ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "ヒト慢性根尖性歯周炎のbasic fibroblast growth factor とそのreceptor"

Transcription

1

2 α μ

3 μ μ μ

4 慢性化膿性根尖性歯周炎の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 線維芽細胞と新生毛細血管が豊富で線維成分 に乏しく マクロファージ リンパ球や形質細胞を主とす る炎症性細胞の多数浸潤を認める Ⅱ型では Ⅰ型よりも線維成分が多く 肉芽組織中の炎 症性細胞浸潤や新生毛細管血管の減少や Ⅰ型よりも太い 膠原線維束の形成を認める A C E G B D F H A B E F HE 染色 C D G H MT 染色 歯根肉芽腫の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 増生肉芽組織中の炎症性細胞浸潤の増加を認 め 膠原線維が細いながらも層状に肉芽組織を取り囲む様 子を示す Ⅱ型では 炎症性細胞浸潤の減少と 毛細血管や線維の 束状形成の増加を示す A C E G B D F H A B E F HE 染色 C D G H MT 染色 例のⅠ型では 裏装上皮は破壊されて嚢胞腔内に裏装 上皮直下の組織が嚢胞腔内に露出したために 多くの 歯根肉芽腫のⅠ型では 線維成分が腫瘤の外側に多 炎症性細胞を伴う肉芽組織が形成されていた く 内部は幼弱な肉芽組織で構成され そこにリンパ また 化膿性歯周炎 歯根肉芽腫 歯根嚢胞のいず 球 形質細胞ならびにマクロファージが浸潤し 好中 れの病巣にも マクロファージが変化した泡沫細胞の 球の浸潤を伴うものもあったこのような例は慢性化 集簇を認める例があった 膿性根尖性歯周炎からの移行型 あるいは逆に歯根肉 免疫染色所見 芽腫からの慢性化膿性根尖性歯周炎への増悪型であっ bfgf と FGFR の局在 た bfgf は すべての慢性根尖性歯周炎のⅠ型の病巣 歯根嚢胞は裏装上皮と上皮下組織が裏装組織であっ において マクロファージと思われる大型で単核の炎 たが その多くは線維成分が豊富なⅡ型であり これ 症性細胞を中心に 線維芽細胞ならびに血管内皮細胞 らの症例では 上皮直下の炎症性細胞浸潤を伴って若 に陽性染色性を認め Ⅱ型では炎症性細胞における陽 干幼若な肉芽組織の形成を認めたが 大部分は束状を 性染色性が減少し 多くの線維芽細胞や血管内皮細胞 成した線維成分よりなっていたこれに対して 少数 に陽性を認めた しかし 病巣中にみられる

5 慢性根尖性歯周炎の bfgf と FGFR bfgf タンパクの局在 A 慢性化膿性根尖性歯周炎Ⅰ型 B 歯根肉芽腫Ⅰ型 C 歯根嚢胞Ⅰ型 D E 歯根嚢胞Ⅱ型 ファージは他の炎症性細胞よりも多く認めた 歯根嚢胞の病態像 Ⅰ型 A D Ⅱ型 E H Ⅰ型では 裏装上皮直下の肉芽組織中に炎症性細胞浸潤 と細い線維束形成を認める Ⅱ型では 裏装上皮直下の肉芽組織中に多数の炎症性細 胞浸潤と その外層で活発な波状の線維束形成を認め炎症 性細胞の浸潤巣を分離しながら病巣の最外層を構成する A C E G D B F H A B E F HE 染色 C D G H MT 染色 ISH 所見 bfgf の mrna 発現から の発現細胞を特定 するた め に ISH を 行 っ た 結 果 発 現 細 胞 は マ ク ロ ファージ 線維芽細胞 血管内皮細胞の 種類であっ た ただし これらの発現細胞の比率は病型によって若 干の違いがあった Ⅰ型について見ると 慢性化膿性根尖性歯周炎では マクロファージが主な発現細胞で 歯根肉芽腫では 泡沫細胞には認めなかった 一方 FGFR は 上記の炎症性細胞には染色性がほ とんどなく 線維芽細胞や血管内皮細胞に発現する傾 向を示したしたがって Ⅰ型に発現細胞が少なく Ⅱ型に多く見られる傾向を示した CD の局在 マクロファージに加えて 線維芽細胞 血管内皮細胞 も の発現性を示した また Ⅱ型について見ると 慢性化膿性根尖性歯周 炎や歯根肉芽腫では いずれも線維芽細胞と血管内皮 細胞が主な発現細胞であった 抗 CD 抗体で検索した結果 いずれの慢性根尖性 なお 歯根嚢胞ではこれらとは異なる発現性を示 歯周炎病巣においても 多数の浸潤した炎症性細胞 し Ⅰ型ではマクロファージ 線維芽細胞や血管内皮 は CD 陽性のマクロファージで 病巣中に散在性 細胞に加えて裏装上皮にも認め Ⅱ型では線維芽細胞 や集簇性に認めた が主な とくに Ⅰ型では CD の陽性マクロファージを顕 著に認め 他のリンパ球や形質細胞よりも多く浸潤を 認めたまた Ⅱ型においても CD 陽性のマクロ の発現細胞であった 考 察 結核症 梅毒 癩病 サルコイドーシスならびに慢

