Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1 214 年 度 経 済 産 業 省 補 助 事 業 214 年 度 経 済 産 業 省 次 世 代 物 流 システム 構 築 事 業 費 補 助 金 ( 次 世 代 物 流 システム 構 築 に 関 する 調 査 事 業 ) 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 の 調 査 研 究 報 告 書 215 年 3 月

2

3 はじめに 214 年 度 に 公 益 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 の 中 に 設 置 された 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会 では 荷 主 連 携 による 共 同 配 送 の 実 現 に 向 け 実 証 的 な 研 究 と 基 盤 的 な 研 究 の 二 つの 研 究 を 行 いました 実 証 的 な 研 究 として 行 った モデル 地 域 におけるフィージビリティスタディ では モデルケースとして 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 と 島 根 県 を 取 り 上 げ 研 究 成 果 を 実 行 段 階 に 繋 げることを 重 視 した 荷 主 企 業 二 の 組 合 せによる 共 同 配 送 のモデルづくりと 共 配 効 果 のシミュレーションを 行 いました その 結 果 二 酸 化 炭 素 排 出 量 や 配 送 費 用 などの 削 減 効 果 が 明 らかになりましたが 配 送 曜 日 と 時 間 帯 を 合 わせて 一 度 にまとめて 配 達 する 束 ね 効 果 に 加 えて 着 荷 主 の 協 力 を 得 て 到 着 時 間 の 指 定 幅 の 拡 大 や 隔 日 配 送 を 行 うことで これらの 効 果 がより 一 層 増 大 することもわかりました 一 方 基 盤 的 な 研 究 では 当 初 荷 主 企 業 と 物 流 事 業 者 が 連 携 して 共 同 配 送 を 円 滑 に 行 うために 必 要 な 事 項 例 えば 共 同 配 送 や 共 同 保 管 のルール また 輸 送 ラベル や Web 時 代 の 情 報 システムの 共 通 化 標 準 化 などのあり 方 を 検 討 することが 想 定 され ていました しかしながら モデル 地 域 でのフィージビリティスタディを 進 める 中 で 自 の 配 送 に 係 る 現 状 把 握 や 情 報 整 理 なども 十 分 でないなど 共 同 配 送 以 前 の 現 状 の 課 題 も 明 らかになってきました そこで 今 回 の 研 究 の 手 順 やその 中 で 得 られた 知 見 また 先 行 事 例 から 得 られた 成 功 のポイントなどを 手 引 き として 文 書 化 し 公 表 して 共 同 配 送 の 拡 大 や 新 たに 共 同 配 送 を 検 討 している 方 々の 参 考 にしていただくことこそが 共 同 配 送 推 進 の 共 通 基 盤 になるのではないかと 考 えるに 至 りました さらに 特 に 過 疎 地 のように 地 域 の 物 流 事 業 者 の 配 送 能 力 が 限 られている 中 で 一 部 の 着 荷 主 が 画 一 的 な 納 品 指 定 時 間 を 維 持 し 続 けている 地 域 にあっては ナショナ ルブランドを 持 つ 発 荷 主 企 業 の 間 に このままでは 自 の 商 品 が 届 けられない 状 況 に なるとの 危 機 感 もあり 発 想 を 大 胆 に 転 換 し 荷 主 が 主 導 する 業 界 を 超 えた 共 同 配 送 を 推 進 する 必 要 がある という 共 通 認 識 を 持 つに 至 りました このようなことを 背 景 に 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会 では 調 査 研 究 報 告 書 に 加 えて 荷 主 連 携 によるエリア 共 同 配 送 推 進 の 手 引 き を 作 成 するとともに 手 引 きの 巻 頭 で 発 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 取 組 宣 言 として 物 流 の 効 率 化 と 環 境 負 荷 低 減 のため 発 荷 主 自 らが 連 携 して 共 同 配 送 に 取 り 組 む ことを 宣 言 することとしまし た これらの 成 果 物 が 共 同 配 送 を 推 進 したい 産 業 界 の 皆 様 に 活 用 され 配 送 の 効 率 化 と 環 境 負 荷 低 減 のお 役 に 立 つことが 出 来 れば 本 研 究 会 の 望 外 の 喜 びです 215 年 3 月 公 益 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会 座 長 東 京 都 市 大 学 名 誉 教 授 増 井 忠 幸

4

5 概 要 本 研 究 の 目 的 は 物 流 分 野 の 中 でも 特 に 輸 送 機 能 の 効 率 化 省 エネルギー 化 を 推 進 する ために 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 に 着 目 し 具 体 的 な 地 域 を 想 定 した 実 証 的 な 研 究 を 行 うとともに あわせて 物 流 共 同 化 のために 必 要 になると 考 えられるルール 等 の 共 通 基 盤 の あり 方 を 検 討 することである この 目 的 に 基 づき 本 研 究 では 以 下 の 方 法 で 調 査 を 進 めた 1 実 証 的 な 研 究 :モデル 地 域 におけるフィージビリティスタディ 2 基 盤 的 な 研 究 : 共 通 基 盤 の 検 討 本 研 究 においては 共 同 物 流 の 中 でも エリア 配 送 での 積 合 せ に 焦 点 を 当 てて 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 と 島 根 県 を 対 象 地 域 としてフィージビリティスタディを 行 った 結 果 次 の 3 点 が 明 らかとなった (1) 共 同 配 送 は 輸 送 の 省 エネに 効 果 があるとともに 輸 送 コストの 削 減 にも 効 果 があ ることを シミュレーションにより 定 量 的 に 把 握 した (2) また 共 同 配 送 の 企 業 の 組 合 せとして 次 のような 組 合 せが 有 効 であることを 定 量 的 に 把 握 した 届 け 先 が 同 じ 企 業 の 組 合 せの 場 合 に 効 果 が 大 きいこと( 近 隣 性 ) 出 荷 波 動 が 逆 の 企 業 の 組 合 せの 場 合 に 効 果 が 大 きいこと( 波 動 性 ) (3) さらに 共 同 配 送 の 効 果 を 高 めるために 着 荷 主 の 協 力 も 得 て 実 行 することが 可 能 になる 取 組 として 以 下 の 対 策 を 実 施 した 場 合 の 効 果 についても 定 量 的 に 試 算 し その 効 果 が 共 同 化 による 束 ね 効 果 をより 一 層 高 めることを 把 握 した 着 時 刻 指 定 の 緩 和 隔 日 配 送 上 記 の 検 討 結 果 も 踏 まえ 共 通 基 盤 の 検 討 においては 発 荷 主 が 自 ら 共 同 配 送 に 取 り 組 むための 手 順 やルール 等 を 手 引 き としてとりまとめた なお 今 後 の 方 向 性 としては 以 下 の 取 組 を 深 めることが 必 要 と 考 えられる 1 発 荷 主 企 業 自 らの 物 流 データの 把 握 分 析 の 必 要 性 2 発 荷 主 特 に 異 業 種 間 での 出 会 いの 場 の 設 定 の 必 要 性 3 共 同 配 送 に 伴 う 商 慣 行 の 改 善 等 サプライチェーン 全 体 での 取 組 の 必 要 性

6 目 次 はじめに 概 要 本 編 序 章 調 査 の 目 的 とフロー 調 査 の 目 的 本 研 究 の 特 徴 調 査 内 容 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会... 4 第 1 章 モデル 地 域 及 びメンバーの 検 討 モデル 地 域 の 検 討 モデル 地 域 の 検 討 モデル 地 域 の 設 定 結 果 メンバーの 検 討 メンバーの 検 討 メンバーの 設 定 結 果 第 2 章 モデル 地 域 における 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 整 理 モデル 地 域 における 各 の 現 況 のエリア 配 送 状 況 の 概 略 把 握 モデル 地 域 における 各 の 物 流 実 態 の 把 握 ( 物 流 データに 基 づく) 共 配 の 検 討 のために 必 要 となる 情 報 項 目 の 検 討 収 集 したデータ 項 目 各 の 物 流 の 現 状 の 整 理 第 3 章 共 同 物 流 の 物 流 モデルの 検 討 エリア 配 送 モデルの 設 定 方 針 設 定 したエリア 配 送 モデル 第 4 章 事 業 性 省 エネ 効 果 の 検 討 共 同 物 流 のパートナー 企 業 の 組 合 せの 検 討 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 における6 の 物 流 特 性 エリア 共 同 配 送 のパートナーの 選 択... 68

7 1.2 島 根 県 島 根 県 における6 の 物 流 特 性 エリア 共 同 配 送 のパートナーの 選 択 まとめ シミュレーションによる 共 配 効 果 の 検 討 (2 共 配 ) シミュレーションケースの 設 定 (2 共 配 ) シミュレーションの 条 件 設 定 シミュレーション 結 果 (2 共 配 ) 二 酸 化 炭 素 削 減 効 果 の 検 討 (2 共 配 ) シミュレーションによる 共 配 効 果 の 検 討 ( 着 時 刻 指 定 緩 和 隔 日 配 送 ) シミュレーションケースの 設 定 ( 着 時 刻 指 定 緩 和 隔 日 配 送 ) シミュレーション 結 果 ( 着 時 刻 指 定 緩 和 隔 日 配 送 ) 二 酸 化 炭 素 削 減 効 果 の 検 討 ( 着 時 刻 指 定 緩 和 隔 日 配 送 ) 第 5 章 共 通 基 盤 の 検 討 共 通 基 盤 検 討 の 経 過 と 手 引 き 作 成 のねらい 荷 主 連 携 によるエリア 共 同 配 送 推 進 の 手 引 き の 作 成 手 引 きの 目 的 及 び 位 置 づけ 手 引 きの 対 象 手 引 きの 特 徴 手 引 きの 構 成 おわりに ~ 今 後 の 方 向 性 ~ 付 録 共 配 を 行 う 企 業 の 組 合 せ 方 の 定 量 的 指 標 と 共 配 効 果 の 関 係 について 分 析 の 流 れ 共 同 配 送 のパートナーを 選 ぶための4つの 視 点 と9つの 組 合 せ 方 シミュレーション 結 果 組 合 せ 方 の 定 量 的 指 標 と 共 配 効 果 の 関 係 組 合 せ 方 の 定 量 的 指 標 と 共 配 効 果 の 関 係 の 定 式 化 の 検 討 結 語 別 冊 荷 主 連 携 によるエリア 共 同 配 送 推 進 の 手 引 き 発 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 取 組 宣 言 ~ 異 業 種 で 取 り 組 む 過 疎 地 型 エリア 共 同 配 送 を 例 に~

8

9 本 編

10

11 序 章 調 査 の 目 的 とフロー 1. 調 査 の 目 的 次 世 代 物 流 システム 構 築 に 関 する 調 査 事 業 の 背 景 と 目 的 東 日 本 大 震 災 以 降 省 エネルギー 対 策 の 抜 本 的 強 化 が 必 要 となる 中 で 我 が 国 の 最 終 エネルギー 消 費 量 の 約 2 割 を 占 める 運 輸 部 門 の 省 エネルギー 対 策 を 進 めることが 重 要 視 されている 本 事 業 は 従 前 の 施 策 だけでは 十 分 に 省 エネルギー 対 策 を 図 ることができない 物 流 分 野 等 について 効 率 化 省 エネルギー 化 に 向 けた 課 題 事 例 等 に 関 する 調 査 を 実 施 し 課 題 等 の 調 査 研 究 分 析 を 行 うことを 目 的 とする 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 の 調 査 研 究 の 目 的 と 内 容 目 的 具 体 的 な 地 域 を 想 定 した 物 流 共 同 化 の 実 証 的 な 研 究 を 行 うこと またこれに 合 わせて 物 流 共 同 化 のために 必 要 になると 考 えられるルールや 情 報 システム 等 の 共 通 基 盤 のあ り 方 を 検 討 することで 物 流 分 野 の 中 でも 特 に 輸 送 機 能 の 効 率 化 省 エネルギー 化 を 推 進 することを 目 的 とする 内 容 荷 主 企 業 と 配 送 事 業 者 が 連 携 して 共 同 配 送 を 円 滑 に 行 うために 必 要 な 共 通 基 盤 のあ り 方 を 検 討 する 地 域 内 での 共 同 配 送 のニーズが 高 い 場 所 をモデル 地 域 に 選 び 共 同 配 送 のパートナー に 求 める 条 件 の 調 整 や 課 題 を 克 服 しながら 実 証 的 な 調 査 を 行 い 共 同 物 流 のモデルを 検 討 する 調 査 を 進 めるにあたっては CO2 削 減 量 コスト 削 減 額 などの 効 果 を 推 計 し 上 記 モ デルの 実 現 可 能 性 (フィージビリティ)を 検 討 する 1

12 2. 本 研 究 の 特 徴 本 研 究 の 大 きな 特 徴 は 次 の 通 りである 1 研 究 全 体 の 進 め 方 モデル 地 域 におけるフィージビリティスタディ と 共 通 基 盤 の 検 討 との 連 動 本 研 究 では 荷 主 連 携 による 共 同 配 送 の 実 現 に 向 けて 基 盤 的 な 研 究 と より 個 別 具 体 的 な 実 証 的 な 研 究 の 二 つの 研 究 を 行 った 研 究 においては 両 者 を 連 動 させ 基 盤 的 な 研 究 として 円 滑 な 共 同 配 送 のために 必 要 な 共 通 基 盤 の 検 討 を 行 うとともに 平 行 して 実 証 的 な 研 究 として 行 う モ デル 地 域 におけるフィージビリティスタディ では 特 に 本 研 究 成 果 を 実 行 段 階 に 繋 げられることを 重 視 した 研 究 を 行 った ( 図 序 -1 参 照 ) 2 研 究 対 象 データ 異 業 種 の 発 荷 主 企 業 の 物 流 実 態 データに 基 づく 検 討 本 研 究 では 同 業 種 での 共 同 物 流 を 経 験 している 異 業 種 の 発 荷 主 企 業 がメンバーとな り 物 流 実 態 データに 基 づき 検 討 を 行 った 3 研 究 対 象 地 域 地 方 部 の 輸 送 量 の 少 ない 地 域 ( 過 疎 地 )におけるエリア 共 同 配 送 に 着 目 本 研 究 では 検 討 対 象 として 荷 主 ニーズも 高 く ドライバー 不 足 など 問 題 の 深 刻 化 度 合 いの 大 きい 地 方 部 の 輸 送 量 の 少 ない 地 域 ( 過 疎 地 1 )におけるエリア 共 同 配 送 に 焦 点 を 当 てた 検 討 を 行 った 具 体 的 には 共 同 物 流 の 中 でも エリア 配 送 での 積 合 せ に 焦 点 を 当 て 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 と 島 根 県 を 対 象 地 域 とし 検 討 を 行 った 1 本 調 査 研 究 報 告 書 でいう 過 疎 地 もしくは 過 疎 部 とは 過 疎 地 域 自 立 促 進 特 別 措 置 法 ( 過 疎 法 ) で 定 められている 過 疎 地 域 を 指 すものではない 2

13 3. 調 査 内 容 本 研 究 で 行 った 調 査 の 内 容 は 次 の 通 りである 3.1 モデル 地 域 及 びメンバーの 検 討 本 研 究 の 対 象 モデル 地 域 及 びそれに 対 応 するメンバーを 検 討 した なお 対 象 モデル 地 域 の 検 討 にあたっては 既 存 の 統 計 資 料 を 使 い 物 流 量 や 貨 物 自 動 車 のロードファクターの 特 徴 などを 分 析 した 3.2 モデル 地 域 における 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 整 理 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 について 検 討 した 3.3 共 同 物 流 の 物 流 モデルの 検 討 上 記 を 踏 まえ モデル 地 域 での 物 流 モデル 案 を 検 討 した 3.4 事 業 性 省 エネ 効 果 の 検 討 設 定 したモデル 地 域 での 物 流 モデルのパターン 毎 に 省 エネ 効 果 (CO2 削 減 量 )とコ スト 削 減 効 果 を 試 算 した 3.5 共 通 基 盤 の 検 討 荷 主 企 業 が 連 携 して 共 同 配 送 を 円 滑 に 行 うために 必 要 な 共 通 基 盤 として 手 引 き を 作 成 した 実 証 的 な 研 究 モデル 地 域 における フィージビリティスタディ 1)モデル 地 域 及 びメンバーの 検 討 1 章 2)モデル 地 域 における 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 整 理 2 章 3) 共 同 物 流 の 物 流 モデルの 検 討 3 章 4) 事 業 性 省 エネ 効 果 の 検 討 4 章 基 盤 的 な 研 究 共 通 基 盤 の 検 討 5) 共 通 基 盤 の 検 討 共 同 輸 配 送 のために 必 要 とな る 要 件 ( 項 目 )の 整 理 ( 阻 害 要 因 の 解 析 と 解 決 策 の 検 討 ) 共 同 輸 配 送 を 円 滑 に 行 うための 共 通 基 盤 検 討 5 章 ( 手 引 き) 荷 主 連 携 に よる 共 同 物 流 研 究 会 図 序 - 1 本 研 究 のフローと 本 報 告 書 の 構 成 3

