(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交"

Transcription

1 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき, 業 務 委 託 を 実 施 しなければならない 2 法 令 の 遵 守 乙 は, 業 務 委 託 の 履 行 にあたっては, 公 共 性 に 鑑 み 常 に 使 用 者 の 便 益 に 寄 与 するように 努 める とともに, 関 係 法 令, 常 陸 大 宮 市 上 水 道 事 業 給 水 条 例, 常 陸 大 宮 市 公 共 下 水 道 条 例, 常 陸 大 宮 市 簡 易 給 水 施 設 の 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 及 び 関 係 規 程 等 並 びに 甲 が 必 要 に 応 じて 指 示 する 事 項 を 遵 守 しなければならない 3 履 行 期 間 平 成 29 年 4 月 1 日 から 平 成 32 年 3 月 31 日 までの3 年 間 とする ただし, 契 約 締 結 日 から 業 務 委 託 開 始 までを 準 備 期 間 とし,その 期 間 に 要 する 費 用 は, 乙 の 負 担 とする また, 円 滑 に 業 務 委 託 を 行 うことができるよう 甲 から 引 継 ぎを 受 けるものとする 4 履 行 場 所 常 陸 大 宮 市 水 道 管 理 事 務 所 ( 常 陸 大 宮 市 宇 留 野 3030 番 地 ) 5 業 務 委 託 の 区 域 常 陸 大 宮 市 行 政 区 域 全 域 とする ただし, 滞 納 整 理 業 務 については,この 限 りではない 6 業 務 の 執 務 場 所 乙 は, 甲 の 指 定 する 場 所 において 業 務 委 託 を 行 い, 常 陸 大 宮 市 水 道 お 客 さまセンター と 称 し, 必 要 な 人 員 を 配 置 するものとする 7 業 務 委 託 の 範 囲 業 務 委 託 の 範 囲 は, 次 の 各 号 に 掲 げるものとする ただし, 決 裁 事 務 については,この 限 りで はない (1) 受 付 業 務 (2) 検 針 業 務 - 1 -

2 (3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 換 に 関 する 業 務 (11) 統 計 資 料 等 作 成 業 務 (12) 事 務 引 継 ぎ (13)その 他 (1)から(12)に 付 帯 する 業 務 及 び 甲 が 必 要 に 応 じ 指 示 する 業 務 8 業 務 時 間 業 務 委 託 の 業 務 時 間 及 び 休 業 日 は, 次 のとおりとする ただし, 業 務 委 託 上 必 要 な 場 合 は, 次 に 掲 げる 業 務 時 間 に 関 わらず 業 務 を 行 わなければならない (1) 業 務 時 間 は, 原 則 として 平 日 の 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 までとする ただし, 市 の 業 務 時 間 に 変 更 があった 場 合 は,それに 準 じて 変 更 する (2) 休 業 日 は, 土 曜 日, 日 曜 日, 国 民 の 祝 日 に 関 する 法 律 ( 昭 和 23 年 法 律 第 178 号 )に 規 定 する 休 日 及 び12 月 29 日 から 翌 年 の1 月 3 日 までの 日 とする (3) 前 2 項 のほか, 業 務 の 日 程 や 急 な 開 閉 栓 依 頼, 使 用 者 からの 要 請 等 があった 場 合,また, 滞 納 整 理 業 務 等 による 業 務 時 間 の 延 長 がある 場 合 には, 時 間 外 においても,その 業 務 に 従 事 するものとし,あらかじめ 甲 の 承 諾 を 得 るものとする 9 業 務 委 託 監 督 者 (1) 甲 は, 乙 又 は 業 務 従 事 者 を 指 示 監 督 するため, 業 務 委 託 監 督 者 を 選 任 する (2) 業 務 委 託 監 督 者 は, 水 道 課 長 が 職 員 の 中 から 選 任 する 10 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は, 次 に 掲 げる 権 限 を 有 する (1) 乙 又 は 業 務 責 任 者 に 対 する 指 示, 承 諾 及 び 協 議 (2) 仕 様 書 等 に 基 づく 業 務 施 行 のために 乙 が 作 成 した 帳 票 類 の 承 認 (3) 仕 様 書 等 に 基 づく 業 務 施 行 状 況 の 検 査 (4)その 他, 甲 が 指 示 する 業 務 の 連 絡 調 整 11 業 務 従 事 者 (1) 乙 は, 自 己 の 責 任 において 業 務 委 託 に 従 事 する 業 務 従 事 者 を 確 保 しなければならない な お, 増 員 及 び 欠 員 の 補 充 についても, 乙 において 募 集 し, 採 用 するものとする - 2 -

3 (2) 乙 は, 業 務 従 事 者 名 簿 を 提 出 し, 甲 の 承 認 を 得 なければならない なお, 変 更 が 生 じたと きは 速 やかに 文 書 をもって 甲 に 報 告 する また, 業 務 時 間 外 における 緊 急 連 絡 体 制 を 整 備 し, 書 面 により 甲 に 提 出 するものとする (3) 甲 は, 業 務 従 事 者 名 簿 をもとに, 業 務 従 事 者 に 業 務 委 託 に 従 事 する 者 であることの 証 明 書 を 発 行 する (4) 甲 は, 業 務 従 事 者 が 業 務 委 託 の 遂 行 上 著 しく 不 適 格 と 認 められる 場 合 には, 乙 に 対 し,そ の 理 由 を 明 示 して, 業 務 従 事 者 の 交 代 を 指 示 することができる 12 業 務 従 事 者 の 教 育 (1) 乙 は, 甲 の 責 務, 業 務 の 処 理 手 順, 情 報 の 管 理, 法 令 等 の 遵 守, 接 遇,その 他 業 務 委 託 に 従 事 するに 当 たって 必 要 な 事 項 について 業 務 従 事 者 を 十 分 に 教 育 するものとする (2) 乙 は, 業 務 従 事 者 が 交 代 する 時 は, 業 務 内 容 の 引 継 ぎを 行 わせ, 円 滑 に 業 務 委 託 を 実 施 で きるようにするものとする (3) 乙 は, 平 成 29 年 4 月 1 日 の 業 務 委 託 開 始 前 に 業 務 従 事 者 等 の 研 修 及 び 訓 練 を 行 わなけれ ばならない なお, 研 修 及 び 訓 練 期 間 は 原 則 2か 月 間 とし 業 務 責 任 予 定 者 は 常 陸 大 宮 市 水 道 課 内 での 実 地 訓 練 を 行 うものとする ただし, 甲 が 指 導 の 必 要 がないと 認 めた 場 合 はこの 限 りではない 13 従 事 者 の 労 務 管 理 乙 は,いかなる 場 合 でも 業 務 委 託 に 支 障 をきたすことのないように 努 めるとともに, 従 事 者 の 労 務 管 理, 衛 生 管 理,その 他 の 労 務 関 係 についても 十 分 注 意 を 払 わなければならない 14 業 務 責 任 者 及 び 役 割 (1) 乙 は, 業 務 従 事 者 の 中 から 本 書 等 に 定 められた 事 項 の 処 理 にあたり, 業 務 を 管 理 遂 行 する ため 業 務 責 任 者 を 選 任 しなければならない (2) 業 務 責 任 者 の 選 任 については, 業 務 責 任 者 の 経 験 及 び 徴 収 等 業 務 の 実 務 経 験 を5 年 以 上 有 し, 本 仕 様 書 第 1 章 の6 委 託 業 務 の 範 囲 に 規 定 する 各 業 務 に 精 通 した 者 を 配 置 すること (3) 業 務 責 任 者 は, 常 陸 大 宮 市 水 道 お 客 さまセンターに 常 駐 し, 業 務 委 託 全 般 について 一 切 の 管 理 を 行 い 業 務 委 託 の 施 行 及 び 運 営 管 理 等 の 取 り 締 まりを 行 わなければならない (4) 業 務 責 任 者 は, 検 針 員 を 含 む 業 務 従 事 者 の 指 導 及 び 監 督 を 行 うものとする (5) 業 務 責 任 者 は, 甲 ( 委 託 業 務 監 督 者 )と 連 絡 調 整 を 密 に 行 うものとする 15 現 金 取 扱 者 (1) 乙 は, 委 託 業 務 の 実 施 にあたり, 現 金 取 扱 者 を 指 定 し, 現 金 取 扱 者 指 定 届 出 書 を 予 め 甲 に 提 出 しなければならない (2) 乙 は, 領 収 日 付 印 ( 以 下 領 収 印 という )を 調 製 し, 領 収 印 届 出 書 を 予 め 甲 に 提 出 し, 現 金 取 扱 者 に 貸 与 しなければならない - 3 -

