取組状況シート(表紙、裏表紙なし)

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "取組状況シート(表紙、裏表紙なし)"

Transcription

1 中山間地域新産業 雇用創出事業ケースブック 宮崎県 商工政策課

2 はじめに 本県は 口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの発生 新燃岳の噴火により大きな影響を受け さらには 平成 23 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災に起因する全国的な経済活動の停滞による影響も重なり 現在もなお 厳しい経済 雇用情勢に置かれています 特に 中山間地域においては 産業基盤が脆弱な上 公共投資の縮減等もあり 一層厳しい雇用情勢が続いています また 急速な少子高齢化やそれに伴う地域コミュニティの弱体化等への対応も必要とされています このような状況の中 中山間地域において地域を活性化する産業を創出し 雇用の受け皿を早急に確保する必要があるとの認識のもと 中山間地域新産業 雇用創出事業 を実施することに至りました この 中山間地域新産業 雇用創出事業 は 経済団体等から 地域資源を活用した新産業及び雇用を創出する事業 の募集を行い 県が採択した事業を提案団体へ委託して実施したものです 平成 22 年度から平成 23 年度にかけて行われた当事業は 延べ 79 事業の採択を行い 県内各地域での様々な取組を推進してきました 県内各地域において 各々の意思で事業を創出することにより 緊急的に新産業及び雇用の創出が図られるだけではなく 当該事業の終了後 ( 平成 24 年度以降 ) も多くの事業が継続して実施されています 県としては 県内各地域におけるこのような取組の拡大に向けて これまでに実施された取組やその課題等を取りまとめ 中山間地域新産業 雇用創出事業ケースブック として公表することといたしました 本事例集が 県内各地域における取組の参考となるとともに 関係者間の情報の共有 連携につながることを願っています 平成 24 年 12 月宮崎県商工政策課 中山間地域新産業 雇用創出事業について 事業実施方法 経済団体等から以下 1~2 の事業の募集を行い 県が採択した事業を提案団体へ委託して実施 1 中山間地域において 地域資源を活用した新産業及び雇用を創出する事業 2 中山間地域の資源を主として活用し 中山間地域も含めた広域的な地域で新産業及び雇用を創出する事業 事業の要件 ( ア ) 中山間地域の地域資源を活用し 地域経済の活性化と中山間地域の雇用創出に効果があること ( イ ) 既に実施している事業の財源振替は不可で 新たに事業展開又は拡大を行う事業であること ( ウ ) 委託事業に係る事業費のうち 新規雇用する失業者にかかる人件費の割合が 2 分 1 以上であること ( エ ) 建設 土木事業でないこと 財源 緊急雇用創出事業臨時特例基金 - 1 -

3 目次 はじめに中山間地域新産業 雇用創出事業について 01 CASE 01 高千穂の湧水と米を使用したどぶろくの製造 販売 05 ( どぶろくビジネス推進事業 / 高千穂ムラたび活性化協議会 ) 02 細島港を活用した県北農林産品を中心にした東アジアへの販路拡大 06 ( 宮崎農林産品アジア販路拡大事業 / 宮崎農林産品アジア販路拡大協議会 ) 03 高千穂の農産物を利用した 生きる農業 実践事業 07 ( 高千穂産の農産物を利用した加工品開発と販売促進による 生きる農業 実践事業 / 高千穂食文化継承協議会 04 森林境界の確定 基準点の設置 管理台帳 林家カードの作成 ( 森林経営パートナーシップ構築事業 / 宮崎中央森林組合 ) 都城産の牛 豚 鶏肉等を活用した統一ブランド料理 ご当地グルメ の開発 PR ( 都城ご当地グルメ推進事業 / 都城ご当地グルメ推進協議会 ) 06 青島 内海地区でのトゥクトゥクを利用した回遊ルート マップの開発 PR ( 青島地域活性化支援事業 / 宮崎商工会議所 ) 07 延岡市の観光イベント えんぱく の拡大 まちあるき 食べ歩き 体験メニューの開発 ( 地域資源活用ご当地ツーリズム推進事業 / 延岡商工会議所 ) 既存の資源を活用した地域ブランド商品の改良 販路開拓 ( 延岡地域ブランド推進事業 / 延岡商工会議所 ) 林地残材等を活用したガーデニング資材等の新商品開発及び販売強化 ( 森林資源を活用した環境配慮型商品開発事業 / 宮崎中央森林組合 ) 既存の資源を活用した地域ブランド商品の改良 販路開拓 14 ( 西臼杵管内建設業による農商工連携強化事業 / 高千穂地区建設業協会 ) 11 旅行商品のインターネット等を活用した販路拡大 廃校活用の新たな体験メニューの開発 ( ムラたび総合商社事業 / 高千穂町観光協会 ) 開発した商品の改良と新商品開発 ( 猪肉入り油みそ等 ) 及び販路開拓 ( 鹿肉と地元産素材を使った加工食品開発事業 / すき商工会 ) 地域の農産物を活用したレストランの運営 新商品開発及び販路開拓 17 ( 特産品活用によるアグリレストラン運営事業 / えびのナチュラルライフ推進協議会 ) - 2 -

4 目次 CASE 14 栗極ショコラ 黒酢 栗あんまんの量産化及び販路開拓 18 ( すき特産品および新ブランド確立事業 / すき新ブランド推進協議会 ) 15 米粉を原料としたケーキ クッキー等の開発商品の販路拡大 改良 周知事業 19 ( 宮崎米粉加工食品開発事業 / 宮崎中央農協 宮崎米粉加工食品開発協議会 ) 16 企画 開発した体験型学習プログラム等の販売及び農家民泊のPR 20 ( 体験型学習プログラムの開発と農家民泊の推進事業 / 五ヶ瀬山学校推進協議会 ) 17 各 JR 駅の店舗の集約化及び特産品の販売 移動販売や宅配サービスの実施 ( 駅サイティング市 元気みやざき推進事業 / がんばろう宮崎! 駅サイティング市協議会 ) 中心市街地にアンテナショップ開設 ネットショップの拡大等による地場産品販売 22 ( 西都市の地域資源を生かし口蹄疫被害から復興するための事業 / 西都商工会議所 ) 19 金ふぐを主とした商品開発および販路開拓 23 ( 地域資源を活用した都農町活性化事業 / 都農地域産業活性化協議会 ) 20 観光案内所の設置 観光ガイドの育成及びモニターツアーの実施 ( 御崎馬の活用による都井岬観光振興事業 / 串間市観光協会 ) 地こんにゃくを活用したこんにゃく麺の開発 竹粉 竹酢を活用した商品開発 販路開拓 ( 蒟蒻の商品開発 竹材加工品による地産地消と販路開拓事業 / 木城町商工会 ) 県水産物 水産加工品の消費拡大を図るための新商品開発 PR 販路開拓 26 (IT 活用型 宮崎のさかな 若年層アピール事業 / 宮崎のさかな新商品開発協議会 ) 23 県産スギ材を高耐久性処理した商品の土木工事等への利用促進 27 ( 県産スギ材を活用した高耐久性処理木材の土木工事等への利用開発 販売事業 / 宮崎県森林組合連合会 ) 24 口蹄疫 鳥インフル用防疫マットの改良 新商品開発 販路拡大 ( 口蹄疫 鳥インフル用防疫資材新製品開発事業 / 口蹄疫 鳥インフル用防疫資材新製品開発協議会 ) 県内 3 村の特産品 観光商品の開発 情報発信 販路拡大 29 ( みやざき むら 三昧事業 / みやざき むら 三昧協議会 ) 26 商談会 マッチングイベントの首都圏開催によるみやざき地頭鶏の認知 販路拡大 30 ( みやざき地頭鶏ブランドパワーアップ事業 / みやざき地頭鶏ブランド推進協議会 ) 27 地鶏 へべすを活用した商品開発及び販路開拓 31 ( 日向鶏の有効活用と新商品開発並びに販路拡大推進事業 / 日向鶏活性化推進協議会 ) - 3 -

5 各事例ページの見方 事業名 2 事業実施地域 3 事業分野 農林水産分野 環境 エネルギー分野 観光分野 地域社会雇用分野 ( 社会的課題解決分野 ) 4 事業の きっかけ 目的 取組の概要 今後の展望 課題 - 4 -

6 01 どぶろくビジネス推進事業観光と連携してムラに生業を創出する事業 観光分野地域社会雇用分野農林水産分野 高千穂町 支援 連携主体 高千穂ムラたび活性化協議会 秋元 ムラの生業研究会 高千穂町観光協会 宮崎県食品開発センター 高千穂酒造株式会社 宮崎県産業支援財団 西臼杵農業改良普及センター 地域の優位性を活かした付加価値創造の取組 田舎の形を変えないといけない このままでは集落が途絶えてしまうという危機感があった ことから ムラに 生業 を創出する様々な取組を開始 地域の優位性を生かして付加価値の創造ができる取組は何かと考え いちご ( みやざきなつはるか ) やラナンキュラスの栽培 どぶろくの製造 販売等をはじめた 観光やツーリズムの人気が高く 年間 150 万人の旅行者が訪れる高千穂地域において 過疎集落の観光資源に着目し アグリビジネスとツーリズムの振興を軸にビジネスを創出することを目的とした ムラの生業とマチの暮らしをつなぐ様々な取組を実施 ムラの生業とマチの暮らしをつなぐ農業再生荒廃農地の再生活用を図り 地域風土に適応した作物栽培や直売所ニーズに対応した多品目の農産物生産体制を整備 エコミュージアムの開設 運営集落の神社や夜神楽 生活文化や伝承文化等の文化遺産 及び巨樹 巨石等の自然遺産を学術的研究 整理 保存するとともに 空き家や石蔵を活用し展示 農村民宿のサービス 食事の充実 どぶろくの製造 販売 ムラの外の意見を取り入れ ムラの外との価値観を融合ムラの外の意見を取り入れ ムラの素晴らしさと外の価値観とを融合させていく必要があると認識 また どぶろくに関して 商品の良さを理解していただける販路を開拓していくことや商品の流通等に関し効率化を図っていく必要がある 取組みの概要 ( イメージ図 写真 ) 秋元神社の湧水と高千穂産酒米等を使ったどぶろく ( 商品名 : 千穂まいり ) - 5 -

7 02 宮崎農林産品アジア販路拡大事業 県北地域 支援 連携主体 宮崎農林産品アジア販路拡大協議会 日向商工会議所 日向市 八興運輸 ( 株 ) ( 株 ) 地域活性化プロジェクト 宮崎県物産貿易振興センター 海を使った宮崎独自の販売ルートにより 宮崎農林産品の消費拡大を目指す宮崎の強い農産業を作り上げるため 東南アジアに宮崎独自の販売ルートを確立する必要があると認識 そのため 細島港を活用し 県北農林産品を中心に宮崎 - アジア ( シンガポール 香港 台湾 ) のコンテナ便を利用し 海を使った宮崎独自の販売ルートを確立することにより 宮崎農林産品の消費拡大と地場企業の活性化を図ることを目的とした 海外でのマーケッティングの拡大を図り 地場企業及び農林産業の活性化につなげる取組 シンガポール 香港 台湾における催事等での販促キャンペーン県北農林産品をメインに県内の特色ある農林産品 加工品も含めてアジア市場に輸出することを念頭に置き 量販店での販促キャンペーン ( 高島屋シンガポール 台湾 台北そごう ) を行いながら宮崎ブランドの認知と販売促進につなげていった 国内での商談会への参加 海外展開支援機関との意見交換 検討会アジア市場に詳しいバイヤーなどとの交渉を積極的に行いながら販路拡大に努めた ネットを活用しての販売等を継続実施八興運輸 ( 株 ) を母体に 新たに ( 株 ) 八興商事を設立 委託事業終了後の事業を引き継ぎ ネットを活用しての販売や現地 ( シンガポール ) での 100 円ショップの展開を行っている インターネット販売 宮崎農林産品アジア販路拡大協議会 海外向けインターネットショッヒ ンクザイト ( 英語 中国語 ) 商品提示 発送 商品梱包 海外へ発送 注文 県内企業等 外国消費者 - 6 -

8 03 高千穂の農産物を利用した加工品の開発と販売促進による 生きる農業 実践事業 高千穂町 高千穂食文化継承協議会 ( 高千穂地区建設業協会おたに家 ( 株 )) 支援 連携主体 宮崎県産業支援財団 宮崎県農業改良普及センター 地域に継承されてきた食文化を再考高千穂地域に継承されてきた手作り味噌や 保存食などの食文化を再考し 商品化するとともに 地域で生産される農産物を活用して商品開発 販売することにより 農家の所得を向上させるとともに 雇用の創出を目指した 伝統の手作り味噌を商品化 高千穂の香りを連想させる商品の開発高千穂地域ではそれぞれの家庭で手作り味噌を作り 自家用としてきたが 味噌そのものを製造販売している企業 団体はなかったため 高千穂伝統の手作り味噌を商品化し 販売を行った また 高千穂の農林産物を利用し これまでになかった 高千穂の香り を連想させる商品を開発し 土産品として定着させる取組を実施 協議会構成企業のおたに家 が事業を継承し 高千穂ブランドを定着させる取組を継続事業終了後 おたに家 が製造 販売部門を設けて事業を継承 当該事業における雇用も継続させている 今後 椎茸生産などにより新たな商品開発も行い 各種イベント出展やネット販売などを通し 高千穂ブランドを定着させるべく取り組んでいく 高千穂食文化継承協議会 おたに家 原料生産 商品開発 経営ノウハウ提供 高千穂地区建設業協会 総合調整 市場調査 ( 販売 ) 産業支援財団 生産 開発支援 農業改良普及センター 開発された商品 ( おかず味噌 旨塩 ハーブ石鹸 香り水 ) - 7 -

