ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

Size: px
Start display at page:

Download "ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人"

Transcription

1 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー

2 ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 を 思 いやる 生 涯 にわたって 自 ら 学 び 自 ら 考 えるなどの 生 きる 力 をはぐくむことは 教 育 の 最 重 要 課 題 です とりわけ 幼 児 期 は 生 涯 にわたる 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 重 要 な 時 期 です とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) に 掲 げた 基 本 理 念 に 基 づき とち ぎの 子 どもたちを 自 らの 力 で 自 分 の 未 来 を 力 強 く 切 り 拓 いていける 人 間 に 育 て る ためには 幼 児 期 における 豊 かな 人 間 性 の 土 台 づくりが 必 要 不 可 欠 です そのためには 家 庭 や 地 域 幼 稚 園 保 育 所 等 が 連 携 し 互 いに 協 力 し 合 うこ とが 大 切 です こうしたことから 栃 木 県 教 育 委 員 会 では 小 学 校 低 学 年 までを 見 据 えた 幼 児 教 育 行 政 の 拠 点 施 設 である 栃 木 県 幼 児 教 育 センターを 中 心 に 国 公 私 立 の 枠 を 越 え 幼 児 教 育 や 幼 稚 園 保 育 所 小 学 校 間 の 連 携 に 関 する 研 修 研 究 情 報 提 供 等 の 事 業 を 推 進 しているところです このたび 平 成 18 年 3 月 に 策 定 しました 栃 木 県 幼 児 教 育 振 興 プログラム ( 第 2 期 ) が 平 成 23 年 3 月 をもって 終 了 することから これまでの 本 県 幼 児 教 育 行 政 の 成 果 や 課 題 を 踏 まえ 今 後 の 本 県 幼 児 教 育 の 充 実 のための 基 本 的 方 向 を 明 らかにした 本 冊 子 とちぎの 幼 児 教 育 を 作 成 しました 今 後 市 町 村 教 育 委 員 会 をはじめとする 教 育 関 係 者 はもとより 県 民 の 方 々 の 御 理 解 と 御 協 力 をいただきながら 関 係 各 課 各 団 体 等 と 連 携 協 力 し 幼 児 期 にふさわしい 教 育 の 展 開 と 充 実 に 努 めて 参 りたいと 考 えております 結 びに この とちぎの 幼 児 教 育 を 作 成 するに 当 たり 貴 重 な 御 意 見 をお 寄 せくださいました 本 県 幼 児 教 育 関 係 の 方 々に 厚 く 御 礼 申 し 上 げます 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 センター 所 長 瓦 井 千 尋

3 目 次 ごあいさつ はじめに 1 1 とちぎの 幼 児 教 育 作 成 の 趣 旨 1 2 本 書 の 性 格 2 3 本 書 の 活 用 2 第 1 基 本 方 針 3 第 2 事 業 推 進 の 方 針 5 1 幼 児 期 の 教 育 の 充 実 5 (1) 教 職 員 の 資 質 能 力 及 び 専 門 性 の 向 上 (2) 保 育 教 育 環 境 の 充 実 2 幼 保 小 連 携 の 充 実 9 3 子 育 て 支 援 の 推 進 11 4 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 の 向 上 13 第 3 事 業 の 推 進 に 当 たって 16 1 県 の 役 割 16 (1) 幼 児 教 育 センターの 機 能 の 充 実 (2) 幼 保 小 関 係 団 体 との 連 携 (3) 市 町 村 との 連 携 2 市 町 村 の 役 割 17 (1) 計 画 的 な 幼 児 教 育 の 振 興 (2) 幼 保 小 連 携 のさらなる 推 進 3 幼 保 小 それぞれの 役 割 19 (1) 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 の 役 割 (2) 小 学 校 の 役 割 4 幼 保 小 関 係 団 体 の 役 割 21 参 考 資 料 22 とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 )( 抜 粋 ) とちぎの 子 ども 育 成 憲 章 リーフレット 冊 子

4 とちぎの 幼 児 教 育

5 はじめに 1 とちぎの 幼 児 教 育 作 成 の 趣 旨 栃 木 県 教 育 委 員 会 では これまで 平 成 14 年 度 に 幼 児 教 育 振 興 プログラム 平 成 17 年 度 に 幼 児 教 育 振 興 プログラム( 第 2 期 ) を 策 定 し 積 極 的 かつ 計 画 的 に 幼 児 教 育 行 政 を 推 進 してきました 特 に 本 県 幼 児 教 育 行 政 の 中 核 的 な 施 設 である 栃 木 県 幼 児 教 育 センター ( 以 下 幼 児 教 育 センター という )を 中 心 に 国 公 私 立 の 枠 を 越 え 幼 児 教 育 の 研 修 研 究 相 談 情 報 提 供 等 の 事 業 を 展 開 し 関 係 機 関 と 連 携 し ながらその 充 実 に 努 めてきました それらの 事 業 をとおし 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 の 連 携 ( 以 下 幼 保 小 連 携 という ) や 幼 児 教 育 への 理 解 が 進 み 幼 保 小 連 携 の 組 織 づくりや 合 同 の 研 修 会 の 開 催 などが 市 町 村 単 位 で 行 われるようにもなりました この 間 平 成 18 年 12 月 には 教 育 基 本 法 が 改 正 され 新 たに 家 庭 教 育 や 幼 児 期 の 教 育 などについて 規 定 されました その 中 では 父 母 その 他 の 保 護 者 は 子 の 教 育 の 第 一 義 的 責 任 を 有 すること 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 に わたる 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 重 要 なものであること などが 示 されました 本 県 教 育 委 員 会 としては このような 幼 児 教 育 の 重 要 性 に 鑑 み これまでの 幼 児 教 育 行 政 の 成 果 や 課 題 を 踏 まえ 教 育 振 興 基 本 計 画 である とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) の 視 点 確 かな 学 びをはぐくむ 教 育 の 推 進 の 中 で 重 要 な 施 策 の 一 つとして 幼 児 教 育 の 充 実 を 掲 げています (P.22~23 とち ぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 )( 抜 粋 ) 参 照 ) そこで 幼 児 教 育 センターは 教 育 振 興 ビジョンの 施 策 である 幼 児 教 育 の 充 実 を 推 進 する 中 核 的 役 割 を 担 うため その 基 本 的 方 向 を 明 らかにし 本 書 を 作 成 しました さらに 本 県 が 平 成 22 年 2 月 に 制 定 した とちぎの 子 ども 育 成 憲 章 の 趣 旨 を 尊 重 しながら 関 係 各 課 と 連 携 し 幼 児 教 育 の 充 実 のための 施 策 事 業 を 積 極 的 に 推 進 していきます (P.24~25 とちぎの 子 ども 育 成 憲 章 参 照 ) 1

6 2 本 書 の 性 格 本 書 は 栃 木 県 幼 児 教 育 振 興 プログラム( 第 2 期 ) の 趣 旨 を 生 かしなが ら とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) 及 び とちぎ 子 ども 子 育 て 支 援 プラン の 施 策 を 具 現 化 する 際 の 基 本 的 な 考 えや 具 体 的 な 施 策 事 業 をと りまとめたものです 幼 児 教 育 の 充 実 を 推 進 するには 県 の 関 係 各 課 が 連 携 協 力 し 幼 児 教 育 に 関 連 する 施 策 事 業 を 展 開 していくことが 重 要 です したがって 幼 児 教 育 セ ンターのみならず 関 係 各 課 の 幼 児 教 育 に 関 する 主 な 施 策 や 事 業 も 記 載 してい ます また 国 においては 幼 児 教 育 アクションプログラム が 平 成 23 年 3 月 をもって 終 了 となりますが 次 期 幼 児 教 育 振 興 計 画 について 現 時 点 では 作 成 の 見 通 しが 示 されていません したがって 本 県 における 幼 児 教 育 振 興 のため の 計 画 については 今 後 国 の 動 向 を 見 極 めながら 検 討 していきます 3 本 書 の 活 用 ここでは 本 県 の 幼 児 教 育 の 充 実 のために 市 町 村 や 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 がそれぞれに 果 たす 役 割 を 示 しています さらに とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 を 願 う 大 人 すべてが 共 に 手 を 携 えその 役 割 を 発 揮 できるよう 様 々な 取 組 に 対 して 参 考 となるものを 具 体 的 に 明 記 しました よって 本 書 の 活 用 を 図 るとともに 園 学 校 地 域 の 特 色 を 十 分 に 生 かし ながら 幼 児 教 育 の 充 実 を 推 進 していきたいと 考 えています なお 本 書 は とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) の 施 策 である 幼 児 教 育 の 充 実 を 推 進 するための 具 体 的 な 事 業 内 容 を 示 したものであり 毎 年 度 必 要 に 応 じ 適 宜 見 直 しを 行 い 実 施 していきます 2

