1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5

Size: px
Start display at page:

Download "1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5"

Transcription

1 資 料 Ⅱ-2 救 急 搬 送 実 施 基 準 宮 城 県 平 成 25 年 X 月

2 1 救 急 搬 送 実 施 基 準 策 定 の 背 景 救 急 搬 送 における 受 入 医 療 機 関 の 選 定 に 困 難 な 事 案 の 発 生 が 全 国 的 に 社 会 問 題 化 した ことを 背 景 として, 消 防 法 の 一 部 を 改 正 する 法 律 が 平 成 21 年 5 月 1 日 に 公 布, 同 年 10 月 30 日 に 施 行 された 今 回 の 消 防 法 の 改 正 は, 各 地 域 の 現 状 の 医 療 資 源 を 前 提 に, 消 防 機 関 と 医 療 機 関 の 連 携 を 強 化 することで, 受 入 医 療 機 関 の 選 定 困 難 事 案 の 発 生 をなくすとともに, 傷 病 者 の 状 況 に 応 じた 適 切 な 搬 送 及 び 受 入 体 制 を 構 築 することを 目 指 すものである 消 防 法 改 正 により, 消 防 法 第 1 条 で 災 害 等 による 傷 病 者 の 搬 送 を 適 切 に 行 うことが 法 の 目 的 として 明 記 され,また, 都 道 府 県 は 消 防 機 関 による 傷 病 者 の 搬 送 及 び 医 療 機 関 に よる 傷 病 者 の 受 入 れの 迅 速 かつ 適 切 に 実 施 するため, 以 下 のような 傷 病 者 の 搬 送 及 び 傷 病 者 の 受 入 れの 実 施 に 関 する 基 準 ( 以 下 実 施 基 準 という)を 定 めることが 義 務 付 け られた 1 傷 病 者 の 心 身 等 の 状 況 に 応 じた 適 切 な 医 療 の 提 供 が 行 われることを 確 保 するために 医 療 機 関 を 分 類 する 基 準 第 1 号 分 類 基 準 2 前 号 に 掲 げる 基 準 に 基 づき 分 類 された 医 療 機 関 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 該 当 する 医 療 機 関 の 名 称 第 2 号 医 療 機 関 リスト 3 消 防 機 関 が 傷 病 者 の 状 況 を 確 認 するための 基 準 第 3 号 観 察 基 準 4 消 防 機 関 が 傷 病 者 の 搬 送 を 行 おうとする 医 療 機 関 を 選 定 するための 基 準 第 4 号 観 察 基 準 5 消 防 機 関 が 傷 病 者 の 搬 送 を 行 おうとする 医 療 機 関 に 対 し 傷 病 者 の 状 況 を 伝 達 するた めの 基 準 第 5 号 選 定 基 準 6 傷 病 者 の 受 入 れに 関 する 消 防 機 関 と 医 療 機 関 との 間 の 合 意 を 形 成 するための 基 準 そ の 他 傷 病 者 の 受 入 れを 行 う 医 療 機 関 の 確 保 に 資 する 事 項 第 6 号 受 入 医 療 機 関 確 保 基 準 7 傷 病 者 の 搬 送 及 び 傷 病 者 の 受 入 れの 実 施 に 関 し 都 道 府 県 が 必 要 と 認 める 事 項 第 7 号 その 他 基 準 実 施 基 準 の 留 意 事 項 については 以 下 のとおりである 1 医 学 的 知 見 に 基 づき,かつ, 医 療 法 に 規 定 する 医 療 計 画 との 調 和 が 保 たれるように 定 めなければならない 2 都 道 府 県 が 実 施 基 準 を 定 めるときは, 消 防 機 関, 医 療 機 関 等 の 代 表 者 で 構 成 する 協 議 会 を 設 置 し, 意 見 を 聴 かなければならない 3 都 道 府 県 は, 実 施 基 準 を 定 めたときは, 遅 滞 なく,その 内 容 を 公 表 しなければなら ない 4 消 防 機 関 は 実 施 基 準 を 遵 守 し, 医 療 機 関 は 実 施 基 準 を 尊 重 するよう 努 める 5 策 定 した 実 施 基 準 は, 協 議 会 において 評 価 と 見 直 しを 行 う

3 実 施 基 準 活 用 イメージ 119 覚 知 現 場 到 着 傷 病 者 の 観 察 ( 第 3 号 ) 病 態, 重 症 度 緊 急 度 ( 第 1 号 ) 傷 病 者 の 状 態 に 応 じた 医 療 機 関 の 選 定 基 準 ( 第 4 号 ) 選 定 基 準 に 基 づく 医 療 機 関 ( 第 2 号 ) 傷 病 者 の 状 態 を 医 療 機 関 に 伝 達 ( 第 5 号 ) 医 療 機 関 による 受 入 受 入 れ 困 難 事 案 の 発 生 受 入 困 難 事 案 を 受 け 入 れる 医 療 機 関 ( 第 6 号 )

4 2 宮 城 県 における 検 討 宮 城 県 においては 法 律 上 の 協 議 会 として, 宮 城 県 救 急 医 療 協 議 会 を 充 てることとした また, 本 県 においては,この 協 議 会 とは 別 途 に 消 防 機 関 と 救 急 医 療 に 精 通 した 医 師 で 構 成 する 救 急 搬 送 の 実 施 基 準 に 関 する 検 討 会 を 開 催 し,さらに, 実 施 基 準 を 定 める 病 態 ごとに 専 門 的 観 点 から 検 討 を 行 い 実 施 基 準 案 の 作 成 をした この 実 施 基 準 案 を 宮 城 県 救 急 医 療 協 議 会 で 協 議 した 後 に 承 認 を 得 て, 救 急 搬 送 実 施 基 準 を 定 めた 3 注 意 事 項 (1)この 救 急 搬 送 実 施 基 準 は, 消 防 機 関 が 救 急 要 請 を 受 けて 行 う 救 急 業 務 における 傷 病 者 の 搬 送 と 医 療 機 関 による 受 け 入 れについて 定 めたものである したがって, 医 療 機 関 の 選 定 は 消 防 機 関 の 救 急 隊 が 行 い, 救 急 要 請 者 が 医 療 機 関 リストから 医 療 機 関 を 選 択 できるものではない また, 一 般 の 救 急 外 来 における 対 応 医 療 機 関 を 示 したものでもない (2) 文 中 の 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 とは 救 急 搬 送 における 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 作 成 委 員 会 報 告 書 ( 平 成 16 年 3 月 財 団 法 人 救 急 振 興 財 団 )の 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 を 指 す

5 第 1 号 分 類 基 準 傷 病 者 の 心 身 等 の 状 況 ( 以 下 傷 病 者 の 状 況 という )に 応 じた 適 切 な 医 療 の 提 供 が 行 われることを 確 保 するために, 以 下 の 病 態 等 について 第 2 号 医 療 機 関 リスト を 定 める ただし, 精 神 疾 患 疑 い に 関 しては 現 在 検 討 中 であるため, 医 療 機 関 リスト 等 について は 以 下, 記 載 していない 傷 病 者 の 状 況 救 命 救 急 センター 対 応 の 症 状 緊 急 性 脳 卒 中 疑 い 心 疾 患 疑 い 重 症 熱 傷 産 科 周 産 期 専 門 性 特 殊 性 小 児 精 神 疾 患 疑 い その 他 の 病 態

6 第 2 号 医 療 機 関 リスト 第 1 号 分 類 基 準 に 定 めた 病 態 等 に 関 して, 医 療 機 関 の 区 分 及 び 当 該 区 分 に 該 当 する 医 療 機 関 の 名 称 を 以 下 のとおり 定 める 1 救 命 救 急 センター 対 応 の 症 状 傷 病 者 の 状 況 東 北 大 学 病 院 高 度 救 命 救 急 センター 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 の 各 項 において 重 症 以 上 と 判 断 され る 傷 病 者 で 高 度 救 命 救 急 処 置 が 必 要 と 判 断 される 傷 病 者 仙 台 医 療 センター 救 命 救 急 センター 仙 台 市 立 病 院 救 命 救 急 センター 大 崎 市 民 病 院 救 命 救 急 センター 石 巻 赤 十 字 病 院 救 命 救 急 センター みやぎ 県 南 中 核 病 院 救 命 救 急 センター ( 注 ) 救 命 救 急 センターがない 地 域 や, 傷 病 者 の 発 生 場 所 が 救 命 救 急 センターから 遠 隔 地 である 場 合 には,その 地 域 の 基 幹 となる2 次 医 療 機 関 を 選 定 することも 可 能 とする

7 2 脳 卒 中 疑 い 受 入 体 制 受 入 体 制 仙 台 医 療 センター 東 北 労 災 病 院 仙 台 東 脳 神 経 外 科 病 院 JR 仙 台 病 院 広 南 病 院 東 北 公 済 病 院 宮 城 野 分 院 大 崎 市 民 病 院 内 科 佐 藤 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 仙 台 赤 十 字 病 院 東 北 大 学 病 院 松 田 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 仙 塩 総 合 病 院 総 合 南 東 北 病 院 赤 石 病 院 宮 城 病 院 公 立 黒 川 病 院 仙 台 市 立 病 院 大 崎 市 民 病 院 鳴 子 温 泉 分 院 仙 台 徳 洲 会 病 院 古 川 星 陵 病 院 石 巻 赤 十 字 病 院 すずき 脳 神 経 外 科 クリニック 仙 石 病 院 涌 谷 町 国 民 健 康 保 険 病 院 公 立 刈 田 綜 合 病 院 登 米 市 立 登 米 市 民 病 院 片 倉 病 院 登 米 市 立 豊 里 病 院 三 浦 病 院 登 米 市 立 よねやま 診 療 所 坂 総 合 病 院 石 巻 市 立 病 院 泉 病 院 齋 藤 病 院 東 北 公 済 病 院 真 壁 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 大 友 病 院 東 北 薬 科 大 学 病 院 公 立 志 津 川 病 院 仙 台 中 江 病 院 中 嶋 病 院 受 入 体 制 は 以 下 の 区 分 による 区 分 t-pa 投 与 緊 急 開 頭 手 術 緊 急 血 管 内 手 術 常 時 可 常 時 可 常 時 可 常 時 可 常 時 可 可 能 な 場 合 有 常 時 可 常 時 可 不 可 可 能 な 場 合 有 可 能 な 場 合 有 不 可 可 能 な 場 合 有 不 可 不 可 t-pa 投 与 以 外 の 薬 物 療 法 可 能

