平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2"

Transcription

1 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで ( 但 し 平 成 28 年 3 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までの 期 間 は 準 備 引 継 期 間 とする ) 5 委 託 料 1 運 転 管 理 業 務 円 うち 取 引 に 係 る 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 の 額 円 但 し 業 務 委 託 年 度 (4 月 1 日 から 翌 年 3 月 31 日 までの1 年 間 をいう ) において 委 託 者 が 受 託 者 に 支 払 う 委 託 料 の 限 度 額 は 次 のとおりとする 平 成 28 年 度 (うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 額 ) 平 成 29 年 度 (うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 額 ) 平 成 30 年 度 (うち 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 額 ) 上 記 の 委 託 業 務 について いわき 市 を 委 託 者 とし を 受 託 者 として 次 の 条 項 に 従 って 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする 本 契 約 成 立 の 証 として 本 契 約 書 4 通 を 作 成 し 当 事 者 は 記 名 押 印 の 上 各 自 1 通 を 保 有 する 1

2 平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

3 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 業 務 概 要 第 2 条 業 務 期 間 及 び 業 務 準 備 期 間 第 3 条 契 約 保 証 金 第 4 条 連 帯 保 証 人 第 2 章 業 務 準 備 等 第 5 条 業 務 準 備 第 6 条 資 格 の 取 得 等 第 7 条 事 務 室 等 の 使 用 第 3 章 運 転 業 務 第 8 条 流 入 基 準 第 9 条 流 入 水 の 処 理 第 10 条 流 入 水 質 が 流 入 基 準 を 満 たさない 場 合 第 11 条 流 入 水 量 が 流 入 基 準 を 上 回 った 場 合 第 12 条 流 入 水 の 水 量 水 質 の 変 化 の 把 握 第 13 条 その 他 の 運 転 に 関 する 条 件 第 14 条 引 継 書 第 4 章 維 持 管 理 第 15 条 本 件 施 設 の 維 持 管 理 第 16 条 修 繕 更 新 等 の 必 要 性 に 関 する 報 告 第 17 条 回 復 措 置 請 求 第 5 章 分 析 業 務 業 務 報 告 等 第 18 条 本 件 施 設 の 分 析 業 務 第 19 条 業 務 の 報 告 第 6 章 業 務 検 査 第 20 条 委 託 者 による 検 査 立 入 検 査 第 7 章 支 払 い 及 び 契 約 変 更 第 21 条 委 託 費 等 の 支 払 第 22 条 著 しく 賃 金 又 は 物 価 が 変 動 した 場 合 の 契 約 変 更 第 23 条 外 的 要 因 によりユーティリティの 量 が 増 減 した 場 合 の 契 約 変 更 第 24 条 変 更 の 同 意 第 8 章 損 害 賠 償 及 び 委 託 費 の 減 額 第 25 条 損 害 賠 償 第 26 条 委 託 費 の 減 額 第 27 条 責 任 範 囲 第 9 章 契 約 終 了 及 び 解 除 第 28 条 契 約 終 了 第 29 条 委 託 者 による 契 約 解 除 第 30 条 受 託 者 による 契 約 解 除 第 10 章 その 他 第 31 条 表 明 及 び 保 証 第 32 条 委 託 者 による 委 託 内 容 の 変 更 第 33 条 受 託 者 による 委 託 内 容 の 変 更 第 24 条 不 可 抗 力 第 35 条 経 費 の 負 担 3

4 第 36 条 契 約 上 の 地 位 の 譲 渡 等 第 37 条 再 委 託 第 38 条 通 知 第 39 条 秘 密 保 持 第 40 条 準 拠 法 及 び 管 轄 裁 判 所 第 41 条 雑 則 別 紙 1 対 象 施 設 別 紙 2 リスク 分 担 表 4

5 第 1 章 総 則 ( 業 務 概 要 ) 第 1 条 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 本 契 約 書 及 び 別 添 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 ( 以 下 仕 様 書 という ) 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 要 求 水 準 書 ( 以 下 要 求 水 準 書 という ) その 他 関 係 書 類 に 基 づき 別 紙 1に 記 載 された 対 象 施 設 ( 以 下 本 件 施 設 という ) の 維 持 管 理 ( 以 下 本 件 業 務 という )を 委 託 し 受 託 者 はこれを 受 託 する 2 受 託 者 の 業 務 は 仕 様 書 第 2 章 に 記 載 された 業 務 とする 3 受 託 者 は 前 項 に 定 められた 範 囲 内 において その 裁 量 により 人 員 配 置 運 転 方 法 使 用 機 材 薬 品 消 耗 品 などを 決 定 し 本 件 業 務 を 行 うことができる ( 業 務 期 間 及 び 業 務 準 備 期 間 ) 第 2 条 契 約 期 間 は 平 成 28 年 月 日 より 平 成 31 年 3 月 31 日 までとする 2 業 務 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 ( 以 下 業 務 履 行 開 始 日 という )0 時 00 分 より 平 成 31 年 3 月 31 日 ( 以 下 業 務 期 間 満 了 日 という )24 時 00 分 までとする また 平 成 28 年 3 月 1 日 から 業 務 履 行 開 始 日 の 前 日 までを 業 務 準 備 及 び 引 継 ぎのための 期 間 ( 以 下 業 務 準 備 期 間 という )とし 受 託 者 の 費 用 により 第 2 章 に 規 定 された 業 務 開 始 のための 準 備 及 び 引 継 ぎを 行 うものとする また 平 成 31 年 3 月 1 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 までの 期 間 については 次 の 業 者 への 引 継 ぎ 期 間 とし 円 滑 に 業 務 が 開 始 できるよう 引 継 ぎを 行 うものとする ( 契 約 保 証 金 ) 第 3 条 契 約 代 金 額 の10 分 の1 以 上 の 額 とする ただし いわき 市 財 務 規 則 第 136 条 の 規 定 に 該 当 する 場 合 は 契 約 保 証 金 の 全 部 又 は 一 部 の 納 付 を 免 除 する ( 連 帯 保 証 人 ) 第 4 条 受 託 者 は この 契 約 に 関 する 債 務 不 履 行 により 生 ずる 一 切 の 損 害 等 を 連 帯 して 負 担 する 保 証 人 を 立 て 委 託 者 の 承 認 を 受 けなければならない 2 前 項 保 証 人 は 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 する 者 から 選 定 しなければならない (1) 当 該 業 務 の 委 託 契 約 について いわき 市 工 事 等 に 係 る 指 名 競 争 入 札 参 加 資 格 者 の 資 格 審 査 及 び 指 名 等 の 基 準 に 関 する 要 綱 に 該 当 する 者 (2) 受 託 者 と 同 等 若 しくはそれ 以 上 に 業 務 に 履 行 能 力 を 有 すると 認 められる 者 3 連 帯 保 証 人 は 受 託 者 がこの 契 約 により 委 託 者 に 対 して 負 担 する 一 切 の 債 務 につき 受 託 者 と 連 帯 し て 履 行 の 責 を 負 うものとする 4 受 託 者 は 第 1 項 の 規 定 により 立 てた 連 帯 保 証 人 について 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 生 じたときは その 事 由 が 生 じた 日 から5 日 以 内 に 新 たに 連 帯 保 証 人 を 立 てなければならない (1) 連 帯 保 証 人 が 解 散 したとき (2) 法 令 等 の 規 定 により 別 段 の 資 格 を 必 要 とされる 連 帯 保 証 人 がその 資 格 を 失 ったとき 第 2 章 業 務 準 備 等 ( 業 務 準 備 ) 第 5 条 受 託 者 は 業 務 準 備 期 間 に 引 継 を 受 け 業 務 内 容 及 び 範 囲 を 理 解 し 業 務 履 行 開 始 日 から 滞 りなく 業 務 が 行 える 様 準 備 をすること ( 資 格 の 取 得 等 ) 5

6 第 6 条 受 託 者 は 法 令 上 定 める 資 格 を 有 する 者 が 実 施 すべき 業 務 を 実 施 する 際 には それぞれ 必 要 な 資 格 を 有 する 者 に 担 当 させるものとする 2 受 託 者 は 本 件 業 務 に 必 要 な 官 公 庁 等 の 諸 手 続 きを 行 うものとする ( 事 務 室 等 の 使 用 ) 第 7 条 受 託 者 は 本 件 業 務 を 遂 行 するにあたり 施 設 内 の 事 務 室 等 を 使 用 する 場 合 は 委 託 者 の 使 用 許 可 を 得 るものとする 第 3 章 運 転 業 務 ( 流 入 基 準 ) 第 8 条 委 託 者 は 流 入 水 の 水 量 及 び 水 質 が 要 求 水 準 書 3-1(2)1) 及 び2)の 流 入 基 準 を 満 たすよう 下 水 道 管 理 者 として 可 能 な 限 りの 努 力 を 行 うものとする ( 流 入 水 の 処 理 ) 第 9 条 受 託 者 は 流 入 水 を 要 求 水 準 書 3-1(2)3)に 定 める 遵 守 処 理 水 質 基 準 に 適 合 させて 放 流 する 義 務 を 負 うものとする また 要 求 水 準 書 3-1(2)3)に 定 める 目 標 処 理 水 質 基 準 を 努 力 目 標 とし 放 流 する 義 務 を 負 うものとする ただし 第 10 条 第 2 項 又 は 第 11 条 第 2 項 において 受 託 者 が 責 任 を 負 わない 旨 規 定 されている 場 合 を 除 く 2 前 条 の 流 入 基 準 を 満 たしている 場 合 において 処 理 水 が 要 求 水 準 書 3-1(2)3)に 定 める 遵 守 処 理 水 質 基 準 を 超 えたとき( 以 下 性 能 未 達 成 という )は 委 託 者 は 性 能 未 達 成 の 内 容 を 明 示 した 上 で 受 託 者 に 対 して 改 善 計 画 書 の 提 出 を 命 じることができる 受 託 者 は 改 善 計 画 書 の 提 出 を 命 じ られてから7 日 以 内 に 改 善 計 画 書 を 委 託 者 に 提 出 し 速 やかに 委 託 者 の 確 認 を 受 けるものとする 受 託 者 は 確 認 を 受 けた 改 善 計 画 書 に 従 い 要 求 達 成 に 努 める 義 務 を 負 うものとする また 目 標 処 理 水 質 基 準 を 超 過 し この 状 態 の 回 復 が 認 められない 場 合 も 同 様 とする 3 前 条 の 流 入 基 準 を 満 たしている 場 合 において 処 理 水 が 要 求 水 準 書 3-1(2)3)に 定 める 目 標 処 理 水 質 基 準 を 超 過 し この 状 態 の 回 復 が 認 められない 場 合 は 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 改 善 計 画 書 の 提 出 を 求 めることができる ( 流 入 水 質 が 流 入 基 準 を 満 たさない 場 合 ) 第 10 条 流 入 水 質 が 水 質 に 関 する 流 入 基 準 を 満 たさなかった 場 合 であっても 今 までの 実 績 から 想 定 範 囲 内 かつ 対 応 可 能 な 悪 質 流 入 水 であるときは 第 9 条 の 規 定 を 準 用 する 2 流 入 基 準 未 達 が 前 項 以 外 の 場 合 放 流 水 が 遵 守 処 理 水 質 基 準 及 び 法 定 排 水 基 準 を 満 たせなくとも 受 託 者 は 責 任 を 負 わないものとする ただし 受 託 者 が 本 条 第 3 項 に 違 反 した 場 合 又 は 受 託 者 に 故 意 又 は 過 失 がある 場 合 はこの 限 りではない 3 前 項 の 場 合 受 託 者 は 遵 守 処 理 水 質 基 準 及 び 法 定 排 水 基 準 を 満 たすことができるよう 努 めるものと し 委 託 者 から 指 示 がある 場 合 はそれに 従 う ( 流 入 水 量 が 流 入 基 準 を 上 回 った 場 合 ) 第 11 条 流 入 水 量 が 流 入 基 準 を 上 回 った 場 合 であっても 今 までの 実 績 から 対 応 可 能 な 範 囲 内 の 雨 天 時 浸 出 水 であるときは 第 9 条 の 規 定 を 準 用 する 2 流 入 基 準 未 達 が 前 項 以 外 の 場 合 放 流 水 が 遵 守 処 理 水 質 基 準 及 び 法 定 排 水 基 準 を 満 たせなくとも 受 託 者 は 責 任 を 負 わないものとする ただし 受 託 者 が 本 条 第 3 項 に 違 反 した 場 合 又 は 受 託 者 に 故 意 又 は 重 過 失 がある 場 合 はこの 限 りではない 3 受 託 者 は 気 象 状 況 等 を 把 握 し 流 入 量 を 調 整 する 等 必 要 な 措 置 をとるものとし 前 項 の 原 因 が 台 風 等 による 大 量 降 雨 である 場 合 は 委 託 者 に 報 告 し 委 託 者 の 指 示 があればそれに 従 うこととする 6

