<8E7792E88AC7979D8BC696B193E E096BE8F912E786C73>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<8E7792E88AC7979D8BC696B193E E096BE8F912E786C73>"

Transcription

1 高 知 市 営 住 宅 等 指 定 管 理 業 務 内 容 説 明 書 平 成 26 年 7 月 高 知 市 都 市 建 設 部 住 宅 課

2 目 次 Ⅰ 趣 旨 1 Ⅱ 管 理 の 基 準 1~2 1 施 設 の 目 的 1 2 管 理 運 営 の 基 本 方 針 1~2 3 個 人 情 報 の 保 護, 情 報 公 開, 守 秘 義 務 2 Ⅲ 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2~11 1 入 居 関 係 業 務 2~4 2 退 去 ( 返 還 ) 手 続 業 務 4 3 使 用 料 等 決 定 補 助 業 務 4~5 4 使 用 料 等 収 納 業 務 5 5 滞 納 整 理 及 び 法 的 措 置 補 助 業 務 5~6 6 入 居 者 等 対 応 業 務 6~7 7 修 繕 業 務 7~8 8 一 般 管 理 業 務 8~9 9 施 設 設 備 保 守 管 理 定 期 点 検 等 業 務 9~10 10 駐 車 場 管 理 関 係 業 務 建 替 事 業 又 は 用 途 廃 止 関 係 業 務 市 営 住 宅 管 理 システム 入 力 業 務 自 治 会 支 援 業 務 10~11 14 入 居 者 等 へのサービスの 提 供 11 Ⅳ 事 務 の 執 行 について 11~13 1 管 理 経 費 11 2 備 品 の 管 理 等 11 3 文 書 の 管 理 11 4 リスクの 負 担 11 5 事 業 報 告 書 の 提 出 12 6 管 理 運 営 状 況 の 実 地 調 査 等 12 7 連 絡 会 議 12 8 管 理 運 営 状 況 のモニタリング 12 9 指 定 管 理 者 の 指 定 の 取 消 し 等 業 務 の 引 継 等 12~13 11 その 他 の 留 意 事 項 13

3 高 知 市 営 住 宅 等 指 定 管 理 業 務 内 容 説 明 書 この 業 務 内 容 説 明 書 は, 高 知 市 営 住 宅 及 び 共 同 施 設 ( 以 下 市 営 住 宅 等 という )の 指 定 管 理 者 を 募 集 及 び 選 定 するにあたり, 添 付 資 料 として 当 該 施 設 の 管 理 運 営 の 現 状 を 踏 まえて 確 保 すべき 水 準 を 示 したものであり, 指 定 管 理 者 が 実 施 すべき 事 項 も 含 まれていますので 留 意 願 います Ⅰ 趣 旨 この 業 務 内 容 説 明 書 は, 市 営 住 宅 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 等 について, 必 要 な 事 項 を 記 述 したものです Ⅱ 管 理 の 基 準 1 施 設 の 目 的 健 康 で 文 化 的 な 生 活 を 営 むに 足 りる 住 宅 を 整 備 し,これを 住 宅 に 困 窮 する 低 額 所 得 者 に 対 して 低 廉 な 家 賃 で 賃 貸 し, 又 は 転 貸 することにより, 国 民 生 活 の 安 定 と 社 会 福 祉 の 増 進 に 寄 与 することを 目 的 とする 2 管 理 運 営 の 基 本 方 針 ⑴ 管 理 運 営 の 基 本 事 項 市 営 住 宅 等 は, 入 居 者 の 生 活 の 場 であることから, 常 に 安 心, 安 全 な 住 環 境 の 確 保 に 努 める また, 建 物 の 維 持 管 理 を 適 切 に 行 うとともに 勤 務 時 間 内 の 管 理 だけでなく, 勤 務 時 間 外 及 び 窓 口 対 応 時 間 外 についても 入 居 者 からの 緊 急 連 絡 等 に 対 応 できる 体 制 を 整 備 する ⑵ 緊 急 時 の 対 応 について 市 営 住 宅 の 管 理 にあたっては, 入 居 者 その 他 の 市 民 ( 以 下 入 居 者 等 という )の 安 心, 安 全 を 第 一 に 考 え 事 故 防 止 に 努 める 万 一 事 故 等 が 発 生 した 場 合 には, 責 任 者 等 による 現 場 対 応 を 原 則 とし, 直 ちに 市 に 連 絡 し, 経 過 を 報 告 するとともに, 指 定 管 理 者 の 責 任 において, 迅 速 かつ 適 切 に 対 応 する また, 天 災 その 他 の 災 害 時 においても, 入 居 者 等 の 救 出, 安 全 の 確 保 等 を 最 優 先 とし, 迅 速 か つ 適 切 に 対 応 する 緊 急 時 の 対 応 についての 考 え 方, 具 体 的 な 取 組 などについて 提 案 するこ ⑶ 法 令 等 の 遵 守 市 営 住 宅 等 の 管 理 運 営 に 当 たっては, 次 の 法 令 等 を 遵 守 し, 適 正 な 管 理 を 行 わなければならな い なお, 本 指 定 期 間 中 に 法 令 等 の 改 正 があった 場 合 には, 改 正 された 内 容 に 基 づくものとす る また, 業 務 の 遂 行 にあたっては, 社 会 通 念 上 妥 当 でない 方 法 等 により 実 施 しないこ ア 地 方 自 治 法 及 び 地 方 自 治 法 施 行 令 等 の 行 政 関 連 法 規 イ 労 働 基 準 法 等 の 労 働 関 連 法 規 ウ 公 営 住 宅 法, 同 施 行 令 及 び 施 行 規 則 エ 住 宅 地 区 改 良 法, 同 施 行 令 及 び 施 行 規 則 オ 高 知 市 営 住 宅 条 例 及 び 同 施 行 規 則 カ 高 知 市 個 人 情 報 保 護 条 例 及 び 同 施 行 規 則 キ 高 知 市 行 政 情 報 公 開 条 例 及 び 同 施 行 規 則 ク 高 知 市 公 の 施 設 に 係 る 指 定 管 理 者 の 指 定 手 続 等 に 関 する 条 例 及 び 同 施 行 規 則 ケ その 他 管 理 運 営 に 適 用 される 法 令 等 ⑷ 公 平 性 の 確 保 公 の 施 設 であることを 常 に 念 頭 におき, 入 居 者 等 の 利 用 に 関 し 公 平 性 を 確 保 するとともに, 情 報 を 広 く 周 知 する 場 合 には, 効 率 的, 効 果 的 に 行 う ⑸ 入 居 者 サービスの 向 上 市 営 住 宅 等 の 適 正 な 管 理 に 努 め, 入 居 者 等 に 対 するサービスの 向 上 に 努 める 特 に 入 居 者 等 に 必 要 な 各 種 情 報 は 随 時 提 供 するとともに, 入 居 者 等 からの 各 種 照 会, 要 望 及 び 依 頼 事 項 等 には, 迅 速, 的 確 に 対 応 する ⑹ 収 納 事 務 の 基 本 事 項 地 方 自 治 法 施 行 令 第 158 条 に 基 づき, 市 営 住 宅 使 用 料 及 び 駐 車 場 使 用 料 ( 以 下 使 用 料 等 と いう ) 収 納 ( 地 方 自 治 法 第 231 条 の3の 規 定 による 督 促 及 び 滞 納 処 分 を 除 く ) 業 務 を 委 託 し ます 使 用 料 等 は 期 限 までに 収 納 し, 滞 納 となった 場 合 には, 適 切 な 入 居 者 指 導 を 進 めると 共 に, 滞 納 情 報 の 的 確 な 把 握 による 迅 速 な 対 応 等 により, 前 年 度 収 納 率 以 上 の 収 納 の 確 保 に 努 める こ ⑺ 管 理 経 費 の 縮 減 効 率 的, 効 果 的 な 管 理 を 進 めるとともに 各 種 情 報 機 器 の 活 用 や 人 員 の 効 率 的 な 配 置 等 による 業 務 の 実 施 などにより, 費 用 対 効 果 の 高 い 管 理 運 営 を 進 め, 管 理 経 費 の 節 減 に 努 める ⑻ 事 業 計 画 書 及 び 収 支 予 算 書 を 基 に, 適 正 かつ 効 率 的 な 管 理 を 行 う - 1 -

4 ⑼ 市 及 び 指 定 管 理 者 の 間 で 締 結 する 協 定 を 遵 守 する 3 個 人 情 報 の 保 護, 情 報 公 開, 守 秘 義 務 ⑴ 個 人 情 報 の 保 護 個 人 情 報 の 取 扱 いについては, 個 人 情 報 保 護 法 及 び 高 知 市 個 人 情 報 保 護 条 例 等 の 関 係 法 令 の 規 定 に 従 い, 取 扱 いに 十 分 留 意 し, 市 営 住 宅 等 の 指 定 管 理 者 の 業 務 以 外 に 使 用 しないこととし, 漏 洩, 滅 失 及 び 毀 損 の 防 止 その 他 の 個 人 情 報 の 適 正 な 管 理 のために 必 要 な 措 置 を 講 じなければなら ない 個 人 情 報 の 漏 洩 等 の 行 為 には, 高 知 市 個 人 情 報 保 護 条 例 に 基 づく 罰 則 が 適 用 される 場 合 が あります また, 万 一 個 人 情 報 の 漏 洩 事 故 が 発 生 したと 疑 われる 場 合 には, 直 ちに 市 に 報 告 するこ なお, 本 業 務 の 実 施 にあたり 市 から 入 手 した 個 人 情 報 は, 指 定 管 理 期 間 終 了 等 により 本 業 務 が 完 了 又 は 協 定 が 解 除 されたときは, 直 ちに 市 に 返 還 するこ ⑵ 市 営 住 宅 管 理 システムの 管 理 について 市 営 住 宅 管 理 システムの 端 末 機 等 は 本 市 が 賃 借 している 物 件 を 貸 与 します( 貸 与 する 物 品 の 内 容 は 別 紙 4 貸 与 品 一 覧 表 参 照 ) ただし,この 端 末 機 等 は 市 役 所 内 の 一 角 に 設 置 する 受 付 等 窓 口 でのみ 使 用 可 能 とし, 管 理 事 務 所 等 外 部 へ 接 続 することはできません 従 って 管 理 事 務 所 等 で 必 要 となる 情 報 については, 必 要 最 小 限 の 情 報 を 市 営 住 宅 管 理 システムから 取 り 出 して 共 有 す ることになりますが, 共 有 の 方 法 等 については 別 途 協 議 とします また, 市 営 住 宅 管 理 システム の 管 理 にあたっては, 高 知 市 情 報 セキュリティ 規 程 並 びに 下 記 の 事 項 を 遵 守 するこな お, 指 定 管 理 者 の 事 務 所 等 で 必 要 な 情 報 関 連 機 器 等 は, 指 定 管 理 者 の 負 担 にて 設 置 することとし ます この 際,ネットワークへの 接 続 方 法 や 設 置 する 機 器 等 について, 事 前 に 市 と 協 議 するこ ア 端 末 機 からインターネット 及 び 他 のネットワークへの 接 続 あるいは 市 営 住 宅 管 理 システム 端 末 機 以 外 の 端 末 機 との 周 辺 機 器 の 共 通 使 用 は 禁 止 する イ 端 末 機 の 管 理 責 任 者 を 定 め, 報 告 するこ ウ 端 末 機 を 操 作 する 者 を 市 に 報 告 するこ 当 該 報 告 をした 者 を 除 いては, 端 末 機 を 操 作, 閲 覧 しないこまた, 当 該 報 告 をした 者 が 退 職, 異 動 等 により, 端 末 機 を 操 作 する 必 要 がなく なった 場 合 には, 原 則 として3 日 以 内 に 市 に 報 告 するこ エ 市 は 市 営 住 宅 管 理 システムの 端 末 機 を 操 作 する 者 に 対 して, 個 々にパスワードを 設 定 し, 通 知 する なお,パスワードは6か 月 に1 回 市 が 変 更 する オ パスワードは 他 人 に 漏 らさないこまた,パスワードの 管 理 は 適 切 に 行 い, 机 に 貼 るなど 他 人 が 容 易 に 分 かるようにしないこ カ 市 営 住 宅 管 理 システムを 使 用 する 業 務 の 外 部 委 託 は 禁 止 する キ 端 末 機 の 外 部 への 持 ち 出 しは 禁 止 する ク 端 末 機 にパスワードを 記 憶 させないこ ケ 貸 与 時 に 端 末 機 にインストールされているソフトを 除 いては, 新 規 にソフトをインストール しないこ コ 市 営 住 宅 管 理 システムに 障 害 が 発 生 した 場 合 には, 直 ちに 市 に 報 告 するこ サ 市 営 住 宅 管 理 システムからは 市 が 認 めた 帳 票 以 外 は 出 力 しないこまた, 帳 票 出 力 及 び 出 力 した 帳 票 等 の 複 写 は 必 要 最 低 限 度 とするこ シ 原 則 として 市 営 住 宅 管 理 システムから 磁 気 媒 体 への 出 力 及 び 電 子 出 力 は 行 わないこ ⑶ 市 営 住 宅 等 の 管 理 業 務 に 係 る 情 報 の 公 開 については, 高 知 市 行 政 情 報 公 開 条 例 に 準 じた 規 程 を 整 備 し, 適 正 な 公 開 に 努 めるこ ⑷ 指 定 管 理 者 は, 市 営 住 宅 等 の 管 理 を 行 うにあたり, 業 務 上 知 り 得 た 内 容 を 第 三 者 に 漏 らした り, 自 己 の 利 益 のために 使 用 しないこ 指 定 期 間 が 終 了 した 後 または 指 定 が 取 り 消 された 後 も 同 様 とする Ⅲ 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 次 の 業 務 について, 指 定 管 理 者 の 業 務 とします ( 業 務 分 担 については, 別 紙 1 高 知 市 営 住 宅 等 業 務 分 担 表 も 参 照 のこ)また, 各 業 務 については, 入 居 者 等 からの 問 合 せや 相 談 等 に 常 時 対 応 できるような 体 制 を 整 備 してください 1 入 居 関 係 業 務 募 集 計 画 の 策 定 及 び 入 居 の 決 定 は 市 が 行 います 指 定 管 理 者 は 補 助 業 務 として, 応 募 書 類 等 の 作 成 や 入 居 時 における 説 明 会 などを 実 施 してください なお, 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりです ⑴ 一 般 向 け 住 宅 ( 以 下, 一 般 向 け という ) ア 入 居 者 募 集 業 務 (ア) 募 集 計 画 策 定 用 資 料 の 作 成 ( 空 き 家 情 報 の 整 理 ) (イ) 募 集 の 申 込 案 内 書 及 び 募 集 広 報 等 の 作 成 及 び 配 布 (ウ) 入 居 相 談 への 対 応 (エ) 申 込 受 付, 申 込 書 類 の 予 備 審 査, 申 込 者 名 簿 の 作 成 市 への 提 出 - 2 -

