2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二"

Transcription

1 食 品 衛 生 法 施 行 条 例 ( 趣 旨 ) 第 一 条 この 条 例 は 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 二 百 三 十 三 号 以 下 法 という )の 施 行 に ついて 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 及 び 職 員 の 配 置 の 基 準 ) 第 二 条 食 品 衛 生 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 二 十 九 号 次 項 及 び 第 五 条 第 一 項 において 施 行 令 という ) 第 八 条 第 一 項 に 規 定 する 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 設 備 の 基 準 は 次 のとおりとする 一 理 化 学 検 査 室 微 生 物 検 査 室 動 物 飼 育 室 事 務 室 等 を 設 ける 二 純 水 装 置 定 温 乾 燥 器 ディープフリーザー 電 気 炉 ガスクロマトグラフ 分 光 光 度 計 高 圧 滅 菌 器 乾 熱 滅 菌 器 恒 温 培 養 器 嫌 気 培 養 装 置 恒 温 槽 その 他 の 検 査 又 は 試 験 のために 必 要 な 機 械 及 び 器 具 を 備 える 2 施 行 令 第 八 条 第 一 項 に 規 定 する 食 品 衛 生 検 査 施 設 の 職 員 の 配 置 の 基 準 は 検 査 又 は 試 験 のために 必 要 な 職 員 を 置 くこととする ( 管 理 運 営 の 基 準 ) 第 三 条 法 第 五 十 条 第 二 項 に 規 定 する 管 理 運 営 の 基 準 は 別 表 第 一 のとおりとする ( 営 業 施 設 の 基 準 ) 第 四 条 法 第 五 十 一 条 に 規 定 する 営 業 施 設 の 基 準 は 別 表 第 二 のとおりとする ( 食 品 等 の 製 造 又 は 加 工 の 営 業 等 の 届 出 ) 第 五 条 食 品 若 しくは 添 加 物 を 製 造 し 若 しくは 加 工 する 業 ( 施 行 令 第 三 十 五 条 各 号 に 掲 げる 営 業 及 び 食 品 衛 生 に 関 する 条 例 ( 昭 和 二 十 五 年 埼 玉 県 条 例 第 三 十 二 号 ) 第 二 条 第 一 項 各 号 に 掲 げる 営 業 ( 第 八 条 第 一 項 第 一 号 において 許 可 営 業 という )を 除 く ) 又 は 器 具 若 しくは 容 器 包 装 を 製 造 す る 業 を 営 もうとする 者 は 施 設 ごとに 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければ ならない 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 当 該 営 業 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 廃 業 の 届 出 ) 第 六 条 法 第 五 十 二 条 第 一 項 の 許 可 を 受 けた 者 は 当 該 許 可 に 係 る 営 業 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 給 食 施 設 の 届 出 ) 第 七 条 営 業 以 外 の 場 合 で 寄 宿 舎 学 校 病 院 等 の 施 設 において 継 続 的 に 不 特 定 又 は 多 数 の 者 に 食 品 を 供 与 しようとする 者 は 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 規 則 で 定 める 事 項 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 3 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 当 該 食 品 の 供 与 を 廃 止 したときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 食 品 衛 生 責 任 者 の 届 出 ) 第 八 条 次 に 掲 げる 者 は 第 三 条 の 規 定 に 基 づき 食 品 衛 生 責 任 者 を 定 めたときは 速 やかに 自 己 の 氏 名 その 他 規 則 で 定 める 事 項 を 知 事 に 届 け 出 なければならない 一 許 可 営 業 を 営 む 者 二 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 三 前 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 2 前 項 の 規 定 による 届 出 をした 者 は 食 品 衛 生 責 任 者 に 変 更 があったときは 速 やかに その 旨 を 知 事 に 届 け 出 なければならない ( 委 任 ) 第 九 条 この 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 1 この 条 例 は 平 成 十 二 年 四 月 一 日 から 施 行 する 1/19

2 2 この 条 例 の 施 行 前 に 法 に 基 づく 規 則 の 規 定 により 営 業 者 がしたふぐの 処 理 又 はふぐの 塩 蔵 処 理 に 係 る 届 出 は 第 四 条 第 一 項 又 は 第 四 項 の 規 定 によってした 届 出 とみなす 附 則 ( 平 成 十 四 年 十 二 月 二 十 四 日 条 例 第 八 十 号 ) この 条 例 は 平 成 十 五 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 六 年 二 月 六 日 条 例 第 一 号 ) この 条 例 は 平 成 十 六 年 二 月 二 十 七 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 十 七 年 十 月 十 八 日 条 例 第 九 十 五 号 ) この 条 例 は 平 成 十 八 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 条 例 第 十 七 号 ) この 条 例 は 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 四 年 三 月 二 十 七 日 条 例 第 十 八 号 ) この 条 例 は 平 成 二 十 四 年 四 月 一 日 から 施 行 する ただし 別 表 第 一 の 改 正 規 定 ( ( 第 二 条 関 係 ) を ( 第 三 条 関 係 ) に 改 める 部 分 を 除 く )は 公 布 の 日 から 施 行 する 附 則 ( 平 成 二 十 五 年 三 月 二 十 九 日 条 例 第 十 九 号 ) ( 施 行 期 日 ) 1 この 条 例 は 公 布 の 日 から 施 行 する ただし 別 表 第 一 第 一 号 ハ 及 び 別 表 第 二 第 一 号 ハの 改 正 規 定 は 平 成 二 十 五 年 十 月 一 日 から 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 並 びに 次 項 及 び 附 則 第 三 項 の 規 定 は 平 成 二 十 六 年 四 月 一 日 から 施 行 する ( 経 過 措 置 ) 2 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 の 施 行 の 際 現 に 器 具 又 は 容 器 包 装 を 製 造 する 業 を 営 んでいる 者 に 対 する 改 正 後 の 同 項 の 規 定 の 適 用 については 同 項 中 施 設 とあるのは 平 成 二 十 六 年 六 月 三 十 日 までに 施 設 とする 3 第 五 条 第 一 項 の 改 正 規 定 の 施 行 の 日 前 に 改 正 後 の 同 項 の 規 定 により 届 け 出 るべき 事 項 について 知 事 に 報 告 している 場 合 において 当 該 報 告 の 内 容 が 同 項 の 規 定 による 届 出 と 同 等 であると 知 事 が 認 めるもの ( 以 下 この 項 において 特 定 報 告 という )であるときは 特 定 報 告 を 行 った 器 具 又 は 容 器 包 装 を 製 造 する 業 を 営 んでいる 者 については 前 項 の 規 定 により 読 み 替 えて 適 用 する 改 正 後 の 第 五 条 第 一 項 の 規 定 は 適 用 しない この 場 合 における 同 条 第 二 項 及 び 第 三 項 並 びに 第 八 条 第 一 項 の 規 定 の 適 用 については 第 五 条 第 二 項 中 前 項 の 規 定 による 届 出 とあり 同 条 第 三 項 中 第 一 項 の 規 定 による 届 出 とあり 及 び 第 八 条 第 一 項 第 二 号 中 第 五 条 第 一 項 の 規 定 による 届 出 とあるのは 特 定 報 告 とする 別 表 第 一 ( 第 三 条 関 係 ) 一 第 二 号 に 規 定 する 営 業 以 外 の 営 業 イ 共 通 基 準 (1) 食 品 取 扱 施 設 等 における 衛 生 管 理 ( 一 ) 一 般 事 項 (イ) 日 常 点 検 を 含 む 衛 生 管 理 を 計 画 的 に 実 施 する (ロ) 施 設 設 備 及 び 機 械 器 具 類 については これらの 構 造 及 び 材 質 並 びに 取 り 扱 う 食 品 添 加 物 ( 以 下 食 品 等 という ) 及 び 容 器 包 装 の 特 性 を 考 慮 し 適 切 な 清 掃 洗 浄 及 び 消 毒 の 方 法 を 定 め 必 要 に 応 じ 手 順 書 を 作 成 する (ハ) 施 設 設 備 人 的 能 力 等 に 応 じた 食 品 等 の 取 扱 いを 行 い 適 切 な 受 注 管 理 を 行 うこ ( 二 ) 施 設 の 衛 生 管 理 (イ) 施 設 及 びその 周 辺 は 定 期 的 に 清 掃 し 衛 生 上 支 障 がないように 維 持 する (ロ) 製 造 室 加 工 室 調 理 室 処 理 室 保 管 室 販 売 所 等 ( 以 下 作 業 室 という )に は 不 必 要 な 物 品 等 を 置 かない (ハ) 作 業 室 内 の 壁 天 井 及 び 床 は 常 に 清 潔 に 保 つ (ニ) 作 業 室 の 採 光 照 明 及 び 換 気 を 十 分 に 行 うとともに 必 要 に 応 じ 適 切 な 温 度 及 び 湿 度 の 管 理 を 行 う (ホ) 作 業 室 ( 販 売 所 を 除 く )の 窓 及 び 出 入 口 は 開 放 しない 開 放 する 場 合 にあ っては ちり ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 する 措 置 を 講 ずる (ヘ) 排 水 が 適 切 に 行 われるよう 排 水 溝 等 の 清 掃 及 び 補 修 を 行 う 2/19

3 (ト) 便 所 は 常 に 清 潔 にし 定 期 的 に 清 掃 及 び 消 毒 を 行 う (チ) 洗 浄 設 備 は 常 に 清 潔 に 保 つ (リ) 手 洗 い 設 備 は 手 指 等 の 洗 浄 が 適 切 にできるよう 維 持 するとともに 水 を 十 分 に 供 給 し 手 指 等 の 消 毒 剤 等 を 備 え 常 に 使 用 できる 状 態 にしておく (ヌ) 施 設 設 備 等 の 清 掃 用 器 材 は 必 要 に 応 じ 洗 浄 し 乾 燥 させ 常 に 清 潔 にしてお くとともに 専 用 の 場 所 に 保 管 する (ル) 作 業 室 には 従 事 者 以 外 の 者 を 立 ち 入 らせないやむを 得 ず 立 ち 入 らせる 場 合 は ( 九 )(ホ) (ト) 及 び(チ)の 規 定 に 従 わせる (ヲ) 作 業 室 には 動 物 を 入 れない ( 三 ) 食 品 等 の 取 扱 設 備 の 衛 生 管 理 (イ) 衛 生 保 持 のため 機 械 器 具 類 は その 使 用 目 的 に 応 じて 使 用 する (ロ) 機 械 器 具 類 及 びその 部 品 は 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 い 所 定 の 場 所 に 衛 生 的 に 保 管 する (ハ) 機 械 器 具 類 及 びその 部 品 の 洗 浄 に 洗 剤 を 使 用 する 場 合 は 適 正 な 洗 剤 を 適 正 な 濃 度 で 使 用 する (ニ) 機 械 器 具 類 は 常 に 点 検 し 故 障 又 は 破 損 があるときは 速 やかに 補 修 し 常 に 適 正 に 使 用 できるよう 整 備 しておく (ホ) 温 度 計 圧 力 計 流 量 計 等 の 計 器 類 及 び 滅 菌 殺 菌 除 菌 又 は 浄 水 に 用 いる 装 置 に ついて その 機 能 を 定 期 的 に 点 検 するまた その 点 検 結 果 を 記 録 するよう 努 める (ヘ) ふきん 包 丁 まな 板 保 護 防 具 等 は 洗 浄 し 熱 湯 蒸 気 消 毒 剤 等 で 消 毒 し 乾 燥 させる 特 に 食 品 等 に 直 接 触 れる 場 合 にあっては 汚 染 の 都 度 又 は 作 業 終 了 後 に 洗 浄 及 び 消 毒 を 十 分 に 行 う (ト) 洗 浄 剤 消 毒 剤 その 他 化 学 物 質 については 使 用 保 管 等 の 取 扱 いに 十 分 注 意 する とともに 必 要 に 応 じ 容 器 に 内 容 物 の 名 称 を 表 示 する 等 により 食 品 等 への 混 入 を 防 止 する ( 四 ) ねずみ 昆 虫 等 の 対 策 (イ) 施 設 及 びその 周 囲 においては ねずみ 昆 虫 等 の 繁 殖 場 所 を 排 除 するとともに 施 設 内 への 侵 入 を 防 止 する (ロ) ねずみ 昆 虫 等 の 生 息 状 況 を 定 期 的 に 調 査 し その 発 生 を 認 めたときは 食 品 に 影 響 を 及 ぼさないよう 直 ちに 駆 除 作 業 を 実 施 するとともに その 実 施 記 録 を 一 年 間 保 存 す る (ハ) 殺 そ 剤 又 は 殺 虫 剤 を 用 いる 場 合 は 食 品 等 器 具 及 び 容 器 包 装 を 汚 染 しないようそ の 取 扱 いを 適 切 に 行 う (ニ) 原 材 料 製 品 包 装 資 材 等 は ねずみ 昆 虫 等 による 汚 染 防 止 対 策 を 講 じた 上 で 保 管 する ( 五 ) 使 用 水 等 の 管 理 (イ) 作 業 室 で 使 用 する 水 は 飲 用 適 の 水 であるただし 冷 却 又 は 食 品 等 の 安 全 に 影 響 を 及 ぼさない 工 程 で 使 用 する 水 はこの 限 りでないが 当 該 水 を 飲 用 適 の 水 に 混 入 し ない (ロ) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 する 場 合 は 年 一 回 以 上 水 質 検 査 を 行 い その 成 績 書 を 一 年 以 上 ( 取 り 扱 う 食 品 等 の 賞 味 期 限 を 考 慮 した 流 通 期 間 が 一 年 以 上 の 場 合 は 当 該 期 間 ) 保 管 するまた 不 慮 の 災 害 等 により 水 源 等 が 汚 染 されたおそれがある 場 合 には その 都 度 水 質 検 査 を 行 う (ハ) 水 質 検 査 の 結 果 飲 用 適 の 水 でなくなったときは 直 ちに 使 用 を 中 止 し 知 事 の 指 示 を 受 け 適 切 な 措 置 を 講 ずる (ニ) 貯 水 槽 を 使 用 する 場 合 は 定 期 的 に 清 掃 し 清 潔 に 保 つ (ホ) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 する 場 合 は 常 に 殺 菌 装 置 又 は 浄 水 装 置 が 正 常 に 作 動 してい るかどうかを 確 認 するまた その 結 果 を 記 録 するよう 努 める (ヘ) 飲 食 の 用 に 供 し 又 は 飲 食 物 に 直 接 接 触 する 氷 は 適 切 に 管 理 された 給 水 設 備 によ 3/19

