Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc

Size: px
Start display at page:

Download "Microsoft Word - 04-日本塘利枝子.doc"

Transcription

1 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 塘 利 枝 子 同 志 社 女 子 大 学 はじめに 日 本 における 幼 児 期 の 家 庭 外 保 育 は 主 として3 種 類 の 機 関 が 担 っている 1つ 目 は 文 部 科 学 省 の 管 轄 下 にある 幼 稚 園 2つ 目 は 厚 生 労 働 省 の 管 轄 下 にある 保 育 所 3つ 目 は 2006 年 に 文 部 科 学 省 と 厚 生 労 働 省 との 連 携 によって 創 設 された 認 定 こども 園 である 近 年 母 親 の 就 業 率 の 増 加 に 伴 い 保 育 所 利 用 の 需 要 が 増 えた 一 方 で 供 給 量 が 追 いつかず 保 育 所 の 空 きがな いため 入 所 を 待 っている 待 機 児 童 も 特 に 都 市 部 で 増 加 している( 厚 生 労 働 省,2009) そのため 保 育 所 の 整 備 も 含 め 幼 児 教 育 保 育 の 問 題 は 少 子 化 対 策 として 注 目 される 政 策 領 域 となっ ている 認 定 こども 園 をはじめ 新 たな 保 育 施 策 も 出 されており 現 在 日 本 の 幼 児 教 育 保 育 は 大 きな 転 換 期 を 迎 えている 本 稿 では 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 の 概 要 について 述 べるとともに 現 在 変 化 しつつ ある 様 相 とその 課 題 について 述 べる また 保 育 者 の 人 材 育 成 について 概 観 するとともに 今 後 の 課 題 について 議 論 する 1. 日 本 の 幼 児 教 育 保 育 の 概 要 と 変 化 (1) 幼 稚 園 幼 稚 園 は 現 在 日 本 に 13,516 カ 所 あり そのうち 約 6 割 が 私 立 幼 稚 園 である( 文 部 科 学 省,2009a) 幼 稚 園 の 教 育 目 標 は 学 校 教 育 法 において 幼 児 を 保 育 し 心 身 の 発 達 を 助 長 するこ と と 定 められており 幼 稚 園 は 教 育 機 関 として 位 置 づけられている 保 育 時 間 は1 日 原 則 4 時 間 と 決 められている 子 どもを 幼 稚 園 に 預 けている 多 くの 母 親 は 専 業 主 婦 もしくはパート タイムなどの 短 時 間 就 業 者 である しかし 近 年 の 不 景 気 の 影 響 や 母 親 の 就 労 意 欲 の 高 まり 等 により 中 長 時 間 就 業 をする 母 親 が 増 加 したことから 預 かり 保 育 を 行 う 幼 稚 園 も 増 え た そのため1 日 の 保 育 時 間 が 保 育 所 とあまり 変 わらない 長 時 間 保 育 をする 幼 稚 園 も 見 られ

2 58 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 るようになってきた 対 象 年 齢 は 満 3 歳 から 就 学 前 の 6 歳 であり 日 本 全 国 の 3 歳 児 の 25.5% 4 歳 児 の 35.8% 5 歳 児 の 38.6%が 利 用 している 4~5 歳 児 が 幼 稚 園 に 通 う 割 合 は 年 々 減 少 し 全 幼 稚 園 児 数 も 1978 年 の 2,498,000 人 をピークに 減 少 を 続 けている それと 同 時 に 幼 稚 園 数 自 体 も 減 少 している( 文 部 科 学 省,2009a) 幼 稚 園 は 教 育 基 本 法 および 学 校 教 育 法 に 定 められた 学 校 であるが 最 近 では 2006 年 に 大 幅 な 法 律 改 正 がなされた 主 な 改 正 点 は2つある 1つは 教 育 の 目 的 と 理 念 の 見 直 しである こ の 改 正 によって 幼 稚 園 は 保 護 者 や 地 域 住 民 等 の 相 談 に 応 じて 家 庭 及 び 地 域 における 幼 児 期 の 教 育 の 支 援 に 努 めるという 規 定 が 新 設 された また 短 時 間 保 育 が 特 徴 であった 保 育 時 間 に ついても 預 かり 保 育 の 規 定 が 設 けられるなど 保 育 時 間 の 延 長 についての 項 目 が 追 加 さ れた すなわち 幼 稚 園 に 保 育 所 的 な 要 素 が 盛 り 込 まれたと 言 えるだろう 改 正 点 の2つ 目 は 学 校 種 の 規 定 順 の 変 更 である 幼 稚 園 が 最 初 に 規 定 され 幼 稚 園 の 学 校 的 位 置 づけお よびその 重 要 性 が 強 調 された 教 育 基 本 法 に 合 わせて 幼 稚 園 の 教 育 内 容 について 定 めている 幼 稚 園 教 育 要 領 も 2008 年 3 月 に 改 訂 された 遊 びを 通 しての 指 導 という 幼 稚 園 教 育 の 基 本 方 針 には 変 更 がないものの 小 学 校 就 学 前 の 教 育 としての 重 要 性 が 明 確 化 された 改 訂 にあたっての3つの 柱 は 1 発 達 や 学 びの 連 続 性 を 踏 まえた 幼 稚 園 教 育 の 充 実 2 幼 稚 園 と 家 庭 等 での 生 活 の 連 続 性 3 子 育 て 支 援 と 預 かり 保 育 の 充 実 である (2) 保 育 所 保 育 所 は 現 在 日 本 に 22,848 カ 所 ある( 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部, 2009) 公 立 と 私 立 の 割 合 は 幼 稚 園 とは 異 なり 約 半 々である 保 育 所 の 目 的 は 日 々 保 護 者 の 委 託 を 受 けて 保 育 に 欠 けるその 乳 児 又 は 幼 児 を 保 育 すること ( 児 童 福 祉 法 )とされており 保 護 者 の 就 業 等 のため 日 中 養 育 を 受 けられない 子 どもを 対 象 としている 保 育 時 間 は 8 時 間 を 原 則 として 地 域 の 実 情 に 応 じて 施 設 長 により 決 められる 保 育 所 で は 養 護 及 び 教 育 を 一 体 的 に 行 うことが 特 徴 的 である 保 育 の 対 象 年 齢 は 生 後 6 ヶ 月 から 就 学 前 の 6 歳 児 である 現 在 日 本 全 国 の 保 育 所 入 所 対 象 年 齢 児 童 の 31.3%が 利 用 しており 3 歳 未 満 児 では 日 本 全 国 の 該 当 年 齢 児 童 の 中 で 21.7%が 保 育 所 に 入 所 している 保 育 内 容 は 保 育 所 保 育 指 針 において 定 められており 日 本 の 認 可 保 育 所 が 遵 守 しなければ ならない 保 育 の 基 本 原 則 が 明 記 されている 最 近 では 2008 年 3 月 に 改 定 された それまでは 児 童 家 庭 局 による 局 長 通 知 であり 単 なる 参 考 に 過 ぎなかったが それ 以 後 厚 生 労 働 大 臣 による 告 示 として 規 範 性 を 有 するものとなり 2009 年 4 月 からは 保 育 指 針 に 基 づく 保 育 所 の 指 導 監 査 が 実 施 されている 内 容 自 体 は 従 来 の 保 育 所 保 育 指 針 を 継 承 しているが 遵 守 すべきものとしての 重 要 性 が 増 した 保 育 所 の 社 会 的 責 務 をはっきりさせ 保 育 士 の 業 務 が 明 確 化 されたという 意 味 で 今 回 の 改 訂 は 重 要 である

3 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 現 在 保 育 所 では 待 機 児 童 が 大 きな 問 題 となっている 待 機 児 童 解 消 の1つの 解 決 策 とし て 2009 年 10 月 に 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 廃 止 や 地 方 公 共 団 体 への 権 限 移 譲 案 が 政 府 から 出 さ れた この 政 府 の 閣 議 決 定 に 対 して 保 育 の 質 が 下 がるとして 保 育 所 関 係 者 をはじめ 保 育 関 係 の 学 術 団 体 からも 反 対 意 見 が 出 されている (3) 認 定 こども 園 前 述 したように 幼 児 期 の 教 育 保 育 に 関 しては 文 部 科 学 省 と 厚 生 労 働 省 の2つの 省 庁 が 現 在 別 々に 管 轄 している しかし 保 育 の 内 容 に 関 しては 今 までも 幼 稚 園 教 育 要 領 や 保 育 所 保 育 指 針 の 改 定 において 互 いに 整 合 性 を 持 つよう 配 慮 されてきた 1996 年 12 月 に 幼 稚 園 保 育 所 の 施 設 の 共 有 化 案 が 地 方 分 権 推 進 委 員 会 から 出 され それ 以 降 幼 保 一 元 化 が 強 く 意 識 されるようになった また 保 育 所 に 入 所 する 子 どもの 数 が 増 加 し 続 けたこともあり 両 省 庁 間 でさらなる 連 携 が 求 められるようになった そして 幼 稚 園 と 保 育 所 の 両 方 を 対 象 とした 教 育 保 育 内 容 の 充 実 施 設 共 用 化 のための 環 境 整 備 幼 稚 園 教 諭 と 保 育 士 の 資 格 併 有 の 促 進 など 幼 保 の 連 携 促 進 のための 幼 保 一 元 化 施 策 が 計 画 されてきた 実 際 の 保 育 内 容 面 でも 幼 稚 園 には 養 護 の 内 容 が 取 り 入 れられ 一 方 保 育 所 では 教 育 の 内 容 が 取 り 入 れられつつある( 丹 治,2006) さらに 保 育 所 に 入 所 出 来 ない 待 機 児 童 が 増 加 する 一 方 で 定 員 割 れをおこす 幼 稚 園 も 出 てきた そこで 同 じような 保 育 内 容 であるにもかかわらず 運 営 面 や2つの 省 庁 設 置 にかかる 経 費 削 減 という 面 から 幼 保 一 元 化 策 の 一 つとして 出 されたのが 認 定 こども 園 である 地 域 の 多 様 な 子 育 てニーズに 応 えるためにも 政 府 は 幼 稚 園 と 保 育 所 等 の 長 所 を 活 かしながら 制 度 の 枠 組 みを 越 えた 新 たな 仕 組 みとして 2006 年 10 月 に 認 定 こども 園 制 度 を 始 めた 現 在 4 つのタイプがあり 1 認 可 幼 稚 園 と 認 可 保 育 所 とを 組 み 合 わせる 幼 保 連 携 型 2 認 可 幼 稚 園 が 預 かり 保 育 によって 従 来 の 保 育 所 児 にあたる 長 時 間 利 用 児 をも 預 かる 幼 稚 園 型 3 認 可 保 育 所 が 従 来 の 幼 稚 園 児 にあたる 短 時 間 利 用 児 も 受 け 入 れ 預 かり 保 育 も 可 能 とする 保 育 所 型 4 幼 稚 園 保 育 所 いずれの 認 可 もない 施 設 が 短 時 間 利 用 児 長 時 間 利 用 児 を 保 育 する 地 方 裁 量 型 がある 待 機 児 童 解 消 と 施 設 の 有 効 活 用 という 方 向 性 は 時 代 のニーズに 合 っているものの 認 定 こ ども 園 の 施 設 自 体 はなかなか 増 えない 京 都 府 などのように 認 定 こども 園 がまったくない 自 治 体 もある その 主 な 理 由 として 1 認 定 こども 園 になるための 認 定 手 続 きの 煩 雑 さ 2 調 理 室 等 の 新 たな 施 設 を 設 置 する 必 要 性 3 職 員 配 置 基 準 の 変 更 や それに 伴 う 施 設 工 事 の 費 用 人 件 費 の 問 題 4 保 育 時 間 の 変 更 に 伴 う 保 育 者 の 労 働 条 件 の 変 更 5 保 育 料 徴 収 変 更 に 伴 う 福 祉 の 必 要 な 子 どもを 排 除 する 危 険 性 6 補 助 金 の 二 元 化 問 題 7 保 育 料 徴 収 変 更 に 伴 う 親 側 の 不 安 や 親 の 就 業 形 態 の 違 いによる 認 定 こども 園 に 対 する 要 望 や 意 識 の 違 いなどがあげられる 政 府 は 今 後 認 定 こども 園 を 大 幅 に 増 やしていこうと 計 画 しているが 乗 り 越 えなければならな い 課 題 は 多 い

