評価結果報告書

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "評価結果報告書"

Transcription

1 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 してい る 実 施 状 況 評 点 ( ) 9/9 1. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 明 示 している 2. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 職 員 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 3. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 利 用 者 本 人 や 家 族 等 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 4. 重 要 な 意 思 決 定 や 判 断 に 迷 ったときに 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 思 い 起 こすことができる 取 り 組 みを 行 っている( 会 議 中 に 確 認 できるなど) 項 目 2 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 対 して 表 明 し 事 業 所 をリードしている 評 点 ( ) 1. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えている 2. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 している 項 目 3 重 要 な 案 件 について 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 実 情 を 踏 まえて 意 思 決 定 し その 内 容 を 関 係 者 に 周 知 している 1. 重 要 な 案 件 を 検 討 し 決 定 する 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 重 要 な 意 思 決 定 に 関 し その 内 容 と 決 定 経 緯 について 職 員 に 周 知 している 3. 利 用 者 等 に 対 し 重 要 な 案 件 に 関 する 決 定 事 項 について 必 要 に 応 じてその 内 容 と 決 定 経 緯 を 伝 えて いる 1/12

2 カテゴリー1の 講 評 知 的 障 害 のある 方 が 継 続 して 参 加 できる 活 動 の 場 を 提 供 している 事 業 所 は 市 の 社 会 福 祉 協 議 会 が 運 営 受 託 し 運 営 の 歴 史 は 長 い 利 用 者 の 平 均 利 用 期 間 は14 年 超 合 併 障 害 の 方 も 安 心 して 参 加 できる 活 動 の 場 を 提 供 している 基 本 理 念 は 個 人 の 尊 厳 を 大 切 にし 地 域 の 中 で 自 立 した 生 活 を 営 めるように 心 のこもった 質 の 高 いサービス と 支 援 で 地 域 福 祉 に 貢 献 できる 施 設 を 目 指 します としている 理 念 は5 項 目 の 運 営 方 針 化 し さらに 3 項 目 の 障 害 者 虐 待 防 止 に 伴 う 行 動 宣 言 を 明 文 化 事 業 所 内 での 掲 示 職 員 全 員 には 業 務 マニュアル 関 係 ファイル で 周 知 徹 底 している 経 営 層 は 理 念 運 営 方 針 を 職 員 に 明 示 し 事 業 目 的 の 実 現 に 取 り 組 んでいる 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 について 職 員 に 伝 え 事 業 所 運 営 利 用 者 支 援 人 材 育 成 地 域 貢 献 等 の 事 業 目 的 の 実 現 に 取 り 組 んで いる 会 議 体 制 の 充 実 1 階 2 階 の 現 場 で 業 務 は 順 調 に 回 っているか 障 害 の 異 なる 利 用 者 お 一 人 おひとりを 把 握 できているか 合 併 障 害 の 方 への 健 康 配 慮 はできているか 福 祉 の 拠 点 としての 地 域 防 災 計 画 等 や 受 託 業 務 についても 事 業 構 造 の 変 化 の 波 が 比 較 的 少 ない 定 期 受 注 の 仕 事 へのシフトや 委 託 先 との 連 携 等 就 業 の 場 の 確 保 等 に 取 り 組 んでいる 重 要 な 案 件 は 法 人 の 意 思 決 定 の 手 順 が 確 立 している 事 業 所 は 社 会 福 祉 協 議 会 全 体 で 支 援 体 制 が 組 まれている 園 長 は 法 人 内 の 各 事 業 所 の 調 整 会 議 ( 月 1 回 )や 経 営 会 議 への 出 席 事 務 局 長 の 事 業 所 訪 問 を 受 け 経 営 課 題 について 連 携 を 密 にして 協 議 している 利 用 者 に 関 わる 事 業 計 画 の 策 定 においては 利 用 者 家 族 の 意 向 や 意 見 を 取 りまとめている 園 長 は 事 業 所 に 関 わる 決 定 事 項 はその 経 緯 をふくめ 他 の 経 営 層 と 情 報 共 有 の 上 職 員 会 議 で 伝 達 周 知 し ている 利 用 者 家 族 については 保 護 者 会 や 連 絡 文 書 でお 知 らせしている 2/12

3 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 社 会 人 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 などを 周 知 している 実 施 状 況 評 点 ( ) 4/4 項 目 2 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 などにより 地 域 社 会 に 対 し 透 明 性 の 高 い 組 織 となっている 項 目 1 事 業 所 の 機 能 や 福 祉 の 専 門 性 をいかした 取 り 組 みがある 1. 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などを 明 示 している 2. 全 職 員 に 対 して 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などの 理 解 が 深 まるように 取 り 組 んでいる 項 目 2 ボランティア 受 け 入 れに 関 する 基 本 姿 勢 を 明 確 にし 体 制 を 確 立 し ている 評 点 ( ) 1. 第 三 者 による の 結 果 公 表 情 報 開 示 など 外 部 の 導 入 を 図 り 開 かれた 組 織 となるように 取 り 組 んで いる 2. 透 明 性 を 高 めるために 地 域 の 人 の 目 にふれやすい 方 法 ( 事 業 者 便 り 会 報 など)で 地 域 社 会 に 事 業 所 に 関 する 情 報 を 開 示 している 地 域 の 福 祉 に 役 立 つ 取 り 組 みを 行 っている サブカテゴリー2(2-2) 実 施 状 況 評 点 ( ) 1. 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 は 利 用 者 に 支 障 のない 範 囲 で 地 域 の 人 に 還 元 している( 施 設 備 品 等 の 開 放 個 別 相 談 など) 2. 地 域 の 人 や 関 係 機 関 を 対 象 に 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 をいかした 企 画 啓 発 活 動 ( 研 修 会 の 開 催 講 師 派 遣 など)を 行 っている 7/7 1. ボランティアの 受 け 入 れに 対 する 基 本 姿 勢 を 明 示 している 2. ボランティアの 受 け 入 れ 体 制 を 整 備 している( 担 当 者 の 配 置 手 引 き 書 の 作 成 など) 3. ボランティアに 利 用 者 のプライバシーの 尊 重 やその 他 の 留 意 事 項 などを 伝 えている 項 目 3 地 域 の 関 係 機 関 との 連 携 を 図 っている 評 点 ( ) 1. 地 域 の 関 係 機 関 のネットワーク( 事 業 者 連 絡 会 など)に 参 画 している 2. 地 域 ネットワーク 内 での 共 通 課 題 について 協 働 して 取 り 組 めるような 体 制 を 整 えている 3/12