4 (3) 乙 は, 現 金 取 扱 者 を 解 除 した 場 合 は, 現 金 取 扱 者 解 除 届 出 書, 領 収 印 抹 消 届 出 書 を 甲 に 提 出 するとともに 領 収 印 を 速 やかに 返 還 させなければならない 16 業 務 使 用 印 の 届 出 乙 は, 業 務 使 用 印 鑑 届 出 書 をあらかじめ 甲 に 提 出 しなければならない 17 届 出 の 変 更 乙 は, 次 に 該 当 する 事 項 について, 速 やかに 甲 に 届 け 出 なければならない (1) 乙 の 名 称, 所 在 地, 代 表 者, 電 話 番 号, 業 務 責 任 者, 業 務 従 事 者, 現 金 取 扱 者, 業 務 使 用 印 鑑, 領 収 印 等 に 変 更 があったとき (2) 上 記 に 定 める 事 項 のほか, 業 務 委 託 の 遂 行 上, 必 要 があると 認 められるとき 18 報 告 書 の 提 出 乙 は, 業 務 委 託 の 日 報, 月 報 等 の 報 告 書 を 期 限 までに 甲 に 提 出 するものとする 19 帰 属 業 務 委 託 による 成 果 物,データ, 作 成 台 帳 及 び 資 料 等 は 甲 に 帰 属 する 20 事 前 措 置 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 前 に, 次 の 各 号 に 掲 げる 事 前 措 置 を 講 じなければならない (1) 水 道 課 内 に 事 務 所 を 設 置 すること なお, 乙 が, 甲 の 所 有 する 建 物 の 一 部 を 事 務 所 に 使 用 する 場 合 は, 無 償 で 使 用 賃 貸 借 契 約 を 締 結 することができるものとする (2) 事 務 所 に 業 務 従 事 者 を 配 置 する (3) 甲 からの 引 継 ぎ( 委 託 業 務 引 継 書 の 作 成 を 含 む ) ア) 特 殊 な 対 応 が 必 要 になる 使 用 者 及 び 現 場 の 情 報 対 応 方 法 等 イ) 水 道 料 金 等 の 未 納 者 及 び 引 継 ぎを 受 ける 時 点 では 水 道 料 金 等 の 未 納 者 ではないが, 過 去 に 未 納 者 となり, 対 応 経 過 を 有 する 使 用 者 の 情 報 対 応 方 法 等 ウ) 委 託 前 において 対 応 した 事 案 で, 継 続 して 対 応 することが 必 要 な 事 案 エ) 関 係 資 料 及 びデータ, 並 びに 保 管 場 所 等 オ) 各 種 注 意 事 項 カ) 甲 からの 指 示 事 項 及 び 連 絡 事 項 キ) 電 子 計 算 処 理 システムの 運 用 並 びに 操 作 全 般 保 守 管 理 等 ( 付 属 機 器 を 含 む ) ク)その 他 引 継 ぎが 必 要 な 事 項 (4) 業 務 委 託 引 継 完 了 報 告 書 並 びに 検 針, 検 算, 給 水 停 止 及 び 滞 納 整 理 業 務 等 の 業 務 委 託 実 施 計 画 書 を 期 限 までに 甲 に 提 出 すること 2 前 項 第 4 号 の 業 務 委 託 実 施 計 画 書 には 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 を 記 載 するものとする (1) 前 項 第 1 号 から 第 3 号 までの 措 置 に 関 すること - 4 -

5 (2) 検 針, 検 算, 給 水 停 止 の 執 行 及 び 滞 納 整 理 等 の 各 業 務 の 処 理 方 法 に 関 すること (3)その 他, 甲 が 指 示 する 事 項 3 乙 は, 第 1 項 の 事 前 措 置 について 速 やかに 実 施 し, 措 置 が 完 了 したときは,その 都 度 甲 に 報 告 するものとする 4 甲 は, 第 1 項 の 事 前 措 置 について, 不 適 当 と 認 めたときは, 乙 に 対 してこれを 改 善 させるこ とができる 21 秘 密 の 保 持 (1) 乙 は, 委 託 業 務 の 施 行 に 際 して 知 り 得 た 事 項 は, 一 切 第 三 者 に 漏 らしてはならない なお, この 契 約 が 終 了 し, 又 は 解 除 された 後 においても 同 様 とする (2) 乙 は, 電 子 計 算 機 器 に 入 力 されている 情 報 並 びに,この 契 約 を 実 施 するために 用 いた 資 料 及 びその 結 果 等 について, 甲 の 許 可 なく 第 三 者 に 転 写, 複 写, 閲 覧 又 は 貸 出 等 を 行 ってはなら ない (3) 乙 は, 業 務 完 了 後, 甲 が 指 定 した 保 管 を 要 するとされたものを 除 き, 情 報 及 び 資 料 を 抹 消, 焼 却 及 び 切 断 等 の 再 生 使 用 不 可 能 な 方 法 により 処 分 しなければならない (4) 乙 は, 個 人 情 報 保 護 を 徹 底 するため, 検 針 員 を 含 む 業 務 従 事 者 全 員 について 個 人 情 報 保 護 に 関 する 教 育 を 行 わなければならない 22 個 人 情 報 の 保 護 乙 は, 業 務 委 託 の 履 行 に 伴 い, 個 人 情 報 を 取 り 扱 うときは, 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 及 び 常 陸 大 宮 市 個 人 情 報 保 護 条 例 を 遵 守 し, 個 人 情 報 の 漏 えい 紛 失 破 壊 改 ざん 等 の 事 故 防 止 並 びにその 他 個 人 情 報 を 適 切 に 管 理 するために, 必 要 な 措 置 を 講 じなければならない 23 経 費 の 負 担 (1) 経 費 の 負 担 は, 本 仕 様 書 第 7 章 経 費 の 負 担 区 分 について に 従 うものとする (2)その 他 必 要 と 認 められるものについては, 甲 と 乙 協 議 の 上, 定 めるものとする ただし, 緊 急 を 要 する 場 合 は, 甲 の 指 示 するところによる 24 再 委 託 の 禁 止 乙 は, 委 託 する 業 務 の 処 理 を 第 三 者 に 委 託 し, 又 は 請 負 わせてはならない ただし, 書 面 にて 甲 の 承 諾 を 得 たときはこの 限 りではない 25 損 害 賠 償 等 (1) 乙 は, 業 務 委 託 を 実 施 するにあたり, 故 意 又 は 重 大 な 過 失 等 により 甲 に 損 害 を 与 えたとき は,その 損 害 を 賠 償 しなければならない (2) 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 において 故 意 又 は 重 大 な 過 失 等 により 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 は,その 損 害 を 第 三 者 に 賠 償 するとともに, 自 己 の 責 任 においてこれを 解 決 しなければなら - 5 -

6 ない 26 その 他 遵 守 事 項 (1) 乙 は, 業 務 委 託 の 実 施 にあたり, 水 道 料 金 等 以 外 の 金 品 その 他 のものを 収 受 してはならな い (2) 乙 は, 業 務 の 実 施 にあたり, 個 人 の 所 有 物 件 を 損 壊 しないよう 細 心 の 注 意 を 払 わなければ ならない (3) 乙 の 過 失 により, 個 人 の 所 有 物 件 に 損 害 を 与 えた 場 合 は, 速 やかに 業 務 委 託 監 督 者 に 報 告 するとともに 乙 は,その 損 害 を 賠 償 しなければならない 第 2 章 業 務 委 託 の 内 容 業 務 委 託 の 内 容 は, 次 のとおりとする 1 受 付 業 務 受 付 業 務 は, 来 所 する 使 用 者 等 の 窓 口 受 付 及 び 電 話 の 受 付 等 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 水 道 使 用 開 始 ( 中 止 ) 届 (ファクシミリを 含 む), 給 水 廃 止 届, 水 道 使 用 者 等 氏 名 等 ( 名 称 住 所 ) 変 更 届, 給 水 装 置 所 有 権 取 得 届, 漏 水 減 免 等 の 受 付 及 び 審 査, 当 該 届 出 に 係 る 電 算 シ ステム 入 力 (2) 水 道 使 用 者 等 からの 相 談, 苦 情, 問 合 せ 等 への 対 応 (3) 水 道 料 金 等 の 納 入 通 知 書 の 発 行 ( 再 発 行 等 ) (4) 各 種 証 明 書 等 の 申 請 受 付 及 び 発 行 (5) 受 付 業 務 に 関 する 統 計 処 理 及 び 資 料 作 成 (6) 来 所 者 への 案 内 取 次 ぎ (7) 電 話 対 応 取 次 ぎ (8)その 他, 受 付 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 2 検 針 業 務 検 針 業 務 は, 設 置 済 量 水 器 の 設 置 場 所 におもむき, 量 水 器 等 の 指 針 値 に 基 づく 使 用 水 量 及 び 汚 水 排 除 量 並 びに 水 道 料 金 等 をハンディターミナル 等 により 算 定 し, 水 道 使 用 者 等 に 通 知 するとと もに 使 用 状 況 の 確 認 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 検 針 日 は, 毎 月 16 日 から30 日 までを 定 例 日 とし, 毎 回 定 例 日 を 基 準 に 原 則 として 前 回 検 針 日 の 前 後 2 日 の 範 囲 を 超 えないものとする ただし, 甲 が 認 めたときはこの 限 りではな い また, 法 令 等 の 改 正 により, 毎 回 の 定 例 日 により 検 針 することが 水 道 使 用 者 等 の 利 益 を 害 する 場 合 や,システムの 対 応 が 法 令 等 に 対 応 できない 場 合 は, 定 例 日 以 外 にも 検 針 するも - 6 -