4 60 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 (4) 幼 保 一 元 化 から 幼 保 一 体 化 へ 認 定 こども 園 に 見 られる 幼 保 一 元 化 の 動 きは 実 は 戦 前 や 戦 後 直 後 にも 見 られたが 1963 年 文 部 省 厚 生 省 両 省 の 共 同 通 知 によって 幼 稚 園 と 保 育 所 の 機 能 の 棲 み 分 けがなされた( 塩 野 谷,2007) しかしその 後 1980 年 代 後 半 から 出 生 率 が 低 下 したことで 施 設 の 有 効 活 用 の 点 から も 1990 年 代 後 半 から 幼 保 一 元 化 への 動 きが 再 び 起 こってきた 最 近 ではさらに 単 に 施 設 等 を 共 有 するだけではなく 保 育 カリキュラム 保 育 所 と 幼 稚 園 の 所 轄 部 署 施 設 名 称 職 員 の 配 置 基 準 保 育 料 等 の 統 一 など 幼 保 一 体 化 の 構 想 もなされ ている 地 方 行 政 レベルでは 幼 保 一 体 化 を 以 前 から 実 現 しようとしているところもあったが 国 全 体 でも 幼 保 一 体 化 を 進 めるために 政 府 は 2010 年 1 月 29 日 子 ども 子 育 てビジョン を 発 表 した 子 ども 家 庭 省 ( 仮 称 ) を 創 設 すると 共 に 保 育 制 度 改 革 を 含 む 新 たな 次 世 代 育 成 支 援 のための 包 括 的 一 元 的 な 制 度 の 構 築 の 検 討 を 進 めることが 盛 り 込 まれた 認 定 こど も 園 制 度 のあり 方 など 幼 児 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 すなわち 幼 保 一 体 化 のあり 方 につい ての 検 討 が 提 案 された 但 し 具 体 的 な 予 算 措 置 については 今 後 の 検 討 課 題 であり 実 現 に 向 け ては 今 後 の 政 権 運 営 との 関 係 性 も 大 きい 政 策 面 が 保 育 の 量 に 向 けて 急 速 に 進 む 一 方 で 保 育 の 質 の 低 下 が 懸 念 されている もとも と 幼 保 一 元 化 の 議 論 は 少 子 化 に 伴 う 財 政 の 効 率 化 をはかることであったため 保 育 の 質 の 問 題 が 置 き 去 りにされる 可 能 性 がある 既 に 財 政 の 効 率 化 という 理 由 で 保 育 所 の 民 営 化 が 進 めら れており 保 育 の 質 の 低 下 が 危 惧 されている 保 育 所 の 設 置 に 関 しては すでに 株 式 会 社 の 参 入 が 認 められており 新 たに 設 置 された 補 助 金 安 心 こども 基 金 を 認 定 こども 園 設 立 に 積 極 的 に 利 用 することを 政 府 も 勧 めているため 民 営 化 の 傾 向 はさらに 強 まると 思 われる 保 育 の 供 給 量 が 増 えれば 待 機 児 童 の 問 題 が 解 消 され 母 親 が 就 業 を 継 続 出 来 るようにな るという 長 所 はあるが 幼 保 一 元 化 から 幼 保 一 体 化 へと 進 むなかで 政 府 は 保 育 の 最 低 基 準 の 廃 止 も 提 案 している 今 後 この 案 が 実 現 すれば 今 まで 幼 稚 園 の 設 置 基 準 を 満 たさなかった 幼 児 教 室 や 無 認 可 保 育 園 が 認 定 こども 園 という 名 のもとで 就 学 前 教 育 保 育 の 場 として 一 般 化 する 可 能 性 も 高 くなる そのため 保 育 の 最 低 限 の 質 が 確 保 されなくなったり 広 い 意 味 での 公 教 育 保 護 の 撤 廃 福 祉 の 産 業 化 にもつながる 懸 念 がある 日 本 以 外 の 国 でも 保 育 に 市 場 原 理 が 入 り 込 むにつれて 保 育 の 質 への 保 護 者 の 関 心 が 低 くなることが 指 摘 されている(Barraclough & Smith,1996) 保 護 者 の 就 労 や 生 活 にかかわらず すべての 乳 幼 児 の 福 祉 と 教 育 保 育 への 権 利 を 統 一 的 に 平 等 保 障 するという 意 味 での 幼 保 一 体 化 が 必 要 である そして 社 会 全 体 の 子 育 てに 関 する 意 識 乳 幼 児 期 の 子 どもの 発 達 にとって 望 ましい 環 境 子 育 て 中 の 親 が 就 業 する 企 業 への 支 援 保 育 の 質 等 の 多 くの 側 面 から 今 後 の 保 育 政 策 を 考 えていくことが 重 要 であろう

5 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 保 育 者 の 人 材 育 成 の 概 要 と 変 化 (1) 幼 稚 園 教 諭 養 成 幼 稚 園 教 諭 普 通 免 許 状 には 専 修 免 許 状 一 種 免 許 状 二 種 免 許 状 があり 文 部 科 学 省 が 指 定 した 養 成 校 で 必 要 な 単 位 を 取 得 する 必 要 がある 幼 稚 園 に 勤 めている 教 諭 の 免 許 保 有 状 況 は 専 修 免 許 状 ( 大 学 院 修 士 修 了 )0.4% 一 種 免 許 状 (4 年 制 大 学 卒 )21.0% 二 種 免 許 状 ( 短 期 大 学 卒 )73.7%となっている( 文 部 科 学 省,2009b) このように 現 在 は 短 期 大 学 卒 業 者 が 幼 稚 園 教 諭 のかなりの 部 分 を 占 めている また 幼 稚 園 就 職 者 のうち 保 育 士 資 格 も 取 得 している 者 は 約 8 割 であり 多 くの 大 学 短 期 大 学 専 門 学 校 では 幼 稚 園 教 諭 免 許 と 保 育 士 資 格 の2つの 免 許 を 取 得 できるようカリキュラム を 整 備 している 今 後 認 定 こども 園 の 拡 大 に 向 けて 2つの 免 許 を 持 つことが 期 待 されてお り 免 許 資 格 併 用 のための 幼 稚 園 教 諭 資 格 認 定 試 験 制 度 が 2005 年 から 保 育 士 資 格 所 有 者 を 対 象 に 創 設 された (2) 保 育 士 養 成 保 育 士 養 成 課 程 は 1948 年 児 童 家 庭 局 長 通 知 保 母 養 成 施 設 の 設 置 及 び 運 営 に 関 する 件 に 始 まる 現 在 まで 数 回 の 改 定 がなされ 最 低 取 得 単 位 数 が 93 単 位 から 68 単 位 へと 削 減 され た これは 短 期 大 学 の2 年 間 で 保 育 士 資 格 を 取 得 できるようにしたり 幼 稚 園 教 諭 との 同 時 資 格 取 得 を 可 能 にするための 削 減 措 置 である その 一 方 で 2001 年 には 家 族 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 等 を 踏 まえ 保 育 士 に 求 められる 家 族 援 助 や 保 護 者 支 援 のスキルを 修 得 する 家 族 援 助 論 の 新 設 障 害 児 保 育 を 選 択 必 修 科 目 から 必 修 科 目 へと 変 更 児 童 虐 待 への 対 応 など 時 代 とともに 保 育 士 に 要 求 される 知 識 と 役 割 は 拡 大 している 幼 稚 園 教 諭 免 許 取 得 には 指 定 された 養 成 校 の 卒 業 という1 通 りの 方 法 しかないが 保 育 士 資 格 取 得 には2 通 りの 方 法 がある 厚 生 労 働 大 臣 の 指 定 する 保 育 士 養 成 校 を 卒 業 する 方 法 と 年 に1 回 日 本 各 地 で 同 じ 日 に 行 われる 保 育 士 試 験 に 合 格 する 方 法 である 取 得 者 の 約 9 割 は 養 成 校 卒 業 者 である また 1999 年 の 児 童 福 祉 法 の 改 正 に 伴 い 男 性 保 育 士 も 少 しずつ 増 えてきたことから 職 業 名 称 が 保 母 から 保 育 士 へと 変 更 された 2001 年 の 児 童 福 祉 法 改 正 では 保 育 士 資 格 の 法 定 化 がなされ 保 育 士 の 定 義 が 専 門 的 知 識 及 び 技 術 をもって 児 童 の 保 育 及 び 児 童 の 保 護 者 に 対 する 保 育 に 関 する 指 導 を 行 うことを 業 とする 者 とされた これらにより 幼 稚 園 教 諭 よ り 低 く 見 られがちであった 保 育 所 保 育 士 のイメージは 良 い 方 向 へと 変 わってきた さらに 保 育 所 数 が 増 加 する 中 で 保 育 所 に 就 職 する 者 も 多 くなり 貧 しい 子 どもを 対 象 とした 子 守 り という 以 前 のイメージは 減 少 しつつある むしろ 現 在 では 高 学 歴 高 収 入 の 親 も 保 育 所 に 子 ど もを 預 けるようになり 幼 稚 園 教 諭 と 同 様 教 育 的 な 要 素 も 保 育 士 には 求 められるようになっ

