プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO"

Transcription

1 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊

2 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにOECDからの 助 言 幼 児 期 からの 投 資

3 これまでの 幼 児 教 育 の 振 興 及 び 次 世 代 育 成 支 援 改 革 の 流 れ 平 成 16~ 17 年 度 平 成 18~20 年 度 平 成 21 年 度 幼 児 教 育 の 振 興 次 世 代 育 成 支 援 改 革 中 央 教 育 審 議 会 答 申 ( 平 成 17 年 1 月 ) 幼 児 教 育 は 保 育 所 等 で 行 われる 教 育 も 含 む 幼 児 が 生 活 するすべての 場 に おいて 行 われる 教 育 家 庭 地 域 社 会 幼 稚 園 等 施 設 の 三 者 による 総 合 的 な 幼 児 教 育 の 推 進 発 達 や 学 びの 連 続 性 を 踏 まえた 幼 児 教 育 の 充 実 ( 幼 小 の 連 携 接 続 ) 中 央 教 育 審 議 会 幼 児 教 育 部 会 と 社 会 保 障 審 議 会 児 童 部 会 の 合 同 の 検 討 会 議 ( 平 成 16 年 12 月 ) 幼 児 教 育 の 観 点 と 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 検 討 親 の 就 労 事 情 等 にかかわ らず 幼 児 教 育 保 育 の 機 会 を 提 供 することが 基 本 加 えて 子 育 て 家 庭 への 相 談 助 言 支 援 や 親 子 の 交 流 の 場 を 提 供 することが 重 要 教 育 基 本 法 の 改 正 ( 平 成 18 年 12 月 ) 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 における 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 重 要 なものであること を 新 たに 規 定 ( 保 育 所 等 における 教 育 を 含 む) 幼 稚 園 から 大 学 までの 体 系 的 組 織 的 教 育 の 確 保 認 定 こども 園 制 度 の 創 設 ( 平 成 18 年 10 月 ) 親 の 就 労 にかかわらず すべての 子 どもに 質 の 高 い 幼 児 教 育 保 育 子 育 て 支 援 を 総 合 的 に 提 供 学 校 教 育 法 の 改 正 ( 平 成 19 年 6 月 ) 子 どもが 最 初 に 入 学 する 学 校 として 幼 稚 園 を 最 初 に 規 定 幼 稚 園 は 義 務 教 育 及 びその 後 の 教 育 の 基 礎 を 培 うもの であることを 明 確 化 家 庭 及 び 地 域 の 幼 児 教 育 支 援 に 関 する 規 定 を 新 設 社 会 保 障 審 議 会 少 子 化 対 策 特 別 部 会 の 設 置 ( 平 成 19 年 12 月 ~) 第 1 次 報 告 ( 平 成 21 年 2 月 ) 保 育 制 度 改 革 すべての 子 育 て 家 庭 に 対 する 支 援 情 報 公 表 評 価 の 仕 組 み 財 源 費 用 負 担 幼 稚 園 教 育 要 領 の 改 訂 ( 平 成 20 年 3 月 ) 幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 携 接 続 家 庭 地 域 との 連 続 性 連 携 支 援 ( 保 育 所 保 育 指 針 も 幼 稚 園 教 育 要 領 と 整 合 性 を 図 り 改 訂 ) 認 定 こども 園 制 度 の 在 り 方 に 関 する 検 討 会 ( 平 成 21 年 3 月 ) 財 政 支 援 の 充 実 及 び 二 重 行 政 の 解 消 保 育 制 度 改 革 の 方 向 性 を 踏 まえ 今 後 具 体 的 な 制 度 的 検 討 を 推 進 法 施 行 後 5 年 を 経 過 した 場 合 に 検 討 を 行 う 旨 が 規 定 されている が 保 育 制 度 改 革 に 係 る 検 討 に あわせて 必 要 な 見 直 しを 実 施 これまでの 議 論 の 整 理 ( 平 成 21 年 12 月 ) 育 児 休 業 ~ 保 育 ~ 放 課 後 対 策 へ の 切 れ 目 ないサービス 保 障 すべての 子 育 て 家 庭 への 支 援 利 用 者 ( 子 ども) 中 心 潜 在 需 要 の 顕 在 化 及 び 量 的 拡 大 多 様 な 利 用 者 ニーズへの 対 応 地 域 の 実 情 に 応 じたサービス 提 供 安 定 的 経 済 的 に 費 用 確 保 子 ども 子 育 てビジョン ( 平 成 22 年 1 月 ) 保 育 所 の 待 機 児 童 を 一 刻 も 早 く 解 消 するため 既 存 の 社 会 資 源 を 最 大 限 に 有 効 活 用 することなどにより サ ービスを 拡 充 するとともに すべての 子 どもがどこに 生 まれても 質 の 確 保 された 幼 児 教 育 や 保 育 が 受 けられ るよう 幼 児 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 ( 幼 保 一 体 化 ) を 含 めて 子 どもや 子 育 て 家 庭 の 視 点 に 立 った 制 度 改 革 を 進 めます 子 ども 子 育 て 新 システ ムの 基 本 制 度 案 要 綱 ( 平 成 22 年 6 月 ) 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こど も 園 の 垣 根 を 取 り 払 い 新 た な 指 針 に 基 づき 幼 児 教 育 と 保 育 をともに 提 供 するこ ども 園 ( 仮 称 )に 一 体 化 につい ては 幼 保 一 体 給 付 ( 仮 称 ) の 対 象 幼 稚 園 教 育 要 領 と 保 育 所 保 育 指 針 を 統 合 し 新 たな 指 針 (こども 指 針 ( 仮 称 )) を 創 設 資 格 の 共 通 化 を 始 めとした 機 能 の 一 体 化 を 推 進 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 2

4

5

6

7

8

9

10 基 本 制 度 幼 保 一 体 化 こども 指 針 ( 仮 称 )ワーキングチームの 設 置 ( 平 成 22 年 9 月 16 日 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ 決 定 ) 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ( 副 大 臣 政 務 官 級 会 合 )の 下 に 以 下 の3つのワーキングチームを 設 置 子 ども 子 育 て 新 システム 検 討 会 議 作 業 グループ 基 本 制 度 WT 幼 保 一 体 化 WT こども 指 針 ( 仮 称 )WT 子 ども 子 育 て 新 システムの 検 討 に 当 たって 子 ども 子 育 て 新 シ ステムの 全 体 像 や 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 運 営 の 在 り 方 等 について 関 係 者 と 意 見 交 換 等 を 行 う 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 ) へ の 移 行 も 視 野 に 入 れて 開 催 幼 保 一 体 化 ワーキングチーム 及 び こども 指 針 ( 仮 称 )ワーキン グチーム における 検 討 状 況 に ついて 必 要 に 応 じて 報 告 を 受 ける 開 催 実 績 14 回 開 催 の 機 能 の 在 り 方 など 幼 保 一 体 化 の 具 体 的 な 仕 組 みを 専 門 的 に 検 討 する 本 ワーキングチームにおけ る 検 討 状 況 については 必 要 に 応 じて 基 本 制 度 ワーキングチーム に 報 告 する 開 催 実 績 9 回 開 催 専 門 的 検 討 が 必 要 であり ま た 期 間 を 要 する こども 指 針 ( 仮 称 ) について 先 行 して 議 論 を 開 始 する 本 ワーキングチームにおける 検 討 状 況 については 必 要 に 応 じて 基 本 制 度 ワーキング チーム に 報 告 する 開 催 実 績 6 回 開 催 9

11 基 本 的 考 え 方 子 ども 子 育 て 新 システムについて 子 どもと 子 育 て 家 庭 を 応 援 する 社 会 の 実 現 に 向 けての 制 度 構 築 子 どもは 社 会 の 希 望 であり 未 来 をつくる 力 子 どもの 健 やかな 育 ちは 今 の 社 会 を 構 成 するすべての 大 人 にとって 願 いであり 喜 び 子 どもの 最 善 の 利 益 を 考 慮 し すべての 子 どもたちが 尊 重 され その 育 ちが 等 しく 確 実 に 保 障 されることが 必 要 子 育 ての 充 実 感 を 得 られるなど 親 としての 成 長 を 支 援 子 育 てについての 第 一 義 的 な 責 任 が 親 にあることを 前 提 にしつつ 子 ども 子 育 てを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 に 伴 う 家 族 や 地 域 の 子 育 て 力 の 低 下 等 を 踏 まえ 子 育 てに 関 する 新 たな 支 え 合 いの 仕 組 みを 構 築 東 日 本 大 震 災 でも 子 どもと 大 人 被 災 者 と 支 援 者 など 人 と 人 の 助 け 合 い 等 の 大 切 さが 再 確 認 されたところ 急 速 な 少 子 化 の 進 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなわない 現 状 独 男 の 約 9 割 が 結 婚 意 思 を 持 っており 希 望 子 ども 数 も2 人 以 上 家 族 地 域 雇 用 など 子 ども 子 育 てを 取 り 巻 く 環 境 が 変 化 子 ども 子 育 て 支 援 が 質 量 ともに 不 子 育 ての 孤 感 と 負 担 感 の 増 加 子 ども 子 育 て 家 庭 を 社 会 全 体 で 支 援 子 ども 子 育 て 支 援 は 未 来 への 投 資 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなう 社 会 を 実 現 すべての 子 どもたちが 尊 重 され 育 ちを 等 しく 保 障 すべての 子 どもへの 良 質 な 成 育 環 境 を 保 障 し 特 別 の 支 援 が 必 要 な 子 どもを 含 め すべての 子 どもの 健 やかな 育 ちを 実 現 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 保 障 地 域 の 子 育 て 支 援 の 充 実 家 族 関 係 社 会 支 出 の 対 GDP 比 の 低 さ( 日 :1.13% 仏 :3.00% 英 :3.27% スウェーテ ン:3.35%) 深 刻 な 待 機 児 童 問 題 放 課 後 児 童 クラブの 不 小 1の 壁 M 字 カーブ(30 歳 代 で 低 い 性 の 労 働 率 ) の 解 消 子 育 て 支 援 の 制 度 財 源 の 縦 割 り 地 域 の 実 情 に 応 じた 提 供 対 策 が 不 分 ワークライフバランスを 推 進 するとともに 保 育 の 量 的 拡 により 待 機 児 童 を 解 消 し 男 が 子 育 てと 仕 事 を 両 でき る 社 会 を 実 現 成 に 応 じて 必 要 となる 子 育 て 支 援 の 制 度 財 源 を 元 化 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 設 置 潜 在 ニーズを 含 む 住 ニーズを 把 握 計 画 的 な 提 供 体 制 の 整 備 ( 市 町 村 が 責 任 を 果 たせる 仕 組 みに) 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 づけられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 づけられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ 10

