はじめに 弊社 ( 四日市足見川メガソーラー合同会社 ) では この度 三重県四日市市山田町 波木町及び小林町地内において 四日市足見川メガソーラー事業 を計画しました この事業の計画を進めるにあたり 本事業が三重県環境影響評価条例 ( 平成 10 年三重県条例第 49 号 ) の対象事業 ( 条例

Save this PDF as:
 WORD  PNG  TXT  JPG

Size: px
Start display at page:

Download "はじめに 弊社 ( 四日市足見川メガソーラー合同会社 ) では この度 三重県四日市市山田町 波木町及び小林町地内において 四日市足見川メガソーラー事業 を計画しました この事業の計画を進めるにあたり 本事業が三重県環境影響評価条例 ( 平成 10 年三重県条例第 49 号 ) の対象事業 ( 条例"

Transcription

1 四日市足見川メガソーラー事業 に係る環境影響評価 方法書 平成 28 年 5 月 四日市足見川メガソーラー合同会社

2 はじめに 弊社 ( 四日市足見川メガソーラー合同会社 ) では この度 三重県四日市市山田町 波木町及び小林町地内において 四日市足見川メガソーラー事業 を計画しました この事業の計画を進めるにあたり 本事業が三重県環境影響評価条例 ( 平成 10 年三重県条例第 49 号 ) の対象事業 ( 条例別表第 15 号 宅地その他の用地の造成事業 ) に該当することから 同条例に基づき環境影響評価 * を実施します 三重県環境影響評価条例に基づく環境影響評価手続きの流れ ( 概要 ) は次頁に示したとおりです 本書は 本事業が地域の環境に及ぼす影響について環境影響評価を行う方法 ( 環境の現況の調査方法 予測及び評価に関する手法等 ) を検討し 環境影響評価方法書 として作成したものです ( 注 *) 環境影響評価 ( 環境アセスメント ) とは 道路やダム 土地の造成など大規模な開発事業を実施しようとする場合 あらかじめ その事業が環境にどのような影響を及ぼすかについて調査 予測 評価を行い その結果を公表して 住民や行政の意見を聴きながら 環境の保全の観点からより適正な配慮を行うことにより 環境と開発との調和を図っていくための仕組みです

3 住民事業者知事市町長 アセスメントの方法の案 ( 方法書 ) 本書 公告 縦覧 ( 説明会開催 ) 閲 覧 意見 意見の概要 見解書の作成 アセスメントの方法の決定 閲覧知事意見 意見 < アセスメントの実施 > アセスメントの結果の案作成 ( 準備書 ) 公告 縦覧 閲 覧 ( 説明会開催 ) 意見 意見の概要 見解書の作成 閲 覧 意見 意見 聴取会の開催 ( 必要に応じて ) アセスメントの結果の修正 ( 評価書 ) 知事意見 公告 縦覧 工事着手 事後調査の実施 ( 事後調査報告書 ) 閲 閲 覧 覧 供用開始 事後調査の実施 ( 事後調査報告書 ) 閲覧 事後調査の終了 環境影響評価の手続きの流れ ( 概要 )

4 目次 第 1 章事業者の名称 代表者の氏名及び事務所の所在地 事業者の名称 代表者の氏名 事務所の所在地 1 第 2 章事業特性に関する情報 対象事業の名称 対象事業の目的 対象事業の内容 条例の規定する対象事業の種類 対象事業の規模 事業実施区域の位置 対象事業の概要 7 第 3 章地域特性に関する情報 自然的状況 大気環境の状況 水環境の状況 地盤及び土壌の状況 地形及び地質 動植物の生息又は生育 植生及び生態系の状況 人と自然との触れ合いの活動の場の状況 一般環境中の放射性物質の状況 景観 歴史的文化的な遺産の状況 社会的状況 人口及び産業 土地利用 ( 土地利用分布及び面積 ) 水利用 交通 環境の保全等について配慮が特に必要な施設 衛生環境施設の整備 環境の保全等を目的とする法令等 行政計画 方針等 対象事業に係る主な許認可等 134

5 第 4 章環境影響評価の項目の選定 環境影響評価の項目 135 第 5 章方法書関係地域の範囲 142 第 6 章調査 予測及び評価の手法 大気質 騒音 振動 低周波音 水質 地下水 地形及び地質 陸生動物 陸生植物 水生生物 生態系 景観 廃棄物等 温室効果ガス 178 第 7 章方法書作成に関する委託先 委託先の名称 代表者の氏名及び事務所の所在地 179

6 第 1 章事業者の名称 代表者の氏名及び事務所の所在地 1.1 事業者の名称 四日市足見川メガソーラー合同会社 1.2 代表者の氏名 代表社員株式会社ジーヴァエナジー 職務執行者金田直己 1.3 事務所の所在地 東京都港区六本木三丁目 15 番 5 号 1

7 第 2 章事業特性に関する情報 2.1 対象事業の名称 四日市足見川メガソーラー事業 2.2 対象事業の目的私たちの社会は 産業革命以降 石炭や石油 天然ガスといった化石燃料を利用することで発展を遂げてきました 世界のエネルギー消費量は 今なお増加を続ける一方 化石燃料は限りある資源であり 将来的なエネルギー需給状況が懸念されます なかでも 日本のエネルギー自給率はわずか 6% 1 に留まっていることから 安定的なエネルギー源の確保が望まれます そのような状況の中 2011 年の東日本大震災の影響によって多くの原子力発電所が停止し 化石燃料に対する依存が高まったことにより エネルギーコストの上昇と 温室効果ガス排出量の増加を招いているのが現状です また 化石燃料の使用は地球温暖化を引き起こし 世界各地で温暖化が原因とみられる異常気象の発生が報告されています IPCC( 気候変動に関する政府間パネル ) の第 5 次評価報告書統合報告書では 気候システムに対する人為的影響は明らかであり 近年の人為起源の温室効果ガス排出量は史上最高となっている 近年の気候変動は 人間及び自然システムに対し広範囲にわたる影響を及ぼしてきた とされています こうした現状に対する国際的な動きとして 2015 年 12 月に気候変動枠組条約第 21 回締約国会議 (COP21) においてパリ協定が採択され 世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して 2 度未満に抑える という目標が掲げられました これにより 更なる地球温暖化対策の推進が求められています 以上のような状況から 資源の枯渇のおそれが少なく 環境への負荷が少ない再生可能エネルギーの導入を進めていくことは 国内的にも国際的にも急務となっています 2014 年 4 月に閣議決定された エネルギー基本計画 の中では 2030 年の発電電力量のうち 再生可能エネルギー等の割合を 2 割以上とする方針が出されています また 三重県においても 三重県新エネルギービジョン (2016 年 3 月改定 ) では 県民 地域団体 事業者 大学 行政などが協力してエネルギーの地産地消 省エネの推進等を進めていくことを基本理念に掲げています 本事業は 再生可能エネルギーの一つである太陽光を利用し 発電の際には二酸化炭素やその他の大気汚染物質を排出しない 安全で環境にやさしい太陽光発電を行うことを目的としています 太陽光発電は 太陽電池 と呼ばれる装置を用いて 太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です 地球上に到達する太陽光のエネルギー量は 1 m2当たり約 1kW もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを 100% 変換できるとしたら 世界の年間消費エネルギーを わずか 1 時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり しかも 枯渇する 1: 平成 26 年度エネルギーに関する年次報告 ( エネルギー白書 2015) ( 資源エネルギー庁 2015 年 ) 2

8 心配がありません さらに 日本は 世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有する国でもあり その導入量のさらなる増加が期待されています 2 しかし 太陽光発電を行うには 日照条件が良好であることや まとまった土地があること 発電した電気を送る送電インフラが整っていること等の条件があります それらの観点からみると 今回の計画地は 事業適地としての可能性が高いと考えています 今回計画している発電所の発電電力量は 約 12,500 世帯 ( 四日市市の約 9%) 分の使用電力量に相当し これにより エネルギーの地産地消に寄与することができます これは 上記の県のビジョン等にも適ったものであると考えています なお 弊社の出資者である株式会社ジーヴァエナジーとその協力会社は これまでにも大規模な太陽光発電所を全国で手がけています ( 写真 2.2-1~3) 茨城県水戸市の 水戸太陽光発電所 (9.3MW) 福島県いわき市の 小名浜太陽光発電所(1.99MW) 等が既に運転を開始しており 順調に発電しております その他 岩手県雫石町の 雫石太陽光発電所 (24.7MW) のほか 宮城県及び神奈川県等において 現在発電所を建設中です 株式会社ジーヴァエナジーでは 自ら太陽光発電事業を行うことにより 再生可能エネルギー分野における牽引役として 世界が抱えるエネルギー問題の解決に積極的に貢献する企業であることを目指しております 写真 水戸太陽光発電所 (9.3MW 27ha) 写真 小名浜太陽光発電所 (1.99MW 5.7ha) 写真 雫石太陽光発電所 ( 完成予想 ) (24.7MW 51ha) 2: 太陽光発電協会ホームページ ( 3

9 2.3 対象事業の内容 条例の規定する対象事業の種類 宅地その他の用地の造成事業 ( 条例別表第 15 号に掲げる事業 ) 対象事業の規模 事業実施区域の面積 :94.67ha( 改変区域 :74.21ha 非改変区域 :20.46ha) 発電規模 : 約 50MW( 各種許認可手続きにより 変動する可能性あり ) 事業実施区域の位置事業実施区域は 三重県四日市市山田町 波木町及び小林町地内に位置しています 事業実施区域の現況はスギ ヒノキ等の植林がほとんどを占めています 事業実施区域の位置は図 に 航空写真は図 に示したとおりです 4

10 近鉄湯の山線 東名阪自動車道 事業実施区域 国道 1 号線 図 事業実施区域位置 凡 例 事業実施区域 この地図は国土地理院発行の 5 万分の 1 地形図を基に作成した m

11 6 非改変区域 改変区域 合 造成森林 小 計 残置森林 調 整 池 計 西エリア (ha) ソーラーパネル 変電設備含む 区分 用途 東エリア (ha) 合計(ha) 図 事業実施区域と航空写真の重ね合わせ図

12 2.3.4 対象事業の概要 1) 土地利用計画土地利用計画の概要 ( 計画値 ) は 表 及び図 に示したとおりです 事業実施区域は約 94.67ha で そのうちソーラーパネルは約 65.74ha( 調整池内への設置面積を含めると約 70.39ha) に設置する計画です 事業実施区域には 残置森林として約 20.46ha 造成森林として約 1.50ha の森林を配置する計画です また 防災施設として洪水調整池を 6 箇所設置する計画です 改変区域 表 土地利用計画の概要 ( 計画値 ) 区分 用途西エリア (ha) 東エリア (ha) 合計 (ha) 割合 (%) ソーラーパネル ( 変電設備含む ) 調整池 造成森林 小計 非改変区域残置森林 合計 ) 主要施設の概要発電施設の仕様については 計画熟度の高まりにより その数量 仕様等を変更する場合があります 現在想定している施設概要は 以下のとおりです 1 施設配置施設等の配置 ( 計画値 ) は 表 及び図 に示したとおりです ソーラーパネルは一定容量ごとに区画し 原則 1 区画ごとにパワーコンディショナー 1 台を設置します ソーラーパネルで発電された直流の電気は パワーコンディショナーで交流に変換されます 電気は パワーコンディショナーに併設された昇圧変圧器にて昇圧された後 送変電設備へと集電され 主変圧器で更に電圧を昇圧した後に電力会社の送電線に接続します 表 施設等の配置 ( 計画値 ) 名称内容 ソーラーパネル パワーコンディショナー (PCS) 直流 交流変換 多結晶シリコン太陽電池 多結晶化合物半導体太陽光電池約 23.7 万枚 100 台程度 昇圧変圧器 ( 副変圧器 ) 300~500V 22kV 100 台程度 送変電設備 ( 主変圧器 ) 22kV 110kV 1 基 調整池雨水洪水調整池 (6 箇所 ) 7

13 西エリア (ha) 東エリア (ha) 合計(ha) ソーラーパネル 変電設備含む 調 整 池 造成森林 小 区分 用途 改変区域 非改変区域 計 残置森林 合 計 図 計画平面図 凡 例 事業実施区域 m

14 2 発電所施設の内容ア ) ソーラーパネル及びソーラーパネル架台ソーラーパネルは 図 に示したとおり フレーム ( 架台 ) で地面に固定 支持します 架台は地面に埋設し コンクリート等による基礎周りの舗装は実施しない予定です 図 ソーラーパネルの概要 ( 弊社関連施設 ) イ ) パワーコンディショナーパワーコンディショナーは ソーラーパネルからの電流を直流から交流に変換します また ソーラーパネルからの電流は 天気によって出力が不安定となるため 本施設によって制御します 施設の外観は 図 に示したとおりです なお 本施設には 出力電圧を 22kV に昇圧する昇圧変圧器を併設します 図 パワーコンディショナー 昇圧変圧器 ( 弊社関連施設 ) 9