5 (オ) 資 格 審 査 結 果, 抽 選 案 内, 抽 選 結 果 等 の 発 送, 抽 選 会 の 運 営 (カ) 各 種 統 計 資 料 データの 作 成 (キ) その 他 必 要 と 認 めるこ イ 入 居 手 続 業 務 (ア) 入 居 者 説 明 会 の 開 催 補 助 (イ) 入 居 手 続 関 係 書 類 の 説 明, 受 理, 審 査 及 び 市 への 提 出 (ウ) 入 居 に 関 する 各 種 手 続 (エ) 鍵 の 引 渡 し (オ) 入 居 の 完 了 確 認 (カ) その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 旧 地 域 改 善 向 け 住 宅 ( 以 下, 旧 地 改 向 け という ) ア 入 居 者 募 集 業 務 (ア) 募 集 計 画 策 定 用 資 料 の 作 成 ( 空 き 家 情 報 の 整 理 ) (イ) 募 集 の 申 込 案 内 書 の 作 成 及 び 配 布 (ウ) 各 種 統 計 資 料 データの 作 成 (エ) その 他 必 要 と 認 めるこ イ 入 居 手 続 業 務 (ア) 入 居 者 説 明 会 の 開 催 補 助 (イ) 入 居 手 続 関 係 書 類 の 説 明, 受 理, 審 査 及 び 市 への 提 出 (ウ) 入 居 に 関 する 各 種 手 続 (エ) 鍵 の 引 渡 し (オ) 入 居 の 完 了 確 認 (カ) その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 入 居 者 募 集 業 務 空 き 家 の 定 期 募 集 は 年 3 回 で, 毎 年 6 月 10 月 1 月 に 実 施 します ただし, 市 が 必 要 と 認 めた 場 合 には 随 時 募 集 を 実 施 する 場 合 がある (ア) 空 き 家 情 報 を 整 理 し, 募 集 住 宅 の 決 定 に 必 要 な 資 料 を 作 成 するこ (イ) 市 と 協 議 の 上, 広 報 ( 新 聞 広 告 等 )を 行 い, 市 営 住 宅 募 集 について 周 知 (ウ) 募 集 内 容 及 び 配 布 方 法 等 について 市 と 協 議 の 上, 申 込 案 内 書 を 作 成 すると 共 に, 一 般 向 け については 市 民 案 内 各 窓 口 センター 住 宅 課 に 配 布 し, 旧 地 改 向 けについては, 各 市 民 会 館 及 び 住 宅 課 に 配 布 し 市 民 への 募 集 を 周 知 するこ (エ) 定 期 募 集 の 受 付 は, 市 が 指 定 する 会 場 ( 借 料 は 市 負 担 )において 対 面 方 式 で 行 うこな お, 旧 地 改 向 けについては 各 市 民 会 館 が 受 付 を 行 う (オ) 受 付 期 間 は2 日 間 とし, 入 居 日 は 原 則 として6 月 募 集 は9 月 1 日,10 月 募 集 は1 月 1 日, 1 月 募 集 は4 月 1 日 とする (カ) 一 般 向 けの 入 居 募 集 受 付 においては, 申 込 者 の 現 状 及 び 応 募 理 由 等 について 厳 密 に 聞 き 取 り 調 査 し, 記 入 内 容 の 不 備 の 有 無, 提 出 書 類 等 が 揃 っているか 及 び 基 本 的 な 申 込 資 格 と 適 合 しているか 等 について 予 備 審 査 を 行 い, 不 足 書 類 や 書 類 の 不 適 合 があった 場 合 には,その 旨 を 応 募 者 に 伝 え 対 応 するこまた, 申 込 者 名 簿 を 作 成 し, 必 要 な 書 類 を 添 えて, 受 付 後 概 ね10 日 以 内 を 目 途 に 市 へ 提 出 するこ (キ) 一 般 向 けについては, 市 の 資 格 審 査 結 果 に 従 い, 抽 選 番 号 及 び 抽 選 会 の 日 時 等 の 案 内 を 発 送 するこ (ク) 一 般 向 けについては, 市 が 主 催 する 公 開 による 抽 選 会 の 運 営 を 行 うこ (ケ) 抽 選 結 果 については, 市 と 協 議 の 上, 速 やかに 結 果 通 知 書 を 発 送 し, 住 宅 課 前 と 市 役 所 前 掲 示 板 に 掲 載 し 周 知 するこ (コ) 旧 地 改 向 け 住 宅 の 入 居 者 選 考 については, 市 が 実 施 する 実 態 調 査 の 結 果 等 に 基 づき, 別 途 開 催 する 選 考 委 員 会 で 決 定 するが,この 選 考 結 果 について, 結 果 通 知 書 を 発 送 し 周 知 するこ (サ) 一 般 向 け 及 び 旧 地 改 向 け 共 に 申 込 が1 件 もなかった 住 宅 については, 落 選 者 を 対 象 に 期 間 を 定 めて(およそ 抽 選 日 又 は 選 考 結 果 通 知 書 発 送 の 翌 日 から1 週 間 程 度 ) 随 時 募 集 を 行 うこ 内 定 後 の 処 理 は 定 期 募 集 と 同 様 (シ) 一 般 向 け 当 選 者 からの 所 得 証 明 書 等 提 出 書 類 を 確 認 し 書 類 審 査 をするこ 不 足 書 類 があ る 場 合 は 提 出 させ, 入 居 の 資 格 を 満 たさない 者 に 対 しては 当 選 取 消 の 連 絡 等 を 行 うこ イ 入 居 手 続 業 務 (ア) 入 居 者 の 決 定 後, 市 が 指 定 する 会 場 ( 借 料 は 市 負 担 )において, 入 居 に 関 する 説 明 会 を 開 催 するこ 説 明 会 の 主 な 内 容 は 次 のとおりです a 入 居 手 続 に 必 要 な 書 類 の 配 布 ( 異 動 確 認 書 入 居 可 能 日 通 知 書 入 居 説 明 資 料 など)そ の 他 の 入 居 手 続 きに 関 するこ b 入 居 中 のルール, 心 得 及 び 維 持 管 理 等 に 関 するこ - 3 -

6 c 入 居 に 関 するマニュアルとして 入 居 説 明 資 料 を 作 成 し, 説 明 して 配 布 するこ d 市 営 住 宅 等 の 使 用 上 の 注 意 と 故 障 時 における 応 急 措 置 や 修 繕 申 込 方 法 等 e 修 繕 区 分 表 並 びに 入 居 者 が 退 去 時 に 行 わなければならない 畳 の 表 替 え 及 び 襖 の 貼 替 えに 関 するこ f 有 料 駐 車 場 の 利 用 の 手 続 について g その 他 必 要 と 認 めるこ (イ) 入 居 手 続 きとして, 必 要 な 書 類 等 の 受 理 及 び 必 要 な 確 認 を 実 施 するこ 主 な 内 容 は 下 記 のとおりとする a 請 書 ( 入 居 保 証 人 の 署 名, 印 鑑 登 録 証 明 書, 収 入 を 証 する 書 類 を 添 付 したもの)の 受 理, 記 載 内 容 の 確 認, 添 付 書 類 の 確 認 等 b 敷 金 の 納 付 確 認 c 誓 約 書 d その 他 必 要 書 類 (ウ) 保 証 人 は 原 則 1 名 届 け 出 てもらうこ (エ) 入 居 直 前 の 鍵 交 換 (オ) 入 居 直 前 の 住 宅 確 認 必 要 があれば 清 掃, 草 引 き 等 (カ) 退 去 時 に 畳 表 替 え 及 び 襖 貼 替 えが 実 施 されていない 物 件 の, 入 居 前 の 表 替 え 及 び 貼 替 え (キ) 退 去 時 に 私 物 の 撤 去 にかかる 原 状 回 復 が 実 施 されていない 物 件 の, 市 が 行 う 空 家 修 繕 前 の 原 状 回 復 等 (ク) 鍵 渡 しは, 上 記 の 必 要 書 類 が 揃 っており,かつ, 説 明 会 へ 参 加 した 者 に 対 して 説 明 会 の 最 後 に 手 渡 すこスペア 鍵 は 住 宅 課 では 保 管 しておらず, 鍵 については 入 居 者 責 任 とするこ (ケ) 該 当 する 自 治 会 会 長 や 世 話 役 へ, 新 規 入 居 があった 旨 を 文 書 で 連 絡 するこ (コ) 紙 台 帳 へ 新 規 入 居 者 を 記 入 し, 紙 台 帳 の 管 理 をするこ (サ) 新 規 入 居 者 には, 入 居 後, 新 しい 住 所 の 住 民 票 1 通 を 提 出 させ, 市 営 住 宅 への 転 居 が 完 了 した 旨 を 確 認 するこ 2 退 去 ( 返 還 ) 手 続 業 務 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりです ⑴ 退 去 ( 返 還 ) 手 続 業 務 ア 市 営 住 宅 返 還 届 出 書 等 の 受 理 イ 退 去 ( 返 還 ) 手 続 の 説 明 ウ 退 去 ( 返 還 ) 立 会 い 検 査 エ 入 居 者 が 負 担 すべき 畳 の 表 替 え, 襖 の 張 替 え 及 び 原 状 回 復 に 係 る 修 繕 並 びに 私 有 物 の 撤 去 に 関 する 指 示 オ 敷 金 の 滞 納 使 用 料 等 への 充 当 と 損 害 賠 償 についての 説 明 カ 入 居 者 負 担 分 の 修 繕 完 了 検 査 キ 日 割 り 使 用 料 等 の 納 付 書 等 の 発 送 ク 鍵 の 回 収 ケ 敷 金 還 付 手 続 きに 要 する 書 類 の 作 成 及 び 市 への 提 出 コ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 不 正 退 去 ( 長 期 不 在 等 ) 対 応 補 助 業 務 ア 各 種 資 料 作 成 イ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 退 去 ( 返 還 ) 手 続 業 務 (ア) 退 去 ( 返 還 ) 立 会 い 検 査 の 日 程 を 退 去 者 と 調 整 するこ (イ) 増 築, 工 作 物 設 置 及 びその 他 の 模 様 替 等 を 実 施 している 場 合 は, 入 居 者 の 責 任 において 撤 去 し 原 形 に 復 するよう 指 示 するこまた, 撤 去 し 原 形 に 復 することが 困 難 な 場 合 は, 市 に 報 告 し, 市 の 指 示 を 受 けるこ イ 不 正 退 去 ( 長 期 不 在 等 ) 対 応 補 助 業 務 (ア) 長 期 間 住 宅 を 使 用 していない 可 能 性 が 確 認 された 場 合 には, 居 住 確 認, 事 実 関 係 等 の 必 要 な 調 査 をし,その 経 過 等 を 市 に 報 告 するこ (イ) 市 が 実 施 する 当 該 住 宅 への 立 入 検 査 に 協 力 するこ 3 使 用 料 等 決 定 補 助 業 務 家 賃 等 の 決 定 は 市 が 行 います 指 定 管 理 者 にはその 補 助 業 務 を 行 っていただきます 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりです ⑴ 使 用 料 決 定 補 助 業 務 ア 収 入 申 告 書 等 の 作 成, 発 送 及 び 回 収 - 4 -

7 イ 提 出 された 収 入 申 告 書 類 の 予 備 調 査 ウ 未 提 出 者 及 び 不 足 書 類 等 への 提 出 催 促 など エ 収 入 申 告 書 受 理 の 入 力 とデータの 整 理 及 び 市 への 提 出 オ その 他 家 賃 決 定 にかかる 必 要 な 調 査 カ 収 入 認 定 通 知, 収 入 超 過 者 認 定 通 知 書, 高 額 所 得 者 認 定 通 知 の 発 送 キ 収 入 超 過 者 及 び 高 額 所 得 者 に 対 する 現 状 調 査 等 の 対 応 補 助 ク 家 賃 決 定 通 知 の 発 送 ケ 家 賃 更 正, 収 入 再 認 定 申 請 等 への 対 応 補 助 コ 収 入 申 告, 各 種 通 知 及 び 家 賃 等 に 対 する 照 会, 問 合 せ 先 への 対 応 補 助 ⑵ 駐 車 場 使 用 料 決 定 補 助 業 務 ア 近 隣 駐 車 場 調 査 イ 駐 車 場 使 用 料 の 決 定 に 関 する 通 知 の 発 送 ウ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 家 賃 決 定 補 助 業 務 (ア) 収 入 申 告 書 等 の 作 成, 発 送 及 び 提 出 督 促 等 の 実 施 にあたっては, 内 容 及 び 実 施 方 法 等 につ いて 市 と 協 議 するこ (イ) 7 月 下 旬 から8 月 上 旬 の 間 に 収 入 申 告 関 係 書 類 を 発 送 し, 概 ね8 月 末 までに 回 収 するこ (ウ) 予 備 審 査 では, 回 収 した 収 入 申 告 書 等 の 記 入 内 容 の 不 備 の 有 無 等 を 審 査 するこ (エ) 予 備 審 査 を 実 施 した 上 で, 概 ね9 月 初 旬 までには, 市 に 提 出 するこ 未 提 出 者 について は, 回 収 しだい 予 備 審 査 を 実 施 し, 速 やかに 市 に 提 出 するこ (オ) 収 入 超 過 者 には 明 渡 努 力 義 務 が, 高 額 所 得 者 には 明 渡 義 務 があるため, 対 象 者 について 現 状 調 査 等 の 対 応 を 実 施 し, 把 握 した 情 報, 履 歴, 案 内 内 容 について, 市 に 報 告 するこ (カ) 高 額 所 得 者 の 現 状 把 握 にあたっては, 疾 病, 災 害 及 び 退 職 などによる 収 入 の 減 少,その 他 入 居 者 の 責 によらない 事 情 がある 場 合 は, 明 渡 しを 延 長 できるので, 的 確 な 状 況 把 握 に 努 め るこ (キ) 家 賃 更 正, 収 入 の 再 認 定 等 について 問 合 せに 対 応 すると 共 に, 必 要 書 類 の 受 理 や 確 認 を 行 い 速 やかに 市 に 報 告 するこ (ク) 家 賃 の 算 定 にあたって 市 が 全 体 の 税 務 調 査 を 行 うので, 税 申 告 のない 入 居 者 への 申 告 の 指 導 を 行 うこまた, 市 の 指 示 により, 調 査 不 能 者 の 状 況 把 握 調 査 を 行 うこ イ 駐 車 場 使 用 料 決 定 補 助 業 務 駐 車 場 の 使 用 料 改 定 等 がある 場 合 は, 必 要 な 調 査 の 補 助 を 行 うこ 4 使 用 料 等 収 納 業 務 住 宅 使 用 料 等 は 市 の 収 入 となりますが,その 収 納 業 務 の 一 部 が 指 定 管 理 者 の 業 務 となります ⑴ 住 宅 使 用 料 等 収 納 業 務 ア 口 座 振 替 対 象 者 へ 住 宅 使 用 料 等 の 口 座 振 替 予 定 通 知 書 の 発 送 ( 毎 年 4 月 ) イ 住 宅 使 用 料 等 現 金 納 付 者 へ 当 初 納 付 書 の 発 送 ( 毎 年 4 月 ) ウ エの 督 促 状 送 付 前 に, 口 座 振 替 結 果 が 判 明 した 時 点 で, 口 座 振 替 不 能 者 に 口 座 振 替 不 能 通 知 書 ( 納 付 書 同 封 )を 発 送 ( 毎 月 10 日 までに) エ 毎 月 20 日 必 着 となるように 前 月 分 住 宅 使 用 料 等 未 納 者 への 督 促 状 の 発 送 オ 口 座 振 替 手 続 きの 説 明 及 び 口 座 振 替 の 勧 奨 ( 随 時 ) カ 納 付 書 の 再 発 行 依 頼 への 対 応 ( 随 時 ) キ 滞 納 者 に 対 して 訪 問 催 告 ( 随 時 ) ク 過 誤 納 金 の 還 付 充 当 に 関 するこ ケ 金 融 機 関 からの 延 滞 金 などの 問 合 せ 対 応 コ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 住 宅 使 用 料 等 収 納 業 務 (ア) 本 市 においては 口 座 振 替 を 勧 奨 している 指 定 管 理 者 は 口 座 振 替 を 勧 奨 し, 入 居 者 から 住 宅 使 用 料 等 の 口 座 振 替 の 依 頼, 異 動, 停 止 の 届 出 を 受 けたときは,その 手 続 や 記 入 方 法 等 を 説 明 しその 他 必 要 な 手 続 を 行 うこ (イ) 過 誤 納 金 の 還 付 に 要 する 書 類 の 作 成 等 を 実 施 すると 共 に, 過 納 分 を 未 納 月 分 等 に 充 当 し た 場 合 には, 通 知 書 の 発 送 等 により 入 居 者 へ 連 絡 するこ (ウ) 入 居 者 から 住 宅 使 用 料 等 の 納 付 書 の 再 発 行 の 依 頼 を 受 けたときは, 速 やかに 納 付 書 を 発 行 するこ 5 滞 納 整 理 及 び 法 的 措 置 補 助 事 業 ⑴ 居 住 者 の 滞 納 整 理 に 関 する 業 務 - 5 -