9 04 森林経営パートナーシップ構築事業 県内 環境 エネルギー分野 宮崎中央森林組合 支援 連携主体 各市町村 ( 地積図 字図等の提供 ) 森林の有する多面的機能を保持 促進するための取組森林所有者の高齢化等により森林境界が不明確となり 森林整備ができない 森林管理の放棄等が見受けられる 森林の有する多面的機能 ( 木材生産 生物多様性保全 土砂災害防止 水源涵養 地球温暖化防止等 ) を保持 促進することを目的に 森林境界基準点の設置や林家カードの作成等を行う 林家への意向調査を行い 森林所有者立会いのもと新たな森林境界基準点を設置調査票による林家への意向調査や集落座談会を開催 森林所有者の立会のもと 新たな基準点 ( 測量杭 ) を追加設置 また 字図等で現状を照合し 里道の明確化を図った そのほか 持続可能な森林整備を行っていくために 基準点管理台帳や里道管理台帳 林家カードの作成を行った 当事業により 林家カード作成 2,061 件 GIS への基準点 現況写真データの入力 772 件 基準点追加設置 166 件を行った 意向調査により林家の森林整備への関心が高まり 事業を継続委託事業終了後も 1 人を継続して雇用し 意向調査により林家の森林整備の関心が高まり 間伐や伐採の依頼があった箇所の調査 測量を行っている 課題として 森林所有者と山林確認等も行ったが 山林の場所が分からない場合や 境界が不明瞭で基準点が設置できない箇所があった 山林所有者との現地立会 トランシットでの測量 基準点の追加設置 - 8 -

10 05 都城ご当地グルメ推進事業 都城市 観光分野 都城ご当地グルメ推進協議会 都城商工会議所 都城観光協会 都城市商業観光課 都城市郡ホテル旅館組合 都城市郡飲食業組合 食を観光資源と位置付け 地域の食材を生かした ご当地グルメ を開発牛 豚 鶏の生産額日本一を誇る都城市であるが 観光客等に紹介できるご当地の料理が少なく また 都城市が通過型の観光地となっている現状があった 他地域において地域の食材を生かした ご当地グルメ が注目を集めている状況があり 食を観光資源と位置づけて観光客誘致や地域の活性化が図れないかと考え ご当地グルメ開発を行った 都城焼き肉三昧定食 の開発 販売 観光誌や TV メディアでの広報宣伝活動交流人口増加のための誘い水的な商品として 統一ブランド料理を開発すべく 明確な商品コンセプト 定義 ルールの遵守や販売促進計画を考える組織 ( 都城ご当地グルメ推進協議会 ) づくりを目指し 協議を重ねて開発を進めた 商品は 都城焼き肉三昧定食 と題し 自ら七輪で焼くスタイルを取り 魅せ方 食べ方に主軸を置く サブメニューにも郷土色を打ち出し 平成 23 年 6 月より都城市内 8 店舗で販売を開始した 平成 24 年 6 月には 1 万食を達成している 都城焼き肉三昧定食 定着化のための話題創出流入客の滞在時間の長時間化を目指し 観光関連団体との連携強化により 新ご当地グルメ の定着化を図っていく また メディアへの定期的な露出が重要であるため 他地域におけるご当地グルメとの連携など話題創出を行っていく 都城市ご当地グルメ推進協議会 事務局 ( 連絡調整 全体管理 ) 商品開発部 企画部 広報部 地場農産物情報収集 試食会運営 改良検討会運営 発表会 協定調印式運営 加盟店合同イベント企画 他団体との連携 ポスター チラシ等作成 Web 情報発信 マスコミ連携活用 助言等の支援 ご当地グルメフ ロテ ューサーリクルート ヒロ中田氏 都城焼き肉三昧定食 - 9 -

11 宮崎商工会議所CASE 05 青島地域活性化支援事業 宮崎市 観光分野 地域社会雇用分野 宮崎商工会議所 支援 連携主体 青島再勢プロジェクト 青島商工振興会 宮崎市青島地域センター 宮崎市観光課 宮崎市青島ビーチセンター ( 旧渚の交番 ) 南国風車両 ( トゥクトゥク ) の回遊により高い話題性とワクワク感を演出宮崎市でもっとも異国情緒あふれ観光客も年間 77 万人訪れている青島地区に タイやラオス等で活用されているトゥクトゥクを使って青島の観光資源をまわるツアーを実施 高い話題性と共にワクワク感を演出することにより青島を深く知ってもらい 交流人口の増加に寄与することを目的とした 観光資源 ( 場所 ひと 店 ) を巡るトローリールートを設定 トゥクトゥクでガイド青島神社儀式殿内の 青島トゥクトゥクトローリー事務所 に専門スタッフ 3 名が常駐し 毎日運行 青島神社 青島商工振興会 宮崎商工会議所が連携し運営にあたった 地元の方も知らないような観光資源をトゥクトゥクで繋いで回遊し 乗車されたお客様に青島の原風景 自然のままの青島を堪能してもらい 青島でしかできない体験を提供 また 様々な媒体での PR や口コミが広まることで乗車人数が増加 半数以上が県外からの乗客であり 事業を継続していく中でリピーターも確保することができた 宮崎 青島地域を俯瞰で捉え 地域を活性化事業終了後も 雇用した 3 名はそのまま個人事業主として観光事業を展開 今後も 宮崎 青島地域を俯瞰で捉え オール宮崎 オール九州で国内外からの誘客 創客を目指し 観光客を回遊させていくことによって地域活性化を図っていく 関係機関との連携 トゥクトゥクの乗車風景

12 07 地域資源活用ご当地ツーリズム推進事業 延岡市 観光分野 地域社会雇用分野 支援 連携主体 延岡商工会議所 ( 社 ) 延岡観光協会 ( 株 ) 地域振興研究所 九州保健福祉大学 ( 社 ) ジャパンオンパク 個人旅行など観光客の新たなニーズに対応した地域の魅力を伝えるプログラム作り東九州自動車道の開通が目前に迫り 開通により人的 物的交流が活発化することが予想され 通過地域とならぬよう地域資源を活かした着地型観光の推進が課題となっていた そのような中 2010 年に着地型イベント 感動体験博覧会 えんぱく の開催など 地域ぐるみでの取組が着実に進展 次のステップとして個人旅行など観光客の新たなニーズに対応した地域の魅力を伝えるプログラム作りが課題となった そこで 延岡市を中心とした宮崎県北地域 ( ひむかエリア ) において 広域的な観光を推進するとともに まちあるきや体験型観光を柱とした新しい着地型観光メニューを創出し 地域事業者 ( 飲食店等 ) への集客を促進することを目的として事業を実施した まち歩き 商品や 広域型 商品の創出まち歩きを新たな観光と位置付け 市民や来街者に地域の魅力を体感してもらうことを目指し プログラムの創出に取り組んだ 通常の観光スポットだけではなく 路地の魅力や知られざる歴史等を織り込んだマップ まちあるきの友 を作成 実施したまち歩き型のプログラムは 地域の魅力を改めて再発見する内容で参加者の反応も上々であった また 延岡市内にとらわれない広域型の商品づくりを実施 地域の物語を活かしたコースが多数発掘され こうした資源を活かしたツアー商品の造成に手応えを得た 創出したツアーやプログラムを引き続き改善を加えながら展開 まちあるきの友 は好評で 配布箇所では早々に不足 今後は新たな観光としての路地の魅力をより広く発信する第 2 版の発行 関連ツアーなどの開発が課題 そのため ガイドとなる市民組織の育成や立ち上げにかかるフォローアップなどが必要である 産業遺産群 B 級グルメ 景観 歴史等 未活用観光資源の磨きあげ ガイドの育成 ニューツーリス ム商品の開発 人材育成 食事業者の参画 NPO 協同 市民参画 延岡まちあるきの友完成 産業遺産バスツアー モニター実施 観光コース開発 まちあるき型観光の確立 既存資源を組合せ活用 にぎわいを個店に誘導

13 08 延岡地域ブランド推進事業 延岡市 延岡商工会議所 支援 連携主体 延岡市 延岡市内の漁協 延岡観光協会 既存の資源を活用した地域ブランド商品の確立地域間競争が激化する中 高速道路 ( 東九州道 ) の全線開通を控え 通過型の地域とならないため既存の資源を活用した地域ブランド商品を確立する必要があると認識 延岡商工会議所では 平成 19 年から地域資源を活用した 延岡ずばなもん の開発に取組み 参画事業者 14 社 41 品目の商品を ずばなもん として開発 認定 これらの商品を更に改良 商品開発を行いながら 販路開拓 販売促進を図る活動の強化が求められていた ずばなもん 商品の改良 販路開拓 販売促進を図るための取組を実施 1インターネット販売等の実施 宅配ルートによる販売 インターネットによる販売 2 ずばなもん 試食会開催 生の声やアンケートを通じての意見を集めるために実施 3 首都圏大型店での販売強化 首都圏大型店の事情に通じたコンサルタントを招聘し 商品アドバイス会を実施 4 各種物産展での販売促進 商品の PRと消費者の意見を商品に反映させるために実施 ブランド価値を高めるための取組を継続して実施延岡商工会議所では 大型店等への販路確保に努めているところであるが 常時の販路確保には至っていない ブランドの信用力を高めるため ブランド認定基準の策定や 参画事業者の商品開発や販路開拓への取組強化を進めている 事業を継続的に推進するため 行政等の支援が必要である ブランドのマークブランド認定商品 ( 鯛冠 ) ブランド認定商品 ( 島浦あげみ )

14 09 森林資源を活用した環境配慮型商品開発事業 環境 エネルギー分野 宮崎市 宮崎中央森林組合 支援 連携主体 県央経営支援センター 宮崎県工業技術センター 宮崎市農政企画課農商工連携室 宮崎商工会議所 若草通商店街振興組合 宮崎市商店街振興組合連合会 林地残材の有効活用により災害を防止するとともに 環境配慮型の商品を開発材価低迷による林地残材が増加し 大雨等により流出する事があり 災害の原因にもなっていた そこで 間伐等による林地残材を有効活用することで 森の公益的機能を最大限に発揮し 災害防止や環境に配慮した商品を作ることとした 新商品の開発 販売強化を行い 県産材を PR 県森林の原木市場や地元の製材所から間伐材を購入し 身近で使いやすい商品 ( イス プランター台等 ) や 公共施設等での利用を目的とした商品を改良 開発 製品の端材は薪に加工し販売した 販売強化の取組としては 新商品のパンフレットを作り 官公庁 農協 前年度の事業で確保した顧客に配布 戸別訪問やインターネットによる販売 繁華街で行われるイベントへの参加による販売を行った イベントにおいては 木工教室の指導をするなど 県産材の PR も行った 注文による薪の製造販売は継続 木工品は精度や類似商品との競合が課題事業終了後 事業の継続を検討したが 収益面が厳しく木工品の作製販売は中止 端材を利用した薪は注文による作製販売を続けている 課題としては 林地残材 間伐材等は 1 年ほどの短い期間では乾燥しきれず 使う材料によっては 歪みや収縮による隙間ができ商品としての精度が悪い物もあった また デザインが類似した商品が市場には多くあり 販売に苦慮した 開発された新商品 間伐材を利用したプランター台 端材を利用した薪

15 10 西臼杵管内建設業による農商工連携強化事業 高千穂町 支援 連携主体 高千穂地区建設業協会 宮崎県産業支援財団 宮崎県物産貿易振興センター 宮崎県西臼杵支庁 高千穂町観光協会 高千穂食文化継承協議会 建設業者の新産業への取組を推進し 地元産業の振興と雇用拡大を図る建設業者が新たな産業として取り組んでいる加工食品や特産品等の販売促進 販路拡大を推進し 地元産業の振興と雇用拡大を図る 県内外のイベント出展などにより 販売強化活動を実施販売促進 販路拡大 販売ノウハウを習得するため 県内外の各種イベント等に出展 商品の取扱いや販売手法 ( 陳列 パッケージ ) 等について生産者へフィードバックし 商品改良も行った また 西臼杵管内の宿泊施設や売店に販売コーナーを設置 県北 熊本県を中心とした道の駅等にはパンフレットを置き 通信販売による販売促進を行った 安定的な売上を目指すが 商品の知名度アップが課題事業終了後も 高千穂物産紹介パンフレットによるカタログ通信販売を実施し 各事業所の連携により安定的な売上が得られるよう販売推進を展開する ただし 今後の共同事業者の確保や販売商品の充実 ( 品揃え ) 商品の知名度アップをどのようにして図っていくかが課題である イベントへの出展

16 11 ムラたび総合商社事業 高千穂町 観光分野 地域社会雇用分野 高千穂町観光協会 支援 連携主体 阿蘇地域振興デザインセンター 全国旅行業協会 個人旅行客の増加による 観光産業の変革の必要性高千穂地域では観光客の入込数は増加を示していたが 旧来のバスツアーなどによる物見遊山的観光が下火となり 家族や少人数団体による個人旅行客が増加 観光産業の変革が急務であった また 少子高齢化に伴った地域産業の停滞が深刻であり 産業と観光を結びつけるツールが求められていた そこで 体験プログラムや現地ツアーといった現地旅行社にしか作れない着地型 ( 滞在交流型 ) 旅行商品を開発することにより 観光を通して地域産業の活性化を図ることを目的とした 着地型 ( 滞在交流型 ) 旅行商品の開発 インターネットによる旅行商品 観光情報発信の強化地元旅行業者として 以下の取組を実施 1 地域業者または住民との連携による着地型旅行商品の企画 実施 2 インターネットによる旅行商品及び観光情報発信の強化 及び販売の開始 3 独自パンフレットの創刊による情報発信の強化 4 近隣市町村との連携の強化 5 地域住民の娯楽としての旅行商品の提供 広域的な取組の強化 かつ着地型旅行商品の定着化を図る今後 さらなる広域的な取組を強化し それに見合った情報発信と着地型旅行商品の企画 販売を行っていく 着地型旅行商品は市場が成熟しきっておらず 必要な人員に対して十分な収益が上がっているとは言えない 取組の効率化などが必要である 観光パンフレット かぐらん高千穂 夜神楽体験ツアーの実施風景

