2009年度調査国際結果の要約

Size: px
Start display at page:

Download "2009年度調査国際結果の要約"

Transcription

1 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 Programme for International Student Assessment ~2009 年 調 査 国 際 結 果 の 要 約 ~

2 PISA 調 査 の 概 要 参 加 国 が 共 同 して 国 際 的 に 開 発 し 実 施 している 15 歳 児 を 対 象 とする 学 習 到 達 度 調 査 読 解 力 数 学 的 リテラシー 科 学 的 リテラシーの 3 分 野 について 調 査 2009 年 に 65 か 国 地 域 (OECD 加 盟 国 34 非 加 盟 国 地 域 31) 約 47 万 人 の 生 徒 を 対 象 に 調 査 を 実 施 した なお 2000 年 調 査 には 32 か 国 (OECD 加 盟 国 28 非 加 盟 国 4)が 2003 年 調 査 には 41 か 国 地 域 (OECD 加 盟 国 30 非 加 盟 国 地 域 11)が 2006 年 調 査 に は 57 か 国 地 域 (OECD 加 盟 国 30 非 加 盟 国 地 域 27)が 参 加 国 際 的 な 調 査 の 実 施 調 整 は オーストラリア 教 育 研 究 所 (ACER)を 中 心 とするコアA とオランダ 教 育 測 定 研 究 所 (Cito)を 中 心 とするコアBの 2 つの 国 際 コンソーシアムが 行 っている 前 者 は 主 にテスト 問 題 の 開 発 調 査 の 実 施 調 整 データの 収 集 結 果 の 分 析 等 を 後 者 は 主 に 質 問 紙 調 査 の 開 発 データの 収 集 結 果 の 分 析 等 を 行 っている 日 本 では コアAのメンバーでもある 国 立 教 育 政 策 研 究 所 を 中 心 に 文 部 科 学 省 及 び 国 立 大 学 法 人 東 京 工 業 大 学 教 育 工 学 開 発 センターと 連 携 協 力 して PISA 調 査 を 実 施 調 査 サイクル PISA 調 査 は 2000 年 に 第 1 回 目 の 本 調 査 が 実 施 され 以 後 3 年 ごとのサイクルで 調 査 が 継 続 されている 2009 年 本 調 査 は 第 4 サイクルにあたる 各 調 査 サイクルでは 調 査 時 間 の 3 分 の 2 を 費 やす 中 心 分 野 を 重 点 的 に 調 べ 他 の 2 つの 分 野 については 概 括 的 な 状 況 を 調 べる 2000 年 調 査 では 読 解 力 2003 年 調 査 では 数 学 的 リテラシー 2006 年 調 査 では 科 学 的 リテラシー さらに 2009 年 調 査 では 再 び 読 解 力 が 中 心 分 野 となった なお 2003 年 調 査 ではこれら 3 分 野 に 加 え 問 題 解 決 能 力 についても 評 価 したが 2006 年 調 査 及 び 2009 年 調 査 では 実 施 していない 内 容 2009 年 調 査 では 読 解 力 を 中 心 分 野 として 数 学 的 リテラシー 科 学 的 リテラシーの 3 分 野 を 調 査 PISA 調 査 は 義 務 教 育 修 了 段 階 の 15 歳 児 が 持 っている 知 識 や 技 能 を 実 生 活 の 様 々な 場 面 でどれだけ 活 用 できるかをみるものであり 特 定 の 学 校 カリキュラムをどれだけ 習 得 しているかをみるものではない 思 考 プロセスの 習 得 概 念 の 理 解 及 び 各 分 野 の 様 々な 状 況 でそれらを 生 かす 力 を 重 視 読 解 力 の 定 義 が 自 らの 目 標 を 達 成 し 自 らの 知 識 と 可 能 性 を 発 達 させ 効 果 的 に 社 会 に 参 加 するために 書 かれたテキストを 理 解 し 利 用 し 熟 考 し これに 取 り 組 む 能 力 ( 下 線 : 新 たに 加 えられた 部 分 )となった 読 解 力 はただ 単 に 読 む 知 識 や 技 能 があ るというだけでなく 様 々な 目 的 のために 読 みを 価 値 付 けたり 用 いたりする 能 力 によ っても 構 成 されるという 考 え 方 から 読 みへの 取 り 組 み (engaging with written texts) という 要 素 が 加 えられた つまり 読 むことに 対 してモチベーション( 動 機 付 け)があ り 読 書 に 対 する 興 味 関 心 があり 読 書 を 楽 しみと 感 じており 読 む 内 容 を 精 査 した り 読 書 の 社 会 的 な 側 面 に 関 わったり 読 書 を 多 面 的 にまた 頻 繁 に 行 っているなどの 情 緒 的 行 動 的 特 性 を 指 す 1

3 調 査 対 象 15 歳 児 に 関 する 国 際 定 義 に 従 って わが 国 では 調 査 対 象 母 集 団 を 高 等 学 校 本 科 の 全 日 制 学 科 定 時 制 学 科 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 高 等 専 門 学 校 の 1 年 生 約 117 万 人 と 定 義 し 層 化 二 段 抽 出 法 によって 調 査 を 実 施 する 学 校 ( 学 科 )を 決 定 し 各 学 校 ( 学 科 )から 無 作 為 に 調 査 対 象 生 徒 を 選 定 した 調 査 には 全 国 の 185 校 ( 学 科 ) 約 6,000 人 の 生 徒 が 参 加 調 査 方 法 2009 年 調 査 では 筆 記 型 調 査 として 各 生 徒 はテスト 問 題 に 2 時 間 取 り 組 んだ なお 国 際 オプションとして わが 国 を 含 む 19 か 国 地 域 でコンピュータ 使 用 型 読 解 力 調 査 (ERA: Electronic Reading Assessment)を 実 施 PISA 調 査 は 多 肢 選 択 式 及 び 自 由 記 述 式 等 の 問 題 から 構 成 されている 設 問 は 実 生 活 で 遭 遇 するような 状 況 を 説 明 する 文 章 等 に 基 づいて 解 答 するものとなっている 2009 年 調 査 では 総 計 6.5 時 間 分 に 相 当 する 問 題 を 使 用 し 問 題 の 組 み 合 わせによって 13 種 類 ( 冊 )のブックレット(テスト 問 題 群 )が 準 備 された 各 生 徒 はそのうちの 1 種 類 のブックレットに 2 時 間 かけて 解 答 生 徒 自 身 及 び 学 習 環 境 等 に 関 する 情 報 を 収 集 するための 生 徒 質 問 紙 ( 生 徒 対 象 ) 学 校 に 関 する 情 報 を 収 集 するための 学 校 質 問 紙 ( 校 長 対 象 )を 実 施 それぞれ 回 答 時 間 は 約 30 分 程 度 結 果 の 分 析 尺 度 OECD 加 盟 国 の 生 徒 の 平 均 得 点 が 500 点 約 3 分 の 2 の 生 徒 が 400 点 から 600 点 の 間 に 入 るように 換 算 (OECD 加 盟 国 の 平 均 が 500 点 標 準 偏 差 が 100 点 ) ただし 平 均 得 点 に ついては 2000 年 調 査 以 降 トルコ スロバキア チリなどの 国 が OECD に 加 盟 したことも あり 必 ずしも 500 点 になっていない PISA 調 査 では 調 査 分 野 ごとに 調 査 問 題 の 難 易 度 をもとに 得 点 をスケール 化 したもの を 習 熟 度 (proficiency)あるいは 習 熟 度 (proficiency level)と 呼 んでいる 2009 年 調 査 の 評 価 の 枠 組 みの 検 討 にあたっては 読 解 力 の 習 熟 度 について 高 い と 低 いをより 詳 細 に 測 定 分 析 することが 必 要 ではないかとの 議 論 がなさ れ 読 解 力 の 習 熟 度 の 見 直 しが 行 なわれた これにより 2000 年 調 査 以 降 使 われ ていた 6 段 階 ( 未 満 )の 習 熟 度 が 8 段 階 ( a 1b 1b 未 満 )となった なお 数 学 的 リテラシー 及 び 科 学 的 リテラシーは それぞれこれまでの 7 段 階 ( 6~ 1 未 満 )で 変 更 はない 2

4 2009 年 調 査 の 結 果 の 概 要 1. 読 解 力 の 結 果 ( 本 文 第 2 章 ) 読 解 力 とは 自 らの 目 標 を 達 成 し 自 らの 知 識 と 可 能 性 を 発 達 させ 効 果 的 に 社 会 に 参 加 す るために 書 かれたテキストを 理 解 し 利 用 し 熟 考 し これに 取 り 組 む 能 力 である (1) 習 熟 度 別 結 果 ( 本 文 第 2.2 節 ) 表 1~4 は 総 合 読 解 力 及 び 情 報 へのアクセス 取 り 出 し 統 合 解 釈 熟 考 評 価 の 3 つの 側 面 について 得 点 によって 生 徒 の 習 熟 度 を 高 い 方 から 低 い 方 へ 6 からレ ベル 1b 未 満 の 8 段 階 に 分 け 各 の 生 徒 の 割 合 を 示 したものである なお 以 下 表 5 及 び 8 を 除 く 表 では 2006 年 調 査 の 日 本 語 版 報 告 書 で 取 り 上 げた 国 地 域 及 び 2009 年 調 査 に 初 めて 参 加 し 成 績 の 良 かったシンガポールと 上 海 を 含 む 17 か 国 地 域 の 結 果 を 示 した また すべての 表 において 非 OECD 加 盟 国 地 域 は 網 掛 で 示 した 国 地 域 名 は 略 称 を 用 いている 総 合 読 解 力 ( 表 1 参 照 )について 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのは 上 海 であ り 19%である 次 いでニュージーランドの 16% シンガポールの 16% フィンランド の 15%で 日 本 は 13%で 5 番 目 である OECD 平 均 の 8%を 上 回 る 国 は 19 か 国 である( 本 文 第 節 参 照 ) 1a 以 下 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 少 ないのは 上 海 であり 4%である 日 本 の 割 合 は 14% であり OECD 平 均 の 19%より 少 なく 少 ない 方 から 8 番 目 である( 本 文 第 節 参 照 ) 習 熟 度 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのは 上 海 で 96%である 以 下 韓 国 フ ィンランド 香 港 カナダ シンガポール エストニアと 続 き 日 本 は 86%で 8 番 目 に 多 い( 本 文 第 節 参 照 ) 男 女 別 にみると 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのは 上 海 で 男 子 13% 女 子 26% である OECD 平 均 は 男 子 5% 女 子 10%であり 日 本 は 男 子 10% 女 子 17%である レ ベル 1a 以 下 の 生 徒 の 割 合 についてみてみると OECD 平 均 は 男 子 25% 女 子 13%であり この 割 合 が 最 も 少 ないのは 上 海 で 男 子 7% 女 子 2%である( 本 文 第 節 参 照 ) 読 解 力 の 3 つの 側 面 について( 表 2~4 参 照 ) 5 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いの は 情 報 へのアクセス 取 り 出 し 統 合 解 釈 熟 考 評 価 のいずれにおいても 上 海 で それぞれ 22% 21% 21%である 日 本 はそれぞれ 18% 14% 16%で 上 から 2 番 目 6 番 目 4 番 目 となっている( 本 文 第 節 参 照 ) 3

5 表 1 総 合 読 解 力 における 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1b 未 満 1b 1a 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 表 2 情 報 へのアクセス 取 り 出 し における 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1b 未 満 1b 1a 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

6 表 3 統 合 解 釈 における 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1b 未 満 1b 1a 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 表 4 熟 考 評 価 における 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1b 未 満 1b 1a 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海

7 読 解 力 の 3 つの 側 面 について( 表 2~4 参 照 ) 1a 以 下 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 少 な いのは それぞれ 韓 国 7% 上 海 4% 上 海 5%である 日 本 はそれぞれ 13% 14% 15% で いずれも OECD 平 均 より 少 ない( 本 文 第 節 参 照 ) これら 3 つの 側 面 について 男 女 別 にみると いずれにおいても すべての 国 で 上 位 の 習 熟 度 に 属 している 生 徒 の 割 合 は 女 子 の 方 が 多 く 下 位 の 習 熟 度 に 属 してい る 生 徒 の 割 合 は 女 子 の 方 が 少 ない( 本 文 第 節 参 照 ) (2) 読 解 力 得 点 の 国 際 比 較 ( 本 文 第 2.3 節 ) 表 5 は 各 国 地 域 の 読 解 力 の 平 均 得 点 を 総 合 読 解 力 及 び 3 つの 読 解 力 の 側 面 別 に 示 し たものである 総 合 読 解 力 の 平 均 得 点 は 上 海 韓 国 フィンランド 香 港 シンガポール カナダ ニュージーランド 日 本 オーストラリア オランダの 順 に 高 く 日 本 の 得 点 は 520 点 であり 8 番 目 に 高 い また 順 位 の 範 囲 でみると 日 本 は OECD 加 盟 34 か 国 の 中 では 3 位 から 6 位 の 間 参 加 65 か 国 全 体 では 5 位 から 9 位 の 間 に 位 置 している( 本 文 第 節 参 照 ) 情 報 へのアクセス 取 り 出 し の 平 均 得 点 は 上 海 韓 国 フィンランド 日 本 香 港 シンガポール ニュージーランド オランダ カナダ ベルギーの 順 に 高 く 日 本 の 得 点 は 530 点 であり 4 番 目 に 高 い 順 位 の 範 囲 でみると 日 本 は OECD 加 盟 国 中 では 2 位 から 4 位 の 間 参 加 国 全 体 では 3 位 から 7 位 の 間 に 位 置 している( 本 文 第 節 参 照 ) 統 合 解 釈 の 平 均 得 点 は 上 海 韓 国 フィンランド 香 港 シンガポール カナ ダ 日 本 ニュージーランド オーストラリア オランダの 順 に 高 く 日 本 の 得 点 は 520 点 であり 7 番 目 に 高 い 順 位 の 範 囲 でみると 日 本 は OECD 加 盟 国 中 では 3 位 から 6 位 の 間 参 加 国 全 体 では 5 位 から 9 位 の 間 に 位 置 している( 本 文 第 節 参 照 ) 熟 考 評 価 の 平 均 得 点 は 上 海 韓 国 香 港 フィンランド カナダ ニュージー ランド シンガポール オーストラリア 日 本 アメリカの 順 に 高 く 日 本 の 得 点 は 521 点 であり 9 番 目 に 高 い 順 位 の 範 囲 でみると 日 本 は OECD 加 盟 国 中 では 5 位 から 7 位 の 間 参 加 国 全 体 では 8 位 から 10 位 の 間 に 位 置 している( 本 文 第 節 参 照 ) 6