8 ア 滞 納 額 縮 減 業 務 (ア) 滞 納 者 の 実 態 を 把 握 するこ (イ) 少 なくとも2か 月 以 上 の 滞 納 がある 場 合 には, 文 書, 訪 問, 電 話 による 納 付 勧 奨, 相 手 方 方 に 応 じた 納 付 手 段 ( 自 動 送 金 サービスやATM 送 金 等 )を 提 示 し, 納 付 指 導 をするこ (ウ) 早 期 に 滞 納 が 解 消 できない 者 については, 収 支 バランスなど 滞 納 理 由 を 確 認 し, 状 況 に 応 じた 支 払 計 画 書 を 提 出 させ, 住 宅 課 にて 決 裁 を 受 けるこ (エ) 原 則 として 滞 納 使 用 料 等 が3か 月 となった 時 点 で, 滞 納 者 には 最 終 催 告 書 及 び 住 宅 明 渡 し 予 告 書 を 保 証 人 には 保 証 債 務 履 行 請 求 書 を 発 送 するこ (オ) その 他 必 要 と 認 めるこ( 他 法 他 施 策 の 積 極 的 活 用 例 : 生 活 困 窮 者 支 援 制 度, 生 活 保 護, 債 務 整 理 など) イ 建 物 明 渡 等 調 停 ( 法 的 措 置 ) 補 助 業 務 (ア) 対 象 者 について, 対 象 者 名 簿 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (イ) 調 停 に 関 する 必 要 な 書 類 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (ウ) 調 停 を 成 立 させたのち, 調 停 条 項 の 履 行 状 況 を 管 理 するこ (エ) 調 停 条 項 の 不 履 行 者 に 対 して, 文 書, 電 話, 訪 問 による 納 付 勧 奨 及 び 納 付 指 導 を 行 うこ (オ) その 他 必 要 と 認 めるこ ウ 建 物 明 渡 等 訴 訟 ( 法 的 措 置 ) 補 助 業 務 (ア) 対 象 者 について, 対 象 者 名 簿 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (イ) 建 物 明 渡 等 訴 訟 に 関 する 必 要 な 書 類 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (ウ) 訴 訟 に 係 る 調 査 報 告 書 を 作 成 するこ (エ) 訴 訟 で 和 解 になった 者 について, 判 決 の 履 行 状 況 を 管 理 するこ (オ) 判 決 の 不 履 行 者 に 対 して, 文 書, 電 話, 訪 問 による 納 付 勧 奨 及 び 納 付 指 導 を 行 うこ (カ) その 他 必 要 と 認 めるこ エ 建 物 の 明 渡 し 請 求 ( 法 的 措 置 ) 補 助 業 務 (ア) 対 象 者 について, 対 象 者 名 簿 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (イ) 入 居 承 認 取 消 に 係 る 内 容 証 明 郵 便 送 達 の 資 料 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (ウ) 強 制 執 行 に 関 する 必 要 な 資 料 を 作 成 し, 市 に 提 出 するこ (エ) その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 退 去 者 の 滞 納 に 関 する 業 務 ア 滞 納 者 の 実 態 を 把 握 するこ イ 退 去 滞 納 者 に 対 して, 催 告 書 を 退 去 後 又 は 移 転 後 速 やかに 発 送 するこ ウ 退 去 滞 納 者 に 対 して, 文 書, 電 話, 訪 問 による 納 付 勧 奨 及 び 納 付 指 導 を 行 うこ エ 早 期 に 滞 納 が 解 消 できない 者 については, 収 支 バランスなど 滞 納 理 由 を 確 認 し, 状 況 に 応 じ た 支 払 計 画 書 を 提 出 させるこ オ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 滞 納 整 理 に 当 たっては, 相 手 方 に 誠 実 な 関 心 を 持 ち, 脅 威 のない 安 心 感 を 与 え, 滞 納 解 消 する ことにより, 継 続 して 居 住 していただきたいことを 理 解 させる 実 際 には 相 手 方 の 収 入 と 支 出 に ついて 聞 きだし, 必 要 に 応 じて 他 の 相 談 可 能 な 機 関 の 窓 口 を 紹 介 することにより, 相 手 側 から 納 付 相 談 に 来 られるような 信 頼 関 係 を 築 き, 自 主 的 に 納 付 してもらうことを 目 指 す 6 入 居 者 等 対 応 業 務 入 居 者 等 からの 申 請 等 に 対 する 許 認 可 の 最 終 決 定 は 市 が 行 います 指 定 管 理 者 はその 補 助 業 務 を 行 ってください また, 入 居 者 等 からの 要 望, 苦 情 及 び 相 談 等 への 対 応 業 務 等 を 行 っていただきま す 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりです ⑴ 各 種 申 請, 届 出 等 に 関 する 業 務 ア 各 種 申 請, 届 出 の 説 明, 受 理, 予 備 審 査 及 び 市 への 提 出 等 イ 決 定 通 知 書 等 の 発 送 ウ 各 種 証 明 書 類 への 対 応 エ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 要 望 等 対 応 業 務 ア 要 望, 苦 情 及 び 相 談 等 の 対 応 イ 入 居 者 に 対 する 連 絡 及 び 指 導 等 ウ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 各 種 申 請, 届 出 等 に 関 する 業 務 入 居 者 等 から 各 種 申 請 ( 減 免, 模 様 替, 承 継, 同 居, 車 庫 証 明 書 等 )の 相 談 を 受 けたとき は, 各 種 申 請 条 件, 届 出 書 類, 添 付 書 類 及 び 記 入 方 法 等 を 説 明 し, 受 理 すると 共 に, 記 入 内 容 の 不 備 の 有 無, 提 出 書 類 等 が 揃 っているか, 基 本 的 な 資 格 と 適 合 しているか 及 び 必 要 に 応 じて - 6 -

9 現 場 確 認 等 の 予 備 審 査 を 行 い, 不 足 書 類 や 資 格 の 不 適 合 があった 場 合 には,その 旨 を 申 請 者 に 伝 えるこまた, 決 定 通 知 書 等 を 発 送 するこ イ 要 望 等 対 応 業 務 (ア) 入 居 者 等 から, 市 営 住 宅 等 について, 要 望, 苦 情 及 び 相 談 等 を 受 けた 場 合 には, 速 やかに 回 答, 指 導 などの 対 応 をし, 必 要 に 応 じて 市 へ 報 告 するこなお, 処 理 困 難 なものや 入 居 者 に 共 通 する 事 案 は, 意 見 や 詳 細 な 資 料 を 付 けて 市 へ 報 告 し, 市 の 処 理 方 針 に 従 い 対 応 する こ (イ) 夜 間, 休 日 等 に 緊 急 対 応 する 必 要 がある 旨 の 連 絡 を 受 けた 時 は, 迅 速 な 対 応 が 行 えるよう な 連 絡, 処 理 体 制 を 整 備 するこ 特 に, 団 地 内 における 入 居 者 等 の 事 故 等 については,そ の 状 況 を 直 ちに 市 に 報 告 すると 共 に 適 切 な 対 応 を 行 うこ (ウ) 市 営 住 宅 では, 不 正 入 居 他 の 入 居 者 への 迷 惑 行 為 動 物 の 飼 育 等 を 禁 止 してい るので, 当 該 行 為 その 他 法 令 等 に 違 反 する 行 為 を 発 見 した 場 合 には, 当 該 入 居 者 に 対 して 指 導 を 行 うと 共 に, 指 導 事 項 について 市 に 報 告 するこ 指 導 に 従 わない 場 合 には, 市 と 協 議 して 対 応 について 指 示 を 受 けるこ (エ) 消 防 点 検 等 において, 避 難 はしごの 降 下 障 害 などの 原 因 で 入 居 者 の 避 難 に 支 障 があると 思 われる 状 態 を 発 見 した 場 合 には, 指 導 を 行 うこ 7 修 繕 業 務 市 営 住 宅 等 を 維 持 保 全 し, 入 居 者 等 に 安 心, 安 全 な 住 環 境 を 提 供 していくために 必 要 な 修 繕 を 指 定 管 理 者 の 業 務 とします ⑴ 修 繕 業 務 の 区 分 修 繕 業 務 は, 実 施 の 緊 急 性 及 び 内 容 等 により, 次 のとおり 区 分 し, 必 要 に 応 じて 発 注 を 行 うこ 緊 急 修 繕 1 入 居 者 等 の 安 全 の 確 保 と 財 産 の 保 護 を 図 るため, 又 は 修 繕 しなければ 入 居 者 生 活 に 支 障 をきたすため, 緊 急 に 実 施 する 必 要 がある 修 繕 ( 例 ) 給 排 水 設 備 の 水 漏 れ 修 理, 雨 漏 りの 修 繕 等 2 空 家 を 修 繕 する 必 要 があり, 緊 急 を 要 するもの ( 例 ) 災 害 対 応 による 緊 急 入 居 のための 住 戸 修 繕 等 3 修 繕 の 程 度 は 部 品 交 換 等 を 原 則 として 行 い, 長 期 的 に 管 理 できる 程 度 と する ただし, 安 全 性 の 確 保 を 最 優 先 として 経 年 劣 化 やメーカー 等 の 部 品 供 給 が 停 止 となったものについては 新 規 取 替 えとする 一 般 修 繕 1 経 年 による 部 位 部 材 の 劣 化 や 性 能 の 低 下, 法 令 の 規 程 に 対 応 するため に 計 画 を 策 定 して 実 施 する 修 繕 や 点 検 に 基 づく 修 繕 で 個 々に 実 施 する 小 規 模 なものなど, 緊 急 修 繕 及 び 大 規 模 ( 計 画 ) 修 繕 以 外 の 修 繕 2 大 規 模 ( 計 画 ) 修 繕 実 施 までの 部 分 修 繕,し 尿 汲 み 取 り 清 掃 等 応 急 措 置 など 3 修 繕 の 程 度 は 緊 急 修 繕 3と 同 等 程 度 とするが, 法 令 の 規 程 に 対 応 するた めの 修 繕 は 法 令 に 適 合 する 程 度 とする ( 例 ) 市 営 住 宅 付 属 公 園 等 遊 具 点 検, 市 営 住 宅 建 築 設 備 等 定 期 点 検 等 の 点 検 業 務 等 で 指 摘 のあった 部 分 の 修 繕 空 家 修 繕 1 緊 急 修 繕 2を 除 く, 空 家 の 修 繕 で 緊 急 を 要 しないもののうち, 市 で 対 応 する 新 規 入 居 に 係 る 機 能 回 復 等 新 規 入 居 対 応 修 繕 1 入 居 後,1か 月 をめどとし 市 が 行 う 施 設 の 機 能 回 復 に 関 する 修 繕 大 規 模 ( 計 画 ) 1 建 物 の 長 寿 命 化 のための 修 繕 または 経 年 による 部 位 部 材 の 劣 化 や 性 能 修 繕 の 低 下, 法 令 の 義 務 規 程 に 対 応 するために 計 画 的 に 行 う 修 繕 で 大 規 模 なも の ( 例 ) 外 壁 改 修, 屋 根 の 防 水 改 修 等 ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 修 繕 及 び 工 事 への 対 応 (ア) 大 規 模 ( 計 画 ) 修 繕 及 び 空 家 修 繕 ( ⑴ 修 繕 業 務 区 分 表 の 緊 急 修 繕 2を 除 く)は, 市 が 計 画 的 に 実 施 しますので, 計 画 立 案 や 実 施 のために 必 要 な 調 査 等 を 市 の 指 示 に 従 い 実 施 するこ また, 大 規 模 ( 計 画 ) 修 繕 及 び 空 家 修 繕 にあたっては, 周 知 等 の 入 居 者 等 との 調 整 を 行 うこ (イ) 指 定 管 理 者 が 行 う 修 繕 ( 緊 急 修 繕, 一 般 修 繕 )は,1 件 130 万 円 以 下 のものとする ただ し,1 件 あたりの 修 繕 料 が50 万 円 を 超 える 場 合 には, 事 前 に 市 と 協 議 するこ (ウ) 緊 急 修 繕 については,24 時 間,365 日 の 対 応 が 可 能 な 体 制 を 整 備 することとし, 緊 急 度 に 応 じて, 概 ね1 時 間 から1 日 以 内 において 現 地 で 対 応 を 行 うこ - 7 -

10 イ 修 繕 に 係 る 負 担 区 分 (ア) 市 と 入 居 者 の 修 繕 等 の 負 担 区 分 は, 高 知 市 営 住 宅 条 例 第 24 条 及 び 第 25 条 に 規 定 していると おりとする 詳 細 は 別 紙 2 維 持 修 繕 負 担 区 分 表 のとおり (イ) 別 紙 2に 定 める 内 容 に 疑 義 がある 場 合 や 定 めのない 事 例 が 生 じた 場 合 には 市 と 指 定 管 理 者 が 協 議 の 上, 決 定 する (ウ) 別 紙 2に 定 める 修 繕 等 負 担 区 分 は 原 則 として, 入 居 中 における 負 担 区 分 とする (エ) 修 繕 が 入 居 者 負 担 部 分 である 場 合 は, 入 居 者 にその 旨 を 説 明 し, 修 繕 の 負 担 区 分 等 の 指 導 をするこ 必 要 に 応 じて 緊 急 性 がある 場 合 等 は 現 地 にて 応 急 処 置 等 を 行 うこ (オ) 一 般 修 繕 で, 計 画 的 に 実 施 する 必 要 があるものについては, 翌 年 度 の 修 繕 計 画 を9 月 末 ま でに 市 に 提 出 し 協 議 を 行 うこ( 定 期 点 検, 巡 回 等 で 気 が 付 いた 点 があった 場 合,その 時 点 で 報 告 するこ) (カ) 市 では, 政 策 的 に 募 集 を 停 止 ( 建 替 えや 用 途 廃 止 のため)し, 空 き 家 としている 住 戸 や 移 転 用 住 宅 として 確 保 している 住 宅 もあり, 今 後 の 用 途 や 退 去 後 の 空 家 期 間 等 により 修 繕 内 容 が 異 なる 場 合 があるので 空 家 修 繕 の 実 施 にあたってはあらかじめ 市 と 協 議 するこ (キ) 50 万 円 を 超 える 修 繕 等 が 完 了 した 時 は, 当 該 修 繕 等 の 完 了 検 査 を 行 い, 市 に 報 告 するこ (ク) 緊 急 修 繕 を 受 付 けた 場 合 は, 見 積 査 収, 発 注 及 び 検 収 等 その 後 の 対 応 がどのように 行 われ たか 判 る 処 理 簿 を 作 成 して 保 管 するこ 8 一 般 管 理 業 務 市 営 住 宅 等 の 安 全 等 を 確 保 し, 適 切 な 住 環 境 を 維 持 していくために 必 要 な 管 理 業 務 を 指 定 管 理 者 の 業 務 とします 主 な 業 務 内 容 は 次 のとおりです ⑴ 団 地 巡 回 業 務 ア 日 常 の 巡 回, 巡 回 結 果 に 従 った 対 応 等 イ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 防 火 管 理, 災 害 対 応 業 務 ア 防 火 管 理 者 の 選 任 及 びそれに 要 する 各 種 手 続 等 イ 消 防 法 に 基 づき 防 火 管 理 者 が 実 施 する 業 務 等 ウ 消 火 器 の 交 換 等 エ 緊 急 対 応 に 関 する 業 務 等 オ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑶ 樹 木 剪 定 等 管 理 業 務 ア 樹 木 の 剪 定, 伐 採 及 び 草 刈 り 等 イ 病 害 虫 の 駆 除 等 ウ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑷ 鍵 の 保 管 集 会 所, 住 宅 共 用 部 分, 空 家 の 鍵 等 を 管 理 保 管 するこ ⑸ 照 会 回 答 等 の 資 料 作 成 市 営 住 宅 管 理 システムを 活 用 し, 各 種 データ 資 料 を 作 成 するこ 例 :65 歳 以 上 の 単 身 世 帯 の 抽 出 ⑹ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 団 地 巡 回 業 務 (ア) 市 営 住 宅 等 及 び 周 辺 環 境 の 維 持 のため, 定 期 的 に 巡 回 し, 主 に 次 のような 内 容 について 確 認 するこ 巡 回 の 結 果, 新 規 入 居 に 必 要 な 空 家 清 掃, 随 時 必 要 な 修 繕, 指 導 等 の 適 切 な 措 置 を 速 やかに 行 うこ a 環 境 整 備, 防 火 管 理 b 毀 損 箇 所 の 把 握, 無 断 増 築 や 不 適 正 使 用 c 災 害 及 び 事 故 の 状 況 調 査 d 無 断 退 去 や 転 貸 の 疑 いのある 住 戸 の 発 見, 状 況 の 調 査 e 放 置 自 動 車, 不 法 投 棄 等 の 発 見 及 び 状 況 調 査 f その 他, 安 心, 安 全 な 住 環 境 確 保 のために 必 要 な 内 容 (イ) 事 故 の 事 例 等 があった 場 合 には 速 やかに 市 に 報 告 するとともに, 市 の 指 示 に 従 い, 緊 急 点 検 を 実 施 し,その 他 必 要 な 対 応 をするこ (ウ) 新 築 住 宅 等 の 引 継 ぎの 立 会 及 び 瑕 疵 補 修 の 報 告 (エ) 空 家, 住 宅 を 解 体 した 跡 地 等 も 定 期 的 に 巡 視 し, 樹 木 剪 定, 草 刈 りの 実 施, 柵 の 管 理 及 び 不 法 投 棄 の 確 認 等 を 実 施 し, 適 切 な 措 置, 指 導 を 行 うこ イ 防 火 管 理, 災 害 対 応 業 務 (ア) 防 火 管 理 者 の 資 格 を 有 するものを 配 置 し, 消 防 法 に 基 づく 防 火 管 理 者 としての 業 務 を 行 う こ (イ) 業 務 開 始 後, 速 やかに 防 火 管 理 者 の 選 任 届 けと 消 防 計 画 を 策 定 して 提 出 するこ - 8 -

