H28公示あらまし表紙

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "H28公示あらまし表紙"

Transcription

1 平成 28 年地価公示のあらまし 平成 28 年 3 月 23 日 栃木県総合政策部地域振興課

2 この冊子は 地価公示法に基づき平成 28 年 1 月 1 日を基準日として国土交通省土地鑑定 委員会が実施した地価公示の内容から栃木県分を抜き出して作成したものです 目 次 1 地価公示の目的等 1 2 全国の状況 1 3 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 2 4 栃木県の状況 3 < 参考 1> 平成 28 年地価公示 [ 用途別平均価格及び変動率 ] 5 < 参考 2> 平成 28 年地価公示 [ 市町別 用途別下落率順位 ] 6 < 参考 3> 地価公示 [ 用途別平均変動率表 ] 7 < 参考 4> 地価公示 [ 住宅地 商業地の地価の推移 ] 8

3 1 地価公示の目的等 地価公示は 地価公示法 ( 昭和 44 年法律第 49 号 ) に基づき 昭和 45 年から実施しているも ので 正常な土地の価格を国土交通省土地鑑定委員会が公示し 一般の土地の取引価格に対して指 標を与えるとともに 不動産鑑定評価の規準や公共事業用地の取得価格算定の規準とされる等によ り 適正な地価の形成に寄与することを目的としている (1) 価格判定基準日 平成 28 年 1 月 1 日 (2) 調査地点の名称 標準地 (3) 調査対象市町村 県内全市町 (25 市町 ) (4) 調査地点数 全国 25,270 地点 ( 県内 447 地点 ) 住宅地商業地工業地合計 (5) 公表日平成 28 年 3 月 23 日 ( 官報 ) 2 全国の状況 平成 27 年 1 月以降の 1 年間の地価について 全国平均では 全用途平均で昨年までの下落から上昇に転じた 用途別では 住宅地はわずかに下落しているものの下落幅の縮小傾向が継続している また 商業地は昨年の横ばいから上昇に転じ 工業地は昨年の下落から横ばいに転じた 三大都市圏をみると 住宅地はほぼ前年並みの小幅な上昇を示し 商業地は総じて上昇基調を強めている また 工業地は東京圏で上昇基調を強め 大阪圏及び名古屋圏では昨年の下落から上昇に転じた 地方圏をみると 地方中枢都市では全ての用途で三大都市圏を上回る上昇を示している 地方圏 のその他の地域においても全ての用途で下落幅が縮小している 住宅地 全国的に雇用情勢の改善が続く中 住宅ローン減税等の施策による住宅需要の下支え効果もあって 住宅地の地価は総じて底堅く推移しており 上昇ないし下落幅の縮小が見られる 商業地 外国人観光客をはじめ国内外からの来街者の増加等を背景に 主要都市の中心部などでは店舗 ホテル等の需要が旺盛であり また オフィスについても空室率は概ね低下傾向が続き 一部地域では賃料の改善が見られるなど 総じて商業地としての収益性の高まりが見られる こうした中 金融緩和による法人投資家等の資金調達環境が良好なこと等もあって 不動産投資意欲は旺盛であり 商業地の地価は総じて堅調に推移している 第 2-1 表 継続地点で見た地価上昇 横ばい 下落の地点数 調査年平成 27 年 ( 前回 ) 平成 28 年 ( 今回 ) 継続地点合計 23,043 地点 - 23,085 地点 - 上昇地点 7,569 地点 32.9% 地点 35.0% 横ばい地点 4,288 地点 18.6% 4,560 地点 19.8% 下落地点 11,186 地点 48.5% 10,425 地点 45.2% 地点数は 住宅地 商業地 工業地による集計 % は 継続地点合計数に占める割合 第 2-2 表 全国及び圏域別の用途別対前年平均変動率 ( 単位 :%) 圏域別調査年住宅地商業地工業地全用途 三大都市圏 東京圏 地方圏 全 国 平成 27 年 平成 28 年 平成 27 年 平成 28 年 平成 27 年 平成 28 年 平成 27 年 平成 28 年 本県は 地方圏 に含まれる 地方圏 とは 東京圏 大阪圏 名古屋圏 の三大都市圏を除く地域をいう - 1 -

4 3 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 (1) 住宅地の変動率順位 30 位栃木県 1.2% ( 単位 :%) ( 単位 :%) 1 福島県 2.9 近 県 の 状 況 2 宮城県 福島県 沖縄県 茨城県 東京都 群馬県 愛知県 埼玉県 山梨県 千葉県 和歌山県 東京都 鳥取県 神奈川県 鹿児島県 山梨県 秋田県 長野県 新潟県 1.6 (2) 商業地の変動率順位 27 位栃木県 1.3% ( 単位 :%) ( 単位 :%) 1 大阪府 4.2 近 県 の 状 況 2 東京都 福島県 宮城県 茨城県 京都府 群馬県 愛知県 埼玉県 鳥取県 千葉県 佐賀県 東京都 新潟県 神奈川県 島根県 山梨県 鹿児島県 長野県 秋田県 新潟県 2.5 (3) 栃木県の変動率順位の変遷 ( 単位 :%) 年区分住宅地商業地 24 年 地価公示 36 位 位 5.4 地価調査 37 位 位 年 地価公示 34 位 位 4.4 地価調査 31 位 位 年 地価公示 32 位 位 3.0 地価調査 27 位 位 年 地価公示 32 位 位 2.1 地価調査 28 位 位 年 地価公示 30 位 位 1.3 (4) 近県の県庁所在地の状況 ( 住宅地 ) ( 単位 : 円 / m2,%) 県 市名 区分 平成 28 年 平成 27 年 価格平均変動率価格平均変動率 栃木県宇都宮市 57, , 福島県福島市 42, , 茨城県水戸市 40, , 群馬県前橋市 51, , 埼玉県さいたま市 182, , 千葉県千葉市 113, , 神奈川県横浜市 218, , 山梨県甲府市 46, , 長野県長野市 51, , 新潟県新潟市 54, ,

5 4 栃木県の状況 (1) 概要栃木県の地価は 24 年連続の下落となったが 下落幅は 4 年連続して縮小し 住宅地では上昇が 23 地点 横ばいが 31 地点 商業地では 上昇が 11 地点 横ばいが 12 地点あった 第 4-1 表 継続地点で見た地価上昇 横ばい 下落の地点数 調査年平成 27 年 ( 前回 ) 平成 28 年 ( 今回 ) 継続地点合計 412 地点 地点 - 上昇地点 15 地点 3.6% 34 地点 8.3% 横ばい地点 25 地点 6.1% 48 地点 11.7% 下落地点 372 地点 90.3% 328 地点 80.0% % は 継続地点合計数に占める割合 第 4-2 表 栃木県の用途別対前年平均変動率 区分住宅地商業地工業地全用途 H27 1.7% 2.1% 2.0% 1.8% H28 1.2% 1.3% 0.8% 1.2% (2) 住宅地対前年平均変動率は 1.2% で 下落幅は前年 ( 1.7%) より縮小した 市町村別の対前年平均変動率は 県内全ての市町 (25 市町 ) で下落となった 市町村別対前年下落率順位表等の住宅地の状況は 次の各表のとおりである 第 4-3 表 住宅地の市町村別対前年下落率順位表 ( 第 5 位まで ) 下落率小 下落率大 順位 市町村名 平均変動率 (%) 順位市町村名平均変動率 (%) 1 宇都宮市 那須烏山市 小山市 益子町 下野市 茂木町 高根沢町 矢板市 大田原市 那珂川町 2.8 第 4-4 表 住宅地の標準地対前年上昇率順位表 ( 第 5 位まで ) ( 単位 :%) 順位標準地番号変動率 (%) 所在 1 宇都宮 宿郷 5 丁目 2 宇都宮 中今泉 3 丁目 3 下野 祇園 5 丁目 4 下野 緑 5 丁目 5 宇都宮 昭和 2 丁目 5 宇都宮 元今泉 2 丁目 第 4-5 表 住宅地の標準地対前年下落率順位表 ( 第 5 位まで ) 順位標準地番号変動率 (%) 所在 1 那須烏山 小倉 2 鹿沼 口粟野 3 茂木 大字茂木 4 佐野 鉢木町 5 栃木 藤岡町藤岡 - 3 -

6 第 4-6 表 住宅地の標準地価格順位表 ( 第 5 位まで ) 順位標準地番号価格 ( 円 / m2 ) 所在 1 宇都宮 ,000 宿郷 5 丁目 2 宇都宮 ,000 昭和 2 丁目 3 宇都宮 ,000 元今泉 2 丁目 4 宇都宮 ,000 中今泉 3 丁目 5 宇都宮 ,600 一条 4 丁目 (3) 商業地対前年平均変動率は 1.3% で 下落幅は前年 ( 2.1%) より縮小した 市町村別の対前年平均変動率は 継続調査地点のある市町のうち宇都宮市で横ばいとなったが 他の 21 の市町では引き続き下落となった 市町村別対前年下落率順位表等の商業地の状況は 次の各表のとおりである 第 4-7 表 商業地の市町村別対前年下落率順位表 ( 第 5 位まで ) 下落率小 下落率大 順位 市町村名 平均変動率 (%) 順位市町村名平均変動率 (%) 1 宇都宮市 茂木町 小山市 那須烏山市 下野市 市貝町 高根沢町 益子町 大田原市 那珂川町 鹿沼市 1.6 第 4-8 表 商業地の標準地対前年上昇率順位表 ( 第 5 位まで ) 順位標準地番号変動率 (%) 所在 1 宇都宮 中今泉 5 丁目 2 宇都宮 二番町 3 宇都宮 栄町 3 宇都宮 大通り 5 丁目 3 宇都宮 小幡 2 丁目 3 宇都宮 元今泉 2 丁目 3 宇都宮 中央本町 第 4-9 表 商業地の標準地対前年下落率順位表 ( 第 5 位まで ) 順位標準地番号変動率 (%) 所在 1 那須烏山 中央 1 丁目 2 茂木 大字茂木 3 栃木 倭町 3 栃木 境町 5 市貝 大字赤羽 第 4-10 表 商業地の標準地価格順位表 ( 第 5 位まで ) 順位 標準地番号 価格 ( 円 / m2 ) 所在 1 宇都宮 ,000 池上町 2 宇都宮 ,000 駅前通り1 丁目 3 宇都宮 ,000 東宿郷 2 丁目 4 宇都宮 ,000 伝馬町 5 宇都宮 ,000 元今泉 4 丁目 - 4 -