7 のとする (2) 中 止 及 び 停 止 中 の 施 設 を 含 めた 全 戸 検 針 を 年 1 回 以 上 行 うこと (3) 量 水 器 等 指 針 値 の 読 取 り (4)ハンディターミナルへの 入 力 処 理 (5) 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ 等 の 出 力 及 び 配 布 (6) 使 用 水 量 が 著 しく 変 動 した 場 合 の 原 因 調 査 及 び 使 用 者 へのお 知 らせ (7) 無 届 使 用 を 発 見 した 場 合 の 使 用 者 氏 名 使 用 開 始 年 月 日 等 の 調 査 (8) 無 届 転 出 の 疑 い 及 び 不 正 使 用 がある 場 合 の 現 地 調 査 (9) 給 水 条 例 違 反 の 発 見 及 び 報 告 (10) 甲 が 指 定 する 使 用 者 等 の 調 査 (11) 使 用 開 始 及 び 中 止 等 に 係 る 帳 票 の 作 成 (12) 新 設 分 の 調 査 及 び 検 針 順 路 の 決 定 (13) 検 針 一 覧 表 ( 地 区 別 ) 及 び 検 針 順 路 マップの 作 成 (14) 検 針 時 に 検 定 満 期 量 水 器 の 確 認, 量 水 器 の 不 進 行 及 び 故 障 等 を 見 つけた 場 合 の 甲 への 報 告 (15) 検 針 等 に 係 る 苦 情 処 理 等 の 対 応 (16)その 他, 検 針 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 3 検 算 業 務 検 算 業 務 は, 検 針 済 データの 精 査 及 び 再 調 査 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 検 針 済 ハンディターミナルの 料 金 システムへの 取 り 込 み(データ 転 送 ) 及 び 検 針 結 果 の 集 計, 確 認 (2) 水 量 異 常 リスト 等 の 出 力 及 び 確 認, 水 量 異 常 等 の 調 査 再 検 針 (3) 検 針 結 果 及 び 内 容 が 不 十 分 又 は 不 備 なものについての 調 査 再 検 針, 使 用 者 への 説 明 等 (4) 甲 の 指 示 又 は 使 用 者 から 苦 情 等 があった 検 針 内 容 についての 調 査 再 検 針, 使 用 者 への 説 明 等 (5) 検 針 内 容 について, 必 要 に 応 じた 現 地 確 認 調 査, 使 用 者 への 説 明 等 (6) 異 常 データに 係 る 書 類 の 作 成 及 び 調 査, 報 告 (7)その 他, 検 算 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 4 料 金 調 定 業 務 料 金 調 定 業 務 は, 料 金 調 定 額 の 算 出 を 行 う 業 務 であり,その 内 容 は 次 のとおりである (1) 料 金 調 定 算 出 に 伴 う 作 業 (2) 調 定 報 告 書 の 作 成 (3) 調 定 更 正 ( 漏 水 減 免 等 )に 伴 う 書 類 作 成, 使 用 者 への 対 応 及 び 電 算 システムへの 入 力, 会 計 伝 票 起 票 作 業 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (4) 納 入 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送 作 業, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (5) 口 座 振 替 データの 作 成 及 び 各 金 融 機 関 への 振 替 依 頼 - 7 -

8 (6) 宛 名 不 明 者 等 の 返 戻 文 書 の 調 査 及 び 再 発 送 (7) 不 納 欠 損 に 係 る 資 料 の 作 成 (8)その 他, 料 金 調 定 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 5 開 閉 栓 業 務 (1) 水 道 の 開 始 ( 開 栓 ) 中 止 ( 閉 栓 ) 等 に 伴 う 現 地 作 業 (2) 開 閉 栓 時 の 量 水 器 等 指 針 値 の 読 取 り 及 び 作 業 票 への 記 録 (3) 長 期 閉 栓 者 の 量 水 器 取 外 し 及 び 開 栓 者 の 量 水 器 取 り 付 け, 交 換 作 業 ( 新 設 を 除 く) (4) 甲 が 指 定 する 文 書 様 式 等 の 配 布 (5) 開 閉 栓 業 務 資 料 等 の 作 成 (6)その 他, 開 閉 栓 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 6 収 納 業 務 収 納 業 務 は, 納 付 書 による 金 融 機 関 及 び 窓 口 収 納, 口 座 振 替,コンビニエンスストア 収 納 等 で ある (1) 水 道 料 金 等 ( 加 入 金, 給 水 工 事 申 請 手 数 料,コピー 代 等 含 む)の 窓 口 収 納 (2) 窓 口 収 納 金 の 入 金 処 理 ( 納 入 済 通 知 書 と 現 金 の 照 合, 入 金 伝 票 等 の 作 成, 銀 行 への 入 金 ) (3) 集 金 収 納 (4) 金 融 機 関 収 納 金 及 び 窓 口 収 納 金, 口 座 振 替,コンビニエンスストア 収 納 金, 滞 納 整 理 収 納 金 ( 集 金 収 納 金 含 む) 等 の 消 し 込 み 作 業 (5) 過 誤 納 金 に 関 する 使 用 者 への 通 知 等 及 び 充 当 還 付 に 関 する 書 類 作 成 ならびに 電 算 システム への 入 力 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (6) 日 計 表 の 作 成 及 び 甲 への 提 出 (7) 口 座 振 替 不 能 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (8)コンビニエンスストアデータ 取 り 込 み 処 理 と 月 別 集 計 表 等 の 作 成 (9) 伝 票 起 票 及 び 各 種 統 計 資 料 作 成 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (10)その 他, 収 納 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 7 督 促 及 び 催 告 業 務 (1) 督 促 状 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (2) 催 告 書 の 作 成 及 び 発 送, 帳 票 等 の 在 庫 管 理 (3)その 他, 督 促 状 及 び 催 告 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 8 滞 納 整 理 業 務 (1) 滞 納 整 理 個 票 ( 未 収 金 整 理 簿 )の 作 成 ( 使 用 中 及 び 中 止 分 ) (2) 現 地 訪 問 及 び 電 話 催 告 等 による 水 道 料 金 等 未 収 金 の 収 納 (3) 滞 納 整 理 実 施 に 伴 う 報 告 書 の 作 成 - 8 -

9 (4) 滞 納 整 理 の 交 渉 等 の 記 録 及 び 管 理 (5) 収 納 状 況 の 確 認 (6) 未 納 者 の 転 出 先 の 追 跡 調 査 及 び 送 付 先 変 更 の 報 告 (7) 分 割 納 入 計 画 の 相 談 分 割 納 入 誓 約 書 の 作 成 及 び 管 理 (8) 支 払 督 促 制 度 並 びに 破 産 倒 産 に 伴 う 配 当 要 求 に 係 る 資 料 の 作 成 (9) 生 活 困 窮 者 の 取 扱 いは, 甲 と 協 議 し 対 応 すること (10)その 他, 滞 納 整 理 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 9 給 水 停 止 業 務 (1) 給 水 停 止 予 告 通 知 書, 給 水 停 止 通 知 書 等 の 作 成 及 び 配 布 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (2) 給 水 停 止 に 伴 う 現 地 作 業 (3) 給 水 停 止 の 解 除 及 び 時 間 外 待 機 ( 時 間 外 待 機 は, 給 水 停 止 当 日 の 午 後 6 時 30 分 までとす る ) (4) 給 水 停 止 報 告 書 の 作 成 及 び 甲 への 報 告 (5)その 他, 給 水 停 止 業 務 に 関 する 附 帯 業 務 10 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 換 に 関 する 業 務 (1) 甲 の 指 示 による 交 換 対 象 量 水 器 ( 対 象 者 )の 抽 出, 一 覧 表 等 の 作 成 (2) 使 用 者 ( 対 象 者 )への 通 知 書 の 作 成 及 び 発 送 (3) 量 水 器 交 換 伝 票 と 取 外 し 量 水 器 指 針 値 の 照 合 確 認 (4) 量 水 器 交 換 情 報 の 電 算 システムへの 入 力 (5) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 に 関 する 附 帯 業 務 (6) 量 水 器 交 換 に 伴 う 問 い 合 わせ (7) 量 水 器 の 不 良, 破 損 等 の 事 由 に 伴 う 故 障 量 水 器 の 交 換 業 務 (8) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 に 係 る 業 者 等 への 委 託 業 務 発 注 作 業 ( 決 裁 は 甲 で 行 う) (9)その 他, 量 水 器 の 管 理 業 務 ( 在 庫 管 理, 量 水 器 購 入 に 係 る 資 料 作 成 等 )に 関 すること 11 統 計 資 料 等 作 成 業 務 (1) 各 種 月 次 資 料 (2) 各 種 調 査 報 告 資 料 (3)その 他, 甲 に 対 する 情 報 提 供 に 関 する 附 帯 業 務 12 事 務 引 継 ぎ (1) 乙 は, 業 務 委 託 の 期 間 が 満 了 したとき 又 は 契 約 が 解 除 されたときは, 速 やかに 業 務 委 託 に 関 する 一 切 の 事 務 の 業 務 委 託 引 継 書 を 作 成 し, 甲 又 は 甲 の 指 定 する 者 に 引 継 がなければ ならない なお, 引 継 ぎに 係 る 経 費 は 乙 の 負 担 とし, 引 継 ぎ 後 に 業 務 の 不 整 合 などの 疑 義 等 が 生 じた 場 合 は 本 委 託 契 約 が 満 了 又 は 契 約 の 解 除 後 であっても 受 注 者 は 事 務 引 継 に 協 力 - 9 -

