<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "<4D F736F F D208AEE967B8C7689E68C8892E894C DC48D5C90AC816A2E646F63>"

Transcription

1 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 案 ) 平 成 28 年 2 月 はじめに 〇 我 が 国 における 状 況 〇 WHOの 動 向 〇 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 (Ⅰ)アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け 2. 第 1 期 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 対 象 期 間 3.アルコ ル 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 構 成 について (Ⅱ) 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 理 念 2. 基 本 的 な 方 向 性 (1) 正 しい 知 識 の 普 及 及 び 不 適 切 な 飲 酒 を 防 止 する 社 会 づくり (2) 誰 もが 相 談 できる 相 談 場 所 と 必 要 な 支 援 に 繋 げる 相 談 支 援 体 制 づくり (3) 医 療 における 質 の 向 上 と 連 携 の 促 進 (4)アルコール 依 存 症 者 が 円 滑 に 回 復 社 会 復 帰 資 するための 社 会 づくり (Ⅲ) 第 1 期 基 本 計 画 で 取 り 組 むべき 重 点 課 題 1. 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 知 識 の 普 及 を 徹 底 し 将 来 にわたるアルコール 健 康 障 害 の 発 生 を 予 防 (1) 特 に 配 慮 を 要 する 者 ( 未 成 年 者 妊 産 婦 若 い 世 代 )に 対 する 教 育 啓 発 1 未 成 年 者 妊 産 婦 などの 飲 酒 すべきではない 者 2 将 来 的 な 心 身 への 影 響 が 懸 念 される 若 い 世 代 (2)アルコール 依 存 症 に 関 する 正 しい 知 識 理 解 の 啓 発 (3) 第 1 期 基 本 計 画 における 目 標 2.アルコール 健 康 障 害 に 関 する 予 防 及 び 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 至 る 切 れ 目 のない 支 援 体 制 の 整 備 (1)アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 (2) 地 域 における 相 談 拠 点 の 明 確 化 (3)アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 とその 家 族 を 相 談 治 療 回 復 支 援 に 繋 ぐため の 連 携 体 制 の 推 進 (4)アルコール 依 存 症 の 治 療 等 の 拠 点 となる 専 門 医 療 機 関 の 整 備 (5) 第 1 期 基 本 計 画 における 目 標

2 (Ⅳ) 基 本 的 施 策 1. 教 育 の 振 興 等 (1) 学 校 教 育 の 推 進 1 小 学 校 から 高 等 学 校 における 教 育 2 大 学 等 における 教 育 3 医 学 看 護 福 祉 司 法 等 の 専 門 教 育 4 自 動 車 教 習 所 における 周 知 (2) 家 庭 に 対 する 啓 発 の 推 進 (3) 職 場 教 育 の 推 進 (4) 広 報 啓 発 の 推 進 2. 不 適 切 な 飲 酒 の 誘 引 の 防 止 (1) 広 告 (2) 表 示 (3) 販 売 (4) 提 供 (5) 少 年 補 導 の 強 化 3. 健 康 診 断 及 び 保 健 指 導 (1) 地 域 における 保 健 指 導 による 減 酒 支 援 の 調 査 研 究 等 (2) 地 域 における 健 康 障 害 予 防 のための 早 期 介 入 の 推 進 (3) 職 域 における 対 応 の 促 進 4.アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 充 実 等 (1)アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 質 の 向 上 (2) 医 療 連 携 の 推 進 ( 内 科 救 急 等 の 一 般 医 療 と 専 門 医 療 の 連 携 ) 5.アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 飲 酒 運 転 等 をした 者 に 対 する 指 導 等 (1) 飲 酒 運 転 をした 者 に 対 する 指 導 等 (2) 暴 力 虐 待 自 殺 未 遂 等 をした 者 に 対 する 指 導 等 6. 相 談 支 援 等 7. 社 会 復 帰 の 支 援 (1) 就 労 及 び 復 職 の 支 援 (2)アルコール 依 存 症 からの 回 復 支 援 8. 民 間 団 体 の 活 動 に 対 する 支 援 9. 人 材 の 確 保 等 10. 調 査 研 究 の 推 進 等 Ⅴ 推 進 体 制 等 1. 関 連 施 策 との 有 機 的 な 連 携 について 2. 都 道 府 県 における 都 道 府 県 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 策 定 等 について 3. 第 1 期 基 本 計 画 の 見 直 しについて 4. 厚 生 労 働 省 への 円 滑 な 事 務 移 管 について 5. 第 2 期 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 数 値 目 標 に 向 けた 取 組 について

3 はじめに 我 が 国 における 状 況 ( 我 が 国 のアルコール 消 費 量 ) 我 が 国 における 酒 類 の 販 売 ( 消 費 ) 数 量 の 動 向 を 見 ると 平 成 8(1996) 年 度 の9666 万 キロ リットルをピークとして その 後 減 少 が 続 き 平 成 26(2014) 年 度 の 販 売 ( 消 費 ) 数 量 は 平 成 8(1996) 年 度 の 約 9 割 となっている これを 成 人 一 人 当 たりの 酒 類 の 販 売 ( 消 費 ) 量 で 見 た 場 合 平 成 4(1992) 年 度 の101.8リットルをピークとして その 後 減 少 が 続 き 平 成 26(2014) 年 度 では 平 成 4(1992) 年 の 約 8 割 の リットルになっている 中 高 年 に 比 べ 飲 酒 習 慣 のあ る 者 の 割 合 が 低 い70 歳 以 上 の 高 齢 者 の 割 合 が 増 加 していることがこの 一 因 となっている ( 国 民 の 飲 酒 の 状 況 ) 国 民 一 人 一 人 の 飲 酒 の 状 況 については 国 民 健 康 栄 養 調 査 ( 厚 生 労 働 省 )において 月 に1 日 以 上 の 頻 度 で 飲 酒 をする 者 の 割 合 は 平 成 15(2003) 年 は 男 性 69.3% 女 性 33.3%に 対 し 平 成 24(2012) 年 は 男 性 67.3% 女 性 33.2%であり 横 ばいとなっており 飲 酒 習 慣 のある 者 ( 週 3 日 以 上 1 日 1 合 以 上 飲 酒 する 者 ) の 割 合 は 平 成 16(2004) 年 は 男 性 38.2% 女 性 7.1% 平 成 26(2014) 年 は 男 性 34.6% 女 性 8.2%であり 男 性 は 減 少 傾 向 にあり 女 性 は 横 ばいが 続 いている 平 成 27 年 (2015) 年 のOECD( 経 済 協 力 開 発 機 構 )の 報 告 において 日 本 では 最 も 飲 酒 が 多 い20%の 人 々が 全 てのアルコール 消 費 量 の70% 近 くを 消 費 している と 報 告 されている 多 量 に 飲 酒 する 人 の 状 況 については 平 成 12(2000) 年 度 から 平 成 24(2012) 年 度 までの 第 1 次 の 健 康 日 本 21において 多 量 に 飲 酒 する 人 を 1 日 平 均 純 アルコール 約 60gを 超 えて 摂 取 す る 人 とし この 割 合 の 減 少 を 目 標 として 取 組 が 行 われてきたが 平 成 21 年 の 国 民 健 康 栄 養 調 査 では この 割 合 は 男 性 4.8% 女 性 0.4%であり 最 終 評 価 において 改 善 はみられなか った と 報 告 された 平 成 25(2013) 年 度 からの 21 世 紀 における 第 2 次 国 民 健 康 づくり 運 動 ( 健 康 日 本 21( 第 二 次 )) ( 以 下 単 に 健 康 日 本 21 という )では 生 活 習 慣 病 のリス クを 高 める 量 を 飲 酒 している 者 の 割 合 を 平 成 34 年 度 までに 男 性 13.0% 女 性 6.4%とすることを 目 標 として 取 組 を 開 始 しており 平 成 26(2014) 年 国 民 健 康 栄 養 調 査 では 男 性 15.8% 女 性 8.8%である 平 成 22(2010) 年 24(2012) 年 26(2014) 年 の 推 移 でみると 男 性 は 横 ばい 女 性 は 統 計 学 的 に 有 意 に 増 加 している 未 成 年 者 について その 飲 酒 実 態 を 把 握 するための 全 国 調 査 が 行 われてきた 調 査 前 30 日 に 1 回 以 上 飲 酒 した 者 の 割 合 は 平 成 8(1996) 年 では 中 学 生 男 子 29.4% 中 学 生 女 子 24.0% 高 校 生 男 子 49.7% 高 校 生 女 子 40.8%であったが 平 成 24(2012) 年 には 中 学 生 男 子 7.4% 中 学 生 女 子 7.7% 高 校 生 男 子 14.4% 高 校 生 女 子 15.3%と 大 きく 減 少 している また 男 女 間 でほぼ 差 がなくなっている このように 我 が 国 全 体 のアルコール 消 費 量 は 減 少 傾 向 にあり 成 人 の 飲 酒 習 慣 のある 者 及 び 未 成 年 者 の 飲 酒 の 割 合 も 全 体 として 減 少 傾 向 にある しかし 多 量 に 飲 酒 している 者 の 割 合 は 男 女 とも 改 善 しておらず 一 部 の 多 量 飲 酒 者 が 多 く のアルコールを 消 費 している 状 況 がある 特 に 女 性 については 飲 酒 習 慣 のある 者 の 割 合 は 横 ばいが 続 き 生 活 習 慣 病 のリスクを 高 める 量 を 飲 酒 している 者 の 割 合 は 平 成 22(2010) 年 から 有 意 に 増 加 している また 未 成 年 者 の 調 査 前 30 日 に1 回 以 上 飲 酒 した 者 の 割 合 は 男 女 間 でほぼ 差 がなくなっており 相 対 的 に 女 性 のアルコール 健 康 障 害 対 策 の 重 要 さが 増 している 状 況 にある -1-

4 (アルコールによる 健 康 障 害 ) アルコールは 様 々な 健 康 障 害 との 関 連 が 指 摘 されており 我 が 国 で 実 施 されている 大 規 模 疫 学 調 査 においても アルコールの 多 飲 が 様 々ながん 等 の 疾 患 や 自 殺 等 のリスクを 上 げると 指 摘 されている 特 に 発 症 頻 度 の 高 い 代 表 的 な 臓 器 障 害 として アルコール 性 肝 疾 患 があげられる アルコー ル 性 肝 疾 患 は まずアルコール 性 脂 肪 肝 として 発 症 するが 飲 酒 の 継 続 によりアルコール 性 肝 炎 アルコール 性 肝 線 維 症 に 移 行 し アルコール 性 肝 硬 変 や 肝 細 胞 がんへ 進 行 する 患 者 調 査 ( 厚 生 労 働 省 )によれば アルコール 性 肝 疾 患 の 総 患 者 数 は 平 成 8(1996) 年 の5.9 万 人 から 平 成 26(2014) 年 には3.5 万 人 に 減 少 しているが アルコール 性 肝 硬 変 は 平 成 8(1996) 年 の 4 千 人 から 平 成 26(2014) 年 には1.3 万 人 へと 増 加 している 人 口 動 態 統 計 ( 厚 生 労 働 省 )の 死 因 別 死 亡 数 の 統 計 において 肝 疾 患 全 体 の 死 亡 数 は 減 少 傾 向 にあるが アルコール 性 肝 疾 患 の 死 亡 数 は 平 成 828 (1996) 年 には2,403 人 であったものが 平 成 26(2014) 年 には4,689 人 と 増 加 しており そのうち 約 8 割 がアルコール 性 肝 硬 変 である アルコールの 持 つ 依 存 性 により アルコール 依 存 症 を 発 症 する 可 能 性 がある 患 者 調 査 にお ける 総 患 者 数 は 約 4 万 人 前 後 で 推 移 しており 平 成 26(2014) 年 は 4.9 万 人 と 推 計 されてい るが 成 人 の 飲 酒 行 動 に 関 する 調 査 では アルコール 依 存 症 の 生 涯 経 験 者 は100 万 人 を 超 えると の 報 告 がある また アルコール 依 存 症 を 現 在 有 する 者 ( 推 計 数 58 万 人 )のうち アルコー ル 依 存 症 の 専 門 治 療 を 受 けたことがある と 回 答 している 者 は22%しかおらず 一 方 で アル コール 依 存 症 を 現 在 有 する 者 の83%は この1 年 間 に 何 らかの 理 由 で 医 療 機 関 を 受 診 した と 回 答 しており 一 般 医 療 機 関 から 専 門 医 療 機 関 への 受 け 渡 しが 適 切 に 行 われておらず 専 門 的 治 療 に 繋 がっていない 可 能 性 があるとの 報 告 がある (アルコールによる 社 会 的 影 響 ) アルコールは 心 身 への 影 響 のみならず 多 くの 社 会 問 題 との 関 連 が 指 摘 されている 運 転 免 許 取 消 処 分 者 講 習 受 講 者 を 対 象 とした 複 数 の 調 査 で 飲 酒 運 転 で 検 挙 された 者 のうち 3 割 程 度 の 者 にアルコール 依 存 症 の 疑 いがあったことが 報 告 されている 配 偶 者 からの 暴 力 の 防 止 及 び 被 害 者 の 保 護 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 13 年 法 律 第 31 号 )の 保 護 命 令 違 反 者 を 対 象 に 行 われた 研 究 で 飲 酒 に 関 する 問 題 を 有 していた 者 が 約 4 割 であった 受 刑 者 を 対 象 に 行 われた 研 究 で 調 査 対 象 受 刑 者 に 占 める 多 量 飲 酒 者 ( 日 本 酒 換 算 3 合 以 上 をほぼ 毎 日 ) の 割 合 は23.3%であった また 自 助 グループ(アルコール 依 存 症 の 当 事 者 及 びその 家 族 が 互 いに 支 えあってその 再 発 を 防 止 するための 活 動 を 行 う 団 体 をいう 以 下 同 じ )に 属 する 家 族 に 対 する 調 査 では アルコールの 問 題 を 抱 えてから 半 数 近 くの 家 族 が 生 活 や 経 済 的 困 難 に 直 面 し 約 3 割 の 家 族 は 自 らが 精 神 的 又 は 身 体 的 問 題 を 抱 えるようになったと 報 告 されている 多 量 のアルコールを 飲 み 続 ければ アルコール 健 康 障 害 やそれに 関 連 して 様 々な 問 題 を 起 こ してしまう 可 能 性 は 誰 にでもある アルコール 依 存 症 の 当 事 者 の 体 験 談 から ごく 普 通 に 飲 酒 をしていた 者 が 様 々な 要 因 から 問 題 飲 酒 を 経 てアルコール 依 存 症 に 至 り 飲 酒 のコントロ ールができず 更 なる 問 題 を 引 き 起 こし 社 会 から 非 難 を 受 け 更 に 追 い 込 まれていくという 状 況 がわかる その 影 響 は 飲 酒 者 本 人 のみならず 周 囲 の 者 にも 及 び 特 にアルコール 依 存 症 者 の 家 族 は 強 いストレスにさらされ 困 難 を 抱 えていることが 多 い アルコール 依 存 症 に 関 する 問 題 を 個 人 の 問 題 とのみ 捉 えず 社 会 全 体 の 問 題 と 捉 え 必 要 な 知 識 や 医 療 回 復 のための 支 援 を 講 じることが 必 要 である -2-