7 ( 流 入 水 の 水 量 水 質 の 変 化 の 把 握 ) 第 12 条 受 託 者 は 流 入 水 量 及 び 水 質 の 監 視 を 行 い 流 入 水 の 水 量 又 は 水 質 が 要 求 水 準 書 3-1(2)1) 及 び2)の 範 囲 を 逸 脱 している 場 合 速 やかに 委 託 者 に 報 告 するものとする 2 委 託 者 は 流 入 水 量 及 び 水 質 について 流 入 基 準 未 達 を 生 じさせる 可 能 性 の 高 い 事 実 の 発 生 を 知 った 場 合 速 やかに 受 託 者 に 通 知 するものとする (その 他 の 運 転 に 関 する 条 件 ) 第 13 条 受 託 者 は 流 入 水 の 処 理 に 伴 い 発 生 する 汚 泥 を 要 求 水 準 書 3-1(3)の 遵 守 汚 泥 性 状 基 準 を 満 たすよう 処 理 する 義 務 を 負 うものとする また 要 求 水 準 書 3-1(3)に 定 める 目 標 汚 泥 性 状 基 準 を 努 力 目 標 とし 処 理 する 義 務 を 負 うものとする ただし 仕 様 書 第 48 条 1 項 に 規 定 し た 受 託 者 の 責 に 帰 することができない 外 的 要 因 によると 公 正 に 判 断 できる 場 合 を 除 く 2 受 託 者 は ボイラー 設 備 の 運 転 に 関 しては 要 求 水 準 書 3-1(4)の 遵 守 基 準 を 満 たすよう 運 転 する 義 務 を 負 うものとする ただし 仕 様 書 第 48 条 1 項 に 規 定 した 受 託 者 の 責 に 帰 することができ ない 外 的 要 因 によると 公 正 に 判 断 できる 場 合 を 除 く 3 受 託 者 は 流 入 水 の 処 理 汚 泥 の 処 理 に 伴 い 発 生 する 悪 臭 を 要 求 水 準 書 3-1(5)の 遵 守 悪 臭 基 準 を 満 たすよう 処 理 する 義 務 を 負 うものとする ただし 仕 様 書 第 48 条 1 項 に 規 定 した 受 託 者 の 責 に 帰 することができない 外 的 要 因 によると 公 正 に 判 断 できる 場 合 を 除 く 4 第 1 項 から 第 3 項 の 条 件 を 満 たしていない 場 合 第 9 条 の 第 2 項 を 準 用 する ( 引 継 書 ) 第 14 条 受 託 者 は 業 務 開 始 後 可 能 な 限 り 速 やかに 当 該 施 設 特 有 の 運 転 方 法 や 留 意 事 項 等 を 記 載 した 引 継 書 ( 本 契 約 の 終 了 又 は 解 除 後 に 本 件 施 設 を 運 転 する 者 に 必 要 となる 事 項 以 下 引 継 書 という )を 作 成 し 本 契 約 が 終 了 するまで 本 件 施 設 に 備 えおくものとする 受 託 者 は 引 継 書 を 作 成 したときは 速 やかに 委 託 者 に 通 知 するものとする 2 委 託 者 は いつでも 本 件 施 設 において 引 継 書 を 閲 覧 し また 受 託 者 に 対 し 引 継 書 の 内 容 の 説 明 を 求 めることができる 3 受 託 者 は 必 要 に 応 じて 引 継 書 の 内 容 を 変 更 するものとする 受 託 者 は 引 継 書 の 内 容 を 変 更 した ときは 委 託 者 に 対 し 速 やかに 引 継 書 を 変 更 した 旨 を 通 知 するものとする 第 4 章 維 持 管 理 ( 本 件 施 設 の 維 持 管 理 ) 第 15 条 受 託 者 は 別 紙 1に 記 載 された 本 件 施 設 の 維 持 管 理 業 務 を 行 うものとする 2 設 備 修 繕 業 務 費 は 年 度 毎 に 上 限 を 年 間 1,700 万 円 までとする ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 を 含 ま ない ) 3 前 項 の 修 繕 業 務 費 用 が 上 限 額 に 満 たない 場 合 は 満 たない 金 額 を 次 年 度 に 繰 り 越 すものとする こ の 場 合 繰 り 越 し 額 は 前 項 の 上 限 額 に 含 まないものとする ただし 契 約 期 間 が 満 了 する 最 終 年 度 にお いては 費 用 を 清 算 し 変 更 契 約 をするものとする ( 修 繕 更 新 等 の 必 要 性 に 関 する 報 告 ) 第 16 条 本 件 施 設 において 設 備 の 修 繕 又 は 更 新 の 必 要 が 生 じた 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 し 修 繕 又 は 更 新 が 必 要 である 設 備 の 状 況 及 びその 理 由 を 速 やかに 書 面 により 報 告 するものとする ( 回 復 措 置 請 求 ) 第 17 条 第 20 条 第 2 項 に 規 定 する 施 設 機 能 の 検 査 の 結 果 適 正 に 維 持 管 理 がなされていないと 委 託 者 が 判 断 した 場 合 委 託 者 は 違 反 内 容 を 明 示 した 上 で 受 託 者 に 対 して 改 善 計 画 書 の 提 出 を 命 ずることができ 7

8 る 受 託 者 は 改 善 計 画 書 の 提 出 を 命 じられてから7 日 以 内 に 改 善 計 画 書 を 委 託 者 に 提 出 し 委 託 者 の 確 認 を 受 けるものとする 受 託 者 は 確 認 を 受 けた 改 善 計 画 書 に 従 い 本 件 業 務 を 行 うものとする 2 委 託 者 は 前 項 の 期 限 内 に 受 託 者 が 改 善 計 画 書 を 提 出 しない 場 合 ( 改 善 計 画 書 により 指 摘 された 違 反 内 容 を 是 正 することができないと 認 められる 場 合 を 含 む) 又 は 改 善 計 画 書 どおりに 本 件 業 務 が 行 われていない 場 合 求 める 措 置 の 内 容 とその 理 由 を 記 載 した 書 面 により 受 託 者 に 施 設 機 能 の 回 復 に 必 要 な 措 置 を 受 託 者 の 負 担 により 行 うことを 請 求 することができる( 以 下 回 復 措 置 請 求 という ) 3 受 託 者 は 回 復 措 置 請 求 の 全 部 又 は 一 部 に 不 服 がある 場 合 委 託 者 に 対 し 前 項 の 書 面 の 交 付 を 受 け た 後 7 日 以 内 に 不 服 の 内 容 を 記 載 した 書 面 を 提 出 することにより 回 復 措 置 請 求 の 全 部 又 は 一 部 の 撤 回 を 求 めることができる 4 委 託 者 は 前 項 の 書 面 を 受 領 した 後 7 日 以 内 に 受 託 者 に 対 して 回 復 措 置 請 求 を 撤 回 するか 否 かを 書 面 により 通 知 するものとする 5 前 項 により 撤 回 しない 旨 の 通 知 がなされた 場 合 委 託 者 及 び 受 託 者 はそれぞれの 主 張 の 根 拠 となる 資 料 を 前 項 の 通 知 の 日 から7 日 以 内 に 相 手 方 に 対 して 提 出 するものとする 6 前 項 によっても 意 見 が 一 致 しない 場 合 委 託 者 及 び 受 託 者 は 専 門 家 による 仲 裁 を 請 求 することがで きる 仲 裁 人 は 委 託 者 及 び 受 託 者 と 利 害 関 係 を 有 さず かつ 本 件 業 務 について 十 分 な 知 識 を 有 する 者 の 中 から 委 託 者 及 び 受 託 者 が1 名 ずつ 選 任 し 選 任 された 仲 裁 人 が 協 議 によりさらに1 名 を 選 任 する 仲 裁 は 3 名 の 仲 裁 人 による 多 数 決 により 行 うものとする 仲 裁 に 要 する 費 用 は 自 ら 選 任 した 仲 裁 人 につ いては 各 自 が 負 担 するものとし 仲 裁 人 により 選 任 された 仲 裁 人 については その 主 張 が 認 められなか った 当 事 者 が 負 担 するものとする 7 前 項 による 仲 裁 の 結 果 は 両 当 事 者 を 拘 束 するものとする 8 委 託 者 は 公 共 の 利 益 のためにやむをえない 事 情 があると 考 える 場 合 本 条 第 3 項 から 第 5 項 に 規 定 さ れた 手 続 きがなされ 又 は 本 条 第 6 項 による 仲 裁 がなされている 期 間 においても 回 復 措 置 請 求 を 遵 守 するよう 受 託 者 に 命 じることができる ただし 本 条 第 3 項 から 第 5 項 に 規 定 する 手 続 きにより 回 復 措 置 請 求 が 不 適 切 であったことが 判 明 した 場 合 又 は 本 条 第 6 項 による 仲 裁 により 回 復 措 置 請 求 が 不 適 切 で あったと 判 断 された 場 合 委 託 者 はこれによって 受 託 者 に 生 じた 損 害 を 賠 償 するものとする 第 5 章 分 析 業 務 業 務 報 告 等 ( 本 件 施 設 の 分 析 業 務 ) 第 18 条 受 託 者 は 要 求 水 準 書 3-1(2)から(5)に 定 める 各 遵 守 基 準 及 び 法 定 基 準 に 定 める 遵 守 すべき 要 求 水 準 を 満 たしているかを 確 認 するために 分 析 及 び 計 測 を 行 うものとする 分 析 及 び 計 測 の 結 果 遵 守 すべき 性 能 基 準 の 要 件 のいずれかを 満 たしていない 場 合 改 善 計 画 書 を 作 成 し 委 託 者 の 確 認 を 得 ることとする ( 業 務 の 報 告 ) 第 19 条 受 託 者 は 日 報 を 作 成 し 委 託 者 が 指 定 する 日 毎 に 委 託 者 に 提 出 するものとする なお 日 報 と して 提 出 する 書 類 については 仕 様 書 第 10 条 に 規 定 するものとする 様 式 は 受 託 者 の 提 案 に 基 づ き 委 託 者 が 承 認 するところによる 2 受 託 者 は 当 該 月 の 業 務 完 了 報 告 書 を 作 成 し 当 該 月 の 翌 月 10 日 までに 委 託 者 に 提 出 する 業 務 完 了 報 告 書 として 提 出 する 書 類 については 仕 様 書 第 11 条 に 規 定 するものとし 様 式 は 受 託 者 の 提 案 に 基 づき 委 託 者 が 承 認 するところによる 3 受 託 者 は 当 該 年 度 終 了 に 伴 い 当 該 年 度 の 運 転 管 理 業 務 委 託 年 報 を 作 成 し 当 該 年 度 終 了 後 14 日 以 内 に 委 託 者 に 提 出 する 運 転 管 理 業 務 委 託 年 報 として 提 出 する 書 類 については 仕 様 書 第 12 条 に 規 定 するものとし 様 式 は 受 託 者 の 提 案 に 基 づき 委 託 者 が 承 認 するところによる 4 受 託 者 は 仕 様 書 第 13 条 の 規 定 により 契 約 業 務 完 了 報 告 書 を 作 成 し 委 託 期 間 満 了 日 から14 日 以 内 に 委 託 者 に 提 出 するものとする 契 約 業 務 完 了 報 告 書 として 提 出 する 書 類 については 仕 様 書 8

