Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "3"

Transcription

1 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留 衣 山 田 第 二 小 学 校 主 事 村 上 晃 子 東 山 田 小 学 校 副 主 査 松 田 理 香 津 雲 台 小 学 校 主 査 大 野 潤 古 江 台 小 学 校 主 事 沖 家 隆 志 桃 山 台 小 学 校 首 席 乾 修 彰 桃 山 台 小 学 校 副 主 査 古 館 学 第 二 中 学 校 主 査 浦 憲 太 第 六 中 学 校 首 席 林 泰 一 佐 井 寺 中 学 校 首 席 山 本 照 満 千 里 丘 中 学 校 主 幹 木 村 聡 竹 見 台 中 学 校 主 事 岡 部 真 希 古 江 台 中 学 校 首 席 中 野 稔 郎 <スーパ-バイザ-> 元 吹 田 市 公 立 小 中 学 校 長 福 井 博 夫

2 1.はじめに 情 報 化 国 際 化 少 子 高 齢 化 など 社 会 状 況 が 大 きく 変 化 する 中 で 自 立 心 の 低 下 生 活 習 慣 の 乱 れ 学 ぶ 意 欲 や 体 力 の 低 下 市 民 や 児 童 生 徒 保 護 者 の 二 -ズの 多 様 化 安 心 安 全 への 不 安 などといった 育 課 題 が 生 じ それに 対 応 することが 求 められています 平 成 10 年 9 月 の 中 央 育 審 議 会 今 後 の 地 方 育 行 政 の 在 り 方 について では 学 校 の 自 主 性 自 律 性 の 確 立 について が 取 り 上 げられ これ 以 降 学 校 評 議 員 制 の 導 人 や 学 校 評 価 システム の 構 築 などの 育 行 政 施 策 が 展 開 されてきました また 平 成 12 年 の 育 改 革 国 民 会 議 報 告 育 を 変 える 17 の 提 案 平 成 13 年 に 文 部 科 学 省 が 公 表 した 21 世 紀 育 新 生 プラン の 中 では 校 長 が 独 自 性 とリーダーシップを 発 揮 できるよう 学 校 に 組 織 マネジメントの 発 想 を 導 人 すること が 提 言 されました 最 近 では 平 成 24 年 8 月 中 央 育 審 議 会 で これからの 社 会 と 学 校 に 期 待 さ れる 役 割 の 一 つとして マネジメントカを 有 する 校 長 のリーダーシップの 下 地 域 の 力 を 活 用 し ながら チームとして 組 織 的 かつ 効 果 的 な 対 応 を 行 う 必 要 がある と 指 摘 されています また 文 部 科 学 省 組 織 マネジメントカリキュラム 等 開 発 会 議 において 学 枚 組 織 マネジメント とは 学 校 の 有 している 能 力 資 源 を 学 校 に 関 与 する 人 たちのニーズに 適 応 させながら 学 校 育 目 標 を 達 成 していく 過 程 ( 活 動 ) と 定 義 されています これらの 考 え 方 を 現 在 の 吹 田 の 学 校 に 当 てはめてみた 場 合 頭 や 首 席 を 中 心 とする 員 と 主 幹 や 主 査 をはじめとした 学 校 事 務 職 員 が それぞれの 専 門 性 を 発 揮 して 機 能 的 に 連 携 することが 重 要 と 考 えました 学 校 組 織 マネジメント 研 究 グループ は 首 席 学 校 事 務 職 員 で 構 成 され 研 究 2 年 目 を 迎 えました 昨 年 度 の 研 究 では 小 中 一 貫 育 に 向 けた 組 織 的 な 学 校 間 連 携 として 古 江 台 中 学 校 ブロッ ク 竹 見 台 中 学 校 ブロック 千 里 丘 中 学 校 ブロック 第 一 中 学 校 ブロック それぞれの 取 組 を 検 証 し 事 務 職 員 が 学 校 運 営 に 積 極 的 に 参 加 することによって 学 校 間 連 携 がスムーズに 進 むことがわ かりました また 学 校 経 営 の 要 である 首 席 の 職 務 のあり 方 について 首 席 の 各 校 での 状 況 をア ンケート 調 査 し 報 告 することで 吹 田 市 内 の 首 席 の 方 々に 多 くの 気 づきを 与 えることができたので はないかと 考 えています 今 年 度 は 昨 年 度 の 報 告 を 踏 まえ 学 校 間 連 携 における 事 務 職 員 の 役 割 については 市 全 体 に 拡 げていくための 方 策 を 学 校 運 営 組 織 における 首 席 の 役 割 については 昨 年 度 実 施 したア ンケート 調 査 結 果 を 掘 り 下 げ 見 えてくる 課 題 について 研 究 し 吹 田 市 立 小 中 学 校 の 標 準 的 なモデ ルを 提 案 することを 目 指 しました 2. 事 務 職 員 と 学 校 間 連 携 について 平 成 17 年 1 月 に 吹 田 市 小 中 一 貫 育 実 施 プラン が 策 定 され 全 中 学 校 ブロックで 小 中 一 貫 育 推 進 の 取 組 が 始 まりました 各 中 学 校 ブロックでは それぞれの 実 情 に 応 じた 取 組 が 進 められ ています しかし 連 携 の 必 要 性 は 理 解 しつつも 年 々 多 忙 化 が 進 む 中 学 校 間 が 離 れていること や 小 中 学 校 でカリキュラム 時 間 の 違 いなどの 時 間 制 約 により 取 組 を 進 めていくことの 困 難 さが 表 れています 一 方 で 平 成 15 年 4 月 からの 片 山 中 学 校 ブロックにおける 文 部 科 学 省 第 七 次 定 数 改 善 計 画 き め 細 かな 学 習 指 導 や 育 の 情 報 化 の 支 援 等 のための 事 務 部 門 の 強 化 対 応 実 施 計 画 による 事 務 職 員 の 加 配 は 現 在 の 竹 見 台 中 学 校 ブロックへ 引 き 継 がれています そこでは 特 色 ある 学 校 づくりを 推 進 するための 校 内 体 制 の 研 究 学 校 事 務 の 効 率 化 ( 標 準 職 務 の 内 容 共 同 実 施 等 )を 図 るための