14 4. 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会 本 研 究 については 荷 主 連 携 による 共 同 物 流 研 究 会 を 設 置 し 検 討 を 行 った 4.1 メンバー 名 簿 ( 敬 称 略 ) 1) 座 長 (1) 東 京 都 市 大 学 名 誉 教 授 増 井 忠 幸 2) 会 員 (1) 味 の 素 株 式 会 物 流 企 画 部 専 任 部 長 魚 住 和 宏 (2) 花 王 株 式 会 ロジスティクス 部 門 業 務 推 進 グループ 部 長 山 口 裕 人 (3) キヤノン 株 式 会 ロジスティクス 統 括 センター ロジスティクス 管 理 部 担 当 部 長 山 口 雅 史 (4) TOTO 株 式 会 物 流 本 部 物 流 技 術 部 部 長 安 武 正 文 (5) トヨタ 自 動 車 株 式 会 物 流 管 理 部 プロフェッショナルパートナー 高 松 孝 行 (6) パナソニック 株 式 会 モノづくり 本 部 モノづくり 強 化 センター 物 流 強 化 グループ 企 画 チーム 金 城 佐 和 子 (7) 森 永 製 菓 株 式 会 物 流 部 部 長 嶋 崎 克 茂 3)オブザーバー (1) 経 済 産 業 省 商 務 情 報 政 策 局 商 務 流 通 保 安 グループ 流 通 政 策 課 物 流 企 画 室 宮 内 浩 恵 藤 洋 森 下 泰 成 4) 事 務 局 (1) 公 益 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 北 條 英 (2) 株 式 会 日 本 能 率 協 会 総 合 研 究 所 沢 江 暁 子 加 藤 太 一 4.2 開 催 経 緯 第 1 回 214 年 ( 平 成 26 年 )8 月 6 日 ( 水 )15:~17: 於 日 本 能 率 協 会 6 階 63 会 議 室 第 2 回 214 年 ( 平 成 26 年 )1 月 8 日 ( 水 )15:~17: 於 日 本 能 率 協 会 4 階 43 会 議 室 第 3 回 214 年 ( 平 成 26 年 )11 月 26 日 ( 水 )14:3~17:3 於 日 本 能 率 協 会 4 階 43 会 議 室 第 4 回 215 年 ( 平 成 27 年 )1 月 19 日 ( 月 )13:~15: 4

15 於 公 益 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 (JILS) 会 議 室 第 5 回 215 年 ( 平 成 27 年 )2 月 17 日 ( 火 )15:~17: 於 公 益 団 法 人 日 本 ロジスティクスシステム 協 会 (JILS) 会 議 室 5

16 第 1 章 モデル 地 域 及 びメンバーの 検 討 本 章 では モデル 地 域 におけるフィージビリティスタディ において 対 象 とするデ ル 地 域 及 びそれに 対 応 するメンバーを 検 討 した 1.モデル 地 域 の 検 討 1.1 モデル 地 域 の 検 討 モデル 地 域 については 以 下 の3つの 視 点 から 検 討 した 1) 荷 主 ニーズ 2) 車 両 の 積 載 効 率 3) 着 貨 物 特 性 1) 荷 主 ニーズからみた 視 点 荷 主 が エリア 配 送 の 積 合 せを 行 いたい 地 域 は 千 葉 県 が 最 多 で 関 東 周 辺 や 山 陰 などが 続 く 213(H25) 年 度 輸 送 効 率 改 善 による 省 エネルギー 方 策 の 研 究 (JILS)において 荷 主 企 業 を 対 象 に 行 った 荷 主 連 携 による 輸 送 効 率 改 善 に 関 するアンケート 調 査 の 回 答 企 業 117 において トラックの 積 載 率 実 車 率 向 上 の 可 能 性 がある 区 間 として 最 も 回 答 が 多 かったのは エリア 配 送 での 積 合 せ で %を 占 めている( 図 参 照 ) エリア 配 送 での 積 合 せ で 共 同 化 を 行 いたい 地 域 としては 山 陰 や 千 葉 房 総 など 荷 量 の 少 ないいわゆる 地 方 の 過 疎 地 長 野 など 地 方 で 小 ロットでも 一 定 量 の 荷 量 のある 地 域 首 都 圏 などの 大 都 市 圏 地 域 を 挙 げる 企 業 が 多 い 千 葉 県 は 首 都 圏 としての 回 答 と 荷 の 少 ない 房 総 半 島 地 域 としての 回 答 の 両 方 があり 最 も 回 答 が 多 くなっている ( 図 参 照 ) 6

17 N= 幹線輸送での積合せ エリア配送での帰り荷確保 地域内/短距離 1.幹線輸送での 積合せ 積載率向上 2.エリア配送での 積合せ 積載率向上 3.幹線輸送での 帰り荷確保 実車率向上) 4.エリア配送での 帰り荷確保 実車率向上 トラックの積載率 未把握 図 地域間/中 長距離 幹線輸送での帰り荷確保 7.無回答 共同輸配送の4つの類型 エリア配送での積合せ 5.その他 トラックの積載率 実車率向上の可能性があると思われる区間 資料 輸送効率改善による省エネルギー方策の研究 JILS 213(H25)年度 に加筆 キーワード 荷主ニーズ 回答数 7以上 図 エリア配送の積合せを行いたい地域 資料 輸送効率改善による省エネルギー方策の研究 JILS 213(H25 年度) 注 回答が 関東 などの都道府県より広い地域の場合 該当する各県にそれぞれカウントしている 7

18 実 車 時 積 載 効 率 の 低 下 率 199(H2) 21(H22) 2) 車 両 の 積 載 効 率 からみた 視 点 大 都 市 部 より 地 方 部 で 積 載 効 率 は 高 い 傾 向 道 路 交 通 センサス OD 調 査 でみると 千 葉 県 は 車 両 の 積 載 効 率 が 低 く 低 下 率 も 大 きい(いずれも 全 国 平 均 以 下 ) ( 図 1-1-3) 一 方 島 根 県 鳥 取 県 は 車 両 の 積 載 効 率 が 高 く 低 下 率 も 少 ない(いずれも 全 国 平 均 以 上 ) (なお これについては 地 方 では 貨 物 がまとめて 運 ばれている あるいは 車 両 (= 事 業 者 )が 少 ないことの 影 響 である 可 能 性 も 想 定 されるが 実 際 の 状 況 は 不 明 である )( 図 図 1-1-4) 実 車 時 積 載 効 率 21(H22) 実 車 時 積 載 効 率 の 低 下 率 199(H2) 21(H22) 千 葉 県 は 車 両 の 積 載 率 が 低 く 低 下 率 も 大 きい -5 (いずれも 全 国 平 均 以 下 ) キーワード 低 積 載 車 -1 宮 崎 県 島 根 県 鳥 取 県 は 車 両 の 積 載 率 が 高 く 低 下 率 も 少 ない (いずれも 全 国 平 均 以 上 ) ( 地 方 ではまとめ て 運 んでいる?? 車 両 (= 事 業 者 ) が 少 ない??) -15 山 梨 県 和 歌 山 県 京 都 府 徳 島 県 埼 玉 県 群 馬 県 熊 本 県 福 島 県 秋 田 県 山 形 県 香 川 県 神 奈 川 県 石 川 県 長 崎 県 青 森 県 東 京 都 福 岡 県 福 井 県 鳥 取 県 滋 賀 県 全 国 平 均 鹿 児 島 県 愛 媛 県 茨 城 県 新 潟 県 宮 城 県 千 葉 県 静 岡 県 広 島 県 栃 木 県 大 阪 府 岐 阜 県 岡 山 県 兵 庫 県 三 重 県 大 分 県 愛 知 県 佐 賀 県 岩 手 県 奈 良 県 山 口 県 長 野 県 北 海 道 沖 縄 県 富 山 県 高 知 県 島 根 県 実 車 時 積 載 効 率 21(H22) 図 実 車 時 積 載 効 率 ( 営 業 用 普 通 貨 物 自 動 車 ) 着 都 道 府 県 別 (その1) 資 料 : 全 国 道 路 交 通 情 勢 調 査 自 動 車 起 終 点 調 査 ( 道 路 交 通 センサスOD 調 査 ) 199 オーナーマスターデータ( 平 日 ) 21 自 動 車 利 用 特 性 マスターデータ( 平 日 ) ( 国 土 交 通 省 )に 基 づき 算 出 実 車 時 積 載 効 率 (%)= 実 車 時 の 輸 送 トンキロ 実 車 時 の 能 力 トンキロ 注 : 実 車 時 積 載 効 率 の 低 下 率 199(H2) 21(H22) = 実 車 時 積 載 効 率 21(H22)- 実 車 時 積 載 効 率 199(H2) 8

19 199 H2 実車時積載効率 9 以上 8 9 未満 7 8 未満 6 7 未満 5 6 未満 5 未満 21 H22 図 実車時積載効率 営業用普通貨物自動車 着都道府県別 その2 資料 全国道路交通情勢調査自動車起終点調査 道路交通センサスOD調査 199 オーナーマスターデータ 平日 21 自動車利用特性マスターデータ 平日 国土 交通省 に基づき算出 実車時積載効率 実車時の輸送トンキロ 実車時の能力トンキロ 注 実車時積載効率の低下率 199(H2) 21(H22) 実車時積載効率 21(H22) 実車時積 載効率 199(H2) 9

20 着 ロット(トン/ 件 ) 3) 着 貨 物 特 性 からみた 視 点 小 口 貨 物 の 問 題 は 大 都 市 部 と 過 疎 部 の 両 方 に 存 在 している 物 流 センサスにより 着 貨 物 密 度 と 着 ロットの 状 況 をみると( 図 図 図 1-1-7) 以 下 の4つに 大 別 できる 1 届 け 先 が 多 く 大 口 : 神 奈 川 県 愛 知 県 など 2 届 け 先 が 少 ないが 大 口 : 大 分 県 北 海 道 など 3 届 け 先 が 少 なく かつ 小 口 : 島 根 県 や 鳥 取 県 などのいわゆる 過 疎 地 4 届 け 先 が 多 く かつ 小 口 : 東 京 都 や 大 阪 府 などの 大 都 市 (2については 地 方 部 で 既 にまとめて 届 けされている 可 能 性 も 想 定 されるが 実 際 の 状 況 は 不 明 である ) なお 千 葉 県 については 県 内 に 都 市 部 と 過 疎 部 があることから 都 道 府 県 別 の 分 析 では 限 界 があり 参 考 に 市 町 村 別 の 傾 向 を 確 認 したところ 東 京 に 近 い 市 町 村 は1や 4 房 総 半 島 地 域 は2や3の 傾 向 が 強 いことが 把 握 された ( 図 図 図 1-1-1) 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 着 ロット(トン/ 件 ) 届 け 先 が 少 ないが 大 口 ( 既 にまとめて 届 けられている??) 2. 大 分 県 都 道 府 県 別 分 析 の 限 界 に 留 意 ( 千 葉 県 内 には 都 市 部 と 過 疎 部 がある) キーワード 薄 くて 細 い ( 低 密 度 小 ロット) 北 海 道 市 町 村 別 は 後 述 三 重 県 沖 縄 県 山 口 県 青 森 県 兵 庫 県 千 葉 県 岡 山 県 和 歌 富 山 県 高 知 県 茨 城 県 愛 媛 県 宮 城 岩 岐 手 阜 県 福 岡 県 群 滋 馬 静 賀 岡 県 鹿 児 島 全 県 国 香 平 川 均 県 宮 崎 県 徳 山 長 島 梨 崎 栃 県 広 木 島 県 県 長 野 県 秋 田 県 佐 賀 県 福 熊 島 本 新 県 石 県 潟 川 県 山 形 県 奈 福 良 井 県 島 根 県 京 都 府 鳥 取 県 3 届 け 先 が 少 なく 小 口 1 届 け 先 が 多 く 大 口 愛 知 県 埼 玉 県 神 奈 川 県 図 着 貨 物 密 度 と 着 ロットの 関 係 ( 件 数 ベース) 都 道 府 県 別 資 料 : 全 国 貨 物 純 流 動 調 査 ( 物 流 センサス)3 日 間 調 査 ( 国 土 交 通 省 21(H22)) 注 :ロットとは 出 荷 1 件 あたりの 貨 物 量 ( 流 動 ロット)のことで ここでは 着 側 で 分 析 している 大 阪 府 東 京 都 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 4 届 け 先 が 多 く 小 口 1

21 貨物密度 件数ベース 5件/km2 日以上 2 5未満 15 2未満 1 15未満 5 1未満 1 5未満 1未満 サンプルなし 図 着貨物密度 件数ベース 都道府県別 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 21(H22) ロット 1件当たり貨物重量 1.トン/件以上 3. 1.未満 未満 未満 未満 未満.5 1.未満.5未満 サンプルなし 図 着ロット 件数ベース 都道府県別 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 21(H22) 注 ロットとは 出荷 1 件 あたりの貨物量 流動ロット のことで ここでは着側で分析している 11

22 着 ロット(トン/ 件 ) 千 葉 県 内 の 市 町 村 別 の 傾 向 をみると 東 京 に 近 い 市 町 村 は 1 届 け 先 が 多 く 大 口 や 4 届 け 先 が 多 く かつ 小 口 房 総 半 島 地 域 は 2 届 け 先 が 少 ないが 大 口 や 3 届 け 先 が 少 なく かつ 小 口 の 傾 向 が 強 いことが 把 握 された ( 図 図 図 1-1-1) 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 着 ロット(トン/ 件 ) 1. 2 届 け 先 が 少 ないが 大 口 1 届 け 先 が 多 く 大 口 1. 君 津 市 九 十 九 里 町 酒 々 井 町 1. 市 原 市 館 山 市 長 生 村 八 街 市 富 津 市 袖 ケ 浦 市 浦 安 市 神 崎 町 長 柄 町 木 更 津 市 習 志 野 船 市 橋 川 市 南 房 総 市 鋸 南 多 町 古 町 千 葉 県 平 千 均 野 田 葉 市 白 子 山 町 武 市 栄 町 横 芝 光 全 国 平 均 佐 倉 市 長 南 町 印 西 市 四 八 街 千 道 代 市 旭 銚 子 成 市 田 市 柏 市 大 多 喜 町 匝 瑳 市 東 金 市 芝 山 町 東 庄 町 いすみ 市 大 網 白 里 町 流 山 市 茂 原 市 香 取 市 富 里 市 白 井 市 松 戸 市 勝 浦 市 鴨 川 市 一 宮 町 我 孫 子 市.1 鎌 ケ 谷 市 3 届 け 先 が 少 なく 御 宿 町 睦 沢 町 4 届 け 先 が 多 く 小 口 小 口 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 図 着 貨 物 密 度 と 着 ロットの 関 係 ( 件 数 ベース) 千 葉 県 内 市 町 村 別 資 料 : 全 国 貨 物 純 流 動 調 査 ( 物 流 センサス)3 日 間 調 査 ( 国 土 交 通 省 21(H22)) 注 :ロットとは 出 荷 1 件 あたりの 貨 物 量 ( 流 動 ロット)のことで ここでは 着 側 で 分 析 している 市 町 村 別 は 十 分 なサンプル 数 がないため あくまでも 傾 向 把 握 のため 分 析 した 12

