プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

Size: px
Start display at page:

Download "プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO"

Transcription

1 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊

2 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにOECDからの 助 言 幼 児 期 からの 投 資

3 これまでの 幼 児 教 育 の 振 興 及 び 次 世 代 育 成 支 援 改 革 の 流 れ 平 成 16~ 17 年 度 平 成 18~20 年 度 平 成 21 年 度 幼 児 教 育 の 振 興 次 世 代 育 成 支 援 改 革 中 央 教 育 審 議 会 答 申 ( 平 成 17 年 1 月 ) 幼 児 教 育 は 保 育 所 等 で 行 われる 教 育 も 含 む 幼 児 が 生 活 するすべての 場 に おいて 行 われる 教 育 家 庭 地 域 社 会 幼 稚 園 等 施 設 の 三 者 による 総 合 的 な 幼 児 教 育 の 推 進 発 達 や 学 びの 連 続 性 を 踏 まえた 幼 児 教 育 の 充 実 ( 幼 小 の 連 携 接 続 ) 中 央 教 育 審 議 会 幼 児 教 育 部 会 と 社 会 保 障 審 議 会 児 童 部 会 の 合 同 の 検 討 会 議 ( 平 成 16 年 12 月 ) 幼 児 教 育 の 観 点 と 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 検 討 親 の 就 労 事 情 等 にかかわ らず 幼 児 教 育 保 育 の 機 会 を 提 供 することが 基 本 加 えて 子 育 て 家 庭 への 相 談 助 言 支 援 や 親 子 の 交 流 の 場 を 提 供 することが 重 要 教 育 基 本 法 の 改 正 ( 平 成 18 年 12 月 ) 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 における 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 重 要 なものであること を 新 たに 規 定 ( 保 育 所 等 における 教 育 を 含 む) 幼 稚 園 から 大 学 までの 体 系 的 組 織 的 教 育 の 確 保 認 定 こども 園 制 度 の 創 設 ( 平 成 18 年 10 月 ) 親 の 就 労 にかかわらず すべての 子 どもに 質 の 高 い 幼 児 教 育 保 育 子 育 て 支 援 を 総 合 的 に 提 供 学 校 教 育 法 の 改 正 ( 平 成 19 年 6 月 ) 子 どもが 最 初 に 入 学 する 学 校 として 幼 稚 園 を 最 初 に 規 定 幼 稚 園 は 義 務 教 育 及 びその 後 の 教 育 の 基 礎 を 培 うもの であることを 明 確 化 家 庭 及 び 地 域 の 幼 児 教 育 支 援 に 関 する 規 定 を 新 設 社 会 保 障 審 議 会 少 子 化 対 策 特 別 部 会 の 設 置 ( 平 成 19 年 12 月 ~) 第 1 次 報 告 ( 平 成 21 年 2 月 ) 保 育 制 度 改 革 すべての 子 育 て 家 庭 に 対 する 支 援 情 報 公 表 評 価 の 仕 組 み 財 源 費 用 負 担 幼 稚 園 教 育 要 領 の 改 訂 ( 平 成 20 年 3 月 ) 幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 携 接 続 家 庭 地 域 との 連 続 性 連 携 支 援 ( 保 育 所 保 育 指 針 も 幼 稚 園 教 育 要 領 と 整 合 性 を 図 り 改 訂 ) 認 定 こども 園 制 度 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 ( 平 成 21 年 3 月 ) 財 政 支 援 の 充 実 及 び 二 重 行 政 の 解 消 保 育 制 度 改 革 の 方 向 性 を 踏 まえ 今 後 具 体 的 な 制 度 的 検 討 を 推 進 法 施 行 後 5 年 を 経 過 した 場 合 に 検 討 を 行 う 旨 が 規 定 されている が 保 育 制 度 改 革 に 係 る 検 討 に あわせて 必 要 な 見 直 しを 実 施 これまでの 議 論 の 整 理 ( 平 成 21 年 12 月 ) 育 児 休 業 ~ 保 育 ~ 放 課 後 対 策 へ の 切 れ 目 ないサービス 保 障 すべての 子 育 て 家 庭 への 支 援 利 用 者 ( 子 ども) 中 心 潜 在 需 要 の 顕 在 化 及 び 量 的 拡 大 多 様 な 利 用 者 ニーズへの 対 応 地 域 の 実 情 に 応 じたサービス 提 供 安 定 的 経 済 的 に 費 用 確 保 子 ども 子 育 てビジョン ( 平 成 22 年 1 月 ) 保 育 所 の 待 機 児 童 を 一 刻 も 早 く 解 消 するため 既 存 の 社 会 資 源 を 最 大 限 に 有 効 活 用 することなどにより サ ービスを 拡 充 するとともに すべての 子 どもがどこに 生 まれても 質 の 確 保 された 幼 児 教 育 や 保 育 が 受 けられ るよう 幼 児 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 ( 幼 保 一 体 化 ) を 含 めて 子 どもや 子 育 て 家 庭 の 視 点 に 立 った 制 度 改 革 を 進 めます 子 ども 子 育 て 新 システ ムの 基 本 制 度 案 要 綱 ( 平 成 22 年 6 月 ) 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こど も 園 の 垣 根 を 取 り 払 い 新 た な 指 針 に 基 づき 幼 児 教 育 と 保 育 をともに 提 供 するこ ども 園 ( 仮 称 )に 一 体 化 につい ては 幼 保 一 体 給 付 ( 仮 称 ) の 対 象 幼 稚 園 教 育 要 領 と 保 育 所 保 育 指 針 を 統 合 し 新 たな 指 針 (こども 指 針 ( 仮 称 )) を 創 設 資 格 の 共 通 化 を 始 めとした 機 能 の 一 体 化 を 推 進 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 2

4

5

6

7

8

9

10 基 本 制 度 幼 保 一 体 化 こども 指 針 ( 仮 称 )ワーキングチームの 設 置 ( 平 成 22 年 9 月 16 日 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ 決 定 ) 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ( 副 大 臣 政 務 官 級 会 合 )の 下 に 以 下 の3つのワーキングチームを 設 置 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ 基 本 制 度 WT 幼 保 一 体 化 WT こども 指 針 ( 仮 称 )WT 子 ども 子 育 て 新 システムの 検 討 に 当 たって 子 ども 子 育 て 新 シ ステムの 全 体 像 や 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 運 営 の 在 り 方 等 について 関 係 者 と 意 見 交 換 等 を 行 う 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 ) へ の 移 行 も 視 野 に 入 れて 開 催 幼 保 一 体 化 ワーキングチーム 及 び こども 指 針 ( 仮 称 )ワーキン グチーム における 検 討 状 況 に ついて 必 要 に 応 じて 報 告 を 受 ける 開 催 実 績 14 回 開 催 の 機 能 の 在 り 方 など 幼 保 一 体 化 の 具 体 的 な 仕 組 みを 専 門 的 に 検 討 する 本 ワーキングチームにおけ る 検 討 状 況 については 必 要 に 応 じて 基 本 制 度 ワーキングチーム に 報 告 する 開 催 実 績 9 回 開 催 専 門 的 検 討 が 必 要 であり ま た 期 間 を 要 する こども 指 針 ( 仮 称 ) について 先 行 して 議 論 を 開 始 する 本 ワーキングチームにおける 検 討 状 況 については 必 要 に 応 じて 基 本 制 度 ワーキング チーム に 報 告 する 開 催 実 績 6 回 開 催 9

11 基 本 的 考 え 方 子 ども 子 育 て 新 システムについて 子 どもと 子 育 て 家 庭 を 応 援 する 社 会 の 実 現 に 向 けての 制 度 構 築 子 どもは 社 会 の 希 望 であり 未 来 をつくる 力 子 どもの 健 やかな 育 ちは 今 の 社 会 を 構 成 するすべての 大 人 にとって 願 いであり 喜 び 子 どもの 最 善 の 利 益 を 考 慮 し すべての 子 どもたちが 尊 重 され その 育 ちが 等 しく 確 実 に 保 障 されることが 必 要 子 育 ての 充 実 感 を 得 られるなど 親 としての 成 長 を 支 援 子 育 てについての 第 一 義 的 な 責 任 が 親 にあることを 前 提 にしつつ 子 ども 子 育 てを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 伴 う 家 族 や 地 域 の 子 育 て 力 の 低 下 等 を 踏 まえ 子 育 てに 関 する 新 たな 支 え 合 いの 仕 組 みを 構 築 東 日 本 大 震 災 でも 子 どもと 大 人 被 災 者 と 支 援 者 など 人 と 人 の 助 け 合 い 等 の 大 切 さが 再 確 認 されたところ 急 速 な 少 子 化 の 進 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなわない 現 状 独 男 の 約 9 割 が 結 婚 意 思 を 持 っており 希 望 子 ども 数 も2 人 以 上 家 族 地 域 雇 用 など 子 ども 子 育 てを 取 り 巻 く 環 境 が 変 化 子 ども 子 育 て 支 援 が 質 量 ともに 不 子 育 ての 孤 感 と 負 担 感 の 増 加 子 ども 子 育 て 家 庭 を 社 会 全 体 で 支 援 子 ども 子 育 て 支 援 は 未 来 への 投 資 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなう 社 会 を 実 現 すべての 子 どもたちが 尊 重 され 育 ちを 等 しく 保 障 すべての 子 どもへの 良 質 な 成 育 環 境 を 保 障 し 特 別 の 支 援 が 必 要 な 子 どもを 含 め すべての 子 どもの 健 やかな 育 ちを 実 現 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 保 障 地 域 の 子 育 て 支 援 の 充 実 家 族 関 係 社 会 支 出 の 対 GDP 比 の 低 さ( 日 :1.13% 仏 :3.00% 英 :3.27% スウェーテ ン:3.35%) 深 刻 な 待 機 児 童 問 題 放 課 後 児 童 クラブの 不 小 1の 壁 M 字 カーブ(30 歳 代 で 低 い 性 の 労 働 率 ) の 解 消 子 育 て 支 援 の 制 度 財 源 の 縦 割 り 地 域 の 実 情 に 応 じた 提 供 対 策 が 不 分 ワークライフバランスを 推 進 するとともに 保 育 の 量 的 拡 により 待 機 児 童 を 解 消 し 男 が 子 育 てと 仕 事 を 両 でき る 社 会 を 実 現 成 に 応 じて 必 要 となる 子 育 て 支 援 の 制 度 財 源 を 元 化 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 設 置 潜 在 ニーズを 含 む 住 ニーズを 把 握 計 画 的 な 提 供 体 制 の 整 備 ( 市 町 村 が 責 任 を 果 たせる 仕 組 みに) 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 づけられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 づけられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ 10