6 62 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 た それに 加 えて 地 域 交 流 や 説 明 責 任 保 護 者 支 援 等 が 求 められるなど その 役 割 の 範 囲 は かつてより 広 くなっており より 質 の 高 い 保 育 士 の 養 成 が 求 められている 3. 保 育 者 の 人 材 育 成 における 今 後 の 課 題 幼 保 一 元 化 から 幼 保 一 体 化 議 論 が 進 められていく 中 で 保 育 者 の 人 材 育 成 には 今 後 何 が 求 められていくのだろうか 第 1に 所 轄 部 署 の 二 元 化 問 題 の 解 決 が 求 められる 幼 稚 園 と 保 育 所 の 管 轄 がいまだ 二 元 化 されているように 養 成 校 を 管 轄 している 部 署 も 文 部 科 学 省 と 厚 生 労 働 省 の2 省 に 分 か れている したがって2つの 免 許 を 同 時 に 付 与 している 養 成 校 であっても 免 許 の 設 置 認 可 の 手 続 き 設 置 する 科 目 配 置 すべき 教 員 や 施 設 の 設 置 基 準 も2 省 では 異 なる 今 後 幼 保 一 体 化 への 移 行 を 考 えるのであれば 免 許 の 一 体 化 や 養 成 校 における 申 請 手 続 きの 一 体 化 についても 考 える 必 要 があるだろう 第 2に 養 成 内 容 に 関 しては 就 学 前 の 子 どもの 発 達 に 関 する 幅 広 い 知 識 と 保 育 者 自 身 のコミュニケーション 能 力 の 養 成 がより 一 層 必 要 となる 乳 児 幼 児 といった 年 齢 区 分 ではな く 0~6 歳 までの 子 どもの 発 達 を 連 続 的 に 考 えることができる 保 育 者 の 養 成 が 求 められる 確 かに それぞれの 発 達 段 階 の 専 門 性 を 考 慮 して 職 員 配 置 を 決 める 必 要 はあるが 乳 児 から 幼 児 期 までの 発 達 全 般 の 流 れをつかんだ 上 で 自 分 の 担 当 する 子 どもの 発 達 を 捉 えることができる 高 い 専 門 性 をもった 保 育 者 が 期 待 される 今 後 発 達 障 害 の 子 どもも 増 加 するなかで 単 に 年 齢 的 な 区 分 で 分 けるのではなく 一 人 ひとりの 子 どもの 発 達 に 合 わせた 支 援 についての 学 習 が 養 成 校 では 求 められるであろう さらに 幼 稚 園 保 育 所 認 定 こども 園 のいずれもが 子 育 て 中 の 親 の 相 談 業 務 にあたることを 保 育 者 に 求 めている 単 に 子 どもと 向 き 合 うだけではなく 子 育 てに 悩 む 親 や 虐 待 の 問 題 そして 地 域 の 人 々と 連 携 できる 高 いコミュニケーション 能 力 を 持 った 保 育 者 の 養 成 が 大 事 な 課 題 となるだろう 第 3に 資 格 取 得 に 要 する 修 業 年 限 が 課 題 となる 多 様 な 子 どもが 通 う 認 定 こども 園 では 保 育 者 が 幼 稚 園 教 諭 と 保 育 士 という2つの 免 許 を 持 つことが 奨 励 されている どちらかの 免 許 しかない 人 を 排 除 しないようにと 政 府 は 言 っているが 現 実 場 面 での 就 職 段 階 で2つの 免 許 を 持 っていることが 採 用 側 にとっても 望 ましい( 八 幡 ( 谷 口 ) 福 田,2008) 一 方 前 述 した ように 今 後 保 育 者 の 質 の 高 さが 重 要 な 鍵 になるにもかかわらず 2つの 免 許 を 出 す 養 成 校 の 60% 以 上 が 短 期 大 学 である したがって4 年 制 大 学 で2つの 免 許 を 持 った 保 育 者 の 養 成 は 今 後 求 められる 領 域 ではある しかし 現 在 幼 児 教 育 保 育 の 場 は 小 学 校 以 降 の 義 務 教 育 段 階 とは 異 なり 私 立 が 多 く 育 児 休 業 制 度 も 実 施 的 には 機 能 していない 私 立 の 幼 稚 園 では 結 婚 出 産 を 理 由 に9 割 程 度 の 保 育 者 が 辞 める そのため 4 年 制 卒 業 生 にとっては 就 業 期 間 よりも 免 許 取 得 教 育 期 間 にかける 時 間 的 金 銭 的 コストの 方 が 高 くなってしまうという 短 所 がある ま

7 幼 兒 教 保 研 究 期 刊 2010 第 5 期 た 給 与 の 面 でも 安 く 押 さえられる2 年 制 卒 業 生 を 採 用 側 は 求 める これらの 問 題 を 解 決 する ためには 質 の 高 い 保 育 者 が 短 期 間 で 離 職 しないような 就 業 制 度 を 確 立 していったり 公 立 の 認 定 こども 園 を 増 やしていくことが 必 要 となるだろう 現 在 公 設 民 営 化 の 動 きの 中 で 財 政 を 削 減 するための 幼 保 一 元 化 や 幼 保 一 体 化 が 行 われているが 子 どもの 発 達 を 保 障 し 保 育 の 質 を 上 げていくためには むしろ 公 的 な 援 助 を 増 やし 公 立 化 を 進 めていくことである また 私 立 の 保 育 機 関 に 対 しても しっかりとした 公 的 援 助 を 行 っていくことが 必 要 であろう 日 本 の 幼 児 教 育 保 育 が 幼 保 一 体 化 に 向 かうなかで 今 後 の 保 育 者 の 人 材 育 成 の 課 題 は 単 に 養 成 校 側 の 養 成 内 容 だけの 問 題 ではなく 今 後 の 保 育 政 策 や 女 性 の 就 業 政 策 さらには 親 子 が 安 心 感 と 喜 びをもって 子 育 て 期 を 過 ごすことにより 次 世 代 の 子 育 てに 対 する 価 値 観 を 高 めるという 長 期 的 間 接 的 な 視 点 を 持 つ 仕 組 み( 安 藤,2009)をも 含 めた 包 括 的 な 議 論 が 必 要 となる 保 育 の 質 は 保 育 者 の 質 に 依 るところが 大 きい 日 本 の 幼 児 教 育 保 育 は 様 々な 側 面 において 保 育 の 量 と 質 の 狭 間 で 大 きな 曲 がり 角 に 立 っていると 言 えるだろう 1 文 部 科 学 省 から 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 及 び 都 道 府 県 知 事 等 宛 に 出 された 学 校 教 育 法 施 行 規 則 の 一 部 を 改 正 する 省 令 の 制 定 並 びに 幼 稚 園 教 育 要 領 の 全 部 を 改 正 する 告 示 小 学 校 学 習 指 導 要 領 の 全 部 を 改 正 する 告 示 及 び 中 学 校 学 習 指 導 要 領 の 全 部 を 改 正 する 告 示 等 の 公 示 について( 抄 ) 2008 年 による 2 日 本 保 育 学 会 では 2009 年 11 月 に 緊 急 アピール 声 明 文 書 認 可 保 育 所 における 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 の 真 の 向 上 をめざして 良 質 な 保 育 環 境 保 障 への 政 策 拡 充 へ を 出 した 年 代 以 前 にも 幼 保 一 元 化 については 議 論 がたびたびなされてきた 例 えば 1963 年 には 文 部 省 と 厚 生 省 の 共 同 通 知 で 保 育 所 の 持 つ 機 能 のうち 3~5 歳 児 の 教 育 に 関 するものは 幼 稚 園 教 育 要 領 に 準 ずることが 望 ましい 1981 年 の 幼 稚 園 及 び 保 育 所 に 関 する 懇 談 会 報 告 では 幼 稚 園 の 預 かり 保 育 保 育 所 の 私 的 契 約 などの 両 施 設 の 弾 力 的 運 用 について 検 討 する 必 要 がある 1987 年 の 臨 時 教 育 審 議 会 第 3 次 答 申 では 3~6 歳 児 については 幼 児 教 育 の 観 点 から 教 育 内 容 を 共 通 的 なものにすることが 望 まれる などと 提 言 されている

8 64 日 本 における 幼 児 教 育 保 育 と 保 育 者 の 人 材 育 成 文 献 安 藤 哲 也 2009 子 育 て 支 援 の 充 実 から 幼 保 一 元 化 を 見 通 した 教 育 行 政 の 課 題 教 育 経 営 研 究 (15) Pp Barraclough,S.J.,Smith,A.B Do parents choose and value quality child care in New Zealand? International Journal of Early Years Education, 4(1), Pp 厚 生 労 働 省 /4/1 全 国 待 機 児 童 マップ ( 都 道 府 県 別 ) 年 2 月 25 日 検 索 ). 厚 生 労 働 省 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 2009 平 成 19 年 度 社 会 福 祉 行 政 業 務 報 告 厚 生 統 計 協 会 Pp 文 部 科 学 省 2009a 平 成 21 年 度 学 校 基 本 調 査 報 告 書 ( 初 等 中 等 教 育 機 関 専 修 学 校 各 種 学 校 ) 日 経 印 刷 Pp.7-9. 文 部 科 学 省 2009b 平 成 19 年 度 学 校 教 員 統 計 調 査 報 告 書 日 経 印 刷 P.190. 丹 治 恭 子 2006 幼 稚 園 保 育 所 の 機 能 拡 大 と 幼 保 一 元 化 : 機 関 を 対 象 とした 質 問 紙 調 査 をも とに 保 育 学 研 究 44(2), Pp 塩 野 谷 斉 2007 幼 保 一 元 化 を 考 える 伊 藤 良 高 中 谷 彪 浪 本 勝 年 編 現 代 の 幼 児 教 育 を 考 え る 東 京 : 北 樹 出 版 Pp 八 幡 ( 谷 口 ) 彩 子 福 田 真 奈 美 2008 熊 本 県 における 幼 保 一 元 化 へ 向 けた 現 状 と 課 題 熊 本 大 学 教 育 学 部 紀 要. 自 然 科 学 Pp.57,

