すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. * 表示量 溶出規格 規定時間 溶出率 10mg/g 45 分 70% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 :

Size: px
Start display at page:

Download "すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. * 表示量 溶出規格 規定時間 溶出率 10mg/g 45 分 70% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 :"

Transcription

1 モサプリドクエン酸塩散 Mosapride Citrate Powder 溶出性 6.10 本品の表示量に従いモサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) 約 2.5mgに対応する量を精密に量り, 試験液に溶出試験第 2 液 900mLを用い, パドル法により, 毎分 50 回転で試験を行う. 溶出試験を開始し, 規定時間後, 溶出液 20mL 以上をとり, 孔径 0.45µm 以下のメンブランフィルターでろ過する. 初めのろ液 10mLを除き, 次のろ液を試料溶液とする. 別にモサプリドクエン酸塩標準品を酸化リン (V) を乾燥剤として 60 で 4 時間減圧乾燥し, その約 28mgを精密に量り, 移動相に溶かし, 正確に 100mLとする. この液 2mLを正確に量り, 移動相を加えて正確に 200mLとし, 標準溶液とする. 試料溶液及び標準溶液 50µL ずつを正確にとり, 次の条件で液体クロマトグラフィー 2.01 により試験を行い, それぞれの液のモサプリドのピーク面積 A T 及びA S を測定する. 本品が溶出規格を満たすときは適合とする. モサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) の表示量に対する溶出率 (%) =(W S /W T ) (A T /A S ) (1/C) 9 W S : モサプリドクエン酸塩標準品の秤取量 (mg) W T : 本品の秤取量 (g) C :1g 中のモサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) の表示量 (mg) カラム : 内径 4.6mm, 長さ 15cm のステンレス管に 5µm の液体クロマトグラフィー用オクタデシルシリル化シリカゲルを充てんする. カラム温度 :40 付近の一定温度移動相 : クエン酸三ナトリウム二水和物 8.82g を水 800mL に溶かし, 希塩酸を加えて ph3.3 に調整した後, 水を加えて 1000mL とする. この液 240mL にメタノール 90mL 及びアセトニトリル 70mL を加える. システム適合性システムの性能 : 標準溶液 50µL につき, 上記の条件で操作するとき, モサプリドのピークの理論段数及びシンメトリー係数は, それぞれ 4000 段以上, 2.0 以下である. システムの再現性 : 標準溶液 50µL につき, 上記の条件で試験を 6 回繰り返

2 すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. * 表示量 溶出規格 規定時間 溶出率 10mg/g 45 分 70% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 : (±)-4-アミノ-5-クロロ-2-エトキシ-N-{[4-(4-フルオロベンジル )-2-モルホリニル] メチル } ベンズアミドクエン酸塩で, 下記の規格に適合するもの. 精製法モサプリドクエン酸塩水和物 10g にエタノール (99.5)300mL を加え, 加熱して溶かし, 熱時ろ過する. ろ液を室温で放置し, 析出した結晶をろ取し, エタノール (99.5) 少量で洗う. 得られた結晶につき,40 倍量のエタノール (99.5) を用いて, 同様の操作を繰り返し, 得られた結晶を室温で減圧乾燥する. 性状本品は白色 ~ 帯黄白色の結晶又は結晶性の粉末である. 確認試験本品につき, 赤外吸収スペクトル測定法 2.25 の臭化カリウム錠剤法により測定するとき, 波数 3450cm -1,3370cm -1,1729cm -1,1613cm -1 及び 1229cm -1 付近に吸収を認める. 類縁物質本品 0.10g をメタノール 50mL に溶かし, 試料溶液とする. この液 1mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 20mL とする. この液 1mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 20mL とし, 標準溶液とする. 試料溶液及び標準溶液 5µL ずつを正確にとり, 次の条件で液体クロマトグラフィー 2.01 により試験を行う. それぞれの液の各々のピーク面積を自動積分法により測定するとき, 試料溶液のモサプリド以外のピークの合計面積は, 標準溶液のモサプリドのピーク面積より大きくない. カラム : 内径 4.6mm, 長さ 15cm のステンレス管に 5µm の液体クロマトグラフィー用オクタデシルシリル化シリカゲルを充てんする. カラム温度 :40 付近の一定温度移動相 : クエン酸三ナトリウム二水和物 8.82g を水 800mL に溶かし, 希塩酸を加えて ph3.3 に調整した後, 水を加えて 1000mL とする. この液 240mL にメタノール 90mL 及びアセトニトリル 70mL を加える. 面積測定範囲 : 溶媒のピークの後からモサプリドの保持時間の約 3 倍の範囲システム適合性

3 検出の確認 : 標準溶液 5mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 10mL とする. この液 5µL から得たモサプリドのピーク面積が, 標準溶液のモサプリドのピーク面積の 30~70% になることを確認する. システムの性能 : 試料溶液 5mL にパラオキシ安息香酸エチルのメタノール溶液 (1 1000)5mL を加え, 更にメタノールを加えて 25mL とする. この液 5µL につき, 上記の条件で操作するとき, モサプリド, パラオキシ安息香酸エチルの順に溶出し, その分離度は 1.5 以上である. システムの再現性 : 標準溶液 5µL につき, 上記の条件で試験を 6 回繰り返すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. 水分 % 以下 (0.5g, 電量滴定法 ). 含量 99.0% 以上. 定量法本品を酸化リン (V) を乾燥剤として 60 で 4 時間減圧乾燥し, その約 0.3g を精密に量り, 酢酸 (100)150mL に溶かし,0.1mol/L 過塩素酸で滴定 2.50 する( 電位差滴定法 ). 同様の方法で空試験を行い, 補正する. 0.1mol/L 過塩素酸 1mL=61.40mg C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7

