目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育

Size: px
Start display at page:

Download "目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育"

Transcription

1 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 について 報 告 書 平 成 21 年 11 月 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会

2 目 次 は じ め に 3 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 4 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 公 民 の 役 割 について 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 2-3 幼 稚 園 保 育 所 義 務 教 育 の 連 携 について 3 これからの 高 石 の 幼 児 教 育 の 方 向 性 課 題 7 1 地 域 家 庭 と 一 体 になった 保 育 2 幼 児 教 育 センター 的 機 能 について 3 障 がい 児 教 育 について 4 認 定 こども 園 の 導 入 について 5 3 歳 児 保 育 預 かり 保 育 について 6 教 育 環 境 の 整 備 について お わ り に 10 2

3 は じ め に 近 年 子 どもたちのなかに 基 本 的 な 生 活 習 慣 の 欠 如 やコミュニケーション 能 力 の 不 足 自 制 心 や 規 範 意 識 の 低 下 小 学 校 への 不 適 応 学 びに 対 する 意 欲 関 心 の 低 下 など 憂 慮 すべき 状 況 が 見 られる その 背 景 には 尐 子 化 核 家 族 化 情 報 化 に 加 えて 人 間 関 係 の 希 薄 化 や 地 域 における 地 縁 的 なつながりの 希 薄 化 といった 家 庭 や 社 会 の 変 化 があり これらが 子 どもたちの 育 ちに 大 きく 影 響 しているものと 考 えられる このようななかにあって 生 涯 にわたる 人 間 形 成 の 基 礎 が 培 われる 幼 児 期 の 教 育 は 子 どもの 心 身 の 健 やかな 成 長 を 促 す 上 で 極 めて 重 要 であり そのあり 方 が 問 われ 続 けて いる 地 域 においても 異 年 齢 の 子 どもが 大 人 数 で 遊 ぶ 姿 がほとんど 見 られなくなっており このことからも 子 どもの 社 会 性 が 育 ちにくい 状 況 が 進 行 しつつある これらのことにより 遊 びを 通 じて 子 ども 同 士 が 互 いに 協 力 反 発 し 合 ったり 自 然 に 触 れながらさまざまな 体 験 をしたりするといった 成 長 段 階 に 応 じた 貴 重 な 経 験 や 感 動 を 十 分 得 られないまま 幼 児 期 を 過 ごすことになり 人 間 形 成 の 上 からも 決 して 望 まし い 状 況 にあるとは 言 えない 本 市 における 幼 稚 園 保 育 所 への 就 園 等 の 状 況 を 見 てみると 幼 児 数 が 減 尐 するなか 幼 稚 園 の 就 園 人 数 は 減 尐 傾 向 にあり 逆 に 保 育 所 の 入 所 児 数 は 保 護 者 の 就 労 形 態 の 変 化 等 により 年 々 増 加 傾 向 を 示 しており 入 所 に 際 して 待 機 しなければならない 状 態 も 現 れている こうした 状 況 のなか 本 委 員 会 では 本 市 の 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 必 要 と 考 え られる 幼 児 教 育 の 在 り 方 について 1 本 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 又 は 方 針 に 関 する こと 2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 適 正 配 置 3 幼 児 教 育 における 公 民 の 役 割 分 担 4 幼 稚 園 と 保 育 所 ならびに 小 中 学 校 との 連 携 に 関 すること を 中 心 に 本 市 の 今 後 の 幼 児 教 育 の 方 向 性 について 審 議 を 進 めた ここに 報 告 書 に 取 りまとめ 提 出 するものである 3

4 1 幼 児 教 育 をめぐる 国 の 動 き 平 成 17 年 1 月 に 中 央 教 育 審 議 会 答 申 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 を 踏 まえた 今 後 の 幼 児 教 育 の 在 り 方 について が 取 りまとめられ 平 成 18 年 10 月 に 幼 児 教 育 に 関 する 総 合 的 な 行 動 計 画 として 幼 児 教 育 振 興 アクションプラン を 文 部 科 学 省 が 策 定 している また 平 成 18 年 12 月 改 正 教 育 基 本 法 で 幼 児 の 教 育 という 条 項 が 新 設 された 平 成 19 年 6 月 改 正 学 校 教 育 法 で1 学 校 種 の 規 定 において 幼 稚 園 を 最 初 に 規 定 2 幼 稚 園 の 目 的 目 標 規 定 改 正 3 家 庭 及 び 地 域 の 幼 児 教 育 支 援 に 関 する 規 定 の 新 設 4 預 かり 保 育 の 適 正 な 位 置 づけがなされた これらを 踏 まえ 国 においては 次 のような 幼 児 教 育 振 興 施 策 が 展 開 されている 1 幼 稚 園 の 教 育 内 容 の 充 実 として 幼 稚 園 教 育 要 領 の 改 訂 2 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 の 充 実 3 保 育 所 との 連 携 推 進 や 認 定 こども 園 の 制 度 化 4 安 心 こども 基 金 の 創 設 一 方 平 成 20 年 に 新 しい 保 育 所 保 育 指 針 が 告 示 され 保 育 所 での 教 育 の 内 容 においても 幼 稚 園 教 育 要 領 との 整 合 性 が 図 られたところである 2 高 石 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 と 課 題 について 昭 和 47 年 に 加 茂 小 学 校 が 設 置 された 翌 年 に 加 茂 幼 稚 園 が 設 置 されて 以 来 市 内 の7 小 学 校 区 が1 小 学 校 区 1 幼 稚 園 の 体 制 として 維 持 されてきたが その 後 平 成 15 年 度 に 清 高 幼 稚 園 が 民 営 化 され 現 在 は 7 小 学 校 区 に 対 し 公 立 6 園 の 状 況 である また 近 年 は 幼 児 の 人 口 自 体 も 減 尐 しており 私 立 幼 稚 園 の 入 園 者 の 割 合 が 増 加 している 一 方 公 立 幼 稚 園 に おいては 4 歳 児 5 歳 児 とも 1 クラスずつという いわゆる 単 学 級 園 が 平 成 21 年 度 で は 全 6 園 中 4 園 となっていることや クラス 当 たりの 人 数 が 減 尐 していることにより 子 どもが 活 力 に 富 んだ 教 育 環 境 の 維 持 が 難 しくなってきている 一 方 保 育 所 は 平 成 14 年 に 東 羽 衣 保 育 所 平 成 21 年 に 高 石 保 育 所 が 民 営 化 されたこと により 公 立 4 か 所 私 立 4 か 所 となっている 加 えて 2 つの 保 育 所 を 民 営 化 し 定 員 増 を 図 ったが 年 度 途 中 での 待 機 児 童 が 発 生 している 4

5 図 1 保 育 所 の 入 所 児 童 数 の 推 移 ( 各 年 度 5 月 1 日 現 在 ) 年 度 16 年 度 17 年 度 18 年 度 19 年 度 20 年 度 21 年 度 公 立 私 立 H21 年 度 から 高 石 保 育 所 民 営 化 図 2 幼 稚 園 の 入 園 児 数 の 推 移 ( 各 年 度 5 月 1 日 現 在 ) H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 市 立 園 私 立 園 ( 市 内 ) 2-1 公 民 の 役 割 について 公 立 幼 稚 園 が 持 っている 家 庭 と 地 域 との 関 係 の 中 で 子 どもを 教 育 するという 幼 児 教 育 の 姿 は 市 民 にとって 貴 重 な 財 産 であり 社 会 資 源 のひとつとなっている 私 立 幼 稚 園 ではそれぞれの 教 育 理 念 に 基 づき 3 歳 児 保 育 の 早 期 実 践 保 護 者 の 多 様 な ニーズに 応 じた 講 座 や 特 色 ある 教 育 を 実 践 するなど 幼 児 教 育 のなかで 大 きな 役 割 を 果 たしてきた 歴 史 的 背 景 がある 園 児 数 に 経 営 基 盤 を 依 存 する 私 立 幼 稚 園 では 経 営 努 力 のなかで 多 様 かつ 特 色 のある 教 育 機 会 を 提 供 している 尐 子 化 がますます 進 み 保 護 者 ニーズも 多 様 化 している 状 況 のな 5

