< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>

Size: px
Start display at page:

Download "< F2D328A778D5A8C6F89638AEE F31816A2E6A7464>"

Transcription

1 学 校 経 営 基 礎 学 校 経 営 基 礎 Ⅰ 学 校 経 営 と 組 織 マネジメント 学 校 の 経 営 管 理 ( ) 学 校 経 営 経 営 とは 一 般 的 に 目 標 を 達 成 するために 人 材 予 算 設 備 などの 経 営 環 境 を 最 も 有 効 な 手 段 を 活 用 して 組 織 活 動 を 営 む ことを 意 味 することばとして 用 いられる * *2 学 校 経 営 とは 校 長 が 学 校 のミッション とビジョン を 含 めた 学 校 経 営 方 針 ( 都 立 学 校 では 学 校 経 営 計 画 以 下 学 校 経 営 方 針 と 称 す )を 策 定 し 目 指 す 学 校 を 具 現 化 する ために 各 学 校 の 教 職 員 予 算 設 備 情 報 その 他 の 経 営 資 源 を 活 用 し 最 も 有 効 な 手 段 により 学 校 運 営 を 行 い 教 育 の 質 の 維 持 向 上 を 目 指 すことである 経 営 は 学 校 のミ ッションである 教 育 目 標 の 達 成 に 向 けて 学 校 経 営 方 針 ( 学 校 経 営 計 画 )に 基 づいて 必 要 な 諸 条 件 ( 人 物 金 情 報 )を 駆 使 して 計 画 実 施 評 価 改 善 のサイクルに 従 っ て 行 われる 活 動 である このサイクルをマネジメント サイクルといい 教 育 活 動 のあら ゆる 場 面 で 継 続 的 に 学 校 経 営 の 改 善 充 実 を 図 るためのプロセスである さらに 学 校 経 営 方 針 の 具 現 化 を 図 るためには マネジメント サイクルに 沿 って 教 育 活 動 を 推 進 し 適 切 に 運 営 することが 大 切 である 学 校 運 営 を 行 うためには 校 務 分 掌 の 組 織 や 職 員 会 議 及 びその 他 の 学 校 が 必 要 とする 委 員 会 等 をもうける 必 要 がある それらの 組 織 には 一 般 的 に 教 育 指 導 の 組 織 研 究 研 修 の 組 織 学 校 事 務 の 組 織 の3 つがある ( 2) 学 校 における 管 理 管 理 とは 一 般 的 には 確 立 した 組 織 の 中 で 常 軌 化 された 活 動 を 適 切 に 進 めること と 言 える 管 理 は 経 営 者 が 決 定 した 方 針 を 具 体 的 な 行 動 として 進 めていく 過 程 において 予 測 ( 計 画 )し 組 織 し 命 令 ( 指 揮 )し 調 整 し 統 制 する 活 動 である 計 画 とは 予 算 等 を 中 心 とした 実 行 計 画 を 立 てること 組 織 化 とは 計 画 を 遂 行 するた め 経 営 活 動 をいくつかの 共 通 項 目 でくくり 職 員 一 人 一 人 に 仕 事 を 割 り 当 てると 同 時 に 適 切 な 職 務 責 任 を 与 え 全 体 が 一 つの 方 向 に 向 かって 整 然 と 行 動 できるようにすること 指 揮 とは 職 員 に 割 り 当 てた 仕 事 が 手 際 よく 行 われるように 配 慮 すること 調 整 とは す べての 活 動 を 統 合 し 全 体 として 調 和 がとれムダのないようにすること 統 制 とは 組 織 の 各 部 門 の 計 画 や 指 揮 に 従 って 行 動 しているかどうかを 確 かめそれから 外 れていれば 修 正 することである 学 校 における 管 理 は 憲 法 や 教 育 基 本 法 をはじめとする 法 令 に 基 づいており 法 は 上 位 の 法 規 を 補 完 するかたちで 体 系 的 な 整 備 がなされている 学 校 教 育 の 管 理 に 即 して 考 えれ ば 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 第 33 条 の 規 定 の 学 校 管 理 規 則 を 根 拠 に 行 われている 物 的 管 理 人 的 管 理 運 営 管 理 の3つが 挙 げられる * ミッション: 公 共 的 組 織 の 目 的 目 標 使 命 任 務 存 在 意 義 等 *2 ビジョン: 学 校 の 教 育 目 標 の 実 現 に 向 け 将 来 の 学 校 がどうあるべきか というべき 方 向 性 ( 将 来 構 想 ) を 示 すもの --

2 学校経営基礎 2 学校経営方針 学校経営計画 学校経営方針は 校長が学校のビジョンを明らかにし 全ての学校が長期 中期 短期的 な展望に立ち 当該年度の学習指導 生活指導 進路指導 学校運営等の教育活動の具体的 な目標と方策を設定するとともに 教職員全員がその具体的な目標に向かい協働体制を確立 し 学校の自律的な改革と教育の質的な向上を図るために 策定するものである 学校経営 方針は 学校が都民 保護者への説明責任を果たす手段となり 校長が自校の学校教育活動 について都民 保護者に明らかにする 公約 の役割をもつものと言える 目標具現化の要素 限られた時間のなかで方法 手段を駆使し 成果をあげるために 目標達成の可能性 具現化に向けての可能性を見据えて実践的な手立てを考える 達成の測定の可能性 測定を可能にする工夫をこらし 手立てを考える 達成までの時間 設定した目標をいつまでに達成するのかを考える 学校経営方針の策定内容 () 学校のミッション 使命 存在意義 (2) 学校のビジョン 目指す学校像 (3) 長期的 中期的 短期的目標 (4) 今年度の取組目標 ① 教育活動の目標とその方策 ③ 具体的な取組計画 内容 ② ④ 重点目標と方策 達成目標 評価 学校経営ビジョンの展開例 管理職の役割 ミ ッ シ ョ ン ビ ジ ョ ン 管理職 主幹教諭 主任の役割 長期的目標 内容 今年度の取組目標 中期的目標 内容 教育活動の目 標とその方策 重点目標と方 策 短期的目標 内容 トップダウン 校長 教員の役割 具体的な取組 計画 内容 評価 具体的な取組 計画 内容 評価 具体的な取組 計画 内容 評価 ミドルアップ 副校長 主幹 ミドルダウン 副校長 主幹 ボトムアップ 教諭 目的 目的 手段 目的 手段 手段 学校評価 目標の具現化に向けた取り組みの手順例 中 長期的 目標 中 長期的目標 の内容と現状 今年度の 取組目標 具体的な 取組計画 具体的な 取組内容 評 価 内容 現状 独立行政法人教員研修センター 組織マネジメント テキストより -2-