10 しなければならない (2)その 他, 事 務 引 継 ぎに 関 する 附 帯 業 務 13 その 他 上 記 以 外 に 関 連 する 附 帯 業 務 の 内 容 については, 必 要 に 応 じ 甲 と 乙 の 協 議 のうえ 定 めるものと する 第 3 章 電 子 計 算 処 理 業 務 の 遵 守 事 項 1 執 行 場 所 水 道 料 金 等 の 電 子 データの 計 算 処 理 業 務 は, 水 道 課 内 で 行 わなければならない 2 ハードウェア (1) 業 務 委 託 に 使 用 する 電 算 機 器 等 は 甲 が 乙 に 貸 与 する (2) 使 用 する 端 末 機 器 等 の 設 置 場 所 は, 水 道 課 内 及 び 甲 が 指 定 する 場 所 とする (3) 障 害 が 発 生 したときは 速 やかに 甲 に 報 告 するとともに, 復 旧 に 努 めなければならない 3 電 算 システム 電 算 システムについては, 現 在 水 道 課 で 使 用 している 水 道 料 金 システムを 甲 が 乙 に 貸 与 する なお, 電 算 システムについては, 変 更 する 場 合 がある 4 セキュリティ (1) 業 務 従 事 者 による 情 報 流 出 ハッキング 等 の 違 法 行 為 がないよう 管 理 監 督 をするものとす る (2) 情 報 セキュリティに 関 する 研 修 を 業 務 従 事 者 に 対 し 行 うこととする (3) 電 子 データの 外 部 持 ち 出 しはしないこと やむを 得 ない 事 情 がある 場 合 は, 甲 の 承 諾 を 得 ること (4) 外 部 記 憶 装 置 (USBメモリー 等 )は 一 切 使 用 しないこと なお, 業 務 委 託 に 必 要 な 場 合 にはあらかじめ 甲 の 承 諾 を 得 るものとする 第 4 章 業 務 従 事 者 の 厳 守 事 項 業 務 従 事 者 は, 次 に 掲 げる 事 項 を 厳 守 し, 業 務 を 遂 行 するものとする 1 制 服 の 着 用

11 業 務 遂 行 のため, 使 用 者 等 と 接 するときは, 制 服 を 着 用 するとともにみだしなみに 注 意 し 批 判 を 受 けないようにすること 2 身 分 証 明 書 の 携 行 使 用 者 宅 等 を 訪 問 するときは 甲 が 証 明 した 身 分 証 明 書 ( 業 務 従 事 者 証 )を 常 に 携 行 するもの とする また, 使 用 者 等 から 身 分 証 明 書 の 提 示 を 求 められたときは, 速 やかに 提 示 すること 3 現 地 訪 問 時 の 対 応 (1) 現 地 訪 問 で 使 用 者 等 の 土 地 又 は 建 物 等 に 立 ち 入 るときは, 立 ち 入 り 目 的 を 告 げ, 必 要 な 範 囲 を 超 えて 立 ち 入 ってはならない (2) 業 務 の 遂 行 にあたっては, 言 動 に 十 分 注 意 するとともに 使 用 者 等 から 誤 解 を 招 くことがあ ってはならない 4 業 務 専 念 義 務 業 務 従 事 者 は, 業 務 従 事 中 に 業 務 委 託 以 外 の 行 為 等 をしてはならない 5 データ 及 び 帳 票 類 の 取 扱 い データ 及 び 帳 票 類 は, 汚 損 又 は 紛 失 することのないよう 細 心 の 注 意 を 払 って 取 扱 うものとする 6 収 納 率 の 向 上 乙 は, 民 間 活 力 を 発 揮 し, 契 約 期 間 内 において, 月 調 定 分 は 調 定 後 3か 月 末 日 までに99% 以 上 の 額 を,また, 年 度 調 定 分 は 翌 年 度 9 月 末 日 までに99.9% 以 上 の 収 納 額 を 確 保 するよう 最 大 限 の 努 力 をするものとする 第 5 章 委 託 料 の 請 求 及 び 支 払 い 等 業 務 委 託 の 委 託 料 の 請 求 及 び 支 払 いは, 次 のとおりとする 1 委 託 料 は, 甲 の 請 求 に 基 づき, 毎 月 支 払 うこととし,1か 月 当 たりの 金 額 は, 業 務 委 託 金 額 を36 等 分 した 額 とする ただし,その 額 に1 円 未 満 の 端 数 が 生 じたときは,これを 切 り 捨 て, 委 託 期 間 の 最 終 月 分 の 委 託 料 で 調 整 するものとする 2 乙 は, 月 の 業 務 が 完 了 した 後, 翌 月 10 日 までに 業 務 実 施 報 告 書 ( 月 報 ) 及 び 請 求 書 を 甲 へ 提 出 し, 委 託 料 を 請 求 するものとする 3 甲 は, 乙 からの 請 求 を 受 理 したときは, 業 務 委 託 の 履 行 内 容 を 確 認 し, 請 求 日 の 月 末 までに,

12 乙 へ 委 託 料 を 支 払 うものとする 4 委 託 契 約 締 結 後, 消 費 税 法 ( 昭 和 63 年 法 律 第 108 号 )の 改 正 等 によって 消 費 税 額 に 変 動 が 生 じた 場 合 は, 第 1 号 の 規 定 に 関 わらす, 甲 は,この 契 約 を 何 ら 変 更 することなく 委 託 料 に 相 当 額 を 加 減 して 支 払 うものとする 第 6 章 その 他 1 事 故 発 生 時 の 報 告 書 提 出 乙 は, 次 に 掲 げる 事 故 等 が 生 じた 場 合, 直 ちにその 状 況 を 甲 に 報 告 するとともに, 事 故 報 告 書 を 作 成 し 提 出 するものとする (1) 領 収 証 書 及 び 領 収 印 の 紛 失 等 (2) 業 務 従 事 者 証 の 紛 失 等 (3) 収 納 した 水 道 料 金 等 の 紛 失, 盗 難 等 (4) 業 務 委 託 に 関 する 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 等 の 紛 失, 滅 失 及 び 毀 損 等 (5)その 他, 甲 へ 報 告 する 必 要 があると 認 めるもの 2 事 故 等 の 処 理 前 項 に 規 定 する 事 故 等 の 処 理 については, 甲 と 乙 で 協 議 のうえ 行 うものとする ただし, 乙 に おいて, 事 故 発 生 時 に 何 らかの 措 置 を 講 ずる 必 要 があると 判 断 した 場 合 には, 乙 の 責 任 において 当 該 措 置 を 行 うものとする 3 苦 情 等 の 対 応 業 務 遂 行 にあたっての 苦 情 や 問 合 せについては, 誠 意 をもって, 乙 の 責 任 においてすべて 解 決 し, 必 要 に 応 じてその 内 容 を 速 やかに 甲 へ 報 告 するものとする 4 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 の 保 存 等 (1) 乙 は, 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 を 甲 が 指 定 する 期 日 まで 保 存 しなければならい (2) 乙 は, 甲 が 指 定 する 保 存 期 間 を 満 了 したときには, 甲 の 指 示 に 従 い 電 子 データ 及 び 関 連 文 書 を 甲 に 引 き 継 がなければならない 5 業 務 状 況 報 告 会 議 の 実 施 (1) 乙 は, 業 務 の 進 捗 状 況 及 び 内 容 等 を 定 期 的 に 甲 に 報 告 するための 会 議 を 開 催 するものとす る (2) 甲 が 必 要 と 認 めたときは, 乙 に 対 し 会 議 の 開 催 を 通 知 し, 乙 は 甲 の 要 求 に 応 じなければな らない

13 6 業 務 委 託 の 調 査 等 (1) 甲 は, 必 要 があると 認 めるときは, 乙 に 対 し, 業 務 委 託 の 処 理 状 況 及 び 個 人 情 報 等 の 取 扱 状 況 を 調 査 し 報 告 を 求 めることができる (2) 乙 は, 調 査 時 において, 調 査 に 必 要 な 調 定 及 び 収 納 に 係 る 帳 簿, 書 類 等 を 提 出 しなければ ならない 7 勧 告 甲 は, 乙 が 業 務 委 託 の 遂 行 にあたり 業 務 委 託 の 処 理 及 び 個 人 情 報 等 の 取 扱 いが 不 適 当 と 認 めら れるときは, 必 要 な 勧 告 を 行 うことができる 8 未 収 金 の 協 議 未 収 金 の 処 理 にあたり, 使 用 者 の 転 居 及 び 破 産, 会 社 更 生 法 の 適 用 等, 特 別 な 理 由 により 料 金 の 収 納 ができなくなった 場 合, 乙 は 報 告 書 を 提 出 し 当 該 料 金 の 取 り 扱 いについて 甲 に 対 して 協 議 を 申 し 出 ることができる 9 業 務 履 行 の 確 保 乙 は, 不 測 の 事 態 が 発 生 し, 業 務 委 託 の 履 行 が 不 可 能 となる 恐 れがあると 認 められる 場 合 は, 直 ちに 甲 に 届 出 をし, 甲 の 指 示 を 受 けたうえ, 正 常 な 業 務 委 託 の 履 行 を 確 保 するよう 努 めなけれ ばならない 10 災 害 時 等 における 災 害 等 危 機 管 理 業 務 (1) 災 害, 事 故 等 発 生 時 の 対 応 災 害 等 が 発 生 した 場 合 においては, 適 切 な 初 動 体 制 をとり, 情 報 の 収 集, 応 急 対 策, 問 合 せ の 対 応 ( 電 話 等 の 対 応 ), 報 告, 情 報 提 供 等, 常 陸 大 宮 市 防 災 計 画 及 び 常 陸 大 宮 市 上 水 道 危 機 管 理 マニュアルに 基 づき, 必 要 な 対 策 を 講 じること (2) 緊 急 応 援 体 制 乙 は, 自 然 災 害 及 び 水 道 事 故 ( 断 水, 濁 水 含 む) 等 の 発 生 に 伴 い, 甲 から 応 急 給 水 活 動 及 び 広 報 活 動 等 への 緊 急 応 援 要 請 があった 場 合 は, 柔 軟 に 対 応 するものとする( 電 話 及 び 現 場 対 応 も 含 む) なお, 緊 急 応 援 要 請 内 容 については,その 都 度 協 議 するものとする (3)その 他 の 危 機 管 理 対 応 災 害 時 又 は 事 故 以 外 の 事 象 に 係 る 危 機 管 理 対 応 については, 甲 の 指 示 のもと, 必 要 な 対 応 を 図 るものとする 11 事 務 所 及 び 事 務 所 周 りの 整 理 整 頓, 清 掃, 除 草 水 道 課 内 に 事 務 所 を 設 置 することから,5S 活 動 を 推 進 し, 事 務 所 及 び 事 務 所 周 りの 整 理 整 頓, 清 掃, 除 草 等 を 行 い, 常 に 職 場 環 境 の 適 切 な 管 理, 改 善 に 努 めること

