計 量 器 がある (12) 給 水 設 備 ( 一 ) 水 道 水 又 は 衛 生 試 験 機 関 で 飲 用 適 と 認 められた 水 を 十 分 に 供 給 できる 設 備 がある ( 二 ) 水 道 水 以 外 の 水 を 供 給 する 設 備 には 乳 類 販 売 業 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) 魚 介 類 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 魚 介 類 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) 及 び 食 品 の 放 射 線 照 射 業 を 除 き 殺 菌 装 置 又 は 浄 水 装 置 がある ( 三 ) 井 戸 は し 尿 下 水 その 他 不 潔 な 物 で 汚 染 されない 構 造 である (13) 汚 物 処 理 設 備 等 ( 一 ) 適 当 な 容 積 があり かつ ふたのある 不 浸 透 性 の 廃 棄 物 容 器 が 備 えてある ( 二 ) 従 事 者 の 使 用 する 便 所 がある ( 三 ) 便 所 (し 尿 浄 化 槽 を 含 む )は 衛 生 上 支 障 がない 位 置 にある ( 四 ) 便 所 には 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 五 ) 便 所 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 があるこ (14) 更 衣 設 備 等 施 設 の 適 当 な 場 所 に 従 事 者 の 員 数 に 応 じた 更 衣 室 等 を 設 け かつ 清 潔 な 作 業 衣 帽 子 マスク 及 び 履 物 等 が 備 えてある ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業 ( 一 ) ( 二 )に 規 定 する 施 設 以 外 の 施 設 (イ) 調 理 室 があるただし 食 品 を 調 理 する 場 所 ( 以 下 調 理 場 という )と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない (ロ) 二 槽 以 上 の 洗 浄 槽 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでな い (ハ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 り でない (ニ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 11/19

12 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 客 用 便 所 がある (ホ) 冷 蔵 設 備 がある (ヘ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 のまな 板 包 丁 等 がある (ト) 生 食 用 食 肉 ( 牛 の 食 肉 ( 内 臓 を 除 く )であって 生 食 用 として 販 売 されるものを いう 以 下 同 じ )を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 さ れた 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 しない 業 態 にあっては (ⅳ) (ⅴ) 及 び(ⅵ)の 設 備 等 を 要 しない (ⅰ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ⅱ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ⅲ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ⅳ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ⅴ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ⅵ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ⅶ) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 ( 二 ) 自 家 製 ソーセージを 調 理 する 施 設 (イ) 前 処 理 室 調 理 室 及 び 調 合 計 量 室 がある (ロ) 前 処 理 室 には 必 要 に 応 じて 排 水 設 備 がある (ハ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある (ニ) 原 料 食 肉 と 製 品 が 完 全 に 区 画 可 能 な 冷 蔵 設 備 がある (ホ) 製 品 の 加 熱 殺 菌 装 置 がある (ヘ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 原 料 食 肉 の 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 及 び 各 工 程 で 行 う 検 査 のための 細 菌 検 査 装 置 がある (2) 喫 茶 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 二 槽 以 上 の 洗 浄 槽 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでない ( 三 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでな い ( 四 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 客 用 便 所 がある ( 五 ) 冷 蔵 設 備 がある (3) 菓 子 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 生 乳 を 使 用 する 場 合 は 生 乳 を 摂 氏 六 十 二 度 から 摂 氏 六 十 五 度 までの 間 で 三 十 分 間 加 熱 殺 菌 できる 設 備 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 で 加 熱 殺 菌 できる 設 備 があ る (4) あん 類 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) シアン 化 合 物 含 有 豆 類 を 使 用 する 業 態 にあっては 当 該 豆 類 を 他 の 原 料 と 区 画 して 貯 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある (5) アイスクリーム 類 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 調 合 室 がある ( 二 ) 原 料 調 合 機 ろ 過 機 分 注 機 打 栓 機 原 料 殺 菌 機 及 び 凍 結 硬 化 設 備 がある ( 三 ) 原 料 殺 菌 機 は 原 料 を 摂 氏 六 十 八 度 で 三 十 分 間 加 熱 殺 菌 できる 設 備 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 で 殺 菌 できる 設 備 である (6) 乳 処 理 業 ( 一 ) 受 乳 室 処 理 室 器 具 取 扱 室 検 査 室 及 び 冷 蔵 室 がある 12/19

13 ( 二 ) 生 乳 以 外 の 原 料 等 を 使 用 する 場 合 は 調 合 室 があるただし 処 理 室 と 共 用 して も 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 三 ) 空 瓶 置 場 がある ( 四 ) 乳 を 摂 氏 十 度 以 下 にできる 冷 蔵 設 備 がある ( 五 ) 乳 のろ 過 機 自 記 温 度 計 を 備 えた 殺 菌 機 自 動 充 てん 機 及 び 打 栓 機 がある ( 六 ) 処 理 室 及 び 器 具 取 扱 室 には 飲 用 適 の 水 及 び 蒸 気 の 供 給 設 備 がある (7) 特 別 牛 乳 搾 取 処 理 業 ( 一 ) 搾 乳 室 牛 舎 病 牛 の 隔 離 所 及 び(6)( 一 )から( 三 )までに 規 定 する 施 設 がある ( 二 ) 搾 乳 室 には 牛 体 を 洗 浄 する 設 備 がある ( 三 ) 搾 乳 室 の 入 口 には 牛 の 肢 洗 場 があり 病 牛 の 隔 離 所 の 出 入 口 には 消 毒 設 備 がある ( 四 ) (6)( 四 )から( 六 )までに 規 定 する 設 備 がある ( 五 ) 尿 だめ 及 び 汚 物 置 場 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 牛 舎 から 二 メートル 以 上 搾 乳 室 受 乳 室 処 理 室 器 具 取 扱 室 検 査 室 及 び 冷 蔵 室 から 十 メートル 以 上 離 れた 場 所 にあり ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (8) 乳 製 品 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 必 要 に 応 じ 受 乳 室 器 具 取 扱 室 調 合 室 発 酵 室 包 装 室 又 は 検 査 室 が ある ( 二 ) 乳 等 を 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 する 必 要 のある 場 合 は これに 適 した 設 備 がある ( 三 ) 乳 のろ 過 機 自 記 温 度 計 を 備 えた 殺 菌 機 及 び 自 動 充 てん 機 がある (9) 集 乳 業 ( 一 ) 乳 取 扱 室 器 具 取 扱 室 及 び 検 査 室 がある ( 二 ) 乳 取 扱 室 には 受 乳 槽 並 びに 冷 却 及 び 冷 蔵 の 設 備 がある (10) 乳 類 販 売 業 ( 一 ) 販 売 所 がある ( 二 ) 乳 等 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 があるただし 常 温 保 存 可 能 品 のみ を 販 売 する 業 態 にあっては この 限 りでない (11) 食 肉 処 理 業 ( 一 ) ( 二 )に 規 定 する 施 設 以 外 の 施 設 (イ) 荷 受 室 とさつ 放 血 室 処 理 室 及 び 包 装 室 があるただし とさつ 放 血 を 行 わ ない 業 態 にあっては とさつ 放 血 室 を 要 しない (ロ) 処 理 前 の 生 体 又 はとたいの 搬 入 場 所 と 処 理 後 の 食 肉 等 の 搬 出 場 所 とは 別 である (ハ) 作 業 台 がある (ニ) 冷 蔵 設 備 がある (ホ) 冷 蔵 設 備 には すのこ 棚 等 の 設 備 がある (ヘ) 作 業 台 の 表 面 は 耐 水 性 材 料 で 造 られている (ト) 温 湯 又 は 蒸 気 を 十 分 に 供 給 することのできる 設 備 がある (チ) 廃 棄 物 置 場 は 処 理 室 から 適 当 な 距 離 を 有 する 位 置 にあり その 床 及 び 周 囲 が 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (リ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 の 次 の 設 備 等 がある (ⅰ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ⅱ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ⅲ) 加 工 台 (ⅳ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ⅴ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ⅵ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ⅶ) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 ( 二 ) 食 用 に 供 する 血 液 を 処 理 する 施 設 (イ) 原 料 運 搬 機 器 の 洗 浄 殺 菌 室 原 料 貯 蔵 室 処 理 室 及 び 製 品 保 存 室 並 びに 必 要 に 応 じ て 包 装 室 があるただし 採 血 から 処 理 まで 一 貫 して 行 う 業 態 で 他 の 施 設 から 原 13/19