4 カテゴリー2の 講 評 法 令 遵 守 と 事 業 所 の 情 報 開 示 に 取 り 組 んでいる 法 令 遵 守 については 採 用 時 および 月 1 回 の 職 員 全 体 会 議 において 全 職 員 が 携 行 している 業 務 マニュアル 関 係 ファイル で 研 修 に 取 り 組 んでいる 業 務 マニュアルでは 具 体 的 な 業 務 マニュアルの 前 提 となる 障 害 者 基 本 法 虐 待 防 止 法 個 人 情 報 保 護 等 や それらをの ぞみ 福 祉 園 に 展 開 した 理 念 方 針 や 法 人 の 就 業 規 則 等 が 取 りまとめられている 事 業 所 の 情 報 公 開 は 毎 月 のぞみちゃんねる を 発 行 し ている のぞみちゃんねる は 家 族 に 文 書 でお 送 りすると 同 時 にホームページのリンクにアクセスすることも 出 来 る 社 会 福 祉 協 議 会 内 の 事 業 所 連 携 で 地 域 貢 献 に 取 り 組 んでいる 法 人 内 の 事 業 所 全 体 で 市 や 法 人 の 社 会 福 祉 の 取 り 組 みに 参 画 している 各 事 業 所 は 役 割 を 分 担 し 連 携 強 化 ネットワークを 活 かした 対 応 ができている 利 用 者 家 族 にニーズの 高 いショートステイや 介 護 保 険 サービスに 関 する 情 報 も 届 けている 事 業 所 独 自 の 取 り 組 みに は 溶 岩 窯 でやくパンが 市 の 地 域 ブランドの 一 つとなっている 窯 のメーカーの 協 力 を 得 て 市 民 講 座 の 開 催 もしている ボランティアは 園 長 を 窓 口 とし 日 中 活 動 に 積 極 的 に 受 け 入 れをしている 地 域 の 方 7-8 名 / 週 の 登 録 を 頂 き 個 人 情 報 保 護 等 十 分 な 説 明 をしている 地 域 との 関 係 が 深 く 様 々なネットワークと 連 携 している 市 の 就 労 支 援 ネットワーク 自 立 支 援 協 議 会 等 市 内 で 組 織 体 制 をもつ 関 係 機 関 の 他 市 総 合 センター 花 壇 運 営 会 議 や 利 用 者 に 対 する 社 会 的 活 動 先 との 連 携 等 様 々な 先 とネットワークを 繋 いでいる 利 用 者 に 対 する 社 会 的 活 動 という 課 題 について 市 の 就 労 支 援 センター が 窓 口 となって 企 業 実 習 の 体 験 ができた 利 用 者 もいる また 多 くの 方 と 接 する 機 会 となる 各 種 行 事 への 出 店 も 積 極 的 に 推 進 をした 中 で のぞみ 祭 り は 成 果 をだしている さらに 今 年 度 では 保 護 者 連 絡 会 の 他 に 運 営 協 議 会 も 開 催 し 事 業 の 進 捗 状 況 の 報 告 会 とした 4/12

5 3 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 の 把 握 と 活 用 カテゴリー3 サブカテゴリー1(3-1) 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 活 用 している 実 施 状 況 項 目 1 利 用 者 一 人 ひとりの 意 向 ( 意 見 要 望 苦 情 )を 多 様 な 方 法 で 把 握 し 迅 速 に 対 応 している( 苦 情 解 決 制 度 を 含 む) 評 点 ( ) 項 目 2 利 用 者 意 向 の 集 約 分 析 とサービス 向 上 への 活 用 に 取 り 組 んでい る 1. 苦 情 解 決 制 度 を 利 用 できることや 事 業 者 以 外 の 相 談 先 を 遠 慮 なく 利 用 できることを 利 用 者 に 伝 えてい る 2. 利 用 者 一 人 ひとりの 意 見 要 望 苦 情 に 対 する 解 決 に 取 り 組 んでいる 項 目 3 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 し 状 況 を 把 握 分 析 している 1. 利 用 者 アンケートなど 事 業 所 側 からの 働 きかけにより 利 用 者 の 意 向 を 把 握 することに 取 り 組 んでいる 2. 事 業 者 が 把 握 している 利 用 者 の 意 向 を 取 りまとめ 利 用 者 から 見 たサービスの 現 状 問 題 を 把 握 してい る 3. 利 用 者 の 意 向 をサービス 向 上 につなげることに 取 り 組 んでいる 8/8 1. 地 域 の 福 祉 ニーズの 収 集 ( 地 域 での 聞 き 取 り 地 域 懇 談 会 など)に 取 り 組 んでいる 2. 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 ( 行 政 や 業 界 などの 動 き)の 収 集 に 取 り 組 んでいる 3. 事 業 所 としての 今 後 の 方 の 参 考 になるように 地 域 の 福 祉 ニーズや 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 を 整 理 分 析 している カテゴリー3の 講 評 苦 情 解 決 の 仕 組 みと 利 用 者 や 家 族 の 意 向 に 迅 速 に 対 応 している 苦 情 解 決 制 度 は 契 約 時 に 事 業 所 の 相 談 窓 口 を 利 用 者 や 家 族 に 説 明 し 事 業 所 内 にも 掲 示 をしている 法 人 内 に 福 祉 サービス 運 営 適 正 化 委 員 会 も 設 置 制 度 についての 周 知 を 図 っている 利 用 者 とは 日 頃 より 会 話 をしながら 情 報 収 集 をしている 家 族 とは 送 迎 時 や 連 絡 帳 を 通 して 情 報 収 集 している 迅 速 な 対 応 については 現 場 での 対 応 を 優 先 しており 朝 礼 夕 礼 時 のミニミーティング ケアカンファレンスで 情 報 共 有 している 家 族 アンケートにさらなる 外 部 相 談 窓 口 に 関 しての 意 見 が 第 三 者 委 員 会 設 置 の 検 討 をしている アンケート 等 で 利 用 者 家 族 の 意 向 を 把 握 している 事 業 所 は アンケートによる 利 用 者 家 族 の 意 向 の 把 握 に 取 り 組 んでいる アンケートでは 事 業 所 が 力 をいれている 給 食 や 利 用 者 の 希 望 する 行 事 や 社 会 的 活 動 の 内 容 等 の 意 向 も 含 め 確 認 している 家 族 アンケートでは 事 業 所 の 設 備 (トイレ 更 衣 室 )の 経 年 変 化 に 伴 う 要 望 がある 事 業 所 では 今 期 厨 房 設 備 の 更 新 をしており トイレ 外 部 水 道 に 関 して 優 先 順 位 をもって 検 討 している 自 由 意 見 には のぞみ 福 祉 園 に 仕 事 に 行 けることが 何 より 楽 しみにしている の 意 見 も 寄 せられ 事 業 所 が 居 場 所 にもなっている 福 祉 の 拠 点 として 事 業 所 完 結 から 法 人 内 の 事 業 所 連 携 で 相 乗 効 果 をあげている 地 域 のニーズは 社 会 福 祉 協 議 会 内 の 全 事 業 所 や 市 との 懇 談 会 参 画 している 関 係 機 関 等 と 今 回 取 り 組 んだ 運 営 協 議 会 保 護 者 連 絡 会 等 から 情 報 収 集 している 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 については 東 京 都 の 社 会 福 祉 協 議 会 や 専 門 誌 新 聞 等 送 付 されてくる 各 種 の 参 考 資 料 からも 情 報 収 集 している 収 集 した 資 料 は 整 理 分 析 し 必 要 に 応 じて 法 人 の 調 整 会 議 や 事 業 所 の 支 援 員 会 議 職 員 会 議 で 情 報 共 有 し 事 業 計 画 への 反 映 をしている 事 業 所 は 防 災 時 の 障 害 者 拠 点 機 能 として 備 蓄 食 料 の 充 実 を 検 討 し 予 算 編 成 に 反 映 している 5/12