3 研 究 学 校 事 務 の 学 校 経 営 参 画 小 中 一 貫 育 における 事 務 職 員 の 役 割 といった 育 改 革 に 寄 与 する 学 校 事 務 の 在 り 方 を 一 貫 して 求 めてきました 学 校 間 連 携 グループでは 竹 見 台 中 学 校 ブロック 古 江 台 中 学 校 ブロック 千 里 丘 中 学 校 ブロ ック 第 一 中 学 校 ブロックが 行 っている 小 中 連 携 の 取 組 をもとに 学 校 間 の 連 携 における 事 務 職 員 の 役 割 を 研 究 してきました その 結 果 小 中 連 携 における 事 務 職 員 の 役 割 の 中 で (1)ブロック 小 中 連 携 会 議 での 事 務 職 員 の 役 割 (2) 事 務 職 員 同 士 が 連 携 して 果 たすべき 役 割 の2 点 に 着 目 し 吹 田 市 全 体 に 拡 げるた めの 方 策 要 素 を 研 究 しました (1)ブロック 小 中 連 携 会 議 での 事 務 職 員 の 役 割 ブロック 小 中 連 携 会 議 の 中 での 事 務 職 員 の 役 割 については 主 に 次 の 三 つが 考 えられます 1 育 行 政 職 としての 会 議 への 参 画 2 定 例 会 議 小 中 連 携 行 事 のサポート 3 情 報 収 集 ( 集 約 ) 蓄 積 発 信 1 育 行 政 職 としての 会 議 への 参 画 事 務 職 員 には 学 校 配 分 予 算 の 運 営 や 物 品 管 理 に 職 務 として 携 わる 者 として 小 中 連 携 会 議 に その 職 性 を 活 かして 関 わっていくことが 期 待 されます 竹 見 台 中 学 校 ブロックや 古 江 台 中 学 校 ブロック 千 里 丘 中 学 校 ブロックでは 月 に 一 回 開 催 され る 小 中 連 携 会 議 に 事 務 職 員 が 参 画 しています 特 に 竹 見 台 中 学 校 ブロックや 古 江 台 中 学 校 ブロ ックでは 事 務 職 員 が 小 中 一 貫 育 関 係 の 予 算 会 計 を 担 当 しています 予 算 会 計 を 担 当 している 事 務 職 員 が 小 中 連 携 会 議 に 参 加 することで 小 中 連 携 事 業 と 学 校 全 体 の 動 きを 把 握 し よりスム ーズな 運 営 ができます 2 定 例 会 議 小 中 連 携 行 事 のサポート 小 中 連 携 の 取 組 には 小 中 連 携 会 議 の 他 に 合 同 研 修 や 公 開 研 究 授 業 小 学 6 年 児 童 向 けに 中 学 校 で 行 われる 授 業 やクラブの 体 験 出 前 授 業 小 学 六 年 の 中 学 校 運 動 会 への 参 加 などがあり ブ ロックによって 様 々な 行 事 が 実 施 されています これらの 行 事 運 営 をサポートすることも 事 務 職 員 に 期 待 される 役 割 の 一 つと 考 えます 実 際 に 古 江 台 中 学 校 ブロックや 千 里 丘 中 学 校 ブロックでは 合 同 研 修 などの 行 事 で 事 務 職 員 が 企 画 段 階 から 関 わりを 持 ち 研 修 当 日 に 向 けて 多 くの 準 備 を 行 っています 具 体 的 には 参 加 者 の 集 約 や 名 簿 作 成 受 付 準 備 資 料 の 作 成 印 刷 必 要 物 品 の 用 意 や 会 場 準 備 講 師 謝 礼 金 の 手 続 き 写 真 記 録 などを 担 当 し 小 中 連 携 事 業 の 推 進 に 向 けた 取 組 を 実 践 しています 3 情 報 収 集 ( 集 約 ) 蓄 積 発 信 小 中 連 携 会 議 や 合 同 研 修 で 話 し 合 われた 内 容 や ブロック 内 の 職 員 が 情 報 を 共 有 できるよう に 情 報 収 集 ( 集 約 ) 蓄 積 発 信 していくことも 事 務 職 員 に 求 められる 役 割 です 竹 見 台 中 学 校 ブロックや 古 江 台 中 学 校 ブロック 千 里 丘 中 学 校 ブロックでは 小 中 連 携 会 議 に 参 加 した 事 務 職 員 が 会 議 録 を 作 成 し そこで 話 し 合 われた 内 容 の 情 報 共 有 を 行 っています 古 江 台 中 学 校 ブロックでは その 他 に 毎 学 期 ごとに 合 同 研 修 会 や 公 開 研 究 授 業 児 童 生 徒 交 流 会 な どの 概 要 をまとめた 連 携 通 信 も 発 行 しています また 竹 見 台 中 学 校 ブロックや 古 江 台 中 学 校 ブロックでは 一 年 に 一 回 それまでの 議 録 や 公 開 研 究 授 業 の 指 導 案 ブロックとしての 取 組 などを 一 冊 にまとめた 報 告 集 を 発 行 しています 年 度

4 が 変 わり 新 転 任 の 職 員 が 赴 任 しても この 報 告 集 により 前 年 のブロック 内 での 取 組 内 容 を 理 解 することができ ブロックの 小 中 一 貫 育 の 継 続 に 繋 がっていると 考 えます 報 告 集 は 市 内 全 体 の 小 中 一 貫 育 事 業 の 質 向 上 に 繋 げるため 吹 田 市 内 の 小 中 学 校 にも 配 付 しています その 他 に 千 里 丘 中 学 校 ブロックや 第 一 中 学 校 ブロックでは ブロック 内 共 通 カレンダーを 作 成 し 職 員 や 地 域 の 方 々がブロック 内 各 校 のスケジュールを 把 握 できるようにしています さら に 千 里 丘 中 学 校 では 幼 小 中 職 員 必 携 という 各 校 の 在 籍 数 職 員 室 座 席 表 日 課 表 校 務 分 掌 室 配 置 図 等 をまとめた 冊 子 も 作 成 しています このような 情 報 発 信 を 行 うことで ブロック 内 の 職 員 が 互 いの 認 識 を 深 め 各 校 の 事 情 を 把 握 した 上 で 連 携 をスムーズなものにしています (2) 事 務 職 員 同 士 が 連 携 して 果 たすべき 役 割 事 務 職 員 がブロック 内 でお 互 いに 連 携 し ヒト モノ(カネ) 情 報 を 共 有 することによって 児 童 生 徒 や 保 護 者 地 域 の 方 々 職 員 に 対 して より 効 率 的 に 職 務 を 行 うことが 求 められま す 事 務 職 員 同 士 が 連 携 して 果 たすべき 役 割 として 主 に 次 の 三 つが 考 えられます 1ヒト 業 務 支 援 OJTなど 2モノ(カネ) 物 品 共 有 予 算 の 有 効 活 用 3 情 報 情 報 共 有 情 報 交 換 1ヒト ヒト( 人 材 )の 共 有 とは 各 学 校 に 単 数 もしくは2 名 配 置 の 事 務 職 員 の 業 務 の 中 で 特 に 多 くの 人 手 が 必 要 な 状 況 に 対 処 しなければならない 時 などにその 業 務 の 支 援 をすることや 個 々の 事 務 職 員 が 持 っているスキルを 共 有 することと 考 えています 例 えば 千 里 丘 中 学 校 ブロックでは 千 里 丘 中 学 校 の 入 学 説 明 会 に 小 学 校 の 事 務 職 員 が 参 加 し 運 営 面 の 協 力 として 受 付 業 務 を 行 いました 逆 に 山 田 第 二 小 学 校 の 入 学 説 明 会 には 千 里 丘 中 学 校 の 事 務 職 員 が 参 加 しました また 竹 見 台 中 学 校 ブロックでは 平 成 24 年 度 に 事 務 職 員 の 加 配 による 兼 務 発 令 を 受 けた 竹 見 台 中 学 校 の 事 務 職 員 が 月 曜 日 に 千 里 たけみ 小 学 校 水 曜 日 に 桃 山 台 小 学 校 に 勤 務 し 情 報 化 支 援 を 行 いました 業 務 支 援 や 事 務 連 携 による 日 常 業 務 の 相 談 等 は 単 数 もしくは2 名 配 置 の 事 務 職 員 にとって 貴 重 なOJTの 場 面 でもあります ブロック 内 のメンバーには 経 験 が 浅 い 事 務 職 員 がいる 場 合 もあり ブロック 内 の 先 輩 事 務 職 員 が 支 援 することで 日 々の 疑 問 や 課 題 の 解 決 スキルの 向 上 にも 繋 がり 中 長 期 的 に 各 学 校 ブロックの 経 営 に 結 びついていくと 考 えます さらに 人 材 を 共 有 し 相 互 支 援 体 制 を 構 築 することで 人 事 異 動 によりブロック 内 のメンバーが 変 わった 時 にも スムーズな 引 き 継 ぎが 可 能 になるメリットもあります 2 モノ(カネ) 中 学 校 ブロック 内 で 物 品 を 共 有 し 効 率 的 な 学 校 予 算 運 営 を 行 うことも 事 務 職 員 に 期 待 される 役 割 の 一 つです 例 えば 竹 見 台 中 学 校 では 予 算 情 報 を 共 有 し 小 学 校 に 台 数 が 多 くあるストーブを 中 学 校 に 移 管 し 予 定 していたストーブの 購 入 を 見 送 りました また 中 学 校 ブロックにおける 研 究 授 業 研 修 会 に 用 いる 物 品 を 各 校 から 持 ち 出 し 共 通 して 使 用 するなどの 工 夫 により 多 少 ではありますが