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎

決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 所 得 税 と 復 興 特 別 所 得 税 の 切 り 分 けが 必 要 となります 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 ニュースレター 2013 年 4 月 号 Apr. 2013 4 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 注 目 トピックス 01 決 算 で 注 意 すべき 復 興 特 別 所 得 税 今 年 1 月 以 降 に 決 算 期 末 を 迎 える 事 業 年 度 の 法 人 税 の 申 告 では 復 興 特 別 所 得 税 の 税 額 控 除

More information

はじめに

はじめに 日 本 薬 剤 師 会 が 構 築 中 の 電 子 お 薬 手 帳 について 自 民 党 I T 戦 略 特 命 員 会 社 会 保 障 に 関 す る 情 報 シ ス テ ム 小 委 員 会 ヒ ア リ ン グ 説 明 資 料 平 成 27 年 6 月 10 日 はじめに 本 会 とお 薬 手 帳 の 関 わり 平 成 8~9 年 都 道 府 県 や 地 域 の 薬 剤 師 会 が 中 心 となり

More information

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2

佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円 (100) うち イノシシ 1.1 億 円 ( 54) カラス 0.5 億 円 ( 22) 500 400 4.2 耕 作 放 棄 地 再 生 利 用 緊 急 対 策 担 当 者 会 資 料 平 成 26 年 6 月 30 日 生 産 者 支 援 課 中 山 間 地 域 鳥 獣 対 策 担 当 1 1. 有 害 鳥 獣 対 策 1 佐 賀 県 における 鳥 獣 による 農 作 物 被 害 金 額 の 推 移 百 万 円 800 700 600 7.0 億 円 鳥 獣 全 体 H25 鳥 獣 全 体 2.0 億 円

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成 30 年 12 月 31 日 まで) 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等

警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成 30 年 12 月 31 日 まで) 風 俗 営 業 等 の 規 制 及 び 業 務 の 適 正 化 等 に 関 する 法 律 等 P 店 舗 勝 ち 残 りポイント 改 正 風 営 法 を 遵 守 された 店 舗 設 計 更 に 改 正 される 風 営 法 を 見 抜 く 〇 IR 法 案 を 先 読 み 〇 IR 法 案 7 号 営 業 への 改 正 影 響 警 察 庁 丁 保 発 第 121 号 平 成 25 年 8 月 27 日 原 義 保 存 期 間 5 年 警 察 庁 生 活 安 全 局 保 安 課 長 ( 平 成

More information

社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み はじめに 社 会 保 険 料 の 変 更 には 2 つのタイミングがあります 毎 年 見 直 すタイミング 給 与 額 により 定 時 に 見 直 すタイミング 毎 年 9 月 に 社 会 保 険 料 算 定 基 礎 届 に 基 づき 社 会 保 険 料

社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み はじめに 社 会 保 険 料 の 変 更 には 2 つのタイミングがあります 毎 年 見 直 すタイミング 給 与 額 により 定 時 に 見 直 すタイミング 毎 年 9 月 に 社 会 保 険 料 算 定 基 礎 届 に 基 づき 社 会 保 険 料 事 務 所 だより 2011 年 8 月 号 SR KUBO OFFICE NEWS LETTER August 2011 8 今 申 請 しておきたい 助 成 金 と 活 用 方 法 注 目 トピックス 01 社 会 保 険 料 変 更 の 仕 組 み 02 雇 用 促 進 税 の 活 用 について 6 月 下 旬 に 成 立 した 租 税 特 別 措 置 法 に 雇 用 促 進 税 制 が 盛

More information

役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 さ れますが トラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなって いるため 注 意 が 必 要 です 役 員 に 対 する 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意

役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 さ れますが トラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなって いるため 注 意 が 必 要 です 役 員 に 対 する 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 ニュースレター 2015 年 6 月 号 Jun. 2015 6 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 注 目 トピックス 01 役 員 の 退 職 金 を 支 払 う 場 合 の 注 意 点 役 員 に 対 する 退 職 金 はよく 節 税 目 的 で 利 用 されますが ト ラブルの 多 い 項 目 の 一 つとなっているため

More information

メニューは 以 下 の9 分 野 約 200 項 目 をご 用 意 年 金 日 本 の 公 的 年 金 の 仕 組 みと 給 付 内 容 公 的 年 金 は 何 歳 からいくらもらえるの? 毎 年 年 金 額 を 教 えてくれる ねんきん 定 期 便 とは マクロ 経 済 スライドとは 今 後 の

メニューは 以 下 の9 分 野 約 200 項 目 をご 用 意 年 金 日 本 の 公 的 年 金 の 仕 組 みと 給 付 内 容 公 的 年 金 は 何 歳 からいくらもらえるの? 毎 年 年 金 額 を 教 えてくれる ねんきん 定 期 便 とは マクロ 経 済 スライドとは 今 後 の FP 相 談 シート&データ 集 2012 の 主 な 使 い 方 PC 画 面 に 表 示 することで 相 談 時 のプレゼンツールに! 補 足 資 料 として 印 刷 すれば お 客 様 にお 渡 しすることも 可 能 です! 相 談 経 験 が 浅 い 方 への 強 い 味 方 に! これがあれば 苦 手 な 分 野 の 質 問 をされても 安 心!! セミナーの 配 付 資 料 としての 活

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

Microsoft PowerPoint - 【New】2804申込書の書き方ポイント集0323

Microsoft PowerPoint - 【New】2804申込書の書き方ポイント集0323 平 成 8 年 度 お 申 込 用 買 証 66 対 応 版 申 込 書 の 書 き 方 (ポイント 集 ) - 平 成 8 年 4 月 現 在 - ポイント 集 について このポイント 集 は フラット35の 申 込 書 の 記 入 に 当 たって 特 にご 照 会 の 多 い 箇 所 や 間 違 いの 多 い 箇 所 を 抜 粋 したも のです 詳 細 については [ 申 込 書 の 書 き 方

More information

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 4 2-1 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び

More information

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税

1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ 結 婚 出 産 子 育 て 教 育 など の 面 で 所 得 や 生 活 の 質 (QOL)に 大 きく 影 響 する 税 資 料 2 骨 太 方 針 に 向 けて ~ 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を~ 平 成 28 年 4 月 18 日 伊 藤 元 重 榊 原 定 征 高 橋 進 新 浪 剛 史 1. 結 婚 出 産 子 育 て 支 援 の 総 合 政 策 パッケージ 策 定 を 600 兆 円 経 済 の 実 現 に 向 けて 国 民 の 希 望 の 実 現 とりわけ

More information

保育制度の現状と課題

保育制度の現状と課題 ISSUE BRIEF 保 育 制 度 の 現 状 と 課 題 国 立 国 会 図 書 館 ISSUE BRIEF NUMBER 667(2010. 1.28.) はじめに Ⅰ 保 育 サービスの 現 状 1 就 学 前 児 童 の 育 つ 場 所 2 保 育 施 設 3 多 様 な 保 育 サービス Ⅱ 保 育 制 度 をめぐる 諸 問 題 1 待 機 児 童 2 保 育 士 と 保 育 の 質

More information

第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 年 少 人 口 (0~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 ( 再 掲 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年

第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 年 少 人 口 (0~14 歳 ) 生 産 年 齢 人 口 (15~64 歳 ) 老 年 人 口 (65 歳 以 上 ) 総 人 口 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 ( 再 掲 ) 平 成 22 年 平 成 23 年 平 成 24 年 第 2 章 高 齢 者 を 取 り 巻 く 現 状 1 八 王 子 市 の 高 齢 者 の 状 況 (1) 高 齢 者 人 口 の 推 移 ~ 本 市 においても 少 子 高 齢 化 がより 本 格 化 ~ 〇 本 市 の 年 齢 3 区 分 別 人 口 の 推 移 をみると 年 少 人 口 (0~14 歳 )と 生 産 年 齢 人 口 (15 ~64 歳 )は 微 減 傾 向 にありますが 老 年

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中)

平成26年公的年金財政検証と今後の年金制度改正の行方(中) 平 成 26 年 公 的 年 金 財 政 検 証 と 今 後 の 年 金 制 度 改 正 の 行 方 ( 中 ) 厚 生 労 働 委 員 会 調 査 室 棱 野 佑 希 1.はじめに 2. 財 政 検 証 の 意 義 3. 平 成 16 年 改 正 財 政 フレームの 完 成 4. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 前 提 5. 平 成 26 年 財 政 検 証 の 結 果 6.オプション 試

More information

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター

教育「保障」と、教育「投資」|旺文社教育情報センター 今 月 の 視 点 -30 教 育 保 障 と 教 育 投 資 公 共 財 である 教 育 に 公 財 政 の 充 実 を! 旺 文 社 教 育 情 報 センター 21 年 6 月 国 民 の 教 育 を 受 ける 権 利 や 義 務 教 育 の 無 償 については 憲 法 及 び 教 育 基 本 法 で 明 確 に 保 障 されている しかし 現 下 の 厳 しい 経 済 情 勢 の 影 響 で

More information

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を

第 3 章 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ( 提 供 する 保 育 等 の 内 容 ) 第 4 条 当 園 は 保 育 所 保 育 方 針 ( 平 成 20 年 厚 生 労 働 省 告 示 第 141 号 )に 基 づき 以 下 に 掲 げる 保 育 そ の 他 の 便 宜 の 提 供 を 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 管 理 規 程 第 1 章 総 則 ( 事 業 所 等 の 名 称 など) 第 1 条 社 会 福 祉 法 人 若 杉 福 祉 会 が 設 置 するこの 保 育 園 の 名 称 及 び 所 在 地 は 次 のとおりにする (1) 名 称 社 会 福 祉 法 人 若 杉 保 育 園 (2) 所 在 地 那 覇 市 首 里 大 名 町 1 64 5 ( 施 設

More information

Market Outlook( 市 場 の 見 通 し) 今 後 のインド 市 況 の 見 通 しについて インド 国 内 では 銀 行 ( 監 督 ) 局 の 設 立 破 産 法 の 整 備 金 融 や 電 力 送 電 会 社 にかかる 再 生 のための 法 案 提 出 などが 行 われました 銀

Market Outlook( 市 場 の 見 通 し) 今 後 のインド 市 況 の 見 通 しについて インド 国 内 では 銀 行 ( 監 督 ) 局 の 設 立 破 産 法 の 整 備 金 融 や 電 力 送 電 会 社 にかかる 再 生 のための 法 案 提 出 などが 行 われました 銀 2016 年 4 月 吉 日 SBIインド&ベトナム 株 ファンドの 組 入 れマザーファンドである ステイト バンク オブ インディア インド 株 マザーファンド の 運 用 会 社 CIO( 運 用 最 高 責 任 者 )からのレポートをお 届 けします SBIファンズ マネジメント 社 (SBI Funds Management Pvt. Ltd.)CIO Navneet Munot 氏 SBIファンズ

