Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download ""

Transcription

1

2

3

4

5

6

7 カレンダー作りに挑戦する参加者カレンダー作りに挑戦する参加者カレンダー作りに挑戦する参加者

8

9

10 下関税務署からのお知らせ

11

12

13 酸性土に強い ph 立春とはいえ2月初旬は平年な ら 1 月 下 旬 か らの一番 寒 さの厳 し い 季 節で す そのた め 畑 の 地 温 は 低く 霜も厳しいので露地裏畑で はとても種まきできる時 期ではあ りませんが フィルムをトンネル状 に覆い 上手に管理すれば 多くの 地域 関東南部以西の平たん地 北 関東以北では2 3旬遅れ では一 足早い春の訪れ 春取りニンジンの 種 のま き ど きで す 取 り 組 め ば 陽 春の4 月 下 旬 か ら 5 月 にか けて 色 鮮 やかで甘 くておいしいニンジ ンを食卓に載せることができます 品種は低温下で根の太りが良く 品質の良い ベーター312 ベ ビーキャロット サカタのタネ いなり五寸 平安三寸 タキイ 種苗 スイートキャロット トキ タ種苗 や JAのお薦め品種から 選びましょう 畑の準備は 種まきの半月以上 前 に 図 のよ う に 幅 のベッ ドを作り 全面に完熟堆肥と油か す 化成肥料をばらまき ほど の深さによく耕し込んでおきます そして くわ幅のまき溝を3列 溝 底が平らになるようくわを前後に 動かして丁寧に作り ジョウロで溝 の外にはみ出さないよう 留 意して 灌水 かんすい します 種まき後 す ぐにフィルムを 密 閉 してしま う ので ここで十分水を与えておくこ とが肝要です 種 まきは1 ぐらいの薄 ま きとし 3 5 ぐらい薄く覆土し その上にもみ殻薫炭か ピートモ スを薄く掛けます トンネルにはビニールまたはポ リエチレンフィルムを覆い 裾には 十分土を掛けて密閉し 地温の上 昇を図ります 日が当たっても発芽 するまでは換気する必要はありま せん 土 が 乾き 過 ぎ た ら週 1 回 ぐ らいフィルムを 除いて灌 水 してく ださい 発 芽して本 葉 が 1 2 枚になっ たら 図のように頂部に小穴を開 けて換気し 温度の過上昇を防ぎ ます フィルムに穴を開けたくない なら 狭幅フィルムを2枚合わせに しておき 頂 部を開いて換 気して も よいです 裾 を 開 け る と 両 裾 に 寒風が入り また風で飛ばされて しまうので失敗します 育つにつれて適宜間引き 灌水 追 肥 を 行い 暖 か くなるにつれて 裾開け換気し 生育の様子を見な がらフィルムを次第に開け 十分暖 かくなれば昼夜も全開にします 根の肥大状況を常に観察し 食 べられるよ うになった ら 逐 次 収 穫 しましょう 座 おせっかいになりやすい時期 人の行動に口出しして 再トライすれば スムーズに動き始める予感 春上 取手 りな ニト ンン ジネ ンル を保 温 で 生夫 川本 病害虫防除 柑橘 10 耕種的防除 薬剤散布だけでは防除困 難な病害虫は 収穫後に罹 病枝葉や害虫寄生枝葉を除 きましょう 今の時期に園内を整備し 作業効率を高めましょう 密 植の園では日陰部分が多くな るので果実が着色不良になり やすく 枯れ枝や病害虫の発 生も多くなりがちです 樹が大きく成長し 樹間が 混み合っている場合は 剪定 で無理に整えようとするより 思い切って間伐し 日当たり を大きく確保しましょう 3 土壌酸度 の調整 マシン油乳剤の散布 雨の多い日本は石灰や苦土も 近年 カイガラムシ類やミ 流亡しやすく 土壌が酸性にな カンハダニは 生育期だけで りがちです 土壌が酸性になる と ミネラル分が欠乏し 植物 は防除困難になっており 冬 機能に障害を与えるだけでなく 期のマシン油乳剤散布で密度 根の肥料吸収力が低下してしま を下げることが重要です 樹 います また 酸性化は有用な微生物 土 づ く り 有 機 物 の 投 入 冠内やスソ枝にもムラなく散 も住みにくくなります 酸性土 布しましょう カイガラムシ 有機物の投入 壌を調整する目的は このよう 土を若返らせるため 有機物 やハダニが発生した園地には に石灰や苦土の補給とともに の 投 入 は 欠 か せ ま せ ん 間 伐 材 必ず散布を行ってください 根が肥料分を吸収しやすいよう に根の廻りを安定した環境に保 や 雑 草 な ど の 荒 物 を 埋 め 深 耕 収穫後の防除も翌年に向けて つことです 石灰資材を施用す しましょう の大切な作業になりますの るときは 一度に大量施用しな 客土や堆肥を投入し 細根量 で 気を抜かないようにしま いこと 堆肥や窒素肥料と同時 施用しないことなどに気をつけ を増やしてください 細根を増 しょう てください また 作物によっ や す こ と で 施 肥 後 の 肥 料 成 分 注 意 て好適 が少しずつ異なります が効率的に吸収され 樹勢を良 収穫後の木 または結実し の で 次 の 表2 を 参 考 に し て 下 好に保ち 隔年結果の是正につ て い な い 木 だ け を 散 布 し ま さい ながります しょう 結実中の木に散布す ると 果実の品質低下や薬害 土づくり 当たり 等の発生原因につながります 完熟堆肥 1 石灰資材 5 6俵 施用後は軽く中耕します 間 伐 客 土 樹間に排水を兼ねた溝を 作り 真砂土を全面 厚さ 2 3 客土します 酸性土にやや強い ph トラブルを招かないように 見守る気持ちを大切にして 2月の運勢 月の運勢 天 秤 座 前向きな気持ちになれる月です 保留になっていた事柄に 蠍 13 ph キュウリ メロン トマト ピーマン オクラ エダマメ ソラマメ インゲン ハクサイ ネギ タマネギ レタス サラダナ セロリ チンゲンサイ キャベツ カリフラワー ブロッコリー コマツナ ダイコン カブ ニンジン ゴボウ シュンギク スイカ ミョウガ トウモロコシ カボチャ シロウリ ジャガイモ サツマイモ ラッキョウ サトイモ ショウガ 酸性土にやや弱い ph ph ホウレンソウ エンドウ 酸性土に弱い ph 名 表2 作物別の好適土壌pH(酸度)の範囲 酸性への強弱 ph値 作 物

14

15

16 いつもお便りありがとうございます 皆様からの声を少しご紹介致します みんなのひろばみんなのひろば

あけぼの255_01

あけぼの255_01 野 菜 などの 農 産 物 を 出 荷 販 売 してみたい JA NEWS JA NEWS あなたもチャレンジ 家庭菜園 板木技術士事務所 板木 利隆 7 上手なトンネル保温で春取りニンジンを 1.5 たっても発芽するまでは換気す 立春とはいえ2月初旬は平年 から選びましょう なら1月下旬からの一番寒さの 畑の準備は 種まきの半月以 る必要はありません 土が乾き 厳しい季節です そのため畑の 上前に図のように120

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303831323033814690B682B282DD91CD94EC89BB8D758DC0816991CD94EC979897708D758DC0816A2E707074>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D20303831323033814690B682B282DD91CD94EC89BB8D758DC0816991CD94EC979897708D758DC0816A2E707074> 知 っておきたい 基 礎 知 識 堆 肥 利 用 講 座 ( 生 ごみ 堆 肥 化 講 座 3) 三 重 県 中 央 農 業 改 良 普 及 センター 土 壌 物 理 性 化 学 性 生 物 性 植 物 の 生 理 何 科 原 産 地 など ゼロ 吉 三 重 県 ごみゼロキャラクター 土 は 養 分 水 分 空 気 のタンク 植 物 は 根 から 養 分 を 吸 収 します 水 に 溶 けた 状 態

More information

1. 技 術 部 (1) 野 菜 花 き 部 門 1) 果 菜 類 C 第 1 表 平 成 20 年 度 における 野 菜 花 卉 の 耕 種 生 産 概 要 a kg.,,,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,,.,,.,,,.,.,.,,.,,.,.,,.,.,.,,.,.,.,.,,.,.,,.,,.,.,,,.,,.,., No.32 2010 第 2 表 圃 場 別 作 付 け 概 要

More information

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc)

(Microsoft Word - H25\224N\202W\214\216\215\330\211\200\212\307\227\235.doc) JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 8 月 の 菜 園 管 理 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 の 種 まき 秋 まき 野 菜 は 種 まきが1 日 遅 れると 収 穫 が5~7 日 遅 れると 言 います 作 業 は 計 画 的 に 行 い 適 期 に 行 いましょう 土 は 細 かくしすぎない 特 に 土 が 地 中 深 くまで 乾 燥 している 時 に 耕 起 すると 土 が 細

