よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め"

Transcription

1 民 法 ( 相 続 関 係 ) 部 会 資 料 8 遺 留 分 制 度 の 見 直 し 第 1 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 法 的 性 質 についての 見 直 し 甲 案 1 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 相 当 の 期 間 を 定 めて, 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができる( 注 ) ( 注 ) 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 請 求 の 順 序 及 び 割 合 については,とりあえず 現 行 法 と 同 様 の 規 律 ( 民 法 第 1033 条 から 第 1035 条 まで)によることを 想 定 しているが, 後 記 第 2の 方 策 との 組 合 せによっては 現 行 法 の 規 律 とは 異 なり 得 る 2 受 遺 者 又 は 受 贈 者 は,1の 請 求 を 受 けた 場 合 には,その 請 求 者 に 対 し,1 の 金 銭 債 務 の 全 部 又 は 一 部 の 支 払 に 代 えて, 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 の 一 部 を 返 還 する 旨 の 抗 弁 を 主 張 することができる ただし,5の 請 求 がされた 場 合 はこの 限 りでない 3 1で 定 めた 期 間 内 に1の 金 銭 債 務 の 全 部 又 は 一 部 について 履 行 がなかった ときは, 遺 留 分 を 侵 害 された 者 も,その 支 払 に 代 えて, 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 の 一 部 を 返 還 するよう 請 求 することができる 4 2 及 び3によって 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 返 還 すべき 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 について 当 事 者 間 に 協 議 が 調 わないときは, 裁 判 所 がこれを 定 める 5 1で 定 めた 期 間 内 に 履 行 がなかったときは, 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 民 法 第 1033 条 から 第 1035 条 までの 規 定 に 従 い, 遺 贈 及 び 贈 与 の 減 殺 を 請 求 することができる ただし,2 又 は3の 請 求 がされたときはこの 限 りで ない 6 2から4までの 規 律 に 従 って 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 が 返 還 されたとき は,1の 金 銭 債 務 は, 当 事 者 間 の 協 議 で 定 められた 額 又 は 裁 判 所 が 定 めた 額 の 限 度 で 消 滅 する 7 5による 減 殺 請 求 がされたときは,1の 金 銭 債 務 は 消 滅 する 乙 案 遺 留 分 を 侵 害 された 者 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 し, 遺 留 分 を 保 全 するの に 必 要 な 限 度 で 財 産 の 分 与 を 請 求 することができるが,その 具 体 的 な 権 利 は, 当 事 者 間 の 協 議 又 は 審 判 等 において 分 与 の 方 法 を 具 体 的 に 定 めることによっ て 初 めて 形 成 されるものとする 丙 案 1 相 続 人 でない 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 して 減 殺 請 求 をする 場 合 には, 甲 案 に よる 2 相 続 人 である 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 して 減 殺 請 求 をする 場 合 には, 乙 案 に 1

2 よる ( 補 足 説 明 ) 1 甲 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 甲 案 は, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 効 果 について, 遺 留 分 権 利 者 の 意 思 表 示 によ って 当 然 に 物 権 的 な 効 力 が 生 ずるとされている 点 を 改 め, 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 を 原 則 として 金 銭 債 権 とするものである その 基 本 的 な 考 え 方 は, 部 会 資 料 4の 第 2 1の 甲 案 の 考 え 方 と 同 様 である もっとも, 第 4 回 部 会 においては,ア 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 を 金 銭 債 権 化 することは 遺 留 分 権 利 者 の 地 位 を 弱 めることにつながるため,それに 対 する 手 当 てが 必 要 である,イ 例 外 的 に 現 物 返 還 を 認 める 場 合 には,その 要 件 及 び 効 果 を 明 確 にする 必 要 があり,また, 多 数 の 財 産 について 共 有 関 係 が 発 生 するなど 法 律 関 係 の 複 雑 化 を 招 くことがないよう 配 慮 すべきである,と いった 指 摘 がされた そこで,これらの 指 摘 を 踏 まえ, 次 のような 修 正 を 加 えた まず,アの 指 摘 を 踏 まえ, 遺 留 分 権 利 者 は, 相 当 の 期 間 を 定 めて 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 金 銭 の 支 払 を 求 めることができるが(1),その 期 間 内 に 履 行 がない 場 合 には, 金 銭 の 支 払 に 代 えて 現 物 返 還 を 求 めることができるものと している(5) これにより, 例 えば, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 について 破 産 手 続 開 始 決 定 がされた 場 合 でも, 現 物 返 還 を 求 めていれば 取 戻 権 を 行 使 することが できることになる 次 に,イの 指 摘 を 踏 まえ, 遺 留 分 権 利 者 又 は 受 遺 者 若 しくは 受 贈 者 は,そ のいずれの 側 からも, 遺 留 分 権 利 者 に 対 して 返 還 すべき 財 産 を, 一 部 金 銭, 一 部 現 物 とするよう 求 めることができることとし, 当 事 者 間 でその 内 容 につ いて 協 議 が 調 わない 場 合 には 裁 判 所 がこれを 定 めることとしている(2~ 4) これにより, 遺 留 分 権 利 者 と 受 遺 者 又 は 受 贈 者 との 間 で 代 物 弁 済 ( 民 法 第 482 条 )の 合 意 が 成 立 しない 場 合 であっても, 裁 判 所 の 裁 量 的 な 判 断 に よって 適 切 に 現 物 返 還 の 対 象 が 定 められることになる (2) 先 取 特 権 について 第 4 回 部 会 では, 遺 留 分 権 利 者 の 地 位 が 弱 められないような 手 当 てとして, 遺 留 分 権 利 者 に 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 について 特 別 の 先 取 特 権 を 取 得 させ ることが 考 えられるとの 指 摘 がされた このような 規 律 を 設 ける 場 合 には, 例 えば, 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 が 不 動 産 である 場 合 には, 遺 留 分 権 利 者 の 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 登 記 請 求 権 に 関 する 規 律 を 置 く 必 要 があるが,そのような 規 律 を 設 けたとしても,どの 程 度 実 効 的 なものとして 機 能 するか 疑 問 がある( 不 動 産 保 存 の 先 取 特 権 や 不 動 産 工 事 の 先 取 特 権 においても,その 効 力 を 保 存 するためには 登 記 が 必 要 と されているが,ほとんど 利 用 されていないといわれている ) そこで, 甲 案 2

3 では, 遺 留 分 権 利 者 に 特 別 の 先 取 特 権 を 取 得 させるのではなく, 一 定 の 期 間 内 に 金 銭 債 務 の 支 払 がされない 場 合 には, 現 行 法 と 同 様 に 現 物 返 還 を 求 める ことができることとしたものである (3) 現 物 返 還 の 対 象 について 現 物 返 還 の 対 象 については, 民 法 第 1033 条 から 第 1035 条 までの 規 定 に 従 って 減 殺 される 遺 贈 及 び 贈 与 の 目 的 財 産 とすることも 考 えられるが, そうすると, 複 数 の 財 産 についての 共 有 等 の 複 雑 な 法 律 関 係 が 生 ずるといっ た 事 態 を 避 けることができない このような 事 態 を 避 けるためには, 遺 留 分 権 利 者 と 受 遺 者 又 は 受 贈 者 のいずれか 一 方 に 現 物 返 還 の 対 象 についての 選 択 権 を 認 めることが 考 えられるところ, 部 会 資 料 4では 受 遺 者 又 は 受 贈 者 にの み 限 定 的 な 選 択 権 を 認 める 方 策 を 掲 げていたが, 第 4 回 部 会 では, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 にのみ 選 択 権 を 与 えることについて 消 極 的 な 意 見 が 多 かった また, 第 4 回 部 会 では, 複 数 の 財 産 についての 共 有 等 の 複 雑 な 法 律 関 係 ができるだ け 生 じないように 配 慮 すべきであるが, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 合 理 的 な 選 択 を するとは 限 らないといった 指 摘 もされた そこで, 甲 案 では,これらの 指 摘 を 踏 まえ, 遺 留 分 権 利 者 と 受 遺 者 又 は 受 贈 者 のいずれか 一 方 に 選 択 権 を 与 えることとはせずに, 最 終 的 には 裁 判 所 が 後 見 的 な 見 地 から 裁 量 権 を 行 使 することにより 現 物 返 還 の 範 囲 を 定 めること ができることとしている 具 体 的 には,まず, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 は,1の 金 銭 請 求 について,その 請 求 者 に 対 し,その 支 払 に 代 えて 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 の 一 部 を 返 還 する 旨 の 抗 弁 を 主 張 することができ,1で 定 められた 期 間 内 に 金 銭 債 務 の 履 行 がない 場 合 には, 遺 留 分 権 利 者 も 同 様 の 請 求 をすること ができることとし( 注 1), 遺 留 分 権 利 者 に 返 還 すべき 財 産 について 当 事 者 間 に 協 議 が 調 わないときは, 裁 判 所 がこれを 定 めることとしている これによ り, 裁 判 所 は, 民 法 第 1033 条 から 第 1035 条 までの 規 定 に 従 って 減 殺 される 遺 贈 及 び 贈 与 の 目 的 財 産 からだけではなく, 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 の 中 から, 現 物 返 還 の 対 象 財 産 を 選 択 することがで きることとなり, 複 数 の 財 産 についての 共 有 等 の 複 雑 な 法 律 関 係 が 生 ずると いった 事 態 を 避 けることができる ( 注 ) 共 有 物 分 割 訴 訟 と 同 様 に, 地 方 裁 判 所 が 管 轄 する 形 成 の 訴 えとなることを 想 定 し ている この 考 え 方 を 採 用 する 場 合 には,この 訴 えにおいて, 前 提 となる 金 銭 債 権 の 額 を 確 定 させるなどの 工 夫 をすることが 必 要 になるものと 考 えられる (4) その 他 第 4 回 部 会 においては, 遺 留 分 に 関 する 事 件 ついては 調 停 前 置 主 義 を 採 用 すべきであるとの 指 摘 がされた この 点 については, 現 行 法 上 も 遺 留 分 に 関 する 事 件 については 調 停 前 置 主 義 が 妥 当 するところではあるが( 家 事 事 件 手 続 法 第 257 条, 第 244 条 ), 調 停 前 置 主 義 に 違 反 して 判 決 がされても, その 効 力 に 影 響 はないと 解 されていることから, 更 に 強 制 力 を 持 たせるよう な 形 で 規 律 することも 考 えられなくはない しかし, 遺 留 分 に 関 する 事 件 に 3

4 ついてのみ,より 強 力 な 形 での 調 停 前 置 主 義 を 採 用 することについては, 合 理 的 な 説 明 をすることは 困 難 であると 考 えられる また, 遺 留 分 に 関 する 事 件 については, 複 雑 な 法 律 上 の 争 点 が 複 数 存 在 することも 想 定 されることか ら, 家 事 調 停 の 手 続 を 経 ることによってかえって 紛 争 の 解 決 が 長 期 化 する 事 案 もあり 得 なくはないように 思 われる 2 乙 案 について 乙 案 については, 部 会 資 料 4から 変 更 した 点 はない 乙 案 については, 第 4 回 部 会 において, 民 事 保 全 手 続 を 利 用 することができ なくなる, 既 判 力 が 生 じない, 主 位 的 に 遺 言 無 効 確 認, 予 備 的 に 遺 留 分 減 殺 請 求 といった 訴 えを 提 起 することができなくなるなどの 問 題 点 が 指 摘 されたとこ ろである 仮 にこれらの 問 題 点 を 解 消 しようとすれば, 乙 案 を 採 用 する 場 合 にも,その 手 続 は 訴 訟 手 続 によるものとするほかはないと 考 えられるが, 乙 案 は, 遺 留 分 権 利 者 に 返 還 する 財 産 の 内 容 を 裁 判 所 の 裁 量 的 判 断 によって 決 めるとすること に 特 徴 があり,その 意 味 では 非 訟 的 な 要 素 が 強 いため, 訴 訟 手 続 による 解 決 が 適 切 といえるか 疑 問 もある 最 終 的 には, 乙 案 を 採 用 することによるメリット と 上 記 の 問 題 点 等 を 勘 案 して 判 断 するしかないものと 考 えられる なお, 乙 案 においても, 甲 案 と 同 様 に,より 強 力 な 形 での 調 停 前 置 主 義 を 採 用 することは 困 難 であると 考 えられるが, 家 事 審 判 事 件 となることから,より 積 極 的 に 付 調 停 ( 家 事 事 件 手 続 法 第 274 条 )が 活 用 されることを 期 待 するこ とができる 3 丙 案 について 第 4 回 部 会 においては, 乙 案 について 前 記 のような 問 題 点 が 指 摘 されたが, 他 方 で, 相 続 人 間 における 遺 留 分 減 殺 請 求 の 場 合 に 限 ればメリットがあるとい った 指 摘 や, 相 手 が 相 続 人 であるかそれ 以 外 の 第 三 者 であるかに 応 じて 手 続 を 変 えることも 考 えられるのではないかといった 指 摘 がされた 丙 案 は,これらの 指 摘 を 踏 まえ, 相 続 人 でない 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 減 殺 の 請 求 については 甲 案 により, 相 続 人 である 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 減 殺 の 請 求 については 乙 案 によるとするものである 第 2 遺 留 分 の 算 定 方 法 等 の 見 直 し 1 A 案 ( 相 続 人 に 対 する 請 求 と 第 三 者 に 対 する 請 求 とを 分 ける 考 え 方 ) Ⅰ 第 三 者 に 対 する 請 求 1 遺 留 分 権 利 者 は, 相 続 人 以 外 の 第 三 者 に 対 しては, 以 下 の 計 算 式 によって 算 出 された 額 (ウの 額 )を 遺 留 分 侵 害 額 として 主 張 することができる ( 計 算 式 ) ア 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 の 額 =( 被 相 続 人 が 相 続 開 始 時 に 有 していた 財 産 の 価 額 ) +( 相 続 開 始 前 1 年 間 にされた 贈 与 の 目 的 財 産 の 価 額 ) 4

