< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364>

Size: px
Start display at page:

Download "< D834F E8F48816A2D8AAE90AC2E6D6364>"

Transcription

1 2014 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2014 年 9 月 8 日 10 日 第 1 日 倫理委員会セッション 社会 環境部会 第 31 回全体会議 社会 環境部会セッション 特別講演 理事会セッション 第 2 日 原子力安全部会セッション 休 憩 保健物理 環境科学部会セッション 放射線工学部会セッション 教育委員会セッション 第 1 日 トリチウム工学 ( 燃料回収 精製, 計測, 同位体効果, 安全取扱い ) B01 B02 B03 B04 トリチウム工学 ( 燃料回収 精製, 計測, 同位体効果, 安全取扱い ) B05 B06 休憩 トリチウム工学 ( 燃料回収 精製, 計測, 同位体効果, 安全取扱い ) B07 B08 B09 B10 B11 B12 B13 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B14 B15

2 B16 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B17 B18 B19 第 2 日 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B20 B21 B22 B23 B24 B25 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B26 B27 B28 核融合工学部会 第 43 回全体会議 核融合工学部会セッション 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B29 B30 B31 B32 B33 B34 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B35 B36 B37 B38 核融合炉材料工学 ( 炉材料, ブランケット, 照射挙動 ) B39 B40 B41 B42

3 第 3 日 核融合機器工学 ( 第 1 壁, ダイバータ, マグネット等 ) B43 B44 B45 B46 B47 核融合機器工学 ( 第 1 壁, ダイバータ, マグネット等 ) B48 B49 B50 第 1 日 核燃料とその照射挙動 C01 C02 C03 C04 C05 C06 核燃料部会 第 42 回全体会議 休 憩 核燃料部会セッション フェローの集い 核融合機器工学 ( 第 1 壁, ダイバータ, マグネット等 ) B51 B52 B53 核融合中性子工学 B54 核燃料とその照射挙動 C07 C08 C09 C10 C11 核燃料とその照射挙動 C12 C13

4 C14 C15 核燃料とその照射挙動 C16 C17 C18 C19 第 2 日 基礎物性 C20 C21 C22 C23 C24 基礎物性 C25 C26 C27 C28 原子力競争的資金 ( イニシアティブ ) の紹介 休憩 基礎物性 C29 C30 照射技術 分析技術 C31 C32 炉材料とその照射挙動 C33 C34 C35 炉材料とその照射挙動 C36 C37 C38 C39 C40 第 3 日 炉材料とその照射挙動 C41 C42 C43 C44 C45

5 炉材料とその照射挙動 C46 C47 C48 C49 材料部会 第 29 回全体会議 D03 D04 D05 D06 D07 材料部会セッション 炉材料とその照射挙動 C50 C51 炉材料とその照射挙動 C52 C53 C54 C55 C56 第 1 日 原子力施設の廃止措置技術 D01 D02 休憩 原子力施設の廃止措置技術 D08 D09 D10 D11 D12 D13 D14 D15 D16 D17 D18 D19

6 第 2 日 燃料再処理 D20 D21 D22 D23 D24 燃料再処理 D25 D26 D27 D34 燃料再処理 D35 D36 D37 燃料再処理 D38 D39 D40 D41 第 3 日 再処理 リサイクル部会 第 27 回全体会議 再処理 リサイクル部会セッション 燃料再処理 D28 D29 D30 燃料再処理 D31 D32 D33 燃料再処理 D42 D43 D44 D45 燃料再処理 D46 D47

7 D48 休憩 国際活動委員会セッション2( 日韓学生 若手研究者交流事業運営小委員会 ) 核化学, 放射化学, 分析化学, アクチノイドの化学 D49 D50 D51 核化学, 放射化学, 分析化学, アクチノイドの化学 D52 D53 D54 第 1 日 水化学部会 第 14 回全体会議 休憩 原子炉化学, 放射線化学, 腐食化学, 水質管理 E01 E02 E03 E04 原子炉化学, 放射線化学, 腐食化学, 水質管理 E05 E06 E07 E08 原子炉化学, 放射線化学, 腐食化学, 水質管理 E09 E10 E11 第 2 日 原子力施設の廃止措置技術 E12 E13 E14 E15 E16 E17 E18 E19

8 第 1 日 放射性廃棄物処分と環境 F01 F02 F03 F04 F05 F06 F07 海外情報連絡会 第 51 回全体会議 放射性廃棄物処分と環境 F14 F15 F16 F17 F18 F19 第 2 日 海外情報連絡会セッション 放射性廃棄物処分と環境 F08 F09 放射性廃棄物処分と環境 F10 F11 F12 F13 放射性廃棄物処分と環境 F20 F21 F22 放射性廃棄物処分と環境 F23 F24 F25

9 F26 F27 F28 F29 休 憩 標準委員会セッション2( 原子力安全検討会 分科会, 標準活動検討タスク ) 放射性廃棄物処分と環境 F30 F31 F32 放射性廃棄物処分と環境 F33 F34 F35 F36 F37 F38 放射性廃棄物処分と環境 F39 F40 F41 F42 F43 第 3 日 放射性廃棄物処分と環境 F44 F45 F46 F47 放射性廃棄物処分と環境 F48 F49 F50 F51 F52 休憩 総合講演 報告 3 国際廃炉研究開発機構(IRID) 放射性廃棄物処分と環境 F53 F54

10 F55 F56 F57 F58 第 1 日 放射性廃棄物処理 G01 G02 G03 G04 放射性廃棄物処理 G05 G06 G07 G08 休憩 標準委員会セッション1( リスク専門部会 ) 放射性廃棄物処理 G09 G10 G11 G12 放射性廃棄物処理 G13 G14 G15 G16 G17 放射性廃棄物処理 G18 G19 G20

11 G21 第 2 日 放射性廃棄物処理 G22 G23 G24 G25 G26 放射性廃棄物処理 G27 G28 G29 G30 バックエンド部会 第 41 回全体会議 総合講演 報告 1 福島第一原子力発電所事故により発生する放射性廃棄物の処理 処分 放射性廃棄物処理 G31 G32 G33 G34 放射性廃棄物処理 G35 G36 G37 G38 放射性廃棄物処理 G39 G40 G41 G42 G43 G44 第 3 日 放射性廃棄物処理 G45 G46 G47

12 放射性廃棄物処理 G48 G49 G50 G51 G52 休憩 H02 H03 H04 H05 H06 H07 標準委員会セッション 3( システム安全専門部会, リスク専門部会 ) 計算科学技術部会 第 16 回全体会議 放射性廃棄物処理 G53 G54 G55 放射性廃棄物処理 G56 G57 G58 G59 第 1 日 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) H01 計算科学技術部会セッション 計算科学技術 H08 H09 H10 H11 H12 計算科学技術 H13 H14 H15 H16 計算科学技術 H17 H18

13 H19 H20 第 2 日 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 休憩 新型炉システム H29 H30 H31 H32 H33 新型炉システム H34 H35 H36 H37 H38 H39 第 3 日 新型炉システム H40 H41 H42 H43 新型炉システム H44 H45 H46 H47 H48 新型炉部会 第 9 回全体会議 新型炉部会セッション

14 第 1 日 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I01 I02 I03 I04 I05 I06 I07 I08 休憩 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I09 I10 I11 I12 I13 I14 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I15 I16 I17 I18 I19 I20 I21 第 2 日 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I22 I23 I24 I25 I26 I27 I28 I29

15 原子力安全部会 第 12 回全体会議 休憩 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I30 I31 I32 I33 I34 I35 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I36 I37 I38 I39 I40 I41 I42 I43 第 3 日 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I44 I45 I46 I47 I48 I49 I50 I51 I52 休憩 原子力安全工学 ( 原子力施設 設備,PSA を含む ) I53 I54 I55 I56 I57 I58 第 1 日 原子炉の運転管理と点検保守 J01

