1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること"

Transcription

1 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者

2 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 明 示 している 2. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 職 員 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 3. 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)について 利 用 者 本 人 や 家 族 等 の 理 解 が 深 まるような 取 り 組 みを 行 っている 4. 重 要 な 意 思 決 定 や 判 断 に 迷 ったときに 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 ビジョン 基 本 方 針 など)を 思 い 起 こすことができ る 取 り 組 みを 行 っている( 会 議 中 に 確 認 できるなど) 評 価 項 目 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 対 して 表 明 し 事 業 所 をリードしている 1. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えている 2. 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 している 評 価 項 目 重 要 な 案 件 について 経 営 層 ( 運 営 管 理 者 含 む)は 実 情 を 踏 まえて 意 思 決 定 し その を 関 係 者 に 周 知 している 1. 重 要 な 案 件 を 検 討 し 決 定 する 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 重 要 な 意 思 決 定 に 関 し その と 決 定 経 緯 について 職 員 に 周 知 している 3. 利 用 者 等 に 対 し 重 要 な 案 件 に 関 する 決 定 事 項 について 必 要 に 応 じてその と 決 定 経 緯 を 伝 えている

3 2 経 営 における 社 会 的 責 任 2-1 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 社 会 人 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 などを 周 知 している 1. 福 祉 サービスに 従 事 する 者 として 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などを 明 示 している 2. 全 職 員 に 対 して 守 るべき 法 規 範 倫 理 ( 個 人 の 尊 厳 )などの 理 解 が 深 まるように 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 第 三 者 による 評 価 の 結 果 公 表 情 報 開 示 などにより 地 域 社 会 に 対 し 透 明 性 の 高 い 組 織 となっている 1 第 三 者 による 評 価 の 結 果 公 表 情 報 開 示 など 外 部 の 導 入 を 図 り 開 かれた 組 織 となるように 取 り 組 んでいる 2. 透 明 性 を 高 めるために 地 域 の 人 の 目 にふれやすい 方 法 ( 事 業 者 便 り 会 報 など)で 地 域 社 会 に 事 業 所 に 関 する 情 報 を 開 示 して いる 2-2 地 域 の 福 祉 に 役 立 つ 取 り 組 みを 行 っている 評 価 項 目 事 業 所 の 機 能 や 福 祉 の 専 門 性 をいかした 取 り 組 みがある(* 指 定 サービス 任 意 項 目 ) 1. 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 は 利 用 者 に 支 障 のない 範 囲 で 地 域 の 人 に 還 元 している( 施 設 備 品 等 の 開 放 個 別 相 談 など) 2. 地 域 の 人 や 関 係 機 関 を 対 象 に 事 業 所 の 機 能 や 専 門 性 をいかした 企 画 啓 発 活 動 ( 研 修 会 の 開 催 講 師 派 遣 など)を 行 っている 評 価 項 目 ボランティア 受 け 入 れに 関 する 基 本 姿 勢 を 明 確 にし 体 制 を 確 立 している(* 指 定 サービス 任 意 項 目 ) 1.ボランティアの 受 け 入 れに 対 する 基 本 姿 勢 を 明 示 している 2.ボランティアの 受 け 入 れ 体 制 を 整 備 している( 担 当 者 の 配 置 手 引 き 書 の 作 成 など) 3.ボランティアに 利 用 者 のプライバシーの 尊 重 やその 他 の 留 意 事 項 などを 伝 えている 評 価 項 目 地 域 の 関 係 機 関 との 連 携 を 図 っている 1. 地 域 の 関 係 機 関 のネットワーク( 事 業 者 連 絡 会 など)に 参 画 している 2. 地 域 ネットワーク 内 での 共 通 課 題 について 協 働 して 取 り 組 めるような 体 制 を 整 えている

4 3 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 の 把 握 と 活 用 3-1 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 活 用 している 評 価 項 目 利 用 者 一 人 ひとりの 意 向 ( 意 見 要 望 苦 情 )を 多 様 な 方 法 で 把 握 し 迅 速 に 対 応 している( 苦 情 解 決 制 度 を 含 む) 1. 苦 情 解 決 制 度 を 利 用 できることや 事 業 者 以 外 の 相 談 先 を 遠 慮 なく 利 用 できることを 利 用 者 に 伝 えている 2. 利 用 者 一 人 ひとりの 意 見 要 望 苦 情 に 対 する 解 決 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 利 用 者 意 向 の 集 約 分 析 とサービス 向 上 への 活 用 に 取 り 組 んでいる 1. 利 用 者 アンケートなど 事 業 所 側 からの 働 きかけにより 利 用 者 の 意 向 を 把 握 することに 取 り 組 んでいる 2. 事 業 者 が 把 握 している 利 用 者 の 意 向 を 取 りまとめ 利 用 者 から 見 たサービスの 現 状 問 題 を 把 握 している 3. 利 用 者 の 意 向 をサービス 向 上 につなげることに 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 地 域 事 業 環 境 に 関 する 情 報 を 収 集 し 状 況 を 把 握 分 析 している 1. 地 域 の 福 祉 ニーズの 収 集 ( 地 域 での 聞 き 取 り 地 域 懇 談 会 など)に 取 り 組 んでいる 2. 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 ( 行 政 や 業 界 などの 動 き)の 収 集 に 取 り 組 んでいる 3. 事 業 所 としての 今 後 のあり 方 の 参 考 になるように 地 域 の 福 祉 ニーズや 福 祉 事 業 全 体 の 動 向 を 整 理 分 析 している

5 4 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行 4-1 実 践 的 な 課 題 計 画 策 定 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 取 り 組 み 期 間 に 応 じた 課 題 計 画 を 策 定 している 1. 理 念 ビジョンの 実 現 に 向 けた 中 長 期 計 画 を 策 定 している 2. 年 度 単 位 の 計 画 を 策 定 している 3. 短 期 の 活 動 についても 計 画 的 ( 担 当 者 スケジュールの 設 定 など)に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 多 角 的 な 視 点 から 課 題 を 把 握 し 計 画 を 策 定 している 1. 課 題 の 明 確 化 計 画 策 定 の 時 期 や 手 順 があらかじめ 決 まっている 2. 課 題 の 明 確 化 計 画 の 策 定 にあたり 現 場 の 意 向 を 反 映 できるようにしている 3. 計 画 は サービスの 現 状 ( 利 用 者 意 向 地 域 の 福 祉 ニーズや 事 業 環 境 など)を 踏 まえて 策 定 している 4. 計 画 は 想 定 されるリスク( 利 用 者 への 影 響 職 員 への 業 務 負 担 必 要 経 費 の 増 大 など)を 踏 まえて 策 定 している 評 価 項 目 着 実 な 計 画 の 実 行 に 取 り 組 んでいる 1. 計 画 推 進 の 方 法 ( 体 制 職 員 の 役 割 や 活 動 など)を 明 示 している 2. 計 画 推 進 にあたり より 高 い 成 果 が 得 られるように 事 業 所 内 外 の 先 進 事 例 失 敗 事 例 を 参 考 にするなどの 取 り 組 みを 行 3. 計 画 推 進 にあたり 目 指 す 目 標 と 達 成 度 合 いを 図 る 指 標 を 明 示 している 4. 計 画 推 進 にあたり 進 捗 状 況 を 確 認 し( 半 期 月 単 位 など) 必 要 に 応 じて 見 直 しをしながら 取 り 組 んでいる 4-2 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 に 計 画 的 に 取 り 組 んでいる 1. 利 用 者 の 安 全 の 確 保 向 上 を 図 るため 関 係 機 関 との 連 携 や 事 業 所 内 の 役 割 分 担 を 明 示 している 2. 事 敀 感 染 症 侵 入 災 害 などの 事 例 や 情 報 を 組 織 として 収 集 し 予 防 対 策 を 策 定 している 3. 事 敀 感 染 症 侵 入 災 害 などの 発 生 時 でもサービス 提 供 が 継 続 できるよう 職 員 利 用 者 関 係 機 関 などに 具 体 的 な 活 動 が 伝 わっている 4. 事 敀 感 染 症 侵 入 などの 被 害 が 発 生 したときは 要 因 を 分 析 し 再 発 防 止 に 取 り 組 んでいる