8 表 5 読 解 力 平 均 得 点 の 国 際 比 較 総 合 読 解 力 得 点 情 報 へのアク セス 取 り 出 し 得 点 統 合 解 釈 得 点 熟 考 評 価 得 点 1 上 海 556 上 海 549 上 海 558 上 海 韓 国 539 韓 国 542 韓 国 541 韓 国 フィンランド 536 フィンランド 532 フィンランド 538 香 港 香 港 533 日 本 530 香 港 530 フィンランド シンガポール 526 香 港 530 シンガポール 525 カナダ カナダ 524 シンガポール 526 カナダ 522 ニュージーランド ニュージーランド 521 ニュージーランド 521 日 本 520 シンガポール 日 本 520 オランダ 519 ニュージーランド 517 オーストラリア オーストラリア 515 カナダ 517 オーストラリア 513 日 本 オランダ 508 ベルギー 513 オランダ 504 アメリカ ベルギー 506 オーストラリア 513 ベルギー 504 オランダ ノルウェー 503 ノルウェー 512 ポーランド 503 ベルギー エストニア 501 リヒテンシュタイン 508 アイスランド 503 ノルウェー スイス 501 アイスランド 507 ノルウェー 502 イギリス ポーランド 500 スイス 505 スイス 502 エストニア アイスランド 500 スウェーデン 505 ドイツ 501 アイルランド アメリカ 500 エストニア 503 エストニア 500 スウェーデン リヒテンシュタイン 499 デンマーク 502 台 湾 499 ポーランド スウェーデン 497 ハンガリー 501 リヒテンシュタイン 498 リヒテンシュタイン ドイツ 497 ドイツ 501 フランス 497 スイス アイルランド 496 ポーランド 500 ハンガリー 496 ポルトガル フランス 496 アイルランド 498 アメリカ 495 アイスランド 台 湾 495 台 湾 496 スウェーデン 494 フランス デンマーク 495 マカオ 493 アイルランド 494 デンマーク イギリス 494 アメリカ 492 デンマーク 492 台 湾 ハンガリー 494 フランス 492 イギリス 491 ラトビア ポルトガル 489 クロアチア 492 イタリア 490 ドイツ マカオ 487 イギリス 491 スロベニア 489 ギリシャ イタリア 486 スロバキア 491 マカオ 488 ハンガリー ラトビア 484 スロベニア 489 チェコ 488 スペイン スロベニア 483 ポルトガル 488 ポルトガル 487 イスラエル ギリシャ 483 イタリア 482 ラトビア 484 イタリア スペイン 481 スペイン 480 ギリシャ 484 マカオ チェコ 478 チェコ 479 スロバキア 481 トルコ スロバキア 477 オーストリア 477 スペイン 481 クロアチア クロアチア 476 リトアニア 476 ルクセンブルグ 475 ルクセンブルグ イスラエル 474 ラトビア 476 イスラエル 473 スロベニア ルクセンブルグ 472 ルクセンブルグ 471 クロアチア 472 スロバキア オーストリア 470 ロシア 469 オーストリア 471 ドバイ リトアニア 468 ギリシャ 468 リトアニア 469 リトアニア トルコ 464 トルコ 467 ロシア 467 オーストリア ドバイ 459 イスラエル 463 トルコ 459 チェコ 462 7

9 43 ロシア 459 ドバイ 458 ドバイ 457 チリ チリ 449 セルビア 449 チリ 452 ロシア セルビア 442 チリ 444 セルビア 445 ウルグアイ ブルガリア 429 メキシコ 433 ブルガリア 436 メキシコ ウルグアイ 426 タイ 431 ルーマニア 425 セルビア メキシコ 425 ブルガリア 430 ウルグアイ 423 チュニジア ルーマニア 424 ウルグアイ 424 モンテネグロ 420 ルーマニア タイ 421 ルーマニア 423 トリニダード トバコ 419 ブラジル トリニダード トバコ 416 トリニダード トバコ 413 メキシコ 418 コロンビア コロンビア 413 モンテネグロ 408 タイ 416 タイ ブラジル 412 ブラジル 407 コロンビア 411 ブルガリア モンテネグロ 408 コロンビア 404 ヨルダン 410 トリニダード トバコ ヨルダン 405 インドネシア 399 ブラジル 406 インドネシア チュニジア 404 カザフスタン 397 アルゼンチン 398 ヨルダン インドネシア 402 アルゼンチン 394 インドネシア 397 アルゼンチン アルゼンチン 398 ヨルダン 394 カザフスタン 397 モンテネグロ カザフスタン 390 チュニジア 393 チュニジア 393 パナマ アルバニア 385 アルバニア 380 アルバニア 393 アルバニア カタール 372 ペルー 364 カタール 379 カタール パナマ 371 パナマ 363 アゼルバイジャン 373 カザフスタン ペルー 370 アゼルバイジャン 361 パナマ 372 ペルー アゼルバイジャン 362 カタール 354 ペルー 371 アゼルバイジャン キルギス 314 キルギス 299 キルギス 327 キルギス 300 OECD 平 均 493 OECD 平 均 495 OECD 平 均 493 OECD 平 均 494 ( 注 ) 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 地 域 を 示 す (3) 読 解 力 得 点 の 国 内 分 布 ( 本 文 第 2.3 節 ) 総 合 読 解 力 の 平 均 得 点 の 国 内 分 布 で その 国 の 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのは 上 海 であり 679 点 である 日 本 の 得 点 は 667 点 で 上 海 ニュージーランド シンガポール オーストラリアに 次 いで 5 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 情 報 へのアクセス 取 り 出 し において 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いの は 上 海 であり 695 点 である 日 本 の 得 点 は 691 点 で 上 海 に 次 いで 2 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 統 合 解 釈 において 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのは 上 海 であり 684 点 である 日 本 の 得 点 は 672 点 で 上 海 シンガポール ニュージーランド フィンラ ンド オーストラリアに 次 いで 6 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 熟 考 評 価 において 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのはニュージーラン ドであり 696 点 である 日 本 の 得 点 は 686 点 で ニュージーランド 上 海 に 次 いで 3 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 8

10 (4) 読 解 力 得 点 の 男 女 差 ( 本 文 第 2.3 節 ) 総 合 読 解 力 及 び 3 つの 側 面 について 65 か 国 すべてにおいて 女 子 の 得 点 が 男 子 の 得 点 よりも 統 計 的 に 有 意 に 高 い 総 合 読 解 力 において 男 女 差 の 最 も 大 きいのはアルバニアで 女 子 が 男 子 より 62 点 高 く 男 女 差 の 最 も 小 さいのはコロンビアで 女 子 が 男 子 より 9 点 高 い 日 本 は 男 子 501 点 に 対 し 女 子 が 540 点 で 女 子 が 男 子 より 39 点 高 いが これは OECD 平 均 と 同 じである 17 か 国 でみると 最 も 男 女 差 が 大 きいのはフィンランドで 男 子 508 点 に 対 し 女 子 が 563 点 で 女 子 が 男 子 より 55 点 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) (5)2000 年 調 査 結 果 との 比 較 ( 本 文 第 2.3 節 ) 2000 年 と 2009 年 の 読 解 力 の 平 均 得 点 の 差 について 2009 年 調 査 の 得 点 が 2000 年 調 査 の 得 点 より 高 く その 得 点 差 が 統 計 的 に 有 意 であるのは 13 か 国 であり 2000 年 調 査 の 得 点 が 2009 年 調 査 の 得 点 より 高 く その 得 点 差 が 統 計 的 に 有 意 であるのは 4 か 国 である 日 本 は 2000 年 の 平 均 得 点 が 522 点 2009 年 の 平 均 得 点 が 520 点 で その 差 は 2 点 であるが 統 計 的 な 有 意 差 はない( 本 文 第 節 参 照 ) (6) 読 解 力 問 題 の 正 答 率 ( 本 文 第 2.4 節 ) 分 析 の 対 象 となった 読 解 力 問 題 101 題 の 平 均 正 答 率 は 日 本 が 64% OECD 平 均 が 59% である 情 報 へのアクセス 取 り 出 し については 日 本 が 74% OECD 平 均 が 70% 統 合 解 釈 については 日 本 が 62% OECD 平 均 が 57% 熟 考 評 価 については 日 本 が 59% OECD 平 均 が 54%である( 本 文 第 節 参 照 ) 男 女 別 の 平 均 正 答 率 は 日 本 の 男 子 が 61% 女 子 が 67%であり OECD 平 均 は 男 子 が 56% 女 子 が 63%である 日 本 も OECD 平 均 も 女 子 が 男 子 よりも 平 均 正 答 率 が 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 読 解 力 の 平 均 無 答 率 は 日 本 が 9% OECD 平 均 が 8%で 同 程 度 である 無 答 率 は 多 肢 選 択 形 式 や 複 合 的 多 肢 選 択 形 式 の 問 題 では 低 いが 自 由 記 述 形 式 の 問 題 では 高 くなる 傾 向 がある( 本 文 第 節 参 照 ) 2000 年 調 査 と 2009 年 調 査 に 共 通 して 出 題 された 読 解 力 問 題 37 題 の 正 答 率 をみてみると 2000 年 調 査 の 平 均 正 答 率 の 方 が 3 ポイント 高 い OECD 平 均 も 2000 年 調 査 の 平 均 正 答 率 の 方 が 2 ポイント 高 い 2000 年 調 査 よりも 5 ポイント 以 上 正 答 率 が 変 化 した 問 題 は 日 本 が 16 題 OECD 平 均 が 7 題 あり そのうち 2009 年 調 査 が 2000 年 調 査 を 上 回 った 問 題 は 日 本 が 4 題 下 回 った 問 題 は 日 本 が 12 題 OECD 平 均 が 7 題 である( 本 文 第 節 参 照 ) (7) 生 徒 の 背 景 と 到 達 度 ( 本 文 第 2.5 節 ) 2009 年 調 査 では 生 徒 質 問 紙 の 中 で 趣 味 としての 読 書 読 書 活 動 読 む 本 の 種 類 頻 度 オンライン 上 での 読 みの 活 動 就 学 前 教 育 機 関 での 教 育 経 験 についても 尋 ねた 趣 味 で 読 書 をすることはない と 回 答 した 生 徒 の 割 合 について 17 か 国 中 最 も 多 いの はオランダで 次 いで 日 本 アメリカ アイルランド ドイツの 順 であった その 割 合 が 最 も 少 なかったのは 上 海 で 次 いで 台 湾 香 港 シンガポールの 順 であった ( 趣 味 で 読 書 をすることはない と 回 答 した 生 徒 以 外 の) 楽 しみで 本 を 読 む 生 徒 につい 9

11 て 2009 年 調 査 の 割 合 が 2000 年 調 査 の 割 合 に 比 べて 統 計 的 に 有 意 に 多 いのは 日 本 カ ナダ ブルガリア 香 港 ギリシャ タイの 6 か 国 で 日 本 の 場 合 2000 年 調 査 に 比 べ 2009 年 調 査 の 方 が 男 子 で 約 9 ポイント 女 子 で 約 13 ポイント 増 え 平 均 で 約 10 ポイン ト 増 加 した( 本 文 第 節 参 照 ) 読 書 活 動 について 様 々な 観 点 から 尋 ねたところ 日 本 の 場 合 読 書 は 大 好 きな 趣 味 の 一 つだ 本 の 内 容 について 人 と 話 すのが 好 きだ 本 をプレゼントされると うれ しい の 各 項 目 について どちらかといえばあてはまる とてもよくあてはまる と 回 答 した 生 徒 の 割 合 が それぞれ 2000 年 調 査 に 比 べて 統 計 的 に 有 意 に 高 い また 本 を 最 後 まで 読 み 終 えるのは 困 難 だ 読 書 は 時 間 のムダだ 読 書 をするのは 必 要 な 情 報 を 得 るためだけだ じっと 座 って 本 を 読 むなど 数 分 しかできない の 各 項 目 に ついて どちらかといえばあてはまる とてもよくあてはまる と 回 答 した 生 徒 の 割 合 については 日 本 はそれぞれ 2000 年 調 査 に 比 べて 統 計 的 に 有 意 に 低 い( 本 文 第 節 参 照 ) 読 む 本 の 種 類 頻 度 については 日 本 の 場 合 フィクション( 小 説 物 語 など) ノン フィクション( 伝 記 ルポルタージュなど)を 月 に 数 回 週 に 数 回 読 むと 回 答 し た 生 徒 の 割 合 が 2000 年 調 査 よりも 統 計 的 に 有 意 に 高 く 雑 誌 コミック(マンガ) 新 聞 を 月 に 数 回 週 に 数 回 読 むと 回 答 した 生 徒 の 割 合 が 2000 年 調 査 よりも 統 計 的 に 有 意 に 低 い また 読 む 本 の 種 類 と 頻 度 別 にみた 総 合 読 解 力 の 平 均 得 点 については 日 本 の 場 合 雑 誌 について 読 まない グループの 方 が 読 む グループよりも 得 点 が 高 く それ 以 外 の 読 み 物 については 読 む グループの 方 が 読 まない グループよ りも 得 点 が 高 かった( 本 文 第 節 参 照 ) コンピュータや 携 帯 電 話 などオンライン 上 での 読 みの 活 動 の 種 類 頻 度 については 日 本 は E メールを 読 む 生 徒 は 多 いが ネット 上 でのチャットや 討 論 会 フォーラムに 参 加 する 生 徒 は 少 ない また これについて 各 国 の 生 徒 を 指 標 値 によって 上 位 から 下 位 まで 4 群 に 分 け それぞれの 総 合 読 解 力 の 平 均 得 点 をみてみると 中 上 位 25% 最 上 位 25%に 属 する 生 徒 は 最 下 位 25% 中 下 位 25%に 属 する 生 徒 より 総 合 読 解 力 得 点 が 高 い 傾 向 がみ られた( 本 文 第 節 参 照 ) 幼 稚 園 や 保 育 所 での 教 育 歴 については 日 本 の 場 合 ほとんどの 生 徒 が 1 年 より 長 く 就 学 前 教 育 を 受 けていた また 就 学 前 教 育 機 関 における 生 徒 の 教 育 歴 別 に 総 合 読 解 力 の 平 均 得 点 をみてみると 日 本 の 場 合 1 年 より 長 く 就 学 前 教 育 を 受 けた 生 徒 の 総 合 読 解 力 得 点 が 最 も 高 い OECD 平 均 では 就 学 前 教 育 を 受 けた 期 間 の 長 い 順 に 得 点 が 高 かった ( 本 文 第 節 参 照 ) 10