16 J02 J03 J04 原子炉設計, 原子力発電所の建設と検査, 耐震性, 原子力船 J05 J06 原子力発電部会 第 26 回全体会議 原子力発電部会セッション 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J07 J08 J09 J10 J11 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J12 J13 J14 J15 J16 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J17 J18 J19 第 2 日 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J20 J21 J22 J23 J24 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J25 J26 J27 J28 熱流動部会 第 43 回全体会議 熱流動部会セッション 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J29

17 J30 J31 J32 J33 J34 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J35 J36 J37 J38 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J39 J40 J41 J42 第 3 日 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J43 J44 J45 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J46 J47 J48 J49 J50 J51 休憩 総合講演 報告 4 国際原子力人材育成大学連合ネット 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) J52 J53 J54 J55 J56

18 J57 第 1 日 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K01 K02 K03 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K04 K05 K06 K07 休憩 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K08 K09 K10 K11 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K12 K13 K14 K15 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K16 K17 K18 K19 K20 第 2 日 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K21 K22 K23 K24 K25 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K26

19 K27 K28 K29 K43 第 3 日 休 憩 総合講演 報告 2 使用済燃料直接処分に関わる社会環境等 原子力青年ネットワーク連絡会セッション 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K30 K31 K32 K33 K34 K35 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K36 K37 K38 K39 伝熱 流動 ( エネルギー変換 輸送 貯蔵を含む ) K40 K41 K42 原子力青年ネットワーク連絡会 第 18 回全体会議 休憩 シニアネットワーク連絡会セッション 第 1 日 原子炉計測, 計装システム, 原子力制御システム / 遠隔操作, ロボット, 画像工学 L01 L02 L03 ヒューマンマシンシステム, 高度情報処理 L04 L05 L06 L07 ヒューマン マシン システム研究部会 第 50 回全体会議 ヒューマン マシン システム研究部会セッション

20 炉設計と炉型戦略, 核変換技術 L08 L09 L10 L11 L12 炉設計と炉型戦略, 核変換技術 L13 L14 L15 L16 炉設計と炉型戦略, 核変換技術 L17 L18 L19 L20 第 2 日 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L21 L22 L23 L24 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L25 L26 L27 L28 L29 炉物理部会 第 41 回全体会議 炉物理部会セッション 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L30 L31 L32 L33 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L34 L35 L36 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L37 L38 L39

21 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 L40 L41 L42 L43 第 3 日 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 L44 L45 L46 L47 L48 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 L49 L50 L51 L52 核データ部会 第 30 回全体会議 核データ部会, シグマ 特別専門委員会合同セッション 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 L53 L54 L55 L56 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 L57 L58 L59 第 1 日 ビーム計測 / 放射光, レーザー M01 M02 M03 M04 M05 加速器 ビーム科学部会 第 32 回全体会議 加速器 ビーム科学部会セッション ビーム利用 ターゲット

22 M06 M07 M08 M09 M10 M11 ビーム利用 ターゲット / 医療用原子炉 加速器 M12 M13 M14 M15 M16 M17 M18 男女共同参画委員会セッション 第 2 日 加速器 ビーム加速技術 M19 M20 M21 M22 M23 M24 M25 加速器 ビーム加速技術 M26 M27 M28 M29 M30 M31 第 1 日 中性子源 中性子工学 N01 N02 N03 N04

23 放射線挙動, 遮蔽工学 N05 N06 N07 N08 N09 N10 休 憩 N20 N21 N22 N23 N24 第 2 日 放射線物理, 放射線計測 N11 N12 N13 N14 放射線物理, 放射線計測 N15 N16 N17 N18 放射線物理, 放射線計測 N19 放射線物理, 放射線計測 N25 N26 N27 N28 N29 放射線物理, 放射線計測 N30 N31 N32 N33

24 N34 放射線工学部会 第 41 回全体会議 休憩 N47 N48 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 N35 N36 N37 N38 N39 N40 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 N41 N42 N43 N44 N45 原子核物理, 核データ測定 評価 検証, 核反応工学 N46 第 3 日 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 N49 N50 N51 N52 炉物理, 核データの利用, 臨界安全 N53 N54 N55 N56 N57 N58 第 1 日 保健物理 環境科学 O01 O02

25 O03 O04 O05 O06 O07 休 憩 保健物理 環境科学 O08 O09 O10 O11 O12 O13 O14 O15 O16 O17 O18 O19 第 2 日 保健物理 環境科学 O20 O21 O22 O23 O24 O25 O26 O27 O28 保健物理 環境科学部会 第 29 回全体会議 国際活動委員会セッション1 保健物理 環境科学 O29 O30 O31 O32 O33

26 O34 O35 保健物理 環境科学 O36 O37 O38 O39 O40 O41 O42 第 3 日 保健物理 環境科学 O43 O44 O45 O46 O47 O48 O49 O50 O51 休憩 保健物理 環境科学 O52 O53 O54 O55 O56 O57 第 1 日 総論 P01 P02 P03 P04 総論

27 P05 P06 P07 休憩 総論 P08 P09 P10 P11 P12 総論 P13 P14 P15 P16 P17 P18 総論 P19 P20 第 2 日 総論 / 計量管理, 保障措置技術 P21 P22 P23 P24 P25 総論 P26 P27 P28 P29 P30 核不拡散 保障措置 核セキュリティ連絡会 第 13 回全体会議 核不拡散 保障措置 核セキュリティ連絡会セッション 総論 P31 P32 P33 保健物理 環境科学 P34

28 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 保健物理 環境科学 P51 P52 P53 P54 P55 P56 第 3 日 保健物理 環境科学 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 休 憩

<955C8E8682502D342E6169>

<955C8E8682502D342E6169> 2012 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2012 年 3 月 19 日 21 日 第 1 日 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 特 別 セッション 第 2 日 第 44 回 日 本 原 子 力 学 会 学 会 賞 贈 呈 式 理 事 会 セッション 第 1 日 トリチウム 工 学 ( 燃 料 回 収 精 製,

More information

12-07-176 表紙1-4.indd

12-07-176 表紙1-4.indd 2012 Fall Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2012 年 9 月 19 日 21 日 休 憩 第 1 日 放 射 線 工 学 部 会 セッション 保 健 物 理 環 境 科 学 部 会 セッション 特 別 講 演 理 事 会 セッション 休 憩 第 1 日 標 準 委 員 会 セッション1 将 来 の 原 子 力 安 全 1 標 準

More information

<955C8E8682502D342E6169>

<955C8E8682502D342E6169> 2011 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2011 年 3 月 28 日 30 日 第 1 日 核 燃 料 A01 A02 A03 A04 核 燃 料 A05 A06 A07 核 燃 料 部 会 第 36 回 全 体 会 議 合 同 セッション1( 核 燃 料 部 会, 炉 物 理 部 会 ) 核 燃 料 A08 A09 A10

More information

<8376838D834F83898380816932303135944E8F74816A2D8AAE90AC2E6D6364>

<8376838D834F83898380816932303135944E8F74816A2D8AAE90AC2E6D6364> 2015 Annual Meeting of the Atomic Energy Society of Japan 2015 年 3 月 20 日 22 日 第 1 日 特 別 講 演 休 憩 A03 A04 放 射 性 廃 棄 物 処 理 A05 A06 A07 A08 休 憩 保 健 物 理 環 境 科 学 部 会 セッション 標 準 委 員 会 セッション2(リスク 専 門 部 会 ) 福 島

More information

日 時 会 場 10:00 G 会 場 (104 人 ) 教 育 研 究 棟 A A104 トリチウム 工 学 ( 燃 料 回 収 精 製, 計 測, 同 位 体 効 果, 安 全 取 扱 い) G01~07 H 会 場 (122 人 ) 教 育 研 究 棟 A A106 放 射 線 物 理, 放