5 -( 相 続 債 務 の 額 ) イ 個 別 的 遺 留 分 額 = アの 額 ( 個 別 的 遺 留 分 の 割 合 ) ウ 遺 留 分 侵 害 額 = イの 額 -( 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 遺 贈 又 は 贈 与 を 受 けた 財 産 の 額 ) -( 民 法 第 903 条 の 規 定 によって 算 定 した 相 続 分 の 額 )( 注 1) -(Ⅱ3の 遺 留 分 侵 害 額 )( 注 2) +( 遺 留 分 権 利 者 が 負 担 する 相 続 債 務 の 額 ) ( 注 1)いわゆる 具 体 的 相 続 分 とほぼ 同 義 であるが,ここでは 寄 与 分 による 修 正 は 考 慮 しない( 持 戻 し 免 除 の 意 思 表 示 は 考 慮 する ) なお, 相 続 人 間 でこれとは 異 なる 内 容 の 遺 産 分 割 協 議 又 は 調 停 等 が 成 立 した 場 合 であっても, 遺 留 分 侵 害 額 の 算 定 には 影 響 しない ( 注 2) 実 際 に, 相 続 人 に 対 して 請 求 したか 否 か, 請 求 した 場 合 にその 額 がいくらであ ったのかについては 問 わない 2 相 続 人 以 外 の 第 三 者 は, 遺 留 分 権 利 者 に 対 し, 民 法 第 1033 条 から 第 条 までと 同 様 の 規 律 に 従 い,1の 遺 留 分 侵 害 額 について 責 任 を 負 う Ⅱ 相 続 人 に 対 する 請 求 3 遺 留 分 権 利 者 は, 他 の 相 続 人 に 対 しては, 以 下 の 計 算 式 によって 算 出 され た 額 (ウの 額 )を 遺 留 分 侵 害 額 として 主 張 することができる ( 計 算 式 ) ア 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 の 額 =( 遺 産 分 割 におけるみなし 相 続 財 産 の 額 ) -( 相 続 債 務 の 額 ) =( 被 相 続 人 が 相 続 開 始 時 に 有 していた 財 産 の 価 額 )( 注 3) +( 特 別 受 益 の 価 額 ) -( 相 続 債 務 の 額 ) イ 個 別 的 遺 留 分 額 = アの 額 ( 個 別 的 遺 留 分 の 割 合 ) ウ 遺 留 分 侵 害 額 = イの 額 -( 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 遺 贈 又 は 贈 与 を 受 けた 財 産 の 額 ) -( 民 法 第 903 条 の 規 定 によって 算 定 した 相 続 分 の 額 ) +( 遺 留 分 権 利 者 が 負 担 する 相 続 債 務 の 額 ) ( 注 3) 第 三 者 に 対 する 遺 贈 の 目 的 財 産 の 価 額 を 除 く 4 他 の 相 続 人 は, 遺 留 分 権 利 者 に 対 し, 以 下 の 計 算 式 によって 算 出 された 額 ( 法 定 相 続 分 超 過 額 )の 割 合 に 応 じて,3の 遺 留 分 侵 害 額 について 責 任 を 負 う 法 定 相 続 分 超 過 額 5

6 =( 当 該 相 続 人 が 受 けた 遺 贈 又 は 贈 与 の 額 ) (1- 当 該 相 続 人 の 法 定 相 続 分 ) 2 B 案 ( 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 遺 贈 等 の 目 的 財 産 が 遺 産 に 復 帰 するものとし, 相 続 人 間 の 取 得 額 の 調 整 は 遺 産 分 割 手 続 によって 行 うこととする 考 え 方 ) Ⅰ 遺 留 分 減 殺 請 求 の 効 果 等 の 見 直 し 1 遺 留 分 権 利 者 の( 総 体 的 ) 遺 留 分 侵 害 額 は, 以 下 の 計 算 式 によって 算 出 された 額 (ウの 額 )とする ( 計 算 式 ) ア 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 の 額 =( 被 相 続 人 が 相 続 開 始 時 に 有 していた 財 産 の 価 額 ) +( 相 続 開 始 前 1 年 間 にされた 贈 与 の 目 的 財 産 の 価 額 ) -( 相 続 債 務 ) イ ( 総 体 的 ) 遺 留 分 額 = アの 額 ( 総 体 的 遺 留 分 の 割 合 )( 注 1) ウ ( 総 体 的 ) 遺 留 分 侵 害 額 = イの 額 +( 相 続 債 務 の 額 ) -( 遺 産 分 割 の 対 象 財 産 の 額 ) -( 相 続 人 が 受 けた 遺 贈 又 は 贈 与 の 額 ) ( 当 該 相 続 人 の 法 定 相 続 分 ) ( 注 1) 現 行 の 総 体 的 遺 留 分 の 割 合 ( 民 法 第 1028 条 )と 同 じものを 想 定 しており, 直 系 尊 属 のみが 相 続 人 である 場 合 を 除 き,2 分 の1となる 2 遺 留 分 権 利 者 が 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 して 遺 留 分 減 殺 請 求 をした 場 合 に は, 当 該 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 受 けた 遺 贈 又 は 贈 与 のうち1の 遺 留 分 侵 害 額 に 相 当 する 部 分 は 無 効 となり, 遺 産 に 復 帰 する( 注 2) ( 注 2)2では, 現 行 法 と 同 様, 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 物 権 的 効 果 が 生 ずることを 前 提 としているが,ここでも, 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 を 金 銭 債 権 とし,そ の 価 値 相 当 額 を 返 還 させることとすることも 考 えられる 3 減 殺 の 順 序 及 び 割 合 については, 現 行 法 と 同 様 の 規 律 ( 民 法 第 1033 条 から 第 1035 条 まで)による 4 2によって 復 帰 した 遺 産 は, 遺 産 分 割 によってこれを 分 割 する(この 場 合 における 具 体 的 相 続 分 の 算 定 方 法 は 現 行 法 に 同 じ) Ⅱ 相 続 人 間 における 具 体 的 相 続 分 の 調 整 5 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 取 得 した 財 産 の 額 ( 注 3)が 以 下 の 計 算 式 に よって 算 出 された 額 (イの 額 以 下 最 低 限 相 続 分 額 という )に 達 しな い 場 合 には, 遺 留 分 権 利 者 は, 遺 産 分 割 ( 注 4)において, 他 の 相 続 人 に 対 し,その 差 額 の 支 払 又 はこれに 相 当 する 財 産 の 返 還 を 求 めることができる ( 計 算 式 ) ア 遺 産 分 割 におけるみなし 相 続 財 産 の 額 6

7 =( 被 相 続 人 が 相 続 開 始 時 に 有 していた 財 産 の 価 額 )( 注 5)+( 特 別 受 益 の 額 ) イ 最 低 限 相 続 分 額 = アの 額 ( 法 定 相 続 分 ) 1/2( 注 6) ( 注 3)ここでの 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 取 得 した 財 産 の 額 は, 遺 留 分 権 利 者 が 遺 産 分 割 (1によるものを 含 む )によって 取 得 すべき 財 産 の 評 価 額 + 当 該 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 遺 贈 又 は 贈 与 を 受 けた 財 産 の 評 価 額 ( 特 別 受 益 の 額 ) の 合 計 額 をいう ( 注 4) 一 部 分 割 がされた 場 合 には, 残 部 についての 遺 産 分 割 ( 最 終 の 遺 産 分 割 )に おいて,Ⅱ1の 請 求 を 認 めることを 想 定 している また,この 額 等 について 当 事 者 間 に 争 いがあり, 遺 産 分 割 協 議 が 成 立 しない 場 合 には, 家 庭 裁 判 所 が 遺 産 分 割 の 審 判 の 中 で,これを 定 めることを 想 定 している ( 注 5) 第 三 者 に 対 する 遺 贈 の 目 的 財 産 の 価 額 を 除 く また,Ⅰにより 遺 産 に 復 帰 し た 財 産 がある 場 合 には,その 額 を 加 算 する 必 要 がある ( 注 6)この 割 合 は, 現 行 の 総 体 的 遺 留 分 と 同 じ 割 合 ( 民 法 第 1028 条 )にするこ とを 想 定 しており, 原 則 として2 分 の1となるが, 直 系 尊 属 のみが 相 続 人 である 場 合 には3 分 の1となる 6 5の 場 合 には, 他 の 相 続 人 は, 遺 留 分 権 利 者 に 対 し, 以 下 の 計 算 式 によ って 算 出 された 額 ( 法 定 相 続 分 超 過 額 )の 割 合 に 応 じて,5の 差 額 につい て 責 任 を 負 う 法 定 相 続 分 超 過 額 =( 当 該 相 続 人 が 受 けた 遺 贈 又 は 贈 与 の 額 ) (1- 当 該 相 続 人 の 法 定 相 続 分 ) ( 補 足 説 明 ) 1 A 案 とB 案 の 概 要 について A 案 とB 案 は,いずれも 遺 留 分 の 算 定 方 法 を 見 直 すことによって, 遺 留 分 に 関 する 紛 争 を 合 理 的 に 解 決 しようとするものであるが,その 方 向 性 が 異 なる すなわち,A 案 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 と 相 続 人 である 場 合 とを 区 別 しようとするものであるのに 対 し,B 案 は, 総 体 的 遺 留 分 を 侵 害 する 財 産 を 遺 産 に 復 帰 させた 上 で, 遺 産 分 割 の 手 続 において 相 続 人 間 の 調 整 を 図 る というものである また,A 案 とB 案 の 特 徴 を 簡 潔 に 掲 げるとすると,まず,A 案 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 と 相 続 人 である 場 合 とで 完 全 に 分 離 することがで きるものの, 遺 留 分 の 算 定 方 法 が 複 雑 となる 点 が 難 点 である 次 に,B 案 は, 遺 留 分 の 算 定 方 法 が 現 行 法 よりも 簡 易 なものとなり, 予 測 可 能 性 が 高 まるもの の, 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 遺 産 に 復 帰 した 財 産 について 別 途 遺 産 分 割 の 手 続 が 必 要 となるため, 遺 留 分 に 関 する 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 とを 同 一 の 手 続 におい て 合 理 的 に 解 決 することができるかという 点 が 課 題 となる 7

8 A 案 及 びB 案 における 技 術 的 な 問 題 点 については, 様 々なものが 考 えられる ところであるが,まずは 大 まかな 方 向 性 を 検 討 すべく, 本 資 料 においては 詳 細 な 点 は 割 愛 している 2 A 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 部 会 資 料 4 第 3の2の 方 策 ( 以 下 前 回 案 という )は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 と 第 三 者 である 場 合 とでは 問 題 状 況 が 異 なるという 問 題 意 識 に 基 づくものであったが, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 と 第 三 者 である 場 合 とで 規 律 を 完 全 に 分 けていないものであった この 点 につい て, 第 4 回 部 会 では, 複 数 の 委 員 から, 前 回 案 では 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 相 続 人 と 第 三 者 の 双 方 が 含 まれる 場 合 の 規 律 が 複 雑 となり, 分 かりにくい 制 度 と なるため, 両 者 を 完 全 に 分 けて 規 律 することを 検 討 すべきであるとの 指 摘 が された A 案 は,これらの 指 摘 を 踏 まえ, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 と 第 三 者 である 場 合 とを 完 全 に 分 けて 規 律 することとしたものである 部 会 資 料 4からの 主 な 変 更 点 は, 次 のとおりである まず,A 案 のⅠは, 前 回 案 のⅠとほぼ 同 様 の 算 定 方 法 を 採 用 しているもの であるが,その 対 象 を 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 に 限 定 するとと もに,Ⅰの 遺 留 分 侵 害 額 (Ⅰ1)を 算 定 するに 当 たり,Ⅰの 個 別 的 遺 留 分 額 (Ⅰ1)からⅡの 遺 留 分 侵 害 額 ( 注 1)を 控 除 することとしている これによ り, 両 制 度 をそれぞれ 独 立 した 制 度 とすることが 可 能 となる 次 に,A 案 のⅡは, 前 回 案 のⅡとほぼ 同 様 の 算 定 方 法 を 採 用 しているもの であるが, 現 行 法 と 同 様, 相 続 債 務 を 考 慮 することとしている これにより, 前 回 案 のⅡの 問 題 点 ( 注 2)を 克 服 することができ( 注 3),その 結 果, 相 続 人 間 の 紛 争 については,A 案 のⅡの 中 で 完 結 することが 可 能 となる ( 注 1)A 案 のⅡ1の 遺 留 分 侵 害 額 は, 被 相 続 人 が 相 続 開 始 の 時 において 有 していた 財 産 や 贈 与 した 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 額 が 確 定 すれば 客 観 的 に 算 定 することが 可 能 である ( 注 2) 前 回 案 のⅡでは, 相 続 開 始 時 に 積 極 財 産 の 額 が 消 極 財 産 の 額 を 上 回 る 状 態 ( 資 産 超 過 の 状 態 )にある 場 合 でも, 遺 留 分 侵 害 額 の 算 定 において 相 続 債 務 が 考 慮 され ない 結 果, 遺 留 分 権 利 者 が 法 定 相 続 分 の 割 合 によってその 負 担 する 債 務 を 弁 済 する と,その 弁 済 額 が 遺 留 分 額 を 上 回 る 事 態 が 生 じ 得 ることになる ため,そのような 事 態 を 回 避 するため, 相 続 債 務 を 考 慮 する 前 回 案 のⅠについては, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 だけでなく, 相 続 人 である 場 合 も 適 用 されることとしていた しかし,A 案 のⅡのように, 相 続 債 務 を 考 慮 することとすれば, 上 記 のような 事 態 は 生 じないことになるため,その 結 果, 相 続 人 間 の 遺 留 分 と 第 三 者 との 関 係 を 分 離 することが 可 能 になるものと 考 えられる ( 注 3) 前 回 案 のⅡの 問 題 点 を 克 服 するためには, 相 続 人 間 の 遺 留 分 においても 相 続 債 務 について 一 定 の 配 慮 をしなければならないと 考 えられるところ,その 具 体 的 8