12 2. 数 学 的 リテラシー 及 び 科 学 的 リテラシーの 結 果 (1) 数 学 的 リテラシーの 結 果 ( 本 文 第 3 章 ) 数 学 的 リテラシーとは 数 学 が 世 界 で 果 たす 役 割 を 見 つけ 理 解 し 現 在 及 び 将 来 の 個 人 の 生 活 職 業 生 活 友 人 や 家 族 や 親 族 との 社 会 生 活 建 設 的 で 関 心 を 持 った 思 慮 深 い 市 民 としての 生 活 において 確 実 な 数 学 的 根 拠 に 基 づき 判 断 を 行 い 数 学 に 携 わる 能 力 である 1 習 熟 度 別 結 果 ( 本 文 第 3.2 節 ) 表 6 は 数 学 的 リテラシーについて 得 点 によって 生 徒 の 習 熟 度 を 高 い 方 から 低 い 方 へ 2003 年 調 査 及 び 2006 年 調 査 と 同 様 に 6 から 1 未 満 の 7 段 階 に 分 け 各 の 生 徒 の 割 合 を 示 したものである 6 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのは 上 海 で 27%である その 次 はシンガポールの 16% であり 以 下 台 湾 香 港 韓 国 スイスと 続 き 日 本 は 6%で 7 番 目 である( 本 文 第 節 参 照 ) 1 未 満 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 少 ないのは 上 海 で 1%である 以 下 フィンランド 韓 国 香 港 と 続 き 日 本 は 4%で 少 ない 方 から 11 番 目 である( 本 文 第 節 参 照 ) 表 6 数 学 的 リテラシーにおける 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1 未 満 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 数 学 的 リテラシー 得 点 の 結 果 ( 本 文 第 3.3 節 ) 表 8 のとおり 日 本 の 数 学 的 リテラシーの 平 均 得 点 は 529 点 で 上 海 シンガポール 香 港 韓 国 台 湾 フィンランド リヒテンシュタイン スイスに 次 いで 9 番 目 である 統 計 的 に 考 えられる 日 本 の 平 均 得 点 の 順 位 は OECD 加 盟 国 中 では 3 位 から 6 位 の 間 参 加 国 全 体 では 8 位 から 12 位 の 間 である( 本 文 第 節 参 照 ) 11

13 3 数 学 的 リテラシー 得 点 の 国 内 分 布 及 び 男 女 差 ( 本 文 第 3.3 節 ) 各 国 内 の 数 学 的 リテラシー 得 点 の 分 布 で その 国 の 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのは 上 海 で 757 点 である その 次 はシンガポールの 725 点 であり 以 下 台 湾 香 港 スイス 韓 国 と 続 き 日 本 は 677 点 で 7 番 目 である( 本 文 第 節 参 照 ) 数 学 的 リテラシーの 男 女 の 平 均 得 点 の 差 が 最 も 大 きいのはコロンビアで 男 子 の 方 が 女 子 より 32 点 高 い 統 計 的 に 有 意 に 男 子 の 方 が 女 子 より 高 い 国 は 35 か 国 女 子 の 方 が 男 子 よ り 高 い 国 は 5 か 国 ある 日 本 は 男 子 534 点 に 対 し 女 子 が 524 点 だが 統 計 的 な 有 意 差 はな い( 本 文 第 節 参 照 ) 4 数 学 的 リテラシー 得 点 の 経 年 変 化 ( 本 文 第 3.4 節 ) 2009 年 調 査 と 数 学 的 リテラシーが 中 心 分 野 であった 2003 年 調 査 の 平 均 得 点 を 比 較 すると 日 本 は 2003 年 調 査 より 5 点 低 くなっているが 統 計 的 な 有 意 差 はない また 2009 年 調 査 の 平 均 得 点 が OECD 平 均 を 上 回 った 国 のうちで 2003 年 調 査 より 統 計 的 に 有 意 に 高 く なっているのはドイツだけで 10 点 高 くなっている 日 本 より 2009 年 調 査 の 平 均 得 点 が 高 い 香 港 韓 国 フィンランド リヒテンシュタイン スイスは いずれも 2003 年 調 査 と 2009 年 調 査 の 平 均 得 点 の 間 に 統 計 的 な 有 意 差 がない( 本 文 第 節 参 照 ) 5 数 学 的 リテラシー 問 題 の 正 答 率 の 経 年 変 化 ( 本 文 第 3.4 節 ) 2009 年 調 査 並 びに 2006 年 2003 年 調 査 に 共 通 に 出 題 された 数 学 的 リテラシー 問 題 35 題 の 日 本 の 平 均 正 答 率 は それぞれ 54% 52% 54%であり 2006 年 と 比 べると 2 ポイン ト 上 がり 2003 年 と 比 べると 変 化 していない OECD 平 均 はそれぞれ 47% 47% 48% で ほとんど 変 化 していない 日 本 において 2003 年 調 査 よりも 正 答 率 が 5 ポイント 以 上 上 回 った 問 題 は 3 題 で これらの 問 題 は 2006 年 調 査 と 比 べても 正 答 率 が 5 ポイント 以 上 上 回 っている また 2003 年 調 査 よりも 正 答 率 が 5 ポイント 以 上 下 回 った 問 題 は 3 題 あるが 2006 年 調 査 よりも 正 答 率 が 5 ポイント 以 上 下 回 った 問 題 はない( 本 文 第 節 参 照 ) (2) 科 学 的 リテラシーの 結 果 ( 本 文 第 4 章 ) 科 学 的 リテラシーは 個 々 人 の 次 の 能 力 に 注 目 する 疑 問 を 認 識 し 新 しい 知 識 を 獲 得 し 科 学 的 な 事 象 を 説 明 し 科 学 が 関 連 する 諸 問 題 につい て 証 拠 に 基 づいた 結 論 を 導 き 出 すための 科 学 的 知 識 とその 活 用 科 学 の 特 徴 的 な 諸 側 面 を 人 間 の 知 識 と 探 究 の 一 形 態 として 理 解 すること 科 学 とテクノロジーが 我 々の 物 質 的 知 的 文 化 的 環 境 をいかに 形 作 っているかを 認 識 する こと 思 慮 深 い 一 市 民 として 科 学 的 な 考 えを 持 ち 科 学 が 関 連 する 諸 問 題 に 自 ら 進 んで 関 わる こと 1 習 熟 度 別 結 果 ( 本 文 第 4.2 節 ) 表 7 は 科 学 的 リテラシーについて 得 点 によって 生 徒 の 習 熟 度 を 高 い 方 から 低 い 方 へ 2006 年 調 査 と 同 様 に 6 から 1 未 満 の 7 段 階 に 分 け 各 の 生 徒 の 割 合 を 示 した ものである 12

14 6 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのはシンガポールであり 5%である その 次 は 上 海 と ニュージーランドの 4%であり 以 下 フィンランド オーストラリアの 3%が 続 き 日 本 は 3%で 6 番 目 である OECD 平 均 を 上 回 る 国 は 17 か 国 である また 1 未 満 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 少 ないのは 上 海 であり 0.4%である 日 本 の 割 合 は 3%であり OECD 平 均 の 5%より 少 ない( 本 文 第 節 参 照 ) 習 熟 度 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 最 も 多 いのは 上 海 で 97%である 以 下 フィンラ ンド 韓 国 香 港 エストニア カナダ マカオと 続 く 日 本 は 89%で 8 番 目 に 多 い 一 方 習 熟 度 2 以 上 の 生 徒 の 割 合 が 50% 未 満 の 国 が 13 か 国 あり 最 も 少 ないのは キルギスの 18%である ( 本 文 第 節 参 照 ) 表 7 科 学 的 リテラシー 習 熟 度 別 の 生 徒 の 割 合 ( 数 字 はハ ーセント) 1 未 満 日 本 オーストラリア カナダ フィンランド フランス ドイツ アイルランド イタリア 韓 国 ニュージーランド イギリス アメリカ オランダ OECD 平 均 香 港 台 湾 シンガポール 上 海 科 学 的 リテラシー 得 点 の 結 果 ( 本 文 第 4.3 節 ) 表 8 のとおり 日 本 の 科 学 的 リテラシーの 平 均 得 点 は 539 点 で 上 海 フィンランド 香 港 シンガポールに 次 いで 5 番 目 である 統 計 的 に 考 えられる 順 位 の 範 囲 は OECD 加 盟 国 中 では 2 位 から 3 位 の 間 参 加 国 全 体 では 4 位 から 6 位 の 間 である( 本 文 第 節 参 照 ) 3 科 学 的 リテラシー 得 点 の 国 内 分 布 及 び 男 女 差 ( 本 文 第 4.3 節 ) 各 国 内 の 科 学 的 リテラシー 得 点 の 分 布 で その 国 の 上 位 5%に 位 置 する 生 徒 の 得 点 が 最 も 高 いのはシンガポールであり 704 点 である 以 下 上 海 ニュージーランド フィンラ ンド オーストラリアと 続 き 日 本 は 686 点 で 6 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 科 学 的 リテラシーの 男 女 差 の 最 も 大 きいのはヨルダンで 女 子 が 男 子 より 35 点 高 い ヨ ルダンを 含 む 32 か 国 は 統 計 的 にも 有 意 差 があり 11 か 国 で 男 子 が 女 子 より 高 く 女 子 が 男 子 より 高 い 国 は 21 か 国 である 日 本 は 女 子 が 男 子 より 12 点 高 いが 統 計 的 な 有 意 差 はない( 本 文 第 節 参 照 ) 13

15 4 科 学 的 リテラシー 問 題 の 正 答 率 ( 本 文 第 4.3 節 ) 分 析 の 対 象 となった 科 学 的 リテラシー 問 題 53 題 の 平 均 正 答 率 は 日 本 は 62%であり OECD 平 均 の 54%を 8 ポイント 上 回 っている( 本 文 第 節 参 照 ) 科 学 的 能 力 別 に 平 均 正 答 率 を 求 めると 科 学 的 な 疑 問 を 認 識 する 領 域 では 日 本 は 62% OECD 平 均 は 55% 現 象 を 科 学 的 に 説 明 する 領 域 では 日 本 は 61% OECD 平 均 は 53% 科 学 的 な 証 拠 を 用 いる 領 域 では 日 本 は 63% OECD 平 均 は 54%である 日 本 は 科 学 的 能 力 のすべての 領 域 で OECD 平 均 正 答 率 を 上 回 っている( 本 文 第 節 参 照 ) 平 均 無 答 率 は 日 本 も OECD 平 均 もともに 6%である 無 答 率 は 選 択 肢 形 式 や 複 合 選 択 肢 形 式 の 問 題 では 低 いが 求 答 形 式 や 論 述 形 式 の 問 題 では 高 くなる 傾 向 がある( 本 文 第 節 参 照 ) 5 科 学 的 リテラシー 得 点 の 経 年 変 化 ( 本 文 第 4.4 節 ) 2009 年 調 査 と 科 学 的 リテラシーが 中 心 分 野 であった 2006 年 調 査 の 平 均 得 点 を 比 較 する と 日 本 は 2006 年 調 査 より 8 点 高 くなっているが 統 計 的 な 有 意 差 はない 2006 年 調 査 よりも 得 点 が 有 意 に 高 い 国 は 11 か 国 であり 統 計 的 に 有 意 に 低 い 国 は 5 か 国 である な お OECD 平 均 は 2006 年 調 査 より 3 点 高 くなっている( 本 文 第 節 参 照 ) 2006 年 と 2009 年 の 2 回 の 調 査 に 共 通 に 出 題 された 科 学 的 リテラシー 問 題 53 題 の 日 本 の 正 答 率 の 平 均 値 は 2006 年 調 査 が 60%で 2006 年 調 査 が 62%である OECD 平 均 は 2006 年 調 査 で 53% 2009 年 調 査 で 54%となっている 日 本 において 2006 年 調 査 よりも 5 ポ イント 以 上 正 答 率 が 変 化 した 問 題 は 16 題 あり そのうち 2009 年 調 査 の 方 が 正 答 率 が 高 い 問 題 は 15 題 2006 年 調 査 の 方 が 正 答 率 が 高 かった 問 題 は 1 題 であった( 本 文 第 節 参 照 ) 14

16 表 8 数 学 的 リテラシー 及 び 科 学 的 リテラシーの 平 均 得 点 の 国 際 比 較 数 学 的 リテラシー 得 点 科 学 的 リテラシー 得 点 1 上 海 600 上 海 シンガポール 562 フィンランド 香 港 555 香 港 韓 国 546 シンガポール 台 湾 543 日 本 フィンランド 541 韓 国 リヒテンシュタイン 536 ニュージーランド スイス 534 カナダ 日 本 529 エストニア カナダ 527 オーストラリア オランダ 526 オランダ マカオ 525 台 湾 ニュージーランド 519 ドイツ ベルギー 515 リヒテンシュタイン オーストラリア 514 スイス ドイツ 513 イギリス エストニア 512 スロベニア アイスランド 507 マカオ デンマーク 503 ポーランド スロベニア 501 アイルランド ノルウェー 498 ベルギー フランス 497 ハンガリー スロバキア 497 アメリカ オーストリア 496 チェコ ポーランド 495 ノルウェー スウェーデン 494 デンマーク チェコ 493 フランス イギリス 492 アイスランド ハンガリー 490 スウェーデン ルクセンブルグ 489 オーストリア アメリカ 487 ラトビア アイルランド 487 ポルトガル ポルトガル 487 リトアニア スペイン 483 スロバキア イタリア 483 イタリア ラトビア 482 スペイン リトアニア 477 クロアチア ロシア 468 ルクセンブルグ ギリシャ 466 ロシア クロアチア 460 ギリシャ ドバイ 453 ドバイ イスラエル 447 イスラエル トルコ 445 トルコ

17 44 セルビア 442 チリ アゼルバイジャン 431 セルビア ブルガリア 428 ブルガリア ルーマニア 427 ルーマニア ウルグアイ 427 ウルグアイ チリ 421 タイ タイ 419 メキシコ メキシコ 419 ヨルダン トリニダード トバゴ 414 トリニダード トバゴ カザフスタン 405 ブラジル モンテネグロ 403 コロンビア アルゼンチン 388 モンテネグロ ヨルダン 387 アルゼンチン ブラジル 386 チュニジア コロンビア 381 カザフスタン アルバニア 377 アルバニア チュニジア 371 インドネシア インドネシア 371 カタール カタール 368 パナマ ペルー 365 アゼルバイジャン パナマ 360 ペルー キルギス 331 キルギス 330 OECD 平 均 496 OECD 平 均 501 ( 注 ) 網 掛 けは 非 OECD 加 盟 国 地 域 を 示 す 3. 学 習 の 背 景 ( 本 文 第 5 章 ) 学 校 質 問 紙 生 徒 質 問 紙 の 結 果 及 び 調 査 問 題 との 関 連 から 以 下 のことが 明 らかとなった 日 本 は 生 徒 に 起 因 する 学 級 の 雰 囲 気 は OECD 加 盟 国 中 で 最 も 良 好 である( 本 文 第 節 参 照 ) 国 語 の 授 業 についての 5 つの 質 問 項 目 ( 先 生 は 生 徒 が 静 まるまで 長 い 時 間 待 た なければならない 等 )への 日 本 の 生 徒 の 回 答 状 況 をみると 日 本 は OECD 平 均 よりも 国 語 の 授 業 の 雰 囲 気 が 良 いことが 分 かる 2000 年 と 2009 年 とを 比 較 してもすべての 質 問 項 目 について 2000 年 より 良 くなっており 日 本 の 国 語 の 授 業 の 雰 囲 気 は 極 めて 良 いこ とがわかる( 本 文 第 節 参 照 ) 教 師 と 生 徒 の 関 係 についての 質 問 項 目 のうち 特 に 2009 年 では 助 けが 必 要 なとき は 先 生 が 助 けてくれる に 肯 定 的 な 回 答 をした 割 合 は 日 本 が 64%で OECD 平 均 78%と 比 べ 15 ポイント 低 く 全 参 加 国 の 中 でもギリシャ(63%)に 次 いで 低 い( 本 文 第 節 参 照 ) 部 活 動 やボランティア 活 動 等 様 々な 学 校 の 活 動 の 有 無 別 に 見 た 読 解 力 得 点 では 11 項 目 において 活 動 を 行 っている 学 校 に 通 う 生 徒 の 得 点 が 高 く これら 11 項 目 のうち 10 項 目 において 日 本 は OECD 平 均 よりも 活 動 の 有 無 による 得 点 差 が 大 きい 日 本 では 16

