北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨"

Transcription

1 2030 までの世界の原子燃料需給展望 - 天然ウラン及びウラン濃縮役務の需要変動要因とその影響に関する分析 tu tu 2 0.3% 0.2% 0.3% 0.2% 20% SWU 3 24% ( ) The Global Nuclear Fuel Market Supply and Demand (World Nuclear Association 2005 ) tu Uranium 2005: Resources, Production and Demand OECD/NEA IAEA tu tu 2 0.7% 235 4% Separating Work Unit SWU kgswu tswu /13

2 % 235 1tU 1.4tU ,353 kwh ,148 KWh 37% kwh 54% 7 単位 : 億 kwh 発電電力量 45,000 35,000 30,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5, 原子力進展シナリオ レファレンスシナリオ / CANDU GCR 1: /13

3 45GWd/t 34.5% 4.0% 0.5% 1% 0.3% 1 kwh U3O8 2.5tU 1.4tSWU 0.10% 1.7tU 2.4tSWU tu 2 OECD/NEA IAEA Uranium tu tu tu tu tu 50% IAEA tswu Georges Besse II 7,500tSWU/ 2007 National Enrichment Facility 3,000 SWU/ tswu tswu 0.1% 0.3% % 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% 供給 ウラン供給 ( 既存 + 確定 計画中 ) ウラン供給 ( 既存 +( 確定 計画中 ) 50%) % 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% 供給 濃縮役務供給 ( 既存工場 + 建設中 計画中工場 ) 30, ( ) 0.10% 0.30% 3/13

4 % 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% ウラン供給 ( 既存 + 確定 計画中 ) ウラン供給 ( 既存 +( 確定 計画中 ) 50%) ,000 ( ) 0.10% 0.30% % 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% 濃縮役務供給 ( 既存工場 + 建設中 計画中工場 ) % % % % 0.25% % % 0.3% % % 4/13

5 % % 要 (tu) 天然ウラン需 濃縮役務供給上限 0.10% 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% テイル濃度 2010 天然ウラン 濃縮役務需要 ( 1-5 濃縮役務 天然ウラン 天然ウラン供給上限 天然ウラン供給上限 濃縮役務 2010 濃縮役務 供給上限 0.10% 0.15% 0.20% 0.25% 0.30% テイル濃度 tswu) 95$/lbU3O /kwh 100$/SWU 0.17 /kwh 5/13

6 $113/lb $138/SWU 0.15% $/lbu3o $ $ $ $ /4/16 $113/lb $150/lb $70/lb $ 月 月 月 月 月 月 月 月 月 月 $10/lb $15/lb $20/lb $40/lb $70/lb $113/lb $130/kgU $50/lbU3O8 $/SWU Ux Consulting Company,LLC $ $ $ $ $ 月 月 2007/4/16 $138/SWU 月 月 月 月 $150/SWU 月 $150/lb$70/lb $80 $100/SWU $108/SWU $110/SWU $114/SWU $120/SWU $130/SWU $138/SWU USEC 0.25% 0.30% $100/SWU 月 Ux Consulting Company,LLC $150/SWU$100/SWU 6/13

7 $113/lb $138/SWU $70/lb $150/SWU $150/lb $100/SWU 1 kwh % 0.20% 0.10% 0.10% 0.20% kwh 天然ウラン価格 ($/lb) 濃縮役務価格 ($/SWU) % $919,976 $662,288 $1,102, % $870,990 $641,681 $1,024,492 テイル濃度 0.20% $841,510 $635,876 $969, % $831,536 $646,686 $934, % $847,030 $681,448 $922, kwh 0.15% 必要経費 ($) $1,200,000 $1, $1,000,000 $900,000 $800,000 $700,000 $600,000 ケース 3 ケース 1 ケース % 0.25% 0.20% 0.15% 0.10% テイルウラン濃度 <U3O8=113$,SWU=138$> <U3O8=70$,SWU=150$> <U3O8=150$,SWU=100$> $113/lb $138/SWU 0.15% 7/13

8 $113/lb $138/SWU 0.15% ウラン供給 ( 既存 + 確定 計画中 ) 原子力進展 ウラン供給 ( 既存 +( 確定 計画中 ) 50%) レファレンス 原子力進展 濃縮役務供給 ( 既存工場 + 建設中 計画中工場 ) レファレンス $70/lb $150/SWU 0.20% $70/lb $150/SWU 0.20% ウラン供給 ( 既存 + 確定 計画中 ) 原子力進展 ウラン供給 ( 既存 +( 確定 計画中 ) 50%) レファレンス 原子力進展 濃縮役務供給 ( 既存工場 + 建設中 計画中工場 ) レファレンス /13