4 って 供 給 された 飲 用 適 の 水 からつくる (ト) 使 用 した 水 を 再 利 用 する 場 合 にあっては 食 品 の 安 全 性 に 影 響 しないよう 必 要 な 処 理 を 行 うとともに その 処 理 工 程 を 適 切 に 管 理 する ( 六 ) 廃 棄 物 及 び 排 水 の 取 扱 い (イ) 廃 棄 物 の 保 管 及 びその 処 理 の 方 法 を 定 め 必 要 に 応 じ 手 順 書 を 作 成 する (ロ) 廃 棄 物 容 器 は 他 の 容 器 と 明 確 に 区 別 し 汚 液 又 は 汚 臭 が 漏 れないようにするとと もに 常 に 清 潔 にしておく (ハ) 廃 棄 物 は 作 業 室 外 に 保 管 する (ニ) 廃 棄 物 の 保 管 場 所 は 周 囲 の 環 境 に 悪 影 響 を 及 ぼさないよう 適 切 に 管 理 する (ホ) 廃 棄 物 及 び 排 水 の 処 理 は 適 切 に 行 う ( 七 ) 食 品 等 の 取 扱 い (イ) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 衛 生 上 の 観 点 から 品 質 鮮 度 表 示 等 を 点 検 するこ また その 点 検 状 況 を 記 録 するよう 努 める (ロ) 原 材 料 として 使 用 する 食 品 は 適 切 なものを 選 択 し 必 要 に 応 じ 前 処 理 を 行 った 後 加 工 に 供 するまた 保 存 に 当 たっては 当 該 食 品 に 適 した 状 態 及 び 方 法 で 行 う (ハ) 添 加 物 を 使 用 する 場 合 は 正 確 に 計 量 し 適 正 に 使 用 する (ニ) 食 品 等 は 製 造 加 工 調 理 処 理 保 管 運 搬 販 売 等 の 各 過 程 において 当 該 食 品 等 の 特 性 消 費 期 限 又 は 賞 味 期 限 製 造 加 工 等 の 方 法 包 装 形 態 生 食 用 又 は 加 熱 加 工 用 の 使 用 方 法 等 に 応 じ 温 度 及 び 時 間 の 管 理 に 十 分 配 慮 して 衛 生 的 に 取 り 扱 う (ホ) 食 品 衛 生 に 影 響 があると 考 えられる 冷 却 加 熱 乾 燥 添 加 物 の 使 用 真 空 調 理 又 はガス 置 換 包 装 及 び 放 射 線 照 射 の 工 程 の 管 理 に 十 分 配 慮 する (ヘ) 食 品 間 の 相 互 汚 染 を 防 止 するため 次 の 点 に 配 慮 する (ⅰ) 原 材 料 は そのまま 摂 取 される 食 品 と 区 分 して 取 り 扱 う (ⅱ) 冷 蔵 庫 ( 室 ) 内 では 相 互 汚 染 が 生 じないよう 区 画 して 食 品 を 保 存 するよう 留 意 する (ⅲ) 食 肉 等 の 未 加 熱 食 品 を 取 り 扱 った 設 備 及 び 機 械 器 具 類 は 別 の 食 品 を 取 り 扱 う 前 に 必 要 な 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 う (ト) 原 材 料 の 保 管 に 当 たっては 使 用 期 限 等 に 応 じ 適 切 な 順 序 で 使 用 するよう 留 意 する (チ) 器 具 及 び 容 器 包 装 は 製 品 を 汚 染 又 は 損 傷 から 保 護 できる 物 を 使 用 し 容 器 包 装 に は 適 切 な 表 示 が 行 える 物 を 使 用 するまた 再 使 用 が 可 能 な 器 具 及 び 容 器 包 装 は 洗 浄 及 び 消 毒 が 容 易 な 物 を 用 いる (リ) 食 品 等 の 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 に 当 たっては 次 の 事 項 を 実 施 する (ⅰ) 原 材 料 及 び 製 品 への 異 物 の 混 入 防 止 のための 措 置 を 講 じ 必 要 に 応 じ 検 査 する (ⅱ) 原 材 料 製 品 及 び 容 器 包 装 をロットごとに 管 理 し 必 要 に 応 じ 記 録 する (ⅲ) 製 品 ごとにその 特 性 製 造 加 工 等 の 手 順 原 材 料 等 について 記 載 した 製 品 説 明 書 の 作 成 及 び 保 存 に 努 める (ⅳ) 分 割 され 又 は 細 切 された 食 肉 等 について 異 物 の 混 入 の 有 無 を 確 認 し 異 物 が 認 められた 場 合 には 汚 染 の 可 能 性 がある 部 分 を 廃 棄 する (ⅴ) 原 材 料 として 使 用 していない 特 定 原 材 料 ( 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 二 十 三 年 内 閣 府 令 第 四 十 五 号 ) 別 表 第 四 に 掲 げる 食 品 をいう )が 製 造 工 程 において 混 入 しないよう 措 置 を 講 ずる (ヌ) 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 をした 製 品 について 定 期 的 に 自 主 検 査 を 行 い その 記 録 を 一 年 間 保 存 する (ル) 食 品 等 の 販 売 に 当 たっては 次 の 点 に 配 慮 する (ⅰ) 販 売 量 を 見 込 んだ 仕 入 れを 行 う 等 適 正 な 販 売 管 理 を 行 う (ⅱ) 直 射 日 光 にさらしたり 長 時 間 不 適 切 な 温 度 で 販 売 しないよう 衛 生 管 理 に 留 意 す る 4/19

5 ( 八 ) 記 録 の 作 成 及 び 保 存 (イ) 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 の 防 止 に 必 要 な 限 度 において 取 り 扱 う 食 品 等 に 係 る 仕 入 元 製 造 加 工 等 の 状 態 出 荷 先 又 は 販 売 先 その 他 必 要 な 事 項 に 関 する 記 録 の 作 成 及 び 保 存 に 努 める (ロ) (イ)の 記 録 の 保 存 期 間 は 取 り 扱 う 食 品 等 の 消 費 期 限 賞 味 期 限 等 に 応 じ 合 理 的 な 期 間 を 設 定 する (ハ) 食 中 毒 等 の 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため 知 事 から 要 請 があった 場 合 に は (イ)の 記 録 を 提 出 する ( 九 ) 従 事 者 の 衛 生 管 理 (イ) 従 事 者 の 健 康 状 態 の 把 握 に 留 意 し 定 期 的 に 検 便 の 実 施 等 食 品 衛 生 上 必 要 な 健 康 診 断 を 行 う (ロ) 知 事 から 指 示 があったときは 従 事 者 に 検 便 を 受 けさせる (ハ) 従 事 者 が 飲 食 物 を 介 して 感 染 するおそれのある 疾 病 にかかったとき 又 はその 疾 病 の 病 原 体 を 保 有 していることが 判 明 したとき 若 しくはその 疾 病 にかかっていることが 疑 われる 症 状 を 有 するときは 営 業 者 は その 旨 を 従 事 者 から 報 告 させ 医 師 の 診 断 を 受 け させるとともに その 疾 病 の 病 原 体 を 保 有 していないことが 判 明 するまでの 間 その 従 事 者 を 食 品 等 に 直 接 接 触 する 作 業 に 従 事 させない 等 の 措 置 を 講 じる (ニ) 従 事 者 が 感 染 症 の 予 防 及 び 感 染 症 の 患 者 に 対 する 医 療 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 年 法 律 第 百 十 四 号 ) 第 十 八 条 第 一 項 の 規 定 による 通 知 ( 食 品 等 に 直 接 接 触 する 業 務 に 係 るものに 限 る )を 受 けた 場 合 ( 当 該 従 事 者 の 保 護 者 が 当 該 通 知 を 受 けた 場 合 を 含 む )は 同 条 第 二 項 に 規 定 する 期 間 その 従 事 者 を 食 品 等 に 直 接 接 触 する 作 業 に 従 事 させない (ホ) 従 事 者 には 清 潔 な 作 業 衣 等 を 着 用 させ 作 業 室 内 では 専 用 の 履 物 を 用 いさせるこ また 指 輪 腕 時 計 ヘアピン 等 は 衛 生 上 支 障 のない 場 合 を 除 き 作 業 室 に 持 ち 込 ませない (ヘ) 従 事 者 が 食 肉 等 を 取 り 扱 う 場 合 は 原 則 として 食 肉 等 に 直 接 接 触 する 部 分 が 繊 維 その 他 の 洗 浄 及 び 消 毒 をすることが 困 難 な 素 材 で 作 られた 手 袋 を 使 用 させない (ト) 従 事 者 には 常 に 爪 を 短 く 切 らせ 衛 生 上 支 障 のない 場 合 を 除 き マニキュア 等 を つけさせない 作 業 前 用 便 直 後 及 び 生 鮮 又 は 汚 染 された 原 材 料 等 を 取 り 扱 った 後 は 必 ず 手 指 等 の 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 わせる (チ) 従 事 者 には 作 業 室 内 では 着 替 え 喫 煙 飲 食 等 をさせない ( 十 ) 回 収 等 (イ) 販 売 食 品 等 に 起 因 する 食 品 衛 生 上 の 問 題 が 発 生 した 場 合 において 問 題 となった 製 品 を 迅 速 かつ 適 切 に 回 収 できるよう 回 収 に 係 る 責 任 体 制 具 体 的 な 回 収 方 法 知 事 への 報 告 等 の 手 順 を 定 める (ロ) 回 収 された 製 品 は 通 常 製 品 と 明 確 に 区 別 して 保 管 し 廃 棄 その 他 の 必 要 な 措 置 を 的 確 かつ 迅 速 に 行 う (ハ) 回 収 を 行 う 際 は 消 費 者 への 注 意 喚 起 等 のため 必 要 に 応 じ 当 該 回 収 に 関 する 公 表 を 行 う (2) 運 搬 ( 一 ) 食 品 等 の 運 搬 に 用 いる 車 両 コンテナ 等 は 食 品 等 を 汚 染 するようなものであっては ならない また 容 易 に 洗 浄 及 び 消 毒 ができる 構 造 のものを 使 用 し 常 に 清 潔 にし 補 修 等 を 行 うことにより 適 切 な 状 態 を 維 持 する ( 二 ) 食 品 等 とそれ 以 外 の 貨 物 を 混 載 する 場 合 には 食 品 等 以 外 の 貨 物 からの 汚 染 を 防 止 す るため 必 要 に 応 じ 食 品 等 を 適 切 な 容 器 に 入 れる 等 食 品 等 以 外 の 貨 物 と 区 分 する ( 三 ) 運 搬 中 の 食 品 等 が ちり 排 気 ガス 等 に 汚 染 されないよう 管 理 する ( 四 ) 品 目 が 異 なる 食 品 等 又 は 食 品 等 以 外 の 貨 物 の 運 搬 に 使 用 した 車 両 コンテナ 等 を 使 用 する 場 合 は 効 果 的 な 方 法 により 洗 浄 し 必 要 に 応 じ 消 毒 を 行 う ( 五 ) 未 包 装 の 食 品 等 を 車 両 コンテナ 等 で 運 搬 する 場 合 は 必 要 に 応 じ 食 品 専 用 の 車 両 コンテナ 等 を 使 用 し 当 該 車 両 コンテナ 等 に 食 品 専 用 であることを 明 示 する ( 六 ) 運 搬 中 の 温 度 湿 度 所 要 時 間 その 他 の 状 態 の 管 理 に 留 意 する 5/19

6 (3) 食 品 衛 生 責 任 者 ( 一 ) 営 業 者 ( 法 第 四 十 八 条 第 一 項 の 規 定 により 食 品 衛 生 管 理 者 を 置 かなければならない 営 業 者 を 除 く )は 施 設 又 はその 部 門 ごとに 当 該 施 設 又 は 部 門 において 従 事 する 者 の うちから 食 品 衛 生 に 関 する 責 任 者 ( 以 下 食 品 衛 生 責 任 者 という )を 定 め 当 該 食 品 衛 生 責 任 者 に 衛 生 管 理 を 行 わせ 又 は 営 業 者 が 自 ら 食 品 衛 生 責 任 者 となり 衛 生 管 理 を 行 う ( 二 ) 食 品 衛 生 責 任 者 は 食 品 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 防 止 のため 施 設 の 衛 生 管 理 の 方 法 や 食 品 衛 生 に 関 する 事 項 について 必 要 な 注 意 をするとともに 営 業 者 に 対 し 必 要 な 意 見 を 述 べ る ( 三 ) 営 業 者 は 前 号 の 規 定 による 食 品 衛 生 責 任 者 の 意 見 を 尊 重 する ( 四 ) 食 品 衛 生 責 任 者 は 知 事 の 指 定 した 講 習 会 を 定 期 的 に 受 講 し 食 品 衛 生 に 関 する 新 し い 知 見 の 習 得 に 努 める ( 五 ) 次 の 表 の 上 欄 に 掲 げる 営 業 に 係 る 食 品 衛 生 責 任 者 については 同 表 の 下 欄 各 号 に 掲 げ る 者 のいずれかに 該 当 する 者 である 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 菓 子 製 造 業 あん 類 製 造 業 アイスクリ ーム 類 製 造 業 乳 処 理 業 特 別 牛 乳 搾 取 処 理 業 乳 製 品 製 造 業 ( 全 粉 乳 (その 容 量 が 千 四 百 グラム 以 下 である 缶 に 収 められるものに 限 る ) 加 糖 粉 乳 及 び 調 整 粉 乳 を 製 造 する 営 業 を 除 く ) 食 肉 処 理 業 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 販 売 す る 営 業 を 除 く ) 魚 介 類 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 魚 介 類 のみを 販 売 する 営 業 を 除 く ) 魚 介 類 競 り 売 り 営 業 魚 肉 練 り 製 品 製 造 業 ( 魚 肉 ハム 及 び 魚 肉 ソーセージを 製 造 する 営 業 を 除 く ) 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 ( 貯 蔵 のみを 行 う 営 業 を 除 く ) 清 涼 飲 料 水 製 造 業 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 氷 雪 製 造 業 食 用 油 脂 製 造 業 ( 脱 色 又 は 脱 臭 の 過 程 を 経 て 製 造 する 営 業 を 除 く ) みそ 製 造 業 しょうゆ 製 造 業 ソース 類 製 造 業 酒 類 製 造 業 豆 腐 製 造 業 納 豆 製 造 業 め ん 類 製 造 業 総 菜 製 造 業 缶 詰 又 は 瓶 詰 食 品 製 造 業 菓 子 種 製 造 業 こんにゃく 類 製 造 業 漬 物 製 造 業 魚 介 類 加 工 業 一 法 第 四 十 八 条 第 六 項 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 二 栄 養 士 調 理 師 製 菓 衛 生 師 又 は 船 舶 料 理 士 の 資 格 を 有 する 者 三 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 二 年 法 律 第 七 十 号 ) 第 十 二 条 第 五 項 第 三 号 又 は 第 四 号 に 該 当 する 者 四 他 の 都 道 府 県 地 方 自 治 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 ) 第 二 百 五 十 二 条 の 十 九 第 一 項 の 指 定 都 市 若 し くは 同 法 第 二 百 五 十 二 条 の 二 十 二 第 一 項 の 中 核 市 ( 以 下 他 県 等 という )の 食 品 衛 生 関 係 6/19

7 7/19 の 条 例 に 基 づ く 資 格 又 は 他 県 等 の 知 事 若 しくは 市 長 が 食 品 衛 生 に 関 してこれ と 同 等 以 上 の 知 識 を 有 する 資 格 として 認 めた 資 格 を 有 する 者 五 他 県 等 の 知 事 又 は 市 長 の 指 定 した 食 品 衛 生 責 任 者 を 養 成 するため の 講 習 会 の 課 程 を 修 了 した 者 六 知 事 の 指 定 した 食 品 衛 生 責 任 者 を 養 成 するための 講 習 会 の 課 程 を 修 了 した 者 又 はこれと 同 等 以 上 の 知 識 を 有 すると 知 事 が 認 めた 者 (4) 従 事 者 に 対 する 衛 生 教 育 ( 一 ) 営 業 者 食 品 衛 生 管 理 者 又 は 食 品 衛 生 責 任 者 は 製 造 加 工 調 理 処 理 保 管 運 搬 販 売 等 が 衛 生 的 に 行 われるよう 従 事 者 に 対 し 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 方 法 食 品 等 の 汚 染 防 止 の 方 法 等 食 品 衛 生 上 必 要 な 事 項 に 関 する 衛 生 教 育 を 実 施 する 特 に 洗 浄 剤 消 毒 剤 その 他 化 学 物 質 を 取 り 扱 う 者 に 対 しては その 安 全 な 取 扱 いに 関 する 教 育 を 実 施 する ( 二 ) 従 事 者 への 衛 生 教 育 の 効 果 について 定 期 的 に 評 価 し 必 要 に 応 じ 教 育 方 法 を 見 直 す (5) 管 理 運 営 要 領 の 作 成 ( 一 ) 施 設 及 び 食 品 等 の 取 扱 い 等 に 係 る 衛 生 上 の 管 理 運 営 要 領 を 作 成 し これを 従 事 者 に 周 知 徹 底 させる ( 二 ) 定 期 的 に 製 品 検 査 ふき 取 り 検 査 等 を 実 施 し 施 設 の 衛 生 状 態 を 確 認 することにより ( 一 )で 作 成 した 管 理 運 営 要 領 の 効 果 を 検 証 し 必 要 に 応 じ その 内 容 を 見 直 す (6) 情 報 の 提 供 及 び 報 告 ( 一 ) 消 費 者 に 対 し 販 売 食 品 等 についての 安 全 性 に 関 する 情 報 提 供 に 努 める ( 二 ) 販 売 食 品 等 に 関 する 健 康 被 害 ( 当 該 販 売 食 品 等 に 起 因 し 又 は 起 因 する 疑 いがあると 医 師 により 診 断 されたものに 限 る )の 情 報 を 消 費 者 から 受 けたとき 及 び 法 に 違 反 する 販 売 食 品 等 を 確 認 したときは 速 やかに 知 事 に 報 告 する ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業