12 子 ど も 子 育 て 新 シ ス テ ム の 具 体 的 内 容 ( ポ イ ン ト ) すべての 子 どもへの 良 質 な 成 育 環 境 を 保 障 し 子 ども 子 育 て 家 庭 を 社 会 全 体 で 支 援 すべての 子 ども 子 育 て 家 庭 への 支 援 ( 子 どものための 手 当 地 域 子 育 て 支 援 など) 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システム について 幼 保 体 化 (の 創 設 など) 給 付 システムの 体 化 (の 創 設 ) 施 設 の 体 化 ( 総 合 の 創 設 ) 質 の 高 い 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 一 体 的 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 家 庭 での 養 育 支 援 の 充 実 を 達 成 新 たな 一 元 的 システムの 構 築 ( 基 本 制 度 案 要 綱 に された 新 システムのイメージ) 基 礎 自 治 体 ( 市 町 村 )が 実 施 主 体 市 町 村 は 地 域 のニーズに 基 づき 計 画 を 策 定 給 付 事 業 を 実 施 国 都 道 府 県 は 実 施 主 体 の 市 町 村 を 重 層 的 に 支 える 社 会 全 体 ( 国 地 方 事 業 主 個 人 )による 費 用 負 担 国 及 び 地 方 の 恒 久 財 源 の 確 保 を 前 提 政 府 の 推 進 体 制 財 源 を 一 元 化 制 度 ごとにバラバラな 政 府 の 推 進 体 制 を 元 化 財 源 を 給 付 事 業 に 応 じて 元 化 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )の 設 置 有 識 者 地 方 公 共 団 体 労 使 代 表 子 育 て 当 事 者 関 係 団 体 NPO 等 の 子 育 て 支 援 当 事 者 等 が 子 育 て 支 援 の 政 策 プロセス 等 に 参 画 関 与 することができる 仕 組 みとし て 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )を 設 置 国 一 般 会 計 都 道 府 県 一 般 会 計 負 担 金 補 助 金 負 担 金 補 助 金 ex: 事 業 方 針 審 議 事 業 評 価 など 子 ども 子 育 て 勘 定 ( 仮 称 ) < 給 付 事 業 に 応 じて 財 源 の 一 元 化 > 市 町 村 ( 基 礎 自 治 体 ) ( 市 町 村 負 担 分 とあわせて 予 算 計 上 ) 中 央 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 ) 拠 出 金 事 業 主 子 ども 子 育 て 包 括 交 付 金 ( 仮 称 ) 新 システム 事 業 計 画 の 実 施 に 必 要 な 費 用 を 交 付 地 方 関 係 者 の 関 与 の 仕 組 み 子 ども 子 育 て 支 援 の 給 付 サービスを 包 括 的 一 元 的 に 実 施 子 どものための 手 当 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 ) 放 課 後 児 童 クラブ 地 域 子 育 て 支 援 等

13 幼 保 一 体 化 の 具 体 的 な 仕 組 みについて < 具 体 的 仕 組 み> < 効 果 > 給 付 システムの 一 体 化 ~ 子 ども 子 育 て 新 システムの 創 設 ~ 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 整 備 ~ 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )の 策 定 ~ 市 町 村 は 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 需 要 をはじ め 子 ども 子 育 てに 係 る 需 要 の 見 込 み 及 び 見 込 量 の 確 保 のための 方 策 等 を 内 容 とする 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )を 策 定 する 多 様 な 保 育 事 業 の 量 的 拡 大 ~ 指 定 制 度 の 導 入 ~ 客 観 的 基 準 を 満 たした 施 設 及 び 多 様 な 保 育 事 業 への 財 政 措 置 を 行 うこと 等 により 多 様 な 事 業 主 体 の 保 育 事 業 への 参 入 を 促 進 し 質 の 確 保 された 保 育 の 量 的 拡 大 を 図 る 給 付 の 一 体 化 及 び 強 化 ~こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 創 設 等 ~ 学 校 教 育 保 育 に 係 る 給 付 を 一 体 化 したこども 園 給 付 ( 仮 称 )を 創 設 することにより 学 校 教 育 保 育 に 関 する 財 政 措 置 に 関 する 二 重 行 政 の 解 消 及 び 公 平 性 の 確 保 を 図 る 施 設 の 一 体 化 ~ 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 創 設 ~ 学 校 教 育 保 育 及 び 家 庭 における 養 育 支 援 を 一 体 的 に 提 供 する 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 創 設 する 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 一 体 的 提 供 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 整 備 及 び 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 等 により 質 の 確 保 された 学 校 教 育 保 育 が 一 体 的 に 提 供 配 置 基 準 の 見 直 し 等 により 学 校 教 育 保 育 の 質 がさらに 向 上 保 育 の 量 的 拡 大 幼 稚 園 から 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 により 保 育 が 量 的 に 拡 大 客 観 的 基 準 を 満 たした 施 設 及 び 保 育 ママ 等 の 多 様 な 保 育 事 業 への 財 政 措 置 ( 指 定 制 ) 等 により 質 の 確 保 された 保 育 が 量 的 に 拡 大 待 機 児 童 解 消 にも 貢 献 家 庭 における 養 育 支 援 の 充 実 幼 稚 園 保 育 所 から 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 及 び 地 域 子 育 て 支 援 事 業 等 の 推 進 等 により 家 庭 における 養 育 の 支 援 機 能 が 強 化 <すべての 子 どもの 健 やかな 育 ちが 実 現 > < 結 婚 出 産 子 育 ての 希 望 がかなう 社 会 が 実 現 > 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられ る 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ 12

14 幼 保 一 体 化 の 進 め 方 (イメージ) ( 例 ) 国 においては 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 策 定 す るとともに 財 政 措 置 の 一 体 化 及 び 強 化 等 により 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 政 策 的 に 誘 導 する 市 町 村 においては 国 による 制 度 改 正 及 び 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 踏 まえ 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 )に 基 づき 地 域 における 満 3 歳 以 上 の 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 の 子 どもの 状 況 満 3 歳 以 上 の 保 育 所 等 を 利 用 しない 家 庭 の 子 どもの 状 況 満 3 歳 未 満 の 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 の 子 どもの 状 況 など 地 域 の 実 情 等 に 応 じて 必 要 な 施 設 事 業 を 計 画 的 に 整 備 する 都 市 部 保 育 所 ( 幼 稚 園 ) 幼 稚 園 保 育 所 ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) 小 規 模 保 育 (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) 小 規 模 保 育 ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~50 5歳 児 対 象 ) (0~5 歳 児 対 象 ) 幼 稚 園 人 口 減 少 地 域 保 育 所 幼 稚 園 ( 幼 稚 園 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) 学 校 教 育 や 保 育 のニーズの 増 大 に 応 じ 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 始 め 地 域 の 実 情 等 に 応 じた 学 校 教 育 保 育 の 提 供 体 制 の 整 備 を 行 う ( 保 育 所 ) 保 育 ママ ( 幼 稚 園 ) ( 幼 稚 園 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) 保 育 ママ 将 来 的 に 子 どもの 減 少 局 面 を 迎 えたときには 市 町 村 の 計 画 に 基 づき 既 存 施 設 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 推 進 する ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) 幼 稚 園 保 育 所 保 育 所 幼 稚 園 ( 幼 稚 園 ) ( 保 育 所 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (3~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) ( 総 合 施 設 ( 仮 称 )) (0~5 歳 児 対 象 ) 子 どもの 減 少 に 応 じ 市 町 村 の 計 画 に 基 づき 既 存 施 設 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 推 進 する 13

15 地 域 における 学 校 教 育 保 育 の 計 画 的 な 整 備 (イメージ) 子 ども 子 育 て 家 庭 の 状 況 及 び 需 要 満 3 歳 以 上 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 せず 家 庭 で 子 育 てを 行 う 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 学 校 教 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 以 上 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 学 校 教 育 + 保 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 未 満 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 する 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 保 育 + 子 育 て 支 援 満 3 歳 未 満 の 子 どもを 持 つ 保 育 所 等 を 利 用 せず 家 庭 で 子 育 てを 行 う 家 庭 ( 子 ども 子 育 てのニーズ) 子 育 て 支 援 需 要 の 調 査 把 握 市 町 村 新 システム 事 業 計 画 ( 仮 称 ) 計 画 的 な 整 備 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 ) = 指 定 により こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 小 規 模 保 育 事 業 者 家 庭 的 保 育 事 業 者 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 者 等 指 定 により 地 域 = 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 地 域 子 育 て 支 援 拠 点 事 業 等 市 町 村 が 自 ら 相 談 等 に 応 じるほか や その 他 の 公 共 施 設 等 を 幅 広 く 拠 点 として 行 う 指 定 対 象 は 質 の 確 保 のための 客 観 的 な 基 準 を 満 たした 施 設 具 体 的 には 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 幼 稚 園 保 育 所 それ 以 外 の 客 観 的 な 基 準 を 満 たした 施 設 14