6 5 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上 5-1 事 業 所 が 目 指 している 経 営 サービスを 実 現 する 人 材 の 確 保 育 成 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 事 業 所 にとって 必 要 な 人 材 構 成 にしている 1. 事 業 所 の 人 事 制 度 に 関 する 方 針 ( 人 材 像 職 員 育 成 評 価 の 考 え 方 )を 明 示 している 2. 事 業 所 が 必 要 とする 人 材 を 踏 まえた 採 用 を 行 っている 3. 適 材 適 所 の 人 員 配 置 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 職 員 の 質 の 向 上 に 取 り 組 んでいる 1. 職 員 一 人 ひとりの 能 力 向 上 に 関 する 希 望 を 把 握 している 2. 事 業 所 の 人 材 育 成 計 画 と 職 員 一 人 ひとりの 意 向 に 基 づき 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 を 策 定 している 3. 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 は 職 員 の 技 術 水 準 知 識 専 門 資 格 の 習 得 ( 取 得 )などの 視 点 を 入 れて 策 定 している 4. 職 員 一 人 ひとりの 個 人 別 の 育 成 ( 研 修 ) 計 画 に 基 づいて 必 要 な 支 援 をしている 5. 職 員 の 研 修 成 果 を 確 認 し( 研 修 時 研 修 直 後 研 修 数 ヶ 月 後 など) 研 修 が 本 人 の 育 成 に 役 立 ったかを 確 認 している 5-2 職 員 一 人 ひとりと 組 織 力 の 発 揮 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 職 員 一 人 ひとりの 主 体 的 な 判 断 行 動 と 組 織 としての 学 びに 取 り 組 んでいる 1. 職 員 の 判 断 で 実 施 可 能 な 範 囲 と それを 超 えた 場 合 の 対 応 方 法 を 明 示 している 2 職 員 一 人 ひとりの 日 頃 の 気 づきや 工 夫 について 互 いに 学 ぶことに 取 り 組 んでいる 3. 職 員 一 人 ひとりの 研 修 成 果 を レポートや 発 表 等 で 共 有 化 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 職 員 のやる 気 向 上 に 取 り 組 んでいる 1. 事 業 所 の 特 性 を 踏 まえ 職 員 の 育 成 評 価 報 酬 ( 賃 金 昇 進 昇 格 賞 賛 など)が 連 動 した 人 材 マネジメントを 行 っている 2. 就 業 状 況 ( 勤 務 時 間 や 休 暇 取 得 疲 労 ストレスなど)を 把 握 し 改 善 に 取 り 組 んでいる 3. 職 員 の 意 識 を 把 握 し やる 気 と 働 きがいの 向 上 に 取 り 組 んでいる 4. 福 利 厚 生 制 度 の 充 実 に 取 り 組 んでいる

7 7 情 報 の 保 護 共 有 7-1 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる 評 価 項 目 事 業 所 が 蓄 積 している 経 営 に 関 する 情 報 の 保 護 共 有 に 取 り 組 んでいる 1. 情 報 の 重 要 性 や 機 密 性 を 踏 まえ アクセス 権 限 を 設 定 している 2. 収 集 した 情 報 は 必 要 な 人 が 必 要 なときに 活 用 できるように 整 理 保 管 している 3. 保 管 している 情 報 の 状 況 を 把 握 し 使 いやすいように 更 新 している 評 価 項 目 個 人 情 報 は 個 人 情 報 保 護 法 の 趣 旨 を 踏 まえて 保 護 共 有 している 1. 事 業 所 で 扱 っている 個 人 情 報 の 利 用 目 的 を 明 示 している 2. 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 規 定 を 明 示 している 3. 開 示 請 求 に 対 する 対 応 方 法 を 明 示 している 4. 個 人 情 報 の 保 護 について 職 員 ( 実 習 生 やボランティアを 含 む)が 理 解 し 行 動 できるための 取 り 組 みを 行 っている

8 8 1~7に 関 する 活 動 成 果 8-1 前 年 度 と 比 べ 事 業 所 の 方 向 性 の 明 確 化 や 関 係 者 への 周 知 地 域 社 会 への 責 任 の 面 で 向 上 している 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで 評 価 される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー1 : リーダーシップと 意 思 決 定 カテゴリー2 : 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー4 : 計 画 の 策 定 と 着 実 な 実 行

9 8-2 前 年 度 と 比 べ 職 員 と 組 織 の 能 力 の 面 で 向 上 している 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで 評 価 される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー5 : 職 員 と 組 織 の 能 力 向 上

10 8-3 前 年 度 と 比 べ 福 祉 サービス 提 供 プロセスや 情 報 保 護 共 有 の 面 において 向 上 している 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 以 下 のカテゴリーで 評 価 される 部 分 について 改 善 を 行 い 成 果 が 上 がっている カテゴリー6 : サービス 提 供 のプロセス カテゴリー7 : 情 報 の 保 護 共 有

11 8-4 事 業 所 の 財 政 等 において 向 上 している 財 政 状 態 や 収 支 バランスの 改 善 へ 向 けた 計 画 的 かつ 主 体 的 な 取 り 組 みにより 成 果 が 上 がっている

12 8-5 前 年 度 と 比 べ 利 用 者 満 足 や 利 用 者 意 向 の 把 握 等 の 面 で 向 上 している 前 年 度 ( 比 較 困 難 な 場 合 は 可 能 な 期 間 で)と 比 べて 利 用 者 満 足 や 以 下 のカテゴリーで 評 価 される 部 分 において 改 善 傾 向 を 示 している カテゴリー3: 利 用 者 意 向 や 地 域 事 業 環 境 などの 把 握 と 活 用

13 1 事 業 者 が 特 に 力 を 入 れている 取 り 組 み 評 価 項 目 タイトル 2 事 業 者 が 特 に 力 を 入 れている 取 り 組 み 評 価 項 目 タイトル 3 事 業 者 が 特 に 力 を 入 れている 取 り 組 み 評 価 項 目 タイトル

14 特 に 良 いと 思 う 点 タイト ル 1 タイト ル 2 タイト ル 3 さらなる 改 善 が 望 まれる 点 タイト ル 1 タイト ル 2 タイト ル 3

15

評価結果報告書

評価結果報告書 組 織 マネジメント: 就 労 継 続 支 援 B 型 平 成 27 年 度 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 武 蔵 村 山 市 立 のぞみ 福 祉 園 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事

More information

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73>

< FAC8BE088E48E738FE18A518ED2959F8E83835A E815B814095F18D908F C4816A2E786C73> 組 織 マネジメント: 知 的 障 害 者 通 所 授 産 施 設 Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 事 業 所 名 : 社 会 福 祉 法 人 まりも 会 小 金 井 市 障 害 者 福 祉 センター 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー

経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 を 職 員 に 伝 えて 経 営 層 は 自 らの 役 割 と 責 任 に 基 づいて 行 動 して 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート( 経 営 層 合 議 用 ) カテゴリー1 リーダーシップと 意 思 決 定 サブカテゴリー 平 成 20 年 度 組 織 マネジメント 分 析 シート 自 己 評 価 用 経 営 層 合 議 用 作 成 日 ( 完 成 日 ) 施 設 事 業 所 名 厚 生 館 保 育 園 平 成 21 年 1 月 21 日 ( 役 職 名 ) ( 氏 名 ) 作 成 関 係 者 園 長 瀬 端 真 弓 カテゴリー 1.リーダーシップと 意 思 決 定 2. 経 営 における 社 会 的 責 任 3. 利

More information

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方

平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 を 策 定 しまし た この 方 夢 まちづくりはひとづくりから 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 改 訂 版 平 成 16 年 12 月 策 定 平 成 25 年 10 月 改 訂 平 塚 市 平 塚 市 職 員 育 成 基 本 方 針 の 改 訂 にあたって 本 市 では 市 民 の 期 待 に 応 え 市 民 サービスの 向 上 魅 力 あるまちづくりの 推 進 を 目 指 し 平 成 16 年 12 月 に 平 塚

More information

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし

3. 利 用 者 への 支 援 3-1 個 別 支 援 計 画 利 用 者 の 自 立 支 援 を 促 進 するために 個 別 支 援 計 画 の 見 直 し 推 進 強 化 を 図 り 日 常 生 活 の 中 に 可 能 な 限 り 自 己 選 択 できるシステムを 取 り 入 れ その 人 らし 平 成 26 年 度 救 護 施 設 りんくうみなと 事 業 計 画 書 社 会 福 祉 法 人 みなと 寮 1. 目 的 りんくうみなとは 生 活 保 護 法 第 38 条 第 2 項 に 定 められた 救 護 施 設 であり 保 護 の 実 施 機 関 より 依 頼 された 身 体 や 精 神 に 障 がいがあり 経 済 的 な 課 題 も 含 めて 日 常 生 活 を 送 ることが 困 難 な

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的

目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現 状 の 把 握 2 ⑵ 目 標 の 設 定 4 ⑶ 具 体 的 会 津 若 松 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 5 月 会 津 若 松 市 目 次 1 計 画 の 目 的 及 び 位 置 付 け 1 2 計 画 の 概 要 2 ⑴ 計 画 期 間 2 ⑵ 対 象 2 ⑶ 計 画 のフォローアップ 及 び 情 報 の 公 表 2 3 目 標 と 取 組 の 内 容 2 ⑴ 現

More information

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長

係 内 や 課 内 で 職 員 間 の 意 思 の 疎 通 をより 一 層 図 り 係 課 をはじめとする 各 所 属 間 での 横 断 的 な 業 務 の 進 め 方 を 検 討 していくことによって 区 民 の 立 場 にたった 充 実 した 市 民 サービスを 提 供 していく 灘 区 区 長 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 各 部 局 の 具 体 的 な 取 り 組 み 行 財 政 改 善 懇 談 会 資 料 4 平 成 15 年 3 月 27 日 行 政 経 営 品 質 向 上 のための 取 り 組 み 各 局 室 区 における 災 害 事 故 発 生 を 想 定 した 図 上 訓 練 の 実 施 危 機 管 理 研 修 の 実 施 危 機 管 理 公 正 さの 確 保 全

More information

平 成 26 年 度 大 学 機 関 別 認 証 評 価 評 価 報 告 書 平 成 27 年 3 月 公 益 財 団 法 人 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 SBI 大 学 院 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 判 定 評 価 の 結 果 SBI 大 学 院 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 に 適 合 し ていると 認 定 する

More information

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画

特別養護老人ホーム麻布慶福苑・事業計画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 事 業 計 画 特 別 養 護 老 人 ホーム 麻 布 慶 福 苑 ( 以 下 慶 福 苑 という )は 利 用 定 100 床 の 指 定 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 利 用 定 4 床 の 短 期 入 所 生 活 介 護 事 業 所 としての 認 可 を 受 け 施 設 運 営 を 行 っています 平 成 27 年 度 国 の 介

More information

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成

人 財 の 確 保 と 育 成 14 有 用 な 人 財 確 保 と 人 財 育 成 戦 略 の 実 行 効 果 的 な 採 用 活 動 により 有 用 な 人 財 を 確 保 する 住 宅 事 業 のプロフェッショナル として 高 い 専 門 性 と 実 践 力 を 持 った 人 財 を 育 成 財 務 基 盤 の 強 化 Ⅳ 経 営 基 盤 の 強 化 13 長 期 的 安 定 経 営 の 実 現 に 向 けた 財 務 基 盤 の 強 化 賃 貸 事 業 の 収 益 性 確 保 財 務 管 理 の 強 化 及 び 借 入 金 残 高 の 圧 縮 により 経 営 環 境 の 変 化 にも 耐 えうる 強 固 な 財 務 基 盤 を 構 築 する 金 融 市 場 動 向 等 の 把 握 やIR(

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

資 料 5 地 方 公 務 員 法 等 一 部 を 改 正 する 法 律 に 関 する 説 明 会 (H26.6.9) 地 方 公 共 団 体 における 人 事 評 価 制 度 導 入 等 について 総 務 省 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 < 目 次 > 人 事 評 価 ねらい 人 事 評 価 制 度 構 築 1 勤 務 評 定 と 人 事 評 価 比 較 人

More information

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し

3. 太 田 福 祉 記 念 会 地 域 貢 献 事 業 継 続 地 域 密 着 支 援 事 業 法 人 理 念 の 一 つ 地 域 福 祉 の 向 上 に 貢 献 するため 特 に 法 人 施 設 が 立 地 する 地 域 ( 熱 海 町 湖 南 町 深 沢 )の 求 めるニーズを 洗 い 出 し 社 会 福 祉 法 人 太 田 福 祉 記 念 会 平 成 25 年 度 事 業 計 画 理 念 一 私 たちは 利 用 者 の 人 権 を 尊 び 安 らぎと 生 きがいづくりに 努 めます 一 私 たちは 地 域 福 祉 の 向 上 を 目 指 し 保 健 医 療 福 祉 の 連 携 をすすめます 一 私 たちは 常 に 専 門 職 として 愛 の 心 と 技 術 の 向 上 に 努 めます 平

More information

ヒアリング事項について

ヒアリング事項について 資 料 3-1 介 護 労 働 者 の 確 保 定 着 等 に 関 する 研 究 会 における 質 問 項 目 日 本 介 護 福 祉 士 会 1 基 本 情 報 1 貴 団 体 の 概 要 設 立 年 月 日 平 成 12 年 6 月 26 日 ( 任 意 団 体 設 立 : 平 成 6 年 2 月 12 日 ) 定 款 に 定 める 目 的 本 会 は 介 護 福 祉 士 の 職 業 倫 理 及

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求 今 後 の 地 域 におけるまちづくりに 関 する 提 言 書 平 成 26 年 5 月 地 域 におけるまちづくり 推 進 委 員 会 はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな

More information

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場

目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職 場 立 川 市 第 3 次 職 員 人 材 育 成 計 画 平 成 27(2015) 年 5 月 立 川 市 目 次 第 1 章 人 材 育 成 計 画 の 概 要... 2 1 計 画 の 目 的 方 向 性... 2 2 計 画 の 期 間... 2 3 計 画 の 推 進 体 制... 2 第 2 章 施 策 体 系 と 取 組 事 項... 4 1 職 場 力 の 強 化... 5 (1) 職