More information

1501みのり.indd

1501みのり.indd JA豊橋 J A 豊 橋と 組 合 員との ホットライン 2015 1214 vol. C O N T E N T S 2 3 4 5 6 8 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 24 1 2 015 vol. 214 JA 2 3 4 5 ふれあい友の会親睦旅行 楽しく愉快な 2 日間 高師原支部金色の湯横谷温泉と信州甲州の旅平成 26 年 11 月 10 日

More information

H28求人一覧表(7.27現在)

H28求人一覧表(7.27現在) ( 公 社 ) 茨 城 県 林 振 興 公 社 ( 無 料 職 紹 介 所 )に 登 録 している 法 人 等 求 人 一 覧 表 < 正 社 員 > 求 人 情 報 の 詳 細 については( 公 社 ) 茨 城 県 林 振 興 公 社 (029-239-7131)にお 問 い 合 わせください 1 ( ) 華 川 牧 場 畜 産 肥 育 牛 牛 の 飼 養 北 茨 城 市 2 ( ) 大 久 保

More information

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx

Microsoft Word - 好カルシウム植物.docx 人 や 動 物 にとってカルシウムは 骨 や 細 胞 をつくる 上 で 欠 かすことのできない 成 分 ですが 植 物 にとってカルシウムはどのような 役 目 をするのでしょうか? 植 物 には 骨 はありませんが 細 胞 と 細 胞 を 強 固 に 結 びつけることでしっかりと 体 を 支 えています ここで 重 要 なはたらきをするのが カルシウムなのです カルシウムは 三 大 栄 養 素 に

More information

目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22 年 度 )

目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22 年 度 ) 登 別 市 市 民 農 園 のあゆみ 平 成 23 年 3 登 別 市 観 光 経 済 部 農 林 水 産 グループ 目 次 市 民 農 園 とは? 1 登 別 市 の 市 民 農 園 について 2 市 民 農 園 アンケート 調 査 結 果 ( 平 成 17 年 度 ~ 平 成 22 年 度 ) 3 市 民 農 園 管 理 人 の 紹 介 9 登 別 市 市 民 農 園 の 様 子 ( 平 成 22

More information

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は

概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は 第 4 章 植 物 工 場 とコスト -61- 概 要 1. 植 物 工 場 の 初 期 投 資 の 比 較 (1) 完 全 閉 鎖 型 と 太 陽 光 利 用 型 の 比 較 は 太 陽 光 利 用 型 が 安 く 完 全 閉 鎖 型 の 約 2/3であるが 既 存 建 物 が 有 れば 完 全 閉 鎖 型 も 得 (2) 太 陽 光 型 は リーフレタス 120 円 / 株 の 売 価 換 算

More information

一太郎 9/8 文書

一太郎 9/8 文書 JA 小 松 市 ふれあい 園 芸 相 談 10 月 の 菜 園 管 理 味 覚 の 秋! キノコ クリなどが 食 欲 をさそいます! 今 月 のポイント 秋 冬 野 菜 類 の 追 肥 (P-4) 秋 の 訪 れとともに 気 温 の 低 下 が 早 くなります 適 期 に 追 肥 を 施 用 し 生 育 の 遅 れがないようにしましょう タマネギの 植 え 付 け(P-7) 苗 の 大 きさと 植

More information

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成

沿 革 平 成 8 年 4 月 新 技 術 開 発 部 研 究 調 整 科 に 担 当 専 門 研 究 員 を 配 置 平 成 10 年 4 月 研 究 調 整 干 拓 科 発 足 ( 研 究 員 2 現 業 職 員 1 体 制 ) 小 江 干 拓 にて 栽 培 実 証 本 場 から 通 勤 平 成 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センター 干 拓 営 農 研 究 部 門 要 覧 Nagasaki Agricultural and Forestry Technical Development Center Reclaimed Land Farming Research Division 組 織 研 究 施 設 長 崎 県 農 林 技 術 開 発 センターの 組 織 研 究 施 設 の 概 要

More information

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208DEC95A88DCD947C82CC8AEE9162926D8EAF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D>

<4D6963726F736F667420506F776572506F696E74202D208DEC95A88DCD947C82CC8AEE9162926D8EAF2E707074205B8CDD8AB78382815B83685D> 作 物 栽 培 の 基 礎 知 識 安 全 安 心 な 農 産 物 づくり JAならけん 営 農 部 営 農 推 進 課 基 礎 的 な 栽 培 管 理 JAならけん 営 農 部 ファーマーズマーケット 設 立 準 備 室 安 全 安 心 な 農 産 物 づくり 奈 良 県 農 業 協 同 組 合 1. 生 産 履 歴 記 帳 目 的 : 県 産 農 産 物 の 安 全 性 を 確 保 し 消 費

More information

EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 について( 概 要 ) 1. イタリア 政 府 ( 保 健 省 )は 2014 年 6 月 ミラノ 万 博 参 加 国 に 対 し 万 博 公 社 を 通 じて 万 博 への 持 込 みを 希 望 する 動 物 由 来 食 品 の

EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 について( 概 要 ) 1. イタリア 政 府 ( 保 健 省 )は 2014 年 6 月 ミラノ 万 博 参 加 国 に 対 し 万 博 公 社 を 通 じて 万 博 への 持 込 みを 希 望 する 動 物 由 来 食 品 の EU 向 け 農 林 水 産 物 等 に 係 る 衛 生 措 置 等 の 概 要 2014 年 10 月 農 林 水 産 省 大 臣 官 房 政 策 課 ミラノ 国 際 博 覧 会 チャレンジ 本 部 事 務 局 注 意 本 資 料 に 記 載 されている 情 報 は 現 時 点 のものであり あくまで 参 考 として 捉 え てください より 正 確 な 情 報 は その 都 度 個 別 に EU

More information

はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の 指 導 内 容 生 物 育 成 が 必 修 扱 いとなり そのため 栽 培 学 習 を 多 くの 学 校 で 取 り 組 むことになりました そのよう

はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の 指 導 内 容 生 物 育 成 が 必 修 扱 いとなり そのため 栽 培 学 習 を 多 くの 学 校 で 取 り 組 むことになりました そのよう 食 育 栽 培 コーディネーター 養 成 実 技 研 修 会 開 催 のご 提 案 平 成 26 27 年 度 向 け 全 体 研 修 会 での 講 義 の 様 子 ペットボトルマイ 豆 苗 ギョウザピザの 試 食 牛 乳 パックでのマイ 畑 作 り はじめに 2012 年 4 月 より 新 学 習 指 導 要 領 が 完 全 実 施 され これまで 選 択 扱 いであった 技 術 家 庭 科 の

More information

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd

チャレンシ<3099>生こ<3099>みタ<3099>イエット2013.indd 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 使い古した土の活用 使 古し 使い 古した土 た土の活 た土 の活 活用 5 Q 5 Q Q & A よくある質問 A よく よくある よく ある質問 ある 質問 鉢やプランターで栽培した後の土は 捨てないで再利用しましょう 古い土には作物の 病原菌がいることがあるので 透明ポリ袋に入れ水分を加えて密封し 太陽光の良く当た る所に1週間おいて太陽熱殺菌します

More information

TK25_P02-P19_final.indd

TK25_P02-P19_final.indd 02 栄 養 豊 富 で 食 卓 に 彩 りを 添 える ホウレンソウ ホウレンソウの 原 産 地 はイランと 言 われています 7 世 紀 には 中 国 へ 11 世 紀 にはヨーロッパへ 伝 わったとの 記 録 が 残 っています これらヨーロッパの 品 種 は 約 100 年 前 に 日 本 へ 伝 わり 洋 種 ( 西 洋 種 )と 呼 ばれました これより 古 く 約 400 年 前 に

More information

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖

植 物 性 たんぱく 質 : 豆 類 穀 類 など 構 成 するアミノ 酸 の 種 類 や 量 が 異 なるので それぞれのたんぱく 質 を 含 む 食 品 をバランスよく 食 べ ましょう 3 脂 質 脂 肪 は 炭 水 化 物 と 同 様 に 体 の 熱 を 産 出 するエネルギー 源 で 糖 体 温 を 上 げる 食 事 について 食 事 は 食 事 誘 発 性 熱 代 謝 により 熱 の 産 出 を 高 めると 同 時 に 体 がそこから 得 た 栄 養 素 を 使 って 生 命 活 動 を 行 うために 必 要 不 可 欠 なものです 食 事 に 関 して 体 温 を 高 めるためには 栄 養 素 食 材 食 べ 方 などを 考 慮 する 必 要 があります 1. 栄 養 素 私 たちが

More information

Microsoft Word - P1

Microsoft Word - P1 ( 1) 平 成 26 年 5 月 1 日 第 63 巻 5 号 千 葉 の園 芸 園 芸 産 出 額 全 国 第 1 位 の 奪 還 に 向 けた 力 強 い 産 地 づくり の 推 進 千 葉 県 農 林 水 産 部 生 産 振 興 課 課 長 飯 田 秀 雄 平 成 26 年 度 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 事 業 の 取 り 組 み 全 農 千 葉 県 本 部 園 芸 部 長 木 村