5 世 界 保 健 機 関 (WHO)の 動 向 平 成 22(2010) 年 5 月 に 開 かれた 世 界 保 健 機 関 ( 以 下 WHO という ) 総 会 において アル コールの 有 害 な 使 用 を 低 減 するための 世 界 戦 略 が 採 択 された この 世 界 戦 略 において WHOは 有 害 な 使 用 について 健 康 に 有 害 な 結 果 をもたらすという 面 と 周 囲 の 者 の 健 康 や 社 会 全 体 に 影 響 を 及 ぼすという 面 について 言 及 し アルコール 関 連 問 題 を 低 減 するための 国 の 行 動 として 取 り 得 る 政 策 の 選 択 肢 を 10の 分 野 に 分 類 した 上 で 示 し ている その 後 WHOは 平 成 25(2013) 年 に 循 環 器 疾 患 がん 慢 性 呼 吸 器 疾 患 糖 尿 病 などの 非 感 染 性 疾 患 の 予 防 とコントロールのため Global Action Plan を 発 表 し 9つの 自 発 的 世 界 目 標 の 一 つとして アルコールの 有 害 な 使 用 の 少 なくとも10%の 削 減 を 掲 げて いる アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 こうした 動 きを 受 け 我 が 国 でも 包 括 的 な 取 組 を 推 進 するための 動 きが 活 発 になり 平 成 25(2013) 年 11 月 議 員 立 法 によりアルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 案 が 国 会 に 提 出 され 同 年 12 月 アルコール 健 康 障 害 対 策 基 本 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 109 号 以 下 基 本 法 という )と して 公 布 され 平 成 26(2014) 年 6 月 に 施 行 された 基 本 法 では アルコール 依 存 症 その 他 の 多 量 の 飲 酒 未 成 年 者 の 飲 酒 妊 婦 の 飲 酒 等 の 不 適 切 な 飲 酒 の 影 響 による 心 身 の 健 康 障 害 を アルコール 健 康 障 害 と 定 義 するとともに 上 記 の 世 界 戦 略 と 同 様 に アルコール 健 康 障 害 が 本 人 の 健 康 の 問 題 であるのみならず その 家 族 への 深 刻 な 影 響 や 重 大 な 社 会 問 題 を 生 じさせる 危 険 性 が 高 いことを 明 記 した 上 で アルコ ール 健 康 障 害 及 びこれに 関 連 して 生 ずる 飲 酒 運 転 暴 力 虐 待 自 殺 等 の 問 題 を アルコー ル 関 連 問 題 と 定 義 し アルコール 健 康 障 害 対 策 を 実 施 するに 当 たっては アルコール 関 連 問 題 の 根 本 的 な 解 決 に 資 するため 関 連 する 施 策 との 有 機 的 な 連 携 が 図 られるよう 配 慮 する こと を 基 本 理 念 の 一 つとして 定 めた また もう 一 つの 基 本 理 念 として アルコール 健 康 障 害 の 発 生 進 行 及 び 再 発 の 各 段 階 に 応 じ 節 酒 又 は 断 酒 の 指 導 専 門 的 治 療 等 を 受 けるための 指 導 及 びその 充 実 並 びに 関 係 機 関 との 連 携 の 確 保 等 の 防 止 策 を 適 切 に 実 施 するとともに アルコール 健 康 障 害 を 有 し 又 は 有 してい た 者 とその 家 族 が 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 円 滑 に 営 むことができるように 支 援 することを 定 め ており この2つの 基 本 理 念 を 踏 まえ アルコール 健 康 障 害 対 策 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 する ための 計 画 として このアルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 を 策 定 するものである なお この 基 本 計 画 の 策 定 に 当 たっては 内 閣 府 に 設 置 されたアルコール 健 康 障 害 対 策 関 係 者 会 議 において 専 門 的 知 識 を 有 する 者 やアルコール 健 康 障 害 を 有 し 又 は 有 していた 者 及 び その 家 族 を 代 表 する 者 等 から 意 見 を 聴 きながら 以 下 のような 問 題 意 識 のもとに 検 討 を 進 めた ものである 1 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 酒 類 は 祝 いの 場 や 懇 親 の 場 などで 欠 かせない 存 在 として 浸 透 している 一 方 で 酒 類 の 持 つ 依 存 性 や 致 酔 性 といった 特 性 や 飲 酒 することに 伴 うリスクについて 正 しい 知 識 が 普 及 していないため 親 が 未 成 年 の 子 供 に 飲 酒 を 勧 めたり 一 度 に 多 量 の 飲 酒 をしたため 急 性 アルコール 中 毒 で 搬 送 されるといったことも 起 きている 酒 類 は 依 存 性 や 致 酔 性 といった 特 性 を 持 つ 嗜 好 品 であり 不 適 切 な 飲 酒 の 仕 方 をすれば -3-

6 健 康 への 影 響 や 様 々な 事 件 事 故 等 を 引 き 起 こすことがある そうした 酒 類 の 特 性 や 飲 酒 に 伴 うリスクについて 一 人 一 人 が 理 解 し 必 要 な 注 意 を 払 うことでそれを 防 ぐために 正 しい 知 識 を 普 及 する 必 要 がある 2アルコール 依 存 症 の 正 しい 理 解 特 にアルコール 依 存 症 については 飲 酒 をしていれば 誰 でもなる 可 能 性 があること 飲 酒 量 のコントロールができなくなる 疾 患 であるということが 理 解 されず 本 人 の 意 志 が 弱 いとい う 誤 解 や 偏 見 が 存 在 している この 誤 解 や 偏 見 は 本 人 や 家 族 に アルコール 依 存 症 であることを 否 認 させるとともに 医 療 や 就 労 支 援 などの 場 でも 治 療 回 復 社 会 復 帰 の 障 壁 となっている 社 会 全 体 におけるアルコール 依 存 症 の 正 しい 理 解 を 浸 透 させていくことが 対 策 の 前 提 として 必 要 である 3 早 期 介 入 への 取 組 アルコール 健 康 障 害 に 関 する 対 策 については これまで 生 活 習 慣 病 予 防 等 の 観 点 からの 啓 発 と 医 療 におけるアルコール 依 存 症 の 対 策 を 中 心 に 進 められてきた しかし アルコール 依 存 症 に 至 ってからの 治 療 回 復 には 多 くの 労 力 を 要 するものである より 早 期 の 段 階 で 介 入 す ることで より 少 ない 労 力 で 効 果 的 な 予 防 が 可 能 である 将 来 的 に アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 を 進 めていくことを 念 頭 に 調 査 研 究 等 の 取 組 を 進 める 必 要 がある 4 地 域 における 関 係 機 関 の 連 携 による 相 談 から 回 復 支 援 に 至 る 支 援 体 制 の 整 備 アルコール 健 康 障 害 への 対 応 には 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 至 る 中 で 様 々な 関 係 機 関 が 関 わる 必 要 がある 地 域 によっては こうした 関 係 機 関 の 連 携 や 情 報 の 共 有 が 適 切 に 行 われておらず 当 事 者 や その 家 族 が 必 要 な 支 援 を 受 けることができないといった 指 摘 もされた こうした 関 係 機 関 が 連 携 を 図 り 地 域 において 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 至 る 体 制 を 整 備 す ることで 円 滑 な 回 復 につなげていくことが 必 要 である また 不 適 切 な 飲 酒 により 飲 酒 運 転 や 暴 力 虐 待 等 の 問 題 が 引 き 起 こされることがある こうした 問 題 の 背 景 にアルコール 依 存 症 が 疑 われる 場 合 は 関 係 機 関 を 通 じて 必 要 な 相 談 治 療 につなげることが 重 要 である -4-

7 Ⅰ アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について 1.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 位 置 付 け アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 は 基 本 法 第 12 条 第 1 項 に 基 づき アルコール 健 康 障 害 対 策 の 総 合 的 かつ 計 画 的 な 推 進 を 図 るために 策 定 されるものであり 政 府 が 講 ずるアルコール 健 康 障 害 対 策 の 最 も 基 本 的 な 計 画 として 位 置 付 けられる 2. 第 1 期 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 対 象 期 間 今 回 策 定 するアルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 は 第 1 期 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 ( 以 下 第 1 期 基 本 計 画 という )とし 平 成 28(2016) 年 度 から32(2020) 年 度 まで の 概 ね5 年 間 を 対 象 とする 3.アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 構 成 について 第 1 期 基 本 計 画 は この Ⅰ アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 について Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 Ⅲ 第 1 期 基 本 計 画 で 取 り 組 むべき 重 点 課 題 Ⅳ 基 本 的 施 策 及 び Ⅴ 推 進 体 制 等 で 構 成 される Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 では 第 1 期 基 本 計 画 全 体 の 基 本 理 念 及 び 基 本 的 な 方 向 性 を 示 している Ⅲ 第 1 期 基 本 計 画 で 取 り 組 むべき 重 点 課 題 では 平 成 32(2020) 年 度 まで の 第 1 期 基 本 計 画 において 特 に 重 点 的 に 取 り 組 むべき 課 題 及 び 第 1 期 基 本 計 画 の 対 象 期 間 に 達 成 する 目 標 を 示 している Ⅳ 基 本 的 施 策 では 基 本 法 に 規 定 される10の 基 本 的 施 策 ごとに 分 野 を 分 け 原 則 とし て それぞれの 分 野 について 第 1 期 基 本 計 画 の 対 象 期 間 に 達 成 する 目 標 と そのために 取 り 組 む 施 策 を 示 している Ⅴ 推 進 体 制 等 では これらの 取 組 を 総 合 的 かつ 計 画 的 に 推 進 するための 体 制 等 について 示 している -5-

8 Ⅱ 基 本 的 な 考 え 方 1. 基 本 理 念 基 本 法 第 3 条 に 規 定 されるように アルコール 健 康 障 害 対 策 は アルコール 健 康 障 害 の 発 生 進 行 及 び 再 発 の 各 段 階 に 応 じた 防 止 対 策 を 適 切 に 実 施 するとともに アルコール 健 康 障 害 を 有 し 又 は 有 していた 者 とその 家 族 が 日 常 生 活 及 び 社 会 生 活 を 円 滑 に 営 むことができるように 支 援 することとし その 実 施 に 当 たっては アルコール 健 康 障 害 が 飲 酒 運 転 暴 力 虐 待 自 殺 等 の 問 題 に 密 接 に 関 連 することに 鑑 み アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 生 ずるこれらの 問 題 の 根 本 的 な 解 決 に 資 するため これらの 問 題 に 関 する 施 策 との 有 機 的 な 連 携 が 図 られるよう 必 要 な 配 慮 がなされるものとする 2. 基 本 的 な 方 向 性 (1) 正 しい 知 識 の 普 及 及 び 不 適 切 な 飲 酒 を 防 止 する 社 会 づくり 飲 酒 に 伴 うリスクや アルコール 依 存 症 について 正 しく 理 解 した 上 で お 酒 と 付 き 合 って いける 社 会 をつくるための 教 育 啓 発 の 推 進 及 び 酒 類 関 係 事 業 者 による 不 適 切 な 飲 酒 の 誘 引 を 防 止 する 取 組 を 促 進 する (2) 誰 もが 相 談 できる 相 談 場 所 と 必 要 な 支 援 につなげる 相 談 支 援 体 制 づくり 地 域 の 実 情 に 応 じて 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 が 中 心 となりアルコール 関 連 問 題 の 相 談 支 援 の 場 所 を 確 保 し 幅 広 い 関 係 機 関 や 自 助 グループ 及 び 民 間 団 体 の 連 携 により 適 切 な 指 導 相 談 社 会 復 帰 の 支 援 につなげる 体 制 づくりを 行 う (3) 医 療 における 質 の 向 上 と 連 携 の 促 進 地 域 においてアルコール 依 存 症 の 治 療 研 究 人 材 育 成 等 の 中 心 となる 拠 点 機 関 の 整 備 を 進 めるとともに アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 を 含 め 一 般 医 療 機 関 と 専 門 医 療 機 関 との 連 携 を 推 進 する (4)アルコール 依 存 症 者 が 円 滑 に 回 復 社 会 復 帰 するための 社 会 づくり アルコール 依 存 症 者 の 回 復 社 会 復 帰 が 円 滑 に 進 むよう 社 会 全 体 でアルコール 依 存 症 並 び にその 回 復 及 び 社 会 復 帰 について 理 解 を 促 進 する -6-

9 Ⅲ 第 1 期 基 本 計 画 で 取 り 組 むべき 重 点 課 題 1. 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 知 識 の 普 及 を 徹 底 し 将 来 にわたるアルコール 健 康 障 害 の 発 生 を 予 防 (1) 特 に 配 慮 を 要 する 者 ( 未 成 年 者 妊 産 婦 若 い 世 代 )に 対 する 教 育 啓 発 1 未 成 年 者 妊 産 婦 などの 飲 酒 すべきではない 者 ( 未 成 年 者 ) 未 成 年 者 の 飲 酒 率 は 減 少 傾 向 にあるが 未 成 年 者 飲 酒 禁 止 法 ( 大 正 11 年 法 律 第 20 号 )で 禁 止 されているにも 関 わらずゼロにはなっていない 未 成 年 者 による 飲 酒 については 脳 の 萎 縮 や 第 2 次 性 徴 の 遅 れ アルコール 依 存 症 のリス クの 高 まりなど 心 身 の 発 育 への 影 響 が 指 摘 されており 健 全 な 心 身 の 育 成 をはかるため ゼロとすることが 求 められる ( 妊 産 婦 ) 妊 婦 の 飲 酒 率 は 減 少 しているが 妊 娠 判 明 時 点 で 飲 酒 をしていた 者 のうち 約 半 数 が 妊 娠 中 も 飲 酒 を 継 続 していることも 報 告 されている 妊 娠 中 の 飲 酒 は 胎 児 性 アルコール 症 候 群 (アルコールの 影 響 で 胎 児 に 脳 の 発 達 障 害 等 が おこる 疾 患 )や 発 育 障 害 を 引 き 起 こすことが 指 摘 されており 妊 娠 中 は 飲 酒 をしないこと が 求 められる また 出 産 後 も 授 乳 中 は 飲 酒 を 控 えることが 望 ましい ( 取 り 組 むべき 施 策 ) 未 成 年 者 や 妊 産 婦 に 対 し 飲 酒 が 自 分 自 身 や 胎 児 乳 児 の 心 身 に 与 える 影 響 に 関 する 正 し い 知 識 を 普 及 させることが 必 要 であることから 学 校 教 育 において アルコールが 未 成 年 者 の 心 身 に 及 ぼす 影 響 などを 正 しく 認 識 させるとともに アルコール 関 連 問 題 啓 発 週 間 未 成 年 者 飲 酒 防 止 強 調 月 間 等 の 機 会 や 健 康 日 本 21 健 やか 親 子 21 等 の 活 動 を 通 じ 国 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 が 連 携 し 未 成 年 者 や 妊 産 婦 の 飲 酒 による 影 響 につい て 普 及 啓 発 を 進 める 未 成 年 者 については 未 成 年 者 に 影 響 を 及 ぼしうる 保 護 者 や 教 職 員 など 周 囲 の 大 人 に 向 けた 啓 発 も 必 要 であることから 教 職 員 に 対 し アルコールの 心 身 に 及 ぼす 影 響 につい て 更 なる 啓 発 を 促 すとともに アルコール 関 連 問 題 啓 発 週 間 未 成 年 者 飲 酒 防 止 強 調 月 間 等 の 機 会 や 健 康 日 本 21 健 やか 親 子 21 等 の 活 動 を 通 じ 国 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 が 連 携 し 家 庭 における 教 育 に 資 するよう 未 成 年 者 の 飲 酒 に 伴 うリスクを 保 護 者 に 伝 える 未 成 年 者 や 妊 産 婦 などの 飲 酒 すべきではない 者 の 飲 酒 の 誘 引 を 防 止 する 社 会 づくりのた め 酒 類 業 界 において テレビ 広 告 について 自 主 基 準 の 見 直 しや 酒 マークの 認 知 向 上 策 等 について 検 討 を 進 める また 酒 類 業 者 風 俗 営 業 管 理 者 等 に 対 し 未 成 年 者 への 酒 類 販 売 供 与 提 供 の 禁 止 の 周 知 を 徹 底 するとともに 飲 食 店 等 での 未 成 年 者 への 酒 類 提 供 等 について 指 導 取 締 りの 強 化 を 図 る 2 将 来 的 な 心 身 への 影 響 が 懸 念 される 若 い 世 代 東 京 消 防 庁 における 平 成 26 年 中 の 急 性 アルコール 中 毒 による 年 代 別 男 女 別 搬 送 人 員 では 男 女 ともに20 歳 代 に 搬 送 人 員 が 集 中 しており 次 いで30 歳 代 となっているとの 報 告 もあり 若 年 者 は 自 身 の 飲 酒 量 の 限 界 が 分 からないこと 等 から 急 性 アルコール 中 毒 のリスクが 高 いとの 指 摘 がある -7-

10 女 性 は 男 性 よりも 少 ない 飲 酒 量 で 生 活 習 慣 病 のリスクが 高 くなること 男 性 よりも 短 期 間 の 飲 酒 でアルコール 依 存 症 を 発 症 する 傾 向 があることが 指 摘 されている ( 取 り 組 むべき 施 策 ) 国 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 が 連 携 して 若 い 世 代 を 対 象 に 以 下 の2 点 に 重 点 を 置 いて 飲 酒 の 健 康 影 響 や 節 度 ある 適 度 な 飲 酒 など 正 確 で 有 益 な 情 報 を 提 供 する (ⅰ) 女 性 は 男 性 と 比 べて アルコールによる 心 身 への 影 響 を 受 けやすいなど 女 性 特 有 のリスクがあること (ⅱ) 男 性 及 び 女 性 それぞれの 適 度 な 飲 酒 に 関 する 知 識 (2)アルコール 依 存 症 に 関 する 正 しい 知 識 理 解 の 啓 発 アルコール 依 存 症 の 診 断 基 準 に 該 当 するとされた 者 の 推 計 数 と アルコール 依 存 症 で 医 療 機 関 を 受 診 していた 推 計 患 者 数 には 乖 離 がある その 背 景 にある 社 会 的 要 因 の 一 つとして アルコール 依 存 症 に 対 する 誤 解 や 偏 見 があることにより 本 人 や 家 族 が アルコール 依 存 症 であることを 認 めたがらないことが 考 えられる そのため 広 く 国 民 一 般 に 対 して ア ルコール 依 存 症 の 初 期 症 状 や 兆 候 についての 知 識 を 普 及 させる 必 要 がある また 近 年 臨 床 の 場 において 女 性 や 高 齢 者 のアルコール 依 存 症 者 が 増 加 しているとの 報 告 がなされている ( 取 り 組 むべき 施 策 ) 国 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 が 連 携 して アルコール 依 存 症 について 以 下 の 2 点 に 重 点 を 置 いた 啓 発 を 実 施 する (ⅰ)アルコール 依 存 症 は 飲 酒 をしていれば 誰 でもなる 可 能 性 があること 飲 酒 をコン トロールできなくなる 精 神 疾 患 であること 治 療 や 断 酒 に 向 けた 支 援 を 行 うことにより 十 分 回 復 しうること (ⅱ)アルコール 依 存 症 の 当 事 者 やその 家 族 がアルコール 依 存 症 の 問 題 に 気 付 くことができ るよう アルコール 依 存 症 の 初 期 症 状 等 の 情 報 啓 発 に 際 しては 多 量 の 飲 酒 など 不 適 切 な 飲 酒 習 慣 を 持 つ 者 が その 飲 酒 習 慣 を 改 める 機 会 となることも 視 野 に 入 れるとともに 自 助 グループ 等 と 連 携 し アルコール 依 存 症 の 回 復 者 が 体 験 談 の 講 演 等 を 行 う 社 会 啓 発 活 動 の 活 用 を 図 る (3) 第 1 期 基 本 計 画 における 目 標 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 知 識 の 普 及 を 徹 底 することにより 1 生 活 習 慣 病 のリスクを 高 める 量 を 飲 酒 している 者 の 割 合 を 男 性 13.0% 女 性 7 6.4% まで 減 少 させる 2 未 成 年 者 の 飲 酒 をなくす 3 妊 娠 中 の 飲 酒 をなくす を 目 標 として 設 定 する -8-