9 第 13 条 に 規 定 するものとし 様 式 は 受 託 者 の 提 案 に 基 づき 委 託 者 が 承 認 するところによる 5 委 託 者 は 本 条 に 定 める 各 報 告 書 などの 内 容 について 受 託 者 に 説 明 を 求 め また 必 要 な 範 囲 で 受 託 者 が 本 件 業 務 に 関 し 所 持 しているその 他 の 資 料 の 提 出 を 求 めることができる 第 6 章 業 務 検 査 ( 委 託 者 による 検 査 立 入 検 査 ) 第 20 条 委 託 者 は 随 時 自 らの 費 用 で 自 ら 又 は 本 項 に 基 づく 検 査 の 適 切 な 実 施 のために 必 要 な 技 術 力 等 を 有 すると 認 めた 機 関 に 委 託 することにより 水 質 検 査 その 他 計 測 を 行 うことができるものとし 受 託 者 はこれに 協 力 するものとする ただし 委 託 者 は 受 託 者 の 業 務 に 支 障 が 生 じないよう 努 めなければ ならないものとする 2 委 託 者 ( 委 託 者 から 委 託 を 受 けた 機 関 を 含 む )は 前 項 の 施 設 機 能 の 検 査 又 は 受 託 者 の 業 務 遂 行 状 況 について 監 視 を 行 うために 通 常 の 営 業 時 間 内 において 施 設 へ 立 ち 入 ること また 適 宜 受 託 者 に 説 明 を 求 めることができるものとし 受 託 者 は これに 協 力 するものとする 第 7 章 支 払 い 及 び 契 約 変 更 ( 委 託 費 等 の 支 払 ) 第 21 条 委 託 者 は 前 条 第 2 項 の 業 務 完 了 報 告 書 を 受 領 したときは その 内 容 を 検 査 し 不 備 がある 場 合 は 受 託 者 に 再 提 出 を 指 示 する 2 受 託 者 は 前 項 の 通 知 を 受 けた 後 速 やかに 対 象 月 の 委 託 費 の 支 払 いを 請 求 する 3 委 託 者 は 前 項 の 規 定 による 請 求 を 受 けたときは 受 託 者 の 正 式 な 請 求 があった 日 から30 日 以 内 に 当 該 金 額 を 支 払 うものとする 4 本 契 約 期 間 の 中 途 において 消 費 税 率 が 改 正 されたときは 委 託 費 等 の 消 費 税 額 は 委 託 者 受 託 者 協 議 し 決 定 するものとする ( 著 しく 賃 金 又 は 物 価 が 変 動 した 場 合 の 契 約 変 更 ) 第 22 条 委 託 者 又 は 受 託 者 は 委 託 期 間 内 で 契 約 締 結 の 日 から12 月 経 過 した 後 に 日 本 国 内 における 賃 金 水 準 又 は 物 価 水 準 の 変 動 により 委 託 金 額 が 不 適 当 となったと 認 めた 時 は 相 手 方 に 対 して 委 託 金 額 の 変 更 を 請 求 することができる 2 委 託 者 又 は 受 託 者 は 前 項 の 請 求 があった 時 は 変 動 前 残 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 から 当 該 請 求 時 以 前 に 相 応 する 委 託 金 額 を 控 除 した 額 をいう 以 下 同 じ)と 変 動 後 残 委 託 金 額 ( 変 動 後 の 賃 金 又 は 物 価 を 基 礎 として 算 出 した 変 動 前 残 委 託 金 額 に 相 応 する 額 をいう 以 下 同 じ)との 差 額 のうち 変 動 前 残 委 託 金 額 の 1000 分 の15を 超 える 額 につき 委 託 金 額 を 変 更 することができる 3 変 動 前 残 委 託 金 額 及 び 変 動 後 残 委 託 金 額 は 請 求 のあった 日 を 基 準 とし 物 価 指 数 等 に 基 づき 委 託 者 受 託 者 協 議 して 定 める ただし 協 議 開 始 の 日 から14 日 以 内 に 協 議 が 整 わない 場 合 にあっては 委 託 者 が 定 め 受 託 者 に 通 知 する 4 第 1 項 による 請 求 は 本 条 の 規 定 により 委 託 金 額 の 変 更 を 行 った 後 再 度 行 うことができる この 場 合 においては 第 1 項 中 契 約 締 結 の 日 とあるのは 直 前 の 本 条 に 基 づく 委 託 金 額 変 更 の 基 準 とした 日 とする 5 予 期 することのできない 特 別 の 事 情 により 契 約 期 間 内 に 日 本 国 内 において 急 激 なインフレーション 又 はデフレーションを 生 じ 委 託 金 額 が 著 しく 不 適 当 となった 時 は 委 託 者 又 は 受 託 者 は 前 各 項 の 規 定 にかかわらず 委 託 金 額 の 変 更 を 請 求 することができる 6 前 項 の 場 合 において 委 託 金 額 の 変 更 額 については 委 託 者 受 託 者 協 議 して 定 める ただし 協 議 開 始 の 日 から14 日 以 内 に 協 議 が 整 わない 場 合 にあっては 委 託 者 が 定 め 受 託 者 に 通 知 する 9

10 7 第 3 項 及 び 前 項 の 協 議 開 始 の 日 については 委 託 者 が 受 託 者 の 意 見 を 聞 いて 定 め 受 託 者 に 通 知 しなけ ればならない ただし 委 託 者 が 第 1 項 又 は 第 5 項 の 請 求 を 行 った 日 又 は 受 けた 日 から7 日 以 内 に 協 議 開 始 の 日 を 通 知 しない 場 合 には 受 託 者 は 協 議 開 始 の 日 を 定 め 委 託 者 に 通 知 することができる ( 外 的 要 因 によりユーティリティの 量 が 増 減 した 場 合 の 契 約 変 更 ) 第 23 条 降 雨 の 状 況 に 起 因 し ユーティリティの 量 が 増 減 した 場 合 委 託 者 又 は 受 託 者 は 相 手 方 に 対 し て 委 託 金 額 の 変 更 を 請 求 することができる 2 その 他 外 的 要 因 によりユーティリティの 量 が 増 減 した 場 合 委 託 者 又 は 受 託 者 は 相 手 方 に 対 して 委 託 金 額 の 変 更 を 請 求 することができる 3 委 託 者 又 は 受 託 者 は 第 1 項 から 第 2 項 の 請 求 があった 時 は 請 求 前 残 委 託 金 額 ( 委 託 金 額 から 当 該 請 求 時 以 前 に 相 応 する 委 託 金 額 を 控 除 した 額 をいう 以 下 同 じ)と 請 求 後 残 委 託 金 額 ( 変 動 後 の 賃 金 又 は 物 価 を 基 礎 として 算 出 した 変 動 前 残 委 託 金 額 に 相 応 する 額 をいう 以 下 同 じ)との 差 額 のうち 請 求 前 残 委 託 金 額 の1000 分 の15を 超 える 額 につき 委 託 金 額 を 変 更 することができる 4 請 求 前 残 委 託 金 額 及 び 請 求 後 残 委 託 金 額 は 請 求 のあった 日 を 基 準 とし ユーティリティの 量 が 増 減 した 原 因 が 外 的 要 因 であることを 客 観 的 に 判 断 できる 資 料 に 基 づき 委 託 者 受 託 者 協 議 して 定 める た だし 協 議 開 始 の 日 から14 日 以 内 に 協 議 が 行 われない 場 合 にあっては 委 託 者 が 定 め 受 託 者 に 通 知 す る ( 変 更 の 同 意 ) 第 24 条 第 22 条 第 23 条 第 32 条 第 33 条 に 定 める 他 本 契 約 は 両 当 事 者 の 書 面 による 合 意 によらなけれ ば 変 更 することができない 第 8 章 損 害 賠 償 及 び 委 託 費 の 減 額 ( 損 害 賠 償 ) 第 25 条 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 生 じた 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 して 以 下 の 事 由 により 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うものとする (1) 第 9 条 及 び 第 13 条 に 定 める 義 務 の 不 履 行 により 委 託 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 (2) 受 託 者 の 本 契 約 違 反 その 他 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 委 託 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 2 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 受 託 者 は 当 該 第 三 者 に 対 してその 損 害 を 賠 償 する 義 務 を 負 う 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 委 託 者 が 第 三 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 を 負 う 場 合 委 託 者 は 受 託 者 に 対 して 求 償 権 を 行 使 することができる 3 受 託 者 は 自 らの 費 用 で 賠 償 責 任 保 険 等 の 保 険 に 加 入 するものとする 4 委 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 受 託 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 委 託 者 は 受 託 者 に 対 して 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うものとする 5 委 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 委 託 者 は 当 該 第 三 者 に 対 してその 損 害 を 賠 償 する 義 務 を 負 う 委 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 受 託 者 が 第 三 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 を 負 う 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 して 求 償 権 を 行 使 することができる ( 委 託 額 の 減 額 ) 第 26 条 要 求 水 準 書 に 定 める 遵 守 処 理 水 質 基 準 遵 守 汚 泥 性 状 基 準 遵 守 ばい 煙 性 状 基 準 及 び 遵 守 悪 臭 基 準 の 性 能 未 達 成 の 原 因 が 受 託 者 の 故 意 又 は 重 過 失 である 場 合 は 委 託 金 額 の 減 額 ができる 減 額 する 金 額 については 次 のとおりとする 当 該 年 度 分 の 委 託 金 額 のうち 運 転 管 理 に 係 る 金 額 当 該 年 度 の 日 数 性 能 未 達 日 数 2 要 求 水 準 書 に 定 める 法 定 水 質 基 準 未 達 成 の 場 合 は 委 託 金 額 の 減 額 ができる 減 額 する 金 額 について は 前 項 で 定 める 金 額 に 加 え 次 のとおりとする ただし 仕 様 書 第 48 条 に 示 した 事 項 が 原 因 であ 10