3 学校経営基礎 学校経営方針の策定者は校長であり 学校経営方針は組織目標となるものである 校長は 学校経営方針を機能させるためにリーダーシップを発揮し 教職員がマネジメント サイク ルの計画 実施 評価 改善に取り組む段階において 積極的に参画し 主体的に組織的な 取り組みを行うよう指導し 教育の質の維持 向上を図るように努めなければならない また 組織目標形成の流れは 校長の立てた学校経営方針に基づいて副校長が 運営方針 を作成し 主幹教諭 主任 教員への具体的な指示 伝達を行う これを受けて 主幹教諭 主任は 校内の分掌 学年 教科等 領域におけるそれぞれの組織目標を設定する それ らを踏まえて 教職員一人一人が職務目標を設定するように計画することが重要である 学校における組織マネジメントのサイクル 学校教育目標 学校の外部環境の分析 学校の内部環境の分析 PLAN 学校経営ビジョンづくり 具体的な年度計画づくり DO 活動の充実 CHECK 活動の評価 ACTION 次期への反映 独立行政法人教員研修センター 組織マネジメント テキストより作成 学校組織が目標を達成するためには 教職員が組織目標の達成に向けた共通の意思の形成 を図るとともに協働体制の確立に取り組むことが大切である したがって 管理職は 学校 経営を組織として進めるために 教職員とのコミュニケーションを重視して しっかりとし た学校経営方針を策定し実施することを最も重視しなければならない -3-

4 学校経営基礎 次の表は 学校経営方針 PLAN の考え方の手順例を示したものである 学校経営方針の作成における管理職の検討手順例 検討事項 1 学校内の状況 内部 環境 の把握と分析 検討事項の内容 児童 生徒の現状把握 教職員の協働体制の確立 学校の施設 設備等の状況を把握し分析する 学 2 校 学校を取り巻く環境 外部環境 の把握と 解釈 社会の変動 教育施策の動向 学校の外部環境 地 域 保護者 同窓会等 要因の洗い出しと学校との 関係を整理する 経 3 管理職自身の意思と目標の整理 営 ①学校のミッション 使命 存在意義 を探求する 方 ②学校のミッションを踏まえビジョンを達成するた 針 めの課題と重点事項を設定する ( ) の 学校の組織マネジ メントの構想づくり ③課題達成に向けた学校の組織や運営のしくみ 組 織目標などを整える 検 ④① ③の内容の活動が実現できるように 教職員 討 に課題を共通理解させる方策と能力や資質の開発 に向けて 自己のリーダーシップの発揮の仕方を 手 検討する 順 ⑤学校の各種活動が学期や学年末等に評価できるよ うに指標化を図る ( 2) 今後のマネジメン トの展開についての 教育活動の実施に向け 展開の方向性や具体策を検 討する 検討 独立行政法人教員研修センター 組織マネジメント テキストより作成 -4-

5 3 学 校 運 営 組 織 ( ) 校 内 組 織 の 基 本 的 な 枠 組 み 学 校 経 営 基 礎 学 校 の 校 内 組 織 は 学 校 の 教 育 目 標 を 効 果 的 に 達 成 するために 組 織 されるものである 校 内 組 織 の 基 本 的 な 枠 組 みは 教 育 指 導 のための 組 織 2 研 究 研 修 のための 組 織 3 学 校 事 務 のための 組 織 の3つに 大 別 される 2 3 教 育 指 導 のための 組 織 教 育 指 導 とは 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 特 別 活 動 等 の 学 校 教 育 活 動 の 全 てを 含 む 概 念 である 教 科 や 教 科 外 などの 教 育 指 導 を 行 う 校 内 組 織 は 学 校 における 教 育 活 動 を 効 果 的 に 行 うために 設 置 する 組 織 である 教 育 指 導 のための 組 織 には 学 年 学 級 分 掌 係 委 員 会 といったものが 含 まれる 研 究 研 修 のための 組 織 研 究 研 修 とは 教 育 指 導 を 充 実 させ その 効 果 をあげるために 教 師 一 人 一 人 が 授 業 の 質 を 高 め その 専 門 的 力 量 と 指 導 力 を 磨 き 深 めていくものでなければならない そのためには 自 己 研 修 と 共 同 研 修 が 欠 かせない このことから 学 校 には 研 究 研 修 のために 研 究 部 研 修 部 や 研 究 推 進 委 員 会 等 の 組 織 が 設 置 されている 学 校 事 務 のための 組 織 学 校 事 務 は 学 校 の 教 育 活 動 を 円 滑 に 実 施 するために 必 要 なすべての 業 務 をつかさど る 内 部 管 理 の 組 織 である つまり 人 事 給 与 服 務 福 利 厚 生 予 算 物 品 調 達 物 品 管 理 施 設 管 理 営 繕 文 書 管 理 等 々の 教 育 指 導 の 活 動 以 外 の 一 切 を 担 当 する 組 織 で ある ( 2) 組 織 運 営 の 原 則 学 校 には 組 織 体 として 学 校 経 営 方 針 に 基 づき 経 営 資 源 である 人 的 物 的 財 政 的 条 件 を 最 適 に 活 用 して 目 標 管 理 や 進 行 管 理 を 適 切 に 行 い 機 動 的 な 組 織 運 営 を 図 ることが 求 め られている 組 織 がスムーズに 機 能 するための 必 要 な 運 営 の 要 素 は 次 の4つの 項 目 に 分 けられる 情 報 伝 達 ルートの 一 本 化 重 要 情 報 の 一 本 化 と 各 組 織 における 情 報 のルートを 明 確 にする 情 報 の 及 ぶ 範 囲 の 明 確 化 組 織 として 共 通 理 解 を 図 るべき 情 報 とその 範 囲 ( 何 を 誰 に どのように) を 定 める 情 報 の 伝 達 の 仕 方 は 組 織 運 営 のポイントである 分 掌 した 校 務 の 役 割 の 明 確 化 分 掌 した 校 務 の 役 割 と 教 育 目 標 とのかかわりを 明 確 にして 目 標 達 成 に 向 けての 各 自 の 具 体 的 な 職 務 行 動 を 理 解 させ 実 行 させる 教 職 員 の 適 正 的 確 な 職 務 の 分 担 校 務 を 職 員 に 適 正 的 確 に 分 担 連 携 させることにより 校 務 の 活 性 化 が 図 られ ボトムアップにもつながる そのことにより 校 務 の 能 率 化 機 能 化 が 図 られる -5-