8 3 心 疾 患 疑 い 傷 病 者 の 状 況 心 筋 梗 塞 及 びその 類 似 疾 患 1 ( 胸 痛 を 訴 え 循 環 器 系 疾 患 が 疑 わ れる 傷 病 者 ) みやぎ 県 南 中 核 病 院 東 北 大 学 病 院 仙 台 厚 生 病 院 仙 台 オープン 病 院 仙 台 市 立 病 院 仙 台 循 環 器 病 センター 東 北 薬 科 大 学 病 院 仙 台 医 療 センター 仙 台 徳 洲 会 病 院 吉 岡 QQクリニック 坂 総 合 病 院 大 崎 市 民 病 院 みやぎ 北 部 循 環 器 科 宮 城 県 立 循 環 器 呼 吸 器 病 センター 石 巻 赤 十 字 病 院 石 巻 市 立 病 院 みやぎ 東 部 循 環 器 科 気 仙 沼 市 立 病 院 宮 城 社 会 保 険 病 院 2 真 壁 病 院 2 心 臓 血 管 外 科 の 有 無 1 類 似 疾 患 とは 急 性 大 動 脈 解 離 や 肺 塞 栓 症 等 の 循 環 器 系 の 緊 急 性 が 高 い 疾 患 を 指 す 2 診 療 時 間 外 は 曜 日 及 び 時 間 帯 によって 対 応 不 可 能 な 場 合 がある

9 4 重 症 熱 傷 傷 病 者 の 状 況 東 北 大 学 病 院 高 度 救 命 救 急 センター 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 の 熱 傷 の 項 で 重 症 以 上 と 判 断 さ れる 傷 病 者 仙 台 医 療 センター 救 命 救 急 センター 仙 台 市 立 病 院 救 命 救 急 センター 大 崎 市 民 病 院 救 命 救 急 センター 石 巻 赤 十 字 病 院 救 命 救 急 センター みやぎ 県 南 中 核 病 院 救 命 救 急 センター ( 注 1) 救 命 救 急 センターがない 地 域 や, 傷 病 者 の 発 生 場 所 が 救 命 救 急 センターから 遠 隔 地 である 場 合 には,その 地 域 の 基 幹 となる2 次 医 療 機 関 を 選 定 することも 可 能 とす る ( 注 2) 広 範 囲 熱 傷 については, 東 北 大 学 病 院 高 度 救 命 救 急 センターを 第 1 選 択 とする

10 5 産 科 周 産 期 傷 病 者 の 状 況 主 に 軽 症 例 中 等 症 及 び 一 部 の 重 症 例 (コーディネートによる 対 応 を 要 しない 事 案 ) コ ー デ ィ ネ ー ト の 必 要 な 事 案 母 体 救 急 分 娩 後 胎 児 死 亡 母 体 救 急 胎 児 生 存 切 迫 早 産 母 体 重 篤 ( 母 体 救 命 最 優 先 ) ( 救 命 救 急 センター) 地 域 の 周 産 期 医 療 施 設 仙 台 赤 十 字 病 院 東 北 大 学 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 仙 台 医 療 センター 仙 台 市 立 病 院 東 北 公 済 病 院 大 崎 市 民 病 院 石 巻 赤 十 字 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 公 立 刈 田 綜 合 病 院 東 北 大 学 病 院 によるコーディネート 平 日 日 中 東 北 大 学 病 院 によるコーディネート 平 日 夜 間 休 日 仙 台 赤 十 字 病 院 によるコーディネート 平 日 日 中 東 北 大 学 病 院 によるコーディネート 平 日 夜 間 休 日 仙 台 赤 十 字 病 院 によるコーディネート 東 北 大 学 病 院 高 度 救 命 救 急 センター 仙 台 医 療 センター 救 命 救 急 センター 仙 台 市 立 病 院 救 命 救 急 センター 大 崎 市 民 病 院 救 命 救 急 センター 石 巻 赤 十 字 病 院 救 命 救 急 センター ( 注 )かかりつけ 医 のある 事 案 については,かかりつけ 医 に 連 絡 する

11 6 小 児 (1) 新 生 児 1 周 産 期 医 療 施 設 で 出 生 し 退 院 後 出 産 を 行 った 周 産 期 医 療 施 設 仙 台 赤 十 字 病 院 ( ) 宮 城 県 立 こども 病 院 東 北 大 学 病 院 仙 台 医 療 センター 上 記 が 不 可 能 な 場 合, 仙 台 市 立 病 院 大 崎 市 民 病 院 右 記 の 周 産 期 医 療 施 設 石 巻 赤 十 字 病 院 東 北 公 済 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 公 立 刈 田 綜 合 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 仙 台 赤 十 字 病 院 は, 主 に 日 齢 14 日 まででNICUでの 治 療 が 必 要 な 児 を 受 け 入 れる 2 周 産 期 医 療 施 設 以 外 ( 自 宅 または 車 中 等 )での 分 娩 ( 定 期 検 診 を 受 けている 妊 婦 ) 傷 病 者 の 状 況 以 下 の 項 目 の 全 てに 該 当 す 出 産 予 定 病 院 る 場 合 仙 台 赤 十 字 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 妊 娠 36 週 以 上 上 記 が 不 可 東 北 大 学 病 院 仙 台 医 療 センター 泣 いている, 穏 やかな 呼 吸 能 な 場 合, 右 仙 台 市 立 病 院 大 崎 市 民 病 院 活 発 に 動 く の 周 産 期 医 石 巻 赤 十 字 病 院 皮 膚 色 が 良 好 療 施 設 東 北 公 済 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 心 拍 100/ 分 以 上 公 立 刈 田 綜 合 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 以 下 の 項 目 のいずれかに 該 仙 台 赤 十 字 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 当 する 場 合 妊 娠 36 週 未 満 または 見 るか らに 未 熟 で 小 さい 児 呼 吸 が 乏 しい,あえぎ 呼 吸, 人 工 換 気 が 可 能 な 周 産 期 医 療 施 設 東 北 大 学 病 院 仙 台 市 立 病 院 仙 台 医 療 センター 大 崎 市 民 病 院 呻 き, 陥 没 呼 吸, 多 呼 吸 チアノーゼ, 蒼 白 石 巻 赤 十 字 病 院 ぐったりしている 心 拍 が 100/ 分 未 満 上 記 周 産 期 医 療 施 設 か 東 北 公 済 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 低 体 温 (36 以 下 ) ら 遠 隔 地 の 場 合 など 公 立 刈 田 綜 合 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院

12 3 周 産 期 医 療 施 設 以 外 ( 自 宅 または 車 中 等 )での 分 娩 ( 未 受 診 の 妊 婦 ) 傷 病 者 の 状 況 以 下 の 項 目 の 全 てに 該 当 す 仙 台 赤 十 字 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 る 場 合 東 北 大 学 病 院 仙 台 医 療 センター 泣 いている, 穏 やかな 呼 吸 右 の 周 産 期 仙 台 市 立 病 院 大 崎 市 民 病 院 活 発 に 動 く 医 療 施 設 石 巻 赤 十 字 病 院 皮 膚 色 が 良 好 東 北 公 済 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 心 拍 100/ 分 以 上 公 立 刈 田 綜 合 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 仙 台 赤 十 字 病 院 宮 城 県 立 こども 病 院 以 下 の 項 目 のいずれかに 該 当 する 場 合 見 るからに 未 熟 で 小 さい 呼 吸 が 乏 しい,あえぎ 呼 吸, 人 工 換 気 が 可 能 な 周 産 期 医 療 施 設 東 北 大 学 病 院 仙 台 市 立 病 院 仙 台 医 療 センター 大 崎 市 民 病 院 呻 き, 陥 没 呼 吸, 多 呼 吸 チアノーゼ, 蒼 白 石 巻 赤 十 字 病 院 ぐったりしている 心 拍 が 100/ 分 未 満 上 記 周 産 期 医 療 施 設 か 東 北 公 済 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 低 体 温 (36 以 下 ) ら 遠 隔 地 の 場 合 など 公 立 刈 田 綜 合 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 ( 注 ) 周 産 期 コーディネーター 事 業 によるコーディネートが 必 要 な 事 案 に 関 しては, コーディネーターを 活 用 する (2) 乳 幼 児 から 中 学 生 まで 傷 病 者 の 状 況 重 症 中 等 症 軽 症 東 北 大 学 病 院, 仙 台 市 立 病 院, 宮 城 県 立 こども 病 院, 仙 台 医 療 センター, 大 崎 市 民 病 院, 石 巻 赤 十 字 病 院,みやぎ 県 南 中 核 病 院, 気 仙 沼 市 立 病 院 平 日 日 中 対 応 可 能 坂 総 合 病 院, 公 立 刈 田 綜 合 病 院 各 地 域 の 小 児 に 対 応 可 能 な 医 療 機 関

13 7 その 他 病 態 その 他 の 病 態 に 関 しては, 基 本 的 に 各 地 域 の 救 急 告 示 医 療 機 関 や 病 院 群 輪 番 制 参 加 医 療 機 関 で 受 け 入 れる (1) 救 急 告 示 医 療 機 関 ( 平 成 25 年 9 月 1 日 現 在 ) 医 療 圏 仙 台 仙 南 大 崎 栗 原 東 北 大 学 病 院 仙 台 厚 生 病 院 伊 藤 病 院 東 北 労 災 病 院 仙 台 社 会 保 険 病 院 東 北 公 済 病 院 仙 台 医 療 センター 安 田 病 院 仙 台 オープン 病 院 中 嶋 病 院 仙 台 東 脳 神 経 外 科 病 院 東 北 薬 科 大 学 病 院 仙 台 市 立 病 院 NTT 東 日 本 東 北 病 院 仙 台 赤 十 字 病 院 広 南 病 院 宮 城 社 会 保 険 病 院 公 立 刈 田 綜 合 病 院 蔵 王 町 国 民 健 康 保 険 蔵 王 病 院 大 泉 記 念 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 大 崎 市 民 病 院 徳 永 整 形 外 科 病 院 大 崎 市 民 病 院 鹿 島 台 分 院 古 川 民 主 病 院 古 川 星 陵 病 院 涌 谷 町 国 民 健 康 保 険 病 院 泉 病 院 松 田 病 院 仙 台 徳 洲 会 病 院 仙 台 循 環 器 病 センター 泉 整 形 外 科 病 院 仙 台 北 部 整 形 外 科 坂 総 合 病 院 塩 竈 市 立 病 院 赤 石 病 院 平 田 外 科 医 院 宮 城 病 院 公 立 黒 川 病 院 宮 城 利 府 掖 済 会 病 院 仙 塩 利 府 病 院 総 合 南 東 北 病 院 松 島 病 院 国 民 健 康 保 険 川 崎 病 院 丸 森 町 国 民 健 康 保 険 丸 森 病 院 登 米 整 形 外 科 外 科 医 院 東 泉 堂 病 院 美 里 町 立 南 郷 病 院 公 立 加 美 病 院 大 崎 市 民 病 院 鳴 子 温 泉 分 院 大 崎 市 民 病 院 岩 出 山 分 院