12 子 ど も 子 育 て 新 シ ス テ ム の 具 体 的 内 容 ( ポ イ ン ト ) すべての 子 どもへの 良 質 な 成 育 環 境 を 保 障 し 子 ども 子 育 て 家 庭 を 社 会 全 体 で 支 援 すべての 子 ども 子 育 て 家 庭 への 支 援 ( 子 どものための 手 当 地 域 子 育 て 支 援 など) 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システム について 幼 保 体 化 (の 創 設 など) 給 付 システムの 体 化 (の 創 設 ) 施 設 の 体 化 ( 総 合 の 創 設 ) 質 の 高 い 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 一 体 的 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 家 庭 での 養 育 支 援 の 充 実 を 達 成 新 たな 一 元 的 システムの 構 築 ( 基 本 制 度 案 要 綱 に された 新 システムのイメージ) 基 礎 自 治 体 ( 市 町 村 )が 実 施 主 体 市 町 村 は 地 域 のニーズに 基 づき 計 画 を 策 定 給 付 事 業 を 実 施 国 都 道 府 県 は 実 施 主 体 の 市 町 村 を 重 層 的 に 支 える 社 会 全 体 ( 国 地 方 事 業 主 個 人 )による 費 用 負 担 国 及 び 地 方 の 恒 久 財 源 の 確 保 を 前 提 政 府 の 推 進 体 制 財 源 を 一 元 化 制 度 ごとにバラバラな 政 府 の 推 進 体 制 を 元 化 財 源 を 給 付 事 業 に 応 じて 元 化 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 設 置 有 識 者 地 方 公 共 団 体 労 使 代 表 子 育 て 当 事 者 関 係 団 体 NPO 等 の 子 育 て 支 援 当 事 者 等 が 子 育 て 支 援 の 政 策 プロセス 等 に 参 画 関 与 することができる 仕 組 みとし て 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )を 設 置 国 一 般 会 計 都 道 府 県 一 般 会 計 負 担 金 補 助 金 負 担 金 補 助 金 ex: 事 業 方 針 審 議 事 業 評 価 など 子 ども 子 育 て 勘 定 ( 仮 称 ) < 給 付 事 業 に 応 じて 財 源 の 一 元 化 > 市 町 村 ( 基 礎 自 治 体 ) ( 市 町 村 負 担 分 とあわせて 予 算 計 上 ) 中 央 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 ) 拠 出 金 事 業 主 子 ども 子 育 て 包 括 交 付 金 ( 仮 称 ) 新 システム 事 業 計 画 の 実 施 に 必 要 な 費 用 を 交 付 地 方 関 係 者 の 関 与 の 仕 組 み 子 ども 子 育 て 支 援 の 給 付 サービスを 包 括 的 一 元 的 に 実 施 子 どものための 手 当 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 ) 放 課 後 児 童 クラブ 地 域 子 育 て 支 援 等

13 幼 保 一 体 化 の 具 体 的 な 仕 組 みについて < 具 体 的 仕 組 み> < 効 果 > 給 付 システムの 一 体 化 ~ 子 ども 子 育 て 新 システムの 創 設 ~ 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 整 備 ~ 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )の 策 定 ~ 市 町 村 は 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 需 要 をはじ め 子 ども 子 育 てに 係 る 需 要 の 見 込 み 及 び 見 込 量 の 確 保 のための 方 策 等 を 内 容 とする 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )を 策 定 する 多 様 な 保 育 事 業 の 量 的 拡 大 ~ 指 定 制 度 の 導 入 ~ 客 観 的 基 準 を 満 たした 施 設 及 び 多 様 な 保 育 事 業 への 財 政 措 置 を 行 うこと 等 により 多 様 な 事 業 主 体 の 保 育 事 業 への 参 入 を 促 進 し 質 の 確 保 された 保 育 の 量 的 拡 大 を 図 る 給 付 の 一 体 化 及 び 強 化 ~こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 創 設 等 ~ 学 校 教 育 保 育 に 係 る 給 付 を 一 体 化 したこども 園 給 付 ( 仮 称 )を 創 設 することにより 学 校 教 育 保 育 に 関 する 財 政 措 置 に 関 する 二 重 行 政 の 解 消 及 び 公 平 性 の 確 保 を 図 る 施 設 の 一 体 化 ~ 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 創 設 ~ 学 校 教 育 保 育 及 び 家 庭 における 養 育 支 援 を 一 体 的 に 提 供 する 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 創 設 する 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 一 体 的 提 供 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 整 備 及 び 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 等 により 質 の 確 保 された 学 校 教 育 保 育 が 一 体 的 に 提 供 配 置 基 準 の 見 直 し 等 により 学 校 教 育 保 育 の 質 がさらに 向 上 保 育 の 量 的 拡 大 幼 稚 園 から 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 により 保 育 が 量 的 に 拡 大 客 観 的 基 準 を 満 たした 施 設 及 び 保 育 ママ 等 の 多 様 な 保 育 事 業 への 財 政 措 置 ( 指 定 制 ) 等 により 質 の 確 保 された 保 育 が 量 的 に 拡 大 待 機 児 童 解 消 にも 貢 献 家 庭 における 養 育 支 援 の 充 実 幼 稚 園 保 育 所 から 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 及 び 地 域 子 育 て 支 援 事 業 等 の 推 進 等 により 家 庭 における 養 育 の 支 援 機 能 が 強 化 <すべての 子 どもの 健 やかな 育 ちが 実 現 > < 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなう 社 会 が 実 現 > 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられ る 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ 12

14 幼 保 一 体 化 の 進 め 方 (イメージ) ( 例 ) 国 においては 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 策 定 す るとともに 財 政 措 置 の 一 体 化 及 び 強 化 等 により 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 政 策 的 に 誘 導 する 市 町 村 においては 国 による 制 度 改 正 及 び 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 踏 まえ 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )に 基 づき 地 域 における 満 3 歳 以 上 の 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 の 子 どもの 状 況 満 3 歳 以 上 の 保 育 所 等 を 利 用 しない 家 庭 の 子 どもの 状 況 満 3 歳 未 満 の 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 の 子 どもの 状 況 など 地 域 の 実 情 等 に 応 じて 必 要 な 施 設 事 業 を 計 画 的 に 整 備 する 都 市 部 保 育 所 ( 幼 稚 園 ) 幼 稚 園 保 育 所 ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) 小 規 模 保 育 (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) 小 規 模 保 育 ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~50 5歳 児 対 象 ) (0~5 歳 児 対 象 ) 幼 稚 園 人 口 減 少 地 域 保 育 所 幼 稚 園 ( 幼 稚 園 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) 学 校 教 育 や 保 育 のニーズの 増 大 に 応 じ 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 始 め 地 域 の 実 情 等 に 応 じた 学 校 教 育 保 育 の 提 供 体 制 の 整 備 を 行 う ( 保 育 所 ) 保 育 ママ ( 幼 稚 園 ) ( 幼 稚 園 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) 保 育 ママ 将 来 的 に 子 どもの 減 少 局 面 を 迎 えたときには 市 町 村 の 計 画 に 基 づき 既 存 施 設 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 推 進 する ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) 幼 稚 園 保 育 所 保 育 所 幼 稚 園 ( 幼 稚 園 ) ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) 子 どもの 減 少 に 応 じ 市 町 村 の 計 画 に 基 づき 既 存 施 設 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 推 進 する 13

15 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 な 整 備 (イメージ) 子 ども 子 育 て 家 庭 の 状 況 及 び 需 要 満 3 歳 以 上 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 せず 家 庭 で 子 育 てを 行 う 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 学 校 教 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 以 上 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 学 校 教 育 + 保 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 未 満 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 保 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 未 満 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 せず 家 庭 で 子 育 てを 行 う 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 子 育 て 支 援 需 要 の 調 査 把 握 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 ) 計 画 的 な 整 備 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 ) = 指 定 により こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 小 規 模 保 育 事 業 者 家 庭 的 保 育 事 業 者 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 者 等 指 定 により 地 域 = 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 事 業 等 市 町 村 が 自 ら 相 談 等 に 応 じるほか や その 他 の 公 共 施 設 等 を 幅 広 く 拠 点 として 行 う 指 定 対 象 は 質 の 確 保 のための 客 観 的 な 基 準 を 満 たした 施 設 具 体 的 には 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 幼 稚 園 保 育 所 それ 以 外 の 客 観 的 な 基 準 を 満 たした 施 設 14