17 12 鹿肉と地元産素材を使った加工食品開発事業 小林市 支援 連携主体 すき商工会 宮崎県商工会連合会 イベント出展等の経験を生かして商品の改良 開発を行い 販売増と販路拡大をねらう前年度の試作販売経験から販路開拓が見込まれた商品を改良し 販路拡大を目指した また 各種イベントへの出展経験から必要性が見えた商品を新たに開発 特産品のアイテム数を増やそうと事業に取り組んだ 猪肉入り油味噌 愛す栗夢 ( アイスクリーム ) などの商品開発と県内外への販促活動の実施 商品 パッケージの改良と新商品開発鹿肉入り油みそを改良するとともに猪肉 鶏肉入りの油みそを新たに開発 パッケージも改良し 3 種類セット用の箱をつくるなど土産品としての商品価値向上に努めた 他にも 愛す栗夢 ( アイスクリーム ) の復活や インスタントそば汁 柚子入りアイスクリームの商品開発を行った 販路拡大のための県内 県外への販促活動の実施県内外の物産展 商談会等に参加し バイヤーに開発商品の商談を行った 法人を中心に事業を継続 さらなる販路拡大に向けて検討を続ける事業終了後は 特産品開発について先駆者である農業生産法人 ( 有 ) すき特産を中心に 新たな特産品開発や販路開拓に取り組んでいる 本年度は特産品の販路開拓を目指して 口蹄疫地域商工業等経済復興支援事業助成金を活用し 東京や福岡の物産展に参加し 更なる販売促進事業に取り組んでいる また この事業で復活させた愛す栗夢 ( アイスクリーム ) は 販売を ( 有 ) 勝美館に継続させ 業務用等へ販路を見出すべく検討している 今後は すき商工会内に物産部会を立ち上げ 加工グループとも連携しイベント時の共同販売の組織づくりを検討していきたい 一方で 全国向けに販売するためには 小ロットの製造では価格面で対応できないという課題がある また 完成度を高める為には パッケージ等専門家のアドバイスや綿密な販売戦略 投資計画等総合的な検討が必要であるが 資金面に課題がある 油みそセット ( 鹿 猪 鶏 ) 愛す栗夢 ( アイスクリーム )

18 13 特産品活用によるアグリレストラン運営事業 えびの市 地域社会雇用分野 支援 連携主体 えびのナチュラルライフ推進協議会 えびの市観光協会 NPO 法人宮崎 I クラスター 協議会メンバー 日南市漁協婦人部 料理アドバイザー 日章学園高校調理科 休眠状態のレストランを活用し えびの市の新しい食の拠点づくりを行うえびの市国際交流センター内で休眠状態となっていたレストランを活用し 地産地消レストランの運営を行うことで えびの市の新しい食の拠点づくりを行っていく事を目的とした 原材料は えびの市の農家や生産者から直接仕入れ 採用する人材 ( 調理師免許取得者 ) とえびの各集落の婦人部との連携で 地域の人の健康づくりや地域の活性化 そして観光浮揚にも寄与できるレストランを目指した えびの市国際交流センター内で自然食レストラン のどか を運営食材は地元えびの市の野菜を中心に メニューや新商品の開発を常に意識し バイキングメニューを提供した 食材を生産者から直接仕入れることで地元農家との交流を深めたり 地元の催事に積極的に参加するなど レストランの PR に努めた 季節ごとの新メニュー 弁当 おせち等も全て手作りをモットーにしたこともあり 行楽シーズンの弁当 年末のおせちの注文などは予想以上に多かった また 1 0 名以上の宴会対応が可能なレストランとして 同窓会 懇親会等の予約も多く頂いた 独自性の強化 PR で差別化をはかり 自立の道を目指すえびの市の補助金を活用し 事業と雇用を継続している 25 年度には えびの市内に JA の運営する物産センター及びバイキングレストランがオープンする予定であるため メニュー 商品 運営等で独自性を強化し PR に努めていく必要がある さらに 経費を効率的に見直していきながら自立の道を目指していく 高校生レストラン ( 日章学園とコラボレーション ) バイキングメニュー 野菜寿司

19 14 すき特産品および新ブランド確立事業 小林市 すき新ブランド推進協議会 小林商工会議所 ( 株 ) コダマ 小林物産会協同組合 主力商品 栗極ショコラ に力を入れ 販路開拓に取り組む須木の特産品である栗を使った商品開発とそのブランド化による町おこしを目指す 試作商品の中でも一番完成度が高く 展示会でのアンケートでも好評だった 栗極ショコラ に力を入れ 商品化するとともに販路開拓に取り組んだ パッケージ製作や通販サイトでの販売 各種イベント等への出展により販路を開拓 22 年度にすきの栗を使った商品を試作し各種展示会に出展しながら味 パッケージ 価格調査等研究を進めた 23 年度は試作商品を楠並木よかもんロード ( 県庁前 ) 地方銀行フードセレクション ( 東京ビックサイト ) 等のイベントや商談会に出展し販促に努めた 地方銀行フードセレクションでは 栗極ショコラ 和風栗あんまん 柚子黒酢 栗バウンドケーキ を出品 ブースに須木の栗を展示していたところ 須木栗の大きさなどに興味を持っていただくことができ 魅力を発信できた 結果 栗極ショコラについては 卸 1 社からバレンタイン用 330 ケースの受注があり 関東地域のスーパーで完売 次年度の予約も入っている 協議会構成員の小林物産会協同組合が事業を継続 栗極ショコラ は全ての工程を手造りで行っており 現状では一度に大量に生産を行うことができないため 商談会では相手側の希望する受注数量に見合わず 商談成立に至らないという問題もあった 事業終了後は 協議会構成員の小林物産会協同組合で事業を継続 栗極ショコラ が多くの店舗で取り扱っていただける商品となるよう 事業を継続している 栗極ショコラ 商談会 ( 地方銀行フードセレクション ) への出展

20 15 宮崎米粉加工食品開発事業 宮崎市 宮崎中央農協 宮崎米粉加工食品開発協議会 宮崎中央農協 UMK エージェンシー パリの朝市 ( 洋食田中鏡一氏 ) 杉の子 ( 和食森松平氏 ) 支援 連携主体 有限会社磁 県食品開発センター 中山間地域の米や青果物等の消費拡大を図るための食品開発中山間地域の米及び青果物等の農産物の消費拡大を図るため その地域の個性的な文化や歴史を背景にした 個性豊かで魅力的な加工食品を開発し それらを活用した中山間地域の振興を図ることが目的 また 建設を予定している農産物直売所で製造 販売することにより地域密着ブランドを確立することを目的とした 米粉をベースとしたケーキやクッキー等の製造 販売 ( 果樹を使ったケーキ ) 季節の果樹を使った米粉ケーキや 夏場に加工用のマンゴーを冷凍させて冬場にマンゴーを取り入れたスイーツを販売 大変好評であった ( 茶を使ったケーキ及びクッキー ) 田野産のお茶と米粉がほどよくマッチして ケーキやクッキーはコクのある味を出すことができた 特に シフォンケーキは好評で 田野産の緑茶 高岡産の紅茶などは各種イベントでも完売した 引き続き 農産物を活用した研究開発を行っていく農家の要望として市場に出荷できない果樹の活用があり 当該取組により 果樹の加工品 特にスイーツでの販売の見通しがたった 今後は 建設中の農産物直売所のオープンに合わせて取組めるよう検討を行っている また 茶の消費拡大は以前から要望があり 茶を使ったスイーツの販売は 消費者からも好評が得られた 引き続き 食品開発センター等にアドバイスを求め 更なる研究開発を行っていく 宮崎中央農協 宮崎米粉加工食品開発協議会 開発協力 パリの朝市田中氏 ( 洋 ) 杉の子森氏 ( 和 ) 研修 助言 広報協力 宮崎県食品開発センター 有限会社磁 米粉かりんとう 米粉シフォン 楠並木朝市

21 16 体験型学習プログラムの開発と農家民泊の推進事業 五ヶ瀬町 観光分野 地域社会雇用分野 五ヶ瀬山学校推進協議会 NPO 法人五ヶ瀬自然学校 五ヶ瀬町観光協会 夕日の里推進会議 支援 連携主体 ( 財 ) 日本国際協力センター ( 財 ) 都市農山漁村交流活性化機構 地域の強みを組み合わせた体験型観光プランの確立環境省が行っている平成 22 年度日本エコツーリズム大賞特別賞を受賞した NPO 法人五ヶ瀬自然学校のエコツアーと 全国的に有名な夕日の里推進協議会の農家民泊を組み合わせた体験型観光プランを確立し 団体 個人を集客することで農村部の雇用を生み出す 企画 開発した体験型学習プログラム等の販売及び農家民泊 PR 等の実施 団体 個人のキャンプ受け入れコーディネート 五ヶ瀬の里キャンプ村やその他地域を訪れる個人客のコンシェルジュ ( 受付 ) エコツアー 農家民泊 キャンプ場を組み合わせたプランの中高校 企業 社会教育団体等への営業活動 年間を通して使用可能な体験農園の整備 ホームページ作成 管理 新たな体験メニューの開発 自然体験活動指導者養成講座開催 広域連携による団体誘致模索等 外国の青少年育成事業の受入れ本事業での営業活動により ( 財 ) 日本国際協力センターとの連携が図れ 国の事業であるアジアやアメリカなど外国の青少年育成事業の受け入れを行っている 今年度 ( 平成 24 年度 ) は 4 月にインドネシアから高校生 25 名を 5 泊 6 日 9 月にマレーシアから 50 名を 4 泊 5 日受け入れた その他シンガポール 中国など修学旅行も増えている 国内では五ヶ瀬町の 4 つの小学校が合同で 2 泊 3 日の宿泊学習を行う その他 高校 中学の修学旅行の予約も受けている 五ヶ瀬山学校推進協議会 ( 営業 宣伝 研修 安全管理 ) 宿泊受入れ 農家民泊夕日の里推進会議 民間施設 ホームステイごかせ観光協会 公的施設五ヶ瀬の里キャンフ 村 フォレスト PIA バックステイ 体験実施 体験工房いっそ 鞍岡地域づくり協議会 霧立ち越えを考える会 NPO 法人五ヶ瀬自然学校

22 17 駅サイティング市 元気みやざき推進事業 県内 観光分野 支援 連携主体 がんばろう宮崎! 駅サイティング市協議会 県商工会連合会 ( 財 ) みやざき観光コンベンション協会 九州旅客鉄道 ( 株 ) 宮日総合広告 ( 株 ) 県内市町村 県内観光協会 商工会 駅 を活用した中山間地域の特産品の消費拡大 観光の振興口蹄疫 鳥インフルエンザの発生 新燃岳噴火被害等から立ち上がる気運を高めるため 中山間地域の特産品の開拓 消費拡大を目指し 中山間地域振興の拠点として 駅 を活用し経済活性化を図る また 県内観光資源を活かして新幹線開通に伴う西九州からの回遊を促し 中山間地域への集客を 駅 を窓口にして取り組むことを目的とした 高鍋 佐土原 高原 駅で周辺市町村の特産品を販売 県内 7つの駅 ( 平成 23 年度は評判が高かった 3 駅 ( 高鍋 佐土原 高原で その周辺市町 )) 村の特産品を販売 また 海のものを山へ 山のものを海へと移動販売や各駅店舗でのイベント販売を実施 観光特急 海幸山幸 を利用して 口蹄疫で被害を受けた児湯地区を通る県北までの旅や 新燃岳の被害を受けた高原町を含む霧島方面へのツアーを企画 実施 その電車の中でも社内販売を実施するなど 地域の特産品のPR を行った 当該事業での雇用者が独立して店舗 ( 高鍋駅 高原駅 ) での営業を継続 県内の生産者 事業者 最大で 238 社 商品点数は最大で 1,530 点にものぼる県内各地の特産品を駅舎で宣伝 販売 各地域の商品の知名度や販売の増加につながった 委託事業終了後は 宮日総合広告より店舗改修の支援を受け 当該事業での雇用者が高鍋駅と高原駅で独立して営業を継続 商品の生産者や駅の利用者等からは喜ばれているが 収益面は厳しい状況にあり 行政等からの支援の必要性も感じている 佐土原駅店 海幸山幸 での移動 ( 車内 ) 販売