6 4 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 カテゴリー4 実 践 的 な 課 題 計 画 策 定 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 取 り 組 み 期 間 に 応 じた 課 題 計 画 を 策 定 している サブカテゴリー1(4-1) 実 施 状 況 評 点 ( ) 10/11 1. 理 念 ビジョンの 実 現 に 向 けた 中 長 期 計 画 を 策 定 している 2. 年 度 単 位 の 計 画 を 策 定 している 3. 短 期 の 活 動 についても 計 画 的 ( 担 当 者 スケジュールの 設 定 など)に 取 り 組 んでいる 項 目 2 多 角 的 な 視 点 から 課 題 を 把 握 し 計 画 を 策 定 している 評 点 ( ) 1. 課 題 の 明 確 化 計 画 策 定 の 時 期 や 手 順 があらかじめ 決 まっている 項 目 3 着 実 な 計 画 の 実 行 に 取 り 組 んでいる 2. 課 題 の 明 確 化 計 画 の 策 定 にあたり 現 場 の 意 向 を 反 映 できるようにしている 3. 計 画 は サービスの 現 状 ( 利 用 者 意 向 地 域 の 福 祉 ニーズや 事 業 環 境 など)を 踏 まえて 策 定 している 4. 計 画 は 想 定 されるリスク( 利 用 者 への 影 響 職 員 への 業 務 負 担 必 要 経 費 の 増 大 など)を 踏 まえて 策 定 している 評 点 ( ) 1. 計 画 推 進 の 方 法 ( 体 制 職 員 の 役 割 や 活 動 内 容 など)を 明 示 している 2. 計 画 推 進 にあたり より 高 い 成 果 が 得 られるように 事 業 所 内 外 の 先 進 事 例 失 敗 事 例 を 参 考 にするなど の 取 り 組 みを 行 っている 3. 計 画 推 進 にあたり 目 指 す 目 標 と 達 成 度 合 いを 測 る 指 標 を 明 示 している 4. 計 画 推 進 にあたり 進 捗 状 況 を 確 認 し( 半 期 月 単 位 など) 必 要 に 応 じて 見 直 しをしながら 取 り 組 んでい る 6/12

7 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2(4-2) 実 施 状 況 評 点 ( ) 4/4 1. 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 や 事 業 所 内 の 役 割 分 担 を 明 示 している 2. 事 故 感 染 症 侵 入 災 害 などの 事 例 や 情 報 を 組 織 として 収 集 し 予 防 対 策 を 策 定 している 3. 事 故 感 染 症 侵 入 災 害 などの 発 生 時 でもサービス 提 供 が 継 続 できるよう 職 員 利 用 者 関 係 機 関 などに 具 体 的 な 活 動 内 容 が 伝 わっている 4. 事 故 感 染 症 侵 入 などの 被 害 が 発 生 したときは 要 因 を 分 析 し 再 発 防 止 に 取 り 組 んでいる カテゴリー4の 講 評 方 針 に 基 づいた 事 業 計 画 が 策 定 されている 事 業 所 は 利 用 者 の 人 権 尊 重 利 用 者 が 地 域 で 自 立 した 生 活 を 営 める 支 援 姿 勢 利 用 者 に 心 のこもった 支 援 アプローチ 地 域 貢 献 を 目 指 している 年 度 単 位 の 計 画 では 9 項 目 の 事 業 内 容 があげられている 其 々の 事 業 が 目 指 すものは 事 業 所 が 就 労 継 続 活 動 の 場 とし ての 安 定 と 充 実 である 自 主 生 産 品 のパン クッキーで 徹 底 した 衛 生 管 理 や 行 事 を 通 しての 地 域 との 交 流 安 定 収 入 となっている 紙 箱 加 工 でも 整 理 整 頓 等 身 辺 自 立 向 上 に 寄 与 している その 他 利 用 者 の 給 食 保 健 対 策 や 職 員 研 修 防 災 対 策 設 備 更 新 などが 計 画 されて いる 計 画 の 進 捗 管 理 は 利 用 者 や 家 族 の 声 を 大 切 にしている 計 画 策 定 は 毎 年 11 月 から 1 階 は3グループ 2 階 と 其 々の 就 業 場 所 毎 に 支 援 員 は 利 用 者 家 族 から 日 々 意 見 や 要 望 を 聞 いている 職 員 から 課 題 を 聞 き 取 り 計 画 策 定 をし 園 長 は 事 業 所 全 体 の 計 画 策 定 を 取 り 纏 め 2 月 に 法 人 の 調 整 会 議 に 臨 んでいる 進 捗 管 理 は 利 用 率 や 収 支 比 率 目 標 賃 金 等 の 数 字 の 他 質 的 な 観 点 での 利 用 者 の 特 性 にあった 流 れ 作 業 個 々の 作 業 作 業 内 容 か 合 併 障 害 はどうか 等 を 含 め 利 用 者 家 族 の 声 を 大 切 にしている 進 捗 管 理 は 支 援 員 が 行 い 園 長 は 総 合 の 纏 めを 月 1 回 法 人 に 報 告 している 法 人 内 の 他 事 業 所 とともに 緊 急 時 および 危 機 管 理 マニュアルの 内 部 研 修 の 強 化 今 期 は 虐 待 防 止 に 関 して 弁 護 士 を 講 師 とした 内 部 研 修 が 開 催 され 事 業 所 も 出 席 している 研 修 内 容 は 具 体 的 な 個 別 事 象 をもって フロア 会 議 の 折 支 援 員 から 伝 達 研 修 をおこなっている また 事 業 所 内 設 備 の 更 新 と 避 難 誘 導 訓 練 の 継 続 に 取 り 組 んでいる さらに 地 域 の 障 害 者 拠 点 機 能 として 優 先 して 予 算 編 成 に 反 映 しているものは 防 災 対 策 の 強 化 で 震 災 対 策 非 常 用 食 料 の 備 蓄 を 検 討 してい る 予 防 の 観 点 から ひやりほっと の 記 録 化 に 遅 れが 引 き 続 き 職 員 研 修 に 取 り 組 んでいる 7/12

8 5 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 カテゴリー5 サブカテゴリー1(5-1) 事 業 所 が 目 指 している 経 営 サービスを 実 現 する 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 事 業 所 にとって 必 要 な 人 材 構 成 にしている 実 施 状 況 8/8 項 目 2 職 員 の 質 の 向 上 に 取 り 組 んでいる 1. 事 業 所 の 人 事 制 度 に 関 する 方 針 ( 人 材 像 職 員 育 成 の 考 え 方 )を 明 示 している 2. 事 業 所 が 必 要 とする 人 材 を 踏 まえた 採 用 を 行 っている 3. 適 材 適 所 の 人 員 配 置 に 取 り 組 んでいる 1. 職 員 一 人 ひとりの 能 力 向 上 に 関 する 希 望 を 把 握 している 項 目 1 職 員 一 人 ひとりの 主 体 的 な 判 断 行 動 と 組 織 としての 学 びに 取 り 組 んでいる 評 点 ( ) 2. 事 業 所 の 人 材 育 成 計 画 と 職 員 一 人 ひとりの 意 向 に 基 づき 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 を 策 定 している 3. 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 は 職 員 の 技 術 水 準 知 識 専 門 資 格 の 習 得 ( 取 得 )などの 視 点 を 入 れて 策 定 している 4. 職 員 一 人 ひとりの 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 に 基 づいて 必 要 な 支 援 をしている 5. 職 員 の 研 修 成 果 を 確 認 し( 研 修 時 研 修 直 後 研 修 数 ヶ 月 後 など) 研 修 が 本 人 の 育 成 に 役 立 ったかを 確 認 している 職 員 一 人 ひとりと 組 織 力 の 発 揮 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー2(5-2) 実 施 状 況 7/7 1. 職 員 の 判 断 で 実 施 可 能 な 範 囲 と それを 超 えた 場 合 の 対 応 方 法 を 明 示 している 2. 職 員 一 人 ひとりの 日 頃 の 気 づきや 工 夫 について 互 いに 学 ぶことに 取 り 組 んでいる 3. 職 員 一 人 ひとりの 研 修 成 果 を レポートや 発 表 等 で 共 有 化 に 取 り 組 んでいる 8/12