5 節 約 につながっていると 考 えます 3 情 報 小 学 校 から 中 学 校 に 進 学 する 卒 業 児 童 の 名 簿 データをやり 取 りをすることでスピーディかつ 効 率 的 に 新 入 生 を 迎 える 準 備 をすることや 学 校 納 入 金 の 納 入 状 況 などについて 情 報 交 換 を 行 い き め 細 かい 児 童 や 生 徒 の 家 庭 の 実 情 に 即 した 対 応 についても 事 務 連 携 の 成 果 の 一 つだと 考 えます 他 にも 保 護 者 向 け 書 類 書 式 の 統 一 や 事 務 手 続 き システムを 同 じようにすることは 保 護 者 への 説 明 責 任 を 果 たすにも 有 効 なことと 考 えます 以 上 学 校 間 連 携 における 事 務 職 員 の 役 割 として それぞれの 役 割 と 具 体 的 な 実 践 例 を 紹 介 して きました これら 取 組 が 進 んでいるブロックの 共 通 点 として 次 のことが 挙 げることができます 各 校 の 校 務 分 掌 に 事 務 職 員 を 連 携 会 議 の 構 成 メンバーとして 位 置 づけている 幼 小 中 連 携 組 織 の 中 に 事 務 連 携 部 会 がある 事 務 職 員 が 推 進 会 議 に 出 席 し 企 画 段 階 から 小 中 一 貫 育 に 関 わっている 小 中 一 貫 育 推 進 事 業 の 予 算 会 計 会 議 記 録 などの 情 報 管 理 発 信 など 育 行 政 職 として 有 効 な 役 割 を 担 っている 事 務 連 携 部 会 等 を 定 期 的 に 行 うなど 日 常 的 に 連 携 し 主 査 ( 主 幹 )を 中 心 とした 協 力 体 制 を 構 築 している これらの 共 通 点 をベースとした 各 中 学 校 ブロックの 取 組 を 学 校 間 連 携 における 事 務 職 員 の 在 り 方 モデルと 考 えます (3) 今 後 の 課 題 吹 田 市 の 各 中 学 校 ブロックが 連 携 し 小 中 一 貫 育 をより 一 層 推 進 するには モデルで 示 した 体 制 づくりと 事 務 職 員 が 職 務 としてその 役 割 を 担 うことが 不 可 欠 です そのことは 校 内 で 指 導 部 門 と 管 理 ( 事 務 ) 部 門 がバランスよく 機 能 し 学 校 経 営 が 円 滑 に 推 進 されることと 同 様 です 今 後 は 小 中 一 貫 育 推 進 に 地 域 と 連 携 する 取 組 も 入 ってくると 考 えられます また これまで 以 上 に 小 中 各 科 領 域 の 連 続 したカリキュラムづくりのスピードが 増 すでしょう その 時 には 頭 や 首 席 と 連 携 し より 密 な 計 画 を 立 て 校 内 の 取 組 との 調 整 をして 運 営 にあたらなければなら ないでしょう 中 学 校 ブロックの 指 導 部 門 の 推 進 を 図 ると 同 時 に 管 理 ( 事 務 ) 部 門 の 充 実 が 必 要 かと 考 えます 3. 首 席 と 学 校 組 織 マネジメントについて (1) 昨 年 度 の 研 究 から 見 えてきたもの 学 校 が 自 主 的 自 律 的 に 運 営 されるためには 校 長 が 中 長 期 的 な 経 営 ビジョンを 示 し リーダー シップを 発 揮 していくことに 加 え 様 々な 課 題 に 対 し 学 校 自 らが 判 断 し 適 切 かつ 迅 速 に 対 処 で きる 組 織 的 で 機 動 的 な 学 校 運 営 体 制 の 構 築 が 必 要 です このため 学 校 運 営 組 織 において 頭 と 職 員 との 間 に 校 務 の 要 となる 職 として 首 席 が 設 置 され 学 校 運 営 体 制 機 能 の 充 実 が 求 められています 平 成 24 年 度 の 学 校 組 織 マネジメント 研 究 グループでは 各 校 における 首 席 の 仕 事 の 現 状 期 待 されている 役 割 学 校 にとっての 成 果 についてアンケート 調 査 を 実 施 し 吹 田 市 における 首 席 の 職 務 のあり 方 について 考 察 しました アンケート 結 果 については 首 席 が 配 置 された 成 果 として

