宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定"

Transcription

1 研 究 ノート 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方 Guiding Elementary School Students to Develop Reading Competence 吉 田 人 史 水 田 聖 一 YOSHIDA Hitoshi MIZUTA Seiichi はじめに 本 稿 では 文 学 的 文 章 の 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方 について その 一 端 を 述 べる 文 学 的 文 章 の 読 解 力 については 小 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 国 語 編 (1)に 文 学 的 な 文 章 の 解 釈 に 関 する 指 導 事 項 として 低 中 高 学 年 別 に 明 記 されている ~ 低 学 年 では 場 面 の 様 子 について 登 場 人 物 の 行 動 を 中 心 に 想 像 を 広 げながら 読 むこと 中 学 年 では 場 面 の 移 り 変 わりに 注 意 しながら 登 場 人 物 の 性 格 や 気 持 ちの 変 化 情 景 な どについて 叙 述 を 基 に 想 像 して 読 むこと 高 学 年 では 登 場 人 物 の 相 互 関 係 や 心 情 場 面 についての 描 写 をとらえ 優 れた 叙 述 について 自 分 の 考 えをまとめること( 以 下 略 )~ ここに 示 された 想 像 を 広 げながら 読 む 叙 述 を 基 に 想 像 して 読 む 叙 述 について 自 分 の 考 えをまとめる という 一 連 の 学 習 活 動 を 可 能 にする 読 みの 力 は 次 の 二 つであると 考 え る (1) 言 葉 からの 想 像 力 (2) 文 脈 からの 思 考 力 (1)は 文 章 に 書 かれたことを 映 像 化 し 情 景 や 気 持 ちに 迫 る 能 力 であり (2)は 叙 述 から 物 語 の 展 開 を 推 し 量 る 能 力 である 以 下 これらの 力 を 育 てる 学 習 指 導 の 在 り 方 について 小 学 校 6 年 生 の 国 語 科 の 授 業 実 践 を 中 心 に 述 べることにする 1 教 材 文 の 特 質 と 学 習 目 標 授 業 では 宮 沢 賢 治 が 書 いた やまなし (2)を 教 材 文 として 取 り 上 げた この 作 品 は 広 く 捉 えれば 宮 沢 賢 治 のファンタジー 短 編 の 一 つとしてみることもできるが 成 立 の 過 程 を 考 えると 作 者 の 深 い 人 生 観 が 底 に 込 められた 作 品 である 作 品 が 発 表 されたのは 大 正 12 年 4 月 8 日 岩 手 毎 日 新 聞 の 紙 上 である 当 時 27 歳 の 277

2 宮 沢 賢 治 は そのわずか4カ 月 前 に( 大 正 11 年 11 月 末 ) 彼 の 作 品 の 最 大 の 理 解 者 であった 妹 トシを 亡 くしている 賢 治 は 妹 の 死 という 深 い 悲 しみに 出 会 い それでも 何 とか 悲 しみを 乗 り 越 え 人 生 を 肯 定 しようとして 苦 しみ 抜 いた そうして 生 まれたのが この やまなし という 物 語 なのではないかと 考 えられる しかし 文 章 には 二 枚 の 青 い 幻 灯 ( 五 月 と 十 二 月 )に 映 し 出 された 谷 川 の 情 景 と そこに 生 活 している 蟹 の 親 子 に 起 こる 出 来 事 が 描 かれているだけで 心 を 揺 さぶられるような 感 動 的 なストーリー 展 開 はない むしろ 読 む 者 の 多 くが これは 何 を 言 いたい 話 なのか と いう 疑 問 をもってしまう が その 一 方 で 文 章 上 に 溢 れている 賢 治 独 特 の 比 喩 や 描 写 には 読 み 手 のほとんどが 強 い 印 象 をもつ この 不 思 議 な 物 語 世 界 に 魅 かれ これまでに 多 くの 絵 本 作 家 たちが 様 々な 絵 画 表 現 で 絵 本 やまなし を 創 作 し(3) たくさんの 声 優 たちが 種 々の 読 み 方 で やまなしを 朗 読 した 声 を 残 している この 作 品 は 6 年 生 の 子 どもたちにとっても 新 鮮 な 読 後 感 をもたらし これまでの 国 語 科 の 学 習 で 身 に 付 けた 文 学 的 文 章 を 読 解 する 力 を 小 学 校 最 終 学 年 の 子 どもとして 再 確 認 する のにふさわしい 学 習 になると 思 われる 以 上 を 考 察 し 学 習 の 目 標 を 次 のようにした イメージ 豊 かに 読 み 味 わう 活 動 を 通 して 主 題 に 迫 ることができる 2 文 章 の 視 点 イメージ 豊 かに 読 む 力 を 付 けるためには 文 章 が 書 かれている 視 点 に 添 って 読 み 自 分 の 五 感 を 働 かせて 追 体 験 すること が 必 要 である 教 材 文 やまなし の 文 章 を 検 討 する と 水 中 世 界 を 水 底 にいる 蟹 の 目 から 見 たように 書 かれている このことを 教 師 の 発 問 で 気 付 かせることは 簡 単 であるが それよりも 子 どもたちが 自 ら 気 づくほうが 意 欲 的 な 学 習 展 開 になる 意 欲 化 は 学 力 向 上 の 大 前 提 である そう 考 え 作 品 と 出 会 わせる 前 に 卒 業 アルバムに 掲 載 する 候 補 写 真 の 記 念 撮 影 をした 一 か 所 は 校 庭 にある 藤 棚 の 下 である 子 どもたちは 満 開 の 藤 の 花 を 下 から 見 上 げ 辺 りに 広 がる 花 の 香 りを 印 象 深 くかいだ もう 一 か 所 は 校 舎 の 屋 上 である 子 どもたちは 快 晴 の 澄 み 切 った 天 空 を 見 上 げ まるで 深 い 空 の 底 にいるような 感 覚 に 浸 った また 作 文 の 時 間 には 教 室 内 の 水 槽 に 以 前 から 飼 っている 泥 鰌 になって 作 文 を 書 かせた 題 名 は おれはどじょうだ である 水 底 にいる 泥 鰌 の 視 点 からの 世 界 を 想 像 し 楽 しい な りきり 作 文 の 学 習 をした これらの 体 験 は 水 底 にいる 蟹 の 視 点 で 書 いてある やまなし という 物 語 世 界 に 入 り 込 み そこに 登 場 する 人 物 に 感 情 移 入 し イメージを 広 げて 読 む 学 習 の 手 助 けになっていった 3 作 品 との 出 会 い 作 品 との 一 回 目 の 出 会 いは まず ( 文 章 は 見 ないで) 耳 で 聞 く(だけ) という 方 法 にした 278

3 目 で 追 う 文 字 もなく 理 解 の 手 掛 かりになる 挿 絵 もない 状 態 で 物 語 の 世 界 に 出 会 う ほうが より 想 像 力 が 発 揮 されると 期 待 したからである しかし 一 番 多 かったのは 次 のような 内 容 の 感 想 である この 話 は なんだかわけがわかりません また こんな 感 想 もあった 何 のことを どのようなことで 言 っているのかわからない だけど この 前 書 いた どじ ょうの 作 文 のように 登 場 する かにたち から 見 た 風 景 がくり 広 げられているのでは ないかと 思 う そこで 二 回 目 は くわしくは 頭 の 中 に 入 らなかった 一 度 ゆっくりと 読 んでみたい と いう 子 どもの 感 想 を 紹 介 し 作 品 に 耳 と 目 で 出 会 う( 文 章 を 見 ながら 聞 く) 時 間 にした このときは 二 枚 の 幻 灯 で 成 り 立 っている 構 成 を より 鮮 明 に 意 識 させるために 五 月 の 場 面 と 十 二 月 の 場 面 を それぞれ 別 の 声 優 の 読 み 方 で 聞 かせた 聞 いただけのときよりも どういう 話 かはわかった しかし 何 をいいたいのかがわから ない 読 んでみると 少 し なんとなくわかってきたようでしたが やはりよくわかりません ( 中 略 )わからないけど 何 かを 感 じるというような 気 がしました わからなくてもきらい になれないような 話 だと 思 います 表 現 がとてもきれいで 水 の 中 が 見 えるような 気 がし ます このような 出 会 い 方 をして 互 いの 感 想 を 聞 き 合 ううちに それぞれの 子 どもたちの 心 の 中 に 内 容 や 表 現 作 者 などに 対 するいくつもの 疑 問 が 生 まれてきた 自 分 なりの こだわり つまり 読 みのテーマ が 生 まれてきたのである こうなると 子 どもたちは 自 分 のペース で 読 み 進 めたくなる 4 読 みのテーマ 読 みのテーマは そのことが 疑 問 だから という 理 由 で 生 まれる 場 合 や それがたいへん 気 になるから あるいは とても 好 きだから という 理 由 で 生 まれる 場 合 もある いずれにせよ 一 人 一 人 の 子 どもたちが 自 分 の 中 に 作 品 を 詳 しく 読 むためのテーマ を 根 付 かせることは 読 解 力 を 育 てる 学 習 には 不 可 欠 である わたしは まず 作 者 について 調 べたいです なぜこんな 文 を 書 いたのか 知 りたいし 他 の 作 品 もこのような 感 じなのか 知 りたいからです 次 に この 文 を 聞 いたり 読 んだりしていて 意 味 のわからない 言 葉 があるので 調 べてみよ うと 思 います そうすれば 登 場 人 物 の 気 持 ちがわかると 思 います それと 題 名 についても 考 えてみたいです 一 の 五 月 では まるで 題 名 のことなん か 関 係 していないようです わたしは きれいな 言 葉 を 書 き 出 していきたいと 思 っています その 他 は 宮 沢 賢 治 さん の 作 った 物 語 を 読 んでみたいと 思 います 279