16 基 本 的 な 考 え 方 指 定 制 の 概 要 質 の 確 保 のための 客 観 的 な 基 準 を 満 たすことを 要 件 に 1 認 可 外 施 設 を 含 めて 参 入 を 認 め 2 株 式 会 社 NPO 等 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 を 認 める これにより 保 育 の 量 的 拡 大 を 図 るとともに 利 用 者 がニーズに 応 じて 多 様 な 施 設 や 事 業 を 選 択 できる 仕 組 みとする 具 体 的 な 制 度 設 計 : 安 定 的 継 続 的 な 運 営 を 担 保 する 観 点 から 法 人 格 を 条 件 法 人 格 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 指 定 事 業 者 : 法 人 でない 場 合 でも 一 定 の 条 件 を 満 たせば 指 定 の 対 象 指 定 基 準 撤 退 規 制 等 需 給 調 整 指 定 指 導 監 督 主 体 権 限 経 過 措 置 現 行 の 基 準 を 基 礎 とし 全 国 一 律 の 基 準 として 定 める 国 の 基 準 と 地 方 の 裁 量 の 範 囲 については 今 後 検 討 ( 基 準 の 客 観 性 は 担 保 ) 質 の 向 上 の 観 点 から 職 員 配 置 基 準 の 引 き 上 げ 等 を 検 討 撤 退 の 際 事 前 届 出 予 告 期 間 の 設 定 利 用 者 の 継 続 的 利 用 のための 調 整 義 務 等 を 課 す 質 の 確 保 の 観 点 から 数 年 ごとに 指 定 を 更 新 保 護 者 の 選 択 に 資 する 観 点 から 情 報 開 示 の 義 務 化 を 行 う 指 定 基 準 を 満 たす 施 設 はすべて 指 定 する ただし 施 設 数 が 過 大 となっている 場 合 指 定 主 体 の 権 限 において 新 規 の 指 定 や 更 新 を 行 わないことができる 目 標 供 給 量 を 盛 り 込 む 市 町 村 の 計 画 に 関 する 策 定 手 続 きを 含 めた 国 による 策 定 のための 指 針 事 後 の 点 検 評 価 を 含 めた 必 要 な 情 報 の 開 示 等 適 正 性 透 明 性 の 確 保 のための 仕 組 みを 今 後 検 討 : 広 域 調 整 の 観 点 から 都 道 府 県 とする( 大 都 市 特 例 等 は 今 後 検 討 ( 市 町 村 主 体 を 含 む)) 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 指 定 事 業 者 : 地 域 の 実 情 に 応 じた 供 給 量 の 確 保 の 観 点 から 市 町 村 とする 指 定 指 導 監 督 主 体 に 立 入 検 査 基 準 遵 守 の 勧 告 措 置 命 令 指 定 取 消 等 の 権 限 を 与 える 施 行 の 際 現 に 幼 稚 園 保 育 所 の 認 可 を 有 する 施 設 は の 指 定 があったものとみなす 施 行 前 に 現 に 認 可 を 受 けている 施 設 については 法 人 格 を 有 しなくても 指 定 を 受 けられることとする 認 定 こども 園 の 取 扱 いについて 今 後 検 討 指 定 制 のイメージ 事 業 の 開 始 財 政 措 置 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 幼 稚 園 又 は 保 育 所 の 認 可 こども 園 =( 仮 称 ) 指 定 により こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 認 可 施 設 と 同 等 の 基 準 を 満 たす 施 設 その 他 の 施 設 の 届 出 多 様 な 保 育 ( 小 規 模 保 育 等 ) = 多 様 な 保 育 事 業 者 指 定 により 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 基 準 を 満 た さない 施 設 (ベビーホテル 等 ) 15

17 新 たな 制 度 における 契 約 方 式 こども 園 給 付 ( 仮 称 )については 保 護 者 に 対 する 個 人 給 付 を 基 礎 とし 確 実 に 学 校 教 育 保 育 に 要 する 費 用 に 充 てるため 法 定 代 理 受 領 の 仕 組 みとする 例 外 のない 保 育 の 保 障 の 観 点 から 市 町 村 が 客 観 的 基 準 に 基 づき 保 育 の 必 要 性 を 認 定 する 仕 組 みとする 契 約 については 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けた 子 どもと 受 けない 子 どものいずれについても 市 町 村 の 関 与 の 下 保 護 者 が 自 ら 施 設 を 選 択 し 保 護 者 が 施 設 と 契 約 する 公 的 契 約 とし 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 き 施 設 に 応 諾 義 務 を 課 す 入 園 希 望 者 が 定 員 を 上 回 る 場 合 は 正 当 な 理 由 に 該 当 するが この 場 合 施 設 は 国 の 選 考 基 準 に 基 づき 選 考 を 行 う 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けた 子 どもについては 定 員 以 上 に 応 募 がある 場 合 優 先 利 用 に 配 慮 しつつ 保 育 の 必 要 度 に 応 じて 選 定 する 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けない 子 どもについては 施 設 の 設 置 者 が 定 める 選 考 基 準 ( 選 考 方 法 )に 基 づき 選 考 することを 基 本 とする 公 的 契 約 に 関 する 市 町 村 の 関 与 については 次 の 通 りとする 1 管 内 の 施 設 事 業 者 の 情 報 を 整 理 し 子 育 て 家 庭 に 広 く 情 報 提 供 し 相 談 に 対 応 する 市 町 村 のあっせん( 市 町 村 による 利 用 可 能 な 施 設 との 契 約 の 補 助 )によ る 利 用 が 必 要 と 判 断 される 場 合 には 保 育 の 必 要 性 の 認 定 等 と 合 わせて 市 町 村 が 利 用 可 能 な 施 設 事 業 者 をあっせんする 2 当 面 保 育 需 要 が 供 給 を 上 回 っている 場 合 には 市 町 村 に 利 用 希 望 を 提 出 すること 等 により 市 町 村 が 利 用 調 整 を 行 う 3 契 約 による 利 用 が 著 しく 困 難 と 判 断 した 場 合 には 市 町 村 が 措 置 による 入 所 利 用 を 行 う < 現 行 制 度 > 幼 稚 園 利 用 者 市 町 村 学 校 教 育 保 育 料 契 約 幼 稚 園 < 新 たな 制 度 > こ ど も 園 ( 仮 称 ) 市 町 村 利 用 者 支 援 調 整 質 の 確 保 された 学 校 教 育 保 育 の 提 供 責 務 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 提 供 応 諾 義 務 ( 正 当 な 理 由 のない 場 合 ) 保 育 所 市 町 村 によっては 幼 稚 園 が 利 用 者 に 代 わって 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 を 代 理 受 領 し 保 育 料 の 軽 減 を 図 る 仕 組 みを 取 っている 市 町 村 保 育 の 実 施 利 用 者 学 校 教 育 保 育 の 提 供 保 育 料 公 的 契 約 こども 園 ( 仮 称 ) 利 用 者 保 育 認 可 保 育 所 こども 園 給 付 ( 仮 称 )とは 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 )の 中 で 指 定 こども 園 ( 仮 称 )を 対 象 とするもの 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 )に 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 事 業 者 を 対 象 とした 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )も 含 まれるが 上 記 の 整 理 は 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )にも 共 通 するものである 16

18 こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 創 設 こども 園 給 付 ( 仮 称 )については 次 のような 給 付 構 成 を 基 本 とする a. 満 3 歳 以 上 児 に 対 する 標 準 的 な 教 育 時 間 及 び 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じた 保 育 に 対 応 する 給 付 b. 満 3 歳 未 満 児 の 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じた 保 育 に 対 応 する 給 付 < 現 行 制 度 > 保 育 の 必 要 量 ( 欠 ける 程 度 ) 財 政 措 置 8H 4H 幼 稚 園 私 学 助 成 ( 預 かり 保 育 補 助 ) 私 学 助 成 認 定 こども 園 の 幼 稚 園 機 能 部 分 安 心 こども 基 金 < 新 たな 制 度 > 保 育 の 必 要 量 長 時 間 満 3 歳 以 上 保 育 の 必 要 量 長 時 間 満 3 歳 未 満 負 利 担 用 者 就 園 奨 励 費 施 設 によって 異 なる 標 準 的 な 教 育 時 間 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 主 として 保 護 者 の 就 労 に 応 じた 時 間 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 私 立 の 場 合 保 育 の 必 要 量 ( 欠 ける 程 度 ) 財 政 措 置 8H 4H 保 育 所 保 育 所 運 営 費 認 定 こども 園 の 保 育 所 機 能 部 分 安 心 こども 基 金 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 負 利 担 用 者 所 得 に 応 じた 費 用 徴 収 施 設 によって 異 なる 既 存 の 財 政 措 置 の 取 扱 いについては 今 後 検 討 17

19 現 行 保 育 所 制 ( 支 出 ) 度 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 1 幼 稚 園 (A) ( 支 出 ) 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 新 たな 制 度 における 価 格 設 定 実 費 徴 収 国 が 定 める 基 準 に 基 づく 学 校 教 育 保 育 の 活 動 の 一 環 として 行 われる 活 動 に 係 る 費 用 について 実 費 徴 収 を 認 める 国 において 実 費 徴 収 の 実 態 を 勘 案 した 上 で 実 費 徴 収 の 対 象 範 囲 及 び 各 施 設 における 実 費 徴 収 の 上 限 額 に 関 する 基 準 を 定 める 低 所 得 者 に 対 しては 一 定 の 要 件 の 下 で 公 費 による 補 足 給 付 を 行 うこととし その 具 体 的 仕 組 みについては 今 後 更 に 検 討 する 上 乗 せ 徴 収 次 の 要 件 を 満 たす 施 設 ( 当 分 の 間 市 町 村 及 び 社 会 福 祉 法 人 以 外 が 設 置 する 施 設 のみ)については 実 費 以 外 の 上 乗 せ 徴 収 を 認 める ア 国 が 定 める 基 準 に 基 づく 学 校 教 育 保 育 であること イ 低 所 得 者 については 当 該 徴 収 を 免 除 すること ウ 指 定 制 度 の 一 環 である 情 報 開 示 の 標 準 化 制 度 の 開 示 項 目 として 上 乗 せ 徴 収 の 理 由 及 び 額 を 開 示 すること ア 以 外 の 活 動 ( 教 育 課 程 終 了 後 の 体 操 教 室 など)については 選 択 できる 旨 や 利 用 料 額 の 説 明 を 予 め 行 い 利 用 者 の 了 解 を 得 た 場 合 は 費 用 徴 収 可 能 とする 幼 稚 園 (B) ( 支 出 ) 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 新 た な 制 度 X 施 設 ( 収 入 ) 上 乗 せ 徴 実 費 徴 収 ( 上 限 あり) ( 低 所 得 者 に 補 足 給 付 ) 収 2 2 Y 施 設 ( 収 入 ) 入 学 金 保 育 料 等 ( 低 所 得 者 は 免 除 ) 実 費 徴 収 ( 上 限 あり) ( 低 所 得 者 に 補 足 給 付 ) 上 乗 せ 徴 収 2 3 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 保 育 所 運 営 費 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) * 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 ( 低 所 得 者 には 一 定 の 配 慮 ) 施 設 の 減 価 償 却 費 公 定 価 格 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) * 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 ( 低 所 得 者 には 一 定 の 配 慮 ) 施 設 の 減 価 償 却 費 1 市 町 村 との 協 議 が 必 要 2 上 乗 せ 理 由 及 び 徴 収 額 については 施 設 が 情 報 開 示 3 実 費 徴 収 以 外 の 上 乗 せ 徴 収 ( 入 学 金 保 育 料 等 )は 上 限 設 定 はしない また 当 分 の 間 市 町 村 及 び 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 者 が 設 置 する 施 設 に 限 る 18 公 定 価 格