7 第 1 基 本 方 針 本 県 教 育 委 員 会 では 平 成 23 年 3 月 とちぎの 子 どもたちを 自 らの 力 で 自 分 の 未 来 を 力 強 く 切 り 拓 いていける 人 間 に 育 てます を 基 本 理 念 に 掲 げた と ちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) を 策 定 し 本 県 の 教 育 目 標 を とちぎの 教 育 が 目 指 す 子 ども 像 として 示 しました とちぎの 教 育 が 目 指 す 子 ども 像 心 身 ともに 健 康 な 子 ども 主 体 的 に 考 え 表 現 できる 子 ども ねばり 強 く 頑 張 る 子 ども 自 他 の 存 在 を 尊 重 し 協 同 する 子 ども すすんで 社 会 とかかわり 行 動 する 子 ども これらの 子 ども 像 に 示 した 資 質 や 能 力 は 一 人 一 人 の 子 どもの 中 に 総 合 的 に 育 まれることが 大 切 です したがって これらの 子 ども 像 の 実 現 のためには 子 どもの 発 達 の 段 階 に 応 じて 課 題 を 明 確 にするとともに 幼 小 中 高 の 発 達 の 連 続 性 を 考 慮 しながら 知 徳 体 のバランスを 重 視 した 教 育 を 展 開 する ことが 必 要 です とちぎ 教 育 振 興 ビジョン( 三 期 計 画 ) にあるように 幼 児 期 においては 幼 児 期 にふさわしい 教 育 を 展 開 し 将 来 の 生 き 方 の 基 盤 となる 基 本 的 な 生 活 習 慣 を 身 に 付 け 幼 児 の 豊 かな 感 性 や 他 者 を 思 いやる 心 など 優 しさ をはぐく むことが 重 要 であると 考 えます 以 上 のような 現 状 と 課 題 を 受 け 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 家 庭 地 域 社 会 がそれぞれの 役 割 を 果 たしながら 本 県 の 教 育 目 標 の 具 現 化 を 目 指 していけるよう 幼 児 教 育 センターが 中 心 となって 推 進 する 幼 児 教 育 の 充 実 のための4つの 基 本 方 針 を 次 のように 定 めました 3

8 幼 児 教 育 の 充 実 のための 基 本 方 針 1 幼 児 期 の 教 育 の 充 実 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 の 教 職 員 が 幼 児 教 育 に 関 する 高 い 専 門 性 はもとより 社 会 の 変 化 等 に 伴 う 新 たな 課 題 に 対 応 するための 能 力 を 身 に 付 けられるよう 研 修 等 の 充 実 を 図 っていき ます また 豊 かな 保 育 教 育 環 境 の 条 件 整 備 を 促 進 していきます 2 幼 保 小 連 携 の 充 実 自 発 的 な 活 動 である 遊 びをとおして 培 った 幼 児 期 の 学 びが 円 滑 に 小 学 校 以 降 の 学 習 に 接 続 できるよう 幼 保 小 連 携 を 推 進 していき ます 3 子 育 て 支 援 の 推 進 保 護 者 が 子 育 ての 楽 しさを 味 わえるように 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 が 地 域 における 幼 児 期 の 教 育 の 中 核 的 施 設 とな り 親 と 子 の 育 ちの 場 としての 役 割 を 発 揮 していく 環 境 を 整 えます 4 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 の 向 上 家 庭 教 育 を 一 層 支 援 するとともに 地 域 で 子 どもをはぐくむ 環 境 を 整 備 し 地 域 の 教 育 力 の 向 上 を 図 ります 4

9 第 2 事 業 推 進 の 方 針 1 幼 児 期 の 教 育 の 充 実 (1) 教 職 員 の 資 質 能 力 及 び 専 門 性 の 向 上 幼 児 期 は 生 涯 にわたる 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 重 要 な 時 期 であり その 教 育 を 充 実 させるためには 研 修 や 調 査 研 究 等 の 成 果 を 活 用 するなどして 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 の 幼 児 教 育 に 携 わる 教 職 員 の 資 質 能 力 及 び 専 門 性 の 向 上 を 図 っていくことが 必 要 です さらに 変 化 の 激 しい 社 会 にあっては その 変 化 に 伴 う 幼 児 教 育 の 今 日 的 な 課 題 に 対 応 する 能 力 が 必 要 とされています また 幼 児 期 から 児 童 期 にかけての 教 育 を 一 貫 性 のあるものとするため に 幼 児 期 においては 幼 児 の 自 発 的 な 活 動 である 遊 びを 中 心 とした 保 育 を 充 実 させることにより 幼 児 の 知 的 好 奇 心 をはぐくみ 豊 かな 心 情 や 物 事 に 自 分 から 関 わろうとする 意 欲 健 全 な 生 活 を 営 むために 必 要 な 態 度 などを 培 うことが 重 要 です さらに 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 においては 保 育 教 育 の 課 題 や 特 別 な 配 慮 を 必 要 とする 幼 児 の 指 導 園 内 研 修 の 在 り 方 幼 児 をもつ 保 護 者 への 子 育 て 支 援 の 在 り 方 等 に 対 して 経 験 豊 富 な 専 門 家 などによる 支 援 も 求 められています 事 業 推 進 の 方 針 幼 稚 園 教 育 要 領 や 保 育 所 保 育 指 針 幼 保 連 携 型 認 定 こど も 園 教 育 保 育 要 領 の 趣 旨 や 内 容 についての 理 解 を 深 める 研 修 をは じめ 教 職 員 の 職 位 に 応 じた 研 修 や 今 日 的 な 課 題 の 研 修 等 をとおして 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 に 努 めます 関 係 機 関 及 び 各 団 体 で 行 う 研 修 を 尊 重 しながら 効 率 的 な 研 修 の 実 施 に 努 めます 幼 児 教 育 の 専 門 家 等 の 派 遣 により 保 育 に 関 する 相 談 や 援 助 を 行 いま す 教 職 員 同 士 の 交 流 により 幼 稚 園 と 保 育 所 と 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 における 教 育 内 容 の 整 合 性 の 確 保 及 び 質 の 向 上 に 努 めます 教 材 ビデオや 参 考 文 献 研 究 成 果 等 の 情 報 提 供 により 保 育 教 育 5

10 の 充 実 を 図 ります ホームページや 幼 児 教 育 情 報 誌 による 双 方 向 性 をもった 情 報 の 収 集 発 信 に 努 めます 幼 児 教 育 に 関 わる 今 日 的 な 課 題 及 び 幼 保 小 連 携 に 関 わる 課 題 に 関 する 調 査 研 究 を 進 め その 成 果 の 提 供 普 及 啓 発 に 努 めます 主 な 施 策 事 業 研 修 の 充 実 新 規 採 用 幼 稚 園 教 諭 研 修 や 幼 稚 園 教 職 10 年 経 験 者 研 修 など 保 育 教 諭 も 含 めた 教 職 員 の 職 位 や 経 験 年 数 に 応 じた 研 修 を 実 施 するとともに 特 別 支 援 教 育 に 関 する 研 修 や 保 育 技 術 の 向 上 を 目 指 す 研 修 など 今 日 的 な 課 題 に 対 する 研 修 をとおして 多 様 なニーズに 対 応 するための 資 質 能 力 の 向 上 を 図 ります ( 栃 木 県 幼 稚 園 連 合 会 こども 政 策 課 幼 児 教 育 センター) 指 導 者 養 成 のための 人 材 の 育 成 独 立 行 政 法 人 教 員 研 修 センターが 実 施 する 中 央 研 修 講 座 へ 教 職 員 を 派 遣 するなど 人 材 の 育 成 を 行 います また 幼 稚 園 の 教 諭 が 小 学 校 の 免 許 を 取 得 できる 講 座 を 教 育 職 員 免 許 法 認 定 講 習 で 開 催 していきます ( 教 職 員 課 ) 保 育 教 育 アドバイザーの 派 遣 関 係 団 体 が 行 う 研 修 や 園 内 校 内 研 修 等 に 対 して 幼 児 教 育 センターの 専 門 員 等 による 保 育 教 育 アドバイザーを 派 遣 し 研 修 の 充 実 を 支 援 します ( 幼 児 教 育 センター) 情 報 の 提 供 幼 児 理 解 のための 教 材 ビデオや 食 に 関 する 参 考 文 献 等 を 整 備 し 貸 出 しを 行 うほか ホームページや 幼 児 教 育 情 報 誌 おうち をとおして 幼 児 教 育 や 子 育 て 等 に 関 する 研 究 成 果 など 各 種 情 報 の 提 供 を 行 います ( 幼 児 教 育 センター) 調 査 研 究 幼 児 教 育 や 幼 保 小 連 携 等 に 関 する 課 題 について 関 係 団 体 との 連 携 を 図 りながら 調 査 研 究 を 行 い それらの 成 果 を 普 及 し 保 育 教 育 の 質 の 向 上 を 図 ります ( 幼 児 教 育 センター) 6

11 (2) 保 育 教 育 環 境 の 充 実 幼 児 教 育 の 振 興 には 幼 児 一 人 一 人 に 対 応 したきめ 細 かい 保 育 を 行 うた めの 条 件 整 備 や 教 育 に 直 接 従 事 する 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 のための 支 援 等 保 育 教 育 環 境 の 充 実 が 欠 かせません 事 業 推 進 の 方 針 私 立 幼 稚 園 や 私 立 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 の 経 営 の 健 全 性 を 高 める とともに 私 立 幼 稚 園 の 教 育 条 件 の 維 持 向 上 と 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 運 営 への 支 援 を 進 めます 豊 かな 教 育 環 境 の 整 備 促 進 のため 特 別 な 教 育 的 支 援 の 必 要 な 幼 児 の 受 入 れの 促 進 に 努 めます 教 職 員 の 福 利 厚 生 の 充 実 により 優 れた 教 職 員 の 確 保 を 図 るととも に 各 種 研 修 の 実 施 や 研 修 実 施 団 体 への 助 成 等 をとおして 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 ります 一 定 の 要 件 を 満 たす 保 育 所 幼 稚 園 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 にお ける 環 境 の 整 備 について 支 援 します 主 な 施 策 事 業 幼 稚 園 運 営 等 への 助 成 学 校 法 人 立 幼 稚 園 に 対 して 経 営 の 健 全 性 を 高 め 私 立 幼 稚 園 の 教 育 条 件 の 維 持 向 上 と 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 学 校 振 興 助 成 法 に 基 づき 運 営 費 を 助 成 します 学 校 法 人 立 以 外 の 私 立 幼 稚 園 に 対 して 教 育 内 容 の 充 実 を 図 るため 教 材 等 経 費 の 一 部 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 施 設 型 給 付 費 の 給 付 市 町 村 が 私 立 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 及 び 私 立 幼 稚 園 型 認 定 こども 園 また 施 設 型 給 付 費 の 給 付 を 選 択 した 私 立 幼 稚 園 に 給 付 する 場 合 には 市 町 村 に 対 し その 一 部 を 負 担 します (こども 政 策 課 ) 幼 稚 園 特 別 支 援 教 育 への 助 成 特 別 な 教 育 的 支 援 が 必 要 な 幼 児 の 受 入 れ 促 進 のため 特 別 支 援 教 育 を 行 う 私 立 幼 稚 園 等 に 対 して 必 要 な 経 費 の 一 部 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 7