9 な 方 法 としては,A 案 のⅡで 記 載 した 以 外 にも 考 えられる 別 案 としては, 遺 留 分 による 調 整 後 のみなし 相 続 財 産 の 最 終 的 な 取 得 額 に 応 じて 相 続 債 務 の 内 部 負 担 割 合 が 定 まるという 考 え 方 を 採 用 した 場 合 にも, 前 回 案 のⅡの 問 題 点 を 克 服 する ことができる この 考 え 方 は, 積 極 財 産 の 取 得 割 合 に 応 じて 消 極 財 産 の 負 担 割 合 を 定 めるというものであり, 相 続 人 間 の 公 平 に 資 するものと 考 えられるが, 他 方 で, 相 続 人 間 の 求 償 問 題 を 頻 発 させることになるという 難 点 がある (2) Ⅰの 制 度 ( 第 三 者 に 対 する 請 求 )について ア 特 別 受 益 について 相 続 人 に 対 する 特 別 受 益 については, 判 例 上, 民 法 第 1030 条 は 適 用 されないこととされており( 最 高 裁 平 成 10 年 3 月 24 日 判 決 民 集 52 巻 2 号 433 頁 ), 原 則 として 何 十 年 も 前 の 特 別 受 益 であっても 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 になると 解 されている しかし, 少 なくとも 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 には, 自 らの 知 り 得 ない 特 別 受 益 の 存 在 によっ て, 予 想 を 超 える 遺 留 分 減 殺 請 求 を 受 けるといったことにもなりかねず, そのような 結 論 は, 遺 贈 又 は 贈 与 の 無 償 性 を 考 慮 してもなおその 合 理 性 に は 疑 問 が 残 るところである そこで,A 案 のⅠでは, 前 回 案 と 同 様, 相 続 人 に 対 する 特 別 受 益 につい ても 民 法 第 1030 条 前 段 が 適 用 されることとしている( 注 ) ( 注 ) 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 (Ⅰの 制 度 )に 含 まれる 生 前 贈 与 を 相 続 開 始 前 1 年 間 のものに 限 定 した 理 由 は, 以 下 のとおりである 現 行 の 民 法 第 1030 条 に 規 定 する 当 事 者 双 方 が 遺 留 分 権 利 者 に 損 害 を 加 えることを 知 って という 要 件 について, 判 例 は, 加 害 の 認 識 で 足 りるとしつ つ, 当 事 者 双 方 が 相 続 開 始 時 までに 財 産 の 増 加 がないことを 予 見 していたこと が 必 要 であるとしているが( 大 判 昭 和 11 年 6 月 17 日 民 集 15 巻 1246 頁 ), このような 判 例 の 立 場 を 前 提 にすると,1 年 以 上 前 の 贈 与 が 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 に 含 まれる 事 案 はかなり 限 定 されるものと 考 えられ,このような 要 件 を 設 ける 意 義 はさほど 大 きくないと 考 えられる 他 方, 受 贈 者 としては, 民 法 第 1030 条 後 段 の 規 定 があることにより, 贈 与 を 受 けた 後 1 年 が 経 過 してもその 目 的 財 産 の 帰 属 が 確 定 しないことになる そして, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 の 行 使 期 間 の 始 期 は 遺 留 分 権 利 者 の 主 観 面 によって 左 右 されるため( 民 法 第 1042 条 ), 結 局 のところ, 受 贈 者 は,いつの 時 点 で 贈 与 の 目 的 財 産 を 確 定 的 に 取 得 できるかはっきりせず, 法 的 に 不 安 定 な 地 位 に 置 かれることになる さらに, 現 行 法 上 は, 前 記 判 例 があるために, 相 続 人 に 対 する 贈 与 が 民 法 第 1030 条 後 段 に 該 当 するか 否 かを 争 う 実 益 はないが,Ⅰの 規 律 についてこれ と 同 趣 旨 の 規 律 を 設 けると, 相 続 人 に 対 する 贈 与 がこの 要 件 に 該 当 するか 否 か を 争 う 意 義 が 大 きくなり,これによって 紛 争 が 増 えるおそれがある A 案 では,これらの 点 を 考 慮 して, 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 (Ⅰの 制 度 ) に 含 まれる 生 前 贈 与 を 相 続 開 始 前 1 年 間 のものに 限 定 することとしたものであ 9

10 る イ 算 定 上 の 問 題 点 について Ⅰの 制 度 によった 場 合 には,Ⅰの 遺 留 分 侵 害 額 の 算 定 に 当 たり,Ⅱの 遺 留 分 侵 害 額 を 控 除 することとなるが,この 額 は,その 前 提 となる 財 産 関 係 ( 被 相 続 人 が 相 続 開 始 の 時 において 有 していた 財 産 や 贈 与 した 財 産 の 価 額 及 び 債 務 の 額 )が 確 定 すれば 客 観 的 に 算 定 することができるところ,その 前 提 となる 財 産 関 係 については, 現 行 法 上 においても 確 定 しなければなら ない 事 項 である したがって,A 案 を 採 用 したからといって, 現 行 の 規 律 と 比 較 して 遺 留 分 の 算 定 が 困 難 になるというわけではない (3) Ⅱの 制 度 ( 相 続 人 に 対 する 請 求 )について ア 遺 産 分 割 との 関 係 について Ⅱの 遺 留 分 については, 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 を 遺 産 分 割 におけ るみなし 相 続 財 産 と 同 じにしているため(ただし, 遺 留 分 において 相 続 債 務 を 考 慮 するという 点 は 異 なる ), 第 1の 乙 案 と 組 み 合 わせることにより, 遺 留 分 を 遺 産 分 割 と 同 一 の 手 続 で 処 理 することが 可 能 となる Ⅱの 制 度 は, みなし 相 続 財 産 を 基 礎 として 遺 留 分 を 算 定 するものであることから, 遺 産 分 割 に 関 する 手 続 及 び 遺 留 分 に 関 する 手 続 の 両 者 を 経 ることによって,み なし 相 続 財 産 全 体 に 対 する 各 相 続 人 の 承 継 割 合 が 定 まることになる した がって,Ⅱの 制 度 については, 家 事 審 判 事 項 とすることがより 自 然 である と 考 えられる もっとも, 事 案 によっては, 遺 産 分 割 と 遺 留 分 を 同 一 の 手 続 で 処 理 する ことによってかえって 紛 争 が 複 雑 化 することも 考 えられることから, 両 手 続 の 併 合 を 必 要 的 なものとすることについては 慎 重 な 検 討 を 要 するもの と 考 えられる イ 寄 与 分 との 関 係 について A 案 では, 相 続 人 間 の 遺 留 分 は, 寄 与 分 に 影 響 を 受 けないものとしてい る これは, 寄 与 分 による 貢 献 よりも 最 低 限 保 証 すべき 遺 留 分 を 優 先 させ るという 価 値 判 断 に 基 づくものである この 考 え 方 によると, 寄 与 分 は, 現 行 法 と 同 様, 被 相 続 人 が 相 続 開 始 の 時 において 有 した 財 産 の 価 額 から 遺 贈 の 価 額 を 控 除 した 残 額 を 超 えては 認 められず, 遺 産 分 割 における 具 体 的 相 続 分 を 修 正 するという 以 上 の 意 味 を 持 たないことになる これに 対 して, 寄 与 分 による 貢 献 を 相 続 人 間 の 遺 留 分 に 優 先 させるとい う 考 え 方 もあり 得 る その 場 合 には,みなし 相 続 財 産 又 は 被 相 続 人 が 相 続 開 始 の 時 において 有 した 財 産 ( 遺 贈 された 財 産 も 含 む )の 中 から 寄 与 分 を 認 定 し,そこから 寄 与 分 を 控 除 した 上 で,その 残 額 について 遺 留 分 等 を 検 討 することになる ただし,その 場 合 であっても, 第 三 者 に 対 する 遺 留 分 を 検 討 する 際 には, 手 続 上, 寄 与 分 はないものとして 算 定 せざるを 得 な いものと 考 えられる(そのようにしないと, 第 三 者 に 対 する 遺 留 分 の 手 続 を 独 立 したものとすることができなくなる ) 10

11 (4) 前 記 第 1の 考 え 方 との 関 係 A 案 を 採 った 場 合 には, 前 記 第 1の 甲 案, 乙 案 及 び 丙 案 のいずれの 考 え 方 とも 組 み 合 わせることが 可 能 であるが,A 案 は, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 と, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 とで 規 律 を 変 えるもの であるため, 丙 案 とより 親 和 性 があると 考 えられる A 案 と 丙 案 を 組 み 合 わ せた 場 合 には, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 第 三 者 である 場 合 には 地 方 裁 判 所 におけ る 民 事 訴 訟 手 続 でこれを 取 り 扱 い, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 に は 家 庭 裁 判 所 における 家 事 事 件 手 続 でこれを 取 り 扱 うことが 可 能 であるため, 手 続 的 な 問 題 は 少 ない 3 B 案 について (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 現 行 の 遺 留 分 制 度 は, 相 続 財 産 等 の 一 定 割 合 を 遺 留 分 権 利 者 に 留 保 する 制 度 であるが, 総 体 的 遺 留 分 は 被 相 続 人 が 相 続 開 始 の 時 において 有 した 財 産 の 価 額 にその 贈 与 した 財 産 の 価 額 を 加 えた 額 から 債 務 の 全 額 を 控 除 して,こ れを 算 定 する こととされている( 民 法 第 1029 条 第 1 項 ) したがって, 現 行 の 遺 留 分 制 度 は, 相 続 財 産 等 の 純 資 産 額 ( 積 極 財 産 から 相 続 債 務 を 控 除 した 残 額 )の 一 定 割 合 を 遺 留 分 権 利 者 に 留 保 する 制 度 ということになる 他 方, 前 記 のとおり, 判 例 上, 受 贈 者 が 相 続 人 である 場 合 には, 民 法 第 条 の 規 定 は 適 用 されないこととされているが,これは,このような 解 釈 をとらないと, 各 相 続 人 が 被 相 続 人 から 受 け 取 った 財 産 の 額 に 極 めて 大 き な 格 差 がある 場 合 にも, 特 別 受 益 の 時 期 如 何 によってはこれを 是 正 すること ができなくなること 等 を 考 慮 したものであると 考 えられる このように, 現 行 の 遺 留 分 制 度 は, 遺 留 分 権 利 者 に 相 続 財 産 等 の 純 資 産 額 の 一 定 割 合 に 相 当 する 財 産 を 留 保 するという 要 請 と, 被 相 続 人 から 受 領 した 財 産 額 に 関 する 相 続 人 間 の 不 平 等 を 是 正 するという 要 請 を 実 現 するためのも のと 考 えられるが,これらの 要 請 は, 全 く 別 の 観 点 に 基 づくものであり,こ れを 同 一 の 制 度 の 中 で 実 現 しようとしているために, 判 例 による 規 律 の 補 充 が 各 所 で 必 要 となるなど, 部 会 資 料 4の 第 1 1に 記 載 したような 問 題 が 生 じているのではないかと 思 われる そこで,B 案 は, 前 記 2つの 要 請 を 別 の 制 度 において 実 現 するという 前 回 案 を 前 提 としつつ,その 効 果 についても, 前 記 2つの 要 請 を 端 的 に 実 現 する ことを 意 図 したものである すなわち,Ⅰの 制 度 は, 遺 留 分 権 利 者 に 相 続 財 産 等 の 純 資 産 額 の 一 定 割 合 に 相 当 する 財 産 を 確 保 させるという 前 者 の 要 請 に 対 応 することを 目 的 とするものであるが,その 効 果 については, 総 体 的 遺 留 分 を 侵 害 する 部 分 を 無 効 として,これを 遺 産 に 復 帰 させることに 留 めるもの であり, 遺 産 に 復 帰 した 財 産 の 分 配 については, 通 常 の 遺 産 分 割 において 処 理 することとするものである 他 方,Ⅱの 制 度 は, 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 取 得 した 財 産 の 額 がその 具 体 的 相 続 分 額 の2 分 の1( 注 )に 満 たない 場 合 に,その 差 額 の 取 戻 しを 認 めるものである 11

12 ( 注 )ここでの 具 体 的 相 続 分 額 は, 民 法 第 903 条 第 1 項 に 規 定 する 相 続 分 を 意 味 し, 相 続 人 の 中 にいわゆる 超 過 特 別 受 益 がある 者 がいる 場 合 には, 超 過 特 別 受 益 による 調 整 前 のものをいう また,ここでの 2 分 の1 は, 厳 密 には, 現 行 の 総 体 的 遺 留 分 の 割 合 を 意 味 するものとして 用 いており, 直 系 尊 属 のみが 相 続 人 であ る 場 合 には 3 分 の1 となる (2) Ⅰの 制 度 について ア 請 求 権 者 現 行 の 遺 留 分 制 度 では, 遺 留 分 権 利 者 のうち, 現 にその 遺 留 分 ( 個 別 的 遺 留 分 )を 侵 害 された 者 のみが 請 求 権 者 となるが,Ⅰの 制 度 は, 現 行 制 度 とは 異 なり, 総 体 的 遺 留 分 に 相 当 する 財 産 を 遺 留 分 権 利 者 全 員 のために 確 保 する 制 度 であるため, 遺 留 分 権 利 者 ( 兄 弟 姉 妹 以 外 の 相 続 人 )であれば 誰 でも, 保 存 行 為 として,Ⅰの 請 求 をすることができることとしている このため, 現 行 の 遺 留 分 制 度 よりも 請 求 権 者 の 範 囲 が 広 がることになる が,Ⅰの 制 度 によって 遺 産 に 復 帰 した 財 産 は,その 後 に 行 われる 遺 産 分 割 手 続 では, 特 別 受 益 の 額 が 少 ない 相 続 人 に 分 配 されることになるため, 実 際 には,この 請 求 をする 者 の 多 くは 特 別 受 益 の 額 が 少 ない 相 続 人 になると 考 えられる( 注 1) 他 方, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 にとっても, 過 去 の 特 別 受 益 の 有 無 及 びその 額 によって 減 殺 される 財 産 の 範 囲 が 大 きく 変 わるということがなくなり, 現 行 の 規 律 よりも, 減 殺 される 範 囲 に 関 する 予 測 可 能 性 が 高 まるものと 考 え られる( 注 2) ( 注 1)このように,B 案 は, 遺 留 分 権 利 者 が 各 自 保 存 行 為 として 遺 留 分 減 殺 請 求 を することができるとするものであるが, 遺 留 分 権 利 者 の1 人 が 原 告 として 訴 訟 を 提 起 した 場 合 には, 他 の 遺 留 分 権 利 者 は,その 訴 訟 に 当 事 者 として 参 加 すること はできるものの, 別 訴 を 提 起 することはできないこととする 必 要 がある( 類 似 必 要 的 共 同 訴 訟 ) ( 注 2) 受 遺 者 又 は 受 贈 者 にとっては, 相 続 開 始 の1 年 以 上 前 の 特 別 受 益 がない 事 案 では 減 殺 される 範 囲 が 現 行 の 規 律 よりも 大 きくなるか, 変 わらないのに 対 し, 相 続 開 始 の1 年 以 上 前 の 特 別 受 益 が 多 い 事 案 では 減 殺 される 範 囲 が 縮 小 すること になる イ 減 殺 の 対 象 となる 被 相 続 人 の 処 分 行 為 について 前 記 のとおり,B 案 は, 被 相 続 人 の 処 分 行 為 ( 遺 贈, 贈 与 等 )のうち, 総 体 的 遺 留 分 を 侵 害 する 部 分 を 無 効 とするものであるが,その 処 分 行 為 が 相 続 人 に 対 してされた 場 合 には, 当 該 相 続 人 の 法 定 相 続 分 に 相 当 する 部 分 についてはその 処 分 行 為 がなかったとしても 当 該 相 続 人 に 帰 属 することに なることに 鑑 み,その 法 定 相 続 分 を 超 過 する 部 分 のみを 減 殺 の 対 象 にする ことを 想 定 している ウ 遺 産 復 帰 の 効 果 について (ア) 遺 産 に 復 帰 した 財 産 が 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 金 銭 債 権 となる 場 合 12