日 時 会 場 10:00 G 会 場 (104 人 ) 教 育 研 究 棟 A A104 トリチウム 工 学 ( 燃 料 回 収 精 製, 計 測, 同 位 体 効 果, 安 全 取 扱 い) G01~07 H 会 場 (122 人 ) 教 育 研 究 棟 A A106 放 射 線 物 理, 放 A01~ Q62は 論 文 番 号 日 時 9 月 4 日 ( 木 ) 会 場 10:00 12:00 13:00 14:30 17:30 9:30 日 本 原 子 力 学 会 2008 年 秋 の 大 会 日 程 表 2008 年 9 月 4 日 ( 木 )~6 日 ( 土 ) A 会 場 (258 人 ) 講 義 棟 K101 原 子 力 システム 設 計,ヒュー マンマシンシステム, 高 度

More information

<FEFF7B2C DE5B A E BC10D7C3C40EA > 講師略歴 教育講演 平成27年度 第3回卒後教育講座 医療事故調査制度におけるAiの役割 国際医療福祉大学 保健医療学部 放射線 情報科学科 准教授 樋口 清孝 先生 略歴 平成8年 鈴鹿医療科学技術大学 保健衛生学部 卒業 平成8年 国立津病院 現 三重中央医療センター 他 勤務 非常勤 平成10年 鈴鹿医療科学技術大学大学院 医療画像情報学研究科 修了 保健衛生学修士 平成10年 国際医療福祉大学

More information

100% % 60% 40% その他 火力発電 原子力発電 20% 0% 図 1: 電源別発電量構成比

100% % 60% 40% その他 火力発電 原子力発電 20% 0% 図 1: 電源別発電量構成比 核融合発電 実現に向けて 所属 : 工学系 2 年 8 組 25 番橋詰遼太 第 1 章はじめに 第 1 節主題設定の理由地球温暖化が問題視される中 原子力発電は火力発電に代わる主力エネルギー源として期待されていた しかし福島第一原子力発電所の事故の影響で風向きが大きく変わり 新たな発電方法が必要とされている 知名度は低いが その候補の一つとして核融合発電が挙げられる 核融合発電は 二酸化炭素を排出せず大規模な発電が可能なエネルギー源である

More information

< F30355F95AA90CD89BB8A7789EF93A2985F89EF95CA8DFB5F944F8D5A2E706466>

< F30355F95AA90CD89BB8A7789EF93A2985F89EF95CA8DFB5F944F8D5A2E706466> 75 * A 15 23 * * * * * * * * * * 25 24 B 15 23 * * * * * * * * * * * * * 25 24 C 15 23 * * * * * * * * * * * 25 24 D 15 23 25 24 E 15 23 25 24 F 15 23 SS 25 24 SS SS SS P 15 23 25 24 Y 15 23 25 24 *

More information

JAXA前半_PDF用.indd

JAXA前半_PDF用.indd 2015 Explore to Realize 02 04 06 08 FEATURE 01 11 FEATURE 02 12 FEATURE 03 CONTENTS 14 16 18 26 34 36 37 38 01 02 03 Research and Development 01 02 03 04 05 04 05 01 02 03 04 05 06 07 FEATURE 01 08 09

More information

特 集 新たなる研究への 推進体制 理事 副学長 研究担当 小林 俊郎 08 特 集 目標評価室の 運営ビジョン 目標評価室長 寺嶋 一彦 目標立案プロセス 計画プロセス 情報化プロセス 社会 環境 大学 個人のビジョン 点検 改善プロセス 図1 目標評価システム 10 評価プロセス 公開プロセス 工学教育国際協力研究センター 教授 本間 寛臣 36

More information

11 月 6 日 ( 木 ) 17: 19:00 11 月 7 日 ( 金 ) 第 34 回表面科学学術講演会日程表 講演番号分野 時間講演番号分野 時間講演番号分野 時間講演番号分野 時間 9:00 授賞式 10:00 11:00 7Aa01 7Aa02 09:-10:10 10:10-10:50 12:00 昼食 (75 min) 協議会 フェロー会 昼食 (75 min) 7Ap01 12:-12:

More information

No. 605 2005.10 目次 大学の動き 京都大学総合体育館等のアスベスト対策について 2002 理事 副学長等が発令される 2003 部局長の交替等 2004 APRU AEARUリサーチシンポジウム 環太平洋地域における地震危険度 その予測と防災 を開催 2005 全学教育シンポジウム 学部教育 大学院教育の 質の改善と自己点検 評価 を開催 2005 尾池総長の復旦大学百周年記念式典出席

More information

Slide 1

Slide 1 バック エンド問題勉強会 2012 年 1 月 20 日 六ヶ所における放射線リスクと 様々なオプション ゴードン トンプソン資源 安全保障問題研究所 / クラーク大学 ( 米国 ) アウトライン 核施設での放射線リスク 福島第一のケース 六ヶ所のケース ゴアレーベンのケース セラフィールドのケース 悪意のある行為の重要性 六ヶ所における放射線リスク及び様々なオプションについての評価プロセス

More information

スライド 0

スライド 0 資料 3 使用済製品の現行回収スキーム 及び回収状況 平成 24 年 3 月経済産業省 家電 4 品目における回収の現状 年間排出量 :3,848 万台 ( 平成 22 年度推計 ) 回収スキーム : 主に一般家庭から排出され 家電リサイクル法に基づき小売店等から製造事業者等に引き渡され リサイクルプラントにおいてリサイクル 家電リサイクル法に基づく回収量は 2,579 万台 リユースを除いた年間排出量

More information

04-03

04-03 現在はまだ試行錯誤の段階ですが 国際共同研究センター 教育研究環境と生活空間一体型の メリットを存分に発揮 では このキャンパスを研究活動 研究セミナー シンポジ ウム 出版などに活用することが期待されています 既に① ミクロ データを用いた高度実証分析②アジア経済の新動向 国内外の研究者や学生の知的資源を活用した国際的研究拠 ③東アジアの融合と共生④中国人留学生のための日本語教育 点というのが 小平国際キャンパスの位置づけです

More information

398-111-305_0130.indd

398-111-305_0130.indd / INDEX 東京国際航空宇宙産業展 東京国際航空宇宙産業展 デモフライト会場 屋外 2010年6月に 展示しました 併催カンファレンス 次頁に内容を紹介しています 東北復興支援特別出展 いただきました ました 東展示棟 屋外 展示しました 東京 ビッグ サイト 10 26( 水 ) 展示 販売しました 10 27( 木 ) 10 28 ( 金 ) ました ました 会場内で 東日本大震災の被災地支援のため

More information

八戸高専だより第148号

八戸高専だより第148号 独立行政法人 第1 4 8号 八戸工業高等専門学校 発行 039 1192 青森県八戸市大字田面木字上野平16番地1 TEL 0178 27 7223 総務課総務係 FAX 0178 27 9379 E-mail somu-o@hachinohe-ct.ac.jp URL http://www.hachinohe-ct.ac.jp/ 平成27年7月 目 校長先生から 八戸高専の4学期制について 創立

More information

A4パンフ

A4パンフ Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

PDF34-3

PDF34-3 ISSN 0916-3328 東京大学アイソトープ総合センター VOL. 34 NO. 3 2003. 12. 25 法人化に向けたアイソトープ総合センターの役割 影 山 和 郎 10月1日より国立大学法人法が施行されました そして来年4月1日より東京大学は国立 大学法人東京大学が設置する大学となります また教職員の身分も非公務員に移行しま す 現在 労働安全衛生について国立大学には 人事院規則10-4

More information

中期目標期間の業務実績報告書

中期目標期間の業務実績報告書 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73

More information

Outline

Outline エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 エピゲノム エピジェネティクス JST NEDO 公開シンポジウム 生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患 お問い合わせ先 エピジェネティクスの制御と生命機能 領域事務所 E-Mail sympo.epi@jst.go.jp TEL 0952-97-8523

More information

京大広報617.indd

京大広報617.indd No. 617 2005. 12 2006.11 包括協定を締結後の尾池総長と米倉放医研理事長 関連記事 本文2258ページ 目次 京都大学女性研究者支援センター の発足にあたって 女性研究者支援センター長 塩田浩平 2256 大学の動き 放射線医学総合研究所と研究 教育 医療の 包括協定を締結 2258 文部科学省 平成18年度 タンパク質解析基盤 技術開発 の採択結果 2258 NEDO技術開発機構

