<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>"

Transcription

1 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町

2 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって 指 定 管 理 者 制 度 の 目 的 が 発 揮 される 運 用 となること を 目 的 としています 2. 指 定 管 理 者 制 度 運 用 の 基 本 方 針 別 紙 次 期 指 定 管 理 者 更 新 に 向 けた 指 定 管 理 者 制 度 運 用 の 基 本 方 針 を 参 照 3. 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 と 実 施 条 件 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 施 設 の 管 理 運 営 の 業 務 は 次 のとおりである 1 施 設 の 維 持 及 び 管 理 2 施 設 の 使 用 許 可 3 利 用 料 金 の 収 受 4 利 用 料 金 の 減 免 認 定 5 各 施 設 の 設 置 目 的 に 沿 った 事 業 に 関 する 業 務 等 (2) 指 定 管 理 者 が 上 記 業 務 を 実 施 するに 当 たって 満 たさなければならない 条 件 は 各 施 設 の 仕 様 書 のとおりである (3) 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 及 び 業 務 実 施 条 件 の 変 更 を 求 めることができる (4) 上 記 の 変 更 及 びそれに 伴 う 指 定 管 理 料 の 変 更 等 は 指 定 管 理 者 と 町 ( 教 育 委 員 会 )の 協 議 により 決 定 するものとする ( 様 式 1-1) 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 変 更 申 出 書 の 提 出 指 定 管 理 者 と 担 当 課 において 協 議 ( 様 式 1-2) 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 変 更 決 定 通 知 実 施 可 不 可 ( 指 定 管 理 料 の 変 更 のある 場 合 )( 様 式 2) 指 定 管 理 料 変 更 申 出 書 指 定 管 理 業 務 変 更 契 約 書 の 締 結 指 定 管 理 者 制 度 は 適 正 な 管 理 を 確 保 するために 法 において 次 の 事 項 を 規 定 している ( 地 方 自 治 法 第 244 条 第 244 条 の2 参 照 ) 住 民 の 平 等 利 用 の 確 保 と 差 別 的 取 扱 いの 禁 止 選 定 の 手 続 きを 条 例 で 規 定 すること 指 定 に 際 しては 議 会 の 議 決 を 経 ること 管 理 の 基 準 をあらかじめ 条 例 で 定 めること 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 終 了 後 事 業 報 告 書 を 提 出 すること 地 方 公 共 団 体 の 指 示 に 従 わないとき 等 には 指 定 の 取 消 等 を 行 うことができること -1 -

3 町 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 施 設 の 目 的 外 使 用 許 可 に 関 する 業 務 2 施 設 を 利 用 する 権 利 に 関 する 処 分 についての 不 服 申 立 てに 関 する 業 務 3 指 定 管 理 者 の 業 務 の 範 囲 外 の 業 務 4. 指 定 管 理 業 務 の 実 施 (1) 指 定 管 理 業 務 は 協 定 書 指 定 手 続 条 例 各 施 設 の 設 置 条 例 及 び 関 係 条 例 のほか 募 集 要 項 等 ( 仕 様 書 含 む) 及 び 事 業 計 画 書 に 従 って 実 施 する (2) 開 業 準 備 1 指 定 管 理 者 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 必 要 な 資 格 者 及 び 人 材 を 確 保 し 必 要 な 研 修 を 行 わなければならない 2 指 定 管 理 者 は 指 定 開 始 日 に 先 立 ち 管 理 施 設 の 視 察 を 申 出 ることができる (3) 第 三 者 による 実 施 1 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 業 務 の 全 てを 第 三 者 へ 委 託 することはできない 2 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 業 務 の 一 部 を 第 三 者 に 委 託 する 場 合 町 の 承 認 を 受 けなければ ならない ( 様 式 3-1) 再 委 託 に 関 する 承 認 申 請 書 ( 契 約 書 案 の 添 付 ) ( 様 式 3-2) 再 委 託 に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 (4) 管 理 施 設 の 改 修 等 1 管 理 施 設 の 改 修 増 築 移 設 については 町 が 実 施 するが 指 定 管 理 者 の 理 由 により 改 造 増 築 移 設 する 場 合 は 事 前 に 町 の 承 認 を 受 けなければならない ( 様 式 4-1) 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )に 関 する 承 認 申 請 書 ( 様 式 4-2) 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 2 管 理 施 設 の 修 繕 等 については 指 定 管 理 者 が 実 施 する ただし 指 定 管 理 者 に 瑕 疵 の 無 い 場 合 で 施 設 毎 に 定 められた1 件 当 りの 修 繕 金 額 以 上 の 修 繕 については 町 が 実 施 する なお 年 間 の 指 定 管 理 者 の 修 繕 の 負 担 が 基 準 管 理 費 用 で 積 算 した 修 繕 金 額 の 2 倍 を 超 えた 後 の 修 繕 については 町 が 実 施 する 3 町 と 指 定 管 理 者 において 施 設 修 繕 について 毎 年 度 協 議 し 修 繕 計 画 を 作 成 する 修 繕 計 画 は 毎 年 度 更 新 していく -2 -

4 10 月 末 まで ( 様 式 5-1) 修 繕 要 望 一 覧 の 提 出 11 月 指 定 管 理 者 と 担 当 課 において 協 議 ( 様 式 5-2) 担 当 課 において 修 繕 計 画 を 作 成 次 年 度 実 施 分 について 予 算 要 求 12 月 ~2 月 予 算 査 定 予 算 案 確 定 3 月 予 算 決 定 ( 様 式 5-2) 修 繕 計 画 を 修 正 し 指 定 管 理 者 へ 通 知 5 修 繕 料 の 負 担 区 分 及 び 修 繕 の 流 れは 別 紙 1のとおりとする (5) 緊 急 時 の 対 応 1 事 故 災 害 等 の 緊 急 事 態 が 発 生 した 場 合 指 定 管 理 者 は 速 やかに 必 要 な 措 置 を 講 じる とともに 町 を 含 む 関 係 者 に 対 し 通 報 する 事 故 災 害 等 の 発 生 指 定 管 理 者 において 必 要 な 措 置 町 及 び 関 係 機 関 へ 通 報 ( 事 故 等 の 場 合 指 定 管 理 者 と 町 で 協 力 して 原 因 調 査 を 行 う) ( 様 式 6) 事 故 等 発 生 報 告 書 の 提 出 指 定 管 理 者 は 緊 急 時 の 対 応 マニュアル 等 を 作 成 し 適 正 な 対 応 が 取 れるよう 日 頃 か ら 職 員 研 修 などを 実 施 すること (6) 苦 情 要 望 処 理 1 苦 情 要 望 等 があったときは 指 定 管 理 者 の 責 任 と 費 用 において 迅 速 かつ 適 確 に 対 処 する 2 指 定 管 理 者 が 単 独 で 対 処 することが 困 難 な 場 合 は 速 やかに 町 へ 報 告 し 町 の 指 示 に 従 って 対 処 する 苦 情 要 望 等 指 定 管 理 者 において 対 処 ( 困 難 な 場 合 町 へ 報 告 町 の 指 示 に 従 って 対 処 ) ( 様 式 7) 苦 情 要 望 処 理 状 況 報 告 書 の 提 出 -3 -

5 指 定 管 理 者 は 苦 情 要 望 に 対 する 対 応 マニュアル 等 を 作 成 し 適 正 な 対 応 が 取 れる よう 日 頃 から 職 員 研 修 などを 実 施 すること (7) 個 人 情 報 の 保 護 等 1 指 定 管 理 業 務 に 従 事 する 者 が 指 定 管 理 業 務 の 実 施 によって 知 り 得 た 秘 密 等 を 外 部 へ 漏 らしたり 他 の 目 的 に 使 用 してはならない 指 定 期 間 満 了 後 若 しくは 指 定 取 消 後 に おいても 同 様 である 2 指 定 管 理 者 は 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 令 等 を 遵 守 し 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 のため に 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない (8) 情 報 の 公 開 1 指 定 管 理 者 は 栗 山 町 情 報 公 開 条 例 に 基 づき 積 極 的 な 情 報 公 開 に 努 めるとともに 町 より 管 理 業 務 に 関 する 文 書 等 の 提 出 の 要 求 があった 場 合 は 応 じなければならない 5. 備 品 等 の 取 扱 い (1) 貸 与 備 品 等 1 指 定 管 理 者 は 町 から 貸 与 された 備 品 等 について 適 正 に 管 理 しなければならない 2 備 品 等 の 修 繕 及 び 更 新 については 別 紙 2のとおりである (2) 指 定 管 理 者 による 備 品 等 の 購 入 1 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 業 務 実 施 のために 任 意 により 備 品 等 を 購 入 または 調 達 し 使 用 することができるが 購 入 または 調 達 しようとするときに 予 め 町 の 承 認 を 得 なければ ならない 2 購 入 又 は 調 達 をした 備 品 等 は 貸 与 備 品 等 とは 別 の 台 帳 へ 登 録 しなければならない ( 様 式 8-1) 備 品 購 入 に 関 する 承 認 申 請 書 ( 購 入 する 備 品 等 がわかる 書 類 の 添 付 ) 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 ( 様 式 8-2) 備 品 購 入 に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 備 品 購 入 備 品 台 帳 へ 登 録 6. 指 定 管 理 業 務 実 施 に 係 る 町 の 確 認 等 (1) 年 次 事 業 計 画 書 1 指 定 管 理 者 は 毎 年 2 月 末 までに 翌 年 度 の 年 次 事 業 計 画 書 ( 様 式 9)を 提 出 し 町 の 確 認 を 得 なければならない ( 指 定 管 理 者 評 価 の 結 果 に 基 づく 改 善 内 容 を 盛 り 込 むこ と) (2) 事 業 報 告 書 等 1 指 定 管 理 者 は 毎 月 10 日 までに 前 月 の 月 間 業 務 報 告 書 ( 様 式 10)を 町 に 提 出 しな ければならない -4-

6 2 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 終 了 後 4 月 末 までに 事 業 報 告 書 ( 様 式 11)を 町 に 提 出 しな ければならない 年 度 途 中 において 指 定 の 取 消 を 受 けた 場 合 指 定 管 理 者 は 取 り 消 された 日 から30 日 以 内 に 当 該 年 度 の 事 業 報 告 書 を 提 出 しなければならない (3) 町 による 業 務 実 施 状 況 の 確 認 及 び 改 善 の 指 示 1 町 は 月 間 業 務 報 告 書 により 業 務 の 実 施 状 況 を 確 認 するとともに 四 半 期 に1 回 以 上 施 設 に 立 ち 入 り 実 地 調 査 表 ( 様 式 12)に 基 づき 調 査 確 認 を 行 う 2 町 は 仕 様 書 等 で 示 した 業 務 の 実 施 条 件 等 を 満 たしていない 場 合 指 定 管 理 者 に 指 示 改 善 を 行 う 3 指 定 管 理 者 は 改 善 の 指 示 を 受 けた 場 合 速 やかに 応 じなければならない 4 実 地 調 査 の 結 果 指 示 改 善 内 容 は 四 半 期 ごとに 公 表 するものとする (4) 指 定 管 理 者 評 価 1 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 者 評 価 マニュアル( 以 下 評 価 マニュアル という )に 基 づ き 指 定 管 理 者 評 価 シートを 作 成 し 添 付 書 類 とともに 町 へ 提 出 しなければならない 2 指 定 管 理 者 は 評 価 マニュアルに 基 づき 利 用 者 アンケート 調 査 を 実 施 し 町 へ 報 告 す るとともに 町 民 へ 公 表 しなければならない 3 町 は 評 価 マニュアルに 基 づき 指 定 管 理 者 評 価 委 員 会 を 設 置 し 評 価 を 行 い その 結 果 を 指 定 管 理 者 に 通 知 するとともに 町 民 に 公 表 しなければならない 4 指 定 管 理 者 は 評 価 結 果 を 踏 まえて 翌 年 度 の 年 次 事 業 計 画 書 に 改 善 内 容 等 を 反 映 させ なければならない 7. 指 定 管 理 料 について (1) 指 定 管 理 料 の 支 払 い 1 年 間 の 指 定 管 理 料 は 四 半 期 ごと(4 月 7 月 10 月 1 月 )の 均 等 払 いとする ただし 年 間 を 通 じて 業 務 量 に 変 動 がある 場 合 町 と 指 定 管 理 者 で 協 議 のうえ 各 期 の 支 払 額 を 決 定 する 2 指 定 管 理 者 は 四 半 期 の 支 払 月 の5 日 までに 当 該 月 の 指 定 管 理 料 の 支 払 いに 関 する 請 求 書 を 町 に 送 付 し 町 は 当 該 月 の15 日 までに 支 払 う (2) 指 定 管 理 料 の 変 更 1 基 本 的 には 指 定 管 理 料 の 額 は 変 更 しないものとする ただし 経 済 情 勢 の 激 変 その 他 予 期 することのできない 特 別 な 事 情 により 指 定 管 理 料 の 額 が 著 しく 不 適 当 となった 場 合 は 町 と 指 定 管 理 者 の 協 議 により 変 更 することができる 燃 料 費 の 取 扱 いについて( 別 紙 3) 基 準 管 理 費 用 の 積 算 に 使 った 積 算 単 価 と 積 算 数 量 に 基 づく 一 定 の 基 準 により 変 更 を 行 う 8. 利 用 料 金 について (1) 利 用 料 金 制 度 の 採 用 指 定 管 理 施 設 は 全 て 利 用 料 金 制 度 を 採 用 する -5-