15 ウ ) 送変電設備 送変電設備は 各パワーコンディショナーからの出力を集電し 主変圧器で 110kV に昇圧 後 電力会社の送電線に接続します 施設の外観は 図 に示したとおりです 図 送変電設備 ( 弊社関連施設 ) 3 緑化計画 造成により発生する切土 盛土法面は 緑化を行う計画です なお 植栽にあたっては 地域の植生を考慮した樹種を選定する計画です 4 防災計画土地の造成等に伴い 事業実施区域からの流出水が一時的に増加することが想定されるため 本施設を経由した雨水については 調整池を設置して 流出機能を調整する計画です また 工事中については 流出機能の調整の他 土砂流出を防止するための仮沈砂池を設置する計画です 10

16 3) 発電事業の運営体制 稼働計画事業の運営は 図 に示したとおり 現地法人四日市足見川メガソーラー合同会社が実施します 供用後の稼働は 原則 遠隔監視で行うため 定期的な通勤車両等は発生しません 但し 管理 点検のための不定期な車両は発生します 電力会社 ( 売電契約 ) メガソーラー発電事業者 ( 現地法人 ) 四日市足見川メガソーラー合同会社 (O&M 契約 ) オペレーション & メンテナンス (O&M) 会社等 図 発電事業の運営体制 11

17 4) 工事計画 1 工事計画概要工事は まず準備工事として仮設沈砂池設置等の防災工事や 樹木伐採等の伐採工事を行った後 防災工事 造成工事 施設建設工事を行う計画です 造成工事においては 事業区域内で切土 盛土の土量バランスを図ることにより 建設残土の発生を抑制する計画です なお 工事に使用する重機 機械等は低排出ガス 低騒音 低振動型を採用することにより 周辺に対する大気質 騒音 振動等 環境保全に配慮する計画です 発生する工事関係車両のうち 通勤車両は最大時で 60 台 / 日を 資材等の運搬車両は最大時で 340 台 / 日を想定しています また それらの工事関係車両の通行ルートは 図 に示すとおり 事業実施区域北側から県道 44 号 ( 宮妻峡線 ) 県道 634 号 ( 小林鹿間線 ) を通り事業実施区域に入るルートと 事業実施区域南側から県道 44 号もしくは県道 140 号 ( 四日市菰野大安線通称 : ミルクロード ) を通り事業実施区域に入るルート等を計画しています 2 工事工程の概要工事工程の概要は 表 に示したとおりです 工事開始から施設供用までの工事期間は約 4 年間の計画です 防災工事や伐採工事を含めた用地造成工事の期間は約 2 年間を 造成工事後半から ソーラーパネル設置等の施設建設工事やケーブル工事などの電気工事を 並行して約 2.5 年間行う計画です なお 工事の時間帯は 原則として 日曜日を除いた 8:00~ 日没に実施する計画です 12

18 県道 44 号 県道 634 号 県道 140 号 ミルクロード 県道 44 号 図 工事関係車両の主要な通行ルート 計画 凡 例 事業実施区域 通行ルート 計画 この地図は国土地理院発行の 1 万分の 1 地形図を基に作成した m

19 表 工事工程 ( 予定 ) 土木工事 準備 仮排水工事 伐採 抜根工事 造成工事 排水 調整池工事 管理用道路新設 フェンス工事 基礎 架台 パネル工事 基礎工事 架台工事 パネル設置工事 電気工事 試運転 配管 ケーブル工事 パネル間接続工事 配線 通線工事 機器設置 結線工事 営業運転 1 年目 2 年目 3 年目 4 年目

20 3 主な工事の概要ア ) 防災工事防災工事の主な内容は 調整池の設置 暗渠排水管の敷設 土砂流出防止工等です 工事施工例は 写真 に示したとおりです 写真 防災工事施工例 ( 左 : 調整池設置 右 : 暗渠排水管設置 ) イ ) 伐採工事伐採工事の主な内容は 土地造成区域の樹木を段階的に伐採 抜根し それらを収集 運搬することです 工事施工例は 写真 に示したとおりです 写真 伐採工事施工例 ( 左 : 伐採作業 右 : 伐採樹木の運搬 ) 15

21 ウ ) 造成工事造成工事の主な内容は 切土工 盛土工です 切土工はバックホウ等の重機を用いて掘削を行います 盛土工は運搬した土砂をブルドーザーで敷き その後 タイヤローラー等による転圧を行います 工事施工例は 写真 に示したとおりです 写真 造成工事施工例 エ ) 法面工事 法面工事の主な内容は 切土 盛土法面整形 法面保護工 種子吹付工等です 工事施工例は 写真 に示したとおりです 写真 法面工事施工例 ( 左 : 法面整形工事 右 : 種子吹付 ) 16

22 オ ) ソーラーパネル設置工事ソーラーパネルの設置工事の主な内容は 梱包の解体 架台の設置 パネルの設置 ケーブルの敷設等です 工事施工例は 写真 に示したとおりです 写真 ソーラーパネル設置工事施工例 ( 左 : 設置 右 : ケーブル敷設 ) 5) 環境保全計画 環境保全計画は 事業計画時の一般的事項として 次のとおり計画します 1 大気質 低公害型の機械等の使用及び日常の整備点検の励行により 大気汚染物質の発生量を抑制するよう努めます また 工事車両については 可能な限りディーゼル微粒子除去装置の搭載された車両を使用します 造成工事は最小限とし ソーラーパネル設置区域等の造成にあたっては 周辺地域への粉じんの飛散防止を図ります 工事用車両の走行に伴う大気汚染を軽減するため 車両の適切な運行管理により 工事用車両の集中化を避けます 工事用車両が周辺の道路で待機 ( 路上駐車 ) することがないよう 工事区域内に速やかに入場させます また 工事用車両等の不要な空ぶかしの防止に努め 待機時のアイドリングストップの遵守を指導 徹底します 造成工事については 事業区域内で切土 盛土の土量バランスを図り 残土の発生を抑制することで ダンプトラックの走行台数を減らし 大気汚染の軽減を図ります 工事の実施にあたっては出来る限り作業の効率化を図り 建設機械等の稼働台数を削減し 大気汚染の軽減に努めます 17

23 2 騒音 振動 低周波音等 機械 重機等については 可能な限り低騒音型 低振動型の機種を使用することにより 周辺地域への騒音 振動等の影響の低減を図ります 工事用車両の走行に伴う騒音 振動を軽減するため 車両の適切な運行管理により 工事用車両の集中化を避けます 工事用車両が周辺の道路で待機 ( 路上駐車 ) することがないよう 工事区域内に速やかに入場させます また 工事用車両等の不要な空ぶかしの防止に努め 待機時のアイドリングストップの遵守を指導 徹底します 工事関係機械等は 常に点検 整備を行い 良好な状態で使用します 造成工事については 事業区域内で切土 盛土の土量バランスを図り 残土の発生を抑制することで ダンプトラックの走行台数を減らし 騒音 振動の軽減を図ります 工事の実施にあたっては出来る限り作業の効率化を図り 建設機械等の稼働台数を削減し 騒音 振動の軽減に努めます 3 水質 工事中は仮沈砂池または濁水濾過フィルター等を設け 場外への土砂や濁水の流出防止に努めます 造成緑地の早期緑化を行い 緑地における貯水機能の復元に努めます 造成工事区域内は可能な限りアスファルト等の舗装はせず 地下水環境の保全に努めます 工事車両のタイヤに付着した泥土により周辺道路を汚さないよう タイヤ洗浄等の徹底により 防止します 4 動植物 環境影響評価現況調査の実施により 当該地域において重要な動植物の生息及び生育が確認された場合には 本事業による環境影響を可能な限り回避 低減 代償する方法を検討します 残置森林及び造成森林を確保することにより 可能な限り動植物の生息環境の保全に努めます 緑化 ( 植生管理 ) については 周辺景観に調和させると共に 土地改変により低下する生物の多様性を可能な限り回復させることを目的とし 積極的に緑化を推進します 樹木伐採は 必要最小限に留めます 18

24 工事車両の走行による野生生物との交通事故を回避するため 走行速度の制限や工事関 係者への注意喚起に努めます 5 廃棄物 伐採樹木はチップ化の処理を適宜検討し再利用することで 廃棄物としての場外搬出量を削減し 資源の有効利用を促進することで 環境負荷の低減を図ります 造成工事においては 事業区域内で切土 盛土の土量バランスを図り 残土の発生抑制を図ります 6 景観 残置森林及び造成森林を確保するとともに 樹木伐採は必要最小限に留め 周辺からの 景観に配慮します 7 その他 工事期間中 車両の運行は 通学時間帯やスクールゾーンを極力避けることとします 工事期間中は巡回警備を行い 工事完了後は工事箇所周辺に立入り禁止処置を行うことで 防犯 安全管理に努めます 残置森林及び造成森林を確保するとともに 樹木伐採は必要最小限に留め 温室効果ガスの吸収源としての樹木の保全に努めます 工事の実施にあたっては出来る限り作業の効率化を図り 車両の搬入 搬出や建設機械等の稼働を必要最小限に抑えることで 工事に伴う温室効果ガスの排出量低減に努めます 19

<4D F736F F D2095FB96408F912891E6318FCD8E968BC68ED282CC8E8196BC814191E3955C8ED282CC8E8196BC8B7982D18E9696B18F8A82CC8F8A8DDD926E814191E6328FCD8E968BC693C190AB82C98AD682B782E98FEE95F129>

<4D F736F F D2095FB96408F912891E6318FCD8E968BC68ED282CC8E8196BC814191E3955C8ED282CC8E8196BC8B7982D18E9696B18F8A82CC8F8A8DDD926E814191E6328FCD8E968BC693C190AB82C98AD682B782E98FEE95F129> ( 仮称 ) 宮リバー度会ソーラーパーク 事業に係る環境影響評価 方法書 平成 28 年 4 月 合同会社宮リバー度会ソーラーパーク はじめに 弊社 ( 合同会社宮リバー度会ソーラーパーク ) では この度 三重県度会郡度会町地内において ( 仮称 ) 宮リバー度会ソーラーパーク事業 を計画しました この事業の計画を進めるにあたり 本事業が三重県環境影響評価条例 ( 平成 10 年三重県条例第 49

More information

方法書

方法書 四日市ソーラー事業 ( 仮称 ) に係る環境影響評価 準備書 平成 28 年 3 月 合同会社四日市ソーラー はじめに 弊社 ( 合同会社四日市ソーラー ) では この度 三重県四日市市桜町地内において 四日市ソーラー事業 ( 仮称 ) を計画しました この事業の計画を進めるにあたり 本事業が三重県環境影響評価条例 ( 平成 10 年三重県条例第 49 号 ) の対象事業 ( 条例別表第 15 号

More information

(仮称)三重県(鳥羽市)太陽光発電所新築工事 用地造成事業に係る簡易的環境影響評価書

(仮称)三重県(鳥羽市)太陽光発電所新築工事 用地造成事業に係る簡易的環境影響評価書 ( 仮称 ) 三重県 ( 鳥羽市 ) 太陽光発電所新築工事 用地造成事業に係る簡易的環境影響評価書 平成 30 年 4 月 鳥羽プロジェクト合同会社 - 目次 - 第 1 章準対象事業者の名称 代表者の氏名及び主たる事務所の所在地... 1-1 1.1 準対象事業者の名称... 1-1 1.2 代表者の氏名... 1-1 1.3 事務所の所在地... 1-1 第 2 章事業特性に関する情報... 2-1

More information

土地利用計画 土地利用計画面積表 土地利用の区分区分面積 ( m2 ) 比率 (%) 備考 発電施設用地パネル 19, パワーコンディショナー 緑地 5, 計画地面積 24, 太陽光パネル配置図 発電施設計画 発電施設の概要 発電設備規格

土地利用計画 土地利用計画面積表 土地利用の区分区分面積 ( m2 ) 比率 (%) 備考 発電施設用地パネル 19, パワーコンディショナー 緑地 5, 計画地面積 24, 太陽光パネル配置図 発電施設計画 発電施設の概要 発電設備規格 宇都宮カンツリークラブ太陽光発電事業に係る環境影響評価について 事業概要 本事業は 宇都宮カンツリークラブにおいて 事業の多角化の一環として また地球環境への配慮 を考慮して 太陽光発電設備を導入するものです 事業名称 宇都宮カンツリークラブ太陽光発電事業 事業者 名称株式会社宇都宮ゴルフクラブ 代表者取締役社長荒井祥 事業規模 2.4835ha 事業箇所の位置 宇都宮市野沢町 98-1 他 11