6 かで 今 後 は 公 立 と 私 立 はそれぞれ 特 色 を 生 かし 保 護 者 がニーズにあったサービスを 選 択 できるように 役 割 分 担 をし 目 的 や 機 能 の 違 いを 踏 まえながら 施 策 の 展 開 をすすめ ていくべきである 特 に 公 立 幼 稚 園 には 地 域 の 子 どもを 地 域 で 育 てるという 役 割 だけで なく1 障 がい 児 や 課 題 を 抱 える 養 育 環 境 にある 親 子 の 教 育 支 援 2 核 家 族 化 等 といった 子 育 て 環 境 の 変 化 に 対 応 していくために 認 定 こども 園 の 担 う 子 育 て 支 援 機 能 との 役 割 分 担 を 検 討 しながら 未 就 園 児 の 一 時 保 育 機 能 をも 含 む 幼 児 教 育 センター 的 機 能 を 担 っていくこ とが 求 められる 2-2 市 立 幼 稚 園 の 適 正 規 模 及 び 適 正 配 置 について 現 在 高 石 市 の 公 立 幼 稚 園 は その 規 模 や 地 域 の 実 情 に 応 じて 定 員 を 設 け 園 児 を 受 け 入 れる 体 制 をとっている しかし 平 成 21 年 5 月 時 点 では 園 全 体 の 定 員 に 対 する 就 園 率 は 35%と 低 く 就 園 率 が 最 も 高 い 高 陽 幼 稚 園 で 50%となっている このことについては 尐 子 化 もさることながら 多 様 化 するニーズに 対 して 十 分 な 対 応 が できなかったことも 要 因 のひとつとなっていると 考 えられる 幼 稚 園 は 教 育 の 場 であり 教 育 上 望 ましい 集 団 活 動 が 実 施 できる 教 育 環 境 を 確 保 する ことが 必 要 と 言 える しかしながら 幼 児 人 口 の 減 尐 が 今 後 も 続 くことを 考 慮 すると 現 在 の 設 置 状 況 のままでは 公 立 幼 稚 園 の 小 規 模 化 がますます 進 むことが 懸 念 され いわゆ る 1 小 学 校 区 に 1 公 立 幼 稚 園 を 維 持 していくことは 困 難 になっている また 幼 児 期 の 教 育 は 生 涯 にわたる 人 格 形 成 の 基 礎 を 培 う 極 めて 重 要 なものであるが 近 年 の 尐 子 化 により 地 域 において 子 どもが 多 人 数 で 遊 ぶ 姿 はほとんど 見 られなくなり 社 会 性 が 修 得 しにくい 状 況 になっている 以 上 のことに 鑑 み 幼 稚 園 における 集 団 保 育 の 必 要 性 を 考 えるとき 1 学 級 あたりの 人 数 は 重 要 なことであり 規 模 があまりに 大 きすぎるまたは 小 さすぎる 場 合 はその 効 果 が 必 ず しも 期 待 できない 学 級 数 についても 同 じ 理 由 から 同 年 齢 において 単 学 級 よりも 複 数 学 級 が 望 ましいと 考 えられる 幼 稚 園 での 教 育 活 動 では 学 級 間 の 競 争 意 識 や 対 抗 意 識 が 子 どもたちの 意 欲 を 喚 起 し 大 きな 教 育 効 果 が 期 待 できる 側 面 もある 適 切 な 集 団 規 模 の 中 で 自 分 が 所 属 する 集 団 をより 高 めていく 経 験 が 可 能 となるよう 複 数 学 級 の 設 置 が 望 ましい また 教 職 員 も 一 定 の 規 模 のもと 連 携 協 力 し 指 導 にあたることが 必 要 になっていると 言 える このよ うな 観 点 から 適 正 規 模 としては 4 歳 児 5 歳 児 ともに 1 クラスの 下 限 は 概 ね 20 名 程 度 と し 各 年 齢 において 複 数 学 級 となることが 望 ましい 今 後 適 正 な 園 児 数 及 び 学 級 数 を 確 保 するためには 公 立 幼 稚 園 や 私 立 幼 稚 園 の 地 域 的 な 偏 在 や 施 設 の 耐 震 性 の 状 況 も 考 慮 しつつ 市 民 の 選 択 の 幅 を 狭 めないよう 配 慮 しながら 再 編 により 公 立 幼 稚 園 の 規 模 の 適 正 化 を 図 り 家 庭 のニーズにも 配 慮 した 取 り 組 みを 導 入 することにより 教 育 上 適 切 な 集 団 活 動 が 実 施 できる 教 育 環 境 を 整 備 することが 望 ましい 6

7 その 際 園 児 の 生 活 エリア 通 園 時 間 疲 労 を 感 じさせない 程 度 の 通 園 距 離 さらに 駅 勢 圏 や 中 学 校 区 を 中 心 としたまちづくりの 考 え 方 にも 十 分 配 慮 すべきである なお 通 園 については 親 子 登 園 の 良 さがあるとの 意 見 や 通 園 バス 等 による 通 園 手 段 の 確 保 について 検 討 すべきとの 意 見 もあった 表 公 立 幼 稚 園 各 園 就 園 率 及 び1クラス 当 たり 平 均 園 児 数 平 成 21 年 5 月 1 日 現 在 幼 稚 園 名 就 園 率 定 員 A 園 児 数 C 1クラス 当 たり クラス 数 B C/A ( 名 ) ( 名 ) 平 均 園 児 数 C/B 100(%) 高 石 羽 衣 高 陽 取 石 北 加 茂 幼 稚 園 保 育 所 義 務 教 育 の 連 携 について 校 種 の 異 なる 教 職 員 がどのような 子 どもを 育 てたいのか めざす 子 ども 像 について 共 通 の 目 標 を 持 つ という 視 点 に 立 った 連 携 が 必 要 である しかし 小 学 校 との 交 流 につい ては 幼 稚 園 に 比 べ 保 育 所 は 交 流 の 度 合 が 低 い 在 籍 の 園 児 数 はそのまま 小 学 校 入 学 時 の 人 数 比 に 反 映 されており 今 後 小 学 校 においては 様 々な 幼 児 教 育 機 関 とどのようにつながっ ていくのかが 課 題 でもある また 昨 今 では 保 育 所 ( 園 ) 幼 稚 園 そして 義 務 教 育 への 子 どもの 発 達 の 連 続 性 や 学 び の 連 続 性 をめざすことも 求 められている 幼 児 教 育 で 行 われる 教 育 活 動 が 小 学 校 の 教 育 課 程 に 広 くは 中 学 校 の 学 校 生 活 にどのように 接 続 していくのか また 学 習 活 動 における 規 律 にどのようにつながっていくのか 等 校 種 の 異 なる 教 職 員 が 子 どもたちの 将 来 の 姿 を 具 体 的 にイメージし それを 共 有 していくことが 極 めて 重 要 な 時 代 に 入 ったといえる 保 幼 小 中 の 円 滑 な 接 続 をめざして 高 石 市 の 地 域 性 も 生 かした 保 育 教 育 課 程 の 編 成 を 試 みるべきである 7

8 3 これからの 高 石 の 幼 児 教 育 の 方 向 性 課 題 1 地 域 家 庭 と 一 体 となった 保 育 地 域 力 の 低 下 が 叫 ばれて 久 しい 地 域 力 の 低 下 は 家 庭 の 教 育 力 に 影 響 を 及 ぼしている 保 護 者 の 労 働 時 間 の 長 時 間 化 により 以 前 であれば 家 庭 で 担 われてい た 幼 児 の 育 ちのプロセスの 多 くが 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 )で 行 われている 実 態 も 見 られる 家 庭 で 果 たすべきであった 部 分 を 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 )が 補 っていると もいえる それらの 実 態 をふまえて 各 家 庭 の 子 育 てを 支 援 し 地 域 の 教 育 力 を 掘 り 起 こして いくために 家 庭 地 域 と 幼 児 教 育 の 場 である 幼 稚 園 保 育 所 ( 園 )が 一 体 となっ て 地 域 の 子 どもを 地 域 で 育 てる という 共 通 の 視 点 に 立 つ 必 要 がある 子 どもた ちの 生 活 の 場 として 地 域 を 捉 えていくことが 大 切 である そしてさらに 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 )はこれまでの 役 割 に 加 えて 家 庭 や 地 域 社 会 が 自 らその 教 育 力 を 再 生 し 向 上 していく 取 組 みを 支 援 する 役 割 が 求 められてい る 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 )ではそれぞれの 特 性 を 生 かして 自 然 体 験 の 場 や 保 護 者 や 子 どもが 多 くの 人 と 関 わる 場 の 提 供 また 地 域 の 季 節 行 事 や 文 化 を 子 どもたち に 伝 えたりするなどの 取 組 みや 親 子 参 加 型 の 事 業 など 親 と 子 が 共 に 育 つ と いう 視 点 からの 取 組 みがますます 重 要 になっている 実 施 にあたっては 各 家 庭 が 共 感 できる 様 な 内 容 にするとともに きめ 細 かな 対 応 と 各 家 庭 のニーズの 把 握 が 必 要 である 2 幼 児 教 育 のセンター 的 機 能 について 今 後 の 市 立 幼 稚 園 は その 専 門 性 を 高 め 地 域 の 幼 児 教 育 センター 的 役 割 をより 積 極 的 に 果 たしていくことが 求 められる これまで 市 立 幼 稚 園 の 歴 史 の 中 で 培 わ れてきたノウハウを 子 育 て 家 庭 へと 還 元 していくことが 重 要 である 幼 児 教 育 に 関 し たとえば 被 虐 待 児 や 障 がい 児 等 の 教 育 課 題 について 調 査 研 究 し 質 的 向 上 を 図 るとともに 本 市 における 家 庭 教 育 支 援 を 含 めた 幼 児 教 育 の 中 心 的 役 割 を 担 い 私 立 幼 稚 園 や 保 育 所 ( 園 ) 地 域 と 情 報 を 共 有 していくことが 重 要 である 3 障 がい 児 教 育 について 共 に 学 び 共 に 育 つ 教 育 が 推 進 され 障 がいのある 子 どもたちが 地 域 に 根 差 し 生 涯 にわたって 地 域 と 共 に 生 きていくことのできる 社 会 を 構 築 するためには 幼 稚 園 と 保 育 所 ( 園 )の 果 たす 役 割 は 大 きく 重 要 である 配 慮 を 必 要 とする 幼 児 を 含 め 支 援 を 必 要 とする 幼 児 が 地 域 社 会 の 中 で 健 やか に 成 長 し 豊 かな 思 春 期 青 年 期 を 迎 えるための 基 礎 づくりを 保 障 するために 支 援 教 育 の 充 実 を 図 ることは 公 立 私 立 を 問 わず 必 要 であるが とりわけ 公 立 の 幼 8