13 の 処 理 Ⅰ2では, 遺 留 分 減 殺 請 求 権 が 行 使 された 場 合 には, 遺 贈 又 は 贈 与 の 一 部 が 遺 産 に 復 帰 することとしているが, 金 銭 の 贈 与 の 一 部 が 無 効 とな った 場 合 のように, 復 帰 する 財 産 が 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 対 する 金 銭 債 権 となる 場 合 には,その 取 扱 いをどうすべきかが 問 題 となる( 第 1の 乙 案 又 は 丙 案 を 採 用 して 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 を 金 銭 債 権 とする 場 合 も 同 様 の 問 題 が 生 ずる ) この 点 について, 何 らの 手 当 てもしないと, 遺 産 に 復 帰 する 財 産 が 可 分 債 権 である 場 合 には, 法 定 相 続 分 に 従 って 相 続 人 に 当 然 分 割 されることになるが, 前 記 のとおり,Ⅰの 遺 留 分 減 殺 請 求 は, 遺 留 分 権 利 者 が 保 存 行 為 として 行 うものであり, 各 遺 留 分 権 利 者 がその 全 額 を 行 使 することができるようにする 必 要 がある (イ) 遺 産 分 割 との 関 係 ア 遺 留 分 減 殺 請 求 がされる 前 に 遺 産 分 割 協 議 等 が 成 立 していた 場 合 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 遺 贈 又 は 贈 与 の 目 的 財 産 ( 又 はその 価 値 ) の 一 部 が 遺 産 に 復 帰 するという 効 果 が 生 ずるものの, 遡 及 効 を 認 める ものではないため, 遺 留 分 減 殺 請 求 の 前 に 遺 産 分 割 協 議 等 が 既 に 成 立 していた 場 合 にも,その 効 力 に 影 響 は 生 じないものと 考 えられ,この 点 について 特 段 の 手 当 てをする 必 要 はないと 考 えられる イ 遺 産 分 割 協 議 等 が 成 立 する 前 に 遺 留 分 減 殺 請 求 がされた 場 合 この 場 合 には, 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 復 帰 した 遺 産 と 合 わせて 遺 産 分 割 を 行 うべきこととなるが, 遺 留 分 侵 害 の 有 無 やその 範 囲 等 につ いて 争 いがあり,その 確 定 に 相 当 程 度 の 期 間 を 要 することが 予 想 され るような 場 合 には, 遺 留 分 減 殺 請 求 によって 遺 産 に 復 帰 した 財 産 を 除 外 して, 遺 産 分 割 を 行 うことを 可 能 とする 方 策 を 講 ずる 必 要 がある ( 注 ) ( 注 )これは, 可 分 債 権 を 遺 産 分 割 の 対 象 とする 見 直 しをした 場 合 に, 可 分 債 権 の 中 に, 不 法 行 為 に 基 づく 損 害 賠 償 請 求 権 のように,その 債 権 の 有 無 及 び 額 につき 当 事 者 間 で 争 いがある 債 権 が 含 まれる 場 合 と 同 様 の 問 題 である と 考 えられる このような 問 題 を 解 決 するためには, 一 部 分 割 を 可 能 とす る 要 件 の 明 確 化, 柔 軟 化 を 図 るとともに, 残 部 の 遺 産 分 割 における 規 律 の 明 確 化 を 図 る 必 要 があると 考 えられるが,その 点 については, 次 回 の 部 会 資 料 において 検 討 する ウ 他 に 遺 産 分 割 すべき 財 産 がない 場 合 の 処 理 他 に 遺 産 分 割 すべき 財 産 がない 事 案 では,その 後 の 遺 産 分 割 手 続 に おいて,Ⅰの 請 求 者 が 遺 産 に 復 帰 した 財 産 の 全 てを 取 得 すべき 場 合 が 多 く 存 在 するものと 考 えられる そのような 場 合 に,Ⅰの 請 求 者 が 遺 産 分 割 の 申 立 てをすることなく,その 財 産 を 確 定 的 に 取 得 することが できるようにするため,Ⅰの 請 求 者 が 他 の 相 続 人 に 対 して 相 当 の 期 間 を 定 めて 遺 産 に 復 帰 した 財 産 についてその 分 配 を 求 めるかどうかを 催 13

14 告 し,その 期 間 内 にその 求 めがなかった 場 合 には,Ⅰの 請 求 者 が 遺 産 に 復 帰 した 財 産 の 全 てを 取 得 することを 内 容 とする 遺 産 分 割 協 議 が 成 立 したものとみなすなどの 方 策 を 講 ずることが 考 えられる (3) Ⅱの 制 度 について Ⅱの 制 度 は, 遺 留 分 権 利 者 が 被 相 続 人 から 取 得 した 財 産 の 額 が 当 該 遺 留 分 権 利 者 の 具 体 的 相 続 分 額 の2 分 の1に 満 たない 場 合 に, 多 額 の 特 別 受 益 があ る 他 の 相 続 人 に 金 銭 債 務 を 負 担 させるなどして,その 差 額 を 補 填 させること を 意 図 したものである すなわち, 現 行 の 規 律 では, 相 続 人 の 中 に 遺 贈 や 贈 与 を 受 けた 者 がいる 場 合 には,これを 特 別 受 益 とすること( 民 法 第 903 条 )によって, 相 続 人 間 の 取 得 額 における 不 平 等 を 是 正 することとされているが, 特 別 受 益 の 制 度 で は, 多 額 の 特 別 受 益 がある 者 が 遺 贈 又 は 贈 与 の 一 部 ( 又 はその 価 値 相 当 額 ) を 現 実 に 返 還 することまでは 想 定 されておらず,その 者 の 具 体 的 相 続 分 を 零 にするにとどまる(=この 者 の 特 別 受 益 がその 具 体 的 相 続 分 を 上 回 る 場 合 に も,これを 返 還 することを 要 しない 講 学 上,この 場 合 の 超 過 額 は, 超 過 特 別 受 益 と 呼 ばれている ) これに 対 し,Ⅱの 制 度 は, 遺 留 分 権 利 者 の 取 得 額 が 具 体 的 相 続 分 額 の2 分 の1に 満 たない 場 合 に, 超 過 特 別 受 益 がある 者 からその 一 部 を 現 実 に 返 還 させるものということができる このように,Ⅱの 制 度 は, 必 ずしもⅠの 制 度 の 利 用 を 前 提 としたものでは なく,Ⅰの 制 度 の 要 件 を 満 たさない 場 合 でも,Ⅱの 要 件 を 満 たすことがあり 得 ることになる なお, 寄 与 分 については,A 案 と 同 様, 最 低 限 相 続 分 額 を 算 定 するに 当 た り 考 慮 しないこととしている (4) Ⅰの 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 を 一 体 的 に 処 理 する 方 策 について B 案 によった 場 合 には,Ⅰの 事 件 では, 遺 贈 等 の 目 的 財 産 の 一 部 が 遺 産 に 復 帰 するだけであり,その 後 その 財 産 について 別 途 遺 産 分 割 を 行 う 必 要 があ ることになるため,Ⅰの 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 とを 一 体 的 に 処 理 することがで きるようにすべき 必 要 性 が 高 いと 考 えられる 他 方,Ⅰの 事 件 は, 基 本 的 には, 一 定 の 要 件 を 満 たせば 当 然 に 遺 産 への 復 帰 の 効 果 が 生 じ, 実 体 的 な 権 利 義 務 の 内 容 について 裁 判 所 の 裁 量 が 入 る 余 地 はないと 考 えられるから( 注 1), 憲 法 上 公 開 の 裁 判 で 行 うことが 必 要 となる 純 然 たる 訴 訟 事 件 に 当 たることになるものと 考 えられる そして,その 手 続 についても, 現 行 の 遺 留 分 減 殺 請 求 訴 訟 と 同 様, 基 本 的 には 弁 論 主 義 等 が 妥 当 する 民 事 訴 訟 手 続 になじむものと 考 えられる そうすると,Ⅰの 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 とを 一 体 的 に 処 理 するためには,Ⅰ の 事 件 の 職 分 管 轄 を 家 庭 裁 判 所 とした 上 で( 注 2), 遺 産 分 割 事 件 との 併 合 的 処 理 を 可 能 とする 方 策 を 講 ずる 必 要 があることになる この 点 については, 弁 論 主 義 等 が 妥 当 する 民 事 訴 訟 事 件 と 職 権 探 知 主 義 等 が 妥 当 する 家 事 審 判 事 件 の 併 合 を 認 めた 場 合 に, 適 切 に 事 件 処 理 を 行 うことができるかどうかが 問 14

15 題 となるが, 現 行 法 の 下 でも, 離 婚 における 財 産 分 与 事 件 ( 家 事 審 判 事 件 ) と 離 婚 に 伴 う 慰 謝 料 請 求 事 件 ( 民 事 訴 訟 事 件 )とは, 併 合 的 処 理 がされるこ とがあり 得 るところ, 両 事 件 の 関 係 は,Ⅰの 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 との 関 係 と 類 似 する 面 があると 考 えられる そうであるとすれば, 具 体 的 な 制 度 設 計 については 慎 重 な 検 討 が 必 要 とな るものの,Ⅰの 事 件 と 遺 産 分 割 事 件 とを 併 合 して 行 うことも 可 能 ではないか と 考 えられる ( 注 1)もっとも,Ⅰの 事 件 についても, 例 えば, 前 記 第 1の 乙 案 を 採 用 した 場 合 には, 財 産 の 分 与 の 方 法 については, 裁 判 所 に 一 定 の 裁 量 の 余 地 があり 得 ることになるた め, 純 然 たる 訴 訟 事 件 ではなくなるものと 考 えられる ( 注 2)このほか,Ⅰの 事 件 のうち, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 に 第 三 者 を 含 む 場 合 については 地 方 裁 判 所 の 管 轄 とし, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 人 だけである 場 合 のみ 家 庭 裁 判 所 の 管 轄 とすること 等 も 考 えられる (5) 前 記 第 1の 考 え 方 との 関 係 B 案 では,Ⅰの 事 件 が 遺 留 分 に 関 する 事 件 ということになるが,Ⅰの 考 え 方 については, 前 記 第 1の 甲 案, 乙 案 及 び 丙 案 のいずれとも 組 み 合 わせるこ とが 可 能 であると 考 えられる 第 3 その 他 1 円 滑 な 事 業 承 継 等 の 障 害 となり 得 る 点 を 緩 和 する 方 策 について 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 遺 留 分 権 利 者 の 承 継 した 相 続 債 務 について 弁 済 をし, 又 は 免 責 的 債 務 引 受 をするなど,その 債 務 を 消 滅 させる 行 為 をした 場 合 には, 遺 留 分 権 利 者 の 権 利 は,その 消 滅 した 債 務 額 の 限 度 で 減 縮 する ( 補 足 説 明 ) (1) 部 会 資 料 4からの 変 更 点 部 会 資 料 4では, 円 滑 な 事 業 承 継 等 の 障 害 となり 得 る 点 を 緩 和 する 方 策 と して,1 遺 留 分 の 放 棄 等 に 関 する 規 定 の 明 確 化,2 遺 留 分 権 利 者 が 承 継 する 相 続 債 務 額 を 加 算 する 取 扱 いという2つの 観 点 から 問 題 提 起 をしていたが, 今 回 の 提 案 は,2の 観 点 から, 遺 留 分 侵 害 額 を 算 定 するに 当 たって 考 慮 すべ き 債 務 の 額 についての 規 律 を 設 けようとするものである 1の 観 点 については, 部 会 資 料 4では, 中 小 企 業 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 除 外 合 意 に 類 する 効 力 を 一 般 的 にも 認 めることも 視 野 に 入 れつつ, 遺 留 分 権 利 者 がその 権 利 の 全 部 又 は 一 部 の 放 棄 ないしこれに 類 する 処 分 をすることができ る 場 合 やその 要 件 を 整 理 し,これを 法 律 上 明 確 化 することを 提 案 した しか し,これに 対 しては, 第 4 回 部 会 において, 中 小 企 業 経 営 承 継 円 滑 化 法 の 除 外 合 意 等 の 制 度 はあまり 使 われておらず,そのような 制 度 が 必 要 とされてい るのかについて 疑 問 があるとの 指 摘 がされたところである また, 遺 留 分 権 利 者 が 特 定 の 贈 与 の 効 力 を 承 認 することによって 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 15

16 産 から 除 外 するとともに 減 殺 の 対 象 からも 除 外 するということも 考 えられる ところではあるが, 第 2のA 案 のように, 相 続 人 間 の 遺 留 分 について,いわ ゆるみなし 相 続 財 産 を 基 礎 に 遺 留 分 を 算 定 することとして 遺 産 分 割 手 続 との 整 合 性 を 取 ろうとする 場 合 には,かえって 計 算 が 複 雑 になるといった 問 題 点 もある これらを 考 慮 した 結 果, 今 回 の 提 案 においては,1の 観 点 からの 見 直 しの 提 案 は 掲 げていない (2) 遺 留 分 侵 害 額 を 算 定 するに 当 たって 考 慮 する 債 務 の 額 について 現 行 法 上, 遺 留 分 侵 害 額 の 算 定 において 遺 留 分 権 利 者 が 承 継 する 相 続 債 務 の 額 を 加 算 する 取 扱 いがされているのは, 遺 留 分 権 利 者 が 承 継 した 相 続 債 務 を 弁 済 した 後 にも, 遺 留 分 権 利 者 に 一 定 の 財 産 が 残 るようにするためである が, 実 際 には, 遺 留 分 権 利 者 が 承 継 した 相 続 債 務 の 弁 済 等 をせずに, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 の 行 為 ( 弁 済 や 免 責 的 債 務 引 受 等 )によって 消 滅 するという 事 態 も 生 じ 得 る このような 場 合 に, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 別 途 求 償 権 を 行 使 する というのは 迂 遠 であり, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 債 務 を 消 滅 させたことを 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 の 内 容 に 直 接 反 映 させるのが 簡 便 であると 考 えら れる そのような 観 点 から, 今 回 の 提 案 では, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 相 続 債 務 について 弁 済 をし, 又 は 免 責 的 債 務 引 受 をした 場 合 には, 遺 留 分 権 利 者 が 取 得 する 権 利 は,その 消 滅 した 額 の 限 度 で 減 縮 するものとしている( 注 ) ( 注 ) 部 会 資 料 4の 第 4 1(2)で 記 載 したケースのうち, 1 相 続 債 権 者 の 同 意 を 得 て 免 責 的 債 務 引 受 をした 場 合, 3 遺 留 分 権 利 者 が 承 継 した 債 務 について 相 続 債 権 者 に 第 三 者 弁 済 をした 場 合 については, 今 回 の 提 案 で 対 応 することができるが, 2 重 畳 的 債 務 引 受 をして, 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 引 き 受 けた 債 務 について 相 当 の 担 保 を 供 した 場 合 については, 今 回 の 提 案 では 応 することはできない 部 会 資 料 4 の 第 4 1(2)に 記 載 した2のケース( 重 畳 的 債 務 引 受 をして 相 当 の 担 保 を 提 供 した 場 合 )においても 同 様 の 規 律 を 設 ける 場 合 には, 次 にような 問 題 が 生 ずる す なわち,ア 遺 留 分 権 利 者 が 自 ら 債 務 の 弁 済 をする( 又 は 強 制 執 行 を 受 ける) 可 能 性 があり,その 場 合 には, 追 加 で 遺 留 分 減 殺 を 認 める 必 要 が 生 じ 得 る,イ 受 遺 者 又 は 受 贈 者 が 提 供 した 担 保 が 実 行 された 場 合 には, 特 段 の 手 当 てをしなければ 受 遺 者 又 は 受 贈 者 は 遺 留 分 権 利 者 に 対 して 求 償 権 を 得 ることになるため,その 行 使 を 制 限 す る 必 要 がある,ウ 提 供 した 担 保 が 十 分 であるかどうかを 判 断 する 必 要 があるが,そ の 判 断 をどのように 行 うこととするかといった 困 難 な 問 題 が 生 ずる そこで, 今 回 の 提 案 においては, 部 会 資 料 4の 第 4 1(2)に 記 載 した2のケース( 重 畳 的 債 務 引 受 をして 相 当 の 担 保 を 提 供 した 場 合 )については 新 たな 規 律 の 対 象 としていな い 2 遺 産 の 属 性 に 応 じて 遺 留 分 の 範 囲 を 定 める 考 え 方 について 部 会 資 料 4の 第 3では, 遺 留 分 算 定 の 基 礎 となる 財 産 を 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 と 被 相 続 人 の 固 有 財 産 とに 分 けた 上 で,その 財 産 の 属 性 に 応 じて 遺 留 分 の 範 囲 を 決 めることとする 方 策 を 掲 げていた しかし, 前 記 方 策 については, 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 と 被 相 続 人 の 固 有 財 産 と 16