14 料 を 運 搬 してくることがないものにあっては 原 料 運 搬 機 器 の 洗 浄 殺 菌 室 及 び 原 料 貯 蔵 室 を 要 しない (ロ) 原 料 貯 留 槽 があるただし 施 設 の 処 理 室 が と 畜 場 の 血 液 貯 留 室 と 接 し 原 料 を 当 該 血 液 貯 留 室 の 検 査 後 貯 留 槽 (と 畜 検 査 員 の 検 査 に 合 格 した 血 液 を 貯 留 する 設 備 をいう )から 直 接 パイプで 処 理 室 の 分 離 機 等 に 流 入 させることができる 場 合 にあって は 原 料 貯 留 槽 を 要 しない (ハ) 分 離 機 乾 燥 機 凍 結 装 置 等 の 加 工 設 備 が 必 要 に 応 じてある (ニ) 原 料 の 受 け 入 れから 容 器 への 充 てんまでの 工 程 における 各 設 備 の 間 は サニタリー パイプ(オーステナイト 系 ステンレス 鋼 等 を 材 質 とし 特 に 衛 生 を 考 慮 したパイプをい う )で 連 結 されている (ホ) 原 料 の 受 け 入 れから 容 器 への 充 てんまでの 工 程 における 各 設 備 を 十 分 に 洗 浄 殺 菌 で きる 能 力 のある 定 置 洗 浄 設 備 (パイプ 機 械 装 置 等 を 移 動 することなく 設 置 されたま まの 状 態 で これらの 中 に 高 温 かつ 高 濃 度 の 洗 浄 溶 液 を 強 力 に 循 環 させ その 接 触 面 を 洗 浄 殺 菌 する 方 法 を 用 いる 設 備 をいう 以 下 同 じ )があるただし 定 置 洗 浄 設 備 による 洗 浄 殺 菌 が 著 しく 困 難 な 設 備 にあっては 当 該 設 備 を 洗 浄 殺 菌 できる 設 備 があ る (ヘ) 冷 却 し 冷 蔵 し 又 は 加 熱 するための 設 備 には 温 度 を 正 確 に 調 節 する 装 置 及 び 加 熱 殺 菌 する 場 合 にあっては その 温 度 を 記 録 する 装 置 がある (ト) 温 湯 又 は 蒸 気 を 十 分 に 供 給 することのできる 設 備 がある (チ) 廃 棄 された 血 液 及 び 汚 水 の 処 理 設 備 があるただし 廃 棄 された 血 液 及 び 汚 水 をと 畜 場 の 血 液 及 び 汚 水 の 処 理 設 備 又 は 終 末 処 理 場 のある 下 水 道 に 流 出 させることがで きる 場 合 は この 限 りでない (12) 食 肉 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 にあっては この 限 りでない ( 二 ) 冷 蔵 庫 及 び 冷 蔵 ショーケースがある ( 三 ) 容 器 包 装 に 入 れられた 冷 凍 食 肉 を 販 売 する 業 態 にあっては 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 で 当 該 食 肉 を 保 存 することのできる 設 備 がある ( 四 ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 し ない 業 態 にあっては (ニ) (ホ) 及 び(ヘ)の 設 備 等 を 要 しない (イ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ロ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ハ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ニ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ホ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ヘ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ト) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 (13) 食 肉 製 品 製 造 業 ( 一 ) 原 料 処 理 室 製 造 室 調 合 計 量 室 及 び 包 装 室 がある ( 二 ) 原 料 処 理 室 及 び 製 造 室 には 排 水 設 備 がある ( 三 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある ( 四 ) 原 料 用 冷 蔵 設 備 及 び 製 品 用 冷 蔵 設 備 がある ( 五 ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 がある ( 六 ) 製 品 の 水 分 活 性 を 測 定 できる 装 置 があるただし 加 熱 食 肉 製 品 のみを 製 造 する 業 態 にあっては この 限 りでない ( 七 ) 特 定 加 熱 食 肉 製 品 又 は 加 熱 食 肉 製 品 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 の 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 八 ) 非 加 熱 食 肉 製 品 又 は 特 定 加 熱 食 肉 製 品 を 製 造 する 業 態 にあっては 原 料 食 肉 又 は 製 品 の 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 がある 14/19

15 (14) 魚 介 類 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては この 限 りでない ( 二 ) 冷 蔵 庫 及 び 冷 蔵 ショーケースがある ( 三 ) 容 器 包 装 に 入 れられた 冷 凍 鮮 魚 介 類 を 販 売 する 業 態 にあっては 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 で 当 該 鮮 魚 介 類 を 保 存 することのできる 設 備 がある ( 四 ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 のまな 板 包 丁 等 があるこ ( 五 ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 の 流 水 式 洗 浄 設 備 があるこ (15) 魚 介 類 競 り 売 り 営 業 ( 一 ) 荷 分 場 競 り 場 荷 置 場 及 び 廃 棄 物 置 場 がある ( 二 ) 施 設 の 入 口 には 履 物 等 の 洗 浄 設 備 がある ( 三 ) 競 り 台 及 び 陳 列 台 がある ( 四 ) 廃 棄 物 置 場 は 作 業 場 から 適 当 な 距 離 を 有 する 位 置 にあり その 床 及 び 周 囲 が 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (16) 魚 肉 練 り 製 品 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 魚 肉 ハム 魚 肉 ソーセージ 又 は 鯨 肉 ベーコンを 製 造 する 業 態 にあっては 調 合 計 量 室 がある ( 三 ) 製 造 室 には 排 水 設 備 がある ( 四 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある ( 五 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 六 ) 製 品 ( 魚 肉 すり 身 を 除 く )の 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 七 ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 がある ( 八 ) 魚 肉 ハム 魚 肉 ソーセージ 又 は 特 殊 包 装 かまぼこを 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 の 水 分 活 性 又 は 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 が 必 要 に 応 じてある (17) 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 ( 一 ) 処 理 場 及 び 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 がある ( 二 ) 食 品 の 調 理 又 は 加 工 を 行 う 業 態 にあっては 調 理 室 又 は 加 工 室 がある ( 三 ) 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 の 床 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 適 当 なこうばいのある 排 水 溝 がある ( 四 ) 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 には すのこ 棚 等 がある (18) 食 品 の 放 射 線 照 射 業 ( 一 ) 照 射 室 がある ( 二 ) 照 射 室 には 所 定 の 移 動 速 度 を 確 実 に 維 持 し 得 る 性 能 を 有 し かつ 清 掃 しやすく 機 械 油 等 によって 食 品 を 汚 染 しない 構 造 のコンベア 等 の 装 置 がある (19) 清 涼 飲 料 水 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 原 液 調 合 室 及 び 器 具 洗 浄 場 がある ( 二 ) 調 合 容 器 殺 菌 又 は 除 菌 の 装 置 充 てん 機 容 器 包 装 の 洗 浄 及 び 殺 菌 の 装 置 並 びに 製 品 検 査 用 具 があるただし 未 使 用 の 容 器 包 装 であって かつ 殺 菌 され 又 は 殺 菌 効 果 を 有 する 製 造 方 法 で 製 造 され 使 用 されるまでに 汚 染 されるおそれのないように 取 り 扱 われた 容 器 包 装 を 使 用 する 場 合 は 容 器 包 装 の 洗 浄 及 び 殺 菌 の 装 置 を 要 しない (20) 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 器 具 取 扱 室 及 び 冷 蔵 室 がある ( 二 ) 空 瓶 置 場 がある ( 三 ) かくはん 機 ろ 過 器 殺 菌 機 自 動 充 てん 機 及 び 打 栓 機 がある (21) 氷 雪 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 貯 氷 庫 がある ( 二 ) 貯 氷 庫 は 飲 食 用 の 氷 雪 と 冷 却 用 の 氷 雪 とを 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ 15/19