More information

人材育成基本方針

人材育成基本方針 吹 田 市 人 材 育 成 基 本 方 針 社 会 の 変 革 に 対 応 できる 人 材 づくり 平 成 24 年 (2012 年 ) 公 務 制 度 改 革 -1- -2- 新 たな 人 材 育 成 基 本 方 針 の 策 定 にあたって 今 日 本 社 会 は 大 きな 転 換 期 にあります 市 場 や 情 報 がグローバル 化 し 少 子 化 や 人 口 減 少 は 歯 止 めがかからず

More information

28年1定.xdw

28年1定.xdw 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 総 務 委 員 会 委 員 長 報 告 資 料 平 成 28 年 3 月 18 日 総 務 委 員 長 吉 沢 章 子 議 案 第 1 号 川 崎 市 職 員 の 退 職 管 理 に 関 する 条 例 の 制 定 について * 過 去 の 再 就 職 者 状 況 の 公 表 対 象 年 数 及 び 公 表 開 始 時 期 について 過 去 の 再 就 職 者

More information

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ

平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での 生 活 が 送 れるよ 平 成 28 年 度 事 業 計 画 社 会 福 祉 法 人 福 角 会 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 み ら い 平 成 28 年 度 放 課 後 等 デイサービス 事 業 所 みらい 事 業 計 画 1. 基 本 方 針 利 用 者 のニーズに 応 じた 個 別 支 援 計 画 を 作 成 し その 計 画 に 基 づきながら 在 宅 の 利 用 者 が 住 み 慣 れた 地 域 での

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科

東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月 1 日 所 在 地 福 岡 県 宗 像 市 田 久 1-9-1 設 置 学 科 学 校 法 人 東 海 大 学 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 平 成 22 年 3 月 18 日 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 東 海 大 学 福 岡 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 学 校 法 人 東 海 大 学 理 事 長 名 松 前 達 郎 学 長 名 高 橋 守 人 ALO 真 下 仁 開 設 年 月 日 平 成 2 年 4 月

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー

はじめに ゼロベース 積 上 げにより 収 支 均 衡 予 算 を 達 成 平 成 28 年 度 予 算 は, 平 成 26 年 度 予 算 編 成 から3 年 目 となる ゼロベ ース 部 局 積 み 上 げ 方 式 による 編 成 に 取 り 組 みました 既 存 の 事 業 すべて をゼロベー 平 成 28 年 2 月 15 日 記 者 会 見 資 料 1 はじめに 1 国 分 寺 市 総 合 ビジョンの 策 定 2 まちの 魅 力 の 発 信 2 民 設 民 営 保 育 所 整 備 事 業 他 3 親 子 ひろば 事 業 3 小 学 校 の 施 設 整 備 事 業 他 4 認 知 症 施 策 の 推 進 4 乳 幼 児 インフルエンザ 予 防 接 種 事 業 5 健 康 診 査 事 業

More information

Microsoft Word - result1402042

Microsoft Word - result1402042 評 価 細 目 の ( 別 紙 ) 評 価 対 象 Ⅰ 保 育 の 理 念 1 子 どもの 最 善 の 利 益 の 考 慮 Ⅰ-1 理 念 が 明 文 化 されてい Ⅰ-2 理 念 に 基 づく 基 本 方 針 が 明 文 化 されてい Ⅰ-3 理 念 や 基 本 方 針 が 職 員 に 周 知 されてい Ⅰ-4 理 念 や 基 本 方 針 が 保 護 者 や 地 域 の 住 民 関 係 機 関 等

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象

(1) 自 立 相 談 支 援 事 業 生 活 困 窮 者 に 対 して 広 く 相 談 を 行 うとともに 生 活 困 窮 者 が 抱 えている 課 題 を 多 面 的 に 把 握 し 本 人 の 状 況 や 意 思 を 十 分 に 確 認 ( 以 下 アセスメント という )した 上 で 対 象 平 成 27 年 度 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 委 託 仕 様 書 1. 事 業 名 名 護 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 2. 事 業 の 目 的 本 事 業 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 )に 基 づき 生 活 困 窮 者 が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休 みずほインサイト 政 策 2016 年 2 月 4 日 雇 用 保 険 法 等 の 改 正 法 案 国 会 提 出 一 億 総 活 躍 社 会 の 実 現 に 向 けた 改 革 実 施 へ 政 策 調 査 部 上 席 主 任 研 究 員 堀 江 奈 保 子 03-3591-1308 naoko.horie@mizuho-ri.co.jp 2016 年 1 月 29 日 に 雇 用 保 険 法 等 の

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 平 成 28 年 度 大 津 市 立 打 出 中 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 生 徒 が 一 人 の 人 格 として 尊 重 され 夢 と 希 望 を 持 って 心 身 ともに 健 やかに 成 長 して くれることを 願 い いじめ は いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子

早 期 に 発 送 するとともに 株 主 総 会 招 集 通 知 発 送 前 に 電 子 的 方 法 により 開 示 3 株 主 総 会 の 開 催 日 をいわゆる 集 中 日 を 避 けて 設 定 4 機 関 投 資 家 や 外 国 人 株 主 の 権 利 行 使 を 容 易 にするため 電 子 NTTドコモ コーポレート ガバナンス 基 本 方 針 平 成 27 年 10 月 30 日 制 定 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 当 社 は 株 主 やお 客 さまをはじめとするステークホルダーから 高 い 信 頼 と 評 価 を 得 られるよう 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の 向 上 を 目 的 として 本 基 本 方 針

More information

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令

自衛官俸給表の1等陸佐、1等海佐及び1等空佐の(一)欄又は(二)欄に定める額の俸給の支給を受ける職員の占める官職を定める訓令 防 衛 省 訓 令 第 2 9 号 自 衛 隊 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 6 5 号 ) 第 3 0 条 の 2 第 1 項 第 5 号 の 規 定 に 基 づ き 自 衛 官 以 外 の 隊 員 の 標 準 職 務 遂 行 能 力 を 定 め る 訓 令 を 次 の よ う に 定 め る 平 成 2 6 年 5 月 3 0 日 防 衛 大 臣 小 野 寺 五 典 自 衛 官 以

More information

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉

就 労 支 援 推 進 計 画 の 位 置 づけと 計 画 期 間 平 成 18 年 度 ~ 平 成 20 年 度 平 成 21 年 度 ~ 平 成 23 年 度 平 成 24 年 度 ~ 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 ~ 平 成 29 年 度 第 1 期 北 海 道 障 がい 福 祉 第 3 期 障 がい 者 就 労 支 援 推 進 計 画 北 海 道 働 く 障 がい 者 応 援 プラン 第 Ⅲ 章 の 概 要 第 1 計 画 の 基 本 事 項 1 計 画 策 定 の 趣 旨 北 海 道 障 がい 者 及 び 障 がい 児 の 権 利 擁 護 並 びに 障 がい 者 及 び 障 がい 児 が 暮 ら しやすい 地 域 づくりの 推 進 に 関 する 条 例 ( 以 下 北 海

More information

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3

目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採 点 事 務 の 現 状 2 採 点 事 務 の 課 題 第 3 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 に 関 する 報 告 書 平 成 24 年 6 月 熊 本 市 立 高 校 入 試 事 務 改 善 検 討 委 員 会 目 次 はじめに 2 1 市 立 高 校 入 試 における 採 点 ミスの 概 要 2 検 討 委 員 会 の 設 置 第 1 章 入 試 事 務 全 体 の 流 れ 5 第 2 章 採 点 事 務 の 現 状 と 課 題 6 1 採