6 FGFR タンパクの局在 A 慢性化膿性根尖性歯周炎Ⅰ型 B 歯根肉芽腫Ⅰ型 C 歯根嚢胞Ⅰ型 D E 歯根嚢胞Ⅱ型 bfgf mrna の局在 A 慢性化膿性根尖性歯周炎Ⅰ型 B 歯根肉芽腫Ⅰ型 C 歯根嚢胞Ⅰ型 D E 歯根嚢胞Ⅱ型 A E 皮性 巨細胞性肉芽腫性炎 あるいは特異性肉芽腫 性炎と呼び 特異性炎として通常の増殖性炎と区別し ているこれら病巣では CD 陽性ヘルパー T 細胞 が産生するリンホカインがマクロファージの浸潤と活 性化を促し 活性化した多くのマクロファージが増殖 因子をも発現し これが線維芽細胞や血管内皮細胞の 増殖に関わっている 口腔領域における代表的な増殖性の慢性根尖性歯周 炎やエプーリスを病理組織学的に検討すると 代表的 な炎症性肉芽腫性病変の一つであり 類上皮細胞を除 けば 本細胞のオリジンであるマクロファージ系の細 胞が他の炎症性細胞よりはるかに多く浸潤する点にお いては 特異性炎と近縁の疾患であるとみなすことが CD 陽性マクロファージの局在 A 慢性化膿性根尖性歯周炎Ⅰ型 B 歯根肉芽腫Ⅰ型 C 歯根嚢胞Ⅰ型 A C できるすでに 中川ら が報告しているように 本 検索でも CD をマーカーとした免疫組織化学的検索 で 通常の如何なる染色でも認められないほどの多く の陽性細胞が浸潤しているのが観察できたこれらの マクロファージ系細胞が細胞質を膨化させつつ密に配 列すると 類上皮細胞となり 狭義の特異性肉芽腫と 性関節リウマチなどによくみられる結節では 類上皮 判定することが出来るこのように 慢性根尖性歯周 細胞や巨細胞といった特異的なマクロファージの出現 炎が特異性肉芽腫にならないのは貪食物の違いにある を特徴とする限局性の増殖性炎がみられるため 類上 と考えられる代表的な特異性肉芽腫性炎の結核や梅

7 ααβα

8

9

研修コーナー

研修コーナー l l l l l l l l l l l α α β l µ l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l l

More information

α

α Title 病理診断アトラス (10) : 泌尿器系 1: 腫瘍性病変 Authr() 石川, 文隆 ; 小田, 秀明 Jurnl 東京女子医科大学雑誌, 78(4):182-188, 2008 URL http://hdl.hndle.net/10470/27834 Twinkle:Tky Wmen' Medicl Univerity - http://ir.twmu.c.jp/dpce/ α β

More information

<4D F736F F F696E74202D20925F CF82CC D8F8A8CA9836E FC95D246494E414C5B93C782DD8EE682E890EA97705D>

<4D F736F F F696E74202D20925F CF82CC D8F8A8CA9836E FC95D246494E414C5B93C782DD8EE682E890EA97705D> 胆嚢隆起性病変の病理所見 栃木県立がんセンター病理診断科五十嵐誠治 RAD-US 2010.6.19 本日の話題 Ⅰ. 胆嚢の構造と特徴 Ⅱ. 腫瘍様病変コレステロールポリープ炎症性ポリープ過形成性ポリープ腺筋症 Ⅲ. 腫瘍性病変腺腫腺腫内癌腺癌 Ⅳ. 胆嚢癌の進展様式 胆嚢 Gallbladder 胆嚢の肉眼所見 長さ 7-10cm 幅 3-4cm 西洋梨型の袋 容積 50-60ml 肝右葉下面

More information

( 7 5) 虫垂粘液嚢胞腺癌の 1切除例 F g 5 H s t l g lf d g sshwdm s y s t d r m ( H E s t ) 考 型度粘液腫蕩で再発リスクが低い ) C I低異型度を示 察 す粘液産生腫蕩で 腫蕩成分を含む粘液が虫垂以外に 原発性虫垂癌は全大腸癌手術件数の 8 3 %で 大 存在する群(低異型度粘液腫蕩で再発リスクが高い ) 腸癌取扱い規約 却によると

More information

Microsoft Word c.doc

Microsoft Word c.doc NEJM 勉強会 2010 年度第 10 回 2010 年 6 月 30 日 C プリント担当 : 河野正憲 Case 6-2010: A 37-Year-Old Man with a Lesion on the Tongue (New England Journal Medicine 2010;362:740-8) 治癒しない口腔内潰瘍は常に積極的に評価をすべきである なぜならばすべての持続する口腔内潰瘍は深刻な全身性病変を示唆するからである

More information

胞の腫大の 2 つが 正しい病理診断のためのキーワードでした 形質細胞浸潤の目立つ炎症を病理学的に亜急性炎症といいますが この場合 亜急性皮膚炎の診断は臨床の役に立ちません 病理学的に疑うべきは梅毒です 梅毒スピロヘータ ( トレポネーマ パリドゥム ) に対する抗体を利用した免疫染色が決め手になり

胞の腫大の 2 つが 正しい病理診断のためのキーワードでした 形質細胞浸潤の目立つ炎症を病理学的に亜急性炎症といいますが この場合 亜急性皮膚炎の診断は臨床の役に立ちません 病理学的に疑うべきは梅毒です 梅毒スピロヘータ ( トレポネーマ パリドゥム ) に対する抗体を利用した免疫染色が決め手になり 2016 年 5 月 18 日放送 病理学からみた感染症 藤田保健衛生大学第一病理学教授堤寛はじめに私の専門は病理学で 長年 病理診断を積み重ねてきました ほかの病理医があまり得意でない感染症の病理診断を専門にさせてもらっています いただいたテーマは 病理学からみた感染症 です 肉眼や顕微鏡の写真を使わずに 言葉だけで感染症の病理診断のお話しをするのは初めてで 何をお話しすればいいのか迷いました 臨床現場における病理診断の役割をご理解いただくために

More information

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関

( 続紙 1 ) 京都大学 博士 ( 薬学 ) 氏名 大西正俊 論文題目 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( 論文内容の要旨 ) 脳内出血は 高血圧などの原因により脳血管が破綻し 脳実質へ出血した病態をいう 漏出する血液中の種々の因子の中でも 血液凝固に関 Title 出血性脳障害におけるミクログリアおよびMAPキナーゼ経路の役割に関する研究 ( Abstract_ 要旨 ) Author(s) 大西, 正俊 Citation Kyoto University ( 京都大学 ) Issue Date 2010-03-23 URL http://hdl.handle.net/2433/120523 Right Type Thesis or Dissertation