14 医 療 圏 大 崎 栗 原 石 巻 登 米 気 仙 沼 栗 原 市 立 若 柳 病 院 栗 原 市 立 栗 駒 病 院 登 米 市 立 登 米 市 民 病 院 登 米 市 立 米 谷 病 院 石 巻 赤 十 字 病 院 女 川 町 地 域 医 療 センター 石 巻 市 立 牡 鹿 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 栗 原 市 立 栗 原 中 央 病 院 県 立 循 環 器 呼 吸 器 病 センター 登 米 市 立 豊 里 病 院 真 壁 病 院 齋 藤 病 院 仙 石 病 院 猪 苗 代 病 院

15 (2) 病 院 群 輪 番 制 参 加 医 療 機 関 地 域 仙 南 岩 沼 / 名 取 / 亘 理 当 番 病 院 仙 台 協 力 病 院 塩 釜 参 加 施 設 公 立 刈 田 綜 合 病 院 みやぎ 県 南 中 核 病 院 総 合 南 東 北 病 院 仙 台 オープン 病 院 仙 台 徳 洲 会 病 院 伊 藤 病 院 中 嶋 病 院 東 北 薬 科 大 学 病 院 仙 台 赤 十 字 病 院 東 北 労 災 病 院 NTT 東 日 本 東 北 病 院 仙 台 厚 生 病 院 仙 台 社 会 保 険 病 院 東 北 公 済 病 院 佐 藤 病 院 仙 台 逓 信 病 院 JR 仙 台 病 院 仙 台 東 脳 神 経 外 科 病 院 東 北 公 済 病 院 宮 城 野 分 院 広 南 病 院 宮 城 社 会 保 険 病 院 泉 整 形 外 科 病 院 仙 台 循 環 器 病 センター 松 田 病 院 塩 竈 市 立 病 院 宮 城 利 府 掖 済 会 病 院 仙 塩 利 府 病 院 坂 総 合 病 院 赤 石 病 院 松 島 病 院

16 地 域 参 加 施 設 大 崎 市 民 病 院 大 崎 栗 原 登 米 石 巻 気 仙 沼 大 崎 市 民 病 院 岩 出 山 分 院 美 里 町 立 南 郷 病 院 古 川 民 主 病 院 永 仁 会 病 院 徳 永 整 形 外 科 病 院 大 崎 市 民 病 院 鳴 子 温 泉 分 院 片 倉 病 院 野 崎 病 院 大 崎 市 民 病 院 鹿 島 台 分 院 公 立 加 美 病 院 涌 谷 町 国 保 病 院 古 川 星 陵 病 院 三 浦 病 院 佐 藤 病 院 栗 原 市 立 栗 原 中 央 病 院 登 米 市 立 登 米 市 民 病 院 石 巻 赤 十 字 病 院 雄 勝 病 院 石 巻 市 立 病 院 牡 鹿 病 院 女 川 町 地 域 医 療 センター 齋 藤 病 院 仙 石 病 院 真 壁 病 院 気 仙 沼 市 立 病 院 公 立 志 津 川 病 院 猪 苗 代 病 院

17 第 3 号 観 察 基 準 救 急 隊 は, 傷 病 者 の 状 況 を 以 下 の 項 目 を 基 本 として 総 合 的 な 観 察 をする 1 生 理 学 的 評 価 傷 病 者 情 報 バイタルサイン 臨 床 検 査 所 見 神 経 学 的 所 見 傷 病 者 の 状 態 主 訴 発 症 状 況 ( 時 間 ), 現 病 歴 既 往 歴, 服 用 薬 意 識 レベル, 呼 吸, 脈 拍, 体 温, 血 圧 心 電 図, 血 中 酸 素 飽 和 度 瞳 孔, 麻 痺 体 位, 顔 貌, 表 情, 出 血, 痙 攣, 失 禁, 四 肢 変 形, 創 傷, 嘔 吐 嘔 気, 死 亡 兆 候 2 重 症 度 緊 急 度 判 断 基 準 に 基 づく 各 病 態 別 の 観 察 項 目 外 傷 疾 病 産 科 周 産 期 小 児 外 傷 受 傷 機 転, 解 剖 学 的 評 価 熱 傷 熱 傷 の 程 度 等 脳 疾 患 意 識 障 害 の 項 における 症 状 等 心 疾 患 胸 痛, 呼 吸 困 難 の 項 における 症 状 等 中 毒 原 因 物 質 腹 痛 消 化 管 出 血, 腹 痛 の 項 における 症 状 等 周 産 期 の 項 における 症 状 等 乳 幼 児 における 症 状 等 3 その 他, 各 地 域 メディカルコントロール 協 議 会 が 定 める 項 目

18 第 4 号 選 定 基 準 救 急 隊 は, 以 下 の 項 目 に 基 づき 傷 病 者 の 搬 送 を 行 おうとする 医 療 機 関 を 選 定 する 1 第 3 号 に 規 定 する 観 察 項 目 により 判 断 した 傷 病 者 の 状 況 及 び 重 症 度 緊 急 度 に 応 じ, 第 2 号 に 定 める 医 療 機 関 リストから 最 も 搬 送 時 間 が 短 い 医 療 機 関 を 選 定 する 2 かかりつけ 医 療 機 関 の 有 無 や 地 域 における 独 自 の 搬 送 ルールがある 場 合 は,これを 考 慮 する また, その 他 病 態 などにおいて, 傷 病 者 が 軽 症 である 場 合 などは 上 記 1によらな い 医 療 機 関 の 選 定 も 考 慮 する 3 高 速 道 路 で 傷 病 者 が 発 生 し, 退 出 する 直 近 のインターチェンジが 県 外 である 場 合 や 住 民 の 生 活 圏 が 県 外 である 地 域 における 救 急 搬 送 の 場 合 など, 県 外 医 療 機 関 への 搬 送 が 適 当 と 判 断 される 場 合 は, 県 外 医 療 機 関 への 搬 送 を 考 慮 する 第 5 号 伝 達 基 準 救 急 隊 は, 傷 病 者 の 搬 送 を 行 おうとする 医 療 機 関 に 対 し, 以 下 の 項 目 を 基 本 として 傷 病 者 の 状 況 を 総 合 的 に 系 統 立 てて 伝 達 する 1 傷 病 者 の 年 齢, 性 別 2 第 3 号 観 察 基 準 に 基 づく 傷 病 者 の 状 況 の 観 察 結 果 3 救 急 隊 が 行 った 処 置 内 容 4 かかりつけ 医 療 機 関 5 その 他, 各 地 域 メディカルコントロール 協 議 会 が 定 める 項 目

19 第 6 号 受 入 医 療 機 関 確 保 基 準 救 急 隊 は, 受 入 医 療 機 関 が 速 やかに 決 まらない 事 案 ( 以 下 受 入 困 難 事 案 という ) が 発 生 した 場 合 は, 原 則, 各 地 域 の 救 急 告 示 医 療 機 関 及 び 病 院 群 輪 番 制 の 当 番 病 院 から 搬 送 先 の 選 定 に 努 めるものとする また, 医 療 機 関 が 受 入 困 難 事 案 を 受 け 入 れた 場 合 は, 県 は 受 入 医 療 機 関 に 対 して 受 入 困 難 事 案 患 者 受 入 医 療 機 関 支 援 事 業 により,その 受 入 実 績 に 応 じた 支 援 を 行 うこととする なお, 受 入 困 難 事 案 とは, 次 の1から11の 状 態 にある 患 者 をいう 1 飲 酒 2 急 性 アルコール 中 毒 3 背 景 として 精 神 疾 患 あり 4 複 数 科 目 5 認 知 症 6 過 去 に 問 題 のある 傷 病 者 7 要 介 護 者 8 独 居 身 寄 りなし 9 自 殺 企 図 10 住 所 不 定 11 年 齢 等 の 要 因 で 長 期 入 院 が 予 測 される 脳 疾 患 及 び 骨 折

診療行為コード

診療行為コード 別 添 5 オンライン 又 は 光 ディスク 等 による 請 求 に 係 る 診 療 行 為 コード ( 医 科 用 DPC 用 ) 平 成 20 年 4 月 版 凡 例 1 診 療 行 為 コードは 次 により 設 定 している (1) コードの 設 定 対 象 範 囲 コードの 設 定 対 象 範 囲 は 診 療 報 酬 の 算 定 方 法 ( 平 成 20 年 3 月 5 日 厚 生 労 働

More information

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4>

<5461726F2D318AEE967B906697C397BF81698AAF95F193FC8D658CE390D4> 別 表 第 一 医 科 診 療 報 酬 点 数 表 [ 目 次 ] 第 1 章 基 本 診 療 料 第 1 部 初 再 診 料 通 則 第 1 節 初 診 料 第 2 節 再 診 料 第 2 部 入 院 料 等 通 則 第 1 節 入 院 基 本 料 第 2 節 入 院 基 本 料 等 加 算 第 3 節 特 定 入 院 料 第 4 節 短 期 滞 在 手 術 基 本 料 第 2 章 特 掲 診 療

More information

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H )

平成24年度 福島県患者調査の概況(厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課 保健統計室:H ) 平 成 25 年 10 月 22 日 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 保 健 統 計 室 室 長 瀧 村 佳 代 室 長 補 佐 岩 﨑 容 子 ( 担 当 ) 患 者 統 計 係 ( 内 線 7516,7517) ( 代 表 電 話 ) 03(5253)1111 ( 直 通 電 話 ) 03(3595)2958 平 成 2 4 年 (2012) 福

More information

秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 ( 身 体 合 併 症 を 有 する 精 神 疾 患 患 者 の 受 入 医 療 機 関 確 保 のための 基 準 と 対 応 ) 平 成 28 年 2 月 1 日 秋 田 県 健 康 福 祉 部 障 害 福 祉 課 目 次 秋 田 県 精 神 科 救 急 搬 送 及 び 受 入 れ 対 応 事 例 集 の 概 要 1

More information

目 次 Ⅰ 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 に 関 する 基 準 の 概 要 2 Ⅱ 医 療 機 関 の 分 類 基 準 ( 消 防 法 第 35 条 の5 第 2 項 第 1 号 ) 傷 病 者 の 心 身 等 の 状 況 に 応 じた 適 切 な 医 療 の 提 供 が 行

目 次 Ⅰ 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 に 関 する 基 準 の 概 要 2 Ⅱ 医 療 機 関 の 分 類 基 準 ( 消 防 法 第 35 条 の5 第 2 項 第 1 号 ) 傷 病 者 の 心 身 等 の 状 況 に 応 じた 適 切 な 医 療 の 提 供 が 行 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 に 関 する 基 準 平 成 22 年 4 月 ( 平 成 27 年 4 月 修 正 ) 香 川 県 目 次 Ⅰ 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 に 関 する 基 準 の 概 要 2 Ⅱ 医 療 機 関 の 分 類 基 準 ( 消 防 法 第 35 条 の5 第 2 項 第 1 号 ) 傷 病 者 の 心 身 等 の 状 況

More information

Taro-02 基本診療料施設基準通知

Taro-02 基本診療料施設基準通知 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 ( 確 定 数 )の 概 況 ( 福 島 県 ) 目 次 調 査 の 概 要 結 果 の 概 要 ( 統 計 表 ) 第 1 表 人 口 動 態 総 覧 ( 実 数 率 ) 年 次 推 移 第 2 表 主 な 死 因 の 死 亡 数 死 亡 率 対 前 年 比 較 第 3 表 主 な 死 因 の 死 亡 率 対 全 国 比 較 第 4 表 生 活 習 慣 病

More information

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2.