18 学 校 の 活 動 が 行 われているほど 読 解 力 の 得 点 が 高 く その 傾 向 が OECD 加 盟 国 の 中 では 相 対 的 に 強 いと 言 える( 本 文 第 節 参 照 ) 日 本 は 本 校 が 非 常 に 高 い 学 業 水 準 を 設 定 し 生 徒 にこれに 見 合 った 高 い 学 力 をつけ させていくことを 期 待 する 圧 力 を 常 に 多 くの 保 護 者 から 受 けている と 回 答 した 校 長 の 割 合 が 参 加 国 中 で 11 番 目 に 高 い( 本 文 第 節 参 照 ) 各 国 での 家 庭 の 社 会 経 済 的 背 景 指 標 の 値 の 四 分 位 数 によって 生 徒 を 上 位 から 下 位 ま で 4 群 に 分 け 各 群 での 読 解 力 の 平 均 得 点 を 比 較 した 結 果 家 庭 の 社 会 経 済 的 水 準 が 高 いほど 生 徒 の 読 解 力 平 均 得 点 が 高 いことが 分 かった ただし その 程 度 は 国 や 地 域 によ って 異 なり OECD 平 均 に 比 べて 日 本 はフィンランドやカナダとともに 影 響 が 小 さか った( 本 文 第 節 参 照 ) 各 国 での 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 指 標 ( 保 護 者 の 教 育 的 背 景 と 家 庭 の 社 会 経 済 的 背 景 の 指 標 に 家 庭 の 所 有 物 に 関 する 指 標 を 加 えたもの)の 値 で 下 位 25% の 生 徒 の 集 団 と 上 位 25%の 生 徒 の 集 団 における 読 解 力 数 学 的 リテラシー 科 学 的 リ テラシーの 平 均 得 点 の 差 を 比 較 すると すべての 国 において 群 間 の 得 点 差 が 見 られた OECD 平 均 は 89~92 点 であるが 日 本 における 群 間 の 得 点 差 はやや 小 さく 70~75 点 で あった また フィンランドにおいては 群 間 の 得 点 差 は 小 さく 54~61 点 であった 一 方 で ドイツにおいては 群 間 の 得 点 差 は 大 きく 104~120 点 であった 全 体 的 には 社 会 経 済 文 化 的 水 準 が 高 い 生 徒 は 平 均 的 に 高 い 得 点 であるという 傾 向 が 見 られた( 本 文 第 節 参 照 ) 日 本 は 生 徒 の 社 会 経 済 文 化 的 背 景 の 違 いによる 読 解 力 得 点 の 違 いが 低 い 水 準 にある つまり 家 庭 の 経 済 状 況 や 教 育 環 境 の 違 いが 読 解 力 に 影 響 する 程 度 が 小 さく 相 対 的 に 平 等 性 の 高 い 教 育 システムであると 言 える ( 本 文 第 節 参 照 ) 備 考 本 要 約 は PISA2009 年 調 査 の 国 際 的 な 調 査 結 果 の 公 表 (2010 年 12 月 7 日 )に 合 わせ OECD が 作 成 中 の 英 語 版 国 際 報 告 書 案 に 掲 載 のデータに 基 づきながら 特 に わが 国 にとって 示 唆 のある 結 果 をまとめたものである このうち 本 文 とあるのは 国 立 教 育 政 策 研 究 所 編 生 きるための 知 識 と 技 能 4 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA)2009 年 調 査 国 際 結 果 報 告 書 ( 明 石 書 店 2010 年 12 月 )を 指 す また 2009 年 調 査 の 基 本 的 な 考 え 方 やデザイン 等 については 国 立 教 育 政 策 研 究 所 監 訳 PISA2009 年 調 査 評 価 の 枠 組 み ( 明 石 書 店 2010 年 10 月 )を 刊 行 している 17

19 PISA 調 査 における 日 本 の 結 果 の 推 移 について 以 下 は これまで 2000 年 2003 年 2006 年 及 び 2009 年 と 4 回 にわたり 実 施 された PISA 調 査 における 日 本 の 主 な 結 果 をまとめたものである 1. 読 解 力 b 未 満 1b 1a 2009 年 調 査 1.3 % 3.4 % 8.9 % 18.0 % 28.0 % 27.0% 11.5 % 1.9 % OECD 平 均 1.1 % 4.6 % 13.1 % 24.0 % 28.9 % 20.7 % 6.8 % 0.8 % 1 未 満 年 調 査 6.7 % 11.7 % 22.0 % 28.7 % 21.5 % 9.4 % OECD 平 均 7.4 % 12.7 % 22.7 % 27.8 % 20.7 % 8.6 % 2003 年 調 査 7.4 % 11.6 % 20.9 % 27.2 % 23.2 % 9.7 % OECD 平 均 6.7 % 12.4 % 22.8 % 28.7 % 21.3 % 8.3 % 2000 年 調 査 2.7 % 7.3 % 18.0 % 33.3 % 28.8 % 9.9 % OECD 平 均 6.0 % 11.9 % 21.7 % 28.7 % 22.3 % 9.5 % 2009 年 調 査 2006 年 調 査 2003 年 調 査 2000 年 調 査 日 本 の 得 点 520 点 498 点 498 点 522 点 OECD 平 均 493 点 492 点 494 点 500 点 OECD 加 盟 国 中 の 順 位 5 位 /34 か 国 12 位 /30 か 国 12 位 /30 か 国 8 位 /28 か 国 ( 注 ) OECD 加 盟 国 中 の 順 位 の 範 囲 3~6 位 9~16 位 10~18 位 全 参 加 国 中 の 順 位 8 位 /65 か 国 15 位 /57 か 国 14 位 /41 か 国 8 位 /32 か 国 ( 注 ) 全 参 加 国 中 の 順 位 の 範 囲 5~9 位 11~21 位 12~22 位 3~10 位 2. 数 学 的 リテラシー 未 満 2009 年 調 査 4.0 % 8.5 % 17.4 % 25.7 % 23.5 % 14.7 % 6.2 % OECD 平 均 8.0 % 14.0 % 22.0 % 24.3 % 18.9 % 9.6 % 3.1 % 2006 年 調 査 3.9 % 9.1 % 18.9 % 26.1 % 23.7 % 13.5 % 4.8 % OECD 平 均 7.7 % 13.6 % 21.9 % 24.3 % 19.1 % 10.0 % 3.3 % 2003 年 調 査 4.7 % 8.6 % 16.3 % 22.4 % 23.6 % 16.1 % 8.2 % OECD 平 均 8.2 % 13.2 % 21.1 % 23.7 % 19.1 % 10.6 % 4.0 % 2009 年 調 査 2006 年 調 査 2003 年 調 査 2000 年 調 査 日 本 の 得 点 529 点 523 点 534 点 557 点 OECD 平 均 496 点 498 点 500 点 500 点 OECD 加 盟 国 中 の 順 位 4 位 /34 か 国 6 位 /30 か 国 4 位 /30 か 国 1 位 /28 か 国 ( 注 ) OECD 加 盟 国 中 の 順 位 の 範 囲 3~6 位 4~9 位 2~7 位 全 参 加 国 中 の 順 位 9 位 /65 か 国 10 位 /57 か 国 6 位 /41 か 国 1 位 /32 か 国 ( 注 ) 全 参 加 国 中 の 順 位 の 範 囲 8~12 位 6~13 位 3~10 位 1~3 位 18

20 3. 科 学 的 リテラシー 未 満 2009 年 調 査 3.2 % 7.5 % 16.3 % 26.6 % 29.5 % 14.4 % 2.6 % OECD 平 均 5.0 % 13.0 % 24.4 % 28.6 % 20.6 % 7.4 % 1.1 % 2006 年 調 査 3.2 % 8.9 % 18.5 % 27.5 % 27.0 % 12.4 % 2.6 % OECD 平 均 5.2 % 14.1 % 24.0 % 27.4 % 20.3 % 7.7 % 1.3 % 2009 年 調 査 2006 年 調 査 2003 年 調 査 2000 年 調 査 日 本 の 得 点 539 点 531 点 548 点 550 点 OECD 平 均 501 点 500 点 500 点 500 点 OECD 加 盟 国 中 の 順 位 2 位 /34 か 国 3 位 /30 か 国 2 位 /30 か 国 2 位 /28 か 国 ( 注 ) OECD 加 盟 国 中 の 順 位 の 範 囲 2~3 位 2~5 位 1~3 位 全 参 加 国 中 の 順 位 5 位 /65 か 国 6 位 /57 か 国 2 位 /41 か 国 2 位 /32 か 国 ( 注 ) 全 参 加 国 中 の 順 位 の 範 囲 4~6 位 3~9 位 1~3 位 1~2 位 ( 注 ) 平 均 得 点 には 誤 差 が 含 まれるため 統 計 的 に 考 えられる 上 位 及 び 下 位 の 順 位 を OECD 加 盟 国 / 参 加 国 の 中 で 示 したもの 参 考 資 料 1:PISA2006 年 調 査 における 分 野 別 平 均 得 点 の 国 際 比 較 読 解 力 得 点 数 学 的 リテラシー 得 点 科 学 的 リテラシー 得 点 1 韓 国 556 台 湾 549 フィンランド フィンランド 547 フィンランド 548 香 港 香 港 536 香 港 547 カナダ カナダ 527 韓 国 547 台 湾 ニュージーランド 521 オランダ 531 エストニア アイルランド 517 スイス 530 日 本 オーストラリア 513 カナダ 527 ニュージーランド リヒテンシュタイン 510 マカオ 525 オーストラリア ポーランド 508 リヒテンシュタイン 525 オランダ スウェーデン 507 日 本 523 リヒテンシュタイン オランダ 507 ニュージーランド 522 韓 国 ベルギー 501 ベルギー 520 スロベニア エストニア 501 オーストラリア 520 ドイツ スイス 499 エストニア 515 イギリス 日 本 498 デンマーク 513 チェコ 台 湾 496 チェコ 510 スイス イギリス 495 アイスランド 506 マカオ ドイツ 495 オーストリア 505 オーストリア デンマーク 494 スロベニア 504 ベルギー スロベニア 494 ドイツ 504 アイルランド マカオ 492 スウェーデン 502 ハンガリー

21 22 オーストリア 490 アイルランド 501 スウェーデン フランス 488 フランス 496 ポーランド アイスランド 484 イギリス 495 デンマーク ノルウェー 484 ポーランド 495 フランス チェコ 483 スロバキア 492 クロアチア ハンガリー 482 ハンガリー 491 アイスランド ラトビア 479 ルクセンブルグ 490 ラトビア ルクセンブルグ 479 ノルウェー 490 アメリカ クロアチア 477 リトアニア 486 スロバキア ポルトガル 472 ラトビア 486 スペイン リトアニア 470 スペイン 480 リトアニア イタリア 469 アゼルバイジャン 476 ノルウェー スロバキア 466 ロシア 476 ルクセンブルグ スペイン 461 アメリカ 474 ロシア ギリシャ 460 クロアチア 467 イタリア トルコ 447 ポルトガル 466 ポルトガル チリ 442 イタリア 462 ギリシャ ロシア 440 ギリシャ 459 イスラエル イスラエル 439 イスラエル 442 チリ タイ 417 セルビア 435 セルビア ウルグアイ 413 ウルグアイ 427 ブルガリア メキシコ 410 トルコ 424 ウルグアイ ブルガリア 402 タイ 417 トルコ セルビア 401 ルーマニア 415 ヨルダン ヨルダン 401 ブルガリア 413 タイ ルーマニア 396 チリ 411 ルーマニア インドネシア 393 メキシコ 406 モンテネグロ ブラジル 393 モンテネグロ 399 メキシコ モンテネグロ 392 インドネシア 391 インドネシア コロンビア 385 ヨルダン 384 アルゼンチン チュニジア 380 アルゼンチン 381 ブラジル アルゼンチン 374 コロンビア 370 コロンビア アゼルバイジャン 353 ブラジル 370 チュニジア カタール 312 チュニジア 365 アゼルバイジャン キルギス 285 カタール 318 カタール アメリカ( 注 1) m キルギス 311 キルギス 322 OECD 平 均 492 OECD 平 均 498 OECD 平 均 500 ( 注 1)アメリカについては 調 査 実 施 後 評 価 問 題 の 冊 子 の 組 み 方 に 不 備 が 明 らかとなったため 読 解 力 の 結 果 の 分 析 から 除 かれている ( 注 2) 網 掛 は 結 果 公 表 時 の 非 OECD 加 盟 国 地 域 を 示 す 20

22 参 考 資 料 2:PISA2003 年 調 査 における 分 野 別 平 均 得 点 の 国 際 比 較 読 解 力 得 点 数 学 的 リテラシー 得 点 科 学 的 リテラシー 得 点 問 題 解 決 能 力 得 点 1 フィンランド 543 香 港 550 フィンランド 548 韓 国 韓 国 534 フィンランド 544 日 本 548 香 港 カナダ 528 韓 国 542 香 港 539 フィンランド オーストラリア 525 オランダ 538 韓 国 538 日 本 リヒテンシュタイン 525 リヒテンシュタイン 536 リヒテンシュタイン 525 ニュージーランド ニュージーランド 522 日 本 534 オーストラリア 525 マカオ アイルランド 515 カナダ 532 マカオ 525 オーストラリア スウェーデン 514 ベルギー 529 オランダ 524 リヒテンシュタイン オランダ 513 マカオ 527 チェコ 523 カナダ 香 港 510 スイス 527 ニュージーランド 521 ベルギー ベルギー 507 オーストラリア 524 カナダ 519 スイス ノルウェー 500 ニュージーランド 523 スイス 513 オランダ スイス 499 チェコ 516 フランス 511 フランス 日 本 498 アイスランド 515 ベルギー 509 デンマーク マカオ 498 デンマーク 514 スウェーデン 506 チェコ ポーランド 497 フランス 511 アイルランド 505 ドイツ フランス 496 スウェーデン 509 ハンガリー 503 スウェーデン アメリカ 495 オーストリア 506 ドイツ 502 オーストリア デンマーク 492 ドイツ 503 ポーランド 498 アイスランド アイスランド 492 アイルランド 503 スロバキア 495 ハンガリー ドイツ 491 スロバキア 498 アイスランド 495 アイルランド オーストリア 491 ノルウェー 495 アメリカ 491 ルクセンブルグ ラトビア 491 ルクセンブルグ 493 オーストリア 491 スロバキア チェコ 489 ポーランド 490 ロシア 489 ノルウェー ハンガリー 482 ハンガリー 490 ラトビア 489 ポーランド スペイン 481 スペイン 485 スペイン 487 ラトビア ルクセンブルグ 479 ラトビア 483 イタリア 486 スペイン ポルトガル 478 アメリカ 483 ノルウェー 484 ロシア イタリア 476 ロシア 468 ルクセンブルグ 483 アメリカ ギリシャ 472 ポルトガル 466 ギリシャ 481 ポルトガル スロバキア 469 イタリア 466 デンマーク 475 イタリア ロシア 442 ギリシャ 445 ポルトガル 468 ギリシャ トルコ 441 セルヒ ア モンテネク ロ 437 ウルグアイ 438 タイ ウルグアイ 434 トルコ 423 セルヒ ア モンテネク ロ 436 セルヒ ア モンテネク ロ タイ 420 ウルグアイ 422 トルコ 434 ウルグアイ セルヒ ア モンテネク ロ 412 タイ 417 タイ 429 トルコ ブラジル 403 メキシコ 385 メキシコ 405 メキシコ メキシコ 400 インドネシア 360 インドネシア 395 ブラジル インドネシア 382 チュニジア 359 ブラジル 390 インドネシア チュニジア 375 ブラジル 356 チュニジア 385 チュニジア 345 OECD 平 均 494 OECD 平 均 500 OECD 平 均 500 OECD 平 均 500 ( 注 )2003 年 調 査 において 国 際 的 な 実 施 基 準 を 満 たさなかったイギリスは 除 く 網 掛 は 結 果 公 表 時 の 非 OECD 加 盟 国 地 域 を 示 す 21