16 基 本 的 な 考 え 方 指 定 制 の 概 要 質 の 確 保 のための 客 観 的 な 基 準 を 満 たすことを 要 件 に 1 認 可 外 施 設 を 含 めて 参 入 を 認 め 2 株 式 会 社 NPO 等 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 を 認 める これにより 保 育 の 量 的 拡 大 を 図 るとともに 利 用 者 がニーズに 応 じて 多 様 な 施 設 や 事 業 を 選 択 できる 仕 組 みとする 具 体 的 な 制 度 設 計 : 安 定 的 継 続 的 な 運 営 を 担 保 する 観 点 から 法 人 格 を 条 件 法 人 格 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 指 定 事 業 者 : 法 人 でない 場 合 でも 一 定 の 条 件 を 満 たせば 指 定 の 対 象 指 定 基 準 撤 退 規 制 等 需 給 調 整 指 定 指 導 監 督 主 体 権 限 経 過 措 置 現 行 の 基 準 を 基 礎 とし 全 国 一 律 の 基 準 として 定 める 国 の 基 準 と 地 方 の 裁 量 の 範 囲 については 今 後 検 討 ( 基 準 の 客 観 性 は 担 保 ) 質 の 向 上 の 観 点 から 職 員 配 置 基 準 の 引 き 上 げ 等 を 検 討 撤 退 の 際 事 前 届 出 予 告 期 間 の 設 定 利 用 者 の 継 続 的 利 用 のための 調 整 義 務 等 を 課 す 質 の 確 保 の 観 点 から 数 年 ごとに 指 定 を 更 新 保 護 者 の 選 択 に 資 する 観 点 から 情 報 開 示 の 義 務 化 を 行 う 指 定 基 準 を 満 たす 施 設 はすべて 指 定 する ただし 施 設 数 が 過 大 となっている 場 合 指 定 主 体 の 権 限 において 新 規 の 指 定 や 更 新 を 行 わないことができる 目 標 供 給 量 を 盛 り 込 む 市 町 村 の 計 画 に 関 する 策 定 手 続 きを 含 めた 国 による 策 定 のための 指 針 事 後 の 点 検 評 価 を 含 めた 必 要 な 情 報 の 開 示 等 適 正 性 透 明 性 の 確 保 のための 仕 組 みを 今 後 検 討 : 広 域 調 整 の 観 点 から 都 道 府 県 とする( 大 都 市 特 例 等 は 今 後 検 討 ( 市 町 村 主 体 を 含 む)) 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 指 定 事 業 者 : 地 域 の 実 情 に 応 じた 供 給 量 の 確 保 の 観 点 から 市 町 村 とする 指 定 指 導 監 督 主 体 に 立 入 検 査 基 準 遵 守 の 勧 告 措 置 命 令 指 定 取 消 等 の 権 限 を 与 える 施 行 の 際 現 に 幼 稚 園 保 育 所 の 認 可 を 有 する 施 設 は の 指 定 があったものとみなす 施 行 前 に 現 に 認 可 を 受 けている 施 設 については 法 人 格 を 有 しなくても 指 定 を 受 けられることとする 認 定 こども 園 の 取 扱 いについて 今 後 検 討 指 定 制 のイメージ 事 業 の 開 始 財 政 措 置 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 幼 稚 園 又 は 保 育 所 の 認 可 こども 園 =( 仮 称 ) 指 定 により こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 認 可 施 設 と 同 等 の 基 準 を 満 たす 施 設 その 他 の 施 設 の 届 出 多 様 な 保 育 ( 小 規 模 保 育 等 ) = 多 様 な 保 育 事 業 者 指 定 により 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )の 対 象 基 準 を 満 た さない 施 設 (ベビーホテル 等 ) 15

17 新 たな 制 度 における 契 約 方 式 こども 園 給 付 ( 仮 称 )については 保 護 者 に 対 する 個 人 給 付 を 基 礎 とし 確 実 に 学 校 教 育 保 育 に 要 する 費 用 に 充 てるため 法 定 代 理 受 領 の 仕 組 みとする 例 外 のない 保 育 の 保 障 の 観 点 から 市 町 村 が 客 観 的 基 準 に 基 づき 保 育 の 必 要 性 を 認 定 する 仕 組 みとする 契 約 については 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けた 子 どもと 受 けない 子 どものいずれについても 市 町 村 の 関 与 の 下 保 護 者 が 自 ら 施 設 を 選 択 し 保 護 者 が 施 設 と 契 約 する 公 的 契 約 とし 正 当 な 理 由 がある 場 合 を 除 き 施 設 に 応 諾 義 務 を 課 す 入 園 希 望 者 が 定 員 を 上 回 る 場 合 は 正 当 な 理 由 に 該 当 するが この 場 合 施 設 は 国 の 選 考 基 準 に 基 づき 選 考 を 行 う 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けた 子 どもについては 定 員 以 上 に 応 募 がある 場 合 優 先 利 用 に 配 慮 しつつ 保 育 の 必 要 度 に 応 じて 選 定 する 保 育 の 必 要 性 の 認 定 を 受 けない 子 どもについては 施 設 の 設 置 者 が 定 める 選 考 基 準 ( 選 考 方 法 )に 基 づき 選 考 することを 基 本 とする 公 的 契 約 に 関 する 市 町 村 の 関 与 については 次 の 通 りとする 1 管 内 の 施 設 事 業 者 の 情 報 を 整 理 し 子 育 て 家 庭 に 広 く 情 報 提 供 し 相 談 に 対 応 する 市 町 村 のあっせん( 市 町 村 による 利 用 可 能 な 施 設 との 契 約 の 補 助 )によ る 利 用 が 必 要 と 判 断 される 場 合 には 保 育 の 必 要 性 の 認 定 等 と 合 わせて 市 町 村 が 利 用 可 能 な 施 設 事 業 者 をあっせんする 2 当 面 保 育 需 要 が 供 給 を 上 回 っている 場 合 には 市 町 村 に 利 用 希 望 を 提 出 すること 等 により 市 町 村 が 利 用 調 整 を 行 う 3 契 約 による 利 用 が 著 しく 困 難 と 判 断 した 場 合 には 市 町 村 が 措 置 による 入 所 利 用 を 行 う < 現 行 制 度 > 幼 稚 園 利 用 者 市 町 村 学 校 教 育 保 育 料 契 約 幼 稚 園 < 新 たな 制 度 > こ ど も 園 ( 仮 称 ) 市 町 村 利 用 者 支 援 調 整 質 の 確 保 された 学 校 教 育 保 育 の 提 供 責 務 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 提 供 応 諾 義 務 ( 正 当 な 理 由 のない 場 合 ) 保 育 所 市 町 村 によっては 幼 稚 園 が 利 用 者 に 代 わって 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 を 代 理 受 領 し 保 育 料 の 軽 減 を 図 る 仕 組 みを 取 っている 市 町 村 保 育 の 実 施 利 用 者 学 校 教 育 保 育 の 提 供 保 育 料 公 的 契 約 こども 園 ( 仮 称 ) 利 用 者 保 育 認 可 保 育 所 こども 園 給 付 ( 仮 称 )とは 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 )の 中 で 指 定 こども 園 ( 仮 称 )を 対 象 とするもの 子 ども 子 育 て 支 援 給 付 ( 仮 称 )に 多 様 な 保 育 事 業 を 行 う 事 業 者 を 対 象 とした 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )も 含 まれるが 上 記 の 整 理 は 地 域 型 保 育 給 付 ( 仮 称 )にも 共 通 するものである 16

18 こども 園 給 付 ( 仮 称 )の 創 設 こども 園 給 付 ( 仮 称 )については 次 のような 給 付 構 成 を 基 本 とする a. 満 3 歳 以 上 児 に 対 する 標 準 的 な 教 育 時 間 及 び 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じた 保 育 に 対 応 する 給 付 b. 満 3 歳 未 満 児 の 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じた 保 育 に 対 応 する 給 付 < 現 行 制 度 > 保 育 の 必 要 量 ( 欠 ける 程 度 ) 財 政 措 置 8H 4H 幼 稚 園 私 学 助 成 ( 預 かり 保 育 補 助 ) 私 学 助 成 認 定 こども 園 の 幼 稚 園 機 能 部 分 安 心 こども 基 金 < 新 たな 制 度 > 保 育 の 必 要 量 長 時 間 満 3 歳 以 上 保 育 の 必 要 量 長 時 間 満 3 歳 未 満 負 利 担 用 者 就 園 奨 励 費 施 設 によって 異 なる 標 準 的 な 教 育 時 間 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 主 として 保 護 者 の 就 労 に 応 じた 時 間 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 私 立 の 場 合 保 育 の 必 要 量 ( 欠 ける 程 度 ) 財 政 措 置 8H 4H 保 育 所 保 育 所 運 営 費 認 定 こども 園 の 保 育 所 機 能 部 分 安 心 こども 基 金 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 負 利 担 用 者 所 得 に 応 じた 費 用 徴 収 施 設 によって 異 なる 既 存 の 財 政 措 置 の 取 扱 いについては 今 後 検 討 17