More information

文走シ :yoran2009j_1.pdf

文走シ :yoran2009j_1.pdf 66 施設の概要 敷地面積 3万1354.17m 建築面積 656.68m 本館 5609.59m 地球研ハウス 647.09m 地球研ハウス 959.17m 延べ面積 1万3154.37m 本館 1万195.0m 構造 本館 RC造一部S造 地球研ハウス RC造 階数 本館 地下1階 地上2階 地球研ハウス 地下1階 地上2階 本館立面図 2階 外来レベル 2階 エントランスホール 展示ロビー 講演室

More information

sankou5

sankou5 参考資料 5 原子力保安検査官事務所の業務について 1. 原子力保安検査官事務所の業務における課題 検査業務が形骸化しており 無駄な官僚主義の一方 安全に正面から取り組む肝心なところが抜けているのではないか 検査の実効性を高め 柔軟に事業者のパフォーマンスを高める創造的な仕組みが必要ではないか 検査官が原子力発電所のサイトで必要な情報にいつでもアクセスできる権限を付与することが重要ではないか また

More information

02

02 学習院大学通信 12 January 2016 vol.68 CONTENTS 改めて皆さんで確認してください 学習院NOW 第30回記念 全日本視覚障害者柔道大会 優勝 総合12連覇ならず 第66回四大学運動競技大会 平成27年度 学生の提言 受賞者について 第46回大学祭 桜凛祭 第60回学習院大学対甲南大学 運動競技総合定期戦 02 02 国際研究教育機構 外国語教育研究センター 計算機センター

More information

<82A082C682E082B731318C8E8D862E696E6464>

<82A082C682E082B731318C8E8D862E696E6464> あともす 医 療 分 野 で の 利 用 農 業 分 野 で の 利 用 工 業 分 野 で の 利 用 暮 ら し の 中 で の 放 射 線 利 用 科 学 分 野 で の 利 用 こ ん な こ と を し ま し た みんなの 参 加 まってるよ! 志 賀 原 子 力 発 電 所 の 取 組 み 紹 介 ~ 安 全 対 策 発 電 所 敷 地 内 への 浸 水 防 止 について~ 2.

More information

untitled

untitled 第68回国民体育大会 熊本県選手団 入賞者成績 平成25年度熊本県体育協会表彰受賞一覧 スポーツ少年団について スポ ポ ツ少年団に ツ ツ少年 に て 日韓親善スポーツ交流大会 公認スポーツ指導者研修会 認スポーツ指導者研修 平成25年度熊本県総合型地域スポーツクラブ 専門委員会所管事業実施報告 藍色の空と海に集い 絆結ぼう 天草県体 第68回熊本県民体育祭 平成24年度事業報告 平成25年度事業計画

More information

本 文 以 下 通. 演 題 番 号 事 務 局 準 備. 1 枚 展 示 場 合 縦 190cm 横 116cm 本 文 2 分 割 展 示 場 合 A,B 縦 90cm 横 116cm. B4 分 割 展 示 場 合 A,B 縦 横 各 3 枚 9 枚 合 計 18 枚 展 示 可 能. 一 般

本 文 以 下 通. 演 題 番 号 事 務 局 準 備. 1 枚 展 示 場 合 縦 190cm 横 116cm 本 文 2 分 割 展 示 場 合 A,B 縦 90cm 横 116cm. B4 分 割 展 示 場 合 A,B 縦 横 各 3 枚 9 枚 合 計 18 枚 展 示 可 能. 一 般 会 告 第32回日本診療放射線技師学術大会の 演題募集について 平成 28 年 2 月 1 日 公益社団法人日本診療放射線技師会 会長 中澤 靖夫 第 32 回日本診療放射線技師学術大会の演題を下記要項により募集致します 03 多数の応募をお待ちしております 第 32 回日本診療放射線技師学術大会演題募集要項 1 発表形式と使用言語 1 一般セッション 口述ならびに示説発表とし 抄録 スライド ポスター

More information

P1

P1 NEWS REPORT カロリンスカ大学との合同シンポジウムJapanese-European Joint Symposium on Ion Cancer Therapy& NIRS-KI Joint Symposium on Ion-Radiation Sciencesに参加して 写真1 カロリンスカ大学との合同シンポジウム参加者 重粒子医科学センター物理工学部治療システム開発室 松藤 成弘 写真2

More information

研究機関とサイエンスコミュニケーション①(森田)

研究機関とサイエンスコミュニケーション①(森田) 2009 (KEK) 2001 1992 94 97 2008 (KEK) 1 (Powers of Ten) 10 ( 1 ) 10 0 m 10 3 m= 1,000 m = 1 km ( 2 ) 10 5 m= 10,000m = 100km 10 6 m= 1,000 km 10 7 m= 10,000 km 10 13 m 10 21 m ( ) 2 図2 KEK の敷地 図3 銀河系 図4

More information

表紙1−4/木下 中村

表紙1−4/木下 中村 平成15年度 長崎大学概要 長崎養生所のスケッチ 附属図書館医学分館 医学部附属病院の前身である我国最初の洋式病院 120病床 文久元年 1861年 8月16日開院 平成15年度 長崎大学概要 編集発行 長崎大学総務部総務課 852-8521 長崎市文教町1-14 TEL 095-819-2014 Homepage http://www.nagasaki-u.ac.jp/ 20 03 長崎大学概要

More information

20150818採用案内16P.indd

20150818採用案内16P.indd Advance/PHASE Advance/OCTA Advance/FrontFlow/red Advance/FrontFlow/FOCUS Advance/FrontNet Advance/FrontFlow/MP Advance/FrontSTR Advance/REVOCAP Advance/EVE SAYFA Advance/DESSERT アドバンスソフトは国のプロジェクトに参加しています

More information

目次 アドミッションポリシー P 1 募集学部 学科 定員 取得資格 P 2 入試日程 P 2 入学検定料 P 2 公募推薦入試 P 3 一般入試 P 4 5 大学入試センター試験利用入試 P 6 社会人入試 P 7 注意事項 P 8 9 出願手続き上の注意 身体に障がいのある志願者について 受験上

目次 アドミッションポリシー P 1 募集学部 学科 定員 取得資格 P 2 入試日程 P 2 入学検定料 P 2 公募推薦入試 P 3 一般入試 P 4 5 大学入試センター試験利用入試 P 6 社会人入試 P 7 注意事項 P 8 9 出願手続き上の注意 身体に障がいのある志願者について 受験上 目次 アドミッションポリシー P 1 募集学部 学科 定員 取得資格 P 2 入試日程 P 2 入学検定料 P 2 公募推薦入試 P 3 一般入試 P 4 5 大学入試センター試験利用入試 P 6 社会人入試 P 7 注意事項 P 8 9 出願手続き上の注意 身体に障がいのある志願者について 受験上の注意 入学手続き 入学辞退 個人情報の取り扱い 学生納入金 入学金 施設設備維持費減免制度 P 10

More information

原子力艦寄港地等放射能影響把握システムの整備平成 28 年度概算要求額 0.2 億円 (0.2 億円 ) < 事業の背景 > 防災基本計画を受けて策定された 原子力艦の原子力災害対策マニュアル ( 中央防災会議主事会議申合せ ) に基づき 原子力艦の原子力災害に関する通報を受けた場合には 直ちに平常