4 モサプリドクエン酸塩錠 Mosapride Citrate Tablets 溶出性 6.10 本品 1 個をとり, 試験液に溶出試験第 2 液 900mLを用い, パドル法により, 毎分 50 回転で試験を行う. 溶出試験を開始し, 規定時間後, 溶出液 20mL 以上をとり, 孔径 0.45μm 以下のメンブランフィルターでろ過する. 初めのろ液 10mLを除き, 次のろ液 VmLを正確に量り, 表示量に従い 1mL 中にモサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) 約 2.8µgを含む液となるように溶出試験第 2 液を加えて正確にV mlとし, 試料溶液とする. 別にモサプリドクエン酸塩標準品を酸化リン (V) を乾燥剤として 60 で 4 時間減圧乾燥し, その約 28mgを精密に量り, 移動相に溶かし, 正確に 100mLとする. この液 2mLを正確に量り, 移動相を加えて正確に 200mLとし, 標準溶液とする. 試料溶液及び標準溶液 50μL ずつを正確にとり, 次の条件で液体クロマトグラフィー 2.01 により試験を行い, それぞれの液のモサプリドのピーク面積 A T 及びA S を測定する. 本品が溶出規格を満たすときは適合とする. モサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) の表示量に対する溶出率 (%) = W S (A T /A S ) (V /V) (1/C) 9 W S : モサプリドクエン酸塩標準品の秤取量 (mg) C :1 錠中のモサプリドクエン酸塩無水物 (C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 ) の表示量 (mg) カラム : 内径 4.6mm, 長さ 15cm のステンレス管に 5μm の液体クロマトグラフィー用オクタデシルシリル化シリカゲルを充てんする. カラム温度 :40 付近の一定温度移動相 : クエン酸三ナトリウム二水和物 8.82g を水 800mL に溶かし, 希塩酸を加えて ph3.3 に調整した後, 水を加えて 1000mL とする. この液 240mL にメタノール 90mL 及びアセトニトリル 70mL を加える. システム適合性システムの性能 : 標準溶液 50μL につき, 上記の条件で操作するとき, モサプリドのピークの理論段数及びシンメトリー係数は, それぞれ 4000 段以上, 2.0 以下である. システムの再現性 : 標準溶液 50μL につき, 上記の条件で試験を 6 回繰り返すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. 54

5 溶出規格 * 表示量 規定時間 溶出率 2.5mg 30 分 80% 以上 5mg 45 分 80% 以上 * モサプリドクエン酸塩無水物として モサプリドクエン酸塩標準品 C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 : (±)-4-アミノ-5- クロロ-2-エトキシ-N-{[4-(4-フルオロベンジル )-2-モルホリニル] メチル } ベンズアミドクエン酸塩で, 下記の規格に適合するもの. 精製法モサプリドクエン酸塩水和物 10g にエタノール (99.5)300mL を加え, 加熱して溶かし, 熱時ろ過する. ろ液を室温で放置し, 析出した結晶をろ取し, エタノール (99.5) 少量で洗う. 得られた結晶につき,40 倍量のエタノール (99.5) を用いて, 同様の操作を繰り返し, 得られた結晶を室温で減圧乾燥する. 性状本品は白色 ~ 帯黄白色の結晶又は結晶性の粉末である. 確認試験本品につき, 赤外吸収スペクトル測定法 2.25 の臭化カリウム錠剤法により測定するとき, 波数 3450cm -1,3370cm -1,1729cm -1,1613cm -1 及び 1229cm -1 付近に吸収を認める. 類縁物質本品 0.10g をメタノール 50mL に溶かし, 試料溶液とする. この液 1mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 20mL とする. この液 1mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 20mL とし, 標準溶液とする. 試料溶液及び標準溶液 5μL ずつを正確にとり, 次の条件で液体クロマトグラフィー 2.01 により試験を行う. それぞれの液の各々のピーク面積を自動積分法により測定するとき, 試料溶液のモサプリド以外のピークの合計面積は, 標準溶液のモサプリドのピーク面積より大きくない. カラム : 内径 4.6mm, 長さ 15cm のステンレス管に 5μm の液体クロマトグラフィー用オクタデシルシリル化シリカゲルを充てんする. カラム温度 :40 付近の一定温度移動相 : クエン酸三ナトリウム二水和物 8.82g を水 800mL に溶かし, 希塩酸を加えて ph3.3 に調整した後, 水を加えて 1000mL とする. この液 240mL にメタノール 90mL 及びアセトニトリル 70mL を加える. 面積測定範囲 : 溶媒のピークの後からモサプリドの保持時間の約 3 倍の範囲システム適合性 55