7 利 用 料 金 制 度 とは 指 定 管 理 者 にその 管 理 する 公 の 施 設 の 利 用 に 係 る 料 金 を 当 該 指 定 管 理 者 の 収 入 として 収 受 させるもの ( 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 8 項 及 び 第 9 項 ) (2) 承 認 料 金 制 利 用 料 金 の 額 は 施 設 の 設 置 条 例 に 規 定 する 利 用 料 金 の 範 囲 内 において 指 定 管 理 者 が 町 の 承 認 を 得 て 定 めるものとする ( 様 式 13-1) 施 設 利 用 料 金 ( 変 更 ) 承 認 申 請 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 ( 様 式 13-2) 施 設 利 用 料 金 ( 不 ) 承 認 通 知 書 利 用 料 金 の 変 更 は 利 用 実 態 を 勘 案 し 期 間 限 定 で 実 施 することも 可 能 とするが 公 の 施 設 として 平 等 公 平 な 利 用 に 十 分 配 慮 するとともに 積 極 的 な 周 知 に 努 めること 期 間 限 定 で 実 施 する 場 合 は 最 低 でも1ヶ 月 以 上 の 期 間 とし 利 用 者 に 不 公 平 感 が 生 じさせない こととする (3) 減 免 の 認 定 1 利 用 料 金 の 減 免 の 認 定 は 指 定 管 理 者 が 栗 山 町 公 の 施 設 使 用 料 減 免 条 例 の 規 定 に 基 づ く 公 共 施 設 使 用 料 金 減 免 区 分 団 体 一 覧 に 掲 載 されている 団 体 の 減 免 区 分 に 応 じて 行 うものとする 2 新 規 利 用 団 体 の 減 免 の 認 定 については 指 定 管 理 者 が 公 共 施 設 利 用 料 金 減 免 認 定 申 請 書 ( 様 式 14)を 作 成 し 町 に 提 出 する 町 は 団 体 を 審 査 し 減 免 区 分 を 決 定 する 3 減 免 の 認 定 等 の 流 れは 別 紙 4のとおりである (4) 利 用 料 金 の 収 受 及 び 還 付 1 利 用 料 金 は 各 施 設 の 設 置 条 例 に 基 づき 前 納 により 収 受 しなければならない 2 既 に 納 付 された 利 用 料 金 は 各 施 設 の 設 置 条 例 に 基 づき 還 付 できない ただし 次 に 該 当 する 場 合 は その 全 部 又 は 一 部 を 還 付 することができる 使 用 者 の 責 に 帰 さない 理 由 により 使 用 することができなくなったとき 使 用 期 日 の 前 日 までに 使 用 の 変 更 又 は 取 消 の 届 出 があって 相 当 の 理 由 があると 認 めたとき その 他 災 害 等 特 別 な 理 由 があるとき 年 度 途 中 において 指 定 の 取 消 を 受 けた 場 合 取 り 消 された 日 以 降 に 本 施 設 を 利 用 するものに 係 る 利 用 料 金 に 相 当 する 額 を 町 に 支 払 わなければならない 指 定 管 理 者 が 収 受 した 利 用 料 金 のうち 次 期 指 定 期 間 の 利 用 に 係 る 利 用 料 金 相 当 分 は 町 へ 支 払 い 町 は 次 期 指 定 管 理 者 へ 支 払 う ( 現 指 定 管 理 者 が 継 続 して 指 定 管 理 者 となった 場 合 は 現 指 定 管 理 者 において 会 計 処 理 を 行 うだけとする) -6 -

8 ( 様 式 15) 指 定 期 間 以 外 の 使 用 申 請 受 付 に 係 る 使 用 料 等 引 継 書 及 び 提 出 された 使 用 申 請 書 と 納 付 された 利 用 料 金 町 へ 提 出 受 領 書 を 渡 す ( 様 式 15) 指 定 期 間 以 外 の 使 用 申 請 受 付 に 係 る 使 用 料 等 引 継 書 及 び 引 継 がれた 使 用 申 請 書 と 利 用 料 金 次 期 指 定 管 理 者 へ 提 出 引 継 受 領 書 を 渡 す (5) 特 別 使 用 について 1 施 設 の 目 的 以 外 の 使 用 については 指 定 管 理 者 が 許 可 し 利 用 料 金 を 収 入 として 収 受 することはできない ( 町 が 許 可 し 町 が 使 用 料 を 徴 収 ) 2 指 定 管 理 者 の 事 業 展 開 や 利 用 者 拡 大 また 収 入 確 保 を 図 るといったことから 平 成 19 年 度 に 各 施 設 の 設 置 条 例 を 改 正 し 特 別 使 用 についての 規 定 を 追 加 した 施 設 利 用 がある 場 合 に 限 り 物 品 の 販 売 や 興 行 展 示 会 の 開 催 などについて 利 用 者 の 利 便 性 を 図 り かつ 施 設 の 効 用 を 高 める という 観 点 から それらの 行 為 を 特 別 使 用 として 承 認 を 受 け て 実 施 できることとした 特 別 使 用 については 施 設 の 使 用 許 可 及 び 利 用 料 金 と 同 じように 指 定 管 理 者 がその 承 認 と 利 用 料 金 の 収 受 を 行 う 特 別 使 用 に 係 る 利 用 料 金 の 額 区 分 利 用 料 金 物 品 の 販 売 1 日 につき 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% 営 利 宣 伝 を 目 的 とし 1 日 につき 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% ないもの 興 行 等 営 利 宣 伝 を 目 的 とす 1 日 につき 占 用 面 積 200 円 + 売 上 5% るもの 常 設 長 期 間 の 使 用 については 施 設 利 用 がある 場 合 に 限 り ということにはならないの で 目 的 外 使 用 として 町 の 許 可 使 用 料 の 徴 収 ということになる 利 用 料 金 の 額 は 上 記 規 定 の 範 囲 内 において 指 定 管 理 者 が 町 の 承 認 を 得 て 定 めるものとす る ( 様 式 13 施 設 利 用 料 金 ( 変 更 ) 承 認 申 請 書 により 承 認 を 得 る) ( 様 式 16-1) 特 別 使 用 承 認 申 請 書 ( 申 請 者 指 定 管 理 者 ) ( 様 式 16-2) 特 別 使 用 承 認 通 知 書 ( 指 定 管 理 者 申 請 者 ) ( 様 式 16-3) 特 別 使 用 報 告 書 ( 申 請 者 指 定 管 理 者 ) 利 用 料 金 額 の 収 受 -7 -

9 9. 損 害 賠 償 不 可 抗 力 について (1) 損 害 賠 償 1 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 により 管 理 物 件 を 損 傷 し または 滅 失 したときは それ によって 生 じた 損 害 を 町 に 賠 償 しなければならない ただし 町 が 特 別 の 事 情 がある と 認 めた 場 合 は この 限 りではない 2 指 定 管 理 業 務 において 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 第 三 者 に 損 害 が 生 じた 場 合 指 定 管 理 者 はその 損 害 を 賠 償 しなければならない ただし その 損 害 が 町 の 責 めに 帰 すべき 事 由 又 は 町 及 び 指 定 管 理 者 双 方 の 責 めに 帰 すことができない 事 由 に よる 場 合 は この 限 りでない 3 町 は 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 発 生 した 損 害 について 第 三 者 に 対 して 賠 償 した 場 合 指 定 管 理 者 に 対 して 賠 償 した 金 額 及 びその 他 賠 償 に 伴 い 発 生 した 費 用 を 求 償 することができるものとする 4 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 町 及 び 指 定 管 理 者 は 次 の 保 険 に 加 入 するものとす る 町 が 加 入 しなければならない 保 険 総 合 賠 償 補 償 保 険 ( 施 設 の 瑕 疵 業 務 遂 行 に 起 因 する 事 故 などに 対 する 対 人 対 物 保 険 ) 建 物 災 害 共 済 保 険 ( 火 災 風 災 水 災 落 雷 破 裂 爆 発 等 ) 指 定 管 理 者 が 加 入 しなければならない 保 険 施 設 賠 償 責 任 保 険 ( 指 定 管 理 業 務 の 実 施 における 対 人 対 物 保 険 ) ( 保 険 内 容 対 人 1 人 2 億 円 1 事 故 20 億 円 対 物 1 事 故 1 億 円 ) 指 定 管 理 者 は 加 入 した 保 険 の 内 容 を( 様 式 17) 指 定 管 理 業 務 実 施 に 伴 う 保 険 加 入 報 告 書 によ り 報 告 する (あわせて 加 入 保 険 証 書 等 の 写 しを 町 へ 提 出 しなければならない ) (2) 不 可 抗 力 不 可 抗 力 とは 天 災 ( 地 震 津 波 落 雷 暴 風 雨 暴 風 雪 異 常 降 雨 土 砂 崩 壊 等 ) 人 災 ( 戦 争 テロ 暴 動 等 ) 法 令 変 更 及 びその 他 町 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 をいう なお 施 設 利 用 者 数 の 増 減 は 不 可 抗 力 には 含 まれないものとする 1 不 可 抗 力 が 発 生 した 場 合 指 定 管 理 者 は 不 可 抗 力 の 影 響 を 早 期 に 除 去 すべく 早 急 に 対 応 措 置 をとり 不 可 抗 力 により 発 生 する 損 害 損 失 及 び 増 加 費 用 を 最 小 限 にするよう 努 力 しなければならない 2 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 指 定 管 理 者 に 損 害 損 失 や 増 加 費 用 が 発 生 した 場 合 指 定 管 理 者 は その 内 容 や 程 度 の 詳 細 を 記 載 した 書 面 をもって 町 に 通 知 するものとする 3 町 は 不 可 抗 力 発 生 の 通 知 を 受 け 取 った 場 合 損 害 状 況 の 確 認 を 行 った 上 で 町 と 指 定 管 理 者 の 協 議 を 行 い 不 可 抗 力 の 判 定 や 費 用 負 担 等 を 決 定 するものとする 4 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 指 定 管 理 者 に 損 害 損 失 や 増 加 費 用 が 発 生 した 場 合 当 該 費 用 については 合 理 性 の 認 められる 範 囲 で 町 が 負 担 するものとする なお 指 定 管 理 者 が 付 保 した 保 険 によりてん 補 された 金 額 相 当 分 については 町 の 負 担 に 含 まないも のとする -8 -

10 5 不 可 抗 力 の 発 生 に 起 因 して 町 に 損 害 損 失 や 増 加 費 用 が 発 生 した 場 合 当 該 費 用 につ いては 町 が 負 担 するものとする 6 町 と 指 定 管 理 者 の 協 議 の 結 果 不 可 抗 力 の 発 生 により 指 定 管 理 業 務 の 一 部 の 実 施 がで きなくなったと 認 められた 場 合 指 定 管 理 者 は 不 可 抗 力 により 影 響 を 受 ける 限 度 にお いて 義 務 を 免 れるものとする 7 指 定 管 理 者 が 不 可 抗 力 により 業 務 の 一 部 を 実 施 できなかった 場 合 町 は 指 定 管 理 者 との 協 議 の 上 指 定 管 理 者 が 当 該 業 務 を 実 施 できなかったことにより 免 れた 費 用 分 を 指 定 管 理 料 から 減 額 することができるものとする ( 様 式 18-1) 不 可 抗 力 による 損 害 等 報 告 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 ( 様 式 18-2) 不 可 抗 力 による 対 応 決 定 通 知 10. 指 定 期 間 の 満 了 (1) 業 務 の 引 継 ぎ 1 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 の 満 了 に 伴 い 町 又 は 町 が 指 定 するものに 対 し 指 定 管 理 業 務 の 引 継 ぎ 等 を 行 なわなければならない ( 指 定 管 理 業 務 引 継 書 ( 様 式 19)) 2 町 は 指 定 期 間 の 満 了 に 先 立 ち 指 定 管 理 者 に 対 して 町 または 町 が 指 定 するものによ る 管 理 施 設 の 視 察 を 申 し 出 ることができるものとする 指 定 管 理 者 は 合 理 的 な 理 由 がある 場 合 を 除 いてその 申 出 に 応 じなければならない (2) 原 状 回 復 義 務 1 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 が 満 了 したときは 当 該 施 設 又 は 設 備 を 速 やかに 原 状 に 回 復 しなければならない ただし 指 定 管 理 者 が 町 の 承 諾 を 得 て 機 能 向 上 を 行 った 箇 所 及 び 町 が 特 に 必 要 と 認 めた 箇 所 については この 限 りでない (3) 備 品 等 の 扱 い 1 指 定 期 間 満 了 に 伴 い 備 品 等 の 取 扱 いは 次 のとおりとする 指 定 管 理 者 は 町 から 貸 与 された 備 品 等 については 町 の 指 示 に 従 い 引 き 渡 さなければならない 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 実 施 のために 任 意 に 備 品 等 を 購 入 または 調 達 した 備 品 等 については 原 則 として 指 定 管 理 者 が 自 己 の 責 任 と 費 用 で 撤 去 撤 収 するものとする ただし 町 と 指 定 管 理 者 の 協 議 において 両 者 が 合 意 した 場 合 指 定 管 理 者 は 町 または 町 が 指 定 するものに 対 して 引 き 継 ぐことができるものとする 11. 指 定 の 取 消 し (1) 指 定 の 取 消 し 及 び 指 定 管 理 業 務 の 停 止 1 町 は 指 定 手 続 条 例 第 10 条 に 規 定 するほか 次 の 各 号 に 該 当 するときは 指 定 管 理 者 に 対 して 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 指 定 管 理 業 務 の 一 部 又 は 全 部 の 停 止 を 命 ずることができる -9-

11 自 治 法 第 244 条 の2 第 10 項 の 規 定 による 報 告 の 要 求 又 は 調 査 に 対 して これに 応 じず 又 は 虚 偽 の 報 告 をし 若 しくは 調 査 を 妨 げたとき 自 治 法 第 244 条 の2 第 10 項 の 規 定 による 指 示 に 故 意 に 従 わないとき 施 設 条 例 及 び 施 設 条 例 施 行 規 則 又 は 協 定 に 定 める 規 定 に 違 反 したとき 指 定 手 続 条 例 第 2 条 第 2 号 の 規 定 により 明 示 する 申 込 資 格 を 失 ったとき 申 込 みの 際 に 提 出 した 書 類 の 内 容 に 虚 偽 があることが 判 明 したとき 団 体 の 経 営 状 況 の 悪 化 等 により 管 理 業 務 を 行 うことが 不 可 能 又 は 著 しく 困 難 になったとき 組 織 的 な 非 違 行 為 が 行 われていた 場 合 など 当 該 指 定 管 理 者 に 管 理 業 務 を 行 わせておくことが 社 会 通 念 上 著 しく 不 適 当 と 判 断 されるとき 管 理 業 務 が 行 われないとき 自 らの 責 めに 帰 すべき 事 由 により 指 定 管 理 者 から 協 定 締 結 の 解 除 の 申 出 があったとき その 他 甲 が 必 要 と 認 めるとき 2 町 は 指 定 を 取 り 消 し 又 は 指 定 管 理 業 務 の 停 止 を 命 じたときには 管 理 費 用 の 全 部 又 は 一 部 を 返 還 させることができる 3 町 は 指 定 の 取 り 消 しを 行 おうとする 際 には 事 前 にその 旨 を 指 定 管 理 者 に 通 知 した 上 で 次 の 事 項 について 指 定 管 理 者 と 協 議 を 行 わなければならない 指 定 取 消 しの 理 由 指 定 取 消 しの 要 否 指 定 管 理 者 による 改 善 策 の 提 示 と 指 定 取 り 消 しまでの 猶 予 期 間 の 設 定 その 他 必 要 な 事 項 4 町 は 指 定 を 取 り 消 し または 期 間 を 定 めて 指 定 管 理 業 務 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 じた 場 合 において 指 定 管 理 者 に 損 害 損 失 や 増 加 費 用 が 生 じても その 賠 償 の 責 めを 負 わない 5 指 定 管 理 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により 指 定 の 取 消 しを 行 った 場 合 においては 指 定 管 理 者 は 指 定 期 間 の 残 存 期 間 に 係 る 指 定 管 理 料 の100 分 の10に 相 当 する 額 を 違 約 金 として 町 の 指 定 する 期 間 に 支 払 わなければならない ( 様 式 20) 栗 山 町 指 定 管 理 者 指 定 取 消 事 前 通 知 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 指 定 管 理 者 から 改 善 計 画 書 の 提 出 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 継 続 取 消 ( 様 式 21) 栗 山 町 指 定 管 理 者 指 定 取 消 書 指 定 管 理 者 から 返 還 金 及 び 違 約 金 の 支 払 い