11 (ウ) 消 防 計 画 に 基 づく 防 火 訓 練 については, 団 地 自 治 会 住 民 に 協 力 をもとめ 実 施 するこ (エ) 消 防 点 検 において, 各 消 火 器 の 年 数 を 確 認 し, 概 ね8 年 を 経 過 しているものは 順 次 交 換 す るこまた,8 年 を 経 過 していないものについても, 点 検 時 破 損 など 不 具 合 の 危 険 がある ものについては 交 換 するこまた, 自 治 会 が 共 用 部 に 設 置 している 消 火 器 についても 点 検 を 行 い, 不 具 合 などがある 場 合 は 適 切 に 指 導 を 行 うこ (オ) 災 害 時 ( 地 震, 風 水 害, 火 災 等 )における 対 応 マニュアルを 作 成 し, 市 に 提 出 するこ あわせて, 災 害 時 に 速 やかに 対 応 できる 体 制 を 整 備 するこ ウ 樹 木 管 理 (ア) 自 治 会 等 の 要 望 又 は 現 地 確 認 の 状 況 等 から 判 断 し, 市 営 住 宅 敷 地 内 の 樹 木 の 剪 定, 草 刈 り 等 を 適 切 に 実 施 するこまた, 入 居 者 の 負 担 にて 実 施 するべき 場 所 においては, 必 要 な 指 導 を 行 うこ (イ) 樹 木 については, 中 高 木 樹 木 (およそ 高 さ3メートル 以 上 )の 剪 定 等 を 指 定 管 理 者 が 行 う 実 施 にあたっては, 自 治 会 ( 自 治 会 のない 場 合 は 入 居 者 )と 協 議 のうえ, 樹 種 による 成 長 速 度, 剪 定 の 実 施 速 度, 実 施 の 頻 度 を 勘 案 し, 実 施 順 位 を 決 めて 実 施 するこ 特 に 桜 に ついては 翌 年 花 が 咲 くよう 留 意 するこ 特 に 下 記 の 場 所 については, 優 先 順 位 に 配 慮 するこ a 信 号 機, 交 通 標 識 の 確 認 の 妨 げになる 樹 木 b 交 通 や 通 行 ( 特 に 通 学 路 )の 妨 げになる 樹 木 c 防 犯 灯, 受 水 槽 など 設 備 の 管 理 上 の 妨 げになる 樹 木 d 著 しく 日 照 を 阻 害 している 樹 木 e その 他 安 全, 衛 生 などを 確 保 する 上 で, 剪 定, 伐 採 の 必 要 のある 樹 木 (ウ) 剪 定 は 原 則 として, 強 剪 定 とし, 効 率 的 に 実 施 するこ (エ) 市 は 街 の 緑 化 を 進 めていることから 伐 採 については 慎 重 に 行 うこと( 自 生 を 除 く) (オ) 低 木 の 剪 定 及 び 除 草 は 原 則 入 居 者 負 担 となるため, 随 時 必 要 な 指 導 を 行 うこ また, 草 や 枝 の 処 理 等 可 能 な 限 り 入 居 者 が 実 施 する 補 助 を 行 うこ ただし, 安 全, 衛 生 を 保 つ 上 で, 低 木 の 剪 定 や 草 刈 りが 必 要 不 可 欠 であり, 緊 急 を 要 する 場 合 は, 指 定 管 理 者 が 行 うこ (カ) 空 家 については, 低 木 及 び 除 草 についても 指 定 管 理 者 が 行 うこ (キ) 草 刈 については 下 記 の 箇 所 については, 指 定 管 理 者 の 負 担 において 年 一 回 以 上 実 施 するこ a 西 の 丸 改 良 住 宅 の 法 面 (8 月 の 高 知 市 花 火 大 会 直 近 が 望 ましい) b 馬 場 の 西 市 営 住 宅 (2 階 建 て) 空 家 の 草 刈 ( 入 居 者 が 植 栽 を 植 えている 場 所 があるので 確 認 のうえ)( 梅 雨 明 け 以 降 8 月 中 旬 までが 望 ましい) c 市 営 住 宅 等 解 体 跡 地 等 の 住 宅 課 が 所 管 する 敷 地 のうち 必 要 と 認 める 箇 所 d 六 泉 寺 市 営 住 宅, 十 津 南 市 営 住 宅, 三 城 ヶ 森 改 良 住 宅, 三 の 丸 市 営 住 宅, 東 石 立 市 営 住 宅, 新 本 町 東 市 営 住 宅, 長 浜 原 市 営 住 宅, 大 原 北 改 良 住 宅 の 受 水 槽 周 辺 e 横 浜 市 営 住 宅 ( 剪 定 も 含 む) f その 他, 安 全 管 理, 衛 生 等 を 確 保 する 上 で 草 刈 の 必 要 がある 場 所 (ク) 刈 り 取 った 草 木 等 は 適 切 に 処 理 するこ (ケ) 共 用 部 分 に 発 生 した 人 体 に 害 のある 害 虫 については, 入 居 者 などから 連 絡 を 受 けた 場 合 に は 駆 除 を 実 施 するなど 迅 速 かつ 適 切 に 処 理 するこ (コ) ベランダを 含 む 住 戸 部 分 は 入 居 者 負 担 のため, 適 切 な 助 言 指 導 を 行 うこ (サ) 駆 除 作 業 時 は 周 囲 の 安 全 を 確 保 のうえ 行 うこ 消 毒 噴 霧 などにより 消 毒 液 が 拡 散 するこ とが 予 想 される 場 合 は, 事 前 に 自 治 会 に 周 知 するなど, 入 居 者 の 生 活 に 配 慮 しするこ (シ) 害 虫 の 死 骸 の 撤 去 などは 迅 速 かつ 適 切 に 行 うこ (ス) なお 人 体 に 害 のない( 青 虫 )などの 駆 除 については, 入 居 者 ( 共 用 部 分 は 自 治 会 ) 負 担 に つき 駆 除 の 必 要 性 を 確 認 した 場 合 は, 適 切 な 助 言 指 導 を 行 うこ エ 文 書 発 送 発 送 物 の 封 筒 は 住 宅 課 と 指 定 管 理 者 との 連 名 で 指 定 管 理 者 が 作 成 する 高 知 市 総 務 課 からの 発 送 とし,その 郵 送 料 は 市 の 負 担 とする 封 緘 作 業 や 送 付 数 の 確 認 を 行 うこ 9 施 設 設 備 保 守 管 理 定 期 点 検 等 業 務 市 営 住 宅 等 における 事 故 や 設 備 機 器 等 の 故 障 を 未 然 に 防 ぐと 共 に, 法 令 等 で 定 められた 保 守, 点 検 等 を 確 実 に 実 施 するため, 指 定 管 理 者 は 前 年 度 の2 月 に 市 と 協 議 して, 業 務 計 画 書 を 作 成 し, 定 期 的 に 点 検, 整 備, 清 掃 等 を 行 うこ また, 担 当 者 は, 業 務 内 容 の 適 否 を 判 断 し, 市 の 求 めに 応 じ 説 明 できる 技 能 等 を 有 するこ ⑴ 業 務 の 内 容 ア エレベーター 等 保 守 点 検 イ 受 水 槽 及 び 高 架 水 槽 等 清 掃 点 検 保 守 ウ 消 防 用 設 備 等 の 保 守 点 検 - 9 -

12 エ 浄 化 槽 の 保 守 点 検 清 掃 及 び 法 定 検 査 オ 建 築 基 準 法 第 12 条 による 定 期 点 検 ( 建 築 ) カ 建 築 基 準 法 第 12 条 による 定 期 点 検 ( 建 築 設 備 等 ) キ 計 量 法 に 基 づく 水 道 メーター 等 の 取 替 ク 児 童 遊 園 遊 具 等 の 保 守 管 理 ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 上 記 業 務 に 係 る 保 守 点 検 等 の 発 注, 監 督, 検 査, 支 払 等 を 行 うこ イ 保 守 管 理, 定 期 点 検 等 に 当 たっては, 各 種 法 令, 基 準 等 に 従 うとともに, 別 添 高 知 市 営 住 宅 等 設 備 保 守 点 検 等 業 務 説 明 書 に 従 い 実 施 し, 又 は 発 注 し, 実 施 させるこ 10 駐 車 場 管 理 関 係 業 務 ⑴ 駐 車 場 管 理 業 務 ア 有 料 駐 車 場 (ア) 各 種 申 請 受 付 ( 新 規 返 還 買 い 替 え 等 による 車 両 の 変 更 駐 車 区 画 の 変 更 ) (イ) 決 定 通 知 書 等 の 発 送 (ウ) 車 庫 証 明 (エ) 自 治 会 との 連 携 (オ) 苦 情 対 応 ( 違 法 駐 車 等 ) イ 無 料 駐 車 場 自 治 会 等 入 居 者 間 の 話 し 合 いにより, 団 地 内 の 空 きスペースを 駐 車 場 として 適 宜 利 用 するこ とは 認 めているが, 管 理 は 基 本 的 に 自 治 会 等 が 行 っており, 市 は 直 接 関 与 していない ただし, 車 庫 証 明 については, 有 料 駐 車 場 と 同 様 の 処 理 を 行 うこ ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 ア 各 種 申 請 受 付 については, 入 居 者 に 申 請 条 件, 届 け 出 書 類, 添 付 書 類 及 び 記 入 方 法 を 説 明 し, 受 理 するとともに, 記 入 内 容 の 不 備 の 有 無, 提 出 書 類 等 が 揃 っているか 及 び 基 本 的 な 資 格 と 適 合 しているか 等 の 予 備 審 査 を 行 い, 不 適 合 があった 場 合 はその 旨 を 申 請 者 に 伝 える イ 車 庫 証 明 は,まず 自 治 会 の 承 諾 書 を 取 ってもらい,アと 同 様 に 基 本 的 な 資 格 を 有 する 者 につ いて 承 諾 することになります ウ 自 治 会 には 一 定 の 権 限 を 付 与 して 管 理 をお 願 いしているので, 駐 車 場 申 請 の 際 には, 必 ず 自 治 会 の 承 諾 書 をとってもらっている また, 空 き 区 画 の 利 用 方 法 ( 来 客 用 として 利 用 する 等 )や 駐 車 台 数 (1 世 帯 1 台,あるいは 2 台 許 可 等 )は, 各 自 治 会 によりルールが 異 なるので 留 意 するこ エ 違 法 駐 車 等 の 対 応 について, 自 治 会 等 で 対 応 できない 場 合 は, 市 と 協 議 のうえ 警 告 書 の 添 付 等 必 要 な 対 応 をとるこ 11 建 替 事 業 又 は 用 途 廃 止 関 係 業 務 ⑴ 建 替 え 住 宅 に 関 する 業 務 ア 入 居 者 説 明 会 の 開 催 イ 仮 住 宅, 移 転 入 居 住 宅 の 情 報 の 提 供 ウ 戻 り 入 居 に 関 する 補 助 事 務 エ 入 居 者 の 移 転 に 関 するサポート オ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 用 途 廃 止 に 関 する 移 転 業 務 ア 入 居 者 の 移 転 に 関 する 説 明 会, 個 別 相 談 の 実 施 イ 移 転 先 住 宅 確 保 に 関 する 調 査 ウ 入 居 者 の 移 転 に 関 するサポート エ その 他 必 要 と 認 めるこ 12 市 営 住 宅 管 理 システム 入 力 業 務 ⑴ データ 入 力 業 務 ア 滞 納 者 などの 対 応 履 歴 イ 修 繕 履 歴 等 ウ 入 居 者 等 の 電 話 番 号 エ 収 入 申 告 書 の 受 理 オ その 他 必 要 と 認 めるこ ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 事 項 電 話 番 号 の 入 力 及 び 修 正 は, 修 繕 時 や 収 入 申 告 書 提 出 時 などの 機 会 をとらえ, 随 時 に 速 やかに 入 力, 修 正 を 行 うこ 13 自 治 会 支 援 業 務 ⑴ 主 な 業 務 内 容