4 5 友 達 とのかかわり 一 人 一 人 が 自 分 の 読 みのテーマをもつことができれば 次 は 互 いのテーマを 知 り 合 うことで 子 どもたち 同 士 のかかわりが 生 まれる かかわりは 読 解 力 のさらなる 向 上 に 繋 がる 授 業 では 短 冊 形 の 小 カードに 一 枚 一 項 目 と 決 めて 自 分 が 取 り 組 もうとしていること を 記 入 させた それを 壁 面 いっぱいの 大 型 座 席 表 の 自 分 の 席 に 貼 っていった これを 見 れば だれがどんなことを 追 究 しようとしているのかが 一 目 でわかる その 時 自 分 の 座 席 に 貼 る 小 カードには その 下 の 部 分 に 赤 丸 で 囲 んで 読 とか 書 とか 話 という 記 号 を 付 け 加 えるようにさせた この 意 図 は 二 つある 一 つは 読 む 書 く 話 す 聞 く という 四 つの 言 語 活 動 を 総 動 員 す る 学 習 を 進 めたいということ もう 一 つは 互 いの 追 究 方 法 をわからせたいということである 例 えば 自 分 と 同 じテーマがあり そこに 話 という 記 号 があったら その 子 のところへ 行 って 話 し 合 いをしてもいい しかし 同 じテーマでも そこに 書 という 記 号 があったら その 子 は 今 一 人 で 書 き 進 めようとしているのだから 行 くのは 遠 慮 するのである こうして 言 わば 学 習 活 動 の 自 由 化 とも 言 うべき 時 間 を 取 り 入 れた 結 果 教 室 内 にいく つものグループ 追 究 の 姿 が 生 まれてきた (もちろん 一 人 で 学 習 を 進 めている 子 もいる ) その 中 で はじめのテーマが 解 決 していったり 別 のテーマが 生 まれたりしていった そこで 授 業 の 終 わりは その 一 時 間 を 振 り 返 るノート 学 習 の 時 間 にした 学 習 の 跡 を 記 録 することは それまでの 自 分 の 追 究 を 見 直 して 次 時 への 意 欲 を 高 めることになる また ノートに 書 かれた 内 容 や 追 究 方 法 が 他 の 子 どもたちの 考 えを 深 めるきっかけになる 場 合 には クラス 全 体 に 紹 介 して かかわりの 渦 がより 大 きなものになっていくようにした ぼくは 今 日 は クラムボン を 英 語 辞 典 で 調 べました クラム は かに という 意 味 で ボン は うまれた という 意 味 でした ぼくは 君 と 題 名 のことについて 話 し 合 いました それは 題 名 の 意 味 がわかれば この 話 の 主 題 がわかっていろいろなことがわかると 思 ったからです やまなし という 題 で 十 二 月 はやまなしのことが 書 いてあるけど 五 月 はやまなしのことが 何 も 関 係 していないので 五 月 の 場 面 はいらないのではないかと 話 し 合 っていたら なにか 五 月 のかわせみと 十 二 月 のやまなしを 対 比 して 書 いているのではないかということになりまし た けれど まだどうして やまなし という 題 になったかわからないので 話 し 合 いたい です 6 共 通 課 題 と 全 体 学 習 グループの 話 し 合 いでもすっきり 解 決 しないことが 次 第 にはっきりしてきた そこで クラス 全 員 で 話 し 合 いたいこと や みんなで 取 り 上 げて 考 えてみたいところ を 出 し 合 い 八 つの 共 通 課 題 を 設 定 した 1 幻 灯 について 2 クラムボン について 280

5 3 会 話 文 について 4 作 者 の 表 現 の 仕 方 について 5 五 月 と 十 二 月 について 6 題 名 について 7 主 題 について 8 作 者 について 全 体 学 習 は グループ 学 習 の 成 果 も 踏 まえつつ 1から 順 に23と 解 決 することを 目 指 した しかし 実 際 の 学 習 では 急 に7が 話 題 になったり8に 発 展 していったりすることもあった また 話 し 合 いの 内 容 によって やまなし 以 外 の 宮 沢 賢 治 作 品 の 紹 介 が 必 要 になることや 作 者 の 生 涯 年 表 を 調 べることが 必 要 になることもあった 授 業 後 子 どもたちのノートには それぞれの 学 びの 手 ごたえが 累 積 されていった おわりに 以 上 述 べたように 文 学 的 文 章 の 読 解 力 を 育 てるには まず 教 師 が 教 材 文 の 特 質 を 把 握 し た 学 習 目 標 を 設 定 し 文 章 記 述 の 視 点 に 添 って 読 む 学 習 を 進 めることである そして 読 み 手 が 文 章 から 体 験 を 想 起 し 五 感 を 活 用 して 想 像 する 学 習 活 動 を 取 り 入 れること さらには 文 脈 から 物 語 展 開 を 予 測 したり 因 果 関 係 を 考 察 したりする 話 し 合 いを 行 うこと 等 が 求 められる この 学 習 終 了 後 に ある 子 どもが 書 いた 感 想 である 勉 強 の 一 番 最 初 に 先 生 が このお 話 がわかるか と このお 話 が 好 きか と 二 つの 質 問 をされました ぼくは きらいでわからない というところに 手 をあげました でも 今 もう 一 度 先 生 に 同 じ 質 問 をされたとしたら 正 反 対 の 好 きでよくわかる のところに 真 っ 先 に 手 をあげます たぶん ほとんどの 友 達 もそう 考 えているでしょう ( 以 下 略 ) 子 どもたちが 求 めているのは 自 分 が 今 もっている 言 葉 への 感 性 と 理 性 を 全 力 活 用 する 学 習 である それは 文 章 読 解 力 を 育 てる 学 習 指 導 そのものであると 言 える 注 1 文 部 科 学 省 小 学 校 学 習 指 導 要 領 解 説 国 語 編 東 洋 館 出 版 社 頁 2 光 村 図 書 出 版 の 6 年 生 用 国 語 科 教 科 書 に 昭 和 46 年 から 掲 載 されている 3 画 小 林 敏 也 画 本 宮 沢 賢 治 やまなし パロル 舎 1985 絵 葉 祥 明 サンリオ 名 作 童 話 館 やまなし サンリオ1988 絵 安 藤 徳 香 やまなし YAMA-NASHI 福 武 書 店 1986 他 多 数 281

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」

Microsoft Word - 小学校第6学年国語科「やまなし」 第 6 学 年 国 語 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 表 現 を 味 わい, 豊 かに 想 像 しよう( 教 材 やまなし イーハトーヴの 夢 ) 2 目 標 場 面 の 情 景 や 独 特 の 表 現 に 興 味 をもち, 想 像 豊 かに 読 もうとしたり, 宮 沢 賢 治 の 作 品 や 生 き 方 を 知 ろうと したりす ( 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ) 情 景 を

More information

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な

1 今 自 分 の 内 にある 授 業 観 を 見 つめ 直 す 授 業 力 向 上 は 目 標 とする 授 業 像 について 自 分 なりの 言 葉 で 表 現 することから 始 まる 理 想 の 授 業 像 について 新 採 用 教 員 から 中 堅 教 員 までの 経 験 年 数 も 様 々な 研 究 ノート 国 語 科 を 中 心 とする 授 業 力 向 上 についての 一 考 察 A Study on the Development of Teacher Competence, Centering on Teaching Japanese Language Arts 吉 田 人 史 YOSHIDA Hitoshi 水 上 義 行 MIZUKAMI Yoshiyuki はじめに 授 業

More information

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ

2 本 校 の 読 解 力 のとらえ 方 読 解 力 とは, 文 章 を 読 んでその 意 味 を 理 解 し, 解 釈 する 力 ( 広 辞 苑 ) とある そこで 本 校 では, 読 解 力 を 文 章 を 読 み, 正 確 に 読 み 取 ったことをもとに, 経 験 や 体 験 を 踏 まえ 平 成 27 年 度 校 内 研 究 Ⅰ 研 究 主 題 Ⅱ 研 究 の 概 要 国 語 科 における 読 解 力 を 高 める 複 式 指 導 のあり 方 1 研 究 主 題 設 定 の 理 由 (1) 本 校 のこれまでの 研 究 の 取 組 から こだわりの 視 点 まとめる 力 の 育 成 ポストテスト100%の 達 成 平 成 26 年 度 は 教 科 等 ( 外 国 語, 道 徳 )における,

More information

英数学館小学校 アドバンストコース

英数学館小学校 アドバンストコース 平 成 28(2016) 年 度 英 数 館 小 校 イマ ジョンクラス 第 4 年 国 語 年 4 年 生 教 科 国 語 週 あたりの 時 間 数 6 時 間 担 当 清 水 克 習 指 導 の 到 達 目 標 使 用 教 科 書 相 手 や 目 的 に 応 じ 調 べたことなどについて 筋 道 をたてて 話 すことや 話 の 中 心 に 気 をつけて 聞 くことができるようになる また 進 んで

More information

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC>

<5461726F2D31303233815189C692EB815196E589AA90E791908169914F94BC> 授 業 のエキスパート 養 成 事 業 ( 第 2 学 年 技 術 家 庭 科 ) 授 業 実 践 記 録 学 校 名 今 治 市 立 桜 井 中 学 校 職 氏 名 教 諭 門 岡 千 草 1 日 時 平 成 21 年 10 月 23 日 ( 金 ) 第 5 校 時 (13:25~14:15) 2 題 材 名 わたしと 家 族 家 庭 と 地 域 3 目 標 生 活 に 必 要 な 基 本 的 な

More information

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護

目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 88 年 07 年 東 京 調 査 の 結 果 目 次 2 このレポート( 冊 子 )は 中 学 校 選 択 に 関 する 調 査 から 東 京 調 査 の 結 果 を 中 心 に 報 告 をするものです 全 国 調 査 の 結 果 を 知 りたい 方 は 同 調 査 の 報 告 書 をご 覧 下 さい 調 査 概 要 学 校 選 択 制 保 護 者 選 択