12 教 職 員 の 福 利 厚 生 の 充 実 公 益 財 団 法 人 栃 木 県 私 立 幼 稚 園 振 興 財 団 が 行 う 私 立 幼 稚 園 等 教 職 員 に 対 する 退 職 金 給 付 事 業 について 助 成 します 私 立 学 校 教 職 員 が 加 入 する 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 の 長 期 給 付 に 要 する 経 費 の 一 部 を 助 成 します ( 文 書 学 事 課 ) 幼 稚 園 教 職 員 の 研 修 事 業 への 助 成 一 般 財 団 法 人 栃 木 県 幼 稚 園 連 合 会 が 実 施 する 幼 稚 園 や 幼 保 連 携 型 認 定 こ ども 園 の 教 職 員 の 研 修 事 業 に 対 し 経 費 の 一 部 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 新 規 採 用 幼 稚 園 教 諭 研 修 の 実 施 ( 再 掲 ) ( 栃 木 県 幼 稚 園 連 合 会 こども 政 策 課 幼 児 教 育 センター) 1 歳 児 保 育 担 当 保 育 士 増 員 に 対 する 助 成 1 歳 児 入 所 児 童 の 処 遇 を 向 上 させるため 1 歳 児 が6 人 以 上 入 所 してい る 私 立 保 育 所 及 び 私 立 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 に 対 して 1 歳 児 3 人 に 保 育 士 1 人 を 配 置 するための 人 件 費 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 保 育 所 職 員 の 研 修 事 業 に 対 する 助 成 栃 木 県 保 育 協 議 会 栃 木 県 民 間 保 育 園 連 盟 栃 木 県 日 本 保 育 協 会 が 実 施 する 保 育 所 職 員 の 研 修 事 業 に 対 し 経 費 の 一 部 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 8

13 2 幼 保 小 連 携 の 充 実 栃 木 県 内 全 体 では 平 成 22 年 1 月 現 在 約 90%の 市 町 村 に 幼 保 小 の 連 携 組 織 があり 活 動 が 行 われています 今 後 は 連 携 の 取 組 が 相 互 理 解 の 場 となり それぞれの 保 育 教 育 の 質 の 高 まりにつながっていくように 充 実 していくことが 課 題 となってきます 事 業 推 進 の 方 針 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 の 教 職 員 が 合 同 で 行 う 研 修 をとおして 教 職 員 の 相 互 理 解 を 深 めるとともに 幼 保 小 連 携 を 県 内 全 域 で 推 進 します 連 絡 体 制 の 整 備 や 合 同 の 保 育 授 業 参 観 の 機 会 を 設 けるなど 市 町 村 や 各 地 域 における 連 携 の 充 実 を 支 援 します 主 な 施 策 事 業 栃 木 県 幼 稚 園 保 育 所 小 学 校 連 携 推 進 会 議 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 及 び 家 庭 教 育 関 係 団 体 の 代 表 者 県 幼 児 教 育 関 係 各 課 市 町 村 幼 児 教 育 関 係 課 の 代 表 者 による 幼 稚 園 保 育 所 小 学 校 連 携 推 進 会 議 を 開 催 し 連 携 推 進 等 の 課 題 と その 解 決 について 協 議 を 行 い その 結 果 を 事 業 の 実 施 に 反 映 させます ( 幼 児 教 育 センター) 連 携 推 進 充 実 事 業 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 の 教 職 員 が 合 同 で 保 育 授 業 を 参 観 し 協 議 し 合 うことで 子 どもの 発 達 や 学 びを 踏 まえた 保 育 授 業 の 充 実 を 図 ります ( 幼 児 教 育 センター) 幼 保 小 連 携 研 修 今 後 の 連 携 の 在 り 方 や 取 組 についての 理 解 啓 発 を 行 い 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 が 組 織 的 に 連 携 を 進 めていく 体 制 づ くりを 支 援 します ( 幼 児 教 育 センター) 9

14 合 同 研 修 ( 幼 保 小 ) 幼 保 小 の 教 職 員 が 具 体 的 なテーマに 基 づき 協 議 をすることで 幼 児 期 の 教 育 から 小 学 校 教 育 への 円 滑 な 接 続 を 図 ります ( 幼 児 教 育 センター) 幼 稚 園 保 育 所 小 学 校 教 職 員 相 互 職 場 体 験 研 修 幼 保 小 の 教 職 員 が 相 互 の 職 場 で 実 際 の 保 育 や 教 育 を 体 験 し 子 ど もの 発 達 に 即 した 指 導 や 幼 保 から 小 学 校 への 円 滑 な 教 育 の 接 続 に 生 か します ( 幼 児 教 育 センター) 参 考 児 童 期 の 学 び 豊 かな 遊 びと 確 かな 学 び 豊 か な 遊 び は 確 か な 学 び の 源 で す 連 携 の 軸 は 子 ども の 発 達 や 学 びの 連 続 性 の 確 保 です 幼 児 期 の 遊 び 10

15 3 子 育 て 支 援 の 推 進 近 年 の 幼 児 を 取 り 巻 く 社 会 環 境 の 変 化 に 伴 い 基 本 的 な 生 活 習 慣 の 欠 如 や 他 者 と 関 わる 力 の 不 足 など 子 どもの 育 ちの 変 化 が 指 摘 されています また 地 域 における 地 縁 的 なつながりの 希 薄 化 などを 背 景 に 子 育 てに 不 安 を 抱 く 保 護 者 も 増 えています このような 状 況 の 中 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こど も 園 等 においては 家 庭 や 地 域 と 連 携 を 深 め 地 域 の 実 態 や 保 護 者 等 の 要 請 を 踏 まえ 地 域 における 幼 児 期 の 教 育 のセンターとしての 役 割 を 果 たすことが 求 められています 事 業 推 進 の 方 針 子 育 て 支 援 に 関 する 研 修 をとおして 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 における 子 育 て 支 援 活 動 が 親 と 子 の 育 ちの 場 と なるよう 支 援 します 幼 児 教 育 家 庭 教 育 に 関 する 情 報 の 提 供 により 家 庭 教 育 の 支 援 の 充 実 を 図 ります 幼 稚 園 や 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 に 通 う 子 どもだけでなく 地 域 の 子 どもやその 保 護 者 に 対 しても 広 く 幼 児 期 の 教 育 にふさわしい 情 報 を 提 供 するなど 地 域 に 開 かれた 子 育 て 支 援 活 動 を 推 進 します 未 就 園 児 を 対 象 とした 親 子 教 室 の 開 催 子 育 てに 関 する 情 報 の 提 供 等 幼 稚 園 や 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 における 子 育 て 支 援 活 動 を 推 進 します 保 護 者 の 要 請 等 に 応 じて 教 育 課 程 に 係 る 教 育 時 間 外 に 行 われる 預 かり 保 育 を 推 進 します 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 幼 稚 園 就 園 奨 励 事 業 を 推 進 します 保 育 所 における 子 育 て 支 援 については 地 域 の 実 情 等 に 応 じた 様 々 な 取 組 を 促 進 します 主 な 施 策 事 業 子 育 て 支 援 に 関 する 研 修 の 充 実 幼 稚 園 保 育 所 等 パワーアップセミナーやトップセミナー 等 の 研 修 をと おして 園 長 等 が 地 域 と 連 携 協 力 して 家 庭 教 育 や 子 育 ての 支 援 ができる 11