More information

4. 発電事業の運営体制 稼動計画 1) 発電所の運営体制発電事業の運営にあたっては 図 に示したとおり 新たに本事業専業の法人として設立された ( 株 )Looop を構成団体とする特別目的会社が事業を実施する また 発電所の管理 メンテナンス業務は 事業者が委託する企業が一括し実施

4. 発電事業の運営体制 稼動計画 1) 発電所の運営体制発電事業の運営にあたっては 図 に示したとおり 新たに本事業専業の法人として設立された ( 株 )Looop を構成団体とする特別目的会社が事業を実施する また 発電所の管理 メンテナンス業務は 事業者が委託する企業が一括し実施 4. 発電事業の運営体制 稼動計画 1) 発電所の運営体制発電事業の運営にあたっては 図 1-6-16 に示したとおり 新たに本事業専業の法人として設立された ( 株 )Looop を構成団体とする特別目的会社が事業を実施する また 発電所の管理 メンテナンス業務は 事業者が委託する企業が一括し実施する 法定点検は 事業者より選任される主任技術者が行う なお 発電所の管理 メンテナンス業務の発注に当たっては出来る限り地元事業を採用する

More information

調査時点工事の終了後とする 調査期間調査地点調査手法5.2 生物の生育 生息基盤 5.2 生物の生育 生息基盤 (1) 東京 2020 大会の大会開催前 1) は 表 に示すとおりである 区分 予測条件の状況 表 ( 東京 2020 大会の開催前 ) 生物 生態系の賦存地の改

調査時点工事の終了後とする 調査期間調査地点調査手法5.2 生物の生育 生息基盤 5.2 生物の生育 生息基盤 (1) 東京 2020 大会の大会開催前 1) は 表 に示すとおりである 区分 予測条件の状況 表 ( 東京 2020 大会の開催前 ) 生物 生態系の賦存地の改 調査時点基礎工事 山留工事 掘削工事を行う時点とする 調査期間調査地点調査手法5.1 土壌 5. フォローアップ計画 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書 ( 選手村 ) ( 平成 27 年 12 月東京都 ) では 東京 2020 大会の開催前を対象に環境影響評価を実施している 一方 東京 2020 大会の開催中における大会の運営等については 現時点では具体的な計画が未定のため

More information

(第2案)

(第2案) 一条メガソーラー長野佐久穂大日向第一発電所 長野佐久穂大日向第二発電所 ( 仮称 ) 事業に係る計画段階環境配慮書に対する佐久穂町長意見 意見内容 第 1 章事業計画の概要 第 5 節対象事業の内容 5-1 太陽光発電所建設に関する基本方針 1. 周辺住民の安全に対する配慮 (p2) 施設配置計画は 調整池及び放水路 土砂流出防止施設等の災害防止施設設置場所及び法線検討を パネル配置計画等より優先すること

More information

(Microsoft Word - \216w\223\261\227v\215j19.7.1\211\374\220\263\224\305.doc)

(Microsoft Word - \216w\223\261\227v\215j19.7.1\211\374\220\263\224\305.doc) 市街化調整区域における緑の保全等に関する指導要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 市街化調整区域において土地利用を行おうとする者に対して適正な指導を行うとともに 当該事業者の協力等により 緑の保全及び周辺環境との調和を図ることを目的とする ( 定義 ) 第 2 条この要綱において 次の各号に掲げる用語の意義は それぞれ当該各号に定めるところによる (1) 土地利用行為次条の規定によりこの要綱の適用を受ける行為をいう

More information

豊かで極めて閑静であることを踏まえ 事業者として 当該住民等の一番の不安がどこにあるのか その感得に誠実に努めること なお 環境影響評価の実施に当たっては 対象事業実施区域及びその周辺の現状の的確な把握が不可欠なため 準備書の作成に当たっては 当該区域及びその周辺の要所の現場写真を使用する等して 閲

豊かで極めて閑静であることを踏まえ 事業者として 当該住民等の一番の不安がどこにあるのか その感得に誠実に努めること なお 環境影響評価の実施に当たっては 対象事業実施区域及びその周辺の現状の的確な把握が不可欠なため 準備書の作成に当たっては 当該区域及びその周辺の要所の現場写真を使用する等して 閲 < 別紙 > 相馬伊達太陽光発電所整備事業環境影響評価方法書に対する福島県環境影響評価 条例 ( 平成 10 年 12 月 22 日福島県条例第 64 号 ) 第 11 条第 1 項の意見 1 総括的事項 (1) 本事業計画は 相馬市玉野地区の丘陵地において大規模な太陽光発電所を新設することを想定するものであるが 現時点では計画の熟度が低く ほとんどの事項が未定及び検討中とされていることから 今後

More information

<4D F736F F D2091E E8FDB C588ECE926E816A2E646F63>

<4D F736F F D2091E E8FDB C588ECE926E816A2E646F63> 第 13 地象 (1 傾斜地 ) 1 調査の手法 (1) 調査すべき情報ア土地利用の状況傾斜地の崩壊により影響を受ける地域の住宅等の分布状況 その他の土地利用の状況 ( 将来の土地利用も含む ) イ傾斜地の崩壊が危惧される土地の分布及び崩壊防止対策等の状況既に傾斜地の崩壊に係る危険性が認知 危惧されている土地の分布当該傾斜地の崩壊防止対策等の状況ウ降水量の状況当該地域の降雨特性の把握に必要な対象事業の実施区域等の降水量の状況エ地下水及び湧水の状況傾斜地の安定性に影響を与える地下水の水位及び湧水の分布

More information

第 4 章環境要因及び環境要素の抽出

第 4 章環境要因及び環境要素の抽出 第 4 章環境要因及び環境要素の抽出 4 章計画段階配慮事項並びに調査 予測及び評価の手法 4.1 計画段階配慮事項の選定 4.1.1 環境要因及び環境要素の抽出当該対象事業に伴う環境影響要因は 表 4.1.1-1 に示すとおりである 工事の実施では 造成等の施工による一時的な影響 建設機械の稼働 資機材の運搬車両の走行とし 施設等の存在及び供用では 土地の形状の変更 施設等の存在 利用車両の走行とした

More information

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要)

資料1:地球温暖化対策基本法案(環境大臣案の概要) 地球温暖化対策基本法案 ( 環境大臣案の概要 ) 平成 22 年 2 月 環境省において検討途上の案の概要であり 各方面の意見を受け 今後 変更があり得る 1 目的この法律は 気候系に対して危険な人為的干渉を及ぼすこととならない水準において大気中の温室効果ガスの濃度を安定化させ地球温暖化を防止すること及び地球温暖化に適応することが人類共通の課題であり すべての主要国が参加する公平なかつ実効性が確保された地球温暖化の防止のための国際的な枠組みの下に地球温暖化の防止に取り組むことが重要であることにかんがみ

More information

xii 1 2 3 4 5 6 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 資料Ⅰ 17 路網整備の推進について 専ら森林施業の用に供し 木材輸送機能を強化する林道 主として森林施業を行うために利用さ れる恒久的公共施設 10トン積トラックや林業用車両 大型 ホイールフォワーダ等 の走行を想定 必要最小限の規格 構造を有する丈夫 で簡易な道 導入する作業システムに対応し

More information

別紙 福島復興風力株式会社 ( 仮称 ) 阿武隈風力発電事業環境影響評価 準備書 に対する勧告について 1. 総論事業実施に当たっては 以下の取組を行うこと (1) 関係機関等との連携及び住民への説明対象事業実施区域の周辺には 東京電力福島第一原子力発電所の事故により避難していた住民の帰還が進むなど

別紙 福島復興風力株式会社 ( 仮称 ) 阿武隈風力発電事業環境影響評価 準備書 に対する勧告について 1. 総論事業実施に当たっては 以下の取組を行うこと (1) 関係機関等との連携及び住民への説明対象事業実施区域の周辺には 東京電力福島第一原子力発電所の事故により避難していた住民の帰還が進むなど 福島復興風力株式会社 ( 仮称 ) 阿武隈風力発電事業環境影響評 価準備書 に対する勧告について 平成 30 年 2 月 21 日経済産業省商務情報政策局産業保安グループ 本日 電気事業法第 46 条の 14 第 1 項の規定に基づき ( 仮称 ) 阿武隈風 力発電事業環境影響評価準備書 について 福島復興風力株式会社に対し 環境 の保全の観点から勧告を行った 勧告の内容は別紙のとおり また 併せて同条第

More information

(6) 本事業計画の実施に伴い使用する建設機械 車両 資材の搬出入及びその経路等については 生活環境への影響が大きく懸念される事項であることから 道路拡幅等を含め予め綿密に検討すること なお 上記輸送経路については 住宅等の分布に加えて 砂防指定地や日光国立公園等の重要な景観資源等の所在にも留意し

(6) 本事業計画の実施に伴い使用する建設機械 車両 資材の搬出入及びその経路等については 生活環境への影響が大きく懸念される事項であることから 道路拡幅等を含め予め綿密に検討すること なお 上記輸送経路については 住宅等の分布に加えて 砂防指定地や日光国立公園等の重要な景観資源等の所在にも留意し 別紙 ( 仮称 ) 西郷村台上地区太陽光発電事業環境影響評価方法書に対する福島県環境影響評 価条例 ( 平成 10 年 12 月 22 日福島県条例第 64 号 ) 第 11 条第 1 項の意見 1 総括的事項 (1) 本事業計画は 西白河郡西郷村大字小田倉地内外の丘陵地において大規模な太陽光発電所を新設することを想定するものであるが 現時点では計画の熟度が低く ほとんどの事項が未定及び検討中とされていることから

More information

(仮称)姫路天然ガス発電所新設計画 環境影響評価方法書のあらまし

(仮称)姫路天然ガス発電所新設計画 環境影響評価方法書のあらまし ( 仮称 ) 姫路天然ガス発電所新設計画 平成 28 年 11 月姫路天然ガス発電株式会社 はじめに 平素より皆様には 当社の事業活動につきまして 格別のご理解とご協力を賜り 厚く御礼を申し上げます 大阪ガス株式会社 ( 以下 大阪ガス という ) は 明治 30 年に設立され 主な事業として近畿 2 府 4 県に都市ガスを供給する他 熱供給事業等の関連事業を通じて地域社会の発展に貢献してきました

More information

(Microsoft Word -

(Microsoft Word - 第 9 電波障害 1 調査の手法 (1) 調査すべき情報ア土地利用の状況テレビジョン放送の受信の影響を受けるおそれのある住宅等の分布状況イ地形及び工作物等の状況テレビジョン放送の受信に影響を及ぼす地形 建築物等の工作物の位置 規模 構造等の状況及び鉄道 航空機等の運行状況ウテレビジョン放送の受信状況周辺地域における受信可能なテレビジョン放送の種類 共同受信施設 ケーブルテレビジョンによる再送信の利用等の状況エテレビジョン放送電波の状況

More information

1 吾妻町 平成18年3月27日に東村と合併し東吾妻町になりました 2 六合村 平成22年3月28日に中之条町に編入しました 5.2-2

1 吾妻町 平成18年3月27日に東村と合併し東吾妻町になりました 2 六合村 平成22年3月28日に中之条町に編入しました 5.2-2 5.2 騒音 工事の実施 において建設機械の稼働及び工事用車両の運行により発生する騒音について 調査 予測及び評価を行いました 騒音の状況 (1) 調査手法騒音の調査手法等を表 5.2-1 に示します 調査項目は 騒音の状況を把握するため 建設機械の稼働が予想される対象事業実施区域及びその周辺の区域を対象に 集落内の騒音レベル及び道路の沿道の騒音レベルの調査を行いました また 音の伝搬性状を把握するため

More information

300122ー25説明会用資料

300122ー25説明会用資料 高知県 太陽光発電施設の設置 運営等に関する ガイドライン ( 平成 29 年 12 月 4 日改定 ) について 平成 30 年 1 月 22 日 ( 月 ) 24 日 ( 水 ) 25 日 ( 木 ) 高知県林業振興 環境部新エネルギー推進課 課題等 太陽光発電施設の設置 運営等に関するガイドラインの改定について 平成 28 年 3 月に策定した本ガイドラインの運用を行う中で 事業開発に伴う土砂災害