20 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 創 設 学 校 教 育 保 育 及 び 家 庭 における 養 育 支 援 を 一 体 的 に 提 供 する 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 創 設 する ここで 言 う 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ ア 満 3 歳 以 上 児 の 受 入 れを 義 務 付 け 標 準 的 な 教 育 時 間 の 学 校 教 育 をすべての 子 どもに 保 障 また 保 育 を 必 要 とする 子 どもには 学 校 教 育 の 保 障 に 加 え 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じて 保 育 を 保 障 イ 保 育 を 必 要 とする 満 3 歳 未 満 児 については 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じて 保 育 を 保 障 総 合 施 設 ( 仮 称 )については 学 校 教 育 法 児 童 福 祉 法 及 び 社 会 福 祉 法 における 学 校 (1 条 学 校 ) 児 童 福 祉 施 設 及 び 第 2 種 社 会 福 祉 事 業 として 位 置 づける なお 満 3 歳 未 満 児 の 受 入 れは 義 務 付 けないが 財 政 措 置 の 一 体 化 等 により 満 3 歳 未 満 児 の 受 入 れを 含 め 幼 稚 園 及 び 保 育 所 等 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 促 進 する 例 えば 現 行 制 度 でいえば 幼 稚 園 型 認 定 こども 園 の 保 育 所 機 能 部 分 保 育 所 型 認 定 こども 園 の 幼 稚 園 機 能 部 分 についても 基 準 を 満 たせば 財 政 措 置 を 受 けられるようにすることや 調 理 室 等 への 補 助 制 度 を 創 設 すること 保 育 単 価 等 によるインセンティブを 付 与 することなど 幼 稚 園 の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 保 育 所 の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 現 行 制 度 標 準 時 間 学 校 教 育 長 時 間 学 校 教 育 学 校 教 育 ー ー 保 育 に 欠 けない ー ー 保 育 に 欠 ける 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 保 育 を 必 要 としない 学 校 教 育 新 制 度 保 育 を 必 要 とする 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 学 校 教 育 ー 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 19

21 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 制 度 とりまとめ( 案 )- 抄 - 総 合 に 置 かれる 職 員 総 合 は 学 校 教 育 保 育 を 一 体 的 に 提 供 する 施 設 であることから 現 行 の 幼 稚 園 及 び 保 育 所 の 双 方 で 必 要 とされる 職 員 を 置 く 具 体 的 には 園 長 保 育 教 諭 ( 仮 称 ) 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 調 理 員 を 必 置 とする 総 合 に 置 かれる 職 員 のうち 資 格 要 件 に 対 して 罰 則 を 課 す 必 要 がある 職 員 や 特 例 が 他 の 法 律 で 規 定 され ている 職 員 については 法 律 で 規 定 する 保 育 教 諭 ( 仮 称 )は 幼 稚 園 教 諭 の 免 許 状 と 保 育 士 資 格 を 併 有 することを 原 則 とする いずれかしか 有 しない 者 については 特 例 措 置 を 講 じる なお 職 員 の 資 格 については 教 員 免 許 養 成 制 度 の 見 直 し 及 び 保 育 士 資 格 制 度 の 見 直 しの 検 討 状 況 等 を 踏 まえた 上 で 検 討 する 今 後 のスケジュール(とりまとめ( 案 ) 前 文 より) 政 府 においては 今 後 本 とりまとめを 踏 まえ 法 案 をとりまとめ 今 国 会 に 関 連 法 案 を 提 出 する また 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムの 理 念 の 実 現 に 向 けた 取 組 を 推 進 していくことが 必 要 である 新 システムは 恒 久 財 源 を 得 て 早 期 に 本 格 実 施 を 行 うこととするが 本 格 施 行 の 具 体 的 な 期 日 については 社 会 保 障 税 一 体 改 革 素 案 ( 平 成 24 年 1 月 6 日 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 本 部 決 定 )において 平 成 26 年 4 月 より8%へ 平 成 27 年 10 月 より10%へとされている 消 費 税 の 引 き 上 げの 時 期 を 踏 まえるとともに 地 方 公 共 団 体 での 円 滑 な 実 施 に 向 けた 準 備 に 一 定 期 間 を 要 することも 考 慮 して 検 討 することとする また 法 案 成 立 後 平 成 25 年 度 を 目 途 に 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )や 国 の 基 本 指 針 など 可 能 なものから 段 階 的 に 実 施 する とともに 地 方 公 共 団 体 を 始 めとする 関 係 者 とも 丁 寧 に 意 見 交 換 を 行 い 円 滑 な 施 行 に 向 けた 準 備 を 行 うこと とする

22 根 拠 法 設 置 主 体 認 可 指 導 監 督 権 者 評 価 情 報 公 開 認 定 こども 園 認 定 こども 園 法 幼 稚 園 学 校 教 育 法 保 育 所 児 童 福 祉 法 幼 稚 園 国 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 法 人 保 育 所 設 置 主 体 制 限 なし 認 定 こども 園 ( 幼 保 連 携 型 ) 認 定 こども 園 認 定 権 者 : 都 道 府 県 知 事 ( 又 は 教 育 委 員 会 ) 幼 稚 園 公 立 : 都 道 府 県 教 育 委 員 会 私 立 : 都 道 府 県 知 事 保 育 所 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 中 核 市 市 長 認 定 こども 園 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 幼 稚 園 自 己 評 価 : 義 務 学 校 関 係 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 保 育 所 自 己 評 価 : 努 力 義 務 第 三 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 努 力 義 務 認 定 こども 園 ( 満 3 歳 未 満 ) 保 育 士 ( 満 3 歳 以 上 ) 学 級 担 任 : 教 諭 長 時 間 利 用 児 保 育 : 保 育 士 職 員 幼 稚 園 園 長 教 頭 教 諭 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 研 修 保 育 所 保 育 士 嘱 託 医 調 理 員 幼 稚 園 公 立 : 教 育 公 務 員 としての 各 種 特 例 ( 初 任 者 研 修 等 ) 私 立 : 学 校 の 教 員 として 研 修 の 充 実 が 図 られなければならない 保 育 所 公 立 : 地 方 公 務 員 としての 各 種 研 修 + 児 童 福 祉 施 設 の 職 員 として 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 私 立 : 児 童 福 祉 施 設 の 職 員 として 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 具 体 的 制 度 設 計 の 概 要 総 合 施 設 法 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 社 会 福 祉 法 人 及 び 一 定 の 要 件 を 満 たした 株 式 会 社 NPO 等 の 法 人 一 定 の 要 件 を 満 たした 法 人 を 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 社 会 福 祉 法 人 と 同 じ 扱 いとするか 学 校 教 育 体 系 の 原 則 に 基 づき 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 及 び 社 会 福 祉 法 人 を 原 則 とし 一 定 の 要 件 を 満 たした 法 人 は 地 域 の 実 情 に 応 じた 例 外 とするか については 今 後 検 討 施 設 の 認 可 の 透 明 性 の 確 保 についても 今 後 検 討 一 定 の 要 件 については 例 えば 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 経 営 に 必 要 な 財 産 を 有 すること 等 が 考 えられる 上 記 のほか 会 計 間 の 繰 り 入 れ 制 限 を 行 うか 否 か 等 については 今 後 検 討 都 道 府 県 知 事 ( 教 育 委 員 会 が 一 定 の 関 与 ) 大 都 市 特 例 等 は 今 後 検 討 ( 市 町 村 主 体 を 含 む) 自 己 評 価 : 義 務 関 係 者 評 価 第 三 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 園 長 保 育 教 諭 ( 仮 称 ) 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 調 理 員 職 員 の 資 格 については 教 員 免 許 養 成 制 度 の 見 直 し 及 び 保 育 士 資 格 制 度 の 見 直 しの 検 討 状 況 を 踏 まえた 上 で 検 討 する 公 立 : 教 育 公 務 員 としての 各 種 特 例 ( 新 任 者 に 対 する 研 修 等 ) 私 立 : 教 員 について 研 修 の 充 実 が 図 られなければならない + 職 員 が 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 義 務 監 督 認 定 こども 園 認 定 の 取 消 幼 稚 園 公 立 : 変 更 命 令 閉 鎖 命 令 私 立 : 閉 鎖 命 令 のみ( 変 更 命 令 は 適 用 除 外 ) 保 育 所 公 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 私 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 認 可 の 取 消 公 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 閉 鎖 命 令 私 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 閉 鎖 命 令 政 治 的 行 為 の 制 限 幼 稚 園 幼 稚 園 における 政 治 教 育 その 他 政 治 的 活 動 の 禁 止 保 育 所 制 限 なし 総 合 施 設 ( 仮 称 )における 政 治 教 育 その 他 政 治 的 活 動 の 禁 止 幼 稚 園 教 員 公 立 : 国 家 公 務 員 と 同 様 の 制 限 ( 所 属 地 方 公 共 団 体 の 内 外 にかかわらず 制 限 ) ( 教 員 ) 私 立 : 制 限 なし 公 立 : 国 家 公 務 員 と 同 様 の 制 限 ( 所 属 地 方 公 共 団 体 内 外 にかかわらず 制 限 ) 保 育 所 職 員 公 立 : 原 則 として 所 属 地 方 公 共 団 体 内 で 制 限 私 立 : 制 限 なし 私 立 : 制 限 なし ( 参 考 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 に 係 る 経 過 措 置 等 の 在 り 方 について 今 後 検 討 財 政 措 置 幼 稚 園 私 立 : 私 学 助 成 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 公 立 : 一 般 財 源 保 育 所 私 立 : 保 育 所 運 営 費 負 担 金 公 立 : 一 般 財 源 他 認 定 こども 園 に 対 し 補 正 予 算 で 安 心 こども 基 金 を 措 置 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 既 存 の 財 政 措 置 の 取 扱 いについては 今 後 検 討 21