12 ( 様 式 22) 栗 山 町 指 定 管 理 者 業 務 停 止 命 令 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 指 定 管 理 者 から 返 還 金 の 支 払 い (2) 指 定 管 理 者 による 指 定 の 取 消 しの 申 出 1 指 定 管 理 者 は 次 のいずれかに 該 当 する 場 合 町 に 対 して 指 定 の 取 り 消 しを 申 し 出 るこ とができる 町 が 協 定 内 容 を 履 行 せず またはこれらに 違 反 したとき 町 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 指 定 管 理 者 が 損 害 または 損 失 を 被 ったとき その 他 指 定 管 理 者 が 必 要 と 認 めるとき 2 町 は 指 定 管 理 者 からの 申 出 を 受 けた 場 合 指 定 管 理 者 との 協 議 を 経 てその 処 置 を 決 定 する ( 様 式 23) 栗 山 町 指 定 管 理 者 指 定 取 消 申 出 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 継 続 取 消 ( 様 式 21) 栗 山 町 指 定 管 理 者 指 定 取 消 書 指 定 管 理 者 から 返 還 金 及 び 違 約 金 の 支 払 い (3) 不 可 抗 力 による 指 定 の 取 消 し 1 町 または 指 定 管 理 者 は 不 可 抗 力 の 発 生 により 指 定 管 理 業 務 の 継 続 等 が 困 難 と 判 断 した 場 合 は 相 手 方 に 対 して 指 定 取 消 しの 協 議 を 求 めることができる 2 協 議 の 結 果 やむを 得 ないと 判 断 された 場 合 町 は 指 定 の 取 消 しを 行 う 3 指 定 の 取 消 しによって 指 定 管 理 者 に 発 生 する 損 害 損 失 及 び 増 加 費 用 は 合 理 性 が 認 められる 範 囲 で 町 が 負 担 することを 原 則 として 町 と 指 定 管 理 者 の 協 議 により 決 定 す る ( 様 式 18-1) 不 可 抗 力 による 損 害 等 報 告 書 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 ( 様 式 18-2) 不 可 抗 力 による 対 応 決 定 通 知 ( 様 式 21) 栗 山 町 指 定 管 理 者 指 定 取 消 書 指 定 管 理 者 から 返 還 金 の 支 払 い -11 -

13 12.その 他 (1) 権 利 義 務 の 譲 渡 の 禁 止 1 指 定 管 理 者 は 協 定 によって 生 ずる 権 利 または 義 務 を 第 三 者 に 譲 渡 し 又 は 承 継 させ てはならない ただし 町 が 特 に 認 めた 場 合 はこの 限 りでない (2) 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 外 の 業 務 1 指 定 管 理 者 は 各 施 設 の 設 置 目 的 に 合 致 し かつ 指 定 管 理 業 務 の 実 施 を 妨 げない 範 囲 において 自 己 の 責 任 と 費 用 により 自 主 事 業 を 実 施 することができる 2 指 定 管 理 者 は 自 主 事 業 を 実 施 する 場 合 は 町 に 対 して 事 業 実 施 計 画 書 を 提 出 し 協 議 を 行 い 事 前 に 町 の 承 諾 を 受 けなくてはならない 3 町 は 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 を 実 施 するに 当 たって 別 途 の 自 主 事 業 の 実 施 条 件 等 を 定 めることができる ( 様 式 24-1) 自 主 事 業 計 画 書 の 提 出 指 定 管 理 者 と 町 において 協 議 ( 様 式 24-2) 事 業 実 施 計 画 の 決 定 通 知 事 業 実 施 ( 様 式 24-3) 自 主 事 業 実 績 報 告 書 の 提 出 4 自 主 事 業 の 収 支 については 指 定 管 理 業 務 に 係 る 収 支 と 区 分 して 経 理 し さらに 複 数 の 自 主 事 業 を 行 う 場 合 は 事 業 毎 の 経 理 とすること また 自 主 事 業 の 実 施 に 伴 う 利 用 料 金 の 取 扱 いは 自 主 事 業 の 支 出 において 利 用 料 金 を 支 払 い 指 定 管 理 業 務 の 利 用 料 金 収 入 として 受 けることとする ( 具 体 例 は 別 紙 5を 参 照 ) 自 主 事 業 の 参 加 者 数 は 施 設 の 利 用 人 数 としてもカウントすること (3) 資 金 の 管 理 1 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 業 務 に 係 る 資 金 の 収 支 について 他 の 会 計 と 区 分 して 経 理 す るものとし 独 立 した 帳 簿 及 び 口 座 により 管 理 しなければならない ( 様 式 25) 指 定 管 理 業 務 に 係 る 資 金 管 理 口 座 報 告 書 の 提 出 (4) 帳 簿 等 の 整 備 保 管 1 指 定 管 理 者 は 次 に 掲 げる 帳 簿 等 を 整 備 し 指 定 期 間 の 完 了 の 日 の 属 する 年 度 の 翌 年 度 から5 年 間 保 存 しなければならない 金 銭 出 納 簿 その 他 経 理 書 類 指 定 管 理 業 務 に 関 する 実 施 状 況 報 告 書 及 び 収 支 決 算 報 告 書 等 町 が 別 に 指 定 する 書 類

14 (5) 帳 簿 書 類 の 提 出 等 1 指 定 管 理 者 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 以 下 自 治 法 という ) 第 1 99 条 第 7 項 の 規 定 による 監 査 委 員 の 監 査 のため 監 査 委 員 が 必 要 と 認 めたときは 指 定 管 理 業 務 に 係 る 出 納 関 連 の 事 務 に 関 する 帳 簿 書 類 その 他 の 記 録 を 提 出 し 又 は 出 頭 してその 調 査 に 応 じなければならない 2 指 定 管 理 者 は 自 治 法 第 98 条 の 規 定 に 基 づく 町 に 対 する 栗 山 町 議 会 の 請 求 に 基 づく 監 査 のため 町 が 必 要 と 認 めたときは 町 に 対 し 指 定 管 理 業 務 に 係 る 出 納 関 連 の 事 務 に 関 する 帳 簿 書 類 その 他 の 記 録 を 提 出 し 又 は 出 頭 してその 調 査 に 応 じなければなら ない 3 指 定 管 理 者 は 町 が 自 治 法 第 244 条 の2 第 10 項 の 規 定 に 基 づき 指 定 管 理 者 に 対 し て 行 う 指 定 管 理 業 務 又 は 経 理 の 状 況 に 関 する 報 告 の 徴 収 及 び 実 地 調 査 に 応 じなければ ならない (6) 協 定 の 変 更 1 町 と 指 定 管 理 者 において 締 結 する 協 定 書 は 下 記 に 掲 げる 事 情 等 が 生 じたとき 町 と 指 定 管 理 者 と 協 議 の 上 変 更 することができるものとする 使 用 料 の 額 に 関 する 設 置 条 例 の 規 定 を 改 正 するとき 開 館 時 間 等 に 関 する 設 置 条 例 の 規 定 を 改 正 するとき 施 設 の 一 部 を 新 設 し 又 は 廃 止 するとき 災 害 が 発 生 したとき その 他 特 別 の 事 情 が 生 じたとき (7) 業 務 責 任 者 等 の 報 告 1 指 定 管 理 者 は 指 定 管 理 業 務 の 責 任 者 ( 以 下 業 務 責 任 者 という ) 及 び 従 事 する 職 員 ( 以 下 職 員 という )を 定 め 町 に 報 告 するものとする 2 指 定 管 理 者 は 業 務 責 任 者 及 び 職 員 に 異 動 が 生 じたときは 速 やかに 町 に 報 告 するも のとする ( 様 式 26) 指 定 管 理 者 業 務 責 任 者 等 届 出 書 の 提 出 ( 様 式 27) 指 定 管 理 者 変 更 事 項 届 出 書 (8) 町 が 行 う 事 業 への 協 力 1 指 定 管 理 者 は 施 設 において 町 が 事 業 を 行 う 場 合 は 施 設 の 公 共 性 とその 事 業 の 内 容 を 十 分 理 解 し 積 極 的 に 参 画 し 協 力 するものとする (9) 総 合 窓 口 受 付 業 務 1 総 合 窓 口 受 付 業 務 とは 公 共 施 設 の 利 用 申 請 手 続 きを 利 用 する 施 設 以 外 の 施 設 でも 行 うことができるサービスで 下 記 9 施 設 において 実 施 する 2 下 記 施 設 の 指 定 管 理 者 は 当 該 施 設 以 外 の 利 用 申 請 の 受 付 及 び 利 用 料 金 の 収 受 を 行 い 収 受 した 利 用 料 金 を 他 の 指 定 管 理 者 へ 取 り 次 ぐという 業 務 を 実 施 することとなる 業 務 の 内 容 等 の 詳 細 については 別 紙 6を 参 照 なお 総 合 窓 口 受 付 業 務 を 実 施 する 指 定 管 理 者 と 町 は 別 途 取 り 決 め 事 項 に 係 る 契 約 書 を 締 結 する

15 総 合 窓 口 設 置 施 設 栗 山 公 園 南 部 公 民 館 農 村 環 境 改 善 センター スポーツセンター 図 書 館 勤 労 者 福 祉 センター カルチャープラザ 役 場 総 合 福 祉 センター (10) 施 設 予 約 状 況 の 公 開 1 指 定 管 理 者 は 公 共 施 設 の 利 用 状 況 に 施 設 の 予 約 状 況 を 入 力 し 公 開 するものと する

16 ( 参 考 ) 関 係 法 令 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 手 続 等 に 関 する 条 例 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 条 例 は 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 244 条 の2 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 栗 山 町 が 設 置 する 公 の 施 設 ( 以 下 施 設 という )の 管 理 を 行 わせる 指 定 管 理 者 の 指 定 の 手 続 等 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとす る ( 募 集 ) 第 2 条 町 長 又 は 栗 山 町 教 育 委 員 会 ( 以 下 町 長 等 という )は 指 定 管 理 者 に 施 設 の 管 理 を 行 わせようとすると きは 次 に 掲 げる 事 項 を 明 示 し 指 定 管 理 者 になろうとする 法 人 その 他 の 団 体 ( 以 下 団 体 という )を 公 募 す るものとする (1) 施 設 概 要 (2) 申 込 資 格 (3) 申 込 受 付 期 間 ( 次 条 において 申 込 期 間 という ) (4) 選 定 基 準 (5) 管 理 基 準 (6) 利 用 料 金 に 関 する 事 項 (7) 指 定 管 理 者 を 指 定 して 管 理 を 行 わせる 期 間 (8) その 他 町 長 等 が 指 定 する 事 項 ( 申 込 み) 第 3 条 指 定 管 理 者 の 指 定 を 受 けようとする 団 体 は 事 業 計 画 書 その 他 規 則 で 定 める 書 類 を 添 えて 申 込 期 間 内 に 町 長 等 に 提 出 しなければならない ( 選 定 方 法 等 ) 第 4 条 町 長 等 は 前 条 の 規 定 に 基 づく 申 込 書 の 提 出 があったときは 申 込 資 格 を 有 する 申 込 者 のうちから 次 に 掲 げる 選 定 基 準 に 照 らし 総 合 的 に 審 査 し 最 も 適 当 と 認 める 団 体 を 指 定 管 理 者 の 候 補 者 として 選 定 するものとする (1) 利 用 者 の 平 等 な 利 用 の 確 保 及 びサービスの 向 上 が 図 られるものであること (2) 施 設 の 効 用 を 最 大 限 に 発 揮 するものであること (3) 施 設 の 適 切 な 維 持 及 び 管 理 並 びに 管 理 に 係 る 経 費 の 縮 減 が 図 られるものであること (4) 施 設 の 管 理 を 安 定 して 行 う 人 員 資 産 その 他 経 営 の 規 模 及 び 能 力 を 有 しており 又 は 確 保 できる 見 込 みがあ ること (5) その 他 町 長 等 が 別 に 定 める 基 準 ( 公 募 によらない 指 定 管 理 者 の 候 補 者 の 選 定 等 ) 第 5 条 町 長 等 は 次 の 各 号 の 一 に 該 当 すると 認 めるときは 第 2 条 の 規 定 による 公 募 によらず 指 定 管 理 者 の 候 補 者 を 選 定 することができる (1) 当 該 施 設 の 性 格 規 模 及 び 機 能 により 公 募 をすることが 適 さないと 認 められるとき (2) 公 募 に 対 し 応 募 者 がいないとき (3) 指 定 管 理 者 の 候 補 者 に 選 定 された 団 体 を 指 定 することが 不 可 能 となり 又 は 著 しく 不 適 当 と 認 められる 事 情 が 生 じたとき (4) 指 定 管 理 者 の 指 定 を 受 けた 団 体 が 協 定 を 締 結 しないとき 2 前 項 の 規 定 により 選 定 された 指 定 管 理 者 の 候 補 者 は 町 長 等 に 第 3 条 に 規 定 する 書 類 を 提 出 しなければならな い 3 町 長 等 は 前 2 項 の 規 定 により 指 定 管 理 者 を 選 定 しようとするときは 前 条 に 規 定 する 選 定 基 準 により 選 定 する ものとする ( 選 定 結 果 の 通 知 ) 第 6 条 町 長 等 は 前 2 条 の 規 定 による 選 定 を 行 ったときは 速 やかにその 結 果 を 申 込 者 及 び 候 補 者 に 通 知 するもの とする