9 $150/lb $100/SWU 0.10% $150/lb $100/SWU 0.10% ウラン供給 ( 既存鉱山 + 確定 計画中鉱山 ) 原子力進展 レファレンス ウラン供給 ( 既存 +( 確定 計画中 ) 50%) 原子力進展 レファレンス 濃縮役務供給 ( 既存工場 + 建設中 計画中工場 ) % 3 3 1% ,800tHM/ thm 10 B205 THORPUP2-800 UP-3 9/13

10 800tHM/ RT-2 800tHM/ ,400tHM/ 75% 4,800tU 11 4,800tU/ % 10% $400/kgHM $3,000/kgHM $750/kgHM $7/tHM 1 kwh サイクルコスト ($) $1,000,000 $800,000 $600,000 $922,272 $926,438 $925,311 $831,536 $843,516 $849,858 $635,876 $659,331 0% 5% 10% 回収ウラン利用率 $676,970 ケース 3($150/lb $100/SWU 0.10%) ケース 1($113/lb $138/SWU 0.15%) ケース 2($70/lb $150/SWU 0.20%) 10% 5% % % 0.20% % % 235 1% 0.20% tu 5% 7.8 tu 10% 7.4 tu 7.2 tswu 6.9 tswu RT-1 Integrated Nuclear Fuel Cycle Information Systems, IAEA 500tHM/ 11 1tHM 0.99tU 1% 10/13

11 レファレンスシナリオ ウラン供給上限 ケース 1(113, %) ケース 2(70,150,0.20%) ケース 3(150,100,0.10%) ウラン供給上限 50% 0% 5% 10% 回収ウラン利用率 原子力進展シナリオ ケース 1(113,138,0.15%) ケース 2(70,150,0.20%) ケース 3(150,100,0.10%) ウラン供給上限 ウラン供給上限 50% 0% 5% 10% 回収ウラン利用率 レファレンスシナリオ ケース 1(113, %) ケース 2(70,150,0.20%) ケース 3(150,100,0.10%) 濃縮役務供給上限 0% 5% 10% 回収ウラン利用率 原子力進展シナリオ 濃縮役務供給上限 ケース 1(113, %) ケース 2(70,150,0.20%) ケース 3(150,100,0.10%) 0% 5% 10% 回収ウラン利用率 0.20% 4,700tU 30% 回収ウラン需要 (tu) 7,000 6,000 5,000 4,000 3, % 10% レファレンスシナリオ 原子力進展シナリオ 再処理施設設備容量 回収ウラン供給量上限 ( 平均設備利用率 :75%) 4 11/13

12 4-1 Uranium tu/ 0.3% 0.2% 18% 0.1% 29% % 0.3% 24% 0.1% 70% % 10 IAEA DOE GNEP IAEA 3 OECD 12 1,050tSWU/ ,500tSWU 13 IAEA 2004 GNEP 12/13

13 4-3 75% 10% 10% 4% 6 DOE GNEP DOE GNEP Areva 2 BWX /13

北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨

北東アジア石油市場自由化の進展とその影響に関する調査¨ 2 23 21 * * 23 23 25 3 8,5 kw 23 5 kw 5 7, kw 25 8,2 kw 23 1 9, kw2 2, kw 25 7 kw 23 5, kw5,3 kw 3 kw 3,2 kw4, kw 23 1 1,4 kw1 8,3 kw 1 9 kw1 3,6 kw 23 24 6.7 tu( 23 8.7 tu1. tu 24 4 tu 23 6.5 tu8.7tu

More information

Information Architecture Field Information Architecture Field Information Architecture Field Information Architecture Field Information Architecture Field Information Architecture Field Information Architecture

More information

06.表紙.indd

06.表紙.indd ISSN 0919-4908 Summer 2012 No.77 A America B Britain C China D Dutch http://www.npu.go.jp/policy/policy /archive.html Plutonium No.77 Summer 2012 1 Opinion 2 Plutonium No.77 Summer 2012,,, kw km 3 Plutonium