6 検出の確認 : 標準溶液 5mL を正確に量り, メタノールを加えて正確に 10mL とする. この液 5μL から得たモサプリドのピーク面積が, 標準溶液のモサプリドのピーク面積の 30~70% になることを確認する. システムの性能 : 試料溶液 5mL にパラオキシ安息香酸エチルのメタノール溶液 (1 1000)5mL を加え, 更にメタノールを加えて 25mL とする. この液 5μL につき, 上記の条件で操作するとき, モサプリド, パラオキシ安息香酸エチルの順に溶出し, その分離度は 1.5 以上である. システムの再現性 : 標準溶液 5μL につき, 上記の条件で試験を 6 回繰り返すとき, モサプリドのピーク面積の相対標準偏差は 2.0% 以下である. 水分 % 以下 (0.5g, 電量滴定法 ). 含量 99.0% 以上. 定量法本品を酸化リン (V) を乾燥剤として 60 で 4 時間減圧乾燥し, その約 0.3g を精密に量り, 酢酸 (100)150mL に溶かし,0.1mol/L 過塩素酸で滴定 2.50 する( 電位差滴定法 ). 同様の方法で空試験を行い, 補正する. 0.1mol/L 過塩素酸 1mL = 61.40mg C 21 H 25 ClFN 3 O 3 C 6 H 8 O 7 56

蛋白質科学会アーカイブ ストップト・フロー法を用いた速度論測定

蛋白質科学会アーカイブ ストップト・フロー法を用いた速度論測定 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 蛋白質科学会アーカイブ, 3, e058 (2010) 図 4:apoMb のアンフォールディング反応曲線と 天然状態 ほどけた状態の相対蛍光強度 混合後の溶液条件は 5μM apomb / 10 mm クエン酸ナトリウム / 4.5 M 尿素 (ph 5.7, 25 )である 天然状態にあった蛋白質が ほどけた状態へと変化する

More information

B.かぜ 薬 ( 感 冒 剤 ) 新 規 処 方 成 分 及 び 分 量 又 は 本 質 有 効 成 分 日 本 薬 局 方 イブプロフェン 0.45 g 有 効 成 分 dl-メチルエフェドリン 塩 酸 塩 散 10% 0.6 g 有 効 成 分 dl-クロルフェニラミンマレイン 酸 塩 0.00

B.かぜ 薬 ( 感 冒 剤 ) 新 規 処 方 成 分 及 び 分 量 又 は 本 質 有 効 成 分 日 本 薬 局 方 イブプロフェン 0.45 g 有 効 成 分 dl-メチルエフェドリン 塩 酸 塩 散 10% 0.6 g 有 効 成 分 dl-クロルフェニラミンマレイン 酸 塩 0.00 新 規 処 方 B.かぜ 薬 ( 感 冒 剤 ) 新 規 処 方 成 分 及 び 分 量 又 は 本 質 有 効 成 分 日 本 薬 局 方 イブプロフェン 0.45 g 有 効 成 分 dl-メチルエフェドリン 塩 酸 塩 散 10% 0.6 g 有 効 成 分 dl-クロルフェニラミンマレイン 酸 塩 0.0075 g 有 効 成 分 カフェイン 水 和 物 0.075 g 有 効 成 分 ジヒドロコデインリン

More information

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶

04-10†@™⁄‹ä‘Ü”ó‘ÜŸ_Ł¶ ¹ 細管式レオメーターによる加熱熔融特性の把握 と加熱熔融処理 SFP-279固体分散体の担体やワックスマトリック ス基剤を選択した際に 細管式レオメーター Fig. 6 を用いた 熔融物が細管を通過するときの粘性 抵抗を測定する装置であり 1 2gの試料で試験 することが可能である 試料をシリンダに充填し 周囲から熱し熔融させ 上部からピストンによって 一定の圧力を加える 熔融した試料は細いダイを通

More information

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2

0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 24 11 10 24 12 10 30 1 0.45m1.00m 1.00m 1.00m 0.33m 0.33m 0.33m 0.45m 1.00m 2 23% 29% 71% 67% 6% 4% n=1525 n=1137 6% +6% -4% -2% 21% 30% 5% 35% 6% 6% 11% 40% 37% 36 172 166 371 213 226 177 54 382 704 216

More information

10 117 5 1 121841 4 15 12 7 27 12 6 31856 8 21 1983-2 - 321899 12 21656 2 45 9 2 131816 4 91812 11 20 1887 461971 11 3 2 161703 11 13 98 3 16201700-3 - 2 35 6 7 8 9 12 13 12 481973 12 2 571982 161703 11

More information

Ⅰ 2014 年 4 月 改 訂 ( 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871319 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 非 ステロイド 性 抗 炎 症 点 眼 剤 製 剤 剤 形 点 眼 剤 規 格 含 量 1mL 中 にプラノプロフェン

More information

レイアウト 1

レイアウト 1 1 3 6 7 8 3 6 7 8 g mg 6 1 16 16 18 16 13 138 13 16 1 11 8 78 8 17 9 9 g mg 18 13 1 1 1 99 6 3 36 3 3 8 1 18 18 18 16 16 1 1 g mg 1 1 13 13 1 11 11 g mg 8 6 g 1 g mg 93 38 9 93 8 8 176 1 1 1 1 11 18

More information

無印良品 2012 自転車 カタログ

無印良品 2012 自転車 カタログ 26 897895321,000 140cm 76.0cm 16.0kg H LED 3 263 897896025,000 140cm 76.0cm 16.5kg H 3 LED 20 8978984 8978977 19,800 134cm 73.0cm 15.0kg LED 2620 2620 8486656550 5536207483 14512372,100 8279999840 26 77342561,417