More information

延長保育料について

延長保育料について 資 料 3 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 事 業 及 び 一 時 預 かり 事 業 について 平 成 27 年 1 月 桐 生 市 保 健 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 教 育 委 員 会 教 育 部 学 校 教 育 課 1 1. 事 業 について (1) 概 要 就 労 形 態 の 多 様 化 等 に 伴 う の 需 要 に 対 応 するための 事 業 につい ては 平 成 27

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

用 2

用 2 木 子 用 2 用 女女 子 女女 子 身 長 力力 力力 力力 力力 3 身 長 力力 足 立立 止 力力 入 4 5 力力 骨 入 高 6 工 高 子 力力 高 支 7 小 入 見見 8 女女 子 力力 女女 子 女女 子 女女 子 見見 9 10 子 女女 子 入 女女 子 自 言 手 女女 子 子 11 女女 子 女女 子 人 12 人 力力 子 人 自 13 用 力力 自 人 用 入 14

More information

人 材 派 遣 業 全 て 許 可 制 に 悪 質 業 者 の 排 除 狙 う 日 経 新 聞 厚 生 労 働 省 は 届 け 出 制 と 許 可 制 が 併 存 する 派 遣 事 業 を 全 て 許 可 制 に 移 行 す る 方 針 だ 全 ての 派 遣 業 者 に 定 期 的 な 許 可 更

人 材 派 遣 業 全 て 許 可 制 に 悪 質 業 者 の 排 除 狙 う 日 経 新 聞 厚 生 労 働 省 は 届 け 出 制 と 許 可 制 が 併 存 する 派 遣 事 業 を 全 て 許 可 制 に 移 行 す る 方 針 だ 全 ての 派 遣 業 者 に 定 期 的 な 許 可 更 特 定 派 遣 廃 止 許 可 制 へ 常 時 雇 用 形 骸 化 を 解 消 厚 労 省 2013.11.6 産 経 新 聞 厚 生 労 働 省 は5 日 届 け 出 制 で 開 業 できる 特 定 派 遣 事 業 を 廃 止 し すべての 派 遣 会 社 を 許 可 制 の 一 般 派 遣 事 業 に 移 行 させる 方 針 を 固 めた 常 時 雇 用 を 前 提 としているはずの 特 定 派

More information

子ども・子育て支援新制度とは

子ども・子育て支援新制度とは 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 新 制 度 について:こども 政 策 課 620-1625 保 育 所 幼 稚 園 認 定 こども 園 について: 保 育 幼 稚 園 課 620-1638 学 童 保 育 について: 学 童 保 育 課 620-1801 利 用 者 支 援 について: 子 育 て 支 援 課 620-1633 新 制 度 の 詳 しい 内 容 は 内 閣 府 HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

More information

<95F18D908F912E786477>

<95F18D908F912E786477> 参 考 鹿 児 島 県 民 の 生 活 意 識 実 態 調 査 等 の 結 果 平 成 23 年 3 月 28 日 目 次 I. 世 代 別 にみた 特 徴 と 課 題... 2 1. 20 歳 代... 2 2. 30 歳 代... 3 3. 40 歳 代... 5 4. 50 歳 代... 7 5. 60 歳 代... 8 6. 70 歳 以 上... 10 II. 就 業 形 態 別 にみた

More information

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい

施 設 事 業 No. 幼 保 認 家 小 事 居 事 項 質 問 頁 15 基 本 部 分 16 基 本 部 分 調 整 部 分 ( 定 員 を 恒 常 的 に 超 過 する 場 合 ) 基 本 分 単 価 に 含 まれる 教 員 のうち1 人 は 主 幹 教 諭 として 費 用 を 定 されてい 公 定 価 格 に 関 す る F A Q ( よ く あ る 質 問 ) Ver.9( 平 成 27 年 6 月 17 日 時 点 版 ) このFAQは 仮 単 価 を 基 に 年 間 の 運 営 費 額 を 定 する 際 の 参 考 となるよう 現 行 の 幼 稚 園 保 育 所 等 における 取 り 扱 いを 基 に 作 成 したもので あり 今 後 詳 細 を 検 討 していく 過 程 で

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

施 設 名 ア ひがし イ 豊 後 大 野 市 等 施 設 一 覧 双 葉 在 地 連 絡 先 等 受 入 年 齢 開 時 間 三 重 町 小 坂 三 重 町 市 場 延 長 一 時 経 営 主 体 ~19:00 ( 社 ) 三 重 福

施 設 名 ア ひがし イ 豊 後 大 野 市 等 施 設 一 覧 双 葉 在 地 連 絡 先 等 受 入 年 齢 開 時 間 三 重 町 小 坂 三 重 町 市 場 延 長 一 時 経 営 主 体 ~19:00 ( 社 ) 三 重 福 ~ 豊 後 大 野 市 の 教 施 設 情 報 ~ ケ:おおのルンビニ サ: 千 歳 ツ: 市 立 おおのさくら 幼 稚 テ: 市 立 千 歳 幼 稚 コ: :いぬかい ト: 市 立 通 山 幼 稚 ナ: 犬 飼 幼 稚 大 野 町 犬 飼 町 ナ コ ク:あさじルンビニ 朝 地 町 ツ ケ 千 歳 町 テ サ ト エ:えだ ク エ オ シ ス オ:すがお キ キ: 緒 方 カ タ セ チ ウ イ

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については 自 己 資 本 比 率 規 制 の 改 定 (バーゼルII)を 契 機 と して 内 部 格 付 手 法 採 用 行 を 中 心 に 国 内 での 理 論 実 務 両 面 の 知 見 の 積 み 上 げが 急 速 に 進 んだ 分 野

本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については 自 己 資 本 比 率 規 制 の 改 定 (バーゼルII)を 契 機 と して 内 部 格 付 手 法 採 用 行 を 中 心 に 国 内 での 理 論 実 務 両 面 の 知 見 の 積 み 上 げが 急 速 に 進 んだ 分 野 日 本 統 計 学 会 金 融 の 計 量 リスク 管 理 分 科 会 JAFEE 信 用 リスク 理 論 研 究 部 会 講 演 資 料 債 権 回 収 率 の 実 務 利 用 に 関 する 現 状 と 課 題 2011 年 10 月 20 日 ( 木 ) 日 本 リスク データ バンク 株 式 会 社 取 締 役 常 務 執 行 役 員 尾 藤 剛 本 日 のアジェンダ 債 権 回 収 率 (LGD)については

More information

士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立

士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立 士 人 月 立立 士 月 士 人 月 日 谷 士 鹿鹿 山 田 田 田 西 田 田 八 立立 立立 士 金金 金金 士 人 月 革 月 鹿鹿 身 鹿鹿 立立 月 鹿鹿 士 人 立立 月 人 士 人 月 田 田 立立 士 一 入 月 士 谷 口 入 月 士 入 月 田 立立 士 子 入 月 立立 月 立立 立立 日 士 士 自 自 士 1 2 3 4 5 6 7 8 9 金金 金金 n 行行 n 大

More information

調 査 概 要 調 査 概 要 調 査 期 間 : 調 査 対 象 : 調 査 方 法 : 2012 年 4 月 1 日 ~2013 年 6 月 30 日 上 記 期 間 内 に スーモカウンター 注 文 住 宅 を 利 用 した 注 文 住 宅 検 討 者 スーモカウンター 注 文 住 宅 をご

調 査 概 要 調 査 概 要 調 査 期 間 : 調 査 対 象 : 調 査 方 法 : 2012 年 4 月 1 日 ~2013 年 6 月 30 日 上 記 期 間 内 に スーモカウンター 注 文 住 宅 を 利 用 した 注 文 住 宅 検 討 者 スーモカウンター 注 文 住 宅 をご 2013 年 9 月 4 日 スーモカウンター 利 用 者 調 査 注 文 住 宅 編 ~ 建 築 会 社 選 びの 重 視 条 件 ~ 価 格 提 案 に 対 する 重 視 傾 向 が 高 まる 株 式 会 社 リクルート 住 まいカンパニー( 本 社 : 東 京 都 千 代 田 区 代 表 取 締 役 社 長 野 口 孝 広 )が 運 営 する スーモカウンター 注 文 住 宅 では 注 文 住

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営

大 津 市 目 次 ( 本 編 ) 1 はじめに 1 2 中 期 財 政 計 画 の 目 標 3 3 計 画 の 基 本 的 事 項 3 4 推 計 の 前 提 条 件 歳 入 4 歳 出 年 間 の 収 支 見 通 し 9 6 収 支 試 算 における 課 題 9 7 財 政 運 営 大 津 市 中 期 財 政 計 画 ( 改 訂 ) 計 画 期 間 平 成 22 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ( 前 期 : 平 成 22 年 度 ~ 平 成 24 年 度 後 期 : 平 成 25 年 度 ~ 平 成 28 年 度 ) < 平 成 21 年 10 月 ( 策 定 )> < 平 成 22 年 10 月 ( 改 訂 )> < 平 成 23 年 10 月 ( 改 訂 )> 平 成

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

求人記事

求人記事 [ 本 気 で お 客 様 のことを 考 える ] [ 太 平 洋 建 材 株 式 会 社 ] 1. 大 阪 市 内 を 囲 い 込 む 建 材 商 社 皆 さんは 普 段 壁 や 天 井 を 意 識識 して 生 活 しているだろうか? 壁 天 井 と 一 言で 言ってもその 材 質 や 機 能 は 様 々だ デザイン 性 の 高いアルミ 化 粧 材 や 断 熱 材 不不 燃 性 吸 音 性 に 優

More information

成 長 期 待 が 大 きいインド 市 場 インドは 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 下 回 っています 一 般 的 に 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 超 えてくると 財 やサービス 需 要 が 著 しく 上 昇 すると 言 われており 同 国 の 経 済

成 長 期 待 が 大 きいインド 市 場 インドは 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 下 回 っています 一 般 的 に 一 人 当 たりGDP 水 準 が2,000ドルを 超 えてくると 財 やサービス 需 要 が 著 しく 上 昇 すると 言 われており 同 国 の 経 済 インド 経 済 と 降 雨 量 の 潜 在 的 な 関 係 性 LGM Investments 提 供 の 情 報 に 基 づき SBIアセットマネジメントが 作 成 2015 年 8 月 吉 日 ITだけではない 農 業 大 国 インド インドはIT 産 業 が 活 発 であり 優 れた 技 術 者 を 多 く 抱 える 国 ですが 実 は 農 業 も 国 を 支 える 重 要 な 産 業 となっています