More information

Microsoft Word - 第2次食育推進計画(ホームページ用).doc

Microsoft Word - 第2次食育推進計画(ホームページ用).doc 第 4 章 施 策 の 展 開 4-1 食 と 環 境 身 近 な 食 べ 物 の 消 費 や 利 用 を 進 めることは 遠 くから 運 ばれてくる 食 べ 物 を 使 うよ りも 輸 送 にかかるエネルギーを 節 約 できます また 食 べ 残 しや 消 費 期 限 賞 味 期 限 切 れなどによる 食 品 の 廃 棄 ( 食 品 ロス)が 家 庭 や 食 品 関 連 事 業 者 から 大 量

More information

10.10.6堆肥化講習会

10.10.6堆肥化講習会 食 物 資 源 た い 肥 化 講 習 会 資 料 小 平 市 ご み 減 量 推 進 実 行 委 員 会 小 平 市 環 境 部 資 源 循 環 課 推 進 担 当 042 3 4 6 9 5 3 5 食 物 資 源 堆 肥 化 とごみ 減 量 小 平 市 で は 生 ご み を 資 源 化 す る こ と の で き る 食 物 資 源 と し て 位 置 づけ 資 源 化 事 業 に 取 り

More information

オクラ(アオイ 科 ) 原 産 地 :アフリカ 北 東 部 H26 年 4 月 講 習 会 資 料 オクラは 未 熟 な 果 実 をサヤごと 食 べます 収 穫 が 早 すぎると 種 ができず ネバネバがありません 収 穫 が 遅 れると 皮 が 硬 くなって 食 用 に 向 きません 1 本 ずつ

オクラ(アオイ 科 ) 原 産 地 :アフリカ 北 東 部 H26 年 4 月 講 習 会 資 料 オクラは 未 熟 な 果 実 をサヤごと 食 べます 収 穫 が 早 すぎると 種 ができず ネバネバがありません 収 穫 が 遅 れると 皮 が 硬 くなって 食 用 に 向 きません 1 本 ずつ インゲン 豆 ( 三 度 豆 )(マメ 科 ) [つるなし 品 種 つるあり 品 種 がある] H26 年 4 月 講 習 会 資 料 インゲンマメは 豆 を 食 べるよりも 若 い 幼 果 のさやを 食 べます 若 採 りして 柔 らかいさやを 収 穫 します 1 年 に 何 回 か 種 まきすることができるので 三 度 豆 ともよばれています 1. 地 ごしらえ 2 週 間 前 に1m2あたり

More information

平成19年度水稲・園芸作物振興計画

平成19年度水稲・園芸作物振興計画 平 成 28 年 度 水 稲 園 芸 作 物 振 興 計 画 島 根 おおち 地 区 本 部 1. 水 稲 の 生 産 振 興 平 成 27 年 における 全 国 の 水 稲 作 付 け 面 積 は 140 万 6 千 ha で 飼 料 米 等 の 新 規 需 要 米 が 増 えた ことが 影 響 し 前 年 産 に 比 べ 6 万 8 千 ha の 減 少 となっています 米 の 全 国 作 況

More information

11月表紙

11月表紙 hp://www.ja-yamachuou.jp/ JA 営農便り 麦 作 ます 鉢 上 げ 鉢上げ時の苗は 割り接ぎの台木で本葉 枚程度 よせ接ぎでは台木穂木とも 枚程度 で鉢上げします 鉢上げ作業は できるだけ 暖かい日に行い 鉢上げ後は寒冷紗で遮光し 水分の蒸散を防ぎ 活着を促進します 温度管理 発 芽 後 か ら 接 ぎ 木 ま で は 昼 間 夜 間 以上を目標に管理します

More information

病害虫発生予察情報(11月予報)

病害虫発生予察情報(11月予報) 1. 予 報 概 況 作 物 名 イチゴ 病 害 虫 発 生 予 察 情 報 (4 月 予 報 ) 病 害 虫 名 うどんこ 病 灰 色 かび 病 炭 疽 病 アブラムシ 類 ハダニ 類 アザミウマ 類 予 報 ( 県 平 均 平 年 値 ) 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 但 し 中 部 地 域 は 多 発 生 量 : 多 発 生 量 :やや 少 発 生 量 :やや 少 発 生 量

More information

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術

技術資料 一段密植栽培による高糖度トマトの周年安定生産技術 技 術 資 料 九 州 の 温 暖 な 気 象 条 件 を 活 用 し 冬 季 生 産 を 可 能 にする アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 2011 年 3 月 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 九 州 沖 縄 農 業 研 究 センター 暖 地 施 設 野 菜 花 き 研 究 チーム アスパラガス 伏 せ 込 み 栽 培 とは アスパラガスの 伏

More information

スライド 1

スライド 1 農 業 の 新 技 術 No. No. 98 2011 農 業 総 合 試 験 場 耐 暑 性 に 優 れた 夏 秋 系 黄 一 輪 ギク 夏 のきらめき なつき 愛 の 特 性 と 栽 培 技 術 夏 のきらめき (2011 年 品 種 登 録 ) なつき 愛 (2012 年 品 種 登 録 ) ( 商 標 : 夏 のあゆみ) 愛 知 県 農 業 総 合 試 験 場 では 愛 知 県 花 き 温

More information

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145>

<5461726F31322D82518DCD947C817C8250814091A290AC814589FC90418145> 2. 栽 培 (1) 茶 の 特 性 茶 は 亜 熱 帯 性 の 常 緑 作 物 で 生 育 の 温 度 限 界 は 年 平 均 気 温 が12.5 ~13.0 の 範 囲 にあり 年 間 降 水 量 は1,300mm 以 上 が 望 ましい 栽 培 適 地 は 広 く 酸 性 土 壌 (ph4.0~5.0)に 適 している 土 壌 の 物 理 性 ( 通 気 性 透 水 性 保 水 性 )が 良

More information

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7

白 ねぎ 1. 白 ねぎ 栽 培 の 魅 力 2. 白 ねぎ 栽 培 導 入 のメリット 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 ねぎたん 夏 秋 どり 秋 冬 どり ねぎたん の 紹 介!(こんな 白 ねぎもあります) 7 経 営 複 合 化 に 向 けた 取 り 組 みを 進 めましょう! ~ 特 色 ある 園 芸 作 物 生 産 のすすめ ~ 10aあたりの 売 上 が 大 きい 一 連 の 省 力 機 械 が 整 備 されている 多 様 な 作 型 の 組 み 合 わせで 継 続 出 荷 ができる 周 年 的 な 労 働 力 活 用 ができる ( 大 麦 枝 豆 ) 後 作 の 高 度 利 用 に 最 適 県 産

More information

Taro-有機農業公開ほ場H25事例集

Taro-有機農業公開ほ場H25事例集 栃 木 県 有 機 農 業 推 進 公 開 ほ 場 事 例 集 No.4 平 成 27 年 4 月 栃 木 県 農 政 部 はじめに 有 機 農 業 は 農 業 の 自 然 循 環 機 能 を 増 進 し 農 業 生 産 活 動 による 環 境 への 負 荷 を 大 幅 に 低 減 するほか 安 全 かつ 良 質 な 農 産 物 に 対 する 消 費 者 のニーズに 対 応 できる 農 業 生 産

More information

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_

Microsoft Word - 第2章 桑の栽培-2_p31-40_ 30 第 2 章 桑 の 栽 培 ている 品 種 は, 一 ノ 瀬 が 約 半 数 をしめ, 次 いで はやてさかり が 多 くそのほかに し んいちのせ みなみさかり 改 良 鼠 返 し などがあげられる 2 5 表 主 要 な 品 種 項 目 主 要 な 品 種 名 やまぐわ 型 剣 持, 赤 木, 島 ノ 内, 五 郎 治 早 生, 市 平, 根 小 屋 高 助, 新 桑 1 号 ~2 号,

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D208E9197BF322D342D31815190B682B282DD8E918CB989BB82C98AD682B782E992F188C45F8CE393A188CF88F582E682E85F2E646F63> 生 ごみ 資 源 化 に 関 する 提 案 資 料 2-4-1 東 京 農 業 大 学 後 藤 逸 男 Ⅰ. 生 ごみの 資 源 化 に 関 する 基 本 原 則 1. 資 源 化 方 法 : 生 ごみの 資 源 化 方 法 には 肥 料 化 ( 厳 密 には 堆 肥 化 と 肥 料 化 に 区 別 すべき) 飼 料 化 エネルギー 化 炭 化 などがある いずれも 設 備 に 多 額 の 経 費

More information

78 2013 No.147 も か る 悔す 識 知 豆 の し ら 暮 たら し 逃 見 後 載 満 報 つ情 目指せ 立 役 に 雑 学 王 暮らし 知っク ト 猛暑対策 エアコンに頼らない猛暑対策で この夏もひんやり涼しく乗り切りましょう!! 換気 夏場に部屋を密閉していると 外気よりも室内の方が高くなって いる事が多いものです すぐにエアコンのスイッチを付けて部屋 の温度を下げようと思いますが