9 稚 園 と 保 育 所 ( 園 )の 重 要 な 役 割 である また 障 がい 児 を 含 む 支 援 を 必 要 とする 幼 児 とその 家 族 は 多 種 多 様 のニーズを 持 っており 問 題 解 決 には 多 くの 機 関 の 連 携 が 不 可 欠 である 限 られた 社 会 資 源 を 有 効 利 用 し 機 関 相 互 の 連 携 や 専 門 的 知 識 と 技 術 を 生 かせる 仕 組 みが 望 まれる 4 認 定 こども 園 の 導 入 近 年 の 急 速 な 尐 子 化 の 進 行 や 家 庭 地 域 を 取 り 巻 く 環 境 の 変 化 また 女 性 の 社 会 進 出 などを 背 景 に 保 護 者 の 就 労 の 有 無 により 幼 児 の 受 け 入 れ 施 設 が 限 定 される ことから 幼 稚 園 と 保 育 所 の 機 能 を 併 せ 持 った 幼 保 総 合 施 設 への 期 待 も 高 まってきて いる 多 様 化 するニーズに 柔 軟 に 対 応 するため 平 成 18 年 6 月 に 就 学 前 の 子 どもに 関 する 教 育 保 育 等 の 総 合 的 な 提 供 に 関 する 法 律 が 成 立 し 同 年 10 月 から 幼 稚 園 保 育 所 等 のうち 教 育 保 育 を 一 体 的 に 提 供 し 地 域 における 子 育 て 支 援 を 実 施 する 施 設 を 認 定 する 認 定 こども 園 制 度 が 創 設 された 認 定 こども 園 制 度 は 1 保 護 者 の 就 労 の 有 無 にかかわらず 施 設 利 用 が 可 能 2 適 切 な 規 模 のこどもの 集 団 を 保 ち 育 ちの 場 を 確 保 できる 3 育 児 不 安 の 大 きい 家 庭 への 支 援 を 含 む 地 域 の 子 育 て 支 援 が 充 実 するなどの 効 果 が 期 待 される これらのテーマについては 今 高 石 市 が 抱 えている 様 々な 問 題 と 同 じ 視 点 のもので あり 本 市 においても 認 定 こども 園 が これらの 利 点 を 有 することや 園 児 が 減 尐 す る 幼 稚 園 及 び 耐 震 化 が 急 がれる 幼 稚 園 保 育 所 双 方 の 再 編 にあたって 有 用 であること を 踏 まえ 導 入 すべきである 図 3 認 定 こども 園 となったことへの 評 価 認 定 こども 園 を 評 価 している 点 評 価 しな い, 0.8% 無 回 答, 21.4% どちらかとい えば 評 価 して いない, 2.4% どちらかといえば 評 価 している, 17.3% 評 価 してい る, 58.2% 1 保 育 時 間 が 柔 軟 に 選 べる( 46.5 %) 2 就 労 の 有 無 にかかわらない 施 設 利 用 ( 45.7 %) 3 教 育 活 動 の 充 実 ( 30.9 %) 4 異 年 齢 児 交 流 ( 27.3 %) 5 子 育 て 支 援 活 動 の 充 実 ( 24.6 %) 6 給 食 の 提 供 ( 14.4 %) 7 その 他 ( 5.6 %) ( 平 成 20 年 3 月 文 部 科 学 省 厚 生 労 働 省 幼 保 連 携 推 進 室 実 施 の 認 定 こども 園 アンケート) 9

10 5 預 かり 保 育 3 歳 児 保 育 について 保 護 者 からのニーズが 高 い 預 かり 保 育 については 昨 年 度 学 校 教 育 法 の 改 正 に より 家 庭 及 び 地 域 における 幼 児 期 の 教 育 の 支 援 について 明 記 されたことや 幼 稚 園 の 教 育 課 程 その 他 の 保 育 内 容 に 関 する 事 項 が 定 められたことを 受 け 平 成 20 年 3 月 に 公 布 された 新 しい 幼 稚 園 教 育 要 領 においても 地 域 の 実 態 や 保 護 者 の 要 請 により 教 育 時 間 の 終 了 後 に 行 う 預 かり 保 育 を 含 めた 教 育 活 動 について 留 意 事 項 が 示 されたとこ ろであり 今 後 受 益 者 負 担 を 考 慮 しながら 公 立 幼 稚 園 がどう 取 り 組 むべきであるか について 検 討 すべきである 3 歳 児 保 育 については 核 家 族 化 や 尐 子 化 都 市 化 が 進 む 中 で 近 隣 での 同 年 齢 集 団 にも 恵 まれず 親 子 の 孤 立 化 が 社 会 問 題 として 取 り 上 げられてきている 中 で 集 団 遊 びや 自 然 との 触 れ 合 いなどの 年 齢 に 即 した 育 ちの 場 を 提 供 することが 望 ましい 3 歳 児 の 発 達 段 階 を 捉 えても 自 我 の 芽 生 えによる 社 会 性 の 発 達 が 著 しく この 時 期 の 環 境 が 人 格 形 成 にも 大 きく 影 響 を 与 えることに 考 慮 する 必 要 性 がある また 孤 立 しがちな 親 へ 働 きかけて 幼 児 教 育 や 社 会 参 加 への 啓 発 育 成 親 同 士 の 連 携 によ り 地 域 社 会 でのネットワークの 基 盤 作 りができうることなどから 保 護 者 のニーズや 本 市 の 財 政 状 況 を 見 極 めながら 公 立 幼 稚 園 における3 歳 児 保 育 の 試 行 的 な 導 入 を 検 討 すべきである 6 教 育 環 境 の 整 備 について 幼 児 教 育 のさらなる 向 上 を 目 指 し 園 児 の 生 活 エリアを 大 切 にし 安 全 安 心 の 観 点 から 園 舎 の 耐 震 化 や 教 育 環 境 の 整 備 については 早 急 かつ 計 画 的 に 進 めていく べきである お わ り に 高 石 市 の 幼 児 教 育 のあり 方 検 討 委 員 会 は 平 成 21 年 7 月 から 11 月 までの 間 に 計 6 回 の 慎 重 な 審 議 を 行 った 高 石 市 において 今 後 幼 児 教 育 を 進 めるにあたっては 財 政 状 況 を 勘 案 しつつ 本 報 告 書 の 内 容 また そこでの 議 論 も 踏 まえ 市 民 の 声 にも 十 分 配 慮 しつつ 施 策 の 展 開 に 努 め られたい 10

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識

幼 稚 園 教 育 と 小 学 校 教 育 との 連 続 性 幼 稚 園 における 教 育 は 義 務 教 育 就 学 前 の 教 育 として 極 めて 重 要 な 役 割 を 担 っ ていることから 子 どもの 発 達 の 連 続 性 を 踏 まえ 小 学 校 教 育 との 連 続 性 を 意 識 第 4 章 これからの 幼 児 教 育 のあり 方 1. 幼 稚 園 における 教 育 の 方 向 性 (1) 幼 稚 園 における 教 育 のあり 方 1 幼 稚 園 の 役 割 幼 稚 園 は 子 どもが 家 庭 では 体 験 できない 友 達 との 集 団 生 活 を 通 して 教 員 に 支 えられながら 幼 児 期 なりの 豊 かさに 出 会 う 場 です 少 子 化 の 進 行 に 伴

More information

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc

Microsoft Word - 02[1].基本方針(正本)表紙.doc 幼 児 教 育 のあり 方 と 適 正 配 置 についての 基 本 方 針 平 成 21 年 9 月 橿 原 市 橿 原 市 教 育 委 員 会 はじめに 2 1. 公 立 幼 稚 園 保 育 所 の 現 状 課 題 3 2. 幼 児 教 育 のあり 方 についての 基 本 的 な 考 え 方 3 (1) 幼 稚 園 保 育 所 の 役 割 1 幼 稚 園 の 役 割 2 保 育 所 の 役 割 (2)

More information

平成 年 月 日

平成 年 月 日 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 平 成 23 年 2 月 磐 田 市 目 次 第 1 章 磐 田 市 幼 児 教 育 振 興 計 画 の 策 定 1 計 画 策 定 の 必 要 性 2 2 計 画 の 位 置 づけ 2 3 幼 児 教 育 の 目 標 重 点 4 4 計 画 の 期 間 4 5 基 本 施 策 5 6 計 画 の 構 成 6 第 2 章 計 画 の 内 容 1 保 育 教

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203037303831308CF6955C95B68169955C8E86816096DA8E9F8160967B95B6816A2E646F63> 公 立 幼 稚 園 のあり 方 について( 方 針 ) 平 成 19 年 7 月 いわき 市 教 育 委 員 会 目 次 1 これまでの 公 立 幼 稚 園 P.1 2 今 後 の 公 立 幼 稚 園 の 役 割 について P.1 ⑴ 公 立 幼 稚 園 と 私 立 幼 稚 園 の 役 割 ⑵ 障 がい 児 統 合 保 育 ⑶ 幼 保 連 携 への 対 応 ⑷ 子 育 て 支 援 の 推 進 3 公

More information

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf

(1)四條畷市幼児教育ビジョン目次.pdf 四 條 畷 市 幼 児 教 育 ビジョン( 案 ) 平 成 24 年 7 月 四 條 畷 市 教 育 委 員 会 はじめに 1. 幼 児 期 の 教 育 の 重 要 性 1 2. 幼 稚 園 教 育 について 1~2 3. 四 條 畷 市 の 幼 児 教 育 の 現 状 2~3 (1) 市 立 幼 稚 園 の 現 状 (2) 私 立 幼 稚 園 の 現 状 (3) 保 育 所 ( 園 )の 現 状

More information

基本指針骨子

基本指針骨子 資 料 5 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 1 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 含 め 全 ての 子 どもや 子 育 て

More information

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特

目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 4 (1) 人 口 出 生 数 合 計 特 長 野 市 公 立 保 育 所 の 適 正 規 模 及 び 民 営 化 等 基 本 計 画 ( 素 案 ) 平 成 24 年 9 月 長 野 市 目 次 第 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 第 2 民 営 化 及 び 統 廃 合 の 経 過 評 価 1 (1) 民 営 化 について (2) 統 廃 合 について 第 3 計 画 期 間 3 第 4 長 野 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題

More information

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人

ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち に 自 らを 律 しつつ 他 人 とともに 協 調 し 他 人 一 部 改 訂 版 とちぎの 幼 児 教 育 とちぎの 幼 児 の 健 やかな 成 長 のために 平 成 23 年 3 月 栃 木 県 総 合 教 育 セ ン タ ー ご あ い さ つ 今 日 の 社 会 の 急 激 な 変 化 を 受 けて 子 どもの 成 長 に 様 々な 課 題 が 指 摘 されて います しかし 子 どもを 取 り 巻 く 環 境 がいかに 変 化 しようとも 子 どもたち

More information

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に

目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 平 成 27 年 度 事 業 計 画 書 しらとり 保 育 所 目 次 1 事 業 運 営 計 画 ------------------------------------------------- P 1 2 目 指 すべき 施 設 像 --------------------------------------------- P 2 3 課 題 解 決 に 向 けた 取 組 -----------------------------------------

More information

大阪の子どもの貧困対策

大阪の子どもの貧困対策 参 考 資 料 1 大 阪 府 における 子 どもの 貧 困 対 策 について 11/18/2014 1 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 の 位 置 づけ 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 について 都 道 府 県 子 どもの 貧 困 対 策 計 画 は 子 どもの 貧 困 対 策 の 推 進 に 関 する 法 律 第 9 条 において 国 の 大 綱 を 勘 案 し 当 該

More information

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は

今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機 的 な 状 況 にあります 世 界 は 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) 平 成 26 年 7 月 3 日 教 育 再 生 実 行 会 議 今 後 の 学 制 等 の 在 り 方 について ( 第 五 次 提 言 ) はじめに 日 本 は 世 界 に 類 を 見 ない 速 さで 少 子 高 齢 化 が 進 行 し 生 産 年 齢 人 口 の 加 速 度 的 な 減 少 が 見 込 まれる 危 機