More information

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平

千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員 千 曲 市 坂 城 町 等 公 平 女 性 活 躍 推 進 法 に 基 づく 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 28 年 3 月 長 野 県 千 曲 市 千 曲 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 女 性 職 員 がいきいきと 働 く 職 場 づくり 平 成 28 年 3 月 ( 策 定 ) 千 曲 市 長 千 曲 市 議 会 議 長 千 曲 市 選 挙 管 理 委 員 会 千 曲 市 代 表 監 査 委 員

More information

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス

第 4 章 基 本 的 な 方 針 1 課 題 ⑴ 希 望 する 市 営 住 宅 に 入 居 できる 世 帯 は 限 られており 住 宅 困 窮 者 の 入 居 機 会 の 向 上 や 入 居 者 と 住 宅 困 窮 者 間 の 公 平 性 の 確 保 世 帯 人 員 数 と 住 戸 規 模 のミス 広 島 市 市 営 住 宅 マネジメント 計 画 基 本 方 針 編 ( 素 案 )< 概 要 版 > 平 成 26 年 8 月 広 島 市 住 宅 政 策 課 第 1 章 計 画 の 目 的 等 1 計 画 策 定 の 背 景 と 目 的 人 口 減 少 社 会 の 到 来 や 一 層 の 高 齢 化 の 進 展 が 見 込 まれること また 高 度 経 済 成 長 期 に 建 設 された 市 営

More information

島根県福祉サービス第三者評価事業推進要綱

島根県福祉サービス第三者評価事業推進要綱 福 岡 県 福 祉 サービス 第 三 者 評 価 の 結 果 ( 様 式 1) 第 三 者 評 価 機 関 名 称 所 在 地 特 定 非 営 利 活 動 法 人 医 療 福 祉 ネットワークせいわ 840-0015 佐 賀 県 佐 賀 市 木 原 二 丁 目 6 番 5 号 TEL 0952-41-6522 FAX 0952-41-6524 訪 問 調 査 日 平 成 25 年 11 月 20 21

More information

Microsoft Word - H24事業報告

Microsoft Word - H24事業報告 平 成 24 年 度 事 業 報 告 書 社 会 福 祉 法 人 広 島 県 同 胞 援 護 財 団 平 成 24 年 度 の 事 業 計 画 に 基 づき 高 い 公 共 性 と 公 益 性 を 維 持 しつつ 安 全 で 快 適 な 質 の 高 い サービスを 提 供 するとともに 安 定 した 事 業 の 継 続 をお 客 様 と 地 域 社 会 に 約 束 することを 目 標 として 事 業

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203135313230315F81758269827582628350839383458362836881408352815B837C838C815B8367834B836F83698393835895FB906A817690A792E882C98AD682B782E982A8926D82E782B95F46696E616C2E646F6378> 各 位 会 社 名 代 表 者 名 問 合 せ 先 平 成 27 年 12 月 1 日 株 式 会 社 JVCケンウッド 代 表 取 締 役 会 長 兼 CEO 河 原 春 郎 (コード 番 号 6632 東 証 第 一 部 ) コーポレート コミュニケーション 部 長 西 下 進 一 朗 (TEL 045-444-5232) JVCケンウッド コーポレートガバナンス 方 針 制 定 に 関 するお

More information

Microsoft Word - 1地域経営.doc

Microsoft Word - 1地域経営.doc (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 (2) 広 報 広 聴 活 動 の 充 実 (1) 行 政 サービスの 向 上 (2) 健 全 な 行 財 政 経 営 の 推 進 (1) 協 働 のまちづくりの 推 進 1 協 働 への 意 識 改 革 市 民 の 要 望 に 行 政 が 応 えるこれまでのまちづくり は 行 政 の 肥 大 化 を 招 き 多 様 化 複 雑 化 した 市 民 ニ ーズに

More information

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他

目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割 16 Ⅶ. 産 学 界 の 役 割 17 Ⅷ.その 他 インフラ 長 寿 命 化 基 本 計 画 平 成 25 年 11 月 インフラ 老 朽 化 対 策 の 推 進 に 関 する 関 係 省 庁 連 絡 会 議 目 次 Ⅰ.はじめに 1 Ⅱ. 目 指 すべき 姿 2 Ⅲ. 基 本 的 な 考 え 方 3 Ⅳ.インフラ 長 寿 命 化 計 画 等 の 策 定 5 Ⅴ. 必 要 施 策 の 方 向 性 8 Ⅵ. 国 と 地 方 公 共 団 体 の 役 割

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数

も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物 の 愛 護 及 び 管 理 の 現 況 1 犬 の 飼 養 数 山 梨 県 動 物 愛 護 管 理 推 進 計 画 ( 素 案 ) 平 成 26 年 月 山 梨 県 平 成 20 年 3 月 策 定 平 成 26 年 月 改 正 も くじ 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 基 本 的 な 方 針 1 第 3 計 画 期 間 及 び 目 標 2 第 4 連 携 協 働 による 施 策 の 推 進 のための 役 割 2 第 5 山 梨 県 の 動 物

More information

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気

3 総 会 における 議 決 権 については 上 記 (2)3の 各 グループの 議 決 権 の 総 数 がそれ ぞれ 同 数 である 旨 4 供 給 区 域 において 電 力 系 統 を 維 持 し 及 び 運 用 する 事 業 並 びに 電 力 系 統 を 利 用 して 発 電 及 び 電 気 別 添 2 て 電 気 事 業 法 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 の 設 立 の 認 可 の 基 準 につい 電 気 事 業 法 ( 昭 和 39 年 法 律 第 170 号 ) 第 28 条 の15の 規 定 による 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 推 進 機 関 という )の 設 立 の 認 可 に 係 る 審 査 基 準 については

More information

震災予防計画

震災予防計画 第 5 編 第 1 節 概 要 第 5 編 広 域 応 援 編 第 1 節 概 要 1 都 6 県 と 県 境 を 接 する 本 県 は 関 東 の 中 央 に 位 置 し さいたま 新 都 心 には 国 の 行 政 機 関 等 が 集 積 してい5つの 高 速 道 路 と 主 要 国 道 が 縦 横 に 設 けられ 東 北 や 上 信 越 から 首 都 への 玄 関 口 でもあ 首 都 圏 同 時

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国

1 診 療 事 業 診 療 事 業 においては 患 者 の 目 線 に 立 って 安 心 安 全 で 質 の 高 い 医 療 を 多 職 種 が 連 携 して 提 供 するとともに 地 域 の 医 療 機 関 等 との 連 携 を 進 め 地 域 での 信 頼 を 高 める また 引 き 続 き 国 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 計 画 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 29 条 第 1 項 に 基 づき 平 成 26 年 3 月 14 日 付 けをもって 厚 生 労 働 大 臣 から 指 示 のあった 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 中 期 目 標 を 達 成 するため 同 法 第 30 条 の

More information

事業計画

事業計画 公 益 社 団 法 人 日 本 精 神 保 健 福 祉 士 協 会 2015 年 度 事 業 計 画 ( 自 :2015 年 4 月 1 日 至 :2016 年 3 月 31 日 ) 事 業 方 針 はじめに 長 く 世 界 の 趨 勢 に 逆 行 し 入 院 中 心 システムをとり 続 けてきた 日 本 の 精 神 保 健 施 策 が 入 院 医 療 施 策 から 地 域 生 活 中 心 へと 改