8 ( 一 ) 弁 当 仕 出 し 料 理 等 ( 以 下 弁 当 等 という )を 多 量 に 調 理 する 場 合 は 調 理 済 み 食 品 ごとに 検 食 ( 食 中 毒 等 の 原 因 食 品 を 追 求 するための 検 査 用 保 存 食 品 をいう )を 四 十 八 時 間 以 上 冷 蔵 又 は 冷 凍 保 存 しておくただし 四 十 八 時 間 目 が 休 業 日 に 当 たる 場 合 は 休 業 日 の 翌 日 までとする ( 二 ) 弁 当 等 の 配 送 先 配 送 時 刻 及 び 配 送 量 の 記 録 及 び 保 存 に 努 める ( 三 ) 弁 当 等 の 運 搬 にあっては 摂 食 予 定 時 間 を 考 慮 した 配 送 をする 等 適 切 な 時 間 に 出 荷 す る ( 四 ) 弁 当 等 の 消 費 期 限 の 表 示 にあっては 時 間 まで 記 載 するよう 努 める ( 五 ) 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる (イ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない (ロ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (2) 喫 茶 店 営 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (3) 菓 子 製 造 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (4) あん 類 製 造 業 シアン 化 合 物 含 有 豆 類 は 他 の 原 料 と 区 画 して 貯 蔵 する (5) 食 肉 販 売 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない (6) 魚 介 類 販 売 業 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 は 次 に 定 めるところによる ( 一 ) 営 業 は ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 で 行 わない ( 二 ) 営 業 の 用 に 供 する 食 品 の 加 工 等 を あらかじめ 自 動 車 以 外 の 場 所 で 行 う 場 合 は 専 用 の 施 設 を 使 用 する (7) 食 品 の 放 射 線 照 射 業 営 業 者 は 食 品 衛 生 管 理 者 をして 一 日 一 回 以 上 化 学 線 量 計 を 用 いて 線 量 を 確 認 させ そ の 結 果 の 記 録 を 二 年 間 保 管 する (8) 豆 腐 行 商 水 を 用 いて 豆 腐 を 保 冷 する 行 商 を 行 うときに 用 いる 容 器 内 の 水 は 常 時 入 替 えを 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 冷 する ハ 法 第 五 十 二 条 第 三 項 の 規 定 による 条 件 として 特 定 の 食 品 ( 知 事 が 別 に 定 めるものに 限 る ) のみを 製 造 し 調 理 し 又 は 販 売 することを 付 された 営 業 者 の 営 業 ( 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 及 び 菓 子 製 造 業 に 限 る )に 係 る 管 理 運 営 の 基 準 は イ 及 びロの 規 定 にかかわらず 規 則 で 定 めるところによる 二 自 動 販 売 機 を 利 用 して 行 う 営 業 イ 自 動 販 売 機 の 設 置 場 所 の 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 定 期 的 に 清 掃 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つようにする (2) 不 必 要 な 物 品 を 置 かない (3) 照 明 換 気 等 を 適 正 に 行 う (4) 壁 天 井 及 び 床 は 常 に 清 潔 に 保 つ (5) ねずみ 昆 虫 等 の 生 息 状 況 を 定 期 的 に 調 査 し その 発 生 を 認 めたときは 食 品 に 影 響 を 及 ぼさないよう 直 ちに 駆 除 作 業 を 実 施 するとともに その 実 施 記 録 を 一 年 間 保 存 する 8/19

9 (6) 殺 そ 剤 又 は 殺 虫 剤 を 用 いる 場 合 は 食 品 等 器 具 及 び 容 器 包 装 を 汚 染 しないようその 取 扱 いを 適 切 に 行 う ロ 自 動 販 売 機 の 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 常 に 点 検 し 正 常 に 作 動 するよう 整 備 しておくなお 故 障 破 損 等 があった 場 合 は 速 やかに 補 修 する (2) 定 期 的 に 清 掃 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つようにする (3) 食 品 に 直 接 接 触 する 部 分 は 分 解 循 環 方 式 等 により 毎 日 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 い 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ (4) 洗 浄 及 び 消 毒 を 行 う 場 合 には 適 正 な 洗 剤 及 び 消 毒 剤 を 適 正 な 方 法 で 使 用 し 使 用 後 は それらが 残 存 することのないように 十 分 に 水 洗 いする (5) 食 品 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 食 品 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 食 品 を 除 く )を 冷 凍 し 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する 自 動 販 売 機 にあっては 所 定 の 温 度 ( 冷 凍 するものにあって は 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 冷 蔵 するものにあっては 摂 氏 十 度 以 下 温 蔵 するものにあって は 摂 氏 六 十 三 度 以 上 である 以 下 同 じ )が 保 たれていることの 点 検 を 一 日 一 回 以 上 行 い その 記 録 を 三 月 間 保 管 する (6) 法 上 必 要 な 表 示 事 項 が 容 易 に 識 別 できるように 管 理 する (7) ストロー 紙 コップ はし 等 飲 食 の 用 に 供 される 器 具 を 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ ハ 給 水 は 次 に 定 めるところによる (1) カートリッジ 式 給 水 タンク( 自 動 販 売 機 に 水 を 供 給 するために 装 置 される 容 器 であって 取 り 外 して 用 いるものをいう 以 下 同 じ )を 使 用 するものにあっては 当 該 タンク 及 びこ れと 自 動 販 売 機 本 体 との 連 結 部 分 は 常 に 清 潔 で 衛 生 的 に 保 つ (2) カートリッジ 式 給 水 タンクに 水 を 供 給 する 際 には 当 該 タンク 内 を 十 分 に 洗 浄 する (3) 水 道 水 以 外 の 水 を 使 用 するものにあっては 飲 用 適 の 水 を 使 用 し 年 一 回 以 上 その 使 用 する 水 の 水 質 検 査 を 行 い その 成 績 書 を 一 年 間 保 管 するまた 不 慮 の 災 害 等 により 水 源 等 が 汚 染 されたおそれがある 場 合 には その 都 度 水 質 検 査 を 行 う (4) 水 質 検 査 の 結 果 飲 用 適 の 水 でなくなったときは 直 ちに 知 事 の 指 示 を 受 け 適 切 な 措 置 を 講 ずる (5) 殺 菌 装 置 又 は 細 菌 ろ 過 装 置 を 備 えた 自 動 販 売 機 にあっては 常 にその 装 置 が 正 常 に 作 動 しているかどうかを 確 認 する ニ 廃 棄 物 の 処 理 等 は 次 に 定 めるところによる (1) 廃 棄 物 は 定 期 的 に 処 理 する (2) 自 動 販 売 機 内 に 廃 棄 物 容 器 を 備 えたものにあっては 廃 棄 物 容 器 内 の 廃 棄 物 を 廃 棄 する 都 度 廃 棄 物 容 器 を 洗 浄 する (3) 自 動 販 売 機 外 の 廃 棄 物 容 器 は 十 分 洗 浄 するとともに 汚 液 及 び 汚 臭 が 漏 れないように する (4) 廃 水 貯 留 槽 等 は 十 分 洗 浄 し 衛 生 的 に 保 つ ホ 食 品 の 取 扱 いは 次 に 定 めるとことによる (1) 収 納 されている 食 品 については 定 期 的 に 点 検 管 理 を 行 う (2) 冷 凍 し 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する 食 品 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 食 品 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 食 品 を 除 く )の 取 扱 いは 次 により 行 う ( 一 ) 食 品 は 収 納 する 部 分 の 温 度 が 所 定 の 温 度 になった 後 に 収 納 する ( 二 ) 食 品 を 収 納 する 部 分 が 所 定 の 温 度 を 保 てなくなった 場 合 にあっては 当 該 自 動 販 売 機 に 収 納 されている 食 品 は 販 売 しない (3) 弁 当 ( 容 器 包 装 詰 加 圧 加 熱 殺 菌 したもの 及 びこれ 以 外 の 瓶 詰 缶 詰 にしたもの 並 びに 冷 凍 したものを 除 く 以 下 同 じ )の 取 扱 いは 次 により 行 う ( 一 ) 冷 蔵 し 又 は 温 蔵 して 販 売 する ( 二 ) 自 動 販 売 機 への 追 加 収 納 は 行 わない ( 三 ) 自 動 販 売 機 への 収 納 又 は 自 動 販 売 機 からの 回 収 を 行 うに 当 たっては その 品 名 数 量 製 造 年 月 日 製 造 者 の 住 所 及 び 氏 名 収 納 又 は 回 収 の 日 時 並 びに 当 該 回 収 食 品 の 措 置 の 内 容 をその 都 度 記 録 し その 記 録 を 三 月 間 保 管 する 9/19

10 ( 四 ) 自 動 販 売 機 への 収 納 は 製 造 後 速 やかに 行 う ( 五 ) 自 動 販 売 機 に 収 納 するまでの 運 搬 の 際 は 直 射 日 光 を 遮 断 し かつ 防 じんをするこ とができる 用 具 を 用 いる ( 六 ) 自 動 販 売 機 に 収 納 する 弁 当 には 自 動 販 売 機 専 用 である 旨 を 表 示 する ヘ 食 品 衛 生 責 任 者 (1) 営 業 者 は 自 動 販 売 機 の 設 置 場 所 ごとに 従 事 者 のうちから 食 品 衛 生 責 任 者 を 定 め 当 該 食 品 衛 生 責 任 者 に 衛 生 管 理 及 び 施 設 の 維 持 管 理 を 行 わせ 又 は 営 業 者 が 自 ら 食 品 衛 生 責 任 者 となり 衛 生 管 理 及 び 施 設 の 維 持 管 理 を 行 う (2) 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 又 は 氷 雪 製 造 業 に 係 る 食 品 衛 生 責 任 者 については 第 一 号 イ (3)( 五 )の 表 の 下 欄 各 号 のいずれかに 該 当 する 者 である (3) 食 品 衛 生 責 任 者 の 氏 名 及 び 連 絡 先 を 各 自 動 販 売 機 の 見 やすい 箇 所 に 表 示 する ト 従 事 者 に 係 る 衛 生 管 理 は 次 に 定 めるところによる (1) 第 一 号 イ( 九 )(イ)から(ニ)までの 規 定 に 準 じて 従 事 者 の 衛 生 管 理 を 行 う (2) 従 事 者 に 対 し 作 業 中 清 潔 な 作 業 衣 を 着 用 させる 等 食 品 を 取 り 扱 う 際 衛 生 上 支 障 が 生 じないよう 指 導 する 一 部 改 正 平 成 一 四 年 条 例 八 〇 号 一 六 年 一 号 一 七 年 九 五 号 二 一 年 一 七 号 二 四 年 一 八 号 別 表 第 二 ( 第 四 条 関 係 ) 一 第 二 号 及 び 第 三 号 に 規 定 する 営 業 施 設 以 外 の 営 業 施 設 イ 共 通 基 準 (1) 場 所 大 きさ 構 造 等 ( 一 ) 施 設 は ねずみ 昆 虫 ちり 等 が 多 い 場 所 その 他 著 しく 不 潔 と 認 められる 場 所 にない ( 二 ) 施 設 は 業 種 ごとに 専 用 とするただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 法 第 五 十 二 条 第 一 項 の 許 可 を 行 う 者 ( 以 下 許 可 権 者 という )が 認 めた 場 合 は この 限 りで ない ( 三 ) 施 設 は 使 用 目 的 に 適 した 大 きさ 及 び 構 造 のものである ( 四 ) 施 設 と 住 居 その 他 営 業 に 直 接 必 要 のない 場 所 とは 壁 ガラス 戸 その 他 適 当 な 物 で 区 画 されている (2) 床 壁 天 井 等 ( 一 ) 作 業 室 の 床 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 である ( 二 ) 作 業 室 の 内 壁 は 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 であるこの 場 合 において 作 業 上 又 は 衛 生 上 水 を 使 用 することが 必 要 な 場 所 にあっては 床 面 から 〇 九 メートル 以 上 の 高 さ まで 耐 水 性 材 料 で 造 られている ( 三 ) 作 業 室 の 天 井 は ちり 等 の 落 ちない 構 造 である ( 四 ) 製 造 加 工 調 理 又 は 処 理 を 行 う 場 所 は 作 業 面 において 百 ルクス 以 上 の 明 るさを 有 する 構 造 である ( 五 ) 作 業 室 は 換 気 が 十 分 に 行 われる 構 造 である (3) ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 防 止 設 備 作 業 室 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 貯 蔵 設 備 の 窓 その 他 の 開 口 部 並 びに 便 所 の 窓 及 びくみ 取 り 口 等 には ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (4) 施 設 の 周 囲 ( 一 ) 施 設 の 周 囲 は 排 水 がよく 清 掃 しやすい ( 二 ) 排 水 溝 等 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 清 掃 しやすい 構 造 である (5) 洗 浄 設 備 等 ( 一 ) 施 設 の 適 当 な 場 所 に 食 品 等 及 び 機 械 の 洗 浄 設 備 並 びに 器 具 及 び 容 器 包 装 の 消 毒 設 備 が ある ( 二 ) 作 業 室 の 使 用 しやすい 場 所 に 従 事 者 専 用 の 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 作 業 室 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 がある 10/19

11 (6) 器 具 等 の 数 及 び 大 きさ 食 品 又 は 添 加 物 の 取 扱 方 法 及 び 取 扱 数 量 に 応 じ 必 要 な 数 及 び 大 きさの 器 具 等 がある (7) 器 具 等 の 配 置 固 定 された 又 は 移 動 し 難 い 器 具 等 は 作 業 に 便 利 で 清 掃 及 び 洗 浄 がしやすいように 配 置 されている (8) 器 具 の 構 造 器 具 は 容 易 に 清 掃 及 び 洗 浄 ができる 構 造 で かつ 加 熱 その 他 の 方 法 で 殺 菌 できるもの である (9) 器 具 等 の 補 修 器 具 等 は 補 修 がよく 行 われたものである (10) 貯 蔵 設 備 ( 一 ) 食 品 等 を 衛 生 的 に 保 存 することのできる 専 用 の 設 備 があるただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 必 要 がある 場 合 は 冷 却 等 に 適 した 設 備 がある (11) 計 器 類 の 設 置 ( 一 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 設 備 及 び 食 品 等 を 加 熱 して 殺 菌 する 設 備 には 温 度 計 が 見 やすい 位 置 にある ( 二 ) 食 品 に 圧 力 を 加 え 又 は 減 じて 加 工 等 を 行 う 設 備 には 圧 力 計 又 は 真 空 計 が 見 やすい 位 置 にある ( 三 ) 法 第 十 一 条 第 一 項 の 規 定 により 使 用 の 方 法 につき 基 準 が 定 められた 添 加 物 を 使 用 す る 業 態 にあっては 計 量 器 がある (12) 給 水 設 備 ( 一 ) 水 道 水 又 は 衛 生 試 験 機 関 で 飲 用 適 と 認 められた 水 を 十 分 に 供 給 できる 設 備 がある ( 二 ) 水 道 水 以 外 の 水 を 供 給 する 設 備 には 乳 類 販 売 業 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) 魚 介 類 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 魚 介 類 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) 及 び 食 品 の 放 射 線 照 射 業 を 除 き 殺 菌 装 置 又 は 浄 水 装 置 がある ( 三 ) 井 戸 は し 尿 下 水 その 他 不 潔 な 物 で 汚 染 されない 構 造 である (13) 汚 物 処 理 設 備 等 ( 一 ) 適 当 な 容 積 があり かつ ふたのある 不 浸 透 性 の 廃 棄 物 容 器 が 備 えてある ( 二 ) 従 事 者 の 使 用 する 便 所 がある ( 三 ) 便 所 (し 尿 浄 化 槽 を 含 む )は 衛 生 上 支 障 がない 位 置 にある ( 四 ) 便 所 には 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 五 ) 便 所 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 があるこ (14) 更 衣 設 備 等 施 設 の 適 当 な 場 所 に 従 事 者 の 員 数 に 応 じた 更 衣 室 等 を 設 け かつ 清 潔 な 作 業 衣 帽 子 マスク 及 び 履 物 等 が 備 えてある ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業 ( 一 ) ( 二 )に 規 定 する 施 設 以 外 の 施 設 (イ) 調 理 室 があるただし 食 品 を 調 理 する 場 所 ( 以 下 調 理 場 という )と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない (ロ) 二 槽 以 上 の 洗 浄 槽 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでな い (ハ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 り でない (ニ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 11/19