9 項 目 2 職 員 のやる 気 向 上 に 取 り 組 んでいる 評 点 ( ) 1. 事 業 所 の 特 性 を 踏 まえ 職 員 の 育 成 報 酬 ( 賃 金 昇 進 昇 格 賞 賛 など)が 連 動 した 人 材 マネジ メントを 行 っている 2. 就 業 状 況 ( 勤 務 時 間 や 休 暇 取 得 疲 労 ストレスなど)を 把 握 し 改 善 に 取 り 組 んでいる 3. 職 員 の 意 識 を 把 握 し やる 気 と 働 きがいの 向 上 に 取 り 組 んでいる 4. 福 利 厚 生 制 度 の 充 実 に 取 り 組 んでいる カテゴリー5の 講 評 法 人 の 人 事 制 度 を 根 拠 に 職 員 の 育 成 と 処 遇 がされている 事 業 所 の 経 営 層 は 法 人 の 人 事 制 度 により 都 社 協 主 催 の 中 間 層 研 修 会 への 参 加 面 接 昇 格 試 験 等 による がされている 給 与 体 系 は 年 功 序 列 型 賃 金 としている 事 業 所 で 必 要 な 人 材 は 法 人 の 人 事 制 度 を 根 拠 に 法 人 の 担 当 部 署 と 園 長 による 面 接 採 用 配 置 に 取 り 組 んでいる 園 長 は 日 常 的 に 職 員 のライフスタイルの 多 様 化 や 自 主 性 を 確 認 し 年 1 回 の 契 約 更 新 時 に 一 人 ひとりと 面 接 し 就 業 に 関 する 希 望 を 把 握 している 3 年 以 上 の 勤 務 者 には 賃 金 のベースアップが 規 定 されているが 園 長 は さらに 処 遇 改 善 加 算 の 取 り 組 みが 必 要 と 考 えている 就 業 グループ 別 の 支 援 員 の 密 な 連 絡 調 整 で 職 員 に 共 通 した 研 修 を 実 施 している 事 業 所 は 園 長 および 支 援 員 の 事 業 所 経 営 層 と 有 期 雇 用 の 職 員 ( 作 業 指 導 員 運 転 手 栄 養 士 調 理 員 事 務 員 )が 在 籍 している どの 立 場 にあっても 利 用 者 支 援 に 協 働 するために 日 々の 業 務 については 反 省 ノート 支 援 員 会 議 職 員 会 議 の 定 例 会 議 の 他 毎 日 支 援 員 によるミニミーティングで 全 体 の 把 握 をしている 職 員 共 通 の 研 修 として 今 期 は 虐 待 防 止 てんかんについての 知 識 等 の 研 修 がさ れている さらに 施 設 の 改 修 事 業 の 継 続 可 否 検 討 中 期 の 事 業 所 運 営 の 課 題 等 も 職 員 研 修 の 議 題 とし 意 識 向 上 の 研 修 も 期 待 したい 利 用 者 家 族 に 接 している 職 員 の 意 見 を 積 極 的 に 取 り 込 める 職 場 作 りに 取 り 組 んでいる 有 期 雇 用 職 員 のアンケートでは 利 用 者 アンケートの 実 施 により 要 望 の 明 確 化 と 個 別 支 援 に 繋 がった や 自 立 支 援 窓 口 等 法 人 内 連 携 による 情 報 共 有 で 支 援 充 実 ができた の 声 が 届 けられている 園 長 は 職 員 が 業 務 の 上 で 利 用 者 の 要 望 に 迅 速 に 対 応 できる 環 境 作 りは 利 用 者 の 安 心 と 信 頼 円 滑 なコミュニケーションに 直 結 すると 位 置 づけている 一 方 やる 気 と 働 き 甲 斐 に 影 響 する 人 事 考 課 制 度 に 関 する 声 も 届 けられているが 法 人 全 体 に 関 わる 課 題 である 職 種 が 多 岐 にわたる 職 員 の 職 種 別 標 準 業 務 項 目 等 の 整 備 を 職 員 参 画 で 取 り 組 む 等 も 期 待 したい 9/12

10 7 情 報 の 保 護 共 有 カテゴリー7 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる 項 目 1 事 業 所 が 蓄 積 している 経 営 に 関 する 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 ん でいる サブカテゴリー1(7-1) 実 施 状 況 7/7 1. 情 報 の 重 要 性 や 機 密 性 を 踏 まえ アクセス 権 限 を 設 定 している 2. 収 集 した 情 報 は 必 要 な 人 が 必 要 なときに 活 用 できるように 整 理 保 管 している 3. 保 管 している 情 報 の 状 況 を 把 握 し 使 いやすいように 更 新 している 項 目 2 個 人 情 報 は 個 人 情 報 保 護 法 の 趣 旨 を 踏 まえて 保 護 共 有 して いる 評 点 ( ) 1. 事 業 所 で 扱 っている 個 人 情 報 の 利 用 目 的 を 明 示 している 2. 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 規 定 を 明 示 している 3. 開 示 請 求 に 対 する 対 応 方 法 を 明 示 している 4. 個 人 情 報 の 保 護 について 職 員 ( 実 習 生 やボランティアを 含 む)が 理 解 し 行 動 できるための 取 り 組 みを 行 っている カテゴリー7の 講 評 機 密 性 を 踏 まえた 情 報 管 理 に 取 り 組 んでいる 利 用 者 との 契 約 書 や 経 理 関 係 書 類 法 人 内 調 整 会 議 録 等 の 事 業 運 営 に 必 要 な 重 要 な 書 類 は 文 書 規 程 に 基 づき 事 務 所 内 の 鍵 のかかる 書 類 棚 に 保 管 されている 個 別 支 援 計 画 や 個 人 記 録 簿 業 務 マニュアル 等 日 々の 支 援 業 務 に 必 要 な 書 類 は 職 員 間 で 情 報 共 有 利 用 できるよう 業 務 別 または 個 人 別 にファイルされている パソコン 内 に 保 管 しているデータの 機 密 性 の 確 保 については パソコンにパスワー ド 制 限 をしており 事 業 所 全 体 でセキュリティ 管 理 をしている さらに 園 長 は 耐 火 書 庫 の 必 要 性 を 検 討 している 個 人 情 報 保 護 法 に 基 づいた 情 報 保 護 や 開 示 請 求 等 の 対 応 をしている 法 人 の 個 人 情 報 保 護 の 基 本 方 針 に 基 づき 事 業 所 では 契 約 時 に 利 用 者 家 族 に 説 明 および 同 意 を 頂 いている 職 員 に 対 しても 入 職 時 に 同 様 の 対 応 をしている 日 中 の 作 業 支 援 のボランティアには 登 録 時 に 職 員 と 同 様 の 対 応 をしている また 行 事 での 外 出 やパン 販 売 等 で 参 加 頂 けるボランティアには 個 人 情 報 保 護 法 の 他 に 職 員 から 具 体 例 をもって 利 用 者 に 対 して 上 から 目 線 での 発 言 や 対 応 には 厳 重 注 意 をしている 10/12