17 ( 指 定 管 理 者 の 指 定 ) 第 7 条 町 長 等 は 第 4 条 又 は 第 5 条 の 規 定 により 選 定 した 指 定 管 理 者 の 候 補 者 について 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 6 項 の 規 定 による 議 会 の 議 決 があったときは 当 該 候 補 者 を 指 定 管 理 者 に 指 定 するものとする 2 町 長 等 は 指 定 管 理 者 の 指 定 を 行 ったときは その 旨 を 告 示 しなければならない ( 協 定 の 締 結 ) 第 8 条 指 定 管 理 者 の 指 定 を 受 けた 団 体 は 町 長 等 と 施 設 の 管 理 に 関 する 協 定 を 締 結 しなければならない ( 業 務 報 告 の 聴 取 等 ) 第 9 条 町 長 等 は 施 設 の 管 理 の 適 正 を 期 するため 指 定 管 理 者 に 対 し その 管 理 業 務 及 び 経 理 状 況 について 定 期 に 又 は 必 要 に 応 じて 臨 時 に 報 告 を 求 め 実 地 に 調 査 し 又 は 必 要 な 指 示 をすることができる ( 指 定 の 取 消 し 等 ) 第 10 条 町 長 等 は 指 定 管 理 者 が 前 条 の 指 示 に 従 わないとき その 他 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 当 該 指 定 管 理 者 による 管 理 を 継 続 することができないと 認 めるときは その 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 管 理 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 停 止 を 命 ずることができる 2 第 7 条 第 2 項 の 規 定 は 指 定 管 理 者 の 指 定 の 取 消 し 又 は 管 理 業 務 の 停 止 について 準 用 する ( 事 業 報 告 書 の 作 成 及 び 提 出 ) 第 11 条 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 終 了 後 30 日 以 内 に 規 則 で 定 めるところにより その 管 理 する 施 設 に 関 する 事 業 報 告 書 を 作 成 し 町 長 等 に 提 出 しなければならない ただし 年 度 途 中 において 前 条 第 1 項 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 されたときは その 取 り 消 された 日 から 起 算 して30 日 以 内 に 当 該 年 度 の 当 該 日 までの 間 の 事 業 報 告 書 を 提 出 しなけ ればならない ( 原 状 回 復 義 務 ) 第 12 条 指 定 管 理 者 は その 指 定 の 期 間 が 満 了 したとき 又 は 第 10 条 の 規 定 により 指 定 を 取 り 消 し 若 しくは 期 間 を 定 めて 管 理 業 務 の 全 部 若 しくは 一 部 の 停 止 を 命 ぜられたときは その 管 理 をしなくなった 当 該 施 設 又 は 設 備 を 速 やか に 原 状 に 回 復 しなければならない ただし 町 長 等 の 承 認 を 受 けたときは この 限 りでない ( 損 害 賠 償 義 務 ) 第 13 条 指 定 管 理 者 は 故 意 又 は 過 失 によりその 管 理 する 当 該 施 設 又 は 設 備 を 損 傷 し 又 は 滅 失 したときは それに よって 生 じた 損 害 を 町 に 賠 償 しなければならない ただし 町 長 等 がやむを 得 ない 事 情 があると 認 めたときは こ の 限 りでない ( 個 人 情 報 の 取 扱 い) 第 14 条 指 定 管 理 者 は 施 設 を 管 理 するに 当 たって 知 り 得 た 個 人 情 報 ( 以 下 この 条 において 保 有 個 人 情 報 という ) を 取 り 扱 う 場 合 については 漏 えい 滅 失 又 はき 損 の 防 止 など 保 有 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 のため 第 8 条 に 規 定 す る 協 定 に 基 づき 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 2 指 定 管 理 者 又 は 管 理 する 施 設 の 業 務 に 従 事 している 者 ( 以 下 この 項 において 従 事 者 という )は 保 有 個 人 情 報 をみだりに 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 利 用 してはならない 指 定 管 理 者 の 指 定 の 期 間 が 満 了 し 若 しく は 指 定 を 取 り 消 され 又 は 従 事 者 の 職 務 を 退 いた 後 においても 同 様 とする ( 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 ) 第 15 条 指 定 管 理 者 の 選 定 を 公 平 かつ 適 正 に 行 うため 栗 山 町 指 定 管 理 者 選 定 委 員 会 ( 以 下 選 定 委 員 会 という ) を 置 く 2 町 長 等 は 第 4 条 に 規 定 する 指 定 管 理 者 の 候 補 者 の 選 定 に 当 たっては 選 定 委 員 会 の 意 見 を 聴 くものとする ( 委 任 ) 第 16 条 この 条 例 の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 は 規 則 で 定 める 附 則 この 条 例 は 公 布 の 日 から 施 行 する

18 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 手 続 等 に 関 する 条 例 施 行 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 手 続 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 17 年 条 例 第 17 号 以 下 条 例 という )の 施 行 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする ( 公 募 の 方 法 ) 第 2 条 町 長 は 条 例 第 2 条 に 規 定 する 指 定 管 理 者 の 公 募 を 行 うに 当 たっては 栗 山 町 公 告 式 条 例 ( 昭 和 25 年 条 例 第 16 号 ) 第 2 条 第 2 項 に 規 定 する 場 所 への 掲 示 等 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない ( 申 込 資 格 ) 第 3 条 条 例 第 3 条 に 規 定 する 申 込 みができる 者 は 団 体 であって 次 の 各 号 のいずれにも 該 当 しない 者 とする (1) 法 律 行 為 を 行 う 能 力 を 有 しない 者 (2) 破 産 者 で 復 権 を 有 しない 者 (3) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 2 項 ( 同 項 を 準 用 する 場 合 を 含 む )の 規 定 によ り 本 町 における 一 般 競 争 入 札 等 の 参 加 を 制 限 されている 者 (4) 条 例 第 10 条 の 規 定 による 指 定 の 取 消 し 等 を 受 けたことがある 者 (5) 国 税 及 び 地 方 税 を 滞 納 している 者 2 その 他 申 込 資 格 に 関 して 必 要 な 事 項 は 町 長 が 別 に 定 める ( 申 込 書 等 ) 第 4 条 条 例 第 3 条 に 規 定 する 指 定 管 理 者 の 指 定 の 申 込 みは 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 申 込 書 ( 様 式 第 1 号 )に 次 の 各 号 に 掲 げる 書 類 を 添 付 して 行 うものとする (1) 事 業 計 画 書 (2) 申 込 資 格 を 有 していることを 証 する 書 類 ア 法 人 にあっては 当 該 法 人 の 登 記 簿 謄 本 イ 定 款 規 約 その 他 これらに 相 当 する 書 類 (3) 収 支 計 画 書 (4) 当 該 団 体 の 経 営 状 況 を 説 明 する 書 類 (5) その 他 町 長 が 必 要 と 認 める 書 類 ( 公 募 によらない 指 定 管 理 者 の 候 補 者 等 の 選 定 ) 第 5 条 条 例 第 5 条 第 1 項 第 1 号 の 規 定 による 公 募 によらない 指 定 管 理 者 の 候 補 者 の 選 定 は 次 の 各 号 に 掲 げるとこ ろによる (1) 町 が2 分 の1 以 上 出 資 している 法 人 公 共 団 体 又 は 公 共 的 団 体 が 管 理 することにより 施 設 の 効 果 的 効 率 的 な 運 用 が 図 られ かつ 利 用 者 の 利 便 性 の 向 上 が 見 込 まれると 認 められるとき (2) 町 が 関 与 又 は 育 成 することが 必 要 と 認 める 団 体 が その 活 動 目 的 に 関 する 施 設 の 管 理 をすることにより 施 設 の 効 果 的 効 率 的 な 運 用 が 図 られ かつ 利 用 者 の 利 便 性 の 向 上 が 見 込 まれると 認 められるとき ( 選 定 結 果 の 通 知 ) 第 6 条 条 例 第 6 条 に 規 定 する 通 知 は 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 選 定 結 果 通 知 書 ( 様 式 第 2 号 )によるも のとする ( 指 定 の 通 知 ) 第 7 条 条 例 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 の 指 定 をしたときは 栗 山 町 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 決 定 通 知 書 ( 様 式 第 3 号 )により 通 知 するものとする ( 協 定 ) 第 8 条 条 例 第 8 条 に 規 定 する 協 定 は 次 に 掲 げる 事 項 を 定 めるものとする (1) 指 定 期 間 に 関 する 事 項 (2) 事 業 計 画 に 関 する 事 項 (3) 利 用 料 金 に 関 する 事 項 (4) 事 業 報 告 及 び 業 務 報 告 に 関 する 事 項 (5) 本 町 が 支 払 うべき 管 理 費 用 に 関 する 事 項 (6) 指 定 の 取 消 し 及 び 管 理 業 務 の 停 止 に 関 する 事 項 (7) 管 理 業 務 を 行 うに 当 たって 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 事 項 (8) その 他 町 長 が 別 に 定 める 事 項

19 ( 事 業 報 告 ) 第 9 条 条 例 第 11 条 に 規 定 する 事 業 報 告 書 に 記 載 すべき 事 項 は 次 のとおりとする (1) 管 理 業 務 の 実 施 状 況 (2) 利 用 状 況 及 び 利 用 拒 否 等 の 件 数 理 由 (3) 利 用 料 金 の 収 入 実 績 (4) 管 理 業 務 の 収 支 状 況 (5) その 他 町 長 が 別 に 定 める 事 項 ( 委 任 ) 第 15 条 この 規 則 に 定 めるもののほか 必 要 な 事 項 は 町 長 が 別 に 定 める 地 方 自 治 法 ( 抜 粋 ) ( 公 の 施 設 ) 第 二 百 四 十 四 条 普 通 地 方 公 共 団 体 は 住 民 の 福 祉 を 増 進 する 目 的 をもつてその 利 用 に 供 するための 施 設 (これを 公 の 施 設 と いう )を 設 けるものとする 2 普 通 地 方 公 共 団 体 ( 次 条 第 三 項 に 規 定 する 指 定 管 理 者 を 含 む 次 項 において 同 じ )は 正 当 な 理 由 がない 限 り 住 民 が 公 の 施 設 を 利 用 することを 拒 んではならない 3 普 通 地 方 公 共 団 体 は 住 民 が 公 の 施 設 を 利 用 することについて 不 当 な 差 別 的 取 扱 いをしてはならない ( 公 の 施 設 の 設 置 管 理 及 び 廃 止 ) 第 二 百 四 十 四 条 の 二 普 通 地 方 公 共 団 体 は 法 律 又 はこれに 基 づく 政 令 に 特 別 の 定 めがあるものを 除 くほか 公 の 施 設 の 設 置 及 びその 管 理 に 関 する 事 項 は 条 例 でこれを 定 めなければならない 2 普 通 地 方 公 共 団 体 は 条 例 で 定 める 重 要 な 公 の 施 設 のうち 条 例 で 定 める 特 に 重 要 なものについて これを 廃 止 し 又 は 条 例 で 定 める 長 期 かつ 独 占 的 な 利 用 をさせようとするときは 議 会 において 出 席 議 員 の 三 分 の 二 以 上 の 者 の 同 意 を 得 なければならな い 3 普 通 地 方 公 共 団 体 は 公 の 施 設 の 設 置 の 目 的 を 効 果 的 に 達 成 するため 必 要 があると 認 めるときは 条 例 の 定 めるところによ り 法 人 その 他 の 団 体 であつて 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 指 定 するもの( 以 下 本 条 及 び 第 二 百 四 十 四 条 の 四 において 指 定 管 理 者 という )に 当 該 公 の 施 設 の 管 理 を 行 わせることができる 4 前 項 の 条 例 には 指 定 管 理 者 の 指 定 の 手 続 指 定 管 理 者 が 行 う 管 理 の 基 準 及 び 業 務 の 範 囲 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めるものと する 5 指 定 管 理 者 の 指 定 は 期 間 を 定 めて 行 うものとする 6 普 通 地 方 公 共 団 体 は 指 定 管 理 者 の 指 定 をしようとするときは あらかじめ 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 議 会 の 議 決 を 経 なけれ ばならない 7 指 定 管 理 者 は 毎 年 度 終 了 後 その 管 理 する 公 の 施 設 の 管 理 の 業 務 に 関 し 事 業 報 告 書 を 作 成 し 当 該 公 の 施 設 を 設 置 する 普 通 地 方 公 共 団 体 に 提 出 しなければならない 8 普 通 地 方 公 共 団 体 は 適 当 と 認 めるときは 指 定 管 理 者 にその 管 理 する 公 の 施 設 の 利 用 に 係 る 料 金 ( 次 項 において 利 用 料 金 という )を 当 該 指 定 管 理 者 の 収 入 として 収 受 させることができる 9 前 項 の 場 合 における 利 用 料 金 は 公 益 上 必 要 があると 認 める 場 合 を 除 くほか 条 例 の 定 めるところにより 指 定 管 理 者 が 定 め るものとする この 場 合 において 指 定 管 理 者 は あらかじめ 当 該 利 用 料 金 について 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 承 認 を 受 けなけ ればならない 10 普 通 地 方 公 共 団 体 の 長 又 は 委 員 会 は 指 定 管 理 者 の 管 理 する 公 の 施 設 の 管 理 の 適 正 を 期 するため 指 定 管 理 者 に 対 して 当 該 管 理 の 業 務 又 は 経 理 の 状 況 に 関 し 報 告 を 求 め 実 地 について 調 査 し 又 は 必 要 な 指 示 をすることができる 11 普 通 地 方 公 共 団 体 は 指 定 管 理 者 が 前 項 の 指 示 に 従 わないときその 他 当 該 指 定 管 理 者 による 管 理 を 継 続 することが 適 当 で ないと 認 めるときは その 指 定 を 取 り 消 し 又 は 期 間 を 定 めて 管 理 の 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 停 止 を 命 ずることができる