6 学 校 経 営 基 礎 ( 3) 学 校 教 育 目 標 の 効 果 的 な 達 成 のための 組 織 運 営 全 教 職 員 が 教 育 目 標 の 達 成 に 向 け マネジメント サイクルや 学 校 経 営 方 針 に 基 づい て 職 務 を 遂 行 するためには 何 よりも 組 織 としての 共 通 理 解 と 意 思 決 定 が 重 要 である 2 組 織 マネジメントを 活 用 し 効 果 的 な 組 織 運 営 現 在 企 業 で 活 用 されてきた 組 織 マネジメントが 非 営 利 組 織 ( 公 立 学 校 等 )でも 取 り 入 れられるようになり 学 校 にもその 必 要 性 が 指 摘 されている 次 の 項 目 をおさえて 組 織 運 営 を 行 うことが 肝 要 である 学 校 における 組 織 マネジメントとは 学 校 の 有 している 能 力 資 源 を 開 発 活 用 し 学 校 に 関 与 する 人 たちや 教 職 員 のニーズに 適 応 させながら 効 果 的 効 率 的 に 統 合 し 調 整 しながら 学 校 教 育 目 標 を 達 成 していく 活 動 である 組 織 目 標 を 遂 行 するために どのような 組 織 をつくり どのように 機 能 させ 運 営 する かが 重 要 である そのために 管 理 職 としては 組 織 目 標 の 明 確 化 課 題 の 共 通 理 解 取 り 組 み 内 容 方 法 の 提 示 など 教 職 員 に 対 して 目 標 達 成 に 向 けた 職 務 行 動 についての 共 通 認 識 を 図 る 営 みが 重 要 である 下 記 の5つが 主 な 観 点 として 挙 げられる ア イ ウ 学 校 として 達 成 すべき 目 標 を 明 確 にする 新 たな 教 育 課 題 について 組 織 で 共 通 理 解 を 図 り 共 通 の 認 識 を 深 める 組 織 的 な 取 り 組 みにおける 内 容 や 方 法 を 提 示 する エ 目 標 達 成 に 向 け 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 る オ 組 織 が 機 能 するための 条 件 整 備 を 図 る 管 理 職 は 組 織 マネジメントに 取 り 組 むために 上 記 の5つの 観 点 について 校 内 運 営 組 織 の 見 直 しを 図 り コミュニケーション スキルを 高 め 人 間 関 係 の 円 滑 化 を 図 りなが ら 全 教 職 員 の 共 通 理 解 を 図 ることで 協 働 意 欲 を 高 めることが 重 要 である そして 管 理 職 は 教 職 員 一 人 一 人 が 教 育 目 標 の 達 成 に 向 けた 組 織 マネジメントの 意 識 をもてるように 意 識 的 に 働 きかける 必 要 がある 各 分 掌 の 組 織 目 標 や 教 職 員 の 職 務 目 標 の 具 現 化 に 向 けての 進 行 管 理 管 理 職 は 学 校 経 営 方 針 に 基 づいて 立 てた 各 分 掌 組 織 の 目 標 や 分 掌 組 織 の 成 員 の 役 割 等 が 当 初 の 計 画 通 りに 実 施 されているかどうかを 期 間 ( 学 期 ごとなど)を 区 切 り 各 分 掌 ごとなどに 分 けて 評 価 し 改 善 を 図 っていく 必 要 がある ( 4) 学 校 評 価 学 校 評 価 学 校 評 価 は 各 学 校 が 設 定 した 教 育 目 標 を 達 成 するために 各 学 校 が 組 織 体 として 教 育 機 能 をどの 程 度 発 揮 しているかを 全 ての 教 育 活 動 を 対 象 として 総 合 的 かつ 客 観 的 に 評 価 し その 結 果 に 基 づいて 教 育 活 動 全 般 についての 改 善 策 を 講 じ 自 校 の 教 育 の 充 実 を 図 ることである これらの 活 動 を 一 定 の 基 準 に 基 づいて 客 観 的 かつ 総 合 的 に 評 価 し 改 善 の 方 向 や 改 善 点 を 明 らかにすることが 必 要 である -6-

7 学 校 経 営 基 礎 学 校 評 価 の 内 容 は 教 育 目 標 や 指 導 計 画 教 科 指 導 以 外 の 各 種 活 動 等 の 教 育 課 程 に 関 する 事 項 学 校 経 営 方 針 や 人 事 予 算 施 設 設 備 等 に 関 する 学 校 運 営 の 事 項 や 外 部 評 価 による 教 育 活 動 に 関 する 事 項 等 が 含 まれる 2 学 校 経 営 方 針 の 評 価 学 校 経 営 方 針 の 評 価 とは 学 校 評 価 の 一 領 域 である 学 校 経 営 方 針 の 評 価 は 教 育 目 標 の 達 成 に 向 けて 教 育 活 動 その 他 の 学 校 運 営 の 状 況 について マネジメント サイクル に 沿 った 適 切 な 評 価 項 目 を 設 定 し 教 職 員 が 自 ら 行 う 点 検 や 学 校 としての 各 分 掌 による 自 己 評 価 及 び 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 の 外 部 評 価 等 を 踏 まえて 校 長 が 行 うものである 3 学 校 の 自 己 評 価 の 確 立 にむけた 実 施 体 制 ア 自 己 評 価 の 実 施 組 織 と 企 画 調 整 会 議 の 活 用 イ 学 校 運 営 連 絡 協 議 会 と 学 校 の 役 割 や 機 能 の 整 理 効 果 的 な 運 営 体 制 の 整 備 ウ 学 校 の 自 己 評 価 における 主 幹 の 役 割 の 確 立 4 学 校 評 価 における 東 京 都 教 育 委 員 会 の 取 り 組 み 東 京 都 教 育 委 員 会 としても 各 学 校 の 自 己 評 価 が 円 滑 に 行 われるよう 下 記 のような 取 り 組 みを 検 討 している ア 学 校 のミッション 共 有 の 仕 組 みづくり 学 校 が 自 らのミッションの 正 当 性 を 認 識 できるように 東 京 都 教 育 委 員 会 と 学 校 と のコミュニケーションをこれまで 以 上 に 強 固 にし ミッションの 修 正 や 協 議 などの 共 有 化 作 業 を 充 実 する イ 学 校 評 価 のための 数 値 のデータ 等 の 整 理 学 校 運 営 の 指 標 となるデータの 体 系 的 な 収 集 と 分 析 ウ 自 己 評 価 ガイドラインの 作 成 エ 都 立 学 校 経 営 の 確 立 とマネジメント 層 育 成 の 総 合 的 な 計 画 づくり オ 都 立 学 校 への 経 営 支 援 -7-

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ

ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表 JIS Q 9001:2015 JIS Q 9001: 適用範囲 1 適用範囲 1.1 一般 4 組織の状況 4 品質マネジメントシステム 4.1 組織及びその状況の理解 4 品質マネジメントシステム 5.6 マネジ ISO 9001:2008 と ISO 9001:2015 との相関表 この文書は ISO 9001:2008 から ISO 9001:2015 及び ISO 9001:2015 から ISO 9001:2008 の相関表を示す この文書は 変更されていない箇条がどこかということに加えて 新たな箇条 改訂された箇条及び削除された箇条がどこにあるかを明らかにするために用いることができる ISO 9001:2015