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MR と 略 す) 等 にインタビューし 当 該 医 薬 品 の 評

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 当 該 医 薬 品 について 製 薬 企 業 の 医 薬 情 報 担 当 者 ( 以 下 MR と 略 す) 等 にインタビューし 当 該 医 薬 品 の 評 2013 年 11 月 改 訂 ( 第 4 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 87239 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 (1998 年 9 月 )に 準 拠 して 作 成 剤 形 トローチ 剤 規 格 含 量 1 錠 中 デカリニウム 塩 化 物 0.25 mg 含 有 一 般 名 製 造 販 売 承 認 年 月 日 薬 価

More information

untitled

untitled . 23 3 2 1 2 3 21 21 22 9 1 23 18 4 5 6 5 40 20 7 1 1 8 9 10 11 12 50cm 13 10 11 14 2011 3 11 15 16 ml mm tel 079-557-0039 & fax 079-557-1888 17 248-240- 98-48- 170-98- 98- ml 85-1,085-18 19 20 21 22 23

More information

[PDF] GST融合タンパク質バッチ精製プロトコール

[PDF] GST融合タンパク質バッチ精製プロトコール Glutathione Sepharose 4B, 4FF を用いた GST 融合タンパク質のバッチ精製プロトコール 1 予め準備する試薬と装置 Glutathione Sepharose 担体製品名 包装単位 コード番号 Glutathione Sepharose 4B 10 ml 17-0756-01 Glutathione Sepharose 4B 3 10 ml 72-0239-03 Glutathione

More information

56cm 1 15 1960 2 8 2 2 1 2008 1992 2 1992 2 3562mm 3773mm 2 1980 1991 2008 2007 2003 5 2 3 2003 2005 2008 2010 2005 2008 2012 2010 2012 4 7 4 5 2 1975 1994 8 2008 NPO 2 2010 3 2013 2016 3 2008 2009 14

More information

Taro10-mizushima01.PDF

Taro10-mizushima01.PDF - 1 - ATAGO N- % % g % g % g % g % g % g Brix% g g ml ml mgm / l ml mg mol/l mol/l mol/l ph NaSO mol/ l ml / g mg mg ml mol/l ml ml L- L- FIBE-MINI FIBE-MINI % % FIBE-MINI % g % g % g % C mg mg mg

More information

Microsoft Word - 表紙資料2-4

Microsoft Word - 表紙資料2-4 (1) / 130 g 25 g 520% 170 g 30 g 560% 70 mg 600 mg 11.6% 0 10.5 mg 0% (1) (2) / 50100 g 25 g 200400% 50100 g 30 g 167333% 5001000 mg 600 mg 83167% 1020 mg 10.5 mg 95190% (2) / (1) 45.6 g 30 g 152% (2)

More information

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定

からは 課 題 が 残 っている また 不 純 物 標 準 品 を 用 いて 不 純 物 を 特 定 した 方 法 で 承 認 された 新 有 効 成 分 含 有 医 品 に 対 しては 日 局 収 載 時 に 従 来 の 不 純 物 標 準 品 を 用 いず 不 純 物 を 特 定 しない 設 定 日 本 局 方 原 案 作 成 に 新 たに 導 入 する 方 針 の 趣 旨 説 明 について 平 成 27 年 8 月 独 立 行 政 法 人 医 品 医 療 機 器 総 合 機 構 規 格 基 準 部 医 品 基 準 課 日 本 局 方 原 案 審 議 委 員 会 製 法 問 題 検 討 小 委 員 会 では 医 品 各 条 の 原 案 作 成 に 際 し 以 下 の 議 論 を 実 施 した

More information

untitled

untitled -- -- -3- % % % 6% % % 9 66 95 96 35 9 6 6 9 9 5 77 6 6 5 3 9 5 9 9 55 6 5 9 5 59 () 3 5 6 7 5 7 5 5 6 6 7 77 69 39 3 6 3 7 % % % 6% % % (: ) 6 65 79 7 3 36 33 9 9 5 6 7 3 5 3 -- 3 5 6 76 7 77 3 9 6 5

More information

untitled

untitled NO. 2007 10 10 34 10 10 0570-058-669 http://www.i-nouryoku.com/index.html (40 ) () 1 NO. 2007 10 10 2.2 2.2 130 70 20 80 30 () () 9 10 () 78 8 9 () 2 NO. 2007 10 10 4 7 3 NO. 2007 10 10 40 20 50 2 4 NO.