16 ( 三 ) 氷 かん 用 の 上 ぶた かくはん 機 吸 水 容 器 及 び 原 料 水 検 査 用 具 がある (22) 氷 雪 販 売 業 ( 一 ) 販 売 所 及 び 貯 氷 庫 がある ( 二 ) 貯 氷 庫 は 飲 食 用 の 氷 雪 と 冷 却 用 の 氷 雪 とを 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ (23) 食 用 油 脂 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 充 てん 室 及 び 包 装 室 がある ( 二 ) 前 処 理 設 備 搾 油 設 備 精 製 設 備 充 てん 機 打 栓 機 及 び 巻 締 機 が 必 要 に 応 じてある (24) マーガリン 又 はショートニング 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 包 装 室 及 び 原 料 取 扱 室 がある ( 二 ) 溶 解 槽 殺 菌 機 発 酵 槽 冷 却 器 及 び 包 装 機 がある (25) みそ 製 造 業 こうじ 室 仕 込 み 室 熟 成 室 及 び 包 装 室 がある (26) しょうゆ 製 造 業 包 装 室 並 びに 必 要 に 応 じてこうじ 室 発 酵 室 圧 搾 室 及 び 火 入 れ 室 がある (27) ソース 類 製 造 業 製 造 室 及 び 包 装 室 がある (28) 酒 類 製 造 業 仕 込 み 室 圧 搾 室 火 入 れ 室 及 び 包 装 室 がある (29) 豆 腐 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) ステンレス 等 の 金 属 で 造 られた 寄 せ 桶 及 び 型 箱 がある ( 三 ) 包 装 豆 腐 ( 豆 乳 に 凝 固 剤 を 添 加 して 容 器 包 装 に 充 てんした 後 加 熱 凝 固 させたものをい う )を 製 造 する 業 態 にあっては 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 四 ) 水 さらしをして 保 存 する 業 態 にあっては 耐 水 性 材 料 で 造 られ 飲 用 適 の 水 を 十 分 供 給 できる 給 排 水 装 置 を 有 し かつ 冷 却 して 保 存 する 設 備 がある ( 五 ) 水 さらしをしないで 保 存 する 業 態 にあっては 冷 蔵 庫 又 は 冷 蔵 ショーケースがあるこ (30) 納 豆 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 発 酵 室 がある ( 二 ) 容 器 包 装 の 殺 菌 装 置 があるただし 未 使 用 の 容 器 包 装 であって かつ 殺 菌 さ れ 又 は 殺 菌 効 果 を 有 する 製 造 方 法 で 製 造 され 使 用 されるまでに 汚 染 されるおそれのな いように 取 り 扱 われた 容 器 包 装 を 使 用 する 場 合 は 容 器 包 装 の 殺 菌 装 置 を 要 しない (31) めん 類 製 造 業 乾 めん 類 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 造 室 乾 燥 室 及 び 包 装 室 が 生 めん 類 又 はゆでめん 類 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 造 室 がある (32) 総 菜 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 製 造 室 には 必 要 に 応 じて 処 理 場 加 工 場 包 装 場 製 品 置 場 等 があり 作 業 区 分 に より 一 定 の 区 画 がしてある ( 三 ) 解 凍 槽 原 料 洗 浄 槽 及 び 加 工 台 が 必 要 に 応 じてある ( 四 ) 加 工 台 の 表 面 は 耐 水 性 材 料 で 造 られている ( 五 ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 し ない 業 態 にあっては (ニ) (ホ) 及 び(へ)の 設 備 等 を 要 しない (イ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ロ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ハ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ニ) 加 熱 殺 菌 装 置 16/19

17 (ホ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (へ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ト) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 (33) 缶 詰 又 は 瓶 詰 食 品 製 造 業 ( 一 ) 缶 詰 室 又 は 瓶 詰 室 がある ( 二 ) 缶 詰 機 又 は 瓶 詰 機 及 び 打 栓 機 又 は 巻 締 機 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 殺 菌 装 置 がある (34) 添 加 物 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 包 装 室 及 び 検 査 室 がある ( 二 ) 法 第 二 十 五 条 第 一 項 に 基 づく 検 査 に 係 る 添 加 物 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 貯 蔵 設 備 は 当 該 検 査 の 申 請 に 係 る 製 品 を 他 の 製 品 と 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ ( 三 ) 製 造 又 は 加 工 に 必 要 な 器 具 は 損 耗 が 少 なく かつ 製 品 の 品 質 に 影 響 を 及 ぼさない 材 料 で 造 られたものである ( 四 ) 添 加 物 の 製 剤 を 製 造 する 場 合 には 含 有 成 分 が 均 一 に 分 散 するように 機 械 的 なかくは ん 装 置 その 他 必 要 な 設 備 がある ( 五 ) 製 造 又 は 加 工 に 使 用 する 器 具 等 は 医 薬 品 又 は 工 業 用 薬 品 その 他 添 加 物 以 外 のもの( 以 下 医 薬 品 等 という )の 製 造 又 は 加 工 のための 機 械 等 とは 区 別 するただし 添 加 物 と 医 薬 品 等 の 製 造 又 は 加 工 を 同 一 工 程 で 行 う 場 合 であって 同 一 の 器 具 等 を 使 用 して も 添 加 物 の 成 分 に 影 響 を 及 ぼさないと 許 可 権 者 が 認 める 場 合 にあっては この 限 りでない ( 六 ) 原 料 又 は 製 品 の 試 験 検 査 に 必 要 な 設 備 及 び 器 具 がある ( 七 ) 製 造 又 は 加 工 の 過 程 において 生 ずる 廃 棄 物 等 を 完 全 に 処 理 できる 設 備 がある ハ 特 定 の 食 品 ( 知 事 が 別 に 定 めるものに 限 る )のみを 製 造 し 調 理 し 又 は 販 売 する 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 及 び 菓 子 製 造 業 に 係 る 営 業 施 設 の 基 準 は イ 及 びロの 規 定 にかかわらず 規 則 で 定 めるところによる 二 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 の 施 設 イ 共 通 基 準 (1) 構 造 等 ( 一 ) 自 動 車 の 営 業 の 用 に 供 する 部 分 ( 以 下 営 業 室 という )は 専 用 とし 使 用 目 的 に 適 した 大 きさがあり かつ 当 該 営 業 室 と 営 業 に 直 接 必 要 のない 場 所 とは 区 画 されてい るただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでな い ( 二 ) 営 業 室 は 使 用 目 的 に 適 し かつ ちり 等 の 侵 入 を 防 止 できる 構 造 のものである (2) 床 壁 天 井 等 ( 一 ) 営 業 室 の 床 及 び 内 壁 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 である ( 二 ) 営 業 室 の 天 井 は ちり 等 の 落 ちない 構 造 である ( 三 ) 営 業 室 は 作 業 面 において 百 ルクス 以 上 の 明 るさを 有 する 構 造 である ( 四 ) 営 業 室 は 換 気 が 十 分 に 行 われる 構 造 である (3) ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 防 止 設 備 営 業 室 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 貯 蔵 設 備 には ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 があ る (4) 営 業 室 の 外 面 営 業 室 の 外 壁 及 び 屋 根 等 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 洗 浄 しやすい 構 造 であり かつ 洗 浄 の 際 の 汚 水 等 が 営 業 室 内 に 侵 入 しない 構 造 である (5) 洗 浄 設 備 等 ( 一 ) 営 業 室 の 適 当 な 場 所 に 食 品 等 の 洗 浄 設 備 並 びに 器 具 及 び 容 器 包 装 の 消 毒 設 備 があるこ ( 二 ) 営 業 室 の 使 用 しやすい 場 所 に 従 事 者 専 用 の 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 営 業 室 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 がある (6) 器 具 等 の 数 及 び 大 きさ 17/19