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9

西ブロック学校関係者評価委員会 Ⅰ 活動の記録 1 6 月 17 日 ( 火 ) 第 1 回学校関係者評価委員会 15:30~ 栗沢中学校 2 7 月 16 日 ( 水 ) 学校視察 上幌向中学校 授業参観日 非行防止教室 3 9 月 5 日 ( 金 ) 学校視察 豊中学校 学校祭 1 日目 4 9 平成 26 年度 学校関係者評価報告書 西ブロック 幌向小学校 栗沢小学校 豊中学校 栗沢中学校 第二小学校すみれ幼稚園上幌向中学校 保護者代表 有澤 学 栗沢中学校 PTA 地域住民代表吉田幸雄 来夢 21こども館 他校種代表 小山内正美 幌向保育園 推進委員 勝俣美穂子 幌向小学校 推進委員 岡部真吾 栗沢小学校 推進委員 安野信人 第二小学校 推進委員 小田亜由美 すみれ幼稚園 推進委員 山本和男

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施

4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施 4 施策別計画 4 施策別計画 施策別計画の見方 施策の方向性を示しています 関連する施策と連携の内容を示して 取組の目標を示しています います なお 市民協働や人権 行政 施策の必要性を示しています の効率化などを内容とする まちづ 取組の現状と課題を示しています くりを進めるための基盤 である施 策は あらゆる分野に関連するため 特に連携に取り組む必要のある施 施策を実現するための取組名を 施策を示しています

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

1 1 2 3 2,000 85,100 50% 41.1% 1,600 584,479 66,325 33.1% 30.5% 32.7% 1,200 30.2% 547,372 24.7% 545,252 800 338,958 400 591,520 418,952 27.8% 44.8% 40% 137,886 30% 221,369 365,541 20% 17.1% 589,675 10%

More information

NICnet80

NICnet80 i-japan 2015 Towards Digital inclusion & innovation TOPICS 20 2 N a t i o n a l S m a l l B u s i n e s s I n f o r m a t i o n P r o m o t i o n C e n t e r 表1 3 本戦略のスコープ i-japan戦略2015の視点 2001 2006 2009

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

(イ) 早 期 発 見 適 切 な 対 応 メンタルヘルスケアにおいては ストレス 要 因 の 除 去 又 は 軽 減 や 職 員 自 らが 行 うス トレスへ 対 処 等 の 予 防 策 が 重 要 ですが 万 一 メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 職 員 が 発 生 した 場 合 には その

(イ) 早 期 発 見 適 切 な 対 応 メンタルヘルスケアにおいては ストレス 要 因 の 除 去 又 は 軽 減 や 職 員 自 らが 行 うス トレスへ 対 処 等 の 予 防 策 が 重 要 ですが 万 一 メンタルヘルス 不 調 に 陥 る 職 員 が 発 生 した 場 合 には その Ⅰ 教 職 員 のメンタルヘルス 対 策 1 職 場 におけるメンタルヘルス 対 策 の 必 要 性 (1)メンタルヘルス 対 策 とは メンタルヘルス 対 策 とは 全 ての 働 く 人 が 健 やかに いきいきと 働 けるような 気 配 り と 援 助 をすること およびそのような 活 動 が 円 滑 に 実 践 されるような 仕 組 みを 作 り 実 践 することをいいます メンタルヘルス 不

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

untitled

untitled 資料5 AとBの力を育てる構想図 ② HR 教科での教育 のワークは 授業 休み時間 朝の会 帰りの会等の時 間に展開できるように工夫されている これは 学級の状況や問題の内容に応じて 教師が臨機応変にワークを選択し 時宜を得た効果的な指導が行えるという利点を 生むものでもある しかしそのためには 教師が資料2に示す HR 教科での教 育 のねらいや内容を十分理解していなければ 効果的に活用することは難しい

More information

H1-H4

H1-H4 基盤となるCSR活動 評価 基盤となるCSR活動 CSR 経営の考え方 アクションプラン 企業ビジョン CSR を啓発する 日本化薬グループは 最良の製品を 2013 年度の目標 教育研修の継続実施 CSR 関連プロジェクトの組織横断的運営 会議 社内誌などによる啓発活動の継続 不断の進歩と良心の結合により社会に提供し続けること を実現することによりすべてのステークホルダーの信頼 に応える CSR

More information

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1

「諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査」1 はじめに諸外国の大学教授職の資格制度に関する実態調査について 羽田貴史 ( 東北大学 ) 1. 調査の趣旨拡大した大学教育において, 質の保証は喫緊の課題であり, 大学教員の資格が改めて問い直されている 従前より大学教授資格制度を持つドイツやフランスの他, 近年は英国や北欧諸国においても大学教員の教育能力の資格化が進められている 我が国においても, 平成 20 年 学生課程教育の構築に向けて 答申が,

More information

TSRマネジメントレポート2014表紙

TSRマネジメントレポート2014表紙 2014 TSRマネジメントレポート 理事長あいさつ 事業報告の概要 TSRマネジメントリポートの位置付け 3つの経営基盤 5つの社会的責任 用語集 事業の概要 資金収支計算書 消費収支計算書 貸借対照表 主な経営指標等の推移 経年比較 活動報告 FD活動実績報告 教育における活動報告 学生生活における活動報告 就職指導について 学生指導について 学校法人の概要 建学の精神 智慧と慈悲の実践 教育ビジョン

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ

回数テーマ学習内容学びのポイント 2 過去に行われた自閉症児の教育 2 感覚統合法によるアプローチ 認知発達を重視したアプローチ 感覚統合法における指導段階について学ぶ 自閉症児に対する感覚統合法の実際を学ぶ 感覚統合法の問題点について学ぶ 言語 認知障害説について学ぶ 自閉症児における認知障害につ 心理 生理 病理 科目の内容指導法自閉症教育総論 単位数履修方法配当年次 2 R or SR 3 年以上 科目コード EG4735 担当教員 青木真澄 わが国で, 自閉性障害のある児童生徒に学校教育が行われてから約 30 年の年月が経過している 彼らの 障害の程度に応じて, 通常の学級や通級指導教室, 特別支援学級, あるいは特別支援学校で多様な教育が 行われてきた しかし, 未だなお, 彼らに効果的であると実証された指導方法は確立されていない

More information

特 集 新たなる研究への 推進体制 理事 副学長 研究担当 小林 俊郎 08 特 集 目標評価室の 運営ビジョン 目標評価室長 寺嶋 一彦 目標立案プロセス 計画プロセス 情報化プロセス 社会 環境 大学 個人のビジョン 点検 改善プロセス 図1 目標評価システム 10 評価プロセス 公開プロセス 工学教育国際協力研究センター 教授 本間 寛臣 36

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現

特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現 特集 東南アジア進出企業の人財育成 経営現地化および労務管理 前編 図表1 東南アジアの日系企業を取り巻く環境 出所 JOI作成 図表2 グローバル経営を進展させるための本社側視点 による主要経営課題 用した理由 として 現地従業員のモラールアップ になる 優秀な現地社員を採用できる というのは 現地人社員の育成 76 グローバルな人事 処遇制度の確立 64 注目される ナショナルスタッフの経営幹部への登