5 月 19 日 5 新 生 児 の 呼 吸 障 害 GIO: 新 生 児 期 に 生 じる 呼 吸 障 害 の 病 態 の 特 徴 を 説 明 でき 胸 部 XPから 診 断 できる SBO: 1. 新 生 児 呼 吸 障 害 の 病 態 に 基 づく 症 状 の 特 徴 を 説 明 できる 2. 日 付 時 限 4 月 7 日 5 小 児 医 療 GIO: 小 児 科 学 とは 何 か を 学 ぶ SBO: 1. 小 児 疾 病 の 特 徴 について 概 説 できる 内 容 2. 新 生 児 幼 児 学 童 思 春 期 青 年 期 の 発 育 発 達 を 説 明 できる 発 育 過 程 の 各 年 齢 におけるエネルギー 蛋 白 質 所 要 量 を 説 明 できる 小 児 薬 用 量 について

More information

● 外科初期研修プログラム 

● 外科初期研修プログラム  外 科 臨 床 研 修 プログラム Ⅰ 研 修 スケジュール 1. 研 修 期 間 は 原 則 として1 年 目 の4 週 間 とする ただし 可 能 な 範 囲 で 選 択 のため 希 望 に 応 じる < 研 修 方 法 > 1 一 般 外 科 研 修 中 に 消 化 器 外 科 呼 吸 器 ( 胸 部 ) 心 臓 血 管 外 科 内 分 泌 外 科 症 例 も 研 修 する 2 指 導 医 のもとに

More information

救急科  臨床研修プログラム

救急科  臨床研修プログラム 13. 救 急 科 初 期 臨 床 研 修 カリキュラム 特 徴 1. 内 因 性 疾 患 外 傷 熱 中 症 急 性 薬 物 中 毒 各 種 ショック ( 出 血 敗 血 症 アナフィラ キシーなど) 院 外 心 肺 機 能 停 止 など 軽 症 から 超 重 症 まで 診 るER 型 救 急 を 行 っている 2. 初 療 処 置 諸 検 査 を 行 い 診 断 がついた 時 点 で 各 科 専

More information

資 料 総 括 表 議 事 次 第 配 席 表 資 料 資 料 1 大 阪 府 救 急 医 療 対 策 審 議 会 委 員 及 び 専 門 委 員 名 簿 資 料 2-1 大 阪 府 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 基 準 改 正 案 (5 月 時 点 )の 修 正 について

資 料 総 括 表 議 事 次 第 配 席 表 資 料 資 料 1 大 阪 府 救 急 医 療 対 策 審 議 会 委 員 及 び 専 門 委 員 名 簿 資 料 2-1 大 阪 府 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 基 準 改 正 案 (5 月 時 点 )の 修 正 について 第 47 回 大 阪 府 救 急 医 療 対 策 審 議 会 日 時 : 平 成 26 年 11 月 19 日 ( 水 )9:30~11:30 場 所 : 大 阪 府 医 師 会 館 4 階 大 会 議 室 1 開 会 2 議 題 (1) 会 長 選 出 部 会 設 置 等 について (2) 諮 問 事 項 1 大 阪 府 傷 病 者 の 搬 送 及 び 受 入 れの 実 施 基 準 の 改 正 について

More information

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農

雇 い 人 がいる 人 をいう (2) 自 営 業 主 ( 雇 入 なし) 個 人 経 営 の 商 店 主 工 場 主 農 業 主 などの 事 業 主 や 開 業 医 弁 護 士 著 述 家 などで 個 人 または 家 族 のみで 事 業 を 営 んでいる 人 をいう (3) 家 族 従 事 者 農 2 主 な 用 語 の 説 明 世 帯 世 帯 とは 調 査 基 準 日 現 在 同 一 住 居 又 は 同 一 敷 地 内 の 別 棟 に 居 住 しており かつ 生 計 を 共 にしている 人 ( 世 帯 員 )の 集 まり 又 は 独 立 して 生 計 を 営 む 単 身 者 をいう 世 帯 員 世 帯 員 とは 調 査 基 準 日 現 在 この 世 帯 に 住 んでいる 人 のほか 一 時

More information

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2

2. 入 院 1 延 入 院 患 者 数 H27 H28 ( 単 位 : 人 ) 区 分 8 月 9 月 1 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 合 計 一 般 障 害 ( 西 42 床 ) 1,218 1,154 1,266 1,161 1,17 1,2 1. 診 療 圏 直 近 12ヶ 月 分 1 年 間 の 診 療 圏 ( 市 ) 東 大 和 市 4% 国 分 寺 市 1% 府 中 市 2% 小 金 井 市 3% 清 瀬 市 3% 立 川 市 1% その 他 7% 東 村 山 市 41% 東 村 山 市 小 平 市 西 東 京 市 東 久 留 米 市 東 大 和 市 清 瀬 市 小 金 井 市 東 久 留 米 市 7% 府 中 市 国 分 寺 市

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 2 節 脳 卒 中 1. 現 状 と 課 題 (1) 脳 卒 中 の 発 症 状 況 脳 卒 中 ( 脳 血 管 疾 患 )とは 脳 の 血 管 に 血 栓 が 詰 まって 起 こる 脳 梗 塞 脳 の 細 い 血 管 が 破 れて 起 こる 脳 出 血 脳 の 血 管 にできたこぶ( 動 脈 瘤 )が 破 れること 等 によって 起 こる くも 膜 下 出 血 等 の 症 状 をあわせた 総

More information

2013 April 内 外 診 療 科 科 心 臓 血 管 セ ン タ ー 呼 吸 器 ( 新 患 ) 呼 吸 器 ( 再 診 ) 血 液 消 化 器 腎 臓 科 心 臓 血 管 外 科 月 熊 部 山 口 佐 々 木 中 村 竹 田 大 地 火 山 口 須 加 原 外 山 工 藤 水 佐 々 木 松 本 中 村 新 名 木 須 加 原 山 口 外 山 大 地 7 階

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208BE38F428140967B959489F1939A814081408B638E96985E> 九 州 ブロック 医 療 保 険 協 議 会 社 会 保 険 委 員 協 議 会 議 事 録 平 成 26 年 10 月 25 日 15:00~17:30 場 所 : 別 府 ロイヤルホテル 4. 協 議 事 項 1) 提 案 事 項 1. 超 音 波 の 算 定 について 1 子 宮 内 胎 児 死 亡 で 自 然 流 産 を 待 つ 場 合 経 過 観 察 として 超 音 波 断 層 法 を1

More information

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき

目 次 福 島 県 県 北 医 療 圏 県 中 医 療 圏 県 南 医 療 圏 会 津 医 療 圏 南 会 津 医 療 圏 相 双 医 療 圏 いわき 7. 福 島 県 県 北 会 津 相 双 県 中 南 会 津 いわき 県 南 7-1 目 次 福 島 県... 7 3 1. 県 北 医 療 圏... 7 9 2. 県 中 医 療 圏... 7 15 3. 県 南 医 療 圏... 7 21 4. 会 津 医 療 圏... 7 27 5. 南 会 津 医 療 圏... 7 33 6. 相 双 医 療 圏... 7 39 7. いわき 医 療 圏...

More information

【分割ファイル4-4】

【分割ファイル4-4】 4 糖 尿 病 - 81 - 糖 尿 病 の 医 療 連 携 体 制 ( 不 可 ) 重 症 急 性 増 悪 時 治 療 目 標 糖 尿 病 昏 睡 等 重 症 な 急 性 合 併 症 の 治 療 を 実 施 すること 求 められる 主 な 機 能 糖 尿 病 昏 睡 等 急 性 合 併 症 の 治 療 が4 時 間 実 施 可 能 であること 等 支 援 機 関 血 糖 コントロール 不 可 例

More information

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実

緊急消防援助隊の計画的な増強・充実 資 料 1 平 成 22 年 度 消 防 庁 予 算 の 概 要 平 成 22 年 度 予 算 額 128 億 73 百 万 円 (H21:132 億 円 ) ( 単 位 : 百 万 円 %) H22 予 算 額 a H22 要 求 額 b H21 予 算 額 c 増 減 額 a-c 増 減 率 (a-c)/c 総 額 12,873 13,237 13,200 327 2.5 事 業 費 等 5,057

More information

研修計画

研修計画 産 婦 人 科 Ⅰ プログラムの 名 称 日 野 市 立 病 院 産 婦 人 科 初 期 臨 床 研 修 プログラム Ⅱ プログラムの 運 営 日 野 市 立 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 を 中 心 として 運 営 管 理 し 産 婦 人 科 に 配 属 された 研 修 医 に 対 しては, 臨 床 経 験 4 年 以 上 の 上 級 医 が 各 々 組 み 合 わせとなり, 直 接

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀨 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 山 口 浩 司 ( 内 線 7475) 担 当 係 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 27 年 人 口 動 態 統 計 月 報

More information

○00表紙

○00表紙 結 果 の 概 要 1 結 果 の 要 約 (1) 出 生 数 は 減 少 出 生 数 は1 万 3532 人 で 前 年 の12 万 9816 人 より2 万 6284 人 減 少 し 出 生 率 ( 人 口 千 対 ) は 8.で 前 年 の8.2を 下 回 った 出 生 数 を 母 の 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 にみると 2~39 歳 の 各 階 級 では 前 年 より 減 少 しているが

More information

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震

Microsoft Word - 01 【確定報】中越地震 平 成 16 年 (2004 年 ) 新 潟 県 中 越 地 震 ( 確 定 報 ) 平 成 21 年 10 月 21 日 ( 水 )10 時 00 分 消 防 庁 1 地 震 の 概 要 震 度 6 弱 以 上 のもの (1) 発 生 日 時 平 成 16 年 10 月 23 日 17 時 56 分 頃 1 震 央 地 名 新 潟 県 中 越 地 方 ( 北 緯 37 度 18 分 東 経 138

More information

13_1304_ xlsx

13_1304_ xlsx 160-0017 東 京 都 新 宿 区 左 門 町 18 診 療 時 間 やアクセス 方 法 等 情 報 はこちら 機 能 区 分 選 択 状 況 (2014( 平 成 26) 年 7 月 1 日 時 点 機 能 ) 病 床 機 能 区 分 高 度 急 性 期 急 性 期 回 復 期 慢 性 期 未 回 答 機 能 区 分 選 択 状 況 (6 年 が 経 過 した 日 における 病 床 機 能

