Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - H21高原町教育研究所 研究紀要 _修正済み_.doc"

Transcription

1 Ⅰ Ⅱ 研 究 主 題 主 題 設 定 理 由 1 社 会 要 請 教 育 的 課 題 から 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 ~ 言 語 力 を 高 める 指 導 実 践 を 通 して~ 21 世 紀 は 新 しい 知 識 情 報 技 術 が 政 治 経 済 文 化 をはじめ 社 会 あらゆる 領 域 で 活 動 基 盤 として 飛 躍 的 に 重 要 性 を 増 す いわゆる 知 識 基 盤 社 会 時 代 である こよう な 社 会 変 化 中 にあって 学 校 教 育 において 確 かな 学 力 豊 かな 心 健 やかな 体 調 和 を 重 視 する 生 きる 力 を 育 むことがますます 重 要 になっている 学 力 に 関 しては 1 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 技 能 習 得 2 知 識 技 能 を 活 用 して 課 題 を 解 決 するため 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 3 学 習 意 欲 が 重 要 な 要 素 として 示 された また OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) PISA 調 査 など 各 種 調 査 から 我 が 国 児 童 生 徒 課 題 として 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問 題 知 識 技 能 を 活 用 する 問 題 に 課 題 がある と 挙 がっている こような 状 況 を 踏 まえ 新 学 習 指 導 要 領 改 訂 経 緯 中 には 思 考 力 判 断 力 表 現 力 を 育 むために 各 教 科 等 において 記 録 要 約 説 明 論 述 といった 学 習 活 動 に 取 り 組 む 必 要 があると 示 された さらに 国 語 科 をはじめとし 各 教 科 等 において 言 語 活 動 充 実 を 図 った 指 導 が 求 められている 2 地 域 実 態 から 高 原 町 は 県 西 霧 島 山 麓 に 位 置 し 豊 かな 自 然 に 恵 まれ 神 楽 や 棒 踊 りなど 伝 統 文 化 がしっ かりと 受 け 継 がれている 地 域 である 町 内 には 小 学 校 4 校 中 学 校 2 校 があり 高 原 中 学 校 区 と 後 川 内 中 学 校 区 地 域 ごとに 小 中 連 携 を 図 っている 小 中 連 携 では 確 かな 学 力 と 個 性 伸 長 を 図 ることを 目 指 し 知 徳 体 共 通 実 践 事 項 取 組 を 行 ったり 授 業 研 究 会 や 合 同 研 修 会 を 行 ったりしながら 連 携 を 深 めている 今 後 は 中 学 校 区 で 連 携 を 充 実 させながら 町 内 全 体 児 童 生 徒 基 礎 学 力 向 上 を 図 ることが 求 められている これらことを 踏 まえ 前 年 度 本 研 究 所 では 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 を 研 究 主 題 に 児 童 生 徒 話 す 聞 く 力 向 上 を 目 指 し スピーチワークシート 集 作 成 と 活 用 指 導 内 容 系 統 性 把 握 と 授 業 工 夫 改 善 などに 重 点 を 置 き 研 究 を 進 めてきた 昨 年 度 研 究 からスピーチワークシート 集 活 用 で 表 現 力 向 上 をある 程 度 図 ることができた が スピーチワークシート 集 を 活 用 するために 書 く 活 動 指 導 をさらに 工 夫 する 必 要 があ るという 課 題 が 挙 がった そこで 本 年 度 は 昨 年 度 に 引 き 続 き 表 現 力 向 上 を 目 指 した 学 習 指 導 研 究 を 研 究 主 題 に 掲 げた 本 研 究 所 では 言 語 力 を 読 む 力 書 く 力 考 える 力 伝 える 力 と 定 義 し 言 語 力 向 上 を 図 ることが 表 現 力 向 上 につながると 考 えた また 言 語 力 向 上 には 文 章 論 理 構 成 を 理 解 し 筋 道 通 った 文 章 表 現 をするという 言 語 学 びが 必 要 になるため 接 続 語 に 注 目 することにした こように 接 続 語 に 注 目 して 適 切 に 接 続 語 を 使 うことができるよう 言 語 力 向 上 に 重 点 を 置 いた 指 導 工 夫 を 図 ることで 児 童 生 徒 表 現 力 を 向 上 させること ができると 考 え 本 主 題 を 設 定 した - 1 -

2 Ⅲ 研 究 目 標 言 語 力 を 高 める 指 導 や 評 価 充 実 を 図 り そ 指 導 について 共 通 実 践 検 証 したことを 広 め 高 原 町 内 児 童 生 徒 表 現 力 を 向 上 させる Ⅳ 研 究 仮 説 1 各 教 科 領 域 を 通 して 発 表 や 文 章 表 現 際 に 活 用 する 語 彙 力 を 高 めるために 語 彙 力 を 高 める 資 料 作 成 を 行 い 資 料 活 用 を 図 った 実 践 を 工 夫 すれば 児 童 生 徒 表 現 へ 自 信 が 高 まり 表 現 力 が 確 実 に 身 に 付 くであろう 2 文 章 表 現 において 指 導 者 評 価 と 接 続 語 など 作 文 を 評 価 する 基 礎 的 な 観 点 に 注 目 した 評 価 を 比 較 し そ 関 連 をもとに 評 価 方 法 工 夫 改 善 を 行 い 児 童 生 徒 表 現 力 実 態 を 明 確 にとらえ 指 導 に 生 かせば 児 童 生 徒 文 章 表 現 関 心 意 欲 が 高 まり 表 現 力 を 高 めること ができるであろう Ⅴ 研 究 構 想 表 現 力 向 上 言 語 力 と は 読 む 力 書 く 力 考 える 力 伝 える 力 言 語 力 向 上 研 究 仮 説 1 語 彙 力 を 高 める 指 導 研 究 児 童 生 徒 実 態 把 握 語 彙 力 を 高 める 視 覚 資 料 作 成 言 語 力 を 高 める 実 践 研 究 仮 説 2 評 価 に 関 する 研 究 評 価 方 法 設 定 評 価 実 際 児 童 変 容 検 証 町 内 共 通 実 践 として 広 める Ⅵ 研 究 組 織 所 長 研 究 指 導 員 実 態 把 握 理 論 研 究 語 彙 力 を 高 める 指 導 評 価 に 関 する 研 究 高 原 小 学 校 研 究 員 広 原 小 学 校 研 究 員 狭 野 小 学 校 研 究 員 後 川 内 小 学 校 研 究 員 実 践 検 証 高 原 中 学 校 研 究 員 情 報 発 信 後 川 内 中 学 校 研 究 員 事 務 局 職 員 - 2 -

3 Ⅶ 研 究 内 容 1 言 語 力 を 高 め 表 現 力 向 上 を 図 る 指 導 研 究 (1) 児 童 実 態 調 査 研 究 を 始 める 前 に 各 小 中 学 校 ( 小 学 校 4 年 生 6 年 生 中 学 校 1 年 生 )を 対 象 に 意 識 調 査 を 行 った 調 査 は 表 現 力 に 関 するアンケートとテーマ 作 文 2 種 類 方 法 で 行 った ア イ 実 態 把 握 方 法 について アンケートは 以 下 内 容 について43214 段 階 自 己 評 価 をした 自 分 考 えをまとめること( 書 いたり 話 したり)が 好 きですか いつ どこで 何 を どうした (5W1H)に 気 をつけて 話 をしていますか しかし そして では また など( 接 続 語 )に 気 をつけて 話 をしていますか が した ( 主 語 述 語 )に 気 をつけて 話 をしていますか たとえばです など たとえ( 事 例 )をあげて 話 をしていますか なぜならば など わけ( 根 拠 )を 示 して 話 をしていますか 自 分 考 えや 感 想 を 付 け 加 えて 話 をしていますか また テーマ 作 文 では 自 分 良 いところ を400 字 にまとめたもを 教 師 方 で A~D(Aが 高 い 評 価 )4 段 階 で 評 価 した 考 察 右 グラフは テーマ 作 文 で 児 童 生 徒 が 使 用 した 接 続 語 数 平 均 と 作 文 評 価 と 関 係 を 表 したもである ( 縦 軸 は 作 文 で 使 用 した 接 続 語 数 平 均 を 横 軸 は 作 文 評 価 を 表 している ) 小 学 校 4 年 生 や6 年 生 については 作 文 評 価 が 高 いAやB 児 童 になるほど 作 文 で 接 続 語 を 多 く 活 用 していることが 分 かった 一 方 中 学 校 1 年 生 については 評 価 が 高 い A 生 徒 では 小 学 生 と 同 様 傾 向 があるが あまり 評 価 が 高 くない C 生 徒 では B 生 徒 よりも 接 続 語 を 多 く 活 用 していることが 分 かった こように 作 文 評 価 が 高 い 児 童 生 徒 は 接 続 語 使 い 方 が 上 手 であり 適 切 な 場 所 で 正 し い 接 続 語 を 活 用 して 表 現 することができると 考 えられる また 中 学 校 1 年 生 C 生 徒 につい ては 接 続 語 は 知 っていても 適 切 な 場 所 で 活 用 が 不 十 分 であることが 考 えられる 文 と 文 をつ なぐ 接 続 語 は 表 現 するため 基 礎 第 一 歩 であ る 相 手 に 分 かりやすく 伝 えるために 様 々な 接 続 語 使 い 方 を 知 り それを 適 切 な 場 所 で 活 用 す ることによって 文 章 論 理 構 成 が 明 確 になり 筋 道 通 った 表 現 が 可 能 になると 考 えられる ( 接 2 続 語 1.5 数 1 平 0.5 均 ) 0 ( 接 続 語 数 平 均 ) ( 接 2 続 語 1.5 数 1 平 0.5 均 ) 0 ( 接 続 語 数 平 均 ) ( 接 2.5 続 語 2 数 平 均 0.5 ) 0 ( 接 続 語 数 平 均 ) 1.57 小 学 校 4 年 生 A B C D ( 作 文 評 価 ) 小 学 校 4 年 生 結 果 1.77 小 学 校 6 年 生 A B C D ( 作 文 評 価 ) 小 学 校 6 年 生 結 果 2 中 学 校 1 年 生 A B C D ( 作 文 評 価 ) 中 学 校 1 年 生 結 果