23 市貝町 芳賀町 長野原町 東吾妻町 渋川市 茂木町 みどり市 桐生市 吉岡町 榛東村 前橋市 高崎市 軽井沢町 足利市 安中市 玉村町 下仁田町 甘楽町 南牧村 佐久穂町 伊勢崎市 本庄市 藤岡市 神川町 美里町 深谷市 千代田町明和町 熊谷市 行田市 筑西市 茨城町 大洗町 結城市 板倉町 羽生市 加須市 長瀞町 寄居町 神流町 ひたちなか市 桜川市 小山市 邑楽町館林市 大泉町 那珂市 東海村 水戸市 笠間市 栃木市 岩舟町 太田市 上里町 富岡市 上三川町 真岡市 下野市 佐野市 城里町 益子町 壬生町 石岡市 野木町 小美玉市 下妻市 八千代町 古河市 五霞町境町 鉾田市 つくば市 かすみがうら市 土浦市 久喜市 鴻巣市 行方市 滑川町 幸手市 坂東市常総市 小川町嵐山町 東秩父村 吉見町 杉戸町 東松山市 北本市 白岡町 宮代町 阿見町 美浦村 桶川市伊奈町 鹿嶋市 蓮田市 ときがわ町鳩山町 つくばみらい市 川島町 春日部市野田市 牛久市 横瀬町 上尾市 坂戸市 秩父市 潮来市 越生町 守谷市 川上村 稲敷市 毛呂山町鶴ヶ島市 松伏町 取手市 龍ケ崎市 川越市 さいたま市 越谷市吉川市 日高市 飯能市 神崎町 河内町 流山市 柏市我孫子市 利根町 狭山市ふじみ野市 香取市 富士見市 神栖市 栄町 川口市草加市三郷市 三芳町志木市 奥多摩町 蕨市 八潮市 入間市 東庄町 戸田市 成田市 朝霞市 丹波山村 青梅市 山梨市 白井市 所沢市 松戸市 印西市 新座市 和光市 清瀬市 瑞穂町 鎌ケ谷市 板橋区北区 足立区 日の出町羽村市 東村山市 多古町 東久留米市練馬区 葛飾区 武蔵村山市 小菅村 東大和市 銚子市 甲州市 八千代市 旭市 西東京市 豊島区荒川区 酒々井町 小平市 檜原村 あきる野市 福生市 富里市芝山町 市川市 船橋市 文京区 台東区 立川市 墨田区 中野区 昭島市 武蔵野市 佐倉市 国分寺市 小金井市 杉並区 新宿区 匝瑳市 千代田区 江戸川区 国立市 三鷹市 習志野市 四街道市 渋谷区 中央区 横芝光町 八王子市 日野市 府中市調布市 港区 江東区 浦安市 大月市 八街市 甲府市 世田谷区 上野原市 稲城市 狛江市 多摩市 目黒区 笛吹市 山武市 品川区 千葉市 町田市 相模原市 川崎市 大田区 東金市 西桂町 都留市 九十九里町 愛川町 富士河口湖町 大網白里町 道志村 清川村 座間市 大和市 厚木市 忍野村 横浜市 長柄町 茂原市 白子町 富士吉田市 綾瀬市 海老名市 鳴沢村 山北町 山中湖村 袖ケ浦市 市原市 伊勢原市 長生村 松田町秦野市 寒川町藤沢市 長南町 木更津市 小山町 睦沢町一宮町 平塚市 茅ケ崎市 中井町 開成町 大井町 鎌倉市 大磯町 南足柄市 二宮町 富士宮市 御殿場市 逗子市 葉山町 いすみ市 小田原市 君津市 横須賀市 大多喜町 富士市 箱根町 裾野市 富津市 御宿町 勝浦市 日光市 長泉町 湯河原町 三浦市 真鶴町 みなかみ町 三島市 鋸南町 鴨川市 大子町 函南町 清水町 熱海市 山ノ内町 沼津市 那珂川町 川場村 さくら市 伊豆の国市 南房総市 北相木村 皆野町 上野村 南相木村 小鹿野町 貨物密度 件数ベース 5件/km2 日以上 2 5未満 15 2未満 1 15未満 5 1未満 1 5未満 1未満 サンプルなし 沼田市 中之条町 館山市 高山村 伊豆市 昭和村 伊東市 那須烏山市 高根沢町 常陸太田市 日立市 常陸大宮市 宇都宮市 鹿沼市 市貝町 芳賀町 長野原町 東吾妻町 渋川市 図 吉岡町 榛東村 茂木町 みどり市 着貨物密度 件数ベース 桐生市 壬生町 前橋市 上三川町 真岡市 下野市 佐野市 千葉県内市町村別 城里町 益子町 那珂市 東海村 ひたちなか市 高崎市 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 水戸市 21(H22) 軽井沢町 足利市 笠間市 安中市 栃木市 岩舟町 桜川市 伊勢崎市 注 市町村別は十分なサンプル数がないため あくまでも傾向把握のため分析した 小山市 太田市 玉村町 大洗町 筑西市 下仁田町 甘楽町 南牧村 佐久穂町 邑楽町館林市 大泉町 上里町 富岡市 本庄市 藤岡市 神川町 美里町 深谷市 神流町 千代田町明和町 熊谷市 行田市 長瀞町 寄居町 茨城町 結城市 板倉町 羽生市 加須市 石岡市 野木町 小美玉市 下妻市 八千代町 古河市 五霞町境町 鉾田市 つくば市 かすみがうら市 土浦市 久喜市 鴻巣市 行方市 滑川町 幸手市 坂東市常総市 小川町嵐山町 東秩父村 吉見町 杉戸町 東松山市 北本市 白岡町 宮代町 阿見町 美浦村 桶川市伊奈町 鹿嶋市 蓮田市 ときがわ町鳩山町 つくばみらい市 川島町 春日部市野田市 牛久市 横瀬町 上尾市 坂戸市 秩父市 潮来市 越生町 守谷市 川上村 稲敷市 毛呂山町鶴ヶ島市 松伏町 龍ケ崎市 取手市 川越市 さいたま市 越谷市吉川市 日高市 飯能市 神崎町 河内町 流山市 柏市我孫子市 利根町 狭山市ふじみ野市 香取市 富士見市 神栖市 栄町 草加市 川口市 三芳町志木市 三郷市 奥多摩町 蕨市 八潮市 入間市 東庄町 戸田市 成田市 朝霞市 丹波山村 青梅市 山梨市 白井市 所沢市 松戸市 印西市 新座市 和光市 清瀬市 足立区 瑞穂町 鎌ケ谷市 板橋区北区 日の出町羽村市 東村山市 多古町 東久留米市練馬区 葛飾区 武蔵村山市 小菅村 東大和市 銚子市 甲州市 八千代市 旭市 西東京市 豊島区荒川区 酒々井町 小平市 檜原村 あきる野市 福生市 富里市芝山町 市川市 船橋市 文京区 台東区 立川市 墨田区 昭島市 武蔵野市 中野区 佐倉市 国分寺市 小金井市 新宿区 杉並区 匝瑳市 千代田区 江戸川区 国立市 三鷹市 習志野市 四街道市 渋谷区 中央区 横芝光町 八王子市 日野市 府中市調布市 港区 江東区 浦安市 大月市 八街市 甲府市 世田谷区 上野原市 稲城市 狛江市 多摩市 目黒区 笛吹市 山武市 品川区 千葉市 町田市 相模原市 川崎市 大田区 東金市 西桂町 都留市 九十九里町 愛川町 富士河口湖町 大網白里町 道志村 清川村 座間市 大和市 厚木市 忍野村 横浜市 長柄町 茂原市 白子町 富士吉田市 綾瀬市 海老名市 鳴沢村 山北町 山中湖村 袖ケ浦市 市原市 伊勢原市 長生村 松田町秦野市 寒川町藤沢市 長南町 木更津市 小山町 睦沢町一宮町 平塚市 茅ケ崎市 中井町 開成町 大井町 鎌倉市 大磯町 南足柄市 二宮町 富士宮市 御殿場市 逗子市 葉山町 いすみ市 小田原市 君津市 横須賀市 大多喜町 富士市 箱根町 裾野市 富津市 御宿町 勝浦市 長泉町 湯河原町 三浦市 真鶴町 三島市 鋸南町 鴨川市 函南町 清水町 熱海市 沼津市 北相木村 南相木村 皆野町 上野村 小鹿野町 ロット 1件当たり貨物重量 1.トン/件以上 3. 1.未満 未満 未満 未満 未満.5 1.未満.5未満 サンプルなし 伊豆の国市 南房総市 館山市 伊豆市 伊東市 図 着ロット 件数ベース 千葉県内市町村別 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 21(H22) 注 ロットとは 出荷 1 件 あたりの貨物量 流動ロット のことで ここでは着側で分析している 市町村別は十分なサンプル数がないため あくまでも傾向把握のため分析した 13

24 着 ロット(トン/ 件 ) 島 根 県 内 の 市 町 村 別 の 傾 向 をみると 松 江 市 や 出 雲 市 などの 県 内 での 拠 点 的 な 都 市 は 4 届 け 先 が 多 く かつ 小 口 に 区 分 されるが その 他 の 市 町 村 は 2 届 け 先 が 少 な いが 大 口 や 3 届 け 先 が 少 なく かつ 小 口 に 区 分 されることが 把 握 された ( 図 図 図 ) 1. 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 着 ロット(トン/ 件 ) 2 届 け 先 が 少 ないが 大 口 1 届 け 先 が 多 く 大 口 1. 海 士 町 江 津 市 吉 賀 町 川 本 町 1..1 美 郷 町 西 ノ 島 町 飯 南 町 津 和 野 町 全 国 平 均 益 田 市 邑 南 町 島 根 県 平 均 出 雲 市 雲 南 市 安 来 市 浜 田 市 松 江 市 大 田 市 奥 出 雲 町 隠 岐 の 島 町 3 届 け 先 が 少 なく 小 口 4 届 け 先 が 多 く 小 口 着 貨 物 密 度 ( 件 数 ) 件 /km2 日 図 着 貨 物 密 度 と 着 ロットの 関 係 ( 件 数 ベース) 島 根 県 内 市 町 村 別 資 料 : 全 国 貨 物 純 流 動 調 査 ( 物 流 センサス)3 日 間 調 査 ( 国 土 交 通 省 21(H22)) 注 :ロットとは 出 荷 1 件 あたりの 貨 物 量 ( 流 動 ロット)のことで ここでは 着 側 で 分 析 している 市 町 村 別 は 十 分 なサンプル 数 がないため あくまでも 傾 向 把 握 のため 分 析 した 14

25 隠岐の島町 西ノ島町 海士町 知夫村 貨物密度 件数ベース 5件/km2 日以上 2 5未満 15 2未満 1 15未満 5 1未満 1 5未満 1未満 サンプルなし 境港市 松江市 出雲市 南部町伯耆町 江府町 雲南市 奥出雲町 江津市 西粟倉村 津山市 川本町 邑南町 吉備中央町 和気町 赤磐市 神石高原町 益田市 東広島市 廿日市市 山口市 岩国市 瀬戸内市 矢掛町 府中町 海田町 熊野町 坂町 尾道市 三原市 倉敷市 浅口市 里庄町 笠岡市 玉野市 直島町 土庄町 小豆島町 竹原市 多度津町 大竹市 江田島市 和木町 周南市 宇部市 福山市 広島市 吉賀町 図 井原市 早島町 萩市 美祢市 岡山市 総市 府中市 世羅町 津和野町 長門市 上郡町 高梁市 安芸高田市 市 福崎 姫路市 たつの市 相生市 太子町 備前市 赤穂市 高 久米南町 北広島町 神 佐用町 美咲町 浜田市 安芸太田町 宍粟市 奈義町 勝央町 美作市 新見市 庄原市 阿武町 智頭町 鏡野町 真庭市 三次市 養父市 若桜町 日野町 新庄村 日南町 八頭町 三朝町 飯南町 美郷町 鳥取市 倉吉市 安来市 大田市 岩美町新温泉町 香美町 日吉津村 大山町 琴浦町 北栄町 湯梨浜町 米子市 大崎上島町 呉市 着貨物密度 件数ベース 坂出市 宇多津町 丸亀市 高松市 さぬき市 善通寺市 三木町 琴平町 綾川町 東かがわ市 三豊市 鳴門市 まんのう町 板野町 松茂町 阿波市 上板町 観音寺市 藍住町 北島町 上島町 島根県内市町村別 防府市 下松市 今治市 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 21(H22) 光市 田布施町 柳井市 注 市町村別は十分なサンプル数がないため あくまでも傾向把握のため分析した 周防大島町 東みよし町 松山市 美馬市 吉野川市 南あわじ 石井町 徳島市 三好市 隠岐の島町 西ノ島町 海士町 知夫村 ロット 1件当たり貨物重量 1.トン/件以上 3. 1.未満 未満 未満 未満 未満.5 1.未満.5未満 サンプルなし 境港市 松江市 出雲市 安来市 雲南市 大田市 奥出雲町 美郷町 江津市 鳥取市 倉吉市 南部町伯耆町 江府町 日南町 若桜町 日野町 新庄村 西粟倉村 津山市 川本町 吉備中央町 三次市 安芸高田市 益田市 津和野町 井原市 福山市 広島市 吉賀町 東広島市 廿日市市 山口市 岩国市 防府市 三原市 尾道市 岡山市 瀬戸内市 矢掛町 浅口市 里庄町 笠岡市 倉敷市 玉野市 直島町 多度津町 江田島市 呉市 大崎上島町 上島町 島根県内市町村別 坂出市 宇多津町 丸亀市 高松市 さぬき市 善通寺市 三木町 琴平町 綾川町 東かがわ市 三豊市 鳴門市 まんのう町 板野町 松茂町 阿波市 上板町 観音寺市 藍住町 北島町 下松市 資料 全国貨物純流動調査 物流センサス 3 日間調査 国土交通省 今治市 21(H22) 光市 田布施町 柳井市 東みよし町 注 ロットとは 出荷 1 件 あたりの貨物量 流動ロット のことで ここでは着側で分析している 周防大島町 松山市 三好市 市町村別は十分なサンプル数がないため あくまでも傾向把握のため分析した 15 土庄町 小豆島町 竹原市 大竹市 和木町 周南市 府中町 海田町 熊野町 坂町 着ロット 件数ベース 宇部市 府中市 早島町 萩市 図 和気町 赤磐市 総市 世羅町 姫 たつの市 相生市 太子町 備前市 赤穂市 上郡町 高梁市 神石高原町 安芸太田町 佐用町 美咲町 久米南町 北広島町 宍粟市 奈義町 勝央町 美作市 新見市 庄原市 美祢市 智頭町 鏡野町 真庭市 飯南町 邑南町 長門市 八頭町 三朝町 浜田市 阿武町 岩美町新温泉町 香美 日吉津村 大山町 琴浦町 北栄町 湯梨浜町 米子市 美馬市 吉野川市 石井町 徳島市

26 参考 千葉県房総半島地域の状況 千葉県については 県内に都市部と過疎部があることから 既存統計に基づき県内の 状況を概観した 千葉県の人口や産業集積 交通網の状況をみると 特に 房総半島地域は メガロポ リスに最も近い過疎地と言える キーワード 届け先 疎 ときがわ町 鳩山町 越生町 3954 毛呂山町 117 坂戸市 6999 鶴ヶ島市 川島町 桶川市 伊奈町 蓮田市 上尾市 美浦村 春日部市 牛久市 つくばみらい市 守谷市 野田市 行方市 稲敷市 3534 潮来市 松伏町 川越市 龍ケ崎市 取手市 神崎町 香取市 越谷市 吉川市 河内町 ふじみ野市 柏市 我孫子市 さいたま市 利根町 富士見市 飯能市 流山市 2258 狭山市 栄町 3876 志木市 入間市 印西市 三郷市 三芳町 蕨市 草加市 八潮市 戸田市 川口市 所沢市 朝霞市 8745 新座市 白井市 青梅市 松戸市 清瀬市 和光市 成田市 鎌ケ谷市 足立区 753 羽村市瑞穂町 東久留米市 1665 東村山市 北区 武蔵村山市 板橋区 東大和市 日の出町 葛飾区 福生市 多古町 荒川区 練馬区 豊島区 あきる野市 小平市 西東京市 酒々井町 富里市 佐倉市 市川市 八千代市 立川市 1265 武蔵野市 台東区 国分寺市 墨田区 匝瑳市 文京区 文京シビックセンター 694 中野区 792 昭島市 江戸川区 杉並区 新宿区千代田区 7551 小金井市 船橋市16453 芝山町 国立市 三鷹市 習志野市 日野市 中央区江東区 四街道市 府中市 八王子市 横芝光町 八街市 渋谷区 港区 芝地区総合支所 浦安市 調布市78751 世田谷区 目黒区 多摩市 稲城市 狛江市 品川区 千葉市 山武市 日高市 相模原市 4289 愛川町 大田区 川崎市 町田市 東金市 市原市 座間市 大和市 3459 清川村 海老名市 厚木市 綾瀬市 横浜市 長柄町 茂原市 6355 袖ケ浦市 1139 伊勢原市 秦野市 973 長南町 木更津市 寒川町 平塚市 茅ヶ崎市 大磯町 二宮町 11 中井町 藤沢市 5113 大網白里町 鎌倉市 5832 逗子市 葉山町 横須賀市 君津市 4873 富津市 6693 鹿嶋市 神栖市 東庄町 184 九十九里町 白子町 長生村 一宮町 睦沢町 1671 大多喜町 4962 いすみ市 人口 円の大きさは 人口 人 を示す 7738 御宿町 2788 勝浦市 三浦市 895 鋸南町 鴨川市 4214 南房総市 千葉房総の 人口 届け先 は少ない 4929 館山市 図 銚子市 6958 旭市 人口集積 人口の分布 資料 国勢調査 総務省 21(H22)年度 に基づき作成 16

27 582 ときがわ町 鳩山町 越生町 1146 毛呂山町 9 川島町 3 坂戸市 216 鶴ヶ島市 桶川市 伊奈町1637 蓮田市 6246 上尾市 651 美浦村 7518 春日部市 4825 野田市 185 松伏町 1663 川越市 1847 日高市 238 牛久市 つくばみらい市 守谷市 1767 稲敷市 129 潮来市 2537 龍ケ崎市 3185 取手市 越谷市 吉川市 河内町 ふじみ野市 柏市 我孫子市 さいたま市 利根町 富士見市 流山市 栄町 1524 志木市 印西市 5318 三郷市 三芳町 蕨市 草加市 八潮市 戸田市 川口市 所沢市 朝霞市 1737 新座市 白井市 青梅市 松戸市 清瀬市 1556 和光市 1988 成田市 鎌ケ谷市 足立区 29 羽村市瑞穂町 東村山市 東久留米市 北区 武蔵村山市 2194 板橋区 東大和市 日の出町 葛飾区 2469福生市 練馬区 豊島区 荒川区 あきる野市 小平市 西東京市 7584 酒々井町 富里市 佐倉市 八千代市 立川市 市川市 武蔵野市 台東区 国分寺市2845 墨田区 江戸川区 文京区 文京シビックセンター 中野区 昭島市 杉並区 新宿区千代田区 264 小金井市 5348 船橋市 国立市7417 三鷹市 習志野市 日野市 中央区江東区 四街道市 府中市 八王子市 八街市 渋谷区 港区 芝地区総合支所 1955 浦安市 2133調布市 世田谷区 目黒区 多摩市 稲城市 狛江市 品川区 千葉市 348 飯能市 1636 愛川町 3463 大田区 4916 川崎市 町田市 海老名市 厚木市 綾瀬市 横浜市 335 長南町 487 木更津市 1849 寒川町 藤沢市 平塚市 茅ヶ崎市 1192 大磯町 7228 鎌倉市 1872 逗子市 931 葉山町 826 多古町 1798 匝瑳市 499 銚子市 3279 旭市 121 横芝光町 182 山武市 746 九十九里町 459 白子町 長柄町 茂原市 1958 袖ケ浦市 届け先 疎 4223 神栖市 439 芝山町 1299 大網白里町 8595 市原市 3781 伊勢原市 974 二宮町 3685 香取市 2259 鹿嶋市 589 東庄町 2293 東金市 座間市 大和市 134 清川村 463 中井町 24 神崎町 475 狭山市 4874 入間市 相模原市 4835 秦野市 キーワード 1654 行方市 433 長生村 一宮町 睦沢町 3339 君津市 223 富津市 1341 横須賀市 548 大多喜町 1758 いすみ市 千葉房総の 事業所数 届け先 は少ない 416 御宿町 1239 勝浦市 1887 三浦市 211 鴨川市 413 鋸南町 事業所数 2276 南房総市 円の大きさは 事業所数 事業 所 を示す 2924 館山市 全産業 事業所数 5252 ときがわ町 鳩山町 越生町 1124 毛呂山町 9649 川島町 坂戸市 鶴ヶ島市 桶川市 伊奈町1777 蓮田市 上尾市 763 美浦村 春日部市 8463 松伏町 川越市 2193 日高市 牛久市 つくばみらい市 守谷市 野田市 行方市 稲敷市 9392 潮来市 龍ケ崎市 取手市 神崎町 香取市 越谷市 吉川市 河内町 ふじみ野市 柏市 我孫子市 さいたま市 利根町 富士見市 流山市 栄町 志木市 印西市 6176 三郷市 三芳町 蕨市 草加市 八潮市 戸田市 川口市 所沢市 朝霞市 新座市 白井市 青梅市 松戸市 清瀬市 和光市 成田市 鎌ケ谷市 足立区 羽村市瑞穂町 東久留米市 862 東村山市 北区 武蔵村山市 板橋区 東大和市 日の出町 葛飾区 福生市 多古町 4765 荒川区 練馬区 豊島区 8759 あきる野市 小平市 西東京市 酒々井町 富里市 佐倉市 市川市 八千代市 立川市 武蔵野市 1699 台東区 国分寺市 墨田区 江戸川区 匝瑳市 文京区 文京シビックセンター 中野区 854 昭島市 杉並区 新宿区千代田区 2622 小金井市 5764 船橋市 芝山町 国立市 三鷹市 習志野市 江東区 日野市 中央区 四街道市 府中市 八王子市 横芝光町 八街市 渋谷区 港区 芝地区総合支所 浦安市 調布市17712 世田谷区 目黒区 多摩市 稲城市 狛江市 品川区 千葉市 山武市 飯能市 5959 狭山市 5511 入間市 相模原市 1974 愛川町 大田区 川崎市 町田市 2329 東金市 市原市 座間市 大和市 1538 清川村 海老名市 厚木市 綾瀬市 横浜市 長柄町 茂原市 袖ケ浦市 伊勢原市 秦野市 8271 中井町 5568 二宮町 3511 長南町 4682 木更津市 寒川町 平塚市 茅ヶ崎市 7698 大磯町 藤沢市 98 大網白里町 鎌倉市 逗子市 675 葉山町 355 鹿嶋市 586 神栖市 3723 東庄町 旭市 銚子市 516 九十九里町 3596 白子町 4147 長生村 一宮町 睦沢町 君津市 横須賀市 178 富津市 4443 大多喜町 1172 いすみ市 274 御宿町 751 勝浦市 三浦市 2238 鋸南町 鴨川市 従業者数 南房総市 円の大きさは 従業者数 人 を示 す 2188 館山市 全産業 従業者数 図 産業集積 全産業 事業所数及び従業者数の分布 資料 経済センサス 活動調査 総務省 212(H24)年度 に基づき作成 17

