評価結果報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "評価結果報告書"

Transcription

1 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 してい る 実 施 状 況 評 点 ( ) 9/9 1. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 明 示 している 2. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 職 員 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 3. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 利 用 者 本 人 や 家 族 等 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 4. 重 要 な 意 思 決 定 や 判 断 に 迷 ったときに 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 思 い 起 こすことができる 取 り 組 みを 行 っている( 会 議 中 に 確 認 できるなど) 項 目 2 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 対 して 表 明 し 事 業 所 をリードしている 評 点 ( ) 1. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えている 2. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 している 項 目 3 重 要 な 案 件 について 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 実 情 を 踏 まえて 意 思 決 定 し その 内 容 を 関 係 者 に 周 知 している 1. 重 要 な 案 件 を 検 討 し 決 定 する 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 重 要 な 意 思 決 定 に 関 し その 内 容 と 決 定 経 緯 について 職 員 に 周 知 している 3. 利 用 者 等 に 対 し 重 要 な 案 件 に 関 する 決 定 事 項 について 必 要 に 応 じてその 内 容 と 決 定 経 緯 を 伝 えて いる 1/12

2 カテゴリー1の 講 評 知 的 障 害 のある 方 が 継 続 して 参 加 できる 活 動 の 場 を 提 供 している 事 業 所 は 市 の 社 会 福 祉 協 議 会 が 運 営 受 託 し 運 営 の 歴 史 は 長 い 利 用 者 の 平 均 利 用 期 間 は14 年 超 合 併 障 害 の 方 も 安 心 して 参 加 できる 活 動 の 場 を 提 供 している 基 本 理 念 は 個 人 の 尊 厳 を 大 切 にし 地 域 の 中 で 自 立 した 生 活 を 営 めるように 心 のこもった 質 の 高 いサービス と 支 援 で 地 域 福 祉 に 貢 献 できる 施 設 を 目 指 します としている 理 念 は5 項 目 の 運 営 方 針 化 し さらに 3 項 目 の 障 害 者 虐 待 防 止 に 伴 う 行 動 宣 言 を 明 文 化 事 業 所 内 での 掲 示 職 員 全 員 には 業 務 マニュアル 関 係 ファイル で 周 知 徹 底 している 経 営 層 は 理 念 運 営 方 針 を 職 員 に 明 示 し 事 業 目 的 の 実 現 に 取 り 組 んでいる 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 について 職 員 に 伝 え 事 業 所 運 営 利 用 者 支 援 人 材 育 成 地 域 貢 献 等 の 事 業 目 的 の 実 現 に 取 り 組 んで いる 会 議 体 制 の 充 実 1 階 2 階 の 現 場 で 業 務 は 順 調 に 回 っているか 障 害 の 異 なる 利 用 者 お 一 人 おひとりを 把 握 できているか 合 併 障 害 の 方 への 健 康 配 慮 はできているか 福 祉 の 拠 点 としての 地 域 防 災 計 画 等 や 受 託 業 務 についても 事 業 構 造 の 変 化 の 波 が 比 較 的 少 ない 定 期 受 注 の 仕 事 へのシフトや 委 託 先 との 連 携 等 就 業 の 場 の 確 保 等 に 取 り 組 んでいる 重 要 な 案 件 は 法 人 の 意 思 決 定 の 手 順 が 確 立 している 事 業 所 は 社 会 福 祉 協 議 会 全 体 で 支 援 体 制 が 組 まれている 園 長 は 法 人 内 の 各 事 業 所 の 調 整 会 議 ( 月 1 回 )や 経 営 会 議 への 出 席 事 務 局 長 の 事 業 所 訪 問 を 受 け 経 営 課 題 について 連 携 を 密 にして 協 議 している 利 用 者 に 関 わる 事 業 計 画 の 策 定 においては 利 用 者 家 族 の 意 向 や 意 見 を 取 りまとめている 園 長 は 事 業 所 に 関 わる 決 定 事 項 はその 経 緯 をふくめ 他 の 経 営 層 と 情 報 共 有 の 上 職 員 会 議 で 伝 達 周 知 し ている 利 用 者 家 族 については 保 護 者 会 や 連 絡 文 書 でお 知 らせしている 2/12

3 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 社 会 人 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 などを 周 知 している 実 施 状 況 評 点 ( ) 4/4 項 目 2 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 などにより 地 域 社 会 に 対 し 透 明 性 の 高 い 組 織 となっている 項 目 1 事 業 所 の 機 能 や 福 祉 の 専 門 性 をいかした 取 り 組 みがある 1. 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などを 明 示 している 2. 全 職 員 に 対 して 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などの 理 解 が 深 まるように 取 り 組 んでいる 項 目 2 ボランティア 受 け 入 れに 関 する 基 本 姿 勢 を 明 確 にし 体 制 を 確 立 し ている 評 点 ( ) 1. 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 など 外 部 の 導 入 を 図 り 開 かれた 組 織 となるように 取 り 組 んで いる 2. 透 明 性 を 高 めるために 地 域 の 人 の 目 にふれやすい 方 法 ( 事 業 者 便 り 会 報 など)で 地 域 社 会 に 事 業 所 に 関 する 情 報 を 開 示 している 地 域 の 福 祉 に 役 立 つ 取 り 組 みを 行 っている サブカテゴリー2(2-2) 実 施 状 況 評 点 ( ) 1. 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 は 利 用 者 に 支 障 のない 範 囲 で 地 域 の 人 に 還 元 している( 施 設 備 品 等 の 開 放 個 別 相 談 など) 2. 地 域 の 人 や 関 係 機 関 を 対 象 に 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 をいかした 企 画 啓 発 活 動 ( 研 修 会 の 開 催 講 師 派 遣 など)を 行 っている 7/7 1. ボランティアの 受 け 入 れに 対 する 基 本 姿 勢 を 明 示 している 2. ボランティアの 受 け 入 れ 体 制 を 整 備 している( 担 当 者 の 配 置 手 引 き 書 の 作 成 など) 3. ボランティアに 利 用 者 のプライバシーの 尊 重 やその 他 の 留 意 事 項 などを 伝 えている 項 目 3 地 域 の 関 係 機 関 との 連 携 を 図 っている 評 点 ( ) 1. 地 域 の 関 係 機 関 のネットワーク( 事 業 者 連 絡 会 など)に 参 画 している 2. 地 域 ネットワーク 内 での 共 通 課 題 について 協 働 して 取 り 組 めるような 体 制 を 整 えている 3/12