4 (2) 使 えるつなぎ 言 葉 ポケット 集 作 成 ア 作 成 に 至 った 経 緯 表 現 力 をたかめるためには どような 力 が 必 要 なか じぶん 表 現 力 ホームペ ージに 次 7つ 力 が 必 要 であると 記 述 されている 度 胸 力 恐 れずに 言 いたいことが 言 える 力 論 理 力 筋 道 を 立 ててまとめる 力 理 解 力 理 解 しながら 聞 く 力 応 答 力 話 に 反 応 し 働 きかける 力 語 彙 力 表 現 を 豊 かにする 力 説 得 力 話 し 合 いに 必 要 なスキル プレゼン 力 相 手 にアピールする 表 現 力 言 語 力 高 い 児 童 生 徒 は つなぎ 言 葉 ( 接 続 語 )を 適 切 に 使 うことができていること から 考 えて これら 力 中 で 語 彙 力 が 最 も 大 切 ではないかと 考 えた 言 葉 を 多 く 知 っていることは 表 現 力 基 本 であると 考 えるからである そ 語 彙 中 でも 論 理 力 理 解 力 にも 特 に 必 要 となる 接 続 語 (つなぎ 言 葉 )に 焦 点 を 当 てることにした いろいろな 接 続 語 を 知 り それを 適 切 に 使 う 力 が 向 上 することによって 文 章 論 理 構 成 が 明 確 になり 筋 道 通 った 表 現 ができるようになると 考 える つまり 接 続 語 を 意 識 して 読 み 話 し 書 くことで 表 現 力 も 向 上 するではないかと 考 える 児 童 生 徒 言 語 力 を 高 めるためには 語 彙 ( 接 続 語 )を 適 切 に 使 えるような 手 立 てをと ってはどうかと 考 え 語 彙 集 を 作 成 することにした また 町 内 小 学 校 3 年 生 以 上 児 童 生 徒 に 配 付 し 各 学 校 で 国 語 等 時 間 を 中 心 に 活 用 を 図 ってもらうことにした イ 接 続 語 洗 い 出 し まず 小 学 校 1 年 生 から6 年 生 まで 国 語 教 科 書 ( 東 京 書 籍 )に 出 てくる 接 続 語 を 全 単 元 から 洗 い 出 す 作 業 をして 接 続 語 種 類 と 出 てくる 頻 度 を 調 べてみた 次 に いろいろな 接 続 語 特 徴 についてインターネットや 文 献 などから 資 料 を 収 集 して どような 分 類 項 目 があるか 調 べた 以 下 は そ 資 料 一 部 である 資 料 1 < 四 種 十 類 > 1 論 理 接 続 3 理 解 接 続 1 順 接 だから 系 それなら 系 1 換 言 つまり 系 むしろ 系 2 逆 接 しかし 系 ところが 系 2 例 示 たとえば 系 とくに 系 2 整 理 接 続 3 補 足 なぜなら 系 ただし 系 1 並 列 そして 系 それに 系 かつ 系 4 展 開 接 続 語 2 対 比 一 方 系 または 系 1 転 換 さて 系 では 系 3 列 挙 第 一 に 系 最 初 に 系 まず 系 2 結 論 こように 系 とにかく 系 資 料 2 1 理 由 と 結 果 を 示 す 5 展 開 する 9 解 説 する 13 並 列 接 続 2 まとめ 6 逆 接 10 関 連 事 項 14 選 択 する 3 結 果 7 付 け 加 える 11 言 い 換 え 15 順 序 4 条 件 8 拡 充 ( 補 足 )を 表 す 12 話 題 転 換 - 4 -

5 これらを 参 考 に 次 10 種 類 分 類 項 目 を 設 定 して 多 くある 接 続 語 中 でも 特 に 活 用 させたい 接 続 語 を 精 選 して 作 成 することにした 番 号 種 類 活 用 させたい 接 続 語 例 1 理 由 を 表 す(とき) なぜかというと そわけは というも それで ~から ~で 2 まとめ 結 果 を 表 す(とき) だから つまり こように こうして 3 話 を 広 げる(とき) すると では そこで 実 は 4 付 け 加 えを 表 す(とき) さらに そして ほかにも それから また しかも そうえ 5 例 を 表 す(とき) 例 えば もし(も) まるで~ようです 6 反 対 を 表 す(とき) しかし だが けれども ところが 逆 に これに 対 して 7 話 ( 話 題 )をかえる(とき) ところで さて では 一 方 8 同 じ 内 容 を 並 べる(とき) たり たり それとも あるいは および 9 順 序 を 表 す(とき) はじめに(まず) 次 に 最 後 に つあります 1つ 目 は 2つ 目 は 10 意 見 を 強 く 表 す(とき) それでも しかも それどころか にもかかわらず ウ 語 彙 集 作 成 ポイント 作 成 に 当 たっては 次 ことに 留 意 して 行 った 1 種 類 を 表 す 見 出 しは 児 童 生 徒 に 分 かりやすい 言 葉 で 書 いた 2 ただ 接 続 語 を 集 めるだけでなく 国 語 辞 典 ように 言 葉 例 用 途 (どように 使 うか) 使 う 時 注 意 点 やポイント 例 文 といった 項 目 に 統 一 してまとめた 3 間 違 い 例 や 正 しい 使 い 方 例 を 載 せた 4 例 文 はできるだけ 短 く 児 童 生 徒 日 常 生 活 に 照 らし 合 わせた 内 容 にした 5 線 種 類 を 使 い 分 けて 表 示 することで 1つ 文 が 何 を 表 すか 見 やすくした 以 下 が 実 際 ページ 一 例 である - 5 -

6 (3) 語 彙 力 を 高 める 指 導 法 工 夫 ア 授 業 で 活 用 授 業 では 言 葉 を 取 り 上 げた 小 単 元 で 指 導 と 説 明 的 文 章 教 材 学 習 中 で 指 導 二 つ 場 面 で 語 彙 集 を 使 いながら 接 続 語 指 導 を 行 った 言 葉 を 取 り 上 げた 小 単 元 で 指 導 では 教 科 書 中 にある 小 単 元 言 葉 広 場 を 学 習 する 際 資 料 として 語 彙 集 をいっしょに 指 導 することで 児 童 接 続 語 へ 理 解 を 深 めることができた 小 単 元 で 指 導 読 み 取 る 場 面 で 活 用 話 し 合 い 場 面 で 活 用 まとめ 場 面 で 活 用 第 4 学 年 くらし 中 世 界 について 話 し 合 おう( 単 元 名 :くらし 中 和 と 洋 ) で 語 彙 習 得 を 意 識 した 指 導 を 行 った 読 み 取 る 場 面 話 し 合 う 場 面 まとめ 場 面 では 児 童 に 一 人 調 べさせたとき 資 料 として 語 彙 集 を 活 用 した 活 用 することで 順 序 を 表 す 言 葉 を 用 いるよさ 例 えば を 用 いることで 筆 者 主 張 が 明 確 に 伝 わるよさ これに 対 して を 用 いることでうまく 対 比 し ながら 論 が 展 開 できるというよさ 等 語 彙 を 用 いるよさ を 理 解 することができた 活 用 した 文 章 作 り 友 達 文 章 から よさを 見 つける 場 面 で 活 用 文 章 作 り 友 達 文 章 からよさを 見 つける 場 面 では 語 彙 集 を 手 がかりとすることで 接 続 語 に 着 目 しながら 文 章 を 組 み 立 てたり 自 分 力 で 友 達 文 章 を 読 み 取 ったりした 語 彙 集 を 用 いることは 文 論 理 構 成 を 考 える 際 手 がかりとなり 有 効 であった - 6 -

7 イ 日 常 指 導 で 活 用 単 文 作 り 日 常 的 に 語 彙 集 を 用 いながら 単 文 作 りに 取 り 組 んだ 今 日 はこ 言 葉 に 取 り 組 んでみよ う と 使 う 接 続 語 を 指 定 して 指 導 することで 日 常 的 に 進 んで 使 っていこうという 意 欲 につ ながり 多 く 言 葉 を 知 り 使 うよさを 学 ぶことができた 朝 スピーチで 活 用 日 記 で 活 用 朝 スピーチ 下 書 きを 書 かせる 際 語 彙 集 を 手 がかりにした 接 続 語 を 意 識 しながら 文 章 を 書 かせることにより 文 章 構 成 が 整 理 され 分 かりやすい 文 なった また 日 記 も 語 彙 集 を 活 用 させながら 書 かせた 使 った 言 葉 は 語 彙 集 にチェックを 入 れて いくことで 全 部 言 葉 を 使 ってみたいと 意 欲 をもち 日 記 に 取 り 組 むようになった 教 師 が 日 記 中 に 蛍 光 ペン 等 でマークをつけていくな ど 手 だてをとることで 児 童 も 接 続 語 を 使 って 文 章 を 書 くことが 多 くなってきた 教 室 中 に 接 続 語 コーナー を 設 け 語 彙 集 から 抜 粋 して 掲 示 した 日 常 的 に 接 続 語 に 触 れさ せることで 接 続 語 へ 興 味 関 心 を 高 めること ができた 掲 示 コーナー