More information

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め

建 設 及 び 造 船 分 野 における 外 国 人 材 の 活 用 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 等 に 向 けた 緊 急 かつ 時 限 的 措 置 として, 処 遇 改 善 や 現 場 の 効 率 化 等 により 国 内 での 人 材 確 保 に 最 大 限 努 め 政 府 全 体 における 外 国 人 材 の 受 入 れ 活 用 に 関 する 動 き 等 日 本 語 小 委 (H27.04.17) 参 考 資 料 4 経 済 財 政 運 営 と 改 革 の 基 本 方 針 2014 ~デフレから 好 循 環 拡 大 へ~ ( 抄 ) 平 成 26 年 6 月 24 日 閣 議 決 定 第 2 章 2.イノベーションの 促 進 等 による 民 需 主 導 の 成

More information

情報提供資料 グローバル リート トリプル プレミアム ファンド 毎月分配型 関連レポート 最近の米国リートとブラジルレアルの動向 215年3月2日 米国リートの今後の見通し ポイント ①過去の金利上昇局面での影響は一時的 その後 米国リート市場は堅調に推移 ②回復傾向が続く米国の不動産市場 ①過去

情報提供資料 グローバル リート トリプル プレミアム ファンド 毎月分配型 関連レポート 最近の米国リートとブラジルレアルの動向 215年3月2日 米国リートの今後の見通し ポイント ①過去の金利上昇局面での影響は一時的 その後 米国リート市場は堅調に推移 ②回復傾向が続く米国の不動産市場 ①過去 1 利 上 げを 意 識 しつつも 堅 調 に 推 移 する 米 国 リート 市 場 米 国 リート 市 場 は 1 月 に 最 高 値 を 更 新 する 展 開 となりましたが 3 月 6 日 発 表 の 米 雇 用 統 計 が 市 場 予 想 を 大 幅 に 上 回 る 結 果 となり 米 国 1 年 債 利 回 りが 上 昇 したことが 嫌 気 され 下 落 しました 過 去 の 金 利 上

More information

LSD2014_manual.ppt

LSD2014_manual.ppt 1 ライフサイエンス 辞 書 2014のご 案 内 ライフサイエンス 辞 書 の 基 本 的 な 使 い 方について 次 の 順 にご 紹 介 します 1. パソコン 設 定 2. オンライン 辞 書 3. プロジェクト 紹 介 まずインターネットで http://lsd-project.jp/ に 接 続 しましょう 辞 書 ダウンロードページ 2 ホームページ 右 端 にある ダウンロード をクリッ

More information

源 泉 所 得 税 の 支 払 に 注 意 いる 会 社 は1 年 に2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 源 泉 所

源 泉 所 得 税 の 支 払 に 注 意 いる 会 社 は1 年 に2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 源 泉 所 ニュースレター 2015 年 7 月 号 Jul. 2015 7 YOSHIKAWA TAX JOURNAL 源 泉 所 得 税 支 払 の 注 意 点 注 目 トピックス 01 源 泉 所 得 税 支 払 の 注 意 点 いる 会 社 は 1 年 に 2 回 しかないイベントですので 納 付 手 続 きを 忘 れないようにしなければなりません 特 集 02 借 上 社 宅 の 注 意 点 優 秀

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保

3 認 定 こども 園 制 度 化 のメリット O 大 臣 政 務 官 ( 有 村 治 子 君 ) 今 般 の 認 定 こども 園 の 制 度 化 によっては ( 中 略 ) 保 護 者 が 就 労 の 有 無 によっても 子 供 が 施 設 を 変 わる 必 要 がない 一 貫 した 教 育 保 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する 法 律 国 会 会 議 録 抜 粋 圃 1 法 律 の 提 案 理 由 及 び 概 要 0 国 務 大 臣 ( 小 坂 憲 次 君 )このたび 政 府 から 提 出 いたしました 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 の 推 進 に 関 する

More information

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について

甲府市私立幼稚園就園奨励費補助金交付規則について 議 題 : 18 号 甲 府 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 規 則 の 一 部 改 正 について 1. 改 正 理 由 本 市 においては 私 立 幼 稚 園 に 通 園 する 児 童 の 保 護 者 における 経 済 的 負 担 を 軽 減 する 観 点 から より 当 該 保 護 者 の 所 得 や 児 童 数 に 応 じた 保 育 料 の 減 免 を 行 う

More information

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc

Microsoft Word - 修正對照表_1000105.doc 採 購 專 業 人 員 資 格 考 試 訓 練 發 證 及 管 理 辦 法 部 分 條 文 修 正 條 文 對 照 表 修 正 條 文 現 行 條 文 說 明 第 六 條 採 購 單 位 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 進 階 資 格, 採 購 單 位 非 主 管 人 員 宜 取 得 採 購 專 業 人 員 基 本 資 格 前 項 主 管 及 非 主 管 人 員, 宜 於 其 就

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2039383039A1405F32335F20B3CCB0AAA6E6AC46AA6BB07C3938A67EABD737A4EBA5F7B2C431A6B8AE78AAF8AA6BA978C170AE75B77CC4B32E646F63> 會 議 錄 最 高 行 政 法 院 98 年 度 7 月 份 第 1 次 庭 長 法 官 聯 席 會 議 會 議 日 期 :98 年 7 月 14 日 相 關 法 條 : 教 師 法 第 11 條 第 1 項 第 14 條 第 14 條 之 1 第 1 項 第 29 條 第 1 項 第 2 項 第 31 條 第 33 條 教 師 法 施 行 細 則 第 16 條 教 育 人 員 任 用 條 例 第

More information

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準

< 継 続 雇 用 制 度 全 般 > Q1. 当 社 は 現 在 の 継 続 雇 用 制 度 で 1 過 去 3 年 間 の 評 価 が 標 準 以 上 2 過 去 数 年 間 に 減 給 以 上 の 処 分 を 受 けていない 者 3 転 勤 出 向 などに 同 意 する 者 といった 基 準 改 正 労 働 契 約 法 及 び 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 施 行 直 前 最 終 点 検 セミナー (2013.2.16)Q&A - 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 - < 回 答 者 > 弁 護 士 : 水 口 洋 介 氏 ( 日 本 労 働 弁 護 団 幹 事 長 東 京 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 連 合 : 新 谷 信 幸 ( 連 合 総 合 労 働

More information

金融庁の1年

金融庁の1年 第 8 章 政 府 全 体 の 施 策 における 金 融 庁 の 取 組 み 金 融 システム 改 革 は 税 制 改 革 歳 出 改 革 及 び 規 制 改 革 と 並 ん で 小 泉 内 閣 が 推 進 する 構 造 改 革 の 四 本 柱 の 一 つに 掲 げられており 政 府 全 体 の 経 済 財 政 運 営 の 基 本 的 な 方 針 である 経 済 財 政 運 営 と 構 造 改 革

More information

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦

五 外 幣 存 款 存 放 於 國 內 外 金 融 機 構 之 信 用 評 等 等 級, 依 勞 工 退 休 金 條 例 退 休 基 金 存 放 外 幣 存 款 作 業 要 點 辦 理 六 以 貸 放 方 式 供 各 級 政 府 或 公 營 事 業 機 構 ( 以 下 簡 稱 申 借 單 位 ) 辦 勞 動 部 勞 動 基 金 運 用 局 令 中 華 民 國 103 年 7 月 9 日 勞 金 企 字 第 10315602962 號 訂 定 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點, 並 自 即 日 起 生 效 附 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 局 長 黃 肇 熙 勞 動 基 金 運 用 作 業 要 點 勞 動 部 103 年 6 月 24 日 勞 動 福 4 字 第 1030135632

More information

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区

1. 本 市 の 保 育 所 運 営 費 と 保 育 料 の 現 状 2 (1) 前 回 (5/29 5/29) 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 資 料 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 分 別 軽 減 率 国 基 準 に 対 する 本 市 の 保 育 料 階 層 区 資 料 4-1 第 2 回 長 野 市 社 会 福 祉 審 議 会 児 童 福 祉 専 門 分 科 会 平 成 26 年 7 月 15 日 保 育 課 作 成 1 新 制 度 における 利 用 者 負 担 ( 保 育 料 )の 設 定 について( 案 ) ~ 保 育 所 等 (2 号 3 号 ) 保 育 料 ~ 平 成 26 年 7 月 こども 未 来 部 保 育 課 1. 本 市 の 保 育 所

More information

Microsoft Word - 01 表紙.doc

Microsoft Word - 01 表紙.doc 平 成 24 年 度 当 初 予 算 ( 案 ) 兵 庫 県 目 次 第 Ⅰ 平 成 24 年 度 予 算 編 成 について 第 1 予 算 編 成 の 基 本 的 な 考 え 方 1 第 2 予 算 の 概 要 1 歳 入 9 2 歳 出 17 第 Ⅱ 財 政 フ レ ー ム に つ い て 33 第 Ⅲ 県 政 の 重 点 施 策 第 1 安 全 安 心 の 基 盤 をつくる Ⅰ 防 災 減

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株 主 優 待 1

CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株 主 優 待 1 第 19 期 (2016 年 2 月 期 ) 第 1 四 半 期 決 算 説 明 会 2015.7.13 ディップ 株 式 会 社 ( 東 証 一 部 2379) CONTENTS 1 2 3 4 第 19 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 第 19 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 第 19 期 施 策 について 第 19 期 業 績 予 想 修 正 株 式 分 割 株

More information

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

    平成11年度余市町私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 余 市 町 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 1 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 の 減 免 をする 場 合 に 余 市 町 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 の 交 付 について 必 要 な 事 項 を 定 めるものとする 2 この 要 綱 でいう ひとり 親 世 帯 等 とは 保 護 者 又

More information

社会福祉法人改革等について

社会福祉法人改革等について 社 会 福 祉 法 人 改 革 について 平 成 27 年 12 月 1. 社 会 福 祉 法 人 改 革 の 経 緯 社 会 福 祉 法 人 制 度 を 巡 る 状 況 平 成 25 年 6 月 8 月 平 成 26 年 6 月 規 制 改 革 実 施 計 画 閣 議 決 定 全 社 会 福 祉 法 人 の 平 成 25 年 度 以 降 の 財 務 諸 表 の 公 表 保 育 所 の 第 三 者

