第 7 条基本財産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 次の各号に掲げる金融商品をもって運用する (1) 日本国国債 (2) 地方債 (3) 元本保証の円建て金銭信託 (4) 金融機関等への円建て預金 2 財産 資産管理責任者は 基本財産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "第 7 条基本財産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 次の各号に掲げる金融商品をもって運用する (1) 日本国国債 (2) 地方債 (3) 元本保証の円建て金銭信託 (4) 金融機関等への円建て預金 2 財産 資産管理責任者は 基本財産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁"

Transcription

1 公益財団法人関西 大阪二十一世紀協会 基本財産及び特定資産管理 運用規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 公益財団法人関西 大阪二十一世紀協会 ( 以下 この法人 という ) の基本財産と特定資産の維持 取得 処分 運用等の管理に関する基本的事項を定めることにより この法人の適正かつ効率的な事業運営を図ることを目的とする ( 財産 資産管理責任者 ) 第 2 条理事長は 基本財産と特定資産の管理の適正を期するため 財産 資産管理責任者を指名する 2 財産 資産管理責任者は この規程及び財産管理台帳に基づき当該財産 資産を維持するとともに 善良な管理者の注意をもって運用に当たらなければならない ( 財産の種別 ) 第 3 条この法人の財産は 以下により構成される (1) 基本財産第 4 条で定める財産 (2) 特定資産文化振興事業資産 法人運営資産 御堂筋 大阪のにぎわいづくり積立資産 退職給付引当資産 上方文化芸能事業資産 日本万国博覧会記念基金 日本万国博覧会記念基金積立金 (3) その他財産基本財産 特定資産以外の財産 第 2 章基本財産 第 4 条基本財産は この法人の目的である事業を行うために不可欠なものとして 理事会 において定めた財産とする 第 5 条基本財産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資産価値の維持を 前提に 適正な管理に努めなければならない ( 取得 処分 ) 第 6 条この法人の目的である事業を行うために不可欠なものとして理事会において定めた財産を 新たに基本財産として取得することができる 2 基本財産は この法人の事業遂行上やむを得ない場合に限り あらかじめ理事会の決議を経た上で 評議員会において決議に加わることのできる評議員の 3 分の2 以上の承認を得て その一部を処分し 又は基本財産から除外することができる -1-

2 第 7 条基本財産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 次の各号に掲げる金融商品をもって運用する (1) 日本国国債 (2) 地方債 (3) 元本保証の円建て金銭信託 (4) 金融機関等への円建て預金 2 財産 資産管理責任者は 基本財産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁を受けなければならない 第 8 条基本財産の運用益は 3 分の 2 以上を公益目的事業費に 残額を管理費に充てる 第 3 章文化振興事業資産 第 9 条文化振興事業資産は この法人の目的で文化振興事業を行うために必要なものとし て 理事会で定めた財産とする 第 10 条文化振興事業資産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資産価値 の維持を前提に 適正な管理に努めなければならない ( 取得 処分 ) 第 11 条文化振興事業を行うために必要なものとして理事会において定めた財産を 新たに文化振興事業資産として取得することができる 2 文化振興事業資産は この法人の事業遂行上やむを得ない場合に限り 理事会及び評議員会の承認を得て 文化振興事業の実施費用に充てるために その一部を処分し または文化振興事業資産から除外することができる 第 12 条文化振興事業資産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 第 7 条の各号に掲げる金融商品をもって運用する 2 財産 資産管理責任者は 文化振興事業資産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁を受けなければならない 第 13 条文化振興事業資産の運用益は文化振興事業費に充てる -2-

3 第 4 章法人運営資産 第 14 条法人運営資産は この法人の管理活動を行うために必要なものとして 理事会で定 めた財産とする 第 15 条法人運営資産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資産価値の維 持を前提に 適正な管理に努めなければならない ( 取得 処分 ) 第 16 条この法人の管理活動を行うために必要なものとして理事会において定めた財産を新たに法人運営資産として取得することができる 2 法人運営資産は この法人の事業遂行上やむを得ない場合に限り 理事会及び評議員会の承認を得て 管理費に充てるために その一部を処分し 又は法人運営資産から除外することができる 第 17 条法人運営資産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 第 7 条の各号に掲げる金融商品をもって運用する 2 財産 資産管理責任者は 法人運営資産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁を受けなければならない 第 18 条法人運営資産の運用益は原則として管理費に充てる 2 前項にかかわらず 法人運営資産の運用益を適正な範囲で収益事業又はその他事業に使用することができる 第 5 章御堂筋 大阪のにぎわいづくり積立資産 第 19 条御堂筋 大阪のにぎわいづくり積立資産 ( 以下 にぎわいづくり積立資産 という ) は 阪神タイガース優勝パレードをはじめとする御堂筋 大阪のにぎわいづくりのための事業の実施費用に使用することを指定して寄附された次の財産により構成する (1) 阪神タイガース優勝パレード実行委員会からの寄付金 第 20 条にぎわいづくり積立資産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資 産価値の維持を前提に 適正な管理に努めなければならない -3-

4 ( 取崩し ) 第 21 条にぎわいづくり積立資産は阪神タイガース優勝パレードをはじめとする御堂筋 大阪のにぎわいづくりのための事業を実施する場合に限り 理事会の承認を得てその一部または全部を取り崩すことができる 2 にぎわいづくり積立資産は 理事会及び評議員会の承認を得てその一部または全部を 阪神タイガース優勝パレードをはじめとする 御堂筋 大阪のにぎわいづくりのための事業を実施するものに寄付することができる 第 22 条にぎわいづくり積立資産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 第 7 条の各号に掲げる金融商品をもって運用する 2 財産 資産管理責任者は にぎわいづくり積立資産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁を受けなければならない 第 23 条にぎわいづくり積立資産の運用益は 公益目的事業費に充てる 第 6 章退職給付引当資産 第 24 条退職給付引当資産は 退職金に充てるために積立てた資産で 理事会において定め た財産とする 第 25 条退職給付引当資産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資産価値 の維持を前提に 適正な管理に努めなければならない ( 取崩し ) 第 26 条退職給付引当資産は 退職金に充てる場合に限り 理事会の承認を得てその一部または全部を取崩すことができる 2 退職給付引当資産は この法人の事業上やむを得ない場合に限り 理事会及び評議員会の承認を得て 管理費に充てるために その一部を取崩すことができる 第 27 条退職給付引当資産は 元本返還の確実性の高い方法で運用を行うことを基本とし 第 7 条の各号に掲げる金融商品をもって運用する 2 財産 資産管理責任者は 退職給付引当資産の運用にあたっては あらかじめ理事長の 決裁を受けなければならない -4-

5 第 28 条退職給付引当資産の運用益は 原則として管理費に充てる 2 前項にかかわらず 退職給付引当資産の運用益を適正な範囲で収益事業又はその他事業に使用することができる 第 7 章上方文化芸能事業資産 第 29 条上方文化芸能事業資産は 上方文化芸能事業に使用することを指定して寄附された 財産により構成する ( 管理 ) 第 30 条上方文化芸能事業資産については 理事長及び財産 資産管理責任者は その資産 の目的 特性を勘案し 適正な管理に努めなければならない ( 取崩し ) 第 31 条上方文化芸能事業資産は 上方文化芸能事業に使用するため 毎年 上方文化芸能 事業の毎事業年度の予算額を上限として 理事会の承認を得て取崩すことができる 第 32 条上方文化芸能事業資産は 元本返還の確実性が高い方法で運用を行うことを基本とし 第 7 条各号に掲げる金融商品をもって運用する 2 財産 資産管理責任者は 上方文化芸能事業資産の運用に当たっては あらかじめ理事長の決裁を受けなければならない 第 33 条上方文化芸能事業資産の運用益は 上方文化芸能事業費に充てる 第 8 章日本万国博覧会記念基金及び日本万国博覧会記念基金積立金 第 34 条日本万国博覧会記念基金 ( 以下 万博記念基金 という ) は 独立行政法人日本万国博覧会記念機構 ( 以下 機構 という ) が実施してきた日本万国博覧会を記念するにふさわしい国際相互理解の促進に資する活動又は文化的活動に対する助成事業 ( 以下 助成事業 という ) 等に使用することを指定して承継された財産により構成する 2 日本万国博覧会記念基金積立金 ( 以下 万博記念基金積立金 という ) は 万博記念基金の運用利益金から助成事業等に使用した後に生じた残余の資金によって構成し 次年度以降の助成事業等に充当する -5-

6 ( 管理 運用 ) 第 35 条万博記念基金について理事長及び財産 資産管理責任者は その資産価値の維持を前提に 適正な管理に努めなければならない 万博記念基金及び万博記念基金積立金の管理 運用については 理事会において別に定める規程による 第 9 章補足 ( 改廃 ) 第 36 条この規程の改廃は 理事会の決議を経て行う ( 委任 ) 第 37 条この規程に定めるもののほか この法人の財産に関して必要な事項は 理事長が別 に定める この規程は この法人が公益認定を受けて移行の登記をした日から施行する この規程は 財団法人上方文化芸能協会からの事業引継ぎ日から施行する この規程は 平成 25 年 5 月 31 日から施行する この規程は 平成 26 年 4 月 1 日から施行する -6-