7 参考 1 平成 28 年地価公示 [ 用途別平均価格及び変動率 ] 住宅地 商業地 工業地 全用途 市町名 価格 変動率 価格 変動率 価格 変動率 価格 変動率 標準地数 標準地数 標準地数 標準地数 ( 円 / m2 ) (%) ( 円 / m2 ) (%) ( 円 / m2 ) (%) ( 円 / m2 ) (%) 宇都宮市 (8) 75 57, , (1) 5 29, (9) , 足利市 (4) 33 30, , , (4) 40 32, 栃木市 (6) 43 24, (1) 7 38, (1) 1 17,200 (8) 51 26, 佐野市 (7) 31 28, (1) 5 42, , (8) 39 29, 鹿沼市 (2) 21 30, , , (2) 26 32, 日光市 7 23, , , 小山市 (1) 26 37, , (1) 4 20, (2) 36 39, 真岡市 (1) 18 24, , , (1) 22 27, 大田原市 4 27, , , 矢板市 3 22, , , 那須塩原市 8 23, , , さくら市 4 21, , , 那須烏山市 4 14, , , 下野市 (2) 16 39, , , (2) 18 39, 上三川町 7 28, , , 益子町 2 21, , , 茂木町 2 17, , , 市貝町 2 21, , , 芳賀町 3 19, , , 壬生町 11 32, , , 野木町 6 33, (1) 1 44,000 (1) 7 35, 塩谷町 2 14, , 高根沢町 8 30, , , 那須町 2 14, , , 那珂川町 2 14, , , 県平均 (31) , (3) 88 73, (3) 19 21, (37) , 標準地数欄の ( ) 内の数字は選定替をした標準地数であり, 内数である - 5 -

8 < 参考 2> 平成 28 年地価公示 [ 市町別 用途別下落率順位 ] ( 単位 :%) 住宅地 商業地 順位 市町名 変動率 順位 市町名 変動率 1 那須烏山市 茂木町 益子町 那須烏山市 茂木町 市貝町 矢板市 益子町 那珂川町 那珂川町 日光市 真岡市 市貝町 那須町 鹿沼市 矢板市 那須町 栃木市 足利市 足利市 那須塩原市 上三川町 佐野市 壬生町 塩谷町 那須塩原市 栃木市 さくら市 芳賀町 佐野市 さくら市 日光市 上三川町 鹿沼市 真岡市 大田原市 壬生町 高根沢町 野木町 下野市 大田原市 小山市 高根沢町 宇都宮市 小山市 下野市 宇都宮市県平均 県平均 1.3 工業地 全用途 順位 市町名 変動率 順位 市町名 変動率 1 足利市 那須烏山市 宇都宮市 茂木町 佐野市 益子町 芳賀町 那珂川町 小山市 矢板市 鹿沼市 市貝町 真岡市 那須町 下野市 日光市 鹿沼市 那須塩原市 足利市 塩谷町 栃木市 佐野市 真岡市 さくら市 上三川町 芳賀町 壬生町 大田原市 野木町 高根沢町 下野市 小山市 宇都宮市 0.2 県平均 0.8 県平均

9 参考 3 地価公示 [ 用途別平均変動率表 ] 栃木県 ( 単位 :%) 宅地調整区域調査年住宅地商業地準工業地工業地全用途見込地内宅地 S S S S S S S S S S S S S S S H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H H

10 < 参考 4> 住宅地 商業地の地価の推移 指数 住宅地の地価の推移 ( 平均変動率による指数 ) 昭和 49 年 = 栃木県 全国 ( 全国 ) ( 栃木県 ) 50 0 S H 年 -8- 指数 350 商業地の地価の推移 ( 平均変動率による指数 ) 昭和 49 年 = 栃木県 全国 S H 年 ( 全国 ) ( 栃木県 )

Microsoft Word - 【完了】(取注なし)H30公示あらまし表紙・目次

Microsoft Word - 【完了】(取注なし)H30公示あらまし表紙・目次 平成 30 年地価公示のあらまし 平成 30 年 3 月 28 日 栃木県総合政策部地域振興課 この冊子は 地価公示法に基づき平成 30 年 1 月 1 日を基準日として国土交通省土地鑑定委員会 が実施した地価公示の内容から栃木県分を抜き出して作成したものです 目 次 1 地価公示の目的等 1 2 全国の状況 1 3 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 2 4 栃木県の状況 3 < 参考

More information

Microsoft Word - 【完了】(取注なし)H31公示あらまし表紙・目次

Microsoft Word - 【完了】(取注なし)H31公示あらまし表紙・目次 平成 31 年地価公示のあらまし 平成 31(2019) 年 3 月 20 日 栃木県総合政策部地域振興課 この冊子は 地価公示法に基づき平成 31(2019) 年 1 月 1 日を基準日として国土交通省土地鑑定 委員会が実施した地価公示の内容から栃木県分を抜き出して作成したものです 目 次 1 地価公示の目的等 1 2 全国の状況 1 3 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 2 4 栃木県の状況

More information

Microsoft Word - P0_【完了】H30(表紙)解禁日

Microsoft Word - P0_【完了】H30(表紙)解禁日 取扱注意ラジオ テレビ インターネット 9 月 18 日 ( 火 )16 時 50 分以降新聞 9 月 19 日 ( 水 ) 朝刊から 平成 30 年地価調査のあらまし 第 1 地価調査制度の概要 1 地価調査の目的 2 調査対象区域 3 調査地点数 4 基準地の選定基準 5 価格判定の基準日 6 価格の判定 7 標準価格の性格 8 周知措置 9 用語の定義 第 2 全国の状況 1 概要 2 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況

More information

H28あらましP0(表紙)ホームページ

H28あらましP0(表紙)ホームページ 平成 28 年地価調査のあらまし 第 1 地価調査制度の概要 1 地価調査の目的 2 調査対象区域 3 調査地点数 4 基準地の選定基準 5 価格判定の基準日 6 価格の判定 7 標準価格の性格 8 周知措置 9 用語の定義 第 2 全国の状況 1 概要 2 栃木県の変動率順位及び近県の県庁所在地等の状況 第 3 栃木県の状況 1 概要 2 基準地の価格及び変動率の状況 (1) 住宅地 (2) 宅地見込地

More information

Ⅰ. 平成 30 年地価公示結果の概要 平成 29 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから10 年ぶりに上昇に転じた 商業地は3 年連続の上昇 工業地は2 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強めている 全用途平均は3 年連続の上昇となった 三大

Ⅰ. 平成 30 年地価公示結果の概要 平成 29 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから10 年ぶりに上昇に転じた 商業地は3 年連続の上昇 工業地は2 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強めている 全用途平均は3 年連続の上昇となった 三大 Ⅰ. 平成 30 年地価公示結果の概要 平成 29 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 住宅地の平均変動率が昨年の横ばいから10 年ぶりに上昇に転じた 商業地は3 年連続の上昇 工業地は2 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強めている 全用途平均は3 年連続の上昇となった 三大都市圏をみると 住宅地 商業地及び工業地のいずれについても 各圏域で上昇を示した 大阪圏は 住宅地はわずかな上昇だが

More information

平成 31 年地価公示の概要 1 根拠法令地価公示法 2 実施機関国土交通省土地鑑定委員会 3 目的土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地

平成 31 年地価公示の概要 1 根拠法令地価公示法 2 実施機関国土交通省土地鑑定委員会 3 目的土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地 平成 31 年地価公示の概要 1 根拠法令地価公示法 2 実施機関国土交通省土地鑑定委員会 3 目的土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により 適正な地価の形成に寄与することを目的としている 4 対象区域都市計画法第

More information

記者発表資料

記者発表資料 平成 30 年地価公示の概要 地価公示は 国土交通省土地鑑定委員会が実施した価格判定結果であり 本資料は その 中から愛媛県に該当する箇所を抽出したものである 国土交通省土地鑑定委員会では 全国の都市計画区域等に設定した標準地 26, 000 地点の平成 30 年 1 月 1 日現在における正常価格の判定を行い その結果を 3 月 28 日付けの官報で公示することとしている 地価公示は 地価公示法

More information

1 地価公示の概要 平成 31 年地価公示 地価公示は 地価公示法に基づき 国 ( 国土交通省 ) が 1 月 1 日時点の調査地点 ( 標準地 ) の正常な価格 ( 公示価格 ) を判定し その結果を公表するもので 北海道においては 昭和 47 年以降 毎年実施されている 道内では 地価公示法に基

1 地価公示の概要 平成 31 年地価公示 地価公示は 地価公示法に基づき 国 ( 国土交通省 ) が 1 月 1 日時点の調査地点 ( 標準地 ) の正常な価格 ( 公示価格 ) を判定し その結果を公表するもので 北海道においては 昭和 47 年以降 毎年実施されている 道内では 地価公示法に基 1 地価公示の概要 平成 31 年地価公示 地価公示は 地価公示法に基づき 国 ( 国土交通省 ) が 1 月 1 日時点の調査地点 ( 標準地 ) の正常な価格 ( 公示価格 ) を判定し その結果を公表するもので 北海道においては 昭和 47 年以降 毎年実施されている 道内では 地価公示法に基づく対象区域である道内 99 市町を対象に 1,367 地点で調査が行われた 2 地価の動向 ( 概況

More information

3 人口 10 万人以上の都市の動向 札幌市 住宅地は 5 年連続の上昇となっており 中央区の住宅価格の高騰から 相対的に割安感のある豊平区 白石区で高い上昇率となった 商業地も 5 年連続で上昇となったが 中央区は高いオフィス需要から引き続き高い上昇率となり 他区においても特に地下鉄駅周辺地域で高

3 人口 10 万人以上の都市の動向 札幌市 住宅地は 5 年連続の上昇となっており 中央区の住宅価格の高騰から 相対的に割安感のある豊平区 白石区で高い上昇率となった 商業地も 5 年連続で上昇となったが 中央区は高いオフィス需要から引き続き高い上昇率となり 他区においても特に地下鉄駅周辺地域で高 1 地価公示の概要 平成 30 年地価公示 地価公示は 地価公示法に基づき 国 ( 国土交通省 ) が 1 月 1 日時点の調査地点 ( 標準地 ) の正常な価格 ( 公示価格 ) を判定し その結果を公表するもので 北海道においては 昭和 47 年以降 毎年実施されている 道内では 地価公示法に基づく対象区域である道内 99 市町を対象に 1,367 地点で調査が行われた 2 地価の動向 ( 概況

More information

平成 31 年地価公示の概要 土地 建設産業局 地価公示法に基づき 国土交通省土地鑑定委員会 ( 委員長 : 森田修東京大学大学院教授 ) が都市計画区域等における標準地を選定して 毎年 1 月 1 日の正常価格を判定し公示するもの 本公示価格は 全国 167の分科会に所属する2,408 人の鑑定評