More information

総合的な学習の時間『探究』(課題研究)における「思考支援ツール」を活用した 教材およびカリキュラム開発の研究

総合的な学習の時間『探究』(課題研究)における「思考支援ツール」を活用した 教材およびカリキュラム開発の研究 総 合 的 な 学 習 の 時 間 探 究 ( 課 題 研 究 )における 思 考 支 援 ツール を 活 用 した 教 材 およびカリキュラム 開 発 の 研 究 平 成 25 年 度 研 究 協 議 会 大 阪 府 立 千 里 高 等 学 校 千 里 高 等 学 校 の 概 要 昭 和 42 年 (1967 年 ) 開 校 ( 普 通 科 ) 平 成 02 年 (1990 年 ) 国 際 教 養

More information

研究職員会資料

研究職員会資料 平 成 27 年 度 伊 野 小 学 校 研 究 構 想 1 研 究 主 題 一 人 一 人 の 読 解 力 を 高 める 授 業 づくり (3 年 次 ) ~ 説 明 文 を 中 心 とした 国 語 科 読 むこと の 指 導 ~ 2 主 題 設 定 の 理 由 本 校 では 一 昨 年 度 から 読 解 力 の 育 成 を 研 究 の 中 心 におき 読 解 力 を 高 める 授 業 づくりについて

More information

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着

(2) トイレ 避 難 所 に 洋 式 トイレがあるか バリアフリーになっているかも 心 配 です < 知 的 障 害 のある 子 どもの 保 護 者 の 方 の 声 > 子 どもは 洋 式 トイレでなくては 用 がたせません おむつをしているので 一 人 でトイレに 行 かせると 失 敗 する 着 避 難 所 について 1. 運 営 は 地 域 住 民 で 避 難 所 の 運 営 は 地 域 防 災 組 織 を 中 心 とした 地 域 の 住 民 や 避 難 所 の 代 表 者 による 自 治 組 織 避 難 所 運 営 委 員 会 で 行 うことになっています また 市 職 員 学 校 施 設 管 理 者 及 びボランティアは 支 援 にあたります 障 害 のある 方 やご 高 齢 の 方

More information

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し

事 業 を 始 めた 当 時 出 版 物 は GHQ の 検 閲 を 受 け 従 来 の 日 本 の 思 想 は 一 切 禁 止 さ れていたため 歴 史 的 人 物 の 札 は 難 航 した そのほか 内 容 の 選 定 に 苦 難 が 続 いたが 民 主 主 義 にふさわしいかるたが 完 成 し 上 毛 かるたのこれから 更 なる 発 展 に 向 けて 田 島 広 大 1.はじめに 私 が 住 む 群 馬 県 には 全 国 に 誇 ることのできる 上 毛 かるた がある 上 毛 かるたは 多 くの 県 民 に 認 知 され 親 しまれている 私 自 身 も 群 馬 で 生 まれ 育 ち 地 域 の 子 ども 会 を 通 じて 上 毛 かるたで 遊 んできた 上 毛 かるたを 通 じて 群 馬

More information

第5章:書く(概要)

第5章:書く(概要) (1) 目 的 では まとまった 文 ( )を 力 を 測 ります 力 は 教 科 学 習 言 語 能 力 の 大 きな 部 分 を 占 めるもので 考 える 力 と 文 字 にする 力 の 両 方 が 必 です 文 字 文 法 の 習 得 はもちろん 基 礎 作 文 力 の 大 切 な 素 ですが 文 字 化 する 前 の 考 える 力 にも 焦 点 をあてます では きたいことがあっても 文 字

More information

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太

塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員 長 職 務 代 行 者 太 平 成 27 年 7 月 定 例 会 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 書 記 菊 池 亮 書 記 鈴 木 和 賀 子 塩 竈 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 日 時 平 成 27 年 7 月 17 日 ( 金 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 2 時 30 分 場 所 壱 番 館 3 階 共 用 会 議 室 出 席 委 員 委 員 長 柴 田 仁 市 郎 委 員

More information

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス

( 別 紙 ) 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) に 関 する 市 民 意 見 提 出 手 続 の 意 見 及 びその 回 答 箇 所 意 見 対 応 回 答 ここに 現 在 抱 えている 近 代 の 情 報 化 社 会 の 急 速 な 発 達 が 人 々の 読 書 ス 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメント)の 実 施 結 果 について 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 について 市 民 意 見 提 出 手 続 (パブリック コメン ト)を 実 施 しました その 結 果 は 次 のとおりでしたので 報 告 します 計 画 条 例 案 等 の 名 称 内 容 宗 像 市 読 書 のまちづくり 推 進 計 画 ( 案 ) 家 庭 学

More information

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え

保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分 の1しか 覚 え 卒 業 まで 大 切 に 使 おう ご 家 庭 の 皆 様 もご 一 読 ください 川 場 村 立 川 場 中 学 校 保 護 者 のみなさまへ エビングハウスの 忘 却 曲 線 というものがあります 一 度 学 習 して 覚 えたこと でも 1 時 間 後 には 56% 忘 れ 1 日 たつと 74% 忘 れてしまうというものです 学 校 で 習 ったときにわかったつもりでも 1 日 たつと4 分

More information

( 資 料 )

( 資 料 ) 読 書 活 動 の 推 進 に 向 けた 取 り 組 み ~ 学 校 図 書 館 支 援 員 の 有 効 活 用 ~ 越 前 市 王 子 保 小 学 校 本 年 度 より 学 校 図 書 館 支 援 事 業 として 本 校 に 毎 週 月 曜 日 と1 3 5 週 の 木 曜 日 に 図 書 支 援 員 を 迎 えることになった 本 校 の 支 援 員 さんは 図 書 ボ ランティアとしての 経 歴

More information

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成

学級経営講座-7月 ④通知票(表)・通信簿の作成 若 い 先 生 のための 学 級 経 営 講 座 月 別 編 7 月 4 通 知 表 ( 票 ) 通 信 簿 の 作 成 ~ 学 期 の 学 校 生 活 の 様 子 を 伝 える 連 絡 簿 ~ 埼 玉 県 教 育 局 東 部 教 育 事 務 所 学 期 末 になれば 担 任 教 師 は 当 該 学 期 の 児 童 生 徒 一 人 一 人 の 学 習 や 生 活 の 状 況 をま とめ 通 知 表

More information

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ

Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果 課 題 を 検 証 し その 改 善 を 図 るもに 学 校 におけ Ⅰ 調 査 の 概 要 Ⅱ 札 幌 の 子 どもの 学 力 学 習 意 欲 等 について Ⅲ 学 力 調 査 の 結 果 概 要 及 び 改 善 の 方 向 等 について Ⅰ 調 査 の 概 要 1 目 的 義 務 教 育 の 機 会 均 等 その 水 準 の 維 持 向 上 の 観 点 から 的 な 児 童 生 徒 の 学 力 や 学 習 状 況 を 把 握 分 析 し 教 育 施 策 の 成 果

More information

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464>

<5461726F2D8FF28F918CB48D65208DC58F4994C52E6A7464> 群 E01-01 教 セ 平 19.239 集 学 校 における 保 護 者 対 応 に 関 する 調 査 研 究 長 期 研 修 Ⅰ 研 修 員 金 子 真 人 研 究 の 概 要 学 校 における 保 護 者 対 応 の 中 のクレーム 対 応 に 焦 点 を 当 て 群 馬 県 の 実 態 を 把 握 するた め 公 立 の 全 小 学 校 中 学 校 高 等 学 校 を 対 象 に 調 査

More information

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ

三珠中学校・市川中学校 ことばの森教室受講生の皆様へ 2015 ことばの 森 教 室 第 1 回 優 秀 作 品 紹 介 < 中 学 校 1 年 生 > 作 文 課 題 中 学 生 になった 感 想 と 決 意 中 1 年 生 -1 今 からチャレンジ 勉 強 が 難 しくなるのかな 部 活 動 も6 時 頃 までやっていて 勉 強 する 時 間 はあるの かな 中 学 校 に 入 学 する 前 はそんな 不 安 でいっぱいだった 4 月 7 日 中

More information

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ 第 1 学 年 3 組 生 活 科 学 習 指 導 案 平 成 1 8 年 9 月 2 7 日 ( 水 ) 第 3 校 時 授 業 者 教 諭 小 林 貴 美 子 1 単 元 名 ぎ ら ぎ ら お ひ さ ま げ ん き い っ ぱ い 2 単 元 の 目 標 校 庭 や 公 園 で 遊 ん だ り い ろ い ろ な も の を 見 つ け た り す る 活 動 を 通 し て 樹 木 や 草

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 授 業 中 におけるコーディネートの 在 り 方 について 1 コーディネートはなぜ 必 要 なのか 調 査 研 究 チーム (1) 授 業 において 目 指 すべきもの 全 国 学 力 学 習 状 況 調 査 をはじめ 様 々な 調 査 から 本 県 の 子 どもたちに 必 要 なことは 次 の 3つであると 考 えられる そのうち 2 3については 主 に 道 徳 や 特 活 で 取 り 上 げられ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D82936382B382F195FA8ECB90FC8EF68BC682CC82DC82C682DF2E646F6378> 授 業 展 開 (3 年 生 3 クラス 94 名 実 施 日 2013 年 2 月 18 日 ~22 日 ) 科 学 技 術 と 人 間 エネルギー 資 源 ( 全 4 時 間 配 当 ) 1 発 電 の 仕 組 みとその 特 徴 (2 時 間 ) 2 放 射 線 の 性 質 と 利 用 (2 時 間 ) 以 下 はこの2 時 間 の 授 業 展 開 学 習 内 容 放 射 線 の 学 習 をするにあたって

More information

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦!