12 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 客 用 便 所 がある (ホ) 冷 蔵 設 備 がある (ヘ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 のまな 板 包 丁 等 がある (ト) 生 食 用 食 肉 ( 牛 の 食 肉 ( 内 臓 を 除 く )であって 生 食 用 として 販 売 されるものを いう 以 下 同 じ )を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 さ れた 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 しない 業 態 にあっては (ⅳ) (ⅴ) 及 び(ⅵ)の 設 備 等 を 要 しない (ⅰ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ⅱ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ⅲ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ⅳ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ⅴ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ⅵ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ⅶ) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 ( 二 ) 自 家 製 ソーセージを 調 理 する 施 設 (イ) 前 処 理 室 調 理 室 及 び 調 合 計 量 室 がある (ロ) 前 処 理 室 には 必 要 に 応 じて 排 水 設 備 がある (ハ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある (ニ) 原 料 食 肉 と 製 品 が 完 全 に 区 画 可 能 な 冷 蔵 設 備 がある (ホ) 製 品 の 加 熱 殺 菌 装 置 がある (ヘ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 原 料 食 肉 の 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 及 び 各 工 程 で 行 う 検 査 のための 細 菌 検 査 装 置 がある (2) 喫 茶 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 二 槽 以 上 の 洗 浄 槽 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでない ( 三 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 があるただし 器 具 の 洗 浄 をしない 場 合 は この 限 りでな い ( 四 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 客 用 便 所 がある ( 五 ) 冷 蔵 設 備 がある (3) 菓 子 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 生 乳 を 使 用 する 場 合 は 生 乳 を 摂 氏 六 十 二 度 から 摂 氏 六 十 五 度 までの 間 で 三 十 分 間 加 熱 殺 菌 できる 設 備 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 で 加 熱 殺 菌 できる 設 備 があ る (4) あん 類 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) シアン 化 合 物 含 有 豆 類 を 使 用 する 業 態 にあっては 当 該 豆 類 を 他 の 原 料 と 区 画 して 貯 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある (5) アイスクリーム 類 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 調 合 室 がある ( 二 ) 原 料 調 合 機 ろ 過 機 分 注 機 打 栓 機 原 料 殺 菌 機 及 び 凍 結 硬 化 設 備 がある ( 三 ) 原 料 殺 菌 機 は 原 料 を 摂 氏 六 十 八 度 で 三 十 分 間 加 熱 殺 菌 できる 設 備 又 はこれと 同 等 以 上 の 殺 菌 効 果 を 有 する 方 法 で 殺 菌 できる 設 備 である (6) 乳 処 理 業 ( 一 ) 受 乳 室 処 理 室 器 具 取 扱 室 検 査 室 及 び 冷 蔵 室 がある 12/19

13 ( 二 ) 生 乳 以 外 の 原 料 等 を 使 用 する 場 合 は 調 合 室 があるただし 処 理 室 と 共 用 して も 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 三 ) 空 瓶 置 場 がある ( 四 ) 乳 を 摂 氏 十 度 以 下 にできる 冷 蔵 設 備 がある ( 五 ) 乳 のろ 過 機 自 記 温 度 計 を 備 えた 殺 菌 機 自 動 充 てん 機 及 び 打 栓 機 がある ( 六 ) 処 理 室 及 び 器 具 取 扱 室 には 飲 用 適 の 水 及 び 蒸 気 の 供 給 設 備 がある (7) 特 別 牛 乳 搾 取 処 理 業 ( 一 ) 搾 乳 室 牛 舎 病 牛 の 隔 離 所 及 び(6)( 一 )から( 三 )までに 規 定 する 施 設 がある ( 二 ) 搾 乳 室 には 牛 体 を 洗 浄 する 設 備 がある ( 三 ) 搾 乳 室 の 入 口 には 牛 の 肢 洗 場 があり 病 牛 の 隔 離 所 の 出 入 口 には 消 毒 設 備 がある ( 四 ) (6)( 四 )から( 六 )までに 規 定 する 設 備 がある ( 五 ) 尿 だめ 及 び 汚 物 置 場 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 牛 舎 から 二 メートル 以 上 搾 乳 室 受 乳 室 処 理 室 器 具 取 扱 室 検 査 室 及 び 冷 蔵 室 から 十 メートル 以 上 離 れた 場 所 にあり ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (8) 乳 製 品 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 必 要 に 応 じ 受 乳 室 器 具 取 扱 室 調 合 室 発 酵 室 包 装 室 又 は 検 査 室 が ある ( 二 ) 乳 等 を 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 する 必 要 のある 場 合 は これに 適 した 設 備 がある ( 三 ) 乳 のろ 過 機 自 記 温 度 計 を 備 えた 殺 菌 機 及 び 自 動 充 てん 機 がある (9) 集 乳 業 ( 一 ) 乳 取 扱 室 器 具 取 扱 室 及 び 検 査 室 がある ( 二 ) 乳 取 扱 室 には 受 乳 槽 並 びに 冷 却 及 び 冷 蔵 の 設 備 がある (10) 乳 類 販 売 業 ( 一 ) 販 売 所 がある ( 二 ) 乳 等 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 があるただし 常 温 保 存 可 能 品 のみ を 販 売 する 業 態 にあっては この 限 りでない (11) 食 肉 処 理 業 ( 一 ) ( 二 )に 規 定 する 施 設 以 外 の 施 設 (イ) 荷 受 室 とさつ 放 血 室 処 理 室 及 び 包 装 室 があるただし とさつ 放 血 を 行 わ ない 業 態 にあっては とさつ 放 血 室 を 要 しない (ロ) 処 理 前 の 生 体 又 はとたいの 搬 入 場 所 と 処 理 後 の 食 肉 等 の 搬 出 場 所 とは 別 である (ハ) 作 業 台 がある (ニ) 冷 蔵 設 備 がある (ホ) 冷 蔵 設 備 には すのこ 棚 等 の 設 備 がある (ヘ) 作 業 台 の 表 面 は 耐 水 性 材 料 で 造 られている (ト) 温 湯 又 は 蒸 気 を 十 分 に 供 給 することのできる 設 備 がある (チ) 廃 棄 物 置 場 は 処 理 室 から 適 当 な 距 離 を 有 する 位 置 にあり その 床 及 び 周 囲 が 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (リ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 の 次 の 設 備 等 がある (ⅰ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ⅱ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ⅲ) 加 工 台 (ⅳ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ⅴ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ⅵ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ⅶ) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 ( 二 ) 食 用 に 供 する 血 液 を 処 理 する 施 設 (イ) 原 料 運 搬 機 器 の 洗 浄 殺 菌 室 原 料 貯 蔵 室 処 理 室 及 び 製 品 保 存 室 並 びに 必 要 に 応 じ て 包 装 室 があるただし 採 血 から 処 理 まで 一 貫 して 行 う 業 態 で 他 の 施 設 から 原 13/19

14 料 を 運 搬 してくることがないものにあっては 原 料 運 搬 機 器 の 洗 浄 殺 菌 室 及 び 原 料 貯 蔵 室 を 要 しない (ロ) 原 料 貯 留 槽 があるただし 施 設 の 処 理 室 が と 畜 場 の 血 液 貯 留 室 と 接 し 原 料 を 当 該 血 液 貯 留 室 の 検 査 後 貯 留 槽 (と 畜 検 査 員 の 検 査 に 合 格 した 血 液 を 貯 留 する 設 備 をいう )から 直 接 パイプで 処 理 室 の 分 離 機 等 に 流 入 させることができる 場 合 にあって は 原 料 貯 留 槽 を 要 しない (ハ) 分 離 機 乾 燥 機 凍 結 装 置 等 の 加 工 設 備 が 必 要 に 応 じてある (ニ) 原 料 の 受 け 入 れから 容 器 への 充 てんまでの 工 程 における 各 設 備 の 間 は サニタリー パイプ(オーステナイト 系 ステンレス 鋼 等 を 材 質 とし 特 に 衛 生 を 考 慮 したパイプをい う )で 連 結 されている (ホ) 原 料 の 受 け 入 れから 容 器 への 充 てんまでの 工 程 における 各 設 備 を 十 分 に 洗 浄 殺 菌 で きる 能 力 のある 定 置 洗 浄 設 備 (パイプ 機 械 装 置 等 を 移 動 することなく 設 置 されたま まの 状 態 で これらの 中 に 高 温 かつ 高 濃 度 の 洗 浄 溶 液 を 強 力 に 循 環 させ その 接 触 面 を 洗 浄 殺 菌 する 方 法 を 用 いる 設 備 をいう 以 下 同 じ )があるただし 定 置 洗 浄 設 備 による 洗 浄 殺 菌 が 著 しく 困 難 な 設 備 にあっては 当 該 設 備 を 洗 浄 殺 菌 できる 設 備 があ る (ヘ) 冷 却 し 冷 蔵 し 又 は 加 熱 するための 設 備 には 温 度 を 正 確 に 調 節 する 装 置 及 び 加 熱 殺 菌 する 場 合 にあっては その 温 度 を 記 録 する 装 置 がある (ト) 温 湯 又 は 蒸 気 を 十 分 に 供 給 することのできる 設 備 がある (チ) 廃 棄 された 血 液 及 び 汚 水 の 処 理 設 備 があるただし 廃 棄 された 血 液 及 び 汚 水 をと 畜 場 の 血 液 及 び 汚 水 の 処 理 設 備 又 は 終 末 処 理 場 のある 下 水 道 に 流 出 させることがで きる 場 合 は この 限 りでない (12) 食 肉 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 にあっては この 限 りでない ( 二 ) 冷 蔵 庫 及 び 冷 蔵 ショーケースがある ( 三 ) 容 器 包 装 に 入 れられた 冷 凍 食 肉 を 販 売 する 業 態 にあっては 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 で 当 該 食 肉 を 保 存 することのできる 設 備 がある ( 四 ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 し ない 業 態 にあっては (ニ) (ホ) 及 び(ヘ)の 設 備 等 を 要 しない (イ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ロ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ハ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ニ) 加 熱 殺 菌 装 置 (ホ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (ヘ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ト) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 (13) 食 肉 製 品 製 造 業 ( 一 ) 原 料 処 理 室 製 造 室 調 合 計 量 室 及 び 包 装 室 がある ( 二 ) 原 料 処 理 室 及 び 製 造 室 には 排 水 設 備 がある ( 三 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある ( 四 ) 原 料 用 冷 蔵 設 備 及 び 製 品 用 冷 蔵 設 備 がある ( 五 ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 がある ( 六 ) 製 品 の 水 分 活 性 を 測 定 できる 装 置 があるただし 加 熱 食 肉 製 品 のみを 製 造 する 業 態 にあっては この 限 りでない ( 七 ) 特 定 加 熱 食 肉 製 品 又 は 加 熱 食 肉 製 品 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 の 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 八 ) 非 加 熱 食 肉 製 品 又 は 特 定 加 熱 食 肉 製 品 を 製 造 する 業 態 にあっては 原 料 食 肉 又 は 製 品 の 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 がある 14/19

15 (14) 魚 介 類 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては この 限 りでない ( 二 ) 冷 蔵 庫 及 び 冷 蔵 ショーケースがある ( 三 ) 容 器 包 装 に 入 れられた 冷 凍 鮮 魚 介 類 を 販 売 する 業 態 にあっては 摂 氏 マイナス 十 五 度 以 下 で 当 該 鮮 魚 介 類 を 保 存 することのできる 設 備 がある ( 四 ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 のまな 板 包 丁 等 があるこ ( 五 ) 生 食 用 鮮 魚 介 類 を 調 理 する 業 態 にあっては その 調 理 専 用 の 流 水 式 洗 浄 設 備 があるこ (15) 魚 介 類 競 り 売 り 営 業 ( 一 ) 荷 分 場 競 り 場 荷 置 場 及 び 廃 棄 物 置 場 がある ( 二 ) 施 設 の 入 口 には 履 物 等 の 洗 浄 設 備 がある ( 三 ) 競 り 台 及 び 陳 列 台 がある ( 四 ) 廃 棄 物 置 場 は 作 業 場 から 適 当 な 距 離 を 有 する 位 置 にあり その 床 及 び 周 囲 が 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 がある (16) 魚 肉 練 り 製 品 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 魚 肉 ハム 魚 肉 ソーセージ 又 は 鯨 肉 ベーコンを 製 造 する 業 態 にあっては 調 合 計 量 室 がある ( 三 ) 製 造 室 には 排 水 設 備 がある ( 四 ) 器 具 の 洗 浄 用 給 湯 設 備 がある ( 五 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 六 ) 製 品 ( 魚 肉 すり 身 を 除 く )の 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 七 ) 製 品 の 中 心 部 の 温 度 を 測 定 できる 温 度 計 がある ( 八 ) 魚 肉 ハム 魚 肉 ソーセージ 又 は 特 殊 包 装 かまぼこを 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 の 水 分 活 性 又 は 水 素 イオン 濃 度 を 測 定 できる 装 置 が 必 要 に 応 じてある (17) 食 品 の 冷 凍 又 は 冷 蔵 業 ( 一 ) 処 理 場 及 び 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 がある ( 二 ) 食 品 の 調 理 又 は 加 工 を 行 う 業 態 にあっては 調 理 室 又 は 加 工 室 がある ( 三 ) 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 の 床 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 適 当 なこうばいのある 排 水 溝 がある ( 四 ) 冷 凍 室 又 は 冷 蔵 室 には すのこ 棚 等 がある (18) 食 品 の 放 射 線 照 射 業 ( 一 ) 照 射 室 がある ( 二 ) 照 射 室 には 所 定 の 移 動 速 度 を 確 実 に 維 持 し 得 る 性 能 を 有 し かつ 清 掃 しやすく 機 械 油 等 によって 食 品 を 汚 染 しない 構 造 のコンベア 等 の 装 置 がある (19) 清 涼 飲 料 水 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 原 液 調 合 室 及 び 器 具 洗 浄 場 がある ( 二 ) 調 合 容 器 殺 菌 又 は 除 菌 の 装 置 充 てん 機 容 器 包 装 の 洗 浄 及 び 殺 菌 の 装 置 並 びに 製 品 検 査 用 具 があるただし 未 使 用 の 容 器 包 装 であって かつ 殺 菌 され 又 は 殺 菌 効 果 を 有 する 製 造 方 法 で 製 造 され 使 用 されるまでに 汚 染 されるおそれのないように 取 り 扱 われた 容 器 包 装 を 使 用 する 場 合 は 容 器 包 装 の 洗 浄 及 び 殺 菌 の 装 置 を 要 しない (20) 乳 酸 菌 飲 料 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 器 具 取 扱 室 及 び 冷 蔵 室 がある ( 二 ) 空 瓶 置 場 がある ( 三 ) かくはん 機 ろ 過 器 殺 菌 機 自 動 充 てん 機 及 び 打 栓 機 がある (21) 氷 雪 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 貯 氷 庫 がある ( 二 ) 貯 氷 庫 は 飲 食 用 の 氷 雪 と 冷 却 用 の 氷 雪 とを 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ 15/19

16 ( 三 ) 氷 かん 用 の 上 ぶた かくはん 機 吸 水 容 器 及 び 原 料 水 検 査 用 具 がある (22) 氷 雪 販 売 業 ( 一 ) 販 売 所 及 び 貯 氷 庫 がある ( 二 ) 貯 氷 庫 は 飲 食 用 の 氷 雪 と 冷 却 用 の 氷 雪 とを 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ (23) 食 用 油 脂 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 充 てん 室 及 び 包 装 室 がある ( 二 ) 前 処 理 設 備 搾 油 設 備 精 製 設 備 充 てん 機 打 栓 機 及 び 巻 締 機 が 必 要 に 応 じてある (24) マーガリン 又 はショートニング 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 包 装 室 及 び 原 料 取 扱 室 がある ( 二 ) 溶 解 槽 殺 菌 機 発 酵 槽 冷 却 器 及 び 包 装 機 がある (25) みそ 製 造 業 こうじ 室 仕 込 み 室 熟 成 室 及 び 包 装 室 がある (26) しょうゆ 製 造 業 包 装 室 並 びに 必 要 に 応 じてこうじ 室 発 酵 室 圧 搾 室 及 び 火 入 れ 室 がある (27) ソース 類 製 造 業 製 造 室 及 び 包 装 室 がある (28) 酒 類 製 造 業 仕 込 み 室 圧 搾 室 火 入 れ 室 及 び 包 装 室 がある (29) 豆 腐 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) ステンレス 等 の 金 属 で 造 られた 寄 せ 桶 及 び 型 箱 がある ( 三 ) 包 装 豆 腐 ( 豆 乳 に 凝 固 剤 を 添 加 して 容 器 包 装 に 充 てんした 後 加 熱 凝 固 させたものをい う )を 製 造 する 業 態 にあっては 加 熱 殺 菌 装 置 がある ( 四 ) 水 さらしをして 保 存 する 業 態 にあっては 耐 水 性 材 料 で 造 られ 飲 用 適 の 水 を 十 分 供 給 できる 給 排 水 装 置 を 有 し かつ 冷 却 して 保 存 する 設 備 がある ( 五 ) 水 さらしをしないで 保 存 する 業 態 にあっては 冷 蔵 庫 又 は 冷 蔵 ショーケースがあるこ (30) 納 豆 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 及 び 発 酵 室 がある ( 二 ) 容 器 包 装 の 殺 菌 装 置 があるただし 未 使 用 の 容 器 包 装 であって かつ 殺 菌 さ れ 又 は 殺 菌 効 果 を 有 する 製 造 方 法 で 製 造 され 使 用 されるまでに 汚 染 されるおそれのな いように 取 り 扱 われた 容 器 包 装 を 使 用 する 場 合 は 容 器 包 装 の 殺 菌 装 置 を 要 しない (31) めん 類 製 造 業 乾 めん 類 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 造 室 乾 燥 室 及 び 包 装 室 が 生 めん 類 又 はゆでめん 類 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 造 室 がある (32) 総 菜 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 製 造 室 には 必 要 に 応 じて 処 理 場 加 工 場 包 装 場 製 品 置 場 等 があり 作 業 区 分 に より 一 定 の 区 画 がしてある ( 三 ) 解 凍 槽 原 料 洗 浄 槽 及 び 加 工 台 が 必 要 に 応 じてある ( 四 ) 加 工 台 の 表 面 は 耐 水 性 材 料 で 造 られている ( 五 ) 生 食 用 食 肉 を 加 工 し 又 は 調 理 する 業 態 にあっては 他 の 設 備 と 明 確 に 区 分 された 場 所 に その 加 工 専 用 又 は 調 理 専 用 の 次 の 設 備 等 があるただし 生 食 用 食 肉 を 加 工 し ない 業 態 にあっては (ニ) (ホ) 及 び(へ)の 設 備 等 を 要 しない (イ) 器 具 の 洗 浄 設 備 及 び 消 毒 設 備 (ロ) 流 水 式 手 洗 い 設 備 及 び 手 指 の 消 毒 設 備 (ハ) 加 工 台 又 は 調 理 台 (ニ) 加 熱 殺 菌 装 置 16/19