More information

Microsoft PowerPoint - 新 B.A(新聞用表紙).ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - 新 B.A(新聞用表紙).ppt [互換モード] 報 道 関 係 の お 客 さま 肌の研究 肌誕生因子の一つ バーシカン に着目 新着目 バーシカンとは 線維芽細胞が生み出す糖タンパク質です 初めて肌が作られる胎児期に大量に生み出され 肌誕生の初期 から関わっている物質の一つです 大人になるとその量が減少することが知られています 肌 誕 生 時 の バ ーシカンの 役 割 肌 誕 生 に は バ ーシカンが 不 可 欠 1 バーシカン産生 2

More information

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号

日本医科大学医学会雑誌第5巻第2号 図 1 アクアポリンの 構 造 アクアポリンはアミノ 酸 にして 300 以 下 の 短 い 1 本 の ポリペプチド 鎖 からなり, 細 胞 膜 を 6 回 貫 通 する.N 末 端 と C 末 端 はいずれも 細 胞 内 に 伸 びている. 細 胞 内 の loopbと 細 胞 外 の loopeには,アスパラギン プ ロリン アラニン(アミノ 酸 の 一 文 字 表 記 により NPA)からなる

More information

sarco2011_1027.indb

sarco2011_1027.indb における診断 病態 治療 予後因子 における診断 病態 治療 予後因子の解明に ついての研究 千田金吾 要旨 受賞の契機となった当施設の研究を4点に絞って紹介する 1 肉芽腫性疾患の診断法の検討のため 肉芽 腫を特異的に認識する単クローン抗体の作成を行った その結果,肉芽腫形成の存在を病理組織学的に的確に行え るようになった 2 の病因論に関する検討では ラットにおける死菌BCG肉芽腫反応での樹 状細胞の意義を経時的に解析した

More information

saisyuu2-1

saisyuu2-1 母斑の例 早期発見対象疾患 専門機関への 紹介ポイント る 1歳頃の始語 ママ マンマ等のことばの出始め を経て 有意味語が増えているか 早い児であれ ば 二語文 パパ カイシャ等 が出てくる 簡単ないいつけ ことばでの指示 に従えるか 平成16年度に 1歳6か月児健診から二次精査を経て三次精査機関に紹介された38例のうち 両 側に中等度以上の難聴は3例 7.9 滲出性中耳炎も3例 7.9 聴力正常22例

More information

BMP7MS08_693.pdf

BMP7MS08_693.pdf 106 第IX章 写真 1 胆囊捻転症症例 1 重症胆囊炎) ab cd a. 術中写真 1 b. 術中写真 2 c. 腹部超音波検査 d. 浮遊胆囊 Gross の分類 写真 2 胆囊捻転症症例 2 重症胆囊炎) ab c a. CT 胆囊壁の肥厚と造影不良(A) 胆囊周囲液体貯留(B) b. MRI T 2強 調 像 に お け る pericholecystic high signal 矢 印

More information

呈することです 侵さない臓器は無いと言ってもいいくらいに現在までに多くの臓器病変が記載されています ( 表 2) ただし 悪性腫瘍( 癌 悪性リンパ腫など ) や類似疾患 (Sjögren 症候群 原発性硬化性胆管炎 Castleman 氏病 二次性後腹膜線維症 肉芽腫性多発血管炎 サルコイドーシス

呈することです 侵さない臓器は無いと言ってもいいくらいに現在までに多くの臓器病変が記載されています ( 表 2) ただし 悪性腫瘍( 癌 悪性リンパ腫など ) や類似疾患 (Sjögren 症候群 原発性硬化性胆管炎 Castleman 氏病 二次性後腹膜線維症 肉芽腫性多発血管炎 サルコイドーシス 2015 年 10 月 22 日放送 第 114 回日本皮膚科学会総会 2 教育講演 11-5 IgG4 関連皮膚疾患 浜松医科大学 皮膚科 教授戸倉新樹 1.IgG4 関連皮膚疾患とは IgG4 関連疾患は 自己免疫性膵炎と Mikulicz 病に端を発し その他全身至るところの臓器病変が報告され まとめられた疾患概念です 免疫グロブリンは形質細胞によって分泌され IgG IgA IgM IgE

More information

1.中山&内田 P1-9

1.中山&内田 P1-9 図2. 肺肉眼像 図3. 肺の割面肉眼像 ホルマリン固定後 最大で直径約3cmの 結節病変が全葉に散在性に認められる 直径約1cmの周囲との境界不明瞭な白色結 節病変が認められる 図4 心臓肉眼像 図5 肝臓肉眼像 ホルマリン固定後 右心室から肺動脈内に 多数の犬糸状虫成体が寄生 心室壁にはび まん性ないし結節状の淡色部が認められる ホルマリン固定後 硬く表面は顆粒状不整 図6 肺と心臓のT1強調MRI

More information

胆嚢十二指腸瘻を伴う早期胆嚢癌の一例 かった Ⅰ 術後経過 合併症なく術後 日目に退院となった 考 病理診断 マクロ 赤線で示された範囲に癌を 認めた 瘻孔部 矢印 には癌は認めなかった 察 胆嚢十二指腸瘻は胆嚢と十二指腸との間に瘻 は特発性 孔が形成された病態である 福永ら2 内胆汁瘻 例を分類し 胆石胆嚢炎が 十二指腸潰瘍が 胆嚢癌 であったと報 告している また 下山ら3 は 例を分類し 悪性腫瘍は

More information

この学位申請論文は Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文を基に作成された Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文の一部を学位申請論文に用いることに加えて 学位申請論文を機関リポジトリ -[

この学位申請論文は Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文を基に作成された Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文の一部を学位申請論文に用いることに加えて 学位申請論文を機関リポジトリ -[ 東海大学大学院平成 26 年度博士論文 細胞の浸潤 増殖 遊走を制御する新規低分子化合物による 創傷治癒促進機序の検討 指導小澤明教授 東海大学大学院医学研究科 先端医科学専攻 山岡華児 この学位申請論文は Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文を基に作成された Journal of Dermatological Science に掲載された主要公刊論文の一部を学位申請論文に用いることに加えて

More information

て 弥生時代に起こったとされています 結核は通常の肺炎とは異なり 細胞内寄生に基づく免疫反応による慢性肉芽腫性炎症であり 重篤な病変では中が腐って空洞を形成します 結核は はしかや水疱瘡と同様の空気感染をします 肺内に吸いこまれた結核菌は 肺胞マクロファージに貪食され 細胞内で増殖します 貪食された