18 食 品 又 は 添 加 物 の 取 扱 方 法 及 び 取 扱 数 量 に 応 じ 必 要 な 数 及 び 大 きさの 器 具 等 がある (7) 器 具 等 の 配 置 固 定 された 又 は 移 動 し 難 い 器 具 等 は 作 業 に 便 利 で 清 掃 及 び 洗 浄 がしやすいように 配 置 されている (8) 器 具 の 構 造 器 具 は 容 易 に 清 掃 及 び 洗 浄 ができる 構 造 で かつ 加 熱 その 他 の 方 法 で 殺 菌 できるもの である (9) 器 具 等 の 補 修 器 具 等 は 補 修 がよく 行 われたものである (10) 貯 蔵 設 備 ( 一 ) 食 品 等 を 衛 生 的 に 保 存 することのできる 専 用 の 設 備 があるただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 必 要 がある 場 合 は 冷 却 等 に 適 した 設 備 がある (11) 温 度 計 の 設 置 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 設 備 には 温 度 計 が 見 やすい 位 置 にある (12) 給 水 設 備 ( 一 ) 使 用 する 水 を 十 分 に 貯 水 できる 固 定 した 貯 水 槽 がある ( 二 ) 貯 水 槽 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ちり 等 の 侵 入 を 防 止 できる 構 造 のものである ( 三 ) 貯 水 槽 は その 内 部 が 容 易 に 洗 浄 できる 構 造 で かつ 給 水 栓 が 付 いたものであるこ (13) 汚 物 処 理 設 備 ( 一 ) 適 当 な 容 積 があり かつ ふたのある 不 浸 透 性 の 廃 棄 物 容 器 が 備 えてある ( 二 ) 使 用 後 の 水 を 貯 留 できる 汚 水 槽 が 衛 生 上 支 障 がない 位 置 にある (14) 更 衣 設 備 等 従 事 者 の 員 数 に 応 じた 更 衣 室 等 を 設 け かつ 清 潔 な 作 業 衣 帽 子 マスク 及 び 履 物 等 が 備 えてある ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 四 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (2) 喫 茶 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 四 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (3) 菓 子 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 18/19

19 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (4) 乳 類 販 売 業 ( 一 ) 販 売 室 がある ( 二 ) 乳 等 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 があるただし 常 温 保 存 可 能 品 のみ を 販 売 する 業 態 にあっては この 限 りでない ( 三 ) 空 瓶 を 入 れる 容 器 が 備 えられている ( 四 ) 使 用 する 水 を 十 八 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある (5) 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) ( 一 ) 販 売 室 がある ( 二 ) 食 肉 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 使 用 する 水 を 十 八 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある (6) 魚 介 類 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 ( 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては 販 売 室 )がある ( 二 ) 鮮 魚 介 類 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 使 用 する 水 を 百 リットル( 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては 十 八 リットル) 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある 三 自 動 販 売 機 を 利 用 して 行 う 営 業 の 施 設 イ 設 置 場 所 は 清 潔 であって 衛 生 管 理 が 十 分 行 き 届 く 場 所 である ロ 設 置 場 所 は 屋 内 であるただし ひさし 屋 根 等 で 雨 水 を 防 止 できる 場 合 にあっては この 限 りでない ハ 設 置 場 所 は 使 用 目 的 に 応 じて 適 当 な 広 さを 有 している ニ 設 置 場 所 の 床 面 は コンクリートその 他 の 不 浸 透 性 のもので かつ 堅 ろうな 材 質 を 用 い 清 掃 が 容 易 な 構 造 のものである ホ 設 置 場 所 には 適 当 な 廃 棄 物 容 器 を 設 ける ヘ 設 置 場 所 には 十 分 な 照 明 設 備 及 び 有 効 な 換 気 設 備 を 設 ける ト 設 置 場 所 には 飲 用 適 の 水 を 十 分 供 給 できる 設 備 を 設 けるただし 乳 類 販 売 業 の 施 設 にあっては この 限 りでない チ 設 置 場 所 には 適 当 な 排 水 設 備 を 設 けるただし 乳 類 販 売 業 の 施 設 にあっては この 限 りでない 一 部 改 正 平 成 一 四 年 条 例 八 〇 号 一 六 年 一 号 一 七 年 九 五 号 二 四 年 一 八 号 19/19

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477>

<8C9A90DD94AD90B696D88DDE939982CC8DC48E918CB989BB82C98AD682B782E98E9696B18EE688B5977697CC816982518251814482538144825089FC90B3816A2E786477> 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 要 領 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 川 崎 市 ( 以 下 本 市 という )が 施 工 する 建 設 工 事 から 生 じる 建 設 発 生 木 材 等 の 再 資 源 化 に 関 する 事 務 取 扱 いを 定 めることにより 資 源 の 有 効 な 利 用 及 び 廃 棄 物 の

More information

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後

K66 号 2/9 B 面 農 業 体 験 施 設 等 (21) 施 設 の 区 分 ( 該 当 に 印 ) (22) 棟 数 (2) 建 築 延 べ 床 面 積 (24) 所 要 面 積 農 業 体 験 施 設 市 民 農 園 特 定 農 地 貸 付 けの 用 に 供 された 農 地 譲 受 後 ( 様 式 第 K66 号 ) 処 理 コード 7464 01 特 定 処 分 対 象 農 地 等 及 び 特 定 農 業 用 施 設 処 分 届 ( 特 例 付 加 年 金 ) (1) 特 例 付 加 年 金 証 書 の 記 号 番 号 (2) (フリガナ) 記 号 番 号 新 制 度 (H26.4) K66 号 1/9 A 面 氏 名 印 () 生 年 月 日 昭 和 2 年 月 日 各 事 由