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208C7689E68F918DF492E8837D836A83858341838B28323730328E9E935F816A2E646F63> まちづくり 計 画 書 策 定 マニュアル (H27.3 時 点 ) 1 まちづくり 計 画 書 とは 2 まちづくり 計 画 書 内 容 ( 例 ) 3 まちづくり 計 画 書 策 定 順 ( 例 ) 4 まちづくり 計 画 書 認 定 基 準 < 参 考 > モデル 事 業 3 校 区 取 り 組 み - 1 - 1 まちづくり 計 画 書 とは まちづくり 計 画 書 は 地 域 におけるまちづくり

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン 7 6.コンプライアンス 体 制

目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン 7 6.コンプライアンス 体 制 ERCA 独 立 行 政 法 人 環 境 再 生 保 全 機 構 (Environmental Restoration and Conservation Agency) Vol.3 目 次 ( 頁 ) 1.コンプライアンス 宣 言 1 2.コンプライアンスとは 2 3.コンプライアンスの 規 準 等 4 4.コンプライアンスに 係 る 理 念 体 系 5 5.コンプライアンス 違 反 を 防 止 するためのアクションプラン

More information

88

88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 87 88 第 4 章 高 齢 者 福 祉 施 策 の 推 進 1 自 立 支 援 と 生 活 の 質 の 向 上 (1) 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活 用 生 活 に 関 する 不 安 の 解 消 や 寝 たきりにならないための 予 防 事 業 を 推 進 する 場 として 高 齢 者 の 生 活 支 援 施 設 等 の 活

More information

2001年7月*日

2001年7月*日 2013 年 10 月 1 日 一 般 社 団 法 人 日 本 在 外 企 業 協 会 海 外 安 全 対 策 に 関 するアンケート 調 査 結 果 について 日 本 在 外 企 業 協 会 ( 会 長 : 伊 藤 一 郎 旭 化 成 会 長 )の 海 外 安 全 センターでは 会 員 企 業 を 対 象 に 標 記 アンケート 調 査 を 実 施 しました この 調 査 は 2 年 毎 に 定

More information

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例

貝塚市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 貝 塚 市 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 解 消 するための 職 員 対 応 要 領 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 領 ( 以 下 対 応 要 領 という )は 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 65 号 以 下 法 という ) 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づ き 障 害

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819D93C192E88E968BC68EE58D7393AE8C7689E6362E31358DC58F492E646F6378> 名 寄 市 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 第 2 期 前 期 計 画 ) 名 寄 市 長 名 寄 市 議 会 議 長 名 寄 市 選 挙 管 理 委 員 会 名 寄 市 代 表 監 査 委 員 名 寄 市 外 2 組 合 公 平 委 員 会 名 寄 市 農 業 委 員 会 名 寄 市 教 育 委 員 会 名 寄 地 区 衛 生 施 設 事 務 組 合 上 川 北 部 消 防 事 務 組 合

More information

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全

応 募 書 類 5-1(2/6) (3) 送 迎 サービス 及 び 入 浴 サービス(5 点 ) 市 より 貸 与 される 車 両 と 法 人 車 両 の 計 4 台 体 制 で 送 迎 を 実 施 し 乗 車 時 間 を 短 縮 しご 利 用 者 ご 家 族 への 負 担 を 軽 減 し 安 全 社 会 福 祉 法 人 千 葉 県 福 祉 援 護 会 応 募 書 類 5-1(1/6) 船 橋 市 西 老 人 デイサービスセンター 事 業 計 画 書 ( 朋 松 苑 デイサービスセンター 除 く) 以 下 の 項 目 について 指 定 期 間 全 体 の 計 画 を 記 載 して 下 さい 記 載 漏 れの 無 いよう 枠 内 の 着 眼 点 を 参 考 に 全 ての 項 目 について 記 載

More information

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支

保 護 者 からの 意 見 要 望 については 実 現 に 努 めるとともに 実 現 の 可 否 にかかわらず 説 明 を 行 う 職 員 は 意 見 要 望 を 伝 えられる 場 ( 懇 談 会 個 人 面 談 アンケート)を 定 期 的 に 設 けるよ うにする 3 地 域 の 子 育 て 支 20160119 版 2016 年 度 メリーポピンズ 稲 城 ルーム 事 業 計 画 書 1 基 本 方 針 保 育 理 念 にんげん 力 を 育 てる にんげん 力 を 身 につけるために 必 要 なあそび 野 外 体 験 を 提 案 実 践 し 自 分 で 考 え 行 動 し てみる 思 考 を 育 みます 二 大 保 育 方 針 1センスオブワンダー 自 然 の 中 に 沢 山 足 を 運

More information

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし)

151109【セット版】外務省対応指針(るびなし) 外 務 省 所 管 事 業 分 野 における 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 の 推 進 に 関 する 対 応 指 針 第 1 趣 旨 1 障 害 者 差 別 解 消 法 の 制 定 の 経 緯 我 が 国 は 平 成 19 年 に 障 害 者 の 権 利 に 関 する 条 約 ( 以 下 権 利 条 約 という )に 署 名 して 以 来 障 害 者 基 本 法 ( 昭 和 45

More information

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等

建学の精神・大学の基本理念、使命・目的、(大学の個性・特色)等 基 準 10. 社 会 連 携 ( 教 育 研 究 上 の 資 源 企 業 地 域 社 会 等 ) 10-1. 大 学 が 持 っている 物 的 人 的 資 源 を 社 会 に 提 供 する 努 力 がなされているこ と (1)10-1の 事 実 の 説 明 ( 現 状 ) 10-1-1 大 学 施 設 の 開 放 公 開 講 座 リフレッシュ 教 育 など 大 学 が 持 っている 物 的 人 的

More information

中央競技団体のガバナンスの確立、強化に関する調査研究

中央競技団体のガバナンスの確立、強化に関する調査研究 8 NF の 危 機 管 理 に 関 するフェアプレーガイドライン NF は スポーツ 基 本 法 第 5 条 第 1 項 により スポーツの 普 及 及 び 競 技 水 準 の 向 上 に 果 た すべき 重 要 な 役 割 にかんがみ 基 本 理 念 にのっとり スポーツを 行 う 者 の 権 利 利 益 の 保 護 心 身 の 健 康 の 保 持 増 進 及 び 安 全 の 確 保 に 配 慮

More information

研究の計画・方法

研究の計画・方法 外 来 患 者 を 対 象 とした 緩 和 ケアに 関 するニーズ 調 査 報 告 書 大 友 宣 1) 佐 野 かず 江 2) 橋 本 勉 3) 1) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 内 科 医 長 / 湘 南 国 際 村 クリニック 所 長 2) 社 会 福 祉 法 人 日 本 医 療 伝 道 会 衣 笠 病 院 ケアセンター 所 長 3) 社 会 福 祉 法

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について

04-04-01【講義4-4】精神障害の地域移行について 精 神 障 害 者 の 地 域 移 行 について 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 精 神 保 健 医 療 福 祉 の 現 状 について 2 精 神 疾 患 の 患 者 数 ( 医 療 機 関 にかかっている 患 者 ) ( 万 人 ) 350 300 250 200 218.1 204.1 258.4 302.8 323.3 320.1