4 カテゴリー2の 講 評 法 令 遵 守 と 事 業 所 の 情 報 開 示 に 取 り 組 んでいる 法 令 遵 守 については 採 用 時 および 月 1 回 の 職 員 全 体 会 議 において 全 職 員 が 携 行 している 業 務 マニュアル 関 係 ファイル で 研 修 に 取 り 組 んでいる 業 務 マニュアルでは 具 体 的 な 業 務 マニュアルの 前 提 となる 障 害 者 基 本 法 虐 待 防 止 法 個 人 情 報 保 護 等 や それらをの ぞみ 福 祉 園 に 展 開 した 理 念 方 針 や 法 人 の 就 業 規 則 等 が 取 りまとめられている 事 業 所 の 情 報 公 開 は 毎 月 のぞみちゃんねる を 発 行 し ている のぞみちゃんねる は 家 族 に 文 書 でお 送 りすると 同 時 にホームページのリンクにアクセスすることも 出 来 る 社 会 福 祉 協 議 会 内 の 事 業 所 連 携 で 地 域 貢 献 に 取 り 組 んでいる 法 人 内 の 事 業 所 全 体 で 市 や 法 人 の 社 会 福 祉 の 取 り 組 みに 参 画 している 各 事 業 所 は 役 割 を 分 担 し 連 携 強 化 ネットワークを 活 かした 対 応 ができている 利 用 者 家 族 にニーズの 高 いショートステイや 介 護 保 険 サービスに 関 する 情 報 も 届 けている 事 業 所 独 自 の 取 り 組 みに は 溶 岩 窯 でやくパンが 市 の 地 域 ブランドの 一 つとなっている 窯 のメーカーの 協 力 を 得 て 市 民 講 座 の 開 催 もしている ボランティアは 園 長 を 窓 口 とし 日 中 活 動 に 積 極 的 に 受 け 入 れをしている 地 域 の 方 7-8 名 / 週 の 登 録 を 頂 き 個 人 情 報 保 護 等 十 分 な 説 明 をしている 地 域 との 関 係 が 深 く 様 々なネットワークと 連 携 している 市 の 就 労 支 援 ネットワーク 自 立 支 援 協 議 会 等 市 内 で 組 織 体 制 をもつ 関 係 機 関 の 他 市 総 合 センター 花 壇 運 営 会 議 や 利 用 者 に 対 する 社 会 的 活 動 先 との 連 携 等 様 々な 先 とネットワークを 繋 いでいる 利 用 者 に 対 する 社 会 的 活 動 という 課 題 について 市 の 就 労 支 援 センター が 窓 口 となって 企 業 実 習 の 体 験 ができた 利 用 者 もいる また 多 くの 方 と 接 する 機 会 となる 各 種 行 事 への 出 店 も 積 極 的 に 推 進 をした 中 で のぞみ 祭 り は 成 果 をだしている さらに 今 年 度 では 保 護 者 連 絡 会 の 他 に 運 営 協 議 会 も 開 催 し 事 業 の 進 捗 状 況 の 報 告 会 とした 4/12

5 3 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 の 把 握 と 活 用 カテゴリー3 サブカテゴリー1(3-1) 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 活 用 している 実 施 状 況 項 目 1 利 用 者 一 人 ひとりの 意 向 ( 意 見 要 望 苦 情 )を 多 様 な 方 法 で 把 握 し 迅 速 に 対 応 している( 苦 情 解 決 制 度 を 含 む) 評 点 ( ) 項 目 2 利 用 者 意 向 の 集 約 分 析 とサービス 向 上 への 活 用 に 取 り 組 んでい る 1. 苦 情 解 決 制 度 を 利 用 できることや 事 業 者 以 外 の 相 談 先 を 遠 慮 なく 利 用 できることを 利 用 者 に 伝 えてい る 2. 利 用 者 一 人 ひとりの 意 見 要 望 苦 情 に 対 する 解 決 に 取 り 組 んでいる 項 目 3 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 し 状 況 を 把 握 分 析 している 1. 利 用 者 アンケートなど 事 業 所 側 からの 働 きかけにより 利 用 者 の 意 向 を 把 握 することに 取 り 組 んでいる 2. 事 業 者 が 把 握 している 利 用 者 の 意 向 を 取 りまとめ 利 用 者 から 見 たサービスの 現 状 問 題 を 把 握 してい る 3. 利 用 者 の 意 向 をサービス 向 上 につなげることに 取 り 組 んでいる 8/8 1. 地 域 の 福 祉 ニーズの 収 集 ( 地 域 での 聞 き 取 り 地 域 懇 談 会 など)に 取 り 組 んでいる 2. 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 ( 行 政 や 業 界 などの 動 き)の 収 集 に 取 り 組 んでいる 3. 事 業 所 としての 今 後 の 方 の 参 考 になるように 地 域 の 福 祉 ニーズや 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 を 整 理 分 析 している カテゴリー3の 講 評 苦 情 解 決 の 仕 組 みと 利 用 者 や 家 族 の 意 向 に 迅 速 に 対 応 している 苦 情 解 決 制 度 は 契 約 時 に 事 業 所 の 相 談 窓 口 を 利 用 者 や 家 族 に 説 明 し 事 業 所 内 にも 掲 示 をしている 法 人 内 に 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 も 設 置 制 度 についての 周 知 を 図 っている 利 用 者 とは 日 頃 より 会 話 をしながら 情 報 収 集 をしている 家 族 とは 送 迎 時 や 連 絡 帳 を 通 して 情 報 収 集 している 迅 速 な 対 応 については 現 場 での 対 応 を 優 先 しており 朝 礼 夕 礼 時 のミニミーティング ケアカンファレンスで 情 報 共 有 している 家 族 アンケートにさらなる 外 部 相 談 窓 口 に 関 しての 意 見 が 第 三 者 委 員 会 設 置 の 検 討 をしている アンケート 等 で 利 用 者 家 族 の 意 向 を 把 握 している 事 業 所 は アンケートによる 利 用 者 家 族 の 意 向 の 把 握 に 取 り 組 んでいる アンケートでは 事 業 所 が 力 をいれている 給 食 や 利 用 者 の 希 望 する 行 事 や 社 会 的 活 動 の 内 容 等 の 意 向 も 含 め 確 認 している 家 族 アンケートでは 事 業 所 の 設 備 (トイレ 更 衣 室 )の 経 年 変 化 に 伴 う 要 望 がある 事 業 所 では 今 期 厨 房 設 備 の 更 新 をしており トイレ 外 部 水 道 に 関 して 優 先 順 位 をもって 検 討 している 自 由 意 見 には のぞみ 福 祉 園 に 仕 事 に 行 けることが 何 より 楽 しみにしている の 意 見 も 寄 せられ 事 業 所 が 居 場 所 にもなっている 福 祉 の 拠 点 として 事 業 所 完 結 から 法 人 内 の 事 業 所 連 携 で 相 乗 効 果 をあげている 地 域 のニーズは 社 会 福 祉 協 議 会 内 の 全 事 業 所 や 市 との 懇 談 会 参 画 している 関 係 機 関 等 と 今 回 取 り 組 んだ 運 営 協 議 会 保 護 者 連 絡 会 等 から 情 報 収 集 している 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 については 東 京 都 の 社 会 福 祉 協 議 会 や 専 門 誌 新 聞 等 送 付 されてくる 各 種 の 参 考 資 料 からも 情 報 収 集 している 収 集 した 資 料 は 整 理 分 析 し 必 要 に 応 じて 法 人 の 調 整 会 議 や 事 業 所 の 支 援 員 会 議 職 員 会 議 で 情 報 共 有 し 事 業 計 画 への 反 映 をしている 事 業 所 は 防 災 時 の 障 害 者 拠 点 機 能 として 備 蓄 食 料 の 充 実 を 検 討 し 予 算 編 成 に 反 映 している 5/12