More information

2 自然景観への配慮 (1) 良好な自然景観の保全 地形改変に際し現地形維持の努力 国の名勝指定を含む周辺の自然景観の保全 最小限の既存樹木の伐採 良好な景観を形成している樹木の保全 郷土種が含まれている表土の活用 植栽木の健全な維持 管理 良好な自然の利用者に対する配慮 (2) 緑化等による修景

2 自然景観への配慮 (1) 良好な自然景観の保全 地形改変に際し現地形維持の努力 国の名勝指定を含む周辺の自然景観の保全 最小限の既存樹木の伐採 良好な景観を形成している樹木の保全 郷土種が含まれている表土の活用 植栽木の健全な維持 管理 良好な自然の利用者に対する配慮 (2) 緑化等による修景 ( 別表 2) 公共工事に関する環境配慮の視点と配慮事項 環境配慮の視点配慮事項配慮事項の着目点検討内容 1 野生生物への配慮 (1) 多様な緑地等の保全 貴重な動植物の生育地 生息地の保護 ( 国の特別天然記念物 天然記念物を含む ) 自然植生に着目した植栽 (2) 多様な水辺空間の保全と修復 瀬 や 淵 などの保全 水域と陸域の接点の多様性確保 河畔林などの保全と創出 (3) 多孔質な空間の形成

More information

第 2 意見調査計画書は おおむね 2020 年東京オリンピック パラリンピック環境アセスメント指針 ( 実施段階環境アセスメント及びフォローアップ編 ) に従って作成されたものであると認められる なお 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案 を作成するに当たっ

第 2 意見調査計画書は おおむね 2020 年東京オリンピック パラリンピック環境アセスメント指針 ( 実施段階環境アセスメント及びフォローアップ編 ) に従って作成されたものであると認められる なお 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価書案 を作成するに当たっ 26 環都環第 104 号平成 26 年 5 月 29 日 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価調査計画書 審査意見書 2020 年東京オリンピック パラリンピック競技大会実施段階環境影響評価調査計画書 ( 以下 調査計画書 という ) について審査した結果 20 20 年東京オリンピック パラリンピック環境アセスメント指針 ( 実施段階環境アセスメント及びフォローアップ編

More information

Microsoft Word 後藤佑介.doc

Microsoft Word 後藤佑介.doc 課題アプローチ技法 Ⅲ 73070310 後藤佑介テーマ 住宅用太陽光発電システムの利用効果 1. はじめに近年 地球温暖化問題に関心が集まっている その要因である二酸化炭素は私たちの生活を支える電力利用から排出される 二酸化炭素の排出を削減するためには再生可能エネルギー利用の技術が必要である その技術の一つである太陽光発電システム (PV システム ) はクリーンで無公害なエネルギーとして大きな期待が寄せられている

More information

<4D F736F F F696E74202D E F EF816A8E9197BF A082E895FB82C982C282A282C4>

<4D F736F F F696E74202D E F EF816A8E9197BF A082E895FB82C982C282A282C4> 資料 3 ( 概要案 ) ( 概要案 ) 1 規制の必要性 2 規制のあり方 自主的に行われる調査が増加し 土壌汚染が判明することが多い 行政による環境調査等によって地下水汚染が判明しても汚染原因者が不明の場合 汚染拡大のおそれがある 土壌 地下水汚染状況の把握や対策方法を改善し 環境リスクの低減化や土地の改変等に伴う新たな環境リスクの発生の防止などにより 市民の不安感を払拭する 1 1 規制の必要性

More information

つがる市小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備建設に関するガイドライン 平成 29 年 11 月 15 日公表 1 目的本ガイドラインは つがる市 ( 以下 市 という ) において小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備及び設備建設に伴う送電線等の付帯設備 ( 以下 小形風力発電設備等 という

つがる市小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備建設に関するガイドライン 平成 29 年 11 月 15 日公表 1 目的本ガイドラインは つがる市 ( 以下 市 という ) において小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備及び設備建設に伴う送電線等の付帯設備 ( 以下 小形風力発電設備等 という つがる市小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備建設に関するガイドライン 平成 29 年 11 月 15 日公表 1 目的本ガイドラインは つがる市 ( 以下 市 という ) において小形風力発電 (20kW 未満 ) 設備及び設備建設に伴う送電線等の付帯設備 ( 以下 小形風力発電設備等 という ) の建設 ( ただし 自家用かつ高さ10m 以下のものは除く ) にあたって つがる市民の安全 安心

More information

資 料 第 1 71 回神戸市環境影響評価審査会 No. 6 住民説明会報告書 平成 30 年 1 月 熊本鉄構株式会社

資 料 第 1 71 回神戸市環境影響評価審査会 No. 6 住民説明会報告書 平成 30 年 1 月 熊本鉄構株式会社 資 料 第 1 71 回神戸市環境影響評価審査会 No. 6 住民説明会報告書 平成 30 年 1 月 熊本鉄構株式会社 目次 (1) 事業者の氏名及び住所 1 (2) 対象事業の名称 1 (3) 説明会の開催概要 1 ( ア ) 説明会の開催日時 1 ( イ ) 会場名 1 ( ウ ) 会場の収容人員及び会場の所在地 1 ( エ ) 対象とした地域 1 ( オ ) 市民の出席者数 1 ( カ )

More information

( 別紙 ) 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見 1. 総論 (1) 石炭火力発電を巡る環境保全に係る国内外の状況を十分認識し 本事業を検討すること 本事業を実施する場合には 本事業に伴う環境影響を回避 低減するため

( 別紙 ) 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見 1. 総論 (1) 石炭火力発電を巡る環境保全に係る国内外の状況を十分認識し 本事業を検討すること 本事業を実施する場合には 本事業に伴う環境影響を回避 低減するため 中国電力株式会社及び JFE スチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力 発電所建設計画計画段階環境配慮書 に対する意見について 平成 2 9 年 3 月 1 5 日 経済産業省 本日 環境影響評価法 ( 平成 9 年法律第 81 号 ) 第 3 条の6の規定に基づき 中国電力株式会社及びJFEスチール株式会社 ( 仮称 ) 蘇我火力発電所建設計画計画段階環境配慮書 について 中国電力株式会社及びJFEスチール株式会社に対し

More information

1

1 8.2 騒音 振動 8.2.1 調査事項 調査事項は 表 8.2-1 に示すとおりである 表 8.2-1 調査事項 区分 調査した事項 調査条件の状況 調査事項 工事用車両の走行に伴う道路交通騒音 工事用車両の走行に伴う道路交通振動 建設機械の稼働に伴う建設作業騒音 建設機械の稼働に伴う建設作業振動 工事用車両の状況( 種類 台数 時間帯 ) 一般車両の状況( 種類 台数 時間帯 ) 建設機械の稼働状況(

More information

Microsoft Word 交通渋滞(有明アーバン)_181017

Microsoft Word 交通渋滞(有明アーバン)_181017 9.4.1 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 9.4-1 に示すとおりである 調査事項 1 交通量等の状況 2 道路等の状況 3 土地利用の状況 4 規制等の状況 表 9.4-1 調査事項及びその選択理由選択理由 事業の実施に伴い交通渋滞の発生又は解消等 交通量及び交通流の変化が考えられることから 計画地及びその周辺について 左記の事項に係る調査が必要である

More information

1 見出し1

1 見出し1 9.17.1 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 9.17-1 に示すとおりである 調査事項 1 交通量等の状況 2 道路等の状況 3 土地利用の状況 4 規制等の状況 表 9.17-1 調査事項及びその選択理由 選択理由事業の実施に伴い交通渋滞の発生又は解消等 交通量及び交通流の変化が考えられることから 計画地及びその周辺について 左記の事項に係る調査が必要である

More information

<4D F736F F D208EAD8E CA78BD18D5D92AC B835C815B B8AC28BAB838A E92B28DB88CF68A4A97708A C E646F6378>

<4D F736F F D208EAD8E CA78BD18D5D92AC B835C815B B8AC28BAB838A E92B28DB88CF68A4A97708A C E646F6378> ( 仮称 )環境リスク調査融資促進利子補給金交付事業報告書 概要版 株式会社ホテルニューアワジ 報告書 Page 2 1. 調査概要 本調査の概要を以下に示す 1) 調査名鹿児島県肝属郡錦江町メガソーラー環境リスク調査融資促進利子補給金交付事業 2) 対象地鹿児島県肝属郡錦江町神川 ( 面積 39,947.5m 2 ) 3) 事業者株式会社ホテルニューアワジ 4) 調査目的 事業の特性を環境面から整理する

More information

力率 1.0(100%) の場合 100% の定格出力まで有効電力として発電し 出力できます 力率 0.95(95%) の場合は 定格出力の 95% 以上は有効電力として出力できません 太陽光発電所への影響 パワコンの最大出力が 95% になるので 最大出力付近ではピークカットされます パワコンの出

力率 1.0(100%) の場合 100% の定格出力まで有効電力として発電し 出力できます 力率 0.95(95%) の場合は 定格出力の 95% 以上は有効電力として出力できません 太陽光発電所への影響 パワコンの最大出力が 95% になるので 最大出力付近ではピークカットされます パワコンの出 力率一定制御についての Q&A 集 2018 年 5 月 31 日 JPEA 事務局 2017 年 3 月の系統連系規程改定により 低圧配電線に逆潮流ありで連系する太陽光発電設備の標準力率値は 0.95 とすることが規定されました パワコンメーカーでは力率を 0.95 に設定することができる機能を付加した製品を順次市場に送り出しております このようなパワコンでは 力率値を 0.95 に設定する必要があります

More information

山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 平成二十八年山梨県告示第九十九号 ) 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針を次のとおり定める 平成二十八年三月二十四日 山梨県知事 後 藤 斎 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 趣旨 ) 第一条 この技術指針は 山梨県世界遺産富士山の保全に係る

山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 平成二十八年山梨県告示第九十九号 ) 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針を次のとおり定める 平成二十八年三月二十四日 山梨県知事 後 藤 斎 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 趣旨 ) 第一条 この技術指針は 山梨県世界遺産富士山の保全に係る 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 平成二十八年山梨県告示第九十九号 ) 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針を次のとおり定める 平成二十八年三月二十四日 山梨県知事 後 藤 斎 山梨県世界遺産富士山景観評価等技術指針 ( 趣旨 ) 第一条 この技術指針は 山梨県世界遺産富士山の保全に係る景観配慮の手続に関する条例 ( 平成二十七年山梨県条例第四十六号 次条第二項において 条例 という )

More information

IGCC実証試験発電所環境影響評価方法書

IGCC実証試験発電所環境影響評価方法書 資料 3-47-4 平成 24 年 10 月 22 日風力部会資料 天北風力発電事業 環境影響評価方法書 補足説明資料 平成 24 年 10 月 有限会社稚内グリーンファクトリー 風力部会補足説明資料目次 共通事項 1. 土地の改変区域 ( 工事区域 アクセス道路 樹木の伐採範囲等 ) が不明 2. 風力発電所の配置 ( 風車 建屋等含む ) が不明 3. 温室効果ガスの削減効果が不明 4. 工事車両の搬送ルート

More information

PowerPoint プレゼンテーション

PowerPoint プレゼンテーション 隠岐諸島における ハイブリッド蓄電池システム実証事業の概要 環境省 平成 26 年度離島の再生可能エネルギー導入促進のための蓄電池実証事業 に採択 2016 年 6 月 16 日 中国電力株式会社流通事業本部 1. 島根県隠岐諸島の概要 1 島根県隠岐諸島の概要 2 隠岐諸島は, 本土の北方約 50km の日本海に位置 島前 ( ト ウセ ン )3 島と島後 ( ト ウコ ) および 180 余りの小島で構成

More information

Microsoft Word - 土砂指導要綱.doc

Microsoft Word - 土砂指導要綱.doc 常滑市土砂の採掘 埋立等 土地の形態変更に関する指導要綱 ( 目的 ) 第 1 条この要綱は 市内における土砂の採掘 埋立等 土地の形態変更 ( 以下 開発等の行為 という ) について適正な指導を行い これにより発生する災害を防止し これら事業によって必要となる公共公益施設等の整備に負担と協力を要請し 市土の秩序ある利用と保全を図ることを目的とする ( 協議の申し出 ) 第 2 条開発等の行為を行おうとする者

More information

目次 1. 実施内容について 背景と目的 2. 海外 P2G 事例 3. FSの中間報告 システム機能概要図 主要設備仕様案 主要設備面積試算と水素量試算 想定スケジュール 技術的要件 送電線 FSにおける今後の検討スケジュール 2017 Toshiba Corporation / Tohoku-E

目次 1. 実施内容について 背景と目的 2. 海外 P2G 事例 3. FSの中間報告 システム機能概要図 主要設備仕様案 主要設備面積試算と水素量試算 想定スケジュール 技術的要件 送電線 FSにおける今後の検討スケジュール 2017 Toshiba Corporation / Tohoku-E 資料 3 福島新エネ社会構想実現会議 再生可能エネルギー由来 水素プロジェクト検討 WG 2017 年 3 月 2 日 株式会社東芝東北電力株式会社岩谷産業株式会社 2017 Toshiba Corporation / Tohoku-Electric Power Co., Inc. / Iwatani Corporation 目次 1. 実施内容について 背景と目的 2. 海外 P2G 事例 3.