17 (ホ) 生 食 用 食 肉 の 内 部 の 温 度 を 測 定 することができる 温 度 計 (へ) 加 熱 殺 菌 した 後 十 分 に 冷 却 することができる 設 備 (ト) 不 浸 透 性 材 料 で 作 られた 器 具 (33) 缶 詰 又 は 瓶 詰 食 品 製 造 業 ( 一 ) 缶 詰 室 又 は 瓶 詰 室 がある ( 二 ) 缶 詰 機 又 は 瓶 詰 機 及 び 打 栓 機 又 は 巻 締 機 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 殺 菌 装 置 がある (34) 添 加 物 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 包 装 室 及 び 検 査 室 がある ( 二 ) 法 第 二 十 五 条 第 一 項 に 基 づく 検 査 に 係 る 添 加 物 を 製 造 する 業 態 にあっては 製 品 貯 蔵 設 備 は 当 該 検 査 の 申 請 に 係 る 製 品 を 他 の 製 品 と 区 画 して 貯 蔵 できる 構 造 のものであるこ ( 三 ) 製 造 又 は 加 工 に 必 要 な 器 具 は 損 耗 が 少 なく かつ 製 品 の 品 質 に 影 響 を 及 ぼさない 材 料 で 造 られたものである ( 四 ) 添 加 物 の 製 剤 を 製 造 する 場 合 には 含 有 成 分 が 均 一 に 分 散 するように 機 械 的 なかくは ん 装 置 その 他 必 要 な 設 備 がある ( 五 ) 製 造 又 は 加 工 に 使 用 する 器 具 等 は 医 薬 品 又 は 工 業 用 薬 品 その 他 添 加 物 以 外 のもの( 以 下 医 薬 品 等 という )の 製 造 又 は 加 工 のための 機 械 等 とは 区 別 するただし 添 加 物 と 医 薬 品 等 の 製 造 又 は 加 工 を 同 一 工 程 で 行 う 場 合 であって 同 一 の 器 具 等 を 使 用 して も 添 加 物 の 成 分 に 影 響 を 及 ぼさないと 許 可 権 者 が 認 める 場 合 にあっては この 限 りでない ( 六 ) 原 料 又 は 製 品 の 試 験 検 査 に 必 要 な 設 備 及 び 器 具 がある ( 七 ) 製 造 又 は 加 工 の 過 程 において 生 ずる 廃 棄 物 等 を 完 全 に 処 理 できる 設 備 がある ハ 特 定 の 食 品 ( 知 事 が 別 に 定 めるものに 限 る )のみを 製 造 し 調 理 し 又 は 販 売 する 飲 食 店 営 業 喫 茶 店 営 業 及 び 菓 子 製 造 業 に 係 る 営 業 施 設 の 基 準 は イ 及 びロの 規 定 にかかわらず 規 則 で 定 めるところによる 二 自 動 車 を 利 用 して 行 う 営 業 の 施 設 イ 共 通 基 準 (1) 構 造 等 ( 一 ) 自 動 車 の 営 業 の 用 に 供 する 部 分 ( 以 下 営 業 室 という )は 専 用 とし 使 用 目 的 に 適 した 大 きさがあり かつ 当 該 営 業 室 と 営 業 に 直 接 必 要 のない 場 所 とは 区 画 されてい るただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでな い ( 二 ) 営 業 室 は 使 用 目 的 に 適 し かつ ちり 等 の 侵 入 を 防 止 できる 構 造 のものである (2) 床 壁 天 井 等 ( 一 ) 営 業 室 の 床 及 び 内 壁 は 耐 水 性 材 料 で 造 られ 平 滑 で 清 掃 しやすい 構 造 である ( 二 ) 営 業 室 の 天 井 は ちり 等 の 落 ちない 構 造 である ( 三 ) 営 業 室 は 作 業 面 において 百 ルクス 以 上 の 明 るさを 有 する 構 造 である ( 四 ) 営 業 室 は 換 気 が 十 分 に 行 われる 構 造 である (3) ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 防 止 設 備 営 業 室 並 びに 原 料 及 び 製 品 の 貯 蔵 設 備 には ねずみ 昆 虫 等 の 侵 入 を 防 止 できる 設 備 があ る (4) 営 業 室 の 外 面 営 業 室 の 外 壁 及 び 屋 根 等 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ 洗 浄 しやすい 構 造 であり かつ 洗 浄 の 際 の 汚 水 等 が 営 業 室 内 に 侵 入 しない 構 造 である (5) 洗 浄 設 備 等 ( 一 ) 営 業 室 の 適 当 な 場 所 に 食 品 等 の 洗 浄 設 備 並 びに 器 具 及 び 容 器 包 装 の 消 毒 設 備 があるこ ( 二 ) 営 業 室 の 使 用 しやすい 場 所 に 従 事 者 専 用 の 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 営 業 室 の 手 洗 い 設 備 には 手 指 等 の 消 毒 に 適 した 消 毒 液 等 を 入 れる 専 用 の 容 器 がある (6) 器 具 等 の 数 及 び 大 きさ 17/19

18 食 品 又 は 添 加 物 の 取 扱 方 法 及 び 取 扱 数 量 に 応 じ 必 要 な 数 及 び 大 きさの 器 具 等 がある (7) 器 具 等 の 配 置 固 定 された 又 は 移 動 し 難 い 器 具 等 は 作 業 に 便 利 で 清 掃 及 び 洗 浄 がしやすいように 配 置 されている (8) 器 具 の 構 造 器 具 は 容 易 に 清 掃 及 び 洗 浄 ができる 構 造 で かつ 加 熱 その 他 の 方 法 で 殺 菌 できるもの である (9) 器 具 等 の 補 修 器 具 等 は 補 修 がよく 行 われたものである (10) 貯 蔵 設 備 ( 一 ) 食 品 等 を 衛 生 的 に 保 存 することのできる 専 用 の 設 備 があるただし 共 用 しても 衛 生 上 支 障 がないと 許 可 権 者 が 認 めた 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 必 要 がある 場 合 は 冷 却 等 に 適 した 設 備 がある (11) 温 度 計 の 設 置 食 品 又 は 添 加 物 を 冷 却 し 冷 凍 し 又 は 加 熱 して 保 存 する 設 備 には 温 度 計 が 見 やすい 位 置 にある (12) 給 水 設 備 ( 一 ) 使 用 する 水 を 十 分 に 貯 水 できる 固 定 した 貯 水 槽 がある ( 二 ) 貯 水 槽 は 不 浸 透 性 材 料 で 造 られ ちり 等 の 侵 入 を 防 止 できる 構 造 のものである ( 三 ) 貯 水 槽 は その 内 部 が 容 易 に 洗 浄 できる 構 造 で かつ 給 水 栓 が 付 いたものであるこ (13) 汚 物 処 理 設 備 ( 一 ) 適 当 な 容 積 があり かつ ふたのある 不 浸 透 性 の 廃 棄 物 容 器 が 備 えてある ( 二 ) 使 用 後 の 水 を 貯 留 できる 汚 水 槽 が 衛 生 上 支 障 がない 位 置 にある (14) 更 衣 設 備 等 従 事 者 の 員 数 に 応 じた 更 衣 室 等 を 設 け かつ 清 潔 な 作 業 衣 帽 子 マスク 及 び 履 物 等 が 備 えてある ロ 営 業 別 基 準 (1) 飲 食 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 四 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (2) 喫 茶 店 営 業 ( 一 ) 調 理 室 があるただし 調 理 場 と 客 席 で 一 室 を 構 成 し かつ 調 理 場 と 客 席 の 間 に 客 席 の 床 から 一 定 の 高 さまでの 固 定 された 適 当 な 隔 壁 がある 場 合 又 は 食 品 を 調 理 しない 場 合 は この 限 りでない ( 二 ) 客 席 等 の 設 備 を 設 けて 客 に 飲 食 させる 業 態 にあっては 客 が 使 用 しやすい 場 所 に 流 水 式 手 洗 い 設 備 がある ( 三 ) 冷 蔵 設 備 がある ( 四 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (3) 菓 子 製 造 業 ( 一 ) 製 造 室 がある ( 二 ) 使 用 する 水 を 百 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 があるただし 飲 食 器 を 一 回 限 18/19

19 り 使 用 し 飲 食 器 の 洗 浄 を 行 わないものにあっては 四 十 リットル 以 上 である (4) 乳 類 販 売 業 ( 一 ) 販 売 室 がある ( 二 ) 乳 等 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 があるただし 常 温 保 存 可 能 品 のみ を 販 売 する 業 態 にあっては この 限 りでない ( 三 ) 空 瓶 を 入 れる 容 器 が 備 えられている ( 四 ) 使 用 する 水 を 十 八 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある (5) 食 肉 販 売 業 (あらかじめ 容 器 包 装 に 入 れられた 食 肉 のみを 取 り 扱 う 業 態 に 限 る ) ( 一 ) 販 売 室 がある ( 二 ) 食 肉 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 使 用 する 水 を 十 八 リットル 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある (6) 魚 介 類 販 売 業 ( 一 ) 調 理 室 ( 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては 販 売 室 )がある ( 二 ) 鮮 魚 介 類 を 常 に 摂 氏 十 度 以 下 で 冷 蔵 できる 設 備 がある ( 三 ) 使 用 する 水 を 百 リットル( 鮮 魚 介 類 を 調 理 しない 業 態 にあっては 十 八 リットル) 以 上 貯 水 できる 貯 水 槽 がある 三 自 動 販 売 機 を 利 用 して 行 う 営 業 の 施 設 イ 設 置 場 所 は 清 潔 であって 衛 生 管 理 が 十 分 行 き 届 く 場 所 である ロ 設 置 場 所 は 屋 内 であるただし ひさし 屋 根 等 で 雨 水 を 防 止 できる 場 合 にあっては この 限 りでない ハ 設 置 場 所 は 使 用 目 的 に 応 じて 適 当 な 広 さを 有 している ニ 設 置 場 所 の 床 面 は コンクリートその 他 の 不 浸 透 性 のもので かつ 堅 ろうな 材 質 を 用 い 清 掃 が 容 易 な 構 造 のものである ホ 設 置 場 所 には 適 当 な 廃 棄 物 容 器 を 設 ける ヘ 設 置 場 所 には 十 分 な 照 明 設 備 及 び 有 効 な 換 気 設 備 を 設 ける ト 設 置 場 所 には 飲 用 適 の 水 を 十 分 供 給 できる 設 備 を 設 けるただし 乳 類 販 売 業 の 施 設 にあっては この 限 りでない チ 設 置 場 所 には 適 当 な 排 水 設 備 を 設 けるただし 乳 類 販 売 業 の 施 設 にあっては この 限 りでない 一 部 改 正 平 成 一 四 年 条 例 八 〇 号 一 六 年 一 号 一 七 年 九 五 号 二 四 年 一 八 号 19/19

Microsoft Word - 漬物の衛生規範

Microsoft Word - 漬物の衛生規範 漬 物 の 衛 生 規 範 ( 平 成 24 年 10 月 12 日 改 正 ) 第 1 目 的 及 び 趣 旨 本 規 範 は 漬 物 に 係 る 衛 生 上 の 危 害 の 発 生 を 防 止 するため その 原 材 料 の 受 入 れから 製 品 の 販 売 までの 各 工 程 における 取 扱 い 等 の 指 針 を 示 し 漬 物 に 関 する 衛 生 の 確 保 及 び 向 上 を 図

More information

図面審査指導基準

図面審査指導基準 ビル 衛 生 管 理 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 基 準 第 1 目 的 この 基 準 は 特 定 建 築 物 の 建 築 確 認 申 請 時 審 査 に 係 る 指 導 について 必 要 な 事 項 を 定 め 適 正 かつ 統 一 性 のある 指 導 を 行 うことにより 特 定 建 築 物 の 良 好 な 衛 生 的 環 境 を 確 保 し もって 町 田 市

More information

Taro-H25食品許可申請手引.jtd

Taro-H25食品許可申請手引.jtd 新 しく 食 品 に 関 する 営 業 を 始 める 方 へ 食 品 営 業 許 可 申 請 の 手 引 固 定 営 業 施 設 用 この 手 引 には 許 可 取 得 後 の 営 業 者 が 守 るべき 措 置 の 基 準 や 許 可 更 新 手 続 き 等 も 記 載 していますので 許 可 取 得 後 も 大 切 に 保 管 して 下 さい Ⅰ 相 談 から 申 請 許 可 までの 流 れ P1

More information

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC)

(Microsoft Word - \220V\227v\215j\221S\225\266.DOC) ( 目 的 ) 広 島 コインランドリー 営 業 施 設 衛 生 指 導 要 綱 第 の 管 1 確 理 条 保 及 この 及 び びその 利 要 用 綱 に は, 適 関 正 する 県 な 内 利 基 ( 用 準 県 の 等 保 普 を 健 及 定 所 を めることにより,コインランドリー が 図 管 り,もって 轄 する 区 域 公 )のコインランドリー 衆 衛 生 の 向 上 に 寄 与 営

More information

学校給食衛生管理基準

学校給食衛生管理基準 一 頁 文 部 科 学 省 告 示 第 六 十 四 号 学 校 給 食 法 ( 昭 和 二 十 九 年 法 律 第 百 六 十 号 ) 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 学 校 給 食 衛 生 管 理 基 準 を 次 の よ う に 定 め 平 成 二 十 一 年 四 月 一 日 か ら 施 行 す る 平 成 二 十 一 年 三 月 三 十 一 日 文 部 科 学 大 臣 塩 谷

More information

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令 資 料 2-1 食 品 衛 生 法 第 十 九 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 ( 平 成 23 年 内 閣 府 令 第 45 号 ) 第 1 次 平 成 23 年 9 月 22 日 内 閣 府 令 第 51 号 第 2 次 平 成 24 年 7 月 25 日 内 閣 府 令 第 51 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法

More information

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り)

Microsoft Word - ★【通知】「大量調理施設衛生管理マニュアル」の改正について(番号入り) 食 安 発 1022 第 10 号 平 成 25 年 10 月 22 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 食 品 安 全 部 長 ( 公 印 省 略 ) 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル の 改 正 について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マニュアル については 大 規 模 食 中 毒 対