16 よう 体 制 を 整 備 します また 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 が 地 域 における 幼 児 期 の 教 育 のセンターとしての 役 割 を 果 たせるよう 指 導 力 の 向 上 を 図 ります ( 幼 児 教 育 センター) ホームページによる 情 報 提 供 幼 児 教 育 や 家 庭 教 育 に 関 する 情 報 子 どもをめぐる 今 日 的 な 課 題 に 対 す る 情 報 をホームページにより 提 供 します ( 幼 児 教 育 センター) 幼 児 教 育 情 報 誌 おうち による 情 報 の 提 供 幼 児 教 育 や 家 庭 教 育 に 関 わるテーマについて 保 護 者 によるアンケート 結 果 を 生 かした 双 方 向 性 のある 情 報 誌 を 発 行 し 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 をとおして 3 歳 以 上 の 子 どもをもつ 家 庭 に 配 布 しま す また 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 の 保 護 者 会 や 研 修 会 等 での 本 誌 の 活 用 を 促 進 し 保 護 者 の 子 育 てを 支 援 します ( 幼 児 教 育 センター) 保 育 教 育 アドバイザーの 派 遣 幼 稚 園 や 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 等 の 行 う 幼 児 教 育 や 家 庭 教 育 に 関 する 学 習 会 等 に 対 して 幼 児 教 育 センターの 専 門 員 等 による 保 育 教 育 アドバイザーを 派 遣 し 学 習 会 の 充 実 を 支 援 します ( 幼 児 教 育 センター) 地 域 の 子 育 て 推 進 事 業 への 支 援 私 立 幼 稚 園 や 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 が 行 う 子 どもの 遊 び 場 の 確 保 未 就 園 児 を 対 象 とした 親 子 教 室 の 開 催 幼 児 教 育 に 関 する 各 種 講 座 の 開 催 子 育 てに 関 する 情 報 の 提 供 等 について 助 成 します (こども 政 策 課 ) 預 かり 保 育 の 推 進 預 かり 保 育 を 実 施 する 私 立 幼 稚 園 や 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 に 対 し て その 経 費 の 一 部 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 幼 稚 園 における 保 護 者 負 担 の 軽 減 保 護 者 の 負 担 軽 減 を 図 るため 市 町 村 の 実 施 する 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 を 助 成 します ( 学 校 教 育 課 ) 12

17 保 育 所 における 保 護 者 負 担 の 軽 減 保 護 者 の 負 担 軽 減 を 図 るため 市 町 村 が 保 育 所 入 所 児 童 のうち 第 3 子 以 降 の3 歳 未 満 児 にかかる 保 育 料 を 免 除 した 場 合 に その 事 業 に 要 する 経 費 を 助 成 します (こども 政 策 課 ) 4 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 の 向 上 学 校 家 庭 地 域 の 連 携 協 力 による 教 育 活 動 の 推 進 体 制 は 整 いつつありま すが 近 年 の 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 などにより 家 庭 の 教 育 力 の 低 下 が 懸 念 されています また 地 域 における 地 縁 的 なつながりの 希 薄 化 が 進 む 中 地 域 の 教 育 力 も 低 下 してきていると 言 われています このような 中 家 庭 教 育 を 一 層 充 実 するとともに 地 域 で 子 どもをはぐくむ 環 境 を 整 備 し 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 を 向 上 させることが 重 要 です 事 業 推 進 の 方 針 すべての 保 護 者 に 対 する 家 庭 教 育 支 援 に 向 けて 家 庭 教 育 に 関 する 情 報 提 供 や 学 習 機 会 の 充 実 を 進 めていきます 子 育 てや 家 庭 教 育 に 悩 む 保 護 者 が いつでも 気 軽 に 相 談 できるよう 相 談 体 制 の 充 実 を 図 ります 家 庭 教 育 オピニオンリーダー 等 の 家 庭 教 育 支 援 者 の 組 織 を 核 に 相 談 体 制 整 備 や 情 報 提 供 保 護 者 同 士 のネットワークづくりなど 身 近 な 地 域 で 保 護 者 を 支 える 環 境 を 整 えていきます 地 域 の 人 々がふれあう 交 流 活 動 や 体 験 活 動 学 習 活 動 等 のふれあい 学 習 をとおして 子 どもたちの 生 きる 力 をはぐくみながら 家 庭 や 地 域 の 教 育 力 の 活 性 化 を 図 ります 家 族 のふれあいや 絆 を 深 めるために ふれあい 育 む 家 庭 の 日 ( 毎 月 第 3 日 曜 日 )の 定 着 に 向 けた 普 及 啓 発 に 努 めます 子 育 てのための 大 人 の 基 本 理 念 や 行 動 指 針 を 示 した とちぎの 子 ど も 育 成 憲 章 を 県 民 に 広 く 周 知 するとともに 憲 章 の 理 念 に 沿 った 実 践 を 促 します 13

18 主 な 施 策 事 業 家 庭 教 育 に 関 する 学 習 機 会 の 提 供 子 育 て 中 の 保 護 者 を 対 象 とした 子 育 てに 必 要 な 知 識 やスキルを 主 体 的 に 学 ぶ 親 学 習 プログラム の 普 及 定 着 の 取 組 を 市 町 村 や 企 業 家 庭 教 育 支 援 団 体 等 と 連 携 し 支 援 します また 市 町 村 の 保 健 福 祉 部 局 で 実 施 している 全 保 護 者 を 対 象 にした 検 診 や 訪 問 事 業 等 の 機 会 を 利 用 するなど 学 習 機 会 の 拡 充 を 図 り 身 近 な 家 庭 教 育 支 援 をより 進 めていきます ( 生 涯 学 習 課 ) 情 報 提 供 相 談 体 制 の 充 実 家 庭 教 育 の 重 要 性 について 家 庭 教 育 資 料 を 作 成 するなど 啓 発 活 動 の 充 実 を 図 るとともに とちぎレインボーネット 内 の 家 庭 教 育 支 援 サイト を 充 実 します また 子 育 てなど 家 庭 教 育 に 関 する 電 話 相 談 家 庭 教 育 ホ ットライン いじめや 不 登 校 など 子 どもの 悩 みに 関 する 電 話 相 談 いじ め 相 談 さわやかテレホン に 加 え 電 子 メールによる メール 相 談 を 行 う 等 保 護 者 や 子 どもがいつでも 気 軽 に 相 談 できる 体 制 の 充 実 を 図 ります ( 生 涯 学 習 課 ) 家 庭 教 育 支 援 者 の 養 成 子 育 てに 関 する 不 安 を 抱 く 保 護 者 への 助 言 等 きめ 細 かな 支 援 ができる よう 家 庭 教 育 支 援 者 の 養 成 及 び 研 修 会 を 実 施 します また 全 市 町 村 にあ る 家 庭 教 育 オピニオンリーダー 等 の 家 庭 教 育 支 援 者 の 組 織 を 核 に 相 談 体 制 整 備 や 情 報 提 供 子 育 て 支 援 のネットワークの 充 実 を 図 るなど 身 近 な 地 域 で 保 護 者 を 支 える 環 境 を 整 えていきます ( 生 涯 学 習 課 ) ふれあい 学 習 の 推 進 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 協 力 し 子 どもの 生 きる 力 をはぐくみな がら 家 庭 と 地 域 の 教 育 力 の 再 生 充 実 を 目 指 し 子 ども 同 士 大 人 同 士 子 どもと 大 人 そして 幅 広 い 年 代 の 人 々との 交 流 活 動 や 体 験 活 動 学 習 活 動 を 推 進 します ( 生 涯 学 習 課 ) 幼 児 の 自 発 的 な 遊 びや 運 動 を 促 す 環 境 の 充 実 総 合 型 地 域 スポーツクラブの 育 成 支 援 など 地 域 のスポーツ 振 興 に 係 る 活 動 の 推 進 を 通 じて 地 域 コミュニティの 活 性 化 を 促 すとともに 幼 児 が 伸 び 伸 びと 体 を 動 かしながら 自 ら 進 んで 遊 びや 運 動 ができる 環 境 の 充 実 に 努 めます (スポーツ 振 興 課 ) 14

19 家 庭 の 日 の 普 及 啓 発 家 庭 の 日 において 主 な 県 有 施 設 の 小 人 料 金 を 無 料 化 するほか 市 町 村 有 施 設 の 優 待 制 度 及 び 家 庭 の 日 協 力 企 業 による 優 待 サービス 等 を 実 施 し ます また 親 子 で 参 加 できる 各 種 取 組 や 行 事 等 の 情 報 提 供 を 行 うなど 家 庭 の 日 の 定 着 に 向 けた 普 及 啓 発 に 努 めることにより 家 族 のふれあいや 絆 を 深 め 家 庭 の 教 育 力 の 向 上 を 図 ります ( 人 権 青 少 年 男 女 参 画 課 ) とちぎの 子 ども 育 成 憲 章 の 普 及 啓 発 子 どもたちを 心 身 ともに 健 全 に 育 成 する 上 での 基 本 理 念 や 子 育 て 中 の 保 護 者 や 地 域 の 大 人 一 人 ひとりが 実 行 するための 行 動 指 針 として 策 定 した と ちぎの 子 ども 育 成 憲 章 の 普 及 啓 発 に 努 め 家 庭 学 校 職 場 地 域 等 様 々な 場 において 憲 章 の 理 念 が 実 践 されるよう 努 めます ( 人 権 青 少 年 男 女 参 画 課 ) 参 考 とちぎの 子 ども 育 成 憲 章 15

20 第 3 事 業 の 推 進 に 当 たって 1 県 の 役 割 幼 児 教 育 の 充 実 のための 施 策 事 業 の 推 進 に 当 たっては 幼 児 教 育 センター が 中 心 となり 県 の 関 係 各 課 や 学 校 市 町 村 幼 保 小 及 び 関 係 団 体 との 連 携 を 図 りながら 進 めていきます (1) 幼 児 教 育 センターの 機 能 の 充 実 幼 児 教 育 センターは 幼 児 教 育 関 係 の 行 政 機 関 及 び 団 体 との 連 携 を 図 りなが ら その 中 心 となって 事 業 を 展 開 していきます そのために 幼 稚 園 保 育 所 小 学 校 連 携 推 進 会 議 において その 成 果 と 課 題 を 明 確 にし 効 果 的 な 施 策 事 業 の 展 開 に 反 映 させ 機 能 の 充 実 を 図 る よう 努 めます (2) 幼 保 小 関 係 団 体 との 連 携 栃 木 県 幼 稚 園 連 合 会 栃 木 県 保 育 協 議 会 栃 木 県 民 間 保 育 園 連 盟 栃 木 県 日 本 保 育 協 会 栃 木 県 小 学 校 長 会 栃 木 県 小 学 校 教 育 研 究 会 等 との 密 接 な 連 携 の 下 本 書 が 適 切 に 実 施 できるよう 努 めます (3) 市 町 村 との 連 携 生 涯 学 習 部 局 との 連 携 推 進 や 幼 保 小 連 携 のさらなる 充 実 など 市 町 村 における 幼 児 教 育 の 振 興 において 市 町 村 教 育 委 員 会 が 積 極 的 な 役 割 を 果 た せるよう 支 援 を 行 います さらに 市 町 村 に 幼 児 教 育 振 興 のための 計 画 の 策 定 について 理 解 を 図 り 地 域 における 幼 児 教 育 の 充 実 を 視 野 に 入 れた 計 画 の 策 定 展 開 について 協 力 を 要 請 していきます 16