19 現 行 保 育 所 制 ( 支 出 ) 度 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 1 幼 稚 園 (A) ( 支 出 ) 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 新 たな 制 度 における 価 格 設 定 実 費 徴 収 国 が 定 める 基 準 に 基 づく 学 校 教 育 保 育 の 活 動 の 一 環 として 行 われる 活 動 に 係 る 費 用 について 実 費 徴 収 を 認 める 国 において 実 費 徴 収 の 実 態 を 勘 案 した 上 で 実 費 徴 収 の 対 象 範 囲 及 び 各 施 設 における 実 費 徴 収 の 上 限 額 に 関 する 基 準 を 定 める 低 所 得 者 に 対 しては 一 定 の 要 件 の 下 で 公 費 による 補 足 給 付 を 行 うこととし その 具 体 的 仕 組 みについては 今 後 更 に 検 討 する 上 乗 せ 徴 収 次 の 要 件 を 満 たす 施 設 ( 当 分 の 間 市 町 村 及 び 社 会 福 祉 法 人 以 外 が 設 置 する 施 設 のみ)については 実 費 以 外 の 上 乗 せ 徴 収 を 認 める ア 国 が 定 める 基 準 に 基 づく 学 校 教 育 保 育 であること イ 低 所 得 者 については 当 該 徴 収 を 免 除 すること ウ 指 定 制 度 の 一 環 である 情 報 開 示 の 標 準 化 制 度 の 開 示 項 目 として 上 乗 せ 徴 収 の 理 由 及 び 額 を 開 示 すること ア 以 外 の 活 動 ( 教 育 課 程 終 了 後 の 体 操 教 室 など)については 選 択 できる 旨 や 利 用 料 額 の 説 明 を 予 め 行 い 利 用 者 の 了 解 を 得 た 場 合 は 費 用 徴 収 可 能 とする 幼 稚 園 (B) ( 支 出 ) 特 別 な 教 材 費 制 服 代 等 新 た な 制 度 X 施 設 ( 収 入 ) 上 乗 せ 徴 実 費 徴 収 ( 上 限 あり) ( 低 所 得 者 に 補 足 給 付 ) 収 2 2 Y 施 設 ( 収 入 ) 入 学 金 保 育 料 等 ( 低 所 得 者 は 免 除 ) 実 費 徴 収 ( 上 限 あり) ( 低 所 得 者 に 補 足 給 付 ) 上 乗 せ 徴 収 2 3 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 保 育 所 運 営 費 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 人 件 費 事 業 費 冷 暖 房 費 教 材 費 食 材 費 管 理 費 光 熱 費 施 設 整 備 費 等 通 常 の 施 設 大 型 遊 具 等 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) * 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 ( 低 所 得 者 には 一 定 の 配 慮 ) 施 設 の 減 価 償 却 費 公 定 価 格 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) * 法 律 に 基 づき 利 用 者 が 一 部 負 担 ( 低 所 得 者 には 一 定 の 配 慮 ) 施 設 の 減 価 償 却 費 1 市 町 村 との 協 議 が 必 要 2 上 乗 せ 理 由 及 び 徴 収 額 については 施 設 が 情 報 開 示 3 実 費 徴 収 以 外 の 上 乗 せ 徴 収 ( 入 学 金 保 育 料 等 )は 上 限 設 定 はしない また 当 分 の 間 市 町 村 及 び 社 会 福 祉 法 人 以 外 の 者 が 設 置 する 施 設 に 限 る 18 公 定 価 格

20 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 創 設 学 校 教 育 保 育 及 び 家 庭 における 養 育 支 援 を 一 体 的 に 提 供 する 総 合 施 設 ( 仮 称 )を 創 設 する ここで 言 う 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 以 下 同 じ ア 満 3 歳 以 上 児 の 受 入 れを 義 務 付 け 標 準 的 な 教 育 時 間 の 学 校 教 育 をすべての 子 どもに 保 障 また 保 育 を 必 要 とする 子 どもには 学 校 教 育 の 保 障 に 加 え 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じて 保 育 を 保 障 イ 保 育 を 必 要 とする 満 3 歳 未 満 児 については 保 護 者 の 就 労 時 間 等 に 応 じて 保 育 を 保 障 総 合 施 設 ( 仮 称 )については 学 校 教 育 法 児 童 福 祉 法 及 び 社 会 福 祉 法 における 学 校 (1 条 学 校 ) 児 童 福 祉 施 設 及 び 第 2 種 社 会 福 祉 事 業 として 位 置 づける なお 満 3 歳 未 満 児 の 受 入 れは 義 務 付 けないが 財 政 措 置 の 一 体 化 等 により 満 3 歳 未 満 児 の 受 入 れを 含 め 幼 稚 園 及 び 保 育 所 等 の 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 促 進 する 例 えば 現 行 制 度 でいえば 幼 稚 園 型 認 定 こども 園 の 保 育 所 機 能 部 分 保 育 所 型 認 定 こども 園 の 幼 稚 園 機 能 部 分 についても 基 準 を 満 たせば 財 政 措 置 を 受 けられるようにすることや 調 理 室 等 への 補 助 制 度 を 創 設 すること 保 育 単 価 等 によるインセンティブを 付 与 することなど 幼 稚 園 の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 保 育 所 の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 現 行 制 度 標 準 時 間 学 校 教 育 長 時 間 学 校 教 育 学 校 教 育 ー ー 保 育 に 欠 けない ー ー 保 育 に 欠 ける 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 認 可 満 3 歳 以 上 満 3 歳 未 満 保 育 を 必 要 としない 学 校 教 育 新 制 度 保 育 を 必 要 とする 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 学 校 教 育 ー 保 育 ( 児 童 福 祉 ) 19

21 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 制 度 とりまとめ( 案 )- 抄 - 総 合 に 置 かれる 職 員 総 合 は 学 校 教 育 保 育 を 一 体 的 に 提 供 する 施 設 であることから 現 行 の 幼 稚 園 及 び 保 育 所 の 双 方 で 必 要 とされる 職 員 を 置 く 具 体 的 には 園 長 保 育 教 諭 ( 仮 称 ) 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 調 理 員 を 必 置 とする 総 合 に 置 かれる 職 員 のうち 資 格 要 件 に 対 して 罰 則 を 課 す 必 要 がある 職 員 や 特 例 が 他 の 法 律 で 規 定 され ている 職 員 については 法 律 で 規 定 する 保 育 教 諭 ( 仮 称 )は 幼 稚 園 教 諭 の 免 許 状 と 保 育 士 資 格 を 併 有 することを 原 則 とする いずれかしか 有 しない 者 については 特 例 措 置 を 講 じる なお 職 員 の 資 格 については 教 員 免 許 養 成 制 度 の 見 直 し 及 び 保 育 士 資 格 制 度 の 見 直 しの 検 討 状 況 等 を 踏 まえた 上 で 検 討 する 今 後 のスケジュール(とりまとめ( 案 ) 前 文 より) 政 府 においては 今 後 本 とりまとめを 踏 まえ 法 案 をとりまとめ 今 国 会 に 関 連 法 案 を 提 出 する また 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムの 理 念 の 実 現 に 向 けた 取 組 を 推 進 していくことが 必 要 である 新 システムは 恒 久 財 源 を 得 て 早 期 に 本 格 実 施 を 行 うこととするが 本 格 施 行 の 具 体 的 な 期 日 については 社 会 保 障 税 一 体 改 革 素 案 ( 平 成 24 年 1 月 6 日 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 本 部 決 定 )において 平 成 26 年 4 月 より8%へ 平 成 27 年 10 月 より10%へとされている 消 費 税 の 引 き 上 げの 時 期 を 踏 まえるとともに 地 方 公 共 団 体 での 円 滑 な 実 施 に 向 けた 準 備 に 一 定 期 間 を 要 することも 考 慮 して 検 討 することとする また 法 案 成 立 後 平 成 25 年 度 を 目 途 に 子 ども 子 育 て 会 議 ( 仮 称 )や 国 の 基 本 指 針 など 可 能 なものから 段 階 的 に 実 施 する とともに 地 方 公 共 団 体 を 始 めとする 関 係 者 とも 丁 寧 に 意 見 交 換 を 行 い 円 滑 な 施 行 に 向 けた 準 備 を 行 うこと とする