23 参 考 資 料 3:PISA2000 年 調 査 における 分 野 別 平 均 得 点 の 国 際 比 較 総 合 読 解 力 得 点 数 学 的 リテラシー 得 点 科 学 的 リテラシー 得 点 1 フィンランド 546 日 本 557 韓 国 カナダ 534 韓 国 547 日 本 ニュージーランド 529 ニュージーランド 537 フィンランド オーストラリア 528 フィンランド 536 イギリス アイルランド 527 オーストラリア 533 カナダ 韓 国 525 カナダ 533 ニュージーランド イギリス 523 スイス 529 オーストラリア 日 本 522 イギリス 529 オーストリア スウェーデン 516 ベルギー 520 アイルランド オーストリア 507 フランス 517 スウェーデン ベルギー 507 オーストリア 515 チェコ アイスランド 507 デンマーク 514 フランス ノルウェー 505 アイスランド 514 ノルウェー フランス 505 リヒテンシュタイン 514 アメリカ アメリカ 504 スウェーデン 510 ハンガリー デンマーク 497 アイルランド 503 アイスランド スイス 494 ノルウェー 499 ベルギー スペイン 493 チェコ 498 スイス チェコ 492 アメリカ 493 スペイン イタリア 487 ドイツ 490 ドイツ ドイツ 484 ハンガリー 488 ポーランド リヒテンシュタイン 483 ロシア 478 デンマーク ハンガリー 480 スペイン 476 イタリア ポーランド 479 ポーランド 470 リヒテンシュタイン ギリシャ 474 ラトビア 463 ギリシャ ポルトガル 470 イタリア 457 ロシア ロシア 462 ポルトガル 454 ラトビア ラトビア 458 ギリシャ 447 ポルトガル ルクセンブルグ 441 ルクセンブルグ 446 ルクセンブルグ メキシコ 422 メキシコ 387 メキシコ ブラジル 396 ブラジル 334 ブラジル 375 OECD 平 均 500 OECD 平 均 500 OECD 平 均 500 ( 注 )2000 年 調 査 において 国 際 的 な 実 施 基 準 を 満 たさなかったオランダは 除 く 網 掛 は 結 果 公 表 時 の 非 OECD 加 盟 国 を 示 す 22

はじめに 本 報 告 書 は 2012 年 に 実 施 された OECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 ) 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA: Programme for International Student Assessment)のうち 国 際 オプ ションとして 実 施 された 問 題 解 決 能 力 の 国 際 調 査 結 果 を 基 に 日 本 にとって 特 に

More information

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73>

<8370836C838B9357323031308366815B835E2E786C73> 生 活 1 人 口 世 帯 数 世 帯 人 員 の 減 少 傾 向 が 続 く 人 口,, 3, 3,,,, 1,, 17,7 9,1 13,13 1,1 39,7 人 17,19 戸,9 人 17,7 人 19 19 19 197 197 19 19 199 199 9 女 男 世 帯 数 人 口 の 合 計 世 帯 数 ( 戸 ), 1, 1, 1, 1, 1,,,,, 豊 中 市 の 人 口

More information

議論の前提

議論の前提 第 1 章 の 補 足 資 料 ( 消 費 税 はだれが 負 担 するのか) 消 費 税 のしくみ 日 本 の 消 費 税 は 付 加 価 値 税 (value added tax VAT)と 呼 ばれる 税 の 一 種 であり 卸 売 り 小 売 りの 各 段 階 で 生 み 出 された 付 加 価 値 に 対 して 課 税 する 売 り 手 が 納 税 の 義 務 を 負 っているので 消 費

More information

スライド 1

スライド 1 OECD 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 (PISA09) デジタル 読 解 力 調 査 のポイント 調 査 概 要 PISA 調 査 では 将 来 的 に 筆 記 型 調 査 からコンピュータ 使 用 型 調 査 に 移 行 する 予 定 このためPISA09の 国 際 オプションとして デジタル 読 解 力 調 査 (コンピュータ 使 用 型 調 査 )とコンピュータ 利 用 等 に 関

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2090F68DDD8BA3918897CD323030375F977696F194C52E646F63> 世 界 50カ 国 潜 在 力 調 査 2007 年 ( 要 約 ) 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 センター Japan Center for Economic Research 2008 年 1 月 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 13 位 にやや 後 退 50 カ 国 を 対 象 に 潜 在 競 争 力 ランキングを 作 成 した 潜 在 競 争 力 とは

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323132303381798267826F9770817A874094AD955C8E9197BF8169955C8E86816A> 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (T I M S S 2 0 1 1) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 国 際 数 学 理 科 教 育 動 向 調 査 の 2011 年 調 査 (TIMSS2011) 国 際 調 査 結 果 報 告 ( 概 要 ) 平 成 24 年 12 月 Ⅰ 調 査 の 概 要 -----------------------------------------------------------

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 結 果 調 査 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 現 在 神 奈 川 県 県 民 局 くらし 文 化 部 国 際 課 1 基 準 日 平 成 23 年 5 月 1 日 平 成 23 年 度 神 奈 川 県 内 大 学 等 在 籍 留 学 生 調 査 概 要 2 調 査 対 象 者 程 神 ) 奈 川 高 県

More information

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc

Microsoft Word - CERAプレスリリース#2.doc 平 成 25 年 3 月 8 日 社 団 法 人 日 本 アクチュアリー 会 平 成 24 年 度 CERA 資 格 認 定 について 日 本 アクチュアリー 会 ( 理 事 長 : 野 呂 順 一 )は 平 成 24 年 度 から ERM(エンタープライズ リ スク マネジメント)の 専 門 資 格 である CERA の 資 格 認 定 を 開 始 いたしました CERA 資 格 認 定 の 概

More information

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を

(2) 宿 泊 施 設 の 現 状 1 回 答 状 況 及 び 集 計 方 法 今 回 の 調 査 対 象 とした 174( 平 成 23 年 度 新 規 開 業 した 1 施 設 を 含 む) 施 設 のうち 調 査 で 廃 休 業 などが 判 明 した 4 施 設 を 除 く 170 施 設 を 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 23 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 22 年 度 調 査 により 把

More information

Microsoft Word - 本編2-3.doc

Microsoft Word - 本編2-3.doc 2-3 宿 泊 施 設 調 査 (1) 調 査 の 概 要 1 調 査 の 目 的 市 内 宿 泊 施 設 の 概 要 ならびに を 把 握 することにより 今 後 の 本 市 観 光 推 進 のための 基 礎 資 料 とすることを 目 的 に 平 成 19 年 度 における 市 内 宿 泊 施 設 の 現 況 を 調 査 した 2 調 査 対 象 方 法 平 成 18 年 度 調 査 により 把

More information

スライド 1

スライド 1 摂 南 大 学 講 演 会 資 料 テーマ 税 の 役 割 と 税 務 署 の 仕 事 平 成 24 年 6 月 27 日 枚 方 税 務 署 税 の 役 割 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ 財 政 の 現 状 社 会 資 本 整 備 と 公 共 サービスの 費 用 教 育 費 社 会 の 会 費 である 税 とそのゆくえ ~ 支 え 合 いにより 成 り 立 っている 社 会 ~ 公

More information

210X297

210X297 Education at a Glance: OECD Indicators - 2004 Edition Summary in Japanese 図 表 でみる 教 育 OECD インディケータ(2004 年 版 ) まとめ 経 済 状 況 や 社 会 情 勢 の 変 化 に 伴 い 個 人 の 成 功 や 国 家 の 繁 栄 に 果 たす 教 育 の 役 割 はますます 重 要 になってきている

More information

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在

スイス 連 邦 国 だが 他 のシェンゲン 協 定 加 盟 国 の 滞 在 はス イスの 滞 在 と 別 に 計 算 される ため 注 意 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スウェーデン 王 国 国 国 出 国 時 3ヵ 月 以 上 必 スペイン 国 入 国 時 に 往 復 航 空 券 滞 在 下 記 査 証 情 報 は 日 本 国 籍 での 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 及 び 必 要 な となります 外 国 籍 の 方 は 各 大 使 館 及 び 領 事 館 にお 問 合 せ 下 さい 査 証 情 報 は 各 大 使 館 領 事 館 からの 発 出 情 報 ですが 予 告 なく 変 更 になる 場 合 があります 予 めご 了 承 ください : 観 光 要 : 観 光 不 要

More information

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件

ヨーロッパ各国における乗用車の安全要件 オーストリア 視 界 不 良 時 は 防 塵 で 頑 丈 な 箱 で 保 管 のこと 任 意 ドライバーは 市 街 地 や 高 速 道 路 において 故 障 に より 自 車 を 離 れざるを 得 ない 場 合 は 着 用 が 必 要 ベラルーシ けん 引 車 を 伴 う 自 動 車 お よび 特 殊 自 動 車 1 は 自 動 車 はすべて 救 急 セットの 車 載 が 必 須 ベルギー 乗 用

More information

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の

: 用 : 観 光 査 証 渡 ギリシャ 共 和 国 6ヵ 月 間 で90 日 以 内 の 滞 在 は 査 証 不 シェンゲン 協 定 加 盟 国 入 国 時 3ヵ 月 + 滞 在 日 数 (ギリシャ 含 むシェンゲン 加 盟 国 ) 以 上 必 グリーンランド 6ヶ 月 間 で90 日 以 内 の 日 本 国 籍 の 日 本 人 観 光 旅 行 者 を 対 象 とした 査 証 渡 航 認 証 及 び 必 要 な です 訪 問 の 目 的 や 訪 問 頻 度 滞 在 日 数 によっては 査 証 が 必 要 な 国 地 域 があります インドネシアやタイなどでは 訪 問 目 的 が 技 術 指 導 機 械 設 置 やメンテナンスの 場 合 には 目 的 に 応 じた 査 証 が 必 要 となります

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E7B8D7395B6816A95EF8A878FB394468EE688B5977697CC81698FB39446816A2E646F6378> 経 済 産 業 省 20140304 貿 局 第 4 号 輸 出 注 意 事 項 26 第 6 号 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 包 括 承 認 取 扱 要 領 を 次 のとおり 制 定 する 平 成 26 年 3 月 14 日 経 済 産 業 省 貿 易 経 済 協 力 局 長 横 尾 英 博 包 括 承 認 取 扱 要 領 の 制 定 について 包 括 承 認 取 扱 要 領

More information

Ⅲ 外国人観光客の動向

Ⅲ 外国人観光客の動向 Ⅲ 外 国 人 観 光 客 の 動 向 1 全 国 の 動 向 平 成 24 年 の 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 は 対 前 年 比 34.4% 増 の 835 万 8,105 人 となった 訪 日 外 国 人 旅 行 者 のうち 観 光 客 は 604 万 1,645 人 ( 対 前 年 48.9% 増 ) 商 用 客 は 144 万 2,946 人 ( 同 16% 増 ) 客 は 87

More information

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65

日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 は 参 加 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みだった 日 本 は 成 人 力 調 査 の 読 解 力 が 上 位 3 レベルとなった 生 産 年 齢 (16~65 日 本 主 な 問 題 点 日 本 の 成 人 の 読 解 力 と 数 的 思 考 力 の 習 熟 度 は 参 加 国 中 1 位 となった 日 本 の 成 人 の IT を 活 用 した 問 題 解 決 能 力 は 平 均 並 みであった 日 本 では 若 年 層 の 成 人 の 得 点 が この 分 野 で 平 均 以 下 であった 日 本 の 成 人 の 情 報 処 理 能 力 の 習 熟 度

More information

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3

凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 平 成 22 年 (2010 年 ) 外 国 貿 易 年 表 長 崎 税 関 凡 例 1. 統 計 地 域 本 表 は 長 崎 ( 長 崎 外 郵 ( 平 成 11 年 6 月 まで)を 含 む ) 長 崎 空 港 佐 世 保 ( 松 浦 港 伊 万 里 港 福 島 地 区 を 含 む ) 三 池 ( 久 留 米 を 含 む ) 八 代 ( 熊 本 ( 平 成 13 年 3 月 まで)を 含 む )

More information

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか-

スウェーデン企業におけるワーク・ライフ・バランス調査-従業員の育児休業にどう対応しているのか- スウェーデン 企 業 におけるワーク ライフ バランス 調 査 ----- 従 業 員 の 育 児 休 業 にどう 対 応 しているか 1 スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 と 取 得 状 況 (1)スウェーデンの 育 児 休 業 制 度 (イ) 育 児 休 業 制 度 の 概 要 育 児 休 業 は 両 親 合 わせて 480 労 働 日 ( 約 1 年 10 ヶ 月 に 相 当 ) 取 得

More information

取扱説明書[SH705iⅡ]

取扱説明書[SH705iⅡ] 海 国 際 ローミング(WORLD WING)の 概 要...................... 378 海 で できるサービスについて......................... 378 海 でご になる 前 の 確 認............................... 379 滞 在 先 で 電 話 をかける.....................................