て 弥生時代に起こったとされています 結核は通常の肺炎とは異なり 細胞内寄生に基づく免疫反応による慢性肉芽腫性炎症であり 重篤な病変では中が腐って空洞を形成します 結核は はしかや水疱瘡と同様の空気感染をします 肺内に吸いこまれた結核菌は 肺胞マクロファージに貪食され 細胞内で増殖します 貪食された 2014 年 7 月 2 日放送 潜在性結核感染症 (LTBI) について 日本赤十字社長崎原爆諫早病院 福島 副院長 喜代康 結核菌の歴史まずはじめに 結核という病気についてお話しします 結核は過去の病気だと思われている人も多いと思いますが 日本では 2012 年に年間約 2 万 1,000 人の方が新たに発病し 約 2,000 人が亡くなっておられます また 世界の人口の約 1/3 が結核の感染を受けており

More information

Title 重症熱傷と肝臓障害 : 剖検例ならびに動物実験例より Author(s) 平山, 峻 ; 林, 道義 ; 野崎, 幹弘 Journal 東京女子医科大学雑誌, 50(2):154-162, 1980 URL http://hdl.handle.net/10470/4033 Twinkle:Tokyo Women's Medical University - http://ir.twmu.ac.jp/dspace/

More information

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め

1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認め 1 8 ぜ 表2 入院時検査成績 2 諺齢 APTT ALP 1471U I Fib 274 LDH 2971U 1 AT3 FDP 125 6 7 alb 4 2 BUN 16 Cr K4 O Cl g dl O 7 137 DLST 許 皇磯 二 図1 入院時胸骨骨髄像 低形成で 異常細胞は認められない PAIgG 177 3ng 107 cell meq 1 砂糖水試験 一 Fe 236 μg

More information

テイーチングマッペ書式

テイーチングマッペ書式 内膜腺管の拡張 線毛上皮化生 AiCCLS 愛知県臨床検査標準化協議会 細胞診アトラス 子宮体部内膜シリーズ (13) 患者年齢 50 歳代性別女性検体種類 : 子宮内膜擦過 ( エンドサイト ) 臨床所見 : 閉経 子宮内膜厚 6.8mm 細胞判定 疑陽性 Ⅲ 細胞診断 白血球 内膜間質細胞 macrophage を背景に嚢胞状や球状に拡張した腺管をみる ( 写真 1 2) また好酸性上皮化生 線毛上皮化生

More information

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I)

第86回日本感染症学会総会学術集会後抄録(I) κ κ κ κ κ κ μ μ β β β γ α α β β γ α β α α α γ α β β γ μ β β μ μ α ββ β β β β β β β β β β β β β β β β β β γ β μ μ μ μμ μ μ μ μ β β μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ μ β

More information

48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht

48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht 48 表1 主な術前末梢 ll検査値 GPT 311U AFP ALP l8 l IU CA19 9 15n9 nil 2n9 ml 2U m1 LDII 3361U CA125 Ou lni GOT 211U CEA RBC ALB 3 7g dl Ilb l2 09dl A G 1 42 Ht 36 306 BUN 5mg dl MCV 932fl CRE O 4 m9 dl MCII 30 9P9

More information

α α α α α α α α αα α 滴同士が融合し 大きな脂肪滴を形成していた HFC16w では HFC12w と同程度の脂肪が沈着した 細胞だけでなく 線維に置換されていて脂肪沈着の みられない部位が出現していた 図 2H 3 肝臓のアミノ酸分析 1g あたりの肝臓中の総アミノ酸量は いずれの 飼育期間においても HFC 群が有意に低い結果と なった 表

More information

1章A_責了.indd

1章A_責了.indd Ⅰ 章 赤 血 球 系 骨 髄 増 殖 性 疾 患 A 鉄 欠 乏 性 貧 血 Q 1 病 態, 診 断, 治 療 指 針 は? l 血 鉄 図 1 鉄 の 体 内 動 態 2 A. 鉄 欠 乏 性 貧 血 表 1 鉄 摂 取 量 の 年 次 推 移 ( 一 人 一 日 あたり) 年 鉄 摂 取 量 (mg) 1975 1980 10.8 10.4 1985 10.8 1990 11.1 1995

More information

皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の

皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の 紹介となる 術前の ~ I 二検では上皮性成分がなく肉腫と診断されたが 細胞診では肉 JJ 重成分由来と考えられる非上皮性悪 皮性成分と思われる細胞は紡錘形から楕円 J I~ で 小型の 混合腫傷と定義され 子宮体部悪性腫揚の約 1 ~ 2 % 市 III 胞診 組織診のや I ~ 前の正診率はあまり高くはな 1O ~ 30% であり 組織診でも術前に癌肉 JI 重と診断し得 たものは 30 ~ 60%

More information

日本皮膚科学会雑誌第122巻第7号

日本皮膚科学会雑誌第122巻第7号 Br J Dermatol NEnglJ Med 尋常性白斑診療ガイドライン 図 1 先天性白斑 白皮症の病型分類 図 2 後天性白斑 白皮症の病型分類 の尋常性白斑患者で家系内発症がみられることより 3 5 れらの合併が染色体 17p13 における一塩基多型に起 非分節 因し その候補遺伝子の一つが自然免疫に重要とされ 型に含まれる汎発型には甲状腺に対する抗サイログロ る NALP1 遺伝子であると報告している6

More information

第6号-2/8)最前線(大矢)

第6号-2/8)最前線(大矢) 最前線 免疫疾患における創薬標的としてのカリウムチャネル 大矢 進 Susumu OHYA 京都薬科大学薬理学分野教授 異なる経路を辿る 1つは マイトジェンシグナル 1 はじめに を活性化し 細胞増殖が促進されるシグナル伝達経 路 図1A 右 であり もう1つはカスパーゼやエ 神 経 筋 の よ う な 興 奮 性 細 胞 で は カ リ ウ ム ンドヌクレアーゼ活性を上昇させ アポトーシスが K