More information

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身

L006 球 後 麻 酔 及 び 顔 面 頭 頸 部 の 伝 達 麻 酔 ( 瞬 目 麻 酔 及 び 眼 輪 筋 内 浸 潤 麻 酔 を 含 む ) 150 点 L007 開 放 点 滴 式 全 身 麻 酔 310 点 L008 マスク 又 は 気 管 内 挿 管 による 閉 鎖 循 環 式 全 身 第 11 部 麻 酔 通 則 1 麻 酔 の 費 用 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各 の 所 定 点 数 により 算 定 する ただし 麻 酔 に 当 た って 薬 剤 又 は 別 に 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 保 険 医 療 材 料 ( 以 下 この 部 において 特 定 保 険 医 療 材 料 という )を 使 用 した 場 合 は 第 1 節 及 び 第 2 節 の 各

More information

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社

国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の 中 で 臨 床 研 修 は 個 人 のみならず 社 会 的 必 要 性 の 強 いものである その 社 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プ ログラ ム 平 成 25 年 度 版 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 臨 床 研 修 管 理 委 員 会 国 立 病 院 機 構 佐 賀 病 院 医 師 臨 床 研 修 プログラム (1) 研 修 目 的 及 び 目 標 医 療 という 社 会 的 重 要 性 又 公 共 性 の 高 い 職 域 の

More information

【不妊外来問診票2012版】

【不妊外来問診票2012版】 記 入 した 日 付 ( 年 月 日 ) 血 圧 測 定 ( / )mmhg 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 夫 (またはパートナー)の 氏 名 ( ) 様 年 齢 ( ) 歳 1 本 日 はどのようなことで 受 診 されましたか?( 心 配 な 点 やご 希 望 など) 該 当 項 目 があれば 印 を 付 けて 下 さい ( ) 話 相 談 のみ 希 望 ( ) 不 妊 検 査 を 希

More information

2016 January 内 診 療 科 月 ( 新 患 ) 熊 部 呼 吸 器 ( 再 診 ) 山 口 科 血 液 外 山 消 化 器 大 園 鈴 木 腎 臓 外 科 消 化 器 外 科 大 地 火 山 口 中 嶋 外 山 工 藤 水 外 山 戸 井 田 木 中 嶋 山 口 外 山 大 地 金 熊 部 外 山 大 園 鈴 木 石 躍 備 考 ( 水 ) 午 後 気 管 支

More information

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算

ROTA:ロータブレター 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K548 算 定 件 数 ) CTO: 慢 性 完 全 閉 塞 件 数 PTA: 経 皮 的 末 梢 動 脈 形 成 術 件 数 期 間 中 の 実 施 件 数 (K616 算 心 血 管 循 環 器 分 野 心 疾 患 入 院 患 者 総 数 1632 1979 2238 期 間 中 の 主 病 名 (I20~I52)の 退 院 患 者 数 心 疾 患 緊 急 入 院 患 者 総 数 416 469 498 上 記 のうち 予 定 されない 入 院 患 者 数 発 症 後 1 週 間 以 内 の 急 性 心 筋 梗 塞 入 院 患 者 数 ( 人 ) 90 75 98 上

More information

36program

36program 介 助 犬 とは 肢 体 不 自 由 者 に 落 としたものを 拾 って 渡 す, 手 が 届 かないものを 持 って 来 る 等 の 動 作 を 行 なうよう 訓 練 され 自 立 と 社 会 参 加 促 進 をする 生 きた 補 装 具 である. 将 来 介 助 犬 使 用 者 になり 得 る 生 徒 がいる 特 別 支 援 学 校 の 教 師 に 介 助 犬 についての 理 解 度 を 調 査

More information

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費

1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 資 料 5 医 療 費 等 現 状 について 健 康 祉 政 策 課 1 野 人 口 と 高 齢 化 1 (1) 人 口 推 移 と 高 齢 化 率 (2) 高 齢 者 人 口 推 計 2 民 医 療 費 動 向 2 (1) 民 医 療 費 推 移 (2)1 人 当 たり 民 医 療 費 状 況 (3)1 人 当 たり 後 期 高 齢 者 ( 老 人 ) 医 療 費 状 況 (4)1 人 当 たり

More information

○00表紙

○00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 廣 瀬 滋 樹 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 藤 井 義 弘 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 26 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄

第 3 回 肥 満 質 質 基 本 形 酸 質 胃 腸 酵 素 酸 分 解 小 腸 吸 収 血 中 注 入 酸 各 細 胞 質 材 料 使 不 要 質 分 解 再 利 用 糖 不 足 酸 肝 臓 窒 素 除 去 糖 生 成 源 低 血 糖 時 補 充 大 栄 養 素 脂 肪 炭 水 化 物 大 栄 第 回 肥 満 日 本 人 過 食 運 動 不 足 生 活 習 慣 連 動 肥 満 人 増 欧 米 人 肥 満 度 高 内 臓 脂 肪 型 肥 満 多 安 心 肥 満 外 見 穏 人 見 調 健 康 上 良 何 主 食 事 運 動 不 足 要 因 肥 満 要 因 肥 満 者 多 見 死 亡 率 低 重 篤 合 併 症 誘 因 食 事 制 限 不 自 由 生 活 強 肥 満 自 覚 症 状 放 手 遅

More information

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc

Microsoft Word - 01表紙・目次.doc 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 20 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 解 -1 管 轄 区 域 図 解 -7 管 轄 一 覧 解 -8 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 解 -9 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 解 -10 各

More information

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療

20) 学 術 論 文 の 刊 行 3.わが 国 の 母 体, 胎 児 及 び 新 生 児 に,より 高 い 水 準 の 医 学 医 療 を 提 供 し, 全 人 的 医 療 を 実 践 できる 母 体 胎 児 専 門 医 になるために, 周 産 期 領 域 における 横 断 的 な 医 学 医 療 ( 母 体 胎 児 専 門 医 ) 第 7 条 一 般 目 標 母 体 胎 児 専 門 医 は 正 常 及 び 異 常 な 妊 娠 分 娩 ならびに 合 併 症 妊 娠 に 対 する 診 療 を 行 い, 助 言 を 提 供 する 母 体 胎 児 医 療 の 専 門 医 であり, 以 下 の 知 識 と 技 能 を 習 得 することが 必 要 である. (1) 妊 娠 分 娩 経 過 の 正 常 及

More information

スライド 1

スライド 1 保 医 発 0305 第 1 号 平 成 26 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労

More information

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下

別 紙 児 童 福 祉 法 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 指 定 医 の 指 定 に 係 る 事 務 取 扱 要 領 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 以 下 法 という ) 第 19 条 の3 第 1 項 に 規 定 する 診 断 書 ( 以 下 雇 児 母 発 1211 第 2 号 平 成 26 年 12 月 11 日 都 道 府 県 各 指 定 都 市 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 長 殿 中 核 市 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 児 童 家 庭 局 母 子 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 小 児 慢 性 特 定 疾 病 指 定 医 の 指 定 について 児 童 福 祉 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 164 号 )

More information

スライド 1

スライド 1 平 成 26 年 4 月 21 日 第 74 回 社 会 保 障 審 議 会 医 療 保 険 部 会 資 料 2-2 出 産 育 児 一 時 金 について 平 成 26 年 4 月 21 日 厚 生 労 働 省 保 険 局 出 産 育 児 一 時 金 について 出 産 育 児 一 時 金 とは 健 康 保 険 法 等 に 基 づく 保 険 給 付 として 健 康 保 険 や 国 民 健 康 保 険

More information

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知)

基本診療料の施設基準等及びその届出に関する手続きの取扱いについて(通知) 保 医 発 0 3 0 5 第 2 号 平 成 2 4 年 3 月 5 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚

More information

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について

○医療用医薬品の使用上の注意記載要領について 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記 載 要 領 について ( 平 成 九 年 四 月 二 五 日 ) ( 薬 発 第 六 〇 七 号 ) ( 各 都 道 府 県 知 事 あて 厚 生 省 薬 務 局 長 通 知 ) 標 記 については 昭 和 五 一 年 二 月 二 〇 日 薬 発 第 一 五 三 号 薬 務 局 長 通 知 医 療 用 医 薬 品 の 使 用 上 の 注 意 記

More information

F340A_20151001_102627_6468

F340A_20151001_102627_6468 [ 平 成 27 年 9 月 1 日 現 在 医 科 ] 平 成 27 年 10 月 1 日 作 成 1 頁 10210017 石 巻 赤 十 字 病 院 986-8522 一 般 448( 外 来 環 ) 第 154 号 平 成 25 年 7 月 1 日 (0231209 ) 石 巻 市 蛇 田 字 西 道 下 71 一 般 ( 感 染 ) ( 一 般 入 院 ) 第 1338 号 平 成 26

More information

日産婦誌60巻10号研修コーナー

日産婦誌60巻10号研修コーナー α α ( 図 D-19-4)-1) 新 生 児 黄 疸 の 診 断 手 順 ( 文 献 1より 引 用 ) ( 表 D-19-5)-1) 新 生 児 痙 攣 の 原 因 ( 文 献 2より 引 用 ) 1. 周 産 期 脳 障 害 1) 低 酸 素 性 虚 血 性 脳 症 2) 頭 蓋 内 出 血 1クモ 膜 下 出 血 2 脳 室 内 出 血 3 硬 膜 下 出 血 3) 脳 梗 塞 2. 代

More information

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63>

<4D F736F F D B382EA82E995FB82CC82BD82DF82C9815C82502E646F63> 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 秋 田 県 康 福 祉 部 平 成 15 年 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 目 次 利 用 される 方 のために 秋 田 県 衛 生 統 計 年 鑑 の 解 説 管 轄 区 域 図 管 轄 一 覧 市 町 村 別 人 口 及 び 世 帯 数 年 齢 (5 歳 階 級 ) 別 人 口 各 種 統 計 調 査 の 概 略 図 主 な 統 計

More information

(案)

(案) ( 別 紙 ) 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 交 付 要 綱 ( 通 則 ) 1 医 療 提 供 体 制 施 設 整 備 交 付 金 ( 以 下 交 付 金 という )については 予 算 の 範 囲 内 において 交 付 するものとし 補 助 金 等 に 係 る 予 算 の 執 行 の 適 正 化 に 関 する 法 律 ( 昭 和 30 年 法 律 第 179 号 ) 補 助

More information

第1回 訓練マニュアル研究会次第

第1回  訓練マニュアル研究会次第 資 料 3 救 急 業 務 統 計 作 業 部 会 報 告 書 ( 案 ) 平 成 21 年 3 月 総 務 省 消 防 庁 目 次 はじめに 第 1 章 救 急 業 務 統 計 の 現 状 及 び 課 題 1 救 急 業 務 統 計 の 現 状 2 救 急 業 務 統 計 における 課 題 第 2 章 救 急 業 務 統 計 の 調 査 項 目 の 見 直 しについて 1 調 査 項 目 の 見

More information

参 考 資 料 第 7 次 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 の 策 定 経 過 ( 平 成 27 年 ) 3 月 23 日 岡 山 県 保 健 医 療 計 画 策 定 協 議 会 同 地 域 医 療 構 想 部 会 の 設 置 協 議 会 : 保 健 医 療 関 係 者 住 民 代 表 学 識 経 験 者 及 び 行 政 関 係 者 29 名 地 域 医 療