6 企 画 ( 推 進 ) 委 員 会 をはじめ 育 課 程 生 徒 指 導 幼 小 中 連 携 学 力 向 上 予 算 委 員 会 など 学 校 運 営 の 中 心 に 首 席 として 位 置 付 いている 学 年 や 学 級 で 課 題 や 問 題 が 発 生 した 時 のバックアップ 体 制 などが 迅 速 にできるようになった 経 験 の 浅 い 職 員 の 研 修 会 を 開 催 したり 悩 みを 聞 いたりする 機 会 が 増 えた 頭 の 仕 事 の 負 担 が 軽 減 された 学 校 全 体 を 把 握 し 日 々の 運 営 がスムーズになった 会 議 自 体 の 時 間 的 簡 素 化 が 出 来 ている といった 点 が 挙 げられました また 首 席 が 配 置 されての 課 題 として 首 席 経 験 年 数 3 年 未 満 が 半 数 以 上 と 経 験 が 浅 い 週 あたりの 持 ち 時 間 数 にばらつきがある 学 校 内 外 ともに 職 務 内 容 が 周 知 されていない 校 務 分 掌 の 役 割 が 多 い 学 年 所 属 をしていると 全 体 が 見 えなくて 調 整 役 にはなりにくい 学 校 間 で 仕 事 内 容 の 統 一 性 を 持 たせる 必 要 がある などが 挙 げられています 平 成 25 年 度 の 学 校 組 織 マネジメント 研 究 グループでは アンケート 調 査 によって 見 えてきたこ れらの 成 果 課 題 に 対 して 今 後 どのように 組 織 として 対 応 していくべきかを 研 究 してきました (2) 吹 田 市 における 首 席 の 職 務 と 機 能 役 割 大 阪 府 立 学 校 首 席 及 び 指 導 諭 の 職 務 等 に 関 する 要 綱 の 施 行 を 受 けて 吹 田 市 においても 吹 田 市 立 学 校 首 席 及 び 指 導 諭 の 職 務 等 に 関 する 要 領 ( 資 料 1)が 平 成 18 年 11 月 から 施 行 されま した 平 成 25 年 4 月 現 在 31 小 学 校 14 中 学 校 に 首 席 が 配 置 されており 今 後 は 全 校 配 置 が 予 定 さ れています ここではまず 吹 田 市 が 定 めている 首 席 の 職 務 内 容 役 割 を 具 体 的 にどのようなものかを 確 認 します 1 意 思 決 定 支 援 学 校 の 意 思 決 定 を 迅 速 化 するため 職 員 の 意 見 のとりまとめ 及 び 職 員 に 対 する 校 長 の 学 校 運 営 方 針 の 具 現 化 表 1 吹 田 市 立 小 中 学 校 首 席 の 配 置 状 況 推 移 ( 人 ) 年 度 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 校 種 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 年 度 中 学 校 小 学 校 このことにより 管 理 職 のビジョン 方 針 が 正 確 に 職 員 に 伝 わるとともに 職 員 が 抱 え る 仕 事 上 の 内 容 や 問 題 点 意 見 などが 首 席 を 通 じて 管 理 職 に 整 理 されて 伝 わるといったアップ ダウンマネジメントが 期 待 できます 2 校 務 等 の 調 整 各 々の 分 掌 等 における 横 断 的 総 合 的 な 調 整 首 席 は 担 当 業 務 の 状 況 把 握 とともに 分 掌 間 各 学 年 間 での 意 見 が 異 なる 場 合 各 分 掌 のチ ーフ 等 の 意 見 を 聞 きながら 横 断 的 総 合 的 な 調 整 を 図 り 学 校 としての 方 針 考 え 方 として 取 りまとめる 職 務 を 担 います また 分 掌 上 に 位 置 づけられない 新 たな 課 題 に 対 し 必 要 に 応 じて 分 掌 間 の 横 断 的 な 調 整 を 行 う 場 合 も 考 えられます 3 相 談 支 援 人 材 育 成

7 職 員 が 抱 える 仕 事 上 の 問 題 点 や 悩 みを 把 握 した 上 での 適 切 な 指 導 助 言 首 席 は 日 頃 から 職 員 のよき 相 談 相 手 として 同 じ 視 線 に 立 ちながら 職 員 に 積 極 的 にかか わることにより 一 人 ひとりが 抱 えている 職 務 上 の 悩 みを 把 握 し 適 切 な 指 導 や 助 言 を 行 うと ともに これを 管 理 職 に 伝 えていく 職 務 を 担 います また 自 らの 指 導 経 験 を 踏 まえ 適 切 な 指 導 助 言 を 行 うとともに 校 内 研 修 の 推 進 者 として 人 材 育 成 に 努 める 職 務 を 担 います 4 渉 外 広 報 地 域 の 窓 口 として 学 校 の 育 活 動 地 域 活 動 等 の 情 報 提 供 説 明 開 かれた 学 校 づくりの 推 進 として 地 域 連 携 に 係 る 施 策 がいっそう 重 視 されています 学 校 と 地 域 や 関 係 諸 機 関 との 連 携 において パイプ 役 になる 存 在 が 不 可 欠 です 学 校 育 活 動 や 運 営 状 況 を 保 護 者 や 地 域 社 会 に 情 報 提 供 し 積 極 的 な 参 画 を 得 るとともに 保 護 者 からの 相 談 や 関 係 機 関 等 への 連 絡 調 整 に 取 組 むことによって 連 携 がより 進 展 することが 期 待 されます (3) 学 校 運 営 組 織 における 首 席 の 位 置 づけ アンケート 調 査 によって 見 えてきた 成 果 課 題 を 踏 まえて 前 述 の 首 席 の 職 務 と 機 能 役 割 を 果 たすためには どのような 学 校 運 営 組 織 の 中 で 校 務 分 掌 のどこに 首 席 を 位 置 づけるかが 重 要 なポイ ントです 首 席 と 学 校 組 織 マネジメントグループでは 首 席 の 位 置 づけを 決 めるうえで ほとんどの 学 校 で 首 席 が 担 当 している 企 画 ( 推 進 ) 委 員 会 ( 以 下 企 画 委 員 会 )について 理 想 的 な 趣 旨 構 成 メンバー 持 ち 方 ( 週 1 回 月 2 回 など) 校 務 分 掌 上 の 場 所 等 について 検 討 し 提 案 すること で 首 席 の 位 置 づけが 見 えてくるのではないかと 考 えました そして 学 校 全 体 の 校 務 分 掌 モデル その 中 で 果 たすべき 首 席 の 役 割 についても 考 えました 1 企 画 委 員 会 の 位 置 づけ( 案 ) 趣 旨 : 校 務 及 び 育 活 動 の 適 正 かつ 円 滑 な 運 営 を 図 るために 企 画 委 員 会 を 設 置 する 構 成 メンバー: 企 画 委 員 会 は 校 長 頭 首 席 指 導 諭 務 主 任 生 徒 指 導 主 事 保 健 主 事 進 路 指 導 主 事 学 年 主 任 事 務 職 員 並 びに 必 要 と 認 める 職 員 をもって 構 成 する メンバーの 役 割 : 司 会 は 首 席 記 録 は 事 務 職 員 とする 協 議 事 項 についての 各 分 掌 委 員 会 等 との 調 整 は 首 席 が 行 う 開 催 時 期 : 月 2 回 を 定 例 的 に 開 催 する ただし 必 要 と 認 めたときは 臨 時 に 開 くことができ る 機 能 役 割 : 企 画 委 員 会 の 役 割 は 次 の 内 容 とする 1 各 学 年 及 び 各 分 掌 間 の 調 整 行 事 や 取 組 みに 関 する 日 程 調 整 ( 体 育 館 使 用 を 含 む) 2 職 員 会 議 提 案 の 事 前 検 討 詳 細 部 分 の 調 整 や 審 議 事 項 の 論 点 の 整 理 3 分 掌 の 担 当 外 の 事 象 についての 検 討 全 体 に 関 わる 日 程 や 対 応 の 取 り 決 め 隙 間 の 仕 事 など 企 画 委 員 会 を 上 記 のように 位 置 づけると 校 務 分 掌 上 の 位 置 づけは 学 校 全 体 を 見 渡 すことがで きる 場 所 であることが 必 要 です また 職 員 会 議 での 議 案 は 企 画 委 員 会 を 経 て 提 案 されるため 職 員 会 議 を 補 完 し 共 通 理 解 を 円 滑 に 進 め 意 思 決 定 を 支 援 できる 場 所 に 位 置 づくことが 望 ましいと 思 われます