8 2 表 現 力 向 上 を 把 握 するため 評 価 について 研 究 (1) 作 文 評 価 について 教 師 は 幾 つか 観 点 に 基 づいて 作 文 を 評 価 していくが 作 文 評 価 は 個 人 感 覚 的 要 素 も 左 右 しやすく 数 学 ロジックようなきっちりとした 評 価 が 難 かしことも 事 実 である し かし 作 文 テキストをいくつか 観 点 から 数 量 的 に 分 析 し 評 価 することが 可 能 になれば 評 価 方 法 共 通 足 がかりや 作 文 指 導 指 針 として 大 いに 役 立 つと 考 えられる そこで 我 々は 作 文 を 評 価 するとき 基 本 的 な 観 点 として 5W1H 接 続 語 たとえ 事 例 わけ 根 拠 考 え 感 想 ナンバリング 6つ 調 査 項 目 を 挙 げ 教 師 評 価 と 作 文 中 に 書 かれている 各 項 目 出 現 回 数 と 関 係 を 調 べることにし た 下 表 相 関 係 数 は 課 題 作 文 中 に 書 かれている 調 査 項 目 出 現 回 数 と 課 題 作 文 に 対 する 教 師 評 価 と 相 関 関 係 を 調 べたもである 相 関 係 数 5 W 1 H 接 続 語 5W1H 接 続 語 たとえ 事 例 わけ 根 拠 考 え 感 想 ナンバリング 教 師 による 評 価 た と え 事 例 ア 課 題 作 文 に 対 する 教 師 評 価 と 課 題 作 文 調 査 項 目 5W1H 接 続 語 わけ 根 拠 イ 考 え 感 想 ナンバリング と 間 には それぞれ 弱 い 正 相 関 関 係 が 得 られた 課 題 作 文 に 対 する 教 師 評 価 と 課 題 作 文 調 査 項 目 たとえ 事 例 と 間 には 0.44 正 中 程 度 相 関 関 係 が 得 られた わ け 根 拠 考 え 感 想 ナ ン バ リ ン グ 教 師 に よ る 評 価 ア イより 我 々が 調 査 した 課 題 作 文 調 査 項 目 と 教 師 による 課 題 作 文 評 価 と 間 には そ れぞれ 正 相 関 関 係 が 認 められる よって 本 調 査 項 目 を 指 針 とした 作 文 指 導 や 教 師 作 文 評 価 及 び 児 童 生 徒 作 文 自 己 評 価 へ 利 用 は 有 意 義 であると 考 える しかし 本 調 査 結 果 から 課 題 作 文 調 査 項 目 と 教 師 による 課 題 作 文 評 価 と 関 係 は 弱 い 正 相 関 関 係 であるため 更 に 調 査 すべき 項 目 や 分 析 手 法 が 多 く 残 されていることが 考 えられ る よって 本 調 査 項 目 みによる 作 文 数 量 的 分 析 に 基 づく 評 価 は 限 定 されたもであると 考 える また 今 回 作 文 調 査 では すべて 学 年 で 取 り 組 みやすいテーマとして 自 己 アピー ル 文 ( 私 よいところ) を 与 えたが テーマと 関 係 から 作 文 中 に 調 査 項 目 わけ 根 拠 は 出 現 しにくく 逆 に 調 査 項 目 ナンバリング は 多 く 児 童 生 徒 が 利 用 したため 両 調 査 項 目 と 教 師 評 価 と 相 関 関 係 が 小 さくなるなど 調 査 項 目 と 課 題 作 文 テーマと 係 わりや 分 析 方 - 8 -

9 法 検 討 が 必 要 である これら 課 題 解 決 一 つとして 今 後 課 題 作 文 テーマと 調 査 項 目 と 関 係 やすべて 品 詞 や 語 彙 分 析 更 に 文 章 構 造 分 析 など テキスト 分 析 手 法 等 が 必 要 であると 考 える (2) 児 童 生 徒 変 容 について 下 表 7 月 と 11 月 話 すことに 関 するアンケート 及 び 課 題 作 文 集 計 結 果 ( 全 学 年 ) は 7 月 と 11 月 に 実 施 した 話 すことに 関 するアンケート 各 項 目 平 均 と 課 題 作 文 内 各 項 目 平 均 出 現 回 数 並 びに 課 題 作 文 教 師 評 価 平 均 を 対 比 しやすく 棒 グラフに 整 理 したもで ある 7 月 と 11 月 話 すことに 関 するアンケート 及 び 課 題 作 文 集 計 結 果 ( 小 4 年 6 年 中 1 年 ) ( 平 均 ) 4.0 話 すことに 関 するアンケート 集 計 課 題 作 文 に 関 する 集 計 自 分 こ と 考 が え 好 を き ま で と す め か る 5 W 話 1 を H し に て 気 ま つ す け か て 接 話 続 を 詞 し に て 気 ま つ す け か て 主 語 話 述 を 語 し に て 気 ま つ す け か て 自 た と わ わ 分 え え け て 考 話 ( 話 ( 話 え を 事 を 根 を や し 例 し 拠 し 感 て ) て ) て 想 ま あ す げ か て ま 示 す し か て ま つ す け か く 5 W 1 H 接 続 語 た と え 事 例 わ け 根 拠 考 え 感 想 ナ ン バ リ ン グ 教 師 に よ る 評 価 ( 4~ 1 ) ( 集 計 項 目 ) 7 月 11 月 ア 意 識 調 査 アンケート 結 果 考 察 3 学 年 ともにすべて 項 目 において 7 月 を 上 回 るか または 同 等 結 果 であった 67 項 目 (わけを 示 して 話 しているか 自 分 考 えや 感 想 を 付 け 加 えて 話 をしている か)においては 7 月 に 比 べて 11 月 方 が 児 童 生 徒 意 欲 が 高 まった 結 果 となった 授 業 や 日 常 指 導 においてポケット 集 を 用 いた 指 導 を 行 ったことにより 児 童 生 徒 が 話 す 場 面 でも 作 文 を 書 く 場 面 同 様 にわけを 示 したり 自 分 考 えを 付 け 加 えたりするなど 意 識 が 高 まったもと 思 われる イ 作 文 に 関 する 集 計 結 果 考 察 7 月 に 比 べ 11 月 結 果 は 3 学 年 とも 上 記 以 外 において 使 用 頻 度 が 伸 びている 特 に 接 続 語 使 用 頻 度 が 伸 びている 授 業 や 日 常 指 導 中 でポケット 集 を 用 いて 指 導 を 行 ったことによると 思 われる 教 師 による 評 価 については 全 学 年 とも 評 価 が 上 がった 児 童 生 徒 作 文 がより 論 理 的 な 作 文 へと 変 化 したこと 表 れであると 考 えられる 5W1H 項 目 については テーマ 作 文 中 で 使 用 しづらいもであるため 使 用 頻 度 は 伸 びなかった - 9 -

10 Ⅷ 成 果 ()と 課 題 ( ) 接 続 語 に 関 するポケット 集 を 作 成 して 小 学 校 第 3 学 年 以 上 全 て 児 童 生 徒 に 配 付 する ことができた ポケット 集 を 作 成 したことで 授 業 で 指 導 を 充 実 させることができただけで なく 児 童 生 徒 が 進 んで 活 用 しようとする 姿 が 見 られるようになってきた ポケット 集 を 活 用 した 授 業 研 究 を 通 して 文 章 論 理 的 構 成 に 着 目 しながら 文 章 を 読 み 取 る ことを 習 得 し さらに 児 童 生 徒 文 章 表 現 においても 論 理 的 構 成 に 注 意 しながら 書 かれた 作 文 が 見 られるようになった 指 導 者 評 価 と 接 続 語 や 文 章 構 成 に 注 目 した 評 価 比 較 によって 双 方 評 価 にある 関 係 性 を 明 らかにすることができた ポケット 集 を 作 成 したが 活 用 仕 方 を 十 分 検 討 することができなかった そため 町 内 先 生 方 へ 情 報 発 信 が 十 分 にできなかった ポケット 集 活 用 については 授 業 中 活 用 仕 方 や 日 常 指 導 で 活 用 仕 方 家 庭 学 習 で 活 用 仕 方 等 を 学 校 職 員 や 保 護 者 に 提 案 できなかった 指 導 者 評 価 と 接 続 語 や 文 章 構 成 に 注 目 した 評 価 比 較 において 一 部 関 係 を 明 らかにでき たが そ 関 係 を 生 かした 指 導 工 夫 にはつながらなかった 参 考 文 献 小 学 校 学 習 指 導 要 領 中 学 校 学 習 指 導 要 領 小 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 国 語 編 中 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 国 語 編 小 学 校 中 学 校 教 科 書 ( 国 語 ) 研 究 同 人 所 属 職 名 氏 名 所 属 職 名 氏 名 教 育 委 員 会 所 長 家 高 清 高 原 小 学 校 教 諭 瀬 戸 山 剛 介 教 育 総 務 課 研 究 指 導 員 濵 砂 敬 三 広 原 小 学 校 教 諭 甲 斐 裕 之 教 育 総 務 課 課 長 山 崎 和 行 狭 野 小 学 校 教 諭 瀬 川 大 輔 教 育 総 務 課 課 長 補 佐 齊 藤 和 男 後 川 内 小 学 校 教 諭 田 上 和 浩 教 育 総 務 課 係 長 久 保 田 光 信 高 原 中 学 校 教 諭 今 村 菜 緒 後 川 内 中 学 校 教 頭 植 木 秀 芳