More information

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7

1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 青 果 物 の 流 通 をめぐる 状 況 平 成 26 年 11 月 1 国 産 野 菜 の 流 通 の 現 状 我 が 国 の 野 菜 生 産 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 これらの 地 域 で 全 体 の 約 6 割 を 占 める 大 消 費 地 である 首 都 圏 への 野 菜 出 荷 は 北 海 道 関 東 九 州 が 中 心 で 全 体 の7 割 を 占 める 首 都 圏 への

More information

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性

不 作 付 地 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 む イ 飼 料 用 米 主 食 用 米 の 需 要 減 が 見 込 まれる 中 平 成 26 年 度 より 飼 料 用 米 の 取 組 を 開 始 し た 平 成 27 年 度 以 降 は 多 収 品 種 に 取 組 を 拡 大 し 生 産 性 斐 川 町 地 域 農 業 再 生 協 議 会 水 田 フル 活 用 ビジョン 1 地 域 の 作 物 作 付 の 現 状 地 域 が 抱 える 課 題 当 地 域 は 全 耕 地 面 積 に 占 める 主 食 用 米 面 積 の 割 合 が 約 61%で 転 作 作 物 については 大 麦 大 豆 加 工 用 米 ハトムギ 飼 料 作 物 を 中 心 として 作 付 が 行 われている また 農

More information

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ

鳥 カラス たぬき 等 ) 発 生 しやすい 病 害 虫 は 次 のとおり ヨトウムシ アブラムシ ハダニ アザミウマ センチュウ うどんこ 病 灰 かび 病 イオウ 病 炭 そ 病 プランターによる 栽 培 注 意! 追 肥 は2~3 月 に 行 います 培 養 土 はもともと 肥 料 が 入 っ いちご 苗 の 育 て 方 プロ 農 家 が 解 説 するおいしいいちごの 育 て 方 いちご 苗 の 栽 培 スケジュール( 普 通 栽 培 ) 苗 の 定 植 追 肥 葉 欠 き 及 びマルチ 脇 芽 取 り 敷 き 藁 収 穫 10 月 中 旬 ~12 月 中 旬 2 月 ~3 月 4 月 中 旬 5 月 ~6 月 < 参 考 >その 他 の 栽 培 方 法 (プロ 農 家 の 栽 培 方 法

More information

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい

ロータリ 耕 起 と 同 様 に 作 業 後 雨 が 降 ると 播 種 作 業 が 困 難 になるので 播 種 同 時 作 業 が 望 ましい 4 播 種 (1) 播 種 期 近 年 品 種 の 早 生 化 地 球 温 暖 化 の 影 響 で 麦 の 播 種 適 期 は 以 前 より 遅 くなってい Ⅱ 麦 栽 培 技 術 1 ほ 場 の 準 備 麦 類 は 元 来 乾 燥 した 気 候 に 適 した 畑 作 物 であるため 転 換 畑 では 栽 培 期 間 を 通 して 湿 害 が 最 大 の 減 収 要 因 である したがって 地 表 水 の 排 除 透 水 性 改 善 地 下 水 位 低 下 等 の 排 水 対 策 は 麦 類 の 安 定 栽 培 における 必 須 要 件 であり 前 述

More information

(Taro12-\216w\220j0307.jtdc)

(Taro12-\216w\220j0307.jtdc) 対 抗 性 植 物 (おとり 作 物 )の 利 用 対 抗 性 植 物 おとり 作 物 コンパニオンプランツ バ ンカープランツなど 耕 種 的 な 病 害 虫 防 除 法 として 用 いられる それぞれの 手 法 について 以 下 整 理 した ア. 対 抗 性 植 物 対 抗 性 植 物 は 含 有 する 物 質 または 組 織 内 で 産 生 される 活 性 成 分 が 直 接 または 間 接

More information

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378>

<81698250816A313231348EA98EA191CC2E786C7378> 1 の 放 射 性 物 質 検 査 について 実 施 主 体 産 地 結 果 (Bq/kg) 1 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 洋 野 町 CS 乳 乳 製 品 原 乳 岩 手 県 環 境 保 健 研 究 セン Ge H23.12.12 H23.12.13 < 6.5 < 6.6 < 7.3 2 岩 手 県 岩 手 県 農 林 水 産 部 岩 手 県 岩 泉 町 CS 乳

More information

コピーなめかわ農業体験記録(遠藤).xls

コピーなめかわ農業体験記録(遠藤).xls なめかわ 農 業 体 験 くらぶ 設 立 経 過 なめかわ 農 業 体 験 くらぶ 活 動 報 告 2008/9 月 土 田 マネジャーから 土 地 を 借 り 子 供 達 に 食 育 の 体 験 学 習 ( 農 業 )をさせたいとの 事 6 月 の 講 演 ( 旬 をたのしもう!) 参 議 院 議 員 藤 野 真 紀 子 先 生 ( 料 理 研 究 家 でもある) の 話 に 感 銘 を 受 け

More information

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464>

<5461726F2D303039308356839383658362837C83458386838A2E6A7464> シンテッポユリ Lilium formolongi hort.ユリ 科 1 経 営 的 特 徴 と 導 入 方 法 テッポユリのような 球 根 による 栄 養 繁 殖 でなく 実 生 による 繁 殖 で 播 種 後 810ヶ 月 で 開 花 する 性 質 を 持 っているので 冬 季 に 播 種 して 春 に 定 植 すれば 1 年 以 内 に 切 り 花 ができる 球 根 養 成 期 間 が 必

More information

62013 vol.134 農薬は責任を持って正しく使いましょう 全体運 サービス精神を発揮すると 対人面に好変化が 思わぬサポートに恵まれるかも 協調性のある 獅子座 仙台管内で生産された 小松菜 から残留基準値を超える農薬が検出されました 消費者から信頼される安全 安心な農産物を生産するため 農薬の使用に当たっ ては 以下の事項を遵守しましょう 容器のラベル等をよく読み 適用作物

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2030325F816988C431816A82BD82A294EC82F08FE38EE882C99798977082B582E682A4819435> 堆 肥 の 利 用 ガイド 堆 肥 の 施 用 効 果 堆 肥 は 作 物 への 養 分 供 給 だけでなく 土 壌 の 化 学 性 物 理 性 生 物 性 を 総 合 的 に 改 善 し 地 力 の 向 上 を 図 ることができます 1 養 分 供 給 土 壌 化 学 性 の 改 善 効 果 窒 素 リン 酸 カリの 他 石 灰 苦 土 等 の 多 量 要 素 やホウ 素 鉄 等 の 微 量 要

More information

<593A5C3034835B838D8353837E908490698E968BC65C83528393837C835883678145936493AE90B682B282DD8F88979D8B405C834183938350815B83675C48323520834183938350815B836792B28DB88169826732348F9590AC8CF095748ED2816A5C919795749770814548509770976C8EAE5C95BD90A

<593A5C3034835B838D8353837E908490698E968BC65C83528393837C835883678145936493AE90B682B282DD8F88979D8B405C834183938350815B83675C48323520834183938350815B836792B28DB88169826732348F9590AC8CF095748ED2816A5C919795749770814548509770976C8EAE5C95BD90A 平 成 年 度 生 ごみ 堆 肥 化 容 器 及 び 電 動 生 ごみ 処 理 機 購 入 助 成 者 へのアンケート 結 果 報 告 ( 平 成 4 年 度 購 入 助 成 者 対 象 ) はじめに 本 市 では 生 ごみの 減 量 リサイクルの 推 進 を 目 的 として 生 ごみ 堆 肥 化 容 器 及 び 電 動 生 ご み 処 理 機 購 入 者 に 対 する 助 成 制 度 を 実 施

More information

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8.

目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防 除 対 策 8. キウイフルーツかいよう 病 防 除 対 策 マニュアル 平 成 26 年 8 月 和 歌 山 県 農 林 水 産 部 目 次 1.はじめに 2.キウイフルーツかいよう 病 とは 3. 防 除 対 策 の 基 本 的 な 考 え 方 4. 侵 入 防 止 対 策 5. 予 防 対 策 ( 年 間 の 防 除 対 策 ) ( 耕 種 的 防 除 ) 6. 早 期 発 見 7. 発 生 園 における 防

More information

9 インゲン野菜植え方インゲンの育て方は? 1. インゲンは 堆肥 化成肥料を全面散布でも良い 2.2~3cm 位のクワで溝を作り 30cm 間隔位に種子を置き その間に堆肥 1 つかみ 化成 1 つまみを置き 覆土する 3. 覆土は 7~8cm 位寄せて平形の畦をつくる 10 インゲン野菜施肥イン

9 インゲン野菜植え方インゲンの育て方は? 1. インゲンは 堆肥 化成肥料を全面散布でも良い 2.2~3cm 位のクワで溝を作り 30cm 間隔位に種子を置き その間に堆肥 1 つかみ 化成 1 つまみを置き 覆土する 3. 覆土は 7~8cm 位寄せて平形の畦をつくる 10 インゲン野菜施肥イン 野菜 植物名等分類内容による分類内容回答 1 アカダイコン野菜診断 2 イチゴ野菜育て方 群馬から持ってきた苗を植えたが倒れてしまい 葉を虫に食べられてしまう どうしたらよいか ヨトウムシか イチゴをプランターに植えているが 小さな実が 2~3 個つくだけで 大きな実にはならない 毎年つるがのびるが 全部切っている 野菜は播種から大きく育つまで手入れが必要 植えっぱなし 蒔きっぱなしでは育たない 虫がついたら手でとること

