(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交"

Transcription

1 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき, 業 務 委 託 を 実 施 しなければならない 2 法 令 の 遵 守 乙 は, 業 務 委 託 の 履 行 にあたっては, 公 共 性 に 鑑 み 常 に 使 用 者 の 便 益 に 寄 与 するように 努 める とともに, 関 係 法 令, 常 陸 大 宮 市 上 水 道 事 業 給 水 条 例, 常 陸 大 宮 市 公 共 下 水 道 条 例, 常 陸 大 宮 市 簡 易 給 水 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 及 び 関 係 規 程 等 並 びに 甲 が 必 要 に 応 じて 指 示 する 事 項 を 遵 守 しなければならない 3 履 行 期 間 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする ただし, 契 約 締 結 日 から 業 務 委 託 開 始 までを 準 備 期 間 とし,その 期 間 に 要 する 費 用 は, 乙 の 負 担 とする また, 円 滑 に 業 務 委 託 を 行 うことができるよう 甲 から 引 継 ぎを 受 けるものとする 4 履 行 場 所 常 陸 大 宮 市 水 道 管 理 事 務 所 ( 常 陸 大 宮 市 宇 留 野 3030 番 地 ) 5 業 務 委 託 の 区 域 常 陸 大 宮 市 行 政 区 域 全 域 とする ただし, 滞 納 整 理 業 務 については,この 限 りではない 6 業 務 の 執 務 場 所 乙 は, 甲 の 指 定 する 場 所 において 業 務 委 託 を 行 い, 常 陸 大 宮 市 水 道 お 客 さまセンター と 称 し, 必 要 な 人 員 を 配 置 するものとする 7 業 務 委 託 の 範 囲 業 務 委 託 の 範 囲 は, 次 の 各 号 に 掲 げるものとする ただし, 決 裁 事 務 については,この 限 りで はない (1) 受 付 業 務 (2) 検 針 業 務 - 1 -

2 (3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 換 に 関 する 業 務 (11) 統 計 資 料 等 作 成 業 務 (12) 事 務 引 継 ぎ (13)その 他 (1)から(12)に 付 帯 する 業 務 及 び 甲 が 必 要 に 応 じ 指 示 する 業 務 8 業 務 時 間 業 務 委 託 の 業 務 時 間 及 び 休 業 日 は, 次 のとおりとする ただし, 業 務 委 託 上 必 要 な 場 合 は, 次 に 掲 げる 業 務 時 間 に 関 わらず 業 務 を 行 わなければならない (1) 業 務 時 間 は, 原 則 として 平 日 の 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 までとする ただし, 市 の 業 務 時 間 に 変 更 があった 場 合 は,それに 準 じて 変 更 する (2) 休 業 日 は, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 規 定 する 休 日 及 び12 月 29 日 から 翌 年 の1 月 3 日 までの 日 とする (3) 前 2 項 のほか, 業 務 の 日 程 や 急 な 開 閉 栓 依 頼, 使 用 者 からの 要 請 等 があった 場 合,また, 滞 納 整 理 業 務 等 による 業 務 時 間 の 延 長 がある 場 合 には, 時 間 外 においても,その 業 務 に 従 事 するものとし,あらかじめ 甲 の 承 諾 を 得 るものとする 9 業 務 委 託 監 督 者 (1) 甲 は, 乙 又 は 業 務 従 事 者 を 指 示 監 督 するため, 業 務 委 託 監 督 者 を 選 任 する (2) 業 務 委 託 監 督 者 は, 水 道 課 長 が 職 員 の 中 から 選 任 する 10 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は, 次 に 掲 げる 権 限 を 有 する (1) 乙 又 は 業 務 責 任 者 に 対 する 指 示, 承 諾 及 び 協 議 (2) 仕 様 書 等 に 基 づく 業 務 施 行 のために 乙 が 作 成 した 帳 票 類 の 承 認 (3) 仕 様 書 等 に 基 づく 業 務 施 行 状 況 の 検 査 (4)その 他, 甲 が 指 示 する 業 務 の 連 絡 調 整 11 業 務 従 事 者 (1) 乙 は, 自 己 の 責 任 において 業 務 委 託 に 従 事 する 業 務 従 事 者 を 確 保 しなければならない な お, 増 員 及 び 欠 員 の 補 充 についても, 乙 において 募 集 し, 採 用 するものとする - 2 -

3 (2) 乙 は, 業 務 従 事 者 名 簿 を 提 出 し, 甲 の 承 認 を 得 なければならない なお, 変 更 が 生 じたと きは 速 やかに 文 書 をもって 甲 に 報 告 する また, 業 務 時 間 外 における 緊 急 連 絡 体 制 を 整 備 し, 書 面 により 甲 に 提 出 するものとする (3) 甲 は, 業 務 従 事 者 名 簿 をもとに, 業 務 従 事 者 に 業 務 委 託 に 従 事 する 者 であることの 証 明 書 を 発 行 する (4) 甲 は, 業 務 従 事 者 が 業 務 委 託 の 遂 行 上 著 しく 不 適 格 と 認 められる 場 合 には, 乙 に 対 し,そ の 理 由 を 明 示 して, 業 務 従 事 者 の 交 代 を 指 示 することができる 12 業 務 従 事 者 の 教 育 (1) 乙 は, 甲 の 責 務, 業 務 の 処 理 手 順, 情 報 の 管 理, 法 令 等 の 遵 守, 接 遇,その 他 業 務 委 託 に 従 事 するに 当 たって 必 要 な 事 項 について 業 務 従 事 者 を 十 分 に 教 育 するものとする (2) 乙 は, 業 務 従 事 者 が 交 代 する 時 は, 業 務 内 容 の 引 継 ぎを 行 わせ, 円 滑 に 業 務 委 託 を 実 施 で きるようにするものとする (3) 乙 は, 平 成 29 年 4 月 1 日 の 業 務 委 託 開 始 前 に 業 務 従 事 者 等 の 研 修 及 び 訓 練 を 行 わなけれ ばならない なお, 研 修 及 び 訓 練 期 間 は 原 則 2か 月 間 とし 業 務 責 任 予 定 者 は 常 陸 大 宮 市 水 道 課 内 での 実 地 訓 練 を 行 うものとする ただし, 甲 が 指 導 の 必 要 がないと 認 めた 場 合 はこの 限 りではない 13 従 事 者 の 労 務 管 理 乙 は,いかなる 場 合 でも 業 務 委 託 に 支 障 をきたすことのないように 努 めるとともに, 従 事 者 の 労 務 管 理, 衛 生 管 理,その 他 の 労 務 関 係 についても 十 分 注 意 を 払 わなければならない 14 業 務 責 任 者 及 び 役 割 (1) 乙 は, 業 務 従 事 者 の 中 から 本 書 等 に 定 められた 事 項 の 処 理 にあたり, 業 務 を 管 理 遂 行 する ため 業 務 責 任 者 を 選 任 しなければならない (2) 業 務 責 任 者 の 選 任 については, 業 務 責 任 者 の 経 験 及 び 徴 収 等 業 務 の 実 務 経 験 を5 年 以 上 有 し, 本 仕 様 書 第 1 章 の6 委 託 業 務 の 範 囲 に 規 定 する 各 業 務 に 精 通 した 者 を 配 置 すること (3) 業 務 責 任 者 は, 常 陸 大 宮 市 水 道 お 客 さまセンターに 常 駐 し, 業 務 委 託 全 般 について 一 切 の 管 理 を 行 い 業 務 委 託 の 施 行 及 び 運 営 管 理 等 の 取 り 締 まりを 行 わなければならない (4) 業 務 責 任 者 は, 検 針 員 を 含 む 業 務 従 事 者 の 指 導 及 び 監 督 を 行 うものとする (5) 業 務 責 任 者 は, 甲 ( 委 託 業 務 監 督 者 )と 連 絡 調 整 を 密 に 行 うものとする 15 現 金 取 扱 者 (1) 乙 は, 委 託 業 務 の 実 施 にあたり, 現 金 取 扱 者 を 指 定 し, 現 金 取 扱 者 指 定 届 出 書 を 予 め 甲 に 提 出 しなければならない (2) 乙 は, 領 収 日 付 印 ( 以 下 領 収 印 という )を 調 製 し, 領 収 印 届 出 書 を 予 め 甲 に 提 出 し, 現 金 取 扱 者 に 貸 与 しなければならない - 3 -

4 (3) 乙 は, 現 金 取 扱 者 を 解 除 した 場 合 は, 現 金 取 扱 者 解 除 届 出 書, 領 収 印 抹 消 届 出 書 を 甲 に 提 出 するとともに 領 収 印 を 速 やかに 返 還 させなければならない 16 業 務 使 用 印 の 届 出 乙 は, 業 務 使 用 印 鑑 届 出 書 をあらかじめ 甲 に 提 出 しなければならない 17 届 出 の 変 更 乙 は, 次 に 該 当 する 事 項 について, 速 やかに 甲 に 届 け 出 なければならない (1) 乙 の 名 称, 所 在 地, 代 表 者, 電 話 番 号, 業 務 責 任 者, 業 務 従 事 者, 現 金 取 扱 者, 業 務 使 用 印 鑑, 領 収 印 等 に 変 更 があったとき (2) 上 記 に 定 める 事 項 のほか, 業 務 委 託 の 遂 行 上, 必 要 があると 認 められるとき 18 報 告 書 の 提 出 乙 は, 業 務 委 託 の 日 報, 月 報 等 の 報 告 書 を 期 限 までに 甲 に 提 出 するものとする 19 帰 属 業 務 委 託 による 成 果 物,データ, 作 成 台 帳 及 び 資 料 等 は 甲 に 帰 属 する 20 事 前 措 置 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 前 に, 次 の 各 号 に 掲 げる 事 前 措 置 を 講 じなければならない (1) 水 道 課 内 に 事 務 所 を 設 置 すること なお, 乙 が, 甲 の 所 有 する 建 物 の 一 部 を 事 務 所 に 使 用 する 場 合 は, 無 償 で 使 用 賃 貸 借 契 約 を 締 結 することができるものとする (2) 事 務 所 に 業 務 従 事 者 を 配 置 する (3) 甲 からの 引 継 ぎ( 委 託 業 務 引 継 書 の 作 成 を 含 む ) ア) 特 殊 な 対 応 が 必 要 になる 使 用 者 及 び 現 場 の 情 報 対 応 方 法 等 イ) 水 道 料 金 等 の 未 納 者 及 び 引 継 ぎを 受 ける 時 点 では 水 道 料 金 等 の 未 納 者 ではないが, 過 去 に 未 納 者 となり, 対 応 経 過 を 有 する 使 用 者 の 情 報 対 応 方 法 等 ウ) 委 託 前 において 対 応 した 事 案 で, 継 続 して 対 応 することが 必 要 な 事 案 エ) 関 係 資 料 及 びデータ, 並 びに 保 管 場 所 等 オ) 各 種 注 意 事 項 カ) 甲 からの 指 示 事 項 及 び 連 絡 事 項 キ) 電 子 計 算 処 理 システムの 運 用 並 びに 操 作 全 般 保 守 管 理 等 ( 付 属 機 器 を 含 む ) ク)その 他 引 継 ぎが 必 要 な 事 項 (4) 業 務 委 託 引 継 完 了 報 告 書 並 びに 検 針, 検 算, 給 水 停 止 及 び 滞 納 整 理 業 務 等 の 業 務 委 託 実 施 計 画 書 を 期 限 までに 甲 に 提 出 すること 2 前 項 第 4 号 の 業 務 委 託 実 施 計 画 書 には 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 するものとする (1) 前 項 第 1 号 から 第 3 号 までの 措 置 に 関 すること - 4 -