More information

h23活動報告書

h23活動報告書 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワー ク学習事業の概要 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワーク学習事業の概要 地域とそこで暮らす市民 学校 区役所や市民館などが連携し 協力して学習活動を発展させている また 広く学習にかかわる情報や人などのネットワークづくりを進め 生涯学習活動やボランティア活動 市民活動を積極 的に支援している 1 行政区地域教育会議 行政区において 学校 家庭 地域の連携により 区内の子育てや生涯学習のネットワークづくりと

More information

会社案内 2015

会社案内 2015 01 mandom Company Profile 02 基本理念 美 と 健 康 を 通じ 快適な生活にお役立ちする CONTENTS 人は 美 に触れたとき 心に深い感動を覚え 満足感が広がっていきます その 胸躍る感情と満ち足りた気持ちが心身に好影響を与え 健康へと結び付いていくという思いを 美と健康を通じ という言葉に込めました 生活者の美意識を呼び起こすような価値あるモノをつくり アジアでグローバ

More information

CSR2014 当社の経営とCSR 日立国際電気グループの情報開示 企業理念 経営理念 に示した基本理念を 行動基準 当社グループの事業活動についての情報は 財務情報を中 と グループ行動規範 に示す活動の積み重ねにより実現 心に扱う事業報告書と 社会性や環境保全などの非財務情報 することを当社グループの CSR 方針としています を主に扱うCSR報告書に分け 定期的に開示しています 企業理念 経営理念および行動基準とCSR

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

tokusyu.pdf

tokusyu.pdf LD ADHD HFA 1999/7 ADHD ADHD Q 担任の役割は Q 学校全体の役割は 担任が LDやDHD等に対する正し 担任だけの問題とせず 学校全体で支え い理解をすることが大切です る体制づくりが必要です 単なるわがままととらえたり 根性論や 新たに 校内支援委員会 を組織したり 指導力不足で片づけたりしないことが大 就学指導委員会 等を活用して 児童 切です 生徒への具体的な支援について共通理解

More information

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に R enouveau KYOTO NOTRE DAME UNIVERSITY Vol.88 副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に対応した人材育成

More information

untitled

untitled いる あるいは作成予定である高等学校を対象に シラバスの作成と活用に関する聴き取り調査を7 月に行いました その結果 既にシラバスを導入している学校では 活用法を開発したり 改善の手立てを講じたりして 効果的な活用をめざした取組を進めており シラバスを学習指導に活用して顕著な成果を上げている学校もあることがわかりました 本資料はそうした先進校の実践例をまとめたものです 聴き取り調査協力校及び本誌掲載資料提供校

More information

平成18年度厚生労働科学研究費補助金

平成18年度厚生労働科学研究費補助金 19 3 19 3 目次 1 要旨 1 2 本文 第 Ⅰ 部 在宅医療計画の主旨 Ⅰ-1 在宅医療とは 3 Ⅰ-2 在宅医療計画の背景 : 国民のニーズと医療提供実態のミスマッチ 3 Ⅰ-3 医療計画における在宅医療の位置づけ 12 Ⅰ-4 在宅医療機関及び各連携機関とは 14 Ⅰ-5 在宅医療計画の展開 32 Ⅰ-6 医療費適正化計画 介護保険計画との整合性について 34 第 Ⅱ 部 利用者の視点に立った在宅医療計画の概要

More information

uiss_all.pdf

uiss_all.pdf 導入活用事例 : 独立行政法人住宅金融支援機構 推進者 情報システム部 IT 企画グループグループ長 米林聡氏 1. 会社概要 社名 所在地 設立 代表者 資本金 社員数 業務領域 2. 企業戦略 2.1. 人材戦略 24 3. スキル標準の導入 3.1. UISS 導入の目的 3.2. UISS 導入の流れ 3.2.1. 導入のプロセス 3.2.2. 機能分析 25 2012 IPA All Rights

More information

12_15_中期計画表紙.ai

12_15_中期計画表紙.ai 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 52 53 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

More information

*05“Lfi⁄/ ”l

*05“Lfi⁄/ ”l な問題は一番近くの行政体 一番近くの政府が解決す る広域自治体をめざし そのために権限を移譲し 県 べきだという仕組みをつくるべきだと では 何のた はシェイプアップしていこうということです 県民起 めにやるか 人や金を落とすためではなくて 一番の 点 生活重視というのは 代表的には 施策点検シス 目標としているのは この分権システムをつくるとい テムの導入 積極的な情報公開 あるいはパブリック うことです

More information

こだま

こだま 2011 vol.12 FREE 新 春に向けて 地域の皆さんの健康を守り さらに信頼していただく病院を目指し 大幅な改革プランを具体化します 新しい年を迎え 亀岡病院の大槻秧司理事長に 今年の抱負を聞きました 理事長は この激動の時代には常に変化が必要である それぞれの部門で独自色を出すと同時に 短 中期計画として大幅な改革プランを具体化 皆さんに安心 信頼していただけるよ う全員でがんばる と決意を述べています

More information

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に

組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 は 学 校 の 教 育 力 を 高 め 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 能 力 適 性 を 最 大 限 に 伸 ばすことにある 教 職 員 がそれぞれの 立 場 で 連 携 協 力 し 意 欲 と 責 任 感 をもって 教 育 活 動 に 組 織 マネジメントを 視 点 とした 学 校 経 営 指 導 主 事 高 崎 隆 一 Takasaki Ryuuichi 要 旨 学 校 経 営 のビジョンを 具 現 化 するためには 子 ども 及 び 保 護 者 に 最 も 接 する 機 会 の 多 い 教 職 員 が 学 校 経 営 の 方 向 性 を 理 解 し 自 律 的 に 対 応 していくことが 必 要 である そのため 学 校 教

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

untitled

untitled .R-1-1_080521 1 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 2 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 3 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 6 2008 MS Office Co.,Ltd .R-1-1_080521 9 2008 MS Office Co.,Ltd プロセス プロセスは業務

More information

剣淵_巻頭_00.01

剣淵_巻頭_00.01 K Server 剣淵町 総合計画書 本文 第1章 7 観光 2011.03.16 22.01.03 Page 56 基本計画 第1章 地域の資源を活力に 豊かなまちをつくる 課 題 施 民間施設も含め 集客に向けて町内の観光関連施設がよ り一層連携していくことが必要です 3 策 観光関連施設の 連携を進め 町全体の 集客力を高めます 施策を進める事業 ① 各施設での観光情報発信機能の向上 ② 施設連携による観光客の誘致に向けた企画

More information

OJT担当者のための新任職員育成ハンドブック

OJT担当者のための新任職員育成ハンドブック 1 1 1 4 3 1 2 1 1 2 4 Action Plan Check 4 Do 3 Action Standard Check Do 2 3 STEP 1 STEP 2 STEP 3 STEP 4 STEP 5 1 2 1 2 3 3 4 5 3 4 資料③ O J T 育成記録 記入例 期間 OJT担当者 職 名 氏 名 新任職員 職 名 氏 名 年 月 1.