23 18 西都市の地域資源を生かした口蹄疫被害から復興するための事業 西都市 支援 連携主体 西都商工会議所 西都市観光協会 西都市三財商工会 西都市地場産業振興協議会 各商店会 西都ショッピングセンター イマイ印刷 地場産品を活用して西都市の魅力を発信し 口蹄疫被害からの復興を目指す口蹄疫発生による地域経済の落ち込みから早期復興する必要があると認識 西都市の魅力発信のため 地場産品のアンテナショップ開設や西都市内で開催される朝市の知名度向上などにより 商店街への集客力アップと地域活性化 雇用創出を図る取組を行った 地場産品の販路拡大 販売促進 えびす市を核とした中心市街地の賑わい創出 地場産品の販路拡大と販売促進 西都市地場産品のネットショップの開設 運営 ネットショップと連動したアンテナショップを西都市の中心市街地に開設 県内外の都市部の各種イベントへの参加による販路拡大 販売促進 えびす市を核とした賑わい創出 中心市街地での朝市 夕焼け市の開催 ネットショップ販売は民間事業者が継続 HP を充実させ出店事業者の増加を目指す 西都市地場産品のネット販売については イマイ印刷にて継続運営ネット販売については 月に数件の売上しかない 現在は民間事業者だけの運営となり HP をさらに魅力的なものとし 出店事業者を増加すべく取り組んでいる 西都市地場産品のアンテナショップ えびす市については事業終了アンテナショップを開設したことにより 地場産品を知らなかった市民にも周知ができたまた えびす市を開催したことにより 中心市街地に賑わいが少しは戻ってきたと思われる えびす市 ネットショップ さいと心包便

24 - 23 -

25 20 観光分野 御崎馬の活用による都井岬観光推進事業 地域社会雇用分野 串間市 串間市観光協会 支援 連携主体 岬の駅 ビジターセンター 都井岬振興会 都井御崎牧組合 都井岬の観光振興により 市街地への波及をもたらし 串間市全域の活性化が目的串間市内にある都井岬は天然記念物指定の 御崎馬 や特別天然記念物 蘇鉄 の自生地があり 昭和 40 年代には年間 60 万人 ~70 万人という観光客で賑いを見せていたが 串間市の人口が減り 地域の活力も低下 都井岬の自然及び御崎馬を活用し 人々に癒しと健康作りの機会を提供することにより 都井岬の観光振興を図るとともに 市街地への波及効果をもたらし 市全域の経済を活性化することを目的とした 都井岬の自然及び御崎馬の活用による癒しと健康作り都井岬では 野生馬や灯台など 観る 観光が主体であったが 体験する 観光へのニーズの変化や 癒しと健康志向の高まりに対応するため 都井岬の雄大な自然と野生馬を活用し 癒しと健康づくり の各種メニューを創設し 観光客に新たなサービスを提供するため 以下のような取組を実施 規格外の馬を活用した乗馬体験メニューの確立 遊歩道や蘇鉄の害虫駆除などの景観整備 観光ガイドの育成とモニターツアー 観察会の開催 地元の業者が作った手作りマンゴージャム使用したソフトクリームの販売 都井岬の歴史や自然の移り変わり 野生馬の生態を 案内 することの重要性を認識都井岬の観光は 都井岬のすばらしい歴史や自然の移り変わり 野生馬の生態などを案内することが重要とあらためて認識 現在 串間市観光協会の職員が観光ガイドを行っているが 今後はボランティアガイドを含む観光ガイドの案内を進め 都井岬の すばらしさ を案内できる体制を構築していく モニターツアー 観察会の実施 マンゴージャム使用のソフトクリーム ボランティアガイドの育成

26 21 蒟蒻の商品開発 竹材加工品による地産地消と販路開拓事業 木城町 木城町商工会 支援 連携主体 宮崎県食品開発センター 宮崎県環境科学協会 宮崎県ジェイエイ食品開発研究所 地域の食文化の継承 磨き上げを行うとともに 口蹄疫の予防 環境改善に貢献地こんにゃくを使用した新商品開発をすることにより 中之又地区など高齢化した地区の後継者づくり 若者の雇用創出をはかり 木城ブランドの確立と地域経済の活性化につなげることを目的とした また 脱臭 土壌改良効果のある竹粉 竹酢を利用した商品開発を行い 口蹄疫発生予防と環境改善をはかることにより 木城町内での農商工連携と山林保全に貢献することを目指した 地こんにゃくを使用したこんにゃく麺を開発 竹材加工品の商品開発と販路開拓を行う ( こんにゃくの新商品開発 ) こんにゃく麺 プルルンジェル等の商品を開発 原料を確保するため こんにゃく芋の生産者と栽培法や販路の協議を行った 商品開発にあたっては 食品開発センター 県医療薬務課 日本蒟蒻協会及び専門家からの指導を仰いだ ( 竹粉 竹酢の商品開発及び販路開拓 ) 商品開発では 野菜のおいしい寝床 竹酢石鹸を開発 また 竹粉配合の飼料 竹粉を使用した土壌づくり及び堆肥づくりに関しては 酪農者 農業者 畜産業者と連携して取り組み 検証の成果も出てきたため 販路拡大への糸口が見えてきた PR に力を入れるとともに新たな商品開発に取り組み 木城町全体での進展を目指すこんにゃく麺については 平成 24 年度の商工業等経済復興支援事業で 木城こんにゃく KK 麺 が完成し ご当地グルメとして PR 中であるとともに 新たな商品開発に取り組んでいる 竹粉については 飼料に混ぜることによる畜産農家の子牛の体調維持に効果が見られるとともに 農作物育成のための土壌づくりに効果が出てきているので 検証販売での展開を行う こんにゃく麺の開発 竹粉を使っての土壌づくり

27 22 IT 活用型 宮崎のさかな 若年層アピール事業 県内外 宮崎のさかな新商品開発協議会 宮崎県漁業協同組合連合会 ( 有 ) 磁 ( 有 ) 九州地域活性化支援研究所 支援 連携主体 県水産政策課 いきいき宮崎のさかなフ ラント 確立推進協議会 若年層に 宮崎のさかな の魅力を伝え 魚及び加工品の消費拡大を目指す本県の水産物及び水産加工品の販路拡大 消費者を確保する取組として 試食会の開催やレシピの配布 料理講習会の開催などが行われてきたが 県内外の若年層への 宮崎のさかな の普及拡大が大きな課題とされていた そこで 当事業では いきいき宮崎のさかなブランド確立推進協議会 と連携し 宮崎のさかな 及び 宮崎のさかな を原料とした新開発商品に関して 若年層をターゲットとした消費拡大を目指した 宮崎のさかな に関する映像制作 配信等で 宮崎のさかな の魅力を発信! (1) 宮崎のさかな 及び 宮崎のさかな の簡単調理法を紹介する映像の制作宮崎県漁業協同組合連合会を通じて紹介された県内各地の漁協から水揚げされた 宮崎のさかな の生きた姿等の映像撮影及び映像編集を行い 11 種類の映像を蓄積 また 宮崎のさかな を対象とした簡単調理の実演を複数種類企画し 撮影 レシピ紹介とあわせた動画として制作 (2) 上記の (1) で制作した映像を動画投稿サイト YouTube で公開等 宮崎のとと ch として公開したところ H24 年 9 月末時点で再生総数 22 万回を超える視聴を記録している その他 児童向けの 宮崎のさかな ペーパークラフトを 12 種類制作し イベント等で児童に無料配布 好評を得ている さらに県内外での販路拡大活動を通じた収益事業を確立するため 編集加工した映像を YouTube 上で展開 かつ制作した映像を提供 ( 販売 ) できる仕組みを構築した 協議会会員の企業が事業を継続 さらなる発展に力を入れる協議会会員である ( 有 ) 磁が事業を継承 撮影 編集した映像データを YouTube 上に掲載した結果 多くの反応が得られていることから 雇用者 2 名をいずれも常用雇用者として継続雇用 今後も 宮崎のさかな の PR ができるよう 徐々に内容を充実させながら継続していく YouTube を活用した 宮崎のさかな の魅力発信 YouTube で 宮崎のさかな の魅力等を発信 再生総数は 22 万件を突破 (H24.9 時点 ) 児童向けペーパークラフト

28 23 県産スギ材を活用した高耐久性処理木材の土木工事等への利用開発 販売事業 県内 環境 エネルギー分野 支援 連携主体 宮崎県森林組合連合会 ( 株 ) コシイプレザービング ( 製材品の高耐久化処理委託 ) 県内各森林組合 ( 材料供給及び県内土木事務所等に対する製品説明と設計提案 ) 耳川流域のスギ材有効活用とともに 公共土木工事での木材利用への転換を図る耳川流域の森林資源の有効活用の実現と同時に 中山間地域での雇用創出を企図して事業を計画した 資源の活用方法としては スギ材の新たな需要開拓分野と見込まれる土木用資材での活用を実践した この取組を起爆剤として 公共土木工事においてコンクリート利用から木材利用への転換を目的とした 高耐久化処理を施した木製土木用資材の販路開拓 新商品の開発耳川産のスギ原木を製材後 防腐 防蟻処理を施し 長期間の屋外使用にも耐久可能な土木用資材を生産した 販路開拓としては 県内の森林組合と連携しながら 各関係機関に木製土木用資材の紹介と提案活動を展開した また ( 株 ) コシイプレザービングと共に 簡易補強土壁 を開発し 従来の商品よりも低コストかつ施工性のよい新商品として販売を開始した 木材耐久性に関する理解を広め 土木事業における木材の需要開拓に向けた取組を実践現在も 主に県内土木事務所に対して木材利用の促進を要望しながら 今回の事業で雇用した作業員も引きつづき業務にあたっている さらに 鋼製ふとんカゴ工法に代わる木製土木用資材として 新しい製品の生産と出荷にも力を入れ 公共土木工事における木材の有効活用に力を入れている 一方で 実例の少なさや耐久性への不安によって 土木事業での木材活用が進んでいない地域もある 当会においては 工事担当者の木材耐久性に関する理解獲得に向けた説明会の開催など ひきつづき公共土木事業における木材の需要開拓に向けた取組みを実践していく 現場での施工指導の様子 簡易木製補強土壁 関係者間の役割

29 24 口蹄疫 鳥インフル用防疫資材新製品開発事業 農林水産分野 野尻町県内外 口蹄疫 鳥インフル用防疫資材新製品開発協議会 野尻町商工会 ( 株 ) 光洋 ワールド ワイド トレード ( 株 ) 高品質 低価格の家畜防疫製品を提供し 口蹄疫被害農家の事業再開を後押し九州で唯一の産業大型縫製技術を利用して よりコストパフォーマンスの高い家畜防疫製品を提供し 宮崎県の家畜農家や家畜防疫関係施設へ商品を普及させ 口蹄疫で疲弊した県内経済と県内畜産業のイメージアップに寄与することを目的とした また 国内展示会出展 直接訪問営業及びインターネット広告等などを利用しながら県外販路を拡大し 国内の家畜防疫体制を強化することを目指した 既存製品の改良 新製品開発を行い 県内外で販路を拡大既存顧客から防疫資材設置後の状況 要望等を集め 既存製品の改良点を研究し 高品質 高耐久への製品改良や付随製品の新製品開発を行い 最終的に 3 種類の防疫資材を開発した 国内農業製品展示会 直接訪問営業及びインターネット広告等などを利用し県内外で販路を拡大した 全国への販路拡大を行い 国内の畜産防疫体制の強化に寄与現在 ワールドワイドトレード株式会社において事業を継続している また 産業大型縫製技術を使って 防疫資材以外の新たな商品開発にも取り組んでいる 今後は 全国の行政機関向けの販路拡大と全国の畜産関連企業を使った販路拡大を平行して行い 国内の畜産防疫体制の強化に寄与していきたい 運営体制 財務管理等野尻町商工会 営業 販路拡大会計事務 WWT( 株 ) 新製品開発製品の品質検査 ( 株 ) 光洋 液ハネしない玄関用マット

30 25 みやざき むら 三昧事業 県内 3 村 観光分野 支援 連携主体 みやざき むら 三昧協議会 県内 3 村 ( 西米良村 椎葉村 諸塚村 ) 各商工会及び観光協会 宮日総合広告 ( 株 ) ( 有 ) ティーネットプロ 県内 3 村の特産品や観光ルートの発掘 情報発信を行い 雇用創出を促進市町村合併により 3 村のみとなった宮崎県内における 村 の特産品や観光資源の発掘 開拓を行い IT メディアなどを使いながら県内外へ村を PR 新たな視点の発掘を目的とした ソーシャルメディアや各種イベントへの出店による商品 PR 体験付きバスツアーの開発 3 村の物産を活用しながら デザイン性を重視した商品開発 ( 恋旅 TGC おすすめお土産に認定された とろける Honey ( 地蜂蜜など ) ) で販路拡大につなげ Facebook でのさまざまな商品 PR 街市 市町村駅伝 まんなか市場 などへの出店によりさらなる販路開拓を行った また 3 村への体験付きバスツアーの多くでキャンセル待ちが発生するなど反響があり 参加者アンケートでも高い評価をいただいた 資金面 人的継続の面から事業継続を断念僅か 7 ヶ月弱での事業推進は難しかった 可能であれば 24 年度も継続して事業を実施したかったが 運営資金がうまく工面できず 断念せざるを得なかった 雇用された方のスキルは短期間で非常に上がっただけに残念だった デザイン性を重視した商品開発 三十六穀米 とろける Honey