平成 31 年地価公示の概要 土地 建設産業局 地価公示法に基づき 国土交通省土地鑑定委員会 ( 委員長 : 森田修東京大学大学院教授 ) が都市計画区域等における標準地を選定して 毎年 1 月 1 日の正常価格を判定し公示するもの 本公示価格は 全国 167の分科会に所属する2,408 人の鑑定評 平成 31 年地価公示の概要 土地 建設産業局 地価公示法に基づき 国土交通省土地鑑定委員会 ( 委員長 : 森田修東京大学大学院教授 ) が都市計画区域等における標準地を選定して 毎年 1 月 1 日の正常価格を判定し公示するもの 本公示価格は 全国 167の分科会に所属する2,408 人の鑑定評価員 ( 不動産鑑定士 ) が全国 26,000 地点 ( うち 福島第一原子力発電所の事故の影響による7

More information

記者発表資料

記者発表資料 平成 3 年地価公示の概要 地価公示は 国土交通省土地鑑定委員会が実施した価格判定結果であり 本資料は その 中から愛媛県に該当する箇所を抽出したものである 国土交通省土地鑑定委員会では 全国の都市計画区域等に設定した標準地 6, 地点の平成 3 年 月 日現在における正常価格の判定を行い その結果を 3 月 日付けの官報で公示することとしている 地価公示は 地価公示法 ( 昭和 44 年法律第 49

More information

平成13年度地価調査の概要

平成13年度地価調査の概要 平成 29 年度地価調査の概要 地価調査は 国土利用計画法による土地取引の規制を適正かつ円滑に実施するため 同法施行令第 9 条の規定に基づき 都道府県知事が毎年 7 月 1 日現在における基準地の標準価格を調査 判定し その結果を概ね9 月 20 日に公表するものである これは 地価公示法に基づき国が行う地価公示とあわせて一般の土地の取引価格の指標となるもので 価格その他の公表された事項を記載した書面は

More information

(3) 土砂災害土砂災害の想定は 急傾斜地崩壊危険箇所 地すべり危険箇所 山腹崩壊危険地区のうち 保全人家 ( 公共施設を含む ) を有し かつ 対策工事の実施されていない箇所などを対象に 各危険箇所などの耐震ランクと震度から危険度ランク (A B C) を判定した ここでいう危険度は 相対的なラン

(3) 土砂災害土砂災害の想定は 急傾斜地崩壊危険箇所 地すべり危険箇所 山腹崩壊危険地区のうち 保全人家 ( 公共施設を含む ) を有し かつ 対策工事の実施されていない箇所などを対象に 各危険箇所などの耐震ランクと震度から危険度ランク (A B C) を判定した ここでいう危険度は 相対的なラン (3) 土砂災害土砂災害の想定は 急傾斜地崩壊危険箇所 地すべり危険箇所 山腹崩壊危険地区のうち 保全人家 ( 公共施設を含む ) を有し かつ 対策工事の実施されていない箇所などを対象に 各危険箇所などの耐震ランクと震度から危険度ランク (A B C) を判定した ここでいう危険度は 相対的なランク区分であるが 概ね次のように危険度ランクを区分する 表 Ⅰ.7-5 土砂災害危険度ランク危険度 A

More information

県内市町等の福利厚生事業の状況について(H 更新版)

県内市町等の福利厚生事業の状況について(H 更新版) 平成 27 年度 福利厚生事業調査結果の概要 ( 平成 27 年 4 月 1 日現在 ) 平成 28 年 2 月 栃木県総合政策部市町村課 1 互助会等に対する公費支出の見直し内容 ( 県内市町 ) 公費を伴う福利厚生事業の見直しについては 平成 26 年度は県内市町のうち 2 団体が実施し 平成 17 年度から平成 25 年度までを含めると 県内の 25 市町の全てが実施しています このうち 平成

More information

< ( 平成 29 年 9 月分 )> 2010 年平均 =100 ブロック別 北海道地方 東北地方

< ( 平成 29 年 9 月分 )> 2010 年平均 =100 ブロック別 北海道地方 東北地方 平成 2 9 年 1 2 月 2 7 日 土地 建設産業局不動産市場整備課 ( 平成 29 年 9 月 第 3 四半期分 ) の公表 は IMF 等による国際指針に基づき 不動産市場価格の動向を表すものとして 国土交通省が作成したものです 地域別 住宅 商業用別の市場分析を通じて 投資環境の整備などが進むことを目的としています 今般 ( 平成 29 年 9 月分 ) 及び ( 第 3 四半期分 )

More information

平成13年度地価調査の概要

平成13年度地価調査の概要 平成 30 年度地価調査の概要 地価調査は 国土利用計画法による土地取引の規制を適正かつ円滑に実施するため 同法施行令第 9 条の規定に基づき 都道府県知事が毎年 7 月 1 日現在における基準地の標準価格を調査 判定し その結果を概ね9 月 20 日に公表するものである これは 地価公示法に基づき国が行う地価公示とあわせて一般の土地の取引価格の指標となるもので 価格その他の公表された事項を記載した書面は

More information

平成30年 地価公示価格一覧表(宇都宮市内抜粋版)

平成30年 地価公示価格一覧表(宇都宮市内抜粋版) 0 地価公示価格一覧表 価格時点 0 月 日 国土交通省 0 月 8 日 地価公示調査価格一覧表 (6ポイント) 地価調査地との共通地点 (7ポイント) 資料編 用途地域別平均価格 変動率一覧表およびグラフ 住宅地及び商業地地価公示 地価調査の価格及び変動率の推移 宇都宮市抜粋版 作成 : 宇都宮市都市計画課 目次 本編. 地価公示価格一覧表 ページ. 地価公示 地価調査共通地点の価格一覧表 7ページ

More information

Microsoft Word - 01 H31:表紙.doc

Microsoft Word - 01 H31:表紙.doc 平成 31 年 地価公示概要 ( 札幌市地価動向 ) 平成 31 年 (2019 年 )3 月 担当 : 札幌市まちづくり政策局都市計画部 都市計画課調査係 TEL:011 211 2506 地価公示制度の概要 1. 目的地価公示は 都市及びその周辺の地域等において 国土交通省が設置する土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地を選定し その正常な価格を公示することにより 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに

More information

Microsoft Word - 01 H30:表紙.doc

Microsoft Word - 01 H30:表紙.doc 平成 30 年 地価公示概要 ( 札幌市地価動向 ) 平成 30 年 (2018 年 )3 月 担当 : 札幌市まちづくり政策局都市計画部 都市計画課調査係 TEL:011 211 2506 地価公示制度の概要 1. 目的 地価公示は 都市及びその周辺の地域等において 国土交通省が設置する土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地を選定し その正常な価格を公示することにより 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに

More information

税務統計29★前半_校了出力.indd

税務統計29★前半_校了出力.indd 第 2 第 2 県税 1 県税決算額 ( 税目別 ) 税 県 目 税 区 調定 収入 予算額前年前年件数税額件数税額分度比度比 現 246,369,000,000 1,282,089 248,812,711,259 102.4 1,279,947 247,593,251,289 102.4 滞 1,131,000,000 8,121 4,436,836,742 82.8 1,401 1,263,812,719

More information

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2

22. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 大腸がん検診 集団検診 ) 13 都道府県用チェックリストの遵守状況大腸がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 大腸がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 2 21. 都道府県別の結果及び評価結果一覧 ( 胃がん検診 集団検診 ) 12 都道府県用チェックリストの遵守状況胃がん部会の活動状況 (: 実施済 : 今後実施予定はある : 実施しない : 評価対象外 ) (61 項目中 ) 胃がん部会の開催 がん部会による 北海道 22 C D 青森県 25 C E 岩手県 23 C D 宮城県 13 秋田県 24 C 山形県 10 福島県 12 C 茨城県 16

More information

住宅着工統計による再建築状況の概要 ( 平成 1 9 年度分 ) 国土交通省総合政策局情報安全 調査課建設統計室 平成 20 年 11 月 5 日公表 [ 問い合わせ先 ] 担当下岡 ( 課長補佐 ) 遠藤( 建築統計係長 ) 中村 TEL ( 代表 ) 内線

住宅着工統計による再建築状況の概要 ( 平成 1 9 年度分 ) 国土交通省総合政策局情報安全 調査課建設統計室 平成 20 年 11 月 5 日公表 [ 問い合わせ先 ] 担当下岡 ( 課長補佐 ) 遠藤( 建築統計係長 ) 中村 TEL ( 代表 ) 内線 住宅着工統計による再建築状況の概要 ( 平成 1 9 年度分 ) 国土交通省総合政策局情報安全 調査課建設統計室 平成 20 年 11 月 5 日公表 [ 問い合わせ先 ] 担当下岡 ( 課長補佐 ) 遠藤( 建築統計係長 ) 中村 TEL 03-5253-8111( 代表 ) 内線 28-621 28-625 28-626 この統計調査報告の概要は 国土交通省のホームページでもご覧いただけます http://www.mlit.go.jp/toukeijouhou/chojou/index.html

More information

※※※H30 地価公示結果1

※※※H30 地価公示結果1 平成 30 年に基づく地価動向について 千葉県 県土整備部用地課 第 1 制度の概要 1 の目的は 法第 2 条の規定により国土交通省土地鑑定委員会が 毎年 1 回標準地の正常な価格を調査し その結果を公示するものである このと都道府県知事が行う地価調査 ( 国土利用計画法施行令第 9 条の規定により 毎年 1 回基準地の 7 月 1 日時点の標準価格を調査し公表 ) は 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802006099 宮城 740400015 4 コーチ 802009308 大阪 742700351 5 コーチ 802012742 沖縄 744700018 6 コーチ 802012867 静岡 742100061 7 コーチ 803001619 青森 740200007

More information

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ

通話品質 KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21, 全体 18, 全体 15, NTTドコモ < 各都道府県別満足度一覧 > エリア KDDI(au) N 満足やや満足 ソフトバンクモバイル N 満足やや満足 全体 21,605 40.0 38.2 16.7 3.9 1.2 全体 18,172 31.2 39.1 19.3 7.4 3.0 全体 15,223 23.2 38.4 23.8 10.7 3.9 NTTドコモ / 北海道 665 51.1 34.4 12.5 1.7 0.3 KDDI(au)/

More information

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378>

< E B B798E7793B188F5936F985E8ED EA97975F8E9696B18BC CBB8DDD816A E786C7378> 1 コーチ 802001677 宮崎 744500076 2 コーチ 802004883 宮崎 744500098 3 コーチ 802005298 北海道 740100003 4 コーチ 802006099 宮城 740400015 5 コーチ 802009308 大阪 742700351 6 コーチ 802012742 沖縄 744700018 7 コーチ 802012867 静岡 742100061

