Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc"

Transcription

1 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日

2

3 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請 負 契 約 書 ( 以 下 契 約 書 という ) 及 び 設 計 図 書 の 内 容 について 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るとともに その 他 の 必 要 な 事 項 を 定 め もって 契 約 の 適 正 な 履 行 の 確 保 を 図 るためのものである 2. 設 計 図 書 は 相 互 に 補 完 し 合 うものとし そのいずれかによって 定 められている 事 項 は 契 約 の 履 行 を 拘 束 するものとする 3. 特 記 仕 様 書 図 面 共 通 仕 様 書 又 は 指 示 や 協 議 等 の 間 に 相 違 がある 場 合 又 は 図 面 か らの 読 み 取 りと 図 面 に 書 かれた 数 字 が 相 違 する 場 合 など 業 務 の 遂 行 に 支 障 を 生 じたり 今 後 相 違 することが 想 定 される 場 合 受 注 者 は 調 査 職 員 に 確 認 して 指 示 を 受 けなければ ならない 4. 設 計 業 務 測 量 及 び 地 質 土 質 調 査 業 務 等 に 関 する 業 務 については 別 に 定 める 共 通 仕 様 書 によるものとする 第 102 条 用 語 の 定 義 共 通 仕 様 書 に 使 用 する 用 語 の 定 義 は 次 の 各 項 に 定 めるところによる 1. 発 注 者 とは 沖 縄 県 財 務 規 則 第 2 条 第 7 号 の 規 定 に 基 づく 契 約 担 当 者 をいう 2. 受 注 者 とは 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 関 し 発 注 者 と 委 託 契 約 を 締 結 した 個 人 若 し くは 会 社 その 他 の 法 人 をいう 又 は 法 令 の 規 定 により 認 められたその 一 般 承 継 人 をい う 3. 調 査 職 員 とは 契 約 図 書 に 定 められた 範 囲 内 において 受 注 者 又 は 管 理 技 術 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 等 の 職 務 を 行 う 者 で 契 約 書 第 9 条 第 1 項 に 規 定 する 者 であり 総 括 調 査 員 主 任 調 査 員 及 び 調 査 員 を 総 称 していう 4. 総 括 調 査 員 とは 業 務 の 総 括 業 務 を 担 当 し 主 に 管 理 技 術 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 のうち 重 要 なものの 処 理 及 び 重 要 な 業 務 内 容 の 変 更 一 時 中 止 の 必 要 がある と 認 める 場 合 における 契 約 担 当 者 への 報 告 を 行 い 主 任 調 査 員 調 査 員 の 指 揮 監 督 を 行 う 者 をいう 重 要 なものの 処 理 及 び 重 要 な 業 務 内 容 の 変 更 とは 契 約 変 更 に 係 る 指 示 承 諾 等 をいう 5. 主 任 調 査 員 とは 業 務 を 担 当 し 主 に 管 理 技 術 者 に 対 する 指 示 承 諾 又 は 協 議 の 処 理 ( 重 要 なものを 除 く ) 業 務 内 容 の 変 更 ( 重 要 なものは 除 く ) 及 び 総 括 調 査 員 へ の 報 告 調 査 員 への 指 示 を 行 う 者 をいう 6. 調 査 員 とは 業 務 を 担 当 し 主 に 総 括 調 査 員 又 は 主 任 調 査 員 が 指 示 承 諾 を 行 うための 内 容 確 認 及 び 総 括 調 査 員 又 は 主 任 調 査 員 への 報 告 を 行 う 者 をいう 7. 検 査 職 員 とは 業 務 の 完 了 検 査 及 び 指 定 部 分 に 係 る 検 査 にあたって 契 約 書 第 31 条 第 2 項 及 び 契 約 書 第 36 条 の2の 規 定 に 基 づき 検 査 を 行 う 者 をいう 8. 管 理 技 術 者 とは 契 約 の 履 行 に 関 し 業 務 の 管 理 及 び 統 括 等 を 行 う 者 で 契 約 書 第 10 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 受 注 者 が 定 めた 者 をいう 9. 担 当 技 術 者 とは 管 理 技 術 者 のもとで 現 場 技 術 業 務 を 担 当 する 者 で 受 注 者 が 定 めた 者 ( 工 事 においては 現 場 技 術 員 )をいう 10. 契 約 図 書 とは 契 約 書 及 び 設 計 図 書 をいう - 1 -

4 11. 契 約 書 とは 別 冊 の 契 約 書 をいう 12. 設 計 図 書 とは 仕 様 書 図 面 数 量 総 括 表 現 場 説 明 書 及 び 現 場 説 明 に 対 する 質 問 回 答 書 をいう 13. 仕 様 書 とは 共 通 仕 様 書 及 び 特 記 仕 様 書 (これらにおいて 明 記 されている 適 用 す べき 諸 基 準 を 含 む )を 総 称 していう 14. 共 通 仕 様 書 とは 現 場 技 術 業 務 に 共 通 する 技 術 上 の 指 示 事 項 等 を 定 める 図 書 をい う 15. 特 記 仕 様 書 とは 共 通 仕 様 書 を 補 足 し 業 務 の 実 施 に 関 する 明 細 又 は 特 別 な 事 項 を 定 める 図 書 をいう 16. 数 量 総 括 表 とは 現 場 技 術 業 務 に 関 する 工 種 設 計 数 量 及 び 規 格 を 示 した 書 類 を いう 17. 現 場 説 明 書 とは 現 場 技 術 業 務 の 入 札 等 に 参 加 する 者 に 対 して 発 注 者 が 当 該 業 務 の 契 約 条 件 を 説 明 するための 書 類 をいう 18. 質 問 回 答 書 とは 現 場 説 明 書 に 関 する 入 札 等 参 加 者 からの 質 問 書 に 対 して 発 注 者 が 回 答 する 書 面 をいう 19. 図 面 とは 入 札 等 に 際 して 発 注 者 が 交 付 した 図 面 及 び 発 注 者 から 変 更 又 は 追 加 さ れた 図 面 及 び 図 面 のもとになる 計 算 書 等 をいう 20. 指 示 とは 調 査 職 員 が 受 注 者 に 対 し 現 場 技 術 業 務 の 遂 行 上 必 要 な 事 項 について 書 面 をもって 示 し 実 施 させることをいう 21. 請 求 とは 発 注 者 又 は 受 注 者 が 契 約 内 容 の 履 行 あるいは 変 更 に 関 して 相 手 方 に 書 面 をもって 行 為 あるいは 同 意 を 求 めることをいう 22. 通 知 とは 発 注 者 若 しくは 調 査 職 員 が 受 注 者 に 対 し 又 は 受 注 者 が 発 注 者 若 しく は 調 査 職 員 に 対 し 業 務 に 関 する 事 項 について 書 面 をもって 知 らせることをいう 23. 報 告 とは 受 注 者 が 調 査 職 員 に 対 し 現 場 技 術 業 務 の 遂 行 に 係 わる 事 項 について 書 面 をもって 知 らせることをいう 24. 申 し 出 とは 受 注 者 が 契 約 内 容 の 履 行 あるいは 変 更 に 関 し 発 注 者 に 対 して 書 面 をもって 同 意 を 求 めることをいう 25. 承 諾 とは 受 注 者 が 調 査 職 員 に 対 し 書 面 で 申 し 出 た 現 場 技 術 業 務 の 遂 行 上 必 要 な 事 項 について 調 査 職 員 が 書 面 により 業 務 上 の 行 為 に 同 意 することをいう 26. 質 問 とは 不 明 な 点 に 関 して 書 面 をもって 問 うことをいう 27. 回 答 とは 質 問 に 対 して 書 面 をもって 答 えることをいう 28. 協 議 とは 書 面 により 契 約 図 書 の 協 議 事 項 について 発 注 者 又 は 調 査 職 員 と 受 注 者 が 対 等 の 立 場 で 合 議 することをいう 29. 提 出 とは 受 注 者 が 調 査 職 員 に 対 し 現 場 技 術 業 務 に 係 わる 事 項 について 書 面 又 は その 他 の 資 料 を 説 明 し 差 し 出 すことをいう 30. 書 面 とは 手 書 き 印 刷 等 の 伝 達 物 をいい 発 行 年 月 日 を 記 録 し 署 名 又 は 捺 印 したものを 有 効 とする 緊 急 を 要 する 場 合 は ファクシミリ 又 は 電 子 メールにより 伝 達 できるものとするが 後 日 書 面 と 差 し 換 えるものとする 31. 検 査 とは 契 約 書 第 31 条 及 び 契 約 書 第 36の2に 基 づき 検 査 職 員 が 現 場 技 術 業 務 の 完 了 または 既 済 部 分 の 確 認 することをいう 32. 打 合 せ とは 現 場 技 術 業 務 を 適 正 かつ 円 滑 に 実 施 するために 管 理 技 術 者 と 調 査 職 員 が 面 談 により 業 務 の 方 針 及 び 条 件 等 の 疑 義 を 正 すことをいう - 2 -