第 10 条財政調整引当資産は 次に掲げる財産を持って構成する (1) 前条に掲げる資産として寄付された財産 (2) 理事会で前条に掲げる資産に繰り入れることを決議した財産 第 11 条財政調整引当資産については 会長及び財産 資産管理責任者は その資産価値の維持を前提に 適正な管理に努めなければな

第 10 条財政調整引当資産は 次に掲げる財産を持って構成する (1) 前条に掲げる資産として寄付された財産 (2) 理事会で前条に掲げる資産に繰り入れることを決議した財産 第 11 条財政調整引当資産については 会長及び財産 資産管理責任者は その資産価値の維持を前提に 適正な管理に努めなければな 公益社団法人鹿沼日光法人会 特定資産管理規程 第 1 章総 則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 公益法人鹿沼日光法人会 ( 以下 この法人 という ) の特定資産の維持 取得 処分 運用等の管理に関する基本的事項を定めることにより この法人の適正かつ効率的な事業運営を図ることを目的とする ( 財産 管理責任者 ) 第 2 条会長は 基本財産と特定資産の管理の適正を期するため 財産 資産管理責任者を指名し

More information

自治労福島県職員労働組合退職互助会規約(抄)

自治労福島県職員労働組合退職互助会規約(抄) 自治労福島県職員連合労働組合退職互助会規約 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条この会は自治労福島県職員連合労働組合退職互助会という ( 事務所 ) 第 2 条この会は事務所を福島市杉妻町 2 番 16 号自治労福島県職員連合労働組合内に置く ( 目的 ) 第 3 条この会は自治労福島県職員連合労働組合 ( 以下 県職連合 という ) の組合員及び組合員であった者の退職後の生活の安定と向上を図ることを目的とする

More information

財団法人 静岡県財形事業協会寄付行為 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 財団法人静岡県財形事業協会 ( 以下 協会 という ) という ( 事務所 ) 第 2 条協会は 事務所を静岡市葵区黒金町 5 番地の1に置く ( 目的 ) 第 3 条協会は 勤労者の福祉向上に貢献する為に

財団法人 静岡県財形事業協会寄付行為 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 財団法人静岡県財形事業協会 ( 以下 協会 という ) という ( 事務所 ) 第 2 条協会は 事務所を静岡市葵区黒金町 5 番地の1に置く ( 目的 ) 第 3 条協会は 勤労者の福祉向上に貢献する為に 財団法人 静岡県財形事業協会寄付行為 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 財団法人静岡県財形事業協会 ( 以下 協会 という ) という ( 事務所 ) 第 2 条協会は 事務所を静岡市葵区黒金町 5 番地の1に置く ( 目的 ) 第 3 条協会は 勤労者の福祉向上に貢献する為に 勤労者財産形成制度を中心に広く勤労者の福祉促進に関する衆知を集め 福祉促進の為の調査研究を行うと共に勤労者の財形制度の普及に努め

More information

3 運用財産は 基本財産以外の資産とする ( 基本財産の処分の制限 ) 第 7 条基本財産は これを処分し 又は担保に供することができない ただし この法人の事業遂行上やむを得ない理由があるときは 理事会において理事 4 分の3 以上の同意を得 かつ 秋田県教育委員会の承認を得て その一部に限り処分

3 運用財産は 基本財産以外の資産とする ( 基本財産の処分の制限 ) 第 7 条基本財産は これを処分し 又は担保に供することができない ただし この法人の事業遂行上やむを得ない理由があるときは 理事会において理事 4 分の3 以上の同意を得 かつ 秋田県教育委員会の承認を得て その一部に限り処分 財団法人秋田市学校給食会寄附行為 認可昭和 53 年 5 月 10 日改正昭和 57 年 3 月 11 日改正昭和 63 年 3 月 25 日改正平成 5 年 6 月 22 日改正平成 23 年 4 月 4 日 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 財団法人秋田市学校給食会という ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 事務所を秋田県秋田市茨島一丁目 4 番 71 号におく ( 目的 )

More information

協会基金の有効活用・見直しに伴う経理規則等の一部改正について

協会基金の有効活用・見直しに伴う経理規則等の一部改正について 協会基金の有効活用 見直しに伴う経理規則等の一部改正について 日証協平成 28 年 3 月 16 日 協会予算及び財務に関する中期方針( 第 3 期 ) ( 平成 26 年 10 月 29 日理事会承認 ) において 協会基金の有効活用 見直しについて検討するとされたことを受け検討を進めてきたところである 今般 協会員の過怠金等のこれまで活用されてこなかった基金の有効活用の観点や複数ある基金を集約し簡潔化を図る観点から

More information

Microsoft Word - teikan

Microsoft Word - teikan 一般財団法人加根又奨学会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は, 一般財団法人加根又奨学会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は, 主たる事務所を鹿児島県鹿児島市に置く 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は, 鹿児島県内に生活の本拠を有する者の子弟で, 学業及び人物が優れているにもかかわらず, 経済的理由により修学が困難な学生又は生徒のうち, 鹿児島県内に本社を置く企業に働く意思を持っている者に対して奨学援助を行い,

More information

学校法人京都薬科大学寄附行為

学校法人京都薬科大学寄附行為 学校法人京都薬科大学寄附行為 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 学校法人京都薬科大学と称する ( 事務所の所在地 ) 第 2 条この法人は 事務所を京都市山科区御陵中内町 5 番地 ( 京都薬科大学内 ) に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 教育基本法及び学校教育法に従い学校教育を行い 薬学に関する有能な人材を育成することを目的とする ( 設置する学校

More information

< F2D91DE E8BE08B8B D8790CF97A78BE082CC>

< F2D91DE E8BE08B8B D8790CF97A78BE082CC> 退職等年金給付組合積立金の管理及び運用に係る基本的な方針 平成 27 年 9 月 30 日 警察庁甲官発第 288 号により 内閣総理大臣承認 地方公務員等共済組合法 ( 昭和 37 年法律第 152 号 ) 第 112 条の11 第 1 項の規定に基づき 警察共済組合 ( 以下 組合 という ) の退職等年金給付組合積立金 ( 以下 組合積立金 という ) の管理及び運用を適切に行うための基本的な方針を次のとおり定める

More information

横浜市市民活動推進条例の全部改正

横浜市市民活動推進条例の全部改正 横浜市市民協働条例 横浜市市民活動推進条例 ( 平成 12 年 3 月横浜市条例第 26 号 ) の全部を改正 する 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 - 第 4 条 ) 第 2 章市民協働第 1 節市民公益活動 ( 第 5 条 - 第 7 条 ) 第 2 節市民協働事業 ( 第 8 条 - 第 15 条 ) 第 3 節中間支援機関 ( 第 16 条 ) 第 3 章市民協働推進委員会 ( 第 17

More information

回答作成様式

回答作成様式 問 Ⅴ 4 3( 遊休財産額 ) 公益目的保有財産や特定費用準備資金など法令上の各種財産 資金概念の意味や相互の関係 遊休財産額との関連をわかりやすく教えてほしい 答 1 公益法人認定法では 法人が公益に使うべき財産を1 公益目的事業財産として定めていますが これは法人が公益目的事業のために受け取った寄附金 補助金 事業収入等の全ての財産が含まれます そこから公益目的事業の実施のために使った財産を差し引いた残りが5

More information

Microsoft Word - 定款

Microsoft Word - 定款 一般財団法人財団法人国際文化財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は一般財団法人国際文化財団という ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 学業優秀 品行方正でありながら経済的理由により修学が困難な大学又は大学院に学ぶ女子学生への奨学援助 一般教養の高揚に係る事業活動への助成支援により 社会有用の人材育成及び一般教養取得による心豊かな社会の構築に貢献していくことを目的とする

More information

( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日 に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条この法人の事業計画書 収支予算書については 毎事業年度開始の日の前日までに 理事長が作成し 理事会の承認を受けなければならない これを変更する場合も

( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日 に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条この法人の事業計画書 収支予算書については 毎事業年度開始の日の前日までに 理事長が作成し 理事会の承認を受けなければならない これを変更する場合も 一般財団法人蛋白質研究奨励会定款 平成 26 年 6 月 24 日一部改正 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人蛋白質研究奨励会と称する ( 英文では PROTEIN RESEARCH FOUNDATION と表示する ) ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪府箕面市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 蛋白質 ペプチド等に関する研究を行うとともにこれらに関する学術研究を奨励援助し

More information

愛媛県民間社会福祉事業従事者退職年金共済規程

愛媛県民間社会福祉事業従事者退職年金共済規程 愛媛県民間社会福祉事業従事者退職共済支援事業実施規程 社会福祉法人愛媛県社会福祉協議会 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この実施規程は 社会福祉法人愛媛県社会福祉協議会 ( 以下 本会 という ) が実施する愛媛県民間社会福祉事業従事者退職共済支援事業 ( 以下 共済支援事業 という ) 規程第 5 条により 共済支援事業委託契約を締結することができる民間社会福祉事業等を行う法人が実施する退職金制度の基準を定めることを目的とする

More information

Microsoft Word - ○ 定款(H27.2変更分)

Microsoft Word - ○ 定款(H27.2変更分) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人向上会と称する ( 事務所 ) 第 2 条 この法人は 事務所を東京都文京区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 一般有為の子弟のうち 品行方正 身体強健であるものの 経済的理由により修学が困難な者に対し 奨学援護を行う等 教育の振興に寄与することにより国家社会に貢献することを目的とする ( 事 業 ) 第