More information

1 9 10 10 21 25 28 38 38 41 45 48 56 57 77 77 77 78 96 97 98 102 105 114 116 117 117 118 118 118 121 122 124 1 2 3 5 11 18 kwh 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 1955 1960 1965 1970 1975 1980 1985

More information

2007.3„”76“ƒ

2007.3„”76“ƒ 76 19 27 19 27 76 76 19 27 19 27 76 76 19 27 19 27 76 76 19 27 19 27 76 1,27, 2, 88, 8,658 27, 2,5 11,271,158 1,712,876 21,984,34 1,, 6, 7, 2, 1,78, 1,712,876 21,492,876 27, 4, 18, 11,342 27, 2,5 491,158

More information

1631 70

1631 70 70 1631 1631 70 70 1631 1631 70 70 1631 1631 70 70 1631 1631 70 70 1631 1631 70 70 1631 9,873,500 9,200,000 673,500 2,099,640 2,116,000 16,360 45,370 200,000 154,630 1,000,000 1,000,000 0 648,851 730,000

More information

72 1731 1731 72 72 1731 1731 72 72 1731 1731 72 72 1731 1731 72 72 1731 1731 72 12,47,395 4, 735,5 1,744 4,5 97, 12,962,139 6,591,987 19,554,126 9,2, 4, 7, 2, 9,96, 6,591,987 16,551,987 2,847,395 35,5

More information

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 ( ) 24 25 26 27 28 29 30 ( ) ( ) ( ) 31 32 ( ) ( ) 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 ) i ii i ii 45 46 47 2 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58

More information

untitled

untitled i ii (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3) (2) (3) (1) (2) (3) (1) (1) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (1) (2) (1) (3) (1) (1) (2) (1) (3)

More information

23 15961615 1659 1657 14 1701 1711 1715 11 15 22 15 35 18 22 35 23 17 17 106 1.25 21 27 12 17 420,845 23 32 58.7 32 17 11.4 71.3 17.3 32 13.3 66.4 20.3 17 10,657 k 23 20 12 17 23 17 490,708 420,845 23

More information

05..\2.3

05..\2.3 ISSN 0919-4908 Winter 2003 No.40 #8 1 Plutonium No.40 Winter 2003 EU MOX 2 Plutonium No.40 Winter 2003 UNMOVICIAEA 3 Plutonium No.40 Winter 2003 a sunmoviciaea dunmoviciaea f UNMOVICIAEA 4 Plutonium No.40

More information

06.表紙.indd

06.表紙.indd ISSN 0919-4908 Autumn 2008 No.63 1 Plutonium No.63 Autumn 2008,, (NPT) NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT IAEA NPT NPT NPT NPT NPT NPT NPT (IAEA) IAEA IAEANPT (NSG) NSG NSG NGS NPTIAEA NPT NSG

More information

第29回日中石炭関係総合会議

第29回日中石炭関係総合会議 1 2 3 4 5 6 闞 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 闞 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

More information

06.表紙.indd

06.表紙.indd ISSN 0919-4908 Winter 2010 No.68 1 Plutonium No.68 Winter 2010 ICNND ICNND, ICNND Opinion,kW % %CO,. kw,kw,kw,,, 2 Plutonium No.68 Winter 2010 3 Plutonium No.68 Winter 2010, NIIGATA-KEN 4 Plutonium No.68

More information

10.........\..

10.........\.. ISSN 0919-4908 Summer 1999 No.26 @4 1 Plutonium No.26 Summer 1999 2 Plutonium No.26 Summer 1999 Aix en Provence Trilateral Commission,, START START 3 Plutonium No.26 Summer 1999 STARTIII,, Cooperative

More information

2 2.1 2 2.1.1 2.1.1 4060 4060 *1 3550 3550 3550 *2 4060 4060 1520 7095 6090 4060 4060 4060 4080 3070 3001500 200400 40200 - - 5002000 15003500 60200 *1 *2 6 2.1.1 1 2 3 2.1.2 1 7 2 3 4 180 5 2 6 3,000K

More information

2011 11 21 12 10 11 12 13 15 17 10 19 11 20 12 21 13 22 14 23 15 24 16 25 17 26 18 27 19 28 20 29 21 30 22 31 12-1 - 1.2 3 11 3 11 2 1.5 180 230-2 - EPZ 810 IAEA 830 2000 12-3 - 1971 35 20081997 19991,000