20 地 方 自 治 法 ( 抜 粋 ) 第 百 九 十 九 条 監 査 委 員 は 普 通 地 方 公 共 団 体 の 財 務 に 関 する 事 務 の 執 行 及 び 普 通 地 方 公 共 団 体 の 経 営 に 係 る 事 業 の 管 理 を 監 査 する 2 監 査 委 員 は 前 項 に 定 めるもののほか 必 要 があると 認 めるときは 普 通 地 方 公 共 団 体 の 事 務 ( 自 治 事 務 にあつては 労 働 委 員 会 及 び 収 用 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 で 政 令 で 定 めるものを 除 き 法 定 受 託 事 務 にあつては 国 の 安 全 を 害 するおそれがあ ることその 他 の 事 由 により 監 査 委 員 の 監 査 の 対 象 とすることが 適 当 でないものとして 政 令 で 定 めるものを 除 く )の 執 行 について 監 査 をすることができる この 場 合 において 当 該 監 査 の 実 施 に 関 し 必 要 な 事 項 は 政 令 で 定 める 3 監 査 委 員 は 第 一 項 又 は 前 項 の 規 定 による 監 査 をするに 当 たつては 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 財 務 に 関 する 事 務 の 執 行 及 び 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 経 営 に 係 る 事 業 の 管 理 又 は 同 項 に 規 定 する 事 務 の 執 行 が 第 二 条 第 十 四 項 及 び 第 十 五 項 の 規 定 の 趣 旨 にのつとつてなされているかどうかに 特 に 意 を 用 いなければならない 4 監 査 委 員 は 毎 会 計 年 度 少 くとも 一 回 以 上 期 日 を 定 めて 第 一 項 の 規 定 による 監 査 をしなければならない 5 監 査 委 員 は 前 項 に 定 める 場 合 のほか 必 要 があると 認 めるときは いつでも 第 一 項 の 規 定 による 監 査 をすることができる 6 監 査 委 員 は 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 長 から 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 事 務 の 執 行 に 関 し 監 査 の 要 求 があつたときは その 要 求 に 係 る 事 項 について 監 査 をしなければならない 7 監 査 委 員 は 必 要 があると 認 めるとき 又 は 普 通 地 方 公 共 団 体 の 長 の 要 求 があるときは 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 補 助 金 交 付 金 負 担 金 貸 付 金 損 失 補 償 利 子 補 給 その 他 の 財 政 的 援 助 を 与 えているものの 出 納 その 他 の 事 務 の 執 行 で 当 該 財 政 的 援 助 に 係 るものを 監 査 することができる 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 出 資 しているもので 政 令 で 定 めるもの 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 借 入 金 の 元 金 又 は 利 子 の 支 払 を 保 証 しているもの 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 受 益 権 を 有 する 信 託 で 政 令 で 定 めるも のの 受 託 者 及 び 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 が 第 二 百 四 十 四 条 の 二 第 三 項 の 規 定 に 基 づき 公 の 施 設 の 管 理 を 行 わせているもの についても また 同 様 とする 8 監 査 委 員 は 監 査 のため 必 要 があると 認 めるときは 関 係 人 の 出 頭 を 求 め 若 しくは 関 係 人 について 調 査 し 若 しくは 関 係 人 に 対 し 帳 簿 書 類 その 他 の 記 録 の 提 出 を 求 め 又 は 学 識 経 験 を 有 する 者 等 から 意 見 を 聴 くことができる 9 監 査 委 員 は 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 を 決 定 し これを 普 通 地 方 公 共 団 体 の 議 会 及 び 長 並 びに 関 係 のある 教 育 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 人 事 委 員 会 若 しくは 公 平 委 員 会 公 安 委 員 会 労 働 委 員 会 農 業 委 員 会 その 他 法 律 に 基 づく 委 員 会 又 は 委 員 に 提 出 し かつ これを 公 表 しなければならない 10 監 査 委 員 は 監 査 の 結 果 に 基 づいて 必 要 があると 認 めるときは 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 組 織 及 び 運 営 の 合 理 化 に 資 す るため 前 項 の 規 定 による 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 に 添 えてその 意 見 を 提 出 することができる 11 第 九 項 の 規 定 による 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 の 決 定 又 は 前 項 の 規 定 による 意 見 の 決 定 は 監 査 委 員 の 合 議 によるものと する 12 監 査 委 員 から 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 の 提 出 があつた 場 合 において 当 該 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 の 提 出 を 受 けた 普 通 地 方 公 共 団 体 の 議 会 長 教 育 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 人 事 委 員 会 若 しくは 公 平 委 員 会 公 安 委 員 会 労 働 委 員 会 農 業 委 員 会 その 他 法 律 に 基 づく 委 員 会 又 は 委 員 は 当 該 監 査 の 結 果 に 基 づき 又 は 当 該 監 査 の 結 果 を 参 考 として 措 置 を 講 じたとき は その 旨 を 監 査 委 員 に 通 知 するものとする この 場 合 においては 監 査 委 員 は 当 該 通 知 に 係 る 事 項 を 公 表 しなければならな い 地 方 自 治 法 ( 抜 粋 ) 第 九 十 八 条 普 通 地 方 公 共 団 体 の 議 会 は 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 事 務 ( 自 治 事 務 にあつては 労 働 委 員 会 及 び 収 用 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 で 政 令 で 定 めるものを 除 き 法 定 受 託 事 務 にあつては 国 の 安 全 を 害 するおそれがあることその 他 の 事 由 に より 議 会 の 検 査 の 対 象 とすることが 適 当 でないものとして 政 令 で 定 めるものを 除 く )に 関 する 書 類 及 び 計 算 書 を 検 閲 し 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 長 教 育 委 員 会 選 挙 管 理 委 員 会 人 事 委 員 会 若 しくは 公 平 委 員 会 公 安 委 員 会 労 働 委 員 会 農 業 委 員 会 又 は 監 査 委 員 その 他 法 律 に 基 づく 委 員 会 又 は 委 員 の 報 告 を 請 求 して 当 該 事 務 の 管 理 議 決 の 執 行 及 び 出 納 を 検 査 す ることができる 2 議 会 は 監 査 委 員 に 対 し 当 該 普 通 地 方 公 共 団 体 の 事 務 ( 自 治 事 務 にあつては 労 働 委 員 会 及 び 収 用 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 で 政 令 で 定 めるものを 除 き 法 定 受 託 事 務 にあつては 国 の 安 全 を 害 するおそれがあることその 他 の 事 由 により 本 項 の 監 査 の 対 象 とすることが 適 当 でないものとして 政 令 で 定 めるものを 除 く )に 関 する 監 査 を 求 め 監 査 の 結 果 に 関 する 報 告 を 請 求 する ことができる この 場 合 における 監 査 の 実 施 については 第 百 九 十 九 条 第 二 項 後 段 の 規 定 を 準 用 する

21 別 紙 1 修 繕 料 負 担 区 分 について 町 が 積 算 した 基 準 管 理 費 用 に 含 まれる 修 繕 料 については 各 施 設 の 過 去 2ヵ 年 の 実 績 額 の 平 均 金 額 により 積 算 しています 修 繕 料 の 負 担 区 分 については 下 記 に 示 す 施 設 ごとの1 件 当 たりの 修 繕 金 額 により 負 担 区 分 を 整 理 することにします したがって 1 件 当 たりの 修 繕 金 額 が 施 設 ごとに 決 められた 金 額 以 上 となる 場 合 は 大 規 模 修 繕 ということで 町 の 負 担 とし その 金 額 未 満 の 場 合 は 小 破 修 繕 ということで 指 定 管 理 者 の 負 担 とします 小 破 修 繕 が 何 回 もあって 指 定 管 理 料 の 修 繕 料 を 超 えたとしても それは 指 定 管 理 者 の 負 担 となりま す ただし 年 間 の 指 定 管 理 者 の 負 担 が 町 が 積 算 した 基 準 管 理 費 用 に 含 まれる 修 繕 料 ( 年 間 )の2 倍 の 金 額 を 超 えた 場 合 は 町 の 負 担 とします 町 が 積 算 した 基 準 管 理 費 用 に 含 まれる 修 繕 料 とは 指 定 管 理 者 が 管 理 する 施 設 全 体 の 修 繕 料 の 総 額 とします 各 施 設 における 修 繕 負 担 区 分 金 額 施 設 名 指 定 管 理 者 の 負 担 町 の 負 担 栗 山 公 園 夕 張 川 河 畔 広 場 30 万 円 未 満 の 修 繕 30 万 円 以 上 の 修 繕 社 会 教 育 施 設 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 社 会 体 育 施 設 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 パークゴルフコース 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 図 書 館 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 ふれあいプラザ 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 勤 労 者 福 祉 センター 10 万 円 未 満 の 修 繕 10 万 円 以 上 の 修 繕 各 担 当 課 との 協 議 について 1 原 因 の 把 握 2 瑕 疵 の 確 認 3 実 施 の 有 無 方 法 の 検 討 4 見 積 り 徴 収 ( 複 数 ) 5 金 額 の 決 定 6 負 担 区 分 ( 瑕 疵 の 確 認 で 指 定 管 理 者 に 瑕 疵 のあるものは 指 定 管 理 者 の 負 担 となる) 指 定 管 理 者 の 瑕 疵 とは 指 定 管 理 業 務 を 仕 様 書 等 で 決 められたとおり 行 っていなかったとか 保 守 点 検 等 で 指 摘 を 受 けていたことを 行 っていなかったことなど 指 定 管 理 者 の 管 理 上 の 不 備 により 施 設 の 損 傷 が 発 生 したことが 明 らかな 場 合 (ただし 担 当 課 からの 指 示 により 行 っ ていなかった 場 合 などは 除 く )

22 指 定 管 理 施 設 の 修 繕 の 流 れ 別 紙 1 1 修 繕 の 発 生 原 因 の 把 握 2 瑕 疵 の 確 認 3 実 施 の 有 無 方 法 の 検 討 緊 急 性 のない 修 繕 点 検 等 により 指 摘 された 修 繕 で 現 状 の 使 用 には 問 題 の 無 い 場 合 応 急 的 に 修 繕 を 実 施 した 場 合 など 4 見 積 り 徴 収 ( 複 数 による) 修 繕 要 望 一 覧 5 修 繕 金 額 決 定 指 定 管 理 者 担 当 課 協 議 指 定 管 理 者 に 瑕 疵 のあるもの 5の 修 繕 金 額 が 協 議 金 額 未 満 5の 修 繕 金 額 が 協 議 金 額 以 上 修 繕 計 画 の 作 成 予 算 の 決 定 6 指 定 管 理 者 負 担 6 指 定 管 理 者 負 担 修 繕 計 画 の 修 正 当 該 年 度 の 指 定 管 理 者 負 担 が 年 間 の 積 算 修 繕 料 ( 指 定 管 理 者 が 管 理 する 施 設 全 体 )の 2 倍 を 超 えた 場 合 ただし 指 定 管 理 者 の 瑕 疵 による 修 繕 は2 倍 の 積 算 から 除 く 修 繕 計 画 を 指 定 管 理 者 へ 通 知 6 栗 山 町 負 担 修 繕 計 画 に 基 づき 修 繕 実 施

23 貸 与 備 品 の 修 繕 及 び 更 新 の 取 扱 い 別 紙 2 町 が 指 定 管 理 者 に 貸 与 している 備 品 が 経 年 劣 化 等 により 使 用 できなくなった 場 合 まず 修 繕 できるかどうかの 判 断 をし て 修 繕 できる 場 合 は 修 繕 で 対 応 することを 基 本 とする なお 備 品 の 修 繕 についても 施 設 修 繕 と 同 じ 処 理 によるものとする 修 繕 対 応 としたものを 指 定 管 理 者 が 更 新 した 場 合 については 町 の 備 品 として 登 録 し 貸 与 するものとする 修 繕 ができない 場 合 は 町 において 更 新 について 検 討 する 貸 与 備 品 の 修 繕 等 の 流 れ 1 修 繕 の 発 生 原 因 の 把 握 2 瑕 疵 の 確 認 3 方 法 の 検 討 修 繕 の 可 否 町 と 指 定 管 理 者 と 協 議 4 修 繕 可 能 4 修 繕 不 可 5 更 新 の 検 討 ( 町 ) 3 指 定 管 理 者 に 瑕 疵 のあるもの 5 施 設 修 繕 と 同 様 の 処 理 6 更 新 ( 町 ) 6 次 年 度 以 降 の 更 新 計 画 7 備 品 登 録 4 指 定 管 理 者 負 担 8 備 品 貸 与

24 別 紙 3 燃 料 費 の 積 算 と 実 績 による 指 定 管 理 料 変 更 の 流 れ 燃 料 費 に 係 る 指 定 管 理 料 の 変 更 当 該 年 度 の 燃 料 の 平 均 単 価 が 基 準 管 理 費 用 の 積 算 の 基 礎 となっている 積 算 単 価 の20% を 超 える 増 減 があった 場 合 指 定 管 理 料 を 変 更 する 町 が 負 担 する 場 合 指 定 管 理 料 変 更 額 =( 実 績 に 基 づく 平 均 単 価 - 基 準 管 理 費 用 の 積 算 単 価 1.2) 基 準 管 理 費 用 の 積 算 数 量 変 更 額 当 該 年 度 燃 料 費 実 績 額 - 基 準 管 理 費 用 で 積 算 している 燃 料 費 指 定 管 理 者 が 返 還 する 場 合 指 定 管 理 料 変 更 額 =( 実 績 に 基 づく 平 均 単 価 - 基 準 管 理 費 用 の 積 算 単 価 0.8) 基 準 管 理 費 用 の 積 算 数 量 14 月 末 までに 前 年 度 の 燃 料 費 実 績 表 を 担 当 課 へ 提 出 24 月 末 までに 指 定 管 理 料 変 更 申 出 書 を 担 当 課 へ 提 出 3 町 と 指 定 管 理 者 で 協 議 4 指 定 管 理 料 変 更 額 ( 案 ) 決 定 56 月 議 会 補 正 予 算 案 提 出 6 議 決 7 変 更 協 定 書 の 作 成 締 結

25 別 紙 4 指 定 管 理 施 設 の 利 用 料 金 減 免 認 定 の 流 れ 施 設 窓 口 で 使 用 許 可 申 請 書 の 提 出 公 共 施 設 使 用 料 金 減 免 区 分 団 体 一 覧 の 確 認 掲 載 団 体 未 掲 載 団 体 減 免 区 分 に 応 じて 減 免 認 定 公 共 施 設 利 用 料 金 減 免 認 定 申 請 書 ( 様 式 14)の 作 成 利 用 料 金 の 収 受 町 に 提 出 審 査 減 免 区 分 決 定 指 定 管 理 者 へ 審 査 結 果 通 知 審 査 結 果 に 基 づき 減 免 認 定 利 用 料 金 の 収 受 減 免 団 体 に 決 定 した 場 合 後 日 減 免 区 分 団 体 一 覧 に 掲 載 し 指 定 管 理 者 へ 配 布 する

26 別 紙 5 自 主 事 業 の 経 理 区 分 等 1. 栗 山 公 園 1 栗 山 公 園 で 出 店 する 場 合 ( 条 例 第 3 条 第 1 項 (1) 商 行 為 ) ア. 出 店 事 業 者 が 直 接 出 店 する 場 合 出 店 事 業 者 申 請 許 可 指 定 管 理 者 報 告 利 用 料 金 出 店 事 業 者 指 定 管 理 者 経 理 区 分 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 利 用 料 金 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% イ. 事 業 実 施 者 が 出 店 者 を 集 め 事 業 を 実 施 する 場 合 出 店 事 業 者 (5 事 業 者 ) 参 加 募 集 事 業 実 施 者 申 請 許 可 指 定 管 理 者 出 店 事 業 者 (5 事 業 者 ) 報 告 参 加 費 事 業 実 施 者 報 告 利 用 料 金 指 定 管 理 者 経 理 区 分 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 利 用 料 金 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 (5 事 業 者 分 ) 5% 事 業 実 施 者 は 出 店 事 業 者 から 売 上 報 告 をもらって 報 告 書 を 作 成 し 利 用 料 金 を 支 払 う 2 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 として 出 店 する 場 合 ( 条 例 第 3 条 第 1 項 (1) 商 行 為 ) ア. 指 定 管 理 者 が 出 店 する 場 合 申 請 自 主 事 業 者 出 店 事 業 者 ( 指 定 管 理 者 ) 町 承 認 報 告 利 用 料 金 指 定 管 理 者 経 理 区 分 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 利 用 料 金 自 主 事 業 事 業 支 出 利 用 料 金 販 売 経 費 等 収 入 販 売 収 入 等 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% イ. 指 定 管 理 者 が5 区 画 の 出 店 者 を 募 集 し 出 店 する 場 合 出 店 事 業 者 (5 業 者 ) 経 理 区 分 参 加 費 申 請 募 集 自 主 事 業 者 ( 指 定 管 理 者 ) 承 認 報 告 利 用 料 金 指 定 管 理 者 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 利 用 料 金 (5 区 画 分 ) 自 主 事 業 事 業 支 出 利 用 料 金 (5 区 画 分 ) 収 入 参 加 費 (5 業 者 分 ) 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 (5 事 業 者 分 ) 5% 自 主 事 業 者 ( 指 定 管 理 者 )は 出 店 事 業 者 から 売 上 報 告 をも 町 らって 報 告 書 を 作 成 し 利 用 料 金 を 支 払 う