5 33. 修 補 とは 発 注 者 が 検 査 時 に 受 注 者 の 負 担 に 帰 すべき 理 由 による 不 良 箇 所 を 発 見 し た 場 合 に 受 注 者 が 行 うべき 訂 正 補 足 その 他 の 措 置 をいう 34. 協 力 者 とは 受 注 者 が 業 務 の 遂 行 にあたって 再 委 託 する 者 をいう 35. 使 用 人 等 とは 協 力 者 又 はその 代 理 人 若 しくはその 使 用 人 その 他 これに 準 ずるも のをいう 36. 了 解 とは 契 約 図 書 の 基 づき 監 督 職 員 が 受 注 者 に 指 示 した 処 理 内 容 回 答 に 対 して 理 解 して 承 認 することをいう 第 103 条 調 査 職 員 1. 発 注 者 は 業 務 における 調 査 職 員 を 定 め 受 注 者 に 通 知 するものとする 2. 調 査 職 員 は 契 約 図 書 に 定 められた 事 項 の 範 囲 内 において 指 示 承 諾 協 議 等 の 職 務 を 行 うものとする 3. 契 約 書 の 規 定 に 基 づく 調 査 職 員 の 権 限 は 契 約 書 第 9 条 第 2 項 に 規 定 した 事 項 である 4. 調 査 職 員 がその 権 限 を 行 使 するときは 書 面 により 行 うものとする ただし 緊 急 を 要 する 場 合 調 査 職 員 が 受 注 者 に 対 し 口 頭 による 指 示 等 を 行 った 場 合 には 受 注 者 はそ の 指 示 等 に 従 うものとする 調 査 職 員 は その 指 示 等 を 行 った 後 7 日 以 内 に 書 面 で 受 注 者 に 指 示 するものとする 第 104 条 管 理 技 術 者 1. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 における 管 理 技 術 者 を 定 め 発 注 者 に 通 知 するものとする 2. 管 理 技 術 者 に 委 任 できる 権 限 は 契 約 書 第 10 条 第 2 項 に 規 定 した 事 項 とする ただし 受 注 者 が 管 理 技 術 者 に 委 任 できる 権 限 を 制 限 する 場 合 は 発 注 者 に 書 面 をもって 報 告 しない 限 り 管 理 技 術 者 は 受 注 者 の 一 切 の 権 限 ( 契 約 書 第 10 条 第 2 項 の 規 定 により 行 使 できな いとされた 権 限 を 除 く )を 有 するものとされ 発 注 者 及 び 調 査 職 員 は 管 理 技 術 者 に 対 し て 指 示 等 を 行 えば 足 りるものとする 3. 管 理 技 術 者 は 第 202 条 に 示 す 内 容 について 担 当 技 術 者 が 適 切 に 行 うように 指 揮 監 督 しなければならない 4. 受 注 者 は 原 則 として 競 争 参 加 資 格 確 認 申 請 書 に 記 載 した 予 定 管 理 技 術 者 を 管 理 技 術 者 に 定 めなければならない ただし 病 休 死 亡 退 職 等 のやむをえない 理 由 により 変 更 を 行 う 場 合 には 同 等 以 上 の 技 術 者 であるとの 発 注 者 の 承 諾 を 得 なければならない 5. 管 理 技 術 者 は 業 務 の 履 行 に 当 たり 特 記 仕 様 書 に 定 める 資 格 及 び 業 務 経 験 を 有 する こととし 日 本 語 に 堪 能 ( 日 本 語 通 訳 が 確 保 できれば 可 )でなければならない 6. 管 理 技 術 者 は 調 査 職 員 が 指 示 する 関 連 のある 業 務 の 受 注 者 と 十 分 に 協 議 の 上 相 互 に 協 力 し 業 務 を 実 施 しなければならない 7. 管 理 技 術 者 は 担 当 技 術 者 を 兼 ねることはできない 第 105 条 担 当 技 術 者 の 資 格 第 201 条 で 示 されている 担 当 技 術 者 については 特 記 仕 様 書 に 定 める 資 格 及 び 業 務 経 験 を 有 する 者 であるものとする なお 受 注 者 は 担 当 技 術 者 を 定 めた 場 合 は その 氏 名 その 他 必 要 な 事 項 を 調 査 職 員 に 提 出 するものとする - 3 -

6 第 106 条 適 切 な 技 術 者 の 配 置 1. 管 理 技 術 者 及 び 担 当 技 術 者 を 定 めるときは 当 該 業 務 の 対 象 となる 工 事 の 受 注 者 と 資 本 人 事 面 において 関 係 がある 者 を 置 いてはならない 2. 調 査 職 員 は 必 要 に 応 じて 下 記 に 示 す 事 項 について 報 告 を 求 めることができる (1) 技 術 者 経 歴 職 歴 (2) 資 本 人 事 面 において 関 係 があると 認 められると 考 えられる 企 業 ( 建 設 業 許 可 業 者 製 造 業 者 等 )の 名 称 及 び 受 注 者 とその 企 業 との 関 係 に 関 する 事 項 第 107 条 提 出 書 類 1. 受 注 者 は 発 注 者 が 指 定 した 様 式 により 契 約 締 結 後 に 関 係 書 類 を 調 査 職 員 を 経 て 発 注 者 に 遅 滞 なく 提 出 しなければならない ただし 業 務 委 託 料 ( 以 下 委 託 料 とい う )に 係 る 請 求 書 請 求 代 金 代 理 受 領 承 諾 書 遅 延 利 息 請 求 書 調 査 職 員 に 関 する 措 置 請 求 に 係 る 書 類 及 びその 他 現 場 説 明 の 際 に 指 定 した 書 類 を 除 く 2. 受 注 者 が 発 注 者 に 提 出 する 書 類 で 様 式 が 定 められていないものは 受 注 者 において 様 式 を 定 め 提 出 するものとする ただし 発 注 者 がその 様 式 を 指 示 した 場 合 は これに 従 わなければならない 3. 受 注 者 は 契 約 時 又 は 変 更 時 において 請 負 金 額 が100 万 円 以 上 の 業 務 について 業 務 実 績 情 報 システム(テクリス)に 基 づき 受 注 変 更 完 了 時 に 業 務 実 績 情 報 として 登 録 のための 確 認 のお 願 い を 作 成 し 受 注 時 は 契 約 後 土 曜 日 日 曜 日 祝 日 年 末 年 始 の 閉 庁 日 等 ( 以 下 閉 庁 日 という )を 除 き10 日 以 内 に 登 録 内 容 の 変 更 時 は 変 更 が あった 日 から 閉 庁 日 を 除 き10 日 以 内 に 完 了 時 は 業 務 完 了 後 閉 庁 日 を 除 き10 日 以 内 に 書 面 により 調 査 職 員 の 確 認 を 受 けたうえで 登 録 機 関 に 登 録 申 請 しなければならな い また 受 注 者 は 契 約 時 において 総 合 評 価 落 札 方 式 にて 調 達 される 建 設 コンサルタ ント 業 務 において 調 査 基 準 価 格 を 下 回 る 金 額 で 落 札 した 場 合 業 務 実 績 情 報 システム(テ クリス)に 業 務 実 績 情 報 を 登 録 する 際 は 業 務 名 称 の 先 頭 に 低 を 追 記 した 上 で 登 録 のための 確 認 のお 願 い を 作 成 し 調 査 職 員 の 確 認 を 受 けること 例 : 低 業 務 登 録 機 関 に 登 録 後 テクリスより 登 録 内 容 確 認 書 をダウンロードし 直 ちに 調 査 職 員 に 提 出 しなければならない なお 変 更 時 と 完 了 時 の 間 が10 日 間 に 満 たない 場 合 は 変 更 時 の 提 出 を 省 略 できるものとする 第 108 条 打 合 せ 等 1. 現 場 技 術 業 務 を 適 正 かつ 円 滑 に 実 施 するため 管 理 技 術 者 と 調 査 職 員 は 常 に 密 接 な 連 絡 をとり 業 務 の 方 針 及 び 条 件 等 の 疑 義 を 正 すものとし その 内 容 についてはその 都 度 受 注 者 が 書 面 ( 打 合 せ 記 録 簿 )に 記 録 し 相 互 に 確 認 しなければならない なお 連 絡 は 積 極 的 に 電 子 メール 等 を 活 用 し 電 子 メールで 確 認 した 内 容 については 必 要 に 応 じて 打 合 せ 記 録 簿 を 作 成 するものとする 2. 現 場 技 術 業 務 着 手 時 及 び 設 計 図 書 で 定 める 業 務 の 区 切 りにおいて 管 理 技 術 者 と 調 査 職 員 は 打 合 せを 行 うものとし その 結 果 について 書 面 ( 打 ち 合 わせ 記 録 簿 )に 記 録 し 相 互 に 確 認 しなければならない 3. 管 理 技 術 者 は 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 について 疑 義 が 生 じた 場 合 は 速 やかに 調 査 - 4 -

7 職 員 と 協 議 するものとする 第 109 条 業 務 計 画 書 1. 受 注 者 は 契 約 締 結 後 速 やかに 業 務 計 画 書 を 作 成 し 調 査 職 員 に 提 出 しなければならな い 2. 業 務 計 画 書 には 契 約 図 書 に 基 づき 下 記 事 項 を 記 載 するものとする (1) 業 務 概 要 (2) 実 施 方 針 (3) 業 務 工 程 (4) 業 務 組 織 計 画 (5) 打 合 せ 計 画 (6) 成 果 品 の 内 容 部 数 (7) 使 用 する 主 な 図 書 及 び 基 準 (8) 連 絡 体 制 ( 緊 急 時 含 む) (9)その 他 3. 受 注 者 は 業 務 計 画 書 の 内 容 を 変 更 する 場 合 は 理 由 を 明 確 にしたうえで その 都 度 調 査 職 員 に 変 更 業 務 計 画 書 を 提 出 しなければならない 4. 調 査 職 員 が 指 示 した 事 項 については 受 注 者 はさらに 詳 細 な 業 務 計 画 に 係 る 資 料 を 提 出 しなければならない 第 110 条 業 務 に 必 要 な 資 料 の 取 扱 い 1. 一 般 に 広 く 流 布 されている 各 種 基 準 及 び 参 考 図 書 等 の 業 務 の 実 施 に 必 要 な 資 料 につい ては 受 注 者 の 負 担 において 適 切 に 整 備 するものとする 2. 調 査 職 員 は 必 要 に 応 じて 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 必 要 な 資 料 を 受 注 者 に 貸 与 するも のとする 3. 受 注 者 は 貸 与 された 資 料 の 必 要 がなくなった 場 合 は ただちに 調 査 職 員 に 返 却 する ものとする 4. 受 注 者 は 貸 与 された 資 料 を 丁 寧 に 扱 い 損 傷 してはならない 万 一 損 傷 した 場 合 には 受 注 者 の 責 任 と 費 用 負 担 において 修 復 するものとする 5. 受 注 者 は 貸 与 された 資 料 については 業 務 に 関 する 資 料 の 作 成 以 外 の 目 的 で 使 用 複 写 等 してはならない 6. 受 注 者 は 貸 与 された 資 料 を 第 三 者 に 貸 与 閲 覧 複 写 譲 渡 又 は 使 用 させてはなら ない 第 111 条 土 地 への 立 ち 入 り 等 1. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 を 実 施 するため 国 有 地 公 有 地 又 は 私 有 地 に 立 入 る 場 合 は 契 約 書 第 13 条 第 1 項 の 定 めに 従 って 調 査 職 員 及 び 関 係 者 と 十 分 な 協 調 を 保 ち 現 場 技 術 業 務 が 円 滑 に 進 捗 するように 努 めなければならない なお やむを 得 ない 理 由 により 現 地 への 立 ち 入 りが 不 可 能 となった 場 合 には ただ ちに 調 査 職 員 に 報 告 し 指 示 を 受 けなければならない 2. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 実 施 のため 植 物 伐 採 かき さく 等 の 除 去 又 は 土 地 若 しくは 工 作 物 を 一 時 使 用 する 時 は あらかじめ 調 査 職 員 に 報 告 するものとし 報 告 を 受 けた 調 - 5 -