23 こども 指 針 ( 仮 称 )について こども 指 針 ( 仮 称 )については 家 庭 地 域 を 含 めた 全 ての 子 ども 子 育 て 関 係 者 を 対 象 として 子 どもに 関 する 理 念 及 び 子 育 てに 関 する 理 念 を 示 すものとし 国 が 策 定 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )の 中 に 位 置 づける こども 指 針 ( 仮 称 )を 踏 まえ に 指 定 された 施 設 等 が 遵 守 すべき 要 領 を 法 的 拘 束 力 をもつものとして 策 定 する 子 ども 子 育 てに 関 する 理 念 こ ど も 指 針 ( 仮 称 ) 対 象 : 家 庭 地 域 を 含 めた 全 ての 子 ども 子 育 て 関 係 者 子 どもに 関 する 理 念 (どんな 子 どもや 大 人 に 育 ってほしいか 子 どもを 大 切 にする 社 会 子 どもの 権 利 の 保 障 乳 幼 児 期 の 重 要 性 等 ) 子 育 てに 関 する 理 念 ( 乳 幼 児 期 の 教 育 の 意 義 及 び 役 割 家 庭 の 意 義 及 び 役 割 施 設 における 集 団 での 学 び 育 ちの 支 援 の 意 義 及 び 役 割 並 びに 専 門 性 重 要 性 子 育 て 及 び 子 育 てを 通 じた 親 育 ちの 支 援 の 重 要 性 家 庭 地 域 施 設 等 の 連 携 の 重 要 性 等 ) に 指 定 された 施 設 等 が 遵 守 すべき 要 領 幼 稚 園 学 校 教 育 法 幼 稚 園 教 育 要 領 移 行 の 推 進 ( 2) 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 法 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 保 育 要 領 ( 仮 称 ) ( 1) 移 行 の 推 進 ( 2) 保 育 所 児 童 保 福 育 祉 所 法 保 育 指 針 客 観 的 基 準 を 満 たした その 他 の 施 設 多 様 な 保 育 事 業 小 規 模 保 育 事 業 者 家 庭 的 保 育 事 業 者 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 者 等 ( 1) 総 合 施 設 保 育 要 領 ( 仮 称 )の 具 体 的 な 内 容 等 については 今 後 更 に 検 討 ( 2) 国 においては 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 策 定 するとともに 財 政 措 置 の 一 体 化 及 び 強 化 等 により 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 政 策 的 に 誘 導 する 保 育 所 (3 歳 未 満 児 のみを 保 育 するいわゆる 乳 児 保 育 所 を 除 く )については 小 学 校 就 学 前 の 全 ての 子 どもに 学 校 教 育 を 保 障 する 観 点 から 一 定 期 間 後 に 全 て 総 合 施 設 ( 仮 称 )に 移 行 する 22

24 新 システムの 実 施 に 向 けた 考 え 方 潜 在 ニーズを 含 む 保 育 等 の 量 的 拡 充 は 最 優 先 で 実 施 すべき 喫 緊 の 課 題 これと 併 せて 職 員 配 置 の 充 実 など 必 要 な 事 項 について 子 ども 子 育 て 新 システムの 制 度 の 実 施 のため 財 源 を 確 保 しながら 実 施 主 な 内 容 保 育 放 課 後 児 童 クラブ 地 域 子 育 て 支 援 社 会 的 養 護 等 の 量 的 拡 充 子 ども 子 育 てビジョンベース 0~2 歳 児 保 育 の 体 制 強 化 による 待 機 児 童 の 解 消 現 在 の 幼 稚 園 の0~2 歳 児 保 育 への 参 入 の 促 進 小 規 模 保 育 など 新 たなサービス 類 型 を 創 設 長 時 間 の 保 育 ニーズへの 対 応 延 長 保 育 の 充 実 等 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 実 現 ( 幼 保 一 体 化 の 推 進 ) 3 歳 児 を 中 心 とした 配 置 基 準 の 改 善 病 児 病 後 児 保 育 休 日 保 育 の 充 実 地 域 支 援 や 療 育 支 援 の 充 実 給 付 の 一 体 化 に 伴 う 所 要 の 措 置 等 総 合 的 な 子 育 て 支 援 の 充 実 子 育 て 支 援 コーディネーターによる 利 用 支 援 の 充 実 等 放 課 後 児 童 クラブの 充 実 社 会 的 養 護 の 充 実 ( 追 加 所 要 額 ) 1 兆 円 超 (2015 年 ) 1 上 記 のほか 更 なる 質 の 向 上 のため 職 員 の 処 遇 の 更 なる 改 善 長 時 間 の 保 育 ニーズへの 更 なる 対 応 等 に 取 り 組 む 2 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 平 成 23 年 6 月 30 日 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 決 定 )においては 税 制 抜 本 改 革 によって 財 源 を 措 置 することを 前 提 に 2015 年 における 子 ども 子 育 て 分 野 の 追 加 所 要 額 ( 公 費 )は0.7 兆 円 程 度 ( 税 制 抜 本 改 革 以 外 の 財 源 も 含 めて1 兆 円 超 程 度 の 措 置 を 今 後 検 討 )とされた 3 基 本 制 度 案 要 綱 では 社 会 全 体 ( 国 地 方 事 業 主 本 人 )による 費 用 負 担 と 記 載 新 システムの 施 策 については 給 付 等 に 応 じて 税 制 抜 本 改 革 による 財 源 確 保 を 前 提 とし 公 費 を 中 心 に 負 担 することとし 具 体 的 な 負 担 の 在 り 方 については 今 後 検 討 (なお 基 本 制 度 案 要 綱 に 記 載 された 事 業 主 拠 出 については 現 行 制 度 も 参 考 に 事 業 主 拠 出 の 対 象 範 囲 の 明 確 化 や 事 業 主 の 意 見 が 使 途 等 に 反 映 等 される 仕 組 みの 必 要 性 も 踏 まえて 今 後 検 討 ) (P.56 参 照 ) 4 上 記 の 追 加 所 要 額 には 施 設 整 備 費 は 含 まない (なお 幼 稚 園 における 調 理 室 の 新 設 や 緊 急 的 な 基 盤 整 備 ( 耐 震 化 を 含 む) 等 に 係 る 施 設 整 備 費 補 助 につい ては 引 き 続 き 実 施 する ) 5 指 定 制 の 導 入 による 保 育 等 への 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 を 促 進 ( 質 を 確 保 するための 基 準 とあわせて 質 の 改 善 を 図 る ) 6 質 の 改 善 に 直 接 つながる 職 員 配 置 の 充 実 その 他 の 職 員 の 処 遇 改 善 等 については 順 次 優 先 順 位 をつけながら 実 現 を 図 る 7 職 員 の 定 着 確 保 を 図 るため キャリアアップの 仕 組 みと 併 せた 処 遇 の 仕 組 みを 検 討 することが 必 要 その 際 職 員 のキャリアアップに 資 する 観 点 から 幅 広 い 業 務 経 験 を 可 能 とするための 運 営 のあり 方 についても 検 討 を 進 める ( 注 ) ここで 言 う 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 23

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

000_次第・資料一覧(代表者会議)

000_次第・資料一覧(代表者会議) 地 方 公 共 団 体 金 融 機 構 第 33 回 代 表 者 会 議 平 成 27 年 3 月 11 日 ( 水 )14 時 00 分 市 政 会 館 3 階 第 一 特 別 会 議 室 次 第 1 開 会 2 議 事 (1) 報 告 事 項 (2) 平 成 27 年 度 事 業 計 画 (3) 平 成 27 年 度 予 算 平 成 27 年 度 資 金 計 画 収 支 に 関 する 中 期 的

More information

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業

2の4) 中 や 総 合 特 区 を 総 合 特 区 や 国 家 戦 略 特 区 に 改 め 充 実 させて い く の 次 に 次 のように 加 える あわせて 地 域 における 多 様 な 課 題 に 対 応 した 取 組 を 後 押 しするため 地 域 産 業 資 源 を 活 用 した 事 業 地 域 再 生 基 本 方 針 の 一 部 変 更 について 平 成 26 年 12 月 27 日 閣 議 決 定 案 地 域 再 生 法 ( 平 成 17 年 法 律 第 24 号 ) 第 4 条 第 7 項 において 準 用 する 同 条 第 4 項 の 規 定 に 基 づき 地 域 再 生 基 本 方 針 ( 平 成 17 年 4 月 22 日 閣 議 決 定 )の 一 部 を 次 のとおり