14 12 委 託 契 約 の 解 除 甲 は, 乙 が 業 務 委 託 に 係 る 委 託 契 約 を 遵 守 できないと 認 めるときは, 当 該 契 約 を 解 除 し,これ に 係 る 損 害 賠 償 を 乙 に 請 求 するこができる 13 協 議 本 仕 様 書 に 疑 義 が 生 じたとき,または 本 仕 様 書 に 定 めのない 事 項 については, 甲 乙 間 で 協 議 の うえ 定 めるものとする なお, 特 別 な 理 由 及 び 緊 急 を 要 する 場 合 は, 甲 の 指 示 するところによる 第 7 章 経 費 の 負 担 区 分 について 経 費 の 負 担 区 分 については, 以 下 のとおりとする なお, 下 記 の 記 載 以 外 の 経 費 負 担 について は, 甲 乙 間 で 協 議 のうえ 決 定 する 業 務 使 用 物 品 等 の 負 担 区 分 項 目 内 容 甲 乙 事 務 所 家 賃 委 託 者 が 指 定 する 場 所 の 施 設 使 用 料 建 物 維 持 管 理 費 建 物 に 係 る 維 持 管 理 費 光 熱 水 費 電 気 料 ガス 使 用 料 水 道 料 金 通 信 料 固 定 電 話 FAX 受 託 者 が 必 要 とする 携 帯 電 話 インターネット セキュリティ 費 委 託 業 務 を 行 う 事 務 スペースの 防 犯 警 備 費 受 託 者 業 務 車 両 駐 車 場 費 駐 車 料 お 客 様 来 庁 用 の 駐 車 場 費 受 託 者 通 勤 車 両 駐 車 場 費 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 納 入 通 知 書 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 督 促 状 水 道 料 金 下 水 道 等 使 用 料 催 告 状 郵 送 料 口 座 振 替 不 納 ( 再 振 替 )のお 知 らせ 給 水 停 止 予 告 通 知 書 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 ) その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 収 納 手 数 料 口 座 振 替 手 数 料 郵 便 振 替 手 数 料

15 業 務 使 用 物 品 等 の 負 担 区 分 項 目 内 容 甲 乙 コンビニ 収 納 代 行 手 数 料 その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 納 入 通 知 書 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 督 促 状 水 道 料 金 下 水 道 使 用 料 等 催 告 状 給 水 停 止 予 告 通 知 書 印 刷 製 本 費 電 算 システム 費 ( 保 守 料 含 む) 事 務 用 備 消 耗 品 給 水 停 止 執 行 通 知 書 上 下 水 道 使 用 量 のお 知 らせ( 検 針 票 ) 封 筒 等 口 座 振 替 依 頼 書 検 針 業 務 で 使 用 する 各 種 お 知 らせ その 他 甲 が 必 要 と 認 めるもの 上 下 水 道 料 金 システム 一 式 ハンディターミナル 等 一 式 複 合 機 (ファックス&コピー 機 ) プリンター 用 トナー インク 代 パソコン( 乙 が 必 要 とする 場 合 ) シュレッダー 手 提 げ 金 庫 等 机, 椅 子,ロッカー,キャビネット, 書 庫, 金 庫 現 金 取 扱 領 収 日 付 印 事 務 用 消 耗 品 等 修 繕 費 給 水 装 置 (バルブ, 止 水 栓 等 ) 破 損 等 の 修 繕 費 現 場 備 品 現 場 備 品 等 業 務 車 両 業 務 車 両 の 調 達 に 係 わる 費 用 業 務 車 両 維 持 管 理 費 車 検 点 検 修 理 メンテナンス 等 の 維 持 管 理 費 燃 料 費 業 務 車 両 に 係 わるガソリン 代 等 保 険 料 業 務 に 係 わる 傷 害 損 害 盗 難 保 険 車 両 保 険 等 被 服 費 業 務 に 係 わる 制 服 ( 作 業 服 ) 雨 具 防 寒 着 等 第 8 章 業 務 量 の 概 況

16 1 概 要 No. 項 目 単 位 平 成 26 年 度 平 成 27 年 度 1 総 人 口 人 42,650 42,267 2 世 帯 戸 16,275 16,081 3 給 水 人 口 人 42,097 41,757 4 給 水 戸 数 戸 16,018 16,266 5 上 水 道 普 及 率 % 電 算 システム 等 会 社 名 大 崎 データテック 株 式 会 社 2 検 針 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 検 針 データ 入 力 方 式 ハンディターミナル 20 台 ( 予 備 2 台 ) 2 検 針 サイクル 毎 月 3 検 針 期 間 16 日 ~30 日 ( 調 定 日 :5 日 ) 4 検 針 件 数 年 間 約 208,200 件 約 17,350 件 / 月 5 中 止 及 び 停 止 中 検 針 ( 空 家 検 針 ) 無 し 約 2,500 件 6 下 水 のみ( 井 戸 ) 検 針 有 り 約 18 件 / 月 7 再 調 査 30 件 / 月 認 定 検 針 :30 件 / 月 8 検 針 員 の 人 数 19 名 9 検 針 員 の 担 当 件 数 平 均 875 件 / 人 最 大 :1,500 件 / 人 3 検 針 員 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 検 針 単 価 段 階 設 定 1 大 宮 地 域 ( 市 街 地 ) 大 宮 地 域 ( 市 街 地 以 外 ) 大 宮 地 域 以 外 ( 集 落 地 ) 大 宮 地 域 以 外 ( 山 間 部 ) 隔 測 検 針 料 78~83 円 / 件 (46.7%) 81~86 円 / 件 (12.4%) 86~91 円 / 件 (36.0%) 95~100 円 / 件 (4.0%) 70~75 円 / 件 (0.9%) 約 17,400 千 円 / 年 約 8,104 件 / 月 約 2,158 件 / 月 約 6,252 件 / 月 約 686 件 / 月 約 150 件 / 月 約 1,450 千 円 / 月 2 交 通 費 の 支 給 無 し 3 一 時 金 の 支 給 無 し 4 契 約 体 系 個 人 事 業 主 継 続 雇 用 を 希 望 4 開 閉 栓 関 係

17 No. 項 目 内 容 備 考 1 開 栓 実 施 件 数 約 1,310 件 / 年 (109 件 / 月 ) 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日 2 閉 栓 実 施 件 数 約 1,280 件 / 年 (106 件 / 月 ) 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日 3 土 曜 日 曜 祝 日 の 対 応 無 し( 一 部 開 栓 のみ 対 応 が 要 ) 対 象 件 数 : 約 5 件 / 年 4 時 間 外 ( 夜 間 )の 対 応 無 し 5 現 地 精 算 ( 集 金 )の 対 応 無 し 5 収 納 業 務 滞 納 整 理 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 調 定 件 数 約 125,610 件 / 年 10,460 件 / 月 2 収 納 構 成 比 率 口 座 振 替 : 約 78% 伝 送 納 入 通 知 書 : 約 22% コンビニ 支 払 可 3 納 付 書 発 行 件 数 約 700 件 / 月 請 求 方 法 : 毎 月 4 督 促 状 の 発 行 件 数 約 800 件 / 月 発 行 時 期 :14 日 頃 5 催 告 状 の 発 行 件 数 約 250 件 / 月 毎 月 6 口 座 振 替 不 納 通 知 書 の 発 送 件 数 約 380 件 / 月 毎 月 7 給 水 停 止 予 告 通 知 書 の 発 送 件 数 約 60 件 / 月 毎 月 8 給 水 停 止 執 行 数 対 象 : 約 30~40 件 / 月 3~5 日 の 期 間 毎 月 9 給 水 停 止 時 の 待 機 18 時 30 分 まで 待 機 外 対 応 : 無 し 10 分 納 誓 約 書 の 使 用 有 り 6 収 納 率 No. 項 目 内 容 備 考 平 成 27 年 度 : 99.5% 平 成 28 年 5 月 末 現 在 平 成 26 年 度 : % 1 収 納 率 平 成 25 年 度 : % 平 成 24 年 度 : 34.5% 平 成 28 年 3 月 末 現 在 平 成 23 年 度 : % 平 成 22 年 度 : % 7 窓 口 業 務 データ 入 力 関 係 No. 項 目 内 容 備 考 1 来 庁 の 平 均 人 数 約 100 人 / 月 繁 忙 期 : 約 10 件 / 日