27 2.スポーツセンター 1スポーツセンターでスポーツ 教 室 を 実 施 し あわせてロビーでスポーツ 用 品 を 販 売 した 場 合 ( 条 例 第 4 条 第 1 項 第 5 条 第 1 項 第 1 号 ) 経 理 区 分 教 室 参 加 者 参 加 者 負 担 金 募 集 教 室 実 施 者 販 売 事 業 者 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 施 設 利 用 料 金 特 別 使 用 利 用 料 金 施 設 利 用 料 金 は 営 利 又 は 営 業 目 的 の 加 算 特 別 使 用 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% 販 売 事 業 者 申 請 施 設 利 用 料 金 許 可 特 別 使 用 申 請 承 認 報 告 利 用 料 金 指 定 管 理 者 指 定 管 理 者 指 定 管 理 者 2 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 としてスポーツ 教 室 を 実 施 し あわせてロビーでスポーツ 用 品 を 販 売 した 場 合 ( 条 例 第 4 条 第 1 項 第 5 条 第 1 項 第 1 号 ) ア. 指 定 管 理 者 が 実 施 する 場 合 教 室 参 加 者 経 理 区 分 参 加 者 負 担 金 申 請 募 集 自 主 事 業 者 教 室 実 施 者 販 売 事 業 者 ( 指 定 管 理 者 ) 教 育 委 員 会 承 認 施 設 利 用 料 金 報 告 特 別 使 用 利 用 料 金 指 定 管 理 者 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 施 設 利 用 料 金 特 別 使 用 利 用 料 金 自 主 事 業 スポーツ 教 室 事 業 支 出 施 設 利 用 料 金 教 室 実 施 経 費 収 入 参 加 者 負 担 金 販 売 事 業 支 出 特 別 使 用 利 用 料 金 販 売 経 費 等 収 入 販 売 収 入 等 施 設 利 用 料 金 は 営 利 又 は 営 業 目 的 の 加 算 特 別 使 用 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 5% イ. 指 定 管 理 者 が 自 主 事 業 としてスポーツ 教 室 実 施 者 を 募 集 し 教 室 を 実 施 し 販 売 事 業 者 を 募 集 しスポ ーツ 用 品 を 販 売 した 場 合 経 理 区 分 参 加 費 実 施 者 負 担 金 教 室 参 加 者 教 室 実 施 者 募 集 自 主 事 業 者 ( 指 定 管 理 者 ) 申 請 募 集 販 売 事 業 者 参 加 費 報 告 承 認 募 集 施 設 利 用 料 金 特 別 使 用 利 用 料 金 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 収 入 施 設 利 用 料 金 特 別 使 用 利 用 料 金 自 主 事 業 スポーツ 教 室 事 業 支 出 施 設 利 用 料 金 収 入 実 施 者 負 担 金 販 売 事 業 支 出 特 別 使 用 利 用 料 金 収 入 参 加 費 施 設 利 用 料 金 は 営 利 又 は 営 業 目 的 の 加 算 特 別 使 用 利 用 料 金 は 占 用 面 積 100 円 + 売 上 ( 販 売 事 業 者 分 ) 5% 指 定 管 理 者 教 育 委 員 会

28 別 紙 6 総 合 窓 口 受 付 業 務 公 共 施 設 の 利 用 申 請 手 続 きを 利 用 する 施 設 以 外 の 施 設 でも 行 うことができるサービス ( 町 では 平 成 18 年 11 月 1 日 から 窓 口 サービスの 充 実 として 取 組 を 開 始 しています) 指 定 管 理 移 行 後 においても 同 様 のサービスを 継 続 するため 下 記 の9 施 設 を 総 合 窓 口 設 置 施 設 とし 町 及 び 関 係 する 指 定 管 理 者 において 本 業 務 に 関 する 契 約 書 を 締 結 するも のとします 総 合 窓 口 設 置 施 設 施 設 名 管 理 者 1 役 場 町 2 栗 山 公 園 指 定 管 理 者 1 3 南 部 公 民 館 指 定 管 理 者 2 4 農 村 環 境 改 善 センター 指 定 管 理 者 2 5 スポーツセンター 指 定 管 理 者 3 6 図 書 館 指 定 管 理 者 4 7 勤 労 者 福 祉 センター 指 定 管 理 者 5 8 総 合 福 祉 センター 町 9 カルチャープラザ 指 定 管 理 者 2 総 合 窓 口 受 付 業 務 の 流 れ 利 用 申 請 者 1 利 用 申 請 書 の 提 出 3 利 用 料 金 の 支 払 4 申 請 書 の 写 し 領 収 書 の 交 付 2 施 設 管 理 システム 予 約 入 力 ( 許 可 管 理 者 への 連 絡 ~ 申 請 書 の FAX 送 付 内 容 確 認 等 ) 受 理 管 理 者 申 請 書 を 受 理 した 管 理 者 ( 当 該 利 用 施 設 管 理 者 以 外 ) 5 取 次 書 申 請 書 利 用 料 金 の 取 次 6 受 領 書 の 交 付 7 請 求 書 の 提 出 8 取 次 手 数 料 の 支 払 1 件 100 円 ( 税 別 ) 許 可 管 理 者 町 当 該 利 用 施 設 管 理 者

29 総 合 窓 口 他 の 指 定 管 理 者 等 が 管 理 する 施 設 の 利 用 申 請 を 受 付 できる 施 設 申 請 を 受 付 した 管 理 者 は 当 該 利 用 する 施 設 の 管 理 者 に 申 請 書 利 用 料 金 等 を 取 次 ぐ 申 請 を 受 付 した 管 理 者 に 町 から 1 件 100 円 ( 消 費 税 別 )の 取 扱 手 数 料 を 支 払 う 総 合 窓 口 受 付 業 務 の 取 決 めを6 者 で 契 約 を 締 結 する 役 場 総 合 福 祉 センター 町 栗 山 公 園 図 書 館 指 定 管 理 者 1 指 定 管 理 者 4 施 設 予 約 システム 南 部 公 民 館 農 村 環 境 改 善 センター カルチャープラザ 指 定 管 理 者 2 勤 労 者 福 祉 センター 指 定 管 理 者 5 スポーツセンター 指 定 管 理 者 3 単 独 窓 口 単 独 窓 口 単 独 窓 口 開 拓 記 念 館 泉 記 念 館 ファーブルの 森 観 察 飼 育 舎 指 定 管 理 者 2 パークゴルフ コース 指 定 管 理 者 6 ふれあいプラザ 指 定 管 理 者 7

30 ( 様 式 1-1) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 変 更 申 出 書 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 について 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 10 条 の 規 定 により 下 記 のとおり 変 更 の 申 出 をします 記 1. 施 設 名 2. 変 更 内 容 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 条 例 募 集 要 項 仕 様 書 事 業 計 画 書 等 の 内 容 変 更 後 の 内 容 変 更 理 由 指 定 管 理 料 変 更 の 有 無 ( 開 設 期 間 ) ( 開 設 時 間 ) ( 休 館 日 )

31 ( 様 式 1-2) 栗 第 号 平 成 年 月 日 ( 指 定 管 理 者 ) 様 栗 山 町 長 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 ) 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 変 更 の 決 定 通 知 平 成 年 月 日 付 で 申 出 のあった 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 の 変 更 について 協 議 の 結 果 下 記 のとおり 決 定 しましたので 通 知 します 記 1. 施 設 名 2. 変 更 内 容 業 務 の 範 囲 業 務 実 施 条 件 変 更 後 の 内 容 指 定 管 理 料 の 変 更 決 定 内 容 理 由 ( 開 設 期 間 ) ( 変 更 後 の 内 容 により 実 施 する ) ( 利 用 者 サービスの 向 上 と なる ) ( 開 設 時 間 ) ( 仕 様 書 の 内 容 により 実 施 する ( 変 更 は 認 めない)) ( 利 用 者 サービスの 低 下 と なり 認 められない ) ( 休 館 日 )

32 ( 様 式 2) 平 成 年 月 日 様 申 出 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 ( 町 長 名 ) 施 設 の 指 定 管 理 料 変 更 申 出 書 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 10 条 第 3 項 第 28 条 に 基 づき 施 設 の 指 定 管 理 料 の 変 更 について 下 記 の 通 り 申 し 出 ます 記 1. 施 設 名 2. 変 更 内 容 指 定 管 理 料 ( 年 間 ) 変 更 する 経 費 区 分 変 更 する 経 費 の 積 算 額 円 費 円 変 更 申 出 額 円 ( 内 訳 別 紙 ) 変 更 理 由 内 容

33 ( 様 式 3-1) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 再 委 託 に 関 する 承 認 申 請 書 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 一 部 を 再 委 託 したいので 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 13 条 の 規 定 により 申 請 します 記 1. 再 委 託 する 業 務 内 容 等 施 設 名 業 務 名 再 委 託 期 間 再 委 託 予 定 業 者 再 委 託 する 理 由 契 約 書 案 など 契 約 内 容 がわかるものを 添 付 してください

34 ( 様 式 3-2) 栗 第 号 平 成 年 月 日 様 栗 山 町 長 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 ) 再 委 託 に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 申 請 のあった 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 の 一 部 の 再 委 託 に 関 する 承 認 申 請 について 下 記 のとおり 承 認 します ( 不 承 認 とします ) 記 1. 再 委 託 を 承 認 する 業 務 内 容 等 施 設 名 業 務 名 再 委 託 期 間 再 委 託 を 承 認 する 条 件 1. 再 委 託 を 不 承 認 とする 業 務 内 容 等 施 設 名 業 務 名 再 委 託 を 不 承 認 とする 理 由

35 ( 様 式 4-1) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 栗 山 町 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )に 関 する 承 認 申 請 書 栗 山 町 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )したいので 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 す る 協 定 書 第 14 条 の 規 定 により 申 請 します 記 1. 改 造 ( 増 築 移 設 )する 内 容 等 施 設 名 改 造 ( 増 築 移 設 )する 内 容 期 間 工 事 予 定 業 者 改 造 ( 増 築 移 設 ) する 理 由 等 平 成 年 月 日 ~ 平 成 年 月 日 工 事 等 の 内 容 がわかる 書 類 を 添 付 してください

36 ( 様 式 4-2) 栗 第 号 平 成 年 月 日 様 栗 山 町 長 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 ) 栗 山 町 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 平 成 年 月 日 付 けで 申 請 のあった 栗 山 町 施 設 の 改 造 ( 増 築 移 設 )に 関 する 承 認 申 請 について 下 記 のとおり 承 認 します ( 不 承 認 とします ) 記 1.( 不 ) 承 認 する 改 築 ( 増 築 移 設 ) 内 容 等 施 設 名 改 造 ( 増 築 移 設 )する 内 容 期 間 承 認 する 条 件 等 ( 不 承 認 とする 理 由 等 )

37 ( 様 式 5-1) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 平 成 年 度 施 設 の 修 繕 要 望 一 覧 の 提 出 について 平 成 年 度 栗 山 町 施 設 の 修 繕 要 望 一 覧 を 別 紙 のとおり 提 出 します

38 ( 様 式 5-1) 平 成 年 度 修 繕 要 望 一 覧 指 定 管 理 者 名 施 設 名 整 理 番 号 修 繕 内 容 現 状 修 繕 費 用 見 積 額 ( 円 ) 予 定 業 者 担 当 課 との 協 議 内 容

39 ( 様 式 5-2) 平 成 年 月 日 様 栗 山 町 長 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 ) 施 設 における 修 繕 計 画 書 の 通 知 について 平 成 年 月 日 付 で 提 出 のありました 平 成 年 度 施 設 の 修 繕 要 望 一 覧 に 基 づき 修 繕 計 画 書 を 別 紙 のとおり 作 成 しましたので 通 知 します なお 本 計 画 書 については 状 況 に 応 じて 毎 年 度 更 新 していきます

40 ( 様 式 5-2) 施 設 における 修 繕 計 画 指 定 管 理 者 名 担 当 課 整 理 番 号 修 繕 内 容 現 状 修 繕 金 額 協 議 結 果 修 繕 計 画 H23 H24 H25 H26 H27 備 考

41 ( 様 式 6) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 事 故 等 発 生 報 告 書 栗 山 町 施 設 において 下 記 のとおり 事 故 等 が 発 生 しましたので 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 15 条 の 規 定 により 報 告 いたします 1. 事 故 等 の 内 容 記 件 名 発 生 年 月 日 平 成 年 月 日 午 前 後 時 分 発 生 箇 所 事 故 内 容 事 故 対 応 今 後 の 対 応 備 考

42 ( 様 式 7) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 苦 情 要 望 処 理 状 況 報 告 書 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 において 下 記 のとおり 苦 情 要 望 がありましたので 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 16 条 の 規 定 により 報 告 いたします 1. 苦 情 要 望 内 容 記 件 名 申 出 年 月 日 住 所 申 出 者 氏 名 連 絡 先 受 付 者 申 出 内 容 処 理 状 況 今 後 の 対 応

43 ( 様 式 8-1) 平 成 年 月 日 栗 山 町 長 様 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 様 ) 申 請 者 住 所 法 人 団 体 名 代 表 者 名 栗 山 町 施 設 の 備 品 購 入 に 関 する 承 認 申 請 書 栗 山 町 施 設 に 係 る 備 品 を 購 入 したいので 栗 山 町 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 する 協 定 書 第 21 条 の 規 定 により 申 請 します 記 1. 購 入 する 備 品 等 施 設 名 購 入 する 備 品 等 購 入 予 定 日 購 入 業 者 購 入 する 理 由 等 平 成 年 月 日 購 入 する 備 品 等 がわかる 書 類 を 添 付 してください

44 ( 様 式 8-2) 栗 第 号 平 成 年 月 日 様 栗 山 町 長 ( 栗 山 町 教 育 委 員 会 教 育 長 ) 栗 山 町 施 設 の 備 品 購 入 に 関 する( 不 ) 承 認 通 知 書 平 成 年 月 日 付 で 申 請 のあった 栗 山 町 施 設 の 備 品 購 入 に 関 する 承 認 申 請 について 下 記 のとおり 承 認 します ( 不 承 認 とします ) 記 1. 購 入 する 備 品 等 施 設 名 購 入 する 備 品 等 購 入 予 定 日 購 入 条 件 等 ( 不 承 認 とする 理 由 等 )