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

<5461726F2D8FAC91718FAC814081698D8290A3814091E595E3814090E690B6>

<5461726F2D8FAC91718FAC814081698D8290A3814091E595E3814090E690B6> 1 研 究 主 題 及 び 副 題 福 智 町 立 市 場 小 学 校 教 諭 高 瀬 大 輔 派 遣 先 福 岡 教 育 大 学 附 属 小 倉 小 学 校 直 観 から 論 理 を 探 りながら, 数 学 的 な 考 え 方 を 高 める 第 3 学 年 算 数 科 学 習 誘 導 ~ 直 観 の 違 いを 顕 在 化 する 導 入 と 思 考 を 筋 道 立 ててつなげる 支 援 ~ 2 研

More information

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え

目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理 由 85 Ⅱ 研 究 目 標 85 Ⅲ 研 究 仮 説 86 1 基 本 仮 説 2 作 業 仮 説 Ⅳ 研 究 構 想 図 86 Ⅴ 研 究 内 容 86 1 数 学 的 な 見 方 考 え 方 に つ い て (1) 数 学 的 な 見 方 や 考 え 数 学 的 な 見 方 や 考 え 方 を 育 む 数 学 的 活 動 の 工 夫 ~ 資 料 の 活 用 領 域 におけるICT 活 用 を 通 して~ 研 究 のキーワード 統 計 的 な 見 方 や 考 え 方 統 計 ソフト stathist 表 計 算 ソ フト Excel 学 び 合 い 那 覇 市 立 首 里 中 学 校 教 諭 山 里 毅 目 次 Ⅰ 研 究 テ ー マ 設 定 理

More information

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464>

<5461726F2D8EC09148985F95B6816990AF96EC816A82512E6A7464> 問 題 解 決 学 習 を 通 して 科 学 的 思 考 力 と 表 現 力 の 育 成 を 図 る 理 科 授 業 ~ 言 語 活 動 を 充 実 させる 授 業 ~ 新 発 田 市 立 第 一 中 学 校 教 諭 星 野 勝 紀 Ⅰ 主 題 設 定 の 理 由 今 までの 実 践 から 私 自 身 のこれまでの 授 業 を 振 り 返 ると 教 師 側 である 程 度 筋 道 を 立 て 発 達

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適

4 統 計 教 育 と 統 計 リテラシー( 4) 統 計 教 育 の 目 的 統 計 リテラシーの 形 成 統 計 リテラシーとは? 1 統 計 的 な 知 識 理 解 と 技 能 2 統 計 的 探 究 能 力 3 統 計 的 な 見 方 考 え 方 統 計 を 学 習 や 生 活 において 適 第 71 回 数 学 教 育 実 践 研 究 会 平 成 21 年 11 月 28 日 データの 分 析 の 指 導 について( 数 学 Ⅰ) 北 海 道 小 樽 桜 陽 高 等 学 校 若 林 理 一 郎 1 企 業 から 見 た 数 学 教 育 の 需 要 度 ( 1) ( 表 ) 新 入 社 員 が 大 学 で 学 んできてほしい 数 学 の 分 野 分 野 選 択 比 率 ( 文 系 ) 選

More information

世 羅 町 立 世 羅 中 学 校 下 森 憲 治 神 田 明 埜 上 千 幸 金 子 哲 菅 隆 幸 土 生 秀 子 前 由 紀 恵 世 羅 町 立 世 羅 西 中 学 校 佐 伯 邦 章 藤 原 康 治 宮 岡 英 明 湯 浅 裕 子 川 﨑 とも 子 (3) 研 究 テーマ 生 徒 の 思 考

世 羅 町 立 世 羅 中 学 校 下 森 憲 治 神 田 明 埜 上 千 幸 金 子 哲 菅 隆 幸 土 生 秀 子 前 由 紀 恵 世 羅 町 立 世 羅 西 中 学 校 佐 伯 邦 章 藤 原 康 治 宮 岡 英 明 湯 浅 裕 子 川 﨑 とも 子 (3) 研 究 テーマ 生 徒 の 思 考 ( 別 紙 様 式 2-1) 市 町 教 育 委 員 会 事 業 実 施 報 告 書 ( 学 力 向 上 研 究 推 進 地 域 ) 平 成 23 年 2 月 28 日 事 業 実 施 報 告 書 広 島 県 教 育 委 員 会 教 育 長 様 市 町 教 育 委 員 会 名 世 羅 町 教 育 委 員 会 所 在 地 世 羅 郡 世 羅 町 大 字 寺 町 1158 番 地 3 代 表 者 職 氏

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

083 福崎 H28掲載用一覧表

083 福崎 H28掲載用一覧表 平 成 28 年 度 使 用 教 科 書 一 覧 表 県 立 福 崎 高 等 学 校 ( 全 日 制 課 程 ) No 教 科 名 学 種 目 名 発 行 教 科 書 番 教 科 書 名 使 用 学 年 範 囲 選 定 理 由 1 国 語 1 国 語 総 合 東 書 国 総 302 精 選 国 語 総 合 1 年 全 2 地 理 歴 史 1 地 図 東 書 地 図 301 新 高 等 地 図 1~3

More information

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現

[ 現 代 文 ]: 論 理 力 を 徹 底 的 に 鍛 える 1. 抽 象 と 具 体 の 関 係,イコールと 対 立 の 関 係 が 理 解 できる 2. 現 代 社 会 の 基 本 的 な 考 え 方 ( 近 代 化 情 報 化 ポストモダンなど)が 理 解 できる 3. 小 説 の 表 現 5 教 科 CAN-DO リスト< 各 教 科 別 > 平 成 26 年 度 以 降 入 学 特 進 及 び 一 貫 平 成 26 年 度 以 降 入 学 グレス アス アスリート 国 語 科 中 1 1. 論 説 文 段 落 ごとの 要 約 とつながりを 中 心 にした 読 解 ができる 2. 小 説 きっかけ 心 情 行 動 という 読 解 パターンが 理 解 できる 3. 作 文 映 像 と

More information

Taro-指導案(修正版)

Taro-指導案(修正版) 小 学 校 第 3 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 日 時 平 成 26 年 6 月 24 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 育 センター 所 員 吉 田 奈 美 1 単 元 名 調 べたことをほうこくする 文 章 を 書 こう 2 参 考 教 材 名 気 になる 記 号 ( 光 村 図 書 3 年 上 ) 調 べたことを 整 理 して 書 こう ( 東 京 書 籍 3 年 下 )

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤)

Taro-Web用訂正指導案(6年⑤) 第 6 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 新 しい 日 本, 平 和 な 日 本 へ ( 東 京 書 籍 ) 2 単 元 について 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 内 容 (1)ケ 日 華 事 変, 我 が 国 にかかわる 第 二 次 世 界 大 戦, 日 本 国 憲 法 制 定,オリンピック 開 催 などについて 調 べ, 戦 後 我 が 国 は 民 主 的 な 国

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

問題解決能力等の調査(小学校)

問題解決能力等の調査(小学校) 平 成 24 年 度 授 業 改 善 推 進 プラン 国 語 板 橋 区 立 若 木 小 学 校 相 手 を 意 識 して 伝 え 合 う ことを 大 切 にする 意 識 が 高 まってきた 文 章 を 読 み 取 る 力 文 章 を 書 く 力 を 向 上 させたい 自 分 の 考 えを 分 かりやすく 伝 えようとする 意 欲 が 高 まったが 友 達 の 考 えを 聞 いて 深 める 態 度

More information

Taro-内藤教諭0213

Taro-内藤教諭0213 平 成 24 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 意 思 決 定 のプロセスから 思 考 力 を 育 てる 2 年 生 家 庭 基 礎 家 庭 の 経 済 と 消 費 の 授 業 を 通 して 県 立 新 潟 北 高 等 学 校 内 藤 香 織 Ⅰ 指 導 構 想 生 徒 との 普 段 の 会 話 から 消 費 生 活 が 意 思 決 定 を 意 識 的

More information

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6>

< F2D8A778D5A955D89BF82CC8A A778D5A955D89BF82C6> 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅱ 学 校 組 織 実 態 と 課 題 Ⅰ 章 学 校 評 価 意 義 と 概 要 で 述 べたように, 学 校 評 価 は, 学 校 経 営 運 営 ビジョン を 策 定 することにより, 学 校 組 織 的 な 実 践 と 改 善 営 みをうながします しかし, 実 際 学 校 組 織 において, 目 標 を 定 め, 実 践 し, 振 り 返 り, 改 善

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20826E8269827382CC82C282C882AC8169955C8E868160703235816A8DC58F498C8892E894C52E646F63> 1 2 教 求 育 め 指 ら 導 れ に て お い い る て こ と 生 き る 力 の 育 成 確 かな 学 力 豊 かな 人 間 性 健 康 体 力 基 礎 基 本 の 確 実 な 定 着 道 徳 教 育 の 充 実 キャリア 教 育 の 充 実 規 範 意 識 の 醸 成 学 習 指 導 生 活 指 導 進 路 指 導 学 学 開 求 校 校 か め の づ れ ら 在 く た れ り

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

Taro-第1学年 数学科学習指導案.