More information

<4D F736F F D B92B78EF58BB38EBA939982CC8A8893AE82C6955D89BF DC58F4994C52E646F6378>

<4D F736F F D B92B78EF58BB38EBA939982CC8A8893AE82C6955D89BF DC58F4994C52E646F6378> 地域高齢者と大学の連携による現場に即応する管理栄養士の育成の実績報告 - 平成 6 年度栄養長寿教室および地域訪問栄養長寿教室の活動とその評価 - 平成 7 年 6 月 8 日 (1) はじめに食物栄養学科では管理栄養士に必要な対人指導能力の向上を図るため 平成 19 年度より 地域の高齢者を大学に招いて栄養指導と食事提供を行う栄養長寿教室を実施している 1,) 平成 5 年度からはこの栄養長寿教室を発展させ

More information

半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに 限 界 を 感 じるよう

半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに 限 界 を 感 じるよう www.pwc.com/jp/advisory Case Study; Strategic Product Development 半 導 体 露 光 装 置 の 分 野 で 世 界 をリードする の 少 人 数 のキーパーソンによるマネジメントと 性 能 追 求 型 の 製 品 開 発 で 躍 進 を 遂 げて きた 同 カンパニーは 成 長 とともに 人 依 存 技 術 依 存 型 のマネジメントに

More information

ITコーディネータカリキュラム作成ガイドライン(β版)

ITコーディネータカリキュラム作成ガイドライン(β版) コーディネータ検討グループ ... 1... 5... 9... 12 /... 17... 22... 40... 58... 75... 83... 91... 92 共通 対象スキル 知識 学習達成項目 項目 教授指針 学習形式 学習教材 ツール メディア 達成目標の評価基準 共通 対象スキル 知識 学習達成項目 項目 教授指針 学習形式 学習教材 ツール メディア 達成目標の評価基準

More information

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】 第18回 研究助成 B. 実践部門 報告Ⅴ 英語能力向上をめざす教育実践 地域英語教材 15 Stories of Saitamaken Ver.2 の開発と活用 共同研究 代表者 埼玉県 鶴ヶ島市立西中学校 校長 吉田 敏明 本研究は3部構成で 平成14年度に開発 CD-ROM を開発したのである 結果的に生徒たち した中学生向けの CD-ROM 版地域英語 は 私たちの想像をはるかに超える 内容豊かな英

More information

Ⅰ 国際戦略構想に基づく組織整備 戦略6 受入れ及び派遣重点大学の指定とこれまでに輩出した海外研究者 教育者との連携によ る留学生 研究者の受入れ 帰国後研究者 教育者 企業人等として活躍している優秀な留学生 OB のネットワーク組織を構築し 留学生 のリクルートと就業活動に対する協力支援体制を築くとともに 重点交流大学との間の教育 研究交流を強化し 独自のジョイントプログラムの開発を行なう 戦略7

More information

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 (

坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 ) 2 ( 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネシ メント 計 画 2015( 平 成 27) 年 4 月 坂 戸 市 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 目 次 はじめに~ 計 画 の 位 置 付 け 1 第 Ⅰ 章 坂 戸 市 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 基 本 方 針 1 公 共 施 設 等 マネジメント 計 画 導 入 の 背 景 ( 本 市 の 現 状 と 課 題 )

More information

p00000Ł\”ƒ…|…X…^†[.pdf

p00000Ł\”ƒ…|…X…^†[.pdf 伊 達 市 環 境 基 本 計 画 平 成 23 年 度 平 成 32 年 度 人 と 自 然 が 織 り な す 豊 か な 環 境 都 市 を 目 指 し て 伊 達 市 1 計画の基本的事項 2 計画の基本的事項 1 計画の位置づけ 本市における本計画の位置づけは 主に以下に示すとおりです 環境面において本市の最も基本となる計画であり 伊達市第一次総合計画 を環境面から 具現化していくための指針になるものです

More information

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

untitled

untitled 100 n=98 n=122 n=98 n=98 n=98 n=122 n=121 n=119 n=98 n=122 n=103 n=75 n=89 n=62 n=87 n=62 の ス ー パ ー イ ン の パ ー ト の の コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア ネ ッ ト ア ン シ ョ ッ プ イ ベ ン ト そ の の の の る シ ョ ッ プ コ ン ビ ニ

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

00[1-2]目次(責).indd

00[1-2]目次(責).indd 58 韓国の歴史教科書 現在韓国では 国定教科書 検定教科書 認定教科書とい 二 現在の韓国の歴史教科書とその構成要素 が審査 認定したものです 歴史関連の教科書は 表1 の 通り 小学校以外はすべて検定教科書です 教科書を構成する諸要素と深く関係しています その構成要 どの教科がどのような種類の教科書として編纂されるかは 部が著作権を持つ教科書であり 教育部で編纂し ひとつの 素を概観してみると

More information

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年)

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年) 八街市民憲章 わたくしたちの八街は 開拓の歴史と恵まれた自然環境の中で 先人の努力によって栄えてきたまちです わたくしたちは ヒューマンフィールドやちまた を目指して 調和のとれたよりよいまちづくりのために この憲章を定めます 1. 郷土を愛し 文化のかおり高いまちにしましょう 1. 自然を大切にし 潤いのある美しいまちにしましょう 1. きまりを守り 明るく住みよいまちにしましょう 1. おもいやりのある

More information

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2

RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 Series No. 65Nov. 2004 CONTENTS RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 2 3 4 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) 5 RAD-AR News Vol.15, No.4 (Nov. 2004) FDAの リスクマネジメントプランのための ドラフトガイダンス案 について くすりの適正使用協議会

More information

濱名氏基調講演0204

濱名氏基調講演0204 文部科学省GPシンポジウム 大学教育の質保証に向けた 1 2 年次教育のあり方 基調講演 ユニバーサル高等教育と質保証 初年次教育から学士課程教育への組織的展開 関西国際大学 学長 濱名 篤 はまな あつし 1 大学全入時代における すと 皆さんの思い描いているインプリケーション 高等教育の今日的課題 感覚であって 同じことを論じているとは限りませ ん まず 大学全入時代における高等教育の今日 多様化の内容を箇条書きにしますと

More information

6月号 P1表紙

6月号 P1表紙 課題解決に向けて これらのアンケート結果を踏まえ 検 討 委 員 会 を 設 置 し 次 の よ う な 取 り組みを行いました 1 自治会運営マニュアルの作成 こ れ ま で は 規 約 が 設 け ら れ て い な い 地 区 が 多 く 引 継 ぎ が 口 頭 で 行 わ れ る な ど 不 明 瞭 な 点 が あ り 慣 例 や 習慣による運営が行われてきました 新 任 の 区 長 は 何

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

20 102 5-6 -

20 102 5-6 - 20 20-5 - 20 102 5-6 - 2.65 631 101 102.1641 102.1 211 100.8101.4 308 114.0 80 347 141 307 20 601.45 696 19 80.721 120.78 941 20-7 - 20 8 94.9102 7 3 1,896 19 34 12 1 1 22,431 20 102 JA 4,185 JA 78 1 24,500