More information

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2

第 40 回 看護総合 2009 年 平成 21 年 2009/7/18-19 京都府京都市 2009 年 2010 年 精神看護 2009/7/23-24 島根県松江市 2009 年 2010 年 母性看護 2009/8/6-7 佐賀県佐賀市 2009 年 2010 年 看護教育 2009/8/2 学術集会開催実績および冊子発行年 回 学術集会は各回の開催順に掲載 第 49 回 精神看護 2018 年 平成 30 年 2018/7/19-20 徳島県徳島市 2018 年 2019 年 在宅看護 2018/7/27-28 佐賀県佐賀市 2018 年 2019 年 看護管理 2018/8/9-10 宮城県仙台市 2018 年 2019 年 看護教育 2018/8/16-17 広島県広島市 2018

More information

表 3 の総人口を 100 としたときの指数でみた総人口 順位 全国 94.2 全国 沖縄県 沖縄県 東京都 東京都 神奈川県 99.6 滋賀県 愛知県 99.2 愛知県 滋賀県 神奈川

表 3 の総人口を 100 としたときの指数でみた総人口 順位 全国 94.2 全国 沖縄県 沖縄県 東京都 東京都 神奈川県 99.6 滋賀県 愛知県 99.2 愛知県 滋賀県 神奈川 Ⅱ. 都道府県別にみた推計結果の概要 1. 都道府県別総人口の推移 (1) すべての都道府県で平成 52 年の総人口はを下回る 先に公表された 日本の将来推計人口 ( 平成 24 年 1 月推計 ) ( 出生中位 死亡中位仮定 ) によれば わが国の総人口は長期にわたって減少が続く 平成 17(2005) 年からの都道府県別の総人口の推移をみると 38 道府県で総人口が減少している 今回の推計によれば

More information

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H

H ( 火 ) H ( 水 ) H ( 金 ) H ( 火 ) H ( 月 ) H ( 火 ) H ( 土 ) H ( 日 ) H ( 木 ) H ( 火 ) H 1. 技能実習責任者講習 http://www.zenkiren.com/seminar/ginoujissyu.html 開催日時 H29.11.29 ( 水 ) H29.12.5 ( 火 ) H29.12.12 ( 火 ) H29.12.17 ( 日 ) H30.1.9 ( 火 ) H30.1.16 ( 火 ) H30.1.24 ( 水 ) H30.2.4 ( 日 ) H30.2.5 ( 月 )

More information

 

  5. 都道府県別 の推移 (19 19~1 年 ) 北海道 1% 17% 1% % 11% 北海道 青森県 3% 3% 31% 3% % 7% 5% 青森県 岩手県 3% 37% 3% 35% 3% 31% 9% 岩手県 宮城県 33% 3% 31% 9% 7% 5% 3% 宮城県 秋田県 1% % % 3% 3% 33% 3% 秋田県 山形県 7% % 7% 5% 3% % 37% 山形県 福島県

More information

平成 30 年度山梨県地価調査 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄与す

平成 30 年度山梨県地価調査 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄与す 平成 30 年度山梨県地価調査 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄与する 3 調査内容 (1) 調査区域県下 27 市町村 ( 全市町村 ) (2) 基準日 毎年 7 月

More information

平成 29 年度山梨県地価調査結果 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄

平成 29 年度山梨県地価調査結果 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄 平成 29 年度山梨県地価調査結果 ( 概要 ) 1 根拠法令国土利用計画法施行令第 9 条 2 目的基準地の標準価格を公表することにより 国土利用計画法に基づく土地取引価格の審査の円滑な実施を図るとともに 地価公示法による公示価格を補完し 一般の土地取引の価格に対し指標を与え 適正な地価の形成に寄与する 3 調査内容 (1) 調査区域県下 27 市町村 ( 全市町村 ) (2) 基準日 毎年 7

More information

Microsoft Word - 合併誌(原稿01)表紙~第1章(表紙)

Microsoft Word - 合併誌(原稿01)表紙~第1章(表紙) 第 1 章 栃木県の市町村合併の 状況 第 1 章栃木県の市町村合併の状況 1 平成の合併以前の県内市町村の状況 2 平成の合併の経緯 3 栃木県における平成の合併の状況 1 平成の合併以前の県内市町村の状況我が国においては 明治 22 年に近代的地方自治制度である 市制 町村制 が施行され 市町村が戸籍や小学校などの事務処理を行うため 300 戸から 500 戸を標準として 全国的に町村合併が進められた

More information

<4D F736F F F696E74202D E88E68AD482CC906C8CFB88DA93AE82C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D E88E68AD482CC906C8CFB88DA93AE82C982C282A282C4> 資料 7 地域間の人口移動について 三大都市圏 地方圏及び東京都における人口移動 1 東京圏への転入 東京圏からの転出の推移と経済諸変数 2 東京都への転入 東京都からの転出 3 都道府県間総移動率の推移 4 東京圏への年齢別純移動者数 5 東京都の人口増減数 6 東京圏内と東京圏外の人口移動 ( 転入 ) 7 東京圏内と東京圏外の人口移動 ( 転出 ) 8 東京圏内と東京圏外の人口移動 ( 転入

More information

半年ごとの地価動向について 地価公示(1 月 1 日時点 ) と都道府県地価調査 (7 月 1 日時点 ) との共通の調査地点で見ると 三大都市圏の住宅地は平成 25 年の前半と後半がほぼ同率の上昇となり 商業地は平成 25 年後半に上昇率が拡大している また 地方圏の住宅地 商業地はともに下落した

半年ごとの地価動向について 地価公示(1 月 1 日時点 ) と都道府県地価調査 (7 月 1 日時点 ) との共通の調査地点で見ると 三大都市圏の住宅地は平成 25 年の前半と後半がほぼ同率の上昇となり 商業地は平成 25 年後半に上昇率が拡大している また 地方圏の住宅地 商業地はともに下落した 不動産の需給 統計年度別出題項目一覧 出題項目 出題年 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 地価公示 建築着工統計 新設住宅着工戸数 新設住宅の着工床面積 法人企業統計 不動産業の経常利益 不動産業の売上高 土地取引件数 ( 売買による土地所有権移転登記の件数 ) 土地白書 宅地供給量 国土面積の所有主体別割合 土地取引の面積規模別件数割合 土地利用の概況

More information

01:29地価公示(HP)表紙

01:29地価公示(HP)表紙 平成 2 9 年地価公示に見る滋賀県の地価の概要について 平成 29 年地価公示 ( 滋賀県 ) 結果概要 1 1 地価公示の概要 1 2 用途別平均価格および平均変動率 2 第 1 表用途別平均価格および平均変動率第 2 表地価公示と地価調査の共通地点にみる半年ごとの変動率の推移第 3-1 表 ~ 第 3-2 用途別平均価格および平均変動率の推移 3 市町別平均価格および平均変動率 6 第 4-1

More information

沖縄観光の推移

沖縄観光の推移 (1) 28 28 2 28 876 9,200 83 2,900 10.5 200 28 3 (2) 28 664 100 37 4,100 6.0 212 9,100 45 8,800 27.5 28 4 28 - - 28 5 28 6,602 9,400 580 8,000 9.6 75,297 584 0.8 1.9 4.2 4.6 28 6 (2) 28 74,763 680 0.9 3

More information

 

  平成 2 5 年地価公示に見る 滋賀県の地価の概要について 標準地の区分方法の変更について 1 地価公示制度の概要 2 平成 25 年地価公示 ( 滋賀県 ) の実施概要 3 第 1 表 市町別 用途別標準地設定数 平成 25 年地価公示結果 ( 滋賀県 ) の概要 1 平成 25 年地価公示結果の特徴 4 2 用途別平均価格および平均変動率 4 第 2 表 用途別平均価格および平均変動率 第 3

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 不動産市場動向データ集 年次レポート 217 年 ( 公社 ) 全国宅地建物取引業協会連合会 不動産総合研究所 218 年 4 月 記載しているデータの正確性には万全を期していますが 何らかの原因により誤りがある可能性があります 当研究所は 利用者が記載データを用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません サマリー 項目 地域 指標 種別 年度 217 年 実数 前年比 全国 1,317,98

More information

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は2.4%( 前年 2.4%) で 3 年連続上昇となり 全都道府県第 2 位 ( 前年第 1 位 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単位面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は2.4%( 前年 2.4%) で 3 年連続上昇となり 全都道府県第 2 位 ( 前年第 1 位 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単位面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査 平成 2 8 年地価公示における 福島県内の地価動向について 1 地価公示制度 (1) 目的地価公示は 土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により 適正な地価の形成に寄与することを目的としている 実施主体土地鑑定委員会

More information

1. 社会福祉法人経営動向調査 ( 平成 30 年 ) の概要 目的 社会福祉法人と特別養護老人ホームの現場の実感を調査し 運営実態を明らかにすることで 社会福祉法人の経営や社会福祉政策の適切な運営に寄与する 対象 回答状況 対 象 特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人 489 法人 (WAM

1. 社会福祉法人経営動向調査 ( 平成 30 年 ) の概要 目的 社会福祉法人と特別養護老人ホームの現場の実感を調査し 運営実態を明らかにすることで 社会福祉法人の経営や社会福祉政策の適切な運営に寄与する 対象 回答状況 対 象 特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人 489 法人 (WAM 社会福祉法人経営動向調査の概要 平成 30 年 10 月 3 日 ( 水 ) 独立行政法人リサーチグループ 1. 社会福祉法人経営動向調査 ( 平成 30 年 ) の概要 目的 社会福祉法人と特別養護老人ホームの現場の実感を調査し 運営実態を明らかにすることで 社会福祉法人の経営や社会福祉政策の適切な運営に寄与する 対象 回答状況 対 象 特別養護老人ホームを運営する社会福祉法人 489 法人 (WAM

More information

22 22 12 ... (... (3)... (5)... 1 47 3 2 47 5... 2 3 47 3 2 3 47 2... 3 3 47 3 2 3 47 2... 7 3 47 5 3 47 5...11 3 47 5 3 47 5... 15 3 47 3 2 3 47 5... 19 3 47 3 2 3 47 5... 23 3 47 3 2 3 47 5... 27 3

More information

2003年5月2日

2003年5月2日 セキュリティポリシー自動登録ツール実行手順書 2010 年 4 月 16 日 本ツールは 2010 年 4 月 15 日時点で判明している 電子入札コアシステム採用発注機関が指定するセキュリティポリシー ( 環境設定ツールで設定する URL とも呼ばれます ) を 自動的に java.policy ファイルへ登録するものです 新たにセキュリティポリシーを設定する際に 1 つずつ実施する必要がないため