Taro-第1学年 数学科学習指導案. 第 1 学 年 1 単 元 名 資 料 の 散 らばりと 代 表 値 数 学 科 学 習 指 導 案 平 成 24 年 9 月 25 日 ( 火 )2 校 時 指 導 者 教 諭 佐 々 木 一 夫 場 所 コンピュータ 室 2 単 元 の 目 標 資 料 を 目 的 に 応 じて 収 集 し,それを 表 やグラフに 整 理 し, 資 料 の 散 らばりや 代 表 値 に 着 目 して 資 料 の

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464>

<5461726F2D8252944E8E5A909489C88E7793B188C42E6A7464> 小 学 校 第 3 学 年 算 数 学 習 指 導 案 1 単 元 名 見 やすく 整 理 しよう ( 東 京 書 籍 ) 期 日 平 成 22 年 12 月 8 日 ( 水 ) 公 開 授 業 Ⅱ 場 所 大 村 市 立 大 村 小 学 校 3 年 1 組 教 室 指 導 者 教 諭 春 田 潔 2 単 元 について (1) 児 童 はこれまでも, 簡 単 な 事 柄 を 分 類 整 理 したり

More information

「子どもが自ら学ぼうとする力の育成」―自分の思いを伝える子・高めあう子をめざして

「子どもが自ら学ぼうとする力の育成」―自分の思いを伝える子・高めあう子をめざして 平 成 25 年 度 コア ティーチャー 養 成 ( 読 解 力 向 上 研 究 指 定 ) 研 究 越 前 市 味 真 野 小 学 校 校 長 小 島 義 彦 1 研 究 主 題 子 どもが 自 ら 学 ぼうとする 力 の 育 成 自 分 の 思 いを 伝 える 子 高 めあう 子 をめざして 2 研 究 主 題 設 定 の 理 由 本 校 は 平 成 17 年 度 に 文 部 科 学 省 の 確

More information

<5461726F2D979D89C88E7793B188C482678251825381408254944E81758381>

<5461726F2D979D89C88E7793B188C482678251825381408254944E81758381> 12 江 田 島 市 立 切 串 小 学 校 3 日 場 時 所 平 理 第 成 科 524 室 学 年 年 男 6 子 月 529 名 日 ( 金 ) 第 5 校 時 指 導 教 諭 織 田 晴 美 理 女 子 科 7 名 学 計 習 12 指 名 導 案 45 3 単 学 年 元 習 内 チョウをそだてよう 5 容 の メダカのたんじょう 関 連 植 物 の 発 芽 と 成 長 年 メダカのたんじょう

More information

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅

(3) 研 究 副 主 題 について 豊 かな 読 解 力 を 育 てるためには 友 だちとの 学 び 合 いが 不 可 欠 である 友 だちと 読 みを 交 流 することで 自 分 の 読 みの 深 さや 浅 さを 実 感 したり 自 分 とは 違 った 読 みに 出 会 う 中 で 読 みの 幅 平 成 3 年 度 研 究 概 要 () 研 究 主 題 豊 かな 読 解 力 を 育 てる 指 導 のあり 方 文 学 教 材 の 読 みの 交 流 を 通 して () 主 題 について 本 校 の 国 語 科 研 究 では 豊 かな 読 解 力 を 読 みの 深 まりと 考 えている 文 学 教 材 を 読 み ひと つの 言 葉 から 想 像 を 広 げたり 言 葉 と 言 葉 を 関 係 づけたりすることで

More information

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9

6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の 狭 間 で 1923 12 7 1930 5 11 1932 7 8 26. 29. Ⅳ. 独 立 美 術 協 会 への 参 加 1 9 No.128 2 1946 No.8 1950 / 1952 / 1955 / Ⅰ. 研 究 者 としての 始 まり 1 2 3 8. Ⅱ. 美 術 史 的 研 究 と 実 践 の 蓄 積 1916 5 4 1919 8 5 1. 10. 6 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 4 2015 1 24 3 22 1921 / 1921 / 28. Ⅲ. 研 究 と 制 作 の

More information

Microsoft Word - 実践記録

Microsoft Word - 実践記録 平 成 26 年 度 教 科 リーダー 養 成 講 座 ( 高 等 学 校 ) 実 践 記 録 グループ ディスカッションによる 思 考 の 深 化 を 目 指 して ~ 小 説 羅 生 門 の 指 導 から~ 新 潟 県 立 柏 崎 工 業 高 等 学 校 授 業 者 教 諭 阪 本 寛 子 1 日 時 平 成 26 年 11 月 11 日 ( 火 ) 第 5 校 時 13:45~14:40 2

More information

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問

3 調 査 対 象 光 市 立 第 6 年 児 童 光 市 立 第 3 年 生 徒 抽 出 2 3 希 望 利 用 9 2 ( 抽 出 以 外 の 全 ての ) 4 調 査 内 容 1 教 科 に 関 する 調 査 ( 国 語 算 数 数 ) 問 題 A 主 として 知 識 に 関 する 問 題 問 平 成 22 年 度 全 国 力 習 状 況 調 査 の 結 果 について 調 査 結 果 の 公 表 平 成 19 年 度 から 全 国 全 ての 6 年 生 3 年 生 を 対 象 として 行 われてい るこの 調 査 は 平 成 22 年 度 の 調 査 においては これまでの 調 査 と 一 定 の 継 続 性 を 保 ちながら 調 査 方 式 を 悉 皆 調 査 から 抽 出 調 査 及

More information

平成21年2月23日

平成21年2月23日 Ⅰ 平 成 21 年 度 由 布 市 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 に 係 る 研 究 1 連 携 対 象 校 由 布 市 立 湯 布 院 中 学 校 由 布 市 立 庄 内 中 学 校 由 布 市 立 挾 間 中 学 校 大 分 県 立 由 布 高 等 学 校 2 連 携 校 のめざす 生 徒 像 確 かな 学 力 と 豊 かな 人 間 性 を 身 につけ 自 己 実 現 に 積 極 的 に

More information

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464>

<5461726F2D8CA48B868365815B837D914F95B68251824F825082522E6A7464> 平 成 25 年 度 永 岩 小 学 校 研 究 テーマについて 1 学 校 の 教 育 目 標 自 学 感 謝 元 気 2 研 究 主 題 1および 研 究 仮 説 2について(3 年 次 ) 1 少 人 数 のよさを 生 かし ことばの 力 の 向 上 を 図 る 指 導 はどうあればよいか 2 国 語 科 における 授 業 の 組 み 立 てを 工 夫 したり 各 種 学 習 タイムを 活 用

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ

全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 の 結 果 に 寄 与 したと 考 えられる 取 組 授 業 における 取 組 読 解 力 表 現 力 を 高 めるための 指 導 の 充 実 継 続 書 き 方 の 手 引 き の 活 用 による 読 解 力 表 現 力 の 向 上 中 学 生 に 多 くみ 読 解 力 表 現 力 を 育 てる 指 導 の 実 践 例 国 語 の 記 述 式 問 題 の 結 果 が 顕 著 に 良 好 な 中 学 校 の 例 学 校 紹 介 学 校 種 校 区 内 小 学 校 学 級 数 生 徒 数 中 学 校 ( 平 成 4 年 開 校 ( 近 隣 2 校 の 統 合 による )) 5 校 計 6 学 級 第 1 学 年 1 学 級 ( 約 30 名 ) ( 約 130

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の

1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務 所 の 開 設 ) 4 Ⅰ. 中 国 進 出 に 際 しての 組 織 選 定 4 1. 進 出 形 態 ( 駐 在 員 事 務 所 現 地 法 人 支 店 ) 2. 各 種 形 態 の 中 国 進 出 撤 退 組 織 変 更 完 全 マニュアル (2013 年 改 訂 版 ) ~ 組 織 再 編 から 見 えてくる もうひとつの 中 国 市 場 攻 略 法 ~ Mizuno Consultancy Holdings Ltd. 代 表 取 締 役 社 長 水 野 真 澄 1 < 目 次 > 第 1 部 中 国 進 出 ( 進 出 方 式 の 選 定 現 地 法 人 駐 在 員 事 務

More information

私 立 学 校 関 係 事 務 の 手 引 ( 平 成 23 年 3 月 改 訂 ) 青 森 県 総 務 部 総 務 学 事 課 は じ め に 私 立 学 校 は 私 人 の 寄 附 財 産 によって 設 立 運 営 され 設 立 者 の 建 学 の 精 神 や 独 自 の 校 風 のもと 自 律 性 自 主 性 が 重 んじられていますが 公 教 育 の 一 翼 を 担 っている 点 において

More information

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63>

<4D F736F F D2091E682518FCD81408C698ACF8C6090AC82CC8E968CE3955D89BF82C98C5782E990D882E88CFB82CC90AE979D2E646F63> 第 2 章 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 係 る 切 り 口 の 整 理 本 章 では 既 存 の 景 観 形 成 に 関 する 事 業 や 事 後 評 価 の 取 組 み 例 などを 参 照 して 景 観 形 成 の 事 後 評 価 に 関 する 切 り 口 の 整 理 を 行 った 2.1 これまでの 景 観 施 策 と 事 後 評 価 の 位 置 づけ (1) 景 観 施 策 の 全

More information

平 成 5 年 度 大 妻 女 子 大 学 人 間 関 係 学 部 人 間 関 係 学 科 人 間 福 祉 学 科 FD 活 動 報 告 書 大 妻 女 子 大 学 人 間 関 係 学 部 FD 委 員 会 平 成 5 年 度 FD 活 動 報 告 書 の 刊 行 にあたって 平 成 5 年 度 の 人 間 関 係 学 部 FD 活 動 報 告 書 をお 届 けします 人 間 関 係 学 部 は

More information

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx)

(Microsoft Word - \207I\202T\224N\216w\223\261\210\304\201u\220}\214`\202\314\212p\201v.docx) ,4 12 指 導 者 山 口 愛 美 3 日 時 平 月 日 ( 金 ) 第 校 時 4 学 年 組 第 5 学 年 1 組 ( 男 名 女 名 名 ) 5 場 所 5 年 1 組 教 室 〇 名 の 角 5 を 単 元 について 和 本 単 元 は, 学 習 指 導 要 領 第 5 学 年 の 内 容 C 図 形 (1) 図 形 についての 観 察 や 構 成 などの 活 動 の 通 して, 平