17 を 截 然 と 区 別 することができるか 疑 問 であり,この 点 に 関 する 紛 争 が 増 加 する おそれがあるや, 前 記 方 策 では, 例 えば, 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 と 固 有 財 産 の 両 方 を 原 資 として 取 得 した 財 産 や, 退 職 金 請 求 権 のように, 婚 姻 前 の 労 働 の 対 価 と 婚 姻 中 の 労 働 の 対 価 の 両 方 が 含 まれ 得 る 財 産 など, 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 と 固 有 財 産 の 両 方 の 性 質 を 含 む 財 産 をどのように 扱 うべきかといった 困 難 な 問 題 が 生 ずる, 遺 産 の 多 くが 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 である 場 合 には, 子 の 遺 留 分 が 極 め て 低 額 になり,その 結 論 の 妥 当 性 にも 疑 問 があるといった 指 摘 がされ,このよ うな 考 え 方 に 否 定 的 な 意 見 が 大 半 を 占 めた また, 前 記 方 策 は, 配 偶 者 の 貢 献 に 応 じた 遺 産 分 割 を 実 現 するための 方 策 と して, 部 会 資 料 3に 掲 げた 実 質 的 夫 婦 共 有 財 産 と 被 相 続 人 の 固 有 財 産 とを 分 け る 考 え 方 を 採 用 することと 密 接 に 関 連 していたところ, 部 会 資 料 7では, 部 会 資 料 3に 掲 げた 前 記 の 考 え 方 を 修 正 し, 配 偶 者 の 貢 献 に 応 じてその 相 続 分 に 加 算 される 額 の 法 的 性 質 を 寄 与 分 ( 配 偶 者 寄 与 分 )と 整 理 したことから( 部 会 資 料 7 3 頁 参 照 ), 仮 に 部 会 資 料 7に 掲 げた 前 記 方 策 をとったとしても,それ に 伴 い 遺 留 分 の 範 囲 等 を 見 直 す 必 要 性 はなくなったところである このため, 本 資 料 では, 前 記 方 策 のような 考 え 方 (その 修 正 案 を 含 む )は 採 らないこととしている 3 直 系 尊 属 の 遺 留 分 について 第 4 回 部 会 においては, 直 系 尊 属 の 遺 留 分 は 廃 止 すべきであるとの 指 摘 がさ れた 一 般 に, 配 偶 者 や 子 が 扶 養 を 受 けることと 比 べると, 直 系 尊 属 がその 子 から 扶 養 を 受 けることは 少 ないものと 考 えられるし, 民 法 上 の 扶 養 義 務 につい ても, 配 偶 者 や 子 に 対 するそれと 直 系 尊 属 に 対 するそれとでは 程 度 に 差 がある とされていることからすると, 遺 留 分 において 直 系 尊 属 の 生 活 保 障 を 考 慮 する 必 要 性 は 高 くないということもできる また, 直 系 尊 属 が 遺 産 の 形 成 に 貢 献 し たということも, 一 般 的 にはそう 多 くはないものと 考 えられる もっとも, 例 えば, 被 相 続 人 が 父 母 から 多 額 の 生 前 贈 与 を 受 けていた 場 合 に は 父 母 にも 遺 留 分 が 認 められるべきとも 考 えられるし, 父 が 死 亡 した 際 に 母 が その 相 続 を 放 棄 したことによって 被 相 続 人 が 父 の 遺 産 の 全 てを 相 続 したという 場 合 には 母 にも 遺 留 分 が 認 められるべきとも 考 えられる( 注 ) 直 系 尊 属 の 遺 留 分 については,これらを 踏 まえて 検 討 する 必 要 があると 考 え られるが,どのように 考 えるか ( 注 ) 例 えば, 直 系 尊 属 の 遺 留 分 は 廃 止 しないこととした 上 で, 直 系 尊 属 から 受 けた 贈 与 又 は 相 続 の 限 度 でのみ 減 殺 を 請 求 することができるものとすることも 考 えられる 4 特 殊 な 類 型 における 事 件 処 理 の 明 確 化 について 現 行 法 上, 相 続 分 の 指 定 と 持 戻 し 免 除 の 意 思 表 示 については, 遺 留 分 に 関 す る 規 定 に 違 反 することができないとの 規 定 はあるが( 相 続 分 の 指 定 については 民 法 第 902 条 第 1 項 ただし 書, 持 戻 し 免 除 の 意 思 表 示 については 民 法 第 90 3 条 第 3 項 ), 減 殺 の 対 象 になるのか 否 か, 仮 に 減 殺 の 対 象 になるとして,そ の 場 合 の 減 殺 の 順 序 や 減 殺 された 場 合 の 効 果 等 については, 解 釈 に 委 ねられて 17

18 いる もっとも, 前 記 第 2の 方 策 によった 場 合 には,そのいずれにおいても, 相 続 分 の 指 定 や 持 戻 し 免 除 の 意 思 表 示 に 対 する 減 殺 について 別 途 検 討 する 必 要 はな いこととなり,この 点 に 関 する 現 行 法 上 の 問 題 点 は 解 消 されるものと 考 えられ る 18

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資

< 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年 に 建 築 されたY 市 内 の 建 物 ( 以 下 本 件 倉 庫 とい う )を 現 在 まで 所 有 しており Y 市 A 区 長 の 賦 課 決 定 に 従 い 昭 和 55 年 度 以 降 固 定 資 固 定 資 産 税 等 の 過 納 金 に 係 る 国 家 賠 償 請 求 - 本 判 決 の 射 程 が 申 告 納 税 方 式 に 及 ぶか- 平 成 23 年 度 筑 波 大 学 大 学 院 ビジネス 科 学 研 究 科 租 税 手 続 争 訟 法 学 籍 番 号 201153433 氏 名 藤 井 裕 士 < 事 実 の 概 要 > 倉 庫 業 等 を 営 む 法 人 Xは 昭 和 54 年

More information

新 てつや 法 律 事 務 所 報 酬 基 準 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 弁 護 士 報 酬 基 準 は 当 職 が 事 件 受 任 に 当 たって 受 任 の 範 囲 を 明 確 にし その 費 用 を 明 らかにすることによって 依 頼 者 と 弁 護 士 との 間 の 認 識 を 共 通 にして その 後 のトラブ ルが 発 生 することを 防 止 するとともに 相 互

More information

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則

国立大学法人岩手大学職員退職手当規則 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 ) 第 1 章 総 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 1 5 年 法 律 第 112 号 ) 第 3 5 条 の 規 定 及 び 国 立 大 学 法 人 岩 手 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう

More information

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理

計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 差 異 の 内 容 34 数 理 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲 2 用 語 の 定 義 3 確 定 給 付 制 度

More information

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権

一 被 害 者 又 はその 法 定 代 理 人 が 損 害 及 び 加 害 者 を 知 った 時 から3 年 間 行 使 しないとき 二 不 法 行 為 の 時 から20 年 間 行 使 しないとき ( 人 の 生 命 又 は 身 体 を 害 する 不 法 行 為 による 損 害 賠 償 請 求 権 民 法 改 正 論 点 の 検 討 ~ 消 滅 時 効 制 度 その1~ 平 成 27 年 10 月 26 日 弁 護 士 法 人 ほくと 総 合 法 律 事 務 所 弁 護 士 平 岡 弘 次 弁 護 士 井 田 大 輔 第 1 はじめに 平 成 27 年 2 月 10 日 開 催 の 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 第 99 回 会 議 において 民 法 ( 債 権 関 係 ) の 改

More information

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること

等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けることができる 遺 族 としない (1) 職 員 を 故 意 に 死 亡 させた 者 (2) 職 員 の 死 亡 前 に 当 該 職 員 の 死 亡 によって 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けること 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 4 4 号 最 終 改 正 平 成 28 年 3 月 30 日 規 則 第 156 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 高 知 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 73 条 の 規 定

More information

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺

4 第 1 項 第 1 号 の 規 定 は, 国 家 公 務 員 共 済 組 合 法 にいう 配 偶 者 の 意 義 について( 大 蔵 省 主 計 局 長 照 会 昭 和 38 年 9 月 28 日 決 裁 )の 見 解 による 5 職 員 の 死 亡 当 時, 第 1 項 に 規 定 する 遺 国 立 大 学 法 人 富 山 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 改 正 平 成 19 年 4 月 1 日 改 正 平 成 20 年 7 月 8 日 改 正 平 成 21 年 4 月 1 日 改 正 平 成 22 年 4 月 1 日 改 正 平 成 23 年 1 月 1 日 改 正 平 成 24 年 10 月 1 日

More information

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の

その 他 の 計 算 基 礎 26 計 算 基 礎 に 重 要 な 変 動 が 生 じているかどうかの 判 定 方 法 29 未 認 識 数 理 計 算 上 の 差 異 及 び 未 認 識 過 去 勤 務 費 用 の 会 計 処 理 33 数 理 計 算 上 の 差 異 34 数 理 計 算 上 の 企 業 会 計 基 準 適 用 指 針 第 25 号 退 職 給 付 に 関 する 会 計 基 準 の 適 用 指 針 平 成 11 年 9 月 14 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 会 計 制 度 委 員 会 改 正 平 成 24 年 5 月 17 日 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 26 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 目 次 項 目 的 1 適 用 指 針 2 範 囲

More information

27-042職員退職手当規程270401

27-042職員退職手当規程270401 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 10 月 1 日 18 規 程 第 39 号 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 27 規 程 第 42 号 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 産 業 技 術 総 合 研 究 所 職 員 就 業 規 則

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031323131303620959489EF8E9197BF825482502081798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 51 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 論 点 の 補 充 的 な 検 討 (2) ~ 中 間 試 案 のたたき 台 ( 概 要 付 き)のサンプルを 兼 ねて~ 目 次 第 1 債 権 者 代 位 権... 1 1 責 任 財 産 の 保 全 を 目 的 とする 債 権 者 代 位 権... 1 2 代 位 行 使 の 範 囲...

More information

国立大学法人福島大学職員退職手当規程

国立大学法人福島大学職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 20 年 4 月 1 日 平 成 22 年 4 月 1 日 平 成 24 年 4 月 1 日 平 成 25 年 2 月 1 日 平

More information

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概

目 次 1 事 案 の 概 要 238 ⑴ 争 点 239 ⑵ 当 事 者 の 主 張 239 イ 請 求 人 の 主 張 239 ロ 原 処 分 庁 の 主 張 240 2 裁 決 の 要 旨 240 3 評 釈 240 ⑴ 源 泉 徴 収 の 法 律 関 係 と 税 法 上 の 規 定 の 概 裁 決 評 釈 源 泉 徴 収 制 度 と 確 定 申 告 制 度 - 取 り 消 された 配 当 に 係 る 所 得 税 の 源 泉 徴 収 と 申 告 等 の 手 続 との 関 係 裁 判 上 の 和 解 により 取 り 消 された 配 当 に 係 る 源 泉 所 得 税 について 申 告 等 の 手 続 により 還 付 を 求 めることはできないとした 事 例 ( 平 成 18 年 分 の 所

More information

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程

国立大学法人滋賀医科大学教職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 制 定 平 成 28 年 4 月 1 日 最 終 改 正 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 滋 賀 医 科 大 学 教 職 員 就 業 規 則 以 下 就 業 規 則 という ) 第 54 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 滋 賀

More information

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程

独立行政法人物質・材料研究機構定年制職員退職手当規程 独 立 行 政 法 人 物 質 材 料 研 究 機 構 定 年 制 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 3 月 31 日 18 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 19 年 5 月 8 日 19 規 程 第 33 号 改 正 : 平 成 20 年 2 月 18 日 20 規 程 第 7 号 改 正 : 平 成 22 年 3 月 29 日 22 規 程 第 22 号 ( 目 的 )

More information

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 (

ような 厚 生 年 金 基 金 関 係 の 法 改 正 がなされており (2)については 平 成 16 年 10 月 1 日 から (1) 及 び(3)については 平 成 17 年 4 月 1 日 から 施 行 されている (1) 免 除 保 険 料 率 の 凍 結 解 除 ( 母 体 企 業 ( 実 務 対 応 報 告 第 22 号 厚 生 年 金 基 金 に 係 る 交 付 金 の 会 計 処 理 に 関 する 当 面 の 取 扱 い 平 成 18 年 10 月 27 日 企 業 会 計 基 準 委 員 会 本 実 務 対 応 報 告 は 平 成 24 年 5 月 17 日 までに 公 表 された 次 の 会 計 基 準 等 による 修 正 が 反 映 されている 企 業 会 計 基 準

More information

租税調査会研究報告第7号

租税調査会研究報告第7号 租 税 調 査 会 研 究 報 告 第 7 号 自 己 株 式 等 の 資 本 取 引 に 係 る 税 制 について 平 成 14 年 7 月 29 日 改 正 平 成 16 年 5 月 17 日 改 正 平 成 19 年 4 月 18 日 最 終 改 正 平 成 24 年 5 月 15 日 日 本 公 認 会 計 士 協 会 目 次 1.はじめに... 1 2. 資 本 取 引 の 発 生 形 態...