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ

別 添 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 ( 平 成 25 年 度 ) 資 料 1 国 家 公 務 員 採 用 試 験 からの 採 用 者 に 占 める 女 性 の 割 合 は26.8% ( 平 成 17 年 のフォ 平 成 25 年 9 月 10 日 人 事 院 総 務 省 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 状 況 のフォローアップ 1 公 表 の 趣 旨 国 の 政 策 方 針 決 定 過 程 への 女 性 の 参 画 の 拡 大 に 資 するため 第 3 次 男 女 共 同 参 画 基 本 計 画 ( 平 成 22 年 12 月 17 日 閣 議 決 定 ) 女 性 国 家 公 務 員 の 採 用 登

More information

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別

これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別 付 属 資 料 これからの 労 使 協 議 制 労 使 協 議 点 検 チェックリスト 労 使 協 議 制 度 設 置 レベル 地 域 レベル 産 業 レベル 企 業 グループレベル 企 業 レベル 工 場 事 業 所 レベル 事 業 部 (カンパニー)レベル 構 成 当 該 地 域 の 企 業 労 使 産 業 別 労 組 企 業 別 労 組 の (グループレベルの) 組 合 側 委 員 当 該 工

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

出光CSR2013表紙1015.indd

出光CSR2013表紙1015.indd P 212 D C A P 21 21 年 4 月 の 新 卒 採 用 186 名 キャリア 採 用 の 強 化 21 年 4 月 の 新 卒 採 用 19 名 212 年 度 の キ ャ リ ア 採 用 44 名 新 卒 採 用 において 事 業 のグ ローバル 展 開 を 担 う 人 材 とし て 外 国 籍 人 材 6 名 を 採 用 した 214 年 4 月 の 新 卒 採 用 19 名 キャリア

More information

「松山サンシャインプロジェクト」について

「松山サンシャインプロジェクト」について 稲 城 市 介 護 支 援 ボランティア 制 度 厚 生 労 働 省 の 認 可 を 受 けた 有 償 ボランティア 制 度 介 護 支 援 ボランティア 評 価 ポ イント 転 換 交 付 金 を 交 付 する 2007 年 5 月 導 入 が 決 定 同 9 月 より 運 用 開 始 ( 稲 城 市 は 日 本 で 初 めてこの 制 度 を 導 入 した 行 政 区 ) 背 景 急 激 な 高

More information

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ

2. 現 状 の 要 改 善 事 項 等 当 社 における 現 状 の 問 題 点 は 東 証 からの 平 成 27 年 5 月 13 日 付 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 を 継 続 する 旨 の 通 知 に 記 載 されておりますが 当 社 といたしましては 隠 ぺいに 関 わ 平 成 27 年 5 月 20 日 各 位 会 社 名 株 式 会 社 マツヤ 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 小 磯 恵 司 (J A S D A Q コード 7452) 問 合 せ 先 執 行 役 員 財 務 本 部 長 北 川 正 一 (TEL (026)241-1314) 当 社 株 式 の 特 設 注 意 市 場 銘 柄 の 指 定 継 続 における 当 社 のこれまでの 状

More information

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し

我 が 国 の 人 口 は 世 界 でも 例 を 見 ない 急 速 な 少 子 高 齢 化 が 進 行 しており 平 成 22 年 (2010 年 )から 平 成 32 年 (2020 年 )までの 10 年 間 においては 15~59 歳 の 者 が 約 492 万 人 減 少 するのに 対 し 高 年 齢 者 等 職 業 安 定 対 策 基 本 方 針 平 成 24 年 11 月 9 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 559 号 はじめに 1 方 針 のねらい 少 子 高 齢 化 の 急 速 な 進 行 により 今 後 労 働 力 人 口 の 減 少 が 見 込 まれる 中 で 我 が 国 経 済 の 活 力 を 維 持 していくためには 若 者 女 性 高 年 齢 者 障 害 者 など

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63>

<4D F736F F D A8890AB89BB838F815B834C83938A8893AE95F18D A C58F4390B E646F63> 神 戸 市 08.05.21 はじめに 神 戸 市 では, 様 々な 組 織 マネジメントや 人 材 育 成 を 図 ってきたが, 職 員 は, 厳 しい 財 政 状 況 をはじ め 他 の 様 々な 要 因 により 硬 直 感 閉 塞 感 を 抱 いており, 職 員 相 互 の 議 論 や 組 織 内 の 連 携 も 希 薄 であ ると 感 じていることが 伺 われる( H15 行 財 政 改 善

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

1304_jyuusetu_riturin.xls

1304_jyuusetu_riturin.xls 別 紙 様 式 重 要 事 項 説 明 書 記 入 者 名 武 田 博 文 記 入 年 月 日 所 属 職 名 平 成 25 年 4 月 4 日 マネジメント 本 部 長 1. 事 業 主 体 概 要 事 業 主 体 の 名 称 主 たる 事 務 所 の 所 在 地 及 び 電 話 番 号 その 他 の 連 絡 先 事 業 主 体 の 名 称 法 人 等 の 種 類 営 利 法 人 名 称 (ふりがな)

More information

情 報 漏 えい 事 件 の 概 要 と 再 発 防 止 策 平 成 27 年 11 月 唐 津 市 目 次 1 はじめに 1 2 事 件 の 概 要 2 3 事 件 発 覚 後 の 経 過 5 4 処 分 8 5 前 回 の 事 件 後 の 取 り 組 み 9 6 再 発 防 止 に 向 けた 検 討 13 7 再 発 防 止 に 向 けた 取 り 組 み 15 8 おわりに 19 1 はじめに

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決

滋 賀 県 大 津 市 人 口 ( 平 成 27 年 2 月 現 在 ) 男 165,952 人 女 176,681 人 計 342,633 人 世 帯 数 142,523 世 帯 大 津 市 役 所 一 般 会 計 歳 出 決 算 額 104,294,543 千 円 ( 平 成 24 年 度 決 ( 平 成 27 年 1 月 22 日 ~23 日 ) 視 察 先 滋 賀 県 大 津 市 ( 議 会 ICT 議 会 BCP( 業 務 継 続 計 画 )) 奈 良 県 奈 良 市 ( 議 会 ICT 議 会 運 営 議 会 改 革 ) 150インチスクリーンを 備 える 大 津 市 議 会 議 事 堂 < 視 察 者 > 委 員 長 副 委 員 長 委 員 委 員 委 員 黒 木 高 広 黒 木

More information

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療

1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保 推 進 法 で 都 道 府 県 は 地 域 医 療 計 画 に 将 来 の 医 療 提 供 体 制 に 関 する 構 想 として 地 域 医 療 ビジョン( 地 域 医 療 主 な 制 度 仕 組 み( 概 説 ) * 地 域 医 療 計 画 に 関 連 する 主 な 制 度 や 仕 組 みの 現 状 と 課 題 を 概 説 した 趣 旨 と 基 本 的 考 え 方 機 能 分 化 と 連 携 と 併 読 されることを 想 定 している 44 1. 地 域 医 療 ビジョン と 議 論 の 現 状 2014 年 6 月 に 成 立 した 医 療 介 護 総 合 確 保

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20819F964C96BE8E73816991E682548AFA89EE8CEC816A8A54977694C52E646F63> 計 画 策 定 の 趣 旨 わが 国 は 世 界 に 例 のないスピードで 高 齢 化 が 進 んでおり 世 界 でも 最 高 水 準 の 前 例 のない 高 齢 社 会 を 迎 えました 今 後 も 一 層 の 高 齢 化 が 進 行 し ねたきりや 認 知 症 高 齢 者 の 増 加 介 護 期 間 の 長 期 化 など 介 護 に 対 するニーズがますます 増 大 することが 見 込 まれます