More information

1 見出し1

1 見出し1 9.17.1 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 9.17-1 に示すとおりである 調査事項 1 交通量等の状況 2 道路等の状況 3 土地利用の状況 4 規制等の状況 表 9.17-1 調査事項及びその選択理由 選択理由事業の実施に伴い交通渋滞の発生又は解消等 交通量及び交通流の変化が考えられることから 計画地及びその周辺について 左記の事項に係る調査が必要である

More information

別紙 第 1 対象事業 1 事業者の名称 代表者の氏名及び主たる事務所の所在地名称 :JFE スチール株式会社代表者 : 代表取締役社長柿木厚司所在地 : 東京都千代田区内幸町二丁目 2 番 3 号 2 対象事業の名称 JFE 扇島火力発電所更新計画 3 対象事業実施区域神奈川県川崎市川崎区扇島 1

別紙 第 1 対象事業 1 事業者の名称 代表者の氏名及び主たる事務所の所在地名称 :JFE スチール株式会社代表者 : 代表取締役社長柿木厚司所在地 : 東京都千代田区内幸町二丁目 2 番 3 号 2 対象事業の名称 JFE 扇島火力発電所更新計画 3 対象事業実施区域神奈川県川崎市川崎区扇島 1 27 環総政第 420 号平成 27 年 8 月 10 日 経済産業大臣宮沢洋一殿 東京都知事舛添要一 JFE 扇島火力発電所更新計画 環境影響評価方法書に係る電気事業法第 46 条の 7 第 1 項に規定する意見について 標記の件について 電気事業法第 46 条の 7 第 1 項の規定に基づき 事業者に替えて経済産業大臣に対し 別紙のとおり意見を述べます 別紙 第 1 対象事業 1 事業者の名称

More information

<4D F736F F D2091E B78EBA8CF889CA834B83582E646F63>

<4D F736F F D2091E B78EBA8CF889CA834B83582E646F63> 第 18 温室効果ガス 1 調査の手法 (1) 調査すべき情報ア対策の実施状況温室効果ガスの排出又は使用 ( 以下 排出等 という ) を回避し 若しくは低減するための対策又はエネルギーの使用量を削減するための対策の内容 効果等イ地域内のエネルギー資源の状況実施区域周辺における地域冷暖房事業等の位置 供給範囲 熱源 供給能力等ウ伐採する樹木の状況等エ法令等による基準等 解説 予測評価の対象となる温室効果ガスとは

More information

1 見出し1

1 見出し1 9.16.1 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 9.16-1 に示すとおりである 調査事項 1 交通量等の状況 2 道路等の状況 3 土地利用の状況 4 規制等の状況 表 9.16-1 調査事項及びその選択理由 選択理由事業の実施に伴い交通渋滞の発生又は解消等 交通量及び交通流の変化が考えられることから 計画地及びその周辺について 左記の事項に係る調査が必要である

More information

npg2018JP_1011

npg2018JP_1011 環境に関わる責任 日本製紙グループでは バリューチェーンの各段階で発生する 環境負荷を可能な限り小さくすることを目指し 持続可能な循環型社会の構築に貢献していきます 評価指標 重要課題 日本製紙 株 斜里社有林 目標 達成状況 2017 年度 気候変動問題への取り組み 温室効果ガス排出量 2020年度までに2013年度比で10%削減する 3.9 削減 2020年度までに98%以上とする 98.6 自社林の森林認証取得率

More information

環境アセスメントの実施について

環境アセスメントの実施について 資料 3 3 市共同資源化事業基本構想 ( 案 ) について 小平市東大和市武蔵村山市小平 村山 大和衛生組合 はじめに 3 市共同資源化事業基本構想は 平成 33 年度のごみの焼却施設の更新を視野に入れ ソフト面では 廃棄物の減量施策や 3 市の資源化基準の統一 ハード面では 3 市共同資源物処理施設の新設と粗大ごみ処理施設の更新を内容とする3 市共同資源化事業の全体像を示すものです 今後 この構想に基づき

More information

3. 市街化調整区域における土地利用の調整に関し必要な事項 区域毎の面積 ( 単位 : m2 ) 区域名 市街化区域 市街化調整区域 合計 ( 別紙 ) 用途区分別面積は 市町村の農業振興地域整備計画で定められている用途区分別の面積を記入すること 土地利用調整区域毎に市街化区域と市街化調整区域それぞ

3. 市街化調整区域における土地利用の調整に関し必要な事項 区域毎の面積 ( 単位 : m2 ) 区域名 市街化区域 市街化調整区域 合計 ( 別紙 ) 用途区分別面積は 市町村の農業振興地域整備計画で定められている用途区分別の面積を記入すること 土地利用調整区域毎に市街化区域と市街化調整区域それぞ 土地利用調整計画の様式例 記載要領 土地利用調整計画の様式例 第 1 土地利用調整区域 1. 所在 面積区域名 所在 地番 面積 市町村 大字 字 ( m2 ) 対象区域が分かるよう 所在を明らかにした図面を添付する 記載要領 それぞれの土地利用調整区域を区別するため 区域名を記載すること 土地利用調整区域毎に地番単位で記載すること 対象区域が分かるよう 10,000 分の1~25,000 分の 1の市町村地形図を用いて

More information

一条メガソーラー長野佐久穂海瀬発電所 ( 仮称 ) 事業に係る環境影響評価方法書に対する佐久穂町長意見 意見内容 [p002] 6-2 対象事業実施区域及び調査範囲〇佐久穂町地下水保全条例では行為地より 300m 以上離れた場所である事を定めているため 調査地域を対象事業実施区域から 200m 程度

一条メガソーラー長野佐久穂海瀬発電所 ( 仮称 ) 事業に係る環境影響評価方法書に対する佐久穂町長意見 意見内容 [p002] 6-2 対象事業実施区域及び調査範囲〇佐久穂町地下水保全条例では行為地より 300m 以上離れた場所である事を定めているため 調査地域を対象事業実施区域から 200m 程度 一条メガソーラー長野佐久穂海瀬発電所 ( 仮称 ) 事業に係る環境影響評価方法書に対する佐久穂町長意見 意見内容 [p002] 6-2 対象事業実施区域及び調査範囲〇佐久穂町地下水保全条例では行為地より 300m 以上離れた場所である事を定めているため 調査地域を対象事業実施区域から 200m 程度を 300m に変更すること ( 佐久穂町地下水保全条例 (H24/9/25 条例 18 号 ) 地下水採取について必要な規制をおこなう

More information

<955D89BF8F DC58F498CB48D65816A2E786264>

<955D89BF8F DC58F498CB48D65816A2E786264> 低周波音 現況調査 (1) 調査内容 事業計画地周辺における低周波音の状況を把握するため 既存資料調査及び現地調査を実施し た 調査内容は表 5.5.1 に示すとおりである 表 5.5.1 調査内容 調査項目 調査地点 範囲 調査時期 調査方法 低周波音 1/3 オクターフ ハ ン ト 周波数分析 大阪府域 適宜 既存資料調査大阪府環境白書平成 19 年版 事業計画地周 平日 休日 辺 :3 地点

More information

Microsoft Word - HP掲載資料 docx

Microsoft Word - HP掲載資料 docx 2018 年 2 月 19 日日本合成化学工業株式会社 大垣工場 ( 神田地区 ) の土壌と今後の対策について この度弊社大垣工場神田地区 ( 岐阜県大垣市神田町 2 丁目 35 番地 ) におきまして 新プラント建設に伴う候補用地の土壌自主調査を実施しました その結果 5 種類の特定有害物質 ( ベンゼン 及びその化合物 及びその化合物 砒素及びその化合物 ふっ素及びその化合物 ) が土壌汚染対策に基づく指定以上に検出されましたので

More information

<8EE597768E7B8DF481458F64935F D834F EA DC A2E786C7378>

<8EE597768E7B8DF481458F64935F D834F EA DC A2E786C7378> 主要施策 重点プログラム ( 案 ) 一覧表 基本目標 1 地域から取り組む地球環境の保全 主要施策 (P20~25) 重点プログラム (P48~54) 地球温暖化対策 ( ) 新エネルギーの導入促進 ( 掲載順の変更 ) 太陽光発電の導入促進 ( ) メガソーラーの誘致促進 住宅用太陽光発電の導入促進 野菜 花き栽培など農業分野での新エネルギーの利用拡大 小水力発電の導入促進 ( 新規施策 ) 小水力発電の導入促進

More information

大鹿村内発生土置き場(旧荒川荘)における環境保全について

大鹿村内発生土置き場(旧荒川荘)における環境保全について 大鹿村内発生土置き場 ( 旧荒川荘 ) における 環境保全について 平成 30 年 2 月 東海旅客鉄道株式会社 目 次 頁第 1 章本書の概要 1-1 第 2 章工事の概要 2-1 2-1 工事位置 2-1 2-2 工事の規模 2-2 2-3 工事の概要 2-2 2-4 工事工程 2-5 2-5 運搬に用いる車両の運行台数について 2-5 第 3 章環境保全措置の計画 3-1 3-1 環境保全措置の検討方法

More information

< F2D81798E9197BF817C A95BD90AC E >

< F2D81798E9197BF817C A95BD90AC E > 資料 -1 平成 19 年 5 月東北地方整備局 平成 19 年度工事事故防止重点対策 Ⅰ. 重点対策 1. 公衆災害の防止 1) 交通災害の防止工事関係作業 ( 輸送作業等 ) に起因し 第三者の負傷 ( 死傷公衆災害 ) 及び第三者車両等に対する損害 ( 物損公衆災害 ) は 一般の人の生命 財産に損害を与えるといったあってはならない非常に重大な事故にもかかわらず 年々増加しいる この状況を踏まえ

More information

環境保全に関する協定書 ( 基準協定 ) 旭川市 ( 以下 甲 という ) と ( 以下 乙 という ) は, 乙が旭川市内で施工する事業 ( 以下 事業 という ) について, 次のとおり協定を締結する ( 法令等の厳守 ) 第 1 条 乙は, 事業実施に当り, 森林法, 北海道自然環境等保全条例

環境保全に関する協定書 ( 基準協定 ) 旭川市 ( 以下 甲 という ) と ( 以下 乙 という ) は, 乙が旭川市内で施工する事業 ( 以下 事業 という ) について, 次のとおり協定を締結する ( 法令等の厳守 ) 第 1 条 乙は, 事業実施に当り, 森林法, 北海道自然環境等保全条例 環境保全に関する協定書 ( 基準協定 ) 旭川市 ( 以下 甲 という ) と ( 以下 乙 という ) は, 乙が旭川市内で施工する事業 ( 以下 事業 という ) について, 次のとおり協定を締結する ( 法令等の厳守 ) 第 1 条 乙は, 事業実施に当り, 森林法, 北海道自然環境等保全条例 ( 以下 法令 とい う ) による開発行為の許可基準を遵守するとともに, 旭川市緑地の回復に関する指導

More information

和泉市の宅地開発における制度

和泉市の宅地開発における制度 和泉市の宅地開発制度について はじめに みなさんは 日ごろ身近なところで造成工事などが始まったとき 何ができるのだろう? どんな工事がされるのだろう? と思われたことはありませんか 都市計画法では 無秩序な市街化を防止し計画的な市街化を図ることや 安全で良好な宅地環境の整備を図るため 開発許可制度が設けられています さらに 和泉市では 宅地の開発等を行おうとする個人や事業者に対し 安全で良質な宅地となるよう

More information

1

1 環境活動レポ - ト ( 平成 29 年 5 月 ~30 年 4 月 ) 平成 30 年 6 月 15 日 株式会社那賀建設 EA-05 Ⅰ. 事業所の概要 ( 改訂第 1 版 ) (1) 事業者名及び代表者名 株式会社那賀建設 代表取締役福本成幸 (2) 所在地 本社 徳島県阿南市才見町野中 3 番地 資材置場徳島県阿南市才見町旭越山 15-1 (3) 環境保全関係の責任者及び担当者 責任者環境管理責任者

More information

豊田 岡崎地区研究開発施設用地造成事業工事工程の変更 ( 東工区 西工区用地造成工事及び 西工区施設建設工事工程変更 ) に伴う環境影響 平成 29 年 月 愛知県 トヨタ自動車株式会社 目 次 1 概要... 1 2 工事工程の変更内容... 2 3 検討項目... 検討結果... 5 (1) 建設機械等の稼働に伴う環境影響... 5 ア建設機械等の稼働に伴う大気汚染物質排出量... 5 イ建設機械等の稼働に伴う騒音パワーレベル合成値...