5 (2) 検 針, 検 算, 給 水 停 止 の 執 行 及 び 滞 納 整 理 等 の 各 業 務 の 処 理 方 法 に 関 すること (3)その 他, 甲 が 指 示 する 事 項 3 乙 は, 第 1 項 の 事 前 措 置 について 速 やかに 実 施 し, 措 置 が 完 了 したときは,その 都 度 甲 に 報 告 するものとする 4 甲 は, 第 1 項 の 事 前 措 置 について, 不 適 当 と 認 めたときは, 乙 に 対 してこれを 改 善 させるこ とができる 21 秘 密 の 保 持 (1) 乙 は, 委 託 業 務 の 施 行 に 際 して 知 り 得 た 事 項 は, 一 切 第 三 者 に 漏 らしてはならない なお, この 契 約 が 終 了 し, 又 は 解 除 された 後 においても 同 様 とする (2) 乙 は, 電 子 計 算 機 器 に 入 力 されている 情 報 並 びに,この 契 約 を 実 施 するために 用 いた 資 料 及 びその 結 果 等 について, 甲 の 許 可 なく 第 三 者 に 転 写, 複 写, 閲 覧 又 は 貸 出 等 を 行 ってはなら ない (3) 乙 は, 業 務 完 了 後, 甲 が 指 定 した 保 管 を 要 するとされたものを 除 き, 情 報 及 び 資 料 を 抹 消, 焼 却 及 び 切 断 等 の 再 生 使 用 不 可 能 な 方 法 により 処 分 しなければならない (4) 乙 は, 個 人 情 報 保 護 を 徹 底 するため, 検 針 員 を 含 む 業 務 従 事 者 全 員 について 個 人 情 報 保 護 に 関 する 教 育 を 行 わなければならない 22 個 人 情 報 の 保 護 乙 は, 業 務 委 託 の 履 行 に 伴 い, 個 人 情 報 を 取 り 扱 うときは, 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 及 び 常 陸 大 宮 市 個 人 情 報 保 護 条 例 を 遵 守 し, 個 人 情 報 の 漏 えい 紛 失 破 壊 改 ざん 等 の 事 故 防 止 並 びにその 他 個 人 情 報 を 適 切 に 管 理 するために, 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 23 経 費 の 負 担 (1) 経 費 の 負 担 は, 本 仕 様 書 第 7 章 経 費 の 負 担 区 分 について に 従 うものとする (2)その 他 必 要 と 認 められるものについては, 甲 と 乙 協 議 の 上, 定 めるものとする ただし, 緊 急 を 要 する 場 合 は, 甲 の 指 示 するところによる 24 再 委 託 の 禁 止 乙 は, 委 託 する 業 務 の 処 理 を 第 三 者 に 委 託 し, 又 は 請 負 わせてはならない ただし, 書 面 にて 甲 の 承 諾 を 得 たときはこの 限 りではない 25 損 害 賠 償 等 (1) 乙 は, 業 務 委 託 を 実 施 するにあたり, 故 意 又 は 重 大 な 過 失 等 により 甲 に 損 害 を 与 えたとき は,その 損 害 を 賠 償 しなければならない (2) 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 において 故 意 又 は 重 大 な 過 失 等 により 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 は,その 損 害 を 第 三 者 に 賠 償 するとともに, 自 己 の 責 任 においてこれを 解 決 しなければなら - 5 -

6 ない 26 その 他 遵 守 事 項 (1) 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 にあたり, 水 道 料 金 等 以 外 の 金 品 その 他 のものを 収 受 してはならな い (2) 乙 は, 業 務 の 実 施 にあたり, 個 人 の 所 有 物 件 を 損 壊 しないよう 細 心 の 注 意 を 払 わなければ ならない (3) 乙 の 過 失 により, 個 人 の 所 有 物 件 に 損 害 を 与 えた 場 合 は, 速 やかに 業 務 委 託 監 督 者 に 報 告 するとともに 乙 は,その 損 害 を 賠 償 しなければならない 第 2 章 業 務 委 託 の 内 容 業 務 委 託 の 内 容 は, 次 のとおりとする 1 受 付 業 務 受 付 業 務 は, 来 所 する 使 用 者 等 の 窓 口 受 付 及 び 電 話 の 受 付 等 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 水 道 使 用 開 始 ( 中 止 ) 届 (ファクシミリを 含 む), 給 水 廃 止 届, 水 道 使 用 者 等 氏 名 等 ( 名 称 住 所 ) 変 更 届, 給 水 装 置 所 有 権 取 得 届, 漏 水 減 免 等 の 受 付 及 び 審 査, 当 該 届 出 に 係 る 電 算 シ ステム 入 力 (2) 水 道 使 用 者 等 からの 相 談, 苦 情, 問 合 せ 等 への 対 応 (3) 水 道 料 金 等 の 納 入 通 知 書 の 発 行 ( 再 発 行 等 ) (4) 各 種 証 明 書 等 の 申 請 受 付 及 び 発 行 (5) 受 付 業 務 に 関 する 統 計 処 理 及 び 資 料 作 成 (6) 来 所 者 への 案 内 取 次 ぎ (7) 電 話 対 応 取 次 ぎ (8)その 他, 受 付 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 2 検 針 業 務 検 針 業 務 は, 設 置 済 量 水 器 の 設 置 場 所 におもむき, 量 水 器 等 の 指 針 値 に 基 づく 使 用 水 量 及 び 汚 水 排 除 量 並 びに 水 道 料 金 等 をハンディターミナル 等 により 算 定 し, 水 道 使 用 者 等 に 通 知 するとと もに 使 用 状 況 の 確 認 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 検 針 日 は, 毎 月 16 日 から30 日 までを 定 例 日 とし, 毎 回 定 例 日 を 基 準 に 原 則 として 前 回 検 針 日 の 前 後 2 日 の 範 囲 を 超 えないものとする ただし, 甲 が 認 めたときはこの 限 りではな い また, 法 令 等 の 改 正 により, 毎 回 の 定 例 日 により 検 針 することが 水 道 使 用 者 等 の 利 益 を 害 する 場 合 や,システムの 対 応 が 法 令 等 に 対 応 できない 場 合 は, 定 例 日 以 外 にも 検 針 するも - 6 -

7 のとする (2) 中 止 及 び 停 止 中 の 施 設 を 含 めた 全 戸 検 針 を 年 1 回 以 上 行 うこと (3) 量 水 器 等 指 針 値 の 読 取 り (4)ハンディターミナルへの 入 力 処 理 (5) 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ 等 の 出 力 及 び 配 布 (6) 使 用 水 量 が 著 しく 変 動 した 場 合 の 原 因 調 査 及 び 使 用 者 へのお 知 らせ (7) 無 届 使 用 を 発 見 した 場 合 の 使 用 者 氏 名 使 用 開 始 年 月 日 等 の 調 査 (8) 無 届 転 出 の 疑 い 及 び 不 正 使 用 がある 場 合 の 現 地 調 査 (9) 給 水 条 例 違 反 の 発 見 及 び 報 告 (10) 甲 が 指 定 する 使 用 者 等 の 調 査 (11) 使 用 開 始 及 び 中 止 等 に 係 る 帳 票 の 作 成 (12) 新 設 分 の 調 査 及 び 検 針 順 路 の 決 定 (13) 検 針 一 覧 表 ( 地 区 別 ) 及 び 検 針 順 路 マップの 作 成 (14) 検 針 時 に 検 定 満 期 量 水 器 の 確 認, 量 水 器 の 不 進 行 及 び 故 障 等 を 見 つけた 場 合 の 甲 への 報 告 (15) 検 針 等 に 係 る 苦 情 処 理 等 の 対 応 (16)その 他, 検 針 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 3 検 算 業 務 検 算 業 務 は, 検 針 済 データの 精 査 及 び 再 調 査 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 検 針 済 ハンディターミナルの 料 金 システムへの 取 り 込 み(データ 転 送 ) 及 び 検 針 結 果 の 集 計, 確 認 (2) 水 量 異 常 リスト 等 の 出 力 及 び 確 認, 水 量 異 常 等 の 調 査 再 検 針 (3) 検 針 結 果 及 び 内 容 が 不 十 分 又 は 不 備 なものについての 調 査 再 検 針, 使 用 者 への 説 明 等 (4) 甲 の 指 示 又 は 使 用 者 から 苦 情 等 があった 検 針 内 容 についての 調 査 再 検 針, 使 用 者 への 説 明 等 (5) 検 針 内 容 について, 必 要 に 応 じた 現 地 確 認 調 査, 使 用 者 への 説 明 等 (6) 異 常 データに 係 る 書 類 の 作 成 及 び 調 査, 報 告 (7)その 他, 検 算 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 4 料 金 調 定 業 務 料 金 調 定 業 務 は, 料 金 調 定 額 の 算 出 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 料 金 調 定 算 出 に 伴 う 作 業 (2) 調 定 報 告 書 の 作 成 (3) 調 定 更 正 ( 漏 水 減 免 等 )に 伴 う 書 類 作 成, 使 用 者 への 対 応 及 び 電 算 システムへの 入 力, 会 計 伝 票 起 票 作 業 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (4) 納 入 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送 作 業, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (5) 口 座 振 替 データの 作 成 及 び 各 金 融 機 関 への 振 替 依 頼 - 7 -