More information

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含

(5) 特 定 施 設 の 使 用 の 方 法 (6) 色 等 の 処 理 の 方 法 (7) 排 出 水 の 色 等 の 汚 染 状 態 及 び 量 2 一 の 施 設 が 特 定 施 設 となった 際 現 にその 施 設 を 設 置 している 者 ( 設 置 の 工 事 をしている 者 を 含 和 歌 山 市 排 出 水 の 色 等 規 制 条 例 平 成 3 年 10 月 5 日 条 例 第 44 号 改 正 平 成 12 年 3 月 27 日 条 例 第 58 号 平 成 13 年 7 月 9 日 条 例 第 34 号 平 成 14 年 12 月 26 日 条 例 第 52 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 排 出 水 の 色 等 を 規 制 することにより 公 共 用

More information

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱

宿泊施設トイレ整備推進事業要綱 茨 城 県 宿 泊 施 設 のトイレ 整 備 推 進 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 平 成 31 年 茨 城 国 体 全 国 障 害 者 スポーツ 大 会, 平 成 32 年 東 京 オリンピック パ ラリンピックを 見 据 え, 県 内 宿 泊 施 設 の 受 入 体 制 の 強 化 を 図 るため, 宿 泊 施 設 内 のトイレを 改 修 する

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電

(7) 水 道 事 業 又 は 公 共 下 水 道 の 用 に 供 するポンプ 施 設 (8) 第 一 種 電 気 通 信 事 業 の 用 に 供 する 電 気 通 信 交 換 施 設 (9) 都 市 高 速 鉄 道 の 用 に 供 する 停 車 場 開 閉 所 及 び 変 電 所 (10) 発 電 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 に 関 する 許 可 基 準 改 定 平 成 23 年 10 月 1 日 Ⅰ 趣 旨 建 築 基 準 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 201 号 以 下 法 という ) 第 52 条 第 14 項 第 1 号 の 許 可 制 度 は 機 械 室 等 部 分 の 床 面 積 の 合 計 の 建 築 物 の 延 べ 面 積 に 対 する

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2)

1 変更の許可等(都市計画法第35条の2) 第 12 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 土 地 における 建 築 等 の 制 限 1 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ( 都 市 計 画 法 第 42 条 ) 法 律 ( 開 発 許 可 を 受 けた 土 地 における 建 築 等 の 制 限 ) 第 四 十 二 条 何 人 も 開 発 許 可 を 受 けた 開 発 区 域 内 においては 第 三 十

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の

認 し 通 常 の 立 入 検 査 に 際 しても 許 可 内 容 が 遵 守 されていることを 確 認 するこ と 2 学 校 薬 剤 師 業 務 の 兼 任 学 校 薬 剤 師 の 業 務 を 兼 任 する 場 合 の 取 扱 いは 次 のとおりとする (1) 許 可 要 件 1 薬 局 等 の 別 紙 薬 局 等 における 管 理 薬 剤 師 の 兼 任 の 取 扱 いについて 1 共 通 事 項 管 理 薬 剤 師 兼 任 許 可 申 請 は 平 成 10 年 4 月 27 日 付 け 保 衛 第 283 号 保 健 福 祉 部 長 通 知 薬 局 及 び 医 薬 品 販 売 業 の 構 造 設 備 規 則 及 び 許 可 等 の 取 扱 いについて による 学 校 薬 剤 師 の 兼

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査

受 託 工 事 費 一 般 管 理 費 何 地 区 給 料 手 当 賞 与 引 当 金 繰 入 額 賃 金 報 酬 法 定 福 利 費 退 職 給 付 費 備 消 品 費 厚 生 福 利 費 報 償 費 旅 費 被 服 費 光 熱 水 費 燃 料 費 食 糧 費 印 刷 製 本 費 測 量 調 査 別 紙 1 簡 易 水 道 事 業 勘 定 科 目 は 規 則 別 表 第 一 号 に 定 める 水 道 事 業 の 勘 定 科 目 を 考 慮 して 区 分 すること 港 湾 整 備 事 業 ( 埋 立 ) 収 益 埋 立 事 業 収 益 営 業 収 益 土 地 売 却 収 益 受 託 工 事 収 益 その 他 営 業 収 益 営 業 外 収 益 受 取 利 息 及 び 配 当 金 預 金 利 息

More information

( 手 数 料 ) 第 6 条 し 尿 を 搬 入 する 者 ( 以 下 搬 入 者 という )は し 尿 処 理 手 数 料 ( 以 下 手 数 料 という )として し 尿 の 投 入 量 に 応 じて 100 リットルにつき 28.58 円 を 乗 じて 得 た 額 に 消 費 税 法 ( 昭

( 手 数 料 ) 第 6 条 し 尿 を 搬 入 する 者 ( 以 下 搬 入 者 という )は し 尿 処 理 手 数 料 ( 以 下 手 数 料 という )として し 尿 の 投 入 量 に 応 じて 100 リットルにつき 28.58 円 を 乗 じて 得 た 額 に 消 費 税 法 ( 昭 第 7 編 施 設 第 1 章 衛 生 処 理 場 し 尿 処 理 施 設 条 例 昭 和 63 年 4 月 1 日 条 例 第 2 5 号 改 正 平 成 4 年 2 月 20 日 条 例 第 2 号 平 成 17 年 10 月 7 日 条 例 第 1 号 平 成 25 年 2 月 18 日 条 例 第 1 号 平 成 26 年 2 月 9 日 条 例 第 2 号 北 上 花 巻 衛 生 処 理

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D4C93878CA793AE95A888A48CEC835A8393835E815B8CA28143944C8FF7936E977697CC2E646F63> 広 島 県 動 物 愛 護 センター 犬 猫 譲 渡 要 領 第 1 趣 旨 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 法 律 ( 昭 和 48 年 法 律 第 105 号 ) 第 35 条 及 び 広 島 県 動 物 愛 護 管 理 条 例 ( 昭 和 55 年 条 例 第 2 号 ) 第 11 条 及 び 犬 及 び 猫 の 引 取 り 並 びに 負 傷 動 物 等 の 収 容 に 関

More information

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例

東近江行政組合職員の育児休業等に関する条例 東 近 江 行 政 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 改 正 平 成 6 年 12 月 27 日 条 例 第 5 号 平 成 10 年 3 月 12 日 条 例 第 1 号 平 成 11 年 12 月 24 日 条 例 第 7 号 平 成 13 年 3 月 19 日 条 例 第 3 号 平 成 14 年 3 月 11 日 条 例 第 5 号 平 成 18 年 3 月 16

More information

Microsoft Word - h doc

Microsoft Word - h doc 消 防 予 第 192 号 平 成 9 年 12 月 5 日 各 都 道 府 県 消 防 主 管 部 長 殿 消 防 庁 予 防 課 長 消 防 用 設 備 等 に 係 る 届 出 等 に 関 する 運 用 について( 通 知 ) 消 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 17 条 14 規 定 に 基 づく 消 防 用 設 備 等 着 工 届 法 第 17 条 32 規 定 に 基 づく 消 防