8 査 職 員 は 当 該 土 地 所 有 者 及 び 占 有 者 の 許 可 を 得 るものとする なお 第 三 者 の 土 地 への 立 入 りについては 当 該 土 地 占 有 者 の 許 可 は 発 注 者 が 得 る ものとするが 調 査 職 員 の 指 示 がある 場 合 は 受 注 者 はこれに 協 力 しなければならない 3. 受 注 者 は 前 項 の 場 合 において 生 じた 損 失 のため 必 要 となる 経 費 の 負 担 については 設 計 図 書 に 示 す 外 は 調 査 職 員 と 協 議 により 定 めるものとする 第 112 条 成 果 物 の 提 出 1. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 が 完 了 したときは 設 計 図 書 に 示 す 成 果 品 を 業 務 完 了 報 告 書 とともに 提 出 し 検 査 を 受 けるものとする 2. 受 注 者 は 設 計 図 書 に 定 めがある 場 合 又 は 調 査 職 員 の 指 示 する 場 合 で 同 意 した 場 合 は 履 行 期 間 途 中 においても 成 果 品 の 部 分 引 き 渡 しを 行 うものとする 3. 受 注 者 は 成 果 品 において 使 用 する 計 量 単 位 は 国 際 単 位 系 (SI)とする 第 113 条 関 係 法 令 及 び 条 例 等 の 遵 守 受 注 者 は 業 務 の 実 施 にあたっては 関 連 する 関 係 諸 法 令 及 び 条 例 等 を 遵 守 しなけれ ばならない 第 114 条 検 査 1. 受 注 者 は 契 約 書 第 31 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 業 務 完 了 報 告 書 を 発 注 者 に 提 出 する 際 には 契 約 図 書 により 義 務 付 けられた 資 料 の 整 備 がすべて 完 了 し 調 査 職 員 に 提 出 し ていなければならない 2. 発 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 検 査 に 先 立 って 受 注 者 に 対 して 書 面 をもって 検 査 日 を 通 知 するものとする この 場 合 において 受 注 者 は 検 査 に 必 要 な 書 類 及 び 資 料 等 を 整 備 しな ければならない この 場 合 検 査 に 要 する 費 用 は 受 注 者 の 負 担 とする 3. 検 査 職 員 は 調 査 職 員 及 び 管 理 技 術 者 の 立 会 の 上 検 査 を 行 うものとする 第 115 条 再 委 託 1. 契 約 書 第 7 条 第 1 項 に 規 定 する 主 たる 部 分 とは 次 の 各 号 に 掲 げるものをいい 受 注 者 はこれを 再 委 託 することはできない (1) 現 場 技 術 業 務 における 遂 行 管 理 業 務 の 手 法 の 決 定 及 び 技 術 的 判 断 等 2. 受 注 者 は コピー ワープロ 印 刷 製 本 計 算 処 理 ( 単 純 な 電 算 処 理 に 限 る) ト レース 資 料 整 理 などの 簡 易 な 業 務 の 再 委 託 にあたっては 発 注 者 の 承 諾 を 必 要 としな い 3. 受 注 者 は 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 業 務 以 外 の 再 委 託 にあたっては 発 注 者 の 承 諾 を 得 なければならない 4. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 を 再 委 託 に 付 する 場 合 書 面 により 協 力 者 との 契 約 関 係 を 明 確 にしておくとともに 協 力 者 に 対 して 適 切 な 指 導 管 理 の 下 に 業 務 を 実 施 しなければ ならない なお 協 力 者 は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 指 名 競 争 参 加 資 格 者 である 場 合 は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 指 名 停 止 期 間 中 であってはならない - 6 -

9 第 116 条 守 秘 義 務 1. 受 注 者 は 契 約 書 第 1 条 第 5 項 の 規 定 により 業 務 の 実 施 過 程 で 知 り 得 た 秘 密 を 第 三 者 に 漏 らしてはならない 2. 受 注 者 は 当 該 業 務 の 結 果 ( 業 務 処 理 の 過 程 において 得 られた 記 録 等 を 含 む )を 他 人 に 閲 覧 させ 複 写 させ 又 は 譲 渡 してはならない ただし あらかじめ 発 注 者 の 書 面 による 承 諾 を 得 たときはこの 限 りではない 3. 受 注 者 は 本 業 務 に 関 して 発 注 者 から 貸 与 された 情 報 その 他 知 り 得 た 情 報 を 第 110 条 に 示 す 業 務 計 画 書 の 業 務 組 織 計 画 に 記 載 される 者 以 外 には 秘 密 とし また 当 該 業 務 の 遂 行 以 外 の 目 的 に 使 用 してはならない 4. 受 注 者 は 当 該 業 務 に 関 して 発 注 者 から 貸 与 された 情 報 その 他 知 り 得 た 情 報 を 当 該 業 務 の 終 了 後 においても 他 者 に 漏 らしてはならない 5. 取 り 扱 う 情 報 は 当 該 業 務 のみに 使 用 し 他 の 目 的 には 使 用 しないこと また 発 注 者 の 許 可 なく 複 製 しないこと 6. 受 注 者 は 当 該 業 務 完 了 時 に 発 注 者 への 返 却 若 しくは 消 去 又 は 破 棄 を 確 実 に 行 うこ と 7. 受 注 者 は 当 該 業 務 の 遂 行 において 貸 与 された 発 注 者 の 情 報 の 外 部 への 漏 洩 若 しくは 目 的 外 利 用 が 認 められ 又 そのおそれがある 場 合 には これを 速 やかに 発 注 者 に 報 告 する ものとする 第 117 条 情 報 セキュリティにかかる 事 項 受 注 者 は 発 注 者 と 同 等 以 上 の 情 報 セキュリティを 確 保 しなければならない 第 118 条 安 全 等 の 確 保 1. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 際 しては 当 該 業 務 関 係 者 だけでなく 付 近 住 民 通 行 者 通 行 車 両 等 の 第 三 者 の 安 全 確 保 に 努 めなければならない 2. 受 注 者 は 特 記 仕 様 書 に 定 めがある 場 合 には 所 轄 警 察 署 道 路 管 理 者 鉄 道 事 業 者 河 川 管 理 者 労 働 基 準 監 督 署 等 の 関 係 者 及 び 関 係 機 関 と 緊 密 な 連 絡 を 取 り 業 務 実 施 中 の 安 全 を 確 保 しなければならない 3. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 当 たり 事 故 が 発 生 しないよう 使 用 人 等 に 安 全 教 育 の 徹 底 を 図 り 指 導 監 督 に 努 めなければならない 4. 受 注 者 は 現 場 技 術 員 業 務 の 実 施 にあたっては 安 全 の 確 保 に 努 めるとともに 労 働 安 全 衛 生 法 等 関 係 法 令 に 基 づく 措 置 を 講 じておくものとする 5. 受 注 者 は 現 場 技 術 員 業 務 の 実 施 にあたり 災 害 予 防 のため 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 厳 守 しなければならない (1) 業 務 に 伴 い 伐 採 した 立 木 等 を 焼 却 する 場 合 には 関 係 法 令 を 遵 守 するとともに 関 係 官 公 署 の 指 導 に 従 い 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない (2) 受 注 者 は 喫 煙 等 の 場 所 を 指 定 し 指 定 場 所 以 外 での 火 気 の 使 用 を 禁 止 しなけ ればならない (3) 受 注 者 は ガソリン 塗 料 等 の 可 燃 物 を 使 用 する 必 要 がある 場 合 には 周 辺 に 火 気 の 使 用 を 禁 止 する 旨 の 標 示 を 行 い 周 辺 の 整 理 に 努 めなければならない 6. 受 注 者 は 爆 発 物 等 の 危 険 物 を 使 用 する 必 要 がある 場 合 には 関 係 法 令 を 遵 守 すると ともに 関 係 官 公 署 の 指 導 に 従 い 爆 発 等 の 防 止 の 措 置 を 講 じなければならない - 7 -

10 7. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 にあたっては 豪 雨 豪 雪 出 水 地 震 落 雷 等 の 自 然 災 害 に 対 して 常 に 被 害 を 最 小 限 にくい 止 めるための 防 災 体 制 を 確 立 しておかなければ ならない 災 害 発 生 時 においては 第 三 者 及 び 使 用 人 等 の 安 全 確 保 に 努 めなければならな い 8. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 実 施 中 に 事 故 等 が 発 生 した 場 合 は 直 ちに 調 査 職 員 に 報 告 す るとともに 調 査 職 員 が 指 示 する 様 式 により 事 故 報 告 書 を 速 やかに 調 査 職 員 に 提 出 し 調 査 職 員 から 指 示 がある 場 合 にはその 指 示 に 従 わなければならない 第 119 条 条 件 変 更 等 1. 契 約 書 第 18 条 第 1 項 第 5 号 に 規 定 する 予 期 することのできない 特 別 な 状 態 とは 契 約 書 第 29 条 第 1 項 に 規 定 する 天 災 その 他 の 不 可 抗 力 による 場 合 のほか 発 注 者 と 受 注 者 が 協 議 し 当 該 規 程 に 適 合 すると 判 断 した 場 合 とする 2. 調 査 職 員 が 受 注 者 に 対 して 契 約 書 第 18 条 19 条 及 び21 条 の 規 定 に 基 づく 設 計 図 書 の 変 更 又 は 訂 正 の 指 示 を 行 う 場 合 は 指 示 書 によるものとする 第 120 条 修 補 1. 受 注 者 は 修 補 は 速 やかに 行 わなければならない 2. 検 査 職 員 は 修 補 の 必 要 があると 認 めた 場 合 には 受 注 者 に 対 して 期 限 を 定 めて 修 補 を 指 示 することができるものとする 3. 検 査 職 員 が 修 補 の 指 示 をした 場 合 において 修 補 の 完 了 の 確 認 は 検 査 職 員 の 指 示 に 従 うものとする 4. 検 査 職 員 が 指 示 した 期 間 内 に 修 補 が 完 了 しなかった 場 合 には 発 注 者 は 契 約 書 第 31 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 検 査 の 結 果 を 受 注 者 に 通 知 するものとする 第 121 条 契 約 変 更 1. 発 注 者 は 次 の 各 号 に 掲 げる 場 合 において 現 場 技 術 業 務 委 託 契 約 の 変 更 を 行 うもの とする (1) 業 務 内 容 の 変 更 により 業 務 委 託 料 に 変 更 を 生 じる 場 合 (2) 履 行 期 間 の 変 更 を 行 う 場 合 (3) 調 査 職 員 と 受 注 者 が 協 議 し 業 務 施 行 上 必 要 があると 認 められる 場 合 (4) 契 約 書 第 30 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 委 託 料 の 変 更 に 代 える 設 計 図 書 の 変 更 を 行 っ た 場 合 2. 発 注 者 は 前 項 の 場 合 において 変 更 する 契 約 図 書 を 次 の 各 号 に 基 づき 作 成 するもの とする (1) 第 119 条 の 規 定 に 基 づき 調 査 職 員 が 受 注 者 に 指 示 した 事 項 (2) 業 務 の 一 時 中 止 に 伴 う 増 加 費 用 及 び 履 行 期 間 の 変 更 等 決 定 済 の 事 項 (3)その 他 発 注 者 又 は 調 査 職 員 と 受 注 者 との 協 議 で 決 定 された 事 項 第 122 条 履 行 期 間 の 変 更 1. 発 注 者 は 受 注 者 に 対 して 現 場 技 術 業 務 の 変 更 の 指 示 を 行 う 場 合 において 履 行 期 間 変 更 協 議 の 対 象 であるか 否 かを 合 わせて 事 前 に 通 知 しなければならない 2. 発 注 者 は 履 行 期 間 変 更 協 議 の 対 象 であると 確 認 された 事 項 及 び 現 場 技 術 業 務 の 一 時 - 8 -