8 (6) 宛 名 不 明 者 等 の 返 戻 文 書 の 調 査 及 び 再 発 送 (7) 不 納 欠 損 に 係 る 資 料 の 作 成 (8)その 他, 料 金 調 定 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 5 開 閉 栓 業 務 (1) 水 道 の 開 始 ( 開 栓 ) 中 止 ( 閉 栓 ) 等 に 伴 う 現 地 作 業 (2) 開 閉 栓 時 の 量 水 器 等 指 針 値 の 読 取 り 及 び 作 業 票 への 記 録 (3) 長 期 閉 栓 者 の 量 水 器 取 外 し 及 び 開 栓 者 の 量 水 器 取 り 付 け, 交 換 作 業 ( 新 設 を 除 く) (4) 甲 が 指 定 する 文 書 様 式 等 の 配 布 (5) 開 閉 栓 業 務 資 料 等 の 作 成 (6)その 他, 開 閉 栓 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 6 収 納 業 務 収 納 業 務 は, 納 付 書 による 金 融 機 関 及 び 窓 口 収 納, 口 座 振 替,コンビニエンスストア 収 納 等 で ある (1) 水 道 料 金 等 ( 加 入 金, 給 水 工 事 申 請 手 数 料,コピー 代 等 含 む)の 窓 口 収 納 (2) 窓 口 収 納 金 の 入 金 処 理 ( 納 入 済 通 知 書 と 現 金 の 照 合, 入 金 伝 票 等 の 作 成, 銀 行 への 入 金 ) (3) 集 金 収 納 (4) 金 融 機 関 収 納 金 及 び 窓 口 収 納 金, 口 座 振 替,コンビニエンスストア 収 納 金, 滞 納 整 理 収 納 金 ( 集 金 収 納 金 含 む) 等 の 消 し 込 み 作 業 (5) 過 誤 納 金 に 関 する 使 用 者 への 通 知 等 及 び 充 当 還 付 に 関 する 書 類 作 成 ならびに 電 算 システム への 入 力 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (6) 日 計 表 の 作 成 及 び 甲 への 提 出 (7) 口 座 振 替 不 能 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (8)コンビニエンスストアデータ 取 り 込 み 処 理 と 月 別 集 計 表 等 の 作 成 (9) 伝 票 起 票 及 び 各 種 統 計 資 料 作 成 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (10)その 他, 収 納 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 7 督 促 及 び 催 告 業 務 (1) 督 促 状 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (2) 催 告 書 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (3)その 他, 督 促 状 及 び 催 告 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 8 滞 納 整 理 業 務 (1) 滞 納 整 理 個 票 ( 未 収 金 整 理 簿 )の 作 成 ( 使 用 中 及 び 中 止 分 ) (2) 現 地 訪 問 及 び 電 話 催 告 等 による 水 道 料 金 等 未 収 金 の 収 納 (3) 滞 納 整 理 実 施 に 伴 う 報 告 書 の 作 成 - 8 -

9 (4) 滞 納 整 理 の 交 渉 等 の 記 録 及 び 管 理 (5) 収 納 状 況 の 確 認 (6) 未 納 者 の 転 出 先 の 追 跡 調 査 及 び 送 付 先 変 更 の 報 告 (7) 分 割 納 入 計 画 の 相 談 分 割 納 入 誓 約 書 の 作 成 及 び 管 理 (8) 支 払 督 促 制 度 並 びに 破 産 倒 産 に 伴 う 配 当 要 求 に 係 る 資 料 の 作 成 (9) 生 活 困 窮 者 の 取 扱 いは, 甲 と 協 議 し 対 応 すること (10)その 他, 滞 納 整 理 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 9 給 水 停 止 業 務 (1) 給 水 停 止 予 告 通 知 書, 給 水 停 止 通 知 書 等 の 作 成 及 び 配 布 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (2) 給 水 停 止 に 伴 う 現 地 作 業 (3) 給 水 停 止 の 解 除 及 び 時 間 外 待 機 ( 時 間 外 待 機 は, 給 水 停 止 当 日 の 午 後 6 時 30 分 までとす る ) (4) 給 水 停 止 報 告 書 の 作 成 及 び 甲 への 報 告 (5)その 他, 給 水 停 止 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 10 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 換 に 関 する 業 務 (1) 甲 の 指 示 による 交 換 対 象 量 水 器 ( 対 象 者 )の 抽 出, 一 覧 表 等 の 作 成 (2) 使 用 者 ( 対 象 者 )への 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送 (3) 量 水 器 交 換 伝 票 と 取 外 し 量 水 器 指 針 値 の 照 合 確 認 (4) 量 水 器 交 換 情 報 の 電 算 システムへの 入 力 (5) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 に 関 する 附 帯 業 務 (6) 量 水 器 交 換 に 伴 う 問 い 合 わせ (7) 量 水 器 の 不 良, 破 損 等 の 事 由 に 伴 う 故 障 量 水 器 の 交 換 業 務 (8) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 に 係 る 業 者 等 への 委 託 業 務 発 注 作 業 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (9)その 他, 量 水 器 の 管 理 業 務 ( 在 庫 管 理, 量 水 器 購 入 に 係 る 資 料 作 成 等 )に 関 すること 11 統 計 資 料 等 作 成 業 務 (1) 各 種 月 次 資 料 (2) 各 種 調 査 報 告 資 料 (3)その 他, 甲 に 対 する 情 報 提 供 に 関 する 附 帯 業 務 12 事 務 引 継 ぎ (1) 乙 は, 業 務 委 託 の 期 間 が 満 了 したとき 又 は 契 約 が 解 除 されたときは, 速 やかに 業 務 委 託 に 関 する 一 切 の 事 務 の 業 務 委 託 引 継 書 を 作 成 し, 甲 又 は 甲 の 指 定 する 者 に 引 継 がなければ ならない なお, 引 継 ぎに 係 る 経 費 は 乙 の 負 担 とし, 引 継 ぎ 後 に 業 務 の 不 整 合 などの 疑 義 等 が 生 じた 場 合 は 本 委 託 契 約 が 満 了 又 は 契 約 の 解 除 後 であっても 受 注 者 は 事 務 引 継 に 協 力 - 9 -

10 しなければならない (2)その 他, 事 務 引 継 ぎに 関 する 附 帯 業 務 13 その 他 上 記 以 外 に 関 連 する 附 帯 業 務 の 内 容 については, 必 要 に 応 じ 甲 と 乙 の 協 議 のうえ 定 めるものと する 第 3 章 電 子 計 算 処 理 業 務 の 遵 守 事 項 1 執 行 場 所 水 道 料 金 等 の 電 子 データの 計 算 処 理 業 務 は, 水 道 課 内 で 行 わなければならない 2 ハードウェア (1) 業 務 委 託 に 使 用 する 電 算 機 器 等 は 甲 が 乙 に 貸 与 する (2) 使 用 する 端 末 機 器 等 の 設 置 場 所 は, 水 道 課 内 及 び 甲 が 指 定 する 場 所 とする (3) 障 害 が 発 生 したときは 速 やかに 甲 に 報 告 するとともに, 復 旧 に 努 めなければならない 3 電 算 システム 電 算 システムについては, 現 在 水 道 課 で 使 用 している 水 道 料 金 システムを 甲 が 乙 に 貸 与 する なお, 電 算 システムについては, 変 更 する 場 合 がある 4 セキュリティ (1) 業 務 従 事 者 による 情 報 流 出 ハッキング 等 の 違 法 行 為 がないよう 管 理 監 督 をするものとす る (2) 情 報 セキュリティに 関 する 研 修 を 業 務 従 事 者 に 対 し 行 うこととする (3) 電 子 データの 外 部 持 ち 出 しはしないこと やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 は, 甲 の 承 諾 を 得 ること (4) 外 部 記 憶 装 置 (USBメモリー 等 )は 一 切 使 用 しないこと なお, 業 務 委 託 に 必 要 な 場 合 にはあらかじめ 甲 の 承 諾 を 得 るものとする 第 4 章 業 務 従 事 者 の 厳 守 事 項 業 務 従 事 者 は, 次 に 掲 げる 事 項 を 厳 守 し, 業 務 を 遂 行 するものとする 1 制 服 の 着 用

11 業 務 遂 行 のため, 使 用 者 等 と 接 するときは, 制 服 を 着 用 するとともにみだしなみに 注 意 し 批 判 を 受 けないようにすること 2 身 分 証 明 書 の 携 行 使 用 者 宅 等 を 訪 問 するときは 甲 が 証 明 した 身 分 証 明 書 ( 業 務 従 事 者 証 )を 常 に 携 行 するもの とする また, 使 用 者 等 から 身 分 証 明 書 の 提 示 を 求 められたときは, 速 やかに 提 示 すること 3 現 地 訪 問 時 の 対 応 (1) 現 地 訪 問 で 使 用 者 等 の 土 地 又 は 建 物 等 に 立 ち 入 るときは, 立 ち 入 り 目 的 を 告 げ, 必 要 な 範 囲 を 超 えて 立 ち 入 ってはならない (2) 業 務 の 遂 行 にあたっては, 言 動 に 十 分 注 意 するとともに 使 用 者 等 から 誤 解 を 招 くことがあ ってはならない 4 業 務 専 念 義 務 業 務 従 事 者 は, 業 務 従 事 中 に 業 務 委 託 以 外 の 行 為 等 をしてはならない 5 データ 及 び 帳 票 類 の 取 扱 い データ 及 び 帳 票 類 は, 汚 損 又 は 紛 失 することのないよう 細 心 の 注 意 を 払 って 取 扱 うものとする 6 収 納 率 の 向 上 乙 は, 民 間 活 力 を 発 揮 し, 契 約 期 間 内 において, 月 調 定 分 は 調 定 後 3か 月 末 日 までに99% 以 上 の 額 を,また, 年 度 調 定 分 は 翌 年 度 9 月 末 日 までに99.9% 以 上 の 収 納 額 を 確 保 するよう 最 大 限 の 努 力 をするものとする 第 5 章 委 託 料 の 請 求 及 び 支 払 い 等 業 務 委 託 の 委 託 料 の 請 求 及 び 支 払 いは, 次 のとおりとする 1 委 託 料 は, 甲 の 請 求 に 基 づき, 毎 月 支 払 うこととし,1か 月 当 たりの 金 額 は, 業 務 委 託 金 額 を36 等 分 した 額 とする ただし,その 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは,これを 切 り 捨 て, 委 託 期 間 の 最 終 月 分 の 委 託 料 で 調 整 するものとする 2 乙 は, 月 の 業 務 が 完 了 した 後, 翌 月 10 日 までに 業 務 実 施 報 告 書 ( 月 報 ) 及 び 請 求 書 を 甲 へ 提 出 し, 委 託 料 を 請 求 するものとする 3 甲 は, 乙 からの 請 求 を 受 理 したときは, 業 務 委 託 の 履 行 内 容 を 確 認 し, 請 求 日 の 月 末 までに,