More information

財団法人  徳島県社会保険協会寄附行為

財団法人  徳島県社会保険協会寄附行為 一般財団法人徳島県社会保険協会定款 設置平成 24 年 4 月 1 日 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人徳島県社会保険協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を徳島市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 徳島県下における厚生年金保険 健康保険その他の社会保険制度の被保険者 ( 被保険者であった者を含む ) 及び被扶養者

More information

tfk130722

tfk130722 一般社団法人東京都服飾学校協会定款 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は一般社団法人東京都服飾学校協会という ( 事務所 ) 第 2 条 この法人は主たる事務所を東京都新宿区に置く ( 支部 ) 第 3 条 この法人は理事会の決議を経て 必要な地に支部を置くことができる 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 4 条 この法人は会員相互の親和と協力により 服飾学校教育の充実発展を図り

More information

一般財団法人ヒューマニン財団定款 平成 26 年 6 月 30 日変 更 1

一般財団法人ヒューマニン財団定款 平成 26 年 6 月 30 日変 更 1 一般財団法人ヒューマニン財団定款 平成 26 年 6 月 30 日変 更 1 一般財団法人ヒューマニン財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 一般財団法人ヒューマニン財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都世田谷区に置く 2 この法人は 理事会の決議によって従たる事務所を必要な地に置くことができる ( 目的 ) 第 3 条この法人は すべての命を慈しみ

More information

一般財団法人 日本万歩クラブ 定款

一般財団法人 日本万歩クラブ 定款 一般財団法人日本万歩クラブ定款 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 一般財団法人日本万歩クラブと称する ( 事務所 ) 第 2 条 この法人は 主たる事務所を東京都品川区に置く 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 広く国民の間に 1 日 1 万歩あるく運動を普及奨励するとともに 国民の健康の維持向上に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4 条この法人は

More information

公益財団法人秋田県林業公社定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 公益財団法人秋田県林業公社と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を秋田県秋田市に置く 2 この法人は 理事会の決議により 従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章 目的及び事業 (

公益財団法人秋田県林業公社定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 公益財団法人秋田県林業公社と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を秋田県秋田市に置く 2 この法人は 理事会の決議により 従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章 目的及び事業 ( 公益財団法人秋田県林業公社定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 公益財団法人秋田県林業公社と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を秋田県秋田市に置く 2 この法人は 理事会の決議により 従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条 この法人は 秋田県内において 森林の有する公益的機能を高度に発揮させるとともに

More information

定款 HSP-A-G0001 V3.01( 更新 ) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人保健医療福祉情報安全管理適合性評価協会と称する 2 当法人の英語表記は Health Information Security Performance Rating

定款 HSP-A-G0001 V3.01( 更新 ) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人保健医療福祉情報安全管理適合性評価協会と称する 2 当法人の英語表記は Health Information Security Performance Rating 定款 HSP-A-G0001 V3.01(2018-9-19 更新 ) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人保健医療福祉情報安全管理適合性評価協会と称する 2 当法人の英語表記は Health Information Security Performance Rating Organization ( 略称 HISPRO) とする ( 目的 ) 第 2 条当法人は 保健医療福祉の各分野において

More information

Microsoft Word - 一般財団定款

Microsoft Word - 一般財団定款 定款 一般財団法人防衛医学振興会 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 一般財団法人防衛医学振興会と称する ( 事務所 ) 第 2 条本会は 主たる事務所を埼玉県所沢市に置く 2 本会は 理事会の決議を経て 従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条本会は 自衛隊の任務遂行に必要な医学の研究の奨励及び助成並びに医学 衛生思想の普及 啓発等を行うとともに

More information

Microsoft Word - å®ı款V3.00_朕絇盋.docx

Microsoft Word - å®ı款V3.00_朕絇盋.docx 定款 HSP-A-G0001 V3.00(2018-6-13 更新 ) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人保健医療福祉情報安全管理適合性評価協会と称する 2 当法人の英語表記は Health Information Security Performance Rating Organization ( 略称 HISPRO) とする ( 目的 ) 第 2 条当法人は 保健医療福祉の各分野において

More information

協会定 款

協会定 款 一般財団法人 定 神戸港湾福利厚生協会 款 第 1 章 総 則 ( 名 称 ) 第 1 条 この法人は 一般財団法人神戸港湾福利厚生協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条 この法人は 主たる事務所を兵庫県神戸市に置く ( 剰余金の分配の禁止 ) 第 3 条 この法人は 剰余金の分配を行うことができない 第 2 章 目的及び事業 ( 目 的 ) 第 4 条 この法人は 港湾関係労働者の福利厚生施設の整備及び福利厚生事業を推進し

More information

公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所定款

公益財団法人後藤・安田記念東京都市研究所定款 公益財団法人後藤 安田記念東京都市研究所定款 平成 24 年 4 月 1 日施行 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人後藤 安田記念東京都市研究所 ( 以下 本財団 という ) という 2 本財団の英語名による表記は The Tokyo Institute for Municipal Research ( 略称 TI MR) とする ( 事務所 ) 第 2 条本財団は 事務所を東京都千代田区に置く

More information

( 財産の種別 ) 第 6 条この法人の財産は 基本財産 特定資産及びその他の財産の 3 種類とする 2 基本財産は この法人の目的である事業を行うために不可欠な 次に掲げる財産とする (1) 設立当初の財産目録のうち基本財産の区分に記載された財産 (2) 設立後理事会において特定資産又はその他の財

( 財産の種別 ) 第 6 条この法人の財産は 基本財産 特定資産及びその他の財産の 3 種類とする 2 基本財産は この法人の目的である事業を行うために不可欠な 次に掲げる財産とする (1) 設立当初の財産目録のうち基本財産の区分に記載された財産 (2) 設立後理事会において特定資産又はその他の財 公益財団法人中信美術奨励基金定款 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条 この法人は 公益財団法人中信美術奨励基金と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を京都府京都市に置く 2 この法人は 理事会の決議により 従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 京都府下における美術の創作活動を奨励し もって伝統的文化の継承発展

More information

する 2 前項の書類については 主たる事務所に 当該事業年度が終了するまでの間備え置き 一般の閲覧に供するものとする ( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については 毎事業年度終了後 理事長が次の書類を作成し 監事の監査を受けた上で 理事会の承認を経て 定時評議員会に提出し

する 2 前項の書類については 主たる事務所に 当該事業年度が終了するまでの間備え置き 一般の閲覧に供するものとする ( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については 毎事業年度終了後 理事長が次の書類を作成し 監事の監査を受けた上で 理事会の承認を経て 定時評議員会に提出し 公益財団法人両備檉園記念財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は公益財団法人両備檉園記念財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は主たる事務所を岡山県岡山市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は主として生物学に関する試験研究への助成を行い 併せて郷土の学術 文化 スポーツ及び教育の発展に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4 条この法人は前条の目的を達成するために

More information

2 政府は 必要があると認めるときは 予算で定める金額の範囲内において 機構に追加して出資することができる 3 機構は 前項の規定による政府の出資があったときは その出資額により資本金を増加するものとする 第二章役員及び職員 ( 役員 ) 第六条機構に 役員として その長である理事長及び監事二人を置

2 政府は 必要があると認めるときは 予算で定める金額の範囲内において 機構に追加して出資することができる 3 機構は 前項の規定による政府の出資があったときは その出資額により資本金を増加するものとする 第二章役員及び職員 ( 役員 ) 第六条機構に 役員として その長である理事長及び監事二人を置 独立行政法人日本貿易振興機構法 ( 平成十四年十二月十三日法律第百七十二号 ) 最終改正 : 平成二六年六月一三日法律第六七号 第一章総則 ( 第一条 第五条 ) 第二章役員及び職員 ( 第六条 第十一条 ) 第三章業務等 ( 第十二条 第十三条 ) 第四章雑則 ( 第十四条 第十七条 ) 第五章罰則 ( 第十八条 第十九条 ) 附則 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この法律は 独立行政法人日本貿易振興機構の名称

More information

( 除名 ) 第 9 条社員が次のいずれかに該当するに至ったときは 社員総会の決議によって当該社員を除名することができる (1) この定款その他の規則に違反したとき (2) この法人の名誉を傷つけ または目的に反する行為をしたとき (3) その他除名すべき正当な事由があるとき ( 社員資格の喪失 )

( 除名 ) 第 9 条社員が次のいずれかに該当するに至ったときは 社員総会の決議によって当該社員を除名することができる (1) この定款その他の規則に違反したとき (2) この法人の名誉を傷つけ または目的に反する行為をしたとき (3) その他除名すべき正当な事由があるとき ( 社員資格の喪失 ) 一般社団法人サンプル定款第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は - 般社団法人サンプルと称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都 区に置く 第 2 章目的および事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 一般社団法人の に関する事業を行い その業務に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4 条この法人は 前条の目的を達成するため 次の事業を行う (1) 一般社団法人の

More information

Microsoft Word 規約

Microsoft Word 規約 日本バイオプラスチック協会 規 約 日本バイオプラスチック協会 日本バイオプラスチック協会規約 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条本会は 日本バイオプラスチック協会と称する ( 目的 ) 第 2 条本会は 生分解性プラスチック及びバイオマスプラスチックの技術的事項および評価方法等に関する調査 研究を行うとともに 内外関係機関等との交流を促進すること等により 生分解性プラスチック及びバイオマスプラスチックに関する技術の確立および実用化の促進