21 2 市 町 村 の 役 割 本 県 の 幼 児 教 育 については 各 幼 稚 園 保 育 所 等 が 中 心 となってその 役 割 を 担 ってきましたが 今 後 は 幼 保 小 行 政 機 関 関 係 者 等 が 相 互 の 信 頼 関 係 を 築 きながら 地 域 全 体 で 子 どもを 育 てていくことが 重 要 です 生 涯 にわたる 人 間 形 成 の 基 礎 を 培 う 幼 児 期 の 教 育 がより 身 近 で 充 実 したもの になるために すべての 市 町 村 には 以 下 のことを 積 極 的 に 推 進 していくこと が 求 められています (P.18 参 考 : 市 町 村 の 連 携 体 制 づくりに 向 けて 参 照 ) (1) 計 画 的 な 幼 児 教 育 の 振 興 市 町 村 教 育 委 員 会 が 中 心 となって 関 係 部 局 関 係 機 関 等 との 密 接 な 連 携 協 力 を 図 りながら 地 域 の 特 色 を 生 かした 幼 児 教 育 の 推 進 に 関 する 計 画 の 策 定 を 視 野 に 入 れ 計 画 的 に 地 域 の 幼 児 教 育 の 推 進 を 図 ることが 望 まれます (2) 幼 保 小 連 携 のさらなる 推 進 小 学 校 に 入 学 する 児 童 のほとんどが 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こど も 園 等 の 幼 児 教 育 施 設 で 過 ごした 経 験 があること また 幼 保 小 はそれ ぞれ 地 域 に 密 着 した 施 設 であることから 市 町 村 教 育 委 員 会 は 地 域 におけ る 連 携 推 進 の 拠 点 としての 機 能 役 割 を 果 たすことが 重 要 です ア 幼 児 教 育 の 窓 口 の 明 確 化 市 町 村 内 の 幼 保 小 連 携 を 推 進 するためには それぞれの 所 管 部 局 と 連 携 調 整 を 図 った 上 で 幼 児 教 育 の 窓 口 を 明 確 にすることが 望 まれます さらに 幼 児 教 育 担 当 者 等 を 推 進 役 として 地 域 の 各 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 からの 教 育 上 の 指 導 や 小 学 校 との 連 絡 調 整 などの 要 請 に 応 じ その 調 整 指 導 の 役 割 を 担 うことが 望 まれます イ 保 育 教 育 の 質 の 向 上 市 町 村 教 育 委 員 会 が 保 育 教 育 内 容 について 関 与 しながら 市 町 村 全 体 あるいは 各 地 域 の 連 携 組 織 を 活 用 し 互 いの 保 育 や 授 業 を 見 合 う 合 同 の 研 修 会 を 開 催 するなど 教 職 員 の 学 び 合 いや それぞれの 保 育 教 育 の 充 実 が 図 られるような 事 業 を 展 開 することが 重 要 です ウ 教 育 環 境 の 整 備 地 域 の 家 庭 教 育 オピニオンリーダーや 学 校 支 援 ボランティアなどの 人 的 環 境 身 近 な 自 然 や 施 設 などの 物 的 社 会 的 環 境 を 整 備 活 用 し 子 ども が 交 流 する 機 会 や 地 域 と 連 携 する 機 会 の 充 実 に 向 けて 幼 保 小 及 び 地 域 とのネットワークを 構 築 することが 望 まれます 17

22 参 考 市町村の連携体制づくりに向けて 7つの秘策 継続することが大切です できることから始めましょう 幼 保 小連携体制の整備 秘策1 秘策2 秘策3 秘策4 秘策5 秘策6 秘策7 幼児教育担当者及び連携担当者を明確にする 教育委員会と保育所主管課との協力体制を確立する 地域の特色を生かした連携組織を設置する 緊急連絡網など 連絡体制を整備する 情報交換会を計画的 継続的に行う 幼 保 小の教職員の合同の研修会を開催する 幼 保 小の保護者の合同の研修会を開催する 家 庭 幼稚園 保育所 行 小学校 地 域 18 政

23 3 幼 保 小 それぞれの 役 割 現 在 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 はそれぞれ 異 なる 基 準 によって 運 営 され 特 色 をもった 保 育 や 教 育 が 行 われています 幼 児 児 童 の 健 全 な 成 長 のためには 幼 児 期 の 教 育 と 小 学 校 教 育 は 連 続 した 教 育 である との 認 識 に 立 ち 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 小 学 校 がこれま で 以 上 に 相 互 に 連 携 協 力 し 合 うことが 重 要 です (1) 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 の 役 割 ア 創 意 ある 教 育 課 程 保 育 課 程 の 編 成 及 び 指 導 計 画 の 作 成 意 図 的 計 画 的 な 環 境 による 遊 びを 中 心 とした 指 導 の 充 実 を 図 るた め 保 育 や 教 育 の 基 準 となる 幼 稚 園 教 育 要 領 や 保 育 所 保 育 指 針 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 教 育 保 育 要 領 の 趣 旨 内 容 の 理 解 をさらに 深 めるこ とが 大 切 です そしてそれらを 踏 まえた 上 で 創 意 ある 教 育 課 程 あるいは 保 育 課 程 を 編 成 し 指 導 計 画 に 基 づき 実 施 することが 必 要 です イ 今 日 的 な 課 題 に 対 応 した 園 づくり 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 においてはその 専 門 性 を 生 かし 幼 児 が 人 間 関 係 を 深 め 協 同 して 遊 ぶような 活 動 を 指 導 計 画 に 位 置 付 けたり 未 就 園 児 とその 親 が 参 加 できる 場 を 設 定 したりするなど の 今 日 的 な 課 題 への 積 極 的 な 取 組 が 求 められます また 教 職 員 一 人 一 人 が 幼 児 の 生 活 の 連 続 性 や 発 達 や 学 びの 連 続 性 を 保 ちながら 教 育 を 展 開 するとともに 特 別 支 援 教 育 などの 専 門 性 を 高 めることが 求 められています ウ 園 内 園 外 研 修 の 充 実 一 人 一 人 の 教 職 員 の 資 質 能 力 の 向 上 を 図 るため 各 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 の 教 育 課 題 を 的 確 に 把 握 し 計 画 的 な 園 内 研 修 の 実 施 により 課 題 解 決 を 図 ることが 大 切 です また 関 係 機 関 団 体 等 の 主 催 する 研 修 に 積 極 的 に 教 職 員 を 派 遣 して いくことが 望 まれます エ 学 校 評 価 等 の 導 入 充 実 保 育 教 育 水 準 の 向 上 と 目 標 の 実 現 のため 教 育 活 動 その 他 の 学 校 運 営 の 状 況 について 教 職 員 により 自 己 点 検 自 己 評 価 を 実 施 し その 結 果 を 公 表 するとともに 指 導 の 改 善 に 生 かすことが 必 要 です さらに 保 護 者 など 学 校 関 係 者 による 評 価 や 第 三 者 評 価 の 導 入 をしていくことが 必 要 です また 保 育 やその 他 の 運 営 の 状 況 について 保 護 者 等 に 対 して 19

24 積 極 的 に 情 報 を 提 供 していくことが 求 められています オ 幼 稚 園 と 保 育 所 と 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 の 連 携 幼 稚 園 と 保 育 所 と 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 は 共 に 幼 児 期 の 子 どもが 過 ご す 施 設 であることから 連 携 を 密 にし 教 職 員 同 士 の 交 流 や 合 同 研 修 情 報 交 換 など 様 々な 取 組 を 行 っていくことが 望 まれます (2) 小 学 校 の 役 割 ア イ ウ エ 創 意 ある 教 育 課 程 の 編 成 幼 児 期 から 児 童 期 への 教 育 を 一 貫 性 をもったものとするためには 学 習 指 導 要 領 の 連 携 等 に 関 する 内 容 を 踏 まえ 創 意 ある 教 育 課 程 を 編 成 す ることが 必 要 です 幼 保 小 連 携 に 関 する 組 織 の 校 務 分 掌 への 位 置 付 け 幼 保 小 連 携 の 組 織 をつくり 校 務 分 掌 に 位 置 付 けることが 大 切 で す 担 当 者 を 中 心 に 教 育 課 程 や 生 活 科 を 始 めとする 各 教 科 の 年 間 指 導 計 画 等 に 子 ども 同 士 の 交 流 を 位 置 付 けるなど 計 画 的 継 続 的 な 取 組 が 求 められています スタートカリキュラムの 編 成 入 学 に 際 しては 一 人 一 人 の 幼 児 が 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 で 経 験 してきたこと 等 について 教 職 員 間 で 情 報 交 換 したり スタートカリキュラムを 編 成 したりするなど 幼 児 期 の 発 達 や 学 びが 途 切 れることなく 小 学 校 教 育 で 十 分 に 生 かされるよう 配 慮 していくこと が 重 要 です 幼 児 教 育 の 成 果 を 生 かした 指 導 の 工 夫 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 等 と 小 学 校 が 地 域 の 特 性 を 生 かし 教 職 員 同 士 の 相 互 理 解 を 図 りながら 指 導 計 画 の 改 善 を 図 った り 子 ども 同 士 の 交 流 の 機 会 を 設 けたりするなど 指 導 の 工 夫 に 努 める ことが 重 要 です 交 流 活 動 の 際 は 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こ ども 園 等 と 一 緒 に 計 画 を 立 てたり ねらいを 確 認 し 合 ったり 共 に 話 し 合 える 場 を 積 極 的 に 設 けていくことが 望 まれます 交 流 活 動 のポイント 幼 児 児 童 の 双 方 のねらいを 明 確 にする 幼 稚 園 保 育 所 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 と 小 学 校 が 一 緒 に 活 動 の 計 画 を 立 てる 互 いに 学 びのある 活 動 を 展 開 する 交 流 の 後 活 動 について 一 緒 に 振 り 返 る 指 導 計 画 に 位 置 付 け 継 続 性 のあるものとする 20