11 中 止 を 指 示 した 事 項 であっても 残 履 行 期 間 及 び 残 業 務 量 等 から 履 行 期 間 の 変 更 が 必 要 で ないと 判 断 した 場 合 は 履 行 期 間 の 変 更 を 行 わない 旨 の 協 議 に 代 えることができるもの とする 3. 受 注 者 は 契 約 書 第 22 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 履 行 期 間 の 延 長 が 必 要 と 判 断 した 場 合 には 履 行 期 間 の 延 長 理 由 必 要 とする 延 長 日 数 の 算 定 根 拠 変 更 工 程 表 その 他 必 要 な 資 料 を 発 注 者 に 提 出 しなければならない 4. 契 約 書 第 23 条 第 1 項 に 基 づき 発 注 者 の 請 求 により 履 行 期 限 を 短 縮 した 場 合 には 受 注 者 は 速 やかに 業 務 工 程 表 を 修 正 し 提 出 しなければならない 第 123 条 一 時 中 止 1. 契 約 書 第 20 条 第 1 項 の 規 定 により 次 の 各 号 に 該 当 する 場 合 において 発 注 者 は 受 注 者 に 書 面 をもって 通 知 し 必 要 と 認 める 期 間 業 務 の 全 部 又 は 一 部 を 一 時 中 止 させる ものとする なお 暴 風 豪 雨 洪 水 高 潮 地 震 地 すべり 落 盤 火 災 騒 乱 暴 動 その 他 自 然 的 又 は 人 為 的 な 事 象 ( 以 下 天 災 等 という )による 現 場 技 術 業 務 の 中 断 について は 第 127 条 臨 機 の 措 置 により 受 注 者 は 適 切 に 対 応 しなければならない (1) 第 三 者 の 土 地 への 立 入 り 許 可 が 得 られない 場 合 (2) 関 連 する 他 の 業 務 等 の 進 捗 が 遅 れたため 業 務 の 続 行 を 不 適 当 と 認 めた 場 合 (3) 環 境 問 題 等 の 発 生 により 業 務 の 続 行 が 不 適 当 又 は 不 可 能 となった 場 合 (4) 天 災 等 により 業 務 の 対 象 箇 所 の 状 態 が 変 動 した 場 合 (5) 第 三 者 及 びその 財 産 受 注 者 使 用 人 等 並 びに 調 査 職 員 の 安 全 確 保 のため 必 要 が あると 認 めた 場 合 (6) 前 各 号 に 掲 げるものの 他 発 注 者 が 必 要 と 認 めた 場 合 2. 発 注 者 は 受 注 者 が 契 約 図 書 に 違 反 し 又 は 調 査 職 員 の 指 示 に 従 わない 場 合 等 調 査 職 員 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 現 場 技 術 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 一 時 中 止 をさせることが できるものとする 3. 前 2 項 の 場 合 において 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 保 全 については 調 査 職 員 の 指 示 に 従 わなければならない 第 124 条 発 注 者 の 賠 償 責 任 発 注 者 は 以 下 の 各 号 に 該 当 する 場 合 損 害 の 賠 償 を 行 わなければならない (1) 契 約 書 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 一 般 的 損 害 契 約 書 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 第 三 者 に 及 ぼした 損 害 について 発 注 者 の 責 に 帰 すべき 損 害 とされた 場 合 (2) 発 注 者 が 契 約 に 違 反 し その 違 反 により 契 約 の 履 行 が 不 可 能 となった 場 合 第 125 条 受 注 者 の 賠 償 責 任 受 注 者 は 以 下 の 各 号 に 該 当 する 場 合 損 害 の 賠 償 を 行 わなければならない (1) 契 約 書 第 27 条 第 1 項 に 規 定 する 一 般 的 損 害 契 約 書 第 28 条 第 1 項 に 規 定 する 第 三 者 に 及 ぼした 損 害 について 受 注 者 の 責 に 帰 すべき 損 害 とされた 場 合 (2) 契 約 書 第 40 条 第 1 項 に 規 定 する 瑕 疵 責 任 に 係 る 損 害 (3) 受 注 者 の 責 により 損 害 が 生 じた 場 合 - 9 -

12 第 126 条 臨 機 の 措 置 1. 受 注 者 は 災 害 防 止 等 のため 必 要 があると 認 めるときは 臨 機 の 措 置 をとらなければ ならない また 受 注 者 は 措 置 をとった 場 合 には その 内 容 をすみやかに 調 査 職 員 に 報 告 しなければならない 2. 調 査 職 員 は 天 災 等 に 伴 い 成 果 物 の 品 質 及 び 履 行 期 間 の 遵 守 に 重 大 な 影 響 があると 認 められるときは 受 注 者 に 対 して 臨 機 の 措 置 をとることを 請 求 することができるものと する 第 127 条 関 係 官 公 庁 への 手 続 き 等 1. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 当 たっては 発 注 者 が 行 う 関 係 官 公 庁 等 への 手 続 き の 際 に 協 力 しなければならない また 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 を 実 施 するため 関 係 官 公 庁 等 に 対 する 諸 手 続 きが 必 要 な 場 合 は 速 やかに 行 うものとする 2. 受 注 者 が 関 係 官 公 庁 等 から 交 渉 を 受 けたときは 遅 滞 なくその 旨 を 調 査 職 員 に 報 告 し 協 議 するものとする 第 128 条 地 元 関 係 者 との 交 渉 等 1. 契 約 書 第 12 条 に 定 める 地 元 関 係 者 への 説 明 交 渉 等 は 発 注 者 又 は 調 査 職 員 が 行 う ものとするが 調 査 職 員 の 指 示 がある 場 合 は 受 注 者 はこれに 協 力 するものとする こ れらの 交 渉 に 当 たり 受 注 者 は 地 元 関 係 者 に 誠 意 をもって 接 しなければならない 2. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 に 当 たっては 地 元 関 係 者 からの 質 問 疑 義 に 関 する 説 明 等 を 求 められた 場 合 には 調 査 職 員 の 承 諾 を 得 てから 行 うものとし 地 元 関 係 者 と の 間 に 紛 争 が 生 じないように 努 めなければならない 3. 受 注 者 は 設 計 図 書 の 定 め あるいは 調 査 職 員 の 指 示 により 地 元 関 係 者 への 説 明 交 渉 等 を 行 う 場 合 には 交 渉 等 の 内 容 を 書 面 により 随 時 調 査 職 員 に 報 告 し 指 示 があれ ばそれに 従 うものとする 4. 受 注 者 は 現 場 技 術 業 務 の 実 施 中 に 発 注 者 が 地 元 協 議 等 を 行 い その 結 果 を 条 件 とし て 業 務 を 実 施 する 場 合 には 設 計 図 書 に 定 めるところにより 地 元 協 議 等 に 立 会 するとと もに 説 明 資 料 及 び 記 録 の 作 成 を 行 うものとする 5. 受 注 者 は 前 項 の 地 元 協 議 により 既 に 作 成 した 成 果 の 内 容 を 変 更 する 必 要 を 生 じた 場 合 には 指 示 に 基 づいて 変 更 するものとする なお 変 更 に 要 する 期 間 及 び 経 費 は 発 注 者 と 協 議 のうえ 定 めるものとする 第 129 条 個 人 情 報 の 取 扱 い 1. 基 本 的 事 項 受 注 者 は 個 人 情 報 の 保 護 の 重 要 性 を 認 識 し この 契 約 による 事 務 を 処 理 するための 個 人 情 報 の 取 扱 いにあたっては 個 人 の 権 利 利 益 を 侵 害 することのないよう 行 政 機 関 の 保 有 する 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 5 月 30 日 法 律 第 58 号 ) 及 び 同 施 行 令 に 基 づき 個 人 情 報 の 漏 えい 滅 失 改 ざん 又 はき 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 切 な 管 理 の ために 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 2. 秘 密 の 保 持 受 注 者 は この 契 約 による 事 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 の 内 容 をみだりに 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 使 用 してはならない この 契 約 が 終 了 し 又 は 解 除 された 後 にお