8 2 校 務 分 掌 モデル( 案 ) A 小 学 校 校 務 分 掌 表 校 長 頭 職 員 会 議 努 力 目 標 生 活 指 導 人 権 育 定 例 委 員 会 企 画 委 員 会 育 課 程 指 導 研 究 部 事 務 管 理 部 部 会 安 全 指 導 情 報 育 図 書 指 導 体 育 子 ども 支 援 学 習 環 境 特 別 活 動 学 年 1 年 2 年 3 年 4 年 5 年 6 年 支 援 学 級 フリー 科 国 語 社 会 算 数 理 科 音 楽 図 工 家 庭 体 育 道 徳 総 合 生 活 視 聴 覚 保 健 務 務 学 籍 調 査 統 計 文 書 庶 務 掲 示 庶 務 施 設 管 理 営 繕 補 修 安 全 環 境 整 備 物 品 管 理 経 理 給 与 旅 費 学 校 予 算 徴 収 金 小 中 連 携 渉 外 地 域 PTA 3その 中 で 果 たすべき 首 席 の 役 割 図 A 小 学 校 校 務 分 掌 表 首 席 の 役 割 モデル 例 校 長 縦 の 関 係 調 整 重 点 課 題 定 例 委 員 会 努 力 目 標 生 活 指 導 人 権 育 頭 職 員 会 議 首 席 ボトムアップ 参 画 提 案 フォローアップ 相 談 支 援 育 課 程 事 務 管 理 部 企 画 委 員 会 指 導 研 究 部 とりまとめ トップダウン 指 示 周 知 横 の 関 係 調 整 PTA 小 中 連 携 渉 外 地 域 経 理 旅 費 学 校 予 算 徴 収 金 給 与 施 設 管 理 環 境 整 備 物 品 管 理 営 繕 補 修 安 全 事 務 職 員 庶 務 文 書 掲 示 庶 務 調 査 統 計 務 務 学 籍 図 工 家 庭 体 育 道 徳 総 合 生 活 視 聴 覚 保 健 モデル 例 では 首 席 は 企 画 委 員 会 の 運 営 学 校 の 重 点 課 題 である 人 権 育 推 進 委 員 会 のチーフを しています 学 年 には 所 属 せずに 学 校 全 体 を 見 渡 すことができるような 体 制 になっています 6 年 支 援 学 級 フリー この 体 制 の 中 で 首 席 は 管 理 職 と 職 員 の 縦 の 関 係 のつなぎ 役 パイプ 役 となり 調 整 すること で アップダウンが 双 方 向 に 円 滑 かつ 効 果 的 に 役 割 を 果 たします 例 えば 育 課 程 の 実 施 や 校 務 科 国 語 社 会 算 数 理 科 音 楽 指 導 諭 5 年 学 年 1 年 2 年 3 年 4 年 学 習 環 境 特 別 活 動 部 会 図 書 指 導 体 育 子 ども 支 援 安 全 指 導 情 報 育

9 分 掌 における 課 題 等 について 管 理 職 の 意 図 や 方 針 指 示 などを 全 職 員 に 伝 え 組 織 的 に 行 動 するようにリードすること 職 員 の 職 務 遂 行 に 当 たっての 提 案 や 意 見 などを 積 極 的 に 求 め そ れらを 取 りまとめて 管 理 職 に 報 告 したり 提 案 したりすることなどが 挙 げられます また 分 掌 間 や 学 年 間 をまたぐ 課 題 について 横 の 関 係 を 調 整 し 相 談 を 受 け 助 言 サポートす る 役 割 も 果 たします 例 えば 各 分 掌 担 当 者 や 周 囲 の 声 に 耳 を 傾 け 職 務 の 滞 りや 遅 れ 欠 如 など が 生 じないように 連 絡 調 整 したり 協 力 体 制 を 組 んだりすること 事 故 等 の 発 生 には 迅 速 に 情 報 収 集 し 関 係 者 の 連 絡 が 密 になるよう 学 校 長 の 指 示 のもと 体 制 を 確 立 し 素 早 く 対 応 すること などが 挙 げられます また 頭 ~ 首 席 ~ 事 務 職 員 の 協 働 や 首 席 ~ 指 導 諭 ~ 事 務 職 員 が 協 働 できるようになれば さらに 学 校 運 営 がスムーズになると 考 えます (4) 首 席 が 機 能 するために 整 備 しなければならないこと このように 学 校 運 営 組 織 の 中 で 首 席 が 校 務 の 要 として 機 能 するためには 育 委 員 会 学 校 職 員 がそれぞれ 整 備 しなければならない 課 題 をクリアしていくことが 重 要 です 1 育 委 員 会 職 務 内 容 をより 具 体 的 にする 役 割 の 明 確 化 子 ども 達 と 向 き 合 う 時 間 を 確 保 するための 調 査 報 告 事 務 の 整 理 ミドルリーダーとしての 資 質 能 力 を 高 めるための 研 修 の 充 実 全 市 的 に 同 じ 動 きができるように 首 席 の 全 校 配 置 と 適 切 な 人 員 配 置 育 の 情 報 化 による 育 効 果 アップと 校 務 の 情 報 化 による 事 務 効 率 アップに 繋 がる ICT 化 推 進 学 校 現 場 の 現 状 について さらなる 把 握 理 解 2 学 校 校 長 のリーダーシップによる 職 員 の 役 割 の 周 知 徹 底 各 種 調 査 や 保 護 者 地 域 対 応 等 首 席 の 負 担 が 増 大 している 中 での 授 業 時 数 軽 減 文 書 情 報 の 管 理 体 制 学 校 徴 収 金 の 管 理 体 制 を 含 む 事 務 処 理 体 制 の 整 備 首 席 をはじめとする 職 員 が 機 動 的 に 動 けるような 校 務 分 掌 の 見 直 し 職 員 の 多 忙 化 解 消 のための 会 議 の 精 選 効 率 化 首 席 が 学 校 全 体 を 見 渡 すことができるよう 学 年 付 にはしない 3 職 員 職 員 の 役 割 の 把 握 各 分 掌 からの 首 席 への 意 見 提 案 相 談 首 席 を 含 む 職 員 の 責 任 感 の 醸 成 管 理 職 職 員 双 方 の 協 働 への 意 識 校 長 の 学 校 経 営 方 針 を 理 解 し 方 針 に 沿 った 行 動 学 校 現 場 の 状 況 を 伝 えるための ボトムアップ 今 年 度 は 首 席 の 職 務 について 現 状 を 把 握 し 役 割 を 再 確 認 しました また 学 校 運 営 組 織 におけ る 首 席 の 位 置 づけと 首 席 が 機 能 するためにやらなければならないことについて 研 究 してきました 今 後 は 吹 田 市 の 各 学 校 で 首 席 を 要 とした 学 校 運 営 組 織 の 新 たな 実 践 に 取 り 組 んでいくことが 重 要 だと 考 えます