11 2.アルコール 健 康 障 害 に 関 する 予 防 及 び 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 至 る 切 れ 目 のない 支 援 体 制 の 整 備 (1)アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 アルコール 健 康 障 害 については これを 予 防 するための 早 期 介 入 の 取 組 が 重 要 であると 指 摘 されている ブリーフインターベンションは 危 険 な 飲 酒 や 有 害 な 飲 酒 への 有 効 性 が 国 際 的 に 示 されて いる 介 入 手 法 であるが 国 内 における 知 見 の 蓄 積 は 不 十 分 ( 取 り 組 むべき 施 策 ) アルコール 健 康 障 害 を 予 防 するための 早 期 介 入 の 手 法 ( 危 険 な 飲 酒 や 有 害 な 飲 酒 への 有 効 性 が 国 際 的 に 示 されている 介 入 手 法 であるブリーフインターベンションの 効 果 検 証 を 含 む )について 調 査 研 究 を 行 う 標 準 的 な 健 診 保 健 指 導 プログラム 改 訂 版 ( 平 成 25 年 4 月 )( ) においては アルコール 使 用 障 害 スクリーニングの 結 果 アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 には 専 門 医 療 機 関 への 受 診 につなげることが 推 奨 されており その 周 知 を 図 る 標 準 的 な 健 診 保 健 指 導 プログラム とは 高 齢 者 の 医 療 の 確 保 に 関 する 法 律 ( 昭 和 57 年 法 律 第 80 号 )に 基 づく 特 定 健 康 診 査 特 定 保 健 指 導 を 中 心 に 健 康 増 進 法 ( 平 成 14 年 法 律 第 103 号 )に 基 づく 生 活 習 慣 病 対 策 を 推 進 するための 効 果 的 な 健 診 保 健 指 導 を 実 施 するに 当 たり 健 診 保 健 指 導 に 関 わる 医 師 保 健 師 管 理 栄 養 士 等 や 事 務 担 当 者 を 含 めた 当 該 事 業 に 関 わる 者 が 理 解 しておくべき 基 本 的 な 考 え 方 や 実 施 する 際 の 留 意 点 等 を 示 したものである 平 成 25 年 度 からの 第 2 期 特 定 健 康 診 査 等 実 施 計 画 の 実 施 に 向 けて 改 訂 版 が 平 成 25 年 4 月 に 示 された アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 取 組 として 地 域 モデルの 確 立 に 向 けた 調 査 研 究 や 人 材 育 成 を 行 う (2) 地 域 における 相 談 拠 点 の 明 確 化 現 在 アルコール 関 連 問 題 についての 相 談 業 務 は 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 自 助 グループ 等 で 行 われているが アルコール 健 康 障 害 を 有 する 者 やその 家 族 がどこに 相 談 に 行 けばよいか 分 からず 適 切 な 相 談 や 治 療 回 復 につながっていないと 指 摘 されており 地 域 における 必 要 な 相 談 体 制 を 確 保 する 必 要 がある ( 取 り 組 むべき 施 策 ) 都 道 府 県 等 において アルコール 関 連 問 題 の 相 談 支 援 を 行 うに 当 たっては 地 域 の 実 情 に 応 じて 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 を 中 心 として アルコール 健 康 障 害 を 有 してい る 者 及 びその 家 族 が 分 かりやすく 気 軽 に 相 談 できる 相 談 拠 点 を 明 確 化 し 広 く 周 知 を 行 う (3)アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 とその 家 族 を 相 談 治 療 回 復 支 援 につなぐため の 連 携 体 制 の 推 進 相 談 窓 口 によっては 治 療 や 回 復 支 援 を 行 う 医 療 機 関 自 助 グループや 回 復 施 設 等 の 情 報 を 把 握 していないため 必 要 な 支 援 につながっていないと 指 摘 されており 関 係 機 関 の 情 報 共 有 が 求 められる 飲 酒 運 転 や 暴 力 等 の 問 題 の 背 景 に アルコール 依 存 症 が 疑 われる 場 合 関 係 機 関 を 通 じ 相 談 治 療 につなげることが 重 要 である アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 の 中 には 一 般 医 療 機 関 を 受 診 しても アルコールに 9-

12 関 する 適 切 な 指 導 や 治 療 を 受 けられず アルコール 健 康 障 害 の 症 状 の 再 発 を 繰 り 返 したり 飲 酒 運 転 や 暴 力 等 の 問 題 を 生 じさせているのではないかと 指 摘 されており 一 般 医 療 機 関 と 専 門 医 療 機 関 との 連 携 が 求 められる ( 取 り 組 むべき 施 策 ) 都 道 府 県 等 において 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 を 中 心 として アルコール 関 連 問 題 の 相 談 支 援 を 行 うに 当 たっては 地 域 における 医 療 機 関 行 政 自 助 グル プ 等 の 関 係 機 関 の 役 割 を 整 理 し 地 域 の 実 情 に 応 じた 連 携 体 制 を 構 築 する 飲 酒 運 転 や 暴 力 等 の 場 面 で 当 事 者 にアルコール 依 存 症 等 が 疑 われる 場 合 には 地 域 の 実 情 又 は 必 要 に 応 じ 必 要 な 治 療 や 断 酒 に 向 けた 支 援 につながるよう 関 係 機 関 との 連 携 を 推 進 する 地 域 において 内 科 や 救 急 など アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 が 受 診 していること が 多 いと 考 えられる 一 般 医 療 機 関 と 専 門 医 療 機 関 との 連 携 を 促 進 する 地 域 における 連 携 の 推 進 に 資 するため 先 進 的 な 取 組 事 例 を 収 集 し 周 知 する (4)アルコール 依 存 症 の 治 療 等 の 拠 点 となる 専 門 医 療 機 関 の 整 備 我 が 国 においては アルコール 健 康 障 害 に 関 する 科 学 的 な 知 見 が 集 積 していないことから 研 究 治 療 及 び 人 材 育 成 の 中 心 となる 拠 点 機 関 が 必 要 である アルコール 依 存 症 の 診 療 が 可 能 な 医 療 機 関 は 全 国 的 に 不 足 している アルコール 依 存 症 の 効 果 的 な 医 療 的 介 入 手 法 等 について 医 療 関 係 者 の 理 解 を 深 める 必 要 がある ( 取 り 組 むべき 施 策 ) アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 治 療 及 び 人 材 育 成 の 更 なる 推 進 を 図 るため 全 国 的 な 中 心 となる 拠 点 医 療 機 関 を 定 める 地 域 におけるアルコール 依 存 症 の 治 療 等 の 拠 点 となる 専 門 医 療 機 関 の 整 備 を 促 進 する アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 を 適 切 な 治 療 に 結 びつけるため 医 療 関 係 者 の 技 術 の 向 上 に 取 り 組 む (5) 第 1 期 基 本 計 画 における 目 標 アルコール 健 康 障 害 に 関 する 予 防 及 び 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 至 る 切 れ 目 のない 支 援 体 制 の 整 備 のために 全 ての 都 道 府 県 において 1 地 域 における 相 談 拠 点 2アルコール 依 存 症 に 対 する 適 切 な 医 療 を 提 供 することができる 専 門 医 療 機 関 が それぞれ 1 箇 所 以 上 定 められることを 目 標 として 設 定 する -10-

13 Ⅳ 基 本 的 施 策 1. 教 育 の 振 興 等 ( 現 状 等 ) アルコール 健 康 障 害 の 発 生 を 防 止 するためには 国 民 一 人 一 人 がアルコール 関 連 問 題 に 関 する 関 心 と 理 解 を 深 め 自 らアルコール 健 康 障 害 の 予 防 に 必 要 な 注 意 を 払 うことができるよ う 正 しい 知 識 を 普 及 することが 必 要 である 飲 酒 に 伴 うリスクについては 教 育 や 啓 発 が 行 われてきたが 法 律 で 飲 酒 が 禁 止 されてい る 未 成 年 者 や 飲 酒 すべきではないとされる 妊 婦 の 飲 酒 は ゼロになっていない 飲 酒 習 慣 のある 者 の 割 合 を 性 別 で 見 ると 男 性 は 減 少 傾 向 にあるが 女 性 は 横 ばいの 状 況 が 続 いている また 年 代 別 に 見 ると 若 い 世 代 ほど 男 女 間 の 差 が 減 少 傾 向 にある アルコール 依 存 症 については 誤 解 や 偏 見 により 本 人 や 家 族 が アルコール 依 存 症 であ ることを 認 めたがらないといった 指 摘 がある ( 目 標 ) 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 知 識 及 びアルコール 依 存 症 は 精 神 疾 患 であり 治 療 により 回 復 するという 認 識 を 普 及 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1) 学 校 教 育 等 の 推 進 1 小 学 校 から 高 等 学 校 における 教 育 学 校 教 育 において アルコールが 心 身 に 及 ぼす 影 響 などを 正 しく 認 識 させることによって 未 成 年 の 段 階 では 飲 酒 をしないという 判 断 力 と 態 度 を 育 てる 学 校 における 飲 酒 に 関 する 教 育 の 充 実 を 図 るため 教 職 員 等 を 対 象 とした 会 議 等 の 場 において アルコールの 心 身 に 及 ぼす 影 響 等 について 周 知 する 2 大 学 等 に 対 する 周 知 大 学 等 の 学 生 担 当 の 教 職 員 が 集 まる 会 議 等 の 場 において 飲 酒 に 伴 うリスクの 啓 発 や アルコールハラスメント 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 等 についての 各 大 学 等 の 取 組 を 促 すため 必 要 な 周 知 を 行 う 3 医 学 看 護 福 祉 介 護 司 法 等 の 専 門 教 育 大 学 における 医 学 教 育 においては 基 本 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 医 学 教 育 モデル コア カリキュラムに 治 療 等 を 含 め 位 置 付 けられているアルコール 依 存 症 に 関 する 教 育 などに ついて 各 大 学 に 周 知 する その 他 の 関 連 分 野 についても 基 本 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 周 知 する 4 自 動 車 教 習 所 における 周 知 飲 酒 開 始 年 齢 に 近 い 世 代 の 運 転 免 許 取 得 者 に 対 し 自 動 車 教 習 所 で 実 施 している 飲 酒 運 転 防 止 に 係 るカリキュラムの 確 実 な 履 行 を 徹 底 する (2) 家 庭 に 対 する 啓 発 の 推 進 家 庭 における 未 成 年 者 の 飲 酒 を 防 止 するために 家 庭 における 教 育 に 資 するよう 保 護 者 向 けの 啓 発 資 材 を 作 成 し 教 育 委 員 会 等 を 通 じて 周 知 を 図 り 未 成 年 の 飲 酒 に 伴 うリスクを 保 護 者 に 伝 える (3) 職 場 教 育 の 推 進 交 通 労 働 災 害 の 防 止 の 観 点 から 講 習 等 の 機 会 を 活 用 し 飲 酒 に 伴 うリスクのより 一 層 の 周 -11-

14 知 を 事 業 者 に 促 す 自 動 車 運 送 事 業 における 運 転 者 の 飲 酒 運 転 の 防 止 のため 講 習 セミナー 等 を 通 じ 運 行 管 理 者 運 転 者 に 対 してアルコールに 関 する 基 礎 知 識 や 飲 酒 運 転 の 禁 止 等 について 周 知 指 導 を 行 う また 点 呼 時 のアルコール 検 知 器 の 使 用 と 目 視 等 での 酒 気 帯 びの 有 無 の 確 認 について 更 なる 徹 底 を 図 る (4) 広 報 啓 発 の 推 進 1 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 知 識 の 普 及 の 推 進 アルコール 関 連 問 題 啓 発 週 間 等 の 機 会 を 通 じ 飲 酒 すべきではない 者 特 有 の 影 響 に 留 意 すべき 者 など 飲 酒 に 伴 うリスクについて 対 象 に 応 じた 正 しい 知 識 を 普 及 し 不 適 切 な 飲 酒 の 防 止 を 図 る 飲 酒 に 伴 うリスクに 関 する 指 標 等 を 飲 酒 すべきではない 者 女 性 や 高 齢 者 などの 対 象 者 による 相 違 の 観 点 も 含 めて 整 理 し その 他 のアルコール 関 連 問 題 に 関 する 正 しい 知 識 も 集 約 した わかりやすい 啓 発 資 材 を 作 成 し 周 知 を 図 る 生 活 習 慣 病 や 睡 眠 に 及 ぼす 飲 酒 の 影 響 やその 他 のアルコール 関 連 問 題 に 関 する 情 報 を ホームページ 等 の 周 知 ツールを 用 いて 職 域 地 域 を 含 む 社 会 全 体 に 対 し 周 知 を 図 る 2アルコール 依 存 症 に 関 する 正 しい 知 識 理 解 の 啓 発 の 推 進 国 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 が 連 携 して アルコール 依 存 症 について 以 下 の 2 点 に 重 点 を 置 いた 啓 発 を 実 施 する (ⅰ)アルコール 依 存 症 は 飲 酒 をしていれば 誰 でもなる 可 能 性 があること 飲 酒 をコン トロールできなくなる 精 神 疾 患 であること 治 療 や 断 酒 に 向 けた 支 援 を 行 うことにより 十 分 回 復 しうること (ⅱ)アルコール 依 存 症 の 当 事 者 やその 家 族 がアルコール 依 存 症 の 問 題 に 気 付 くことができ るよう アルコール 依 存 症 の 初 期 症 状 等 の 情 報 啓 発 に 際 しては 多 量 の 飲 酒 など 不 適 切 な 飲 酒 習 慣 を 持 つ 者 が その 飲 酒 習 慣 を 改 める 機 会 となることも 視 野 にいれるとともに 自 助 グループ 等 と 連 携 し アルコール 依 存 症 の 回 復 者 が 体 験 談 の 講 演 等 を 行 う 社 会 啓 発 活 動 の 活 用 を 図 る 3 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 との 連 携 による 社 会 全 体 での 取 組 未 成 年 者 や 妊 産 婦 の 飲 酒 を 防 止 するため 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 と 連 携 し 社 会 全 体 で 飲 酒 が 未 成 年 者 や 胎 児 乳 児 へ 及 ぼす 影 響 に 関 する 正 しい 知 識 の 普 及 に 取 り 組 む アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 生 ずる 飲 酒 運 転 暴 力 虐 待 自 殺 等 の 防 止 に 資 するため 地 方 公 共 団 体 関 係 団 体 事 業 者 等 と 連 携 し 社 会 全 体 で 飲 酒 が 身 体 運 動 機 能 や 認 知 機 能 に 及 ぼす 影 響 や 飲 酒 の 結 果 理 性 の 働 きが 抑 えられること 等 の 正 しい 知 識 の 普 及 に 取 り 組 む 2. 不 適 切 な 飲 酒 の 誘 引 の 防 止 ( 現 状 等 ) アルコール 健 康 障 害 の 発 生 を 防 止 するためには 不 適 切 な 飲 酒 を 誘 引 しない 社 会 を 形 成 して いくことが 必 要 であり これまでも 未 成 年 者 への 酒 類 販 売 供 与 提 供 の 禁 止 の 周 知 や 違 反 者 に 対 する 指 導 取 締 りを 行 ってきた また 酒 類 業 界 において 商 品 の 広 告 や 表 示 に 関 する 自 主 基 準 を 策 定 するなどの 取 組 を 進 めている -12-