More information

RIETI Highlight Vol.66

RIETI Highlight Vol.66 2 0 1 7 F A L L 66 1 RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL 3 Interviewer 4 RIETI HIGHLIGHT 2017 FALL DPNo No. 17-E-082-0 http://www.rieti.go.jp/jp/publications/dp/17e082.pdf RIETI HIGHLIGHT

More information

1

1 資料 -1 騒音に係る環境基準の類型を当てはめる地域並びに騒音及び振動の規制地域の変更について ( 案 ) 1 騒音に係る環境基準の地域類型を当てはめる地域並びに 騒音及び振動の規制地域の変更について 1 変更の理由 釜石市及び紫波町において 都市計画法第 8 条第 1 項第 1 号に規定する用途地域が変更されたこと に伴い 標記の変更を行うものである 2 変更案 今回の変更は 都市計画の用途地域に応じた原則どおりの指定

More information

事前協議終了通知書

事前協議終了通知書 第 1 号様式 ( 第 4 条関係 ) ( 日本工業規格 A 列 4 番 ) 土地開発行為協議書 協議者 土地開発行為を行いたいので みどり豊かでうるおいのある県土づくり条例第 16 条第 1 項の規定により協議します 市 郡 町大字 字 番地地目開発区域面積所有者備考 開発区域面積の内訳 合 計 森林農地宅地里道 水路 その他合計 主要工事計画 事業費計画 土工関係 防災施設関係 のりこう 切土量

More information

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県

市街化調整区域の土地利用方針の施策体系 神奈川県 平塚市 神奈川県総合計画 神奈川県国土利用計画 平塚市総合計画 かながわ都市マスタープラン 同地域別計画 平塚市都市マスタープラン ( 都市計画に関する基本方針 ) 平塚都市計画都市計画区域の 整備 開発及び保全の方針 神奈川県土地利用方針 神奈川県 平塚市市街化調整区域の土地利用方針 1 方針策定に当たって (1) 背景と必要性 高度経済成長期における都市への急速な人口や産業の集中による市街地の無秩序な拡散 ( スプロール ) に対処するため 昭和 43 年に市街化区域及び市街化調整区域の区域区分制度 ( 線引き制度 ) 開発許可制度が制定された 本市においても 昭和 45 年に線引きを行い 市街化調整区域においては 市街化の抑制を基本とし 農地や山林等を保全する一方

More information

4 推進体制別途添付いたします 5 公表の方法等 ホームページアドレス 閲覧場所 窓口で閲覧 所在地 冊 子 閲覧可能時間 冊子名 入手方法 その他

4 推進体制別途添付いたします 5 公表の方法等 ホームページアドレス   閲覧場所 窓口で閲覧 所在地 冊 子 閲覧可能時間 冊子名 入手方法 その他 地球温暖化対策実施状況報告書 ( 報告先 ) 横浜市長 平成 25 年 7 月 31 日 住所東京都渋谷区神南 1-10-1 氏名 株式会社ドトールコーヒー代表取締役社長鳥羽豊 ( 法人の場合は 名称及び代表者の氏名 ) 横浜市生活環境の保全等に関する条例 ( 以下 条例 という ) 第 144 条第 2 項の規定により 次のとおり報告します 1 地球温暖化対策事業者等の概要 事業者の氏名又は名称株式会社ドトールコーヒー代表取締役社長鳥羽豊

More information

北杜市新エネルギービジョン

北杜市新エネルギービジョン 概 要 版 平 成 18 年 3 月 山 梨 県 北 杜 市 1 新エネルギーとは 深刻化する地球温暖化 心配される化石燃料の枯渇といった課題への対策として注目されているのが 新エネル ギー です 新エネルギー とは 太陽や風 森林などの自然のエネルギーなどを活用するもので 石油代替エネ ルギーとして導入が期待されているものの コストなどの制約から普及が十分でないため 積極的に促進を図る必 要があるもの

More information

( 対象区域 ) 第 5 地区計画の対象区域は 工業団地 ( 国母工業団地 南部工業団地 機械金属工業団地 ファッション工業団地 ( アリア ディ フィレンツェ ) をいう 以下同じ ) の区域内及び隣接地又は近接地 ( おおむね工業団地から500メートル以内 ) とする ( 区域の設定 ) 第 6

( 対象区域 ) 第 5 地区計画の対象区域は 工業団地 ( 国母工業団地 南部工業団地 機械金属工業団地 ファッション工業団地 ( アリア ディ フィレンツェ ) をいう 以下同じ ) の区域内及び隣接地又は近接地 ( おおむね工業団地から500メートル以内 ) とする ( 区域の設定 ) 第 6 甲府市市街化調整区域における工業系の地区計画制度要綱平成 21 年 6 月 1 日都第 1 号 ( 目的 ) 第 1 この要綱は 本市の市街化調整区域における地区計画制度の運用及び地区計画の原案を作成するための案 ( 以下 地区計画の素案 という ) の作成に関し必要な事項を定めることにより 良好な工業用地環境の形成及び維持に寄与し 周辺環境と調和した本市にふさわしい市街化調整区域の土地利用を図ることを目的とする

More information

<4D F736F F F696E74202D D959797CD94AD93648F8A8CFC8AC48E8B90A78CE B292F188C48F912D

<4D F736F F F696E74202D D959797CD94AD93648F8A8CFC8AC48E8B90A78CE B292F188C48F912D 風力発電所向 監視制御システム ご提案書 株式会社シーエスデー CSD. Customer Solutions Development CSD CSD Customer Customer Solutions Solutions Development Development Co., Co., Ltd. Ltd. 0. はじめに : 風力発電事業の再市場開拓に 再生エネルギーとして 近年太陽光発電所が盛んに建築されていますが

More information

NISSIN REPORT 2015 17 18 19 20 21 22 23 1 2 3 5 7 9 10 11 12 13 15 1,500 1,000 500 0 1,033 2012 1,099 1,071 2013 2014 150 100 50 0 71 2012 95 90 2013 2014 44.2% 18.3% 22.4% 15.1% 49.5% 1.1% 28.4% 17.5%

More information

. 石垣島における電力系統の概要 Copyright The Okinawa Electric Power Company, Incorporated. All Rights Reserved.

. 石垣島における電力系統の概要 Copyright The Okinawa Electric Power Company, Incorporated. All Rights Reserved. 石垣島における再生可能エネルギー発電設備の連系に関する説明会 平成 6 年 6 月 3 日 沖縄電力株式会社 . 石垣島における電力系統の概要 Copyright The Okinawa Electric Power Company, Incorporated. All Rights Reserved. . 石垣島系統における電源設備 石垣島では主に内燃力発電機を用い電気の供給を行っております 内燃力発電設備

More information

2016 Takeei Enviro nmental and Social Report 1967 1970 1984 1990 1993 40 タケエイグループ拠点数の推移 35 再生可能エネルギー 環境エンジニアリング 環境コンサルティング 30 ランドフィル 最終処分場 マテリアルリサイクル 25 建設廃棄物処理 リサイクル 20 VISION for 2020 対象期間 15 10

More information

<4D F736F F F696E74202D A957A A81798CBB8FEA8C9F8FD8826F A DB91B6817A2E505054>

<4D F736F F F696E74202D A957A A81798CBB8FEA8C9F8FD8826F A DB91B6817A2E505054> モデル事業検証 PT( 中間報告 ) ICT 導入技術の調査 検証対象とした建設 ICT モデル工事 1 盛土工 A 工事 ( 河川 ) 建設 ICT モデル工事 B 工事 ( 河川 ) 捲き出し 3DMC ブルドーザ 3DMC ブルドーザ 従来ブルドーザ GNSS 受信機 GNSS 受信機 標尺 締固め 3DMG ローラ 3DMG ローラ 従来ローラ GNSS 受信機 GNSS 受信機 標尺 特筆すべき

More information

北海道環境イニシアティブ の推進北海道エコ コンストラクション イニシアティブの充実 北海道エコ コンストラクション イニシアテイブ は 北海道環境イニシアテイブの一環として 2008 年にスタートして以来 5 年目 北海道の優れた自然環境 資源 特性を活かした先駆的 実験的な取り組みを積極的に推進

北海道環境イニシアティブ の推進北海道エコ コンストラクション イニシアティブの充実 北海道エコ コンストラクション イニシアテイブ は 北海道環境イニシアテイブの一環として 2008 年にスタートして以来 5 年目 北海道の優れた自然環境 資源 特性を活かした先駆的 実験的な取り組みを積極的に推進 工事現場における二酸化炭素排出削減量の 見える化 ( 環境家計簿 ) の取組 北海道開発局事業振興部技術管理課 北海道環境イニシアティブ の推進北海道エコ コンストラクション イニシアティブの充実 北海道エコ コンストラクション イニシアテイブ は 北海道環境イニシアテイブの一環として 2008 年にスタートして以来 5 年目 北海道の優れた自然環境 資源 特性を活かした先駆的 実験的な取り組みを積極的に推進するとともに

More information

第 4 章特定産業廃棄物に起因する支障除去等の内容に関する事項 4.1 特定支障除去等事業の実施に関する計画 (1) 廃棄物の飛散流出防止ア廃棄物の飛散流出防止対策当該地内への雨水浸透を抑制し 処分場からの汚染地下水の拡散防止を図るとともに 露出廃棄物の飛散流出防止を図るため 覆土工対策を実施する

第 4 章特定産業廃棄物に起因する支障除去等の内容に関する事項 4.1 特定支障除去等事業の実施に関する計画 (1) 廃棄物の飛散流出防止ア廃棄物の飛散流出防止対策当該地内への雨水浸透を抑制し 処分場からの汚染地下水の拡散防止を図るとともに 露出廃棄物の飛散流出防止を図るため 覆土工対策を実施する 第 4 章特定産業廃棄物に起因する支障除去等の内容に関する事項 4.1 特定支障除去等事業の実施に関する計画 (1) 廃棄物の飛散流出防止ア廃棄物の飛散流出防止対策当該地内への雨水浸透を抑制し 処分場からの汚染地下水の拡散防止を図るとともに 露出廃棄物の飛散流出防止を図るため 覆土工対策を実施する 覆土構造については 長期的な観点から埋設されている有機物の分解を促進し 処分場の安定化を図るため 遮水層なしの覆土構造とする

More information

Microsoft Word - 宅地造成・区画形質変更の手引

Microsoft Word - 宅地造成・区画形質変更の手引 宅地造成 区画形質変更届出の手引 あきる野 市 宅地造成 区画形質変更の届出について あきる野市では 緑の保全と緑化を推進し 水と緑に恵まれた自然環境を将来に引き継 いでいくために あきる野市ふるさとの緑地保全条例 が平成 7 年 9 月 1 日に施行されて います この条例に基づき宅地造成等の行為を行う方は届出をしてください 1 宅地造成等に関する届出書を提出する対象施設について宅地造成その他土地の区画形質の変更

More information

Microsoft PowerPoint - 説明資料(全体).ppt

Microsoft PowerPoint - 説明資料(全体).ppt 沖縄県環境影響評価条例の改正について 平成 3 年 9 月沖縄県環境政策課環境評価班 沖縄県における環境影響評価 ( 資料 1) 環境影響評価とは 事業の実施が環境へ及ぼす影響について 事業者自らが あらかじめ調査 予測 評価を行うとともに その過程において環境保全措置を検討し 当該措置が講じられた場合の環境影響を総合的に評価すること 環境影響評価の結果を事業内容に関する決定に反映させることによって

More information

<4D F736F F D208F8094F58F918BE692B788D38CA981698B9E89A490FC816A2E646F63>

<4D F736F F D208F8094F58F918BE692B788D38CA981698B9E89A490FC816A2E646F63> 別紙 平成 23 年 11 月 17 日杉並区 京王電鉄京王線 ( 笹塚駅 ~つつじヶ丘駅間 ) 連続立体交差化及び複々線化事業に係る環境影響評価準備書に対する意見 京王電鉄京王線 ( 笹塚駅 ~つつじヶ丘駅間 ) 連続立体交差化及び複々線化事業は 当該区間を連続立体交差化することにより 25 箇所の踏切が除却され 慢性的な交通渋滞の解消及び鉄道 道路それぞれの安全性の向上 さらには 鉄道により隔てられていた地域の一体化を可能にする事業と理解しています