More information

認可保育所募集要項

認可保育所募集要項 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 ( 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 一 部 修 正 版 1 平 成 28 年 度 中 野 区 認 可 保 育 所 開 設 事 業 者 募 集 要 項 (6 月 追 加 募 集 ) 平 成 28 年 6 月 中 野 区 8 月 24 日 : 下 線 部 修 正 第 1 募 集 概

More information

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ

1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 連 絡 事 項 企 画 課 145 1 平 成 24 年 度 税 制 改 正 の 主 な 内 容 について 改 正 障 害 者 自 立 支 援 法 等 の 平 成 24 年 4 月 施 行 により いずれも 第 1 種 社 会 福 祉 事 業 である1 知 的 障 害 児 施 設 2 知 的 障 害 児 通 園 施 設 3 盲 ろうあ 児 施 設 4 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び5 重 症

More information

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc

Microsoft Word - 1-①.運用の手引き.doc 京 都 市 民 間 保 育 園 職 員 給 与 等 運 用 事 業 実 施 要 綱 ( 昭 和 47 年 4 月 1 日 実 施 ) 改 正 昭 和 58 年 3 月 16 日, 昭 和 60 年 3 月 15 日, 昭 和 61 年 3 月 13 日, 昭 和 63 年 5 月 11 日, 平 成 2 年 5 月 24 日, 平 成 3 年 5 月 24 日, 平 成 4 年 5 月 21 日,

More information

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務

大槌町震災復興事業○○○地区他の施工等に関する包括委託業務 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 基 本 協 定 書 ( 案 ) 仙 台 市 ( 以 下 委 託 者 という )と ( 以 下 受 託 者 という )は 蒲 生 北 部 地 区 被 災 市 街 地 復 興 土 地 区 画 整 理 事 業 等 包 括 委 託 ( 以 下 本 という )ついて 募 集 要 項 及 び 受 託 者 の

More information

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針

「こどもカフェ」設置・運営に係る基本方針 こどもカフェ 設 置 運 営 に 係 る 基 本 方 針 第 1 総 則 1 目 的 こどもカフェ の 設 置 運 営 については 市 基 本 計 画 及 び 第 一 次 実 施 計 画 に 位 置 付 け 市 内 2 か 所 で モデル 運 営 を 実 施 し その 実 績 検 証 等 をもとに 今 後 の 拡 充 について 検 討 することとして おります また こどもカフェ は 次 世 代 育

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

平 成 28 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 月 指 定 都 市 市 長 会 目 次 1 法 人 住 民 税 の 拡 充 強 化 等 1 2 償 却 資 産 に 対 する 固 定 資 産 税 の 現 行 制 度 の 堅 持 2 3 車 体 課 税 の 見 直 しに 伴 う 市 町 村 税 財 源 の 確 保 等 3 4 個 人 住 民 税 の 充 実 強 化 5 5 地

More information

県 民 局 次 世 代 育 成 部 次 世 代 育 成 課 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き ~ 新 設 編 ~ 平 成 27 年 10 月 目 次 はじめに 2 第 1 章 保 育 所 設 置 認 可 の 手 続 き 4 第 2 章 保 育 所 設 置 届 出 の 手 続 き 26 1 はじめに 保 育 所 認 可 等 の 手 引 き~ 新 設 編 ~ は 児 童 福 祉 法 に 基 づく

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義

治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売 17 175 18 得 税 186 税 187 災 害 補 償 188 災 害 補 償 189 義 案 新 旧 照 文 1 9 5 自 治 5 織 5 6 70 76 81 8 10 研 究 110 11 11 1 1 私 占 禁 止 引 確 15 私 占 禁 止 引 確 17 安 19 治 10 治 1 税 15 税 19 15 156 庫 158 庫 159 警 察 160 警 察 16 女 子 産 際 補 助 確 16 児 休 165 織 運 166 割 賦 販 売 170 割 賦 販 売

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

■雇用保険法■

■雇用保険法■ 社 会 保 険 労 務 士 平 成 28 年 度 ( 第 48 回 ) 試 験 のため 法 改 正 情 報 労 働 基 準 法 Point 1 則 38 条 の 7~9 平 成 28 年 3 月 31 日 厚 労 告 示 120 号 労 働 基 準 法 施 行 規 則 38 条 の 7 から 第 38 条 の 9 までの 規 定 に 基 づき 平 成 28 年 4 月 から 同 年 6 月 30 日

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】

行財政改革推進プラン【H22進捗状況】 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分 け 結 果 ( 市 の 方 針 )に 対 する 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 羽 村 市 企 画 部 企 画 課 羽 村 市 行 財 政 改 革 推 進 プラン 進 捗 状 況 ( 平 成 22 年 度 分 ) 及 び 羽 村 市 事 業 仕 分

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など いざというときの

More information

【報告】組合要求書回答(総務部).xls

【報告】組合要求書回答(総務部).xls 1 全 職 場 で 共 通 する 要 求 について (1) 15 人 勧 での 地 域 手 当 偏 重 では 私 たちの 生 活 は 実 質 的 に 賃 下 げです 政 府 に 地 域 手 当 廃 止 を 求 め るとともに 生 計 費 ( 地 公 法 第 24 条 第 3 項 ( 均 衡 の 原 則 ))に 考 慮 し 給 与 の 改 善 に 努 めるこ (2) 県 に 準 拠 し 新 幹 線 利

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015

Microsoft Word - 05居宅療養管理指導2015 居 宅 介 護 サービス 事 業 等 の 手 引 き Ⅴ 居 宅 療 養 管 理 指 導 平 成 27 年 6 月 島 根 県 高 齢 者 福 祉 課 平 成 27 年 度 報 酬 改 定 反 映 版 [ 注 意 事 項 ] 介 護 予 防 サービスについては 居 宅 介 護 サービスと 同 趣 旨 の 場 合 記 載 を 省 略 した 事 項 があります 掲 載 した Q&A は 一 部 ですので

More information

岡山県公安委員会事務決裁規程

岡山県公安委員会事務決裁規程 岡 山 県 公 安 委 員 会 事 務 決 裁 規 程 ( 平 成 11 年 3 月 23 日 公 安 委 員 会 規 程 第 1 号 ) 改 正 平 成 12 年 11 月 24 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 13 年 10 月 4 日 公 安 委 員 会 規 程 第 8 号 平 成 14 年 3 月 29 日 公 安 委 員 会 規 程 第 5 号 平 成 15 年 10

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

目 次 子 ども 子 育 て 子 ども 子 育 て 新 システムの 実 現 医 療 介 護 等 医 療 提 供 体 制 の 効 率 化 重 点 化 と 機 能 強 化 外 来 受 診 の 適 正 化 等 の 取 組 み 介 護 サービスの 改 革 被 用 者 保 険 の 適 用 拡 大 と 国 保

目 次 子 ども 子 育 て 子 ども 子 育 て 新 システムの 実 現 医 療 介 護 等 医 療 提 供 体 制 の 効 率 化 重 点 化 と 機 能 強 化 外 来 受 診 の 適 正 化 等 の 取 組 み 介 護 サービスの 改 革 被 用 者 保 険 の 適 用 拡 大 と 国 保 資 料 5 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 における 改 革 項 目 参 考 資 料 内 閣 官 房 社 会 保 障 改 革 担 当 室 目 次 子 ども 子 育 て 子 ども 子 育 て 新 システムの 実 現 医 療 介 護 等 医 療 提 供 体 制 の 効 率 化 重 点 化 と 機 能 強 化 外 来 受 診 の 適 正 化 等 の 取 組 み 介 護 サービスの 改 革 被

More information

<81798E9197BF8250817A2E786C73>

<81798E9197BF8250817A2E786C73> 生 活 者 としての 外 国 人 に 関 する 総 合 的 対 応 策 の 実 施 状 況 について 総 合 的 対 応 策 における 対 策 実 施 状 況 1. 外 国 人 が 暮 らしやすい 地 域 社 会 づくり (1) 日 本 語 教 育 の 充 実 地 域 の 日 本 語 教 育 の 充 実 を 図 るため 平 成 18 年 度 より 人 材 育 本 年 度 中 に 成 果 をホームページ

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総

目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件 6 1 市 街 地 住 宅 型 総 千 代 田 区 総 合 設 計 許 可 要 綱 千 代 田 区 平 成 27 年 9 月 ( 平 成 28 年 1 月 一 部 改 正 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 総 則 1 1 趣 旨 1 2 基 本 目 標 1 3 運 用 方 針 2 第 2 用 語 の 定 義 2 第 2 章 計 画 要 件 第 1 計 画 の 基 本 要 件 6 1 共 通 事 項 6 第 2 種 類 別 要 件

More information

平成23年度税制改正について

平成23年度税制改正について 日 医 発 第 896 号 ( 年 税 48) 平 成 2 2 年 1 2 月 2 2 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 原 中 勝 征 平 成 23 年 度 税 制 改 正 について 去 る12 月 16 日 平 成 23 年 度 税 制 改 正 大 綱 が 閣 議 決 定 されまし た の で 平 成 23 年 度 税 制 改 正 についてご 報 告 申 し 上 げます

More information

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健

う 指 導 等 を 行 うことを 求 めているが 今 般 下 請 企 業 の 保 険 加 入 状 況 を 把 握 することを 通 じて 適 正 な 施 工 体 制 の 確 保 に 資 するため 施 工 体 制 台 帳 の 記 載 事 項 及 び 再 下 請 負 通 知 書 の 記 載 事 項 に 健 1 第 1 章 関 係 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン( 平 成 4 年 7 月 4 日 ) 国 土 交 通 省 土 地 建 設 産 業 局 建 設 市 場 整 備 課 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2089BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839389FC92F988C42090568B8C91CE8FC6955C2E646F6378> 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 改 訂 案 現 行 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という )について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年