More information

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例

4-3-4共立蒲原総合病院組合職員の育児休業等に関する条例 共 立 蒲 原 総 合 病 院 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 4 年 3 月 2 6 日 条 例 第 1 号 改 正 平 成 7 年 3 月 16 日 条 例 第 2 号 平 成 13 年 3 月 26 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年 12 月 24 日 条 例 第 8 号 平 成 21 年 3 月 19 日 条 例 第 5 号 平 成 22 年 9

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目

(11) 建 築 物 特 定 施 設 等 本 許 可 基 準 により 容 積 率 緩 和 対 象 とした 施 設 2. 運 用 方 針 この 許 可 基 準 は, 市 街 地 環 境 の 保 護 を 図 りつつ, 地 域 の 安 定 的 な 医 療 福 祉 環 境 の 確 保 を 図 ることを 目 福 岡 市 バリアフリー 容 積 率 緩 和 許 可 基 準 ( 福 岡 市 : 高 齢 者, 障 害 者 等 の 移 動 等 の 円 滑 化 の 促 進 に 関 する 法 律 第 24 条 の 規 定 による 建 築 基 準 法 第 52 条 第 14 項 第 1 号 許 可 基 準 ) 平 成 20 年 8 月 福 岡 市 住 宅 都 市 局 建 築 指 導 部 1. 用 語 の 定 義 この

More information

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適

第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 に 適 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び 酒 田 工 業 用 水 道 天 日 乾 燥 床 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 28 年 3 月 山 形 県 企 業 局 第 1 章 総 括 事 項 第 1 節 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 山 形 県 企 業 局 酒 田 水 道 事 務 所 発 注 の 平 成 28 年 度 平 田 浄 水 場 及 び

More information

第1条を次のように改める

第1条を次のように改める 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 西 熊 谷 病 院 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 埼 玉 県 熊 谷 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条 この 法 人 は 精 神 疾 患 を 持 つ 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20925093C689D789B582B581698AAE90AC92CA926D816A2E646F63> 消 防 危 第 245 号 平 成 1 7 年 1 0 月 2 6 日 各 都 道 府 県 消 防 防 災 主 管 部 長 東 京 消 防 庁 各 指 定 都 市 消 防 長 殿 消 防 庁 危 険 物 保 安 室 長 給 油 取 扱 所 等 における 単 独 荷 卸 しに 係 る 運 用 について 危 険 物 取 扱 者 の 立 会 いなしに 移 動 タンク 貯 蔵 所 に 乗 務 する 危 険

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

京都市危険物事務処理規程

京都市危険物事務処理規程 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 昭 和 63 年 4 月 1 日 京 都 市 消 防 局 訓 令 甲 第 2 号 各 部 消 防 学 校 各 消 防 署 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 を 次 のように 定 める 京 都 市 危 険 物 事 務 処 理 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 訓 令 は, 消 防 法, 危 険 物 の 規 制 に 関 する 政 令,

More information

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案)

(別紙3)保険会社向けの総合的な監督指針の一部を改正する(案) 監 督 指 針 Ⅱ 保 険 監 督 上 の 評 価 項 目 Ⅱ-2-7 商 品 開 発 に 係 る 内 部 管 理 態 勢 Ⅱ-2-7-2 主 な 着 眼 点 (1)~(4) (5) 関 連 部 門 との 連 携 1~3 4 関 連 部 門 は 販 売 量 拡 大 や 収 益 追 及 を 重 視 する 例 えば 営 業 推 進 部 門 や 収 益 部 門 から 不 当 な 影 響 を 受 けることなく

More information

郵 便 約 款 の 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 及 び 審 査 結 果 ( 本 人 限 定 受 取 郵 便 のサービス 内 容 の 追 加 ) 平 成 21 年 3 月 2 日 総 務 省 1 変 更 の 認 可 申 請 の 概 要 (1) 変 更 の 趣 旨 犯 罪 による 収 益 の 移 転 防 止 に 関 する 法 律 ( 以 下 収 益 移 転 防 止 法 という ) が 平 成

More information

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620>

<5461726F2D30393039303496F290488B4094AD3039303491E682508D8620> 薬 食 機 発 0904 第 1 号 平 成 21 年 9 月 4 日 都 道 府 県 各 政 令 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 特 別 区 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 医 療 機 器 審 査 管 理 室 長 薬 事 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 等 の 施 行 に 伴 う 医 療 機 器 の 販 売 業 及 び 賃 貸 業 の 取 扱 いについて

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D2088E78E998B788BC C98AD682B782E98B4B92F62E646F63> 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 (2) 子 が1 歳 に 達 する 日 を 超 えて 雇 用 関 係 が 継 続 することが 見 込 まれること (3) 子 が1 歳 に 達 する 日 から1 年 を 経 過 する 日 までに 労 働 契 約 期 間 が 満 了 し 更 新 されないことが 明 らかでないこと 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 学 校 法 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

航空隊等の内部組織に関する達

航空隊等の内部組織に関する達 平 成 10 年 12 月 2 日 海 上 自 衛 隊 達 第 32 号 航 空 隊 及 び 教 育 航 空 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 昭 和 40 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 10 号 ) 第 32 条 整 備 補 給 隊 の 編 制 に 関 する 訓 令 ( 平 成 10 年 海 上 自 衛 隊 訓 令 第 28 号 ) 第 11 条 及 び 航 空 基 地 隊 の 編

More information

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維 別 紙 2 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は この 仕 様 書 によるもの とする ( 業 務 の 目 的 ) 1. 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 は 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 条 例 ( 平 成 17 年

More information

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評

第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以 下 の 性 能 評 価 に 適 用 する (1) 建 築 基 準 法 施 行 令 ( 以 下 令 という ) 第 20 条 の7 第 1 項 第 二 号 表 及 び 令 第 20 条 の 8 第 2 項 の 認 定 に 係 る 性 能 評 一 般 財 団 法 人 ベターリビング 平 成 16 年 7 月 23 日 制 定 平 成 19 年 6 月 20 日 改 定 平 成 23 年 12 月 1 日 改 定 シックハウス 対 策 に 関 する 居 室 等 の 性 能 評 価 業 務 方 法 書 注 ) 本 業 務 方 法 書 は 予 告 なく 変 更 することがあります 1 第 1 条 適 用 範 囲 本 業 務 方 法 書 は 以

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1

前橋市軽自動車税減免要綱(案)1 前 橋 市 軽 自 動 車 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 前 橋 市 市 税 条 例 ( 昭 和 26 年 前 橋 市 条 例 第 302 号 以 下 条 例 という ) 第 89 条 及 び 第 90 条 に 規 定 する 軽 自 動 車 税 の 減 免 の 取 扱 いに 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 減 免 要 件 の

More information

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 (

( 参 考 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 107 号 )( 抄 ) 国 家 戦 略 特 別 区 域 法 及 び 構 造 改 革 特 別 区 域 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 27 年 法 律 第 56 号 ) による 改 正 後 ( 事 務 連 絡 平 成 27 年 9 月 1 日 各 都 道 府 県 人 事 担 当 課 各 都 道 府 県 市 区 町 村 担 当 課 各 指 定 都 市 人 事 担 当 課 各 人 事 委 員 会 事 務 局 御 中 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 地 方 公 共 団 体 が 国 家 戦 略 特 別 区 域 創 業 者 人 材 確 保 支 援 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与