More information

仏大 社会学部論集48号(P)/1.張

仏大 社会学部論集48号(P)/1.張 48 2009 3 2 1970 1992 2.1 1993 1.8 1954 1970 1950 1967 2.1 2002 0.77 1980 1990 1 1949 1 48 2009 3 557 581 15 13 960 1279 1644 1911 16 14 1 1912 1949 18 16 15 1929 1931 12,456 14 5.4 15 19 66.8 2 1950 20

More information

再生可能エネルギー発電と二次電池を導入した地域電力システムのシミュレーションによる設計

再生可能エネルギー発電と二次電池を導入した地域電力システムのシミュレーションによる設計 Copyright 2005-2010 Miyata / Akimoto / Tanaka Lab. All rights reserved. 二次電池による社会システムイノベーション第 10 回分科会 2012/2/23 リアルタイムの地域電力経営法と充放電アルゴリズムの選択 東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 宮田秀明研究室 M2 今西佑希 M1 柴田一樹 目次 1. 本研究の趣旨

More information

橡jisq1500.PDF

橡jisq1500.PDF JIS Q 15001 JIS Q 15001 105-0011 - - 03-3432-9387 Fax 03-3432-9417 E-mail info-privacy@jipdec.or.jp JIS Q 15001 107-8440 - - 03-3583-8002 Fax 03-3583-0462 JIS Q 15001 : 1999 Requirements for compliance

More information

06.表紙.indd

06.表紙.indd ISSN 0919-4908 Autumn 2013 No.80 1 Plutonium No.80 Autumn 2013 NPT NPT Arniston NPT NPT,, URL: http://www.office-morimoto.net Facebook URL: http://www.facebook.com/satoshi.morimoto.official 2 Plutonium

More information

1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2

1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2 28 1999 2002 12 GDP 2.7 GDP 4 4.5 5 10 5 2001-2005 10 5 2001 2010 GDP 10 7% 2005 GDP 12 5000 GDP 9400 10 5 2010 GDP 2 2001 3 5 10 5 1 29 + + + + + 15 1625 8 3933 6 2304 15 7862 6.7 15 + + + 2003 16 1 2

More information

16 16 16 1 16 2 16 3 24 4 24 5 25 6 33 7 33 33 1 33 2 34 3 34 34 34 34 34 34 4 34-1 - 5 34 34 34 1 34 34 35 36 36 2 38 38 41 46 47 48 1 48 48 48-2 - 49 50 51 2 52 52 53 53 1 54 2 54 54 54 56 57 57 58 59

More information

4 ( 31 8 ( (20 (11 2-131 2-131 * 2-231 ( * 2

4 ( 31 8 ( (20 (11 2-131 2-131 * 2-231 ( * 2 4 31 2030 * ** *** **** ***** 1 1970 10% GDP 2003 9.3 2004 101 2005 9.9%3 9 2006 9 2004 2008 2010 2004 80 B/D 2006 40 B/D( 180 B/D GDP GDP 2 GDPGDP 8 (0.44toe/ (1.8toe/ 2 31 31 2030 2 2-1 31 2030 * ( **

More information

名称未設定アート 2

名称未設定アート 2 EPOCHMAKER 2007.3 N0.31 p2-3 p4-6 p7 p8 3 3 3# 3! 3" 2 EPOCHMAKER NO.31 3 3 3! 3" 3# EPOCHMAKER NO.31 3 4 EPOCHMAKER NO.31 EPOCHMAKER NO.31 5 6 EPOCHMAKER NO.31 I II EPOCHMAKER NO.31 7 information 8 EPOCHMAKER

More information

1) 第 2 表 原 子 力 長 期 計 画 における 再 処 理 事 業 に 関 する 記 述 回 年 内 容 第 1 回 1956 年 極 力 国 内 技 術 によることとし, 原 子 燃 料 公 社 をして 集 中 的 に 実 施 せしめる 初 期 には 日 本 原 子 力 研 究 所 が 研

1) 第 2 表 原 子 力 長 期 計 画 における 再 処 理 事 業 に 関 する 記 述 回 年 内 容 第 1 回 1956 年 極 力 国 内 技 術 によることとし, 原 子 燃 料 公 社 をして 集 中 的 に 実 施 せしめる 初 期 には 日 本 原 子 力 研 究 所 が 研 6-3 わが 国 の 再 処 理 (その1) 1. はじめに わが 国 は 原 子 力 の 平 和 利 用 に 取 り 組 み 始 めた 当 初 よ り 再 処 理 を 国 内 で 行 う 方 針 のもとで 技 術 の 開 発 と 事 業 としての 実 施 を 進 めてきた 再 処 理 に 係 わる 主 要 な 施 設 には 以 下 がある 1 日 本 原 子 力 研 究 所 { 現 日 本 原 子