11 る 場 合 は この 限 りではない 当 該 年 度 分 の 委 託 金 額 のうち 運 転 管 理 に 係 る 金 額 当 該 年 度 の 日 数 法 定 基 準 未 達 日 数 3 仕 様 書 第 33 条 に 定 める 法 定 点 検 及 びその 他 の 点 検 を 行 わなかった 場 合 委 託 額 の 減 額 を 行 うことが 出 来 る ( 責 任 範 囲 ) 第 27 条 受 託 者 及 び 委 託 者 の 責 任 範 囲 については 別 紙 2リスク 分 担 表 に 従 うものとする 第 9 章 契 約 終 了 及 び 解 除 ( 契 約 終 了 ) 第 28 条 契 約 期 間 満 了 第 29 条 及 び 第 30 条 により 契 約 を 解 除 した 場 合 受 託 者 は 新 たに 施 設 を 運 転 する 者 に 対 し 本 件 施 設 が 維 持 管 理 要 求 水 準 を 満 たしている 状 態 で 本 件 業 務 を 引 き 継 ぎ また 引 継 書 を 交 付 するものとする 2 委 託 者 は 契 約 終 了 の14 日 前 から7 日 前 までの 期 間 内 において 委 託 者 が 決 定 した 日 に 施 設 機 能 の 評 価 を 行 う 施 設 機 能 の 評 価 の 結 果 本 件 施 設 が 維 持 管 理 要 求 水 準 を 満 たしていないと 委 託 者 が 判 断 した 場 合 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し これらの 条 件 を 満 たすために 必 要 な 措 置 を 受 託 者 の 負 担 において 行 うこ とを 請 求 することができる ただし 委 託 者 は 施 設 機 能 の 評 価 を 実 施 した 日 から30 日 以 内 に 請 求 す るものとする 3 前 項 の 評 価 後 契 約 終 了 までに 本 件 施 設 について 維 持 管 理 要 求 水 準 違 反 が 生 じた 場 合 委 託 者 は こ れにより 委 託 者 に 生 じた 損 害 及 び 費 用 を 受 託 者 に 請 求 することができる 4 本 条 第 2 項 による 請 求 がなされた 場 合 第 17 条 第 3 項 から 第 8 項 の 規 定 を 準 用 する ( 委 託 者 による 契 約 解 除 ) 第 29 条 受 託 者 について 以 下 のいずれかに 該 当 する 事 由 が 発 生 した 場 合 委 託 者 は 受 託 者 に 対 する 通 知 により 直 ちに 契 約 を 解 除 することができる (1) 要 求 水 準 書 3-1(2)2)に 定 める 流 入 基 準 を 満 たしている 場 合 において 法 定 排 水 基 準 が 満 たされなかった 場 合 (2) 第 17 条 に 基 づく 回 復 措 置 請 求 に 正 当 な 理 由 なく 従 わない 場 合 ただし 受 託 者 による 不 服 の 申 立 て により 同 条 第 3 項 から 第 5 項 に 規 定 する 手 続 きがなされている 期 間 及 び 同 条 第 6 項 による 仲 裁 がなされ ている 期 間 においては 同 条 第 8 項 による 請 求 がなされた 場 合 を 除 き 回 復 措 置 請 求 に 従 わないことを 理 由 に 解 除 することはできない (3) 破 産 の 申 し 立 てをした 場 合 又 は 第 三 者 により 破 産 の 申 し 立 てがなされ 破 産 宣 告 がなされた 場 合 (4) 民 事 再 生 手 続 開 始 会 社 更 生 手 続 開 始 会 社 整 理 開 始 特 別 精 算 開 始 若 しくはその 他 法 的 倒 産 手 続 きの 開 始 の 申 し 立 てをした 場 合 または 第 三 者 によりこれらの 手 続 き 開 始 の 申 し 立 てを 受 けこれら の 手 続 きが 開 始 された 場 合 (5) 小 切 手 又 は 手 形 の 不 渡 があった 場 合 (ただし 2 号 不 渡 を 除 く) (6) 本 項 第 3 号 から 第 5 号 に 準 ずる 信 用 状 況 の 悪 化 が 認 められる 場 合 又 は 本 契 約 等 に 基 づく 業 務 履 行 が 困 難 であると 合 理 的 に 認 められる 場 合 (7) いわき 市 契 約 等 に 係 る 暴 力 団 等 の 排 除 に 関 する 要 綱 ( 平 成 22 年 2 月 22 日 制 定 ) 第 4 条 第 1 項 に 規 定 す る 排 除 措 置 対 象 者 と 認 められる 場 合 (8) 前 各 号 のほか 受 託 者 が 本 契 約 の 規 定 に 違 反 し 委 託 者 が 是 正 を 催 告 したにもかかわらず 催 告 した 日 から14 日 以 内 に 違 反 が 是 正 されなかった 場 合 2 前 項 各 号 の 事 由 の 発 生 により 委 託 者 により 契 約 が 解 除 された 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 し 違 約 金 を 支 払 う 違 約 金 の 額 は 契 約 金 額 の100 分 の10とする 11

12 3 第 1 項 の 規 定 にかかわらず 委 託 者 は3ヶ 月 前 までに 通 知 することにより いつでも 本 契 約 を 終 了 させ ることができる ただし 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 契 約 金 額 の100 分 の10に 相 当 する 金 額 を 本 契 約 終 了 後 180 日 以 内 に 補 償 金 として 支 払 うものとする ( 受 託 者 による 契 約 解 除 ) 第 30 条 以 下 に 該 当 する 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 する 通 知 により 直 ちに 契 約 を 解 除 することができ る (1) 委 託 者 が 委 託 費 の 支 払 いを2ヶ 月 以 上 遅 延 した 場 合 (2) 受 託 者 の 責 に 帰 さない 事 由 により 本 件 業 務 の 遂 行 が 不 可 能 となった 場 合 2 前 項 により 契 約 が 解 除 された 場 合 受 託 者 は 委 託 者 に 対 して これにより 生 じた 損 害 (ただし 逸 失 利 益 は 含 まない )を 請 求 することができる 第 10 章 その 他 ( 表 明 及 び 保 証 ) 第 31 条 受 託 者 は 委 託 者 に 対 し 本 契 約 締 結 日 現 在 において 次 の 各 号 に 掲 げる 事 実 を 表 明 し 保 証 す る (1) 受 託 者 による 本 件 業 務 の 遂 行 が 受 託 者 に 適 用 される 一 切 の 法 令 に 違 反 しないこと (2) 公 租 公 課 を 滞 納 していないこと (3) 本 件 業 務 の 遂 行 に 重 大 な 悪 影 響 を 及 ぼすおそれがある 裁 判 手 続 又 は 行 政 手 続 が 裁 判 所 又 は 公 的 機 関 ( 国 地 方 公 共 団 体 及 び 自 主 規 制 団 体 を 含 む )において 提 起 又 は 開 始 されておらず また 受 託 者 の 知 る 限 りにおいて そのおそれが 生 じていないこと (4) 委 託 者 から 指 名 停 止 の 処 分 を 受 けていないこと (5) 本 契 約 に 関 し 受 託 者 が 委 託 者 に 対 して 提 供 した 情 報 がその 重 要 な 点 においてすべて 正 確 であるこ と 2 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 本 契 約 締 結 日 現 在 において 次 の 各 号 の 事 実 を 表 明 し 保 証 する (1) 委 託 者 が 受 託 者 に 交 付 した 書 面 が 重 要 な 点 においてすべて 正 確 であること (2) 本 契 約 の 締 結 に 必 要 な 手 続 きをすべて 完 了 していること 3 前 2 項 に 規 定 された 事 項 に 変 更 が 生 じた 場 合 相 手 方 に 対 して 直 ちに 通 知 するものとする ( 委 託 者 による 委 託 内 容 の 変 更 ) 第 32 条 委 託 者 は 法 令 の 変 更 技 術 の 革 新 その 他 の 理 由 により 委 託 の 内 容 の 変 更 を 希 望 する 場 合 受 託 者 に 対 して 変 更 を 希 望 する 日 ( 本 条 において 変 更 日 という )の3ヶ 月 前 までに 変 更 案 ( 委 託 費 部 分 を 含 まない 本 条 において 変 更 案 という )を 提 出 するものとする なお 委 託 者 は 事 前 に 変 更 案 について 受 託 者 の 意 見 を 聞 くように 努 めなければならない 2 受 託 者 は 前 項 の 変 更 案 を 受 領 した 場 合 変 更 案 を 受 領 してから1ヶ 月 以 内 に 委 託 者 に 対 し 変 更 案 に 対 応 する 委 託 費 に 関 する 見 積 りを 提 出 するものとする 3 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 前 項 の 見 積 りを 受 領 してから1ヶ 月 以 内 に 前 項 の 見 積 りを 承 諾 するか 否 かを 通 知 しなければならない 承 諾 する 旨 の 通 知 がなされた 場 合 変 更 日 をもって 本 契 約 は 変 更 案 及 び 見 積 りに 従 って 変 更 されるものとする 4 委 託 者 が 見 積 りを 承 認 しない 旨 を 受 託 者 に 通 知 した 場 合 委 託 者 及 び 受 託 者 の 協 議 により 変 更 案 及 び 委 託 費 を 定 めるものとする 本 項 の 協 議 が 前 項 の 通 知 を 受 け 取 った 後 1ヶ 月 以 内 に 成 立 しない 場 合 (なお この 期 間 については 両 者 の 合 意 の 上 変 更 することができる) 委 託 者 は 変 更 案 の 撤 回 又 は 契 約 の 終 了 の いずれかを 受 託 者 に 対 して 通 知 するものとする 委 託 者 が 契 約 の 終 了 を 通 知 した 場 合 変 更 日 の 前 日 に 本 契 約 は 終 了 するものとする 本 項 により 契 約 を 終 了 する 場 合 第 29 条 3 項 を 準 用 する 5 第 1 項 の 期 間 は 公 益 上 やむをえない 事 由 がある 場 合 短 縮 することができる この 場 合 受 託 者 は 変 12