6 4 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 カテゴリー4 実 践 的 な 課 題 計 画 策 定 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 取 り 組 み 期 間 に 応 じた 課 題 計 画 を 策 定 している サブカテゴリー1(4-1) 実 施 状 況 評 点 ( ) 10/11 1. 理 念 ビジョンの 実 現 に 向 けた 中 長 期 計 画 を 策 定 している 2. 年 度 単 位 の 計 画 を 策 定 している 3. 短 期 の 活 動 についても 計 画 的 ( 担 当 者 スケジュールの 設 定 など)に 取 り 組 んでいる 項 目 2 多 角 的 な 視 点 から 課 題 を 把 握 し 計 画 を 策 定 している 評 点 ( ) 1. 課 題 の 明 確 化 計 画 策 定 の 時 期 や 手 順 があらかじめ 決 まっている 項 目 3 着 実 な 計 画 の 実 行 に 取 り 組 んでいる 2. 課 題 の 明 確 化 計 画 の 策 定 にあたり 現 場 の 意 向 を 反 映 できるようにしている 3. 計 画 は サービスの 現 状 ( 利 用 者 意 向 地 域 の 福 祉 ニーズや 事 業 環 境 など)を 踏 まえて 策 定 している 4. 計 画 は 想 定 されるリスク( 利 用 者 への 影 響 職 員 への 業 務 負 担 必 要 経 費 の 増 大 など)を 踏 まえて 策 定 している 評 点 ( ) 1. 計 画 推 進 の 方 法 ( 体 制 職 員 の 役 割 や 活 動 内 容 など)を 明 示 している 2. 計 画 推 進 にあたり より 高 い 成 果 が 得 られるように 事 業 所 内 外 の 先 進 事 例 失 敗 事 例 を 参 考 にするなど の 取 り 組 みを 行 っている 3. 計 画 推 進 にあたり 目 指 す 目 標 と 達 成 度 合 いを 測 る 指 標 を 明 示 している 4. 計 画 推 進 にあたり 進 捗 状 況 を 確 認 し( 半 期 月 単 位 など) 必 要 に 応 じて 見 直 しをしながら 取 り 組 んでい る 6/12

7 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2(4-2) 実 施 状 況 評 点 ( ) 4/4 1. 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 や 事 業 所 内 の 役 割 分 担 を 明 示 している 2. 事 故 感 染 症 侵 入 災 害 などの 事 例 や 情 報 を 組 織 として 収 集 し 予 防 対 策 を 策 定 している 3. 事 故 感 染 症 侵 入 災 害 などの 発 生 時 でもサービス 提 供 が 継 続 できるよう 職 員 利 用 者 関 係 機 関 などに 具 体 的 な 活 動 内 容 が 伝 わっている 4. 事 故 感 染 症 侵 入 などの 被 害 が 発 生 したときは 要 因 を 分 析 し 再 発 防 止 に 取 り 組 んでいる カテゴリー4の 講 評 方 針 に 基 づいた 事 業 計 画 が 策 定 されている 事 業 所 は 利 用 者 の 人 権 尊 重 利 用 者 が 地 域 で 自 立 した 生 活 を 営 める 支 援 姿 勢 利 用 者 に 心 のこもった 支 援 アプローチ 地 域 貢 献 を 目 指 している 年 度 単 位 の 計 画 では 9 項 目 の 事 業 内 容 があげられている 其 々の 事 業 が 目 指 すものは 事 業 所 が 就 労 継 続 活 動 の 場 とし ての 安 定 と 充 実 である 自 主 生 産 品 のパン クッキーで 徹 底 した 衛 生 管 理 や 行 事 を 通 しての 地 域 との 交 流 安 定 収 入 となっている 紙 箱 加 工 でも 整 理 整 頓 等 身 辺 自 立 向 上 に 寄 与 している その 他 利 用 者 の 給 食 保 健 対 策 や 職 員 研 修 防 災 対 策 設 備 更 新 などが 計 画 されて いる 計 画 の 進 捗 管 理 は 利 用 者 や 家 族 の 声 を 大 切 にしている 計 画 策 定 は 毎 年 11 月 から 1 階 は3グループ 2 階 と 其 々の 就 業 場 所 毎 に 支 援 員 は 利 用 者 家 族 から 日 々 意 見 や 要 望 を 聞 いている 職 員 から 課 題 を 聞 き 取 り 計 画 策 定 をし 園 長 は 事 業 所 全 体 の 計 画 策 定 を 取 り 纏 め 2 月 に 法 人 の 調 整 会 議 に 臨 んでいる 進 捗 管 理 は 利 用 率 や 収 支 比 率 目 標 賃 金 等 の 数 字 の 他 質 的 な 観 点 での 利 用 者 の 特 性 にあった 流 れ 作 業 個 々の 作 業 作 業 内 容 か 合 併 障 害 はどうか 等 を 含 め 利 用 者 家 族 の 声 を 大 切 にしている 進 捗 管 理 は 支 援 員 が 行 い 園 長 は 総 合 の 纏 めを 月 1 回 法 人 に 報 告 している 法 人 内 の 他 事 業 所 とともに 緊 急 時 および 危 機 管 理 マニュアルの 内 部 研 修 の 強 化 今 期 は 虐 待 防 止 に 関 して 弁 護 士 を 講 師 とした 内 部 研 修 が 開 催 され 事 業 所 も 出 席 している 研 修 内 容 は 具 体 的 な 個 別 事 象 をもって フロア 会 議 の 折 支 援 員 から 伝 達 研 修 をおこなっている また 事 業 所 内 設 備 の 更 新 と 避 難 誘 導 訓 練 の 継 続 に 取 り 組 んでいる さらに 地 域 の 障 害 者 拠 点 機 能 として 優 先 して 予 算 編 成 に 反 映 しているものは 防 災 対 策 の 強 化 で 震 災 対 策 非 常 用 食 料 の 備 蓄 を 検 討 してい る 予 防 の 観 点 から ひやりほっと の 記 録 化 に 遅 れが 引 き 続 き 職 員 研 修 に 取 り 組 んでいる 7/12

8 5 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 カテゴリー5 サブカテゴリー1(5-1) 事 業 所 が 目 指 している 経 営 サービスを 実 現 する 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 事 業 所 にとって 必 要 な 人 材 構 成 にしている 実 施 状 況 8/8 項 目 2 職 員 の 質 の 向 上 に 取 り 組 んでいる 1. 事 業 所 の 人 事 制 度 に 関 する 方 針 ( 人 材 像 職 員 育 成 の 考 え 方 )を 明 示 している 2. 事 業 所 が 必 要 とする 人 材 を 踏 まえた 採 用 を 行 っている 3. 適 材 適 所 の 人 員 配 置 に 取 り 組 んでいる 1. 職 員 一 人 ひとりの 能 力 向 上 に 関 する 希 望 を 把 握 している 項 目 1 職 員 一 人 ひとりの 主 体 的 な 判 断 行 動 と 組 織 としての 学 びに 取 り 組 んでいる 評 点 ( ) 2. 事 業 所 の 人 材 育 成 計 画 と 職 員 一 人 ひとりの 意 向 に 基 づき 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 を 策 定 している 3. 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 は 職 員 の 技 術 水 準 知 識 専 門 資 格 の 習 得 ( 取 得 )などの 視 点 を 入 れて 策 定 している 4. 職 員 一 人 ひとりの 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 に 基 づいて 必 要 な 支 援 をしている 5. 職 員 の 研 修 成 果 を 確 認 し( 研 修 時 研 修 直 後 研 修 数 ヶ 月 後 など) 研 修 が 本 人 の 育 成 に 役 立 ったかを 確 認 している 職 員 一 人 ひとりと 組 織 力 の 発 揮 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2(5-2) 実 施 状 況 7/7 1. 職 員 の 判 断 で 実 施 可 能 な 範 囲 と それを 超 えた 場 合 の 対 応 方 法 を 明 示 している 2. 職 員 一 人 ひとりの 日 頃 の 気 づきや 工 夫 について 互 いに 学 ぶことに 取 り 組 んでいる 3. 職 員 一 人 ひとりの 研 修 成 果 を レポートや 発 表 等 で 共 有 化 に 取 り 組 んでいる 8/12