18 No. 項 目 内 容 備 考 2 電 話 の 平 均 件 数 約 300 件 / 月 繁 忙 期 : 約 50 件 / 日 3 口 座 振 替 依 頼 書 入 力 約 50 件 / 月 4 給 水 台 帳 の 端 末 新 規 投 入 約 30 件 / 月 8 その 他 委 託 時 の 対 応 No. 項 目 内 容 備 考 1 営 業 時 間 の 延 長 希 望 しない 2 昼 休 みの 営 業 希 望 する

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容 仕 様 書 1 件 名 練 馬 区 予 防 接 種 各 種 医 療 費 助 成 に 係 る 電 話 窓 口 受 付 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 (1) 準 備 委 託 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 ~27 年 4 月 30 日 (2) 委 託 期 間 平 成 27 年 5 月 1 日 ~28 年 3 月 31 日 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 に 関 する 法

More information

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案)

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 2 月 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 1. 目 的 本 仕 様 書 は 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc

Microsoft Word - (H )現場技術業務共通仕様書.doc 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 沖 縄 県 土 木 建 築 部 平 成 25 年 7 月 1 日 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 第 101 条 適 用 範 囲 1. 現 場 技 術 業 務 共 通 仕 様 書 ( 以 下 共 通 仕 様 書 という )は 沖 縄 県 土 木 建 築 部 の 発 注 する 現 場 技 術 業 務 に 係 る 土 木 設 計 業 務 等 請

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案)

長野合同庁舎電話交換及び受付案内業務委託仕様書(案) 佐 久 合 同 庁 舎 電 話 交 換 及 び 受 付 案 内 業 務 委 託 仕 様 書 この 仕 様 書 は 業 務 の 大 要 を 示 すものであって 本 仕 様 書 に 記 載 されていない 事 項 であっても 佐 久 地 方 事 務 所 長 ( 以 下 委 託 者 という )が 業 務 遂 行 上 必 要 と 認 めた 場 合 業 務 受 託 者 ( 以 下 受 託 者 という )は 速

More information

Microsoft Word - 一般仕様書(H27)

Microsoft Word - 一般仕様書(H27) 一 般 仕 様 書 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 旧 吉 野 川 浄 化 センターの 運 転 管 理 業 務 を 円 滑 に 実 施 するため 業 務 の 内 容 等 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 履 行 ) 第 2 条 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は 下 水 道 法 水 質 汚 濁 防 止 法 電 気 事 業 法 及 びその 他 の 関 係 法 令

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常

( 服 務 従 事 者 ) 9 従 事 者 数 および 資 格 等 区 分 人 員 用 件 など 管 理 栄 養 士 または 栄 養 士 調 理 指 導 責 任 者 調 理 師 又 は 調 理 員 調 理 員 洗 浄 作 業 員 1 人 以 上 ( 常 勤 ) 常 時 1 人 以 上 勤 務 ( 常 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 に 関 する 仕 様 書 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 の 実 施 については この 仕 様 書 の 定 めるところによる ( 総 則 ) 1 件 名 熊 本 市 民 病 院 給 食 調 理 業 務 等 委 託 2 履 行 場 所 施 設 名 熊 本 市 立 熊 本 市 民 病 院 所 在 地 熊 本 市 東

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 アドバンス レジデンス 投 資 法 人 ( 以 下 本 投 資 法 人 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

1 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 と 病 院 の 概 要 業 務 名 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 医 事 関 係 運 営 業 務 委 託 履 行 場 所 岡 山 県 倉 敷 市 児 島 駅 前 2 丁 目 39 番 地 倉 敷 市 立 児 島 市 民 病 院 病 床 数 198 床 一 般 病 床 165 床, 療

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW

(13) カード 発 行 者 WAONブランドオーナーとの 契 約 によりWAONカードを 発 行 する 事 業 者 及 びWAONカードを 発 行 する 主 体 としてのイオンリテール 株 式 会 社 (14) WAON 端 末 WAONのチャージ 利 用 残 高 照 会 利 用 履 歴 等 のW WAON 利 用 加 盟 店 規 約 第 1 条 目 的 1. 本 規 約 は 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)と 利 用 者 間 の 取 引 代 金 の 決 済 に WAON を 利 用 することに 関 し 甲 とイオンクレジットサービス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という) との 間 におけるWAONの 取 扱 い 及 びWAONに 係 る 契 約 関 係 ( 以 下 本 契 約 という)に

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

1 業 務 の 概 要 (1) 本 仕 様 書 の 位 置 づけ 本 仕 様 書 は 山 口 県 総 務 事 務 処 理 業 務 の 内 容 を 記 載 したものである 提 案 者 は 本 仕 様 書 の 内 容 を 満 たしたうえで 自 由 に 提 案 することができる (2) 背 景 及 び 目

1 業 務 の 概 要 (1) 本 仕 様 書 の 位 置 づけ 本 仕 様 書 は 山 口 県 総 務 事 務 処 理 業 務 の 内 容 を 記 載 したものである 提 案 者 は 本 仕 様 書 の 内 容 を 満 たしたうえで 自 由 に 提 案 することができる (2) 背 景 及 び 目 資 料 2 山 口 県 総 務 事 務 処 理 業 務 仕 様 書 平 成 24 年 8 月 山 口 県 1 業 務 の 概 要 (1) 本 仕 様 書 の 位 置 づけ 本 仕 様 書 は 山 口 県 総 務 事 務 処 理 業 務 の 内 容 を 記 載 したものである 提 案 者 は 本 仕 様 書 の 内 容 を 満 たしたうえで 自 由 に 提 案 することができる (2) 背 景 及 び

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本 個 人 情 報 保 護 方 針 ADインベストメント マネジメント 株 式 会 社 ( 以 下 当 社 といいます )は 個 人 情 報 の 重 要 性 を 認 識 し 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 その 他 の 関 係 諸 法 令 及 びガイドライン 等 ( 以 下 個 人 情 報 保 護 法 等 といいます )を 遵 守 するとともに 個 人 情 報 保 護 に 関 する 基

More information

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア)

(イ) 住 民 票 の 写 し 等 の 作 成 に 関 する 業 務 (ウ) 住 民 票 の 写 し 等 の 引 渡 業 務 ウ 戸 籍 の 届 出 に 関 すること (ア) 戸 籍 の 届 出 の 受 領 に 関 する 業 務 エ 戸 籍 届 出 の 不 受 理 申 出 に 関 すること (ア) 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 仕 様 書 玉 名 市 岱 明 横 島 天 水 支 所 窓 口 業 務 委 託 に 関 する 仕 様 書 は 次 のとおりと し 受 託 者 は 本 仕 様 書 及 び 別 に 締 結 する 業 務 委 託 契 約 書 に 基 づき 業 務 を 履 行 しなければならない また 関 係 法 令 等 を 遵 守 し 業 務 の 公 共

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と

入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 ( 以 下 本 事 業 と 中 央 新 幹 線 ( 名 古 屋 駅 部 ) 用 地 補 償 総 合 技 術 業 務 入 札 説 明 書 平 成 27 年 10 月 20 日 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 ( 以 下 本 入 札 説 明 書 という )は 公 益 財 団 法 人 名 古 屋 まちづくり 公 社 ( 以 下 公 社 という )が 中 央 新 幹

More information

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立

目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手 法 確 立 宗 像 市 税 関 係 システム 検 証 等 業 務 委 託 仕 様 書 宗 像 市 平 成 28 年 7 月 目 次 Ⅰ 概 要 1 1 背 景 2 目 的 3 対 象 システム 4 履 行 期 間 Ⅱ 業 務 内 容 運 用 要 件 2 1 業 務 内 容 2 (1) 検 証 業 務 (2) 操 作 マニュアルの 整 備 処 理 手 順 等 の 精 査 (3) 誤 課 税 防 止 のための 手

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3

目 次 第 1 目 的 3 第 2 業 務 内 容 3 1 委 託 業 務 名 2 業 務 内 容 3 委 託 業 務 期 間 4 委 託 費 の 上 限 5 委 託 団 体 数 第 3 プロポーザル 係 る 事 項 3 1 プロポーザル 参 加 の 要 件 2 企 画 提 案 書 の 作 成 3 販 路 拡 大 促 進 事 業 委 託 業 務 プロポーザル 募 集 要 項 留 意 事 項 平 成 28 年 第 1 回 岐 阜 県 議 会 定 例 会 おいて 本 事 業 係 る 予 算 案 が 可 決 成 立 しな い 場 合 は 今 回 の 企 画 提 案 よる 委 託 業 務 の 執 行 は 行 いませんので 予 めご 承 知 願 いま す なお 上 記 伴 い プロポーザル 参 加 者

More information

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等

(2)その 他 項 目 1 施 設 内 外 の 定 期 清 掃 及 び 環 境 整 備 等 業 務 2 完 成 図 書 及 び 関 係 貸 与 書 類 の 保 管 及 び 台 帳 作 成 業 務 3 休 日 夜 間 等 の 連 絡 業 務 4 警 報 発 報 時 火 災 大 雨 及 び 台 風 等 伊 賀 市 浄 化 センター 第 1 処 理 場 委 託 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 伊 賀 市 ( 以 下 市 という ) 浄 化 センター 第 1 処 理 場 の 運 転 管 理 業 務 に 関 し 適 正 に 委 託 業 務 を 行 うため 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とする ( 業 務 の 名 称 及 び 履 行