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 び に 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相

More information

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令

六 群 長 七 自 衛 艦 隊 司 令 官 八 護 衛 艦 隊 司 令 官 九 航 空 集 団 司 令 官 十 掃 海 隊 群 司 令 十 一 護 衛 隊 群 司 令 十 二 航 空 群 司 令 十 三 地 方 総 監 十 四 基 地 隊 の 長 十 五 航 空 隊 の 長 ( 航 空 群 司 令 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 施 行 令 ( 平 成 十 六 年 九 月 十 五 日 政 令 第 二 百 七 十 五 号 ) 内 閣 は 武 力 攻 撃 事 態 等 における 国 民 の 保 護 のための 措 置 に 関 する 法 律 ( 平 成 十 六 年 法 律 第 百 十 二 号 ) 並 びに 同 法 において 準 用 する

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E696688DD08C7689E681698E518D6C8E9197BF816A32342E392E646F6378>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20926E88E696688DD08C7689E681698E518D6C8E9197BF816A32342E392E646F6378> 14-1 防 災 ヘリコプターの 運 航 体 制 運 航 基 準 要 請 方 法 等 運 航 体 制 1 運 航 基 地 香 川 県 香 川 郡 香 南 町 岡 ( 高 松 空 港 ) 四 国 航 空 内 2 運 航 日 数 365 日 勤 務 3 運 行 時 間 午 前 8 時 30 分 から 午 後 5 時 15 分 まで( 緊 急 時 は 日 の 出 から 日 没 まで) 4 隊 の 構 成

More information

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用)

診療報酬の内容および算定の方法 (新入会員用) 診 療 報 酬 の 内 容 および 算 定 の 方 法 ( 新 入 会 員 用 ) 従 事 者 1 人 / 日 の 実 施 単 位 上 限 の 緩 和 従 事 者 1 人 1 日 18 単 位 を 標 準 週 に108 単 位 まで 実 施 可 能 1 日 あたり24 単 位 を 上 限 1 単 位 : 個 別 PT OT ST 20 分 患 者 1 人 1 日 当 たり 算 定 単 位 数 の 上

More information

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention

2 ペインクリニック ペインクリニック 科 に 関 しては 先 ずは 様 々な 痛 みの 症 例 を 正 確 に 診 断 できる 能 力 の 養 成 を 最 大 の 目 標 にします その 過 程 で 薬 物 療 法 神 経 ブロック( 超 音 波 透 視 下 を 含 む) Intervention 専 攻 医 ( 後 期 臨 床 研 修 )プログラム 西 宮 市 立 中 央 病 院 6. 麻 酔 科 ペインクリニック 科 当 院 の 麻 酔 科 は 手 術 臨 床 麻 酔 に 加 えて 活 発 なペインクリニック 科 と 緩 和 医 療 に 特 徴 があります 日 本 麻 酔 科 学 会 日 本 ペインクリニック 学 会 日 本 緩 和 医 療 学 会 の 研 修 指 定 病 院 であり 2

More information

平成17年度の人事行政等の状況

平成17年度の人事行政等の状況 平 成 25 年 度 人 事 行 政 の 運 営 等 の 状 況 の 公 表 1. 職 員 の 任 免 及 び に 関 する 状 況 (1) 職 員 の 採 用 退 職 の 状 況 ( 平 成 25 年 4 月 2 日 から 平 成 26 年 4 月 1 日 ) 職 種 H25.4.1 現 在 期 間 内 の 退 職 者 期 間 内 の 採 用 者 H26.4.1 現 在 医 師 118 人 32

More information

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない

4. 手 術 により 期 待 される 効 果 手 術 は 直 腸 癌 に 対 する 治 療 として 最 も 確 実 な 方 法 とされていますが これに よりすべての 直 腸 癌 が 治 癒 するわけではありません 肉 眼 的 にすべての 癌 が 取 り 除 けた 場 合 でも 目 には 見 えない 直 腸 癌 の 手 術 ( 肛 門 温 存 )に 対 する 説 明 書 1. 直 腸 癌 とは 直 腸 癌 は 粘 膜 より 発 生 し 徐 々に 大 きくなり 進 行 していきます 進 行 の 形 式 には 1 直 腸 壁 を 壊 し 徐 々に 深 く 浸 潤 して( 壁 浸 潤 ) さらに 進 行 すると 腸 壁 を 貫 いて 他 の 臓 器 へ 直 接 浸 潤 する 形 式 ( 直 接 浸 潤

More information

KT6 定年制職員就業規程

KT6 定年制職員就業規程 定 年 制 職 員 就 業 規 程 ( 平 成 27 年 4 月 1 日 平 成 27 年 規 程 第 6 号 ) 目 次 第 1 章 総 則 第 1 条 目 的 第 2 条 適 用 範 囲 第 2 章 勤 務 第 1 節 勤 務 心 得 第 3 条 職 務 の 遂 行 第 4 条 禁 止 事 項 第 5 条 許 可 及 び 届 出 事 項 第 2 節 勤 務 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 6

More information

00表紙

00表紙 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 近 藤 敬 太 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 25 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

5) 医 師 会 現 地 対 策 本 部 からのヘリ 搬 送 依 頼 訓 練 6)START 法 によるトリアージ 訓 練 2. 訓 練 内 容 1) 高 崎 市 長 から 医 師 会 長 への 出 動 依 頼 訓 練 及 び 医 師 会 長 の 対 応 訓 練 実 施 者 : 市 対 策 本 部

5) 医 師 会 現 地 対 策 本 部 からのヘリ 搬 送 依 頼 訓 練 6)START 法 によるトリアージ 訓 練 2. 訓 練 内 容 1) 高 崎 市 長 から 医 師 会 長 への 出 動 依 頼 訓 練 及 び 医 師 会 長 の 対 応 訓 練 実 施 者 : 市 対 策 本 部 平 成 21 年 度 高 崎 市 医 師 会 災 害 医 療 訓 練 平 成 22 年 3 月 15 日 救 急 医 療 対 策 委 員 会 大 規 模 事 故 に 対 応 する 高 崎 市 医 師 会 行 動 マニュアル に 則 り 大 規 模 事 故 を 想 定 した 災 害 医 療 訓 練 が 下 記 の 要 領 で 行 なわれました 訓 練 への 参 加 者 は 高 崎 市 医 師 会 会

More information

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す

(10) 療 養 病 棟 の 在 宅 復 帰 機 能 強 化 加 算 在 宅 復 帰 率 の 計 算 式 及 び 指 標 見 直 す (11) 障 害 者 施 設 等 入 院 基 本 料 特 殊 疾 患 病 棟 入 院 料 等 について 対 象 疾 患 評 価 見 直 し 意 識 障 害 を 有 す 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 情 報 基 本 方 針 の 決 定 ~ 諮 問 書 ~1 平 成 28 年 1 月 13 日 厚 生 労 働 省 から 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 に 向 けて 平 成 28 年 度 診 療 報 酬 改 定 の 諮 問 書 が 発 出 されました いよいよ 中 医 協 で 細 部 にわたる 審 議 が 行 われることになります それと 同

More information

文化連情報8月389号.indd

文化連情報8月389号.indd 正 総 合 略 死 臓 器 摘 死 至 ゆ 安 レ バ ボ 取 除 般 従 遷 疎 困 難 特 徴 刺 激 与 ェ ュ 為 促 続 偶 付? 視 線 向 追 右 左 管 膀 胱 挿 声 様 好 音 楽 聴 試 声 録 音 聴 希 望 直 接 般 簡 隅 形 再 驚 ふ 左 伸 首 抱 作 口 ゆ 偶 常 化 情 報 緒 = 種 常 光 濃 厚 報 酬 高 評 与 遅 デ 効 徐 打 費 適 配 部

More information

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要

別 添 第 1 厚 生 労 働 大 臣 が 定 める 療 養 告 示 について 1 第 1 号 関 係 について (1) 介 護 保 険 適 用 病 床 に 入 院 している 要 介 護 被 保 険 者 である 患 者 が 急 性 増 悪 等 により 密 度 の 高 い 医 療 行 為 が 必 要 保 医 発 0325 第 8 号 平 成 28 年 3 月 25 日 地 方 厚 生 ( 支 ) 局 医 療 課 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 部 ( 局 ) 後 期 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 ( 公

More information

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令

自衛官等の採用のための身体検査に関する訓令 防 衛 庁 訓 令 第 14 号 自 衛 隊 法 施 行 規 則 ( 昭 和 29 年 総 理 府 令 第 40 号 ) 第 27 条 及 び 第 36 条 の 規 定 に 基 き 自 衛 官 及 び 防 衛 大 学 校 の 学 生 の 採 用 のための 身 体 検 査 に 関 する 訓 令 を 次 のように 定 める 昭 和 29 年 9 月 13 日 防 衛 庁 長 官 木 村 篤 太 郎 自

More information

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況

アプルウェイ 市販直後調査 発売4ヵ月間の副作用発現状況 市 販 直 後 調 査 平 成 26 年 5 月 ~ 平 成 26 年 11 月 製 造 販 売 :サノフィ 株 式 会 社 163-1488 東 京 都 新 宿 区 西 新 宿 三 丁 目 20 番 2 号 発 売 4 ヵ 月 間 の 副 作 用 発 現 状 況 謹 啓 先 生 方 におかれましては 時 下 ますますご 清 祥 のことと お 慶 び 申 し 上 げます 平 素 は 弊 社 が 製

More information

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学

科 目 名 生 理 学 Ⅱ 講 師 名 山 美 喜 子 開 講 期 前 期 後 期 通 身 体 の 正 常 な 機 能 を 国 家 試 験 の 出 題 内 容 と 関 連 付 けて 理 解 する 成 績 評 価 方 法 試 験 :00 点 受 講 態 度 :0 点 ( 減 点 方 式 ) 生 理 学 科 目 名 解 剖 学 Ⅱa 単 講 師 名 渡 邊 利 明 開 講 期 前 期 後 期 通 位 人 体 を 構 成 する 細 胞 組 織 器 官 の 位 置 機 能 及 び 形 態 を 理 解 させ 医 療 従 事 者 として 必 要 な 解 剖 学 的 知 識 を 習 得 させる 国 家 試 験 対 策 として 出 題 基 準 に 関 係 ある 部 分 に 重 点 をおいて 授 業 を 進 め

More information

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6>

<5461726F2D97AF88D38E968D8092CA926D8169915391CC82C682E882DC82C6> 保 医 発 第 0305001 号 平 成 20 年 3 月 5 日 地 方 社 会 保 険 事 務 局 長 都 道 府 県 民 生 主 管 部 ( 局 ) 国 民 健 康 保 険 主 管 課 ( 部 ) 長 都 道 府 県 老 人 医 療 主 管 部 ( 局 ) 高 齢 者 医 療 主 管 課 ( 部 ) 長 殿 厚 生 労 働 省 保 険 局 医 療 課 長 厚 生 労 働 省 保 険 局 歯