15 酒 類 関 係 事 業 者 には 基 本 法 を 踏 まえ アルコール 健 康 障 害 の 発 生 進 行 及 び 再 発 の 防 止 に 資 するための 自 主 基 準 の 改 定 等 の 取 組 を 講 じることが 望 まれる ( 目 標 ) 国 地 方 公 共 団 体 及 び 酒 類 関 係 事 業 者 が 連 携 し 社 会 全 体 で 不 適 切 な 飲 酒 の 誘 引 を 防 止 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1) 広 告 酒 類 業 界 は 未 成 年 者 や 妊 産 婦 などの 飲 酒 すべきではない 者 の 飲 酒 の 誘 引 防 止 及 びアル コール 依 存 症 の 当 事 者 への 配 慮 の 観 点 から 不 適 切 な 飲 酒 を 誘 引 することのないよう 広 告 宣 伝 に 関 する 自 主 基 準 を 改 正 し テレビ 広 告 における 起 用 人 物 の 年 齢 の 引 上 げ 及 び 飲 酒 の 際 の 効 果 音 描 写 方 法 の 見 直 しを 行 う (2) 表 示 酒 類 業 界 は 未 成 年 者 の 飲 酒 防 止 の 観 点 から 酒 類 と 清 涼 飲 料 との 誤 認 による 不 適 切 な 飲 酒 を 誘 引 することのないよう 低 アルコール 飲 料 の 酒 類 の 容 器 に 表 示 している 酒 マーク の 認 知 向 上 策 等 について 検 討 する (3) 販 売 酒 類 業 者 に 対 し 未 成 年 者 への 販 売 の 禁 止 の 周 知 を 徹 底 するとともに 酒 類 の 特 殊 性 とリ スクについての 知 識 の 習 得 を 含 め 適 正 な 販 売 管 理 の 確 保 が 図 られるよう 酒 類 販 売 管 理 研 修 の 定 期 的 な 受 講 を 強 く 促 す なお 酒 類 業 者 には 致 酔 性 依 存 性 等 の 酒 類 の 特 殊 性 を 踏 まえた 販 売 価 格 を 設 定 するこ とが 望 まれる 酒 類 を 販 売 又 は 供 与 する 営 業 者 による 未 成 年 者 への 酒 類 販 売 供 与 について 指 導 取 締 りの 強 化 を 図 る (4) 提 供 風 俗 営 業 管 理 者 等 に 対 し 管 理 者 講 習 等 を 通 じて 未 成 年 者 への 酒 類 提 供 の 禁 止 の 周 知 を 徹 底 する 風 俗 営 業 を 営 む 者 等 による 営 業 所 での 未 成 年 者 への 酒 類 提 供 について 指 導 取 締 りの 強 化 を 図 る (5) 少 年 補 導 の 強 化 酒 類 を 飲 用 等 した 少 年 の 補 導 の 強 化 を 図 る 3. 健 康 診 断 及 び 保 健 指 導 ( 現 状 等 ) アルコール 健 康 障 害 を 予 防 するための 早 期 介 入 の 取 組 が 重 要 であると 指 摘 されている また ブリーフインターベンションは 危 険 な 飲 酒 や 有 害 な 飲 酒 への 有 効 性 が 国 際 的 に 示 されている 介 入 手 法 であるが 国 内 における 知 見 の 蓄 積 は 不 十 分 とされている ( 目 標 ) 地 域 及 び 職 域 におけるアルコール 健 康 障 害 予 防 のための 体 制 の 整 備 を 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1)アルコール 健 康 障 害 に 関 する 調 査 研 究 飲 酒 がアルコール 健 康 障 害 に 及 ぼす 影 響 の 分 析 研 究 を 行 う アルコール 健 康 障 害 を 予 防 するための 早 期 介 入 の 手 法 ( 危 険 な 飲 酒 や 有 害 な 飲 酒 への 有 効 性 が 国 際 的 に 示 されている 介 入 手 法 であるブリーフインターベンションの 効 果 検 証 を 含 -13-

16 む )について また 保 健 指 導 におけるアルコール 使 用 障 害 スクリーニングとその 評 価 結 果 に 基 づくブリーフインターベンションがどの 程 度 行 われているのか 調 査 研 究 を 行 う (2) 地 域 におけるアルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 推 進 標 準 的 な 健 診 保 健 指 導 プログラム 改 訂 版 ( 平 成 25 年 4 月 ) においては アルコ ール 使 用 障 害 スクリーニングの 結 果 アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 には 専 門 医 療 機 関 へ の 受 診 につなげることが 推 奨 されているため その 周 知 を 図 る アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 に 対 しては 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 から 適 切 な 医 療 機 関 を 紹 介 するほか 必 要 に 応 じて 自 助 グループ 等 を 紹 介 するなど 断 酒 に 向 けた 支 援 を 行 う 地 方 公 共 団 体 等 において アルコール 健 康 障 害 対 策 担 当 者 へ アルコール 健 康 障 害 の 基 礎 知 識 や 最 新 の 動 向 等 健 康 の 保 持 増 進 のために 必 要 な 保 健 事 業 を 行 うための 講 習 会 を 実 施 する アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 取 組 として 地 域 モデルの 確 立 に 向 けた 調 査 研 究 や 人 材 育 成 を 行 う (3) 職 域 における 対 応 の 促 進 医 療 機 関 と 産 業 保 健 スタッフの 連 携 強 化 を 図 る アルコール 健 康 問 題 に 関 する 産 業 保 健 スタッフへの 研 修 の 充 実 を 図 る 4.アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 充 実 等 ( 現 状 等 ) アルコール 依 存 症 の 診 療 が 可 能 な 医 療 機 関 としては 一 部 に 専 門 医 療 機 関 はあるものの 全 国 的 に 見 れば 不 足 している 状 況 にある 相 談 治 療 に 当 たる 医 療 機 関 を 整 備 し 関 係 機 関 との 連 携 を 行 うためにも まずは アルコール 依 存 症 の 治 療 が 可 能 な 人 材 を 育 成 し 専 門 医 療 機 関 に 求 められる 機 能 を 明 確 化 した 上 で 地 域 における 依 存 症 治 療 の 拠 点 となる 専 門 医 療 機 関 を 整 備 していくとともに 必 要 な 医 療 を 受 けられるための 連 携 体 制 を 整 備 することが 重 要 である こうした アルコール 依 存 症 の 診 療 を 行 っている 医 療 機 関 が 少 ないという 状 況 の 一 因 に アルコール 依 存 症 に 対 する 医 療 関 係 者 の 理 解 が 十 分 ではないということが 考 えられる そのため 医 療 を 提 供 する 側 に 向 けてアルコール 依 存 症 についての 十 分 な 知 識 を 伝 える 取 組 が 必 要 である さらに 医 療 の 質 の 向 上 のため アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 も 必 要 である ( 目 標 ) アルコール 依 存 症 の 当 事 者 が その 居 住 する 地 域 に 関 わらず 質 の 高 い 医 療 を 受 けられる よう 専 門 医 療 機 関 の 機 能 を 明 確 化 し 地 域 において 必 要 な 専 門 医 療 機 関 の 整 備 医 療 連 携 が 推 進 できる 基 盤 の 構 築 を 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1)アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 質 の 向 上 早 期 発 見 早 期 介 入 のための 専 門 的 な 医 療 従 事 者 向 け 研 修 プログラムを 開 発 し 人 材 育 成 に 努 める アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 を 適 切 な 治 療 に 結 び 付 けるため 早 期 介 入 の 手 法 を 含 む アルコール 依 存 症 等 の 研 修 を 内 科 救 急 等 の 一 般 医 療 専 門 医 療 の 医 療 従 事 者 に 対 して -14-

17 行 うなど 医 療 関 係 者 の 技 術 の 向 上 に 取 り 組 む アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 を 推 進 するとともに 治 療 やリハビリテーション に 関 わる 医 療 従 事 者 の 人 材 育 成 を 図 る 臨 床 研 修 において 経 験 が 求 められる 疾 患 病 態 の 中 にアルコール 依 存 症 が 含 まれており 当 該 研 修 を 推 進 していく 中 でアルコール 依 存 症 への 診 療 能 力 を 持 った 医 師 の 育 成 を 図 る 地 域 におけるアルコール 依 存 症 の 治 療 等 の 拠 点 となる 専 門 医 療 機 関 を 整 備 する アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 治 療 及 び 人 材 育 成 の 全 国 的 な 中 心 となる 拠 点 医 療 機 関 を 定 める (2) 医 療 連 携 の 推 進 ( 内 科 救 急 等 の 一 般 医 療 と 専 門 医 療 の 連 携 ) 依 存 症 治 療 拠 点 機 関 設 置 運 営 事 業 における 依 存 症 治 療 拠 点 機 関 を 中 心 に 一 般 医 療 との 連 携 モデル 創 設 に 取 り 組 む 連 携 モデルを 踏 まえ 依 存 症 の 専 門 医 療 機 関 の 実 態 把 握 及 び 求 められる 機 能 についての 調 査 研 究 を 行 い 集 積 した 知 見 を 基 に 地 域 において 必 要 な 専 門 医 療 機 関 を 充 実 させる 地 域 において 専 門 医 療 機 関 を 中 心 として アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 が 受 診 し ていることが 多 いと 考 えられる 一 般 医 療 機 関 やアルコール 依 存 症 の 治 療 を 実 施 しいてい ない 精 神 科 医 療 機 関 民 間 団 体 等 の 関 係 機 関 との 連 携 を 強 化 する 5.アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 飲 酒 運 転 等 をした 者 に 対 する 指 導 等 ( 現 状 等 ) 飲 酒 運 転 を 繰 り 返 す 者 には その 背 景 にアルコール 依 存 症 の 問 題 がある 可 能 性 が また ア ルコール 依 存 症 が 自 殺 の 危 険 因 子 の 一 つであることが 指 摘 されている さらに 飲 酒 の 結 果 理 性 の 働 きが 抑 えられること 等 による 暴 力 との 関 係 身 体 運 動 機 能 や 認 知 機 能 が 低 下 すること による 様 々な 事 故 との 関 連 も 指 摘 されている このため アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 飲 酒 運 転 暴 力 行 為 虐 待 自 殺 未 遂 等 をした 者 に 対 し 必 要 に 応 じて 適 切 な 支 援 をしていくことが 求 められている ( 目 標 ) 飲 酒 運 転 等 をした 者 やその 家 族 について 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 を 中 心 とした 地 域 の 関 係 機 関 の 連 携 により 適 切 な 支 援 につなぐ 体 制 を 構 築 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1) 飲 酒 運 転 をした 者 に 対 する 指 導 等 飲 酒 運 転 をした 者 について アルコール 依 存 症 等 が 疑 われる 場 合 には 地 域 の 実 情 又 は 必 要 に 応 じ 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 等 を 中 心 として 地 域 の 関 係 機 関 が 連 携 し 当 該 飲 酒 運 転 をした 者 を アルコール 関 連 問 題 の 相 談 や 自 助 グループ 等 の 行 う 節 酒 断 酒 に 向 けた 支 援 専 門 医 療 機 関 等 における 治 療 につなぐための 取 組 を 推 進 する 飲 酒 運 転 をした 者 の 家 族 については その 求 めに 応 じ 同 様 の 取 組 を 推 進 する 飲 酒 運 転 をした 者 に 対 する 取 消 処 分 者 講 習 において 地 域 の 相 談 治 療 機 関 リストの 提 供 や 自 助 グループの 活 用 等 により アルコール 依 存 症 のおそれのある 者 が 相 談 や 治 療 を 受 けにいくきっかけとなるよう 更 なる 取 組 を 行 う 飲 酒 運 転 事 犯 者 に 対 しては 刑 務 所 や 保 護 観 察 所 における 指 導 等 を 行 う 際 に 社 会 内 での 相 談 機 関 の 紹 介 や 自 助 グループ 等 の 支 援 活 動 医 療 機 関 等 の 専 門 治 療 につなげる 取 組 を 推 進 する -15-

18 飲 酒 運 転 事 犯 者 に 対 するアルコール 依 存 回 復 プログラム 等 の 効 果 検 証 を 行 う 飲 酒 運 転 をした 者 について 年 齢 層 や 要 因 背 景 等 の 分 析 を 行 う 地 域 における 連 携 の 推 進 に 資 するため 先 進 的 な 取 組 事 例 を 収 集 し 周 知 する (2) 暴 力 虐 待 自 殺 未 遂 等 をした 者 に 対 する 指 導 等 暴 力 虐 待 酩 酊 による 事 故 又 は 自 殺 未 遂 等 の 問 題 を 起 こした 者 について アルコール 依 存 症 等 が 疑 われる 場 合 には 地 域 の 実 情 又 は 必 要 に 応 じ 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 等 を 中 心 として 地 域 の 関 係 機 関 が 連 携 し 当 該 暴 力 虐 待 等 の 問 題 を 起 こした 者 又 はその 家 族 を アルコール 関 連 問 題 の 相 談 や 自 助 グループ 等 の 行 う 節 酒 断 酒 に 向 けた 支 援 専 門 医 療 機 関 等 における 治 療 につなぐための 取 組 を 推 進 する アルコール 依 存 症 が 自 殺 の 危 険 因 子 の 一 つであることに 鑑 み 自 殺 総 合 対 策 大 綱 ( 平 成 24 年 8 月 28 日 閣 議 決 定 )に 基 づき その 背 景 にある 社 会 的 経 済 的 要 因 の 視 点 も 踏 まえつつ アルコール 問 題 に 関 する 関 係 機 関 等 とも 連 携 し 啓 発 相 談 窓 口 の 整 備 人 材 養 成 自 殺 未 遂 者 の 再 度 の 自 殺 企 図 の 防 止 等 の 自 殺 対 策 を 推 進 する 地 域 における 連 携 の 推 進 に 資 するため 先 進 的 な 取 組 事 例 を 収 集 し 周 知 する 6. 相 談 支 援 等 ( 現 状 等 ) アルコール 関 連 問 題 に 関 する 相 談 業 務 は 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 で 行 われている が 地 域 においてどこに 相 談 に 行 けば 良 いか 分 からなかったり 相 談 窓 口 によっては 治 療 や 回 復 支 援 を 行 う 医 療 機 関 自 助 グループ 回 復 施 設 等 の 情 報 を 把 握 していなかったこと 等 により 必 要 な 支 援 につながらなかったケースも 指 摘 されている このため 地 域 において 相 談 から 治 療 回 復 に 至 るまで 切 れ 目 なく 支 援 を 受 けられる 体 制 を 構 築 することが 求 められている ( 目 標 ) 相 談 から 治 療 回 復 支 援 に 関 係 する 機 関 の 情 報 共 有 と 連 携 の 促 進 を 図 ることにより 地 域 に おいて アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 とその 家 族 が 適 切 な 支 援 を 受 けられる 体 制 を 構 築 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する 地 域 における 相 談 支 援 体 制 都 道 府 県 等 において アルコール 関 連 問 題 の 相 談 支 援 を 行 うに 当 たっては 地 域 の 実 情 に 応 じ 精 神 保 健 福 祉 センターや 保 健 所 等 を 中 心 として アルコール 健 康 障 害 を 有 している 者 及 びその 家 族 が 分 かりやすく 気 軽 に 相 談 できる 相 談 の 拠 点 を 明 確 化 し 地 域 で 相 談 でき る 窓 口 についても 広 く 周 知 を 行 う その 上 で 地 域 における 医 療 機 関 行 政 自 助 グルー プ 等 の 関 係 機 関 の 役 割 を 整 理 し 各 機 関 が 相 互 に 情 報 共 有 や 協 力 体 制 を 築 くことで 適 切 な 相 談 や 治 療 回 復 支 援 にまでつなげる 連 携 体 制 を 構 築 する 精 神 保 健 福 祉 センターにおいて 保 健 所 及 び 関 係 機 関 に 対 し 従 事 者 の 研 修 実 地 指 導 を 行 うことにより 相 談 支 援 を 行 う 者 の 人 材 育 成 を 図 る -16-

19 7. 社 会 復 帰 の 支 援 ( 現 状 等 ) アルコール 依 存 症 の 当 事 者 の 就 労 復 職 に 際 しては 通 院 や 自 助 グループへの 参 加 等 におい て 職 場 における 周 囲 の 理 解 と 支 援 が 必 要 とされるが 職 場 を 含 む 社 会 全 体 において アルコ ール 依 存 症 に 関 する 理 解 が 不 足 しているため 各 種 の 支 援 制 度 の 利 用 につながりにくいことが 考 えられる ( 目 標 ) アルコール 依 存 症 が 回 復 する 病 気 であること 等 のアルコール 依 存 症 者 に 対 する 理 解 を 進 め 就 労 や 復 職 における 必 要 な 支 援 を 行 うこととともに 地 域 における 自 助 グループや 回 復 施 設 と 情 報 共 有 や 必 要 な 連 携 を 行 うことで 円 滑 な 社 会 復 帰 を 促 進 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する (1) 就 労 及 び 復 職 の 支 援 アルコール 依 存 症 の 当 事 者 の 回 復 社 会 復 帰 の 支 援 が 円 滑 に 進 むよう アルコール 依 存 症 が 回 復 する 病 気 であること 等 を 社 会 全 体 に 啓 発 し アルコール 依 存 症 に 対 する 理 解 を 促 す アルコール 依 存 症 の 当 事 者 の 休 職 からの 復 職 継 続 就 労 について 偏 見 なく 行 われるよう 他 の 疾 患 同 様 に 職 場 における 理 解 や 支 援 を 促 す (2)アルコール 依 存 症 からの 回 復 支 援 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 市 町 村 においてアルコール 依 存 症 等 の 治 療 回 復 支 援 に 資 する 社 会 資 源 の 情 報 を 共 有 し 相 談 者 が 適 切 な 支 援 につながるよう 自 助 グループ 及 び 回 復 施 設 を 活 用 する また アルコール 依 存 症 者 の 回 復 支 援 に 当 たっては 女 性 や 高 齢 者 の 問 題 に 配 慮 した 対 応 が 必 要 であることを 周 知 する 8. 民 間 団 体 の 活 動 に 対 する 支 援 ( 現 状 等 ) アルコール 依 存 症 の 回 復 においては 自 助 グループが 重 要 な 役 割 を 果 たしているが 行 政 機 関 や 専 門 医 療 機 関 との 連 携 や 交 流 が 近 年 減 少 しているとの 指 摘 がある また 啓 発 や 相 談 等 の 分 野 で 自 発 的 に 活 動 を 行 っている 各 種 の 民 間 団 体 もあり こうした 自 助 グループや 民 間 団 体 と 連 携 し その 機 能 を 活 用 するとともに 必 要 な 支 援 を 行 っていくことも 求 められる ( 目 標 ) 国 地 方 公 共 団 体 において 自 助 グループや 民 間 団 体 との 連 携 を 推 進 することを 目 標 として 以 下 の 施 策 を 実 施 する 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 市 町 村 において 自 助 グループの 活 動 に 対 する 必 要 な 支 援 を 推 進 する 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 等 の 行 政 機 関 が 自 助 グループを 地 域 の 社 会 資 源 として 活 用 し 関 係 機 関 の 連 携 の 中 で それぞれの 団 体 の 機 能 に 応 じた 役 割 を 果 たす 機 会 や 場 所 を 提 供 していく 自 助 グループを 利 用 した 回 復 者 の 体 験 談 や 回 復 事 例 を 紹 介 すること 等 により 回 復 支 援 に おける 自 助 グループの 役 割 等 を 啓 発 する アルコール 関 連 問 題 に 関 する 啓 発 等 を 推 進 するに 当 たって より 効 果 的 な 取 組 を 推 進 するた め 民 間 団 体 との 連 携 を 進 める -17-