More information

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希

子 ども 子 育 て 新 制 度 について 子 ども 子 育 て 新 制 度 が 平 成 27 年 4 月 から 始 まります 新 制 度 のスタートに 伴 い 教 育 保 育 施 設 を 利 用 する 際 には 支 給 認 定 を 受 ける 必 要 があ ります 保 育 所 への 入 所 を 希 平 成 27 年 度 入 所 用 生 駒 市 保 育 所 入 所 案 内 保 育 所 ( 保 育 園 )とは 保 育 所 ( 保 育 園 )は 保 護 者 が 働 いたり 病 気 の 状 態 にあったりして 家 庭 において 十 分 保 育 することができない 児 童 を 保 護 者 にかわって 保 育 することを 目 的 とした 児 童 福 祉 施 設 です 保 護 者 が 希 望 する 保 育

More information

No.26_蜂屋氏cs5.indd

No.26_蜂屋氏cs5.indd 財 政 健 全 化 に 向 けた 地 方 財 源 改 革 調 査 部 主 任 研 究 員 蜂 屋 勝 弘 目 次 1. 基 礎 的 財 政 収 支 の 現 状 2. 財 政 健 全 化 の 高 いハードル 3. 財 政 健 全 化 の 地 方 財 政 への 影 響 (1) 国 の 税 収 増 加 の 地 方 財 政 への 影 響 (2) 国 庫 支 出 金 の 削 減 の 地 方 財 政 への 影

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378>

<3238944E937882B582A882E8816983548365875682C882B5816A2E786C7378> 15ページの 1ページにある 保 護 数 )とします 保 支 育 の 給 利 認 定 基 を 準 表 受 に けていないと 基 づき 保 護 保 者 育 それぞれの 園 等 に 入 基 準 することができません 指 数 を 合 計 して その 世 帯 指 数 ( 世 帯 基 準 指 指 加 保 者 の 状 況 により 以 下 のように 指 数 付 けを い 保 育 園 等 の 利 調 整 を います

More information

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる 平 成 25 年 度 保 育 所 認 定 こども 園 入 所 のご 案 内 お 問 い 合 わせ 先 会 津 若 松 市 役 所 こども 課 ( 栄 町 第 二 庁 舎 1 階 ) 965-8601 会 津 若 松 市 栄 町 5 番 17 号 0242-39-1243 ( 直 通 ) Fax0242-39-1434 http://www.city.aizuwakamatsu.fukushima.jp

More information

小山市保育所整備計画

小山市保育所整備計画 第 1 章 計 画 策 定 にあたり 1. 計 画 策 定 の 趣 旨 (1) 本 格 的 な 少 子 化 時 代 の 到 来 近 年 合 計 特 殊 出 生 率 の 急 速 な 低 下 とともに 総 人 口 が 減 少 傾 向 にあるなど 我 が 国 は 本 格 的 な 少 子 化 時 代 を 迎 えようとしています 少 子 化 の 進 行 は 家 族 生 活 や 地 域 社 会 の 変 容 のほか

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末 資 料 8 15 25

CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末 資 料 8 15 25 ディップ 株 式 会 社 ( 東 証 一 部 2379) 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 説 明 資 料 2016 年 7 月 13 日 1 CONTENTS 1 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 決 算 概 要 1 2 3 4 2017 年 2 月 期 第 1 四 半 期 セグメント 別 営 業 実 績 2017 年 2 月 期 上 期 施 策 について 巻 末

More information

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第

平成21年第20回経済財政諮問会議議事次第 経 済 財 政 諮 問 会 議 ( 平 成 21 年 第 20 回 ) 議 事 次 第 平 成 21 年 7 月 1 日 ( 水 ) 16 時 00 分 ~16 時 20 分 官 邸 4 階 大 会 議 室 1. 開 会 2. 議 事 (1) 22 年 度 予 算 の 全 体 像 について (2) 平 成 22 年 度 概 算 要 求 基 準 について 3. 閉 会 ( 説 明 資 料 ) 平 成

More information

錢恂著作目錄

錢恂著作目錄 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (Qian Xun) ( ) ( ) ( - ) ( - ) ( - ) ( - ) - ( - ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 11 ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) 吴 12 - 13 - ( - 14 ( ) ( ) ( ) ( ) 15 ( ) [ ] 16 [ ] [ ] 17 18 19 20 ( ) 21 -

More information

平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 資 料 日 時 平 成 28 年 7 月 1 日 ( 金 曜 日 ) 場 所 東 京 都 庁 第 一 本 庁 舎 5 階 大 会 議 場 東 京 都 福 祉 保 健 局 指 導 監 査 部 指 導 第 二 課 保 育 施 設 検 査 担 当 平 成 28 年 度 認 可 保 育 所 講 習 会 次 第 1 日 時 平 成 28 年 7 月 1

More information

委 員 会 審 議 会 等 報 告 1. 社 会 的 養 護 に 係 る 最 低 基 準 の 当 面 の 見 直 し 案 が 示 される ~ 厚 労 省 児 童 養 護 施 設 等 の 社 会 的 養 護 の 課 題 に 関 する 検 討 委 員 会 ~ 社 会 的 養 護 専 門 委 員 会 と

委 員 会 審 議 会 等 報 告 1. 社 会 的 養 護 に 係 る 最 低 基 準 の 当 面 の 見 直 し 案 が 示 される ~ 厚 労 省 児 童 養 護 施 設 等 の 社 会 的 養 護 の 課 題 に 関 する 検 討 委 員 会 ~ 社 会 的 養 護 専 門 委 員 会 と 全 養 協 通 信 平 成 23 年 2 月 21 日 発 行 今 号 のトピックス NO. 226 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 全 国 児 童 養 護 施 設 協 議 会 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-3-2 新 霞 が 関 ビル 100-8980 TEL03-3581-6503 FAX03-3581-6509 http://www.zenyokyo.gr.jp 全 養 協

More information

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経

平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 資 料 ( 個 人 所 得 課 税 ) 平 成 22 年 度 税 制 改 正 大 綱 ( 平 成 21 年 12 月 22 日 閣 議 決 定 )( 抜 粋 ) 第 3 章 各 主 要 課 題 の 改 革 の 方 向 性 2. 個 人 所 得 課 税 (1) 所 得 税 1 基 本 的 仕 組 み 現 行 所 得 税 では 収 入 や 経 済 的 利 益 などから 発 生 形 態 に 応 じて 設

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

一般質問通告書

一般質問通告書 一 般 質 問 通 告 書 平 成 28 年 6 月 定 例 会 1 番 松 尾 数 則 議 員 1 山 陽 小 野 田 市 病 院 事 業 改 革 プランについて (1) 市 民 病 院 の 果 たすべき 役 割 を 聞 く (2) 医 療 水 準 の 向 上 について 聞 く (3) 救 急 医 療 について 聞 く (4) 地 域 包 括 ケアシステムの 構 築 について 聞 く (5) 経

More information

Microsoft Word - sr_office_journal_103_201401.doc

Microsoft Word - sr_office_journal_103_201401.doc 事 務 所 だより 2014 年年 1 月 号 Jan. 2014 1 YOSAKOI SR JOURNAL ブラック 企 業 と 言 われな いための 労 働 時 間 管 理 注 目トピックス 01 ブラック 企 業 と 言われないための 労 働 時 間 管 理理 就 業 環 境 に 関 する 世 間 の 関 心が 高まっています 労 働 時 間 管 理理 やルール 整 備 を 行行い ブラック

More information

【NEC発表用】離島ICT活用企画提案書 (読み取り専用)

【NEC発表用】離島ICT活用企画提案書 (読み取り専用) 沖 縄 県 御 中 離離 島 におけるICT 利利 活 用の 促 進 事 業 企 画 提 案 書 2015 年年 11 月25 日 日 本 電 気 株 式 会 社 教 育 分 野 ICT 活 用 離離 島 高 度度 人 材 育 成 プログラム コンセプト 離離 島 の 子 供 たちは 学 習 環 境 に 恵 まれないだけでなく 将 来 の 職 業 の 選 択 や 人 生における 大きな 影 響 を

More information

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2>

<817590D482BF82E182F1837C83588367817682C6817593BD96BC8F6F8E59817682C982C282A282C482CC964093498C9F93A2> 赤 ちゃんポスト と 匿 名 出 産 についての 法 的 検 討 平 成 18 年 12 月 弁 護 士 由 井 照 二 熊 本 市 の 病 院 で 提 案 された 赤 ちゃんポスト 設 置 問 題 と これに 関 連 する 匿 名 出 産 についての 法 律 問 題 の 検 討 内 容 を 以 下 のとおり 検 討 いたします 1はじめに 1この 検 討 書 は いわゆる 赤 ちゃんポスト との

More information

koboデスクトップアプリ ユーザーガイド

koboデスクトップアプリ ユーザーガイド 1 目... 4... 5 用... 6 用... 8 子 入... 10... 13 2 ... 13... 13 子... 16 子... 18... 19... 22 3 用 子 子 4 子 子 5 用 用 子 用 6 用 1. 2. 用 3. 4. 5. 面 行行 7 用 用 子 用 8 用 1. 2. 用 3. 4. 自 5. 9 子 入 方 見見 見見 入 入 入 子 子 子 10 見見

More information

第25回税制調査会 総25-1

第25回税制調査会 総25-1 平 27.10.27 総 2 5-1 説 明 資 料 相 続 税 贈 与 税 平 成 27 年 10 月 27 日 ( 火 ) 財 務 省 目 次 1. 資 産 課 税 をめぐる 経 済 社 会 構 造 の 変 化 1 家 計 における 資 産 形 成 の 変 容 4 相 続 の 変 容 13 今 後 の 人 口 動 態 の 見 通 し 27 2. 相 続 税 の 現 状 30 3. 贈 与 税 の

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208A4F8A73926391CC82CC91DE90458EE893968DE08CB995E2935594708E7E82C994BA82A48F9590AC8BE08E788B8B82C982C282A282C45F482E32302E312E31365F> 外 郭 団 体 の 退 職 手 当 財 源 補 填 廃 止 に 伴 う 助 成 金 支 給 について ~ 見 直 し 方 針 ~ 第 1 背 景 外 郭 団 体 ( 以 下 団 体 )は 高 度 化 複 雑 化 する 市 民 ニーズに 対 し 本 市 が 直 接 実 施 するより 機 動 的 かつ 柔 軟 に 公 共 サービスが 提 供 できるよう 設 立 され 高 い 専 門 性 を 発 揮 しつつ