More information

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 9 月 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 趣 旨 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 等 については この 仕 様 書 による 1 自 転 車 等 駐 車 場 の 管 理 に 関 する

More information

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業

2 代 金 の 請 求 及 び 受 領 に 関 する 一 切 の 権 限 3 復 代 理 人 選 任 に 関 する 一 切 の 権 限 4 契 約 の 締 結 及 び 履 行 に 関 する 一 切 の 権 限 5 上 記 に 附 帯 する 一 切 の 権 限 (6) 過 去 15 年 間 同 種 業 別 記 第 2 号 千 葉 県 道 路 公 社 一 般 競 争 入 札 公 告 第 4 号 千 葉 外 房 有 料 道 路 料 金 徴 収 業 務 委 託 の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 平 成 27 年 12 月 21 日 千 葉 県 道 路 公 社 理 事 長 金 谷 隆 司 1 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 (1) 委 託 名 千 葉 外 房 有 料 道 路

More information

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則

公立大学法人神戸市外国語大学職員就業規則 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 職 員 就 業 規 則 2007 年 4 月 1 日 規 程 第 9 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき, 公 立 大 学 法 人 神 戸 市 外 国 語 大 学 ( 以 下 本 学 という )に 勤

More information

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は

4 乙 は 天 災 地 変 戦 争 暴 動 内 乱 法 令 の 制 定 改 廃 輸 送 機 関 の 事 故 その 他 の 不 可 抗 力 により 第 1 項 及 び 第 2 項 に 定 める 業 務 期 日 までに 第 1 条 第 3 項 の 適 合 書 を 交 付 することができない 場 合 は 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター 建 築 物 調 査 業 務 約 款 ( 趣 旨 ) 第 1 条 建 築 物 調 査 申 請 者 ( 以 下 甲 という ) 及 び 株 式 会 社 都 市 居 住 評 価 センター( 以 下 乙 という )は エネルギーの 使 用 の 合 理 化 等 に 関 する 法 律 ( 昭 和 54 年 法 律 第 49 号 以 下 法 という ) 第 76

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加

( 適 用 範 囲 及 び 契 約 の 種 類 ) 第 2 条 この 規 則 は 会 社 が 行 う 工 事 調 査 等 ( 工 事 維 持 修 繕 作 業 調 査 設 計 測 量 試 験 及 び 研 究 をいう 以 下 同 じ ) 業 務 委 託 物 品 役 務 ( 物 品 の 購 入 製 造 加 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 規 程 第 25 号 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 を 次 のとおり 定 める 平 成 18 年 11 月 9 日 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 高 橋 文 雄 中 日 本 高 速 道 路 株 式 会 社 契 約 規 則 改 正 平 成 20 年 5 月 22 日 中 日 本 高 速

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

目 次 1 委 託 業 務 の 概 要 目 的 2 2 委 託 業 務 の 内 容 3 (1) 名 称 (2) 業 務 実 施 期 間 (3) 業 務 範 囲 (4) 要 介 護 認 定 業 務 にかかる 処 理 件 数 (5) 業 務 遂 行 の 考 え 方 3 委 託 業 務 実 施 場 所 の

目 次 1 委 託 業 務 の 概 要 目 的 2 2 委 託 業 務 の 内 容 3 (1) 名 称 (2) 業 務 実 施 期 間 (3) 業 務 範 囲 (4) 要 介 護 認 定 業 務 にかかる 処 理 件 数 (5) 業 務 遂 行 の 考 え 方 3 委 託 業 務 実 施 場 所 の 町 田 市 要 介 護 認 定 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 町 田 市 いきいき 生 活 部 介 護 保 険 課 目 次 1 委 託 業 務 の 概 要 目 的 2 2 委 託 業 務 の 内 容 3 (1) 名 称 (2) 業 務 実 施 期 間 (3) 業 務 範 囲 (4) 要 介 護 認 定 業 務 にかかる 処 理 件 数 (5) 業 務 遂 行 の 考 え 方 3 委 託 業 務

More information

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た

1 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 の 競 争 入 札 参 加 資 格 について (1) 入 札 参 加 者 は 競 争 入 札 参 加 資 格 [7] から[12]までに 定 める 競 争 入 札 参 加 資 格 を 満 たすほか 次 に 掲 げる 資 格 をすべて 満 た 入 札 公 告 次 のとおり 入 札 後 資 格 確 認 型 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 9 月 30 日 [1] 工 事 名 西 築 地 小 埋 設 給 排 水 管 改 修 工 事 契 約 事 務 受 任 者 名 古 屋 市 財 政 局 契 約 監 理 監 柴 田 真 吾 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内

More information

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に

要 な 指 示 をさせることができる ( 検 査 ) 第 8 条 甲 は 乙 の 業 務 にかかる 契 約 履 行 状 況 について 作 業 完 了 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする ( 発 生 した 著 作 権 等 の 帰 属 ) 第 9 条 業 務 によって 甲 が 乙 に 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 石 井 信 芳 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)の 間 に 医 療 情 報 データベースに 関 するデータマッピング 業 務 ( 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 )( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

Microsoft Word - ③特記仕様書

Microsoft Word - ③特記仕様書 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 久 志 管 理 施 設 運 転 管 理 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 平 成 27 年 度 沖 縄 県 企 業 局 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 沖 縄 県 企 業 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 管 理 する 名 護 久 志 浄 水 場 及 び 両 浄 水 場 の 排 水 処 理 施 設 並 びに 久 志

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378>

<4D F736F F D208ADB8B B8B90488BC696B188CF91F58E64976C8F915B315D2E646F6378> 香 川 県 立 丸 亀 病 院 給 食 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 病 院 給 食 関 係 法 令 に 基 づき 医 療 の 一 環 として 入 院 患 者 等 の 病 態 に 応 じた 適 切 な 食 事 を 提 供 し 治 療 又 は 回 復 を 図 るとともに その 生 活 の 質 の 向 上 に 資 することを 目 的 とする 2 基 本 的 運 営 方 針 患 者 給 食 は

More information

平成23年12月13日

平成23年12月13日 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則 平 成 24 年 4 月 1 日 規 程 第 11 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基 づき 地 方 独 立 行 政 法 人 大

More information

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号

1. 東 京 手 形 交 換 所 規 則 ( 総 会 決 議 昭 和 46.4.27) 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 一 般 社 団 法 人 全 国 銀 行 協 会 ( 以 下 協 会 という )の 定 款 ( 以 下 定 款 という ) 第 4 条 第 6 号 東 京 手 形 交 換 所 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 4 条 ) 第 2 章 参 加 銀 行 第 1 節 参 加 および 脱 退 ( 第 5 条 第 15 条 ) 第 2 節 加 入 金 および 経 費 分 担 金 ( 第 16 条 第 19 条 ) 第 3 節 保 証 金 ( 第 20 条 第 21 条 ) 第 3 章 手 形 交 換 第 1 節 総 則 ( 第 22

More information

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 (

1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履 行 場 所 (1) 東 京 都 八 王 子 市 南 大 沢 1-1 首 都 大 学 東 京 ( 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 ( 一 時 保 育 施 設 運 営 業 務 委 託 )に 関 する 要 求 仕 様 書 首 都 大 学 東 京 1 件 名 首 都 大 学 東 京 一 時 保 育 施 設 立 上 げ 支 援 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 確 定 日 の 翌 日 から 平 成 26 年 12 月 19 日 まで 3 履

More information

<8E7792E88AC7979D8BC696B193E E096BE8F912E786C73>

<8E7792E88AC7979D8BC696B193E E096BE8F912E786C73> 高 知 市 営 住 宅 等 指 定 管 理 業 務 内 容 説 明 書 平 成 26 年 7 月 高 知 市 都 市 建 設 部 住 宅 課 目 次 Ⅰ 趣 旨 1 Ⅱ 管 理 の 基 準 1~2 1 施 設 の 目 的 1 2 管 理 運 営 の 基 本 方 針 1~2 3 個 人 情 報 の 保 護, 情 報 公 開, 守 秘 義 務 2 Ⅲ 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2~11 1 入

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081698E9197BF32816A8AEE967B8BA692E88F91> 資 料 2 よこはまウォーキングポイント 事 業 基 本 協 定 書 ( 目 次 ) 第 1 条 ( 定 義 ) 第 2 条 ( 協 働 事 業 ) 第 3 条 ( 本 事 業 の 目 的 ) 第 4 条 ( 本 協 定 の 趣 旨 ) 第 5 条 ( 基 本 的 合 意 ) 第 6 条 ( 協 定 期 間 ) 第 7 条 ( 協 働 契 約 の 締 結 ) 第 8 条 ( 本 事 業 の 役 割

More information

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み

1. 契 約 の 申 込 は 乙 が 設 定 されたサービス 内 容 を 確 認 し 甲 所 定 の 契 約 申 込 書 への 記 入 捺 印 提 出 により 行 うものとし 甲 が 契 約 申 込 書 を 受 領 することにより 本 契 約 が 成 立 するものとする 2. 既 に 申 込 済 み Cloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 BitCash 決 済 第 1 条 ( 約 款 の 適 用 ) 1. 株 式 会 社 Cloud Payment( 以 下 甲 という)は このCloud Payment 決 済 サービス 契 約 約 款 を 定 め これによりCloud Payment 決 済 サービス( 以 下 サービスという)を 提 供 する 2. 本 契 約 は