11 8 カテゴリー1 7に 関 する 活 動 成 果 カテゴリー8 サブカテゴリー1(8-1) 前 年 度 と 比 べ 事 業 所 の 方 向 性 の 明 確 化 や 関 係 者 への 周 知 地 域 社 会 への 責 任 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー1: リーダーシップと 意 思 決 定 カテゴリー2: 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー4: 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 園 長 は 基 本 理 念 の 実 現 に 向 けて 基 本 方 針 を 職 員 に 明 示 し 事 業 所 をリードしている 園 長 は 理 念 の 利 用 者 の 人 権 尊 重 利 用 者 に 対 しての 支 援 姿 勢 支 援 のアプローチ 地 域 連 携 について 5つの 基 本 方 針 として 具 体 化 明 示 をして 職 員 に 伝 えている 利 用 者 の 就 業 場 所 は1 階 は3グループ 2 階 と 別 れて 支 援 が 行 われている 事 業 所 運 営 にあたり 園 長 および 各 グループを 担 当 する 支 援 員 は 利 用 者 に 直 接 接 している 職 員 の 意 見 を 積 極 的 に 取 り 込 み 流 れ 作 業 個 別 作 業 作 業 内 容 等 の 円 滑 化 に 配 慮 している また 内 部 疾 患 を 合 併 している 利 用 者 の 体 調 変 化 や 形 態 対 応 食 が 必 要 な 利 用 者 に 十 分 な 配 慮 をし 無 理 のないよう にしている さらに 安 定 した 就 業 場 所 の 継 続 のため 安 定 した 受 注 先 の 継 続 確 保 やパン クッキー 等 の 自 主 生 産 品 の 定 例 常 設 やイベント への 参 加 ができるよう 地 域 連 携 に 取 り 組 んでいる 前 年 度 と 比 べ 職 員 と 組 織 の 能 力 の 面 で 向 上 している サブカテゴリー2(8-2) 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー5: 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 の 成 果 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 就 業 グループ 別 の 支 援 員 の 密 な 協 議 連 絡 調 整 で 職 員 に 共 通 した 研 修 が 実 施 できた 支 援 員 は 担 当 グループの 日 々 職 員 とのミニミーティングや 反 省 ノート で 業 務 および 利 用 者 に 関 わる 課 題 について 把 握 し さらに 当 日 中 に 全 支 援 員 による 協 議 連 絡 調 整 をしている それらの 内 容 は 朝 礼 時 に 反 映 される 朝 礼 では 支 援 員 全 員 と 職 員 の 全 体 朝 礼 作 業 グ ループ 別 でも 支 援 員 から 職 員 に 伝 達 されている また 内 容 によっては 週 1 回 のフロアミーティングでも 伝 達 が 行 われる 他 有 期 雇 用 職 員 が 全 員 揃 う 月 1 回 の 職 員 会 議 でも 伝 達 が 行 われる コミュニケーションが 重 ねて 行 われることで 支 援 員 と 職 員 の 情 報 共 有 ができ 信 頼 もで き 人 間 関 係 における 安 心 感 が 利 用 者 支 援 にも 効 果 が 表 れている 今 期 は 職 員 共 通 の 研 修 として 虐 待 防 止 てんかんについての 知 識 等 の 研 修 を 実 施 した サブカテゴリー3(8-3) 前 年 度 と 比 べ 福 祉 サービス 提 供 プロセスや 情 報 保 護 共 有 の 面 において 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴ リーで される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー6: サービス 提 供 のプロセス カテゴリー7: 情 報 の 保 護 共 有 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 利 用 者 の 安 全 確 保 と 情 報 の 共 有 提 供 がよくできるようになった 施 設 の 老 朽 化 に 伴 って 昨 年 度 から 定 期 修 繕 の 改 修 工 事 を 順 次 実 施 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる また 利 用 者 の 健 康 や 安 全 性 に 配 慮 し 職 員 がてんかん ダウン 症 感 染 症 高 次 脳 機 能 障 害 自 閉 症 など 疾 患 に 関 する 一 般 セミナーに 参 加 して 知 識 を 得 ている 参 加 した 職 員 は 伝 達 研 修 として 支 援 員 会 議 や 職 員 全 体 会 議 で 報 告 し 全 職 員 で 情 報 を 共 有 化 している さらに 自 立 支 援 窓 口 などの 他 部 署 と 情 報 を 共 有 しながらサービスを 提 供 している 11/12

12 事 業 所 の 財 政 等 において 向 上 している サブカテゴリー4(8-4) 項 目 1 財 政 状 態 や 収 支 バランスの 改 善 へ 向 けた 計 画 的 かつ 主 体 的 な 取 り 組 みにより 成 果 が 上 がっている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 の 成 果 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 引 き 続 き 経 費 削 減 に 取 り 組 み 電 気 料 金 等 の 低 減 が 実 現 できた 電 気 料 金 については 全 館 空 調 から 個 別 空 調 方 式 に 機 器 を 取 り 換 え 必 要 な 場 所 利 用 者 の 状 況 に 合 わせて 等 細 目 な 空 調 管 理 をする ことで 総 体 的 にコスト 削 減 を 実 現 した 電 気 料 金 低 減 は 個 別 空 調 方 式 に 切 り 替 えした 時 からすでに 効 果 がでており 将 来 の 電 気 料 金 対 策 へのリスクヘッジになっている また 業 後 の 会 議 や 記 録 事 務 時 間 外 での 反 省 会 等 を 縮 小 し 日 中 でのミニミーティングやケアカンファレ ンスで 細 目 な 協 議 をしたり 利 用 者 が 安 全 に 帰 宅 をしている 時 間 内 に 終 了 できるよう 全 員 協 働 の 体 制 をとり 利 用 者 支 援 に 影 響 しない 人 件 費 削 減 に 取 り 組 んでいる サブカテゴリー5(8-5) 前 年 度 と 比 べ 利 用 者 満 足 や 利 用 者 意 向 の 把 握 等 の 面 で 向 上 している 項 目 1 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 利 用 者 満 足 や 以 下 のカテゴリーで される 部 分 において 改 善 傾 向 を 示 して いる カテゴリー3: 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 などの 把 握 と 活 用 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われており 成 果 として 現 れている 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われているが 成 果 としては 現 れていない 改 善 に 向 けた 計 画 的 な 取 り 組 みが 行 われていない 改 善 の 成 果 利 用 者 アンケートを 実 施 要 望 の 明 確 化 とよりきめ 細 かい 個 別 支 援 に 取 り 組 んだ 個 別 支 援 計 画 は 更 新 時 利 用 者 家 族 の 要 望 や 困 っていること 従 来 と 異 なるサービスが 必 要 等 個 別 面 談 でききとり 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し 同 意 頂 いている また 経 過 中 においても 家 族 の 来 訪 時 や 日 々 利 用 者 に 接 している 職 員 による 気 づきや 利 用 者 とのコミュニケーショ ンで 支 援 上 の 留 意 点 を 積 み 重 ねている が さらに 利 用 者 アンケートの 実 施 により 作 業 環 境 としての 設 備 改 修 や 給 食 設 備 改 修 利 用 者 の 加 齢 にともなう 新 たなニーズとしてのグループホームやショートステイ 等 行 政 の 福 祉 事 業 全 般 についての 課 題 も 把 握 できた 法 人 には 地 域 情 報 のひとつとして 情 報 共 有 している 12/12