More information

Microsoft Word - 資料2 H30あらまし - コピー

Microsoft Word - 資料2 H30あらまし - コピー 平成 30 年 地価公示のあらまし 平成 30 年 3 月 28 日 新潟県土木部 調査結果は 新潟県ホームページ (http://www.pref.niigata.lg.jp/) でもご覧いただけます 目 次 Ⅰ 地価公示制度の概要 [1] 制度の目的と概要 1 [2] 公示価格について 2 [3] 共通地点について 2 Ⅱ 調査結果の概要 [1] 県内の地価動向 4 1 概況 4 2 地価動向の特徴

More information

Microsoft Word - 資料2 H29あらまし

Microsoft Word - 資料2 H29あらまし 平成 29 年 地価公示のあらまし 平成 29 年 3 月 22 日 新潟県土木部 調査結果は 新潟県ホームページ (http://www.pref.niigata.lg.jp/) でもご覧いただけます 目 次 Ⅰ 地価公示制度の概要 [1] 制度の目的と概要 1 [2] 公示価格について 2 [3] 共通地点について 2 Ⅱ 調査結果の概要 [1] 県内の地価動向 4 1 概況 4 2 地価動向の特徴

More information

27公:表紙(ホームページ)

27公:表紙(ホームページ) 平成 27 年地価公示に見る 滋賀県の地価の概要について 地価公示制度の概要 1 平成 27 年地価公示 ( 滋賀県 ) の実施概要 2 第 1 表市町別 用途別標準地設定数 平成 27 年地価公示 ( 滋賀県 ) の結果概要 1 地価公示結果の特徴 3 2 用途別平均価格および平均変動率 4 第 2 表用途別平均価格および平均変動率第 3 表地価公示と地価調査の共通地点にみる半年ごとの変動率の推移第

More information

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は2.4%( 前年 0.8%) で全都道府県で最大の上昇率となり 上昇は昨年から引き続き2 年連続となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動率の平

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は2.4%( 前年 0.8%) で全都道府県で最大の上昇率となり 上昇は昨年から引き続き2 年連続となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動率の平 平成 2 7 年地価公示における 福島県内の地価動向について 1 地価公示制度 (1) 目的地価公示は 土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により 適正な地価の形成に寄与することを目的としている 実施主体土地鑑定委員会

More information

スライド 1

スライド 1 行政事業レビュー公開プロセス 説明資料 事業名 地価公示 Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism 地価公示制度の概要 地価公示とは 地価公示法に基づき 昭和 45 年 (1970 年 ) より実施 国土交通省の土地鑑定委員会が 適正な地価の形成に寄与するために 毎年 1 月 1 日時点の 1 m2あたりの正常な価格を判定して 官報で公示

More information

公文書管理条例等の制定状況調査結果 平成 3 0 年 3 月総務省自治行政局行政経営支援室

公文書管理条例等の制定状況調査結果 平成 3 0 年 3 月総務省自治行政局行政経営支援室 公文書管理条例等の制定状況に関する調査について 本調査は 地方公共団体における公文書管理条例等の制定状況及び公文書館の設置状況について調査したもの 47 団体 (100.0%) 20 団体 (100.0%) ( を除く )1,605 団体 (93.3%) が公文書管理条例等 を制定済である 調査内容 : 地方公共団体における公文書管理条例等の制定状況及び公文書館の設置状況を調査調査時点 : 平成 29

More information

景況レポート-表

景況レポート-表 第 149 号 ご利用料金 (2018 年 9 月 30 日まで無料貸出期間です ) (1)2 階コミュニティスペース ( 全日料金 ) ( 単位 : 円 ) 区分 9:00~17:00 17:00~21:00 施設名平日土 日 祝平日土 日 祝 2 階コミュニティスペース 3,000 4,000 利用できません (2)3 階会議室 4 階さいしんホール (1 時間あたりご利用料金 ) ( 単位

More information

平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局

平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局 平成 31 年 3 月 20 日更新 全国女性の参画マップ 平成 30 年 12 月作成 内閣府男女共同参画局 目 次 1 議会議員に占める女性の割合 3 2 市区議会議員に占める女性の割合 ( 別 ) 4 3 町村議会議員に占める女性の割合 ( 別 ) 5 4 の地方公務員採用試験 ( 大卒程度 ) からの採用者に占める女性の割合 6 5 の地方公務員管理職に占める女性の割合 7 6 の審議会等委員に占める女性の割合

More information

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点

平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査 ( 平成 25 年 3 月現在 ) 国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター Ⅰ 公立中学校における職場体験の実施状況等調査 ( 集計結果 ) ( ) は 23 年度の数値 1 職場体験の実施状況について ( 平成 24 年度調査時点 平成 2 5 年 9 月 2 4 日国立教育政策研究所生徒指導 進路指導研究センター 平成 24 年度職場体験 インターンシップ実施状況等調査結果 ( 概要 ) 1 本調査は, 全国の国 公 私立の中学校及び高等学校 ( 全日制 定時制 通信制 ) を対象に, 平成 24 年度の中学校職場体験 高等学校インターンシップの全国的な実施状況を平成 25 年 3 月現在で取りまとめたものである 2 中学校職場体験

More information

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は1.8%( 前年 2.4%) で 4 年連続上昇となり 全都道府県第 4 ( 前年第 2 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動

(2) 用途別の動向 1 全用途平均変動率全用途平均変動率は1.8%( 前年 2.4%) で 4 年連続上昇となり 全都道府県第 4 ( 前年第 2 ) の上昇率となった 注 : 変動率 とは 継続調査地点の単面積あたりの価格を前年の価格と比べたときの変化率であり 平均変動率 は 継続調査地点の変動 平成 2 9 年地価公示における 福島県内の地価動向について 1 地価公示制度 (1) 目的地価公示は 土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により 適正な地価の形成に寄与することを目的としている 実施主体土地鑑定委員会

More information

東京の土地2017(土地関係資料集)

東京の土地2017(土地関係資料集) 東京の土地 2017 ( 土地関係資料集 ) 平成 30 年 11 月 東京都都市整備局 はじめに 東京の土地( 土地関係資料集 ) は 東京都をはじめ区市町村 民間事業者が都市づくりの政策を展開していくための基礎資料とするとともに 土地 建物等に関する様々な統計データを示し できる限り多くの都民に活用していただくことを目的に作成しているものです 昭和 50 年以来毎年発行を続け 今回で 44 回を数えます

More information

目 次 第 1 第 2 第 3 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 第 1 表第 2 表第 3 表第 4 表第 5 表図 - 1 第 6 表図 - 2 第 7 表第 8 表図 - 3 第 9 表図 - 4 第 10 表第 11 表図 - 5 第 12 表図 - 6 第 13 表第 14 表第 15 表第 16 表

目 次 第 1 第 2 第 3 Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ 第 1 表第 2 表第 3 表第 4 表第 5 表図 - 1 第 6 表図 - 2 第 7 表第 8 表図 - 3 第 9 表図 - 4 第 10 表第 11 表図 - 5 第 12 表図 - 6 第 13 表第 14 表第 15 表第 16 表 資料 2 取扱注意ラ テ ネット 3 月 22 日 ( 火 )16 時 50 分新聞 3 月 23 日 ( 水 ) 朝刊以降解禁 平成 28 年地価公示の実施状況及び地価の状況 ( 抜粋 ) 国土交通省発表資料から 地価公示制度の概要及び全国の 概況に係る箇所 (1 頁 ~13 頁 ) をそのまま抜粋しました 平成 28 年 3 月 23 日 国土交通省土地鑑定委員会 目 次 第 1 第 2 第 3

More information

1 平成 3 0 年地価公示に見る滋賀県の地価の概要について 平成 30 年地価公示 ( 滋賀県 ) 結果概要 1 1 地価公示の概要 1 2 用途別平均価格および平均変動率 2 第 1 表用途別平均価格および平均変動率第 2 表地価公示と地価調査の共通地点にみる半年ごとの変動率の推移第 3-1 表 ~ 第 3-2 用途別平均価格および平均変動率の推移 3 市町別平均価格および平均変動率 6 第 4-1

More information

2. 沿岸 15 市町の地価動向 (1) 商業地の動向 沿岸 15 市町の商業地の変動率の状況 ( 図表 3) をみると 平成 28 年の変動率は 前年と比較可能な 11 市町のうち 塩釜市が横ばい 松島町 亘理町 山元町が下落しましたが その他の7 市では上昇しました なお 上昇した7 市の上昇幅

2. 沿岸 15 市町の地価動向 (1) 商業地の動向 沿岸 15 市町の商業地の変動率の状況 ( 図表 3) をみると 平成 28 年の変動率は 前年と比較可能な 11 市町のうち 塩釜市が横ばい 松島町 亘理町 山元町が下落しましたが その他の7 市では上昇しました なお 上昇した7 市の上昇幅 統計トピックス宮城県の地価動向 ( 平成 28 年公示地価の概要 ) 1. 概況 宮城県における平成 28 年の公示地価の変動率の推移 ( 図表 1) をみると 商業地は前年比 + 3.2% となり 3 年連続して上昇しました 一方 住宅地は同 +1.9% となり 4 年連続して上昇しました 宮城県の上昇 横ばい 下落地点数の推移 ( 図表 2) をみると 平成 28 年は商業地 住宅地とも約 7

More information

平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁

平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁 平成 27 年 3 月 31 日 消防庁 平成 26 年の救急出動件数等 ( 速報 ) の公表 平成 26 年中の救急出動件数等の速報を取りまとめましたので公表します 救急出動件数 搬送人員とも過去最多を記録 平成 26 年中の救急自動車による救急出動件数は598 万 2,849 件 ( 対前年比 7 万 1,568 件増 1.2% 増 ) 搬送人員は539 万 9,618 人 ( 対前年比 5 万

More information

平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁

平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) 消防庁 平成 28 年 3 月 29 日 消防庁 平成 27 年の救急出動件数等 ( 速報 ) の公表 平成 27 年中の救急出動件数等の速報を取りまとめましたので公表します 救急出動件数 搬送人員とも過去最多を記録 平成 27 年中の救急自動車による救急出動件数は 605 万 1,168 件 ( 対前年比 6 万 6,247 件増 1.1% 増 ) 搬送人員は 546 万 5,879 人 ( 対前年比 5

More information

資料2 H28あらまし

資料2 H28あらまし 資料 2 平成 28 年 地価公示のあらまし 平成 28 年 3 月 23 日 新潟県土木部 調査結果は 新潟県ホームページ (http://www.pref.niigata.lg.jp/) でもご覧いただけます 目 次 Ⅰ 地価公示制度の概要 [1] 制度の目的と概要 1 [2] 公示価格について 2 [3] 共通地点について 2 Ⅱ 調査結果の概要 [1] 県内の地価動向 4 1 概況 4 2