More information

我孫子市小規模水道条例

我孫子市小規模水道条例 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 我 孫 子 市 小 規 模 水 道 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 46 号 以 下 条 例 という ) の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 める ( 検 査 項 目 等 ) 第 2 条 条 例 第 3 条 第 2 項 に 規 定 する 基 準 ( 以 下 水 質 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087448AFA8CC090DD92E882CC837C83438393836781695031398160503335816A2E646F63> 期 限 設 定 の ポ イ ン ト はじめに はじめに 期 限 表 示 には 次 の2とおりの 表 示 方 法 があります 用 語 消 費 期 限 賞 味 期 限 定 められた 方 法 により 保 存 した 場 合 定 義 意 味 腐 敗 変 敗 その 他 の 品 質 の 劣 化 に 伴 い 安 全 性 を 欠 くこととなるおそれがな いと 認 められる 期 限 を 示 す 年 月 日 をい う 品

More information

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経

2 絵 表 示 またはシンボル: 注 意 喚 起 語 : 危 険 危 険 有 害 性 情 報 : 皮 膚 に 接 触 すると 有 害 のおそれ( 経 皮 ) 吸 引 すると 有 害 ( 粉 じん) 強 い 眼 刺 激 生 殖 能 又 は 胎 児 への 悪 影 響 のおそれの 疑 い 中 枢 神 経 1 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : 会 社 名 : 石 川 金 属 株 式 会 社 住 所 : 592-8352 大 阪 府 堺 市 西 区 築 港 浜 寺 西 町 7-21 担 当 部 署 : 品 質 保 証 部 電 話 番 号 : 072-268-1155 緊 急 連 絡 電 話 番 号 : 072-268-1155 FAX 番 号 : 072-268-1159 使 用 用

More information

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を

の 流 出 が 妨 げられないようにするこ (6) 加 湿 水 の 補 給 水 槽 がある 場 合 には, 定 期 的 に 清 掃 するこ (7) 気 化 式 加 湿 器 については, 加 湿 材 の 汚 れ 及 び 加 湿 能 力 を 点 検 し, 必 要 に 応 じて 洗 浄 又 は 交 換 を 別 添 茨 城 県 建 築 物 環 境 衛 生 維 持 管 理 要 領 第 1 空 気 環 境 の 調 整 1 空 気 調 和 設 備 等 の 運 転 操 作 空 気 調 和 設 備 等 ( 空 気 調 和 設 備 又 は 機 械 換 気 設 備 をいう )の 運 転 操 作 については, 気 象 条 件, 各 居 室 の 使 用 状 況, 過 去 における 空 気 環 境 の 測 定 結 果 等

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合

1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給 する 施 設 ( 貯 水 槽 水 道 )のうち 受 水 槽 の 有 効 容 量 の 合 太 田 市 簡 易 専 用 水 道 の 手 引 き 問 い 合 わせ 先 太 田 市 役 所 環 境 政 策 課 電 話 : 0276-47-1893 FAX : 0276-47-1881 1. 簡 易 専 用 水 道 とは 水 道 事 業 者 から 供 給 を 受 ける 水 のみが 水 源 であり マンションや 大 型 店 舗 など 受 水 槽 を 経 由 して 建 物 に 水 道 水 を 供 給

More information

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設

5 法 第 32 条 の 規 定 が 適 用 される 電 気 設 備 6 法 第 33 条 の 規 定 が 適 用 される 避 雷 設 備 電 気 設 備 の 構 造 詳 細 図 付 近 見 取 図 二 面 以 上 の 立 面 図 小 屋 伏 図 避 雷 設 備 の 構 造 詳 細 図 避 雷 設 1 建 築 設 備 第 1 条 の3 第 4 項 ( 建 築 物 の 計 画 に 建 築 設 備 が 含 まれる 場 合 の 確 認 申 請 ) 表 1 い 法 第 28 条 第 2 項 から 第 4 項 までの 規 定 が 適 用 され る 換 気 設 備 ( 居 室 の 採 光 及 び 換 気 ) 換 気 設 備 の 使 用 材 料 2 法 第 28 条 の2 第 3 号 の 規 定 が 適 用

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 富 里 市 地 域 防 災 計 画 大 規 模 事 故 編 平 成 26 年 修 正 富 里 市 防 災 会 議 目 次 第 1 章 総 論 第 1 節 計 画 の 方 針 1 第 1 計 画 の 目 的 1 第 2 計 画 の 対 象 1 第 3 計 画 の 修 正 1 第 2 節 対 策 の 基 本 方 針 2 第 1 対 策 の 実 施 者 及 び 役 割 2 第 2 市 の 配 備 体 制

More information

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に

2/7 HFC-152a+N ~30 4 応 急 措 置 吸 入 した 場 合 新 鮮 な 空 気 の 場 所 に 移 し 体 を 毛 布 などで 覆 い 保 温 して 安 静 に 保 ち 必 要 に 応 じて 医 師 の 診 断 を 受 ける 皮 膚 に 1/7 安 全 データシート(SDS) 1 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 : N2タッピングスプレー (N2-TSE) 会 社 名 : トラスコ 中 山 株 式 会 社 住 所 : 105-0004 東 京 都 港 区 新 橋 4 丁 目 28 番 1 号 担 当 部 門 : 東 京 本 社 商 品 部 PB 品 質 保 証 課 電 話 : 0120-509-849 FAX : 0120-509-839

More information

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件

ウ その 他 の 浴 場 ( 個 室 付 浴 場 ) 照 明 換 気 等 構 造 設 備 衛 生 管 理 及 び 風 紀 などの 指 導 施 設 数 延 監 視 件 数 違 反 施 設 数 処 分 件 数 警 告 書 交 付 件 数 163 335 10 1 5 エ 苦 情 処 理 等 種 別 件 イ 理 化 学 細 菌 学 的 検 査 等 1 理 容 所 美 容 所 暖 房 期 及 び 冷 房 期 における 作 業 所 内 の 空 気 検 査 ( 一 酸 化 炭 素 二 酸 化 炭 素 )を 実 施 し 換 気 方 法 について 改 善 指 導 し 事 故 防 止 に 努 めている 2 テトラクロロエチレン 使 用 クリーニング 所 ドライ 溶 剤 の 安 全 な 取 り 扱 いのため テトラクロロエチレン

More information

第2章 学校環境衛生基準 第3

第2章 学校環境衛生基準 第3 の 等 及 び 等 の の 基 準 の A 検 査 項 目 及 び 基 準 値 の 設 定 根 拠 等 の 解 説 検 査 項 目 基 準 (1) 大 掃 除 の 実 施 大 掃 除 は 定 期 に 行 われていること (2) 雨 水 の 排 水 溝 等 屋 上 等 の 雨 水 排 水 溝 に 泥 や 砂 等 が 堆 積 していないこと また 雨 水 配 水 管 の 末 端 は 砂 や 泥 等 により

More information

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川

附 則 別 表 生 物 化 学 的 酸 素 要 求 量 化 学 的 酸 素 要 求 量 項 目 /16 甲 水 域 備 考 1 甲 水 域 とは 次 に 掲 げる 河 川 (その 支 派 川 を 含 む ) 及 びこれに 接 続 し 流 入 する 水 路 の 水 域 をいう 千 歳 川 大 気 汚 染 防 止 法 第 4 条 第 1 項 の 規 定 による 排 出 基 準 及 び 水 質 汚 濁 防 止 法 第 3 条 第 3 項 の 規 定 による 排 水 基 準 を 定 める 条 例 ( 昭 和 46 年 月 15 日 条 例 第 5 号 ) 改 正 昭 和 48 年 月 19 日 条 例 第 59 号 昭 和 50 年 月 1 日 条 例 第 33 号 昭 和 55 年 3

More information

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療

新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食 業 務 は 治 療 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 平 成 25 年 6 月 稲 沢 市 民 病 院 新 稲 沢 市 民 病 院 患 者 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 場 所 ( 委 託 業 務 の 名 称 及 び 所 在 地 ) 愛 知 県 稲 沢 市 長 束 町 沼 100 番 ほか 稲 沢 市 民 病 院 新 病 院 予 定 地 2 業 務 目 的 給 食

More information

構造設備、機器及び衛生管理

構造設備、機器及び衛生管理 構 造 設 備 機 器 及 び 衛 生 管 理 構 造 設 備 4.1 原 則 構 造 設 備 は 次 のように 設 置 し 設 計 し 建 設 し 利 用 す a) 製 品 の 保 護 を 確 保 する b) 効 率 的 に 清 掃 衛 生 管 理 及 び 保 守 が 行 えるよ うにする c) 製 品 原 料 及 び 包 装 材 料 の 混 同 のリスクを 最 小 限 にする 区 域 の 種 類

More information

食 品 衛 生 法 による 許 可 業 種 ( 抜 粋 ) 食 品 衛 生 法 施 行 令 第 35 条 業 種 定 義 及 び 対 象 業 種 定 義 及 び 対 象 飲 食 店 営 業 一 般 食 堂 料 理 店 すし 屋 そば 屋 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 レストラン カフェー バー

食 品 衛 生 法 による 許 可 業 種 ( 抜 粋 ) 食 品 衛 生 法 施 行 令 第 35 条 業 種 定 義 及 び 対 象 業 種 定 義 及 び 対 象 飲 食 店 営 業 一 般 食 堂 料 理 店 すし 屋 そば 屋 旅 館 仕 出 し 屋 弁 当 屋 レストラン カフェー バー 営 業 開 始 まで 流 れ 事 前 相 談 許 可 取 得 に 際 しましては 施 設 基 準 に 適 合 する 必 要 がありますでご 注 意 ください 基 準 について 不 明 な 点 がありましたら 事 前 に 相 談 いただくことをお 勧 めします 着 工 前 なるべく 早 い 段 階 でご 相 談 ください 相 談 に 当 たりましては 簡 単 なもで 構 いませんからできるだけ 図 面

More information

H28知事・国立あて

H28知事・国立あて 28 文 科 初 第 409 号 平 成 28 6 月 14 日 各 都 道 府 県 知 事 附 属 学 校 を 置 く 各 国 立 大 学 法 人 学 長 殿 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 長 小 松 親 次 郎 ( 印 影 印 刷 ) 平 成 28 度 学 校 給 食 表 彰 に 関 する 被 表 彰 候 補 者 の 推 薦 について( 依 頼 ) 文 部 科 学 省 では 学

More information

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc)

(Microsoft Word - \216\350\210\370\202\253.doc) 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 作 成 の 手 引 き -ふりかけ 類 製 造 業 - 広 島 県 -ふりかけ 類 製 造 業 - 目 次 ふ り か け 類 製 造 業 の 定 義 1 第 1 章 個 別 基 準 - ふ り か け 類 製 造 業 - 2 第 2 章 マ ニ ュ ア ル 作 成 の ポ イ ン ト 及 び 記 載 例 1 機 械 器 具 類 の 衛 生 管 理 特 定 原 材

More information

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定

目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設 で 取 り 扱 う 場 合 6 2 給 排 水 要 件 など 一 定 LOHAS FESTA 東 京 : 出 店 者 マニュアル ver.10.01.29 監 修 : 行 政 書 士 椋 木 法 務 事 務 所 行 政 書 士 椋 木 マキ 目 次 1 食 料 品 の 販 売 について 3 2 調 理 品 の 販 売 について 5 テント 等 の 簡 易 な 施 設 の 要 件 5 調 理 品 の 取 り 扱 い 品 目 例 6 1テント 等 の 簡 易 な 施 設

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

申出書記載に当たっての注意事項(中間物)

申出書記載に当たっての注意事項(中間物) 申 出 書 記 載 に 当 たっての 注 意 事 項 ( 輸 出 専 用 品 ) Ⅰ. 全 体 を 通 しての 注 意 事 項 申 出 書 及 び 確 認 書 の 様 式 は 新 規 化 学 物 質 の 製 造 又 は 輸 入 に 係 る 届 出 等 に 関 する 省 令 で 定 められているため 項 目 の 名 称 等 が 様 式 と 異 なる 場 合 に は 軽 微 なものであっても 受 け 付

More information

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73>

<8366835D838C815B8367826081699085976E8DDC816A8169333033312D3034816A2E786C73> デゾレートA( 水 溶 剤 ), 北 興 化 学 工 業 株 式 会 社, 3031-04, 015/10/06, 1/6 作 成 日 014 年 08 月 05 日 改 訂 日 015 年 10 月 06 日 1. 化 学 品 及 び 会 社 情 報 化 学 品 の 名 称 整 理 番 号 供 給 者 の 会 社 名 称 住 所 担 当 部 門 電 話 番 号 FAX 番 号 緊 急 連 絡 電

More information

安全データシート

安全データシート 2016.06.01 1/7 安 全 データシート(SDS) 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 :プリンス スーパー NET 130g 会 社 名 :スタイル 株 式 会 社 住 所 : 東 京 都 墨 田 区 両 国 4-31-11ヒューリック 両 国 ビル5F 担 当 部 門 :SMG 部 電 話 番 号 :03-5625-8180 FAX :03-5625-8185 緊 急 連

More information

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF>

<5461726F2D817988EA8EED817A93AE95A88EE688B58BC688C493E08E9197BF> 第 一 種 動 物 取 扱 業 の 遵 守 事 項 動 動 物 物 の 健 の 康 愛 及 護 及 び 安 び 全 管 を 理 保 に 持 関 するとともに 法 律 により 生 活 環 第 境 一 の 種 保 動 全 物 等 取 を 扱 図 業 るため 者 は 基 準 等 を 守 って 適 正 に 営 業 するよう 義 務 づけられています ( 表 犬 細 記 環 猫 目 境 等 ) 販 省 売 令

More information

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十

( 危 険 物 等 の 範 囲 ) 令 第 29 条 の6 第 8 号 ( 法 第 35 条 の2 第 4 項 において 準 用 する 場 合 を 含 む 次 項 において 同 じ )の 政 令 で 定 める 危 険 物 は 火 薬 類 取 締 法 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 百 四 十 第 6 章 市 街 化 調 整 区 域 の 立 地 基 準 ( 開 発 許 可 の 基 準 その2)( ) 第 1 節 立 地 基 準 の 構 成 ( 目 的 ) 前 条 の 規 定 にかかわらず 市 街 化 調 整 区 域 に 係 る 開 発 行 為 ( 主 として 第 二 種 特 定 工 作 物 の 建 設 の 用 に 供 す る 目 的 で 行 う 開 発 行 為 を 除 く )については 当

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

長 寿 第 3 0 0 号 平 成 23 年 5 月 11 日 岡 山 県 医 師 会 長 岡 山 県 歯 科 医 師 会 長 岡 山 県 薬 剤 師 会 長 殿 岡 山 県 病 院 協 会 長 岡 山 県 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 連 絡 協 議 会 長 岡 山 県 保 健 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 東 日 本 大 震 災 に 対 処 するための 特 別 の 財 政 援

More information

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63>

<4D F736F F D C835894AD955C8E9197BF81698F4390B394C5816A2E646F63> ドライクリーニング 工 場 に 係 る 調 査 状 況 並 びに 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング 工 場 に 係 る 建 築 基 準 法 用 途 規 制 違 反 への 対 応 及 び 同 法 第 48 条 の 規 定 に 基 づく 許 可 の 運 用 に 関 する 技 術 的 助 言 について 平 成 22 年 9 月 10 日 国 土 交 通 省 引 火 性 溶 剤 を 用 いるドライクリーニング

More information

12

12 12. 維 持 管 理 12.1 維 持 管 理 1 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり その 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 うことが 必 要 である 2 給 水 装 置 は 水 道 使 用 者 等 が

More information

エアコンフィルター清掃業務仕様書

エアコンフィルター清掃業務仕様書 国 保 京 丹 波 町 病 院 清 掃 業 務 仕 様 書 1 目 的 当 業 務 は 単 に 施 設 の 美 観 維 持 のためだけではなく 院 内 感 染 防 止 及 び 衛 生 管 理 上 の 観 点 から 極 めて 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 患 者 サービスについても 最 大 限 配 慮 し 国 保 京 丹 波 町 病 院 の 運 営 に 寄 与 することを 目 的 とする

More information

クサトールFP水溶剤

クサトールFP水溶剤 製 品 安 全 データシート 1. 製 品 及 び 会 社 情 報 製 品 名 整 理 番 号 クサトールFP 水 溶 剤 GG-6 会 社 名 株 式 会 社 日 本 グリーンアンドガーデン 住 所 東 京 都 中 央 区 日 本 橋 小 伝 馬 町 10 番 11 号 担 当 部 門 研 究 開 発 部 担 当 者 電 話 番 号 03-3669-5888 FAX 番 号 03-3669-5889