More information

60 秒でわかるプレスリリース 2008 年 2 月 19 日 独立行政法人理化学研究所 抗ウイルス反応を増強する重要分子 PDC-TREM を発見 - 形質細胞様樹状細胞が Ⅰ 型インターフェロンの産生を増幅する仕組みが明らかに - インフルエンザの猛威が続いています このインフルエンザの元凶であるインフルエンザウイルスは 獲得した免疫力やウイルスに対するワクチンを見透かすよう変異し続けるため 人類はいまだ発病の恐怖から免れることができません

More information

医学雑誌 mcd

医学雑誌 mcd 316 佐々木 図1 健 介 プリオン病の病理変化 A-C 孤発性 CJD 大脳皮質 A 海綿状変化 B 反応性アストロサイトの 増生 C シナプス型プリオン蛋白沈着 病期の進行とともに神経細胞脱落 反応性グリアの増生が顕著となり 基質は粗鬆化する D E GSS 小脳 D アミロイド コア 矢頭 E Kuru 斑型のプリオン蛋白沈着 F PrPresが type 2 の孤発性 CJD 大脳皮質 空胞周囲型プリオン蛋白沈着が

More information

報告にも示されている. 本研究では,S1P がもつ細胞遊走作用に着目し, ヒト T 細胞のモデルである Jurkat 細胞を用いて血小板由来 S1P の関与を明らかにすることを目的とした. 動脈硬化などの病態を想定し, 血小板と T リンパ球の細胞間クロストークにおける血小板由来 S1P の関与につ

報告にも示されている. 本研究では,S1P がもつ細胞遊走作用に着目し, ヒト T 細胞のモデルである Jurkat 細胞を用いて血小板由来 S1P の関与を明らかにすることを目的とした. 動脈硬化などの病態を想定し, 血小板と T リンパ球の細胞間クロストークにおける血小板由来 S1P の関与につ 学位論文の内容の要旨 論文提出者氏名 伊井野潤子 論文審査担当者 主査窪田哲朗副査戸塚実, 小山高敏 論文題目 Platelet-derived sphingosine 1-phosphate induces migration of Jurkat T cells ( 血小板由来スフィンゴシン 1-リン酸は Jurkat T cell の遊走を促進する ) ( 論文内容の要旨 ) < 結言 > リゾリン脂質はさまざまな生理学的作用および病態生理学的作用に関与する脂質メディエーターである.

More information

東京都健康安全研究センター研究年報

東京都健康安全研究センター研究年報 Ann. Rep. Tokyo Metr. Inst. P.H., 55, 2004 透過電子顕微鏡による広視野観察のための試料作製法の検討 Specimen Preparation for Wide Area Observation Using Transmission Electron Microscope Nobutaka FUKUMORI and Akio OGATA Keywords wide

More information

「適正なHER2検査のために」

「適正なHER2検査のために」 乳癌における HER2 病理組織標本作製および 病理診断のガイドライン ( 案 ) 1. はじめに p. 2 2. 標本の準備 p. 2 3. Immunohistochemistry (IHC) 法 p. 2 4. In situ hybridization (ISH) 法 (FISH 法 DISH 法 ) p. 4 5. 病理診断と HER2 分子標的治療適応のフローチャート p. 6 6. 参考文献

More information

Microsoft PowerPoint - 掲示用看護学科2年  コピー.pptx

Microsoft PowerPoint - 掲示用看護学科2年  コピー.pptx 看護学科 2 年イラストレイテッド免疫学 6/2/2016 第 13 章 : 自然免疫と獲得免疫による健康管理 久留米大学医学部免疫学准教授 溝口 恵美子 免疫反応 免疫とは 自己を非自己から守るための身体の備わっている防御システムのこと 免疫細胞 攻撃 非自己 攻撃 自己成分 自己免疫疾患 ヒトは, 細菌と共栄共存している 生体内の細菌量はどのくらい? 細菌数はヒトの細胞の約 10 倍 細菌は約

More information

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組

転移を認めた 転移率は 13~80% であった 立細胞株をヌードマウス皮下で ~1l 増殖させ, その組 Title Author(s) Citation Issue date 1997-12 Resource Type Resource Version URL Kobe University Repository : Kernel ヒト口腔扁平上皮癌細胞および組織片のヌードマウス舌への同所性移植による浸潤 リンパ節転移に関する実験的研究 (Experimental study of invasion

More information

Case  A 50 Year Old Man with Back Pain,Fatigue,Weight Loss,and Knee Sweling

Case  A 50 Year Old Man with Back Pain,Fatigue,Weight Loss,and Knee Sweling < 解説 > 6/29 Case 31-2014 A 50 Year Old Man with Back Pain,Fatigue,Weight Loss,and Knee Sweling 鑑別診断 50 歳の男性の運動によって軽快する 進行性の背部痛 MRI では胸椎の椎間板炎を示唆する所見あり 椎間板炎を引き起こすものとして 感染 癌 炎症を挙げる 1 感染感染は 椎間板炎の最もよくある原因である

More information

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ

血 清 気 管 ク ロ ア カ ス ワ ブ : 各 10 検 体 細 菌 検 査 心 肺 肝 脾 全 血 顔 面 腫 脹 部 皮 下 ス ワ ブ を 血 液 寒 天 DHL 寒 天 チ ョ コ レ ー ト 寒 天 に ス タ ン プ 37 24 ~ 48 時 間 好 気 微 好 気 培 養 ウ イ 採 卵 鶏 農 場 に お け る ア ジ ュ バ ン ト 肉 芽 腫 の 発 生 と そ の 対 策 紀 南 家 畜 保 健 衛 生 所 山 本 敦 司 吉 川 克 郎 背 景 お よ び 目 的 平 成 17 年 ( 2005 ) に 副 作 用 情 報 と し て 顔 面 腫 脹 を 呈 す る 鶏 の 報 告 が あ り そ れ ま で に も 数 件 の 報 告 が な さ れ て い る