More information

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮

JCER 世 界 50ヶ 国 潜 在 力 調 査 2006 年 ( 要 約 ) 別 紙 1-1 社 団 法 人 日 本 経 済 研 究 セ ン タ ー Japan Center for Economic Research 50 カ 国 の 潜 在 競 争 力 ランキング 日 本 は 12 位 に 浮 都 市 力 について 考 えましょう H20.3.21 春 夏 秋 冬 本 音 クラブ 話 題 提 供 者 安 達 司 郎 あなたは 今 の 日 本 を 東 京 をどんな 街 にしたいですか 都 市 力 とは 将 来 に 向 かっての 都 市 の 競 争 力 や 社 会 資 本 の 充 実 度 その 都 市 の 多 様 な 魅 力 の 総 合 力 と 仮 定 します 1. 今 日 の 議 論 のポイント

More information

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2

immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 1 immigrant emigrant /4 / migrantswedish Migration Board 2 Ibrahim Baylan (skolministern) km segregation citizen 3 4 5 1 2 1950 3 4 5 市 民 (Citizens) 自 治 体 ( 県 )による 医 療 支 援 U N H C R 書 類 選 考 受 入 決 定 政 府

More information

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業

内表紙 (1)外国人研究者招へい事業 厚 生 労 働 科 学 研 究 推 進 事 業 新 型 インフルエンザ 等 新 興 再 興 感 染 症 研 究 推 進 事 業 公 募 申 込 の 手 引 き Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 公 益 社 団 法 人 国 際 厚 生 事 業 団 目 次 Ⅱ. 外 国 への 日 本 人 研 究 者 派 遣 事 業 第 1. 事 業 の 目 的 1 第 2. 対 象 となる 日

More information

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの

目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV ファイルの (28.3) ハローワークシステム 外 国 人 雇 用 状 況 届 出 雇 用 情 報 複 数 登 録 手 順 書 目 次 1 はじめに... 1 2 雇 用 情 報 の 複 数 登 録 に 係 る 全 体 フロー... 2 3 CSV ファイル 作 成 手 順 の 説 明... 3 3.1 複 数 登 録 用 CSV サンプルをダウンロードしてください... 3 3.2 複 数 登 録 用 CSV

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 銀 行 等 の 非 居 住 者 等 に 対 する 国 別 債 権 債 務 に 関 する 報 告 書 ( 年 月 末 現 在 ) 報 告 年 月 日 : 根 拠 法 規 : 外 国 為 替 の 取 引 等 の 報 告 に 関 する 省 令 主 務 官 庁 : 財 務 省 短 期 債 権 報 告 者 : 名 称 及 び

More information

資 料 6 第 6 期 第 3 回 福 岡 市 男 女 共 同 参 画 審 議 会 ( 平 成 27 年 7 月 6 日 ) 男 女 共 同 参 画 に 関 するデータ 集 目 次 項 目 ページ 1 福 岡 市 の 人 口 推 移 と 推 計 人 口 (1985 年 ~2040 年 ) 1 2 福 岡 市 の 人 口 推 計 人 口 における 年 齢 構 造 の 変 化 (1985 年 ~2040

More information

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ

の 少 ない 労 働 者 の 比 率 が 次 第 に 大 きくなってきている 図 表 3-1 週 平 均 労 働 時 間 の 分 布 (1990 年 ~2005 年 ) ( 単 位 :%) EU12:ベルギー フランス オランダ イタリア ルクセンブルク 西 ドイツ デンマーク アイルランド イギリ 付 属 資 料 欧 州 における 労 働 時 間 とワーク ライフ バランスの 実 態 欧 州 労 働 条 件 調 査 から 欧 州 は 拡 大 を 続 けており 域 内 における 労 働 生 活 条 件 の 水 準 の 格 差 もまた 明 らかに 拡 大 し 続 けている 欧 州 レベルで 生 産 性 を 向 上 させ 雇 用 を 拡 大 し 労 働 の 質 を 改 善 しようとす る 政 策 立

More information

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程

地方独立行政法人大阪市立工業研究所職員旅費規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 職 員 の 外 国 旅 行 の 旅 費 に 関 する 規 程 制 定 平 成 20 年 6 月 1 日 規 程 第 221 号 最 近 改 正 平 成 26 年 5 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 市 立 工 業 研 究 所 旅 費 規 程 ( 以 下 国 内 旅 費

More information

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ

目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える... 6 感 情 的 な 要 素 を 強 調 して 購 入 を 促 進 ( 特 にミレニ これからの 需 要 と マーケティング 世 界 の 需 要 拡 大 に 応 える4つの 戦 略 2014 年 4 月 Copyright 2014 The Nielsen Company 目 次 はじめに/ 調 査 について...3 第 一 章 : 新 たな 需 要 の 牽 引 者 に 接 触 する 方 法... 5 新 車 / 中 古 車 とも 枠 にとらわれない 販 売 戦 略 を 考 える...

More information

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用

Microsoft PowerPoint - 160407 - Unitary Patent & UPC_HP掲載用 免 責 事 項 2016 年 4 月 7 日 知 財 情 報 研 究 会 欧 州 中 東 アフリカ 部 会 本 スライドは 記 載 事 項 についていかなる 保 証 をするものではなく 法 的 アドバイスを 提 供 するものではありません OVERVIEW 欧 州 単 一 特 許 統 一 特 許 裁 判 所 移 行 期 間 中 の 手 続 メリット デメリット 出 願 人 特 許 権 者 の 観 点

More information

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用

[2] 労 働 保 険 海 外 派 遣 の 場 合 雇 用 保 険 は 日 本 の 会 社 との 雇 用 契 約 が 継 続 している 場 合 には 被 保 険 者 資 格 は 継 続 します 一 方 労 災 保 険 は 属 地 主 義 のため 原 則 として 国 内 の 労 災 保 険 が 適 用 営 ViewPoint 相 談 海 外 派 遣 に 伴 う 社 会 保 険 労 働 保 険 の 取 扱 いの 留 意 点 松 田 由 員 部 東 京 室 市 本 進 治 部 大 阪 室 ビジネスの 国 際 化 が 益 々 進 展 する 経 営 環 境 のなか 中 小 中 堅 企 業 においても 社 員 を 海 外 派 遣 する 機 会 が 増 加 しています そこで 今 回 は 従 業 員 の 海

More information

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回)

平成26年度日本留学試験結果の概要(第2回) 平 成 6 年 度 日 本 留 学 試 験 ( 第 回 ) 実 施 結 果 の 概 要 目 次 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試 験 実 施 要 項 実 施 状 況 3 科 目 別 平 均 点 等 一 覧 7 得 点 分 布 図 8 得 点 累 積 分 布 図 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 平 成 6 年 度 (04 年 度 ) 日 本 留 学 試

More information

数字で見る国連WFP 2014

数字で見る国連WFP 2014 2014 レベル3の 緊急支援 2014年 国連WFPはレベル3の緊急支援活動6件に並行して取り組みました レベル3とは 国連WFPが定める緊急事態の最高段階です 国連WFPは レベル3と判断した事態には 国事務所や地域事務所を中心としつつ 全組織を挙げて対応します 数字で見る国連WFP 2014 レベル3の 緊急支援 中央アフリカ共和国 法と秩序の崩壊により住む家を追われた100万人以上に支援を届けました

More information

平成26年要約版(閲覧用)

平成26年要約版(閲覧用) 海 外 在 留 邦 人 数 調 査 統 (Annual Report of Statistics on Japanese Nationals Overseas) 平 成 26 年 要 約 版 ( 平 成 25 年 (2013 年 )10 月 1 日 現 在 ) 外 務 省 領 事 局 政 策 課 目 次 利 用 の 手 引 き 1 1. 統 の 目 的 調 査 方 法 及 び 用 語 の 定 義

More information

大 学 専 門 校 等 卒 業 後 の 在 留 資 格 の 切 り 替 えのルールと 手 続 き 資 料 1: 在 留 資 格 一 覧 表 資 料 2: 平 成 26 年 における 留 学 生 の 日 本 企 業 等 への 就 職 状 況 について 資 料 3: 技 術 人 文 知 識 国 際 業 務 の 在 留 資 格 の 明 確 化 等 について 資 料 4: 就 労 資 格 の 在 留 諸 申

More information

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較

ⅠOECD諸国の労働生産性の国際比較 労 働 生 産 性 の 国 際 比 較 1 OECD 加 盟 諸 国 の 国 民 1 人 当 たり GDP と 労 働 生 産 性 (1) 国 民 1 人 当 たり GDP の 国 際 比 較 経 済 的 豊 かさでみると が 国 際 的 にどのような 位 置 づけにあるのかについて 国 民 1 人 当 たり 国 内 総 生 産 (GDP)からみていきたい 国 民 1 人 当 たりGDPは 国 内

More information

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418

Microsoft Word - 5010号(旧1701-8) 海外旅費規程20130418 制 定 平 成 22 年 10 月 1 日 改 訂 平 成 25 年 4 月 18 日 JAHIS 規 程 5010 号 海 外 旅 費 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 会 員 会 社 に 所 属 する 者 一 般 社 団 法 人 保 健 医 療 福 祉 情 報 システム 工 業 会 ( 以 下 本 会 という)への 出 向 者 本 会 が 雇 用 した 職 員 および 業

More information

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ

( 東 京 都 の 特 別 区 にあっては 特 別 区 の 存 する 地 域 )をいい 外 国 にあってはこれに 準 ずる 地 域 をいうものとする ただし 本 邦 において 在 勤 地 という 場 合 には 在 勤 事 務 所 (バイオテクノロジーセンター( 木 更 津 市 )を 除 く)から8キ 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 出 張 旅 費 支 給 規 程 制 定 平 成 13 年 4 月 1 日 最 終 改 正 平 成 28 年 1 月 1 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 独 立 行 政 法 人 製 品 評 価 技 術 基 盤 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 役 員 及 び 職 員 ( 派 遣 労 働 者 を

More information

学校制度(学制)-諸外国との比較

学校制度(学制)-諸外国との比較 資 料 1 学 校 制 度 ( 学 制 )- 諸 外 国 との 比 較 再 生 実 行 会 議 平 成 25 年 11 月 26 日 ( 火 )17:45-19:15 官 邸 2 階 小 ホール あきら 二 宮 皓 比 治 山 大 学 比 治 山 大 学 短 期 大 学 部 学 長 二 宮 皓 @ 比 治 山 大 学 1 1 学 制 学 校 体 系 ( 学 校 段 階 の 区 分 接 続 及 び 学

More information

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32

21 北 朝 鮮 22 台 湾 23 大 韓 民 国 24 香 港 特 別 行 政 区 25 中 華 人 民 共 和 国 26 アイスランド 共 和 国 27 アイルランド 28 アルバニア 共 和 国 29 アンドラ 公 国 (フランス) 30 イタリア 共 和 国 31 オランダ 王 国 32 日 本 国 籍 の 観 光 査 証 渡 航 認 証 要 否 旅 券 の 残 存 期 間 ご 注 意! 渡 航 される 場 合 は 必 ず 関 係 諸 機 関 へお 問 い 合 わせいただき その 時 点 の 最 新 情 報 を 入 手 してください 弊 社 では 下 記 情 報 に 起 因 する 一 切 の 責 任 を 負 いかねます 事 をあらかじめご 承 知 おきください 2013 年 9 月

More information

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について

(発出)【rapid alert】「医薬品・医療機器等の回収について」の一部改正について 薬 食 発 0701 第 2 号 平 成 26 年 7 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について の 一 部 改 正 について 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 又 は 医 療 機 器 ( 以 下 医 薬 品 医 療 機 器 等 と いう )の 回 収 については 薬

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

子どもの貧困第2稿.indd

子どもの貧困第2稿.indd 埼玉県議会議員 県政報告資料 Vol. NEWS 発行年月日 201 年 1 月 5 日 発行 埼玉県議会議員 小久保憲一 子どもの貧困 子どもの 貧困 現状と支援 と支援 15.7 これは 日本の子どもの貧困率です 貧困 というと 私たちは発展途上国を思い浮かべ てしまいますが これは 絶対的貧困 と呼ばれ 1日の生活費が 1.25 ドル 約 150 円 以下の 状況のことです 日本の場合 これとは別に

More information

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に

(3) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 出 張 中 に 退 職 等 となった 場 合 ( 当 該 退 職 等 に 伴 う 旅 行 を 必 要 としない 場 合 を 除 く )には 当 該 役 職 員 (4) 役 職 員 が 出 張 のための 外 国 旅 行 中 に 死 亡 した 場 合 に 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 旅 費 規 程 平 成 13 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 平 成 18 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国

More information

鶴 見 大 学 紀 要 第 52 号 第 3 部 表 1. 高 校 卒 業 までの 教 育 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 小 計 高 等 学 校 合 計 公 立 64 万 円 308 万 円 229 万 円 601 万 円 252 万 円 853 万 円 私 立 147 万 円 623 万 円

鶴 見 大 学 紀 要 第 52 号 第 3 部 表 1. 高 校 卒 業 までの 教 育 幼 稚 園 小 学 校 中 学 校 小 計 高 等 学 校 合 計 公 立 64 万 円 308 万 円 229 万 円 601 万 円 252 万 円 853 万 円 私 立 147 万 円 623 万 円 鶴 見 大 学 紀 要, 第 52 号, 第 3 部,27 32,2015. 親 の 経 済 力 と 教 育 格 差 Economic power and Education disparity by Parents * 上 田 衛 Mamoru UEDA はじめに 短 期 大 学 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 変 貌 を 遂 げつつある 短 期 大 学 といえば 女 性 の 永 久 就

More information

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分

区 分 産 業 災 害 保 険 雇 用 保 険 国 民 年 金 保 険 ( 老 人 長 期 療 養 保 険 を 含 む) ( 原 則 ) *ただし 建 設 の 場 合 年 金 健 康 におい ては 日 雇 勤 労 者 は 現 場 別 に 適 用 するの が 原 則 例 外 当 然 一 括 適 用 分 Ⅳ 社 会 保 険 社 会 保 険 とは 国 民 に 発 生 する 社 会 的 危 険 を 保 険 方 式 により 対 処 することで 国 民 の 健 康 及 び 所 得 を 保 障 する 制 度 を 意 味 する( 社 会 保 障 基 本 法 第 3 条 第 2 項 ) 同 制 度 は 国 家 及 び 社 会 が 責 任 を 持 って 国 民 生 活 を 脅 かす 様 々な 生 活 上 の 危 険

More information

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合

持 しているものをいう (8) 遺 族 とは 職 員 等 の 配 偶 者 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 並 びに 職 員 等 の 死 亡 当 時 職 員 等 と 生 計 を 一 にしていた 他 の 親 族 をいう 2 この 規 程 において 何 級 の 職 務 という 場 合 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 旅 費 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 23 年 3 月 29 日 平 成 26 年 12 月 24 日 平 成 27 年 3 月 26 日 平 成 28 年 3 月 23 日 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 (

More information

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~

「東欧の金融・経済」 ~EU、ユーロ動向の最前線~ 東 欧 の 金 融 経 済 ~EU ユーロ 動 向 の 最 前 線 ~ 7 月 1 日 にEUに 加 盟 したクロアチアの 聖 マルコ 寺 院 ( 筆 者 撮 影 ) H25.7.20 拓 殖 大 学 政 経 学 部 高 橋 智 彦 東 欧 とは 一 般 に 日 本 では 冷 戦 時 の 欧 州 の 社 会 主 義 圏 のイメー ジ 国 連 定 義 ではこのイメージに 近 くポーランド チェコ スロバキア