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)があ る 医

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)があ る 医 2013 年 5 月 改 訂 ( 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873327 87449 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 錠 トラネキサム 酸 錠 250mg YD TRANEXAMIC ACID TABLETS 250mg

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 ー 日 本 病 院 薬 剤 師 会 ー 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下, 添 付 文 書 と 略 す)がある 医

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 ー 日 本 病 院 薬 剤 師 会 ー 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下, 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 2014 年 12 月 ( 改 訂 第 3 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 :873327 87449 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2013 に 準 拠 して 作 成 剤 形 カプセル 剤 製 剤 の 規 制 区 分 該 当 しない 規 格 含 量 1 カプセル 中 日 局 トラネキサム 酸 250mg 含 有 一 般

More information

(別添)

(別添) 事 務 連 絡 平 成 27 年 6 月 16 日 各 都 道 府 県 衛 生 主 管 部 ( 局 ) 薬 務 主 管 課 御 中 厚 生 労 働 省 医 薬 食 品 局 審 査 管 理 課 一 般 用 医 薬 品 等 の 製 造 販 売 承 認 申 請 時 における 記 載 整 備 チェックリストの 利 用 について 今 般 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 において

More information

Microsoft PowerPoint 基礎実験2

Microsoft PowerPoint 基礎実験2 環境基礎実験 2005.10.22( 土 ) 環境システム学科 1 年必修担当者 : 岩見, 宮脇, 伊藤, 大島 4-1 標準液の調製と標定 滴定とは, 溶液の反応体積を測定して定量分析を行う方法 定量しようとする物質の溶液 この物質と反応する物質の濃度既知溶液 ( 標準液 ) を用意し ビューレットを用いて滴定を行う 容量分析において標準液は分析の基礎その濃度は十分正確である必要大体の濃度の溶液を調整し

More information

トラネキサム 酸 純 度 試 験 試 料 溶 液 トラネキサム 酸 の 保 持 時 間 が 約 20 分 になるように 調 整 する.. Tranexamic acid 10,000 mg/l -0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 0.4-0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2

トラネキサム 酸 純 度 試 験 試 料 溶 液 トラネキサム 酸 の 保 持 時 間 が 約 20 分 になるように 調 整 する.. Tranexamic acid 10,000 mg/l -0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 0.4-0.8-0.6-0.4-0.2 0.0 0.2 LC Technical Note 92 GL Sciences Inc. 日 本 薬 局 方 に 準 拠 したトラネキサム 酸 の 分 析 GL7700 HPLC シリーズを 用 いたトラネキサム 酸 の 分 析 例 です トラネキサム 酸 は 人 工 アミノ 酸 の 一 種 であり 血 液 を 溶 かして 分 解 するプラスミンの 働 きを 抑 制 する 作 用 があることから 止 血 剤 や

More information

ュールが 容 器 に 記 載 されていた ( 図 3) 図 2 試 料 図 3 服 用 スケジュールの 記 載 2. 標 準 品 及 び 試 薬 1) 標 準 品 ヨヒンビン 塩 酸 塩 は 和 光 純 薬 工 業 社 製 の 一 級 試 薬 を グリベンクラミド グリクラジド 及 びトルブタミドは

ュールが 容 器 に 記 載 されていた ( 図 3) 図 2 試 料 図 3 服 用 スケジュールの 記 載 2. 標 準 品 及 び 試 薬 1) 標 準 品 ヨヒンビン 塩 酸 塩 は 和 光 純 薬 工 業 社 製 の 一 級 試 薬 を グリベンクラミド グリクラジド 及 びトルブタミドは - 研 究 報 告 - 大 阪 府 立 公 衆 衛 生 研 究 所 報 第 47 号 平 成 21 年 (2009 年 ) ダイエット 効 果 を 暗 示 するいわゆる 健 康 食 品 から ヨヒンビンを 検 出 した 事 例 について 中 村 暁 彦 * 1 田 口 修 三 * 1 川 口 正 美 * 1 岩 上 正 藏 * 2 梶 村 計 志 * 1 大 阪 府 ではダイエット 効 果 を 暗

More information

I

I I II 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Rp.1) 50mg 3 3 14 Rp.2) 2.5mg 2 14 Rp.1) 2.5mg 3 2 2:1 14 Rp.) 15g 1 3 28 Rp.2) 50 600mg 1 2 28 12 Rp.1) CR 20mg 1 1 1 14 Rp.2) R 200 1 2 14 Rp.3) 3 1 3 14 Rp.1) 2.5mg 0.4

More information

C18①s

C18①s ニーズに合わせて 種類のラインナップ! スタンダード C8 適度な炭素量で回収率を重視 高容量 C8 より強い保持力を発揮 ハイフロー C8 粘性サンプル向け ラージポア C8 高分子向け 充てん剤の仕様 スタンダード C8 充てん剤の仕様 充てん剤粒子径孔径炭素量 スタンダード C8 0µm 0Å % 高容量 C8 0µm 0Å 7% ハイフロー C8 00µm 0Å 8% ラージポア C8 0µm

More information

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載され

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載され 15 年 2 月改訂 ( 第 2 版 ) 日本標準商品分類番号 :872399 医薬品インタビューフォーム 日本病院薬剤師会の IF 記載要領 13 に準拠して作成 消化管運動機能改善剤 日本薬局方モサプリドクエン酸塩錠 J P Mosapride Citrate Tablets 剤形錠剤 ( フィルムコーティング錠 ) 製剤の規制区分該当しない 規格 含量 一般名 製造販売承認年月日薬価基準収載

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下, 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 日 本 病 院 薬 剤 師 会 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下, 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 療 現 2013 年 12 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 :871339 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2013に 準 拠 して 作 成 抗 めまい 剤 ジフェニドール 塩 酸 塩 錠 25mg 日 医 工 Difenidol Hydrochloride 剤 形 糖 衣 錠 製 剤 の 規

More information

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3)

180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 12 12 72 (1) (2) (3) 12 (1) (2) (3) (1) (2) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (1) (2) 180 30 30 180 180 181 (3)(4) (3)(4)(2) 60 180 (1) (2) 20 (3) 30 16 (1) 31 (2) 31 (3) (1) (2) (3) (4) 30

More information

untitled

untitled 1....1 2....2 2.1...2 2.2...2 3....14 3.1...14 3.2...14 4....15 4.1...15 4.2...18 4.3...21 4.4...23 4.5...26 5....27 5.1...27 5.2...35 5.3...54 5.4...64 5.5...75 6....79 6.1...79 6.2...85 6.3...94 6.4...