12 乙 へ 委 託 料 を 支 払 うものとする 4 委 託 契 約 締 結 後, 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 )の 改 正 等 によって 消 費 税 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 は, 第 1 号 の 規 定 に 関 わらす, 甲 は,この 契 約 を 何 ら 変 更 することなく 委 託 料 に 相 当 額 を 加 減 して 支 払 うものとする 第 6 章 その 他 1 事 故 発 生 時 の 報 告 書 提 出 乙 は, 次 に 掲 げる 事 故 等 が 生 じた 場 合, 直 ちにその 状 況 を 甲 に 報 告 するとともに, 事 故 報 告 書 を 作 成 し 提 出 するものとする (1) 領 収 証 書 及 び 領 収 印 の 紛 失 等 (2) 業 務 従 事 者 証 の 紛 失 等 (3) 収 納 した 水 道 料 金 等 の 紛 失, 盗 難 等 (4) 業 務 委 託 に 関 する 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 等 の 紛 失, 滅 失 及 び 毀 損 等 (5)その 他, 甲 へ 報 告 する 必 要 があると 認 めるもの 2 事 故 等 の 処 理 前 項 に 規 定 する 事 故 等 の 処 理 については, 甲 と 乙 で 協 議 のうえ 行 うものとする ただし, 乙 に おいて, 事 故 発 生 時 に 何 らかの 措 置 を 講 ずる 必 要 があると 判 断 した 場 合 には, 乙 の 責 任 において 当 該 措 置 を 行 うものとする 3 苦 情 等 の 対 応 業 務 遂 行 にあたっての 苦 情 や 問 合 せについては, 誠 意 をもって, 乙 の 責 任 においてすべて 解 決 し, 必 要 に 応 じてその 内 容 を 速 やかに 甲 へ 報 告 するものとする 4 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 の 保 存 等 (1) 乙 は, 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 を 甲 が 指 定 する 期 日 まで 保 存 しなければならい (2) 乙 は, 甲 が 指 定 する 保 存 期 間 を 満 了 したときには, 甲 の 指 示 に 従 い 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 を 甲 に 引 き 継 がなければならない 5 業 務 状 況 報 告 会 議 の 実 施 (1) 乙 は, 業 務 の 進 捗 状 況 及 び 内 容 等 を 定 期 的 に 甲 に 報 告 するための 会 議 を 開 催 するものとす る (2) 甲 が 必 要 と 認 めたときは, 乙 に 対 し 会 議 の 開 催 を 通 知 し, 乙 は 甲 の 要 求 に 応 じなければな らない

13 6 業 務 委 託 の 調 査 等 (1) 甲 は, 必 要 があると 認 めるときは, 乙 に 対 し, 業 務 委 託 の 処 理 状 況 及 び 個 人 情 報 等 の 取 扱 状 況 を 調 査 し 報 告 を 求 めることができる (2) 乙 は, 調 査 時 において, 調 査 に 必 要 な 調 定 及 び 収 納 に 係 る 帳 簿, 書 類 等 を 提 出 しなければ ならない 7 勧 告 甲 は, 乙 が 業 務 委 託 の 遂 行 にあたり 業 務 委 託 の 処 理 及 び 個 人 情 報 等 の 取 扱 いが 不 適 当 と 認 めら れるときは, 必 要 な 勧 告 を 行 うことができる 8 未 収 金 の 協 議 未 収 金 の 処 理 にあたり, 使 用 者 の 転 居 及 び 破 産, 会 社 更 生 法 の 適 用 等, 特 別 な 理 由 により 料 金 の 収 納 ができなくなった 場 合, 乙 は 報 告 書 を 提 出 し 当 該 料 金 の 取 り 扱 いについて 甲 に 対 して 協 議 を 申 し 出 ることができる 9 業 務 履 行 の 確 保 乙 は, 不 測 の 事 態 が 発 生 し, 業 務 委 託 の 履 行 が 不 可 能 となる 恐 れがあると 認 められる 場 合 は, 直 ちに 甲 に 届 出 をし, 甲 の 指 示 を 受 けたうえ, 正 常 な 業 務 委 託 の 履 行 を 確 保 するよう 努 めなけれ ばならない 10 災 害 時 等 における 災 害 等 危 機 管 理 業 務 (1) 災 害, 事 故 等 発 生 時 の 対 応 災 害 等 が 発 生 した 場 合 においては, 適 切 な 初 動 体 制 をとり, 情 報 の 収 集, 応 急 対 策, 問 合 せ の 対 応 ( 電 話 等 の 対 応 ), 報 告, 情 報 提 供 等, 常 陸 大 宮 市 防 災 計 画 及 び 常 陸 大 宮 市 上 水 道 危 機 管 理 マニュアルに 基 づき, 必 要 な 対 策 を 講 じること (2) 緊 急 応 援 体 制 乙 は, 自 然 災 害 及 び 水 道 事 故 ( 断 水, 濁 水 含 む) 等 の 発 生 に 伴 い, 甲 から 応 急 給 水 活 動 及 び 広 報 活 動 等 への 緊 急 応 援 要 請 があった 場 合 は, 柔 軟 に 対 応 するものとする( 電 話 及 び 現 場 対 応 も 含 む) なお, 緊 急 応 援 要 請 内 容 については,その 都 度 協 議 するものとする (3)その 他 の 危 機 管 理 対 応 災 害 時 又 は 事 故 以 外 の 事 象 に 係 る 危 機 管 理 対 応 については, 甲 の 指 示 のもと, 必 要 な 対 応 を 図 るものとする 11 事 務 所 及 び 事 務 所 周 りの 整 理 整 頓, 清 掃, 除 草 水 道 課 内 に 事 務 所 を 設 置 することから,5S 活 動 を 推 進 し, 事 務 所 及 び 事 務 所 周 りの 整 理 整 頓, 清 掃, 除 草 等 を 行 い, 常 に 職 場 環 境 の 適 切 な 管 理, 改 善 に 努 めること

14 12 委 託 契 約 の 解 除 甲 は, 乙 が 業 務 委 託 に 係 る 委 託 契 約 を 遵 守 できないと 認 めるときは, 当 該 契 約 を 解 除 し,これ に 係 る 損 害 賠 償 を 乙 に 請 求 するこができる 13 協 議 本 仕 様 書 に 疑 義 が 生 じたとき,または 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については, 甲 乙 間 で 協 議 の うえ 定 めるものとする なお, 特 別 な 理 由 及 び 緊 急 を 要 する 場 合 は, 甲 の 指 示 するところによる 第 7 章 経 費 の 負 担 区 分 について 経 費 の 負 担 区 分 については, 以 下 のとおりとする なお, 下 記 の 記 載 以 外 の 経 費 負 担 について は, 甲 乙 間 で 協 議 のうえ 決 定 する 業 務 使 用 物 品 等 の 負 担 区 分 項 目 内 容 甲 乙 事 務 所 家 賃 委 託 者 が 指 定 する 場 所 の 施 設 使 用 料 建 物 維 持 管 理 費 建 物 に 係 る 維 持 管 理 費 光 熱 水 費 電 気 料 ガス 使 用 料 水 道 料 金 通 信 料 固 定 電 話 FAX 受 託 者 が 必 要 とする 携 帯 電 話 インターネット セキュリティ 費 委 託 業 務 を 行 う 事 務 スペースの 防 犯 警 備 費 受 託 者 業 務 車 両 駐 車 場 費 駐 車 料 お 客 様 来 庁 用 の 駐 車 場 費 受 託 者 通 勤 車 両 駐 車 場 費 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 納 入 通 知 書 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 督 促 状 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 催 告 状 郵 送 料 口 座 振 替 不 納 ( 再 振 替 )のお 知 らせ 給 水 停 止 予 告 通 知 書 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 ) その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 収 納 手 数 料 口 座 振 替 手 数 料 郵 便 振 替 手 数 料

15 業 務 使 用 物 品 等 の 負 担 区 分 項 目 内 容 甲 乙 コンビニ 収 納 代 行 手 数 料 その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 納 入 通 知 書 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 督 促 状 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 催 告 状 給 水 停 止 予 告 通 知 書 印 刷 製 本 費 電 算 システム 費 ( 保 守 料 含 む) 事 務 用 備 消 耗 品 給 水 停 止 執 行 通 知 書 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 ) 封 筒 等 口 座 振 替 依 頼 書 検 針 業 務 で 使 用 する 各 種 お 知 らせ その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 上 下 水 道 料 金 システム 一 式 ハンディターミナル 等 一 式 複 合 機 (ファックス&コピー 機 ) プリンター 用 トナー インク 代 パソコン( 乙 が 必 要 とする 場 合 ) シュレッダー 手 提 げ 金 庫 等 机, 椅 子,ロッカー,キャビネット, 書 庫, 金 庫 現 金 取 扱 領 収 日 付 印 事 務 用 消 耗 品 等 修 繕 費 給 水 装 置 (バルブ, 止 水 栓 等 ) 破 損 等 の 修 繕 費 現 場 備 品 現 場 備 品 等 業 務 車 両 業 務 車 両 の 調 達 に 係 わる 費 用 業 務 車 両 維 持 管 理 費 車 検 点 検 修 理 メンテナンス 等 の 維 持 管 理 費 燃 料 費 業 務 車 両 に 係 わるガソリン 代 等 保 険 料 業 務 に 係 わる 傷 害 損 害 盗 難 保 険 車 両 保 険 等 被 服 費 業 務 に 係 わる 制 服 ( 作 業 服 ) 雨 具 防 寒 着 等 第 8 章 業 務 量 の 概 況