More information

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を

第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支 援 の 必 要 性 が 高 い 子 どもやその 家 族 を 参 考 資 料 2 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づく 基 本 指 針 の 主 な 記 載 事 項 ( 市 町 村 関 連 部 分 のみ 抜 粋 ) 第 一 子 ども 子 育 て 支 援 の 意 義 に 関 する 事 項 子 どもの 最 善 の 利 益 が 実 現 される 社 会 を 目 指 すとの 考 え 方 を 基 本 とする 障 害 疾 病 虐 待 貧 困 など 社 会 的 な 支

More information

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本

目 次 第 1 部 第 次 実 施 計 画 について 1 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 の 趣 旨 教 育 基 本 計 画 これまでの( 平 成 年 度 ~ 平 成 6 年 度 )の 総 括 について 4 第 次 実 施 計 画 の 目 的 と 期 間 10 4 実 施 計 画 の 基 本 第 4 回 教 育 基 本 計 画 審 議 会 資 料 平 成 8 年 月 15 日 学 びあい 響 きあう ちがさき 教 育 プラン 茅 ヶ 崎 市 教 育 基 本 計 画 第 次 実 施 計 画 平 成 8 年 度 ~ 平 成 0 年 度 (016 年 度 ~018 年 度 ) ( 案 ) この 資 料 は 現 在 策 定 中 の 第 次 実 施 計 画 ( 案 )より 一 部 を 抜 粋 したものです

More information

【公表資料】28.3.28緊急対策資料

【公表資料】28.3.28緊急対策資料 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 緊 急 的 に 対 応 する 施 策 について 平 成 28 年 3 月 28 日 厚 生 労 働 省 待 機 児 童 解 消 までの 緊 急 的 な 取 組 として 平 成 27 年 4 月 1 日 現 在 の 待 機 児 童 数 が50 人 以 上 いる114 市 区 町 村 及 び 待 機 児 童 を 解 消 するために 受 け 皿 拡 大 に 積 極 的

More information

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO

プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の 状 況 未 曾 有 の 豊 かさ 少 子 化 効 率 化 さらにO 今 後 の 幼 児 教 育 の 動 向 と 課 題 子 ども 子 育 て 新 システムと 保 育 の 質 国 立 特 別 支 援 教 育 総 合 研 究 所 小 田 豊 プロローグ なぜ 今 幼 児 教 育 改 革 なのか 幼 児 教 育 の 目 的 ( 潜 在 的 には 家 庭 教 育 の 正 常 化 ) 家 庭 教 育 への 支 援 子 育 てへの 支 援 ところが 現 代 の 子 ども 達 の

More information

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な

(2) 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 保 育 の 必 要 な 子 どものいる 家 庭 だけでなく 地 域 の 実 情 に 応 じた 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 のために 利 用 者 支 援 事 業 や 地 域 子 育 て 支 援 事 業 な 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度 に 係 る 基 準 ( 案 )の 概 要 1. 子 ども 子 育 て 新 制 度 について 平 成 24 年 8 月 幼 児 期 の 学 校 教 育 保 育 の 総 合 的 な 提 供 保 育 の 量 的 拡 大 確 保 地 域 の 子 ども 子 育 て 支 援 の 充 実 などを 目 的 に 子 ども 子 育 て3 法 (1 子 ども 子 育 て 支 援

More information

南 相 馬 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 ( 案 ) ( 概 要 版 ) 平 成 26 年 11 月 南 相 馬 市 1 計 画 の 概 要 (1) 計 画 の 位 置 づけ 子 ども 子 育 て 支 援 法 第 61 条 第 7 項 に 定 める 市 町 村 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 あるとともに 次 世 代 育 成 支 援 対 策 推 進 法 第 8 条

More information

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解

4 点 が 示 されている 1 相 互 のねらいや 方 法 などを 踏 まえ 継 続 的 計 画 的 に 取 り 組 む 2 幼 稚 園 小 学 校 の 教 員 が 子 どもの 発 達 を 長 期 的 にとらえ 互 いの 教 育 内 容 や 指 導 方 法 の 違 いや 共 通 点 について 理 解 幼 児 教 育 と 小 学 校 教 育 の 円 滑 な 接 続 の 在 り 方 幼 児 教 育 係 長 植 松 利 晴 Uematsu Toshiharu 研 究 指 導 主 事 廣 岡 由 美 Hirooka Yumi 主 査 中 村 美 喜 江 Nakamura Mikie 要 旨 平 成 20 年 3 月 に 新 幼 稚 園 教 育 要 領 が 公 示 された その 改 訂 に 伴 い 発 達

More information

橿原市特定事業主行動計画

橿原市特定事業主行動計画 橿 原 市 女 性 職 員 活 躍 推 進 アクションプラン 橿 原 市 (はじめに) 現 在 少 子 超 高 齢 化 や 地 方 分 権 の 進 展 に 伴 い 市 民 に 身 近 なサービスを 提 供 する 地 方 公 共 団 体 の 役 割 は ますます 重 要 となっています 橿 原 市 においても 限 られた 経 営 資 源 のもとで 組 織 力 のさらなる 向 上 を 図 り 持 続 可

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20918A96CD8CB48E738CF697A795DB88E78F8A8A8890AB89BB814596AF8AD488DA8AC78C7689E6967B8DFB816990B3967B816A2E646F63> 相 模 原 市 -20- 目 次 Ⅰ 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 計 画 の 位 置 付 けと 計 画 期 間 2 Ⅱ 保 育 所 の 現 状 と 課 題 3 1 保 育 需 要 の 増 加 3 2 保 育 需 要 の 多 様 化 3 3 地 域 の 子 育 て 支 援 4 4 施 設 老 朽 化 への 対 応 と 近 代 化 4 5 保 育

More information

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています

少子化の急速な進行は、労働力人口の減少、高齢者比率の上昇や市場規模の縮小、現役世代の負担の増大などにより、経済成長へのマイナス効果や地域社会の活力低下、子どもの健全な成長への悪影響など、将来の我が国の社会経済に深刻な影響を与えると懸念されています 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 平 成 21 年 3 月 島 田 市 島 田 市 立 保 育 園 民 営 化 計 画 1. 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 島 田 市 の 人 口 規 模 は 平 成 17 年 5 月 の 旧 島 田 市 と 旧 金 谷 町 との 合 併 及 び 平 成 20 年 4 月 の 旧 川 根 町 との 合 併 により 人 口 10 万 を 超 える 人

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

のびのび塩竈っ子プラン

のびのび塩竈っ子プラン 第 2 章 子 どもがのびのびと 健 やかに 育 つまち Ⅳ 計 画 の 内 容 ( 第 2 章 ) 第 1 節 多 様 な 生 涯 学 習 の 推 進 現 状 と 課 題 幼 稚 園 の 教 育 幼 稚 園 は 保 育 所 と 並 び 子 どもたちが 集 団 で 生 活 を 経 験 する 最 初 の 場 です 子 どもたち は 家 族 以 外 の 友 だちや 先 生 とのふれあいや 遊 び 体 験

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王

はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済 寺 跡 惟 喬 親 王 資 料 10 枚 方 市 生 涯 学 習 ビジョン 出 会 い 学 びあって 創 る 感 動 できるまち 枚 方 枚 方 市 はじめに 昨 年 市 制 施 行 55 周 年 を 迎 えた 枚 方 市 は 京 都 大 阪 奈 良 の 中 間 に 位 置 し 淀 川 の 水 と 生 駒 山 系 の 緑 に 囲 まれ 継 体 天 皇 即 位 の 伝 承 地 樟 葉 宮 や 国 の 特 別 史 跡 百 済

More information

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事

山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] 母 子 健 康 手 帳 の 交 付 妊 娠 出 産 育 児 期 の 母 子 の 健 康 管 理 を 図 るため 母 子 健 康 手 帳 を 交 付 しま 健 康 課 妊 婦 健 康 診 査 事 基 本 目 標 1 十 分 な 保 育 設 等 の 数 量 を 確 保 するとともに 保 育 環 境 の 改 善 及 び 充 実 を 図 り ま 山 形 市 子 ども 子 育 て 支 援 事 業 計 画 の 等 の 追 加 について [ 資 料 5] の 内 容 ( 区 分 ) 事 業 名 事 業 内 容 根 拠 法 令 等 関 連 計 画 担 当 課 (1) 設 型 給 付 地 域 型 保 育 給

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに

はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施 設 との バランスに 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 27(2015) 年 4 月 立 川 市 はじめに 用 途 地 域 とは 都 市 活 動 の 機 能 性 都 市 生 活 の 安 全 性 利 便 性 快 適 性 等 の 増 進 を 目 的 と して 住 宅 地 商 業 地 工 業 地 等 の 主 要 な 構 成 要 素 の 配 置 及 び 密 度 について 公 共 施

More information

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成

目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進 [ 成 益 田 市 社 会 教 育 推 進 計 画 益 田 市 教 育 委 員 会 平 成 26 年 2 月 策 定 目 次 はじめに 1 本 計 画 における 社 会 教 育 の 定 義 2 計 画 の 趣 旨 3 計 画 の 期 間 社 会 教 育 を 推 進 するための 基 本 目 標 について 4 基 本 目 標 1 就 学 前 機 関 学 校 家 庭 地 域 が 連 携 した 教 育 の 推 進

More information

用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 村 山 市 は じ め に 平 成 23 年 8 月 に 住 民 に 身 近 な 行 政 は 地 方 公 共 団 体 が 自 主 的 かつ 総 合 的 に 広 く 担 うとともに 地 域 住 民 が 自 らの 判 断 と 責 任 において 地 域 の 諸 課 題 に 取 り 組 むことができるようにする

More information

川 辺 町 総 合 戦 略 平 成 28 年 2 月 岐 阜 県 川 辺 町 目 次 第 1 章 総 合 戦 略 の 概 要... 1 1. 目 的... 1 2. 計 画 期 間... 1 3. 総 合 戦 略 の 位 置 づけ... 2 4. 推 進 検 証 体 制... 3 第 2 章 総 合 戦 略 の 基 本 方 針... 4 1. 基 本 方 針... 4 2. 基 本 的 方 向 性...