More information

Microsoft Word - kaiyuu-jono-別冊論評集.doc

Microsoft Word - kaiyuu-jono-別冊論評集.doc 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 30m M7.5 30 99% M7.7 30 80 90% M7.4 30 7% M7.0 30 90% 1 2 3 11 2001 No.16869 9m - 3000 3 3 11 24 2011/5/25 TV / TV 1 2 4 25 26 27 2 IAEA ( )

More information

総説.indd

総説.indd (km) (kn) 25 20 15 10 5 400 10 0 0 0 20 40 60 80 100 (km/h) 370 7.4 km 1,250 1,000 750 500 250 (sec) 70% 1500 V600 V P 600 V 300600 kw 1500 V 600 V 1500 V LRV30 ton40 km/h 12 km 24 6 13.2 MJ 3.75 MJ30

More information

HPB16_表1-表4.ai

HPB16_表1-表4.ai 03-5324-762406-6886-9300 03-5324-760806-6886-8218 03-5324-760606-6886-5035 http://just-hpb.jp/ Contents 4988637153787 4988637153794 4988637153930 4988637153947 41 4988637153800 4988637153848 4988637153954

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

1 (1) (2)

1 (1) (2) 1 2 (1) (2) (3) 3-78 - 1 (1) (2) - 79 - i) ii) iii) (3) (4) (5) (6) - 80 - (7) (8) (9) (10) 2 (1) (2) (3) (4) i) - 81 - ii) (a) (b) 3 (1) (2) - 82 - - 83 - - 84 - - 85 - - 86 - (1) (2) (3) (4) (5) (6)

More information

矢ヶ崎リーフ1.indd

矢ヶ崎リーフ1.indd U 鉱山 0.7% U 235 U 238 U 鉱石 精錬 What is DU? U 235 核兵器 原子力発電濃縮ウラン濃縮工場 2~4% 使用済み核燃料 DU 兵器 U 235 U 236 再処理 0.2~1% 劣化ウラン (DU) 回収劣化ウランという * パーセント表示はウラン235の濃度 電子 原子 10-10 m 10-15 m What is 放射能? 放射線 陽子中性子 原子核 1

More information

北海道電力 東北電力 東京電力 中部電力 北陸電力 関西電力 中国電力 四国電力 九州電力 沖縄電力 フランス カナダ イタリア 日本 イギリス ドイツ アメリカ 中国 インド 0.0 0.2 0.4 0.6 0.8 1.0 CO2 排出係数 (kg-co2/kwh) 原子力による発電が多い 水力による発電が多い 石炭火力による発電が多い CO2 排出量 ( ガソリン軽自動車 =100 としたとき

More information

- 2 -

- 2 - - 2 - - 3 - (1) (2) (3) (1) - 4 - ~ - 5 - (2) - 6 - (1) (1) - 7 - - 8 - (i) (ii) (iii) (ii) (iii) (ii) 10 - 9 - (3) - 10 - (3) - 11 - - 12 - (1) - 13 - - 14 - (2) - 15 - - 16 - (3) - 17 - - 18 - (4) -

More information

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1

2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4 4 4 2 5 5 2 4 4 4 0 3 3 0 9 10 10 9 1 1 1 1979 6 24 3 4 4 4 4 3 4 4 2 3 4 4 6 0 0 6 2 4 4 4 3 0 0 3 3 3 4 3 2 4 3? 4 3 4 3 4 4 4 4 3 3 4 4 4 4 2 1 1 2 15 4 4 15 0 1 2 1980 8 4 4 4 4 4 3 4 2 4 4 2 4 6 0 0 6 4 2 4 1 2 2 1 4 4 4 2 3 3 3 4 3 4 4

More information

広報さがみはら第1242号

広報さがみはら第1242号 LINE UP 3 1 5 6 1 NO.1242 S A G A M I H A R A 1 1 1 16 16 1 6 1 6 1 6 1 1 1 1 1 11 1 1 1 1 1 1 6 1 6 1 1 1 1 1 1 1 1 11 1 1 16 1 1 1 6 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 6 1 16 1 16 1 6 1 1 1 1 1 1

More information