13 いても 同 様 とする 3. 取 得 の 制 限 受 注 者 は この 契 約 による 事 務 を 処 理 するために 個 人 情 報 を 取 得 するときは あらか じめ 本 人 に 対 し その 利 用 目 的 を 明 示 しなければならない また 当 該 利 用 目 的 の 達 成 に 必 要 な 範 囲 内 で 適 正 かつ 公 正 な 手 段 で 個 人 情 報 を 取 得 しなければならない 4. 利 用 及 び 提 供 の 制 限 受 注 者 は 発 注 者 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き この 契 約 による 事 務 を 処 理 する ための 利 用 目 的 以 外 の 目 的 のために 個 人 情 報 を 自 ら 利 用 し 又 は 提 供 してはならない 5. 複 写 等 の 禁 止 受 注 者 は 発 注 者 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き この 契 約 による 事 務 を 処 理 する ために 発 注 者 から 提 供 を 受 けた 個 人 情 報 が 記 録 された 資 料 等 を 複 写 し 又 は 複 製 しては ならない 6. 再 委 託 の 禁 止 受 注 者 は 発 注 者 の 指 示 又 は 承 諾 があるときを 除 き この 契 約 による 事 務 を 処 理 する ための 個 人 情 報 については 自 ら 取 り 扱 うものとし 第 三 者 にその 取 り 扱 いを 伴 う 事 務 を 再 委 託 してはならない 7. 事 案 発 生 時 における 報 告 受 注 者 は 個 人 情 報 の 漏 えい 等 の 事 案 が 発 生 し 又 は 発 生 するおそれがあることを 知 ったときは 速 やかに 発 注 者 に 報 告 し 適 切 な 措 置 を 講 じなければならない なお 発 注 者 の 指 示 があった 場 合 はこれに 従 うものとする また 契 約 が 終 了 し 又 は 解 除 され た 後 においても 同 様 とする 8. 資 料 等 の 返 却 等 受 注 者 は この 契 約 による 事 務 を 処 理 するために 発 注 者 から 貸 与 され 又 は 受 注 者 が 収 集 し 若 しくは 作 成 した 個 人 情 報 が 記 録 された 資 料 等 を この 契 約 の 終 了 後 又 は 解 除 後 速 やかに 発 注 者 に 返 却 し 又 は 引 き 渡 さなければならない ただし 発 注 者 が 廃 棄 又 は 消 去 など 別 の 方 法 を 指 示 したときは 当 該 指 示 に 従 うものとする 9. 管 理 の 確 認 等 発 注 者 は 受 注 者 における 個 人 情 報 の 管 理 の 状 況 について 適 時 確 認 することができる また 発 注 者 は 必 要 と 認 めるときは 受 注 者 に 対 し 個 人 情 報 の 取 り 扱 い 状 況 について 報 告 を 求 め 又 は 検 査 することができる 10. 管 理 体 制 の 整 備 受 注 者 は この 契 約 による 事 務 に 係 る 個 人 情 報 の 管 理 に 関 する 責 任 者 を 特 定 するなど 管 理 体 制 を 定 めなければならない 11. 従 事 者 への 周 知 受 注 者 は 従 事 者 に 対 し 在 職 中 及 び 退 職 後 においてもこの 契 約 による 事 務 に 関 して 知 り 得 た 個 人 情 報 の 内 容 をみだりに 他 人 に 知 らせ 又 は 不 当 な 目 的 に 使 用 してはならな いことなど 個 人 情 報 の 保 護 に 関 して 必 要 な 事 項 を 周 知 しなければならない 第 130 条 行 政 情 報 流 出 防 止 対 策 の 強 化 1. 受 注 者 は 本 業 務 の 履 行 に 関 する 全 ての 行 政 情 報 について 適 切 な 流 出 防 止 対 策 をとら なければならない

14 2. 受 注 者 は 以 下 の 業 務 における 行 政 情 報 流 出 防 止 対 策 の 基 本 的 事 項 を 遵 守 しなければ ならない ( 関 係 法 令 等 の 遵 守 ) 行 政 情 報 の 取 り 扱 いについては 関 係 法 令 を 遵 守 するほか 本 規 定 及 び 発 注 者 の 指 示 する 事 項 を 遵 守 するものとする ( 行 政 情 報 の 目 的 外 使 用 の 禁 止 ) 受 注 者 は 発 注 者 の 許 可 無 く 本 業 務 の 履 行 に 関 して 取 り 扱 う 行 政 情 報 を 本 業 務 の 目 的 以 外 に 使 用 してはならない ( 社 員 等 に 対 する 指 導 ) (1) 受 注 者 は 受 注 者 の 社 員 短 時 間 特 別 社 員 特 別 臨 時 作 業 員 臨 時 雇 い 嘱 託 及 び 派 遣 労 働 者 並 びに 取 締 役 相 談 役 及 び 顧 問 その 他 全 ての 従 業 員 ( 以 下 社 員 等 という )に 対 し 行 政 情 報 の 流 出 防 止 対 策 について 周 知 徹 底 を 図 るも のとする (2) 受 注 者 は 社 員 等 の 退 職 後 においても 行 政 情 報 の 流 出 防 止 対 策 を 徹 底 させるも のとする (3) 受 注 者 は 発 注 者 が 再 委 託 を 認 めた 業 務 について 再 委 託 をする 場 合 には 再 委 託 先 業 者 に 対 し 本 規 定 に 準 じた 行 政 情 報 の 流 出 防 止 対 策 に 関 する 確 認 を 行 うこ と ( 契 約 終 了 時 等 における 行 政 情 報 の 返 却 ) 受 注 者 は 本 業 務 の 履 行 に 関 し 発 注 者 から 提 供 を 受 けた 行 政 情 報 ( 発 注 者 の 許 可 を 得 て 複 製 した 行 政 情 報 を 含 む 以 下 同 じ )については 本 業 務 の 実 施 完 了 後 又 は 本 業 務 の 実 施 途 中 において 発 注 者 から 返 還 を 求 められた 場 合 速 やかに 直 接 発 注 者 に 返 却 するものとする 本 業 務 の 実 施 において 付 加 変 更 作 成 した 行 政 情 報 についても 同 様 とする ( 電 子 情 報 の 管 理 体 制 の 確 保 ) (1) 受 注 者 は 電 子 情 報 を 適 正 に 管 理 し かつ 責 務 を 負 う 者 ( 以 下 情 報 管 理 責 任 者 という )を 選 任 及 び 配 置 するものとする (2) 受 注 者 は 次 の 事 項 に 関 する 電 子 情 報 の 管 理 体 制 を 確 保 しなければならない イ 本 業 務 で 使 用 するパソコン 等 のハード 及 びソフトに 関 するセキュリティ 対 策 ロ 電 子 情 報 の 保 存 等 に 関 するセキュリティ 対 策 ハ 電 子 情 報 を 移 送 する 際 のセキュリティ 対 策 ( 電 子 情 報 の 取 り 扱 いに 関 するセキュリティの 確 保 ) 受 注 者 は 本 業 務 の 実 施 に 際 し 情 報 流 出 の 原 因 につながる 以 下 の 行 為 をしてはな らない イ 情 報 管 理 責 任 者 が 使 用 することを 認 めたパソコン 以 外 の 使 用 ロ セキュリティ 対 策 の 施 されていないパソコンの 使 用 ハ セキュリティ 対 策 を 施 さない 形 式 での 重 要 情 報 の 保 存 ニ セキュリティ 機 能 のない 電 磁 的 記 録 媒 体 を 使 用 した 重 要 情 報 の 移 送 ホ 情 報 管 理 責 任 者 の 許 可 を 得 ない 重 要 情 報 の 移 送

15 ( 事 故 の 発 生 時 の 措 置 ) (1) 受 注 者 は 本 業 務 の 履 行 に 関 して 取 り 扱 う 行 政 情 報 について 何 らかの 事 由 によ り 情 報 流 出 事 故 にあった 場 合 には 速 やかに 発 注 者 に 届 け 出 るものとする (2)この 場 合 において 速 やかに 事 故 の 原 因 を 明 確 にし セキュリティ 上 の 補 完 措 置 をとり 事 故 の 再 発 防 止 の 措 置 を 講 ずるものとする 3. 発 注 者 は 受 注 者 の 行 政 情 報 の 管 理 体 制 等 について 必 要 に 応 じ 報 告 を 求 め 検 査 確 認 を 行 う 場 合 がある 第 2 章 監 督 に 関 する 補 助 業 務 第 201 条 担 当 技 術 者 1. 担 当 技 術 者 は 第 202 条 で 示 された 現 場 技 術 業 務 の 適 正 な 履 行 を 確 保 するため 業 務 に 係 わる 次 の 諸 事 項 について 適 切 に 行 われなければならない (1) 現 場 技 術 業 務 の 実 施 にあたっては 別 に 定 める 土 木 工 事 監 督 技 術 基 準 ( 案 ) 等 を 十 分 理 解 し 厳 正 に 実 施 すること (2) 現 場 技 術 業 務 の 実 施 にあたって 工 事 受 注 者 又 は 外 部 から 通 知 等 を 受 けた 場 合 は 速 やかに 調 査 職 員 にその 内 容 を 正 確 に 伝 えること (3) 現 場 技 術 業 務 の 実 施 にあたって 工 事 受 注 者 又 は 外 部 への 連 絡 若 しくは 通 知 を 行 う 場 合 は その 内 容 を 正 確 に 相 手 に 伝 えること (4) 現 場 技 術 業 務 の 実 施 にあたって 関 係 法 令 等 請 負 工 事 の 契 約 書 及 び 設 計 図 書 等 の 内 容 を 十 分 理 解 し 工 事 現 場 の 状 況 についても 精 通 しておくこと 2. 担 当 技 術 者 は 第 202 条 のうち 管 理 技 術 者 の 指 示 された 内 容 を 適 正 に 実 施 するものとし 設 計 図 書 に 定 めのある 他 工 事 受 注 者 に 対 して 指 示 又 は 承 諾 を 行 ってはならない 第 202 条 業 務 内 容 受 注 者 は 別 途 特 記 仕 様 書 に 定 める 工 事 毎 に 以 下 に 掲 げる 内 容 を 行 うものとする