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

学校安全の推進に関する計画の取組事例

学校安全の推進に関する計画の取組事例 学 校 安 全 の 推 進 に 関 する 計 画 と Ⅱ 学 校 安 全 を 推 進 するための 方 策 項 目 1. 安 全 に 関 する 教 育 の 充 実 方 策 (1) 安 全 教 育 にお ける 主 体 的 に 行 動 する 態 度 や 共 助 公 助 の 視 点 (2) 教 育 手 法 の 改 善 被 災 地 へのボランティア 活 動 を 行 う 学 校 等 の 生 きる 力 をはぐくむ

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門

新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051102 87 取 組 施 策 国 や 研 究 機 関 への 派 遣 研 修 による 資 質 向 上 の 推 進 鳥 インフルエンザ 等 新 たな 感 染 症 等 に 対 する 検 査 技 術 の 習 得 など 職 員 の 専 門 新 行 財 政 改 革 推 進 大 綱 実 施 計 画 個 票 2051101 86 取 組 施 策 地 方 政 府 を 担 う 職 員 像 の 策 定 と 人 材 育 成 ( 新 人 材 育 成 ビジョンの 策 定 ) 平 成 17 年 度 静 岡 市 人 材 育 成 ビジョン を 策 定 平 成 20 年 度 進 捗 管 理 に 伴 う 一 部 改 訂 職 員 セッションの 試 行 を 行 った

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63> 計 画 策 定 の 趣 旨 わが 国 は 世 界 に 例 のないスピードで 高 齢 化 が 進 んでおり 世 界 でも 最 高 水 準 の 前 例 のない 高 齢 社 会 を 迎 えました 今 後 も 一 層 の 高 齢 化 が 進 行 し ねたきりや 認 知 症 高 齢 者 の 増 加 介 護 期 間 の 長 期 化 など 介 護 に 対 するニーズがますます 増 大 することが 見 込 まれます

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地

1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )の 構 成 構 成 記 載 内 容 第 1 章 はじめに 本 マニュアルの 目 的 記 載 内 容 について 説 明 しています 第 2 章 第 3 章 第 4 章 第 5 章 第 6 章 林 地 ( 資 料 3) 林 地 台 帳 及 び 地 図 整 備 マニュアル( 案 ) 概 要 本 資 料 は 現 時 点 での 検 討 状 況 を 基 に 作 成 したものであり 今 後 事 務 レベルの 検 討 会 等 を 経 て 成 案 を 得 ることとしてい ます 平 成 28 年 7 月 林 野 庁 計 画 課 1 林 地 台 帳 整 備 マニュアル( 案 )について 林 地 台 帳 整 備 マニュアル(

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378>

<819A955D89BF92B28F91816989638BC690ED97AA8EBA81418FA48BC682CC8A8890AB89BB816A32322E786C7378> 平 成 27 年 度 施 策 評 価 調 書 施 策 の 名 称 等 整 理 番 号 22 評 価 担 当 課 営 業 戦 略 課 職 氏 名 施 策 名 ( 基 本 事 業 ) 商 業 の 活 性 化 総 合 計 画 の 位 置 づけ 基 本 目 主 要 施 策 4 想 像 力 と 活 力 にあふれたまちづくり 商 業 の 振 興 2 施 策 の 現 状 分 析 と 意 図 施 策 の 対 象 意

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され

1.はじめに わが 国 での 急 速 な 少 子 化 の 進 行 等 を 踏 まえ 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ 育 成 される 環 境 の 整 備 を 目 的 とした 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 が 平 成 15 年 7 月 に 制 定 され 飛 騨 市 次 世 代 育 成 支 援 行 動 計 画 ( 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 飛 騨 市 長 飛 騨 市 議 会 議 長 飛 騨 市 選 挙 管 理 委 員 会 飛 騨 市 代 表 監 査 委 員 飛 騨 市 農 業 委 員 会 飛 騨 市 教 育 委 員 会 飛 騨 市 消 防 本 部 消 防 長 古 川 国 府 給 食 センター 利 用 組

More information

J J.フロント リテイリング 株 式 会 社 内 部 統 制 システム 構 築 の 基 本 方 針 制 定 平 成 19 年 09 月 03 日 改 定 平 成 19 年 11 月 26 日 改 定 平 成 21 年 05 月 26 日 改 定 平 成 22 年 03 月 01 日 改 定 平 成 25 年 04 月 01 日 改 定 平 成 26 年 03 月 01 日 改 定 平 成 27 年 05

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版)

02【発出】280328福島県警察職員男女共同参画推進行動計画(公表版) 福 島 県 警 察 職 員 男 女 共 同 参 画 推 進 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 4 月 改 定 ) 福 島 県 警 察 目 次 第 1 総 論 1 計 画 改 定 の 趣 旨 2 計 画 期 間 第 2 具 体 的 取 組 Ⅰ 意 識 改 革 幹 部 を 始 めとした 全 職 員 の 意 識 改 革 の 徹 底 Ⅱ 女 性 警 察 官 の 採 用 拡 大 1 女 性 警 察 官 の

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実

東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 5 内 容 これまで1ヶ 月 の 動 きと 今 後 1ヶ 月 の 予 定 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 備 考 員 の 確 保 状 況 と 地 元 雇 用 率 の 実 東 京 電 力 ホールディングス 株 式 会 社 労 働 環 境 改 善 2016/9/29 在 分 野 名 括 り 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 及 び 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 管 理 対 象 区 域 の 運 用 区 分 に 応 じた 放 射 線 防 護 装 備 の 適 正 化 の 運 用 開 始 (2016 年 3 月 8 日 ~) 労 働 環 境 改 善 スケジュール

More information

介護保険制度改正にかかる事業所説明会

介護保険制度改正にかかる事業所説明会 資 料 3 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 へ 移 行 時 のポイント 杉 並 区 役 所 保 健 福 祉 部 高 齢 者 施 策 課 総 合 事 業 整 備 係 1 利 用 者 の 総 合 事 業 への 移 行 時 期 予 防 給 付 予 防 生 活 支 援 サー 事 業 給 付 平 成 27 年 度 平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 保 険 法 改 正 予 防 生 活 支 援 サー

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 要 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 祉 法 人 氏 名 人 見 君 子 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 番 の 電 話 番 号 075-77 - 388 FAX 番

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1,

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 26 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 副 理 事 長 A 理 事 16,638 10,332 4,446 1, 原 子 力 損 害 賠 償 廃 炉 等 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 機 構 は 未 曽 有 の 大 事 故 となった 平 成 23 年 3 月 の 東 京 電 力 福 島

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】

資料1:勧告の仕組みとポイント26.10.17改【完成】 給与勧告の仕組みと報告のポイント 平成 26 年 10 月 静岡県人事委員会 目 次 1 給 与 勧 告 の 仕 組 み ページ 1 給 与 勧 告 の 対 象 職 員 1 2 給 与 勧 告 の 手 順 2 3 民 間 給 与 との 比 較 方 法 (ラスパイレス 比 較 ) 3 4 民 間 給 与 と 職 員 給 与 との 比 較 4 2 本 年 の 給 与 改 定 1 本 年 の 給 与 改