31 26 みやざき地頭鶏ブランドパワーアップ事業 県外 みやざき地頭鶏ブランド推進協議会 宮崎商工会議所 ( 経営指導支援 ) ( 株 )MRT アド ( イベント調整等事務局 ) みやざき地頭鶏事業協同組合 ( 店舗 生産者との調整等 ) みやざき地頭鶏 のブランド認知拡大と販路拡大みやざき地頭鶏のブランド認知拡大と販路拡大を図るため 首都圏でのブランドプロモーションを展開し さらには宮崎の地域経済の活性化を図ることを主目的に材料の生産から製品加工 流通 販売までの一連の流れにも活性化を持たせる事業を行う 首都圏でのみやざき地頭鶏認知アップを目的としたプロモーション 首都圏でのイベント出展 TBS ラジオ 60 周年イベント 感謝 deサカス ( 平成 23 年 9 月 ) 宮崎佳品づくし ( 平成 23 年 10 月 ) みやざき地頭鶏の日 PR イベント ( 平成 24 年 2 月 ) イベントへの食材提供 宮崎佳品づくし みやざき Weeee k!!2012 プロモーションツールの制作 首都圏みやざき地頭鶏取扱店で使用するプロモーションツールの制作 ( ポスター コースター ミニのぼり ) メディアを使ったプロモーション 東京 23 区におけるローソンとタイアップしたメディア 東京メディア でのフ ロモーション展開 ブランドの認知拡大は図れたが いかに販売に結びつけるかが課題東京を中心とした首都圏でのプロモーションにより 一定の認知度は得られたが 販路拡大という面では まだより一層のプロモーションが必要である 事業を通じ みやざき地頭鶏 というブランドの浸透は図れたので 次の課題はいかに販売 購入につなげていくかである 東京メディア でのフ ロモーション ( ローソン店頭 ) TBS ラジオ 60 周年イベント 感謝 de サカス

32 27 日向鶏の有効活用と新商品開発並びに販路拡大推進事業 日向市 日向鶏活性化推進協議会 日向商工会議所 ( 株 ) 地域活性化プロジェクト 古賀産業 ( 株 ) 廃棄されていた鶏の部位の有効活用 へべす の需要アップにつながる商品開発有料で廃棄されているみやざき地頭鶏等の未利用の部位 ( モミジ 頭部 鶏がら ) を活用しての新商品開発 販路開拓を行う また 日向地区では へべす の需要が落ち込み 生産農家等は頭を抱えている現状があったことから へべすを利用した商品開発に取り組み へべすの需要増加による生産農家の活性化を図る 鶏の未利用部位を使用した小籠包 へべすを使用したポン酢 かき氷シロップを商品化 鶏の有料で廃棄されている部位の商品化廃棄部位である地頭鶏の頭部 鳥足 ( もみじ ) を利用し 様々な新商品開発に取り組み 最終的にコラーゲンたっぷりの みやざき地頭鶏まるごと小籠包 を商品化 コラーゲン 低カロリー 低脂肪を売りにした へべす を使用した商品開発ひゅうが特産のへべすを使用した 幻のへべすポン酢 かき氷シロップへべす入り ( 国内大手氷みつメーカー ( 株 ) ハニーと共同開発 ) を商品化 イベント等での PR 販売 アンケートの実施 協議会解散後 ( 株 ) ひむかどりー夢 の社名にて法人化し 事業を継続協議会で開発した みやざき地頭鶏まるごと小籠包 幻のへべすポン酢 かき氷シロップへべす入り を商材として販路拡大を目指す 大手小売店バイヤーとの商談会や各種イベントに参加 ネット販売などを通じPR 活動 販売を行っているが 珍しさもあり好評を得ている 今後は 更なる販路拡大を狙いながら みやざき地頭鶏 へべす を活用した商品アイテム数を増やしていくことを検討していく 鶏 へべす 鶏の未利用部位を使用した小籠包 へべすを使用したポン酢 かき氷シロップ

33 お問合せ 宮崎県商工観光労働部商工政策課企画調整担当 宮崎県宮崎市橘通東 2 丁目 10 番 1 号 TEL/ FAX/ p

17日南市277_0324

17日南市277_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 若者にとって魅力的な情報通信業を選定し 実際に2社の 企業誘致を実現することができた また 観光分野では滞在型の観光になっていない 現状が 把握できたため 点在している観光地間の回遊性を高める施策の検討に 役立てることができた 創客創人!! 日南市雇用元気プラン 及び 日南市観光振興計画 に 掲げた戦略の実施に当たって

More information

untitled

untitled [ 平成 28 年度予算の概要 ] 6 次世代施設園芸の地域展開の促進 2,540(2,008) 百万円 対策のポイント次世代施設園芸拠点で得られた知見を活用し 次世代施設園芸を各地域に展開するため 拠点の成果に関するセミナー等の情報発信 拠点における実践的な研修等の人材育成を支援するとともに 次世代型大規模園芸施設の整備を支援します < 背景 / 課題 > 我が国の施設園芸を次世代に向かって発展させるため

More information

第4章 人権問題のこれまでの取り組み 現状と課題 施策の方向 施策の方向 さらに 障害者や高齢者の暮らしやすい町づ 高齢者がたとえ寝たきりや認知症等になって くりを推進するとともに 高齢者の人権問題に も 人間としての尊厳が守られ できる限り自 係る啓発活動の取り組みの推進に努めます 立して 社会とのかかわりを持ちながら生活で きるよう 築上町老人保健福祉計画 等に基づ 高齢者の生きがい対策の推進

More information

関経連_事業報告書CS4.indd

関経連_事業報告書CS4.indd 3 アジアとの人 ビジネスの交流拡大 連携強化による活力ある地域への成長 イ インバウンド推進 事業項目 ❶関西広域観光戦略に基づくインバウン ド推進 広域観光振興の推進体制の確立 各地域が共通して取り組む事業を推進する体制の確立に向 け 関西の自治体や経済界 観光推進団体 国の出先機関な どの参画を得て 関西国際観光推進本部 を設立 3月 目標 目指す成果 広域観光振興の推進体制の確立 関西の官民が一致協力して広域観光振興に取り組む

More information

1 2 1 2 3 4 PROFILE

1 2 1 2 3 4 PROFILE AOMORI Marketing Report お知らせ あおもり産品情報サイト 青森のうまいものたち は 平成1 発行 2007. 3. 28 7年10月の開設以来 訪問者66万人を突破し 昨年7月には 外出先からも簡単にアクセスできる モバイル版サイト もオ ープン ますます便利に充実 主なコンテンツ 旬の農林水産品の生産風景や生産者のこだわりを動画で伝 える人気のコーナー あおもり産品チャンネル

More information

平成 26 年 (2014 年 )3 月 31 日 住み慣れた地域で障害者が自立できる社会を目指して市内 20 か所の障害者就労施設等の商品カタログを発行 ~クッキーや弁当販売 名刺印刷 清掃業務など豊富なメニュー ~ カタログ実物を添付枚方市は 市内障害者就労施設等で障害者がつくったケーキやクッキー アクセサリーをはじめ 弁当販売 名刺印刷 清掃業務などバラエティーに富んだ商品を 写真をメインにカラーでわかりやすく紹介した

More information

剣淵_巻頭_00.01

剣淵_巻頭_00.01 K Server 剣淵町 総合計画書 本文 第1章 7 観光 2011.03.16 22.01.03 Page 56 基本計画 第1章 地域の資源を活力に 豊かなまちをつくる 課 題 施 民間施設も含め 集客に向けて町内の観光関連施設がよ り一層連携していくことが必要です 3 策 観光関連施設の 連携を進め 町全体の 集客力を高めます 施策を進める事業 ① 各施設での観光情報発信機能の向上 ② 施設連携による観光客の誘致に向けた企画

More information

Vol.22 活動例 セミコンジャパン2011 PV Expo2012 グリーンイノベーションフォーラム グリーンイノベーション推進会議 各種研究会開催 3. 医療機器関連分野 医療機器関連産業と ものづくり企業 の連携活動を促進 平成23年度は 日本医療機器工業会のアドバイザーの指導と 助力を仰ぎつつ 東北各県の支援担当者との密接な協力の下 ものづくり企業の医療機器関連産業参入の促進活動を展開

More information

名称未設定-1

名称未設定-1 1. 2. 3. 4 6 8 1. 14 16 10 17 18 20 22 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2. 36 37 32 3. 38 2 3 国際交流の JICE 1 ジ ャ イ ス J ICE とは 一般財団法人日本国際協力センター JICE は 国際協力の推進を目的に 1977 年に設立された組織です 国際研修 2 日本と世界の人々をつなぐ 国際 交流 へ

More information

12琴平町197_0324

12琴平町197_0324 R E S A S の 分 析 に よって 得 られ た 内 容 RESASを活用したことで 琴平町の観光を軸にした産業振興の今後の方向性を 把握できたほか 農業に強みがあることを見出した 琴平町の産業についてRESASによって分析を行った結果 琴平町における観光産業の位置付けの確認と 更なる 振興の方向性が把握できたほか 競争力の高い産業として農業に可能性があることを確認することができた まず 産業構造については観光に関連する産業の売上高及び付加価値額双方が際立って高く

More information

広報誌ふれあい第23号-最終.indd

広報誌ふれあい第23号-最終.indd 平成27年度 Ⅰ 事業計画 法人の運営管理 1 2 理事会 評議員会の開催及び監査の実施 定款及び諸規程の整備 3 4 5 各種委員会 会議の開催 虐待防止委員会 安全衛生委員会 自治会懇談会等 組織機構の見直し 事業部クリーニング課の3課体制 利用者の処遇向上のための工賃向上計画の策定 6 役員 評議員 職員に対する研修の実施 Ⅱ 1 福祉事業 利用者支援について ① 入所サービス Ⅲ 1 就労支援事業

More information

untitled

untitled 2nd Stage 10/413/3 3 地域密着型金融の推進 2 具体的取り組み A 顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮 創業 新事業開拓を目指すお客さまへの支援 技術やサービスにおいて新規性 成長性のある企業に対し かながわ成長企業支援投資事業組合 通 称 成長支援ファンド 当行グループ企業である横浜キャピタルと共同で設立 を活用したエクイティに よる安定資金を供給するほか 当行グループの機能を活用し企業の経営をバックアップすることにより

More information

①.xlsx

①.xlsx 世田谷ナンバー 世田谷ナンバー の位置付け 地域振興 安全安心まちづくりの推進 第 9 次世田谷区交通安全計画 観光振興 産業活性化 まちなか観光の推進 世田谷区産業ビジョン 世田谷区産業振興計画 ( 調整計画 ) 世田谷区観光アクションプラン 世田谷区産業振興懇話会提言 安全安心まちづくりの推進 事業主体 警察 交通安全協会 世田谷区など地域を大切にするセーフティードライブや急発進や急停止をしないゆとりあるエコな運転など

More information

3 4

3 4 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 資料 1 年度計画作成スケジュール 時期各総長室等大学全体企画 経営室関連分 10 月 11 月 年度計画作成方針の検討 ( 企画 経営室会議 ) 年度計画作成方針の決定 ( 役員会 ) 年度計画 ( 一次案 ) の作成 年度計画 ( 一次案 ) の作成 12 月 年度計画 ( 一次案 ) の集約 調 整 1 月 年度計画 ( 二次案 ) の作成 ( 一次案のフィードバック

More information

攻めのCSR小冊子_1203_4

攻めのCSR小冊子_1203_4 メディアとつながる CSRの発信拠点の 運営協力 各種プロモーション Webサイト 毎日新聞社と共に運営している は リアルイベント 毎日新聞本紙 Webサイト SNSを組み合わせた強力なクロスメディア 施策により 企業様のCSR活動の 発 信力を飛 躍 的に高める新たな メディア戦略で様々な企業様のCSR 活動の情報を発信しています リアルイベント SNS 企業コラボにつながる CS Rの企業間コラボレーションを

More information

GH2011_H1H4_F_2_1128

GH2011_H1H4_F_2_1128 Green House Group Communication Report http://www.greenhouse.co.jp INDEX 03 05 07 09 11 15 19 23 29 30 01Green House Group Communication Report Green House Group Communication Report 02 グリーンハウスグループの事業概要

More information

1c_本文118号.indb

1c_本文118号.indb 42 笑んがわ市の憩いのコーナー 中野地区 概ね小学校区単位で 計30の地域自主組織 笑んがわ市に集まる移動販売 中野地区 非常勤数名が標準 は地域自主組織が直接雇用する 財政支援に関しては 当初は地域振興補助金とい う形で支給していたが 平成23年度からより自由度の 地域自主組織は平成17年度から19年度にかけて 高い 地域づくり活動等交付金 になった 人口や高 市内全地域で設立された 名称は 振興会

More information

ディスクロージャー2012.indd

ディスクロージャー2012.indd D I S C L O S U R E 2 0 1 2 C O N T E N T S トピックス JAバンクえひめロールプレイング大会 東京第一ホテル松山コスモホールにて 平成23年 11月2日に平成23年度 JAバンクえひめMAロール プレイング大会 約150名参加 を 11月10日に JAバンクえひめ 窓口担当者ロールプレイング大 経 営 会 約150名参加 を開催しました

More information

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用

OB140418大森法人ニュースVol.5-2014.5.6月_PDF納品用 part 1 part 2 平成28年度事業計画書 平成28年度活動理念 基本方針に沿った事業を実施いたします さらに年間を通じて 仲間づくり運動 を展開し 一人でも多くの経営者仲間を増やしたいと考えていますの で ご協力をお願いいたします 常に事業内容を見直しつつ 皆様のお役にたてる法人会 をめざしてゆきます Ⅰ 平成 28 年度活動理念 地域の発展と活力ある公益社団法人をめざして 1 公益法人制度に適合した

More information

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に

副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に R enouveau KYOTO NOTRE DAME UNIVERSITY Vol.88 副学長 教学担当 中村 久美 新しい大学づくりに向けた教育の展開 巻頭言 2012年6月に文部科学省が公表した 大学改革実行プラン は 激動の社会における大学機能の再構築を掲げています 教学に関し ては ①学生の主体的な学びの創出や学修時間の拡大化をはじめと する大学教育の質的転換 ②グローバル化に対応した人材育成