13 更 案 の 受 領 後 可 能 な 限 り 速 やかに 第 2 項 の 見 積 りを 提 出 しなければならない ( 受 託 者 による 委 託 内 容 の 変 更 ) 第 33 条 受 託 者 は 委 託 の 内 容 の 変 更 を 希 望 する 場 合 委 託 者 に 対 して 変 更 を 希 望 する 日 ( 本 条 におい て 変 更 日 という )の3ヶ 月 前 までに 変 更 案 ( 委 託 費 部 分 を 含 む 本 条 において 変 更 案 という )を 提 出 するものとする なお 受 託 者 は 事 前 に 変 更 案 について 委 託 者 の 意 見 を 聞 くよう 努 めなければな らない 2 委 託 者 は 受 託 者 に 対 し 前 項 の 変 更 案 を 受 領 してから1ヶ 月 以 内 に 変 更 案 を 承 諾 するか 否 かを 通 知 し なければならない 承 諾 する 旨 の 通 知 がなされた 場 合 変 更 日 をもって 本 契 約 は 変 更 されるものとする なお 変 更 案 は 両 者 協 議 の 上 変 更 できるものとする ( 不 可 抗 力 ) 第 34 条 暴 風 洪 水 高 潮 地 震 地 滑 り 落 盤 火 災 争 乱 暴 動 その 他 通 常 の 予 想 を 超 えた 自 然 的 若 しくは 人 為 的 な 事 象 であって 委 託 者 及 び 受 託 者 の 責 に 帰 することができない 事 由 ( 流 入 水 質 及 び 流 入 水 量 が 流 入 基 準 から 著 しく 逸 脱 している 場 合 を 含 む)により 本 件 施 設 の 運 営 が 著 しく 困 難 となっ た 場 合 又 は 本 件 施 設 に 損 傷 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じた 場 合 受 託 者 は 委 託 者 の 指 示 に 従 い 対 応 するもの とし また 施 設 への 被 害 業 務 への 影 響 を 軽 減 するために 合 理 的 な 努 力 を 行 う 義 務 を 負 うものとする これにより 発 生 する 費 用 は 委 託 者 の 負 担 とする ただし 受 託 者 の 故 意 又 は 重 過 失 によって 要 した 費 用 が 増 加 した 場 合 は 受 託 者 の 負 担 とする 2 暴 風 洪 水 高 潮 地 震 地 滑 り 落 盤 火 災 争 乱 暴 動 その 他 通 常 の 予 想 を 超 えた 自 然 的 若 し くは 人 為 的 な 事 象 であって 委 託 者 及 び 受 託 者 の 責 に 帰 することができない 事 由 ( 流 入 水 質 及 び 流 入 水 量 が 流 入 基 準 から 著 しく 逸 脱 している 場 合 を 含 む)により 本 件 施 設 が 損 傷 した 場 合 委 託 者 の 費 用 と 責 任 において 修 繕 を 行 うものとする ただし 受 託 者 の 故 意 又 は 重 過 失 によって 本 件 施 設 の 損 傷 が 拡 大 した 場 合 又 は 防 止 することが 可 能 であった 損 傷 が 生 じた 場 合 これによる 本 件 施 設 の 修 繕 費 用 の 増 加 分 については 受 託 者 の 負 担 とする 3 前 項 に 規 定 する 本 件 施 設 の 損 傷 により 本 件 業 務 を 行 うことができなかった 期 間 の 委 託 費 については 運 転 管 理 業 務 に 係 る 費 用 を 支 払 うものとする ただし 受 託 者 の 故 意 又 は 重 過 失 によって 本 件 施 設 の 損 傷 が 拡 大 した 場 合 又 は 防 止 することが 可 能 であった 損 傷 が 生 じたことにより 業 務 が 停 止 した 期 間 に ついてはこの 限 りではない 4 本 件 施 設 の 損 傷 により 委 託 内 容 を 変 更 する 必 要 がある 場 合 委 託 者 は 必 要 である 範 囲 内 において 委 託 内 容 を 変 更 することができる また 本 件 施 設 の 損 傷 により 本 契 約 の 継 続 が 著 しく 困 難 である 場 合 委 託 者 は 本 契 約 を 解 除 することができる 5 前 項 の 委 託 内 容 の 変 更 又 は 本 契 約 の 解 除 により 生 じた 費 用 については 委 託 者 の 負 担 とする ( 経 費 の 負 担 ) 第 35 条 受 託 者 が 業 務 履 行 上 負 担 する 経 費 は 仕 様 書 第 49 条 に 定 めるものとする それ 以 外 は 委 託 者 の 負 担 とする ( 契 約 上 の 地 位 の 譲 渡 等 ) 第 36 条 受 託 者 は 委 託 者 の 書 面 による 承 認 を 得 た 場 合 を 除 き 本 契 約 に 基 づく 権 利 もしくは 義 務 又 は 契 約 上 の 地 位 を 譲 渡 し また 本 契 約 に 基 づく 権 利 について 質 権 その 他 の 担 保 権 を 設 定 することはできな い ( 再 委 託 ) 第 37 条 受 託 者 は 本 契 約 の 全 部 を 一 括 して 第 三 者 に 請 け 負 わせてはならない 2 受 託 者 は 事 前 に 委 託 者 の 承 認 を 得 て 本 件 業 務 の 一 部 を 請 け 負 わせることができる 委 託 者 は 合 理 的 理 由 がない 限 り 承 認 を 拒 絶 してはならない 13

14 ( 通 知 ) 第 38 条 本 契 約 に 規 定 された 通 知 は 本 契 約 に 別 段 の 規 定 がある 場 合 を 除 き 書 面 (ファックス 及 び 電 子 メールを 含 む)により 行 うものとする ただし ファックス 又 は 電 子 メールにより 通 知 を 行 った 場 合 別 途 合 意 した 場 合 を 除 き 速 やかに 同 一 の 内 容 の 書 面 を 郵 送 するものとする 2 委 託 者 の 受 託 者 に 対 する 通 知 は 委 託 者 の 定 める 方 式 により 受 託 者 が 委 託 者 に 届 け 出 た 場 所 に 対 して 行 うものとする 3 前 項 の 届 出 内 容 に 変 更 があった 場 合 受 託 者 は 速 やかに 委 託 者 に 届 け 出 なければならない ( 秘 密 保 持 ) 第 39 条 委 託 者 及 び 受 託 者 は 以 下 の 場 合 及 び 本 契 約 において 別 段 の 定 めがある 場 合 を 除 き 本 契 約 の 内 容 及 び 本 契 約 の 履 行 に 伴 い 入 手 した 相 手 方 に 関 する 情 報 ( 事 業 実 施 計 画 を 含 む)を 第 三 者 に 対 して 開 示 しないものとする (1) 本 契 約 締 結 時 に 公 知 である 情 報 又 は 情 報 を 受 領 した 当 事 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 によらずに 本 契 約 締 結 後 に 公 知 となった 情 報 を 開 示 する 場 合 (2) 第 三 者 から 適 法 に 入 手 した 情 報 を 開 示 する 場 合 ただし 第 三 者 からの 情 報 の 入 手 について 守 秘 義 務 が 課 せられていない 場 合 に 限 る (3) 契 約 締 結 時 に 守 秘 義 務 を 負 うことなく 適 法 に 所 持 していた 情 報 を 開 示 する 場 合 ただし 本 契 約 締 結 に 関 連 して 相 手 方 に 開 示 された 情 報 を 除 く (4) 法 令 条 例 により 開 示 が 義 務 付 けられる 場 合 において 法 令 条 例 上 必 要 である 範 囲 内 において 開 示 する 場 合 (5) 委 託 者 又 は 受 託 者 の 弁 護 士 公 認 会 計 士 又 は 税 理 士 に 対 して 必 要 である 範 囲 内 において 開 示 する 場 合 (6) 相 手 方 が 書 面 により 承 諾 した 場 合 2 前 項 の 義 務 は 本 契 約 終 了 後 も 存 続 するものとする ( 準 拠 法 及 び 管 轄 裁 判 所 ) 第 40 条 本 契 約 は 日 本 国 の 法 令 にしたがって 解 釈 されるものとする 2 委 託 者 及 び 受 託 者 は 本 契 約 に 関 する 一 切 の 紛 争 については 委 託 者 の 所 在 地 を 管 轄 する 地 方 裁 判 所 を 第 一 審 の 専 属 的 管 轄 裁 判 所 とすることに 合 意 する ( 雑 則 ) 第 41 条 受 託 者 は 本 件 業 務 の 実 施 に 当 たり 関 連 法 令 等 を 遵 守 する 2 本 契 約 の 履 行 に 関 して 委 託 者 と 受 託 者 の 間 で 用 いる 計 量 単 位 は 本 契 約 等 に 特 別 定 めがある 場 合 を 除 き 計 量 法 ( 平 成 4 年 法 律 第 51 号 )に 定 めるところによるものとする 3 期 間 の 定 めについては 民 法 ( 明 治 29 年 法 律 第 89 号 ) 及 び 商 法 ( 明 治 32 年 法 律 第 48 号 )の 定 めるとこ ろによるものとする 4 本 契 約 の 履 行 に 関 して 用 いる 時 刻 は 日 本 標 準 時 とする 5 本 契 約 に 定 めのない 事 項 については いわき 市 財 務 規 則 いわき 市 工 事 請 負 契 約 約 款 いわき 市 物 件 供 給 契 約 約 款 等 を 準 用 するものとし これらにも 定 めのない 事 項 又 は 疑 義 が 生 じた 場 合 は 委 託 者 受 託 者 協 議 の 上 決 定 するものとする 14

15 別 紙 1 対 象 施 設 番 号 施 設 名 住 所 1 北 部 浄 化 センター いわき 市 平 下 神 谷 字 天 神 北 白 土 第 一 ポンプ 場 いわき 市 平 北 白 土 字 穂 積 32 3 北 白 土 第 二 ポンプ 場 いわき 市 平 字 愛 谷 町 三 丁 目 御 厩 ポンプ 場 いわき 市 内 郷 御 厩 四 丁 目 78 5 手 掴 ポンプ 場 いわき 市 平 字 城 東 一 丁 目 新 町 前 ポンプ 場 いわき 市 内 郷 御 台 境 町 自 在 町 仁 井 田 中 継 ポンプ 場 いわき 市 四 倉 町 塩 木 字 道 東 2 8 泉 崎 中 継 ポンプ 場 いわき 市 平 泉 崎 字 砂 田 旧 城 跡 マンホールポンプ いわき 市 平 字 旧 城 跡 11 地 先 10 砂 屋 戸 マンホールポンプ いわき 市 平 上 荒 川 字 砂 屋 戸 13 地 先 11 塩 マンホールポンプ いわき 市 平 塩 字 中 島 地 先 12 明 治 団 地 第 一 マンホールポンプ いわき 市 明 治 団 地 83 地 先 13 明 治 団 地 第 二 マンホールポンプ いわき 市 平 上 荒 川 字 砂 屋 戸 37 地 先 14 神 谷 石 淵 マンホールポンプ いわき 市 平 下 神 谷 字 石 淵 73-1 地 先 15 神 谷 岸 前 マンホールポンプ いわき 市 平 下 神 谷 字 岸 前 90-1 地 先 16 神 谷 瀬 戸 マンホールポンプ いわき 市 平 下 神 谷 字 瀬 戸 78 地 先 17 上 荒 川 マンホールポンプ いわき 市 平 上 荒 川 字 島 田 15-4 地 先 18 下 荒 川 マンホールポンプ いわき 市 平 下 荒 川 4-4 地 先 19 塩 向 マンホールポンプ いわき 市 平 塩 字 塩 向 126 地 先 20 金 坂 マンホールポンプ いわき 市 内 郷 宮 町 金 坂 252 地 先 21 綴 町 沼 尻 マンホールポンプ いわき 市 内 郷 綴 町 沼 尻 110 地 先 22 御 台 境 マンホールポンプ いわき 市 内 郷 御 台 境 町 六 反 田 118 地 先 23 内 町 マンホールポンプ いわき 市 内 郷 内 町 前 田 水 之 出 65-1 地 先 24 四 倉 東 マンホールポンプ いわき 市 四 倉 町 東 三 丁 目 -60 地 先 25 四 倉 南 マンホールポンプ いわき 市 四 倉 町 上 仁 井 田 字 南 細 谷 4-2 地 先 26 四 倉 西 マンホールポンプ いわき 市 四 倉 町 西 四 丁 目 3-3 地 先 27 蜆 川 第 一 ポンプ 場 いわき 市 四 倉 町 東 4 丁 目 蜆 川 第 二 ポンプ 場 いわき 市 四 倉 町 東 2 丁 目 北 一 里 塚 ポンプ 場 いわき 市 平 下 神 谷 字 石 淵 南 白 土 ポンプ 場 いわき 市 平 字 南 白 土 2 丁 目 小 島 ポンプ 場 いわき 市 小 島 3 丁 目 大 町 ポンプ 場 いわき 市 内 郷 高 坂 町 大 町 綴 ポンプ 場 いわき 市 内 郷 綴 町 沼 尻 上 仁 井 田 ポンプ 場 いわき 市 四 倉 町 上 仁 井 田 字 鰻 沼 下 平 窪 ポンプ 場 いわき 市 平 下 平 窪 4 左 エ 門 内 北 目 ポンプ 場 いわき 市 平 字 北 目 町 81-12