More information

制定 : 平成 24 年 5 月 30 日平成 23 年度第 4 回理事会決議施行 : 平成 24 年 6 月 1 日 個人情報管理規程 ( 定款第 65 条第 2 項 ) 制定平成 24 年 5 月 30 日 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 定款第 66 条第 2 項の規定に基づき 公益社団法

制定 : 平成 24 年 5 月 30 日平成 23 年度第 4 回理事会決議施行 : 平成 24 年 6 月 1 日 個人情報管理規程 ( 定款第 65 条第 2 項 ) 制定平成 24 年 5 月 30 日 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 定款第 66 条第 2 項の規定に基づき 公益社団法 制定 : 平成 24 年 5 月 30 日平成 23 年度第 4 回理事会決議施行 : 平成 24 年 6 月 1 日 個人情報管理規程 ( 定款第 65 条第 2 項 ) 制定平成 24 年 5 月 30 日 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 定款第 66 条第 2 項の規定に基づき 公益社団法人岐阜県山林協会 ( 以下 この法人 という ) が定める 個人情報保護に関する基本方針 に従い 個人情報の適正な取扱いに関してこの法人の役職員が遵守すべき事項を定め

More information

(H 改正 ) 北海道社会保険労務士政治連盟規約 (S 改正 ) 第 1 章総 ( 名称 ) 第 1 条本連盟は 北海道社会保険労務士政治連盟 ( 以下 道政連 ) と称する (S 改正 /H 改正 ) ( 事務所 ) 第 2 条本連盟は 事務所を札幌

(H 改正 ) 北海道社会保険労務士政治連盟規約 (S 改正 ) 第 1 章総 ( 名称 ) 第 1 条本連盟は 北海道社会保険労務士政治連盟 ( 以下 道政連 ) と称する (S 改正 /H 改正 ) ( 事務所 ) 第 2 条本連盟は 事務所を札幌 3 北海道社会保険労務士政治連盟規約 目 次 第 1 章 総 ( 第 1 条 ~ 第 6 条の3) 第 2 章 役 員 ( 第 7 条 ~ 第 12 条 ) 第 3 章 会 議 ( 第 13 条 ~ 第 20 条 ) 第 4 章 事業及び会計 ( 第 21 条 ~ 第 24 条 ) 第 5 章 事務局 ( 第 25 条 ) 第 6 章 補 ( 第 26 条 ~ 第 27 条 ) 制 定 : 昭和 55

More information

第 2 章掛金 ( 掛金 ) 第 3 条掛金は 対象職員の基準給与月額に 1,000 分の 33 を乗じて得た額を納付するものとする 2 掛金の内訳は 契約者が 1,000 分の 16.5 対象職員が 1,000 分の 16.5 をそれぞれ負担するものとする 3 基準給与月額は 毎年 4 月 1 日

第 2 章掛金 ( 掛金 ) 第 3 条掛金は 対象職員の基準給与月額に 1,000 分の 33 を乗じて得た額を納付するものとする 2 掛金の内訳は 契約者が 1,000 分の 16.5 対象職員が 1,000 分の 16.5 をそれぞれ負担するものとする 3 基準給与月額は 毎年 4 月 1 日 愛媛県民間社会福祉事業従事者退職年金共済支援事業実施規程 社会福祉法人愛媛県社会福祉協議会 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この実施規程は 社会福祉法人愛媛県社会福祉協議会 ( 以下 県社協 という ) が実施する愛媛県民間社会福祉事業従事者退職年金共済支援事業 ( 以下 共済支援事業 という ) 規程第 5 条により 共済支援事業委託契約を締結することができる民間社会福祉事業等を行う法人が実施する退職金制度の基準を定めることを目的とする

More information

定 款 社会福祉法人仁和会

定 款 社会福祉法人仁和会 定 款 社会福祉法人仁和会 定 款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 心身共に健やかに育成されるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第二種社会福祉事業 ( イ ) 保育所の経営 ( ロ ) 一時預かり事業の経営

More information

一般財団法人日本放送協会共済会定款 一部変更評議員会決議平成 ( 平成 施行 ) ( 名称 ) 第 1 章総則 第 1 条この法人は 一般財団法人日本放送協会共済会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所 ( 本部 ) を東京都渋谷区に置く 2 この法

一般財団法人日本放送協会共済会定款 一部変更評議員会決議平成 ( 平成 施行 ) ( 名称 ) 第 1 章総則 第 1 条この法人は 一般財団法人日本放送協会共済会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所 ( 本部 ) を東京都渋谷区に置く 2 この法 一般財団法人日本放送協会共済会定款 一部変更評議員会決議平成 30.6.6 ( 平成 30.6.6 施行 ) ( 名称 ) 第 1 章総則 第 1 条この法人は 一般財団法人日本放送協会共済会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所 ( 本部 ) を東京都渋谷区に置く 2 この法人は 従たる事務所 ( 支部 ) を大阪市 名古屋市 広島市 福岡市 仙台市 札幌市及び松山市に置く

More information

有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 株式会社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の

有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 株式会社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の 有価証券管理規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 社 ( 以下 会社 という ) の有価証券の運用および管理を適正に行うため 会社の保有する有価証券に関する管理基準および管理手続を定めるとともに 余裕資金の有効運用ならびに経営効率の向上を図ることを目的とする ( 有価証券の種類 ) 第 2 条この規程において 有価証券とは金融商品取引法第 2 条に定められている有価証券をいう 1

More information

個人情報の保護に関する規程(案)

個人情報の保護に関する規程(案) 公益財団法人いきいき埼玉個人情報保護規程 ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 埼玉県個人情報保護条例 ( 平成 16 年埼玉県条例第 65 号 ) 第 59 条の規定に基づき 公益財団法人いきいき埼玉 ( 以下 財団 という ) による個人情報の適正な取扱いを確保するために必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この規程において 個人情報 個人情報取扱事業者 個人データ 保有個人データ

More information

しなければならない 3 基本財産の一部を処分しようとするとき及び基本財産から除外しようとするときは 評議員会において 当該事項についての特別の利害関係を有する評議員を除く評議員の3 分の2 以上に当たる多数の承認を得なければならない ( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1

しなければならない 3 基本財産の一部を処分しようとするとき及び基本財産から除外しようとするときは 評議員会において 当該事項についての特別の利害関係を有する評議員を除く評議員の3 分の2 以上に当たる多数の承認を得なければならない ( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1 一般財団法人自治研修協会定款 平成 25 年 4 月 1 日 最終変更平成 26 年 7 月 1 日 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人自治研修協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都立川市に置く 2 この法人は 理事会の決議をもって従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 地方公共団体等の職員等の研修及び地域経営に資する人材育成等に関する調査研究

More information

青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持

青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持 青葉台自治会会則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条本会は 以下に掲げるような共同活動を行うことにより 良好な地域社会の維持及び形成に資する事を目的とする (1) 回覧板の回付等区域内の住民相互の連絡 (2) 会員相互の融和親睦をはかる (3) 行政機関との連絡調整 (4) 区域内諸施設の維持管理 (5) 美化 清掃等区域内の環境整備 ( 名称 ) 第 2 条本会は 青葉台自治会と称する (

More information

第 2 章財産及び会計 ( 基本財産 ) 第 5 条この法人の基本財産は この法人の目的である事業を行うために不可欠な財産として理事会で定めたものとする 2 基本財産は 理事会において定めるところにより この法人の目的を達成するために 善良な管理者の注意をもって管理しなければならない 3 基本財産の

第 2 章財産及び会計 ( 基本財産 ) 第 5 条この法人の基本財産は この法人の目的である事業を行うために不可欠な財産として理事会で定めたものとする 2 基本財産は 理事会において定めるところにより この法人の目的を達成するために 善良な管理者の注意をもって管理しなければならない 3 基本財産の 一般財団法人阪神高速地域交流センター定款 ( 名称 ) 第 1 章総則 第 1 条この法人は 一般財団法人阪神高速地域交流センターと称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪市に置く 2 この法人は 理事会の決議によって 従たる事務所を必要な地に置くことができる ( 目的 ) 第 3 条この法人は 阪神高速道路及びその他の道路 ( 以下 高速道路等 という ) の沿道地域との連携推進並びに高速道路等利用者の利便の増進に資する事業

More information

Microsoft Word - 定款H かえH ヘッダーなし赤字入り

Microsoft Word - 定款H かえH ヘッダーなし赤字入り 公益財団法人認知症予防財団 定 款 公益財団法人認知症予防財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条本財団は 公益財団法人認知症予防財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条本財団は 主たる事務所を東京都千代田区に置く 2 本財団は 理事会の決議を経て 必要な地に従たる事務所を設置することができる これを変更又は廃止する場合も同様とする 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条本財団は

More information

第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人農芸化学研究奨励会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都文京区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 農芸化学に関する研究 教育を奨励 助成し その進歩発展を図り もって科学 技

第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人農芸化学研究奨励会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都文京区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 農芸化学に関する研究 教育を奨励 助成し その進歩発展を図り もって科学 技 定款 公益財団法人農芸化学研究奨励会 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人農芸化学研究奨励会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都文京区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 農芸化学に関する研究 教育を奨励 助成し その進歩発展を図り もって科学 技術 文化の向上に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4

More information

( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については 毎事業年度終了後 理事長が次の書類を作成し 監事の監査を受けた上で 理事会の承認を受けなければならない 事業報告 事業報告の附属明細書 ⑶ 貸借対照表 ⑷ 損益計算書 ( 正味財産増減計算書 ) ⑸ 貸借対照表及び損益計算書

( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については 毎事業年度終了後 理事長が次の書類を作成し 監事の監査を受けた上で 理事会の承認を受けなければならない 事業報告 事業報告の附属明細書 ⑶ 貸借対照表 ⑷ 損益計算書 ( 正味財産増減計算書 ) ⑸ 貸借対照表及び損益計算書 一般財団法人札幌市職員福利厚生会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人札幌市職員福利厚生会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を札幌市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 札幌市政の円滑な運営に協力するとともに 札幌市職員等の福利厚生に関する事業を行い もって札幌市民の福祉の増進に寄与することを目的とする ( 事業

More information

2012

2012 一般社団法人滋賀県配合飼料価格安定基金協会定款 一般社団法人滋賀県配合飼料価格安定基金協会 一般社団法人滋賀県配合飼料価格安定基金協会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般社団法人滋賀県配合飼料価格安定基金協会 ( 以下 基金協会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条基金協会は 主たる事務所を滋賀県近江八幡市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条基金協会は

More information

定 款 社会福祉法人 木谷会

定 款 社会福祉法人 木谷会 定 款 社会福祉法人 木谷会 社会福祉法人木谷会定款 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第一種社会福祉事業軽費老人ホームの経営

More information

定款(H27_5

定款(H27_5 社会福祉法人致知会 定 款 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第一種社会福祉事業 ( イ ) 救護施設の経営

More information

開催通知

開催通知 公益財団法人八千代市文化 スポーツ振興財団定款 ( 平成 24 年 4 月 1 日 ) 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は, 公益財団法人八千代市文化 スポーツ振興財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は, 主たる事務所を千葉県八千代市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は, 文化及びスポーツの振興並びに地域の活性化に資する事業を行い, もって創造性豊かで潤いと活力に満ちた八千代市の実現に寄与することを目的とする

More information

財団法人自動車リサイクル促進センター再資源化支援部業務規程(案)

財団法人自動車リサイクル促進センター再資源化支援部業務規程(案) 再資源化等業務規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条 この規程は 使用済自動車の再資源化等に関する法律 ( 平成 14 年法律第 87 号 以下 法 という ) 第 109 条の規定に基づき 公益財団法人自動車リサイクル促進センター ( 以下 本財団 という ) 再資源化支援部の再資源化等業務の実施に関する基本的な事項を定め もってその業務の適正な運営に資することを目的とする ( 用語 )

More information

個人情報の取り扱いに関する規程

個人情報の取り扱いに関する規程 個人情報の取り扱いに関する規程 一般社団法人福島県医療福祉情報ネットワーク協議会 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 一般社団法人福島県医療福祉情報ネットワーク協議会 ( 以下 協議会 という ) が設置する福島県医療福祉情報ネットワークシステム ( 以下 ネットワーク という ) が保有する個人情報の適切な取り扱いに関し 必要な事項を定める ( 用語 ) 第 2 条この規程における用語の定義は 次の各号に定めるところによる

More information

<4D F736F F D F817993FC8D65817A88EA94CA8ED C4A544692E88ABC3032>

<4D F736F F D F817993FC8D65817A88EA94CA8ED C4A544692E88ABC3032> 一般社団法人日本翻訳連盟定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般社団法人日本翻訳連盟と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都中央区に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 翻訳 ( 以下 翻訳には通訳を含めるものとする ) 事業に関する調査 研究 研修会 人材育成等の実施及び翻訳関連の国際会議等への参加を通じて 同事業の振興を図り

More information

< F2D8ED089EF959F8E C8C628CF F8E8389EF20>

< F2D8ED089EF959F8E C8C628CF F8E8389EF20> 社会福祉法人 恵光園福祉会定款 社会福祉法人恵光園福祉会定款 第 1 章 総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 心身ともに健やかに育成されるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第二種社会福祉事業イ ) 保育所の経営

More information

第 6 条第 3 条に基づき分別される資産の管理運用は 第 4 条に基づき設置される資産運用委員会の議を経たうえで 共助会理事長 ( 以下 理事長 という ) が指定する複数の信託銀行と 信託契約を締結する方法によることを基本とする 2 前項の規定にかかわらず次の資産は信託しないことができる (1)

第 6 条第 3 条に基づき分別される資産の管理運用は 第 4 条に基づき設置される資産運用委員会の議を経たうえで 共助会理事長 ( 以下 理事長 という ) が指定する複数の信託銀行と 信託契約を締結する方法によることを基本とする 2 前項の規定にかかわらず次の資産は信託しないことができる (1) 一般社団法人埼玉県社会福祉事業共助会退職共済事業規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 一般社団法人埼玉県社会福祉事業共助会 ( 以下 共助会 という ) 定款第 4 条第 3 号に掲げる社会福祉事業従事者の退職共済に関する事業 ( 以下 退職共済事業 という ) を適正に実施するために必要な事項を定めることを目的とする ( 用語の定義 ) 第 2 条この規程において 次の各号に掲げる用語の定義は

More information

公益財団法人 ○○○協会定款

公益財団法人 ○○○協会定款 公益財団法人平昭七記念財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人平昭七記念財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条 この法人は 主たる事務所を石川県羽咋市に置く ( 公告方法 ) 第 3 条この法人の公告は 官報に掲載する方法により行う 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 4 条この法人は 学術 研究の振興 芸術 文化の振興 環境の保護保全 青少年の健全育成 社会教育の充実

More information

第八条理事は 理事長の定めるところにより 理事長を補佐して機構の業務を掌理する 2 通則法第十九条第二項の個別法で定める役員は 理事とする ただし 理事が置かれていないときは 監事とする 3 前項ただし書の場合において 通則法第十九条第二項の規定により理事長の職務を代理し又はその職務を行う監事は そ

第八条理事は 理事長の定めるところにより 理事長を補佐して機構の業務を掌理する 2 通則法第十九条第二項の個別法で定める役員は 理事とする ただし 理事が置かれていないときは 監事とする 3 前項ただし書の場合において 通則法第十九条第二項の規定により理事長の職務を代理し又はその職務を行う監事は そ 独立行政法人駐留軍等労働者労務管理機構法 目次第一章総則 ( 第一条 第六条 ) 第二章役員 ( 第七条 第九条 ) 第三章業務等 ( 第十条 第十一条 ) 第四章雑則 ( 第十二条 ) 第五章罰則 ( 第十三条 ) 附則 平成 11 年法律第 217 号 改正平成 12 年法律第 84 号改正平成 18 年法律第 118 号改正平成 26 年法律第 67 号 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この法律は

More information

( 事業年度 ) 第 6 条本会の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条本会の事業計画書及び収支予算書については 毎事業年度開始の日の前日までに 会長が作成し 理事会の承認を受けなければならない これを変更する場合も 同様とす

( 事業年度 ) 第 6 条本会の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条本会の事業計画書及び収支予算書については 毎事業年度開始の日の前日までに 会長が作成し 理事会の承認を受けなければならない これを変更する場合も 同様とす 一般財団法人岩手県社会保険協会 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人岩手県社会保険協会 ( 以下 本会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条本会は 主たる事務所を岩手県盛岡市に置く 2 本会は 理事会の決議によって支部を必要な地に置くことができる 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条本会は 健康保険及び厚生年金保険の被保険者 ( 被保険者であったものを含む

More information

一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [ 平成 27 年 5 月 21 日改正 ] [ 平成 29 年 2

一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [ 平成 27 年 5 月 21 日改正 ] [ 平成 29 年 2 平成 30 年 4 月施行 一般財団法人短期大学基準協会 認証評価実施規程 平成 17 年 4 月制定 ( 平成 29 年 2 月改正 ) 一般財団法人短期大学基準協会 一般財団法人短期大学基準協会認証評価実施規程 [ 平成 17 年 4 月 14 日制定 ] [ 平成 20 年 3 月 19 日改正 ] [ 平成 23 年 5 月 26 日改正 ] [ 平成 24 年 3 月 15 日改正 ] [

More information

sagami_contribution

sagami_contribution 学校法人相模女子大学寄附行為 昭和 26 年 2 月 26 日 認可 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 学校法人相模女子大学と称する ( 事務所の所在地 ) 第 2 条この法人は 事務所を神奈川県相模原市南区文京 2 丁目 1 番 1 号に置く 第 2 章目的及び設置する学校 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 教育基本法及び 学校教育法に基づいて 学校教育を行い 高潔善美にして社会に有用な人材を育成することを目的とする

More information

14個人情報の取扱いに関する規程

14個人情報の取扱いに関する規程 個人情報の取扱いに関する規程 第 1 条 ( 目的 ) 第 1 章総則 この規程は 東レ福祉会 ( 以下 本会 という ) における福祉事業に係わる個人情報の適法かつ適正な取扱いの確保に関する基本的事項を定めることにより 個人の権利 利益を保護することを目的とする 第 2 条 ( 定義 ) この規程における各用語の定義は 個人情報の保護に関する法律 ( 以下 個人情報保護法 という ) および個人情報保護委員会の個人情報保護に関するガイドラインによるものとする