More information

第1部 総 説

第1部 総 説 第 9 次 山 梨 県 職 業 能 力 開 発 計 画 ~ やまなしの 産 業 を 担 う 人 材 の 育 成 ~ 平 成 23 年 10 月 山 梨 県 目 次 第 1 部 総 説 1 計 画 のねらい 1 2 計 画 の 期 間 1 第 2 部 職 業 能 力 開 発 をめぐる 社 会 経 済 の 変 化 1 労 働 力 需 給 構 造 の 変 化 2 2 労 働 力 供 給 面 の 変 化

More information

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」

2009年度 第2回常磐短期大学FD研究会 「これからの幼児教育について」 これからの 幼 児 教 育 について 幼 児 教 育 保 育 学 科 山 路 純 子 はじめに 本 日 は,これからの 幼 児 教 育 について, 社 会 情 勢 の 変 化 に 対 応 した 法 改 正 の 状 況 を 概 観 しながら 幼 保 一 体 化 の 教 育 を 主 に 取 り 上 げ, 今 後 の 発 展 の 動 向 を 考 えながら, 本 校 のような 養 成 校 の 役 割 などについて

More information

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか

てる 力 であり 他 の 教 科 などの 教 育 課 程 全 体 とのかかわりからとらえる 認 識 は 少 なかった そこで 次 の2 点 から 国 語 力 に 対 する 認 識 の 深 化 を 図 り 実 践 研 究 の 方 向 性 を 確 認 し 合 った ア 文 化 審 議 会 答 申 これか 中 学 校 Ⅰ はじめに 中 学 校 における 校 内 研 修 は 学 校 や 生 徒 の 実 態 に 即 した 主 題 を 設 定 して 具 体 的 実 践 的 に 行 わ れている しかし 教 科 担 任 制 のため 指 導 分 野 が 限 定 されがちであり 小 学 校 と 比 べて 全 教 師 が 共 通 に 取 り 組 む 課 題 の 範 囲 が 狭 いという 問 題 点 がある そのため

More information

3-表紙(大内)-se8mm.ai

3-表紙(大内)-se8mm.ai Ⅱ. 我 が 国 における 学 校 マネジメントに 関 する 取 組 の 概 要 1.はじめに 本 稿 では 学 校 マネジメントの 研 究 を 進 めるにあたり 我 が 国 における 学 校 マネジメン トに 関 する 取 組 について 現 在 までの 経 緯 をたどりその 概 要 を 整 理 する なお 本 研 究 では 学 校 マネジメントを 学 校 における 資 源 ヒト モノ 時 間 などを

More information

意欲を育み 未来を拓く おおた教育振興プラン2014 平成26年度 平成30年度 大田区教育委員会 はじめに 大 田 区 教 育 委 員 会 は 大 田 区 基 本 構 想 に 掲 げる 区 の 将 来 像 の 実 現 をめざすとともに 国 が 掲 げる 教 育 の 目 的 理 念 にのっとり 平 成 21 年 6 月 に 教 育 目 標 を 定 め あわせ て この 教 育 目 標 を 実 現

More information

守山市

守山市 第 1 回 守 山 市 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 25 年 10 月 17 日 資 料 5-1 守 山 市 保 育 * 幼 児 教 育 * 子 育 て 支 援 の 概 要 1 人 口 世 帯 数 ( 1 ) 人 口 世 帯 数 の 推 移 住 民 登 録 基 本 台 帳 より 区 分 人 口 ( 前 年 度 比 ) 世 帯 数 ( 前 年 度 比 ) 1 世 帯 あたり S45.7.1

More information

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と

2. 検 討 の 視 点 と 対 象 とする 住 宅 団 地 について 住 宅 団 地 の 再 生 とは 住 民 活 動 や 管 理 といったソフトによる 対 応 策 から 建 替 えによ る 更 新 まで 幅 広 い 概 念 を 含 みうるものであるが 本 検 討 会 では 地 域 の 拠 点 と 住 宅 団 地 の 再 生 のあり 方 について 取 りまとめ 1. 趣 旨 我 が 国 では 高 度 経 済 成 長 期 以 降 に 都 市 近 郊 を 中 心 に 大 規 模 な 住 宅 団 地 が 供 給 された これらの 中 には 既 に 建 物 や 設 備 の 老 朽 化 が 進 み 建 替 え 改 修 を 含 めた 再 生 を 図 る 必 要 に 迫 られているものも 多 くなっている

More information

1 図書館での児童サービス

1 図書館での児童サービス 第 1 部 第 1 次 計 画 の 成 果 と 課 題 ( 羽 曳 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 : 平 成 19 年 3 月 策 定 分 ) 第 1 章 計 画 策 定 の 背 景 1 これまでの 取 り 組 みと 策 定 の 趣 旨 本 市 教 育 委 員 会 では 子 どもの 読 書 活 動 の 推 進 に 関 する 法 律 および 子 ども 読 書 活 動 に 関 す る

More information

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章

目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 九 度 山 町 人 口 ビジョン 平 成 28 年 3 月 和 歌 山 県 九 度 山 町 目 次 第 章 人 口 の 現 状 分 析... 人 口 ビジョンの 位 置 づけ... 2 人 口 ビジョンの 対 象 期 間... 3 国 の 長 期 ビジョン... 4 和 歌 山 県 の 長 期 人 口 ビジョン... 4 5 九 度 山 町 の 人 口 動 向 分 析... 5 第 2 章 将 来

More information

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増

債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について A 後 期 高 齢 者 医 療 保 険 料 健 康 福 祉 局 医 療 福 祉 課 課 題 (1) 短 期 被 保 険 者 証 の 利 用 について 短 期 被 保 険 者 証 の 交 付 は 滞 納 者 との 交 渉 機 会 が 増 資 料 5 債 権 回 収 室 引 継 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する について 平 成 26 年 度 に 債 権 回 収 室 が 取 りまとめた 引 継 ぎ 6 債 権 の 債 権 管 理 回 収 上 の 課 題 に 対 する 平 成 27 年 11 月 末 現 在 の は 次 のとおりです なお 課 題 については 今 後 も 引 き 続 き 債 権 所 管

More information

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4

目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 方 針 4 2. 目 標 4 3. 対 象 4 滝 川 市 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 ( 平 成 26 年 度 ~ 平 成 30 年 度 ) 平 成 26 年 3 月 滝 川 市 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 とは 1. 子 どもの 読 書 活 動 の 意 義 2 2. 子 どもの 読 書 活 動 推 進 計 画 の 趣 旨 3 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え

More information

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教

目 次 1.はじめに 学 校 施 設 の 現 状 (1) 学 校 施 設 の 現 状 (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業 創 意 ある 教 中 野 区 立 小 中 学 校 施 設 整 備 計 画 平 成 26 年 10 月 中 野 区 教 育 委 員 会 目 次 1.はじめに... - 1-2. 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (1) 学 校 施 設 の 現 状... - 1 - (2)これまでの 学 校 施 設 の 改 築 改 修 の 経 過... - 2-1 木 造 校 舎 の 不 燃 化 事 業... - 2-2 創

More information

再 犯 防 止 に 向 けた 総 合 対 策 平 成 24 年 7 月 犯 罪 対 策 閣 僚 会 議 はじめに 1 第 1 再 犯 の 現 状 と 課 題 3 1 全 般 的 状 況 3 (1) 再 犯 者 率 の 上 昇 3 (2) 再 入 者 率 の 上 昇 3 (3) 仮 釈 放 率 の 低 下 3 2 対 象 者 の 特 性 別 に 見 た 現 状 3 (1) 早 期 対 策 が 必 要

More information

平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会 計 決 算 審 査 意 見 書 室 蘭 市 土 地 開 発 基 金 の 運 用 状 況 審 査 意 見 書 室 蘭 市 監 査 委 員 室 監 査 第 133 号 平 成 26 年 9 月 30 日 室 蘭 市 長 青 山 剛 様 室 蘭 市 監 査 委 員 土 倉 崇 室 蘭 市 監 査 委 員 羽 立 秀 光 平 成 25 年 度 室 蘭 市 各 会

More information

( 様 式 1-1) 事 業 計 画 書 目 次 [こども 青 少 年 局 ] 6 款 2 項 3 目 幼 児 教 育 費 ( 単 位 : 千 円 ) 計 画 書 頁 25 年 度 24 年 度 増 減 (25-24) 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 総 額 一 財 + 市 債 成 長 戦 略 基 本 政 策 新 規 拡 充 1 5 7 9 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励

More information

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育

1 支 給 認 定 新 制 度 では 幼 稚 園 ( 新 制 度 に 移 行 する 幼 稚 園 のことで 以 下 同 じ) を 利 用 する 場 合 には お 住 まいの 市 町 村 から 支 給 認 定 証 の 交 付 を 受 ける 必 要 があります 認 定 の 区 分 は 年 齢 や 保 育 ここに 掲 載 されている 内 容 は 平 成 26 年 9 月 時 点 での 予 定 です 今 後 変 更 となる 可 能 性 があります 平 成 27 年 度 から 幼 稚 園 等 の 利 用 手 続 きが 変 わります! 幼 児 期 の 学 校 教 育 や 保 育 地 域 の 子 育 て 支 援 の 量 の 拡 充 や 質 の 向 上 を 進 めていく 子 ども 子 育 て 支 援 新 制 度

More information

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮

5. 施 策 の 方 向 性 (イメージ) (1) 防 府 市 における 安 定 した 雇 用 を 創 出 する 本 市 の 特 性 を 活 かした 企 業 誘 致 活 動 本 社 機 能 を 持 つ 企 業 の 誘 致 活 動 中 堅 中 小 企 業 の 支 援 水 産 業 振 興 拠 点 ( 潮 資 料 5 防 府 市 まち ひと しごと 創 生 総 合 戦 略 骨 子 ( 案 ) 1. 目 的 人 口 減 少 少 子 高 齢 化 という 課 題 に 正 面 から 向 き 合 い 将 来 にわたり 持 続 的 に 発 展 して いく 人 まち 元 気 誇 り 高 き 文 化 産 業 都 市 防 府 の 実 現 を 確 かなものにするため 多 様 な 英 知 を 結 集 して 本 市 のまち