16 1 概 要 No. 項 目 単 位 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 1 総 人 口 人 42,650 42,267 2 世 帯 戸 16,275 16,081 3 給 水 人 口 人 42,097 41,757 4 給 水 戸 数 戸 16,018 16,266 5 上 水 道 普 及 率 % 電 算 システム 等 会 社 名 大 崎 データテック 株 式 会 社 2 検 針 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 検 針 データ 入 力 方 式 ハンディターミナル 20 台 ( 予 備 2 台 ) 2 検 針 サイクル 毎 月 3 検 針 期 間 16 日 ~30 日 ( 調 定 日 :5 日 ) 4 検 針 件 数 年 間 約 208,200 件 約 17,350 件 / 月 5 中 止 及 び 停 止 中 検 針 ( 空 家 検 針 ) 無 し 約 2,500 件 6 下 水 のみ( 井 戸 ) 検 針 有 り 約 18 件 / 月 7 再 調 査 30 件 / 月 認 定 検 針 :30 件 / 月 8 検 針 員 の 人 数 19 名 9 検 針 員 の 担 当 件 数 平 均 875 件 / 人 最 大 :1,500 件 / 人 3 検 針 員 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 検 針 単 価 段 階 設 定 1 大 宮 地 域 ( 市 街 地 ) 大 宮 地 域 ( 市 街 地 以 外 ) 大 宮 地 域 以 外 ( 集 落 地 ) 大 宮 地 域 以 外 ( 山 間 部 ) 隔 測 検 針 料 78~83 円 / 件 (46.7%) 81~86 円 / 件 (12.4%) 86~91 円 / 件 (36.0%) 95~100 円 / 件 (4.0%) 70~75 円 / 件 (0.9%) 約 17,400 千 円 / 年 約 8,104 件 / 月 約 2,158 件 / 月 約 6,252 件 / 月 約 686 件 / 月 約 150 件 / 月 約 1,450 千 円 / 月 2 交 通 費 の 支 給 無 し 3 一 時 金 の 支 給 無 し 4 契 約 体 系 個 人 事 業 主 継 続 雇 用 を 希 望 4 開 閉 栓 関 係

17 No. 項 目 内 容 備 考 1 開 栓 実 施 件 数 約 1,310 件 / 年 (109 件 / 月 ) 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日 2 閉 栓 実 施 件 数 約 1,280 件 / 年 (106 件 / 月 ) 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日 3 土 曜 日 曜 祝 日 の 対 応 無 し( 一 部 開 栓 のみ 対 応 が 要 ) 対 象 件 数 : 約 5 件 / 年 4 時 間 外 ( 夜 間 )の 対 応 無 し 5 現 地 精 算 ( 集 金 )の 対 応 無 し 5 収 納 業 務 滞 納 整 理 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 調 定 件 数 約 125,610 件 / 年 10,460 件 / 月 2 収 納 構 成 比 率 口 座 振 替 : 約 78% 伝 送 納 入 通 知 書 : 約 22% コンビニ 支 払 可 3 納 付 書 発 行 件 数 約 700 件 / 月 請 求 方 法 : 毎 月 4 督 促 状 の 発 行 件 数 約 800 件 / 月 発 行 時 期 :14 日 頃 5 催 告 状 の 発 行 件 数 約 250 件 / 月 毎 月 6 口 座 振 替 不 納 通 知 書 の 発 送 件 数 約 380 件 / 月 毎 月 7 給 水 停 止 予 告 通 知 書 の 発 送 件 数 約 60 件 / 月 毎 月 8 給 水 停 止 執 行 数 対 象 : 約 30~40 件 / 月 3~5 日 の 期 間 毎 月 9 給 水 停 止 時 の 待 機 18 時 30 分 まで 待 機 外 対 応 : 無 し 10 分 納 誓 約 書 の 使 用 有 り 6 収 納 率 No. 項 目 内 容 備 考 平 成 27 年 度 : 99.5% 平 成 28 年 5 月 末 現 在 平 成 26 年 度 : % 1 収 納 率 平 成 25 年 度 : % 平 成 24 年 度 : 34.5% 平 成 28 年 3 月 末 現 在 平 成 23 年 度 : % 平 成 22 年 度 : % 7 窓 口 業 務 データ 入 力 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 来 庁 の 平 均 人 数 約 100 人 / 月 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日

18 No. 項 目 内 容 備 考 2 電 話 の 平 均 件 数 約 300 件 / 月 繁 忙 期 : 約 50 件 / 日 3 口 座 振 替 依 頼 書 入 力 約 50 件 / 月 4 給 水 台 帳 の 端 末 新 規 投 入 約 30 件 / 月 8 その 他 委 託 時 の 対 応 No. 項 目 内 容 備 考 1 営 業 時 間 の 延 長 希 望 しない 2 昼 休 みの 営 業 希 望 する

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5>

< F2D E633368D86816A89EF8C768E9696B18EE688B5> 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 会 計 事 務 取 扱 規 則 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 規 則 第 36 号 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 一 部 改 正 平 成 17 年 2 月 23 日 一 部 改 正 平 成 18 年 2 月 28 日 一 部 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 一 部 改 正 平 成

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令

岡山県警察用航空機の運用等に関する訓令 岡 山 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 訓 令 ( 平 成 6 年 3 月 22 日 警 察 訓 令 第 9 号 ) 改 正 平 成 6 年 12 月 22 日 警 察 訓 令 第 26 号 平 成 12 年 3 月 14 日 警 察 訓 令 第 8 号 平 成 13 年 7 月 2 日 警 察 訓 令 第 19 号 平 成 21 年 3 月 19 日 警 察 訓 令 第

More information

Taro-契約条項(全部)

Taro-契約条項(全部) 糧 食 品 売 買 契 約 条 項 ( 総 則 ) 第 1 条 甲 及 び 乙 は 契 約 書 記 載 の 糧 食 品 売 買 契 約 に 関 し 契 約 書 及 び こ の 契 約 条 項 に 基 づ き 乙 は 甲 の 示 し た 規 格 仕 様 又 は 見 本 品 同 等 の 糧 食 品 ( 以 下 契 約 物 品 と い う ) を 納 入 期 限 ( 以 下 納 期 と い う ) ま で

More information

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関

(10) 本 工 事 の 契 約 締 結 日 において 現 場 代 理 人 を 工 事 現 場 に 常 駐 で 配 置 し 得 ること ただし 本 入 札 の 一 般 競 争 入 札 参 加 申 込 書 の 提 出 日 現 在 において 3カ 月 以 上 直 接 的 かつ 恒 常 的 な 雇 用 関 豊 中 市 告 示 第 282 号 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 に 係 る 一 般 競 争 入 札 について 豊 中 市 立 北 条 小 学 校 トイレ 改 修 工 事 に 伴 う 給 排 水 衛 生 設 備 工 事 の 工 事 請 負 契 約 について 次 のとおり 一 般 競 争 入 札

More information

定款  変更

定款  変更 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 公 益 社 団 法 人 宮 崎 県 農 業 振 興 公 社 ( 以 下 公 社 という )と 称 する ( 事 務 所 ) 第 2 条 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

Taro-事務処理要綱250820

Taro-事務処理要綱250820 大 分 県 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 事 務 処 理 要 綱 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 知 事 は 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 の 貸 付 事 務 を 円 滑 に 処 理 するため 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 ( 昭 和 54 年 法 律 第 25 号 ) 沿 岸 漁 業 改 善 資 金 助 成 法 施 行 令 ( 昭 和 54 年 政 令 第 124

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63>

<4D F736F F D F936F985E8C9A927A95A892B28DB88B408AD68BC696B18B4B92F E646F63> 株 式 会 社 確 認 サービス 登 録 建 築 物 調 査 機 関 業 務 規 程 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 趣 旨 第 2 条 適 用 範 囲 第 3 条 基 本 方 針 第 2 章 建 築 物 調 査 の 業 務 を 実 施 する 時 間 及 び 休 日 に 関 する 事 項 第 4 条 建 築 物 調 査 の 業 務 を 行 う 時 間 及 び 休 日 第 3 章 事 業 所

More information

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定

ア 運 営 管 理 業 務 に 関 する 事 項 管 理 事 務 所 の 使 用 に 関 すること( 電 話 金 庫 警 備 鍵 等 名 義 変 更 の 必 要 な もの( 電 気 水 道 ガス 機 械 警 備 消 防 計 画 書 危 険 物 取 扱 設 置 許 可 等 )) 年 間 行 事 予 定 指 定 管 理 業 務 の 引 継 ぎに 係 る 基 本 事 項 等 1. 基 本 事 項 次 期 指 定 管 理 候 補 者 への 引 継 ぎについては 下 記 の 事 項 に 留 意 の 上 誠 意 をもって 円 滑 に 行 うこととする (1) 現 指 定 管 理 者 及 び 次 期 指 定 管 理 者 は 当 該 公 園 の 管 理 運 営 が 円 滑 に 開 始 できるよう 必 要 な 引

More information

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上

る 第 三 者 機 関 情 報 保 護 関 係 認 証 プライバシーマーク ISO27001 ISMS TRUSTe 等 の 写 しを 同 封 のうえ 持 参 又 は 郵 送 とする 但 し 郵 送 による 場 合 は 書 留 郵 便 とし 同 日 同 時 刻 必 着 とする 提 出 場 所 は 上 オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せの 公 示 次 のとおり オープンカウンター 方 式 による 見 積 合 せを 実 施 します 平 成 28 年 5 月 27 日 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 中 部 支 社 総 務 部 長 畔 柳 健 二 1 調 達 内 容 (1) 調 達 件 名 平 成 28 年 度 共 用 書 庫 機 密 文 書 廃 棄 ( 未 開 封 溶

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464>

< F2D8AC493C CC81698EF3928D8ED2816A2E6A7464> 5. 滋 賀 県 建 設 工 事 監 督 要 領 5-1 滋 賀 県 工 事 監 督 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 滋 賀 県 建 設 工 事 執 行 規 則 ( 昭 和 58 年 4 月 20 日 滋 賀 県 規 則 第 30 号 以 下 執 行 規 則 という )に 定 めるもののほか 県 が 施 行 する 請 負 工 事 の 監 督 について 必 要 な 事 項 を 定

More information

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画

の 権 限 と 責 任 を 明 確 に 定 め,これを 学 内 外 に 公 表 し, 関 係 者 に 周 知 するものとする ( 不 正 防 止 計 画 ) 第 6 条 最 高 管 理 責 任 者 は, 公 的 研 究 費 の 不 正 使 用 の 防 止 計 画 ( 以 下 不 正 防 止 計 画 徳 山 大 学 公 的 研 究 費 取 扱 規 程 ( 平 成 27 年 1 月 30 日 制 定 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 徳 山 大 学 教 育 職 員 倫 理 綱 領 及 び 徳 山 大 学 における 研 究 に 携 わる 者 の 行 動 規 範 の 定 めに 従 い, 徳 山 大 学 ( 以 下 本 学 という )において 公 的 研 究 費 を 適 正 に 運 営