More information

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動

1. 基 本 方 針 管 理 番 号 作 成 部 局 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 改 訂 履 歴 改 訂 理 由 ページ 2/19 適 用 工 程 環 境 汚 染 の 防 止 に 関 する 方 針 当 組 合 はし 尿 処 理 施 設 を 有 し 環 境 に 配 慮 した 事 業 活 動 富 岡 甘 楽 衛 生 施 設 組 合 衛 生 管 理 センター 適 正 管 理 計 画 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 アルミニウム 及 びその 化 合 物 TKフロック 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の 名 称 任 意 の 名 称 取 り 扱 う 特 定 指 定 物 質 の

More information

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診

-4- 他 照 射 録 診 療 放 射 線 技 師 は 放 射 線 を 人 体 に 対 して 照 射 したときは 遅 滞 なく 必 要 事 項 を 記 載 した 照 射 録 を 作 成 し その 照 射 について 指 示 をした 医 師 又 は 歯 科 医 師 の 署 名 を 受 けているか ( 診 病 院 医 療 監 視 チェック 表 ( 放 射 線 関 係 ) 病 院 名 検 査 日 検 査 者 管 理 調 査 項 目 - 医 療 法 の 手 続 --5 診 療 放 射 線 機 器 の 届 出 - 患 者 入 院 状 況 --5 器 具 同 位 元 素 治 療 患 者 の 放 射 線 治 療 室 以 外 の 入 院 禁 止 --6 放 射 線 治 療 室 への 他 の 患 者 の 入 院 防

More information

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書

Microsoft Word - 原稿 一般衛生管理マニュアル解説書 8 食 品 等 の 衛 生 的 な 取 扱 管 理 規 定 の 遵 守 事 項 管 理 運 営 基 準 6 食 品 等 の 取 扱 い (1) 原 材 料 の 仕 入 れに 当 たっては 品 質 鮮 度 包 装 状 態 表 示 等 について 点 検 すること ならびにそれ らの 結 果 および 当 該 原 材 料 の 購 入 先 の 記 録 に 努 めること (2) 原 材 料 は 当 該 原 材

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081778A43976D899890F582CC8F8094F5814591CE899E82C98AD682B782E98D9189C696688F9C8AEE967B8C7689E68178816996F3816A2E646F63> 海 洋 汚 染 の 準 備 対 応 に 関 する 国 家 防 除 基 本 計 画 目 次 Ⅰ. 総 則 1. 計 画 の 目 的...1 2. 適 用 の 範 囲...1 3.その 他 の 計 画 と 関 係...1 Ⅱ. 油 汚 染 の 防 除 体 制 1. 防 除 体 制 等...2 2. 防 除 対 策 本 部...2 3. 海 洋 汚 染 防 除 対 策 委 員 会...5 4. 地 域 海

More information

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文)

消防法等施行細則(H26.8.1改正後HP掲載用全文) 消 防 法 等 施 行 細 則 昭 和 48 年 7 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 改 正 昭 和 50 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 昭 和 55 年 5 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 昭 和 59 年 4 月 1 日 消 防 組 合 規 則 第 2 号 平 成 2 年 5 月 23 日 消 防 組 合 規 則 第 1 号 平 成 4

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります

土地の利用状況、形状等客観的に判断して一団の区画とみなされる土地を建築物の建築又は特定工作物の建設のために変更する場合は開発行為となります 第 4 章 市 街 化 調 整 区 域 内 の 許 可 基 準 法 第 34 条 令 第 29 条 の5 第 29 条 の6 第 29 条 の7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 規 制 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の

More information

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準

目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農 産 冷 凍 食 品 の 基 準 175 3. 調 理 冷 凍 食 品 及 びその 他 の 冷 凍 食 品 の 基 準 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 平 成 20 年 4 月 1 日 制 定 平 成 23 年 6 月 13 日 最 終 改 定 一 般 社 団 法 人 日 本 冷 凍 食 品 協 会 目 次 第 5 編 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 及 び 試 験 方 法 Ⅰ. 冷 凍 食 品 の 衛 生 基 準 1. 水 産 冷 凍 食 品 の 基 準 174 2. 農

More information

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D F38DFC8CB48D65817A926E95FB90C582C982A882AF82E990C C798CB8915B CC934B97708FF38BB C982C282A282C42E646F63> 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 状 況 等 に 関 する 報 告 書 ( 第 183 回 国 会 提 出 ) 地 方 税 法 第 758 第 2 の 規 定 に 基 づき この 報 告 書 を 国 会 に 提 出 する 目 次 はじめに 頁 地 方 税 における 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 概 要 1 税 負 担 軽 減 措 置 等 の 適 用 額 及 び

More information

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正)

農用地利用計画の変更について(H26.10一部改正) 農 用 地 利 用 計 画 の 変 更 マニュアル 平 成 25 年 7 月 策 定 平 成 26 年 4 月 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 一 部 改 正 長 岡 市 農 林 部 農 振 除 外 ( 農 用 地 区 域 からの 除 外 ) 又 は 用 途 変 更 ( 例 : 農 機 具 格 納 庫 等 の 建 築 を 目 的 とし た 農 業 用 施 設 用 地 への 用 途 区 分

More information

3 技術資料

3 技術資料 3-2 東 京 都 における 制 度 住 民 が 地 域 社 会 における 生 活 環 境 の 保 全 のために 企 業 に 対 して 公 害 防 止 をはじめとす る 々の 要 求 を 行 うことは いわば 住 民 の 基 本 的 な 権 利 です また 企 業 が 地 域 において 安 定 な 事 業 活 動 を 行 うには 公 害 防 止 や 環 境 管 理 に 関 する 活 動 について 住

More information

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡)

Microsoft PowerPoint - 2015.1001_関東農政局(森岡) 宮 崎 県 内 の と 畜 場 における HACCP 導 入 の 概 要 宮 崎 県 衛 生 管 理 指 導 主 幹 都 城 食 肉 衛 生 検 査 所 黒 木 伸 二 高 崎 食 肉 衛 生 検 査 所 長 倉 祐 一 小 林 食 肉 衛 生 検 査 所 岩 切 章 都 農 食 肉 衛 生 検 査 所 森 岡 浩 文 日 向 食 肉 衛 生 検 査 所 三 重 野 由 子 宮 崎 県 のと 畜 頭

More information

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act

Ordinance for Enforcement of the Civil Aeronautics Act 航 空 法 施 行 規 則 ( 昭 和 二 十 七 年 七 月 三 十 一 日 運 輸 省 令 第 五 十 六 号 ) 第 一 章 総 則 ( 航 空 保 安 施 設 ) 第 一 条 航 空 法 ( 昭 和 二 十 七 年 法 律 第 二 百 三 十 一 号 以 下 法 という ) 第 二 条 第 五 項 の 規 定 による 航 空 保 安 施 設 は 次 のとおりとする 一 航 空 保 安 無 線

More information

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである

農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が 計 算 書 類 の 作 成 に 当 たり 拠 ることが 望 ましい 会 計 処 理 や 注 記 等 を 示 すものである 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 一 般 社 団 法 人 全 国 農 業 経 営 コンサルタント 協 会 公 益 社 団 法 人 日 本 農 業 法 人 協 会 1 農 業 の 会 計 に 関 する 指 針 制 定 : 平 成 26 年 5 月 19 日 第 一 総 論 Ⅰ 目 的 1. 本 指 針 の 目 的 本 指 針 は 農 企 業 が

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を

特 定 工 場 を 新 たに 建 築 する 場 合 ( 既 にある 工 場 が 敷 地 の 買 い 増 しにより 要 件 に 該 当 する ような 場 合 を 含 む )は 特 定 工 場 新 設 の 届 出 が 必 要 となります 新 設 届 出 の 提 出 後 に 工 場 の 増 改 築 等 を 工 場 立 地 法 届 出 の 手 引 き 1 工 場 立 地 法 とは (1) 法 律 の 目 的 この 法 律 は 工 場 立 地 が 環 境 の 保 全 を 図 りつつ 適 正 に 行 われるようにするため 工 場 立 地 に 関 する 調 査 を 実 施 し 工 場 立 地 に 関 する 準 則 を 公 表 及 びこれらに 基 づく 勧 告 命 令 等 を 行 い これ らを 通 じて 国

More information

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外

6 呼 水 装 置 2 台 7 常 用 電 源 2 式 8 配 線 点 検 及 び 絶 縁 測 定 2 式 9 放 水 試 験 2 式 (5) 連 結 送 水 管 設 備 1 送 水 口 1 基 2 放 水 口 3 基 (6) 消 火 器 具 1 粉 末 消 火 器 ( 加 圧 式 4 型 ) 外 ( 別 紙 4) 消 防 用 設 備 の 点 検 等 及 び 保 守 業 務 1 機 器 一 覧 (1) 自 動 火 災 報 知 設 備 一 式 1 受 信 機 R 型 250 回 線 1 台 2 表 示 機 2 台 3 中 継 器 10 個 4 煙 感 知 器 (アナログ 式 ) 148 個 5 熱 感 知 機 (アナログ 式 ) 72 個 6 スポット 型 感 知 器 ( 差 動 式 補 償 式

More information

           目    次

           目    次 第 10 章 維 持 管 理 第 10 章 維 持 管 理 1 給 水 装 置 の 維 持 管 理 給 水 装 置 は 年 月 の 経 過 に 伴 う 材 質 の 劣 化 により 故 障 漏 水 等 の 事 故 が 発 生 す ることがある 事 故 を 未 然 に 防 止 するため 又 は 最 小 限 に 抑 えるためには 維 持 管 理 を 行 うことが 重 要 である (1) 給 水 装 置 工

More information

家畜衛生ニュース-中央

家畜衛生ニュース-中央 中 央 家 畜 衛 生 通 信 第 65 号 平 成 25 年 8 月 発 行 岩 手 県 中 央 家 畜 保 健 衛 生 所 岩 手 県 中 央 家 畜 衛 生 協 議 会 目 次 家 畜 を 残 暑 から 守 りましょう 岩 手 県 牛 ヨーネ 病 防 疫 対 策 要 領 の 改 正 について 農 場 HACCP 興 味 のある 方 は 当 所 まで!! めん 羊 の 慢 性 銅 中 毒 1 3

More information

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する

例 えば 一 般 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 はもとより 貨 物 利 用 運 送 事 業 倉 庫 業 港 湾 運 送 事 業 等 の ように 経 営 するすべての 事 業 をその 種 類 ごとに 記 載 する 8 従 業 員 数 の 欄 は 期 中 の 平 均 従 業 員 を 記 載 する (1) 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 報 告 規 則 では 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 の 様 式 及 び 勘 定 科 目 については 定 められていない が この 趣 旨 は 貨 物 自 動 車 運 送 事 業 法 が 事 業 規 制 の 緩 和 を 目 的 としたことにかんがみ 貸 借 対 照 表 及 び 損 益 計 算 書 についても 一 般 に 公 開

More information

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc

Microsoft Word - 【word】自動車の点検及び整備に関する手引(告示全改正文).doc 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 七 号 道 路 運 送 法 等 の 一 部 を 改 正 す る 法 律 ( 平 成 十 八 年 法 律 第 四 十 号 ) 及 び 自 動 車 点 検 基 準 の 一 部 を 改 正 す る 省 令 ( 平 成 十 九 年 国 土 交 通 省 令 第 十 一 号 ) の 施 行 に 伴 い 自 動 車 の 点 検 及 び 整 備 に 関 す る 手 引 の

More information

建 築 設 備 設 計 監 理 業 務 委 託 料 算 定 基 準 1. 目 的 この 基 準 は 福 島 県 土 木 部 が 所 掌 する 建 築 物 及 びその 附 帯 施 設 ( 以 下 県 有 建 築 物 とい う )に 係 る 設 計 等 の 業 務 ( 建 築 物 の 設 計 工 事 監 理 建 築 工 事 契 約 に 関 する 事 務 又 は 建 築 工 事 の 指 導 監 督 の 業

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

法第34条第1号から9号に係る基準

法第34条第1号から9号に係る基準 * 印 は 運 用 又 は 注 を 表 す 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 等 の 許 可 基 準 第 1 章 総 則 第 1 目 的 この 基 準 は 市 街 化 調 整 区 域 において 行 う 開 発 行 為 の 許 可 の 範 囲 を 明 確 化 することによって 法 律 の 運 用 を 円 滑 に 行 い 開 発 許 可 権 限 の 公 平 な 行 使 に 資

More information

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14

適 正 評 価 はどういった 内 容 のものか( 第 12 条 2 項 ) * 適 正 評 価 で 扱 った 情 報 の 管 理 について( 第 16 条 ) 適 正 評 価 の 実 施 手 続 はどのようなものか( 第 12 条 3 項 4 項, 第 13 条 ) 苦 情 の 申 出 ( 第 14 特 定 秘 密 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 特 定 秘 密 保 護 法 ) 概 説 Cubic Argument 代 表 平 成 26 年 2 月 9 日 大 江 弘 之 1.はじめに 法 律 の 構 造 について 法 律 用 語 ( 及 び, 並 びに,ものとする) 2. 特 定 秘 密 保 護 法 の 概 観 法 律 としての 特 徴 他 の 法 律 との 関 係 3. 各 章 概 説

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00

(5) 給 与 改 定 の 状 況 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) H25 年 度 143 358,385 358,242 (0.04) 0.00 熊 本 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 24 年 度 末 ) A B B/A 平 成 23 年 度 の 件 費 率 H24 年 度 731,815 277,665,883 2,881,104 47,758,592

More information

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被

れた 工 作 物 (イ 及 びウに 規 定 するものを 除 く )に 張 り 付 けられた 保 温 材 耐 火 被 覆 材 等 が 損 傷 等 により 石 綿 等 の 粉 じんを 発 散 させ 及 び 労 働 者 がその 粉 じんに ばく 露 するおそれがあるときは 当 該 保 温 材 耐 火 被 別 添 基 発 0423 第 8 号 平 成 26 年 4 月 23 日 別 記 関 係 団 体 の 長 あて 厚 生 労 働 省 労 働 基 準 局 長 石 綿 障 害 予 防 規 則 の 改 正 及 び 労 働 者 の 石 綿 ばく 露 防 止 に 関 する 技 術 上 の 指 針 の 制 定 について 日 ごろから 労 働 基 準 行 政 の 推 進 に 格 段 の 御 理 解 御 協 力 を

More information

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後)

Microsoft Word - 動愛条例施行規則(改正後) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 平 成 27 年 3 月 13 日 規 則 第 4 号 ) 千 葉 県 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 に 関 する 条 例 施 行 規 則 改 正 平 成 二 七 年 一 二 月 四 日 規 則 第 七 一 号 平 成 二 十 七 年 三 月 十 三 日 規 則 第 四 号 千 葉 県 動 物 の 愛 護

More information

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc

Microsoft Word - (28.7)騒音・振動.doc 騒 音 振 動 関 係 法 令 の 概 要 H28.7 ( 工 場 事 業 場 の 規 制 基 準 ) 騒 音 規 制 法 p1~p5 振 動 規 制 法 p6~p7 特 定 工 場 における 公 害 防 止 組 織 の 整 備 に 関 する 法 律 p8~p9 福 岡 県 公 害 防 止 等 生 活 環 境 の 保 全 に 関 する 条 例 p10~p11 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 p12

More information

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73>

<4A2D3320986196F3834F838D815B836F838B837D815B835083628367836083468362834E838A835883678169945F8FEA94C5816A2E786C73> 一 次 生 産 予 備 的 注 意 事 項 : 最 低 限 として 常 に 現 地 の 規 則 および 仕 向 国 の 規 則 ( 該 当 する 場 合 )が 適 用 される A. 食 品 安 全 関 連 要 素 B.A 1 記 録 維 持 食 品 安 全 に 関 する 農 業 規 範 について そのすべての 関 連 記 録 を 維 持 しなければならない B.A 1.1 すべての 必 要 記 録

More information

発 泡 性 を 有 する 旨 及 び 税 率 適 用 区 分 原 材 料 名 ( 添 加 物 を 含 む) 製 造 時 期 外 国 産 清 酒 を 使 用 したものの 表 示 3 税 率 適 用 区 分 に 応 じ 次 のいずれかの 方 法 で 表 示 しなければ (15 度 以 上 16 度 未

発 泡 性 を 有 する 旨 及 び 税 率 適 用 区 分 原 材 料 名 ( 添 加 物 を 含 む) 製 造 時 期 外 国 産 清 酒 を 使 用 したものの 表 示 3 税 率 適 用 区 分 に 応 じ 次 のいずれかの 方 法 で 表 示 しなければ (15 度 以 上 16 度 未 酒 類 の 表 示 に 関 する 説 明 事 項 ( 清 酒 ) 項 目 内 容 根 拠 法 令 等 氏 名 又 は 名 称 2 文 字 の 書 体 は 原 則 として かい 書 体 又 は ゴシック 体 とし 漢 字 平 仮 名 又 は 片 仮 名 で 表 示 しなければ ただし 名 称 の 表 示 に 併 せて その 読 み 方 を 平 仮 名 又 は 片 仮 名 によ り 表 示 する 場 合