More information

長野県みらい基金からのお知らせ 2

長野県みらい基金からのお知らせ 2 長野県みらい基金からのお知らせ 2 3 長野県みらい基金からのお知らせ 協働デスク便り 4 協働デスク便り 5 協働デスク便り 6 7 協働デスク便り 特定非営利活動法人生活支援サービス事業所福寿庵木曽郡木曽町新開 2352 番地 2 この法人は 地域住民に対して 日常生活支援 介護事業を行うことにより 誰もが地域で可能な限り暮らし続けることができることを目的とする 特定非営利活動法人定年就農の会東筑摩郡山形村

More information

00.xdw

00.xdw 地域及び職場における 食生活改善のための取組の推進 スーハ ーマーケット 飲食店における普及啓発活動 1 地域保健福祉センター, 医療福祉施設, スーハ ーマーケット, 飲食店, 職場の食堂等における普及啓発 食育 健康づくり推進課 にいがた子ども食事バランスガイド の普及啓発 2 新潟市版食事バランスガイド の作成, 活用促進 保健所健康衛生課 にいがた地域版食事バランスガイド の 作成 活用の促進

More information

持続可能な社会 植樹をはじめ 下刈りや手作業による間伐など 計画的な森林整備活動に取り組んでいます 日本の豊かな自然環境を 次世代に継承していくために 森林を育て 木質材の利用を促進する森林保全プロジェクト セブンの森 地球温暖化対策をはじめ 生物多様性や森林環境の保全のために セブン-イレブン記念財団と恊働 で各地域で森林保全プロジェクト セブンの森 づくりに取り組んでいます このプロジェクトは

More information

sangi_p2

sangi_p2 私たちは ふるさと と 人々のくらし を支える 未来の土木エンジニアを待っています 土木 は 英語で Civil Engineering と言い 市民生活を支え 発展させるための 技術を意味します 具体的には 道路や橋 ダムや港 公園など 私たちのくらしや経済活動を支える社会 資本 インフラ をつくり 守っていく仕事です 交通ネットワークの整備による産業や観光の振興 美しいまちなみや景観の形成 洪水

More information

OFFICE CASE 1 CASE 2 CASE 3 2社間の壁を越え 合併 集約の効果を最大化 合併により誕生した製薬会社A社は グローバル企業として 医療ニーズにあった高質な医薬品 を患者のもとにはやく届けることを目指している そのためには 合併前の仕事の進め方や文化 の違いによる壁を解消し 相互の強みを活かした研究開発を行う必要がある より良い製品をよ りはやく生み出す グローバルレベルの研究所

More information

Nikon AR J

Nikon AR J 40.3% 45.5% 9.4% 4.8% 05 06 07 苅谷 道郎 常務取締役 映像カンパニープレジデント お客様の操作性や利便性を重視し 従来からの銀塩カメラのお客様にも使いやすいデジタルカメ ラを開発するとともに デジタルカメラ世代のニーズに応えた 新しいタイプの製品も市場投入 していきます デジタルカメラの進化はニコンにとって 多くの新しい事業機会を生み出す原動 力です 映像事業部門 当期の市場環境は

More information

1 2 3 CONTENTS

1 2 3 CONTENTS 1 2 3 CONTENTS 東日本大震災復興支援の取組み 岩手県 Iwate 農林中央金庫は 農林水産業を基盤とする協同組織中央機 関として 引き続き 農林水産業の復興を全力かつ多面的に 支援してまいります 次ページ以降で農林中央金庫の現地拠点から 被災各県の現状と被災各県における JA JF JForest の取組みをお伝えします 宮城県 岩手県 復 旧 が 急ピッチで 進 む 一方 農 林

More information

2013 1No.052 4 16 2 20 22 26 α 28 32 33 34 40 42 44 45 46 48

2013 1No.052 4 16 2 20 22 26 α 28 32 33 34 40 42 44 45 46 48 2013 1No.052 2013 1No.052 4 16 2 20 22 26 α 28 32 33 34 40 42 44 45 46 48 !!!!!!!!!!!!!!!!!! J Net JR http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/inspect.htm J Net http://j-netsmrj.go.jp BOOK No

More information

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を

問 1 あなたは, 景観について関心をお持ちですか? 1 非常に関心を持っている 関心を持っている 関心を持っていない 全く関心を持っていない % 5 全く関心を持っていない 0.6% 1.1% 1 非常に関心を テーマ 調査目的 平成 23 年度第 5 回県政モニターアンケート調査結果 : 景観づくりに対する意識 について 地域政策課地域振興係 (099-286-2428) : 今後の景観行政の参考とさせていただくため, 標記の調査をお願いしました 調査対象期間 : 平成 23 年 9 月 8 日 ~10 月 14 日調査対象数 : 200 名回答者数 : 186 名 ( 回収率 93.0%) ただし, 一部,

More information

Contents

Contents Contents ソリューション最前線 銀行で 学校で 病院で ショッピングで 暮らしの中のさまざまなシーンを支える 日本ユニシスグループのソリューションの一例をご紹介します 次世代の学校教育を支える学習管理システム RENANDI 統合eラーニングシステム 銀行の新サービス提供を支援する 地方銀行様向け勘定系システム BankVision BankVision は 世界で初めてWindows 技術を全面採用した

More information

58

58 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 第Ⅳ章 林業と山村

More information

78

78 77 78 79 80 複 合 サービス 事 業 4.2% 飲 食 店, 宿 泊 業 2.9% サービス 業 ( 他 に 分 類 されないもの) 4.9% 教 育, 学 習 支 援 業 2.6% 不 動 産 業 0.1% 金 融 保 険 業 0.5% 運 輸 業 3.0% 情 報 通 信 業 0.1% 医 療, 福 祉 7.9% 卸 売 小 売 業 11.5% 分 類 不 能 の 産 業 0.0%

More information

10_1

10_1 農林中央金庫グループの 活動状況 当金庫グループでは さまざまな取組みを通じて より良い環境 住みやすい地域 豊かな社会づくりに貢献しています 農林 中 央金庫 C S R報告書20 1 4 48 人づくり 人的交流 の強化 農中 JA JA信農連 県中央会 今年2月の大雪で 組合員が受けたイ チゴやトマト等の施設ハウスの甚大な 被害を目の当たりにしました JA グ JA JA信農連 県中央会への出向

More information

<91E58A7792CA4D5E91E >

<91E58A7792CA4D5E91E > History も のつくり大学 01 年の歩み 10 1 ものつくり大学の これまで と これから 学長 神本武征 この 10 年のあゆみに見るように 最初の 5 年間に建 物の整備と同時に事務系の組織が充実し さらに 2005 年度に大学院が設置されて 大学としての基本的な形 が整った 2006 年以降になると諸外国の大学との協定 国内高校との教育連携など外部との連携が積極的に進め られた また建設学科の地域貢献と製造学科の産学協同

More information

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172

宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 認知度集計表 ( 回答者属性別 ) 内容について知っている 言葉は聞いたことがある 効知らない ( はじめて聞く言葉である ) 県全体 度数 ,172 宮城の将来ビジョン 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ 4 宮城の将来ビジョンにおける 3 つの政策推進の基本方向に関する調査分析結果宮城の将来ビジョンで定めている政策推進の 3 つの基本方向ごとに, 認知度及びさらに力を入れる必要があると考える取組について調査したところ, 次のような結果となりました (1) 富県宮城の実現 ~ 県内総生産 10 兆円への挑戦 ~ < 概要 >

More information

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1

2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 1 2 1.4(0.5) 1.3(0.4) 1.2(0.4) 3.1 2.7 3.1 3.3(0.4) 3.1(0.4) 3.1(0.4) 7.8 7.4 8.1 3 4 5 6 在外研究報告 大規模営農における作業履歴管理 生産物情報管理システムの開発 1 はじめに 2006年4月8日から11月23日にかけて 米国Iowa State University( 以 下 ISU) の Agricultural

More information

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】

地域英語教材“15 Stories of Saitama-ken”(Ver.2)の開発と活用【共同研究】 第18回 研究助成 B. 実践部門 報告Ⅴ 英語能力向上をめざす教育実践 地域英語教材 15 Stories of Saitamaken Ver.2 の開発と活用 共同研究 代表者 埼玉県 鶴ヶ島市立西中学校 校長 吉田 敏明 本研究は3部構成で 平成14年度に開発 CD-ROM を開発したのである 結果的に生徒たち した中学生向けの CD-ROM 版地域英語 は 私たちの想像をはるかに超える 内容豊かな英

More information

OTEMON GAKUIN

OTEMON GAKUIN 2012 平成24 年度 追手門学院 事業報告書 OTEMON GAKUIN 2012 02 02 29 29 03 30 31 32 34 03 04 05 07 08 09 10 35 36 37 39 11 40 41 42 43 14 17 19 20 44 24 25 26 27 01 OTEMON GAKUIN 2012 02 ❶ 法人の概要 追手門学院の3つの基本目標 Ⅰ. 学院の教育理念

More information

20 102 5-6 -

20 102 5-6 - 20 20-5 - 20 102 5-6 - 2.65 631 101 102.1641 102.1 211 100.8101.4 308 114.0 80 347 141 307 20 601.45 696 19 80.721 120.78 941 20-7 - 20 8 94.9102 7 3 1,896 19 34 12 1 1 22,431 20 102 JA 4,185 JA 78 1 24,500

More information

月報私学2013年10月号

月報私学2013年10月号 平成25年10月1日 第190号 界のニーズに応える実践的な職業教育 国人留学生の受け入れ先として 産業 その生活費とこれを支える家庭の経済 る 高 校 生 高 等 専 修 学 校 生 を 対 象 に の費用を計上しています 以上のほか 教育装置や学内LAN 専修学校の教育基盤の整備 学校と都道府県を対象に それぞれが 装置の整備 学校施設や非構造部材の 状況 学習とアルバイトの状況等につ このため

More information

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2

Rodrigo Domingues UNDP Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 UNDP Empowered lives. Resilient nations. UNDP UNDP 1 Rodrigo Domingues UNDP 2013 5 2008 Borja Santos Porras/UNDP Ecuador UNDP Kazakhstan 2 1 UNDP 2005 UNDP UNDP 50 2 168 177 UNDP 3 UNDP 2000 2012 90 1

More information

CSRコミュニケーションブック

CSRコミュニケーションブック 地域との 地域とともに 森を育て守っています 共生を目指して 全国に広がる森林保全活動 JTの森 JTグループは 事業活動において葉たばこ 紙 野菜 茶葉などを原材料として使用しており 事業を支える自然の恵みに 対する感謝の想いと企業の社会的責任の観点から 森林保全活動 JTの森 に取り組んでいます JTの森 は国内各地の森林 を一定期間借り受け 専門家や地元の方々との対話を重ねながら 森づくりに必要な手入れを支援するしくみです

More information

海外支援事例

海外支援事例 世 界 に 挑 む 日 本 のスモールビジネス 海 外 展 開 事 例 集 http://www.jfc.go.jp/ 卸 小 売 業 ~ KOBE 発 の 新 しいデザイン 陶 器 を 世 界 へ ~ 株 式 会 社 三 宝 齋 ( 兵 庫 県 ) 2 ~ 高 品 質 の 中 古 車 の 新 興 国 向 け 輸 出 で 急 成 長! ~ 株 式 会 社 ENG ( 東 京 都 ) 3 ~ 小 さな

More information

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行

経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行 国立研究開発法人 経営理念 宇宙と空を活かし 安全で豊かな社会を実現します 私たちは 先導的な技術開発を行い 幅広い英知と共に生み出した成果を 人類社会に展開します 宇宙航空研究開発を通して社会への新たな価値提供のために JAXAは 2003年10月の発足以来 宇宙航空分野の基礎研究から開発 利用に至るまで一貫して行うことのできる機関として 活動を行っております 発足当初から10年は研究開発組織として技術実証による技術基盤の獲得を行い

More information

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回)

平成28年度企業主導型保育事業の助成決定について(第1回) 16 30 12 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) 運営開始日 ( 予定 ) ( 希望出生率 1.8 の実現 希望どおりの人数の出産 子育て ( 待機児童の解消 ) 6 多様な保育サービスの充実 ( その 1) 国民生活における課題 出産後 子育て中に就業したくても 子供を保育する場が見つからない 待機児童数 :23,167 人 (2015 年 4 月 ) 現在就労していない既婚女性の就労していない理由

More information

未来2017.indd

未来2017.indd Sapporo Odori High School 2 2017 Guidebook 3 Sapporo Odori High School 4 2017 Guidebook 5 6 Sapporo Odori High School 例③ 企画立案から運営 実施 まちづくりの活動に高校生も参画 さっぽろの各所で 大人によって企画運営されるまちづくりの活動があります ここに参画して 当日の運営ボランティアから

More information

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅

いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅 いわての 仕事を 大解剖 未 来 を つ くる 岩 手 県 の 仕 事 を 理 解 し よ う 岩手県の仕事といっても 漠 然としてイメージがわきにくい という人も多いはず そこで皆さんの素 朴な疑 問を通して 県がどんな仕事をしているのか ちょっとのぞいてみましょう 県は岩手県全体の未来のため 幅広い仕事で県民の暮らしを 支えています 民間と比べて 仕事のやりがいは 仕事の種類は どのくらい あるの

More information

2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B

2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B 83 846 88 2 5 3 4 8 8 28 5 9 88 Topics 9 2 5,96 23 2 8,3 6,998 6 42 2 5 65 3 3 3 59 4.% 8.% % 8.%.%.%.6%.5% 2.9%.%.9% 6.3% 6.3%.% 88.%.% 9.6% 9.8% 9.8% A B C D E B/A C/B E/B 2 3 4 5 6 333. 3,63 3,862 45.