13 ア 団 地 自 治 会 の 自 治 会 活 動 について 可 能 な 限 り 支 援 するこ イ 共 益 費 を 市 が 直 接 徴 収 している 団 地 ( 概 算 25 団 地 )につき, 共 益 費 の 計 算 や 納 付 書 の 発 送 等 必 要 な 補 助 業 務 を 行 うこ ウ 自 治 会 報 償 金 の 支 払 に 関 する 補 助 業 務 を 行 うこ エ 団 地 自 治 会 の 組 織 化, 育 成 を 進 めるこ オ 団 地 自 治 会 長 の 変 更 時 には 届 けを 受 付 けるとともに 速 やかに 市 に 報 告 するこ カ 新 規 に 団 地 自 治 会 が 発 足 した 際 は, 速 やかに 市 に 報 告 するこ ⑵ 業 務 実 施 上 の 留 意 点 平 成 26 年 4 月 1 日 現 在 で 設 置 されている 自 治 会 等 は, 別 紙 3 自 治 会 等 一 覧 表 を 参 照 14 入 居 者 等 へのサービスの 提 供 ⑴ 現 場 出 張 サービス 入 居 者 への 説 明, 要 望 等 及 び 修 繕 に 対 する 対 応 等 は 原 則, 入 居 者 などの 自 宅 などの 現 場 に 出 向 いて 確 認 した 上 で 対 応 することを 原 則 とする ⑵ サービスの 向 上 管 理 運 営 に 自 治 会 及 び 入 居 者 等 の 意 見 を 反 映 するシステムを 構 築 し, 常 にサービスの 向 上 に 努 めるこ ⑶ 地 域 コミュニティへの 協 力 市 営 住 宅 も 地 域 コミュニティの 一 員 であり, 管 理 するものとして, 地 域 の 町 内 活 動 などの 相 談 があれば 真 摯 に 対 応 するこ ⑷ 高 齢 者 等 への 対 応 市 営 住 宅 では, 高 齢 単 身 世 帯 が 増 加 していることなどから, 民 生 委 員 や 地 域 支 援 センターと 連 携 をとりながら, 高 齢 者 の 生 活 実 態 の 把 握 に 努 めると 共 に, 団 地 を 巡 回 し, 生 活 の 状 況 を 把 握 す るこ なお,65 歳 以 上 の 高 齢 単 身 世 帯 については, 訪 問, 声 かけ, 緊 急 連 絡 先 調 査, 相 談 受 付 等 を 年 2 回 以 上 実 施 するこまた,その 報 告 書 を 提 出 するこ ⑸ その 他 できる 限 り, 新 たなサービス 提 供 や 独 自 のサービスの 提 供 の 提 案 を 行 うこ Ⅳ 事 務 の 執 行 について 1 管 理 経 費 ⑴ 管 理 経 費 の 算 定 市 は 指 定 管 理 者 に 指 定 管 理 料 を, 毎 年 度 予 算 の 範 囲 内 で 締 結 した 年 度 協 定 に 従 い, 支 払 うもの とする 市 営 住 宅 等 の 管 理 運 営 に 要 する 経 費 は, 原 則 として 市 から 支 払 う 指 定 管 理 料 で 賄 うもの とする ただし, 災 害 その 他 の 予 測 し 難 い 事 故 等 により 市 営 住 宅 等 を 修 繕 する 必 要 が 生 じた 場 合 は, 別 途 協 議 する なお, 指 定 管 理 料 に 過 不 足 が 生 じても, 原 則 として 精 算 は 行 いません ⑵ 管 理 経 費 の 執 行 管 理 経 費 の 執 行 状 況 等 については, 市 が 指 導 する 場 合 があります なお, 指 定 期 間 の 開 始 と 同 時 に 経 費 の 執 行 が 必 要 となる 場 合 があるので, 予 め 市 と 協 議 するこ ⑶ 経 理 規 程 指 定 管 理 者 は 経 理 規 程 を 策 定 し, 経 理 事 務 を 行 うこ 2 備 品 の 管 理 等 ⑴ 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 料 により 備 品 等 を 購 入 した 場 合 は, 指 定 管 理 料 により 購 入 した 備 品 であ ることを,また 指 定 管 理 者 が 所 有 する 備 品 又 はリース 等 により 機 器 を 持 ち 込 む 場 合 は, 指 定 管 理 者 が 持 ち 込 んだ 備 品 等 であることを, 管 理 簿 を 作 成 するなどして 明 らかにするこ ⑵ 指 定 期 間 の 管 理 が 終 了 又 は 指 定 期 間 内 において 協 定 が 解 除 されたときは, 指 定 管 理 者 が 購 入 又 はリース 等 により 持 ち 込 んだ 備 品 等 は 自 己 の 負 担 において 直 ちに 撤 去 するこ ⑶ 市 からの 主 たる 貸 与 品 は 別 紙 4 貸 与 品 一 覧 表 のとおり 3 文 書 の 管 理 指 定 管 理 者 は, 指 定 管 理 者 が 業 務 に 伴 い 作 成 し, 又 は 受 領 する 文 書 等 は, 高 知 市 文 書 管 理 規 程 に 準 じ, 適 正 に 管 理 分 類 し, 引 継 ぎを 行 うこ 4 リスクの 負 担 指 定 期 間 内 における 主 なリスクについては, 募 集 要 項 に 掲 げる 負 担 区 分 を 前 提 とし,これ 以 外 の リスクに 関 する 対 応 については, 市 と 指 定 管 理 者 との 協 議 の 上, 締 結 する 基 本 協 定 において 規 定 す るものとする

14 5 事 業 報 告 書 の 提 出 ⑴ 指 定 管 理 者 は, 毎 月, 前 月 分 の 事 業 の 実 施 状 況 に 関 する 報 告 書 と3か 月 に 一 度, 前 3か 月 間 の 業 務 内 容 を 総 括 した 四 半 期 総 括 表 を 作 成 し, 市 へ 報 告 するとともに, 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 7 項 に 規 定 する 事 業 報 告 書 を, 年 度 終 了 後 30 日 以 内 に 市 へ 提 出 するこ ⑵ 各 報 告 書 の 書 式 は 別 途 定 めるものとします ⑶ 報 告 書 の 内 容 や 居 住 者 の 意 見 などを 参 考 にして 事 業 評 価 を 行 い, 市 と 指 定 管 理 者 で 締 結 した 協 定 書 の 内 容 を 満 たしていないと 判 断 した 場 合 には 是 正 勧 告 を 行 います 6 管 理 運 営 状 況 の 実 地 調 査 等 ⑴ 市 は, 市 営 住 宅 等 の 管 理 運 営 について, 管 理 の 適 正 を 期 するため, 地 方 自 治 法 第 244 条 の2 第 10 項 に 基 づき, 指 定 管 理 者 に 対 して, 随 時 に 当 該 業 務 又 は 経 理 の 状 況 に 関 して, 報 告 をもとめ, 実 地 について 調 査 を 実 施 する 場 合 があります ⑵ 市 は, 前 項 による 実 地 調 査 等 の 結 果, 管 理 運 営 について 適 正 でないと 認 められる 点 について, 必 要 な 指 示 を 行 います 7 連 絡 会 議 指 定 管 理 者 は, 毎 月 一 回 又 は 必 要 に 応 じて 随 時, 市 に 管 理 運 営 の 状 況 等 の 報 告 を 行 うとともに, 指 定 管 理 業 務 の 実 施 について, 市 と 定 期 的 に 連 絡 会 議 を 設 け, 懸 案 事 項 の 解 決, 業 務 の 遂 行 方 法 等 について, 相 互 に 意 見 を 交 換 し 又 は 調 整 するこ 8 管 理 運 営 状 況 のモニタリング 指 定 期 間 中 の 指 定 管 理 者 による 適 切 な 管 理 運 営 を 確 保 するため, 指 定 管 理 者 業 務 評 価 指 針 に 基 づき,モニタリングを 実 施 しますので, 必 要 な 資 料 作 成 やヒアリングに 応 じるこまた, 高 知 市 営 住 宅 等 設 備 保 守 点 検 等 業 務 説 明 書 等 で 提 出 を 義 務 づけている 報 告 書 等 も 評 価 の 対 象 となり ます 9 指 定 管 理 者 の 指 定 の 取 消 し 等 ⑴ 指 定 管 理 者 の 責 に 帰 すべき 理 由 により 事 業 の 継 続 が 困 難 となった 場 合 の 措 置 指 定 管 理 者 の 責 に 帰 すべき 理 由 により 事 業 の 継 続 が 困 難 となった 場 合, 又 はその 恐 れが 生 じた 場 合 は, 市 は 指 定 管 理 者 に 対 して 改 善 勧 告 等 の 指 示 を 行 い, 期 間 を 定 めて 改 善 策 の 提 出 及 び 実 施 を 求 めることができます この 場 合, 指 定 管 理 者 がその 期 間 内 に 改 善 することができなかった 場 合 には, 市 は 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 し, 又 は 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 停 止 を 命 じることができ るものとします この 場 合, 市 に 生 じた 損 害 は 指 定 管 理 者 が 賠 償 するものとします ⑵ その 他 の 事 由 により 事 業 の 継 続 が 困 難 となった 場 合 災 害 その 他 の 不 可 抗 力 等, 市 及 び 指 定 管 理 者 の 双 方 の 責 めに 帰 すことができない 事 由 により, 事 業 の 継 続 が 困 難 となった 場 合 は, 市 と 指 定 管 理 者 は 事 業 の 継 続 の 可 否 について 協 議 するものと し,その 結 果, 継 続 が 困 難 であると 判 断 した 場 合 又 は 一 定 期 間 内 に 協 議 が 整 わない 場 合 には, 市 は 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 し, 又 は 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 停 止 を 命 じることができるものとし ます ⑶ 市 の 指 示 に 従 わないとき 市 は, 指 定 管 理 者 が 市 の 指 示 に 従 わないときは, 指 定 管 理 者 の 指 定 を 取 り 消 し, 又 は 業 務 の 全 部 又 は 一 部 の 停 止 を 命 じることができるものとします ⑷ 損 害 賠 償 に 関 すること 指 定 管 理 者 の 責 に 帰 すべき 事 由 により, 本 市 又 は 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合 には, 指 定 管 理 者 においてその 損 害 を 賠 償 するものとします ⑸ 求 償 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すべき 事 由 により 発 生 した 損 害 について, 市 が 第 三 者 に 対 して 賠 償 した 場 合, 市 は 指 定 管 理 者 に 対 して 賠 償 した 金 額 及 びその 賠 償 に 伴 い 発 生 した 費 用 を 求 償 することが できるものとします 10 業 務 の 引 継 等 指 定 管 理 者 は, 平 成 27 年 4 月 1 日 からの 管 理 開 始 が 円 滑 に 行 われるよう, 指 定 期 間 前 において も, 次 に 掲 げる 項 目 を 行 うこなお, 指 定 期 間 が 始 まるまでに 要 する 標 準 経 費 については, 指 定 管 理 者 の 負 担 となります ⑴ 協 定 項 目 についての 市 との 協 議 ⑵ 配 置 する 人 員 の 確 保, 人 員 研 修 ⑶ 業 務 等 に 関 する 各 種 規 程 の 作 成, 協 議 ⑷ 前 指 定 管 理 者 からの 業 務 の 引 継 ぎ ⑸ その 他 指 定 管 理 業 務 に 必 要 な 準 備

15 また, 指 定 管 理 者 は, 指 定 期 間 終 了 等 で 指 定 管 理 者 が 変 更 になった 場 合 等 には, 市 と 協 議 のうえ 業 務 引 継 書 を 作 成 し, 指 定 期 間 の 終 了 時 に, 市 が 指 定 する 者 が 円 滑 かつ 支 障 なく 市 営 住 宅 等 の 業 務 を 遂 行 できるように 引 継 ぎを 行 うこなお, 新 旧 指 定 管 理 者 等 は, 業 務 引 継 ぎが 完 了 したことを 示 す 書 面 を 取 り 交 わし,その 写 しを 本 市 に 提 出 するこなお, 指 定 期 間 終 了 後 においても 本 市 又 は 業 務 を 引 き 継 いだ 者 からの 業 務 に 関 する 問 合 せについては, 誠 実 に 回 答 するこ なお, 引 継 ぎ 等 に 要 した 費 用 は, 指 定 管 理 者 の 負 担 となります 11 その 他 の 留 意 事 項 ⑴ 原 状 回 復 指 定 管 理 者 は, 指 定 期 間 が 満 了 したとき, 又 は 指 定 期 間 内 において 協 定 が 解 除 されたときは, 市 の 指 示 に 基 づき, 使 用 した 本 市 施 設 を 原 状 に 復 して 引 き 渡 すことを 原 則 とします ⑵ 賠 償 責 任 保 険 への 加 入 指 定 管 理 者 は, 業 務 上 の 過 失 により 第 三 者 に 損 害 を 与 えた 場 合, 指 定 管 理 者 の 責 任 により 補 償 して 頂 くことになります そのため, 賠 償 責 任 の 保 険 等 に 加 入 することとします なお, 賠 償 金 額 の 基 準 は 下 記 のとおりとします ア 身 体 上 の 損 害 については, 限 度 額 を 被 害 者 1 名 につき 金 5 千 万 円 以 上,かつ,1 事 故 につき 5 億 円 以 上 とするこ イ 財 物 上 の 損 害 については, 限 度 額 を1 事 故 につき 金 1 千 万 円 以 上 とするこ ⑶ 行 政 財 産 の 目 的 外 使 用 行 政 財 産 の 目 的 外 使 用 決 定 は 市 が 行 います ⑷ 通 勤 車 両 の 駐 車 禁 止 指 定 管 理 者 の 職 員 等 が 通 勤 で 使 用 する4 輪 車 両 については, 市 役 所 の 敷 地 内 に 駐 車 することは できません ⑸ 指 定 管 理 者 名 の 表 示 等 について 市 営 住 宅 等 が 指 定 管 理 者 により 管 理 運 営 されていることを 示 すため, 指 定 管 理 者 としての 連 絡 先 をパンフレット 等 に 表 示 してください ⑹ 名 札 等 の 着 用 市 営 住 宅 等 の 管 理 運 営 業 務 に 従 事 する 者 は, 制 服, 名 札 などを 着 用 することにより, 入 居 者 等 に 対 して 業 務 に 携 わっていることを 明 らかにしてください ⑺ 職 員 研 修 等 の 実 施 指 定 管 理 者 の 職 員 等 に 対 し, 人 権 研 修 や 避 難 訓 練 をはじめ 業 務 に 必 要 な 研 修 を 実 施 するこ また, 市 が 研 修 等 を 実 施 する 場 合 には, 積 極 的 に 参 加 させるこ

Taro 宮崎県営住宅指定管理

Taro 宮崎県営住宅指定管理 愛 媛 県 県 営 住 宅 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 愛 媛 県 目 次 第 1 県 営 住 宅 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 事 項 1 1 管 理 に 係 る 基 本 理 念 1 2 関 係 規 定 の 遵 守 1 3 管 理 運 営 を 行 うにあたっての 留 意 事 項 2 第 2 指 定 管 理 者 が 管 理 を 行 う 県 営 住 宅 3 第 3 業 務

More information

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書

沼津市戸田温泉施設 指定管理者の仕様書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 平 成 24 年 10 月 沼 津 市 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 指 定 管 理 者 仕 様 書 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 ( 以 下 温 泉 施 設 という )の 指 定 管 理 業 務 は 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例 ( 以 下 条 例 という ) 沼 津 市 戸 田 温 泉 施 設 条 例

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交

(3) 検 算 業 務 (4) 料 金 調 定 業 務 (5) 開 閉 栓 業 務 (6) 収 納 業 務 (7) 督 促 及 び 催 告 業 務 (8) 滞 納 整 理 業 務 (9) 給 水 停 止 業 務 (10) 検 定 満 期 に 伴 う 量 水 器 交 換 及 び 故 障 量 水 器 交 常 陸 大 宮 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は, 常 陸 大 宮 市 ( 以 下 甲 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 委 託 業 務 という )について 必 要 な 事 項 を 定 め, 受 託 者 ( 以 下 乙 という )は,この 仕 様 書 に 基 づき,

More information

神栖市児童館指定管理業務仕様書

神栖市児童館指定管理業務仕様書 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 8 月 茨 城 県 神 栖 市 神 栖 市 児 童 館 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 児 童 館 等 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 は, 募 集 要 項 のほかこの 仕 様 書 による 第 1 管 理 運 営 の 基 本 方 針 児 童 館 は, 地 域 児 童 の 健

More information

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由

(10) 年 度 協 定 本 協 定 に 基 づき 大 分 市 と 指 定 管 理 者 が 指 定 期 間 中 に 毎 年 度 締 結 する 協 定 をいう (11) 不 可 抗 力 天 災 地 変 人 災 その 他 大 分 市 及 び 指 定 管 理 者 の 責 めに 帰 すことのできない 事 由 コンパルホールの 指 定 管 理 に 関 する 基 本 協 定 書 ( 案 ) 大 分 市 と ( 以 下 指 定 管 理 者 という )とは 次 のとおり コンパルホール( 以 下 本 施 設 という )の 運 営 管 理 に 関 する 基 本 協 定 ( 以 下 本 協 定 という )を 締 結 する 第 1 章 総 則 ( 本 協 定 の 目 的 ) 第 1 条 本 協 定 は 大 分 市 及