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

Microsoft Word - MSDS A3H.doc

Microsoft Word - MSDS A3H.doc Mediracs P/N MPH090015 Co.,Ltd. MS090015_201004ver2 別 化 学 物 質 等 安 全 データシート (MSDS MSDS) 製 名 : 4%テトラヒドロフラン 溶 液 MSDS 称 品 : 番 整 号 N 理 : 末 番 端 MPH090015 号 プロテインシーケンス : MS090015_201004ver2 用 試 薬 A3H 1. 製 品 及

More information

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男

労 働 の 取 扱 い 等 の 改 正 を 行 った 平 成 10 年 には 農 業 における 労 働 実 態 をより 適 切 に 生 産 費 結 果 へ 反 映 させるため 家 族 労 働 評 価 について それまでの 男 女 別 評 価 から 男 女 同 一 評 価 ( 当 該 地 域 で 男 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 概 要 (1) 調 査 の 目 的 畜 産 物 生 産 費 統 計 は 牛 乳 子 牛 乳 用 雄 育 成 牛 交 雑 種 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 交 雑 種 肥 育 牛 ( 以 下 乳 用 雄 育 成 牛 及 び 交 雑 種 育 成 牛 を 育 成 牛 去 勢 若 齢 肥 育 牛 乳 用 雄 肥 育 牛 及 び 交

More information

147

147 第 8 章 維 持 管 理 1. 維 持 管 理 給 水 装 置 は 需 用 者 に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 でありその 維 持 管 理 の 適 否 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えることから 水 が 汚 染 し 又 は 漏 れないように 的 確 に 管 理 を 行 う 必 要 がある 給 水 用 具 によっては 間 違 った 使 用 方 法 や 適 切

More information

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で

2 特 殊 勤 務 手 当 時 間 外 勤 務 手 当 及 び 管 理 職 員 特 別 勤 務 手 当 は 毎 月 17 日 に その 前 月 の 月 額 の 全 額 を 支 給 する 3 第 12 条 に 規 定 する 日 割 計 算 による 給 与 の 支 給 日 は 給 与 支 給 細 則 で 防 災 科 学 技 術 研 究 所 職 員 給 与 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 14 条 ) 第 2 章 給 与 第 1 節 俸 給 ( 第 15 条 - 第 21 条 ) 第 2 節 諸 手 当 ( 第 22 条 - 第 37 条 ) 第 3 章 給 与 の 特 例 ( 第 38 条 - 第 42 条 ) 附 則 ( 平 成 13 年 4 月 1 日 13 規 程

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203139303731318A7795948C9A95A889FC8F43984A88C0836083468362834E8356815B83672E646F63> 平 成 19 年 7 月 版 安 全 衛 生 チェックリスト 総 務 部 労 務 課 安 全 衛 生 係 学 部 名 棟 名 称 階 室 名 室 番 記 入 者 氏 名 記 入 日 該 当 記 入 文 字 : 対 応 済 項 目 マーク: 未 対 応 項 目 X マーク 第 1 章 実 験 室 等 の 安 全 衛 生 チェック 1. 化 学 物 質 ( 化 学 的 危 険 等 ) 等 を 取 り 扱

More information

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸

職 員 でその 職 務 の 級 が 七 級 以 上 である 者 にあつては 三 号 俸 ) 上 位 の 号 俸 に 昇 給 させることを 標 準 として 行 うことができる ただし 勤 務 成 績 が 特 に 良 好 であつて 理 事 長 が 必 要 あると 認 める 者 に ついては 八 号 俸 地 方 競 馬 全 国 協 会 職 員 給 与 規 程 ( 原 文 縦 書 ) 昭 和 三 十 七 年 十 一 月 一 日 昭 和 三 十 七 年 度 規 約 第 六 号 最 終 改 正 平 成 二 八 年 三 月 一 一 日 平 成 二 七 年 度 規 約 第 七 号 ( 目 的 ) 第 一 条 地 方 競 馬 全 国 協 会 の 職 員 の 給 与 に 関 する 事 項 は この 規 程 の 定

More information

放射線法令講義-2016(1)

放射線法令講義-2016(1) 最 新 放 射 線 安 全 管 理 学 特 論 放 射 線 障 害 防 止 法 を 中 心 とした 法 令 秋 吉 優 史 危 険 なものは 法 令 により 取 扱 が 規 制 さ れている 毒 物 ( 砒 素 水 銀 シアン 化 水 素 など) 劇 物 ( 塩 酸 硫 酸 など) 毒 物 及 び 劇 物 取 締 法 危 険 物 ( 過 よう 素 酸 塩 類 亜 硝 酸 塩 類 など) 消 防 法

More information

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機

3 薬 局 サービス 等 (1) 健 康 サポート 薬 局 である 旨 の 表 示 健 康 サポート 薬 局 である 旨 を 表 示 している 場 合 健 康 サポート 薬 局 とは かかりつけ 薬 剤 師 薬 局 としての 基 本 的 な 機 能 に 加 えて 積 極 的 な 健 康 サポート 機 薬 局 機 能 情 報 の 事 項 の 説 明 薬 局 機 能 情 報 の 各 事 項 については 次 のとおりです また 等 の 欄 は 各 事 項 についての 該 当 の 又 は が 薬 局 機 能 に 関 する 情 報 欄 は その 項 目 について 該 当 する 情 報 の 内 容 が 記 載 されています 第 1 管 理 運 営 サービス 等 に 関 する 事 項 1 基 本 事 項 (1)

More information

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用

(4) 関 係 市 町 村 大 規 模 店 舗 の 敷 地 ( 建 築 物 が 設 置 される 土 地 及 びその 周 辺 の 土 地 ( 当 該 建 築 物 を 使 用 し 又 は 管 理 する 者 がその 効 用 を 増 加 させるために 所 有 権 その 他 の 権 原 に 基 づいて 使 用 鳥 取 県 大 規 模 店 舗 立 地 誘 導 条 例 ( 平 成 21 年 3 月 27 日 鳥 取 県 条 例 第 5 号 ) 目 次 前 文 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 7 条 ) 第 2 章 大 規 模 店 舗 の 立 地 の 誘 導 ( 第 8 条 - 第 17 条 ) 第 3 章 雑 則 ( 第 18 条 - 第 20 条 ) 附 則 本 県 には 都 市 部 はもちろん

More information

5 ウイルス行政検査について

5 ウイルス行政検査について 5 ウイルス 行 政 検 査 について 平 成 12 年 5 月 8 日 健 医 感 発 第 43 号 各 都 道 府 県 ( 政 令 市 特 別 区 ) 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 省 保 健 医 療 局 結 核 感 染 症 課 長 標 記 については 昭 和 42 年 10 月 20 日 衛 防 第 50 号 厚 生 省 公 衆 衛 生 局 防 疫 課 長 通 知 により 実

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 3 委 託 業 務 の 概 要

第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 3 委 託 業 務 の 概 要 長 期 継 続 契 約 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 3 月 山 形 県 企 業 局 最 上 電 気 水 道 事 務 所 第 1 章 第 1 節 総 括 事 項 一 般 事 項 1 仕 様 書 の 適 用 この 仕 様 書 は 金 山 浄 水 場 管 理 本 館 清 掃 業 務 委 託 に 適 用 する 2 委 託 業 務 名 金

More information

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス

アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及 び 会 社 情 報 化 学 物 質 等 の 名 称 : アルゴンガス 化 学 名 : アルゴン(Argon) 会 社 名 : 鈴 商 総 合 ガス 化 学 物 質 等 安 全 データシート 整 理 番 号 05 Ar 作 成 平 成 5 年 3 月 31 日 改 訂 平 成 11 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 21 年 12 月 15 日 [ 連 絡 先 ] 製 品 名 アルゴンガス アルゴンガス 整 理 番 号 05Ar 2009 年 12 月 15 日 1/6 化 学 物 質 等 安 全 データシート 1. 化 学 物 質 等 及

More information

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行)

凍り豆腐製造業における景品類の提供の制限及び凍り豆腐の表示に関する公正競争規約と施行規則(平成28年4月1日改正施行) 凍 り 豆 腐 製 造 業 における 景 品 類 の 提 供 の 制 限 及 び 凍 り 豆 腐 の 表 示 に 関 する 公 正 競 争 規 約 と 施 行 規 則 規 約 施 行 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 公 正 競 争 規 約 ( 以 下 規 約 という ) は 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 ( 昭 和 37 年 法 律 第 134 号 ) 第 31

More information

第1章 総 則

第1章 総 則 大 規 模 事 故 編 目 次 第 1 章 総 則 第 1 節 大 規 模 事 故 への 体 制 1 第 1 防 災 体 制 の 確 立 1 第 2 報 告 2 第 3 災 害 救 助 法 の 適 用 3 第 2 章 大 規 模 事 故 対 策 計 画 第 1 節 航 空 機 災 害 対 策 5 第 1 基 本 方 針 5 第 2 予 防 計 画 5 第 3 応 急 対 策 計 画 6 第 2 節

More information

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請

いて 法 附 則 第 11 条 の4 第 4 項 に 規 定 する 改 修 工 事 をしたことの 証 明 については 宅 地 建 物 取 引 業 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 176 号 ) 第 2 条 第 3 項 に 規 定 する 宅 地 建 物 取 引 業 者 から 証 明 の 申 請 国 住 政 第 116 号 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 28 年 4 月 1 日 日 本 建 築 士 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 士 事 務 所 協 会 連 合 会 会 長 殿 日 本 建 築 家 協 会 会 長 殿 国 土 交 通 省 住 宅 局 住 宅 政 策 課 長 住 宅 企 画 官 買 取 再 販 で 扱 われる 住 宅 の 取 得 に 係 る 不 動

More information

建物等清掃業務の仕様書、実施要領

建物等清掃業務の仕様書、実施要領 収 集 事 業 課 施 設 維 持 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 本 業 務 にかかる 実 施 要 領 機 名 実 施 回 数 実 施 月 その 他 は 下 記 のとおりとする 1. 委 託 場 所 明 石 市 大 久 保 町 松 陰 1138 明 石 市 環 境 部 収 集 事 業 課 2. 委 託 業 務 内 容 (1) 建 物 等 業 務 (2) 消 防 用 設 備 等 年 次 点 検

More information

南九州市○○○施設指定管理者募集要項

南九州市○○○施設指定管理者募集要項 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 南 九 州 市 熊 ヶ 谷 放 牧 場 ( 以 下 放 牧 場 と い う )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は, こ の 仕 様 書 に よ る も の と する 1 趣 旨 本 仕 様 書 は, 指 定 管 理 者 が 行 う 放 牧 場 の 業 務 内 容 及 び 履 行

More information

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71

Taro-t5-7第4章(1~14)(P71 第 4 章 法 第 34 条 令 第 29 条 の 5 第 29 条 の 6 第 29 条 の 7 第 30 条 規 則 第 28 条 本 条 は 市 街 化 調 整 区 域 における 開 発 行 為 の 立 地 性 についての 基 準 を 定 めたものです 1 公 益 上 必 要 な 建 築 物 又 は 日 常 生 活 に 必 要 な 物 品 等 の 販 売 店 等 ( 法 第 34 条 第 1

More information

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ

3 担 当 部 署 4 担 当 者 名 5 住 所 6 電 話 番 号 7メールアドレス 1 セキュリティ 上 の 都 合 により フリーメール 及 び 添 付 ファイルは 開 封 しない 2 やむを 得 ない 事 由 により メールにより 入 手 できない 場 合 に 限 り 書 留 郵 便 によ 次 のとおり 条 件 付 一 般 競 争 入 札 に 付 します 入 札 広 告 平 成 28 年 9 月 16 日 契 約 責 任 者 本 州 四 国 連 絡 高 速 道 路 株 式 会 社 岡 山 管 理 センター 所 長 稲 垣 博 記 1. 工 事 概 要 (1) 工 事 名 鴻 ノ 池 SAトイレ 改 修 工 事 (2) 工 事 場 所 自 ) 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 塩 生 字

More information

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管

伝 染 病 予 防 法 ( 以 下 法 という ) 第 一 条 第 二 項 の 規 定 に 基 づき 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 が 予 防 方 法 を 施 行 す べき 伝 染 病 として 指 定 されたこと これにより 病 原 性 大 腸 菌 O 一 五 七 を 含 め 腸 管 腸 管 出 血 性 大 腸 菌 感 染 症 に 係 る 水 道 法 第 二 一 条 に 規 定 する 健 康 診 断 の 実 施 等 について( 平 成 八 年 八 月 六 日 )( 衛 水 第 二 三 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 水 道 行 政 主 管 部 ( 局 ) 長 あて 厚 生 省 生 活 衛 生 局 水 道 環 境 部 水 道 整 備 課 長 通 知 ) 伝 染 病 予 防 法

More information

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12

附 則 この 規 程 は 平 成 25 年 7 月 8 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 7 月 9 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 8 月 6 日 より 施 行 する 附 則 この 規 程 は 平 成 26 年 11 月 12 制 定 平 成 25 年 6 月 19 日 原 規 技 発 第 1306194 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 7 月 9 日 原 規 技 発 第 1407092 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 8 月 6 日 原 規 技 発 第 1408062 号 原 子 力 規 制 委 員 会 決 定 改 正 平 成 26 年 11 月

More information

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒) 第 7 章 維 持 管 理 138 第 7 章 維 持 管 理 7.1 維 持 管 理 給 水 装 置 はお 客 様 ( 需 要 者 )に 直 接 水 を 供 給 する 施 設 であり 給 水 装 置 の 的 確 な 維 持 管 理 は 供 給 水 の 保 全 に 重 大 な 影 響 を 与 えるため 水 を 汚 染 し 又 は 漏 水 のない よう 随 時 又 は 定 期 的 に 行 うこと 給

More information

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項

目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体 制 に 関 する 事 項 平 成 26 年 度 青 森 県 食 品 衛 生 監 視 指 導 計 画 青 森 県 健 康 福 祉 部 保 健 衛 生 課 目 次 第 1 基 本 方 針 1 第 2 監 視 指 導 計 画 の 対 象 及 び 実 施 範 囲 1 1 監 視 指 導 計 画 の 範 囲 2 監 視 指 導 計 画 の 実 施 期 間 3 監 視 指 導 計 画 の 対 象 第 3 監 視 指 導 等 実 施 体

More information

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄

2 製 品 に 関 する 要 求 2.1 構 成 構 成 は 表 2による 表 2- 構 成 番 号 品 名 数 量 注 記 1 トイレ 処 理 ハイ キューブ コンテナ 40ft 1 2 原 水 槽 一 式 3 受 入 槽 一 式 4 生 物 処 理 槽 一 式 5 沈 降 槽 一 式 6 洗 浄 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ 仕 様 書 1 総 則 この 仕 様 書 は 館 山 市 ( 以 下 市 という )が 購 入 設 置 する 完 全 自 立 移 動 式 循 環 型 水 洗 バイオトイレ( 以 下 本 体 という )について 示 すものである なお この 仕 様 書 に 示 した 要 求 事 項 等 は 市 が 求 める 最 低 水 準 を 規 定 するものであり

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

第 5 章 配 管 工 事 第 節 配 管 基 準 事 1 給 水 管 及 給 水 用 具 最 終 水 機 構 流 出 側 設 置 給 水 用 具 耐 圧 性 能 有 用 い 省 第 条 第 2 減 圧 弁 逃 弁 逆 弁 空 気 弁 及 電 磁 弁 耐 久 性 能 有 用 い 省 第 条 3 家 屋 主 配 管 配 管 経 路 い 構 物 通 過 避 等 漏 水 時 修 理 容 易 行 う う

More information

Microsoft Word - 開発許可パンフレット

Microsoft Word - 開発許可パンフレット 市 街 化 調 整 区 域 における 2016.1.1 改 訂 版 開 発 許 可 等 の 立 地 基 準 について 都 市 計 画 法 に 基 づく 開 発 許 可 等 に 関 する 新 たな 基 準 して 境 港 市 及 び 日 吉 津 村 の 市 街 化 調 整 区 域 のうち 市 街 化 区 域 一 体 的 な 地 域 等 において 行 うこができる 開 発 行 為 等 の 立 地 基 準

More information