16 1. 請 負 工 事 の 契 約 の 履 行 に 必 要 な 資 料 作 成 等 (1) 受 注 者 は 工 事 の 設 計 図 書 等 に 基 づく 工 事 受 注 者 に 対 する 指 示 協 議 に 必 要 な 資 料 ( 構 造 計 算 比 較 設 計 詳 細 な 構 造 図 等 は 除 く)の 作 成 を 行 い 提 出 するもの とする (2) 受 注 者 は 工 事 受 注 者 から 提 出 ( 提 出 承 諾 及 び 協 議 事 項 )された 資 料 と 設 計 図 書 との 照 合 を 行 い 報 告 するものとする (3) 受 注 者 は 次 の 各 号 に 掲 げる 項 目 がある 場 合 は 現 地 の 確 認 及 び 調 査 並 びに 検 討 に 必 要 な 資 料 ( 構 造 計 算 比 較 設 計 詳 細 な 構 造 図 等 は 除 く)の 作 成 を 行 い そ の 結 果 を 報 告 又 は 提 出 するものとする 1) 図 書 仕 様 書 現 場 説 明 書 及 び 現 場 説 明 に 対 する 質 問 回 答 書 が 現 場 条 件 と 一 致 しないこと 2) 設 計 図 書 に 誤 謬 又 は 脱 漏 があること 3) 設 計 図 書 の 表 示 が 明 確 でないこと 4) 工 事 現 場 の 形 状 地 質 湧 水 等 の 状 態 施 工 上 の 制 約 等 設 計 図 書 に 示 された 施 工 条 件 と 実 際 の 工 事 現 場 が 一 致 しないこと 5) 設 計 図 書 で 明 示 されていない 施 工 条 件 について 予 期 することのできない 特 別 な 状 態 が 生 じたこと 6) 工 事 を 一 時 中 止 し 又 は 打 ち 切 る 必 要 があると 認 められる 場 合 (4) 受 注 者 は 工 事 の 設 計 変 更 若 しくは 契 約 担 当 者 等 への 報 告 事 項 に 必 要 な 調 査 簡 易 な 測 量 及 び 図 書 等 の 資 料 ( 構 造 計 算 比 較 設 計 詳 細 な 構 造 図 等 は 除 く) 作 成 を 行 い 提 出 するものとする 2. 請 負 工 事 の 施 工 状 況 の 照 合 等 (1) 受 注 者 は 使 用 材 料 ( 支 給 材 料 等 を 含 む )について 設 計 図 書 との 照 合 を 行 い その 結 果 を 報 告 するものとする (2) 受 注 者 は 施 工 状 況 ( 段 階 確 認 )について 設 計 図 書 との 照 合 を 行 い その 結 果 を 報 告 するものとする (3) 受 注 者 は 施 工 状 況 を 把 握 し その 結 果 を 報 告 するものとし 現 場 で 照 合 等 を 行 い 設 計 図 書 等 に 適 合 しない 場 合 は その 旨 を 工 事 受 注 者 に 伝 えるとともに その 結 果 を 報 告 するものとする (4) 不 可 視 部 分 や 重 要 構 造 物 の 段 階 確 認 等 について 結 果 を 速 やかに 報 告 するものと する 3. 地 元 及 び 関 係 機 関 との 協 議 調 整 に 必 要 な 資 料 の 作 成 受 注 者 は 地 元 若 しくは 関 係 機 関 との 協 議 調 整 に 必 要 な 簡 易 な 測 量 調 査 資 料 ( 構 造 計 算 比 較 設 計 詳 細 な 構 造 図 等 は 除 く)の 作 成 及 び 立 会 いを 行 い その 結 果 を 報 告

17 又 は 提 出 するものとする 4. 工 事 検 査 等 への 臨 場 受 注 者 は 調 査 職 員 の 指 示 に 従 い 工 事 監 督 職 員 のもと 完 成 検 査 一 部 完 成 検 査 既 済 部 分 検 査 中 間 検 査 に 臨 場 するものとする 5.その 他 上 記 各 条 項 において 工 事 契 約 上 重 大 な 事 案 等 が 発 見 された 場 合 は 遅 滞 なく 報 告 する ものとする 災 害 発 生 時 には 調 査 職 員 の 指 示 により 情 報 の 収 集 等 を 行 うものとする 第 203 条 管 理 技 術 者 の 行 う 業 務 管 理 技 術 者 は 第 104 条 に 示 す 業 務 の 他 に 以 下 に 示 す 業 務 を 実 施 しなければならない 1. 工 事 管 理 管 理 技 術 者 は 対 象 工 事 毎 に 契 約 内 容 工 事 特 性 施 工 概 要 設 計 変 更 関 連 資 料 等 を 把 握 確 認 しなければならない 第 204 条 業 務 委 託 証 明 書 受 注 者 は 発 注 者 に 業 務 を 行 う 担 当 技 術 者 の 業 務 委 託 証 明 書 発 行 申 請 書 を 提 出 し 業 務 委 託 証 明 書 発 行 の 確 認 を 受 けなければならない なお 担 当 技 術 者 は 業 務 委 託 証 明 書 を 携 帯 し 業 務 に 当 たらなければならない 第 205 条 報 告 1. 受 注 者 は 別 に 定 める 様 式 により 次 に 挙 げる 事 項 を 記 入 した 業 務 実 施 報 告 書 を 作 成 し 発 注 者 に 月 毎 にとりまとめて 書 面 で 提 出 するものとする (1) 天 候 雨 量 等 の 気 象 に 関 する 事 項 (2) 実 施 した 業 務 の 内 容 (3)その 他 必 要 事 項 2. 業 務 完 了 時 においても 業 務 の 対 象 となる 事 業 が 継 続 している もしくは 対 外 調 整 が 未 了 である 場 合 など 業 務 完 了 時 点 において 継 続 して 処 理 すべき 事 項 がある 場 合 は 以 下 の 項 目 を 書 面 ( 引 継 事 項 記 載 書 )で 提 出 するものとする (1) 業 務 実 施 にあたり 留 意 すべき 点 ( 施 工 条 件 沿 道 状 況 地 元 との 協 議 内 容 等 ) (2) 業 務 完 了 時 における 施 工 状 況 地 元 協 議 調 整 等 の 状 況 第 206 条 成 果 品 第 112 条 でいう 成 果 とは 第 205 条 で 作 成 した 業 務 報 告 書 及 び 引 継 事 項 記 載 書 をいう

18 第 207 条 業 務 区 分 業 務 の 区 分 は 原 則 として 下 表 のとおりとする 内 容 調 査 職 員 受 注 者 1 設 計 照 査 1 設 計 図 の 照 査 2 材 料 表 の 照 査 2 工 事 全 体 計 画 1 関 係 諸 官 庁 折 衝 2 地 主 地 元 折 衝 3 全 体 工 事 施 工 工 程 の 検 討 3 書 類 の 整 理 1 工 事 請 負 契 約 に 関 する 書 類 2 工 事 施 工 状 況 に 関 する 書 類 (1) 施 工 計 画 書 の 検 討 (2) 現 場 工 事 日 誌 (3) 工 事 確 認 記 録 表 (4) 材 料 検 査 結 果 綴 (5) 品 質 管 理 資 料 綴 (6) 材 料 支 給 簿 (7) 工 事 現 場 発 生 品 綴 3 その 他 施 工 管 理 に 必 要 な 書 類 及 び 帳 簿 4 工 事 の 監 理 1 着 工 の 打 合 わせ 2 仮 設 物 の 設 置 承 認 3 設 計 図 書 と 工 事 現 場 の 状 態 との 不 一 致 4 施 工 の 立 会 い 又 は 確 認 5 材 料 検 査 6 改 造 命 令 7 破 壊 検 査 8 貸 与 品 及 び 支 給 材 料 の 取 扱 い

19 9 工 事 の 変 更 中 止 等 10 臨 機 の 措 置 11 施 工 図 関 係 受 注 者 調 査 職 員 受 注 者 が 主 体 性 をもってすべてを 実 施 したものを 調 査 職 員 が チェックする 方 法 受 注 者 調 査 職 員 調 査 職 員 が 主 として 実 施 するが この 際 受 注 者 は 調 査 職 員 の 指 示 により 補 助 作 業 を 行 う 事 項 受 注 者 調 査 職 員 双 方 共 主 体 性 をもって 実 施 する 事 項 第 208 条 施 工 計 画 書 受 注 者 は 工 事 受 注 者 から 提 出 された 施 工 計 画 書 ( 工 程 計 画 現 場 組 織 機 械 の 搬 入 及 び 使 用 計 画 仮 設 備 施 工 法 安 全 施 工 管 理 ならびに 災 害 体 制 等 )を 詳 細 に 検 討 し その 結 果 を 調 査 職 員 に 報 告 するものとする 第 209 条 工 程 管 理 図 受 注 者 は 工 事 受 注 者 が 工 事 の 進 捗 状 況 を 記 入 した 工 程 管 理 図 に 注 意 し 工 事 が 遅 延 するおそれがあれば 遅 延 なく 調 査 職 員 に 報 告 するものとする 第 210 条 立 会 い 受 注 者 は 工 事 完 成 後 外 面 から 明 視 することができない 工 事 又 は 施 工 の 進 行 過 程 を 記 録 写 真 等 書 類 的 な 方 法 ではその 状 況 を 把 握 することが 十 分 でない 工 事 等 については 現 場 で 立 会 い 設 計 図 書 に 適 合 しない 場 合 は 工 事 受 注 者 に 伝 えるとともに その 結 果 を 調 査 職 員 に 報 告 するものとする 第 211 条 検 測 受 注 者 は 請 負 工 事 の 施 工 状 況 について 現 地 で 検 測 を 行 いその 品 質 又 は 出 来 形 が 設 計 図 書 等 に 適 合 しない 場 合 は その 旨 を 工 事 受 注 者 に 伝 えるとともにその 結 果 を 調 査 職 員 に 報 告 するものとする

20 第 212 条 材 料 検 査 等 受 注 者 は 調 査 職 員 の 指 示 により 工 事 受 注 者 が 提 出 する 材 料 試 験 結 果 を 検 討 するほか 材 料 試 験 に 立 会 い 又 は 材 料 検 査 を 実 施 し 設 計 図 書 との 照 合 を 行 い その 結 果 を 調 査 職 員 に 報 告 するものとする 第 213 条 品 質 管 理 受 注 者 は 工 事 受 注 者 が 仕 様 書 に 定 められた 品 質 管 理 試 験 を 忠 実 に 実 行 しているか 確 認 し その 結 果 を 調 査 職 員 に 報 告 しなければならない 第 214 条 工 事 受 注 者 に 対 する 支 給 品 等 1. 受 注 者 は 委 託 者 が 工 事 受 注 者 に 対 して 支 給 し 又 は 貸 与 する 物 品 についてその 都 度 別 に 定 める 事 項 を 記 入 した 受 領 書 又 は 借 用 書 を 工 事 受 注 者 から 徴 して 調 査 職 員 に 提 出 す ること 又 その 物 品 の 状 況 を 報 告 すること 2. 受 注 者 は 工 事 受 注 者 から 委 託 者 に 貸 与 品 の 返 還 があった 場 合 は 工 事 受 注 者 から 別 に 定 める 事 項 を 記 入 した 返 還 書 を 工 事 受 注 者 から 徴 して 調 査 職 員 に 提 出 すること 又 その 物 品 の 状 況 を 報 告 すること 第 215 条 工 事 現 場 発 生 品 受 注 者 は 請 負 工 事 の 施 工 によって 生 じた 現 場 発 生 品 について 工 事 受 注 者 の 提 出 す る 調 書 を 照 査 して 調 査 職 員 に 報 告 すること 第 216 条 事 故 報 告 受 注 者 は 業 務 中 に 事 故 が 発 生 した 場 合 は 速 やかにその 状 況 を 調 査 職 員 に 報 告 する こと 第 217 条 書 面 での 報 告 第 2 章 ( 監 督 に 関 する 補 助 業 務 )の 各 条 にいう 書 面 で 調 査 職 員 に 報 告 するとは 業 務 実 施 報 告 書 によるものとする