原子力艦寄港地等放射能影響把握システムの整備平成 28 年度概算要求額 0.2 億円 (0.2 億円 ) < 事業の背景 > 防災基本計画を受けて策定された 原子力艦の原子力災害対策マニュアル ( 中央防災会議主事会議申合せ ) に基づき 原子力艦の原子力災害に関する通報を受けた場合には 直ちに平常 原子力規制人材育成事業平成 28 年度概算要求額 5.0 億円 ( 新規 ) 我がにおいて原子力を利用するに当たり 原子力規制委員会は 常に世界最高水準の安全を目指すべく 原子力に対する確かな規制を行っています 原子力規制を着実に行うためには 原子力規制委員会職員のみならず 広く原子力安全 原子力規制に必要な知見を有する人材を育成 確保することは重要な課題であります このため 内の大学等と連携し 原子力規制に関わる人材を

More information

01_表紙_目次_一般.indd

01_表紙_目次_一般.indd 第 2 章 第1節 国内外の原子力開発利用の状況 我が国の原子力行政 内閣府に原子力の研究 開発及び利用に関する政策について企画 審議 決定する機 関として原子力委員会と原子力安全委員会が設置されている これらの委員会が決定した 1 我が国の原子力行政 政策の基本方針を踏まえて 文部科学省が科学技術に係る推進及び規制の行政を 経済産 業省がエネルギー利用に係る推進及び規制の行政を 外務省が原子力外交に関する行政を

More information

内 容 1 1. 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 (1Fサイト)の 現 況 2. 1Fサイトの 廃 炉 推 進 に 向 けた 原 子 力 機 構 の 取 り 組 み 2-1 中 長 期 の 研 究 開 発 課 題 に 対 して 燃 料 デブリ 取 り 出 しに 向 けた 研

内 容 1 1. 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 (1Fサイト)の 現 況 2. 1Fサイトの 廃 炉 推 進 に 向 けた 原 子 力 機 構 の 取 り 組 み 2-1 中 長 期 の 研 究 開 発 課 題 に 対 して 燃 料 デブリ 取 り 出 しに 向 けた 研 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 への 対 応 状 況 廃 止 措 置 等 に 向 けた 取 り 組 み 平 成 26 年 2 月 14 日 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 福 島 技 術 本 部 復 旧 技 術 部 船 坂 英 之 内 容 1 1. 東 京 電 力 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 (1Fサイト)の 現 況 2. 1Fサイトの

More information

1 キャリア支援 女性研究者ネットワークの構築 平成23年度前期研究支援員制度 メール配信 ホームページに掲示板設置 交流会開催 ひめルーム相談室開設 利用者は平成23年度前期3人 後期13人 愛 媛 大 学 女 性 研 究 者 育 成 プ ラン 実施体制 3 学長 学内 平成23年6月27日 参加者 18名 連携 学部 大学院 研究センター 事務部門 平成23年1月5日 7日 利用児童 9名 平成23年7月21日

More information

金沢医科大学報第124号

金沢医科大学報第124号 No. 123 August 2005 第17回総合医学研究所市民公開セミナー 予告 金沢医科大学医学会30周年記念式典 祝賀会 学事 平成18年度入学試験要項 第33回解剖学実習解剖体納棺式 新任教授紹介 名誉教授の称号授与 第32回教育懇談会 第1学年早期臨床体験実習 第16回医学教育セミナーとワークショップ 附属看護専門学校 第18回戴帽式 報告 ハワイ大学医学教育ワークショップ 報告 医学教育における行動科学教育の重要性

More information

Gifu University Faculty of Engineering

Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering Gifu University Faculty of Engineering the structure of the faculty of engineering DATA Gifu University Faculty of Engineering the aim of the university education

More information

橡放射光の発生

橡放射光の発生 SPrig-8PF NwSUBARUUVSORHiSOR SPrig-8 () (photo flu) () (3) () (5) (6) (7) (8) E B m ma F E v B a () E m =.5 MV E m 957E GV v v NwSUBARUSPrig-8 NwSUBARU SPrig-8 E (GV) NwSUBARU.GVGV V9 99.9999869% 957 (obsrvr

More information

100人委員会 私も応援しています 21 特定非営利活動法人 オール アバウト サイエンス ジャパン代表理事 京都大学名誉教授 1973年京都大学医学部卒業 京都大学結核胸部疾患研究所で7年医師として31歳まで勤務 その後 基礎医学に 転身 1980年ドイツ ケルン大学遺伝学研究所に留学 1987年より熊本大学医学部教授 1993年より京都大学大 学院医学研究科 分子遺伝学教授を歴任 2002年京都大学を退職し

More information

isai300413web.indd

isai300413web.indd 2012.4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 研究動向紹介 修士論文概要 次元計測に基づくテレオペレーションシステム 中京大学大学院 情報科学研究科 情報科学専攻 日比野 翔太郎 高所や災害現場などの極限環境での作業には人的被害が起こりやすいというリスクが常に伴う その 対策の一つとしてテレオペレーションロボットと呼ばれる遠隔操作ロボットによる作業が挙げられる

More information

000

000 Sowa Technical High School School Guide 2017 d TECH d 100%d 実習の内容 旋盤 手仕上げ 溶接 鋳造 パソコン実習 CAD( コンピュータによる自動製図 ) 特殊機械 CNC フライス盤 原動機 計測 電気実習 実習内容 電気電子計測 機械加工 ( 手仕上げ 旋盤 ) 溶接 ( アーク ガス ) NC 加工 (CNC 旋盤 マシニングセンタ

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

出力用(最後に捨てる).indd

出力用(最後に捨てる).indd - 1 - - 2 - - 3 - - 4 - - 5 - - 6 - - 7 - - 8 - - 9 - - 10 - - 11 - - 12 - - 13 - - 14 - - 15 - - 16 - - 17 - - 18 - - 19 - - 20 - - 21 - - 22 - - 23 - - 24 - - 25 - - 26 - - 27 - - 28 - - 29 - - 30 -

More information

資料3-2-5「光学的血糖値測定システムを応用した埋込み型イン…

資料3-2-5「光学的血糖値測定システムを応用した埋込み型イン… 3-2-5 1 制度名 産業科学技術研究開発制度 事業名 医療福祉機器技術研究開発 連続的に測定された血糖値をもとに Closed Loop 制御でインス リンを門脈に注入することで 厳格な血糖値管理を行いうる体 内埋込み型人工膵臓の実現をめざし 非観血的 非侵襲で即時 測定を連続的に可能にする光学的血糖値測定システム および 生体適合機能を有し 糖尿病患者の体内で長期的に安定動作す る体内埋込み型インスリン注入システムを開発する

More information

05JPOWER_p1-40PDF.p....

05JPOWER_p1-40PDF.p.... 2005 目次 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 財務状況 1 日本の電気事業概要 1 1 連結財務ハイライト 15 2 当社の発電事業データ 3 2 連結財務諸表 17 3 当社と国内 海外電力会社との比較 5 3 連結収益 費用構成 21 4 単体財務ハイライト 22 7 5 単体財務諸表 23 卸電気事業 7 6 単体電気事業営業収益 費用の分析 29 (1)火力発電 8

More information

2 発表内容 (1) 保障措置環境試料分析について (2) フィッショントラック- 表面電離質量分析 (3) 二次イオン質量分析 (4) プルトニウム精製年代分析 (5) まとめと今後の予定 * 本報告には 原子力規制委員会 原子力規制庁からの受託研究 保障措置環境分析調査 の成果が含まれます

2 発表内容 (1) 保障措置環境試料分析について (2) フィッショントラック- 表面電離質量分析 (3) 二次イオン質量分析 (4) プルトニウム精製年代分析 (5) まとめと今後の予定 * 本報告には 原子力規制委員会 原子力規制庁からの受託研究 保障措置環境分析調査 の成果が含まれます Japan Atomic Energy Agency 1 保障措置分析化学研究 * - 保障措置環境試料分析研究の現状 - 日本原子力研究開発機構安全研究 防災支援部門安全研究センター保障措置分析化学研究グループ 江坂文孝 平成 27 年度安全研究センター報告会平成 28 年 1 月 22 日富士ソフトアキバプラザ 2 発表内容 (1) 保障措置環境試料分析について (2) フィッショントラック-