More information

(2) 評 価 対 象 になる 筆 者 の 工 夫 筆 者 の 工 夫 とは, 筆 者 の 意 図 的 な 表 現 の 工 夫 のこ とである 例 えば, 分 かりやすく 伝 えようと 基 本 的 スキーマどおりの 展 開 で 書 き 進 めることも, 表 現 に 意 外 性 を 持 たせて 相 手

(2) 評 価 対 象 になる 筆 者 の 工 夫 筆 者 の 工 夫 とは, 筆 者 の 意 図 的 な 表 現 の 工 夫 のこ とである 例 えば, 分 かりやすく 伝 えようと 基 本 的 スキーマどおりの 展 開 で 書 き 進 めることも, 表 現 に 意 外 性 を 持 たせて 相 手 G1-02 小 学 校 国 語 批 判 的 に 読 み 取 る 能 力 を 育 成 する 指 導 法 に 関 する 一 考 察 瀬 戸 内 市 立 牛 窓 西 小 学 校 教 諭 嘉 数 佐 千 子 研 究 の 概 要 本 研 究 では, 説 明 的 文 章 の 学 習 を 通 して,その 内 容 や 表 現 などを 批 判 的 に 読 み 取 る 能 力 を 育 てるため, 指 導 法 の 工 夫

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

Taro-13、国語:大澤(最終:東

Taro-13、国語:大澤(最終:東 論 理 的 に 話 す 力 を 育 てる 国 語 科 指 導 の 工 夫 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 通 して 研 究 員 東 中 学 校 大 澤 彰 仁 研 究 の 概 要 本 研 究 は 話 すこと 聞 くこと の 学 習 において 新 聞 を 取 り 入 れたコミュニケーション 活 動 を 行 うことにより 論 理 的 に 話 す 力 を 育 成 することができるように

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2096D891BA8CF5975989898F4B875481698F4390B3816A2E646F63> 職 業 とコンピテンシー ~ 求 められる 人 間 力 ~ 目 次 1. プロジェクト 選 定 理 由 と 目 的 手 段... 2 2. 関 東 学 園 大 学 におけるコンピテンシー... 3 3. 群 馬 県 太 田 警 察 署... 5 (1) 警 察 組 織 の 概 要... 5 (2) 警 察 署 設 置 の 根 拠 規 定... 6 ア 警 察 組 織 の 設 置 Ⅰ( 警 察 本 部

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

4 学 習 交 流 の 対 象 となる 国 グループの 決 定 について (1) 東 京 都 教 育 委 員 会 が 各 校 に 対 し 東 京 2020 大 会 に 参 加 予 定 の 国 地 域 につい て 五 大 陸 のバランスを 考 慮 した5か 国 地 域 を 一 つのグループ( 以 下

4 学 習 交 流 の 対 象 となる 国 グループの 決 定 について (1) 東 京 都 教 育 委 員 会 が 各 校 に 対 し 東 京 2020 大 会 に 参 加 予 定 の 国 地 域 につい て 五 大 陸 のバランスを 考 慮 した5か 国 地 域 を 一 つのグループ( 以 下 平 成 28 年 度 世 界 ともだちプロジェクト 実 施 要 項 1 趣 旨 東 京 2020 オリンピック パラリンピック 競 技 大 会 ( 以 下 東 京 2020 大 会 とい う )に 向 け 東 京 に 世 界 中 から 多 様 な 人 々が 集 まり 幼 児 児 童 生 徒 が 外 国 語 で 交 流 する 機 会 も 増 える 幼 児 児 童 生 徒 が 世 界 で 通 用 する

More information

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ

/ 5 ページ 身 近 な 普 通 名 詞 を 覚 えさせ 絵 カードや 言 葉 絵 本 などを 使 い 身 近 な 生 活 に 関 わる 固 有 名 詞 をマッチングさせ 集 合 名 詞 の 概 念 を 身 に 付 けさせ 普 通 名 詞 の 絵 カードや 字 単 語 カードを 見 本 に 従 っ / 5 ページ 写 真 マークへの 興 味 を 持 たせ コミュニケーションの 補 助 手 段 として 日 課 生 活 習 慣 を 示 す 日 々の 活 動 カードなど を 見 せ 絵 写 真 を 用 いたコミュニケーションをはか 絵 本 の 絵 や 過 去 の 体 験 の 写 真 によってコミュニケーションを 楽 しませ カードによる 字 指 字 に 気 づかせ カードに 単 語 で 字 を 併

More information

2002年度

2002年度 2017 年 度 明 治 大 学 農 学 部 食 料 環 境 政 策 学 科 地 域 農 業 振 興 特 別 入 学 試 験 要 項 明 治 大 学 農 学 部 所 在 地 : 214-8571 神 奈 川 県 川 崎 市 多 摩 区 東 三 田 1-1-1 電 話 :03-3296-4545 ( 代 表 ) 044-934-7570( 農 学 部 事 務 室 ) フ ァ ッ ク ス:044-934-7902

More information

国語科教育

国語科教育 国 語 科 教 育 目 的 に 応 じて 必 要 な 情 報 を 整 理 して 説 明 する 力 を 育 てる 国 語 科 学 習 指 導 の 工 夫 一 つの 文 章 を 基 にして 複 数 の 説 明 に 書 き 分 ける 学 習 を 取 り 入 れた 単 元 づくりを 通 して 三 原 市 立 久 井 中 学 校 井 上 靖 子 研 究 の 要 約 本 研 究 は, 目 的 に 応 じて 必

More information

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」

シンポジウム「『女性と年金』~女性活躍と出産育児配慮の在り方を求めて~」 シンポジウム 女 性 と 年 金 ~ 女 性 活 躍 と 出 産 育 児 配 慮 の 在 り 方 を 求 めて~ 日 時 : 平 成 27 年 11 月 26 日 ( 木 )14:00~17:00 会 場 : 東 海 大 学 校 友 会 館 海 外 における 女 性 への 年 金 上 の 配 慮 について 丸 山 桂 ( 成 蹊 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ただ 今 ご 紹 介 にあずかりました

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

資 料 1 研 究 3 部 会 と 仕 事 の 内 容 (2)ICTを 取 り 入 れた 授 業 改 善 に 向 けた 取 組 1 ICTの 特 性 を 生 かした 授 業 実 践 の 開 発 全 職 員 が1 年 間 の 中 で 最 低 1 回 は 研 究 授 業 を 行 い 教 科 指 導 の

資 料 1 研 究 3 部 会 と 仕 事 の 内 容 (2)ICTを 取 り 入 れた 授 業 改 善 に 向 けた 取 組 1 ICTの 特 性 を 生 かした 授 業 実 践 の 開 発 全 職 員 が1 年 間 の 中 で 最 低 1 回 は 研 究 授 業 を 行 い 教 科 指 導 の 研 究 課 題 副 題 学 校 名 所 在 地 ホームページ アドレス 学 び 合 い 磨 き 合 いを 軸 にした 思 考 力 判 断 力 表 現 力 の 育 成 ~ICTの 幅 広 い 活 用 法 と 生 徒 が 自 ら 求 めてICTを 活 用 する 場 の 追 究 ~ 愛 知 県 岡 崎 市 立 葵 中 学 校 444-0078 愛 知 県 岡 崎 市 伊 賀 新 町 31-1 http://

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208253944E8E5A909489C88A778F4B8E7793B188C4817596CA90CF81768288825182512E646F63> 123 指 導 者 松 島 恵 子 4 日 学 単 元 について 時 年 名 平 第 面 成 4 積 22 学 年 年 男 10 子 12 月 20 名 日 ( 女 水 子 4 ) 名 第 計 21 校 時 名 算 数 科 学 習 指 導 案 角 味 これまで を 本 理 単 解 元 は, し, 量 学 正 と 習 方 測 指 形 定 導 及 の 要 び 長 領 の 方 域 内 形 では, 容 の

More information

税務調査      業種別・狙われるポイント

税務調査      業種別・狙われるポイント 経 営 者 が 最 低 限 知 っておきたい! 役 員 給 与 の 税 務 Ⅲ はじめに 今 回 は 役 員 給 与 のうち 臨 時 的 で 巨 額 な 支 出 がなされる 役 員 退 職 給 与 を 主 に 取 り 上 げてい ます 役 員 退 職 給 与 は 大 きなお 金 を 会 社 からもらえる というメリットだけでなく 中 小 企 業 の 節 税 の 王 道 と 言 われるもので 会 社

More information

Microsoft Word - 松浦.doc

Microsoft Word - 松浦.doc 東 京 大 学 教 養 学 部 前 期 課 程 2007 年 夏 学 期 全 学 自 由 研 究 ゼミナール 選 挙 の 科 学 提 出 論 文 知 事 選 と 支 持 基 盤 得 票 構 造 分 析 による 各 知 事 の 分 類 松 浦 隆 太 東 京 大 学 教 養 学 部 文 科 Ⅱ 類 2 年 要 旨 都 道 府 県 知 事 選 は 通 常 の 議 会 選 挙 とは 異 なった 特 徴 を

More information

研究職員会資料

研究職員会資料 平 成 27 年 度 伊 野 小 学 校 研 究 構 想 1 研 究 主 題 一 人 一 人 の 読 解 力 を 高 める 授 業 づくり (3 年 次 ) ~ 説 明 文 を 中 心 とした 国 語 科 読 むこと の 指 導 ~ 2 主 題 設 定 の 理 由 本 校 では 一 昨 年 度 から 読 解 力 の 育 成 を 研 究 の 中 心 におき 読 解 力 を 高 める 授 業 づくりについて