More information

113 120cm 1120cm 3 10cm 900 500+240 10 1 2 3 5 4 5 3 8 6 3 8 6 7 6 8 4 4 4 4 23 23 5 5 7

More information

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度)

裁定審議会における裁定の概要 (平成23年度) 23 23 23 4 24 3 10 11 12 13 14 () 1 23 7 21 23 12 14 (19 ) 30 1.876% 60 8 24 19 78 27 1 (10) 37 (3) 2 22 9 21 23 5 9 21 12 1 22 2 27 89 10 11 6 A B 3 21 12 1 12 10 10 12 5 1 9 1 2 61 ( 21 10 1 11 30 )

More information

和県監査H15港湾.PDF

和県監査H15港湾.PDF ...1...1...1...1...1...1...1...1...2...2...2...3...3...3...5...5...10...11...12...13...13...13...14...14...14...14...14...14...15...15...15...15...15 ...16...17 14...17...18...18...19...21...23 2...25...27...27...28...28...28

More information

... 6

... 6 ... 6 1) 2) No. 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 No. 1 2 2 3 3cm 4

More information

untitled

untitled 21 14 487 2,322 2 7 48 4 15 ( 27) 14 3(1867) 3 () 1 2 3 ( 901923 ) 5 (1536) 3 4 5 6 7 8 ( ) () () 9 10 21 11 12 13 14 16 17 18 20 1 19 20 21 22 23 21 22 24 25 26 27 28 22 5 29 30cm 7.5m 1865 3 1820 5

More information

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24

1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11 17 1938 1945 2010 14 221 1945 10 1946 11 1947 1048 1947 1949 24 15 4 16 1988 63 28 19314 29 3 15 4 16 19283 15294 16 1930 113132 3 15 4 16 33 13 35 12 3 15 4 16 1945 10 10 10 10 40 1948 1907 4024 1925 14 19281929 30 111931 4 3 15 4 16 3 15 4 161933 813 1935 12 17 11

More information

Microsoft Word - 入居のしおり.doc

Microsoft Word - 入居のしおり.doc 1 1 2 2 2 3 2 4 3 5 3 6 3 7 3 8 4 1 7 2 7 3 7 4 8 5 9 6 9 7 10 8 10 9 11 10 11 11 11 12 12 13 13 1 14 2 17 3 18 4 19 5 20 6 22 (1) 24 (2) 24 (3) 24 (4) 24 (5) 24 (6) 25 (7) 25 (8) 25 (9) 25 1 29 (1) 29

More information

( )

( ) ( ) () () 3 cm cm cm cm cm cm 1000 1500 50 500 1000 1000 1500 1000 10 50 300 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 50 1000 2000 1000 1500 50 10 1000 2000 300 30 10 300 1000 2000 1000 1500 1000

More information

2002 (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (1) (2) (3) (4) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) No 2,500 3 200 200 200 200 200 50 200 No, 3 1 2 00 No 2,500 200 7 2,000 7

More information

-26-

-26- -25- -26- -27- -28- -29- -30- -31- -32- -33- -34- -35- -36- -37- -38- cm -39- -40- 1 2 3 4 4 3 2 1 5 5-41- -42- -43- -44- -45- -46- -47- -48- -49- -50- cm -51- -52- -53- -54- -55- -56- -57- -58- -59- -60-

More information

1 2 http://www.japan-shop.jp/ 3 4 http://www.japan-shop.jp/ 5 6 http://www.japan-shop.jp/ 7 2,930mm 2,700 mm 2,950mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 2,930mm 2,950mm 2,700mm 8 http://www.japan-shop.jp/ 9 10 http://www.japan-shop.jp/

More information

000-.\..

000-.\.. 1 1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 e e 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 10mm 150mm 60mm 25mm 40mm 30mm 25 26 27 1 28 29 30 31 32 e e e e e e 33 e 34 35 35 e e e e 36 37 38 38 e e 39 e 1 40 e 41 e 42 43

More information

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D

液晶ディスプレイ取説TD-E432/TD-E502/TD-E552/TD-E652/TD-E432D/TD-E502D 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 2 2 2 1 1 2 9 10 11 12 13 14 15 16 17 1 8 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 9 11 12 13 13 14 15 16 17 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

More information

1 1 36 223 42 14 92 4 3 2 1 4 3 4 3429 13536 5 6 7 8 9 2.4m/ (M) (M) (M) (M) (M) 6.67.3 6.57.2 6.97.6 7.27.8 8.4 5 6 5 6 5 5 74 1,239 0 30 21 ( ) 1,639 3,898 0 1,084 887 2 5 0 2 2 4 22 1 3 1 ( :) 426 1500