More information

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3

51 Fig. 2 2.1 2.2 2 X 1 X X Table 1 2.1 X 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 X Fig. 3 X 1 1 X Table 2 X X 2.2 γ 線 を 用 いた 試 験 の 概 要 Fig. 4 192 192 Ir 60 60 CO Table 3 Bull. Soc. Sea Water Sci., Jpn., 68, 50-56(2014) Bulletin of the Society of Sea Water Science, Japan 特 集 非 破 壊 検 査 技 術 の 現 状 と 今 後 ( 解 説 ) プラント 設 備 における 放 射 線 による 検 査 の 現 状 と 今 後 永 田 博 幸 *1 *2, 清 水 重 之

More information

untitled

untitled 1 科学技術創造立国に向けて 科学技術基本法 科科 平成7年制定 第1期 基本計画 平成8 12年度 第2期 第 期 基本計画 本 平成13 17年度 第3期 基本計画 平成18 22年度 第3期は 3つの基本理念 政府研究開発投資の拡充 期間内 期間内の科学技術関係経費 科学技術関係経費 総額の規模は1 7兆円 新たな研究開発システム の構築 競争的研究資金の拡充 ポストドクター1万人計 画 産学官の人的交流の促進

More information

Microsoft PowerPoint - ポスター最終

Microsoft PowerPoint - ポスター最終 第 10 回生物試料分析科学会関東支部学術集会 テ ー マ : 糖尿病を考える ~ 検査から療養指導まで~ 会 期 : 平成 23 年 7 月 9 日 ( 土 )14:00~18:00 会 場 : 大宮ソニックシティ第一集会室 ( 市民ホール401) 集 会 長 : 鈴木優治 ( 埼玉県立大学保健医療福祉学部 ) 参 加 費 :2,000 円 ( 学生は無料 ) プログラム 1. 糖尿病関連検査の測定法について

More information

765746_051126

765746_051126 オープンキャンパス 科学の祭典ともに大盛況 今年度のオープンキャンパスが終了し 延べ 373 名が参加しました 第 1 回は 7 月 23 日 土 に行われ 220 名が参加 第2回は 10 月 1 日 土 に行われ 153 名が参加と 例年どおりの大盛況となりました 当日は新潟 長岡 直江津 柏崎のほか 第1回目は県外の高崎 長野からも無料送迎バスを運行し 県内だけでなく隣 接県からも多くの参加者が集まりました

More information

<8AEE967B8C7689E68F912E786C73>

<8AEE967B8C7689E68F912E786C73> 別記様式第 2 号 ( その 1 の 1) -1- 室 8 52-2- -3- -1- -2- -3- -4- -1 - -2 - -3 - -4 - -5 - -6 - -7 - -8 - -9 - -10 - -11 - -12 - -13 - -14 - 基礎演習科目 -15 - -16 - -17 - -18 - 基礎技法科目 -19 - -20 - -21 - -22 - -23 - -24

More information

1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2

1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2 TEKKEN Corporation s 70th anniversary 1 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 2 3 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 4 5 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 6 7 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70 年 史 8 27621 ET18 9 TEKKEN 70 年 史 TEKKEN 70

More information

この名簿は 競争入札参加資格審査事務処理要項 に基づき資格の審査を行い 審査の結果 一般競争入札及び指名競争入札に参加する資格があると認定した者を登録したものです 名簿の有効期限平成 27 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日 凡例 1. 登録業者の分類について 市内業者 福島市内

この名簿は 競争入札参加資格審査事務処理要項 に基づき資格の審査を行い 審査の結果 一般競争入札及び指名競争入札に参加する資格があると認定した者を登録したものです 名簿の有効期限平成 27 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日 凡例 1. 登録業者の分類について 市内業者 福島市内 平成 27 28 年度 物品調達等有資格業者名簿 平成 27 年 4 月 1 日現在 財務部契約検査課 この名簿は 競争入札参加資格審査事務処理要項 に基づき資格の審査を行い 審査の結果 一般競争入札及び指名競争入札に参加する資格があると認定した者を登録したものです 名簿の有効期限平成 27 年 4 月 1 日から平成 29 年 3 月 31 日 凡例 1. 登録業者の分類について 市内業者 福島市内に本店を有するもの

More information

本扉~プロ

本扉~プロ 平成18年度文部科学省科学研究費補助金 研究成果公開発表 A 代表者 巽 和行 名古屋大学物質科学国際研究センター 制作 株式会社クバプロ 1020072 千代田区飯田橋31115 UEDAビル6階 TEL 0332381689 FAX 0332381837 Emai l symposi um@kuba. j p 平成 18年10月14日 土 15日 日 一橋記念講堂 千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター

More information

A3_ペラ

A3_ペラ とは メカトロニクス エレクトロニクスおよび関連する専門領域の最新技術と 製品が展示され 各領域に対応した技術シンポジウムが開催される アジ ア最大級の専門トレードショー カンファレンスです 各要素技術が一堂 に会することで 相互の技術の関連性が最大限に引き出され 幅広い分野 の開発設計 生産技術者にとって 未来をかたちづくる最新情報を得る場 課題解決のための商談の場 となっています TECHNO-FRONTIER

More information

SHIEN 第64号 C O N T E N T S 2P 国際舞台での活躍に備えて 3P あらためて 交通マナーはしっかりと 4P 国際交流と学生寮 雄志台 5P 新任教職員紹介 8P 新入生の声 9P 留学生紹介 編入学生紹介 3年生オリエンテーション 10P 平成2 4年度 高専体育大会等日程 11P 平成2 4年度 課外活動指導教員一覧表 自転車ロードレース大会で優勝 12P 北九州高専のロボットがJAXAから表彰されました

More information

矢ヶ崎リーフ1.indd

矢ヶ崎リーフ1.indd U 鉱山 0.7% U 235 U 238 U 鉱石 精錬 What is DU? U 235 核兵器 原子力発電濃縮ウラン濃縮工場 2~4% 使用済み核燃料 DU 兵器 U 235 U 236 再処理 0.2~1% 劣化ウラン (DU) 回収劣化ウランという * パーセント表示はウラン235の濃度 電子 原子 10-10 m 10-15 m What is 放射能? 放射線 陽子中性子 原子核 1

More information

ニッスイ環境報告書2005

ニッスイ環境報告書2005 1 2 3 環 境 保 全 環境マネジメントシステム 基本的な考え方 ISO14001認証取得 環境 総合物流事業部 事業部一斉認証取得の取り組み推進 ニ ッ ス イ の 事 業 活 動 に お い て は 原 材 料 ニ ッ ス イ は 各 主 管 部 署 で の 環 境 マ ネ ジ の調達や製造工程 物流過程 製品の使用 メ ン ト シ ス テ ム 構 築 を 促 進 す る た め 環 総合物流事業部では

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

約 3mの 大 津 波 が 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 を 襲 いました 東 日 本 大 震 災 による 東 京 電 力 ( 株 ) 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 により 周 辺 地 域 の 皆 さまをはじめ 広 く 国 民 の 皆 さまに 多 大 なご 迷 惑 と

約 3mの 大 津 波 が 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 を 襲 いました 東 日 本 大 震 災 による 東 京 電 力 ( 株 ) 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 により 周 辺 地 域 の 皆 さまをはじめ 広 く 国 民 の 皆 さまに 多 大 なご 迷 惑 と 植 物 油 インキを 使 用 しています 202.5 約 3mの 大 津 波 が 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 を 襲 いました 東 日 本 大 震 災 による 東 京 電 力 ( 株 ) 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 の 事 故 により 周 辺 地 域 の 皆 さまをはじめ 広 く 国 民 の 皆 さまに 多 大 なご 迷 惑 とご 心 配 をおかけしており 福 島 第 一 原

More information

スタート! RI119

スタート! RI119 59 60 放射性物質対応教材 附属資料 2-3 放射性物質の危険性 1.ⅠAEA 国際原子力機関 が示している放射線源の潜在的危険性に応じたカテゴリ分けを参考に以下に示し ます ただし 通常 強い放射線を出す線源は 密封され 遮へい容器に入っていますが 下表において は 仮に遮へい容器から線源がむき出しとなった場合の危険性を表しています カテゴリー 線源の危険性 1 人体に極端に危険 放射能 1000