公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 1 職 員 給 与 費 の 状 況 ア 決 算 区 分 総 費 用 純 利 益 職 員 給 与 費 総 費 用 に 占 める ( 参 考 ) 職 員 給 与 費 比 率 22 年 度 の 総 費 用 に 占 A B B/A める 職 員 給 与 電 子 版 職 員 給 与 のあらまし < 公 営 企 業 版 > 平 成 24 年 度 目 次 公 営 企 業 職 員 の 状 況 1 水 道 事 業 2 工 業 用 水 道 事 業 3 下 水 道 事 業 4 自 動 車 運 送 事 業 5 高 速 度 鉄 道 事 業 6 病 院 事 業 < 問 い 合 わせ 先 > 上 下 水 道 局 総 務 部 総 務 課 交 通 局 総 務 部 労 務 課

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以

を 行 うこと 又 は 必 要 な 機 能 を 追 加 することをいう ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 3 条 補 助 金 の 交 付 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は, 次 条 に 規 定 するこの 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 者 ( 以 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 25 年 3 月 29 日 告 示 第 98 号 改 正 平 成 25 年 9 月 27 日 告 示 第 297 号 平 成 27 年 4 月 1 日 告 示 第 155 号 玉 野 市 空 き 家 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 空 き 家 の 有 効 活 用 による

More information

独立行政法人国立病院機構

独立行政法人国立病院機構 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 仙 台 医 療 センターにおける 医 薬 品 等 の 使 用 成 績 調 査 特 定 使 用 成 績 調 査 及 び 副 作 用 感 染 症 報 告 その 他 の 受 託 研 究 の 実 施 に 関 する 標 準 業 務 手 順 書 平 成 27 年 8 月 3 日 第 8 版 第 1 章 総 則 1. 目 的 と 適 用 範 囲 この 標 準 業 務

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc

Microsoft Word - 公表用答申422号.doc 答 申 第 1 審 議 会 の 結 論 名 古 屋 市 長 ( 以 下 実 施 機 関 という )が 本 件 異 議 申 立 ての 対 象 とな る 保 有 個 人 情 報 を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 である 第 2 異 議 申 立 てに 至 る 経 過 1 平 成 27 年 5 月 29 日 異 議 申 立 人 は 名 古 屋 市 個 人 情 報 保 護 条 例 ( 平 成 17

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 嘱 託 等 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 16 規 程 第 11 号 改 正 平 成 17 年 3 月 31 日 17 規 程 第 17 号 平 成 17 年 10 月 27 日 17 規 程 第 37 号 平 成 18 年 3 月 22 日 18 規 程 第 4 号 平 成 18 年 11 月 27 日 18

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 の 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 制 定 平 成 18. 4. 1 規 程 126 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 ( 以 下 法 人 という )の 教 職 員 の 育 児 休 業 育 児

More information

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根

第 2-2 表 耐 火 構 造 等 に 必 要 な 性 能 に 関 する 技 術 的 基 準 構 造 の 種 類 部 分 火 災 の 種 類 時 間 要 件 1 時 間 を 基 本 とし 建 耐 力 壁 柱 床 はり 屋 根 階 段 耐 火 構 造 ( 令 第 107 条 ) 壁 床 外 壁 屋 根 第 2 建 築 物 構 造 1 構 造 (1) 主 要 構 造 部 ア 耐 火 構 造 ( 建 基 法 第 2 条 第 7 号 ) 壁 柱 床 その 他 の 建 築 物 の 部 分 の 構 造 のうち 耐 火 性 能 ( が 終 了 するまでの 間 当 該 火 災 による 建 築 物 の 倒 壊 及 び 延 焼 を 防 止 するために 当 該 建 築 物 の 部 分 に 必 要 とされる 性 能 をいう

More information

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受

っては いずれか 一 方 の 事 業 を 補 助 金 の 交 付 の 対 象 とする 3 第 1 項 各 号 に 掲 げる 事 業 において 国 県 若 しくは 本 市 からの 補 償 金 の 交 付 又 は 損 害 保 険 契 約 によ る 損 害 てん 補 その 他 これに 類 するものを 受 福 井 市 集 会 所 建 設 等 事 業 補 助 要 綱 昭 和 50 年 4 月 1 日 告 示 第 26 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 集 会 所 の 建 設 等 に 要 する 経 費 につき 補 助 金 を 交 付 することについて 福 井 市 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 48 年 福 井 市 規 則 第 11 号 以 下 規 則 という )によるほか 必

More information

〔自 衛 隊〕

〔自 衛 隊〕 基 交 付 金 及 び 調 整 交 付 金 等 総 務 省 所 管 (1) 基 交 付 金 ( 趣 旨 ) 基 交 付 金 は 国 有 提 供 施 設 等 所 在 市 町 村 助 成 交 付 金 に 関 する 法 律 ( 昭 和 32 年 法 律 104 号 ) の 定 めるところにより 国 が 所 有 する 固 定 資 産 のうち 米 軍 等 に 使 用 させている 固 定 資 産 並 びに 自

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

1号店舗運用基準

1号店舗運用基準 市 街 化 調 整 区 域 における 都 市 計 画 法 第 3 4 条 第 1 2 号 の 規 定 に よ る 開 発 許 可 等 の 基 準 を 定 める について 法 第 34 条 第 12 号 及 び 令 第 36 条 第 1 項 第 3 号 ハ でいう 開 発 区 域 の 周 辺 にお ける 市 街 化 区 域 を 促 進 するおそれがないと 認 められ かつ 市 街 化 区 域 内 にお

More information

第 節 ○○計画

第 節 ○○計画 第 40 節 ライフライン 応 急 対 策 (ガス) 本 所 災 害 対 策 班 都 市 施 設 班 庁 舎 総 務 企 画 班 建 設 班 実 施 主 体 鶴 岡 ガス( 株 ) 庄 内 中 部 ガス( 株 ) LPガス 充 てん 事 業 所 LPガス 販 売 事 業 者 一 般 社 団 法 人 山 形 県 LPガス 協 会 山 形 県 高 圧 ガス 地 域 防 災 協 議 会 関 係 機 関 県

More information

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は

内 宿 泊 料 国 外 滞 在 費 及 び 予 防 注 射 諸 手 数 料 とし それぞれ 次 の 各 号 に 定 めるとこ ろにより 支 給 する (1) 交 通 費 は 現 に 利 用 した 経 路 及 び 方 法 により 支 給 する なお 国 外 への 旅 行 の 場 合 の 交 通 費 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 教 職 員 等 及 び 学 外 者 の 旅 費 の 支 給 に 関 する 規 程 制 定 平 成 27. 4. 1 規 程 157 最 近 改 正 平 成 27. 7. 1 規 程 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 大 阪 市 立 大 学 における 業 務 を 遂 行 するために 旅 行 す る 教 職 員 等 及