More information

Taro-第1部

Taro-第1部 第 1 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 の 意 義 地 方 公 務 員 災 害 補 償 制 度 は 地 方 公 務 員 等 が 公 務 上 の 災 害 ( 負 傷 疾 病 障 害 又 は 死 亡 をいう 以 下 同 じ ) 又 は 通 勤 による 災 害 を 受 けた 場 合 に その 災 害 に よって 生 じた 損 害 を 補 償 し 及 び 必 要 な 福 祉 事 業 を 行 い

More information

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月

更 正 処 分 における 還 付 金 の 額 に 相 当 する 税 額 17 万 9331 円 との 差 額 9 万 0392 円 に 相 当 する 部 分 並 びに 過 少 申 告 加 算 税 賦 課 決 定 処 分 を 取 り 消 す (3) 処 分 行 政 庁 が 平 成 21 年 12 月 税 務 訴 訟 資 料 第 263 号 -64( 順 号 12188) 名 古 屋 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 消 費 税 更 正 処 分 等 取 消 請 求 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 昭 和 税 務 署 長 ) 平 成 25 年 3 月 28 日 棄 却 上 告 上 告 受 理 申 立 ( 第 一 審 名 古 屋 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号

More information

職員退職手当規程

職員退職手当規程 大 学 共 同 利 用 機 関 法 人 高 エネルギー 加 速 器 研 究 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 程 第 1 5 号 改 正 平 成 17 年 3 月 29 日 規 程 第 36 号 改 正 平 成 18 年 3 月 30 日 規 程 第 49 号 改 正 平 成 20 年 3 月 31 日 規 程 第 9 号 改 正 平 成 21 年 3 月

More information

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案)

国立大学法人東京医科歯科大学職員退職手当規程(案) 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 5 0 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は 国 立 大 学 法 人 東 京 医 科 歯 科 大 学 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 程 第 2 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 50 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大

More information

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた

このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入 税 額 控 除 制 度 にお けるいわゆる 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 し( 平 成 24 年 4 月 1 日 以 後 に 開 始 する 課 税 期 間 から 適 用 )が 行 われた - 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 関 係 - 95%ルール の 適 用 要 件 の 見 直 しを 踏 まえた 仕 入 控 除 税 額 の 計 算 方 法 等 に 関 するQ&A Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 編 平 成 24 年 3 月 国 税 庁 消 費 税 室 このQ&Aは 平 成 23 年 6 月 の 消 費 税 法 の 一 部 改 正 において 仕 入

More information

職員退職手当規則【 】

職員退職手当規則【 】 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 100 号 広 島 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 則 は, 広 島 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 4 条 及 び 広 島 大 学 船 員 就 業 規

More information

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第

第 9 章 年 金 給 付 等 積 立 金 の 管 理 及 び 運 用 に 関 する 契 約 並 びに 業 務 の 委 託 ( 第 82 条 ~ 第 84 条 ) 第 10 章 費 用 の 負 担 ( 第 85 条 ~ 第 92 条 ) 第 11 章 財 務 及 び 会 計 ( 第 93 条 ~ 第 横 浜 市 工 業 厚 生 年 金 基 金 規 約 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 6 条 ) 第 2 章 代 議 員 及 び 代 議 員 会 第 1 節 代 議 員 ( 第 7 条 ~ 第 15 条 ) 第 2 節 代 議 員 会 ( 第 16 条 ~ 第 26 条 ) 第 3 章 役 員 及 び 職 員 ( 第 27 条 ~ 第 40 条 ) 第 4 章 加 入 員 ( 第

More information

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程

公立大学法人和歌山県立医科大学職員退職手当規程 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 和 医 大 規 程 第 53 号 最 終 改 正 平 成 26 年 5 月 27 日 和 医 大 規 程 第 14 号 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 公 立 大 学 法 人 和 歌 山 県 立 医 科 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 18

More information

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9>

<5461726F2D817989FC90B38CE3817A926E95FB90C5964082CC8E7B8D7382C9> 地 方 税 法 の 施 行 に 関 する 取 扱 いについて( 市 町 村 税 関 係 ) ( 平 成 22 年 4 月 1 日 総 税 市 第 16 号 ) ( 改 正 ) 平 成 22 年 8 月 23 日 総 税 市 第 60 号 平 成 23 年 6 月 30 日 総 税 市 第 34 号 平 成 23 年 12 月 2 日 総 税 市 第 70 号 平 成 24 年 4 月 1 日 総 税

More information

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464>

< F2D904588F591DE90458EE893968B4B91A52E6A7464> 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 退 職 手 当 規 則 制 定 平 成 16 年 4 月 7 日 平 成 16 年 規 則 第 41 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は, 国 立 大 学 法 人 北 海 道 教 育 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 1 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 56 条

More information

東京大学消費生活協同組合定款

東京大学消費生活協同組合定款 東 京 大 学 消 費 生 活 協 同 組 合 定 款 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 組 合 員 及 び 出 資 金 ( 第 6 条 ~ 第 18 条 ) 第 3 章 役 職 員 ( 第 19 条 ~ 第 45 条 ) 第 4 章 総 代 会 及 び 総 会 ( 第 46 条 ~ 第 69 条 ) 第 5 章 事 業 の 執 行 ( 第 70 条 ~ 第

More information

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程

地方独立行政法人大阪府立病院機構 職員退職手当規程 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 18 年 4 月 1 日 規 程 第 17 号 改 正 平 成 20 年 3 月 26 日 規 程 第 80 号 改 正 平 成 20 年 12 月 10 日 規 程 第 99 号 改 正 平 成 23 年 3 月 31 日 規 程 第 164 号 改 正 平 成 25 年 3 月 27

More information

Microsoft Word - 規約0703.DOC

Microsoft Word - 規約0703.DOC 神 奈 川 県 医 療 福 祉 厚 生 年 金 基 金 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 厚 生 年 金 基 金 ( 以 下 基 金 という )は 厚 生 年 金 保 険 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 115 号 以 下 法 という )に 基 づき この 基 金 の 加 入 員 の 老 齢 脱 退 又 は 死 亡 について 給 付 を 行 い もって 加 入 員

More information

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls

260305以降の原稿 疑義照会回答公表資料(一覧化).xls 疑 義 照 会 ( ) 1. 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 P1 1~2 2. P3 1~7 3. 納 付 猶 予 取 消 申 請 書 P7 1 4. 学 生 納 付 特 例 申 請 書 P8 1~2 5. 還 付 請 求 書 P9 1~2 疑 義 照 会 ( ) ( 案 件 ) 名 称 条 文 ) ( 内 容 ) 免 除 理 由 該 当 消 滅 届 1 生 活 保 護 による 法 定 免 除

More information

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を

会 通 念 上 も 必 ずしも 明 確 ではないことから 個 人 のプライバシーに 関 する 情 報 であると 明 ら かに 判 断 できる 場 合 はもとより 個 人 のプライバシーであるかどうか 不 明 確 である 場 合 も 含 めて 個 人 に 関 するすべての 情 報 は 非 公 開 を 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 に 基 づく 利 用 請 求 に 対 する 処 分 に 係 る 審 査 基 準 平 成 27 年 2 月 18 日 香 川 県 公 文 書 等 の 管 理 に 関 する 条 例 ( 平 成 25 年 香 川 県 条 例 第 5 号 以 下 条 例 という )に 基 づく 特 定 歴 史 公 文 書 等 の 利 用 の 請 求 に 対 する

More information

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用

P786 1. 適 用 事 業 所 厚 生 年 金 保 険 法 第 1 回 講 義 資 料 法 人 経 営 強 制 適 用 個 人 経 営 ( 強 制 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 強 制 適 用 5 人 未 満 任 意 適 用 ( 任 意 適 用 業 種 ) 5 人 以 上 任 意 適 用 2015 年 度 厚 生 年 金 保 険 法 ココだけは 絶 対 に 外 せない!! 会 社 員 などお 仕 事 をされていて 勉 強 時 間 が 限 られる 方 はこちらから 優 先 して 勉 強 すると 良 い でしょう 過 去 問 によく 出 題 されている 箇 所 優 先 で 選 びました 優 先 すべき 箇 所 は 太 文 字 表 示 しております 第 1 回 講 義 厚 生 年 金 保

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2091E6318FCD814088E397C38AD6984182CC964097DF8F858EE78B7982D190458BC697CF979D2E646F63> 第 1 章 医 療 関 連 の 法 令 遵 守 及 び 職 業 倫 理 1. 医 師 歯 科 医 師 のプロフェショナリズム 我 が 国 では 医 学 の 進 歩 に 伴 い 平 均 寿 命 は 男 性 78 歳 女 性 85 歳 に 達 し 乳 児 死 亡 率 新 生 児 死 亡 率 周 産 期 死 亡 率 の 低 下 妊 産 婦 死 亡 率 の 低 下 心 疾 患 による 年 齢 調 整 死 亡

More information

Microsoft Word - ac16-8.doc

Microsoft Word - ac16-8.doc 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 6 年 4 月 日 制 定 平 成 6 年 規 程 第 29 号 ( 趣 旨 ) 第 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 6 年 規 則 第 5 号 以 下 就 業 規 則 という ) 第 8 条 の 規 定 により, 国 立 大 学 法 人 大 分 大 学

More information

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc)

(Microsoft Word - \212O\216\232\215\317\202\335\201E163726\223\214\213\236\222nH24_\215s\203E\201j229.doc) 平 成 25 年 9 月 27 日 判 決 言 渡 平 成 24 年 ( 行 ウ) 第 229 号 所 得 税 更 正 処 分 取 消 請 求 事 件 主 文 1 原 告 の 請 求 をいずれも 棄 却 する 2 訴 訟 費 用 は 原 告 の 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 請 求 四 日 市 税 務 署 長 が 平 成 25 年 3 月 15 日 付 けで 原 告 に 対 してした

More information

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464>

< F2D F591DE90458EE893968B4B92F62E6A7464> 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 事 務 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 54 条 及 び 国 立 大 学 法 人 小 樽 商 科 大 学 教 員 就 業 規 則 ( 以 下 教 員 就 業 規

More information

2004syuki027職員退職手当規程

2004syuki027職員退職手当規程 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 度 九 大 就 規 第 27 号 制 定 : 平 成 16 年 4 月 1 日 最 終 改 正 : 平 成 27 年 3 月 30 日 ( 平 成 26 年 度 九 大 就 規 第 21 号 ) ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 九 州 大 学 就 業 通 則 ( 平 成 16

More information

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活

( 支 給 制 限 ) 第 4 条 市 長 は 前 条 の 規 定 にかかわらず 給 対 象 者 が 次 の 各 号 のいずれかに 該 当 するとき は 給 金 を 支 給 しないものとする (1) 年 額 405,696 円 以 上 の 公 的 年 金 等 を 受 給 しているとき (2) 生 活 西 宮 市 外 国 人 等 高 齢 者 特 別 給 金 支 給 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 国 民 年 金 制 度 上 国 籍 要 件 があったために 老 齢 基 礎 年 金 等 の 受 給 資 格 を 得 ることのできなかった 外 国 人 ( 外 国 人 登 録 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 125 号 )に 規 定 する 外 国 人 で 本 市 を 居 住 地

More information

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職

の 親 族 については 職 員 との 親 等 の 近 い 者 を 先 順 位 とする 3 退 職 手 当 の 支 給 を 受 けるべき 遺 族 のうち 同 順 位 の 者 が2 人 以 上 ある 場 合 には そ の 人 数 によって 等 分 して 支 給 する 4 次 に 掲 げる 者 は 退 職 独 立 行 政 法 人 鉄 道 建 設 運 輸 施 設 整 備 支 援 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 28 号 ) 改 正 平 20.3 機 構 規 程 51 平 21.3 機 構 規 程 111 平 23.3 機 構 規 程 93 平 25.8 機 構 規 程 014 平 27.8 機 構 規 程 22 平 28.3 機

More information

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B>

< F2D87542D F591DE90458EE893968E788B8B8B4B> 独 立 行 政 法 人 自 動 車 事 故 対 策 機 構 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 平 成 15 年 10 月 1 日 機 構 規 程 第 7 号 改 正 平 成 16 年 3 月 24 日 平 成 16 年 機 構 規 程 第 4 号 改 正 平 成 18 年 3 月 27 日 平 成 18 年 機 構 規 程 ( 総 務 ) 第 4 号 改 正 平 成 21 年 3 月 27 日

More information

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課

再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 高 度 通 信 放 送 研 究 開 発 委 託 研 究 について 甲 及 び 機 構 が 締 結 した 研 究 課 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 一 括 契 約 ) Ver H26-1.3 平 成 26 年 9 月 8 日 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 産 学 連 携 部 門 委 託 研 究 推 進 室 再 委 託 契 約 書 ひな 形 ( 以 下 甲 という )と ( 以 下 乙 という )は 独 立 行 政 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 ( 以 下 機 構 という

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を

(1) 配 偶 者 ( 届 出 をしないが 教 職 員 の 死 亡 当 時 事 実 上 婚 姻 関 係 と 同 様 の 事 情 にあった 者 を 含 む ) (2) 子 父 母 孫 祖 父 母 及 び 兄 弟 姉 妹 で 教 職 員 の 死 亡 当 時 主 としてその 収 入 によって 生 計 を 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 33 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 21 号 以 下 教 職 員 就 業 規 則 という ) 第 44 条 の 規 定 に 基

More information

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額

第 3 章 給 付 45 第 1 節 裁 定 等 46 1 給 付 の 種 類 46 2 裁 定 46 3 年 金 の 支 給 期 間 と 支 払 期 月 47 第 2 節 老 齢 基 礎 年 金 49 1 老 齢 基 礎 年 金 の 支 給 要 件 49 2 老 齢 基 礎 年 金 の 年 金 額 国 民 年 金 法 目 次 第 1 章 総 則 及 び 被 保 険 者 1 1 目 的 2 2 管 掌 等 2 3 権 限 の 委 任 等 3 4 用 語 の 定 義 4 5 被 保 険 者 7 6 資 格 の 取 得 12 7 資 格 の 喪 失 14 8 被 保 険 者 期 間 の 計 算 と 種 別 の 変 更 16 9 国 民 年 金 原 簿 等 18 第 2 章 費 用 21 1 国 庫

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 通 所 支 援 等 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き 平 成 24 年 4 月 版 Ver.7 障 害 福 祉 課 利 用 者 負 担 の 概 要 ( 福 祉 型 ) * 障 害 児 施 設 についても 含 む 自 己 負 担 ( 福 グループホーム ケアホーム 注 1 入 所 施 設 (20 歳 以 上 ) 入 所 施 設 (20 歳 未 満 )

More information

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場

与 規 則 第 42 条 に 規 定 する 教 職 調 整 額 の 月 額 の 合 計 額 ( 職 員 が 退 職 の 日 において 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 によりその 給 与 (これに 相 当 する 給 与 を 含 む )の 一 部 又 は 全 部 を 支 給 され ない 場 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 職 員 の 退 職 金 に 関 する 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 規 則 第 8 号 改 正 平 成 16 年 法 人 規 則 第 27 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 28 号 平 成 17 年 法 人 規 則 第 29 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 25 号 平 成

More information

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど

はじめに 労 働 事 件 特 に 解 雇 退 職 の 場 合 事 件 解 決 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 の 扱 いが 問 題 となることがあります 例 えば 解 雇 が 無 効 となった 場 合 に 一 度 喪 失 した 厚 生 年 金 保 険 や 健 康 保 険 の 資 格 はど 平 成 24 年 6 月 13 日 東 京 弁 護 士 会 平 成 24 年 度 春 季 労 働 法 専 門 講 座 労 働 事 件 解 決 の 過 程 で 社 会 保 険 労 働 保 険 はどうなるのか 場 所 ; 弁 護 士 会 館 3 階 301 会 議 室 時 間 ;18:00~20:00 講 師 鳥 井 玲 子 ( 特 定 社 会 保 険 労 務 士 ) 1 はじめに 労 働 事 件 特