16 別 紙 2 リスク 分 担 表 段 階 共 通 運 転 維 持 管 理 リスクの 種 類 リスクの 内 容 負 担 者 委 託 者 受 託 者 要 領 説 明 書 リスク 要 領 説 明 書 等 の 誤 り 内 容 の 変 更 に 関 するもの 等 入 札 コスト 入 札 費 用 に 関 するもの 内 容 変 更 リスク 本 委 託 の 業 務 範 囲 の 縮 小 拡 大 等 契 約 締 結 リスク 委 託 者 の 責 めにより 契 約 を 結 べない または 契 約 手 続 きに 時 間 を 要 する 場 合 受 託 者 の 責 めにより 契 約 を 結 べない または 契 約 手 続 きに 時 間 を 要 する 場 合 本 委 託 に 直 接 関 係 する 法 令 等 の 変 更 法 令 等 の 変 更 リスク 本 委 託 のみではなく 広 く 一 般 的 に 適 用 される 法 令 等 の 変 更 本 委 託 に 関 する 新 税 の 成 立 や 税 率 の 変 更 税 制 の 変 更 リスク 法 人 に 課 させる 税 金 のうちその 利 益 に 課 されるもの の 税 制 度 の 変 更 受 託 者 が 行 う 業 務 に 起 因 する 事 故 受 託 者 の 業 務 の 不 備 に 起 因 する 事 故 などにより 第 三 者 に 与 えた 損 害 第 三 者 賠 償 リスク 受 託 者 の 委 託 範 囲 において 運 営 段 階 における 浸 水 騒 音 振 動 悪 臭 等 による 場 合 上 記 以 外 のもの 本 委 託 業 務 を 行 政 サービスとして 実 施 することに 関 住 民 問 題 リスク する 住 民 反 対 運 動 訴 訟 受 託 者 の 業 務 実 施 に 伴 い 生 じる 住 民 反 対 運 動 訴 訟 事 故 の 発 生 リスク 受 託 者 の 責 めによる 事 故 の 発 生 上 記 以 外 ( 不 可 抗 力 ) 等 による 事 故 の 発 生 受 託 者 が 行 う 業 務 に 起 因 する 環 境 問 題 ( 周 辺 水 域 の 環 境 保 全 リスク 悪 化 騒 音 振 動 異 臭 等 ) 上 記 以 外 のもの 委 託 業 務 中 止 延 期 に 委 託 者 の 指 示 及 び 債 務 不 履 行 によるもの 関 するリスク 受 託 者 の 業 務 放 棄 破 綻 によるもの 物 価 金 利 変 動 リスク 委 託 期 間 のインフレ デフレによる 経 費 の 増 減 不 可 抗 力 リスク 天 災 暴 動 等 による 委 託 業 務 の 変 更 中 止 延 期 許 認 可 リスク 委 託 業 務 の 実 施 に 関 して 受 託 者 が 取 得 するべき 許 認 可 の 遅 延 移 管 手 続 きリスク 業 務 期 間 の 終 了 に 伴 う 業 務 の 移 管 に 係 る 諸 費 用 の 発 生 計 画 変 更 リスク 委 託 業 務 内 容 用 途 の 変 更 に 関 するもの 下 水 の 水 量 変 動 リスク 水 量 の 変 動 に 伴 う 委 託 費 の 増 減 流 入 水 による 場 合 かやむを 得 ない 場 合 による 経 費 の 下 水 の 水 質 汚 泥 含 水 増 加 率 変 動 リスク 上 記 以 外 の 経 費 の 増 加 経 費 上 昇 リスク 受 託 者 の 責 めによる 要 因 で 増 大 する 経 費 上 記 以 外 のもの 物 品 の 盗 難 紛 失 リス 受 託 者 の 管 理 の 不 手 際 による 物 品 の 盗 難 紛 失 ク 上 記 以 外 によるもの 突 発 修 繕 費 の 増 大 リス 受 託 者 の 責 めによる 修 繕 費 の 増 大 ク 上 記 以 外 によるもの 施 設 の 劣 化 に 対 して 受 託 者 が 適 切 な 維 持 管 理 業 務 を 実 施 しなかったことに 起 因 する 施 設 の 損 傷 施 設 損 傷 リスク 委 託 者 の 責 めにより 施 設 が 損 傷 した 場 合 上 記 以 外 のもの 一 般 損 害 リスク 事 業 者 が 行 う 修 繕 に 関 して 生 じた 損 害 上 記 以 外 については 双 方 協 議 して 定 める

17 北 部 処 理 区 雨 水 ポンプ 等 運 転 管 理 業 務 委 託 ( 緊 急 ) 契 約 書 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 雨 水 ポンプ 等 運 転 管 理 業 務 委 託 ( 緊 急 ) 2 場 所 いわき 市 四 倉 町 字 東 四 丁 目 外 35 箇 所 地 内 3 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 まで 4 契 約 単 価 円 / 時 間 (1 人 ) うち 取 引 に 係 わる 消 費 税 額 及 び 地 方 消 費 税 の 額 円 ( 注 ) 取 引 に 係 る 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 の 額 は 消 費 税 法 第 28 条 第 1 項 及 び 第 29 条 並 びに 地 方 税 法 第 72 条 の82 及 び 第 72 条 の83の 規 定 により 算 出 したもので 上 記 契 約 単 価 に108 分 の8を 乗 じて 得 た 額 である 頭 書 の 業 務 委 託 について いわき 市 を 委 託 者 とし 項 により 契 約 を 締 結 する を 受 託 者 として 次 の 条 ( 総 則 ) 第 1 条 受 託 者 は 北 部 処 理 区 雨 水 ポンプ 等 運 転 管 理 業 務 委 託 ( 緊 急 ) 仕 様 書 ( 以 下 仕 様 書 とい う )その 他 関 係 書 類 に 基 づき 頭 書 の 契 約 内 容 により 委 託 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 行 うも のとする ( 履 行 業 務 ) 第 2 条 受 託 者 は 大 雨 台 風 時 に 昼 間 又 は 夜 間 の 勤 務 従 事 者 で 対 応 できない 場 合 応 援 の 従 業 員 を 召 集 し 現 場 待 機 または 雨 水 ポンプ 等 運 転 に 係 る 作 業 を 行 うこととする 2 受 託 者 は 地 震 火 災 等 の 災 害 事 故 故 障 及 び 予 想 不 可 能 な 異 常 発 生 時 に 処 置 を 必 要 と 判 断 し た 場 合 施 設 点 検 設 備 復 旧 等 により 被 害 を 未 然 に 防 止 または 最 小 限 にするために 必 要 な 処 置 を 講 ずることとする ( 委 託 料 の 算 定 ) 第 3 条 委 託 者 は 当 該 業 務 の 委 託 料 について 業 務 に 従 事 した 人 数 が2 名 以 上 であっても 2 名 分 までとして 算 定 する また 算 定 時 間 は 当 該 施 設 の 滞 在 時 間 を 対 象 とする ( 委 託 料 の 支 払 い) 第 4 条 受 託 者 は 委 託 者 による 当 該 月 分 の 業 務 完 了 の 確 認 を 得 た 後 委 託 者 に 対 し その 委 託 料 を 請 求 するものとする 2 委 託 者 は 受 託 者 の 請 求 があった 日 から30 日 以 内 に 当 該 金 額 を 支 払 うものとする

18 ( 保 守 管 理 ) 第 5 条 受 託 者 は 当 該 施 設 の 防 火 及 び 盗 難 防 止 に 努 めなければならない ( 報 告 ) 第 6 条 受 託 者 は 委 託 者 の 指 示 によるものの 他 気 象 状 況 等 に 応 じて 自 主 的 にポンプの 運 転 並 びに 運 転 に 係 る 作 業 等 を 行 い その 結 果 を 速 やかに 委 託 者 に 報 告 するものとする 2 受 託 者 は 毎 月 末 に 委 託 者 にポンプ 運 転 管 理 日 誌 を 提 出 するものとする 3 受 託 者 は 委 託 期 間 中 に1 月 ごとの 業 務 を 完 了 したときは 遅 滞 なく 業 務 完 了 報 告 書 を 委 託 者 に 提 出 しなければならない ( 監 督 員 の 選 任 及 び 職 務 ) 第 7 条 委 託 者 は 監 督 員 を 定 め 氏 名 その 他 の 必 要 事 項 を 書 面 にて 受 託 者 に 通 知 する 監 督 員 を 変 更 したときも 同 様 とする 2 監 督 員 の 職 務 は 次 のとおりとする (1) 契 約 の 履 行 について 総 括 責 任 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 (2) 業 務 の 監 督 及 び 検 査 ( 総 括 責 任 者 の 選 任 及 び 職 務 ) 第 8 条 受 託 者 は 総 括 責 任 者 を 定 め 氏 名 その 他 の 必 要 事 項 を 書 面 にて 委 託 者 に 通 知 する 総 括 責 任 者 を 変 更 したときも 同 様 とする 2 受 託 者 は 総 括 責 任 者 により 従 業 員 の 指 揮 監 督 を 行 うとともに 技 術 の 向 上 及 び 事 故 の 防 止 に 努 める ( 損 害 賠 償 ) 第 9 条 受 託 者 は 次 の 事 由 により 委 託 者 に 損 傷 が 生 じた 場 合 委 託 者 に 対 して 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うものとする (1) 受 託 者 が 適 正 な 運 転 管 理 をしなかった 場 合 (2) 本 契 約 の 規 定 への 違 反 その 他 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 による 場 合 2 委 託 者 は 自 らの 責 に 帰 すべき 事 由 により 受 託 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 受 託 者 に 対 して 生 じた 損 害 を 賠 償 する 責 任 を 負 うものとする 3 受 託 者 は 自 らの 責 に 帰 すべき 事 由 により 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 第 三 者 に 対 し 損 害 を 賠 償 する 義 務 を 負 うものとする また 委 託 者 は 受 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 委 託 者 が 第 三 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 を 負 う 場 合 受 託 者 に 対 して 求 償 権 を 行 使 することができる 4 委 託 者 は 自 らの 責 に 帰 すべき 事 由 により 第 三 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 を 負 う 場 合 第 三 者 に 対 して 損 害 を 賠 償 する 義 務 を 負 うものとする また 受 託 者 は 委 託 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 によ り 受 託 者 が 第 三 者 に 対 して 損 害 賠 償 義 務 を 負 う 場 合 委 託 者 に 対 して 求 償 権 を 行 使 することがで きる 5 受 託 者 は 自 らの 費 用 で 賠 償 責 任 保 険 等 の 保 険 に 加 入 するものとする