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ

第 5 条 ( 有 効 期 間 ) 1. 本 サービスの 有 効 期 間 は 当 社 が 指 定 した 日 をもって 開 始 とし 当 該 サービス 対 象 物 件 に 入 居 する 契 約 が 終 了 した 日 をもって 終 了 とします 2. 既 に 入 居 している 住 戸 が 新 たにサービ コンシェルジュサービス 会 員 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 適 用 関 係 ) 1.この 会 員 規 約 は 株 式 会 社 三 ラージ( 以 下 当 社 といいます )が 株 式 会 社 アクトコ ールを 通 じて 運 営 するコンシェルジュサービス( 以 下 本 サービス といいます )の 提 供 及 びその 利 用 に 関 して 適 用 されます( 以 下 会 員 規 約 といいます

More information

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平

(3) 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) (4) 図 書 館 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 118 号 ) (5) 著 作 権 法 ( 昭 和 45 年 法 律 第 48 号 ) (6) 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 仕 様 書 は 寒 川 総 合 図 書 館 寒 川 文 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 寒 川 町 ( 以 下 町 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものです 寒 川 総 合 図 書 館 ( 以 下 図 書 館 という

More information

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維

場 日 に 開 場 し 又 は 開 場 日 に 休 場 することができる (コース 管 理 ) 4. 芝 の 育 成 管 理 については 次 の 条 件 により 転 圧 施 肥 芽 土 散 布 薬 品 散 布 散 水 刈 込 み 等 必 要 な 処 置 を 施 し 良 好 なコース 状 態 を 維 別 紙 2 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は この 仕 様 書 によるもの とする ( 業 務 の 目 的 ) 1. 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 管 理 運 営 業 務 は 石 巻 市 かなんパークゴルフ 場 条 例 ( 平 成 17 年

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領

クレジットカード納付導入に伴う指定代理納付書の選定に係る実施要領 石 巻 市 立 病 院 クレジットカード 納 付 導 入 に 伴 う 指 定 代 理 納 付 者 選 定 に 係 る プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 この 実 施 要 領 は 石 巻 市 立 病 院 におけるクレジットカード 納 付 導 入 に 関 し 地 方 自 治 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 67 号 ) 第 231 条 の2 第 6 項 に 規 定 する 指 定 代 理 納

More information

3 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 のとりまとめ 及 び 連 絡 調 整 4 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 の 英 文 翻 訳 に 関 する 連 絡 調 整 5 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 作 成 に 関 する 職

3 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 のとりまとめ 及 び 連 絡 調 整 4 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 の 英 文 翻 訳 に 関 する 連 絡 調 整 5 国 立 西 洋 美 術 館 ホームページ 掲 載 記 事 作 成 に 関 する 職 仕 様 書 1 件 名 総 務 課 事 業 担 当 労 働 者 派 遣 業 務 2 就 業 場 所 国 立 西 洋 美 術 館 ( 東 京 都 台 東 区 上 野 公 園 7-7) 3 派 遣 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 ~ 平 成 31 年 3 月 31 日 4 就 業 日 月 曜 日 から 金 曜 日 までの 毎 日 ただし 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23

More information

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱

新ひだか町住宅新築リフォーム等緊急支援補助金交付要綱 新 ひだか 町 住 宅 新 築 リフォーム 耐 震 等 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 26 年 6 月 27 日 要 綱 第 15 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 の 新 築 工 事 増 改 築 工 事 リフォーム 工 事 又 は 耐 震 補 強 工 事 ( 以 下 新 築 リフォーム 等 工 事 という ) を 行 う 者 に 対 し その 工 事 費 の

More information

募集要項

募集要項 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における 単 価 契 約 の 入 札 参 加 者 募 集 要 領 1 趣 旨 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 ( 以 下 公 社 という )において コピー 用 紙 の 納 入 を 行 う 業 者 を 募 集 する 2 入 札 に 付 する 事 項 (1) 調 達 件 名 大 阪 府 住 宅 供 給 公 社 コピー 用 紙 購 入 における

More information

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ

( 会 員 資 格 の 取 得 ) 第 6 条 本 会 の 会 員 になろうとする 者 は 別 に 定 める 入 会 届 により 申 し 込 みを し 理 事 会 の 承 認 を 得 なければならない ( 会 員 の 権 利 義 務 ) 第 7 条 会 員 は 本 会 の 事 業 活 動 につき そ 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 定 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 一 般 社 団 法 人 宮 崎 県 法 人 会 連 合 会 ( 以 下 本 会 とう ) と 称 ( 事 務 所 ) 第 2 条 本 会 は 主 たる 事 務 所 を 宮 崎 県 宮 崎 市 に 置 く 第 2 章 目 的 及 び 事 業 ( 目 的 ) 第 3 条

More information

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内

に 認 める 者 を 含 む 以 下 同 じ )であること (2) 町 税 を 滞 納 していない 者 であること ( 補 助 対 象 事 業 ) 第 4 条 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 ( 以 下 補 助 対 象 事 業 という )は 補 助 事 業 者 が 行 う 町 内 砥 部 町 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 るため 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平 成 22 年 3 月 26 日 付 け 国 官 会 第 2317 号 )

More information

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社

4 参 加 資 格 要 件 本 提 案 への 参 加 予 定 者 は 以 下 の 条 件 を 全 て 満 たすこと 1 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の4 第 1 項 各 号 の 規 定 に 該 当 しない 者 であること 2 会 社 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンターエネルギー 回 収 推 進 施 設 等 長 期 包 括 的 運 転 維 持 管 理 業 務 委 託 に 係 る 発 注 支 援 業 務 公 募 型 プロポ-ザル 実 施 要 領 1 プロポーザルの 目 的 この 要 領 は 平 成 30 年 4 月 から 運 転 を 予 定 している 北 秋 田 市 クリーンリサイクルセンター エネルギー 回 収 推 進 施

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

honbu-38H06_kunrei31

honbu-38H06_kunrei31 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 ( 平 成 6 年 12 月 27 日 本 部 訓 令 第 31 号 ) 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 を 次 のように 定 める 徳 島 県 警 察 用 航 空 機 の 運 用 等 に 関 する 規 程 徳 島 県 警 察 航 空 機 使 用 管 理 規 程 ( 平 成 2 年 徳

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基

5 号 )に 基 づく 排 除 措 置 の 期 間 中 でないこと (6) 会 社 更 生 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 154 号 )に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされて いる 者 又 は 民 事 再 生 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 225 号 )に 基 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 ( 条 件 付 一 般 競 争 入 札 ( 事 後 審 査 型 持 参 方 式 ))を 行 うので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の 6 の 規 定 に 基 づき 公 告 する 平 成 26 年 4 月 9 日 紀 の 川 市 長 中 村 愼 司 1 入 札 に 付 する 工 事

More information

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則

兵庫県公立学校教職員等財産形成貯蓄事務取扱細則 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 細 則 第 1 総 則 1 趣 旨 この 細 則 は 兵 庫 県 公 立 学 校 教 職 員 等 財 産 形 成 貯 蓄 事 務 取 扱 要 領 ( 以 下 要 領 という ) 第 26 条 の 規 定 に 基 づ き 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 財 産 形 成 貯 蓄 残 高 明 細 表 福 利

More information

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱

一宮市町内会に対する防犯カメラ設置補助金交付要綱 瀬 戸 市 防 犯 カメラ 設 置 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 地 域 防 犯 のために 必 要 な 箇 所 に 防 犯 カメラを 設 置 する 連 区 自 治 会 及 び 瀬 戸 防 犯 協 会 連 合 会 ( 以 下 連 区 自 治 会 等 という )に 対 し その 設 置 費 用 を 補 助 することにより 安 全 安 心 なまちづくりを 推

More information

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低

( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 助 金 の 額 は 第 5 条 第 2 項 の 規 定 による 無 線 LAN 機 器 の 設 置 箇 所 数 に 1 万 5 千 円 を 掛 けた 金 額 と 第 5 条 第 3 項 に 規 定 する 補 助 対 象 経 費 の2 分 の1のいずれか 低 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 交 付 要 綱 27 公 東 観 総 観 第 13 号 平 成 27 年 5 月 15 日 ( 通 則 ) 第 1 条 公 益 財 団 法 人 東 京 観 光 財 団 ( 以 下 財 団 という )が 実 施 する 宿 泊 施 設 無 線 LAN 設 置 支 援 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )の 交 付 について この 要

More information

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は

(2) 単 身 者 向 け 以 外 の 賃 貸 共 同 住 宅 等 当 該 建 物 に 対 して 新 たに 固 定 資 産 税 等 が 課 税 される 年 から 起 算 して5 年 間 とする ( 交 付 申 請 及 び 決 定 ) 第 5 条 補 助 金 の 交 付 を 受 けようとする 者 は 加 西 市 賃 貸 共 同 住 宅 等 建 設 促 進 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 賃 貸 共 同 住 宅 等 を 新 築 した 者 に 対 して 補 助 金 を 交 付 することにより 賃 貸 共 同 住 宅 等 の 建 設 を 促 進 し 人 口 の 増 加 に 資 することを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 2 条 この 要 綱 において 次

More information

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入

入 札 参 加 者 は 入 札 の 執 行 完 了 に 至 るまではいつでも 入 札 を 辞 退 することができ これを 理 由 として 以 降 の 指 名 等 において 不 利 益 な 取 扱 いを 受 けることはない 12 入 札 保 証 金 免 除 13 契 約 保 証 金 免 除 14 入 入 札 公 告 次 のとおり 一 般 競 争 入 札 に 付 します なお 本 業 務 の 契 約 締 結 は 当 該 業 務 に 係 る 平 成 27 年 度 予 算 の 執 行 が 可 能 となってい ることを 条 件 とします 平 成 27 年 2 月 17 日 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 契 約 担 当 役 鉄 道 建 設 本 部 九 州

More information

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ

続 に 基 づく 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 再 認 定 を 受 けていること ) c) 会 社 更 生 法 に 基 づき 更 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなされている 者 又 は 民 事 再 生 法 に 基 づき 再 生 手 続 開 始 の 申 立 てがなさ 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 20 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 秋 田 河 川 国 道 事 務 所 長 渡 邊 政 義 1. 業 務 概 要