More information

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直

Ⅱ 大 豆 1 播 種 前 ほ 場 の 対 策 播 種 前 ほ 場 は 排 水 溝 を 設 置 し できるだけ 早 い 時 期 に 播 種 できるように す 2 播 種 後 出 芽 前 の 冠 水 による 発 芽 障 害 への 対 策 (1) 冠 水 時 間 と 発 芽 率 の 低 下 播 種 直 大 雨 時 の 農 作 物 被 害 軽 減 対 策 平 成 18 年 (2006 年 )6 月 26 日 農 業 振 興 課 Ⅰ 水 稲 1 大 雨 時 の 対 策 (1) 移 植 後 分 げつ 初 期 の 水 稲 は 深 水 となると 著 しい 分 げつ 抑 制 を 受 けるの で 深 水 状 態 が 長 く 続 かないようにす (2) 大 雨 が 予 想 される 場 合 は 除 草 剤 の 使

More information

バインダー1

バインダー1 山口みかん を贈呈 J Aグ ル ー プ 山 口 で は 豊 か で 暮 ら し や す い 地域社会づくりのために さまざまな活動を行 っています 今年も 県内のみかん生産農家が 丹精込めて栽培した新鮮でおいしい 山口みか ん を県内の老人福祉施設等に贈りました 農 業はもとより地域社会を支えてこられた方々に を 月9 日 に は J A 下 関 デ イ サ ー ビ ス ほ っ と 毎年 感謝の気持ちを込めてお届けしています

More information

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日

H21年度担い手情報誌                     平成21年8月25日 Re Start No.133 JA 全 農 山 形 農 業 支 援 統 括 部 米 穀 部 つや 姫 はえぬきの 生 育 情 報 -2 園 芸 部 庄 内 メロン 生 産 出 荷 状 況 畜 産 部 平 岡 肥 育 農 場 いよいよ 稼 働 生 産 資 材 部 園 芸 品 目 紹 介 25 31 1. 本 年 5 月 ~7 月 の 気 象 と 生 育 概 況 ~ 本 年 も 変 動 の 大 きい

More information

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464>

<5461726F2D8B438FDB8DD08A5182CC8EED97DE82C691CE8DF42E6A7464> (1) ア 凍 害 厳 寒 ( 時 期 成 期 葉 に 発 と 生 冬 芽 することが )= 赤 枯 れ多 いが 初 冬 や 春 先 に 発 生 する 場 合 もある 5. 気 象 災 害 の 種 類 と 対 策 イ する 発 茶 生 樹 要 組 因 の 度 限 は 織 界 組 や であるが 織 細 器 胞 官 が 耐 えられない 品 冬 種 芽 の 時 場 期 合 低 によって はもう 温 に 遭

More information

NO.523

NO.523 7 2 2014.7 NO.523 3 4 5 鶴岡の おこさま 夏本番になってきました! 夏野菜をいっぱい食べてすくすく大きくなってね 6 材料 (2 人分 ) 1 人分約 504kcal 作り方 7 表 枝豆の防除薬剤例病害虫薬剤名べと病 ( 目玉症 ) アミスター 20 フロアフ ル莢汚損症ほかゲッター水和剤マメシンクイガ カメムシ類ほかアグロスリン乳剤ハダニ類コロマイト乳剤 8 9 10 C

More information

untitled

untitled みんなで 止 めよう 温 暖 化 チーム マイナス6% ガイドブック CONTENTS 緑 のカーテンで 涼 しい 夏 を! 1 なぜ 涼 しいの? 緑 のカーテン 2 育 ててみよう! 緑 のカーテン 3 準 備 するもの ゴーヤ 作 業 暦 3 ネット 張 り 支 柱 立 て 設 置 裏 技 4 土 作 り 苗 の 植 え 付 け 5 水 やり 雨 水 タンク 利 用 6 ツルの 誘 引 追 肥

More information

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析

4( 北 諸 県 ) 肉 用 牛 肥 育 における 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 の 開 催 16 日 JA 都 城 肥 育 牛 課 の 営 農 指 導 班 会 議 において 産 地 改 革 支 援 活 動 に 係 る 検 討 会 を 行 いました 2 年 目 の 分 析 平 成 25 年 8 月 普 及 活 動 月 報 西 臼 杵 支 庁 各 農 林 振 興 局 ( 農 業 改 良 普 及 センター)の 主 な 普 及 活 動 を 紹 介 します I 主 な 普 及 指 導 活 動 等 の 取 組 1( 中 部 ) みんなで 取 り 組 む 鳥 獣 被 害 対 策 プロジェクト 23 日 宮 崎 市 加 江 田 萩 原 集 落 において 事 業 により 電 気 柵

More information

0 歳 児 が 野 菜 に 触 れるというねらいのもと サラダ 菜 を 育 てることで 子 どもたちに 声 掛 けしながら 見 たり 触 れたりすることができました また 収 穫 した 物 を 給 食 に 入 れてもらったが 次 回 は 目 の 前 で 作 って あげることにより よりサラダ 菜 を

0 歳 児 が 野 菜 に 触 れるというねらいのもと サラダ 菜 を 育 てることで 子 どもたちに 声 掛 けしながら 見 たり 触 れたりすることができました また 収 穫 した 物 を 給 食 に 入 れてもらったが 次 回 は 目 の 前 で 作 って あげることにより よりサラダ 菜 を 研 究 テーマ: 菜 園 活 動 を 通 して 豊 かな 食 を 育 む 小 さな 菜 園 大 きな 収 穫 グッピー 保 育 園 発 表 者 : 保 育 士 金 城 牧 子 ねらい 望 ましい 食 生 活 を 送 ることが 困 難 になっている 現 代 保 護 者 及 び 子 どもたちへの 食 育 活 動 の 一 環 として 菜 園 活 動 を 通 して 自 然 に 親 しみ 身 近 な 野 菜

More information

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と

2. 摘 花 の 実 施 早 期 の 摘 花 摘 果 は 良 好 な 果 実 肥 大 や 翌 年 の 花 芽 確 保 の た め に ま た 適 正 樹 勢 の 維 持 の た め に 重 要 な 作 業 と な る 仕 上 げ 摘 果 を 満 開 30 日 後 ま で に 終 了 す る こ と 5 月 の 栽 培 管 理 リ ン ゴ 平 成 28 年 4 月 28 日 ふ じ の 生 育 状 況 < 県 南 部 ( 果 樹 試 験 場 本 場 ) > 注 発 芽 始 め ( 確 定 ) 4 月 1 日 ( 平 年 1 : 4 月 9 日 平 年 - 8 日 ) 展 葉 ( 確 定 ) 4 月 13 日 ( 平 年 : 4 月 20 日 平 年 - 7 日 ) 開 花 始 め ( 予 測 )

More information

社 内 文 書 研 修 会 のお 知 らせの 例 文 1. 敬 称 のつけ 方 受 信 者 の 種 類 敬 称 例 株 式 会 社 御 中 会 社 や 官 庁 などの 団 体 御 中 市 役 所 御 中 職 名 殿 総 務 部 長 殿 個 人 名 をつけた 職 名 様 人 事 部 長 山 井 和 夫

社 内 文 書 研 修 会 のお 知 らせの 例 文 1. 敬 称 のつけ 方 受 信 者 の 種 類 敬 称 例 株 式 会 社 御 中 会 社 や 官 庁 などの 団 体 御 中 市 役 所 御 中 職 名 殿 総 務 部 長 殿 個 人 名 をつけた 職 名 様 人 事 部 長 山 井 和 夫 ビジネス 文 書 ビジネス 文 書 のマナー ビジネス 文 書 は A4 判 の 縦 書 き パソコンを 使 って 作 成 するのが 一 般 的 です ただし お 礼 状 や 謝 罪 状 は 手 書 きのほうが 心 が 伝 わります 社 内 にフォーマットがある 文 書 の 場 合 は それに 従 います ない 場 合 は 例 文 など を 参 考 に 作 成 するとよいでしょう 社 外 文 書 新

More information

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ

校 庭 や 鳥 屋 野 潟 公 園 は 人 の 手 が 入 り 整 備 さ れ て は い る も の の 草 木 が 豊 富 で 小 さ い 虫 も 多 い と い う 利 点 を 十 分 に 活 用 し 遊 具 が な く て も で き る 鬼 ご っ こ な ど の 遊 び は も ち ろ 第 1 学 年 3 組 生 活 科 学 習 指 導 案 平 成 1 8 年 9 月 2 7 日 ( 水 ) 第 3 校 時 授 業 者 教 諭 小 林 貴 美 子 1 単 元 名 ぎ ら ぎ ら お ひ さ ま げ ん き い っ ぱ い 2 単 元 の 目 標 校 庭 や 公 園 で 遊 ん だ り い ろ い ろ な も の を 見 つ け た り す る 活 動 を 通 し て 樹 木 や 草