More information

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号

め 業 務 委 託 監 督 者 を 定 めることとし 業 務 担 当 課 長 をもって 充 てる (2) 業 務 委 託 監 督 者 を 補 助 するため 業 務 担 当 職 員 を 補 助 者 に 充 てる 6 業 務 委 託 監 督 者 の 役 割 業 務 委 託 監 督 者 は 次 の 各 号 郡 山 市 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 要 求 水 準 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 要 求 水 準 書 は 郡 山 市 水 道 局 ( 以 下 発 注 者 という )が 委 託 する 水 道 料 金 等 徴 収 業 務 委 託 ( 以 下 業 務 委 託 という )について 必 要 な 事 項 を 定 める 公 募 型 プロポーザル 方 式 による 業 務 選 定 に

More information

税務事務業務委託仕様書

税務事務業務委託仕様書 別 紙 1 税 務 事 務 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 委 託 期 間 平 成 28 年 8 月 1 日 から 平 成 33 年 7 月 31 日 まで 単 年 度 契 約 であるが 初 年 度 を 含 み5 年 間 ( 予 定 )の 継 続 委 託 を 原 則 とする ただし 事 業 評 価 を 行 ったうえで 継 続 の 可 否 を 決 める また 番 号 制 度 における 情 報

More information

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引

(1) 委 託 期 間 は 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平 成 33 年 3 月 31 日 とする (2) 委 託 業 務 の 契 約 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 までは 準 備 及 び 業 務 引 継 期 間 とする (3) 受 託 者 は 準 備 及 び 業 務 引 資 料 3 横 手 市 上 下 水 道 部 料 金 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1. 目 的 この 仕 様 書 は 横 手 市 ( 以 下 委 託 者 という )の 委 託 する 業 務 等 ( 以 下 委 託 業 務 とい う )について 必 要 な 事 項 を 定 める 2. 法 令 の 遵 守 受 託 者 は 委 託 業 務 の 施 行 に 当 たり 委 託 業 務

More information

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の

1 案 内 業 務 市 役 所 1 階 戸 籍 住 民 課 の 正 面 フロアへ 来 庁 した 者 が 目 的 の 手 続 きを 円 滑 に 行 えるよう 記 載 台 の 周 囲 に 案 内 要 員 として 立 ち 次 の 業 務 を 行 う ア 各 窓 口 の 取 り 扱 い 業 務 内 容 の 伊 勢 原 市 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 仕 様 書 1 件 名 戸 籍 住 民 課 窓 口 業 務 等 委 託 2 業 務 に 関 する 基 本 方 針 (1) 市 役 所 において 日 常 特 に 多 くの 市 民 が 訪 れる 窓 口 であり 様 々な 権 利 義 務 を 伴 う 手 続 きにあたって 必 要 となる 重 要 な 業 務 であることを 認 識 し 適 正

More information

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63>

<4D F736F F D20955C8E AC7979D8BC696B1837D836A B816A2E646F63> 指 定 管 理 業 務 マニュアル 平 成 22 年 10 月 栗 山 町 1. 目 的 本 マニュアルは 指 定 管 理 者 制 度 の 運 用 における 町 の 考 え 方 や 事 務 処 理 等 について 町 と 指 定 管 理 者 で 締 結 する 協 定 の 内 容 に 沿 って 整 理 したもので 指 定 管 理 者 が 指 定 管 理 業 務 を 実 施 するに 当 たり 理 解 することによって

More information

2

2 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 平 成 23 年 10 月 東 村 山 市 教 育 委 員 会 2 目 次 東 村 山 市 民 スポーツセンター 指 定 管 理 者 公 募 要 項 1 指 定 管 理 者 制 度 導 入 の 目 的 7 2 公 募 の 概 要 7 (1) 対 象 施 設 7 (2) 主 催 者 7 (3) 指 定 期 間 7 (4) 指 定

More information

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針

公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指公の施設の指定管理者制度運用指針針針針 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 管 理 運 営 に 関 す る 基 本 協 定 書 港 区 港 区 葬 祭 業 組 合 港 区 立 区 民 斎 場 やすらぎ 会 館 の 管 理 運 営 に 関 する 基 本 協 定 書 港 区 長 ( 以 下 甲 という ) と 地 方 自 治 法 ( 昭 和 2 2 年 法 律 第 6 7 号 ) 第 244 条 の2 及 び 港 区 立 区 民 斎

More information

銚子市斎場

銚子市斎場 銚 子 市 斎 場 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 25 年 7 月 銚 子 市 目 次 1 趣 旨 2 2 対 象 施 設 の 概 要 2 3 火 葬 状 況 2 4 斎 場 の 管 理 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 2 5 施 設 の 管 理 基 準 3 6 危 機 管 理 体 制 3 7 個 人 情 報 の 保 護 と 情 報 公 開 3 8 指 定 管 理 者 が 行 う 業

More information

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項

静岡市清水産業・情報プラザ指定管理者募集要項 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター 指 定 管 理 業 務 業 務 仕 様 書 静 岡 市 クリエーター 支 援 センター( 以 下 センター という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び 範 囲 等 は この 仕 様 書 による 1 施 設 の 設 置 目 的 運 営 方 針 (1) 設 置 目 的 映 像 音 楽 デザイン コンピュータゲーム 等 の 分 野

More information

○○施設指定管理者募集要項(例)

○○施設指定管理者募集要項(例) 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 教 育 委 員 会 - 0 - 大 分 市 情 報 学 習 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 大 分 市 情 報 学 習 センターは 本 市 の 情 報 学 習 の 支 援 及 び 生 涯 学 習 の 振 興 を 図 るため 設 置 されました 今 般 大 分 市 情 報 学

More information

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書

中部析水苑他運転管理業務委託特記仕様書 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 姫 路 市 下 水 道 管 理 センター 姫 路 市 コミュニティ プラント 等 運 転 管 理 業 務 委 託 共 通 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 仕 様 書 は 姫 路 市 が 発 注 するコミュニティ プラント 上 菅 処 理 場 城 山 浄 化 センター 及 びマ

More information

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お

3 参 加 資 格 つぎの 条 件 をすべて 満 たすこと ⑴ 提 案 書 提 出 時 において 練 馬 区 での 入 札 参 加 資 格 を 有 していること ⑵ 他 自 治 体 で 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 収 納 事 務 入 力 お 平 成 2 8 年 9 月 2 0 日 練 馬 区 区 民 部 国 保 年 金 課 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 窓 口 受 付 事 務 等 業 務 委 託 に 係 るプロポーザル 募 集 要 領 1 趣 旨 本 要 領 は 練 馬 区 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 窓 口 受 付 事 務 電 話 受 付 事 務 内 部 事 務 等 を 総 合 的 に 委 託 する 練

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書

天理駅前自転車等駐車場管理業務委託仕様書 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 平 成 28 年 9 月 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 趣 旨 天 理 市 自 転 車 等 駐 車 場 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 等 については この 仕 様 書 による 1 自 転 車 等 駐 車 場 の 管 理 に 関 する

More information

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定

5 業 務 の 内 容 ⑴ 受 付 業 務 ア 火 葬 許 可 証 等 の 受 理 及 び 確 認 イ 斎 場 使 用 許 可 申 請 書 兼 使 用 許 可 証 の 受 理 及 び 確 認 ウ 斎 場 使 用 料 の 徴 収 及 び 収 納 (ア) 乙 は 甲 に 代 わって 条 例 により 定 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 委 託 仕 様 書 本 仕 様 書 は 南 那 須 地 区 広 域 行 政 事 務 組 合 ( 以 下 甲 という )が 発 注 する 南 那 須 地 区 斎 場 火 葬 業 務 ( 以 下 業 務 という )を 受 託 する 者 ( 以 下 乙 という )の 業 務 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 1 施 設 の 概 要 ⑴ 施 設

More information

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水

業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 網 走 市 水 道 事 業 検 針 収 納 等 業 務 委 託 業 務 仕 様 書 網 走 市 業 務 委 託 仕 様 書 第 1 章 一 般 事 項 1 目 的 この 仕 様 書 は 網 走 市 水 道 事 業 ( 以 下 水 道 事 業 という )の 委 託 する 水 道 メーター の 検 針 及 び 水 道 料 金 簡 易 水 道 料 金 並 びに 下 水 道 使 用 料 ( 以 下 水 道

More information

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内

小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以 下 駐 輪 場 という )の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 平 成 23 年 10 月 小 浜 市 総 務 部 生 活 安 全 課 小 浜 市 営 駐 車 場 および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 指 定 管 理 業 務 仕 様 書 小 浜 市 営 駐 車 場 ( 以 下 駐 車 場 という )および 小 浜 市 自 転 車 駐 車 場 ( 以

More information

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運

目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 コンパルホール 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 大 分 市 目 次 1. 施 設 の 概 要 1 2. 指 定 管 理 者 が 行 う 運 営 管 理 の 基 準 1 3. 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 範 囲 1 (1) 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 (2) 留 意 事 項 4. 目 標 指 標 2. 指 定 期 間 2 6. 運 営 管 理

More information

出雲市都市計画法の施行に関する規則

出雲市都市計画法の施行に関する規則 都 市 計 画 法 開 発 許 可 制 度 の 手 引 き ( 例 規 様 式 編 ) 平 成 28 年 4 月 改 訂 版 出 雲 市 都 市 建 設 部 都 市 計 画 課 目 次 出 雲 市 都 市 計 画 法 の 施 行 に 関 する 規 則 1 公 共 施 設 管 理 者 開 発 行 為 同 意 書 7 管 理 予 定 者 との 協 議 経 過 書 8 設 計 説 明 書 9 工 事 施

More information

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団

吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 ( 案 ) ( 目 的 ) 第 1 条 この 条 例 は 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 77 号 以 下 法 という ) 及 び 大 阪 府 暴 力 団 資 料 1 平 成 24 年 (2012 年 )8 月 7 日 政 策 会 議 資 料 総 務 部 危 機 管 理 室 ( 仮 称 ) 吹 田 市 暴 力 団 の 排 除 等 に 関 する 条 例 の 制 定 について 1 背 景 本 市 では 従 前 より 暴 力 団 関 係 者 とされる 有 資 格 者 に 対 する 入 札 参 加 除 外 措 置 や 不 当 介 入 があった 場 合 の 報

More information

Microsoft Word - 04__別紙3_業務基準【改改改改】.doc

Microsoft Word - 04__別紙3_業務基準【改改改改】.doc 別 紙 3 神 奈 川 県 立 伊 勢 原 射 撃 場 指 定 管 理 者 業 務 基 準 平 成 22 年 5 月 神 奈 川 県 教 育 委 員 会 目 次 1 基 本 方 針 1 2 施 設 の 維 持 管 理 に 関 する 業 務 ⑴ 保 守 管 理 業 務 1 ⑵ 備 品 等 の 保 守 管 理 業 務 2 ⑶ 保 安 警 備 業 務 2 ⑷ 施 設 保 全 業 務 3 ⑸ 留 意 事 項

More information

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書

京都市行財政局税務部電算データ入力等業務仕様書 ( 別 紙 1) 京 都 市 クレジットカード 納 税 業 務 委 託 仕 様 書 1 本 仕 様 書 について 本 仕 様 書 は, 京 都 市 ( 以 下 市 という )の 個 人 市 府 民 税 ( 普 通 徴 収 ), 固 定 資 産 税 ( 償 却 資 産 含 む) 都 市 計 画 税, 軽 自 動 車 税 のクレジットカード 納 税 業 務 ( 以 下 委 託 業 務 という )について,その

More information

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案

業 務 内 容 は 下 記 のとおりとする ⑴ 警 備 業 務 ア 本 棟 機 械 棟 健 診 棟 ( 以 下 院 内 とする )の 待 合 場 所 等 の 整 理 整 頓 イ 鍵 の 保 管 および 授 受 ウ 夜 間 における 見 舞 客 等 関 係 用 務 外 来 者 との 応 対 および 案 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 に 関 する 仕 様 書 本 仕 様 書 は 高 島 市 病 院 事 業 ( 以 下 甲 とする )が 委 託 する 高 島 市 民 病 院 警 備 駐 車 場 警 備 および 電 話 交 換 業 務 について その 仕 様 を 定 めるものであり 受 託 請 負 業 者 ( 以 下 乙 とする ) は 電 気 通

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が

浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 電 気 ) を 受 注 していない 者 ⑶ 資 格 者 名 簿 における 建 築 一 式 工 事 の 格 付 がA 等 級 である 者 ⑷ 千 葉 県 内 に 本 店 又 は 建 設 業 法 に 基 づく 許 可 を 得 た 営 業 所 が 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 建 設 工 事 一 般 競 争 入 札 公 告 第 11 号 袖 ケ 浦 市 奈 良 輪 雨 水 ポンプ 場 整 備 工 事 ( 建 築 )の 一 般 競 争 入 札 の 実 施 について 一 般 競 争 入 札 を 次 のとおり 実 施 する 平 成 25 年 10 月 2 日 公 益 財 団 法 人 千 葉 県 下 水 道 公 社 理 事

More information

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221)

(Microsoft Word - \216d\227l\217\221) 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 仕 様 書 ( 委 託 業 務 の 名 称 ) 1 委 託 業 務 の 名 称 は 志 摩 市 水 道 事 業 検 針 及 び 徴 収 等 業 務 委 託 とする ( 趣 旨 ) 2 この 仕 様 書 は 志 摩 市 ( 以 下 市 という )における 水 道 事 業 の 検 針 及 び 徴 収 等 の 業 務 ( 以 下 本

More information

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63>

<4D F736F F D E B782AB82DE82E782F182C78BC696B18E64976C8F F4390B38DCF82DD816A2E646F63> すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 ( 平 成 29 年 4 月 1 日 ~ 平 成 34 年 3 月 31 日 分 ) 小 林 市 須 木 庁 舎 地 域 振 興 課 1 すきむらんど 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 すきむらんどの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 びその 範 囲 等 は この 仕 様 書 ( 以 下 本 仕 様 書 と いう)による

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

◇◆県営住宅◇◆

◇◆県営住宅◇◆ 知 っておきたい!! 住 宅 制 度 ~ 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 貸 したい 方 へ~ ~ 融 資 を 受 けたい 方 へ~ ~ 建 物 の 改 造 改 築 を 考 えている 方 へ~ 新 座 市 都 市 整 備 部 まちづくり 計 画 課 住 宅 制 度 のご 案 内 公 営 住 宅 等 を 借 りたい 方 貸 したい 方 県 営 住 宅 1 特 定 優 良 賃 貸 住 宅 3 UR

More information

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課

援 を 行 う (4) 家 計 収 支 の 改 善 や 家 計 管 理 能 力 の 向 上 等 を 図 るため 家 計 支 援 計 画 を 策 定 し 必 要 に 応 じて 債 務 整 理 や 成 年 後 見 制 度 等 を 実 施 する 支 援 機 関 社 会 保 障 制 度 や 公 租 公 課 千 葉 市 生 活 困 窮 者 自 立 促 進 支 援 事 業 業 務 委 託 ( 家 計 相 談 支 援 事 業 ) 仕 様 書 1 業 務 の 目 的 本 事 業 は 現 に 経 済 的 に 困 窮 し 最 低 限 度 の 生 活 を 維 持 することができなくなるおそ れのある 者 ( 以 下 生 活 困 窮 者 という )が 困 窮 状 態 から 早 期 に 脱 却 することを 支 援 するため

More information

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合

ることを 通 じて 個 々 人 の 状 態 にあったプランを 作 成 する イ プランの 適 切 性 を 協 議 するため 相 談 者 の 自 立 支 援 に 係 る 関 係 者 が 参 加 す る 会 議 ( 以 下 支 援 調 整 会 議 という )を 開 催 し 必 要 な 支 援 の 総 合 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 委 託 業 務 概 要 (1) 委 託 業 務 名 習 志 野 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 業 務 委 託 (2) 担 当 課 保 健 福 祉 部 保 護 課 (3) 契 約 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで (4) 支 払 条 件