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

00_調査等仕様書_表紙・目次1407

00_調査等仕様書_表紙・目次1407 調 査 等 共 通 仕 様 書 平 成 26 年 7 月 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 調 査 等 共 通 仕 様 書 総 目 次 第 1 章 総 則... 1-1 第 2 章 測 量... 2-1 第 3 章 土 質 地 質 調 査... 3-1 第 4 章 環 境 関 係 調 査... 4-1 第 5 章 設 計... 5-1 第 6 章 試 験... 6-1 第 7 章 維 持

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社

3. 第 1 項 の 規 定 によりこの 事 業 に 参 加 するものを 社 員 銀 行 という 4. 社 員 銀 行 は 他 の 社 員 銀 行 に 代 理 交 換 を 委 託 して 交 換 所 の 事 業 に 参 加 する ことができる その 委 託 を 受 けた 社 員 銀 行 を 受 託 社 神 戸 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 46 年 7 月 21 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 神 戸 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 神 戸 手 形 交 換 所 ( 以

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると

において 脱 退 することができる 第 11 条 法 定 脱 退 組 合 員 は 次 の 事 由 によって 脱 退 する (1) 組 合 員 たる 資 格 の 喪 失 (2) 死 亡 (3) 除 名 第 12 条 除 名 この 組 合 は 組 合 員 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 すると 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 この 生 活 協 同 組 合 ( 以 下 組 合 という )は 協 同 互 助 の 精 神 に 基 づき 組 合 員 の 生 活 の 文 化 的 経 済 的 改 善 向 上 を 図 ることを 目 的 とする 第 2 条 名 称 この 組 合 は 千 葉 大 学 生 活 協 同 組 合 という 第 3 条 事 業

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

第1編共通編

第1編共通編 第 1 章 総 則 第 1 編 共 通 編 第 1 章 総 則 第 1101 条 適 用 1. 設 計 業 務 等 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 国 土 交 通 省 国 土 技 術 政 策 総 合 研 究 所 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く )の 発 注 する 土 木 工 事 に 係 る 設 計 及 び 計 画 業 務 ( 国 土 技 術 政 策 総 合

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

静岡県公立大学法人職員就業規則

静岡県公立大学法人職員就業規則 平 成 21 年 4 月 1 日 規 程 第 7 号 地 方 独 立 行 政 法 人 静 岡 県 立 病 院 機 構 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 9 条 ) 第 2 節 評 定 ( 第 10 条 ) 第 3 節 昇 任 及 び 降 任 等 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6>

<5461726F2D30362D3334974C8AFA8CD99770904588F58F418BC68B4B92F6> 独 立 行 政 法 人 国 立 科 学 博 物 館 有 期 雇 用 職 員 就 業 規 程 平 成 21 年 4 月 1 日 館 長 裁 定 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 3 日 館 長 決 裁 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 3 条 ) 第 2 章 人 事 ( 第 4 条 第 17 条 ) 第 3 章 給 与 及 び 退 職 手 当 ( 第 18 条 第 25 条 )

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各

(8) 入 札 参 加 者 資 格 者 が 関 係 法 令 等 を 遵 守 しないなど 請 負 者 として 不 適 当 であると 認 め られるときは 指 名 業 者 として 選 定 することを 制 限 する 2. 労 働 者 の 福 祉 向 上 について 労 働 者 の 福 祉 向 上 のため 各 入 札 参 加 時 の 遵 守 事 項 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 決 裁 ) 羽 生 市 発 注 工 事 及 び 委 託 の 入 札 及 び 施 工 等 に 当 たっては 下 記 の 事 項 を 遵 守 してください なお 請 け 負 った 工 事 等 の 一 部 を 下 請 させるときは 下 請 負 者 に 対 し この 遵 守 事 項 について 周 知 し また これらの 従 事 する

More information

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号)

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年6月2日・法律第48号) 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 財 団 法 人 はごろも 教 育 研 究 奨 励 会 と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 この 法 人 は 主 たる 事 務 所 を 静 岡 県 静 岡 市 清 水 区 に 置 く 2 この 法 人 は 理 事 会 の 決 議 を 経 て 必 要

More information

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和

西 箕 輪 支 所 伊 那 支 所 手 良 支 所 美 篶 手 良 支 所 富 県 支 所 春 富 支 所 西 春 近 支 所 駒 ヶ 根 支 所 駒 ヶ 根 東 支 所 飯 島 支 所 中 川 支 所 宮 田 支 所 東 伊 那 支 所 七 久 保 支 所 片 桐 支 所 東 部 支 所 美 和 上 伊 那 農 業 協 同 組 合 定 款 認 可 平 成 8 年 5 月 30 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 - 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 - 第 22 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 23 条 - 第 28 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 29 条 -

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

( 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )の 遵 守 ) 第 1 条 乙 は 別 紙 1の 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 )に 従 って 委 託 業 務 を 実 施 しなければならな い 2 甲 は 実 施 計 画 書 ( 仕 様 書 ) 記 載 の 支 出 計 画 により 委 託 業 務 の 実 施 に 必 要 な 経 費 を 負 担 するものとする ( 納 入 物 の 提 出 ) 第 2

More information

委託契約書フォーマット02(精算払用)

委託契約書フォーマット02(精算払用) 16 規 総 第 XXX 号 平 成 28 年 度 事 業 名 に 関 する 委 託 契 約 書 ( テ ー マ 名 ) 一 般 財 団 法 人 日 本 規 格 協 会 ( 以 下 甲 という )は 再 委 託 事 業 者 ( 以 下 乙 という )と 甲 が 経 済 産 業 省 ( 以 下 丙 という )との 間 に 締 結 した 平 成 28 年 度 事 業 に 関 する 委 託 契 約 書 に

More information

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の

第 7 条 この 組 合 は 組 合 員 のために 次 に 掲 げる 事 業 を 行 う 1. 組 合 員 のためにする 農 業 の 経 営 及 び 技 術 の 向 上 に 関 する 指 導 2. 組 合 員 の 事 業 又 は 生 活 に 必 要 な 資 金 の 貸 付 け 3. 組 合 員 の .. 一 志 東 部 農 業 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 6 条 ) 第 2 章 事 業 ( 第 7 条 第 11 条 ) 第 3 章 組 合 員 ( 第 12 条 第 21 条 ) 第 4 章 出 資 及 び 経 費 分 担 ( 第 22 条 第 26 条 ) 第 5 章 役 職 員 ( 第 27 条 第 36 条 ) 第 6 章 総 会 ( 第 37

More information

Microsoft Word - koukankisoku(28.9

Microsoft Word - koukankisoku(28.9 大 阪 手 形 交 換 所 規 則 ( 昭 和 47 年 2 月 7 日 総 会 決 議 ) 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 大 阪 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 2 号 の 規 定 にもとづき 協 会 が 設 置 運 営 する 大 阪 手 形 交 換 所 ( 以 下

More information

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定)

Microsoft Word - 25教職員就業規程(確定) 公 立 大 学 法 人 兵 庫 県 立 大 学 教 職 員 就 業 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 評 価 ( 第 11 条 ) 第 3 節 昇 任 および 降 任 ( 第 12 条 - 第 14 条 ) 第 4 節 休 職 及 び 復 職 ( 第 15 条 - 第 19

More information

大 阪 府 における 公 益 通 報 制 度 に 関 する 取 組 について 大 阪 府 総 務 部 法 務 課 コンプライアンス 推 進 グループ 1 通 報 窓 口 体 制 について 2 コンプライアンス 委 員 について 3 通 報 処 理 の 流 れについて 4 処 理 件 数 について 5 その 他 ( 資 料 ) 大 阪 府 職 員 等 のコンプライアンスの 推 進 に 関 する 要 綱

More information

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案

●暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律案 第 一 八 〇 回 閣 第 四 六 号 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 三 年 法 律 第 七

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251>

< F2D8E9197BF817C FC8E448CF68D BD90AC8251> 入 札 公 告 ( 建 築 のためのサービスその 他 の 技 術 的 サービス( 建 設 工 事 を 除 く)) 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 する なお 本 業 務 に 係 る 落 札 及 び 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 25 年 度 本 予 算 が 成 立 し 予 算 示 達 がなされることを 条 件 とするものである 今 回 の 業 務 に 参 加

More information

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3

整 理 番 号 設 計 担 当 課 建 築 局 公 共 建 築 部 施 設 整 備 課 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 設 計 図 書 ( 金 額 入 り 金 抜 き ) 1 設 計 書 3 ページ 2 特 記 共 通 仕 様 書 一 式 3 委 託 業 務 内 容 1 委 託 名 称 秋 葉 中 学 校 外 壁 改 修 その 他 工 事 に 伴 う 設 計 業 務 委 託 2 業 務 内 容 学 校 の 校 舎 は 経 年 劣 化 による 老 朽 化 等 により 不 具 合 が 生 じているため 安 全 性 の 確 保 及 び 適 正 な 維 持 保 全 施 設 の 長 寿 命 化 を 目 的 とした 外 壁 改 修 工 事 に 伴 う

More information

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464>

< F2D31398A438B5A8BB388E78B408D5C8F418BC68B4B91A52E6A7464> 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 9 号 改 正 平 成 20 年 3 月 19 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 14 号 改 正 平 成 21 年 2 月 27 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 8 号 改 正 平 成 21 年 7 月 9 日 海 技 教 育 機 構 規 程 第 2

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203239328140938C8B9E8C7C8F7091E58A778BB388E78CA48B86939994F18FED8BCE904588F58F418BC68B4B91A5814089FC32303131303332392E646F63> 東 京 芸 術 大 学 教 育 研 究 等 非 常 勤 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 12 月 15 日 制 定 改 正 平 成 18 年 3 月 31 日 平 成 18 年 6 月 15 日 平 成 19 年 3 月 28 日 平 成 20 年 1 月 29 日 平 成 20 年 3 月 21 日 平 成 21 年 3 月 30 日 平 成 21 年 12 月 1 日 平 成 22 年

More information

発 注 説 明 書 中 間 貯 蔵 環 境 安 全 事 業 株 式 会 社 中 間 貯 蔵 に 係 る 土 壌 等 保 管 場 設 置 工 事 等 の 放 射 線 管 理 業 務 ( 平 成 26 年 度 )に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 手 続 等 については 中