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208EC08E7B8C7689E6967B95B65F8C6F896389EF8B638CE3819A819A819A819A81698C888DD98F9193599574816A90B48F918169928D8EDF92C78B4C94C5814588C48EE682EA816A2E646F6378> UR 賃 貸 住 宅 ストック 再 生 再 編 方 針 に 基 づく 実 施 計 画 平 成 27 年 3 月 目 次 1. 実 施 計 画 を 策 定 する 背 景 目 的 1 2.ストック 再 生 再 編 方 針 ( 平 成 19 年 12 月 26 日 策 定 )の 概 要 2 (1) 団 地 の 類 型 化 及 び 団 地 別 整 備 方 針 の 策 定 2 (2) 居 住 の 安 定 の

More information

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き

Microsoft Word - ★250822【発出版】子ども虐待対応の手引き 第 6 章 1. 各 種 診 断 はどのように 行 うか 児 童 相 談 所 における 子 ども 虐 待 対 応 は 専 門 的 な 科 学 的 知 見 に 基 づき 問 題 の 本 質 背 景 を 分 析 す ることにより 合 理 的 客 観 的 見 地 から 個 々の 事 例 につ の 過 程 が 診 断 であり 診 断 には 児 童 福 祉 司 による 社 会 診 断 児 童 心 理 司 による

More information

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231>

< F2D8CA48B8694AD955C89EF8CB48D658DC58F4994C5328C8E3231> 教 科 指 導 等 を 通 じたPISA 型 読 解 力 の 育 成 に 関 する 研 究 - 読 解 力 グループ 研 究 の 概 要 - 研 究 の 概 要 本 研 究 は,これからの 国 際 社 会 を 生 きる 日 本 人 にとって 必 要 とされる 力 である PISA 型 読 解 力 を, 教 科 領 域 の 指 導 を 通 して 育 成 することを 目 指 すものである PISA 型

More information

石議第   号

石議第   号 平 成 24 年 12 月 6 日 石 巻 市 議 会 議 長 阿 部 和 芳 殿 保 健 福 祉 委 員 会 氏 名 委 員 長 渡 辺 拓 朗 印 視 察 報 告 書 視 察 の 概 要 は 下 記 のとおりです 記 1 参 加 委 員 委 員 長 渡 辺 拓 朗 副 委 員 長 堀 川 禎 則 委 員 水 澤 冨 士 江 石 森 市 雄 森 山 行 輝 阿 部 政 昭 阿 部 仁 州 ほか 事

More information

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について)

資料3-1 関係データ集(幼児教育・幼少接続について) 平 成 2 7 年 4 月 2 8 日 教 育 課 程 企 画 特 別 部 会 資 料 3-1 幼 児 教 育 幼 小 接 続 に 関 する 現 状 について 1. 幼 児 教 育 の 現 状 1 2. 子 供 の 発 達 の 現 状 12 3. 幼 小 接 続 14 1. 幼 児 教 育 の 現 状 乳 幼 児 期 における 教 育 保 育 の 制 度 発 小 学 校 達 や 学 び の 連 続

More information

水 戸 市 幼 児 教 育 振 興 基 本 計 画 水 戸 市 目 次 頁 第 1 編 総 論 1 第 1 章 計 画 策 定 に 当 たって 1 第 1 計 画 策 定 の 背 景 趣 旨 1 第 2 計 画 の 役 割 1 第 3 計 画 の 構 成 期 間 進 行 管 理 2 第 2 章 計 画 の 基 本 的 な 考 え 方 3 第 1 幼 児 教 育 の 意 義 役 割 3 第 2 国

More information

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過

目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4. 付 言 8 資 料 審 議 経 過 清 瀬 市 認 可 保 育 園 の 保 育 料 について ( 答 申 ) 平 成 25 年 12 月 清 瀬 市 使 用 料 審 議 会 目 次 はじめに 1 1. 清 瀬 市 の 財 政 状 況 2 2. 保 育 事 業 概 要 3 1 施 設 定 員 待 機 児 童 数 の 状 況 2 保 育 料 の 仕 組 み 3 認 可 保 育 園 の 運 営 費 3. 保 育 料 の 適 正 化 6 4.

More information

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63>

<4D F736F F D B98EE68E7388C C588C C882DC82BF82C382AD82E88AEE967B8C7689E C B95B6816A2E646F63> 鳥 取 市 ( 平 成 18 年 6 月 ) 第 1 章 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 1 1. 基 本 計 画 策 定 の 趣 旨 2. 基 本 計 画 の 施 策 対 象 の 範 囲 3. 計 画 期 間 第 2 章 現 状 と 課 題 2 1. 犯 罪 の 現 状 2. 生 活 環 境 の 変 化 3. 課 題 第 3 章 基 本 計 画 推 進 の 基 本 的 な 考 え 方 4 1.

More information

表紙

表紙 2-1 本 市 の 現 況 2-2 都 市 計 画 マスタープラン 策 定 に 向 けた 課 題 のとりまとめ 2. 現 況 と 課 題 の 整 理 2-1 本 市 の 現 況 (1) 歴 史 本 市 は 明 治 の 大 合 併 時 に2 町 9 村 となり 昭 和 29~35 年 の 昭 和 の 大 合 併 時 に 現 在 の 市 の 前 身 の6 市 町 村 になっています さらに 平 成 18

More information

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね

幼 児 教 保 全 般 に 関 する 調 査 研 究 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 現 状 課 題 整 理 幼 児 教 や に 関 する 研 究 結 果 等 情 報 収 集 や 必 要 に 応 じ 調 査 る も を 環 み 充 実 地 施 策 ね ワーク ライフ バランス 推 進 幼 児 教 保 質 現 状 課 題 整 理 ども を 社 会 全 体 で えいくいう 機 運 を 高 めいくために 企 業 保 護 者 () 幼 児 教 センター を 拠 点 した 多 様 な 幼 児 教 保 推 進 市 民 等 を 対 象 し 重 要 性 や 役 割 などに 関 する 講 演 会 や 講 座 を 開 催 しいます る も を 環 み 充 実 しかし

More information

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市

はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な 事 項 を 定 めることが 国 や 地 方 公 共 団 体 に 求 められました そこで 小 山 市 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 の 大 綱 豊 かな 心 と 健 全 な 身 体 を 育 む ふるさと 小 山 の 教 育 2015 年 ( 平 成 27 年 )4 月 栃 木 県 小 山 市 はじめに 平 成 18 年 の 教 育 基 本 法 改 正 に 伴 い 教 育 の 振 興 に 関 する 施 策 についての 基 本 的 な 方 針 及 び 構 ずべき 施 策 その 他 必 要 な

More information

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378>

<874450313481605031358EE597768E968BC688EA97972E786C7378> 45 ( 単 位 : 千 円 ) 款 民 生 費 項 児 童 福 祉 費 事 業 区 分 新 規 拡 大 保 育 所 外 国 語 指 導 助 手 派 遣 事 業 政 策 (4つの 柱 ) 未 来 づくり 教 育 のまちづくり 担 当 部 局 所 属 福 祉 部 子 育 て 支 援 課 国 庫 支 出 金 県 支 出 金 市 債 その 他 1,744 一 般 財 源 1,744 認 可 保 育 所 に

More information

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱

大津市私立幼稚園就園奨励費補助金交付要綱 大 津 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 私 立 幼 稚 園 の 設 置 者 が 保 育 料 等 を 減 免 することに 要 する 経 費 に 対 し 予 算 の 範 囲 内 において 当 該 設 置 者 に 補 助 金 を 交 付 し もって 就 学 前 教 育 の 振 興 を 図 ることを 目 的 とする ( 定

More information

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc

07_住宅バウチャー(家賃補助)制度の表紙.doc 資 料 2 大 阪 府 における 住 宅 バウチャー( 家 賃 補 助 ) 制 度 の 検 討 経 過 等 について 安 心 して 暮 らせる 住 宅 とまちの 形 成 ( 今 後 の 住 宅 セーフティネット 施 策 の 展 開 について) 今 後 の 住 宅 セーフティネットの 構 築 の 方 向 性 施 策 の 構 築 にあたっては 府 民 の 生 活 実 態 や 市 場 の 状 況 把 握

More information

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一

第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝 都 築 美 紀 枝 柴 山 敏 行 昭 和 41 年 1 月 1 日 鹿 児 島 県 霧 島 市 国 分 中 央 一 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 機 関 別 評 価 結 果 ( 再 評 価 ) 平 成 28 年 3 月 10 日 一 般 財 団 法 人 短 期 大 学 基 準 協 会 第 一 幼 児 教 育 短 期 大 学 の 概 要 設 置 者 理 事 長 学 長 ALO 開 設 年 月 日 所 在 地 学 校 法 人 都 築 教 育 学 園 都 築 美 紀 枝

More information

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野

目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉 佐 野 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 平 成 22(2010) 年 3 月 泉 佐 野 市 目 次 はじめに 第 1 章 泉 佐 野 市 子 ども 読 書 活 動 推 進 計 画 基 本 方 針 1 1 乳 幼 児 期 からはじまる 読 書 環 境 の 整 備 1 2 読 書 環 境 充 実 に 向 けた 連 携 の 推 進 1 3 広 報 啓 発 の 充 実 1 第 2 章 泉

More information

用途地域等に関する指定方針

用途地域等に関する指定方針 用 途 地 域 等 に 関 する 指 定 方 針 及 び 指 定 基 準 平 成 24 年 12 月 東 大 和 市 は じ め に これまで 東 京 都 においては 東 京 の 新 しい 都 市 づくりビジョン 及 び 東 京 におけ る 土 地 利 用 に 関 する 基 本 方 針 について を 踏 まえ 政 策 誘 導 型 の 都 市 づくりを 進 めるた め 平 成 14 年 7 月 に

More information

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_

Microsoft Word - 26事業計画書_修正_ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 平 成 26 年 度 事 業 計 画 書 1. 基 本 方 針 川 崎 市 障 害 福 祉 施 設 事 業 協 会 ( 以 下 協 会 という)は 川 崎 市 内 における 障 害 福 祉 関 係 施 設 及 び 事 業 所 並 びに 地 域 福 祉 サービス 機 関 等 との 相 互 の 連 携 による 障 害

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208B8C8D8293638FAC8A778D5A8CF689808C7689E692F18CBE8F91> 旧 高 田 小 学 校 跡 地 公 園 計 画 についての 提 言 書 平 成 26 年 3 月 27 日 旧 高 田 小 学 校 公 園 づくり 検 討 会 はじめに 豊 島 区 におかれましては 日 頃 から 雑 司 が 谷 南 池 袋 地 区 のまちづくりにご 理 解 とご 協 力 をい ただきありがとうございます ご 存 知 のように 当 地 区 は 東 京 の 防 災 都 市 づくり 推

More information

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計...