More information

旅費規程改正案(2012.4.1~)

旅費規程改正案(2012.4.1~) 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 旅 費 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 公 立 大 学 法 人 滋 賀 県 立 大 学 規 程 第 43 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 13 条 ) 第 2 章 内 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 14 条 - 第 26 条 ) 第 3 章 外 国 旅 行 の 旅 費 ( 第 27 条 - 第 34 条 ) 第 4

More information

1

1 広 告 やブランド メッセージに 対 する 信 頼 グローバル 調 査 2013 年 9 月 1 信 憑 性 が 広 告 の 効 果 を 左 右 する 友 人 家 族 の 推 薦 は 今 もなお 最 も 信 頼 できる 情 報 源 ほとんどのメディアへの 信 頼 度 が 上 昇 する 中 新 聞 広 告 に 対 しては 低 下 オウンドメディア( 企 業 が 自 社 で 所 有 しているメディア)は

More information

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書

銀行等の非居住者等に対する国別債権債務に関する報告書 1 1 21 22 23 2 2 2 2 2 2 30 31 32 33 3 3 3 3 3 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 0 1 2 3 別 紙 様 式 第 三 十 三 財 務 大 臣 殿 ( 日 本 銀 行 経 由 ) 責 任 者 氏 名 担 当 者 の 氏 名 電 話 番 号 短 期 債 権 国 ( 地 域 ) 別 ミャンマー 中 国 香

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030365F95618940939982F091CE8FDB82C682B782E98377838B83588350834152454954834B834383688389834383938C9F93A288CF88F589EF81404152455390E096BE8E9197BF323031343130323366466E616C4472616674> 資 料 3 第 2 回 病 院 等 を 対 象 とするヘルスケアリートの 活 用 に 係 るガイドライン 検 討 委 員 会 THE ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SECURITIZATION 投 資 法 人 の 活 動 及 び 資 産 運 用 の 範 囲 等 について 2014 年 10 月 23 日 ( 木 ) 一 般 社 団 法 人 不 動 産 証 券 化 協 会 Jリートの

More information

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設

イルカを 水 族 館 などの 施 設 に 囲 うことを 禁 止 した 国 と 厳 しい 基 準 によって 水 族 館 でイルカを 飼 育 できなくなった 国 及 び その 詳 細 クロアチア:2009 年 7 月 イルカのいる 水 族 館 (イルカ 水 族 館 ) 及 び それに 準 ずる 施 設 水 族 館 に 関 する 世 界 の 動 向 及 び イルカ クジラ 類 の 保 護 イルカ 保 護 の 認 識 を 持 たない 日 本 の 現 状 国 際 連 合 は 2007 年 及 び 2008 年 を 国 際 イルカ 年 と 宣 言 し 地 球 的 規 模 で イルカを 保 護 するために 活 動 しました しかし 日 本 ではほとんどニュースに なりませんでした 日 本 では イルカ クジラ

More information

Microsoft Word - 09 P88~102 研究ノート 青木健.doc

Microsoft Word - 09  P88~102  研究ノート 青木健.doc 研 究 ノ ー ト 廃 プラスチックと 古 紙 にみる リサイクル 資 源 の 世 界 貿 易 青 木 健 Takeshi Aoki 杏 林 大 学 総 合 政 策 学 部 教 授 ( 財 ) 国 際 貿 易 投 資 研 究 所 客 員 研 究 員 東 アジア 諸 国 の 多 くは 世 界 平 均 を 上 回 る 経 済 成 長 を 遂 げている そのた め 中 国 を 筆 頭 に 東 アジア 諸

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 )

国 民 年 金 繰 上 げ 受 給 率 の 推 移 17 資 料 出 所 社 会 保 険 事 業 の 概 況 ( 社 会 保 険 庁 ) 満 額 でない 基 礎 年 金 等 の 受 給 権 者 無 年 金 者 が 生 じる 要 因 として 考 えられる 理 由 年 金 の 額 の 算 定 の 基 礎 となる 保 険 料 納 付 済 期 間 が 満 額 受 給 の 期 間 に 満 たないこと 昭 和 61 年 3 月 以 前 に 被 用 者 の 配 偶 者 であった 者 で 国 民 年 金 に 任 意 加 入 しなかった 者 この 場

More information

H1

H1 The Magazine of Fukui International Association GNTB.Cowin,Andrew GNTB.Mainau GmbH GNTB.Cowin,Andrew Vol.81 2015.11 ドイツ 福井県とドイツには 昔からのつながりがあることをご存知ですか?福井県では 国際青年の翼 船 昭和51年 平成15年 や国際婦人の船 昭和60年 平成2年 により

More information

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め

明 治 大 学 2/5, 全 学 部 統 一 経 営 国 際 日 本 商 情 報 コミュニケーション 政 治 経 済 農 (1) 第 二 次 世 界 大 戦 の 戦 場 となったヨーロッパの 戦 後 復 興 は, 新 たな 国 家 間 の 枠 組 みの 形 成 と 並 行 して 進 め 1 2010 学 習 院 大 学 2/7 文 問 1 下 図 の 空 欄 1~3に 適 する 国 際 経 済 組 織 名 をアルファベットを 用 いた 略 称 で 答 えなさい また, 空 欄 4 ~8に 適 する 加 盟 国 名 を 答 えなさい 解 答 用 紙 記 述 問 2 EEC に 対 抗 して 発 足 し た EFTA の 現 在 の 加 盟 国 は, 設 立 当 時 と 大 きく 異

More information

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得

融 インフラ から 政 策 の 翼 を 担 う 港 港 は 世 界 最 のオフショア 元 市 場 を 持 つことから 世 界 の 融 センターとしての ち 位 置 があります オフショアとは 融 の 世 界 においては 規 制 が 非 常 に 少 なく 国 外 からの 所 得 に 対 して 所 得 ハーベスト グローバル インベストメント リミテッド 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 帯 路 政 策 の 窓 となる 港 2016 年 7 月 吉 日 サミットの 様 子 2016 年 5 が 提 唱 する 帯 路 構 想 に 関 するサミットが 港 特 別 政 区 政 府 主 導 で 開 催 され 全 代 委 員 をはじ め 政 策 の 恩 恵 を 受 ける

More information

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的

1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた め 長 期 的 な 観 点 から 安 全 かつ 効 率 的 資 料 2-1 厚 生 年 金 国 民 年 金 積 立 金 の 性 格 法 規 制 等 について 厚 生 労 働 省 平 成 25 年 7 月 30 日 ( 火 ) 1. 資 産 運 標 針 7. 運 評 価 について 厚 生 年 金 国 民 年 金 の 積 立 金 の 運 用 については 将 来 にわたった 年 金 事 業 の 安 定 化 を 目 的 に 専 ら 年 金 加 入 者 の 利 益 のた

More information

Setting up Business in Japan

Setting up Business in Japan 海 外 医 療 機 器 市 場 と ジェトロの 販 路 開 拓 支 援 2013 年 9 月 19 日 機 械 環 境 産 業 部 ライフサイエンス 班 設 楽 隆 裕 ジェトロでは 情 報 データ 解 釈 等 をできる 限 り 正 確 に 記 すよう 努 力 しておりますが 本 資 料 で 提 供 した 情 報 等 の 正 確 性 等 についてジェトロが 保 証 するものでは ないことを 予 めご

More information

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0%

2 図 8-2 平 成 26 年 度 末 派 遣 先 機 関 別 状 況 指 令 で 定 める 機 関 11 人 ( 2.8%) 研 究 所 8 人 ( 2.0%) 外 国 政 府 140 人 (35.8%) 国 際 連 合 116 人 (29.7%) 派 遣 者 総 数 391 人 (100.0% 8 8 グローバル 化 の 急 速 な 進 展 の 中 人 事 行 政 の 分 野 においても 国 際 協 力 や 国 際 交 流 の 重 要 性 は 高 まっており 開 発 途 上 国 政 府 や 国 際 機 関 への 技 術 協 力 を 目 的 とする 日 本 の 公 務 員 に 対 する 派 遣 要 請 に 加 え 各 国 政 府 職 員 の 人 材 育 成 や 公 務 員 制 度 の 整 備

More information

日本の国際観光発展のために

日本の国際観光発展のために 日 本 の 国 際 観 光 発 展 のために 地 方 の 観 光 地 特 徴 別 の 最 適 公 共 民 間 投 資 先 704077 松 波 利 明 2008 年 月 論 文 概 要 本 稿 では 我 が 国 の 国 際 観 光 の 発 展 について 考 察 する そして 本 稿 では 地 方 の 特 徴 に 合 った 観 光 政 策 とは 何 かを 探 る 本 稿 の 特 徴 は 観 光 の 現

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081798CF6955C94C5817A944E8E9F95F18D908F912E646F6378> 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の 状 況 に 関 する 年 次 報 告 書 平 成 28 年 8 月 経 済 産 業 省 防 衛 装 備 移 転 三 原 則 の 運 用 指 針 ( 平 成 26 年 4 月 1 日 国 家 安 全 保 障 会 議 決 定 以 下 運 用 指 針 という )5.(1)により 経 済 産 業 省 は 防 衛 装 備 の 海 外 移 転 の 許 可 の

More information

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期

海外たばこ事業実績補足資料2015年1-12月期及び10-12月期 2016 年 2 月 4 日 日 本 たばこ 産 業 株 式 会 社 Japan Tobacco International (JTI) 海 外 たばこ 事 業 実 績 補 足 資 料 (2015 年 1-12 月 期 及 び 10-12 月 期 ) JTI GFB 好 調 とプライシングにより 二 桁 の 利 益 成 長 前 年 同 期 比 1-12 月 10-12 月 ( 億 本 百 万 ドル)

More information

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ

1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 2. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 特 性 3. 拡 大 するグローバル 市 場 と 熾 烈 な 誘 致 競 争 4. 訪 日 外 国 人 誘 致 に 向 けたJNTOの 取 り 組 み 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセ 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の 現 状 と 日 本 政 府 観 光 局 の 取 り 組 み 2012 年 7 月 23 日 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) 理 事 長 松 山 良 一 首 都 大 学 東 京 観 光 経 営 トップセミナー 2012.07.23 作 成 :JNTO 1. 訪 日 外 国 人 旅 行 市 場 の

More information

Press Release 添 付 資 料 1.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 所 在 地 2.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 概 要 3.トラベレックスジャパン 株 式 会 社 について 1.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 所 在 地 2.トラベレックス 大 阪 空 港 店

Press Release 添 付 資 料 1.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 所 在 地 2.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 概 要 3.トラベレックスジャパン 株 式 会 社 について 1.トラベレックス 大 阪 空 港 店 の 所 在 地 2.トラベレックス 大 阪 空 港 店 Press Release 大 阪 国 際 空 港 ( 伊 丹 空 港 )としては 初 となる 外 貨 両 替 専 門 店 トラベレックス 大 阪 空 港 店 が 平 成 27 年 7 月 25 日 ( 土 )に 開 業 します! 世 界 の 外 貨 両 替 事 業 のリーディングカンパニーであるトラベレックス( 本 拠 地 英 国 ロン ドン)の 日 本 現 法 トラベレックスジャパン 株 式 会

More information

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増 日 本 の 財 政 関 係 資 料 平 成 28 年 4 月 財 務 省 目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増 5 4. 国 及 び 地

More information

入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設

入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設 デジタル/アナログ/RF 混 在 デバイスの デバッグ 入 門 書 入 門 書 はじめに 従 来 ほとんどのアプリケーションにおける 無 線 デ バイスは 十 分 に 経 験 のあるRF 設 計 エンジニアによっ て 設 計 されてきました アプリケーションによっては 今 でもこれが 当 てはまります しかし 今 ではRF 設 計 の 十 分 な 経 験 がない 設 計 エンジニアでもハード ウェアの

More information

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】

Microsoft Word - 141120 回収通知(局長修正・最終版)【溶け込み】 薬 食 発 1 1 2 1 第 1 0 号 平 成 26 年 11 月 21 日 都 道 府 県 知 事 各 保 健 所 設 置 市 長 殿 特 別 区 長 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 長 ( 公 印 省 略 ) 医 薬 品 医 療 機 器 等 の 回 収 について これまで 医 薬 品 医 薬 部 外 品 化 粧 品 及 び 医 療 機 器 の 回 収 については 回 収 に 着 手

More information

Press Release 大 阪 国 際 空 港 ( 伊 丹 空 港 )としては 初 となる 外 貨 両 替 専 門 店 トラベレックス 大 阪 空 港 店 が 平 成 27 年 7 月 25 日 ( 土 )に 開 業 します! 世 界 の 外 貨 両 替 事 業 のリーディングカンパニーであるト

Press Release 大 阪 国 際 空 港 ( 伊 丹 空 港 )としては 初 となる 外 貨 両 替 専 門 店 トラベレックス 大 阪 空 港 店 が 平 成 27 年 7 月 25 日 ( 土 )に 開 業 します! 世 界 の 外 貨 両 替 事 業 のリーディングカンパニーであるト News Release 2015 年 7 月 23 日 大 阪 国 際 空 港 に 外 貨 両 替 所 Wi-Fi ルーターレンタル 店 舗 がオープン! ~ 旅 の 準 備 が 大 阪 国 際 空 港 で 可 能 に~ 大 阪 国 際 空 港 としては 初 となる 外 貨 両 替 専 門 店 トラベレックス 大 阪 空 港 店 と Wi-Fi ルーターレンタル SIM カードの 販 売 を 取

More information

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ

新薬GPMSP(新薬市販直後調査)の意図するところ BSE 問 題 におけるレギュラトリーサイエンス の 活 かし 方 と 危 機 管 理 - 医 薬 品 と 食 品 の 対 応 の 違 いを 例 にして - 土 井 脩 ( 一 般 財 団 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 レギュラトリーサイエンス 財 団 ) ( Pharmaceutical and Medical Device Regulatory Science Society of Japan)

More information

International Economic Review

International Economic Review 2016.09.06 (No.19, 2016) 欧 州 の 難 民 受 け 入 れ 問 題 ~EU は 危 機 をのりきれるか?~ 公 益 財 団 法 人 国 際 通 貨 研 究 所 経 済 調 査 部 上 席 研 究 員 山 口 綾 子 yamaguchi@iima.or.jp < 要 旨 > 1. 欧 州 への 難 民 流 入 は 2015 年 に 急 増 した 中 東 北 アフリカ 地 域

More information

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており

( 表 D3.1) しかし 日 本 の 初 等 中 等 教 育 の 教 員 の 初 任 給 は 25 454 米 ドルと OECD 平 均 ( 初 等 教 育 28 523 米 ドル 前 期 中 等 教 育 29 801 米 ドル 後 期 中 等 教 育 30 899 米 ドル)を 下 回 っており カントリーノート 図 表 でみる 教 育 :OECDインディケータ 2012 報 道 解 禁 :9 月 11 日 午 前 11 時 (パリ 時 間 ) 日 本 お 問 い 合 わせ 先 : Andreas Schleicher, Advisor to the Secretary-General on Education Policy, Deputy Director for Education Email:

More information

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金

平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 推 薦 要 項 1. 対 象 となる 奨 学 金 教 留 海 平 成 28 年 9 月 12 日 各 学 部 研 究 科 長 殿 教 育 学 生 支 援 部 長 ( 公 印 省 略 ) 平 成 28 年 度 第 2 回 東 北 大 学 基 金 グローバル 萩 海 外 留 学 奨 励 賞 受 賞 候 補 者 及 び 日 本 学 生 支 援 機 構 海 外 留 学 支 援 制 度 ( 協 定 派 遣 ) 奨 学 金 受 給 候 補 者 の 募 集 について(

More information

untitled

untitled HP ProLiant サーバで 使 用 する の 選 択 方 法 技 術 概 要 概 要... 2 はじめに... 2... 2... 2 ジャンパケーブル... 4 の 使 用... 5 HP ProLiant サーバの 電 源 接 続... 7 ケーブル 結 束 用 アクセサリ... 8 ケーブルマネジメントキット... 8 ジャンパケーブル 結 束 クリップ... 9 ユニバーサルケーブル

More information

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg

フェイスブック 離 れ その 理 由 とは フェイスブック 離 れが 進 んでいる 理 由 として ユーザーにとってフェイスブックが 当 たり 前 になってし まい サービスに 対 する 刺 激 が 少 なくなってきていることが 考 えられます 米 国 のビジネス 情 報 メディ Bloomberg リサーチ Press Release 報 道 関 係 者 各 位 2015 年 1 月 14 日 ウンコンサルティング 株 式 会 社 世 界 40 カ 国 のフェイスブック(facebook) 人 口 推 移 2015 年 1 月 ~フェイスブック 人 口 世 界 で 減 少 傾 向 フェイスブック 離 れが 進 む~ 東 京 沖 縄 台 湾 香 港 タイ シンガポール 韓 国 のジ 7 拠 点

More information

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書

省CO2型都市づくりのための自転車利用促進策にかかる調査報告書 2 3 4 5 11 6 コペンハーゲン ( デンマーク. 約 135 万人 ) 30.1% 大阪市 ( 日本 約 265 万人 ) ロッテルダム ( オランダ 約 58 万人 ) ローマ ( イタリア 約 270 万人 ) マルメ ( スウェーデン 約 27 万人 ) 東京 23 区 ( 日本 約 872 万人 ) ケルン ( ドイツ 約 98 万人 ) ヘルシンキ ( フィンランド 約 56 万人

More information

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し

本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの ではありません また 本 資 料 の 無 断 転 用 公 表 等 は 固 くお 断 りします 本 資 料 の 利 用 に 際 して 損 害 が 発 生 し わが 国 製 造 業 企 業 の 海 外 事 業 展 開 に 関 する 調 査 報 告 -2013 年 度 海 外 直 接 投 資 アンケート 結 果 ( 第 25 回 )- 2013 年 11 月 国 際 協 力 銀 行 業 務 企 画 室 調 査 課 本 資 料 は 調 査 研 究 の 参 考 資 料 として 作 成 されたもので 必 ずしも 国 際 協 力 銀 行 の 見 解 を 表 すもの

More information

日EC相互承認協定 実施に向けた準備

日EC相互承認協定 実施に向けた準備 薬 生 監 麻 発 0 4 2 6 第 3 号 平 成 28 年 4 月 26 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 医 薬 生 活 衛 生 局 監 視 指 導 麻 薬 対 策 課 長 ( 公 印 省 略 ) 相 互 承 認 に 関 する 日 本 国 と 欧 州 共 同 体 との 間 の 協 定 の 運 用 について 相 互 承 認 に 関 する 日 本

More information

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ)

160603 World Employment and Social Outlook 2016(EJ) WORLD EMPLOYMENT SOCIAL OUTLOOK 2016 Transforming jobs to end poverty 世 界 の 雇 用 及 び 社 会 の 見 通 し 2016 仕 事 を 変 化 させて 貧 困 を 終 わらせる International Labour Office Geneva 要 旨 大 半 の 国 では 過 去 20 年 間 に 貧 困 が 減 少

More information

教育費負担に影響を及ぼす諸要因―JGSS-2002データによる分析―

教育費負担に影響を及ぼす諸要因―JGSS-2002データによる分析― 日 本 版 General Social Surveys 研 究 論 文 集 [5] JGSS で 見 た 日 本 人 の 意 識 と 行 動 JGSS Research Series No.2 The Factors Affecting Expenditure on Education Results of Japanese General Social Surveys (JGSS-2002) Mondo

More information

(1) クロスボーダー 化 する 際 に 要 する 手 続 きが 簡 素 化 ファンドパスポートを 有 しているファンドを 異 なる 国 で 販 売 する 場 合 その 国 で 必 要 となる 手 続 きが 簡 素 化 されることが 通 常 である (2) 運 用 会 社 にとってのコスト 削 減

(1) クロスボーダー 化 する 際 に 要 する 手 続 きが 簡 素 化 ファンドパスポートを 有 しているファンドを 異 なる 国 で 販 売 する 場 合 その 国 で 必 要 となる 手 続 きが 簡 素 化 されることが 通 常 である (2) 運 用 会 社 にとってのコスト 削 減 ファンドパスポートの 進 展 目 次 Ⅰ.はじめに -ファンドパスポートとは- Ⅱ.EU ファンドパスポート 制 度 -UCITS 概 略 - Ⅲ.UCITS/クロスボーダーファンドの 浸 透 Ⅳ.アジアファンドパスポート 構 想 Ⅴ. 日 本 の 投 信 業 界 の 関 わり Ⅵ. 終 わりに 海 外 アセットマネジメント 事 業 部 海 外 受 託 グループ 調 査 役 豊 巻 雄 規 Ⅰ.はじめに

More information

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2

本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 2004 年 11 月 26 日 発 行 地 方 税 の 国 際 比 較 ~ 三 位 一 体 の 改 革 の 税 源 移 譲 に 向 けての 留 意 点 ~ 本 誌 に 関 するお 問 い 合 わせは みずほ 総 合 研 究 所 株 式 会 社 調 査 本 部 電 話 (03)3201-0577 まで 2 はじめに 地 方 税 財 政 における 三 位 一 体 の 改 革 の 具 体 像 を 固 める

More information

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D>

<4D F736F F F696E74202D ACF8CF592A1816A F DB92B781698B9E A2D32205B8CDD8AB B83685D> 第 2 回 京 都 市 コンテンツビジネス 研 究 会 資 料 3 観 光 庁 の 設 立 と 観 光 立 国 の 推 進 について 平 成 21 年 1 月 29 日 観 光 庁 観 光 資 源 課 長 水 嶋 智 Japan Tourism Agency 目 次 1. 観 光 立 国 推 進 への 動 き 2. 観 光 庁 の 設 置 3. 国 際 観 光 の 推 進 4. 観 光 資 源 の

More information

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日

平 成 26 年 訪 日 外 客 数 出 国 日 本 人 数 2014 Visitor Arrivals & Japanese Overseas Travelers 日 本 政 府 観 光 局 (JNTO) Japan National Tourism Organization(JNTO) 訪 日 PRESS RELEASE( 報 道 発 表 資 料 ) 経 営 戦 略 部 総 務 広 報 グループ TEL:03-3216-1905 FAX:03-3214-7680 http://www.jnto.go.jp 本 リリースは 国 土 交 通 記 者 会 交 通 運 輸 記 者 会 に 配 布 しております 平 成 27 年 1 月 20 日 理 事 長 松 山 良 一 2014 年 過 去 最

More information

閣議版-第3章

閣議版-第3章 第 節 日 本 的 雇 用 システムと 今 後 の 課 題 前 節 では 企 業 が 若 手 正 社 員 として 求 める 人 材 とは 何 かを 中 心 にみてきたが 企 業 を 取 り 巻 く 環 境 が 大 きく 変 化 する 中 で 正 社 員 の 雇 用 システムも 変 化 を 求 められている 日 本 では 大 企 業 を 中 心 に 長 期 雇 用 やいわゆる 年 功 賃 金 という

More information

年 月 第 週 号 日 本 経 済 情 勢 概 況 ( 取 り 消 し 線 は 前 回 から 削 除 した 箇 所 下 線 は 追 加 した 箇 所 ) 日 本 経 済 は 回 復 基 調 で 推 移 している 大 幅 マイナスだった - 月 期 の 反 動 で 7-9 月 期 の 成 長 率 は

年 月 第 週 号 日 本 経 済 情 勢 概 況 ( 取 り 消 し 線 は 前 回 から 削 除 した 箇 所 下 線 は 追 加 した 箇 所 ) 日 本 経 済 は 回 復 基 調 で 推 移 している 大 幅 マイナスだった - 月 期 の 反 動 で 7-9 月 期 の 成 長 率 は 年 月 第 週 号 ( 原 則 毎 月 第 週 週 発 行 ) 年 度 vol. 財 政 危 機 は 避 けられないのか 回 目 の 消 費 税 率 引 き 上 げについての 是 非 を 巡 る 議 論 が 盛 んだが ここへきて 先 送 りの 機 運 もかなり 高 まってきている 政 府 内 からは 年 半 後 などという 具 体 的 な 期 間 を 提 示 する 意 見 も 出

More information

【第1章】プランの基本的な考え方

【第1章】プランの基本的な考え方 < 資 料 1> 第 4 期 ねやがわ 男 女 共 同 参 画 プランに 係 る 基 本 的 な 方 向 の 提 言 のための 資 料 21 年 7 月 寝 屋 川 市 目 次 第 1 章 市 の 男 女 共 同 参 画 に 関 する 現 状 と 課 題... 1 1. 市 をとりまく 男 女 共 同 参 画 に 関 する 現 状... 1 (1) 依 然 として 低 い 男 女 の 地 位 の 平

More information

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界

世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 世 界 の 中 の 東 京 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 世 界 の 中 の 東 京 - 世 界 の 主 要 都 市 と 比 較 した 東 京 の 都 市 力 - 既 に 東 京 は ニューヨーク パリと 並 ぶ 世 界 のトップランナーとし ての 評 価 を 確 立 しているが 今 後 世 界 一 の 都 市 を 目 指 す 上 で 東 京 が 世 界 でどのような

More information

スライド 0

スライド 0 財 政 制 度 等 審 議 会 ご 参 考 資 料 資 料 1 欧 州 危 機 と 財 政 規 律 強 化 の 取 り 組 み 野 村 インターナショナルplc (NIPlc) シニアエコノミスト 池 田 琢 磨 本 資 料 はノムラ インターナショナルplcのエコ ノミストによる 資 料 をもとに 作 成 した 野 村 證 券 の 著 作 物 です 巻 末 に 記 載 されている 重 要 なディスクロー

More information

SR-0067

SR-0067 SR-0067 緊 急 通 報 用 電 気 通 信 番 号 の 取 り 扱 い に 関 する 調 査 報 告 書 第 1.0 版 2015 年 3 月 16 日 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 番 号 計 画 専 門 委 員 会 本 書 は 一 般 社 団 法 人 情 報 通 信 技 術 委 員 会 が 著 作 権 を 保 有 しています 内 容 の 一 部 又 は 全

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

平成26年1-3月期 報告書

平成26年1-3月期 報告書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 結 果 及 び 分 析 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 JAPAN TOURISM AGENCY 2 訪 日 外 国 人 消 費 動 向 調 査 平 成 26 年 1-3 月 期 報 告 書 訪 日 外 国 人 の 消 費 動 向 平 成 26 年 1-3 月 期 目 次 報 告 書 Ⅰ 平 成 26

More information

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を

する 取 極 めを 締 結 している( 表 1 参 照 ) 表 1:クロアチアの 承 認 取 極 め 締 結 国 地 域 一 覧 海 技 資 格 を 相 互 承 認 する 取 極 締 結 国 地 域 EU 加 盟 国 香 港 マレーシア シンガポール インドネシア クロアチアの 海 技 資 格 を クロアチアの 船 員 教 育 海 技 資 格 制 度 掲 載 誌 掲 載 年 月 : 日 本 海 事 新 聞 1410 日 本 海 事 センター 研 究 員 野 村 摂 雄 ポイント 外 航 船 員 の 資 質 には 定 評 あり ほとんどが 海 外 船 社 に 雇 用 されている 外 航 船 員 教 育 は 中 等 教 育 ( 海 事 高 校 ) 及 び 高 等 教 育 ( 海 事 大 学 ) 乗

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 参 考 資 料 観 光 を 取 り 巻 く 現 状 平 成 28 年 5 月 11 日 東 京 都 目 次 世 界 の 旅 行 者 数 の 推 移 ( 今 後 の 予 測 ) 1 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 推 移 2 国 地 域 別 訪 日 外 国 人 旅 行 者 数 の 内 訳 (2015 年 ) 3 外 国 人 旅 行 者 受 入 数 の 国 際 比 較 (2014 年 ) 4 空

More information

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3

第 3 節 新 たな 国 際 分 業 と 日 本 経 済 第 3-3 - 20 図 日 米 欧 の 収 益 性 と 総 資 本 回 転 率 米 欧 に 比 日 本 収 益 率 (1)( 総 資 産 益 率 ) (2)( 資 本 益 率 ) 第 (3) 上 益 率 (4) 総 資 本 回 転 率 3 第 3 章 3 日 本 経 済 の 競 争 力 一 国 経 済 の 競 争 力 というのは 曖 昧 な 概 念 であるが ここでは そこに 立 地 する 企 業 が 成 長 できるような 環 境 を 提 供 する 力 であると 考 えてみよう そうした 定 義 の 下 では 競 争 力 のある 国 の 企 業 は 高 い 収 益 を 上 げているはずであり また 海 外 から 多 くの 直 接 投

More information

の 満 足 度 の 関 係 がどうなっているのかを, 配 偶 者 と 生 活 している 男 女 にしぼって 分 析 する な お, 前 回 2002 年 の 日 本 の 調 査 は 個 人 面 接 法 で 行 ったのに 対 して, 今 回 は 配 付 回 収 法 だった ため, 本 報 告 では 原

の 満 足 度 の 関 係 がどうなっているのかを, 配 偶 者 と 生 活 している 男 女 にしぼって 分 析 する な お, 前 回 2002 年 の 日 本 の 調 査 は 個 人 面 接 法 で 行 ったのに 対 して, 今 回 は 配 付 回 収 法 だった ため, 本 報 告 では 原 家庭生活の満足度は 家事の分担次第 ISSP 国際比較調査 家庭と男女の役割 から 世論調査部 村田ひろ子 荒牧 央 国際比較調査グループ ISSP が 2012 年に実施した調査 家庭と男女の役割 の結果から 31の国 地域を比較 し 配偶者と一緒に生活している男女の家事の分担と家庭生活の満足度の関係を探った 1 週間に 20 時間以上家事をしている日本人は 男性で4 にとどまる一方 女性では 65

More information