More information

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2

17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) (1) (3) 25. (1) (3) 26. (1) 27. (1) (3) 28. (1) 29. (1) 2 1. (1) 2. 2 (1) 4. (1) 5. (1) 6. (1) 7. (1) 8. (1) 9. (1) 10. (1) 11. (1) 12. (1) 13. (1) 14. (1) 15. (1) (3) 16. (1) 1 17. (1) 18. (1) 19. (1) 20. (1) 21. (1) (3) 22. (1) (3) 23. (1) (3) 24. 1 (1) (3)

More information

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア

冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア 冬期間を除き 5~10 日おきに 1971 年 6 月 9 日まで雄花を採取し それらの試料はプア [ マー液 ( 無水ア ジラベ :æ 粉の形肢と発育ならびに 7~ 粉四採集方法 さは 9~25mm の範囲で 平均 15mm 一雄花の直径は 2~25mm であった 蔚内の細胞を観察すると 数は 1~8 偶みられ 平均 3 個持った細胞が多かった これらは花粉母細胞になる前の胞原細胞と思わ 3 月上旬に入って採取した雄花は外形的

More information

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc

Microsoft Word - 眼部腫瘍.doc 眼部腫瘍 UICC における 眼部腫瘍の所属リンパ節耳前リンパ節 顎下リンパ節 頸部リンパ節 1) 眼瞼眼 TX 原発腫瘍の評価が不可能 T0 原発腫瘍を認めない 癌 腫瘍の大きさに関係なく瞼板に浸潤していない腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm 以下の腫瘍 瞼板に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が 5mm をこえるが 10mm 以下の腫瘍 眼瞼全層に浸潤する腫瘍 または眼瞼縁にあって最大径が

More information

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁

大腸ESD/EMRガイドライン 第56巻04号1598頁 ESD/EMR 1602 日本消化器内視鏡学会雑誌 Vol. 56 4, Apr. 2014 a b c d Figure 1 LST の病型亜分類 インジゴカルミン散布像で判定する a 顆粒均一型 homogeneous type LST-G Homo b 結節混在型 nodular mixed type LST-G Mix) c 平隆起型 flat-elevated type LST-NG

More information

KOIDE_32236.pdf

KOIDE_32236.pdf 図3 カメラの横位置に撮影による画像処理の例 A 1 A 3 カメラを手持ちで撮影した3枚の元画像 B Aの画像を連続するように並べたもので枠は元の画像の範 囲 C Bの画像をステッチした後のもの D Cの画像を四角くトリミングした完成画像 22 図4 カメラの縦位置に撮影による画像処理の例 A 1 A 4 カメラを手持ちで撮影した4枚の元画像 B Aの画像を連続するように並べたもので枠は元の画像の範

More information

Title マクロファージとリンパ 節 : 樹 枝 状 細 胞 を 中 心 とし て Author(s) 笠 島, 武 Journal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 57(6):391-406, 1987 URL http://hdl.handle.net/10470/6197 Twinkle:Tokyo Women's Medical University - http://ir.twmu.ac.jp/dspace/

More information

TK01G005-17_25758.pdf

TK01G005-17_25758.pdf AMSRE全天候型海上風速 9 第4図 AMSR-Eの各物理量による2 7 年5月2 日17時頃の台風第2号 同一軌道).a)標準海上風速 b) 6 による海上風速 布.c) 標準雲水量 布.d)全天候型海上風速 布. S 布. にほぼ反比例して短くなる楕円形をしている.第6図 上あることがわかる.一方,台風に伴うものを含めて に,AMSR-Eの 7GHz帯 と1 GHz帯 の FOV の 輪 一般に,発達した降水セル単体の水平スケールは1

More information

150800247.indd

150800247.indd ヘリコバクター ピロリ ピロリ菌 感染症について 消化器内科 藤澤 聖 1983 年に胃の粘膜からピロリ菌が発見されて以来様々な研究がなされ ピロリ菌と胃の関係や 種々の病気との関連について明らかになってきました ピロリ菌が胃に感染すると長い年月をかけて 萎縮性胃炎 腸上皮化生という状態を惹き起こし そこから大部分の胃癌が発生すると言われてい ます また胃潰瘍 十二指腸潰瘍や胃 MALT リンパ腫など胃腸疾患のみならず

More information

WTENK5-15_26234.pdf

WTENK5-15_26234.pdf 434 3 賛助会員の動向 6 会員の入 退会 漸減 2011年の震災後に大口の賛助会員の減少あ り (1) 入 退会者数の動向 4 年齢層別 会員区 退会者数は漸増 入会者は漸減傾向にある 別の個人会員構成 40歳台前半にピーク 主要部 は35歳から50歳ま 注 2002 2005年の不自然な変動は退会処理の違いによ るもの で (2) 会員の継続率 1993年以降の各年の入会者のうち 継続して会員で

More information

in vivo

in vivo Title 第 288 回 東 京 歯 科 大 学 学 会 ( 総 会 ) Journal 歯 科 学 報, 109(4): 405-443 URL http://hdl.handle.net/10130/1668 Right Posted at the Institutional Resources for Unique Colle Available from http://ir.tdc.ac.jp/

More information

本扉-責了.indd

本扉-責了.indd 総 論 A. 悪 性 リンパ 腫 を 診 断 するために 1 リンパ 節 腫 脹 をきたす 疾 患 これだけは 知 っておきたい POINT 1 cm 1 リンパ 節 腫 脹 の 病 的 意 義 について 正 常 リンパ 節 の 大 きさは 通 常 直 径 1 cm 以 下 であり,これを 超 えるリンパ 節 はリンパ 節 腫 脹 と 考 える.ただし 成 人 では 健 常 状 態 でも 鼠 径 リンパ

More information

第71巻5・6号(12月号)/投稿規定・目次・表2・奥付・背

第71巻5・6号(12月号)/投稿規定・目次・表2・奥付・背 μ μ μ μ μ γ 1 4 3 クリゾチニブが奏効した PS 不良 ALK 肺癌の1例 図2 入院時胸部 CT a 左鎖骨上窩 縦隔リンパ節腫大を認めた 矢印 b 左腕頭静脈から上大静脈内まで続く血栓 を認めた 矢印 c 左下葉に腫瘤影を認めた d 右肺に内部に空洞を伴う結節影を多数認めた 矢印 率は蛍光 in situ ハイブリダイゼーション FISH 法で 6 8 1 5 であり ALK 蛋白の免疫組織化学染色