More information

<4D F736F F D20312E81698CF68DE0816A88F39DD78FC08AC28BAB8AEE8BE092E88ABC E312E32368C888B638140>

<4D F736F F D20312E81698CF68DE0816A88F39DD78FC08AC28BAB8AEE8BE092E88ABC E312E32368C888B638140> 公益財団法人印旛沼環境基金定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人印旛沼環境基金と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を千葉県佐倉市に置く ( 目的 ) 第 3 条この法人は 印旛沼憲章に則り印旛沼の水質浄化の推進及び印旛沼周辺地域 の環境保全を支援し もって印旛沼憲章に寄与することを目的とする ( 事業 ) 第 4 条この法人は 前条の目的を達成するため

More information

Microsoft Word - ä¸•è‹¬ç¤¾åł£æ³Łäººå²¬ã‡—ã‡‹ã†—ä¼ıå®ı款(啉人慖倱å›−鎤).docx

Microsoft Word - ä¸•è‹¬ç¤¾åł£æ³Łäººå²¬ã‡—ã‡‹ã†—ä¼ıå®ı款(啉人慖倱å›−鎤).docx 一般社団法人岬やよい会定款 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人岬やよい会と称する 第 2 条当法人は 主たる事務所を千葉県いすみ市岬町に置く ( 目的 ) 第 3 条当法人は 障がい者の自立を支援し 障がい者とその家族の福祉を増進することを目的とし その目的に資するため 次の事業を行う (1) フリースペース事業 (2) 生活訓練事業 ( 通所 訪問 ) (3) 就労支援事業

More information

( 基本財産等の処分の制限 ) 第 8 条基本財産は これを処分し又は担保に供することができない ただし この法人の事業遂行上やむをえない理由があるときは 理事会及び評議員会において 特別の利害関係を有する者を除く理事又は評議員のそれぞれ3 分の2 以上の承認を受けて その一部を処分し 又はその全部

( 基本財産等の処分の制限 ) 第 8 条基本財産は これを処分し又は担保に供することができない ただし この法人の事業遂行上やむをえない理由があるときは 理事会及び評議員会において 特別の利害関係を有する者を除く理事又は評議員のそれぞれ3 分の2 以上の承認を受けて その一部を処分し 又はその全部 一般財団法人農林水産奨励会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人農林水産奨励会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 第 2 章 目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 農林水産関係団体の利用に供するための会館の設置 運営並びに公益を目的とする事業を行う法人が実施する農林水産業及び農山漁村の振興等に資する事業に対する助成

More information

( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条この法人の事業計画書 収支予算書 資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類については 毎事業年度開始の日の前日までに 代表理事が作成し 理事会の承認

( 事業年度 ) 第 6 条この法人の事業年度は 毎年 4 月 1 日に始まり翌年 3 月 31 日に終わる ( 事業計画及び収支予算 ) 第 7 条この法人の事業計画書 収支予算書 資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類については 毎事業年度開始の日の前日までに 代表理事が作成し 理事会の承認 公益財団法人キーエンス財団 定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人キーエンス財団 ( 英文名 :KEYENCE FOUNDATION) と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪府大阪市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 学業優秀かつ品行方正な学生に対し奨学金給付による経済的な支援 を行い もって社会に貢献する人材の育成に寄与することを目的とする

More information

(Microsoft Word - 01 \222\350\212\274.doc)

(Microsoft Word - 01 \222\350\212\274.doc) 社団法人東京青色申告会連合会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 社団法人東京青色申告会連合会 ( 以下 本会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条本会は 事務所を東京都千代田区に置く ( 目的 ) 第 3 条本会は東京都内の青色申告会の指導 調整及び連絡を図り 申告納税制度の趣旨に則り青色申告制度の普及及び誠実な記帳と適正な申告を推進するとともに 租税等に関する調査研究を行い

More information

UIプロジェクトX

UIプロジェクトX 国立大学法人会計基準の特徴について ( 会計基準版 ) 国立大学法人九州大学財務部決算課 011 年 10 月 1 日 国立大学法人会計基準は国立大学法人の特性を踏まえて 企業会計原則とは異なる次のような特徴があります 特性別に類型化すると次頁のとおり 国立大学法人会計基準 ( 以下 基準 という ) に従って処理 企業会計原則に準拠しているが, 一部の特徴的な会計処理が組み込まれている ( 主な具体例

More information

社会福祉法人指導監査基準 ( 財務管理 措置費 ) 1 経理規程 着眼点根拠法令等備考 (1) 経理規程は, 適正に作成されているか 留意事項 1(4), 定款例 34, 規程 (2) 内部牽制組織が確立されているか 留意事項 1, 平 12 児発 471 号 1 会計責任者及び出納職員は, 理事長

社会福祉法人指導監査基準 ( 財務管理 措置費 ) 1 経理規程 着眼点根拠法令等備考 (1) 経理規程は, 適正に作成されているか 留意事項 1(4), 定款例 34, 規程 (2) 内部牽制組織が確立されているか 留意事項 1, 平 12 児発 471 号 1 会計責任者及び出納職員は, 理事長 社会福祉法人指導監査基準 ( 財務管理 措置費 ) 1 経理規程 経理規程は, 適正に作成されているか 留意事項 1, 定款例 34, 規程 (2) 内部牽制組織が確立されているか 留意事項 1, 平 12 児発 471 号 1 会計責任者及び出納職員は, 理事長が任命しているか 2 会計責任者と出納職員の兼務が行われていないか (3) 拠点区分 サービス区分は, 適切に設定されているか 基準第 10

More information

独立行政法人教職員支援機構法

独立行政法人教職員支援機構法 独立行政法人教職員支援機構法 目次 第 1 章 総則 ( 第 1 条 第 5 条 ) 第 2 章 役員及び職員 ( 第 6 条 第 9 条 ) 第 3 章 業務等 ( 第 10 条 第 11 条 ) 第 4 章 雑則 ( 第 12 条 ) 第 5 章 罰則 ( 第 13 条 ) 附則 ( 平成 12 年 5 月 26 日法律第 88 号 ) 改正 : 平成 28 年 11 月 28 日法律第 87

More information

(Microsoft Word - \225\266\217\221 1)

(Microsoft Word - \225\266\217\221 1) 公益財団法人香川県児童 青少年健全育成事業団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人香川県児童 青少年健全育成事業団 ( 以下 事業団 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条事業団は 主たる事務所を香川県高松市に置く 2 事業団は 理事会の決議によって従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条事業団は 児童 青少年の健全育成及び子育て支援に関する諸事業を行い

More information

<4D F736F F D D332D318DC58F8982CC96F088F581698DB782B591D682A6816A2E646F63>

<4D F736F F D D332D318DC58F8982CC96F088F581698DB782B591D682A6816A2E646F63> 問 Ⅱ-3-1( 最初の代表理事 業務執行理事 会計監査人の選任 ) 新制度の最初の代表理事 業務執行理事 会計監査人の選任について教えてください 答 1 最初の代表理事ないし代表理事の就任予定者の選定 (1) 新法の施行日における特例民法法人の理事の権限新法の施行日には 全ての特例民法法人が 理事会 ( 法律上の正式な理事会 ) を設置していない状態となります ( 整備法第 80 条第 3 項 第

More information

社会福祉法人 創和定款

社会福祉法人 創和定款 社会福祉法人創和定款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的にして 次の社会福祉事業を行う (1) 第二種社会福祉事業ア障害福祉サービス事業の経営イ地域活動支援センターの経営ウ相談支援事業の経営

More information

公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 2 この法人は 理事会の決議を経て 必要の地に従たる事務所を設置することが

公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 2 この法人は 理事会の決議を経て 必要の地に従たる事務所を設置することが 公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都港区に置く 2 この法人は 理事会の決議を経て 必要の地に従たる事務所を設置することができる これを変更又は廃止する場合も同様とする 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は

More information

社会福祉法人ゆほびか定款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援する

社会福祉法人ゆほびか定款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援する 社会福祉法人ゆほびか定款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第一種社会福祉事業知的障害者通所授産施設の経営 (2)

More information

劇場演出空間技術協会 個人情報保護規程

劇場演出空間技術協会 個人情報保護規程 個人情報保護規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 公益社団法人劇場演出空間技術協会 ( 以下 本会 という ) 定款第 64 条 ( 個人情報の保護 ) 及び個人情報 ( 個人情報の保護に関する法律第 2 条第 1 項及び 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 ( 以下 番号法 という ) の第 2 条第 3 項に規定する個人情報をいい 番号法第 2 条第 8 項に規定する特定個人情報を含む

More information

Microsoft Word - 阪神北定款100319

Microsoft Word - 阪神北定款100319 公益財団法人阪神北広域救急医療財団定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人阪神北広域救急医療財団と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を兵庫県伊丹市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 伊丹市 宝塚市 川西市及び猪名川町の小児の急病患者に対し 必要な医療の提供等の事業を行い もって子どもが健やかに成育する環境づくりに寄与することを目的とする

More information

<8B CF695BD88CF88F589EF8BA493AF90DD92752E786477>

<8B CF695BD88CF88F589EF8BA493AF90DD92752E786477> 議案第 96 号 東京都市公平委員会の共同設置について 上記の議案を提出する 平成 27 年 12 月 7 日 提出者青梅市長浜中啓一 ( 説明 ) 東京都市公平委員会を共同設置する団体となるため 地方自治法第 252 条の7 第 3 項で準用する同法第 252 条の2の2 第 3 項本文の規定にもとづき この案を提出いたします 東京都市公平委員会の共同設置について地方自治法 ( 昭和 22 年法律第