19 ( 不 可 抗 力 ) 第 10 条 受 託 者 は 暴 風 洪 水 高 潮 地 震 地 滑 り 落 盤 火 災 争 乱 暴 動 その 他 の 通 常 に 予 想 を 超 えた 自 然 的 若 しくは 人 為 的 な 事 象 であって 委 託 者 及 び 受 託 者 の 責 に 帰 することができない 事 由 により 本 件 施 設 の 運 営 が 著 しく 困 難 となった 場 合 又 は 本 件 施 設 に 損 傷 を 及 ぼす 可 能 性 が 生 じ た 場 合 委 託 者 の 指 示 に 従 い 対 応 するものとする また 施 設 への 被 害 や 業 務 の 影 響 を 軽 減 するた めに 受 託 者 は 合 理 的 な 努 力 を 行 う 義 務 を 負 うものとする これにより 発 生 する 費 用 は 委 託 者 の 負 担 とするが 受 託 者 の 故 意 又 は 重 過 失 によって 要 した 費 用 が 増 加 した 場 合 は 受 託 者 の 負 担 とする ( 契 約 の 解 除 ) 第 11 条 委 託 者 は 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 認 める 場 合 は 契 約 を 解 除 することができる (1) 契 約 を 履 行 しないとき 又 は 履 行 の 見 込 みがないと 明 らかに 認 められるとき (2) 契 約 で 定 める 着 手 期 日 を 過 ぎても 着 手 しないとき (3) 受 託 者 が 解 除 を 申 し 出 たとき (4) 前 各 号 のいずれかに 該 当 する 場 合 を 除 くほか 受 託 者 が 契 約 に 違 反 し その 違 反 によって 契 約 の 目 的 を 達 することができないとき 又 はそのおそれがあるとき (5) いわき 市 契 約 等 に 係 る 暴 力 団 等 の 排 除 に 関 する 要 綱 ( 平 成 22 年 2 月 22 日 制 定 ) 第 4 条 第 1 項 に 規 定 する 排 除 措 置 対 象 者 と 認 められるとき 2 委 託 者 は 前 項 各 号 のいずれかに 該 当 しない 場 合 であっても 合 理 的 な 理 由 があるときは 契 約 を 解 除 し 又 はその 履 行 を 中 止 させ 若 しくはその 一 部 を 変 更 することができる 3 委 託 者 は 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 契 約 を 解 除 し 又 はその 履 行 を 中 止 させるときは その 理 由 期 間 その 他 必 要 な 事 項 を 記 載 した 文 書 でその 旨 を 受 託 者 に 通 知 しなければならない 4 委 託 者 は 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 契 約 の 一 部 を 変 更 する 必 要 があるときは 受 託 者 と 当 該 契 約 の 変 更 に 関 する 契 約 を 締 結 しなければならない ( 違 約 金 の 徴 収 ) 第 12 条 受 託 者 が 前 条 第 1 項 各 号 のいずれかに 該 当 したことにより 契 約 を 解 除 した 場 合 は 契 約 代 金 額 の100 分 の10に 相 当 する 額 を 履 行 不 能 の 違 約 金 として 徴 収 する ただし 委 託 者 が 特 に 認 めた ときは 減 免 することができる 2 第 1 項 の 違 約 金 は 請 負 代 金 額 から 控 除 することができる ( 連 帯 保 証 人 ) 第 13 条 受 託 者 は 自 己 に 代 わって 自 ら 業 務 を 完 了 することを 保 証 する 他 の 者 を 連 帯 保 証 人 として 立 てなければならない 2 前 項 保 証 人 は 次 に 掲 げる 基 準 に 適 合 する 者 から 選 定 しなければならない (1) 当 該 業 務 の 委 託 契 約 について いわき 市 建 設 工 事 等 に 係 る 指 名 競 争 入 札 参 加 資 格 者 の 資 格 審 査 及 び 指 名 等 の 基 準 に 関 する 要 綱 に 該 当 する 者 (2) 受 託 者 と 同 等 若 しくはそれ 以 上 に 業 務 に 履 行 能 力 を 有 すると 認 められる 者 (その 他 の 事 項 ) 第 14 条 業 務 委 託 期 間 の 満 了 に 伴 う 業 務 の 引 き 継 ぎについては 受 託 者 は 委 託 者 の 指 示 に 従 い 協 力

20 をするものとする 2 本 契 約 は 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 の 契 約 業 者 と 同 じ 業 者 と 契 約 を 締 結 する ものとし 施 設 の 一 体 的 な 管 理 を 行 うものとする ( 疑 義 ) 第 15 条 本 契 約 に 定 めのない 事 項 については いわき 市 財 務 規 則 いわき 市 工 事 請 負 契 約 約 款 等 を 準 用 するものとし これらにも 定 めのない 事 項 及 びこの 契 約 に 関 し 疑 義 が 生 じたときは 委 託 者 受 託 者 協 議 のうえ 定 めるものとする この 契 約 の 証 として 本 書 3 通 を 作 成 し 当 事 者 記 名 押 印 のうえ 各 自 1 通 を 保 有 する 平 成 年 月 日 委 託 者 住 所 いわき 市 平 字 梅 本 21 番 地 氏 名 い わ き 市 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印

21 北 部 処 理 区 雨 水 ポンプ 等 運 転 管 理 業 務 委 託 ( 緊 急 ) 仕 様 書 本 仕 様 書 は いわき 市 を 委 託 者 とし を 受 託 者 として 契 約 を 締 結 した 北 部 処 理 区 雨 水 ポンプ 等 緊 急 運 転 業 務 委 託 の 仕 様 を 定 めるものである 1 目 的 この 仕 様 書 の 目 的 は 別 途 契 約 による 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 の 雨 水 排 除 に 関 する 業 務 に 関 して 緊 急 時 の 水 害 を 未 然 に 防 止 するために 雨 水 ポンプ 等 緊 急 運 転 業 務 を 委 託 することを 目 的 とする 又 併 せて 地 震 火 災 故 障 及 び 予 想 不 可 能 な 異 常 発 生 時 において も 被 害 を 未 然 に 防 止 又 は 最 小 限 に 抑 えることを 目 的 とするものである 2 組 織 ( 連 絡 体 制 ) 主 要 連 絡 に 関 する 組 織 は 連 絡 体 制 表 による 3 業 務 1 業 務 内 容 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりとする ア 雨 水 排 水 ポンプ 及 び 中 継 ポンプ 等 の 緊 急 運 転 イ 運 転 管 理 日 誌 の 記 帳 及 び 提 出 ウ 災 害 事 故 故 障 及 び 異 常 発 生 時 の 施 設 点 検 設 備 復 旧 等 エ 災 害 事 故 故 障 及 び 異 常 発 生 時 の 報 告 2 緊 急 運 転 本 業 務 は 水 害 防 止 のため 雨 水 排 除 等 に 支 障 をきたさないように 従 業 員 を 必 要 に 応 じて 派 遣 し 雨 水 排 除 等 に 関 する 業 務 を 行 う また 事 前 配 備 における 待 機 を 含 むものとする 1 気 象 情 報 の 把 握 本 業 務 の 重 大 さを 認 識 し 平 素 から 気 象 情 報 に 注 意 する 特 に 梅 雨 期 や 低 気 圧 の 接 近 台 風 さらには 雷 雨 等 に 伴 う 降 雨 量 の 情 報 取 得 のために 常 に 気 象 情 報 を 把 握 し 状 況 により 委 託 者 と 連 絡 を 取 り 気 象 情 報 を 得 る 2 出 動 担 当 するポンプ 場 の 集 水 区 域 の 状 況 をよく 把 握 し ポンプ 場 からの 非 常 通 報 着 信 以 前 であってもポンプ 運 転 の 必 要 が 予 想 される 場 合 には 余 裕 をもって 出 動 し その 旨 を 委 託 者 に 連 絡 する また 台 風 等 の 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 委 託 者 から 出 動 を 指 示 する 場 合 もある この 場 合 は 速 やかに 出 動 し 運 転 に 備 えて 試 運 転 や 点 検 を 行 い その 結 果 を 委 託 者 に 連 絡 する 3 状 況 の 確 認 現 地 到 着 後 流 入 水 路 及 び 吐 出 側 ( 河 川 海 )の 水 位 や 周 辺 地 域 の 出 水 状 況 を 確 認 し 運 転 に 備 えた 状 況 確 認 を 行 う 1

22 4 運 転 開 始 連 絡 雨 水 ポンプ 等 の 運 転 を 開 始 したときは その 旨 を 速 やかに 委 託 者 に 連 絡 する 5 運 転 雨 水 ポンプ 運 転 は 雨 天 時 の 作 業 が 多 くなり 作 業 環 境 が 極 めて 悪 いので 安 全 確 保 には 十 分 留 意 する 6 運 転 終 了 及 び 退 場 雨 水 ポンプの 運 転 終 了 退 場 は 今 後 の 気 象 情 報 や 流 入 渠 及 び 河 川 の 状 況 を 総 合 的 に 判 断 して 行 い その 旨 を 委 託 者 に 連 絡 する また 機 器 の 点 検 と 手 入 れ 燃 料 の 残 量 確 認 等 を 行 い 再 度 の 運 転 に 支 障 がない よう 確 認 した 後 退 場 する 7 その 他 ポンプ 設 備 等 について 日 頃 から 学 習 し 機 器 のトラブル 防 止 に 努 めること 3 災 害 事 故 故 障 及 び 異 常 発 生 時 の 施 設 点 検 設 備 復 旧 等 本 業 務 は 地 震 火 災 等 の 災 害 事 故 故 障 及 び 予 想 不 可 能 な 異 常 発 生 時 に 処 置 を 必 要 と 判 断 した 場 合 又 は 緊 急 的 に 委 託 者 から 指 示 があった 場 合 施 設 点 検 設 備 復 旧 等 により 被 害 を 未 然 に 防 止 又 は 最 小 限 にするために 必 要 な 処 置 を 講 ずるものである 1 現 場 把 握 平 素 のポンプ 場 建 屋 やその 周 囲 の 流 入 放 流 に 係 わる 水 路 等 を 十 分 把 握 しておき 有 事 の 際 にそれらの 変 化 を 察 知 できるように 心 掛 ける 2 出 動 震 度 4 以 上 の 地 震 発 生 やこれらに 伴 う 委 託 者 からの 出 動 要 請 があった 場 合 速 やかに ポンプ 場 の 点 検 のため 出 動 する また その 場 合 は その 旨 を 委 託 者 に 連 絡 する 3 点 検 現 地 到 着 後 速 やかにポンプ 場 ( 水 路 建 屋 設 備 等 )の 異 常 がないか 点 検 を 行 う 4 報 告 点 検 による 異 常 の 有 無 を 速 やかに 委 託 者 に 報 告 する 5 対 応 ( 異 常 が 発 生 した 場 合 ) 現 場 対 応 が 可 能 な 場 合 はその 対 応 を 行 う また 委 託 者 からの 指 示 に 従 って 対 応 する 6 退 場 退 場 時 は 委 託 者 への 連 絡 と 施 錠 の 確 認 を 行 う 4 運 転 管 理 日 誌 の 記 帳 及 び 提 出 緊 急 運 転 の 必 要 事 項 をそれぞれの 欄 に 記 帳 し 毎 月 月 末 に 連 絡 体 制 に 基 づき 遅 滞 なく 提 出 する この 日 誌 は 運 転 手 当 て 支 給 の 資 料 となるものであるから 取 扱 いに 注 意 する 運 転 時 間 とは 運 転 開 始 から 終 了 までの 実 労 時 間 滞 在 時 間 とは 施 設 到 着 から 退 場 までの 時 間 緊 急 運 転 において 待 機 のみ の 場 合 でも 滞 在 時 間 を 記 帳 すること 2

23 5 故 障 事 故 等 の 報 告 人 身 事 故 や 機 器 に 重 大 な 故 障 が 生 じたとき 連 絡 体 制 に 基 づき 速 やかに 委 託 者 へ 報 告 する また 故 障 についてはできる 限 り 原 因 を 究 明 し 委 託 者 の 指 示 を 仰 ぐ 放 置 すると 故 障 の 恐 れがある 場 合 も 同 様 とする 6 対 象 施 設 (36 施 設 ) 別 途 契 約 による 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 にある 浄 化 センター 等 の 施 設 とする ただし 蜆 川 第 二 ポンプ 場 については 蜆 川 分 水 ゲートを 含 むものとする 7 人 員 適 応 範 囲 本 仕 様 は 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 の 施 設 と 一 体 的 な 管 理 を 行 うもの であるため 浄 化 センターにおいて 通 常 の 休 日 及 び 夜 間 等 運 転 管 理 業 務 人 員 の 中 で 対 応 でき ない 場 合 またポンプ 場 等 ( 北 白 土 第 二 ポンプ 場 は 除 く)においては 夜 間 等 の 運 転 管 理 業 務 人 員 のない 場 合 に 適 応 する 8 委 託 料 の 算 定 委 託 者 は 当 該 業 務 の 委 託 料 について 業 務 に 従 事 した 人 数 が2 名 以 上 であっても 2 名 分 までとして 算 定 する また 算 定 時 間 は 各 従 事 施 設 滞 在 時 間 を 対 象 とする 3

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド)