More information

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関

6 月 1 日 に 日 本 年 金 機 構 の 年 金 の 個 人 情 報 を 管 理 しているシス テムが ウイルスメールによる 不 正 アクセスを 受 け 加 入 者 の 氏 名 や 年 金 番 号 など 約 125 万 件 に 上 る 個 人 情 報 が 流 失 しました ある 公 共 機 関 マイナンバー 制 度 について 質 問 をします マイナンバー 社 会 保 障 税 番 号 制 度 は 今 年 10 月 赤 ちゃん からお 年 寄 りまで 住 民 登 録 をしているすべての 人 へ12 桁 法 人 へ は13 桁 の 番 号 が 通 知 され 2016 年 1 月 から 運 用 が 開 始 されます 政 府 はマイナンバーによって 国 民 一 人 ひとりの 社 会 保 障 の 利

More information

英数学館小学校 アドバンストコース

英数学館小学校 アドバンストコース 平 成 28(2016) 年 度 英 数 館 小 校 イマ ジョンクラス 第 4 年 国 語 年 4 年 生 教 科 国 語 週 あたりの 時 間 数 6 時 間 担 当 清 水 克 習 指 導 の 到 達 目 標 使 用 教 科 書 相 手 や 目 的 に 応 じ 調 べたことなどについて 筋 道 をたてて 話 すことや 話 の 中 心 に 気 をつけて 聞 くことができるようになる また 進 んで

More information

2004年度

2004年度 2015 年 愛 知 会 場 - 中 級 教 育 カウンセラー 上 級 教 育 カウンセラー 資 格 認 定 試 験 要 項 特 定 非 営 利 活 動 法 人 日 本 教 育 カウンセラー 協 会 はじめに いくつになっても 受 験 はいやなものである 少 なくとも 私 はそうである 能 力 をためされる 弱 者 の 立 場 になる 屈 辱 もあるし, 不 合 格 を 予 想 した 恥 ずかしさ

More information

は じ め に 本 県 においては 昨 年 度 三 重 県 検 証 改 善 委 員 会 ( 代 表 者 : 三 重 大 学 教 育 学 部 教 授 森 脇 健 夫 )が 授 業 改 善 支 援 プラン を 作 成 し 県 内 の 各 公 立 小 中 学 校 等 の 教 育 関 係 機 関 に 配 付

は じ め に 本 県 においては 昨 年 度 三 重 県 検 証 改 善 委 員 会 ( 代 表 者 : 三 重 大 学 教 育 学 部 教 授 森 脇 健 夫 )が 授 業 改 善 支 援 プラン を 作 成 し 県 内 の 各 公 立 小 中 学 校 等 の 教 育 関 係 機 関 に 配 付 は じ め に 本 県 においては 昨 年 度 三 重 県 検 証 改 善 委 員 会 ( 代 表 者 : 三 重 大 学 教 育 学 部 教 授 森 脇 健 夫 )が 授 業 改 善 支 援 プラン を 作 成 し 県 内 の 各 公 立 小 中 学 校 等 の 教 育 関 係 機 関 に 配 付 されました 県 教 育 委 員 会 としましては 各 学 校 が 児 童 生 徒 や 地 域 の 実

More information

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定

質 問 票 ( 様 式 3) 質 問 番 号 62-1 質 問 内 容 鑑 定 評 価 依 頼 先 は 千 葉 県 などは 入 札 制 度 にしているが 神 奈 川 県 は 入 札 なのか?または 随 契 なのか?その 理 由 は? 地 価 調 査 業 務 は 単 にそれぞれの 地 点 の 鑑 定 62 (Q&A) 目 次 1 鑑 定 評 価 の 委 託 は 入 札 か 随 意 契 約 か またその 理 由 は 何 か 2 委 託 料 は 他 県 と 比 べて 妥 当 性 のある 金 額 か 3 地 価 公 示 ( 国 の 調 査 )との 違 いは 何 か また 国 の 調 査 結 果 はどう 活 用 しているか 4 路 線 価 を 利 用 しない 理 由 は 何 か 5 委 託 料 の 算

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

スライド 1

スライド 1 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA09) デジタル 読 解 力 調 査 のポイント 調 査 概 要 PISA 調 査 では 将 来 的 に 筆 記 型 調 査 からコンピュータ 使 用 型 調 査 に 移 行 する 予 定 このためPISA09の 国 際 オプションとして デジタル 読 解 力 調 査 (コンピュータ 使 用 型 調 査 )とコンピュータ 利 用 等 に 関

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成

14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 14 別 府 大 学 Ⅰ 認 証 評 価 結 果 評 価 の 結 果 別 府 大 学 は 日 本 高 等 教 育 評 価 機 構 が 定 める 大 学 評 価 基 準 を 満 たしている と 認 定 する 認 定 期 間 認 定 期 間 は 平 成 18(2006) 年 4 年 1 日 から 平 成 25(2013) 年 3 月 31 日 までとする 条 件 特 になし Ⅱ 総 評 建 学 の 精

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

(4)実践事例    

(4)実践事例     読 解 力 向 上 に 関 する 研 究 研 究 主 題 読 解 力 向 上 をめざす 学 習 指 導 各 教 各 領 域 における 指 導 過 程 を 通 して 研 究 概 要 本 研 究 は 003 年 OECD が 実 施 した PISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 から 課 題 とされ た PISA 型 読 解 力 を 向 上 させるための 開 発 研

More information

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護

目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅳ. 保 育 シ ス テ ム の も た ら す 困 難 性 Ⅴ. 全 体 考 察 1. 保 護 保 育 相 談 支 援 の 困 難 性 に 関 する 要 因 の 検 討 - 保 育 所 保 育 士 の 感 じる 保 護 者 とのかかわりの 難 しさを 手 が かりに- 亀 﨑 美 沙 子 1 目 次 はじめに Ⅰ. 保 護 者 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅱ. 子 ど も の も つ 特 性 に よ る 困 難 性 Ⅲ. 保 育 士 の も つ 特 性 に よ る 困 難 性

More information

Microsoft Word - seitan-group.doc

Microsoft Word - seitan-group.doc 平 成 26 年 度 Ⅰ 研 究 テーマ 生 単 グループ 研 究 のまとめ 五 十 嵐 曜 三 橋 道 順 松 本 成 男 野 本 篤 美 茶 谷 泰 久 河 野 真 貴 五 十 嵐 友 澤 岡 麻 衣 子 満 田 任 昭 北 村 淳 中 島 秀 樹 千 葉 久 幸 山 崎 英 哉 キャリア 教 育 の 視 点 による 教 育 課 程 の 改 善 と 授 業 づくりの 実 践 研 究 今 既 にある

More information

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため

Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のため 2016 年 度 入 試 受 験 ガイド 2016 Examination Guidebook Principal's Message 未 来 に 挑 戦 する 力 を 聖 望 学 園 での3 年 間 で 受 験 生 の 皆 さんは 大 学 などの 高 等 教 育 機 関 に 進 学 するための 基 本 的 学 力 をつけます そして 学 習 活 動 だけでなく 精 神 的 な 向 上 のために キリス

More information

個王座授業事例集(高英語)

個王座授業事例集(高英語) 高 等 学 校 第 1 学 年 コミュニケーション 英 語 Ⅰ 学 習 指 導 案 日 時 平 成 27 年 10 月 30 日 ( 金 ) 第 2 限 授 業 者 教 育 センター 所 員 相 島 倫 子 1 単 元 名 Lesson 5 Teammates 2 教 材 教 科 書 PROMINENCE Communication English Ⅰ ( 東 京 書 籍 ) 3 教 材 観 黒 人

More information

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63>

<4D F736F F D D CA4817A32325F8CA788CF91F58E968BC65F95DB8C9291CC88E7816A2E646F63> 研 究 主 題 平 成 22 年 度 香 川 県 教 育 委 員 会 研 究 団 体 等 研 究 委 託 事 業 香 川 県 中 学 校 教 育 研 究 会 保 健 体 育 部 会 運 動 に 親 しみ, 言 語 活 動 を 通 した 論 理 的 思 考 力 を 育 むための 指 導 事 例 1 研 究 主 題 について 平 成 20 年 1 月 にまとめられた 中 央 教 育 審 議 会 答 申

More information

TOHOKU FUKUSHI UNIVERSITY 28 度 東 北 福 祉 大 学 大 学 院 入 学 試 験 要 項 総 合 福 祉 学 研 究 科 東 北 福 祉 大 学 目 次 Ⅰ 1 Ⅱ 5 Ⅲ 9 Ⅳ 13 Ⅴ 17 Ⅵ 21 Ⅶ 23 Ⅷ 25 Ⅸ 27 Ⅹ 30 Ⅺ 30 Ⅻ 31 Ⅻ 39 1 3 3 5 6 10 13 16 16 17 1 5 9 28 度 東 北 福 祉

More information

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁

Ⅳ 出 席 者 名 簿 1. 委 員 (7 名 中 6 名 出 席 ) ( 敬 称 略 ) 氏 名 現 職 名 出 欠 菊 地 永 祐 東 北 大 学 名 誉 教 授 出 寺 島 洋 子 一 級 建 築 士 ( 株 ) 寺 島 建 築 設 計 事 務 所 代 表 取 締 役 出 富 澤 秀 行 弁 宮 城 県 土 地 利 用 審 査 会 Ⅰ 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 ) 午 前 10 時 30 分 から 午 前 11 時 40 分 まで Ⅱ 場 所 : 宮 城 県 行 政 庁 舎 第 二 会 議 室 (11 階 ) Ⅲ 次 第 1 開 会 2 あいさつ 3 議 事 ( 報 告 事 項 ) (1) 最 近 の 土 地 取 引 動 向 について (2) 最 近 の