28 キーワード 84 ときがわ町 鳩山町 越生町 232 毛呂山町 565 坂戸市 43 鶴ヶ島市 284 日高市 113 川島町 桶川市 伊奈町 318 蓮田市 13 上尾市 92 美浦村 1389 春日部市 つくばみらい市 守谷市 95 野田市 146 松伏町 269 川越市 越谷市 吉川市 9 狭山市 925 入間市 3762 相模原市 232 愛川町 94 利根町 541 印西市 38 船橋市 8 習志野市 254 寒川町 63 中井町 平塚市 茅ヶ崎市 441 四街道市 大磯町 二宮町 1741 鎌倉市 47 逗子市 19 葉山町 422 匝瑳市 944 銚子市 699 旭市 214 横芝光町 422 八街市 5226 千葉市 347 山武市 219 大網白里町 63 長南町 133 九十九里町 71 白子町 長柄町 茂原市 296 袖ケ浦市 947 木更津市 265 藤沢市 175 多古町 25 富里市 57 芝山町 612 伊勢原市 956 秦野市 672 神栖市 113 成田市 酒々井町 佐倉市 989 八千代市 456 東金市 横浜市 届け先 疎 458 鹿嶋市 119 東庄町 1584 市原市 海老名市356 厚木市 綾瀬市 841 香取市 98 栄町 4562 大田区 6858 川崎市 2487 町田市 286 潮来市 46 神崎町 233 白井市 座間市 大和市 2 清川村 43 稲敷市 66 河内町 柏市 我孫子市 53 鎌ケ谷市 327 行方市 548 龍ケ崎市 681 取手市 585 ふじみ野市 さいたま市 富士見市 流山市 志木市 三郷市 三芳町 蕨市 草加市 八潮市 戸田市 川口市 所沢市 朝霞市 284 新座市 青梅市 4289 松戸市 清瀬市 和光市 足立区 57 羽村市瑞穂町 東村山市 東久留米市 北区 武蔵村山市 板橋区 3459 東大和市 322 日の出町538福生市 葛飾区 練馬区 豊島区 荒川区 あきる野市 小平市 西東京市 市川市 立川市 武蔵野市 台東区 3651 国分寺市56 墨田区 江戸川区 文京区 文京シビックセンター 中野区 昭島市 杉並区 新宿区千代田区 516 小金井市 国立市 三鷹市 日野市 中央区江東区 府中市 八王子市 渋谷区 港区 芝地区総合支所 216 浦安市 31 調布市 世田谷区 目黒区 多摩市 稲城市 狛江市 2684 品川区 612 飯能市 472 牛久市 74 長生村 一宮町 睦沢町 557 君津市 427 富津市 2779 横須賀市 131 大多喜町 48 いすみ市 千葉房総の 小売業 届け先 は少ない 82 御宿町 236 勝浦市 391 三浦市 448 鴨川市 19 鋸南町 事業所数 467 南房総市 円の大きさは 事業所数 事業 所 を示す 619 館山市 小売業 事業所数 9 ときがわ町 9 4 鳩山町 越生町 1 毛呂山町 29 坂戸市 32 鶴ヶ島市 52 日高市 23 川島町 1 美浦村 38 桶川市 45 2 伊奈町 蓮田市 1 上尾市 81 春日部市 29 松伏町 138 川越市 21 牛久市 つくばみらい市 守谷市 134 野田市 1 潮来市 34 龍ケ崎市 29 取手市 越谷市 吉川市 6 17 河内町 149 ふじみ野市 柏市 我孫子市 さいたま市 利根町 富士見市 流山市 栄町 63 志木市 印西市 194 三郷市 三芳町 蕨市 草加市 八潮市 戸田市 川口市 所沢市 新座市 朝霞市 31 白井市 青梅市 446 松戸市 清瀬市 56 和光市 23 成田市 鎌ケ谷市 足立区 28 羽村市瑞穂町 東村山市 東久留米市 北区 18 武蔵村山市 板橋区 東大和市 3 84 日の出町24 福生市 葛飾区 荒川区 練馬区 豊島区 2 あきる野市 小平市 79 西東京市 酒々井町 富里市 12 佐倉市 八千代市 市川市 武蔵野市 立川市国分寺市 12 台東区 11中野区 墨田区 江戸川区 文京区 文京シビックセンター 218 昭島市 小金井市 47 杉並区 新宿区千代田区 31 船橋市 国立市 三鷹市 習志野市 日野市 315 中央区江東区 四街道市 府中市 八王子市 八街市 渋谷区 港区 芝地区総合支所 47 浦安市 22 調布市 世田谷区 目黒区 多摩市 稲城市 狛江市 品川区 千葉市 26 飯能市 48 愛川町 537 大田区 592 川崎市 81 町田市 53 香取市 131 神栖市 海老名市66 厚木市 綾瀬市 1339 横浜市 4 29 長柄町 茂原市 45 袖ケ浦市 65 伊勢原市 39 秦野市 52 寒川町 23 中井町 平塚市 茅ヶ崎市 5 長南町 42 木更津市 18 藤沢市 26 多古町 26 匝瑳市 41 芝山町 54 旭市 64 銚子市 18 横芝光町 39 山武市 11 大網白里町 26 市原市 運ぶ人 少 38 鹿嶋市 7 東庄町 29 東金市 座間市 大和市 13 6 大磯町 二宮町 2 神崎町 79 狭山市 97 入間市 32 相模原市 清川村 キーワード 27 行方市 38 稲敷市 6 九十九里町 6 白子町 8 長生村 2 4 一宮町 睦沢町 47 君津市 27 鎌倉市 4 逗子市 4 葉山町 93 横須賀市 16 富津市 5 大多喜町 8 いすみ市 1 御宿町 9 勝浦市 24 三浦市 3 鋸南町 1 鴨川市 事業所数 11 南房総市 円の大きさは 事業所数 事業 所 を示す 2 館山市 道路貨物運送業 従業者数 図 産業集積 小売業及び道路貨物運送業 事業所数の分布 資料 経済センサス 活動調査 総務省 212(H24)年度 に基づき作成 18

29 1.2 モデル 地 域 の 設 定 結 果 1.1 の 検 討 結 果 に 基 づき モデル 地 域 を 以 下 の 通 り 設 定 した メンバー 企 業 ( 後 述 )の 意 向 も 踏 まえ 千 葉 県 については 県 内 でも 特 に 物 流 量 と 届 け 先 が 少 ない 房 総 半 島 地 域 を 対 象 に 設 定 した なお 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 は 他 の 過 疎 地 が 特 定 の 配 送 事 業 者 が 寡 占 状 態 にあるのに 比 べ 比 較 的 多 数 の 配 送 事 業 者 がおり 様 々な 物 流 モデルパターンを 検 討 するのに 適 していることが 想 定 されることも 考 慮 した また 代 表 的 な 過 疎 地 である 島 根 県 についても 検 討 対 象 に 加 えた モデル 地 域 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 島 根 県 なお 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 の 対 象 市 町 村 については 第 2 章 で 述 べる6 の 物 流 実 態 を 踏 まえて 設 定 した 19

30 参 考 千 葉 県 と 島 根 県 の 人 口 世 帯 数 面 積 H22 人 口 ( 人 ) H17 人 口 ( 人 ) H22 世 帯 数 ( 世 帯 ) 面 積 (km2) 千 葉 県 計 6,216,289 6,56,462 2,515,94 5,157 千 葉 市 961, ,319 46, 中 央 区 199, ,637 93, 花 見 川 区 18, ,78 76,51 34 稲 毛 区 157, ,685 68,53 21 若 葉 区 151, ,898 61, 緑 区 121, ,85 44,4 66 美 浜 区 15, ,541 62, 銚 子 市 7,21 75,2 27,35 84 市 川 市 473, ,68 22, 船 橋 市 69,4 569, , 館 山 市 49,29 5,527 2, 木 更 津 市 129, ,234 5, 松 戸 市 484, ,579 29,57 61 野 田 市 155, ,24 58,5 14 茂 原 市 93,15 93,26 35,936 1 成 田 市 128, ,139 52, 佐 倉 市 172, ,246 65,35 14 東 金 市 61,751 61,71 24, 旭 市 69,58 7,643 23, 習 志 野 市 164,53 158,785 7, 柏 市 44,12 38, , 勝 浦 市 2,788 22,198 9, 市 原 市 28,416 28, , 流 山 市 163, ,641 64, 八 千 代 市 189,781 18,729 74, 我 孫 子 市 134,17 131,25 53,17 43 鴨 川 市 35,766 36,475 14, 鎌 ケ 谷 市 17,853 12,812 41, 君 津 市 89,168 9,977 33, 富 津 市 48,73 5,162 17, 浦 安 市 164, ,29 71, 四 街 道 市 86,726 84,77 32, 袖 ケ 浦 市 6,355 59,18 21, 八 街 市 73,212 75,735 25, 印 西 市 88,176 81,12 29, 白 井 市 6,345 53,5 21,27 35 富 里 市 51,87 51,37 19,71 54 南 房 総 市 42,14 44,763 15, 匝 瑳 市 39,814 42,86 12, 香 取 市 82,866 87,332 27, 山 武 市 56,89 59,24 19, いすみ 市 4,962 42,35 14, 大 網 白 里 市 5,113 49,548 18, 酒 々 井 町 21,234 21,385 8, 栄 町 22,58 24,377 8,4 32 神 崎 町 6,454 6,75 2,135 2 多 古 町 16,2 16,95 5, 東 庄 町 15,154 16,166 4, 九 十 九 里 町 18,4 19,9 6, 芝 山 町 7,92 8,389 2,47 43 横 芝 光 町 24,675 25,981 8, 一 宮 町 12,34 11,656 4, 睦 沢 町 7,34 7,838 2,4 36 長 生 村 14,752 14,543 5,32 28 白 子 町 12,151 12,85 4, 長 柄 町 8,35 8,564 2, 長 南 町 9,73 9,824 2, 大 多 喜 町 1,671 11,514 3, 御 宿 町 7,738 7,942 3,19 25 鋸 南 町 8,95 9,778 3,48 45 H22 人 口 ( 人 ) H17 人 口 ( 人 ) H22 世 帯 数 ( 世 帯 ) 面 積 (km2) 島 根 県 計 717, , ,219 6,78 松 江 市 28,613 21,796 81, 浜 田 市 61,713 63,46 24, 出 雲 市 171, ,751 55, 益 田 市 5,15 52,368 19, 大 田 市 37,996 4,73 14, 安 来 市 41,836 43,839 12, 江 津 市 25,697 27,774 1, 雲 南 市 41,917 44,43 12, 奥 出 雲 町 14,456 15,812 4, 飯 南 町 5,534 5,979 1, 川 本 町 3,9 4,324 1, 美 郷 町 5,351 5,911 2, 邑 南 町 11,959 12,944 4, 津 和 野 町 8,427 9,515 3, 吉 賀 町 6,81 7,362 2, 海 士 町 2,374 2,581 1,52 34 西 ノ 島 町 3,136 3,486 1, 知 夫 村 隠 岐 の 島 町 15,521 16,94 6, 隠 岐 ( 離 島 計 ) 21,688 23,696 9,

31 2.メンバーの 検 討 2.1 メンバーの 検 討 メンバーについては 213(H25) 年 度 輸 送 効 率 改 善 による 省 エネルギー 方 策 の 研 究 (JILS)で 実 施 した 荷 主 連 携 による 輸 送 効 率 改 善 に 関 するアンケート 調 査 の 結 果 地 域 内 での 積 み 合 せ 配 送 に 対 する 要 望 が 最 も 多 かった 千 葉 県 を 挙 げていた 企 業 に 対 し 追 加 的 なヒアリング 調 査 で 共 同 配 送 に 係 る 要 望 の 具 体 的 な 内 容 などを 確 認 した 上 で 当 該 地 域 におけるフィージビリティスタディを 実 証 的 に 進 めることができると 考 えられ た 企 業 を 選 出 した 2.2 メンバーの 設 定 結 果 メンバーの 設 定 結 果 は 以 下 の 通 り 異 業 種 から 構 成 される7 とした メンバー 味 の 素 株 式 会 花 王 株 式 会 キヤノン 株 式 会 TOTO 株 式 会 トヨタ 自 動 車 株 式 会 パナソニック 株 式 会 森 永 製 菓 株 式 会 21

32 第 2 章 モデル 地 域 における 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 整 理 本 章 では モデル 地 域 におけるフィージビリティスタディ に 関 して 対 象 とする モ デル 地 域 における 共 同 物 流 実 現 のための 条 件 整 理 を 行 った 1.モデル 地 域 における 各 の 現 況 のエリア 配 送 状 況 の 概 略 把 握 共 同 配 送 を 検 討 するために まず 各 の 現 況 のエリア 配 送 の 状 況 を 大 まかに 把 握 した その 結 果 下 記 のような 様 々な 実 態 があることが 把 握 され 共 配 検 討 時 には これらに 注 意 して 現 況 把 握 を 行 うことが 重 要 であることが 確 認 された モデル 地 域 を 配 送 の 目 的 地 とする 出 発 地 はどこか? < 直 送 か 中 継 有 か> 川 上 ( 横 持 ち)と 川 下 (エリア 配 送 )の 存 在 出 荷 地 から 直 接 エリア 配 送 を 行 っている 場 合 もあれば 出 発 地 から 中 継 拠 点 に 一 旦 横 持 ち 輸 送 し 中 継 拠 点 がエリア 配 送 の 出 発 地 になっている 場 合 もある 中 継 がある 場 合 は 川 下 のエリア 配 送 だけでなく 川 上 の 横 持 ち 輸 送 があること になる < 出 荷 拠 点 > 出 荷 拠 点 とは いわゆる 工 場 在 庫 倉 庫 DC 等 が 該 当 する 複 数 の 工 場 からそれぞれ 別 の 品 目 を 出 荷 しているなど その 地 域 に 対 する 出 荷 拠 点 が1ヶ 所 でないことも 多 い ほとんどの 発 荷 主 の 場 合 出 荷 データから 出 荷 拠 点 が 把 握 できる < 中 継 拠 点 > 中 継 拠 点 とは いわゆる TC や 委 託 先 の 配 送 事 業 者 の 物 流 施 設 が 該 当 する 中 継 拠 点 は かならずしも 配 送 エリア 内 にあるとは 限 らない 中 継 拠 点 が 配 送 事 業 者 の 物 流 施 設 である 場 合 は 出 荷 データ 上 では 中 継 拠 点 の 場 所 が 把 握 できない 場 合 が 多 い エリアをいくつに 分 割 しているか? <エリア 分 割 数 > 対 象 地 域 を いくつにエリア 分 割 しているかは 届 け 先 に 届 けるための 最 終 段 階 の 配 送 の 出 発 地 の 数 ということになる (エリアについては かならずしもきちんとエリア 分 割 されていない 場 合 や 発 荷 主 側 ではエリア 区 分 まで 正 確 に 把 握 していない 場 合 もある 後 述 する 今 回 のシミ ュレーションでは 各 がエリア 区 分 を 行 っているものとして 試 算 している ) その 他 対 象 地 域 への 配 送 は エリア 配 送 事 業 者 への 輸 送 委 託 ではなく 特 積 み 宅 配 を 利 用 している 場 合 もある ( 後 述 する 今 回 のシミュレーションでは 各 がエリア 配 送 事 業 者 と 車 建 て 契 約 方 式 で 傭 車 をチャーターする 形 で 契 約 しているものとして 試 算 している ) なお これらの 実 態 は 必 ずしも 業 種 や 取 扱 品 目 による 違 いではなく 異 業 種 であって も 類 似 した 出 荷 拠 点 中 継 拠 点 の 配 置 状 況 やエリア 区 分 となっている 場 合 があることが 把 握 された 22

33 下記は エリア配送の出発地 from と届け先 to の表示例である この例では 千葉県に対しては 埼玉の出荷拠点から届けている ただし 配送エリア 区分は2つで 千葉県内のうち 東葛地域は埼玉の出荷拠点から直接エリア配送を行って いるが 房総半島地域は中継拠点に一旦横持ちした上で エリア配送を行っている 出荷拠点 中継拠点 届け先 川上 横持ち輸送 川下 エリア配送 川上 川下 東葛 地域 房総 半島 地域 出荷拠点 図 中継拠点 届け先 エリア配送の出発地 from と届け先 to の表示例 23