3-1_CSAJ_投資契約書_シードラウンド) 投 資 契 約 書 目 次 第 1 章 本 契 約 の 目 的 払 込 手 続 等... - 1 - 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 )... - 1 - 第 2 条 ( 本 株 式 の 発 行 及 び 取 得 )... - 1 - 第 3 条 ( 払 込 手 続 き)... - 1 - 第 4 条 ( 前 提 条 件 )... - 1 - 第 2 章 発 行 会 社 及 び 経 営 株 主

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 昭 和 55 年 条 約 第 14 号 ) 会 計 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 35 号 ) 予 算 決 算 及 び 会 計 令 ( 昭 和 22 年 勅 令 第 165 号 ) 国 有 林 野 事 常 呂 川 FC 簡 易 水 洗 トイレ 賃 貸 借 (レンタル) 仕 様 書 1. 賃 貸 借 物 件 仕 様 表 区 分 型 式 仕 様 簡 易 水 洗 ポンプ 式 用 途 大 小 兼 用 ホ ンフ 吐 出 CC) 量 ( 水 タンク 容 量 (リットル) 便 タンク 容 量 (リットル) 250 以 上 / 回 100 以 上 450 以 上 2. 設 置 期 間 平 成 22 年 5 月 17

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

賠償責任保険普通保険約款

賠償責任保険普通保険約款 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 この 普 通 保 険 約 款 およびこの 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 使 用 される 用 語 の 説 明 は 次 のとおりとします ただし この 普 通 保 険 約 款 に 付 帯 される 特 約 条 項 等 において 別 途 用 語 の 説 明 がある 場 合 は その 説 明 に 従 います 用 語 説

More information

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10

目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効 入 札 4 第 10 入 札 及 び 契 約 心 得 航 空 自 衛 隊 第 3 輸 送 航 空 隊 基 地 業 務 群 会 計 隊 契 約 班 目 次 第 1 目 的 1 第 2 通 則 1 第 3 入 札 参 加 資 格 1 第 4 入 札 等 の 通 知 1 第 5 説 明 会 2 第 6 入 札 保 証 金 2 第 7 入 札 等 2 第 8 暴 力 団 排 除 に 関 する 誓 約 事 項 4 第 9 無 効

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73>

<81798A6D92E894C5817A4A4141979897708B4B96F132332E4D61722E323031305F90BC90EC2E786C73> 1/6 利 用 規 約 株 式 会 社 オークション トランスポート 利 用 規 約 標 準 内 航 利 用 運 送 約 款 ( 平 成 十 八 年 国 土 交 通 省 告 示 第 三 百 十 六 号 ) 株 式 会 社 オークション トランスポート トランスポートWEB 利 用 規 約 第 1 条 ( 定 義 ) 本 規 約 および 輸 送 サービス 利 用 規 約 において 用 いられる 字 句

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

Gi電気料金一括請求サービス約款

Gi電気料金一括請求サービス約款 Gi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービス 約 款 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 本 約 款 の 適 用 ) 株 式 会 社 インボイス( 以 下 当 社 といいます)は このGi 公 共 料 金 一 括 請 求 サービ ス 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)を 定 め 本 約 款 に 基 づき 第 4 条 に 定 めるサービ ス( 以 下 本 サービス1と 本 サービス2を 総

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申

第 4 条 ( 申 込 ) 本 規 約 における 応 募 者 とは 当 社 に 対 し 本 サービスでのオーディション 申 込 を 行 った 者 をいいます 当 社 は 別 途 定 める 応 募 者 資 格 に 基 づき 必 要 な 審 査 手 続 等 を 経 た 後 に 選 考 対 象 として 申 HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 第 1 条 ( 総 則 ) HKT48 オーディション 受 付 サイト 利 用 規 約 は( 以 下 本 規 約 といいます) 株 式 会 社 AKS( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する HKT48 へのオーディション 申 込 およびその 後 の 審 査 に 関 する 全 サービ スの 利 用 条 件 を 定 めるものです 第

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - ●150924_1_要求水準書.doc

Microsoft Word - ●150924_1_要求水準書.doc 戸 田 市 上 下 水 道 事 業 包 括 委 託 要 求 水 準 書 平 成 27 年 10 月 7 日 戸 田 市 目 次 第 1 章 業 務 概 要... 1 1.1 業 務 の 目 的... 1 1.2 用 語 の 定 義... 1 1.3 契 約 期 間... 2 1.4 業 務 の 範 囲... 2 1.5 業 務 の 履 行... 2 1.5.1 一 般 事 項... 2 1.5.2

More information

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス

4. 本 サービスを 利 用 するために 必 要 な 通 信 費 等 は 本 サービス 利 用 者 の 負 担 とします 第 5 条 ( 利 用 料 金 ) 1. 本 サービスの 利 用 料 金 ( 以 下 本 料 金 といいます )は 当 社 が 別 途 定 めるとおりとします 2. 本 サービス 第 1 条 ( 本 サービスの 内 容 ) いつでも 書 店 ( 以 下 本 サービス といいます )は いつでも 書 店 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )がお 客 様 に 対 し いつでも 書 店 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )に 基 づき 提 供 するサービスをいいます 第 2 条 ( 本 サービスの 利 用 ) 1. 本 サービスの 利 用 を 希 望

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2)

第 4 条 ( 加 盟 店 の 遵 守 事 項 ) 加 盟 店 は 次 に 掲 げる 事 項 について 遵 守 するものとします (1) 加 盟 店 サイト 上 に 当 社 が 定 める 加 盟 店 マークの 表 示 ガイドライン に 従 い 加 盟 店 マークを 表 示 するものとします (2) WebMoney 加 盟 店 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 本 規 約 は 株 式 会 社 ウェブマネー( 以 下 当 社 という)と WebMoney 加 盟 店 契 約 ( 以 下 加 盟 店 契 約 という)を 締 結 した 加 盟 店 との 契 約 関 係 について 定 めることを 目 的 とします 第 2 条 ( 定 義 ) 本 規 約 において 次 の 用 語 は 以 下 に 規

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号

この約款は、この組合が漁船損害等補償法(昭和27年法律第28号 保 険 約 款 山 口 県 漁 船 保 険 組 合 目 次 第 1 部 漁 船 保 険 ( 第 1 条 - 第 68 条 ) -------------------------------------------------- 1 第 1 章 保 険 契 約 ( 第 1 条 - 第 47 条 ) -------------------------------------------------- 1

More information

DIACERTサービス利用規約

DIACERTサービス利用規約 DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 利 用 者 同 意 書 ) 2015 年 12 月 8 日 版 第 1 条 ( 総 則 ) 1. DIACERT サービス 利 用 規 約 ( 以 下 本 規 約 という )は ジャパンネット 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 という )が 提 供 する DIACERT サービス ( 以 下 本 サービス という )の 利 用 に 関 し て 定 めたものです

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金

( 会 員 有 効 期 間 ) 第 4 条 会 員 規 約 第 9 条 ( 会 員 有 効 期 間 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします ( 更 新 ) 第 5 条 会 員 規 約 第 10 条 ( 更 新 )に 規 定 する 期 間 は 2 年 間 とします 第 3 章 入 会 金 日 本 トーター 株 式 会 社 大 宮 西 武 園 競 輪 事 業 所 大 宮 競 輪 場 及 び 西 武 園 競 輪 場 ポイントサービス 利 用 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 会 員 規 約 に 基 づく 事 項 その 他 当 施 設 におけるポイントサービスの 運 営 に 必 要 な 事 項 を 定 め ることを 目 的 とします ( 定 義 )

More information

Microsoft Word - ③特記仕様書

Microsoft Word - ③特記仕様書 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 久 志 管 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 度 沖 縄 県 企 業 局 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 沖 縄 県 企 業 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 管 理 する 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 両 浄 水 場 の 排 水 処 理 施 設 並 びに 久 志

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20838D815B83938B4B92E8A595DB8FD888CF91F58B4B92E85F32312E345F2E646F63> 平 成 21 年 4 月 1 日 借 主 は 株 式 会 社 三 井 住 友 銀 行 ( 以 下 銀 行 といいます )との 間 で 新 車 ローン ネット de カー のローン 契 約 ( 以 下 ローン 契 約 といいます )を 行 う 場 合 には 銀 行 と 別 途 締 結 する ローン 契 約 書 ( 兼 保 証 委 託 契 約 書 ) ( 以 下 ローン 契 約 書

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

e-Probatio PS2サービス利用約款

e-Probatio PS2サービス利用約款 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 本 約 款 の 目 的 と 範 囲 ) 第 1 条 e-probatio PS2 サービス 利 用 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます)は 株 式 会 社 エヌ テ ィ ティ ネオメイト( 以 下 当 社 といいます)が 運 営 する 電 子 認 証 局 ( 以 下 認 証 局 とい います)が 提 供 する e-probatio

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45>

<5461726F2D93FC8E448CF68D908169915B927590BF8B818B7982D18BC68A45> 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 ) 一 般 競 争 入 札 総 合 評 価 方 式 ( 施 工 体 制 確 認 型 ) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 沖 縄 総 合 事 務 局 南 部 国 道 事 務 所 長 上 原 重 賢 1 工 事 概 要 (1) 工 事 名 平 成 28 年 度 新 川

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

Microsoft Word - ②募集要項.doc

Microsoft Word - ②募集要項.doc 県 営 住 宅 滞 納 家 賃 回 収 弁 護 士 業 務 委 託 提 案 募 集 要 項 静 岡 県 県 営 住 宅 の 退 去 者 の 滞 納 家 賃 回 収 に 係 る 弁 護 士 業 務 委 託 に 関 する 提 案 募 集 について は 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 募 集 要 項 によるものとする 1 業 務 概 要 (1) 目 的 静 岡 県 が 管 理 する 県 営

More information

1. 当 社 が 提 供 する 本 サービスの 内 容 は 以 下 のとおりとします 1 加 盟 店 が 当 社 へのデータ 伝 送 等 を 行 うために 利 用 する 管 理 画 面 及 び 説 明 資 料 ( 媒 体 は 問 わない)を 提 供 すること 2 加 盟 店 が 本 サービスの 利

1. 当 社 が 提 供 する 本 サービスの 内 容 は 以 下 のとおりとします 1 加 盟 店 が 当 社 へのデータ 伝 送 等 を 行 うために 利 用 する 管 理 画 面 及 び 説 明 資 料 ( 媒 体 は 問 わない)を 提 供 すること 2 加 盟 店 が 本 サービスの 利 GMO 後 払 い 加 盟 店 規 約 この 規 約 ( 以 下 本 規 約 といいます )は GMOペイメントサービス 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )が 提 供 する インターネットにおける 商 取 引 の 決 済 等 のサービスである GMO 後 払 い ( 以 下 本 サービス といいます )に 関 する 基 本 的 な 条 件 を 定 めるもの です 第 1 章 加 盟

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被

事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 2016 1 1 事 故 が 発 生 した 場 合 は 遅 滞 なくご 契 約 の 代 理 店 また は 弊 社 にご 連 絡 ください (1)この 保 険 では 保 険 会 社 が 被 保 険 者 に 代 わって 被 害 者 との 示 談 交 渉 を 行 う 示 談 交 渉 サービス を 行 いません 万 一 被 保 険 者 が 賠 償 責 任 を 負 う 事 故 が 発 生 した 場 合 は 弊

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4.

目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項 5 ( 事 例 1) 6 ( 事 例 2) 7 4. 公 益 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 ( 理 事 理 事 会 会 計 監 査 人 評 議 員 評 議 員 会 社 員 社 員 総 会 ) 目 次 1. 公 益 法 人 三 法 による 法 人 の 各 機 関 の 役 割 と 責 任 の 法 定 化 3 2. 理 事 会 計 監 査 人 評 議 員 と 法 人 の 関 係 4 3. 公 益 法 人 のガバナンスにおける 留 意 事 項

More information