45 ( 様 式 9) 年 次 事 業 計 画 書 施 設 名 平 成 年 度 平 成 年 月 日 指 定 管 理 者 名

46 年 次 事 業 計 画 書 平 成 年 度 指 定 管 理 者 名 施 設 名 項 目 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 備 考 管 理 運 営 業 務 の 基 本 方 針 施 設 の 利 用 者 サービスの 向 上 について 施 設 の 最 大 限 効 果 的 な 管 理 運 営 について 目 標 値 目 標 値 設 定 の 考 え 方 施 設 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 目 標 値 目 標 値 設 定 の 考 え 方 利 用 者 数 施 設 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 目 標 値 目 標 値 設 定 の 考 え 方 施 設 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 年 間 広 報 計 画 施 設 の 適 正 な 維 持 管 理 について 第 三 者 委 託 予 定 業 務

47 項 目 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 備 考 目 標 値 目 標 値 設 定 の 考 え 方 施 設 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 目 標 値 利 用 者 満 足 度 施 設 目 標 値 設 定 の 考 え 方 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 目 標 値 施 設 目 標 値 設 定 の 考 え 方 目 標 を 達 成 するための 具 体 的 取 組 内 容 施 設 名 業 務 区 分 配 置 場 所 等 職 員 臨 時 職 員 計 職 員 臨 時 職 員 計 施 設 0 0 職 員 の 配 置 施 設 0 0 施 設 0 0 実 施 時 期 回 数 職 員 の 研 修 実 施 内 容 利 用 者 ニーズの 把 握 する 方 法 や 利 用 者 ニーズを 管 理 運 営 に 反 映 する 方 法 施 設 実 施 時 期 回 数 内 容 指 定 管 理 者 協 議 会 の 運 営 施 設 実 施 時 期 回 数 内 容 施 設 実 施 時 期 回 数 内 容 評 価 結 果 に 基 づく 改 善 内 容

48 委 託 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 名 施 設 名 平 成 年 度 項 目 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 備 考 施 設 施 設 目 標 値 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 目 標 値 収 入 支 出 差 引 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 目 標 値 収 入 支 出 差 引 施 設 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 収 入 支 出 差 引 0 0

49 自 主 事 業 計 画 書 指 定 管 理 者 名 施 設 名 平 成 年 度 項 目 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 備 考 施 設 目 標 値 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 目 標 値 収 入 支 出 差 引 0 0 施 設 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 事 業 名 実 施 時 期 実 施 内 容 目 標 値 収 入 支 出 差 引 0 0 施 設 利 用 者 数 目 標 値 設 定 の 考 え 方 収 支 計 画 ( 千 円 ) 目 標 を 達 成 するため の 具 体 的 取 組 内 容 収 入 支 出 差 引 0 0

50 ( 様 式 10) 月 間 業 務 報 告 書 施 設 名 平 成 年 月 分 平 成 年 月 日 指 定 管 理 者 名

51 1. 施 設 維 持 業 務 施 設 名 平 成 年 度 月 作 業 名 実 施 日 内 容 指 定 管 理 者 実 施 委 託 業 者 その 他

52 2. 有 料 施 設 貸 出 業 務 施 設 名 平 成 年 度 月 個 人 利 用 団 体 利 用 合 区 分 高 校 生 以 上 小 中 学 生 計 全 額 徴 収 全 額 減 免 5 割 減 免 計 計 月 累 計 前 年 同 期 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 利 用 拒 否 件 数 年 月 日 理 由

53 3. 利 用 料 金 納 入 状 況 施 設 名 平 成 年 度 月 区 分 前 月 までの 累 計 当 月 申 請 分 月 分 累 計 前 年 同 期 前 月 までの 申 請 分 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 当 該 年 度 前 年 度 受 付 分 申 請 受 付 収 入 済 0 0 未 納 申 請 受 付 収 入 済 未 納 申 請 受 付 合 計 収 入 済 未 納 当 該 年 度 の 利 用 に 係 る 納 入 状 況 について 記 載 すること ( 前 年 度 に 受 付 した 当 該 年 度 の 利 用 に 係 る 分 の 納 入 状 況 は 前 年 度 受 付 分 欄 に 記 載 すること ) ( 当 該 年 度 に 受 付 した 次 年 度 の 利 用 に 係 る 分 の 納 入 状 況 は 4 次 年 度 の 利 用 に 係 る 利 用 料 金 納 入 状 況 に 記 載 すること ) 3 月 分 月 間 業 務 報 告 書 の 累 計 収 入 済 額 は 様 式 11 指 定 管 理 業 務 収 支 報 告 書 の 収 入 の 施 設 利 用 料 金 額 と 一 致 するこ と 4. 利 用 料 金 納 入 状 況 前 月 までの 累 計 区 分 当 月 申 請 分 月 分 累 計 前 月 までの 申 請 分 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 件 数 利 用 料 金 額 申 請 受 付 収 入 済 未 納 月 分 月 間 業 務 報 告 書 の 累 計 欄 は 翌 年 度 4 月 分 月 間 業 務 報 告 書 の 前 年 度 受 付 分 欄 に 記 載 すること

54 5. 光 熱 水 費 燃 料 費 執 行 状 況 施 設 名 平 成 年 度 月 区 分 月 分 累 計 前 年 同 期 使 用 量 支 払 額 使 用 量 支 払 額 使 用 量 支 払 額 備 考 A 重 油 燃 料 費 灯 油 ガソリン 軽 油 電 気 料 上 水 道 料 下 水 道 料 ガス 6. 委 託 事 業 の 実 施 状 況 事 業 名 実 施 日 場 所 参 加 人 数 7. 自 主 事 業 の 実 施 状 況 事 業 名 実 施 日 場 所 参 加 人 数

55 ( 様 式 11) 事 業 報 告 書 施 設 名 平 成 年 度 平 成 年 月 日 指 定 管 理 者 名

56 指 定 管 理 者 名 施 設 名 年 度 平 成 年 度 1. 利 用 者 数 の 状 況 ( 単 位 : 人 ) 施 設 名 H19 1 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 2 平 成 年 度 事 業 計 画 書 3 実 績 /3-1 (%) 増 減 4-1 4/1-1 (%) 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0! 0 #DIV/0!

57 指 定 管 理 者 名 施 設 名 年 度 平 成 年 度 2. 収 支 状 況 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 実 績 増 減 支 出 指 定 管 理 業 務 施 設 管 理 業 務 委 託 事 業 計 自 主 事 業 0 施 設 管 理 業 務 0 収 入 指 定 管 理 業 務 委 託 事 業 指 定 管 理 料 0 0 計 自 主 事 業 0 収 指 定 管 理 業 務 計 支 自 主 事 業 0 0 0

58 指 定 管 理 者 名 施 設 名 年 度 平 成 年 度 3. 人 員 配 置 状 況 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 実 績 職 種 ( 職 名 ) 担 当 施 設 業 務 内 容 等 資 格 実 務 経 験 年 数 等 雇 用 形 態 賃 金 形 態 基 本 賃 金 ( 円 ) 1 週 間 の 勤 務 時 間 ( 時 間 ) 備 考 職 種 ( 職 名 ) 担 当 施 設 業 務 内 容 等 資 格 実 務 経 験 年 数 等 雇 用 形 態 賃 金 形 態 基 本 賃 金 ( 円 ) 1 週 間 の 勤 務 時 間 ( 時 間 ) 社 会 保 険 社 会 保 障 等 該 当 に を 記 載 厚 生 年 金 雇 用 保 険 労 災 保 険 備 考 1 週 間 の 勤 務 時 間 は 本 施 設 の 指 定 管 理 業 務 に 関 る 時 間 数 を 記 載 してください なお 指 定 管 理 業 務 以 外 の 勤 務 時 間 がある 場 合 は その 職 員 の 総 勤 務 時 間 数 を 備 考 欄 に 記 載 してください 社 会 保 障 等 は 社 会 保 険 厚 生 年 金 雇 用 保 険 労 災 保 険 のうち 該 当 するもの 全 てに を 記 載 してください

59 ( 様 式 11) 事 業 報 告 書 施 設 名 平 成 年 度 平 成 年 月 日 指 定 管 理 者 名

60 施 設 名 年 度 平 成 年 度 1. 施 設 維 持 業 務 作 業 名 実 施 日 内 容 指 定 管 理 者 実 施 委 託 業 者 その 他

61 施 設 名 年 度 平 成 年 度 2. 有 料 施 設 貸 出 業 務 区 分 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 団 体 数 利 用 人 員 利 用 時 間 町 内 高 校 生 以 上 町 外 個 人 利 用 団 体 利 用 合 小 中 学 生 計 全 額 徴 収 全 額 減 免 5 割 減 免 計 計 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 町 内 町 外 計 利 用 拒 否 件 数 年 月 日 理 由

62 年 度 平 成 年 度 施 設 名 3. 委 託 事 業 の 実 施 状 況 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 実 施 結 果 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数

63 年 度 平 成 年 度 施 設 名 4. 自 主 事 業 の 実 施 状 況 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 平 成 年 度 事 業 計 画 実 施 結 果 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数 事 業 名 実 施 日 実 施 内 容 参 加 者 数

64 施 設 名 年 度 平 成 年 度 5. 指 定 管 理 業 務 の 収 支 状 況 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 実 績 ( 単 位 : 千 円 ) 区 分 施 設 管 理 業 務 委 託 事 業 委 託 事 業 施 設 管 理 計 事 業 事 業 事 業 小 計 業 務 事 業 事 業 事 業 小 計 計 増 減 直 接 人 件 費 清 掃 業 務 清 掃 業 務 以 外 計 消 耗 品 費 燃 料 費 印 刷 製 本 費 電 気 料 需 用 費 光 熱 水 費 水 道 料 下 水 道 料 修 繕 料 飼 料 費 電 話 料 支 直 接 物 品 費 役 務 費 通 信 運 搬 費 郵 便 料 出 手 数 料 委 託 料 使 用 料 及 び 賃 借 料 借 上 料 原 材 料 費 直 接 物 品 費 計 業 務 管 理 費 一 般 管 理 費 計 利 用 料 金 収 入 事 業 収 入 その 他 収 入 計 指 定 管 理 料 収 支 4(2+3-1)

65 施 設 名 年 度 平 成 年 度 6. 自 主 事 業 の 収 支 状 況 区 分 事 業 計 画 書 ( 提 案 内 容 ) 事 業 事 業 事 業 計 事 業 事 業 事 業 計 実 績 ( 単 位 : 千 円 ) 増 減 直 接 人 件 費 計 消 耗 品 費 燃 料 費 印 刷 製 本 費 需 用 費 光 熱 水 費 電 気 料 水 道 料 下 水 道 料 修 繕 料 飼 料 費 電 話 料 支 直 接 物 品 費 役 務 費 通 信 運 搬 費 郵 便 料 出 委 託 料 手 数 料 使 用 料 及 び 賃 借 料 原 材 料 費 借 上 料 直 接 物 品 費 0 0 計 業 務 管 理 費 0 0 一 般 管 理 費 0 0 計 1 事 業 収 入 収 入 計 2 収 支 3(2-1)

66 ( 様 式 12-1) 実 地 調 査 表 ( 指 定 管 理 者 用 ) 調 査 年 月 日 平 成 年 月 日 施 設 名 指 定 管 理 者 名 調 査 担 当 者 名 調 査 対 象 調 査 項 目 実 施 状 況 指 示 改 善 内 容 業 務 従 事 者 の 要 件 等 1 業 務 執 行 体 制 ( 各 業 務 作 業 責 任 者 等 )が 明 確 にされて いるか また 変 更 があった 場 合 は 速 やかに 町 へ 届 出 され ているか 2 町 と 指 定 管 理 者 との 間 で 十 分 な 連 絡 はなされているか 意 思 疎 通 3 町 と 指 定 管 理 者 との 間 で 適 宜 十 分 な 打 合 せを 行 い 業 務 を 遂 行 されているか 情 報 管 理 4 情 報 公 開 の 取 組 個 人 情 報 の 管 理 は 適 切 にされている か ( 規 定 の 整 備 等 ) 職 員 研 修 5 研 修 計 画 に 基 づき 職 員 研 修 が 行 われているか 6 緊 急 事 態 発 生 時 の 対 処 マニュアル 等 が 適 切 に 整 備 保 管 され 連 絡 体 制 の 確 保 ( 責 任 者 連 絡 網 等 )や 定 期 的 な 訓 練 等 が 行 われているか 非 常 時 緊 急 時 の 対 応 7 事 故 等 の 報 告 書 を 速 やかに 提 出 されているか 経 理 事 務 8 専 用 の 口 座 帳 簿 等 を 備 え 適 切 に 経 理 事 務 が 行 われて いるか ( 通 帳 帳 簿 等 ) 予 算 執 行 9 収 支 予 算 の 適 正 な 執 行 が 行 われているか 実 施 状 況 欄 は ( 全 部 実 施 ) ( 一 部 実 施 ) ( 全 部 未 実 施 )で 記 載 すること

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BA3918893FC8E448E5189C18E918A6990528DB88B7982D18C5F96F18E9696B18EE688B597768D6A81699056816A2E646F63> 目 平 成 17 年 10 月 1 日 次 21 総 資 則 格 ( の 第 審 1 査 条 ( 第 第 32 条 条 ) 34 工 事 等 の 施 契 行 約 手 の 続 手 ( 続 第 ( 9 14 8 条 ) 第 13 第 条 21 条 )) 65 建 設 工 締 事 結 及 ( び 第 監 24 理 条 の 委 第 託 33 契 条 約 ) の 手 続 ( 第 22 条 第 23 条 ) 第

More information

商店街振興組合定款参考例

商店街振興組合定款参考例 平 成 20 年 3 月 31 日 ( 改 正 ) 平 成 27 年 5 月 1 日 商 店 街 振 興 組 合 定 款 参 考 例 平 成 27 年 5 月 全 国 商 店 街 振 興 組 合 連 合 会 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホーム(A 型 及 びB 型 ) 運 営 費 補 助 要 綱 14 福 高 施 第 8 号 平 成 14 年 4 月 19 日 15 福 高 施 第 924 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 578 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 1007 号 平 成 1 8 年 3 月 3 日 17 福 保 高 施 第 1141 号 平

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1>

<5461726F2D87418BA693AF91678D8798418D8789EF92E88ABC8E518D6C97E1> 協 同 組 合 連 合 会 定 款 参 考 例 全 国 中 小 企 業 団 体 中 央 会 制 定 平 成 12 年 4 月 11 日 12 全 中 発 第 20 号 改 正 平 成 13 年 3 月 28 日 12 全 中 発 第 1952 号 改 正 平 成 15 年 2 月 1 日 14 全 中 発 第 1139 号 改 正 平 成 18 年 7 月 5 日 18 全 中 発 第 422 号