More information

競 合 分 析 から 得 られるもの (1) 競 合 各 社 のパフォーマンスが 把 握 できます 自 社 サイトと 競 合 サイトを 比 較 し 各 サイトのパフォーマンスはどうなっているか? 集 客 力 が 強 いのはどこ か?CV 率 (*1)が 高 いのはどこか?など 各 社 の 状 況 の

競 合 分 析 から 得 られるもの (1) 競 合 各 社 のパフォーマンスが 把 握 できます 自 社 サイトと 競 合 サイトを 比 較 し 各 サイトのパフォーマンスはどうなっているか? 集 客 力 が 強 いのはどこ か?CV 率 (*1)が 高 いのはどこか?など 各 社 の 状 況 の パネルデータを 用 いた 競 合 サイト 分 析 サービス 開 始 2013/02/13 株 式 会 社 アイ エム ジェイ 東 京 都 目 黒 区 青 葉 台 3-6-28 代 表 取 締 役 社 長 櫻 井 徹 パネルデータを 用 いた 競 合 サイト 分 析 サービス 開 始 株 式 会 社 アイ エム ジェイ( 本 社 : 東 京 都 目 黒 区 代 表 取 締 役 社 長 : 櫻 井 徹

More information

運営費について

運営費について 運 営 費 補 助 金 に 関 する 勉 強 会 (メモ) 2010 年 2 月 15 日 13:30~ 堺 市 産 業 振 興 センター < 運 営 費 について> 1. 運 営 費 とは 保 育 の 実 施 について 児 童 福 祉 法 第 45 条 の 最 低 基 準 を 維 持 するための 費 用 で 次 の 範 囲 内 の 経 費 をいいます (1) 人 件 費 配 置 基 準 職 員 等

More information

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料

資料6 地方教育行政の現状等に関する資料 資 料 6 地 方 教 育 行 政 の 現 状 等 に 関 する 資 料 平 成 25 年 5 月 文 部 科 学 省 初 等 中 等 教 育 局 1. 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 みと 趣 旨 1 教 育 委 員 会 制 度 の 仕 組 み 教 育 委 員 会 は 首 長 から 独 立 した 行 政 委 員 会 として 全 ての 都 道 府 県 及 び 市 町 村 等 に 設 置 教

More information

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書

第1回「女性就労促進に関するアンケート」 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 に 関 する 調 査 報 告 書 女 性 の 就 業 機 会 拡 大 プロジェクトチーム ( 調 査 監 修 ) 大 阪 産 業 経 済 リサーチセンター 目 次 2 調 査 結 果 ( 要 旨 ) 3 1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 15 1-1 女 性 を 取 り 巻 く 就 業 環 境 16 1-2 女 性 就 業 における M 字 カーブ

More information

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養

倫 理 綱 領 1. 私 たちは 子 どもの 利 益 を 最 優 先 した 養 育 をおこないます 一 人 ひとりの 子 どもの 最 善 の 利 益 を 優 先 に 考 え 24 時 間 365 日 の 生 活 をとおして 子 ど もの 自 己 実 現 と 自 立 のために 専 門 性 をもった 養 全 養 協 通 信 平 成 22 年 6 月 2 日 発 行 NO. 222 全 国 社 会 福 祉 協 議 会 全 国 児 童 養 護 施 設 協 議 会 東 京 都 千 代 田 区 霞 が 関 3-3-2 新 霞 が 関 ビル 100-8980 TEL03-3581-6503 FAX03-3581-6509 http://www.zenyokyo.gr.jp 全 養 協 の 動 き 全 養 協

More information

消費税増税先送りに伴う他政策への影響

消費税増税先送りに伴う他政策への影響 税 制 A to Z 2014 年 11 月 21 日 全 13 頁 消 費 税 増 税 先 送 りに 伴 う 他 政 策 への 影 響 住 宅 ローン 減 税 自 動 車 税 制 年 金 制 度 給 付 措 置 などに 影 響 金 融 調 査 部 研 究 員 是 枝 俊 悟 [ 要 約 ] 安 倍 首 相 は 2014 年 11 月 18 日 に 記 者 会 見 を 行 い 消 費 税 率 の 10%への

More information

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意

1 管 理 組 織 の 確 立 (1) 法 人 における 予 算 の 執 行 及 び 資 金 等 の 管 理 に 関 しては あらかじめ 運 営 管 理 責 任 者 を 定 める 等 法 人 の 管 理 運 営 に 十 分 配 慮 した 体 制 を 確 保 すること また 内 部 牽 制 に 配 意 別 紙 1 社 会 福 祉 法 人 会 計 基 準 適 用 上 の 留 意 事 項 ( 運 用 指 針 ) - 目 次 - 1 管 理 組 織 の 確 立 2 予 算 と 経 理 3 決 算 4 拠 点 区 分 及 び 事 業 区 分 について 5 サービス 区 分 について 6 本 部 会 計 の 区 分 について 7 作 成 を 省 略 できる 財 務 諸 表 の 様 式 8 借 入 金 の 扱

More information

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し

当 面 の 具 体 的 取 り 組 み 4. 単 組 は 拙 速 な 制 度 改 正 を 阻 止 する 取 り 組 みとして 別 紙 1 の 要 求 書 モデ ルを 参 考 に 以 下 の 事 項 について 早 急 に 当 局 との 確 認 を 行 います 1 退 職 手 当 制 度 の 見 直 し < 議 案 報 告 -2> 退 職 手 当 見 直 しの 取 り 組 みについて (1)これまでの 経 過 政 府 は 国 家 公 務 員 に 関 する 退 職 給 付 の 官 民 較 差 (402.6 万 円 )を 是 正 する ため 8 月 7 日 国 家 公 務 員 の 退 職 手 当 の 支 給 水 準 引 下 げ 等 について を 閣 議 決 定 しました また 総 務 省 は 同 日 この

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状

横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成 比 の 推 移 4 2 市 税 の 状 横 市 浜 の 財 状 政 況 25 年 度 決 算 財 政 状 況 1 - 横 浜 市 - - 財 政 局 - 平 成 26 年 11 月 横 浜 市 の 財 政 状 況 目 次 第 Ⅰ 部 横 浜 市 の 財 政 規 模 1 歳 入 歳 出 決 算 額 の 推 移 2 第 Ⅱ 部 歳 入 の 状 況 1 歳 入 構 造 (1) 歳 入 決 算 額 の 推 移 3 (2) 歳 入 決 算 構 成

More information

地 方 公 務 員 制 度 の 概 要 ( 平 成 25 年 度 ) 和 歌 山 県 総 務 部 総 務 管 理 局 市 町 村 課 は し が き 平 成 25 年 度 は 地 方 公 務 員 の 給 与 減 額 に 関 する 国 からの 要 請 への 対 応 を はじめ 公 的 年 金 の 報 酬 比 例 部 分 の 支 給 開 始 年 齢 が 引 き 上 げられることに 伴 う 雇 用 と

More information

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距

北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 北 朝 鮮 は 本 年 1 月 6 日 の4 回 目 の 核 実 験 以 降 中 距 離 弾 道 ミサイルや 潜 水 艦 発 射 弾 道 ミサイルを 発 射 し 9 月 5 日 には 中 距 ( 平 成 28 年 習 志 野 市 議 会 第 3 回 定 例 会 ) 発 議 案 第 1 号 北 朝 鮮 による 核 実 験 及 び 弾 道 ミサイルの 発 射 に 対 し 厳 重 抗 議 する 決 議 に ついて 上 記 の 議 案 を 別 紙 のとおり 習 志 野 市 議 会 会 議 規 則 第 14 条 第 1 項 の 規 定 によ り 提 出 します 平 成 28 年 9 月 30 日

More information

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した

担 当 することを 予 定 していますが このような 継 続 雇 用 制 度 でも 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 の 雇 用 確 保 措 置 として 認 められますか Q1 11: 有 期 契 約 労 働 者 に 関 して 就 業 規 則 等 に 一 定 の 年 齢 (60 歳 )に 達 した 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 Q&A ( 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 関 係 ) 1. 継 続 雇 用 制 度 の 導 入 Q1 1: 改 正 高 年 齢 者 雇 用 安 定 法 においては 事 業 主 が 高 年 齢 者 雇 用 確 保 措 置 として 継 続 雇 用 制 度 を 導 入 する 場 合 には 希 望 者 全 員 を 対 象 とするものに しなければならないのですか

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2030392E30382E323081798A4F959490E096BE9770817A93FA967B944E8BE08B408D5C90DD97A782C982C282A282C4> 日 本 年 金 機 構 の 設 立 について 2009 年 8 月 ( 注 ) 本 資 料 の 内 容 は 現 時 点 における 検 討 状 況 を 踏 まえ 整 理 したものであり 細 部 については 今 後 変 更 があり 得 ます Ⅰ 基 礎 資 料 1. 日 本 年 金 機 構 について 名 称 日 本 年 金 機 構 (にっぽん ねんきん きこう) Japan Pension Service

More information

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた 資 料 5 加 古 川 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 素 案 ) 加 古 川 市 目 次 1. 我 が 国 の 少 子 化 の 状 況 1 2. 本 市 の 人 口 等 の 状 況 1 3. 本 市 の 教 育 保 育 の 利 用 状 況 7 4. 本 市 の 地 域 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 の 利 用 状 況 等 9 5.アンケート 調 査 の 結 果 からみた

More information

00国民年金保険料の収納対策及び

00国民年金保険料の収納対策及び 第 2 回 社 会 保 障 審 議 会 年 金 事 業 管 理 部 会 平 成 2 6 年 6 月 2 3 日 資 料 2-1 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 及 び 厚 生 年 金 保 険 の 適 用 徴 収 対 策 の 現 状 と 課 題 平 成 26 年 6 月 23 日 厚 生 労 働 省 年 金 局 事 業 管 理 課 Ⅰ 国 民 年 金 保 険 料 の 収 納 対 策 の

More information

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指

指 すべきである とされており 本 ガイドラインは この 目 標 を 達 成 するため 建 設 業 にお ける 社 会 保 険 の 加 入 について 元 請 企 業 及 び 下 請 企 業 がそれぞれ 負 うべき 役 割 と 責 任 を 明 確 にしたものであり 建 設 企 業 の 取 組 の 指 別 添 2 社 会 保 険 の 加 入 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 建 設 産 業 においては 健 康 保 険 厚 生 年 金 保 険 及 び 雇 用 保 険 ( 以 下 社 会 保 険 という ) について 法 定 福 利 費 を 適 正 に 負 担 しない 企 業 (すなわち 保 険 未 加 入 企 業 )が 存 在 し 技 能 労 働 者 の 医 療 年 金 など

More information