More information

様式1

様式1 岩 手 県 エイズ 対 策 推 進 プラン 平 成 26 年 2 月 岩 手 県 目 次 1 推 進 プランの 基 本 的 考 え 方 1 2 HIV 感 染 者 及 びエイズ 患 者 の 現 状 と 本 県 の 課 題 3 3 目 標 及 び 重 点 施 策 15 4 具 体 的 な 取 組 17 5 プランを 推 進 するための 各 実 施 主 体 の 役 割 25 1 推 進 プランの 基 本

More information

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療

Ⅱ 本 年 度 の 業 務 における 主 要 課 題 1 いわて 県 民 計 画 アクションプラン 地 域 編 ( 県 南 広 域 振 興 圏 ) に 係 る 9 地 域 医 療 健 康 危 機 管 理 体 制 の 構 築 地 域 の 医 療 機 関 において 住 民 が 切 れ 目 のない 医 療 平 成 26 年 度 県 南 広 域 振 興 局 保 健 福 祉 環 境 部 業 務 方 針 組 織 スローガン キャッチフレーズ など ~つながり ともに つくる~ 岩 手 県 職 員 憲 章 の 定 着 や 行 動 の 実 践 につながる 創 意 工 夫 アイディア 1 幹 部 職 員 と 若 手 職 員 とが 自 由 にコミニュケーションできる 場 を 設 定 し 職 員 のモチベーションを

More information

スライド 1

スライド 1 宮 城 県 発 達 障 害 復 興 拠 点 事 業 について 宮 城 県 保 健 福 祉 部 障 害 福 祉 課 H25.3 1 < 宮 城 県 の 概 要 > 宮 城 県 面 積 :7,285.77k/m2 人 口 :2,326,696 人 (H25.1 現 在 ) 市 町 村 数 :35 市 町 村 (13 市 10 郡 21 町 1 村 ) 手 帳 所 持 者 数 (H23.3 現 在, 仙

More information

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書

資料 72     日米地位協定の抜本的見直しに関する意見書 平 成 24 年 度 国 の 予 算 編 成 に 対 する 東 京 都 の 提 案 要 求 ( 平 成 23 年 11 月 ) 提 案 要 求 先 内 閣 官 房 総 務 省 法 務 省 外 務 省 財 務 省 厚 生 労 働 省 農 林 水 産 省 国 土 交 通 省 環 境 省 防 衛 省 都 所 管 局 知 事 本 局 総 務 局 都 市 整 備 局 環 境 局 福 祉 保 健 局 建 設 局

More information

2. 研 修 体 系 (1) 段 階 的 にスキルアップを 図 る 研 修 指 す 支 援 者 像 に 向 けて 三 つの 段 階 を 設 定 障 害 者 ケアマネジメントの 基 本 的 な 理 念 や 概 念 を 理 解 するこ と 障 害 者 本 人 のニーズを 的 確 に 把 握 するためのア

2. 研 修 体 系 (1) 段 階 的 にスキルアップを 図 る 研 修 指 す 支 援 者 像 に 向 けて 三 つの 段 階 を 設 定 障 害 者 ケアマネジメントの 基 本 的 な 理 念 や 概 念 を 理 解 するこ と 障 害 者 本 人 のニーズを 的 確 に 把 握 するためのア 平 成 25 年 度 第 2 回 仙 台 市 自 立 支 援 協 議 会 平 成 26 年 3 月 13 日 資 料 7 仙 台 市 障 害 者 ケアマネジメント 従 事 者 養 成 研 修 体 系 ( 案 ) 1. 仙 台 市 障 害 者 ケアマネジメント 従 事 者 養 成 研 修 が 指 すもの (1) 指 す 支 援 者 像 本 市 では ケアマネジメントを 実 践 する 人 材 の 質 的

More information

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取

Ⅱ 経 営 上 の 意 思 決 定 執 行 及 び 監 督 に 係 る 経 営 管 理 組 織 その 他 のコーポレート ガバナンス 体 制 の 状 況 1. 機 関 構 成 組 織 運 営 等 に 係 る 事 項 組 織 形 態 監 査 役 設 置 会 社 取 締 役 関 係 定 款 上 の 取 コーポレートガバナンス CORPORATEGOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです FUJICORPORATION 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 12 日 株 式 会 社 フジ コーポレーション 代 表 取 締 役 社 長 遠 藤 文 樹 問 合 せ 先 : 管 理 部 IR 担 当 多 賀 睦 実 証 券 コード:7605 htp://www.fujicorporation.com

More information

第1 謝罪・名誉回復について

第1 謝罪・名誉回復について 2012 年 5 月 17 日 厚 生 労 働 大 臣 小 宮 山 洋 子 殿 平 成 24 年 度 ハンセン 病 問 題 対 策 協 議 会 統 一 要 求 書 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 原 告 団 協 議 会 全 国 ハンセン 病 療 養 所 入 所 者 協 議 会 ハンセン 病 違 憲 国 家 賠 償 訴 訟 全 国 弁 護 団 連 絡 会 第 1 謝 罪 名 誉

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影

Ⅱ. 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 当 たっての 留 意 事 項 1 設 置 の 目 的 防 犯 カメラの 設 置 者 は 犯 罪 又 は 事 故 を 防 止 するなどの 目 的 を 明 確 にし その 目 的 を 逸 脱 した 運 用 を 行 わないようにしてください 2 撮 影 八 王 子 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 運 用 に 関 するガイドライン( 案 ) Ⅰ.はじめに 1 ガイドラインの 策 定 の 経 緯 と 目 的 八 王 子 市 は 犯 罪 を 未 然 に 防 ぎ 安 全 で 安 心 して 暮 らせるまちづくりを 進 めるため 平 成 14 年 に 生 活 の 安 全 安 心 に 関 する 条 例 を 施 行 し 市 市 民 事 業 者 それぞれの 責

More information

報告書(案)

報告書(案) 防 犯 カメラの 管 理 と 活 用 について 平 成 14 年 には 本 県 の 犯 罪 認 知 件 数 は16 万 件 に 達 し 犯 罪 率 では 全 国 ワー スト2 位 という 状 況 になった その 後 犯 罪 認 知 件 数 は 平 成 15 年 から 減 少 に 転 じ 犯 罪 率 も 全 国 ワースト7 位 まで 回 復 してきたが 治 安 が 良 いとされた 昭 和 40 ~50

More information

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書

研究者等の業績に関する評価に関する調査・分析調査報告書 平 成 26 年 度 文 部 科 学 省 委 託 調 査 研 究 者 等 の 業 績 に 関 する 評 価 に 関 する 調 査 分 析 報 告 書 平 成 27 年 3 月 本 報 告 書 は 文 部 科 学 省 の 平 成 26 年 度 研 究 開 発 評 価 推 進 調 査 委 託 事 業 による 委 託 業 務 として 株 式 会 社 三 菱 総 合 研 究 所 が 実 施 した 平 成 26

More information

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb=

https://www.online4.tdnet.info/onre/jsp/tdzz.download?uji.verb= コーポレートガバナンス CORPORATE GOVERNANCE 当 社 のコーポレート ガバナンスの 状 況 は 以 下 のとおりです SAYLOR ADVERTISING INC. 最 終 更 新 日 :2015 年 6 月 30 日 セーラー 広 告 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 村 上 義 憲 問 合 せ 先 : 執 行 役 員 総 務 本 部 長 青 木 均 証 券 コード:2156

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information