学校授業のスパイス 大阪府・学力向上への挑戦! ここ 数 年 の 全 国 学 力 テストにおいて 大 阪 府 ほど 注 目 を 集 めたところもありません 全 国 平 均 を 下 回 る 結 果 に 橋 下 徹 知 事 は 憤 りをあらわ にし その 後 も 教 育 に 関 する 知 事 の 言 動 が 多 くのマスコミに 取 り 上 げられてきました そのような 中 実 際 の 教 育 現 場 では 喫 緊 の 課 題 である 学 力 向 上

More information

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想

(2) 単 元 の 評 価 規 準 単 元 の 評 価 規 準 学 習 活 動 に 即 し た 評 価 規 準 ア 国 語 への 関 心 意 欲 態 度 ウ 書 く 能 力 エ 読 む 能 力 オ 言 語 についての 知 識 理 解 技 能 詩 に 込 められた 思 い を 受 け 止 め 感 想 第 3 学 年 5 組 国 語 科 学 習 指 導 案 平 成 26 年 10 月 15 日 ( 水 ) 第 5 校 時 戸 田 市 立 笹 目 中 学 校 3 年 5 組 在 籍 生 徒 数 男 子 16 名 女 子 17 名 指 導 者 教 諭 廣 川 隼 志 1 単 元 名 教 材 名 状 況 を 読 む 挨 拶 - 原 爆 の 写 真 によせて 2 単 元 について (1) 指 導 観 まもなく

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 生 活 科 学 習 2 学 期 は 自 分 の 鉢 でラディッシュを 栽 培 しまし た 初 めは 小 さい 芽 でしたが 葉 が 大 きくなってき て 赤 いラディッシュが 土 からのぞくほど 育 ちま した のりものたんけんの 前 に 鉄 道 のお 仕 事 を している おうちの 方 からお 話 を 聞 かせてい ただきました そして 当 日 駅 にはどんなものがある のかな? バスの 中 には

More information

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3

ことになっている 法 律 では 1 国 の 行 政 機 関 や 地 方 公 共 団 体 及 び 民 間 事 業 者 による 障 害 を 理 由 とする 差 別 を 禁 止 すること 2 差 別 を 解 消 するための 取 組 について 政 府 にどうするかとい う 基 本 方 針 を 作 ること 3 平 成 27 年 度 堺 市 障 害 者 自 立 支 援 協 議 会 第 4 回 障 害 当 事 者 部 会 日 時 場 所 出 席 者 欠 席 者 ゲスト 参 加 事 務 局 議 事 概 要 平 成 27 年 7 月 22 日 ( 水 ) 14:30~16:30 堺 市 総 合 福 祉 会 館 5 階 第 2 研 修 室 前 田 白 石 丸 野 茅 原 辻 本 乕 田 野 崎 川 渕 松 本 梅

More information

Microsoft Word - ことばアンケートリリース【最終】_090416.doc

Microsoft Word - ことばアンケートリリース【最終】_090416.doc News Release ご い 5 月 1 日 は 語 彙 の 日 2009 年 4 月 21 日 株 式 会 社 旺 文 社 ~ 旺 文 社 第 6 回 ことばに 関 するアンケート 集 計 結 果 ~ 小 中 高 校 生 約 10,000 人 が 回 答 きれいなことばづかい をする 有 名 人 第 1 位 は エド はるみ ( 結 果 の 詳 細 は P.6 に 掲 載 ) 教 育 出 版

More information

Microsoft Word - ○資料.doc

Microsoft Word - ○資料.doc 資 料 資 料 1 志 免 中 志 免 東 中 への 子 どもの 権 利 に 関 するアンケート 自 由 記 述 資 料 2 人 権 教 育 学 習 講 演 後 のアンケート 自 由 記 述 その 他 志 免 町 子 どもの 権 利 相 談 室 SK²S(スキッズ) チラシ 小 学 生 用 志 免 町 子 どもの 権 利 相 談 室 SK²S(スキッズ) チラシ 中 高 生 用 SK²S(スキッズ)

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

学期レポート

学期レポート 月 火 水 木 金 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 7:00 Eng101A 8:35 ASL103A 11:20 Culture 11:35 11:35 11:50 Education Education 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:30 Reading 189B 15:10 13:10 13:00 ASL tutor 14:00

More information

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc)

(Microsoft Word - \214\244\213\206\215\\\221z.doc) 研 究 主 題 対 話 的 コミュニケーション 能 力 を 育 む 教 育 活 動 - 聴 く 力 を 高 める 手 だての 工 夫 を 通 して- 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 現 代 教 育 の 動 向 から 国 際 化 情 報 化 科 学 技 術 の 進 展 環 境 問 題 等 めまぐるしく 変 化 し 先 行 き 不 透 明 な 時 代 が 到 来 しており その 流 れは 今 後

More information

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる

きとる 力 の 向 上 3 英 語 で 書 くこと への 意 欲 と 力 の 向 上 を 挙 げられていまし た 自 己 紹 介 や 日 常 生 活 にかかわる 会 話 賛 否 分 かれる 問 題 に 対 して 自 分 の 立 場 を 決 めて 自 分 なりの 主 張 ができる 生 徒 を 育 てる 実 践 発 表 1 英 語 でつなぐ 小 中 一 貫 教 育 ~ いつか 使 える 英 語 から 今 使 える 英 語 を 目 指 して~ 発 表 者 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小 中 学 校 平 谷 百 合 子 先 生 大 田 清 美 先 生 友 田 由 妃 先 生 3 年 前 から 施 設 一 体 型 小 中 一 貫 教 育 校 として 歩 んでこられた 奈 良 市 立 富 雄 第 三 小

More information

私の国語教室

私の国語教室 私 の 国 語 教 室 学 び 合 う 学 びをめざして 田 中 由 美 子 授 業 観 の 転 換 かつては A A に 変 容 させる 高 める 予 想 される 生 徒 の 活 動 + 教 師 の 働 きかけ で 授 業 細 案 づくり < 本 時 の 目 標 例 のが 授 業 である 3 年 赤 瀬 川 隼 一 塁 手 の 生 還 >? 新 たな 大 きい 喪 失 とは 戦 死 した 兄 が

More information

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指

の 研 修 で 昨 年 度 と 同 様 3 日 間 の 日 程 で 行 った 表 1 平 成 17 年 度 学 校 事 務 職 員 10 年 経 験 者 研 修 講 座 の 内 容 内 容 研 修 形 態 ( 講 師 ) 奈 良 県 の 人 権 教 育 の 現 状 と 課 題 講 義 演 習 ( 指 学 校 事 務 職 員 の 資 質 向 上 - 研 修 プログラムの 工 夫 - 事 務 指 導 員 西 田 邦 子 Nishida kuniko 要 旨 学 校 運 営 の 重 要 な 一 翼 を 担 っている 学 校 事 務 職 員 としての 重 要 性 を 認 識 し 教 育 行 政 の 専 門 家 として 学 校 経 営 に 主 体 的 にかかわるためには 学 校 事 務 職 員 の 資 質

More information

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx

Microsoft Word - 21木育インストラクター・テキスト_HP用・p5~p41_20100315.docx 1. 木 育 とは 何 か 木 育 は 幼 児 期 から 原 体 験 としての 木 材 との 関 わりを 深 め 豊 かなく らしづくり 社 会 づくり そして 森 づくりに 貢 献 する 市 民 の 育 成 をめざす 活 動 です 例 えば 以 下 に 示 すような 活 動 は 代 表 的 な 木 育 の 活 動 です 木 育 の 活 動 は 非 常 に 多 様 であり そして 学 習 対 象 の

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 平 成 26 年 度 研 究 テーマ 社 会 科 における 協 働 協 調 的 な 学 びの 創 造 社 会 科 事 例 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 教 諭 五 十 嵐 健 指 導 主 事 恒 松 龍 治 自 己 紹 介 学 校 紹 介 山 鹿 市 立 山 鹿 中 学 校 生 徒 665 名 職 員 76 名 教 育 目 標 自 分 の 将 来 に 目 標 を 持 ち 自 己 実 現

More information

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的

本 市 においては 言 語 特 区 ということでこれまでに 10 年 間 英 語 の 時 間 に 取 り 組 んできているが 成 果 の 検 証 はどのように 行 っているのか また 目 標 を 達 成 したかどうか 判 断 する 客 観 的 な 指 標 はあるのか ( 事 務 局 ) 数 値 的 第 1 回 沼 津 市 総 合 教 育 会 議 議 事 録 〇 開 催 日 時 平 成 28 年 5 月 26 日 ( 木 曜 日 )15 時 00 分 ~16 時 00 分 〇 開 催 場 所 沼 津 市 立 第 四 小 学 校 多 目 的 ホール 〇 出 席 者 市 長 栗 原 裕 康 教 育 長 服 部 裕 美 子 教 育 委 員 三 好 勝 晴 教 育 委 員 土 屋 葉 子 教 育 委 員

More information

(2) A 評 価 の 子 どもを 増 やすための 指 導 の 工 夫 友 達 と 自 分 の 思 いや 考 えを 交 流 させる 場 を 設 定 し, 友 達 の 調 査 内 容 や 考 えから 自 分 の 考 えを 深 めたり, 違 う 視 点 から 自 分 の 課 題 を 見 つめ 直 したり

(2) A 評 価 の 子 どもを 増 やすための 指 導 の 工 夫 友 達 と 自 分 の 思 いや 考 えを 交 流 させる 場 を 設 定 し, 友 達 の 調 査 内 容 や 考 えから 自 分 の 考 えを 深 めたり, 違 う 視 点 から 自 分 の 課 題 を 見 つめ 直 したり 評 価 を 指 導 に 生 かすために ~3 年 生 見 つけた! 柏 崎 のお 宝 の 実 践 から~ 柏 崎 小 学 校 野 島 聡 子 1 はじめに 3 年 生 では, 自 分 の 課 題 解 決 のために, 様 々な 人 々と 触 れ 合 い, 進 んで 調 べたり, 人 に 分 か りやすく 表 現 したりする 活 動 を 通 して, 学 び 方 を 身 に 付 け, 自 ら 学 ぼうとすることができる