34 A 食品 D 精密機器 B 食品 E 住宅設備機器 C 日用雑貨 図 F 電気機器 各の現況のエリア区分 千葉県 24 出荷拠点 中継拠点 川上 横持ち輸送 川下 エリア配送

35 A 食品 D 精密機器 大阪 大阪 B 食品 E 住宅設備機器 福岡 大阪 C 日用雑貨 F 電気機器 兵庫 大阪 図 佐賀 現況の現況のエリア区分 島根県 25 出荷拠点 中継拠点 川上 横持ち輸送 川下 エリア配送

36 2.モデル 地 域 における 各 の 物 流 実 態 の 把 握 ( 物 流 データに 基 づく) 2.1 共 配 の 検 討 のために 必 要 となる 情 報 項 目 の 検 討 今 回 の 研 究 では 発 荷 主 6 の 物 流 実 態 データに 基 づき 対 象 地 域 における 最 適 なエリ ア 配 送 について 実 証 的 な 検 討 を 行 うことを 狙 いとしている 一 般 的 に 最 適 な 配 車 計 画 を 検 討 するために 必 要 となる 情 報 項 目 は 表 の 通 りで ある しかしながら 6 の 発 荷 主 企 業 においては 荷 物 に 係 わる 状 況 のうち 着 時 刻 指 定 届 け 先 での 荷 捌 き 時 間 配 送 車 両 の 指 定 状 況 や 車 両 に 係 わる 状 況 については 正 確 な 現 状 データを 所 有 提 供 することが 困 難 であることが 把 握 された (なお 発 荷 主 の 中 でも 自 車 両 を 保 有 し 自 で 配 送 している 場 合 は 全 ての 情 報 が 把 握 可 能 である ) このようなことから 今 回 の 検 討 では 6 が 横 並 びで 提 供 できるデータとして 発 荷 主 の 出 荷 データ 等 から 把 握 可 能 な 出 発 地 届 け 先 重 量 データを 中 心 として 定 量 的 な 検 討 を 行 うこととし その 他 の 情 報 項 目 については 可 能 な 範 囲 で 実 態 に 関 する 状 況 を 把 握 し 分 析 に 反 映 させることとした 表 最 適 配 車 検 討 のために 必 要 となる 情 報 項 目 :6 ( 発 荷 主 ) 側 で 正 確 な 情 報 が 把 握 できない 項 目 区 分 内 容 データ 項 目 (1) 荷 物 デ ータ どこから(from) どこへ(to) どれだけの 量 を どんな 条 件 で 運 ぶかに 関 するデータ 1 出 発 地 ( 出 荷 地 中 継 地 ) 2 届 け 先 3 重 量 容 量 4 着 時 刻 指 定 (8:~12: 等 ) 5 届 け 先 での 荷 捌 き 時 間 6 配 送 車 両 の 指 定 (2) 車 両 デ ータ 配 送 に 使 用 する 車 両 の 条 件 1 車 両 サイズ 積 載 上 限 2 稼 働 可 能 時 間 等 の 稼 働 条 件 3 台 数 26

37 2.2 収 集 したデータ 項 目 前 節 の 状 況 を 踏 まえ 各 から 以 下 のデータを 収 集 した ( 表 2-2-2) 収 集 データの 対 象 : 千 葉 県 内 及 び 島 根 県 内 を 配 送 の 目 的 地 とする 輸 送 データ ( 千 葉 県 については 検 討 過 程 の 中 で 千 葉 県 の 中 から 房 総 半 島 地 域 をエリア 共 配 の 対 象 に 絞 り 込 むため 千 葉 県 全 域 のデータを 収 集 した) 収 集 データの 期 間 :213 年 ( 平 成 25 年 )1 月 分 (1ヶ 月 間 ) 収 集 データ 項 目 : 日 別 エリア 配 送 の 出 発 地 ( 出 荷 拠 点 又 は 中 継 拠 点 ) 届 け 先 重 量 ( 基 本 的 には 出 荷 データから 把 握 ) 備 考 : 明 らかに 共 配 できない 荷 物 ( 冷 蔵 品 据 付 等 付 帯 業 務 があるもの)については 提 供 時 に 除 外 していただいている データ 提 供 時 のお 願 い 文 千 葉 県 内 及 び 島 根 県 内 を 配 送 の 目 的 地 とする 御 の 輸 送 データのうち 213 年 1 月 分 のデータをご 提 供 戴 けないでしょうか? ( 前 述 の 通 り 発 荷 主 サイドでは 車 両 データは 把 握 できなかった ) 表 収 集 した 情 報 に 基 づく 物 流 データの 整 理 イメージ NO 配 送 出 荷 出 荷 中 継 中 継 届 け 先 届 け 先 重 量 着 時 車 種 庭 先 日 拠 点 拠 点 拠 点 拠 点 名 住 所 (kg) 刻 指 条 件 名 倉 庫 倉 庫 物 流 セン ター 住 所 埼 玉 県 A 市 1-23 埼 玉 県 A 市 1-23 千 葉 県 B 市 76-3 名 運 輸 C 物 流 セン ター 運 輸 C 物 流 セン ター 住 所 千 葉 県 C 市 4-56 千 葉 県 C 市 4-5 物 流 セン ター 店 - - 店 千 葉 県 D 町 78 番 地 千 葉 県 E 市 243 番 地 千 葉 県 F 町 6-2 定 28 8:3 ~ 11:3 12 9: ~ 11: 5 7: ~ 1: 倉 庫 物 流 セン ター 埼 玉 県 A 市 1-23 千 葉 県 B 市 運 輸 C 物 流 セン ター 千 葉 県 C 市 4-56 物 流 セン ター - - 店 千 葉 県 D 町 78 番 地 千 葉 県 F 町 81 8:3 ~ 11:3 15 8: ~ 9: 配 送 日 : 会 により 出 荷 日 と 納 品 日 が 異 なることもある 3~8 出 発 地 (from)と 届 け 先 (to): 出 荷 拠 点 の 他 に 配 送 事 業 者 の 物 流 センターなどを 経 由 する 場 合 は 中 継 拠 点 も 把 握 した 9 重 量 : 重 量 以 外 に 容 積 個 数 等 の 情 報 なども 把 握 できればよりよいが 今 回 は 重 量 のみとした 11112: 届 け 先 に 係 わる 情 報 として 可 能 な 限 り 把 握 すべきであるが 今 回 この 情 報 を 発 荷 主 が 正 確 に 把 握 していない 場 合 が 多 いことが 分 かり 後 述 のシミュレーションでも 仮 の 時 間 を 設 定 して 試 算 し ている 4t 4t 2t 4t 2t 等 - - 付 帯 業 務 有 - 付 帯 業 務 有 27

38 2.3 各 の 物 流 の 現 状 の 整 理 前 節 による 提 供 データに 基 づき モデル 地 域 における 各 のエリア 配 送 の 実 態 について 確 認 した なお 千 葉 県 については 検 討 過 程 の 中 で 千 葉 県 の 中 から 房 総 半 島 地 域 のみをエリア 共 配 の 対 象 に 絞 り 込 んでいるため ここでは 千 葉 県 全 域 と 房 総 半 島 地 域 の 両 方 の 傾 向 を 示 す 1) 物 流 量 モデル 地 域 における 各 の 物 流 量 ( 届 け 重 量 )を 確 認 した ( 図 2-2-1) 具 体 的 には 1 月 の 1 ヶ 月 間 の 合 計 出 荷 重 量 を 確 認 した 重 量 ベースで 出 荷 量 には 各 でかなりの 差 があることを 把 握 した t 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1, 千 葉 県 全 域 A B C D E F ( 各 県 全 域 ) t 島 根 県 全 域 A B C D E F t 1, 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 A B C D E F ( 共 配 検 討 地 域 のみ) t 島 根 県 全 域 A B C D E F 図 モデル 地 域 の 物 流 量 (1ヶ 月 計 : 重 量 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 28

39 2) 届 け 先 数 モデル 地 域 における 各 の 届 け 先 数 を 確 認 した ( 図 2-2-2) 具 体 的 には 1 月 の 1 ヶ 月 間 に 1 日 以 上 の 届 け 実 績 がある 届 け 先 数 をカウントした 前 述 の 重 量 が 小 さい 会 でも 届 け 先 数 は 多 い 会 があることを 把 握 した 件 5, 4,5 4, 3,5 3, 2,5 2, 1,5 1, 5 千 葉 県 全 域 件 5 A B C D E F ( 各 県 全 域 ) 島 根 県 A B C D E F 件 1, 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 5 件 島 根 県 5 A B C D E F A B C D E F ( 共 配 検 討 地 域 のみ) 図 届 け 先 数 (1 月 実 績 有 ) 1 月 の1ヶ 月 間 に1 日 以 上 の 届 け 実 績 がある 届 け 先 数 A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 29

40 3) 届 け 回 数 モデル 地 域 における 各 の 届 け 先 に 対 する 届 け 回 数 を 確 認 した ( 図 ) 具 体 的 には 1 月 の1ヶ 月 間 に1 日 以 上 の 届 け 実 績 がある 届 け 先 について 平 均 届 け 回 数 をカウントした (31 日 間 毎 日 届 けている 場 合 は 31 回 としてカウントしている ) これにより 届 け 先 特 性 として 毎 日 ほぼ 同 じ 届 け 先 に 届 けている 固 定 型 と 一 度 しか 届 けない 届 け 先 が 多 く 毎 日 届 け 先 が 変 わる 変 化 型 (イベント 型 ) の2つのタイプ があることを 把 握 した 回 / 件 2 千 葉 県 回 / 件 2 島 根 県 A B C D E F A B C D E F ( 各 県 全 域 ) 回 / 件 2 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 回 / 件 2 島 根 県 A B C D E F A B C D E F ( 共 配 検 討 地 域 のみ) 図 平 均 届 け 回 数 1 月 の1ヶ 月 間 に1 日 以 上 の 届 け 実 績 がある 届 け 先 の 平 均 届 け 回 数 31 日 間 毎 日 届 けている 場 合 は 31 回 としてカウント A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 3

41 千 葉 県 全 域 回 / 件 / 月 ~1 11~15 16~2 21~25 26~31 % 2% 4% 6% 8% 1% 島 根 県 全 域 回 回 / 件 / 月 ~1 11~15 16~2 21~25 26~31 % 2% 4% 6% 8% 1% A 25% A 2% B 29% B 24% C 15% C 22% D 55% D 63% E 75% E 55% F 22% F 33% ( 各 県 全 域 ) 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 回 / 月 件 ~1 11~15 16~2 21~25 26~31 % 2% 4% 6% 8% 1% 島 根 県 全 域 回 // 件 月 ~1 11~15 16~2 21~25 26~31 % 2% 4% 6% 8% 1% A 29% A 2% B 4% B 24% C 15% C 22% D 61% D 63% E 75% E 55% F 22% F 33% ( 共 配 検 討 地 域 のみ) 図 届 け 回 数 の 状 況 1 月 の1ヶ 月 間 に1 日 以 上 の 届 け 実 績 がある 届 け 先 の 届 け 回 数 を 回 数 別 にみたもの 31 日 間 毎 日 届 けている 場 合 は 31 回 としてカウント A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 31

42 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 4) 月 間 波 動 ( 重 量 ベース) モデル 地 域 における 各 の 物 流 量 ( 届 け 重 量 )について 月 間 の 日 変 動 を 確 認 した ( 図 2-2-5~7) 会 により 同 じ 会 でも 地 域 により 波 動 が 異 なることを 把 握 した 後 述 のシミュレーションでは 以 下 の 1 週 間 をシミュレーション 対 象 にしている 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 1 月 7 日 ( 月 )~13 日 ( 日 ) 島 根 県 1 月 21 日 ( 月 )~27 日 ( 日 ) t 1, 千 葉 県 F E D C B A t 1, 千 葉 県 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 5% 45% 4% 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % 千 葉 県 A B C D E F 6 計 千 葉 県 図 月 間 波 動 ( 重 量 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 32

43 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 第 4 章 第 1 節 で 波 動 性 を 分 析 した 週 t 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 F E D C B A t 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 5% 45% 4% 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 A B C D E F 6 計 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 のみ( 共 配 検 討 地 域 ) 図 月 間 波 動 ( 重 量 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 33

44 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 第 4 章 第 1 節 で 波 動 性 を 分 析 した 週 t 島 根 県 F E D C B A t 島 根 県 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 5% 45% 4% 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % 島 根 県 A B C D E F 6 計 島 根 県 図 月 間 波 動 ( 重 量 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 34

45 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 5) 月 間 波 動 ( 届 け 先 件 数 ベース) モデル 地 域 における 各 の 届 け 先 数 について 月 間 の 日 変 動 を 確 認 した ( 図 2-2-8~1) 前 述 の 重 量 とは 異 なる 波 動 があることを 把 握 した 件 3, 2,5 2, 1,5 1, 5 千 葉 県 F E D C B A 件 3, 2,5 2, 1,5 1, 5 千 葉 県 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 25% 千 葉 県 2% 15% 1% 5% % A B C D E F 6 計 千 葉 県 図 月 間 波 動 ( 届 け 先 件 数 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 35

46 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 件 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 F E D C B A 件 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 25% 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 2% 15% 1% 5% % A B C D E F 6 計 千 葉 県 房 総 半 島 地 域 のみ( 共 配 検 討 地 域 ) 図 月 間 波 動 ( 届 け 先 件 数 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 36

47 H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) H2511( 火 ) H2512( 水 ) H2513( 木 ) H2514( 金 ) H2515( 土 ) H2516( 日 ) H2517( 月 ) H2518( 火 ) H2519( 水 ) H2511( 木 ) H25111( 金 ) H25112( 土 ) H25113( 日 ) H25114( 月 祝 ) H25115( 火 ) H25116( 水 ) H25117( 木 ) H25118( 金 ) H25119( 土 ) H2512( 日 ) H25121( 月 ) H25122( 火 ) H25123( 水 ) H25124( 木 ) H25125( 金 ) H25126( 土 ) H25127( 日 ) H25128( 月 ) H25129( 火 ) H2513( 水 ) H25131( 木 ) 件 島 根 県 F E D C B A 件 島 根 県 A B C D E F 6 計 日 平 均 を 1%とした 場 合 (1 月 =31 日 で 計 算 ) 25% 島 根 県 2% 15% 1% 5% % A B C D E F 6 計 島 根 県 図 月 間 波 動 ( 届 け 先 件 数 ベース) A ( 食 品 ) B ( 食 品 ) C ( 日 用 雑 貨 ) D ( 精 密 機 器 ) E ( 住 宅 設 備 機 器 ) F ( 電 気 機 器 ) 37

+292_H1_4.ai

+292_H1_4.ai Chiba Prefectural Federation of Land Improvement Association CONTENTS 2011 AUTUMN 01 02 03 04 島 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 水土里ネットちば ちばの直売所フェア 参加直売所マップ 野田市 18 東葛飾地域 香取地域 19 我孫子市 流山市 佐原 6

More information

千 葉 市 銚 子 市 市 川 市 船 橋 市 館 山 市 木 更 津 市 松 戸 市 野 田 市 香 取 市 茂 原 市 成 田 市 佐 倉 市 東 金 市 匝 瑳 市 旭 市 習 志 野 市 柏 市 勝 浦 市 市 原 市 流 山 市 八 千 代 市 我 孫 子 市 鴨 川 市 鎌 ヶ 谷 市

千 葉 市 銚 子 市 市 川 市 船 橋 市 館 山 市 木 更 津 市 松 戸 市 野 田 市 香 取 市 茂 原 市 成 田 市 佐 倉 市 東 金 市 匝 瑳 市 旭 市 習 志 野 市 柏 市 勝 浦 市 市 原 市 流 山 市 八 千 代 市 我 孫 子 市 鴨 川 市 鎌 ヶ 谷 市 保 険 財 政 安 定 化 事 業 試 算 1 円 以 上 [ 所 得 順 ] 資 料 3-1 1 実 績 割 + 被 保 割 2 実 績 割 + 所 得 割 10+ 被 保 割 40 3 割 10+ 被 保 割 4 実 績 割 + 所 得 割 20+ 被 保 割 30 5 割 20+ 被 保 割 40 6 割 20+ 被 保 割 拠 出 額 合 計 7 割 30+ 被 保 割 30 8 割 30+

More information

目 次 1.はじめに 1 2. 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 概 要 (1) 法 の 目 的 1 (2) 対 象 となる 大 規 模 小 売 店 舗 1 3. 届 出 等 の 手 続 き (1) 基 本 的 な 手 続 きの 流 れ 2 (2) 届 出 事 項 等 3 (3) 設 置

目 次 1.はじめに 1 2. 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 概 要 (1) 法 の 目 的 1 (2) 対 象 となる 大 規 模 小 売 店 舗 1 3. 届 出 等 の 手 続 き (1) 基 本 的 な 手 続 きの 流 れ 2 (2) 届 出 事 項 等 3 (3) 設 置 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 のしおり 平 成 28 年 6 月 埼 玉 県 目 次 1.はじめに 1 2. 大 規 模 小 売 店 舗 立 地 法 の 概 要 (1) 法 の 目 的 1 (2) 対 象 となる 大 規 模 小 売 店 舗 1 3. 届 出 等 の 手 続 き (1) 基 本 的 な 手 続 きの 流 れ 2 (2) 届 出 事 項 等 3 (3) 設 置 者 が 配 慮

More information

2 互助等に対する公費支出の見直しの状況 ( 資料 2 参照 ) 平成 26 年度は4 団体, 平成 27 年度は3 団体が, 互助等に対する公費支出の削減に取り組んでいる 年度 区分 見直しを行った団体数 互助等に対する公費支出総額の見直し 公費支出の廃止 公費支出の削減 互助等が行う個別事業に対

2 互助等に対する公費支出の見直しの状況 ( 資料 2 参照 ) 平成 26 年度は4 団体, 平成 27 年度は3 団体が, 互助等に対する公費支出の削減に取り組んでいる 年度 区分 見直しを行った団体数 互助等に対する公費支出総額の見直し 公費支出の廃止 公費支出の削減 互助等が行う個別事業に対 県内市町村の福利厚生事業の状況 ( 概要 ) 平成 27 年 12 月総務部地域支援局市町村課 地方公共団体が地方公務員法第 42 条の規定に基づき実施する福利厚生事業については, 地方公共団体における行政改革の推進のための新たな指針 ( 平成 17 年 3 月 29 日付け総務事務次官通知 ) 及び 地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針 ( 平成 18 年 8 月 31 日付け総務事務次官通知