More information

1 2 3 4 油 濁 対 策 関 連 事 業 国 都道府県および民間団体からの拠出金により きれいな海と海に と に 生きるひとびとの安心を守っています な海 ため か る 豊 守 青く 辺を 美し い浜 1 漁業被害救済事業 漁場が油で汚染された場合 原因者不明の事故について 漁業被害者の救済等を行います 次ページ上図をご参照ください 2 防除 清掃事業 漁場が油で汚染された場合 原因者不明の事故について

More information

Ⅰ 国際戦略構想に基づく組織整備 戦略6 受入れ及び派遣重点大学の指定とこれまでに輩出した海外研究者 教育者との連携によ る留学生 研究者の受入れ 帰国後研究者 教育者 企業人等として活躍している優秀な留学生 OB のネットワーク組織を構築し 留学生 のリクルートと就業活動に対する協力支援体制を築くとともに 重点交流大学との間の教育 研究交流を強化し 独自のジョイントプログラムの開発を行なう 戦略7

More information

1

1 1 2 OSS 3 LibertyFish 1-2.狙いとするマーケット ソフトウェア業界 20 % 仕様の標準化 仕様の標準化 オープンソース化 オープンソース化 医療 環境 観光産業 医療 環境 観光産業の のIT IT化 化 ネッ ワーク 系 ネット ト ワーク系 ゲーム系 ゲーム系 制御系 制御系 技術力が勝負 ベンチャー フロンティア領域 フロンティア領域 成長産業 成長産業 5% 5%

More information

NS-R-5 翻訳版

NS-R-5 翻訳版 日本語翻訳版 IAEA 安全基準 人と環境を防護するために 核燃料サイクル施設の安全 安全要件 No. NS-R-5 国際原子力機関 2011 年 3 月独立行政法人原子力安全基盤機構 注意 A. 非売品 B. 本図書は Safety of Nuclear Fuel Cycle Facilities, Safety Standards Series No. NS-R-5 International

More information

プログラム

プログラム 15:00 16:00 16:45 17:00 17:00 18:30 18:40 19:00 9:30 11:00 11:30 12:30 13:40 15:00 15:10 15:20 9:00 9:30 9:40 10:10 10:20 10:40 12:40 13:30 13:40 15:10 9:00 9:20 9:30 9:50 9:50 10:10 10:20 10:40 12:40

More information

30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2

30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2 .03.06 1 30 3 3 6,745 3,000 JK 34 2 2 3 110 70 LVL 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 エネルギー ①パッシブ技術と先進アクティブ技術で 80%省エネルギーを実現する住宅 提案と結果 エネマネハウス 反省点 GJ 55.0 電気使用量の増大 予想される原因と して建物のボリューム 空調負荷 45.0 20.9 給湯負荷抑制 35.0

More information

(個別のテーマ)医療機関と薬局の連携に関連した医療事故

(個別のテーマ)医療機関と薬局の連携に関連した医療事故 - 140 - - 141 - - 142 - - 143 - - 144 - - 145 - - 146 - - 147 - - 148 - - 149 - - 150 - - 151 - - 152 - - 153 - - 154 - - 155 - - 156 - - 157 - - 158 - - 159 - - 160 - 2 個別のテーマの検討状況 医療事故情報収集等事業 第 35 回報告書

More information

植草報告書(表14).ai のコピー

植草報告書(表14).ai のコピー 特色 GP 07 選定 記念講演 シンポジウム実施報告書 障害のある子ども 気になる子どもへの保育現場での支援のあり方を考える 平成 20 年 2 月 16 日 ( 土 ) 13 時 ~16 時 30 分 記念講演 小田 豊 記念シンポジウム木下勝世 赤田憲一 御園愛子 青山春美 NPO 共に豊かに生きる社会実現を願い < 地域で共に生きる> < 心の教育 > Head Health Hand Heart

More information

Contents

Contents Contents ソリューション最前線 銀行で 学校で 病院で ショッピングで 暮らしの中のさまざまなシーンを支える 日本ユニシスグループのソリューションの一例をご紹介します 次世代の学校教育を支える学習管理システム RENANDI 統合eラーニングシステム 銀行の新サービス提供を支援する 地方銀行様向け勘定系システム BankVision BankVision は 世界で初めてWindows 技術を全面採用した

More information

学報_台紙20まで

学報_台紙20まで M 平成23年度 科学研究費補助金の決定 研究推進課 平成23年度科学研究費補助金 文部科学省 独 日本学術振興会 が決定しま した 新学術領域研究及び若手研究 スタートアップ 等を除く平成23年5月6日 現在の状況は表のとおりです 来年度に向け より積極的な申請をよろしくお願いします 奈 良 県 立 医 科 大 学 学 報 12 採択件数 金額 H23年度 145件 H22年度比

More information

Œ¼‘ÌŒ¢’Ý™è-1.PDF

Œ¼‘ÌŒ¢’Ý™è-1.PDF 理事長就任のご挨拶 2 検査あれこれ 3 マンモグラフィー検査 カレス インフォメーション 4 診療に関するお知らせ ホスピスボランティア講習会のお知らせ お薬ナビゲーション 5 医薬品情報 DI について 栄養通信 6 腸の健康を助けるレシピ 医療福祉相談室 7 介護保険制度 皆様の声にお答えします 8 9月3日より リニアック CT一体型 の放射線治療機器が稼動いたしました 新しい 機器によって

More information

6 工学部学務掲示板システムの改良 システム工学技術系 石渡宏基 1 はじめに 現在 工学部のマルチメディア教育推進作業部会では学務情報掲示板の運用を行つています これは 学生に対しての学務情報や事務連絡等を電子メールによってメッセージを追加し 閲 覧端末を掲示板として利用するものです しかし このシステムは登録手続きの不便さを前々 から指摘されておりました そこでメッセ ジの課録手続きを対話f隊式にし簡略化するために

More information

スライド 1

スライド 1 G8 Global Partnership 日露非核化協力ロシア退役原潜解体協力事業 希望の星 日露非核化協力委員会技術事務局 2008 年 9 月 協力の背景 冷戦終了後 ロシアを中心とする旧ソ連諸国の核兵器や原子力潜水艦は大幅に削減 廃棄されることになりましたが ソ連邦解体に伴う社会的な混乱や経済の悪化の中で 削減されることが合意された核兵器等の廃棄 処分が進展せず 国際社会にとって深刻な懸念材料となりました

More information

untitled

untitled 新製品 新技術 トラッキングツール ベースライン検 査 フォローアップ検 査 図 3 トラッキングツールによる標 的 病 変 の自 動 検 出 例 3 ブックマークとデータ二次利用 ベースライン検査内でセグメンテーションされ さらにトラッキングツールによりフォローアップ検査内に検出さ れた標的病変の各種計測結果 測定者 測定日 シリーズ/イメージ番号 長径 短径 体積など は PACS 内データベースにブックマークとして保存される

More information

2009.N {..