More information

○ 町 村 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 改 正 平 成 9 年 8 月 5 日 条 例 第 6 号 平 成 13 年 1 月 16 日 条 例 第 1 号 平 成 13 年 8 月 1 日 条 例 第 9 号 平 成 8 年 4 月 1 日 条 例 第 11 号 平 成 9 年 10 月 16 日 条 例 第 8 号 平 成 13 年 3 月 28 日 条 例 第 4 号 平 成 14 年

More information

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知

5 処 分 行 政 庁 が 控 訴 人 乙 に 対 し 平 成 16 年 12 月 14 日 付 けでした 控 訴 人 乙 の 平 成 14 年 分 相 続 税 に 係 る 平 成 16 年 7 月 23 日 付 け 更 正 の 請 求 に 対 する 更 正 をすべき 理 由 がない 旨 の 通 知 税 務 訴 訟 資 料 第 259 号 -7( 順 号 11120) 東 京 高 等 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 更 正 処 分 の 義 務 付 け 等 控 訴 事 件 国 側 当 事 者 国 ( 千 葉 西 税 務 署 長 ) 平 成 21 年 1 月 22 日 棄 却 確 定 ( 第 一 審 東 京 地 方 裁 判 所 平 成 年 ( ) 第 号 平 成 19 年 10 月 30 日

More information

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以

う )に その 者 の 勤 続 期 間 を 次 の 各 号 に 区 分 して 当 該 各 号 に 掲 げる 割 合 を 乗 じて 得 た 額 の 合 計 額 とする 1 1 年 以 上 10 年 以 下 の 期 間 については 1 年 につき100 分 の 年 以 上 15 年 以 国 立 研 究 開 発 法 人 情 報 通 信 研 究 機 構 パーマネント 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 18 年 3 月 28 日 05 規 程 第 73 号 ) 改 正 平 成 23 年 3 月 29 日 10 規 程 第 74 号 改 正 平 成 25 年 2 月 19 日 12 規 程 第 44 号 改 正 平 成 26 年 6 月 3 日 14 規 程 第 01 号 改 正

More information

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会

経済産業省 平成24年度税制改正要望ヒアリング(第4回) 日本税理士会連合会 1 税 目 1. 国 税 ( 所 得 税 ) 要 望 カテゴリー 1 69. その 他 所 得 税 ( 国 税 ) 不 動 産 所 得 と 事 業 所 得 を 統 合 すること 事 業 所 得 と 不 動 産 所 得 の 区 分 は 資 産 所 得 の 合 算 課 税 が 行 われていたころの 名 残 であり 不 動 産 所 得 にも 一 定 の 労 務 の 提 供 及 びリスクの 負 担 があり

More information

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した

四 勤 続 20 年 を 超 え30 年 までの 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の200 五 勤 続 30 年 を 超 える 期 間 については 勤 続 1 年 につき100 分 の100 2 基 礎 調 整 額 は 職 員 が 退 職 し 解 雇 され 又 は 死 亡 した 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 平 成 16 年 7 月 1 日 規 程 第 8 号 ) 最 終 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 ( 総 則 ) 第 1 条 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 に 対 する 退 職 手 当 の 支 給 については この 規 程 の 定 めるところによる

More information

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ

( 問 題 2) ( 設 問 B) 平 成 26 年 6 月 末 に 杉 野 さんに 相 続 が 開 始 した 場 合 杉 野 さんの 相 続 に 係 る 相 続 税 の 総 額 等 を 計 算 するうえでの 弟 の 法 定 相 続 分 ( 代 襲 相 続 分 を 含 む)として 正 しいものはどれ 問 1 次 の 設 例 に 基 づき 相 続 の 概 要 に 関 する 以 下 の 設 問 A~Jについて それぞれの 答 えを1~4の 中 か ら1つ 選 んでください < 設 例 > 東 京 都 内 で 飲 食 店 を 営 んでいる 杉 野 和 弘 さん( 以 下 杉 野 さん という)は 将 来 の 相 続 対 策 につ いて 検 討 している 平 成 26 年 6 月 末 の 杉 野 さんの

More information

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月

計 規 則 の 規 定 との 整 合 をとるため 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました (5) その 他 必 要 な 規 定 の 整 理 を 行 うこととしました ( 第 6の3(5) 及 び 別 紙 23 関 係 ) 3 施 行 日 この 改 正 は 平 成 24 年 4 月 2 3 高 建 管 第 1 1 5 7 号 平 成 2 4 年 3 月 29 日 各 部 局 長 議 会 事 務 局 長 公 営 企 業 局 長 教 育 長 警 察 本 部 長 監 査 委 員 事 務 局 長 様 土 木 部 長 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要 領 の 一 部 改 正 について( 通 知 ) 建 設 工 事 における 契 約 解 除 事 務 取 扱 要

More information

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ

主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこ 主 文 被 告 らは, 武 蔵 野 市 に 対 し, 連 帯 して6 万 5000 円 及 びこれに 対 する 平 成 12 年 11 月 9 日 から 支 払 済 みまで 年 5 分 の 割 合 による 金 員 を 支 払 え 原 告 のその 余 の 請 求 を 棄 却 する 訴 訟 費 用 はこれを5 分 し,その1を 原 告 の 負 担 とし,その 余 は 被 告 らの 負 担 とす る 事

More information

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し

障害基礎年金受給権が生じた場合の納付済保険料の取扱いの見直し (1) 障 害 基 礎 年 金 受 給 権 が 生 じた 場 合 の 納 付 済 保 険 料 の 取 扱 い の 見 直 し( 新 規 案 件 ) 1 相 談 内 容 私 の 娘 は 20 年 以 上 前 から 精 神 疾 患 があり 平 成 25 年 に 主 治 医 を 替 え たところ 当 該 医 師 から 病 状 から 判 断 して 障 害 年 金 を 受 給 できるので はないか 一 度 障

More information

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療

平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 22 年 4 月 1 日 規 程 第 22 号 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神 経 医 療 研 究 センター 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 精 神 神

More information

厚生年金基金の制度改正201404

厚生年金基金の制度改正201404 厚 生 年 金 基 金 の 制 度 改 正 に 係 る 解 説 ~ 政 省 令 告 示 の 公 布 および 通 知 の 発 出 を 受 けて~ 2014 年 4 月 AD908- 年 14-01 Copyright 2014 Resona Group. All Rights Reserved. はじめに 2013( 平 成 25) 年 6 月 19 日 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しおよび

More information

職員退職手当支給条例

職員退職手当支給条例 小 樽 市 職 員 退 職 手 当 支 給 条 例 全 部 改 正 昭 和 36 年 10 月 18 日 条 例 第 31 号 最 近 改 正 平 成 28 年 3 月 23 日 条 例 第 3 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 2 条 の2) 第 2 章 一 般 の 退 職 手 当 ( 第 2 条 の3- 第 9 条 ) 第 3 章 特 別 の 退 職 手 当 ( 第 10

More information

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc

Microsoft Word 職員退職手当規程.doc 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 の 規 定 に 基 づき 国 立 大 学 法 人 電 気 通 信 大 学 ( 以 下 大 学 という )に 勤 務 する 職 員 が 退 職 ( 死 亡 を

More information

183761DAD5529296492570DF001A2E9

183761DAD5529296492570DF001A2E9 主 文 1 本 件 控 訴 をいずれも 棄 却 する 2 控 訴 費 用 は, 控 訴 人 らの 負 担 とする 事 実 及 び 理 由 第 1 控 訴 の 趣 旨 1 原 判 決 を 取 り 消 す 2 被 控 訴 人 玉 川 税 務 署 長 が 控 訴 人 P1に 対 して 平 成 14 年 1 月 31 日 付 けでし た, 控 訴 人 P1の 平 成 12 年 分 所 得 税 についての 過

More information

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc

Microsoft Word - 教職員退職手当規程( ).doc 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 第 1 章 総 則 - 1-27.4.1 最 終 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 国 立 大 学 法 人 静 岡 大 学 教 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき 就 業 規 則 第 2 条 に 規 定 する 教 職 員 ( 以 下 教

More information

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc

Microsoft Word - 韓国人研究者フォーラム発表レジュメ(李春熙).doc 在 日 コリアンの 相 続 処 理 を 巡 る 実 務 上 の 諸 問 題 2015 年 10 月 4 日 弁 護 士 李 春 熙 第 1 はじめに 1 在 日 コリアンの 相 続 は 植 民 地 と 分 断 の 時 代 を 生 きた 彼 ら/ 彼 女 らの 歴 史 の 縮 図 2 在 日 コリアンの 相 続 事 件 の 特 徴 (1) 日 本 韓 国 朝 鮮 のそれぞれの 法 律 が 適 用 される

More information

軽費老人ホーム運営費補助要綱

軽費老人ホーム運営費補助要綱 軽 費 老 人 ホームのサービスの 提 供 に 要 する 費 用 補 助 要 綱 13 福 高 施 第 965 号 平 成 14 年 1 月 22 日 15 福 高 施 第 925 号 平 成 16 年 2 月 16 日 16 福 保 高 施 第 93 号 平 成 16 年 10 月 21 日 16 福 保 高 施 第 579 号 平 成 1 7 年 3 月 8 日 17 福 保 高 施 第 1008

More information

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨

目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経 済 性 及 び 民 間 の 趣 旨 長 崎 市 新 市 立 病 院 整 備 運 営 事 業 事 業 契 約 書 ( 案 ) 改 訂 版 平 成 22 年 2 月 長 崎 市 目 次 第 1 節 総 則... 第 2 節 個 別 業 務 マネジメント 業 務... 第 3 節 エネルギーマネジメント 業 務... 第 1 章 総 則... 第 1 条 ( 本 契 約 の 目 的 及 び 解 釈 )... 第 2 条 ( 公 共 性 経

More information

平成21年2月17日

平成21年2月17日 平 成 26 年 12 月 18 日 平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 公 益 社 団 法 人 福 岡 中 部 法 人 会 福 岡 地 区 の5 公 益 社 団 法 人 会 は 平 成 28 年 度 の 税 制 改 正 に 関 して 中 小 企 業 に 係 る 税 制 を 中 心 に 下 記 のとおり その 実 現 を 強 く 要 望 します 記 1 重 点 要 望 事 項 1

More information

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱

目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限 ⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限 ⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限 特 定 個 人 情 報 の 安 全 管 理 措 置 等 ⑴ 委 託 の 取 扱 ( 別 冊 ) 金 融 業 務 における 特 定 個 人 情 報 の 適 正 な 取 扱 いに 関 するガイドライン 平 成 26 年 12 月 11 日 特 定 個 人 情 報 保 護 委 員 会 目 次 各 論 1 特 定 個 人 情 報 の 利 用 制 限... 1 1-⑴ 個 人 番 号 の 利 用 制 限... 1 1-⑵ 特 定 個 人 情 報 ファイルの 作 成 の 制 限... 4

More information

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E>

<5461726F2D34322D303081409052979D82CC8F498C8B8B7982D18DC48A4A2E> 42-00 42 00 審 理 の 終 結 及 び 再 開 1. 審 理 の 終 結 ( 結 審 ) 審 判 長 は 特 許 無 効 審 判 以 外 の 審 判 においては 事 件 が 審 決 をするのに 熟 し たときは 審 理 の 終 結 を 当 事 者 及 び 参 加 人 ( 以 下 単 に 当 事 者 という )に 通 知 し なければならない( 特 1561 実 41 意 52 商 561

More information

Microsoft Word - 平27答申.doc

Microsoft Word - 平27答申.doc 平 成 28 年 3 月 17 日 中 小 法 人 の 範 囲 と 税 制 のあり 方 について - 平 成 27 年 度 諮 問 に 対 する 答 申 - 日 本 税 理 士 会 連 合 会 税 制 審 議 会 税 制 審 議 会 委 員 名 簿 本 答 申 の 審 議 に 参 加 した 特 別 委 員 及 び 専 門 委 員 は 次 のとおりである 特 別 委 員 ( 会 長 ) 金 子 宏

More information

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を

( 退 職 手 当 の 支 払 ) 第 3 条 この 規 程 の 規 定 による 退 職 手 当 は 他 の 法 令 に 別 段 の 定 めがある 場 合 又 は 労 使 協 定 に 基 づく 場 合 を 除 き その 全 額 を 通 貨 で 直 接 この 規 程 の 規 定 によりその 支 給 を 国 立 研 究 開 発 法 人 国 立 環 境 研 究 所 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 18 年 4 月 1 日 平 18 規 程 第 12 号 平 成 23 年 3 月 31 日 一 部 改 正 平 成 24 年 12 月 7 日 一 部 改 正 平 成 26 年 3 月 14 日 一 部 改 正 平 成 27 年 3 月 13 日 一 部 改 正 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2081A0338C8E8C888E5A9640906C82CC8C888E5A8145905C8D9082CC837C8343839383672888F38DFC9770292E646F63> 3 月 決 算 法 人 の 決 算 申 告 のポイント 平 成 23 年 4 月 7 日 九 州 北 部 税 理 士 会 福 岡 支 部 夜 間 研 修 税 理 士 有 田 義 博 目 次 平 成 22 年 度 税 制 改 正 から... 1 いわゆる 自 販 機 節 税 封 じ( 消 費 税 )... 1 1. 平 成 22 年 度 改 正 の 内 容... 1 2. 適 用 時 期 ( 改 正

More information

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63>

<4D F736F F D E8D9197A791E58A C986189CC8E5291E58A778BB F591DE90458EE893968B4B92F62E646F63> 国 立 大 学 法 人 和 歌 山 大 学 教 職 員 退 職 手 当 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 法 人 和 歌 山 大 学 規 程 第 37 号 最 終 改 正 平 成 27 年 3 月 19 日 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 以 下 法 人 法 という ) 附 則 第 4 条 の

More information

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B >

< F2D81798A6D92E894C5817A8E9696B1834B > 債 権 回 収 会 社 の 審 査 監 督 に 関 する 事 務 ガイドライン 法 務 省 大 臣 官 房 司 法 法 制 部 審 査 監 督 課 平 成 11 年 4 月 7 日 平 成 13 年 9 月 1 日 改 正 平 成 15 年 7 月 1 日 改 正 平 成 22 年 7 月 1 日 改 正 目 次 1 目 的 2 審 査 の 基 準 2-1 営 業 の 許 可 2-2 事 業 の 譲

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031333032313920959489EF8E9197BF8254825881798345834683758354834383678C668DDA94C5817A2E646F63> 民 法 ( 債 権 関 係 ) 部 会 資 料 59 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 のたたき 台 (4)(5) ( 概 要 付 き) 改 訂 版 目 次 第 26 契 約 に 関 する 基 本 原 則 等... 1 1 契 約 内 容 の 自 由... 1 2 原 始 的 に 履 行 請 求 権 の 限 界 事 由 が 生 じていた 契 約 の 効 力...