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030385F303088A4926D8CA78E8497A79763927489808EF68BC697BF93998C798CB895E28F958BE08CF0957497768D6A2E646F63> 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 愛 知 県 私 立 幼 稚 園 授 業 料 等 軽 減 補 助 金 ( 以 下 補 助 金 という )は 私 立 の 幼 稚 園 及 び 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 ( 以 下 幼 稚 園 等 という )に 在 籍 する 幼 児 の 就 園 に 係 る 父 母 負 担 の 軽

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20D8BDB8CFC8BCDED2DDC482A882E682D1BADDCCDFD7B2B1DDBD8B4B92F632303133303832362E646F63> リスクマネジメントおよび コンプライアンス 規 程 株 式 会 社 不 二 ビルサービス リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 1 リスクマネジメントおよびコンプライアンス 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 規 程 は 当 社 におけるリスクマネジメントに 関 して 必 要 な 事 項 を 定 め もってリスクの 防 止 および 会 社 損 失 の 最 小 化

More information

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の

4 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 若 しくはその 委 任 を 受 けた 者 又 は 監 査 委 員 の 監 査 に 応 じなければ ならない ( 状 況 報 告 ) 第 7 条 承 認 コミュニティ 組 織 は 市 長 が 必 要 と 認 めるときは 交 付 金 事 業 の 遂 行 の 地 域 づくり 一 括 交 付 金 の 交 付 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 川 西 市 地 域 分 権 の 推 進 に 関 する 条 例 ( 平 成 26 年 川 西 市 条 例 第 10 号 以 下 条 例 という ) 第 14 条 の 規 定 に 基 づく 地 域 づくり 一 括 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )の 交 付 に 関 し 必 要

More information

・モニター広告運営事業仕様書

・モニター広告運営事業仕様書 秋 田 市 新 庁 舎 動 画 広 告 放 映 事 業 仕 様 書 1 目 的 多 く の 市 民 の 目 に 触 れ る 市 役 所 の 特 性 を 活 か し 映 像 や 音 声 を 活 用 し た モ ニ タ ー に よ る 動 画 広 告 を 新 庁 舎 内 に 導 入 し 新 庁 舎 の 主 要 機 能 の 一 つ で あ る 情 報 発 信 拠 点 と し て の 役 割 を 果 た す

More information

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領

Taro-○離島特産品等マーケティング支援事業に係る企画提案募集要領 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 に 係 る 企 画 提 案 書 募 集 要 領 1 委 託 事 業 名 離 島 特 産 品 等 マーケティング 支 援 事 業 業 務 委 託 2 目 的 離 島 地 域 の 産 業 の 振 興 を 図 るため これまで 開 発 された 離 島 の 特 産 品 等 を 対 象 と して コーディネーター( 受 託 事 業 者 ) 及 び 外 部

More information

27-045人事規程270401

27-045人事規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 人 事 規 程 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 17 規 程 第 21 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 45 号 一 部 改 正 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規

More information

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補

の 購 入 費 又 は 賃 借 料 (2) 専 用 ポール 等 機 器 の 設 置 工 事 費 (3) ケーブル 設 置 工 事 費 (4) 防 犯 カメラの 設 置 を 示 す 看 板 等 の 設 置 費 (5) その 他 設 置 に 必 要 な 経 費 ( 補 助 金 の 額 ) 第 6 条 補 美 作 市 防 犯 カメラ 設 置 支 援 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 告 示 は 地 域 の 防 犯 活 動 を 推 進 し 安 全 安 心 のまちづくりの 実 現 を 図 るため 犯 罪 等 の 防 止 を 目 的 に 防 犯 カメラの 設 置 を 行 う 住 民 団 体 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において その 設 置 に 要 する 経 費

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2097988976918A94BD837D836C83578381839383678B4B92F62E646F6378> 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 利 益 相 反 マネジメント 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 一 般 社 団 法 人 日 本 ジェネリック 医 薬 品 学 会 ( 以 下 本 学 会 と 略 す)は その 活 動 におい て 社 会 的 責 任 と 倫 理 性 が 求 められていることに 鑑 み 利 益 相 反 マネジメント 規 程 を 策 定 する その 目

More information

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業

Taro-08国立大学法人宮崎大学授業 国 立 大 学 法 人 宮 崎 大 学 授 業 料 その 他 の 費 用 に 関 する 規 程 平 成 19 年 3 月 30 日 制 定 改 正 平 成 19 年 9 月 10 日 平 成 20 年 3 月 25 日 平 成 21 年 1 月 29 日 平 成 21 年 9 月 3 日 平 成 21 年 11 月 27 日 平 成 23 年 3 月 30 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心

福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地 域 では, 防 犯 を 始 め 様 々な 安 心 安 全 活 動 に 熱 心 福 山 市 防 犯 カメラの 設 置 及 び 利 用 に 関 するガイドライン 2014 年 ( 平 成 26 年 )4 月 市 民 局 市 民 部 生 活 安 全 推 進 課 福 山 市 では, 福 山 市 民 の 安 全 に 関 する 条 例 ( 平 成 10 年 条 例 第 12 号 )に 基 づき, 安 全 で 住 みよい 地 域 社 会 の 形 成 を 推 進 しています また, 各 地

More information

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱

Microsoft Word - 1-3 利子補給金交付要綱 宮 城 県 新 しい 公 共 支 援 事 業 つなぎ 融 資 利 子 補 給 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 県 は,NPO 等 との 協 働 業 務 を 促 進 して 新 しい 公 共 の 拡 大 と 定 着 を 図 るため, 行 政 から 受 託 した 業 務 の 実 施 に 際 して 金 融 機 関 等 からの 借 入 れ(つなぎ 融 資 )を 利 用 するNPO 等 に 対

More information

Taro13-公示.jtd

Taro13-公示.jtd 参 加 者 の 有 無 を 確 認 する 公 募 手 続 に 係 る 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 求 める 公 示 平 成 19 年 4 月 12 日 九 州 地 方 整 備 局 熊 本 河 川 国 道 事 務 所 長 七 條 牧 生 次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 する 1. 業 務 概 要 (1) 業 務 名 用 地 補 償 総 合 技 術 (

More information

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱

平成17年度高知県県産材利用推進事業費補助金交付要綱 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 募 集 要 領 第 1 趣 旨 この 要 領 は 高 知 県 副 業 型 林 家 育 成 支 援 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 に 基 づき 当 該 補 助 金 の 交 付 の 対 象 となる 事 業 者 を 公 募 して 選 定 する 手 続 等 当 該 事 業 の 円 滑 な 実 施 を 図 るために 必 要 な 事 項 を 定

More information

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領

新居浜市印鑑登録及び証明書発行保護事務取扱要領 四 国 中 央 市 木 造 住 宅 耐 震 改 修 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 平 成 23 年 9 月 26 日 告 示 第 182 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 告 示 は 木 造 住 宅 の 耐 震 改 修 の 促 進 に 努 め 地 震 に 対 する 住 宅 の 安 全 性 の 向 上 を 図 る た め 社 会 資 本 整 備 総 合 交 付 金 交 付 要 綱 ( 平

More information

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村

死 亡 後 の 手 続 きリスト 2 14 日 以 内 住 民 票 の 抹 消 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 届 出 人 の 印 鑑 本 人 確 認 できる 証 明 書 類 ( 運 転 免 許 証 パスポ-ト) 世 帯 主 変 更 届 の 提 出 市 町 村 死 亡 後 の 手 続 きリスト 1 5 日 以 内 死 後 5 日 以 内 国 民 健 康 保 険 以 外 の 健 康 保 険 証 の 返 却 勤 務 先 社 会 保 険 事 務 所 7 日 以 内 期 限 項 目 手 続 き 先 提 出 先 必 要 書 類 備 考 死 後 知 った 時 から7 日 以 内 死 亡 届 の 提 出 市 町 村 役 場 の 戸 籍 住 民 登 録 窓 口 医 師 による

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc

Microsoft Word - 070219役員選挙規程.doc 役 員 選 挙 規 程 昭 和 55 年 10 月 21 日 制 定 昭 和 57 年 11 月 16 日 改 正 昭 和 61 年 5 月 27 日 改 正 昭 和 62 年 2 月 23 日 改 正 昭 和 63 年 3 月 7 日 改 正 平 成 2 年 5 月 14 日 改 正 平 成 6 年 5 月 24 日 改 正 平 成 8 年 2 月 27 日 改 正 平 成 11 年 2 月 23

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること

ができます 4. 対 象 取 引 の 範 囲 第 1 項 のポイント 付 与 の 具 体 的 な 条 件 対 象 取 引 自 体 の 条 件 は 各 加 盟 店 が 定 めます 5.ポイントサービスの 利 用 終 了 その 他 いかなる 理 由 によっても 付 与 されたポイントを 換 金 すること 大 好 きポイント コンサドーレ 札 幌 サービス 利 用 規 約 第 1 条 ( 目 的 ) 1. 本 規 約 は フェリカポケットマーケティング 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 )が 発 行 する 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カ ード 及 びポイントサービスの 利 用 条 件 について 定 めます 2. 利 用 者 が 大 好 きコンサドーレ 札 幌 WAON カードの 利 用

More information

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な

ア 調 整 テーマ 別 分 科 会 (3テーマ 程 度 各 4か 月 に1 回 程 度 ) 予 定 テーマ (ア) 鎮 守 大 橋 周 辺 地 区 (イ) 内 海 橋 周 辺 地 区 (ウ) 工 事 車 両 交 通 対 策 2 トータルマネジメント 支 援 業 務 復 興 事 業 等 の 円 滑 な 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 仕 様 書 第 1 条 適 用 範 囲 この 仕 様 書 は 平 成 27 年 度 石 巻 市 復 興 まちづくりマネジメント 支 援 業 務 ( 以 下 本 業 務 という )の 履 行 に 適 用 する 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については 宮 城 県 土 木 部 作 成 の 共 通 仕 様 書 (

More information

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容 仕 様 書 1 件 名 練 馬 区 予 防 接 種 各 種 医 療 費 助 成 に 係 る 電 話 窓 口 受 付 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 (1) 準 備 委 託 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 ~27 年 4 月 30 日 (2) 委 託 期 間 平 成 27 年 5 月 1 日 ~28 年 3 月 31 日 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 に 関 する 法