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF332D3120939C9441956181418C7689E68169916688C4816A2E646F63> 糖 尿 病 の 医 療 体 制 構 築 について 第 1 糖 尿 病 の 現 状 1 糖 尿 病 の 疫 学 状 況 糖 尿 病 は 血 液 中 のブドウ 糖 ( 血 糖 )が 過 剰 に 増 える 疾 病 で 血 糖 値 を 下 げるホルモンである インスリンの 不 足 により 主 に 幼 児 から 小 児 期 に 発 症 する1 型 糖 尿 病 と 過 食 運 動 不 足 肥 満 な どによりインスリンの

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86>

<4D6963726F736F667420576F7264202D203030955C8E86819597A094928E86> 照 会 先 大 臣 官 房 統 計 情 報 部 人 口 動 態 保 健 社 会 統 計 課 課 長 小 野 暁 史 ( 内 線 7461) 課 長 補 佐 村 上 修 司 ( 内 線 7475) 月 報 調 整 係 ( 内 線 7476) ( 代 表 電 話 ) 03-5253-1111 ( 直 通 電 話 ) 03-3595-2813 平 成 24 年 人 口 動 態 統 計 月 報 年 計 (

More information

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事

目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の 経 緯 5 2 医 療 事 故 情 報 収 集 分 析 提 供 事 業 の 概 要 7 1 事 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 第 17 回 報 告 書 平 成 21 年 6 月 24 日 財 団 法 人 日 本 医 療 機 能 評 価 機 構 医 療 事 故 防 止 事 業 部 目 次 はじめに 1 第 17 回 報 告 書 の 公 表 にあたって 3 I 医 療 事 故 情 報 収 集 等 事 業 の 概 要 5 1 医 療 事 故 情 報 ヒヤリ ハット 事 例 収 集 の

More information

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小

虚 血 性 心 疾 患 の 検 討. 臨 床 薬 理 3 1 : 3 1 3-3 1 4, 2 0 0 0. 1 5. 山 科 育 子, 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 木 内 要, 高 山 守 正, 清 野 精 彦, 高 野 照 夫, 田 島 廣 之, 隅 崎 達 夫, 池 崎 弘 之, 小 主 な 和 文 原 著 1. 横 山 広 行, 安 武 正 弘, 福 間 長 知, 今 泉 孝 敬, 斎 藤 勉, 畑 典 武, 高 山 守 正, 宗 像 一 雄, 岸 田 浩, 早 川 弘 一. 急 性 心 筋 梗 塞 の 5 年 心 事 故 発 生 率 と そ の 予 後 規 定 因 子. T h e r R e s 1 2 : 2 1 9-2 2 4, 1 9 9 1. 2. 宗 像 一 雄,

More information

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前

くも 膜 下 出 血 の 症 状 頭 を 殴 られたような 突 然 の 激 しい 頭 痛 意 識 が 朦 朧 (もうろう)とする 意 識 を 失 う 嘔 吐 血 圧 上 昇 物 が 二 重 に 見 えるなどの 症 状 があります 手 足 の 麻 痺 は 必 ず 起 こるとは 限 りません 発 症 前 破 裂 脳 動 脈 瘤 に 対 する 開 頭 クリッピング 術 とは くも 膜 下 出 血 について 頭 蓋 骨 の 内 側 には 硬 膜 くも 膜 軟 膜 と 呼 ばれる 脳 組 織 を 包 んで いる 組 織 があります くも 膜 と 軟 膜 のすき 間 は くも 膜 下 腔 と 呼 ば れています くも 膜 下 腔 に 出 血 を 起 こした 状 態 がくも 膜 下 出 血 で す くも 膜

More information

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診

4 接 種 の 受 け 方 (1) 指 定 医 療 機 関 へ 予 約 (2) 持 ち 物 次 のものを 持 参 のうえ 体 調 の 良 いときに 接 種 を 受 けてください 母 子 健 康 手 帳 ( 他 の 予 防 接 種 との 間 隔 等 の 確 認 接 種 の 記 録 をします) 予 診 ~ 予 防 接 種 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください~ 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 をご 希 望 の 方 へ 市 では 平 成 23 年 4 月 1 日 から 平 成 25 年 3 月 31 日 まで 法 律 に 基 づかない 任 意 接 種 と して 子 宮 頸 がんワクチン 予 防 接 種 費 用 の 約 9 割 を 助 成 していましたが 予 防 接 種

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5>

<5461726F2D8179906C8E96817A8D9197A791E58A779640906C8F48936391E5> 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 給 与 規 程 平 成 16 年 4 月 1 日 規 則 第 64 号 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 秋 田 大 学 職 員 就 業 規 則 ( 平 成 16 年 規 則 第 50 号 以 下 職 員 就 業 規 則 という ) 第 29 条 の 規 定 に 基 づき, 職 員 の 給 与

More information

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477>

<355F8389837E836D83938FF98DC58F495F835F834383672E786477> ラノミン 錠 50 ラノミン 錠 100 患 者 向 医 薬 品 ガイド 2006 年 3 月 作 成 この 薬 は? 販 売 名 一 般 名 含 有 量 (1 錠 中 ) ラノミン 錠 50 RANOMIN TABLETS 50mg cilostazol 50mg ラノミン 錠 100 RANOMIN TABLETS 100mg cilostazol 100mg 患 者 向 医 薬 品 ガイドについて

More information

がん治療(放射線療法、化学療法の評価)

がん治療(放射線療法、化学療法の評価) 平 成 22 年 2 月 12 日 厚 生 労 働 大 臣 長 妻 昭 殿 中 央 社 会 保 険 医 療 協 議 会 会 長 遠 藤 久 夫 答 申 書 ( 平 成 22 年 度 診 療 報 酬 改 定 について) 平 成 22 年 1 月 15 日 付 け 厚 生 労 働 省 発 保 0115 第 1 号 をもって 諮 問 のあった 件 について 別 紙 1から 別 紙 6までの 改 正 案 を

More information

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス

通 常 の 帝 王 切 開 術 において 胎 児 胎 盤 娩 出 後 は 急 速 な 子 宮 収 縮 により 胎 盤 剥 離 面 から の 出 血 に 対 する 生 理 的 な 止 血 作 用 が 働 く さらに 子 宮 収 縮 を 促 すため 術 中 は 子 宮 マッサー ジやオキシトシン プロス ( 様 式 甲 5) 氏 名 加 藤 壮 介 ( ふ り が な ) (かとう そうすけ) 学 位 の 種 類 博 士 ( 医 学 ) 学 位 授 与 番 号 甲 第 号 学 位 審 査 年 月 日 平 成 26 年 1 月 29 日 学 位 授 与 の 要 件 学 位 規 則 第 4 条 第 1 項 該 当 学 位 論 文 題 名 Local injection of vasopressin reduces

More information

独立行政法人大学入試センター就業規則(案)

独立行政法人大学入試センター就業規則(案) 独 立 行 政 法 人 大 学 入 試 センター 職 員 就 業 規 則 平 成 18 年 4 月 1 日 規 則 第 10 号 改 正 平 成 19 年 3 月 30 日 規 則 第 18 号 改 正 平 成 21 年 3 月 30 日 規 則 第 9 号 改 正 平 成 23 年 7 月 28 日 規 則 第 36 号 改 正 平 成 23 年 9 月 22 日 規 則 第 41 号 改 正 平

More information

PM2.5による健康影響

PM2.5による健康影響 中 国 におけるPM2.5に 関 する 説 明 相 談 会 PM2.5による 健 康 影 響 京 都 大 学 大 学 院 医 学 研 究 科 金 谷 久 美 子 kanatani.kumiko.2r@kyotou.ac.jp 1 本 日 の 内 容 1. どんな 疾 患 の 可 能 性?(15 分 ) 1. 過 去 の 事 例 から 2. 実 験 結 果 から 3. 疫 学 調 査 から 2. どんな

More information

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載!

国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! 7 国 試 合 格 までに 必 要 な 内 容 をわかりやすい 文 章 と 文 章 に 対 応 したイラストが 充 実! 病 院 実 習 や 臨 床 の 場 に 出 ても 使 える 知 識 が 満 載! イラストで 解 説 した 講 義 用 に 最 適 なテキスト 補 足 しておくべき 事 項 や, 知 っておくと 役 立 つちょっと した 知 識 などを 解 説 Sample 75% 縮 小 日

More information

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況

目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2 < 曝 露 事 故 の 発 生 した 医 療 機 関 での 対 応 > 2 < 拠 点 病 院 での 対 応 > 4 < 専 門 医 への 相 談 が 推 奨 される 状 況 HIV への 職 業 上 曝 露 後 の 感 染 防 止 予 防 服 用 マニュアル 一 般 医 療 機 関 用 平 成 26 年 10 月 < 兵 庫 県 エイズ 拠 点 病 院 連 絡 協 議 会 編 > 兵 庫 県 健 康 福 祉 部 健 康 局 疾 病 対 策 課 目 次 予 防 服 用 フローチャート 1 マニュアル 使 用 上 の 注 意 2 1 曝 露 発 生 時 の 対 応 2

More information

Microsoft Word - ①高度化表紙.doc

Microsoft Word - ①高度化表紙.doc 平 成 20 年 度 救 急 業 務 高 度 化 推 進 検 討 会 報 告 書 平 成 21 年 3 月 総 務 省 消 防 庁 じ 近 年 医 療 進 歩 も 発 生 初 期 実 施 効 果 的 医 療 技 術 が 発 達 救 急 搬 送 おけ 院 選 定 から 医 療 機 おけ 救 急 医 療 提 供 まで 一 連 行 為 円 滑 実 施 が 救 命 率 向 上 及 び 予 後 改 善 等 観

More information

○○県看護協会の報告

○○県看護協会の報告 2 72 470 27 7 1 14 466 352 26 394 46 3 25 18 16 2 1 13 12 2 3 4 4 25 448 21 4 73 25 11 25 12 26 1 ~3 1 4 5 5 26 4 27 3 2 6 74 7 8 75 4 9 30 10 76 11 11 5 2 26 9 10 1 1 12 77 13 14 78 15 16 79 ( ) 2 80

More information

第2章 健康づくりの現状と課題

第2章 健康づくりの現状と課題 第 2 章 吹 田 市 の 現 状 と 課 題 1 吹 田 市 の 現 状 (1) 人 口 世 帯 数 について 吹 田 市 の 人 口 は 平 成 16 年 (2004 年 )9 月 30 日 現 在 351, 283 人 です うち 65 歳 以 上 は55,017 人 15 歳 ~64 歳 は244,336 人 15 歳 未 満 は51,930 人 です 高 齢 化 率 は 15.7% 少 子