More information

添付資料 〇添付 -1: 大気質に係る追加調査候補地点 〇添付 -2: 大気質に係る予測手法の変更 〇添付 -3: 騒音 振動 低周波音に係る追加調査候補地点 〇添付 -4: 水質に係る追加調査候補地点 〇添付 -5: 植物 動物に係る環境影響評価項目の変更植物 動物に係る環境影響評価項目選定理由の

添付資料 〇添付 -1: 大気質に係る追加調査候補地点 〇添付 -2: 大気質に係る予測手法の変更 〇添付 -3: 騒音 振動 低周波音に係る追加調査候補地点 〇添付 -4: 水質に係る追加調査候補地点 〇添付 -5: 植物 動物に係る環境影響評価項目の変更植物 動物に係る環境影響評価項目選定理由の 添付資料 〇添付 -1: 大気質に係る追加調査候補地点 〇添付 -2: 大気質に係る予測手法の変更 〇添付 -3: 騒音 振動 低周波音に係る追加調査候補地点 〇添付 -4: 水質に係る追加調査候補地点 〇添付 -5: 植物 動物に係る環境影響評価の変更植物 動物に係る環境影響評価選定理由の変更植物 動物に係る調査 予測及び評価手法の変更 〇添付 -6: 温室効果ガス等 ( 二酸化炭素 ) に係る環境影響評価の変更温室効果ガス等

More information

1 自然に対する関心 (1) 自然に対する関心 平成 24 年 6 月 平成 26 年 7 月 関心がある( 小計 ) 90.4% 89.1% 非常に関心がある 29.5% 21.9%( 減 ) ある程度関心がある 60.9% 67.2%( 増 ) 関心がない( 小計 ) 8.8% 10.5% あま

1 自然に対する関心 (1) 自然に対する関心 平成 24 年 6 月 平成 26 年 7 月 関心がある( 小計 ) 90.4% 89.1% 非常に関心がある 29.5% 21.9%( 減 ) ある程度関心がある 60.9% 67.2%( 増 ) 関心がない( 小計 ) 8.8% 10.5% あま 環境問題に関する世論調査 の概要 平成 26 年 9 月内閣府政府広報室 調 査 対 象 全国 20 歳以上の者 3,000 人 有効回収数 1,834 人 ( 回収率 61.1%) 調査期間平成 26 年 7 月 24 日 ~8 月 3 日 ( 調査員による個別面接聴取 ) 調査目的環境問題に関する国民の意識を調査し 今後の施策の参考とする 調 査 項 目 1 自然に対する関心 2 エコツーリズム

More information

JAXA前半_PDF用.indd

JAXA前半_PDF用.indd 2015 Explore to Realize 02 04 06 08 FEATURE 01 11 FEATURE 02 12 FEATURE 03 CONTENTS 14 16 18 26 34 36 37 38 01 02 03 Research and Development 01 02 03 04 05 04 05 01 02 03 04 05 06 07 FEATURE 01 08 09

More information

スライド 1

スライド 1 まちづくり計画策定担い手支援事業 ( 参考資料 ) ( 参考 1-1) まちづくり計画策定担い手支援事業の活用イメージ < 例 1> 防災上問題のある市街地の場合 ~ 密集市街地 重点密集市街地 ~ 1. 住んでいる地区が密集市街地なので 耐震性 防火性を向上させたい そのためには 建物の建替えを促進することが必要 2. 地区内の道路が狭いため 現状の建築規制では 建替え後は今の建物より小さくなってしまい

More information

ごみ焼却施設建設工事 優先交渉権者決定基準 ( 抜粋 ) 平成 29 年 3 月 有明生活環境施設組合 有明生活環境施設組合ごみ焼却施設建設工事 優先交渉権者決定基準 ( 抜粋 ) 目 次 1 優先交渉権者選定の審査手順 1 1) 優先交渉権者決定基準の位置付け 1 2) 審査の手順 1 3) 審査の流れ 2 2 プロポーザル参加資格審査 3 1) 審査方法 3 2) 審査する内容 3 3 技術提案書類及び最終見積書等の審査

More information

お知らせ

お知らせ 広報資料 ( 経済同時 ) 平成 27 年 12 月 16 日環境政策局 担当 : 地球温暖化対策室電話 :222-4555 事業者排出量削減計画書制度 及び 新車販売実績報告書制度 平成 26 年度実績の取りまとめについて 京都市では, 京都市地球温暖化対策条例 ( 以下 条例 という ) に基づき, 一定規模の温室効果ガスを排出する事業者 ( 特定事業者 ) の自主的な排出量削減を図ることを目的として,

More information

2 本日の内容 1 神奈川県内に適用される土壌汚染関係法令 2 土壌汚染対策法による取組み 3 神奈川県生活環境の保全等に関する条例による取組み 4 神奈川県の土壌汚染対策相談窓口

2 本日の内容 1 神奈川県内に適用される土壌汚染関係法令 2 土壌汚染対策法による取組み 3 神奈川県生活環境の保全等に関する条例による取組み 4 神奈川県の土壌汚染対策相談窓口 1 平成 28 年度土壌汚染対策セミナー 神奈川県における土壌汚染対策の 現状と取り組みについて 平成 28 年 10 月 13 日 神奈川県環境農政局環境部大気水質課 2 本日の内容 1 神奈川県内に適用される土壌汚染関係法令 2 土壌汚染対策法による取組み 3 神奈川県生活環境の保全等に関する条例による取組み 4 神奈川県の土壌汚染対策相談窓口 3 1 神奈川県内に適用される土壌汚染関係法令 土壌汚染対策法

More information

Microsoft Word - è³⁄挎9_è©Łä¾¡æł¸æ¡‹ã†«ã†¤ã†—ã†¦æ—‘è¦‰ã†«å¯¾ã†Žã‡‰äº‰æ¥Łè•–ã†®è¦‰è§£ã†«ã†¤ã†—ã†¦190609

Microsoft Word - è³⁄挎9_è©Łä¾¡æł¸æ¡‹ã†«ã†¤ã†—ã†¦æ—‘è¦‰ã†«å¯¾ã†Žã‡‰äº‰æ¥Łè•–ã†®è¦‰è§£ã†«ã†¤ã†—ã†¦190609 資 料 第 1 8 3 回神戸市環境影響評価審査会 No. 9 評価書案についての意見に対する 事業者の見解について 令和元年 (2019 年 )6 月 BayWa r.e.japan 株式会社 評価書案に係る見解書 事業者の名称 代表者の氏名及び主たる事務所の所在地事業者の名称 :BayWa r.e.japan 株式会社代表者の氏名 : 伊藤正裕 ( 代表取締役 ) 主たる事務所の所在地 : 東京都港区浜松町

More information

目次 平成 30 年 6 月環境経済観測調査地域別統計表 ページ 表 A 地域別対象企業数及び回答率 1 表 1-1 我が国の環境ビジネス全体の業況 主業別 2 表 1-2 発展していると考える環境ビジネス 4 表 2-1(1) 現在行っている環境ビジネス数 主業別 6 表 2-1(2) 現在行って

目次 平成 30 年 6 月環境経済観測調査地域別統計表 ページ 表 A 地域別対象企業数及び回答率 1 表 1-1 我が国の環境ビジネス全体の業況 主業別 2 表 1-2 発展していると考える環境ビジネス 4 表 2-1(1) 現在行っている環境ビジネス数 主業別 6 表 2-1(2) 現在行って 目次 平成 30 年 6 月環境経済観測調査地域別統計表 ページ 表 A 地域別対象企業数及び回答率 1 表 1-1 我が国の環境ビジネス全体の業況 主業別 2 表 1-2 発展していると考える環境ビジネス 4 表 2-1(1) 現在行っている環境ビジネス数 主業別 6 表 2-1(2) 現在行っている環境ビジネス 8 表 2-2(1) 今後の環境ビジネス実施意向 主業別 9 表 2-2(2) 今後行いたいと考えている環境ビジネス

More information

【環境省】各行政機関における政策評価の結果及びこれらの政策への反映状況(個表)

【環境省】各行政機関における政策評価の結果及びこれらの政策への反映状況(個表) 環境省 表 19 環境省における政策評価の結果及びこれらの政策への反映状況 ( 個表 ) 1 事前評価 表 19-(1) 規制を対象として評価を実施した政策 ( 平成 29 年 12 月 11 日 平成 30 年 3 月 15 日公表 ) 政策ごとの評価結果については 政策評価ポータルサイト ( 環境省の規制を対象とする政策評価 ) (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/portal/index/kisei/env.html)

More information

4 予測結果では 海側で少し環境目標値を超えているのですけれども 対岸の東海市のところは 新日鐵住金の工場等でしょうか 東海市側も臨港地区になりまして ご指摘の通り新日鐵住金等があるエリアです なお 対岸までの距離は約 1km ですが 住宅地までは約 3.5km です 5 煙源が地面に近く 施工区域

4 予測結果では 海側で少し環境目標値を超えているのですけれども 対岸の東海市のところは 新日鐵住金の工場等でしょうか 東海市側も臨港地区になりまして ご指摘の通り新日鐵住金等があるエリアです なお 対岸までの距離は約 1km ですが 住宅地までは約 3.5km です 5 煙源が地面に近く 施工区域 資料 平成 29 年度第 3 回審査会での質問と回答 ( 金城ふ頭地先公有水面埋立て ) 質問 意見の概要審査会での事務局の回答事業者の補足説明 1 2 準備書 149 頁や 153 頁において 予測結果が環境目標値以下であっても 目標値に対して 8 割から 9 割程度の値の場合には 議論が必要ですか 準備書 149 頁では 工事による寄与率が 1% 未満であり 重合を考慮しても 5% 程度であるため

More information

環境アセスメント迅速化手法のガイド - 前倒環境調査の方法論を中心に - 地熱発電所技術事例集 国立研究開発法人新エネルギー 産業技術総合開発機構 New Energy and Industrial Technology Development Organization 目 次 第 章大気環境.... 大気質.... 騒音... 0.3 振動... 4 第 章水環境... 7. 水の濁り... 7.

More information

地区計画とは 地区計画とは 土地や建築物の所有者など地区の皆さんが合意を図りながら道路や公園などの配置 建築物の用途 容積率 高さ 色やデザイン等のルールをきめ細かく定め そのルールに基づいて建築行為等を行うことにより より良いまちづくりをすすめる手法のひとつです 地区の特性に応じて必要な項目を選択

地区計画とは 地区計画とは 土地や建築物の所有者など地区の皆さんが合意を図りながら道路や公園などの配置 建築物の用途 容積率 高さ 色やデザイン等のルールをきめ細かく定め そのルールに基づいて建築行為等を行うことにより より良いまちづくりをすすめる手法のひとつです 地区の特性に応じて必要な項目を選択 三鷹都市計画地区計画 大沢三丁目 環境緑地整備地区 地区計画 三鷹市 地区計画とは 地区計画とは 土地や建築物の所有者など地区の皆さんが合意を図りながら道路や公園などの配置 建築物の用途 容積率 高さ 色やデザイン等のルールをきめ細かく定め そのルールに基づいて建築行為等を行うことにより より良いまちづくりをすすめる手法のひとつです 地区の特性に応じて必要な項目を選択してルールを定めることができます

More information

<4D F736F F D2089C692EB BF B C838C815B CC AF834B E2895BD90AC E368C8E29>

<4D F736F F D2089C692EB BF B C838C815B CC AF834B E2895BD90AC E368C8E29> 運転音に配慮した 家庭用燃料電池コージェネレーションシステム の据付けガイドブック 平成 28 年 6 月 燃料電池実用化推進協議会 目次 エネファームの運転音について 1 エネファームの据付け要領 2 1. 据付け場所の選定 2 2. 据付け方法 2 3. 試運転時の確認 2 4. 据付け後の対応 2 表 1 の据付け場所に関する配慮点 3 表 2 据付け推奨例 4 エネファームの運転音について家庭用燃料電池コージェネレーションシステム

More information

(4) 対象区域 基本方針の対象区域は市街化調整区域全体とし 都市計画マスタープランにおいて田園都市ゾーン及び公園 緑地ゾーンとして位置付けられている区域を基本とします 対象区域図 市街化調整区域 2 資料 : 八潮市都市計画マスタープラン 土地利用方針図