2009.N {.. e-mail討論 エネルギー 資源 Vol. 30 No. 2 2009 000 地球温暖化 その科学的真実を問う 2 Global warming: What is the scientific truth? 2 赤祖父俊一 Syun-Ichi Akasofu 米国 アラスカ大学 名誉教授 伊藤公紀 Kiminori Itoh 横浜国立大学 工学研究院 教授 江守正多 Seita Emori 国立環境研究所

More information

セキュリティ プリント/ コピー スキャン フルカラーと融合した e-bridgeテクノロジー Net-Ready MFPのフレンドリーな操作性と 高度なパフォーマンスを支えるe-BRIDGEテクノロジーが FAX ネット ワーク フルカラーと融合してさらなる進化を成し遂げます 独自の新技術で もっ

セキュリティ プリント/ コピー スキャン フルカラーと融合した e-bridgeテクノロジー Net-Ready MFPのフレンドリーな操作性と 高度なパフォーマンスを支えるe-BRIDGEテクノロジーが FAX ネット ワーク フルカラーと融合してさらなる進化を成し遂げます 独自の新技術で もっ セキュリティ プリント/ コピー スキャン フルカラーと融合した e-bridgeテクノロジー Net-Ready MFPのフレンドリーな操作性と 高度なパフォーマンスを支えるe-BRIDGEテクノロジーが FAX ネット ワーク フルカラーと融合してさらなる進化を成し遂げます 独自の新技術で もっと美しいカラードキュメントと 管 理 さらなるパフォーマンスをお届けします e-bridgeテクノロジーとは

More information

技術解説_有田.indd

技術解説_有田.indd Acceleration / G 2 18 16 14 12 1 8 6 4 2 Damping : 1. Period / s XY.1.1 1. 6533 283 3333 423 155 15 (X) 26.12 Hz 15 12 (Y) 28.32 Hz (Z) 43.98 Hz GS Yuasa Technical Report 211 年 6 月 第8巻 水平方向 X_3G 1.7e+7

More information

の利用 原子力の安全な利用に関する研究を行っているところです さて 本日の本題 中性子を使ってホウ素を取り込んだ細胞を照射するというのが 本日のテーマである BNCT ホウ素中性子捕捉療法の原理でございます 中性子は 1932 年 ケンブリッジ大学のチャドウィック教授によって発見されました エックス

の利用 原子力の安全な利用に関する研究を行っているところです さて 本日の本題 中性子を使ってホウ素を取り込んだ細胞を照射するというのが 本日のテーマである BNCT ホウ素中性子捕捉療法の原理でございます 中性子は 1932 年 ケンブリッジ大学のチャドウィック教授によって発見されました エックス 地方創生くまとりアトムシンポジウム BNCT と熊取町のさらなる発展のために 講演 京都大学原子炉実験所における BNCT 研究について ( 概要 ) 平成 28 年 3 月 19 日 ( 熊取町町民会館ホール ) 京都大学原子炉実験所副所長高橋千太郎氏 皆さん こんにちは お忙しいところおいでいただき ありがとうございます 私 先日讀賣テレビに呼ばれて そこまで言って委員会 に出演しました そのキャスターの辛抱治郎さんが

More information

巻頭言 1

巻頭言 1 茨城大学人文学部 研究活動に関する外部評価報告書 2008( 平成 20) 年度 2012( 平成 24) 年度分 2014 年 3 月 巻頭言 1 2 外部評価の実施状況と外部評価委員による評価 1. 外部評価の実施状況 3 2. 外部評価委員による評価 (1) 委員 A 氏による評価 1. 評価 1 研究活動の状況について : 良好 2 研究成果の状況について : 良好 2. 理由およびコメント

More information

スライド 1

スライド 1 1 2006 2008 2 449 5,000 200 54 60.1 24 3 4 5 6 207 69 240 38 297 8 383 3 432 55 490 63 582 150 706 32 628 736 821 124 171 57 936 823 142 77 7 131 133 119 29 47 28 228 265 251 190 104 377 30 141 30 303

More information

Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D

Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D 2013.8 Kobe Biomedical Innovation Cluster Kobe Biomedical Innovation Cluster PORT R ISLAND A D Institute of Biomedical Research and Innovation : IBRI Kobe Healthcare Industry Development Center : HI-DEC

More information

™…{,

™…{, 57 th Annual Meeting of The Japanese Society of Child Health The 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Child Health 3 4 The 57th Annual Meeting of the Japanese Society of Child Health 5 6 The

More information

LIBRA7月号

LIBRA7月号 表が 2 年に 1 度集まり 各弁護士会が取り組んでいる 問題などについて忌憚のない意見交換をしています いつも市民に向き合っている都市弁護士会との付き合 いは 国別の弁護士会にはない雰囲気があります 世 界大都市弁護士会会議への参加については ①各都市 の弁護士会および弁護士から有益な情報を得られるこ と ②会議が大規模でないことから親密な交流ができ ることなどの長所があります 今後 2010 年の大会の

More information

学校保健301号

学校保健301号 JAPANESE SOCIETY OF SCHOOL HEALTH http://www.brewers.or.jp/ 学 校 保 健 16 平成25年7月 第301号 コンタクトレンズは高度管理医療機器です 必ず事前に眼科医にご相談のうえ 検査 処方を受けてお求めください ご使用前に必ず添付文書をよく読み 取扱い方法を守り 正しく使用してください 承認番号 21800BZY10252000

More information

sasshi.pptx

sasshi.pptx - 共催 PBL Summit実行委員会 特定非営利活動法人 CeFIL 筑波大学大学院システム情報工学研究科コンピュータサイエンス専攻 - 後援 株式会社 Fusic 株式会社 ジャパンテクニカルソフトウェア 株式会社 IDCフロンティア 株式会社 ジースタイラス 株式会社 オプト Code for Japan 日本ソフトウェア科学会 実践的IT教育研究会 repit 情報処理学会 ドキュメントコミュニケーション研究会

More information

Nov 11

Nov 11 http://www.joho-kochi.or.jp 11 2015 Nov 01 12 13 14 16 17 2015 Nov 11 1 2 3 4 5 P R O F I L E 6 7 P R O F I L E 8 9 P R O F I L E 10 11 P R O F I L E 12 技術相談 センター保有機器の使用の紹介 当センターで開放している各種分析機器や計測機器 加工機器を企業の技術者ご自身でご利用できます

More information

lssn1346 5899 近中四農研ニ 独立行政法人農業技術研究機構近畿中国四国農業研究センター 遊休農地の放牧風景 主な記事 巻頭言 中山間地域における肉用牛研究の課題 畜産草地部長 研究の紹介 総合研究第1チーム 総合研究第3チーム 虫害研究室 果樹研究室 随想 四国農業技術の最前線 平成13年度四国地域農林水産業研究成果発表会報告 平成13年度運営委員会報告 平成13年度近畿中国四国農業試験研究推進会議本会議報告

More information

Microsoft Word - 概要報告書rev1.doc

Microsoft Word - 概要報告書rev1.doc 一 般 社 団 法 人 日 本 原 子 力 産 業 協 会 政 策 コミュニケーション 部 2013 年 11 月 第 32 回 日 韓 原 子 力 産 業 セミナー 概 要 報 告 10 月 28 日 ( 月 ) 日 韓 合 同 レセプション 於 如 水 会 館 2 階 オリオンルーム セミナーの 前 日 日 韓 合 同 レセプションを 開 催 した 出 席 者 数 は 約 50 名 10 月 29

More information

東 京 都 小 金 井 市

東 京 都 小 金 井 市 国立研究開発法人 長波帯標準電波施設 おおたかどや山標準電波送信所 正確な日本標準時を送信します 電波時計の時刻合わせ 放送 電話の時報サービス時刻基準 高精度な周波数基準を供給します 計測器の周波数基準 無線機器の周波数合わせ はがね山標準電波送信所 国立研究開発法人 情報通信研究機構 電磁波計測研究所 時空標準研究室日本標準時グループ 東 京 都 小 金 井 市 標準電波 施設の紹介 器室で運用される高性能なセシウム原子時

More information

< F2D8B638E E7C816991E F1292E6A7464>

< F2D8B638E E7C816991E F1292E6A7464> 設備健全性 耐震安全性に関する小委員会 ( 第 3 回 ) 議事要旨 1 日時 : 平成 20 年 5 月 12 日 ( 月 ) 13 時 30 分 ~16 時 10 分 2 場所 : 新潟自治労会館 6 階 601,602 会議室 3 出席委員 : 岡崎委員 北村委員 黒田委員 小岩委員 鈴木委員 橋爪委員 4 議題 1) 原子力発電所の耐震設計について 小山田修氏 ( 日本原子力研究開発機構東海研究開発センター原子力科学研究所長

More information