More information

奨学資金の受領から返還までの手続

奨学資金の受領から返還までの手続 奨 学 資 金 の 受 領 から 返 還 までの 手 続 Ⅰ 奨 学 資 金 の 受 領 1 奨 学 資 金 の 交 付 スケジュールと 貸 与 月 額 奨 学 資 金 は 新 規 採 用 時 や 年 度 初 め 年 度 末 などの 特 別 な 場 合 を 除 いて 毎 月 15 日 頃 に 交 付 されます (4 5 月 分 は 進 級 確 認 に 時 間 を 要 するため 5 月 中 旬 に 交

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当

ー ただお 課 長 を 表 示 するものとする ( 第 三 者 に 対 する 許 諾 ) 第 4 条 甲 は 第 三 者 に 対 して 本 契 約 において 乙 に 与 えた 許 諾 と 同 一 又 は 類 似 の 許 諾 を することができる この 場 合 において 乙 は 甲 に 対 して 当 様 式 第 4 号 ( 第 5 条 関 係 ) 忠 岡 町 イメージキャラクター 使 用 契 約 書 忠 岡 町 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )とは 忠 岡 町 イメージキャラクター( 以 下 キャラクター という )の 使 用 について 次 のとお り 契 約 を 締 結 する (キャラクターの 使 用 許 諾 ) 第 1 条 甲 は 乙 に 対 して キャラクターを 使

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031312E8CC592E88E918E598AC7979D8B4B92F6> 東 京 大 学 固 定 資 産 管 理 規 程 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 東 大 規 則 第 178 号 ) 改 正 : 平 成 17 年 2 月 8 日 東 大 規 則 第 289 号 改 正 : 平 成 18 年 9 月 26 日 東 大 規 則 第 33 号 改 正 : 平 成 19 年 7 月 1 日 東 大 規 則 第 15 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 30 日

More information

西関東書式

西関東書式 No.1 件 名 重 度 心 身 障 害 者 医 療 費 助 成 金 の 誤 支 給 助 成 額 計 算 時 に 象 者 の 加 入 保 険 情 報 を 確 認 し な か っ た た め に 計 算 を 誤 り 過 払 い が 発 生 し た も の < 過 払 い 金 額 76,002 円 > 職 員 の 計 算 時 の 確 認 不 足 象 者 に 経 緯 を 説 明 し お 詫 び し ま し

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 フェロー 採 用 等 規 程 平 成 23 年 3 月 31 日 平 22 規 程 第 3 号 平 成 25 年 3 月 8 日 一 部 改 正 平 成 26 年 10 月 27 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 平 成 28 年 3 月 31 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

Taro-29職員退職手当支給規程

Taro-29職員退職手当支給規程 国 立 研 究 開 発 法 人 水 産 研 究 教 育 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 1 8 年 4 月 1 日 付 け 1 7 水 研 本 第 2 0 5 8 号 改 正 平 成 1 8 年 1 0 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 0 7 7 号 改 正 平 成 1 9 年 4 月 1 日 付 け 1 8 水 研 本 第 1 7 8 0 号 改 正 平 成

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 平 成 2 年 度 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 の 結 果 会 計 検 査 院 1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産 及 び

More information

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長

(3) 下 水 道 接 続 のみとなる 配 管 工 事 (4) 浄 化 槽 設 備 の 工 事 (5) 解 体 工 事 (6) 市 等 の 他 の 補 助 制 度 ( 国 が 実 施 するエコポイント 制 度 を 除 く )を 利 用 する 工 事 (7) 前 各 号 に 掲 げるもののほか 市 長 四 日 市 市 告 示 第 356 号 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 を 次 のように 定 める 平 成 27 年 8 月 10 日 田 中 俊 行 四 日 市 市 住 宅 リフォーム 事 業 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 住 宅 のリフォームを 促 進 し 地 域 経 済 の 活 性 化 をより 確 かなも

More information

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の

第 4 条 (1) 使 用 者 は 2 年 を 超 えない 範 囲 内 で( 期 間 制 勤 労 契 約 の 反 復 更 新 等 の 場 合 は その 継 続 勤 労 した 総 期 間 が2 年 を 超 えない 範 囲 内 で) 期 間 制 勤 労 者 を 使 用 することができる ただ し 次 の 期 間 制 及 び 短 時 間 勤 労 者 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 制 定 2006.12.21) ( 法 律 第 12469 号 2014.3.18, 一 部 改 正 ) 翻 訳 : 新 谷 眞 人 日 本 大 学 法 学 部 教 授 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 法 律 は 期 間 制 勤 労 者 及 び 短 時 間 勤 労 者 に 対 する 不 合 理 な

More information

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火

工 事 名 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 5 月 24 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 5 月 24 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 4 施 工 場 所 能 代 南 中 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐

More information

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて

b) 参 加 表 明 書 の 提 出 時 において 東 北 地 方 整 備 局 ( 港 湾 空 港 関 係 を 除 く) における 平 成 27 28 年 度 土 木 関 係 建 設 コンサルタント 業 務 に 係 る 一 般 競 争 ( 指 名 競 争 ) 参 加 資 格 の 認 定 を 受 けて 簡 易 公 募 型 競 争 入 札 方 式 ( 総 合 評 価 落 札 方 式 )に 係 る 手 続 き 開 始 の 公 示 次 のとおり 指 名 競 争 入 札 参 加 者 の 選 定 の 手 続 を 開 始 します 平 成 28 年 9 月 27 日 分 任 支 出 負 担 行 為 担 当 官 東 北 地 方 整 備 局 三 陸 国 道 事 務 所 長 永 井 浩 泰 1. 業 務 概 要 (1)

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている

係 に 提 出 する 2 財 形 担 当 係 は 前 項 の 規 定 による 財 形 貯 蓄 等 の 申 込 みがあった 場 合 には 当 該 申 込 みの 内 容 を 点 検 し 財 形 貯 蓄 等 の 契 約 の 要 件 ( 第 6 条 に 規 定 する 基 準 を 含 む )を 満 たしている 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 財 産 形 成 貯 蓄 等 関 係 事 務 取 扱 規 則 平 成 13 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 改 正 平 成 14 年 3 月 29 日 規 則 第 11 号 改 正 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 5 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火

工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事 ( 建 築 主 体 工 事 ) 入 札 スケジュール 手 続 等 期 間 期 日 期 限 等 手 続 きの 方 法 等 1 設 計 図 書 等 の 閲 覧 貸 出 平 成 28 年 2 月 23 日 ( 火 能 代 市 建 設 工 事 応 募 型 指 名 競 争 入 札 の 参 加 者 の 募 集 について 次 のとおり 入 札 を 執 行 するので 下 記 により 入 札 参 加 者 を 公 募 する 1 公 募 日 平 成 28 年 2 月 23 日 2 契 約 担 当 者 能 代 市 長 齊 藤 滋 宣 3 工 事 名 渟 城 西 小 学 校 体 育 館 非 構 造 部 材 耐 震 改 修 工 事

More information

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領

栃木県アンテナショップ基本計画策定及び設計業務委託に係る標準?プロポーザル実施要領 スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 委 託 に 係 る 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 本 要 領 は スカイベリー 高 級 ブランドイメージ 定 着 プロモーション 業 務 を 委 託 する 事 業 者 を 選 定 するに 当 たり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 1 業 務 の 概 要 (1)

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208F7493FA95948E738A4A94AD8E968BC682CC8EE891B18B7982D18AEE8F8082C98AD682B782E98FF097E182C98AD682B782E98F9590AC8BE093998CF0957497768D6A7665725B315D2E3781698B4E88C49770816A> 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 に 関 する 助 成 金 等 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 春 日 部 市 開 発 事 業 の 手 続 及 び 基 準 に 関 する 条 例 ( 平 成 24 年 条 例 第 37 号 以 下 条 例 という ) 第 43 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 助 成 金 を 交 付

More information

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項

平成23年度本庁舎西館弁当販売者募集要項 たつの 市 民 病 院 新 聞 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 募 集 要 項 たつの 市 民 病 院 ( 以 下 病 院 という )が 行 う 自 動 販 売 機 設 置 事 業 者 ( 以 下 設 置 事 業 者 という )の 募 集 に 参 加 される 方 は この 要 項 をよく 読 み 記 載 事 項 をご 承 知 の 上 お 申 し 込 みください 1 公 募 物 件 の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20817995CA93598251817A837D834383698393836F815B90A7937890E096BE8E9197BF88C4> マイナンバー 制 度 の 導 入 に 向 けて ( 雇 用 保 険 業 務 ) ~ 事 業 主 の 皆 様 へ~ 平 成 27 年 7 月 厚 生 労 働 省 都 道 府 県 労 働 局 ハローワーク 平 成 25 年 5 月 平 成 27 年 10 月 ~ 番 号 関 連 法 の 成 立 公 布 国 民 への 個 人 番 号 の 通 知 の 開 始 平 成 28 年 1 月 ~ 雇 用 保 険 手

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

Taro-入札説明書(真空巻締め)

Taro-入札説明書(真空巻締め) 入 札 説 明 書 宮 崎 県 水 産 試 験 場 が 行 う 真 空 巻 締 め 機 の 賃 貸 借 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 一 般 競 争 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 入 札 に 参 加 する 者 は 下 記 事 項 を 熟 知 の 上 で 入 札 しなけれこの 場 合 におい て 当 該 説 明 書

More information

所沢市告示第   号

所沢市告示第   号 所 沢 市 告 示 第 282 号 一 般 競 争 入 札 を 執 行 するので 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号 ) 第 167 条 の6の 規 定 に 基 づき 次 のとおり 公 告 する 平 成 28 年 5 月 13 日 所 沢 市 長 藤 本 正 人 1 入 札 対 象 工 事 ⑴ 工 事 名 所 沢 市 立 美 原 中 学 校 トイレ 改 修 工

More information

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし

(1) この 貯 金 は 預 入 の 日 から 起 算 して10 年 が 経 過 した 日 に 払 戻 金 の 全 部 を 同 一 のこ の 貯 金 に 継 続 して 預 入 する 取 扱 いをします (2) 継 続 預 入 後 の 利 率 は 継 続 日 における 当 行 所 定 の 利 率 とし 財 産 形 成 定 額 貯 金 規 定 1 財 産 形 成 定 額 貯 金 財 産 形 成 定 額 貯 金 ( 以 下 この 貯 金 といいます )は 勤 労 者 財 産 形 成 促 進 法 ( 以 下 財 形 法 といいます )に 規 定 する 勤 労 者 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 ( 以 下 財 産 形 成 貯 蓄 契 約 といいます )に 基 づき 預 入 される 定 額 貯 金 です

More information