More information

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税

により 取 得 したものとみなされるものをいい ます ( 注 ) 上 記 3を 除 き 贈 与 税 の 納 税 義 務 に 関 して も 相 続 税 の 納 税 義 務 ( 上 記 1 及 び2)と 同 様 となっていました( 旧 相 法 1 の 4 ) ⑵ 債 務 控 除 1 無 制 限 納 税 相 続 税 法 の 改 正 目 一 国 外 転 出 をする 場 合 の 譲 渡 所 得 等 の 特 例 の 創 設 に 伴 う 相 続 税 及 び 贈 与 税 の 納 税 義 務 等 の 見 直 し 536 次 二 保 険 に 関 する 調 書 の 見 直 し 541 三 その 他 の 見 直 し 543 はじめに 本 稿 では 平 成 27 年 度 税 制 改 正 に 盛 り 込 まれた 事 項

More information

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477>

<313931303031208B4B92F630378D8681408175904588F58B8B975E8B4B92F68176816932383032313689FC90B3816A2E786477> 独 立 行 政 法 人 郵 便 貯 金 簡 易 生 命 保 険 管 理 機 構 職 員 給 与 規 程 平 成 19 年 10 月 1 日 規 程 第 7 号 最 近 改 正 平 成 28 年 2 月 16 日 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 - 第 3 条 ) 第 2 章 基 本 給 第 1 節 通 則 ( 第 4 条 - 第 10 条 ) 第 2 節 初 任 給 ( 第 11 条 第

More information

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 -

の 略 語 は 次 のとおりです 相 法 相 続 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 73 号 ) 措 法 租 税 特 別 措 置 法 ( 昭 和 32 年 法 律 第 26 号 ) 相 基 通 相 続 税 法 基 本 通 達 ( 昭 和 34 年 直 資 10) - 2 - 別 添 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の 贈 与 を 受 けた 場 合 の 贈 与 税 に 関 するQ&A 資 金 FAQ 平 成 25 年 12 月 国 税 庁 目 次 1 生 活 費 又 は 教 育 費 の 全 般 に 関 するQ&A [Q1-1] 扶 養 義 務 者 ( 父 母 や 祖 父 母 )から 生 活 費 又 は 教 育 費 の

More information

日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 2 8 年 5 月 31 日 現 在 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 日 本 赤 十 字 社 厚 生 年 金 基 金 規 約 平 成 4 年 9 月 21 日 厚 生 省 収 年 第 6 3 4 0 号 認 可 変 更 平 成 5 年 3 月 31 日 ( 認 可 ) 平 成 5 年 5 月 17 日 ( 認 可 )

More information

Microsoft Word - 103030

Microsoft Word - 103030 国 立 大 学 法 人 北 陸 先 端 科 学 技 術 大 学 院 大 学 職 員 就 業 規 則 平 成 16 年 4 月 1 日 北 院 大 規 則 第 17 号 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 5 条 ) 第 2 章 人 事 第 1 節 採 用 ( 第 6 条 ~ 第 10 条 ) 第 2 節 昇 格 及 び 降 格 ( 第 11 条 第 12 条 ) 第 3 節 異 動

More information

shokuin-taisyoku

shokuin-taisyoku 職 員 退 職 手 当 支 給 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 19 号 ) ( 総 則 ) 第 1 条 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 医 療 研 究 開 発 機 構 ( 以 下 機 構 という )の 職 員 ( 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 第 2 条 に 規

More information

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合)

農業協同組合模範定款例(出資総合単協の場合) 道 北 なよろ 農 業 協 同 組 合 定 款 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 組 合 は 地 域 の 農 業 生 産 の 振 興 を 旨 として 組 合 員 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 協 同 して 組 合 員 の 事 業 及 び 生 活 のために 必 要 な 事 業 を 行 い もってその 経 済 状 態 を 改 善 し かつ 社 会 的 地 位 の 向

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D204832342E3181408AE98BC6964096B18CA48B8689EF838C8357838583813281698E5289BA816A81402E646F63> 第 17 回 企 業 法 務 研 究 会 ( 平 成 24 年 1 月 16 日 )レジュメ1 楽 天 対 TBS 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.19 決 定 ) インテリジェンス 株 式 買 取 価 格 決 定 申 立 事 件 最 高 裁 決 定 ( 最 高 裁 三 小 平 成 23.4.26 決 定 ) ~ 株 式

More information

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分

(3) 16 年 以 上 20 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の160 (4) 21 年 以 上 25 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 の200 (5) 26 年 以 上 30 年 以 下 の 期 間 については,1 年 につき100 分 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 職 員 退 職 手 当 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 78 号 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 法 ( 平 成 15 年 法 律 第 112 号 ) 第 35 条 の 規 定 により 準 用 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 103 号 ) 第 50 条

More information

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給

第 5 章 兼 業 ( 第 44 条 第 46 条 ) 第 6 章 勤 務 時 間 休 日 及 び 休 暇 ( 第 47 条 第 59 条 ) 第 7 章 出 張 ( 第 60 条 ) 第 8 章 妊 産 婦 である 職 員 に 対 する 特 例 ( 第 61 条 第 63 条 ) 第 9 章 給 国 立 大 学 法 人 筑 波 大 学 本 部 等 職 員 就 業 規 則 平 成 17 年 3 月 24 日 法 人 規 則 第 7 号 改 正 平 成 18 年 法 人 規 則 第 8 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 45 号 平 成 18 年 法 人 規 則 第 53 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 10 号 平 成 19 年 法 人 規 則 第 56 号 平 成 20 年

More information

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評

2 国 名 2. 事 業 承 継 税 制 平 成 27 年 1 月 1 日 以 後 ( 改 正 後 ) 世 界 の 事 業 承 継 税 制 のしくみ 下 記 の 国 以 外 は 相 続 税 ( 無 税 又 は 所 得 税 対 応 )はない 相 続 税 の 基 礎 控 除 非 上 場 株 式 の 評 1 第 2 回 事 業 経 営 と 相 続 贈 与 税 ( 相 続 税 評 価 と 取 引 価 格 ) 会 計 と 経 営 のブラッシュアップ 平 成 26 年 4 月 7 日 山 内 公 認 会 計 士 事 務 所 本 レジュメは 相 続 税 法 とその 通 達 及 び 次 の 各 書 を 参 考 にさせていただいて 作 成 した ( 取 引 相 場 のない 株 式 の 税 務 森 富 幸 著 2008.10

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2032382E362E31378179976E82AF8D9E82DD817A8D7390AD8DE08E5982F08E679770969482CD8EFB897682B382B982E98FEA8D8782CC8EE688B582A282CC8AEE8F8082C982C282A282C4202D> 行 政 財 産 を 使 用 又 は 収 益 させる 場 合 の 取 扱 いの 基 準 について 昭 和 33 年 1 月 7 日 蔵 管 第 1 号 改 正 昭 和 39 年 7 月 31 日 蔵 国 有 第 295 号 同 41 年 3 月 31 日 同 第 1300 号 同 45 年 1 月 20 日 蔵 理 第 19 号 同 45 年 6 月 1 日 同 第 2352 号 同 47 年 3 月

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208AC48DB88C8B89CA816995F193B994AD955C8E9197BF816A2E646F63> 食 肉 センター 事 業 特 別 会 計 に 係 る 過 少 申 告 加 算 税 および 延 滞 税 の 支 出 差 止 め に 関 する 住 民 監 査 請 求 について, 地 方 自 治 法 ( 以 下 法 という ) 第 242 条 第 4 項 の 規 定 により 監 査 したので,その 結 果 を 同 項 の 規 定 により 次 のとおり 公 表 します 平 成 20 年 11 月 11 日

More information

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え

Microsoft Word - 疑義照会回答(厚生年金保険 徴収)2606差替え 疑 義 照 会 ( ) 1. 二 以 上 事 業 所 勤 務 被 保 険 者 の 保 険 料 登 録 P1 1 2. 定 期 保 険 料 の 調 査 決 定 及 び 納 入 告 知 P2 1~2 3. 調 査 決 定 の 変 更 P3 1~2 4. 歳 入 金 の 還 付 P5 1 5. 還 付 請 求 P6 1 6. 歳 入 金 の 徴 収 P7 1 7. 被 保 険 者 賞 与 支 払 届 P8

More information

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給

第 三 条 関 係 一 俸 給 とは 一 般 職 の 職 員 の 給 与 に 関 する 法 律 ( 昭 和 二 十 五 年 法 律 第 九 十 五 号 以 下 一 般 職 給 与 法 という ) 第 五 条 第 一 項 に 規 定 する 俸 給 又 は 勤 務 に 対 する 報 酬 として 支 給 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 の 運 用 方 針 昭 和 60 年 4 月 30 日 総 人 第 261 号 最 終 改 正 平 成 28 年 2 月 19 日 閣 人 人 第 67 号 第 二 条 関 係 一 国 家 公 務 員 退 職 手 当 法 施 行 令 ( 昭 和 二 十 八 年 政 令 第 二 百 十 五 号 以 下 施 行 令 という ) 第 一 条 第 一 項 第 二 号

More information

弁護士報酬規定(抜粋)

弁護士報酬規定(抜粋) はなみずき 法 律 事 務 所 弁 護 士 報 酬 規 定 ( 抜 粋 ) 2008 年 10 月 改 訂 2014 年 4 月 * 以 下 の 弁 護 士 報 酬 は いずれも 税 込 です ただし D E L の2の 表 に 基 づき 算 出 さ れた 金 額 については 消 費 税 を 上 乗 せした 額 を 弁 護 士 報 酬 とします 目 次 A 法 律 相 談 料 B 顧 問 料 C 手

More information

個人の税金 Q&A

個人の税金 Q&A 1 所 得 税 の 最 高 税 率 の 引 き 上 げ 2 給 与 所 得 控 除 に 設 けられた 上 限 3 NISA の 特 例 を 有 効 活 用 する 4 不 動 産 業 に 対 する 消 費 税 の 課 税 5 住 宅 ローン 控 除 の 改 正 6 直 系 尊 属 からの 贈 与 の 税 率 改 正 7 相 続 時 精 算 課 税 制 度 の 改 正 8 相 続 税 の 基 礎 控 除

More information

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この

はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法 改 正 がなされ 今 日 まで 準 備 が 進 められてきた 公 益 認 定 等 委 員 会 は この 公 益 認 定 等 に 関 する 運 用 について ( 公 益 認 定 等 ガイドライン) 平 成 20 年 4 月 ( 平 成 25 年 1 月 改 定 ) 内 閣 府 公 益 認 定 等 委 員 会 はじめに 新 しい 公 益 法 人 制 度 は 主 務 官 庁 の 裁 量 権 を 排 除 し できる 限 り 準 則 主 義 に 則 った 認 定 等 を 実 現 することを 目 的 として 法

More information

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか

●「高齢者医療運営円滑化等補助金」については、なぜ、本日の公開による再仕分けの対象事業に選定されたと認識しているか 標 準 報 酬 月 額 の 定 時 決 定 及 び 随 時 改 定 の 事 務 取 扱 いに 関 する 事 例 集 報 酬 賞 与 の 範 囲 について 問 報 酬 賞 与 にはどのようなものが 含 まれるか ( 答 ) 報 酬 及 び 賞 与 ( 以 下 報 酬 等 という )は 健 康 保 険 法 第 3 条 第 5 項 及 び 第 6 項 ( 厚 生 年 金 保 険 法 第 3 条 第 1 項

More information

施設入所者の費用負担の考え方について

施設入所者の費用負担の考え方について 障 害 福 祉 サービス 障 害 児 施 設 支 援 の 利 用 者 負 担 認 定 の 手 引 き( 改 訂 案 ) 平 成 23 年 10 月 版 Ver.6 留 意 点 10 月 1 日 からの 施 行 を 予 定 している 特 定 障 害 者 特 別 給 付 費 関 係 の 改 正 箇 所 は 赤 字 下 線 今 後 の 政 省 令 等 の 改 正 作 業 等 により 内 容 の 変 更 がありうる

More information

Oike Library No37.indd

Oike Library No37.indd 財 産 分 与 における 将 来 の 退 職 金 の 取 扱 について 弁 護 士 茶 木 真 理 子 第 1 はじめに 離 婚 の 際 の 財 産 分 与 ( 民 法 766 条 )にあたり 争 点 の 一 つとなるのが 退 職 金 の 取 扱 である 離 婚 時 に 既 に 支 給 を 受 けている 退 職 金 については 賃 金 の 後 払 いと 言 われる 性 格 から 清 算 的 財 産

More information

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等

取引相場のない株式(出資)の評価明細書 記載方法等 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 の 記 載 方 法 等 平 成 19 年 1 月 1 日 以 降 用 取 引 相 場 のない 株 式 ( 出 資 )の 評 価 明 細 書 は 相 続 遺 贈 又 は 贈 与 により 取 得 した 取 引 相 場 のない 株 式 及 び 持 分 会 社 の 出 資 等 並 びにこれらに 関 する 権 利 の 価 額 を 評 価 するために

More information

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関

民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節 関 係 ) 公 序 良 俗 ( 民 法 第 90 条 関 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 平 成 25 年 6 月 17 日 東 京 弁 護 士 会 倒 産 法 部 民 法 ( 債 権 関 係 )の 改 正 に 関 する 中 間 試 案 に 対 する 意 見 書 目 次 第 1 法 律 行 為 総 則... 1 1 法 律 行 為 の 意 義 ( 民 法 第 1 編 第 5 章 第 1 節

More information

国立大学法人福島大学職員給与規程

国立大学法人福島大学職員給与規程 国 立 大 学 法 人 福 島 大 学 職 員 給 与 規 程 制 定 平 成 16 年 4 月 1 日 改 正 平 成 17 年 3 月 28 日 平 成 17 年 6 月 6 日 平 成 18 年 4 月 1 日 平 成 18 年 6 月 5 日 平 成 18 年 10 月 16 日 平 成 19 年 4 月 1 日 平 成 19 年 4 月 16 日 平 成 19 年 12 月 7 日 平 成

More information

Microsoft Word - 基金規約(新).docx

Microsoft Word - 基金規約(新).docx 第 6 章 給 付 第 1 節 通 則 ( 給 付 の 種 類 ) 第 47 条 この 基 金 が 行 う 給 付 は 次 のとおりとする (1) 第 1 種 退 職 年 金 (2) 第 2 種 退 職 年 金 (3) 遺 族 一 時 金 (4) 退 職 一 時 金 ( 裁 定 ) 第 48 条 給 付 を 受 ける 権 利 は その 権 利 を 有 する 者 ( 以 下 受 給 権 者 という )の

More information

答申第630号

答申第630号 別 紙 諮 問 第 756 号 答 申 1 審 査 会 の 結 論 23 収 委 審 第 号 鑑 定 評 価 書 正 本 について を 一 部 開 示 とした 決 定 は 妥 当 であ る 2 異 議 申 立 ての 内 容 (1) 異 議 申 立 ての 趣 旨 本 件 異 議 申 立 ての 趣 旨 は 東 京 都 情 報 公 開 条 例 ( 平 成 11 年 東 京 都 条 例 第 5 号 以 下

More information