10 4.おわりに 平 成 22 年 度 の 学 校 組 織 マネジメント 研 究 グループでは 事 務 職 員 と 首 席 の 協 働 について 報 告 さ れました 現 在 その 取 組 が 吹 田 市 において 広 がりを 見 せているかというと そうではありません このような 中 で 昨 年 度 より2 年 間 学 校 組 織 マネジメント 研 究 グループでは 学 校 間 連 携 と 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント について 研 究 してきました 事 務 職 員 が 学 校 運 営 組 織 に 関 わることの 重 要 性 や 首 席 のあるべき 姿 を 整 理 し 再 確 認 できたことは 大 きな 成 果 だと 考 えます この 研 究 成 果 を 活 かし 吹 田 市 の 各 学 校 で 育 委 員 会 や 学 校 長 のリーダーシップの 下 事 務 職 員 や 首 席 を 機 能 させる 取 組 が 一 つでも 多 く 行 われることを 期 待 して 報 告 とさせていただきます ( 資 料 1) 吹 田 市 立 学 校 首 席 及 び 指 導 諭 の 職 務 等 に 関 する 要 領 吹 田 市 育 委 員 会 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 は 吹 田 市 立 小 学 校 及 び 中 学 校 の 管 理 運 営 に 関 する 規 則 第 4 条 第 3 項 及 び 第 4 条 の 2 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 首 席 及 び 指 導 諭 の 職 務 内 容 等 に 関 して 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 第 2 章 首 席 ( 首 席 設 置 の 趣 旨 ) 第 2 条 学 校 が 主 体 的 自 律 的 に 運 営 されるためには 校 長 が 中 長 期 的 な 経 営 ビジョンを 示 し リーダーシッ プを 発 揮 していくことに 加 え 様 々な 課 題 に 対 し 学 校 自 らが 判 断 し 適 切 かつ 迅 速 に 対 処 できる 組 織 的 で 機 動 的 な 学 校 運 営 体 制 の 構 築 が 必 要 である このため 学 校 運 営 組 織 において 頭 と 職 員 との 間 に 校 務 の 要 となる 職 として 首 席 を 設 置 し 学 校 運 営 体 制 機 能 の 充 実 を 図 る ( 首 席 の 職 務 ) 第 3 条 首 席 は 校 長 の 命 を 受 け 一 定 の 校 務 について 職 員 のリーダーとして 組 織 を 円 滑 に 機 能 させるとと もに その 校 務 を 着 実 に 遂 行 していく 上 で 他 の 職 員 に 対 して 必 要 な 指 導 総 括 にあたる 2 首 席 は 前 項 の 職 務 を 遂 行 するために 学 校 運 営 において 次 に 掲 げる 職 責 ( 機 能 )を 担 う

11 1 意 思 決 定 支 援 学 校 の 意 思 決 定 を 迅 速 化 するため 職 員 の 意 見 のとりまとめ 及 び 職 員 に 対 する 校 長 の 学 校 運 営 方 針 の 具 現 化 2 校 務 等 の 調 整 各 々の 分 掌 等 における 横 断 的 総 合 的 な 調 整 3 相 談 支 援 人 材 育 成 職 員 が 抱 える 仕 事 上 の 問 題 点 や 悩 みを 把 握 した 上 での 適 切 な 指 導 助 言 4 渉 外 広 報 地 域 の 窓 口 として 学 校 の 育 活 動 地 域 活 動 等 の 情 報 提 供 説 明 3 職 務 の 具 体 的 な 内 容 は 各 学 校 の 実 情 に 応 じ 校 長 が 決 定 する ( 首 席 の 選 考 及 び 任 命 ) 第 4 条 首 席 は 諭 及 び 養 護 諭 のうちから 大 阪 府 育 委 員 会 が 命 ずる また 選 考 は 吹 田 市 育 委 員 会 育 長 の 推 薦 に 基 づき 大 阪 府 育 委 員 会 が 行 う ( 首 席 の 配 置 先 及 び 配 置 数 ) 第 5 条 吹 田 市 立 小 学 校 及 び 中 学 校 に 課 題 等 の 実 情 に 応 じて 配 置 する 第 3 章 指 導 諭 ( 指 導 諭 設 置 の 趣 旨 ) 第 6 条 職 員 一 人 ひとりに 対 して 学 習 指 導 をはじめ 生 徒 指 導 など 児 童 生 徒 を 指 導 していく 育 の 専 門 職 として 高 い 能 力 が 求 められている このため 学 校 において 指 導 力 に 卓 越 した 指 導 諭 を 設 置 し 職 員 の 指 導 力 の 向 上 を 図 る ( 指 導 諭 の 職 務 ) 第 7 条 指 導 諭 は 学 校 に 配 置 され 育 長 及 び 校 長 の 命 を 受 け 専 門 的 な 知 識 や 経 験 を 活 用 し 次 に 掲 げ る 職 責 ( 機 能 )を 担 う 1 員 の 育 成 指 導 諭 の 勤 務 校 及 び 市 内 各 学 校 の 員 に 対 する 授 業 改 善 等 の 指 導 2 研 究 研 修 支 援 市 育 センターなどへの 研 究 研 修 の 支 援 3 地 域 連 携 市 内 各 学 校 や 関 係 団 体 などへの 情 報 提 供 及 び 保 護 者 に 対 する 相 談 活 動 2 職 務 の 具 体 的 な 内 容 は 各 学 校 各 学 校 地 域 の 実 情 に 応 じ 校 長 が 決 定 する ( 指 導 諭 の 選 考 及 び 任 命 ) 第 8 条 指 導 諭 は 諭 及 び 養 護 諭 のうちから 大 阪 府 育 委 員 会 が 命 ずる また 選 考 は 吹 田 市 育 委 員 会 育 長 の 推 薦 に 基 づき 大 阪 府 育 委 員 会 が 行 う ( 指 導 諭 の 配 置 先 及 び 配 置 数 ) 第 9 条 吹 田 市 立 小 学 校 及 び 中 学 校 に 科 等 を 配 慮 し 配 置 する 附 則 この 要 領 は 平 成 18 年 11 月 1 日 から 施 行 する