More information

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業

平成16年度埼玉県NPO活動促進助成事業 様 式 第 8 号 別 紙 1 法 人 名 NPO 法 人 ふうせん 事 業 実 施 報 告 書 事 業 名 枠 の 種 類 子 育 てだって 立 派 なスキル! 保 育 サポーター 講 座 ウーマノミクス 1. 事 業 の 目 的 結 婚 出 産 などで 離 職 後 社 会 復 帰 へ 消 極 的 な 女 性 に 社 会 復 帰 のフ 2. 事 業 で 取 り 組 んだ 地 域 や 社 会 の 課

More information

小次郎講師のトレーダーズバイブル

小次郎講師のトレーダーズバイブル 最 高 レベルのトレード 手 法 をどこよりもわかりやすく! 小 次 郎 講 師 のトレーダーズバイブル 第 70 回 第 11 部 投 資 リテラシーについて その 3 株 主 優 待 で 株 を 選 ぶのをやめよう! 皆 さん こんにちは 小 次 郎 講 師 です こんにちは 助 手 のムサシです おかげさまで 3 月 に 出 版 された 私 の 著 書 がもの 凄 い 勢 いで 売 れている

More information

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました

本日はNPO法人アスペの会石川、金沢エルデの会共催事業の「ピア・サポート」にご参加いただきありがとうございました H27 年 9 月 23 日 開 催 ピアサポート ( 於 ) 金 沢 大 学 角 間 の 里 今 回 のテーマ 高 校 卒 業 と 自 己 受 容 はじめに: 今 回 のテーマに 自 己 受 容 を 取 り 上 げたことについて 知 的 な 遅 れのない 発 達 障 害 を 持 つ 人 の 多 くは 早 ければ 園 児 の 時 に また 遅 くとも 学 業 対 人 関 係 な どが 複 雑 になる

More information

Microsoft PowerPoint - 発達障がいのある中・高校生への学習支援

Microsoft PowerPoint - 発達障がいのある中・高校生への学習支援 もしあなたが 流 ちょうには 使 えない 言 語 の 国 で 学 校 に 行 くことになったら どんな 支 援 が 必 要 ですか? Ф 〇 @@- @- Ф 〇 〇 Ф@ - 何 となく 話 していることがわかる 周 りの 様 子 を 見 て 何 が 起 きているのかわかる なのに うまく 説 明 できない 理 解 しているのに 読 み 書 きや 計 算 が 苦 手 で 時 間 内 に 答 えることができない

More information

められている 生 徒 が 出 してきたものでないように 思 われました しかし 念 のため に 各 クラスで 何 か 思 い 当 たることや 困 っていることがあれば 相 談 してくださ いと 声 をかけてもらいましたので ああ あの 時 のことか と 思 い 出 してもら えるのではないかと 思

められている 生 徒 が 出 してきたものでないように 思 われました しかし 念 のため に 各 クラスで 何 か 思 い 当 たることや 困 っていることがあれば 相 談 してくださ いと 声 をかけてもらいましたので ああ あの 時 のことか と 思 い 出 してもら えるのではないかと 思 H26.12.22( 月 ) 終 業 式 式 辞 アメリカの 心 理 学 者 マズローの 欲 求 段 階 説 という 理 論 があります 保 健 で 学 習 したかもしれません 人 間 の 欲 求 はピラミッドのように5 階 層 からなっていると いうものす 低 階 層 = 原 始 的 な 欲 求 から 生 理 的 欲 求 安 全 の 欲 求 所 属 と 愛 の 欲 求 承 認 ( 尊 重 )の 欲

More information

Microsoft Word 会議録【最終】

Microsoft Word 会議録【最終】 平 成 27 年 度 第 1 回 岡 崎 市 図 書 館 交 流 プラザ 運 営 協 議 会 会 議 録 1 日 時 平 成 27 年 8 月 7 日 ( 金 ) 午 前 10 時 ~ 午 前 11 時 35 分 2 会 場 図 書 館 交 流 プラザ 会 議 室 301 3 出 席 委 員 斉 藤 委 員 村 上 委 員 白 井 委 員 渥 美 委 員 浦 部 委 員 森 﨑 委 員 濱 田 委

More information

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから

各 小 中 学 校 の 保 護 者 へのアンケート 調 査 等 をもとに 協 議 され 中 学 校 の 統 合 に 対 する 賛 成 意 見 が 多 かった 委 員 からは 小 学 校 よりも 中 学 校 の 統 合 を 早 くするべき もう 尐 し 保 護 者 の 意 見 を 吸 い 上 げてから 平 成 21 年 度 第 2 回 ( 第 9 回 ) 磯 辺 地 区 学 校 適 正 配 置 地 元 代 表 協 議 会 議 事 要 旨 1 日 時 平 成 21 年 9 月 7 日 ( 月 ) 10 時 ~12 時 2 場 所 磯 辺 地 域 ルーム( 磯 辺 第 一 中 学 校 内 ) 3 出 席 者 (1) 委 員 22 名 欠 席 : 高 橋 委 員 池 上 委 員 (2) 事 務 局 古

More information

読解力向上プログラム

読解力向上プログラム 読 解 力 向 上 プログラム 平 成 17 年 12 月 文 部 科 学 省 はじめに 平 成 15 年 (2003 年 )7 月 に0ECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )が 実 施 したPISA 調 査 ( 生 徒 の 学 習 到 達 度 調 査 )の 結 果 が, 昨 年 12 月 に 公 表 された それによれば,わ が 国 の 子 どもたちの 学 力 は, 数 学 的 リテラシー,

More information

神戸女学院大学 絵本翻訳コンクール

神戸女学院大学 絵本翻訳コンクール 神 戸 女 学 院 大 学 第 7 回 絵 本 翻 訳 コンクール 実 施 要 領 1. 応 募 資 格 日 本 国 内 の 高 校 生 ( 中 等 教 育 学 校 後 期 課 程 生 高 等 専 門 学 校 生 などを 含 む) 2. 作 品 提 出 期 間 2016 年 7 月 1 日 ( 金 )~9 月 7 日 ( 水 ) 必 着 3. 参 加 費 無 料 4. 応 募 規 定 (1)1 人

More information

Microsoft Word - 2001134009梨本竜子(論文要旨).docx

Microsoft Word - 2001134009梨本竜子(論文要旨).docx 提 出 日 : 平 成 27 年 6 月 30 日 聖 徳 大 学 大 学 院 博 士 前 期 課 程 通 信 教 育 課 程 保 育 者 養 成 カリキュラムにおける 折 り 紙 指 導 の 位 置 づけ 養 成 校 の 現 状 調 査 を 基 にして Placement of Origami Instruction in Training Curricula for Child Care Workers

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

配 時 第 3 学 年 算 数 科 学 習 指 導 略 案 場 所 3 年 教 室 1. 単 元 名 たし 算 とひき 算 の 筆 算 大 きい 数 の 計 算 を 考 えよう 2. 本 時 の 学 習 ( / ) (1) 本 時 の 目 標 3 位 数 -3 位 数 ( 十 百 の 位 からの 波

配 時 第 3 学 年 算 数 科 学 習 指 導 略 案 場 所 3 年 教 室 1. 単 元 名 たし 算 とひき 算 の 筆 算 大 きい 数 の 計 算 を 考 えよう 2. 本 時 の 学 習 ( / ) (1) 本 時 の 目 標 3 位 数 -3 位 数 ( 十 百 の 位 からの 波 1. 単 元 名 あわせていくつ ふえるといくつ 第 1 学 年 算 数 科 学 習 指 導 略 案 場 所 1 年 教 室 2. 本 時 の 学 習 ( 2/7 ) (1) 本 時 の 目 標 数 量 の 増 加 の 場 合 について, 加 法 の 意 味 や, 式 の 表 し 方 を 理 解 する (2) 準 備 資 料 ( 教 児 ) 算 数 ブロック 配 時 学 習 活 動 と 児 童 の

More information

10是枝075-080.eca

10是枝075-080.eca 鳴 門 教 育 大 学 授 業 実 践 研 究 - 学 部 大 学 院 の 授 業 改 善 をめざして- 第 15 号 2016 自 ら 学 び 続 ける 児 童 を 支 える 授 業 の 開 発 と 実 践 -- 数 取 りゲームを 題 材 として-- 是 枝 佑 徳 *, 亀 井 光 * *, 亀 谷 直 樹 川 村 俊 貴 *, 黒 田 浩 平 * *, 辻 永 大 地 坪 井 将 史 *,

More information

千 葉 県 公 立 高 校 入 試 分 析 と 対 策 国 語 目 次 1) 配 点 表 からわかること 2) 新 傾 向 の 兆 候 3) 国 語 は 勉 強 しない 科 目? 4) 時 間 配 分 を 考 えよう 5)ジャンル 別 留 意 点 1- 問 題 - 6)ジャンル 別 留 意 点 2-

千 葉 県 公 立 高 校 入 試 分 析 と 対 策 国 語 目 次 1) 配 点 表 からわかること 2) 新 傾 向 の 兆 候 3) 国 語 は 勉 強 しない 科 目? 4) 時 間 配 分 を 考 えよう 5)ジャンル 別 留 意 点 1- 問 題 - 6)ジャンル 別 留 意 点 2- 秘 保 存 版 千 葉 県 公 立 高 校 入 試 分 析 と 対 策 国 語 て も 困 る わ ぁ の? っ て 聞 か れ っ て 勉 強 す る 国 語 っ て ど う や By かまなび 千 葉 県 公 立 高 校 入 試 分 析 と 対 策 国 語 目 次 1) 配 点 表 からわかること 2) 新 傾 向 の 兆 候 3) 国 語 は 勉 強 しない 科 目? 4) 時 間 配 分 を