More information

来場誘致活動 招待券 ポスター配布 DMの発送およびメールマガジンの発行 出展企業に対する招待券やポスターなどの各種来場促進ツールの配布と併せて 特別協力の東京都 後援機関 協賛団 体等へも組織的な来場誘致を働きかけたほか プレスの協力を得て専門誌に招待券を同梱発送した また全国の官公庁 自治体枢要幹部や ライフラインをはじめとする基幹産業各社の役職者を中心に招待券のダイレクトメールを送付した さらに全国道府県の危機管理監および警察本部長等の警察幹部

More information

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙

本文  横 組版規則 複数_OF/表紙 2014年12月 福島大学研究年報 第10号 93 地域ブランド戦略研究所 所 長 西 川 和 明 研究目的 企業がマーケティングにおいて自社ブランドの認知 度を図るための戦略を取るのと同様に いわゆる 地 域産品 のマーケティングにおいても 消費者に受け 入れられるための 地域ブランド戦略 が重要であ る ところが 企業に比べて地域においてはその取り 組みが不十分であるために 製品としてはいいもので

More information

宅建153 表4-表1

宅建153 表4-表1 宅建あおもり 2013 9月号 VOL.153 発行者 公益社団法人青森県宅地建物取引業協会 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会青森本部 青森県青森市長島三丁目11番12号 TEL.017 722 4086 代 FAX.017 773 5180 発行人 安田勝位 編 集 企画情報委員会 年6回発行 5.7.9.11.1.3月発行 1 中古住宅流通促進事業説明会開催 予定 について ハトマークの不動産あれこれ

More information

untitled

untitled 拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます 平素は 格別のご高配を賜り心より厚くお礼申し上げます 90年以降 加速するデジタル化の流れを受け 製品やお客様での活用が大きく変化する 中 それまで 販売のリコー と評された国内販売組織にも改革の波が到来した 96年からは デジタル化への対応や ソリューション体質への変革等を打ち出し 商品 顧客の変化に応 じた戦略実行と体制変革を実施 また 05年からは更なる国内販売強化による成長戦略を

More information

姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下

姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下 播磨圏域連携中枢都市圏形成 連携協約書 平成 27 年 4 月 5 日 姫路市たつの市 姫路市及びたつの市における連携中枢都市圏形成に係る連携協約 姫路市 ( 以下 甲 という ) 及びたつの市 ( 以下 乙 という ) は 連携中枢都市圏構想推進要綱 ( 平成 26 年 8 月 25 日付け総行市第 200 号総務省自治行政局長通知 ) に基づく連携中枢都市圏である播磨圏域 ( 以下 圏域 という

More information

今年で記念すべき第 10 回目の開催を迎えた 地方銀行フードセレクション では 新企画として アトリウムを使用しての 新商品展示コーナー や 昨年よりも拡充して開催された 事前エントリー制個別商談会 等を実施し 出展社 バイヤーから嬉しいお声を多数いただくことができました 日本はそれぞれの地方が持つ

今年で記念すべき第 10 回目の開催を迎えた 地方銀行フードセレクション では 新企画として アトリウムを使用しての 新商品展示コーナー や 昨年よりも拡充して開催された 事前エントリー制個別商談会 等を実施し 出展社 バイヤーから嬉しいお声を多数いただくことができました 日本はそれぞれの地方が持つ 今年で記念すべき第 10 回目の開催を迎えた 地方銀行フードセレクション では 新企画として アトリウムを使用しての 新商品展示コーナー や 昨年よりも拡充して開催された 事前エントリー制個別商談会 等を実施し 出展社 バイヤーから嬉しいお声を多数いただくことができました 日本はそれぞれの地方が持つ特有の自然環境や 長い年月で培われた歴史 人々の暮らしを背景に とても豊かに育まれてきました 日本の食はクールジャパンを牽する存在となり

More information

2015リハトレ再版11校

2015リハトレ再版11校 は 利用者はもとより 介護スタッフ 施設経営者にもさまざまなメリットをもたらします を核とした リハビリ型デイサービスの次世代モデル 今 リハトレーナー を導入して機能訓練に特化したリハビリ型デイサービスが全国に展開されています リハトレーナーを中心とした機能 利用者にとってのメリット 訓練に加え 個別リハビリプログラムや楽しみながら脳を活性化するトレーニングなどを取り入れた午前 午後入替制の短時間デイサービス

More information

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度

第 5 章 建 築 物 の 地 震 に 対 する 安 全 性 の 向 上 に 関 する 啓 発 及 び 知 識 の 普 及 テレビ 放 送 等 様 々なメディアを 活 用 して 情 報 提 供 の 充 実 を 図 ります (3)リフォームにあわせた 耐 震 改 修 の 誘 導 平 成 15 年 度 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 第5章 建築物の地震に対する安全性の向上に関する啓発及び知識の普及 1 県民への耐震知識の普及方策の概要 1 パンフレットの作成 配布 セミナー 講習会等の開催 県では市町村 建築関係団体の協力を得て わが家の 耐震診断ガイドブック 誰でもできる わが家の耐震 診断 あなたの建物は安全ですか 耐震改修工事の すすめ 等の耐震診断 耐震改修に関するパンフレッ

More information

NICnet80

NICnet80 i-japan 2015 Towards Digital inclusion & innovation TOPICS 20 2 N a t i o n a l S m a l l B u s i n e s s I n f o r m a t i o n P r o m o t i o n C e n t e r 表1 3 本戦略のスコープ i-japan戦略2015の視点 2001 2006 2009

More information

2

2 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 研究会 意識の高い関係者 広告主 有識者 とともに議論を繰り広げる研究会 専門家としての知見とノウハウをもとに 貴社のブランド構築をつくることが目的です 研究会の全体像 食品 飲料 流通 小売 化粧品 有識者 大学教授など 研究会参加企業の依頼 例 研究会の開催 セミナーの開催 生活者のライフスタイルや趣味趣向は日々変化しています

More information

大京グループレポート(CSR抜粋版)

大京グループレポート(CSR抜粋版) 2016 (CSR 抜粋版 ) 3. 1. 4. 2. 2016/3 2015/3 827 1,236 2014/3 1,056 1. 防災意識の啓蒙 バケーションレンタル ( 空室の有効活用 ) 大京グループでは 40 年以上住まいを提供してきた企業として大規模災害時には これまでの経験を活かし グループ全体で復旧支援に努めました その経験から お住まいの方々が安心して暮らせる環境をサポートするために

More information

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために

(1) 体育・保健体育の授業を改善するために 3 30/ /31 3 3 体の動かし方やコツがわかる授業 体育の授業で体の動かし方やうまくなるためのコツが わかった と回答した小学生は 男子46.0 女子38.0 であり 保健体育の授業で わかった と回答した中学生は男子 30.5 女子20.7 と 中学生に比べ小学生が 体の動かし方やコツに関する理解を得てい ることが分かった 一方で 体の動かし方やコツを理解できていない児童生徒も存在して いた

More information

CSR2014 当社の経営とCSR 日立国際電気グループの情報開示 企業理念 経営理念 に示した基本理念を 行動基準 当社グループの事業活動についての情報は 財務情報を中 と グループ行動規範 に示す活動の積み重ねにより実現 心に扱う事業報告書と 社会性や環境保全などの非財務情報 することを当社グループの CSR 方針としています を主に扱うCSR報告書に分け 定期的に開示しています 企業理念 経営理念および行動基準とCSR

More information

News Release 報道関係者各位 公益社団法人日本看護協会広報部 2016 年 5 月 13 日 厚労省医政局 老健局へ予算編成に関し要望看護師養成の教育年限 4 年を訴え 公益社団法人日本看護協会 ( 会長 : 坂本すが 会員 70 万人 ) は 5 月 12 日 厚生労働省の神田裕二医政局長 三浦公嗣老健局長に 来年度の予算編成などに関する要望書を提出しました 報道関係の皆さまにおかれましては

More information

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座

はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 はじめに マーケティング を学習する背景 マーケティング を学習する目的 1. マーケティングの基本的な手法を学習する 2. 競争戦略の基礎を学習する 3. マーケティングの手法を実務で活用できるものとする 4. ケース メソッドを通じて 現状分析 戦略立案 意思決定 の能力を向上させる 4 本講座 競争優位のマーケティング の特徴 1. 主な基本的な理論を修得できる 4P 3C 2. 競争戦略の理論を修得する

More information

h23活動報告書

h23活動報告書 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワー ク学習事業の概要 Ⅴ 市民 行政協働 ネットワーク学習事業の概要 地域とそこで暮らす市民 学校 区役所や市民館などが連携し 協力して学習活動を発展させている また 広く学習にかかわる情報や人などのネットワークづくりを進め 生涯学習活動やボランティア活動 市民活動を積極 的に支援している 1 行政区地域教育会議 行政区において 学校 家庭 地域の連携により 区内の子育てや生涯学習のネットワークづくりと

More information

2 3 4 2 2 2

2 3 4 2 2 2 2 3 4 2 2 2 ! @ # 2 3 4 ! @! 2 3 4 5 6 2 @ # 2 29年度の事業計画 予算 1 はじめに に出会い 実態を調べる取り組みとします 企画内容や諸経費の抜本的な見直しを行 い 突出した経費負担の改善を図ります 組織 事業のあり方についての抜本的な検 討をすすめ 2年度以降の組織 事業の再 構築に向け検討をすすめます 4 企業向け企画 下期に情報提供を目的とした啓発企画を予

More information

中国留学生から見た青森県の地域活性化について

中国留学生から見た青森県の地域活性化について 特別審査委員賞 留学生の部 中国留学生から見た 青森県の地域活性化について 弘前大学大学院 人文社会科学研究科 修士課程 2 年 金 春海 きん はるみ 中国 青森県産のりんごを出発点にした 青森と世界という複眼的な思考に独自性がありました 留学 生として青森で生活する筆者にしか書けない 実感に基づく具体性に富んだ記述や 図表を用い た考察のユニークさ 多様な調査を実施した積極性も評価されました 少子高齢化が急速に進んでいる地方

More information

untitled

untitled 1 科学技術創造立国に向けて 科学技術基本法 科科 平成7年制定 第1期 基本計画 平成8 12年度 第2期 第 期 基本計画 本 平成13 17年度 第3期 基本計画 平成18 22年度 第3期は 3つの基本理念 政府研究開発投資の拡充 期間内 期間内の科学技術関係経費 科学技術関係経費 総額の規模は1 7兆円 新たな研究開発システム の構築 競争的研究資金の拡充 ポストドクター1万人計 画 産学官の人的交流の促進

More information

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明

学校評価保護者アンケート集計結果 2 学校は 防災や防犯についての体制作りや情報収集を適切に行っている 十分 おおむね十分 やや十分 不十分 分からない 不明 学校評価保護者アンケート集計結果 学籍分類 度数 相対度数 (%) 小 通学 21 51.2 小 訪問 9 22.0 中 通学 8 19.5 中 訪問 3 7.3 学籍分類 3 8 21 9 小 通学 中 通学 小 訪問 中 訪問 1 学校 ( 教室等 ) は常に整頓され 清掃が行き届いている 十分 19 46.3 29 おおむね十分 16 39.0 42.2 やや十分 1 2.4 10.6 不十分

More information

14_06_JA.indd

14_06_JA.indd Contents さて 都内は4月に肌寒い日が続 平成 年度の販売計 いた一方 5月には 度を超える夏 画や販売方針を協議 日が続くなど 寒暖の差が大きく極 生産者の手取りの最 大化を念頭に各重点 端な気象となっています 農作物の出荷では 現在 管内で 市場と一丸となって アスパラガスの出荷が始まっていま 販売目標の達成を確 す アスパラガスは 当 認しました J Aが生産面積の拡大 を図る作物であり

More information

ニッスイ環境報告書2005

ニッスイ環境報告書2005 1 2 3 環 境 保 全 環境マネジメントシステム 基本的な考え方 ISO14001認証取得 環境 総合物流事業部 事業部一斉認証取得の取り組み推進 ニ ッ ス イ の 事 業 活 動 に お い て は 原 材 料 ニ ッ ス イ は 各 主 管 部 署 で の 環 境 マ ネ ジ の調達や製造工程 物流過程 製品の使用 メ ン ト シ ス テ ム 構 築 を 促 進 す る た め 環 総合物流事業部では

More information

日本医師会雑誌第141巻第2号別冊

日本医師会雑誌第141巻第2号別冊 I 107 1 107 2107 3107 4107 5 114 6114 7 64 114 8116 9 116 10116 11116 12 63 116 13 23 117 14 2012 117 15117 16117 17 118 119 II 128 1 128 2 128 3 2 128 4128 5 128 6 23 129 7 129 8 130 9 7 130 10 131 III132

More information

83

83 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 C 6 木造中高層建築に関すること もちろん 建築基準法上は主要構造部を耐火構造にすればよく 大臣認定番号を書類に記載すれば建 築確認上も問題ないわけであるが 実際の火災時に本当に所定の性能が発揮されるか 本当に安全な設 計にするためにはどのように納めるべきかなど 十分に専門家と議論を重ねながら設計を進める必要が ある段階であるといえるだろう