目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 島 本 町 公 共 施 設 適 正 化 基 本 方 針 ( 案 ) 平 成 2 月 島 本 町 目 次 はじめに... 1 1 方 針 の 策 定 について... 2 2 公 共 施 設 の 現 況 と 課 題... 人 口 の 推 移... 8 ⑴ 将 来 推 計 人 口... 8 ア 日 本 の 総 人 口 の 推 移... 8 イ 島 本 町 の 人 口 推 移 と 将 来 推 計... 9

More information

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校)

Microsoft Word - いじめ防止基本方針HP版(06大津高校) 滋 賀 県 立 大 津 高 等 学 校 いじめ 防 止 基 本 方 針 はじめに 本 校 は 教 育 理 念 を 表 すスローガンとして SMILEで 輝 く 未 来 へのまなざし を 掲 げ 教 育 活 動 に 取 り 組 んでいます SMILE の 各 文 字 は 次 に 示 した 教 育 への 思 いを 表 しています Study: 学 習 意 欲 と 学 力 の 向 上 で より 高 い 希

More information

障害者保健福祉施策の基本的な方向

障害者保健福祉施策の基本的な方向 発 達 障 害 者 支 援 施 策 関 係 資 料 ~ 平 成 21 年 度 予 算 の 概 要 ~ 厚 生 労 働 省 Ⅰ ね ら い 発 達 障 害 の 定 義 と 発 達 障 害 への 理 解 の 促 進 発 達 障 害 者 に 対 する 生 活 全 般 にわたる 支 援 の 促 進 発 達 障 害 者 支 援 を 担 当 する 部 局 相 互 の 緊 密 な 連 携 の 確 保 Ⅱ 概 要

More information

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県

5. 政 策 目 標 の 達 成 ( 進 捗 ) 状 況 達 成 状 況 A 概 ね 順 調 犯 罪 に 強 い 安 全 なまちづくりの 推 進 については 住 民 自 身 の 防 犯 活 動 として 民 間 パトロール 隊 や 青 色 回 転 灯 装 備 車 両 によるパトロール 活 動 が 県 政 策 評 価 表 政 策 とりまとめ 課 : 知 事 政 策 局 防 災 危 機 管 理 課 TEL( 直 通 ):076-444-4124 政 策 の 柱 安 心 とやま 政 策 名 19 防 犯 交 通 安 全 対 策 の 推 進 による 安 全 なまちづくり 政 策 目 標 犯 罪 や 交 通 事 故 の 発 生 しにくい 環 境 づくりが 進 み 県 民 が 安 全 で 安 心 して 暮

More information

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世

被 保 護 世 帯 数 被 保 護 人 員 保 護 率 の 年 次 推 移 生 活 保 護 受 給 者 数 は 約 217 万 人 であり 平 成 23 年 に 過 去 最 高 を 更 新 して 以 降 増 加 傾 向 が 続 いている 260 ( 万 ) 2.50 被 保 護 世 帯 数 ( 世 平 成 27 年 度 居 住 支 援 全 国 サミット 資 料 1(7) 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 について 平 成 28 年 1 月 25 日 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 地 域 福 祉 課 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 室 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 制 度 ホームページ( 厚 生 労 働 省 ) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000059425.html

More information

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について

(審42)資料2 地方公共団体等からの主な要望事項について ( 審 42) 資 料 2 地 方 公 共 団 体 等 からの 主 な 要 望 事 項 について 平 成 28 年 1 月 本 資 料 は 第 40 回 審 査 会 ( 平 成 27 年 1 月 28 日 ) 以 降 現 時 点 までに 文 部 科 学 省 に 寄 せられた 要 望 のうち 主 な 項 目 をまとめたものである 1. 精 神 的 損 害 に 係 る 賠 償 被 害 者 が 被 った

More information

宮 城 県 高 齢 者 居 住 安 定 確 保 計 画 平 成 25 年 3 月 宮 城 県 目 次 1 計 画 の 目 的 と 位 置 づけ 等......... 1 1-1 計 画 の 目 的 と 策 定 の 背 景...... 1 1-2 計 画 の 位 置 づけ......... 2 1-3 計 画 の 期 間......... 3 2 高 齢 者 の 住 まいの 現 状 と 課 題......

More information

0812教育プラン.indd

0812教育プラン.indd 第 1 章 総 論 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 埼 玉 教 育 の 基 本 的 な 考 え 方 17 生 きる 力 と 絆 の 埼 玉 教 育 プラン 1 基 本 理 念 教 育 基 本 法 において 教 育 は 人 格 の 完 成 を 目 指 し 平 和 で 民 主 的 な 国 家 及 び 社 会 の 形 成 者 として 必 要 な 資 質 を 備 えた 心 身 ともに 健 康

More information

第6分科会

第6分科会 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 ( 教 育 ) 平 成 23 年 7 月 19 日 自 由 民 主 党 国 家 戦 略 本 部 第 6 分 科 会 はじめに 戦 後 のわが 国 の 教 育 は 教 育 水 準 の 向 上 を 通 じ 経 済 社 会 の 発 展 に 貢 献 してきた その 中 で 自 由 民 主 党 は 左 翼 思 想 に 支 配 された 日 本 教 職 員 組 合 が

More information

南 空 知 4 町 における 広 域 連 携 のあり 方 に 関 する 報 告 書 ( 平 成 23 年 度 ) 平 成 24 年 3 月 南 空 知 4 町 広 域 連 携 検 討 会 議 ( 南 幌 町 由 仁 町 長 沼 町 栗 山 町 ) 目 次 1. 南 空 知 4 町 による 広 域 連 携 の 検 討 の 目 的 と 経 過 1 (1) 広 域 連 携 の 検 討 趣 旨 (2) 南

More information

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授

6 潤 いの 時 間 の 英 会 話 の 実 施 に 当 たっては 学 校 の 意 向 を 十 分 に 尊 重 すること 市 で 作 成 したプログラム カリキュラムについては 学 校 の 実 態 にあわせて 柔 軟 に 運 用 することができるこ とを 周 知 徹 底 すること 英 会 話 の 授 さいたま 市 教 育 委 員 会 教 育 長 桐 淵 博 様 2013 年 6 月 6 日 さいたま 市 教 職 員 組 合 執 行 委 員 長 山 本 仁 さいたま 市 の 教 育 施 策 学 校 運 営 並 びに 教 育 条 件 整 備 等 についての 要 求 書 さいたま 市 の 教 育 条 件 の 整 備 等 に 対 する 貴 職 のご 尽 力 に 対 し 敬 意 を 表 します 昨 年 度

More information

目 次 第 1 章 : 基 本 的 な 考 え 方 1 ぎふっこ すこやかプランの 策 定 の 趣 旨 P 1 2 本 プランの 実 施 時 期 P 2 第 2 章 : 岐 阜 県 の 現 状 1 幼 稚 園 や 保 育 所, 認 定 こども 園 等 の 状 況 P 3 2 市 町 村 の 状 況

目 次 第 1 章 : 基 本 的 な 考 え 方 1 ぎふっこ すこやかプランの 策 定 の 趣 旨 P 1 2 本 プランの 実 施 時 期 P 2 第 2 章 : 岐 阜 県 の 現 状 1 幼 稚 園 や 保 育 所, 認 定 こども 園 等 の 状 況 P 3 2 市 町 村 の 状 況 第 2 次 岐 阜 県 幼 児 教 育 アクションプラン ~つながる 深 まる 幼 児 教 育 の 推 進 ~ 素 案 平 成 2 8 年 3 月 岐 阜 県 岐 阜 県 教 育 委 員 会 目 次 第 1 章 : 基 本 的 な 考 え 方 1 ぎふっこ すこやかプランの 策 定 の 趣 旨 P 1 2 本 プランの 実 施 時 期 P 2 第 2 章 : 岐 阜 県 の 現 状 1 幼 稚 園

More information

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公

目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援 事 業 8 (6) 公 公 立 保 育 の 運 営 のあり 方 に 関 する 方 針 平 成 22 年 12 月 小 平 市 次 世 代 育 成 部 目 次 1 小 平 市 の 保 育 の 現 状 と 課 題 (1) 小 平 市 の 就 学 前 児 童 数 1 (2) 保 育 サービスの 利 用 状 況 1 (3) 保 育 サービスの 利 用 希 望 5 (4) 待 機 児 童 の 状 況 6 (5) 子 育 て 支 援

More information

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 (

(18) 教 育 保 育 給 付 費 国 庫 負 担 金 に 関 する 業 務 (19) 子 ども 子 育 て 支 援 交 付 金 に 関 する 業 務 (20) 保 育 対 策 総 合 支 援 事 業 費 補 助 金 教 育 支 援 体 制 整 備 事 業 費 交 付 金 に 関 する 業 務 ( 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 仕 様 書 1 業 務 名 称 堺 市 子 育 て 支 援 業 務 事 務 処 理 センター 運 営 業 務 2 業 務 目 的 堺 市 役 所 本 庁 区 役 所 においては 児 童 手 当 や 児 童 扶 養 手 当 等 を 含 め 膨 大 な 事 務 処 理 を 行 っている さらに 平 成 27 年 度 からの 子

More information

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非

はじめに 教 育 に 冷 たく 重 い 風 が 吹 いている 子 どもたちが 関 わる 重 大 事 件 が 相 次 ぐ 中 昨 年 夏 佐 世 保 市 で 高 校 1 年 生 女 子 生 徒 による 同 級 生 殺 害 事 件 が 起 き 日 本 中 に 大 きな 衝 撃 が 走 った 少 年 非 先 生 方 へ いのちを 大 切 にし 他 人 を 思 いやる 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう いのちの 教 育 危 機 対 応 の 在 り 方 への 提 言 危 機 感 をもとう 心 豊 かな 佐 世 保 の 子 どもたちを 育 てよう 躊 躇 せず 関 係 機 関 との 連 携 をしよう 子 どもの 状 況 を 次 の 学 年 学 校 へ 確 実 に 引 き 継 ごう