More information

Microsoft Word - ~2693857.doc

Microsoft Word - ~2693857.doc 波 板 標 準 施 工 資 料 施 工 資 料 対 応 品 種 鉄 板 小 波 幅 :655mm 鉄 板 小 波 幅 :1108mm 鉄 板 小 波 (フンカン 波 板 ) 鉄 板 小 波 ( 防 曇 波 板 ) 壁 材 用 鉄 板 小 波 大 日 本 プラスチックス 株 式 会 社 作 成 :2001 年 8 月 11 日 改 定 :2006 年 7 月 24 日 Contents 1. ダイプラポリカーボネート

More information

は 濁 っ た 濃 い 緑 色 で は な く 鮮 や か な 浅 緑 色 を し て い る ま た 生 長 に 肥 料 を 多 く 必 要 とする 品 種 ではなく 少 ない 肥 料 分 で 育 つ 品 種 を 選 ぶことも 大 切 である し た が っ て こうした 野 菜 を つ く る

は 濁 っ た 濃 い 緑 色 で は な く 鮮 や か な 浅 緑 色 を し て い る ま た 生 長 に 肥 料 を 多 く 必 要 とする 品 種 ではなく 少 ない 肥 料 分 で 育 つ 品 種 を 選 ぶことも 大 切 である し た が っ て こうした 野 菜 を つ く る 有 機 農 業 と 土 づくり 藤 田 正 雄 ( NPO 法 人 有 機 農 業 参 入 促 進 協 議 会 ) 1. 有 機 農 業 の 見 方 考 え 方 (1) 有 機 農 業 の 本 質 2006 年 に 施 行 さ れ た 有 機 農 業 の 推 進 に 関 す る 法 律 に お い て 有 機 農 業 と は 化 学 的 に 合 成 された 肥 料 および 農 薬 を 使 用 しないこと

More information

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理

電気その他エネルギーを使用しない生ごみ処理 シマミミズ 基 礎 知 識 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 1 目 次 1. 株 式 会 社 農 業 経 営 研 究 所 の 販 売 するシマミミズのふん 粒 成 分 について P3. 2. ミミズ 糞 は 壊 れにくい 団 粒 構 造 P3. 3. ミミズの 液 肥 は 活 着 にすぐれています P3. 4. 台 所 の 生 ごみ 処 理 はミミズにお 任 せ(キャノワーム 設 置 事

More information

DOJOU_SHINDAN

DOJOU_SHINDAN この冊子は 宝くじの普及宣伝事業として助成を受け作成されたものです 財団法人日本土壌協会 土壌診断によるバランスのとれた土づくり 1. 今 土壌に何が起きているのか? P03 1-1 土壌中の養分過剰 ( 肥料や堆肥の多施用による養分集積 ) 1-2 物理性の悪化 ( 農業機械の多用に伴って土壌が硬くなる ) 1-3 水環境への影響 2. 主な肥料成分等の過多と過剰による作物生育障害の実例 P06

More information

untitled

untitled 京 都 教 育 大 学 教 育 実 践 研 究 紀 要 第 14 号 2013 51 中 学 校 技 術 家 庭 科 における 栽 培 と 調 理 実 習 の 連 携 の 現 状 京 都 府 の 中 学 校 教 員 への 調 査 から 中 須 晴 南 * 湯 川 夏 子 ** 土 屋 英 男 *** 中 西 洋 子 ** (* 京 都 教 育 大 学 大 学 院 教 育 学 研 究 科 ** 京 都

More information

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発

本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 含 量 野 菜 の 栽 培 とその 応 用 小 川 敦 史 ( 秋 田 県 立 大 学 ) 本 日 の 内 容 1. 低 カリウム 含 有 量 野 菜 の 研 究 を 始 めるに 至 る 経 緯 2. 腎 臓 病 について 3. 腎 臓 病 透 析 患 者 のための 低 カリウム 野 菜 栽 培 方 法 の 開 発 1. 低 カリウム 含 有 量

More information

熊本のカンキツ栽培 のあり方について

熊本のカンキツ栽培 のあり方について カンキツ 不 知 火 類 の 長 期 貯 蔵 農 業 研 究 センター 果 樹 研 究 所 常 緑 果 樹 研 究 室 相 川 博 志 講 義 内 容 カンキツ 不 知 火 の 生 産 販 売 状 況 カンキツの 貯 蔵 方 法 およびMA 包 装 について MA 個 装 (Pプラス) 不 知 火 果 実 の 収 穫 及 び 貯 蔵 中 の 品 質 区 分 MA 個 装 不 知 火 果 実 の 長

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788DC0926B89EF82CC82B288D38CA982CC89F1939A2E646F63>

<4D6963726F736F667420576F7264202D2095BD90AC3234944E93788DC0926B89EF82CC82B288D38CA982CC89F1939A2E646F63> 平 成 24 年 度 支 部 座 談 会 および 各 地 域 別 座 談 会 ご 意 見 ご 質 問 の 回 答 について 以 下 のとおり とおり 各 会 場 でいただきましたご 意 見 ご 質 問 に 対 し 主 なものについてお 答 えいたします しま P.1~3 農 地 利 用 集 積 円 滑 化 事 業 について P.4 JA 大 井 川 農 業 振 興 支 援 対 策 について P.4~5

More information

Taro-H27果振計画3.30

Taro-H27果振計画3.30 計 画 期 間 平 成 28 年 度 ~ 平 成 32 年 度 栃 木 県 果 樹 農 業 振 興 計 画 平 成 28 年 3 月 栃 木 県 目 次 1 計 画 策 定 の 趣 旨 1 2 本 県 果 樹 農 業 の 現 状 と 課 題 2 (1) 果 樹 経 営 (2) 果 実 の 生 産 販 売 (3) 担 い 手 (4) 加 工 (5) 輸 出 の 取 組 3 果 樹 農 業 の 振 興

More information

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸

とれ 農 林 水 産 物 だけでなく 国 内 外 の 産 地 から 運 びこまれ 多 様 な 農 林 水 産 物 が 季 節 を 問 わず 手 に 入 ようになってい しかし BSE 問 題 を 発 端 に 一 方 で 食 品 の 虚 偽 表 示 無 認 可 の 食 品 添 加 物 の 混 入 輸 第 二 学 年 技 術 家 庭 科 ( 技 術 分 野 ) 学 習 指 導 案 期 日 平 成 26 年 0 月 2 日 ( 火 ) 学 校 名 美 郷 町 立 大 和 中 学 校 授 業 者 教 諭 立 木 光 史 題 材 名 生 物 育 成 に 関 す 技 術 2 題 材 の 目 標 生 物 育 成 に 関 す 基 礎 的 基 本 的 な 知 識 及 び 技 術 を 習 得 すとともに 生 物

More information

1. 地 域 概 況 1 岐 地 阜 域 県 海 概 津 況 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 長 良 岐 阜 県 海 津 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 揖 斐 三 大 河 川 が 合 流 する 地 域 で 東 部 に 愛 知 県 西 長 良 揖 斐 三 大 河 川

1. 地 域 概 況 1 岐 地 阜 域 県 海 概 津 況 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 長 良 岐 阜 県 海 津 市 は 県 最 南 端 に 位 置 し 木 曽 揖 斐 三 大 河 川 が 合 流 する 地 域 で 東 部 に 愛 知 県 西 長 良 揖 斐 三 大 河 川 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 会 長 賞 全 国 農 業 協 同 組 合 連 合 会 会 長 賞 集 団 部 集 団 部 岐 阜 県 海 津 市 平 田 町 蛇 池 2235 じゃ 岐 阜 いけ県 えい 海 津 う市 くみ 平 田 あい町 蛇 池 蛇 池 営 農 蛇 池 営 農 組 合 組 合 代 表 者 小 山 義 春 代 表 者 小 山 義 春 - 103 - 1. 地 域 概 況

More information

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7

目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 平 成 2 4 年 9 月 唐 津 市 市 民 環 境 部 生 活 環 境 対 策 課 目 次 1. 目 的 1 2. 事 業 の 概 要 1 3. 今 年 度 の 申 請 状 況 3 4. 平 成 18 年 度 か ら の 推 移 5 5. 取 組 事 例 7 1. 目 的 唐 津 市 の 景 観 に 恵 ま れ た 自 然 環 境 を 守 り 次 の 世 代 に 引 き 継 ぐ た め 市 民

More information

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き)

Taro-03.長雨(大雨・豪雨)対策(花き) 長 雨 ( 大 雨 豪 雨 ) 対 策 3. 花 き 水 害 ( 大 雨 ) 大 雨 ( 短 時 闘 に 集 中 的 に 降 るもの)だけでなく 長 時 間 降 り 続 くものや 長 時 間 降 り 続 く 中 で 短 時 間 に 集 中 する 雨 などがあり 特 に 最 後 の 例 で 大 災 害 が 起 きやすい 被 害 は 洪 水 による 冠 水 土 砂 の 流 入 や 施 設 の 破 壊 と