More information

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以

特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) 株 式 会 社 受 託 者 ( 以 下 甲 という ) 株 式 会 社 委 託 者 ( 以 下 乙 という )とは 第 2 条 に 定 める 業 務 を 乙 が 甲 に 委 託 するにあたり 下 記 の 通 り 業 務 委 託 契 約 ( 以 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) の 公 表 について 平 成 27 年 1 月 8 日 本 規 定 案 ( 特 定 個 人 情 報 委 託 契 約 書 ( 案 ) )は 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 27 号 )に 基 づき 特 定 個 人 情 報 の 適

More information

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診

5) 予 約 患 者 の 受 付 準 備 (リスト 出 力 及 び 必 要 に 応 じて 個 人 ファイル 紙 カルテの 準 備 ) 6) 受 付 の 問 い 合 わせ 苦 情 案 件 の 初 期 対 応 7) 医 師 への 書 類 作 成 依 頼 ( 診 断 書 証 明 書 等 ) 8) 健 診 東 御 市 民 病 院 等 の 医 事 業 務 等 委 託 における 仕 様 書 1. 目 的 東 御 市 民 病 院 及 び 助 産 所 とうみの 医 事 業 務 等 について 円 滑 に 業 務 を 処 理 することを 目 的 とし 患 者 サービスの 向 上 経 営 及 び 業 務 の 効 率 化 を 図 るため 次 の 仕 様 に 基 づき 忠 実 に 業 務 を 遂 行 するものとする 2.

More information

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン

中小規模事業者向けはじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

宇都宮大学○○○○規程

宇都宮大学○○○○規程 国 立 大 学 法 人 宇 都 宮 大 学 職 員 就 業 規 則 制 定 平 成 16 規 程 第 10 号 一 部 改 正 平 成 17 規 程 第 18 号 平 成 18 規 程 第 6 号 平 成 19 規 程 第 19 号 平 成 20 規 程 第 77 号 平 成 21 規 程 第 18 号 平 成 22 規 程 第 97 号 平 成 25 規 程 第 20 号 平 成 25 規 程 第

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン

Microsoft PowerPoint - 【資料3】中小規模事業者向け+はじめてのマイナンバーガイドライン 中 小 規 模 事 業 者 向 け はじめてのマイナンバーガイドライン ~マイナンバーガイドラインを 読 む 前 に~ 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために 中 小 規 模 事 業 者 ( 注 ) 向 けにまとめたものです

More information

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当

4 保 安 業 務 担 当 者 は 事 業 場 の 点 検 を 自 ら 行 うこと ただし 保 安 業 務 担 当 者 が 保 安 業 務 従 事 者 に 事 業 場 の 点 検 を 行 わせる 場 合 は 以 下 に 掲 げるすべての 要 件 に 該 当 していること イ 保 安 業 務 担 当 四 日 市 港 ポートビル 自 家 用 電 気 工 作 物 保 安 管 理 業 務 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 委 託 者 ( 以 下 甲 という )が 設 置 した 自 家 用 電 気 工 作 物 の 保 安 管 理 業 務 に 係 わる 委 託 契 約 の 内 容 について 当 該 業 務 のみを 内 容 とし 統 一 的 な 解 釈 及 び 運 用 を 図 るととも に その

More information

国立大学法人上越教育大学職員就業規則

国立大学法人上越教育大学職員就業規則 国 立 大 学 法 人 上 越 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 ) 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 4 日 規 則 第 1 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 労 働 基 準 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 49 号 以 下 労 基 法 という ) 第 89 条 の 規 定 に 基

More information

Untitled

Untitled 2 27 2 3601-1 28 2 26 R( 2 248 514 2514 建 築 設 計 業 務 委 託 特 記 仕 様 書 第 1 章 業 務 概 要 1 業 務 名 称 : 南 方 熊 楠 記 念 館 ( 旧 館 ) 耐 震 改 修 工 事 設 計 業 務 2 計 画 施 設 概 要 本 業 務 の 対 象 となる 施 設 ( 以 下 対 象 施 設 という )の 概 要 は 次 のとおりとする

More information

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477>

<93FC8E448CF68D B43816A2E786477> 入 札 公 告 次 のとおり 総 合 評 価 ( 特 別 簡 易 型 事 後 確 認 ) 一 般 競 争 入 札 ( 電 子 入 札 )に 付 します 平 成 28 年 10 月 6 日 名 古 屋 市 病 院 局 長 大 原 弘 隆 [1] 工 事 名 東 部 医 療 センター 新 病 棟 改 築 電 気 工 事 入 札 に 付 す る 事 項 [2] 工 事 場 所 [3] 工 事 内 容 [4]

More information

社 会 福 祉 法 人 設 立 の 手 引 き 平 成 25 年 4 月 秦 野 市 福 祉 部 地 域 福 祉 課 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 審 査 基 準 1 社 会 福 祉 法 人 の 行 う 事 業 1 2 法 人 の 資 産 1 3 法 人 の 組 織 運 営 2 第 2 法 人 設 立 認 可 申 請 1 法 人 設 立 までの 流 れ( 参 考 ) 3 2 社 会 福

More information

NO2―

NO2― パートタイム 労 働 者 就 業 規 則 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 1 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 株 式 会 社 サンリッチ 三 島 ( 以 下 法 人 という )のパートタイム 労 働 者 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 することを 定 めるものである 2 この 規 則 に 定 めない 事 項 については 労 働

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載

(5) 最 終 学 校 卒 業 証 明 書 ( 又 は 同 見 込 証 明 書 ) (6) 連 帯 保 証 人 の 同 意 書 ( 市 内 在 住 者 及 び 近 隣 の 者 2 名 ) (7)その 他 協 会 が 指 定 するもの( 資 格 証 等 ) 2 前 項 の 提 出 書 類 の 記 載 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 職 員 就 業 規 則 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 益 財 団 法 人 黒 石 市 体 育 協 会 ( 以 下 協 会 という ) 定 款 第 3 3 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき 協 会 職 員 ( 以 下 職 員 という ) の 就 業 に 関 し 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

業 務 責 任 者 は 受 託 業 務 実 施 現 場 の 管 理 運 営 に 必 要 な 知 識 技 能 資 格 及 び 経 験 を 有 する 者 とする (2) 業 務 責 任 者 の 選 任 乙 は 委 託 契 約 締 結 後 速 やかに 業 務 責 任 者 を 選 任 し 書 面 をもって

業 務 責 任 者 は 受 託 業 務 実 施 現 場 の 管 理 運 営 に 必 要 な 知 識 技 能 資 格 及 び 経 験 を 有 する 者 とする (2) 業 務 責 任 者 の 選 任 乙 は 委 託 契 約 締 結 後 速 やかに 業 務 責 任 者 を 選 任 し 書 面 をもって 設 備 総 合 保 守 点 検 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 1 委 託 業 務 名 設 備 総 合 保 守 点 検 業 務 委 託 2 委 託 場 所 草 加 市 柿 木 町 1104 番 地 草 加 市 障 害 者 グループホームひまわりの 郷 3 委 託 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 4 支 払 方 法 各 業 務 別 の 仕

More information

Microsoft Word - ●150924_1_要求水準書.doc

Microsoft Word - ●150924_1_要求水準書.doc 戸 田 市 上 下 水 道 事 業 包 括 委 託 要 求 水 準 書 平 成 27 年 10 月 7 日 戸 田 市 目 次 第 1 章 業 務 概 要... 1 1.1 業 務 の 目 的... 1 1.2 用 語 の 定 義... 1 1.3 契 約 期 間... 2 1.4 業 務 の 範 囲... 2 1.5 業 務 の 履 行... 2 1.5.1 一 般 事 項... 2 1.5.2

More information

様式第2                                        (別添)

様式第2                                        (別添) 外 部 用 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委 託 契 約 事 務 処 理 要 領 平 成 20 年 1 月 改 正 平 成 19 年 2 月 制 定 文 部 科 学 省 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 研 究 開 発 局 目 次 1. 科 学 技 術 学 術 政 策 局 研 究 振 興 局 及 び 研 究 開 発 局 委

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青

日 本 語 及 び 日 本 国 通 貨 7 入 札 に 参 加 する 者 に 必 要 な 資 格 (1) 地 方 自 治 法 施 行 令 第 167 条 の4 第 1 項 及 び 第 2 項 に 規 定 する 者 に 該 当 しない 者 で あること (2) 平 成 23 年 6 月 29 日 青 入 札 説 明 書 除 雪 車 両 の 交 換 に 係 る 一 般 競 争 入 札 の 公 告 ( 平 成 26 年 5 月 23 日 付 け)に 基 づく 入 札 に ついては 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 契 約 担 当 者 青 森 県 知 事 三 村 申 吾 2 一 般 競 争 入 札 に 付 する 事 項 次 の(1)と(2)に 掲

More information

s

s 火 葬 棟 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 本 仕 様 書 は 佐 倉 市 四 街 道 市 酒 々 井 町 葬 祭 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 するさくら 斎 場 の 火 葬 棟 管 理 業 務 委 託 を 円 滑 かつ 適 正 に 実 施 するため 必 要 な 事 項 を 定 めるものである 2 業 務 の 概 要 (1) 業 務 委 託 名 火 葬 棟 管 理

More information