More information

8 学 校 施 設 の 耐 震 化 や 老 朽 校 舎 の 大 規 模 改 修 府 立 学 校 施 設 の 耐 震 化 については 平 成 28 年 3 月 末 現 在 で すべての 学 校 の 耐 震 化 を 達 成 した また 昨 年 度 から 体 育 館 等 の 吊 り 天 井 や 照 明 器

8 学 校 施 設 の 耐 震 化 や 老 朽 校 舎 の 大 規 模 改 修 府 立 学 校 施 設 の 耐 震 化 については 平 成 28 年 3 月 末 現 在 で すべての 学 校 の 耐 震 化 を 達 成 した また 昨 年 度 から 体 育 館 等 の 吊 り 天 井 や 照 明 器 2016 年 度 要 求 大 集 会 実 行 委 員 会 対 府 交 渉 ( 教 育 分 野 基 本 回 答 ) 1. 学 校 建 設 通 学 区 域 割 1 東 大 阪 地 域 堺 泉 北 地 域 岸 和 田 貝 塚 地 域 への 知 的 障 害 支 援 学 校 建 設 計 画 の 策 定 平 成 27 年 度 に 府 立 枚 方 支 援 学 校 府 立 むらの 高 等 支 援 学 校 府 立 西

More information

2007 年 ( 平 成 19 年 )7 月 四 万 十 市 目 次 Ⅰ 基 本 方 針 策 定 の 趣 旨 1 Ⅱ 基 本 理 念 2 Ⅲ 推 進 方 針 3 1 共 通 事 項 3 2 個 別 事 項 4 (1) 子 ども 4 (2) 女 性 4 (3) 高 齢 者 5 (4) 同 和 問 題 6 (5) 障 害 者 6 (6) ハンセン 病 HIV 感 染 者 等 7 (7) 外 国 人 7

More information

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・

Microsoft Word - 【概要版】伊勢原市子ども・若者育成支援指針_最終確・ 伊 勢 原 市 子 ども 若 者 育 成 支 援 指 針 < 概 要 版 > ~ 子 ども 若 者 が 夢 に 向 かって 自 立 しながら 成 長 するまち いせはら~ 平 成 27 年 4 月 伊 勢 原 市 1 指 針 策 定 の 経 緯 近 年 少 子 化 核 家 族 化 情 報 化 経 済 情 勢 などの 影 響 を 受 け 子 ども 若 者 を 取 り 巻 く 環 境 は 大 きく 様

More information

荒川区における新たな住宅政策のあり方について

荒川区における新たな住宅政策のあり方について 荒 川 区 における 新 たな 住 宅 政 策 のあり 方 について 答 申 平 成 20 年 12 月 荒 川 区 住 宅 対 策 審 議 会 目 次 はじめに ----------------------------------------------------------------- 1 1. 新 たな 住 宅 政 策 の 前 提 -------------------------------------------------

More information

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集

Microsoft PowerPoint - 150908差し替え【主な版】2-2ポンチ絵集 平 成 28 年 度 主 な 税 制 改 正 要 望 の 概 要 平 成 27 年 8 月 厚 生 労 働 省 目 次 セルフメディケーション 推 進 のための 一 般 用 医 薬 品 等 に 関 する 所 得 控 除 制 度 の 創 設 1 セルフメディケーション 推 進 に 資 する 薬 局 に 係 る 税 制 措 置 の 創 設 2 個 人 の 健 康 増 進 疾 病 予 防 の 推 進 のための

More information

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外

2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の 送 出 し 機 関 本 邦 の 監 理 団 体 実 習 実 施 機 関 その 他 関 係 組 織 への 相 談 助 言 (1) 海 外 2016 年 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 自 2016 年 ( 平 成 28 年 )4 月 1 日 至 2017 年 ( 平 成 29 年 )3 月 31 日 公 益 財 団 法 人 国 際 研 修 協 力 機 構 2016 度 ( 平 成 28 年 度 ) 事 業 計 画 目 次 総 論 1 各 論 Ⅰ 公 益 目 的 事 業 第 1 章 相 談 助 言 2 1 海 外 の

More information

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花

目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14 5. 尾 花 尾 花 沢 まち ひと しごと 創 生 尾 花 沢 人 口 ビ ジ ョ ン 平 成 27 年 10 月 尾 花 沢 目 次 1. 尾 花 沢 人 口 ビジョンの 位 置 づけ 1 2. 対 象 期 間 1 3. 尾 花 沢 の 人 口 動 向 2 (1) 総 人 口 年 齢 区 分 別 人 口 2 (2) 人 口 動 態 7 (3) 産 別 就 者 12 4.まちづくりに 関 する 民 ニーズ 14

More information

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目

3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 2 経 営 における 社 会 的 責 任 カテゴリー2 サブカテゴリー1(2-1) 社 会 人 福 祉 サービス 事 業 者 として 守 るべきことを 明 確 にし その 達 成 に 取 り 組 んでいる 項 目 3. 各 項 目 別 の 結 果 (1) 組 織 マネジメント 平 成 26 年 度 1 リーダーシップと 意 思 決 定 共 通 項 目 カテゴリー1 サブカテゴリー1(1-1) 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 項 目 1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 して いる 1. 事 業 所 が

More information

Ⅰ 総論

Ⅰ 総論 女 性 活 躍 推 進 特 定 事 業 主 行 動 計 画 せき きらめき 女 子 のアクティブプラン み ん な ~ 男 女 がいきいきと 働 く 職 場 をめざして~ 平 成 28 年 3 月 関 市 はじめに 我 が 国 において 女 性 の 就 業 率 は 着 実 に 上 昇 してきているものの 育 児 介 護 等 を 理 由 に 働 けない 女 性 や 出 産 を 機 に 離 職 する 女

More information

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ

下 IOM という )による 健 康 診 断 結 果 を 踏 まえ 受 入 れ 予 定 者 を 決 定 した 政 府 の 委 託 を 受 けた IOM が タイにおいて 受 入 れ 予 定 者 に 対 する 出 国 前 研 修 ( 我 が 国 における 基 本 的 な 生 活 習 慣 に 関 するガ 第 三 国 定 住 による 難 民 の 受 入 れ 事 業 の 今 後 の 方 針 について 平 成 2 6 年 1 月 2 2 日 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 第 1 経 緯 我 が 国 は 平 成 20 年 12 月 の 閣 議 了 解 及 び 難 民 対 策 連 絡 調 整 会 議 決 定 に より アジア 地 域 で 発 生 している 難 民 に 関 する 諸 問 題 に 対 処

More information

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc)

(Microsoft Word \220\316\220\354\216O\220\347\221\343\227v\216|.doc) 一 時 特 定 保 育 の 役 割 とその 課 題 児 童 学 研 究 科 児 童 学 専 攻 06-0632 0632 石 川 三 千 代 1. 研 究 の 動 機 と 目 的 少 子 化 は 1990( 平 成 2) 年 の 1.57 ショックから 大 きな 社 会 問 題 として 取 り 上 げられる ようになった 国 はエンゼルプラン 1994( 平 成 6) 年 新 エンゼルプラン 1999(

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D2091E6825889F18BB388E78DA7926B89EF8E9197BF2E70707478> 第 9 回 教 育 懇 談 会 資 料 国 の 教 育 改 革 と 愛 知 県 の 取 組 状 況 について 1 教 育 再 生 実 行 会 議 で 示 された 教 育 課 題 第 一 次 提 言 平 成 25 年 2 月 26 日 いじめの 問 題 等 への 対 応 について 道 徳 教 育 いじめ 対 策 体 罰 禁 止 第 二 次 提 言 平 成 25 年 4 月 15 日 教 育 委 員 会

More information

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の

目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析 1. 人 口 の 相 馬 市 人 口 ビジョン 平 成 27 年 9 月 25 日 相 馬 市 地 方 創 生 総 合 戦 略 会 議 目 次 第 1 章 人 口 ビジョン 策 定 に 当 たって 1. 人 口 ビジョン 策 定 の 趣 旨 4 2. 人 口 ビジョンとは 5 (1) 位 置 づけ (2) 対 象 期 間 (3) 国 の 長 期 ビジョン 第 2 章 相 馬 市 における 人 口 の 現 状 分 析

More information

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版)

高等学校等就学支援金事務処理要領(旧制度)(第6版) 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 事 務 処 理 要 領 ( 旧 制 度 )( 第 6 版 ) ( 都 道 府 県 事 務 担 当 者 用 ) まえがき 本 要 領 は 公 立 高 等 学 校 に 係 る 授 業 料 の 及 び 高 等 学 校 等 就 学 支 援 金 の 支 給 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 90 号 ) による

More information

吉 野 町 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 平 成 27 年 3 月 吉 野 町 目 次 第 1 章 計 画 策 定 にあたって 1 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 (1) 制 度 改 正 の 流 れ 3 (2) 第 4 期 障 害 福 祉 計 画 について 4 2 計 画 の 性 格 及 び 位 置 づけ 5 (1) 計 画 の 性 格 5 (2) 計 画 の 位 置 づけ 5 3 計

More information

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】

子ども・子育て新制度における   保育所利用者負担について【案】 子 ども 子 育 て 会 議 平 成 26 年 度 第 5 回 会 議 資 料 2 子 ども 子 育 て 新 制 度 における 1 号 2 号 3 号 利 用 者 負 担 について 案 平 成 27 年 1 月 29 日 保 健 福 祉 部 子 育 て 推 進 課 1 子 ども 子 育 て 支 援 制 度 における 田 辺 市 の 利 用 者 負 担 について Ⅰはじめに 平 成 24 年 8 月

More information

資料5-1 博士後期課程 基本計画

資料5-1 博士後期課程 基本計画 資 料 5-1 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 平 成 22 年 10 月 公 立 大 学 法 人 札 幌 市 立 大 学 札 幌 市 立 大 学 大 学 院 博 士 後 期 課 程 基 本 計 画 目 次 Ⅰ 基 本 的 な 考 え 方 1 1. 設 置 の 趣 旨 及 び 必 要 性 2. 教 育 研 究 理 念 3. 育 成 する 人 材 像 4.

More information