More information

個直P089-102入稿.indd

個直P089-102入稿.indd 個 人 直 売 所 情 報 ( 野 菜 果 樹 ) 個 人 直 売 所 情 報 ( 野 菜 果 樹 ) 68 佐 藤 農 園 TEL:048 622 5151 C-1 所 在 地 / 西 区 中 釘 463-2 営 業 日 時 / 生 しいたけ(7 月 8 月 は 無 し) 生 きくらげ(7 月 8 月 ) 取 扱 品 目 / 生 しいたけ 生 きくらげ かぶと 虫 掘 りもやっています 土 の 中

More information

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ

最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ 特 集 緑 の カ ー テ ン 最 近 散 歩 や 通 勤 の 途 中 で 見 か け る こ と が 多 く な っ た と 感 じ た こ と は あ り ま せ ん か? 住 宅 の 掃 き 出 し の 窓 が 涼 し げ で 鮮 や か な 緑 に 覆 わ れ て い る 光 景 や ビ ル の 壁 面 に 植 物 が ぴ っ た り と 張 り 付 い て 競 い 合 う よ う に 天

More information

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針

香川県公共建築物等における県産木材の利用の促進に関する方針 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 平 成 24 年 3 月 香 川 県 香 川 県 公 共 建 築 物 等 における 県 産 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 方 針 この 方 針 は 公 共 建 築 物 等 における 木 材 の 利 用 の 促 進 に 関 する 法 律 ( 平 成 22 年 法 律 第 36

More information

fromJA51-2.indd

fromJA51-2.indd つくば市 News and Topics 2 from.ja Vol.51 Column: コラム 3 4 答え 3 山の高さが違う 6 パンツがスカートに変わっている 8 小さい方のカタツムリがいない 9 かごの形が違う 11 靴下のラインが 2 本になっている 5 V IEW R E T IN ん さ 員 合 輝く組 亡き父の意志を継ぎ 自分が食べたいと思える野菜をつくる つ く ば 市 上 郷

More information

(2)アンケート 調 査 結 果 問 1 ご 家 族 は 何 人 ですか 1 人 世 帯 4 2 人 世 帯 12 3 人 世 帯 8 4 人 世 帯 11 5 人 世 帯 2 6 人 世 帯 2 5% 5% 28% 10% 31% 1 人 世 帯 2 人 世 帯 3 人 世 帯 4 人 世 帯 2

(2)アンケート 調 査 結 果 問 1 ご 家 族 は 何 人 ですか 1 人 世 帯 4 2 人 世 帯 12 3 人 世 帯 8 4 人 世 帯 11 5 人 世 帯 2 6 人 世 帯 2 5% 5% 28% 10% 31% 1 人 世 帯 2 人 世 帯 3 人 世 帯 4 人 世 帯 2 生 ごみの 水 切 り 堆 肥 化 モニター 結 果 について 1. 実 施 内 容 及 び 目 的 生 ごみは 重 量 の 約 80%が 水 分 だと 言 われており その 水 分 を 減 らすことでごみの 減 量 が 図 れ 焼 却 施 設 での 焼 却 効 率 やごみ 収 集 車 の 運 搬 効 率 が 向 上 し CO2 の 排 出 量 を 削 減 できます また 堆 肥 化 することで ごみの

More information

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会

第3回地域水田農業ビジョン策定打合せ会 策 定 年 度 策 定 地 域 平 成 21 年 度 琴 平 町 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 ビジョン 琴 平 町 地 域 水 田 農 業 推 進 協 議 会 目 次 1. 地 域 水 田 農 業 の 改 革 の 基 本 的 な 方 向 について 1) 地 域 水 田 農 業 の 特 性 について 1 2) 作 物 振 興 及 び 水 田 利 用 の 将 来 方 向 1 1 地 域 の 水

More information

Ⅲ-3-(1)施設花き

Ⅲ-3-(1)施設花き Ⅲ-3 花き (1) 施設花き 1 基本的な考え方花き類は 本県の農業生産に占める割合は3% と低いが 結婚式や葬儀などの業務用 生け花教室などの稽古用 贈答用 家庭用等幅広い需要がある 一方 花き生産の担い手が減少し高齢化が進展するとともに 切花を主体とした輸入花きが増加傾向にある そこで 花き生産を行うに当たり コスト低下と品質向上に取り組み 良品質な花き類を安定的に消費地に供給することで 生産安定を図る必要がある

More information

Microsoft Word - .... 3

Microsoft Word - .... 3 第 2 次 豊 田 市 農 業 基 本 計 画 策 定 基 礎 資 料 豊 田 市 目 次 Ⅰ. 食 料 農 業 農 村 を 取 り 巻 く 状 況...1 1. 社 会 情 勢 の 変 化... 1 (1) 人 口 減 少 時 代 の 到 来 ( 高 齢 化 少 子 化 )... 1 (2) 刻 々と 変 化 する 経 済 情 勢... 2 (3) 農 作 物 食 糧 の 状 況... 3 (4)

More information

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A>

<5461726F2D8963945F8B5A8F7082B582A882E82882A982DA82BF82E1292E6A> かぼちゃ 栽 培 マニュアル 1 作 物 特 性 (1) 気 象 条 件 ア ウリ 科 の 植 物 で 原 産 はアメリカ 熱 帯 アジアとされている イ 生 育 適 温 は 17 ~ 20 かぼちゃの 中 でも 道 内 で 一 般 的 に 栽 培 されている 西 洋 かぼちゃは 比 較 的 低 温 を 好 むため 冷 涼 な 地 域 での 栽 培 が 多 い (2) 土 壌 条 件 ア 他 のウリ

More information

2013 年 倉 吉 市 市 勢 要 覧 統 計 資 料 編 市 章 市 民 憲 章 はク はラ は 吉 で クとラと 吉 を 組 み 合 わせてまとめたものです 円 形 を 型 どるは 円 満 なる 融 和 を 示 し 市 民 の 強 固 なる 団 結 を 表 現 また 中 央 の 突 起 は 将 来 倉 吉 市 の 発 展 を 表 徴 しています 昭 和 29 年 3 月 29 日 議 決 わたくしたち

More information

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2

森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001 森 林 林 業 基 本 法 森 林 の 多 面 的 機 能 の 持 続 的 発 揮 2 第 3 回 [ミネラルウォーターに 関 する 税 ] 検 討 会 2005.11.15 森 林 の 水 源 涵 養 機 能 森 林 と 地 下 水 の 関 係 を 中 心 に 東 京 農 業 大 学 太 田 猛 彦 1 森 林 管 理 の 歴 史 1897 森 林 法 治 山 治 水 ( 保 安 林 制 度 ) 森 林 監 督 1964 林 業 基 本 法 林 業 林 産 業 の 発 展 2001

More information

豊富な品揃えでお待ちしております J A下関 農産物直売 所 いただ きま と川 中店 では 下関産で 新鮮 安 全 安心 にこだわっ た商品を取 り揃えてい ます 現在 里芋 レン コン ホウ レンソウ ミカンなど の旬の農産物をはじめ 下関産の新米も取 り扱っています 毎月8 がつく日は 米の 日 として値引き販売をしており 今後 JAが主催する米の食味自慢コンテスト お米の品評会 の受賞米も販売予定です

More information

<5461726F2D936392868D758E7481458D75898997768E7C95F18D9094C52E6A>

<5461726F2D936392868D758E7481458D75898997768E7C95F18D9094C52E6A> 食 事 バランスガイド& 毎 日 くだもの200グラム 運 動 ( 講 演 要 旨 ) 独 立 行 政 法 人 農 業 食 品 産 業 技 術 総 合 研 究 機 構 果 樹 研 究 所 健 康 機 能 性 研 究 チーム 上 席 研 究 員 田 中 敬 一 はじめに 平 成 12 年 に 食 生 活 指 針 が 策 定 され 心 身 ともに 健 康 で 豊 かな 食 生 活 の 実 現 に 向 けた

More information

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高

2.VSあかきん( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VSあかきんはバーミキュライトに 光 合 成 細 菌 を 培 養 吸 着 した 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 有 害 ガス 毒 素 の 分 解 3 色 素 発 現 高 1.VS34( 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 ) 荷 姿 :10kg/ 袋 VS34は 生 きた 微 生 物 群 で バーミキュライト( 蛭 石 )に 放 線 菌 細 菌 糸 状 菌 酵 母 等 の 有 効 微 生 物 を 培 養 吸 着 した 総 合 的 土 壌 改 良 材 です 1 微 生 物 利 用 土 壌 改 良 材 2 堆 肥 ボカシ 肥 料 づくり 3 連 作 障 害 対 策

More information

6 有機質資材の施用

6 有機質資材の施用 6 有 機 質 資 材 の 施 用 6-1 有 機 質 肥 料 の 利 用 法 (1) 有 機 質 肥 料 の 肥 効 特 性 有 機 質 資 材 では 窒 素 リン 酸 等 の 肥 料 成 分 は 有 機 物 の 分 解 に 伴 い 有 効 化 する 有 機 質 肥 料 が 畑 に 施 用 された 後 に 有 効 化 してくる 養 分 量 は 有 機 物 の 種 類 により 大 きく 異 なる が