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ

とする ( 減 免 額 の 納 付 ) 第 6 条 市 長 は 減 免 を 受 け た 者 が 偽 り そ の 他 不 正 な 方 法 に よ り 減 免 の 決 定 を 受 け た こ と を 知 っ た と き 前 の 申 告 が あ っ た と き 又 は 同 条 第 2 項 の 規 定 によ 羽 曳 野 市 固 定 資 産 税 減 免 事 務 取 扱 要 綱 制 定 平 成 2 8 年 3 月 2 5 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 こ の 要 綱 は 羽 曳 野 市 税 条 例 ( 昭 和 57 年 羽 曳 野 市 条 例 第 28 号 以 下 条 例 という ) 第 75 条 に 規 定 す る 固 定 資 産 税 の 減 免 ( 以 下 減 免 と い う )の 取 扱 い に つ

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80>

<5461726F2D8740919D93878376838D837C815B8355838B8EC08E7B97768D80> 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 調 理 室 改 修 設 計 施 工 プロポーザル( 公 募 型 ) 実 施 要 項 平 成 23 年 8 月 飛 騨 市 -1- 1 目 的 飛 騨 市 立 増 島 保 育 園 は 平 成 24 年 度 より 指 定 管 理 者 制 度 を 導 入 する 予 定 です 給 食 については 現 在 3 歳 未 満 児 ( 以 下 未 満 児 という )を 含 め 外

More information

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx

Microsoft Word - jigyoukeikakusho.docx 様 式 (7)~1 建 売 住 宅 共 同 住 宅 宅 地 分 譲 公 営 住 宅 公 共 施 設 関 係 1. 転 用 目 的 とその 内 容 イ. 建 売 住 宅 ロ. 共 同 住 宅 ハ. 宅 地 分 譲 ニ. 公 営 住 宅 ホ. 公 共 施 設 ( ) 転 用 敷 地 総 面 積 ( 内 農 地 面 積 その 他 ) 土 地 利 用 計 画 住 宅 用 地 店 舗 集 会 所 等 施 設

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

大学病院治験受託手順書

大学病院治験受託手順書 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 運 営 手 順 書 第 1 条 目 的 本 手 順 書 は 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 各 種 委 員 会 規 程 の 定 めるところにより 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 治 験 審 査 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )の 運 営 方 法 を 定 め 医 薬 品 等 の 治 験 製 造

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員の労働時間、休暇等に関する規則(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 の 労 働 時 間 休 暇 等 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 3 号 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という

More information

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正)

○00106 年俸制適用職員給与規則( 改正) 国 立 大 学 法 人 熊 本 大 学 年 俸 制 適 用 職 員 給 与 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 基 本 年 俸 給 の 決 定 ( 第 8 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 業 績 給 ( 第 12 条 第 13 条 ) 第 4 章 手 当 ( 第 14 条 - 第 40 条 ) 第 5 章 給 与 の 特 例 等 ( 第 41 条

More information

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん

製 造 業 者 は 製 造 販 売 業 者 の 管 理 監 督 の 下 適 切 な 品 質 管 理 を 行 い 製 品 を 製 造 します なお 製 造 業 は 製 造 に 特 化 した 許 可 となっており 製 造 業 の 許 可 のみでは 製 品 を 市 場 に 出 荷 することはできま せん 化 粧 品 の 製 造 販 売 業 製 造 業 について 化 粧 品 の 定 義 について ( 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 品 質 有 効 性 及 び 安 全 性 の 確 保 等 に 関 する 法 律 第 2 条 第 2 項 ) 化 粧 品 とは 人 の 身 体 を 清 潔 にし 美 化 し 魅 力 を 増 し 容 貌 を 変 え 又 は 皮 膚 若 しくは 毛 髪 を 健 やかに 保 つために

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

第1章 総則

第1章 総則 第 8 節 市 街 化 調 整 区 域 内 の 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1 法 第 43 条 に 基 づく 建 築 許 可 の 手 続 き 8-1-1 建 築 許 可 等 の 手 続 きフロー 市 街 化 調 整 区 域 における 建 築 許 可 に 関 する 標 準 的 な 手 続 きについては 次 のフローのと おりとなります 建 築 主 地 目 が 農 地 の 場 合 建 築 許

More information

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円

目 改 正 項 目 軽 自 動 車 率 の 引 上 げ 〇 国 及 び 地 方 を 通 じた 自 動 車 関 連 制 の 見 直 しに 伴 い 軽 自 動 車 の 標 準 率 が 次 のとおり 引 き 上 げられます 車 種 区 分 引 上 げ 幅 50cc 以 下 1,000 円 2,000 円 平 成 26 年 2 月 19 日 政 策 総 務 財 政 委 員 会 配 付 資 料 財 政 局 平 成 26 年 度 制 改 正 ( 地 方 )の 概 要 について 平 成 26 年 度 制 改 正 のうち に 関 係 する 主 な 改 正 事 項 は 次 のとおりです なお これらの 事 項 について 地 方 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 が 可 決 された 場 合 には

More information

国土技術政策総合研究所 研究資料

国土技術政策総合研究所 研究資料 2. 法 律 と 基 準 道 路 交 通 騒 音 に 係 る 法 体 系 の 概 要 環 境 基 準 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.6~9) 要 請 限 度 を 定 めた 法 令 の 抜 粋 (P.10~13)の 順 に 示 す 法 体 系 の 概 要 をまとめると 図 -2.1 となる 環 境 基 本 法 において 環 境 の 保 全 についての 基 本 理 念 および 施 策 の 基

More information

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又

取 り 消 された 後 当 該 産 前 の 休 業 又 は 出 産 に 係 る 子 若 しくは 同 号 に 規 定 する 承 認 に 係 る 子 が 死 亡 し 又 は 養 子 縁 組 等 により 職 員 と 別 居 することとなったこと (2) 育 児 休 業 をしている 職 員 が 休 職 又 群 馬 県 市 町 村 会 館 管 理 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 平 成 5 年 4 月 1 日 条 例 第 2 号 改 正 平 成 5 年 6 月 8 日 条 例 第 1 号 平 成 7 年 3 月 31 日 条 例 第 4 号 平 成 12 年 2 月 15 日 条 例 第 1 号 平 成 12 年 11 月 10 日 条 例 第 2 号 平 成 14 年 2

More information

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正)

Microsoft Word - 労働移動受入奨励金支給要領(270701改正) 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 支 給 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 売 上 高 や 生 産 量 の 減 少 等 に 伴 う 人 員 削 減 により 離 職 した 者 を 正 規 雇 用 した 事 業 主 に 鳥 取 県 労 働 移 動 受 入 奨 励 金 ( 以 下 奨 励 金 という )を 支 給 するために 必 要 な 事 項 を 定 める ( 定 義

More information

駐 車 場 管 理 規 程

駐 車 場 管 理 規 程 駐 車 場 管 理 規 程 ( 昭 和 44 年 11 月 17 日 航 公 協 第 112 号 ) 改 正 昭 和 52 年 3 月 25 日 航 公 協 第 25 号 改 正 昭 和 58 年 7 月 21 日 航 公 協 第 400 号 改 正 平 成 3 年 11 月 11 日 航 公 協 第 907 号 改 正 平 成 5 年 3 月 17 日 航 公 協 第 279 号 改 正 平 成

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464>

<5461726F31332D8DE08C609299927E8EE688B58B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 の 財 形 貯 蓄 等 事 務 取 扱 規 則 制 定 平 成 16 年 10 月 25 日 平 成 16 年 規 則 第 144 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 の 職 員 の 財 産 形 成 貯 蓄, 財 産 形 成 年 金 貯 蓄 及 び 財 産 形 成 住 宅 貯 蓄 ( 以 下

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information