More information

49.6 1

49.6 1 49.6 1 t-co2 120 100 80 60 40 20 0 2 4 8 40 52 53 53 59 64 79 83 83 108 101 104 2 3 鳥 取 県 3 2,876 t 岡 山 県 83,782 t 島 根 県 8 1,660 t 広 島 県 15 3,995t 福 岡 県 19 4,141 t 佐 賀 県 3 952 t 大 分 県 53,181 t 長 崎 県 2

More information

子どもの貧困第2稿.indd

子どもの貧困第2稿.indd 埼玉県議会議員 県政報告資料 Vol. NEWS 発行年月日 201 年 1 月 5 日 発行 埼玉県議会議員 小久保憲一 子どもの貧困 子どもの 貧困 現状と支援 と支援 15.7 これは 日本の子どもの貧困率です 貧困 というと 私たちは発展途上国を思い浮かべ てしまいますが これは 絶対的貧困 と呼ばれ 1日の生活費が 1.25 ドル 約 150 円 以下の 状況のことです 日本の場合 これとは別に

More information

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510)

Microsoft Word - 03 1-2参考(0510) 参 考 1-4 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 の 属 性 把 握 都 市 計 画 税 については 都 市 計 画 年 報 ( 平 成 20 年 )によると 全 1429 市 区 町 村 ( 東 京 都 23 区 については 区 別 にカウント)に 対 して 都 市 計 画 税 徴 収 市 区 町 村 数 が 687 市 区 町 村 都 市 計 画 税 非 徴 収 市 区 町 村 が 742

More information

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd

mizuho-REMR-2015-6-CC.indd 6 June,215 賃 貸 共 同 住 宅 の 空 室 率 と 人 口 移 動 の 関 係 2 経 済 トレンド ウォッチ 4 不 動 産 場 トレンド ウォッチ 6 京 圏 京 都 神 奈 埼 玉 千 葉 の の 状 況 8 本 レポートに 関 するお 問 い 合 わせ 先 みずほ 信 託 銀 行 株 式 会 社 不 動 産 業 務 部 金 伸 幸 TEL.3-3274-979 代 表 賃 貸

More information

60本文.ec7

60本文.ec7 地 震 日 誌 平 成 21 年 1 月 1 日 ~ 平 成 21 年 12 月 31 日 (from January to December,2009) 神 奈 川 県 温 泉 地 学 研 究 所 行 竹 番 号 月 日 時 分 震 源 地 深 さkm 最 大 有 感 地 ( 震 度 ) 緯 度 経 度 規 模 1 1 3 16 13 福 島 県 沖 51 福 島 県 : 田 村 市 川 内 村

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 東 日 本 大 震 災 事 業 者 再 生 支 援 機 構 ご 案 内 私 たちは 東 日 本 大 震 災 により 被 災 された 中 小 事 業 者 の 方 々の 再 生 のため そして 被 災 地 域 の 復 興 のために 国 により 設 立 された 会 社 です 震 災 支 援 機 構 と 呼 んで 下 さい 被 災 事 業 者 様 の 声 1 震 災 の 影 響 で 旧 債 務 の 返 済

More information

ランキング(2月数値訂正済み)

ランキング(2月数値訂正済み) [ 参 考 資 料 ] 平 成 24 年 経 済 センサス- 活 動 調 査 ( 確 報 ) 結 果 産 業 小 分 類 都 道 府 県 市 町 村 のランキング 産 業 小 分 類 1 事 業 所 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 2 2 従 業 者 数 ( 県 内 ) 上 位 100 産 業 小 分 類 4 都 道 府 県 3 事 業 所 数 産 業 大 分 類 都 道 府

More information

愛媛県新居浜市 松 久 英 樹 様 10,000 円 東京都大田区 日 高 俊 之 様 10,000 円 鹿児島県大島郡徳之島町 水 田 博 之 様 10,000 円 埼玉県さいたま市中央区 穂 上 崇 様 10,000 円 東京都文京区 豊 岡 青 海 様 10,000 円 千葉県浦安市 北 川

愛媛県新居浜市 松 久 英 樹 様 10,000 円 東京都大田区 日 高 俊 之 様 10,000 円 鹿児島県大島郡徳之島町 水 田 博 之 様 10,000 円 埼玉県さいたま市中央区 穂 上 崇 様 10,000 円 東京都文京区 豊 岡 青 海 様 10,000 円 千葉県浦安市 北 川 平成 25 年度 いいでめざみの里応援寄附金 寄附の公表 平成 25 年度は いいでめざみの里応援寄附金 として 飯豊町に対し 述べ 1,597 人の皆さまから 16,643,000 円の寄附をお寄せいただきました 寄附の公表に承諾をいただきました方のご芳名 ご住所について 以下の通り公表いたします 寄附の公表に承諾をいただいた寄附者 (347 人 ) ( 申込受付順 ) 寄附者住所 ( 市区町村名まで

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 200000967 23 5657 20591 31574 56964 56 28 1990 23 1995 12 2000 19952000 27 3 19952000 70 68 66 64 62 60 58 56 54 1995 2000 10 2000 10 712 5 10 2-6 -4-2 0 2 4 20km 4 0 20km 16 12 8 0 20 40 60 80 40km

More information

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2

... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2 2016 1 20 12-6288 ... 1... 1... 1 1... 2 1.1... 2 1.2... 3 1.3... 3 1.4... 4 1.5... 5 2... 6 2.1... 6 2.1.1... 6 2.1.2 10... 7 2.1.3 10... 8 2.1.4 10... 9 2.2... 10 2.2.1... 10 2.2.2... 11 2.3... 12 2.3.1...

More information

スライド 1

スライド 1 24年8月2日 医療 介護の需給 見える化 セミナー 病床 施設配置と傷病 介護度の 地域別分布の現状と将来像を地図で 見える化 5: 7:3 技研商事インターナショナル株式会社 はじめに 会社紹介 Copyright (c) 24 GIKEN SHOJI INTERNATIONAL CO., LTD. All Rights Reserved. 24.8.2 医療介護の需給見える化セミナー 2 会社紹介

More information

地震被害 訂正.indd

地震被害 訂正.indd 序 本 報 告 書 は 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 ( 以 下 東 日 本 大 震 災 という )における 水 道 事 業 の 被 害 状 況 の 全 貌 を 可 能 な 限 り 体 系 立 てて 整 理 したものである 断 水 等 の 状 況 については 東 日 本 大 震 災 発 生 当 時 厚 生 労 働 省 に 報 告 いただき 厚 生 労 働 省 において 整 理 発 表 した

More information

H28 地価公示結果1(黒)

H28 地価公示結果1(黒) 平 成 28 年 に 基 づく 地 価 動 向 について 千 葉 県 県 土 整 備 部 用 地 課 第 1 制 度 の 概 要 1 の 目 的 は 法 第 2 条 の 規 定 により 国 土 交 通 省 土 地 鑑 定 委 員 会 が 毎 年 1 回 標 準 地 の 正 常 な 価 格 を 調 査 し その 結 果 を 公 示 するものである この と 都 道 府 県 知 事 が 行 う 地 価

More information

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc

Microsoft Word - Ⅰ章_100525.doc Ⅰ. 市 街 化 区 域 内 農 地 の 資 産 価 値 の 整 理 1. 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 の 負 担 水 準 等 の 経 年 変 化 等 についての 税 制 上 の 整 理 1) 一 般 農 地 市 街 化 区 域 内 農 地 及 び 宅 地 に 係 る 固 定 資 産 税 制 度 の 基 本 的 な 仕 組 み 農

More information

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73>

<81793139313231388BC792B797B989F094C5817A838983588CF6955C8E9197BF2E786C73> 平 成 19 年 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 結 果 の 概 要 ( 平 成 19 年 4 月 1 日 現 在 ) 平 成 19 年 12 月 総 務 省 ( 連 絡 先 ) 自 治 行 政 局 公 務 員 部 給 与 能 率 推 進 室 担 当 : 岡 田 山 家 (やまが) 電 話 : 03-5253-5551( 直 ) 03-5253-5111( 代 ) ( 内 線 3245

More information

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利

注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 注 1) 朝 食 グは 毎 日 実 施 している 店 舗 と 土 日 祝 のみ 実 施 している 店 舗 がございます 注 2) 朝 食 グ 最 終 時 より30 分 後 までお 料 理 をご 利 用 いただけます( 例 : 最 終 時 が10:00の 店 舗 はまで) 注 3) 朝 食 グご 利 用 のお 客 様 は 店 内 ご 利 用 は11 時 30 分 まででお 願 い 致 します 注 4)

More information

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千

2/10 千 分 の 千 八 十 九 千 分 の 千 百 八 千 分 の 千 百 九 二 級 地 就 労 継 続 支 援 千 分 の 千 六 十 四 千 分 の 千 六 十 六 千 分 の 千 六 十 八 千 分 の 千 六 十 九 千 分 の 千 七 十 四 千 分 の 千 九 十 千 分 の 千 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 一 単 位 の 単 価 発 令 : 平 成 18 年 9 月 29 日 号 外 厚 生 労 働 省 告 示 第 539 号 最 終 改 正 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 改 正 内 容 : 平 成 24 年 3 月 14 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 127 号 [ 平 成 24 年 3 月 14 日

More information

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1

三 重 県 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 4 日 三 重 県 4 宮 城 県 津 市 1 山 元 町 桑 名 市 1 石 巻 市 鈴 鹿 市 1 石 巻 市 鳥 羽 市 1 南 三 陸 町 伊 賀 市 1 石 巻 市 菰 野 町 1 職 員 派 遣 に 係 る3 県 合 同 訪 問 要 請 について 平 成 27 年 7 月 2 日 から11 月 25 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 41 都 道 府 県 日 程 7 月 2 日 7 月 3 日 7 月 10 日 岡 山 県 岡 山 県 4 宮 城 県 3, 東 松 島 市 1 岡 山 市 2 石 巻 市 1, 気 仙 沼 市 1 倉 敷 市 1 塩 竈 市 新 見 市

More information

MSJ401ӾՈ

MSJ401”æ’à 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

*Ł\”ƒ

*Ł\”ƒ 全 国 に 拡 がるアフターサービス 網 お 買 い 上 げ 商 品 のご 相 談 は 最 寄 りのマキタ 登 録 販 売 店 もしくは 下 記 の 当 社 営 業 所 へお 気 軽 にお 尋 ねください 事 業 所 名 電 話 番 号 札 幌 支 店 011 (783) 8141 札 幌 営 業 所 011 (783) 8141 旭 川 営 業 所 0166 ( 釧 路 営 業 所 0154 (37)

More information

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城

三 重 県 阿 部 総 務 部 長 三 浦 主 幹 三 重 県 庁 三 重 県 市 長 会 定 例 会 三 重 県 町 村 会 事 務 局 8 月 1 日 8 月 4 日 8 月 5 日 8 月 5 日 8 月 19 日 8 月 20 日 8 月 22 日 8 月 25 日 三 重 県 7 宮 城 平 成 26 年 度 対 口 支 援 要 請 訪 問 の 概 要 平 成 26 年 6 月 3 日 から11 月 7 日 までの 訪 問 都 道 府 県 数 40 都 道 府 県 日 程 長 野 県 1 金 野 秘 書 広 報 課 長 長 野 県 市 長 会 定 例 会 6 月 3 日 長 野 県 1 宮 城 県 長 野 市 2 塩 竈 市 松 本 市 2 石 巻 市 1, 女 川 町 1 岡 谷

More information

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E >

<4D F736F F F696E74202D E38BA A A8D9195DB91678D8795E28F958CA992BC82B DC58F4994C52E > 23.9.28 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 説 明 資 料 国 民 健 康 保 険 組 合 に 対 する 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 9 月 28 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 課 1 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された

More information

<938C93FA967B91E5906B8DD081468EF98B8B954E949782C982E682E98C7689E692E2936482CC8EC08E7B82C688EA917782CC90DF93642E2E2E>

<938C93FA967B91E5906B8DD081468EF98B8B954E949782C982E682E98C7689E692E2936482CC8EC08E7B82C688EA917782CC90DF93642E2E2E> 毎 日 新 聞 社 English まいまいクラブ サイトマップ 検 索 事 件 事 故 裁 判 話 題 経 済 IT 海 外 政 治 サイエンス 気 象 地 震 人 事 訃 報 社 説 解 説 コラム 天 気 特 集 フォト 動 画 地 域 ランキング ことば 速 報 RSS トップ 気 象 地 震 ニュースセレクト > 気 象 地 震 > 記 事 文 字 サイズ 変 更 小 中 大 この 記 事

More information

1502福祉カタログ_hyo1-hyo4_下版

1502福祉カタログ_hyo1-hyo4_下版 一宮町 東浪見地区社会福祉協議会 西部地区社会福祉協議会 が深まっていったのです 西部地区の展開 子どもも大人も 共に暮らす 小学校避難訓練 助け合いのまちづくりを みんなで目指す ニコニコひろば で花植え 一宮町内の全5地区では 平成20 21年度に地域福祉フォーラムの取り組みを開始しました 各地区で住民た ちが話し合いを重ねながら 地域のニーズを掘り起こして できることから自分たちで解決していこうと動き出

More information

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成

1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ 議 員 特 別 職 報 酬 関 係 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 ( 据 置 きは 除 く) 昭 和 63 年 1 月 1 日 平 成 2 年 1 月 1 日 平 成 2 年 2 月 1 日 平 成 草 津 市 議 員 報 酬 および 特 別 職 給 料 審 ( 平 成 26 年 度 ) 資 料 < 改 定 状 況 > 1 草 津 市 の 報 酬 等 改 定 状 況 民 間 春 闘 等 のベースアップ < 類 団 比 較 > 2 類 似 都 市 および 県 内 市 一 覧 3 類 似 都 市 および 県 内 各 市 の 概 要 4 報 酬 等 の 現 状 5 期 末 手 当 支 給 率 一 覧

More information

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ

林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 とは 林 業 木 材 産 業 関 係 者 の 皆 様 が 融 資 機 関 から 事 業 資 金 を 借 り 入 れようとする 場 合 独 立 行 政 法 人 農 林 漁 業 信 用 基 金 ( 以 下 基 金 といいます )が 債 務 を 保 証 することによ 林 業 木 材 産 業 信 用 保 証 ご 利 用 のご 案 内 ( 平 成 28 年 5 月 ) 林 業 者 木 材 産 業 者 の 方 々が 東 日 本 大 震 災 での 被 害 の 復 旧 などに 取 り 組 む 場 合 に 4 億 円 まで 無 担 保 で100% 保 証 が 受 けられる 東 日 本 大 震 災 復 旧 等 緊 急 保 証 を 取 り 扱 っています ( 受 付 期 間 :

More information

1, 1

1, 1 0 1, 1 ( 人 ) 40,000 35,000 30,000 移 民 取 扱 人 による 者 移 民 取 扱 人 によらない 者 合 計 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 0 1899 年 1900 年 1901 年 1902 年 1903 年 1904 年 1905 年 1906 年 1907 年 1908 年 1909 年 1910 年 1911 年 1912

More information

住宅性能評価業務規程

住宅性能評価業務規程 住 宅 性 能 評 価 業 務 規 程 富 士 建 築 センター 株 式 会 社 目 次 第 1 章 総 則... 3 第 1 条 ( 趣 旨 )... 3 第 2 条 ( 基 本 方 針 )... 3 第 3 条 ( 評 価 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 )... 3 第 4 条 ( 事 務 所 の 所 在 地 )... 3 第 5 条 ( 評 価 の 業 務 を 行 う 区 域

More information

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378>

<819D48323696F088F596BC95EB283236303830318CBB8DDD93E09765292E786C7378> H26.8.1 現 在 1. 役 員 会 長 新 潟 県 長 岡 市 長 森 民 夫 副 会 長 北 海 道 旭 川 市 長 西 川 将 人 副 会 長 青 森 県 八 戸 市 長 小 林 眞 副 会 長 富 山 県 高 岡 市 長 髙 橋 正 樹 副 会 長 栃 木 県 宇 都 宮 市 長 佐 藤 栄 一 副 会 長 三 重 県 四 日 市 市 長 田 中 俊 行 副 会 長 和 歌 山 県 海

More information

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11

埼 玉 県 春 日 部 市 春 日 部 豊 町 17:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 入 間 仏 子 11:00~23:00 11:00~23:00 11:00~23:00 23:00 入 間 市 武 蔵 藤 沢 11:00~23:00 11 バーミヤン 火 鍋 しゃぶしゃぶ 食 べ 放 題 販 売 時 間 一 覧 2016.7.1 現 在 制 限 時 間 100 分 ( 終 了 20 分 前 がラストオーダーになります) 都 道 府 県 市 町 村 店 舗 名 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 火 鍋 販 売 時 間 最 終 時 間 茨 城 県 水 戸 市 水 戸 河 和 田 11:00~23:00 11:00~23:00

More information

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3

資 料 1 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 都 道 府 県 別 定 数 の 異 動 (1) 定 数 1 増 埼 玉 県 (14 15) 千 葉 県 (12 13) 神 奈 川 県 (17 18) 滋 賀 県 (3 4) 沖 縄 県 (3 平 成 13 年 12 月 19 日 衆 議 院 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 についての 勧 告 参 考 資 料 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 衆 議 院 議 員 小 選 挙 区 選 出 議 員 の 選 挙 区 の 改 定 案 の 概 要 区 割 りの 改 定 案 により 変 更 される 選 挙 区 の 数 都 道 府 県 別 区 割

More information

【事務連絡】地域区分の見直しについて

【事務連絡】地域区分の見直しについて 事 務 連 絡 平 成 28 年 2 月 1 日 各 都 道 府 県 福 祉 主 管 課 ( 室 ) ご 担 当 者 様 厚 生 労 働 省 社 会 護 局 保 健 福 祉 部 福 祉 課 地 域 区 分 見 直 しについて 保 健 福 祉 行 政 推 進 につきましては 日 々 御 尽 力 いただき 厚 くお 礼 申 し 上 げます さて サービス 地 域 区 分 については 厚 生 労 働 大