20 9. 人 材 の 確 保 等 1. 教 育 の 振 興 等 (1) 学 校 教 育 等 の 推 進 1 小 学 校 から 高 等 学 校 における 教 育 学 校 における 飲 酒 に 関 する 教 育 の 充 実 を 図 るため 教 職 員 等 を 対 象 とした 会 議 等 の 場 にお いて アルコールの 心 身 に 及 ぼす 影 響 等 について 周 知 する 3 医 学 看 護 福 祉 介 護 司 法 等 の 専 門 教 育 大 学 における 医 学 教 育 においては 基 本 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 医 学 教 育 モデル コア カリキュラムに 治 療 等 を 含 め 位 置 付 けられているアルコール 依 存 症 に 関 する 教 育 などに ついて 各 大 学 に 周 知 する その 他 の 関 連 分 野 についても 基 本 法 の 趣 旨 を 踏 まえ 周 知 する 2. 不 適 切 な 飲 酒 の 誘 引 の 防 止 (3) 販 売 酒 類 業 者 に 対 し 未 成 年 者 への 販 売 の 禁 止 の 周 知 を 徹 底 するとともに 酒 類 の 特 殊 性 と リスクについての 知 識 の 習 得 を 含 め 適 正 な 販 売 管 理 の 確 保 が 図 られるよう 酒 類 販 売 管 理 研 修 の 定 期 的 な 受 講 を 強 く 促 す なお 酒 類 業 者 には 致 酔 性 依 存 性 等 の 酒 類 の 特 殊 性 を 踏 まえた 販 売 価 格 を 設 定 することが 望 まれる (4) 提 供 風 俗 営 業 管 理 者 等 に 対 し 管 理 者 講 習 等 を 通 じて 未 成 年 者 への 酒 類 提 供 の 禁 止 の 周 知 を 徹 底 する 3. 健 康 診 断 及 び 保 健 指 導 (2) 地 域 におけるアルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 推 進 地 方 公 共 団 体 等 において アルコール 健 康 障 害 対 策 担 当 者 へ アルコール 健 康 障 害 の 基 礎 知 識 や 最 新 の 動 向 等 健 康 の 保 持 増 進 のために 必 要 な 保 健 事 業 を 行 うための 講 習 会 を 実 施 する アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 取 組 として 地 域 モデルの 確 立 に 向 けた 調 査 研 究 や 人 材 育 成 を 行 う (3) 職 域 における 対 応 の 促 進 アルコール 健 康 問 題 に 関 する 産 業 保 健 スタッフへの 研 修 の 充 実 を 図 る 4.アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 充 実 等 (1)アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 質 の 向 上 早 期 発 見 早 期 介 入 のための 専 門 的 な 医 療 従 事 者 向 け 研 修 プログラムを 開 発 し 人 材 育 成 に 努 める アルコール 依 存 症 が 疑 われる 者 を 適 切 な 治 療 に 結 び 付 けるため 早 期 介 入 の 手 法 を 含 むア ルコール 依 存 症 等 の 研 修 を 内 科 救 急 等 の 一 般 医 療 専 門 医 療 の 医 療 従 事 者 に 対 して 行 うなど 医 療 関 係 者 の 技 術 の 向 上 に 取 り 組 む アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 を 推 進 するとともに 治 療 やリハビリテーション に 関 わる 医 療 従 事 者 の 人 材 育 成 を 図 る 臨 床 研 修 において 経 験 が 求 められる 疾 患 病 態 の 中 にアルコール 依 存 症 が 含 まれており 当 該 研 修 を 推 進 していく 中 でアルコール 依 存 症 への 診 療 能 力 を 持 った 医 師 の 育 成 を 図 る アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 治 療 及 び 人 材 育 成 の 全 国 的 な 中 心 となる 拠 点 医 療 機 関 を 定 める -18-

21 6. 相 談 支 援 等 地 域 における 相 談 支 援 体 制 精 神 保 健 福 祉 センターにおいて 保 健 所 及 び 関 係 機 関 に 対 し 従 事 者 の 研 修 実 地 指 導 を 行 うことにより 相 談 支 援 を 行 う 者 の 人 材 育 成 を 図 る 7. 社 会 復 帰 の 支 援 (2)アルコール 依 存 症 からの 回 復 支 援 精 神 保 健 福 祉 センター 保 健 所 市 町 村 においてアルコール 依 存 症 等 の 治 療 回 復 支 援 に 資 する 社 会 資 源 の 情 報 を 共 有 し 相 談 者 が 適 切 な 支 援 につながるよう 自 助 グループ 及 び 回 復 施 設 を 活 用 する また アルコール 依 存 症 者 の 回 復 支 援 に 当 たっては 女 性 や 高 齢 者 の 問 題 に 配 慮 した 対 応 が 必 要 であることを 周 知 する 10. 調 査 研 究 の 推 進 等 3. 健 康 診 断 及 び 保 健 指 導 (1)アルコール 健 康 障 害 に 関 する 調 査 研 究 飲 酒 がアルコール 健 康 障 害 に 及 ぼす 影 響 の 分 析 研 究 を 行 う アルコール 健 康 障 害 を 予 防 するための 早 期 介 入 の 手 法 ( 危 険 な 飲 酒 や 有 害 な 飲 酒 への 有 効 性 が 国 際 的 に 示 されている 介 入 手 法 であるブリーフインターベンションの 効 果 検 証 を 含 む )について また 保 健 指 導 におけるアルコール 使 用 障 害 スクリーニングとその 評 価 結 果 に 基 づくブリーフインターベンションがどの 程 度 行 われているのか 調 査 研 究 を 行 う (2) 地 域 におけるアルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 推 進 アルコール 健 康 障 害 への 早 期 介 入 の 取 組 として 地 域 モデルの 確 立 に 向 けた 調 査 研 究 や 人 材 育 成 を 行 う 4.アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 充 実 等 (1)アルコール 健 康 障 害 に 係 る 医 療 の 質 の 向 上 早 期 発 見 早 期 介 入 のための 専 門 的 な 医 療 従 事 者 向 け 研 修 プログラムを 開 発 し 人 材 育 成 に 努 める アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 を 推 進 するとともに 治 療 やリハビリに 関 わる 医 療 従 事 者 の 人 材 育 成 を 図 る アルコール 健 康 障 害 の 医 療 に 関 する 研 究 治 療 及 び 人 材 育 成 の 全 国 的 な 中 心 となる 拠 点 医 療 機 関 を 定 める (2) 医 療 連 携 の 推 進 ( 内 科 救 急 等 の 一 般 医 療 と 専 門 医 療 の 連 携 ) 連 携 モデルを 踏 まえ 依 存 症 の 専 門 医 療 機 関 の 実 態 把 握 及 び 求 められる 機 能 についての 調 査 研 究 を 行 い 集 積 した 知 見 を 基 に 地 域 において 必 要 な 専 門 医 療 機 関 を 充 実 させる 5.アルコール 健 康 障 害 に 関 連 して 飲 酒 運 転 等 をした 者 に 対 する 指 導 等 (1) 飲 酒 運 転 をした 者 に 対 する 指 導 等 飲 酒 運 転 事 犯 者 に 対 するアルコール 依 存 回 復 プログラム 等 の 効 果 検 証 を 行 う 飲 酒 運 転 をした 者 について 年 齢 層 や 要 因 背 景 等 の 分 析 を 行 う -19-

22 Ⅴ 推 進 体 制 等 1. 関 連 施 策 との 有 機 的 な 連 携 について アルコール 健 康 障 害 対 策 の 推 進 に 当 たっては アルコール 関 連 問 題 に 関 する 施 策 との 有 機 的 な 連 携 が 図 られるよう 関 係 省 庁 がアルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 会 議 等 の 場 を 通 じ 相 互 に 必 要 な 連 絡 調 整 を 行 うとともに 事 業 者 関 係 団 体 等 とも 連 携 を 図 り アルコー ル 健 康 障 害 対 策 を 推 進 するものとする 2. 都 道 府 県 における 都 道 府 県 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 計 画 の 策 定 等 に ついて 基 本 法 第 14 条 において 都 道 府 県 は 都 道 府 県 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 計 画 ( 以 下 都 道 府 県 計 画 という )を 策 定 するよう 努 めなければならないとされている 第 1 期 基 本 計 画 は 政 府 としての 基 本 的 な 取 り 組 みを 定 める 計 画 であるが 地 域 における アルコール 健 康 障 害 対 策 の 着 実 な 推 進 を 図 るには 都 道 府 県 や 政 令 指 定 都 市 を 中 心 とし た 地 域 としての 一 体 的 なアルコール 健 康 障 害 対 策 への 取 組 が 必 要 である このため 第 1 期 基 本 計 画 の 期 間 中 に 全 都 道 府 県 において 都 道 府 県 計 画 が 策 定 されることを 目 標 とし その 策 定 を 促 す 都 道 府 県 においては 国 の 基 本 計 画 を 基 本 としつつ 当 該 都 道 府 県 における 実 情 を 勘 案 するとともに 都 道 府 県 健 康 増 進 計 画 等 その 他 の 関 連 する 計 画 との 調 和 を 保 った 上 で 都 道 府 県 計 画 を 策 定 する 必 要 がある 第 1 期 基 本 計 画 の 策 定 に 際 しては アルコール 関 連 問 題 に 関 して 専 門 的 知 識 を 有 する 者 並 びにアルコール 健 康 障 害 を 有 し 又 は 有 していた 者 及 びその 家 族 を 代 表 する 者 等 で 構 成 するアルコール 健 康 障 害 対 策 関 係 者 会 議 の 意 見 を 聴 いて 第 1 期 基 本 計 画 の 案 を 作 成 した ところである 都 道 府 県 計 画 の 策 定 に 際 しても 地 域 の アルコール 関 連 問 題 に 関 して 専 門 的 知 識 を 有 す る 者 並 びにアルコール 健 康 障 害 を 有 し 又 は 有 していた 者 及 びその 家 族 を 代 表 する 者 等 か ら 会 議 を 開 催 すること 等 により 意 見 を 聴 いて 当 該 地 域 における 課 題 を 把 握 し その 解 決 に 向 けた 目 標 を 設 定 し 施 策 を 明 示 することが 重 要 である また 都 道 府 県 や 政 令 指 定 都 市 において アルコール 健 康 障 害 対 策 を 推 進 していくに 当 た っては 地 域 の 行 政 事 業 者 医 療 関 係 者 自 助 グループ 等 様 々な 関 係 者 による 意 見 交 換 や 連 絡 調 整 等 の 協 議 を 行 う 会 議 等 を 通 じ 関 係 者 間 で 協 議 を 行 いながら 対 策 を 継 続 し ていくことが 重 要 である その 際 地 域 の 実 情 に 応 じ 関 連 する 施 策 で 既 に 設 けられている 場 を 活 用 し 又 はそれ と 連 携 を 図 るなど 効 果 的 効 率 的 な 運 用 を 検 討 することが 重 要 である 3. 第 1 期 基 本 計 画 の 見 直 しについて 基 本 法 第 12 条 第 6 項 では 政 府 は アルコール 健 康 障 害 に 関 する 状 況 の 変 化 を 勘 案 し 及 びアルコール 健 康 障 害 対 策 の 効 果 に 関 する 評 価 を 踏 まえ 少 なくとも5 年 ごとに アル コール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 に 検 討 を 加 え 必 要 があると 認 めるときには これを 変 更 しなければならない と 定 められている 第 1 期 基 本 計 画 の 変 更 に 際 しては 基 本 的 施 策 の 目 標 及 び 重 点 課 題 の 目 標 の 達 成 状 況 につ いて 調 査 を 行 い 第 1 期 基 本 計 画 の 進 捗 状 況 を 把 握 し アルコール 健 康 障 害 対 策 の 効 果 の -20-

23 評 価 を 行 う この 評 価 を 踏 まえ 第 1 期 基 本 計 画 について 検 討 を 行 った 上 で 必 要 がある と 認 めるときには アルコール 健 康 障 害 対 策 関 係 者 会 議 の 意 見 を 聴 いて 第 1 期 基 本 計 画 を 変 更 する 5 年 間 の 計 画 対 象 期 間 が 終 了 する 前 であっても 必 要 があれば 第 1 期 基 本 計 画 に 変 更 を 加 える 4. 厚 生 労 働 省 への 円 滑 な 事 務 移 管 について 第 1 期 基 本 計 画 の 計 画 対 象 期 間 は Ⅰの(2)に 記 載 した 通 り 平 成 32(2020) 年 度 まで の 概 ね5 年 間 を 計 画 対 象 期 間 としているが 第 1 期 基 本 計 画 の 策 定 後 3 年 以 内 に アルコー ル 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 変 更 及 び 推 進 に 関 する 事 務 並 びにアルコール 健 康 障 害 対 策 関 係 者 会 議 が 厚 生 労 働 省 に 移 管 されることが 基 本 法 に 規 定 されている 円 滑 に 事 務 の 移 管 を 進 め アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 推 進 に 支 障 を 来 すこと の 無 いよう 内 閣 府 及 び 厚 生 労 働 省 において 緊 密 に 連 携 を 図 り 第 1 期 基 本 計 画 の 評 価 及 び 変 更 に 向 けたスケジュールも 考 慮 した 上 で 事 務 移 管 に 向 けた 所 要 24 の 準 備 を 進 める 厚 生 労 働 省 においては 関 係 省 庁 及 び 厚 生 労 働 省 内 の 連 携 を 図 り アルコール 健 康 障 害 対 策 の 一 元 的 な 推 進 を 図 るために 必 要 な 体 制 を 検 討 し 準 備 を 進 める 5. 第 2 期 アルコール 健 康 障 害 対 策 推 進 基 本 計 画 の 数 値 目 標 に 向 けた 取 組 に ついて アルコール 依 存 症 の 実 態 把 握 に 関 する 調 査 研 究 等 を 継 続 するとともに 第 2 期 基 本 計 画 の 数 値 目 標 の 設 定 について 検 討 を 進 める -21-

24

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮

頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 のために 講 ずる 具 体 的 な 施 策 等 について 定 めることにより 子 宮 頸 がんの 確 実 な 予 防 を 図 ることを 目 的 とする ( 定 義 ) 第 二 条 この 法 律 において 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 とは 子 宮 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 法 律 ( 案 ) 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 第 二 条 ) 第 二 章 子 宮 頸 がん 予 防 方 針 等 ( 第 三 条 第 六 条 ) 第 三 章 子 宮 頸 がん 予 防 措 置 の 実 施 の 推 進 に 関 する 具 体 的 な 施 策 第 一 節 子 宮 頸 がん 及 び 子 宮 頸 がんの 予

More information

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知)

アルコール健康障害対策基本法の施行について(通知) 府 政 共 生 第 411 号 法 務 省 矯 成 第 1174 号 課 酒 2-4 26 文 科 ス 第 144 号 健 発 0602 第 1 号 障 発 0602 第 1 号 平 成 26 年 6 月 2 日 各 都 道 府 県 知 事 殿 各 都 道 府 県 教 育 委 員 会 教 育 長 殿 内 閣 府 政 策 統 括 官 ( 共 生 社 会 政 策 担 当 ) 武 川 光 夫 法 務 省

More information

スライド 1

スライド 1 社 会 保 障 税 一 体 改 革 における 年 金 関 連 法 案 について 年 金 機 能 強 化 法 案 (3 月 30 日 提 出 ) 国 会 提 出 時 の 法 案 の 内 容 1 基 礎 年 金 国 庫 負 担 2 分 の1の 恒 久 化 2 受 給 資 格 期 間 の 短 縮 (25 年 10 年 ) 3 産 休 期 間 中 の 社 会 保 険 料 免 除 4 遺 族 基 礎 年 金

More information

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と

2 積 極 的 な 接 種 勧 奨 の 差 し 控 え 国 は 平 成 25 年 4 月 から 定 期 接 種 化 したが ワクチン 接 種 との 関 連 を 否 定 できない 持 続 的 な 痛 みなどの 症 状 が 接 種 後 に 見 られたことから 平 成 25 年 6 月 定 期 接 種 と 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 状 況 について 1 接 種 費 用 の 公 費 助 成 (1) 県 の 助 成 制 度 子 宮 頸 がん 予 防 ワクチンの 接 種 費 用 は 3 回 の 接 種 で 約 45,000 円 (1 回 当 たり 約 15,000 円 )であり 被 接 種 者 の 経 済 的 負 担 が 大 きいものであった そのため がん 対 策 推 進 の 観 点 から 公