More information

人口推計 平成26年10月1日現在 結果の概要 都道府県別人口の動向

人口推計 平成26年10月1日現在 結果の概要 都道府県別人口の動向 Ⅱ 別人口 1 人口の動向東京都が全国人口の10.5% を 10 月 1 日現在の別の人口は, 東京都が1339 万人と最も多く, 次いで神奈川県 (909 万 6 千人 ), 大阪府 (883 万 6 千人 ), 愛知県 (745 万 5 千人 ), 埼玉県 (723 万 9 千人 ) となっており, 以下人口 600 万人台が1 県,500 万人台が3 道県,300 万人台が1 県,200 万人台が7

More information

<4D F736F F F696E74202D F18B9F A926E89BF93AE8CFC838C837C815B E89BF8CF68EA695D2816A2E >

<4D F736F F F696E74202D F18B9F A926E89BF93AE8CFC838C837C815B E89BF8CF68EA695D2816A2E > 名古屋市住宅都市局 名駅 栄 金山 価格帯イメージ鳥瞰図 価格帯イメージ鳥瞰図 ( 表紙 ) 変動率帯イメージ鳥瞰図 ( 裏表紙 ) とは 平成 28 年 1 月 1 日時点の地価公示における価格及び対前年変動率を基に価格帯と変動率帯の分布をシステムにより作成したものです 各地点の地価と変動率を正確に表したものではありません -1 - 地価公示は 地価公示法に基づき国土交通省土地鑑定委員会が毎年 1

More information

Microsoft Word - 資料2 H27あらまし

Microsoft Word - 資料2 H27あらまし 平成 27 年 地価公示のあらまし 平成 27 年 3 月 19 日 新潟県土木部 調査結果は 新潟県ホームページ (http://www.pref.niigata.lg.jp/) でもご覧いただけます 目 次 Ⅰ 地価公示制度の概要 [1] 制度の目的と概要 1 [2] 公示価格について 2 [3] 共通地点について 2 Ⅱ 調査結果の概要 [1] 県内の地価動向 4 1 概況 4 2 地価動向の特徴

More information

表 1) また 従属人口指数 は 生産年齢 (15~64 歳 ) 人口 100 人で 年少者 (0~14 歳 ) と高齢者 (65 歳以上 ) を何名支えているのかを示す指数である 一般的に 従属人口指数 が低下する局面は 全人口に占める生産年齢人口の割合が高まり 人口構造が経済にプラスに作用すると

表 1) また 従属人口指数 は 生産年齢 (15~64 歳 ) 人口 100 人で 年少者 (0~14 歳 ) と高齢者 (65 歳以上 ) を何名支えているのかを示す指数である 一般的に 従属人口指数 が低下する局面は 全人口に占める生産年齢人口の割合が高まり 人口構造が経済にプラスに作用すると ニッセイ基礎研究所 基礎研レター 2018-08-30 人口動態から考える今後の新規住宅着工について ~ 都道府県別にみた住宅着工床面積の長期予測 金融研究部不動産投資チーム准主任研究員吉田資 (03)3512-1861 e-mail : tyoshida@nli-research.co.jp 1 はじめに国立社会保障 人口問題研究所 日本の地域別将来推計人口 ( 平成 30 年推計 ) によれば

More information

取扱注意テレヒ ラシ オ インターネット 3 月 27 日 16 時 50 分以降解禁新聞 3 月 28 日朝刊以降解禁 平成 30 年地価公示について 平成 3 0 年 3 月 1 9 日 1 調査の根拠地価公示法 ( 昭和 44 年法律第 49 号 ) オホーツク総合振興局地域創生部 地域政策課

取扱注意テレヒ ラシ オ インターネット 3 月 27 日 16 時 50 分以降解禁新聞 3 月 28 日朝刊以降解禁 平成 30 年地価公示について 平成 3 0 年 3 月 1 9 日 1 調査の根拠地価公示法 ( 昭和 44 年法律第 49 号 ) オホーツク総合振興局地域創生部 地域政策課 報道解禁日設定につき 報道機関各位幹事者協議済み 平成 30 年 3 月 19 日 ( 月 )14:00 資料配付 項目平成 30 年地価公示の結果について 配付資料 平成 30 年地価公示について オホーツク総合振興局管内の概要 オホーツク総合振興局管内の地価公示価格及び変動率の順位 オホーツク総合振興局管内の市町村別平均変動率 平均価格 オホーツク総合振興局管内の地価公示価格一覧表 内容国土交通省が地価公示法に基づき実施した平成

More information

Microsoft Word - 05 第1章 中扉.doc

Microsoft Word - 05 第1章 中扉.doc 第 1 章全国物価地域差指数 この章では, 平成 19 年全国物価統計調査報告 全国物価地域差指数編 の調査結果を用いて, 地域間の物価水準の違いを解説する 全国物価地域差指数は, 世帯が購入する各種の財及びサービスの価格を総合した物価水準の地域間の差を指数値で示したものである すなわち, 全国物価地域差指数は, 家計の消費構造を一定のもの ( 全国平均 ) に固定し, これに要する費用が地域間でどの程度異なるかを全国平均を

More information

Microsoft Word - 表紙~目次.doc

Microsoft Word - 表紙~目次.doc 統計資料 17 No.25 平成 17 年度. 学校保健統計調査結果報告書 ( 島根県分 ) 平成 18 年 3 月 島根県政策企画局統計調査課 利用上の注意 1 この報告書は 文部科学省が平成 17 年 4 月 ~6 月に調査を実施し 平成 18 年 3 月に公表した学校保健統計調査結果に基づき 本県分をまとめた物です ( 数値については 文部科学省が公表した確定数です ) 2 統計表の符号の用法は

More information

地価調査制度の概要 1 地価調査制度 地価調査とは 国土利用計画法 ( 昭和 49 年法律第 92 号 ) による土地取引の価格規制に関する措置を適正かつ円滑に実施するために都道府県が行っているものです 都道府県は 都市計画区域内に限定せずに基準地を設定し 毎年 7 月 1 日時点の正常な価格を判定

地価調査制度の概要 1 地価調査制度 地価調査とは 国土利用計画法 ( 昭和 49 年法律第 92 号 ) による土地取引の価格規制に関する措置を適正かつ円滑に実施するために都道府県が行っているものです 都道府県は 都市計画区域内に限定せずに基準地を設定し 毎年 7 月 1 日時点の正常な価格を判定 平成 26 年地価調査における滋賀県の地価の概要について 地価調査制度の概要 1 平成 26 年滋賀県地価調査の実施概要 2 第 1 表市町別 用途別基準地設定数 平成 26 年滋賀県地価調査の結果概要 3 1 平成 26 年調査結果の特徴 3 2 用途別平均価格および平均変動率 4 第 2 表用途別平均価格および平均変動率第 3 表地価公示と地価調査の共通地点にみる半年ごとの変動率の推移第 4-1

More information

要が流れている傾向にあるが 地形的に平坦部が少ないため 住環境 利便性の優れる住宅地は人気が高く 高額での取引も見られる 一方 北部エリアと高台の住宅地は需要が向かず 下落率は相対的に高い 市街地の利便性の高い地域に一時期分譲マンション需要が高まっていたが 現状落ち着いている模様である a. 住宅地

要が流れている傾向にあるが 地形的に平坦部が少ないため 住環境 利便性の優れる住宅地は人気が高く 高額での取引も見られる 一方 北部エリアと高台の住宅地は需要が向かず 下落率は相対的に高い 市街地の利便性の高い地域に一時期分譲マンション需要が高まっていたが 現状落ち着いている模様である a. 住宅地 平成 29 年地価公示における県北地域の地価動向 1. 県北地域における平均変動率 後藤不動産鑑定 不動産鑑定士後藤伸一 平成 29 年地価公示によると 県北地域全体 ( 日立市 常陸太田市 高萩市 北茨城市 常陸大宮市 大子町 ) の用途別平均変動率は下記のとおりで 昨年と比べると全用途において下落率縮小傾向を示した 全国平均では 全用途平均は 2 年連続の上昇となった 用途別では 住宅地は昨年の下落から横ばいに転じた

More information

1 1 A % % 税負 300 担額

1 1 A % % 税負 300 担額 1999 11 49 1015 58.2 35 2957 41.8 84 3972 63.9 36.1 1998 1 A - - 1 1 A 1999 11 100 10 250 20 800 30 1800 40 1800 50 5% 130 5 5% 300 10 670 20 1600 30 1600 40 1 600 500 400 税負 300 担額 200 100 0 100 200 300

More information

2 受入施設別献血量 ( 推計値 ) ブロ都ック道府県 合計 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 血液センター 平成 30 年 12 月分 L % L % 日 L L % 日 L L % 台 L L % 台 L 8, ,768

2 受入施設別献血量 ( 推計値 ) ブロ都ック道府県 合計 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 血液センター 平成 30 年 12 月分 L % L % 日 L L % 日 L L % 台 L L % 台 L 8, ,768 1 献血方法別献血者数ブ都献血者数ロ道ッ府 平成 30 年 12 月分 全血献血成分献血 200mL 献血 400mL 献血 400m 血漿成分献血血小板成分献血 L 献血ク 全国血液センター献血者数速報 (Ⅰ) 県 率 人 % 人 % 人 % 人 % % 人 % 人 % 人 % 21,684 98.3 17,755 98.4 1,212 90.2 16,543 99.0 93.2 3,929 98.2

More information

1 福祉施設の動向 1.1 特養 平米単価は平成 22 以降初めて低下 近年は高止まりの様相を呈す 地域別では首都圏 近畿地方等で平均を上回る (1) 平米単価 平米単価は 全国平均および首都圏ともに平 成 22 を底に上昇傾向にあったが 平成 29 は初めて低下した ( 図表 1) 長期的にみ れ

1 福祉施設の動向 1.1 特養 平米単価は平成 22 以降初めて低下 近年は高止まりの様相を呈す 地域別では首都圏 近畿地方等で平均を上回る (1) 平米単価 平米単価は 全国平均および首都圏ともに平 成 22 を底に上昇傾向にあったが 平成 29 は初めて低下した ( 図表 1) 長期的にみ れ Research Report 2018 年 6 月 27 日経営サポートセンターリサーチグループ主査関悠希 平成 29 福祉 医療施設の建設費について 福祉医療機構のデータに基づき 平成 29 における福祉施設 ( ユニット型特別養護老人ホーム 保育所および認定こども園 ) と医療施設 ( 病院 介護老人保健施設 ) の建設費の状況について取りまとめた 近年上昇傾向にあった平米単価は ユニット型特別養護老人ホームおよび介護老人保健施設において上昇以降