More information

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた

2. 改 訂 内 容 ( ) 薬 食 安 通 知 による 改 訂 ( ) 自 主 改 訂 <トランサミン 注 > 改 訂 後 改 訂 前 (1) 重 大 な 副 作 用 ( 頻 度 不 明 ) 1)ショック:ショックを 起 こすことがあるので 観 察 を 十 分 に 行 い 異 常 が 認 められた 医 薬 品 の 適 正 使 用 に 欠 かせない 情 報 です 必 ずお 読 みください 使 用 上 の 注 意 改 訂 のお 知 らせ 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 注 射 液 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 錠 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 カプセル トラネキサム 酸 散 製 造 販 売 元 トラネキサム 酸 シロップ 製 造 販 売 元 販 売 元 2013

More information

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73>

<4832332E338B8B975E8CF6955C8169967B92A1816A2E786C73> 総 括 () 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 決 算 ) 塩 竈 市 の 給 与 等 について 住 民 基 本 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 平 成 22 年 度 末 ) A B B/A 平 成 2 年 度 の 人 件 費 率 平 成 22 年 度 57,266 人 2,59,774 486,43 3,398,0 5.7% 6.2%

More information

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護

〇 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 の 推 進 在 宅 医 療 を 受 ける 難 病 がん 児 の 利 者 が 増 加 し 訪 問 看 護 のニーズは 多 様 化 しており 増 加 する 需 要 や 多 様 なニーズに 対 応 するためには 効 率 的 かつ 質 の い 訪 問 看 護 訪 問 看 護 について 診 療 報 酬 改 定 の 主 な 改 正 点 は 次 のとおりです なお 詳 しくは このあとの 表 で 医 療 保 険 と 介 護 保 険 との 較 訪 問 看 護 ステーションが う 訪 問 看 護 について 記 載 しています 平 成 26 年 改 定 同 建 物 居 住 者 訪 問 看 護 指 導 料 において 同 に3 以 上 訪 問 した 場 合 の 点 数

More information

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医

マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに 服 用 するために 医 熊 本 県 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 後 の 抗 HIV 薬 服 用 マニュアル 平 成 25 年 3 月 マニュアル 使 用 上 の 注 意 針 刺 し 切 創 皮 膚 粘 膜 曝 露 ( 事 象 ) 後 のHIV 感 染 を 防 止 するためには 事 象 発 生 後 できるだけ 早 く 抗 HIV 薬 の 服 用 を 開 始 する 必 要 がある 事 象 発 生 後 速 やかに

More information

hyoushi

hyoushi 序 昨 年 度 から 表 題 を 年 報 改 めます 年 報 を 発 行 す る 目 的 は 実 績 を 公 表 することであり また 記 録 することよっ 歴 史 を 記 述 しることもなります しかし 年 報 を 発 行 する 社 会 的 意 義 とし を 公 表 する 事 が 重 要 である と 考 え 積 極 的 力 を 注 できました をどう 捉 えるかは ろろな 観 点 や 意 見 があると

More information

先行研究のサマリー

先行研究のサマリー 健 診 事 後 措 置 就 業 上 の 措 置 に 関 する 医 師 の 意 見 就 業 判 定 について( 産 業 医 バージョン) 想 定 : 産 業 医 が 就 業 判 定 を 行 う 際 に 参 照 するマニュアル Ⅰ はじめに 職 場 における 健 康 診 断 の 目 的 は 健 診 結 果 を 基 に 健 康 状 態 を 評 価 し 有 所 見 者 には 受 診 勧 奨 や 保 健 指

More information

2

2 NEWS NEWS H26 年 度 東 北 ブロック DMAT 参 集 訓 練 2 平 成 26 年 度 東 北 AIDS/HIV 看 護 研 修 / 宮 城 県 総 合 防 災 訓 練 NEWS 東 西 南 北 4 9 月 管 理 診 療 会 議 報 告 / 地 域 医 療 連 携 室 だより 5 仙 台 市 医 師 会 主 催 第 26 回 病 院 親 善 野 球 大 会 / 第 3 回 仙 台

More information

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換

就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤 第 4 章 配 置 転 換 休 職 第 1 節 配 置 転 換 就 業 規 則 平 成 22 年 2 月 23 日 改 正 ( 個 人 情 報 保 護 に 関 する 規 定 を 追 加 ) コンピュータ レスキュー 株 式 会 社 就 業 規 則 目 次 就 業 規 則 第 1 章 第 2 章 第 3 章 総 則 採 用 勤 務 第 1 節 労 働 時 間 休 憩 及 び 休 日 第 2 節 時 間 外 及 び 休 日 労 働 第 3 節 休 暇 及 び 欠 勤

More information

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識

国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 委 員 名 簿 区 分 所 属 氏 名 1 医 療 に 関 わる 有 識 者 千 葉 大 学 医 学 部 附 属 病 院 副 病 院 長 企 画 情 報 部 教 授 高 林 克 日 己 2 医 療 に 関 わる 有 識 第 1 回 国 保 小 見 川 総 合 病 院 建 て 替 え 整 備 検 討 委 員 会 次 第 日 時 平 成 26 年 7 月 23 日 ( 水 ) 午 後 1 時 30 分 から 場 所 国 保 小 見 川 総 合 病 院 附 属 看 護 専 門 学 校 3 階 講 堂 1. 開 会 2. 委 嘱 状 交 付 3. 組 合 長 挨 拶 4. 委 員 紹 介 事 務 局 職 員 紹 介 5.

More information

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害

第 2 章 補 償 条 項 第 2 条 ( 保 険 金 を 支 払 う 場 合 ) (1) 当 会 社 は 被 保 険 者 が 日 本 国 内 または 国 外 において 下 表 に 掲 げる 間 に 生 じた 急 激 かつ 偶 然 な 外 来 の 事 故 によっ てその 身 体 に 被 った 傷 害 Ⅲ. 学 生 教 育 研 究 災 害 傷 害 保 険 普 通 保 険 約 款 第 1 章 用 語 の 定 義 条 項 第 1 条 ( 用 語 の 定 義 ) この 約 款 において 下 表 の 用 語 の 意 味 は それぞれ 次 の 定 義 によります 用 語 定 義 医 学 的 他 覚 所 見 理 学 的 検 査 神 経 学 的 検 査 臨 床 検 査 画 像 検 査 等 により 認 められる

More information

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門

目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8 7 画 像 診 断 8 8 投 薬 注 射 8 9 リハビリテーション 精 神 科 専 門 平 成 24 年 度 に 実 施 した 個 別 指 導 において 保 険 医 療 機 関 ( 医 科 )に 改 善 を 求 めた 主 な 指 摘 事 項 四 国 厚 生 支 局 平 成 26 年 2 月 目 次 Ⅰ 保 険 診 療 等 に 関 する 事 項 1 診 療 録 01 2 傷 病 名 02 3 基 本 診 療 料 32 4 医 学 管 理 等 34 5 在 宅 医 療 6 6 検 査 8

More information

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の

( 服 務 の 基 本 ) 第 9 条 準 職 員 は 職 務 の 社 会 的 責 任 を 自 覚 し 社 会 福 祉 の 向 上 及 び 法 人 事 業 の 使 命 達 成 のため 全 力 を 挙 げ 誠 実 に 職 務 を 遂 行 しなければならない 第 3 章 服 務 規 律 ( 服 務 の 準 職 員 就 業 規 則 及 び 給 与 規 程 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 麦 の 子 会 ( 以 下 法 人 という ) 就 業 規 則 第 3 条 の 規 定 に 基 づいて 雇 用 する 準 職 員 の 労 働 条 件 服 務 規 律 その 他 の 就 業 に 関 する 事 項 を 定 めるものである 2 この 規 則 に 定

More information

報告

報告 北 区 中 央 地 域 における 在 宅 医 療 介 護 意 見 交 換 会 川 崎 病 院 における 在 宅 医 療 介 護 連 携 カンファレンス ( 第 6 回 岡 山 市 訪 問 診 療 ステップアップ 研 修 会 ) 主 催 : 川 崎 医 科 大 学 付 属 川 崎 病 院 北 区 中 央 地 域 保 健 医 療 福 祉 連 携 懇 話 会 岡 山 市 共 催 : 岡 山 市 医 師 会

More information

アフターケア.indd

アフターケア.indd 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 中 の 方 治 った 方 へ アフターケア 制 度 のご 案 内 仕 事 によるケガや 病 気 で 療 養 されている 方 は そのケガ や 病 気 が 治 った 後 も 再 発 や 後 遺 障 害 に 伴 う 新 たな 病 気 を 防 ぐため 労 災 指 定 医 療 機 関 でアフターケア( 診 察 や 保 健 指 導 検 査 など)を 無 料 で 受 診

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

№ 平 成 24 年 度 保 険 事 例 研 究 会 実 施 スケジュール( 東 京 ) 平 成 24 年 4 月 報 告 者 報 告 予 定 月 項 目 判 決 言 渡 日 内 容 1 平 成 24 年 5 月 9 日 ( 水 ) 弁 護 士 天 野 康 弘 氏 不 慮 の 事 故 の 該 否 ( 睡 眠 剤 中 毒 によ る 死 亡 は 外 来 の 事 故 か) 東 京 地 判 平 23.5.30

More information

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001

海外勤務健康プラザ 大阪(OHAP-OSAKA)のご案内      2001 海 外 勤 務 健 康 プラザ 大 阪 (OHAP-OSAKA) 1,はじめに 近 年 の 産 業 並 びに 社 会 生 活 の 国 際 化 を 踏 まえて 1) 海 外 派 遣 に 際 しての 渡 航 前 並 びに 帰 国 後 の 健 康 診 断 2) 渡 航 に 際 しての 予 防 接 種 健 康 相 談 3) 海 外 の 医 療 情 報 の 収 集 提 供 4) 海 外 からの 健 康 相 談

More information

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定

動 を 生 じた 者 には その 日 から 新 たに 定 められた 給 料 を 支 給 する 2 職 員 が 離 職 した 時 は その 日 まで 給 料 を 支 給 する 3 職 員 が 死 亡 した 時 は その 月 まで 給 料 を 支 給 する 4 第 1 項 又 は 第 2 項 の 規 定 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 職 員 給 与 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は 地 方 独 立 行 政 法 人 山 形 県 酒 田 市 病 院 機 構 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 と いう ) 第 21 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 同 規 則 第 3 条 第 1 項 の 規 定 により 任 命 された 者 (

More information

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc

Microsoft Word - 14.11.25.肝炎対策基本指針.doc 肝 炎 対 策 の 推 進 に 関 する 基 本 的 な 指 針 平 成 23 年 5 月 16 日 目 次 第 1 第 2 第 3 第 4 第 5 第 6 第 7 第 8 第 9 肝 炎 の 予 防 及 び 肝 炎 医 療 の 推 進 の 基 本 的 な 方 向 肝 炎 の 予 防 のための 施 策 に 関 する 事 項 肝 炎 検 査 の 実 施 体 制 及 び 検 査 能 力 の 向 上 に

More information