More information

2012年

2012年 公益財団法人ソーシャルサービス協会職務権限および事務処理規程 ( 趣旨 ) 第 1 条この規程は 公益財団法人ソーシャルサービス協会 ( 以下 財団 という ) における役員および管理職の地位にある者が遂行する基本職務および職務権限を定め その責任の明確化および業務処理の円滑化を図ることを目的とする 第 1 章職務権限 ( 理事長 ) 第 2 条理事長は 定款にもとづき財団を代表し 業務を総括管理する

More information

移行認定の申請書類目次

移行認定の申請書類目次 公益目的支出計画実施完了確認請求書目次 公益目的支出計画実施完了確認請求書 別紙 1 公益目的支出計画実施報告書 1. 平成 年度の概要 (1) 公益目的財産額 (2) 当該事業年度の公益目的収支差額 (3) 当該事業年度末日の公益目的財産残額 2. 公益目的支出計画の状況 3. 実施事業等の状況等 (1) 公益目的事業の状況等 (2) 継続事業の状況等 (3) 特定寄附の状況等 (4) 公益目的支出の額等の算定について

More information

私立幼稚園教育振興補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 県は, 私立幼稚園の教育条件の維持及び向上並びに私立幼稚園に在園する幼児に係る修学上の経済的負担の軽減を図るとともに私立幼稚園の経営の健全性を高め, もって私立幼稚園の健全な発達に資するため, 私立幼稚園における教育に係る経常的経費について,

私立幼稚園教育振興補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 県は, 私立幼稚園の教育条件の維持及び向上並びに私立幼稚園に在園する幼児に係る修学上の経済的負担の軽減を図るとともに私立幼稚園の経営の健全性を高め, もって私立幼稚園の健全な発達に資するため, 私立幼稚園における教育に係る経常的経費について, 私立幼稚園教育振興補助金交付要綱 ( 趣旨 ) 第 1 県は, 私立幼稚園の教育条件の維持及び向上並びに私立幼稚園に在園する幼児に係る修学上の経済的負担の軽減を図るとともに私立幼稚園の経営の健全性を高め, もって私立幼稚園の健全な発達に資するため, 私立幼稚園における教育に係る経常的経費について, 私立幼稚園を設置する者に対し, 予算の範囲内において私立幼稚園教育振興補助金 ( 以下 振興補助金 という

More information

<4D F736F F D2092E88ABC81698DC58F4994C5816A8CBB8D7392E88ABC82C9918A88E182C882B595B68CBE957482AB20>

<4D F736F F D2092E88ABC81698DC58F4994C5816A8CBB8D7392E88ABC82C9918A88E182C882B595B68CBE957482AB20> 一般財団法人阪神高速道路技術センター 定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人阪神高速道路技術センターと称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪府大阪市に置く 2 この法人は 前項に定める事務所のほか 必要に応じ 理事会の決議によって 従たる事務所を置くことができる ( 目的 ) 第 3 条この法人は 阪神高速道路及びその他の道路 ( 以下 道路

More information

定款

定款 定 款 平成 26 年 4 月 1 日作成 公益財団法人渡辺翁記念文化協会 - 0 - 公益財団法人渡辺翁記念文化協会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 公益財団法人渡辺翁記念文化協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を山口県宇部市大字小串 1978 番地の96に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 故渡辺祐策翁の精神を継ぎ

More information

規約

規約 東京都社会保険労務士政治連盟規約 社会保険労務士政治連盟は 母体である社会保険労務士会会員の総意の下に設立され 社会保険労務士会が行うことのできない政治活動を担って 社会保険労務士会の行う事業を円滑且つ効果的に実現するための組織である 社会保険労務士政治連盟の活動によってもたらされる利益は すべての社会保険労務士に等しく公平に享受されるものである 故に 社会保険労務士会の全員参加の意義が ここに存することを強く宣言し

More information

新 ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) ( 削除 ) 6 第 7 条第 1 項第 14 号の事業の実施に当たっては 共済規程の定めるところによるものとする 7~8 ( 略 ) ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 第 7 条第 1 項第

新 ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) ( 削除 ) 6 第 7 条第 1 項第 14 号の事業の実施に当たっては 共済規程の定めるところによるものとする 7~8 ( 略 ) ( 事業規程等 ) 第 10 条 ( 略 ) 2~5 ( 略 ) 6 第 7 条第 1 項第 定款変更新対照表 新 ( 事業 ) 第 7 条この組合は 組合員のために次に掲げる事業を行う (1)~(11の2) ( 略 ) (12) 組合員の生産する物資の運搬 加工 保管又は販売 ( 削除 ) (13) 農村工業に関する施設 (14) 共済に関する施設 (15) 共栄火災海上保険株式会社の業務の代理又は事務の代行 (16)~(42) ( 略 ) 2 この組合は 組合員のためにする事業の遂行を妨げない限度において

More information

平成16年規程第02号_役員給与規程

平成16年規程第02号_役員給与規程 独立行政法人日本学生支援機構 平成 16 年規程第 2 号 最近改正平成 28 年規程第 11 号 役員給与規程を次のように定める 平成 16 年 4 月 1 日 独立行政法人日本学生支援機構 理事長 北原保雄 役員給与規程 ( 目的 ) 第 1 条この規程は, 独立行政法人通則法 ( 平成 11 年法律第 103 号 ) 第 50 条の2 第 2 項の規定に基づき, 独立行政法人日本学生支援機構

More information

定款

定款 平成 27 年 4 月 1 日制定平成 28 年 6 月 18 日一部改定平成 29 年 6 月 25 日一部改定平成 30 年 1 月 15 日一部改定一般社団法人住宅リフォーム推進サポート協議会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条 当法人は 一般社団法人住宅リフォーム推進サポート協議会 ( 以下 協議会 という ) と称する ( 事務所 ) 第 2 条協議会は 主たる事務所を埼玉県さいたま市北区吉野町二丁目

More information

一般財団法人山口県教職員互助会定款 ( 昭和 46 年 4 月 1 日制定 ) 改正昭和 47 年 4 月 1 日昭和 48 年 2 月 27 日 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章目的及び事業 ( 第 3 条 第 4 条 ) 第 3 章資産及び会計 ( 第 5 条 ~

一般財団法人山口県教職員互助会定款 ( 昭和 46 年 4 月 1 日制定 ) 改正昭和 47 年 4 月 1 日昭和 48 年 2 月 27 日 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章目的及び事業 ( 第 3 条 第 4 条 ) 第 3 章資産及び会計 ( 第 5 条 ~ 一般財団法人山口県教職員互助会定款 ( 昭和 46 年 4 月 1 日制定 ) 改正昭和 47 年 4 月 1 日昭和 48 年 2 月 27 日 目次第 1 章総則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章目的及び事業 ( 第 3 条 第 4 条 ) 第 3 章資産及び会計 ( 第 5 条 ~ 第 10 条 ) 第 4 章評議員 ( 第 11 条 ~ 第 14 条 ) 第 5 章評議員会 ( 第

More information

目   次

目   次 科 目 Ⅰ 資産の部 1. 流動資産 現 銀 行 預 未 収 立 替 前 払 流 動 資 産 2. 固定資産 (1) 基 本 財 産 国 債 基 本 財 産 (2) 特 定 資 産 退職給与引当資産 公益目的事業運営資引当資産 特 定 資 産 (3) その他固定資産 建 物 付 属 設 備 什 器 備 品 その他固定資産 固定資産 資産 Ⅱ 負債の部 1. 流動負債 未 払 預 り 流 動 負 債

More information

設立の趣旨並びに経緯 わが国における工学と工業とは その発達経路の関係上 必ずしも相互に密接に連絡されていたとはいいがたいのであります この欠陥に鑑み さきに東京大学生産技術研究所が設立され 生産に関する技術的諸問題の科学的総合研究に重点をおくと共に 研究成果の実用化試験を行なうことによって 工学と

設立の趣旨並びに経緯 わが国における工学と工業とは その発達経路の関係上 必ずしも相互に密接に連絡されていたとはいいがたいのであります この欠陥に鑑み さきに東京大学生産技術研究所が設立され 生産に関する技術的諸問題の科学的総合研究に重点をおくと共に 研究成果の実用化試験を行なうことによって 工学と 一般財団法人生産技術研究奨励会定款 153-8505 東京都目黒区駒場四丁目 6 番 1 号 東京大学生産技術研究所内 設立の趣旨並びに経緯 わが国における工学と工業とは その発達経路の関係上 必ずしも相互に密接に連絡されていたとはいいがたいのであります この欠陥に鑑み さきに東京大学生産技術研究所が設立され 生産に関する技術的諸問題の科学的総合研究に重点をおくと共に 研究成果の実用化試験を行なうことによって

More information

一般財団法人大阪府高等学校野球連盟定款 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人大阪府高等学校野球連盟と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 日本学生野球憲章に基づき 高等学校野

一般財団法人大阪府高等学校野球連盟定款 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人大阪府高等学校野球連盟と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 日本学生野球憲章に基づき 高等学校野 一般財団法人大阪府高等学校野球連盟定款 第 1 章総 則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般財団法人大阪府高等学校野球連盟と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を大阪市に置く 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は 日本学生野球憲章に基づき 高等学校野球の健全な発展を図ることを目的と する ( 事業 ) 第 4 条この法人は 前条の目的を達成するために次の事業を行う