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20313431323235817988C482C682EA817A89BA90BF8E7793B1834B8343836883898343839381698A4F8D91906C8DDE8A889770816A> 外 国 人 建 設 就 労 者 受 入 事 業 に 関 する 下 請 指 導 ガイドライン 第 1 趣 旨 復 興 事 業 の 更 なる 加 速 を 図 りつつ 2020 年 オリンピック パラリンピック 東 京 大 会 の 関 連 施 設 整 備 等 による 一 時 的 な 建 設 需 要 の 増 大 に 対 応 するため 2020 年 度 までの 緊 急 かつ 時 限 的 な 措 置 として 国

More information

各論_1章〜7章.indd

各論_1章〜7章.indd 第 7 章 健 康 指 標 分 野 ( 糖 尿 病 循 環 器 疾 患 がん COPD) 1 推 進 の 方 向 糖 尿 病 (1) 糖 尿 病 の 発 症 を 予 防 するための 生 活 習 慣 の 改 善 あらゆる 機 会 に 多 様 な 伝 達 手 段 を 使 って 県 民 に 糖 尿 病 の 正 しい 知 識 や 糖 尿 病 発 症 予 防 のため の 生 活 習 慣 の 改 善 について

More information

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事

社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または 法 案 提 出 を 検 討 する と された 事 資 料 5 これまでの 取 組 状 況 と 今 後 の 課 題 ( 年 金 分 野 ) 平 成 24 年 12 月 7 日 神 野 委 員 提 出 資 料 社 会 保 障 税 一 体 改 革 ( 年 金 分 野 )の 経 緯 社 会 保 障 税 一 体 改 革 大 綱 (2 月 17 日 閣 議 決 定 ) 国 年 法 等 改 正 法 案 (2 月 10 日 提 出 ) 法 案 を 提 出 する または

More information

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

003-00個人の健康増進・疾病予防の推進のための所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 3 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 個 人 の 健

More information

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病

17 外 国 人 看 護 師 候 補 者 就 労 研 修 支 援 18 看 護 職 員 の 就 労 環 境 改 善 19 8020 運 動 推 進 特 別 20 歯 科 医 療 安 全 管 理 体 制 推 進 特 別 21 在 宅 歯 科 医 療 連 携 室 整 備 22 地 域 災 害 拠 点 病 資 料 22 ( 別 紙 第 1 2 号 様 式 ) 平 成 24 年 度 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 における 計 画 評 価 シート 1 の 概 要 神 奈 川 県 ( 金 額 の 単 位 は 千 円 ) 補 助 金 等 名 称 医 療 提 供 体 制 推 進 費 補 助 金 補 助 年 度 平 成 24 年 度 担 当 課 神 奈 川 県 保 健 福 祉 局 保 健 医 療

More information

●幼児教育振興法案

●幼児教育振興法案 第 一 九 〇 回 衆 第 五 〇 号 幼 児 教 育 振 興 法 案 目 次 前 文 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 八 条 ) 第 二 章 幼 児 教 育 振 興 基 本 方 針 等 ( 第 九 条 第 十 条 ) 第 三 章 基 本 的 施 策 ( 第 十 一 条 - 第 十 七 条 ) 附 則 幼 児 期 において 人 は その 保 護 者 や 周 囲 の 大 人 との 愛 情

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208CE38AFA8D8297EE8ED288E397C390A7937882CC8A549776816998568AE98EBA8DEC90AC816A2E707074> 第 1 回 社 会 保 障 審 議 会 後 期 高 齢 者 医 療 の 在 り 方 に 関 する 特 別 部 会 平 成 1 8 年 1 0 月 5 日 資 料 2-1 後 期 高 齢 者 医 療 制 度 の 概 要 現 行 の 医 療 保 険 制 度 の 基 本 構 造 老 人 保 健 制 度 75 歳 65 歳 国 保 老 人 保 健 制 度 退 職 者 医 療 制 度 75 歳 以 上 の 人

More information

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る

(4) 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 との 連 携 1 市 は 国 の 現 地 対 策 本 部 長 が 運 営 する 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 合 同 対 策 協 議 会 に 職 員 を 派 遣 するなど 同 協 議 会 と 必 要 な 連 携 を 図 る 第 4 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 及 びNBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 等 市 は 武 力 攻 撃 原 子 力 災 害 への 対 処 等 については 原 則 として 県 地 域 防 災 計 画 ( 原 子 力 等 防 災 計 画 ) 等 に 定 められた 措 置 に 準 じた 措 置 を 講 ずるものとし また NBC 攻 撃 による 災 害 への 対 処 については 国 の

More information

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について

平成25年度 独立行政法人日本学生支援機構の役職員の報酬・給与等について 平 成 25 年 度 独 立 行 政 法 日 本 学 生 支 援 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 日 本 学 生 支 援 機 構 は 奨 学 金 貸 与 事 業 留 学 生 支 援

More information

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等

私立大学等研究設備整備費等補助金(私立大学等 私 立 大 学 等 研 究 設 備 整 備 費 等 補 助 金 ( 私 立 大 学 等 研 究 設 備 等 整 備 費 ) 交 付 要 綱 目 次 第 1 章 通 則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章 私 立 大 学 等 ( 第 5 条 - 第 15 条 ) 第 3 章 専 修 学 校 ( 第 16 条 - 第 25 条 ) 第 4 章 補 助 金 の 返 還 ( 第 26 条 ) 第

More information

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~

平成16年年金制度改正 ~年金の昔・今・未来を考える~ 第 2 回 社 会 保 険 料 労 働 保 険 料 の 賦 課 対 象 となる 報 酬 等 の 範 囲 に 関 する 検 討 会 平 成 24 年 9 月 20 日 資 料 1 通 勤 手 当 について 1 これまでの 通 勤 に 要 する 費 用 に 関 する 考 え 方 では 通 勤 手 当 の 金 額 が 実 費 弁 償 的 に 算 定 される 場 合 でも それは 通 常 使 用 者 が 負

More information

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73>

<6E32355F8D918DDB8BA697CD8BE28D C8EAE312E786C73> 株 式 会 社 国 際 協 力 銀 行 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 国 会 で 認 められた 予 算 に 従 い 国 家 公 務 員 指 定 職 に 準 じた 水 準 としている なお 役 員

More information

16 日本学生支援機構

16 日本学生支援機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 日 本 学 生 支 援 機 構 ( 法 人 番 号 7020005004962)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 日 本 学 生 支 援 機

More information

定款

定款 地 方 公 務 員 共 済 組 合 連 合 会 定 款 ( 昭 和 59 年 4 月 1 日 ) 変 更 昭 和 59 年 12 月 1 日 平 成 11 年 4 月 1 日 平 成 21 年 3 月 31 日 昭 和 60 年 3 月 31 日 平 成 12 年 5 月 12 日 平 成 21 年 8 月 7 日 昭 和 61 年 4 月 1 日 平 成 13 年 5 月 8 日 平 成 24 年

More information

Microsoft Word - 目次.doc

Microsoft Word - 目次.doc 長 寿 医 療 制 度 と 国 民 健 康 保 険 一 体 化 に 関 する 舛 添 大 臣 私 案 イメージ < 現 行 > < 見 直 し 後 > 75 歳 長 寿 医 療 制 度 ( 県 単 位 広 域 連 合 ) 長 寿 医 療 ( 都 道 府 県 ) 1 両 者 を 一 体 化 し 都 道 府 県 が 運 営 75 歳 65 歳 被 用 者 保 険 から 財 政 調 整 国 保 国 保 被

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2087472D3188C091538AC7979D8B4B92F6814594F292B98CF092CA81698A94816A2E646F63> 飛 鳥 交 通 株 式 会 社 安 全 管 理 規 程 平 成 23 年 11 月 10 日 改 定 目 次 第 一 章 総 則 第 二 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 運 営 の 方 針 等 第 三 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実 施 及 びその 管 理 の 体 制 第 四 章 輸 送 の 安 全 を 確 保 するための 事 業 の 実

More information

18 国立高等専門学校機構

18 国立高等専門学校機構 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 当 機 構 役 員 給 与 規 則 で 文 部 科

More information

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設

為 が 行 われるおそれがある 場 合 に 都 道 府 県 公 安 委 員 会 がその 指 定 暴 力 団 等 を 特 定 抗 争 指 定 暴 力 団 等 として 指 定 し その 所 属 する 指 定 暴 力 団 員 が 警 戒 区 域 内 において 暴 力 団 の 事 務 所 を 新 たに 設 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 例 規 整 備 * 暴 力 団 員 による 不 当 な 行 為 の 防 止 等 に 関 する 法 律 の 一 部 を 改 正 する 法 律 例 規 整 備 公 布 年 月 日 番 号 平 成 24 年

More information

 

  障 害 者 政 策 委 員 会 第 2 小 委 員 会 ( 第 3 回 ) 資 料 一 覧 資 料 1-1 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減 等 )について に 関 する 厚 生 労 働 省 資 料 1 資 料 1-2 論 点 4 15 24 条 所 得 保 障 等 ( 年 金, 諸 手 当, 経 済 的 負 担 の 軽 減

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 平 成 27 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 役 名 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 2,142 ( 地 域 手 当 ) 17,205 11,580 3,311 4 月 1 独 立 行 政 法 人 統 計 センター( 法 人 番 号 7011105002089)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 独 立 行 政 法 人 通 則 法 第 52 条 第 3 項 の 規 定 に 基 づき

More information

Taro-iryouhoken

Taro-iryouhoken 医 療 保 険 制 度 2014 社 会 保 障 法 1 国 民 皆 保 険 国 民 皆 保 険 医 療 保 険 全 体 図 国 民 共 済 制 度 健 康 民 間 労 働 者 公 務 員 等 保 家 族 険 自 営 業 者 無 職 他 国 民 健 康 保 険 1961( 昭 36) 年 4 月 ~ 2 健 康 保 険 制 度 の 被 保 険 者 と 被 扶 養 者 (1) 強 制 被 保 険 者

More information

官報掲載【セット版】

官報掲載【セット版】 中 小 企 業 等 経 営 強 化 法 厚 生 労 働 省 告 示 第 二 百 八 十 四 号 ( ) 平 成 十 一 年 法 律 第 十 八 号 る 事 業 分 野 別 指 針 を 次 の よ う に 策 定 し た の で 第 十 二 条 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 同 条 第 五 項 の 規 定 に 基 づ き 告 示 す る 介 護 分 野 に 係 厚 生 労 働 大 臣 塩 崎

More information

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で

3 体 制 整 備 等 (1) 全 ての 特 定 事 業 主 が 共 同 して 取 組 むものとする () 総 務 部 人 事 管 理 室 人 事 課 を 計 画 推 進 の 主 管 課 とし 全 ての 市 職 員 により 推 進 する (3) 実 施 状 況 を 把 握 し 計 画 期 間 中 で 甲 府 市 における 女 性 職 員 の 活 躍 の 推 進 に 関 する 特 定 事 業 主 行 動 計 画 平 成 8 年 3 月 31 日 策 定 甲 府 市 長 甲 府 市 議 会 議 長 甲 府 市 教 育 委 員 会 甲 府 市 選 挙 管 理 委 員 会 甲 府 市 代 表 監 査 委 員 甲 府 市 農 業 委 員 会 甲 府 市 上 下 水 道 事 業 管 理 者 1 計 画 策

More information

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学

就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 幼 児 教 育 の 無 償 化 について 資 料 3-1 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 ( 平 成 23 年 度 ) 3 歳 以 上 児 の 多 く(4 歳 以 上 児 はほとんど)が 保 育 所 又 は 幼 稚 園 に 入 所 3 歳 未 満 児 (0~2 歳 児 )で 保 育 所 に 入 所 している 割 合 は 約 2 割 就 学 前 教 育 保 育 の 実 施 状 況 (

More information

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73>

<323420976C8EAE81698E738BE692AC91BA94C5816A8CF6955C8366815B835E2E786C73> 富 田 林 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 平 成 4 年 度 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 分 住 民 基 本 台 帳 人 口 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) ( 年 度 末 ) A B B/A () 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) ( 注 )1 職 員 手 当 には

More information

●労働基準法等の一部を改正する法律案

●労働基準法等の一部を改正する法律案 第 一 八 九 回 参 第 六 号 労 働 基 準 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 ( 労 働 基 準 法 の 一 部 改 正 ) 第 一 条 労 働 基 準 法 ( 昭 和 二 十 二 年 法 律 第 四 十 九 号 )の 一 部 を 次 のように 改 正 する 第 三 十 五 条 第 一 項 中 少 くとも を 少 なくとも に 改 め 休 日 を の 下 に 直 前 の 休

More information

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情

公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可 能 な 社 会 保 障 制 度 の 確 立 を 図 るための 改 革 の 推 進 に 関 する 法 律 に 基 づく 社 会 経 済 情 資 料 2-1 公 的 年 金 制 度 の 持 続 可 能 性 の 向 上 を 図 るための 国 民 年 金 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 の 概 要 厚 生 労 働 省 年 金 局 平 成 28 年 4 月 21 日 公 的 年 金 制 度 について 制 度 の 持 続 可 能 性 を 高 め 将 来 の 世 代 の 給 付 水 準 の 確 保 等 を 図 るため 持 続 可

More information

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の

有 料 老 ホーム ( ) ( 主 として 要 介 護 状 態 にある を 入 居 させるも のに 限 る ) 第 29 条 ( 届 出 等 ) 第 二 十 九 条 有 料 老 ホーム( 老 を 入 居 させ 入 浴 排 せつ 若 しくは 食 事 の 介 護 食 事 の 提 供 又 はその 他 の 消 防 法 施 行 令 別 表 第 1(6) 項 ロに 掲 げる 施 設 の 概 要 ( 細 目 欄 の 印 は275m2 未 満 の 施 設 が 想 定 されるものを 示 す ) 細 目 根 拠 法 令 規 定 規 模 要 件 根 拠 規 定 構 造 要 件 根 拠 規 定 参 考 資 料 10 老 短 期 入 所 施 設 ( ) (ショートステイ) 第 20 条 の3 ( 老 短 期 入 所 施

More information

公表表紙

公表表紙 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 の 役 の 報 酬 給 与 等 について 国 立 大 学 法 人 等 の 役 員 の 報 酬 等 及 び の 給 与 の 水 準 の 公 表 方 法 等 について(ガイドライン) ( 平 成 17 年 2 月 7 日, 総 務 大 臣 策 定 )に 基 づく 公 表 平 成 26 年 9 月 国 立 大 学 法 人 山 梨 大 学 国 立 大 学 法 人 山

More information

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革

第2分野 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し、意識の改革 第 2 分 野 男 女 共 同 参 画 の 視 点 に 立 った 社 会 制 度 慣 行 の 見 直 し 意 識 の 改 革 < 基 本 的 考 え 方 > 男 女 共 同 参 画 社 会 の 形 成 のためには 社 会 制 度 慣 行 が 実 質 的 に 男 女 にどのような 影 響 を 及 ぼすのか 常 に 検 討 されなければならない 社 会 制 度 や 慣 行 については それぞれの 目 的

More information

1

1 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 改 正 に 向 けての 考 え 方 ( 案 ) 平 成 27 年 4 月 精 華 町 0 1 目 次 1 個 人 情 報 保 護 に 関 する 法 体 系 と 番 号 法 における 特 定 個 人 情 報 の 保 護 措 置... 1 2 番 号 法 と 精 華 町 個 人 情 報 保 護 条 例 における 個 人 情 報 の 定 義 上 の 差 異...