More information

FPU58.pdf

FPU58.pdf http://www.fpu.ac.jp/index.html TEL.0776-61-6000 FAX.0776-61-6011 No.58 2006 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 1 Fukui Prefectural University News 2006 No.58 2 法人化に関する疑問にお答えします 法人化後は 教育力の向上や学生の皆さんへの支援などに計画的に取り組んでいきます

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

2012 Year in Review_JP

2012 Year in Review_JP 2012 7 9,300 3 2 10 780 2012 2012 2012 1,913 15,082 2012 93 1,627 167 874. 1,079,980 8,611,035 17,750 20,378 1,896 1,896 1,144,544 7,800,024 vz World Change Starts with Educated Children. 1 7,100 2 10

More information

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当

54 第 3 章 各 種 所 得 きことは 当 然 のことであるから この 枠 組 みが 設 定 されていることが 無 料 法 律 相 談 所 で 弁 護 士 の 行 う 法 律 相 談 業 務 の 事 業 性 を 損 なうものとはいえない などとして 当 該 日 当 は 事 業 所 得 に 該 当 第 3 章 各 種 所 得 53 20 無 料 相 談 会 での 業 務 収 入 ( 事 業 所 得 ) Q 私 の 事 務 所 の 地 域 では 士 業 の7 業 種 が 合 同 して 市 民 のための 無 料 相 談 会 を 実 施 しています 私 も 所 属 する 同 業 団 体 から 依 頼 され 市 の 施 設 で1 日 無 料 相 談 に 従 事 することになりました 所 属 する 同

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

かたがみ79PDF用

かたがみ79PDF用 No.79 2009 11 見ス 守ク らー れル てガ のー 登ド 下の 校み な さ ん に お問い合わせは 潟上市教育委員会総務学事課 877-7803 せは 潟上市教育委員会総務学事課 877 7803 地域とのかかわりが 子どもたちを育てます 子どもたちは 家庭 や 学校 の中だけでは 家族 全国学力 学習状況調査の結果から 家庭 地域 への関心増す

More information

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C >

< F2D926D8DE08EA98CC8935F8C9F955C > 平成 18 年度自己点検表 知的財産委員会 分 析 項 目 及 び 観 点 自 己 点 検 内 容 及 び 結 果 評 価 内 容 1. 委員会の任務 規程に定められている任務等の活動状況を 一 第 4 条 1 項に規定する届出による発明等が 職務発明等に該当する 宇都宮大学職務発明規程 分 か否かの審議に関すること に定める本委員会の任務 点検内容 : 職務発明に該当するかについて審議し その役割を果たした

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

.{...i.....j.R.c

.{...i.....j.R.c はじめに 研修生 技能実習生が日本語を学ぶ意義 4 新ガイドライン策定の趣旨 5 派遣前日本語教育の位置づけ 6 派遣前日本語教育の到達目標 6 派遣前日本語教育の学習範囲 7 1 文字と数字 7 2 コミュニケーション力 8 3 健康管理や危険回避の言葉 9 4 日本で生活するために必要なルールやマナーの言葉 9 派遣前日本語教育の期間と時間数 9 派遣前日本語教育のカリキュラム作成 10 派遣前日本語教育の教材

More information

I I 1961 21 FIFA I 2007 7 2010 7 JOC8 26 1991 2005 1,740 673 4 2008 10 I 1980 500 NBA N ISC 1979 ISC ISC I ISC 400 30 80 ISC 1992 500 5 150 (CSTA) CSTA 2000 18 95 55 NF 200 EU 1999 2005 22 78 I 2009 1

More information

2

2 2 3 名張青峰高等学校は こんな高校です たくましく生き抜く未来人を育成する高校です 新しい高校が育む 3 つの力 未来を拓く力 新時代をたくましく生き抜く未来人の育成 自己実現 進路実現を 図ることができる力の育成 広い視野とコミュニケーションスキルを持ち 将来 地域社会や 世界で活躍できる力を持った生徒を育てます グローバル化社会 で活躍する力 人とつながる力 グローバルな視点で 相互に理解し合える

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

28(宣)中社小中パンフ表1-small

28(宣)中社小中パンフ表1-small 小学校社会科と中学校社会科とをつなぐための視点 唐木清志 2 3 小学校での4 年間の社会科学習と 中学校 3 年間の社会科学習とを系統的に接続 新編 新しい社会 では 小学校 3 年生から 6 年生までの 4 年間の学習と 中学校 3 年間の学習とを系統的に接続し 7 年間 の社会科学習 が展開できるように配慮しました 地理 歴史 公民の各分野の教科書では 単元の冒頭に 小学校で学習した用語や資料を使って

More information

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し)

Microsoft Word - 【セット】GL和文(エンバーゴ無し) 日 米 防 衛 協 力 のための 指 針 2015 年 4 月 27 日 Ⅰ. 防 衛 協 力 と 指 針 の 目 的 平 時 から 緊 急 事 態 までのいかなる 状 況 においても 日 本 の 平 和 及 び 安 全 を 確 保 するため また アジア 太 平 洋 地 域 及 びこれを 越 えた 地 域 が 安 定 し 平 和 で 繁 栄 したものとなるよう 日 米 両 国 間 の 安 全 保

More information

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477>

<30338140926E95FB8CF689638AE98BC689FC90B390A7937882CC8CA992BC82B582C982C282A282C48140483234944E90E096BE8E9E8E9197BF2E786477> Ⅳ 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 見 直 しについて 見 直 しの 背 景 と 基 本 的 考 え 方 総 務 省 では 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 の 今 後 のあり 方 等 について 検 討 を 行 うため 平 成 年 6 月 8 日 から 地 方 公 営 企 業 会 計 制 度 等 研 究 会 を 開 催 し その 研 究 会 で 報 告 書 が 取 り まとめられました

More information

000-はじめに.indd

000-はじめに.indd 2 リハビリテーション看護 (1) 概要 ア 看護部の理念 方針 理念 患者様とともにリハビリテーションのゴール 目標 を目指し できるかぎりの自立を支援 し 安全で質の高い看護を提供します 方針 1 人間の生命 人間としての尊厳および権利を尊重した看護サービスを提供します 2 リハビリテーション看護の専門性を発揮し 患者様の日常生活行動の獲得に向けて 見守る 待つ ともに考える 姿勢を持ってかかわり

More information

untitled

untitled 平成24年度 未来経営戦略推進経費 経営基盤強化に貢献する先進的な取組み 採択事業 目 次 1. 長 期 ビジョン 実 現 のための 中 期 目 標 策 定 及 び 実 施 に 係 る 概 要 2. 学 校 法 人 桜 美 林 学 園 の 概 要 3. 取 組 の 経 緯 4. 過 去 に 行 ってきた 取 組 5. 長 期 ビジョン 及 び 中 期 目 標 の 策 定 6. 中 期 目 標 遂 行