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030355F959F89AA8BB388E791E58A77955D89BF8C8B89CA> 福 岡 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 教 職 実 践 専 攻 認 証 評 価 結 果 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 の 評 価 ポイント デマンドサイドである 教 育 委 員 会 と 教 職 大 学 院 とが 現 職 教 員 の 派 遣 養 成 する 実 践 的 指 導 力 の 内 容 カリキュラムの 編 成 等 において 十 分 な 協 議 を 行 っており 協

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208E9197BF8250208CD9977082C6944E8BE082CC90DA91B182C982C282A282C4202E70707478> 地 方 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 について 資 料 1 背 景 公 的 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられる(ただし 特 定 警 察 職 員 等 ( 警 部 消 防 司 令 以 下 の 職 員 )については 一 般 職 員 より6 年 遅 れで 実 施 ) これにより 現 行 の60

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

東京都教育庁配布・説明資料

東京都教育庁配布・説明資料 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 基 本 構 想 検 討 委 員 会 中 間 まとめについて 1 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 考 え 方 4 都 立 小 中 高 一 貫 教 育 校 の 設 置 の 基 本 的 な 枠 組 み 理 数 を 中 心 に 世 界 に 伍 して 活 躍 できる 人 間 を 育 成 するため 児 童 生 徒 一 人 一 人 の

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教

学 教 職 課 程 協 議 会 や 京 都 地 区 私 立 大 学 教 職 課 程 研 究 連 絡 協 議 会 を 通 じて 組 織 的 に 行 っ ている また 必 要 に 応 じて 教 職 保 育 職 支 援 室 長 を 通 じて 行 っている 委 員 会 の 組 織 図 教 職 委 員 会 教 1. 教 員 養 成 の 理 念 仏 教 精 神 に 基 づく 女 子 教 育 という 本 学 園 創 設 の 教 育 理 念 を 踏 まえ 建 学 の 精 神 である 真 実 心 ( 浄 土 真 宗 の 開 祖 親 鸞 聖 人 1173-1262 の 言 葉 )に 基 づき 社 会 に 有 為 なる 女 性 の 育 成 をめざす 特 に 教 員 養 成 については 1 主 体 的 な 人 間 すなわち

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030315F3031918D8D87906697C390EA96E58CA48F4381698B408D5C90E096BE89EF816A2E70707478> 総 合 診 療 専 門 プログラムについて 北 海 道 第 2 回 新 専 門 医 制 度 説 明 会 北 海 道 家 庭 医 療 学 センター 草 場 鉄 周 ( 日 本 専 門 医 機 構 総 合 診 療 専 門 医 に 関 する 委 員 会 ワーキンググループ メンバー) 総 合 診 療 専 門 医 養 成 の 背 景 ( 専 門 医 の 在 り 方 検 討 会 報 告 書 より) 1. 特

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

職員研修業務委託仕様書

職員研修業務委託仕様書 Ⅰ 基 本 的 事 項 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 仕 様 書 1 事 業 名 流 山 市 職 員 業 務 一 括 委 託 2 委 託 期 間 契 約 の 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 3 履 行 場 所 流 山 市 平 和 台 1 丁 目 1 番 地 の1ほか 流 山 市 指 定 場 所 4 業 務 の 目 的 本 業 務 委 託 は 民 間 事 業 者 (

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) 平 成 5 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 7( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 人 材 育 成 成 長 分 野 の 推 進 と 成 長 力

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

⑵ 幼 児 児 童 生 徒 の 体 位 比 較 男 子 校 種 年 齢 身 長 体 重 座 高 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 幼 4 104.2 16.6 59.2 稚 園 5 110.6 110.5 110.7 18.9 18.9 19.1 62.3 61

⑵ 幼 児 児 童 生 徒 の 体 位 比 較 男 子 校 種 年 齢 身 長 体 重 座 高 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 吹 田 大 阪 全 国 幼 4 104.2 16.6 59.2 稚 園 5 110.6 110.5 110.7 18.9 18.9 19.1 62.3 61 5. 資 料 ⑴ 公 私 立 学 校 校 名 所 在 地 電 話 校 名 所 在 地 電 話 大 阪 大 学 山 田 丘 1-1 6877-5111 大 大 阪 学 院 大 学 岸 部 南 2-36-1 6381-8434 朝 日 幼 稚 園 高 浜 町 10-38 6381-5539 西 吹 田 幼 稚 園 泉 町 4-41-10 6384-4748 学 関 西 大 学 山 手 町 3-3-35

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は,

収 容 定 員 16 名 本 学 大 学 院 の 設 置 する 各 研 究 科 および 専 攻 における 教 育 研 究 の 目 的, 人 材 の 育 成 に 関 する 目 的 については 次 の 通 りとする (1) 社 会 情 報 研 究 科 社 会 情 報 研 究 科 の 教 育 研 究 は, 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 学 則 第 1 章 総 則 ( 大 学 院 の 目 的 ) 第 1 条 広 島 文 化 学 園 大 学 大 学 院 ( 以 下 本 学 大 学 院 という )は, 広 島 文 化 学 園 の 建 学 の 精 神 である 究 理 実 践 に 基 づき 対 話 の 教 育 を 推 し 進 め, 高 度 の 専 門 性 が 求 められる 職 業 を 担 うための

More information

untitled

untitled 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) 平 成 6 年 月 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 目 次 私 立 大 学 等 経 常 費 補 助 金 配 分 基 準 別 記 8( 特 別 補 助 ) Ⅰ 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 成 長 力 強 化 に 貢 献 する 質 の 高 い 教 育 ()

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料

資料3-2 特別支援教育の在り方に関する特別委員会関係資料 資 料 3-2 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 する 特 別 委 員 会 関 係 資 料 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 1 する 特 別 委 員 会 について 中 央 教 育 審 議 会 初 等 中 等 教 育 分 科 会 特 別 支 援 教 育 の 在 り 方 に 関 す 3 る 特 別 委 員 会

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

課題整理と要望(修正版) (3)

課題整理と要望(修正版) (3) 社 保 審 - 介 護 給 付 費 分 科 会 第 108 回 (H26.9.10) ヒアリング 資 料 6 第 108 回 社 会 保 障 審 議 会 介 護 給 付 費 分 科 会 事 業 者 団 体 ヒアリング 資 料 一 般 社 団 法 人 全 国 軽 費 老 人 ホーム 協 議 会 理 事 長 川 西 基 雄 課 題 整 理 と 要 望 平 成 25 年 度 養 護 老 人 ホーム 軽 費

More information

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する

論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平 成 25 年 度 以 降 段 階 的 に60 歳 から65 歳 へと 引 き 上 げられることに 伴 い 無 収 入 期 間 が 発 生 する 資 料 4 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 に 関 する 論 点 等 ( 第 1 回 意 見 交 換 会 資 料 3) 平 成 24 年 3 月 22 日 国 家 公 務 員 制 度 改 革 推 進 本 部 事 務 局 論 点 1 : 国 家 公 務 員 の 雇 用 と 年 金 の 接 続 を 図 るための 方 策 退 職 共 済 年 金 の 支 給 開 始 年 齢 が 平