More information

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考

本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建 物 設 備 の 基 準 ( 要 綱 6) 基 本 的 な 考 H25.4.1 版 認 証 保 育 所 施 設 基 準 解 説 平 成 22 年 10 月 東 京 都 福 祉 保 健 局 少 子 社 会 対 策 部 保 育 支 援 課 0/15 本 書 は 東 京 都 認 証 保 育 所 事 業 実 施 要 綱 ( 以 下 要 綱 という )に 規 定 する 建 物 設 備 の 基 準 及 び 職 員 配 置 の 基 準 について 解 説 するものです 1 建

More information

東京土建国民健康保険組合

東京土建国民健康保険組合 東 京 土 建 国 民 健 康 保 険 組 合 規 約 昭 和 4 5 年 8 月 1 日 制 定 昭 和 46 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 47 年 2 月 23 日 一 部 改 正 昭 和 48 年 2 月 20 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 2 月 25 日 一 部 改 正 昭 和 49 年 7 月 24 日 一 部 改 正 昭 和 50 年 2 月 19 日 一 部

More information

施設整備交付要綱

施設整備交付要綱 東 京 都 医 療 施 設 近 代 化 施 設 整 備 費 補 助 金 交 付 要 綱 6 衛 医 対 第 1125 号 17 福 保 医 政 第 165 号 平 成 7 年 2 月 1 日 平 成 17 年 7 月 15 日 7 衛 医 対 第 1186 号 18 福 保 医 政 第 1050 号 平 成 7 年 10 月 25 日 平 成 18 年 12 月 15 日 8 衛 医 計 第 3 1

More information

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1

待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 産 業 競 争 力 会 議 実 行 実 現 点 検 会 合 ( 女 性 の 活 躍 推 進 ) 資 料 2-2 平 成 27 年 5 月 26 日 厚 生 労 働 省 提 出 資 料 待 機 児 童 解 消 に 向 けた 施 策 の 確 実 な 実 行 1 待 機 児 童 解 消 加 速 化 プラン 2 平 成 25 26 年 度 の2か 年 の 保 育 拡 大 量 は 約 19.1 万 人 となり

More information

千葉市認可保育所

千葉市認可保育所 認 可 保 育 所 整 備 手 引 き 平 成 28 年 1 月 千 葉 市 こども 未 来 局 こども 未 来 部 保 育 支 援 課 目 次 はじめに... 2 1 施 設 概 要 について... 2 (1) 保 育 所 とは... 2 2 認 可 保 育 所 整 備 について... 4 (1) 募 集 形 態 について... 4 (2) 募 集 地 域... 4 (3) 運 営 主 体...

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万

5,000 円 の 支 給 と な り ま す 扶 養 親 族 等 の 数 所 得 制 限 限 度 額 収 入 額 ( 参 考 ) 0 人 622.0 万 円 833.3 万 円 1 人 660.0 万 円 875.6 万 円 2 人 698.0 万 円 917.8 万 円 3 人 736.0 万 第 6 章 子 育 て 支 援 課 1 児 童 福 祉 (1) 概 要 少 子 化 や 核 家 族 化 が 進 み 在 宅 で 子 育 て を 行 う 親 等 の 育 児 不 安 や 孤 立 感 が 増 大 し ま た 地 域 社 会 と の つ な が り が 希 薄 化 す る な ど 子 育 て に 不 安 や 負 担 を 感 じ て い る 親 が 多 く な っ て い ま す こ う し

More information

H26 公表原案.xls

H26 公表原案.xls 水 戸 市 公 告 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 に 関 する 条 例 ( 平 成 7 年 水 戸 市 条 例 第 3 号 ) 第 6 条 の 規 定 に 基 づき, 水 戸 市 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 について, 次 のとおり 公 表 する 平 成 6 年 9 月 8 日 水 戸 市 長 高 橋 靖 平 成 6 年 度 水 戸 市 事 行 政 の

More information

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき

1 本 市 基 準 の 基 本 的 な 考 え 方 ⑴ 国 基 準 を 下 回 る 基 準 は 定 めない 国 基 準 ( 対 応 方 針 案 )については, 基 本 的 に 現 行 施 設 事 業 の 基 準 を 引 き 継 いでおり, 現 行 の 水 準 が 確 保 されていると 判 断 でき 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 の 認 可 基 準 等 について 資 料 3 京 都 市 において 定 める 施 設 事 業 ( 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 地 域 型 保 育 事 業 )の 認 可 基 準 等 に 関 して,1 基 本 的 な 考 え 方,2 個 別 の 施 設 事 業 の 基 準 について, 幼 児 教 育 保 育 部 会 に 意 見 を 求 めるものです

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標

参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例 19 中 期 目 標 資 料 1-2 参 考 資 料 ( 財 政 規 律 情 報 公 開 報 酬 給 与 ) 平 成 25 年 4 月 2 日 参 考 資 料 ( 目 次 ) 独 立 行 政 法 人 への 国 の 関 与 等 について 1 財 政 規 律 に 関 する 各 種 決 定 2 財 政 規 律 に 関 する 独 立 行 政 法 人 通 則 法 関 連 条 文 14 運 営 費 交 付 金 算 定 ルールの 例

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

社会福祉法人の手引き

社会福祉法人の手引き 社 会 福 祉 法 人 の 運 営 の 手 引 き ( 平 成 23 年 3 月 版 ) 川 崎 市 健 康 福 祉 局 総 務 部 監 査 指 導 課 - 1 - 目 次 Ⅰ 社 会 福 祉 法 人 について 1 社 会 福 祉 法 人 1 2 社 会 福 祉 法 人 の 要 件 1 3 社 会 福 祉 事 業 2 (1) 第 一 種 社 会 福 祉 事 業 2 (2) 第 二 種 社 会 福 祉

More information

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx

Microsoft Word - 2.別添(0717訂正セット).docx ( 別 添 ) 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information

Taro-理事の手引き(最終案).jtd

Taro-理事の手引き(最終案).jtd 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 の 手 引 き 埼 玉 県 福 祉 部 福 祉 施 設 監 査 課 編 集 平 成 21 年 3 月 目 次 第 1 社 会 福 祉 法 人 の 理 事 1 理 事 の 役 割 1 2 法 人 と 理 事 の 関 係 2 3 理 事 の 要 件 (1) 理 事 に 期 待 される 要 件 3 (2) 理 事 の 定 数 欠 員 の 補 充 4 (3) 理 事 の

More information

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版

③【ワード(全体版)】150121_H27税制改正PR版 平 成 2 7 年 度 税 制 改 正 の 概 要 ( 厚 生 労 働 省 関 係 ) 平 成 27 年 1 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> P.1 < 雇 用 就 労 の 促 進 > P.1 < 健 康 医 療 関 係 > P.2 < 医 療 保 険 関 係 > P.5 < 介 護 社 会 福 祉 関 係 > P.6 < 年 金 関 係 等 > P.7 < 生 活 衛

More information

平成26年試験問題AP-4.indd

平成26年試験問題AP-4.indd a 0 7 0 4 0 0 0 0 a 平 成 26 年 保 育 士 試 験 問 題 児 童 家 庭 福 祉 ( 選 択 式 20 問 ) 指 示 があるまで 開 かないこと 解 答 用 紙 記 入 上 の 注 意 事 項 1 解 答 用 紙 と 受 験 票 の 受 験 番 号 が 同 じであるか カナ 氏 名 科 目 名 を 確 認 し 誤 り がある 場 合 は 手 を 挙 げて 監 督 員 に

More information

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題

代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 とする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 本 試 案 では 代 行 部 分 は 公 的 年 金 の 一 部 である という 基 本 認 識 に 立 って 1 早 急 な 対 応 が 求 められる 代 行 割 れ 問 題 第 1 回 厚 生 年 金 基 金 制 度 に 関 す る 専 門 委 員 会 平 成 2 4 年 1 1 月 2 日 資 料 3-1 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 見 直 しについて ( 試 案 ) この 試 案 は 代 行 制 度 を 基 本 的 な 枠 組 みとする 厚 生 年 金 基 金 制 度 の 今 後 の 在 り 方 について 広 く 国 民 の 論 議 に 供 するため 議 論

More information

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状

子 ども 子 育 て 支 援 法 に 規 定 されている 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 内 容 区 分 記 載 事 項 本 審 議 会 部 会 A B 1 教 育 保 育 提 供 区 域 設 定 ( 地 理 的 条 件 人 口 交 通 事 情 社 会 的 条 件 施 設 整 備 状 子 どもに 関 する 計 画 位 置 付 け 八 王 子 市 基 本 構 想 基 本 計 画 他 計 画 ゆめおり 教 育 プラン 生 涯 学 習 プラン 文 化 振 興 計 画 地 域 防 災 計 画 都 市 計 画 マスタープラン など 連 携 地 域 福 祉 計 画 新 こども 育 成 計 画 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ニーズ 調 査 に 基 づく 目 標 事 業 量 決

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の

第 1 章 総 則 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) ( 名 称 ) 第 1 条 この 法 人 は 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 ( 以 下 本 機 関 という )と 称 する 2 本 機 関 の 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 定 款 新 旧 対 照 表 変 更 前 ( 変 更 点 に 下 線 ) 変 更 後 ( 変 更 点 に 下 線 ) 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 27 年 4 月 1 日 施 行 平 成 28 年 4 月 1 日 変 更 定 款 定 款 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 電 力 広 域 的 運 営 推 進 機 関 1 第 1

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

Microsoft Word - law

Microsoft Word - law 民 生 委 員 法 民 生 委 員 法 をここに 公 布 する 民 生 委 員 法 ( 昭 和 二 十 三 年 七 月 二 十 九 日 ) ( 法 律 第 百 九 十 八 号 ) 第 二 回 通 常 国 会 芦 田 内 閣 第 一 条 民 生 委 員 は 社 会 奉 仕 の 精 神 をもつて 常 に 住 民 の 立 場 に 立 つて 相 談 に 応 じ 及 び 必 要 な 援 助 を 行 い もつて