9 項 目 2 職 員 のやる 気 向 上 に 取 り 組 んでいる 評 点 ( ) 1. 事 業 所 の 特 性 を 踏 まえ 職 員 の 育 成 報 酬 ( 賃 金 昇 進 昇 格 賞 賛 など)が 連 動 した 人 材 マネジ メントを 行 っている 2. 就 業 状 況 ( 勤 務 時 間 や 休 暇 取 得 疲 労 ストレスなど)を 把 握 し 改 善 に 取 り 組 んでいる 3. 職 員 の 意 識 を 把 握 し やる 気 と 働 きがいの 向 上 に 取 り 組 んでいる 4. 福 利 厚 生 制 度 の 充 実 に 取 り 組 んでいる カテゴリー5の 講 評 法 人 の 人 事 制 度 を 根 拠 に 職 員 の 育 成 と 処 遇 がされている 事 業 所 の 経 営 層 は 法 人 の 人 事 制 度 により 都 社 協 主 催 の 中 間 層 研 修 会 への 参 加 面 接 昇 格 試 験 等 による がされている 給 与 体 系 は 年 功 序 列 型 賃 金 としている 事 業 所 で 必 要 な 人 材 は 法 人 の 人 事 制 度 を 根 拠 に 法 人 の 担 当 部 署 と 園 長 による 面 接 採 用 配 置 に 取 り 組 んでいる 園 長 は 日 常 的 に 職 員 のライフスタイルの 多 様 化 や 自 主 性 を 確 認 し 年 1 回 の 契 約 更 新 時 に 一 人 ひとりと 面 接 し 就 業 に 関 する 希 望 を 把 握 している 3 年 以 上 の 勤 務 者 には 賃 金 のベースアップが 規 定 されているが 園 長 は さらに 処 遇 改 善 加 算 の 取 り 組 みが 必 要 と 考 えている 就 業 グループ 別 の 支 援 員 の 密 な 連 絡 調 整 で 職 員 に 共 通 した 研 修 を 実 施 している 事 業 所 は 園 長 および 支 援 員 の 事 業 所 経 営 層 と 有 期 雇 用 の 職 員 ( 作 業 指 導 員 運 転 手 栄 養 士 調 理 員 事 務 員 )が 在 籍 している どの 立 場 にあっても 利 用 者 支 援 に 協 働 するために 日 々の 業 務 については 反 省 ノート 支 援 員 会 議 職 員 会 議 の 定 例 会 議 の 他 毎 日 支 援 員 によるミニミーティングで 全 体 の 把 握 をしている 職 員 共 通 の 研 修 として 今 期 は 虐 待 防 止 てんかんについての 知 識 等 の 研 修 がさ れている さらに 施 設 の 改 修 事 業 の 継 続 可 否 検 討 中 期 の 事 業 所 運 営 の 課 題 等 も 職 員 研 修 の 議 題 とし 意 識 向 上 の 研 修 も 期 待 したい 利 用 者 家 族 に 接 している 職 員 の 意 見 を 積 極 的 に 取 り 込 める 職 場 作 りに 取 り 組 んでいる 有 期 雇 用 職 員 のアンケートでは 利 用 者 アンケートの 実 施 により 要 望 の 明 確 化 と 個 別 支 援 に 繋 がった や 自 立 支 援 窓 口 等 法 人 内 連 携 による 情 報 共 有 で 支 援 充 実 ができた の 声 が 届 けられている 園 長 は 職 員 が 業 務 の 上 で 利 用 者 の 要 望 に 迅 速 に 対 応 できる 環 境 作 りは 利 用 者 の 安 心 と 信 頼 円 滑 なコミュニケーションに 直 結 すると 位 置 づけている 一 方 やる 気 と 働 き 甲 斐 に 影 響 する 人 事 考 課 制 度 に 関 する 声 も 届 けられているが 法 人 全 体 に 関 わる 課 題 である 職 種 が 多 岐 にわたる 職 員 の 職 種 別 標 準 業 務 項 目 等 の 整 備 を 職 員 参 画 で 取 り 組 む 等 も 期 待 したい 9/12

10 7 情 報 の 保 護 共 有 カテゴリー7 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 事 業 所 が 蓄 積 している 経 営 に 関 する 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 ん でいる サブカテゴリー1(7-1) 実 施 状 況 7/7 1. 情 報 の 重 要 性 や 機 密 性 を 踏 まえ アクセス 権 限 を 設 定 している 2. 収 集 した 情 報 は 必 要 な 人 が 必 要 なときに 活 用 できるように 整 理 保 管 している 3. 保 管 している 情 報 の 状 況 を 把 握 し 使 いやすいように 更 新 している 項 目 2 個 人 情 報 は 個 人 情 報 保 護 法 の 趣 旨 を 踏 まえて 保 護 共 有 して いる 評 点 ( ) 1. 事 業 所 で 扱 っている 個 人 情 報 の 利 用 目 的 を 明 示 している 2. 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 規 定 を 明 示 している 3. 開 示 請 求 に 対 する 対 応 方 法 を 明 示 している 4. 個 人 情 報 の 保 護 について 職 員 ( 実 習 生 やボランティアを 含 む)が 理 解 し 行 動 できるための 取 り 組 みを 行 っている カテゴリー7の 講 評 機 密 性 を 踏 まえた 情 報 管 理 に 取 り 組 んでいる 利 用 者 との 契 約 書 や 経 理 関 係 書 類 法 人 内 調 整 会 議 録 等 の 事 業 運 営 に 必 要 な 重 要 な 書 類 は 文 書 規 程 に 基 づき 事 務 所 内 の 鍵 のかかる 書 類 棚 に 保 管 されている 個 別 支 援 計 画 や 個 人 記 録 簿 業 務 マニュアル 等 日 々の 支 援 業 務 に 必 要 な 書 類 は 職 員 間 で 情 報 共 有 利 用 できるよう 業 務 別 または 個 人 別 にファイルされている パソコン 内 に 保 管 しているデータの 機 密 性 の 確 保 については パソコンにパスワー ド 制 限 をしており 事 業 所 全 体 でセキュリティ 管 理 をしている さらに 園 長 は 耐 火 書 庫 の 必 要 性 を 検 討 している 個 人 情 報 保 護 法 に 基 づいた 情 報 保 護 や 開 示 請 求 等 の 対 応 をしている 法 人 の 個 人 情 報 保 護 の 基 本 方 針 に 基 づき 事 業 所 では 契 約 時 に 利 用 者 家 族 に 説 明 および 同 意 を 頂 いている 職 員 に 対 しても 入 職 時 に 同 様 の 対 応 をしている 日 中 の 作 業 支 援 のボランティアには 登 録 時 に 職 員 と 同 様 の 対 応 をしている また 行 事 での 外 出 やパン 販 売 等 で 参 加 頂 けるボランティアには 個 人 情 報 保 護 法 の 他 に 職 員 から 具 体 例 をもって 利 用 者 に 対 して 上 から 目 線 での 発 言 や 対 応 には 厳 重 注 意 をしている 10/12