More information

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B>

<5461726F2D8F57978E8BA692E88F9182CC8B4C93FC837D836A83858341838B> 農 業 者 用 中 山 間 地 域 等 直 接 支 払 交 付 金 集 落 協 定 書 等 の 書 き 方 記 入 マニュアル 平 成 25 年 5 月 16 日 < 集 落 協 定 を 申 請 する 場 合 > 参 考 様 式 第 6 号 共 通 の 申 請 書 ( 記 入 例 ) 番 号 年 月 日 市 町 村 長 殿 集 落 協 定 代 表 者 氏 名 印 中 山 間 地 域 等 直 接 支

More information

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15)

(Microsoft PowerPoint - \202R\201`15) 露 地 ショウガの 安 定 生 産 と 産 地 振 興 策 の 実 践 実 施 地 区 高 知 市 対 象 :JA 高 知 市 朝 生 姜 生 産 組 合 23 年 度 の 目 標 1 環 境 に 配 慮 した 生 産 体 制 の 構 築 2 産 地 振 興 ビジョンの 実 現 に 向 けた 実 践 活 動 3 加 工 用 仕 向 け 量 の 拡 大 取 り 組 み 結 果 現 地 検 討 会 1

More information

<945F97D18B998BC68B81906C825082508C8E8251825593FA2E786C7378>

<945F97D18B998BC68B81906C825082508C8E8251825593FA2E786C7378> 水 曜 発 行 牧 場 管 理 ( 有 ) 川 渕 牧 場 高 知 市 針 木 西 1925 乳 牛 を 飼 育 する 牧 場 での 搾 乳 変 形 (1ヶ 月 単 位 ) 普 通 自 動 車 免 許 一 種 35 歳 172,080-98 牛 の 世 話 を 含 めた 管 理 全 般 * 牛 舎 の 中 は 出 来 るだけ 自 然 その 172,080 に 近 い 状 態 に 再 現 されたフリー

More information

Taro-02.台風対策(野菜)

Taro-02.台風対策(野菜) 2 野菜 1) 事前対策この時期は トマト ピーマン なす きゅうり等の果菜類や ねぎ にら ほうれんそう キャベツ等の茎葉菜類 にんじん だいこん等の根菜類等の夏秋野菜の生育及び収穫時期であり また秋冬野菜の播種 定植時期でもある (1) 共通事項 1 被害にあったら 被覆ビニールやハウス資材 病害虫防除のための薬剤への注文が殺到する他 種のまき直しや代替作物の栽培として これからの秋冬野菜の種子の注文が殺到することが考えられるので

More information

衛生管理Q&A

衛生管理Q&A 学 校 給 食 における 食 材 の 取 り 扱 方 法 につて ( 衛 生 管 理 ハンドブックより) 1 検 収 検 収 室 におて 検 収 表 に 基 づき 十 分 点 検 と 確 認 を 行 記 録 する ( 鮮 度 や 変 色 異 臭 及 び 異 物 の 混 入 がなか また 食 肉 魚 介 類 につては 納 品 時 の 品 温 が 適 切 か 等 を 確 認 し 納 品 時 間 納 入

More information

1. 気 象 経 過 1) 融 雪 期 以 降 の 経 過 Ⅱ 作 4 月 : 上 旬 の 平 均 気 温 は 平 年 より 高 く 中 旬 はや や 高 く 下 旬 は 極 めて 低 かった 4 月 の 日 平 均 気 温 は4.3 で 平 年 並 であった(+0.2 ) 上 中 旬 の 降 水 量 は 少 なく 下 旬 は 極 めて 多 く 月 合 計 は56.5mmで 平 年 並 であった 上

More information

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に

ヒートショックとは ヒートショックとは 温 度 の 急 激 な 変 化 で 血 圧 が 上 下 に 大 きく 変 動 する 等 によって 起 こる 健 康 被 害 ととらえ る 事 ができます 失 神 したり 心 筋 梗 塞 や 不 整 脈 脳 梗 塞 を 起 こす 事 があり 特 に 冬 場 に 平 成 25 年 1 2 月 2 日 地 方 独 立 行 政 法 人 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター 入 浴 中 に 急 死 する 高 齢 者 数 - 冬 場 は 夏 場 の 11 倍! 主 な 原 因 は 脱 衣 室 浴 室 等 の 温 度 低 下 による ヒートショック 冬 場 の 住 居 内 の 温 度 管 理 と 健 康 について 東 京 都 健 康 長 寿 医 療 センター

More information

速報

速報 速 報!アタック888 直 売 所 情 報 H28/3/31 号 お 花 見 シーズンです! 日 中 の 気 温 も 上 がり 春 めきだしてきましたね 桜 の 開 花 宣 言 はされましたが 見 頃 は 今 週 末 あたりでしょうか? 何 かと 忙 しい 時 期 ではありますが リフレッシュも 兼 ねて 花 見 を してゆっくりするのもいいですね アタック888 情 報 山 菜 類 の 出 荷 が

More information

ブック 1.indb

ブック 1.indb 朝の挨拶 SPACE-21 幹事 鈴木 真吾 茨城県の青年部である青嵐会より SPACE-21 に参加させていた だき その度にいろいろと刺激を受け 勉強させていただいてお ります 今回 巻頭言の執筆を担当することになり 何を書いた らよいのか いろいろと悩むところもありましたが 以前より続 いている自社なりの習慣をご紹介させていただきます 朝礼を日課としている企業にとっては 至極あたりまえのこととは思いますが

More information

農業収支ノート(25年分)

農業収支ノート(25年分) 平 成 年 分 農 業 収 支 ノ ー ト 氏 名 : 住 所 : 電 話 番 号 : このノートに 記 載 した 金 額 を 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) に 転 記 することで 収 支 内 訳 書 ( 農 業 所 得 用 ) を 作 成 することができます 農 産 物 の 棚 卸 高 など 別 に 計 算 が 必 要 な 項 目 もあります 記 載 されている 項 目 や 事

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 2015 年 度 対 象 期 間 2015 年 4 月 1 日 ~2016 年 3 月 31 日 発 行 2016 年 6 月 1 日 1 ユーレックスは 国 内 唯 一 のオイルヒーター 製 造 メーカーです まえがき 地 球 環 境 やエネルギー 供 給 に 対 する 問 題 意 識 が 高 まっている 中 で 私 たちは 電 気 や 化 石 燃 料 を 必 要 な 時 に 必 要 な 分 だけ

More information

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ

堆 肥 には 衝 撃 をやわらげる 作 用 がある 堆 肥 には 1 三 要 素 の 供 給 2 微 量 要 素 の 給 源 3 緩 効 性 肥 料 4 生 育 促 進 物 質 がある 5 微 生 物 の 給 源 6 土 壌 の 物 理 性 の 改 善 7 肥 料 成 分 の 保 持 など いろいろ 堆 肥 の 特 性 堆 肥 の 特 性 について 堆 肥 化? 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 繊 維 などの 有 機 物 は 分 解 されやすい 有 機 物 ( 易 分 解 性 有 機 物 ) と 分 解 され 難 い 有 機 物 ( 難 分 解 性 有 機 物 ) に 分 けられます 堆 肥 化 とは 家 畜 ふん 等 に 含 まれる 易 分 解 性 有 機 物 が 空 気 の 十 分 存 在

More information

vol.9

vol.9 U-chi 1 2 3 7 PICKUP!! INFORMATION.1 INFORMATION.2 Green in the Room NHS 庭 園 課 ~ 一 緒 に 暮 らすグリーンたち ~ ふとした 時 に 視 界 に 入 るグリーンは そこにあるだけで きっとあなたを 豊 かな 気 持 ちにしてくれるはず 毎 日 の 暮 らしのパートナーとして インドアグリーン( 観 葉 植 物 )のことを

More information

VII

VII VII 肥料 改良資材の特徴 1 肥料の種類と特徴 (1) 土壌改良資材と土づくり肥料 土づくりに使われる資材には多種多様な物があり 総称して土壌改良資材と呼んでいる しかし これらの土づくりに使われる資材は 法令用語では 地力増進法指定の土壌改良資材 ( 表 Ⅶ-1-1) と肥料取締法の肥料 ( 表 Ⅶ-1-2) とに分類されています また 土づくりに効果のある肥料を全農では 土づくり肥料 と総称しており

More information

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった トルコギキョウ 平 成 23 年 度 トルコギキョウ 新 品 種 現 地 適 応 性 比 較 試 験 和 寒 町 農 業 活 性 化 センター 上 西 孝 明 1 試 験 設 置 場 所 和 寒 町 農 業 活 性 化 センター 第 1ハウス 連 携 機 関 旭 川 市 農 業 センター 2 供 試 品 種 標 準 品 種 北 斗 星,エクローサホワイト 他 6 品 種, ミヨシ 4 品 種, 住

More information