More information

6次産業ガイドブック表1

6次産業ガイドブック表1 北海道6次産業化展示交流会 平成27年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 平成26年度北海道委託事業 6次産業化支援体制整備事業 北海道6次産業化展示交流会 6 出展品ガイドブック 日 時 平成28年2月2日 火 13 00 17 00 会 場 ロイトン札幌 3F ロイトンホール 主 催 北海道 実施主体 (公財)北海道中小企業総合支援センター 北海道6次産業化サポートセンター 後 援 農林水産省北海道農政事務所

More information

_mm_h1

_mm_h1 http://www.mcf.co.jp http://www.ricoh-japan.co.jp/ http://www.hitachi-medical.co.jp http://www.suntory-sc.com/ http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/ http://www.photron.co.jp/products/medical/ URLhttp://jp.abeam.com/

More information

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年)

八街市教育振興基本計画(平成26年~平成35年) 八街市民憲章 わたくしたちの八街は 開拓の歴史と恵まれた自然環境の中で 先人の努力によって栄えてきたまちです わたくしたちは ヒューマンフィールドやちまた を目指して 調和のとれたよりよいまちづくりのために この憲章を定めます 1. 郷土を愛し 文化のかおり高いまちにしましょう 1. 自然を大切にし 潤いのある美しいまちにしましょう 1. きまりを守り 明るく住みよいまちにしましょう 1. おもいやりのある

More information

ICT Just in Time TOP TOP TOP IPP IPP TOP SCM TOP e- CATV IT CATV TOP TOP LPG LNG LPG LNG TOP TOP SCM - TOP TOP TOP FT M&A TOP SCM TOP SCM CATV 他メディア関連事業 ( ジュピターテレコム / ジュピター TV/ 映画関連事業 : 住友商事 )

More information

みずき Vol.249

みずき Vol.249 Vol.249 2 2 3 4 6 8 10 12 14 16 米 稲作 部会 稲作研 究会 く づ りを担う 当地区の基幹作物の 米 そろそろ25年度産米作りが始まるシーズンを迎えます 各地区の稲作組織の意気込みをうかがいました 食味鑑定コンクール参加を 市内学校給食米を1,600俵 袖ケ浦稲作研究会会長 時田 善夫さん 君津地区稲作部会会長 鈴口 昌治さん 袖ケ浦市上泉 君津市西猪原 わたしたち研究会は栽培技術の確立のため

More information

広報 住基カードの 無 料 交 付 開始!! NO.446 2012 平成 24 年 4 月 1 日から住民基本台帳カード 以下住基 カード 右写真 の無料交付を開始します 今までは 交付手数料として 300 円必要でしたが 住基カードのより 一層の普及促進を図るため 4 月より無料で交付をいたし ます まだ お持ちでない方は 取得をお勧めします!! 見本 何ができるの 4 住基カードを持っていれば

More information

4: 各種デザイン制作 クライアントの 想い を ご要望に応じたデザインテイストでカタチに 事例 実績紹介 事例 実績紹介 のせ CAN おおさかのてっぺん能勢町観光ガイドブック 水屋五郎右衛門 江戸時代に おいしい水 を売り歩いた水屋が 現代 の水道水を飲み そのおいしさに驚愕 自分の水が売 れないことを嘆くというストーリー展開で 水道水のお いしさを PR 中吊りポスターをはじめ 車内ステッカー

More information

(1) 都市空間形成の基本的な考え方 人口減少 長寿時代を 明石らしさを感じる 念頭に置いた 既成市 地域資源 を活かした 街地 集落での 住み続 都市づくりけやすい 都市づくり 隣接市町との戦略的な連携 魅力競争に基づく 主体的な都市づくり 海 緑 歴史 文化の魅力が暮らしにとけこむ未来安心都市 明石 明石らしさ 都市と田園の融合 集約型 地球に優しい交通 安全 安心 第 2 章 都市づくりの目標

More information

重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 *

重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 * 資料 1 ストーリー及び構成遺産 ( 案 ) - 1-1. 重工業から農林漁業まで 幅広い産業を支えた動力機関発達の歩みを物語る近代化産業遺産群 20 1853 1855 1872 1881 1893 1897 30 1896 1903 1920 1926 1921 1931 1907 * - 2 - - 3-2. 近代日本の ものづくり を根底から支えた工作機械 精密機器の歩みを物語る近代化産業遺産群

More information

report report report report report report report report ると考えられる こうした問題を解決すると共 ミネーション の形で推薦され 登録に至った に アピール性の高いテーマを発信し 外国人 ものであり 北は岩手県から南は鹿児島県まで 旅行者の誘客 宿泊 長期滞在につなげる観点 存在している こうした特徴を踏まえ 23の構 からも 広域連携が不可欠である

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション ニュースリリース (1/ 7) 報道関係者各位 平成 26 年 3 月 10 日株式会社ヒット 新年度を控え 転職 に関する意識調査を実施首都高速をよく利用する世帯年収 600 万円以上の 6 割超が収入に不満 スキルアップして転職を希望 屋外広告の媒体業および広告の企画 立案を手がける株式会社ヒット ( 東京都中央区 代表取締役 : 松丸敦之 ) は 主力看板媒体のターゲット層である 首都高速をよく利用する

More information

bussan_7th.pdf

bussan_7th.pdf 2 3 5 6 9 10 11 12 13 1 15 16 1 1 1 19 20 21 22 23 2 25 26 2 2 29 30 31 32 33 3 35 36 3 3 39 0 1 2 3 5 6 9 50 51 52 53 5 55 56 5 5 59 60 61 62 63 6 65 66 6 6 69 0 1 2 3 5 6 9 0 6 1 2 3 1 2 5 9 3 5 6 9

More information

表1-4_0530_AK

表1-4_0530_AK 1.25 1.75 2.25 1.75 2.25 2.25 3.00 4.00 4.50 666 873 142.9 1.8 77.3 2.4 67.3 グループ戦略 よりアクティブに をサポートする リハテック ブランド商品の 開発に注力します 開 発 海外市場への進出も念頭に置きながら ビジネスモデルの確立 を目指します 製 造 試乗 展示 自立度 介助式電動車いす SP40 介助者に支えられながらの外出をサポート

More information

別紙 1: 経済産業省試算 本戦略の効果 本戦略を中心とする様々な政策努力の効果が発現し 世界経済の回復が相まって 2009 年度から 2011 年度までの 3 年間で 累計 40 兆円 ~60 兆円程度の需要 140 万人 ~200 万人程度の雇用が生まれること 2020 年度には 実質 GDP が 120 兆円程度押し上げられること が視野に入ると期待される ( ) ( ) これらの諸計数は 種々の不確実性を伴うため

More information

http://www.jeed.or.jp a technical expert vol.227 2013.4 2 3 2013.4 4 vol.227 2013 April No.402 vol.235 7 1 Q A 2013.4 8 9 2013.4 10 Q A 11 2013.4 12 2 Q A 13 2013.4 14 Q A 15 2013.4 16 Q A 17 2013.4 18

More information

sus12j_pdf_H1_FIX.indd

sus12j_pdf_H1_FIX.indd 2012 V A L U E C R E A T I O N F O R A S U S T A I N A B L E S O C I E T Y 001 COMMITMENT VISION FEATURE Hitachi Group Sustainability Report 2012 002 WEB Hitachi Group Sustainability Report 2012 V A L

More information

宅建153 表4-表1

宅建153 表4-表1 宅建あおもり 2014 1月号 VOL.155 発行者 公益社団法人青森県宅地建物取引業協会 公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会青森本部 青森県青森市長島三丁目11番12号 TEL.017 722 4086 代 FAX.017 773 5180 発行人 安田勝位 編 集 企画情報委員会 年6回発行 5.7.9.11.1.3月発行 年頭にあたっての所感 1 誌上名刺交換会 2 不動産仲介契約に係る消費税率の経過措置について

More information

t a Glance 一目で分かる京都きもの友禅 強 み 1 強固な 財務基盤 優位性の高い ビジネスモデル 現金払いによる 買取り 確実な販売による 安定業績 C 価値ある商品を提供 高品質商品 の品揃え 一般的な 他社 仕入方式 特にDMには 魅力的な商品を豊富に掲載 返品が生じるため仕入れコストが高くなる きめ細やかな 毎年 成人式を迎える女性 約59万人 が 送付対象 現金買取方式による先進の仕入れ

More information

05JPOWER_p1-40PDF.p....

05JPOWER_p1-40PDF.p.... 2005 目次 日本の電気事業の現状と J-POWER の位置付け 1 財務状況 1 日本の電気事業概要 1 1 連結財務ハイライト 15 2 当社の発電事業データ 3 2 連結財務諸表 17 3 当社と国内 海外電力会社との比較 5 3 連結収益 費用構成 21 4 単体財務ハイライト 22 7 5 単体財務諸表 23 卸電気事業 7 6 単体電気事業営業収益 費用の分析 29 (1)火力発電 8

More information

大阪のまちづくり Vol.17

大阪のまちづくり Vol.17 大阪の 快適で安全な街をめざして 大阪府都市整備推進センターの取り組み情報をお届けします 17 Vol. 2 0 1 2 年 6 月 特 集 エリアマネジメント 土地区画整理事業の事例紹介 密集市街地整備の事例紹介 まち育てについて 河川賑わい空間創出事業 ちきりニュース まちづくり活動 まちづくり活動支援 INFORMATION お知らせ 情報BOX まちづくりの輪 環境共生型まちづくり事 業 ちきりアイランドの

More information

表 ごあいさつ JA 全 国 監 査 機 構 は 都 道 府 県 農 業 協 同 組 合 中 央 会 の 監 査 事 業 をJA 全 中 ( 全 国 農 業 協 同 組 合 中 央 会 )に 統 合 した 農 協 法 に 基 づく 農 業 協 同 組 合 の 外 部 監 査 組 織 です 平 成 14 年 の 設 立 以 来 監 査 の 体 制 充 実 や 技 術 の 向 上 等 監 査 の 品 質 向

More information

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない

妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県参考資料 現状と課題 初婚の年齢は男女とも年々上昇している 第一子の出生時年齢も同時に上昇している 理想の子ども数を持たない理由として 欲しいけれどもできないから と回答する夫婦は年々上昇している 不妊を心配している夫婦の半数は病院へ行っていない 平成 28 年 10 月 26 日 妊娠 出産 不妊に関する知識の普及啓発について 埼玉県知事上田清司 人口動態統計によると 初婚の年齢は男性 女性とも年々上昇し 晩婚化が進んでいる 女性においては 平成 7 年の 26.3 歳が 20 年で約 3 歳上昇し 29.4 歳となっている 第一子の平均出生時年齢も上昇し 平成 27 年で 30.7 歳となっている また 第 15 回出生動向基本調査によると

More information

183873224 423644111 423661457 http://www.city.fuchu.tokyo.jp/ 3 特集 市の財政状況と今後の課題 平成26年 214年 3月11日 健全財政の堅持が難しくなりつつあります 市の財政状況と今後の課題 市では これまで第5次府中市総合計画で定めた各施策の実現に向け 新 たな事業の実施や施設を整備するなど 市民サービスの向上に努めてきまし た

More information

市報かすが12月15日号

市報かすが12月15日号 6 職員の研修および勤務成績の評定の状況 (1) 職員研修の状況 平成24年度 総事業費 区 分 556万5000円 主な内容 派遣先 コース 回数 受講人数 自主開催研修 管理職研修 文書事務研修など 10コース 26回 延べ1411人 派遣研修 福岡県市町村職員研修所 市町村職員中央研修所など 97コース 97回 延べ182人 107コース 123回 延べ1593人 合 計 (2) 勤務成績の評定状況

More information

untitled

untitled 8 9月 9月3 0日開 催 若者 世 代 会 議 の様子 3915 たあと ざっくばらんに身近な問 題や日頃まちづくりについて感じ ていることなどの意見を出し合い ました 参加者からは 人口がこんなに 減ると聞いて驚いた 町には保 育所から高校までの教育機関があ るメリットは大きい 嶺北高校へ の進学率をあげるためには 中学 校の魅力化が必要ではないか と の率直な意見や 人口の減少に 歯止めをかけるには

More information

2

2 2015年 9 月号 442 No. がんばる中小企業のためのビジネス情報誌 がんばる中小企業のためのビジネス情報誌 N CO T TS EN 成長産業分野の海外展開支援事業のご案内 1 シリーズ キラリ企業 の現場から 2 第108回 マックスプル工業株式会社 転ばぬ先の法律相談 4 学生デザイナーと中小企業の共同商品開発 5 海外展開のヒント 6 東京都中小企業業種別経営動向調査の概要 生活支援サービス業

More information

最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バ

最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バ 最 線 カメラル ポ 前 最前線カメラルポ 発展する 中国における生産拠点 船舶 江蘇省南通市 舶用 機器 湖北省武漢市 精密機器 江蘇省蘇州市 の 生産拠点 そして上海の事業支援拠点を訪ねて 北京 70 イラストぎじゅつ入門 黄河 林地残材や間伐未利用材などを原料にして 電力や熱を生み出す 木質バイオマス流動層ガス化発電システム のしくみ 現場を訪ねて さらなる飛翔へ 活況を呈する 航空機 宇宙

More information

農業だより

農業だより INDEX 近年 中山間地域の農家を大変 苦しめているのが野生獣類 特に イノシシによる被害です 市農政課が平成二十年 市内の 農家を対象に実施した 豊田市鳥 獣被害アンケート によると イ ノシシの被害件数は 一 九二五 件 被害面積四〇 三六 被害 金額三千三百万円余です 作物の被害状況は 水稲が一番 多く 野菜 サツマイモ等の作物 が全般的に被害を受けていること が判明しました また

More information