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208D8293878E7396AF9561894088E38BC696A28EFB8BE089F18EFB8BC696B188CF91F58CF695E58C5E8376838D837C815B8355838B8EC08E7B977697CC2E646F6378> 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 公 募 型 プロポーザル 実 施 要 領 1 目 的 本 要 領 は 高 島 市 民 病 院 医 業 未 収 金 回 収 業 務 委 託 に 係 る 契 約 の 相 手 方 となる 事 業 者 の 選 定 にあたり 公 募 型 プロポーザルの 実 施 方 法 等 必 要 な 事 項 を 定 める 2 業 務 名 高 島 市 民 病

More information

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2

目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び 開 館 日 2 4 業 務 の 範 囲 及 び 内 容 2 佐 賀 市 文 化 交 流 プラザ 指 定 管 理 者 管 理 運 営 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 8 月 佐 賀 市 経 済 部 商 業 振 興 課 目 次 1 プラザの 設 置 目 的 1 2 プラザの 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 1 3 管 理 の 基 準 1 (1) 基 本 指 針 1 (2) 法 令 等 の 遵 守 2 (3) 開 館 時 間 及 び

More information

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅

(3) 本 市 が 貸 与 を 予 定 している 物 品 等 委 託 期 間 中 に 貸 与 す る 業 務 に 必 要 な 物 品 等 は 次 の と お り と する 事 務 用 机 事 務 用 椅 子 電 話 機 専 用 電 話 回 線 事 務 用 物 品 名 カウンター カウンター 用 椅 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 仕 様 書 1 趣 旨 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 を よ り 効 率 的 効 果 的 に 遂 行 す る た め 業 務 の 一 部 を 委 託 する 2 業 務 委 託 の 内 容 (1) 業 務 名 廿 日 市 市 要 介 護 認 定 給 付 業 務 委 託 (2) 委 託 期 間 平 成 29 年 2 月 1

More information

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本

5 業 務 委 託 の 基 本 的 要 件 (1) 契 約 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 29 年 3 月 31 日 までとする (2) 委 託 金 額 の 上 限 3,712 千 円 ( 消 費 税 及 び 地 方 消 費 税 相 当 額 を 含 む ) * 上 記 金 額 は, 本 平 成 28 年 度 京 都 市 障 害 者 生 活 状 況 調 査 業 務 委 託 仕 様 書 京 都 市 保 健 福 祉 局 障 害 保 健 福 祉 推 進 室 1 事 業 の 趣 旨 支 えあうまち 京 都 ほほえみプラン ( 京 都 市 障 害 者 施 策 推 進 計 画 計 画 期 間 : 平 成 25 年 度 ~29 年 度 )の 次 期 計 画 を 策 定 するために, 障 害 のある

More information

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63>

<4D F736F F D E591E48E7397A D8D B BC696B18E64976C8F912E646F63> 仙 台 市 立 病 院 総 合 ビルメンテナンス 業 務 仕 様 書 1 目 的 この 仕 様 書 は, 仙 台 市 立 病 院 ( 以 下 当 院 という )の 利 用 者 の 利 便 性 快 適 性 安 全 性 を 良 好 な 状 態 に 保 つため, 施 設 を 常 時 適 正 な 状 態 に 維 持 するとともに,その 運 営 が 円 滑 かつ 経 済 的 となるよう, 必 要 な 事 項

More information

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等 入 札 説 明 書 埼 玉 大 学 太 田 窪 宿 舎 給 水 設 備 改 修 工 事 に 係 る 入 札 公 告 ( 建 設 工 事 )に 基 づく 一 般 競 争 入 札 については 関 係 法 令 に 定 めるもののほか この 入 札 説 明 書 によるものとする 1 公 告 日 平 成 25 年 9 月 18 日 2 分 任 経 理 責 任 者 国 立 大 学 法 人 埼 玉 大 学 財 務

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095578F808AC7979D88CF91F58C5F96F18F91208352838183938367816989FC92F98CE381468365834C835883679770816A2E646F63> Ⅱ マンション 標 準 管 理 委 託 契 約 書 コメント 1 全 般 関 係 1 この 契 約 書 は マンションの 管 理 組 合 ( 以 下 管 理 組 合 という )とマンショ ン 管 理 業 者 の 間 で 協 議 がととのった 事 項 を 記 載 した 管 理 委 託 契 約 書 を マンション の 管 理 の 適 正 化 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 12 年 法 律

More information

祇園新橋歴史的建造物活用事業

祇園新橋歴史的建造物活用事業 1. 事 業 の 概 要 祇 園 は, 祇 園 社 をはじめとする 鴨 東 の 寺 社 や 鴨 川 に 接 して 開 け, 中 世 以 来, 風 雅 で 格 調 高 い 芸 能 や 庶 民 文 化 が 育 まれてきました そして, 江 戸 初 期 に 完 成 した 鴨 川 の 築 提 工 事 は 鴨 東 への 市 街 地 の 拡 大 と 遊 興 の 地 としての 祇 園 の 発 展 をさらにすすめることとな

More information

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6)

阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日 (5) 施 設 の 利 用 料 金 (6) 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 平 成 28 年 7 月 阿 南 市 市 民 部 文 化 振 興 課 阿 南 市 情 報 文 化 センター 指 定 管 理 者 募 集 要 項 目 次 1 指 定 管 理 者 募 集 の 趣 旨 P1 2 施 設 の 概 要 P1 (1) 設 置 目 的 (2) 施 設 内 容 等 (3) 利 用 時 間 (4) 休 館 日

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27

Microsoft Word - 03.大和高田市仕様書 介護認定業務委託 H27 大 和 高 田 市 要 介 護 認 定 業 務 一 部 委 託 業 務 仕 様 書 平 成 27 年 4 月 大 和 高 田 市 保 健 部 介 護 保 険 課 1 目 次 1. 委 託 業 務 の 概 要 1 (1) 背 景 及 び 目 的 1 (2) アウトソーシングの 基 本 的 な 考 え 方 1 (3) 受 託 者 に 求 めること 1 (4) 期 待 する 効 果 2 2. 委 託 内

More information

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ

独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 監 査 を 行 う 会 計 監 査 人 の 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 要 領 国 立 研 究 開 発 国 立 環 境 研 究 所 は 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 によ 会 計 監 査 人 候 補 者 選 定 のための 企 画 書 募 集 説 明 書 ( 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に 基 づく 会 計 監 査 人 業 務 ( 平 成 28 年 度 から 平 成 32 年 度 )) 平 成 28 年 9 月 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 39 条 の 規 定 に

More information

甲府市中央卸売市場清掃業務委託

甲府市中央卸売市場清掃業務委託 市 立 甲 府 病 院 警 備 等 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 1. 目 的 本 業 務 は 市 立 甲 府 病 院 の 建 物 内 及 び 敷 地 内 の 秩 序 維 持 火 災 等 の 事 故 防 止 に 努 め 施 設 財 産 と 利 用 者 等 の 安 全 と 快 適 な 医 療 環 境 を 確 保 することを 目 的 とする 2. 業 務 名 市 立 甲 府 病 院 警 備 等

More information

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書

平成26 年度港区立図書館窓口等業務委託仕様書 平 成 26 年 度 港 区 立 図 書 館 窓 口 等 業 務 委 託 仕 様 書 1 目 的 港 区 立 図 書 館 業 務 の 一 部 を 民 間 事 業 者 へ 委 託 することによって 柔 軟 で 効 率 的 な 図 書 館 運 営 を 行 い 図 書 資 料 の 充 実 など 利 用 者 サービスを 充 実 させることにより 区 民 サー ビスの 向 上 を 図 ることを 目 的 とする

More information

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378>

<4D F736F F D20474F938A8E C8B4B96F CF8D58816A5FCBBDC4D8B096B32E646F6378> 規 約 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 グローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 規 約 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 商 号 ) 本 投 資 法 人 はグローバル ワン 不 動 産 投 資 法 人 と 称 し 英 文 では Global One Real Estate Investment Corporation と 表 示 する 第 2 条 ( 目 的 ) 本 投 資 法

More information

豊中市立特別養護老人ホームほづみ

豊中市立特別養護老人ホームほづみ 豊 中 市 立 介 護 老 人 保 健 施 設 指 定 管 理 者 提 案 要 項 平 成 27 年 (2015 年 )5 月 豊 中 市 健 康 福 祉 部 保 健 所 保 健 医 療 課 1. 基 本 的 事 項... 1 (1) 指 定 管 理 者 選 定 の 趣 旨... 1 (2) 基 本 条 件 運 営 方 針... 2 (3) 施 設 の 概 要... 3 2. 管 理 運 営 業 務

More information

福岡マンション管理基礎セミナー

福岡マンション管理基礎セミナー 福 岡 マンション 管 基 礎 セミナー 管 組 合 と 管 会 社 が 行 う 業 務 と 役 割 課 題 について ~ 管 会 社 上 手 な 使 い 方 ~ 中 島 法 律 事 務 所 弁 護 士 中 島 繁 樹 1.マンション 管 規 約 国 土 交 通 省 作 成 マンション 標 準 管 規 約 第 32 条 管 組 合 業 務 第 33 条 業 務 委 託 ( 業 務 ) 第 32 条

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2092C091DD8ED88C5F96F18F91976C8EAE816990D891D68C5F96F192F78C8B977082518252824F8258824F82505F2E646F632E646F63> 賃 貸 借 契 約 書 貸 主 ( 以 下 甲 という )と 借 主 神 奈 川 県 知 事 黒 岩 祐 治 ( 以 下 乙 という )と 入 居 者 ( 東 日 本 大 震 災 により 被 災 した 者 のうち 本 契 約 により 入 居 する 者 以 下 丙 という )とは 別 紙 の(1)に 記 載 する 賃 貸 借 契 約 の 目 的 物 ( 以 下 本 物 件 という )について 居 住

More information

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則

地方独立行政法人京都市立病院機構就業規則 公 立 大 学 法 人 京 都 市 立 芸 術 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 理 事 長 決 定 ) ( 平 成 25 年 3 月 26 日 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 7 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 11 条, 第

More information

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設

施 設 内 容 : 展 示 室 (2) 旧 体 育 館 延 床 面 積 : m2 構 造 階 高 : 鉄 骨 造 1 階 建 建 築 年 : 昭 和 49 年 施 設 内 容 : 展 示 室 3 施 設 管 理 に 関 する 条 例 等 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 十 日 町 市 里 山 文 化 交 流 施 設 東 川 美 術 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 指 定 管 理 者 制 度 は 市 が 指 定 する 民 間 事 業 者 等 に 施 設 の 管 理 運 営 業 務 を 代 行 していた だく 制 度 で 民 間 事 業 者 が 有 する 発 想 やノウハウを 活 用 し サービスの 向 上 と 管 理 運 営 経 費 の 縮 減 を 図 るものです

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

仕 様 書

仕 様 書 仕 様 書 件 名 : 施 設 入 所 及 び 施 設 利 用 時 食 事 サービス 提 供 業 務 委 託 ( 案 ) 委 託 期 間 : 平 成 24 年 4 月 1 日 ( 予 定 )~ 履 行 場 所 : 山 梨 県 都 留 郡 富 士 河 口 湖 町 船 津 社 会 福 祉 法 人 博 友 会 高 齢 者 関 連 施 設 ( 仮 称 ) Ⅰ 入 所 時 及 び 施 設 利 用 時 食 事

More information

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要

平 成 28 年 度 平 成 29 年 度 の 作 成 下 落 修 正 の 検 証 報 告 書 の 作 成 審 査 申 出 困 難 事 例 等 の 対 応 等 新 設 街 路 の 設 定 価 格 形 成 要 因 の 調 査 Ⅰ Ⅱ 用 途 地 区 状 況 類 似 地 域 区 分 の 検 討 主 要 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 仕 様 書 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 本 仕 様 書 は 秋 田 市 ( 以 下 甲 という )が 受 託 者 ( 以 下 乙 という ) に 対 し 秋 田 市 固 定 資 産 土 地 評 価 業 務 を 委 託 するために 定 めたものである ( 目 的 ) 第 2 条 甲 が 委 託 する 秋 田 市 固 定 資 産 土

More information

2010/10/23

2010/10/23 クレジットカード 加 盟 店 規 約 第 1 条 加 盟 店 1. 加 盟 店 ( 以 下 甲 という)とは 本 規 約 を 承 認 のうえ イオンクレジットサー ビス 株 式 会 社 ( 以 下 乙 という)に 加 盟 を 申 込 み 乙 が 加 盟 を 認 めた 法 人 又 は 個 人 をいう 2. 甲 は 本 規 約 に 基 づき 乙 の 加 盟 店 として 次 項 で 定 める 信 用 販

More information

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条

第 8 保 有 個 人 データの 開 示 等 に 関 する 義 務 1 保 有 個 人 データに 関 する 事 項 の 公 表 等 ( 法 第 24 条 関 係 ) 2 保 有 個 人 データの 開 示 ( 法 第 25 条 関 係 ) 3 保 有 個 人 データの 訂 正 等 ( 法 第 26 条 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン ( 平 成 27 年 7 月 1 日 農 林 水 産 省 告 示 第 1675 号 ) 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 法 律 ( 平 成 15 年 法 律 第 57 号 ) 第 8 条 の 規 定 に 基 づき 農 林 水 産 分 野 における 個 人 情 報 保 護 に 関 するガイドライン( 平 成

More information

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容

(2) 業 務 管 理 予 定 者 との 打 ち 合 わせ 業 務 管 理 予 定 者 が 委 託 業 務 の 任 務 を 履 行 するために 必 要 な 知 識 および 端 末 操 作 方 法 を 習 得 するため 次 の 内 容 を 目 標 とし 打 ち 合 わせを 行 う 1 業 務 内 容 仕 様 書 1 件 名 練 馬 区 予 防 接 種 各 種 医 療 費 助 成 に 係 る 電 話 窓 口 受 付 等 業 務 委 託 2 委 託 期 間 (1) 準 備 委 託 期 間 平 成 27 年 4 月 1 日 ~27 年 4 月 30 日 (2) 委 託 期 間 平 成 27 年 5 月 1 日 ~28 年 3 月 31 日 土 曜 日 日 曜 日 国 民 の 祝 日 に 関 する 法

More information

マンション管理組合の業務と理事会の運営

マンション管理組合の業務と理事会の運営 マ ン シ ョ ン 管 理 組 合 の 業 務 と 理 事 会 の 運 営 1 マンション 管 理 組 合 の 組 織 と 業 務 はどうなっているの? 組 織 マンション 管 理 士 荻 原 健 業 務 (マンション 標 準 管 理 規 約 第 32 条 ) 1 管 理 組 合 が 管 理 する 敷 地 及 び 共 用 部 分 等 ( 組 合 管 理 部 分 ) の 保 安 保 全 保 守 清 掃

More information

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条

新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 指 定 管 理 仕 様 書 平 成 27 年 新 庄 市 新 庄 最 上 さくらが 丘 斎 苑 ( 以 下 火 葬 場 という )において 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 とその 範 囲 は この 指 定 管 理 仕 様 書 に 基 づきます 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 新 庄 市 火 葬 場 設 置 及 び 管 理 に 関 する 条 例 に

More information

平成12年度重点事項実施要領

平成12年度重点事項実施要領 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 実 施 結 果 平 成 25 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 について 実 施 した 結 果 は 次 のとおりであった 第 1 監 査 の 概 要 1 平 成 25 年 度 重 点 事 項 税 外 収 入 未 済 に 対 する 債 権 管 理 は 適 切 か 2 選 定 理 由 平 成 24 年 度 定 例 監 査 重 点 事 項 として