More information

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25

Microsoft Word - 国民年金の加入納付状況H25 平 成 25 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 25 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 25 の 保 険 料

More information

お問い合わせ先 S 2014.04 北海道 東北 旭川 340 盛岡 339 山形 378 0166-23-0311 019-625-2525 023-623-1311 札幌 366 仙台 359 福島 377 011-214-7111 022-264-9111 024-522-7111 青森 390 秋田 383 関東 東京以外 水戸 375 高崎 381 所沢 263 津田沼 259 本八幡 276

More information

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象

4.3.2.5 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 4.3.1.4 上 記 事 業 所 の 所 在 地 長 野 県 高 森 町 内 4.3.1.5 その 他 無 し 4.3.2 4.3.2.1 その2 一 般 競 争 参 加 資 格 の 認 定 工 事 種 別 4.3.2.2 格 付 ( 対 象 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 詳 細 は 別 紙 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 事 後 審 査 ) 東 日 本 本 部 一 般 土 木 工 事 建 築 工 事 共 通 を 参 照 すること 1 公 告 日 平 成 28 年 09 月 26 日 ( 月 ) 2 契 約 職 東 日 本 本 部 長 松 浦 將 行 3 工 事 概 要

More information

Microsoft Word - 概況(確定版).doc

Microsoft Word - 概況(確定版).doc 平 成 25 年 2 月 28 日 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 課 長 補 佐 關 雅 夫 ( 内 線 7471) 計 析 第 一 係 ( 内 線 7470) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2812 ( F A X ) 03(3595)1670 平 成

More information

H27県報別冊表紙

H27県報別冊表紙 平 成 2 7 年 9 月 1 7 日 千 葉 県 報 号 外 特 第 1 号 別 冊 平 成 27 年 基 準 地 の 単 位 面 積 当 たりの 価 格 等 千 葉 県 目 次 千 葉 市 中 央 区 1 酒 々 井 町 62 千 葉 市 花 見 川 区 4 栄 町 63 千 葉 市 稲 毛 区 5 神 崎 町 63 千 葉 市 若 葉 区 7 多 古 町 63 千 葉 市 緑 区 8 東 庄

More information

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺

北 海 道 河 東 郡 音 更 町 緑 陽 台 南 区 周 辺 北 海 道 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 宮 の 森 1 条 15 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 北 区 篠 路 町 篠 路 周 辺 北 海 道 札 幌 市 東 区 北 丘 珠 4 条 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 真 駒 内 本 町 2 丁 目 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 石 山 周 辺 北 海 道 札 幌 市 南 区 常 盤 2 条 2 丁 目

More information

小美玉市ふるさと応援寄附金

小美玉市ふるさと応援寄附金 平 成 27 年 8 月 (1/11ページ) 1797 匿 名 千 葉 県 20,000 3 1798 匿 名 大 阪 府 10,000 2 1799 匿 名 鹿 児 島 県 10,000 2 1800 比 嘉 良 幸 様 兵 庫 県 10,000 1 1801 匿 名 東 京 都 10,000 4 1802 匿 名 千 葉 県 10,000 1 1803 匿 名 和 歌 山 県 10,000 3

More information

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が

法 律 にもとづき 4 年 に 一 度 以 上 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 された 調 査 機 関 へ 委 託 しております 各 委 託 先 調 査 機 関 の 調 査 区 域 は 以 下 のとおりです 市 町 村 合 併 に 伴 い 一 部 表 示 が 平 成 28 年 度 のお 客 さま 電 気 設 備 の 安 全 調 査 について 平 素 は 電 気 事 業 にご 理 解 を 賜 り 誠 にありがとうございます 弊 社 は 法 律 にもとづき4 年 に 一 度 以 上 お 客 さまの 電 気 設 備 の 安 全 調 査 を 国 に 登 録 さ れた 調 査 機 関 へ 委 託 し 実 施 しております この 度 平 成 28 年 度 の 委 託

More information

Taro-案文および改正後全文

Taro-案文および改正後全文 ( 改 正 後 全 文 ) 一 部 改 正 雇 児 福 発 0 3 3 1 第 1 号 雇 児 母 発 0 3 3 1 第 2 号 障 障 発 0 3 3 1 第 2 号 平 成 2 7 年 3 月 3 1 日 雇 児 福 発 0 4 0 1 第 2 号 雇 児 母 発 0 4 0 1 第 3 号 障 障 発 0 4 0 1 第 1 号 平 成 2 8 年 4 月 1 日 各 指 定 都 市 民 生

More information

私 大 退 職 金 財 団 報 2012.9.24 第 77 号 財 団 法 人 私 立 大 学 退 職 金 財 団 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 書 平 成 24 年 度 退 職 金 等 に 関 する 実 態 調 査 報 告 について 調 査 結 果 の 概 略 1 2 調 査 方 法 等 の 概 要 と 前 提 条 件 4 調 査 結 果 Q1 Q2

More information

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する

- ( 第 84 回 国 会 参 建 設 委 員 会 昭 和 53 年 3 月 2 日 国 土 庁 予 算 関 係 の 審 議 ) 河 野 政 府 委 員 ( 国 土 庁 長 官 官 房 長 ) 地 価 対 策 の 中 心 である 地 価 公 示 都 道 府 県 の 地 価 調 査 も 推 進 する 地 価 公 示 と 都 道 府 県 地 価 調 査 との 関 係 1. 国 土 利 用 計 画 法 制 定 時 の 公 示 価 格 の 活 用 方 法 とその 後 の 変 遷 (1) 国 土 利 用 計 画 法 の 制 定 時 の 議 論 国 土 利 用 計 画 法 は 人 口 産 業 の 大 都 市 への 集 中 に 伴 う 地 価 高 騰 等 といった 土 地 問 題 の 解 決 を 図 るために

More information

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464>

<5461726F2D30362D955C8E8648313681699286955C8E86816A2E6A7464> 参 考 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 に 係 る 各 都 道 府 県 の 取 組 状 況 について 人 権 教 育 のための 国 連 10 年 推 進 本 部 は, 平 成 9 年 7 月 に 人 権 教 育 のた めの 国 連 10 年 に 関 する 国 内 行 動 計 画 を

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 平 成 22 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 22 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平 成 22 の 保 険

More information

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道

2. 被 害 状 況 (1) 人 的 物 的 被 害 ( 消 防 庁 調 べ:2 月 16 日 現 在 ) 今 冬 期 全 体 のもの 都 道 府 県 名 死 者 人 的 被 害 住 家 被 害 非 住 家 被 害 行 方 不 明 重 傷 軽 傷 全 壊 半 壊 北 海 道 2 月 14 日 から 16 日 の 大 雪 等 の 被 害 状 況 等 について( 第 2 報 ) これは 速 報 であり 数 値 等 は 今 後 も 変 わることがある 平 成 26 年 2 月 16 日 19 時 00 分 現 在 内 閣 府 1. 気 象 概 況 ( 気 象 庁 ) (1) 気 象 の 概 況 (2 月 16 日 現 在 ) 前 線 を 伴 った 低 気 圧 が 14 日 (

More information

Ⅰ 平成14年度の状況

Ⅰ 平成14年度の状況 資 料 3-2 平 成 23 度 の 国 民 金 の 加 入 保 険 料 納 付 状 況 目 次 Ⅰ 平 成 23 度 の 被 保 険 者 の 状 況 1 国 民 金 被 保 険 者 の 動 向 1 2 第 1 号 被 保 険 者 の 動 向 (1) 第 1 号 被 保 険 者 の 資 格 取 得 者 数 の 状 況 2 (2) 第 1 号 被 保 険 者 数 の 齢 構 成 の 変 化 2 Ⅱ 平

More information

要 望 事 項

要 望 事 項 平 成 28 年 度 自 動 車 関 係 諸 税 に 関 する 要 望 書 平 成 2 7 年 7 月 自 動 車 総 連 ( 全 日 本 自 動 車 産 業 労 働 組 合 総 連 合 会 ) 会 長 相 原 康 伸 目 次 < 要 望 事 項 > 1. 車 体 課 税 を 抜 本 的 に 見 直 し 簡 素 化 負 担 の 軽 減 を 図 る 1) 自 動 車 取 得 税 を 廃 止 する 2)

More information

日 本 の 地 域 別 将 来 推 計 人 口 ( 平 成 25(2013) 年 3 月 推 計 ) - 平 成 22(2010)~52(2040) 年 - Ⅰ. 推 計 方 法 の 概 要... 1 1. 推 計 期 間... 1 2. 推 計 の 対 象 となる... 1 3. 推 計 方 法... 2 4. 基 準 人 口... 2 5. 将 来 の 生 残 率... 2 6. 将 来 の 純

More information

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会

大 分 刑 務 所 福 島 刑 務 所 網 走 刑 務 所 月 形 刑 務 所 山 形 刑 務 所 静 岡 刑 務 所 八 王 子 医 療 刑 務 所 岡 崎 医 療 刑 務 所 大 阪 医 療 刑 務 所 北 九 州 医 療 刑 務 所 喜 連 川 社 会 復 帰 促 進 センター 播 磨 社 会 刑 務 所 少 年 刑 務 所 及 び 拘 置 所 組 織 規 則 ( 平 成 十 三 年 一 月 六 日 法 務 省 令 第 三 号 ) 最 終 改 正 : 平 成 二 一 年 一 二 月 二 五 日 法 務 省 令 第 四 八 号 法 務 省 設 置 法 ( 平 成 十 一 年 法 律 第 九 十 三 号 ) 第 九 条 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 及 び 同 法 を 実 施 するため

More information

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提

(4) 財 団 法 人 自 治 体 国 際 化 協 会 在 住 外 国 人 のための 住 宅 に 関 する 情 報 を 多 言 語 で 提 供 しています( 英 語 中 国 語 韓 国 語 ポルトガル 語 スペイン 語 ベトナム 語 インドネシア 語 タガログ 語 タイ 語 ) ホームページで 提 第 3 章 外 国 人 の 住 まいに 関 する 情 報 提 供 事 例 等 1. 各 団 体 における 情 報 提 供 事 例 等 (1) 埼 玉 県 ( 彩 の 国 外 国 人 住 居 アドバイザー 制 度 ) 不 動 産 業 者 団 体 からの 推 薦 で 埼 玉 県 及 び( 財 ) 埼 玉 県 国 際 交 流 協 会 から 委 嘱 された 住 居 アドバイザーが ボランティアで 住 まいについて

More information

平 成 24 年 度 若 狭 路 観 光 実 態 調 査 業 務 報 告 書 平 成 24 年 1 月 嶺 南 広 域 行 政 組 合 目 次 Ⅰ. 調 査 概 要 ------------------------------------------------- 1 Ⅱ. 調 査 結 果 のまとめ----------------------------------------- 2 1. 若 狭

More information

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生

統 計 表 1 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 統 計 表 2 措 置 入 院 患 者 数 ( 人 口 10 万 対 ) ( 各 年 ( 度 ) 末 現 在 ) 主 な 生 統 計 表 一 覧 統 計 表 1 統 計 表 2 統 計 表 3 統 計 表 4 統 計 表 5 統 計 表 6 統 計 表 7 統 計 表 8 統 計 表 9 統 計 表 10 措 置 入 院 患 者 数 医 療 保 護 入 院 届 出 数, 年 次 別 主 な 生 活 衛 生 関 係 数, 年 次 別 許 可 を 要 する 主 な 食 品 関 係 営 業 数, 年 次 別 年 齢 階 級 別

More information

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277

千 葉 市 資 源 循 環 部 千 葉 県 千 葉 市 中 央 区 千 葉 港 2-1 千 葉 中 央 コミュニティセンター3F 船 橋 市 千 葉 県 船 橋 市 湊 町 柏 市 産 業 277 北 海 道 廃 棄 物 管 理 グループ 060-8588 北 海 道 札 幌 市 中 央 区 北 3 条 西 6 011-204-5199 旭 川 市 環 境 対 策 課 産 業 廃 棄 物 係 070-8525 北 海 道 旭 川 市 6 条 通 9 丁 目 46 総 合 庁 舎 8F 0166-25-6369 札 幌 市 環 境 事 業 部 事 業 廃 棄 物 課 060-8611 北 海 道

More information

東日本大震災の社会保険料特例措置

東日本大震災の社会保険料特例措置 Legal and Tax Report 東 日 本 大 震 災 の 社 会 保 険 料 特 例 措 置 2011 年 5 月 13 日 全 5 頁 資 本 市 場 調 査 部 制 度 調 査 課 是 枝 俊 悟 被 災 した 事 業 所 の 厚 生 年 金 健 康 保 険 雇 用 保 険 労 災 保 険 の 保 険 料 を 免 除 [ 要 約 ] 2011 年 5 月 2 日 に 東 日 本 大

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378>

<31342D3031383793FA967B92CA895E878A2E786C7378> 引 越 サービス 名 称 : 日 本 通 運 株 式 会 社 事 業 者 名 : 日 本 通 運 株 式 会 社 お 客 様 窓 口 : 電 話 :03-6251-1111 事 業 所 名 住 所 電 話 番 号 札 幌 支 店 札 幌 コンテナ 支 店 北 海 道 札 幌 市 流 通 セン4 丁 目 5-1 011-864-3311 札 幌 支 店 千 歳 支 店 営 業 係 北 海 道 千 歳

More information

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc

Microsoft Word - 0907施設あて通知.doc 健 指 第 1568 号 平 成 21 年 9 月 7 日 各 社 会 福 祉 施 設 等 の 管 理 者 様 千 葉 県 健 康 福 祉 部 長 ( 公 印 省 略 ) 県 内 社 会 福 祉 施 設 事 業 所 における 新 型 インフルエンザへの 対 応 に ついて このことについては 近 時 の 患 者 発 生 数 の 拡 大 状 況 新 型 インフルエンザの 症 状 社 会 福 祉 施 設

More information

資 料 10 山 梨 県 まち ひと し ごと 創 生 人 口 ビジョン ( 中 間 報 告 ) 山 梨 県 まち ひと しごと 創 生 人 口 ビジョン 中 間 報 告 山 梨 県 人 口 減 少 対 策 戦 略 本 部 平 成 27 年 6 月 目 次 1 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 1 2 人 口 の 現 状 分 析 (1) 人 口 動 向 分 析 総 人 口 2 自 然 増 減

More information

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正

観光意向調査報告書(概要版)※みだし修正 平 成 26 年 度 栃 木 県 観 光 意 向 調 査 報 告 書 ( 概 要 版 ) 平 成 27 年 3 月 栃 木 県 産 業 労 働 観 光 部 観 光 交 流 課 目 次 調 査 の 概 要... 1 1. 調 査 目 的... 1 2. 調 査 対 象... 1 3. 調 査 期 間... 1 4. 調 査 方 法... 1 Ⅰ. 県 内 居 住 者 の 調 査 結 果... 3

More information

地球温暖化対策推進法に基づく

地球温暖化対策推進法に基づく 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 25(2013) 温 の 集 計 結 果 平 成 28 年 6 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 算 定 報 告 公 表 制 度 は 温 スを 相 当 程 度 多 く する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092B28DB895F18D908F915F8F4390B394C52E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092B28DB895F18D908F915F8F4390B394C52E646F6378> 経 済 産 業 省 関 東 経 済 産 業 局 事 業 平 成 26 年 度 成 長 分 野 における 中 堅 中 小 IT 関 連 企 業 の 知 財 活 用 によるイノベーション 創 出 に 向 けた 実 態 把 握 調 査 調 査 報 告 書 平 成 27 年 3 月 みずほ 情 報 総 研 株 式 会 社 平 成 26 年 度 成 長 分 野 における 中 堅 中 小 IT 関 連 企 業

More information

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件

育 児 休 業 給 付 の 支 給 ( 雇 用 保 険 ) 雇 用 保 険 の 被 保 険 者 の 方 が 1 歳 ( 保 育 所 に 入 所 できないなど 一 定 の 場 合 は1 歳 6か 月 )に 満 たない 子 を 養 育 するために 育 児 休 業 をした 場 合 に 一 定 の 要 件 育 児 休 業 や 介 護 休 業 経 済 的 に 支 援 をする 方 を します このリーフレットは 育 児 休 業 や 介 護 休 業 をする 方 への 経 済 的 支 援 について 分 かりやすく 紹 介 することを 目 的 としています ここで 紹 介 した 制 度 の 詳 細 については このリーフレットの 裏 面 に 記 載 されたお 問 い 合 わせ 先 までお 尋 ねください ご 存

More information

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場...