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

文化政策情報システムの運用等

文化政策情報システムの運用等 名 開 始 終 了 ( 予 定 ) 年 度 番 号 0406 平 成 25 年 行 政 レビューシート ( 文 部 科 学 省 ) 文 化 政 策 情 報 システム 運 用 等 担 当 部 局 庁 文 化 庁 作 成 責 任 者 平 成 8 年 度 なし 担 当 課 室 長 官 官 房 政 策 課 政 策 課 長 清 水 明 会 計 区 分 一 般 会 計 政 策 施 策 名 根 拠 法 令 ( 具

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会

道 内 シ ル バ ー 人 材 セ ン タ ー の 現 状 に つ い て は 契 約 金 額 に お い て は 請 負 契 約 で は 減 少 し た も の の シ ル バ ー 派 遣 事 業 の 大 幅 な 伸 び に よ り 5 年 ぶ り に 前 年 実 績 を 上 回 っ た が 会 平 成 28 年 度 事 業 計 画 我 が 国 においては 少 子 高 齢 化 が 進 展 し 65 歳 以 上 の 高 齢 者 化 率 は 2 0 6 0 年 に は 4 0 % 近 い 水 準 と な る 事 が 推 計 さ れ て おります 本 道 に お い て も 6 5 歳 以 上 の 高 齢 者 人 口 は 2 7 年 1 月 1 日 現 在 で は 1 5 1 万 人 を 超 え

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担

推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 アクションプラン 全 体 計 画 ( 平 成 23~27 年 ) H25 推 進 項 目 15 人 材 育 成 の 強 化 重 要 A 番 号 取 組 事 業 名 151 職 員 の 専 門 性 向 上 作 成 日 H25.4.1 更 新 日 H26.3.31 担 当 部 署 32 総 務 部 人 事 課 責 任 者 吉 田 克 夫 担 当 者 人 事 人 材 育 成 担 当 取 組 年 H23 ~

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必

類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 1 必 要 な 者 に 対 し 相 談 情 報 提 供 助 言 行 政 や 福 祉 保 健 医 療 サービス 事 者 等 との 連 絡 調 整 を 行 う 等 の 事 必 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 氏 名 人 見 君 子 市 祉 法 人 年 齢 公 表 / 非 公 表 主 たる 事 務 所 の 所 在 メールアド レス 9 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 7 年 4 月 1 日 現 在 606-8336 京 都 市 左 京 区 岡 崎 北 御 所 町 1 番 の1 電 話 番 号 075-771 - 388

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情

消 費 生 活 センターに 関 する 条 例 の 制 定 施 行 規 則 第 8 条 地 方 消 費 者 行 政 ガイド ライン 施 行 規 則 において 都 道 府 県 及 び 消 費 生 活 センターを 設 置 する 市 町 村 が 消 費 生 活 センターの 組 織 及 び 運 営 及 び 情 資 料 2-2-1 消 費 者 安 全 法 の 改 正 に 伴 う 関 係 内 閣 府 令 及 びガイドラインの 概 要 ( 案 ) 1. 趣 旨 不 当 景 品 類 及 び 不 当 表 示 防 止 法 等 の 一 部 を 改 正 する 等 の 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 71 号 以 下 景 表 法 等 改 正 等 法 という )により 消 費 者 安 全 法 ( 平 成 21 年

More information

Microsoft Word - 24行動計画案.doc

Microsoft Word - 24行動計画案.doc 京 都 市 動 物 愛 護 行 動 計 画 に 基 づく 取 組 予 定 ( 平 成 24 年 度 ) 1 殺 処 分 数 の 大 幅 な 減 少 (1) 飼 主 責 任 の 徹 底 1 終 生 飼 養 の 徹 底 犬 猫 の 引 取 手 数 料 増 額 に 向 けて 研 究 する 新 規 動 物 の 飼 養 を 希 望 する 市 民 に 対 し, 終 生 適 正 飼 養 等 に 係 る 意 識 の

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E968BC68C7689E68F91816991E682529269816A> 平 成 24 年 度 事 業 計 画 書 自 平 成 24 年 4 月 1 日 至 平 成 25 年 3 月 31 日 社 会 福 祉 法 人 神 奈 川 県 匡 済 会 平 成 24 年 度 事 業 計 画 第 1 横 浜 市 ホームレス 自 立 支 援 施 設 はまかぜ 第 2 横 浜 市 ホームレス 巡 回 相 談 指 導 事 業 第 3 横 浜 市 ホームレス 保 健 サービス 支 援 事

More information

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者

そ の 他 類 ( 番 号 を 記 載 ) 施 設 名 事 所 名 所 在 事 開 始 年 月 日 事 規 模 ( 定 員 ) 公 益 事 広 島 市 城 山 北 城 南 域 包 括 支 援 センター 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 5-6-0 B0 平 成 8 年 4 月 日 必 要 な 者 Ⅰ 基 本 情 報 所 轄 庁 法 人 名 ホーム ページアド レス 代 表 者 市 祉 法 人 楽 友 会 非 73-00 広 島 市 安 佐 南 区 川 内 一 丁 目 番 9 号 電 話 番 号 08-83 - 4 FAX 番 号 08-876 - 非 祉 法 人 現 況 報 告 書 平 成 6 年 4 月 日 現 在 http://kawauchinosato.net kawauchinosato@deluxe.ocn.ne.jp

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770>

<81798C6898568F6A8BE0817A8D8297EE2048508CF6955C9770> 平 成 24 年 度 薩 摩 川 内 市 事 務 事 業 評 価 表 1 事 務 事 業 の 位 置 付 け(Plan) 事 務 事 業 名 薩 摩 川 内 市 敬 老 金 支 給 事 業 担 当 者 齊 藤 夏 美 所 管 部 課 名 事 業 の 種 類 市 民 福 祉 部 高 齢 介 護 福 祉 課 事 業 の 根 拠 ( 根 拠 法 令 ) ソフト 事 業 建 設 整 備 事 業 施 設 管

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

23 年 度 事 業 計 画 概 要 事 業 項 目 事 業 内 容 施 策 A. 各 種 制 度 改 変 への 対 応 (1) 老 人 福 祉 法 高 齢 者 住 まい 法 改 正 関 連 1 指 導 指 針 改 正 ( 老 福 法 ) 登 録 基 準 策 定 ( 住 まい 法 )への 対 応 2

23 年 度 事 業 計 画 概 要 事 業 項 目 事 業 内 容 施 策 A. 各 種 制 度 改 変 への 対 応 (1) 老 人 福 祉 法 高 齢 者 住 まい 法 改 正 関 連 1 指 導 指 針 改 正 ( 老 福 法 ) 登 録 基 準 策 定 ( 住 まい 法 )への 対 応 2 平 成 23 年 度 事 業 計 画 書 社 団 法 人 全 国 有 料 老 人 ホーム 協 会 1.はじめに 有 料 老 人 ホームの 全 体 市 場 は ホーム 数 で 5700 入 居 定 員 数 で 25 万 人 を 超 える 規 模 となり 高 齢 社 会 の 重 要 な 担 い 手 としての 成 長 を 続 けている 状 況 にあります 当 協 会 としては さらに 会 員 事 業 者