22 根 拠 法 設 置 主 体 認 可 指 導 監 督 権 者 評 価 情 報 公 開 認 定 こども 園 認 定 こども 園 法 幼 稚 園 学 校 教 育 法 保 育 所 児 童 福 祉 法 幼 稚 園 国 地 方 公 共 団 体 及 び 学 校 法 人 保 育 所 設 置 主 体 制 限 なし 認 定 こども 園 ( 幼 保 連 携 型 ) 認 定 こども 園 認 定 権 者 : 都 道 府 県 知 事 ( 又 は 教 育 委 員 会 ) 幼 稚 園 公 立 : 都 道 府 県 教 育 委 員 会 私 立 : 都 道 府 県 知 事 保 育 所 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 中 核 市 市 長 認 定 こども 園 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 幼 稚 園 自 己 評 価 : 義 務 学 校 関 係 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 保 育 所 自 己 評 価 : 努 力 義 務 第 三 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 努 力 義 務 認 定 こども 園 ( 満 3 歳 未 満 ) 保 育 士 ( 満 3 歳 以 上 ) 学 級 担 任 : 教 諭 長 時 間 利 用 児 保 育 : 保 育 士 職 員 幼 稚 園 園 長 教 頭 教 諭 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 研 修 保 育 所 保 育 士 嘱 託 医 調 理 員 幼 稚 園 公 立 : 教 育 公 務 員 としての 各 種 特 例 ( 初 任 者 研 修 等 ) 私 立 : 学 校 の 教 員 として 研 修 の 充 実 が 図 られなければならない 保 育 所 公 立 : 地 方 公 務 員 としての 各 種 研 修 + 児 童 福 祉 施 設 の 職 員 として 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 私 立 : 児 童 福 祉 施 設 の 職 員 として 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 具 体 的 制 度 設 計 の 概 要 総 合 施 設 法 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 社 会 福 祉 法 人 及 び 一 定 の 要 件 を 満 たした 株 式 会 社 NPO 等 の 法 人 一 定 の 要 件 を 満 たした 法 人 を 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 社 会 福 祉 法 人 と 同 じ 扱 いとするか 学 校 教 育 体 系 の 原 則 に 基 づき 国 地 方 公 共 団 体 学 校 法 人 及 び 社 会 福 祉 法 人 を 原 則 とし 一 定 の 要 件 を 満 たした 法 人 は 地 域 の 実 情 に 応 じた 例 外 とするか については 今 後 検 討 施 設 の 認 可 の 透 明 性 の 確 保 についても 今 後 検 討 一 定 の 要 件 については 例 えば 総 合 施 設 ( 仮 称 )の 経 営 に 必 要 な 財 産 を 有 すること 等 が 考 えられる 上 記 のほか 会 計 間 の 繰 り 入 れ 制 限 を 行 うか 否 か 等 については 今 後 検 討 都 道 府 県 知 事 ( 教 育 委 員 会 が 一 定 の 関 与 ) 大 都 市 特 例 等 は 今 後 検 討 ( 市 町 村 主 体 を 含 む) 自 己 評 価 : 義 務 関 係 者 評 価 第 三 者 評 価 : 努 力 義 務 積 極 的 情 報 提 供 : 義 務 園 長 保 育 教 諭 ( 仮 称 ) 学 校 医 学 校 歯 科 医 学 校 薬 剤 師 調 理 員 職 員 の 資 格 については 教 員 免 許 養 成 制 度 の 見 直 し 及 び 保 育 士 資 格 制 度 の 見 直 しの 検 討 状 況 を 踏 まえた 上 で 検 討 する 公 立 : 教 育 公 務 員 としての 各 種 特 例 ( 新 任 者 に 対 する 研 修 等 ) 私 立 : 教 員 について 研 修 の 充 実 が 図 られなければならない + 職 員 が 必 要 な 知 識 等 の 修 得 に 努 める 義 務 監 督 認 定 こども 園 認 定 の 取 消 幼 稚 園 公 立 : 変 更 命 令 閉 鎖 命 令 私 立 : 閉 鎖 命 令 のみ( 変 更 命 令 は 適 用 除 外 ) 保 育 所 公 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 私 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 認 可 の 取 消 公 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 閉 鎖 命 令 私 立 : 立 入 検 査 改 善 勧 告 改 善 命 令 事 業 停 止 命 令 閉 鎖 命 令 政 治 的 行 為 の 制 限 幼 稚 園 幼 稚 園 における 政 治 教 育 その 他 政 治 的 活 動 の 禁 止 保 育 所 制 限 なし 総 合 施 設 ( 仮 称 )における 政 治 教 育 その 他 政 治 的 活 動 の 禁 止 幼 稚 園 教 員 公 立 : 国 家 公 務 員 と 同 様 の 制 限 ( 所 属 地 方 公 共 団 体 の 内 外 にかかわらず 制 限 ) ( 教 員 ) 私 立 : 制 限 なし 公 立 : 国 家 公 務 員 と 同 様 の 制 限 ( 所 属 地 方 公 共 団 体 内 外 にかかわらず 制 限 ) 保 育 所 職 員 公 立 : 原 則 として 所 属 地 方 公 共 団 体 内 で 制 限 私 立 : 制 限 なし 私 立 : 制 限 なし ( 参 考 ) 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 に 係 る 経 過 措 置 等 の 在 り 方 について 今 後 検 討 財 政 措 置 幼 稚 園 私 立 : 私 学 助 成 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 公 立 : 一 般 財 源 保 育 所 私 立 : 保 育 所 運 営 費 負 担 金 公 立 : 一 般 財 源 他 認 定 こども 園 に 対 し 補 正 予 算 で 安 心 こども 基 金 を 措 置 こども 園 給 付 ( 仮 称 ) 既 存 の 財 政 措 置 の 取 扱 いについては 今 後 検 討 21

23 こども 指 針 ( 仮 称 )について こども 指 針 ( 仮 称 )については 家 庭 地 域 を 含 めた 全 ての 子 ども 子 育 て 関 係 者 を 対 象 として 子 どもに 関 する 理 念 及 び 子 育 てに 関 する 理 念 を 示 すものとし 国 が 策 定 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )の 中 に 位 置 づける こども 指 針 ( 仮 称 )を 踏 まえ に 指 定 された 施 設 等 が 遵 守 すべき 要 領 を 法 的 拘 束 力 をもつものとして 策 定 する 子 ども 子 育 てに 関 する 理 念 こ ど も 指 針 ( 仮 称 ) 対 象 : 家 庭 地 域 を 含 めた 全 ての 子 ども 子 育 て 関 係 者 子 どもに 関 する 理 念 (どんな 子 どもや 大 人 に 育 ってほしいか 子 どもを 大 切 にする 社 会 子 どもの 権 利 の 保 障 乳 幼 児 期 の 重 要 性 等 ) 子 育 てに 関 する 理 念 ( 乳 幼 児 期 の 教 育 の 意 義 及 び 役 割 家 庭 の 意 義 及 び 役 割 施 設 における 集 団 での 学 び 育 ちの 支 援 の 意 義 及 び 役 割 並 びに 専 門 性 重 要 性 子 育 て 及 び 子 育 てを 通 じた 親 育 ちの 支 援 の 重 要 性 家 庭 地 域 施 設 等 の 連 携 の 重 要 性 等 ) に 指 定 された 施 設 等 が 遵 守 すべき 要 領 幼 稚 園 学 校 教 育 法 幼 稚 園 教 育 要 領 移 行 の 推 進 ( 2) 総 合 施 設 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 法 ( 仮 称 ) 総 合 施 設 保 育 要 領 ( 仮 称 ) ( 1) 移 行 の 推 進 ( 2) 保 育 所 児 童 保 福 育 祉 所 法 保 育 指 針 客 観 的 基 準 を 満 たした その 他 の 施 設 多 様 な 保 育 事 業 小 規 模 保 育 事 業 者 家 庭 的 保 育 事 業 者 居 宅 訪 問 型 保 育 事 業 者 等 ( 1) 総 合 施 設 保 育 要 領 ( 仮 称 )の 具 体 的 な 内 容 等 については 今 後 更 に 検 討 ( 2) 国 においては 幼 保 一 体 化 を 含 む 子 ども 子 育 て 新 システムに 関 する 基 本 指 針 ( 仮 称 )を 策 定 するとともに 財 政 措 置 の 一 体 化 及 び 強 化 等 により 総 合 施 設 ( 仮 称 )への 移 行 を 政 策 的 に 誘 導 する 保 育 所 (3 歳 未 満 児 のみを 保 育 するいわゆる 乳 児 保 育 所 を 除 く )については 小 学 校 就 学 前 の 全 ての 子 どもに 学 校 教 育 を 保 障 する 観 点 から 一 定 期 間 後 に 全 て 総 合 施 設 ( 仮 称 )に 移 行 する 22