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203034205035377E353920834C8383838A83418BB388E78E9197BF8F575F8BB388E790552E646F63> 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 19 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター 職 場 体 験 インターンシップに 関 する 調 査 研 究 報 告 書 ( 概 要 版 ) 目 次 1 中 学 校 高 等 学 校 職 場 体 験 インタ-ンシップ 現 状 把 握 調 査 の 概 要 等 1

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画

実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計 画 の 後 期 基 本 計 画 の 期 間 に 合 わせ 平 成 27 年 度 までの4 年 間 について 実 行 計 画 日 光 市 人 材 育 成 基 本 方 針 実 行 計 画 ( 平 成 24 年 度 ~ 平 成 27 年 度 ) ~ 市 民 と 共 に 考 え 行 動 する 職 員 を 目 指 して~ 平 成 24 年 3 月 日 光 市 実 行 計 画 人 材 育 成 基 本 方 針 に 基 づく 各 具 体 的 取 り 組 みについて 前 期 計 画 の 取 組 状 況 を 踏 まえ 日 光 市 総 合 計

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」

「生徒アンケートを中心とした学校改善のための学校評価システムの開発」 1 平 成 22 年 度 学 校 評 価 推 進 協 議 会 生 徒 アンケートを 中 心 とした 学 校 改 善 のための 学 校 評 価 システムの 開 発 大 分 県 立 大 分 舞 鶴 高 等 学 校 大 分 舞 鶴 高 校 について 強 い 絆 舞 鶴 魂 (Maizuru Spirit) 勉 学 と 部 活 動 の 両 立 SSH(スーパーサイエンスハイスクール) 2 今 年 創 立 60

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業

1 報 告 事 項 担 当 職 員 が 次 の 事 項 について 説 明 を 行 った (1) 宮 崎 県 立 図 書 館 運 営 方 針 等 について (2) 平 成 28 年 度 の 新 規 改 善 事 業 について (3) 図 書 館 評 価 について (4) 平 成 28 年 度 の 事 業 平 成 27 年 度 第 3 回 宮 崎 県 立 図 書 館 協 議 会 議 事 録 期 日 平 成 28 年 3 月 23 日 ( 水 ) 午 前 10 時 00 分 から12 時 00 分 まで 場 所 宮 崎 県 立 図 書 館 2 階 研 修 室 委 員 議 長 : 根 岸 裕 孝 委 員 委 員 : 川 邊 英 樹 委 員 ( 副 議 長 ) 足 立 泰 二 委 員 江 田 正 和 委 員

More information

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田

安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 が 平 成 25 年 10 月 30 日 に 決 定 した 安 芸 太 田 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 安 芸 太 田 町 平 成 26 年 10 月 12 日 安 芸 太 田 町 学 校 適 正 配 置 基 本 方 針 の 一 部 修 正 について 1 議 会 学 校 適 正 配 置 調 査 特 別 委 員 会 調 査 報 告 書 について 安 芸 太 田 町 教 育 委

More information

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱

平成24年度兵庫県公立高等学校入学者選抜要綱 平 成 28 年 度 兵 庫 県 公 立 高 等 学 校 入 学 者 選 抜 要 綱 兵 庫 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 入 学 者 選 抜 の 対 象 となる 学 校 等 p 1 第 2 入 学 者 選 抜 の 基 本 方 針 p 1 第 3 調 査 書 学 年 学 習 評 定 一 覧 表 等 p 3 第 4 学 力 検 査 実 施 要 領 ( 多 部 制 については 第 7による)

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

○西村委員長

○西村委員長 平 成 27 年 度 精 華 町 いじめ 防 止 対 策 推 進 委 員 会 議 事 要 旨 1 開 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 2 時 30 分 閉 会 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 4 時 20 分 2 出 席 委 員 桶 谷 委 員 長 草 地 委 員 桑 原 委 員 岩 井 委 員 ( 欠 席 委 員 なし) 3 出 席 事 務 局

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検

ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た 当 協 議 会 は こ れ ら の 諮 問 事 項 の 検 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 のあり 方 について ( 答 申 ) 平 成 24 年 7 月 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 ま え が き 札 幌 市 住 ま い の 協 議 会 は 平 成 23 年 12 月 26 日 に 札 幌 市 長 か ら 市 営 住 宅 使 用 料 等 の 適 正 な 負 担 の あ り 方 に つ い て の 諮 問 を 受 け た

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学

平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 ふりがな よしだ ゆみこ 学 部 法 学 部 国 際 学 年 3 年 氏 名 吉 田 有 美 子 学 科 公 共 政 策 学 科 ふりがな かいぬま しゅうへい 学 部 法 学 部 国 際 学 Title 組 織 マネジメントの 理 論 と 実 践 Author(s) 吉 田, 由 美 子 Citation 平 成 27 年 度 学 部 学 生 による 自 主 研 究 奨 励 事 業 研 究 成 果 報 告 書 Issue 2016-03 Date Text Version publisher URL http://hdl.handle.net/11094/54689 DOI Rights

More information

-- -- -- -- -- - -- --

-- -- -- -- -- - -- -- G G -- -- -- -- -- - -- -- 子 どもの 読 書 活 動 優 秀 実 践 校 図 書 館 団 体 ( 個 人 ) 表 彰 要 項 平 成 21 年 11 月 24 日 文 部 科 学 大 臣 決 定 1 趣 旨 この 要 項 は 子 どもが 言 葉 を 学 び 感 性 を 磨 き 表 現 力 を 高 め 創 造 力 を 豊 かなものにし 人 生 をより 深 く 生 きる

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

第36回全日本大学軟式野球選手権大会

第36回全日本大学軟式野球選手権大会 ( 平 成 7 年 月 6 日 改 正 ) 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 規 約 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 規 約 第 一 章 総 則 第 条 ( 名 称 及 び 所 在 ) 本 連 盟 は 全 日 本 大 学 軟 式 野 球 連 盟 と 称 し 本 部 を 東 京 都 渋 谷 区 千 駄 ヶ 谷 丁 目 7 番 地 7 号

More information

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL

平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel Fax URL 教 室 配 置 図 4 年 3 年 2 年 1 年 6 年 5 年 特 支 体 育 館 平 成 27 年 度 要 覧 神 石 高 原 町 立 来 見 小 720-1602 広 島 県 神 石 郡 神 石 高 原 町 井 関 2696 Tel 0847-85-2800 Fax 0847-85-2814 URL http://www.jinsekigun.jp/school/kurumisho/ E-mail

More information

学校いじめ防止基本方針」(例)

学校いじめ防止基本方針」(例) 山 形 市 立 第 九 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 1 はじめに いじめはどの 子 供 にも 起 こりうる どの 子 供 も 被 害 者 にも 加 害 者 にもなりうるとい う 事 実 を 踏 まえ 児 童 の 尊 厳 を 保 持 することを 目 的 に 教 育 委 員 会 学 校 地 域 住 民 家 庭 その 他 の 機 関 及 び 関 係 者 との 連 携 のもと いじめ 問 題

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information