More information

人口増加に転じた宮城県, 人口減少幅が縮小した福島県及び岩手県 人口増減率を別にみると, 増加は8 都県となっており, 東京都が0.53% と最も高く, 次いで沖縄県が4%, 愛知県が1%, 埼玉県が0.14%, 神奈川県が0.13% などとなっている 一方, 減少は39 道府県となっており, 秋田

人口増加に転じた宮城県, 人口減少幅が縮小した福島県及び岩手県 人口増減率を別にみると, 増加は8 都県となっており, 東京都が0.53% と最も高く, 次いで沖縄県が4%, 愛知県が1%, 埼玉県が0.14%, 神奈川県が0.13% などとなっている 一方, 減少は39 道府県となっており, 秋田 Ⅱ 別人口 1 人口の動向 人口順位 東京都が全国人口の 1% を占める 平成 25 年 10 月 1 日現在の別の人口は, 東京都が1330 万人と最も多く, 次いで神奈川県 (907 万 9 千人 ), 大阪府 (884 万 9 千人 ), 愛知県 (744 万 3 千人 ), 埼玉県 (722 万 2 千人 ) となっており, 以下人口 600 万人台が1 県,500 万人台が3 道県,300

More information

(3) 最大較差 平成 17 年国調口平成 22 年国調口 H24.9 選挙名簿 在外選挙名簿 H25.9 選挙名簿 在外選挙名簿 最大 : 千葉 4 569,835 東京 ,677 最大 : 千葉 4 497,350 北海道 1 487,678 最小 : 高知 3 258,681 鳥取

(3) 最大較差 平成 17 年国調口平成 22 年国調口 H24.9 選挙名簿 在外選挙名簿 H25.9 選挙名簿 在外選挙名簿 最大 : 千葉 4 569,835 東京 ,677 最大 : 千葉 4 497,350 北海道 1 487,678 最小 : 高知 3 258,681 鳥取 選挙名簿及び在外選挙名簿登録者数 ( 平成 25 年 9 月 2 日現在 ) に基づく試算結果の概要 Ⅰ 国勢調査口 選挙名簿及び在外選挙名簿登録者数の推移 平成 22 年国調平成 17 年国調増減数増減率 国勢調査口 ( 確定値 )A ( 確定値 )B A-B C C/B 128,057,352 127,767,994 289,358 0.23% H25.9.2 現在 H24.9.2 現在 増減数

More information

< E188CA8C9F8FD88A65955C2E786C73>

< E188CA8C9F8FD88A65955C2E786C73> 仮説 1 酒類販売量との相関 酒類販売国税庁 : 成人 1 人当たりの酒類販売 消費 数量表 都道府県別 人口 1 万人対比 人口 1 万人対比 人口 1 万人対比 酒類販売量との間に関係があるかを調べるため 各都道府県のそれぞれの数値を調べた 右表 酒類販売量 リットル 酒類販売量 リットル 酒類販売量 リットル 東京都 126.5 秋田県 3.5 東京都 11.2 秋田県 39.1 東京都 11.1

More information

Microsoft Word - 公表資料2013本番

Microsoft Word - 公表資料2013本番 年度フラット 35 利用者調査報告 Ⅰ 調査の対象者 金融機関から買取又は付保の申請があった債権 ( 借換えに係るものを除く ) で 年 4 月 1 日から 2014 年 3 月 31 日までに買取り 又は付保の承認を行ったもののうち集計可能となった 62,355 件 (2014 年 4 月 16 日現在のデータに基づく ) 融資区分別 ( 建て方別 ) の集計件数は 次のとおり 融資区分別 ( 建て方別

More information

(審42)参考 福島県内の宅地の調査

(審42)参考 福島県内の宅地の調査 ( 審 ) 参考 調査報告書 平成 8 年 月 福島県内の宅地の調査 一般財団法人日本不動産研究所 [ 目次 ] Ⅰ. 調査の基本的事項.... 調査の目的.... 調査事項... () 調査対象都市 () 調査項目 3. 調査の方法... Ⅱ. 調査結果... 3. 各都市の宅地面積及び単価等について... 3. 標準的な宅地面積及び単価等の算定... () 面積 単価の標準的な値の算定 ()6

More information

木造住宅の価格(理論値)と建築数

木造住宅の価格(理論値)と建築数 木造住宅の価格 ( 理論値 ) と建築数 前田拓生 ( 埼玉大学 ) 調査概要 ここでは 森 ( 林業 林産業 ) から街 ( 住宅産業 ) までを一元的に管理する事業スキームの ( 同時方程式 ) モデル構築に必要となる木造住宅の価格を推計するとともに 木造住宅の建築数についても考察することを目的として 国土交通省等の統計の分析を行った 木造住宅の価格については ( 公益財団 ) 不動産流通近代化センターが首都圏等の建売住宅の平均価格を掲載している

More information

09栃木県・基準

09栃木県・基準 平成 26 年度就学援助実施状況 1. 就学援助制度の周知方法 ア. 教育委員会のホームページに制度を掲載 イ. 自治体ウ. 就学の広報誌案内の書等に制度類に記載を記載 エ. 入学時に学校で就学援助制度の書類を配付 オ. 毎年度の進級時に学校で就学援助制度の書類を配付 カ. 各学校キ. 教職に対して制員向け説度を書面明会を実で周知施 ク. 保護者向け説明会を実施するよう各学校へ指導 ケ. その他ウェブサイトURL

More information

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について

平成29年3月高等学校卒業者の就職状況(平成29年3月末現在)に関する調査について 平成 29 年 3 月新規高等学校卒業者の就職状況 ( 平成 29 年 3 月末現在 ) に関する調査について < 調査の概要 > 本調査は 高校生の就職問題に適切に対処するための参考資料を得るために 今春の高等学校卒業者で就職を希望する者の就職状況を10 月末現在 12 月末現在 3 月末現在の状況を調査しており 今回は 3 月末現在で取りまとめたものである 本調査は昭和 51 年度から実施しており

More information

株式会社関西総合鑑定所 平成 28 年 4 月 18 日 平成 28 年地価公示の概要について 今回の豆知識では 平成 28 年 3 月 22 日に国土交通省が発表した地価公示の結果について取り上げたいと思います ここで 地価公示とは 毎年 1 月 1 日時点の正常な土地価格を公示するもので 平成

株式会社関西総合鑑定所 平成 28 年 4 月 18 日 平成 28 年地価公示の概要について 今回の豆知識では 平成 28 年 3 月 22 日に国土交通省が発表した地価公示の結果について取り上げたいと思います ここで 地価公示とは 毎年 1 月 1 日時点の正常な土地価格を公示するもので 平成 平成 28 年地価公示の概要について 今回の豆知識では 平成 28 年 3 月 22 日に国土交通省が発表した地価公示の結果について取り上げたいと思います ここで 地価公示とは 毎年 1 月 1 日時点の正常な土地価格を公示するもので 平成 28 年は全国で 25,270 地点の価格が公示されました 個別の地点の土地価格と併せて 平成 27 年と比較した上昇 ( 下落 ) 率やその要因の概要についても発表されています

More information

(審47)参考2 福島県内の宅地の調査

(審47)参考2 福島県内の宅地の調査 調査報告書 平成 3 年 月 福島県内の宅地の調査 一般財団法人日本不動産研究所 [ 目次 ] Ⅰ. 調査の基本的事項.... 調査の目的.... 調査事項... () 調査対象都市 () 調査項目 3. 調査の方法... Ⅱ. 調査結果... 3. 各都市の宅地面積及び単価等について... 3. 標準的な宅地面積及び単価等の算定... () 面積 単価の標準的な値の算定 ()6 市における分譲地

More information

図表 1 個人保険の新規契約 保有契約 ( 万件 % 億円) 新規契約 保有契約 件数 金額 ( 契約高 ) 件数 金額 ( 契約高 ) 前年度比 前年度比 前年度比 前年度比 平成 25 年度 1, , , ,575,

図表 1 個人保険の新規契約 保有契約 ( 万件 % 億円) 新規契約 保有契約 件数 金額 ( 契約高 ) 件数 金額 ( 契約高 ) 前年度比 前年度比 前年度比 前年度比 平成 25 年度 1, , , ,575, I. 契約動向 1. 個人向け商品 1 (1) 個人保険 新規契約 個人保険の新規契約件数 ( 契約転換制度による転換後契約の件数を含む ) は 1,727 万件 ( 前年度比 89.5%) 新規契約高 2 ( 転換による純増加金額を含む ) は 57 兆 3,534 億円 ( 同 83.8%) となった 図表 1 新規契約件数 新規契約高は 医療保険および終身保険の増加を受けて近年増加傾向にあったものの

More information

2. 長期係数の改定 保険期間を2~5 年とする契約の保険料を一括で支払う場合の保険料の計算に使用する長期係数について 近年の金利状況を踏まえ 下表のとおり変更します 保険期間 2 年 3 年 4 年 5 年 長期係数 現行 改定後

2. 長期係数の改定 保険期間を2~5 年とする契約の保険料を一括で支払う場合の保険料の計算に使用する長期係数について 近年の金利状況を踏まえ 下表のとおり変更します 保険期間 2 年 3 年 4 年 5 年 長期係数 現行 改定後 共栄火災 2017 年 12 月新 2019 年 1 月 1 日以降保険始期用 2019 年 1 月地震保険改定に関するご案内 地震保険は 2019 年 1 月 1 日に制度の見直しを実施します 2019 年 1 月 1 日以降に地震保険の保険期間が開始するご契約 (2019 年 1 月 1 日以降に自動継続となるご契約を含みます ) より 改定内容が適用されることとなりますので 改定の内容をご案内させていただきます

More information

文字数と行数を指定テンプレート

文字数と行数を指定テンプレート 03-3433-5011 Fax 03-3433-5239 E ueno@rice.or.jp 10 1 11 1 400 3,000 2 35.8% 5 10.7 7P 8P 2~3 55% 8P 47% 7P 70 9P 57.7 ( 19P) 11 16P 70% 76% 20P 37.4% 59.5% 21 22P 3 10 4 4 23 24P 25P 8 1 1 4 北海道 1 京都府

More information

Microsoft Word - 資料2 H25あらまし(報道)

Microsoft Word - 資料2 H25あらまし(報道) 平成 25 年 地価公示のあらまし 平成 25 年 3 月 22 日 新潟県土木部 調査結果は 新潟県ホームページ (http://www.pref.niigata.lg.jp/) でもご覧いただけます 目 次 Ⅰ 地価公示制度の概要 [1] 制度の目的と概要 1 [2] 公示価格について 2 [3] 共通地点について 2 Ⅱ 調査結果の概要 [1] 県内の地価動向 4 1 概況 4 2 地価動向の特徴