24 新 システムの 実 施 に 向 けた 考 え 方 潜 在 ニーズを 含 む 保 育 等 の 量 的 拡 充 は 最 優 先 で 実 施 すべき 喫 緊 の 課 題 これと 併 せて 職 員 配 置 の 充 実 など 必 要 な 事 項 について 子 ども 子 育 て 新 システムの 制 度 の 実 施 のため 財 源 を 確 保 しながら 実 施 主 な 内 容 保 育 放 課 後 児 童 クラブ 地 域 子 育 て 支 援 社 会 的 養 護 等 の 量 的 拡 充 子 ども 子 育 てビジョンベース 0~2 歳 児 保 育 の 体 制 強 化 による 待 機 児 童 の 解 消 現 在 の 幼 稚 園 の0~2 歳 児 保 育 への 参 入 の 促 進 小 規 模 保 育 など 新 たなサービス 類 型 を 創 設 長 時 間 の 保 育 ニーズへの 対 応 延 長 保 育 の 充 実 等 質 の 高 い 学 校 教 育 保 育 の 実 現 ( 幼 保 一 体 化 の 推 進 ) 3 歳 児 を 中 心 とした 配 置 基 準 の 改 善 病 児 病 後 児 保 育 休 日 保 育 の 充 実 地 域 支 援 や 療 育 支 援 の 充 実 給 付 の 一 体 化 に 伴 う 所 要 の 措 置 等 総 合 的 な 子 育 て 支 援 の 充 実 子 育 て 支 援 コーディネーターによる 利 用 支 援 の 充 実 等 放 課 後 児 童 クラブの 充 実 社 会 的 養 護 の 充 実 ( 追 加 所 要 額 ) 1 兆 円 超 (2015 年 ) 1 上 記 のほか 更 なる 質 の 向 上 のため 職 員 の 処 遇 の 更 なる 改 善 長 時 間 の 保 育 ニーズへの 更 なる 対 応 等 に 取 り 組 む 2 社 会 保 障 税 一 体 改 革 成 案 ( 平 成 23 年 6 月 30 日 政 府 与 党 社 会 保 障 改 革 検 討 本 部 決 定 )においては 税 制 抜 本 改 革 によって 財 源 を 措 置 することを 前 提 に 2015 年 における 子 ども 子 育 て 分 野 の 追 加 所 要 額 ( 公 費 )は0.7 兆 円 程 度 ( 税 制 抜 本 改 革 以 外 の 財 源 も 含 めて1 兆 円 超 程 度 の 措 置 を 今 後 検 討 )とされた 3 基 本 制 度 案 要 綱 では 社 会 全 体 ( 国 地 方 事 業 主 本 人 )による 費 用 負 担 と 記 載 新 システムの 施 策 については 給 付 等 に 応 じて 税 制 抜 本 改 革 による 財 源 確 保 を 前 提 とし 公 費 を 中 心 に 負 担 することとし 具 体 的 な 負 担 の 在 り 方 については 今 後 検 討 (なお 基 本 制 度 案 要 綱 に 記 載 された 事 業 主 拠 出 については 現 行 制 度 も 参 考 に 事 業 主 拠 出 の 対 象 範 囲 の 明 確 化 や 事 業 主 の 意 見 が 使 途 等 に 反 映 等 される 仕 組 みの 必 要 性 も 踏 まえて 今 後 検 討 ) (P.56 参 照 ) 4 上 記 の 追 加 所 要 額 には 施 設 整 備 費 は 含 まない (なお 幼 稚 園 における 調 理 室 の 新 設 や 緊 急 的 な 基 盤 整 備 ( 耐 震 化 を 含 む) 等 に 係 る 施 設 整 備 費 補 助 につい ては 引 き 続 き 実 施 する ) 5 指 定 制 の 導 入 による 保 育 等 への 多 様 な 事 業 主 体 の 参 入 を 促 進 ( 質 を 確 保 するための 基 準 とあわせて 質 の 改 善 を 図 る ) 6 質 の 改 善 に 直 接 つながる 職 員 配 置 の 充 実 その 他 の 職 員 の 処 遇 改 善 等 については 順 次 優 先 順 位 をつけながら 実 現 を 図 る 7 職 員 の 定 着 確 保 を 図 るため キャリアアップの 仕 組 みと 併 せた 処 遇 の 仕 組 みを 検 討 することが 必 要 その 際 職 員 のキャリアアップに 資 する 観 点 から 幅 広 い 業 務 経 験 を 可 能 とするための 運 営 のあり 方 についても 検 討 を 進 める ( 注 ) ここで 言 う 学 校 教 育 とは 学 校 教 育 法 に 位 置 付 けられる 小 学 校 就 学 前 の 子 どもを 対 象 とする 教 育 ( 幼 児 期 の 学 校 教 育 )を 言 い 保 育 とは 児 童 福 祉 法 に 位 置 付 けられる 乳 幼 児 を 対 象 とした 保 育 を 言 う 23

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku

Microsoft Word - 05_roumuhisaisoku 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 における 労 務 費 の 計 算 に 係 る 実 施 細 則 ( 健 保 等 級 ルール) 平 成 26 年 9 月 公 益 財 団 法 人 鳥 取 県 産 業 振 興 機 構 平 成 26 年 9 月 以 降 に 実 施 される 医 療 介 護 ロボット 未 来 戦 略 事 業 ( 以 下 本 事 業 と いう )に 係 る 労 務 費 の 算 出

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や

1 総 合 設 計 一 定 規 模 以 上 の 敷 地 面 積 及 び 一 定 割 合 以 上 の 空 地 を 有 する 建 築 計 画 について 特 定 行 政 庁 の 許 可 により 容 積 率 斜 線 制 限 などの 制 限 を 緩 和 する 制 度 である 建 築 敷 地 の 共 同 化 や 参 考 資 料 1-17 民 間 都 市 整 備 事 業 建 築 計 画 に 関 わる 関 連 制 度 の 整 理 都 市 開 発 諸 制 度 には 公 開 空 地 の 確 保 など 公 共 的 な 貢 献 を 行 う 建 築 計 画 に 対 して 容 積 率 や 斜 線 制 限 などの 建 築 基 準 法 に 定 める 形 態 規 制 を 緩 和 することにより 市 街 地 環 境 の 向 上 に

More information

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

退職手当とは

退職手当とは 第 3 退 職 手 当 について 1 退 職 手 当 とは 退 職 手 当 は 教 職 員 が 退 職 ( 又 は 死 亡 )した 場 合 に その 者 又 は 遺 族 に 一 時 金 として 支 給 される 給 与 で 給 料 の 補 充 的 な 性 格 をもつ 他 の 手 当 とは 異 なり 勤 続 報 償 的 な 性 格 を 有 する 手 当 であ って その 取 扱 いは 教 職 員 及 び

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

Taro-01 議案概要.jtd

Taro-01 議案概要.jtd 資 料 1 平 成 28 年 第 1 回 志 木 市 議 会 定 例 会 市 長 提 出 議 案 等 概 要 1 2 第 1 号 議 案 企 画 部 政 策 推 進 課 志 木 市 将 来 ビジョン( 第 五 次 志 木 市 総 合 振 興 計 画 将 来 構 想 )の 策 定 について ( 政 策 推 進 課 ) 1 将 来 ビジョンとは? 2 志 木 市 がおかれている 状 況 3 まちづくりの

More information

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

川越市幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 川 越 市 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 平 成 21 年 7 月 3 日 決 裁 )の 全 部 を 改 正 する ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るため 私 立 幼 稚 園 又 は 無 認 可 幼 稚 園 に 在 園 する

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 状 況 ( 平 成 24 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 級 2 級 3 級 4 級 5 級 ( 単 位 : ) 6 級 7 級 8 級 1 号 給 の 給 料 月 額 135,6 185,8 222,9 261,9 289,2 32,6 366,2 41 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (23 年 度 末 ) A B B/A 22 年 度 の 件 費 率 23 年 度 93,8 33,985,381 9,329 5,769,881 17. 17.8 (2) 職 員 給 与 費 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E52979C8CA78E598BC68F5790CF91A390698F9590AC8BE08CF0957497768D6A2E646F6378> 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 第 1 条 山 梨 県 産 業 集 積 促 進 助 成 金 ( 以 下 助 成 金 という )の 交 付 については 山 梨 県 補 助 金 等 交 付 規 則 ( 昭 和 36 年 山 梨 県 規 則 第 25 号 以 下 規 則 という )に 定 め るところによるほか この 要 綱 に 定 めるところによる ( 目

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び

( 補 助 金 等 交 付 決 定 通 知 に 加 える 条 件 ) 第 7 条 市 長 は 交 付 規 則 第 11 条 に 規 定 するところにより 補 助 金 の 交 付 決 定 に 際 し 次 に 掲 げる 条 件 を 付 するものとする (1) 事 業 完 了 後 に 消 費 税 及 び 戸 田 市 学 童 保 育 室 運 営 等 事 業 費 補 助 事 業 実 施 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 市 内 で 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 ( 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 ) 第 6 条 の 3 第 2 項 に 規 定 する 放 課 後 児 童 健 全 育 成 事 業 をい う 以 下 同 じ )を 実 施 するものに

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交

通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら) 作 成 交 付 主 な 記 載 事 項 全 国 ( 外 国 人 含 む)に 郵 送 で 配 布 希 望 者 に 交 1 マイナンバー 制 度 の 導 について( 案 ) 平 成 27 年 7 22 日 部 会 議 資 料 総 務 部 ( 政 管 理 課 情 報 政 策 課 庶 務 課 ) 市 活 部 ( 市 窓 課 籍 住 記 録 課 ) 通 知 カード と 個 人 番 号 カード の 違 い 2 通 知 カード ( 紙 )/H27.10 個 人 番 号 カード (ICカード)/H28.1 様 式 (おもて) (うら)

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続

平 均 賃 金 を 支 払 わなければならない この 予 告 日 数 は 平 均 賃 金 を 支 払 った 日 数 分 短 縮 される( 労 基 法 20 条 ) 3 試 用 期 間 中 の 労 働 者 であっても 14 日 を 超 えて 雇 用 された 場 合 は 上 記 2の 予 告 の 手 続 (7) 就 業 規 則 の 必 要 記 載 事 項 必 ず 記 載 しなければならない 事 項 ( 労 基 法 89 条 1 号 ~3 号 ) 1 始 業 終 業 時 刻 休 憩 時 間 休 日 休 暇 交 替 制 勤 務 をさせる 場 合 は 就 業 時 転 換 に 関 する 事 項 2 賃 金 の 決 定 計 算 及 び 支 払 の 方 法 賃 金 の 締 切 り 及 び 支 払 の 時 期 並

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考

共 通 認 識 1 官 民 較 差 調 整 後 は 退 職 給 付 全 体 でみて 民 間 企 業 の 事 業 主 負 担 と 均 衡 する 水 準 で あれば 最 終 的 な 税 負 担 は 変 わらず 公 務 員 を 優 遇 するものとはならないものであ ること 2 民 間 の 実 態 を 考 共 済 年 金 職 域 部 分 と 退 職 給 付 に 関 する 有 識 者 会 議 報 告 書 概 要 1. 民 間 の 企 業 年 金 及 び 退 職 金 に 関 する 人 事 院 調 査 結 果 結 果 民 間 :2547.7 万 円 公 務 2950.3 万 円 ( 差 額 402.6 万 円 ) 人 事 院 の 見 解 官 民 均 衡 の 観 点 から 民 間 との 較 差 を 埋 める