More information

<924A814092BC8EF72E656339>

<924A814092BC8EF72E656339> @ 膵分節切除を施行した膵 の 例 α 本邦報告 例の発生部位および手術術式 膵内分泌機能の低下は膵切除量に応じて発生リ スクが高まる イヌを用いた実験的検討では糖 尿病発現からみた膵切除率の限界は正常膵の場 合で 慢性膵炎などの線維化膵で と されている 本症例を門脈上で切離する体 尾部切除を行うと仮定し術前 を用いてボ リューメトリーで解析したところ 社製 膵全体の体積は約 で膵切除 体尾部の体積が約

More information

日産婦誌61巻4号研修コーナー

日産婦誌61巻4号研修コーナー ( 表 E-8-3)-(4)-1) 子宮頸癌取扱い規約組織分類 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約, 改訂第 2 版 1) より一部改変 ) ( 図 E-8-3)-(4)-1) 微小浸潤扁平上皮癌の計測 ( 日本産科婦人科学会, ほか編 : 子宮頸癌取扱い規約. 改訂第 2 版 1) ) 浸潤の深さと縦軸方向の広がりはいずれも組織標本上での計測により mm 単位で記載する.

More information

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表

2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS mmHg X 2 重篤な血管性疾患 表 2 4 診断推論講座 各論 腹痛 1 腹痛の主な原因 表 1 症例 70 2 numeric rating scale NRS 4 10 50 160 90mmHg691836.3 X 2 重篤な血管性疾患 表 2 72 73 表 1 腹痛をきたす疾患の緊急度と治療担当診療科による分類 1 2 3 4 5 表 2 3 血管性疾患と炎症性疾患の症状 腹膜刺激症状 表 1 表 3 74 75 表 3 腹膜刺激症状を修飾する因子

More information

健康だより Vol.71(夏号)

健康だより Vol.71(夏号) 亡率が減少傾向にあるものの 日本では依然として上昇傾向が 続いています いまや 人に1 2,000 す 乳がんは 内臓や骨にで きるがんと違い身体の表面であ る乳房にできるので ご自身で 触診することで発見できる可能 性がある数少ないがんです 触 診でしこりを見つけるヒントと しては メロンパンを押すと中 ない乳房腫瘤です 一部の乳が 状のうち 以上は痛みを伴わ 性化したものです 乳がんの症 の通り道である乳管の細胞が悪

More information

14栄養・食事アセスメント(2)

14栄養・食事アセスメント(2) 14 5. 栄養 食事アセスメント 2 ④成果 アウトカム outcome の予測 合併症 死亡 5. 栄養 食事 アセスメント 2 率 ケア必要度 平均在院日数などの成果が予測出来 るかどうか 疾患別に検討されている 一般病棟の高 齢患者では総蛋白質 血清アルブミン リンパ球数と 1. 栄養状態の評価 判定の定義と目標 術後合併症併発 一般病棟内科疾患患者ではアルブミ ① 栄養状態の評価 判定 栄養状態が過剰あるいは欠乏

More information

37:37 小 柴胡 湯 に よる薬 剤 性肝 障 害 の1例 面 平 滑,硬 度 軟,脾 は 触 知 せ ず.神 経 学的 に異常 所見 を 認 め な か った. 梢 血 液 像 に は 異 常 な く,ト ラン ス ア ミナ ー ゼ と胆 道 系 酵 素 の 上 昇 を 認 め た が,ビ リ

37:37 小 柴胡 湯 に よる薬 剤 性肝 障 害 の1例 面 平 滑,硬 度 軟,脾 は 触 知 せ ず.神 経 学的 に異常 所見 を 認 め な か った. 梢 血 液 像 に は 異 常 な く,ト ラン ス ア ミナ ー ゼ と胆 道 系 酵 素 の 上 昇 を 認 め た が,ビ リ 37:37 小 柴胡 湯 に よる薬 剤 性肝 障 害 の1例 面 平 滑,硬 度 軟,脾 は 触 知 せ ず.神 経 学的 に異常 所見 を 認 め な か った. 梢 血 液 像 に は 異 常 な く,ト ラン ス ア ミナ ー ゼ と胆 道 系 酵 素 の 上 昇 を 認 め た が,ビ リル ビ ン値,脂 質 系 お よ び 蛋 白分 画 は 正 常 で あ った(Table 1).肝 炎

More information

3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β

3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β α β : α β β α β α, [ ] [ ] V, [ ] α α β [ ] β 3/4/8:9 3/4/8:9 { } { } β β β α β α β β [] β [] β β β β α ( ( ( ( ( ( [ ] [ ] [ β ] [ α β β ] [ α ( β β ] [ α] [ ( β β ] [] α [ β β ] ( / α α [ β β ] [ ] 3

More information

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd

葉酸とビタミンQ&A_201607改訂_ indd L FO AT E VI TAMI NB12 医療関係者用 葉酸 とビタミンB ビタミンB12 アリムタ投与に際して 警告 1 本剤を含むがん化学療法に際しては 緊急時に十分対応できる医療施設において がん化学療 法に十分な知識 経験を持つ医師のもとで 本剤の投与が適切と判断される症例についてのみ投 与すること 適応患者の選択にあたっては 各併用薬剤の添付文書を参照して十分注意すること また 治療開始に先立ち

More information

琉 球 医 学 会 Ryukyu Medical Association Title[ 総 説 ] 口 腔 癌 の 潜 在 性 頚 部 リンパ 節 転 移 に 関 する 諸 問 題 Author(s) 平 塚, 博 義 ; 砂 川, 元 ; 仲 盛, 健 治 ; 津 波 古, 判 ; 喜 舎 場, 野, 岳 史 ; 喜 友 名, 淳 子 Citation 琉 球 医 学 会 誌 = Ryukyu Medical