More information

発達教育10_113_矢野・田爪・松井.indd

発達教育10_113_矢野・田爪・松井.indd 学 生 の 学 び の 深 まりを 中 心 に 矢 野 真 ( 児 童 学 科 准 教 授 ) 田 爪 宏 二 ( 京 都 教 育 大 学 教 育 学 部 准 教 授 ) 松 井 勅 尚 ( 岐 阜 県 立 森 林 文 化 アカデミー 教 授 ) 本 研 究 は, 保 育 者 養 成 における 木 育 の 実 践 がその 後 の 造 形 領 域 における 授 業 や 実 践,また 教 材 研 究 など,

More information

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒

外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して 海 地 方 ( 愛 知 県 岐 阜 県 三 重 県 静 岡 県 ) に 着 目 し 特 別 入 学 枠 を 利 用 して 外 国 人 生 徒 が 高 校 入 学 する 際 外 国 人 生 徒 名 古 屋 大 学 大 学 院 教 育 発 達 科 学 研 究 科 教 育 科 学 専 攻 教 育 論 叢 第 54 号 2011 年 外 国 人 生 徒 の 高 校 進 学 に 関 する 教 育 課 題 特 別 入 学 枠 に 着 目 して はじめに 細 川 卓 哉 1990 年 代 以 降 ニューカマー 1) という 外 国 籍 の 子 どもの 教 育 課 題 が 注 目 され 始 めた 当 初

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096EE8EE732303130303531375F8EE68DDE82F08C7091B182B782D782AB82A981482E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2096EE8EE732303130303531375F8EE68DDE82F08C7091B182B782D782AB82A981482E707074> 取 材 を 継 続 すべきか? - 災 害 取 材 のクロスロード- 矢 守 克 也 京 都 大 学 防 災 研 究 所 災 害 取 材 のクロスロード= 分 かれ 道 第 一 線 の 取 材 活 動 で 直 面 する 厳 しい 判 断 = 分 かれ 道 メディア 報 道 におけるBCP( 業 務 の 継 続 )の 基 盤 防 災 ゲーム クロスロード 阪 神 淡 路 大 震 災 における 自 治

More information

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ

どこから 何 をすればいいか 迷 います 豊 かさスクールではマーケティング 全 般 を 抑 えながらホームページを 中 心 とした ネットマーケティングをメインに 勉 強 します 実 際 に 私 がサポートした 人 は 全 員 がホームページを 使 った 集 客 です なぜなら 時 代 の 流 れ メール 説 明 会 5 回 目 ネットマーケティング こんにちは 一 人 治 療 家 豊 かさ 集 客 スクール 代 表 の 吉 田 しょういちです 第 5 回 は ネットマーケティング です その 前 にこのメルマガの 登 録 特 典 2のプレゼント 吉 田 しょういち 北 野 哲 正 特 別 対 談 動 画 https://www.youtube.com/watch?v=5d4xdo3azeq

More information

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上

確 認 読 み 段 階 では まず 接 続 語 や 末 表 現 に 着 眼 したり と つながり 考 えたりしな がら 章 構 成 つかむ そして 構 成 分 析 視 点 基 に 吟 味 が 必 要 な 点 出 し 合 いながら 課 題 設 定 する こように 児 童 が 章 構 成 捉 えた 上 説 明 的 な 章 批 判 的 に 読 む 児 童 育 てる 高 学 年 国 語 科 学 習 指 導 - 焦 点 化 した 課 題 追 究 する 評 価 読 み 通 して- 教 育 指 導 部 教 科 教 育 班 長 期 派 遣 研 修 員 ( 吉 富 町 立 吉 富 小 学 校 教 諭 坂 山 利 1 研 究 主 題 について 説 明 (1 主 題 意 味 ア 主 題 について 説 明 的 な 章

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20837D836A83748346835883675F92F18CBE967B95B6814589FC92F994C55B315D205F8F43959C8DCF82DD5F2E646F6378> マニフェストをどう 読 むべきか - 国 民 の 問 いかける 力 こそが 政 策 をつくる- はじめに 東 京 財 団 研 究 員 政 策 プロデューサー 亀 井 善 太 郎 / 佐 藤 孝 弘 / 冨 田 清 行 本 提 言 は 眼 前 に 迫 る 国 政 選 挙 を 迎 えるにあたって 日 本 国 民 一 人 一 人 がマニフェストを 読 む 際 念 頭 におくべき 考 え 方 をまとめたものである

More information

西洋教育史演習                               2008/1/17

西洋教育史演習                               2008/1/17 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 平 成 19 年 度 修 士 論 文 講 評 会 資 料 2007 年 2 月 18 日 ( 月 ) < 論 文 題 目 > シュプランガー 教 育 学 における 文 化 伝 達 の 哲 学 的 再 考 指 導 教 授 森 川 直 岡 山 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 学 校 教 育 専 攻 18-007 滝 本 大 輔 Ⅰ. 研 究

More information

Microsoft Word - 08-レクチャー佐治先生.docx

Microsoft Word - 08-レクチャー佐治先生.docx 目 に 見 えない 宇 宙 の 風 に 聞 き 耳 を 立 てる 皆 さん こんにちは 去 年 に 続 いて 今 年 もお 話 しできることをうれしく 思 っています 本 当 に 時 間 の 経 つのは 早 いものですね 今 回 のタイトルは 宇 宙 の 風 に 聴 く です 風 をテーマに 最 新 の 宇 宙 論 の 視 点 からお 話 してみたいと 思 います 私 にとって 風 の 魅 力 とは

More information

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指

と 指 示 したのです しかしながら 統 括 マネージャーは 店 長 と 発 注 数 量 を 1 品 ずつ 見 直 すことを 面 倒 に 感 じてしまい 自 分 で 10 万 の 売 上 に 対 しての 発 注 数 をだし それをそのまま 店 長 に 渡 し これで これから 発 注 して と 指 1 店 舗 指 導 者 の 心 構 え 店 長 と 店 舗 指 導 者 の 違 い 店 長 をやっていて 優 秀 な 人 が SVや 統 轄 店 長 という 仕 事 に 就 くのが 通 常 の 流 れです 店 長 として 優 秀 でなければ 店 長 を 指 導 する ということなんてできないからですね しかし この 優 秀 な 店 長 であったからこそ 犯 しやすい 過 ちがあります 以 前 私 のクライアント

More information

1 氏 名 石 川 瑞 穂 入 会 年 度 平 成 26 年 度 明 治 大 学 農 学 部 生 命 科 学 科 所 属 部 署 農 業 対 策 部 地 元 である 栃 木 県 で 就 職 したいと 考 えていました それまで 農 業 に 直 接 携 わったことは 無 かったのですが 実 家 の 周 りの 美 しい 田 園 風 景 が 大 好 き だったことと TPP 等 の 問 題 で 農 業 を 取

More information

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権

当 日 配 布 資 料 にて 説 明 会 見 第 二 小 学 校 計 画 訪 問 について 別 添 資 料 にて 説 明 法 中 校 区 のALT 交 代 について 平 成 27 年 7 月 27 日 から 交 代 中 学 校 職 場 体 験 について 別 添 資 料 P13の 説 明 4 人 権 平 成 27 年 6 月 第 9 回 教 育 会 議 事 録 開 催 日 時 平 成 27 年 6 月 30 日 ( 火 ) 午 後 1 時 30 分 ~ 午 後 5 時 06 分 開 催 場 所 南 部 町 役 場 天 萬 庁 舎 2F 会 議 室 出 席 佐 藤 長 細 田 森 岡 井 上 永 江 説 明 員 板 持 教 育 清 水 総 務 学 校 教 育 書 記 渡 邊 欠 席 なし 開 会

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活

(1) 学 校 運 営 について( 教 務 主 任 ) (2) 生 徒 指 導 について( 生 徒 指 導 主 事 ) (3) 進 路 指 導 について( 進 路 指 導 主 事 ) (4) 連 携 型 中 高 一 貫 教 育 の 取 り 組 みについて( 連 携 コーディネータ) (5) 部 活 別 紙 様 式 1 学 校 評 議 員 による 会 議 実 施 報 告 書 岐 阜 県 立 八 百 津 高 等 学 校 学 校 長 高 木 久 美 学 校 住 所 加 茂 郡 八 百 津 町 伊 岐 津 志 2803-6 電 話 0574-43-1231 F A X 0574-43-3918 1 会 議 の 名 称 平 成 27 年 度 第 1 回 八 百 津 高 校 を 育 てる 会 学 校 評

More information

平成20年7月28日(月)

平成20年7月28日(月) 任 務 1: 図 書 館 の 仕 事 をさぐれ! 2014.07.25 9:30-9:40 自 己 紹 介 な い よ う 9:40-10:10 図 書 館 を 知 ろう! 10:10-10:40 貸 出 と 返 却 をマスターしよう! 10:40-10:45 休 けい 10:45-11:45 面 展 台 とポップを 作 ろう! 11:45-12:00 アンケート 記 入 図 書 館 の 仕 事 をさぐって

More information

平成18年度 教職員12年経験者研修

平成18年度 教職員12年経験者研修 中 学 校 美 術 科 2( 平 成 23 年 度 ) 第 2 学 年 美 術 科 学 習 指 導 案 本 時 の 主 張 生 徒 一 人 一 人 が 表 現 力 を 高 めるためには, 自 分 の 作 品 に 自 信 をもち,そのよさを 相 手 に 伝 えたり, 他 者 の 発 想 や 表 現 から 学 んだりすることが 大 切 である 本 時 では, 共 同 で 行 う 創 造 活 動 において,