11 8 カテゴリー1 7に 関 する 活 動 成 果 カテゴリー8 サブカテゴリー1(8-1) 前 年 度 と 比 べ 事 業 所 の 方 向 性 の 明 確 化 や 関 係 者 への 周 知 地 域 社 会 への 責 任 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー1: リーダーシップと 意 思 決 定 カテゴリー2: 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー4: 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 園 長 は 基 本 理 念 の 実 現 に 向 けて 基 本 方 針 を 職 員 に 明 示 し 事 業 所 をリードしている 園 長 は 理 念 の 利 用 者 の 人 権 尊 重 利 用 者 に 対 しての 支 援 姿 勢 支 援 のアプローチ 地 域 連 携 について 5つの 基 本 方 針 として 具 体 化 明 示 をして 職 員 に 伝 えている 利 用 者 の 就 業 場 所 は1 階 は3グループ 2 階 と 別 れて 支 援 が 行 われている 事 業 所 運 営 にあたり 園 長 および 各 グループを 担 当 する 支 援 員 は 利 用 者 に 直 接 接 している 職 員 の 意 見 を 積 極 的 に 取 り 込 み 流 れ 作 業 個 別 作 業 作 業 内 容 等 の 円 滑 化 に 配 慮 している また 内 部 疾 患 を 合 併 している 利 用 者 の 体 調 変 化 や 形 態 対 応 食 が 必 要 な 利 用 者 に 十 分 な 配 慮 をし 無 理 のないよう にしている さらに 安 定 した 就 業 場 所 の 継 続 のため 安 定 した 受 注 先 の 継 続 確 保 やパン クッキー 等 の 自 主 生 産 品 の 定 例 常 設 やイベント への 参 加 ができるよう 地 域 連 携 に 取 り 組 んでいる 前 年 度 と 比 べ 職 員 と 組 織 の 能 力 の 面 で 向 上 している サブカテゴリー2(8-2) 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー5: 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 の 成 果 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 就 業 グループ 別 の 支 援 員 の 密 な 協 議 連 絡 調 整 で 職 員 に 共 通 した 研 修 が 実 施 できた 支 援 員 は 担 当 グループの 日 々 職 員 とのミニミーティングや 反 省 ノート で 業 務 および 利 用 者 に 関 わる 課 題 について 把 握 し さらに 当 日 中 に 全 支 援 員 による 協 議 連 絡 調 整 をしている それらの 内 容 は 朝 礼 時 に 反 映 される 朝 礼 では 支 援 員 全 員 と 職 員 の 全 体 朝 礼 作 業 グ ループ 別 でも 支 援 員 から 職 員 に 伝 達 されている また 内 容 によっては 週 1 回 のフロアミーティングでも 伝 達 が 行 われる 他 有 期 雇 用 職 員 が 全 員 揃 う 月 1 回 の 職 員 会 議 でも 伝 達 が 行 われる コミュニケーションが 重 ねて 行 われることで 支 援 員 と 職 員 の 情 報 共 有 ができ 信 頼 もで き 人 間 関 係 における 安 心 感 が 利 用 者 支 援 にも 効 果 が 表 れている 今 期 は 職 員 共 通 の 研 修 として 虐 待 防 止 てんかんについての 知 識 等 の 研 修 を 実 施 した サブカテゴリー3(8-3) 前 年 度 と 比 べ 福 祉 サービス 提 供 プロセスや 情 報 保 護 共 有 の 面 において 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー6: サービス 提 供 のプロセス カテゴリー7: 情 報 の 保 護 共 有 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 利 用 者 の 安 全 確 保 と 情 報 の 共 有 提 供 がよくできるようになった 施 設 の 老 朽 化 に 伴 って 昨 年 度 から 定 期 修 繕 の 改 修 工 事 を 順 次 実 施 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる また 利 用 者 の 健 康 や 安 全 性 に 配 慮 し 職 員 がてんかん ダウン 症 感 染 症 高 次 脳 機 能 障 害 自 閉 症 など 疾 患 に 関 する 一 般 セミナーに 参 加 して 知 識 を 得 ている 参 加 した 職 員 は 伝 達 研 修 として 支 援 員 会 議 や 職 員 全 体 会 議 で 報 告 し 全 職 員 で 情 報 を 共 有 化 している さらに 自 立 支 援 窓 口 などの 他 部 署 と 情 報 を 共 有 しながらサービスを 提 供 している 11/12

12 事 業 所 の 財 政 等 において 向 上 している サブカテゴリー4(8-4) 項 目 1 財 政 状 態 や 収 支 バランスの 改 善 へ 向 けた 計 画 的 かつ 主 体 的 な 取 り 組 みにより 成 果 が 上 がっている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 の 成 果 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 引 き 続 き 経 費 削 減 に 取 り 組 み 電 気 料 金 等 の 低 減 が 実 現 できた 電 気 料 金 については 全 館 空 調 から 個 別 空 調 方 式 に 機 器 を 取 り 換 え 必 要 な 場 所 利 用 者 の 状 況 に 合 わせて 等 細 目 な 空 調 管 理 をする ことで 総 体 的 にコスト 削 減 を 実 現 した 電 気 料 金 低 減 は 個 別 空 調 方 式 に 切 り 替 えした 時 からすでに 効 果 がでており 将 来 の 電 気 料 金 対 策 へのリスクヘッジになっている また 業 後 の 会 議 や 記 録 事 務 時 間 外 での 反 省 会 等 を 縮 小 し 日 中 でのミニミーティングやケアカンファレ ンスで 細 目 な 協 議 をしたり 利 用 者 が 安 全 に 帰 宅 をしている 時 間 内 に 終 了 できるよう 全 員 協 働 の 体 制 をとり 利 用 者 支 援 に 影 響 しない 人 件 費 削 減 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー5(8-5) 前 年 度 と 比 べ 利 用 者 満 足 や 利 用 者 意 向 の 把 握 等 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 利 用 者 満 足 や 以 下 のカテゴリーで される 部 分 において 改 善 傾 向 を 示 して いる カテゴリー3: 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 などの 把 握 と 活 用 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 利 用 者 アンケートを 実 施 要 望 の 明 確 化 とよりきめ 細 かい 個 別 支 援 に 取 り 組 んだ 個 別 支 援 計 画 は 更 新 時 利 用 者 家 族 の 要 望 や 困 っていること 従 来 と 異 なるサービスが 必 要 等 個 別 面 談 でききとり 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 同 意 頂 いている また 経 過 中 においても 家 族 の 来 訪 時 や 日 々 利 用 者 に 接 している 職 員 による 気 づきや 利 用 者 とのコミュニケーショ ンで 支 援 上 の 留 意 点 を 積 み 重 ねている が さらに 利 用 者 アンケートの 実 施 により 作 業 環 境 としての 設 備 改 修 や 給 食 設 備 改 修 利 用 者 の 加 齢 にともなう 新 たなニーズとしてのグループホームやショートステイ 等 行 政 の 福 祉 事 業 全 般 についての 課 題 も 把 握 できた 法 人 には 地 域 情 報 のひとつとして 情 報 共 有 している 12/12

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし 平 成 26 年 度 救 護 施 設 りんくうみなと 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 みなと 寮 1. 目 的 りんくうみなとは 生 活 保 護 法 第 38 条 第 2 項 に 定 められた 救 護 施 設 であり 保 護 の 実 施 機 関 より 依 頼 された 身 体 や 精 神 に 障 がいがあり 経 済 的 な 課 題 も 含 めて 日 常 生 活 を 送 ることが 困 難 な

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相

設 広 報 誌 や 法 人 ホームページを 利 用 し 開 示 に 行 う 事 業 所 運 営 状 況 や 事 故 苦 情 情 報 についても 開 示 を 行 っている (5) 特 定 計 画 相 談 支 援 事 業 障 害 者 総 合 支 援 法 の 理 念 に 基 づき 障 害 者 特 定 相 1. 施 設 運 営 支 援 方 針 予 算 計 画 平 成 26 年 度 東 堀 切 くすのき 園 事 業 計 画 書 (1) 施 設 運 営 法 人 理 念 自 分 を 愛 するように あなたの 隣 人 を 愛 せよ の 具 現 化 のため 事 業 運 営 のさらなる 安 定 と 法 人 及 び 事 業 所 が 定 めた 経 営 目 標 に 従 い 利 用 者 支 援 サービスの 質 的 な 向

More information

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用)