More information

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指

6 設 計 業 務 委 託 契 約 の 締 結 に 関 する 支 援 (3) 設 計 者 の 指 導 及 び 調 整 1 設 計 スケジュールの 管 理 2 設 計 進 捗 の 確 認 3 設 計 内 容 のチェック 及 び 改 善 指 導 4 工 事 費 積 算 書 のチェック 及 び 改 善 指 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 施 設 改 修 工 事 等 に 関 する コンストラクション マネジメント 業 務 委 託 事 業 者 募 集 要 項 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 産 業 技 術 総 合 研 究 所 は 平 成 25 年 度 から 平 成 27 年 度 において 実 施 が 予 定 される 施 設 改 修 工 事

More information

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業

施 設 利 用 に 伴 う 設 営 物 物 販 の 確 認 業 務 災 害 時 の 対 応 急 病 等 への 対 応 遺 失 物 拾 得 物 の 対 応 事 件 事 故 への 対 応 ( 2 ) 公 園 の 使 用 料 の 徴 収 に 関 す る 業 務 一 般 利 用 者 予 約 等 対 応 業 安 来 運 動 公 園 管 理 業 務 仕 様 書 る 安 来 運 動 公 園 の 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 の 内 容 及 び そ の 範 囲 等 は こ の 仕 様 書 に よ ( 有 料 公 園 施 設 に 関 す る 事 項 ) 1 施 設 の 概 要 1 所 在 地 安 来 市 吉 岡 町 450 番 地 2 面 積 46,614m2 3 概 要 区 分 面 積 等 区 分

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入

研 修 は 年 間 複 数 回 計 画 実 施 すること 研 修 計 画 は 指 定 管 理 者 自 ら 主 催 するもの だけでなく 名 古 屋 市 図 書 館 愛 知 県 図 書 館 日 本 図 書 館 協 会 等 他 の 機 関 団 体 が 主 催 する 研 修 も 積 極 的 に 取 り 入 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 本 書 は 名 古 屋 市 図 書 館 指 定 管 理 者 募 集 要 項 に 基 づき 名 古 屋 市 教 育 委 員 会 ( 以 下 委 員 会 という )が 指 定 管 理 者 に 要 求 する 管 理 運 営 業 務 の 基 準 を 示 すものである 第 1 管 理 運 営 に 関 する 基 本 的 な 考 え 方 図 書

More information

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2

平 成 年 月 日 委 託 者 い わ き 市 長 清 水 敏 男 印 受 託 者 住 所 氏 名 印 構 成 員 住 所 ( 代 表 者 ) 氏 名 印 構 成 員 住 所 氏 名 印 連 帯 保 証 人 住 所 氏 名 印 2 業 務 委 託 契 約 書 ( 案 ) 収 入 印 紙 1 委 託 業 務 名 北 部 処 理 区 浄 化 センター 等 運 転 管 理 業 務 委 託 2 業 務 履 行 場 所 いわき 市 平 下 神 谷 他 35 箇 所 地 内 3 契 約 期 間 平 成 28 年 月 日 から 平 成 31 年 3 月 31 日 まで 4 業 務 履 行 期 間 平 成 28 年 4 月 1 日 から 平

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項

うこと 3. 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 を 廃 止 する 法 律 ( 以 下 廃 止 法 という )による 廃 止 前 の 独 立 行 政 法 人 雇 用 能 力 開 発 機 構 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 170 号 ) 附 則 第 4 条 第 2 項 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機 構 ( 非 特 定 ) 所 在 地 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 1 24 1 電 話 番 号 03 6907 1275 郵 便 番 号 170 8055 ホームページ http://www.taisyokukin.go.jp/ 根 拠 法 中 小 企 業 退 職 金 共 済 法 ( 昭 和 34 年 法 律 第 160 号 ) 主

More information

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく

競争の導入による公共サービスの改革に関する法律に基づく 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 に 基 づく 矯 正 情 報 ネットワークシステムの 運 用 管 理 業 務 における 民 間 競 争 入 札 に 係 る 契 約 の 締 結 について 競 争 の 導 入 による 公 共 サービスの 改 革 に 関 する 法 律 ( 平 成 18 年 法 律 第 51 号 以 下 法 という )に 基 づく 民 間 競

More information

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正

Microsoft Word - 委託仕様書_H270327修正 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 仕 様 書 1 業 務 名 福 岡 市 プレミアム 付 商 品 券 事 業 業 務 委 託 2 委 託 期 間 契 約 締 結 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 3 業 務 の 概 要 (1) 目 的 福 岡 市 に 所 在 し, 地 域 振 興 に 貢 献 する 商 店 等 において 使 用 できるプレミアム 付 商

More information

01表紙

01表紙 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 平 成 28 年 4 月 経 営 管 理 部 行 政 改 革 推 進 室 公 の 施 設 の 指 定 管 理 者 制 度 に 関 するガイドライン 目 次 1 指 定 管 理 者 制 度 の 概 要 1 (1) 指 定 管 理 者 制 度 1 (2) 指 定 管 理 者 の 権 限 の 範 囲 1 (3) 公 の 施 設 に

More information

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に

はじめに 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 ( 以 下 新 病 院 という )におけ る 物 品 管 理 業 務 の 実 施 にあたっては この 仕 様 書 に 定 めるところにより 行 い 当 該 委 託 業 務 が 適 正 かつ 円 滑 に 地 方 独 立 行 政 法 人 福 岡 市 立 病 院 機 構 福 岡 市 新 病 院 物 品 管 理 業 務 委 託 仕 様 書 目 次 I. 業 務 概 要... 2 1 委 託 業 務 名... 2 2 業 務 の 目 的... 2 3 期 間... 2 4 病 院 概 要... 2 5 開 院 スケジュール... 3 6 対 象 業 務... 3 1 7 管 理 対 象 及 び 搬 送 対

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

パソコン賃貸借契約

パソコン賃貸借契約 委 託 契 約 書 ( 案 ) 公 立 大 学 法 人 福 井 県 立 大 学 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という ) とは 福 井 県 立 大 学 の 情 報 ネットワーク 管 理 補 助 業 務 に 関 し 次 の 各 条 項 により 委 託 契 約 を 締 結 し 信 義 に 従 って 誠 実 にこれを 履 行 するものとする ( 総 則 ) 第 1 条 甲 は 情 報 ネットワーク

More information

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412

Microsoft Word - 第5編 学校教育 第2章 授業料 全文 201412 第 5 編 学 校 教 育 / 第 2 章 /1 収 入 学 校 事 務 提 要 > 第 5 編 学 校 教 育 > 第 2 章 > 1 収 入 (1) 収 入 の 意 義 収 入 とは, 県 の 各 般 の 需 要 を 充 たすための 支 払 の 財 源 となるべき 現 金 ( 現 金 に 代 えて 納 付 される 証 券 を 含 む )の 収 納 をいい, 法 令 又 は 公 権 力 に 基 づくもの,あるいは

More information

8

8 平 成 28 年 度 認 知 症 対 応 型 共 同 生 活 介 護 事 業 所 整 備 事 業 者 募 集 要 項 平 成 28 年 9 月 八 尾 市 地 域 福 祉 部 高 齢 介 護 課 1 0 1. 募 集 の 趣 旨 八 尾 市 ( 以 下 市 という )では 第 6 期 八 尾 市 高 齢 者 保 健 福 祉 計 画 及 び 介 護 保 険 事 業 計 画 ( 以 下 第 6 期 計

More information

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案)

兵庫県後期高齢者医療広域連合コールセンター業務委託仕様書(案) 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 ( 平 成 26 年 度 ) 平 成 26 年 2 月 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合 コールセンター 業 務 委 託 仕 様 書 1. 目 的 本 仕 様 書 は 兵 庫 県 後 期 高 齢 者 医 療 広 域 連 合

More information

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地

キ 過 去 の 住 宅 地 図 や 航 空 写 真 により 土 地 の 利 用 変 遷 を 調 べ 工 場 等 が 存 在 した 場 合 は 工 場 等 の 業 種 や 焼 却 炉 の 存 在 廃 棄 物 の 埋 設 等 の 状 況 を 調 査 すること ク 旧 版 地 形 図 土 地 利 用 地 仕 様 書 1 業 務 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 における 土 壌 汚 染 調 査 にかかる 土 地 履 歴 調 査 業 務 委 託 2 業 務 期 間 契 約 日 ~ 平 成 27 年 3 月 20 日 3 実 施 場 所 ( 対 象 地 ) (1) 用 地 名 称 もと 馬 淵 生 活 館 (2) 地 番 大 阪 市 浪 速 区 恵 美 須 西 3 丁 目 13 番 5 (3) 面 積

More information

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc)

(Microsoft Word - \211^\211c\213K\226\361.doc) 永 平 寺 町 商 工 会 運 営 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 永 平 寺 町 商 工 会 定 款 第 7 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 永 平 寺 町 商 工 会 ( 以 下 本 商 工 会 という )の 円 滑 な 運 営 及 び 業 務 の 執 行 に 必 要 な 事 項 を 定 めることを 目 的 とす る 第 2 章 会 員 ( 加

More information

平 成 1 3 年 度

平 成 1 3 年 度 27 豊 建 維 第 33-3 号 平 成 27 年 7 月 31 日 豊 前 市 監 査 委 員 初 山 吉 治 様 豊 前 市 監 査 委 員 鈴 木 正 博 様 豊 前 市 長 後 藤 ( 建 設 課 ) 元 秀 定 期 監 査 等 の 結 果 について( 回 答 ) 平 成 27 年 5 月 に 実 施 されました 定 期 監 査 等 においてご 指 摘 いただきました 事 項 について 下

More information

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法

第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 法 人 とは 社 会 福 祉 事 業 を 行 うことを 目 的 として 社 会 福 祉 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )の 定 めるところにより 設 立 された 特 別 な 法 目 次 第 1 章 社 会 福 祉 法 人 制 度 について 2ページ 1. 社 会 福 祉 法 人 とは 2ページ 2. 社 会 福 祉 法 人 が 行 うことができる 事 業 は 2ページ (1) 社 会 福 祉 事 業 とは 2ページ (2) 公 益 事 業 とは 6ページ (3) 収 益 事 業 とは 7ページ 3. 社 会 福 祉 法 人 となる 要 件 は 7ページ (1) 資 産 について

More information

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申

- 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申 込 順 に よ る 売 却 1 申 先 着 申 込 順 による 市 有 財 産 ( 土 地 ) 売 却 実 施 要 領 物 件 案 内 平 成 27 年 度 阿 賀 野 市 - 目 次 - Ⅰ は じ め に 1 売 払 物 件 一 覧 表 1 Ⅱ 物 件 調 書 2 物 件 番 号 1 阿 賀 野 市 上 関 口 字 未 明 228 番 1 ほか 6 筆 3 < 参 考 > 契 約 に 当 た っ て の 費 用 7 Ⅲ 先 着 申

More information

○福島県社会保険労務士会会則

○福島県社会保険労務士会会則 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 会 ( 名 称 ) 第 1 章 総 第 1 条 本 会 は 福 島 県 社 会 保 険 労 務 士 会 と 称 する ( 事 務 所 の 所 在 地 ) 第 2 条 本 会 は 事 務 所 を 福 島 県 福 島 市 に 置 く ( 目 的 ) 第 3 条 本 会 は 社 会 保 険 労 務 士 会 の 会

More information

1 入札説明書

1 入札説明書 平 成 28 年 度 びわこボート 開 催 告 知 広 告 業 務 ( 関 西 スポーツ 新 聞 5 紙 ) 入 札 説 明 書 平 成 28 年 2 月 滋 賀 県 総 務 部 事 業 課 入 札 説 明 書 この 入 札 説 明 書 は 政 府 調 達 に 関 する 協 定 ( 平 成 7 年 条 約 第 23 号 ) 地 方 自 治 法 施 行 令 ( 昭 和 22 年 政 令 第 16 号

More information

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は

第 8 条 乙 は 甲 に 対 し 仕 様 書 に 定 める 期 日 までに 所 定 の 成 果 物 を 検 収 依 頼 書 と 共 に 納 入 する 2 甲 は 前 項 に 定 める 納 入 後 10 日 以 内 に 検 査 を 行 うものとする 3 検 査 不 合 格 となった 場 合 甲 は 契 約 書 ( 案 ) 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 契 約 担 当 役 井 上 誠 一 ( 以 下 甲 という) と ( 以 下 乙 という)とは 法 定 調 書 提 出 業 務 ( 以 下 業 務 という)について 下 記 条 項 により 請 負 契 約 を 締 結 する 記 ( 信 義 誠 実 の 原 則 ) 第 1 条 甲 および 乙 は 信 義 に 従

More information

公金等取扱基本マニュアル

公金等取扱基本マニュアル 公 金 等 取 扱 事 務 の 管 理 適 正 化 方 針 平 成 25 年 11 月 清 水 町 はじめに 公 金 の 取 扱 事 務 は 法 令 及 びこれに 基 づく 町 の 財 務 規 則 を 根 拠 として これまで 財 務 規 則 の 運 用 通 知 や 適 宜 個 別 の 通 知 を 発 することにより 適 正 な 事 務 処 理 に 努 めてき たところであります そのような 中 で

More information

匿名組合出資契約

匿名組合出資契約 匿 名 組 合 契 約 書 SBIソーシャルレンディング 株 式 会 社 ( 以 下 営 業 者 と 言 う )と ( 以 下 本 匿 名 組 合 員 と 言 う )は 20 年 月 日 付 で 以 下 のとおり 匿 名 組 合 契 約 ( 以 下 本 契 約 と 言 う )を 締 結 する ( 目 的 ) 第 1 条 本 契 約 は 本 匿 名 組 合 員 が 営 業 者 に 対 し 本 契 約

More information

別表第1(第4条関係)

別表第1(第4条関係) 愛 知 県 公 立 大 学 法 人 教 職 員 就 業 規 則 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 第 8 条 ) 第 2 節 労 働 契 約 ( 第 9 条 第 10 条 ) 第 3 節 任 期 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 4 節 評 価 ( 第 13 条 ) 第 5 節 昇 任 及 び 降 任 ( 第 14

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成

第 1 監 査 の 請 求 1 請 求 人 姫 路 市 廣 野 武 男 2 請 求 年 月 日 姫 路 市 職 員 措 置 請 求 ( 住 民 監 査 請 求 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 以 下 本 件 請 求 という )に 係 る 請 求 書 は 平 成 姫 監 公 表 第 1 号 平 成 2 5 年 1 月 2 5 日 姫 路 市 監 査 委 員 井 神 曉 同 小 林 茂 信 住 民 監 査 請 求 ( 政 務 調 査 費 の 返 還 に 係 る 法 定 利 息 の 不 足 につ い て ) に 係 る 監 査 の 結 果 に つ い て 平 成 24 年 11 月 30 日 に 受 付 し た 地 方 自 治 法 第 2 4 2 条 第 1 項

More information

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に

( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いを 確 保 するための 具 体 的 な 事 務 に 資 料 3 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 する ガイドラインの 概 要 平 成 27 年 2 月 16 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 事 務 局 ( 留 意 事 項 ) 本 資 料 は 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン( 事 業 者 編 ) の 概 要 をご 理 解 いただくために まとめたものです 特 定 個

More information

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A>

<303190AD96B18A8893AE94EF895E97708E77906A96DA8E9F816932372E33816A> 政 務 活 動 費 制 度 と 運 用 指 針 平 成 25 年 3 月 施 行 平 成 27 年 4 月 改 訂 静 岡 県 議 会 目 次 Ⅰ 政 務 活 動 費 の 制 度 1 制 度 の 目 的 1 2 これまでの 経 緯 1 (1) 制 度 の 創 設 1 (2) 透 明 性 の 確 保 1 (3) 政 務 活 動 費 への 移 行 1 3 政 務 活 動 とは 2 4 根 拠 法 令 等

More information