More information

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C

1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 1 e N >. C 40 41 2 >. C 3 >.. C 26 >.. C .mm 4 C 106 e A 107 1 C 2 C 3 C 4 C 1 C 2 C 3 C 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124

More information

第18回海岸シンポジウム報告書

第18回海岸シンポジウム報告書 2011.6.25 2011.6.26 L1 2011.6.27 L2 2011.7.6 2011.12.7 2011.10-12 2011.9-10 2012.3.9 23 2012.4, 2013.8.30 2012.6.13 2013.9 2011.7-2011.12-2012.4 2011.12.27 2013.9 1m30 1 2 3 4 5 6 m 5.0m 2.0m -5.0m 1.0m

More information

1 911 34/ 22 1012 2/ 20 69 3/ 22 69 1/ 22 69 3/ 22 69 1/ 22 68 3/ 22 68 1/ 3 8 D 0.0900.129mm 0.1300.179mm 0.1800.199mm 0.1000.139mm 0.1400.409mm 0.4101.199mm 0.0900.139mm 0.1400.269mm 0.2700.289mm

More information

旧 名 称 の 医 薬 品 等 ( 使 用 期 限 : 平 成 26 年 3 月 31 日 限 り) No 品 名 成 分 名 規 格 単 位 1 外 用 薬 ヒアルロン 酸 ナトリウム ヒ ア ル ロ ン 酸 点 眼 液 0.1% FFP ナトリウム 0.1%5mL1 瓶 2 外 用 薬 ヒアルロ

旧 名 称 の 医 薬 品 等 ( 使 用 期 限 : 平 成 26 年 3 月 31 日 限 り) No 品 名 成 分 名 規 格 単 位 1 外 用 薬 ヒアルロン 酸 ナトリウム ヒ ア ル ロ ン 酸 点 眼 液 0.1% FFP ナトリウム 0.1%5mL1 瓶 2 外 用 薬 ヒアルロ 日 医 発 第 16 号 ( 保 5 ) 平 成 2 5 年 4 月 3 日 都 道 府 県 医 師 会 長 殿 日 本 医 師 会 長 横 倉 義 武 使 用 薬 剤 の 薬 価 ( 薬 価 基 準 ) 等 の 一 部 改 正 について 平 成 25 年 3 月 21 日 付 厚 生 労 働 省 告 示 第 56 号 をもって 薬 価 基 準 の 一 部 が 改 正 されるとともに 同 日 付 厚

More information

トリルフルアニド(案)

トリルフルアニド(案) 平成 27 年 1 月 23 日 薬事 食品衛生審議会 食品衛生分科会長岸玲子殿 薬事 食品衛生審議会食品衛生分科会 農薬 動物用医薬品部会長大野泰雄 薬事 食品衛生審議会食品衛生分科会 農薬 動物用医薬品部会報告について 平成 26 年 12 月 15 日付け厚生労働省発食安 1215 第 1 号をもって諮問された 食品衛生法 ( 昭和 22 年法律第 233 号 ) 第 11 条第 1 項の規定に基づくモサプリドに係る食品規格

More information

1. 測定原理 弱酸性溶液中で 遊離塩素はジエチル p フェニレンジアミンと反応して赤紫色の色素を形成し これを光学的に測定します 本法は EPA330.5 および US Standard Methods 4500-Cl₂ G EN ISO7393 に準拠しています 2. アプリケーション サンプル

1. 測定原理 弱酸性溶液中で 遊離塩素はジエチル p フェニレンジアミンと反応して赤紫色の色素を形成し これを光学的に測定します 本法は EPA330.5 および US Standard Methods 4500-Cl₂ G EN ISO7393 に準拠しています 2. アプリケーション サンプル 00595 塩素 (DPD 法 ) 遊離塩素の測定 測定範囲 : 0.03~6.00mg/l Cl 2 結果は mmol/l 単位でも表示できます 2. ピペットで 5.0ml の試料を丸セルに取ります 3. 青のミクロスプーンで 1 回分の試薬 Cl 1 を加えて ねじぶたで閉じます 4. セルをよく振とうして 固体物を溶かします 5. 反応時間 :1 分間 6. 各セルをセルコンパートメントにセットし

More information

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb )

HP_GBRC-141, page Normalize_3 ( _GBRC-141.indb ) Performance rma Tests s for Floor Covering gs 43 EF a C t n L EF a C t n L U E PD U P D E 44 σ b PL bt σ b L P b t 45 46 GBRC Vol.35 No.3 2010.7 なお 摩耗輪のタイプと試験荷重は 製品規格の規定 により選択する 験体表面に滴下して時計皿で覆い 規定時間 24時間な

More information

Ⅰ 2016 年 4 月 改 訂 ( 第 5 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 871319 医 薬 品 イ ン タ ビ ュ ー フ ォ ー ム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 散 瞳 剤 製 剤 剤 形 点 眼 剤 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 一 般 名 製 造

More information

Microsoft Word - ヨーピス_160525_.doc

Microsoft Word - ヨーピス_160525_.doc 2016 年 5 月 作 成 ( 第 1 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 872359 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 緩 下 剤 YOUPIS 剤 形 錠 剤 (フィルムコーティング 錠 ) 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 1 錠 中 ピコスルファートナトリウム 水 和 物 2.5mg