More information

研究紀要.indd

研究紀要.indd 教 育 実 践 研 究 17,2012 25 理 科 教 育 の 読 解 力 育 成 における 研 究 - 概 念 の 形 成 過 程 を 中 心 として- A study on the Improvement of Reading Literacy in Science Education: Focusing on the Concept Formation Process 中 島 雅 子 NAKAJIMA

More information

総合職シラバス

総合職シラバス 2016/4/15 版 2016 年 度 法 文 系 公 務 員 講 座 国 家 公 務 員 総 合 職 合 格 コース ( 経 済 区 分 ) シラバス BKCエクステンションセンター 国 家 公 務 員 総 合 職 合 格 コース( 経 済 区 分 ) - 目 次 - 区 分 講 師 ページ 教 養 一 般 知 識 ( 人 文 科 学 ) 一 般 知 識 ( 自 然 科 学 ) 一 般 知 識

More information

本文00③.indd

本文00③.indd ことばの 力 向 上 のための 言 語 活 動 の 充 実 について - 教 科 における 言 語 活 動 の 充 実 についての 一 考 察 - 高 校 教 育 研 修 課 主 任 指 導 主 事 兼 課 長 北 川 真 一 郎 主 任 指 導 主 事 高 橋 信 之 主 任 指 導 主 事 行 本 健 一 指 導 主 事 駒 田 勝 はじめに 平 成 21 年 3 月 に 改 訂 された 新 しい

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

目 次 城 西 大 学 の 教 育 方 針 2 城 西 短 期 大 学 の 教 育 方 針 3 募 集 学 部 学 科 及 び 人 員 4 公 募 制 推 薦 入 学 試 験 経 済 学 部 経 営 学 部 理 学 部 5 一 般 入 学 試 験 A 日 程 経 済 学 部 現 代 政 策 学 部 経 営 学 部 理 学 部 薬 学 部 城 西 短 期 大 学 8 B 日 程 経 済 学 部 現 代

More information

untitled

untitled 京 都 教 育 大 学 教 育 実 践 研 究 紀 要 第 14 号 2013 51 中 学 校 技 術 家 庭 科 における 栽 培 と 調 理 実 習 の 連 携 の 現 状 京 都 府 の 中 学 校 教 員 への 調 査 から 中 須 晴 南 * 湯 川 夏 子 ** 土 屋 英 男 *** 中 西 洋 子 ** (* 京 都 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 ** 京 都

More information

地元民の誇りである稲毛の海

地元民の誇りである稲毛の海 地 元 民 の 誇 りである 稲 毛 の 海 金 子 周 一 1. はじめに 1-1. テーマ 設 定 千 葉 の 海 浜 地 区 の 可 能 性 を 探 るという 目 的 で 私 たちは 稲 毛 海 浜 公 園 に 関 する 調 査 をおこ なってきた インタビューやアンケートをしていく 中 で 私 は 住 民 の 海 浜 地 区 に 対 する 意 識 の 高 さを 実 感 した 海 浜 公 園

More information

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案

第5号議案 平成24年度事業計画及び予算案 平 成 24 年 度 事 業 計 画 1. 租 研 をめぐる 環 境 わが 国 は 内 外 の 経 済 社 会 構 造 の 激 しい 変 化 の 中 で 短 期 中 長 期 共 に 多 くの 問 題 に 直 面 し ている 昨 年 発 生 した 東 日 本 大 震 災 からの 復 旧 復 興 については 政 府 による 復 興 対 策 や 税 制 特 例 措 置 等 により 今 後 の 日 本 経

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49

4 研 究 内 容 (1) 技 術 家 庭 科 で 育 成 したい 資 質 能 力 の 考 察 現 在 わが 国 では 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 少 子 高 齢 化 など 社 会 の 変 化 が 著 しい 少 子 化 については 合 計 特 殊 出 生 率 ( 15 歳 から49 生 きる 力 をはぐくむ 家 庭 科 教 育 - 生 活 の 自 立 を 目 指 した 指 導 と 評 価 の 工 夫 - 指 導 主 事 竹 川 春 美 Takegawa Harumi 要 旨 男 女 共 同 参 画 社 会 の 推 進 高 齢 社 会 の 到 来 など 社 会 の 変 化 が 著 しい このような 社 会 状 況 の 中 で 男 女 を 問 わず 生 活 の 自 立 に 必 要

More information

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保

レーム と 三 つに 区 分 し,クレームを 要 求, 苦 情, 無 理 難 題 を 言 うこと と 定 義 している 学 校 現 場 で 用 いられる クレーム は, 金 子 (2007)が 定 義 したように 苦 情, 無 理 難 題 を 含 むものと 考 え, 本 研 究 でも クレームを 保 青 森 県 総 合 学 校 教 育 センター 研 究 紀 要 [2009.3] F9-01 教 育 相 談 保 護 者 からのクレームに 関 する 研 究 - 小 学 校 中 学 校 県 立 学 校 におけるクレーム 内 容 の 比 較 を 通 して- 教 育 相 談 課 研 究 員 船 水 泰 秀 要 旨 学 校 現 場 に 寄 せられる 保 護 者 からのクレームについて, 内 容 や 対 応

More information

参考資料

参考資料 平 成 6 年 度 佐 賀 県 小 中 学 校 学 習 状 況 調 査 4 月 調 査 結 果 報 告 平 成 6 年 7 月 日 木 佐 賀 県 教 育 委 員 会 - 目 次 - 調 査 の 実 施 概 要 教 科 に 関 する 調 査 の 概 要 4 教 科 ごとの 調 査 結 果 国 語 全 体 的 な 傾 向 及 び 観 点 別 の 正 答 率 5 地 域 別 の 正 答 率 7 設 ごとの

More information

中学校初任者教員向け生徒指導資料

中学校初任者教員向け生徒指導資料 中 学 校 の 初 任 者 教 員 こ れ だ け は 押 さ え よ う! ~ 生 徒 指 導 はじめの 一 歩 ~ 本 冊 子 は http://www.nier.go.jp/shido/shonin_tb.pdf から 直 接 に ダウンロードできます 平 成 24 年 3 月 国 立 教 育 政 策 研 究 所 生 徒 指 導 研 究 センター - 1 - 1 生 徒 が 自 ら 進 んで

More information

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と

5 指 導 にあたって 1 提 案 の 概 要 とその 理 由 について 今 年 度 の 3 学 年 の 仙 台 市 標 準 学 力 検 査 の 結 果 を 見 ると, 全 体 では 目 標 値 とほぼ 同 等 の 良 好 な 結 果 と なったが,2つの 内 容 身 近 な 地 域 の 調 査 と 平 成 26 年 度 仙 台 市 確 かな 学 力 研 修 委 員 会 中 学 校 社 会 科 部 会 提 案 授 業 第 2 学 年 社 会 科 学 習 指 導 案 日 時 : 平 成 26 年 11 月 1 本 授 業 における 提 案 提 案 1 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 けた 指 導 の 工 夫 領 土 画 定 に 関 わる 歴 史 資 料 と 地 図 を 関 連 付 け,

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

 

  資 料 3 論 点 4 26 条 防 犯 に 関 する 施 策 に 関 する 委 員 意 見 浅 倉 むつ 子 委 員 防 犯 に 関 し 収 集 すべきデータ 等 について 犯 罪 被 害 の 認 知 件 数 及 び 被 害 発 生 率 については 平 成 23 年 版 犯 罪 白 書 に 記 載 があり 男 女 別 の 被 害 発 生 率 も 示 されている しかし 障 害 者 がどの ような

More information

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価

経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 し た の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役 割 3 の 組 織 力 を 高 めるために 4 組 織 活 性 化 の 在 り 方 5 福 島 県 の 外 部 評 価 平 成 19 年 度 県 公 立 小 中 事 務 研 究 会 事 務 研 修 会 資 料 H.19.10.17 ユラックス 熱 海 経 運 ビジョン 実 現 を 目 指 した の 組 織 力 向 上 の 在 り 方 県 教 育 センター 研 究 調 査 チーム 主 任 指 導 主 事 鈴 木 久 米 男 はじめに 1 評 価 の 役 割 は 何 か 2 評 価 実 施 における 事 務 職 の 役

More information

高等学校学習指導要領解説(国語編)

高等学校学習指導要領解説(国語編) 5 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 10 国 語 編 15 20 25 30 35 平 成 22 年 6 月 40 文 部 科 学 省 高 等 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 国 語 編 5 目 次 第 1 章 総 説 1 10 第 1 節 改 訂 の 趣 旨 1 1 改 訂 の 経 緯 1 2 国 語 科 改 訂 の 趣 旨 2 3 国 語 科 改 訂 の 要 点 4 第

More information

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案

高等学校「化学Ⅰ《学習指導案 高 等 学 校 生 物 Ⅰ 学 習 指 導 案 埼 玉 県 立 所 沢 北 高 等 学 校 授 業 者 2 年 必 修 2 年 組 教 室 男 子 2 名 女 子 9 名 計 40 人 単 元 名 : 第 3 編 遺 伝 2 章 遺 伝 子 と 染 色 体 2 この 単 元 の 目 標 遺 伝 子 が 染 色 体 上 に 存 在 することを 観 察 実 験 などを 通 して 探 究 し 染 色 体

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

<5461726F2D92868B9E928681408A70924A90E690B62E6A7464>

<5461726F2D92868B9E928681408A70924A90E690B62E6A7464> 行 橋 市 立 長 峡 中 学 校 教 諭 角 谷 英 範 1 研 究 主 及 び 副 主 体 的 に 読 んで 表 現 する 力 を 育 む 英 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~WPM, 推 論 発 問, 振 り 返 りを 取 り 入 れたリーディングシートの 活 用 を 通 して~ 2 研 究 内 容 の 概 要 (1) 研 究 分 野 中 学 校 第 3 学 年 英 語 科 指 導

More information