自 己 評 価 シ ー ト(福祉用具貸与用) 自 己 評 価 シ ー ト( 福 祉 用 具 貸 与 用 ) Ⅰ 組 織 体 制 平 成 26 年 3 月 1 日 1 運 営 方 針 等 判 断 した 理 由 や 根 拠 1 事 業 の 目 的 や 運 営 の 方 針 を 職 員 に 周 知 し 2サービスの 質 の 向 上 に 向 けた 業 務 改 善 に 取 り 組 んでいる A 会 議 や 研 修 などを 通 じて 事 業 の 目 的 や

More information

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 福 角 会 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 み ら い 平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要

める 地 方 公 共 団 体 から 交 付 された 補 助 金 を 財 源 とした 首 都 高 速 道 路 株 式 会 社 又 は 阪 神 高 速 道 路 株 式 会 社 に 対 する 首 都 高 速 道 路 又 は 阪 神 高 速 道 路 の 新 設 改 築 修 繕 又 は 災 害 復 旧 に 要 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 港 区 西 新 橋 2-8-6 電 話 番 号 03-3508-5161 郵 便 番 号 105-0003 ホームページ http://www.jehdra.go.jp/ 根 拠 法 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 法 ( 平 成

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477>

< E93788EA98CC8935F8C9F2892F18F6F816A2E786477> . した B. 検 討 したが に 至 らなかった C. 検 討 も もしなかった D. 廃 止 した 計 画 の. 計 画 通 りに できた b.ほぼ 計 画 通 りに できた c. 計 画 には 及 ばなかった NO.1 平 成 27 年 度 自 己 点 検 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 長 坂 保 育 園 評 価 項 目 Ⅰ 福 祉 サービスの 基 本 方 針 と 組 織 1 理 念

More information

2 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 1. 概 況 総 務 省 の 人 口 推 計 並 びに 厚 生 労 働 省 の 人 口 動 態 統 計 によると 2007 年 以 降 人 口 減 少 社 会 となっていますが その 中 でも 65 歳 から 74 歳 までの 前 期 高 齢 者 の 比 率 と 75 歳 以 上 の 後 期 高 齢 者 の 絶 対 数 がまもなく 入 れ 替 わる 更 なる

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実

4. 本 年 度 の 重 点 施 策 (1) 経 営 基 盤 及 び 経 営 組 織 の 強 化 1 法 人 本 部 及 び 施 設 運 営 機 能 の 充 実 と 組 織 の 見 直 し 課 長 職 等 の 配 置 医 務 室 の 設 置 2 経 営 陣 としての 理 事 会 活 動 の 充 実 社 会 福 祉 法 人 やまゆり 福 祉 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 1. 法 人 経 営 の 原 則 の 遵 守 当 法 人 は 平 成 25 年 度 事 業 を 執 行 するに 際 し 法 人 定 款 第 3 条 に 規 定 する 法 人 経 営 の 原 則 を 遵 守 する 法 人 定 款 ( 経 営 の 原 則 ) 第 3 条 当 法 人 は 社 会 福 祉 事 業 の 主

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

犬山市公共施設マネジメント基本計画

犬山市公共施設マネジメント基本計画 犬 山 市 公 共 施 設 マネジメント 基 本 計 画 概 要 版 平 成 27 年 3 月 犬 山 市 企 画 財 政 部 財 政 課 - 0 - 目 次 第 1 章 はじめに... 1 1. 公 共 施 設 マネジメントの 必 要 性... 2. 公 共 施 設 の 定 義... 3. 公 共 施 設 マネジメント 計 画 の 手 順... 4. 本 基 本 計 画 の 位 置 づけ... 5.

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した

(2) 教 育 の 実 施 体 制 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 引 き 続 き 学 術 院 及 び 人 事 調 整 委 員 会 が 中 心 となり 人 事 活 性 化 大 綱 人 事 計 画 策 定 指 針 に 基 づき 教 育 プログラムの 目 的 に 即 した 平 成 23 年 度 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 (1) 教 育 の 内 容 及 び 教 育 の 成 果 等 に 関 する 目 標 を 達 成 するための 措 置 1) 学 士 課

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

行動計画シート(下半期)

行動計画シート(下半期) シート( 下 半 期 ) 行 動 主 体 名 課 室 施 設 長 名 1 組 織 の 使 命 2 現 状 認 識 及 び 中 期 展 望 ( 向 こう3 年 内 ) 3 事 務 改 善 に 関 する 4 接 遇 改 善 に 関 する 5 経 費 節 減 に 関 する 6 上 記 3~5に 対 する 上 半 期 自 己 評 価 7 上 半 期 の 評 価 を 踏 まえ た 下 半 期 の 進 め 方

More information

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設

特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養 護 老 人 ホーム/ 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 併 設 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 短 期 入 所 生 活 介 護 (ショートステイ) 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 平 成 26 年 10 月 1 日 特 別 養 護 老 人 ホーム 東 神 田 の 里 特 別 養

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告

平成14年度財団法人武蔵野市福祉公社事業報告 平 成 6 年 度 事 業 計 画 書 公 益 財 団 法 人 武 蔵 野 市 福 祉 公 社 目 次 Ⅰ 平 成 6 年 度 運 営 方 針 ( 重 点 項 目 ) 1 中 長 期 事 業 計 画 及 び 財 政 健 全 化 計 画 の 策 定 有 償 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と 権 利 擁 護 事 業 の 事 業 変 更 及 び 体 制 整 備 Ⅱ 本 部 事 業 有 償 在 宅 福 祉

More information

Microsoft Word - result1402042

Microsoft Word - result1402042 評 価 細 目 の ( 別 紙 ) 評 価 対 象 Ⅰ 保 育 の 理 念 1 子 どもの 最 善 の 利 益 の 考 慮 Ⅰ-1 理 念 が 明 文 化 されてい Ⅰ-2 理 念 に 基 づく 基 本 方 針 が 明 文 化 されてい Ⅰ-3 理 念 や 基 本 方 針 が 職 員 に 周 知 されてい Ⅰ-4 理 念 や 基 本 方 針 が 保 護 者 や 地 域 の 住 民 関 係 機 関 等

More information

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 い 関 する 行 動 規 範 平 成 27 月 6 月 1 日 制 定 国 立 病 院 機 構 における 研 究 活 動 とり 分 け 公 的 研 究 費 等 ( 注 )は 国 民 の 信 頼 と 負 託 によって 支 えられているものであり その 不 正 使 用 はこれを 大 きく 損

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

Microsoft Word - H24事業報告

Microsoft Word - H24事業報告 平 成 24 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 同 胞 援 護 財 団 平 成 24 年 度 の 事 業 計 画 に 基 づき 高 い 公 共 性 と 公 益 性 を 維 持 しつつ 安 全 で 快 適 な 質 の 高 い サービスを 提 供 するとともに 安 定 した 事 業 の 継 続 をお 客 様 と 地 域 社 会 に 約 束 することを 目 標 として 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032303135303232355F95BD90AC3237944E93788E968BC68C7689E65F93E08A74957B92F18F6F977081698C8892E8816A> 平 成 27 年 度 公 益 社 団 法 人 日 本 眼 科 医 会 事 業 計 画 公 1 国 民 の 目 の 健 康 を 守 る 事 業 1 正 しい 眼 科 医 療 の 啓 発 および 教 育 活 動 に 関 する 事 業 [1] 眼 科 公 衆 衛 生 知 識 の 啓 発 事 業 眼 科 医 療 情 報 の 発 信 目 の 疾 患 に 関 する 情 報 ロービジョン 施 設 に 関 する 情