(4) 対象区域 基本方針の対象区域は市街化調整区域全体とし 都市計画マスタープランにおいて田園都市ゾーン及び公園 緑地ゾーンとして位置付けられている区域を基本とします 対象区域図 市街化調整区域 2 資料 : 八潮市都市計画マスタープラン 土地利用方針図 市街化調整区域まちづくり基本方針の目的や位置付け (1) 目的 市街化調整区域まちづくり基本方針 ( 以下 基本方針 という ) では 市街化調整区域のあり方及び今後の土地利用の方向性を明らかにし 施策の展開による計画的な土地利用の保全 規制 誘導を図ります (2) 位置付け 基本方針は 都市計画マスタープランの市街化調整区域編として位置付け 都市計画マスタープランをはじめ 県や本市の上位 関連計画に即して定めます

More information

3 再生資材等の利用 (1) 再生骨材等の利用工事現場から 40km の範囲内に再資源化施設がある場合は 工事目的物に要求される品質等を考慮したうえで 原則として 再生骨材を利用する (2) 再生加熱アスファルト混合物の利用工事現場から 40km 及び運搬時間 1.5 時間の範囲内に再生加熱アスファ

3 再生資材等の利用 (1) 再生骨材等の利用工事現場から 40km の範囲内に再資源化施設がある場合は 工事目的物に要求される品質等を考慮したうえで 原則として 再生骨材を利用する (2) 再生加熱アスファルト混合物の利用工事現場から 40km 及び運搬時間 1.5 時間の範囲内に再生加熱アスファ 鹿児島市建設局における再生資源活用工事実施要領 の運用 鹿児島市建設局における再生資源活用工事実施要領 の運用については 下記により実施 するものとする 1 指定副産物の工事現場からの搬出 (1) コンクリート塊 アスファルト コンクリート塊公共工事に伴い発生したコンクリート塊 アスファルト コンクリート塊を廃棄物として工事現場から搬出する場合は 再資源化施設へ搬出する (2) 建設発生木材 ( 伐採木

More information

Q1 1

Q1 1 Q1 1 2 Top Interview Q2 3 Q3 Top Interview Q4 4 Report 5 Exhibition Info. 6 CSR活動 ニッタグループのCSR活動への取り組み 当社は 2004年1月にリスク管理委員会を設置 2005年6月に CSR推進 リスク管理委員会 に改称 し 災害 事故への対応から 環境 安全 衛生 ISO14001 OHSAS18001認証取得

More information

1 はじめに土壌汚染対策法 ( 以下 法 という ) 第 12 条に基づく土地の形質の変更届出とは 形質変更時要届出区域内で土地の形質の変更をする にあたり 形質変更の施行方法等について届出する手続きです 2 土地の形質の変更とは 土地の形質の変更 とは 土地の形状又は性状を変更することであり 宅地

1 はじめに土壌汚染対策法 ( 以下 法 という ) 第 12 条に基づく土地の形質の変更届出とは 形質変更時要届出区域内で土地の形質の変更をする にあたり 形質変更の施行方法等について届出する手続きです 2 土地の形質の変更とは 土地の形質の変更 とは 土地の形状又は性状を変更することであり 宅地 土壌汚染対策法第 12 条届出 H29.6 月横浜市土壌汚染対策手引 平成 29 年 6 月 横浜市環境創造局水 土壌環境課 1 はじめに土壌汚染対策法 ( 以下 法 という ) 第 12 条に基づく土地の形質の変更届出とは 形質変更時要届出区域内で土地の形質の変更をする にあたり 形質変更の施行方法等について届出する手続きです 2 土地の形質の変更とは 土地の形質の変更 とは 土地の形状又は性状を変更することであり

More information

別添 表 1 供給力確保に向けた緊急設置電源 ( その 1) 設置場所 定格出力 2 発電開始 2 運転開始 公表日 3 姉崎火力発電所 約 0.6 万 kw (0.14 万 kw 4 台 ) 平成 23 年 4 月 24 日平成 23 年 4 月 27 日 平成 23 年 4 月 15 日 袖ケ浦

別添 表 1 供給力確保に向けた緊急設置電源 ( その 1) 設置場所 定格出力 2 発電開始 2 運転開始 公表日 3 姉崎火力発電所 約 0.6 万 kw (0.14 万 kw 4 台 ) 平成 23 年 4 月 24 日平成 23 年 4 月 27 日 平成 23 年 4 月 15 日 袖ケ浦 東日本大震災における発電設備に関する復旧計画 被災を受けた火力発電設備の早期復旧津波等の影響を受けた太平洋沿岸の鹿島火力 1~6 号機 常陸那珂火力 1 号機 広野火力 1~5 号機等損傷を受けた火力発電設備については 今春から今夏の供給力となるよう復旧を目指す 復旧にあたっては 出来るだけ早期の発電開始を目指し 各方面の協力のもと一丸となって進める 火力発電所等の敷地内における火力発電設備の新規設置今夏の電源あるいは今冬

More information

第 1 章環境監視調査の項目及び調査の手法 1.1 調査項目及び調査時期 平成 28 年度に実施した事後調査の調査項目及び調査時期を表 に 調査 工程を表 に示します だみ 大気質 表 平成 28 年度に実施した環境監視調査の調査項目

第 1 章環境監視調査の項目及び調査の手法 1.1 調査項目及び調査時期 平成 28 年度に実施した事後調査の調査項目及び調査時期を表 に 調査 工程を表 に示します だみ 大気質 表 平成 28 年度に実施した環境監視調査の調査項目 第 1 章環境監視調査の項目及び調査の手法 1.1 調査項目及び調査時期 平成 28 年度に実施した事後調査の調査項目及び調査時期を表 -1.1.1.1 に 調査 工程を表 -1.1.1.2 に示します 1.1.1 だみ 大気質 表 -1.1.1.1 平成 28 年度に実施した環境監視調査の調査項目及び調査時期 調査項目 建設機械の稼働に伴う大気汚染物質 資機材運搬車両等の運行に伴う大気汚染物質 調査時期

More information

別紙 -6 発生日時 平成 24 年 7 月 18 日 ( 水 ) 7 時 40 分 天候 晴 工事情報 道路系事務所 一般土木工事 情報電光板架空線切断 事故概要 コンクリート構造物撤去のため バックホウを稼働しようとしてアームをあげた際 情報電光板 の架空線と接触し 切断させたもの

別紙 -6 発生日時 平成 24 年 7 月 18 日 ( 水 ) 7 時 40 分 天候 晴 工事情報 道路系事務所 一般土木工事 情報電光板架空線切断 事故概要 コンクリート構造物撤去のため バックホウを稼働しようとしてアームをあげた際 情報電光板 の架空線と接触し 切断させたもの 別紙 -2 発生日時 平成 24 年 6 月 21 日 ( 木 ) 8 時 40 分 天候 曇 工事情報 河川系事務所 維持修繕工事 - - - ケーブル切断 事故概要 台風の出水で待避したバックホウを現場に戻す為に 堤防天端を自走していたところ 堤防天 端上を横断していた 監視カメラの電源ケーブルを切断したもの 公衆損害事故 - 架空線損傷 監視カメラの電源ケーブル 台風 4 号の出水で待避したバックホウ

More information

資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁

資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁 資料 2 接続可能量 (2017 年度算定値 ) の算定について 平成 29 年 9 月資源エネルギー庁 1. 再生可能エネルギーの 接続可能量 の算定について 2. 出力制御の見通しについて 1. 再生可能エネルギーの 接続可能量 の算定について 系統 WG のこれまでの経緯 4 2014 年 9 月太陽光発電の大量申し込みにより接続保留問題が発生 10 月 接続可能量 (2014 年度算定値 )

More information

3 地球温暖化対策の推進に関する方針及び推進体制 (1) 地球温暖化対策の推進に関する方針 [ 基本理念 ] 人類が自然と調和し 未来にわたり持続可能な発展を実現するため NTT グループ地球環境憲章に則り NTT 西日本はグループ会社と一体になって 全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大

3 地球温暖化対策の推進に関する方針及び推進体制 (1) 地球温暖化対策の推進に関する方針 [ 基本理念 ] 人類が自然と調和し 未来にわたり持続可能な発展を実現するため NTT グループ地球環境憲章に則り NTT 西日本はグループ会社と一体になって 全ての企業活動において地球環境の保全に向けて最大 地球温暖化対策実施状況書 1 地球温暖化対策事業者の概要 地球温暖化対策事業者 ( 届出者 ) の名称 地球温暖化対策事業者 ( 届出者 ) の住所 西日本電信電話株式会社 名古屋支店 名古屋市中区大須四丁目 9 番 60 号 工場等の名称 NTT 中ビル 工場等の所在地 名古屋市中区栄 5-12-13 業種情報通信業 業務部門における建築物の主たる用途 その他 建築物の所有形態自社ビル等 ( 自ら所有し自ら使用している建築物

More information

Microsoft Word - 【291220】北千葉構想段階評価書

Microsoft Word - 【291220】北千葉構想段階評価書 第 5 章評価等の結果 5.1 都市計画の一体性 総合性の確保に関する評価結果 (1) 沿道土地利用など他の都市計画との整合性本事業の市川市 ~ 船橋市間は 昭和 44 年に都市計画決定されてから既に 50 年近く経過しており 現行の都市計画決定区域に基づいて 民間の建築物等の建築に際しては建築行為の制限を受けているほか 土地区画整理事業や鉄道事業 他の都市計画道路についても 現行の都市計画決定区域に基づき北千葉道路が整備されることを前提として計画

More information

利水補給

利水補給 24 24 3. 利水補給 25 利水補給 1 札内川ダムの貯水池運用実績 25 標準的な貯水池運用は 1 融雪出水が始まる 4 月上旬までを目処に貯水位を下げる 24 月上旬以降は融雪出水を貯水し 利水容量を確保する 37/1 からの洪水期に向けて 洪水貯留準備水位 ( 旧洪水期制限水位 ) まで貯水位を下げる 4 洪水期 (7/1~1/31) は利水補給を行いながら発電に利用する 5 洪水期終了後は

More information

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法改正に関する意見書

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法改正に関する意見書 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する 特別措置法改正に関する意見書 2016 年 ( 平成 28 年 )2 月 18 日 日本弁護士連合会 2016 年 2 月 9 日に閣議決定された電気事業者による再生可能エネルギー電気 の調達に関する特別措置法 ( 以下 特措法 という ) の改正法案 ( 以下 特措法改 正法案 という ) に対し, 当連合会は, 以下のとおり意見を述べる 第

More information

〔表紙〕

〔表紙〕 グリーン調達ガイドライン 2018 年 12 月 ( 第 2 版 ) メタウォーター株式会社 目次 1. メタウォーター株式会社のグリーン調達について 1-1 グリーン調達の基本理念 1-2 グリーン調達の方針 1-3 グリーン調達の指針 1) お取引先様に求める必須事項 2) お取引先様に求める推奨事項 2. 本ガイドラインの活用について 2-1 お取引先様の環境保全活動について ( 自己評価のお願い

More information

Microsoft Word - 泉南阪南火葬場生活環境影響調査報告書(pdf用)

Microsoft Word - 泉南阪南火葬場生活環境影響調査報告書(pdf用) 6.2 騒音 6.2.1 施設の稼働に伴う騒音 (1) 予測内容施設の稼働による騒音の予測内容は表 6.2.1のとおりである 施設の配置計画に基づき予測計算に必要な条件を設定して 騒音の伝播計算により事業計画地の敷地境界線およびその周辺地域における騒音レベルを算出した 表 6.2.1 施設の稼働に伴う騒音の予測内容 予測項目 施設騒音レベル (L 5 ) 予測対象時期 施設の稼働が最大となる時期 予測対象地域

More information

【HP公表 最終版の公表前確認修正有り】 北陸取組み(個票)

【HP公表 最終版の公表前確認修正有り】 北陸取組み(個票) 北陸地方整備局営繕グリーン化推進計画 2012 環境負荷低減に資する個別の取り組みの個票 N0 1 地球温暖化問題への対応 環境に配慮した官庁施設 ( グリーン庁舎 ) の整備 整備課 計画課 金沢営繕事務所 官庁施設の新築に当たり 予算の効率的な執行の中で負荷抑制 省エネルギー 省 CO2 等最大限環境に配慮した整備を実施する 新築する事務所用途の官庁施設について 以下の水準を満たすものとする 建築物の環境効率

More information

再エネカタログ indb

再エネカタログ indb 新しいエネルギーの生まれる風景 再生可能エネルギー発電所を訪ねて ウィンド パワーかみす洋上風力発電所 4 ナセル ブレード 青い空と海の間に一列に並ぶ白い風車 その景色が見られるのは 城県の鹿島 再生可能エネルギーで電力を生み出す新しい発電所の景色は これまでの化石燃料発電所とはおもむきの にある ウィンド パワーかみす洋上 異なる眺めを見せています 太陽光発電 風力発電 バイオマス発電と 自然や都市生活の中で

More information