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6

<4D6963726F736F667420576F7264202D203032208E598BC68A8897CD82CC8DC490B68B7982D18E598BC68A8893AE82CC8A76905682C98AD682B782E993C195CA915B9275964082C98AEE82C382AD936F985E96C68B9690C582CC93C197E1915B927582CC898492B75F8E96914F955D89BF8F915F2E646F6 様 式 租 税 特 別 措 置 等 に 係 る 政 策 の 事 前 評 価 書 1 政 策 評 価 の 対 象 とした 産 業 活 力 の 再 生 及 び 産 業 活 動 の 革 新 に 関 する 特 別 措 置 法 に 基 づく 登 録 免 租 税 特 別 措 置 等 の 名 称 許 税 の 特 例 措 置 の 延 長 ( 国 税 32)( 登 録 免 許 税 : 外 ) 2 要 望 の 内 容

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

PR版

PR版 平 成 2 9 年 度 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 28 年 9 月 厚 生 労 働 省 目 次 < 子 ども 子 育 て> 1 < 健 康 医 療 > 1 < 医 療 保 険 > 3 < 介 護 社 会 福 祉 > 3 < 年 金 > 4 < 雇 用 > 4 < 生 活 衛 生 > 5 6 * 印 を 付 している 項 目 は 他 省 庁 が 主 管 で 要 望 をしている

More information

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63>

<4D F736F F D F8D828D5A939982CC8EF68BC697BF96B38F9E89BB82CC8A6791E52E646F63> 平 成 22 年 11 月 9 日 高 校 等 の 授 業 料 無 償 化 の 拡 大 検 討 案 以 下 は 大 阪 府 の 検 討 案 の 概 要 であり 最 終 的 には 平 成 23 年 2 月 議 会 での 予 算 の 議 決 を 経 て 方 針 を 確 定 する 予 定 です Ⅰ. 検 討 案 の 骨 子 平 成 23 年 度 から 大 阪 の 子 どもたちが 中 学 校 卒 業 時 の

More information

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この

参 考 様 式 再 就 者 から 依 頼 等 を 受 けた 場 合 の 届 出 公 平 委 員 会 委 員 長 様 年 月 日 地 方 公 務 員 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 261 号 ) 第 38 条 の2 第 7 項 規 定 に 基 づき 下 記 のとおり 届 出 を します この 現 員 退 された 元 地 方 公 務 員 の 退 管 理 の 適 正 の 確 保 について 員 のかたは ご 留 意 願 います 地 方 公 務 員 法 及 び 地 方 独 立 行 政 法 人 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 26 年 法 律 第 34 号 )が 公 布 され 地 方 公 共 団 体 における 退 管 理 の 確 保 にため 以 下 のことについて 規 定 され

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口

2 前 項 前 段 の 規 定 にかかわらず 年 俸 制 教 職 員 から 申 し 出 があった 場 合 においては 労 使 協 定 に 基 づき その 者 に 対 する 給 与 の 全 額 又 は 一 部 を 年 俸 制 教 職 員 が 希 望 する 金 融 機 関 等 の 本 人 名 義 の 口 国 立 大 学 法 人 横 浜 国 立 大 学 年 俸 制 教 職 員 給 与 規 則 ( 平 成 19 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 ) 改 正 平 成 19 年 11 月 29 日 規 則 第 130 号 平 成 20 年 2 月 28 日 規 則 第 14 号 平 成 20 年 3 月 27 日 規 則 第 56 号 平 成 21 年 5 月 29 日 規 則 第 67 号 平

More information

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx

Microsoft Word - 全国エリアマネジメントネットワーク規約.docx 全 国 エリアマネジメントネットワーク 規 約 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この 会 は 全 国 エリアマネジメントネットワーク( 以 下 本 会 という )と 称 する ( 目 的 ) 第 2 条 本 会 は 全 国 のエリアマネジメント 組 織 による 連 携 協 議 の 場 を 提 供 し エリアマネジメン トに 係 る 政 策 提 案 情 報 共 有 及 び 普 及 啓

More information

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外

る 等 級 単 価 を 使 用 する ア. 健 康 保 険 料 を 徴 収 する 事 業 者 との 雇 用 関 係 に 基 づき 当 該 補 助 事 業 に 従 事 す る 者 ただし 役 員 及 び 日 額 または 時 給 での 雇 用 契 約 者 については 健 保 等 級 適 用 者 以 外 人 件 費 積 算 時 における 健 保 等 級 単 価 計 算 について 平 成 26 年 度 ふるさと 名 物 応 援 事 業 補 助 金 (ふるさと 名 物 普 及 事 業 )に 係 る 補 助 事 業 者 の 人 件 費 について 健 保 等 級 単 価 計 算 により 算 出 する 場 合 は 以 下 のとおり 運 用 する こととする 1. 健 保 等 級 による 積 算 における 原

More information

平成21年9月29日

平成21年9月29日 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 Q&A 平 成 22 年 4 月 新 潟 県 高 齢 福 祉 保 健 課 ( 問 1) 国 の 介 護 職 員 処 遇 改 善 交 付 金 事 業 実 施 要 領 では 交 付 金 とされているが 新 潟 県 介 護 職 員 処 遇 改 善 補 助 金 では 補 助 金 と 名 称 が 異 なる 理 由 はなにか また 承 認 申 請 書 等

More information

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A>

<4D F736F F D F5A91EE8BC F368C8E3393FA8DC48D F C8E323893FA916493C B95AA8D CE3816A> 平 成 25 年 度 国 土 交 通 省 税 制 改 正 事 項 ( 住 宅 関 係 抜 粋 ) 平 成 25 年 5 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 平 成 25 年 度 住 宅 関 連 税 制 の 改 正 概 要 ( 主 要 事 項 目 次 ) 1. 消 費 税 率 引 上 げを 踏 まえた 住 宅 取 得 対 策 P2 1 住 宅 ローン 減 税 P2 2 投 資 型 減 税 ( 現 金

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について

災害時の賃貸住宅居住者の居住の安定確保について 参 考 資 料 7 災 害 時 の 賃 貸 住 宅 居 住 者 の 居 住 の 安 定 確 保 について 平 成 24 年 11 月 国 土 交 通 省 住 宅 局 1. 東 日 本 大 震 災 で 住 居 を 失 われた 方 への 居 住 の 安 定 の 確 保 震 災 発 生 復 旧 期 復 興 期 東 日 本 大 震 災 住 宅 が 滅 失 避 難 所 等 2012.3.11 17:00 時

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203031938C93FA967B91E5906B8DD082D682CC91CE899E2E646F6378> 6 同 行 援 護 について 同 行 援 護 とは 視 覚 障 害 により 移 動 に 著 しい 困 難 を 有 する 障 害 者 等 につき 外 出 時 において 当 該 障 害 者 等 に 同 行 し 移 動 に 必 要 な 情 報 を 提 供 する とともに 移 動 の 援 護 その 他 の 厚 生 労 働 省 令 で 定 める 便 宜 を 供 与 することをいう ( 障 害 者 自 立 支

More information

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業

(3) 育 児 休 業 (この 号 の 規 定 に 該 当 したことにより 当 該 育 児 休 業 に 係 る 子 について 既 にし たものを 除 く )の 終 了 後 3 月 以 上 の 期 間 を 経 過 した 場 合 ( 当 該 育 児 休 業 をした 教 職 員 が 当 該 育 児 休 業 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 平 成 17 年 度 法 人 規 則 第 38 号 制 定 平 成 17 年 4 月 1 日 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 公 立 大 学 法 人 首 都 大 学 東 京 教 職 員 の 勤 務 時 間 休 日 休 暇 等 に 関 す る 規 則 ( 以 下 教 職 員 勤 務 時 間 等 規 則 という ) 第 36

More information

平成10年第4回市議会定例会

平成10年第4回市議会定例会 平 成 27 年 第 2 回 市 議 会 定 例 会 提 出 予 定 議 案 の 概 要 新 座 市 提 出 議 案 ( 合 計 16 件 )の 内 訳 専 決 処 分 の 承 認 を 求 める 案 件 2 件 条 例 2 件 ( 新 座 市 税 条 例 等 の 一 部 を 改 正 する 条 例 ほか1 件 ) 条 例 案 件 4 件 一 部 改 正 4 件 ( 新 座 市 個 人 情 報 保 護

More information

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の

ていることから それに 先 行 する 形 で 下 請 業 者 についても 対 策 を 講 じることとしまし た 本 県 としましては それまでの 間 に 未 加 入 の 建 設 業 者 に 加 入 していただきますよう 28 年 4 月 から 実 施 することとしました 問 6 公 共 工 事 の 3 月 1 日 ( 火 )HP 公 表 基 本 関 係 社 会 保 険 等 未 加 入 対 策 に 関 する 想 定 問 答 問 1 社 会 保 険 等 とは 何 か 社 会 保 険 ( 健 康 保 険 及 び 厚 生 年 金 保 険 )と 労 働 保 険 ( 雇 用 保 険 )を 指 します 問 2 どのような 場 合 でも 元 請 と 未 加 入 業 者 との 一 次 下 請 契 約 が 禁 止

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

老発第    第 号

老発第    第 号 事 務 連 絡 平 成 23 年 10 月 7 日 各 都 道 府 県 介 護 保 険 主 管 部 ( 局 ) 御 中 厚 生 労 働 省 老 健 局 介 護 保 険 計 画 課 高 額 医 療 合 算 介 護 ( 予 防 )サービス 費 の 受 給 権 及 び 介 護 報 酬 の 返 還 請 求 権 の 消 滅 時 効 の 取 扱 いに 関 する 事 務 連 絡 等 の 一 部 改 正 について