More information

●電力自由化推進法案

●電力自由化推進法案 第 一 八 五 回 参 第 二 号 電 力 自 由 化 推 進 法 案 目 次 第 一 章 総 則 ( 第 一 条 - 第 三 条 ) 第 二 章 電 力 自 由 化 の 基 本 方 針 ( 第 四 条 - 第 九 条 ) 第 三 章 電 力 自 由 化 推 進 本 部 ( 第 十 条 - 第 十 九 条 ) 附 則 第 一 章 総 則 ( 目 的 ) 第 一 条 この 法 律 は 平 成 二 十

More information

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73>

<6D33335F976C8EAE825081698CF6955C9770816A2E786C73> 国 立 大 学 法 人 新 潟 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 18 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 本 学 が 定 める 役 員 に 支 給 する 期 末 特 別 手 当 (ボーナス)において, 役 員 の 本 給

More information

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73>

<81696D373188A4955191E58A77816A3233944E93788D9191E5834B83438368838983438393976C8EAE82502E786C73> 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 大 学 法 人 愛 媛 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 22 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 の 期 末 特 別 手 当 の 額 は 国 立 大 学 法 人 愛

More information

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼

とする (1) 多 重 債 務 や 過 剰 債 務 を 抱 え 返 済 が 困 難 になっている 人 (2) 債 務 整 理 を 法 律 専 門 家 に 依 頼 した 直 後 や 債 務 整 理 途 上 の 人 (3) 収 入 よりも 生 活 費 が 多 くお 金 が 不 足 がちで 借 金 に 頼 高 浜 市 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援 事 業 実 施 要 綱 平 成 27 年 9 月 1 日 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 生 活 困 窮 者 自 立 支 援 法 ( 平 成 25 年 法 律 第 1 05 号 以 下 法 という ) 第 6 条 第 1 項 第 3 号 の 規 定 に 基 づ き 市 が 実 施 する 生 活 困 窮 者 家 計 相 談 支 援

More information

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要

Microsoft Word - 140611行革PF法案-0概要 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 共 同 立 法 行 革 プラットフォーム 法 案 について ( 総 合 的 な 行 財 政 改 革 を 推 進 するための 基 盤 の 整 備 に 関 する 法 律 案 ) 1. 行 政 改 革 に 関 する 野 党 実 務 者 協 議 について (1) 構 成 ( 共 同 代 表 ) 前 原 誠 司 衆 議 院 議 員 ( 民 主 党 )

More information

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱

Microsoft Word - 福祉医療費給付要綱 山 ノ 内 町 福 祉 医 療 費 給 付 金 支 給 要 綱 平 成 20 年 3 月 31 日 告 示 第 19 号 改 正 平 成 20 年 7 月 7 日 告 示 第 46 号 平 成 21 年 3 月 31 日 告 示 第 25 号 平 成 21 年 8 月 3 日 告 示 第 46 号 平 成 22 年 3 月 24 日 告 示 第 17 号 平 成 23 年 6 月 28 日 告 示

More information

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36

2 役 員 の 報 酬 等 の 支 給 状 況 役 名 法 人 の 長 理 事 理 事 ( 非 常 勤 ) 平 成 25 年 度 年 間 報 酬 等 の 総 額 就 任 退 任 の 状 況 報 酬 ( 給 与 ) 賞 与 その 他 ( 内 容 ) 就 任 退 任 16,936 10,654 4,36 独 立 行 政 法 人 駐 留 軍 等 労 働 者 労 務 管 理 機 構 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 25 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 検 証 結 果 理 事 長 は 今 中 期 計 画 に 掲 げた 新 たな 要

More information

m07 北見工業大学 様式①

m07 北見工業大学 様式① 国 立 大 学 法 人 北 見 工 業 大 学 ( 法 人 番 号 6460305000387)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 該 法 人 の 主 要 事 業 は 教 育 研 究 事 業 である 役

More information

Microsoft PowerPoint - 390

Microsoft PowerPoint - 390 MR 研 修 として MPIが 要 約 医 MPI 政 情 報 http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/ 都 道 府 県 別 の 医 療 需 要 予 測 分 析 - 将 来 の 地 域 医 療 における 保 険 者 と 企 業 のあり に 関 する 研 究 会 報 告 書 より- (2015 年 3 18 経 済 産 業 省 HPで 公 表 ) 株 式 会 社 医 医 業

More information

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73>

<6D313588EF8FE991E58A778D9191E5834B C8EAE DC58F4992F18F6F816A F990B32E786C73> 国 立 大 学 法 人 茨 城 大 学 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 平 成 24 年 度 における 役 員 報 酬 についての 業 績 反 映 のさせ 方 役 員 に 支 給 される 給 与 のうち 期 末 特 別 手 当 については 国 立 大 学 評 価 委 員 会

More information

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部

根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監 査 教 育 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 市 町 村 警 視 総 監 道 府 県 警 察 本 部 1 部 改 案 旧 照 文 昭 和 百 傍 線 部 改 部 改 案 現 服 服 管 研 修 研 修 罰 罰 附 附 総 総 休 懲 戒 服 管 研 休 懲 戒 服 研 修 修 福 祉 益 保 護 福 祉 益 保 護 根 本 確 根 本 確 民 主 率 運 民 主 率 運 確 施 保 障 確 施 保 障 自 治 本 旨 現 資 自 治 本 旨 現 資 挙 管 挙 管 代 表 監 査 教 育 代 表 監

More information

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について

国立研究開発法人土木研究所の役職員の報酬・給与等について 様 式 1 公 表 されるべき 事 項 国 立 研 究 開 発 法 人 土 木 研 究 所 の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について 別 添 Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 研 究 所 は 土 木 技 術 に 関 する 研 究 開 発 技 術

More information

平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の 支 給 等 に 関 する 特 別 措 置 法 の 概 要 配 付 資 料 趣 旨 現 下 の 子 ども 及 び 子 育 て 家 庭 をめぐる 状 況 に 鑑 み 平 成 24 年 度 からの 恒 久 的 な 子 どものための 金 銭 の 給 付 の 制 度 に 円 滑 に 移 行 できるよう 平 成 23 年 度 における 子 ども 手 当 の

More information

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容

社会保険加入促進計画に盛込むべき内容 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 社 会 保 険 等 加 入 促 進 計 画 平 成 24 年 10 月 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 1 計 画 策 定 の 趣 旨 目 的 この 計 画 は 一 般 社 団 法 人 日 本 造 園 建 設 業 協 会 ( 以 下 日 造 協 という ) 及 び 日 造 協 の 正 会 員 ( 以 下 会 員

More information

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾

別 紙 第 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 を 次 のように 定 める 平 成 26 年 2 月 日 提 出 高 知 県 知 事 尾 付 議 第 3 号 高 知 県 立 学 校 授 業 料 等 徴 収 条 例 の 一 部 を 改 正 する 条 例 議 案 に 係 る 意 見 聴 取 に 関 する 議 案 平 成 26 年 2 月 高 知 県 議 会 定 例 会 提 出 予 定 の 条 例 議 案 に 係 る 地 方 教 育 行 政 の 組 織 及 び 運 営 に 関 する 法 律 ( 昭 和 31 年 法 律 第 162 号 )

More information

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用)

001-00 セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設(個別要望事項:HP掲載用) 平 成 28 年 度 地 方 税 制 改 正 ( 税 負 担 軽 減 措 置 等 ) 要 望 事 項 ( 新 設 拡 充 延 長 その 他 ) No 1 府 省 庁 名 厚 生 労 働 省 対 象 税 目 個 人 住 民 税 法 人 住 民 税 事 業 税 不 動 産 取 得 税 固 定 資 産 税 事 業 所 税 その 他 ( ) 要 望 項 目 名 要 望 内 容 ( 概 要 ) セルフメディケーション

More information

tokutei2-7.xls

tokutei2-7.xls 出 産 育 児 に 関 する 制 度 一 覧 親 になる ことが 判 明 子 どもが 生 まれる 前 出 産 子 育 て 期 間 中 1 妊 娠 障 害 休 暇 ( 女 性 のみ) 2 妊 娠 中 の 通 勤 緩 和 職 免 ( 女 性 のみ) 3 妊 産 婦 の 就 業 制 限 ( 女 性 のみ) 4 保 健 指 導 職 免 除 ( 女 性 のみ) 5 産 前 産 後 休 暇 ( 女 性 のみ)

More information

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について

「一時預かり事業の実態について」の一部改正について 改 正 後 一 時 預 かり 事 業 実 施 要 綱 新 旧 対 照 表 改 正 前 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 27 文 科 初 第 238 号 雇 児 発 0717 第 11 号 平 成 27 年 7 月 17 日 一 次 改 正 28 文 科 初 第 519 号 雇 児 発 0705 第 1 号 平 成 2 8 年

More information

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国

資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適 用 対 象 となる 場 合 には 国 高 齢 者 医 療 制 度 に 関 する Q&A ( 平 成 21 年 2 月 分 ) 今 後 逐 次 加 除 修 正 を 行 う 予 定 資 格 給 付 関 係 ( 問 1) 外 国 人 Aさん(76 歳 )は 在 留 期 間 が3ヶ 月 であることから 長 寿 医 療 の 被 保 険 者 ではない が 在 留 資 格 の 変 更 又 は 在 留 期 間 の 伸 長 により 長 寿 医 療 の 適

More information

○ 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 22 年 10 月 1 日 ) 平 成 22 年 規 則 第 9 号 改 正 平 成 22 年 11 月 30 日 規 則 第 11 号 愛 知 県 都 市 職 員 共 済 組 合 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 平 成 10 年 愛 知 県 都 市 職 員 共 済

More information

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63>

<4D F736F F D F582CC88E78E998B788BC C98AD682B782E92E646F63> 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 規 程 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 程 は, 国 立 大 学 法 人 大 阪 教 育 大 学 職 員 の 勤 務 時 間, 休 日 及 び 休 暇 等 に 関 す る 規 程 ( 以 下 勤 務 時 間 規 程 という ) 第 28 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき, 国 立 大 学 法

More information

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf

Microsoft Word - (課×県・指定)【頭紙】「精神障害者保健福祉手帳の診断書の記入に当たって留意すべき事項について」等の一部改正について.rtf 障 精 発 0124 第 2 号 平 成 26 年 1 月 24 日 各 都 道 府 県 知 事 指 定 都 市 市 長 殿 厚 生 労 働 省 社 会 援 護 局 障 害 保 健 福 祉 部 精 神 障 害 保 健 課 長 ( 公 印 省 略 ) 精 神 障 害 者 保 健 福 祉 手 帳 の 診 断 書 の 記 入 に 当 たって 留 意 すべき 事 項 について 等 の について 今 般 精

More information

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( )

(5) 給 与 改 定 の 状 況 該 当 なし ( 事 委 員 会 を 設 置 していないため) 1 月 例 給 事 委 員 会 の 勧 告 ( 参 考 ) 民 間 給 与 公 務 員 給 与 較 差 勧 告 給 与 改 定 率 国 の 改 定 率 A B AB ( 改 定 率 ) 年 度 ( ) 1 総 括 増 毛 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (24 年 度 末 ) A B B/A 23 年 度 の 件 費 率 平 成 24 年 度 5,9 4,748,27 24,475 1,134,346 23.9 24.1 (2) 職

More information

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464>

<5461726F2D819B92CA926D816990488E9693E09765816A2E6A7464> 記 1 学 校 給 食 摂 取 基 準 について (1) 学 校 給 食 における 摂 取 基 準 ( 以 下 学 校 給 食 摂 取 基 準 という )につ いては 義 務 教 育 諸 学 校 の 児 童 生 徒 においては 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表 ( 別 紙 1)に 夜 間 課 程 を 置 く 高 等 学 校 の 生 徒 においては 夜 間 学 校 給 食 実 施 基 準 別 表

More information

【労働保険事務組合事務処理規約】

【労働保険事務組合事務処理規約】 労 働 保 険 事 務 組 合 事 務 処 理 規 約 第 1 章 総 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 約 は 熊 本 商 工 会 議 所 ( 以 下 本 所 という )の 定 款 第 7 条 第 18 項 の 規 定 により 本 所 が 労 働 保 険 の 保 険 料 の 徴 収 等 に 関 する 法 律 ( 以 下 法 という ) 第 4 章 及 び 石 綿 による 健 康 被 害 の

More information

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和

もの( 交 通 事 故 事 件 に 係 るものを 除 く ) 3 重 大 な 交 通 事 故 事 件 とは 次 に 掲 げる 交 通 事 故 事 件 をいう (1) 死 亡 ひき 逃 げ 事 件 車 両 等 の 交 通 により 人 が 死 亡 した 場 合 において 道 路 交 通 法 ( 昭 和 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定 について ( 平 成 19 年 3 月 6 日 例 規 刑 企 ほか 第 11 号 ) この 度 被 害 者 連 絡 の 一 層 の 推 進 を 図 るため 別 添 のとおり 静 岡 県 警 察 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 を 定 めたので 通 達 する なお 身 体 犯 等 被 害 者 連 絡 実 施 要 領 の 制 定

More information

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc

Microsoft Word - 02第3期計画(元データ).doc 第 3 期 長 岡 市 教 育 委 員 会 特 定 事 業 主 行 動 計 画 ( 市 職 員 ) 平 成 23 年 4 月 長 岡 市 教 育 委 員 会 Ⅰ 総 論 1 目 的 急 速 な 少 子 化 の 進 行 家 庭 地 域 を 取 巻 く 環 境 の 変 化 により 次 代 の 社 会 を 担 う 子 どもが 健 やかに 生 まれ かつ 育 成 される 社 会 の 形 成 に 資 するため

More information

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73>

<947A957A8E9197BF8253817C8250816082532E786C73> 資 料 1 資 料 2 資 料 3 資 料 4 資 料 5 資 料 6 保 護 観 察 新 規 受 理 人 員 の 推 移 資 料 7 ( 千 人 ) ( 昭 和 24 年 ~ 平 成 17 年 ) 80 70 60 保 護 観 察 処 分 少 年 50 40 30 20 10 保 護 観 察 付 執 行 猶 予 者 仮 釈 放 者 0 少 年 院 仮 退 院 者 24 年 30 35 40 45

More information

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提

国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 検 討 を 進 めるものとする 平 成 19 年 法 案 をベースに 一 元 化 の 具 体 的 内 容 について 検 討 する 関 係 省 庁 間 で 調 整 の 上 平 成 24 年 通 常 国 会 への 法 案 提 国 家 公 務 員 の 年 金 払 い 退 職 給 付 の 創 設 について 財 務 省 主 計 局 給 与 共 済 課 長 調 査 主 任 土 谷 晃 浩 加 塩 雄 斗 1.はじめに ( 以 下 19 年 一 元 化 法 案 という )において 厚 退 職 給 付 ( 退 職 金 + 年 金 ( 事 業 主 分 ))の 官 民 均 衡 を 図 る 観 点 から 国 家 公 務 員 の 退 職 手

More information

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案)

高松市緊急輸送道路沿道建築物耐震改修等事業補助金交付要綱(案) 高 松 市 民 間 建 築 物 耐 震 改 修 等 事 業 補 助 金 交 付 要 綱 ( 目 的 ) 第 1 条 この 要 綱 は 耐 震 改 修 等 事 業 を 実 施 す る 要 緊 急 安 全 確 認 大 規 模 建 築 物 又 は 要 安 全 確 認 計 画 記 載 建 築 物 の 所 有 者 ( 以 下 所 有 者 という )に 対 し 予 算 の 範 囲 内 に お い て 高 松 市

More information

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主

接 支 払 制 度 を 活 用 するか 意 思 を 確 認 する 確 認 に 当 たっては 次 の 各 号 に 掲 げる 事 項 について 書 面 により 世 帯 主 の 合 意 を 得 て 代 理 契 約 を 締 結 するものとする (1) 医 療 機 関 等 が 本 市 に 対 し 世 帯 主 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 出 産 育 児 一 時 金 直 接 支 払 制 度 取 扱 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 綱 は 綾 瀬 市 国 民 健 康 保 険 事 務 取 扱 規 則 ( 昭 和 58 年 綾 瀬 市 規 則 第 2 5 号 以 下 規 則 という ) 第 14 条 第 2 項 に 規 定 する 被 保 険 者 等 が 病 院 診 療 所 又 は 助 産 所

More information

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464>

<5461726F2D8E968BC6895E89638E77906A816988C4816A2E6A7464> 健 康 保 険 組 合 事 業 運 営 指 針 ( 案 ) 第 1 本 指 針 の 趣 旨 本 指 針 は 健 康 保 険 組 合 ( 以 下 組 合 という )の 事 業 運 営 のうち 組 合 の 判 断 で 実 施 するものについて 適 正 な 事 業 運 営 が 確 保 されるよう 事 業 運 営 に 当 たっての 基 本 的 考 え 方 や 適 正 水 準 望 ましい 事 業 の 例 事

More information

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項

03 平成28年度文部科学省税制改正要望事項 平 成 28 年 度 文 部 科 学 省 税 制 改 正 要 望 事 項 平 成 27 年 8 月 28 日 H27 税 制 改 正 要 望 事 項 1. 寄 附 税 制 の 拡 充 (1) 国 立 大 学 法 人 等 への 個 人 寄 附 に 係 る 税 額 控 除 の 導 入 等 所 得 税 等 新 設 (2) 学 校 法 人 への 個 人 寄 附 に 係 る 所 得 控 除 上 限 額 の 引

More information

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73>

<817993FA967B8E E A E815B817A B F976C8EAE82502D322E786C73> 日 本 司 法 支 援 センター( 法 人 番 号 2011205001573)の 役 職 員 の 報 酬 給 与 等 について Ⅰ 役 員 報 酬 等 について 1 役 員 報 酬 についての 基 本 方 針 に 関 する 事 項 1 役 員 報 酬 の 支 給 水 準 の 設 定 についての 考 え 方 当 センターの 主 要 事 業 は 総 合 法 律 支 援 に 関 する 事 業 である 役

More information

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt

Microsoft PowerPoint - 060821 22日修正最終確定.ppt 工 賃 控 除 の 見 直 しについて 入 所 施 設 工 賃 4 万 円 以 下 の 場 合 )の 利 用 者 負 担 見 直 し 後 ) 約 4 万 円 までの 工 賃 について 定 率 負 担 をゼロとする 食 費 負 担 を 行 った 後 の 手 元 金 が 現 行 2.5 万 円 に 加 え 最 大 約 2.4 万 円 年 額 28.8 万 円 )まで 残 ることとなる 2 級 年 金 と

More information

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職 公 益 社 団 法 人 全 国 市 有 物 件 災 害 共 済 会 職 員 の 育 児 休 業 介 護 休 業 等 に 関 する 規 程 平 成 24 年 10 月 15 日 制 定 平 成 25 年 10 月 21 日 一 部 改 正 平 成 26 年 4 月 1 日 一 部 改 正 第 1 章 目 的 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 規 程 は 職 員 就 業 規 則 ( 以 下 規 則 という