More information

02-08p

02-08p 2007 5 2 KAYOKO ADACHI 3 http://www.sankikai.or.jp/tsurumaki 抹茶 豆乳わらびもち 材料 6人分 わらびもち粉 90g ラカントS 90g 豆乳 調整豆乳 360g 抹茶 4g 水 20g きなこ 15g 砂糖 15g 塩 少々 1鍋に分量の豆乳 水溶き抹茶 ラカントS わらびもち粉を入 れ 泡立て器で完全に溶かす 21を中火にかけ 木杓子で絶

More information

札臨カタログWeb

札臨カタログWeb 10 30 37 48 53 64 77 83 85 91 98 103 105 107 114 I 1 7 9 10 10 11 12 13 15 16 18 19 21 22 23 9 7 1 30 30 31 31 32 32 32 32 32 32 32 33 37 38 38 40 41 43 44 44 45 48 53 54 55 57 57 59 61 61 61 64 67 69

More information

<5461726F2D8AED8BEF814597658AED95EF919581694832302D372D333189FC>

<5461726F2D8AED8BEF814597658AED95EF919581694832302D372D333189FC> 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 昭 和 34 年 12 月 28 日 厚 生 省 告 示 第 370 号 食 品 衛 生 法 ( 昭 和 22 年 法 律 第 233 号 ) 第 7 条 第 1 項 及 び 第 10 条 の 規 定 に 基 き 食 品 添 加 物 等 の 規 格 基 準 を 次 のように 定 め 食 品 添 加 物 器 具 及 び 容 器 包 装 の 規 格 及 び 基

More information

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323430323032814091E68F5C8EB589FC90B393FA967B96F28BC795FB8CB488C48DEC90AC977697CC82CC8EC096B1834B8343836881698AAE90AC94C5816A90B38CEB8F4390B394C5>

<4D6963726F736F667420576F7264202D20323430323032814091E68F5C8EB589FC90B393FA967B96F28BC795FB8CB488C48DEC90AC977697CC82CC8EC096B1834B8343836881698AAE90AC94C5816A90B38CEB8F4390B394C5> 第 十 七 改 正 日 本 薬 局 方 医 薬 品 各 条 原 案 作 成 要 領 の 実 務 ガイド 2012 年 2 月 大 阪 医 薬 品 協 会 技 術 研 究 委 員 会 ( 社 ) 東 京 医 薬 品 工 業 協 会 局 方 委 員 会 まえがき 日 本 薬 局 方 の 医 薬 品 各 条 は, 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 ( 総 合 機 構 )からの

More information

003保健環境48_04.indd

003保健環境48_04.indd 第 48 号 (2011) 19 報文 の効率的な前処理方法の検討について 石川県保健環境センター環境科学部井上和幸 柿澤隆一 和文要旨 固相抽出法によるの効率的な前処理方法を検討した 及びサロゲート物質の回収率を上げるためには, 公定法であるアセトン5mLで溶出し窒素気流下で1mLに濃縮する方法より, アセトン1mLで溶出し濃縮操作を省略する方法が適している また, 試験液のpH, 溶出アセトンの種類は及びサロゲート物質の回収率並びに測定結果に影響を及ぼさなかった

More information

00

00 インストールする前に インストールが自動で始まらない場合 インストール中 またはアンインストール中に下のような画面が表示された場合 1 2 3 サイズ変更 位置変更 4 サイズ変更 位置変更 5 右クリックして表示されるメニューから 重なりの順番を設定 6 7 8 マウス操作で図形オブジェクトのサイズ 位置変更 サイズ変更 位置変更 9 マウス操作でテキストオブジェクトのサイズ 位置変更サイズ変更位置変更

More information

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医

IF 利 用 の 手 引 きの 概 要 - 日 本 病 院 薬 剤 師 会 - 1. 医 薬 品 インタビューフォーム 作 成 の 経 緯 医 療 用 医 薬 品 の 基 本 的 な 要 約 情 報 として 医 療 用 医 薬 品 添 付 文 書 ( 以 下 添 付 文 書 と 略 す)がある 医 2011 年 9 月 ( 改 訂 第 11 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 :871339 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 の IF 記 載 要 領 2008 に 準 拠 して 作 成 剤 形 錠 剤 ( 糖 衣 錠 ) 製 剤 の 規 制 区 分 規 格 含 量 1 錠 中 日 局 ジフェニドール 塩 酸 塩 25mg 含 有 一 般 名 製 造

More information

a

a 1 a b c a b a 2 kg ms/cm 20 40 60 80 20 40 60 80 20 40 60 80 15 18 22 25 11 14 24 25 9 24 31 31 3? 32 32 26 33 33 33 33 33 30 29 30 14?? 21 28 9 16 22 26 11 16 22 24 11 14 17 15 10 11 22 25 7 12 26 30

More information

2005年10月改訂(第3版)

2005年10月改訂(第3版) 2013 年 4 月 改 訂 ( 第 4 版 ) 日 本 標 準 商 品 分 類 番 号 873327 874499 医 薬 品 インタビューフォーム 日 本 病 院 薬 剤 師 会 のIF 記 載 要 領 2008に 準 拠 して 作 成 抗 プラスミン 剤 日 本 薬 局 方 トラネキサム 酸 錠 プレタスミン 錠 250mg 抗 プラスミン 剤 プレタスミン 細 粒 50% トラネキサム 酸

More information