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

d02 国際交流基金 様式1

d02 国際交流基金 様式1 独 立 行 政 法 人 国 際 交 流 基 金 ( 法 人 番 号 3011105603801)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 法 人 は 外 交 政 策 に 資 する 国 際 文 化 交 流 事 業

More information

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱

Microsoft Word - 東京都北区有料老人ホーム等設置指導要綱 東 京 都 北 区 有 料 老 人 ホーム 設 置 指 導 要 綱 1 8 北 福 健 第 2 1 4 号 平 成 18 年 7 月 20 日 区 長 決 裁 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 北 区 内 において 有 料 老 人 ホームの 事 業 を 計 画 する 者 等 に 対 し 遵 守 すべき 事 項 を 定 め 必 要 な 指 導 及 び 協 力 要 請 を 行 うことにより

More information

スライド 1

スライド 1 本 資 料 は 学 会 代 議 員 との 意 見 交 換 を 踏 まえて 多 数 意 見 をまとめたものです しかし 学 術 団 体 として 多 様 な 意 見 があります これを 契 機 に 議 論 が 活 性 化 することを 期 待 します マンション 建 替 えに 関 する 意 見 ( 第 2 版 ) 当 日 の 口 頭 説 明 を 一 部 加 筆 千 葉 大 学 小 林 秀 樹 < 一 般

More information

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64

(2) 就 業 規 則 の 状 況 就 業 規 則 は 90.0%の 事 業 所 が 整 備 している このうち 就 業 規 則 を 周 知 している 事 業 所 は 84.0%で 周 知 の 方 法 ( 複 数 回 答 )については 常 時 掲 示 または 備 え 付 け が 最 も 多 く 64 平 成 21 年 度 労 働 関 係 総 合 実 態 調 査 調 査 結 果 の 概 要 1 諸 制 度 の 状 況 (1) 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 従 業 員 の 採 用 時 における 労 働 条 件 の 明 示 の 方 法 は 労 働 ( 雇 用 ) 契 約 書 を 取 り 交 わ している が 34.3%でもっとも 多 く 次 いで 口 頭 による 説 明 が 30.2%

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc)

(Microsoft Word - \212\356\226{\225\373\220j2014220_\217C\220\263\201j.doc) 平 成 26 年 2 月 20 日 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 年 金 資 産 運 用 の 基 本 方 針 日 本 医 師 従 業 員 国 民 年 金 基 金 ( 以 下 当 基 金 という)は 年 金 給 付 等 積 立 金 ( 以 下 年 金 資 産 という)の 運 用 にあたり 以 下 の 基 本 方 針 を 定 める 当 基 金 から 年 金 資 産 の 管 理 又

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受

賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 4 Q & A 賃 金 改 善 の 方 法 等 について ( 問 1) 厚 生 労 働 省 の 説 明 資 料 や 報 道 等 において 15,000 円 という 金 額 が 出 てきているが 15,000 円 を 上 回 る 賃 金 改 善 計 画 を 策 定 しなければ 本 交 付 金 による 助 成 を 受 けられないのか また 実 際 の 賃 金 改 善 額 が 賃 金 改 善 計 画 における

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 法 人 の 長 A 18,248 11,166 4,897 119 2,066 6,42 独 立 行 政 法 人 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 北 方 領 土 問 題 対 策 協 会 は 北 方 領 土 問 題 その 他 北 方 地 域 に 関 する

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3

職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 () 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 年 4 月 日 現 在 ) 一 般 行 政 職 国 見 町 福 島 県 国 類 似 団 体 平 均 年 齢 4.6 歳 3 国 見 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 年 度 末 ) B B/ 平 成 9 年 度 の 件 費 率 平 成 年 度,478 4,55,53 79,66 94,46 3.. () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定

する ( 評 定 の 時 期 ) 第 条 成 績 評 定 の 時 期 は 第 3 次 評 定 者 にあっては 完 成 検 査 及 び 部 分 引 渡 しに 伴 う 検 査 の 時 とし 第 次 評 定 者 及 び 第 次 評 定 者 にあっては 工 事 の 完 成 の 時 とする ( 成 績 評 定 射 水 市 建 設 工 事 施 行 に 関 する 工 事 成 績 評 定 要 領 平 成 8 年 3 月 7 告 示 第 44 号 ( 目 的 ) 第 条 この 要 領 は 射 水 市 が 所 掌 する 工 事 の 成 績 評 定 ( 以 下 評 定 という )に 必 要 な 事 項 を 定 め 公 正 かつ 的 確 な 評 定 を 行 うことにより もって 請 負 業 者 の 選 定 及 び 指

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090BC8BBB959491BA8F5A91EE8A54977694C52E646F63> 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 < 概 要 版 > 平 成 22 年 3 月 北 海 道 西 興 部 村 住 生 活 基 本 計 画 公 営 住 宅 等 長 寿 命 化 計 画 の 背 景 国 では 公 的 直 接 供 給 やフローを 重 視 する 住 宅 建 設 計 画 法 を 廃 止 し 平 成 18 年 6 月 に 新 たな 時 代 の

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 6 月 30 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就

More information

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 ( 以 下 協 会 という)は 川 崎 市 内 における 障 害 福 祉 関 係 施 設 及 び 事 業 所 並 びに 地 域 福 祉 サービス 機 関 等 との 相 互 の 連 携 による 障 害

More information

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自

2 導 入 に 係 る 各 課 の 役 割 部 署 名 危 機 管 理 室 主 な 事 務 番 号 法 に 規 定 さ れ た 事 務 へ の 個 人 番 号 の 導 入 に 関 す る こ と 制 度 導 入 に 向 け た 事 務 の 総 括 に 関 す る こ と 個 人 番 号 の 独 自 飯 能 市 社 会 保 障 税 番 号 制 度 ( マ イ ナ ン バ ー 制 度 ) 導 入 基 本 方 針 平 成 2 7 年 8 月 4 日 市 長 決 裁 行 政 手 続 に お け る 特 定 の 個 人 を 識 別 す る た め の 番 号 の 利 用 等 に 関 す る 法 律 ( 平 成 2 5 年 法 律 第 2 7 号 以 下 番 号 法 と い う ) 等 の 通 称 マ イ

More information

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか

(2)大学・学部・研究科等の理念・目的が、大学構成員(教職員および学生)に周知され、社会に公表されているか 平 成 23 年 度 自 己 報 告 書 1 理 念 目 的 (1) 大 学 学 部 研 究 科 等 の 理 念 目 的 は 適 切 に 設 定 されているか 平 成 19 年 6 月 に の 目 標 として 大 学 の 発 展 に 貢 献 する 力 のある 組 織 とい う 共 通 の 目 標 を 掲 げ この 目 標 を 常 に 念 頭 に 置 きながら 日 々の 業 務 に 当 たっている さらに

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために

住み慣れたこの町で最期まで 安心して暮らすために 第 6 次 出 入 国 管 理 政 策 懇 談 会 新 宿 区 1 新 宿 区 は 外 国 人 住 民 が 全 国 で 一 番 多 く 暮 らす 自 治 体 で 全 区 民 の10%を 超 えています 地 域 別 全 国 平 成 26 年 1 月 1 日 現 在 住 民 記 録 人 口 総 数 ( 人 ) 日 本 人 住 民 人 口 外 国 人 住 民 人 口 人 数 ( 人 ) 割 合 (%) 人

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information