発 注 説 明 書 中 間 貯 蔵 環 境 安 全 事 業 株 式 会 社 中 間 貯 蔵 に 係 る 土 壌 等 保 管 場 設 置 工 事 等 の 放 射 線 管 理 業 務 ( 平 成 26 年 度 )に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 手 続 等 については 中 中 間 貯 蔵 に 係 る 土 壌 等 保 管 場 設 置 工 事 等 の 放 射 線 管 理 業 務 ( 平 成 26 年 度 ) ( 配 布 資 料 ) 1. 発 注 説 明 書 ( 別 紙 を 含 む) 6 頁 2. 現 場 説 明 書 1 頁 3. 入 札 ( 見 積 ) 者 に 対 する 指 示 書 14 頁 4. 委 託 契 約 書 ( 案 ) 8 頁 5. 特 記 仕 様 書 ( 表

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 4 9 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 教 育 研 究 の 特 性 に 留 意 して 国 立

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か

第 4 条 会 員 登 録 1. CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 は 無 審 査 で 会 員 登 録 されます 2. 会 員 登 録 ができるのは CNCP の 法 人 正 会 員 個 人 正 会 員 賛 助 会 員 および CNCP サポーターと CNCP か CNCP マッチングサイト 利 用 規 約 (2016.7.27) 第 1 条 総 則 1. 本 利 用 規 約 は 特 定 非 営 利 活 動 法 人 シビル NPO 連 携 プラットフォーム( 以 下 CNCP と 称 する)が 提 供 する インターネットサイトで 業 務 委 託 者 ( 以 下 クライアントと 称 する)と 業 務 受 託 者 ( 以 下 メンバーと 称 する)の マッチングを

More information

Taro-一般社団定款(H25.11.26)

Taro-一般社団定款(H25.11.26) 定 款 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 一 般 社 団 法 人 北 海 道 商 工 会 議 所 連 合 会 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 1 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 1 第 3 章 会 員 及 び 特 別 会 員 ( 第 8 条 - 第 18 条 ) 2 第 4 章 会 員

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及

1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 国 民 健 康 保 険 法 ( 昭 和 33 年 12 月 27 日 法 律 第 192 号 以 下 単 に 法 という )に 基 づきこの 組 合 の 組 合 員 及 規 約 等 目 次 1. 宮 崎 県 医 師 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 66 2. 同 保 険 給 付 規 程 77 3. 同 保 険 料 賦 課 徴 収 規 程 78 4. 同 保 険 料 減 免 規 程 79 5. 同 常 務 理 事 専 決 規 程 79 6. 同 支 部 規 程 80 7. 同 職 員 事 務 分 掌 規 程 81 8. 同 会 計 事 務 規 程 82 9.

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

定 款

定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 英 文 による 名 称 は Organization for Cross-regional Coordination of

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2032343130323993DE97C78CA78CA48F4389EF8E96914F9197957481698C9A90DD8BC6964097DF8F858EE7816A2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 建 設 業 法 令 遵 守 について 平 成 24 年 11 月 28 日 近 畿 地 方 整 備 局 建 政 部 建 設 産 業 課 1 建 設 業 法 の 目 的 と 建 設 業 許 可 について 2 1 の 効 請 仕 力 負 事 を は 生 の ずる 結 当 果 事 に 者 対 の してその 一 方 がある 報 酬 仕 を 事 支 を 払 完 うことを 成 することを 約 することによって

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領

①宮古島市ふるさと納税業務委託事業公募型プロポーザル実施要領 宮 古 島 市 ふるさと 納 税 寄 附 金 委 託 業 務 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 綱 1. 趣 旨 宮 古 島 市 ( 以 下 本 市 という )では ふるさと 納 税 制 度 を 活 用 し ふるさと 宮 古 島 市 の 役 に 立 ちたい 宮 古 島 市 に 関 心 があり 応 援 したい と 考 えてくださる 方 々 に 対 し 本 市 の PRやふるさと 納 税 寄 附 金

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相

務 に 従 事 する 職 員 ロ 課 外 活 動 指 導 における 学 生 の 教 育, 特 定 の 課 外 活 動 の 技 術 的 な 指 導 及 び 各 種 大 会 の 校 外 引 率 業 務 に 従 事 する 職 員 ハ 学 生 寮 における 学 生 の 教 育, 生 活 指 導 及 び 相 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 非 常 勤 教 職 員 就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 11 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 4 月 20 日 一 部 改 正 平 成 18 年 4 月 4 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法

9 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 等 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 及 び 登 録 金 融 機 関 業 務 をいう 10 認 可 協 会 金 商 法 第 2 条 第 13 項 に 規 定 する 認 可 金 融 商 品 取 引 業 協 会 をいう 11 認 定 協 会 金 商 法 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 本 協 会 は 一 般 社 団 法 人 第 二 種 金 融 商 品 取 引 業 協 会 と 称 し 英 文 では Type II Financial Instruments Firms Associationと 表 示 する ( 主 たる 事 務 所 ) 第 2 条 本 協

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx

Microsoft Word - 23.研修医就業規則( ).docx 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 非 常 勤 職 員 ( 研 修 医 ) 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 制 定 平 成 27 年 4 月 1 日 最 終 改 正 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 とい う ) 第 2 条 第 2 項

More information

平成19年度とやま女性のチャレンジ総合支援業務委託仕様書

平成19年度とやま女性のチャレンジ総合支援業務委託仕様書 委 託 業 務 仕 様 書 1 委 託 業 務 の 名 称 岐 阜 県 介 護 情 報 ポータルサイト 運 営 事 業 委 託 業 務 2 委 託 業 務 の 目 的 平 成 28 年 3 月 15 日 から 公 開 した 岐 阜 県 介 護 情 報 ポータルサイト( 以 下 サイト という ) を 効 率 的 効 果 的 かつ 安 定 的 に 運 営 することを 目 的 とする URL:http://www.gifu-kaigo.jp/

More information

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc

Microsoft Word - ●職員就業規則.doc 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という )は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 第 1 項 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 ( 以 下 大 学 という )に

More information

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な

第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 により 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 す る 職 員 の 就 業 について 必 要 な 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 10 月 11 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 21 年 4 月 1 日 平 成 22 年 8 月 1 日 平 成 23 年 7 月 20 日 平 成 25 年 3 月 22 日 平 成 26 年 3 月 25 日 平 成 26

More information

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以

れた 公 開 鍵 に 対 応 する 秘 密 鍵 を 電 子 署 名 において 利 用 することができます 第 3 条 ( 電 子 証 明 書 の 発 行 申 請 ) 1. 申 請 者 は 所 定 の 様 式 の 申 請 書 を 機 構 又 は 居 住 する 市 区 町 村 の 受 付 窓 口 ( 以 公 的 個 人 認 証 サービス 利 用 者 規 約 ( 個 人 番 号 カード) 第 1 条 ( 総 則 ) 1. 公 的 個 人 認 証 サービス ( 以 下 本 サービス という )は 地 方 公 共 団 体 情 報 システ ム 機 構 ( 以 下 機 構 という )が 運 営 する 署 名 用 認 証 局 ( 以 下 署 名 用 CA という ) が 提 供 する 署 名 用 電 子 証 明

More information

就 業 規 則

就 業 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 契 約 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 平 成 18 年 4 月 1 日 国 語 研 規 則 第 7 号 改 正 平 成 20 年 2 月 12 日 改 正 平 成 21 年 3 月 10 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 独 立 行 政 法 人 国 立 国 語 研 究 所 ( 以 下 研 究 所 という )の 業 務

More information

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若

Ⅱ 工 事 一 時 中 止 に 係 る 手 続 き 1 工 事 の 一 時 中 止 に 係 る 手 続 きフロー 発 注 者 受 注 者 工 事 発 注 工 事 施 工 不 可 要 因 ( 受 注 者 の 責 めに 帰 すことができないものにより 工 事 目 的 物 等 に 損 害 を 生 じ 若 別 紙 2 工 事 一 時 中 止 ガイドライン Ⅰ 策 定 の 目 的 森 林 整 備 保 全 事 業 の 工 事 の 実 施 において 自 然 的 人 為 的 な 事 象 や 地 元 調 整 各 種 協 議 の 状 況 等 により 準 備 工 本 体 工 事 に 着 手 できない 事 態 や 工 事 の 施 工 途 中 で 中 断 を 余 儀 なくされる 事 態 が 生 じることがある このような

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

<89EF88F5954B8C C8E86>

<89EF88F5954B8C C8E86> 会 員 必 携 ( 平 成 25 年 10 月 1 日 現 在 ) 関 東 信 越 税 理 士 会 朝 霞 支 部 351-0015 朝 霞 市 幸 町 1 丁 目 3 番 6 号 石 川 ビル2F TEL 048-465-0025 FAX 048-468-1043 http://www.asaka-zeirishikai.gr.jp/ 目 次 ( 関 連 規 則 等 対 応 表 示 ) 関 東 信

More information

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案)

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 2 月 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 1. 目 的 本 仕 様 書 は 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

01

01 業 務 契 約 書 ( 案 ) 1 業 務 名 国 有 財 産 分 筆 測 量 業 務 ( 釧 路 市 千 歳 町 ほか) 2 業 務 場 所 釧 路 市 千 歳 町 58-1 58-8 川 上 郡 弟 子 屈 町 泉 1 丁 目 51 3 履 行 期 間 平 成 28 年 月 日 から ( 契 約 締 結 の 翌 日 から) 平 成 28 年 3 月 16 日 まで 4 契 約 金 額 円 (うち

More information

平成■■年■■月■■日

平成■■年■■月■■日 入 札 公 告 事 後 審 査 型 制 限 付 き 一 般 競 争 入 札 を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 及 び 西 宮 市 上 下 水 道 局 契 約 規 程 ( 昭 和 42 年 西 宮 市 水 道 局 管 理 規 程 第 13 号 )において 準 用 する 西 宮 市 契 約 規 則 ( 昭 和

More information

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 )

第 2 章 服 務 ( 服 務 ) 第 3 条 任 期 制 職 員 は 職 務 上 の 責 務 を 自 覚 し 機 構 の 目 的 達 成 のため 職 務 の 遂 行 に 当 たっては 規 律 を 遵 守 し 誠 実 に 職 務 に 専 念 しなければならない ( 任 期 制 職 員 の 倫 理 ) 任 期 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 16 規 程 第 10 号 平 成 16 年 4 月 1 日 ) 改 正 平 17 規 程 第 4 号 平 成 17 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 57 号 平 成 19 年 3 月 13 日 平 18 規 程 第 101 号 平 成 19 年 3 月 30 日 平 19 規 程 第 20 号 平 成 19 年 8 月 23 日 平 19 規

More information