25 4 幼 保 小 関 係 団 体 の 役 割 各 団 体 においては 教 職 員 の 資 質 能 力 を 高 め 教 育 の 充 実 を 図 る 研 修 を 積 極 的 に 実 施 していくことが 重 要 です また 幼 児 教 育 センター 等 で 実 施 する 幼 保 小 教 職 員 の 合 同 の 研 修 や 相 互 に 職 場 を 体 験 する 研 修 などの 各 種 研 修 市 町 村 や 各 地 域 で 行 う 各 種 研 修 会 事 業 に 積 極 的 に 参 加 協 力 していくことが 望 まれます 43 芳 賀 町 下 高 根 沢 94 那 須 町 大 島 36 茂 木 町 深 沢 とちぎのふるさと 田 園 風 景 百 選 より 18 日 光 市 大 室 21

26

27

28

29

30

31

32

33

34 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 発 行 平 成 27 年 11 月 一 部 改 訂 栃 木 県 総 合 教 育 センター 幼 児 教 育 部 ( 栃 木 県 幼 児 教 育 センター) 栃 木 県 宇 都 宮 市 瓦 谷 町 1070 TEL FAX URL

35 い い き栃 木っ子3あ い 運 動 き い お び う 学 あ 喜び あい はげ まし あ

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

野 田 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 1 8 年 3 月 野 田 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 1 第 2 章 基 本 方 針 2 1 計 画 策 定 の 目 的 2 2 計 画 の 基 本 方 針 2 (1) どもが 子 読 書 に 親 しむ 機 会 の 提 供 と 充 実 2 (2) 家 庭 地 域 学 校 を 通 社 じた 会 全 体 での

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は,

は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, は じ め に 今 日 の 急 速 な 少 子 化 の 進 行, 家 庭 や 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 は, 子 どもたちに とりましても, 自 立 の 気 概 を 身 につけていくうえにおいて, 少 なからず 影 響 が 懸 念 されるところです このような 中, 国 は, 平 成 15 年 に 少 子 化 対 策 基 本 法 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法

More information

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について)

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について) 平 成 2 7 年 4 月 2 8 日 教 育 課 程 企 画 特 別 部 会 資 料 3-1 幼 児 教 育 幼 小 接 続 に 関 する 現 状 について 1. 幼 児 教 育 の 現 状 1 2. 子 供 の 発 達 の 現 状 12 3. 幼 小 接 続 14 1. 幼 児 教 育 の 現 状 乳 幼 児 期 における 教 育 保 育 の 制 度 発 小 学 校 達 や 学 び の 連 続

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

3 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 紀 要 108 号 Ⅳ 学 校 組 織 マネジメントグループ 組 織 力 を 高 める 学 校 体 制 づくり - 組 織 的 な 学 校 間 連 携 首 席 と 学 校 組 織 マネジメント- 学 校 組 織 マネジメントグループ < 研 究 員 > 千 里 第 二 小 学 校 副 主 査 角 本 一 省 千 里 第 三 小 学 校 主 事 西 村 留

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

<受賞団体の取組概要>

<受賞団体の取組概要> 別 紙 < 受 賞 団 体 の 取 組 概 要 > 最 優 秀 賞 諏 訪 市 教 育 委 員 会 諏 訪 市 ものづくり 委 員 会 諏 訪 市 内 全 小 中 学 校 11 校 ( 小 学 校 7 校 中 学 校 4 校 ) 学 校 支 援 地 域 本 部 中 州 小 学 校 学 校 運 営 協 議 会 諏 訪 市 校 長 会 及 び 教 頭 会 諏 訪 市 経 済 部 商 工 課 諏 訪 商

More information

平 成 27 年 度 教 育 委 員 会 の 権 限 に 属 する 事 務 の 管 理 及 び 執 行 の 状 況 の 点 検 評 価 報 告 書 ( 平 成 26 年 度 事 業 ) 平 成 27 年 8 月 桑 名 市 教 育 委 員 会 1 2 3 4 5 平 成 26 年 度 施 策 評 価 シート 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 35000

More information

平成27年度 教育行政執行方針

平成27年度 教育行政執行方針 平 成 2 8 年 度 教 育 行 政 執 行 方 針 Ⅰ はじめに 平 成 28 年 第 1 回 定 例 会 の 開 会 に あ た り 名 寄 市 教 育 委 員 会 の 教 育 行 政 の 執 行 に 関 す る 基 本 的 な 方 針 に つ い て 申 し 上 げ ま す 現 在 国 に お い て は 第 2 期 教 育 振 興 基 本 計 画 の も と 教 育 改 革 を 着 実 に

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の

はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた 取 組 をしています この 支 援 体 制 整 備 事 業 は 発 達 障 害 者 支 援 法 の 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 施 策 体 系 ~ 現 状 における 関 連 事 業 の 取 りまとめ~ 平 成 25 年 4 月 札 幌 市 保 健 福 祉 局 障 がい 保 健 福 祉 部 はじめに 札 幌 市 は 札 幌 市 発 達 障 がい 者 支 援 体 制 整 備 事 業 を 中 心 に 発 達 障 がい 者 の 子 どもから 大 人 までの 一 貫 した 支 援 に 向 けた

More information

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の

主 任 養 護 教 諭 スクールカウンセラー 保 護 者 代 表 地 域 代 表 学 校 内 科 医 等 による 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 対 策 委 員 会 を 設 置 して 同 委 員 会 を 定 期 的 に 開 催 し 本 方 針 に 基 づく 取 組 の 実 行 進 捗 状 況 の 平 成 27 年 4 月 17 日 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 校 長 藤 田 賀 子 江 東 区 立 数 矢 小 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 13 条 に 基 づき 本 校 におけるいじめの 防 止 等 のための 対 策 に 関 する 基 本 的 な 方 針 を 定 める いじめの 定 義 (いじめ 防 止 対 策 推 進 法 第 2 条

More information

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112

2 箕面市子ども育成推進協議会への諮問 112 参 考 資 料 1. 第 三 次 箕 面 市 子 どもプランの 策 定 経 過 日 程 検 討 内 容 会 議 平 成 25 年 度 (2013 年 度 ) 7 月 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 の 設 置 第 1 回 箕 面 市 子 ども 育 成 推 進 協 議 会 11 月 アンケート 調 査 票 第 1~2 回 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 部 会 12 月 3

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 ( 以 下 協 会 という)は 川 崎 市 内 における 障 害 福 祉 関 係 施 設 及 び 事 業 所 並 びに 地 域 福 祉 サービス 機 関 等 との 相 互 の 連 携 による 障 害

More information

一太郎 10/9/8 文書

一太郎 10/9/8 文書 公 民 館 の 管 理 運 営 事 業 1 大 津 市 立 公 民 館 運 営 基 本 方 針 大 津 市 の 公 民 館 は 昭 和 22 年 5 月 に 大 津 公 民 館 を 開 設 して 以 来 各 学 区 に 整 備 を 進 め 地 域 の 社 会 教 育 の 中 心 的 施 設 として 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 平 成 24 年 3 月 に 策 定 された 大 津 市 生 涯

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E7182C782E082CC93C78F918A8893AE908490698C7689E6816988C4816A8AAE90AC2E646F63> 北 海 道 - 当 別 町 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 - 平 成 22(2010) 年 度 ~ 平 成 26(2014) 年 度 ふれあいから 学 びの 輪 へ 当 別 町 教 育 委 員 会 1 当 別 町 の 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 策 定 にあたっての 背 景 2001 年 ( 平 成 13 年 )11 月 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2081698F4390B329817991E58AD98E73817A94AD955C97708376838C835B8393816991E58AD98E73816A> 早 期 からの 教 育 相 談 支 援 体 制 構 築 への 取 組 ~ 教 育 委 員 会 と 福 祉 部 局 との 連 携 ~ 秋 田 県 大 館 市 教 育 委 員 会 教 育 研 究 所 山 本 多 鶴 子 忠 犬 ハチ 公 のふるさと 青 森 県 大 館 市 人 口 78,000 人 地 図 秋 田 県 岩 手 県 2 < 学 校 教 育 推 進 目 標 > ふるさとに 根 ざし 自 立