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

建設特別・資産運用の基本方針

建設特別・資産運用の基本方針 建 設 業 退 職 金 特 別 共 済 事 業 資 産 運 用 の 基 本 方 針 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 ) 変 更 平 成 22 年 12 月 27 日 改 正 平 成 24 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 4 月 1 日 改 正 平 成 27 年 10 月 1 日 変 更 平 成 28 年 3 月 1 日 独 立 行 政 法 人 勤 労 者 退 職 金 共 済 機

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ

大阪府電子調達システムの開発業務 (第一期)に係る仕様書案に対する意見招請のお知らせ 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 公 告 第 83 号 平 成 28 年 度 における 地 方 独 立 行 政 法 人 大 阪 府 立 病 院 機 構 職 員 に 対 するストレスチェック 制 度 実 施 等 に 関 する 業 務 の 委 託 に 係 る 単 価 契 約 ( 単 価 の 設 定 を 契 約 の 主 目 的 とし 一 定 の 期 間 内 において 供 給

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可

預 金 を 確 保 しつつ 資 金 調 達 手 段 も 確 保 する 収 益 性 を 示 す 指 標 として 営 業 利 益 率 を 採 用 し 営 業 利 益 率 の 目 安 となる 数 値 を 公 表 する 株 主 の 皆 様 への 還 元 については 持 続 的 な 成 長 による 配 当 可 ミスミグループ コーポレートガバナンス 基 本 方 針 本 基 本 方 針 は ミスミグループ( 以 下 当 社 グループ という)のコーポレートガバナン スに 関 する 基 本 的 な 考 え 方 を 定 めるものである 1. コーポレートガバナンスの 原 則 (1) 当 社 グループのコーポレートガバナンスは 当 社 グループの 持 続 的 な 成 長 と 中 長 期 的 な 企 業 価 値 の

More information

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制

2 一 般 行 政 職 給 料 表 の 現 況 ( 平 成 22 1 号 給 の 給 料 月 額 137,9 188,9 226,7 266,4 294,3 最 高 号 給 の 給 料 月 額 247,9 314,9 362,8 399,9 415,1 ( 注 ) 給 料 月 額 は 給 与 抑 制 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (21 年 度 末 ) A B B/A 2 年 度 の 件 費 率 21 年 度 61,319 27,554,966 1,5,665 4,594,2 % 16.7 % 19.6 (2) 職 員 給

More information

東久留米市訓令乙第   号

東久留米市訓令乙第   号 東 久 留 米 市 就 学 援 助 費 事 務 処 理 要 綱 ( 目 的 ) 第 この 要 綱 は 就 学 困 難 な 児 童 及 び 生 徒 に 係 る 就 学 奨 励 についての 国 の 援 助 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 3 年 法 律 第 40 号 ) 学 校 給 食 法 ( 昭 和 29 年 法 律 第 60 号 ) 及 び 学 校 保 健 安 全 法 ( 昭 和 33 年 法

More information

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す

就 業 規 則 ( 福 利 厚 生 ) 第 章 福 利 厚 生 ( 死 亡 弔 慰 金 等 ) 第 条 法 人 が 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 民 間 社 会 福 祉 施 設 等 職 員 共 済 規 程 に 基 づき 群 馬 県 社 会 福 祉 協 議 会 との 間 において 締 結 す 9 退 職 金 事 務 に 関 する 注 意 事 項 1 労 務 管 理 の 観 点 から( 労 働 契 約 法 労 働 基 準 法 関 係 ) そもそも 退 職 金 の 支 給 は 法 人 の 任 意 で 必 ず 支 払 わなくてはならないものではありませんが 賃 金 の 後 払 いとして あるいは 長 年 の 功 労 への 報 償 や 退 職 後 の 生 活 保 障 として 制 度 を 設 ける

More information

スライド 1

スライド 1 835.0 840.0 810.0 900.0 800.0 700.0 706.4 751.5 722.2 739.8 771.2 766.8 784.3 774.3 754.8 739.5 731.3 732.8 736.3 653.7 600.0 556.0 602.2 500.0 400.0 H1 H2 H3 H4 H5 H6 H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15

More information

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A>

<8BB388F58F5A91EE82A082E895FB8AEE967B95FB906A> 恵 庭 市 教 員 住 宅 のあり 方 基 本 方 針 平 成 25 年 2 月 恵 庭 市 教 育 委 員 会 目 次 1. 教 員 住 宅 の 現 状 (1) 教 員 住 宅 の 役 割 1 (2) 教 員 住 宅 の 実 態 1 (3) 環 境 の 変 化 1 (4) 教 員 の 住 宅 事 情 1 2 2. 基 本 方 針 の 目 的 2 3.あり 方 検 討 会 議 の 答 申 内 容

More information

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている.

(4) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 国 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている. 別 紙 高 山 村 の 給 与 定 員 管 理 等 について 総 括 () 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (26 年 月 日 ) A B B/A 24 年 度 の 件 費 率 年 度 千 千 千 2,9 2,64,628 6,8 467,928 8. 2.4 (2) 職 員 給 与 費

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は

5 民 間 事 業 者 における 取 扱 いについて( 概 要 資 料 P.17~19) 6 法 人 番 号 について( 概 要 資 料 P.4) (3) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 のスケジュールについて( 概 要 資 料 P.20) 1 平 成 27 年 10 月 から( 施 行 日 は 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について 1 社 会 保 障 税 番 号 制 度 について (1) 社 会 保 障 税 番 号 制 度 の 趣 旨 について( 概 要 資 料 P.1~2) 1 公 平 公 正 な 社 会 の 実 現 行 政 機 関 等 が 所 得 や 他 の 行 政 サービスの 受 給 状 況 を 把 握 しやすくな るため 負 担 を 不 当 に 免 れることや 給 付 を

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

5

5 社 会 保 障 審 議 会 介 護 保 険 部 会 ( 第 55 回 ) 資 料 5 平 成 28 年 2 月 17 日 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 介 護 保 険 制 度 における 所 得 指 標 の 見 直 しについて 現 状 課 題 介 護 保 険 制 度 では 所 得 の 状 況 に 応 じて 保 険 料 や 利 用 者 負 担 額 等 を 負

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63>

<4D F736F F D208ED089EF95DB8CAF89C193FC8FF38BB CC8EC091D492B28DB88C8B89CA82C982C282A282C42E646F63> 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 平 成 27 年 6 月 18 日 一 般 社 団 法 人 日 本 電 設 工 業 協 会 社 会 保 険 加 入 状 況 等 の 実 態 調 査 結 果 について 1. 調 査 の 目 的 社 会 保 険 加 入 促 進 計 画 の 計 画 期 間 (H24 年 度 ~H28 年 度 までの5 年 間 )の 中 間 時 点 として 1

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程

独立行政法人国立病院機構呉医療センター医療機器安全管理規程 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 呉 医 療 センタ- 医 療 機 器 安 全 管 理 規 程 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 ~ 第 4 条 ) 第 2 章 組 織 及 び 職 務 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 3 章 研 修 ( 第 11 条 ~ 第 12 条 ) 第 4 章 保 守 点 検 及 び 修 理 ( 第 13 条 ~ 第 16 条 ) 第 5 章

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研

第 8 条 本 協 議 会 における 研 修 は 以 下 のとおりとする (1) 座 学 研 修 農 業 講 座 や 先 進 農 家 視 察 など 農 業 経 営 基 礎 講 座 やその 他 担 い 手 のための 研 修 会 等 への 参 加 など 年 24 回 程 度 とする (2) 実 務 研 南 阿 蘇 村 農 業 研 修 生 受 入 協 議 会 青 年 就 農 給 付 金 ( 準 備 型 ) 農 業 研 修 生 受 入 要 項 平 成 24 年 4 月 27 日 制 定 平 成 24 年 6 月 13 日 一 部 改 正 平 成 24 年 10 月 31 日 一 部 改 正 ( 目 的 ) 第 1 条 本 要 項 は 新 規 就 農 総 合 支 援 事 業 実 施 要 綱 ( 農 林

More information

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案)

Microsoft Word - 保育園管理規程(決定案) 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 認 可 保 育 所 管 理 規 程 ( 総 則 ) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 渋 谷 区 社 会 福 祉 事 業 団 ( 以 下 事 業 団 という )が 設 置 経 営 する 認 可 保 育 所 ( 以 下 園 という )の 運 営 管 理 については 法 令 に 定 めるものの ほか この 規 程 に 定 めるところによる

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

子 ども 手 当 の 支 給 対 象 や 支 給 額 等 の 仕 組 みはどのようになっていますか 平 成 22 年 度 の 子 ども 手 当 は 中 学 校 修 了 までの 子 ども 一 人 に つき 月 額 1 万 3 千 円 を 父 母 等 に 支 給 します 支 給 要 件 は 子 どもを

子 ども 手 当 の 支 給 対 象 や 支 給 額 等 の 仕 組 みはどのようになっていますか 平 成 22 年 度 の 子 ども 手 当 は 中 学 校 修 了 までの 子 ども 一 人 に つき 月 額 1 万 3 千 円 を 父 母 等 に 支 給 します 支 給 要 件 は 子 どもを 子 ども 手 当 は 所 得 制 限 を 設 けない 理 由 は 何 ですか 高 所 得 者 優 遇 となっていませんか 年 少 扶 養 控 除 (15 歳 以 下 に 適 用 )が 廃 止 されることとなり 子 ども 手 当 が 支 給 された 場 合 高 額 所 得 者 ほどその 手 取 りは 減 少 し 相 対 的 に 支 援 の 必 要 な 人 に 有 利 となる 仕 組 みです 子 ども

More information