More information

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会

市 長 あいさつ 自 己 紹 介 会 長 選 出 会 長 に 林 委 員 を 選 出 議 題 (1) 会 議 の 公 開 について 事 務 局 から 会 議 の 公 開 について 概 要 を 説 明 した ( 資 料 3 4 参 照 ) 会 議 の 公 開 について 資 料 3 蕨 市 審 議 会 第 1 回 蕨 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 に 係 る 市 民 懇 談 会 会 議 概 要 日 時 平 成 27 年 8 月 8 日 ( 土 ) 午 前 10:00~ 正 午 場 所 市 役 所 4 階 第 1 委 員 会 室 出 席 者 ( 敬 称 略 ) 委 員 : 林 大 樹 秋 山 滋 雄 岡 本 和 子 長 谷 川 浩 司 鴇 沢 哲 雄 永 沢 映 関 克 己 内 田

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる

社 会 科 学 習 指 導 案 1. 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 日 時 平 成 26 年 7 月 7 日 ( 月 ) 児 童 小 学 校 第 5 学 年 指 導 者 釧 路 教 育 研 究 所 研 究 部 2. 単 元 について (1) 教 材 観 本 単 元 にかかわる 単 元 名 農 業 のさかんな 地 域 をたずねて 学 びの 地 図 社 会 科 学 習 指 導 案 1 時 間 目 北 海 道 東 北 地 方 が 米 作 りが 盛 んなわけを 予 想 しよ 北 海 道 米 の ゆめぴりか を 調 べて,まちの 人 にしょかい しよ ど し て お い し い の だ ろ? 2 時 間 目 米 がたくさんとれると ころはどんなところだ ろ 3 4 時 間 目 米

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208DC58F498A6D92E8323031363038303581468352837E8385836A8350815B8356838783938145837D836A83858341838B8D8788D38C6090AC83768389835894C52E646F63> 合 意 をつくるための コミュニケーション マニュアル はじめに 温 暖 化 などの 環 境 問 題 原 などのエネルギー 問 題 遺 伝 治 療 など 医 療 問 題 私 た ちの 近 にはたくさんの 問 題 があふれています このような 問 題 について 分 で 考 える だけでなく 他 の の 意 を 聞 いてみたい 他 の と 話 してみたい そう 考 えて 話 し 合 いの 場 に 参 加

More information

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且

棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 昨 今 の 求 人 では ピンポイント になっています これは 派 遣 会 社 ハローワーク 人 材 紹 介 会 社 が 口 をそろえていっています つまり 例 えば アパレルでフランスとのMDをやったことのある 人 で 尚 且 就 活 にあたってのポイントをまとめてみました 自 分 のやってきたことを 棚 卸 しする 棚 卸 しした 内 容 を 分 析 して 自 己 アピールにつなげる 履 歴 書 職 務 経 歴 書 を 書 いてみる 応 募 しようとする 業 種 職 種 会 社 を 研 究 する 志 望 動 機 を 書 く 面 接 の 準 備 をする その 他 といったところでしょうか では 自 分 のやってきたことを

More information

ウ 聞 こえの 授 業 ( 難 聴 を 受 け 入 れながらたくましく 豊 かに 生 きていく 力 を 育 む ) 9 月 より 補 聴 器 を 付 けて 登 校 し 始 めたので 通 常 学 級 で きこえの 授 業 を 行 っ た 子 どもたちは 真 剣 に 話 を 聞 き 本 児 へのかかわり

ウ 聞 こえの 授 業 ( 難 聴 を 受 け 入 れながらたくましく 豊 かに 生 きていく 力 を 育 む ) 9 月 より 補 聴 器 を 付 けて 登 校 し 始 めたので 通 常 学 級 で きこえの 授 業 を 行 っ た 子 どもたちは 真 剣 に 話 を 聞 き 本 児 へのかかわり 第 1 回 定 例 研 難 聴 分 科 会 提 案 難 聴 通 級 指 導 教 室 のあり 方 自 分 の 思 いを 生 き 生 きと 表 出 できる 子 どもをめざして 富 士 宮 市 立 東 小 学 校 難 聴 通 級 指 導 教 室 大 内 伸 枝 1 はじめに 富 士 宮 市 立 東 小 学 校 には 言 語 通 級 指 導 教 室 と 難 聴 通 級 指 導 教 室 が 一 つずつあり 言

More information

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40

4 回 答 者 属 性 (1) 性 別 人 数 構 成 比 男 性 女 性 % 55.9% 1.0% 計 % 1% 男 性 43.1% 女 性 55.9% (2) 年 代 別 人 数 構 成 比 20 歳 代 41.0% 30 歳 代 % 40 発 達 障 がいに 関 するアンケート 調 査 結 果 1 調 査 目 的 障 害 福 祉 課 県 では 発 達 障 がいに 関 する 正 しい 理 解 と 認 識 を 深 めていただくため 理 解 啓 発 事 業 を 推 進 しておりますが 発 達 障 がいについて 県 民 の 皆 さんの 意 識 を 把 握 し より 効 果 的 な 啓 発 の 方 法 など 今 後 の 施 策 の 基 礎 資

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

平成21年度「聖南中学校 学校だより」                  発行日 平成21年4月15日

平成21年度「聖南中学校 学校だより」                  発行日 平成21年4月15日 平 成 27 年 度 篠 ノ 井 西 中 学 校 学 校 通 信 発 行 日 平 成 27 年 9 月 16 日 第 20 号 (196 号 ) 校 内 版 長 野 市 立 篠 ノ 井 西 中 学 校 電 話 (026)292-0244 FAX (026)292-7880 担 当 : 教 頭 中 山 平 織 り ~ 書 くこと 説 明 すること ~ 9 月 の 技 術 家 庭 科 の 授 業 です

More information

年 ○○科 学習指導案

年 ○○科 学習指導案 第 4 学 年 算 数 科 学 習 指 導 案 1 単 元 名 記 録 を 見 やすく 整 理 しよう 2 目 標 資 料 を 分 類 整 理 して 表 にまとめることのよさに 気 づき 生 活 に 用 いようとする 関 心 意 欲 態 度 目 的 に 応 じて 分 類 整 理 する 観 点 を 設 け 表 から 資 料 の 特 徴 や 傾 向 についてとらえることができ る 数 学 的 な 考 え

More information

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す

実 践 1 学 期 1.おはなしよんで( 情 報 科 3 時 間 ) (1) 目 標 先 生 が 読 むお 話 を 聞 き お 話 の 世 界 を 楽 しんで 興 味 を 広 げる 1 先 生 の 読 み 聞 かせを 興 味 を 持 って 聞 く 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 確 認 す 1 年 間 計 画 1 年 の 取 り 組 み 単 元 名 4 月 おはなし よんで 主 な 学 習 内 容 読 み 聞 かせに 興 味 を 持 つ 図 書 室 での 約 束 使 い 方 を 身 につけ る 好 きな 本 を 探 して 読 み 読 書 の 楽 しさを 知 る 使 用 ソフト 機 器 指 導 時 間 3 5 月 どうぞ よろしく 自 分 を 紹 介 する 名 刺 を 見 せて 学 級

More information

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手

15 分 間 我 慢 できたらマシュマロをもう 1 個 あげる 途 中 で 食 べたくなったら ベルを 押 せ ば 食 べられる ことを 伝 え 子 どもを 部 屋 に 1 人 にする 実 験 結 果 は 15 分 待 てた 子 どもは 全 体 の 3 分 の 1 以 下 我 慢 できた 子 は 手 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 シリーズ 15 こころの 未 来 - 私 たちのこころは 何 を 求 めているのか- 第 2 回 自 分 の 意 思 で 決 めるとはどういうことか? 心 理 学 と 脳 科 学 の 視 点 から 京 都 大 学 が 東 京 品 川 の 京 都 大 学 東 京 オフィス で 開 く 連 続 講 演 会 東 京 で 学 ぶ 京 大 の 知 のシリーズ

More information

今 まで 漠 然 ととらえていた キャリア という 言 葉 について 新 しい 見 方 が 発 見 でき また 過 去 の 自 分 と 未 来 の 自 分 をつなぐ 作 業 を 実 際 に 行 い 腑 に 落 ちる 部 分 が 多 くあった 堀 上 先 生 が 終 始 にこやかで 穏 やかな 雰 囲

今 まで 漠 然 ととらえていた キャリア という 言 葉 について 新 しい 見 方 が 発 見 でき また 過 去 の 自 分 と 未 来 の 自 分 をつなぐ 作 業 を 実 際 に 行 い 腑 に 落 ちる 部 分 が 多 くあった 堀 上 先 生 が 終 始 にこやかで 穏 やかな 雰 囲 堀 上 先 生 は 身 近 な 具 体 例 や 体 験 談 を 入 れて 話 してくださったので とても 分 かりやすかった です キャリアという 言 葉 について 理 解 が 深 まった 気 がします ありがとうございました 限 られた 時 間 ( 数 分 )の 中 で 自 分 の 考 えを 文 章 や 言 葉 に 表 すことは 非 常 に 難 しかったです 普 段 から 習 慣 づけないとできないことなので

More information

Microsoft Word - douko.doc

Microsoft Word - douko.doc 住 まいの 売 却 で 4 件 中 3 件 が 売 却 損 発 生 不 動 産 売 買 に 当 たりインターネットの 利 用 者 が5 割 不 動 産 流 通 に 関 する 消 費 者 動 向 調 査 結 果 ( 社 ) 不 動 産 流 通 経 営 協 会 住 まいの 売 却 のうち 4 件 中 3 件 で 売 却 損 が 発 生 不 動 産 価 格 の 下 落 により 不 動 産 の 購 入 に

More information

はじめに

はじめに 主 題 移 行 期 の 連 携 に おける 教 育 的 ニーズに 応 じた 支 援 の 充 実 ~ 小 学 校 から 中 学 校 に 効 果 的 な 支 援 を 引 き 継 ぐ た めに ~ 熊 本 市 立 山 ノ 内 小 学 校 教 諭 森 川 義 幸 要 約 小 学 校 から 中 学 校 へと 児 童 のライフステージが 変 化 する 際 それぞれの 機 関 が 一 貫 性 のない 支 援 をしてしまえば