目 次 (1)シェアハウスの 立 地 状 況... (2) 直 近 のシェアハウスの 物 件 規 模 の 状 況... 1. 調 査 概 要... 2. わが 国 のシェアハウス 市 場... シェアハウス 市 場 調 査 2014 年 度 版 2015 年 5 月 日 本 シェアハウス ゲストハウス 連 盟 協 力 : 三 菱 UFJリサーチ&コンサルティング 株 式 会 社 e-ゲストハウス(http://e-guest.jp/ 運 営 : 株 式 会 社 e ゲストハウスバンク(http://www.guesthousebank.c 会 社 ティーファクトリー) 本 レポートに 関

More information

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx

Microsoft Word - M075029_檜山_表紙.docx 2011 1 25 075029 4 61 29 1 1 2 1.1 2 1.2 3 1.3 5 1.4 6 2 12 2.1 12 2.2 13 3 15 3.1 15 3.2 17 3.3 19 20 21 web 21 はじめに 研 究 概 要 2 研 究 方 法 CSV ArcGIS 21 1 第 1 章 新 聞 業 界 の 現 状 1.1 全 体 の 売 上 1 図 1: 業 界 全 体

More information

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦 都 道 府 県 北 海 道 (19) 青 森 県 岩 手 県 宮 城 県 秋 田 県 山 形 県 福 島 県 (8) 地 域 がん 診 療 連 携 拠 点 病 院 市 立 函 館 病 院 社 会 福 祉 法 人 函 館 厚 生 連 函 館 五 稜 郭 病 院 市 立 札 幌 病 院 JA 北 海 道 厚 生 連 札 幌 厚 生 病 院 社 会 医 療 法 人 恵 佑 会 札 幌 病 院 KKR 札

More information

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73>

<915391539286959F88E4914994B291E6825083588365815B83578169975C9149838A815B834F816A91678D8782B92E786C73> 男 子 団 体 戦 第 1ステージ リーグ 戦 1 A ブロック 1 青 森 山 田 2 天 竜 3 双 葉 勝 敗 順 位 1 青 森 山 田 ( 青 森 県 ) 2 天 竜 ( 静 岡 県 ) 3 双 葉 ( 滋 賀 県 ) B ブロック 1 桐 花 2 相 陽 3 加 津 佐 勝 敗 順 位 1 桐 花 ( 北 海 道 ) 2 相 陽 ( 神 奈 川 県 ) 3 加 津 佐 ( 長 崎 県 )

More information

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩

茨 城 県 土 浦 湖 北 高 校 土 浦 市 菅 谷 町 1525 番 地 1 栃 木 県 作 新 学 院 高 等 学 校 宇 都 宮 市 一 の 沢 1 丁 目 1 41 栃 木 県 学 悠 館 高 校 栃 木 市 沼 和 田 町 2 番 2 号 栃 木 県 那 須 清 峰 高 校 那 須 塩 都 道 府 県 所 属 名 住 所 北 海 道 大 麻 高 等 学 校 江 別 市 大 麻 147 番 地 北 海 道 士 別 翔 雲 高 校 士 別 市 東 六 条 北 6 丁 目 24 番 地 北 海 道 旭 川 北 高 校 旭 川 市 花 咲 町 3 丁 目 北 海 道 富 良 野 高 校 富 良 野 市 末 広 町 1 1 北 海 道 札 幌 開 成 高 校 札 幌 市 東 区 北 22 条

More information

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378>

<32303133303131368140819C817991538C9A918D98418DEC90AC8E9197BF817A81408CF68C5F96F188D38CA98F918DCC91F081408EE682E8916782DD8FF38BB52E786C7378> 公 契 約 法 等 を 求 める 意 見 書 採 択 条 例 制 定 した 議 会 数 2013 年 1 月 16 日 分 類 市 区 町 村 分 類 計 意 見 書 条 例 制 定 (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (2) (3) 採 択 (4) 北 海 道 24 18 42 42 青 森 県 1 1 2 2 岩 手 県 2 1

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条)

テレビジョン放送を行う基幹放送局の電界強度の値(基幹放送局の開設の根本的基準第2条) テレビジョン 放 送 を 行 う 基 幹 放 送 局 の 電 界 強 度 の 値 ( 基 幹 放 送 局 の 開 設 の 根 本 的 基 準 第 2 条 ) 平 成 二 十 三 年 六 月 二 十 九 日 総 務 省 告 示 第 二 百 八 十 六 号 ( 廃 止 ) 最 終 改 正 平 成 二 十 五 年 二 月 二 十 日 総 務 省 告 示 第 七 十 二 号 放 送 法 施 行 規 則 等

More information

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196

30 関 東 信 越 東 京 国 際 大 学 埼 玉 県 川 越 市 的 場 関 東 信 越 文 京 学 院 大 学 埼 玉 県 ふじみ 野 市 亀 久 保 1196 正 会 員 ブロック 正 会 員 所 属 校 郵 便 番 号 住 所 URL 1 北 海 道 旭 川 大 学 079-8501 北 海 道 旭 川 市 永 山 3 条 23 丁 目 1-9 http://www.asahikawa-u.ac.jp/ 2 北 海 道 札 幌 学 院 大 学 069-8555 北 海 道 江 別 市 文 京 台 11 http://www.sgu.ac.jp 3 北 海

More information

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃

(4) 食 鳥 流 通 統 計 調 査 食 鳥 処 理 の 事 業 の 規 制 及 び 食 鳥 検 査 に 関 する 法 律 ( 平 成 2 年 法 律 第 70 号 )に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 の 許 可 を 受 けて 設 置 された 食 鳥 処 理 場 のうち 肉 用 若 鶏 廃 利 用 者 の た め に 1 調 査 の 目 的 畜 産 物 流 通 調 査 は 畜 産 物 の 取 引 数 量 価 格 等 を 把 握 し 畜 産 物 に 関 する 生 産 出 荷 の 調 整 価 格 安 定 等 各 種 施 策 の 資 料 を 提 供 することを 目 的 とする 2 調 査 の 根 拠 と 畜 場 統 計 調 査 鶏 卵 流 通 統 計 調 査 及 び 食 鳥 流 通 統 計

More information

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土

にかほ 市 にかほ 市 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 秋 田 秋 田 県 6 秋 田 県 七 滝 土 地 改 良 区 雄 勝 郡 山 田 五 ヶ 村 堰 土 地 改 良 区 西 目 土 地 改 良 区 西 川 町 土 地 改 良 区 水 土 里 ネットやまがた 山 形 県 4 野 川 土 北 海 道 4 青 森 県 5 岩 手 県 21 宮 城 県 11 平 成 25 年 9 月 27 日 現 在 石 狩 市 江 別 土 地 改 良 区 水 土 里 ネット 北 海 道 岩 見 沢 市 篠 津 中 央 土 地 改 良 区 沼 田 町 当 別 土 地 改 良 区 士 別 市 中 新 土 地 改 良 区 占 冠 村 北 海 土 地 改 良 区 愛 別 町 浦 臼 土 地 改 良 区 美 瑛

More information

Microsoft PowerPoint - 消防広域化関係資料(H26.4).pptx

Microsoft PowerPoint - 消防広域化関係資料(H26.4).pptx 消 防 広 域 化 関 係 資 料 消 防 庁 消 防 救 急 課 平 成 26 年 4 月 市 町 村 の 消 防 の 広 域 化 の 推 進 1 消 防 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 4 現 行 の 消 防 の 広 域 化 の 推 進 スキーム 災 害 の 多 様 化 大 規 模 化 救 急 等 に 関 する 住 民 ニーズの 変 化 少 子 高 齢 社 会 人 口 減 少 時 代 に

More information

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富

男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 佐 藤 今 井 ( 山 形 鶴 岡 工 ) 中 村 藤 田 ( 香 川 尽 誠 学 園 ) 横 山 吉 澤 ( 東 京 拓 殖 大 一 ) 児 玉 地 紙 ( 宮 城 仙 台 商 ) 6 竹 内 河 嶋 ( 富 男 子 個 人 戦 () 7 青 春 佐 賀 総 体 ソフトテニス 競 技 7.9~7. 菅 原 泉 山 ( 青 森 八 戸 工 大 一 ) 阿 部 松 本 ( 千 葉 拓 大 紅 陵 ) 萩 原 赤 沼 ( 山 梨 韮 崎 ) 安 藤 江 﨑 ( 奈 良 高 田 商 ) 吹 上 長 谷 川 ( 宮 崎 都 城 商 ) 鎌 田 川 村 ( 岩 手 花 巻 北 ) 伊 藤 岩 田 ( 愛 知 五 条

More information

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保

組織変更・人事異動について_損保ジャパン、日本興亜損保 2013 年 9 月 6 日 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 組 織 変 更 人 事 異 動 について 株 式 会 社 損 害 保 険 ジャパン( 社 長 櫻 田 謙 悟 )および 日 本 興 亜 損 害 保 険 株 式 会 社 ( 社 長 二 宮 雅 也 )では 次 のとおり 組 織 変 更 および 人 事 異 動 を 行 いますのでお 知

More information

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分

3 避 難 状 況 避 難 指 示 避 難 勧 告 都 道 府 県 名 市 区 町 村 名 指 示 日 時 勧 告 日 時 青 森 県 岩 手 県 山 形 県 埼 玉 県 千 葉 県 東 京 都 鰺 ヶ 沢 町 1 1 10 月 16 日 12 時 55 分 10 月 22 日 10 時 00 分 平 成 25 年 台 風 第 26 号 による 被 害 状 況 等 について( 第 22 報 ) 平 成 25 年 10 月 25 日 ( 金 )9 時 00 分 消 防 庁 災 害 対 策 本 部 下 線 部 は 前 回 からの 変 更 箇 所 1 気 象 の 状 況 ( 気 象 庁 情 報 ) 10 月 11 日 03 時 にマリアナ 諸 島 付 近 で 発 生 した 台 風 第 26 号 は

More information

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても

農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 贈 与 税 納 税 猶 予 制 度 の 概 要 について 資 料 6 農 地 を 相 続 した 場 合 の 課 税 の 特 例 ( 相 続 税 納 税 猶 予 制 度 ) 農 地 を 農 業 目 的 で 使 用 している 限 りにおいては 到 底 実 現 しない 高 い 評 価 額 により 相 続 税 が 課 税 された 場 合 には 農 業 を 継 続 したくても 相 続 税 を 払

More information

目 次 1. 位 置 図 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 3. 事 業 進 捗 の 状 況 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 5. 費 用 対 効 果 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 原 案 )

目 次 1. 位 置 図 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 3. 事 業 進 捗 の 状 況 4. 事 業 の 必 要 性 に 関 する 視 点 5. 費 用 対 効 果 6. 事 業 進 捗 の 見 込 みの 視 点 7. 今 後 の 対 応 方 針 ( 原 案 ) ( 再 評 価 ) 資 料 2-4 - 1 関 東 地 方 整 備 局 事 業 評 価 監 視 委 員 会 ( 平 成 23 年 度 第 3 回 ) 一 般 国 道 16 号 八 王 子 ~ 瑞 穂 拡 幅 平 成 23 年 9 月 27 日 国 土 交 通 省 関 東 地 方 整 備 局 目 次 1. 位 置 図 2. 事 業 の 目 的 と 計 画 の 概 要 3. 事 業 進 捗 の 状 況

More information

ÿþ

ÿþ (2) 騒 音 振 動 悪 臭 の 防 止 ア 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 (ア) 騒 音 に 係 る 環 境 基 準 と 地 域 類 型 指 定 時 の 区 分 地 域 類 型 夜 ( 午 前 6 時 ~ 午 後 10 時 ) ( 午 後 10 時 ~ 午 前 6 時 ) A 55 デシベル 以 下 5 デシベル 以 下 類 型 指 定 地 域 ( 概 要 ) 第 1 種 低 層 住 居

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081A193878DAA8CA78DE090AD82CC8CBB8BB581A18169506F776572506F696E74816A81408255815E8250825189EF8B6397708169826F826382658CB48D65816A> 参 考 資 料 資 料 No.5 財 政 制 度 財 政 用 語 目 次 地 方 交 付 税 について 1 普 通 交 付 税 における 財 源 調 整 機 能 2 財 政 力 指 数 3 標 準 財 政 規 模 4 地 方 債 について 5 地 方 債 の 効 果 6 地 方 債 の 償 還 7 人 事 委 員 会 勧 告 制 度 8 民 間 給 与 との 比 較 方 法 9 地 方 財 政 をめぐる

More information

H28公示あらまし表紙

H28公示あらまし表紙 平成 28 年地価公示のあらまし 平成 28 年 3 月 23 日 栃木県総合政策部地域振興課 この冊子は 地価公示法に基づき平成 28 年 1 月 1 日を基準日として国土交通省土地鑑定 委員会が実施した地価公示の内容から栃木県分を抜き出して作成したものです 目 次 1 地価公示の目的等 1 2 全国の状況 1 3 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 2 4 栃木県の状況 3 < 参考

More information

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人

施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア ホーム グループホーム 利 用 者 は 着 実 に 増 加 している 施 設 入 所 者 数 の 推 移 入 所 者 数 ( 人 平 成 8 年 度 指 定 障 害 福 祉 サービス 事 業 者 等 集 団 指 導 ( 地 域 移 行 支 援 地 域 定 着 支 援 ) 資 料 長 野 県 障 がい 者 支 援 課 (1) 地 域 相 談 の 必 要 性 15 施 設 等 から 地 域 への 移 行 の 推 進 入 所 施 設 の 利 用 者 数 は 障 害 者 自 立 支 援 法 前 から 着 実 に 減 少 している ケア

More information

第 6 条 ( 運 送 先 への 引 渡 確 認 ) 乙 は 全 ての 作 業 が 終 了 した 場 合 原 則 として 丙 ( 代 理 人 を 含 む )に 引 越 荷 物 等 の 確 認 を 受 け 引 渡 しを 行 うものとする 第 7 条 ( 支 払 条 件 ) 乙 は 完 了 した 請 負

第 6 条 ( 運 送 先 への 引 渡 確 認 ) 乙 は 全 ての 作 業 が 終 了 した 場 合 原 則 として 丙 ( 代 理 人 を 含 む )に 引 越 荷 物 等 の 確 認 を 受 け 引 渡 しを 行 うものとする 第 7 条 ( 支 払 条 件 ) 乙 は 完 了 した 請 負 引 越 荷 物 運 送 契 約 ( 平 成 25 年 度 )( 案 ) 独 立 行 政 法 人 日 本 高 速 道 路 保 有 債 務 返 済 機 構 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 甲 の 役 職 員 ( 以 下 丙 という )の 赴 任 その 他 に 伴 う 引 越 荷 物 の 運 送 取 扱 について 以 下 のとおり 運 送 契 約 を 締 結 する 第 1

More information

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版

表紙差し替え_H22公表資料_1本編_130911修正版 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効 果 ガス 排 出 量 算 定 報 告 公 表 制 度 による 平 成 22(2010) 年 度 温 室 効 果 ガス 排 出 量 の 集 計 結 果 平 成 25 年 9 月 13 日 環 境 省 経 済 産 業 省 概 要 地 球 温 暖 化 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 温 室 効

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 23 年 11 月 24 日 第 49 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 5 国 保 組 合 の 国 庫 補 助 の 見 直 しについて 平 成 23 年 11 月 24 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 国 民 健 康 保 険 組 合 の 概 要 同 種 の 事 業 又 は 業 務 に 従 事 する 従 業 員 等 を 組 合 員 として 組 織 された 国

More information

1 龍ケ崎市 ( 特別選抜 ) ( 身体障がい者 ) 8/1~8/16 11 月下旬 人事行政課 内線 372 管理栄養士 建築 頃 10 月 25 日 下妻市 ( 主任介護支援専門員等 ) ( 社会福祉士 ) ( 主任介護支援専門員等 ) 7/11~8/10 中止 頃 1

1 龍ケ崎市 ( 特別選抜 ) ( 身体障がい者 ) 8/1~8/16 11 月下旬 人事行政課 内線 372 管理栄養士 建築 頃 10 月 25 日 下妻市 ( 主任介護支援専門員等 ) ( 社会福祉士 ) ( 主任介護支援専門員等 ) 7/11~8/10 中止 頃 1 市町村名 実施状況 採用予定第 1 次試験第 2 次 ( 第 3 次 ) 試験申込受付期間職種人数試験日合格発表日試験日合格発表日 問い合わせ先 ( 大学卒業程度 ) 1程度 水戸市 獣医師 5/30~6/17 7 月 24 日 8 月中旬 8 月 27 日 9 月上旬 薬剤師 総務部 029-232-9120 10 名程度 ( 社会福祉士 ) 4/20~5/23 6 月 11,12 日 7 月上旬

More information

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算>

平成28年度国立大学法人等施設整備実施予定事業<当初予算> 平 成 28 年 度 国 立 大 学 法 人 等 施 設 整 備 実 施 予 定 事 業 < 当 初 予 算 > 79 国 立 大 学 法 人 175 事 業 4 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 7 事 業 6 国 立 高 等 専 門 学 校 6 事 業 計 188 事 業 1)これらの 事 業 は 予 定 であり, 今 後, 財 政 法 に 基 づく 財 務 省 との 実 施 計 画 協

More information

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録

徹底マスター社労士過去問10年分2015年版追録 徹 底 マスター 社 労 士 過 去 問 10 年 分 2015 年 版 追 録 サービス 改 正 情 報 のまとめ 2015/06/15 労 働 基 準 法 ( 第 1 章 )に 関 する 改 正 契 約 期 間 等 の 例 外 に 係 る 厚 生 労 働 省 告 示 の 改 正 ( 平 成 27 年 3 月 18 日 厚 生 労 働 省 告 示 第 68 号 ) 有 期 労 働 契 約 の 契

More information

自然エネルギーの最新動向と ソフトバンクグループの取り組み状況

自然エネルギーの最新動向と ソフトバンクグループの取り組み状況 高 知 県 新 エネルギー 導 入 促 進 協 議 会 セミナー 自 然 エネルギーの 最 新 動 向 と ソフトバンクグループの 取 り 組 み 状 況 2014 年 3 月 17 日 本 日 の 内 容 1. 自 然 エネルギーの 最 新 動 向 2.ソフトバンクグループの 取 り 組 み 2 自 然 エネルギーの 最 新 動 向 1 FIT 後 の 導 入 状 況 3 FIT 後 の 導 入

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 違 反 是 正 の 推 進 について 平 成 27 年 7 月 10 日 ( 金 ) 消 防 庁 予 防 課 目 次 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 2 違 反 対 象 物 の 公 表 制 度 3 査 察 規 程 の 作 成 例 1 重 大 な 消 防 法 令 違 反 対 象 物 に 係 る 実 態 等 の 調 査 重 大 な 消 防 法 令

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査

5. 入港者(アクセス)アンケート調査 | 成田国際空港アクセス交通実態調査 5. 入 港 者 (アクセス)アンケート 調 査 調 査 票 の 配 布 場 所 は 出 発 旅 客 が 入 港 する 際 に 通 過 する 第 1 ゲート 第 2 ゲート 第 6 ゲー ト 成 田 空 港 駅 ゲート 空 港 第 2 ビル 駅 ゲート 第 1 ターミナルビルバス 降 車 場 第 2 ターミ ナルビルバス 降 車 場 の 7 地 点 において 空 港 従 業 員 を 除 く 全 ての

More information

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行

特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 防 府 市 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 資 料 総 務 部 職 員 課 特 別 職 報 酬 等 審 議 会 に 関 する 通 知 等 特 別 職 の 報 酬 等 について 地 方 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 等 について ( 昭 和 39 年 自 治 給 第 208 号 自 治 事 務 次 官 通 知 )( 抄 ) ( 平 成 18 年 総 行 給 第 104 号

More information