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各

目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 第 2 次 北 上 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 北 上 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 はじめに 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 第 3 章 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 における 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 1 家 庭 地 域 学 校 等 及 び 行 政 の 役 割 2 協 力 連 携 による 活 動 第 4 章 各 世

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児

1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 11 1 アプローチカリキュラム 作 成 のポイント 2 活 動 の 工 夫 アプローチカリキュラムとは 就 学 前 の 幼 児 がスムーズに 小 学 校 の 生 活 や 学 習 に 適 応 できるようにすると ともに 幼 児 期 の 学 びを 小 学 校 教 育 につなげるために 作 成 する 幼 児 期 の 教 育 終 了 前 (5 歳 児 の10 月 ~3 月 ) のカリキュラムです 小 学

More information

Taro-20151216福岡教育大学教職大

Taro-20151216福岡教育大学教職大 福 岡 教 育 大 学 教 職 大 学 院 における 教 員 の 資 質 能 力 の 高 度 化 に 向 けた 取 組 方 策 について ( 答 申 ) 平 成 27 年 12 月 16 日 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議 平 成 27 年 12 月 16 日 福 岡 教 育 大 学 長 寺 尾 愼 一 殿 教 員 養 成 の 質 向 上 に 関 する 諮 問 会 議

More information

はじめに 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 に わ た る 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 上 で 極 め て 重 要 な 役 割 を 担 っ て い る と 認 識 し て お り ま す 国 に お き ま し て は 平 成 18 年 に 教 育 基 本 法 が 改 正 さ れ 新

はじめに 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 に わ た る 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 上 で 極 め て 重 要 な 役 割 を 担 っ て い る と 認 識 し て お り ま す 国 に お き ま し て は 平 成 18 年 に 教 育 基 本 法 が 改 正 さ れ 新 大 分 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 21 年 8 月 大 分 市 教 育 委 員 会 はじめに 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 に わ た る 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 上 で 極 め て 重 要 な 役 割 を 担 っ て い る と 認 識 し て お り ま す 国 に お き ま し て は 平 成 18 年 に 教 育 基 本 法 が 改 正 さ れ 新

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案

滋賀県いじめ防止基本方針 構成案 滋 賀 県 立 大 津 商 業 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに いじめは いじめを 受 けた 生 徒 の 教 育 を 受 ける 権 利 を 著 しく 侵 害 し その 心 身 の 健 全 な 成 長 および 人 格 の 形 成 に 重 大 な 影 響 を 与 えるのみならず 広 く 子 どもの 人 権 を 侵 害 す る 行 為 であるとともに その 生 命 または 身 体

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2

(1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 1 (2) 11 (3) 17 (4) 20 (5) 22 (1) 23 (2) 34 (3) 39 (1) 41 (2) 46 (3) 49 (1) 52 (2) 57 (3) 59 (1) 61 (2) 63 (3) 65 2 (1) 66 (2) 68 (3) 69 (1) 70 (2) 74 (3) 76 (1) 77 (2) 79 (3) 80 (1) 81 (2) 82 (3)

More information

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1

目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達 成 するための 取 組 12 1 墨 田 区 女 性 の 活 躍 推 進 のための 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 ) 平 成 28 年 4 月 墨 田 区 目 次 1 計 画 策 定 の 基 本 的 な 考 え 方 2 2 計 画 策 定 の 背 景 3 3 区 の 現 状 把 握 分 析 とそこから 見 えてくる 課 題 4 4 計 画 の 目 標 10 5 目 標 を 達

More information

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ

2 妊 婦 健 康 診 査 妊 婦 健 康 診 査 は 妊 婦 の 健 康 管 理 に 努 めることにより 妊 産 婦 及 び 乳 児 死 亡 の 低 下 や 流 早 産 の 防 止 心 身 障 害 児 の 発 生 を 予 防 するこ とを 目 的 に 実 施 されています 近 年 高 齢 やストレ 第 4 部 施 策 の 展 開 1 妊 産 婦 乳 幼 児 への 保 健 対 策 の 充 実 < 現 状 と 課 題 > 地 域 で 母 子 が 安 心 して 生 活 するためには 妊 娠 出 産 産 後 における 地 域 での 切 れ 目 の ない 支 援 が 必 要 となります そのためには 医 療 機 関 行 政 NPO 関 係 団 体 等 が 密 接 に 関 わりながら 産 前 から の 相

More information

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に

公 認 心 理 師 法 案 の 第 一 条 にあります 国 民 の 心 の 健 康 の 保 持 増 進 に 寄 与 すること を 目 的 とした 心 理 援 助 の 専 門 職 の 国 家 資 格 化 は 私 どもが 長 年 その 実 現 を 願 い 努 力 したものですが 実 現 を 目 前 に 民 主 党 文 部 科 学 部 門 厚 生 労 働 部 門 合 同 会 議 平 成 26 年 6 月 5 日 ( 木 )8:00~ ( 参 議 院 議 員 会 館 101 会 議 室 ) 公 益 財 団 法 人 日 本 臨 床 心 理 士 資 格 認 定 協 会 からの 意 見 報 告 平 素 より 国 民 の 心 のケア 心 の 健 康 に 関 する 広 汎 な 連 携 による 臨 床 心 理 活

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

第 3 章 教 育 を 取 り 巻 く 動 向 と 豊 島 区 の 対 応 第 3 章 1 5 年 間 の 社 会 状 況 等 の 変 化 (1) 社 会 状 況 の 変 化 教 育 ビジョン2010 が 策 定 された 平 成 22 年 3 月 以 降 これまでの 5 年 間 日 本 の 社 会 は 大 きく 激 動 している 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大

More information

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深

第 2 事 業 計 画 1 青 少 年 育 成 住 民 運 動 の 促 進 運 動 を 効 果 的 に 推 進 するため 全 道 に 青 少 年 育 成 運 動 推 進 指 導 員 を 配 置 するとともに 地 域 関 係 者 と 合 同 会 議 を 開 催 するなどして 住 民 の 理 解 を 深 平 成 28 年 度 活 動 方 針 及 び 事 業 計 画 第 1 活 動 方 針 平 成 28 年 は 当 協 会 が 設 立 されてから50 年 という 記 念 すべき 年 にあたります 昭 和 41 年 の 設 立 以 来 当 協 会 は 青 少 年 の 非 行 を 防 止 するとともに 青 少 年 健 全 育 成 の 環 境 づくりを 進 めるため 青 少 年 育 成 道 民 運 動 を

More information

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県

施 策 構 築 の 基 本 的 視 点 総 合 戦 略 の4つの 分 野 の 施 策 構 築 に 当 たり 信 州 の 強 みを 活 かすため 以 下 の 基 本 的 視 点 に 基 づき 検 討 を 行 い 特 色 ある 施 策 を 打 ち 出 していきます 人 生 を 楽 しむことができる 県 平 成 27 年 (2015 年 )2 月 6 日 企 画 振 興 部 総 合 政 策 課 ( 課 長 ) 関 昇 一 郎 ( 担 当 ) 小 池 広 益 平 澤 忍 電 話 :026-235-7014( 直 通 ) 026-232-0111( 代 表 ) 内 線 3718 FAX:026-235-7471 e-mail:seisaku@pref.nagano.lg.jp 人 口 定 着 確 かな

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

目 次

目          次 Ⅴ 教 員 組 織 1 医 学 部 (1) 教 員 組 織 円 滑 で 効 率 的 な 教 育 研 究 活 動 ができるように 適 切 に 教 員 を 配 置 する 教 員 は 本 学 における 教 育 研 究 診 療 を 直 接 担 っている 教 員 をいかに 適 切 に 配 置 するか という 課 題 には 重 要 事 項 を 審 議 する 企 画 委 員 会 及 びその 下 部 組 織 である

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

学 校 名 学 級 数 校 長 氏 名 研 究 主 題 学 校 所 在 地 電 話 番 号 年 度 十 和 田 市 立 17 酒 田 清 造 言 葉 で 伝 え 会 う 力 の 育 十 和 田 市 一 0176-17~19 東 小 学 校 成 による 確 かな 学 力 の 向 上 本 木 沢 一 丁

学 校 名 学 級 数 校 長 氏 名 研 究 主 題 学 校 所 在 地 電 話 番 号 年 度 十 和 田 市 立 17 酒 田 清 造 言 葉 で 伝 え 会 う 力 の 育 十 和 田 市 一 0176-17~19 東 小 学 校 成 による 確 かな 学 力 の 向 上 本 木 沢 一 丁 1 文 部 科 学 省 指 定 校 (1) 学 力 向 上 拠 点 形 成 事 業 学 校 名 学 級 数 校 長 氏 名 研 究 主 題 学 校 所 在 地 電 話 番 号 年 度 青 森 市 立 17 工 藤 要 弘 子 ども 自 らが 考 えをもち 青 森 市 里 見 017-17~19 三 内 小 学 校 主 体 的 に 追 求 していく 学 習 一 丁 目 9-1 781-0308 指 導

More information

別紙3

別紙3 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 方 針 目 次 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 1 2 重 点 的 に 取 り 組 みを 行 う 主 なもの 5 1 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求 総 括 表 及 び 経 営 方 針 (1) 平 成 26 年 度 保 健 福 祉 局 予 算 要 求

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 平 成 27 年 度 ~ 平 成 31 年 度 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 に 基 づく 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ~ 職 員 の 仕 事 と 子 育 て 両 立 支 援 プログラム~ 安 芸 太 田 町 教 育 委 員 会 目 次 Ⅰ 総 論 1 基 本 的 な 考 え 方 1 2 計 画 の 期 間 1 3 計 画 の 対 象