More information

る 状 況 を 易 しいものにする 捕 るではなく, に 当 てることでアウトになるようにする (3) 状 況 判 断 の 能 力 を 高 めるための 段 階 指 導 中 学 年 で 行 ったルールを 基 に 塁, 塁,と 徐 々に 塁 を 増 やしていく それに 伴 い, 走 者 とボー ルを 捕

る 状 況 を 易 しいものにする 捕 るではなく, に 当 てることでアウトになるようにする (3) 状 況 判 断 の 能 力 を 高 めるための 段 階 指 導 中 学 年 で 行 ったルールを 基 に 塁, 塁,と 徐 々に 塁 を 増 やしていく それに 伴 い, 走 者 とボー ルを 捕 小 学 校 体 育 科 ( 平 成 5 年 度 )5 第 5 学 年 体 育 科 学 習 指 導 案 単 元 名 (E ボール 運 動 ウ ベースボール 型 ) 単 元 の 目 標 ベースボール 型 ゲームに 進 んで 取 り 組 み, 友 達 と 助 け 合 って 練 習 やゲームをすることができるようにする 態 度 得 点 をさせないための 守 り 方 を 知 り,チームに 合 った 作 戦 を

More information

(案)3

(案)3 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 阿 波 市 教 育 委 員 会 平 成 25 年 度 第 10 回 阿 波 市 教 育 委 員 会 定 例 会 会 議 録 1 日 時 平 成 26 年 2 月 28 日 ( 金 ) 開 会 午 後 1 時 00 分 閉 会 午 後 2 時 40 分 2 場 所 吉 野 支 所 2 階 会 議 室 3 出 席

More information

1 テーマ名 

1 テーマ名  第 4 学 年 キャリア 教 育 展 開 計 画 ( 学 年 複 ) 1 テマ 名 1/2 成 人 式 ~みんなで 夢 を 語 り おう~ 千 葉 市 立 打 瀬 小 学 校 指 導 者 平 林 かおる 2 テマについて 大 人 になることや 成 長 について 興 味 はあるが 積 極 的 に 考 えようという 態 度 はあまりみられない 協 力 的 に 活 動 できるが 自 分 で 決 めることが

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081408E7392B790B6936B82CC8DA7926B89EF8B638E96985E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF825081408E7392B790B6936B82CC8DA7926B89EF8B638E96985E2E646F6378> 資 料 1 大 津 市 教 育 振 興 基 本 計 画 策 定 関 連 事 業 ( 市 長 と 生 徒 との 意 見 交 換 会 ) 2015 年 1 月 29 日 青 山 中 学 校 での 市 長 と 生 徒 との 意 見 交 換 1. 市 長 あいさつ 2. 生 徒 あいさつ 自 己 紹 介 3. 意 見 交 換 校 内 での 生 徒 の 委 員 会 活 動 等 について 校 内 活 動 ( 委

More information

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極

人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文 科 学 の 基 本 命 題 であり 人 類 誕 生 以 来 の 究 極 就 実 大 学 大 学 院 修 士 課 程 人 文 科 学 研 究 科 人 文 知 の 宝 庫 2017 年 度 入 学 案 内 知 の 探 究 に 年 齢 制 限 はない 人 間 の 本 性 を 暴 き 出 せ 人 文 科 学 研 究 科 諸 君 が 取 り 組 むのは P ゴーギャンが 大 作 の 題 名 に 用 いた 我 々 ( 人 間 ) とはなにか? という 問 題 です これは 人 文

More information

Taro-研究構想.jtd

Taro-研究構想.jtd 読 解 力 を 高 める 国 語 科 学 習 指 導 法 の 研 究 ~ 言 語 活 動 Ⅰ,Ⅱを 関 連 づけた 授 業 づくりを 通 して~ 1 主 題 設 定 の 理 由 (1) 社 会 の 要 請 や 教 育 の 動 向 から 平 成 15 年 に 実 施 された 国 際 学 力 調 査 (PISA)では, 思 考 力 判 断 力 表 現 力 等 を 問 う 読 解 力 や 記 述 式 問

More information

Microsoft Word - 議事録

Microsoft Word - 議事録 子 どもの 健 康 と 環 境 に 関 する 全 国 調 査 (エコチル 調 査 ) 第 6 回 神 奈 川 ユニットセンター 連 絡 協 議 会 日 時 : 平 成 27 年 1 月 7 日 ( 水 )15:00~17:00 場 所 :ヨコハマプラザホテル 5 階 芙 蓉 の 間 220-0011 横 浜 市 西 区 高 島 2-12-12(TEL:045-461-1771) 議 事 次 第 1.

More information

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情

出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 2013 合 格 実 績 出 身 高 校 と 合 格 大 学 内 は 学 部 学 科 名 西 武 台 千 葉 高 校 慶 応 義 塾 大 学 環 境 情 報 学 部 県 立 柏 高 校 同 志 社 大 学 商 学 部 県 立 柏 高 校 明 治 大 学 情 報 数 理 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学 情 報 コミュニケーション 学 部 県 立 柏 中 央 高 校 明 治 大 学

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 立 教 大 学 経 済 学 部 2014 年 度 スタディサポートプログラム 実 施 報 告 Ⅰ. 実 施 概 要 キャリア 教 育 運 営 委 員 会 実 施 目 的 : 1. 新 入 生 が 高 校 までの 学 び 方 と 大 学 での 学 び 方 の 違 いを 知 り 大 学 での 学 びに 期 待 と 意 欲 を 持 つ 2. 新 入 生 が 経 済 学 部 の 先 輩 の 姿 を 見 て

More information

様式1

様式1 定 例 経 営 会 議 議 事 録 年 度 平 成 25 年 度 回 数 第 18 回 日 時 平 成 26 年 2 月 12 日 午 前 9 時 30 分 ~12 時 00 分 場 所 庁 議 室 ( 本 庁 舎 3 階 ) 出 席 者 渡 部 市 長 荒 井 副 市 長 森 教 育 長 榎 本 議 会 事 務 局 長 諸 田 経 営 政 策 部 長 當 間 総 務 部 長 原 市 民 部 長 山

More information

Economic Indicators   定例経済指標レポート

Economic Indicators	  定例経済指標レポート Economic Trends 経 済 関 連 レポート 年 金 財 政 をやさしく 解 説 ( 中 編 ) 発 表 日 :2014 年 7 月 7 日 ( 月 ) ~ 所 得 代 替 率 を 基 準 に 使 った 年 金 削 減 ~ 第 一 生 命 経 済 研 究 所 経 済 調 査 部 担 当 熊 野 英 生 ( :03-5221-5223) 財 政 検 証 をみて 戸 惑 うのは 所 得 代

More information

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p.

かがやけ みらい に おける 関 連 6 年 生 1 グッドガイ-メジャーリーガー 松 井 秀 喜 - 1-(4) 誠 実 明 朗 2 わたし 知 らないところで 1-(1) 思 慮 反 省 節 度 節 制 3 銀 しょく 台 2-(4) 寛 容 謙 虚 p. 38 41 p. 184 187 p. 学 校 図 書 版 小 学 校 道 徳 副 読 本 かがやけ みらい へ 関 連 的 活 用 について 第 6 学 年 小 学 校 児 童 向 けに 配 布 されています 私 たち 道 徳 を 道 徳 時 間 で 使 用 す るため 関 連 情 報 を 表 にしてお 示 ししました 副 読 本 掲 載 れぞれ 資 料 について ( 導 入 展 開 終 末 ) を 具 体 的 に 挙 げました 関 連

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

かけがわ 学 力 向 上 ものがたり 友 だちにやさしい 子 すてきな 文 章 を 書 く 子 足 の 速 い 子 絵 の 上 手 な 子 漢 字 や 歌 が 苦 手 な 子 など さまざまな 子 がいます その 子 の 顔 が 見 え るでしょうか 点 数 だけにとらわれて 学 力 を 論 じると かけがえのない 大 切 なことを 見 落 としてしまうかも 知 れません 教 育 基 本 法 第 1

More information

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情

仕 事 ( 職 種 ) 研 究 については 33.5%が 個 別 企 業 のホームページ を 挙 げた さらに 就 職 情 報 サイト 27.8% インターネット 上 の 情 報 (SNS 含 む) 20.4%と 続 き 多 くの 学 生 が 仕 事 ( 職 種 ) 研 究 にあたり 有 益 な 情 2016 年 度 採 用 ホームページ 好 感 度 ランキング キャリアリサーチ 2015 年 9 月 発 行 景 気 回 復 による 求 人 増 で 売 り 手 市 場 が 鮮 明 になる 中 優 秀 な 学 生 を 採 用 しようと 人 材 獲 得 競 争 が 過 熱 している 加 えて 今 年 はスケジュールが 大 きく 変 わったことで 手 探 りで 採 用 活 動 を 進 めなけ ればならず

More information

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群

定 用 ) 3.4 教 材 : 明 示 群 と 暗 示 群 にそれぞれの 指 導 に 適 したタスクシート 3.5 処 遇 : 実 験 はクラスごとに 実 施 し,3 群 に 事 前 アンケート 事 前 選 択 解 答 テスト 事 前 自 由 解 答 テスト を 実 施 した その 後 統 制 群 高 校 外 国 語 ( 英 語 ) における 暗 示 的 指 導 の 効 果 - 文 法 項 目 の 指 導 を 通 して- 松 井 市 子 1 研 究 の 背 景 平 成 18 年 度 においては 中 学 校 卒 業 者 の 約 98%が 日 本 の 高 等 学 校 に 進 学 しており, 義 務 教 育 的 要 素 が 高 い この 状 況 に 対 応 できるよう 平 成 20 年 度 改 訂

More information