More information

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療 平 成 26 年 度 県 南 広 域 振 興 局 保 健 福 祉 環 境 部 業 務 方 針 組 織 スローガン キャッチフレーズ など ~つながり ともに つくる~ 岩 手 県 職 員 憲 章 の 定 着 や 行 動 の 実 践 につながる 創 意 工 夫 アイディア 1 幹 部 職 員 と 若 手 職 員 とが 自 由 にコミニュケーションできる 場 を 設 定 し 職 員 のモチベーションを

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。

・職員研修等において,法令遵守に関する講義を実施する。 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 平 成 25 年 度 の 業 務 運 営 に 関 する 計 画 ( 年 度 計 画 ) 平 成 25 年 3 月 29 日, 届 出 平 成 25 年 度 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 年 度 計 画 Ⅰ 大 学 の 教 育 研 究 等 の 質 の 向 上 に 関 する 目 標 を 達 成 するためにとるべき 措 置 1 教 育 に 関 する 目

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト 活用マニュアル

札幌市ワーク・ライフ・バランス 取組評価ウェブサイト  活用マニュアル 札 幌 市 ワーク ライフ バランス 取 組 評 価 ウェブサイト 活 用 マニュアル 札 幌 市 子 ども 未 来 局 子 ども 企 画 課 1. 各 回 答 を 選 択 する 際 の 手 引 き P1~9 2. 得 点 の 集 計 方 法 P10 3. 用 語 説 明 P11~12 4つの 選 択 肢 から 職 場 の 状 況 に 最 も 適 した 選 択 肢 をお 選 びいただきますが 回 答

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械

403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 Ⅸ. 管 理 運 営 財 務 403 ⅰ) 管 理 運 営 1. 現 状 の 説 明 (1) 大 学 の 理 念 目 的 の 実 現 に 向 けて 管 理 運 営 方 針 を 明 確 に 定 めているか 管 理 運 営 方 針 の 明 示 創 立 者 新 島 襄 は 臨 終 の 折 に 同 志 社 は 隆 なるニ 従 ひ 機 械 的 に 流 るゝの 恐 れあり 切 に 之 を 戒 慎 す 可 き 事

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

農林水産省 対応指針 るびなし

農林水産省 対応指針 るびなし 農 林 水 産 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 農 林 水 産 大 臣 森 山 𥙿 第 一 趣 旨 1 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 昭 和

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc

Microsoft Word - QA01-12 品質マニュアル12版.doc 文 書 番 号 QA01-12 1 品 質 マニュアル [ISO 9001:2008(JIS Q 9001:2008)] 第 12 版 制 定 日 H14 年 10 月 30 日 改 訂 日 H26 年 11 月 1 日 承 認 作 成 社 長 管 理 責 任 者 H26.11.1 H26.11.1 長 野 県 佐 久 市 望 月 30-1 TEL:0267-53-2345 品 質 マニュアル 番

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決 ( 平 成 27 年 1 月 22 日 ~23 日 ) 視 察 先 滋 賀 県 大 津 市 ( 議 会 ICT 議 会 BCP( 業 務 継 続 計 画 )) 奈 良 県 奈 良 市 ( 議 会 ICT 議 会 運 営 議 会 改 革 ) 150インチスクリーンを 備 える 大 津 市 議 会 議 事 堂 < 視 察 者 > 委 員 長 副 委 員 長 委 員 委 員 委 員 黒 木 高 広 黒 木

More information

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外

内 容 : 虐 待 防 止 マニュアルについて その 人 らしく 生 きていくための 法 人 の 役 割 について 4 職 員 研 修 内 部 研 修 1 初 任 者 研 修 平 成 27 年 度 採 用 者 に 対 して 法 人 内 で 設 置 した 初 任 者 研 修 を 実 施 した また 外 第 1 回 理 事 会 評 議 員 会 議 案 第 1 号 平 成 27 年 度 事 業 報 告 平 成 26 年 に 国 が 批 准 した 障 害 者 権 利 条 約 に 基 づく 関 連 法 律 の 整 備 が 進 み 社 会 福 祉 法 人 に 課 せられた 責 務 の 見 直 しを 図 る 努 力 の 一 年 であった 障 害 を 持 つ 人 たちの 生 きづらさを 理 解 し 個 々 人

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203236303830332889EE8CEC975C9668816A8BA493AF90B68A888F6497768E968D8090E096BE8F912E646F63> ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 白 島 荘 グループホーム 華 の 家 箕 面 市 白 島 三 丁 目 5 番 50 号 電 話 番 号 072-725-4165 ( 介 護 予 防 ) 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 重 要 事 項 説 明 書 あなた またはあなたの 家 族 が 利 用 しようと

More information

H27 資料2

H27 資料2 指 導 監 査 における 主 な 指 導 事 項 について 資 料 2 ~ 目 次 ~ Ⅰ 実 地 指 導 における 主 な 指 摘 事 項 の 内 訳 ( 平 成 26 度 ) Ⅱ 運 営 に 関 する 事 項 1 運 営 規 程 及 び 重 要 事 項 説 明 書 2 各 種 規 則 や 規 程 3 衛 生 管 理 等 4 虐 待 苦 情 事 故 5 非 常 災 害 対 策 6 個 別 支 援

More information

社団法人 青森県宅地建物取引業協会

社団法人 青森県宅地建物取引業協会 公 益 社 団 法 人 青 森 県 宅 地 建 物 取 引 業 協 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 書 自 : 平 成 28 年 4 月 1 日 至 : 平 成 29 年 3 月 31 日 昨 年 の 日 本 経 済 は 2014 年 4 月 の 消 費 税 率 引 上 げや 輸 入 物 価 の 上 昇 等 の 影 響 を 受 けて 景 気 の 回 復 力 に 弱 さがみられた 局 面 もありましたが

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

Microsoft Word - 仕様書

Microsoft Word - 仕様書 養 護 老 人 ホームとよおか 業 務 仕 様 書 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 養 護 老 人 ホームとよおかは 環 境 上 の 理 由 及 び 経 済 的 理 由 により 居 宅 において 養 護 を 受 けることが 困 難 な 高 齢 者 を 入 所 させることを 目 的 に 設 置 されています 養 護 老 人 ホームとよおかを 管 理 運 営 するに 当 たり 次 に 掲

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6

目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2 改 革 の 基 本 方 針 6 第 6 次 伊 万 市 政 改 綱 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 伊 万 里 市 目 次 はじめに 1 第 1 これまでの 行 政 改 革 における 課 題 1 第 5 次 行 政 改 革 大 綱 の 取 組 成 果 と 課 題 2 第 2 行 政 改 革 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 6 次 行 政 改 革 大 綱 の 理 念 6 2

More information

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続

第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 コーポレートガバナンスガイドライン 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 1 第 Ⅰ 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 ガイドラインは 群 栄 化 学 工 業 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という)が 次 に 定 める 社 是 使 命 ならびに 企 業 コンセプト の 実 現 のた め ステークホルダーと 協 働 して 企 業 価 値 を 向 上 させ 持 続 的 に 発 展 できるよう

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー

平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人 たちのニー 平 成 27 年 度 総 合 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 同 愛 会 東 京 事 業 本 部 1 平 成 27 年 度 同 愛 会 事 業 計 画 Ⅰ 法 人 の 理 念 人 生 ( 存 在 )への 支 援 援 助 Ⅱ 法 人 の 使 命 1 法 人 は 利 用 する 人 たちのQOL( 人 生 の 質 )を 高 める 仕 事 を 創 る 2 法 人 は 利 用 者 に 関 わる 人

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括)