More information

育児・介護休業等に関する規則

育児・介護休業等に関する規則 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 育 児 介 護 休 業 等 に 関 する 規 則 第 1 章 目 的 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 釧 路 市 社 会 福 祉 協 議 会 ( 以 下 本 会 という )の 職 員 の 育 児 介 護 休 業 子 の 看 護 休 暇 介 護 休 暇 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 制 限

More information

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与

2 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 ( 平 成 22 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 A 実 質 収 支 件 費 B (21 年 度 末 ) 21 年 度 58,068 22,793,598 272,455 4,911,157 件 費 率 B/A % 21.5 ( 参 考 ) 20 年 度 の 件 費 率 % 24.8 (2) 職

More information

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1

(2) 職 員 の 初 任 給 の 状 況 ( 平 成 17 年 4 月 1 日 現 在 ) 初 任 給 2 年 後 の 給 料 初 任 給 2 年 後 の 給 料 一 般 行 政 職 技 能 労 務 職 大 学 卒 171,1 151,5 19,2 164,7 17,7 184,4 中 学 卒 1 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 (16 年 度 末 ) A 千 16 年 度 実 質 収 支 千 件 費 B 千 件 費 率 ( 参 考 ) B/A 15 年 度 の 件 費 率 (2) 職 員 給 与 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 予 算 ) 職 員 数 給 与 費 A

More information

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別

2 特 別 給 人 事 委 員 会 の 勧 告 区 分 民 間 の 支 給 割 公 務 員 の 支 給 格 差 勧 告 年 間 支 給 数 合 A 数 B A-B ( 改 定 数 ) 年 度 ( 注 ) 民 間 の 支 給 割 合 は 民 間 事 業 所 で 支 払 われた 賞 与 等 の 特 別 梼 原 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 ( 一 般 会 計 松 診 四 万 診 会 計 ) 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 ( 参 考 ) 区 分 人 口 23 年 度 の ( 年 度 末 ) A B (B/A) 人 件 費 率 H25.3.31 千 千 千 %

More information

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和

(2) 保 育 料 等 減 免 措 置 に 関 する 調 書 (3) 地 方 税 法 ( 昭 和 25 年 法 律 第 226 号 ) 第 5 条 第 2 項 第 1 号 に 規 定 する 市 町 村 民 税 の 課 税 の 状 況 を 証 明 する 書 類 又 は 生 活 保 護 法 ( 昭 和 福 山 市 私 立 幼 稚 園 就 園 奨 励 費 補 助 金 交 付 要 綱 ( 趣 旨 ) 第 1 条 家 庭 の 所 得 状 況 に 応 じて 保 護 者 の 経 済 的 負 担 の 軽 減 を 図 るとともに, 公 私 立 幼 稚 園 間 の 保 護 者 負 担 の 格 差 の 是 正 を 図 るため, 予 算 の 範 囲 内 において 福 山 市 が 行 う 私 立 幼 稚 園 就 園 奨

More information

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc)

(Microsoft Word - \213\213\227^\201E\222\350\210\365\212\307\227\235\214\366\225\\\201iH27.03.01\)\201iHP\227p\201j.doc) 津 島 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 市 職 員 の 給 与 は 地 方 自 治 法 地 方 公 務 員 法 等 の 定 めに 基 づき 市 の 条 例 規 則 により 定 められてい ます 今 回 はその 状 況 を 公 表 します 平 成 26 年 4 月 1 日 の 数 値 は 平 成 26 年 の 地 方 公 務 員 給 与 実 態 調 査 地 方 公 共 団 体 定 員 管

More information

表紙-2.xdw

表紙-2.xdw 当 初 予 算 要 求 概 要 平 成 2 年 2 月 部 部 施 策 体 系 地 域 における 保 健 医 療 の 充 実 と 福 祉 との 連 携 の 促 進 医 療 提 供 体 制 の 充 実 () 医 療 従 事 者 の 確 保 (2) 医 療 機 能 の 充 実 2 専 門 医 療 救 急 医 療 の 充 実 () 救 急 医 療 体 制 の 強 化 (2)がん 対 策 の 充 実 3 県

More information

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額

3 職 員 の 平 均 給 与 月 額 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び 平 均 給 与 月 額 の 状 況 (23 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 平 均 給 与 月 額 白 鷹 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について( 平 成 23 年 度 ) 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (22 年 度 末 ) A H22 年 度 15,653 7,495,399 471,366 1,214,22 16.1 B B/A H21 年 度 の 件

More information

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている

(5) 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しの 実 施 状 況 について 概 要 の 給 与 制 度 の 総 合 的 見 直 しにおいては 俸 給 表 の 水 準 の 平 均 2の 引 き 下 げ 及 び 地 域 手 当 の 支 給 割 合 の 見 直 し 等 に 取 り 組 むとされている 清 瀬 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) (25 年 度 末 ) 25 年 度 千 74,247 27,195,534 A 768,602 千 4,616,550 B 千 17.0 B/A 昨 年 度 の 件 費 率 17.3

More information

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協

3 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 概 要 (1) 価 格 カルテル 山 形 県 の 庄 内 地 区 に 所 在 する5 農 協 が, 特 定 主 食 用 米 の 販 売 手 数 料 について, 平 成 23 年 1 月 13 日 に 山 形 県 酒 田 市 所 在 の 全 国 農 業 協 平 成 26 年 度 における 東 北 地 区 の 独 占 禁 止 法 の 運 用 状 況 等 について 平 成 27 年 6 月 10 日 公 正 取 引 委 員 会 事 務 総 局 東 北 事 務 所 第 1 独 占 禁 止 法 違 反 事 件 の 処 理 状 況 1 公 正 取 引 委 員 会 は, 迅 速 かつ 実 効 性 のある 事 件 審 査 を 行 うとの 基 本 方 針 の 下, 国

More information

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること

1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目 指 していること 第 三 者 の 道 具 箱 訪 問 調 査 表 ( 組 織 マネジメント) 訪 問 調 査 日 訪 問 先 評 価 者 1 リーダーシップと 意 思 決 定 1-1 事 業 所 が 目 指 していることの 実 現 に 向 けて 一 丸 となっている 評 価 項 目 1-1-1 事 業 所 が 目 指 していること( 理 念 基 本 方 針 )を 明 確 化 周 知 している 1. 事 業 所 が 目

More information

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt

Microsoft PowerPoint - 報告書(概要).ppt 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 論 点 と 意 見 について ( 概 要 ) 神 奈 川 県 市 町 村 における 地 方 公 務 員 制 度 改 革 に 係 る 検 討 会 議 について 1 テーマ 地 方 公 務 員 制 度 改 革 ( 総 務 省 地 方 公 務 員 の 労 使 関 係 制 度 に 係 る 基 本 的 な 考 え 方 )の 課 題 の 整

More information

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料)

資料2 年金制度等について(山下委員提出資料) 資 料 2 年 金 制 度 等 について 平 成 27 年 3 月 9 日 山 下 馨 日 本 私 立 学 校 振 興 共 済 事 業 団 理 事 公 的 年 金 制 度 の 仕 組 み 公 的 年 金 制 度 は 加 齢 などによる 稼 得 能 力 の 減 退 喪 失 に 備 えるための 社 会 保 険 ( 防 貧 機 能 ) 現 役 世 代 は 全 て 国 民 年 金 の 被 保 険 者 となり

More information

国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 防 災 業 務 計 画 平 成 17 年 10 月 1 日 制 定 平 成 25 年 3 月 8 日 修 正 平 成 26 年 6 月 19 日 修 正 平 成 27 年 12 月 1 日 修 正 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 国 立 研 究 開 発 法 人 日 本 原 子 力

More information

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震

Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 大 規 模 地 震 対 策 特 別 措 置 法 第 6 条 の 規 定 に 基 づき 本 県 の 東 海 地 震 に 係 る 地 震 防 災 対 策 強 化 地 域 において 東 海 地 震 Ⅶ 東 海 地 震 に 関 して 注 意 情 報 発 表 時 及 び 警 戒 宣 言 発 令 時 の 対 応 東 海 地 震 注 意 情 報 発 表 時 (1) 医 務 課 衛 生 薬 務 課 Ⅶ-1 Ⅶ-1 Ⅶ-2 2 病 院 診 療 所 の 対 応 (1) 院 内 の 安 全 確 保 等 (2) 医 療 救 護 活 動 の 準 備 Ⅶ-3 Ⅶ-4 Ⅶ-4 3 基 幹 災 害 拠 点 病 院 基

More information

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務

(6) 事 務 局 職 場 積 立 NISAの 運 営 に 係 る 以 下 の 事 務 等 を 担 当 する 事 業 主 等 の 組 織 ( 当 該 事 務 を 代 行 する 組 織 を 含 む )をいう イ 利 用 者 からの 諸 届 出 受 付 事 務 ロ 利 用 者 への 諸 連 絡 事 務 職 場 積 立 NISAに 関 するガイドライン 第 1 章 総 則 1. 制 定 の 趣 旨 NISA 推 進 連 絡 協 議 会 は NISA 推 進 連 絡 協 議 会 に 参 加 する 業 界 団 体 等 に 属 する 金 融 商 品 取 引 業 者 及 び 金 融 機 関 等 ( 以 下 NISA 取 扱 業 者 という )が 取 り 扱 う 職 場 積 立 NISAについて 適 正 かつ

More information

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D>

<5461726F31322D819B328250944E93788B8B975E814592E888F58AC7979D> 能 代 市 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 人 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 ( 参 考 ) 区 分 台 帳 人 口 歳 出 額 実 質 収 支 人 件 費 人 件 費 率 前 年 度 の ( 年 度 末 ) A B B/A 人 件 費 率 20 年 度 人 千 円 千 円 千 円 % % 61,416 23,586,992 339,618

More information

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申

とする この 場 合 育 児 休 業 中 の 期 限 付 職 員 が 雇 用 契 約 を 更 新 するに 当 たり 引 き 続 き 育 児 休 業 を 希 望 する 場 合 には 更 新 された 雇 用 契 約 期 間 の 初 日 を 育 児 休 業 開 始 予 定 日 として 育 児 休 業 申 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 育 児 休 業 等 に 関 する 規 則 ( 目 的 ) 第 1 条 この 規 則 は 社 会 福 祉 法 人 同 仁 会 就 業 規 則 ( 以 下 就 業 規 則 という ) 第 34 条 第 2 項 の 規 定 に 基 づき 職 員 の 育 児 休 業 育 児 のための 所 定 外 労 働 の 免 除 時 間 外 労 働 及 び 深 夜 業 の 制 限 並

More information

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc

Microsoft Word - 佐野市生活排水処理構想(案).doc 佐 野 市 生 活 排 水 処 理 構 想 ( 案 ) 平 成 27 年 12 月 佐 野 市 目 次 1. 生 活 排 水 処 理 構 想 について 1.1 生 活 排 水 処 理 構 想 とは P.1 1.2 生 活 排 水 処 理 施 設 の 種 類 P.1 2. 佐 野 市 の 現 状 と 課 題 2.1 整 備 状 況 P.2 2.2 主 な 汚 水 処 理 施 設 P.2 2.3 生 活

More information

Taro-07-1提言概要.jtd

Taro-07-1提言概要.jtd 新 たな 在 留 管 理 制 度 に 関 する 提 言 の 概 要 について 資 料 7 1 在 留 管 理 制 度 見 直 しのねらい 法 務 大 臣 が 外 国 人 の 在 留 管 理 に 必 要 な 情 報 を 一 元 的, 正 確 かつ 継 続 的 に 把 握 する 制 度 を 構 築 し, 的 確 な 在 留 管 理 を 行 う一 方 で, 市 区 町 村 において 整 備 される 予 定

More information

スライド 1

スライド 1 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 について 厚 生 労 働 省 年 金 局 公 的 年 金 制 度 の 健 全 性 及 び 信 頼 性 の 確 保 のための 厚 生 年 金 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 ( 平 成 25 年 法 律 第 63 号 )の 概 要

More information

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同

(4) 運 転 する 学 校 職 員 が 交 通 事 故 を 起 こし 若 しくは 交 通 法 規 に 違 反 したことにより 刑 法 ( 明 治 40 年 法 律 第 45 号 ) 若 しくは 道 路 交 通 法 に 基 づく 刑 罰 を 科 せられてから1 年 を 経 過 していない 場 合 同 半 田 市 立 学 校 職 員 に 係 る 自 家 用 自 動 車 の 公 務 使 用 に 関 する 取 扱 要 領 ( 趣 旨 ) 第 1 条 この 要 領 は 公 務 の 円 滑 な 執 行 に 資 するため 半 田 市 立 学 校 に 勤 務 する 県 費 負 担 教 職 員 ( 以 下 学 校 職 員 という )が 出 張 に 際 し 職 員 等 の 旅 費 に 関 する 条 例 ( 昭 和

More information

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1

Q5 育 児 休 業 を 請 求 する 際 の 事 務 手 続 は? A5 育 児 休 業 を 請 求 しようとする 職 員 は, 育 児 休 業 承 認 請 求 書 ( 様 式 第 1 号 )に 子 の 氏 名 や 請 求 する 期 間 等 を 記 入 し, 育 児 休 業 を 始 めようとする1 1 育 児 休 業 について Q1 育 児 休 業 とはどのような 制 度 ですか? A1 子 が 満 3 歳 に 達 する 日 まで, 一 定 の 要 件 を 満 たした 職 員 が 任 命 権 者 ( 宮 城 県 教 育 委 員 会 )の 承 認 を 受 けて,その3 歳 に 満 たない 子 を 養 育 するため, 職 務 に 従 事 しな いことを 可 能 とする 制 度 です 仕 事 と 育

More information

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77

技 能 労 務 職 公 務 員 民 間 参 考 区 分 平 均 年 齢 職 員 数 平 均 給 与 月 額 平 均 給 与 月 額 平 均 給 料 月 額 (A) ( 国 ベース) 平 均 年 齢 平 均 給 与 月 額 対 応 する 民 間 の 類 似 職 種 東 庄 町 51.3 歳 18 77 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 普 通 会 計 決 算 ) 区 東 庄 町 の 給 与 定 員 管 理 等 について 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 ) 分 ( 年 度 末 ) A B B/A 1 年 度 の 件 費 率 千 千 千 年 度 15,408 5,093,505 1,033,984 517,441 0.3 0.8 ()

More information

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 (

2 条 ) ア 育 児 休 業 の 対 象 とならない 職 員 ( 法 第 2 条 及 び 条 例 第 2 条 関 係 ) (ア) 臨 時 的 に 任 用 される 職 員 (イ) 育 児 休 業 に 係 る 期 間 を 任 期 と 定 めて 採 用 された 職 員 (ウ) 勤 務 延 長 職 員 ( 育 児 休 業 等 の 取 扱 いについての 改 正 について 平 成 23 年 8 月 1 日 通 達 ( 務 人 ) 第 44 号 地 方 公 務 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 法 律 ( 平 成 3 年 法 律 第 110 号 以 下 法 という )の 改 正 に 鑑 み このたび 山 梨 県 職 員 の 育 児 休 業 等 に 関 する 条 例 ( 平 成 4 年 山 梨 県 条

More information

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について

Microsoft PowerPoint - 【資料5】社会福祉施設職員等退職手当共済制度の見直し(案)について 資 料 5 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 の 見 直 し( 案 )について 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 ( 現 行 制 度 )の 概 要 目 的 社 会 福 祉 施 設 職 員 等 退 職 手 当 共 済 制 度 は 民 間 社 会 福 祉 施 設 経 営 者 の 相 互 扶 助 の 精 神 に 基 づき 昭 和 36 年

More information

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5

2 職 員 の 初 任 給 等 の 状 況 (1) 職 員 の 平 均 年 齢 平 均 給 料 月 額 及 び の 状 況 (26 年 4 月 1 日 現 在 ) 1 一 般 行 政 職 平 均 年 齢 静 岡 県 国 類 似 団 体 2 技 能 労 務 職 区 41.8 歳 42.6 歳 43.5 の 給 与 定 員 管 理 等 について 1 総 括 (1) 件 費 の 状 況 ( 一 般 会 計 決 算 ) 住 民 基 本 台 帳 口 歳 出 額 実 質 収 支 件 費 件 費 率 ( 参 考 )24 年 度 の (26 年 1 月 1 日 ) A B B/A 件 費 率 25 年 度 千 円 千 円 千 円 % % 61,419 20,666,887 1,276,279 4,024,627

More information

資料2 利用者負担(保育費用)

資料2 利用者負担(保育費用) 新 制 度 の 保 育 料 ( 利 用 者 負 担 額 )について 資 料 2 新 制 度 における 保 育 料 については 子 ども 子 育 て 支 援 法 に 基 づき 現 行 の 保 育 制 度 と 同 様 世 帯 の 所 得 の 状 況 その 他 の 事 情 を 勘 案 し 国 が 定 める 水 準 を 上 限 として 市 町 村 が 定 めることになりま す 国 が 定 める 水 準 については

More information

Microsoft Word - 24行動計画案.doc

Microsoft Word - 24行動計画案.doc 京 都 市 動 物 愛 護 行 動 計 画 に 基 づく 取 組 予 定 ( 平 成 24 年 度 ) 1 殺 処 分 数 の 大 幅 な 減 少 (1) 飼 主 責 任 の 徹 底 1 終 生 飼 養 の 徹 底 犬 猫 の 引 取 手 数 料 増 額 に 向 けて 研 究 する 新 規 動 物 の 飼 養 を 希 望 する 市 民 に 対 し, 終 生 適 正 飼 養 等 に 係 る 意 識 の

More information