More information

共通基準による観光入込客統計 ~ 共通基準に基づき 平成 22 年 月期調査を実施した 39 都府県分がまとまりました~ 平成 23 年 10 月 31 日観光庁 各都道府県では 平成 22 年 4 月より順次 観光入込客統計に関する共通基準 を導入し 信頼 性の高い観光入込客統計調査を

共通基準による観光入込客統計 ~ 共通基準に基づき 平成 22 年 月期調査を実施した 39 都府県分がまとまりました~ 平成 23 年 10 月 31 日観光庁 各都道府県では 平成 22 年 4 月より順次 観光入込客統計に関する共通基準 を導入し 信頼 性の高い観光入込客統計調査を 共通基準による観光入込客統計 ~ 共通基準に基づき 調査を実施した 39 都府県分がまとまりました~ 平成 23 年 10 月 31 日観光庁 各では 平成 22 年 4 月より順次 観光入込客統計に関する共通基準 を導入し 信頼 性の高い観光入込客統計調査を実施しています 今回は 10 月末現在でとりまとめた の調査結果について発表します 山形県から新たに報告があり 39 都府県分がまとまりました

More information

①栃木地域地域住宅計画

①栃木地域地域住宅計画 社会資本総合整備計画 ( 特定計画 ) 栃木地域地域住宅計画 とちぎけんおようつのみやしあしかがしとちぎしさのし栃木県及び宇都宮市 足利市 栃木市 佐野市 鹿沼市なすしおばらししなすからすやまししもつけし那須塩原市 さくら市 那須烏山市 下野市 上三川町のぎまちいわふねまちしおやまち野木町 岩舟町 塩谷町 高根沢町 かぬましにっこうしおやまし 日光市 小山市 真岡市 もおかし 大田原市 おおたわらしやいたし

More information

<944D92868FC75F8F578C D834F F E F1817A35302E786C736D>

<944D92868FC75F8F578C D834F F E F1817A35302E786C736D> #REF! 4 4 4 1 1 8 44 9 41 4 8 5 4 11 8 1 1 9 1 15 1 1 4 4 8 4 1 1 5 19 4 1 5 4 19 1 4 11 8 4 1 1 1 9 1 5 1 4 5 北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県平成

More information

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査

参考 平成28年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況調査 8. 平成 28 年度公立学校教員採用選考 試験の実施状況調査 平成 28 年度 公立学校教員採用選考試験の実施状況について 1 概要 本調査は 平成 27 年度に 68 の各都道府県 指定都市 豊能地区 ( 大阪府 ) 教育委員会 ( 以下 県市 という ) において実施された平成 28 年度公立学校教員採用選考試験 ( 以下 平成 28 年度選考 という ) の実施状況について その概要を取りまとめたもので

More information

Microsoft Word - 第4回(2015年4月)国際指数_記者発表_final

Microsoft Word - 第4回(2015年4月)国際指数_記者発表_final 平成 27 年 5 月 28 日 一般財団法人日本不動産研究所 第 4 回 国際不動産価格賃料指数 (2015 年 4 月現在 ) の調査結果 日本不動産研究所は 第 4 回 国際不動産価格賃料指数 (2015 年 4 月現在 ) の調査結果概要を次のと おり公表いたします なお 詳細な調査結果については 国際不動産価格賃料指数 / 詳細調査 (2015 年 4 月現在 ) として 有料にてご提供しておりますので

More information

第25回税制調査会 総25-2

第25回税制調査会 総25-2 固定資産税の沿革 1 平成 9 年度 ( 宅地に係る負担調整措置 ) 負担水準 ( ) の均衡化をより重視することを基本とする負担調整措置の導入 ( ) 負担水準とは 前年度の税負担が本則課税に対してどの程度の水準であるかを示すものであり 以下の式で求める ( 前年度の課税標準額 / 当該年度の評価額 ) % 負担水準 % 8% % 商業地等 引下げ 据置 住宅用地 住宅用地特例 1/3 又は 1/6

More information

価格帯イメージ鳥瞰図 ( 表紙 ) 変動率帯イメージ鳥瞰図 ( 裏表紙 ) とは 平成 30 年 1 月 1 日時点の地価公示における価格及び対前年変動率を基に価格帯と変動率帯の分布をシステムにより作成したものです 各地点の地価と変動率を正確に表したものではありません

価格帯イメージ鳥瞰図 ( 表紙 ) 変動率帯イメージ鳥瞰図 ( 裏表紙 ) とは 平成 30 年 1 月 1 日時点の地価公示における価格及び対前年変動率を基に価格帯と変動率帯の分布をシステムにより作成したものです 各地点の地価と変動率を正確に表したものではありません 名古屋市住宅都市局 名駅 栄 金山 価格帯イメージ鳥瞰図 価格帯イメージ鳥瞰図 ( 表紙 ) 変動率帯イメージ鳥瞰図 ( 裏表紙 ) とは 平成 30 年 1 月 1 日時点の地価公示における価格及び対前年変動率を基に価格帯と変動率帯の分布をシステムにより作成したものです 各地点の地価と変動率を正確に表したものではありません - 1 - 地価公示は 地価公示法に基づき国土交通省土地鑑定委員会が毎年

More information

(審44)参考2  福島県内の宅地の調査

(審44)参考2  福島県内の宅地の調査 ( 審 44) 参考 調査報告書 平成 29 年 1 月 福島県内の宅地の調査 一般財団法人日本不動産研究所 [ 目次 ] Ⅰ. 調査の基本的事項... 1 1. 調査の目的... 1 2. 調査事項... 2 (1) 調査対象都市 (2) 調査項目 3. 調査の方法... 2 Ⅱ. 調査結果... 3 1. 各都市の宅地面積及び単価等について... 3 2. 標準的な宅地面積及び単価等の算定...

More information

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2

年齢 年齢 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4. 仙台 5. 横浜 FM 6. 鹿島 -19 歳 0 0.0% 0 0.0% 2 2.7% 1 1.4% 3 4.0% 3 4.6% 歳 4 5.0% 5 6.7% 7 9.6% 2 2.7% 2 2.7% % 25-2 J リーグクラブのサービスに関する ( 満足度 ) 調査 調査方法 : インターネット調査調査実施日 : 2012 年 2 月上旬調査対象 : 2011 年シーズンの J1 クラブを応援し 1 年以内に 1 回以上その応援クラブチームのホームスタジアムで試合観戦をしている方回答者は 最も応援しているチームのみに対して回答している 各クラブのホームスタジアム 1. 柏 2. 名古屋 3. G 大阪 4.

More information

目次 1 高齢化率 ( 山形県 ) 1 2 高齢化率 ( 全国 ) 2 3 将来の高齢化率 ( 山形県 ) 3 4 将来の高齢化率 ( 全国 ) 4 5 人口ピラミッド ( 山形県 ) 5 6 平均寿命の推移 6 7 出生数 出生率の推移 7 8 高齢者のいる世帯 ( 山形県 ) 8 9 高齢者のい

目次 1 高齢化率 ( 山形県 ) 1 2 高齢化率 ( 全国 ) 2 3 将来の高齢化率 ( 山形県 ) 3 4 将来の高齢化率 ( 全国 ) 4 5 人口ピラミッド ( 山形県 ) 5 6 平均寿命の推移 6 7 出生数 出生率の推移 7 8 高齢者のいる世帯 ( 山形県 ) 8 9 高齢者のい 山形県高齢社会関係データ集 平成 30 年 山形県健康福祉部長寿社会政策課 目次 1 高齢化率 ( 山形県 ) 1 2 高齢化率 ( 全国 ) 2 3 将来の高齢化率 ( 山形県 ) 3 4 将来の高齢化率 ( 全国 ) 4 5 人口ピラミッド ( 山形県 ) 5 6 平均寿命の推移 6 7 出生数 出生率の推移 7 8 高齢者のいる世帯 ( 山形県 ) 8 9 高齢者のいる世帯 ( 全国 ) 9

More information

秋田市会場最終結果一覧2.pdf

秋田市会場最終結果一覧2.pdf A 都道府県 政令指定都市栃木県佐賀県北海道広島県 栃木大昭サッカークラブ佐賀県シニア選抜 (O-60) 北海道シニア60 広島県選抜 試合時刻 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 ( 日目 ) 第 ( 日目 ) 第 5 9:00-9:5 :0-3:5 ( 日目 ) 第 5 :0-3:5 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 ( 日目 ) 第 9:00-9:5 チーム 栃木県北海道 0 得点 ( )

More information

目 次 [Ⅰ] 調査方法 2 [Ⅱ] 地域区分図 3 [Ⅲ] アンケート調査票 4~5 [Ⅳ] 第 2 回不動産市況 DI 調査結果の概要 6 [Ⅴ] 設問ごとの回答内訳 [-1] 設問 2,3( 住宅地価格 ) 7~9 [-2] 設問 2,3( 商業地価格 ) 10~12 [-3] 設問 2,3(

目 次 [Ⅰ] 調査方法 2 [Ⅱ] 地域区分図 3 [Ⅲ] アンケート調査票 4~5 [Ⅳ] 第 2 回不動産市況 DI 調査結果の概要 6 [Ⅴ] 設問ごとの回答内訳 [-1] 設問 2,3( 住宅地価格 ) 7~9 [-2] 設問 2,3( 商業地価格 ) 10~12 [-3] 設問 2,3( 長野県の地価と不動産市場の動向に関する アンケート調査結果 ~ 第 3 回長野県不動産市況 DI 調査 ~ 平成 29 年 4 月 一般社団法人長野県宅地建物取引業協会 一般社団法人長野県不動産鑑定士協会 後援 : 長野県 目 次 [Ⅰ] 調査方法 2 [Ⅱ] 地域区分図 3 [Ⅲ] アンケート調査票 4~5 [Ⅳ] 第 2 回不動産市況 DI 調査結果の概要 6 [Ⅴ] 設問ごとの回答内訳 [-1]

More information

< F2D E89BF8CF68EA682CC8C8B89CA82C982C282A282C48169>

< F2D E89BF8CF68EA682CC8C8B89CA82C982C282A282C48169> 平成 30 年地価公示における 福島県内の地価動向について 1 地価公示制度 (1) 目的地価公示は 土地鑑定委員会が毎年 1 回標準地の正常な価格を公示し 一般の土地の取引価格に対して指標を与えるとともに 公共事業用地の取得価格算定の規準とされ また 国土利用計画法に基づく土地取引の規制における土地価格算定の規準とされる等により 適正な地価の形成に寄与することを目的としている 実施主体土地鑑定委員会

More information