第3次行政改革改定版19年度取り組み状況と今後の課題(総括) 第 4 次 行 政 改 革 大 綱 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 と 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 平 成 27 年 5 月 企 画 総 務 部 目 次 1 平 成 26 年 度 の 取 組 状 況 P.1~2 2 第 4 次 行 政 改 革 の5 年 間 の 総 括 P.2~7 ( 資 料 ) 実 施 状 況 一 覧 表 P.8~20 1 平 成 26 年 度

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819C8EA98CC8935F8C9F955D89BF81699640906C8E9696B18BC78DC58F498A6D944694C5816A313030322E646F63> 学 校 自 己 評 価 報 告 書 ( 平 成 24 年 度 ) 平 成 25 年 7 月 学 校 法 人 電 波 学 園 あいち 情 報 専 門 学 校 学 校 評 価 委 員 会 委 員 長 加 藤 仁 志 ( 校 長 ) 総 括 責 任 者 渡 邉 栄 二 ( 教 務 科 長 ) 目 次 ( 点 検 中 項 目 一 覧 ) 基 準 1 教 育 理 念 目 的 育 成 人 材 像 等 1-1 理

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等

1. 対 象 サービス 種 類 サービスの 名 称 内 容 訪 問 系 居 宅 介 護 重 度 訪 問 介 護 同 行 援 護 居 宅 での 入 浴 排 せつ 又 は 食 事 の 介 護 または 調 理 洗 濯 掃 除 などを 行 う ( 身 体 介 護 家 事 援 助 通 院 介 助 通 院 等 北 見 市 障 害 福 祉 サービス 請 求 等 ( 地 域 生 活 支 援 事 業 除 く)の 手 引 き - 目 次 - 1. 対 象 サービス -2-2. 障 害 福 祉 サービスの 流 れ( 概 要 ) -3-3. 契 約 -4- 受 給 者 証 への 記 載 契 約 内 容 報 告 書 についてはこちら 4. サービス 提 供 -5- 計 画 サービス 提 供 の 確 認 についてはこちら

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

避難所についての内閣府等のこれまでの対応

避難所についての内閣府等のこれまでの対応 ( 資 料 5 関 連 : 参 考 資 料 ) 避 難 所 の 確 保 と 質 の 向 上 に 関 する 検 討 会 について 平 成 27 年 7 月 22 日 内 閣 府 ( 防 災 担 当 ) 1. 取 組 指 針 での トイレ に 関 する 主 な 規 定 P9 第 1-2-(2) 福 祉 避 難 所 の 整 備 福 祉 避 難 所 とは 要 配 慮 者 のために 特 別 の 配 慮 がなされた

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用

【対応指針(るびなし)】環境省 HP 告示一覧掲載用 環 境 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 告 示 日 : 平 成 28 年 1 月 6 日 環 境 省 告 示 第 2 号 [ 改 定 ] 平 成 28 年 4 月 1 日 環 境 省 告 示 第 44 号 第 一 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改

4. 事 務 マネジメントシステム 4.1 事 務 マネジメントシステムの 構 築 運 用 及 び 維 持 1. 事 務 マネジメントシステム とは 京 都 工 芸 繊 維 大 学 が 事 務 改 善 を 積 極 的 に 推 進 するため (1) 事 務 マネジメント 方 針 を 立 て 事 務 改 1. 目 的 目 標 本 事 務 マネジメントマニュアル( 以 下 マニュアル という )は 京 都 工 芸 繊 維 大 学 におけ る 事 務 業 務 に 必 要 な 事 務 マネジメントシステムの 運 用 について 定 めたものである なお 本 学 の 事 務 部 門 における 業 務 の 高 度 化 複 雑 化 及 び 効 率 化 への 対 応 を 図 るとともに 定 期 的 な 外 部 評

More information

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名

デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員 10 名 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 いわき 会 デイサービス 東 神 田 の 里 デイサービス 東 神 田 の 里 事 業 計 画 開 設 年 月 日 事 業 所 名 事 業 内 容 事 業 規 模 開 設 場 所 平 成 26 年 10 月 1 日 デイサービス 東 神 田 の 里 通 所 介 護 / 介 護 予 防 通 所 介 護 (デイサービス) 利 用 定 員

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川

目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント 計 画 の 期 間... 7 第 2 章 川 第 4 期 川 辺 町 障 がい 福 祉 計 画 [ 案 ] ( 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 ) 平 成 27 年 2 月 川 辺 町 1 目 次 第 1 章 基 本 的 な 考 え 方... 4 1 計 画 策 定 の 背 景 と 趣 旨... 4 2 計 画 の 法 的 根 拠 と 位 置 づけ... 5 3 第 4 期 障 がい 福 祉 計 画 策 定 におけるポイント...

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

_表紙.indd

_表紙.indd リスク 管 理 の 体 制 リスク 管 理 体 制 リスク 管 理 基 本 方 針 利 用 者 の 皆 さまに 安 心 してご 利 用 いただくためには より 健 全 性 の 高 い 経 営 を 確 保 し 信 頼 性 を 高 めていくことが 重 要 であると 感 じております このため 有 効 な 内 部 管 理 態 勢 を 構 築 し 直 面 する 様 々なリスクに 適 切 に 対 応 すべく

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo

https://www.xbrl4.tdnet.info/onbr/tdzz.download?uji.verb=downlo コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです CANOX CORP. 最 終 更 新 日 :2015 年 10 月 28 日 株 式 会 社 カノークス 取 締 役 社 長 木 下 幹 夫 問 合 せ 先 :052-564-3525 証 券 コード:8076 http://www.canox.co.jp Ⅰコーポレート

More information

平成25年度事業計画書(栄区生活支援センター).pdf

平成25年度事業計画書(栄区生活支援センター).pdf 平 成 25 年 度 事 業 計 画 書 横 浜 市 栄 区 生 活 支 援 センター 近 時 生 活 支 援 センターの 業 務 も 大 きく 変 化 し 開 設 当 初 の 施 設 通 所 者 を 対 象 とした 支 援 か ら 精 神 障 害 者 の 方 々が 地 域 で 自 立 して 生 活 できるよう 支 援 するアウトリーチを 主 とする 方 向 へと 移 行 しつつあります センター

More information

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事

第 2 章 ステークホルダーとの 関 係 1. 株 主 の 権 利 平 等 性 の 確 保 すべての 株 主 に 対 し 対 話 と 情 報 開 示 を 通 じて 平 等 性 が 実 質 的 に 確 保 されるよう 努 める とともに 株 主 利 益 に 影 響 を 与 える 可 能 性 のある 事 ヤマトホールディングス コーポレートガバナンス ガイドライン 第 1 章 総 則 1. 目 的 ヤマトホールディングス( 以 下 当 社 という)およびヤマトグループにおけるコーポレ ートガバナンス ガイドライン( 以 下 当 ガイドラインという)を 制 定 し 経 営 の 健 全 性 の 確 保 および 迅 速 かつ 適 正 な 意 思 決 定 と 事 業 遂 行 の 実 現 に 向 け 実 効

More information

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会

(2) 職 員 数 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 の 各 任 命 権 者 の 条 例 定 数 及 び 職 員 数 は, 次 のとおりである 知 事 部 局 議 会 事 務 局 教 育 委 員 会 区 選 挙 管 理 委 員 会 事 務 局 監 査 委 員 事 務 局 教 育 委 員 会 宮 城 県 の 任 用, 給 与, 勤 務 条 件 等 の 人 事 行 政 運 営 の 全 般 を 明 らかにし, 人 事 行 政 における 公 正 性 及 び 透 明 性 を 確 保 するため, 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 宮 城 県 条 例 第 20 号 ) 第 4 条 の 規 定 に 基 づき, 宮 城 県 の 平 成 26

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information