More information

大阪労働局発表

大阪労働局発表 大 阪 労 働 局 発 表 大 阪 労 働 局 需 給 調 整 事 業 部 電 話 06-4790-6319 FAX 06-4790-6309 担 兵 庫 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 078-367-0831 FAX 078-367-3853 当 岡 山 労 働 局 職 業 安 定 部 電 話 086-801-5110 FAX 086-801-4533 広 島 労 働 局 職 業 安 定

More information

モデル「重要事項説明書」

モデル「重要事項説明書」 幼 保 連 携 型 認 定 こども 園 静 岡 なかはら 幼 稚 園 重 要 事 項 説 明 書 1 施 設 運 営 者 名 称 学 校 法 人 大 里 学 園 代 表 者 氏 名 理 事 長 浅 場 孜 所 在 地 静 岡 市 駿 河 区 中 原 524 番 地 電 話 番 号 054-285-6912(1 2 号 認 定 )/054-282-7615(3 号 認 定 ) 法 人 設 立 年 月

More information

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは

- は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています 法 令 や 予 算 等 の 関 係 で 補 助 制 度 などは 保 育 所 整 備 の 手 引 き - 整 備 希 望 の 皆 様 へ- - 平 成 24 年 4 月 版 - 横 浜 市 こども 青 少 年 局 保 育 所 整 備 課 1 - は じ め に - 〇 この 資 料 は 保 育 所 整 備 にあたって 基 本 的 な 事 項 について 要 約 したものです 〇 この 資 料 は 作 成 日 ( 表 紙 記 載 ) 現 在 の 内 容 で 整 理 しています

More information

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環

(3) 口 座 振 替 の 推 進 の 取 組 み 口 座 振 替 は 納 期 限 を 忘 れる 心 配 がなく 納 付 に 出 向 く 手 間 を 省 略 するなど 利 便 性 の 高 い 納 付 方 法 である また 納 付 書 の 印 刷 において 紙 の 使 用 量 が 少 ない など 環 滞 納 整 理 事 務 要 綱 ( 平 成 28 年 4 月 1 日 ) 第 1 自 主 納 付 の 推 進 及 び 滞 納 整 理 の 促 進 に 伴 う 基 本 方 針 市 税 は 本 市 が 取 り 組 むさまざまな 公 共 サービス 等 の 原 資 になっており 市 民 福 祉 の 充 実 や 市 民 ニーズに 対 応 する 施 策 の 推 進 に 役 立 てられている これら 施 策 の

More information

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保

キ 短 時 間 労 働 者 の 雇 用 管 理 の 改 善 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 5 年 法 律 第 76 号 ) ク 労 働 契 約 法 ( 平 成 19 年 法 律 第 128 号 ) ケ 健 康 保 険 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 70 号 ) コ 厚 生 年 金 保 県 契 約 における 適 正 な 労 働 条 件 の 確 保 に 関 する 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 県 契 約 において 当 該 県 契 約 に 基 づく 業 務 に 関 わる 労 働 者 の 適 正 な 労 働 条 件 を 確 保 し もって 労 働 者 の 生 活 の 安 定 を 図 り 公 共 工 事 及 び 公 共 サービス の 質 の 向 上 に 資 するために

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6>

<5461726F2D95DB88E78F8A90DD9275944689C2939982CC8AEE8F8082C98AD6> 保 育 所 設 置 認 可 等 の 基 準 に 関 する 指 針 第 1 趣 旨 この 指 針 は 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 ( 昭 和 23 年 12 月 29 日 厚 生 省 令 第 63 号 以 下 最 低 基 準 という ) 等 を 内 容 とする 保 育 所 設 置 認 可 に 関 する 審 査 基 準 及 びその 他 法 令 の 定 めるもののほか 県 が 保 育 所 設

More information

1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家 庭 との 緊 密 な 連 携 のもとに 子 どもの 状 況

1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家 庭 との 緊 密 な 連 携 のもとに 子 どもの 状 況 北 志 津 保 育 園 の 運 営 についてのお 知 らせ ( 重 要 事 項 説 明 書 ) 平 成 27 年 4 月 佐 倉 市 立 北 志 津 保 育 園 1. 事 業 の 目 的 北 志 津 保 育 園 ( 以 下 当 園 といいます )は 以 下 の 運 営 方 針 に 基 づき 児 童 への 保 育 と 子 育 て 支 援 を 行 うことを 目 的 とします 2. 運 営 の 方 針 家

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2

< 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共 団 体 の 責 務 ) 12 第 6 条 ( 事 業 者 の 努 力 ) 13 第 2 行 政 手 続 における 特 定 の 個 人 を 識 別 す るための 番 号 の 利 用 等 に 関 する 法 律 逐 条 解 説 内 閣 府 大 臣 官 房 番 号 制 度 担 当 室 < 目 次 > 第 1 章 総 則 第 1 条 ( 目 的 ) 2 第 2 条 ( 定 義 ) 3 第 3 条 ( 基 本 理 念 ) 8 第 4 条 ( 国 の 責 務 ) 11 第 5 条 ( 地 方 公 共

More information

事務引継書

事務引継書 事 務 引 継 書 神 奈 川 県 相 模 原 市 地 方 自 治 法 第 252 条 の 19 第 1 項 の 指 定 都 市 の 指 定 に 関 する 政 令 の 一 部 を 改 正 する 政 令 ( 平 成 21 年 政 令 第 251 号 )により 平 成 22 年 4 月 1 日 に 相 模 原 市 が 政 令 指 定 都 市 に 指 定 されることに 伴 い 地 方 自 治 法 ( 昭

More information

写 26 人 委 給 第 546 号 平 成 26 年 9 月 30 日 福 岡 県 議 会 議 長 加 地 邦 雄 殿 福 岡 県 知 事 小 川 洋 殿 福 岡 県 人 事 委 員 会 委 員 長 簑 田 孝 行 福 岡 県 の 職 員 の 給 与 等 に 関 する 報 告 及 び 勧 告 について 福 岡 県 人 事 委 員 会 は 地 方 公 務 員 法 第 8 条 第 14 条 及 び 第

More information

Taro-△H28仕様書(案)

Taro-△H28仕様書(案) 仕 様 書 ( 案 ) 1 業 務 の 名 称 岡 山 市 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 事 業 ( 自 立 相 談 支 援 等 業 務 ) 委 託 2 業 務 の 目 的 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 105 号 以 下 法 という )に 基 づき 生 活 困 窮 者 を 早 期 に 把 握 し 多 様 で 複 合 的 な 課 題 を 解 きほぐしながら

More information

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について 議 題 : 18 号 甲 府 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 規 則 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 理 由 本 市 においては 私 立 幼 稚 園 に 通 園 する 児 童 の 保 護 者 における 経 済 的 負 担 を 軽 減 する 観 点 から より 当 該 保 護 者 の 所 得 や 児 童 数 に 応 じた 保 育 料 の 減 免 を 行 う

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

第29回税制調査会 総29-2

第29回税制調査会 総29-2 平 28. 1.28 総 29-2 説 明 資 料 平 成 28 年 度 税 制 改 正 等 について( 地 方 税 ) 平 成 28 年 1 月 28 日 ( 木 ) 法 人 税 改 革 1 2 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 引 下 げと 外 形 標 準 課 税 の 拡 大 ( 案 ) 法 人 事 業 税 所 得 割 の 税 率 を 引 き 下 げ 外 形 標 準 課 税 を5/8に

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案)

東日本大震災の被災地における不動産の価格等調査のための運用指針(No1)(案) 平 成 28 年 5 月 自 然 災 害 による 被 災 者 の 債 務 整 理 に 関 するガ イドライン に 対 応 する 不 動 産 の 価 格 等 調 査 の ための 運 用 指 針 ( 研 究 報 告 ) 個 人 債 務 者 の 債 務 整 理 における 不 動 産 の 評 価 公 益 社 団 法 人 日 本 不 動 産 鑑 定 士 協 会 連 合 会 実 務 指 針 不 動 産 鑑 定

More information

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事

Ⅱ. 公 表 方 法 等 について( ガイドラインの 要 旨 ) 1. 趣 旨 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 の 水 準 に 関 する 情 報 を, 国 民 及 び 関 係 者 に 分 かりやすく 提 供 するもの 2. 公 表 されるべき 事 役 員 の 報 酬 等 及 び 職 員 の 給 与 水 準 の 公 表 について Ⅰ. 公 表 の 経 緯 について 国 立 大 学 法 人 公 務 員 の 給 与 改 定 に 関 する 取 扱 いについて (H22.11.1 閣 議 決 定 ) 3(4) 独 立 行 政 法 人 ( 総 務 省 設 置 法 ( 平 成 11 年 法 律 第 91 号 ) 第 4 条 第 13 号 に 規 定 する

More information

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書

北広島市ふれあい学習センター指定管理者の仕様書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センター 指 定 管 理 者 業 務 仕 様 書 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 が 行 う 業 務 内 容 及 びその 範 囲 等 は 条 例 に 定 めるもののほか この 仕 様 書 によるものとする 1 趣 旨 本 仕 様 書 は 北 広 島 市 ふれあい 学 習 センターの 指 定 管 理 者 の 募 集 を 行 うにあたり

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

第1章(総則)第1節~第5節       01~07

第1章(総則)第1節~第5節       01~07 第 1 章 総 則 第 1 節 目 的 大 阪 府 石 油 コンビナート 等 防 災 計 画 ( 以 下 防 災 計 画 という )は 石 油 コンビナート 等 災 害 防 止 法 ( 昭 和 50 年 法 律 第 84 号 以 下 石 災 法 という ) 第 31 条 の 規 定 に 基 づき 特 別 防 災 区 域 に 指 定 された 大 阪 北 港 地 区 堺 泉 北 臨 海 地 区 関 西

More information