More information

第 15 回 先 端 医 療 センター 再 生 医 療 審 査 委 員 会 審 査 結 果 日 時 : 平 成 20 年 2 月 26 日 ( 火 )16:00~ 場 所 : 先 端 医 療 センター4 階 大 会 議 室 委 員 長 : 山 岡 義 生 委 員 : 井 上 明 大 内 ますみ 大 田 清 志 守 殿 貞 夫 神 田 勉 玉 岡 かおる 永 井 謙 一 西 田 芳 矢 村 上 雅 義

More information

が分離された 分離された菌を用いて ホスフォリパーゼ C 活性測定を実施したところ 分離菌の α 毒素産生能が確認された 再現性試験として初乳中で培養を実施したところ CP の増殖が確認された 表 1 CP 分離結果 表 2 CP 菌数測定結果 (2) 病理解剖学的検査結果死亡牛 1 2 共に腹腔内

が分離された 分離された菌を用いて ホスフォリパーゼ C 活性測定を実施したところ 分離菌の α 毒素産生能が確認された 再現性試験として初乳中で培養を実施したところ CP の増殖が確認された 表 1 CP 分離結果 表 2 CP 菌数測定結果 (2) 病理解剖学的検査結果死亡牛 1 2 共に腹腔内 13 乳用子牛にみられた Clostridium perfringens A 型菌による出 血性線維素性胃炎について 宗谷家畜保健衛生所 谷口有紀子田淵博之 松岡鎮雄 はじめに 牛壊死性腸炎は Clostridium perfringens(cp)a 型菌 (CPA) により引き起こされる疾病で 小腸に壊死や出血等の病変を形成する 今回 宗谷管内において CPA に汚染された初乳を摂取した新生子牛に牛壊死性腸炎の発生があり

More information

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形

の活性化が背景となるヒト悪性腫瘍の治療薬開発につながる 図4 研究である 研究内容 私たちは図3に示すようなyeast two hybrid 法を用いて AKT分子に結合する細胞内分子のスクリーニングを行った この結果 これまで機能の分からなかったプロトオンコジン TCL1がAKTと結合し多量体を形 AKT活性を抑制するペプチ ド阻害剤の開発 野口 昌幸 北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 広村 信 北海道大学遺伝子病制御研究所 ポスドク 岡田 太 北海道大学遺伝子病制御研究所 助手 柳舘 拓也 株式会社ラボ 研究員 ナーゼAKTに結合するタンパク分子を検索し これまで機能の 分からなかったプロトオンコジンTCL1がAKTと結合し AKT の活性化を促す AKT活性補助因子 であることを見い出し

More information

新理科1年第3版01

新理科1年第3版01 11 13 13 14 14 16 17 17 18 20 20 4 5 5 6 8 9 23 25 26 28 29 31 31 33 35 36 37 31 39 4 42 43 45 46 47 42 11 58 59 60 61 62 58 63 63 65 66 66 68 69 70 63 72 73 75 76 77 78 79 81 72 49 50 51 52 53 54 56 49

More information

Ttle 病 理 診 断 アトラス(15) 女 性 生 殖 器 系 2 : 卵 巣 子 宮 Autho(s) 河 上, 牧 夫 ; 山 田, 律 子 ; 鈴 木, 正 章 Jounal 東 京 女 子 医 科 大 学 雑 誌, 79(4):149-164, 2009 URL http://hdl.handle.net/10470/28369 Twnkle:Tokyo Women's Medcal Unvesty

More information

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード]

Microsoft PowerPoint - K-net秦提出用改.ppt [互換モード] 癌 の 画 像 診 断 ( 胸 部 泌 尿 器 その 他 ) 広 島 市 立 広 島 民 病 院 放 射 線 科 秦 良 一 郎 本 日 の 内 容 胸 部 泌 尿 器 その 他 1. 肺 癌 2. 腎 癌 3. 悪 性 リンパ 腫 本 日 の 講 演 は 開 業 医 の 先 生 方 から 紹 介 された 腫 瘤 性 病 変 を 放 射 線 科 医 がどのような 視 点 から 良 悪 性 を 鑑 別

More information

矢ヶ崎リーフ1.indd

矢ヶ崎リーフ1.indd U 鉱山 0.7% U 235 U 238 U 鉱石 精錬 What is DU? U 235 核兵器 原子力発電濃縮ウラン濃縮工場 2~4% 使用済み核燃料 DU 兵器 U 235 U 236 再処理 0.2~1% 劣化ウラン (DU) 回収劣化ウランという * パーセント表示はウラン235の濃度 電子 原子 10-10 m 10-15 m What is 放射能? 放射線 陽子中性子 原子核 1

More information

平成24年7月x日

平成24年7月x日 マクロファージの運命決定に関与する新たな生体システムの解明 ~ 破骨細胞の誕生は代謝状態に依存する ~ < キーワード > 免疫 破骨細胞 マクロファージ 分化 代謝状態 エピジェネティクス 概要細胞はいつ どうやって自分の運命を知るのでしょうか 従来の理解によると 様々なサイトカイン 成長因子が細胞の分化 運命を制御すると考えられてきました この度 大阪大学免疫学フロンティア研究センターの西川恵三助教と石井優教授らの研究グループは

More information

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63>

<4D F736F F D F D F095AA89F082CC82B582AD82DD202E646F63> 平成 23 年 2 月 12 日筑波大学 不要な mrna を選択的に分解するしくみを解明 医療応用への新規基盤をめざす < 概要 > 真核生物の遺伝子の発現は DNA のもつ遺伝情報をメッセンジャー RNA(mRNA) に写し取る転写の段階だけでなく 転写の結果つくられた mrna 自体に対しても様々な制御がなされています 例えば mrna を細胞内の特定の場所に引き留めておくことや 正確につくられなかった

More information

中耳疾患とめまい・平衡障害

中耳疾患とめまい・平衡障害 中耳疾患とめまい 平衡障害 白戸耳鼻咽喉科めまいクリニック 白戸勝 Vertigo and Dizziness due to Middle Ear Disorders Masaru Shirato Shirato ENT Clinic (Hakodate) はじめに 急性中耳炎 滲出性中耳炎あるいは慢性中耳炎などの中耳疾患は日常遭遇する機会の多い疾患である しかし こと めまい との関連でみると軽視されがちな傾向にあることも否めない

More information