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童

児 童 会 活 動 の 特 質 異 年 齢 集 団 の 児 童 の 自 発 的 自 治 的 な 実 践 活 動 特 質 とした 教 育 活 動 である 3 指 導 計 画 例 ~その 作 成 にあたって~ 組 織 例 ア 児 童 会 活 動 イ 代 表 委 員 会 1 運 営 委 員 会 ( 児 童 年 間 指 導 計 画 補 助 資 料 : 指 導 者 用 ハンドブック4( 小 学 校 : 特 別 活 動 ) 特 別 活 動 ハンドブック 小 学 校 児 童 会 活 動 1 目 標 特 別 活 動 の 目 標 加 須 市 教 育 委 員 会 望 ましい 集 団 活 動 を 通 して 心 身 の 調 和 のとれた 発 達 と 個 性 の 伸 長 を 図 り 集 団 の 一 員 としてよりよい 生

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464>

<5461726F2D937393B9957B8CA7926D8E962E6A7464> 職 発 0329 第 8 号 平 成 25 年 3 月 29 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 厚 生 労 働 省 職 業 安 定 局 長 ( 公 印 省 略 ) 障 害 者 の 雇 用 を 支 える 連 携 体 制 の 構 築 強 化 について 障 害 者 雇 用 施 策 の 推 進 につきましては 日 頃 より 特 段 の 御 配 意 をいただき 御 礼 申 し 上 げます 障 害 者 雇 用

More information

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に

情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 情 報 開 示 までの 日 数 10 日 9.5 9 8.5 8 7.5 7 9.6 9.4 7.1 6.6 6.4 7 平 成 25 年 度 大 量 請 求 のため 開 示 期 間 延 長 をした 場 合 を 除 く 市 政 情 報 を 迅 速 に 平 成 25 年 6 月 平 成 24 年 度 情 報 公 開 制 度 及 び 個 人 情 報 の 保 護 に 関 する 適 正 な 運 営 計 画 の 推 進 に 当 たって 1 市 民 との 協 働 によるまちづくり 101 適 切 で 効 果 的 な 情 報 の 公 開 政 策 総 務 部 広 報 課 一 般 会 計 市 情 報 公 開 個 人 情 報 保 護 事 業 51010100 府 中

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求

はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな 住 民 自 治 組 織 が 求 今 後 の 地 域 におけるまちづくりに 関 する 提 言 書 平 成 26 年 5 月 地 域 におけるまちづくり 推 進 委 員 会 はじめに 近 年 における 地 方 分 権 への 関 心 の 高 まりを 反 映 して 多 くの 市 町 村 において 住 民 と 行 政 の 協 働 の まちづくりの 推 進 が 重 要 な 課 題 となってきている 協 働 のまちづくりの 推 進 には 新 たな

More information

目 次 市 川 市 の 概 要 1 市 川 市 教 育 振 興 基 本 計 画 3 第 1 章 教 育 行 財 政 35 第 1 節 教 育 委 員 会 36 第 2 節 組 織 及 び 事 務 分 掌 42 第 3 節 教 育 財 政 46 第 2 章 学 校 教 育 47 平 成 27 年 度

目 次 市 川 市 の 概 要 1 市 川 市 教 育 振 興 基 本 計 画 3 第 1 章 教 育 行 財 政 35 第 1 節 教 育 委 員 会 36 第 2 節 組 織 及 び 事 務 分 掌 42 第 3 節 教 育 財 政 46 第 2 章 学 校 教 育 47 平 成 27 年 度 目 次 市 川 市 の 概 要 1 市 川 市 教 育 振 興 基 本 計 画 3 第 1 章 教 育 行 財 政 35 第 1 節 教 育 委 員 会 36 第 2 節 組 織 及 び 事 務 分 掌 42 第 3 節 教 育 財 政 46 第 2 章 学 校 教 育 47 平 成 27 年 度 学 校 教 育 の 指 導 方 針 第 1 節 幼 稚 園 編 49 第 2 節 小 中 学 校 編

More information

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6

目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2 課 題 6 豊 橋 市 女 性 職 員 の 活 躍 推 進 のための 取 組 指 針 平 成 27 年 3 月 豊 橋 市 目 次 第 1 章 取 組 指 針 の 策 定 にあたって 1 1 策 定 の 趣 旨 1 2 国 の 動 向 1 3 指 針 の 位 置 付 け 1 第 2 章 豊 橋 市 における 現 状 と 課 題 2 1 現 状 2 (1) 統 計 2 (2) 職 員 の 意 識 調 査 4 2

More information

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10

目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 計 画 書 福 岡 県 教 育 委 員 会 目 次 < 平 成 26 年 度 10 年 経 験 者 研 修 教 員 用 > 1 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経 験 者 研 修 実 施 要 綱 2 10 年 経 験 者 研 修 実 施 細 目 平 成 26 年 度 福 岡 県 10 年 経

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

Ⅰ 交流を拡げる魅力的なまちづくり

Ⅰ 交流を拡げる魅力的なまちづくり Ⅰ 人 が 輝 く 長 崎 県 1. 未 来 を 託 す 子 どもたちを 育 む ( 単 位 : 千 円 ) 私 立 学 校 助 成 9,521,534 10,506,704 新 ) 魅 力 ある 私 立 学 校 づく 28,600 0 り 支 援 事 業 [ 再 掲 ] 高 等 学 校 私 立 学 校 助 成 6,950,786 うち 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 2,070,150 私

More information

藤枝市教育振興基本計画

藤枝市教育振興基本計画 藤 枝 市 教 育 振 興 基 本 計 画 ( 案 ) 写 真 挿 入 予 定 藤 枝 市 目 次 第 1 章 目 指 す 藤 枝 の 教 育 の 姿... 1 1 藤 枝 市 の 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方... 1 ( 1 ) 基 本 理 念... 1 ( 2 ) 子 ど も た ち に 身 に つ け て ほ し い こ と... 2 ( 3 ) 教 育 日 本 一 の 具 体 化

More information

第3章 教員として 

第3章 教員として  第 3 章 教 員 として 1 服 務 (1) 出 勤 簿 ( 押 ) 出 勤 日 は あらかじめ 届 け 出 た 鑑 で 毎 朝 出 勤 時 に 出 勤 簿 に 押 します 鑑 を 忘 れたときは 忘 簿 に 記 入 し 後 日 押 します 届 け の 鑑 を 紛 失 したり 改 したりしたときは 直 ちに 副 校 長 に 届 け 出 ます 出 勤 簿 への 押 は その 日 の 自 分 の 勤

More information

基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体 力 の 向 上 2 教

基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体 力 の 向 上 2 教 別 添 資 料 山 梨 県 のスポーツ 振 興 施 策 の 推 進 ( 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 ) 基 本 方 策 政 策 目 標 平 成 27 年 度 推 進 事 業 の 概 要 具 体 的 方 策 No 推 進 事 業 1 1 子 どものスポーツ 機 会 の 充 実 ラ イ フ ス テー ジ に 応 じ た 健 康 の 保 持 増 進 ス ポー ツ の 推 進 1 体

More information

4-3 ス ポ ー ツ 編 横 須 賀 市 スポーツ 振 興 基 本 計 画 横 須 賀 市 中 学 校 駅 伝 競 走 大 会 男 子 : 第 61 回 女 子 : 第 27 回 4-3 スポーツ 編 豊 かなスポーツライフの 実 現 横 須 賀 市 スポーツ 振 興 基 本 計 画 現 状 と 課 題 スポーツは 健 康 な 体 をつくり 達 成 感 連 帯 感 を 育 てるなど 人 が 本

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2031375F93B993BF8BB388E782CC908490692E646F63> 76 5 学 校 の 組 織 編 制 教 育 課 程 学 習 指 導 生 徒 指 導 職 業 指 導 に 関 すること (2) 教 育 内 容 と 教 育 方 法 の 改 善 2 道 徳 教 育 の 推 進 施 策 の 目 標 生 命 に 対 する 畏 敬 の 念 や 他 人 を 思 いやる 心 感 動 する 心 などの 豊 かな 人 間 性 と 社 会 生 活 に 必 要 なルールや 善 悪 の

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策

計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて 説 明 します まず 計 画 策 日 置 市 障 がい 者 計 画 及 び 障 がい 福 祉 計 画 ( 概 要 版 ) 平 成 24 年 3 月 鹿 児 島 県 日 置 市 0 計 画 書 は4 章 立 てで 第 1 章 が 計 画 策 定 にあたって 第 2 章 が 障 がい 者 を 取 り 巻 く 環 境 第 3 章 が 障 がい 者 計 画 第 4 章 が 障 がい 福 祉 計 画 です 第 1 章 計 画 策 定 にあたってについて

More information

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」

資料3-1 中学校における英語調査に関する「論点整理」 資 料 3-1 中 学 校 における 英 語 調 査 に 関 する 論 点 整 理 全 国 的 な 学 力 調 査 に 関 する 専 門 家 会 議 中 学 校 における 英 語 調 査 については 制 約 条 件 を 踏 まえつつ 目 的 を 明 確 にしながら 全 国 的 な 調 査 が 可 能 となる 方 向 で 事 項 を 絞 って 具 体 的 な 検 討 を 行 うこととする 中 央 教

More information

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378>

< E95F18D908F918C6888A4837A815B D836C E786C7378> # Ⅰ 組 織 マネジメント 項 目 (カテゴリー1~5 7 8) 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 #REF! 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている サブカテゴリー1 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること(

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information