More information

2

2 特集に当たって 本年の警察白書の特集テーマは 安全 安心なインターネット社会を目指して である 我が国においては 2005年度までに世界最先端のIT国家となる との目標を掲げた e-japan戦略等の5年間において ブロードバンドインフラの整備と利用の広がり等の面で 世界最先端を実現するなど 国民生活の利便性が飛躍的に向上し 情報通信ネットワーク が社会 経済活動上 極めて重要なインフラとなった 一方で

More information

目次 1 はじめに 1 2 根拠法令 1 3 計画期間 1 4 大綱の基本方針 2 5 主な取組 3 参考資料 7

目次 1 はじめに 1 2 根拠法令 1 3 計画期間 1 4 大綱の基本方針 2 5 主な取組 3 参考資料 7 佐野市教育大綱 ( 案 ) 平成 28 年月 栃木県佐野市 目次 1 はじめに 1 2 根拠法令 1 3 計画期間 1 4 大綱の基本方針 2 5 主な取組 3 参考資料 7 1 はじめに 平成 27 年 4 月 1 日に 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律 が施行されました この中で 首長と教育委員会が十分な意思疎通を図り 地域の教育課題やあるべき姿を共有して より一層民意を反映した教育行政を推進するために

More information

untitled

untitled 1. 52 53 1. 54 55 第2章 政 策目標 ❶支え合いの心でつくる安全 安心のまち 施策目標1. 安全 安心のまちづくり 主要施策 3 交通安全と地域防犯の推進 現状と課題 交通安全対策については 近年 交通事故件数や死者数は減少しているものの 自転車 に起因する事故や高齢者ドライバーの増加などに対応できるよう 安全対策と交通ルール マナー向上への啓発 指導に地域と連携して取り組むことが必要です

More information

ニッスイ環境報告書2005

ニッスイ環境報告書2005 1 2 3 環 境 保 全 環境マネジメントシステム 基本的な考え方 ISO14001認証取得 環境 総合物流事業部 事業部一斉認証取得の取り組み推進 ニ ッ ス イ の 事 業 活 動 に お い て は 原 材 料 ニ ッ ス イ は 各 主 管 部 署 で の 環 境 マ ネ ジ の調達や製造工程 物流過程 製品の使用 メ ン ト シ ス テ ム 構 築 を 促 進 す る た め 環 総合物流事業部では

More information

子どもが苦手な食材を活用した 魅力ある学校給食の献立 平成 26 年度学校給食献立コンクールから 公益財団法人愛知県学校給食会 平成 26 年度学校給食献立コンクール本選開催要領 1 趣旨栄養教諭 学校栄養職員の学校給食の献立作成力の向上をめざし 学校給食の食事内容の充実を図ることを目的とする 2 主催愛知県教育委員会 公益財団法人愛知県学校給食会 3 テーマ子どもが苦手な食材 ( 豆類 藻類

More information

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情

橡Ⅰ.企業の天候リスクマネジメントと中長期気象情 1 1 2 1 2 2 3 4 4 3 4 3 5 1400 53 8.8 11 35 6 5 6 20012Q 926 1,438 15.032.2 4 ART 7 8 9 7 8 9 5 19712000 30 33 60 10 33 10 60 70 30 40 6 12 3000 2000 7 沈降した後 付近の流れに乗って海中を水平に漂流するように設計されている その後 予め設定した時間間隔

More information

pdf用.indd

pdf用.indd M a n a g e m e n t & E n v i r o n m e n t R e p o r t 2006 Management & Environment Report 1897 1912 1917 1935 1937 1939 1955 1958 1961 1967 1968 1969 1972 1973 1976 1977 1979 1983 1987 1993 1995 1997

More information

関経連_事業報告書CS4.indd

関経連_事業報告書CS4.indd 3 アジアとの人 ビジネスの交流拡大 連携強化による活力ある地域への成長 イ インバウンド推進 事業項目 ❶関西広域観光戦略に基づくインバウン ド推進 広域観光振興の推進体制の確立 各地域が共通して取り組む事業を推進する体制の確立に向 け 関西の自治体や経済界 観光推進団体 国の出先機関な どの参画を得て 関西国際観光推進本部 を設立 3月 目標 目指す成果 広域観光振興の推進体制の確立 関西の官民が一致協力して広域観光振興に取り組む

More information

特集1 歯学部卒業おめでとう 歯学部長 前 田 康 歯学科第44期生の皆さん 口腔生命福祉学科第 口腔や食べることの視点から 包括的な医療人 7期生の皆さん ご卒業おめでとうございます を養成し 社会に貢献できる人材の提供 を目指 新潟大学歯学部でかけがえのない学生生活 青春 し 皆さんにこれからの超高齢社会の中で活躍で 時代を過ごし 本日めでたくご卒業される皆さん きる基盤的知識 技能 態度を教育してきたと確

More information

平成22年度 環境報告 優良事例集

平成22年度 環境報告 優良事例集 28 29 基本的事項 基本的事項 マテリアルフロー 環境取組一覧 電気 ガス等供給業他 / 水道業 建設業 / 総合工事業 職別工事業 設備工事業 東京都水道局 大成建設株式会社 東京都水道局環境報告書 2010 大成建設グループ CSR 報告書 2010 おり とてもわかりやすい 特に環境分野については より詳し 取水から給水 工事 オフィス 車の利用まで 水道事業に関 された取り組み分野ごとの

More information

5 7つの生活習慣 主要な生活習慣病の発症予防と重症化予防を推進するため 7つの生活習慣の改善に取り組みます 1 栄養 食生活 7つの生活習慣 栄養は 不足しても過剰になっても人体に影響を与え 疾患が生じる原因になります 栄養 食生活に関する正しい知識を身につけ 質 量ともにバランスのとれた食事を摂ることが必要です 課 題 男性の4人に1人が肥満です 特に若い男性に増えています 若い女性のやせが増えています

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

H27_概要.indb

H27_概要.indb 人 材 組 織 マネジメントと 財 政 マネジメント 名 及 び そ の 内 容 1 マネジメント の 全 面 的 な 展 開 新 奈 良 県 地 方 創 生 推 進 新 たな 段 階 の 行 政 経 営 を 考 える 有 識 者 懇 談 会 職 員 発 政 策 提 案 新 新 たなパーソネル マネジメント 研 究 事 ふるさと 知 事 ネット ワーク 職 員 の 相 互 派 遣 による 交 流 多

More information

消費者教育のヒント集&事例集

消費者教育のヒント集&事例集 どこ いつでもでも だれでも わ たしたちは 生まれたときから 生涯を通じて 消費者 です 社会の在り方をも変える大きな力 持続可能な社会のために 積極的に関与する 消費者 2 3 消 費者教育を通じて育むべき力と指導者の役割 学校 地域 4 5 1 6 7 費者教育のヒントヒントヒント 2 ヒント 3 学校小学校中学校高等学校 地域 消 生 活の管理と契約 http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakugai/

More information