More information

(社)茨城県放射線技師会定款

(社)茨城県放射線技師会定款 公益社団法人茨城県診療放射線技師会定款 第 1 章総則 [ 名称 ] 第 1 条この法人は 公益社団法人茨城県診療放射線技師会と称する [ 事務所 ] 第 2 条この法人は 主たる事務所を茨城県水戸市に置く 第 2 章目的及び事業 [ 目的 ] 第 3 条この法人は 診療放射線技術の向上発展並びに茨城県内の診療放射線技師の職業倫理を高揚すると共に 県民医療の向上に寄与することを目的とする [ 事業

More information

合も, 同様とする 2 前項の書類については, 主たる事務所及び従たる事務所に, 当該事業年度が終了するまでの間備え置き, 一般の閲覧に供するものとする ( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については, 毎事業年度終了後, 理事長が次の書類を作成し, 監事の監査を受けた上で

合も, 同様とする 2 前項の書類については, 主たる事務所及び従たる事務所に, 当該事業年度が終了するまでの間備え置き, 一般の閲覧に供するものとする ( 事業報告及び決算 ) 第 8 条この法人の事業報告及び決算については, 毎事業年度終了後, 理事長が次の書類を作成し, 監事の監査を受けた上で 公益財団法人水戸市スポーツ振興協会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は, 公益財団法人水戸市スポーツ振興協会と称する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は, 主たる事務所を茨城県水戸市に置く 2 この法人は, 理事会の決議によって従たる事務所を必要な地に置くことができる 第 2 章目的及び事業 ( 目的 ) 第 3 条この法人は, 水戸市及び水戸市教育委員会との連携のもとに, 体育施設の効果的

More information

暴力団対策措置要綱

暴力団対策措置要綱 太子町契約からの暴力団排除措置要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 太子町暴力団排除条例 ( 平成 25 年太子町条例第 20 号 以下 条例 という ) 第 7 条から第 9 条までの規定に基づき 公共工事等及び売払い等の適正な履行を確保するために必要な事項を定めるものとする ( 定義 ) 第 2 条この要綱において使用する用語は 条例及び太子町暴力団排除条例施行規則 ( 平成 25 年太子町規則第

More information

栃木県家畜人工授精師協会定款制定昭和 48 年 12 月 6 日 改正昭和 51 年 4 月 16 日 改正昭和 60 年 4 月 23 日 改正平成 3 年 12 月 6 日 改正平成 7 年 6 月 13 日 改正平成 8 年 6 月 13 日 改正平成 12 年 6 月 15 日 改正平成 1

栃木県家畜人工授精師協会定款制定昭和 48 年 12 月 6 日 改正昭和 51 年 4 月 16 日 改正昭和 60 年 4 月 23 日 改正平成 3 年 12 月 6 日 改正平成 7 年 6 月 13 日 改正平成 8 年 6 月 13 日 改正平成 12 年 6 月 15 日 改正平成 1 栃木県家畜人工授精師協会定款 栃木県家畜人工授精師協会 宇都宮市平出工業団地 6 番 7 社団法人栃木県畜産協会内 TEL:028-664-3633 栃木県家畜人工授精師協会定款制定昭和 48 年 12 月 6 日 改正昭和 51 年 4 月 16 日 改正昭和 60 年 4 月 23 日 改正平成 3 年 12 月 6 日 改正平成 7 年 6 月 13 日 改正平成 8 年 6 月 13 日 改正平成

More information

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先 法律第百一号 ( 平一二 五 三一 ) 金融商品の販売等に関する法律 ( 目的 ) 第一条この法律は 金融商品販売業者等が金融商品の販売等に際し顧客に対して説明すべき事項及び金融商品販売業者等が顧客に対して当該事項について説明をしなかったことにより当該顧客に損害が生じた場合における金融商品販売業者等の損害賠償の責任並びに金融商品販売業者等が行う金融商品の販売等に係る勧誘の適正の確保のための措置について定めることにより

More information

     

      社会福祉法人 富裕会 定款 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第一種社会福祉事業 ( イ ) 特別養護老人ホームゆたか苑の設置経営

More information

( 社員の資格喪失 ) 第 7 条社員は 次の各号の一に該当する場合には その資格を喪失する (1) 退社したとき (2) 成年被後見人又は被保佐人になったとき (3) 死亡し 若しくは失踪宣告を受け 又は解散したとき (4)3 年以上会費を滞納したとき (5) 除名されたとき (6) 総社員の同意

( 社員の資格喪失 ) 第 7 条社員は 次の各号の一に該当する場合には その資格を喪失する (1) 退社したとき (2) 成年被後見人又は被保佐人になったとき (3) 死亡し 若しくは失踪宣告を受け 又は解散したとき (4)3 年以上会費を滞納したとき (5) 除名されたとき (6) 総社員の同意 一般社団法人日本ソーシャルセラピストアカデミー定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条当法人は 一般社団法人日本ソーシャルセラピストアカデミーと称する 略称を JAST とする ( 主たる事務所 ) 第 2 条当法人は 主たる事務所を山形県山形市に置く ( 日的 ) 第 3 条当法人は 豊かな社会の実現とその持続に貢献するために 次世代を育む環境づくり 人づくりをテーマに活動を行うことを目的とし

More information

新法人定款 平成13年3月変更

新法人定款 平成13年3月変更 社会福祉法人ようりん福祉会定款 第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は 多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が 個人の尊厳を保持しつつ 心身ともに健やかに育成されるよう支援することを目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第二種社会福祉事業保育所の経営 ( 名称 ) 第二条この法人は 社会福祉法人ようりん福祉会という

More information

麻酔科認定医に関する細則

麻酔科認定医に関する細則 周術期管理チーム臨床工学技士に関する内規 第 1 章総 2017 年 3 月 24 日制定 2018 年 3 月 23 日改定 2018 年 8 月 24 日改定 ( 目的 ) 第 1 条この内規は, 公益社団法人日本麻酔科学会 ( 以下, この法人 という.) 周術期管理チーム認定制度運営細第 9 条の規定に基づき, この法人の周術期管理チーム臨床工学技士 ( 以下, 管理チーム臨床工学技士 という.)

More information

社会福祉法人美郷町都賀保育園定款第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して統合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が個人の尊厳を保持しつつ 心身ともに健やかに育成されるよう支援する事を目的として 次の社会

社会福祉法人美郷町都賀保育園定款第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して統合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が個人の尊厳を保持しつつ 心身ともに健やかに育成されるよう支援する事を目的として 次の社会 社会福祉法人美郷町都賀保育園定款第一章総則 ( 目的 ) 第一条この社会福祉法人 ( 以下 法人 という ) は多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して統合的に提供されるよう創意工夫することにより 利用者が個人の尊厳を保持しつつ 心身ともに健やかに育成されるよう支援する事を目的として 次の社会福祉事業を行う (1) 第二種社会福祉事業イ保育所美郷町都賀保育園の設置経営ロ一時預かり事業 ( 一時保育事業

More information

中小企業信用保険法第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに係る 事業資金等の信用保証料に対する豊中市助成制度要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 中小企業信用保険法 ( 昭和 2 5 年法律第 号 ) 第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに規定する特定中小企業者

中小企業信用保険法第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに係る 事業資金等の信用保証料に対する豊中市助成制度要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 中小企業信用保険法 ( 昭和 2 5 年法律第 号 ) 第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに規定する特定中小企業者 中小企業信用保険法第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに係る 事業資金等の信用保証料に対する豊中市助成制度要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 中小企業信用保険法 ( 昭和 2 5 年法律第 2 6 4 号 ) 第 2 条第 5 項第 1 号から第 6 号までに規定する特定中小企業者に係る事業資金及び激甚災害に対処するための特別の財政援助等に関する法律 ( 昭和 37 年法律第 150

More information

監 事 監 査 規 程

監 事 監 査 規 程 明治グループ企業年金基金給付規程 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この規程は 明治グループ企業年金基金 ( 以下 基金 という ) の行う年金給付及び一時金給付 ( 以下 給付 という ) の手続きに関する基準を定めて 給付に関する業務を適正 かつ 迅速に処理することを目的とする 第 2 章年金給付 ( 老齢給付金に係る年金の裁定請求 ) 第 2 条老齢給付金に係る年金について 明治グループ企業年金基金規約

More information

職員互助会会則

職員互助会会則 大阪府社会福祉事業団 職員互助会 会則 第 1 章 総則 ( 名称 ) 第 1 条この会は 大阪府社会福祉事業団職員互助会という ( 目的 ) 第 2 条この会は 大阪府社会福祉事業団 ( 以下 事業団 という ) 役職員の相互扶助と 福利増進を目的とする ( 会員 ) 第 3 条本会は 次の各号に掲げる者を会員とする (1) 常勤の役員 (2) 職員就業規則第 3 条に定める職員 但し 大阪府等から派遣された職員を除く

More information

一般社団法人日本国際手話通訳・ガイド協会_定款(再修正版)

一般社団法人日本国際手話通訳・ガイド協会_定款(再修正版) 一般社団法人日本国際手話通訳 ガイド協会定款 第 1 章総則 ( 名称 ) 第 1 条この法人は 一般社団法人日本国際手話通訳 ガイド協会と称し 英文では Japan International Sign Language Interpreters &Guides Association 略して JIIGA と表記する ( 事務所 ) 第 2 条この法人は 主たる事務所を東京都千代田区に置く 2 この法人は

More information