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

第1章 総則

第1章 総則 商 店 街 振 興 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 うとともに 地 区 内 の 環 境 の 整 備 改 善 を 図 るための 事 業 を 行 うことにより 組 合 員 の 事 業 の 健 全 な 発 展 に 寄 与 し 併 せて 公 共

More information

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」

株式会社WOWOW有料放送サービス約款「IPTV同時再送信用」 株 式 会 社 WOWOW 有 料 放 送 サービス 約 款 IPTV 同 時 再 送 信 用 第 1 章 総 則 ( 約 款 の 適 用 ) 第 1 条 当 社 は この 有 料 基 幹 放 送 契 約 約 款 ( 以 下 本 約 款 といいます )を 定 め これにより 衛 星 デ ジタル 有 料 放 送 サービスを 提 供 します ( 約 款 の 変 更 ) 第 2 条 当 社 は 本 約 款

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477>

< E95E CC BE689E6817A8CF695E A6D92E894C52E786477> 市 有 財 産 公 売 ( 一 般 競 争 入 札 ) 応 募 要 領 [ 平 成 28 年 度 ] 宇 都 宮 市 経 済 部 商 工 振 興 課 028-632-2433 公 売 物 件 一 覧 表 1 物 件 及 び 現 地 説 明 日 時 物 件 番 号 物 件 の 所 在 実 測 面 積 現 況 地 目 最 低 入 札 価 格 現 地 説 明 日 時 1 宇 都 宮 市 ゆいの 杜 8 丁

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受

務 組 合 としての 業 務 (9) 組 合 員 の 事 業 に 関 する 経 営 及 び 技 術 の 改 善 向 上 又 は 組 合 事 業 に 関 する 知 識 の 普 及 を 図 るための 教 育 及 び 情 報 の 提 供 (10) 組 合 員 のためにする 司 法 書 士 業 務 の 受 神 奈 川 県 司 法 書 士 協 同 組 合 定 款 平 成 7 年 4 月 24 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 1-1 号 認 可 平 成 10 年 6 月 18 日 神 奈 川 県 指 令 商 総 第 57-4 号 認 可 平 成 14 年 6 月 27 日 神 奈 川 県 指 令 新 産 第 10040 号 認 可 平 成 20 年 7 月 2 日 神 奈 川 県 指 令 金 第

More information

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第

静 岡 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 10 条 ) 第 3 章 会 員 ( 第 11 条 - 第 16 条 ) 第 4 章 経 費 分 担 ( 第 17 条 - 第 19 条 ) 第 定 款 沿 革 昭 和 29 年 11 月 1 日 制 定 昭 和 30 年 3 月 28 日 改 正 昭 和 31 年 3 月 17 日 改 正 昭 和 32 年 3 月 13 日 改 正 昭 和 33 年 5 月 16 日 改 正 昭 和 34 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 35 年 3 月 10 日 改 正 昭 和 39 年 3 月 29 日 改 正 昭 和 42 年 5 月 25 日

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について

土壌環境保全対策推進助成金交付事業実施要領の変更について 日 環 協 第 8 号 平 成 2 5 年 4 月 1 日 各 都 道 府 県 知 事 土 壌 汚 染 対 策 法 政 令 市 市 長 殿 公 益 財 団 法 人 日 本 環 境 協 会 理 事 長 森 嶌 昭 夫 土 壌 環 境 保 全 対 策 推 進 助 成 金 交 付 事 業 実 施 要 領 の 変 更 について 当 協 会 の 運 営 につきましては 平 素 より 格 別 の 御 協 力 を

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故

ご 説 明 賠 償 責 任 保 険 普 通 保 険 約 款 普 通 保 険 約 款 は すべての 契 約 に 適 用 されます 第 1 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 他 人 の 身 体 の 障 害 または 財 物 の 損 壊 ( 以 下 事 故 事 故 受 付 サービス 東 京 海 上 日 動 のサービス 体 制 なら 安 心 です 365 日 24 時 間 のサポート 体 制 医 師 賠 償 責 任 保 険 約 款 東 京 海 上 日 動 安 心 110 番 事 故 の 報 告 ご 相 談 をフリーダイヤルで 承 ります いざというとき 全 国 どこからでも ご 利 用 頂 けます 事 故 の 受 付 ご 相 談 受 付 時 間 :365

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案)

山梨みらいファンド事業費助成金交付要領(案) 市 場 調 査 展 示 会 等 支 援 事 業 費 助 成 金 交 付 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 山 梨 県 が 定 める 山 梨 県 市 場 調 査 展 示 会 出 展 等 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づいて 公 益 財 団 法 人 やまなし 産 業 支 援 機 構 ( 以 下 支 援 機 構 という )が 実 施 する 市 場 調 査 展

More information

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保

第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 機 構 は 生 命 保 険 に 係 る 保 険 契 約 者 等 のための 相 互 援 助 制 度 として 破 綻 保 険 会 社 に 係 る 保 険 契 約 の 移 転 等 における 資 金 援 助 承 継 保 険 会 社 の 経 営 管 理 保 生 命 保 険 契 約 者 保 護 機 構 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 会 員 ( 第 6 条 ~ 第 16 条 ) 第 3 章 役 員 ( 第 17 条 ~ 第 28 条 ) 第 4 章 理 事 会 ( 第 29 条 ~ 第 36 条 ) 第 5 章 運 営 委 員 会 ( 第 37 条 ~ 第 47 条 ) 第 6 章 評 価 審 査 会

More information

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は

発 表 集 本 文 構 成 構 成 印 刷 色 頁 枚 数 備 考 局 長 挨 拶 3 両 面 モノクロ 目 次 5 (ページ 番 号 はつけない) 発 表 会 写 真 両 面 6 (ページ 番 号 はつけない)3 枚 目 の 裏 白 紙 Ⅰ 森 林 技 術 部 門 片 面 2 (ページ 番 号 は 仕 様 書 1, 件 名 平 成 27 年 度 北 の 国 森 林 づくり 技 術 交 流 発 表 集 印 刷 2, 規 格 A4 版 簡 易 製 本 無 線 綴 じ 300 部 表 紙 :モノクロ 印 刷 表 表 紙 2 頁 裏 表 紙 2 頁 計 4 頁 本 文 :モノクロ 14 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面 1 頁 ) カラー 232 頁 ( 白 紙 片 面 印 刷 の 裏 面

More information

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

■議案第 号 指定管理者制度の導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 平 成 28 年 3 月 定 例 会 議 案 概 要 議 案 第 45 号 専 決 処 分 の 報 告 及 び 承 認 について ( 松 戸 市 市 税 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 の 制 定 について) 税 制 課 提 案 理 由 市 税 に 係 る 手 続 における 個 人 番 号 の 利 用 の 取 扱 いを 見 直 すことにより 納 税

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務

しなければなりません (3) 謝 金 事 業 を 実 施 するために 追 加 的 に 必 要 となる 行 為 ( 資 料 整 理 作 業 補 助 専 門 的 知 識 の 提 供 資 料 の 収 集 等 )に 対 して 謝 礼 として 支 払 う 経 費 です 謝 金 の 単 価 については 業 務 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 に 係 る 公 募 要 領 1 総 則 苗 木 安 定 供 給 推 進 事 業 のうち 花 粉 症 対 策 苗 木 への 植 替 促 進 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう)に 係 る 課 題 提 案 の 実 施 については この 要 領 に 定 めるところによるものとします 2 公 募

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12

組合規約1 前半   :13年3月6日改正 P1~P12 東 京 建 設 職 能 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 45 年 7 月 23 日 制 定 昭 和 55 年 5 月 26 日 一 部 改 正 平 成 4 年 3 月 4 日 一 部 改 正 平 成 15 年 3 月 5 日 一 部 改 正 昭 和 46 年 2 月 27 日 一 部 改 正 昭 和 56 年 2 月 26 日 一 部 改 正 平 成 5 年 3 月 4 日 一 部

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい

( 審 査 委 員 会 の 設 置 ) 第 5 条 前 条 の 規 定 によりプロポーザル 方 式 の 実 施 が 決 定 したときは, 所 管 課 長 は 対 象 業 務 の 内 容 に 合 わせてプロポーザル 方 式 受 託 者 特 定 審 査 委 員 会 ( 以 下 審 査 委 員 会 とい 小 松 島 市 プロポーザル 方 式 実 施 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 市 が 発 注 する 企 画 調 査, 計 画, 設 計 等 の 業 務 のうち, 高 度 な 技 術 又 は 専 門 的 な 知 識 を 必 要 とする 業 務 等 の 契 約 に 当 たり, 当 該 業 務 に 係 る 提 案 を 求 め, 当 該 業 務 の 目 的 及 び 内 容 に 最 も

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

( 別 紙 ) 第 1 章 総 則 第 2 章 資 金 支 計 算 書 第 3 章 事 業 活 動 計 算 書 第 4 章 貸 借 対 照 表 第 5 章 財 務 諸 表 の 注 記 第 6 章 附 属 明 細 書 第 7 章 財 産 目 録 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 目 次 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 第 1 章 総 則 1 目 的 及 び 適 用 範 囲 (1)この 会

More information

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に

目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 に 法 制 WG19-2-4 参 考 資 料 平 成 19 年 10 月 31 日 金 融 庁 目 次 インサイダー 取 引 に 係 る 課 徴 金 納 付 命 令 の 実 績 1 違 反 行 為 の 根 拠 規 定 と 罰 則 規 定 について 2 継 続 開 示 書 類 の 虚 偽 記 載 の 課 徴 金 額 水 準 の 考 え 方 について 3 訂 正 報 告 書 の 虚 偽 記 載 における 課

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx

Microsoft Word - ③改正後全文(交付要綱).docx 参 考 ( 改 正 後 全 文 ) 厚 生 労 働 省 発 老 0717 第 2 号 平 成 2 4 年 7 月 1 7 日 最 終 改 正 厚 生 労 働 省 発 老 0309 第 2 号 平 成 2 8 年 3 月 9 日 指 定 都 市 市 長 各 中 核 市 市 長 殿 市 区 町 村 長 厚 生 労 働 事 務 次 官 ( 公 印 省 略 ) 地 域 介 護 福 祉 空 間 整 備 等 施

More information

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと

の 整 理 については 総 代 会 の 議 決 を 要 しないものとする この 場 合 総 代 会 の 議 決 を 要 しない 事 項 の 範 囲 変 更 の 内 容 について 書 面 又 は 電 磁 的 方 法 により 通 知 するとともに 第 5 条 の 規 定 に 基 づき 公 告 するものと 千 葉 県 電 気 工 事 工 業 組 合 定 款 ( 昭 和 40 年 8 月 5 日 制 定 ) ( 昭 和 45 年 12 月 25 日 改 正 ) ( 昭 和 54 年 9 月 29 日 改 正 ) ( 昭 和 58 年 5 月 24 日 改 正 ) ( 昭 和 60 年 5 月 21 日 改 正 ) ( 平 成 4 年 5 月 28 日 改 正 ) ( 平 成 5 年 5 月 19 日 改

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7>

<5461726F2D8E9197BF8251817C825381409359957495B68F9182C98AD682B7> 薬 事 法 ( 昭 和 35 年 法 律 第 145 号 ) ( 抄 ) ( 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 の 承 認 ) 第 十 四 条 医 薬 品 ( 厚 生 労 働 大 臣 が 基 準 を 定 めて 指 定 する 医 薬 品 及 び 第 二 十 三 条 の 二 第 一 項 の 規 定 により 指 定 する 体 外 診 断 用 医 薬 品 を 除 く ) 医 薬 部 外 品 ( 厚 生 労

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか

( 副 本 部 長 の 専 決 事 の 代 決 ) 第 6 条 の2 副 本 部 長 の 専 決 できる 事 務 について 副 本 部 長 不 在 のときは 主 管 部 長 がその 事 務 を 代 決 することができる 2 副 本 部 長 及 び 主 管 部 長 が 共 に 不 在 のときは あらか 大 阪 府 警 察 処 務 規 程 昭 和 30 年 8 月 26 日 本 部 訓 令 第 31 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 事 務 の 専 決 及 び 代 決 ( 第 5 条 第 13 条 ) 第 3 章 文 書 ( 第 14 条 第 15 条 ) 第 4 章 削 除 第 5 章 公 印 ( 第 19 条 ) 第 6 章 関 係 者 等 の 招 致

More information

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc

Microsoft Word - 技術研究組合定款(20140613 所在地変更).doc 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 技 術 研 究 組 合 は 制 御 システムのセキュリティ 確 保 に 資 する 研 究 開 発 を 遂 行 する ( 名 称 ) 第 2 条 本 組 合 は 技 術 研 究 組 合 制 御 システムセキュリティセンター( 英 文 名 Control System Security

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可

Microsoft Word - ◆最新00定款140213認可 日 本 ブランド 農 業 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名 称

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの

除 名 しようとする 組 合 員 にその 旨 を 通 知 し かつ 総 代 会 において 弁 明 する 機 会 を 与 えなければならない 3 この 組 合 は 除 名 の 議 決 があったときは 除 名 された 組 合 員 に 除 名 の 理 由 を 明 らかにして その 旨 を 通 知 するもの 東 京 工 業 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 17 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 18 条 ~ 第 42 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 43 条 ~ 第 66 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 67 条 ~ 第

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B9E93738E739856906C95DB8CEC915B927594EF82CC8E7895D982C98AD682B782E997768D6A2E727466> 京 都 市 老 保 護 措 置 費 の 支 弁 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は, 養 護 老 ホーム( 以 下 施 設 という )の 入 所 者 に 係 る 老 福 祉 法 第 11 条 第 1 項 の 規 定 による 措 置 に 要 する 費 用 ( 以 下 措 置 費 という )の 支 弁 に 関 し, 必 要 な 事 項 を 定 める ものとする ( 事 務

More information

個人型年金契約_.indd

個人型年金契約_.indd 個 人 型 年 金 規 約 国 民 年 金 基 金 連 合 会 TEL 03-5411-6129 http://www.npfa.or.jp/401k 2014 年 7 月 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 規 約 策 定 委 員 会 ( 第 7 条 第 18 条 ) 第 3 章 運 営 管 理 業 務 の 委 託 等 第 1 節 運 営 管 理 業 務 の 委 託 (

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

愛媛県高速運輸事業協同組合定款

愛媛県高速運輸事業協同組合定款 愛 媛 県 高 速 運 輸 事 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 組 合 は 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 のために 必 要 な 共 同 事 業 を 行 い もって 組 合 員 の 自 主 的 な 経 済 活 動 を 促 進 し かつ その 経 済 的 地 位 の 向 上 を 図 ることを 目 的 とする ( 名

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information